プルデンシャル・ファイナンシャル・インク 半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   半期報告書

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   2016  年9月28日

     【中間会計期間】                   2016  年度中(自 2016年1月1日 至 2016年6月30日)

     【会社名】                   プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                        (Prudential       Financial,      Inc.)
     【代表者の役職氏名】                   取締役会会長兼最高経営責任者兼社長

                        ジョン・R・ストラングフェルド
                        (John   R.  Strangfeld,       Chairman     and  Chief   Executive      Officer
                         and  President)
     【本店の所在の場所】                   アメリカ合衆国07102ニュージャージー州ニューアーク

                        ブロード・ストリート751
                        (751   Broad   Street,     Newark,     New  Jersey    07102,    U.S.A.)
     【代理人の氏名又は名称】                   弁護士  赤 上 博 人

     【代理人の住所又は所在地】                   東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                   (03)6888-1000

     【事務連絡者氏名】                   弁護士  笠 間 周 子

                        弁護士  梶 原 康 平
                        弁護士  本 田 駿 介
     【連絡場所】                   東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                        アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                   (03)6888-1000

     【縦覧に供する場所】                   該当なし

                                   1/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     将来の見通しに関する記述
      「第一部 企業情報」「第3 事業の状況」「1 業績等の概要」中の記載を含むが、これに限定されない本書
     中の記述の一部は、1995年米国民事証券訴訟改革法(U.S.                                 Private     Securities      Litigation      Reform    Act  of
     1995)に定義されるところの「将来の見通しに関する記述(forward-looking                                        statements)」に該当する。「予測
     する」、「考える」、「予想する」、「含む」、「予定する」、「推定する」、「見積もる」、「見込む」、「意
     図する」等の用語やこれらの変形は、一般に将来の見通しに関する記述を構成するものである。将来の見通しに関
     する記述は、将来の動向並びにそれがプルデンシャル・ファイナンシャル・インク及びその子会社に及ぼす可能性
     のある影響に関する経営陣の現時点における予測及び所見に基づきなされている。プルデンシャル・ファイナン
     シャル及びその子会社に影響を与える将来の動向が、経営陣の予想どおりとなるという保証はなしえない。これら
     の将来の見通しに関する記述は将来の業績の保証ではなく、リスクや不確定要素を伴うものであり、当該将来の見
     通しに関する記述に表されている予測や見積もりとは実際には時として重大に異なる結果をもたらし得る重要な要
     素が存在する。かかる要素には、以下に掲げるものが含まれるが、これらに限定されない。(1)                                                 債券等、株式、不
     動産及びその他の金融市場の動向及び変動を含む、経済、市場及び政治的状況;(2)                                             当社の事業のための追加債
     務、自己資本又は外部資金の調達可能性及びコスト;(3)                              金利変動及び低金利の期間の長期化;(4)リスクヘッジ
     をしないことを選択する程度又は当社が実施するヘッジ及びリスク管理戦略の無効若しくは不全;(5)                                                     信用枠を利
     用できないこと;(6)           当社の責任準備金の見直し;(7)                 実際の死亡、疾病、継続、ユーティリゼーション、金利、
     若しくは市場での利益と、当社の商品の価格設定、債務、準備金及びその他の決定のための仮定条件との間の差;
     (8)  繰延保険契約取得費用や、取得事業若しくは営業権の評価額に関する当社の仮定条件の更新;(9)                                                   年金及びそ
     の他の退職後の給付制度の仮定条件の更新;(10)                          当社の財務の健全性や信用格付の変化;(11)                        トリプルX規制及
     びガイドラインAXXXに基づく定期生命保険及びユニバーサル生命保険に関する法定準備金の条件;(12)                                                       投資損
     失、デフォルト及びカウンターパーティの不履行;                            (13)   当社の商品系統における競争及び人材獲得競争;(14)
     現在又は将来の販売網を通じた商品のマーケティング及び販売の困難性;(15)                                         税法の変更;(16)          当社の海外事業
     に関する経済、政治、通貨及びその他のリスク;(17)                            外国為替レート及び海外証券市場における変動;(18)                            ドッ
     ド・フランク金融制度改革・消費者保護法及び米国労働省が提案するフィデューシャリー・ルールを含む、規制若
     しくは法律の変更;(19)              当社の知的財産権を保護できないこと、又は他者の知的財産権についての侵害請求;
     (20)   当社が行う証券貸借取引の改善に関するものを含む、訴訟若しくは規制事項に関する不利な決定及び偶発債
     務に対する当社のリスク;(21)                 国内外の軍事活動、テロリスト活動若しくは伝染病を含む天災若しくは人災、又
     はその他の壊滅的な死亡者数をもたらす事件;(22)                           リスクの特定、監視及び管理のためのリスク管理方針並びに
     手続の不備;(23)統合の実行並びに予想されていた買収、事業の処分及び再編成の結果を出すことが困難になる可
     能性;(24)      電話、情報技術若しくはその他の運用システムの中断又は当該システム上の機密データのセキュリ
     ティ、機密性若しくはプライバシーを維持できないこと;                               (25)   法律又はU.S.        GAAP、会計慣行若しくは方針の変
     更;及び(26)        債務を返済するための、持株会社としてのプルデンシャル・ファイナンシャルの子会社からの配当
     及び分配への基本的な依存、並びに当社の格付目標及び/又は適用ある規制上の制約を鑑みた上での当該配当及び
     分配を支払う子会社の能力等が挙げられる。プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは、本書中の特定の将来
     の見通しに関する記述を最新のものに更新することを予定しておらず、また更新する義務を負わない。当社の事業
     及び当社の発行する証券への投資に関するリスクに関しては2015年12月31日に終了した事業年度に関する有価証券
     報告書及び本報告書の「第一部 企業情報」「第3 事業の状況」「4 事業等のリスク」の項を参照のこと。
                                   2/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     第一部      【企業情報】

      注記:1.     文書中、別段の記載がある場合を除いて、「プルデンシャル・ファイナンシャル」又は「当社」とは

           ニュージャージー州法に準拠して設立された「プルデンシャル・ファイナンシャル・インク」を意味
           するものとする。
         2.  別段の記載がある場合を除いて、文書中「ドル」又は「$」はそれぞれ米ドルを指すものとする。
           文書中一部の財務データについては、閲覧者の便宜のため、ドルから日本円(「円」又は「¥」)への
           換算がなされている。この場合の換算は、特に別のレートの記載がない限り、2016年8月26日現在の
           株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信直物相場-仲値である$1.00=¥100.50により計算されてい
           る。
         3.  文書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計欄に記載されている数値は計数の総和と必ずしも
           一致しない場合がある。
                                   3/278
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
      当該上半期中、特に重要な変更はなかった。

                                   4/278



















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                     (単位:百万ドル、1株当たりの金額を除く)
                                                 以下の日に終了した
                               以下の日に終了した6ヶ月間
                                                   事業年度
                              2016  年    2015  年    2014  年    2015  年    2014  年
                             6月30日      6月30日      6月30日      12 月31日     12 月31日
     資産合計(注1)
                              796,490      762,592      765,537      757,255      766,526
     資本合計                         55,178      42,292      41,807      41,923      42,349
     収益合計                         28,768      29,264      26,000      57,119      54,105
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する当
                               2,257      3,442       2,328      5,642      1,381
     期純利益(損失)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する中
                               14,639       796      6,724      1,877      8,750
     間包括利益又は包括利益
     1株当たり利益
      普通株式1株当たり利益
      -基本                          5.03      7.52      4.89      12.37       3.25
      -希薄化後                          4.97      7.40      4.81      12.17       3.23
     営業活動によるキャッシュ・フロー                         13,489       3,475      5,555      13,895      19,396
     投資活動による(に使用した)キャッシュ・フロー                         (7,789)       714     (7,525)      (7,746)      (17,088)
     財務活動による(に使用した)キャッシュ・フロー                           619     (2,109)       2,617      (3,524)       1,629
     現金及び現金同等物期末残高                         24,142      17,038      12,160      17,612      14,918
      (注1)       2015  年4月、FASBは、指針のアップデート(ASU                  2015-03「利息-利息の帰属計算(サブトピック835-30):債券発行費用の表示

          の簡素化」)を発行した。当社は当該指針を2016年1月1日付けで適用したが、それ以前の期間については、債券発行費用は資
          本化され、繰延費用(すなわち資産)として計上していた。新しい基準に基づき、貸借対照表上の定期借入債務に関連する債券
          発行費用は借入負債の簿価からの直接控除(すなわち負の負債)として表示される。本財務書類で表示されている過年度の情報
          は、この修正後指針の遡及的適用を反映して修正されている。しかし、2014年度以前の年度は年次ベース(12月31日現在)でし
          か再表示されていないため、2014年6月30日の金額は再表示の影響を反映していない。
                                   5/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     2  【事業の内容】
       下記「3     関係会社の状況」に記載の完了した買収を除き、当該上半期中に重要な変更はなかった。

                                   6/278



















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     3  【関係会社の状況】
     ドイツ銀行のインドにおける資産運用事業の取得

      2016  年3月、当社及び当社のインドにおける資産運用合弁事業のパートナーは、以前に発表した、当該合弁事業

     を通じたドイツ銀行のインドにおける資産運用事業の取得を完了した。この取得は、インドにおける当社の投資運
     用の専門知識、販売基盤及び商品ポートフォリオを拡充することになるが、当社の業績には重要な影響を及ぼさな
     かった。
     Administradora        de  Fondos    de  Pensiones     Habitat    S.A.の買収

      2016  年3月、当社は、チリ建設会議所の投資子会社であるInversiones                                   La  Construcción       S.A.(「ILC」)から

     の、チリにおける退職サービスの大手プロバイダーであるAdministradora                                       de  Fondos    de  Pensiones      Habitat     S.A.
     (「AFP     Habitat」)の40%の間接的所有持分の取得を完了した。当社は、1株当たり899.90チリペソを支払い、購
     入総額は取得日時点の為替レートに基づき換算すると、約532百万ドルとなった。この結果、当社とILCは、共同持
     株会社を通じてAFP          Habitatにおける対等の間接支配持分を所有している。当社の投資は持分法を使用して会計処
     理され、「その他資産」に計上される。                     この買収により、当社は成長途上のチリの年金市場に参入することが可
     能となる。
                                   7/278














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     4  【従業員の状況】
        2016  年6月30日現在、当社の従業員及び店員数は約49,881名(米国外に配置される約26,902名を含む)であ

       る。当社としては各従業員及び店員とは満足のいく関係にあると考えている。
                                            2016  年6月現在

              継続事業の当社従業員等数
                                      実数        前年        増減
     退職金ソリューション及び投資運用

      年金セグメント                                 1,211.5        1,224.5         (13.0)
       投資運用及びアドバイザリー・サービス                                  3,050.0        2,938.5         111.5
       プルデンシャル投資                                   425.5        417.5         8.0
       国際投資                                   177.0        262.0        (85.0)
      資産運用セグメント                                  3,652.5        3,618.0         34.5
      退職金セグメント                                  2,297.5        2,425.5        (128.0)
     退職金及び投資運用部門合計                                  7,161.5        7,268.0        (106.5)
     個人生命保険及び団体保険

      個人生命保険セグメント(代理店を通じた販売を含む)                                  6,384.0        6,255.0         129.0
      団体保険セグメント                                  1,855.5        1,941.5         (86.0)
     個人生命保険及び団体保険部門合計                                  8,239.5        8,196.5         43.0
     国際保険

      ライフプランナーオペレーション                                 11,927.5        11,583.0         344.5
      ジブラルタ生命(注1)                                 14,975.0        14,973.5          1.5
     国際保険部門合計                                 26,902.5        26,556.5         346.0
     全社及びその他業務部門

      全社勘定                                 7,577.5        6,889.0         688.5
     全社及びその他業務部門合計                                  7,577.5        6.889.0         688.5
     継続事業の当社従業員数合計                                 49,881.0        48.910.0         971.0

      制作スタッフ、サポート・スタッフ合計                                 27,713.0        27,044.0         669.0

      販売スタッフ合計                                 22,168.0        21,866.0         302.0
     継続事業の当社従業員数合計                                 49,881.0        48,910.0         971.0
      (注1)     ジブラルタ生命の実際の人数は一ヶ月遅れで報告されている。

      (注2)     小数点以下の数値は、当社のパート・タイム・アソシエイツを小数点以下の人員として計算する、当社
          の人員計算の方法によるものである。
                                   8/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

                    経営陣による財政状態と経営成績に関する考察と分析

       経営陣による財政状態と経営成績に関する考察と分析(以下「MD&A」という。)は、2015年12月31日現在に対

      する2016年6月30日現在の当社の連結財政状況、並びに2015年及び2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ
      月間の連結業績に関する記載である。下記の連結財政状況及び経営成績に関する分析については、MD&A、2015年
      12月31日に終了した年度の当社の有価証券報告書中の「事業等のリスク」の項及び監査済連結財務書類、並び
      に、本書中の「将来の見通しに関する記述」中の記述及び未監査中間連結財務書類と併せて読まれるべきもので
      ある。
                                 概要

       当社の主要事業は7セグメントを含む4部門、並びに全社及びその他業務部門にて構成されている。米国退職

      金ソリューション・投資運用部門は、個人年金保険、退職金及び資産運用の各セグメントにて構成されている。
      米国個人生命保険・団体保険部門は、個人生命保険及び団体保険の各セグメントにて構成されている。国際保険
      部門は、当社の国際保険セグメントにて構成されている。クローズド・ブロック部門は、当社の配当付き保険及
      び年金商品の保有契約、これらの商品の保険金・給付金及び契約者配当金の支払に用いられる対応資産(以下
      「クローズド・ブロック」)、並びに特定の関連する資産及び負債を含んでいる。クローズド・ブロック部門
      は、当社の全社及びその他業務部門に含まれる撤退事業とは別途に報告される撤退事業として会計処理される。
      全社及びその他業務部門には、事業セグメントに割り当てられていない法人項目及びイニシアチブ並びに撤退し
      た又は撤退予定の事業が含まれる。クローズド・ブロックの詳細については、未監査中間連結財務書類の注記6
      を参照のこと。
       資金調達コストについては、コーポレート債務の資金調達コスト(これは全社及びその他業務部門にて計上さ

      れる。)を除き、各セグメントが使用した資金調達金額に基づいて各セグメントに割り振っている。各セグメン
      トの純投資収益には、経営陣が当該セグメントのリスク・サポート上必要であるとみなす資本金に関する利益も
      含まれている。
                           エグゼクティブ・サマリー

       プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは米国、アジア、欧州及びラテン・アメリカで事業を行う、運用

      資産約1兆2,680億ドル(2016年6月30日現在)を有する大手金融サービス会社である。当社は、子会社、関連会
      社を活用し、金融サービス業界最大ともいえる流通ネットワークを通じて、生命保険、年金、退職金関連サービ
      ス、ミューチュアル・ファンド及び投資運用などを含む広範囲の金融商品・サービスを個人顧客、法人顧客に提
      供している。
                                   9/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      規制上の進展
      資本基準及び健全性基準

       2016年6月、連邦準備制度理事会(「FRB」)は、ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法(「ドッ

      ド・フランク法」)に基づきFRBの監督下にある当社等、ノンバンク金融会社を含む保険業務を行っている機関
      (「指定金融機関」)に関する規制目的上の自己資本規制のアプローチに関する規則策定案の事前通知を発行し
      た。当該事前通知は、資本要件の決定のための「ビルディング・ブロック・アプローチ」及び「連結アプロー
      チ」に関し、指定金融機関にいずれのアプローチを適用するのが適当かということを含め、コメントを求めてい
      る。ビルディング・ブロック・アプローチは保険会社グループの適格資本及び必要資本を計算するために、異な
      る会社のそれぞれの資本及び資本要件を集約する。連結アプローチは、保険負債、資産及び一定のその他のリス
      クをリスクのセグメントに分類し、各セグメントの額にリスク要因を当てはめることにより連結必要資本を設定
      し、連結保険会社の適格資本を定義し、連結適格資本と連結必要資本を比較する。規則策定案の事前通知に記載
      されたビルディング・ブロック・アプローチと連結アプローチは、資本基準に関するハイレベルなコンセプトで
      あり、最終的な基準とするには具体的に定義する必要がある。事前通知に対するコメント期間は2016年9月16日
      に終了する。
       同じく2016年6月に、FRBは指定金融機関に関してコーポレート・ガバナンス、リスク管理及び流動性リスク

      管理に関する強化された健全性基準の提案を発表した。提案されたコーポレート・ガバナンス基準によると、指
      定金融機関は取締役会付属のリスク委員会を設置し、維持することと、チーフ・リスク・オフィサー及びチー
      フ・アクチュアリーを任命することが要求される。提案されたリスク管理基準によると、指定金融機関は、ポリ
      シー、手続、プロセス及びシステムなどを含む、リスク管理のフレームワークを構築することが要求される。提
      案された流動性リスク管理基準によると、定期的なキャッシュ・フロー予測、流動性のストレス・テスト及び流
      動性バッファーの維持が要求される。                    当該提案に対するコメントの提出期限は2016年8月17日である。
       最終的な資本要件若しくは強化された健全性基準の発表時期又はその内容、又はFRBが最終的にどのようにこ

      れらを当社に適用するかということは予測することはできない。FRBの監督に関する詳細については、2015年12
      月31日に終了した事業年度に関する有価証券報告書の「第一部 企業情報」「第2 企業の概況」「3 事業の
      内容」の「規制-ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法-指定金融機関としての規制」を参照のこと。
                                  10/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      原則主義的責任準備金評価
       2016年6月、全米保険監督官協会(「NAIC」)は生命保険商品について、原則主義的責任準備金評価制度の導

      入を推奨することを採択した。原則主義的責任準備金評価は、生命保険商品について、保険会社の負債又は義務
      のリスク又はコストを完全には反映しきれていない現状の公式に基づく準備金の制度に代わるものである。原則
      主義的責任準備金評価は3年間の移行期間を設けている。当社の裁量により、2017年1月1日以降の新規の個人
      生命保険契約に適用することができるが、2020年1月1日以降はすべての新規個人生命保険契約について適用さ
      れなければならない。原則主義的責任準備金評価は、2017年1月1日以前の既契約の責任準備金には影響を与え
      ない。当社は、当該アプローチが当社の予測法定責任準備金レベルと個人生命保険ポートフォリオの価格設定に
      与える影響を検討している。
      英国の欧州連合(EU)離脱(Brexit)

       2016年6月、英国は拘束力のない国民投票により、EU離脱を承認した。英国が正式にEUを離脱するためには、

      離脱の通知を提出し、英国とEU間で離脱の時期と条件の交渉する手続を踏むことによって行われる。交渉の結果
      によってこれらの法域における当社の事業及び投資に対する最終的な影響が決定され、為替レートや資産価格の
      変動や、規制の変更などが予想される。英国及びEU関連の投資リスクについては、「一般勘定投資                                                   —PFI(クロー
      ズド・ブロック部門を除く。)の一般勘定投資                         ✓満期固定証券        ✓満期固定証券       と業種カテゴリ別未実現利益(損
      失)」、ポンド建ての退職金セグメントについては、「セグメント別営業成績                                         ✓米国退職ソリューション・投資
      管理部門     —退職金    —営業成績」を参照のこと。
      労働省フィデューシャリー・ルール

       2016年4月、米国労働省               (「DOL」)は新たなクラス・エグゼンプションと従業員退職所得保障法

      (「ERISA」)に基づく禁止取引の長期エグゼンプションの修正を内容とする最終的な規制(総称して「本規制」
      という。)を発布し、2017年4月より施行され、一定の追加規定は2018年1月より遵守することが求められる。
      本規制は適格年金制度、プラン参加者及び個人退職積立金勘定(「IRA」)との取引における「受託者」の定義
      を変更し、プラン参加者又はIRA保有者に対する助言は受託者の活動とみなすことを一般的に定める。当社は、
      本規制が当社の事業に与える影響を分析しており、本規制の要件に従うために必要な調整を行うための準備を
      行っている。全体的に、本規制により、コンプライアンス費用が増加し、集団訴訟を含む、一定の場合における
      訴訟リスクの増加を予想している。本規制は主に当社の個人年金事業、プルデンシャル・アドバイザーを通じた
      販売システム(当社の個人生命保険の業績に含む)及び当社の退職金及び資産運用セグメントに影響を与えるも
      のと考えている。2016年第2四半期中、複数の金融サービス業界団体が本規制の手続及び内容について訴訟を提
      起した。これらの訴訟の結果によって、本規制の一部又は全部が当社の事業に適用されるか否か、またその適用
      方法が変更される可能性がある。本規制の重要な側面とこれらが当社の事業に与える影響には下記のものが含ま
      れる。
                                  11/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       ・ プルデンシャル・アドバイザーズ: 退職金プラン及びIRAに対する投資アドバイス(IRAに販売する商品
         購入の推奨を含む)に関する新たな「最善の利益契約の免除規定」を遵守するために必要であると考える
         手続を行っている。当該投資アドバイスは、プルデンシャル・アドバイザーズの非生命保険新規事業の収
         益の大部分を構成している。本規制は、独占商品は一定の条件を満たしている場合にはIRA保有者に販売
         することができると定めており、当該タイプの販売については新たな要件が課されることとなり、当社で
         は引き続き検討している。本規制によりコンプライアンス及び契約要件が課され、顧客は契約違反に対し
         て新たに法的措置を行う私権を与えられ、場合によってはERISA及び内国歳入法に基づく消費税、不正利
         得の変換、及びその他の救済などの損害及び負債の請求につながる場合がある。本規制は当社の報酬及び
         給付制度の変更並びに当社の提供する商品の内容に影響を与える可能性がある。
       ・ 年金: 販売代理店を通じた変額年金保険の販売は上記の最善の利益契約の免除規定の対象となるが、一

         定の定額年金保険は別途免除の対象となる。本規制の結果として、一部の販売代理店は年金保険の販売を
         制限する可能性がある。さらに、本規則を遵守するために、販売店のニーズに応えるため、当社の商品の
         デザイン又は内容を変更する必要が生じる可能性がある。また、本規則に基づく「受託者」とみなされる
         ことを避けるためには、当社は集団扱保険及びその他のセールス・サポート及び顧客サービス活動を監視
         又は制限する必要が生じる場合がある。
       ・ 退職金: 当社の商品に含まれる資産配分ツール(特定の投資に基づく見積もりを含む)は、当社が提供

         するツールに一定の変更を行うことを条件として、プラン顧客の受託者の定義に当てはまらないものと予
         想される。IRA募集及び資産留保並びに連結活動は上記の最善の利益契約の免除規定に従うことを求めら
         れる可能性がある。さらに、本規則に基づく受託者にみなされないようにするためには、資産が50百万ド
         ルを下回る制度のスポンサー及び仲介業者との関係の変更も必要となる。これまで、当社の退職金事業か
         らの収益の大部分はIRA募集、資産留保及び連結活動によるものではなく、資産が50百万ドルを下回る制
         度からのものではない。
       ・ 資産運用: 販売会社には具体的な商品及び価格設定のニーズがある場合があり、本規則を遵守するため

         の商品内容又は価格設定の調整を要求する可能性がある。また、本規則に基づく「受託者」とみなされる
         ことを避けるためには、当社は集団扱保険及びその他のセールス・サポート及び顧客サービス活動を監視
         又は制限する必要が生じる場合がある。
       上記を含む規制が当社に与える影響に関する詳細については、2015年12月31日に終了した事業年度の有価証券

      報告書における「第一部 企業情報」「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の「規制」及び「4 事業等の
      リスク」を参照のこと。
                                  12/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      低金利環境の影響
      米国事業(クローズド・ブロック部門を除く。)

       2015年12月において米国連邦準備制度理事会が短期金利の引き上げを決定したにもかかわらず、米国における

      金利は、依然として過去の水準を下回っている。英国の国民投票によるEU離脱や経済成長及び雇用創出を含むが
      これらに限られない市況や事象により、連邦準備制度理事会による将来の金融政策に関する決定の時期とその金
      額は不明確である。現在の低金利環境により、当社の現在の再投資利回りは引き続き、ポートフォリオ全体の利
      回り、とりわけ満期固定証券及び商業モーゲージ貸付に対する投資の利回りを下回っており、その結果として
      ポートフォリオ全体の利回りは引き続き減少することが予想される。
       当社の米国退職金ソリューション・投資運用部門、米国個人生命保険・団体保険部門並びに全社及びその他業

      務部門をサポートする一般勘定について、当社は、2017年度を通じた年間の予定支払額と予定繰上支払額が満期
      固定証券及び商業モーゲージ貸付のポートフォリオの約10%に相当するものと予想している。これらの事業の一
      般勘定には、2016年6月30日現在、当該資産が純帳簿価額ベースで約1,820億ドル含まれていた。当該資産が満
      期を迎えるにあたり、2016年6月30日現在約4.5%である満期固定証券及び商業モーゲージ貸付の平均ポート
      フォリオ利回りは、更なる低金利環境における再投資により、低下するものとみられている。満期固定証券及び
      商業モーゲージ貸付1,820億ドルのうち、約890億ドルの資産については発行体の裁量によるコール・オプション
      又は償還のオプションが付されており、その加重平均金利は約5%である。
       2016年6月30日現在、当該資産の約70%には、繰上返済制限条項が含まれている。当社が現在の純利鞘を維持

      するために、保有する保険契約の予定利率を引き下げない又は以下に記載するその他の資産・負債管理戦略を効
      果的に利用しない、あるいはこれらを行うことができない範囲において、現在のポートフォリオ利回りを下回る
      レート(保険契約によって保証されているレートを下回る場合を含む。)による予定支払額と予定繰上支払額の
      再投資に伴い、将来における運用成績に影響が及ぶ可能性がある。
       2016年6月30日現在、これらの事業は約1,780億円の保険負債及び保険契約者預り金勘定を有していた。当該

      金額のうち約530億ドルは、契約期間中に利率を調整可能な、最低保証予定利率保証付き保険契約であった。最
      低保証予定利率を上回る保険契約について、当社は当該予定利率を引き下げることができるものの、かかる引き
      下げに対する当社の意思は、競争による圧力によって抑制されることがある。
                                  13/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、     最低保証予定利率別の勘定価値                及び2016年6月30日現在の保険契約者に対する金利と各最低保証                                 予定
      利率  の差をベーシス・ポイント(bps)で示したものである。
                        最低保証予定利率に基づき予定利率を調整可能な勘定価値

                         最低保証利率       最低保証利率       最低保証利率       最低保証利率
                  最低保証利率       を1-49bps       を50-99bps      を100-150bps       を150bps超        合計
                         上回っている       上回っている       上回っている       上回っている
                                 (単位:十億ドル)
     最低保証予定利率の範囲
     1.00%未満                 0.6       0.7       0.4       0.0       0.0       1.7
     1.00%から1.99%                 1.4      10.9       4.2       1.1       0.1      17.7
     2.00%から2.99%                 2.3       0.3       1.8       0.9       0.1       5.4
     3.00%から4.00%                26.7       0.8       0.2       0.1       0.0      27.8
                      0.7       0.0       0.0       0.0       0.0       0.7
     4.00%超
                     31.7       12.7       6.6       2.1       0.2      53.3
     合計
     合計額に対する割合
                     59%       24%       12%       4%       1%      100%
       上記の表には、投資額が満期まで保有されなかった場合に市場価格調整を必要とする約13億ドルが含まれてい

      る。
       これらの事業は、参加型保険契約(投資収益に関するリスクが最終的に保険契約者の負担となる。)から成

      る、約150億ドルの保険負債及び保険契約者預り金勘定も有していた。当該保険契約の予定利率は、関連資産の
      利回りに基づいて定期的に改定される。これらの事業の1,780億ドルの保険負債及び保険契約者預り金勘定のう
      ちの1,100億ドルは、団体年金保険、                   ストラクチャード・セトルメント年金及びその他の保険商品                               等の長期の商
      品を表している。当該商品には、固定の保証期間があり、その原資産をポートフォリオの利回りを下回る金利で
      再投資しなくてはならないこともある。当社は、以下において述べる資産・負債管理計画を通じて、長引く低金
      利環境が当該保険契約に与える影響を緩和することを目指している。
       2016年7月1日から2017年12月31日までの米国10年国債の平均利回りが1.50%で、かつ、信用スプレッドのレ

      ベルが2016年6月30日現在のレベルと同じであるという仮定的なシナリオに基づき、当社は、かかる環境におけ
      る再投資による税引前調整後営業利益に含まれる純利鞘が、現在の平均ポートフォリオ利回りによる再投資と比
      較した場合に、2016年度には約8百万ドル、2017年度には約64百万ドルのマイナスの影響を受けるものと予想し
      ている。当該影響は、主に退職金セグメント、及び個人年金保険セグメントで最も顕著である。この仮定的なシ
      ナリオは、上表の約530億ドルの保険契約に関する影響のみを反映したものであり、関係する保険契約者に対す
      る債務の予定利率の潜在的な変動(当社が契約上変更を行うことが可能な場合)、若しくは資金の再投資の際に
      当社が採用する投資ミックスの変更等その他の緩衝剤による恩恵、当社の負債に直接に対応していない資産に関
      連する影響、その他の要素の影響(新契約、保険契約者の行動、競争環境の変化及び資本市場の変動を含むが、
      これらに限られない。)、又は以下に記載するその他の要素は、反映されていない。
                                  14/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       昨今の金利環境が当社の純利鞘に与える不利な影響を緩和するため、当社は、積極的な資産・負債管理計画を
      採用しており、これには、規律あるリスク管理の枠組の範囲内における戦略的資産配分及びデリバティブ戦略が
      含まれている。当該戦略は、当社の商品の特徴に合致し、資産の金利感応度を商品負債の予想金利感応度に厳密
      に近似させることを目指すものである。当社の資産・負債管理プログラムは、デリバティブを通じて、資産と負
      債の間のデュレーションのギャップのリスク、為替変動リスク及びその他のリスクを管理に役立てている。当社
      は、商品の変化、顧客の行動の変化及び市況の変化が生じるごとに、かかる動的なプロセスを調整している。そ
      の結果、当社の資産・負債管理プロセスにより、当社が商品に関連する金利リスクを、複数の市場サイクルを通
      じて管理することが可能になっている。当社の金利エクスポージャーは、当社の事業の構成(報酬ベースの利益
      及び保険引受利益が、商品の収益性にとってより重大な役割を果たしている事業を含む。)によっても緩和され
      ている。
      クローズド・ブロック部門

       クローズド・ブロック部門の610億ドルの一般勘定資産のほぼ全額は、クローズド・ブロックの保険に関連す
      る債務及び負債をサポートするものである。クローズド・ブロックに関する詳細については、未監査中間連結財
      務書類の注記6を参照のこと。
      国際保険事業

       当社の国際保険事業は、長年にわたって低金利環境を経験しているが、当社最大の国際保険事業における特定

      の商品区分に係る現時点の再投資利回りは、概ね当該商品区分に対応するポートフォリオの現時点の利回りを下
      回っている。最近、日本銀行がさらなる金融政策を押し進めることにより金利は更に低下し、10年物及び20年物
      国債についてはマイナス金利となった。当社の国際保険事業は、現在の金利環境が当社の純利鞘に与える不利な
      影響を可能な限り緩和するために積極的な資産/負債管理プログラムを採用している。当該プログラムと併せ
      て、当社は、ポートフォリオを支えるために利回りがマイナスの資産は購入しておらず、引き続き、利回りがプ
      ラスで30年以上の期間の長期債券を購入している。さらに、為替ミックス及び保険料の支払方法など、多様な商
      品ポートフォリオにより、低金利環境のマイナスの影響はさらに緩和される。当社は定期的に円建ての商品とそ
      の利回りを検査している。その結果、当社は一定の商品の価格を再設定し、一定の商品の手数料を調整し、当社
      の期待する利益に満たない商品の販売を中止した。これらの対策の影響及び米ドルに対する円高及び一定の新商
      品の導入により、他通貨建ての商品に対して、米ドル建て商品の販売が増加した。国際保険事業における販売に
      関する追加情報については、下記「国際保険部門-国際保険-営業成績」を参照のこと。
                                  15/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年6月30日現在、当社の国際保険事業は、1,380億ドルの保険負債及び契約者預り金勘定を有している。
      当該1,380億ドルには、投資額が満期まで維持されない場合に市場価値調整が行われる保険契約に関連する約220
      億ドル、及び予定利率が             最低保証予定利率に基づき              保険契約の期間にわたって調整される保険負債及び契約者預
      り金勘定が約90億ドル含まれている。しかしながら、当該保険契約について、現行の予定利率の大部分は、契約
      上の最低保証予定利率又はそれに近い料率である。一定の場合において、当社は最低保証予定利率を上回る保険
      契約について予定利率を引き下げることができるが、当該保険契約の大部分について、予定利率は、公式により
      決定される。保険負債及び契約者預り金勘定の残りの1,070億ドルは、主に期間が固定・保証された長期保険商
      品(ポートフォリオ利回りを下回る金利で、原資産を再投資しなければならないことがある。)から成る。
       現在の販売及び保険料の仮定に基づき、また日本及び韓国の事業において2016年の新規投資利回りが実際の

      2016年の新規投資利回りを25ベーシス・ポイント下回る仮想的シナリオに基づき、2016年の税引前調整後営業利
      益に含まれる資金利鞘に与える不利な影響額は10百万ドルから15百万ドルの間であると予想している。この仮想
      シナリオは、更新保険料の2016年平均投資並びに投資利益及び投資の処分による利益の再投資が、実際の2016年
      の新規投資利回りを25ベーシス・ポイント下回ることを表している。この仮想シナリオは、1年目の一時払保険
      料及び多通貨定額年金保険キャッシュ・フロー、価格を再設定した商品からの利益、及びその他の要因による影
      響(新規事業、契約加入者の動き、競争状況の変化、資本市場の変動、デリバティブ商品の影響を含むがこれら
      に限定されない。)を考慮していない。
      変額年金保険の出再保解約

       2016年4月1日より、当社は当社専属のキャプティブ再保険会社である、プルコ・リインシュアランス・リミ

      テッド(「プルコ・リ」)に出再されていた生前給付特約オプション付き変額年金に関連するリスク及び一定の
      退職金商品の出再保を解約した。これらのリスクは元の保険会社が引き受け、ベースとなる契約のリスクと統合
      された。さらに、プルデンシャル・インシュアランスの子会社であるプルコ生命保険会社(「プルコ生命」)が
      発行した変額年金保険契約は、当社の子会社であるプルデンシャル・アニュイティーズ・ライフ・アシュアラン
      ス・コーポレーション(「PALAC」)に出再され、プルコ生命の子会社であるプルコ・ライフ・インシュアラン
      ス・カンパニー・オブ・ニュージャージー(「PLNJ」)が発行した変額年金保険契約は、プルデンシャル・イン
      シュアランスに出再された。これらの一連の取引を総称して「変額年金保険の出再保解約」という。
                                  16/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       変額年金保険の出再保解約によって、当社は、リスクとこれらのリスクを支える資産を同じ事業体に統合し、
      これらの商品の資本及び流動性リスクをより効率的に管理することができる。変額年金保険の出再保解約によ
      り、プルデンシャル・ファイナンシャルの流動性の高い資産は約10億ドル増加したが、これは子会社から配当、
      資本の払い戻し、及び関連するローン契約に基づく返済金(資本拠出を除く。)として受領した支払金によるも
      のであり、将来的には、当社の変額年金保険事業に関連する資本の変動を減少させるものと期待される。さら
      に、当社は、この取引に関連して、将来的な生前給付ヘッジ・プログラムの強化を含め、当社の個人年金保険セ
      グメントの全体的なリスク管理戦略を評価した。2016年第3四半期中、当社は、これらの商品の資本及び流動性
      をより効率的に管理するためのヘッジ戦略の変更を開始し、一定の範囲内で、引き続き資本市場の変動による純
      利益の変動を軽減している。これらの変更には、伝統的な債券商品及びデリバティブの組み合わせを利用して、
      関連リスクを管理すること等が含まれる。2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間のヘッジ戦略の詳細
      及び当該ヘッジ戦略の実績については、「セグメント別営業成績-米国退職ソリューション・投資管理部門-個
      人年金保険-変額年金ヘッジ・プログラム実績」を参照のこと。
      営業成績

       2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間のプルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する金

      融サービス事業の純利益は921百万ドル及び2,257百万ドルであり、これに対して、2015年6月30日に終了した
      3ヶ月間及び6ヶ月間は1,406百万ドル及び3,442百万ドルであった。
       当社は、調整後営業利益という指標を用いてセグメント並びに全社及びその他業務部門の業績を分析してい

      る。「調整後営業利益についての議論及びセグメントの営業成績の指標としての利用については、「連結営業成
      績-セグメント指標」を参照のこと。
       毎年第2四半期中、繰延保険契約取得費用、販売奨励金コスト及び前受収益準備金を償却する際に使用する、

      保険負債及び見積総利益を測定するために利用する保険数理上の計算基礎を総合的に見直す。見直しの対象とな
      る計算基礎は、死亡率、             保険契約者の行動、及び予想される将来の投資利益率等のインプットを含むがこれら
      に限定されない。この見直しの一環として、これらの仮定を更新し、実績、将来の予測及び観察可能な市場デー
      タを含むその他のデータに基づきモデルを調整する場合がある。これらの仮定は通常毎年第2四半期中に更新さ
      れるが、中間期間中に重大な変更があり、長期的傾向を示すと当社が判断した場合にはこの限りではない。
                                  17/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、各セグメント並びに全社及びその他業務部門別に、調整後営業利益の仮定について年に一度行う見直
      し及び更新並びにその他の修正の影響と、法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損
      失)におけるこれらの影響の調整をまとめたものである。
                                             6月30日に終了した

                                             3ヶ月間及び6ヶ月間
                                             2016  年      2015  年
                                               (百万ドル)
     税引前調整後営業利益に対する有利(不利)な影響額:
      個人年金保険                                            ▶       31
                                                  6       0
      退職金
      米国退職ソリューション・投資管理部門合計                                           10       31
      個人生命保険
                                                (420)         68
                                                 41       28
      団体保険
      米国個人生命保険・団体保険部門合計                                          (379)         96
      国際保険                                          (72)       (21)
      国際保険部門合計                                          (72)       (21)
      全社及びその他業務部門                                           (3)        11
      全社及びその他業務部門合計                                           (3)        11
      税引前調整後営業利益に対する有利(不利)な影響額合計                                          (444)        117
     調整項目:
      実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額                                          1,607        (70)
      実現投資利益(損失)関連費用、純額                                          (573)         43
     撤退事業:
      クローズド・ブロック部門                                            (3)       (2)
                                                (42)       (49)
      その他の撤退事業
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)への
                                                 545        39
     有利(不利)な影響額
       仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正による影響については、「セグメント別営業成績」を参照

      のこと。
                                  18/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、表示された期間中の各セグメント並びに全社及びその他業務部門の、調整後営業利益への寄与額、並
      びに法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益に対する当社のセグメント並びに全社及び
      その他業務部門の調整後営業利益の調整額をまとめたものである。
                                        6月30日に           6月30日に

                                      終了した3ヶ月間           終了した6ヶ月間
                                      2016年     2015年     2016年     2015年
                                           (単位:百万ドル)
     税引前調整後営業利益:
      個人年金保険                                  427     548     755    1,077
      退職金                                  236     237     455     521
                                        207     196     372     401
      資産運用
       米国退職ソリューション・投資管理部門合計                                 870     981    1,582     1,999
      個人生命保険
                                        (290)      237     (170)      353
                                         89     75     115     105
      団体保険
       米国個人生命保険・団体保険部門合計                                 (201)      312     (55)     458
      国際保険                                  803     842    1,582     1,676
       国際保険部門合計                                 803     842    1,582     1,676
      全社及びその他業務部門                                 (415)     (294)     (727)     (547)
       全社及びその他業務部門合計                                 (415)     (294)     (727)     (547)
      税引前調整後営業利益合計                                 1,057     1,841     2,382     3,586
     調整項目:
      実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額(注1)                                  802     (60)    2,220     1,602
      実現投資利益(損失)関連費用、純額(注2)                                 (442)      346    (1,522)      (265)
      保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資利益
                                        108     (220)      324     (137)
      (損失)純額(注3)
      資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動(注4)                                 (133)      234     (263)      37
      撤退事業(注5):
       クローズド・ブロック部門                                 (32)      52    (105)      30
       その他の撤退事業                                 (11)     (109)       20    (34)
      運営合弁事業損益に対する持分及び非支配持分に帰属する利益
                                         (8)     45     17     58
      (注6)
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業連結利
                                       1,341     2,129     3,073     4,877
     益(損失)
     (注1) 「実現投資利益(損失)、純額」及び関連調整額を表す。「実現投資損益」の項及び未監査中間連結財務書類の注

          記11を参照のこと。
     (注2) 「実現投資利益(損失)、純額」が繰延保険契約取得費用(DAC)及びその他の費用の償却に与える影響に相当する
          関連費用及び準備金の変動を含む。また、当社の一部の年金商品の市場価値調整機能に関する支払に由来する関連
          費用及び「実現投資利益(損失)、純額」が前受収益準備金の償却に与える影響は含む。
     (注3) 「保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資利益(損失)純額」を表す。「経験料率契約者負債、
          保険負債に対応するトレーディング勘定資産及びその他関連投資」の項を参照のこと。
     (注4) 経験料率契約に対応する投資プールにおける資産価値の変動に起因する契約者負債の変動を表す。「経験料率契約
          者負債、保険負債に対応するトレーディング勘定資産及びその他関連投資」の項を参照のこと。
                                  19/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
     (注5) 「撤退事業」の項を参照のこと。
     (注6) 運営合弁事業損益に対する持分は、調整後営業利益に含まれているが、法人所得税、運営合弁事業損益に対する持
          分反映前継続事業利益からは除外されている。これは、運営合弁事業損益に対する持分が、未監査中間連結損益計
          算書において税引後U.S.            GAAPベースで別項目として反映されているためである。非支配持分に帰属する利益は、調
          整後営業利益には含まれていないが、法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益には含まれ
          ている。これは、非支配持分に帰属する利益が未監査中間連結損益計算書においてU.S.                                         GAAPに基づき別項目として
          反映されているためである。非支配持分に帰属する利益は、少数株主の持分に関連する、連結事業体からの利益を
          表している。
       上記の期間の業績には、以下が反映されていた。

       個人年金保険       : 2016年第2四半期及び上半期のセグメント業績は前年同期から減少したが、これは主に、仮

      定について年に一度行う見直し及び更新によるものを含む、事業の予想収益性の変動を反映した準備金並びに
      DAC及びその他の費用の償却への不利な比較影響を反映したものである。また、資産ベース報酬収益純額の減少
      も、両期間の減少に寄与した。
       退職金   : 2016年第2四半期及のセグメント業績は、前年同期から若干減少したが、これは主に報酬収益の減

      少とプラスの事例経験による寄与額の減少によるものであり、投資スプレッド業績純額の増加と仮定について年
      に一度行う見直し及び更新の比較影響純額によるプラスの影響により、一部相殺された。2016年上半期のセグメ
      ント業績は前年同期から減少したが、これは主に投資スプレッド業績純額の減少、プラスの事例経験による寄与
      額の減少及び報酬収益の減少によるものであり、仮定について年に一度行う見直し及び更新の比較影響純額によ
      るプラスの影響により一部相殺された。
       資産運用     : 2016年第2四半期のセグメント業績は前年同期から増加したが、これは主にその他の関連収益

      (関連費用を除く)の増加を反映したものである。2016年上半期の業績は前年同期から減少したが、これは主に
      その他の関連収益(関連費用を除く)の減少を反映したものである。
       個人生命保険       : 2016年第2四半期及び上半期のセグメント業績は、前年同期から減少したが、これは主に仮

      定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正の比較影響純額によるマイナスの影響、並びに再保
      険を除く経験死亡率の悪化によるものであり、投資による寄与額の増加により一部相殺された。
       団体保険     : 2016年第2四半期及び上半期のセグメント業績は、前年同期から増加したが、これは主に仮定に

      ついて年に一度行う見直し及び更新の比較影響純額によるプラスの影響を反映したものである。これらの影響を
      除いた場合、2016年第2四半期のセグメント業績は前年同期から若干増加し、団体所得補償保険事業の引受業績
      が改善したものの、そのほとんどが団体生命保険事業の引受業績の悪化により相殺されたことによるものであ
      る。2016年上半期のセグメント業績は、前年同期に対して若干減少し、これは主に投資スプレッド業績純額の減
      少及び費用の増加によるものであり、比較的有利な引受業績により一部相殺された。
                                  20/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       国際保険     : 2016年第2四半期及び上半期のセグメント業績は、前年同期から減少したが、これは主に外国為
      替レートの不利な影響及び当社の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正の不利な影響に
      よるものであった。これらの項目を除いた場合、両期間のセグメント業績は事業成長(最近行われた当社のチリ
      のAFPハビタットに対する間接投資からの利益を含む。)及びより有利な経験死亡率により前年同期から増加し
      た。純投資業績は四半期単位での比較では横ばい、上半期比較では前年同期を下回り、これはノンクーポン債投
      資及び投資スプレッドの寄与の減少によるものであった。
       全社及びその他業務部門             : 2016年第2四半期及び上半期のセグメント業績の前年同期に対する比較には、損

      失の増加が反映されており、これは一定の負債の早期償却、純投資収益及び適格年金制度からの収益の減少によ
      るものであり、キャピタル・デット支払利息の増加により一部相殺された。
       クローズド・ブロック部門              : 2016年第2四半期のクローズド・ブロック部門の業績は前年同期に対して減少

      したが、これは主に契約者配当債務の増加によるものであり、純投資収益の増加及び正味保険業績の増加により
      一部相殺された。2016年上半期のクローズド・ブロック部門の業績は前年同期に対して減少したが、これは主に
      実現投資利益の減少及び純投資収益の減少によるものであり、契約者配当債務の減少により一部相殺された。
                                  21/278














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                               連結営業成績
       下表は、表示された期間の純利益(損失)を要約したものである。

                                        6月30日に           6月30日に

                                      終了した3ヶ月間           終了した6ヶ月間
                                      2016年     2015年     2016年     2015年
                                           (単位:百万ドル)
     収入                                 14,439     13,712     28,768     29,264
                                       13,098     11,583     25,695     24,387
     保険金・給付金及び費用
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益
                                       1,341     2,129     3,073     4,877
     (損失)
                                        431     679     799    1,378
     法人所得税費用(利益)
     運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)
                                        910    1,450     2,274     3,499
                                         15      9     20      6
     運営合弁事業損益に対する持分(税引後)
     継続事業利益(損失)
                                        925    1,459     2,294     3,505
                                         0     0     0     0
     非継続事業からの利益(損失)(税引後)
     当期純利益(損失)
                                        925    1,459     2,294     3,505
                                         ▶     53     37     63
     うち非支配持分に帰属する利益(損失)
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する当期純利益
                                        921    1,406     2,257     3,442
     (損失)
                                  22/278













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      営業成績
       上半期の比較:          2016年上半期の「継続事業利益(損失)」は前年同期から減少したが、これは主に以下を反

      映している。
       - 資本保護の枠組によって金利リスクの一部を管理する決定を反映した、2,262百万ドルのマイナスの変動

         (税引前)(詳細は「セグメント別営業成績」「全社及びその他業務部門」「資本保護の枠組」を参照の
         こと。)。
       -   DAC  及びその他の費用並びに準備金の調整による、1,188百万ドルのマイナスの変動(税引前)。これは、

         当社の事業の見積利益の更新を反映している。これには、当社が行った仮定について年に一度行う見直し
         及び更新並びにその他の修正の影響が含まれる。これには、下記の変額年金ヘッジ・プログラムに関連す
         る影響額は含まれていない(詳細については「セグメント別営業成績」「米国退職ソリューション・投資
         管理部門」「個人年金保険」の項を参照のこと。)。
       これらの「継続事業利益(損失)」の減少は、以下の項目により一部相殺された。

       - 一定の変額年金保険及びその他の商品に関連する組込デリバティブ及び関連するヘッジ・ポジションの価

         値の変動を反映した1,417百万ドルのプラスの変動(税引前)(詳細については「セグメント別営業成績
         -米国退職ソリューション・投資管理部門-個人年金保険-変額年金ヘッジ・プログラム実績」を参照の
         こと。)。
       - クローズド・ブロック部門及び上記の変額年金保険に関連するヘッジ・プログラムの影響を除く、PFIの

         税引前実現利益純額の1,265百万ドルの増加(詳細は、「実現投資損益」を参照のこと。)。
                                  23/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      セグメント指標
       調整後営業利益        :  当社では事業運営に当たり「調整後営業利益」を用いてセグメント業績を分析している。

      調整後営業利益は、米国において一般に認められている会計原則(「U.S.GAAP」)の定める「法人所得税、運営
      合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)」又は「純利益(損失)」に相当するものではないが、
      セグメント業績を分析し、資金を割り当てるために使用するセグメント別の損益の基準であり、当局のガイダン
      スと一致しており、当社のセグメント業績の基準である。調整後営業利益を計算する上での調整は、当社全体の
      業績を理解する上で重要である。調整後営業利益については、これをU.S.GAAPに準拠して求めた利益の代用にな
      るものではない。また、当社でいう調整後営業利益の定義は他の企業で使われている定義とは異なっている可能
      性がある。しかしながら、経営のための尺度として調整後営業利益を公表することは、継続中の事業の業績とそ
      の基礎となる当社事業の収益性を際立たせることにより、当社事業の業績への理解を深めていただけるものと考
      えている。
       セグメント業績の表示及び調整後営業利益の定義については、未監査中間連結財務書類の注記11を参照のこ

      と。
       年換算新契約保険料          : 当社の事業を運営する上で、当社は年換算新契約保険料を分析する。年換算新契約保

      険料はU.S.      GAAPに準拠した収益ではない。年換算新契約保険料は事業の現在の販売業績の尺度であり、これに
      対して収益は、現在の販売額に加えて、主に過年度に契約された契約の継続率と純投資収益を反映している。年
      換算新契約保険料には初年度の保険料の10%又は一括払商品については預り金が含まれている。有限払込契約に
      ついてその他の修正は行っていない。
       ある一定期間の年換算新契約保険料の金額は、複数の要因により大きく左右される。かかる要因には、新商品

      の追加、既存商品の廃止、特定の商品への付与金利の変動及びその他商品の改変、税法の改正、規制の変更又は
      競争環境の変化が含まれるがこれらに限定されない。売上高は、これらの特定の変化又は変更の発効前に増加又
      は減少し、その後にかかる変化又は変更に応じて逆方向に変動することがある。
       運用資産     : 当社の運用資産事業を運営する上で、当社は運用資産を分析する。運用資産は、運用資産に基づ

      く報酬が主な収益源であるため、U.S.                    GAAPに準拠した資産ではない。運用資産は法人顧客、リテール顧客及び
      当社の一般勘定のために直接運用する資産並びに第三者である運用会社が運用する当社商品に投資された資産を
      いう。
       勘定価値     : 個人年金保険及び退職金事業の運営にあたり、当社は勘定価値を分析するが、これはU.S.                                                 GAAP

      に準拠した資産ではない。個人年金保険事業における純販売額(償還額)及び退職金事業における純追加額                                                        (引
      出額)   はU.S.    GAAPに準拠した収益ではないが、事業活動を測る尺度として利用されている。
                                  24/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                              会計方針及び発表
      重要会計方針の適用

       U.S.   GAAPに従って財務書類を作成するには、会計方針を適用する際に多くの場合相当程度の判断を必要とす

      る。経営者は、継続的に、財務書類の作成で採用された予測値や仮定条件を検証している。経営者が、その時点
      の真実や事情に鑑みて、予測値や仮定条件の更新が適切であると判定した場合には、未監査中間連結財務書類に
      計上される当社の営業成績や財務状況が大幅に変更となる場合もある。
       下記の分野に関する会計方針は見積もりや仮定条件の適用に最も依拠する分野であり、経営陣による最も困難

      で主観的又は複雑な判断を要する分野であると考えている。
      ・ DAC及びその他の費用(繰延販売奨励金(「DSI」)及び買収事業の評価額(「VOBA」)を含む)

      ・ 営業権
      ・ 投資(デリバティブを含む)の評価及び一時的ではない減損(「OTTI」)の認識
      ・ 保険契約者に対する負債
      ・ 年金及びその他の退職後給付金
      ・ 所得税
      ・ 偶発事象に対する準備金(未解決の法的手続に関連する損失準備金を含む)
      DAC  (繰延保険契約取得費用)及びその他の費用

       国内変額年金及び変額生命保険商品のDAC及びその他の費用を分析する際に使われる短期的な将来のエクイ

      ティ収益率の仮定は、業界の慣行として、平均回帰アプローチにより算出される。このアプローチに基づき、当
      社は、過去における株式収益を検討し、当初向こう5年間(「短期間」)にわたる将来の予想株式利益を調整
      し、エクイティ収益率が予想された長期収益率に収束するようにする。将来における短期間の予想収益率が当社
      の将来における短期間の最大収益率15%を上回っている場合、将来における最大収益率を使用する。2016年6月
      30日現在、当社の変額年金及び変額生命保険事業は8.0%の長期株式予想収益率及び6.3%の短期平均回帰株式収
      益率を前提としている。
        加重平均収益率の仮定は、各事業に特有の多くの要素(資産のデュレーション、資産配分及びその他の要素

      を含む。)を考慮している。当社は、通常、平均回帰アプローチの結果を反映するため、短期の株式収益率及び
      粗利益合計の見積額を四半期ごとに更新している。当社は通常、債券の収益率の予想に用いる将来の金利を毎年
      更新するが、金利が当該仮定と大幅に異なる場合は任意の四半期において更新する。これらの粗利益の見積額の
      市場業績関連調整を受けて、過年度の償却にも累積調整がなされることとなる。これは、すべての過年度の粗利
      益に対する新しい必要償却率の適用を反映している。
                                  25/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       DAC及びその他の費用並びに上記の重要な会計上の見積もりに関する当社の方針の詳細については、2015年12
      月31日に終了した事業年度に関する有価証券報告書の「第一部 企業情報」「第3 事業の状況」「1 業績等
      の概要」「会計方針及び発表-重要会計方針の適用」を参照のこと。
      保険契約者に対する債務

      利益後の損失

       特定の事業に関する保険契約者に対する債務が、合計では損失を計上するほどの不足ではない場合において

      も、収益パターンから、初期は利益の計上が見込まれるが、その後損失の計上が続くことが見込まれる場合があ
      る。これらの場合において、会計基準により、後年に計上される損失を十分に相殺するに足りる金額の追加債務
      (利益後の損失又は「PFL」債務)を計上することを要求している。その結果、第2四半期中の仮定の更新に関
      連して、当社は将来の期間に予想される損失の現在価値を相殺するために必要な現時点での概算額に基づき、
      PFL債務を計上するため444百万ドルの損失を計上した。当該債務は割引ベースで測定されるため、利息額による
      将来の収益の自然増価もあり、債務は、最終的は将来の損失に対する相殺額として、収益に含まれる。PFL債務
      は主にダイナミック・アプローチを使用してGAAP準備金を測定するユニバーサル生命保険契約に関係するもので
      あり、したがって、四半期毎に、有効な契約及びマーケット・データに基づき、年に一度行われる仮定の更新の
      一環として更新される。
      新たな会計基準の採用

       新たに採用された会計基準に関する議論に関しては、未監査中間連結財務書類の注記2を参照のこと。

                                  26/278











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                            セグメント別営業成績
      米国退職ソリューション・投資管理部門

      個人年金保険

       個人年金保険セグメントは、契約者に変額年金保険及び定額年金保険の両保険を提供しており、当該保険に

      は、生前給付又は死亡給付が含まれることがある。また、当社が定めるレートでの元本及び利息を提供する定額
      年金保険を提供しており、これは、契約上の最低額の対象となる。契約者資金に対する投資収益は、一般的に直
      接契約者に帰属するため、当社の収益は、主に変額年金勘定価値からの報酬収益に由来する。当社はまた、定額
      年金勘定価値からの投資利益及びその他の運用報酬を受領する。当社の費用は、主に保険契約者預り金勘定への
      利息振替及びその他の契約者に対する給付、DACの償却費及びその他の費用、当社が提供する様々な商品の販売
      及びサービスに関連する非繰延費用、これらの商品に関する特定のリスクのヘッジ・コスト、給付保証の準備金
      の変動並びにその他の一般営業費から構成される。当社の業績のこれらの要素は、通常、調整後営業利益に含ま
      れているが、下記のとおり、一定の保証については例外としている。
       U.S.GAAP会計及び当社の保証についての調整後営業利益としての取扱いは、具体的な内容により異なる。最低

      死亡保証給付(「GMDB」)及び最低年金額保証給付(「GMIB」)の準備金は、保険数理計算上及び資本市場にお
      けるリターンの仮定に基づく最良推定値に基づき計算されている。これらの給付に関連するリスクは留保され、
      業績は調整後営業利益に含まれている。これに対して、当社の生前給付特約オプション商品は組込デリバティブ
      として処理され、公正価値で計上されている。U.S.GAAPでは、これらの給付の公正価値は、これらの組込デリバ
      ティブを評価する際に、市場参加者が使用する仮定に基づいている。当社は生前給付ヘッジ・プログラム及び商
      品デザインの要素を通じてこれらの商品に関する一定のリスクを制限する。下記の「調整後営業利益」及び「収
      益、保険金・給付金及び費用」において記載するとおり、調整後営業利益には組込デリバティブ及び関連する
      ヘッジ・ポジションに関する市場価格の変動は反映されておらず、DAC及びその他の費用の償却費の影響も含ま
      れていない。調整後営業利益に含まれていない項目については、下記の「変額年金ヘッジ・プログラム実績」の
      項を参照のこと。
                                  27/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      勘定価値
       勘定価値は、当社の業績の重要な要素である。報酬の大部分は、分離勘定資産のレベルにより決定されるた

      め、勘定価値のレベルによって当社の報酬収益は異なる。更に、当社の報酬収益は、通常、当社のDAC及びその
      他の費用の償却パターンなどにも影響を与える。勘定価値は、新契約販売額による純流入額、解約、引出及び給
      付金の支払、市場価格の変動(有利又は不利な変動のいずれにもなりうる。)の影響、並びに契約賦課金に左右
      される。年金業界の競争環境は、過去数年間にわたって活発であったが、当該環境が新契約の販売額を含む当社
      の純流入額に影響を与える可能性がある。下表は、表示された各期間の勘定価値に関する情報をまとめたもので
      ある。
                                                    6月30日に

                           6月30日に             6月30日に
                                                    終了した
                          終了した3ヶ月間             終了した6ヶ月間
                                                    12ヶ月間
                         2016年       2015年       2016年       2015年       2016年
                                (単位:百万ドル)
     個人年金保険合計(注1):
      期首勘定価値合計                     152,733       161,127       152,945       158,664        158,976
      販売額                      2,281       2,341       4,298       4,568        8,510
                          (1,940)       (2,203)       (3,719)       (4,399)        (7,735)
      解約返戻金及び引出額
        純販売額
                            341       138       579       169        775
                           (489)       (489)       (932)       (977)       (1,865)
      給付金
        純流入額
                           (148)       (351)       (353)       (808)       (1,090)
      市場価額の変動、付与利息、その他                      2,978       (889)      3,828       2,923         320
                           (886)       (911)      (1,743)       (1,803)        (3,529)
      保険契約費用
                          154,677       158,976       154,677       158,976        154,677
        期末勘定価値合計
      (注1)変額年金保険及び定額年金保険は小口投資商品として販売されたもののみを含んでいる。確定拠出型年金商品を介し

         た投資は退職金セグメントの同年金商品に含まれる。変額年金保険勘定価値は2016年6月30日現在及び2015年6月30
         日現在でそれぞれ1,512億ドル及び1,554億ドルであった。定額年金保険勘定価値は2016年6月30日現在及び2015年6
         月30日現在でそれぞれ35億ドル及び36億ドルであった。
       2016年6月30日現在の勘定価値は、前年同期に対して減少し、これは主に契約者勘定に対する契約費用及び保

      険金の支払によるものであった。これらのマイナスの影響はプラスの純販売額及び過去12ヶ月間の契約者資金の
      市場価額のプラスの変動により一部相殺された。
       2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の純販売額は、前年同期に対してそれぞれ増加したが、解約

      返戻金及び引出額の減少を反映したものであり、総売上高の減少により一部相殺された。両期間の総売上高の前
      年同期からの減少は、最大日額給付の特約のあるプルデンシャル・プレミア®退職金変額年金保険及びプルデン
      シャル・プレミア®投資変額年金保険(PPI)の販売減によるものであった。これらの減少は、価格改定及び商品
      改善によってプルデンシャル確定給付変額年金保険(「PDI」)の販売が増加したことにより、一部相殺され
      た。
                                  28/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      営業成績
       下表は、表示する期間の個人年金保険セグメントの営業成績を示すものである。

                                        6月30日に           6月30日に

                                      終了した3ヶ月間           終了した6ヶ月間
                                      2016年     2015年     2016年     2015年
                                           (単位:百万ドル)

     営業成績:

      収入                                 1,143     1,200     2,252     2,387

                                        716     652    1,497     1,310

      保険金・給付金及び費用
      調整後営業利益

                                        427     548     755    1,077
        実現投資利益(損失)、純額、及び関連費用、調整額                                833     (409)     3,192     1,000

                                         50     128     (876)     (325)

        関連費用
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前
                                       1,310      267    3,071     1,752
      継続事業利益(損失)
      調整後営業利益

       6ヶ月間の比較        : 調整後営業利益は322百万ドル減少した。下記のとおり、事業の推定収益性の変更の影響

      を除いた場合、調整後営業利益は90百万ドル減少した。この減少は、主に平均変額年金勘定価値の減少による資
      産ベース報酬の減少(資産ベース手数料の減少の考慮後)によるものであった。
       DAC及びその他の費用の償却並びに変額年金保険商品のGMDB及びGMIB特約のための準備金の調整額は、2016年

      及び2015年上半期はそれぞれ1百万ドルの純費用と、231百万ドルの純利益となった。2016年上半期中の純費用
      は、主に一般勘定における再投資率の低下によるものであり、当社の仮定と比べて契約者勘定に有利な株式市場
      の業績の影響と、上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正による純利益により一部
      相殺された。2015年上半期の純利益は、主に有利な株式市場の業績の影響と、上記の仮定について年に一度行う
      見直し及び更新による純利益の影響を反映したものである。
                                  29/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      収益、保険金・給付金及び費用
       6ヶ月間の比較        : 収益は135百万ドル減少したが、これは主に平均勘定価値の減少による、契約賦課金及び

      報酬収益、資産運用手数料並びにその他収益が減少したことによるものであった。この減少は、変額年金契約の
      年金化の増加を反映した保険料の増加により一部相殺されたが、これも、下記のとおり準備金の変更を含む契約
      者保険金・給付金の増加により一部相殺された。
       保険金・給付金及び費用は187百万ドル増加した。上記のとおり、事業の推定収益性の変更の影響に関連する

      232百万ドルの純増を除いた場合、保険金・給付金及び費用は45百万ドル減少した。一般管理費(資本化にか
      かったものを除く。)は21百万ドル減少したが、この減少は主に平均勘定価値の減少による資産ベース手数料及
      び資産管理費用の減少によるものであり、営業費用の増加により一部相殺された。DACの償却費及び保険契約者
      預り金勘定への利息振替はそれぞれ20百万ドルと16百万ドル減少し、これは上記のとおり、主に報酬収益の減少
      によるものであった。これらの減少は、上記のとおり、保険料の相殺を伴う変額年金契約の年金化の増加を反映
      した、準備金の変更を含む契約者保険金・給付金の15百万ドルの増加によって一部相殺された。
      変額年金保険リスク及びリスク回避策

       変額年金保険契約の主なリスクは、これらの商品の当初の価格設定の際に使用された仮定からの乖離又は変更

      によるものであり、これらの仮定にはエクイティ市場の利益率、金利及び市場のボラティリティなど資本市場の
      仮定や、契約者の死亡率、年金化及び引出のタイミング及び金額、並びに契約失効などの保険数理上の計算基礎
      が含まれる。当社の保険数理上の計算基礎については、実際の経験がこれらの商品の当初の価格設定に使用した
      仮定と異なるというリスクの大部分を負っている。当社の資本市場の仮定については、自動リバランス特約(資
      産移管機能とも言う)など商品設計の要素の組み合わせ又はヘッジ・プログラムに一定の生前給付を盛り込む等
      して、資本市場の変動により創出される一定のリスクに対するエクスポージャーをヘッジ又は抑制している。加
      えて当社は、出再保険をリスク緩和の一種とみなしている。当社は、2015年4月1日付で、外部カウンターパー
      ティであるユニオン・ハミルトン・リインシュアランス・リミテッド(「ユニオン・ハミルトン」)と、最高日
      次生涯給付(「HDI」)v.3.0              変額年金事業の約50%に再保険を付す契約を締結した。HDI                               v.3.0は、プルデンシャ
      ル・プレミア®退職金変額年金保険により利用可能である当社の「最高日次」生前給付保証の最新版である。当
      該再保険契約は、ユニオン・ハミルトンの比例分配が2016年12月31日までの期間に50億円の新たな特約保険料を
      達成するまで、2015年4月1日から2016年12月31日までの間に比例分配ベースで開始された新たなHDI                                                     v.3.0変
      額年金保険事業のほとんどを対象とする。当該再保険契約に基づき、2015年4月1日から2016年6月30日までの
      間に、約23億円の新たな特約保険料がユニオン・ハミルトンに出再された。
                                  30/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       当社の自動リバランス特約は契約レベルで発生し、年金保険契約者が選択した一定の変額投資サブ・アカウン
      トと、(給付の内容に応じて)一般勘定の固定金利勘定又は分離勘定の債券ファンドのサブ・アカウントの間で
      資産が移管される。現在販売されている最高日次給付商品に係る自動リバランス特約では、分離勘定内の指定さ
      れた債券ファンドのサブ・アカウントを使用している。こうした資産の移管は、契約者の総勘定価値に対する投
      資パフォーマンスの影響など、様々な要素を考慮した特定の給付について使用される静的数式に基づいている。
      自動リバランス特約の目的は、エクイティ市場リスク及び市場のボラティリティを削減することである。当社が
      使用するその他の商品設計の要素には、資産の配分制限、最低発行年齢条件、及び保険契約者預り金額の一定の
      制限などがあり、当社の一定の商品のための一般勘定への割り当て等がある。また、当社は当社のリスク・プロ
      ファイルを分散し、一定の商品に関する主な価格設定の要素を頻繁に変更することを認めた規定を商品デザイン
      に導入した商品を販売した。さらに、一部の報酬は、主に給付保証金額、契約者勘定価値及び/又は保険料に基
      づいており、市場の変動により勘定価値が減少した場合にも一定の収益の流れが維持される。
       保証特約に関連する特定のリスクの管理を補助するために、当社はヘッジ・プログラムを使用する。当該ヘッ

      ジ・プログラムの目的は、資本市場の変動による生前給付債務による純利益と資本の変動を、確立された許容度
      の範囲内で、軽減する助けとなることである。当社は、ヘッジ・プログラムを通じて、下記のとおり、ヘッジ・
      ターゲットに生じた増減純額を相殺するためのデリバティブ・ポジションを締結する。資本市場の変動による生
      前前給付債務の変動を軽減することに加えて、ヘッジ・プログラムには、市場に左右されることなく、これらの
      保証に基づく保険金請求に対応しうる資産を蓄積するという長期的な目標がある。当社の現在のヘッジ・プログ
      ラムについては、下記の「変額年金ヘッジ・プログラム実績」の項を参照のこと。
       2016年3月31日まで、当社は国内の法定生命保険会社によって発行された生前給付保証の資本市場ヘッジ・プ

      ログラムを促進するために、これらの生前給付保証を当社専属の再保険会社であるプルコ・リに対して出再して
      いた。2016年4月1日より、変額年金保険の出再保解約の一環として、生前給付保証及び一定の退職金商品の再
      保険は解約された。これらの解約により、当社の一部の国内生命保険会社に商品リスクが移転された。これらの
      取引後、プルコ・リは関連会社の大型の再保険を引き受けていない。2016年第3四半期中、これらの商品に関連
      する資本と流動性をより効率的に管理し、一定の規定の許容範囲の中に資本市場の変動による純利益の変動を抑
      えるため、当社のヘッジ戦略の変更を開始した。これらの変更には従来の債券及びデリバティブの組み合わせに
      よって当社の変額年金生前給付保証に関連するリスクを管理することが含まれる。詳細については、「流動性及
      び資本資源-流動性-その他の活動に関連する流動性-生前給付保証に関連するヘッジ活動」を参照のこと。
                                  31/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       特定の生前給付特約オプションについては、保険金は、主に累計引出額が保険契約者の勘定価値を初めて超え
      た後の保険契約者による終身引出金の調達額に相当する。有効なブロックの年齢により、これまでに限定的な保
      険金の支払のみが発生しており、現時点の仮定においては、今後5年間でそれらが大幅に増加することはないも
      のと予想されている。将来における保険金請求のタイミングと金額は、保険契約者の勘定価値に対する実際の利
      益と、当社の仮定と比較した場合の実際の契約者行動に左右される。当社の現在の生前給付特約オプションの大
      部分は、保険契約者による「最高日次」契約価値保証を含む終身引出金を保証している。当社のPDI変額年金保
      険は、「最高日次」ベースの給付を提供する当社の変額年金保険商品を補完し、保険契約者の終身引出金の支払
      を保証しているが、保険契約者の資産配分は、分離勘定内の単一の債券ファンドのサブ・アカウントに限定され
      ている。
       当社の生前給付特約オプション付きの変額年金保険契約の大部分及び最高日次給付特約を付されて販売された

      すべての新規契約には、自動リバランス特約及び/又はヘッジ・プログラムという形をとったリスク緩和機能が
      含まれている。上記のとおり、当社は、付加的なリスク緩和の一種として出再保険も利用している。自動リバラ
      ンス特約を実施する前に販売された過去の商品の保証特約も、当社のヘッジ・プログラムに含まれている。一部
      の過去の最低積立金保証給付(GMAB)商品は自動リバランス特約を含むが、ヘッジ・プログラムには含まれてい
      ない。PDI商品及びGMIB特約のある契約のいずれにもリスク緩和策は存在しない。資本市場におけるヘッジ戦略
      を採用するのではなく、PDIに関連する一定のリスクは単一の債券ファンドのサブ・アカウントへの契約者資産
      の割り当ての制限によって管理されている。
       GMDBについて、当社は、契約者の死亡時に給付金を支払っている。当社の基本GMDBは、通常、一部の引出額を

      調整後の積立金累積額の利益に等しい。一部の商品には、契約価値又は増加価値に対する最低リターンのいずれ
      か高い方の金額に基づく高度GMDBオプションが含まれている。死亡給付金総額が契約者残高を上回るリスクは当
      社が負担する。しかし、GMDBに関連する勘定価値の大部分では、契約者が自動リバランス特約を含む生前給付特
      約オプションを選択しているため、自動リバランス特約の対象となる。生前給付特約オプション付きの変額年金
      保険勘定価値にはすべてGMDBが含まれている。これらの契約の生前給付及び死亡給付特約は、同じ期間について
      保証をしており、そのため、当該契約の長命リスク及び死亡リスクについて当社は保険で備えている。
                                  32/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の生前給付特約及びGMDB特約のリスク・プロファイルを、表示された期間についてまとめたもの
      である。
                         2016  年6月30日現在          2015  年12月31日現在          2015  年6月30日現在
                             合計に対する            合計に対する            合計に対する
                        勘定価値     パーセンテージ       勘定価値     パーセンテージ       勘定価値     パーセンテージ
                              (%)            (%)            (%)
                                     (単位:百万ドル)
     生前給付/GMDB特約(注1):
      ヘッジ・プログラム及び自動リバランシン
                        $105,985         71  $106,018         71  $111,196          72
      グの両リスク回避策(注2)
      ヘッジ・プログラムのみ                   9,629        5   9,994         7   10,896         7
      自動リバランスのみ                   1,268        1   1,393         1   1,574         1
      外部再保険(注3)                   2,259        1   1,513         1    553        0
      PDI                   6,845        5   4,664         3   3,634         2
                         2,749            2,870           3,151
      その他の商品                           2            2            2
       生前給付/GMDB特約合計
                        $128,735            $126,452           $131,004
                         22,453            22,989           24,420
      GMDB  特約及びその他(注4)                         15            15            16
                        $151,188            $149,441           $155,424
       変額年金保険勘定価値合計
      (注1)生前給付保証のある契約には、対象契約者について、すべてGMDB特約が含まれている。

      (注2)当社のヘッジ・プログラムに含まれる生前給付のある契約であり、自動リバランス特約がある。
      (注3)2015年4月1日付の外部カウンターパーティとの再保険取引の対象となる契約を表す。これら生前給付を伴う契約に
         は、自動リバランス特約も付されている。
      (注4)GMDB特約のみで、自動リバランス特約のない契約を含む。
       上記の期間における当社の変額年金保険勘定価値のリスク・プロファイルは、当社の商品リスク分散戦略及び

      時間の経過とともに使用されなくなった商品の流出を反映している。
      変額年金ヘッジ・プログラム実績

       U.S.GAAPに基づき、一定の生前給付特約オプション負債は組込デリバティブとして処理され、市場参加者がこ

      れらの特約の評価に使用する仮定に基づき、公正価値で計上される。公正価値は、将来予想される保険契約者へ
      の給付金の現在価値から、オプションの価格設定テクニックを使用した該当する生前給付特約オプションに帰属
      する将来の特約報酬の現在価値を引いた金額として、計算される。U.S.GAAPに基づく公正価値の計算に使用する
      方法論と仮定についての詳細は、未監査中間連結財務書類の注記13を参照のこと。
                                  33/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       上記の「変額年金保険リスク及びリスク回避策」にあるとおり、当社はこれらの保証に関する一定の資本市場
      リスクの管理を補助するためのヘッジ・プログラムを有している。当社のヘッジ・プログラムでは、社内で定義
      したヘッジ・ターゲットを使用している。当社は、ヘッジ・ターゲット及びヘッジ・プログラムを継続的に見直
      しており、保証に関するリスク及びその他の要素の評価に基づいて定期的にこれらを調整することがある。表示
      された報告期間現在、当社は、ヘッジ・ターゲットを、U.S.GAAPに基づく評価に使用される仮定に対する以下の
      修正を含む、現在の形に調整した。
       ・ 当社の不履行の可能性に関係なく、予想される請求に対する保証を最大限にするために不履行リスク

         (「NPR」)の影響は排除された。
       ・ 債券及びエクイティ・ファンド及び割引後の生前給付純額(請求から費用を控除した額)の顧客勘定価値

         の予想に使用される仮定は、当社の信用又はエクイティ・リスク・プレミアムの予想に相当するリスクフ
         リー・レートを上回るリターンを反映して調整されている。当社の原投資の予想収益率及びボラティリ
         ティ予想を反映する形で調整された。
       ・ 保険数理上の計算基礎が、リスク・マージンを排除し、当社の最良推定値を反映する形で調整された。

       これらの変更により、U.S.GAAPに定義される組込デリバティブの価値の変動と、ヘッジ・ターゲットに対応す

      るために使用するヘッジ・ポジションの価値の変動に、各期間で違いが生じるものと予想されており、U.S.GAAP
      に準拠した収入のボラティリティが増す可能性がある。資本市場の市況の変化及び保険数理上の計算基礎の変更
      があった場合、上記の評価手法の適用が、U.S.GAAPに基づく組込デリバティブの公正価値及び/又はヘッジ・
      ターゲットの価値について負債又はマイナス負債を発生させる可能性がある。下表は、表示された期間について
      の、U.S.GAAPに準拠した組込デリバティブの公正価値とヘッジ・ターゲットの価値の調整をまとめたものであ
      る。
                                           2016  年       2015  年

                                          6月30日現在         12 月31日現在
                                                 (単位:十億ドル)
     U.S.   GAAPに準拠した組込デリバティブ負債
                                               13.2         8.4
                                              (11.4)         (8.9)
     控除:NPR調整額
     NPRを除くU.S.       GAAPに準拠した組込デリバティブ負債
                                               24.6         17.3
     控除:ヘッジ・ターゲット負債から除外された、NPRを除く組込デリバティブ
                                               7.6         6.4
     負債額
                                               17.0         10.9
     ヘッジ・ターゲット負債/(マイナス負債)
                                  34/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       当社は、ヘッジ・ターゲットの変化を相殺するために、取引所で取引されており、清算されており、かつ店頭
      (OTC)で取引されているエクイティ及び金利デリバティブを取引することにより、当社のヘッジ・ターゲット
      における一定の資本市場リスクをヘッジしている。当該商品には、エクイティ先物及び国債先物、                                                   トータル・
      リターン・スワップ及び金利スワップ、エクイティ・オプションを含むオプション、スワプション、並びにフロ
      ア及びキャップ等を含むが、これらに限定されない。下表は、表示された日付現在のこれらの商品の市場価額と
      額面価額をまとめたものである。
                        2016  年 6月30日現在                 2015  年 12月31日現在

                     エクイティ           金利        エクイティ           金利
                   額面価額     市場価額     額面価額     市場価額     額面価額     市場価額     額面価額     市場価額
     商品
                                                 (単位:十億ドル)
     先物                 3.4     0.0     3.8     0.0     0.1     0.0     0.8     0.0
     スワップ(注1)                20.6     (0.2)     89.3     11.9     17.2     (0.1)     91.7     6.2
                     5.6     0.0    10.1     0.5     5.0     0.0    14.4     0.2
     オプション
                     29.6     (0.2)    103.2     12.4     22.3     (0.1)    106.9      6.4
      合計
      (注1)全社及びその他業務部門に相殺するポジションのある金利スワップを含み、(特定のエクスポージャーのヘッジを除

         く)資本管理活動を通じて金利リスクを管理する際の影響額を反映している。「全社及びその他業務部門」を参照の
         こと。
       ヘッジ商品と対応するヘッジ・ターゲットのキャッシュ・フローのタイミングの違い、及びヘッジされない保

      険数理上の計算基礎の更新等のその他の要因により、ヘッジ・ポートフォリオの市場価額とある一定の時点で測
      定されたヘッジ・ターゲットの金額は異なる場合があり、完全に相殺するものではない。ヘッジ・プログラムの
      一部として保有するデリバティブに加えて、当社は、当該保証に基づく将来の保険金請求及びその他の負債を返
      済するための現金及びその他の投資資産を有している。当社のヘッジ・プログラムに関する流動性の必要性の詳
      細については、「流動性及び資本資源-流動性-その他の活動に関連する流動性-生前給付保証に関連するヘッ
      ジ活動」の項を参照のこと。
       ヘッジ・ポジション及びヘッジ・ターゲットの公正価値の変動の差異は、保険数理計算上の仮定の更新に関連

      する変動の場合を除き、主に以下の3つの要因によるものである。
       ・ ファンドのパフォーマンス - 将来の勘定価値の変動を予想するために、各アンダーライイング・ファ

         ンドがどのような業績になるのかということについて、一定の仮定を行う。資本市場においてヘッジされ
         る債務を最もよく表しているヘッジ可能な指標に対して契約者資金をマップする。モデルとなるファンド
         のパフォーマンスと実際のファンドのパフォーマンスの差異によって、プラス又はマイナスの乖離が生じ
         る。
       ・ マーケット・インパクト純額 - 市場の変動によって、ヘッジ商品の動態的リバランスに関連するリバ

         ランス費用を当社は負担する。当社のヘッジ・プログラムは、当社のヘッジ・ターゲットに関連するヘッ
         ジ・ポジションの黙示又は実現された市場のボラティリティの影響の対象となり、プラス又はマイナスの
         業績につながる場合がある。
                                  35/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       ・ 負債ベーシス - 当社は、保険契約者の行動等、一定の項目に関連してヘッジ・ターゲットにつき予想
         される変動について仮定を行う。ヘッジ・ターゲットにおける実際の変動と当社がモデル化した変動予想
         の間の差異により、プラス又はマイナスの乖離が生じることがある。
       当社の生前給付特約オプションに関する組込デリバティブの公正価値の変動及び関連するヘッジ・ポジション

      の公正価値の変動による正味影響額は、「実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額」に含まれており、関連
      するDAC及びその他の費用の償却に対する影響額は「関連費用」に含まれており、いずれも調整後営業利益から
      は除外されている。下表は、個人年金保険セグメントについて、表示された期間の組込デリバティブ及び関連す
      るヘッジ・ポジションの変動による正味影響額、並びに関連するDAC及びその他の費用の償却を示したものであ
      る。
                                  6月30日に               6月30日に

                                終了した3ヶ月間               終了した6ヶ月間
                               2016年       2015年       2016年       2015年
                                     (単位:百万ドル)(注1)
     ヘッジ・プログラム業績:
                                 (2,816)        4,581       (7,855)        2,166
     ヘッジ・ターゲットの価値の変動(注2)(注3)
                                 2,827       (4,582)        7,504       (2,165)
     ヘッジ・ポジションの公正価値の変動
                                   11       (1)      (351)         1
      ヘッジによる正味影響額(注2)(注4)
     ヘッジ・プログラム業績とU.S.               GAAP業績の調整:
                                   11       (1)      (351)         1
     ヘッジによる正味影響額(上記によるもの)
     ヘッジ・ターゲットの定義から除外された、NPR考
                                  (569)        840      (1,236)         409
     慮前のU.S.      GAAP負債の変動(注2)(注5)
                                  (161)      (1,148)        3,217        660
     NPR調整の変動(注2)
      個人年金保険セグメントで報告されているU.S.
      GAAPに準拠した組込デリバティブ及びヘッジ・
                                  (719)       (309)       1,630       1,070
      ポジションの変動による正味影響額
     DAC及びその他の費用の償却の関連収益(費用)
                                  212        77      (720)       (382)
     (注2)
                                 1,455        (34)      1,455        (34)
     仮定の更新及びその他の修正の正味影響額
      個人年金保険セグメントで報告されているU.S.
      GAAPに準拠した組込デリバティブ及びヘッジ・
      ポジションの変動による正味影響額(NPR、DAC
                                  948       (266)       2,365        654
      及びその他の費用の影響考慮後)(注4)
      (注1)プラスの数値は利益、マイナスの数値は損失を表す。

      (注2)仮定の更新及びその他の修正の正味影響額を除き、将来の給付に帰属する特約費用を含む。2016年第2四半期及び上
         半期の両期間について、ヘッジ・ターゲットの価値の変動、ヘッジ・ターゲットから除外されたNPR前のU.S.                                                   GAAP負
         債の一部の変動、NPR調整の変動及びDAC及びその他の費用の償却費に関連する給付(費用)に対する仮定の更新の影
         響額は、それぞれ約2,304百万ドル、-23百万ドル、-663百万ドル及び-163百万ドルであった。2015年第2四半期及び
         上半期の両期間について、ヘッジ・ターゲットの価値の変動、ヘッジ・ターゲットから除外されたNPR前のU.S.                                                    GAAP
         負債の一部の変動、NPR調整の変動及びDAC及びその他の費用の償却費に関連する給付(費用)に対する仮定の更新の
         影響額は、それぞれ約106百万ドル、-172百万ドル、-8百万ドル及び40百万ドルであった。
      (注3)2016年第2四半期及び上半期について受領した帰属費用は、それぞれ約265百万ドル及び524百万ドルであり、「ヘッ
         ジ・ターゲットの価値の変動」に含まれていた。2015年第2四半期及び上半期について受領した帰属費用は、それぞ
         れ約250百万ドル及び494百万ドルであり、「ヘッジ・ターゲットの価値の変動」に含まれていた。
                                  36/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      (注4)資本管理戦略(特定のエクスポージャーのヘッジを除く。)を通じて金利リスクを管理する際の影響額である、2016
         年及び2015年6月30日に終了した3ヶ月間について-357百万ドル及び768百万ドル、2016年及び2015年6月30日に終
         了した6ヶ月間について-1,492百万ドル及び111百万ドルをそれぞれ除く。この決定は当社全体の資本条件に基づい
         ているため、その影響は全社及びその他業務部門に計上されている。「全社及びその他業務部門」の項を参照のこ
         と。
      (注5)上記のとおり、当ヘッジ・ターゲットの価値とNPR調整前のU.S.                                  GAAPの定義に従った組込デリバティブの価値との差
         額に帰属する影響を表す。
       2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の948百万ドル及び2,365百万ドルの純利益は、主に、予想解

      約率の更新を含む保険数理上の計算基礎の変更及び経済的な仮定の変更による、仮定について年に一度行う見直
      し及び更新による1,455百万ドルの利益によるものであった。両期間の業績はNPR調整額の変動も反映している。
      信用スプレッドの縮小によるNPRの影響額は、2016年6月30日に終了した3ヶ月間の金利の下落による増加を上
      回った。2016年6月30日に終了した6ヶ月間について、金利の減少により、NPR考慮前のベース組込デリバティ
      ブ負債は増加し、これに伴いNPR調整額は増加した。また、これよりは狭い範囲ではあるが、両期間の業績は当
      社のヘッジ・ターゲット及び関連するヘッジ・ポジションの価値の変動の影響を反映している。2016年第2四半
      期には、指標に対してファンド業績が上回ったことにより、これらの項目からの実現利益総額を反映している。
      不利な負債ベーシスにより、2016年上半期の純ヘッジ費用が生じた。これらの各項目には、DAC及びその他の費
      用の償却費の影響額に対応する各項目の相殺額が含まれている。両期間の業績は、DAC及びその他の費用の償却
      費に関連する影響額を除く、当社のヘッジ・ターゲットから除外されるU.S.                                        GAAP負債の一部の変動を反映して
      いた。
       2015年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の266百万ドルの純費用及び654百万ドルの純利益は主にNPR

      調整額の変動によるものであった。2015年6月30日に終了した3ヶ月間について、金利の上昇がNPR考慮前の
      ベース組込デリバティブ負債を引き下げ、その結果としてNPR調整額が減少した。金利上昇によるNPRへの影響
      は、信用スプレッドの拡大による影響によって一部相殺された。2015年6月30日に終了した6ヶ月間について、
      信用スプレッドの拡大によるNPR調整額の増加は、金利純増による減少を上回った。これらの影響は両期間のDAC
      及びその他の費用の償却費に関連する影響額により一部相殺された。両期間の業績はヘッジ・ターゲットの定義
      から除外された、NPR考慮前のU.S.                   GAAP負債の変動にも反映されており、DAC及びその他の費用の償却費を除
      く。両期間についての仮定の更新及びその他の調整額の34百万ドルの影響による純費用は、当社の仮定について
      年に一度行う見直し及び更新によるものであり、これは主に保険数理上の計算基礎及びその他の調整の変更によ
      るものであった。
       当社のヘッジ・プログラムを評価し、そのリスクを支えるための資本保護の枠組に関しては、「流動性及び資

      本資源-資本」の項を参照のこと。
                                  37/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      退職金
      営業成績

      下表は、表示の期間について、退職金セグメントの営業成績を示すものである。

                           6月30日に終了した3ヶ月間                 6月30日に終了した6ヶ月間

                            2016年        2015年        2016年        2015年
                                      (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収入                         2,241        3,180        4,134        5,658
                              2,005        2,943        3,679        5,137
      保険金・給付金及び費用
      調整後営業利益
                               236        237        455        521
       実現投資利益(損失)純額及び関連調
                               220        (273)         197        136
       整額
       関連費用                          (249)          0       (250)         (1)
       保険負債に対応するトレーディング勘
                               180        (270)         502        (243)
       定資産における投資利益(損失)純額
       評価額の変更に伴う経験料率契約者負
                               (205)         284        (441)         143
       債の変更
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持
                               182        (22)        463        556
     分反映前継続事業利益(損失)
       当社の長命リスク再保険は英ポンド建てであり、為替リスクにさらされている。2016年1月1日より、当社の

      退職金セグメントの業績には、全社及びその他業務部門との社内的な取決めの影響が含まれ、当該取決めによ
      り、長命リスク再保険契約からの米ドル以外の通貨建ての収益は固定為替レートで換算される。これらの固定為
      替レートは退職金セグメントの米ドル相当の収益に対する為替変動の影響を緩和するために設計されている。全
      社及びその他業務部門の業績には固定為替レートで当該セグメントに計上された為替調整額と実際の平均レート
      の差額が含まれる。退職金セグメント及び全社及びその他業務部門の2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び
      6ヶ月間の営業成績には、当該取決めによる重大な影響はなかった。
                                  38/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      調整後営業利益
       6ヶ月間の比較:          調整後営業利益は66百万ドル減少した。2016年度の業績は仮定について年に一度行う見直

      し及び更新並びにその他の修正による6百万ドルの純利益を反映しているのに対して、                                              2015年度の業績は、上
      記のとおり仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正による影響額はなかった。当該プラス
      の影響を除き、調整後営業利益は72百万ドル減少したが、これは主に投資スプレッド業績純額の減少、プラスの
      事例経験による利益の減少及び報酬収益の減少によるものであった。投資スプレッド業績純額の減少は、主にノ
      ンクーポン債からの収益減及び再投資率の低下を反映したものであり、フル・サービス事業における一般勘定ス
      テーブル・バリュー型(確定利回り型)商品の付与利率の減少の影響、フル・サービス商品の勘定価値の成長及
      び大型の年金リスク移転取引及び期限前報酬収益純額の増加により一部相殺された。プラスの事例経験による利
      益の減少は、主に年金リスク移転契約についての不利な死亡率を反映したものであった。報酬収益の減少は主に
      フル・サービス商品の勘定価値のマージンの減少を反映したものであり、継続中の長命リスク再保険の保険料の
      増加により一部相殺された。
      収益、保険金・給付金及び費用

       6ヶ月間の比較:           収益は1,524百万ドル減少した。保険料は1,479百万ドル減少し、これは主に前年度中の大

      型の年金リスク移転取引によるものであった。保険料の減少は、下記のとおり契約者保険金・給付金の減少と
      なった。契約賦課金及び報酬収益、資産運用手数料及びその他収益は26百万ドル減少し、これは主にフル・サー
      ビス商品の勘定価値のマージンの減少による報酬収益の減少によるものであった。純投資収益は19百万ドル減少
      し、これは主にノンクーポン債の収益の減少及び再投資率の低下によるものであり、積立金残高の増加により一
      部相殺された。
       保険金・給付金及び費用は1,458百万ドル減少した。上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新の影響

      を除いた場合、保険金・給付金及び費用は1,452百万ドル減少した。契約者保険金・給付金(責任準備金の変動
      を含む。)は1,412百万ドル減少し、これは主に上記の保険料の減少によるものであった。保険契約者預り金勘
      定への利息振替は28百万ドル減少し、これはフル・サービスの一般勘定ステーブル・バリュー型(確定利回り
      型)商品の勘定価値に係る利率の引き下げによるものであり、勘定価値の増加により一部相殺された。一般管理
      費(資本化にかかったものを除く。)は11百万ドル減少し、これは主にDACの償却費の減少によるものであっ
      た。
                                  39/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      勘定価値
       勘定価値は、営業成績の重要な要素であり、純追加額(引出額)及び市場の変動の影響により変動する。報酬

      ベース商品からの収入は、報酬ベース勘定価値のレベルによって異なる。これは、多くの契約報酬がこれらの価
      値により決定されるためである。当社のスプレッド・ベース商品についての投資収入と契約者に付与する利息
      は、一般勘定価値のレベルによって異なる。程度の差はあるが、勘定価値の変動は、当社の一般管理費並びに
      DAC及びVOBAの償却額のパターンに影響を与える。下表は、退職金セグメント商品の勘定価値及び純追加額(引
      出額)の変動をまとめたものである。純追加額(引出額)は、プラン販売額及び参加者預金若しくは追加額のい
      ずれかで、それからプラン引出額、プラン保険金・給付金、参加者引出額及び参加者保険金・給付金を控除した
      ものである。勘定価値には当社又は外部で運用されている顧客残高が含まれている。これは、残高の合計が退職
      金セグメントの収益を左右するためである。当社が運用する資産の残高については、「資産運用」の項を参照の
      こと。
                                                    6月30日に

                      6月30日に終了した                6月30日に終了した
                                                    終了した
                        3ヶ月間                6ヶ月間
                                                    12ヶ月間
                     2016年        2015年        2016年        2015年        2016年
                                  (単位:百万ドル)
     フル・サービス商品:
      期首契約者預り金勘定価
                      190,953        188,145        188,961        184,196        188,807
      値合計
      預金額及び売上                 4,699        5,040       11,355        11,354        25,685
      引出、保険金・給付金                (4,513)        (4,683)        (9,799)        (10,912)        (20,446)
      市場価額の変動、付与利
                       2,868         305       3,490        4,169         (39)
      息、利息収入及びその他
      の活動
       期末契約者預り金勘定
                      194,007        188,807        194,007        188,807        194,007
       価値合計
      純追加額(引出額)                  186        357       1,556         442       5,239
     機関投資家     向け  商品  :

      期首契約者預り金勘定価
                      180,819        177,120        179,964        179,641        183,798
      値合計
      追加額(注1)                 3,421        9,147        5,482        10,116        10,938
      引出、保険金・給付金                (3,119)        (3,808)        (5,902)        (7,303)        (13,987)
      市場価格の変動、付与利
                       2,053         83      4,251        1,712        6,015
      息、利息収入
                       (2,292)        1,256       (2,913)         (368)       (5,882)
      その他(注2)
       期末契約者預り金勘定
                      180,882        183,798        180,882        183,798        180,882
       価値合計
      純追加額(引出額)                  302       5,339        (420)        2,813       (3,049)
      (注1)追加額は主に、受領した保険料に基づいて算出される団体年金、将来予測給付の現在の価値として算出される長命リ

         スク再保険契約、及び顧客所有の信託に預託された顧客のファンドの公正価値として算出される投資専門のステーブ
         ル・バリュー型(確定利回り型)契約を含む。
      (注2)「その他」の活動には、当社の英国における長命リスク再保険事業に関する為替レート変動の影響及び外部で運用さ
         れている顧客残高の変動が含まれている。
                                  40/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年6月30日現在のフル・サービス商品の勘定価値の2015年6月30日に対する増加は、プラン販売純額によ
      る純追加額の影響を反映している。2016年6月30日に終了した3ヶ月間の純追加額の前年同期に対する減少は、
      主に当期のプラン販売額の減少によるものであり、前年同期の参加者純引出額に対して、当期は参加者純積立金
      が上回ったことにより一部相殺された。2016年6月30日に終了した6ヶ月間の純追加額の前年同期に対する増加
      は、主にプラン失効の減少によるものであり、プラン販売額の減少によって一部相殺された。また、前年同期の
      参加者純引出額に対して、当期は参加者純積立金が上回ったこともこの増加に寄与した。
       2016年6月30日現在の機関投資家向け商品勘定価値の2015年6月30日に対する減少は、主に純引出額の影響を

      反映したものである。2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の前年同期に対する純追加額の減少は、
      前年同期は大型の年金リスク移転取引及び銀行が出資する生命保険ステーブル・バリュー型取引による大型の追
      加額があったことによるものであるが、前年同期は純引出額であったことに対して、当期は投資専門のステーブ
      ル・バリュー型(確定利回り型)勘定の純追加額があったことにより一部相殺された。
      資産運用

      営業成績

       下表は、表示する期間の資産運用セグメントの営業成績を示すものである。

                                        6月30日に          6月30日に

                                       終了した3ヶ月間          終了した6ヶ月間
                                       2016年     2015年     2016年     2015年
                                            (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収益                                   732     776    1,438     1,509
                                         525     580    1,066     1,108
      費用
      調整後営業利益
                                         207     196     372     401
       実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額                                  (1)     (9)      7     (3)
                                          5     49     36     54
       運営合弁事業損益に対する持分及び非支配持分に帰属する利益
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益
                                         211     236     415     452
      (損失)
       2016年1月1日より、当社の資産運用セグメントの業績には、米ドル以外の通貨建ての収益を固定為替レート

      で換算する、全社及びその他業務部門との社内的な取決めの影響が含まれている。固定為替レートはセグメント
      の米ドル相当の収益に対する為替変動の影響を緩和するために設計されている。資産運用セグメント及び全社及
      びその他業務部門の2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間の営業成績には、当該取決めによる重大な
      影響はなかった。
                                  41/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      調整後営業利益
       6ヶ月間の比較:           調整後営業利益は29百万ドル減少した。この減少は、2015年第1四半期に計上された期待

      を超える業績がなくなり、2016年第1四半期に計上された業績ベースのインセンティブ報酬の減少による戦略的
      投資の業績の低下を反映したその他の関連収益(費用控除後)の減少を主に反映したものである。また、この減
      少は、市場の下落及び流出による平均運用エクイティ資産の減少による資産運用手数料(費用控除後)の減少に
      よるものであるが、債券等の流入額増加により一部相殺された。
      収益及び費用

       下表は、表示の期間について、上表の「営業成績」に則して表示した資産運用セグメントの収入をタイプ別に

      示すものである。
                              6月30日に終了した3ヶ月間              6月30日に終了した6ヶ月間

                               2016年       2015年       2016年       2015年
                                       (単位:百万ドル)
     収益(タイプ別):
      資産運用手数料(源泉別):
       機関投資家顧客                             256       230       498       458
       個人顧客(注1)                             173       197       342       386
                                   118       113       231       226
       一般勘定
         資産運用手数料合計                          547       540      1,071       1,070
      インセンティブ報酬
                                   20       16       65       47
      取引報酬                              8       5       11       10
      戦略的投資                              15        7       19       23
                                   24       24       43       44
      商業モーゲージ貸付(注2)
         その他の関連収益合計(注3)                          67       52       138       124
      サービス、販売及びその他の収益(注4)                             118       184       229       315
         収益合計                          732       776      1,438       1,509
      (注1)個人向けミューチュアル・ファンド及び当社の分離勘定資産の変額年金保険及び変額生命保険、当社の確定拠出精度

         商品を通じた自己勘定ミューチュアル・ファンド、並びに第三者との副助言関係からの報酬からなる。定額年金保険
         からの収益と変額年金保険及び変額生命保険の固定金利勘定は一般勘定に含まれる。
      (注2)商業モーゲージ貸付組成及びサービス業務事業における商業モーゲージ貸付の組成及びスプレッド貸付収益を含む。
      (注3)将来の収益は、当社の戦略的投資のレベルと分散、商業不動産市場及びその他の国内及び国際市場により影響を受け
         る。
      (注4)2004年7月30日付けの契約に基づく、当社とウェルズ・ファーゴの証券仲介及び決済事業の統合に関するマネー・
         マーケット・ファンドについての取決めに関するウェルズ・ファーゴからの支払いも含む。当該契約は2009年12月31
         日に締結され、ワコビア・セキュリティーズの合弁事業終了後10年間継続する。当該契約に基づくウェルズ・ファー
         ゴからの収益は、2016年及び2015年6月30日に終了した3ヶ月間で21百万ドル及び20百万ドルであり、2016年及び
         2015年6月30日に終了した6ヶ月間で42百万ドルと39百万ドルであった。
                                  42/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       6ヶ月間の比較:           収益は71百万ドル減少した。サービス、販売及びその他の収益は86百万ドル減少したが、
      これは以前連結されていた不動産ファンドの原資産の売却及び清算並びに下記の費用の相殺に関連するサービス
      及びその他の収益の減少、また一定の多数貸付債権プール型担保証券が連結から除外されたことにより、純投資
      収益に計上されていたものが、資産運用手数料として計上されることになったことによるものである。この減少
      は、主に一定の債券ファンドに関連する業績ベースのインセンティブ報酬の18百万ドルの増加により一部相殺さ
      れたが、下記のとおり、業績ベースのインセンティブ報酬に関連する費用により、インセンティブ報酬純額は減
      少した。
       費用は42百万ドル減少し、これは上記のとおり、特定のファンドの連結の除外を反映したものであり、エクイ

      ティの流出及び株式市場の業績悪化による報酬の減少によるものであり、業績ベースのインセンティブ報酬(非
      支配持分に含まれる)の増加により一部相殺された。
      運用資産

       下表は運用資産を資産クラス別及び源泉別に、表示された日付現在でまとめたものである。

                                       2016  年     2015  年     2015  年

                                       6月30日       12 月31日      6月30日
                                           (単位:十億ドル)
     運用資産(公正市場価額):
      機関投資家顧客:
        株式                                  58.1       59.9       65.7
        債券                                 319.6       289.9       277.4
                                          41.1       39.3       37.5
        不動産
          機関投資家顧客合計(注1)                                418.8       389.1       380.6
      個人顧客:
        株式                                 113.8       121.4       128.5
        債券                                  86.2       73.7       68.4
                                          2.1       2.2       2.3
        不動産
          個人顧客合計(注2)                                202.1       197.3       199.2
      一般勘定:
        株式                                  6.3       7.4       7.7
        債券                                 418.2       367.5       359.0
                                          1.8       1.8       1.8
        不動産
          一般勘定合計                                426.3       376.7       368.5
                                        1,047.2        963.1       948.3
      運用資産合計
      (注1) 第三者たる機関投資家の資産及び団体保険契約からなる。

      (注2) 個人向けミューチュアル・ファンド、当社の変額年金保険及び変額生命保険分離勘定資産、当社の確定拠出制度商
          品を通じて自己勘定ミューチュアル・ファンドに投資される資金、並びに第三者との副助言関係からの報酬からな
          る。変額年金保険及び変額生命保険の定額年金保険及び固定金利勘定は一般勘定に含まれている。
                                  43/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、表示された期間の運用資産の内容の変化を源泉別にまとめたものである。
                                 6月30日に           6月30日に

                                                    2016年6月
                                 終了した           終了した
                                                    30日に終了
                                 3ヶ月間           6ヶ月間
                                                    した12ヶ月間
                               2016年      2015年     2016年     2015年
                                       (単位:十億ドル)
     機関投資家顧客:
      期首運用資産                          403.6      380.9     389.1     370.0       380.6
      純追加額(引出額)マネー・マーケット活動考慮
      前:
       第三者                          2.0      6.8     (0.6)     10.5       10.1
                                 (0.2)      (1.1)      1.1    (1.8)       (1.9)
       関係者
        合計
                                 1.8      5.7     0.5     8.7       8.2
      市場の上昇(下落)                          12.4      (5.8)     26.1      1.9      26.8
                                 1.0     (0.2)      3.1     0.0       3.2
      その他の増加(減少)(注1)
                                418.8      380.6     418.8     380.6       418.8
      期末運用資産
     リテール顧客:
      期首運用資産                          198.6      198.4     197.3     186.1       199.2
      純追加額(引出額)マネー・マーケット活動考慮
      前:
       第三者                          1.6     (0.4)      1.1     3.6      (1.7)
                                 (1.6)      0.8     (0.1)      3.6       5.5
       関係者
        合計
                                 0.0      0.4     1.0     7.2       3.8
      市場の上昇(下落)                           3.4      0.2     3.0     6.0      (1.6)
                                 0.1      0.2     0.8     (0.1)       0.7
      その他の増加(減少)(注1)
      期末運用資産                          202.1      199.2     202.1     199.2       202.1
     一般勘定:
      期首運用資産                          400.8      382.4     376.7     377.4       368.5
      純追加額(引出額)マネー・マーケット活動考慮
      前:
       第三者                          0.0      0.0     0.0     0.0       0.0
                                 1.4     (0.9)      2.1     (2.0)       3.0
       関係者
        合計
                                 1.4     (0.9)      2.1     (2.0)       3.0
      市場の上昇(下落)                          13.8      (9.1)     28.8     (3.8)       31.1
                                 10.3      (3.9)     18.7     (3.1)       23.7
      その他の増加(減少)(注1)
                                426.3      368.5     426.3     368.5       426.3
      期末運用資産
      (注1) 為替レートの変動による影響、マネー・マーケット活動純額、買収事業の影響、及び顧客との契約形式の変更による

         退職金セグメントからの/(への)移動額が含まれている。為替レートの変動による影響は、主に一般勘定に対する
         影響であり、2016年及び2015年6月30日に終了した第2四半期における87億ドルの利益、14億ドルの損失、2016年及
         び2015年6月30日に終了した上半期における154億ドルの利益、20億ドルの損失、並びに2016年6月30日に終了した
         事業年度における157億ドルの利益につながった。
                                  44/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      戦略的投資
       下表は資産運用セグメントの戦略的投資を簿価(エクイティ市場及び為替リスクを軽減するためのデリバティ

      ブ商品の価値を含む。)で資産クラス別及び源泉別に、表示された日付現在でまとめたものである。
                                            2016  年      2015  年

                                           6月30日現在        6月30日現在
                                             (単位:百万ドル)
     共同投資:
      不動産                                         197        245
      債券                                         185        150
     シード投資:
      不動産                                          58        37
      上場企業株式                                         263        290
      債券                                         179        165
     投資者エクイティ・コミットメントにより保証される投資:
                                                52        15
      投資者エクイティにより保証されるプライベート・エクイティ
                                               934        902
       合計
     米国個人生命保険・団体保険部門

     個人生命保険

      営業成績

      下表は、表示する期間の個人生命保険セグメントの営業成績を示すものである。

                              6月30日に終了した3ヶ月間               6月30日に終了した6ヶ月間

                               2016  年     2015  年     2016  年     2015  年
                                       (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収入                            1,155       1,160       2,521       2,511
                                 1,445        923      2,691       2,158
      保険金・給付金及び費用
      調整後営業利益
                                  (290)        237       (170)        353
       実現投資利益(損失)純額及び関連調整額                           267       (429)        579       (135)
                                  (224)        244       (404)        96
       関連費用
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反
                                  (247)        52        5      314
      映前継続事業利益(損失)
                                  45/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      調整後営業利益
       6ヶ月間の比較:           調整後営業利益は523百万ドル減少し、これは主に上記に記載されている当社が仮定につ

      いて年に一度行う見直し及び更新並びにその他の調整による比較影響純額を反映している。これらの影響を除
      き、調整後営業利益は35百万ドル減少し、これは主に不利な経験死亡率(再保険考慮後)によるものであり、投
      資業績の改善により一部相殺された。
      収益、保険金・給付金及び費用

       6ヶ月間の比較:           収益は10百万ドル増加した。上記に記載されている、当社が仮定について年に一度行う見

      直し及び更新並びにその他の調整の影響を除き、収益は87百万ドル増加した。純投資収益は69百万ドル増加し、
      これは主に事業成長と前払い報酬収益の増加による投資資産の増加によるものであったが、ノンクーポン債投資
      の収益減少により一部相殺された。契約賦課金及び報酬収益、資産運用手数料及びその他収益は53百万ドル増加
      し、これは主に当社のユニバーサル生命保険事業の成長、及び当社の仮定に関連した市場業績及びその他の実績
      による事業の収益性予想の変動の影響に基づく、前受収益準備金の償却の増加によるものであった。この増加は
      保険料の35百万ドルの減少により一部相殺され、これは主に出再保険料の増加によるものであり、この大部分は
      契約者保険金・給付金の準備金の変更により相殺された。
       保険金・給付金及び費用は533百万ドル増加した。上記に記載されている、当社が仮定について年に一度行う
      見直し及び更新並びにその他の調整による影響を除き、保険金・給付金及び費用は122百万ドル増加した。契約
      者保険金・給付金及び保険契約者預り金勘定への利息振替は78百万ドル増加し、これは主にユニバーサル生命保
      険事業の成長と不利な経験死亡率を反映したものであり、上記のとおり、出再保険料の準備金の変動により一部
      相殺された。DACの償却額は21百万ドル増加し、当社の仮定に関連した市場業績及びその他の実績による事業の
      収益性予想の変動の影響も含む。準備金の資金調達に関連して、支払利息は15百万ドル増加した。
                                  46/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      販売成績
       下表は上記の「連結営業成績-セグメント指標」に定義する個人生命保険年換算新契約保険料を、表示した各

      期間についてまとめたものである。
                          2016  年 6月30日に                2015  年 6月30日に
                          終了した3ヶ月間                   終了した3ヶ月間
                      プルデンシ                   プルデンシ
                      ャル・アド       第三者       合計     ャル・アド       第三者       合計
                      バイザーズ                   バイザーズ
                                   (単位:百万ドル)
       定期生命保険                    8      42      50       8      44      52
       保証付ユニバーサル生命保険
                           6      55      61       8      40      48
       (注1)
       その他のユニバーサル生命保
       険                    9      14      23       8      9      17
       (注1)
                           7      18      25       3      10      13
       変額生命保険
       合計                    30      129      159       27      103      130
                          2016  年 6月30日に                2015  年 6月30日に

                          終了した6ヶ月間                   終了した6ヶ月間
                      プルデンシ                   プルデンシ
                      ャル・アド       第三者       合計     ャル・アド       第三者       合計
                      バイザーズ                   バイザーズ
                                   (単位:百万ドル)
       定期生命保険                    16      82      98      16      85      101
       保証付ユニバーサル生命保険
                          13      99      112       15      73      88
       (注1)
       その他のユニバーサル生命保
       険                    17      26      43      11      23      34
       (注1)
                          13      38      51      10      21      31
       変額生命保険
                          59      245      304       52      202      254
       合計
      (注1)一時払生命保険の年換算新契約保険料(10%の超過(想定外)保険料を含む。)は、2016年及び2015年6月30日に終

         了した3ヶ月間について、保証付ユニバーサル生命保険の年換算新契約保険料の約12%及び16%、その他のユニバー
         サル生命保険の年換算新契約保険料の約4%及び10%に相当し、2016年及び2015年6月30日に終了した6ヶ月間につ
         いて、保証付ユニバーサル生命保険の年換算新契約保険料の約12%及び18%に相当し、その他のユニバーサル生命保
         険の年換算新契約保険料の約5%及び9%に相当した。
       2016年第2四半期及び上半期の年換算新契約保険料は前年同期に対していずれも増加し、これは主に販売方法

      の改善及びユニバーサル生命保険及び変額生命保険商品の改良によるものである。
                                  47/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      団体保険
      営業成績

       下表は、表示された期間における団体保険セグメントの営業成績、並びに給付率及び営業管理費率を示すもの

      である。
                                 6月30日に               6月30日に

                               終了した3ヶ月間               終了した6ヶ月間
                              2016年        2015年        2016年        2015年
                                      (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収益                          1,364        1,291        2,684        2,568
                                1,275        1,216        2,569        2,463
      保険金・給付金及び費用
      調整後営業利益
                                  89        75       115        105
       実現投資利益(損失)純額及び関連調整額                           14       (21)        14        8
                                  (6)        0       (6)        (1)
       関連費用
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反
                                  97        54       123        112
      映前継続事業利益
     給付率(注1):
       団体生命保険(注2)                         90.8%        86.5%        90.1%        89.6%

       団体所得補償保険(注2)                         47.9%        61.6%        65.2%        67.0%

        団体保険合計(注2)                        83.8%        82.7%        85.9%        86.0%

     営業管理費率(注3):

       団体生命保険                         10.6%        10.5%        10.7%        10.6%

       団体所得補償保険                         31.1%        34.1%        31.6%        33.4%

      (注1) 既経過保険料、契約賦課金及び報酬収益に対する契約者保険金・給付金の比率。

      (注2) 給付率は、当社の仮定について年に一度行う見直し及び更新及びその他の調整の影響を反映している。これらの影
          響を除いた場合、団体生命保険、団体所得補償保険及び団体保険合計の給付率は、2016年6月30日に終了した3ヶ
          月間についてはそれぞれ88.6%、77.5%及び86.6%、2016年6月30日に終了した6ヶ月間についてはそれぞれ
          89.0%、79.7%及び87.4%であった。2015年6月30日に終了した3ヶ月間についてはそれぞれ88.3%、76.3%及び
          86.5%、2015年6月30日に終了した6ヶ月間についてはそれぞれ90.5%、74.2%及び87.9%であった。
      (注3) 総保険料、並びに契約賦課金及び報酬収益に対する一般管理費(コミッションを除く。)の比率。
                                  48/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      調整後営業利益
       6ヶ月間の比較        : 調整後営業利益は10百万ドル増加したが、これは主に上記の仮定について年に一度行う見

      直し及び更新並びにその他の修正の比較影響純額の増加を反映したものである。これらの項目の影響を除いた場
      合、調整後営業利益は3百万ドル減少したが、これは主にノンクーポン債投資の収益減少を反映した純投資スプ
      レッドからの寄与の減少、団体所得補償保険事業における引受業績の低迷、及び費用の増加(報酬を除く)によ
      るものであった。この減少は、団体生命保険事業の引受業績の改善により一部相殺された。団体所得補償保険事
      業の引受業績は長期契約の保険請求処理の減少及びその他の請求関連費用による給付金の増加を反映しており、
      新規保険金請求の減少及び新規事業の増加の影響により一部相殺されている。当社の団体生命保険事業の引受業
      績は,準備金の調整及び失効契約からの残存請求の減少による有利な影響を反映している。
      収益、保険金・給付金及び費用

       6ヶ月間の比較        : 収益は116百万ドル増加した。上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにそ

      の他の修正の有利な比較影響額42百万ドルを除き、収益は74百万ドル増加した。この増加は保険料及び契約賦課
      金及び報酬収益の増加額である85百万ドルを反映し、主に団体生命保険事業及び団体所得補償保険事業の新規事
      業の増加によるものであるが、ノンクーポン債投資の収益減少によるその他の収益の20百万ドルの減少により一
      部相殺された。
       保険金・給付金及び費用は106百万ドル増加した。上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにそ

      の他の修正の不利な比較影響額29百万ドルを除いた場合、保険金・給付金及び費用は77百万ドル増加した。契約
      者保険金・給付金(準備金の変動を含む。)は、団体所得補償事業及び団体生命事業の両方における新規事業の
      影響及び団体所得補償事業の長期契約の保険金請求処理の減少により、62百万ドル増加し、長期契約の新規保険
      金請求の減少により一部相殺された。
                                  49/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      販売成績
       下表は、表示された期間における上記「セグメント指標」に定義された団体保険セグメントの年換算新契約保

      険料を示している。
                               6月30日に                6月30日に

                              終了した3ヶ月間                終了した6ヶ月間
                            2016年        2015年        2016年        2015年
                                     (単位:百万ドル)
     年換算新契約保険料         :(注   1 )
      団体生命保険                           24        10        256        141
                                21        14        100         45
      団体所得補償保険
                                45        24        356        186
       合計
      (注1) 金額は、既存契約の保険料率変更、当社サービスメンバーの団体生命保険契約による追加保険契約及び団体ユニ

          バーサル生命保険において解約返戻金の原資となる一方、額面保険金額の買取りはできない超過保険料からの新契
          約保険料を除外している。
       2016年6月30日に終了した3ヶ月間の年換算新契約保険料合計は、前年同期に対して21百万ドル増加し、これ

      は主に団体生命保険事業における既存の顧客からの追加の申込みによるものであった。2016年6月30日に終了し
      た6ヶ月間の年換算新契約保険料合計は、前年同期に対して170百万ドル増加し、これは主に団体生命保険事業
      及び団体所得補償保険事業の新規及び既存の顧客への販売によるものであった。
      国際保険部門

      外国為替レートの変動及び関連ヘッジ戦略

       特に日本など米国外で大規模な事業を行っている米国に拠点を置く会社として、当社は米ドル相当の株主資本

      利益率に影響する、外国為替レートの変動によるリスクにさらされている。当社はデリバティブ契約の使用及び
      米ドル建て資産の海外の子会社における所有など、様々なヘッジ戦略によってこの影響を軽減するよう努めてい
      る。
       国際保険部門の事業は為替変動の影響を受けるが、この為替変動により当社の米ドル相当の収益は、現地通貨

      ベースでみれば比較的収益が一定しているときでさえ、時として重大な影響を受けることがある。予想される米
      ドル以外の通貨建て収益の流れの一部について外国為替レートを有効に固定するための戦略の一環として、為替
      予約デリバティブ契約を締結し、これにより為替変動による収益の変動を軽減している。外国為替収益ヘッジ・
      プログラムは主に日本及び韓国における当社の保険事業に関連するものである。
                                  50/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       これとは別に、日本における保険事業は、様々な非円建て商品を提供しており、これらは主に米ドル及び豪ド
      ル建ての商品で構成され、それぞれ対応する通貨への投資により支えられている。これらの非円建て資産及び負
      債は金額上合致しているが、為替変動によるこれらの資産及び負債の価値の変動を会計処理した際に差異が生じ
      たことにより、報告済みU.S.                GAAP上の利益が大きく変動した。これらのポートフォリオが引き続き成長してい
      るため、2015年度第1四半期、当社は、ジブラルタ生命においてある仕組みを導入した。これにより、米ドル建
      て事業と豪ドル建て事業を、それぞれ原商品及び原投資と同じ通貨を機能通貨とする別々の部門に分けた。
       収入に対する為替変動によるリスクを抑えるための様々なヘッジ戦略及び非現地通貨建て商品がU.S.                                                     GAAP上

      の利益に与える影響については、「収入に対する外国為替の変動による影響」の項を参照のこと。
       当社は、レバレッジのない状態での全社的な株主資本利益率に対する円ベースの事業の相対的な寄与を維持す

      るために、ヘッジレベルを調整する円ヘッジ戦略を採用している。当社は、このヘッジ戦略を、様々な商品を採
      用して実施しているが、これらの商品には、上記の為替デリバティブ契約や米ドル建て資産等及び、数は少ない
      が、日本の保険子会社が現地で保有する「デュアルカレンシー」及び「シンセティック・デュアルカレンシー」
      資産も含まれる。また、日本円にスワップされた米ドル建て負債など、米国の事業体が保有する商品を使用して
      ヘッジしている。全体的なヘッジレベルは、当社の全社的な株主資本利益率に対する円ベースの事業の相対的な
      寄与の定期的な評価によって変動する。
       下表は、表示された各期間における日本の保険子会社における米ドル相当の株主資本利益率に対する為替変動

      の影響をヘッジするための商品の総額を示したものである。
                                                 2016  年    2015  年

                                                6月30日      12 月31日
                                                (単位:十億ドル)
     米ドル相当の収入に対する為替リスクをヘッジする商品:
                                                  1.8      1.9
       為替予約によるヘッジ・プログラム(注1)
     米ドル相当のエクイティに対する為替リスクをヘッジする商品:
      円を基本通貨とする事業体が有する米ドル建て資産(注2)
       売却可能米ドル建て投資、償却原価                                            12.7       13
                                                  0.1      0.1
       その他
            小計
                                                  12.8      13.1
      デュアルカレンシー及びシンセティック・デュアルカレンシー投資(注3)                                            0.8      0.8
                                                  13.6      13.9
      米ドル相当のエクイティに対する為替リスクをヘッジする商品合計
     ヘッジ合計                                            15.4      15.8
      (注1) 締結している為替予約契約の想定元本。

      (注2) 2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在の当社の日本における保険事業が発行した米ドル建て商品に関連する
          米ドル建て負債に対応する米ドル建て資産それぞれ327億ドル及び305億ドルは含まれていない。
      (注3) デュアルカレンシー及びシンセティック・デュアルカレンシー投資は、円を基本通貨とする当社の事業体が満期固
          定証券及び貸付(元本は円建て、受取利息は米ドル建て)を有することで行っている。表中の額は、将来の米ドル
          のキャッシュ・フローの現在価値である。
                                  51/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      収入に対する外国為替の変動による影響
      外国為替収益によるヘッジ・プログラム

       当社の国際保険セグメントの業績は、特定のセグメントの米ドル以外の通貨建ての収益は固定為替レートで換

      算するという全社及びその他業務部門との社内的な取決めの影響を反映している。固定為替レートは、同セグメ
      ントの米ドル相当の収益に対する為替変動の影響を緩和するために設計された為替収益ヘッジ・プログラムに関
      連して決定される。当該プログラムに基づき、全社及びその他業務部門は、一定の通貨について予想される収益
      のリスク純額と米ドルを特定の為替レートで交換する為替予約契約を第三者と締結する。これらの契約の満期は
      特定の非米ドル建て収益が発生することが予想される将来の期間(通常は3年間ごと)に対応している。このプ
      ログラムを通じてヘッジされる非米ドル建て収益のレベルを設定する上で、当社はデュアルカレンシー投資及び
      シンセティック・デュアルカレンシー投資によって生じると予想される米ドル建て収益のレベル並びに非円建て
      商品及び投資によって生じると予想される非円建て収益のレベルを除外する。2016年6月30日に終了した6ヶ月
      間について、当該セグメントの収益の約34%が円建てであり、2016年6月30日現在、2016年度の円建ての予想収
      益の100%をヘッジ済みであり、2017年度、2018年度及び2019年度については円建ての予想収益のそれぞれ
      92%、50%及び8%がヘッジ済みである。現在の未ヘッジ分については、当社の国際保険セグメントの将来の予
      想される米ドル相当の収益は、円の為替変動の影響を受けることとなる。
       この社内的な取決めにより、2016年度及び2015年度に係る当社の国際保険セグメントの業績には、円建ての収

      益については1米ドル106円及び91円の固定為替レートで、並びに韓国ウォン建ての収益については1米ドル
      1,100韓国ウォン及び1,120韓国ウォンの固定為替レートでそれぞれ換算したことによる影響が反映されている。
      各年度の固定為替レートの決定は為替レートの長期的な変動の影響を受けるため、当該セグメントの将来の収益
      は、最終的には当該為替レートの変動による影響を受けることになる。
       全社及びその他業務部門の業績には固定為替レートと実際の平均為替レートにより当該セグメントが計上した

      当該期間中の外貨換算調整の差額及び当該期間中に決済された為替予約契約により計上された損益が含まれ、予
      想していた収益が実際の収益とは異なったことによるヘッジの過不足の影響が含まれる。また、全社及びその他
      業務部門の業績には、当社がリスクをヘッジしないことを選択する通貨に関連して固定為替レートと実際の平均
      為替レートにより当該セグメントが計上した当該期間中の外貨換算調整の差額も含まれる。下表は表示された各
      期間の国際保険セグメント並びに全社及びその他業務部門の収益及び調整後営業利益の増加(減少)を示したも
      のである(社内的な取決めの影響を反映している。)。
                                  52/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                        6月30日に          6月30日に
                                       終了した3ヶ月間          終了した6ヶ月間
                                       2016  年   2015  年   2016  年   2015  年
                                            ( 単位:百万ドル)
     国際保険セグメント:
      社内的な取決めによる影響(注1)                                    8     85     35     165
     全社及びその他業務部門:
      社内的な取決めによる影響(注1)                                    (8)     (85)     (35)     (165)
                                          7     78     43     161
      為替予約契約の決済による損益
       全社及びその他業務部門に対する純利益(損失)                                    (1)     (7)      8    (4)
     連結収益及び調整後営業利益に対する正味影響額                                    7     78     43     161
      (注1)実際の加重平均月次為替レートにて換算された非米ドル建て収益と、外国為替収益ヘッジ・プログラムに関連して決

         定された固定為替レートにて換算された非米ドル建て収益の差異。
       2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在、これらの為替予約契約の想定元本はともに24億ドルであり、こ

      のうち18億ドル及び19億ドルは、日本の保険事業に関するものであった。
      U.S.   GAAP  上の利益に対する非現地通貨建て商品の影響

       当社の国際保険事業は主に現地通貨建ての商品を提供している。しかし、一部の国際保険事業(特に日本にお

      ける事業)は外貨建ての商品も提供しており、主に米ドル及び豪ドル建ての商品から構成されている。これらの
      商品に関連する非円建て保険負債はこれに対応する通貨建ての投資(その大部分は売却可能証券として指定され
      ているものが含まれる。)によって支えられている。これらの非円建て資産及び負債に対する為替変動の影響は
      金額上合致しているが、為替変動によるこれらの資産及び負債の価値の変動を会計処理した際に差異が生じたこ
      とにより、U.S.         GAAP上の利益が大きく変動したこともかつてはあった。
       上記のとおり、当社は、ジブラルタ生命において、ある仕組みを導入した。これにより、米ドル建て事業と豪

      ドル建て事業を、それぞれ原商品及び原投資と同じ通貨を機能通貨とする別々の部門に分けた。当該仕組みに基
      づき移転された米ドル及び豪ドル建ての資産について、その他の包括利益(損失)累計額に計上されている為替
      の再評価に関連する累積未実現投資利益(純額)は、2015年12月31日現在51億ドルに達しており、当該資産の満
      期時又は売却時まで「実現投資利益(損失)、純額」の利益として認識される。当該資産が満期前に売却されな
      かった場合、51億ドルの残高の約4%が2016年度の残りの期間にわたって認識され、約8%が2017年度において
      認識される。残りの部分については、主に向こう10年間にわたって認識される。2016年6月30日現在、当該資産
      に関連する累積未実現投資利益(純額)の残高は、47億ドルであった。
                                  53/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      国際保険
      営業成績

       国際保険の業績は加重平均月次為替レートで換算されており、上記の社内的な取決めによる影響も含む。国際

      保険セグメントの営業成績の把握に資するように、前年度比の外国為替変動の影響を除外して営業成績を分析し
      ている場合があり、その場合はその旨表示している。為替変動の影響を除外した当社の業績は、表示された全期
      間について、外貨を固定為替レートで米ドルに換算することによって計算されている。下記の固定為替レートで
      表示された情報についても同様に計算されている。使用された為替レートは、日本円は1米ドルに対して106
      円、韓国のウォンは1米ドルに対して1,100ウォンであり、両レートとも上記の為替収益ヘッジ・プログラムに
      関連して決定されたものであった。さらに、下記の固定為替レートで表示された情報については、米ドル建ての
      活動は一般に米ドル建てで取引された金額に基づき報告されている。以下の「売上業績」において固定為替レー
      トで表示された年換算新契約保険料は、同じくこれらの固定為替レートで換算されたものを反映している。
       下表は、表示された各期間の国際保険セグメントの営業成績を示している。

                               6月30日に終了した3ヶ月間              6月30日に終了した6ヶ月間

                                 2016  年     2015  年     2016  年     2015  年
                                        (単位:百万ドル)
     営業成績:
      収益:
       ライフ・プランナー事業                             2,417       2,231       4,976       4,673
                                  2,926       2,806       5,411       5,270
       ジブラルタ生命及びその他事業
         収益合計                             5,343       5,037      10,387       9,943
      保険金・給付金及び費用:
       ライフ・プランナー事業                             2,074       1,850       4,223       3,853
                                  2,466       2,345       4,582       4,414
       ジブラルタ生命及びその他事業
         保険金・給付金及び費用合計                             4,540       4,195       8,805       8,267
      調整後営業利益:
       ライフ・プランナー事業                              343       381       753       820
                                   460       461       829       856
       ジブラルタ生命及びその他事業
         調整後営業利益合計                              803       842      1,582       1,676
       実現投資利益(損失)純額及び関連調整額(注1)
                                   482       11      989       451
       関連費用                              (11)       (20)       (16)       (43)
       保険負債に対応するトレーディング勘定資産にお
                                   (72)        50      (178)        106
       ける投資利益(損失)純額
       資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動                            72      (50)       178      (106)
       運営合弁事業損益に対する持分及び非支配持分に
                                   (11)        (2)      (19)        6
       帰属する利益
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継
                                  1,263        831      2,536       2,090
     続事業利益(損失)
      (注1) 金額上合致させた、為替変動に関連する一定の資産及び負債の価値の変動による利益(損失)が含まれる。

                                  54/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      調整後営業利益
       6ヶ月間の比較:          当社のライフ・プランナー事業の調整後営業利益は67百万ドル減少したが、これには為替

      変動による52百万ドルのマイナスの正味影響額が含まれている。為替変動及び上記の仮定について年に一度行う
      見直し及び更新並びにその他の修正の影響を除き、調整後営業利益は12百万ドル増加したが、これは日本におけ
      る販売売上及び引き続き好調な契約継続率による保有契約の増加によるものであるが、事業の成長を支援するた
      めの費用の増加、比較的不利な経験死亡率及び純投資スプレッドの減少の影響によって一部相殺された。
       ジブラルタ生命及びその他事業の調整後営業利益は27百万ドル減少し、これには為替変動による64百万ドルの

      マイナスの正味影響額が含まれていた。為替変動及び上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにそ
      の他の修正の影響を除き、ジブラルタ生命及びその他事業の調整後営業利益は61百万ドル増加し、これは日本の
      本社オフィスの売却の利益を含む費用純額の減少、販売売上の増加及び引き続き好調な契約継続率、チリのAFP
      ハビタットの間接投資による寄与による事業の成長及び比較的有利な経験死亡率によるものであるが、主にノン
      クーポン債投資からの利益の減少による純投資スプレッドからの寄与の減少により一部相殺された。
      収益、保険金・給付金及び費用

       6ヶ月間の比較:          ライフ・プランナー事業からの収益は303百万ドル増加し、上記のとおり、これには為替

      変動による7百万ドルのプラスの正味影響額及び上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他
      の修正による19百万ドルの純費用が含まれている。これらの項目を除いた場合、収益は315百万ドル増加した。
      この増加は、上記のとおり、主に保有契約の増加に関連する保険料収入並びに契約賦課金及び報酬収益の234百
      万ドルの増加によるものだった。純投資収益は83百万ドル増加し、これは主に保有契約の成長に関連する投資
      ポートフォリオの成長を反映したものであったが、再投資率の減少の影響により一部相殺された。
       ライフ・プランナー事業による保険金・給付金及び費用は370百万ドル増加したが、これには為替変動による

      59百万ドルのマイナスの正味影響額及び上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並びにその他の修正に
      よる8百万ドルの純費用が含まれている。これらの項目を除いた場合、保険金・給付金及び費用は303百万ドル
      増加した。契約者保険金・給付金は、準備金の変更を含め227百万ドル増加したが、これは主に事業の成長によ
      るものだった。一般管理費(資本化にかかったものを除く。)は、50百万ドル増加したが、これは、主にコスト
      増(事業の成長を支援するためのその他の費用を含む。)によるものである。
                                  55/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       ジブラルタ生命及びその他事業からの収益は141百万ドル増加したが、これには為替変動による48百万ドルの
      プラスの正味影響額が含まれている。為替変動の影響を除いた場合、ジブラルタ生命の収益は93百万ドル増加し
      た。この増加は、上記の事業の成長、本社不動産の売却益、及びノンクーポン債投資収益の増加による。
       ジブラルタ生命及びその他事業の保険金・給付金及び費用は168百万ドル増加したが、上記のとおり、これに

      は為替変動による112百万ドルのマイナスの正味影響額及び上記の仮定について年に一度行う見直し及び更新並
      びにその他の修正による24百万ドルの純費用が含まれている。これらの項目を除いた場合、保険金・給付金及び
      費用は、事業の成長に関連する契約者保険金・給付金(準備金の変動を含む。)の13百万ドルの増加、コスト増
      (事業の成長を支援するためのその他の費用を含む。)による一般管理費(資本化にかかったものを除く。)の
      5百万ドルの増加を含めて、32百万ドル増加した。
      売上業績

       下表は、表示された各期間における実際の及び固定の為替レートに基づく年換算新契約保険料(上記「セグメ

      ント指標」にて定義。)を示したものである。
                          6月30日に終了した3ヶ月間                 6月30日に終了した6ヶ月間

                           2016  年       2015  年       2016  年       2015  年
                                     (単位:百万ドル)
     年換算新契約保険料:
      実際の為替レート基準:
       ライフ・プランナー事業                         289         258         624         574
                              449         413         858         770
       ジブラルタ生命
                              738         671        1,482         1,344
        合計
     固定為替レート基準:
       ライフ・プランナー事業                         294         269         650         595
                              453         428         878         797
       ジブラルタ生命
                              747         697        1,528         1,392
        合計
       すべての期間の年換算新契約保険料及び商品のタイプ及び通貨の販売組み合わせは、新商品の追加、既存商品

      の販売中止、一定の商品の付与利率の変動及びその他の商品の変更、税法の改正、生命保険規制の改正、又は競
      争環境の変化等の複数の要因により重大な影響を受ける場合がある。これらの変更のいずれかが有効になる前に
      販売数が増減し、当該変更適用後にそれとは反対の方向に変動する場合がある。
                                  56/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       「エグゼクティブ・サマリー-低金利環境の影響」に記載した、日本における現在の低金利環境及び為替市場
      の変動は、一定の商品の需要のシフトにつながった。為替の組み合わせや保険料の支払方法など、日本における
      多様な商品ポートフォリオは、この極端な低金利環境におけるマイナスの影響を抑制する商品の提供を可能にす
      る。当社は円建て商品とその収益性を定期的に見直し、その結果、当社は商品の価格再設定を行い、当社の収益
      予想に満たない一部商品の販売を中止した。これらの活動の結果と、円安ドル高と一定の新商品の導入により、
      米ドル建て商品の売上は、他の通貨建て商品に対して増加した。
       下表は表示された各期間について、各商品及び販売網別の年換算新契約保険料を固定為替レートで示したもの

      である。
                    2016  年 6月30日に終了した3ヶ月間                 2015  年 6月30日に終了した3ヶ月間

                   生命   傷害及び     退職金             生命   傷害及び     退職金
                               年金    合計                年金    合計
                   保険   健康保険     ( 注1)            保険   健康保険     ( 注1)
                                 (単位:百万ドル)
     ライフ・プランナー               174     27    76    17    294    167     26    59    17    269
     ジブラルタ生命:
      ライフ・コンサルタント               92    13    28    73    206     92    15    34    38    179
      銀行(注2)               125     0    18    34    177    129     0    3    46    178
                    35     9    17     9    70    30     9    20    12    71
      独立代理店
     小計               252     22    63    116    453    251     24    57    96    428
                    426     49    139    133    747    418     50    116    113    697
      合計
      (注1) 退職所得保険、養老保険及び貯蓄型変額ユニバーサル生命保険を含む。

      (注2) 一時払い生命保険の年換算新契約保険料(初年度保険料の10%を含む。)及び3年ものの有限払込保険の年換算新
          契約保険料(新契約保険料の100%を含む。)は、2016年6月30日に終了した3ヶ月間について、日本の銀行販売
          網の年換算新契約保険料合計(年金商品を除く。)のそれぞれ7%と51%に相当し、2015年6月30日に終了した
          3ヶ月間について、日本の銀行販売網の年換算新契約保険料合計(年金商品を除く。)のそれぞれ6%と55%に相
          当した。
                    2016  年 6月30日に終了した6ヶ月間                 2015  年 6月30日に終了した6ヶ月間

                      傷害及                    傷害及
                   生命        退職金             生命        退職金
                      び健康         年金    合計        び健康         年金    合計
                   保険        ( 注1)            保険        ( 注1)
                       保険                    保険
                                 (単位:百万ドル)
     ライフ・プランナー               382     59    172     37    650    368     56    141     30    595
     ジブラルタ生命:
      ライフ・コンサルタント               186     28    55    106    375    170     32    67    63    332
      銀行(注2)               253     0    40    83    376    240     1    6    88    335
      独立代理店               62    13    30    22    127     51    14    37    28    130
     小計               501     41    125    211    878    461     47    110    179    797
                    883    100    297    248   1,528     829    103    251    209   1,392
      合計
      (注1) 退職所得保険、養老保険及び貯蓄型変額ユニバーサル生命保険を含む。

      (注2) 一時払い生命保険の年換算新契約保険料(初年度保険料の10%を含む。)及び3年ものの有限払込保険の年換算新
          契約保険料(新契約保険料の100%を含む。)は、2016年6月30日に終了した6ヶ月間について、日本の銀行販売
          網の年換算新契約保険料合計(年金商品を除く。)のそれぞれ6%と50%に相当し、2015年6月30日に終了した
          6ヶ月間について、日本の銀行販売網の年換算新契約保険料合計(年金商品を除く。)のそれぞれ6%と52%に相
          当した。
                                  57/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       6ヶ月間の比較        : 固定為替レートベースでのライフ・プランナー事業からの年換算新契約保険料は、55百万
      ドル増加した。日本事業におけるライフ・プランナーの人数の増加及び日本事業における生産性の向上に伴い、
      米ドル建て退職金及び終身生命保険商品の売上が増加し、また円建て定期生命保険も法人市場では引き続き好調
      であった。韓国事業における特定の生活保障商品の売上は価格変更により低迷したが、ブラジル事業におけるラ
      イフ・プランナーの人数増加と平均保険料が増加したことで様々な商品の売上が増加したことにより、相殺され
      た。
       ジブラルタ生命事業からの年換算新契約保険料は、固定為替レートベースで81百万ドル増加した。ライフ・コ

     ンサルタントの売上は43百万ドル増加し、これは一部の米ドル建て年金及び終身生命保険商品の売上高の増加に
     よるものであるが、円建て生活保障商品並びに豪ドル建て終身生命保険商品及び年金商品の売上減少により一部
     相殺された。銀行販売網の売上は、主に米ドル建て終身年金、終身生命保険商品及び年金商品の売上増により41
     百万ドル増加したが、円建て年金商品及び生活保障商品の売上減により一部相殺された。独立代理店の売上は、
     3百万ドル減少したが、これは主に豪ドル建て年金保険商品、年金商品、円建て生活保障商品の売上の減少によ
     るものであり、米ドル建ての終身生命保険及び終身年金商品の売上増加により、一部相殺された。
      全社及びその他業務部門

       当社の2015年度の有価証券報告書の「第一部 企業情報」「第2 企業の概況」「3 事業の内容」「全社及

     びその他事業」に記載するとおり、全社及びその他業務部門には、当社が各事業セグメントに割り振った後の全
     社業務及びU.S.         GAAPに基づき「非継続事業」会計に該当するもの以外の撤退事業が含まれる。
                                       6月30日に           6月30日に

                                     終了した3ヶ月間           終了した6ヶ月間
                                     2016  年    2015  年    2016  年   2015  年
                                          (単位:百万ドル)
     営業成績:
      キャピタル・デット支払利息                                  (169)      (198)      (343)     (390)
      オペレーティング・デット支払利息(投資収益を除く)                                 (20)       25     (24)      60
      年金及び従業員給付                                   28      51      48     83
                                       (254)      (172)      (408)     (300)
      その他の全社業務(注1)
     調整後営業利益                                  (415)      (294)      (727)     (547)
      実現投資利益(損失)純額及び関連調整額
                                      (1,013)       1,070     (2,758)       145
      関連費用                                   (2)      (6)      30      9
      撤退事業                                  (11)      (109)       20     (34)
                                        (2)      (2)      0     (2)
      運営合弁事業損益及び非支配持分に帰属する収益に対する持分
     法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益
                                      (1,443)        659    (3,435)      (429)
     (損失)
      (注1)連結決算調整額を含む。

                                  58/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       6ヶ月間の比較:           全社及びその他業務部門による調整後営業利益ベースの損失は、180百万ドル増加した。
      その他の全社業務からの純費用は108百万ドル増加したが、これは主に一定の債務の早期償却に関連する費用で
      ある36百万ドル、法律費用の増加、規制強化に関連する費用の増加及びその他の全社費用の増加によるものであ
      る。オペレーティング・デット支払利息(投資収益を除く。)は84百万ドル増加したが、これは主にノンクーポ
      ン債投資からの純投資収益の減少及び資産が他の事業セグメントに移転されたことによる投資資産の減少を反映
      したものである。年金及び従業員給付の業績は35百万ドル減少したが、これは、主に制度資産価値の減少による
      当社の適格退職年金制度からの収益減少、及び2015年の金利上昇による制度債務の利息費用の増加によるマイナ
      スの影響を反映したものである。キャピタル・デット支払利息は47百万ドル減少したが、これは主に2016年初め
      にレバレッジと優先債務の負債期間を短縮するための努力を行ったことによるものである。
      資本保護の枠組

       調整後営業利益に含まれていない「実現投資利益(損失)純額及び関連調整額」には、2016年6月30日に終了し

      た3ヶ月間及び6ヶ月間について、それぞれ579百万ドル及び2,024百万ドルの純損失が含まれており、また、
      2015年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間について、それぞれ1,091百万ドル及び239百万ドルの純利益が
      含まれている。これは主に当社の金利リスクの一部を管理するために、資本管理戦略を採用したことによるもの
      であり、各期間のリスクに関する金利の変動を反映したことによるものである。当社の資本保護の枠組に関する
      詳細については、「流動性及び資本資源-資本保護の枠組」の項を参照のこと。
      撤退事業

      全社及びその他業務部門に含まれる撤退事業

       継続事業の利益は、縮小中の事業を含む既に売却又は撤退したか、今後売却又は撤退する各種事業であって、

      U.S.   GAAP上「非継続事業」としての会計処理が適用されないものの業績も含んでいる。かかる撤退事業の業績
      は、全社及びその他業務部門には反映されているが、調整後営業利益からは除外されている。表示された各期間
      について、全社及びその他業務部門に反映された撤退事業の業績の概要は下記のとおりである。
                           6月30日に終了した3ヶ月間                 6月30日に終了した6ヶ月間

                            2016年         2015年         2016年         2015年
                                     (単位:百万ドル)
     長期介護保険                          (6)        (94)         27        (38)
                               (5)        (15)         (7)         ▶
     その他
      調整後営業利益から除外された撤退事業
                               (11)        (109)          20        (34)
      利益(損失)合計
                                  59/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       長期介護保険:         2016年第2四半期及び上半期の業績は、前年同期に対して増加した。これは主に、2016年中
      のデュレーション管理に使用されるデリバティブの実現利益を反映したものであり、2015年中、金利の上昇に
      よって、当該デリバティブのタイプについては損失であったのに対して、当期は金利が低下したことによるもの
      である。
      クローズド・ブロック部門

       クローズド・ブロック部門は、伝統的な国内向け配当付き生命保険及び年金保険商品の特定の保有契約、これ

      らの契約につき保険金・給付金及び契約者配当の支払いに使用されている資産、並びにこれらの契約をサポート
      する特定の関連資産及び負債を含んでいる。当社はこれら伝統的な国内向け配当付き保険契約の提供を既に打ち
      切っている。詳細については、未監査中間連結財務書類の注記6を参照のこと。
       プルデンシャル・インシュアランス取締役会は、毎年、運用収益、実現投資利益純額及び未実現投資利益純

      額、経験死亡率、並びにその他の要素を含めてクローズド・ブロックの実績に基づいて翌年の配当付き保険契約
      の配当を決定する。配当の決定の基となるクローズド・ブロックの実績は法定の業績に基づいているが、クロー
      ズド・ブロックが設けられた当時、U.S.                     GAAPが要求するところにより、当社は、クローズド・ブロックに含ま
      れる保険契約からの将来の最大収益のタイミングの保険数理計算法を開発した。ある期の実際の累積利益が当社
      の予想累積利益より多い場合には、その超過分を契約者配当準備金として計上する。その後、将来のクローズ
      ド・ブロックの実績が当社の当初の予想を下回り、それにより超過分が相殺されない限り、超過分を追加配当と
      してクローズド・ブロックの契約者に支払うことになる。クローズド・ブロック部門の費用に計上する契約者配
      当は、プルデンシャル・インシュアランス取締役会が宣言した実際の契約者配当に加えて、ある期の実際の累積
      利益が当社の予想累積利益を超過する部分について当社が認識する契約者配当準備金の変更を含む。
       2016年6月30日現在、実際の累積利益は予想累積利益を1,517百万ドル上回り、この超過額は契約者配当準備

      金として計上された。U.S.               GAAPの定める実際の累積利益は当期の実現投資損益の計上並びにクローズド・ブ
      ロック契約を支える資産及び関連する債務の変動を反映している。さらに、クローズド・ブロックの設定後に発
      生した、2016年6月30日現在における4,680百万ドルの未実現投資利益純額の累積額は、クローズド・ブロック
      の契約者に支払うべき契約者配当準備金として計上され、将来の実績により相殺されない限り、クローズド・ブ
      ロックの契約者に対して支払われ、対応する金額は「その他の包括利益(損失)」に計上される。
                                  60/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      営業成績
       下表は、表示された各期間のクローズド・ブロック部門の成績である。

                           6月30日に終了した3ヶ月間                 6月30日に終了した6ヶ月間

                            2016年         2015年         2016年         2015年
                                     (単位:百万ドル)
     U.S.   GAAPに基づく実績:
      収益                        1,546         1,525         2,675         3,244
                              1,578         1,473         2,780         3,214
      保険金・給付金及び費用
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する
                               (32)         52       (105)          30
      持分反映前継続事業利益(損失)
      法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)

       6ヶ月間の比較:           法人所得税、運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益は、135百万ドル減少し

      た。2016年度上半期の業績は、実現投資利益純額の431百万ドルの減少を反映し、主に株式市場の業績悪化、債
      券の販売の利益減少、リスク管理に使用するデリバティブの価値の不利な変動によるものであった。投資利益純
      額は97百万ドル減少し、これは主にノンクーポン債投資の利益の減少及び再投資率の低下によるものであった。
      保険事業の純利益は11百万ドル増加し、これは当期の給付金の支払が少なかったことによる。上記及びその他の
      分散の結果として、2016年上半期について、契約者配当準備金債務は177百万ドル減少が記録され、これに対し
      て2015年第2四半期は208百万ドルの増加であった。
      収益、保険金・給付金及び費用

       6ヶ月間の比較:           収益は、主に純投資収益の431百万ドルの減少及び上記の純投資収益の97百万ドルの減少

      により569百万ドル減少した。さらに、保険料は、主に保有契約のランオフによって21百万ドル減少した。
       保険金・給付金及び費用は、主に契約者に対する配当金の366百万ドルの減少により434百万ドル減少した。当

      該減少には、累積利益の変動を反映した契約者配当準備金費用の減少が反映されている。
                                  61/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                               法人所得税
       当社の連結ベースの法人所得税引当金は、2015年第2四半期の679百万ドルの法人所得税費用に対して、2016

      年第2四半期については、431百万ドルの法人所得税費用となった。費用の減少は主に当該四半期の                                                    「運営合弁
      事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)」が前年同期に対して減少したことによるものであった。2016
      年3月31日に、日本政府は2016年4月1日より税率を約2%引き下げることを決定した。2015年3月31日に、日
      本政府は2015年4月1日より税率を約2%引き下げることを決定した。その結果、当四半期の「運営合弁事業損
      益に対する持分反映前継続事業利益(損失)」が前年同期に対して減少したことは、2016年及び2015年第2四半期
      の日本における繰延税金資産の再評価に関連する追加の法人所得税費用である22百万ドル及び70百万ドルによっ
      て一部相殺された。
       当社の連結ベースの法人所得税引当金は、2015年上半期の1,378百万ドルの法人所得税費用に対して、2016年
      上半期については、799百万ドルの法人所得税費用となった。費用の減少は、「運営合弁事業損益に対する持分
      反映前継続事業利益(損失)」が2015年上半期に対して2016年上半期中に減少したことによるものであった。さら
      に、上記の税率の引き下げにより、2016年上半期の「運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損
      失)」が前年同期に対して減少したことの影響は、2016年上半期及び2015年上半期の日本における繰延税金資産
      の再評価に関連する追加の法人所得税費用である24百万ドル及び75百万ドルによって一部相殺された。
       法人所得税に関する詳細については、未監査中間連結財務書類の注記12を参照のこと。

                               非継続事業

       U.S.   GAAP上非継続事業とされる事業の業績が純利益に含まれている。非継続事業の収益(損失)(税引後)

      は、2016年6月30日及び2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間について1百万ドル未満であった。
                                  62/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
            経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレーディング勘定資産及びその他関連投資
       退職金及び国際保険のセグメントに含まれている特定の商品は、これらの商品に関連する運用成績が最終的に

      契約者に帰属することが見込まれるという点において、経験料率に基づくものである。経験料率商品に対応する
      投資の大半は、トレーディングとして分類され、公正価値で計上される。こうしたトレーディング投資は、「保
      険負債に対応するトレーディング勘定資産、公正価値」(TAASIL)として貸借対照表に計上される。これらの投
      資の実現及び未実現利益及び損失は「その他収益」に、これらの投資による利息収入及び配当収入は「純投資収
      益」に計上される。程度は少ないものの、デリバティブ並びに商業モーゲージ及びその他貸付も、これらの経験
      料率商品に対応している。これらの経験料率商品に対応するデリバティブは、未監査中間連結貸借対照表上の
      「その他の長期投資」として分類され、公正価値で計上され、実現及び未実現利益及び損益は「実現投資利益
      (損失)、純額」として計上される。経験料率商品に対応する商業モーゲージ及びその他貸付は、未返済の元本
      残高から未償却割引額と貸倒引当金を差し引いた値で評価される。これらのローンは「商業モーゲージ及びその
      他貸付」として未監査中間連結貸借対照表に計上される。商業モーゲージ及びその他貸付の売却損益及び評価性
      引当金の変動は、「実現投資利益(損失)、純額」に計上される。
       当社の退職金セグメントには、TAASIL及びその他関連投資に対応する経験料率商品が二種類ある。全利益配当

      型商品は、原投資による利益の全額が、関連負債への対応する調整により、保険契約者に還元されるものであ
      る。負債への調整額は、償却原価で計上されるすべての関連資産(商業モーゲージ及びその他貸付を含む。)の
      公正価値の変動から評価性引当金を差し引いた額に基づく。一部利益配当型商品は、原投資による利益の一部の
      みが、契約上の保証利率の変更を通じて徐々に保険契約者に還元されるものである。保証利率は通常半年ごとに
      再設定され、多くの場合は最低保証利率が決められている。利益は10年以内に還元されなければならない。
       当社の国際保険セグメントにおける経験料率商品は全利益配当型である。したがって、原投資による利益は全

      額、関連負債への対応する調整により、保険契約者に還元される。
       TAASIL、関連するデリバティブ、並びに商業モーゲージ及びその他貸付の投資損益純額は、一貫した基準で運

      用される保険負債に対応するその他投資からの実現投資損益の除外と一貫性をもたせるため、調整後営業利益か
      ら除外されている。さらに、当社は投資の実現投資損益に係る費用の従来の取扱いと一貫性をもたせるため、経
      験料率保険契約に対応した投資プール(商業モーゲージ及びその他貸付の公正価値の変動を含む。)の資産価値
      変動に伴う契約者負債の変動を調整後営業利益から除外し、「保険契約者預り金勘定への利息振替」にて勘定残
      高を報告している。結果として、これらの商品の調整後営業利益には、経験料率保険契約より得る純報酬収益と
      金利スプレッドのみが含まれ、最終的に保険契約者に帰属する見込みの投資プールの実現損益及び未実現損益
      (公正価値変動)は除外される。
                                  63/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、調整後営業利益から除外されているこれらの項目が業績に対して及ぼす影響を、表示された各期間に
      ついてまとめたものである。
                                     6月30日に             6月30日に

                                   終了した3ヶ月間             終了した6ヶ月間
                                   2016  年    2015  年    2016  年    2015  年
                                         (単位:百万ドル)
     退職金セグメント:
     以下の項目による投資利益(損失):
      保険負債に対応するトレーディング勘定資産、純額                                180      (270)       502     (243)
      デリバティブ                                 0      12     (108)       122
      商業モーゲージ及びその他貸付                                 (1)       1      (4)       ▶
     資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動(注1)
                                     (205)       284      (441)       143
     (注2)
                                     (26)       27      (51)       26
      純利益(損失)
     国際保険セグメント:

     保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資
                                     (72)       50     (178)       106
     利益(損失)純額
                                      72      (50)      178      (106)
     資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動
      純利益(損失)                                 0      0      0      0
      合計:
      以下の項目による投資利益(損失):
       保険負債に対応するトレーディング勘定資産、純額                                108      (220)       324      (137)
       デリバティブ                                 0      12     (108)       122
       商業モーゲージ及びその他貸付                                 (1)       1      (4)       ▶
      資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動(注
                                     (133)       234      (263)       37
      1)(注2)
                                     (26)       27      (51)       26
       純利益(損失)
      (注1)資産価値の変動による契約者負債の減少は、特定の下限により制限されており、そのため2016年6月30日及び2015年

         6月30日現在の報告資産額の1百万ドル未満及び3百万ドルの累積的な減少を反映していない。当社は、報告資産価
         値におけるこれらの減少を報告資産価値の増加又は契約者負債の保証利率の引き下げによって回復させてきており、
         将来も回復させることができるものと見込んでいる。
      (注2)商業モーゲージ及びその他貸付による契約者負債の変動に関する上記金額には、2016年6月30日及び2015年6月30日
         に終了した3ヶ月間については、それぞれ16百万ドルの増加及び30百万ドルの減少が、2016年6月30日及び2015年6
         月30日に終了した6ヶ月間については、それぞれ55百万ドルの増加及び25百万ドルの減少が含まれている。U.S.
         GAAPに定められているとおり、減損によるものを除く当社の一般勘定に保有されている商業モーゲージ及びその他貸
         付の公正価値の変更は当期の利益として認識されないが、これらの公正価値の変更による影響は当期の全利益配当型
         の契約者に対する負債の変更として反映される。
                                  64/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       退職金セグメントについては、経験料率契約者負債の変動、並びに保険負債に対応するトレーディング勘定資
      産及びその他関連投資の投資損益による純影響額は、主に、時価調整額の認識と、将来における資産価値の増加
      又は一部利益配当型商品に関わる契約者負債の保証利率の減少による当該調整額の回復の認識との時間的差異を
      反映している。これらの影響額はまた、上記のとおり、これらの貸付の基礎となっている商業モーゲージ及びそ
      の他貸付の公正価値と償却原価の差額から評価性引当金を差し引いた額も反映している。
                             資産及び負債の評価

      資産及び負債の公正価値

       当局の公正価値に関するガイダンスは公正価値の測定のための枠組を定めたものであり、公正価値の測定のた

      めに使用されるインプットを分類する3レベルの階層が含まれる。公正価値が当該階層のどのレベルに該当する
      かは、公正価値測定に重要な最低レベルのインプットに基づき決定される。レベル3に分類される資産及び負債
      の公正価格には、測定において観察不能な1つの重要性あるインプットが含まれる。これらの測定のための階層
      レベル及び各階層レベル別に連結ベースで表示された、経常ベースの公正価値で測定される資産及び負債残高に
      ついては、未監査中間連結財務書類の注記13を参照のこと。
       下表は、表示された各期間の経常ベースの公正価値で測定された資産及び負債残高をまとめたものであり、当

      該資産及び負債の一部はレベル3に分類されたものである。また、下表においては、当該資産及び負債(クロー
      ズド・ブロック部門が保有するものを除く。)の詳細も提示する。クローズド・ブロック部門の資産の大部分が
      クローズド・ブロック部門の保険契約に関する債務及び負債にのみに対応するものであることを踏まえ、当社
      は、プルデンシャル・ファイナンシャルの投資家の当社事業に関する理解を促すにあたって、クローズド・ブ
      ロック部門を除外した金額を提示することが、最も適切であると考えている。クローズド・ブロックについて
      は、未監査中間連結財務書類の注記6を参照のこと。
                                  65/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                       2016  年6月30日現在                  2015  年12月31日現在

                  PFI(クローズド・                    PFI(クローズド・
                              クローズド・                    クローズド・
                  ブロック部門を除                    ブロック部門を除
                              ブロック部門                    ブロック部門
                     く。)                    く。)
                  公正価値     レベル3     公正価値     レベル3     公正価値     レベル3     公正価値     レベル3
                   合計    合計(注2)       合計   合計(注2)       合計    合計(注2)       合計   合計(注2)
                                 (単位:百万ドル)
                   292,021      4,740    40,249       910   252,528      4,598    37,795      1,022

     売却可能満期固定証券
     トレーディング勘定資産:
     満期固定証券              23,747       564     168      0  29,091       840     176      0
     株式              2,146      497     121      88   2,240      537     112      52
                    2,788       2     0     0   3,361       5     0     0
     その他(注3)
       小計            28,681      1,063      289      88   34,692      1,382      288      52
     売却可能株式               7,032      291    2,464       10   6,547      264    2,727       2
     商業モーゲージ及び
                     591      0     0     0    274      0     0     0
     その他貸付
     その他長期投資(注1)                 96     14     ▶     0    172      39     10     10
     短期投資               3,740       0    615      0   6,270       0   1,217       0
     現金同等物              18,556        0   1,149       0  13,143        0   1,065       0
                     65     62     0     0    16      7     0     0
     その他の資産
     分離勘定資産を除く小計
                   350,782      6,170    44,770      1,008    313,642      6,290    43,102      1,086
                   259,093      2,128       0     0  259,909      1,995       0     0
     分離勘定資産(注1)
                   609,875      8,298    44,770      1,008    573,551      8,285    43,102      1,086
       資産合計
     責任準備金
                   13,328     13,328       0     0   8,434     8,434       0     0
     その他の負債(注3)               1,101       2     1     0    32      2     1     0
     連結変動持分事業体
                    2,094     2,094       0     0   8,597     8,597       0     0
     (「VIE」)により発行され
     たノート
                   16,523     15,424       1     0  17,063     17,033       1     0
       負債合計
      (注1)過年度の金額は、ASU              2015-07の適用を反映して、当年度の表示に合わせて組替表示されている。

      (注2)経常ベースでの公正価値で測定した総資産額に対するレベル3資産の割合は、PFI(クローズド・ブロック部門を除
         く。)について、2016年6月30日現在、それぞれ1.4%と2.3%であり、2015年12月31日現在においては、それぞれ
         1.4%と2.5%であった。
      (注3)「その他」及び「その他の負債」には主にデリバティブが含まれる。レベル3に分類された金額はネッティングの影
         響を除外している。
       一定の資産及び負債に関する公正価値の決定は見積もりり及び仮定の適用により左右されるが、当社の業績に

      重大な影響を与える可能性があり、資産及び負債を評価する能力は市場活動の低下又は規則的な方法により行わ
      れる取引の不足により大きく影響されるため、市況によっては、一定の資産及び負債の公正価値の決定はより判
      断力を要する場合がある。以下では、レベル3のインプットを使用して評価され、当社の業績に重大な影響を与
      える可能性のある一定の資産及び負債に関する詳細を提示する。
                                  66/278




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      満期固定証券及び株式
       当社における公正価値の階層のレベル3に含まれる満期固定証券は一般的に、社内で開発した評価方法又はブ

      ローカーによる指標となる相場価格に基づき価格決定される。非上場満期固定証券及び株式の一部については、
      社内で開発した評価モデルは重要な観察不能なインプットを使用する。したがって、かかる証券は公正価値の階
      層のレベル3に分類される。PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)のレベル3満期固定証券は、2016年6
      月30日現在で約33億ドルの上場満期固定証券(その価格は主にブローカーによる指標となる相場価格に基づいて
      いる。)及び約20億ドルの非上場満期固定証券(その価格は主に社内で開発されたモデルに基づいている)を含
      んでいた。使用する重要な観察不能なインプットには、発行物に特有のクレジット調整、重大な非公表の財務情
      報、経営判断、将来の収益及びキャッシュ・フローに関する予測、デフォルト・レートに関する仮定、流動性に
      関する仮定及びマーケット・メーカーによる指標となる相場価格などが含まれる。これらのインプットは、すべ
      ての市場参加者がこれらのデータを入手することができるわけではないため、通常観察不能と考えられている。
       満期固定証券及び株式の公正価値の決定による業績に対する影響は当該証券をトレーディング、売却可能、又

      は満期保有目的のいずれに分類するかに左右される。トレーディングに分類された投資の公正価値の変動の影響
      は「その他収益」に計上される。売却可能に分類された投資の公正価値の変動の影響は未実現損益として、エク
      イティの個別の構成要素としての「その他の包括利益(損失)累計額」に計上される。満期保有目的に分類され
      る投資は償却原価で計上される。
      分離勘定資産

       レベル3に分類される分離勘定資産には主に法人証券及び                              商業モーゲージ・ローンが含まれる。法人証券の評価は

      満期固定証券       及び株式についての上記の記載に基づき決定される。商業モーゲージ・ローンの評価についての詳
      細は、未監査中間連結財務書類の注記13を参照のこと。分離勘定負債は、公正価値ではなく、契約価値で計上さ
      れる。
                                  67/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      生前給付特約付き変額年金
       レベル3に分類される責任準備金には、主にGMAB、最低解約保証給付(「GMWB」)及び最低年金額・解約保証

      給付(「GMIWB」)を含む、当社の個人年金保険セグメントが提供している特定の変額年金契約の生前給付特約
      に関連する保証に関する債務が含まれる。これらの給付は組込デリバティブとして公正価値で計上され、公正価
      値の変動は「実現投資利益(損失)、純額」に含まれる。GMAB、GMWB及びGMIWB債務の公正価値は、将来予想さ
      れる顧客に対する給付金支払額の現在価値から、組込デリバティブ的な特約に対する将来の特約保険料の現在価
      値を控除して計算する。この方法を用いると、残高は、資本市場の市況及び契約者の行動に関する様々な仮定を
      考慮すると、負債勘定にも負の負債勘定にも計上され得る。これらの債務の譲渡のための観察可能な活発な市場
      がないため、評価額はオプション価格決定の技術により社内で開発したモデルを用いて計算される。これらのモ
      デルは主に観察不能な重要な仮定を使用し、当該仮定には失効率、NPR、利用率、引出率、死亡率及びエクイ
      ティ市場の変動率等の仮定が含まれる。PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)のレベル3に分類された責
      任準備金は、2016年6月30日現在で、133億ドルの純負債であった。詳細は、「セグメント別営業成績-米国退
      職金ソリューション・投資運用部門                   —個人年金保険」の項を参照のこと。
      連結VIEにより発行されたノート

       未監査中間連結財務書類の注記5に記載のとおり、連結VIEにより発行されたノートは、特定の資産担保証券

      投資ビークル(主にローン担保証券)により発行されたノン・リコース証券のことであり、当社はこれらを連結
      する必要がある。当社は、かかるノートについてブローカーの相場価格に基づき価値を評価する公正価値オプ
      ションを選択している。
       公正価値の決定のために使用する主な見積もり及び仮定については、未監査中間連結財務書類の注記13を参照

      のこと。
     次へ


                                  68/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      実現投資損益

       実現投資損益は、以下の重要項目をはじめとする様々な要因により発生する。

       ・投資商品の売却
       ・外貨建て投資商品の満期
       ・OTTIに係る投資費用ベースの調整
       ・満期が近づいていて、かつ外貨為替レートの変動により未実現損失ポジションにある外貨建て有価証券に係
        る利益のOTTIの計上
       ・損失引当金の正味変動、一部の組織再編、並びに商業モーゲージ及びその他貸付の差押
       ・組込デリバティブ及びヘッジ取引の会計処理の適用外である独立したデリバティブの公正価値の変動
       当社は、2016年1月1日付で、満期固定期限前返済手数料及び償還プレミアムを「実現投資利益(損失)、純
      額」に代えて「純投資収益」に分類している。当該変更の影響は微細なものであった。
       OTTIの水準は一般に経済情勢を反映するものであり、経済情勢が悪化すると上昇し、改善すると低下すると考

      えられる。従来のOTTIの原因は各発行体固有のものであり、同じ産業又は地域におけるその他の証券の減損を直
      接的に引き起こすものではなかった。また、当社の信用リスクとポートフォリオ運用目標に従い投資商品の売却
      を通じて上記以外のクレジット及び金利関連の損失を実現する場合もある。満期固定証券及び株式についての
      OTTIに関する当社の方針についての詳細は、2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の連結財務書類の
      注記2を参照のこと。
       当社は、期間のミスマッチ等、資産及び負債のミスマッチから生じる金利及び為替変動のリスクを管理するた

      めに、金利及び通貨スワップ並びにその他のデリバティブを利用する。当社はまた、為替相場が不利に変動した
      場合当社の米国外の事業の一部が生み出す収益の米ドル相当額が大幅に影響を受けるリスクがあるため、このリ
      スクの軽減にもデリバティブ取引を用いている。また、一部の生前給付保証オプション付き変額年金商品に存在
      するリスクの一部をヘッジするため、株式ベースのデリバティブ及び金利デリバティブも用いている。これらデ
      リバティブ取引の多くはヘッジ会計の対象にはならないため、当社は期毎のかかる取引の公正価値の変動を当期
      収益で認識しているが、必ずしも関連資産又は負債を同じように計上しているわけではない。
       したがって、当社のデリバティブ活動による実現投資損益は純利益の変動の大きな原因となっている。個人年

      金保険セグメントにおける生前給付保証及び関連するヘッジ・ポジションに関する詳細については、上記の「セ
      グメント別営業成績-米国退職ソリューション・投資運用部門-個人年金保険」の項を参照のこと。
                                  69/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       調整後営業利益は、一定の例外を除き、一般的に「実現投資利益(損失)、純額」を含まない。かかる例外に
      は、実現投資損益を主な収益源とする当社の一部の事業における実現投資損益、外国為替差益のヘッジの終了及
      び当期の利回り調整に関連する損益、並びに関連費用及び調整額が主として含まれる。OTTI、金利関連の損失及
      び売却によるクレジット関連の損失(非系列の投資家に対する販売又はシンジケーションのために投資をオリジ
      ネートする当社の事業の一部に関連するものを除く。)は調整後営業利益から除外されている。
       下表は、投資タイプ別の「実現投資利益(損失)、純額」、並びに関連費用及び調整額を、表示された各期間

      についてまとめたものである。調整後営業利益に関する詳細は、未監査中間連結財務書類の注記11を参照のこ
      と。
                           6月30日に終了した3ヶ月間                 6月30日に終了した6ヶ月間

                            2016  年      2015  年      2016  年      2015  年
                                     (単位:百万ドル)
     実現投資利益(損失)、純額:
     PFI(クローズド・ブロック部門を除
                             1,228         (36)       3,207        1,952
     く。)
                              205        165        107        538
     クローズド・ブロック部門
      連結実現投資利益(損失)、純額                       1,433         129       3,314        2,490
     PFI  (クローズド・ブロック部門を除

     く。):
     実現投資利益(損失)、純額
      満期固定証券                        385        312        353        672
      株式                        (20)         33        (25)         78
      商業モーゲージ及びその他貸付                         ▶        20        29        30
      デリバティブ証券                        879        (415)        2,906        1,129
                              (20)         14        (56)         43
      その他
                             1,228         (36)       3,207        1,952
     合計
      関連調整額                       (426)         (24)        (987)        (350)
     実現投資利益(損失)、純額及び関連調整
                              802        (60)       2,220        1,602
     額
      関連費用                       (442)         346       (1,522)         (265)
     実現投資利益(損失)、純額並びに関連費
                              360        286        698       1,337
     用及び調整額
     クローズド・ブロック部門:

     実現投資利益(損失)、純額
      満期固定証券                        48        59         7       168
      株式                        91        194        124        269
      商業モーゲージ及びその他貸付                         0        0        2        1
      デリバティブ証券                        72        (88)        (11)        106
                               (6)         0       (15)         (6)
      その他
                              205        165        107        538
     合計
                                  70/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      2016年及び2015年の6ヶ月間の比較:
       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)

       下表は、それぞれの日付における満期固定証券の実現利益(損失)純額をまとめたものである。

                                               6月30日に終了した

                                                  6ヶ月間
                                               2016年       2015年
                                               (単位:百万ドル)
       実現投資利益総額:
                                                 695       766
         売却及び満期による利益総額(注1)
       実現投資損失総額:
         収益に認識されるOTTI、純額(注2)                                        (85)       (22)
         売却及び満期による損失総額(注1)                                        (246)        (69)
                                                 (11)        (3)
         売却によるクレジット関連損失
       実現投資損失総額合計                                          (342)        (94)
                                                 353       672
     実現投資利益(損失)、純額-満期固定証券
     売却及び満期による利益(損失)純額-満期固定証券(注1)                                             449       697
      (注1) OTTI及び、予想される原発行体の短期の信用状態に起因する投資の売却によるクレジット関連損失は除く。2016年

          中、満期固定期限前利益は、「純投資収益」に再分類された。前年同期については再表示されなかった。
      (注2) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す、「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
       2016年上半期の満期固定証券の売却及び満期による純利益は449百万ドルであり、これは主に当社の国際保険

      セグメントにおける米ドル建て証券の売却及び満期による501百万ドルの純利益によるものであった。2016年上
      半期の純利益は、エネルギー部門の証券の売却による約190百万ドルの純営業損失及びOTTIの85百万ドルにより
      一部相殺された。2015年上半期の満期固定証券の売却及び満期による純利益は697百万ドルであり、これは主に
      当社の国際保険セグメントにおける米ドル建て証券の売却及び満期によるものであった。2016年及び2015年上半
      期の満期固定証券のOTTIについての詳細は下記を参照のこと。
       2016年上半期の株式の実現損失純額は25百万ドルであり、これは主にOTTIの35百万ドルが10百万ドルの株式の

      売却による純利益によって一部相殺されたことによるものであった。2015年上半期の株式の実現利益純額は78百
      万ドルであり、これには、株式の売却による純利益が92百万ドル含まれており、OTTIの14百万ドルにより一部相
      殺された。株式のOTTIに関する詳細は下記を参照のこと。
                                  71/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年及び2015年上半期の商業モーゲージ及びその他貸付の実現利益純額は、それぞれ29百万ドル及び30百万
      ドルであり、これは主に当社の資産運用事業における22百万ドル及び19百万ドルのサービシング収益並びに貸倒
      引当金の12百万ドル及び9百万ドルの純減によるものだった。当社の商業モーゲージ及びその他貸付に関する詳
      細は「一般勘定投資-商業モーゲージ及びその他貸付-商業モーゲージ及びその他貸付の質的考察」を参照のこ
      と。
       2016年及び2015年上半期のデリバティブの実現利益純額は、それぞれ2,906百万ドル及び1,129百万ドルであっ

      た。2016年上半期の純デリバティブ利益は、デュレーションを管理するために使用される金利デリバティブにつ
      いてスワップレートの低下を要因として生じた1,382百万ドルの利益、主に一定の変額年金契約に関連する、商
      品に組み込まれたデリバティブ及び関連するヘッジ・ポジションによる1,351百万ドルの利益、並びに、デリバ
      ティブとして説明される料金ベースGICにより稼得した料金を主に表象する76百万ドルの利益を主に反映してい
      る。2015年上半期の純デリバティブ利益は、主に一定の変額年金契約に関連する、商品に組み込まれたデリバ
      ティブ及び商品に関連するヘッジ・ポジションによる1,117百万ドルの純利益を主に反映している。
       2016年上半期の関連調整額には、純額でマイナスの関連調整額987百万ドルが含まれており、これに対して

      2015年上半期は、純額でマイナスの関連調整額350百万ドルであった。2016年上半期の業績は、当社の日本にお
      ける保険事業の一定の非円建て資産及び負債に対する外国為替レートの変動の影響によるものであった。このた
      め、外国為替変動のリスクの大部分が「実現投資利益(損失)、純額」においてヘッジされ、相殺されている。
      純マイナス関連調整額はまた、一定の会社間借入金の外国為替レートの変動の影響を反映した。2015年上半期の
      業績は、金利及び為替デリバティブの決済によるもので、当社の日本における保険事業の一定の非円建て資産及
      び負債に対する外国為替レートの変動の影響により一部相殺された。
       関連費用には、2016年上半期は関連費用が純額で1,522百万ドル含まれており、これに対して2015年上半期の

      関連費用は純額で265百万ドルだった。両期間の結果はいずれも、繰延保険契約取得費用及びその他のコストの
      減価償却並びに一部の責任準備金に対するデリバティブ活動の影響によるものだった。
       下表は、表示された各期間について、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属するものについては

      資産別、満期固定証券については理由別に収益に計上されたOTTIを記載している。
                                  72/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                               6月30日に終了した
                                                  6ヶ月間
                                               2016  年     2015  年
                                               (単位:百万ドル)
       上場満期固定証券                                           38        6
                                                  47       16
       非上場満期固定証券
         満期固定証券合計
                                                  85       22
       株式                                           35       14
                                                  40       26
       その他の投資資産(注1)
                                                 160        62
         合計(注2)
      (注1) 合弁事業及びパートナーシップに対する投資に関連するOTTIを含む。

      (注2) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
                                               6月30日に終了した

                                                  6ヶ月間
                                               2016  年     2015  年
                                               (単位:百万ドル)
       各発行体の信用事由又は状況悪化によるもの(注1)                                           59       21
                                                  26        1
       その他の会計ガイドラインに従ったもの(注2)
                                                  85       22
         合計(注3)
      (注1) 該当する発行体の信用事由又はその他の状況の悪化が、当該投資に関する契約上のキャッシュ・フローを不足させ

          た、又は不足させる可能性がある場合を言う。収益に認識される減損の額は、当該債務証券の償却原価と、減損前
          の当該債務証券の潜在的な有効金利で割り引いた、予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額の差額に相当す
          る。
      (注2) 主に、証券が当社により市場において活発に取引されている場合及び外貨為替レートの変動による損失を有する証
          券が満期に近づいている場合を表す。
      (注3) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
       2016年上半期の満期固定証券のOTTIは、法人証券のエネルギー部門、消費財(景気循環型)部門及びその他の

      産業部門に集中していた。2015年上半期の満期固定証券のOTTIは、法人証券のその他の産業部門、消費財(景気
      循環型)部門及び公共事業部門に集中していた。両期間とも、これらのOTTIは主に、流動性に不安のある有価証
      券、クレジットの格下げ、又は各発行体の破産若しくはその他の財務状況の悪化に関連するものであった。
       2016年及び2015年上半期の株式のOTTIはいずれも、主に、株価下落の程度と継続期間によるものだった。

       2016年及び2015年上半期のその他の投資資産のOTTIはいずれも、主に、エネルギー部門のリミテッド・パート

      ナーシップへの投資の価値の減少の程度と継続期間によるものだった。
                                  73/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       クローズド・ブロック部門
       下表は、それぞれの日付における満期固定証券の実現利益(損失)純額をまとめたものである。

                                           6月30日に終了した6ヶ月間

                                            2016  年       2015  年
                                              (単位:百万ドル)
       実現投資利益総額:
                                              99         208
         売却及び満期による利益総額(注1)
       実現投資損失総額:
         収益に認識されるOTTI、純額(注2)                                     (52  )       (15  )
         売却及び満期による損失総額(注1)                                     (36  )       (25  )
                                              (4 )         0
         売却によるクレジット関連損失
       実現投資損失総額合計                                       (92  )       (40  )
                                               7        168
     実現投資利益(損失)、純額-満期固定証券
     売却及び満期による利益(損失)純額-満期固定証券(注1)                                          63         183
      (注1) OTTI及び、予想される原発行体の短期の信用状態に起因する投資の売却によるクレジット関連損失は除く。2016年

          中、満期固定期限前利益は、「純投資収益」に再分類された。前年同期については再表示されなかった。
      (注2) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す、「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
       2016年及び2015年上半期の満期固定証券の売却及び満期による純利益は、それぞれ63百万ドル及び183百万ド

      ルであった。2016年上半期の純利益は、エネルギー部門の証券の売却による純営業損失により一部相殺された。
       2016年及び2015年上半期の株式の実現利益純額はそれぞれ124百万ドル及び269百万ドルであり、これは売却に

      よる純利益によるものである。2016年及び2015年上半期の株式のOTTIについての詳細は、下記を参照のこと。
       2016年上半期のデリバティブの実現損失純額は11百万ドルであり、これに対して2015年上半期の実現利益純額

      は106百万ドルであった。2016年上半期のデリバティブ損失は、米国債金利の低下を要因とする、デュレーショ
      ン管理のために使用した純短期米国債先物による30百万ドルの損失が、ユーロ及びその他の通貨に対して米ドル
      が上昇したことによる外貨建て投資をヘッジするために使用した為替デリバティブの16百万ドルの利益により一
      部相殺されたことを主に反映している。2015年上半期のデリバティブ利益は、主に、ユーロに対して米ドルが上
      昇したため、外貨建て投資をヘッジするために使用した為替デリバティブの110百万ドルの純利益を反映してい
      る。
                                  74/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、表示された各期間について、クローズド・ブロック部門に帰属するものについては資産別、満期固定
      証券については理由別に収益に認識されたOTTIを記載している。
                                           6月30日に終了した6ヶ月間

                                            2016  年       2015  年
                                              (単位:百万ドル)
       上場満期固定証券                                         13          ▶
                                                39         11
       非上場満期固定証券
         満期固定証券合計
                                                52         15
       株式                                         7         3
                                                13         11
       その他の投資資産(注1)
                                                72         29
         合計(注2)
      (注1) 合弁事業及びパートナーシップに対する投資に関連するOTTIを含む。

      (注2) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
                                           6月30日に終了した6ヶ月間

                                            2016  年       2015  年
                                              (単位:百万ドル)
       各発行体の信用事由又は状況悪化によるもの(注1)                                         50         15
                                                2         0
       その他の会計ガイドラインに従ったもの
                                                52         15
         合計(注2)
      (注1) 該当する発行体の信用事由又はその他の状況の悪化が、当該投資に関する契約上のキャッシュ・フローを不足させ

          た、又は不足させる可能性がある場合を言う。収益に認識される減損の額は、当該債務証券の償却原価と、減損前
          の当該債務証券の潜在的な有効金利で割り引いた、予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額の差額に相当す
          る。
      (注2) 減損時現在における減損債務証券の公正価値と当該債務証券の予想将来キャッシュ・フローの現在価値純額との差
          額を表す「その他の包括利益(損失)」に計上されるOTTIを含まない。
       2016年上半期の満期固定証券のOTTIは、法人証券のエネルギー部門、運輸部門及びコミュニケーション部門に

      集中していた。2015年上半期の満期固定証券のOTTIは、法人証券のその他の産業部門、資本財部門及び公共事業
      部門に集中していた。両期間とも、これらのOTTIは、各発行体の財務状況の悪化を反映している。
       2016年及び2015年上半期の株式のOTTIはいずれも、主に株価下落の程度と継続期間によるものだった。

       2016年及び2015年上半期のその他の投資資産のOTTIはいずれも主に、エネルギー部門を中心とするリミテッ

      ド・パートナーシップへの投資の価値の減少の程度と継続期間によるものだった。
                                  75/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      一般勘定投資 
      ポートフォリオ構成

       当社の投資ポートフォリオは、上場・非上場の満期固定証券、商業モーゲージ及びその他貸付、保険約款貸

      付、並びにノンクーポン債にて構成されており、株式、並びに合弁事業及びリミテッド・パートナーシップ、直
      接保有の不動産並びに分離勘定へのシード資金等のその他長期投資を含む。当社の一般勘定の構成には、リスク
      管理アプローチの定める規律内において、競争可能な成果に対するニーズや主に当社資産運用セグメントを通じ
      て入手可能である多様な投資代案という選択等を反映するものである。当社の投資ポートフォリオの規模のおか
      げで、一般の投資家では利用することが不可能な資産種類への投資が可能となっている。
       下表は、それぞれの日付における当社一般勘定の、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)とクローズ

      ド・ブロック部門における投資構成をまとめたものである。
                                      2016  年 6月30日

                          PFI  (クローズド・ブロック部門                クローズド・
                                                     合計
                               を除く。)            ブロック部門
                                     (単位:百万ドル)
     満期固定証券:
      売却可能上場証券、公正価値                       254,018         66.2%        25,647        279,665
      満期保有目的上場証券、償却原価                        2,007         0.5%          0      2,007
      売却可能非上場証券、公正価値                       37,798         9.8%       14,602        52,400
      満期保有目的非上場証券、償却原価                         478        0.1%          0       478
     保険負債に対応するトレーディング勘定資
                             21,702         5.7%          0      21,702
     産、公正価値
     その他トレーディング勘定資産、公正価値                         1,603         0.4%         289       1,892
     売却可能株式、公正価値                         7,020         1.8%        2,464        9,484
     商業モーゲージ及びその他貸付、帳簿価格                        41,058         10.7%        9,747        50,805
     保険約款貸付、残高                         7,201         1.9%        4,729        11,930
     その他長期投資(注1)                         6,839         1.8%        2,980        9,819
                              4,050         1.1%         816       4,866
     短期投資
                                      100.0%
      一般勘定投資合計
                             383,774                 61,274        445,048
                              6,832                   0      6,832
     その他事業体及び事業の投資資産(注2)
                             390,606                 61,274        451,880
        投資合計
                                  76/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                      2015  年 12月31日
                          PFI  (クローズド・ブロック部門                クローズド・
                                                     合計
                               を除く。)            ブロック部門
                                      ( 単位:百万ドル)
     満期固定証券:
      売却可能上場証券、公正価値                       216,628         63.1%        23,505        240,133
      満期保有目的上場証券、償却原価                        1,834         0.5%          0      1,834
      売却可能非上場証券、公正価値                       35,767         10.4%        14,290        50,057
      満期保有目的非上場証券、償却原価                         474        0.1%          0       474
     保険負債に対応するトレーディング勘定資
                             20,522         6.0%          0      20,522
     産、公正価値
     その他トレーディング勘定資産、公正価値                         1,561         0.5%         288       1,849
     売却可能株式、公正価値                         6,537         1.9%        2,726        9,263
     商業モーゲージ及びその他貸付、帳簿価格                        40,486         11.8%        9,771        50,257
     保険約款貸付、残高                         6,867         2.0%        4,790        11,657
     その他長期投資(注1)                         6,549         1.9%        2,921        9,470
                              6,250         1.8%        1,467        7,717
     短期投資
      一般勘定投資合計                                100.0%
                             343,475                 59,758        403,233
                             13,959                   0      13,959
     その他事業体及び事業の投資資産(注2)
      投資合計                       357,434                 59,758        417,192
      (注1) その他長期投資には、合弁事業及びパートナーシップに対する不動産関連・非不動産関連投資、直接保有の投資用

          不動産、その他雑投資などがある。これらの投資の詳細については、下記の「その他長期投資」の項を参照のこ
          と。
      (注2) 当社の資産運用事業及びデリバティブ事業による投資資産を含む。ただし、第三者に代わって運用する当社の資産
          運用事業の資産、当社の貸借対照表上「分離勘定資産」に分類される資産を除く。これらの投資の詳細について
          は、下記の「その他事業体及び事業の投資資産」の項を参照のこと。
       2016年上半期における、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する一般勘定投資の増加は、主

      に、米国及び日本における金利の低下、米ドルに対して円が上昇したことによる外貨換算の影響並びに純投資収
      益及び純事業流入額の再投資による公正価値の純増によるものであった。2016年上半期における、クローズド・
      ブロック部門に帰属する一般勘定投資は増加し、これは主に、米国における金利の低下による公正価値の純増に
      よるものであった。当社の満期固定証券の公正価値を決定する方法については、未監査中間連結財務書類の注記
      13を参照のこと。
       2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在、当社の一般勘定投資のうち、クローズド・ブロック部門に帰属

      する一般勘定投資以外のそれぞれ44%及び41%が当社の日本における保険事業に関するものである。
                                  77/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付における当社の日本における保険事業の一般勘定における投資の構成をまとめたもの
      である。
                             2016  年 6月30日現在              2015  年 12月31日現在

                                     (単位:百万ドル)
     満期固定証券:
      売却可能上場証券、公正価値                               133,008                 109,257
      満期保有目的上場証券、償却原価                                2,007                 1,834
      売却可能非上場証券、公正価値                                10,670                 9,747
      満期保有目的非上場証券、償却原価                                 478                 474
     保険負債に対応するトレーディング勘定資
                                      2,202                 2,020
     産、公正価値
     その他トレーディング勘定資産、公正価値                                  587                 647
     売却可能株式、公正価値                                 2,811                 2,660
     商業モーゲージ及びその他貸付、帳簿価格                                 10,708                 9,756
     保険約款貸付、残高                                 2,498                 2,208
     その他長期投資(注1)                                 2,094                 1,742
                                       364                 417
     短期投資
                                     167,427                 140,762
      日本における一般勘定投資合計
      (注1) その他長期投資には、合弁事業及びパートナーシップに対する不動産関連・非不動産関連投資、直接保有の投資用

          不動産、デリバティブ、並びにその他雑投資などがある。
       2016年上半期の当社の日本における保険事業の一般勘定投資の増加は、主に、米ドルに対する円の上昇による

      外貨換算の影響、米国及び日本における金利の低下による公正価値の純増、並びに純投資収益及び事業流入額の
      再投資によるものであった。
       2016年6月30日現在、当社の日本における保険事業の米ドル建て投資は546億ドル(公正価値)であり、これ

      には、第三者とのデリバティブ契約により円に対するヘッジを行っている47億ドル及び米ドル建て負債に対応す
      る360億ドルが含まれており、残りは米ドル相当のエクイティに係る当社の外貨為替レートのリスクをヘッジす
      るものである。2015年12月31日現在、当社の日本における保険事業の米ドル建て投資は502億ドル(公正価値)
      であり、これには、第三者とのデリバティブ契約により円に対するヘッジを行っている40億ドル及び米ドル建て
      負債に対応する323億ドルが含まれており、残りは米ドル相当のエクイティに係る当社の外貨為替レートのリス
      クをヘッジするものである。米ドル建て投資の、2015年12月31日からの44億ドル(公正価値)の増加は、主に、
      金利の低下による公正価値の純増並びに純事業流入及び純投資収益の再投資によるポートフォリオの成長による
      ものであった。
                                  78/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在、当社の日本における保険事業の豪ドル建て投資はそれぞれ107
      億ドル及び100億ドル(公正価値)であり、これは豪ドル建て負債に対応するものである。豪ドル建て投資の、
      2015年12月31日現在からの7億ドル(公正価値)の増加は、主に、純事業流入及び純投資収益の再投資による
      ポートフォリオの成長によるもので、豪ドルが対米ドルで下落したことによる外貨換算の影響により一部相殺さ
      れた。
       当社の日本における保険事業が保有する米ドル及び豪ドル建ての投資商品の詳細並びに当社の円ヘッジ戦略に

      ついては、「セグメント別営業成績-国際保険部門」の項を参照のこと。
      投資の成果

       下表は、当社の一般勘定の主な投資タイプ別の収益利回りと投資収益を、表示された各期間についてまとめた

      ものである。利回りはU.S.              GAAPに準拠して報告された純投資収益に基づいているため、実現利益(損失)に含
      まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の金利関連項目は含まれていない。当社は、
      2016年1月1日付で、満期固定期限前返済手数料及び償還プレミアムを「実現投資利益(損失)、純額」に代え
      て「純投資収益」に分類した。当該変更の影響は微細なものであった。
                                2016  年 6月30日に終了した3ヶ月間

                       PFI  (クローズド・ブ           クローズド・ブロック
                                                    合計
                       ロック部門を除く。)                部門
                       利回り            利回り            利回り
                       (%)       金額      (%)       金額      (%)       金額
                        ( 注1)            ( 注1)            ( 注1)
                                    (単位:百万ドル)
     満期固定証券                    3.88      2,353       4.90       424      4.01      2,777
     保険負債に対応する
                         3.40       182      0.00        0     3.40       182
     トレーディング勘定資産
     株式                    7.11       93     3.99       17     6.33       110
     商業モーゲージ及びその他貸付                    4.29       437      5.01       121      4.43       558

     保険約款貸付                    4.88       86     5.93       70     5.30       156

     短期投資及び現金同等物                    0.55       27     2.48        5     0.61       32
                                57            41            98
     その他投資                    2.66            4.99            3.30
      投資費用差引前の投資収益総額                   3.76      3,235       4.93       678      3.92      3,913
                        (0.13)       (107)      (0.25)       (39)     (0.15)       (146)
      投資費用
                         3.63            4.68            3.77
       投資費用差引後の投資収益
                              3,128             639           3,767
     その他事業体及び事業への
                                22             0            22
     投資結果(注2)
     投資収益合計                         3,150             639           3,789
                                  79/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                2015  年 6月30日に終了した3ヶ月間
                       PFI  (クローズド・ブ           クローズド・ブロック
                                                    合計
                       ロック部門を除く。)                部門
                       利回り            利回り            利回り
                       (%)       金額      (%)       金額      (%)       金額
                        ( 注1)            ( 注1)            ( 注1)
                                    (単位:百万ドル)
     満期固定証券                    4.01      2,234       5.02       432      4.14      2,666
     保険負債に対応する
                         3.50       178      0.00        0     3.50       178
     トレーディング勘定資産
     株式                    6.31       75     1.10        5     4.68       80
     商業モーゲージ及びその他貸付                    4.51       426      5.26       127      4.67       553

     保険約款貸付                    4.92       83     5.91       71     5.33       154

     短期投資及び現金同等物                    0.20        8     2.29        3     0.24       11
                                89            36            125
     その他投資                    4.20            4.54            4.29
      投資費用差引前の投資収益総額                   3.91            4.93            4.06
                              3,093             674           3,767
                        (0.15)       (97)     (0.25)       (35)     (0.16)       (132)
      投資費用
       投資費用差引後の投資収益                  3.76            4.68            3.90
                              2,996             639           3,635
     その他事業体及び事業への
                                36             0            36
     投資結果(注2)
                              3,032             639           3,671
     投資収益合計
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、及び証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づ

          く。満期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及
          び現金同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含
          まれるもの以外の資産に係る投資収益を除く。
      (注2) 当社の資産運用事業及びデリバティブ事業の投資収益を含む。
       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)の利回りの変動については以下を参照のこと。2016年6月30日に

      終了した3ヶ月間のクローズド・ブロック部門の純投資収益利回りは、2015年6月30日に終了した3ヶ月間に比
      べ横ばいであった。
                                  80/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の一般勘定投資の主な投資タイプ別の収益利回り及び投資収益を、表示された各期間についてま
      とめたものである。利回りはU.S.                  GAAPに準拠して報告された純投資収益に基づいているため、実現利益(損
      失)に含まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の金利関連項目は含まれていない。
                                2016  年 6月30日に終了した6ヶ月間

                       PFI  (クローズド・ブ           クローズド・ブロック
                                                    合計
                       ロック部門を除く。)                 部門
                       利回り            利回り            利回り
                       (%)       金額      (%)       金額      (%)       金額
                        ( 注1)            ( 注1)            ( 注1)
                                    (単位:百万ドル)
     満期固定証券                    3.91      4,621       4.93       847      4.04      5,468
     保険負債に対応する
                         3.52       370      0.00        0     3.52       370
     トレーディング勘定資産
     株式                    6.15       157      3.72       33     5.52       190
     商業モーゲージ及びその他貸付                    4.31       870      5.00       240      4.45      1,110
     保険約款貸付                    4.90       170      5.97       140      5.33       310
     短期投資及び現金同等物                    0.56       54     2.23       11     0.62       65
     その他投資                    2.92       122      3.67       59     3.13       181
      投資費用差引前の投資収益総額                   3.78            4.85            3.93
                               6,364            1,330            7,694
                        (0.13)       (203)      (0.26)       (79)     (0.15)       (282)
      投資費用
                         3.65            4.59            3.78
       投資費用差引後の投資収益
                               6,161            1,251            7,412
     その他事業体及び事業への
                                47             0            47
     投資結果(注2)
     投資収益合計                         6,208            1,251            7,459
                                  81/278











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                2015  年 6月30日に終了した6ヶ月間
                       PFI  (クローズド・ブ           クローズド・ブロック
                                                    合計
                       ロック部門を除く。)                部門
                       利回り            利回り            利回り
                       (%)       金額      (%)       金額      (%)       金額
                        ( 注1)            ( 注1)            ( 注1)
                                    (単位:百万ドル)
     満期固定証券                    4.00      4,434       4.90       859      4.13      5,293
     保険負債に対応する
                         3.62       365      0.00        0     3.62       365
     トレーディング勘定資産
     株式                    5.80       136      3.77       40     5.16       176
     商業モーゲージ及びその他貸付                    4.56       845      5.24       249      4.70      1,094
     保険約款貸付                    4.93       166      5.92       142      5.34       308
     短期投資及び現金同等物                    0.22       17     1.43        6     0.26       23
                               258            120            378
     その他投資                    6.10            7.72            6.53
      投資費用差引前の投資収益総額                   3.97            5.11            4.14
                              6,221            1,416            7,637
                        (0.15)       (190)      (0.23)       (68)     (0.15)       (258)
      投資費用
                         3.82            4.88            3.99
       投資費用差引後の投資収益
                              6,031            1,348            7,379
     その他事業体及び事業への
                                61             0            61
     投資結果(注2)
                              6,092            1,348            7,440
     投資収益合計
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、及び証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づ

          く。満期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及
          び現金同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含
          まれるもの以外の資産に係る投資収益を除く。
      (注2) 当社の資産運用事業及びデリバティブ事業の投資収益を含む。
       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)の利回りの変動については以下を参照のこと。2016年6月30日に

      終了した6ヶ月間のクローズド・ブロック部門の純投資収益利回りは、2015年6月30日に終了した6ヶ月間に比
      べ減少した。この減少は、ノンクーポン債からの収益の減少によるものであった。
                                  82/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の一般勘定投資の主な投資タイプ別の収益利回り及び投資収益を、表示された各期間についてま
      とめたものである。クローズド・ブロック部門及び一般勘定の日本における保険事業の部分については、下表に
      含まれておらず、以下に別途記載する。利回りはU.S.                            GAAPに準拠して報告された純投資収益に基づいているた
      め、実現利益(損失)に含まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の金利関連項目は
      含まれていない。
                               2016  年 6月30日に         2015  年 6月30日に

                               終了した3ヶ月間            終了した3ヶ月間
                               利回り            利回り
                               (%)       金額      (%)       金額
                               ( 注1)            ( 注1)
                                     (単位:百万ドル)
         満期固定証券                       4.56      1,490       4.57      1,423
         保険負債に対応する
                                 3.64       176      3.77       173
         トレーディング勘定資産
         株式                       7.97       73     6.60       55
         商業モーゲージ及びその他貸付                       4.35       331      4.51       327
         保険約款貸付                       5.40       63     5.40       63
         短期投資及び現金同等物                       0.54       25     0.20        7
                                        (1)            56
         その他投資                       (0.02)             3.78
          投資費用差引前の投資収益総額                      4.06            4.22
                                      2,157            2,104
                                (0.14)       (67)     (0.16)       (56)
          投資費用
                                 3.92            4.06
           投資費用差引後の投資収益
                                      2,090            2,048
                                        22            36
         その他事業体及び事業の投資結果(注2)
                                      2,112            2,084
         投資収益合計
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づく。満

          期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及び現金
          同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含まれる
          もの以外の資産に係る投資収益を除く。
      (注2) 資産運用事業及びデリバティブ事業の投資収益を含む。
       2016年6月30日に終了した3ヶ月間の、クローズド・ブロック部門及び日本事業のポートフォリオを除く当社

      の一般勘定投資に帰属する純投資収益利回りは、2015年6月30日に終了した3ヶ月間に比べ減少した。この減少
      は主に、ノンクーポン債からの収益の減少によるものであった。
                                  83/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の一般勘定投資の主な投資タイプ別の収益利回り及び投資収益を、表示された各期間についてま
      とめたものである。クローズド・ブロック部門及び一般勘定の日本における保険事業の部分については、下表に
      含まれておらず、後者については以下に別途記載する。利回りはU.S.                                     GAAPに準拠して報告された純投資収益に
      基づいているため、実現利益(損失)に含まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の
      金利関連項目は含まれていない。
                               2016  年 6月30日に         2015  年 6月30日に

                               終了した6ヶ月間            終了した6ヶ月間
                               利回り            利回り
                               (%)       金額      (%)       金額
                               ( 注1)            ( 注1)
                                     (単位:百万ドル)
         満期固定証券                       4.59      2,943       4.62      2,834
         保険負債に対応する
                                 3.70       351      3.81       348
         トレーディング勘定資産
         株式                       6.89       123      6.31       102
         商業モーゲージ及びその他貸付                       4.33       656      4.58       654
         保険約款貸付                       5.40       125      5.42       125
         短期投資及び現金同等物                       0.55       50     0.21       15
                                        48            170
         その他投資                       1.73            5.62
          投資費用差引前の投資収益総額                      4.12            4.31
                                      4,296            4,248
                                (0.14)       (124)      (0.16)       (109)
          投資費用
           投資費用差引後の投資収益                     3.98            4.15
                                      4,172            4,139
                                        47            61
         その他事業体及び事業の投資結果(注2)
                                      4,219            4,200
         投資収益合計
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づく。満

          期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及び現金
          同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含まれる
          もの以外の資産に係る投資収益を除く。
      (注2) 資産運用事業及びデリバティブ事業の投資収益を含む。
       2016年6月30日に終了した6ヶ月間の、クローズド・ブロック部門及び日本事業のポートフォリオを除く当社

      の一般勘定投資に帰属する純投資収益利回りは、2015年6月30日に終了した6ヶ月間に比べ減少した。この減少
      は主に、ノンクーポン債からの収益の減少及び債券等の再投資率の低下によるものであった。
                                  84/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の日本における保険事業の一般勘定の主な投資タイプ別の収益利回り及び投資収益を、表示され
      た各期間についてまとめたものである。利回りはU.S.                            GAAPに準拠して報告された純投資収益に基づいているた
      め、実現利益(損失)に含まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の金利関連項目は
      含まれていない。
                               2016  年 6月30日に         2015  年 6月30日に

                               終了した3ヶ月間            終了した3ヶ月間
                               利回り            利回り
                               (%)       金額      (%)       金額
                               ( 注1)            ( 注1)
                                     (単位:百万ドル)
         満期固定証券                       3.09       863      3.29       811
         保険負債に対応する
                                 1.21        6     1.06        5
         トレーディング勘定資産
         株式                       5.17       20     5.64       20
         商業モーゲージ及びその他貸付                       4.11       106      4.54       99
         保険約款貸付                       3.89       23     3.87       20
         短期投資及び現金同等物                       0.82        2     0.26        1
                                        58            33
         その他投資                       8.07            5.19
          投資費用差引前の投資収益総額                      3.26            3.40
                                      1,078             989
                                (0.12)       (40)     (0.14)       (41)
          投資費用
                                 3.14      1,038       3.26       948
         投資収益合計
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づく。満

          期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及び現金
          同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含まれる
          もの以外の資産に係る投資収益を除く。
       2016年6月30日に終了した3ヶ月間の、日本における保険事業ポートフォリオの純投資収益利回りは2015年6

      月30日に終了した3ヶ月間に比べ減少した。この減少は主に、債券等の再投資率の低下によるものであり、これ
      はノンクーポン債からの収益の増加により一部相殺された。
       第三者とのデリバティブ契約により円に対してヘッジされていない米ドル建て及び豪ドル建て満期固定証券は

      いずれも、これらに相当する円建ての満期固定証券の利回りより大幅に高い利回りを提供する。2016年及び2015
      年6月30日に終了した3ヶ月間の、第三者とのデリバティブ契約により円に対してヘッジされていない米ドル建
      て満期固定証券の平均償却原価はそれぞれ約364億ドル及び約355億ドルであった。米ドル建て満期固定証券の大
      半は、米ドル建ての負債に対応している。2016年及び2015年6月30日に終了した3ヶ月間の、第三者とのデリバ
      ティブ契約により円に対してヘッジされていない豪ドル建て満期固定証券の平均償却原価はそれぞれ約93億ドル
      及び約90億ドルであった。これらの豪ドル建て満期固定証券は、豪ドル建ての負債に対応している。
                                  85/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、当社の日本における保険事業の一般勘定の主な投資タイプ別の収益利回り及び投資収益を、表示され
      た各期間についてまとめたものである。利回りはU.S.                            GAAPに準拠して報告された純投資収益に基づいているた
      め、実現利益(損失)に含まれているデュレーション管理スワップの決済をはじめとする一部の金利関連項目は
      含まれていない。
                               2016  年 6月30日に          2015  年 6月30日に

                               終了した6ヶ月間             終了した6ヶ月間
                               利回り            利回り
                               (%)       金額     (%)       金額
                               ( 注1)            ( 注1)
                                     (単位:百万ドル)
         満期固定証券                       3.11      1,678       3.23      1,600
         保険負債に対応する
                                 1.87       19     1.78       17
         トレーディング勘定資産
         株式                       4.44       34     4.67       34
         商業モーゲージ及びその他貸付                       4.26       214      4.51       191
         保険約款貸付                       3.90       45     3.87       41
         短期投資及び現金同等物                       0.81        ▶     0.26        2
                                        74            88
         その他投資                       5.37            7.28
          投資費用差引前の投資収益総額                      3.24            3.39
                                      2,068            1,973
                                (0.12)       (79)     (0.14)       (81)
          投資費用
         投資収益合計                       3.12      1,989       3.25      1,892
      (注1) 利回りは半期について年換算され、満期固定証券、株式、証券貸付事業を除き、四半期平均繰越価額に基づく。満

          期固定証券の利回りは償却原価に基づく。株式の利回りはコストに基づく。満期固定証券並びに短期投資及び現金
          同等物の利回りは証券貸付事業に相当する負債とリベート費用を除いて計算する。利回りは、投資資産に含まれる
          もの以外の資産に係る投資収益を除く。
       2016年6月30日に終了した6ヶ月間の日本における保険事業ポートフォリオの純投資収益利回りは、2015年6

      月30日に終了した6ヶ月間に比べ減少した。この減少は主に、債券等の再投資率の低下によるものであった。
       第三者とのデリバティブ契約により円に対してヘッジされていない米ドル建て及び豪ドル建て満期固定証券は

      いずれも、これらに相当する円建ての満期固定証券の利回りより大幅に高い利回りを提供する。2016年及び2015
      年6月30日に終了した6ヶ月間の、第三者とのデリバティブ契約により円に対してヘッジされていない米ドル建
      て満期固定証券の平均償却原価はそれぞれ約360億ドル及び約355億ドルであった。米ドル建て満期固定証券の大
      半は、米ドル建ての負債に対応している。2016年及び2015年6月30日に終了した6ヶ月間の、第三者とのデリバ
      ティブ契約により円に対してヘッジされていない豪ドル建て満期固定証券の平均償却原価はそれぞれ約93億ドル
      及び約94億ドルであった。当該豪ドル建て満期固定証券は、豪ドル建ての負債に対応している。
       当社の日本における保険事業が保有する米ドル及び豪ドル建ての投資の詳細については、「セグメント別営業

      成績-国際保険部門」の項を参照のこと。
                                  86/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)の一般勘定投資
        以下の項では、クローズド・ブロック部門で保有する投資を除く当社の投資ポートフォリオの詳細について

       記載する。当社は、クローズド・ブロック部門を除く当社の投資ポートフォリオの構成の詳細は、プルデン
       シャル・ファイナンシャルへの投資家に関連する当社の業務を理解する上で最も関連性が高いと考えている。
       というのも、実質的にすべてのクローズド・ブロック部門の資産は、クローズド・ブロックの保険契約のみに
       関連する債務及び負債に対応しているからである。クローズド・ブロックに関する詳細については、未監査中
       間連結財務書類の注記6を参照のこと。
      エネルギー関連エクスポージャー

        2016年6月30日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)は、市場価格で約123億ドルの直接的及び

       間接的なエネルギー及び関連エクスポージャー並びにAOCIに計上される約5億ドルの未実現利益純額を有して
       いた。このエクスポージャーのうち107億ドルは、上場及び非上場企業の満期固定証券への投資であり、主に
       川中分野(31%)、独立型エネルギー(30%)、総合エネルギー(19%)及び石油分野事業(13%)に集中し
       ていた。2016年6月30日現在、エネルギー部門の満期固定証券の信用状況は、82%投資適格であった。残りの
       16億ドルのエクスポージャーは主に、トレーディング資産、株式及びプライベート・エクイティ投資で構成さ
       れていた。2016年6月30日に終了した3ヶ月間のエネルギー投資実現損失は、売却から約7百万ドル、OTTIか
       ら約8百万ドルであった。当社のエネルギー部門への投資は、エネルギー価格が現在の水準又はそれより低い
       水準で長期間推移した場合、今後、評価額が下落又は減損する可能性がある。
      英国/欧州連合エクスポージャー

        2016年6月30日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)は、市場価格で約106億ドルの直接的及び

       間接的な英国エクスポージャーを有していた。未実現利益純額は約8億ドルであり、AOCIに計上されている。
       このエクスポージャーのうち73億ドルは、複数の分野の上場及び非上場企業の満期固定証券であり、うち94%
       は投資適格であった。加えて、11億ドルは商業モーゲージ貸付であり、加重平均融資比率は60%、加重平均債
       務サービス補償比率は2.65倍であった。残りの22億ドルの英国エクスポージャーは、トレーディング資産、株
       式、プライベート・エクイティ投資及び直接保有の不動産で構成されていた。合計エクスポージャーのうち
       40%は、スターリング・ポンド建てであり、そのうち実質上すべてが米ドルにヘッジバックされている。
                                  87/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
        2016年6月30日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)は、市場価格で約171億ドルの直接的及び
       間接的な欧州連合エクスポージャー(英国を除く。)を有していた。未実現利益純額は約19億ドルであり、
       AOCIに計上されている。このエクスポージャーのうち144億ドルは、上場及び非上場企業の満期固定証券であ
       り、うち96%は投資適格であった。残りの27億ドルの欧州連合エクスポージャー(英国を除く。)は、トレー
       ディング資産、商業モーゲージ、株式、プライベート・エクイティ投資及び直接保有の不動産で構成されてい
       た。合計エクスポージャーのうち41%は外貨建てであり、そのうち実質上すべてが米ドルにヘッジバックされ
       ている。合計エクスポージャーは主に、オランダ(27%)、フランス(19%)、イタリア(13%)、ドイツ
       (10%)、ルクセンブルグ(7%)、アイルランド(5%)及びスウェーデン(5%)に集中していた。
                                  88/278

















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      満期固定証券
       満期固定証券と業種カテゴリ別未実現利益(損失)

       下表は、それぞれの日付における当社満期固定証券ポートフォリオの全体の構成のうちPFI(クローズド・ブ

      ロック部門を除く。)に帰属する部分の構成を、関連する未実現利益(損失)総額とともに、業種別にまとめた
      ものである。
                      2016  年 6月30日                   2015  年 12月31日

                      未実現     未実現                 未実現     未実現
               償却原価      利益総額     損失総額      公正価値      償却原価      利益総額     損失総額     公正価値
     業種(注1)
                      (注2)     ( 注2)                ( 注2)     (注2)
                                (単位:百万ドル)

     法人証券
     金融           24,013      1,793      136    25,670      21,505      1,385      224    22,666
     消費財(非景気循環
                22,897      2,811      135    25,573      20,732      2,073      408    22,397
     型)
     公共事業           18,258      2,363      118    20,503      17,369      1,423      393    18,399
     資本財           11,391      1,271      134    12,528      10,503       978     241    11,240
     消費財(景気循環
                10,486      1,039       84    11,441      9,223      846     146    9,923
     型)
     外国機関            5,386     1,201       29    6,558      5,222     1,086       67    6,241
     エネルギー            9,227      778     327     9,678     10,793       674     855    10,612
     コミュニケーション            6,255      864      77    7,042      6,294      690     200    6,784
     基幹産業            5,945      482      79    6,348      5,658      404     321    5,741
     運輸            7,057      841      73    7,825      6,536      605     105    7,036
     技術            3,676      298      45    3,929      3,459      278      72    3,665
                 3,615      371      32    3,954      3,547      245      73    3,719
     その他の産業
     法人証券合計
                128,206      14,112      1,269     141,049      120,841      10,687      3,105    128,423
     外国政府(注3)            82,875     24,071       35   106,911      72,265     12,167       131    84,301
     住宅ローン担保証券            4,590      372      1    4,961      4,861      353      6   5,208
     資産担保            6,984      154     102     7,036      6,873      195      69    6,999
     商業モーゲージ証券            7,808      487      ▶    8,291      7,300      160      37    7,423
     米国政府            13,195      4,170       1   17,364      11,479      2,900       11   14,368
     州及び地方自治体(注
                 7,899     1,334       3    9,230      7,661      675      39    8,297
     4)
     合計(注5)           251,557      44,700      1,415     294,842      231,280      27,137      3,398    255,019
                                  89/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      (注1) 米国内保有上場証券の投資データについてはスタンダード・インダストリー・カテゴライゼーションに基づき、そ
          の他一切の保有証券については類似した業種別分類方法に基づき分類した。
      (注2) 満期保有目的用として分類される満期固定証券は、2016年6月30日現在は未実現利益総額541百万ドル、未実現損
          失総額1百万ドル未満を含み、これに対し、2015年12月31日現在は未実現利益総額316百万ドル、未実現損失総額
          0百万ドルを含む。
      (注3) 2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在、償却原価に基づき、それぞれ77%及び76%は当社の日本における保
          険事業が保有する日本国債である。その他の国で10%を超えるものはない。
      (注4) ビルド・アメリカ債プログラムに関連する証券を含む。
      (注5) 上表には、その他事業体及び事業の一般勘定以外で保有されている証券は含まれていない。一般勘定以外で保有さ
          れている投資の詳細については、下記の「その他事業体及び事業の投資資産」の項を参照のこと。また、上表に
          は、トレーディング勘定資産として分類される満期固定証券も含まれていない。詳細については「保険負債に対応
          するトレーディング勘定資産」及び「その他トレーディング勘定資産」の項を参照のこと。
       2015年12月31日から2016年6月30日までの未実現利益純額の増加は、主に、米国及び日本における金利の低下

      及び信用スプレッドの縮小によるものである。
                                  90/278















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       資産担保証券
       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する資産担保証券の償却

      原価及び公正価値を信用状況別にまとめたものである。
      償却原価での資産担保証券

                              2016  年 6月30日現在

                             最も低い格付
                                                      2015  年
                                                償却原価
                                                      12 月31日
                   AAA      AA      A      BBB     BB 以下
                                                 合計
                                                      現在合計
                                 (単位:百万ドル)
     サブプライム・ローンを
                     0      1      56      77      605      739     1,141
     担保とする証券(注1)
     債務担保証券              4,517        25       0      0      0    4,542      4,280
     教育ローン担保証券(注2)                23      372       0      0      0     395      392
     クレジットカード債権担
                    234       0      0      0      0     234      201
     保証券
     自動車ローン担保証券               795       0      0      0      0     795      518
     その他の資産担保証券
                     11      86      47      23      112      279      341
     (注3)
       資産担保証券の合計
                   5,580       484      103      100      717     6,984      6,873
       (注4)
      (注1) サブプライム・ローンを担保とする証券について市場のスタンダードな定義はないものの、当社では、サブプライ

          ム・ローンを、低いクレジット・スコアによって示される信用度の低い借主に対して融資する住宅ローン、及び
          ローントゥバリューが高いローン又は書類審査が限定的なローンと定義している。
      (注2) 2016年6月30日現在、上記に含まれる教育ローン担保証券395百万ドルのうちすべてが教育省保証付きのものであ
          る。
      (注3) 社債、航空機、設備リース、フランチャイズ、及びタイムシェアを担保とする資産担保証券を含む。
      (注4) 上表から、その他事業体及び事業の一般勘定以外で保有されている資産担保証券は除外されている。また、トレー
          ディング勘定資産として分類される資産担保証券も上表に含まれていない。
                                  91/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       公正価値での資産担保証券
                              2016  年 6月30日現在

                             最も低い格付
                                                      2015  年
                                                公正価値
                                                      12 月31日
                   AAA      AA      A      BBB     BB 以下
                                                 合計
                                                      現在合計
                                 (単位:百万ドル)
     サブプライム・ローンを
                     0      1      55      77      669      802     1,189
     担保とする証券(注1)
     債務担保証券               4,473        25       0      0      0    4,498      4,317
     教育ローン担保証券(注2)                23      356       0      0      0     379      395

     クレジットカード債権担
                    240       0      0      0      0     240      206
     保証券
     自動車ローン担保証券                802       0      0      0      0     802      516
     その他の資産担保証券
                     22      88      52      23      130      315      376
     (注3)
       資産担保証券の合計
                   5,560       470      107      100      799     7,036      6,999
       (注4)
      (注1) サブプライム・ローンを担保とする証券について市場のスタンダードな定義はないものの、当社では、サブプライ

          ム・ローンを、低いクレジット・スコアによって示される信用度の低い借主に対して融資する住宅ローン、及び
          ローントゥバリューが高いローン又は書類審査が限定的なローンと定義している。
      (注2) 2016年6月30日現在、上記に含まれる教育ローン担保証券379百万ドルのうちすべてが教育省保証付きのものであ
          る。
      (注3) 社債、航空機、設備リース、フランチャイズ、及びタイムシェアを担保とする資産担保証券を含む。
      (注4) 上表から、その他事業体及び事業の一般勘定以外で保有されている資産担保証券は除外されている。また、トレー
          ディング勘定資産として分類される資産担保証券も上表に含まれていない。
       上表は、スタンダード・アンド・プアーズ、ムーディーズ及びフィッチを含む、米国内でも定評ある格付機関

      による2016年6月30日現在の格付を表示している。当社は、投資判断を下す際に、格付機関による格付のみに依
      拠するだけでなく、資産担保証券ユニットが独自に行う原担保及び証券化の仕組み(モノライン保証保険会社か
      らの保証を含む。)に関する評価に基づき、資産担保証券について内部の格付を行う。
                                  92/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       住宅ローン担保証券
       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する当社の住宅ローン担

      保証券の償却原価をまとめたものである。
                            2016  年 6月30日現在              2015  年 12月31日現在

                          償却原価        構成比(%)          償却原価        構成比(%)
                                     (単位:百万ドル)
     証券の種類:
      政府機関のパススルー証券(注1)                        4,126         89.9        4,382         90.1
                              464        10.1         479         9.9
      不動産担保債券
                             4,590         100.0         4,861         100.0
       住宅ローン担保証券の合計
     AA以上の格付を有する部分(注2)
                             4,525         98.6        4,791         98.6
      (注1) 2016年6月30日現在、これらの証券のうち、29.59億ドルが米国政府の支援対象であり、11.67億ドルは外国政府の

          支援対象である。2015年12月31日現在、これらの証券のうち、32.67億ドルが米国政府の支援対象であり、11.15億
          ドルは外国政府の支援対象である。
      (注2) 外部格付機関による最も低い格付に基づく。
                                  93/278













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       商業モーゲージ証券
       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業モーゲージ証券

      の償却原価及び公正価値を信用状況及び発行年度(ビンテージ)別にまとめたものである。
       償却原価による商業モーゲージ証券

                              2016  年 6月30日現在
                           最も低い格付      ( 注1)
                                                      2015  年
                                                償却原価
     ビンテージ                                                 12 月31日
                  AAA      AA      A      BBB     BB 以下
                                                 合計
                                                      現在合計
                                 (単位:百万ドル)
     2016年              774      273       0      0      0    1,047        0
     2015年              557      113       0      0      0     670      607
     2014年             2,513        1      2      0      0    2,516      2,420
     2013年             2,485        99       0      9      0    2,593      2,568
     2009~2012年              193      244       0      0      0     437      469
     2007~2008年               86      32       9      0      0     127      113
                    379       30       9      0      0     418     1,123
     2006年以前
     商業モーゲージ証券
                   6,987       792       20       9      0    7,808      7,300
     の合計(注2)(注3)(注4)
      (注1) 上表は、米国内でも定評ある格付機関による2016年6月30日現在の格付を表示している。

      (注2) 上表から、その他事業体及び事業の一般勘定以外で保有されている商業モーゲージ証券は除外されている。また、
          トレーディング勘定資産として分類される商業モーゲージ証券も上表に含まれていない。
      (注3) 2016年6月30日現在、上表には格下げされた最上位証券が償却原価で、AAに35百万ドル、Aに15百万ドル含まれて
          いる。
      (注4) 2016年6月30日現在、上表には政府機関の商業モーゲージ証券が償却原価で755百万ドル含まれており、そのすべ
          てがAAの格付を有している。
                                  94/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       公正価値による商業モーゲージ証券
                              2016  年 6月30日現在
                            最も低い格付
                                                      2015  年
                                                公正価値
     ビンテージ                                                 12 月31日
                  AAA      AA      A      BBB     BB 以下
                                                 合計
                                                      現在合計
                                 (単位:百万ドル)
     2016年              789      283       0      0      0    1,072        0
     2015年              585      120       0      0      0     705      601
     2014年             2,700        1      2      0      0    2,703      2,471
     2013年             2,685       107       0      8      0    2,800      2,621
     2009~2012年              195      262       0      0      0     457      480
     2007~2008年               85      35       9      0      0     129      115
                    386       30       9      0      0     425     1,135
     2006年以前
     商業モーゲージ証券
                   7,425       838       20       8      0    8,291      7,423
     の合計(注1)(注2)
      (注1) 上表から、その他事業体及び事業の一般勘定以外で保有されている商業モーゲージ証券は除外されている。また、

          トレーディング勘定資産として分類される商業モーゲージ証券も上表に含まれていない。
      (注2) 2016年6月30日現在、上表には政府機関の商業モーゲージ証券が公正価値で800百万ドル含まれており、そのすべ
          てがAAの格付を有している。
                                  95/278













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       満期固定証券の信用状況
       NAICの有価証券評価事務局(「SVO」)では、法定報告を行う目的から、保険業者の投資内容の評価を行ってお

      り、満期固定証券については「NAIC分類」という6段階の評価を行っている。一般的にNAIC分類「1」(最優
      良)、「2」(優良)には投資適格とみなされる満期固定証券が含まれるが、これの格付は、ムーディーズで
      Baa3以上、スタンダード・アンド・プアーズでBBB-以上の証券に相当する。NAIC分類「3」から「6」には一
      般的に、投資不適格とされる満期固定証券が含まれ、格付は、ムーディーズでBa1以下、スタンダード・アン
      ド・プアーズでBB+以下の証券に相当する。商業モーゲージ証券及びサブプライム・ローンを担保とする当社の
      資産担保証券を含む民間機関住宅ローン担保証券のNAIC分類は、(NAICが雇用する)独立した第三者によるモデ
      ルに基づく証券レベルの推定損失額及び当該証券の法定帳簿価格(以前に認識された一切の仕入割引又は減損費
      用を含む)に基づく。
       投資のための資金調達、法的書類の完成、SVO書類作成・提出過程にタイムラグがあるため、満期固定証券

      ポートフォリオには一般的に、各貸借対照表日付時点でSVOによって分類がなされていない証券も含まれること
      になる。SVO分類を受領できるまでは、NAIC分類によるこれら証券の分類は社内分析によってなされる予測格付
      に基づくことになる。
       当社の国際保険会社の投資はNAICガイドラインの対象外である。当社の日本における保険事業の投資は、日本

      政府の省庁の一つである金融庁による国内規制の対象となっている。金融庁には独自の投資品質基準やリスクコ
      ントロール基準がある。当社の日本法人保険会社は金融庁の信用状況調査やリスク監視指導に従って営業してい
      る。当社の日本法人保険会社における投資の信用格付は、ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズを含
      む米国内でも定評ある格付機関による格付又は日本の格付機関による格付に基づく類似格付に基づいている。
                                  96/278











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する満期固定証券ポート
      フォリオをNAIC分類又は類似の格付別にまとめたものである。
                      2016  年 6月30日                   2015  年 12月31日

                           未実現                      未実現
                      未実現                      未実現
        NAIC  分類
                           損失総額                      損失総額
                償却原価     利益総額           公正価値      償却原価     利益総額           公正価値
       (注1)(注2)                    ( 注3)                     ( 注3)
                      ( 注3)                     ( 注3)
                           ( 注4)                     ( 注4)
                                (単位:百万ドル)
         1       192,050      39,417       330   231,137      177,350      22,783      1,445     198,688
                 47,016      4,609       648    50,977      43,731      3,698     1,545     45,884
         2
     優良又は最優良証券
                239,066      44,026       978   282,114      221,081      26,481      2,990     244,572
     小計(注5)
         3        8,533      403      272    8,664      7,085      408     292     7,201
         4        2,772      178      117    2,833      2,332      150     100     2,382
         5         690      38     32     696      415      78     12     481
                  496      55     16     535      367      20      ▶     383
         6
     その他の証券小計
                 12,491       674      437    12,728      10,199       656     408    10,447
     (注6)(注7)
       満期固定証券
                251,557      44,700      1,415    294,842      231,280      27,137      3,398     255,019
       合計
      (注1) 国際保険事業の投資に対する類似の格付を反映する。

      (注2) SVO格付を受領するまではNAIC分類の予測によって分類した証券としては、2016年6月30日現在及び2015年12月31
          日現在でそれぞれ、688件、償却原価2,720百万ドル(公正価値2,820百万ドル)及び938件、償却原価4,253百万ド
          ル(公正価値4,325百万ドル)を含む。
      (注3) 満期まで保有する証券として分類した証券については、2016年6月30日現在は541百万ドルの未実現利益総額及び
          1百万ドル未満の未実現損失総額を含み、これに対して2015年12月31日現在は316百万ドルの未実現利益総額及び
          0百万ドルの未実現損失総額を含む。
      (注4) 2016年6月30日現在は優良又は最優良以外の上場満期固定証券及び非上場満期固定証券による231百万ドル及び206
          百万ドルの未実現損失総額をそれぞれ含んでおり、2015年12月31日現在は優良又は最優良以外の上場満期固定証券
          及び非上場満期固定証券による212百万ドル及び196百万ドルの未実現損失総額を含む。
      (注5) 償却原価法ベースで、2016年6月30日現在は208,047百万ドルの上場満期固定証券及び31,019百万ドルの非上場満
          期固定証券を含んでおり、2015年12月31日現在は190,638百万ドルの上場満期固定証券及び30,443百万ドルの非上
          場満期固定証券を含む。
      (注6) 償却原価法ベースで、2016年6月30日現在は7,203百万ドルの上場満期固定証券及び5,288百万ドルの非上場満期固
          定証券を含んでおり、2015年12月31日現在は5,836百万ドルの上場満期固定証券及び4,363百万ドルの非上場満期固
          定証券を含む。
      (注7) 償却原価法ベースで、2016年6月30日現在、外部格付機関による最も低い格付に基づき投資不適格とされた証券は
          総額13,906百万ドル(満期固定証券合計の5%)であり、これには上記の基準に基づきNAICが優良又は最優良とし
          た証券が含まれる。
                                  97/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       上場満期固定証券に対するクレジット・デリバティブ・リスク
       上記の上場満期固定証券に対する信用リスクに加えて、上場満期固定現金商品に対する投資と同様の信用リス

      クを設定することにより、当社の投資ポートフォリオの収益性を高めるためにクレジット・デリバティブを販売
      している。
       クレジット・デリバティブでは、当社は特定の銘柄、又は幅広い銘柄から構成される指数の信用プロテクショ

      ンを販売することがあり、これの対価として四半期のプレミアムを受領する。信用プロテクションを販売した単
      一銘柄及び指数のクレジット・デリバティブの基礎となる参照銘柄の大半並びにこれらの契約の相手方のすべて
      は投資適格の信用状況であり、当社のクレジット・デリバティブの満期日までの残存期間は43年以下である。こ
      のプレミアム又は信用スプレッドは通常、契約締結時の参照銘柄(又は指数の基礎となる参照銘柄)の上場満期
      固定現金商品の利回りとスワップレートの差に相当する。クレジット・デリバティブ契約は公正価値で計上さ
      れ、受領したプレミアムを含む公正価値の変動は「実現投資利益(損失)、純額」に計上されている。
       2016年6月30日現在及び2015年12月31日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)が保有するクレ

      ジット・デリバティブにより信用プロテクションを販売したエクスポージャーは、額面で1,160百万ドル及び807
      百万ドルであり、それぞれ49百万ドル及び27百万ドルの負債として公正価値で報告されている。当社が販売した
      クレジット・デリバティブからの「実現投資利益(損失)、純額」は、2016年及び2015年6月30日に終了した
      3ヶ月間について、それぞれ3百万ドル及び2百万ドルの利益であり、2016年及び2015年6月30日に終了した
      6ヶ月間について、それぞれ5百万ドル及び3百万ドルの利益であった。これには、プルデンシャル・インシュ
      アランスの子会社が発行したサープラスノートに関するクレジット・デリバティブは含まれていない。当該デリ
      バティブに関する詳細については、未監査中間連結財務書類の注記14を参照のこと。
       信用プロテクションの販売に加えて、当社の投資ポートフォリオの特定の信用リスクをヘッジするために、当

      社はクレジット・デリバティブを利用して信用プロテクションを購入している。2016年6月30日現在及び2015年
      12月31日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)は、当該クレジット・デリバティブを額面でそれぞ
      れ240百万ドル及び409百万ドル保有しており、それぞれ5百万ドル及び4百万ドルの負債として公正価値で報告
      されている。
       当社が購入したクレジット・デリバティブからの「実現投資利益(損失)、純額」は、2016年及び2015年6月

      30日に終了した3ヶ月間について、いずれも2百万ドルの損失であり、2016年及び2015年6月30日に終了した
      6ヶ月間について、それぞれ3百万ドル及び5百万ドルの損失だった。クレジット・デリバティブ及び当社のデ
      リバティブ活動の全般に関する詳細については、未監査中間連結財務書類注記14を参照のこと。
                                  98/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       満期固定証券のOTTI
       当社では上場満期固定証券と非上場満期固定証券について別々のモニタリング手続を維持し、特に監視と管理

      が必要とされる証券については監視リストを作成する。当社の上場満期固定証券アセット・マネージャーは、保
      有するすべての上場満期固定証券を、四半期毎に、又は格下げ、予期せぬ価格変動及び/又は企業若しくは業界
      特有の問題等による信用悪化の可能性を特定するために必要な場合はより頻繁に、正式に見直す。
       非上場証券については、当社の信用及びポートフォリオ管理プロセスにより、評価及び運用の慎重な管理を確

      保している。新規の投資については、「抑制と均衡」を確立するための価格設定及び承認プロセスを別途設けて
      いる。当社はすべての取引について、かかる取引が内部のスタッフを通じたものか、あるいは代理人を通じたも
      のかに関わらず、信用分析と適正評価に係る一貫した基準を適用する。地域の支店は各地域におけるポートフォ
      リオを厳密に監視している。すべての評価基準は本店で決定し、すべての投資の公正価値を四半期毎に評価して
      いる。当社の非上場満期固定証券アセット・マネージャーは、保有するすべての非上場満期固定証券を、四半期
      毎に、又は格下げ、予期せぬ価格変動及び/又は企業若しくは業界特有の問題等による信用悪化の可能性を特定
      するために必要な場合はより頻繁に、正式に見直す。満期固定証券のOTTIに関する当社の方針についての詳細
      は、2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の連結財務書類の注記2を参照のこと。
       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する一般勘定満期固定証券の収益に認識されるOTTIは、

      2016年及び2015年6月30日に終了した3ヶ月間でそれぞれ8百万ドルと18百万ドルであり、2016年及び2015年6
      月30日に終了した6ヶ月間はそれぞれ85百万ドルと22百万ドルであった。
     次へ

                                  99/278










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      保険負債に対応するトレーディング勘定資産

       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属するTAASILのポートフォ

      リオの構成をとりまとめたものである。
                             2016  年6月30日現在               2015  年12月31日現在

                           償却原価        公正価値        償却原価        公正価値
                                     (単位:百万ドル)
     短期投資及び現金同等物                          614        614        765        765
     満期固定証券:
      法人証券                       13,422        13,872        12,797        12,851
      商業モーゲージ証券                        1,899        1,985        1,860        1,862
      住宅ローン担保証券                        1,289        1,334        1,411        1,428
      資産担保証券                        1,343        1,353        1,295        1,299
      外国債                         803        847        680        694
                               405        452        326        369
      米国債及び政府系機関債並びに州債
     満期固定証券合計
                             19,161        19,843        18,369        18,503
                              1,194        1,245        1,030        1,254
     株式
     保険負債に対応するトレーディング勘定
                             20,969        21,702        20,164        20,522
     資産合計
       2016年6月30日及び2015年12月31日現在、償却原価の占める割合として、ポートフォリオのそれぞれ79%と

      77%が上場証券であった。2016年6月30日及び2015年12月31日現在、満期固定証券ポートフォリオの91%がNAIC
      格付又はこれに相当する格付に基づき優良証券又は最優良証券とみなされていた。2016年6月30日現在、住宅
      ローン担保証券のうち12.66億ドルが米国債及び外国債によって保証される政府機関の上場パススルー証券であ
      り、そのうち99%超がA以上の信用格付を有していた。不動産担保債券(「オルトA」住宅ローンによって担保
      される約17百万ドルを含む。)は、住宅ローン担保証券の残りの23百万ドルに相当し、このうち52%がA以上の
      信用格付を有しており、48%がBBB以下であった。当該ポートフォリオ及び公正価値の変動については、上記の
      「経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレーディング勘定資産及びその他関連投資」の項を参照のこと。
                                100/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      その他トレーディング勘定資産
       「その他トレーディング勘定資産」は、主に当社が証券全体を区分処理ではなくトレーディング勘定資産に分

      類することを選択した、組込デリバティブを含む特定の金融商品から成る。当該金融商品は、実現・未実現利益
      (損失)とともに公正価値で「その他収益」に計上され、調整後営業利益からは除外されている。当該投資によ
      る受取利息及び受取配当金は、「純投資収益」に計上され、調整後営業利益に含まれている。
       下表は、それぞれの日付におけるPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属するその他トレーディン

      グ勘定資産の構成を示している。
                             2016  年6月30日現在               2015  年12月31日現在

                           償却原価        公正価値        償却原価        公正価値
     短期投資及び現金同等物
                                2        2        1        1
     満期固定証券                         1,130        1,025        1,016         964
                               516        576        537        596
     株式(注1)
     その他トレーディング勘定資産合計                         1,648        1,603        1,554        1,561
      (注1) 株式には、債務証券と株式の特徴を併せ持った永久優先株式が含まれている。

      商業モーゲージ貸付及びその他貸付

      投資ミックス

       2016年6月30日及び2015年12月31日現在、当社が保有している商業モーゲージ貸付及びその他貸付は、PFI

      (クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する一般勘定投資のそれぞれ約11%と12%に相当した。これらの
      割合は、2016年6月30日及び2015年12月31日現在の貸倒引当金それぞれ84百万ドル及び95百万ドルを控除後の割
      合である。
                                101/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付における、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業モーゲージ貸
      付及びその他貸付のポートフォリオ構成(貸倒引当金控除前)をまとめたものである。
                               2016  年6月30日現在             2015  年12月31日現在

                                       (単位:百万ドル)
     商業モーゲージ及び農業不動産貸付                                   40,094               39,002
     無担保貸付                                    728               966
     住宅不動産担保貸付                                    310               301
                                          10              312
     その他の担保付貸付
     商業モーゲージ貸付及びその他貸付合計(注1)                                   41,142               40,581
      (注1) その他事業体及び事業の一般勘定外で保有される商業モーゲージ及びその他貸付は、上表から除外されている。一

          般勘定外で保有されている商業モーゲージ及びその他貸付に関する詳細については、下記の「その他事業体及び事
          業の投資資産」の項を参照のこと。
       当社は、専門の投資スタッフを利用し、当社の米国における多様な地域オフィス並びに主にロンドン及び東京

      における国外のオフィスを通じて、商業モーゲージ及び農業不動産貸付を組成する。すべての貸付は、当社の不
      動産及びモーゲージ貸付における経験に基づき開発された独自の質的格付システムを用いた基準に従って引き受
      けられる。
       無担保貸付は主に、権威ある会計指針に基づく証券の定義に合致しない、法人向け貸付から成る。

       住宅不動産担保貸付には、主に日本におけるリコース・ローンが含まれる。これらのリコース・ローンが貸倒

      となった場合、当社は、抵当財産に加え不動産所有者の動産に対しても債権を主張することができる。また、こ
      れらの貸付は、第三者の保証人によっても保証されている。
       その他の担保付貸付には、担保付のストラクチャード・ローン及び消費者ローンが含まれている。

                                102/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      商業モーゲージ及び農業不動産貸付の構成
       当社の商業モーゲージ及び農業不動産貸付ポートフォリオ戦略では、資産の種類及び立地の多様性を重視して

      いる。下表は、それぞれの日付について、地域と資産の種類別に、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)
      に帰属する商業モーゲージ及び農業不動産貸付に対する一般勘定投資の総繰越価額の内訳を表したものである。
                           2016  年6月30日現在                2015  年12月31日現在

                          総繰越         構成比         総繰越         構成比
                           価額         ( %)        価額         ( %)
                                     ( 単位:百万ドル)
     地域別商業モーゲージ及び農業不動産
     貸付:
     米国地域:
      太平洋地域                      13,063          32.5        12,285          31.5
      南大西洋地域                       7,807          19.5        7,764          19.9
      中部大西洋地域                       5,454          13.5        5,271          13.5
      東北中部地域                       2,410          6.0        2,704          6.9
      西南中部地域                       4,198          10.5        3,945          10.1
      山岳地域                       1,664          4.2        1,697          4.4
      ニューイングランド地域                       1,760          4.4        1,752          4.5

      西北中部地域                        664         1.7         608         1.6

                             564         1.4         533         1.4
      東南中部地域
     米国地域-小計
                            37,584          93.7        36,559          93.8
     欧州                        1,544          3.9        1,608          4.1
     アジア地域                         535         1.3         406         1.0
                             431         1.1         429         1.1
     その他
      商業モーゲージ及び農業不動産貸付
                            40,094          100.0        39,002          100.0
      合計
                                103/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                           2016  年6月30日現在                2015  年12月31日現在

                          総繰越         構成比         総繰越         構成比
                           価額         ( %)        価額         ( %)
                                     ( 単位:百万ドル)
     資産別商業モーゲージ及び農業不動産
     貸付:
     工業用建造物                        6,508          16.2        6,510         16.7
     小売店舗                        6,521          16.3        6,813         17.5
     オフィス                        8,908          22.2        8,498         21.8
     アパート/集合住宅                       10,824          27.0        10,079          25.8
     その他                        3,425          8.5        3,133          8.0
     農業不動産                        2,152          5.4        2,130          5.5
                             1,756          4.4        1,839          4.7
     ホスピタリティ
      商業モーゲージ及び農業不動産貸付
                            40,094          100.0        39,002         100.0
      合計
       ローントゥバリュー及びデット・サービス・カバレッジ・レシオは一般的に、商業モーゲージ及び農業不動産

      貸付の質を評価するために使用される基準である。ローントゥバリュー・レシオは、ローンを担保する原資産の
      公正価値と、借入金の金額を比較したものであり、一般的にパーセンテージで表示される。ローントゥバ
      リュー・レシオが100%を超えている場合、借入金の金額が担保価値を上回っていることが示唆される。一方、
      ローントゥバリュー・レシオが低い場合は、担保価値が借入金の金額を上回っていることが示唆される。デッ
      ト・サービス・カバレッジ・レシオは、資産の純営業利益と、債務元利返済金を比較したものである。デット・
      サービス・カバレッジ・レシオが1.0倍未満とは、資産の運営が現行の債務支払額をカバーするのに十分な利益
      を生み出していないことを示唆する。デット・サービス・カバレッジ・レシオが高い場合、純営業利益が債務支
      払額を上回っていることが示唆される。
       2016年6月30日現在、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業モーゲージ及び農業不動産

      貸付に対する一般勘定投資の加重平均デット・サービス・カバレッジ・レシオは2.50倍であり、加重平均ローン
      トゥバリュー・レシオは56%であった。2016年6月30日現在、商業モーゲージ及び農業不動産貸付の約95%が固
      定金利貸付であった。2016年度に組成された、これらの一般勘定商業モーゲージ及び農業不動産貸付について、
      加重平均デット・サービス・カバレッジ・レシオは2.52倍、加重平均ローントゥバリュー・レシオは63%であっ
      た。
                                104/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       これらのローントゥバリュー・レシオの計算において使用される数値は、当社の商業モーゲージ及び農業不動
      産貸付ポートフォリオの定期的なレビューの一環として計算されたものであり、これには担保価値の社内評価が
      含まれる。当社の定期的なレビューには、品質状況の再格付プロセスも含まれており、当社は、当該プロセスに
      より、上記の独自の質的格付システムに基づく引受の社内評価を更新している。以下に述べるとおり、社内の質
      的格付は、当社が貸倒引当金額を決定する上で、重要な指標となっている。
       建設中、改装中又はリースアップ中の担保が付されたローンについては、安定価格及び予想される純営業収益

      を利用してローントゥバリュー及びデット・サービス・カバレッジ・レシオを計算する。当社の商業モーゲージ
      及び農業不動産貸付ポートフォリオには、2016年6月30日及び2015年12月31日現在、当該ローンがそれぞれ約16
      億ドルと14億ドル含まれていた。その他の条件が同じ場合、これらのローンは既に安定している資産を担保とす
      るローンよりも潜在的にリスクが高い。2016年6月30日現在、当該ローンに関連する個別引当金はなかった。ま
      た、かかる不安定なローンは、以下に述べる当社のポートフォリオ引当金の計算に含まれている。商業モーゲー
      ジ及び農業不動産貸付事業の一部として当社が保有する類似のローンの詳細については、下記の「その他事業体
      及び事業の投資資産」の項を参照のこと。
       下表は、それぞれの日付における、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業モーゲージ及

      び農業不動産貸付に対する一般勘定投資の総繰越価額を、ローントゥバリュー及びデット・サービス・カバレッ
      ジ・レシオ別にとりまとめたものである。
      ローントゥバリュー及びデット・サービス・カバレッジ・レシオ別、商業モーゲージ及び農業不動産貸付

                                     2016  年6月30日現在

                                デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                                                    商業モーゲ
                                                    ージ及び農
                                     1.0  倍-
                           1.2  倍以上                1.0  倍未満
                                    1.2  倍未満
                                                    業不動産貸
                                                     付 合計
     ローントゥバリュー・レシオ
                                     (単位:百万ドル)
      0%   - 59.99%                     22,313           391        328       23,032
     60%   - 69.99%
                              10,791           310        106       11,207
     70%   - 79.99%
                              5,234          275        119       5,628
     80%以上                           89         121        17        227
      商業モーゲージ及び農業不動産貸付合
                              38,427          1,097         570       40,094
      計
                                105/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、2016年6月30日現在のPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業モーゲージ及び農
      業不動産貸付の内訳を組成年別にとりまとめたものである。
                                      総繰越              構成比

                                      価額              ( %)
     組成年
                                         ( 単位:百万ドル)
     2016年                                     3,050              7.6
     2015年                                     8,024             19.9
     2014年                                     7,332             18.3
     2013年                                     7,750             19.4
     2012年                                     4,041             10.1
     2011年                                     3,703              9.2
     2010年                                     2,299              5.8
                                          3,895              9.7
     2009年以前
      商業モーゲージ及び農業不動産貸付合計                                    40,094             100.0
                                106/278















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      商業モーゲージ貸付及びその他貸付の質的考察
       ポートフォリオのレビューは引き続き行われており、ローンは、以下のカテゴリーに分類された場合、あらか

      じめ定められた一連の基準に基づき監視リスト上に置かれる。当社は、元金又は利息の喪失に至るおそれのある
      担保不足又はその他の信用問題があると判断するローンについては、厳重監視の項に分類する。問題ローンと
      は、ローンが差し押さえられている、又は借主が破産している等、元金喪失の可能性が高いと当社が結論づけた
      ものをいう。当社の債務整理及びサービシングの専門家が監視リスト上のローンの管理にあたっている。下記の
      とおり、貸倒引当金を決定する際、当社は監視リスト上の各ローンを評価し、ローン契約条件に従って支払うべ
      き金額が回収できない可能性があるかを判断する。
       当社は、貸付手続に潜在的に存在する貸倒損失のリスクに備えるための貸倒引当金を設定している。当該引当

      金には、ローン審査過程で不良債権と判定されたローンに対する個別引当金、及び発生する可能性はあるが明確
      には認識されていない、監視リスト上にないローンに係る損失に対するポートフォリオ引当金も含まれている。
      当社は、不良債権をローン契約条件に従って支払われるべき金額の回収が困難であると判断するローンと定義し
      ている。ローンに特化した貸倒引当金は、ローン元利金の最終的な回収可能性についての当社の評価に基づいて
      いる。不良債権に対する評価性引当金は、ローンの実効金利で、又は担保がある場合は担保の公正価値で割り引
      いた将来の予測キャッシュ・フローの現在価値に基づいて計上される。既に発生しているが、具体的に認識され
      ていない損失のためのポートフォリオ引当金は、上記の社内の質的格付に基づく現在のポートフォリオの与信構
      成を考慮する。ポートフォリオ引当金は、過去のローン経験(過去の信用の推移、損失の可能性及び資産タイプ
      別の損失の重度係数を含む。)を用いて決定される。当該各考慮要素については、適宜、見直し及び更新が行わ
      れる。商業モーゲージ貸付及びその他貸付の評価性引当金は、上記の要素により随時増減する可能性がある。
       貸倒引当金を含めて計上された投資額に基づく、PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する商業

      モーゲージ貸付及びその他貸付に対する当社の一般勘定投資は、2016年6月30日及び2015年12月31日現在、それ
      ぞれ41,142百万ドルと40,581百万ドルであった。引当金を含めて計上された投資額に占める割合として、2016年
      6月30日及び2015年12月31日現在のいずれにおいても、当該資産の99%超が債務履行中であった。
                                107/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付における、当社の商業モーゲージ貸付及びその他貸付ポートフォリオの評価性引当金
      の変動をとりまとめたものである。
                                2016年6月30日現在              2015年12月31日現在

                                       ( 単位:百万ドル)
     期首準備金                                     95              99
     貸倒引当金の繰入(取崩し)                                     (11)               (4)
     償却実施額(回収分差引後)                                      0              0
                                           0              0
     外国為替差益
                                          84              95
     期末準備金
     個別引当金
                                           ▶              0
     ポートフォリオ引当金                                     80              95
       2016年6月30日に終了した6ヶ月間における貸倒引当金の減少は、主にポートフォリオの信用の質の改善によ

      るものであった。
      株式

      投資ミックス

       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する株式の主な構成要素は、上場会社の普通株式及び優先

      株式、並びにミューチュアル・ファンド持分への投資である。下表は、それぞれの日付における、株式ポート
      フォリオと関連する未実現利益(損失)総額の内訳を表したものである。
                       2016  年6月30日現在                   2015  年12月31日現在

                       未実現     未実現                未実現     未実現
                  コスト               公正価値      コスト               公正価値
                       利益総額     損失総額                利益総額     損失総額
                                 (単位:百万ドル)
     非償還優先株式               8     0     1     7     21      1     1     21
     ミューチュアル・ファ
                   3,072      412      16    3,468     2,918      333      76    3,175
     ンド普通株式(注1)
                   2,263     1,324       42    3,545     2,033     1,339       31    3,341
     その他の普通株式
      株式合計(注2)            5,343     1,736       59    7,020     4,972     1,673      108    6,537
      (注1) 企業保有生命保険に対応する特定の投資の原資産に対する当社の持分に相当する、ミューチュアル・ファンド持分

          が含まれる。これらのミューチュアル・ファンドは、主に高利回り債に投資を行う。
      (注2) 「その他長期投資」において報告されている、プライベート・エクイティ及びヘッジ・ファンドへの投資並びにそ
          の他の投資は、表示されている数値には含まれていない。
                                108/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      株式のOTTI
       売却可能に分類されている株式について、当社はコストと見積公正価値の差額に応じて未実現利益(損失)を

      計上している。未実現損失を計上するすべての証券は、OTTIであるか否かを判定するための検討対象となる。株
      式のOTTIに対する当社の方針に関する更なる情報については、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券
      報告書の連結財務書類の注記2を参照のこと。
       PFI(クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する株式のOTTIは、2016年6月30日及び2015年6月30日に

      終了した3ヶ月間においては、それぞれ27百万ドルと9百万ドルであり、2016年6月30日及び2015年6月30日に
      終了した6ヶ月間においては、それぞれ35百万ドルと14百万ドルであった。OTTIの詳細については、上記の「実
      現投資損益」の項を参照のこと。
      その他長期投資

       下表は、それぞれの日付現在の「その他長期投資」の内訳を示したものである。その他長期投資は、主にPFI

      (クローズド・ブロック部門を除く。)に帰属する合弁事業及びリミテッド・パートナーシップ(運営合弁事業
      を除く。)への投資、並びに完全所有投資不動産及びその他の投資から構成される。
                                     2016  年6月30日現在          2015  年12月31日現在

                                          (単位:百万ドル)

     合弁事業及びリミテッド・パートナーシップ:

     プライベート・エクイティ                                      2,609            2,927

     ヘッジファンド                                      1,418            1,160

     不動産関連                                       432            285
     直接保有不動産                                      1,682            1,456
                                            698            721
     その他(注1)
                                           6,839            6,549
     その他長期投資合計
      (注1) 主にデリバティブ、並びにニューヨーク及びボストンの連邦住宅貸付銀行のメンバー株式及び活動基準での株式を

          含む。当社がニューヨーク及びボストンの連邦住宅貸付銀行において保有する株式に関する詳細は、未監査中間連
          結財務書類の注記9を参照のこと。
                                109/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      その他長期投資のOTTI
       合弁事業及びリミテッド・パートナーシップへの投資の簿価は、価値の低下が一時的ではないと判断された場

      合、公正価値まで評価減又は減損処理される。
       2016年6月30日及び2015年6月30日に終了した3ヶ月間について、PFI(クローズド・ブロック部門を除

      く。)に帰属する合弁事業及びリミテッド・パートナーシップのOTTIは、それぞれ16百万ドルと7百万ドルであ
      り、2016年6月30日及び2015年6月30日に終了した6ヶ月間については40百万ドルと26百万ドルであった。OTTI
      の詳細については、上記の「実現投資損益」の項を参照のこと。
       合弁事業及びリミテッド・パートナーシップ(運営合弁事業を除く。)、並びに完全所有投資不動産及びその

      他の投資のOTTIに関する当社の方針については、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の連結
      財務書類の注記2を参照のこと。
      その他事業体及び事業の投資資産

       下記の「その他事業体及び事業の投資資産」は、一般勘定外で保有されている投資を含んでおり、主に当社の

      資産運用事業及びデリバティブ事業に関連する投資資産を表している。当社のデリバティブ事業は、主に金利、
      為替、信用及びエクイティに対するエクスポージャーを管理する目的において関連会社のために活動する。当社
      の資産運用事業が第三者のために運用する資産、及び当社の貸借対照表上「分離勘定資産」に分類される資産は
      含まれていない。
                                     2016  年6月30日現在          2015  年12月31日現在

                                           (単位:百万ドル)
     満期固定証券:
     売却可能な上場証券、公正価値                                       202            94
     売却可能な非上場証券、公正価値                                        3           39
     その他トレーディング勘定資産、公正価値                                      5,376           12,609
     売却可能株式、公正価値                                        12            11
     商業モーゲージ貸付及びその他貸付、帳簿価額(注1)                                       642            302
     その他長期投資                                       428            516
                                             169            388
     短期投資
                                            6,832           13,959
     投資合計
      (注1) 帳簿価額は通常、貸付に応じて、未払の元本残高から貸倒引当金、コストと公正価値のうち低い方の金額、又は公
          正価値を控除した金額に基づいている。
       2016年度上半期におけるその他事業体及び事業の投資資産に関連する投資の減少は、主に2016年1月1日付け

      で連結会計基準を採用したことに伴うその他トレーディング勘定資産の70億ドルの減少によるものであった。
                                110/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      その他トレーディング勘定資産
       その他トレーディング勘定資産は、主に当社が運用会社を務める連結変動持分事業体に関連する資産、並びに

      金利、為替、信用及びエクイティに対するエクスポージャーを管理するために使用されるデリバティブ事業に関
      連するものである。連結変動持分事業体の資産は、通常、公正価値オプションが選択された負債により相殺され
      る。連結変動持分事業体の詳細は、未監査中間連結財務書類の注記5を参照のこと。
      商業モーゲージ貸付及びその他貸付

       当社の資産運用事業には、商業モーゲージ貸付事業が含まれており、当該貸付事業は、当社の一般勘定、機関

      投資家顧客及び政府系金融機関(ファニーメイ、連邦住宅局、フレディマック等)に対しモーゲージ組成、資産
      運用及びサービシングを行っている。
       当社の商業モーゲージ事業によるこれらのモーゲージ貸付は、「商業モーゲージ貸付及びその他貸付」に含ま

      れており、関連デリバティブ及びその他のヘッジ商品は、主に「その他トレーディング勘定資産」及び「その他
      長期投資」に含まれている。
      その他長期投資

       その他長期投資には主に、資産運用事業の一環として行われる戦略的投資が含まれている。当社は、不動産並

      びに債務証券、上場株式及び不動産証券(支配持分を含む。)に対して戦略的投資を行っている。当該投資の一
      部は、当社のマネージド・ファンド及び仕組商品への共同投資目的で行われている。その他の戦略的投資は、投
      資家への売却又はシンジケーション目的(一般勘定を含む。)あるいは当社が提供・運用するファンド及び仕組
      商品に対するプレースメント目的のシード投資で行われている。資産運用事業の一環として、当社は、投資家か
      らのエクイティ・コミットメント及びファンドの資産により担保されている当社のマネージド・ファンドに対し
      ても融資を行っている。その他長期投資には、当社が管理しているものとみなされる連結投資ファンドにおける
      特定の資産も含まれる。
                                111/278









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                             流動性及び資本資源
       本項は、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の「第一部 企業情報」「第3 事業の状

      況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源」を補完するも
      のであり、これと併せて読まれなければならない。
      概観

       流動性とは、当社が支払債務を履行する上で十分な現金資源を創出する能力をいう。資本とは、当社の事業の

      運営を支え、事業成長のための資金を供給し、逆境に対処するための緩衝材として提供可能な長期的な金融資産
      をいう。十分な流動性及び資本を創出及び維持する当社の能力は、当社の事業の収益性、全般的な経済状況、並
      びに当社の資本市場及び本書に記載する流動性及び資本のその他の源へのアクセスに依存している。
       効果的かつ慎重な流動性及び資本の管理は、組織全体の優先事項である。経営陣は、プルデンシャル・ファイ

      ナンシャル及びその子会社の流動性を日常的に監視し、定期的な計画過程において、複数年の期間にわたる借入
      金及び資金需要を予測する。当社は、当社が利用することのできる資金源からのキャッシュ・フローが、プルデ
      ンシャル・ファイナンシャル及びその子会社の現在の流動性の需要(合理的に予測可能なストレス・シナリオに
      おける流動性の需要を含む。)を充足する上で十分なものであると考えている。当社は、資本の分配及び資本の
      使途に関する承認について定める資本管理のための枠組を採用している。さらに、当社は、「資本保護の枠組」
      を採用し、様々なストレス・シナリオにおける連結ベースでの適切な資本構成、並びに保険子会社の競争力のあ
      るリスクベース資本(「RBC」)率及びソルベンシー・マージンを維持するために資本資源の利用可能性を担保
      することを目指している。
       プルデンシャル・ファイナンシャルは、ドッド・フランク法に基づくノンバンク金融会社(「指定金融会

      社」)である。指定金融会社として、プルデンシャル・ファイナンシャルは、ボストン連邦準備銀行による監督
      及び審査、並びにより厳格な健全性規制基準(資本、レバレッジ、流動性、ストレス・テスト、リスク管理全
      般、破綻処理・再生計画、信用エクスポージャー報告、早期是正措置、管理職員の兼業及び信用集中に関する要
      件及び制限(その多くについては、現在も規則の制定作業が行われている。)が含まれている又は将来において
      含まれる可能性がある。)の適用の対象となる。また、開示の強化、短期債務の上限及びその他の関連事項につ
      いての追加の基準が含まれる可能性もある。さらに、金融安定理事会(FSB)は、当社をグローバルなシステム
      上重要な保険会社(G-SII)に指定した。当該措置及び当社が被る潜在的な影響の詳細については、上記の「エ
      グゼクティブ・サマリー-規制上の進展」並びに当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の「第
      一部 企業情報」「第2 企業の概況」「3 事業の内容」の「規制」及び「第3 事業の状況」「4 事業等
      のリスク」の項を参照のこと。
                                112/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年6月30日に終了した6ヶ月間において、当社は、以下の重要な措置を講じ、これに伴い当社の流動性及
      び資本ポジションが影響を受けた。
       ・変額年金保険の出再保解約を行ったことにより、個人年金保険セグメントからプルデンシャル・ファイナン

        シャルに対して10億ドルの流動性の高い資産を分配することが可能になり、変額年金保険事業に関連する将
        来における資本のボラティリティが軽減されることが期待されている。詳細については、「エグゼクティ
        ブ・サマリー-変額年金保険の出再保解約」の項を参照のこと。
       ・750百万ドルの普通株式を買い戻し、総額629百万ドルの普通株式配当金を宣言した。

       ・750百万ドルの発行済優先債750百万ドルを満期償還した。

       ・公開買付を通じて500百万ドルの発行済優先債を買い戻した。

       ・キャプティブ・ファイナンシング・ファシリティの借入額をそれぞれ140百万ドルと77百万ドル増加させる

        ことにより、ガイドラインAXXX及びレギュレーションXXX準備金を追加調達した。
      資本

       当社の資本構成は、主に株式及び発行済キャピタル・デット(下位劣後債を含む。)から成る。下表に示すと

      おり、2016年6月30日現在、当社は、421億ドルの資本を有しており、その全額が各部門並びに全社及びその他
      業務部門におけるすべての資金需要に対応するために利用可能であった。当社によるそれらの事業及び業務の評
      価に鑑みて、当社は、当該資本レベルが当社の格付目標と合致するものであると考えている。
                                                2015  年12月31日現在

                                     2016  年6月30日現在
                                                    (注1)
                                           (単位:百万ドル)
     エクイティ(注2)                                      30,482           29,605
     下位劣後債(すなわちハイブリッド証券)                                      5,814           5,811
                                            5,822           6,069
     その他のキャピタル・デット
      資本合計                                      42,118           41,485
      (注1) 債券発行費用に係るASU                2015-03の採用に伴って、過年度の数値は、当期の表示方法に合わせて修正されている。

          詳細については、未監査中間連結財務書類の注記2を参照のこと。
      (注2) プルデンシャル・ファイナンシャルに帰属する金額(その他の包括利益累計額を除く。)。
       その他のキャピタル・デットの2015年12月31日からの減少は主に、事業の資金需要を充足するために従前にお

      いて利用された優先債の満期を反映したものである。
                                113/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       当社は、プルデンシャル・インシュアランス、プルデンシャル生命、ジブラルタ生命、並びにその他の米国内
      保険子会社及び国際保険子会社の規制目的上の自己資本を、当社の「AA」の格付目標と一致するレベルで管理し
      ている。当社は、当社の米国内保険子会社の適正資本量の主要な指標として、RBC率を、国際保険子会社の適正
      資本量の主要な指標としてソルベンシー・マージン比率を使用している。
       下表は、当社の最も重要な米国内保険子会社の2015年12月31日(当該子会社の直近の法定事業年度終了日であ

      り、かつRBC報告日)現在のRBC率を示したものである。
                                                    RBC率(注1)

     プルデンシャル・インシュアランス(注2)                                                  484%
                                                       550%
     PALAC
      (注1) RBC率の計算は、保険規制当局による保険会社のソルベンシー及び将来における保険金の支払能力に関する判断を

          支援することを意図している。RBCの測定の報告は、保険会社のランキング又はマーケティング、広告、若しくは
          プロモーション活動のために使用することを目的とするものではないが、一般向けに公開される。
      (注2) プルデンシャル・リタイアメント・インシュアランス・アンド・アニュイティ・カンパニー(「PRIAC」)、プル
          コ・ライフ・インシュアランス・カンパニー(「プルコ・ライフ」)、プルコ・ライフの子会社であるプルコ・ラ
          イフ・インシュアランス・カンパニー・オブ・ニュージャージー(「PLNJ」)及びプルデンシャル・レガシー・イ
          ンシュアランス・カンパニー・オブ・ニュージャージー(「PLIC」)が含まれる。
       下表は、当社の最も重要な国際保険子会社について、2016年3月31日(当該子会社の直近の法定事業年度終了

      日)現在における、そのソルベンシー・マージン比率を示したものである。
                                             ソルベンシー・マージン比

                                                   率
     プルデンシャル生命連結(注1)                                                  801%
                                                       928%
     ジブラルタ生命連結(注2)
      (注1) プルデンシャル生命の子会社であるプルデンシャル信託株式会社が含まれる。

      (注2) ジブラルタ生命の子会社であるプルデンシャル                           ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険株式会社(「PGFL」)が含
          まれる。
       当社のすべての米国内保険子会社及び重要な国際保険子会社の資本レベルは、適用ある保険業規制により求め

      られる最低水準を大幅に上回っている。
       当社は、当社の米国内保険子会社及び国際保険子会社の合理的に予測可能なストレス・シナリオにおける規制

      目的上の自己資本を評価しており、当社が当該シナリオにおいて、規制上の要件を十分に上回るレベルで資本を
      維持するにあたって適切な資金源を有していると考えている。RBC及びソルベンシー・マージン比率の算出方
      法、並びに規制上の最低水準の詳細については、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の連結
      財務書類の注記15を参照のこと。
                                114/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      資本保護の枠組
       当社は、連結ベースでの適切な資本構成、並びに様々なストレス・シナリオにおける保険子会社の競争力のあ

      るRBC率及びソルベンシー・マージンを維持する上で利用可能な十分な資本源を確保するため、「資本保護の枠
      組」を採用している。資本保護の枠組には、市場(株式市場、不動産、金利、貸倒損失及び為替相場を含む。)
      に関連するストレスの潜在的な影響が組み込まれている。こうした潜在的な影響を評価するにあたり、当社は、
      事業レベルで総合的にリスクを評価し、当社の事業構成によって業績がネットベースで部分的に相殺される可能
      性を認識している。資本保護の枠組は、ストレス・シナリオにおいて当該相殺リスクの一部と当社が当該リスク
      を軽減するために実施する戦略(以下に挙げるものを含む。)が資本に与える潜在的な影響に対処するものであ
      る。
       ・当社の規制目的上の自己資本全体に影響を与える株式市場リスク。当該リスクについては、株式ヘッジ・プ

        ログラム、並びにオン・バランス・シート及び臨時の資本源で対処する。
       ・金利リスクの一部をネットベースかつ事業レベルで内部的に管理する決定。当該戦略を実施するにあたり、
        当社は、全社及びその他業務部門並びに特定の事業セグメントとの間で会社間デリバティブ取引を実施す
        る。当社は、金利が一定値を下回るまで低下した場合に実施可能なヘッジ戦略に組み込まれたオプションを
        通じて、そのエクスポージャーを事業レベルでの結果的な純利息リスクに制限している。2016年度上半期
        中、当該会社間デリバティブ取引の重要な部分が外部デリバティブ取引に変更され、今後は、当該金利リス
        クの大部分が事業セグメントにおいて管理されることになる。当該戦略の結果は、「経営陣による財政状態
        と経営成績に関する考察と分析-全社及びその他業務部門」の項に記載する。
       ・当社の事業セグメント(変額年金保険商品に関する一部のリスクをカバーする生前給付ヘッジ・プログラム
        等の特定のリスク軽減戦略の実施対象となっている事業セグメントを含む。)の活動。
       当社は、市況の変化に応じてヘッジ戦略を定期的に見直している。リスク管理の枠組は、当社が容認可能とみ

      なす範囲内の周期的なボラティリティに対応しているが、オン・バランス・シートの資本、デリバティブ及び臨
      時の資本資源を含む追加の潜在的な資本資源も提供している。当社は、そのアプローチの強化を継続する一方
      で、現在、当社が適切な資本構成、並びに様々な潜在的ストレス・シナリオにおける競争力のあるRBC率及びソ
      ルベンシー・マージンを維持する上で十分な資金源を利用することが可能であると考えている。
                                115/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      キャプティブ再保険会社
       キャプティブ再保険会社の利用については、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の「第一

      部 企業情報」「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流
      動性及び資本資源-資本-キャプティブ再保険会社」の項を参照のこと。
      「エグゼクティブ・サマリー-変額年金保険の出再保解約」の項に記載する変額年金保険の出再保解約に伴い、

      当社のキャプティブ再保険会社であるプルコ・リインシュアランスにおいて、特定の変額年金保険商品及び退職
      金商品に係るリスク及び関連するヘッジ・プログラムは存在しなくなった。
      株主配当

      株式買戻プログラム及び株主配当

       2015年12月、当社の取締役会(「取締役会」)は、当社が2016年1月1日から2016年12月31日までの期間に経

      営陣の裁量により最大で15億ドルの発行済普通株式を買い戻すことを承認した。当該承認は、2016年1月1日以
      降、2015年6月に公表された、2015年7月1日から2016年6月30日までの期間を対象とした10億ドルの株式買戻
      しの承認に優先する。2016年8月、取締役会は、2016暦年につき当該承認額を500百万ドル増加させることを承
      認した。これに伴い、2016年度通年の当社の株式買戻しの承認総額は、20億ドルとなった。
       株式買戻しのタイミング及び金額は、市況及びその他の検討事項(とりわけ規制上の資本要件の変更、並びに

      成長及び買収の機会に由来する当社の事業の資金需要の増加を含む。)に基づき、経営陣によって決定される。
      買戻しは、一般市場において、デリバティブ、加速型自社株買い及びその他相対取引、並びに証券取引所法に基
      づく規則10b5-1(c)を遵守したプランを通じて行われる。下表は、2016年6月30日に終了した6ヶ月間におけ
      る、普通株式の配当宣言額及びプルデンシャル・ファイナンシャルの普通株式の買戻しを示したものである。
                                配当金額                株式買戻し

                            1株当たり          総額        株式数        費用合計
     以下の日付に終了した3ヶ月間
                            (ドル)       (百万ドル)         (百万株)        (百万ドル)
     2016年3月31日                          0.70         316        5.4        375
                               0.70         313        5.0        375
     2016年6月30日
       ドッド・フランク法に基づく指定金融機関として、プルデンシャル・ファイナンシャルは、資本、レバレッジ

      及び流動性に関するより厳格な要件及び制限の対象となる見込みである。当社がドッド・フランク法に基づく当
      該要件及びその他の要件を遵守することにより、将来において普通株式配当金の支払及び株式の買戻を行う当社
      の能力が制限される可能性がある。
                                116/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      流動性
       当社の流動性管理の枠組の原則は、会社全体の流動性方針に記載されており、当該方針は、取締役会により検

      討・承認されている。流動性管理とストレス・テストは、法人ベースで行われる。これは、子会社間で資金の移
      転を行う能力の一部が規制上の制約によって制限されるためである。流動性のニーズは、親会社及び事業子会社
      における日常及び四半期ごとのキャッシュ・フロー予想を通じて決定される。資本市場も利用できない際に事業
      子会社からのキャッシュ・フローが減少した場合に、プルデンシャル・ファイナンシャルが固定費を賄うために
      利用可能な適切な流動性を担保するため、13億ドル以上という目標最低キャッシュ・バランスが設定されてい
      る。目標最低キャッシュ・バランスは、毎年、取締役会によって検討・承認される。
       当社は、通常、キャピタル・デットの満期前の事前借換え(prefund)を行うことにより、市況の圧迫に伴い

      資金調達源の利用が制限される又は失われるリスクを軽減することを目指している。当社は、負債証券の期限を
      調達された資産と一致させることにより、運営上の資金ニーズの充足のために利用される負債証券に関連するリ
      ファイナンス・リスクを緩和する。ストレス・シナリオにおいて適切な流動性を確保するため、当社の主要事業
      子会社についてストレス・テストが実施される。当社は、流動性に関するリスクを、以下に述べる流動性の代替
      源の利用を維持することによって、更に緩和することを目指している。
      プルデンシャル・ファイナンシャルの流動性

       持株親会社であるプルデンシャル・ファイナンシャルが利用可能な主要資金源は、子会社からの配当及び投下

      資本の払戻し、子会社からの営業貸付の弁済及び流動性の高い資産である。これらの資金源は、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルの資本市場の利用、及び下記の「流動性の代替源」により補完される場合がある。
       プルデンシャル・ファイナンシャルにおける資金の主たる使途には、負債のサービシング、営業費用の支払、

      子会社に対する資本拠出及び貸付の実施、株主配当宣言額の支払、並びに取締役会の権限の下に実施される発行
      済普通株式の買戻が含まれている。
       2016年6月30日現在、プルデンシャル・ファイナンシャルは、現金、短期投資及び米国財務省の満期固定証券

      から成る流動性の高い資産を保有しており、その簿価は4,715百万ドル(2015年12月31日から6,389百万ドル減)
      であった。当社は、プルデンシャル・ファイナンシャルとその子会社の間の日々の資金の貸借を円滑化すること
      により、現金を最大限に活用することを意図した、会社間の流動性勘定を維持している。会社間の流動性勘定か
      らの借入純額を除いた場合、2016年6月30日現在、プルデンシャル・ファイナンシャルは、2015年12月31日から
      1,054百万ドル減となる4,012百万ドルの流動性の高い資産を有していた。
                                117/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、以下の期間における、プルデンシャル・ファイナンシャルの流動性の高い資産(会社間の流動性勘定
      からの借入純額を除く。)の主な資金源及び使途を示したものである。
                                             2016  年6月30日に

                                             終了した6ヶ月間
     資金源:
                                              (単位:百万ドル)
       子会社からの配当金及び/又は投下資本の払戻し(注1)                                                 1,770
       変額年金保険の出再保解約に関連する子会社からの分配金(純額)                                                 1,042
       株式報酬及びストック・オプション行使による手取金                                                  136
                                                         18
       会社間契約に基づく子会社からの受取利息(支払利息控除後)
      資金源合計                                                  2,966
     使途:
       長期優先債(リテール・ミディアム・ターム・ノートを除く)の満期                                                  750
       株式買戻(注2)                                                  733
       普通株式株主配当(注3)                                                  631
       公開買付によるミディアム・ターム・ノートの買戻し                                                  500
       外部負債の支払利息                                                  467
       子会社に対する資本拠出(注4)                                                  240
       会社間ローン契約に基づく弁済(純額)(注5)                                                  207
       法人所得税支払額(純額)                                                  63
                                                        429
       その他、純額
        使途合計                                                 4,020
     流動性の高い資産の純増(減)                                                 (1,054)
      (注1) プルデンシャル・インシュアランス、資産運用子会社、国際保険子会社、プルデンシャル・アニュイティーズ・

          ホールディング・カンパニー及びその他の子会社からの配当金及び/又は投下資本の払戻しが、それぞれ900百万
          ドル、534百万ドル、278百万ドル、47百万ドル及び11百万ドル含まれている。変額年金保険の出再保解約に関連す
          る配当金及び/又は投下資本の払戻しは含まれていない。
      (注2) 2016年7月に決済された取引に関連する17百万ドルを除く。
      (注3) 過年度において宣言された配当金に関する現金支払額を含む。
      (注4) 国際保険子会社に対する資本拠出199百万ドル(そのうち159百万ドルがAFPハビタットに対する間接投資に関連す
          るものであった。)、プルコ・リインシュアランスに対する資本拠出36百万ドル及びその他の子会社に対する資本
          拠出5百万ドルが含まれる。変額年金保険の出再保解約に関連する資本拠出は含まれない。
      (注5) 国際保険子会社へのノートの発行に関連する子会社からの受領額(純額)356百万ドル、及びプルコ・ライフから
          の受領額(純額)494百万ドル(資産運用子会社の借入純額704百万ドル、プルデンシャル・ユニバーサル・リイン
          シュアランス・カンパニーの借入純額350百万ドル及びその他の子会社からの借入純額3百万ドルによって相殺さ
          れた。)を含む。
                                118/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      子会社からの配当及び投下資本の払戻しの制限
       当社の保険子会社は、プルデンシャル・ファイナンシャル及びその他の関連会社に対する配当金の支払及びそ

      の他の資金移転について、適用ある保険法及び規制による制限を受けている。米国において、適用ある保険法に
      基づき決定される基準値を上回る配当金は、「特別配当金」とみなされ、該当する州の保険規制機関による承認
      が必要となる。また、より広い範囲においては、子会社による配当金の支払は、当該子会社の取締役会による宣
      言に基づき行われ、市況やその他の要素の影響を受けることがある。具体的な配当の制限の詳細については、当
      社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の連結財務書類の注記15を参照のこと。
       米国内保険子会社:          プルデンシャル・インシュアランスは、ニュージャージー州銀行保険局(「NJDOBI」)に

      対して事前の通知を行うことを条件として、ニュージャージー州保険法に定める算出額に基づき普通配当金を支
      払うことを認められている。任意の12ヶ月間における当該金額を上回る額の分配金は、「特別」配当金とみなさ
      れ、その支払に先立ちNJDOBIの承認を得なければならない。当社のその他の米国内保険子会社が所在する州にお
      ける配当を規制する法律は、ニュージャージー州のそれに類似してはいるが、まったく同一というわけではな
      い。2016年度第2四半期中、プルデンシャル・インシュアランスは、プルデンシャル・ファイナンシャルに対し
      て総額30億ドル(普通株式配当金10億ドル及び特別配当金20億ドル)を支払った。当該金額は、変額年金保険の
      出再保解約に関連する配当金21億ドル(その後、当該事業に関連するリスクをサポートする目的でPALACに提供
      された。)及びプルデンシャル・インシュアランスの事業に関連する900百万ドルの配当金から成る。
       国際保険子会社:         当社の国際保険子会社からの資本の再移転は、それらが事業を行う米国外の法域における規

      制要件に従う。当社最大の国際保険子会社であるプルデンシャル生命及びジブラルタ生命は、日本の金融庁に対
      して事前の通知を行うことを条件として、日本の保険法に定める算出額に基づく普通株式の配当金を支払うこと
      を認められている。当該金額を上回る額の配当金及びその他の形式による資本の分配には、金融庁の事前の承認
      が必要となる。普通株式配当金の支払に加え、国際保険事業は、プルデンシャル・ファイナンシャル又はその他
      の関連会社によって保有される劣後債又は優先株式に係る債務の弁済等のその他の方法によってプルデンシャ
      ル・ファイナンシャルに対して資本を払い戻すことがある。2016年度上半期において、プルデンシャル・オブ・
      コリアは、親会社であるプルデンシャル・インターナショナル・インシュアランス・ホールディングス・リミ
      テッドに対して350億ウォン(約30百万ドル)の配当金を支払い、当該配当金は、最終的にプルデンシャル・
      ファイナンシャルに支払われた。
       その他の子会社:         当社の資産運用子会社及び当社のその他の事業子会社の多くが配当金を支払う能力について

      は、規制上の観点からは、その大部分が制限されていない。
                                119/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      保険子会社の流動性
       当社は、当社のすべての債務に対処すべく、安定的で、信頼性があり、かつ費用効率の高いキャッシュ・フ

      ローの源を確保するために、保険事業の流動性管理を行っている。当社の各保険子会社の流動性は、流動資産
      ポートフォリオを含む多数の種類の源泉によりもたらされている。当社の保険事業全体の流動性には、子会社の
      投資ポートフォリオが不可欠である。当社は、当社の投資ポートフォリオを分割し、当社の各商品ラインの要件
      に特化した資産/負債管理アプローチを採用する。このことにより、金利及び信用リスクの側面を含む各ポート
      フォリオの流動性の管理において適用されている規律が、商品負債の特徴に見合った方法により、強化される。
       流動性は、資産ポートフォリオ及びこれが支える負債の両方の特徴を考慮した、社内で開発されたベンチマー

      クに対して測定される。当社は、各種ストレス・シナリオ(会社特有の事由及び市場全般の事由を含む。)にお
      ける当社の保険事業の流動性を評価するための内部の流動性基準を算出するにあたり、流動資産の様々な分類
      (資産の種類及び信用の質等)の特性を考慮する。当社は引き続き、継続事業から創出される現金及び当社の資
      産の流動性プロファイルにより、各保険子会社について合理的に予想されるストレス・シナリオにおいて十分な
      流動性が確保されているものと考えている。
       当社の保険子会社の流動性の主要源泉は、保険料、投資収益・運用手数料収益、満期到達投資、保険事業及び

      年金事業に関連する販売収入、並びに社内外からの借入である。当該資金の主な使途には、保険契約者に対する
      給付金、保険金及び契約者配当の支払、並びに解約、引出及び契約者貸付に関連した保険契約者及び契約保有者
      に対する支払が含まれる。その他の資金の使途として、手数料や一般管理費の支払、投資商品の購入、持株親会
      社への配当金の支払、ヘッジ活動及び資金調達活動に関連する支払もある。
                                120/278











                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付における、当社の特定の米国内保険事業の流動資産のポートフォリオの公正価値を示
      したものである。
                           2016  年6月30日現在

                    プルデン
                                                      2015  年
                                          プルコ・
                    シャル・
                                                合計     12 月31日
                           PLIC     PRIAC     PALAC     ライフ
                   インシュア
                                                      現在
                    ランス
                                  (単位:十億ドル)
     現金及び短期投資                  6.1      1.9      0.7     11.4     0.4      20.5      10.3

     満期固定証券投資         ( 注1)  :
      優良証券又は最優良証券                96.2      34.3      19.1      8.9     5.0     163.5      147.5
      優良証券又は最優良証券
                       6.8      4.0      1.8     0.4     0.4      13.4      12.3
      以外
     小計
                      103.0      38.3      20.9      9.3     5.4     176.9      159.8
                       0.2      2.6      0.0     0.0     0.0      2.8      3.2
     上場株式
                      109.3      42.8      21.6     20.7     5.8     200.2      173.3
     合計
      (注1) 償還期限まで保有することが指定されている満期固定証券は含まれない。NAIC又は同等の格付により分類されてい

          る。
       下表は、それぞれの日付における当社の国際保険事業の流動資産のポートフォリオの公正価値を示したもので

      ある。
                                 2016  年6月30日現在

                               ジブラルタ
                                                      2015  年
                      プルデンシャル          生命       その他              12 月31日
                         生命       ( 注1)       ( 注2)       合計       現在
                                    (単位:十億ドル)
     現金及び短期投資                       0.7        1.9        1.6        4.2      3.5
     満期固定証券投資         (注3):
      優良証券又は最優良証券             (注4)          40.3        90.9        17.1       148.3      123.8
                            0.7        2.5        1.0        4.2      3.3
      優良証券又は最優良証券以外
     小計                      41.0        93.4        18.1       152.5      127.1
                            1.8        2.4        0.6        4.8      4.6
     上場株式
     合計                      43.5        97.7        20.3       161.5      135.2
      (注1) PGFLを含む。

      (注2) 日本を除く当社の国際保険事業を指す。
      (注3) 償還期限まで保有することが指定されている満期固定証券は含まれない。NAIC又は同等の格付により分類されてい
          る。
      (注4) 2016年6月30日現在、1,080億ドルすなわち73%が米国債又は政府系機関債に投資されていた。
                                121/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      その他の活動に関連する流動性
      生前給付保証に関連するヘッジ活動

       生前給付ヘッジ・プログラムの一環として、当社は、組込デリバティブとして会計処理される特定の生前給付

      を特定の資本市場の市況(金利及び株式インデックス・レベル等)の変動に対してヘッジするため、上場してい
      る、清算される、あるいはその他店頭取引される多様な株式及び金利デリバティブの取引を実施する。生前給付
      ヘッジ・プログラムに関する詳細な議論は、「セグメント別営業成績-米国退職ソリューション・投資管理部門
      -個人年金保険」の項を参照のこと。生前給付ヘッジ・プログラムは、定期的な決済、購入、満期及び終了等に
      係る支払といった、支払債務を履行するために流動性へのアクセスを必要としている。これらの流動性のニーズ
      は、とりわけ金利、株式市場、死亡率及び保険契約者の行動の変化によって大きく変動することがある。2016年
      3月31日まで、生前給付ヘッジ・プログラムは、プルコ・リインシュアランスにおいて実施されていた。変額年
      金保険の出再保解約に伴い、2016年4月1日付けで、生前給付ヘッジ・プログラムは、当社の特定の米国内生命
      保険子会社で実施されることとなった。将来の流動性のニーズは、当該子会社における利用可能な資金並びにプ
      ルデンシャル・ファイナンシャル及びその関連会社におけるその他の資金によって充足される。
       生前給付のヘッジ活動により、デリバティブについて取引先に対する又は取引先からの担保の差入が行われる

      可能性もある。当社による担保の差入は、ヘッジされるエクスポージャーの元本額に関連する金利及び株式市場
      の変動に左右される。市況によっては、担保の差入要件により、重大な流動性のニーズが生じる可能性がある。
      また、2013年6月10日以降に行われたデリバティブ取引の一部は、ドッド・フランク法に基づく清算義務要件の
      対象となり、その結果、通常、追加の担保要件が課されることとなる。生前給付ヘッジ・デリバティブについ
      て、2015年12月31日現在では48億ドルの担保を受領したのに対し、2016年6月30日現在では111億ドルの担保を
      受領した。担保のポジションの変動は主に、金利の低下と変額年金保険の出再保解約に伴う当社の一部の米国内
      法定生命保険会社からの担保の差入によるものであった。
      為替ヘッジ活動

       当社は、外国為替レートの変動(とりわけ日本円に関連する変動)に対する潜在的なエクスポージャーに対処

      するため、様々なヘッジ戦略を採用している。当社の総合的な円ヘッジ戦略は、当社の円建て事業による当社全
      体のレバレッジ・ニュートラル・ベースの株主資本利益率への相対的な貢献を維持するため、ヘッジレベルを調
      整する。ヘッジ戦略には、以下の2つの主要な要素が含まれる。
       ・収益ヘッジ-当社は、日本円建ての予想収益源の一部について、外部為替予約デリバティブ契約(当該一部

        の収益について実質的に外国為替レートが固定される。)を締結することによりヘッジしており、これによ
        り外国為替レートの変動に起因するボラティリティが軽減される。2016年6月30日現在、当社は、2016年
        度、2017年度、2018年度及び2019年度の外国事業の予想収益について、それぞれその100%、92%、50%及
        び8%をヘッジしている。
                                122/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       ・株式ヘッジ-当社は、主に米ドル建ての保有株式をヘッジするために内部及び外部のヘッジを有している。
        当該ヘッジは、日本円・米ドルの為替レートの変動に起因する米ドル建て株式をヘッジする米ドル建て投資
        の市場価値の変動に由来する、円建ての子会社のソルベンシー・マージンのボラティリティも軽減する。
       当社のヘッジ戦略の詳細については、「セグメント別営業成績-国際保険部門」の項を参照のこと。

       当該ヘッジ活動の現金決済は、プルデンシャル・ファイナンシャルの子会社と円建ての子会社又は外部の当事

      者の間のキャッシュ・フローにつながる。当該キャッシュ・フローは、外国為替レートの変動やヘッジされたエ
      クスポージャーの名目元本額に左右される。例えば、長期にわたる大幅な円安が、正味キャッシュ・インフロー
      につながる可能性がある。その一方で、大幅な円高が、正味キャッシュ・アウトフローにつながる可能性もあ
      る。下表は、ヘッジ活動に由来する現金決済額(純額)及び資産又は負債(純額)に関する情報を示したもので
      ある。
                                  2016  年6月30日に            2015  年6月30日に

                                  終了した6ヶ月間              終了した6ヶ月間
     現金決済:
                                        (単位:百万ドル)
     収益ヘッジ(外部)(注1)                                      43             161
     株式ヘッジ:
       内部                                    (30)              615
                                           324             (151)
       外部
        株式ヘッジ合計                                    294              464
                                           337              625
       現金決済額合計
                                 2016  年6月30日現在            2015  年12月31日現在

     資産(負債):
                                        (単位:百万ドル)
     収益ヘッジ(外部)(注2)                                     (172)              162
     株式ヘッジ:
       内部                                   (817)              964
                                           295              699
       外部
       株式ヘッジ合計(注3)                                   (522)             1,663
                                          (694)             1,825
       資産(負債)合計
      (注1) 2016年6月30日及び2015年6月30日に終了した6ヶ月間における、韓国ウォンに関連する現金決済がそれぞれ10百

          万ドル及び(4)百万ドル含まれる。
      (注2) 2016年6月30日及び2015年12月31日現在における、韓国ウォンに関連する資産9百万ドル及び29百万ドルが含まれ
          る。
      (注3) 2016年6月30日現在、市場価値(純額)の約270百万ドルは2016年度において、約(320)百万ドルは2017年度にお
          いて、約(470)百万ドルはそれより後の年度において決済される予定である。対応する相殺ポジションのない範
          囲において、資産(負債)の市場価値(純額)は、市況の変化によって変動する。
                                123/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      資産運用事業
       当社の報酬ベースの資産運用事業の主な流動性の源には、資産運用手数料、並びに商業モーゲージのオリジ

      ネーション報酬及びサービシング報酬が含まれる。流動資産の主な使途には、一般管理費、並びにプルデンシャ
      ル・ファイナンシャルに対する配当及び投下資本の払戻しが含まれる。報酬ベースの資産運用事業の流動性リス
      クは、主に当該事業の収益性に関するものであり、それは市況や当社の投資運用成績に影響を受ける。当社は、
      当社の報酬ベースの資産運用事業からのキャッシュ・フローが、当該事業の現行の流動性需要を充足する上で適
      切であると考えており、また社内基準により監視されている、合理的に予測可能なストレス・シナリオに基づき
      生じる可能性のある流動性需要についても対応可能であると考えている。
       当社の資産運用事業が保有する戦略的投資の主な流動性の源は、投資活動によるキャッシュ・フロー、投資清

      算能力、並びにプルデンシャル・ファイナンシャル及びプルデンシャル・インシュアランスの完全子会社である
      プルデンシャル・ファンディング・エルエルシー(「プルデンシャル・ファンディング」)を含む内部の資金源
      からの借入である。主な流動性リスクには、適時の資産売却の失敗、資産価値の下落及びクレジット・デフォル
      トがある。2015年12月31日から、当社の資産運用事業の流動性ポジションに重大な変更はなかった。
      流動性の代替源

       プルデンシャル・ファイナンシャル及びその子会社の一部は、以下において述べる資産担保付融資に加え、そ

      の他の流動性の代替源(連邦住宅貸付銀行への加盟、コマーシャル・ペーパー・プログラム、信用枠及びプッ
      ト・オプション契約等)も利用することができる。当該プログラムの詳細については、未監査中間連結財務書類
      の注記9を参照のこと。
      資産担保付融資

       当社はスプレッド利益の獲得、資金借入、又はトレーディング活動の促進のため、証券貸付融資、現先取引レ

      ポ及びモーゲージ・ドル・ロール等を含む資産担保付又はその他の担保付の融資を、当社の保険子会社及びその
      他の子会社において行っている。これらのプログラムは、主に貸出可能な証券のポートフォリオの保有により、
      市場における当該証券についての相手方の需要に基づき行われている。これらのプログラムについて受領する担
      保は、主に当社の保険事業体における短期スプレッド・ポートフォリオにおいて証券を購入するために使用され
      る。短期スプレッド・ポートフォリオで保有される投資には、現金及び現金同等物、短期投資、住宅ローン及び
      満期固定証券(モーゲージ担保証券及び資産担保証券を含む。)で、かつ短期ポートフォリオによる購入時点の
      加重平均年数が4年以下であるものが含まれる。変動金利資産は、当社の短期スプレッド・ポートフォリオの大
      部分を占める。これらの短期ポートフォリオは、具体的な運用方針に従うものとし、当該運用方針は、特に大幅
      な資産/負債の金利デュレーションのミスマッチを考慮していない。
                                124/278





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、それぞれの日付における、資産担保型の、又はその他の担保付の資金調達プログラムに基づく当社の
      負債をとりまとめたものである。
                        2016  年6月30日現在                  2015  年12月31日現在

                   PFI  (クロー                   PFI  (クロー
                          クローズ                    クローズ
                    ズド・ブ                    ズド・ブ
                          ド・ブロッ        連結            ド・ブロッ        連結
                   ロック部門                    ロック部門
                           ク部門                    ク部門
                   を除く。)                    を除く。)
                                  ( 単位:百万ドル)
     買戻条件付売却有価証券                5,380       1,955       7,335       5,421       2,461       7,882
     貸付証券の担保金                2,842       1,801       4,643       2,095       1,401       3,496
     売却されたが買い戻されてい
                        5       0       5       2       0       2
     ない証券
                      8,227       3,756      11,983       7,518       3,862      11,380
     合計(注1)
     上記の証券のうち、翌日に当

     社に返却され、かつ即時に担
                      3,117       2,426       5,543       5,574       2,117       7,691
     保金を返済する必要のある証
     券(注2)
     加重平均満期(単位:日)
                        8      25              8      17
     (注3)
      (注1) 2016年6月30日に終了した3ヶ月間及び6ヶ月間における1日加重平均残高は、PFI(クローズド・ブロック部門

          を除く。)については、それぞれ8,454百万ドルと8,231百万ドルであり、クローズド・ブロック部門については、
          それぞれ4,703百万ドルと4,666百万ドルであった。
      (注2) 2015年12月31日現在のPFI(クローズド・ブロック部門を除く。)の金額には、2016年1月1日が休日であるとい
          うタイミングに伴い、1日超の期限を有する証券2,256百万ドルが含まれている。
      (注3) 翌日に当社に返却される証券を除く。
       2016年6月30日現在、当社の米国内保険事業体は、資産担保型又はその他の担保付きの融資プログラムに適格

      である資産1,645億ドルを有しており、うち119億ドルは貸し出されていた。当社は、2016年6月30日現在の市況
      と未払融資残高を考慮すると、残りの適格資産のうち約195億ドルは貸出可能であると考えている(PFI(クロー
      ズド・ブロック部門を除く。)に関連する約153億ドルを含む。)。そのうち、55億ドルが特定の分離勘定に関
      連するものであり、その利用は、当該勘定に関連する資金調達活動のみに限定されている。残りの42億ドルは、
      クローズド・ブロック部門に関連するものであった。
                                125/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
      資金調達
       2016年6月30日現在、当社の短期借入債務及び長期借入債務の合計は、連結ベースで2015年12月31日現在から

      11億ドル減となる197億ドルであった。下表は、それぞれの日付現在の当社の連結借入金の合計をまとめたもの
      である。当社は随時、一般市場における購入、個別に交渉した取引等を通じて、当社の発行済債務証券の償還又
      は買戻しを行うことができる。かかる買戻しは、実勢的な市況、当社の流動性ポジション及びその他の要素に左
      右される。
                        2016  年6月30日現在                 2015  年12月31日現在       (注1)

                    プルデンシ                    プルデンシ
                    ャル・ファ                    ャル・ファ
     借入金:                       子会社       連結             子会社       連結
                    イナンシャ                    イナンシャ
                      ル                    ル
                                   ( 単位:百万ドル)
     一般財源短期借入債務:
      コマーシャル・ペーパー
                        60      434       494       80      384       464
      一年以内返済予定長期借入
                       109       73      182       751        1      752
      債務(注2)
     小計                  169       507       676       831       385      1,216
     一般財源長期借入債務:
      優先債                 9,931       1,328      11,259       10,543       1,323      11,866
      下位劣後債                 5,814         0     5,814       5,811         0     5,811
                        0     1,338       1,338         0     1,352       1,352
      サープラスノート
     小計                 15,745       2,666      18,411       16,354       2,675      19,029
      一般財源借入債務合計                 15,914       3,173      19,087       17,185       3,060      20,245
     リミテッド・リコース借入債
     務(注3、4):
                        0      575       575        0      565       565
      長期借入債務
       リミテッド・リコース借
                        0      575       575        0      565       565
       入債務合計
                      15,914       3,748      19,662       17,185       3,625      20,810
     借入債務合計
      (注1) 債券発行費用に係るASU                2015-03の採用に伴って、過年度の数値は、当期の表示方法に合わせて修正されている。

          詳細については、未監査中間連結財務書類の注記2を参照のこと。
      (注2) 2016年6月30日現在のリミテッド・リコース・モーゲージ・デット及びノン・リコース・モーゲージ・デット73百
          万ドルが含まれる。
      (注3) 2016年6月30日及び2015年12月31日現在で、それぞれ5,117百万ドルと4,889百万ドルであった相殺手続の対象とな
          る資産を控除後の金額。
      (注4) リミテッド・リコース借入債務及びノン・リコース借入債務は、主に不動産投資資産に対してのみ償還請求される
          当社の子会社のモーゲージ・デットを表している。
                                126/278






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       2016年6月30日及び2015年12月31日現在、当社は、上記の表に示す借入について、すべての借入契約条項を遵
      守していた。当社の短期及び長期の借入債務の詳細については、本書の未監査中間連結財務書類の注記9及び当
      社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の「第一部 企業情報」 「第3 事業の状況」「7 財
      政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及び資本資源」の項を参照のこと。
       プルデンシャル・ファイナンシャルの借入金は、主に優先債750百万ドルの満期及び公開買付を通じた優先債

      500百万ドルの買戻しによって、2015年12月31日現在から1,271百万ドル減少した。当社の子会社の借入金は、主
      にモーゲージ・デット80百万ドルの発行及びコマーシャル・ペーパー残高の50百万ドルの増加により、2015年12
      月31日現在から123百万ドル増加した。
      定期生命保険及びユニバーサル生命保険の準備金の調達

       当社は、レギュレーションXXX及びガイドラインAXXXに基づき当社の米国内保険子会社が維持を求められてお

      り、かつ、当社が非経済的であると考える法定準備金の一部を調達する目的で、キャプティブ再保険子会社を利
      用している。資金調達には、定期生命保険及びユニバーサル生命保険契約の当社のキャプティブ再保険会社への
      出再保険、並びに当該キャプティブ再保険会社によるサープラスノート(法定上の資本とみなされる。)の発行
      が含まれる。当該サープラスノートは、保険契約者に対する債務に劣後し、当該サープラスノートの元本の返済
      は、保険規制機関の事前の承認がある場合にのみ行うことができる。
       これまで、当社は外部の取引先との間で、信用連動債の受領と引き換えに当社のキャプティブ再保険子会社に

      よる最大総額8,850百万ドルのサープラスノートを発行する契約を締結している(「信用連動債制度」)。当該
      契約に基づき、キャプティブ再保険会社は、サープラスノートと引き換えに、当社の特別目的関連会社が発行す
      る一又は複数の信用連動債を、発行されたサープラスノートの元本総額と等しい額だけ受領する。キャプティブ
      再保険会社は、レギュレーションXXX又はガイドラインAXXX(場合による。)に基づく非経済的な準備金に対応
      する資産として当該信用連動債を保有する。2016年6月30日現在、信用連動債制度に基づき総額6,717百万ドル
      のサープラスノートが発行されているが、これは2015年12月31日以降の217百万ドルの増加を反映したものであ
      る。信用連動債制度の詳細については、当社の2015年12月31日に終了した年度の有価証券報告書の「第一部 企
      業情報」「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「流動性及
      び資本資源-資金調達」の項を参照のこと。
                                127/278








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
       下表は、2016年6月30日現在の当社の信用連動債制度の構成を純額ベースで要約したものである。
                              サープラスノート

                                           2016  年6月30日
                                                    ファシリティ
     信用連動債制度:                                      現在  の発行済証
                            当初発行日         満期日
                                                     の規模
                                             券数
                                      ( 単位:百万ドル)
                                               1,750
     XXX                        2011-2014        2021-2024                  2,000
                                              (注1)
     AXXX                          2013        2033        2,240        3,500
                                               1,600
     XXX                        2014-2015        2027-2034                  1,600
                                              (注2)
                                               1,127        1,750
     XXX                          2014        2024
                                               6,717        8,850
      信用連動債制度の合計額
      (注1) プルデンシャル・ファイナンシャルは、当該制度において発行された信用連動債につき支払われた金額を弁済する

          ことに同意している。
      (注2) 16億ドルのサープラスノートは、連結時に相殺消去される会社間取引を表している。プルデンシャル・ファイナン
          シャルは、当該制度において発行された信用連動債に係る最大10億ドルの支払額を弁済することに同意している。
       2016年6月30日現在、当社は、レギュレーションXXX及びガイドラインAXXXに基づく非経済的な準備金を調達

      する目的で総額34億ドルの債券を発行しており、そのうち約15億ドルがレギュレーションXXX準備金に関連する
      ものであり、約19億ドルがガイドラインAXXX準備金に関連するものであった。当該債券はすべて、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルが直接発行したものであるか、又はプルデンシャル・ファイナンシャルが保証するもので
      あった。当該債券の発行に関連する特定の資金調達取引に基づき、プルデンシャル・ファイナンシャルは、該当
      するキャプティブ再保険子会社に対し、投資損失を補てんする又は規定の最低水準を上回る資本を維持するため
      の資金を提供することに同意している。さらに、2016年6月30日現在、ガイドラインAXXX準備金を調達する目的
      で、当社のキャプティブ再保険会社は、関連会社に対して、約40億ドルのサープラスノートを発行した。
       2014年12月、NAICは、「AG48」という保険数理に関する新たな指針を採用した。当該指針により、当社は、当

      社が特定の定期生命保険契約及びユニバーサル生命保険契約に係る経済的準備金を確保するために従前において
      保有していた額を上回る額の現金及び格付された証券を保有することを求められる。2015年度に係る資本要件の
      約400百万ドルの増加は、2016年度第1四半期において、既存の資産と関連会社からの融資を原資として新規購
      入した資産を組み合わせることにより調達された。当社は、規制当局及び業界参加者と共に想定される長期的な
      ソリューションの策定に継続的に取り組む一方で、2016年度を通じて追加の資産要件を調達するための十分な内
      部資金を確保できるものと考えている。
                                128/278







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                              半期報告書
                                 格付
       当社の財務力格付及び信用格付並びにそれらが当社の事業に与える影響については、当社の2015年12月31日に

      終了した年度の有価証券報告書の「第一部 企業情報」「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況の分析」の「格付」の項を参照のこと。2016年1月1日から本書の提出日までに、当
      社の格付又は格付のアウトルックにつき重大な変更又は行為はなかった。
                        オフバランスシート・アレンジメント

      債務保証及びその他の偶発的債務

       当社は、事業活動の中で、第三者に対して保証や補償を提供しており、それらに基づき当社が将来において偶

      発的に支払を求められる可能性がある。詳細については、未監査中間連結財務書類の注記15に記載の「契約債務
      および保証債務」の項を参照のこと。
      その他の偶発的債務

       相手方の裁量等による、当社が管理できない事由又は状況により発生するその他の債務も存在する。これらの

      債