株式会社トーヨーアサノ 四半期報告書 第74期第1四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第74期第1四半期(平成28年3月1日-平成28年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社トーヨーアサノ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   東海財務局長

     【提出日】                   平成28年7月14日

     【四半期会計期間】                   第74期第1四半期(自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)

     【会社名】                   株式会社トーヨーアサノ

     【英訳名】                   Toyo Asano Foundation Co., Ltd.

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  植 松 泰 右

     【本店の所在の場所】                   静岡県沼津市原315番地の2

     【電話番号】                   055(967)3535(代)

     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理本部長  杉 山 敏 彦

     【最寄りの連絡場所】                   静岡県沼津市原315番地の2

     【電話番号】                   055(967)3535(代)

     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理本部長  杉 山 敏 彦

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第73期           第74期

               回次               第1四半期           第1四半期            第73期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   平成27年3月1日         自   平成28年3月1日         自   平成27年3月1日
              会計期間
                            至   平成27年5月31日         至   平成28年5月31日         至   平成28年2月29日
     売上高                 (千円)          3,259,231           3,381,061          13,997,492
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)            3,883           △ 945         182,883

     親会社株主に帰属する当期純利益
     又は親会社株主に帰属する                 (千円)           △ 10,439          △ 7,838          88,044
     四半期純損失(△)
     四半期包括利益
                      (千円)           △ 9,538          △ 2,629         △ 135,377
     又は包括利益
     純資産額                 (千円)          2,622,892           2,523,918           2,589,403
     総資産額                 (千円)          14,921,919           14,932,879           14,762,427

     1株当たり当期純利益金額
                       (円)           △ 0.87          △ 0.63           7.18
     又は四半期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                  (%)           17.15           16.42           17.05
      (注) 1  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため並びに第73期
          第1四半期連結累計期間及び第74期第1四半期連結累計期間については1株当たり四半期純損失のため記載
          しておりません。
        4「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当第1四半期連結累
          計期間より、「当期純利益又は四半期純損失(△)」を「親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主
          に帰属する四半期純損失(△)」としております。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)が営む事業の内容について、重要な変
      更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

         当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
        ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
        「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
         なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営上の重要な契約等】

         当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績の状況
         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による経済対策、金融政策を背景に景気は緩やかな回
        復の兆しを見せているものの、原油価格の低迷や新興国の成長鈍化による景気下振れリスクなどから為替や株価
        が不安定になるなど、経営環境は先行き不透明な状況が続いております。
         当社グループの事業分野であります建設業界におきましては、官需の低迷に加え、人手不足による着工遅れや
        進捗遅れが発生しており、全般的には建築資材の需要低迷が続いております。
         当社グループの主力製品でありますコンクリートパイル市場におきましても、長引く需要低迷のもとで、杭打
        ち工事に厳しい目が向けられる中で、厳格な施工品質確保の取り組みによる増員対応など、人手不足を主因とし
        た施工原価の上昇が収益を圧迫し、全般的には非常に厳しい事業環境で推移しました。
         また、第2の柱でありますコンクリートセグメント事業につきましては、大型プロジェクトの製造が軌道に乗
        り、近年の中では好調な業績で推移いたしました。
        セグメント毎の業績は次のとおりであります。

       ①コンクリート二次製品事業

         コンクリート二次製品事業の主力事業でありますコンクリートパイル部門につきましては、低調な需要により
        受注競争が激化しました結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、1,373百万円(前年同四半期比19.8%
        減)、営業利益は123百万円(前年同四半期比4.1%減)となりました。
       ②コンクリートセグメント事業

         昨年の12月より製造を開始した大型物件が期間を通して業績に寄与しました結果、当第1四半期連結累計期間
        の売上高は、717百万円(前年同四半期比129.3%増)、営業利益は19百万円(前年同四半期は0百万円の損失)と
        なりました。
       ③工事事業

         施工品質の更なる向上を目指し、施工管理体制を強化したことに伴い、人件費、外注費などの工事原価が上昇
        しました結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、1,240百万円(前年同四半期比4.6%増)、営業損失は16
        百万円(前年同四半期は7百万円の利益)となりました。
       ④不動産賃貸事業

         当第1四半期連結累計期間の売上高は、49百万円(前年同四半期比2.5%増)、営業利益は38百万円(前年同四
        半期比9.2%増)となりました。
                                  3/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
         以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は3,381百万円(前年同四半期比3.7%増)、営業利益は16百
        万円(前年同四半期比39.1%減)、経常損失は0百万円(前年同四半期は3百万円の利益)、親会社株主に帰属
        する四半期純損失は7百万円(前年同四半期は10百万円の損失)となりました。
      (2)  財政状態の分析

        資産、負債及び純資産の状況
         当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べて、170百万円増加して14,932百万円
        となりました。これは主に受取手形及び売掛金の増加142百万円、商品及び製品の増加179百万円、未成工事支出
        金の減少93百万円等によるものであります。
         負債は、前連結会計年度末に比べて、235百万円増加して12,408百万円となりました。これは主に短期借入金、
        長期借入金の増加796百万円、支払手形及び買掛金の減少472百万円等によるものであります。
         純資産は、前連結会計年度末に比べて65百万円減少して2,523百万円となりました。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
      (4)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は5百万円であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (5)    経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

         今後の日本経済は、新興国の経済減速懸念や資源価格の不安定な状況が続いており、依然として景気の下振れ
        要因となりうるリスクも存在しており、不透明な経営環境が続くものと予想されます。
         コンクリートパイル事業におきましては、需要の回復が見込めない状況に加え、今後しばらくは施工管理に対
        する厳しい目が当業界に向けられており、今まで以上にコスト競争力の強化と施工品質の確保に向けた取り組み
        が求められます。
         一方、コンクリートセグメント事業におきましては、今後も大型プロジェクトが予定されており、安全・安定
        的な事業運営で高い品質の製品をお客さまに提供することが求められます。
         このような事業環境の中、当社グループは、「顧客第一」「合理追求」「人倫遵守」の経営理念の下、今期か
        ら新たにスタートする「第5次中期3ヵ年経営計画」において、環境の変化への迅速かつ正確な対応力と専門性
        の強化を目標に掲げ、安心・確実な品質の追求とともに、コスト競争力の強化に努め収益性の向上を目指してま
        いる所存であります。
                                  4/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     40,000,000

                  計                                   40,000,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成28年5月31日)          (平成28年7月14日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所             単元株式数は
       普通株式           14,408,400          14,408,400
                                   (市場第二部)           1,000株であります。
         計         14,408,400          14,408,400           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成28年5月31日              -     14,408,400         -       720,420       -       579,892
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成28年2月29日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】

                                               平成28年2月29日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       ―            ―           ―

     議決権制限株式(自己株式等)                       ―            ―           ―

     議決権制限株式(その他)                       ―            ―           ―

                     (自己保有株式)   
     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―           ―
                        普通株式          2,017,000
     完全議決権株式(その他)                  普通株式  12,362,000                   12,362          ―
                                              1単元(1,000株)
                        普通株式            29,400
     単元未満株式                                   ―
                                              未満の株式
                              14,408,400
     発行済株式総数                                   ―           ―
     総株主の議決権                       ―             12,362          ―

      (注) 1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が3,000株(議決権3個)
          含まれております。
         2 「単元未満株式」には、当社所有の自己株式262株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成28年2月29日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                  静岡県沼津市原315番地の2               2,017,000           ―   2,017,000         14.00
     株式会社トーヨーアサノ
           計              ―         2,017,000           ―   2,017,000         14.00
     2  【役員の状況】

      (取締役及び監査役の状況)
       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
       (注)当社では、取締役会における経営の意思決定の迅速化と監督機能を強化すること、機動的な業務執行体制の
          確立を図ることを目的として執行役員制度を導入しております。なお、取締役杉山敏彦、杉山康彦、竹嶋泰
          弘は執行役員を兼任しております。
      (執行役員の状況)

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における執行役員の異動は、次のとおりです。
       (1)退任執行役員

            役名             職名             氏名            退任年月日
           執行役員          パイル営業本部副本部長                牛尾 俊行            平成28年5月31日
       (2)異動後の執行役員の男女別人数及び女性の比率

          男性4名(執行役員のうち女性比率0%)
                                  6/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成28年3月1日から平成
      28年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年5月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、公認会計士勝又康博氏、同寺島真吾氏により四半期レビューを受けております。
       なお、当社の監査人は次のとおり交代しております。
       第73期連結会計年度
        公認会計士 門屋信行 公認会計士 勝又康博
       第74期第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間
        公認会計士 勝又康博 公認会計士 寺島真吾
                                  7/18















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
      1 【四半期連結財務諸表】
       (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年5月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,582,892              1,548,734
         受取手形及び売掛金                               3,521,659              3,664,284
         商品及び製品                                397,756              577,673
         原材料及び貯蔵品                                178,599              180,183
         未成工事支出金                                176,711               82,947
                                         344,845              292,867
         その他
         流動資産合計                               6,202,465              6,346,691
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                             1,544,926              1,523,281
           土地                             4,791,584              4,913,915
                                        1,231,614              1,173,064
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             7,568,124              7,610,261
         無形固定資産
                                         289,676              284,152
         投資その他の資産
           投資有価証券                              196,749              204,082
           退職給付に係る資産                               41,314              30,660
           その他                              464,397              457,330
                                          △ 300             △ 300
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              702,161              691,773
         固定資産合計                               8,559,962              8,586,187
       資産合計                                14,762,427              14,932,879
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                               3,412,632              2,939,921
         電子記録債務                               1,111,217              1,094,164
         短期借入金                               2,217,246              2,507,604
         未払法人税等                                 20,581              19,076
         賞与引当金                                   -            56,545
                                         615,336              497,414
         その他
         流動負債合計                               7,377,013              7,114,726
       固定負債
         長期借入金                               4,027,642              4,534,244
         役員退職慰労引当金                                210,270              216,225
         その他                                558,097              543,764
         固定負債合計                               4,796,010              5,294,234
       負債合計                                12,173,024              12,408,960
                                  8/18





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成28年2月29日)              (平成28年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                720,420              720,420
         資本剰余金                                651,773              651,773
         利益剰余金                               1,237,780              1,167,986
                                        △ 147,539             △ 147,539
         自己株式
         株主資本合計                               2,462,433              2,392,639
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                  816             3,044
                                         53,727              55,991
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                54,544              59,035
       非支配株主持分                                  72,426              72,243
       純資産合計                                 2,589,403              2,523,918
      負債純資産合計                                  14,762,427              14,932,879
                                  9/18















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      売上高                                  3,259,231              3,381,061
                                        2,888,984              2,967,692
      売上原価
      売上総利益                                   370,247              413,369
      販売費及び一般管理費                                   343,292              396,948
      営業利益                                    26,954              16,420
      営業外収益
       受取利息                                   561              650
       受取配当金                                  3,774                -
       投資有価証券評価益                                    -             5,217
                                          3,505              5,631
       その他
       営業外収益合計                                  7,842              11,498
      営業外費用
       支払利息                                  27,443              27,077
                                          3,469              1,787
       その他
       営業外費用合計                                  30,912              28,864
      経常利益又は経常損失(△)                                    3,883              △ 945
      特別利益
       固定資産売却益                                    -             3,999
                                         12,000                -
       受取補償金
       特別利益合計                                  12,000               3,999
      特別損失
       固定資産除却損                                  11,532                -
                                           -             9,900
       ゴルフ会員権評価損
       特別損失合計                                  11,532               9,900
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                          4,351             △ 6,845
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    14,803                394
      法人税等合計                                    14,803                394
      四半期純損失(△)                                   △ 10,451              △ 7,239
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                          △ 12              598
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 10,439              △ 7,838
                                 10/18








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成27年3月1日              (自 平成28年3月1日
                                 至 平成27年5月31日)               至 平成28年5月31日)
      四半期純損失(△)                                   △ 10,451              △ 7,239
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                   △ 77             2,344
                                           991             2,265
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                   913             4,610
      四半期包括利益                                   △ 9,538             △ 2,629
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 9,537             △ 3,347
       非支配株主に係る四半期包括利益                                   △ 0             717
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (会計方針の変更等)
                         当第1四半期連結累計期間
                    (自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)
      (会計方針の変更)
       (企業結合に関する会計基準等の適用)
      「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
     う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
     という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等
     会計基準」という。)等を、当第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する
     当社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用
     として計上する方法に変更いたしました。また、当第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合につ
     いては、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の
     四半期連結財務諸表に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持
     分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第1四半期連結
     累計期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
      企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)
     及び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当第1四半期連結会計期間の
     期首時点から将来にわたって適用しております。
      なお、当第1四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額はありません。
       (有形固定資産の減価償却の方法)

      当第1四半期連結会計期間より、法人税法の改正に伴い、平成28年4月1日以後に取得する建物附属設備及び
     構築物に係る減価償却方法を定率法から定額法に変更しております。
      なお、当第1四半期連結累計期間において、損益に与える影響はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                         当第1四半期連結累計期間
                    (自 平成28年3月1日 至 平成28年5月31日)
       税金費用の計算
        税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
       計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      受取手形割引高
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (平成28年2月29日)              (平成28年5月31日)
     受取手形割引高                                 511,568    千円             - 千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
     結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)、のれんの償却額は、次のとおりで
     あります。
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自    平成27年3月1日            (自    平成28年3月1日
                                至   平成27年5月31日)            至   平成28年5月31日)
     減価償却費                                 108,695    千円           151,125    千円
     のれんの償却額                                  2,199   千円            2,199   千円
                                 12/18



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
     前第1四半期連結累計期間(自                平成27年3月1日          至   平成27年5月31日)
     1  配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年5月26日
               普通株式         59,956       5.00   平成27年2月28日         平成27年5月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     2  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はありません。
     3  株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                平成28年3月1日          至   平成28年5月31日)

     1  配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年5月26日
               普通株式         61,955       5.00   平成28年2月29日         平成28年5月27日         利益剰余金
     定時株主総会
     2  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はありません。
     3  株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
                                 13/18











                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自                   平成27年3月1日          至   平成27年5月31日)
      1. 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                    四半期連結
                                               調整額     損益計算書
                   コンクリート
            コンクリート                     不動産賃貸
                                              (注)1       計上額
                   セグメント       工事事業               計
            二次製品事業                      事業
                                                     (注)2
                     事業
     売上高
     (1)外部顧客
      への売上       1,711,963        312,899      1,186,532        47,836     3,259,231          -   3,259,231
      高
     (2)セグメン
      ト間の内
      部売上高         42,058         -       -     7,950      50,009     △ 50,009        -
      又は振替
      高
        計      1,754,021        312,899      1,186,532        55,786     3,309,240       △ 50,009     3,259,231
      セグメント
      利益又は        129,105        △ 638      7,963      35,648      172,078     △ 145,124       26,954
      損失(△)
      (注)   1   セグメント利益又は損失の調整額△145,124千円には、セグメント間取引消去5,179千円、各報告セグメント
          に配分していない全社費用△150,303千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属し
          ない一般管理費及び技術試験研究費であります。
        2   セグメント利益又は損失の調整後の金額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
      2. 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
                                 14/18












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自                   平成28年3月1日          至   平成28年5月31日)
      1. 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                    四半期連結
                                               調整額     損益計算書
                   コンクリート
            コンクリート                     不動産賃貸
                                              (注)1       計上額
                   セグメント       工事事業               計
            二次製品事業                      事業
                                                     (注)2
                     事業
     売上高
     (1)外部顧客
      への売上       1,373,722        717,631      1,240,693        49,014     3,381,061          -   3,381,061
      高
     (2)セグメン
      ト間の内
      部売上高         50,433         -       -     8,644      59,078     △ 59,078        -
      又は振替
      高
        計      1,424,156        717,631      1,240,693        57,658     3,440,139       △ 59,078     3,381,061
      セグメント
              123,791       19,379      △ 16,759       38,923      165,335     △ 148,914       16,420
      利益又は
      損失(△)
      (注)   1   セグメント利益又は損失の調整額△148,914千円には、セグメント間取引消去3,131千円、各報告セグメント
          に配分していない全社費用△152,046千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属し
          ない一般管理費及び技術試験研究費であります。
        2   セグメント利益又は損失の調整後の金額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
      2. 報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                               (自    平成27年3月1日            (自    平成28年3月1日
                項目
                               至   平成27年5月31日)             至   平成28年5月31日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                 △0円87銭               △0円63銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                      △10,439               △7,838
      (△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      △10,439               △7,838
      四半期純損失金額(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               11,991,192               12,391,138
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、四半期純損失のため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 15/18






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
        該当事項はありません。
                                 16/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トーヨーアサノ(E01165)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年7月14日

     株式会社トーヨーアサノ
      取締役会      御中
                              あざみ公認会計士共同事務所

                                         勝  又  康  博                 印

                              公認会計士
                                         寺  島  真  吾             印

                              公認会計士
      私たちは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社トーヨーア

     サノの平成28年3月1日から平成29年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成28年3月1日から平
     成28年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成28年3月1日から平成28年5月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      私たちの責任は、私たちが実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を
     表明することにある。私たちは、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期
     レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      私たちは、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      私たちが実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社トーヨーアサノ及び連結子会社の平成28年5月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と私たちとの間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。