乾汽船株式会社 四半期報告書 第97期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第97期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

提出日:

提出者:乾汽船株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                 四半期報告書

      【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                 関東財務局長
      【提出日】                 平成28年8月12日
                       第97期第1四半期(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
      【四半期会計期間】
      【会社名】
                       乾汽船株式会社
      【英訳名】
                       Inui   Global    Logistics      Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  乾 康之
      【本店の所在の場所】                 東京都中央区勝どき一丁目13番6号
                       03(5548)8211(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                 コーポレートマネジメント部長  加藤 貴子
      【最寄りの連絡場所】                 東京都中央区勝どき一丁目13番6号
                       03(5548)8613(コーポレートマネジメント部直通)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                 コーポレートマネジメント部長  加藤 貴子
                       株式会社東京証券取引所
      【縦覧に供する場所】
                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第96期           第97期
              回次             第1四半期連結           第1四半期連結              第96期
                             累計期間           累計期間
                             自平成27年           自平成28年           自平成27年

                              4月1日            4月1日            4月1日
             会計期間
                             至平成27年           至平成28年           至平成28年
                              6月30日            6月30日            3月31日
                    (百万円)              5,318           4,504           20,665
     売上高
     経常損失(△)               (百万円)              △ 674          △ 685         △ 4,398
     親会社株主に帰属する四半
                    (百万円)              △ 604          △ 780        △ 14,234
     期(当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利
                    (百万円)              △ 477         △ 1,026         △ 15,457
     益
                    (百万円)             35,244           18,784           20,036
     純資産額
                    (百万円)             72,584           47,172           50,804
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                     (円)           △ 24.12          △ 31.14         △ 567.88
     純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                     (円)              -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
                     (%)             48.6           39.8           39.4
     自己資本比率
     営業活動によるキャッ
                    (百万円)               △ 1         △ 199          △ 715
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                    (百万円)              2,265            287         13,477
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                    (百万円)            △ 2,109           △ 962         △ 7,839
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半
                    (百万円)              5,374           9,009           10,266
     期末(期末)残高
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移
            については記載しておりません。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しない
            ため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内
       容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/22






                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報
       告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
                                  3/22



















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
      2【経営上の重要な契約等】
        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結はありません。
                                  4/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)業績の状況
         当第1四半期連結累計期間における世界経済は、米国では所得の改善や個人消費の増加が見ら
        れた一方で、欧州では英国のEU離脱が決定したことにより、先行きの不透明感が増す状況となり
        ました。また、中国やアジア新興国では引き続き景気減速による下振れリスクを抱えておりま
        す。日本経済におきましては、マイナス金利導入後も個人消費や設備投資が伸び悩み、円高進行
        の影響により企業業績の後退が懸念される等、不透明な状況が続いております。
         このような状況下、当第1四半期連結累計期間における当社グループの業績におきましては、
        売上高は4,504百万円、営業損益は588百万円の損失、経常損益は685百万円の損失、親会社株主に
        帰属する四半期純損益は780百万円の損失となりました。
         当社グループのセグメント別の業績は以下の通りであります。

        ①ロジスティクス
        ・外航海運事業
         外航海運事業におきましては、ドライバルク船市況は、平成28年2月頃の最悪期を脱したもの
        の、依然として船腹供給過多の状況は解消されておらず、採算を大幅に割り込む水準となりまし
        た。効率配船等の採算向上に向けた努力を重ねましたが、厳しい事業環境が続きました。
         このような状況下、当社グループの外航海運事業におきましては、売上高は前年同期比1,261百
        万円減収(△38.1%)の2,052百万円、セグメント損益は前連結会計年度における減損損失計上に
        伴う減価償却費の減少等により、前年同期から16百万円改善し、975百万円の損失となりました。
        ・倉庫・運送事業
         物流業界におきましては、貨物保管残高は前年同期を下回る水準で推移し、貨物取扱量は前年
        同期と概ね同水準で推移いたしました。
         このような状況下、当社グループの倉庫・運送事業におきましては、前第2四半期連結会計期
        間より連結子会社となったイヌイ運送株式会社の収益寄与により、売上高は前年同期比558百万円
        増収(+71.5%)の1,338百万円となりました。セグメント利益は売却による施設の減少等によ
        り、前年同期比58百万円減益(△63.2%)の33百万円となりました。
        ②不動産事業
         不動産業界におきましては、都心部の賃貸オフィスビル市況は空室率の改善傾向が見られ、賃
        料水準も小幅な上昇が続いております。また、東京23区の賃貸マンション市況は年明け以降、軟
        化傾向にあり前年同期を若干下回る水準で推移いたしました。
         このような状況下、当社グループの不動産事業におきましては、既存賃貸物件の稼働率が上昇
        したものの、持分法適用会社の株式譲渡に伴う施設の減少等により、売上高は前年同期比111百万
        円減収(△9.1%)の1,113百万円となりました。セグメント利益は既存賃貸物件の稼働率上昇によ
        る収益寄与に伴い、前年同期比32百万円増益(+6.0%)の575百万円となりました。
     (2)資産、負債及び純資産の状況

         当第1四半期連結会計期間末における総資産は、現金及び預金の減少や減価償却による有形固
        定資産の減少等により、前連結会計年度末比3,631百万円減の47,172百万円となりました。負債
        は、長期借入金の返済等により前連結会計年度末比2,379百万円減の28,387百万円となり、純資
        産は、利益剰余金の減少等により、前連結会計年度末比1,252百万円減の18,784百万円となりま
        した。
         この結果、自己資本比率は39.4%から39.8%になりました。
                                  5/22






                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     (3)キャッシュ・フローの状況
         当第1四半期連結会計期間における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末と比較して
        1,256百万円減少し、9,009百万円となりました。
        ①営業活動によるキャッシュ・フロー
          当第1四半期連結会計期間における営業活動の結果として使用した資金は、199百万円となり
        ました。これは主として、税金等調整前四半期純損失782百万円、未払又は未払消費税の減少369
        百万円、非資金損益項目である減価償却費700百万円等によるものです。
        ②投資活動によるキャッシュ・フロー
          当第1四半期連結会計期間における投資活動の結果として得られた資金は、287百万円となり
        ました。これは主として、定期預金の払戻による収入等によるものです。
        ③財務活動によるキャッシュ・フロー
         当第1四半期連結会計期間における財務活動の結果として使用した資金は、962百万円となり
        ました。これは主として、長期借入金の返済等によるものです。
     (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はあ
        りません。
     (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  6/22














                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                  70,000,000

                 普通株式
                  計                                70,000,000

        ②【発行済株式】

           第1四半期会計期間末現在発行                             上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
      種類    数(株)                             又は登録認可金融商品               内容
                            (平成28年8月12日)
             (平成28年6月30日)                           取引業協会名
                                          東京証券取引所
     普通株式              26,072,960             26,072,960                    単元株式数100株
                                          (市場第一部)
       計            26,072,960             26,072,960             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

            該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

            該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

            該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残

        年月日
                数増減数(株)        数残高(株)        (百万円)        (百万円)       減額(百万円)        高(百万円)
     平成28年4月1日~

                     -   26,072,960            -      2,767         -      2,238
     平成28年6月30日
       (6)【大株主の状況】

            当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
            当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確
            認できないため、記載することができないことから、直前の基準日(平成28年3月31日)
            に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  平成28年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                         -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

     議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                          (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -         単元株式数100株
                          普通株式      1,006,200
                          普通株式     24,808,100
     完全議決権株式(その他)                                       248,081          同上
                          普通株式         258,660

     単元未満株式                                     -            -
     発行済株式総数                         26,072,960            -            -

     総株主の議決権                         -              248,081          -

     (注)   1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれております。また、
          「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数10個が含まれております。
        2.「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の株式及び当社保有の自己株式がそれぞれ50株及び62株含
          まれております。
        ②【自己株式等】
                                                  平成28年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)            東京都中央区勝どき
                                 1,006,200        ー      1,006,200           3.86
     乾汽船株式会社            1-13-6
          計             -         1,006,200        -      1,006,200           3.86
     (注)当第1四半期会計期間末の自己保有株式数は、1,006,342株であります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/22







                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「海運企業財務諸表準則」(昭和29年運輸省告示第431号)及び
       「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号。以下
       「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、四半期連結財務諸表規則第5条の2第2項により、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
       を作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28
       年4月1日から平成28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成
       28年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レ
       ビューを受けております。
                                  9/22















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
                                         5,318              4,504
      売上高
                                         5,563              4,733
      売上原価
      売上総損失(△)                                    △ 245             △ 228
                                           386              359
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 632             △ 588
      営業外収益
                                           61              64
       受取配当金
                                           11              -
       持分法による投資利益
                                           37              55
       その他
                                           109              120
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           104               91
       支払利息
                                           17              114
       為替差損
                                           30              12
       その他
                                           152              218
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 674             △ 685
      特別利益
                                            1              0
       固定資産売却益
                                            0              -
       ゴルフ会員権売却益
                                            1              0
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              0
       固定資産除却損
                                           -              97
       投資有価証券評価損
                                            0              97
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 673             △ 782
                                           25              12
      法人税、住民税及び事業税
                                          △ 94             △ 15
      法人税等調整額
                                          △ 68              △ 2
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                    △ 604             △ 780
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 604             △ 780
                                 10/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      四半期純損失(△)                                    △ 604             △ 780
      その他の包括利益
                                           36             △ 359
       その他有価証券評価差額金
                                           34              31
       繰延ヘッジ損益
                                           64              81
       為替換算調整勘定
                                           △ 8              -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           127             △ 245
       その他の包括利益合計
                                         △ 477            △ 1,026
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 477            △ 1,026
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/22















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         10,578               9,009
         現金及び預金
                                         1,496              1,129
         営業未収金
                                           368              459
         貯蔵品
                                         1,182              1,078
         その他
                                           △ 3             △ 2
         貸倒引当金
                                         13,623              11,675
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          船舶(純額)                               11,955              11,178
          建物及び構築物(純額)                               14,868              14,667
                                         1,221              1,221
          土地
                                            5              5
          建設仮勘定
                                           420              395
          その他(純額)
                                         28,470              27,468
          有形固定資産合計
                                           295              288
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         7,695              7,127
          投資有価証券
                                           740              613
          その他
                                          △ 20              △ 0
          貸倒引当金
                                         8,415              7,740
          投資その他の資産合計
                                         37,180              35,497
         固定資産合計
                                         50,804              47,172
       資産合計
                                 12/22












                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         1,269              1,115
         営業未払金
                                         3,030              3,030
         短期借入金
                                         ※ 2,839              ※ 2,702
         1年内返済予定の長期借入金
         未払法人税等                                  36              13
                                           101               27
         賞与引当金
                                           316              316
         用船契約損失引当金
                                         1,235               826
         その他
                                         8,828              8,032
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※ 15,535              ※ 14,384
         長期借入金
                                         1,306              1,169
         繰延税金負債
                                           54              58
         退職給付に係る負債
                                         1,460              1,396
         受入保証金
                                           560              560
         長期前受収益
                                           152              169
         特別修繕引当金
                                           755              676
         用船契約損失引当金
                                         1,738              1,563
         長期割賦未払金
                                           375              376
         その他
                                         21,938              20,355
         固定負債合計
                                         30,767              28,387
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,767              2,767
         資本金
                                         11,625              11,625
         資本剰余金
                                         5,442              4,435
         利益剰余金
                                        △ 1,009             △ 1,009
         自己株式
                                         18,826              17,820
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           950              590
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 138             △ 106
         繰延ヘッジ損益
                                           398              480
         為替換算調整勘定
                                         1,210               964
         その他の包括利益累計額合計
                                         20,036              18,784
       純資産合計
                                         50,804              47,172
      負債純資産合計
                                 13/22








                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 673             △ 782
                                         1,146               700
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 6              3
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 76             △ 73
       用船契約損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 114              △ 79
                                          △ 66             △ 69
       受取利息及び受取配当金
                                           104               91
       支払利息
                                          ※2 10
       持分法による投資損益(△は益)                                                  -
                                          △ 16             △ 20
       船舶燃料受渡精算金
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 1             △ 0
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -              97
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 172              364
       繰延及び前払費用の増減額(△は増加)                                   121               72
       貯蔵品の増減額(△は増加)                                   106              △ 77
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 345             △ 153
       未払費用の増減額(△は減少)                                    9              22
       預り金の増減額(△は減少)                                    42              42
                                          △ 43             △ 369
       未払又は未収消費税等の増減額
       預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 63
                                           44              167
       その他
                                           67             △ 127
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    65              70
                                         △ 113             △ 102
       利息の支払額
                                          △ 20             △ 39
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                           △ 1            △ 199
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              410
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 399             △ 122
       固定資産の取得による支出
                                            1              0
       固定資産の売却による収入
                                           100               -
       投資有価証券の償還による収入
                                         2,565                -
       関係会社出資金の払戻による収入
                                           △ 1             △ 0
       その他
                                         2,265               287
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -              170
       短期借入れによる収入
       短期借入金の返済による支出                                  △ 100             △ 170
                                        △ 1,821              △ 751
       長期借入金の返済による支出
                                         △ 182             △ 187
       配当金の支払額
                                           △ 5             △ 23
       その他
                                        △ 2,109              △ 962
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 6            △ 382
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     148            △ 1,256
                                         5,226              10,266
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 5,374             ※1 9,009
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/22





                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          該当事項はありません。
        (会計方針の変更等)

        (平成28年度税制改正に係る減価償却方法の変更に関する実務上の取扱いの適用)
         法人税法の改正に伴い、「平成28年度税制改正に係る                              減価償却方法の変更に関する実務上の取
        扱い」(実務対応報告第32号 平成28年6月17日)を当第1四半期連結会計期間に適用し、平成
        28年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に
        変更しております。
         これによる、当第1四半期連結累計期間の営業損失、経常損失及び税金等調整前四半期純損失
        に与える影響は軽微であります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (財政状態、経営成績又はキャッシュ・フローの状況に関する事項で、当該企業集団の財政状

        態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の判断に影響を与えると認められる重要なもの)
          該当事項はありません。
        (追加情報)

        (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3
        月28日)を当第1四半期連結会計期間から適用しております。
                                 15/22











                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
          該当事項はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

          ※ 財務制限条項
             前連結会計年度(平成28年3月31日)
             当連結会計年度の借入金の一部には、財務制限条項が付されております。
             なお、当連結会計年度末において、上記の借入金のうち、4,082百万円について財務制
            限条項に抵触することとなりましたが、金融機関から期限の利益喪失の権利行使猶予に対
            する同意を得ております。
             当第1四半期連結会計期間(平成28年6月30日)

             当第1四半期連結会計期間の借入金の一部には、財務制限条項が付されております。
             なお、当第1四半期連結会計期間末において、上記の借入金のうち、3,995百万円につ
            いて財務制限条項に抵触しておりますが、金融機関から期限の利益喪失の権利行使猶予に
            対する同意を得ております。
                                 16/22















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金
           額との関係は、下記のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                            (自    平成27年4月1日              (自    平成28年4月1日
                             至   平成27年6月30日)               至   平成28年6月30日)
     現金及び預金勘定                               5,497百万円                  9,009百万円
     預入期間が3ケ月を超える定期預金                               △122                   -
     現金及び現金同等物                               5,374                  9,009
          ※2  持分法による投資損益(△は益)の内、不動産投資事業に係る特別目的会社等の持分法適

           用による投資損益は、四半期連結損益計算書上、営業損益の区分に含めております。
                                 17/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)
            配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成27年6月19日
                普通株式          225       9  平成27年3月31日         平成27年6月22日          利益剰余金
       定時株主総会
          Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)

            配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                       (百万円)
      (決議)
                              (円)
      平成28年6月22日
                普通株式          225       9  平成28年3月31日         平成28年6月23日          利益剰余金
       定時株主総会
        (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自平成27年4月1日 至平成27年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                       ロジスティクス
                                                (注1)       計上額
                                    不動産
                                           計
                                                       (注2)
                                    事業
                      外航海運
                            倉庫事業
                       事業
       売上高
                        3,313        780      1,224       5,318        -     5,318
        外部顧客への売上高
        セグメント間の売上高又
                         -       -       0       0      △ 0      -
        は振替高
                        3,313        780      1,225       5,319        △ 0     5,318
             計
       セグメント利益又はセグ
                        △ 992       91      542      △ 357      △ 274      △ 632
       メント損失(△)
        (注)1.セグメント利益又はセグメント損失の調整額△274百万円は、各報告セグメントに配分しない全社費用
             △274百万円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           2.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
                                 18/22






                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自平成28年4月1日 至平成28年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                 調整額      損益計算書
                       ロジスティクス
                                                (注1)       計上額
                                    不動産
                                           計
                                                       (注2)
                                    事業
                      外航海運      倉庫・運送
                       事業       事業
       売上高
                        2,052       1,338       1,113       4,504        -     4,504
        外部顧客への売上高
        セグメント間の売上高又
                         -       -       7       7      △ 7      -
        は振替高
                        2,052       1,338       1,121       4,512        △ 7     4,504
             計
       セグメント利益又はセグ
                        △ 975       33      575      △ 366      △ 222      △ 588
       メント損失(△)
        (注)1.セグメント利益又はセグメント損失の調整額△222百万円は、各報告セグメントに配分しない全社費用
             △222百万円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
           2.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
        2.報告セグメントの変更等に関する事項

           平成27年7月1日付のイヌイ運送株式会社の完全子会社化に伴い、前第2四半期連結会計
          期間より「倉庫事業」を「倉庫・運送事業」に名称変更しております。
        3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

          該当事項はありません。
                                 19/22












                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
       1株当たり四半期純損失額(△)
                                      △24円12銭               △31円14銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)

                                         △604               △780
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損
                                         △604               △780
       失金額(△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               25,068,316               25,066,648
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
          おりません      。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 20/22












                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                        乾汽船株式会社(E04288)
                                                             四半期報告書
                      独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 平成28年8月12日

     乾汽船株式会社

      取締役会 御中

                             新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              武内 清信  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              北澄 和也  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る乾汽船株式会社の平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計
     期間(平成28年4月1日から平成28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日
     から平成28年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結損益計算書、四半期連
     結包括利益計算書、四半期連結貸借対照表、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四
     半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、乾汽船株式会社及び連結子会社の
     平成28年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認め
     られなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本

          は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.       XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。