マックスバリュ九州株式会社 四半期報告書 第15期第2四半期(平成28年6月1日-平成28年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第15期第2四半期(平成28年6月1日-平成28年8月31日)
提出日
提出者 マックスバリュ九州株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    福岡財務支局長
      【提出日】                    2016年10月14日
      【四半期会計期間】                    第15期第2四半期(自 2016年6月1日 至 2016年8月31日)
      【会社名】                    マックスバリュ九州株式会社
      【英訳名】                    MAXVALU KYUSHU CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  佐々木 勉
      【本店の所在の場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役 常務執行役員 開発・管理担当兼開発本部長  井上 渡
      【最寄りの連絡場所】                    福岡市博多区博多駅東三丁目13番21号
      【電話番号】                    092(433)1228 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    管理統括部長兼経営管理部長  篠崎 岳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                   第14期          第15期
                  回次                第2四半期          第2四半期          第14期
                                 連結累計期間          連結累計期間
                                自2015年3月1日          自2016年3月1日          自2015年3月1日

                 会計期間
                                至2015年8月31日          至2016年8月31日          至2016年2月29日
                          (百万円)           76,411          85,886         159,125
        売上高
                          (百万円)             900         1,382          2,050
        経常利益
        親会社株主に帰属する四半期(当期)
                          (百万円)             333          463          790
        純利益
                          (百万円)             356          466          798
        四半期包括利益又は包括利益
                          (百万円)           11,721          12,432          12,163
        純資産額
                          (百万円)           35,655          37,984          36,141
        総資産額
                           (円)           44.32          61.52         104.95
       1株当たり四半期(当期)純利益金額
       潜在株式調整後1株当たり四半期
                           (円)           44.11          61.10         104.43
       (当期)純利益金額
                           (%)           32.7          32.5          33.5
       自己資本比率
                          (百万円)            1,425          2,810          3,212
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                          (百万円)           △ 1,370          △ 911        △ 3,024
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                          (百万円)             547         △ 928          204
       財務活動によるキャッシュ・フロー
       現金及び現金同等物の四半期末
                          (百万円)            6,624          7,385          6,414
       (期末)残高
                                   第14期          第15期

                  回次                第2四半期          第2四半期
                                  連結会計期間          連結会計期間
                                 自2015年6月1日          自2016年6月1日

                 会計期間
                                 至2015年8月31日          至2016年8月31日
       1株当たり四半期純利益金額                    (円)            57.51          47.25

      (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につい
          ては記載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                             平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連
          結累計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としており
          ます。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変
       更はありません。また、関係会社についても異動はありません。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の
       有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、新たに締結した重要な契約は次のとおりです。
       親会社との契約
         契約会社名         相手方の名称          契約名称           契約内容             契約期間
                                   イオングループ全体のグルー
        マックスバリュ九州
                            コーポレート                      2016年3月1日から
                  イオン株式会社                 プマネジメントに要する費用負
        株式会社(当社)
                            負担金契約                      2017年2月末日まで
                                   担に関する契約
                                   イオングループに属することに
        マックスバリュ九州
                           ブランドロイヤリティ                        2016年3月1日から
                  イオン株式会社                 より享受する無形の経済的利
        株式会社(当社)
                              契約                     2017年2月末日まで
                                   益の対価に関する契約
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連
       結子会社)が判断したものです。
      (1)経営成績の分析

          当第2四半期連結累計期間における経営環境は、海外経済の減速基調が続いている中、政府による
        景気対策や金融政策の強化等が積極的に図られておりますが、株価の低迷や家計消費支出の伸び悩
        み等が見られ、不安定な状況が続いております。九州におきましても、ディスカウント業態やドラッグ業態と
        いった異業態競争店の食品分野への進出と大量出店が続いており、企業間競争はますます激化してお
        ります。
          当社グループはこのような経営環境のなか、「九州のスーパーマーケット事業のリーディングカンパニー
        になる」というビジョンのもと、新規出店の継続と既存店舗の活性化を推進するとともに、更なる成長と熾烈
        な競争に打ち勝つための収益構造の改革に取り組んでまいりました。
          2016年4月に熊本県と大分県を震源とする「熊本地震」が断続的に発生し、今現在も余震活動が続い
        ております。熊本県熊本市を創業の地とし、熊本県下に19店舗を展開する当社グループにおいても、一
        時的に営業を中止せざるを得ない店舗が発生するなど、大きな影響を受けました。しかし、「食」を通じて
        地域のお客さまのライフラインを担う企業として、全社一丸となっていち早い営業再開に取り組んだ結果、
        お客さまの大きな支持をいただき、その結果、熊本地区の店舗は売上高・客数ともに大幅増となり、業績
        改善の下支えとなっております。
          成長の要となる新規店舗は、お客さまのライフスタイル変化に呼応した新コンセプトに基づく店舗とし
        て、3月度にマックスバリュエクスプレス二日市店(福岡県筑紫野市)およびマックスバリュ上荒田店(鹿児
        島市)を開店いたしております。
          また、当第2四半期会計期間につきましては、利益の源泉である既存店舗のリフレッシュに重点的に取
        り組みました。
          具体的には、都市型小型店のプロトタイプを確立するために、福岡市の副都心である大橋駅前に立地
        し、昨年9月に株式会社ダイエーより承継いたしました大橋店(福岡市南区)を、マックスバリュエクスプレス
        大橋店として改装いたしました。また、都市近郊住宅地の駅前立地である筑紫駅前店(福岡県筑紫野市)
        を、マックスバリュエクスプレス筑紫駅前店として改装しております。いずれも小型店ながら、生鮮食品の
        品揃え見直しに加えて、惣菜の充実や焼き立てパンの提供等に取り組んでおります。
          加えて、陳列商品の見直しや差し替えを行い、時代の変化に合わせてお客さまニーズに応える商品群
        を増やす「商品マッサージ」も5店舗で実施しました。株式会社ダイエーより承継したマックスバリュエクス
        プレス上白水店においては、テナントとして新たに大分県の農協の直売所を導入し、地域のお客さまにご
        好評をいただいております。
          さらに、ディスカウント店舗との競争が激化しているザ・ビッグ福岡空港南店(福岡市博多区)を改装し、
        お客さまニーズの高い惣菜商品の品揃えを拡大するとともに、セミセルフレジの導入と合わせてお買い物
        しやすい環境づくりと、価格競争力を高めるためのローコストオペレーションの取り組みを展開いたしまし
        た。
          一方で、完全子会社である株式会社クリエイトとの吸収合併の効力発生日を9月1日に控え、合併効果
        を最大化するために、収益改善の見込みが立たない店舗の閉鎖を行いました。旬鮮市場久保田店(佐賀
                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        市)を6月末に、旬鮮市場武雄店(佐賀県武雄市)を7月末にそれぞれ閉店しましたが、従業員については
        近隣店舗に異動を行い、雇用を維持すると共に、採用難による人員不足の解消を図っております。
          これらの取り組みにより、売上高及び売上総利益の拡大を図り、売上高については既存店前年比
        104.1%と前年を超過しております。
          販売費及び一般管理費につきましては、採用環境の悪化と人手不足による採用コスト並びに労務コス
        トが増加傾向となっております。また、6月より新たな販促手段としてWAONポイントカードを新規導入した
        ため初期導入コストが発生し、販売促進費用が増加傾向になる一方、LED照明設備の導入等による電
        気使用量の減と燃料調整費ダウンによる電気代の削減により、経費の削減を図りました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高85,886百万円(対前年同四半期比
        112.4%)、営業利益1,360百万円(同156.0%)、経常利益1,382百万円(同153.7%)、親会社株主に帰属
        する四半期純利益463百万円(同138.8%)となり、大幅な増収増益となりました。営業利益ならびに経常
        利益は、第2四半期累計期間といたしましては当社設立以来の最高益を更新することができました。
      (2)財政状態の分析

        (資産)
          当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ1,843百万円増加し、
        37,984百万円となりました。
          流動資産は、前連結会計年度末から1,932百万円増加し、16,333百万円となりました。主な要因は、売
        上高の増加に伴い、現金及び預金が970百万円増加したこと、及び売掛金が246百万円増加したこと等に
        よるものです。
          固定資産は、前連結会計年度末から89百万円減少し、21,650百万円となりました。主な要因は、新規
        出店が2店舗にとどまった事や、熊本地震の復旧対応優先による改装計画の延期等により、有形固定資
        産の新規取得を超える減価償却費等の計上があり、有形固定資産が117百万円減少したことによるもの
        です。
        (負債)
          当第2四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ1,573百万円増加し、
        25,551百万円となりました。
          流動負債は、前連結会計年度末から2,040百万円増加し、22,349百万円となりました。主な要因は、仕
        入高の増加に伴い、支払手形及び買掛金が1,846百万円増加したこと等によるものです。
          固定負債は、前連結会計年度末から466百万円減少し、3,202百万円となりました。主な要因は、借入
        金の返済に伴い、長期借入金が405百万円減少したこと等によるものです。
        (純資産)
          当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ268百万円増加し、
        12,432百万円となりました。主な要因は、利益剰余金が237百万円増加したこと等によるものです。
      (3)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は7,385百万円とな
        りました。なお、当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は、次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果得られた資金は、2,810百万円(前年同四半期は1,425百万円の獲得)となりました。
           これは、主に税金等調整前四半期純利益が967百万円となったことに加え、減価償却費が947百万
          円、及び仕入債務の増加が1,846百万円になるとともに、売上債権の増加が246百万円、法人税等の支
          払額が577百万円あったこと等によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は、911百万円(前年同四半期は1,370百万円の使用)となりました。
           これは、主に有形固定資産の取得による支出が909百万円あったこと等によるものです。
                                  4/20




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は、928百万円(前年同四半期は547百万円の獲得)となりました。
           これは、主に長期借入金の返済による支出405百万円及び配当金の支払額225百万円を行ったこと
          等によるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要
        な変更又は新たに生じた課題はありません。
      (5)研究開発活動

          該当事項はありません。
                                  5/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                    種類
                                                 25,000,000
           普通株式
                                                 25,000,000

                    計
        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引
                第2四半期会計期間末
                           提出日現在発行数(株)
                                       所名又は登録認可
                現在発行数(株)
           種類                                           内容
                            (2016年10月14日)          金融商品取引業協
                 (2016年8月31日)
                                       会名
                                                完全議決権株式であり、権
                                                利内容に何ら限定のない当
                                        東京証券取引所
                                                社における標準となる株式
                                         JASDAQ
                     7,532,995           7,532,995
          普通株式
                                                です。
                                        (スタンダード)
                                                また、1単元の株式数は100
                                                株です。
                     7,532,995           7,532,995          -           -
           計
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金       資本準備金
                  発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額       資本金残高
           年月日                                     増減額        残高
                  増減数(株)       数残高(株)        (百万円)       (百万円)
                                               (百万円)       (百万円)
        2016年6月1日~
                      2,300     7,532,995           1     1,590         1     1,436
        2016年8月31日
          (注) 新株予約権の行使による増加です。
                                  6/20







                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2016年8月31日現在
                                                     発行済株式総数
                                              所有株式数
                                                     に対する所有株
              氏名又は名称                    住所
                                              (千株)
                                                     式数の割合(%)
                          千葉市美浜区中瀬1-5-1                        5,815        77.20

        イオン株式会社
                                                   125        1.66
        マックスバリュ九州従業員持株会                  福岡市博多区博多駅東3-13-21 
                          福岡市博多区博多駅東3-13-21                         107        1.43
        マックスバリュ九州共栄会
                                                   49       0.65
        横尾 廣昭                  佐賀県佐賀市
                                                   41       0.55
        牛島 真澄                  佐賀県佐賀市
                          熊本県八代市新港町3-9-8                         39       0.51
        株式会社エーブル
                                                   37       0.50
        山本 ススミ                  長崎県佐世保市
                          東京都港区六本木1-6-1                         36       0.48
        株式会社SBI証券
                          千葉市美浜区中瀬1-5-1                         32       0.43
        ミニストップ株式会社
                          広島市南区段原南1-3-52                         30       0.40
        マックスバリュ西日本株式会社
                                  -               6,316        83.80

                計
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2016年8月31日現在
               区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容

         無議決権株式                           -            -            -

         議決権制限株式(自己株式等)                           -            -            -

         議決権制限株式(その他)                           -            -            -

         完全議決権株式(自己株式等)                           -            -            -

                           普通株式     7,529,600
         完全議決権株式(その他)                                     75,296              -
                                                  1単元(100株)
                           普通株式           3,395
         単元未満株式                                       -
                                                  未満の株式
         発行済株式総数                       7,532,995               -            -
         総株主の議決権                           -          75,296              -

       (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式37株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2016年8月31日現在
                                                     発行済株式総数
          所有者の氏名                   自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
                   所有者の住所
           又は名称                  株式数(株)        株式数(株)         合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
        マックスバリュ             福岡市博多区
                                  -        -        -        -
          九州株式会社        博多駅東3-13-21
            計          -            -        -        -        -
       (注)当社名義で単元未満株式37株を所有しております。
                                  7/20



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        該当事項はありません。
                                  8/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平
       成19年内閣府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2016年
       6月1日から2016年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2016年3月1日から2016年8月
       31日まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビュー
       を受けております。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                                    (2016年2月29日)              (2016年8月31日)
         資産の部
          流動資産
                                            6,414              7,385
            現金及び預金
                                            1,689              1,935
            売掛金
                                           ※ 4,346             ※ 4,706
            たな卸資産
                                            1,950              2,305
            その他
                                           14,401              16,333
            流動資産合計
          固定資産
            有形固定資産
             建物及び構築物(純額)                               9,301              9,151
             車両運搬具及び工具器具備品(純額)                               2,596              2,554
                                            2,818              2,928
             土地
                                             235              200
             その他(純額)
                                           14,952              14,834
             有形固定資産合計
            無形固定資産
                                             132              128
             のれん
                                             33              35
             その他
                                             165              163
             無形固定資産合計
            投資その他の資産
                                            4,811              4,847
             差入保証金
                                            1,810              1,804
             その他
                                            6,622              6,652
             投資その他の資産合計
                                           21,739              21,650
            固定資産合計
                                           36,141              37,984
          資産合計
         負債の部
          流動負債
                                           13,660              15,506
            支払手形及び買掛金
                                             250              -
            短期借入金
                                             810              810
            1年内返済予定の長期借入金
                                             637              558
            未払法人税等
                                             351              412
            引当金
                                            4,598              5,061
            その他
                                           20,309              22,349
            流動負債合計
          固定負債
            長期借入金                                1,640              1,235
                                             19              13
            引当金
                                             18              20
            退職給付に係る負債
                                             925              933
            資産除去債務
                                            1,064               999
            その他
                                            3,668              3,202
            固定負債合計
                                           23,977              25,551
          負債合計
         純資産の部
          株主資本
                                            1,589              1,590
            資本金
                                            1,434              1,436
            資本剰余金
                                            8,935              9,172
            利益剰余金
                                             △ 0             △ 0
            自己株式
                                           11,959              12,200
            株主資本合計
          その他の包括利益累計額
                                             156              159
            その他有価証券評価差額金
                                             156              159
            その他の包括利益累計額合計
                                             48              72
          新株予約権
                                           12,163              12,432
          純資産合計
                                           36,141              37,984
         負債純資産合計
                                 10/20


                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                   (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                   至 2015年8月31日)               至 2016年8月31日)
         売上高                                   76,411              85,886
                                           58,603              65,765
         売上原価
                                           17,807              20,121
         売上総利益
                                             899             1,052
         その他の営業収入
                                           18,707              21,173
         営業総利益
                                           ※ 17,834             ※ 19,812
         販売費及び一般管理費
                                             872             1,360
         営業利益
         営業外収益
                                             11              9
          受取利息
                                              ▶              ▶
          受取配当金
                                              ▶             10
          受取保険金
          補助金収入                                   22              -
                                             -              21
          受取手数料
                                              5              2
          その他
                                             47              48
          営業外収益合計
         営業外費用
                                             13              12
          支払利息
                                              6             13
          その他
                                             19              26
          営業外費用合計
                                             900             1,382
         経常利益
         特別利益
                                             -              34
          固定資産売却益
                                             -             101
          災害保険金収入
                                             -             135
          特別利益合計
         特別損失
                                             -              25
          固定資産売却損
                                             48              34
          固定資産除却損
                                             15             159
          減損損失
                                             58             207
          店舗閉鎖損失引当金繰入額
                                             -             125
          災害による損失
                                             122              551
          特別損失合計
                                             777              967
         税金等調整前四半期純利益
         法人税、住民税及び事業税                                    335              458
                                             108              45
         法人税等調整額
                                             444              503
         法人税等合計
                                             333              463
         四半期純利益
                                             333              463
         親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/20






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                   (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                   至 2015年8月31日)               至 2016年8月31日)
                                             333              463
         四半期純利益
         その他の包括利益
                                             22              3
          その他有価証券評価差額金
                                             22              3
          その他の包括利益合計
                                             356              466
         四半期包括利益
         (内訳)
                                             356              466
          親会社株主に係る四半期包括利益
                                 12/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                   (自 2015年3月1日              (自 2016年3月1日
                                   至 2015年8月31日)               至 2016年8月31日)
         営業活動によるキャッシュ・フロー
                                             777              967
          税金等調整前四半期純利益
                                             932              947
          減価償却費
                                             15             159
          減損損失
                                             -             125
          災害による損失
                                             11              3
          のれん償却額
                                            △ 15             △ 14
          受取利息及び受取配当金
                                            △ 22              -
          補助金収入
                                             13              12
          支払利息
          固定資産売却損益(△は益)                                   -             △ 9
                                             48              34
          固定資産除却損
          売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 503             △ 246
          たな卸資産の増減額(△は増加)                                   20            △ 359
          仕入債務の増減額(△は減少)                                   434             1,846
                                            △ 125              49
          その他
                                            1,587              3,516
          小計
          利息及び配当金の受取額                                    ▶              ▶
                                            △ 14             △ 11
          利息の支払額
                                             -            △ 121
          災害損失の支払額
                                            △ 151             △ 577
          法人税等の支払額
                                            1,425              2,810
          営業活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 1,353              △ 909
          有形固定資産の取得による支出
                                             -              68
          有形固定資産の売却による収入
                                            △ 90            △ 127
          差入保証金の差入による支出
                                             117              114
          差入保証金の回収による収入
                                            △ 14             △ 24
          預り保証金の返還による支出
                                              9              2
          預り保証金の受入による収入
                                             22              -
          補助金の受取額
                                            △ 62             △ 36
          その他
                                           △ 1,370              △ 911
          投資活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動によるキャッシュ・フロー
          短期借入金の増減額(△は減少)                                   76            △ 250
                                            1,300               -
          長期借入れによる収入
                                            △ 512             △ 405
          長期借入金の返済による支出
          リース債務の返済による支出                                  △ 29             △ 47
                                            △ 286             △ 225
          配当金の支払額
                                             -              0
          その他
                                             547             △ 928
          財務活動によるキャッシュ・フロー
         現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    602              970
                                            6,022              6,414
         現金及び現金同等物の期首残高
                                            6,624              7,385
         現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/20






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません           。
        (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」
        という。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                                   平成25年9月13日。以下「連結会
        基準」という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                      平成25年9月13日。以下「事
        業分離等会計基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会
        社に対する当社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した
        連結会計年度の費用として計上する方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以
        後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業
        結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。加
        えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行って
        おります。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度につい
        ては、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
          企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5
        項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結
        会計期間の期首時点から将来にわたって適用しております。
          この適用による損益への影響はありません。
        (追加情報)

          2016年3月31日に「所得税法等の一部を改正する法律(平成28年法律第十五号)」、「地方税法等の
         一部を改正する等の法律(平成28年法律第十三号)」が公布され、2016年4月1日以降開始する連結会
         計年度より法人税率の引下げ、および事業税率が段階的に引下げられることとなりました。
          これに伴い、2017年3月1日以降開始する連結会計年度において解消が見込まれる一時差異等につ
         いては、繰延税金資産及び繰延税金負債を計算する法定実効税率は32.1%から30.7%に変更され、
         2019年3月1日以降開始する連結会計年度において解消が見込まれる一時差異等については、繰延税
         金資産及び繰延税金負債を計算する法定実効税率は32.1%から30.5%に変更されております。この税
         率変更により、繰延税金資産が46百万円減少し、法人税等調整額(借方)が50百万円増加し、その他有
         価証券評価差額金(貸方)が3百万円増加しております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

          ※ たな卸資産の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間

                                  (2016年2月29日)              (2016年8月31日)
           商品                           4,298   百万円           4,659   百万円

                                         47              47
           貯蔵品
        (四半期連結損益計算書関係)

          ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自    2015年3月1日           (自    2016年3月1日
                                   至     2015年8月31日)            至     2016年8月31日)
           給料手当及び賞与                           7,367   百万円           8,249   百万円
                                        161              177
           賞与引当金繰入額
                                         18               8
           役員業績報酬引当金繰入額
                                 14/20



                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          
           関係は次のとおりです。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2015年3月1日           (自    2016年3月1日
                                  至   2015年8月31日)            至   2016年8月31日)
           現金及び預金勘定                           6,624百万円              7,385百万円
                                       6,624              7,385
           現金及び現金同等物
                                 15/20


















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2015年3月1日 至 2015年8月31日)
          配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額       1株当たり
             決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                          (百万円)      配当額(円)
           2015年4月9日
                    普通株式           286       38 2015年2月28日        2015年5月8日        利益剰余金
            取締役会
          (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四
             半期連結会計期間の末日後となるもの
              該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2016年3月1日 至 2016年8月31日)

          配当に関する事項
          (1)配当金支払額
                         配当金の総額       1株当たり
             決議      株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                          (百万円)      配当額(円)
           2016年4月13日
                    普通株式           225       30 2016年2月29日        2016年5月6日        利益剰余金
            取締役会
          (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四
             半期連結会計期間の末日後となるもの
              該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2015年3月1日 至 2015年8月31日)
            当社グループは、食品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその附随業
           務の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2016年3月1日 至 2016年8月31日)

            当社グループは、食品及び日用雑貨品を主に販売するスーパーマーケット事業及びその附随業
           務の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (金融商品関係)

          金融商品の当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度に係る連結貸
        借対照表計上額と時価との差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        (有価証券関係)

          有価証券の当第2四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較し
        て著しい変動がないため、記載を省略しております。
        (デリバティブ取引関係)

         当社グループは、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
                                 16/20






                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び
        算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                   (自 2015年3月1日             (自 2016年3月1日
                                    至 2015年8月31日)             至 2016年8月31日)
         (1)1株当たり四半期純利益金額                                44円32銭             61円52銭
           (算定上の基礎)

            親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                           333             463
            (百万円)
            普通株主に帰属しない金額(百万円)                                -             -
            普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                           333             463
            利益金額(百万円)
            普通株式の期中平均株式数(千株)                               7,530             7,531
         (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                44円11銭             61円10銭

           (算定上の基礎)

            親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                            -             -
            (百万円)
            普通株式増加数(千株)                                35             50
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
         たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                       -             -
         式で、前連結会計年度から重要な変動があったもの
         の概要
                                 17/20












                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
          当社は、2016年5月20日開催の定時株主総会における承認を受け、2016年9月1日付で当社の完全
        子会社である株式会社クリエイトを吸収合併いたしました。
        (1)吸収合併の目的

          当社は「すべてはお客さまのために」を原点にベストローカルを実現し、九州におけるスーパーマーケッ
        ト事業のリーディングカンパニーになるという経営ビジョンのもと、九州全域に店舗網を拡大し、成長戦略
        を推進しております。今回、クリエイトの店舗網を合併により一体化することにより、佐賀県における売上
        シェアを高めるとともに、当社既存店との物流面での相乗効果によるコストダウンや、商品調達面でのコス
        トメリットを享受できると考えており、経営資源を最適化することにより、当社にとって企業価値の向上につ
        ながると判断いたしました。
        (2)吸収合併の概要

        ①吸収合併のスケジュール
           合併決議取締役会              2016年4月13日
           合併契約締結日              2016年4月13日
           合併承認定時株主総会              2016年5月20日
           合併効力発生日              2016年9月1日
        ②吸収合併の概要
          1.合併方法
           当社を存続会社とする吸収合併方式で、株式会社クリエイトは解散します。
          2.合併に係る割当の内容
           当社は、株式会社クリエイトの全株式を所有しておりますので、本合併による新株式の発行、及び資
          本金の増加、並びに合併交付金の支払いはありません。
        ③合併当事会社の概要(2016年2月29日現在)
          吸収合併消滅会社
           名          称  株式会社クリエイト
           所     在     地  佐賀県杵島郡白石町大字戸ヶ里2262番地
           代表者の役職・氏名             代表取締役社長 川越俊朗
           事   業   内   容  小売事業
           資     本     金  50百万円
           設   立   年   月   日  1992年12月18日
           発  行  済  株  式  数  1,000株
           決     算     期  2月末日
                       マックスバリュ九州株式会社              100%
           大株主及び持株比率
        (3)吸収合併による影響について

           本吸収合併により連結子会社がなくなることから、2017年2月期第3四半期より個別決算による開示
          へ移行する予定です。なお、本吸収合併による当社の名称、所在地、代表者の役職氏名、事業内容、
          資本金及び決算期の変更はありません。
        (4)会計処理の概況

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準
          及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に
          基づき、共通支配下の取引として処理を行っております。
      2【その他】
         該当事項はありません。
                                 18/20




                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                   マックスバリュ九州株式会社(E10657)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年10月13日

     マックスバリュ九州株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任監査法人トーマツ

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              野澤  啓  印
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              池田  徹  印
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているマック

     スバリュ九州株式会社の平成28年3月1日から平成29年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計
     期間(平成28年6月1日から平成28年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平
     成28年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算
     書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して
     四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のな
     い四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用する
     ことが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務
     諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期
     レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施
     される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において
     一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手
     続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公
     正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、マックスバリュ九州株式会社及び連結子会社
     の平成28年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
     かった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク