イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第19期(平成27年11月21日-平成28年5月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第19期(平成27年11月21日-平成28年5月20日)

提出日:

提出者:イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド

カテゴリ:有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                     有価証券報告書

      【提出先】                     関東財務局長殿

      【提出日】                     平成28年8月18日

      【計算期間】                     第19期(自 平成27年11月21日 至 平成28年5月20日)

      【ファンド名】                     イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド

      【発行者名】                     イーストスプリング・インベストメンツ株式会社

      【代表者の役職氏名】                     代表取締役  関﨑 司

      【本店の所在の場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

                           丸の内パークビルディング
      【事務連絡者氏名】                     山本 亮子
      【連絡場所】                     東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

                           丸の内パークビルディング
      【電話番号】                     03-5224-3400
      【縦覧に供する場所】                     該当事項はありません。

                                  1/67













                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第一部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】
     1【ファンドの性格】
     (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①  ファンドの目的
        当ファンドは、主としてインドの金融商品取引所に上場されているインフラ関連株式を主な
        投資対象とする投資信託証券に投資を行い、信託財産の成長を目指して運用を行います。
         ※本書において、投資信託または外国投資信託の受益証券および投資法人または外国投資法人
         の投資証券を「投資信託証券」といいます。
      ②  基本的性格
        当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類において、追加型投信/海外/
        株式に該当します。
         商品分類表

          単位型・追加型                 投資対象地域              投資対象資産(収益の源泉)
                            国  内                  株  式
           単位型投信                                    債  券
                            海  外                  不動産投信
           追加型投信                                   その他資産
                            内  外                  資産複合
        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。
       ○当ファンドが該当する商品分類の定義

        「追加型投信」…           一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財
               産とともに運用されるファンドをいいます。
        「海外」…       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的
               に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        「株式」…       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的
               に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         属性区分表
          投資対象資産             決算頻度       投資対象地域             投資形態         為替ヘッジ

     株式                   年1回     グローバル
      一般
                             日本
                        年2回
      大型株
                                        ファミリー               あり
      中小型株
                             北米
                                        ファンド
                        年4回
     債券
                             欧州
      一般
                        年6回
      公債
                             アジア
                       (隔月)
                                                      なし
                                        ファンド・オブ・
      社債
                             オセアニア
                                        ファンズ
      その他債券
                        年12回
      クレジット属性
                             中南米
                       (毎月)
     不動産投信
                             アフリカ
     その他資産
                        日々
     (投資信託証券(株式))
                             中近東(中東)
                        その他
     資産複合
                             エマージング
         (注1)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
         (注2)属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記
             載しております。
       ○当ファンドが該当する属性区分の定義

        「その他資産(投資信託証券(株式))」…                           目論見書または投資信託約款において、投資信
               託証券を通じて、実質的に株式に投資する旨の記載があるものをいいます。
        「年2回」…        目論見書または投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをい
               います。
                                  2/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        「アジア」…         目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除く
               アジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        「ファンド・オブ・ファンズ」…                    「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファン
               ド・オブ・ファンズをいいます。
        「為替ヘッジなし」…              目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の
               記載があるものまたは為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいいます。
       *上記以外の商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホーム

         ページ(http://www.toushin.or.jp/)をご覧ください。
      ③  信託金の限度額
        信託金の限度額は3,000億円とします。ただし、受託会社と合意のうえ、この限度額を変更す
        ることができます。
      ④  ファンドの特色
       1.主としてインドの金融商品取引所に上場されているインフラ関連株式に実質的に投資を行
          います。
          モーリシャス籍外国投資法人「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・イ
          ンフラストラクチャー・エクイティ・オープン・リミテッド」(以下「インディア・イン
          フラストラクチャー・エクイティ・オープン」ということがあります。)(米ドル建て)
          への投資を通じて、主としてインドの金融商品取引所に上場しているインフラ関連企業の
          株式に実質的に投資を行います。
          <「インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・オープン」の特徴>

           1.  インドの金融商品取引所に上場しているインフラ関連企業の株式を主要投資対象と
            し、長期的な成長を目指した運用を行います。
           2.  企業分析を重視したボトム・アップ・アプローチを基本として、高収益・高成長が続
            くと見込まれる銘柄を選択し、ポートフォリオを構築します。
           3.  アジア株式の運用で実績のあるイーストスプリング・インベストメンツ(シンガポー
            ル)リミテッドが運用を行います。
                         ※
           4.  銘柄選択に当たって             、イーストスプリング・インベストメンツの属するグループの
            インドにおける運用会社(ICICIAM)から投資助言を受けます。
            (※定量分析・企業分析からポートフォリオ構築までを含みます。)
                                  3/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       2.ファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行います。

           ファンドの仕組み
         ■当ファンドは、複数の投資信託証券に投資するファンド・オブ・ファンズ形式で運用を
           行います。
           ※原則として「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・



           オープン・リミテッド」への投資比率を高位に保ちます。
           ※ファンドは実質的にインドの株式に投資するため、その基準価額は株式の値動きに加え、円対インドルピーの為
           替相場の動きに影響を受けます。
       3.原則として、為替ヘッジは行いません。

          実質的に組入れた外貨建資産について、原則として為替ヘッジは行いません。
          そのため、為替相場の変動の影響を受けることになります。
       4.イーストスプリング・インベストメンツの属するグループのネットワークを最大限活用し

          ます。
                                  4/67












                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          充実したアジアのネットワーク
                                              (2016年6月末現在)




          ■「インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・オープン」は、イーストスプリ

           ング・インベストメンツ(シンガポール)リミテッドのアジア株式運用チームが運用を
           担当します。同チームは、グループ内のアジア各国・地域の運用会社と連携して運用を
           行っています。
          ■銘柄選択に当たっては、イーストスプリング・インベストメンツの属するグループのイ
           ンドの運用会社(ICICIAM)から投資助言を受けます。
          ■イーストスプリング・インベストメンツの属するグループは、アジアにおける14の国や
                                                              ※
           地域で生命保険および資産運用事業を展開しています。インド現地にICICI銀行
           1                     ※2
            と合弁で運用会社ICICIAM                     を1998年に設立し、インドにおける資産運用事業
           に注力しています。
          ※1 ICICI銀行は、総資産約7兆2,069億ルピー(約12兆2,301億円、1ルピー=1.697円で換算)を

             有するインド第二の規模の民間銀行です(2016年3月末現在)。
             出所:ICICI銀行            ホームページ
          ※2 運用資産総額約1兆9,329億ルピー(インドにおけるシェア約13.4%、2016年4-6月平均)。
             出所:Association          of  Mutual    Funds   in  India
     *資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

     (2)  【ファンドの沿革】

     平成18年11月8日 証券投資信託契約締結、ファンドの設定、運用開始
     平成24年2月14日            「PCAインド・インフラ株式ファンド」から「イーストスプリング・インド・
                インフラ株式ファンド」にファンド名変更
                                  5/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【ファンドの仕組み】

      ①  ファンドの仕組み
      ②  委託会社およびファンドの関係法人














       1 .委託会社:イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
          当ファンドの委託者として信託財産の運用業務等を行います。
       2.受託会社:三菱UFJ信託銀行株式会社
                 (再信託受託会社:日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
          当ファンドの受託者として信託財産の保管、管理等を行います。なお、信託事務の一部に
          つき、再信託受託会社に委託することがあります。
       3.販売会社:
          当ファンドの受益権の募集の取扱いおよび販売、一部解約に関する事務、一部解約金・収
          益分配金および償還金の支払いに関する事務等を行います。
      ③  委託会社が関係法人と締結している契約等の概要

       1.受託会社と締結している契約
                                  6/67

                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          証券投資信託契約が締結されており、投資信託財産の運用方針、信託報酬の総額、受益権
          の募集方法に関する事項等が定められています。
       2.販売会社と締結している契約
          投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約が締結されており、受益権の募集お
          よび一部解約の取扱いに関する事項、収益分配金、一部解約金および償還金の支払いの取
          扱いに関する事項等が定められています。
      ④  委託会社の概況

       1.資本金の額
          平成28年6月末現在   649.5百万円
       2.委託会社の沿革
          平成11年12月           ピーピーエム投信投資顧問株式会社設立
          平成12年      1月     投資顧問業の登録
          平成12年      5月     投資一任契約にかかる業務の認可を取得
          平成12年      5月     証券投資信託委託業の認可を取得
          平成14年      1月     ピーシーエー・アセット・マネジメント株式会社へ商号変更
          平成19年      9月     金融商品取引法施行による金融商品取引業(投資助言・代理
                     業、投資運用業、第二種金融商品取引業)のみなし登録
          平成22年12月           PCAアセット・マネジメント株式会社へ商号変更
          平成24年      2月     イーストスプリング・インベストメンツ株式会社へ商号変更
       3.大株主の状況(平成28年6月末現在)
                 株主名                  住所         所有株式数        所有比率
          プルーデンシャル・コーポレー
                              英国   ロンドン市
          ション・ホールディングス・リ
                              ローレンス・パウント                23,060    株     100  %
          ミテッド(以下「PCHL」と
                              ニー・ヒル       EC4R   0HH
                  (注)
          いいます。)
         (注)PCHLは、世界有数の金融サービスグループを展開する英国プルーデンシャル社
            (以下「最終親会社」)の間接子会社です。なお、最終親会社およびPCHLは、主に
            米国で事業を展開しているプルデンシャル・ファイナンシャル社とは関係がありませ
            ん。
                                  7/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     2【投資方針】
     (1)  【投資方針】
      ①  基本方針
       この投資信託は、信託財産の成長を目指して運用を行います。
      ②  投資態度
       1.主として、以下の投資信託証券に投資を行います。
          a.  モーリシャス籍外国投資法人「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・
            インフラストラクチャー・エクイティ・オープン・リミテッド」(米ドル建て)の投
            資証券
          b.  国内籍証券投資信託「イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型Ⅰ(適格機
            関投資家向け)」の受益証券(振替受益権を含みます。)
       2.外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
       3.当初設定時および償還準備に入ったとき、大量の追加設定または解約による資金動向、市
          場動向、ならびに信託財産の規模等によっては、上記のような運用ができない場合があり
          ます。
      <投資信託証券の選定方針>

       投資信託証券の投資対象および投資方針が当ファンドの投資方針に適合することを重視して、
       上記投資信託証券を選定しました。
      <投資対象ファンドの概要>

      以下の記載事項は、有価証券届出書提出日現在、委託会社が知り得る情報に基づいており、今後
      記載内容が変更される場合があります。
                 イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラスト
       ファンド名
                 ラクチャー・エクイティ・オープン・リミテッド
       形   態          モーリシャス籍外国投資法人/オープン・エンド型
       表示通貨          米ドル
       運用の          インドのインフラ関連企業の株式を主要投資対象とし、長期的な成長
       基本方針          を目指した運用を行います。
       主な投資対象          インドのインフラ関連企業の株式
       ベンチマーク          ありません。
                            イーストスプリング・インベストメンツ(シンガ
                 運用会社
                            ポール)リミテッド
                            ICICIプルーデンシャル・アセット・マネジメ
       ファンドの
                            ント・カンパニー・リミテッド(略称:ICICI
                 投資顧問会社
       関係法人
                                *1
                            AM)
                            ドイチェ・インターナショナル・トラスト・コーポ
                 管理会社
                            レーション(モーリシャス)リミテッド
                 1. インドの金融商品取引所に上場しているインフラ関連企業の株式を
                  主要投資対象とし、長期的な成長を目指した運用を行います。
                 2. 企業分析を重視したボトム・アップ・アプローチを基本として、高
                  収益・高成長が続くと見込まれる銘柄を選択し、ポートフォリオを
                  構築します。
       ファンドの
                 3. アジア株式の運用で実績のあるイーストスプリング・インベストメ
       特徴
                  ンツ(シンガポール)リミテッドが運用を行います。
                               ;
                 4. 銘柄選択に当たって             、イーストスプリング・インベストメンツの
                  属するグループのインドにおける運用会社(ICICIAM)から
                  投資助言を受けます。
                 (※定量分析・企業分析からポートフォリオ構築までを含みます。)
                 申込手数料           ありません。
                 運用報酬および
       手数料等
                            年率0.60%(上限)
                 管理報酬等
                 このほか、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかります。
       設 立 日           2006   年10月9日
       決 算 日           毎年8月31日
                                  8/67

                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                 イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型I(適格機関投

       ファンド名
                 資家向け)
       形   態          国内籍証券投資信託/適格機関投資家私募
       表示通貨          日本円
                 わが国の国債を中心に、国債、政府保証債、地方債等の公共債を主要
       運用の
                 投資対象とし、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を目
       基本方針
                 指した運用を行います。
       主な投資対象          日本の国債、政府保証債、地方債
                                               *2
       ベンチマーク
                 BofA   メリルリンチ国債インデックス                   (1-10年債)
                 委託会社           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
       ファンドの                     イーストスプリング・インベストメンツ(シンガ
                 投資顧問会社
       関係法人                     ポール)リミテッド
                 受託会社           三菱UFJ信託銀行株式会社
                 1. わが国の国債を中心に、国債、政府保証債、地方債等の公共債に投
                  資を行い、安定した収益の確保と信託財産の中長期的な成長を目指
                  した運用を行います。
                 2. 投資に際しては、内外いずれかの評価機関からBaa3あるいはB
                  BB-相当以上の格付けを得ている信用度の高い銘柄とします。格
       ファンドの           付けを取得していない公社債については、委託会社が同等の信用力
       特徴           があると判断した場合には投資を行うことがあります。
                 3. 投資にあたっては、ファンダメンタルズ分析、金利動向予測、イー
                  ルドカーブ分析等を行い、信用リスク、流動性および分散投資に配
                  慮しながら投資を行います。
                 4. イーストスプリング・インベストメンツ(シンガポール)リミテッ
                  ドに運用の指図に関する権限を委託します。
                 ・株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への投
                  資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の5%以下としま
                  す。
       主な投資制限
                 ・投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下と
                  します。
                 ・外貨建資産への投資には、制限を設けません。
                 申込手数料           ありません。
                 信託報酬           年率0.216%(税抜0.2%)
       手数料等
                 このほか、監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかりま
                 す。
       信託設定日          2002   年8月26日
       決 算 日          毎年2月25日(休業日の場合は翌営業日)
      *1  ICICIAMは、ICICI銀行と世界有数の金融サービスグループを展開する英国プルーデンシャル
         社(以下「最終親会社」)との合弁会社です。なお、最終親会社およびICICIAMは、主に米国で事
         業を展開しているプルデンシャル・ファイナンシャル社とは関係がありません。
      *2  バンクオブアメリカ・メリルリンチは、バンクオブアメリカ・メリルリンチのインデックスを何ら変更す
         ることなく使用することを許諾しており、バンクオブアメリカ・メリルリンチのインデックスに関し何ら
         の表明をするものではなく、バンクオブアメリカ・メリルリンチのインデックスまたはそれに含まれ、関
         連しもしくは得られるデータの適合性、内容、正確性、適時性および完全性について保証するものではあ
         りません。また、バンクオブアメリカ・メリルリンチはイーストスプリング・インベストメンツ株式会社
         によるバンクオブアメリカ・メリルリンチのインデックスの使用に関し一切の責任を負うものではなく、
         イーストスプリング・インベストメンツ株式会社またはその商品またはサービスについて何らの支持、是
         認または推奨をするものではありません。
                                  9/67




                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)  【投資対象】

      ①  投資対象とする資産の種類
       当ファンドにおいて、投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項
          で定めるものをいいます。以下同じ。)
          イ 有価証券
          ロ 金銭債権         (上記イおよび下記ハに掲げるものに該当するものを除きます。以下同
            じ。)
          ハ 約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。)
       2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ 為替手形
      ②  有価証券の指図範囲
       委託会社は、信託金を、主としてモーリシャス籍外国投資法人「イーストスプリング・インベ
       ストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・オープン・リミテッド」
       (米ドル建て)の投資証券および国内籍証券投資信託「イーストスプリング国内債券ファンド
       (国債)追加型I(適格機関投資家向け)」の受益証券(振替受益権を含みます。)に投資を行
       うほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各
       号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
       1.コマーシャル・ペーパーおよび短期社債等
       2.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記1.の証券または証書の性質を有す
          るもの
      ③  投資対象とする金融商品
       委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引
       法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により
       運用することを指図することができます。
       1.預金
       2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
          す。)
       3.コール・ローン
       4.手形割引市場において売買される手形
       ただし、上記②にかかわらず、当ファンドの設定、解約、償還、投資環境の変動への対応等、
       委託会社が運用上必要と認めるときには、委託会社は、信託金を上記1.から4.までに掲げ
       る金融商品により運用することの指図ができます。
                                 10/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【運用体制】

      当ファンドの運用体制は以下の通りです。
     <委託会社の運用体制および内部管理体制>
       1 .  投資運用委員会において投資方針の決定を行います。









       2 .  運用部は投資環境の調査・分析を行います。これらの調査・分析結果を踏まえ、投資運用
          委員会により決定された投資方針に基づいて、運用部が投資判断を行います。投資判断を
          行うにあたっては、ガイドラインに抵触しないことの確認が求められます。また、投資リ
          スクのモニタリング等も行います。
      <運用体制に関する社内規則>

       委託会社は、「投資運用業に係る業務運営規程」に則って運用を行います。
      <委託会社によるファンドの関係法人に対する管理体制>

       受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行っています。また、内
       部統制に関する外部監査人による報告書等を定期的に受取り、業務執行体制のモニタリングを
       行っています。
      なお、当ファンドの運用体制は平成28年6月末現在のものであり、今後、変更となる場合があり

      ます。
     (4)  【分配方針】

      ①  収益分配方針
       毎決算時に、原則として以下の方針に基づき、分配を行います。
       1.分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みま
          す。)等の全額とします。
       2.分配金額は、委託会社が基準価額水準・市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配
          対象額が少額の場合は、収益分配を行わないこともあります。
       3.留保益(収益分配に充てず信託財産に留保した収益)の運用については特に制限を設け
          ず、運用の基本方針に基づき運用を行います。
        ※将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
                                 11/67

                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ②  収益の分配方式
       1.信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
        a.配当金、利子およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収
           益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等相当額
           を控除した後、その残額を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配金
           にあてるため、その一部を分配準備積立金として積立てることができます。
        b.売買損益に評価損益を加減して得た利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経
           費、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等相当額を控除し、繰越欠損金のある
           ときは、その全額を売買益をもって補填した後、受益者に分配することができます。な
           お、次期以降の分配金にあてるため、分配準備積立金として積立てることができます。
       2.毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰越します。
     (5)  【投資制限】

     <信託約款に定める投資制限>
      1.投資信託証券への投資制限
       投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
      2.外貨建資産への投資制限
       外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
      3.株式への投資制限
       株式への直接投資は行いません。
      4.特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
       外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められ
       る場合には、制約されることがあります。
      5.外国為替予約取引の指図
       委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外
       国為替の売買の予約の取引を指図することができます。
      6.資金の借入れ
       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴
          う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含
          みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的と
          して、資金の借入れ(コール市場を通じる場合も含みます。)の指図をすることができま
          す。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       b.一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日か
          ら信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金
          支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者
          への解約代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間
          が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約
          代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金借入額は、借入指図を行う日に
          おける信託財産の純資産総額の10%を超えないものとします。
       c.収益分配金の再投資にかかる借入期間は、信託財産から収益分配金が支払われる日からそ
          の翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       d.借入金の利息は信託財産中から支払われます。
                                 12/67






                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】

     (1)   基準価額の主な変動要因
      投資信託は預貯金とは異なります。
      当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて主に値動きのある有価証券に投資するため、当
      ファンドの基準価額は投資する有価証券等の値動きによる影響を受け、変動します。また、外貨
      建資産に投資しますので、為替変動リスクもあります。                                 したがって、当ファンドは投資元本が保
      証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割込むことがありま
      す。当ファンドの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。
      当ファンドが有する主なリスクは以下の通りです。

      1.   株価変動リスク
       株式の価格は、内外の政治経済情勢、株式を発行する企業の業績および信用状況等の変化の影
       響を受け変動します。当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて主に株式に投資しますの
       で、株式の価格が下落した場合は、基準価額の下落要因となります。また、インフラ関連の株
       式へ集中的に投資を行うため、より分散投資した場合に比べて基準価額が大きく変動する場合
       があります。
      2.   為替変動リスク
       為替相場は投資対象国・地域の政治経済情勢、通貨規制、資本規制等の要因により変動しま
       す。当ファンドは、実質的に組入れた外貨建資産について、原則として為替ヘッジを行いませ
       んので、為替相場が円高方向に変動した場合には、基準価額の下落要因となります。
      3.   信用リスク
       有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により、
       当該有価証券等の価格が大きく下落(価格がゼロになることもあります。)することがありま
       す。当ファンドが実質的に組入れた有価証券等にこうした事態が起こった場合は、基準価額の
       下落要因となります。
      4.   流動性リスク
       実質的に組入れた有価証券等の市場規模が小さく取引量が少ない場合、または市場が急変した
       場合、当該有価証券等を売買する際に、希望する時期や価格で売買できない場合があり、不利
       益を被るリスクがあります。当ファンドの一部解約金の支払資金手当てのために、実質的に組
       入れた有価証券等を売却する場合には、市況動向や流動性等の状況によっては基準価額の下落
       要因となる可能性があります。
      5.   カントリーリスク
       一般に、新興国の金融市場は先進国に比べ、安定性、流動性等の面で劣る場合があり、政治、
       経済、国家財政の不安定要因や法制度の変更等に対する市場感応度が大きくなる傾向がありま
       す。当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて主として新興国の有価証券に投資を行いま
       すので、投資対象国・地域において、上記の要因等により投資資産の価格が大きく変動するこ
       とや投資資産の回収が困難になることがあります。
      6.   投資対象とする外国投資法人の設定地および投資対象国における税制変更に関するリスク
       当ファンドが投資対象とする外国投資法人の設定地および投資対象国において、税制が変更さ
       れた場合には、基準価額に影響を与える可能性があります。
     (注)基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。
     (2)   その他の留意点

      1.   当ファンドは、預金および保険契約ではなく、預金保険機構および保険契約者保護機構の保
        護および補償の対象ではありません。また、登録金融機関で取扱う場合、投資者保護基金の
        補償対象ではありません。
      2.分配金は計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含み
        ます。))を超えて支払われる場合があるため、分配金の水準は必ずしも計算期間における
        ファンドの収益率を示すものではありません。分配金はファンドの純資産から支払われます
        ので、分配金支払い後は純資産が減少し、基準価額が下落する要因となります。投資者の
        ファンドの購入価額によっては、支払われた分配金の一部または全部が、実質的には元本の
                                 13/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基
        準価額の値上りが小さかった場合も同様です。
      3.   金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事情(投資対
        象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更および規制の導入、自然災
        害、クーデター、重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖または流動性の極端な
        減少ならびに資金の受渡しに関する障害等)が発生した場合に、信託約款の規定にしたが
        い、委託会社の判断で受益権の取得申込みおよび一部解約の実行の請求の受付けを中止する
        こと、すでに受付けた受益権の取得申込みおよび一部解約の実行の請求の受付けを取消すこ
        と、またはその両方を行うことがあります。
      4.   外国の政治、経済および社会情勢の変化により市場が混乱した場合、有価証券取引および為
        替取引に対して新たな規制が設けられた場合または金融商品取引所の閉鎖や流動性の極端な
        減少等があった場合等には、当ファンドの運用方針に沿った運用ができない場合がありま
        す。
      5.当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
        フ)の適用はありません。
      6.   当ファンドの運用体制、リスク管理体制等は、今後、変更される場合があります。
      7.   法令・税制・会計制度等は、今後、変更される可能性があります。
     (3)   投資リスクに対する管理体制等

     当ファンドの投資リスクに対する管理体制は、以下の通りです。

      <委託会社における投資リスク管理体制>

      ・投資運用委員会において投資方針の決定を行います。





      ・運用部は、投資対象ファンドにおける運用状況の確認および投資リスク等のフロント・モニタ
       リングを行うとともに、投資対象ファンドの運用会社等に対して運用状況に関する定期的な報
       告を求めています。
      ・オペレーション部は、運用状況および投資リスクのモニタリングのサポートを行います。
      ・リーガル&コンプライアンス部は、法令・ガイドライン等の遵守状況や利益相反の有無等の
       チェックを行い、必要に応じて指導・勧告を行うとともに、リスク・コンプライアンス委員会
       に報告します。
      ・リスク全般の管理はリスク・コンプライアンス委員会が行います。
      ・重要報告事項については、リスク・コンプライアンス委員会の各委員が同委員会等に報告し、
       審議します。
       なお、投資リスクに対する管理体制等は平成28年6月末現在のものであり、今後、変更となる場

       合があります。
                                 14/67



                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 15/67





















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
     (1)  【申込手数料】
      ①  申込手数料は、3.24%(税抜3.0%)を上限として販売会社がそれぞれ別に定める率を、取得
       申込受付日の翌営業日の基準価額に乗じて得た額とします。
       申込手数料は、購入時におけるファンドや関連する投資環境の説明および情報提供、購入に関
       する事務手続き等の対価として、販売会社にお支払いいただくものです。
       申込手数料率は、お申込みの販売会社または下記照会先までお問合せください。
         <照会先>

          イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
            電話番号 03-5224-3400(受付時間は営業日の午前9時から午後5時まで)
            ホームページアドレス http://www.eastspring.co.jp/
      ②  自動けいぞく投資契約に基づいて収益分配金を再投資する場合には、取得する口数について無
       手数料で取扱います。
     (2)  【換金(解約)手数料】

       換金(解約)手数料はありません。ただし、解約に際しては、一部解約の実行の請求受付日の
       翌営業日の基準価額に0.3%の率を乗じて得た額を信託財産留保額としてご負担いただきます。
     (3)  【信託報酬等】

       計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し年率1.32516%(税抜1.227%)を乗じて
       得た額が信託報酬として計算され、信託財産の費用として計上されます。
       信託報酬の配分は、以下の通りです。
                                      配分
                              年率   0.54000%(税抜           0.500%)
            委託会社
                              年率   0.75600%(税抜           0.700%)
            販売会社
                              年率   0.02916%(税抜           0.027%)
            受託会社
       <信託報酬とその支払先の役務について>

            信託報酬         信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
              委託会社        委託した資金の運用の対価
                      購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内での
              販売会社
                      ファンドの管理および事務手続き等の対価
                      ファンドの運用財産の保管・管理、委託会社からの運用指図の実
              受託会社
                      行等の対価
       信託報酬は、毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から支払われます。

       なお、このほかに当ファンドが投資対象とする投資信託証券(投資対象ファンド)に関しても
       信託報酬等がかかります。
       当ファンドの信託報酬に、投資対象とする投資信託証券の信託報酬等を加算した実質的な信託
       報酬の上限は、年率1.92516%(税込)です。ただし、当該信託報酬は、投資信託証券の組入状
       況等により変動します。
       <ご参考:投資対象ファンドの信託報酬等>

       「 イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・
       オープン・リミテッド             」
                         運用報酬および管理報酬等
                           年率   0.60%(上限)
       上記のほか、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかります。なお、申込手数料はありませ
       ん。
      「イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型Ⅰ(適格機関投資家向け)」
                              信託報酬
                        年率   0.216%(税抜         0.2%)
                                 16/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       上記のほか、監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料等がかかります。なお、申込手数料
       はありません。
     (4)  【その他の手数料等】

      ①  信託財産に関する租税、信託事務の処理等に要する諸費用(監査費用、目論見書および運用報
       告書等の印刷費用、受益者に対する公告費用を含みます。)および受託会社の立替えた立替金
       の利息(以下「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、信託財産中から支払われま
       す。
      ②  委託会社は、上記①に定める信託事務の処理等に要する諸費用の支払いを信託財産のために行
       い、支払金額を信託財産から受取ることができます。この場合、委託会社は、現に信託財産の
       ために支払った金額を受取る際に、あらかじめ、受領する金額に上限を付することができま
       す。また、委託会社は、実際に支払った金額を受取る代わりに、かかる諸費用の金額を、あら
       かじめ、合理的に見積もったうえで、実際の費用額にかかわらず固定率または固定金額にて信
       託財産から受取ることもできます。
      ③  上記②において諸費用の上限、固定率または固定金額を定める場合、委託会社は、信託財産の
       規模等を考慮して、信託の設定時または期中に、上限、固定率または固定金額を合理的に計算
       された範囲内で変更することができます。なお、諸費用の上限は、信託財産の純資産総額に年
       率0.10%を乗じて得た額とします。
      ④  上記②において諸費用の固定率または固定金額を定める場合、かかる諸費用の額は、計算期間
       を通じて毎日、信託財産に計上されます。かかる諸費用は、毎計算期末または信託終了のと
       き、当該諸費用にかかる消費税等相当額とともに信託財産中から支払われ、委託会社の責任に
       おいて、実際の支払いに充当します。
      ⑤  外国における資産の保管等に要する費用等は受益者の負担とし、信託財産中から支払われま
       す。
      ⑥  信託財産において資金借入れを行った場合の借入金の利息は受益者の負担とし、信託財産中か
       ら支払われます。
        <その他の手数料等の役務について>
             監査費用          監査法人等に支払うファンドの監査にかかる費用
           売買委託手数料            有価証券等の売買の際、売買仲介人に支払う手数料
             保管費用          有価証券等の保管等のために海外銀行に支払う費用
      ※上記(4)に掲げる「その他の手数料等」は、運用状況等により変動するものであり、事前に料

       率、上限額等を表示することができません。
     ※投資者のみなさまが負担する費用の合計額は、保有期間等に応じて異なりますので、表示するこ

      とができません。
     (5)  【課税上の取扱い】

      当ファンドは、課税上は株式投資信託として取扱われます。
      ①  個人、法人別の課税の取扱いについて
       1.個人の受益者に対する課税
        a.  収益分配金
          収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として以下の表の税率
          による源泉徴収(原則として確定申告は不要です。)が行われます。なお、確定申告を行
          い総合課税または申告分離課税を選択することもできます。
          なお、配当控除の適用はありません。
        b.  一部解約金および償還金
          一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料およ
          び当該申込手数料にかかる消費税等相当額を含みます。)を控除した利益)は、譲渡所得
          として以下の表の税率による申告分離課税が適用されます。
          ただし、特定口座(源泉徴収選択口座)を利用する場合は、原則として確定申告は不要で
          す。
                                 17/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
               期間                         税率
         平成26年1月1日以降                20.315    %
         平成49年12月31日まで                (所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)
         平成50年1月1日以降                20 %
                         (所得税15%、地方税5%)
        ※平成49年12月31日までは、所得税額に対して2.1%の税率で復興特別所得税が付加されま
         す。
        <損益通算について>

        一部解約時および償還時の差損(譲渡損)については、確定申告等において、上場株式等の譲
        渡益および配当等(申告分離課税を選択したものに限ります。)、特定公社債等(公募公社債
        投資信託を含みます。)の譲渡益および利子等との損益通算が可能です。また、一部解約時お
        よび償還時の差益(譲渡益)、普通分配金については、確定申告等において、上場株式等およ
        び特定公社債等の譲渡損との損益通算が可能です。
        ※公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」の適用対象です。

         少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非課税制度「ジュニアNISA」を
         ご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当
         所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口
         座を開設するなど、一定の条件に該当する方となります。詳しくは、販売会社にお問合せく
         ださい。
       2.法人の受益者に対する課税

          収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時および償還時の個別元本
          超過額について、以下の表の税率で源泉徴収が行われます。
          なお、益金不算入制度の適用はありません。
               期間                         税率

         平成26年1月1日以降                15.315    %
         平成49年12月31日まで                (所得税15%、復興特別所得税0.315%)
         平成50年1月1日以降                15 %
                         (所得税15%)
        ※平成49年12月31日までは、所得税額に対して2.1%の税率で復興特別所得税が付加されま
         す。
      ②  個別元本について
       1.追加型株式投資信託について、受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料および
         当該申込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が、当該受益者の元本(個別
         元本)にあたります。
       2.受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は当該受益者が追加信託
         を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ただし、同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については販売会社ごとに個別元
         本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを取得
         する場合は当該支店等ごとに、「一般コース」と「自動けいぞく投資コース」の両コース
         で取得する場合はコース別に、個別元本の算出が行われる場合があります。
       3.受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本か
         ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となり
         ます。
      ③  収益分配金の課税
       追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
       「元本払戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があ
       ります。
                                 18/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       受益者が収益分配金を受取る際、1.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元
       本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額
       が 普通分配金となり、2.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っ
       ている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金か
       ら当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
      㭎ઊᠰ湑蕛뤰潞獢က㈀㡞琀㙧ࡧ⭳﹗⠰湺๬픰歗侮攰估舰渰朰䈰訰ź๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰潙०

       になる場合があります。
      ※税金の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 19/67

















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
     (1)【投資状況】
                                              ( 平成28年6月30日現在)
                                            時価合計         投資比率

                資産の種類                  国/地域
                                             (円)         (%)
      投資証券                           モーリシャス          26,667,318,963            97.52

      投資信託受益証券                             日本          160,341,494           0.59

       現金・預金・その他の資産(負債控除後)                             -         519,222,758           1.90

       合計(純資産総額)                                     27,346,883,215            100.00

      ( 注)  投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価合計の比率をいいます。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】
                                             (平成28年6月30日現在)
                              帳簿価額             評価額
                                     帳簿価額             評価額      投資
       国/                  数量
          種類      銘柄名                      金額             金額      比率
                               単価             単価
       地域                 (口数)
                                     (円)             (円)      ( %)
                               (円)             (円)
            イーストスプリン

            グ・インベストメン
            ツ・インディア・イ
      モーリ    投資
            ンフラストラク
                       19,053,855.57        1,323.42     25,216,303,078        1,399.57     26,667,318,963        97.52
      シャス    証券
            チャー・エクイ
            ティ・オープン・リ
            ミテッド
          投資

            イーストスプリング
          信託
            国内債券ファンド
       日本                 145,157,971        1.0982     159,412,483       1.1046     160,341,494       0.59
            (国債)追加型Ⅰ(適
          受益
            格機関投資家向け)
          証券
        種類別投資比率    (平成28年6月30日現在)

              種類           投資比率(%)

       投資証券                       97.52

       投資信託受益証券                       0.59

       合計                       98.10

      ( 注)  投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の評価額金額の比率をいいます。
     ②【投資不動産物件】            (平成28年6月30日現在)

         該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

                                             (平成28年6月30日現在)
                                  数量       帳簿価額        評価額      投資比率
        資産の種類          通貨      買建/売建
                                (契約額)         (円)       (円)      (%)
       為替予約取引           米ドル        売建      1,000,000.00        102,640,000       102,890,000        △0.37

     (注)    投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の評価額の比率をいいます。
                                 20/67



                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用実績】
     ①【純資産の推移】
         平成28年6月30日及び同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期末の純資産の推移は次の通り
        です。
                               純資産総額                 1 口当たり
                                ( 百万円)               純資産額(円)
        期         年月日
                           ( 分配落)        ( 分配付)        ( 分配落)        ( 分配付)
             ( 平成19年     5月21日)
       第1期                       71,930        82,138        1.0570        1.2070
       第2期      ( 平成19年11月20日)                127,558        158,382         1.2415        1.5415
             ( 平成20年     5月20日)
       第3期                      157,515        157,515         0.9143        0.9143
       第4期      ( 平成20年11月20日)                61,558        61,558        0.3910        0.3910
             ( 平成21年     5月20日)
       第5期                       98,582        98,582        0.6524        0.6524
       第 6 期    ( 平成21年     11 月20日)          100,573        100,573         0.6890        0.6890
             ( 平成22年     5 月20日)
       第 7 期                     93,523        93,523        0.7072        0.7072
       第8期     (平成22年11月22日)                  87,060        87,060        0.7516        0.7516
             (平成23年       5月20日)
       第9期                       68,501        68,501        0.6628        0.6628
       第10期      (平成23年11月21日)                  43,702        43,702        0.4832        0.4832
             (平成24年       5月21日)
       第11期                       36,086        36,086        0.4334        0.4334
       第12期      (平成24年11月20日)                  35,175        35,175        0.4970        0.4970
             (平成25年       5月20日)
       第13期                       40,170        40,170        0.6649        0.6649
       第14期      ( 平成25年11月20日)                27,367        27,367        0.5134        0.5134
             ( 平成26年     5月20日)
       第15期                       35,098        35,098        0.7590        0.7590
       第16期      ( 平成26年11月20日)                41,822        41,822        0.8995        0.8995
             ( 平成27年     5月20日)
       第17期                       39,141        39,141        0.9025        0.9025
       第18期      ( 平成27年11月20日)                34,457        34,457        0.8477        0.8477
       第19期      (平成28年       5月20日)
                              27,946        27,946        0.7358        0.7358
              平成27年     6月末日
                              39,792           -      0.9155           -
              平成27年     7月末日
                              40,413           -      0.9513           -
              平成27年     8月末日
                              35,696           -      0.8492           -
              平成27年     9月末日
                              33,519           -      0.8039           -
              平成27年10月末日                35,114           -      0.8544           -
              平成27年11月末日                34,483           -      0.8517           -
              平成27年12月末日                33,449           -      0.8407           -
              平成28年     1月末日
                              29,345           -      0.7469           -
              平成28年     2月末日
                              24,896           -      0.6409           -
              平成28年     3月末日
                              28,592           -      0.7441           -
              平成28年     4月末日
                              28,950           -      0.7588           -
              平成28年     5月末日
                              29,207           -      0.7688           -
              平成28年     6月末日
                              27,346           -      0.7259           -
      ( 注)  表中の末日とはその月の最終営業日を指します。
                                 21/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ②【分配の推移】
         期                 計算期間                   1 口当たりの分配金(円)
                自 平成18年11月          8日 至 平成19年           5月21日
        第1期                                             0.1500
                自 平成19年        5月22日 至 平成19年11月20日
        第2期                                             0.3000
                自 平成19年11月21日 至 平成20年                     5月20日
        第3期                                             0.0000
                自 平成20年        5月21日 至 平成20年11月20日
        第4期                                             0.0000
                自 平成20年11月21日 至 平成21年                     5月20日
        第5期                                             0.0000
                自 平成21年        5月21日 至 平成21年11月20日
        第6期                                             0.0000
                自 平成21年11月21日 至 平成22年                     5月20日
        第7期                                             0.0000
                自 平成22年        5月21日 至 平成22年11月22日
        第8期                                             0.0000
                自 平成22年11月23日 至 平成23年                     5月20日
        第9期                                             0.0000
                自 平成23年        5月21日 至 平成23年11月21日
        第10期                                              0.0000
                自 平成23年11月22日 至 平成24年                     5月21日
        第11期                                              0.0000
        第12期        自 平成24年        5月22日 至 平成24年11月20日                              0.0000
                自 平成24年11月21日 至 平成25年                     5月20日
        第13期                                              0.0000
                自 平成25年        5月21日 至 平成25年11月20日
        第14期                                              0.0000
                自 平成25年11月21日 至 平成26年                     5月20日
        第15期                                              0.0000
                自 平成26年        5月21日 至 平成26年11月20日
        第16期                                              0.0000
                自 平成26年11月21日 至 平成27年                     5月20日
        第17期                                              0.0000
                自 平成27年        5月21日 至 平成27年11月20日
        第18期                                              0.0000
                自 平成27年11月21日 至 平成28年                     5月20日
        第19期                                              0.0000
      ③【収益率の推移】

         期                 計算期間                      収益率(%)
                自 平成18年11月          8日 至 平成19年           5月21日
        第1期                                               20.7
                自 平成19年        5月22日 至 平成19年11月20日
        第2期                                               45.8
                自 平成19年11月21日 至 平成20年                     5月20日
        第3期                                             △26.4
                自 平成20年        5月21日 至 平成20年11月20日
        第4期                                             △57.2
                自 平成20年11月21日 至 平成21年                     5月20日
        第5期                                               66.9
                自 平成21年        5月21日 至 平成21年11月20日
        第6期                                               5.6
                自 平成21年11月21日 至 平成22年                     5月20日
        第7期                                               2.6
                自 平成22年        5月21日 至 平成22年11月22日
        第8期                                               6.3
                自 平成22年11月23日 至 平成23年                     5月20日
        第9期                                             △11.8
                自 平成23年        5月21日 至 平成23年11月21日
        第10期                                              △27.1
                自 平成23年11月22日 至 平成24年                     5月21日
        第11期                                              △10.3
                自 平成24年        5月22日 至 平成24年11月20日
        第12期                                               14.7
                自 平成24年11月21日 至 平成25年                     5月20日
        第13期                                               33.8
                自 平成25年        5月21日 至 平成25年11月20日
        第14期                                              △22.8
                自 平成25年11月21日 至 平成26年                     5月20日
        第15期                                               47.8
                自 平成26年        5月21日 至 平成26年11月20日
        第16期                                               18.5
        第17期        自 平成26年11月21日 至 平成27年5月20日                                        0.3
                自 平成27年        5月21日 至 平成27年11月20日
        第18期                                              △6.1
                自 平成27年11月21日 至 平成28年                     5月20日
        第19期                                              △13.2
      ( 注)  収益率は、計算期間末日の基準価額(分配付きの額)から当該計算期間の直前の計算期間末日の基準
         価額(分配落ちの額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除し
         て得た数に100を乗じて得た数を記載しております。
                                 22/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (4)【設定及び解約の実績】
                             設定口数           解約口数          発行済み口数
         期        計算期間
                               ( 口)          ( 口)          ( 口)
              自 平成18年11月          8日
        第1期                    76,098,985,638           8,044,670,140          68,054,315,498
              至 平成19年        5月21日
              自 平成19年        5月22日
        第2期                    75,591,102,132           40,898,714,098          102,746,703,532
              至 平成19年11月20日
              自 平成19年11月21日
        第3期                    91,891,196,467           22,366,652,104          172,271,247,895
              至 平成20年        5月20日
              自 平成20年        5月21日
        第4期                    9,638,972,548          24,482,263,711          157,427,956,732
              至 平成20年11月20日
              自 平成20年11月21日
        第5期                    3,515,316,254           9,834,615,320          151,108,657,666
              至 平成21年        5月20日
              自 平成21年        5月21日
        第6期                    9,058,013,395          14,192,479,397          145,974,191,664
              至 平成21年11月20日
              自 平成21年11月21日
        第7期                    3,544,989,130          17,270,950,114          132,248,230,680
              至 平成22年        5月20日
              自 平成22年        5月21日
        第8期                    1,468,940,323          17,881,507,727          115,835,663,276
              至 平成22年11月22日
              自 平成22年11月23日
        第9期                    1,069,002,276          13,553,960,003          103,350,705,549
              至 平成23年        5月20日
              自 平成23年        5月21日
        第10期                     1,269,658,757          14,175,863,695           90,444,500,611
              至 平成23年11月21日
              自 平成23年11月22日
        第11期                     2,201,689,040           9,381,110,769          83,265,078,882
              至 平成24年        5月21日
              自 平成24年        5月22日
        第12期                      440,266,501         12,932,427,309           70,772,918,074
              至 平成24年11月20日
              自 平成24年11月21日
        第13期                      649,098,221         11,008,378,071           60,413,638,224
              至 平成25年        5月20日
              自 平成25年        5月21日
        第14期                      374,741,338          7,478,269,375          53,310,110,187
              至 平成25年11月20日
              自 平成25年11月21日
        第15期                      208,541,571          7,274,160,938          46,244,490,820
              至 平成26年        5月20日
              自 平成26年        5月21日
        第16期                     7,417,853,373           7,165,310,748          46,497,033,445
              至 平成26年11月20日
              自 平成26年11月21日
        第17期                     4,686,714,175           7,814,685,882          43,369,061,738
              至 平成27年        5月20日
              自 平成27年        5月21日
        第18期                     2,789,952,709           5,509,056,786          40,649,957,661
              至 平成27年11月20日
              自 平成27年11月21日
        第19期                      480,542,466          3,148,112,766          37,982,387,361
              至 平成28年        5月20日
      ( 注)  第1期の設定口数には、当初募集期間中の設定口数を含みます。
                                 23/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     <参考情報>
                                 24/67




















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】

     1【申込(販売)手続等】

     1.販売会社の毎営業日において、お申込みいただくことができます。ただし、営業日が以下の日
       にあたる場合は、お申込みを受付けないものとします。
        ①インドの金融商品取引所の休場日
        ②モーリシャスの銀行休業日
        ③シンガポールの銀行休業日
        ④日本におけるシンガポールの銀行休業日の前営業日
       お申込みの受付けは、原則として午後3時までに取得申込みが行われ、かつ、当該お申込みにか
       かる販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込分とします。当該受付時間を過
       ぎた場合は翌営業日の取扱いとします。
       受益権の取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、取得申込みを行うものとします。
       収益分配金の受取方法により、収益分配金をそのつど受取る「一般コース」と、税金を差引い
       た後の収益分配金が自動的に無手数料で再投資される「自動けいぞく投資コース」の2つの申込
       方法があります。お申込みの際に「一般コース」または「自動けいぞく投資コース」のいずれ
       かのコースをお選びいただきます。
       ※「一般コース」および「自動けいぞく投資コース」の名称および取扱いは、販売会社によっ
        て異なりますので、ご注意ください。
     2.申込単位は、販売会社がそれぞれ別に定める単位とします。各販売会社の申込単位の詳細につ

       いては、お申込みの販売会社または下記照会先までお問合せください。
         <照会先>

           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
            電話番号 03-5224-3400(受付時間は営業日の午前9時から午後5時まで)
            ホームページアドレス http://www.eastspring.co.jp/
     3.受益権の申込価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。なお、取得申込みに

       は、申込手数料がかかります。申込手数料は、3.24%(税抜3.0%)を上限として販売会社がそ
       れぞれ別に定める率を、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に乗じて得た額とします。基準
       価額および申込手数料率は、お申込みの販売会社または上記照会先までお問合せください。
     4.委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事

       情があるときは、受益権の取得申込みの受付けを中止すること、すでに受付けた取得申込みの
       受付けを取消すこと、またはその両方を行うことができます。
       ※ 取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の

        振替を行うための振替機関等の口座を申出るものとし、当該口座に当該取得申込者にかかる
        口数の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込みの代金の支
        払いと引換えに、当該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うこ
        とができます。委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替
        口座簿への新たな記載または記録をするため、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社
        振法」といいます。)に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等
        は、委託会社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振
        替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会社は、追加信託により生じた受益権
        については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権にかかる
        信託を設定した旨の通知を行います。
     2【換金(解約)手続等】

     1.受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に対し1口の整数倍で販売会社がそれぞれ別
       に定める単位をもって一部解約の実行を請求することができます。
       受益者が一部解約の実行の請求をするときは、振替受益権をもって行うものとします。

                                 25/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       一部解約の実行の請求は、以下の日にあたる場合を除く販売会社の毎営業日に受付けます。
        ①インドの金融商品取引所の休場日
        ②モーリシャスの銀行休業日
        ③シンガポールの銀行休業日
        ④日本におけるシンガポールの銀行休業日の前営業日
       一部解約の実行の請求は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、かつ、当該お申込みに
       かかる販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込分とします。当該受付時間を
       過ぎた場合には翌営業日の取扱いとします。
       委託会社は、一部解約の実行の請求を受付けた場合には、この信託契約の一部を解約します。
     2.一部解約の価額は、一部解約の実行の請求受付日の翌営業日の基準価額から、当該基準価額に
                                  ※
       0.3%の率を乗じて得た額を信託財産留保額                           として控除した価額(解約価額)とします。一部
       解約の価額については、お申込みの販売会社または下記照会先までお問合せください。
        ※信託財産留保額とは、一部解約を実行する投資者と償還時まで投資を続ける投資者との公平

        性の確保やファンドの残高の安定的な推移を図る目的で、一部解約の実行の請求者から徴収
        する一定の額をいい、信託財産に繰入れられます。
         <照会先>

           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
            電話番号 03-5224-3400(受付時間は営業日の午前9時から午後5時まで)
            ホームページアドレス http://www.eastspring.co.jp/
     3.一部解約金は、販売会社の営業所等において、一部解約の実行の請求を受付けた日より起算し

       て、原則として7営業日目から受益者に支払います。
     4.委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止その他やむを得ない事

       情があるときは、上記1.による一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、すでに受付
       けた一部解約の実行の請求の受付けを取消すこと、またはその両方を行うことができます。
     5.上記4.により一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止

       以前に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回することができます。ただし、受益者が一部
       解約の実行の請求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付中止を解
       除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとして上記2.に
       準じて計算された価額とします。
     6.信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口換金には制限を設ける場合があります。

        ※ 一部解約の実行の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該

        受益者の請求にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、当該一部解
        約にかかる受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当
        該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
                                 26/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】
     (1)  【資産の評価】
       基準価額とは、信託財産に属する資産を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがっ
       て時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」と
       いいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産
       (外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の円換算について
       は、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。ま
       た、予約為替の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値による
       ものとします。
       <主な投資対象資産の評価方法>
       投資信託証券:原則として、計算時に知りうる直近の日の基準価額で評価します。
       基準価額は、委託会社の営業日において日々算出されます。なお、便宜上1万口当たりに換算し

       た価額で表示されることがあります。
       ファンドの基準価額については、お申込みの販売会社または下記照会先までお問合せくださ
       い。
       その他、原則として計算日の翌日付けの日本経済新聞朝刊にも掲載されます。ファンド名は
       「インフラ」と略称で掲載されています。
        <照会先>
         イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
           電話番号 03-5224-3400(受付時間は営業日の午前9時から午後5時まで)
           ホームページアドレス http://www.eastspring.co.jp/
     (2)  【保管】

       該当事項はありません。
     (3)  【信託期間】
       信託期間は、平成18年11月8日から平成38年11月20日までとします。ただし、委託会社は、信託
       期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と協議のう
       え、信託期間を延長することがあります。また、下記「(5)                                    その他 1.信託契約の解約(信
       託の終了)」に該当する場合には信託を終了させることがあります。
     (4)  【計算期間】
       計算期間は、原則として毎年5月21日から11月20日までおよび11月21日から翌年5月20日までと
       します。なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のと
       き、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるもの
       とします。ただし、最終計算期間の終了日は、上記「(3)                                  信託期間」の終了日とします。
     (5)  【その他】
     1.信託契約の解約(信託の終了)
       a.委託会社は、信託契約の一部を解約することにより受益権の総口数が10億口を下回ること
         となった場合、信託終了前にこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認め
         るとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約
         を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじ
         め、解約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
       b.委託会社は、上記a.の事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、か
         つ、その旨を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付します。
         ただし、この信託契約にかかるすべての受益者に対して書面を交付したときは、原則として
         公告を行いません。
       c.上記b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対し
         て異議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
       d.上記c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の
         一を超えるときは、上記a.の信託契約の解約をしません。
                                 27/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       e.委託会社は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理
         由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託契約にかかる知られたる受益者
         に対して交付します。ただし、この信託契約にかかるすべての受益者に対して書面を交付し
         た ときは、原則として公告を行いません。
       f.上記c.からe.までの規定は、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じ
         ている場合であって、上記c.の一定期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行
         うことが困難な場合には適用しません。
       g.委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止した
         ときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、こ
         の信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、
         この信託は、下記「2.信託約款の変更」d.に該当する場合を除き、当該投資信託委託会
         社と受託会社との間において存続します。
       h.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。                                               受託会社がそ
         の任務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所
         に受託会社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または                                               裁判所が受
         託会社を解任した場合、委託会社は、下記「2.信託約款の変更」の規定にしたがい、新受
         託会社を選任します。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契
         約を解約し、信託を終了させます。
     2.信託約款の変更
       a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したと
         きは、受託会社と合意のうえ、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじ
         め、変更しようとする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。
       b.委託会社は、上記a.の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、
         変更しようとする旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信
         託約款にかかる知られたる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款にかかるすべ
         ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
       c.上記b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対し
         て異議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
       d.上記c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の
         一を超えるときは、上記a.の信託約款の変更をしません。
       e.委託会社は、当該信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およびその理
         由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款にかかる知られたる受益者
         に対して交付します。ただし、この信託約款にかかるすべての受益者に対して書面を交付し
         たときは、原則として、公告を行いません。
     3.信託契約に関する監督官庁の命令
       a.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたが
         い、信託契約を解約し信託を終了させます。
       b.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款の変更をしようとするときは、上記
         「2.信託約款の変更」の規定にしたがいます。
     4.公告
       委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
     5.委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
       a.委託会社は、事業の全部または一部の譲渡をすることがあり、これに伴い、この信託契約
         に関する事業を譲渡することがあります。
       b.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、こ
         の信託契約に関する事業を承継させることがあります。
     6.運用報告書
       委託会社は、各計算期間終了時および償還時に                            交付運用報告書         と運用報告書(全体版)             を作成し
       ます。
       交付運用報告書は           販売会社を通じて知れている受益者に交付します。
                                 28/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       運用報告書(全体版)は委託会社のホームページに掲載します。ただし、受益者から運用報告
       書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
       ホームページアドレス    http://www.eastspring.co.jp/
     7.反対者の買取請求権
       信託契約の解約(信託の終了)または信託約款の変更を行う場合において、一定の期間内に委
       託会社に対して異議を述べた受益者は、販売会社を通じて受託会社に対し、自己に帰属する受
       益権を信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。
     8.関係法人との契約の更改等に関する手続き
       販売会社は、委託会社との間の投資信託受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約に基づい
       て、受益権の募集の取扱い等を行います。この場合、別の名称で同様の権利義務を規定する契
       約を含むものとします。この受益権の募集等の取扱い等に関する契約において、有効期間満了
       の3ヵ月前までに、当事者のいずれからも何らの意思表示がないときは、自動的に1年間更新さ
       れるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様とします。
     9.信託事務処理の再信託
       受託会社は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について、日本マスタートラスト信託
       銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。
                                 29/67















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     4【受益者の権利等】

     1.収益分配金・償還金受領権
       受益者は、委託会社の決定した収益分配金・償還金を、持分に応じて委託会社から受領する権
       利を有します。収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則と
       して、計算期間終了日から起算して5営業日まで)から決算日において振替機関等の振替口座簿
       に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が
       行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定
       された受益権で取得申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益
       権については原則として取得申込者とします。)に支払われます。
       ただし、自動けいぞく投資契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、受託会
       社が委託会社の指定する預金口座等に払込むことにより、原則として毎計算期間終了日の翌営
       業日に、収益分配金が販売会社に支払われます。この場合、販売会社は、受益者に対して遅滞
       なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付けを行います。なお、再投資により増加した受
       益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       償還金は、信託終了後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として、信託終了日(信託終了
       日が休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日まで)から信託終了日において振替機関等
       の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行われ
       た受益権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で、取得
       申込代金支払い前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則と
       して取得申込者とします。)に支払われます。
       また、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から
       10年間請求を行わない場合はその権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に
       帰属します。
     2.受益権の一部解約請求権

       受益者は、受益権の一部解約を販売会社を通して委託会社に請求することができます。
     3.帳簿書類の閲覧・謄写の請求権

       受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類
       の閲覧または謄写を請求することができます。
                                 30/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
     (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省

        令第59号)(以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託
        財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)
        に基づいて作成しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2)当ファンドの計算期間は6ヶ月であるため、財務諸表は6ヶ月毎に作成しております。

     (3)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第19期計算期間(平成27年11月21

        日から平成28年5月20日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受け
        ております。
                                 31/67















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンド
     (1)【貸借対照表】
                                                      (単位:円)
                                    第18期              第19期
                                (平成27年11月20日現在)               (平成28年5月20日現在)
      資産の部
        流動資産
                                         169,443                 -
         預金
                                      1,132,001,560               621,147,577
         コール・ローン
                                       271,311,415              159,412,483
         投資信託受益証券
                                      33,319,362,000              27,313,273,075
         投資証券
                                          7,000                -
         派生商品評価勘定
                                       245,920,000              110,090,000
         未収入金
                                           620               -
         未収利息
                                      34,968,772,038              28,203,923,135
         流動資産合計
                                      34,968,772,038              28,203,923,135
        資産合計
      負債の部
        流動負債
                                            -            957,000
         派生商品評価勘定
                                       258,718,507               61,088,197
         未払解約金
                                        5,514,916              4,264,964
         未払受託者報酬
                                       245,107,454              189,553,863
         未払委託者報酬
                                            -             1,701
         未払利息
                                        1,841,400              2,031,134
         その他未払費用
                                       511,182,277              257,896,859
         流動負債合計
                                       511,182,277              257,896,859
        負債合計
      純資産の部
        元本等
                                      40,649,957,661              37,982,387,361
         元本
         剰余金
                                     △ 6,192,367,900             △ 10,036,361,085
           期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       911,664,398              847,568,829
           (分配準備積立金)
                                      34,457,589,761              27,946,026,276
         元本等合計
                                      34,457,589,761              27,946,026,276
        純資産合計
                                      34,968,772,038              28,203,923,135
      負債純資産合計
                                 32/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第18期              第19期
                                 自 平成27年       5月21日        自 平成27年11月21日
                                               至 平成28年       5月20日
                                 至 平成27年11月20日
      営業収益
                                         104,697               31,436
        受取利息
                                     △ 2,657,189,912              △ 919,347,676
        有価証券売買等損益
                                       602,538,653            △ 3,387,036,935
        為替差損益
                                     △ 2,054,546,562             △ 4,306,353,175
        営業収益合計
      営業費用
                                            -            23,952
        支払利息
                                        5,514,916              4,264,964
        受託者報酬
                                       245,107,454              189,553,863
        委託者報酬
                                        1,876,852              2,077,237
        その他費用
                                       252,499,222              195,920,016
        営業費用合計
                                     △ 2,307,045,784             △ 4,502,273,191
      営業利益又は営業損失(△)
                                     △ 2,307,045,784             △ 4,502,273,191
      経常利益又は経常損失(△)
                                     △ 2,307,045,784             △ 4,502,273,191
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                       △ 26,025,571             △ 281,740,498
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                     △ 4,227,368,218             △ 6,192,367,900
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       540,597,747              486,562,926
      剰余金増加額又は欠損金減少額
        当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                       540,597,747              486,562,926
        少額
                                       224,577,216              110,023,418
      剰余金減少額又は欠損金増加額
        当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                       224,577,216              110,023,418
        加額
                                            -              -
      分配金
                                     △ 6,192,367,900             △ 10,036,361,085
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 33/67










                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】
     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                               第19期
                           自 平成27年11月21日
                           至 平成28年        5月20日
       1.有価証券の評価基準及び評価方法

         投資信託受益証券及び投資証券につきましては、移動平均法に基づき、時価で評価しており
        ます。時価評価にあたっては、当該投資信託受益証券及び投資証券の基準価額に基づいて評価
        しております。
       2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
         為替予約の評価は、原則として、わが国における計算期間末日の対顧客先物売買相場の仲値
        によって計算しております。ただし、為替予約のうち対顧客先物売買相場が発表されていない
        通貨については、対顧客電信売買相場の仲値によって計算しております。
       3.収益及び費用の計上基準
         受取配当金の計上基準
         受取配当金は原則として、投資信託受益証券および投資証券の収益分配金落ち日において、
        その金額が確定しているものについては当該金額、未だ確定していない場合には入金日基準で
        計上しております。
       4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
         外貨建取引等の処理基準
         「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)第60条、61条に基づい
        て、外貨建取引の記録、及び外貨の売買を処理しております。
                                 34/67













                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (貸借対照表に関する注記)
                                第18期                 第19期
             区  分
                           (平成27年11月20日現在)                 (平成28年5月20日現在)
       1.元本の推移
         期首元本額                       43,369,061,738        円        40,649,957,661        円
         期中追加設定元本額                       2,789,952,709        円          480,542,466       円
         期中一部解約元本額                       5,509,056,786        円         3,148,112,766        円
       2.計算期間末日における受益

                                40,649,957,661        口        37,982,387,361        口
         権の総数
       3.投資信託財産計算規則第55

                          元本の                 元本の
         条の6第1項第10号に規定す                       6,192,367,900円                10,036,361,085円
                          欠損                 欠損
         る額
       4.1口当たりの純資産額                              0.8477円                 0.7358円

         (1万口当たりの純資産額)                           (8,  477  円)             (7,358円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                  第18期                           第19期
              自 平成27年        5月21日                   自 平成27年11月21日
                                        至 平成28年        5月20日
              至 平成27年11月20日
       1.分配金の計算過程                           1.分配金の計算過程
       A 費用控除後の配当等収益額                       0 円  A 費用控除後の配当等収益額                       0 円

       B 費用控除後・繰越欠損金補                       0 円  B 費用控除後・繰越欠損金補                       0 円
        填後の有価証券等損益額                           填後の有価証券等損益額
       C 収益調整金額                2,882,258,712        円  C 収益調整金額                2,703,541,826        円
       D 分配準備積立金額                 911,664,398       円  D 分配準備積立金額                 847,568,829       円
       E 当ファンドの分配対象収益                3,793,923,110        円  E 当ファンドの分配対象収益                3,551,110,655        円
        額                           額
       } 当ファンドの期末残存口数               40,649,957,661        口  } 当ファンドの期末残存口数               37,982,387,361        口
       ▶ 10,000    口当たり収益分配対                  933  円  ▶ 10,000    口当たり収益分配対                  934  円
        象額                           象額
       H 10,000    口当たり分配金額                    0 円  H 10,000    口当たり分配金額                    0 円
       I 収益分配金金額                       0 円  I 収益分配金金額                       0 円
                                 35/67








                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品に関する注記)
     Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
                  第18期                          第19期
             自 平成27年        5月21日                   自 平成27年11月21日
                                        至 平成28年        5月20日
             至 平成27年11月20日
       1.金融商品に対する取組方針                          1.金融商品に対する取組方針
         当ファンドは投資信託及び投資法人に関す                            同左
         る法律第2条第4項に定める証券投資信託
         であり、信託約款に定める運用の基本方針
         に従う方針です。
         また、有価証券等の金融商品は投資として
         運用することを目的としております。
       2.金融商品の内容及びそのリスク                          2.金融商品の内容及びそのリスク
         当ファンドが保有する金融商品は有価証                            同左
         券、デリバティブ取引、コール・ローン等
         の金銭債権及び金銭債務であります。
         当ファンドが保有する有価証券及びデリバ
         ティブ取引は、「(重要な会計方針に係る
         事項に関する注記)」に記載してありま
         す。
         これらは、株価変動リスク、為替変動リス
         ク、金利変動リスク等の市場リスク、信用
         リスク、及び流動性リスクに晒されており
         ます。
         また、当ファンドは信託財産に属する資産
         の為替変動リスクの低減、並びに信託財産
         に属する外貨建資金の受渡を行なうことを
         目的として、為替予約取引を利用しており
         ます。
       3.金融商品に係るリスク管理体制                          3.金融商品に係るリスク管理体制
         委託会社においては、独立した投資リスク                            同左
         管理に関する委員会である投資運用委員会
         を設け、パフォーマンスの分析及び運用リ
         スクの管理を行なっております。
        ①市場リスクの管理
         市場リスクに関しては、資産配分等の状況
         を分析・把握し、投資方針への準拠性等の
         管理を行なっております。
        ②信用リスクの管理
         信用リスクに関しては、発行体や取引先の
         財務状況等に関する情報収集・分析を継続
         し、格付等の信用度に応じた組入制限等の
         管理を行なっております。
        ③流動性リスクの管理
         流動性リスクに関しては、市場流動性の状
         況を把握し、取引量や組入比率等の管理を
         行なっております。
                                 36/67





                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項
                  第18期                          第19期
             (平成27年11月20日現在)                          (平成28年5月20日現在)
       1.貸借対照表計上額、時価及びその差額                           1.貸借対照表計上額、時価及びその差額
         貸借対照表上の金融商品は、原則としてす                            同左
         べて時価評価されているため、貸借対照表
         計上額と時価との差額はありません。
       2.時価の算定方法                           2.時価の算定方法
        ①投資信託受益証券、投資証券                             同左
         「(重要な会計方針に係る事項に関する注
         記)」に記載しております。
        ②派生商品評価勘定
         「(デリバティブ取引等に関する注記)」
         に記載しております。
        ③コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
         これらの科目は短期間で決済されるため、
         帳簿価額は時価と近似していることから、
         当該帳簿価額を時価としております。
       3.金融商品の時価等に関する事項についての                           3.金融商品の時価等に関する事項についての
         補足説明                           補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価                            同左
         額のほか、市場価格がない場合には合理的
         に算定された価額が含まれております。当
         該価額の算定においては変動要因を織り込
         んでいるため、異なる前提条件等を採用す
         ることにより、当該価額が変動することも
         あります。また、「(デリバティブ取引等
         に関する注記)取引の時価等に関する事
         項」におけるデリバティブ取引に関する契
         約額等については、その金額自体がデリバ
         ティブ取引に係る市場リスクを示すもので
         はありません。
     (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
                               第18期                  第19期
                          (平成27年11月20日現在)                 (平成28年5月20日現在)
              種類
                             当計算期間の                  当計算期間の
                        損益に含まれた評価差額(円)                  損益に含まれた評価差額(円)
       投資信託受益証券                             699,064                 1,669,316
       投資証券                        △2,569,209,869                   △829,861,665
              合計                 △2,568,510,805                   △828,192,349
                                 37/67






                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (デリバティブ取引等に関する注記)
       取引の時価等に関する事項
       通貨関連
     (平成27年11月20日現在)
                             契約額等(円)
          区 分          種 類                      時 価(円)        評価損益(円)
                                   うち1年超
      市場取引以外の取引            為替予約取引
                  売建
                      米ドル     245,907,000            -   245,900,000             7,000
              合 計             245,907,000            -   245,900,000             7,000
     (平成28年5月20日現在)

                             契約額等(円)
          区 分          種 類                     時 価(円)        評価損益(円)
                                   うち1年超
      市場取引以外の取引            為替予約取引
                  売建
                      米ドル     109,123,000            -   110,080,000           △957,000
              合 計             109,123,000            -   110,080,000           △957,000
     (注)時価の算定方法

      1.計算期間末日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価して
        おります。
        ①  計算期間末日において為替予約の受渡日(以下、「当該日」という。)の対顧客先物売買相場の仲
          値が発表されている場合は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
        ②  計算期間末日において当該日の対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法
          によっております。
          ・計算期間末日に当該日を超える対顧客先物売買相場が発表されている場合には、発表されている
           先物相場のうち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いてお
           ります。
          ・計算期間末日に当該日を超える対顧客先物売買相場が発表されていない場合には、当該日に最も
           近い発表されている対顧客先物売買相場の仲値を用いております。
      2.計算期間末日に対顧客先物売買相場の仲値が発表されていない外貨については、計算期間末日の対顧
        客電信売買相場の仲値で評価しております。
      上記取引で、ヘッジ会計が適用されているものはありません。

     (関連当事者との取引に関する注記)

       該当事項はありません。
                                 38/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (重要な後発事象に関する注記)
       該当事項はありません。
     (4)【附属明細表】

      1.有価証券明細表
        (1)株式
            該当事項はありません。
        (2)株式以外の有価証券                                                        (平成28年5月20日現在)

       通貨     種類           銘  柄              券面総額           評価額        備考
                 イーストスプリング国内債券
            投資信託
       日本円           ファンド(国債)追加型Ⅰ(適                    145,157,971           159,412,483         -
            受益証券
                 格機関投資家向け)
       小 計                               145,157,971           159,412,483
                 イーストスプリング・インベス
                 トメンツ・インディア・インフ
       米ドル     投資証券                        19,278,847.775           248,099,492.01           -
                 ラストラクチャー・エクイ
                 ティ・オープン・リミテッド
                                    19,278,847.775           248,099,492.01
       小 計
                                             (27,313,273,075)
                                               27,472,685,558
          合 計               -
                                             (27,313,273,075)
     (注)券面総額欄の数値は口数を表示しております。
     有価証券明細表注記

      (注)1.小計欄の(  )内は、邦貨換算額であります。
          2.合計金額欄の(  )内は、外貨建有価証券に係るもので、内書であります。
          3.外貨建有価証券の内訳
                                   組入投資証券              合計金額に
         通  貨             銘 柄 数
                                    時価比率
                                                 対する比率
          米ドル          投資証券  1銘柄                   100.0%              100.0%
      2.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

        (3)注記表(デリバティブ取引等に関する注記)の取引の時価等に関する事項に記載されておりま
       す。
                                 39/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (参考情報)
     当ファンドは「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイ
     ティ・オープン・リミテッド」の投資証券および「イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型Ⅰ
     (適格機関投資家向け)」の受益証券を主要投資対象としております。
     これらの投資証券および受益証券の状況は以下のとおりです。なお、以下に記載した情報は監査対象外で
     す。
     「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・オープ
     ン・リミテッド」は、モーリシャス籍の外国投資法人です。同外国投資法人は、2015年8月31日に計算期間
     が終了し、モーリシャスにおいて一般に公正妥当と認められる会計原則に準拠した財務諸表が作成され、独
     立監査人による財務諸表監査を受けています。
     下記の財政状態計算書、純損益及びその他包括利益計算書、有価証券明細表は、現地で作成された財務諸表
     の一部を翻訳したものです。
     「イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型Ⅰ(適格機関投資家向け)」は、国内籍の投資信託
     です。同投資信託は、平成28年2月25日に計算期間が終了し、国内において一般に公正妥当と認められる会計
     原則に準拠した財務諸表が作成され、独立監査人による財務諸表監査を受けています。
     ●「イーストスプリング・インベストメンツ・インディア・インフラストラクチャー・エクイティ・オープ

      ン・リミテッド」の内容
     財政状態計算書

     2015年8月31日現在
                                            米ドル
       資産
         投資有価証券                                        275,488,088
         未収入金                                         4,339,252
         現金及び現金同等物                                         5,224,530
       資産合計                                          285,051,870
       資本
         普通株式                                             20
       負債
         未払金及び未払費用                                         2,909,532
         未払税                                           34,736
       負債(償還可能優先証券保有者に帰属する
                                                  2,944,288
       純資産を除く)及び普通株式の合計
       償還可能優先証券保有者に帰属する純資産                                          282,107,582
                                 40/67








                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     純損益及びその他包括利益計算書
     2015年8月31日に終了した事業年度
                                                 米ドル
       収益
         受取配当金                                         2,822,025
         受取利息                                            1,086
                                                  2,823,111
       費用
         運用報酬                                         1,291,532
         保管銀行費用                                          127,092
         管理費用                                           84,302
         計算事務費用                                           56,504
         銀行手数料                                            1,238
         取引手数料                                            7,880
         免許登録費用                                            4,250
         専門家報酬                                           30,591
         監査報酬                                           31,561
         その他費用                                           10,707
         諸経費                                            4,432
         仲介手数料                                         1,203,320
                                                  2,853,409
       投資および外国為替取引における実現及び未実現利益(損失)
         有価証券の売却に係る実現純利益(損失)                                        (10,401,461)
         派生商品に係る実現純利益(損失)                                          (310,081)
         有価証券の再評価に係る未実現純利益(損失)                                           227,709
         外国為替取引に係る実現純利益(損失)                                         (1,064,092)
         外国為替取引に係る未実現純利益(損失)                                           (2,893)
                                                 (11,550,818)
       償還可能優先証券保有者に帰属する税引前純資産の変動額                                          (11,581,116)
       税金                                            (35,963)
       償還可能優先証券保有者に帰属する純資産の変動額                                          (11,617,079)
                                 41/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     有価証券明細表(2015年8月31日現在)
                                       取得金額        評価金額       対純資産
               銘    柄                  株 数
                                       (米ドル)        (米ドル)        比率(%)
      3M  India    Ltd
                                  36,569      2,723,741        5,950,290         2.11
      ABG  Infralogistics         Ltd
                                 460,785        873,566      1,200,848         0.43
      AIA  Engineering       Ltd
                                 313,301       4,785,948        4,333,592         1.54
      Apollo    Tyres    Ltd
                                1,122,631        3,225,220        3,047,582         1.08
      Ashoka    Buildcon     Ltd
                                 886,820       2,253,890        2,458,255         0.87
      Astra    Microwave      Products     Ltd
                                 711,302       1,271,162        1,184,856         0.42
      Axis   Bank   Ltd
                                2,407,948       11,670,225        18,439,235         6.54
      Bank   of  Baroda
                                1,297,449        3,386,918        3,615,102         1.28
      Bharat    Heavy    Electricals       Limited
                                1,515,859       12,742,403        5,176,986         1.84
      Blue   Star   Ltd
                                  63,743       331,196        338,393        0.12
      Consolidated        Construction        Consortium       Ltd
                                5,260,000        5,639,827         305,416        0.11
      Crompton     Greaves     Ltd
                                1,356,499        3,700,181        3,497,313         1.24
      Cummins     India    Ltd
                                 348,204       4,716,406        5,771,349         2.05
      Easun    Reyrolle     Limited
                                1,499,989        2,257,149         991,981        0.35
      Federa1     Bank   Ltd
                                3,710,020        3,279,986        3,435,504         1.22
      Gammon    Infrastructure         Projects     Ltd
                                11,041,009        2,315,810        1,839,996         0.65
      Gateway     Distriparks       Ltd
                                 741,478       4,017,635        4,034,695         1.43
      Gei  Industrial       Systems     Ltd
                                 872,000       1,227,946         107,182        0.04
      Grasim    Industries       Limited
                                  76,935      3,911,234        3,999,028         1.42
      Great    Eastern     Shipping     Co
                                 504,183       2,732,854        2,797,840         0.99
      Gujarat     State    Petronet     Ltd
                                1,955,441        3,815,802        3,633,300         1.29
      Havells     India    Ltd
                                 873,911       3,734,970        3,428,759         1.22
      HCL  Technologies        Ltd
                                  36,539       493,593        535,111        0.19
      HDFC   Bank   Limited
                                1,026,145        9,835,574       15,900,665         5.64
      Hindalco     Industries       Ltd
                                 890,287       1,688,414        1,074,824         0.38
      Hindustan      Petroleum      Corporation       Limited
                                 380,121       3,435,096        4,835,627         1.71
      Hindustan      Zinc   Ltd
                                 935,233       2,241,987        1,793,420         0.64
      Housing     Development       Finance     Corporation
                                 235,638       3,382,636        4,215,322         1.49
      Limited
      ICICI    Bank   Ltd
                                4,694,478       20,809,277        19,675,316         6.97
      Indusind     Bank   Ltd
                                 164,050       2,361,082        2,122,925         0.75
      Infrastructure         Development       Finance
                                1,427,882        2,836,277        2,798,430         0.99
      Limited
      ITD  Cementation       India    Ltd  FVl
                                4,100,000        2,599,157        5,141,525         1.82
      JK  Lakshmi     Cement    Ltd
                                 173,039        912,900        919,787        0.33
      Kalpataru      Power    Transmission        Ltd
                                1,082,623        5,219,801        4,065,579         1.44
      KSK  Energy    Ventures     Ltd
                                 710,762       1,186,655         376,787        0.13
      Larsen    & Toubro    Ltd
                                1,114,435       23,277,587        26,940,586         9.55
      Mahindra     Cie  Automotive       Ltd
                                 511,785       1,777,577        2,217,528         0.79
      MBL  Infrastructures          Ltd
                                 624,172       1,840,404        2,233,818         0.79
      Motherson      Sumi   Systems     Ltd
                                 704,271       3,461,075        3,223,624         1.14
      NCC  Ltd
                                2,166,666        1,316,847        2,342,917         0.83
      NRB  Bearings     Ordinary     Shares
                                 339,261        596,854        589,430        0.21
                                 42/67




                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                       取得金額        評価金額       対純資産
               銘    柄                  株 数
                                       (米ドル)        (米ドル)        比率(%)
      NTPC   Limited
                                4,658,588       11,364,236        8,532,920         3.02
      Oil  & Natural     Gas  Corporation       Limited
                                1,881,271       10,196,318        6,789,533         2.41
      Poddar    Developers       Limited
                                 133,308       2,434,503        2,615,146         0.93
      Power    Grid   Corporation       of  India    Ltd
                                4,915,626       11,065,791        9,685,769         3.43
      PTC  India    Ltd
                                2,603,823        2,763,753        2,354,217         0.83
      Reliance     Industries       Limited
                                 426,310       9,458,471        5,502,935         1.95
      Sadbhav     Engineering       Ltd
                                2,389,105        3,799,196       10,966,156         3.89
      Shree    Cement    Ltd
                                  4,564       776,252        741,990        0.26
      Siemens     Ltd
                                 237,925       3,585,080        4,538,632         1.61
      SKF  India    Ltd
                                 300,000       5,548,136        5,434,333         1.93
      SKS  Microfinance        Ltd
                                 584,269       4,664,609        4,073,641         1.43
      South    Indian    Bank   Ltd
                                3,789,664        1,838,066        1,165,941         0.41
      State    Bank   of  India
                                1,272,070        3,649,899        4,745,356         1.68
      Supreme     Infrastructure         India    Ltd
                                 757,056       3,404,058        1,513,400         0.54
      Tata   Chemicals      Ltd
                                 715,086       4,869,306        4,311,684         1.53
      Tata   Motors    Ltd
                                1,394,126       11,220,604        7,151,849         2.54
      Tech   Mahindra     Ltd
                                  12,198       105,873        94,742       0.03
      Thermax     Ltd
                                 150,000       2,393,122        2,149,120         0.76
      Triveni     Turbine     Ltd
                                1,506,622        2,825,515        2,614,188         0.93
      Ultra    Tech   Cement    Ltd
                                  76,617      1,590,014        3,339,172         1.18
      Voltras     Ltd
                                1,406,887        6,970,306        5,791,462         2.05
      WPIL   Limited
                                 109,836        977,895        785,179        0.28
                               87,698,414       279,387,865        275,488,088         97.65
      その他資産                                         6,619,494         2.35
      純資産                                        282,107,582         100.00
                                 43/67











                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ●イーストスプリング国内債券ファンド(国債)追加型Ⅰ(適格機関投資家向け)の内容
     ① 貸借対照表
                                     第13期              第14期
                            注記
                                (平成27年2月25日現在)              (平成28年2月25日現在)
              区  別
                            番号
                                   金  額(円)              金  額(円)
       資産の部
        流動資産
         金銭信託                                 -          5,669,406
         コール・ローン                            62,181,315                   -
         国債証券                           1,019,675,870              1,085,114,350
         未収利息                             4,819,605              5,483,861
         前払費用                               35,178              76,750
        流動資産合計                            1,086,711,968              1,096,344,367
        資産合計                            1,086,711,968              1,096,344,367
       負債の部
        流動負債
         未払受託者報酬                              293,469              294,852
         未払委託者報酬                              880,344              884,487
         その他未払費用                              315,000              432,000
        流動負債合計                              1,488,813              1,611,339
        負債合計                              1,488,813              1,611,339
       純資産の部
        元本等
         元本                           1,000,181,732               995,568,047
         剰余金
           期末剰余金又は期末欠損金
                                      85,041,423              99,164,981
           (△)
           (分配準備積立金)                           87,588,119             100,842,081
        元本等合計                            1,085,223,155              1,094,733,028
        純資産合計                            1,085,223,155              1,094,733,028
        負債純資産合計                            1,086,711,968              1,096,344,367
                                 44/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ② 損益及び剰余金計算書
                                    第13期              第14期
                                自 平成26年2月26日              自 平成27年2月26日
                            注記
              区  分
                                至 平成27年2月25日              至 平成28年2月25日
                            番号
                                  金  額(円)              金  額(円)
       営業収益
         受取利息                            16,664,053              16,280,258
         有価証券売買等損益                           △5,254,330                997,360
       営業収益合計                              11,409,723              17,277,618
       営業費用
         受託者報酬                              634,680              584,473
         委託者報酬                             1,903,912              1,753,272
         その他費用                              315,000              432,000
       営業費用合計                               2,853,592              2,769,745
       営業利益又は営業損失(△)                               8,556,131             14,507,873
       経常利益又は経常損失(△)                               8,556,131             14,507,873
       当期純利益又は当期純損失(△)                               8,556,131             14,507,873
       一部解約に伴う当期純利益金額の分
       配額又は一部解約に伴う当期純損失                                517,021              △7,958
       金額の分配額(△)
       期首剰余金又は期首欠損金(△)                              99,572,920              85,041,423
       剰余金増加額又は欠損金減少額                               2,023,637                  158
        当期追加信託に伴う剰余金増加額
                                      2,023,637                  158
        又は欠損金減少額
       剰余金減少額又は欠損金増加額                              24,594,244                392,431
        当期一部解約に伴う剰余金減少額
                                     24,594,244                392,431
        又は欠損金増加額
       分配金                                   -              -
       期末剰余金又は期末欠損金(△)                              85,041,423              99,164,981
                                 45/67










                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ③ 有価証券明細表(平成28年2月25日現在)
       種 類             銘  柄               券面総額(円)           評価額(円)         備考
             第277回利付国債(10年)                        37,000,000           37,035,890
       国債証券
             第280回利付国債(10年)                        40,000,000           40,256,400
             第284回利付国債(10年)                        50,000,000           50,769,000
             第285回利付国債(10年)                        80,000,000           81,610,400
             第295回利付国債(10年)                        30,000,000           31,203,600
             第298回利付国債(10年)                        50,000,000           52,154,500
             第300回利付国債(10年)                        30,000,000           31,591,500
             第301回利付国債(10年)                        25,000,000           26,436,750
             第303回利付国債(10年)                        30,000,000           31,737,300
             第305回利付国債(10年)                        7,000,000           7,407,190
             第306回利付国債(10年)                        20,000,000           21,316,800
             第307回利付国債(10年)                        35,000,000           37,161,250
             第310回利付国債(10年)                        25,000,000           26,380,250
             第311回利付国債(10年)                        50,000,000           52,300,000
             第313回利付国債(10年)                        25,000,000           26,914,750
             第315回利付国債(10年)                        20,000,000           21,501,800
             第325回利付国債(10年)                        20,000,000           21,329,200
             第42回利付国債(20年)                        50,000,000           54,361,000
             第47回利付国債(20年)                        40,000,000           44,419,200
             第48回利付国債(20年)                        50,000,000           56,557,500
             第53回利付国債(20年)                        40,000,000           45,419,600
             第63回利付国債(20年)                        50,000,000           57,351,000
             第67回利付国債(20年)                        45,000,000           52,542,450
             第69回利付国債(20年)                        40,000,000           47,357,200
             第75回利付国債(20年)                        50,000,000           60,078,500
             第80回利付国債(20年)                        58,000,000           69,921,320
                  合 計                  997,000,000          1,085,114,350
                                 46/67








                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】
                                  ( 平成28年6月30日現在           )
                                    27,462,417,555         円
       Ⅰ 資産総額
                                      115,534,340       円
       Ⅱ 負債総額
                                    27,346,883,215         円
       Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)
                                    37,670,493,546         口
       Ⅳ 発行済口数
                                         0.7259    円
       Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     1.名義書換

       該当するものはありません。
     2.受益者等に対する特典

       該当するものはありません。
     3.譲渡制限の内容

       受益権の譲渡制限は設けておりません。
     4.受益権の譲渡の方法

     (1)   受益権の譲渡
      ①  受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
       記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②  上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受
       益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿
       に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したも
       のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
       位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加
       の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
      ③  上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
       されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異な
       る場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したと
       きは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
     (2)   受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に
      対抗することができません。
     5.受益証券の不発行

       委託会社は、当ファンドの受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取
      消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者
      が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、振替受益権を表示する受益証券を
      発行しません。
       なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記
      名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変
      更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
     6.受益権の再分割

       委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権
      を均等に再分割できるものとします。
     7.償還金

                                 47/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還
      日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に
      設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益
      権 については原則として取得申込者とします。)に支払います。
     8.質権口記載または記録の受益権の取扱いについて

       振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支
      払い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、投資信
      託約款の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
                                 48/67

















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第二部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】
      1【委託会社等の概況】
       (1)   資本金の額等(平成28年6月末現在)
         資本金の額               649.5   百万円
         発行する株式の総数                 30,000    株
         発行済株式総数                 23,060    株
       (2)   委託会社の機構(平成28年6月末現在)

     ・会社の意思決定機構






       取締役会は、当社の業務方針その他重要な事項を決し、取締役の職務の執行を監督する機関
       で、3名以上の取締役をもって構成します。取締役は株主総会において選任されます。取締役の
       任期は、就任後2年以内の最終の決算期に関する定時株主総会の終了の時までとし、                                                 任期満了前
       に退任した取締役の後任として選任された取締役の任期は、退任した取締役の任期の満了する
       時まで、また、増員により選任された取締役の任期は、他の取締役の任期の満了する時までと
       します。
       取締役会は、取締役の中より代表取締役を1名以上選任することができます。
       取締役会は、代表取締役が招集し、議長は取締役会ごとに出席取締役の中から選任します。
       取締役会は、定款および取締役会規程に定める事項のほか、経営委員会が上申する業務執行に
       関する重要事項を決定します。その決議は、取締役会の過半数が出席し、その取締役の過半数
       をもって行います。
     ・運用体制

       委託会社では、株式・債券などの有価証券に投資する際には、その証券が持つ本源的価値以上
       の価格で取引されている有価証券に投資するべきでないとの運用哲学に基づき、運用を行って
       おります。
       委託会社における意思決定プロセスは、まず投資運用委員会において投資方針の決定を行いま
       す。運用部は投資環境の調査・分析を行い、これらの調査・分析結果を踏まえ、投資運用委員
       会により決定された投資方針に基づいて、投資判断を行います。投資判断を行うにあたって
       は、ガイドラインに抵触しないことの確認が求められます。また、投資リスクのモニタリング
       等も行います。
       運用部から独立したリーガル&コンプライアンス部は、法令・ガイドライン等の遵守状況の
       チェックを行います。オペレーション部は、運用状況および投資リスクのモニタリングのサ
       ポートを行い、必要なデータ等を提供します。これらの結果を運用部にフィードバックするこ
       とにより、精度の高い運用体制を維持できるように努めています。
                                 49/67


                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      2【事業の内容及び営業の概況】
       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投

       資信託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用
       (投   資運用業)を行っています。また、「金融商品取引法」に定める投資助言・代理業を行っ
       ています。
       委託会社の運用する証券投資信託は、平成28年6月末現在、以下の通りです(親投資信託を除き

       ます。)。
               ファンドの種類                   本数          純資産総額

        追加型株式投資信託                            28         741,757     百万円
                   合計                 28         741,757     百万円
                                 50/67
















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】
        1.   委託会社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38

          年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」という)第2条に基づき、同規則及び「金融商
          品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
          す。
           また、財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
        2.   委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第17期事業年度(自平成

          27年4月1日至平成28年3月31日)の財務諸表について、有限責任あずさ監査法人の監査を受
          けております。
                                 51/67

















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     財務諸表
     (1)  【貸借対照表】
                                                     ( 単位:千円)
                                  前事業年度                当事業年度
                                (平成27年3月31日)                  ( 平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
        現金及び預金                                 1,765,123              2,122,690
        有価証券                                      -           562,562
        前払費用                                   30,833              35,334
        未収委託者報酬                                 1,417,026              1,173,318
        未収投資顧問料                                  303,562              399,751
        未収入金                                   24,000              16,450
                                         57,751              107,943
        繰延税金資産
        流動資産合計                                 3,598,298              4,418,052
       固定資産
        有形固定資産                        ※1                ※1
         建物                                   76,351              72,957
         器具備品                                   45,230              53,440
                                         11,480               9,975
         リース資産
         有形固定資産合計                                  133,062              136,373
        無形固定資産
                               ※2                ※2
         ソフトウェア                                    8,564              16,679
                                           288              288
         電話加入権
         無形固定資産合計                                    8,852              16,967
        投資その他の資産
         長期差入保証金                                   75,792              72,814
         繰延税金資産                                   51,674              69,857
                                          6,432              6,432
         その他
         投資その他の資産合計                                  133,899              149,103
        固定資産合計                                  275,814              302,444
       資産合計                                 3,874,112              4,720,497
      負債の部
       流動負債
        未払金
         未払手数料                                  660,643              557,630
         関係会社未払金                                  462,755              404,143
         その他未払金                                   46,003              66,047
        未払費用                                   59,022              87,842
        未払法人税等                                  250,659              374,464
        預り金                                  111,562              115,903
        賞与引当金                                  109,016              190,062
        未払消費税等                                  188,523              100,605
                                          3,528              3,981
        リース債務
        流動負債合計                                 1,891,715              1,900,682
       固定負債
        退職給付引当金                                  128,367              188,878
                                          8,526              6,547
        リース債務
        固定負債合計                                  136,893              195,426
       負債合計                                 2,028,609              2,096,109
      純資産の部
       株主資本
        資本金                                  649,500              649,500
        資本剰余金
                                         616,875              616,875
         資本準備金
         資本剰余金合計                                  616,875              616,875
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                         579,128             1,358,013
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                                  579,128             1,358,013
        株主資本合計                                 1,845,503              2,624,388
       純資産合計                                 1,845,503              2,624,388
      負債・純資産合計                                 3,874,112              4,720,497
                                 52/67



                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)  【損益計算書】
                                                     ( 単位:千円)
                                前事業年度                 当事業年度
                             ( 自  平成26年4月       1日        ( 自  平成27年4月       1日
                              至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                               6,475,952                 7,894,653
       投資顧問料                                281,076                 370,140
                                      35,656                 62,974
       その他営業収益
       営業収益合計                               6,792,685                 8,327,768
      営業費用
       支払手数料                               2,046,979                 2,426,620
       広告宣伝費                                147,515                 179,727
       調査費                                188,753                 304,266
       委託調査費                               1,900,582                 2,394,918
       委託計算費                                101,075                  98,265
       通信費                                17,383                 27,333
                                       5,044                 5,432
       諸会費
       営業費用合計                               4,407,336                 5,436,564
      一般管理費
       役員報酬                                133,306                 218,228
       給料・手当                                592,449                 657,154
       賞与                                198,971                 269,048
       交際費                                 6,242                 12,601
       旅費交通費                                40,197                 46,192
       租税公課                                14,677                 24,933
       不動産賃借料                                115,705                 127,993
       退職給付費用                                111,296                  52,313
       減価償却費                                24,403                 29,302
       採用費                                22,352                 20,439
       専門家報酬                                24,977                 17,990
       業務委託費                                29,977                 54,756
       敷金の償却                                 5,365                 5,365
                                      56,337                 58,027
       諸経費
       一般管理費合計                               1,376,262                 1,594,346
      営業利益                               1,009,086                 1,296,856
      営業外収益
       受取利息                                  82                 88
       受取配当金                                  568                6,744
       為替差益                                   -               11,606
       不動産賃貸収益                                 4,688                   -
                                        451                  3
       雑収入
       営業外収益合計                                 5,792                 18,443
      営業外費用
       有価証券評価損                                   -               39,437
       為替差損                                27,965                    -
                                        600                 500
       雑損失
       営業外費用合計                                28,565                 39,937
      経常利益                                986,313                1,275,363
      特別損失
       固定資産除却損                                  204                 185
                                       3,380                   -
       ゴルフ会員権売却損
       特別損失合計                                 3,585                  185
      税引前当期純利益                                982,728                1,275,177
      法人税、住民税及び事業税
                                      389,197                 564,666
                                                      △  68,374
                                      14,403
      法人税等調整額
      法人税等合計                                403,601                 496,291
      当期純利益                                579,127                 778,885
                                 53/67




                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自        平成26年4月       1日  至  平成27年3月31日)

                                                    ( 単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金          利益剰余金
                                                     純資産
           項目
                                             株主資本
                                                      合計
                                  その他利益剰余金
                   資本金
                                              合計
                          資本準備金
                                  繰越利益剰余金
      当期首残高              649,500        616,875           468,635       1,735,010        1,735,010
      当期変動額
                                     △  468,635      △  468,635      △  468,635
       剰余金の配当                 -        -
       当期純利益                 -        -        579,127        579,127        579,127
      当期変動額合計                 -        -        110,492        110,492        110,492
      当期末残高              649,500        616,875           579,128       1,845,503        1,845,503
      当事業年度      (自  平成27年4月       1日  至  平成28年3月31日)

                                                    ( 単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金          利益剰余金
                                                     純資産
           項目
                                             株主資本
                                                      合計
                                  その他利益剰余金
                   資本金
                                              合計
                          資本準備金
                                  繰越利益剰余金
      当期首残高              649,500        616,875           579,128       1,845,503        1,845,503
      当期変動額
       剰余金の配当                -        -           -        -        -
       当期純利益                -        -        778,885        778,885        778,885
      当期変動額合計                -        -        778,885        778,885        778,885
      当期末残高              649,500        616,875          1,358,013        2,624,388        2,624,388
                                 54/67










                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
     1.  資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法

        ①  売買目的有価証券
          時価法により行っています。
     2.  固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)

        ①  平成19年3月31日以前に取得したもの
          旧定額法によっております。
        ②  平成19年4月1日以降に取得したもの

          定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
           建物               10年~18年
           器具備品             3年~15年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
        (5年)に基づく定額法を採用しております。
       (3)  リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.  引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金

         一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘
        案し、回収不能見込額を計上しております。
        但し、当期の計上額はありません。
       (2)  賞与引当金

         従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
       (3)  退職給付引当金

         従業員の退職金の支払に備えて、当社退職金規程及び特別退職慰労引当金規程に基づく当期末自己都
        合退職金要支給額を計上しております。また、内規に基づく役員退職慰労引当金を退職給付引当金に含
        めて計上しております。
     4.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理

         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
     注記事項

      ( 貸借対照表関係)
       ※1  有形固定資産の減価償却累計額は以下の通りであります。
                             前事業年度                   当事業年度

                          ( 平成27年3月31日現在)                  ( 平成28年3月31日現在)
        建物                        34,177   千円                41,131   千円
        器具備品                        49,355   千円                61,335   千円
        リース資産                         6,640   千円                 8,925   千円
               計                 90,173   千円                111,392    千円
       ※2  無形固定資産の減価償却累計額は以下の通りであります。

                             前事業年度                   当事業年度

                          ( 平成27年3月31日現在)                  ( 平成28年3月31日現在)
        ソフトウェア                        11,445   千円                16,407   千円
                                 55/67



                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度(自         平成26年4月1日          至  平成27年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項

                  当事業年度        当事業年度        当事業年度        当事業年度
                  期首株式数        増加株式数        減少株式数         末株式数
                    (株)        (株)        (株)        (株)
       発行済株式
        普通株式
                     23,060           -        -      23,060
        合計
                     23,060           -        -      23,060
      2.配当に関する事項

      配当金支払額
                      配当金の総額             1 株当たり
                 株式の
          決議                   配当の原資               基準日         効力発生日
                  種類
                       (百万円)            配当額(円)
       平成26年6月30日
                 普通株式          468  利益剰余金        20,322    平成26年3月31日          平成26年7月1日
        定時株主総会
      当事業年度(自         平成27年4月1日          至  平成28年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項

                  当事業年度        当事業年度        当事業年度        当事業年度
                  期首株式数        増加株式数        減少株式数         末株式数
                    (株)        (株)        (株)        (株)
       発行済株式
        普通株式
                     23,060           -        -      23,060
        合計
                     23,060           -        -      23,060
      2.配当に関する事項

      基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                      配当金の総額             1 株当たり
                 株式の
          決議                   配当の原資               基準日         効力発生日
                  種類
                       (百万円)            配当額(円)
        平成28年6月24日                                            平成28年6月25日
                 普通株式          758  利益剰余金        32,870    平成28年3月31日
       定時株主総会(予定)                                               (予定)
     ( リース取引関係)

       1.  ファイナンスリース取引

       所有権移転外ファイナンスリース取引
       (1)  リース資産の内容
        有形固定資産
         主として、コピー機(器具備品)であります。
       (2)  リース資産の減価償却の方法

         重要な会計方針「1.固定資産の減価償却の方法」に記載の通りであります。
       2.  オペレーティング・リース取引

        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
        該当事項はありません。
                                 56/67





                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 金融商品関係)

      (1)  金融商品の状況に関する事項

        ①  金融商品に対する取組方針
         当社は、投資運用業などの金融サービス事業を行っております。そのため、資金運用について
        は、預金等の短期的で安全性の高い金融資産に限定し、顧客利益に反しない運用を行っておりま
        す。また、借入等の資金調達及びデリバティブ取引は行っておりません。
        ②  金融商品の内容およびリスク
         有価証券は、主に自己で設定した投資信託へのシードマネーの投入によるものであります。こ
        れら投資信託の投資対象は株式、公社債等のため、価格変動リスクや信用リスク、流動性リス
        ク、為替変動リスクに晒されております。
         営業債権である未収委託者報酬は、信託財産中から支弁されるものであり、信託財産について
        は受託者である信託銀行において分別管理されているため、リスクは僅少となっております。
         営業債権である未収投資顧問料は、年金信託勘定との投資一任契約により分別管理されている
        信託財産が裏付けとなっているため、リスクは僅少となっております。
         長期差入保証金は、建物等の賃借契約に関連する敷金等であり、差入先の信用リスクに晒され
        ております。
         また、営業債務である未払金は、すべて1年以内の支払期日であります。
        ③  金融商品に係るリスク管理体制
         当社は、有価証券について、毎月末に時価を算出し評価損益を把握しております。
         また、営業債権について、定期的に期日管理及び残高管理を行っております。
         また、長期差入保証金についても、差入先の信用リスクについて、定期的に管理を行っており
        ます。
      (2)  金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、以下の通りであります。
        前事業年度(平成27年3月31日)

                                               ( 単位:千円)
                          貸借対照表
                                     時価(*)          差額
                           計上額(*)
                                                     -
         (1)   現金及び預金                1,765,123           1,765,123
                                                     -
         (3)   未収委託者報酬                1,417,026           1,417,026
                                                     -
         (4)   未収投資顧問料                 303,562           303,562
                                                     -
         (5)   長期差入保証金                  75,792           75,792
                                                     -
         (6)   未払金               (1,169,402)           (1,169,402)
         (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
        当事業年度(平成28年3月31日)

                                               ( 単位:千円)
                          貸借対照表
                                     時価(*)          差額
                           計上額(*)
         (1)   現金及び預金                2,122,690           2,122,690             -
                              562,562           562,562            -
         (2)   有価証券
                             1,173,318           1,173,318             -
         (3)   未収委託者報酬
                              399,751           399,751            -
         (4)   未収投資顧問料
                               72,814           72,814           -
         (5)   長期差入保証金
                                                     -
         (6)   未払金               (1,027,821)           (1,027,821)
         (*)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
                                 57/67






                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ( 注1)   金融商品の時価の算定方法に関する事項
         (1)  現金及び預金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
           額によっております。
         (2)  有価証券
            株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示された価格によっ
           ております。投資信託は、公表されている基準価格又は取引金融機関から提示された価格
           によっております。
         (3)  未収委託者報酬、         (4)  未収投資顧問料
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
           額によっております。
         (5)  長期差入保証金
            これらの時価については、敷金の性質及び賃貸借契約の期間から帳簿価額にほぼ等しい
           ことから、当該帳簿価額によっております。
         (6)  未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
           額によっております。
       ( 注2)   金銭債権の決算日後の償還予定額

         前事業年度(平成27年3月31日)

                                                 ( 単位:千円)
                                 1 年超        5 年超
                        1年以内                         10 年超
                                 5年以内        10年以内
                                      -        -        -
         現金及び預金                1,765,123
                                      -        -        -
         未収委託者報酬                1,417,026
                                      -        -        -
         未収投資顧問料                 303,562
                                              -        -
         長期差入保証金                  8,390        67,401
                                              -        -
         合計                3,494,103          67,401
         当事業年度(平成28年3月31日)

                                                 ( 単位:千円)
                                 1 年超        5 年超
                        1年以内                         10 年超
                                 5年以内        10年以内
                                      -        -        -
         現金及び預金                2,122,690
                                      -        -        -
         未収委託者報酬                1,173,318
                                      -        -        -
         未収投資顧問料                 399,751
                                              -        -
         長期差入保証金                 10,777        62,036
                                              -        -
         合計                3,706,539          62,036
     ( 有価証券関係)

       (1)    売買目的有価証券
         当事業年度の損益に含まれた評価差額         39,437千円
     ( デリバティブ取引関係)

      該当事項はありません。
                                 58/67






                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 退職給付関係)

      1 .採用している退職金制度の概要

       退職一時金制度を採用しております。退職給付会計に関する実務指針(平成11年9月14日                                            日本公認

      会計士協会      会計制度委員会報告第13号)に定める簡便法(期末自己都合要支給額を退職給付債務とす
      る方法)により、当期末において発生していると認められる額を計上しております。また、一部の従
      業員を対象とした特別退職慰労金規程に基づく当期末所要額及び内規に基づく役員退職慰労金の当
      期末所要額も退職給付引当金に含めて計上しております。
      2 .退職給付債務に係る期首残高と期末残高の調整表

                            前事業年度                  当事業年度

                         (自   平成26年4月       1日         (自   平成27年4月       1日
                          至    平成27年3月31日)                至    平成28年3月31日)
         退職給付引当金期首残高                      99,211    千円              128,367    千円
         退職給付費用                      61,891    千円               76,538    千円
                             △  32,735                 △  16,027
         退職給付の支払額                         千円                  千円
         退職給付引当金期末残高                     128,367    千円              188,878    千円
      3 .退職給付費用に関する事項

                            前事業年度                  当事業年度

                         (自   平成26年4月       1日         (自   平成27年4月       1日
                          至    平成27年3月31日)                至    平成28年3月31日)
         退職給付費用                     111,296    千円               52,313    千円
                                 59/67












                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

                                   前事業年度               当事業年度

                                 ( 平成27年3月31日)              ( 平成28年3月31日)
        繰延税金資産
         賞与引当金損金算入限度超過額
                                     36,084   千円           58,653    千円
         退職給付引当金損金算入限度超過額
                                     41,514   千円           57,834    千円
         未払費用否認額
                                     2,238   千円           16,116    千円
         未払事業税
                                     19,360   千円           22,774    千円
         その他                            10,228   千円           22,421    千円
       繰延税金資産の総額                             109,426    千円           177,800    千円
      2 .法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

      因となった主要な項目別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                  ( 平成27年3月31日)              ( 平成28年3月31日)
      法定実効税率                               35.64   %            33.06   %
      ( 調整)
        住民税均等割                              0.09  %            0.18  %
        交際費等永久差異                              0.67  %            1.25  %
        役員給与永久差異                              4.25  %            2.08  %
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                              0.97  %            0.96  %
                                     △0.57    %            1.40  %
        その他
                                     41.07   %            38.92   %
        税効果会計適用後の法人税の負担率
      3 .法人税等の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法

      律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月31日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度
      から法人税率等の引き下げが行われることとなりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の32.34%から平成28年
      4月1日に開始する事業年度及び平成29年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については
      30.86%に、平成30年4月1日以降に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については、30.62%とな
      ります。
       この結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は12,183千円減少し、法人税等調
      整額の金額が同額増加しております。
     (持分法損益等)

       該当事項はありません。

                                 60/67







                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (関連当事者情報)
      1.関連当事者との取引

      前事業年度     (自  平成26年4月1日         至 平成27年3月31日)

      兄弟会社等
                                議決権等
                         資本金
                             事業の                      取引金額        期末残高
                                 の所有     関連当事者
       属 性                 又は
            会社等の名称        所在地                         取引の内容           科目
                                (被所有)      との関係
                              内容                     (千円)        (千円)
                         出資金
                                 割合
           ピーピーエム
      親会社の              米国     1千
                              投資               委託調査費の
                                 なし    調査業務の委託               155,511    未払金     12,603
           アメリカ    インク              運用業                支払(注)
       子会社            イリノイ州      米ドル
                                            委託調査費の
                                     調査業務の委託
                                                   1,744,490
                         1百万
           イーストスプリン                                   支払(注)
                                     計算業務の委託
                                                        未払金     380,343
      親会社の
           グ・インベストメ        シンガポー           投資               委託計算費の
                         シンガ
                                 なし                   31,565
                                     システム情報
           ンツ(シンガポー          ル        運用業                支払(注)
       子会社                  ポール
                                      関係契約
           ル)リミテッド                                  情報関連費の
                         ドル
                                                     6,645   未払金     7,608
                                      役員の兼任
                                              支払
           イーストスプリン
                         1千5万
           グ・インベストメ                  その他
      親会社の                               商標使用契約
                   シンガポー                         ロイヤリティ
                         シンガ
           ンツ・サービス・                  サービ    なし                   49,462   未払金     26,551
                     ル                         の支払
       子会社                  ポール             役員の兼任
           プライベートリミ                   ス業
                         ドル
           テッド
           プルーデンシャ
      親会社の              英国    623 百万
                              持株
           ル・ホールディン                       なし    管理業務の委託        業務委託       77,336   未払金     35,461
                              会社
       親会社            ロンドン市      英ポンド
           グス・リミテッド
           エムアンドジーリ
      親会社の             東京都
                              不動               不動産賃貸料
           アルエステイト              300 万円       なし    不動産の賃貸               4,688   未収金       0
                              産業                の受領
       子会社             港区
           ジャパン株式会社
      取引条件及び取引条件の決定方針等

      (注)委託調査費は、第三者との取引と同様の契約に基づき決定されております。
      当事業年度     (自  平成27年4月1日         至 平成28年3月31日)

      兄弟会社等
                                議決権等
                         資本金
                             事業の                      取引金額        期末残高
                                 の所有     関連当事者
       属 性                 又は
            会社等の名称        所在地                         取引の内容           科目
                                (被所有)      との関係
                              内容                     (千円)        (千円)
                         出資金
                                 割合
           ピーピーエム
      親会社の              米国     1千
                              投資               委託調査費の
                                 なし    調査業務の委託               127,921    未払金     9,075
           アメリカ    インク              運用業                支払(注)
       子会社            イリノイ州      米ドル
                                            委託調査費の
                                     調査業務の委託
                                                   2,266,671
                         1百万
           イーストスプリン                                   支払(注)
                                     計算業務の委託
                                                        未払金     347,478
      親会社の
           グ・インベストメ        シンガポー           投資               委託計算費の
                         シンガ
                                 なし                   11,761
                                     システム情報
           ンツ(シンガポー          ル        運用業                支払(注)
       子会社                  ポール
                                      関係契約
           ル)リミテッド                                  情報関連費の
                         ドル
                                                    55,831   未払金     18,793
                                      役員の兼任
                                              支払
           イーストスプリン
                         1千5万
           グ・インベストメ                   その他
      親会社の                               商標使用契約
                   シンガポー                         ロイヤリティ
                         シンガ
           ンツ・サービス・                   サービ    なし                   29,970   未払金     2,120
       子会社              ル    ポール             役員の兼任        の支払
           プライベートリミ                   ス業
                         ドル
           テッド
           プルーデンシャ
      親会社の              英国    623 百万
                              持株
           ル・ホールディン                       なし    管理業務の委託        業務委託       98,056   未払金     23,155
                              会社
       親会社            ロンドン市      英ポンド
           グス・リミテッド
      取引条件及び取引条件の決定方針等

      (注)委託調査費及び委託計算費は、第三者との取引と同様の契約に基づき決定されております。
      2.親会社に関する注記

      プルーデンシャル・コーポレーション・ホールディングス・リミテッド(非上場)
                                 61/67




                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 資産除去債務関係)
       当社は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき、オフィスの退去時における原状回復に係る債務を、資
      産除去債務として認識しております。
       なお、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃借契約に関連する敷金の回収が最終的に見込めないと
      認められる金額を合理的に見積もり、そのうち当期の負担に属する金額を費用に計上する方法によっており
      ます。なお、見積もりに当たり、使用見込期間は入居時から10年間を採用しております。
     ( セグメント情報等)

     セグメント情報
       当社の報告セグメントは「投資運用業」という単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      関連情報

       1.   製品及びサービスごとの情報
         前事業年度(自平成26年4月1日至平成27年3月31日)

                                                     ( 単位:千円)
                       委託者報酬          投資顧問料         その他営業収益            合計
         外部顧客への売上高                6,475,952           281,076          35,656       6,792,685
         当事業年度(自平成27年4月1日至平成28年3月31日)

                                                     ( 単位:千円)
                       委託者報酬          投資顧問料         その他営業収益            合計
         外部顧客への売上高                7,894,653           370,140          62,974       8,327,768
        2.  地域ごとの情報

        (1)  売上高
          本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごとの
         売上高の記載を省略しております。
        (2)  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
         地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
        3.  主要な顧客ごとの情報

          外部顧客への売上高のうち、損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載は
         ありません。
     (1 株当たり情報)

                                 前事業年度               当事業年度

                              (自   平成26年4月       1日      (自   平成27年4月       1日
                               至    平成27年3月31日)              至    平成28年3月31日)
       1 株当たり純資産額                          80,030   円49銭            113,806    円95銭
       1 株当たり当期純利益金額                          25,113   円93銭            33,776   円46銭
     ( 注1)   潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ

     ん。
     ( 注2)   1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。

                                 前事業年度                当事業年度

                              (自   平成26年4月       1日      (自   平成27年4月       1日
                               至    平成27年3月31日)              至    平成28年3月31日)
        当期純利益                           579,127    千円            778,885    千円
        普通株主に帰属しない金額                                -                -
        普通株主に係る中間純利益                           579,127    千円            778,885    千円
        普通株式の期中平均株式数                            23,060   株             23,060   株
     ( 重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 62/67



                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
     委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
     る行為が禁止されています。
     (1)   自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行う

       こと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜さ
       せるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)   運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、も
       しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして
       内閣府令で定めるものを除きます。)。
     (3)   通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の
       親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取
       引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいま
       す。以下(4)および(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半
       数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体
       として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取
       引または店頭デリバティブ取引を行うこと。
     (4)   委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
       針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を
       行うこと。
     (5)   上記(3)および(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為で
       あって、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
       墜させるおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

     (1)   定款の変更
       委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)   訴訟事件その他の重要事項

       委託会社および当ファンドに重要な影響を与えると予想される訴訟事件等は発生していませ
       ん。
                                 63/67









                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
       (1)   受託会社
       名   称          三菱UFJ信託銀行株式会社
       資本金の額          324,279     百万円(平成28年3月末現在)
       事業の内容          銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等
                 に関する法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
       <再信託受託会社>

       名   称          日本マスタートラスト信託銀行株式会社
       資本金の額          10,000    百万円(平成28年3月末現在)
       事業の内容          銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等
                 に関する法律(兼営法)に基づき信託業務を営んでいます。
       (2)   販売会社

                                  資本金の額
                 名称                                事業の内容
                              (平成28年3月末現在)
       三菱UFJモルガン・スタンレー証券
                                   40,500    百万円
       株式会社
       株式会社SBI証券                            47,937    百万円
                                             金融商品取引法に定め
       楽天証券株式会社                             7,495   百万円
                                             る第一種金融商品取引
                                             業を営んでいます。
       マネックス証券株式会社                            12,200    百万円
                                   11,069    百万円
       髙木証券株式会社
                                    8,831   百万円
       エース証券株式会社
     2【関係業務の概要】

       (1)   受託会社
         当ファンドの受託者として信託財産の保管・管理等を行います。なお、信託事務の一部につ
        き、再信託受託会社に委託することがあります。
       (2)   販売会社

         当ファンドの受益権の募集の取扱いおよび販売、一部解約に関する事務、一部解約金・収益
        分配金および償還金の支払いに関する事務等を行います。
     3【資本関係】

       (1)   受託会社
         該当事項はありません。
       (2)   販売会社

         該当事項はありません。
                                 64/67





                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第3【参考情報】

      金融商品取引法第25条第1項各号に掲げる書類のうち、当計算期間において提出したものは以下

     のとおりです。
        平成28年2月18日                       有価証券報告書

        平成28年2月18日                       有価証券届出書
                                 65/67


















                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                         独立監査人の監査報告書

                                                  平成28年6月10日

     イーストスプリング・インベストメンツ株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                        公認会計士       平栗 郁朗  ㊞
                            業  務  執  行  社  員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられているイーストスプリング・インベストメンツ株式会社の平成27年4月1日から平成28
     年3月31日までの第17期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算
     書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成
     し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正
     に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表
     明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査
     を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を
     得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手
     続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて
     選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではない
     が、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表
     の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその
     適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが
     含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て、イーストスプリング・インベストメンツ株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     ( 注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

         しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 66/67




                                                           EDINET提出書類
                                           イーストスプリング・インベストメンツ株式会社(E12566)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                  平成28年7月6日

     イーストスプリング・インベストメンツ株式会社

      取 締 役 会 御 中
                          PwCあらた有限責任監査法人

                           指定有限責任社員
                                    公認会計士  鶴 田 光 夫
                           業 務 執 行 社 員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」


     に掲げられているイーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの平成27年11月21日から平成28年5月20日ま
     での計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
     定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
     評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
     統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
     りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
     イーストスプリング・インド・インフラ株式ファンドの平成28年5月20日現在の信託財産の状態及び同日をもって終
     了する計算期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係
      イーストスプリング・インベストメンツ株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会
     計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                     以    上

     (注)    1.  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.  XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                 67/67




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。