株式会社セゾン情報システムズ 四半期報告書 第48期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第48期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社セゾン情報システムズ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   平成28年8月10日

     【四半期会計期間】                   第48期第1四半期(自            平成28年4月1日          至   平成28年6月30日)

     【会社名】                   株式会社セゾン情報システムズ

     【英訳名】                   SAISON    INFORMATION      SYSTEMS    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長         内田 和弘

     【本店の所在の場所】                   東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

     【電話番号】                   03(3988)1846

     【事務連絡者氏名】                   取締役財務経理部担当            土橋 眞吾

     【最寄りの連絡場所】                   東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

     【電話番号】                   03(3988)1846

     【事務連絡者氏名】                   取締役財務経理部担当           土橋 眞吾

     【縦覧に供する場所】                   株式会社セゾン情報システムズ 関西事業所

                       (大阪市西区江戸堀一丁目5番16号)

                       株式会社セゾン情報システムズ 名古屋営業所

                       (名古屋市中村区名駅南二丁目14番19号)

                       株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                          第47期           第48期

            回次             第1四半期           第1四半期            第47期
                        連結累計期間           連結累計期間
                                 自 平成28年4月1日           自 平成27年4月1日
                      自 平成27年4月1日
           会計期間
                      至 平成27年6月30日
                                 至 平成28年6月30日           至 平成28年3月31日
     売上高             (千円)          7,201,012           8,169,124           29,792,791

     経常利益             (千円)           742,332           691,332          2,569,660

     親会社株主に帰属する
     四半期純利益又は
                  (千円)           248,136           321,335         △ 6,094,611
     親会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
     四半期包括利益
                  (千円)           357,679           336,251         △ 6,303,748
     又は包括利益
     純資産額             (千円)         11,656,957            5,308,119           4,971,928
     総資産額             (千円)         25,690,540           22,483,668           23,312,351

     1株当たり四半期
     純利益金額又は             (円)           15.32           19.84          △ 376.22
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期             (円)             ―           ―           ―
     (当期)純利益
     自己資本比率             (%)            45.3           23.6           21.3
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
       なお、当第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の
      状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)セグメント情報」の「3.報告セグメントの変更等
      に関する事項」をご参照ください。
                                  2/24





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績の状況
        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、足元の企業業績や設備投資は底堅く推移し雇用環境も改善傾
       向にあるものの、継続的な円高・株安、内需を牽引してきたインバウンド消費の変化、英国のEU離脱問題による
       金融市場の混乱等、先行き不透明な状況で推移しました。
        当社グループが属する情報サービス業界は、IT技術のイノベーションによる「IoT(Internet                                              of  Things)」
       「FinTech」等が新たな社会基盤として活用され始め、従来以上にIT技術に対する期待・需要が高まるととも
       に、企業向けシステム開発についても「所有から利用へ」の顧客ニーズの変化のなか「クラウド」に代表される
       サービス型ビジネスへの転換が進んでおり、業界全体は緩やかな成長基調で推移しました。一方、このような状況
       のもと優秀な技術者の不足及び高コスト化等、重要な事業リソースに係る課題も顕在化しており、最新テクノロ
       ジーやITイノベーションに対応できる優秀な技術者の育成及び確保が急務となっております。
        このような経営環境のもと当社グループは、主に生活者向けに利便性、快適性および心の豊かさを提供する企業
       に対して、システム開発及びデータセンターを活用した情報処理サービス、「HULFT(ハルフト)」を中心と
       したパッケージ製品の販売及びサポートサービス等を提供してまいりました。また、パッケージ製品の更なるグ
       ローバル展開、最新テクノロジー(「IoT」「FinTech」等)の研究開発及び活用、全社的な技術戦略を推進する人
       材の育成等に積極的に取組み、事業基盤の拡大を図っております。
        当第1四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高は8,169百万円(前年同期比13.4%増)、営
       業利益は695百万円(同5.9%減)、経常利益は691百万円(同6.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は
       321百万円(同29.5%増)となりました。なお、前連結会計年度において、大型システム開発案件の開発遅延問題
       に係る条件付和解に伴う損害賠償費用6,646百万円を損失処理しておりますが、当第1四半期連結累計期間におい
       ては第三者機関であるソフトウェア紛争解決センターで中立評価手続中であり、当該損失見込額に変動はありませ
       ん。また、前第1四半期連結累計期間の報告セグメントにおいて分類表示していた「BPO事業」は、平成28年2
       月1日付で会社分割及び株式譲渡を行ったため、当第1四半期連結累計期間において、「BPO事業」はありませ
       ん。
        なお、前述の中立評価手続について、当社は平成28年7月29日付で、ソフトウェア紛争解決センターより中立評
       価を受領しました。詳細につきましては、「第4 経理の状況 注記事項(重要な後発事象)」をご参照くださ
       い。
        当第1四半期連結累計期間におけるセグメント別の業績は次のとおりであります。以下、セグメント間取引につ
       いては相殺消去しておりません。
        なお、当第1四半期連結会計期間より、重点顧客マーケットビジネスへのフォーカスを推進し、また、「選択と
       集中」によるカテゴリートップを目指すべく組織変更を行っております。これにより、従来「エンタープライズ・
       ソリューション事業」に含まれていた一部クレジットカード関連事業を「カードシステム事業」に統合集約し、
       「エンタープライズ・ソリューション事業」は流通小売業界及びその他新規顧客、新サービスの提供に注力するこ
       ととし、その報告セグメントを「流通・ITソリューション事業」に変更しております。前第1四半期連結累計期
       間との比較・分析は、変更後の区分により行っております。
                                  3/24



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
        ①カードシステム事業
          売上面においては、前連結会計年度において製品保証対応等により一時的に減少したシステム開発及び情報
         処理サービスが回復したこと等により、当第1四半期連結累計期間のカードシステム事業の売上高は4,059百
         万円(前年同期比27.2%増)となりました。
          利益面においては、売上高の回復に伴い収益性が改善したこと等により、当第1四半期連結累計期間の営業
         利益は535百万円(同66.6%増)となりました。
        ②流通・ITソリューション事業

          売上面においては、既存顧客向けのシステム開発及び情報処理サービスが減少したこと等により、当第1四
         半期連結累計期間の流通・ITソリューション事業の売上高は1,170百万円(同14.7%減)となりました。
          利益面においては、売上高の減少及び一部プロジェクトの開発中止に係る損失計上等により、当第1四半期
         連結累計期間は237百万円の営業損失(前年同期は32百万円の営業利益)となりました。また、前述のプロ
         ジェクトの開発中止に係る損失計上や既存顧客の取引規模減少等により将来の事業収益の低下が見込まれるこ
         とから、当第1四半期連結累計期間において164百万円の減損損失を計上しております。
        ③HULFT事業

          売上面においては、「HULFT」「DataSpider」及び「HULFTファミリー製品」等のサポートサービ
         スは順調に推移したものの、「HULFT」等のライセンス販売について大型案件が減少したこと等により、
         当第1四半期連結累計期間のHULFT事業の売上高は1,704百万円(前年同期比3.9%減)となりました。
          利益面においては、更なる事業拡大を狙い、製品開発体制及びテクニカルサポート体制の強化、次世代製品
         の研究開発、ブランド力向上に向けたマーケティング活動の推進等により販売費及び一般管理費が増加し、当
         第1四半期連結累計期間の営業利益は325百万円(同52.6%減)となりました。
        ④その他

          その他には㈱フェス等を分類しており、売上面においては、医療機関向けシステム運営管理受託及びIT
         サービスマネジメントの標準である「ITIL」関連事業が順調に進捗したこと等により、当第1四半期連結
         累計期間のその他の売上高は1,499百万円(同103.3%増)となりました。
          利益面においては、売上高の増加及び収益性の向上等により、当第1四半期連結累計期間の営業利益は135
         百万円(同86.4%増)となりました。
                                  4/24










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末より828百万円減少し22,483百万円となりまし
       た。主な減少要因は、減価償却等により有形及び無形固定資産が同697百万円減少したこと、売上債権の回収によ
       り受取手形及び売掛金が同603百万円減少したこと等によるものであります。また、主な増加要因は、現金及び預
       金が同789百万円増加したこと等によるものであります。
        負債合計は同1,164百万円減少し、17,175百万円となりました。主な減少要因は、セール・アンド・割賦バック
       の返済等により設備関係未払金が同766百万円減少したこと、賞与支給により賞与引当金が同392百万円減少したこ
       と、早期退職費用引当金が同392百万円減少したこと等によるものであります。また、主な増加要因は、流動負債
       のその他に含まれる未払金が同403百万円増加したこと等によるものであります。
        純資産合計は同336百万円増加し、5,308百万円となりました。主な増加要因は、親会社株主に帰属する四半期純
       利益の計上により同321百万円増加したこと等によるものであります。
        以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度末より2.3ポイント増加し、23.6%となりました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更
       及び新たに生じた課題はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
       社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       (株式会社の支配に関する基本方針)

        一 基本方針の内容の概要

          当社取締役会は、当社株式の大規模買付行為を受け入れるか否かの判断は、最終的には当社株主の皆様の判

         断に委ねられるべきものであると考えております。また、当社は、当社株式について大規模買付行為がなされ
         る場合、これが当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれば、これを否定するものではあり
         ません。
          しかしながら、大規模買付行為の中には、その目的等から企業価値ひいては株主共同の利益に対して明白な
         侵害をもたらすもの、株主の皆様に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株
         主が大規模買付行為の内容等を検討し、代替案を提案するための十分な時間や情報を提供しないもの、大規模
         買付者の提示した条件よりも有利な条件を引き出すために大規模買付者との交渉を必要とするもの等、当社の
         企業価値ひいては株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
          したがって、当社取締役会は、このような当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大規模買付行為を行

         う者は、当社の財務及び事業の方針の決定に重大な影響を与える者として不適切であると考えております。そ
         こで、当社は、こうした不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定に重大な悪影響が生じることを
         防止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に反する大規模買付行為を抑止するとともに、大規模買付行
         為が行われる際に、当社取締役会が株主の皆様に代替案を提案したり、あるいは株主の皆様がかかる大規模買
         付行為に応じるべきか否かを判断するために必要な情報や時間を確保したりすること、株主の皆様のために交
         渉を行うこと等が必要であると考えております。
        二 基本方針の実現に資する特別な取組みの内容の概要

          当社が属する情報サービス業界は、政府の成長戦略に「IoT推進」、「ビッグデータ活用」等のIT技術の

         積極的な活用が織り込まれ、セキュリティ対策、ビッグデータ活用、マイナンバー制度の導入、Fintech等、
         新たな需要が期待されるとともに、企業のシステム開発投資が堅調に推移することにより、業界全体は緩やか
         ながらも成長基調にあります。
          当社は、これまで平成18年3月期より3年毎の中期経営計画を策定し、様々な施策を講じた結果、全社の売
         上拡大や事業基盤の拡充が進み、HULFT事業のグローバル展開への取組み等将来の更なる成長への布石を
         打つこともできました。一方で、技術力・開発力の課題が顕在化するとともに、その課題が起因となる大型開
                                  5/24

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
         発案件に関する損失発生により、2期連続(平成27年3月期及び平成28年3月期)の大幅赤字(当期純損失)
         を計上し、技術力・開発力の強化とともに、財務基盤の立て直しが重要な課題となりました。このほか、事業
         戦 略の明確化、コスト構造の最適化、事業基盤や組織風土の刷新等を重要な課題として認識しております。
          当社は、このような経営環境及び重要な課題を踏まえ、新たな経営体制のもと、平成29年3月期~平成31年
         3月期を期間とする中期経営計画を策定し、達成に努めています。新たな中期経営計画においては、ビジョン
         「カテゴリートップの具現!~特定分野においてダントツの存在感を発揮する~」の実現を目指し、長期で飛
         躍的・非連続的な成長を遂げるために必要な事業ポートフォリオ、事業基盤の整備・確立に努めるとともに、
         財務基盤の整備・強化等の重点戦略を講じ、企業価値を高めるべく経営に取組んでまいります。
        三 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため

          の取組みの内容の概要
          当社は、平成23年5月12日開催の取締役会において、企業価値及び株主共同の利益の維持・向上に向けた取

         組みとしての当社の大規模買付ルールを更新することを決議し、同年6月10日開催の当社第42期定時株主総会
         において、株主の皆様のご承認をいただきましたが(以下、更新前の大規模買付ルールを「旧ルール」といい
         ます。)、旧ルールの有効期間が満了したため、平成26年6月12日開催の第45期定時株主総会における承認を
         得て当社の大規模買付ルール(以下、更新後の大規模買付ルールを「本ルール」といいます。)を更新いたし
         ました。本ルールの概要は以下のとおりです。
          当社の発行する株券等の買付行為を行おうとする者のうち、本ルールの対象となる者は、①当該買付者を含

         む株主グループの議決権割合を28%以上とすることを目的とする買付行為若しくはこれに類似する行為を行お
         うとする者、又は、②当該買付行為の結果、当該買付者を含む株主グループの議決権割合が28%以上となる買
         付行為若しくはこれに類似する行為を行おうとする者です。
          大規模買付者には、大規模買付行為を開始する前に、当社宛に、本ルールに定められた手続を遵守すること
         を約束する旨等を記載した意向表明書及び当社取締役会が大規模買付行為の内容を検討するために必要と考え
         る情報(以下、「必要情報」といいます。)をご提出いただきます。
          当社取締役会は、大規模買付者から必要情報の提供を受けた日から起算して60営業日以内の期間(30営業日
         を上限として延長することができます。)(以下、「分析検討期間」といいます。)、外部専門家の助言を受
         ける等しながら、必要情報の分析・検討を行い、当社取締役会としての意見を取りまとめ、公表します。当社
         取締役会は、分析検討期間中、必要に応じて、大規模買付者と交渉し、また、株主の皆様に対する代替案の提
         示を行うことがあります。なお、当社取締役会は、一定の場合には、大規模買付行為に対する対抗措置の発動
         等に関し、株主総会を招集し、株主の皆様の意思を確認する場合があります。
          大規模買付者は、当社取締役会が大規模買付行為に対する対抗措置の発動を行わない旨の決議を行い、又は
         当社株主総会において大規模買付行為に対する対抗措置の発動に係る議案が否決されるまでの間、大規模買付
         行為を開始することができないものとします。
          大規模買付者が本ルールを遵守しなかった場合、当社取締役会は、法令及び定款の下で可能な対抗措置のう
         ちから、状況に応じ最も適切と判断したものを発動することがあります。他方、当社取締役会は、大規模買付
         者が大規模買付ルールを遵守している場合には、原則として、大規模買付行為に対する対抗措置を発動する旨
         の決議を行いません。但し、当該大規模買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵
         害をもたらすおそれがある場合であり、かつ、対抗措置を取ることが相当であると認められる場合には、対抗
         措置を発動することがあります。具体的な対抗措置として新株予約権無償割当てを行う場合、割当期日におけ
         る株主に対し、その所有株式1株につき1個の割合で新株予約権が割当てられ、当該新株予約権には、大規模
         買付者等所定の要件に該当する者(以下、「非適格者」といいます。)は原則として行使できないとする行使
         条件、及び、非適格者以外の新株予約権者から、当社普通株式1株と引換えに当社が新株予約権を取得できる
         旨の取得条項等が付されることになります。また、対抗措置としての効果を勘案した行使期間、差別的行使条
         件及び差別的取得条項等を設けることがあります。
          当社取締役会は、大規模買付行為に対する当社取締役会としての意見の取りまとめ等を行うに当たり、その
         判断の公正性を確保するために、業務執行を行う経営陣から独立した者のみから構成される特別委員会に対抗
         措置の発動の是非その他大規模買付行為の是非等に関する諮問を行います。
          特別委員会は、当該諮問を受けた場合、当社取締役会に対し、大規模買付行為に対する意見及びその根拠資
         料、代替案(もしあれば)その他特別委員会が必要と認める情報を提供するよう要求することができます。特
                                  6/24

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
         別委員会は、外部専門家の助言を受ける等しながら、必要情報及び当社取締役会から提供を受けた情報等の分
         析・検討等を行い、当社取締役会からの諮問に基づき、特別委員会としての意見を取りまとめ、当社取締役会
         に 対し、対抗措置の発動の是非その他大規模買付行為の是非等に関する勧告を行います。特別委員会は、勧告
         に際して対抗措置の発動に関して予め株主意思の確認を得るべき旨の留保を付すことができるものとし、ま
         た、その理由を付して、大規模買付行為等に関する株主意思の確認を行うことを勧告することもできるものと
         します。
          当社取締役会は、特別委員会による勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動や大規模買付行為等に関して決
         議を行います。また、当社取締役会は、①特別委員会が、対抗措置の発動に関して、予め株主総会の承認を得
         るべき旨の留保を付して勧告を行った場合、若しくは大規模買付行為に関する株主意思の確認を行うことを勧
         告した場合、又は、②大規模買付行為による当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する侵害が認められ
         るか否かが問題となっており、かつ、当社取締役会が善管注意義務に照らし株主の意思を確認することが適切
         と判断する場合には、株主総会を招集し、対抗措置の発動その他当該大規模買付行為に関する株主の皆様の意
         思を確認することができるものとします。株主総会を開催する場合には、当社取締役会は、株主総会の決議に
         従い、対抗措置の発動等に関する決議を行うものとします。
          本ルールの有効期間は、平成26年6月12日開催の当社第45期定時株主総会の終結後3年以内に終了する事業
         年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。但し、有効期間の満了前であっても、
         当社の株主総会で選任された取締役により構成される取締役会において、本ルールを廃止する旨の決議がなさ
         れた場合には、本ルールはその時点で廃止されるものとします。
        四 当社取締役会の判断及び理由

          上記二記載の中期経営計画は、当社の企業価値・株主共同の利益を向上させるために策定された取組みであ

         り、まさに基本方針に沿うものです。また、本ルールは、当社株式の大規模買付行為が行われる際に、当社の
         企業価値・株主共同の利益を確保するための枠組みを設定するものであり、基本方針に沿うものです。
          本ルールは、「企業価値・株主共同の利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原
         則を完全に充足していること、平成26年6月12日開催の当社第45期定時株主総会の終結後3年以内に終了する
         事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとされ、当該株主総会において株主の皆様に
         本ルールの更新についてお諮りすることを予定していること、対抗措置を発動する一定の場合には、株主意思
         を確認できるようにしていること等株主意思を重視するものであること、対抗措置の発動に際しては、経営陣
         から独立した特別委員会に対して、発動の是非等に関して諮問を行うこととされていること等により、その公
         正性・客観性が確保されているため、当社は、本ルールは、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、ま
         た、当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
      (4)  研究開発活動

        当社グループは、多様化、高度化する顧客ニーズに対応すべく、先端技術の調査研究および新商品、新商材の研
       究開発を行っております。
        当第1四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発費の総額は54百万円であり、これは主にH
       ULFT事業におけるパッケージ製品に関連した新製品等のための研究開発活動によるものであります。
                                  7/24






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     60,000,000
                  計                                   60,000,000
       ②  【発行済株式】

                          提出日現在        上場金融商品取引所

              第1四半期会計期間末
               現在発行数(株)
        種類                  発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
              (平成28年6月30日)
                        (平成28年8月10日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所

                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           16,200,000          16,200,000       JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計          16,200,000          16,200,000           ―            ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成28年6月30日                 ─   16,200,000           ─   1,367,687           ─   1,461,277
                                  8/24







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成28年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                 平成28年3月31日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                      普通株式           200
                      普通株式        16,192,500
     完全議決権株式(その他)                                  161,925             ―
                      普通株式          7,300

     単元未満株式                                 ―             ―
     発行済株式総数                      16,200,000           ―             ―

     総株主の議決権                      ―            161,925             ―

      (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式が18株含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                                平成28年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)
                   東京都豊島区東池袋3丁目
                                     200      ―       200       0.0
     株式会社セゾン情報システ
                   1-1
     ムズ
            計               ―           200      ―       200       0.0
     2  【役員の状況】


       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  9/24







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年4月1日から平成
      28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年6月30日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 10/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                  (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               5,456,802              6,246,295
         受取手形及び売掛金                               4,065,076              3,461,856
         有価証券                                100,080                 -
         商品及び製品                                 38,362               9,333
         仕掛品                                751,938              269,787
         原材料及び貯蔵品                                 10,017               9,387
         未収還付法人税等                                220,167              220,167
         繰延税金資産                               1,792,382              1,792,092
         その他                                704,908              948,283
                                         △ 9,411             △ 7,692
         貸倒引当金
         流動資産合計                               13,130,323              12,949,511
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物                               663,726              657,303
                                        △ 346,534             △ 352,307
             減価償却累計額
             建物及び構築物(純額)                             317,191              304,996
           工具、器具及び備品
                                        5,619,438              5,617,897
                                       △ 3,096,934             △ 3,377,193
             減価償却累計額
             工具、器具及び備品(純額)                            2,522,504              2,240,703
           リース資産
                                        3,427,037              3,369,236
                                       △ 3,010,045             △ 3,053,700
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                             416,991              315,536
           建設仮勘定                               426,100              426,425
           有形固定資産合計                              3,682,788              3,287,662
         無形固定資産
           ソフトウエア                              3,901,685              3,648,364
           リース資産                               99,962              72,227
           のれん                               611,210              589,441
                                            170              160
           その他
           無形固定資産合計                              4,613,028              4,310,195
         投資その他の資産
           投資有価証券                               735,379              821,035
           敷金                               515,235              513,297
           繰延税金資産                               316,746              312,874
           その他                               323,598              293,898
                                         △ 4,750             △ 4,806
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              1,886,210              1,936,299
         固定資産合計                               10,182,027               9,534,156
       資産合計                                 23,312,351              22,483,668
                                 11/24





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年3月31日)              (平成28年6月30日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                               1,368,309              1,027,284
         短期借入金                                25,769              22,987
         リース債務                                205,604              166,548
         設備関係未払金                               1,683,609               917,542
         未払費用                                641,590              639,854
         未払法人税等                                119,350              183,524
         前受金                               2,462,057              2,799,678
         賞与引当金                                792,828              400,101
         解約損失引当金                                503,360              497,020
         製品保証引当金                               1,177,753              1,159,482
         損害賠償引当金                               6,646,907              6,633,897
         早期退職費用引当金                                392,616                 -
         その他                                754,385             1,317,452
         流動負債合計                              16,774,141              15,765,374
       固定負債
         リース債務                                113,407               78,008
         退職給付に係る負債                               1,273,950              1,152,686
         長期未払金                                26,700              26,700
                                         152,224              152,780
         資産除去債務
         固定負債合計                               1,566,281              1,410,174
       負債合計                                18,340,422              17,175,549
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,367,687              1,367,687
         資本剰余金                               1,454,233              1,454,233
         利益剰余金                               2,726,253              3,047,589
                                          △ 218             △ 280
         自己株式
         株主資本合計                               5,547,955              5,869,229
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                14,173              11,351
         為替換算調整勘定                                △ 4,753             △ 23,071
                                        △ 585,446             △ 549,390
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                               △ 576,026             △ 561,110
       純資産合計                                 4,971,928              5,308,119
      負債純資産合計                                  23,312,351              22,483,668
                                 12/24







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      売上高                                  7,201,012              8,169,124
                                        5,133,039              5,851,735
      売上原価
      売上総利益                                  2,067,973              2,317,388
      販売費及び一般管理費
       貸倒引当金繰入額                                   △ 40              △ 0
       役員報酬                                  59,656              52,087
       従業員給料及び賞与                                 413,507              406,592
       賞与引当金繰入額                                 125,198              131,862
       退職給付費用                                  37,833              39,034
       福利厚生費                                 104,083               99,672
       減価償却費                                  36,359              39,815
       解約損失引当金繰入額                                    -           183,526
       のれん償却額                                  21,769              21,769
                                         530,947              647,658
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                1,329,317              1,622,018
      営業利益                                   738,655              695,370
      営業外収益
       受取利息                                   633              165
       有価証券利息                                   784              196
       受取配当金                                  4,903              1,704
       受取手数料                                    -            1,812
       複合金融商品評価益                                   219               -
       持分法による投資利益                                   599               -
                                          1,215              1,176
       その他
       営業外収益合計                                  8,354              5,056
      営業外費用
       支払利息                                  2,677              3,504
       為替差損                                  1,989                -
       持分法による投資損失                                    -            5,589
                                           11               -
       その他
       営業外費用合計                                  4,677              9,094
      経常利益                                   742,332              691,332
      特別利益
                                            -             141
       固定資産売却益
       特別利益合計                                    -             141
      特別損失
       固定資産処分損                                  2,780              1,689
                                       ※  239,366             ※  164,225
       減損損失
       投資有価証券評価損                                  14,131                868
                                           129               -
       投資有価証券償還損
       特別損失合計                                 256,406              166,784
      税金等調整前四半期純利益                                   485,925              524,689
      法人税等                                   237,736              203,353
      四半期純利益                                   248,189              321,335
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      52               -
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   248,136              321,335
                                 13/24




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                                 至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      四半期純利益                                   248,189              321,335
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  67,595              △ 2,822
       為替換算調整勘定                                  5,756             △ 4,469
       退職給付に係る調整額                                  36,138              36,056
                                            -           △ 13,848
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                                 109,489               14,916
      四半期包括利益                                   357,679              336,251
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 357,626              336,251
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    52               -
                                 14/24















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

       持分法適用の範囲の重要な変更
        当第1四半期連結会計期間より、新たに設立した非連結子会社のHULFT,Inc.を持分法の適用の範囲に含めており
       ます。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                    当第1四半期連結累計期間
                              (自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
      税金費用の計算                     税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む当連結会計
                          年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理
                          的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算す
                          る方法を採用しております。ただし、当該見積実効税率を用いて税金
                          費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、税引前四
                          半期純利益または税引前四半期純損失に法定実効税率を乗じた金額
                          に、繰延税金資産の回収可能性を考慮しております。
       (追加情報)

       (繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)
        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当第1
       四半期連結会計期間から適用しております。
       (製品保証引当金)

        当社が実施している大型システム開発案件に関し、平成26年9月に㈱クレディセゾンよりシステムリリースの延
       期についての案内が行われております。当社は当該プロジェクトにおいて、請負契約に基づきシステム開発を実施
       し、㈱クレディセゾン及び㈱キュービタス(以下、「顧客」)と協議のうえテストパターンの決定及び検証を行
       い、その結果に基づき顧客からの検収を受け当該システム開発を完了いたしました。
        しかしながら、当社開発システムに係る結合テストにおいて想定外の不具合及び他社開発システムとの連携に係
       る技術的課題等が発生したこと等により、顧客において当該システムの部分的な機能は残しつつも、システム要件
       及びシステム構成等の見直しが行われました。当社は当該プロジェクトの当初から開発に関わってきたシステムベ
       ンダーとして、その解決に向け取組んでおりますが、その解決にあたってはシステム改修及び追加開発等の製品保
       証対応が必要となっております。この状況を受け当社は当該対応コストについて可能な限り合理的な見積りを実施
       し、必要と判断した金額5,876,665千円を平成27年3月期において製品保証引当金として計上し、当第1四半期連結
       会計期間末における残高は1,159,482千円となっております。
       (損害賠償引当金)

        当社は、当社と㈱クレディセゾン及び㈱キュービタス(以下、「顧客」)との間における、大型システム開発案
       件の開発遅延等に係る問題(以下、「本件問題」)について、平成28年3月28日開催の取締役会において、当社
       が、顧客に対し、第三者機関であるソフトウェア紛争解決センターにおける中立評価手続において和解内容が合理
       的であるとの趣旨の評価がなされることを停止条件として和解金を支払う旨を合意する(以下、「本和解」)こと
       を決議いたしました。
        本和解の概要は、当社が、顧客に対して14,975,216千円(以下、「本和解合意額」)を支払い、顧客が、本件問
       題に関する紛争の対象となる債権及び債務に関する当社へのその余の請求を放棄することを主たる内容としており
       ます。
        本和解を決議するまでに生じた本件問題に関する支払いは、製品保証引当金を取崩す処理を実施しております。
       本和解の効力が発生した場合に、当社は製品保証引当金として計上した改修及び品質保証対応費用について、本和
       解合意額に充当されることを考慮し、前連結会計年度において追加負担額を合理的に見積り6,646,907千円を損害賠
       償引当金として計上し、当第1四半期連結会計期間末における残高は6,633,897千円となっております。なお、当第
       1四半期連結累計期間において、当該中立評価手続は継続して行われております。
                                 15/24



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
     ※   減損損失
        当社グループは、以下の資産について減損損失を計上しております。
        前第1四半期連結累計期間(自              平成27年4月1日         至  平成27年6月30日)
               用途                 種類                 場所
                                               東京都豊島区
             BPO事業資産                 ソフトウエア
                                               東京都江東区
        当社グループは、事業用資産について各事業セグメントを基礎としつつ、経営管理単位を勘案しグルーピングを

       行っております。
        上記のBPO事業資産については、システム開発に係る不採算案件の発生に伴い、事業の将来における収益性の
       悪化が見込まれることとなったため、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。当該減少額は、
       減損損失として特別損失に239,366千円を計上しております。
        当資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを5.5%で割り引いて
       算定しております。
        当第1四半期連結累計期間(自              平成28年4月1日         至  平成28年6月30日)

               用途                 種類                 場所
                              建物及び構築物

              流通・IT                                 東京都豊島区
                             工具、器具及び備品
           ソリューション事業資産                                    東京都江東区
                              ソフトウエア
        当社グループは、事業用資産について各事業セグメントを基礎としつつ、経営管理単位を勘案しグルーピングを

       行っております。
        上記の流通・ITソリューション事業資産については、一部プロジェクトの開発中止に係る損失計上や既存顧客
       の取引規模減少等により将来の事業収益の低下が見込まれることから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減
       額いたしました。当該減少額は、減損損失として特別損失に164,225千円を計上しております。
        減損損失の内訳は、建物及び構築物5,005千円、工具、器具及び備品17,593千円、ソフトウエア141,626千円であ
       ります。
        当資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローに基づく使用
       価値が見込めないため、回収可能価額を零として評価しております。
                                 16/24









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
       とおりであります。
                        前第1四半期連結累計期間
                                            当第1四半期連結累計期間
                                             (自    平成28年4月1日
                         (自    平成27年4月1日
                                             至   平成28年6月30日)
                          至    平成27年6月30日)
        減価償却費                        720,692千円                    767,228千円
                                21,769
        のれんの償却額                                            21,769
       (株主資本等関係)

       前第1四半期連結累計期間(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)
        配当金支払額
        該当事項はありません。
       当第1四半期連結累計期間(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)

        配当金支払額
        該当事項はありません。    
                                 17/24














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                 平成27年4月1日         至  平成27年6月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                        四半期
                                                       連結損益
                    流通・
                                        その他          調整額
                                              合計          計算書
               カード
                    ITソ
                                        (注)1          (注)2
                         BPO    HULFT
                                                        計上額
              システム                      計
                    リュー
                         事業     事業
                                                        (注)3
                   ション事
               事業
                     業
     売上高
       外部顧客への
              3,191,855     1,371,394      370,698    1,770,617     6,704,565      496,447    7,201,012         ― 7,201,012
       売上高
       セグメント間
       の内部売上高             ―    342      70    2,579     2,992    241,382     244,375    △ 244,375        ―
       又は振替高
         計     3,191,855     1,371,736      370,768    1,773,196     6,707,557      737,829    7,445,387     △ 244,375    7,201,012
     セグメント利益
               321,473      32,377    △ 333,188     685,818     706,481      72,539     779,021     △ 40,365     738,655
     又は損失(△)
     (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、連結子会社が行っているシステム
          運営管理受託・人材派遣等を含んでおります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額△40,365千円には、セグメント間取引△255千円、各報告セグメントに配分
          していない全社費用△40,110千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。 
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        「BPO事業」セグメントにおいて、システム開発に係る不採算案件の発生に伴い、事業の将来における収益性
       の悪化が見込まれることとなったため、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額いたしました。当該減少額
       は、減損損失として特別損失に239,366千円を計上しております。
                                 18/24










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自                 平成28年4月1日         至  平成28年6月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                        四半期
                                                       連結損益
                    流通・
                                        その他          調整額
                                              合計          計算書
               カード           BPO
                    ITソ
                                        (注)1          (注)2
                              HULFT
                                                        計上額
              システム           事業           計
                    リュー
                               事業
                                                        (注)3
               事業    ション事      (注)4
                     業
     売上高
       外部顧客への
              4,059,336     1,170,394         ― 1,702,309     6,932,040     1,237,084     8,169,124         ― 8,169,124
       売上高
       セグメント間
       の内部売上高             ―    366      ―   2,380     2,747    262,819     265,567    △ 265,567        ―
       又は振替高
         計     4,059,336     1,170,760         ― 1,704,690     6,934,788     1,499,904     8,434,692     △ 265,567    8,169,124
     セグメント利益
               535,605    △ 237,527        ―  325,052     623,131     135,232     758,363     △ 62,992     695,370
     又は損失(△)
     (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、連結子会社が行っているシステム
          運営管理受託・人材派遣等を含んでおります。
        2 セグメント利益又は損失の調整額△62,992千円には、セグメント間取引2,673千円、各報告セグメントに配分
          していない全社費用△65,666千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。 
        4 「BPO事業」は平成28年2月1日付で会社分割及び株式譲渡を行ったため、当第1四半期連結累計期間に
          おいて、「BPO事業」はありません。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        「流通・ITソリューション事業」セグメントにおいて、一部プロジェクトの開発中止に係る損失計上や既存顧
       客の取引規模減少等により将来の事業収益の低下が見込まれることから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで
       減額いたしました。当該減少額は、減損損失として特別損失に164,225千円を計上しております。
      3.報告セグメントの変更等に関する事項

        当第1四半期連結会計期間より、重点顧客マーケットビジネスへのフォーカスを推進し、また、「選択と集中」
       によるカテゴリートップを目指すべく組織変更を行っております。これにより、従来「エンタープライズ・ソ
       リューション事業」に含まれていた一部クレジットカード関連事業を「カードシステム事業」に統合集約し、「エ
       ンタープライズ・ソリューション事業」は流通小売業界及びその他新規顧客、新サービスの提供に注力することと
       し、その報告セグメントを「流通・ITソリューション事業」に変更しております。
        なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の区分により作成したものを記載してお
       ります。
                                 19/24






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                              (自 平成27年4月1日               (自 平成28年4月1日
                               至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                    (円)               15.32               19.84
     親会社株主に帰属する四半期純利益金額                    (千円)              248,136               321,335

     普通株主に帰属しない金額                    (千円)                 ―               ―

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                         (千円)              248,136               321,335
     四半期純利益金額
     普通株式の期中平均株式数                    (株)            16,199,783               16,199,781
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       (中立評価手続による中立評価の受領)
        当社は、注記事項(追加情報)(損害賠償引当金)に記載のとおり、第三者機関であるソフトウェア紛争解決セ
       ンターに対し、当社が㈱クレディセゾン及び㈱キュービタス(以下、「顧客」)との間で、大型システム開発案件
       の開発遅延等に係る問題について合意した停止条件付和解(以下、「本和解」)に関する中立評価手続を申し立て
       ておりましたが(以下、「本申立て」)、平成28年7月29日付で、ソフトウェア紛争解決センターより中立評価を
       受領しました。
        本申立てに対し、ソフトウェア紛争解決センターは、当社が本和解により、顧客に対して合計14,975,216千円を
       支払うことによって終局的に解決することは、合理的であるとの中立評価(以下、「本件中立評価」)を行いまし
       た。
        本件中立評価を受領したことにより、本和解の停止条件が成就し、本和解は直ちに効力を生じることとなりまし
       た。
        なお、上記合計14,975,216千円の支払いにあたっては、その一部が既に実施済の仮払金等が充当されることとな
       るため、実際の支払金額は総額7,764,651千円となります。また、当該支払いにつきましては、製品保証引当金及び
       損害賠償引当金が計上済みであるため、損益に与える影響はございません。
       (多額な資金の借入)

        当社は、上記       注記事項(重要な後発事象)(中立評価手続による中立評価の受領)に記載の支払に備えるため、
       前連結会計年度において、7,000,000千円を限度とするシンジケーション方式のコミットメント期間付タームローン
       契約を締結しており、当該契約に基づき以下の借入を実行しております。
       ①  資金調達総額
                             7,000,000千円
       ②  アレンジャー                    株式会社みずほ銀行
                             株式会社みずほ銀行
       ③  参加金融機関
                             株式会社三井住友銀行
                             株式会社三菱東京UFJ銀行
       ④  契約締結日
                             平成28年3月28日
       ⑤  実行日
                             平成28年8月8日
       ⑥  最終返済期限
                             平成33年9月30日
       ⑦  返済方法
                             平成28年12月30日より3ヶ月毎元金均等返済
       ⑧  利率
                             基準金利+スプレッド
       ⑨  担保提供資産及び保証の有無
                             無
                                 20/24




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 21/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年8月10日

     株式会社セゾン情報システムズ
      取締役会 御中
                          有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  石  川  喜  裕  ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士  川  口  泰  広  ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社セゾン

     情報システムズの平成28年4月1日から平成29年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成28年4
     月1日から平成28年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年4月1日から平成28年6月30日まで)に係
     る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注
     記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社セゾン情報システムズ及び連結子会社の平成28年6月30
     日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

     1.注記事項(重要な後発事象)(中立評価手続による中立評価の受領)に記載されているとおり、会社は、第三者機
       関であるソフトウェア紛争解決センターに対し、会社が株式会社クレディセゾン及び株式会社キュービタス(以
       下、「顧客」)との間で、大型システム開発案件の開発遅延等に係る問題について合意した停止条件付和解(以
       下、「本和解」)に関する中立評価手続を申し立てていたが、平成28年7月29日付で、ソフトウェア紛争解決セン
       ターより中立評価を受領した。本件中立評価を受領したことにより、本和解の停止条件が成就し、本和解は直ちに
       効力を生じることとなる。なお、顧客に対する合計14,975,216千円の支払いにあたっては、その一部が既に実施済
       の仮払金等が充当されることとなるため、実際の支払金額は総額7,764,651千円となるが、当該支払いについては、
       製品保証引当金及び損害賠償引当金が計上済みであるため、損益に与える影響はない。
     2.注記事項(重要な後発事象)(多額な資金の借入)に記載されているとおり、会社は、注記事項(重要な後発事
       象)(中立評価手続による中立評価の受領)に記載の支払に備えるため、平成28年3月28日において、7,000,000千
       円を限度とするシンジケーション方式のコミットメント期間付タームローン契約を締結し、当該契約に基づき平成
       28年8月8日に7,000,000千円の借入を実行している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
                                 23/24


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社セゾン情報システムズ(E04889)
                                                             四半期報告書
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以  上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。