株式会社ハイパー 四半期報告書 第27期第2四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第27期第2四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ハイパー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年8月10日
      【四半期会計期間】                    第27期第2四半期(自 平成28年4月1日 至 平成28年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ハイパー
      【英訳名】                    HYPER   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  玉田 宏一
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  江守 裕樹
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋堀留町二丁目9番6号
      【電話番号】                    03-6855-8180(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役  江守 裕樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/27













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第26期           第27期
               回次               第2四半期           第2四半期            第26期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 平成27年1月1日           自 平成28年1月1日           自 平成27年1月1日

              会計期間
                           至 平成27年6月30日           至 平成28年6月30日           至 平成27年12月31日
                      (千円)           9,930,795           10,059,798           18,715,567
     売上高
                      (千円)            279,861           129,088           361,255
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            178,113            74,677           226,319
     期)純利益
                      (千円)            178,305            74,607           225,957
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,298,154           2,377,915           2,367,071
     純資産額
                      (千円)           5,853,340           5,737,864           6,027,777
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            42.73           17.70           54.17
     純利益金額
     潜在株式調整後
     1株当たり四半期(当期)                 (円)            41.13           17.03           52.43
     純利益金額
                      (%)             38.6           40.2           38.3
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)           △ 311,933            78,890           115,366
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)             △ 485         △ 59,733          △ 70,150
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)            129,465          △ 435,586            68,226
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)           1,903,498           1,783,465           2,199,894
     四半期末(期末)残高
                               第26期           第27期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自 平成27年4月1日           自 平成28年4月1日

              会計期間
                           至 平成27年6月30日           至 平成28年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                   11.33
     1株当たり四半期純損失金額                 (円)                       △ 1.09
     (△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には消費税等は含まれておりません。
         3 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累計
           期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としております。
         4 平成28年1月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に当該株式分
           割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当
           期)純利益金額を算定しております。
                                  2/27




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ハイパー)、子会社2社により構成されており、
       情報機器販売事業及びアスクルエージェント事業を主たる業務としております。
        当第2四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主な事業内容の変更は、概ね次のとおりであります。
       <情報機器販売事業>
        主な事業内容の変更はありません。
       <アスクルエージェント事業>
        主な事業内容の変更はありません。
       <その他>
        第1四半期連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、児童発達支援事業及び放課後等
       デイサービス事業に進出しました。これに伴い、当社の関係会社は子会社が1社増加しました。これは、社会的な需
       要が今後一層見込まれる事業であること等から判断したものであります。
                                  3/27
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        第26期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等のリスク」に記載した内容から重要な変更はありませ
       ん。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
        なお、第1四半期連結累計期間より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等
       を適用し、「四半期純利益」を「親会社株主に帰属する四半期純利益」としております。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、消費・生産・投資・外需のいずれも弱さが見られ、消費者マ
        インドの低下や企業収益の頭打ち等を背景に、回復の動きは鈍いままで推移しました。
         当社グループが属するコンピュータ販売業界におきましては、当初予測よりWindows                                        XPのサポート終了に伴う切
        り替え需要の反動が長引き、国内パソコン市場の回復に遅れが生じました。
         このような状況の下、当社グループは独自の在庫販売戦略に注力するなど、売上の確保に努めてまいりました。
        また、将来の収益性向上のためにシステムおよび新サービスの開発に投資してまいりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は10,059,798千円(前年同四半期比1.3%増)、経常利益は
        129,088千円(前年同四半期比53.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は74,677千円(前年同四半期比
        58.1%減)となりました。
        ① 情報機器販売事業
          Windows    XPのサポート終了に伴う切り替え需要の反動の影響が長引き、法人向けコンピュータ市場において
         は、パソコンの出荷台数が減少する状況が引き続き見られました。当社グループは独自の在庫販売戦略に注力す
         るなど、売上の確保に努めてまいりました。                     その結果、売上高は6,834,828千円(前年同四半期比3.9%減)、営
         業利益は91,878千円(前年同四半期比65.2%減)となりました。
        ② アスクルエージェント事業
          既存取引先の稼働促進や新規取引の拡大が順調に推移し、売上高は3,224,821千円(前年同四半期比14.3%
         増)、営業利益は47,507千円(前年同四半期比140.7%増)となりました。
        ③ その他
          第1四半期連結累計期間より新規事業として児童発達支援事業及び放課後等デイサービス事業を開始し、計画
         通りに推移しております。その結果、売上高148千円、営業損失8,188千円となりました。
                                  4/27









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、1,783,465千円
        となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動により得られた資金は78,890千円(前年同四半期比390,824千円の資金増)となりました。これは主
         に、「税金等調整前四半期純利益」が減少したものの、「たな卸資産の増減額」、「仕入債務の増減額」及び
         「未払消費税等の増減額」の増加によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動により使用した資金は59,733千円(前年同四半期比59,248千円の資金減)となりました。これは主
         に、「   無形固定資産の取得による支出」が増加したことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動により使用した資金は435,586千円(前年同四半期比565,052千円の資金減)となりました。これは主
         に、「短期借入金の純増減額」の減少及び「長期借入金の返済による支出」の増加によるものです。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/27














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (5)生産、受注及び販売の実績
         当社グループは、法人向けコンピュータ及び周辺機器の販売を中心に事業を営んでおり、生産状況及び受注状況
        は記載しておりません。
        ① 商品仕入実績
                            当第2四半期連結累計期間
           セグメントの名称                 (自 平成28年1月1日                   前年同四半期比(%)
                             至 平成28年6月30日)
                                      5,839,244                    95.8
     情報機器販売事業               (千円)
                                      2,847,467                    114.3

     アスクルエージェント事業               (千円)
                                        2,574                   -
     その他               (千円)
                                      8,689,286                    101.2
            合計         (千円)
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        ② 販売実績

                            当第2四半期連結累計期間
           セグメントの名称                 (自 平成28年1月1日                   前年同四半期比(%)
                             至 平成28年6月30日)
                                      6,834,828                    96.1
     情報機器販売事業               (千円)
                                      3,224,821                    114.3

     アスクルエージェント事業               (千円)
     その他               (千円)                    148                  -

                                     10,059,798                    101.3
            合計         (千円)
      (注) 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       (6)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         経営成績に重要な影響を及ぼす可能性のある事項は、第26期有価証券報告書の「第2 事業の状況 4 事業等
        のリスク」に記載のとおりであります。
       (7)資本の財源及び資金の流動性についての分析

        ① 資金需要
          当社グループの運転資金のうち主なものは、販売及び在庫のための商品購入ならびに販売費及び一般管理費に
         よるものであります。
        ② 資本の財源
          当社グループにおける増加運転資金につきましては、内部資金及び金融機関からの借入等によって調達してお
         ります。なお、借入金の返済に関しましては、資金の状況を勘案しつつ、計画的に返済する方針であります。
       (8)経営者の問題認識と今後の方針について

         現在の営業環境は、中国をはじめとする新興国経済を中心に世界経済に下方リスクが指摘される中、消費者マイ
        ンドの低下や企業収益の頭打ち等を背景に、日本経済の回復力は鈍く、引き続き下振れのリスクが高い状況が続く
        ものと認識しております。
         当社グループの経営陣は、これまで事業に従事してきた経験や、現在入手可能な情報に基づき、最善の経営判断
        をおこなっており、引き続き積極的な営業活動を展開すると共に、業務の効率化を推し進めてまいります。
                                  6/27






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      13,200,000
                  計                                     13,200,000

        ②【発行済株式】

                             提出日現在
               第2四半期会計期間                       上場金融商品取引所
                            発行数(株)
        種類       末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融               内容
                          (平成28年8月10日)
               (平成28年6月30日)                        商品取引業協会名
                              (注)
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
       普通株式             4,268,400           4,268,400        JASDAQ
                                                 る株式であり、単元株式
                                      (スタンダード)
                                                 数は100株であります。
         計           4,268,400           4,268,400          -            -
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、平成28年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
          発行された株式数は含まれておりません。
                                  7/27













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
          ①平成28年4月19日取締役会決議
      決議年月日                                    平成28年4月19日
      新株予約権の数(個)                                            79
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                            -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                          15,800
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                            1(注)1
                                         自  平成28年5月24日
      新株予約権の行使期間
                                         至  平成34年5月23日
                                             発行価格     367
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)                                      資本組入額      184
      新株予約権の行使の条件                                      (注)2
                                  新株予約権を譲渡する場合には、取締役会の承認を要
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  する。
      代用払込みに関する事項                                       -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)3
      (注)1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
          当社普通株式1株当たり1円とし、これに、付与株式数を乗じた金額とする。
         2.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
           (1)  新株予約権者は、割当日の翌日から3年経過後または当社の取締役の地位を喪失した日の翌日のいずれ
            か早い日から新株予約権を行使することができる。
           (2)  上記(1)にかかわらず、新株予約権者は、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案または当社が完
            全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総
            会決議が不要な場合は、取締役会決議がなされた場合)には、当該承認日(株主総会決議が不要な場合は
            取締役会決議日)の翌日から15日間に限り新株予約権を行使できる。ただし、下記3.に従って新株予約
            権者に再編対象会社の新株予約権が交付される旨が合併契約、株式交換契約若しくは株式移転計画におい
            て定められている場合を除く。
           (3)  上記(1)は、新株予約権を相続により承継した者については適用しない。
           (4)  新株予約権者が新株予約権を放棄した場合、当該新株予約権を行使することができない。
         3.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            組織再編における再編対象会社の新株予約権の交付の内容に関する決定方針
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社
            が分割会社となる場合に限る)または株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社とな
            る場合に限る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の
            効力発生日(吸収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会
            社の成立の日、吸収分割につき吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式
            会社の成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生ずる日及び株式移転につき株式移転設立
            完全親会社の成立の日をいう。以下同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予
            約権」という)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236                                        条第1   項第
            8 号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付
            することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合
            併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において
            定めることを条件とする。
           (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
           (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
                                  8/27



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
           (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
            本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式200
            株とする。ただし、株主総会における決議日(以下、「決議日」という。)後、当社が当社普通株式につ
            き、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式
            併合を行う場合には、付与株式数を次の算式により調整し、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを
            切り捨てるものとする。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、決議日後、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、合理的
            な範囲で付与株式数を調整する。
           (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、再編後行使価額に上記(3)に従って
            決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。再編後行使価額は、
            交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たり
            1円とする。
           (5)  新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅
            い日から上記「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
           (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
           (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
            る。
           (8)  その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
           (9)  新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
                                  9/27











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
          ②平成28年5月17日取締役会決議
      決議年月日                                    平成28年5月17日
      新株予約権の数(個)                                          1,169
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                            -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                         116,900
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                           458(注)1
                                         自  平成30年5月18日
      新株予約権の行使期間
                                         至  平成38年5月17日
                                             発行価格     618
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)                                      資本組入額      309
      新株予約権の行使の条件                                      (注)2
                                  新株予約権を譲渡する場合には、取締役会の承認を要
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  する。
      代用払込みに関する事項                                       -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                      (注)3
      (注)1.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる
          当社普通株式1株当たりの支払い額に付与株式数を乗じた金額とする。
         2.新株予約権の行使の条件は次のとおりであります。
          新株予約権者が新株予約権を放棄した場合には、当該新株予約権を行使することができない。
         3.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分
            割会社となる場合に限る)又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限
            る)(以上を総称して以下、「組織再編行為」という)をする場合には、組織再編行為の効力発生日(吸
            収合併につき吸収合併がその効力を生じる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分
            割につき吸収分割がその効力を生じる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換に
            つき株式交換がその効力を生じる日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下
            同じ)の直前において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という)を保有する新株予約権者
            に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再
            編対象会社」という)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対
            象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式
            交換契約又は株式移転計画において定めることを条件とする。
          (1)   交付する再編対象会社の新株予約権の数
            新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
          (2)   新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          (3)   新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案の上、下記に準じて決定する。
           新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数(以下、
           「付与株式数」という)は100株とする。ただし、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という)
           以降、当社が当社普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当てを含む。以下、株式分割の
           記載につき同じ)又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行い、調整の結果生
           じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  株式分割又は株式併合の比率
           また、上記のほか、割当日以降、当社が合併又は会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株
           式数の調整を必要とする場合には、当社は合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
          (4)   新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の上、上
            記1.で定められる行使価額を調整して得られる再編後の行使価額に、上記(3)に従って決定される当該
            新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
                                 10/27



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
          (5)   新株予約権を行使することができる期間
            上記「新株予約権を行使期間」の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記に
            定める「新株予約権を行使期間」の満了日までとする。
          (6)   新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            承継前の基準に準じて決定する。
          (7)   譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
          (8)   その他新株予約権の行使の条件
            上記2に準じて決定する。
          (9)   新株予約権の取得事由及び条件
            承継前の基準に準じて決定する。
                                 11/27

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成28年4月1日~
                       -    4,268,400           -     297,981          -     247,994
     平成28年6月30日
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成28年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                                              所有株式数       に対する所有株
           氏名又は名称                      住所
                                               (株)       式数の割合
                                                       (%)
                         東京都豊島区千早3丁目27-2                      1,162,600          27.23

     ララコーポレーション株式会社
     玉田 宏一                    千葉県千葉市中央区                       703,000         16.46
                                                363,100          8.50

     遠藤 孝                    東京都八王子市
                                                121,500          2.84
     関根 俊一                    東京都豊島区
                         東京都千代田区神田淡路町2丁目105                       120,000          2.81
     オー・エイ・エス株式会社
                                                113,600          2.66
     小田 昌平                    宮城県仙台市若林区
                         東京都中央区日本橋堀留町2丁目9-6                       94,100         2.20
     ハイパー従業員持株会
                         東京都中央区八丁堀2丁目26-9
                                                90,000         2.10
     株式会社庚伸
                         グランデビルディング3F
                                                70,200         1.64
     柳本 志行                    愛知県北名古屋市
                                                50,600         1.18
     望月 真貴子                    茨城県守谷市
                                  -             2,888,700          67.67
              計
     (注)上記のほか、自己株式が88,188株あります。
                                 12/27








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年6月30日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

                     普通株式         88,100

     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
     完全議決権株式(その他)               普通株式   4,179,400                      41,794          -

     単元未満株式               普通株式      900                   -       一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                      4,268,400                   -             -

     総株主の議決権                     -                41,794          -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数6個が含まれております。
         2.単元未満株式数には当社所有の自己株式88株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年6月30日現在
                                                    発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                      自己名義所有株        他人名義所有株        所有株式数の合
                 所有者の住所                                   対する所有株式数
     名称                      式数(株)        式数(株)        計(株)
                                                    の割合(%)
     株式会社ハイ         東京都中央区日本橋堀
                               88,100          -      88,100          2.06
     パー         留町二丁目9番6号
         計           -           88,100          -      88,100          2.06
     (注)上記の他に単元未満株式として自己株式を88株所有しております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 13/27









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成28年4月1日から平
       成28年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年1月1日から平成28年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 14/27

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年12月31日)              (平成28年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,199,894              1,783,465
         現金及び預金
                                       2,496,421              2,565,384
         受取手形及び売掛金
                                        168,868              257,968
         電子記録債権
                                        760,662              720,711
         商品
                                         95,991              77,444
         その他
                                        △ 4,495             △ 4,815
         貸倒引当金
                                       5,717,342              5,400,158
         流動資産合計
       固定資産
                                         45,352              49,854
         有形固定資産
                                        128,410              126,915
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         33,377              43,316
          投資有価証券
                                        177,498              190,813
          その他
                                        △ 74,202             △ 73,194
          貸倒引当金
                                        136,673              160,935
          投資その他の資産合計
                                        310,435              337,705
         固定資産合計
                                       6,027,777              5,737,864
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       2,124,991              2,161,030
         買掛金
                                        300,000              100,000
         短期借入金
                                        450,684              376,366
         1年内返済予定の長期借入金
                                         32,274              63,548
         未払法人税等
                                         46,851              49,816
         賞与引当金
                                        150,157              133,862
         その他
                                       3,104,959              2,884,624
         流動負債合計
       固定負債
                                        539,173              458,621
         長期借入金
                                         16,574              16,703
         その他
                                        555,747              475,324
         固定負債合計
                                       3,660,706              3,359,949
       負債合計
                                 15/27








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年12月31日)              (平成28年6月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                        297,981              297,981
         資本金
                                        270,980              270,980
         資本剰余金
                                       1,740,056              1,776,319
         利益剰余金
                                          △ 46           △ 42,701
         自己株式
                                       2,308,972              2,302,580
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,474              1,404
         その他有価証券評価差額金
                                         1,474              1,404
         その他の包括利益累計額合計
                                         56,624              73,929
       新株予約権
                                       2,367,071              2,377,915
       純資産合計
                                       6,027,777              5,737,864
      負債純資産合計
                                 16/27















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      売上高                                  9,930,795              10,059,798
                                       8,501,788              8,729,237
      売上原価
                                       1,429,006              1,330,561
      売上総利益
                                      ※1 1,145,331             ※1 1,199,363
      販売費及び一般管理費
                                        283,675              131,197
      営業利益
      営業外収益
                                           445              518
       受取利息
                                           409              411
       受取配当金
                                         1,500               600
       広告料収入
                                         1,780              1,874
       その他
                                         4,135              3,404
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  5,624              4,319
                                         2,300               800
       支払手数料
                                           24              394
       その他
                                         7,948              5,513
       営業外費用合計
                                        279,861              129,088
      経常利益
                                        279,861              129,088
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   104,777               58,664
                                        △ 3,029             △ 4,253
      法人税等調整額
                                        101,747               54,411
      法人税等合計
                                        178,113               74,677
      四半期純利益
                                        178,113               74,677
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 17/27











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
                                        178,113               74,677
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           192              △ 69
       その他有価証券評価差額金
                                           192              △ 69
       その他の包括利益合計
                                        178,305               74,607
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        178,305               74,607
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 18/27
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成27年1月1日              (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        279,861              129,088
       税金等調整前四半期純利益
                                         54,206              49,656
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  1,295              2,021
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  16,461               2,965
                                         △ 854             △ 929
       受取利息及び受取配当金
                                         5,624              4,319
       支払利息
                                         13,288              17,304
       株式報酬費用
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 94,939             △ 159,764
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 81,992              40,389
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 218,047               36,039
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 108,656               15,261
                                        △ 6,073             △ 23,588
       その他
                                       △ 139,827              112,764
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   640              689
                                        △ 5,517             △ 4,095
       利息の支払額
                                       △ 167,229              △ 30,468
       法人税等の支払額
                                       △ 311,933               78,890
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           -           △ 10,473
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 474            △ 32,578
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 92           △ 10,094
       投資有価証券の取得による支出
                                           81            △ 6,587
       その他
                                         △ 485            △ 59,733
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 200,000             △ 200,000
                                        100,000              100,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 134,518             △ 254,870
       長期借入金の返済による支出
                                         2,301                -
       ストックオプションの行使による収入
                                        △ 38,317             △ 38,062
       配当金の支払額
                                           -           △ 42,654
       自己株式の取得による支出
                                        129,465             △ 435,586
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 182,953             △ 416,428
                                       2,086,451              2,199,894
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,903,498             ※1 1,783,465
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 19/27








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社みらくるを連結の範囲に含めております                                             。
        (会計方針の変更)

          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
         う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
         という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等
         会計基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社
         の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用とし
         て計上する方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合について
         は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半
         期連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期純利益等の表示の変更を行っておりま
         す。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間については、四半期連結財務諸表の組替えを
         行っております。
          企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事
         業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首時点か
         ら将来にわたって適用しております。
          これによる損益に与える影響はありません。
                                 20/27














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (追加情報)
         (法人税率の変更等による影響)
          「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」
         (平  成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度か
         ら法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使
         用する法定実効税率は従来の33.06%から平成29年1月1日に開始する連結会計年度及び平成30年1月1日に開
         始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.86%に、平成31年1月1日に開始する連結会計
         年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.62%となります。
          この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は3,480千円減少し、法人
         税等調整額が3,530千円、その他有価証券評価差額金が49千円、それぞれ増加しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成27年1月1日                  (自 平成28年1月1日
                             至 平成27年6月30日)                    至 平成28年6月30日)
     給料手当                               378,756    千円              400,378    千円
                                     54,653                  49,577
     賞与引当金繰入額
                                    206,679                  222,299
     販売手数料
                                     1,295                  1,823
     貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次
           のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 平成27年1月1日                  (自 平成28年1月1日
                             至 平成27年6月30日)                  至 平成28年6月30日)
     現金及び預金勘定                              1,903,498千円                  1,783,465千円
     預入期間が3か月を超える定期預金等                                  -                  -
                                   1,903,498
     現金及び現金同等物                                               1,783,465
                                 21/27











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年6月30日)
          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成27年3月26日
                普通株式         38,549        18.50    平成26年12月31日         平成27年3月27日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成27年8月11日
                普通株式         33,388        16.00    平成27年6月30日         平成27年9月1日         利益剰余金
     取締役会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年6月30日)

          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成28年3月24日
                普通株式         38,414        18.00    平成27年12月31日         平成28年3月25日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
                      配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成28年8月10日
                普通株式         37,621        9.00   平成28年6月30日         平成28年9月1日         利益剰余金
     取締役会
          3.株主資本の著しい変動

            当社は、平成28年2月23日開催の取締役会決議により、自己株式を88,100株取得いたしました。
            この結果、当第2四半期連結累計期間において、自己株式が42,654千円増加し、当第2四半期連結会計期
           間末において、自己株式が42,701千円となっております。
                                 22/27









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年6月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                       損益計算書
                        アスクルエ             その他       合計      調整額
                                                        計上額
                  情報機器販
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   売事業
                         事業
     売上高
                  7,110,100      2,820,694      9,930,795          -  9,930,795          -  9,930,795
     外部顧客への売上高
     セグメント間の内部売上
                      -      -      -      -      -      -      -
     高又は振替高
                  7,110,100      2,820,694      9,930,795          -  9,930,795          -  9,930,795
          計
                   263,934       19,740      283,675         -   283,675         -   283,675
     セグメント利益
      (注)1 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             のれんについては、重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成28年1月1日 至 平成28年6月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                       四半期連結
                                     その他                  損益計算書
                        アスクルエ                    合計      調整額
                                     (注)2                   計上額
                  情報機器販
                        ージェント        計
                                                       (注)1
                   売事業
                         事業
     売上高
                  6,834,828      3,224,821      10,059,650          148   10,059,798           -  10,059,798
     外部顧客への売上高
     セグメント間の内部売上
                      -      -      -      -      -      -      -
     高又は振替高
                  6,834,828      3,224,821      10,059,650          148   10,059,798           -  10,059,798
          計
     セグメント利益又は損失
                    91,878      47,507      139,385      △ 8,188     131,197         -   131,197
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益であります。
         2 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、児童発達支援事業及び放課後等
          デイサービス事業等を含んでおります。
                                 23/27







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                項目               (自 平成27年1月1日               (自 平成28年1月1日
                                至 平成27年6月30日)               至 平成28年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   42円73銭               17円70銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  178,113                74,677

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                         178,113                74,677
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 4,167,960               4,218,617
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   41円13銭               17円03銭

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                  162,480               165,186
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                           -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
     (注)1 平成28年1月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行いましたが、前連結会計年度の期首に当該株式分
         割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整額1株当たり四半期純利益金額を算定し
         ております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 24/27










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        平成28年8月10日開催の取締役会において、平成28年6月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中
       間配当を行うことを決議いたしました。
        ① 配当金の総額………………………………………37,621千円
        ② 1株当たりの金額…………………………………9円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日………平成28年9月1日
                                 25/27



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 26/27




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ハイパー(E05627)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年8月10日

     株式会社ハイパー
      取締役会 御中
                          新日本有限責任監査法人

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            百  井  俊  次  印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            小  野  木  幹  久  印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ハイ

     パーの平成28年1月1日から平成28年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成28年4月1日から平
     成28年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成28年1月1日から平成28年6月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ハイパー及び連結子会社の平成28年6月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 27/27



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。