株式会社パスコ 訂正内部統制報告書 第68期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出書類 訂正内部統制報告書-第68期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)
提出日
提出者 株式会社パスコ
カテゴリ 訂正内部統制報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社パスコ(E04340)
                                                          訂正内部統制報告書
     【表紙】

     【提出書類】                     内部統制報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の5第1項

     【提出先】                     関東財務局長

     【提出日】                     平成28年9月15日

     【会社名】                     株式会社パスコ

     【英訳名】                     PASCO   CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長        古  川  顕  一

     【最高財務責任者の役職氏名】                     取締役    経営管理部長       重  盛  政  志

     【本店の所在の場所】                     東京都目黒区東山一丁目1番2号

     【縦覧に供する場所】                     株式会社パスコ        さいたま支店 ※

                          (さいたま市見沼区東大宮四丁目74番6号(OSセンタービル))

                          株式会社パスコ        千葉支店 ※

                          (千葉市美浜区中瀬一丁目7番1号

                          (住友ケミカルエンジニアリングセンタービル))
                          株式会社パスコ        横浜支店 ※

                          (横浜市中区山下町223番1号(NU関内ビル))

                          株式会社パスコ        中部事業部

                          (名古屋市中区錦二丁目2番13号(名古屋センタービル))

                          株式会社パスコ        関西事業部

                          (大阪市浪速区湊町一丁目2番3号(マルイト難波ビル))

                          株式会社パスコ        神戸支店 ※

                          (神戸市中央区磯上通四丁目1番6号(シオノギ神戸ビル))

                          株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                          (注)   㭓瀰澑톇赕䙔셓홟ᕬ픰溉轛騰欰蠰譾⚉ꜰ歏鬰夰識㑢䀰朰漰䈰訰

                          せんが、投資家の便宜のため縦覧に供する場所としております。
                                 1/3




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社パスコ(E04340)
                                                          訂正内部統制報告書
     1  【内部統制報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成28年6月23日に提出いたしました第68期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)内部統制報告書の
      記載事項に誤りがありましたので、金融商品取引法第24条の4の5第1項に基づき内部統制報告書の訂正報告書を提出
      するものであります。
     2  【訂正事項】

      3 評価結果に関する事項
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は       を付して表示しております。
      3  【評価結果に関する事項】

       (訂正前)
        上記の評価の結果、当事業年度末日時点において、当社の財務報告に係る内部統制は有効であると判断いたしま
       した。
       (訂正後)

        下記に記載した財務報告に係る内部統制の不備は、財務報告に重要な影響を及ぼすこととなり、開示すべき重要
       な不備に該当すると判断しました。したがって、当事業年度末日時点において、当社の財務報告に係る内部統制は
       有効でないと判断いたしました。
                                記

        平成28年7月頃、当社の衛星事業部において不適切な会計処理が行われていた可能性があると当社社員からの報

       告を受け、当社は内部調査を実施するとともに、調査の独立性を確保し、専門的および客観的な見地からの調査分
       析、再発防止策の立案等を目的とした、当社と利害関係のない社外の弁護士および公認会計士から構成される社内
       調査委員会を平成28年8月3日付で設置いたしました。
        社内調査委員会の調査・検証により平成25年度および平成26年度において、本来請負案件の原価に計上すべき費
       用を、客観的には実態のない投資案件のソフトウエア仮勘定に計上することにより、原価を不当に繰り延べること
       の他、工事進行基準における計画原価を不当に低減させ利益を前倒し計上する等の不適切な会計処理が行われてい
       たことが判明しました。なお、平成27年度決算において当該ソフトウエアは将来の回収可能性がないことから減損
       処理を行いました。
        これに伴い当社は、影響のある過年度の決算を訂正するとともに、平成26年3月期から平成28年3月期の有価証
       券報告書並びに平成26年3月期第1四半期から平成28年3月期第3四半期までの四半期報告書について訂正報告書
       を提出いたしました。
        本件不適切な会計処理の背景は、平成25年度に当該事業部の受注が同業他社の参入等による競争激化および大型
       案件の多額なディスカウントの影響等により減少し、当初策定した数値計画と乖離が生じ、かつ、今後も乖離が拡
       大することが想定される状況下において、経営陣から計画達成の指示を受けたこと等を要因とし、当該事業部の幹
       部社員が、過去に同事業部を成長基盤に乗せてきたとの自負心もあり、部下に不正を指示し同事業部において実行
       させたものであります。
        このような不適切な会計処理の早期発見と適切な対応を逸した原因は、全社的な内部統制におけるコンプライア
       ンス遵守意識が不足していたこと、企業風土としての自由闊達さが減退していたこと、また、稼働時間の計上に係
       る指導が不足していたこと、フェーズを利用した工事進行基準の運用状況の検証が適切でなかったこと、および社
       内開発に係る投資評価のモニタリングが不足していたこと等の統制上の不備によるものと認識しております。当社
       は当該内部統制の不備が、結果として財務報告に重要な影響を及ぼすこととなり、開示すべき重要な不備に該当す
       ると判断いたしました。
        なお、上記事実は当事業年度末日後に発覚したため、当該不備を当事業年度末日までに是正することが出来ませ
       んでした。
                                 2/3


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社パスコ(E04340)
                                                          訂正内部統制報告書
        当社は、財務報告に係る内部統制の重要性を認識しており、今回の財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な
       不備を是正するために、社内調査委員会からの提言を踏まえ、以下のとおり再発防止策を講じて内部統制の整備・
       運用を図ってまいります。
        財務報告に係る内部統制の重要な不備を是正するための措置を以下のように考えております。
       (1)企業風土の改革・コンプライアンス遵守意識の徹底

       (2)稼働時間計上の適正性の指導および教育
       (3)投資評価体制の構築
       (4)工事進行基準の適正性を担保するための社内体制の整備
                                 3/3

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。