三井住友・DC外国リートインデックスファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:三井住友・DC外国リートインデックスファンド

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成28年9月7日       提出
      【発行者名】                      三井住友アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        松下 隆史
      【本店の所在の場所】                      東京都港区愛宕二丁目5番1号
      【事務連絡者氏名】                      土田 雅央
      【電話番号】                      03-5405-0740
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      三井住友・DC外国リートインデックスファンド
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      (1)当初自己設定日(平成28年9月23日)
      信託受益証券の金額】
                             100万円とします。
                            (2)継続申込期間(平成28年9月23日から平成29年11月21日まで)
                             2兆5,000億円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/56














                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        三井住友・DC外国リートインデックスファンド

        以下「当ファンド」といいます。
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

        追加型証券投資信託の受益権です。

        *ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定
         の適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関およ
         び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替
         機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることによ
         り定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益
         権」といいます。)。委託会社である三井住友アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない
         事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
        当初元本は1口当たり1円です。委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲
        覧に供された信用格付または信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付
        はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        当初自己設定:100万円とします。

        継続申込期間:2兆5,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

        当初自己設定:1口当たり1円です。

        継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額となります。
        ただし、累積投資契約に基づく収益分配金の再投資の場合は、各計算期末の基準価額となります。
         㬰౗﩮陏ꆘ䴰ര栰漰ŏឌꅵ⌰湽ᒌ익⍽쾘䴰銊ࡻ靥欰䨰儰譓흶쩪⥓瀰枖搰地彏ꆘ䴰鈰䐰䐰縰
         (基準価額は、便宜上1万口単位で表示される場合があります。)。
         基準価額は、組入有価証券の値動き等により日々変動します。
         基準価額は、販売会社または委託会社にお問い合わせいただけるほか、原則として翌日付の日本
         経済新聞朝刊の証券欄「オープン基準価格」の紙面に、「DC外リート」として掲載されます。
         委託会社に対する照会は下記においてできます。
                                                インターネット・
                                          ※
                   照会先の名称
                                     電話番号
                                               ホームページ・アドレス
          三井住友アセットマネジメント株式会社                          0120-88-2976          http://www.smam-jp.com

          ※お問い合わせは、原則として営業日の午前9時~午後5時までとさせていただきます。

     (5)【申込手数料】

                                  2/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        無手数料です。
     (6)【申込単位】

        お申込単位の詳細は、お申込みの販売会社または前記「(4)発行(売出)価格」に記載の委託会

        社にお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

        当初自己設定:平成28年              9月23日

        継続申込期間:平成28年              9月23日から平成29年11月21日まで
         ※継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

        販売会社において申込みを取り扱います。

        販売会社の詳細につきましては、前記「(4)発行(売出)価格」に記載の委託会社にお問い合わ
        せください。
     (9)【払込期日】

        イ 当初自己設定

          委託会社は、設定日(平成28年9月23日)に、当初自己設定にかかる発行価額の総額を委託会
          社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込みます。
        ロ 継続申込期間
          取得申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×申込口数)を、販売会社の
          指定の期日までに、指定の方法でお支払いください。
          各取得申込みにかかる発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、委託会社の指定する口座
          を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

        販売会社において払込みを取り扱います。(販売会社は前記「(4)発行(売出)価格」に記載の

        委託会社にお問い合わせください。)
     (11)【振替機関に関する事項】

        当ファンドの振替機関は下記の通りです。

           株式会社証券保管振替機構

     (12)【その他】

       イ 申込証拠金

         ありません。
       ロ わが国以外の地域における募集
                                  3/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ありません。
       ハ お申込不可日
         上記にかかわらず、取得申込日がニューヨーク、オーストラリアの取引所の休業日またはニー
         ヨークの銀行の休業日のいずれかに当たる場合には、ファンドの取得申込みはできません(ま
         た、該当日には、解約請求のお申込みもできません。)。
       ニ クーリング・オフ制度(金融商品取引法第37条の6)の適用
         ありません。
       ホ 振替受益権について
         ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、ファンドの振替機関の振替業にかかる業務規
         程等の規則に従って取り扱われるものとし、ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法お
         よび当該振替機関の業務規程その他の規則に従って支払われます。
        (参考:投資信託振替制度)

         ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理するもので、ファンド
           の設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)への
           記載・記録によって行われます。
         ・受益証券は発行されませんので、盗難や紛失のリスクが削減されます(原則として受益証券を
           保有することはできません。)。
         ・ファンドの設定、解約等における決済リスクが削減されます。
         ・振替口座簿に記録されますので、受益権の所在が明確になります。
                                  4/56













                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       イ 当ファンドは、外国リート・インデックス・マザーファンド(以下「マザーファンド」といいま

         す。)受益証券への投資を通じて、日本を除く世界各国において上場(準ずるものを含みま
         す。)している不動産投資信託(リート)に投資し、S&P先進国REIT指数(除く日本、配
         当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指して運用を行います。
        㭎൒핵⍢閌읏៿࠰ﰰ죿৿ࡎରరﰰ젰ര栰䐰䐰縰夰˿र栰漰Ţ閌읏ឌꅵ⌰縰弰潢閌읬핎

         の財産の総額の2分の1を超える額を、不動産等(不動産、不動産の貸借権、地上権等をいい、
         一般社団法人投資信託協会規則で定めるものをいいます。以下同じ。)および不動産等を主たる
         投資対象とする資産対応証券等(資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的と
         する優先出資証券、特定目的信託の受益証券等であって一般社団法人投資信託協会規則に定める
         ものをいいます。)に投資することを目的とする投資信託の受益証券および投資法人の投資証券
         をいい、海外における同様の資産で、金融商品取引法上の外国投資信託証券または外国投資証券
         を含みます。
       ロ 委託会社は、受託会社と合意の上、金5,000億円を限度として信託金を追加することができま

         す。この限度額は、委託会社、受託会社の合意により変更できます。
       ハ 当ファンドが該当する商品分類、属性区分は次の通りです。
       (イ)当ファンドが該当する商品分類
              項目        該当する商品分類                        内容
           単位型・追加型          追加型投信            一度設定されたファンドであってもその後追加設
                                  定が行われ従来の信託財産とともに運用される
                                  ファンドをいいます。
           投資対象地域          海外            目論見書または信託約款において、組入資産によ
                                  る主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉と
                                  する旨の記載があるものをいいます。
           投資対象資産          不動産投信            目論見書または信託約款において、組入資産によ
           (収益の源泉)                       る主たる投資収益が実質的に不動産投資信託の受
                                  益証券および不動産投資法人の投資証券を源泉と
                                  する旨の記載があるものをいいます。
           補足分類          インデックス型            目論見書または信託約款において、各種指数に連
                                  動する運用成果を目指す旨の記載があるものをい
                                  います。
       (ロ)当ファンドが該当する属性区分

              項目        該当する属性区分                        内容
                                  5/56




                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           投資対象資産          その他資産(投資信            目論見書または信託約款において、主として投資
                     託証券(不動産投            信託証券に投資する旨の記載があるものをいいま
                     信))            す。「投資信託証券」以下のカッコ内は投資信託
                                  証券の先の実質投資対象について記載していま
                                  す。なお、組み入れる資産そのものは投資信託証
                                  券ですが、投資信託証券の先の実質投資対象は不
                                  動産投信であり、ファンドの収益は不動産投信市
                                  場の動向に左右されるものであるため、商品分類
                                  上の投資対象資産(収益の源泉)は「不動産投
                                  信」となります。
           決算頻度          年1回            目論見書または信託約款において、年1回決算する
                                  旨の記載があるものをいいます。
           投資対象地域                       目論見書または信託約款において、組入資産によ
                     グローバル(日本
                                  る投資収益が日本を除く世界の資産を源泉とする
                     を除く)
                                  旨の記載があるものをいいます。
           投資形態          ファミリーファンド            目論見書または信託約款において、親投資信託
                                  (ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるも
                                  のを除く。)を投資対象として投資するものをい
                                  います。
           為替ヘッジ          為替ヘッジなし            目論見書または信託約款において、対円での為
                                  替のヘッジを行わない旨の記載があるものまた
                                  は対円での為替のヘッジを行う旨の記載がない
                                  ものをいいます。
           対象インデック          そ  の  他  の  指  数  目論見書または信託約款において、S&P先進
           ス          (S&P先進国R            国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算
                     EIT指数(除く            ベース)に連動する運用成果を目指す旨の記載
                     日本、配当込み、            があるものをいいます。
                     円換算ベース))
           
           投資信託)の投資形態で行うため、当ファンドとマザーファンドを一体とみなした場合、
           ファンド・オブ・ファンズの性質を有します。
     ≪商品分類表≫

                                       投資対象資産
        単位型・追加型               投資対象地域                              補足分類
                                       (収益の源泉)
                                         株式

                          国内
          単位型                              債券           インデックス型

                          海外             不動産投信

          追加型                             その他資産               特殊型

                                         (  )
                          内外              資産複合
     (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

     ≪属性区分表≫

                                             為替ヘッジ       対象インデックス
       投資対象資産           決算頻度        投資対象地域           投資形態
       株式            年1回       グローバル

        一般                  (日本を除く)
                                  6/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        大型株           年2回         日本
        中小型株                                               日経225
                   年4回         北米
                                   ファミリーファン            あり
       債券
                                      ド
                  年6回(隔
        一般                    欧州
                    月)
        公債
                  年12回(毎
        社債                   アジア
                    月)
        その他債券
        クレジット属性            日々       オセアニア                             TOPIX
         (  )
                   その他        中南米
                                    ファンド・オブ           なし
       不動産投信            (  )
                                     ・ファンズ
                           アフリカ
       その他資産                                                その他
        (投資信託証券                                             (S&P先進国R
        (不動産投信))                   中近東                          EIT指数(除く日
                           (中東)                          本、配当込み、
                                                     円換算ベース))
       資産複合                   エマージング

       (   )
        資産配分固定型
        資産配分変更型
     (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

      ※属性区分の「為替ヘッジ」は、対円での為替変動リスクに対するヘッジの有無を記載しています。

      
       す。商品分類、属性区分の全体的な定義等は一般社団法人投資信託協会のホームページ
       (http://www.toushin.or.jp/)をご覧ください。
     (2)【ファンドの沿革】

         平成28年9月23日              信託契約締結、設定、運用開始。(予定)

     (3)【ファンドの仕組み】

       イ 当ファンドの関係法人とその役割

       (イ)委託会社 「三井住友アセットマネジメント株式会社」
           証券投資信託契約に基づき、信託財産の運用指図、投資信託説明書(目論見書)および運用報
           告書の作成等を行います。
       (ロ)受託会社 「三井住友信託銀行株式会社」
           証券投資信託契約に基づき、信託財産の保管・管理・計算等を行います。なお、信託事務の一
           部につき、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社に委託することがあります。また、外
           国における資産の保管は、その業務を行うに充分な能力を有すると認められる外国の金融機関
           が行う場合があります。
                                  7/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (ハ)販売会社
           委託会社との間で締結される販売契約(名称の如何を問いません。)に基づき、当ファンドの
           募集・販売の取扱い、投資信託説明書(目論見書)の提供、受益者からの一部解約実行請求の
           受付け、受益者への収益分配金、一部解約金および償還金の支払事務等を行います。
           ※委託会社は販売会社としての役割も有します。
       ロ 委託会社の概況




       (イ)資本金の額
           2,000百万円(平成28年6月30日現在)
       (ロ)会社の沿革
            昭和60年7月15日           三生投資顧問株式会社設立
            昭和62年2月20日           証券投資顧問業の登録
            昭和62年6月10日           投資一任契約にかかる業務の認可
            平成11年1月1日           三井生命保険相互会社の特別勘定運用部門と統合
            平成11年2月5日           三生投資顧問株式会社から三井生命グローバルアセットマネジメント
                       株式会社へ商号変更
            平成12年1月27日           証券投資信託委託業の認可取得
            平成14年12月1日           住友ライフ・インベストメント株式会社、スミセイ                             グローバル投信
                       株式会社、三井住友海上アセットマネジメント株式会社およびさくら
                       投信投資顧問株式会社と合併し、三井住友アセットマネジメント株式
                       会社に商号変更
            平成25年4月1日           トヨタアセットマネジメント株式会社と合併
       (ハ)大株主の状況
                                               (平成28年7月29日現在)
                                                   所有      比率
                名称                    住所
                                                  株式数      (%)
         株式会社三井住友銀行                  東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                        10,584       60.0
         住友生命保険相互会社                  大阪府大阪市中央区城見一丁目4番35号                         3,528       20.0
         三井住友海上火災保険株式会社                  東京都千代田区神田駿河台三丁目9番地                         3,528       20.0
       ハ ファンドの運用形態(ファンド・オブ・ファンズによる運用)

         一般に、「ファンド・オブ・ファンズ」においては、株式や債券などの有価証券に直接投資する
         のではなく、複数の他の投資信託(ファンド)を組み入れることにより運用を行います(投資信
         託に投資する投資信託)。マザーファンドの主要投資対象であるリートは、不動産投資信託であ
         り、当ファンドとマザーファンドを一体とみなした場合、当ファンドは「ファンド・オブ・ファ
         ンズ」に該当します。
       〔ファンド・オブ・ファンズによる運用〕

                                  8/56



                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】




     (1)【投資方針】

       イ 基本方針

         当ファンドは、マザーファンド受益証券への投資を通じて、日本を除く世界各国において上場
         (準ずるものを含みます。)している不動産投資信託(リート)に投資し、S&P先進国REI
         T指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指して運用を行います。
       ロ 投資態度
        (イ)マザーファンド受益証券への投資を通じて、実質的に以下のような運用を行います。
           ・S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとし、
            ベンチマークに連動する投資成果を目指します。
           ・不動産投資信託(REIT)への投資にあたっては、S&P先進国REIT指数採用銘柄
            (採用予定を含みます。)に投資を行うものとします。
        (ロ)不動産投資信託(REIT)の実質組入比率は、原則として高位を保ちます。
        (ハ)    ベンチマークとの連動を維持するため、不動産投信指数先物取引等を活用する場合があ
            ります。このため、不動産投資信託(REIT)の実質組入れ時価総額と不動産投信指
            数先物取引等の買建玉の時価総額の合計額が純資産総額を超えることがあります。
        (ニ)実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
        (ホ)資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
                                  9/56










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/56





















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ※ 組入リートの費用等について

















         当ファンドとマザーファンドを合わせて実質的に一つのファンドとみなした場合、リートは
         法形式上、投資信託証券とされることから、リートを実質的に主要投資対象とする当ファン
         ドはファンド・オブ・ファンズとなります。
         しかし、一般の証券投資信託を投資対象とするファンド・オブ・ファンズが投資対象の証券
         投資信託をあらかじめ信託約款等でリストアップし、組入投資信託の状況の変化が限定的な
         運用を行うのに対し、リート(不動産投資信託)を主要投資対象とする当ファンドでは、株
                                 11/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         式と同様に取引所等の市場で売買される多数の銘柄のリートの中から、信託約款上の選定基
         準に従って適宜組入銘柄を選定して分散投資を行い、また売却を行いますので、組み入れる
         リー   トの銘柄や構成比は流動的となります。
         リートの多くは法人形態をとっており、その費用には、運用者等に支払う費用以外に、一般
         の会社と同じように多種多様なものがあります。
         したがって、委託会社において、当ファンドが組み入れる様々なリートの費用等を網羅的に
         調査し、当ファンドへの投資等のための参考になるような情報として、その上限額、計算方
         法等を具体的に記載することはできません。
     (2)【投資対象】
















                                 12/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       イ 投資対象とする資産の種類
         当ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       (イ)次に掲げる特定資産(投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項の「特定資産」をいい
           ます。以下同じ。)
         1.有価証券
         2.  デリバティブ取引にかかる権利
         3.約束手形
         4.金銭債権
       (ロ)特定資産以外の資産で、以下に掲げる資産
         1.為替手形
       ロ 投資対象とする有価証券
         委託会社は、信託金を、主として、マザーファンドの受益証券または次の有価証券(金融商品取
         引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投
         資することを指図します。
         1.国債証券、地方債証券、特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証
            券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券および短期社債等を除き
            ます。)
         2.コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
         3.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前号の証券または証書の性質を有するも
            の
         4.投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)
         5.投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
         6.外国法人が発行する譲渡性預金証書
         なお、第1号の証券にかかる運用の指図は買い現先取引(売戻条件付の買入れ)に限り行うこと
         ができるものとします。また、第4号の証券および第5号の証券を以下「投資信託証券」といい
         ます。
       ハ 投資対象とする金融商品
         委託会社は、信託金を、上記ロに掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法
         第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運
         用することを指図することができます。
         1.預金
         2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
            す。)
         3.コール・ローン
         4.手形割引市場において売買される手形
     (3)【運用体制】

       イ 運用体制

         当ファンドの運用は、次のプロセスに基づいて行われます。
       (イ)計画(Plan)
           国内外のエコノミスト、アナリスト、ファンドマネージャーが、マクロ経済環境、市場環境に
           関する分析・検討を行います。
           これを元に、担当運用グループは投資政策委員会にて、運用方針を決定し月次運用計画を策定
           します。
       (ロ)実行(Do)
           担当運用グループは、月次運用計画に基づき、ファンドのポートフォリオの構築、およびポー
           トフォリオ管理の一環として日々のリスクモニタリングを行います。
           売買執行については、組織的に分離されたトレーディング部が、最良と思われる手法をもって
                                 13/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           売買を執行します。
       (ハ)検証(Check)
           運用部門から組織的に分離されたリスク管理部が、約款の遵守状況等、ファンドの運営状況を
           日々モニタリングし、抵触があった場合直ちに担当運用グループへ状況確認がなされます。担
           当運用グループは対応結果をリスク管理部へ報告します。
           運用評価委員会では、ファンドの運用方針の実行状況、運用状況の分析結果を確認します。ま
           た、運用の分析、評価結果、運用リスク状況、法令諸規則、運用ガイドライン、約款の遵守状
           況についても報告されます。
        〔ファンドの運用体制〕

          ※リスク管理部は9名程度、運用企画部は11名程度で構成されています。








          ※ファンドの運用体制は、委託会社の組織変更等により、変更されることがあります。
       ロ 委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制

         ファンドの受託会社に対しては、信託財産の日常の管理業務(保管・管理・計算等)を通じて、
         信託事務の正確性・迅速性の確認を行い、問題がある場合は適宜改善を求めています。
     (4)【分配方針】

        年1回(原則として毎年2月25日。ただし、休業日の場合は翌営業日)決算を行い、原則として以

        下の方針に基づき分配金額を決定します。
       イ 分配対象額は、経費控除後の利子、配当等収益と売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内と
         します。
       ロ 収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対
         象額が少額の場合等には、委託会社の判断により分配を行わない場合もあるため、将来の分配金
         の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
       ハ 留保益の運用については特に制限を定めず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を
         行います。
                                 14/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ファンドは複利効果による信託財産の成長を優先するため、収益分配を極力抑制します。(基準
       価額水準、市況動向等によっては変更する場合があります。)
     (5)【投資制限】

      Ⅰ ファンドの信託約款に基づく投資制限

       イ 投資信託証券への実質投資割合には、制限を設けません。
         
         占める比率(「組入比率」といいます。)と、当該同一種類の資産のマザーファンドにおける組
         入比率に当該マザーファンド受益証券の当ファンドにおける組入比率を乗じて得た率を合計した
         ものをいいます(以下同じ。)。
       ロ 株式への投資は行いません。
       ハ 外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ニ 投資信託証券とコマーシャル・ペーパーおよび短期社債等以外の有価証券への投資は、買い現先
          取引または債券貸借取引に限ります。
       ホ 投資信託証券を組み入れる場合において、一般社団法人投資信託協会規則に定めるエクスポー
          ジャーがルックスルーできる場合に該当しないときは、当該投資信託証券への投資は、信託財産
          の純資産総額の10%以内とします。
       へ    一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エク
          スポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、
          原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合
          には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       ト デリバティブ取引等にかかる投資制限
          委託会社は、デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方
          法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えることとなる投資の指図をしません。
       チ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
          外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
          場合には、制約されることがあります。
       リ 外国為替予約取引の指図
          委託会社は、信託財産に属する外貨建資産とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産
          のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンドの時価総額にマ
          ザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額
          をいいます。)との合計額について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替の売買
          の予約を指図することができます。
       ヌ 資金の借入れ
       (イ)委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支
           払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借り入れた資金の返済を含みま
           す。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、
           資金の借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。な
           お、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信
           託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開
           始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約
           代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日
           以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および
           償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入額は、借入れ指図を行う日における信託
           財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
       (ハ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌
           営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       (ニ)借入金の利息は、信託財産中から支弁します。
                                 15/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      Ⅱ 法令に基づく投資制限

       イ 同一法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投資信
         託につき、信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数(株主総会において決議をする
         ことができる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、
         会社法第879条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含
         みます。)が、当該株式にかかる議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる
         場合においては、信託財産をもって当該株式を取得することを受託会社に指図することが禁じら
         れています。
       ロ デリバティブ取引にかかる投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第8
         号)
         委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標にか
         かる変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合
         理的な方法により算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリ
         バティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書にかかる取引およ
         び選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会社に指図しないものと
         します。
       ハ  信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令第130条第1項第
         8号の2)委託会社は、運用財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産につ
         いて取引の相手方の債務不履行その他の理由により発生し得る危険をいいます。)を適正に
         管理する方法としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行
         うことを受託会社に指図しないものとします。
     (参考情報:外国リート・インデックス・マザーファンドの投資方針等)

     (1)投資方針等

       イ 基本方針
          日本を除く世界各国の不動産投資信託(REIT)などを主要投資対象とし、信託財産の着実な
          成長と安定した収益の確保を目指して運用を行います。
       ロ 投資態度
       (イ)S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)をベンチマークとし、ベン
           チマークに連動する投資成果を目指します。
       (ロ)不動産投資信託(REIT)などへの投資にあたっては、S&P先進国REIT指数(除く日
           本)採用銘柄(採用予定を含みます。)に投資を行うものとします。
       (ハ)不動産投資信託(REIT)の組入比率は、原則として高位を保ちます。
       (ニ)外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行わないものとします。
       (ホ)資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
     (2)投資対象

       イ 投資対象とする資産の種類
         前記「2      投資方針      (2)投資対象         イ  投資対象とする資産の種類」において記載したベビー
         ファンドが投資対象とする資産の種類に同じです。(デリバティブ取引を除きます。)
       ロ 投資対象とする有価証券
         前記「2     投資方針     (2)投資対象         ロ  投資対象とする有価証券」において記載したベビーファ
         ンドが投資対象とする有価証券の各号(第1号から第6号)に同じです。
       ハ 投資対象とする金融商品
         前記「2     投資方針     (2)投資対象         ハ  投資対象とする金融商品」において記載したベビーファ
         ンドが投資対象とする金融商品に同じです。
                                 16/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)投資制限

       イ ファンドの信託約款に基づく主要な投資制限
       (イ)投資信託証券への投資割合には、制限を設けません。
       (ロ)株式への投資は行いません。
       (ハ)外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       (ニ)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エク
           スポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率
           は、原則としてそれぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなっ
           た場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うことと
           します。
       ロ 法令に基づく投資制限
         ベビーファンドにつき上述した法令に基づく制限は、当マザーファンドについても課されます。
     3【投資リスク】

       イ ファンドのもつリスクの特性

         当ファンドは、主に海外の不動産投資信託(リート)を投資対象としています(マザーファンド
         を通じて間接的に投資する場合を含みます。)。当ファンドの基準価額は、組み入れたリートの
         値動き、当該発行者の経営・財務状況の変化、為替相場の変動等の影響により上下します。基準
         価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
         運用の結果としてファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。したがっ
         て、当ファンドは預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく、一定の投資成果
         を保証するものでもありません。また、当ファンドは、預貯金や保険契約と異なり、預金保険、
         貯金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。登録金融機関は、投資者保護基金
         には加入しておりません。
         当ファンドが有するリスク等(当ファンドが主要投資対象とするマザーファンドへの投資を通じ
         て間接的に受ける実質的なリスク等を含みます。)のうち主要なものは、以下の通りです。
       (イ)不動産投資信託(リート)に関するリスク
           リートの価格は、不動産市況や金利・景気動向、関連法制度(税制、建築規制、会計制度
           等)の変更等の影響を受け変動します。また、リートに組み入れられている個々の不動産等
           の市場価値、賃貸収入等がマーケット要因によって上下するほか、自然災害等により個々の
           不動産等の毀損・滅失が生じる可能性もあります。さらに個々のリートは一般の法人と同
           様、運営如何によっては倒産の可能性もあります。これらの影響により、ファンドが組み入
           れているリートの価格が下落した場合、ファンドの基準価額が下落する要因となります。
       (ロ)信用リスク
           ファンドが投資している有価証券や金融商品に債務不履行が発生あるいは懸念される場合
           に、当該有価証券や金融商品の価格が下がったり、投資資金を回収できなくなったりするこ
           とがあります。これらはファンドの基準価額が下落する要因となります。有価証券等の格付
           けが低い場合は、格付けの高い場合に比べてこうしたリスクがより高いものになると想定さ
           れます。
       (ハ)為替変動リスク
           外貨建    資産への     投資  は、円建資産に投資する場合の通常のリスクのほかに、為替変動によ
           る影響を受けます。ファンドが保有する外貨建資産の価格が現地通貨ベースで上昇する場
           合であっても、当該現地通貨が対円で下落(円高)する場合、円ベースでの評価額は下落
           することがあります。為替の変動(円高)は、ファンドの基準価額が下落する要因となり
           ます。
       (ニ)    カントリーリスク
           海外に投資を行う場合には、投資する有価証券の発行者に起因するリスクのほか、投資先
                                 17/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           の国の政治・経済・社会状況の不安定化や混乱などによって投資した資金の回収が困難に
           なることや、その影響により投資する有価証券の価格が大きく変動することがあり、基準
           価 額が下落する要因となります。
       (ホ)市場流動性リスク
           ファンド     の資金流出入に伴い、有価証券等を大量に売買しなければならない場合、あるいは
           市場を取り巻く外部環境に急激な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等
           には、必要な取引ができなかったり、通常よりも不利な価格での取引を余儀なくされること
           があります。これらはファンドの基準価額が下落する要因となります。
       (ヘ)指数と連動しない要因
           当ファンドは、S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)に連動す
           る投資成果を目指して運用を行います。ただし、有価証券売買時のコストおよび信託報酬そ
           の他のファンド運営にかかる費用、追加設定・解約に伴う組入有価証券の売買のタイミング
           差、インデックス構成銘柄と組入有価証券との誤差の影響等から、上記インデックスに連動
           しないことがあります。
       (ト)ファミリーファンド方式にかかる留意点
           当ファンドは「ファミリーファンド方式」により運用するため、当ファンドと同じマザー
           ファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・一部解約により資金の流出入が
           生じた場合、その結果として、当該マザーファンドにおいても組入有価証券の売買等が生
           じ、当ファンドの基準価額に影響を及ぼすことがあります。
       (チ)換金制限等に関する留意点
           投資資産の市場流動性が低下することにより投資資産の取引等が困難となった場合は、
           ファンドの換金申込みの受付けを中止すること、および既に受け付けた換金申込みを取り
           消すことがあります。
       (リ)収益分配金に関する留意事項
           分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支
           払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
           分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買


           益)を超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と
           比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファン
           ドの収益率を示すものではありません。
           投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一
           部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準
           価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
       ロ 投資リスクの管理体制

         リスク管理の実効性を高め、また、コンプライアンスの徹底を図るために、運用部門から独立し
         た組織(リスク管理部および法務コンプライアンス部)を設置し、ファンドの投資リスクや法
         令・諸規則等の遵守状況にかかる確認等を行っています。リスク管理部では、主に投資信託約
         款・社内ルール等において定める各種投資制限・リスク指標のモニタリングを行います。また、
         法務コンプライアンス部では、主に法令・諸規則等の遵守状況についての確認等を行います。投
         資リスクや法令・諸規則等の遵守状況等にかかる確認結果等については、運用評価委員会、リス
         ク管理委員会およびコンプライアンス委員会への報告が義務づけられています。
      (参考情報)投資リスクの定量的比較

                                 18/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】


















     (1)【申込手数料】

        無手数料です。

                                 19/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【換金(解約)手数料】

        解約手数料はありません。
     (3)【信託報酬等】

        純資産総額に年0.3024%(税抜き0.28%)を上限として以下の率を乗じて得た金額が信託報酬とし
        て計算され、信託財産の費用として計上されます。
        信託報酬は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日と各計算期末または信託終了のときに、信託財産中
        から支弁するものとします(投資対象とするリートにおいても、運用報酬等の負担がありま
        す。)。
        信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
        信託報酬の実質的配分は以下の通りです。
        <信託報酬率およびその配分>
                                         配分(税抜き)
              純資産残高              信託報酬率
                                      委託会社       販売会社      受託会社
          200億円未満                 年0.3024%
                                     年0.14%
          の部分に対して                 (税抜き0.28%)
          200億円以上500億円未満                 年0.2916%
                                     年0.13%
          の部分に対して                 (税抜き0.27%)
                                            年0.11%      年0.03%
          500億円以上1,000億円未満                 年0.2808%
                                     年0.12%
          の部分に対して                 (税抜き0.26%)
          1,000億円以上                 年0.27%

                                     年0.11%
          の部分に対して                 (税抜き0.25%)
         ※上記の配分には別途消費税等相当額がかかります。
             支払先                         役務の内容
             委託会社          ファンド運用の指図等の対価
                      交付運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管理、購入後
             販売会社
                      の情報提供等の対価
             受託会社          ファンド財産の保管および管理、委託会社からの指図の実行等の対価
     (4)【その他の手数料等】

       イ 信託財産の財務諸表の監査に要する費用は、原則として、計算期間を通じて毎日、純資産総額に

         年0.00648%(税抜き0.006%)以内の率を乗じて得た金額が信託財産の費用として計上され、毎
         計算期間の最初の6ヵ月終了日と各計算期末または信託終了のときに、信託財産中から支弁する
         ものとします。監査費用は、将来、監査法人との契約等により変更となることがあります。
       ロ 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立て替えた立替金の利
         息は、信託財産中から支弁します。
       ハ 有価証券の売買時の手数料、デリバティブ取引等に要する費用、および外国における資産の保管
         等に要する費用等(それらにかかる消費税等相当額を含みます。)は、信託財産中から支弁する
         ものとします。
        

         その発生もしくは請求のつど、信託財産の費用として認識され、その時点の信託財産で負担する
         こととなります。したがって、あらかじめ、その金額、上限額、計算方法等を具体的に記載する
         ことはできません。
                                 20/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        
         る多数の銘柄のリートの中から、信託約款上の選定基準に従って適宜組入銘柄を選定して分散投
         資 を行い、また売却を行いますので、組み入れるリートの銘柄や構成比は流動的となります。
         リートの多くは法人形態をとっており、その費用には、運用者等に支払う費用以外に、一般の会
         社と同じように多種多様なものがあります。したがって、委託会社において、当ファンドが実質
         的に組み入れる様々なリートの費用等を網羅的に調査し、当ファンドへの投資等のための参考に
         なるような情報として、その上限額、計算方法等を具体的に記載することはできません。
        㬰Nઊ᣿ࣿᇿ৿廿ࣿᓿर欰䬰䬰譢䭥灥饻䤰䨰蠰獢閌읛ﺌ愰渰ﰰ젰湽䑑攰谰銐ᨰ堰暕鍣ꕶ萰殌ꁢ

         する手数料等の合計額、その上限額、計算方法等は、手数料等に保有期間に応じて異なるもの
         が含まれていたり、発生時・請求時に初めて具体的金額を認識するものがあったりすることか
         ら、あらかじめ具体的に記載することはできません。
     (5)【課税上の取扱い】

       イ 個別元本について

       (イ)追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申
           込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあた
           ります。
       (ロ)受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を
           行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。ただし、同一ファ
           ンドを複数の販売会社で取得する場合については、各販売会社毎に個別元本の算出が行われま
           す。また、同一販売会社であっても同一受益者の顧客口座が複数存在する場合や、「分配金受
           取りコース」と「分配金自動再投資コース」を併用するファンドの場合には、別々に個別元本
           の算出が行われることがあります。
       (ハ)受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から
           当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
           (「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の(収益分配金の課税について)を参
           照。)
       ロ 一部解約時および償還時の課税について
         個人の受益者については、一部解約時および償還時の譲渡益が課税対象となり、法人の受益者に
         ついては、一部解約時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。
       ハ 収益分配金の課税について
         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
         「元本払戻金(特別分配金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分がありま
         す。
         ①収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または当該受益者の個別元
           本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ② 収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部




           分の額が     元本払戻金(特別分配金)               となり、当該収益分配金から当該                  元本払戻金(特別分配
           金)  を控除した額が普通分配金となります。なお、受益者が                              元本払戻金(特別分配金)               を受け
                                 21/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該                              元本払戻金(特別分配金)               を控除した
           額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
           㭎ઊᠤ怰Ĥ愰湖漰䈰估縰朰舰ꐰﰰ롖朰䈰訰Ő୒║䍧ⰰ著﩮陏ꆘ䴰Œڑ䶑터湔Ѭ㑮陻䤰鉹㩕




            するものではありません。
       ニ 個人、法人別の課税の取扱いについて

       (イ)個人の受益者に対する課税
         ⅰ.収益分配時
            収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(所得税15.315%および
            地方税5%)の税率による源泉徴収が行われ、申告不要制度が適用されます。確定申告によ
            る総合課税または申告分離課税の選択も可能です。
         ⅱ.一部解約時および償還時
            一部解約時および償還時の譲渡益については、20.315%(所得税15.315%および地方税
            5%)の税率による申告分離課税が適用されます。ただし、特定口座(源泉徴収選択口座)
            の利用も可能です。
            また、一部解約時および償還時の損失については、確定申告により、収益分配金、特定公社
            債等(公募公社債投資信託を含みます。)の譲渡益および利子等、他の上場株式等にかかる
            譲渡益および配当等との通算が可能です。
       (ロ)法人の受益者に対する課税
           収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時および償還時の個別元本超過
           額については、15.315%(所得税のみ)の税率で源泉徴収されます。
         当ファンドは、課税上は株式投資信託として取り扱われます。

         公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非
         課税制度「ジュニアNISA(ニーサ)」の適用対象です。ただし、販売会社によっては当ファ
         ンドをNISA、ジュニアNISAでの取扱い対象としない場合があります。詳しくは販売会社
         にお問い合わせください。
         なお、当ファンドは、配当控除の適用はありません。
          㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰೿⻿⧿㏿⇿࠰쬰ﰰ뗿रര鈰呒⥵⠰湘㑔࠰ū칞琰Ş璕錀㄀㈀ぎݑ蘰湻쑖朰

           未成年者少額投資非課税制度「ジュニアNISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、年間80
           万円の範囲で、新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が5年
           間非課税となります。NISA、ジュニアNISAのご利用には、販売会社での専用口座の開
           設等、一定の要件があります。
           詳しくは販売会社にお問い合わせください。
          ※当ファンドの外貨建資産割合および非株式割合
           外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
           非株式割合に関する制限はありません(約款規定なし)。
      㭎ઊᠰ欰䬰䬰輰褰娰Ÿ멛驢艹璑텒㙞꘰欰䨰儰譓흶쪀԰䱥⽢唰䐰鉓휰儰譓칶쩒ڑ䶑터Ŏ

       金、償還金はいずれも課税されません。
      㭎ઊᠰఀ⣿ᔀ⦊뉺๎ਰ湓홢焰䐰ര笰䭺๒㘰殕ꈰ夰譧ⱦ溊ᢏर漰Ş獢က㈀㡞琀㙧ࡧ⭳﹗⠰湠았㄰鈰舰栰歏
                                 22/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       成しています。税法の改正等により、変更されることがあります。
      ※課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家に確認されることをお勧めいたします。
     5【運用状況】

      当ファンドは、平成28年9月23日から運用を開始するため、平成28年                                     9月  7日現在、記載すべき事項は

      ありません。
     (1)【投資状況】

      該当事項はありません。

     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

      該当事項はありません。

     ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。

     ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

      該当事項はありません。

     ②【分配の推移】

      該当事項はありません。

     ③【収益率の推移】

      該当事項はありません。

     (4)【設定及び解約の実績】

      該当事項はありません。

     ≪参考情報≫

                                 23/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
















     1【申込(販売)手続等】

       イ 申込方法

       (イ)ファンドの取得申込者は、お申込みを取り扱う販売会社に取引口座を開設の上、当ファンドの
           取得申込みを行っていただきます。
           当ファンドには、「分配金受取りコース」と「分配金自動再投資コース」の2つの申込方法が
           ありますが、販売会社によってはいずれか一方のみの取扱いとなる場合があります。
                                 24/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (ロ)原則として午後3時までに取得申込みが行われ、販売会社所定の事務手続きが完了したものを
           当日の申込受付分とします。
           なお、取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があるとき
           は、取得申込みの受付けを中止させていただく場合、既に受け付けた取得申込みを取り消させ
           ていただく場合があります。
       (ハ)当ファンドの取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ当該取得申込者
           が受益権の振替を行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込
           者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。
           販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる
           口数の増加の記載または記録を行うことができます。
           ファンドのお買付けに関しましては、クーリング・オフ制度の適用はありません。
       (ニ)申込不可日
           上記にかかわらず、取得申込日がニューヨーク、オーストラリアの取引所の休業日または
           ニューヨークの銀行の休業日のいずれかに当たる場合には、当ファンドの取得申込みはできま
           せん(また、該当日には、解約請求のお申込みもできません。)。
       ロ 申込価額
         当初自己設定:1口当たり1円です。
         継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額となります。
         ただし、累積投資契約に基づく収益分配金の再投資の場合は、各計算期末の基準価額となりま
         す。
       ハ 申込手数料
         無手数料です。
       ニ 申込単位
         お申込単位の詳細は、取扱いの販売会社または委託会社にお問い合わせください。
       ホ 照会先
         申込単位の詳細についての委託会社に対する照会は下記においてできます。
                                                インターネット・
                                          ※
                  照会先の名称
                                     電話番号
                                               ホームページ・アドレス
          三井住友アセットマネジメント株式会社                          0120-88-2976          http://www.smam-jp.com
          ※お問い合わせは、原則として営業日の午前9時~午後5時までとさせていただきます。
       ヘ 申込取扱場所・払込取扱場所
         販売会社において申込み・払込みを取り扱います。
       ト 払込期日
       (イ)当初自己設定
           委託会社は、設定日(平成28年9月23日)に、当初自己設定にかかる発行価額の総額を委託会
           社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込みます。
       (ロ)継続申込期間
           取得申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×申込口数)を、販売会社
           の指定の期日までに、指定の方法でお支払いください。
           各取得申込みにかかる発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、委託会社の指定する口
           座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
     2【換金(解約)手続等】

        受益者は、自己に帰属する受益権につき、解約請求(一部解約の実行請求)により換金することが

        できます。
        お買付けの販売会社にお申し出ください。
        ただし、ニューヨーク、オーストラリアの取引所またはニューヨークの銀行の休業日のいずれ
        かに当たる場合には、解約請求の受付けは行いません。
                                 25/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        解約請求のお申込みに関しては、原則として午後3時までに解約請求のお申込みが行われ、販売会
        社所定の事務手続きが完了したものを当日の解約請求受付分とします。
        解約請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求にかか
        るファンドの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該解約請求にかかる受益権の
        口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定に従い当該振替機関等の口座において当
        該口数の減少の記載または記録が行われます。
        一部解約金は、解約請求受付日から起算して5営業日目からお支払いします。
        一部解約価額は、解約請求受付日の翌営業日の基準価額となります。
        一部解約価額は、委託会社の営業日において日々算出されますので、委託会社(電話:0120-88-
        2976)にお問い合わせいただければ、いつでもお知らせします。
        委託会社は、取引所等における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があるとき
        は、一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、および既に受け付けた一部解約の実行請求を
        取り消すことがあります。この場合、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行の
        請求を撤回できます。受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受付中止を
        解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受け付けたものとして、上記に準
        じた取扱いとなります。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

       イ 基準価額の算出方法

         基準価額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価
         評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)
         を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます(基準価額は、便宜上1万口単位で表
         示される場合があります。)。
         なお、外貨建資産の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買
         相場の仲値によって計算するものとし、予約為替の評価は、原則としてわが国における計算
         日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
       ロ 基準価額の算出頻度・照会方法
         基準価額は、委託会社の営業日において日々算出されます。
         基準価額は、販売会社または委託会社にお問い合わせいただけるほか、原則として翌日付の日本
         経済新聞朝刊の証券欄「オープン基準価格」の紙面に、「DC外リート」として掲載されます。
         委託会社に対する照会は下記においてできます。
                                                インターネット・
                                          ※
                   照会先の名称
                                     電話番号
                                               ホームページ・アドレス
            三井住友アセットマネジメント株式会社                         0120-88-2976          http://www.smam-jp.com
           ※お問い合わせは、原則として営業日の午前9時~午後5時までとさせていただきます。

     (2)【保管】

        ファンドの受益権は社振法の規定の適用を受け、受益権の帰属は振替機関等の振替口座簿に記載ま
        たは記録されることにより定まるため、原則として受益証券は発行されません。したがって、受益
        証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

                                 26/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        平成28年9月23日から下記「(5)その他                        イ  信託の終了」に記載された各事由が生じた場合
        における信託終了の日までとなります。
     (4)【計算期間】

        毎年2月26日から翌年2月25日までとすることを原則としますが、各計算期間終了日に該当する日

        (以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、
        その翌日より次の計算期間が開始するものとします。ただし、第1計算期間は平成28年9月23日か
        ら平成29年2月27日まで(休業日となった場合は翌営業日まで)とし、最終計算期間の終了日は、
        信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

       イ 信託の終了

       (イ)信託契約の解約
         a.委託会社は、当ファンドの信託契約を解約することが受益者にとって有利であると認めると
            き、残存口数が5億口を下回ることとなったとき、その他やむを得ない事情が発生したとき
            は、受託会社と合意の上、当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させることができま
            す。この場合において委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ま
            す。
         b.委託会社は、上記aの事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を
            行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由な
            どの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、当ファンドの知れている受益者に対し、
            書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
         c.書面決議において、受益者(委託会社等を除きます。)は受益権の口数に応じて、議決権を
            有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないとき
            は、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
         d.書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
            もって行います。
         e.上記b~dまでの取扱いは、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、
            当該提案につき、当ファンドのすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表
            示をしたときには適用しません。また、信託財産の状況に照らし、真にやむを得ない事情が
            生じている場合であって、上記b~dまでの取扱いを行うことが困難な場合も同様としま
            す。
       (ロ)信託契約に関する監督官庁の命令
           委託会社は、監督官庁より当ファンドの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従
           い信託契約を解約し、信託を終了させます。
       (ハ)委託会社の登録取消等に伴う取扱い
           委託会社が、監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したと
           きは、委託会社は当ファンドの信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が
           当ファンドに関する委託会社の業務を他の委託会社に引継ぐことを命じたときは、当ファンド
           は、その委託会社と受託会社との間において存続します。
       (ニ)受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
         a.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。また、受託会社
            がその任務に違反して信託財産に著しい損害を与えたこと、その他重要な事由があるとき
            は、委託会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申し立てることができます。
         b.上記により受託会社が辞任し、または解任された場合は、委託会社は新受託会社を選任しま
            す。
                                 27/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         c.委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は当ファンドの信託契約を解約し、
            信託を終了させます。
       ロ 収益分配金、償還金の支払い
       (イ)収益分配金
         a.分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。分配対象額が少
            額の場合等には委託会社の判断により分配を行わない場合もあるため、将来の分配金の支払
            いおよびその金額について保証するものではありません。
         b.分配金は、原則として、税金を差し引いた後、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の
            指定する日(原則として決算日から起算して5営業日目まで)から、販売会社において、決
            算日の振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかか
            る決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収
            益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払い前のため販売会社の
            名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支
            払われます。
            ただし、分配金自動再投資コースにかかる収益分配金は、原則として、税金を差し引いた
            後、累積投資契約に基づいて、毎計算期間終了日の翌営業日に再投資され、再投資により増
            加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       (ロ)償還金
           償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5
           営業日目まで)から、販売会社において、原則として、償還日の振替機関等の振替口座簿に記
           載または記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益
           者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会
           社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に
           支払われます。
       ハ 信託約款の変更等
       (イ)委託会社は、当ファンドの信託約款を変更することが受益者の利益のため必要と認めるとき、
           監督官庁より変更の命令を受けたとき、その他やむを得ない事情が発生したときは、受託会社
           と合意の上、当ファンドの信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併
           合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併
           合」をいいます。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする
           旨および内容を監督官庁に届け出ます。
       (ロ)委託会社は、上記(イ)の事項(変更についてはその内容が重大なものに該当する場合に限
           り、併合にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除
           きます。以下、合わせて「重大な信託約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行
           います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な信託約款の変更等の内
           容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、当ファンドの知れてい
           る受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       (ハ)上記(ロ)の書面決議において、受益者(委託会社等を除きます。)は受益権の口数に応じ
           て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使
           しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       (ニ)書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもっ
           て行います(書面決議は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。)。
       (ホ)上記(ロ)から(ニ)までの取扱いは、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をし
           た場合において、当該提案につき、当ファンドのすべての受益者が書面または電磁的記録によ
           り同意の意思表示をしたときには適用しません。
       (ヘ)上記にかかわらず、当ファンドと他のファンドとの併合の場合は、当ファンドにおいて併合の
           書面決議が可決された場合にあっても、相手方となる他のファンドにおいて当該併合の書面決
           議が否決された場合は、併合を行うことはできません。
       ニ 反対受益者の受益権買取請求の不適用
                                 28/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         当ファンドは、受益者が一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部解約
         をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支
         払 われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または重大な信託約
         款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対
         受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
       ホ 販売会社との契約の更改等
         委託会社と販売会社との間で締結される販売契約(名称の如何を問わず、ファンドの募集・販売
         の取扱い、受益者からの一部解約実行請求の受付け、受益者への収益分配金、一部解約金および
         償還金の支払事務等を規定するもの)は、期間満了の3ヵ月前に当事者のいずれからも、何らの
         意思表示もない場合は、自動的に1年間更新されます。販売契約の内容は、必要に応じて、委託
         会社と販売会社との合意により変更されることがあります。
       ヘ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         委託会社の事業の全部または一部の譲渡、もしくは分割承継により、当ファンドに関する事業が
         譲渡・承継されることがあります。
       ト 公告
         委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
       チ 運用にかかる報告書の開示方法
         委託会社は毎決算後、投資信託及び投資法人に関する法律の規定に従い、期中の運用経過のほ
         か、信託財産の内容、有価証券売買状況などを記載した運用報告書(全体版)および運用報告書
         (全体版)の記載事項のうち重要なものを記載した交付運用報告書を作成します。
         交付運用報告書は、原則として、あらかじめ受益者が申し出た住所に販売会社から届けられま
         す。なお、運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページで閲覧できます。
     4【受益者の権利等】

        委託会社の指図に基づく行為によりファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属しま

        す。当ファンドの受益権は、信託の日時を異にすることにより差異が生ずることはありません。
        受益者の有する主な権利は次の通りです。
       イ 分配金請求権
         受益者は、委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
         収益分配金は、原則として、税金を差し引いた後、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の
         指定する日(原則として決算日から起算して5営業日目まで)から、販売会社において、決算日
         の振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかかる決算日
         以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にか
         かる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または
         記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払われます。
         ただし、分配金自動再投資コースをお申込みの場合の収益分配金は、原則として、税金を差し引
         いた後、累積投資契約に基づき、毎計算期間終了日の翌営業日に再投資され、再投資により増加
         した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
         収益分配金は、受益者が、その支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、受益者は
         その権利を失い、当該金銭は、委託会社に帰属します。
       ロ 償還金請求権
         受益者は、持分に応じて償還金を請求する権利を有します。
         償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5営
         業日目まで)から、販売会社において、原則として、償還日の振替機関等の振替口座簿に記載ま
         たは記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除
         きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義
         で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払われま
         す。
                                 29/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         償還金は、受益者がその支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、受益者はその権
         利を失い、当該金銭は、委託会社に帰属します。
       ハ 一部解約実行請求権
         受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に一部解約の実行を請求することができま
         す。詳細は、前記「第2 管理及び運営 2 換金(解約)手続等」の記載をご参照ください。
       ニ 書面決議における議決権
         委託会社が、当ファンドの解約(監督官庁の命令による解約等の場合を除きます。)または、重
         大な信託約款の変更等を行おうとする場合において、受益者は、それぞれの書面決議手続きにお
         いて、受益権の口数に応じて議決権を有しこれを行使することができます。
       ホ 帳簿閲覧・謄写請求権
         受益者は委託会社に対し、当該受益者にかかる信託財産に関する書類の閲覧または謄写を請求す
         ることができます。
                                 30/56
















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

      当ファンドは、平成28年9月23日から運用を開始するため、平成28年                                     9月  7日現在、記載すべき事項は

      ありません。なお、当ファンドの監査は有限責任                           あずさ監査法人が行います。
     1【財務諸表】

                                 31/56


















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

      該当事項はありません。

                                 32/56



















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

      該当事項はありません。

                                 33/56



















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

      該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】

      該当事項はありません。

                                 34/56

















                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

      該当事項はありません。

     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、ファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の

       規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振
       替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振
       替受益権を表示する受益証券は発行されません。
      イ 名義書換

        該当事項はありません。
      ロ 受益者名簿
        作成しません。
      ハ 受益者に対する特典
        ありません。
      ニ 受益権の譲渡および譲渡制限等
      (イ)受益権の譲渡
        a.受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
           記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
        b.上記aの申請のある場合には、上記aの振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受
           益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿
           に記載または記録するものとします。ただし、上記aの振替機関等が振替先口座を開設したも
           のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
           位機関を含みます。)に社振法の規定に従い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記
           載または記録が行われるよう通知するものとします。
        c.上記aの振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
           されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異な
           る場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したと
           きは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      (ロ)受益権の譲渡制限および譲渡の対抗要件
         譲渡制限はありません。ただし、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなけれ
         ば、委託会社および受託会社に対抗することができません。
      ホ 受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議の上、社振法に定めるところに従い、一定日現在の受益権を均等に再
        分割できるものとします。
      ヘ 償還金
        償還金は、原則として、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益
        者に支払います。
      ト 質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定
        によるほか、民法その他の法令等に従って取り扱われます。
                                 35/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

       イ 資本金の額および株式数

                           平成28年6月30日現在
         資本金の額                 2,000百万円
         会社が発行する株式の総数                 60,000株
         発行済株式総数                 17,640株
       ロ 最近5年間における資本金の額の増減

         該当ありません。
       ハ 会社の機構

         委託会社の取締役は7名以内とし、株主総会で選任されます。取締役の選任決議は、議決権を行
         使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
         もって行い、累積投票によらないものとします。
         取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の
         終結の時までとし、補欠または増員によって選任された取締役の任期は、他の現任取締役の任期
         の満了する時までとします。
         委託会社の業務上重要な事項は、取締役会の決議により決定します。
         取締役会は、取締役会の決議によって、代表取締役若干名を選定します。
         また、取締役会の決議によって、取締役社長を1名選定します。
         ニ 投資信託の運用の流れ

                                 36/56










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託
       の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として投資運用業および投資助
       言業務を行っています。また、「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業にかかる業務を
       行っています。
       平成28年6月30日         現在、委託会社が運用を行っている投資信託(親投資信託は除きます)は、以下の
       通りです。
                                                (平成28年6月30日現在)
                                      本 数    (本)       純資産総額      (百万円)
                                                        146,534
                                             56
                          単位型
                                          (    15)       (      57,343)
                                            461          4,763,182
           株式投資信託
                          追加型
                                          ( 191)          ( 2,693,601)
                                            517          4,909,715
                           計
                                          ( 206)          ( 2,750,944)
                                             68           326,132
                          単位型
                                          (    68)       (  326,132)
                                              1           26,946
          公社債投資信託                追加型
                                          (  0)          (     0)
                                                        353,077
                                             69
                           計
                                          (    68)       (  326,132)
                                            586
                                                      5,262,792
                   合 計
                                          ( 274)          ( 3,077,075)
        ※( )内は、私募投資信託分であり、内書き表記しております。
     3【委託会社等の経理状況】

      1 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第

       59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に
       関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
      2 当社は、当事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表については、金融

       商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任                               あずさ監査法人の監査を受けております。
     (1)【貸借対照表】

                                                     (単位:千円)

                                  前事業年度                当事業年度
                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                    ※2             25,021,336                10,857,507
       顧客分別金信託                                       -             20,006
       前払費用                                   291,119                324,934
       未収入金                                    41,860                81,347
       未収委託者報酬                                  4,897,032                5,418,116
       未収運用受託報酬                                  1,000,744                1,635,461
       未収投資助言報酬                                   455,390                382,911
       未収収益                                    13,030                28,813
                                 37/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       繰延税金資産                                   475,859                494,032
                                         52,473                 6,226
       その他の流動資産
                                       32,248,847                19,249,357
      流動資産合計
      固定資産
       有形固定資産                    ※1
        建物                                   120,234                154,246
                                        230,712                240,748
        器具備品
                                        350,947                394,995
       有形固定資産合計
       無形固定資産
        ソフトウェア                                   497,668                449,034
        ソフトウェア仮勘定                                    77,155               146,452
        電話加入権                                      91                79
                                           222                 60
        商標権
                                        575,137                595,627
       無形固定資産合計
       投資その他の資産
        投資有価証券                                  7,151,933               13,115,106
        関係会社株式                                   509,146              10,412,523
        長期差入保証金                                   600,480                603,625
        長期前払費用                                    36,031                32,533
        会員権                                    17,299                17,299
                                        665,425                750,481
        繰延税金資産
                                       8,980,317               24,931,569
       投資その他の資産合計
                                       9,906,402               25,922,192
      固定資産合計
                                       42,155,249                45,171,549
      資産合計
                                                     (単位:千円)

                                  前事業年度                当事業年度
                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
     負債の部
      流動負債
       顧客からの預り金                                       -                0
       その他の預り金                                    82,723                73,103
       未払金
        未払収益分配金                                      711                154
        未払償還金                                   143,201                141,808
        未払手数料                                  2,338,432                2,479,778
        その他未払金                                  1,075,587                  58,453
       未払費用                                  2,095,111                2,092,669
       未払消費税等                                   478,421                317,444
       未払法人税等                                   454,520                992,491
       賞与引当金                                   906,623                982,654
       その他の流動負債
                                           808                 -
      流動負債合計
                                       7,576,142                7,138,557
      固定負債
       退職給付引当金                                 2,633,080                3,028,212
       賞与引当金                                       -             51,310
       その他の固定負債
                                            -               693
      固定負債合計
                                       2,633,080                3,080,216
                                       10,209,222                10,218,774
      負債合計
     純資産の部

      株主資本
                                 38/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       資本金                                 2,000,000                2,000,000
       資本剰余金
                                       8,628,984                8,628,984
        資本準備金
                                       8,628,984                8,628,984
       資本剰余金合計
       利益剰余金
        利益準備金                                  284,245                284,245
        その他利益剰余金
         配当準備積立金                                    60,000                60,000
         別途積立金                                  1,476,959                1,476,959
                                       18,861,359                21,984,811
         繰越利益剰余金
                                       20,682,564                23,806,015
       利益剰余金合計
                                       31,311,548                34,434,999
      株主資本計
      評価・換算差額等
                                        634,478                517,775
       その他有価証券評価差額金
                                        634,478                517,775
      評価・換算差額等合計
                                       31,946,027                34,952,774
      純資産合計
                                       42,155,249                45,171,549
      負債・純資産合計
     (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度                当事業年度
                             (自 平成26年4月           1日     (自 平成27年4月           1日
                               至 平成27年3月31日)                至 平成28年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                 30,094,858                32,339,255
      運用受託報酬                                  3,862,895                7,401,835
      投資助言報酬                                  2,106,161                1,909,892
      その他営業収益
       情報提供コンサルタント
       業務報酬                                    5,000                5,000
       投資法人運用受託報酬                                   27,345                 8,546
       サービス支援手数料                                   18,274                74,038
       その他                                   52,255                55,319
     営業収益計                                 36,166,790                41,793,887
     営業費用
      支払手数料                                 15,123,724                16,006,652
      広告宣伝費                                   407,991                615,596
      公告費                                    4,737                4,507
      調査費
       調査費                                  1,319,743                1,624,477
       委託調査費                                  3,550,675                4,106,366
      営業雑経費
       通信費                                   38,911                43,662
       印刷費                                   294,002                399,236
       協会費                                   26,955                23,328
       諸会費                                   18,577                22,650
       情報機器関連費                                  2,403,857                2,557,200
       販売促進費                                   28,281                31,271
                                        144,250                161,974
       その他
     営業費用合計                                 23,361,707                25,596,925
                                 39/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     一般管理費
      給料
       役員報酬                                   190,241                181,739
       給料・手当                                  5,186,853                5,824,767
       賞与                                   569,685                609,597
       賞与引当金繰入額                                   906,623               1,033,964
      交際費                                   22,609                26,912
      寄付金                                      -               23
      事務委託費                                   366,661                540,251
      旅費交通費                                   226,254                277,212
      租税公課                                   108,953                161,628
      不動産賃借料                                   552,589                595,051
      退職給付費用                                   387,799                701,070
      固定資産減価償却費                                   287,833                334,024
                                        283,156                354,884
      諸経費
                                       9,089,262               10,641,129
     一般管理費合計
                                       3,715,820                5,555,832
     営業利益
     営業外収益
      受取配当金                                   26,821                36,102
      有価証券利息                                    1,187                  -
      受取利息                    ※1                6,113                3,728
      時効成立分配金・償還金                                      12              1,394
      原稿・講演料                                    1,899                1,766
                                         7,324               19,472
      雑収入
     営業外収益合計                                   43,357                62,465
     営業外費用
                                         14,361                51,385
      為替差損
                                         14,361                51,385
     営業外費用合計
                                       3,744,816                5,566,912
     経常利益
     特別利益
      投資有価証券償還益                                    4,181               13,036
      投資有価証券売却益                                   893,251                 38,823
                                            -             29,214
      投資有価証券清算益
     特別利益合計                                   897,432                 81,075
     特別損失
      固定資産除却損                    ※2                1,076                5,300
      投資有価証券償還損                                      -              2,313
      投資有価証券売却損                                    1,091                8,184
                                        973,862                    -
      その他の特別損失                    ※3
                                        976,030                 15,798
     特別損失合計
                                       3,666,218                5,632,188
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                  1,574,213                1,598,176
                                                       △  41,999
                                        166,505
     法人税等調整額
                                       1,740,718                1,556,177
     法人税等合計
                                       1,925,499                4,076,011
     当期純利益
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                                 40/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                         株主資本
                資本金
                         資本剰余金                          利益剰余金
                                                          合計
                    資本準備金          利益準備金
                                    配当準備
                                              繰越利益
                          合計
                                                    合計
                                        別途積立金
                                    積立金
                                               剰余金
     当期首残高           2,000,000     8,628,984     8,628,984      284,245     60,000    1,476,959     19,227,103     21,048,308     31,677,292
      会計方針の変更による
                                              △ 439,043    △ 439,043    △ 439,043
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
               2,000,000     8,628,984     8,628,984      284,245     60,000    1,476,959     18,788,060     20,609,264     31,238,248
     当期首残高
     当期変動額
                                             △ 1,852,200    △ 1,852,200    △ 1,852,200
      剰余金の配当
      当期純利益                                        1,925,499     1,925,499     1,925,499
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             -     -     -     -     -     -    73,299     73,299     73,299
     当期末残高           2,000,000     8,628,984     8,628,984      284,245     60,000    1,476,959     18,861,359     20,682,564     31,311,548
                  評価・換算差額等

                             純資産合計

               その他有価証券        評価・換算
                評価差額金       差額等合計
     当期首残高             657,238       657,238     32,334,530

      会計方針の変更による
                              △ 439,043
      累積的影響額
     会計方針の変更を反映した
                  657,238       657,238     31,895,486
     当期首残高
     当期変動額
                             △ 1,852,200
      剰余金の配当
      当期純利益                        1,925,499
      株主資本以外の項目
                 △ 22,759      △ 22,759     △ 22,759
      の当期変動額(純
      額)
                 △ 22,759      △ 22,759
     当期変動額合計                           50,540
     当期末残高             634,478       634,478     31,946,027
     当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                      資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金                 株主資本
                資本金
                         資本剰余金
                                                   利益剰余金
                                                          合計
                    資本準備金          利益準備金
                                    配当準備          繰越利益
                          合計
                                                    合計
                                        別途積立金
                                    積立金
                                              剰余金
     当期首残高           2,000,000     8,628,984     8,628,984      284,245     60,000    1,476,959     18,861,359     20,682,564     31,311,548
     当期変動額
                                              △ 952,560    △ 952,560    △ 952,560
      剰余金の配当
      当期純利益                                        4,076,011     4,076,011     4,076,011
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             -     -     -     -     -     -   3,123,451     3,123,451     3,123,451
     当期末残高           2,000,000     8,628,984     8,628,984      284,245     60,000    1,476,959     21,984,811     23,806,015     34,434,999
                  評価・換算差額等

                                 41/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             純資産合計
               その他有価証券        評価・換算
                評価差額金       差額等合計
     当期首残高             634,478       634,478     31,946,027

     当期変動額
                              △ 952,560
      剰余金の配当
      当期純利益                        4,076,011
      株主資本以外の項目
                 △ 116,703      △ 116,703     △ 116,703
      の当期変動額(純
      額)
                 △ 116,703      △ 116,703
     当期変動額合計                         3,006,747
     当期末残高             517,775       517,775     34,952,774
     [注記事項]

     (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)満期保有目的の債券
        償却原価法
      (2)子会社株式及び関連会社株式

        移動平均法による原価法
      (3)その他有価証券

       時価のあるもの
        決算日の市場価格等に基づく時価法
        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
       時価のないもの
        移動平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)有形固定資産
        定率法によっております。但し、建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっておりま
       す。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物          3~50年
         器具備品        3~20年
      (2)無形固定資産

        定額法によっております。
        なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額
       法によっております。
     3.引当金の計上基準

      (1)賞与引当金
        従業員賞与の支給に充てるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度の負担額を計上しておりま
       す。
      (2)退職給付引当金

        従業員の退職金支給に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上して
       おります。
       ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につい
                                 42/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ては、給付算定式基準によっております。
       ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用については、その発生時において一時に費用処理しております。
        数理計算上の差異については、その発生時において一時に費用処理しております。
     4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
     (貸借対照表関係)

     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                             前事業年度                   当事業年度
                          (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     建物                         258,412千円                   281,421千円
     器具備品                         783,602千円                   758,541千円
     ※2 関係会社に対する資産及び負債

                             前事業年度                   当事業年度
                          (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     現金及び預金                       18,853,119千円                    4,716,352千円
      3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座借越契約を締結しております。当

       事業年度末における当座借越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                          (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     当座借越極度額の総額                      10,000,000千円                    10,000,000千円
     借入実行残高                           -千円                    -千円
     差引額
                           10,000,000千円                    10,000,000千円
      4 保証債務

        当社は、子会社であるSumitomo                  Mitsui    Asset    Management(New         York)Inc.における賃貸借契約に係
       る賃借料に対し、平成35年6月までの賃借料総額の支払保証を行っております。
                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     Sumitomo     Mitsui    Asset                 355,376千円                  296,815千円
     Management       (New   York)Inc.
     (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                          前事業年度                     当事業年度
                     (自 平成26年4月           1日          (自 平成27年4月           1日
                      至 平成27年3月31日)                     至 平成28年3月31日)
      受取利息                      2,463千円                     1,423千円
     ※2 固定資産除却損

                          前事業年度                     当事業年度
                     (自 平成26年4月           1日          (自 平成27年4月           1日
                      至 平成27年3月31日)                     至 平成28年3月31日)
      器具備品                      1,076千円                     5,300千円
     ※3 その他の特別損失

        その他の特別損失は、中国において同国国家税務総局が平成26年11月17日付で公布した財税[2014]
       79号通達に基づき、当社が委託者として運用する証券投資信託に関し、適格国外機関投資家として
                                 43/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       課される平成21年11月17日から平成26年11月16日までに行われた中国A株投資のキャピタル・ゲイン
       に対して遡及的に徴される源泉所得税等について納付すべきと見込まれる金額を計上したものであ
       り ます。
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自        平成26年4月1日 至             平成27年3月31日)
      1.発行済株式数に関する事項
                   当期首株式数           当期増加株式数           当期減少株式数           当期末株式数
        普通株式              17,640株               -           -      17,640株
      2.剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額等
                  株式の       配当金の総額          一株当たり
         決議                                    基準日        効力発生日
                  種類        (千円)         配当額(円)
     平成26年6月26日                                      平成26年         平成26年
                 普通株式          1,852,200          105,000
       定時株主総会                                      3月31日         6月27日
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生が翌事業年度になるもの

         平成27年6月30日開催の第30回定時株主総会において次の通り付議いたします。
                 株式の              配当金の       一株当たり
         決議              配当の原資                         基準日      効力発生日
                  種類             総額(千円)        配当額(円)
     平成27年6月30日                                         平成27年        平成27年
                 普通株式      利益剰余金          952,560        54,000
       定時株主総会                                         3月31日        7月1日
     当事業年度(自        平成27年4月1日 至             平成28年3月31日)

      1.発行済株式数に関する事項
                   当期首株式数           当期増加株式数          当期減少株式数           当期末株式数
        普通株式                17,640株              -          -       17,640株
      2.剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額等
                  株式の                 一株当たり
                         配当金の総額
         決議                                    基準日        効力発生日
                  種類        (千円)         配当額(円)
     平成27年6月30日                                      平成27年         平成27年
                 普通株式            952,560          54,000
       定時株主総会                                      3月31日         7月1日
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生が翌事業年度になるもの

         平成28年6月27日開催の第31回定時株主総会において次の通り付議いたします。
                 株式の              配当金の       一株当たり
         決議              配当の原資                         基準日      効力発生日
                  種類             総額(千円)        配当額(円)
     平成28年6月27日                                         平成28年       平成28年
                 普通株式      利益剰余金         2,010,960         114,000
       定時株主総会                                         3月31日       6月28日
     (リース取引関係)

     オペレーティング・リース取引
      (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:千円)
                         前事業年度                     当事業年度
                      (平成27年3月31日)                     (平成28年3月31日)
      1年以内                         572,402                     579,592
      1年超                        1,340,637                       756,470
      合計                        1,913,040                     1,336,063
                                 44/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融サービス事業を行っています。そのため、資金運用
       については、短期的で安全性の高い金融資産に限定し、財務体質の健全性、安全性、流動性の確保を
       第一とし、顧客利益に反しない運用を行っています。また、資金調達及びデリバティブ取引は行って
       いません。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬は、顧客の信用リスクに晒されています。
       未収委託者報酬は、信託財産中から支弁されるものであり、信託財産については受託者である信託銀
       行において分別管理されているため、リスクは僅少となっています。
        投資有価証券については、主に事業推進目的のために保有する当社が設定する投資信託等であり、
       市場価格の変動リスク及び発行体の信用リスクに晒されています。関係会社株式については、主に全
       額出資の子会社の株式及び50%出資した海外関連会社の株式であり、発行体の信用リスクに晒されて
       います。また、長期差入保証金は、建物等の賃借契約に関連する敷金等であり、差入先の信用リスク
       に晒されています。
        営業債務である未払手数料は、すべて1年以内の支払期日であります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

       ①信用リスクの管理
         当社は、資産の自己査定及び償却・引当規程に従い、営業債権について、取引先毎の期日管理及
        び残高管理を行うとともに、その状況について取締役会に報告しています。
         投資有価証券、子会社株式及び関連会社株式は発行体の信用リスクについて、資産の自己査定及
        び償却・引当規程に従い、定期的に管理を行い、その状況について取締役会に報告しています。
         長期差入保証金についても、差入先の信用リスクについて、資産の自己査定及び償却・引当規程
        に従い、定期的に管理を行い、その状況について取締役会に報告しています。
       ②市場リスクの管理
         投資有価証券については、自己勘定資産の運用・管理に関する規程に従い、各所管部においては
        所管する有価証券について管理を、企画部においては総合的なリスク管理を行い、定期的に時価を
        把握しています。また、資産の自己査定及び償却・引当規程に従い、その状況について取締役会に
        報告しています。
         なお、事業推進目的のために保有する当社が設定する投資信託等については、純資産額に対する
        保有制限を設けており、また、自社設定投信等の取得・処分に関する規則に従い、定期的に取締役
        会において報告し、投資家の資金性格、金額、および投資家数等の状況から検討した結果、目的が
        達成されたと判断した場合には速やかに処分することとしています。
      (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格及び業界団体が公表する売買参考統計値等に基づく価額のほか、
        これらの価額がない場合には合理的に算定された価額が含まれています。当該価額の算定において
        は一定の前提条件を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることが
        あります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められるものは、次表には含まれていません((注2)参照)。
      前事業年度(平成27年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                           貸借対照表計上額                時価           差額
     (1)現金及び預金                           25,021,336            25,021,336               -
     (2)顧客分別金信託                               -            -          -
                                 45/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)未収委託者報酬                           4,897,032            4,897,032              -
     (4)未収運用受託報酬                           1,000,744            1,000,744              -
     (5)未収投資助言報酬                            455,390            455,390             -
     (6)投資有価証券
      ①その他有価証券                           7,131,075            7,131,075              -
     (7)長期差入保証金                            600,480            600,480             -
             資産計                   39,106,059            39,106,059               -
     (1)顧客からの預り金                               -            -          -
     (2)未払手数料                           2,338,432            2,338,432              -
             負債計                    2,338,432            2,338,432              -
      当事業年度(平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                           貸借対照表計上額                時価           差額
     (1)現金及び預金                           10,857,507            10,857,507               -
     (2)顧客分別金信託                             20,006            20,006            -
     (3)未収委託者報酬                           5,418,116            5,418,116              -
     (4)未収運用受託報酬                           1,635,461            1,635,461              -
     (5)未収投資助言報酬                            382,911            382,911             -
     (6)投資有価証券
      ①その他有価証券                           13,114,808            13,114,808               -
     (7)長期差入保証金                            603,625            603,625             -
             資産計                   32,032,437            32,032,437               -
     (1)顧客からの預り金                                0            0         -
     (2)未払手数料                           2,479,778            2,479,778              -
             負債計                    2,479,778            2,479,778              -
       (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

        資 産
         (1)現金及び預金、(2)顧客分別金信託、(3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬、及び(5)未収
          投資助言報酬
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
          よっています。
         (6)投資有価証券
           これらの時価について、投資信託等については取引所の価格、取引金融機関から提示された価
          格及び公表されている基準価格によっております。
         (7)長期差入保証金
           これらの時価については、敷金の性質及び賃貸借契約の期間から帳簿価額にほぼ等しいことか
          ら、当該帳簿価額によっています。
        負 債

         (1)顧客からの預り金、(2)未払手数料
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
          よっています。
       (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                     (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     その他有価証券
       非上場株式                                  298                 298
       投資証券                                20,560                    -
                                 46/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              合計                         20,858                   298
     子会社株式及び関連会社株式
       非上場株式                               509,146                10,412,523
              合計                        509,146                10,412,523
      その他有価証券については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるものであ
     り、「(6)①その他有価証券」には含めておりません。
      子会社株式及び関連会社株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認めら
     れるものであることから、時価開示の対象とはしておりません。
       (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

       前事業年度(平成27年3月31日)

                                                     (単位:千円)
           区分            1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     現金及び預金                   25,021,336               -          -          -
     顧客分別金信託                        -          -          -          -
     未収委託者報酬                    4,897,032              -          -          -
     未収運用受託報酬                    1,000,744              -          -          -
     未収投資助言報酬                     455,390             -          -          -
     長期差入保証金                      4,148         596,332             -          -
           合計             31,378,651            596,332             -          -
       当事業年度(平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
            区分            1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
     現金及び預金                   10,857,507               -         -          -
     顧客分別金信託                      20,006             -         -          -
     未収委託者報酬                    5,418,116               -         -          -
     未収運用受託報酬                    1,635,461               -         -          -
     未収投資助言報酬                     382,911             -         -          -
     長期差入保証金                     537,057           66,567            -          -
            合計             18,851,060             66,567            -          -
     (有価証券関係)

     1.子会社株式及び関連会社株式
     前事業年度(平成27年3月31日)
       子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式509,146千円)は、市場価格がな
      く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     当事業年度(平成28年3月31日)

       子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式10,412,523千円)は、市場価格がな
      く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券

     前事業年度(平成27年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                 区分                貸借対照表計上額            取得原価          差額
     (1)貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        投資信託等                             5,826,531         4,894,554          931,977
                 小計                    5,826,531         4,894,554          931,977
     (2)貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        投資信託等                             1,304,543         1,312,300          △7,756
                 小計                    1,304,543         1,312,300          △7,756
                                 47/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 合計                    7,131,075         6,206,854          924,220
     (注)非上場株式等(貸借対照表計上額 20,858千円)については、市場価格がなく、時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     当事業年度(平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                 区分                貸借対照表計上額            取得原価          差額
     (1)貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        投資信託等                             7,852,587         7,058,420          794,166
                 小計                    7,852,587         7,058,420          794,166
     (2)貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        投資信託等                             5,262,221         5,310,100         △47,878
                 小計                    5,262,221         5,310,100         △47,878
                 合計                   13,114,808         12,368,520          746,288
     (注)非上場株式等(貸借対照表計上額 298千円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
       が極めて困難と認められることから、記載しておりません。
     3.  当事業年度中に売却したその他有価証券

     前事業年度(自        平成26年4月1日 至             平成27年3月31日)
                                                     (単位:千円)
            売却額                売却益の合計額                  売却損の合計額
                  3,892,685                    893,251                    1,091
     当事業年度(自        平成27年4月1日 至             平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
            売却額                売却益の合計額                   売却損の合計額
                   327,278                   38,823                   8,184
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。また、確定拠出型の制度とし
      て、確定拠出年金制度を設けております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (単位:千円)
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自   平成26年4月        1日      (自   平成27年4月        1日
                             至  平成27年3月31日)               至  平成28年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                 1,802,340                 2,633,080
      会計方針の変更による累積的影響額                                 682,168                    -
     会計方針の変更を反映した期首残高                                 2,484,508                 2,633,080
      勤務費用                                 217,881                 225,881
      利息費用                                 18,161                 19,247
      数理計算上の差異の発生額                                  △276                285,510
      退職給付の支払額                                △87,196                △135,507
     退職給付債務の期末残高                                 2,633,080                 3,028,212
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                     (単位:千円)

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
                                 48/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     非積立型制度の退職給付債務                                 2,633,080                 3,028,212
     未認識数理計算上の差異                                     -                 -
     未認識過去勤務費用                                     -                 -
     退職給付引当金                                 2,633,080                 3,028,212
      (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (単位:千円)

                                前事業年度                 当事業年度
                            (自   平成26年4月        1日      (自   平成27年4月        1日
                             至  平成27年3月31日)               至  平成28年3月31日)
     勤務費用                                  217,881                 225,881
     利息費用                                  18,161                 19,247
     数理計算上の差異の費用処理額                                   △276                285,510
     その他                                  152,031                 170,430
     確定給付制度に係る退職給付費用                                  387,799                 701,070
     (注)その他は、その他の関係会社等からの出向者の年金掛金負担分及び退職給付引当額相当額負担分、
       退職定年制度適用による割増退職金並びに確定拠出年金への拠出額になります。
      (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自   平成26年4月        1日      (自   平成27年4月        1日
                             至  平成27年3月31日)               至  平成28年3月31日)
     割引率                                  0.731%                 0.000%
     3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度105,357千円、当事業年度125,210千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                    (単位:千円)
                               前事業年度                   当事業年度
                            (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     流動の部
     繰延税金資産
      賞与引当金                           299,729                   303,247
      調査費                            77,863                   74,734
      未払金                           321,602                    44,028
      未払事業税                            49,504                   67,598
                                  48,762                    7,369
      その他
     繰延税金資産小計
                                  797,462                   496,977
                                △321,602                    △2,945
     評価性引当額
     繰延税金資産合計                            475,859                   494,032
     固定の部

     繰延税金資産
      退職給付引当金                           849,431                   927,238
      特定外国子会社留保金額                           211,024                   205,413
      ソフトウェア償却                            62,560                   35,707
      賞与引当金                              -                 15,834
      投資有価証券評価損                            43,051                      95
                                   6,291                   5,971
      その他
     繰延税金資産小計
                                1,172,360                   1,190,261
                                 49/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                △217,192                   △211,267
     評価性引当額
     繰延税金資産合計
                                  955,168                   978,994
     繰延税金負債
                                  289,742                   228,513
      その他有価証券評価差額金
     繰延税金負債合計                            289,742                   228,513
     繰延税金資産の純額                           1,141,285                   1,244,513
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異

      の原因となった主要な項目別の内訳
                                前事業年度                   当事業年度
                             (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     法定実効税率
                                    35.6%                   33.0%
     (調整)
      評価性引当額の増減                               9.6                 △5.5
      交際費等永久に損金に算入されない項
                                     0.2                   0.1
      目
      受取配当等永久に益金に算入されない
                                    △0.5                   △0.0
      項目
      住民税均等割等                               0.2                   0.1
      税率変更による期末繰延税金資産の減
                                     3.7                   1.3
      額修正
      所得税額控除による税額控除                              △1.3                   △1.5
                                    △0.1                   △0.0
      その他
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                               47.5                   27.6
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等
      の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年
      度から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産および繰延税金
      負債の計算に使用する法定実効税率は従来の32.2%から平成28年4月1日に開始する事業年度及び平成29
      年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.8%、平成30年4月1日に開始す
      る事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については、30.6%となります。
       この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は62,206千円減少
      し、法人税等調整額が74,445千円、その他有価証券評価差額金が12,239千円、それぞれ増加しておりま
      す。
     (セグメント情報等)

     前事業年度(自        平成26年4月1日 至             平成27年3月31日)
     1.セグメント情報
       当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融商品取引業を中心とする営業活動を展開しておりま
      す。これらの営業活動は、金融その他の役務提供を伴っており、この役務提供と一体となった営業活動
      を基に収益を得ております。
       従って、当社の事業区分は、「投資・金融サービス業」という単一の事業セグメントに属しており、
      事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
               委託者報酬         運用受託報酬         投資助言報酬           その他          合計
     外部顧客への
                30,094,858          3,862,895         2,106,161          102,874        36,166,790
       売上高
      (2)地域ごとの情報

                                 50/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①売上高
         本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
        の売上高の記載を省略しております。
       ②有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報 

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載は
        ありません。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
     当事業年度(自        平成27年4月1日 至             平成28年3月31日)

     1.セグメント情報
       当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融商品取引業を中心とする営業活動を展開しておりま
      す。これらの営業活動は、金融その他の役務提供を伴っており、この役務提供と一体となった営業活動
      を基に収益を得ております。
       従って、当社の事業区分は、「投資・金融サービス業」という単一の事業セグメントに属しており、
      事業の種類別セグメント情報の記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
               委託者報酬         運用受託報酬         投資助言報酬           その他          合計
     外部顧客への
                32,339,255          7,401,835         1,909,892          142,903        41,793,887
       売上高
      (2)地域ごとの情報 

       ①売上高
         本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
        の売上高の記載を省略しております。
       ②有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載は
        ありません。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
                                 51/56

                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
     (関連当事者情報)

     前事業年度(自        平成26年4月1日          至 平成27年3月31日)
     1.親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                                       (単位:千円)
          会社等の
                                     関連当事者      取引の
                  資本金、出資金       事業の内容     議決権等の所有
      種類   名称又は     所在地                                  取引金額     科目   期末残高
                    又は基金      又は職業     (被所有)割合
                                     との関係      内容
           氏名
      その他の    (株)三井    東京都      1,770,996,505       銀行業    (被所有) %      投信の販売委      委託販売手数       2,527,962     未払    289,954
      関係会社    住友銀行    千代田区                直接  40    託      料           手数料
                                    役員の兼任
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて
           おります。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
        (1)投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
     2.子会社及び関連会社等

                                                       (単位:千円)
                                議決権等
                                             取引の
         会社等の名称又は            資本金、出資      事業の内容           関連当事者
      種類           所在地               の所有(被所                  取引金額    科目   期末残高
           氏名          金又は基金      又は職業           との関係
                                             内容
                                有)割合
     子会社          東京都港区          投資運用業     (所有)    %  投資事業有限責      出資の引受        20,000    -    -
         ソーラーエナジー
                       20,000             任組合の運営及
                               直接100
          投資合同会社
                                     び管理
      関連          Singapore          投資運用業     (所有)    %  投信の販売委託      増資の引受       136,110    -    -
          UOB-SM   Asset
      会社                6,000,000              役員の兼任
                               直接50
         Management    Pte.
                     (シンガポール
           Ltd.
                        ドル)
     (注)1.ソーラーエナジー投資合同会社の出資の引受は、新規法人設立のため行ったものであります。
        2.UOB-SM       Asset    Management       Pte.   Ltd.の増資の引受については、当社とUOBアセットマネジメン
           ト社がそれぞれ1,500,000(シンガポールドル)出資しました。
     3.その他の関係会社の子会社等

                                                       (単位:千円)
           会社等の                      議決権等
                                           取引の
                   資本金、出資金       事業の内容又           関連当事者
       種類    名称又は     所在地                 の所有(被所               取引金額      科目    期末残高
                     又は基金       は職業          との関係
                                           内容
            氏名                     有)割合
     その他の関係     SMBC   日 東京都       10,000,000      証券業       - % 投信の販売     委託販売     4,705,879    未払手数料      697,658
     会社の子会社         千代田区                      委託     手数料
          興証券㈱
                                     役員の兼任
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて

           おります。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (1)投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
     当事業年度(自        平成27年4月1日 至             平成28年3月31日)

     1.親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
                                                       (単位:千円)
          会社等の
                                            取引の
                  資本金、出資金       事業の内容     議決権等の所有       関連当事者
      種類    名称又は     所在地                                  取引金額     科目   期末残高
                   又は基金      又は職業     (被所有)割合       との関係
                                            内容
           氏名
      その他の    (株)三井    東京都     1,770,996,505       銀行業    (被所有) %      投信の販売委託      委託販売手数      2,740,552     未払    471,118
      関係会社    住友銀行    千代田区                直接  40    役員の兼任      料           手数料
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて

           おります。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (1)投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
     2.兄弟会社等

                                                       (単位:千円)
                                 52/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           会社等の
                                            取引の
                   資本金、出資金       事業の内容     議決権等の所有       関連当事者
       種類    名称又は    所在地                                  取引金額     科目   期末残高
                    又は基金      又は職業     (被所有)割合       との関係
                                             内容
           氏名
     その他の関係     SMBC   日 東京都       10,000,000      証券業        - % 投信の販売委託      子会社株     9,877,717     -    -
     会社の子会社         千代田区                       役員の兼任      式の取得
          興証券㈱
                                            委託販売     5,483,224     未払    912,899
                                            手数料          手数料
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれて
           おります。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (1)投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
     (1株当たり情報)

                                 前事業年度                 当事業年度
                             (自   平成26年4月        1日      (自   平成27年4月        1日
                              至  平成27年3月31日)               至  平成28年3月31日         )
     1株当たり純資産額                            1,810,999.27円                 1,981,449.82円
     1株当たり当期純利益金額                             109,155.30円                 231,066.40円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                              至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
       当期純利益(千円)                             1,925,499                 4,076,011
       普通株主に帰属しない金額
                                        -                 -
       (千円)
       普通株式に係る当期純利益金額
                                   1,925,499                 4,076,011
       (千円)
       期中平均株式数(株)                               17,640                 17,640
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     4【利害関係人との取引制限】

       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる

       行為が禁止されています。
       イ 自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこ
         と(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させ
         るおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ロ 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
         しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
         閣府令で定めるものを除きます。)。
       ハ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
         法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
         者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
         下同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の
         当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当す
         る者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または店頭デリバティブ取引を行
         うこと。
       ニ 委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
                                 53/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行
         うこと。
       ホ 上記ハ、ニに掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であって、
         投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるお
         それのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

       イ 定款の変更、その他の重要事項

         平成28年6月27日に開催された定時株主総会において、監査体制の見直しにより監査役の員数を
         2名増員し6名以内とする定款の変更が決議されました。
       ロ 訴訟事件その他会社に重要な影響を与えることが予想される事実
         該当ありません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      イ 受託会社
      (イ)名称              三井住友信託銀行株式会社
      (ロ)資本金の額              342,037百万円(平成28年3月末現在)
      (ハ)事業の内容              銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関す
                   る法律に基づき信託業務を営んでいます。
     〔参考情報:再信託受託会社の概要〕

      ・ 名称              日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
      ・ 資本金の額              51,000百万円(平成28年3月末現在)
      ・ 事業の内容              銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関す
                   る法律に基づき信託業務を営んでいます。
      ロ 販売会社

                                       ※
      (イ)名称                                  (ハ)事業の内容
                             (ロ)資本金の額
      株式会社SBI証券                           47,937百万円       金融商品取引法に定める第一種金融
                                        商品取引業を営んでいます。
      楽天証券株式会社                            7,495百万円
      ※資本金の額は、平成28年3月末現在。
     2【関係業務の概要】

       イ 受託会社

         信託契約の受託会社であり、信託財産の保管・管理・計算等を行います。
       ロ 販売会社
         委託会社との間で締結された販売契約に基づき、日本における当ファンドの募集・販売の取扱
         い、投資信託説明書(目論見書)の提供、一部解約の実行の請求の受付け、収益分配金、償還金
         の支払事務等を行います。
     3【資本関係】

       該当ありません。
                                 54/56


                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【その他】

      1.目論見書の表紙にロゴ・マーク、図案およびキャッチコピーを採用すること、ファンドの形態およ

        び属性、申込みにかかる事項、ユニバーサルデザインフォントマーク、委託会社の金融商品取引業
        者登録番号、当該目論見書の使用開始日などを記載することがあります。
      2.目論見書は、目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書

        (請求目論見書)」と称して使用することがあります。
      3.目論見書に当ファンドの信託約款を掲載すること、および投資信託の財産は受託会社において信託

        法に基づき分別管理されている旨を記載することがあります。
      4.目論見書は、電子媒体等として使用されるほか、インターネット等に掲載されることがあります。

      5.有価証券届出書の表紙記載情報を抜粋して、目論見書に記載することがあります。

      6.目論見書の冒頭または巻末に届出書記載内容に関連する用語集を掲載することがあります。

      7.評価機関等から当ファンドに対する評価を取得し、使用することがあります。

      8.有価証券届出書を個別に提出している複数のファンドの実質的な投資対象資産に共通性がある場合

        には、当該複数のファンドを一つの投資信託説明書(交付目論見書)で説明することがあります。
        このため、有価証券届出書に他のファンドの情報を合わせて記載することがあります。
      9.当ファンドとスイッチング対象ファンドにかかる投資信託説明書(交付目論見書)を一体のものと

        して使用することがあります。
                                 55/56










                                                           EDINET提出書類
                                              三井住友アセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年6月17日

     三井住友アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                          有限責任     あずさ監査法人

                           指定有限責任社員

                                        公認会計士        小 澤 陽 一  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                                池  ヶ  谷  正  印
                                        公認会計士
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理

     状況」に掲げられている三井住友アセットマネジメント株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日ま
     での第31期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方
     針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し
     適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明
     することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得る
     ために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続
     は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択
     及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当
     監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と
     適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並
     びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、三井住友アセットマネジメント株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事
     業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。2.XBRL

     データは監査の対象には含まれていません。
                                 56/56




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。