株式会社コメダホールディングス 四半期報告書 第3期第2四半期(平成28年6月1日-平成28年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第3期第2四半期(平成28年6月1日-平成28年8月31日)

提出日:

提出者:株式会社コメダホールディングス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   四半期報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                   東海財務局長
      【提出日】                   2016年10月13日
                         第3期第2四半期(自 2016年6月1日 至 2016年8月31日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】                   株式会社コメダホールディングス
                         KOMEDA    Holdings     Co.,   Ltd.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  臼井 興胤
      【本店の所在の場所】                   愛知県名古屋市東区葵三丁目12番23号
                         (052)936-8880(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   執行役員経営管理本部長 武藤 貴史
      【最寄りの連絡場所】                   名古屋市東区葵三丁目12番23号
                         (052)936-8880(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   執行役員経営管理本部長 武藤 貴史
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                            2016年2月期            2017年2月期
              回次              第2四半期            第2四半期           2016年2月期
                            連結累計期間            連結累計期間
                           自2015年3月1日            自2016年3月1日            自2015年3月1日
             会計期間
                           至2015年8月31日            至2016年8月31日            至2016年2月29日
                               10,537,296            11,557,930            21,721,076
     売上収益
                    (千円)
     (第2四半期連結会計期間)                          ( 5,467,025     )       ( 5,959,013     )
                    (千円)           3,263,426            3,423,360            6,559,559
     営業利益
     税引前四半期利益又は税引前
                    (千円)           3,181,279            3,283,273            6,335,925
     利益
     親会社の所有者に帰属する四
                               2,042,902            2,199,464            4,125,838
     半期(当期)利益               (千円)
     (第2四半期連結会計期間)                          ( 1,033,874     )       ( 1,117,406     )
                    (千円)           2,042,902            2,199,464            4,125,838
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持
                    (千円)           18,507,572            22,866,116            20,615,875
     分合計
                    (千円)           55,510,415            59,019,589            57,126,780
     資産合計
     基本的1株当たり四半期(当
                                  46.64            50.20            94.20
     期)利益               (円)
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 23.60   )         ( 25.50   )
     希薄化後1株当たり四半期
                     (円)             46.11            48.60            93.08
     (当期)利益
                     (%)             33.3            38.7            36.1
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)            590,842           2,739,569            3,244,259
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)          △ 1,317,519            △ 271,677          △ 1,667,971
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)          △ 1,069,426            △ 905,930          △ 1,774,622
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期
                    (千円)           2,908,044            6,017,684            4,488,716
     末(期末)残高
     (注)1.上記指標は、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)により作成しております。
       2.千円未満を四捨五入して記載しております。
       3.売上収益には消費税等は含まれておりません。
       4.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       5.    当社は、2016年4月1日開催の臨時株主総会の決議により、2016年4月20日付で種類株式の内容を普通株式の内
         容に変更し、また2016年4月1日開催の臨時取締役会の決議により、2016年4月20日付で普通株式1株につき
         150株の割合で株式分割を実施しております。基本的1株当たり四半期(当期)利益及び希薄化後1株当たり四
         半期(当期)利益につきましては、2016年2月期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、当該株式分割後
         の発行済株式数により算定しております。
      2【事業の内容】

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/25




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生はなく、また2016年5月26日提出の有価証券
        届出書に記載した「事業等のリスク」について、第1四半期連結累計期間の四半期報告書において変更した事項を
        除き、重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)  経営成績の分析
         当第2四半期連結累計期間(2016年3月1日~2016年8月31日)においては、当社グループは重点施策の柱であ
        る①新規出店の継続と出店エリアの拡大及び②既存店を中心とした売上収益の拡大及びブランド力の向上に対して
        次の取り組みを実施してまいりました。
          ①  新規出店の状況としては、東日本及び西日本エリアを中心に積極的に店舗開発を進めた結果、当第2四半期

           連結累計期間に700店舗を達成し、店舗数としては次のとおり708店舗となりました。特に、当第2四半期連
           結累計期間には、4月に中国の上海における海外初出店(濾南公路店)、7月に東京都渋谷区において新コ
           ンセプトの都心型店舗の開店(渋谷宮益坂上店)、及び8月に北海道への初出店(東札幌5条店)を行いま
           した。
                           前連結会計                          当第2四半期
              区分       エリア                新規出店          閉店
                            年度末                        連結会計期間末
            コメダ珈琲店
                             169  (5)      11  (2)       △1(-)        179  (7)
                    東日本
                             345  (2)       4  (-)       △6(-)        343  (2)
                    中京
                             162  (3)      16  (-)        -  (-)       178  (3)
                    西日本
                              - (-)       1  (-)        -  (-)        1 (-)
                    海外
            おかげ庵
                              7 (1)       -  (-)        -  (-)        7 (1)
                    中京
            合計
                             683(11)        32(2)        △7(-)        708(13)
          (注)(     )内の数字は直営店舗数であり、内数で記載しております。
          ②  既存店を中心とした売上収益の拡大及びブランド力の向上に対しては、主に次の取り組みを実施してまいり

           ました。
           ・新商品として、お客様に「ストレート」でお楽しみいただくために開発した“金のアイスコーヒー”の販
            売開始
           ・時間帯別の販売施策として、“昼コメプレート”の販売開始
           ・季節商品として、“カフェモカ                ジェリコ”や“ベリーノワール”の販売
           ・夏の風物詩であるコメダのかき氷のラインナップを刷新し、“コーヒーミルク氷”や“みかん氷”を投入
           ・お客様の利便性向上施策として、クレジットカード・電子マネー・『KOMECA』に対応した電子決済システ
            ム並びにキャリアを選ばない「コメダWi-Fi」の導入店舗拡大
           ・株式上場を記念したスクラッチキャンペーンの実施
          上記の取り組みの結果、売上収益は                  11,558百万円      (前年同期比      9.7%増    )となりました。        また、一部商品の値

         上げに加えてコーヒー豆や小麦粉の調達価格引下げなどの取り組みで成果が出た一方、千葉工場(前第2四半期
         連結会計期間に稼働を開始)の減価償却負担増加、当社株式の東京証券取引所への上場に伴う上場関連費用の増
         加及び株主優待関連費用が新たに発生いたしました。結果として                               、 営業利益は3,423百万円           (前年同期比      4.9%
         増 )、  税引前四半期利益は3,283百万円               (前年同期比      3.2%増    )、  親会社の所有者に帰属する四半期利益は2,199
         百万円   (前年同期比      7.7%増    )となりました。なお、上場関連費用等を調整した                        調整後四半期利益は2,295百万円
         (前年同期比11.5%増)と            なりました。
                                  3/25



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (2)  財政状態の分析
         当第2四半期連結会計期間末における資産、負債及び資本の状況は次のとおりであります。
         流動資産は、現金及び現金同等物の増加等により前連結会計年度末に比べ                                  1,647百万円増加        し、  10,034百万円      と
        なりました。非流動資産は、有形固定資産の増加等により前連結会計年度末に比べ                                      246百万円増加       し、  48,986百万
        円 となりました。その結果、資産は、前連結会計年度末に比べ                            1,893百万円増加        し、  59,020百万円      となりました。
         また、流動負債は、その他の流動負債の増加等により前連結会計年度末に比べ                                    102百万円増加       し、  5,368百万円      と
        なりました。非流動負債は、借入金の減少等により前連結会計年度末に比べ                                   459百万円減少       し、  30,786百万円      とな
        りました。その結果、負債は、前連結会計年度末と比べ                          357百万円減少       し、  36,153百万円      となりました。
         資本は、前連結会計年度末に比べ                2,250百万円増加        し、  22,866百万円      となりました。これは主に利益剰余金が
        2,199百万円増加        したことによるものです。
       (3)  キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                        1,529百万円増加        し、
        6,018百万円      となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動による収入は          2,740百万円      (前年同期比      2,149百万円増       )となりました。これは主に             税引前四半期利益
         3,283百万円      を計上したこと(前年同期比             102百万円増      )及び法人所得税等の支払額             1,112百万円      (前年同期比      950
         百万円減    )によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動による支出は          272百万円     (前年同期比      1,046百万円減       )となりました。これは主に前第2四半期連結累
         計期間に千葉工場の建設に係る支出を行った一方で、当第2四半期連結累計期間の有形固定資産の取得による支
         出が  406百万円     に留まったこと(前年同期比             1,333百万円減       )によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動による支出は          906百万円     (前年同期比      163百万円減      )となりました。これは主に前第2四半期連結累計
         期間において借入金の期限前返済を実施した一方で、当第2四半期連結累計期間の長期借入金の返済による支出
         は 900  百万円に留まったことによるものであります。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/25








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        (参考情報)
         当社グループは、上場という限定された事象の発生に着目し、上場後には発生しないと見込まれる上場関連費
        用や上場を前提とした株式報酬費用の影響を除外することで、投資家が当社グループの業績評価を行い、当社グ
        ループの企業価値についての純粋な成長を把握するうえで有用な情報を提供することを目的として、IFRSにより
        規定された財務指標以外に、調整後四半期利益を経営成績に関する重要な財務指標として推移を下表のとおり把
        握しております。なお、調整後四半期利益の算出方法は次のとおりであります。
         調整後四半期利益

         =  四半期利益
         +  上場関連費用(       上場のために直接的に発生した費用であり、有価証券届出書等の発行に係る専門家報酬や上
           場申請書類の作成費用、株式売出広告やロードショーの旅費等株式売出しに関連した費用、証券取引所に対
           して支払う新規上場料、上場審査料その他新規上場に係る費用                             )
         +  上場を前提とした株式報酬費用(IFRS第2号に基づく当社新株予約権に関する株式報酬費用)
         +  調整項目の税効果調整額
                                                     (単位:千円)
                           2016年2月期         2017年2月期         2016年2月期         2017年2月期
                回次           第2四半期         第2四半期         第2四半期         第2四半期
                           連結累計期間         連結累計期間         連結会計期間         連結会計期間
                         自2015年3月1日         自2016年3月1日         自2015年6月1日         自2016年6月1日
               会計期間
                         至2015年8月31日         至2016年8月31日         至2015年8月31日         至2016年8月31日
         IFRSに準拠した要約四半期連結
                            2,042,902         2,199,464         1,033,874         1,117,406
         財務諸表における四半期利益
          IFRSに準拠した要約四半期連結
          財務諸表数値に基づく調整額:
                              4,915        93,323         3,106        62,621
         +上場関連費用
                             11,741         32,992         4,687         9,251
         +上場を前提とした株式報酬
          調整額小計(税引前)                    16,656        126,315          7,793        71,872

                             △1,809        △30,638         △1,143        △20,559

          調整項目に対する税効果調整額
          調整額小計(税引後)                    14,847         95,677         6,650        51,313

                            2,057,749         2,295,141         1,040,524         1,168,719

          調整後四半期利益
         (注)千円未満は四捨五入して記載しております。
                                  5/25









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
         ①【株式の総数】
                                          発行可能株式総数(株)
                     種類
                                               87,600,000
                    普通株式
                                               87,600,000
                      計
        (注)2016年4月1日開催の臨時株主総会決議により、2016年4月20日付で種類株式の内容を普通株式の内容に
           変更しております。また、2016年4月1日開催の臨時取締役会決議により、2016年4月20日付で株式分割
           に伴う当社定款の一部変更を行うとともに、2016年4月20日開催の臨時株主総会決議により、当社定款の
           変更を行ったため、普通株式の発行可能株式総数は87,100,000株増加し、87,600,000株となっておりま
           す。
         ②【発行済株式】

                第2四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                            提出日現在発行数(株)
           種類     現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品              内容
                             (2016年10月13日)
                 (2016年8月31日)                        取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                                      単元株式数
                     43,853,250            43,928,550
          普通株式
                                          (市場第一部)
                                                       100株
                     43,853,250            43,928,550            -          -

            計
         (注)1.2016年4月1日開催の臨時取締役会の決議により、定款変更を行い、単元株式数を100株とする単元株
              制度を導入しております。
           2.提出日現在発行数には、2016年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
              発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金
                                         資本金残高
                    総数増減数       総数残高        増減額             増減額       残高
            年月日
                                          (千円)
                     (株)       (株)      (千円)              (千円)       (千円)
          2016年6月1日~
                           普通株式
                      53,250              10,196      110,196       10,196       10,196
          2016年8月31日
                           43,853,250
            (注1)
        (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
          2.2016年9月1日から2016年9月30日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が75,300株、
            資本金及び資本準備金がそれぞれ14,418千円増加しております。
                                  6/25





                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2016年8月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
           氏名又は名称                     住所
                                              (株)
                                                    の割合(%)
                        OFFICE    G03  FITZWILLIAM      BUSINESS
     エムビーケーピー スリー リミ
                        CENTRE,    77  SIR  JOHN   ROGERSON'S      QUAY
     テッド                                        13,749,300            31.36
                        DUBLIN2,     IRELAND
     (常任代理人 大和証券株式会社)
                        (東京都千代田区丸の内1丁目9番1号)
     ザ チェース マンハッタン バン
                        360  N.  CRESCENT     DRIVE   BEVERLY    HILLS,
     ク 385036
                        CA  90210   U.S.A.                  1,071,078            2.44
     (常任代理人 株式会社みずほ信託
                        (東京都港区港南2丁目15番1号)
     銀行決済営業部)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                               440,600           1.00
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                               405,300           0.92
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号                       273,800           0.62
     株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                               270,700           0.62
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口2)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                               270,200           0.62
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口3)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                               268,700           0.61
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口6)
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                                               245,800           0.56
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     株式会社(信託口1)
     バンク オブ ニューヨーク ジー
     シーエム クライアント アカウン
                        PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     ト ジェイピーアールデイ アイエ
                        LONDON    EC4A   2BB  UNITED    KINGDOM           243,000           0.55
     スジー エフイー-エイシー
                        (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
     (常任代理人 株式会社三菱東京UFJ
     銀行決済事業部)
                                 -             17,238,478            39.30
             計
      (注)1.上記信託銀行の所有株式数は、信託業務に係るものであります。
         2.発行済株式総数に対する所有株式の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
                                  7/25








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         ①【発行済株式】
                                                   2016年8月31日現在

                区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容
         無議決権株式                     -            -            -

         議決権制限株式(自己株式等)                     -            -            -

         議決権制限株式(その他)                     -            -            -

         完全議決権株式(自己株式等)                     -            -            -

                                                      -
                          普通株式        43,849,600             438,496
         完全議決権株式(その他)
                          普通株式               3,650

         単元未満株式                                 -            -
                               43,853,250

         発行済株式総数                                 -            -
                                             438,496

         総株主の議決権                     -                        -
         ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         該当事項はありません。
                                  8/25












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
       内閣府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中
       財務報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2016年6月1日から2016
       年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2016年3月1日から2016年8月31日まで)に係る要約四半期連結
       財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度           当第2四半期連結会計期間
                            注記
                                 (2016年2月29日)              (2016年8月31日)
     資産
      流動資産
                                        4,488,716              6,017,684
       現金及び現金同等物
                             10           3,195,785              3,185,159
       営業債権及びその他の債権
                             10            329,023              403,380
       その他の金融資産
                                         136,026              158,190
       棚卸資産
                                         237,465              269,320
       その他の流動資産
       流動資産合計                                 8,387,015             10,033,733
      非流動資産
                                        5,092,552              5,269,960
       有形固定資産
                             6          38,312,892              38,312,892
       のれん
                                         70,069              65,979
       その他の無形資産
                             10           3,003,020              3,069,962
       営業債権及びその他の債権
                             10           2,026,729              1,992,579
       その他の金融資産
                                         55,399              88,656
       繰延税金資産
                                         179,104              185,828
       その他の非流動資産
                                       48,739,765              48,985,856
       非流動資産合計
                                       57,126,780              59,019,589
      資産合計
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                         981,412              970,034
        営業債務
                            7,10            1,798,112              1,797,457
        借入金
                                        1,127,274              1,102,756
        未払法人所得税
                             10            677,220              691,616
        その他の金融負債
                                         681,570              805,646
        その他の流動負債
        流動負債合計                                5,265,588              5,367,509
       非流動負債
                            7,10           25,189,747              24,252,010
        借入金
                             10           5,599,829              6,009,347
        その他の金融負債
                                         44,820              86,354
        繰延税金負債
                                         60,802              77,131
        引当金
                                         350,119              361,122
        その他の非流動負債
                                       31,245,317              30,785,964
        非流動負債合計
       負債合計                                36,510,905              36,153,473
      資本
                             8            100,000              110,196
       資本金
                             8          13,810,391              13,850,972
       資本剰余金
                                        6,705,484              8,904,948
       利益剰余金
                                       20,615,875              22,866,116
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                       20,615,875              22,866,116
       資本合計
                                       57,126,780              59,019,589
      負債及び資本合計
                                 10/25




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
         【要約四半期連結損益計算書】
          【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自   2015年3月1日            (自   2016年3月1日
                            注記
                                   至  2015年8月31日)             至  2016年8月31日)
                             9          10,537,296              11,557,930
     売上収益
                                       △6,096,892              △6,664,200
     売上原価
     売上総利益                                   4,440,404              4,893,730
                                         27,604              12,026
     その他の営業収益
                                       △1,177,543              △1,379,103
     販売費及び一般管理費
                                        △27,039             △103,293
     その他の営業費用
     営業利益                                   3,263,426              3,423,360
                                         32,666               9,055
     金融収益
                                        △114,813              △149,142
     金融費用
     税引前四半期利益                                   3,181,279              3,283,273
                                       △1,138,377              △1,083,809
     法人所得税費用
                                        2,042,902              2,199,464
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        2,042,902              2,199,464
      親会社の所有者
                                        2,042,902              2,199,464
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                       12             46.64              50.20
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       12             46.11              48.60
         【要約四半期連結包括利益計算書】

          【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自   2015年3月1日           (自   2016年3月1日
                                   至  2015年8月31日)            至  2016年8月31日)
                                        2,042,902              2,199,464
     四半期利益
                                        2,042,902              2,199,464

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                        2,042,902              2,199,464
      親会社の所有者
                                        2,042,902              2,199,464
      合計
                                 11/25






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
         【要約四半期連結損益計算書】

          【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                 (自   2015年6月1日            (自   2016年6月1日
                            注記
                                   至  2015年8月31日)             至  2016年8月31日)
                             9           5,467,025              5,959,013
     売上収益
                                       △3,199,995              △3,443,540
     売上原価
     売上総利益                                   2,267,030              2,515,473
                                         18,149               2,311
     その他の営業収益
                                        △603,150              △716,363
     販売費及び一般管理費
                                        △11,039              △66,095
     その他の営業費用
     営業利益                                   1,670,990              1,735,326
                                          8,477              4,855
     金融収益
                                        △68,963              △82,186
     金融費用
     税引前四半期利益                                   1,610,504              1,657,995
                                        △576,630              △540,589
     法人所得税費用
                                        1,033,874              1,117,406
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        1,033,874              1,117,406
      親会社の所有者
                                        1,033,874              1,117,406
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                       12             23.60              25.50
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       12             23.33              24.62
         【要約四半期連結包括利益計算書】

          【第2四半期連結会計期間】
                                                    (単位:千円)
                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                  (自   2015年6月1日           (自   2016年6月1日
                                   至  2015年8月31日)            至  2016年8月31日)
                                        1,033,874              1,117,406
     四半期利益
                                        1,033,874              1,117,406

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                        1,033,874              1,117,406
      親会社の所有者
                                        1,033,874              1,117,406
      合計
                                 12/25






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
                                                     (単位:千円)
                                              親会社の
                  注記     資本金       資本剰余金        利益剰余金                資本合計
                                             所有者に帰属
                                             する持分合計
     2015年3月1日残高
                        100,000      13,773,283        2,579,646       16,452,929        16,452,929
      四半期利益
                                      2,042,902        2,042,902        2,042,902
     四半期包括利益合計
                          -        -    2,042,902        2,042,902        2,042,902
      株式報酬取引
                                11,741                11,741        11,741
     所有者との取引額合計
                          -      11,741          -      11,741        11,741
                        100,000      13,785,024        4,622,548       18,507,572        18,507,572
     2015年8月31日残高
                                                     (単位:千円)

                                              親会社の
                  注記     資本金       資本剰余金        利益剰余金                資本合計
                                             所有者に帰属
                                             する持分合計
     2016年3月1日残高
                        100,000      13,810,391        6,705,484       20,615,875        20,615,875
      四半期利益
                                      2,199,464        2,199,464        2,199,464
     四半期包括利益合計
                          -        -    2,199,464        2,199,464        2,199,464
      新株予約権の行使
                        10,196        7,589               17,785        17,785
      株式報酬取引
                                32,992                32,992        32,992
     所有者との取引額合計
                        10,196        40,581          -      50,777        50,777
     2016年8月31日残高                   110,196      13,850,972        8,904,948       22,866,116        22,866,116
                                 13/25












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自   2015年3月1日           (自   2016年3月1日
                              注記
                                   至  2015年8月31日)            至  2016年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         3,181,279              3,283,273
      税引前四半期利益
                                          146,313              205,751
      減価償却費及び償却費
      固定資産処分損益(△は益)                                     6,237              △196
      引当金の増減額(△は減少)                                      349              385
                                         △32,666               △9,055
      金融収益
                                          114,813              149,142
      金融費用
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                   △391,303                38,129
      差入保証金及び建設協力金の増減額(△は増加)                                   △104,657              △113,265
      その他の金融資産の増減額(△は増加)                                    △6,388              △65,665
      営業債務の増減額(△は減少)                                    65,434             △11,378
      預り保証金及び建設協力金の増減額(△は減少)                                    327,456              346,758
      その他の金融負債の増減額(△は減少)                                   △106,845               △20,490
                                         △467,599               125,661
      その他
      小計                                   2,732,423              3,929,050
                                            514              453
      利息の受取額
                                         △79,539              △77,800
      利息の支払額
                                        △2,062,556              △1,112,134
      法人所得税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     590,842             2,739,569
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                        △1,739,485               △406,444
      有形固定資産の取得による支出
                                            805              504
      有形固定資産の売却による収入
                                          △2,117                 -
      有形固定資産の除却による支出
                                         △30,130              △11,177
      無形資産の取得による支出
                                          451,926              144,292
      有価証券の償還による収入
                                           1,482              1,148
      貸付金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △1,317,519               △271,677
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                        △1,050,000               △900,000
      長期借入金の返済による支出
                                         △19,426              △23,715
      リース債務の返済による支出
                                            -            17,785
      株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △1,069,426               △905,930
                                          △3,134              △32,994
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        △1,799,237               1,528,968
                                         4,707,281              4,488,716
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         2,908,044              6,017,684
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/25







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社コメダホールディングス(以下、「当社」という。)は日本(登記簿上の住所:愛知県名古屋市)
         に所在する企業であります。当社の2016年8月31日に終了する第2四半期の要約四半期連結財務諸表は、当社及
         びその完全子会社である株式会社コメダ(以下、「当社グループ」という。)により構成されております。
          当社グループの事業内容は、珈琲所コメダ珈琲店等のフランチャイズ(以下、「FC」という。)チェーン
         の運営であり、FC加盟店に対して出店物件選定、店舗運営指導、食資材の製造・供給、店舗建物・内装等の設
         計施工及び店舗用地・建物の転貸等を行っております。また、知名度向上やFC加盟店の研修施設及びモデル店
         として、FC事業を補完することを目的に直営店を出店しております。
        2.作成の基礎

        (1)  IFRSに準拠している旨
          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号に準拠して作成しております。
          当社は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規
         定を適用しております。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、年次連結財務諸表で要求されている全ての情報が含まれていな
         いため、2016年2月29日に終了した前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
          なお、本要約四半期連結財務諸表は、                  2016年10月12日       に取締役会によって承認されております。
        (2)  測定の基礎

          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価
         を基礎として作成しております。
        (3)  機能通貨及び表示通貨

          当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満
         を四捨五入して表示しております。
                                 15/25












                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、                                     以下に記載の新たな会計方針
         の適用および会計方針の変更を除き、                  前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方針と同一であ
         ります。
          なお、当第2四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
         (新たな会計方針の適用)

          ヘッジ会計
           当社グループは、変動金利借入金の金利変動のリスクを低減するために締結している金利スワップをヘッジ
          手段として、第2四半期連結会計期間よりヘッジ会計を適用しております。
           当社グループは、ヘッジ開始時に、ヘッジ会計を適用しようとするヘッジ関係並びにヘッジを実施するに当
          たってのリスク管理目的及び戦略について、公式に指定及び文書化を行っております。また、ヘッジ関係の開
          始時に又は継続的に、ヘッジ関係が有効であるかどうかを評価しております。
           ヘッジ会計に関する適格要件を満たすヘッジは、IFRS第9号に規定されるキャッシュ・フロー・ヘッジとし
          て会計処理しております。
         (会計方針の変更)

          当社グル―プが第1四半期連結会計期間より適用している基準は、次のとおりであります。
             基準書         基準名                  新設・改訂の概要
            IAS第16号         有形固定資産          減価償却の許容される方法の明確化
            IAS第38号         無形資産          償却の許容される方法の明確化
          上記基準書の適用による本要約四半期連結財務諸表への重要な影響はありません。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益
         及び費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行うことが要求されております。そのため、実際
         の業績は、これらの見積りとは異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積り
         を見直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
          本要約四半期連結財務諸表に重要な影響を与える判断及び見積りの方法は、前連結会計年度に係る連結財務諸
         表と同様であります。
        5.セグメント情報

          当社グループは、喫茶店のFC事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 16/25









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        6.のれん
          当社は、毎第4四半期会計期間中又は減損の兆候がある場合にはその都度、のれんの減損テストを行っており
         ます。
          当第2四半期連結累計期間におけるのれんの取得、処分及び減損の兆候はありません。
        7.借入金

          当社グループは、2016年8月25日付で、借入コストの低減を目的として、借入先金融機関との間で2015年2月
         20日付金銭消費貸借契約の一部を変更する覚書(効力発生日:2016年8月31日)を締結しました。
          変更後の主な内容は次のとおりであります。
          (1)  金利

            基準金利(全銀協TIBOR運営機関が公表する日本円TIBOR)+各スプレッド
            トランシェAスプレッド    :0.15%(年率)
            トランシェBスプレッド    :0.20%(年率)
            コミットメントラインスプレッド:0.20%(年率)
          (2)  返済期限

            トランシェA:変更後の返済期限は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                   2016年2月期       2017年2月期       2018年2月期       2019年2月期       2020年2月期       2021年2月期
                        -       -    450,000       500,000       600,000       600,000
             5月末日
                     650,000       900,000       450,000       500,000       600,000       600,000
             8月末日
                        -    450,000       450,000       500,000       600,000       600,000
             11月末日
                     650,000       450,000       450,000       500,000       600,000       600,000
             2月末日
                    1,300,000       1,800,000       1,800,000       2,000,000       2,400,000       2,400,000
              合計
            トランシェB:2021年2月末日に16,700,000千円を一括返済

          また、当社グループは、上記借入金の金利変動リスクをヘッジするため、当社市場リスク管理方針に基づき

         2016年8月31日付で金利スワップ契約を締結し、トランシェBの残高のうち10,000,000千円をヘッジ対象として
         指定しております。なお、当該ヘッジ関係についてヘッジ会計を適用しておりますが、本要約四半期連結財務諸
         表に与える影響はありません。
                                 17/25










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        8.資本及びその他の資本項目
          発行可能株式総数、発行済株式総数及び資本金等の残高の増減は次のとおりであります。
                         発行可能株式総数         発行済株式総数           資本金        資本剰余金
                            (株)         (株)        (千円)       (注3)(千円)
         前連結会計年度末(注1)
                              500,000         292,000         100,000       13,810,391
         (2016年2月29日)
         株式分割による増加(注2)                   87,100,000         43,508,000             -         -
         新株予約権の行使による増加                       -      53,250         10,196         7,589
         株式報酬取引による増加                       -         -         -      32,992
         当第2四半期連結会計期間末
                            87,600,000         43,853,250          110,196       13,850,972
         (2016年8月31日)
         (注1)前連結会計年度末の発行可能株式総数及び発行済株式総数は次のとおりです。
                                    普通株式              A種種類株式
              発行可能株式総数(株)                           448,000                52,000
              発行済株式総数(株)                           240,000                52,000
         (注2)当社は、2016年4月1日開催の臨時株主総会の決議により、2016年4月20日付で種類株式の内容を普
              通株式の内容に変更しております。また、2016年4月1日開催の臨時取締役会決議により、2016年4
              月20日付で株式分割に伴う当社定款の一部変更を行うとともに、2016年4月20日開催の臨時株主総会
              決議により、当社定款の変更を行い、普通株式1株当たり150株の割合で株式分割を実施しました。
         (注3)資本剰余金の内訳は次のとおりであります。
              ①  資本準備金
               当社は、会社法に基づき、株式の発行に際しての払込み又は給付に係る額の2分の1以上を資本金
               に組み入れ、資本金として計上しないこととした金額は資本準備金として計上しております。
              ②  その他資本剰余金
               一定の資本取引並びに資本金及び資本準備金の取崩し等によって生じる剰余金であります。
              ③  新株予約権
               当社グループはストック・オプション制度を採用しており、会社法に基づく新株予約権を発行して
               おります。
                                 18/25











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        9.売上収益
          売上収益の内訳は次のとおりであります。
                                                      (単位:千円)
                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                   (自   2015年3月1日           (自   2016年3月1日
                                    至    2015年8月31日)            至    2016年8月31日)
                                          7,361,763              8,126,957
         卸売
                                           677,686              712,596
         直営店売上
         店舗開発収入                                 746,765              621,402
                                          1,136,816              1,321,273
         リースに係る収益
                                           614,266              775,702
         その他のサービス
                                         10,537,296              11,557,930
                    合計
                                                      (単位:千円)

                                  前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                   (自   2015年6月1日           (自   2016年6月1日
                                    至    2015年8月31日)            至    2016年8月31日)
         卸売                                3,799,532              4,163,743
                                           337,708              377,506
         直営店売上
                                           442,939              334,963
         店舗開発収入
                                           578,399              672,003
         リースに係る収益
                                           308,447              410,798
         その他のサービス
                                          5,467,025              5,959,013
                    合計
                                 19/25













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        10.金融商品の公正価値
          金融商品の公正価値ヒエラルキーは、レベル1からレベル3までを次のように分類しております。
          レベル1:活発な市場における無調整の相場価格により測定された公正価値

          レベル2:レベル1に含まれる相場価格以外のインプットのうち、直接又は間接に観察可能なものを使用して
               算出された公正価値
          レベル3:重要な観察可能でないインプットにより算出された公正価値
          (1)  公正価値で測定される金融商品

            各会計期間末における経常的に公正価値で測定される資産の公正価値ヒエラルキーは、次のとおりであり
           ます。
            なお、非経常的に公正価値で測定する資産又は負債はありません。
         前連結会計年度(2016年2月29日)

                                                    (単位:千円)
                                 レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
         その他の金融資産
           有価証券                           -       -    334,570       334,570
           その他                           -     4,000       1,549       5,549
                                      -     4,000      336,119       340,119
                   合計
         当第2四半期連結会計期間(2016年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                                 レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
         その他の金融資産
           有価証券                           -       -    188,394       188,394
           その他                           -     4,000       1,794       5,794
                                      -     4,000      190,188       194,188
                   合計
         レベル3の公正価値測定について

          有価証券の主な内容は、航空機・船舶のリース事業を目的とする匿名組合への出資であります。有価証券の公
         正価値は、投資先の事業計画を基に、ディスカウント・キャッシュフロー法により測定しており、当該公正価値
         の算定結果については、経理責任者がレビュー及び承認しております。なお、事業計画に織り込まれている事項
         は、リース料、航空機・船舶の売却収入、支払利息であり、市場の動向や為替等によってこれらの金額が変動
         し、公正価値に影響を及ぼす可能性があります。
          公正価値ヒエラルキーのレベル3に区分される公正価値測定における重要な観察可能でないインプットは収益
         率であります。
         レベル3に分類された金融商品の増減は、次のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                  (自   2015年3月1日            (自   2016年3月1日
                                   至  2015年8月31日)             至  2016年8月31日)
                                          839,883              336,119
         期首残高
         純損益に認識した金額(注)                                 27,923              △1,639
                                         △451,926              △144,292
         売却、償還
                                          415,880              190,188
         四半期連結会計期間末残高
         (注)要約四半期連結損益計算書の「金融収益」に含まれております。
            なお、前第2四半期連結会計期間末及び当第2四半期連結会計期間末現在で保有している資産及び負債に
           関する未実現損益の変動に起因する金額は、それぞれ△18,987千円及び△15,651千円です。
                                 20/25



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
        (2)  公正価値で測定されない金融商品
          要約四半期連結財政状態計算書において公正価値で測定しないものの、公正価値の開示が要求される資産及び
         負債は次のとおりです。なお、当該金融商品の帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっている場合には、開
         示を省略しています。
         前連結会計年度(2016年2月29日)

                                                      (単位:千円)
                              レベル1        レベル2        レベル3
                     帳簿価額                                  合計
         営業債権
                      3,306,998            -    3,979,473            -    3,979,473
          リース債権
         その他の金融資産
                      1,019,968            -     981,642           -     981,642
          差入保証金
                       922,757           -     906,645           -     906,645
          建設協力金
                        4,752          -      4,806          -      4,806
          貸付金
         借入金
          長期借入金(注)            26,987,859             -    26,460,311             -    26,460,311
         その他の金融負債
                      1,122,222            -    1,328,607            -    1,328,607
          リース債務
                      2,636,667            -    2,363,381            -    2,363,381
          預り保証金
                      2,094,580            -    2,057,363            -    2,057,363
          建設協力金
         (注)1年以内返済予定の残高を含んでいます。
         当第2四半期連結会計期間(2016年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                              レベル1        レベル2        レベル3
                     帳簿価額                                  合計
         営業債権
                      3,380,768            -    4,188,920            -    4,188,920
          リース債権
         その他の金融資産
                      1,058,491            -    1,044,547            -    1,044,547
          差入保証金
                      1,005,855            -    1,000,302            -    1,000,302
          建設協力金
                        3,604          -      3,605          -      3,605
          貸付金
         借入金
          長期借入金(注)            26,049,467             -    25,980,050             -    25,980,050
         その他の金融負債
                      1,175,881            -    1,460,163            -    1,460,163
          リース債務
                      2,864,465            -    2,748,042            -    2,748,042
          預り保証金
                      2,231,612            -    2,219,002            -    2,219,002
          建設協力金
         (注)1年以内返済予定の残高を含んでいます。
        (公正価値の算定方法)

         ・リース債権の公正価値については、元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定される
          利率で割り引いた現在価値により算定しております。
         ・差入保証金及び建設協力金(その他の金融資産)の公正価値については、その将来キャッシュ・フローを市
          場金利等で割引いた現在価値により算定しております。
         ・貸付金の公正価値については、元利金の受取見込額を、同様の新規貸付を行った場合に想定される利率で割
          り引いた現在価値により算定しております。
         ・長期借入金の公正価値については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で
          割り引いた現在価値に基づき算定しております。
         ・リース債務の公正価値については、元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定される
          利率で割り引いた現在価値により算定しております。
         ・預り保証金及び建設協力金(その他の金融負債)の公正価値については、その将来キャッシュ・フローを市
          場金利等で割引いた現在価値により算定しております。
                                 21/25



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
       11.配当金
          前第2四半期連結累計期間(自 2015年3月1日 至 2015年8月31日)
           (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
           (2)基準日が前第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が前第2四半期連結会計

             期間の末日後となるもの
              該当事項はありません。
          当第2四半期連結累計期間(自 2016年3月1日 至 2016年8月31日)

           (1)配当金支払額
              該当事項はありません。
           (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計

             期間の末日後となるもの
                        配当金の      1株当たり
          決議日       株式の種類        総額      配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)       (円)
        2016年10月12日
                        1,096,331         25.00
                 普通株式                    2016年8月31日         2016年11月11日         資本剰余金
        取締役会
       12.1株当たり四半期利益

                                  前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                   (自   2015年3月1日           (自   2016年3月1日
                                    至  2015年8月31日)            至  2016年8月31日)
        親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                 2,042,902              2,199,464
        発行済普通株式の期中加重平均株式数(株)(注)                                 43,800,000              43,815,342
        希薄化効果のある株式数
                                           501,600             1,442,744
         ストック・オプション
        希薄化効果のある株式数を考慮した後の期中加重平
                                         44,301,600              45,258,086
        均株式数(株)(注)
        基本的1株当たり四半期利益(円)(注)                                   46.64              50.20
        希薄化後1株当たり四半期利益(円)(注)                                   46.11              48.60
                                  前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間

                                   (自   2015年6月1日           (自   2016年6月1日
                                    至  2015年8月31日)            至  2016年8月31日)
        親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                 1,033,874              1,117,406
        発行済普通株式の期中加重平均株式数(株)(注)                                 43,800,000              43,826,850
        希薄化効果のある株式数
                                           507,150             1,551,804
         ストック・オプション
        希薄化効果のある株式数を考慮した後の期中加重平
                                         44,307,150              45,378,654
        均株式数(株)(注)
        基本的1株当たり四半期利益(円)(注)                                   23.60              25.50
        希薄化後1株当たり四半期利益(円)(注)                                   23.33              24.62
        (注)当社は、2016年4月20日付で種類株式を1株につき1株の割合で普通株式に転換し、また同日付で普通株式
           1株につき150株の割合で株式分割を実施しております。基本的1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当
           たり四半期利益につきましては、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、当該株式分
           割後の発行済株式数により算定しております。
       13.後発事象

         該当事項はありません。
                                 22/25



                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
          当社は、2016年10月12日開催の取締役会において、2016年8月31日の最終の株主名簿に記載された株主に対
         し、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
         (1)配当金の総額              1,096,331千円
         (2)1株当たりの金額            25円

         (3)支払請求の効力発生日及び支払開始日   2016年11月11日

                                 23/25


















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。
                                 24/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社コメダホールディングス(E32427)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2016年10月13日

     株式会社コメダホールディングス
      取 締 役 会           御 中
                               新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              石黒 一裕  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              大橋 正明  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社コメ

     ダホールディングスの2016年3月1日から2017年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2
     016年6月1日から2016年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2016年3月1日から2016年8
     月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算
     書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要
     約四半期連結財務諸表注記について四半期レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
     第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
     誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統
     制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
     報告」に準拠して、株式会社コメダホールディングス及び連結子会社の2016年8月31日現在の財政状態、同日を
     もって終了する第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッ
     シュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 25/25



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。