KDDI株式会社 四半期報告書 第33期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第33期第1四半期(平成28年4月1日-平成28年6月30日)

提出日:

提出者:KDDI株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2016年8月5日
      【四半期会計期間】                    第33期第1四半期(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)
      【会社名】                    KDDI株式会社
      【英訳名】                    KDDI   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  田中 孝司
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目3番2号
                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                           行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
      【電話番号】                    (03)6678-0712
      【事務連絡者氏名】                    コーポレート統括本部 経営管理本部長  本田 弘樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/43












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                           第32期             第33期
            回次             第1四半期             第1四半期              第32期
                         連結累計期間             連結累計期間
                        自2015年4月1日             自2016年4月1日             自2015年4月1日
           会計期間
                        至2015年6月30日             至2016年6月30日             至2016年3月31日
     売上高           (百万円)             1,046,577             1,130,453             4,466,135

     税引前四半期(当期)
                (百万円)              229,898             267,304             818,410
     利益
     親会社の所有者に帰属
                (百万円)              143,949             167,105             494,878
     する四半期(当期)利
     益
     親会社の所有者に帰属
                (百万円)              147,992             150,093             457,988
     する四半期(当期)包
     括利益
     親会社の所有者に帰属
                (百万円)             3,137,156             3,341,641             3,308,642
     する持分
                (百万円)             5,558,485             5,839,250             5,880,623
     総資産額
     基本的1株当たり
                 (円)              57.47             67.25            197.73
     四半期(当期)利益
     希薄化後1株当たり
                 (円)              57.47             67.24            197.71
     四半期(当期)利益
     親会社所有者帰属持分
                 (%)               56.4             57.2             56.3
     比率
     営業活動による
                               80,907            226,892             884,538
                (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                              △ 161,042            △ 99,165           △ 667,917
                (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                1,827           △ 168,530            △ 299,003
                (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                               198,672             146,825             192,087
                (百万円)
     四半期末(期末)残高
      (注)1.上記指標は国際財務報告基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいて
           おります。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         4.当第1四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前連結会計年
           度(第32期)の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分
           額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
      2【事業の内容】

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の
        内容について、重要な変更はありません。
         また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/43




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有
        価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、第1四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社
        及び当社の関係会社)が判断したものであります。
      (1)業績の状況

       ①  業績等の概要

       ■業界動向と当社の状況
        日本の情報通信市場は、携帯電話からスマートフォンやタブレット等の「スマートデバイス」へ
       の移行が進む中、携帯電話事業者が提供するサービス等の同質化やMVNO各社による格安SIMサービス
       等の普及が進んでおります。また、通信事業者は新たな収益の確保に向けて通信以外のサービスへ
       事業領域を拡大しつつあり、各社の事業戦略は大きな転換期を迎えております。さらに、総務省に
       よる「スマートフォンの料金負担の軽減及び端末販売の適正化に関する取組方針」を踏まえた携帯
       電話事業者への要請及びガイドライン(本年4月1日適用開始)に基づく各社の長期利用者向け
       サービスの開始等もあり、情報通信市場全般の事業環境は新たな局面を迎えております。
        このような状況の下、当社は、お客さまに選んでいただける企業となるために、「お客さま視
       点」と「革新」をキーワードに、お客さまの期待を超える「お客さま体験価値」を提供するビジネ
       スへの変革を目指します。
        国内においては、非通信領域において成長軸を確立するために、通信企業からライフデザイン企
       業への変革を目指します。従来の通信サービスに加え、決済・物販・エネルギー・金融サービス等
       を「auライフデザイン」として総合的に提供することで、auのお客さま基盤上に非通信領域での新
       たな経済圏である「au経済圏」を最大化していきます。また、通信領域においては、スマート
       フォン・タブレットの普及やIoTに対する取り組みの強化、さまざまなデバイスの連携による新たな
       体験価値の創造などへの取り組みを本格的に推進することで、お客さま一人当たりのご利用料金で
       ある「ARPA」の拡大を図り、「auのお客さま数×ARPA」の最大化を目指します。
        海外においては、連結子会社のKDDI                    Summit    Global    Myanmar.Co,Ltd.がミャンマー国営郵便・電
       気通信事業体(MPT)と共同で行っているミャンマー通信事業を当社のグローバル事業における柱と
       なるように注力していくとともに、本年3月に連結子会社化したモンゴル国内携帯電話契約者シェ
       アNo.1の総合通信事業者              MobiCom     Corporation       LLCについて、本年5月に導入したLTEを契機に、更
       なる成長を目指します。加えて、データセンターをはじめとした法人向けICTビジネスにおいても、
       継続して基盤強化を行い、グローバル事業の拡大を図ります。
                                  3/43






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ■ 連結業績
                                                   (単位:百万円)

      第1四半期連結累計期間
                             前第1四半期
                                      当第1四半期
                             連結累計期間
                                      連結累計期間
                                                       増減率
                                               比較増減
                             自 2015年4月1日
                                      自 2016年4月1日
                                                       (%)
                             至 2015年6月30日
                                      至 2016年6月30日
                              1,046,577         1,130,453        83,876        8.0
        売         上         高
                                570,531         592,950       22,419        3.9
        売      上      原      価
                                476,046         537,503       61,457        12.9
       売     上     総     利     益
                                247,857         266,215       18,358        7.4
        販  売  費  及  び  一  般  管  理  費
        その他の損益(△損失)                         1,590         3,132       1,541       96.9
        持分法による投資利益(損失)                         1,218          692     △526      △43.2
                                230,998         275,112       44,114        19.1
       営      業      利      益
        金  融  損  益  (△   損  失  )       △1,621         △7,761       △6,141          -
                                  521         △47      △568        -
        そ  の  他  の  営  業  外  損  益
                                229,898         267,304       37,406        16.3
       税   引   前   四   半   期   利   益
                                74,115         66,522      △7,593       △10.2
        法   人   所   得   税   費   用
                                155,784         200,782       44,998        28.9
       四     半     期     利     益
                                143,949         167,105       23,156        16.1
        親   会   社   の   所   有   者
                                          33,677
                                11,835                21,842       184.6
        非    支    配    持    分
        当第1四半期連結累計期間の売上高は、モバイル通信料収入や端末販売収入の増加による国内通

       信事業の順調な進捗に加え、au経済圏の拡大に向けた、ジュピターショップチャンネル株式会社
       (以下、ショップチャンネル)の新規連結化の影響により、1,130,453百万円(前年同期比                                                  8.0%
       増)となりました。
        営業利益は、ショップチャンネルの新規連結化に伴う費用が増加したものの、売上高の増加によ
       り、275,112百万円(同             19.1%増)となりました。
        親会社の所有者に帰属する四半期利益は、為替差損の増加や法人所得税費用の減少により、
       167,105百万円(同           16.1%増)となりました。
                                  4/43










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      <  参考   > 主なサービスの契約数
                                              2017年
                                2016年3月期
                                              3月期
      累計契約数
                       (単位)
                          1Q末     2Q末     3Q末     4Q末
                                              1Q末
                      (千契約)

                          44,074     44,640     45,241     45,910     46,590
      au契約数
                      (千契約)

      (参考)UQ       WiMAX             11,241     13,159     15,689     18,048     19,815
                      (千契約)

                           3,559     3,625     3,695     3,750     3,804
      FTTH契約数
                      (千契約)

                                               5,213
                           4,938     4,979     5,025     5,052
      ケーブルテレビ契約数
       <参考>

        ケーブルテレビ事業を行っている連結子会社のJ:COMグループは、本年6月末時点において、札幌、仙台、関東、
        関西、九州エリアの75局を通じてケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話等のサービスを提供しており
        ます。
                                  5/43














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      ②  セグメント別の状況
       パーソナルセグメント

        パーソナルセグメントでは、国内における個人のお客さまを対象に、モバイル・固定通信サービ

       スを中心に提供しております。主に「au」ブランドによるモバイル通信サービスの提供、様々な種
       類のスマートフォン・タブレット等マルチデバイスの販売に加え、固定通信では、家庭内で
       インターネット、電話、TVサービスが快適にご利用いただける「auひかり」ブランドのFTTHサービ
       スや、CATVサービス等を提供しております。また、当社グループが提供するマルチネットワークに
       Wi-Fiを有機的に組み合わせることで、高品質な社会インフラを効率的に作り上げ、シームレスな通
       信環境を提供しております。
        通信領域においては、当期も引き続きauケータイ・スマートフォン等と対象の固定通信サービス
       をご契約いただくと、毎月のau携帯電話のご利用料金が割引になる「auスマートバリュー」を軸に
       したモバイル・FTTH・CATVサービスの拡販と提携事業者の拡大に努めるとともに、拡大するMVNO市
       場においては、連結子会社のUQコミュニケーションズ株式会社が                                      au 回線を利用したUQ           Mobile
       (MVNO)サービスによりお客さま拡大を目指してまいります。
        通信領域に加え「ライフデザイン企業への変革」を目指し拡充を図る非通信領域においては、お
       客さまとauをつなぐ最大のタッチポイントであるauショップを活用した物販サービス「au                                                  WALLET
       Market」の拡大に加え、「auでんき」の提供開始など「au経済圏」の拡大に取り組んでおります。
        パーソナルセグメントにおける、当第1四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第1四半期連結累計期間
                       前第1四半期
                                 当第1四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2015年4月1日
                                 自 2016年4月1日
                                                     (%)
                       至 2015年6月30日
                                 至 2016年6月30日
                          814,576          868,461         53,884          6.6
        売      上      高
                                    220,534
                          179,213                   41,321          23.1
        営    業    利    益
        当第1四半期連結累計期間の売上高は、モバイル通信料収入、端末販売収入の増加等により、

       868,461百万円(前年同期比                6.6%増)となりました。
        営業利益は、売上高の増加により、220,534百万円(同                              23.1%増)となりました。
       ■ 事業状況

       <主要な業績指標等の進捗>
        [モバイル]

        au純増数

                       ※
         当第1四半期のau純増数              は221千台となりました。
         これは、主に「auスマートバリュー」を契機とするスマートフォンの新規契約増加に加え、マ
         ルチデバイス化の推進に伴うタブレットやルーター等の新規契約増加によるものです。
          ※   新規契約数から解約数を差し引いた契約数。
        auスマートバリュー
         当第1四半期末の累計のau契約数は11,830千契約、世帯数は5,850千世帯となりました。また、
         「auスマートバリュー」の対象となる提携事業者を順次拡大しており、対象事業者は当第1四
         半期末で、FTTHが7社(当社含む)、CATVが143社240局(STNetの提携CATV25社25局を含む)と
         なりました。
                                  6/43



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        au通信ARPA
         当第1四半期のau通信ARPAは、前年同期から210円増加の5,810円となりました。また、マルチ
         デバイス化の推進により一人当たりモバイルデバイス数は0.04台増の1.42台となりました。
        au端末販売台数
         当第1四半期のau端末販売台数は、1,930千台となりました。
        [固定]
        FTTH契約数

         当第1四半期末の累計のFTTH契約数は、前期末から53千契約増加し、累計3,752千契約となりま
         した。
         主な増加要因は「auスマートバリュー」への契約を契機とする新規契約増加と解約抑止効果に
         よるものです。
       <主要な取り組み>

       マルチデバイスの推進
       ・当第1四半期は、スマートフォンで撮った写真をカンタンにタブレットと同期できる「au
        Gallery」を搭載したauオリジナルモデルの「Qua                           Phone    PX/Qua    Tab  PX」や、auにて100台限定で
        発売するバットマンをモチーフとした「Galaxy                           S7  edge   Injustice      Edition」等を発売しまし
        た。
       ・本年5月19日にJ.D.             パワー    2016年日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査において、
        総合満足度第1位を獲得しました。今後も更なるお客さま満足の向上に努めてまいります。
                                             ;
       ・本年5月より4G          LTEとWiMAX       2+によるau史上最速の受信最大370Mbps                      のキャリアアグリゲーショ
        ンを開始しました。これにより更なる高速通信が可能になりました。
        ※   370Mbpsは東京都渋谷駅周辺エリアから開始し、順次、大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅
         周辺など順次拡大予定(送信速度は対象外)です。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示す
         ものではありません。エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況により、ご利用いただけないも
         しくは大幅に低下する場合があります(ベストエフォートサービス)。
       サービスの拡充

       ・au回線を利用したMVNOであるUQ                    Mobileは、通信料金・スマートフォン端末代金を含め、月々
        2,980円(税抜)からの新料金プラン「ぴったりプラン」にご加入のお客さま向けに、本年4月よ
        り基本料金はそのままで最大2倍のデータ容量をご利用頂ける「データ増量キャンペーン」を、
        本年7月より基本料金を1,000円割引(利用開始月から13ヶ月間)する「イチキュッパ割」や無料
        通話時間を最大2倍に増量するキャンペーンを開始しました。さらにiPhone5S等、端末ライン
        アップも拡充し、MVNO市場における獲得強化を進めております。
       ・本年8月よりauをご利用いただいているすべてのお客さまに感謝の気持ちをこめて、auショップ
        での優先予約が可能になる「au                 STARパスポート」、auを長くご利用いただいているお客さまに、
                                                ;
        auのご利用年数とデータ定額料に応じてau                        WALLETポイントをプレゼント                 する「au     STAR   ロイヤ
        ル」、ご登録いただいたお客さま全員がご利用できる「au                                STARギフト」といった、3つの特典を
        用意した新たな無料の会員制プログラム「au                         STAR」を開始します。
         ※ 2016年11月ご利用分からの付与開始となります。
       ・ 本年5月16日より「データチャージカード」を全国のセブンイレブンでご購入いただけるように
        なり、さらに、ファミリーマート、ミニストップ、ローソンでは本年6月14日よりご購入いただ
        くことが可能になりました。
       au経済圏の最大化

       ・本年4月1日より沖縄県と一部地域を除く全国で「auでんき」の提供を開始しました。シンプル
        で分かり易い料金プランや、auケータイ・スマートフォンと合せてご利用いただくことで、毎月
        の「auでんき」ご利用料金に応じて最大5%相当分を「au                                WALLET    プリペイドカード」へご入金
        する「auでんきセット割」等もあわせて開始しております。
                                  7/43


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     <  参考   > 主な事業データ (パーソナル)

     [モバイル]

      累計契約数
                                              2017年
                            2016年3月期
                (単位)
                                              3月期
                    1Q末     2Q末     3Q末     4Q末      通期
                                              1Q末
                (千契約)

                    37,001     37,435     37,844     38,236      -    38,457
     au契約数
     一人当たりモバイ

                 (台)
                                          -
                     1.38     1.39      1.40      1.41          1.42
     ルデバイス数
           au
                (千契約)
                     9,840     10,370     10,920     11,550      -    11,830
           契約数
     auスマート
     バリュー
               ※1 (千世帯)
                                               5,850
           世帯数         4,840     5,140     5,450     5,720     -
                                              2017年

      各種指標
                            2016年3月期
                 (単位)
                                              3月期
                    1Q     2Q     3Q     4Q
                                              1Q
                                         通期
               ※2 (円)

     au通信ARPA
                     5,600     5,700     5,720     5,730      5,690      5,810
                 (%)

                      0.72     0.83      0.91      1.07     0.88     0.77
     au解約率
               ※3 (千台)

                     2,050     2,300     2,600     2,430     9,380     1,930
     au端末販売台数
      うちスマート

                 (千台)
                     1,600     1,810     2,200      2,010      7,620     1,610
      フォン
               ※4 (千台)

                                               1,800
                     1,940     2,250     2,640     2,270     9,100
     au端末出荷台数
     [固定]

                                              2017年
      累計契約数
                            2016年3月期
                 (単位)
                                              3月期
                    1Q末     2Q末     3Q末     4Q末      通期
                                              1Q末
               ※5 (千契約)

                     3,508     3,573     3,643     3,699     -     3,752
     FTTH契約数
     ケーブルテレビ

                (千契約)
                                               5,213
                     4,938     4,979      5,025      5,052     -
     契約数
        ※1  KDDIグループ各社、固定系提携事業者の合計

        ※2  パーソナルセグメントベース。MVNO及びプリペイドを除くモバイル通信料収入÷au契約者数
        ※3  お客さまへの販売台数(新規              + 機種変更)
        ※4  KDDIから販売代理店への出荷(販売)台数
        ※5  auひかり(auひかりビジネス含まず)、コミュファ光、auひかりちゅら、ひかりふるの合計数
                                  8/43




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       バリューセグメント
        バリューセグメントでは、「ライフデザイン企業」への変革を目指し、「au経済圏の最大化」と

       「新規事業領域でのビジネス拡大」の実現に向け、コンテンツ・決済等の付加価値サービスを提供
       するとともに、様々な新たな取り組みを推進しております。
        当期は、コマース事業・金融事業の強化により、流通総額・付加価値ARPAの拡大に努めるととも
       に、これまで構築してきたDMP(データマネジメントプラットフォーム)を活用し、お客さま体験価
       値向上を基軸とした新規事業領域への取り組みを強化してまいりました。
        バリューセグメントにおける、当第1四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第1四半期連結累計期間
                       前第1四半期
                                 当第1四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2015年4月1日
                                 自 2016年4月1日
                                                     (%)
                       至 2015年6月30日
                                 至 2016年6月30日
                           61,795         103,535         41,740          67.5
        売      上      高
                           18,365          25,354         6,988         38.1
        営    業    利    益
        当第1四半期連結累計期間の売上高は、ショップチャンネルの新規連結化の影響や「auスマート

       パス」等の利用の増加により、103,535百万円(前年同期比                                67.5%増)となりました。
        営業利益は、ショップチャンネルの新規連結化に伴う費用が増加したものの、売上高の増加によ
       り、25,354百万円(同             38.1%増)となりました。
       ■ 事業状況

       <主要な事業指標等の進捗>
        付加価値ARPA
        当第1四半期の付加価値ARPAは、前年同期から40円増加の470円となりました。                                            主な増加要因は

        「auスマートパス」の会員が順調に拡大したことに加え、                                 「au   WALLET」の決済手数料収入、
        「au   WALLET    Market」の物販収入が増加したことによるものです。
       <主要な取り組み>

        au経済圏の拡大

        ・金融事業におい          て は、本年4月5日より、ライフネット生命保険株式会社、                                au損害保険株式会
         社、  株式会社じぶん銀行と提携し「auのほけん・ローン」の提供を開始しました。本商品の提
         供にあたり、普段からインターネットをご利用されているお客さまだけでなく、「ネット商
         品」に不安を覚えるお客さまにも安心してご検討いただけるよう、専用のご相談窓口「auフィ
         ナンシャルサポートセンター」を開設しました。本センターでは、当社の有資格者が電話で商
         品の説明や提案を行う他、当社の直営店に出向き、対面でご相談をお受けする等のサポート体
                      ※
         制も構築しております             。
        ・コマース事業においては、「au                   WALLET    Market」の会員数が300万人を突破しました。今後も、
         商品の拡充を進めることで、様々な世代のお客さまが、安心してお楽しみいただけるショッピ
         ングサービスを提供してまいります。
        ・当社とショップチャンネルは、auをご利用のお客さまにお得なキャンペーンを実施し、今回初
         めてショップチャンネルをご利用になった方を含む多数のお客さまからご好評いただく等、順
         調に連携を強化しております。
         ; 当社の有資格者とは、所定の銀行代理業や保険業務等に関わる販売資格を有する当社の社員ですが、当初は
          保険業務に限定した有資格者のみを直営店に派遣しております。
                                  9/43



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        新規事業の開拓
        ・当社と株式会社Gunosyとの協業により、本年6月1日より、無料ニュース配信アプリ「ニュー
         スパス」の提供を開始しました。両社が共同開発した情報解析・配信技術により、お客さま
         は、他のお客さまに読まれている「今、旬なニュースや情報」に加え、自分の興味・関心に
         合った「欲しい情報」を意識せずに読むことが可能になります。また、「特定の有名人」や
         「地域」、「エンターテイメント作品」等のキーワードを登録し、自分の好みに合ったニュー
         スを自動的に一覧化する「フォロー」の機能は、多くのお客さまに、ご好評いただいておりま
         す。
        ・「スマホdeドック」では、昨年度に続き、全国27市区町村・2協会けんぽ・2健康保険組合と
         連携し、市民・社員の方々へセルフ健康チェックサービスを提供することとなりました。ま
         た、本年6月17日より、自治体から利用者への健康情報配信機能「あなたの街の健康ニュー
         ス」の提供を開始しています。定期的な健康チェックの習慣化を図ることで、重症化予防に向
         け、お客さまの健康管理をサポートするとともに、ヘルスケア分野における様々な課題解決に
         努めてまいります。
           㬀
        ・VR    サービスへの注目が高まる中、コーポレート・ベンチャー・ファンド「KDDI                                              Open
         Innovation       Fund」を通じて、VRサービスを提供する株式会社ハコスコへ出資しました。お客さ
         まは、ハコスコが提供するVR再生アプリをダウンロードしたスマートフォンと、ダンボール製
         のビューワーを一緒に使うことで、手軽にVR体験をすることが可能となります。今後も有望な
         スタートアップ企業への出資・協業を通じて、お客さまに新たな価値を提案してまいります。
        ・当社の連結子会社であるSyn.ホールディングス株式会社は、本年6月7日にConnehito株式会社
         の株式を取得し、同社を連結子会社としました。Connehito社は、妊娠・出産・子育ての疑問を
         解決する女性のための生活応援サイト「ママリ」と、Q&Aアプリ「ママリQ」を運営しておりま
                                                      㬀
         す。両サービスは提供開始からわずか2年あまりで利用者数が500万人を突破する                                             、国内最大
         級の家族向けサービスに成長しておりますが、今後はグループ会社間の連携を強化し、「ライ
         フデザイン企業」としてお客さまのライフイベントに寄り添ったサービスを提供してまいりま
         す。
          㬀  VR:  Virtual    Realityの略。人工的に作成された仮想的な環境を、VRビューワー等を使いあたかも現実のよ
             うに感じさせることが出来る技術。現実を拡張する新しい作業空間や現実ではあり得ない体験を提供す
             るエンターテインメントに利用が進んでいる。
          ※2  「ママリ」および「ママリQ」の延べ利用者数(本年5月月間、重複を除外。Google                                       Analytics調べ)
       <  参考   > 主な事業データ (バリュー)

      累計契約数

                                              2017年
                            2016年3月期
                                              3月期
                (単位)
                    1Q末     2Q末     3Q末     4Q末      通期
                                              1Q末
      auスマートパス
                                              14,640
                    13,190     13,610     14,020     14,  470    -
               (千会員)
      会員数
      各種指標

                                              2017年
                            2016年3月期
                                              3月期
                (単位)
                    1Q     2Q     3Q     4Q
                                              1Q
                                         通期
      付加価値
                (円)
                                               470
                      430     430     440     480     440
      ARPA   ※
       ※ バリューセグメントの付加価値ARPA収入(「auかんたん決済・au                              WALLET決済手数料収入           + auスマートパス・物
        販をはじめとする自社サービス及び広告収入等」を対象とした売上)                                ÷  au契約者数
                                 10/43



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ビジネスセグメント
        ビジネスセグメントでは、大企業から中小企業まで幅広い法人のお客さまを対象に、スマート 

       フォン・タブレット等のモバイル端末から、ネットワーク・アプリケーションまでをシームレスに
       ご利用いただけるクラウド型サービスを含む多様なソリューションを提供しております。また、中
       小企業のお客さまについては、連結子会社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域に密着した
       サポート体制を全国規模で構築しております。
        当期は、法人のお客さまのビジネスの発展・拡大に一層貢献し、お客さまから真の事業パート
       ナーとしてお選びいただけることを目指して、事業の変革に取り組んでおります。
        ビジネスセグメントにおける、当第1四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  ( 単位:百万円)
       第1四半期連結累計期間
                       前第1四半期
                                 当第1四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間
                                           比較増減
                       自 2015年4月1日
                                 自 2016年4月1日
                                                     (%)
                       至 2015年6月30日
                                 至 2016年6月30日
                          151,184          151,396           213         0.1
        売      上      高
                                     20,279
                           20,081                    198         1.0
        営    業    利    益
        当第1四半期連結累計期間の売上高は、モバイル及び固定通信料収入が減少しているものの、端

       末販売収入やITアウトソース等のソリューション売上の増加により、151,396百万円(前年同期
       比  0.1%増)となりました。
        営業利益は、販売手数料等が増加したものの、通信設備使用料の減少や売上高の増加により、
       20,279百万円(同          1.0%増)となりました。
       ■ 事業状況

       IoTへの取組み
       ・当社は、トヨタ自動車株式会社と共同で、「つながるクルマ」に必要な車載通信機とクラウド間
        の通信において、高品質で安定した通信をグローバルで展開するために、グローバル通信プラッ
        トフォームの構築を推進してまいります。モノとインターネットがつながる、IoT(Internet                                                   of
        Things)時代の到来を踏まえ、KDDIグループの総力をあげ、これまでに培ったノウハウを結集
        し、法人のお客さまの事業成長をグローバル規模でサポートしてまいります。
       訪日外国人へのソリューション提供

       ・当社は、株式会社Liquidと、本年6月より、訪日外国人を対象とした実証実験「プロジェクト池
                                   㬀
        袋」を開始しました。本プロジェクトの期間中                            、株式会社プリンスホテルが運営する「サン
        シャインシティプリンスホテル」に宿泊する訪日外国人は、パスポートを提示するかわりに、指
        紋認証によりホテルのチェックイン時の本人確認を行うことができ、利便性が向上します。な
        お、本プロジェクトは、経済産業省・総務省によるIoT推進コンソーシアムにおけるIoT推進ラボ
                                           㬀
        第1回    先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT                     Lab  Selection」         のグランプリに選定されまし
        た。当社は、急増する訪日外国人のお客さまに対するソリューションの更なる強化を図り、日本
        国内の滞在時における快適性向上を目指してまいります。
        ※1  本年6月~11月30日          (予定)
        㬀  IoTを活用した先進的で優れたプロジェクトを選定し、官民合同による資金支援や規制等に関する支援を行う
          会議
                                 11/43




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       グローバルセグメント
        グローバルセグメントでは、ミャンマーをはじめとする新興国等におけるコンシューマビジネス

       に積極的に取り組むとともに、法人のお客さまに対しては接続性の高いデータセンター
       「TELEHOUSE」を核としたICTソリューションをワンストップで提供しております。さらに、世界600
       以上の通信事業者との間で音声及びデータビジネスを展開しております。
        当期は、セグメントにおける成長の柱として、コンシューマビジネスを中心に規模拡大を追求す
       るとともに、グローバルICT事業や通信事業者との音声及びデータビジネスで堅実かつ安定的な成長
       を実現してまいります。昨今の急激な円高影響はあるものの、現地通貨ベースでの着実な事業成長
       を目指してまいります。
        グローバルセグメントにおける、当第1四半期の業績概要等は以下のとおりです。
       ■ 業 績

                                                  (単位:百万円)
       第1四半期連結累計期間
                       前第1四半期
                                 当第1四半期
                                                     増減率
                       連結累計期間
                                 連結累計期間          比較増減
                       自 2015年4月1日
                                 自 2016年4月1日
                                                     (%)
                       至 2015年6月30日
                                 至 2016年6月30日
                           76,765          65,780       △10,985          △14.3
        売      上      高
                                     7,160
                           11,302                  △4,142         △36.6
        営    業    利    益
        当第1四半期連結累計期間の売上高は、昨今の急激な円高の影響に加え、昨年実施した米国 

       コンシューマ事業での不採算事業の整理による収入減少等により、65,780百万円(前年同期比
       14.3%減)となりました。
        営業利益は、売上高の減少により、7,160百万円(同                              36.6%減)      となりましたが、前期第3四
       半期を底に着実な増益傾向を継続しております。
       ■ 事業状況

       ミャンマー通信事業の推進
       ・当第1四半期は、携帯電話基地局の大都市郊外や地方都市での増設、高速データ通信ネットワー
        クのエリア拡大に加え、エリア最適化による通信品質の向上に取り組んでまいりました。また、
        お客さまのニーズを捉えた各種キャンペーンの実施や、より幅広いお客さまにデータ通信をご利
        用頂くために、本年6月6日よりFacebookとの提携サービスを開始する等、競争力のあるサービ
        スの提供に努めてまいりました。
        この結果、携帯電話契約者数は、一昨年7月の共同事業契約締結時の約600万の3倍超となる約
        2,000万加入となり、順調に推移しております。
        今後も、モバイル・固定通信のサービス拡充に加え、新たなサービス領域の拡大と、きめ細かな
        お客さまサポートに取り組み、ミャンマーのお客さまにお喜びいただけるNo.1総合通信事業者と
        して事業を推進してまいります。
       モンゴル通信事業の強化

       ・モンゴル国内で携帯電話契約者シェアNo.1の総合通信事業者であるMobiCom                                           Corporation       LLCで
        は、本年5月に、首都ウランバートル市内で高速通信規格「4G                                    LTE」のサービスを開始しまし
        た。
        また同時に、高速インターネット環境を利用した映像サービス「MobiPlay」も開始しました。オ
        ンデマンドの映画やテレビ放送を、スマートフォンやタブレット等を通していつでもどこでも快
        適にご覧いただけるサービスです。
        「4G     LTE」の対象エリアは順次拡大していく予定であり、今後も同国における通信の発展に貢献
        してまいります。
                                 12/43



                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ③  主な関連会社等の状況
       <株式会社じぶん銀行>
        当社の持分法適用会社である株式会社じぶん銀行は、株式会社セブン銀行と連携し、来年春よ

       り、口座をお持ちのお客さま向けに、キャッシュカードを使わずにスマートフォンを使って、セブ
       ン銀行ATMで入出金取引ができるサービスの導入を決定しました。
        また  、 スマホバンキングの抜本的レベルアップ第1弾として、本年6月20日に「じぶん銀行ス
       マートフォンアプリ」を全面リニューアルしました。より簡単に、より直感的に操作でき、お客さ
                                                 㬀
       まの経験価値が向上するよう、デザインを全面的に刷新するともに、邦銀初                                           となる「タイムライ
       ン」や資産状況をリアルタイムにグラフ表示する「サマリー」、お客さまが取引メニューをじぶん
       好みに並べ替えられる「マイメニュー」を新たに追加しました。さらに、安全性と利便性向上のた
                                            㬀
       め、特定の取引を素早く行うために便利な機能である「3D                                Touch」      、アプリ起動時のパスワード
                                 ※3
       入力の代わりに指紋で認証できる「Touch                       ID」    の機能も追加しました。
       ※1  本年  6月20日現在。じぶん銀行調べ。

       ※2  iPhone    5s  以降の機種でご利用いただけます。
       ※3  iPhone    6s  / iPhone    6s  Plus   以降の機種でご利用いただけます。
       *「Android」は、Google            Inc.の商標または登録商標です。


       *「Galaxy」はSamsung           Electronics      Co.,   Ltdの商標または登録商標です。
       *「4G    LTE」のサービス名称は、国際電気通信連合                     (ITU)   がLTEを「4G」と呼称することを認めた声明に準じており
         ます。
       *「iPhone」は、米国及び他の国々で登録されたApple                          Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライ
         センスに基づき使用されています。
       *「Facebook」は、Facebook,inc.の登録商標です。
       * その他の社名及び商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
                                 13/43










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      (2)財政状態及びキャッシュ・フローの状況
       ①  財政状態
                                                   (単位:百万円)
                                      当第1四半期
                                                       増減率
                           前連結会計年度                    比較増減
                                      連結会計期間
                                                       (%)
                            2016年3月31日          2016年6月30日
                              4,141,220         4,092,623        △48,597         △1.2
          非   流   動   資   産
                              1,739,403         1,746,627          7,224        0.4
          流     動     資     産
                              5,880,623         5,839,250        △41,373         △0.7
        資     産     合     計
                              1,375,219         1,329,089        △46,130         △3.4
          非   流   動   負   債
                               958,548         936,805       △21,743         △2.3
          流     動     負     債
                              2,333,767         2,265,894        △67,873         △2.9
        負     債     合     計
                                       3,573,356
                              3,546,856                   26,500         0.7
        資     本     合     計
     (注)    当第1四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前連結会計年度
         については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額に 
         よっております。
      (資産)

        総資産は、その他の流動資産が増加したものの、現金及び現金同等物、有形固定資産が減少し
       たことにより、前連結会計年度末と比較し、41,373百万円減少し、5,839,250百万円となりまし
       た。
       (負債)

        負債は、その他の流動負債が増加したものの、未払法人所得税、営業債務及びその他の債務が
       減少したことにより、前連結会計年度末と比較し、67,873百万円減少し、2,265,894百万円とな
       りました。
      (資本)
        資本は、利益剰余金の増加等により、3,573,356百万円となりました。
        以上の結果、親会社所有者帰属持分比率は、前連結会計年度末の56.3%から57.2%に上昇しまし
        た。
                                 14/43









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       ②  キャッシュ・フローの状況
                                                  (単位:百万円)
                                前第1四半期
                                         当第1四半期
                                連結累計期間
                                         連結累計期間
                                                    比較増減
                                自 2015年4月1日
                                         自 2016年4月1日
                                至 2015年6月30日
                                         至 2016年6月30日
                                    80,907         226,892          145,986
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  △161,042          △99,165           61,877
       投資活動によるキャッシュ・フロー
       フリー・キャッシュ・フロー                  ※          △80,136          127,728          207,863
                                    1,827       △168,530          △170,357
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                      664       △4,460          △5,124
       現金及び現金同等物に係る換算差額
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                           △77,645         △45,262           32,383
                                   276,317         192,087         △84,230
       現金及び現金同等物の期首残高
                                            146,825
                                   198,672                   △51,847
       現金及び現金同等物の期末残高
        ※ フリー・キャッシュ・フローは「営業活動によるキャッシュ・フロー」と「投資活動によるキャッシュ・
         フロー」の合計であります。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期利益267,304百万円、減価償却費及び償

       却費137,413百万円、法人所得税の支払121,845百万円、営業債務及びその他の債務の減少23,036
       百万円等により226,892百万円の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出53,490百万円、無形資
       産の取得による支出34,243百万円、子会社の支配獲得による支出7,581百万円等により99,165百
       万円の支出となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払86,509百万円、非支配持分への配当金の
       支払36,610百万円、社債償還及び長期借入返済による支出34,762百万円、自己株式の取得による
       支出29,900百万円          等により、      168,530    百万円の支出となりました。
        以上の結果、当第1四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計
       年度末と比較し、45,262百万円減少し、146,825百万円となりました。
      (3)対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はあ
        りません。
      (4)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における研究開発費の総額は、3,416百万円であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動に重要な変更はありま
        せん。
                                 15/43







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第2 事業の状況 用語解説
              ARPAとは、Average           Revenue     Per  Accountの略。

      ARPA
              モバイル契約者(プリペイド/MVNO除く)                      1 人当たりの月間売上高。
              au通信ARPAは1人当たりの通信料収入、付加価値ARPAは1人当たりの付加価値収入
              を示す。
              CATV(ケーブルテレビ)とは、ケーブルテレビ会社が敷設するケーブル                                        (同軸、光
      CATV
              ファイバー)       を利用してテレビ番組を放送するサービス。地上波テレビ局のチャン
              ネル以外にも、数多くの有料チャンネルが放送されている。また、共同住宅や難視
              聴対策としても利用される。さらに、CATV用のケーブルを使って、テレビ放送ばか
              りでなく、インターネットや電話の利用も可能となっている。
      FTTH
              FTTHとは、Fiber          To  The  Homeの略。通信事業者の設備からお客さま宅までを光ファ
              イバーケーブルでつなぐアクセス方式。本来は「Home」のとおり個人のお客さまを
              対象としたものであるが、光ファイバーによるアクセス全般を指すこともある。
      ICT
              ICTとは、Information             and   Communication         Technologies:ICTs           (情報通信技術)の
              略。以前は、ITという言葉が主に使われたが、インターネット時代の昨今では、コ
              ンピュータシステムのみならず、さまざまなシステムが通信ネットワークで接続さ
              れることによって、多くの付加価値を産み出すことから、「ICT」の語が用いられる
              ことが多くなった。
      IoT
              IoTとは、Internet           of  Thingsの略称。日本語では「モノのインターネット」と訳さ
              れる。あらゆるモノが通信機能を持ってネットワークにつながり、センサーが収集
              したデータを送信したり、クラウド上のデータを活用したり、またはそれらのデー
              タをもとに自動制御を行ったりすることを指す。
              LTEとは、Long         Term   Evolutionの略称で、無線通信技術の一つ。LTEは第3世代携帯
      LTE
              電話のデータ通信を高度に発展させた技術で、次世代の通信規格であるIMT-
              Advancedに至る手前の無線通信技術であることから3.9Gとも位置付けられていた
              が、ITU     (国際電気通信連合)が2010年12月にLTE                     等 を一般的に4Gと呼称することにつ
              いて認めたため、欧米をはじめとした各国の通信事業者はLTEのサービス名称として
              4Gの用語を用いている。
              MVNOとは、Mobile          Virtual     Network     Operator     (仮想移動体サービス事業者)                 の略。
      MVNO
              無線通信インフラを他携帯電話事業者等から借り受けてサービスを提供している事
              業者のこと。
                                 16/43









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                4,200,000,000

                  計                              4,200,000,000

        ②【発行済株式】

               第1四半期会計期間末                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2016年8月5日)
               (2016年6月30日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所           単元株式数

       普通株式           2,620,494,257             2,620,494,257
                                          (市場第一部)           100株
         計         2,620,494,257             2,620,494,257               -           -

       (2)【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式
                        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                総数残高                       増減額        残高
                総数増減数
                               (百万円)        (百万円)
                         (株)                      (百万円)        (百万円)
                 (株)
     2016年5月18日
               △70,396,543
                       2,620,494,257          -        141,852       -        305,676
     (注)
     (注)自己株式の消却による減少であります。
       (6)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 17/43







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2016年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                   2016年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

                         (自己保有株)
      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式                 -            -
                             201,421,200
                          普通株式
                                         24,894,378
      完全議決権株式(その他)                                                -
                            2,489,437,800
                          普通株式
      単元未満株式                                    -            -
                                31,800
                            2,690,890,800
      発行済株式総数                                    -            -
                                         24,894,378

      総株主の議決権                         -                        -
     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が118,200株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1,182個が含まれております。
        2.完全議決権株式(自己株式等)には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式
          を含めて表示しております。
        ②【自己株式等】

                                                   2016年3月31日現在
                                                     発行済株式総数

                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                に対する所有株
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                     式数の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都新宿区西新宿
                               199,683,200         1,738,000       201,421,200         7.49
     KDDI株式会社(注)             二丁目3番2号
           計            -        199,683,200         1,738,000       201,421,200         7.49
     (注)1.株主名簿上は当社名義となっているものの、実質的に所有していない株式が1,200株(議決権12個)ありま
          す。なお、当該株式数は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含めておりま
          す。
        2.他人名義で保有している理由等
         ・役員に対する株式報酬制度「役員報酬BIP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式会
          社(役員報酬BIP信託口・75842口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
         ・管理職に対するインセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト
          信託銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・75841口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しておりま
          す。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 18/43




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

       (1)当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
        内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
       (2)本報告書の要約四半期連結財務諸表の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。

      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2016年4月1日から
        2016年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年6月30日まで)に係る要約四半期
        連結財務諸表について、京都監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 19/43
















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間

                                   (2016年3月31日)              (2016年6月30日)
                              注記
     資産
      非流動資産:
                               4                         2,441,214
       有形固定資産                                  2,485,728
                               4                          451,280
       のれん                                   449,707
                               4                          839,222
       無形資産                                   845,640
                                                         71,040
       持分法で会計処理されている投資                                   71,011
                               6                          115,987
       その他の長期金融資産                                   112,809
                                                        105,086
       繰延税金資産                                   103,388
                                                         68,794
                                           72,938
       その他の非流動資産
                                                       4,092,623
       非流動資産合計                                  4,141,220
      流動資産:

                                                         97,718
       棚卸資産                                   79,626
                               6                         1,344,335
       営業債権及びその他の債権                                  1,357,820
                               6                          17,412
       その他の短期金融資産                                   14,966
                                                         17,167
       未収法人所得税                                    8,142
       その他の流動資産                                   86,648              123,063
                                                        146,931
                                          192,200
       現金及び現金同等物                       6
       流動資産合計                                  1,739,403              1,746,627
                                         5,880,623              5,839,250
      資産合計
                                 20/43












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間

                                   (2016年3月31日)              (2016年6月30日)
                              注記
     負債及び資本
     負債
      非流動負債:
                               6                          911,120
       借入金及び社債                                   956,800
                               6                          178,424
       その他の長期金融負債                                   174,791
                                                         19,956
       退職給付に係る負債                                   20,255
                                                         62,599
       繰延税金負債                       4            62,440
                                                         7,466
       引当金                                    7,635
                                                        149,524
                                          153,299
       その他の非流動負債
                                                       1,329,089
       非流動負債合計                                  1,375,219
      流動負債:

                               6                          136,501
       借入金及び社債                                   96,836
                               6
       営業債務及びその他の債務                                   426,172              403,247
                               6                          25,311
       その他の短期金融負債                                   25,037
                                                         64,339
       未払法人所得税                                   120,818
                                                         19,917
       引当金                                   20,390
                                                        287,489
                                          269,294
       その他の流動負債
       流動負債合計                                   958,548              936,805
      負債合計                                   2,333,767              2,265,894
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
                                                        141,852
       資本金                                   141,852
                                                        294,346
       資本剰余金                                   368,245
       自己株式                                  △210,861              △166,924
                                                       3,075,920
       利益剰余金                       4          2,995,836
                                           13,570              △3,553
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する持分合計                                                 3,341,641
                                         3,308,642
                                                        231,715
                                          238,214
      非支配持分                         4
                                                       3,573,356
      資本合計                                   3,546,856
                                         5,880,623              5,839,250
      負債及び資本合計
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 21/43







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                                  (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                              注記
                                   至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     売上高
                                         1,046,577              1,130,453
                                          570,531              592,950
     売上原価
     売上総利益                                     476,046              537,503
     販売費及び一般管理費
                                          247,857              266,215
     その他の収益                                      2,268              3,488
     その他の費用                                       678              356
                                           1,218               692
     持分法による投資利益
     営業利益                                     230,998              275,112
     金融収益
                                           1,635               450
     金融費用                                      3,256              8,211
     その他の営業外損益                                       521              △47
     税引前四半期利益                                     229,898              267,304
     法人所得税費用                                     74,115              66,522
                                          155,784              200,782
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                    143,949              167,105
                                           11,835              33,677
      非支配持分
                                          155,784              200,782
     四半期利益
                               8

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)
                                           57.47              67.25
      希薄化後1株当たり         四半期   利益  (円)                      57.47              67.24
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 22/43










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                              注記
                                   至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     四半期利益
                                          155,784              200,782
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                           △141             △1,519
       金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           △858              1,926
       対する持分相当額
        合計                                   △998               407
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジ                                     117            △1,767
       在外営業活動体の換算差額                                    4,510             △18,956
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                            672             △793
       対する持分相当額
        合計                                   5,299             △21,517
     その他の包括利益合計                                      4,301             △21,110
                                          160,084              179,672
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

      親会社の所有者                                    147,992              150,093
                                           12,092              29,579
      非支配持分
                                          160,084              179,672
       合計
      (注)上記の計算書の項目は税引後で開示しております。
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 23/43










                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
        前第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)
                                                      (単位:百万円)

                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                    非支配      資本
                                         その他の
                                                    持分     合計
                          資本     自己     利益
                    資本金                     包括利益      合計
                 注記
                         剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2015年4月1日
                    141,852     369,722    △161,822     2,686,824       27,462    3,064,038      158,974    3,223,012
     四半期包括利益
      四半期利益
                      -     -     -   143,949       -   143,949      11,835     155,784
                      -     -     -     -    4,043     4,043      257    4,301
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計               -     -     -   143,949      4,043    147,992      12,092     160,084
     所有者との取引額等
      剰余金の配当
                 7     -     -     -   △75,148        -   △75,148     △29,426     △104,575
      その他の包括利益累計額
                      -     -     -     30    △30      -     -     -
      から利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分                -     -    △19      -     -    △19      -    △19
      支配継続子会社に対する
                      -     293      -     -     -     293    △565     △271
      持分変動
                      -      8     -     △8      -     -     -     -
      その他
       所有者との取引額等合計               -     302     △19    △75,126       △30    △74,873     △29,991     △104,865
                    141,852     370,024    △161,841     2,755,647       31,475    3,137,156      141,075    3,278,232
     2015年6月30日
        当第1四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)

                                                      (単位:百万円)

                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                    非支配      資本
                                         その他の
                                                    持分     合計
                          資本     自己     利益
                    資本金                     包括利益      合計
                 注記
                         剰余金      株式     剰余金
                                         累計額
     2016年4月1日
                 4        368,245
                    141,852          △210,861     2,995,836       13,570    3,308,642      238,214    3,546,856
     四半期包括利益
      四半期利益                -     -     -   167,105       -    167,105      33,677     200,782
                      -     -     -     -   △17,012     △17,012      △4,098     △21,110
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計               -     -     -   167,105     △17,012      150,093      29,579     179,672
     所有者との取引額等
      剰余金の配当
                 7     -     -     -   △87,132        -   △87,132     △36,576     △123,708
      その他の包括利益累計額
                      -     -     -     111     △111       -     -     -
      から利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分                -      29   △29,819        -     -   △29,791        -   △29,791
      自己株式の消却                -   △73,804      73,804       -     -     -     -     -
      支配継続子会社に対する
                                                      498
                      -    △211       -     -     -    △211            287
      持分変動
                      -      88     △48      -     -      40      -      40
      その他
       所有者との取引額等合計               -   △73,899       43,937     △87,021       △111    △117,094      △36,078     △153,172
                         294,346
                    141,852          △166,924     3,075,920      △3,553    3,341,641       231,715     3,573,356
     2016年6月30日
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 24/43





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               注記
                                   至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                    229,898              267,304
      減価償却費及び償却費                                    131,307              137,413
      持分法による投資損益(△は益)
                                          △1,218               △692
      固定資産売却損益(△は益)
                                            △21               39
      受取利息及び受取配当金                                     △365              △450
      支払利息                                     3,129              2,875
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)
                                           8,663              △151
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)
                                         △86,403              △23,036
      棚卸資産の増減額(△は増加)
                                          △8,362             △18,590
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)
                                          △1,056                -
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                      56            △299
                                         △24,791              △14,996
      その他
       小計                                   250,837              349,418
      利息及び配当金の受取額
                                           1,009              2,616
      利息の支払額                                    △3,505              △3,297
                                         △167,434              △121,845
      法人所得税の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                   80,907             226,892
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                                       △53,490
      有形固定資産の取得による支出                                   △87,816
                                                          52
      有形固定資産の売却による収入                                      585
                                                       △34,243
      無形資産の取得による支出                                   △64,839
                                                        △3,056
      その他の金融資産の取得による支出                                     △584
                                                          42
      その他の金融資産の売却または償還による収入                                      77
                                                        △7,581
      子会社の支配獲得による支出                                    △4,959
                                                         △392
      関連会社株式の取得による支出                                    △3,040
                                                         △497
                                           △466
      その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △161,042              △99,165
                                 25/43








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                               注記
                                   至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入の純増減額(△は減少)
                                          166,210              20,053
      社債発行及び長期借入による収入                                      -            7,000
      社債償還及び長期借入返済による支出                                   △53,740              △34,762
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                    △6,409              △7,403
      非支配持分からの子会社持分取得による支出                                     △309              △429
      自己株式の取得による支出                                     △19            △29,900
      配当金の支払額                                   △74,518              △86,509
      非支配持分への配当金の支払額                                   △29,388              △36,610
                                            △1              29
      その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                    1,827            △168,530
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                      664            △4,460
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         △77,645              △45,262
      現金及び現金同等物の期首残高                                    276,317              192,087
                                          198,672              146,825
      現金及び現金同等物の四半期末残高 (注)
      (注)要約四半期連結財政状態計算書上の現金及び現金同等物と要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書上の現金及

         び現金同等物の差異は、当座借越であります。
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                 26/43












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          KDDI株式会社(以下「当社」という。)は日本の会社法に従い設立された株式会社であります。当社の所在地

         は日本であり、登記している本社の住所は東京都新宿区西新宿二丁目3番2号であります。当社の要約四半期連
         結財務諸表は2016年6月30日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)、並びに当社グ
         ループの関連会社及び共同支配企業に対する持分により構成されております。なお、当社は、当社グループの最
         終的な親会社であります。
          当社グループの主な事業内容及び主要な活動は、「パーソナル事業」、「バリュー事業」、「ビジネス事
         業」、「グローバル事業」であります。詳細については、「注記5.セグメント情報(1)報告セグメントの概
         要」に記載しております。
        2.作成の基礎

         (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨に関する事項

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。なお、要約
          四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、2016年3月31
          日に終了した1年間の連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、要約四半期連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除
          き、取得原価を基礎として作成しております。
          ・デリバティブ資産及びデリバティブ負債(公正価値で測定)
          ・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産又は金融負債
          ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
          ・確定給付制度に係る資産又は負債(確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除して測定)
         (3)表示通貨及び単位

           当社グループの要約四半期連結財務諸表の表示通貨は、当社が営業活動を行う主要な経済環境における通貨
          である日本円であり、百万円未満を四捨五入して表示しております。
                                 27/43









                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (4)見積り及び判断の利用
           IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、会計方針の適用、資産・負債・収益及び費用の報
          告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。これらの見積り及び仮定は、過去の経験
          及び利用可能な情報を収集し、決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最
          善の判断に基づいております。しかし、その性質上、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異
          なる可能性があります。
           見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見直した連
          結会計期間と将来の連結会計期間において認識されます。
           本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断、見積り及び仮定は、原則として前連結会計年
          度に係る連結財務諸表と同様であります。
         (5)新たな基準書及び解釈指針の適用

           当社グループが当第1四半期連結会計期間(2016年4月1日から2016年6月30日まで)より適用した新たな
          基準書及び解釈指針は以下のとおりです。
           ・IAS第1号(改訂)「財務諸表の表示」
           ・IAS第16号(改訂)「有形固定資産」及びIAS第38号(改訂)「無形資産」
           ・IFRS第11号(改訂)「共同支配の取り決め」
           ・ IAS第19号(改訂)「従業員給付」
           なお、当社グループは、IFRS第9号「金融商品」(2009年11月公表、2014年7月改訂)を早期適用しており

          ます。
         (6)未適用の公表済み基準書

           本要約四半期連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書の新設または改訂が公表されておりますが、
          2016年6月30日現在において強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。
                      強制適用時期         当社グループ

      基準書               (以降開始年度)          適用予定時期               新設・改訂の概要
              基準名
     IFRS第15号       顧客との契約から          2018年1月1日         2019年3月期        IFRS第15号は、収益の認識に関する現行の会
            生じる収益                           計処理及び開示方法についての改訂を定めた
                                       ものであります。
                                       具体的には、IFRS第15号は、財又はサービス
                                       が顧客に移転するにあたって、企業が当該財
                                       又はサービスとの交換で権利を得ると見込ん
                                       でいる対価を反映する金額で収益認識するこ
                                       とを求めております。
     IFRS第16号       リース          2019年1月1日         2020年3月期        IFRS第16号は、リースの取扱いに関する現行

                                       の会計基準及び開示方法についての改訂を定
                                       めたものであります。
                                       具体的には、IFRS第16号は、単一モデルとし
                                       て、リース期間が12ヶ月を超える全ての借手
                                       のリースについて、原則としてその資産の使
                                       用権と支払いに伴う債務を財務諸表に反映す
                                       ることを求めております。
           この基準書を上記に示した適用時期の要約四半期連結財務諸表に反映いたします。当該適用による当社グ

          ループの要約四半期連結財務諸表への影響については、検討中であり、現時点では見積ることはできませ
          ん。
                                 28/43




                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          当社グループが本要約四半期連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針は、前連結会計年度に係

         る連結財務諸表において採用した会計方針と同一であります。なお、要約四半期連結財務諸表における法人所得
         税費用は、見積平均年次実効税率を基に算定しております。
        4.企業結合

          当第1四半期連結累計期間に生じた重要な企業結合はありません。
          当社グループは、2016年3月14日付で、株式の取得を通じてジュピターショップチャンネル株式会社を連結子

         会社としました。当該企業結合に関し、前連結会計年度において取得対価の配分が完了しなかったため暫定的な
         処理を行っておりましたが、当第1四半期連結会計期間に配分が完了しております。取得対価、及び確定後の支
         配獲得日における取得した資産・引受けた負債の公正価値、非支配持分及びのれんは以下のとおりであります。
          取得対価

                                       (単位:百万円)
                                       支配獲得日
                                     (2016年3月14日)
                                            85,488
          支払現金
                                            85,488
          取得対価の合計
                              A
          支配獲得日における取得した資産・引受けた負債の公正価値、非支配持分及びのれん

                                       (単位:百万円)

                                       支配獲得日
                                     (2016年3月14日)
          非流動資産
                                            4,080
           有形固定資産
                                           128,977
           無形資産
                                            3,456
           その他
                                           136,513
          非流動資産合計
          流動資産

                                            5,345
           営業債権及びその他の債権
                                            16,199
           現金及び現金同等物
                                            6,437
           その他
                                            27,981
          流動資産合計
                                           164,494
          資産合計
          非流動負債

                                            66,363
           借入金及び社債
                                            38,129
           繰延税金負債
                                            2,154
           その他
                                           106,646
          非流動負債合計
          流動負債

                                            1,148
           借入金及び社債
                                            9,918
           営業債務及びその他の債務
                                            6,729
           その他
                                            17,795
          流動負債合計
                                           124,441
          負債合計
                                            40,052

                             B
          純資産
                                 29/43

                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                             C               47,141

          非支配持分
                                            92,576
                             A-(B-C)
          のれん
           当第1四半期連結会計期間において、取得対価の配分が確定したことに伴い、支配獲得日におけるのれんの

          金額は44,027百万円減少しております。これは主に、無形資産、繰延税金負債および非支配持分が、それぞれ
          118,395百万円、38,129百万円および36,020百万円増加したことによるものです。
           なお、要約四半期連結財政状態計算書(前連結会計年度末数値)及び要約四半期連結持分変動計算書(当連

          結会計年度の期首利益剰余金及び非支配持分)は、上記配分額の見直しを反映した後の金額としております。
                                 30/43

















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        5.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要

           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会等が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもの
          であります。
           当社グループは「お客さま視点」と「革新」をキーワードに、お客さまの期待を超える「お客さま体験価
          値」を提供するビジネスへの変革を目指しており、「国内通信事業の持続的成長」「au経済圏の最大化」「グ
          ローバル事業の積極展開」を推進しております。
          当社グループは、上記戦略のもと、「パーソナル」、「バリュー」、「ビジネス」、「グローバル」の4つを
          報告セグメントとしております。なお、当社グループの報告セグメントは、事業セグメントの区分と同じとし
          ております。
           「パーソナル」では、国内における個人のお客さまを対象に、モバイル・固定通信サービスを中心に提供し

          ております。主に「au」ブランドによるモバイル通信サービスの提供・様々な種類のスマートフォン・タブ
          レット等マルチデバイスの販売に加え、固定通信では、家庭内でインターネット、電話、TVサービスが快適に
          ご利用いただける「auひかり」ブランドのFTTHサービスや、CATVサービス等を提供しております。また、MVNO
          市場においては、連結子会社のUQコミュニケーションズ株式会社がau回線を利用したUQ                                         Mobileサービスを提
          供しております。さらに、通信領域に加えauショップを活用した物販サービス「au                                       WALLET    Market」の拡大や
          「au   でんき」の提供等により「au経済圏」の拡大に取り組んでおります。
           「バリュー」では、「ライフデザイン企業」への変革を目指し、「au経済圏の最大化」と「新規事業領域で
          のビジネス拡大」の実現に向け、コンテンツ・決済等の付加価値サービスを提供しております。
           「ビジネス」では、大企業から中小企業まで幅広い法人のお客さまを対象に、スマートフォン・タブレット
          等のモバイル端末から、ネットワーク・アプリケーションまでをシームレスにご利用いただけるクラウド型
          サービスを含む多様なソリューションを提供しております。また、中小企業のお客さまについては、連結子会
          社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域に密着したサービスを提供しております。
           「グローバル」では、ミャンマーをはじめとする新興国等におけるコンシューマビジネスに積極的に取り組
          むとともに、法人のお客さまに対しては接続性の高いデータセンター「TELEHOUSE」を核としたICTソリュー
          ションをワンストップで提供しております。さらに、世界600以上の通信事業者との間で音声及びデータビジ
          ネスを展開しております。
         (2)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、前連結会計年度の「重要な会計方針」における記載と
          同一であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益をベースとした数値であります。
           セグメント間の取引価格は、第三者取引価格または総原価を勘案し、価格交渉のうえ決定しております。
           資産及び負債は、報告セグメントに配分しておりません。
                                 31/43








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (3)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失の金額に関する情報
           当社グループのセグメント情報は以下のとおりであります。
           前第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント                               要約四半期
                                         その他          調整額
                                                        連結財務
                                              合計
                                        (注)1          (注)2
                                                         諸表
                 パーソ              グロー
                     バリュー     ビジネス           計
                                                        計上額
                 ナル              バル
     売上高
                 791,226     44,137    129,039     68,712    1,033,114      13,463    1,046,577        -   1,046,577
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                 23,350     17,658     22,145     8,053     71,205     28,305     99,511    △99,511        -
      売上高又は振替高
                 814,576     61,795    151,184     76,765    1,104,319      41,768    1,146,087      △99,511     1,046,577
          計
                 179,213     18,365     20,081     11,302     228,962      2,066    231,028      △31    230,998
     セグメント利益
                                                         △1,621
     金融収益及び金融費用
                                                           521
     その他の営業外損益
                                                         229,898
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、コール
           センター、研究・先端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
           当第1四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                        報告セグメント                               要約四半期

                                         その他          調整額
                                                        連結財務
                                              合計
                                        (注)1          (注)2
                                                         諸表
                 パーソ              グロー
                     バリュー     ビジネス           計
                                                        計上額
                 ナル              バル
     売上高
                 843,987     84,745    130,174     58,953    1,117,860      12,593    1,130,453        -   1,130,453
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                 24,473     18,790     21,222     6,826     71,311     29,062     100,373    △100,373         -
      売上高又は振替高
                 868,461     103,535     151,396     65,780    1,189,171      41,655    1,230,826     △100,373      1,130,453
          計
                 220,534     25,354     20,279     7,160    273,328      2,252    275,579      △467     275,112
     セグメント利益
                                                         △7,761
     金融収益及び金融費用
                                                          △47
     その他の営業外損益
                                                         267,304
     税引前四半期利益
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、コール
           センター、研究・先端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                 32/43







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        6.金融商品の公正価値
          金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要

         性に応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価
         値のヒエラルキーは、以下のように定義しております。
          ・レベル1:同一の資産または負債の活発な市場における相場価格
          ・レベル2:資産または負債について、直接的に観察可能なインプットまたは間接的に観察可能なインプット
                のうち、レベル1に含まれる相場価格以外のインプット
          ・レベル3:資産または負債について、観察可能な市場データに基づかないインプット(すなわち観察不能な
                インプット)
          当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプッ
         トの最も低いレベルによって決定しております。
         (1)  経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債の公正価値

          ① 公正価値のヒエラルキー
            公正価値の階層ごとに分類された、要約四半期連結財政状態計算書に公正価値で認識する金融資産及び金
           融負債は以下のとおりであります。
         前連結会計年度(2016年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   レベル1       レベル2       レベル3

                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                    19,243         -     24,260       43,503
        株式
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                                    -
         為替予約                             -      235              235
                                      -              -
         金利スワップ                                    0              0
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
                                      -      174       -      174
         為替予約
                                      -     9,080        -     9,080
         金利スワップ
                                 33/43








                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         当第1四半期連結会計期間(2016年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                                   レベル1       レベル2       レベル3

                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                    20,329         -     23,739       44,068
        株式
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                      -       76       -
         為替予約                                                  76
                                      -              -
         金利スワップ                                    0              0
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
         為替予約                             -      305       -      305
         金利スワップ
                                      -     11,421         -     11,421
          レベル間の重要な振替が行われた金融商品の有無は毎期末日に判断しております。前連結会計年度及び当第1
         四半期連結会計期間において、レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)株式
             上場株式については、取引所の価格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル1に区分しておりま
            す。
             非上場株式については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、類似会社の市場価格に基づく
            評価技法、純資産価値に基づく評価技法、その他の評価技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラル
            キーレベル3に区分しております。非上場株式の公正価値測定にあたっては、割引率、評価倍率等の観察
            可能でないインプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウント、非支配持分ディス
            カウントを加味しております。
           (b)デリバティブ

            (i)為替予約
               外国為替先物予約の公正価値は、期末日現在の先物為替レートを用いて算定した価値を現在価値に
              割引くことにより算定しております。為替予約に係る金融資産及び金融負債については、公正価値ヒ
              エラルキーレベル2に区分しております。
            (ii)金利スワップ
               金利スワップについては、将来キャッシュ・フローを満期日までの期間及び信用リスクを加味した
              利率で割り引いた現在価値により算定しております。金利スワップに係る金融資産及び金融負債につ
              いては、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分しております。
                                 34/43






                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
          ③ レベル3の調整表

            以下の表は、前第1四半期連結累計期間(2015年6月30日に終了した3カ月                                    間)におけるレベル3の金融
           商品の変動を表       示しております。
                                   (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通
                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2015年4月1日残高
                                       26,845
           取得                             584
           売却                              -
           包括利益
             その他の包括利益                            890
           その他                            △906
           2015年6月30日残高
                                       27,413
            以下の表は、当第1四半期連結累計期間(2016年6月30日に終了した3カ月間)におけるレベル3の金融

           商品の変動を表示しております。
                                   (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通

                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2016年4月1日残高
                                       24,260
           取得                              57
           売却                              -
           包括利益
             その他の包括利益                           △387
           その他                            △191
           2016年6月30日残高
                                       23,739
          ④ レベル3の評価プロセス

            非上場株式の公正価値の評価方針及び手続の決定は、株式を管理する部門から独立した財務・経理部門に
           より行われており、評価モデルを含む公正価値測定については、個々の株式の事業内容、事業計画の入手可
           否及び類似上場企業等を定期的に確認し、その妥当性を検証しております。
                                 35/43







                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
          ⑤ レベル3に分類される資産に関する定量的情報

            前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末において、経常的に                                 公 正価値で測定するレベル3に分
           類される資産の評価技法及び重要な観察可能でないインプットに関する情報は以下のとおりであります。
            前連結会計年度(2016年3月31日)
                        公正価値

                                            観察可能でない
                                   評価技法                     範囲
                        (百万円)
                                             インプット
                           24,260                            4.7%
               株式                 インカムアプローチ             割引率
            当第1四半期連結会計期間(2016年6月30日)

                        公正価値

                                            観察可能でない
                                   評価技法                    範囲
                        (百万円)
                                             インプット
                           23,739                            4.6%
               株式                 インカムアプローチ             割引率
          ⑥ 重要な観察可能でないインプットの変動に係る感応度分析

            公正価値で測定するレベル3に分類される資産の公正価値のうち、インカムアプローチで評価される有価
           証券投資の公正価値は、割引率の上昇(下落)により減少(増加)します。
            レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変
           更した場合に重要な公正価値の増減は見込まれておりません。
                                 36/43














                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
         (2)償却原価で測定する金融資産及び金融負債
          ① 公正価値
            償却原価で測定する金融            資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                  当第1四半期連結会計期間
                          (2016年3月31日)                    (2016年6月30日)
                       帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     金融資産:
      その他の金融資産
       国債                    3,003          3,168          3,003          3,163
       リース未収債権                   30,606          28,868          36,936          35,488
     金融負債:
      借入金及び社債
       借入金                   816,917          824,665          790,922          800,150
       社債                   214,613          223,717          214,636          224,200
      その他の金融負債
       リース債務                   86,652          88,760          88,353          90,407
       優先株式                   95,000          100,759           95,000          100,748
     (注)1.借入金、社債、リース債務は、1年返済(償還)予定の残高を含んでおります。

     (注  )2.短期の金融資産、短期の金融負債は、公正価値と帳簿価額とが近似しているため、上表には含めておりませ
          ん。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)  国債
             国債の公正価値は、市場価格に基づき算定しております。
           (b)  リース未収債権
             リース未収債権の公正価値は、将来の最低受取リース料総額を、新たに同条件のリース取引を行う場合
            の金利を用いて割り引いた現在価値に基づいて算定しております。なお割引率は、当第1四半期連結会計
            期間におい     て7.5%を使用してお          ります。
           (c)  借入金
             変動金利による借入金は、短期間で市場金利を反映しており、また、グループ企業の信用状態に借入
            後、大きな変動はないと考えられることから、帳簿価額を公正価値とみなしております。固定金利による
            借入金は、元利金の合計額を当該借入金の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引く方法によ
            り、公正価値を算定しております。
           (d)  社債
             社債の公正価値は、市場価格に基づき算定しております。
           (e)  リース債務
             リース債務の公正価値は、同一の残存期間で同条件のリースを行う場合の金利を用いて、将来キャッ
            シュ・フローを割引く方法により算定しております。
           (f)  優先株式
             当社グループが発行した優先株式のうち、将来、現金を優先株式の保有者に引き渡す義務を負っている
            ものについて、金融負債として処理しております。当該優先株式の公正価値は、将来キャッシュ・フロー
            を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割引いた現在価値により算定しております。
                                 37/43





                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        7.配当金
          配当金の支払額は以下のとおりであります。

          前第1四半期連結累計期間(自 2015年4月1日 至 2015年6月30日)

                           配当金の総額        1株当たり
           決議                                  基準日        効力発生日
                   株式の種類
                            (百万円)       配当額(円)
        2015年6月17日
                              75,148          90
                    普通株式                       2015年3月31日         2015年6月18日
        定時株主総会
          当第1四半期連結累計期間(自 2016年4月1日 至 2016年6月30日)

                           配当金の総額        1株当たり
           決議                                  基準日        効力発生日
                   株式の種類
                            (百万円)       配当額(円)
        2016年6月22日
        定時株主総会                       87,131          35
                    普通株式                       2016年3月31日         2016年6月23日
        ( 注)1   、2、3
       (注)1.当社は、2015年4月1日付1株につき3株の割合で株式分割を行っております。1株当たり配当額は、株
            式分割を考慮した金額を記載しております。
       (注)2.上記のほかに、当第1四半期連結累計期間で発生した役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託受益者に対
            する配当金の支払があります。
       (注)3.配当金の総額には役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が所有する当社株式の配当金は含めておりませ
            ん。
        8.1株当たり四半期利益

       (1)基本的1株当たり四半期利益

         基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                                (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                                 至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                        143,949              167,105
                                       2,504,929              2,484,781
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         57.47              67.25
     基本的1株当たり四半期利益(円)
       (2)希薄化後1株当たり           四半期利益

          希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                                  至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益                                    143,949              167,105
                                            -              -
     利益調整額
                                         143,949              167,105
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する利益
                                                     (単位:千株)

                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                                  至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     発行済普通株式の加重平均株式数                                   2,504,929              2,484,781
     希薄化性潜在的普通株式の影響
                                            -              372
      役員報酬BIP信託及びESOP信託
                                        2,504,929              2,485,154
     希薄化後の     加重平均株式数
                                 38/43


                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                 (自 2015年4月1日              (自 2016年4月1日
                                  至 2015年6月30日)              至 2016年6月30日)
     希薄化後1株当たり         四半期利益     (円)
                                          57.47              67.24
     (注)   基本的   1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定において、役員報酬BIP信託及び株式付与

        ESOP信託が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末株式数及び加重平均株式数から当該株
        式数を控除しております。
        9.偶発債務

          債務保証等は以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                                  当第1四半期

                                 前連結会計年度
                                                  連結会計期間
                                (2016年3月31日)
                                                (2016年6月30日)
      ケーブルシステム供給契約に対する
                                         5,634                 5,146
      偶発債務
      (内、外貨建偶発債務)
                                      (US$50   百万  )           (US$50   百万  )
                                         5,634                 5,146
                合計
        10.後発事象

          該当事項はありません。

                                 39/43












                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
        11.要約四半期連結財務諸表の承認
          要約四半期連結財務諸表(2017年3月期第1四半期)は、2016年8月5日に当社代表取締役社長田中孝司に

         よって承認されております。
                                 40/43



















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 41/43




















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 42/43




















                                                           EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                             四半期報告書
                  独  立  監  査  人  の  四  半  期  レ  ビ  ュ  ー  報  告  書
                                                     2016年8月5日

     K D D I 株 式 会 社

      取 締 役 会 御 中

                              京 都 監 査 法 人

                               指  定  社  員

                                      公認会計士        松  永  幸  廣  印
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                      公認会計士        若  山        聡   満   印
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                      公認会計士        岩   瀬  哲  朗  印
                               業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているKDDI株式

      会社の2016年4月1日から2017年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2016年4月1日から2016
      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2016年4月1日から2016年6月30日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、
      要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行っ
      た。
      要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

       経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基
      準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正
      又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断し
      た内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任

       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表
      に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの
      基準に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
      質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
      当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論

       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財
      務報告」に準拠して、KDDI株式会社及び連結子会社の2016年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
      る第1四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がす
      べての重要な点において認められなかった。
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半
             期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 43/43



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。