株式会社サハダイヤモンド 有価証券報告書 第51期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

有価証券報告書-第51期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社サハダイヤモンド

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年6月29日
      【事業年度】                    第51期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      【会社名】                    株式会社サハダイヤモンド
      【英訳名】                    SAKHA DIAMOND Corp.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 姜 杰
      【本店の所在の場所】                    東京都墨田区千歳三丁目12番7号
      【電話番号】                    (03)3846-2061
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役副社長 井上 喜明
      【最寄りの連絡場所】                    東京都墨田区千歳三丁目12番7号
      【電話番号】                    (03)3846-2061
      【事務連絡者氏名】                    代表取締役副社長 井上 喜明
      【縦覧に供する場所】
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/84













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

      1【主要な経営指標等の推移】

       (1)連結経営指標等
              回次             第47期       第48期       第49期       第50期       第51期

             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

                   (百万円)         2,330       2,984       3,477       3,232       3,393
     売上高
                   (百万円)         △ 587      △ 659       △ 63      △ 163      △ 401
     経常損益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)         △ 627      △ 966      △ 760      △ 187      △ 556
     純損益
                   (百万円)         △ 392     △ 1,065        △ 94      △ 441     △ 1,044
     包括利益
                   (百万円)         4,121       3,055       2,960       2,519       1,758
     純資産額
                   (百万円)         4,682       4,129       4,081       4,005       2,503
     総資産額
                    (円)        11.21        8.03       5.60       4.57       3.07
     1株当たり純資産額
                    (円)       △ 2.18      △ 2.90      △ 2.28      △ 0.56      △ 1.66
     1株当たり当期純損益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)        79.8       64.8       45.7       38.0       43.9
     自己資本比率
                    (%)       △ 23.4      △ 30.1      △ 33.5      △ 11.1      △ 42.5
     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 1,366       △ 461      △ 341      △ 163       397
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 702       △ 43      △ 14       △ 0      △ 0
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)         3,039        119       △ 15      △ 10       187
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          994       683       335       164       708
     残高
                             60       80       86       73       73
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 12 )      ( 5 )      ( ▶ )      ( ▶ )      ( 3 )
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第47期から第50期については、潜在株式が存在しな
           いため、また、第51期については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため、記載して
           おりません。
         3.株価収益率については親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため記載しておりません。
         4.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
           り、「当期純損益」を「親会社株主に帰属する当期純損益」としております。
                                  2/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第47期       第48期       第49期       第50期       第51期

             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

                   (百万円)          11       22       16       27       23
     売上高
                   (百万円)         △ 859      △ 665       △ 69      △ 57      △ 188
     経常損益
                   (百万円)        △ 1,161       △ 938     △ 1,507        △ 58      △ 216
     当期純損益
                   (百万円)         3,893       3,893        100       100       237
     資本金
                    (千株)       333,172       333,172       333,172       333,172       358,172
     発行済株式総数
                   (百万円)         3,076       2,137        629       571       638
     純資産額
                   (百万円)         3,292       2,356        784       712       935
     総資産額
                    (円)        9.23       6.42       1.89       1.71       1.76
     1株当たり純資産額
                    (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間配当額)               (円)        ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                    (円)       △ 4.04      △ 2.82      △ 4.53      △ 0.17      △ 0.65
     1株当たり当期純損益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)        93.4       90.7       80.3       80.1       67.3
     自己資本比率
                    (%)       △ 49.0      △ 36.0      △ 109.0       △ 9.7      △ 57.0
     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -
     株価収益率
                    (%)         -       -       -       -       -
     配当性向
                    (人)          7       5       ▶       1       1
     従業員数
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第47期から第50期については、潜在株式が存在しな
          いため、また、第51期については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため、記載して
          おりません。
        3.株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
                                  3/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      昭和40年5月        資本金750万円をもって東京サンゴ株式会社設立
              (東京都杉並区阿佐谷北四丁目6番22号)サンゴ、真珠を中心に卸売業を開始
      昭和43年6月        本社移転(東京都杉並区方南一丁目51番26号)
      昭和52年3月        本社移転(東京都杉並区高円寺南五丁目7番2号)
              東京サンゴ株式会社から株式会社宝林に商号変更
      昭和58年4月        関西、中国、北陸方面の販売網強化とサービス向上のため、大阪支社(大阪市北区鶴野町四丁目11
              番朝日プラザ梅田1003)を開設
      昭和58年6月        本社移転(東京都新宿区市谷台町8番地)新社屋竣工
      昭和61年2月        宝飾品メーカーの街甲府市に甲府支社(山梨県甲府市住吉一丁目15番6号)を開設、卸販売網を一
              層強化
      昭和62年4月        甲府支社移転(山梨県中巨摩郡昭和町清水新居字小松田385番2)新社屋竣工
      平成元年7月        空枠製品の販売分野へ進出
      平成2年12月        社団法人日本証券業協会(現日本証券業協会)へ店頭登録し株式を公開
      平成3年11月        大阪支社移転(大阪府大阪市淀川区新北野二丁目11番27号)新社屋竣工
      平成6年3月        業容拡大のため㈱ジェムパール(現㈱アムールコーポレーション)の全株式を取得し子会社とする
      平成6年7月        事業の多角化を目的として100%出資の子会社㈱ジェムプランニングを設立
      平成6年9月        業容拡大のため㈱鳥海商会(現㈱宝林洋行)の全株式を取得し子会社とする
      平成6年11月        業容拡大のため㈱イサカの全株式を取得し子会社とする
      平成8年11月        ダイヤルース(裸石)部門の営業二部を本社から上野事務所へ移しダイヤ部門の営業強化
      平成8年11月        ㈱ニッポジェムと業務提携しダイヤ業務の密接な協力体制のもとに市場シェア拡大
      平成9年9月        大阪支社移転(大阪府大阪市中央区南船場三丁目1番8号南船場大治ビル6階)
      平成10年11月        甲府支社を閉鎖製作部門の外注化、真珠部門の廃止等によりスリム化し人員の大幅削減実施
      平成11年6月        本社移転(東京都台東区上野五丁目23番14号)
      平成11年10月        株式会社宝林から株式会社ジャパンオークションシステムズに商号変更
      平成15年8月        業容拡大のため公開型株式会社サハダイヤモンドの株式58%を取得し子会社とする
      平成16年10月        株式会社ジャパンオークションシステムズから株式会社サハダイヤモンドに商号変更
      平成16年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消しジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成17年6月        本社移転(東京都墨田区千歳三丁目12番7号)
      平成19年1月        モンデラジャパン株式会社とインターネットジュエリー販売において業務提携
      平成19年3月        平成19年3月31日付で100株を1株とする株式併合の実施
      平成19年6月        バージンダイヤモンドオンラインショップ開設
      平成19年12月        バージンダイヤモンド銀座本店(東京都中央区銀座七丁目12番14号)を開設
      平成20年2月        プリンセスガールズオンラインショップ開設
      平成20年8月        e-ショップ事業の拡大を目的として100%出資子会社の株式会社バージンダイヤモンドを設立
      平成20年10月        e-ショップ事業の拡大を目的として株式会社スカイワードの株式を100%取得し子会社とする
      平成21年4月        当社の子会社株式会社スカイワードと株式会社バージンダイヤモンドが合併し、株式会社スカイ
              ワードは解散
      平成22年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場スタン
              ダードに株式を上場
      平成22年7月        新設分割により子会社として株式会社バージンダイヤモンド・ジャパンを設立し、当社の営むブラ
              イダルジュエリーに関する権利義務を承継させ、当社は持株会社制へ移行
      平成22年9月        商社業務を目的として100%出資子会社の株式会社サハダイヤモンド・トレーディングを設立
      平成24年2月        上海欧宝麗実業有限公司と合弁で51%出資子会社の維真珠宝(上海)有限公司を設立
      平成24年3月        当社の子会社維真珠宝(上海)有限公司が中国においてジュエリー8店舗を取得
      平成24年10月        当社の子会社株式会社バージンダイヤモンドを存続会社、株式会社バージンダイヤモンド・ジャパ
              ンを消滅会社とする吸収合併方式で株式会社バージンダイヤモンド・ジャパンは解散
      平成24年11月        バージンダイヤモンド銀座本店を本社ビル(東京都墨田区千歳三丁目12番7号1階)に移転
      平成25年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に
              上場
      平成26年9月        当社の子会社維真珠宝(上海)有限公司が中国においてジュエリー11店舗目を出店
                                  4/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社サハダイヤモンド(当社)及び連結子会社4社により構成
       されており、事業は国内外においてダイヤモンド原石、原石加工販売、ファッションジュエリー及びブライダルジュ
       エリー等の販売を行っております。
        当社グループの事業内容と当社及び関係会社の当該事業にかかる位置付は次のとおりであります。
                                  5/84



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
        連結子会社
                                         議決権
                                  主要な事業の       の所有
           名称          住所       資本金                       関係内容
                                  内容       割合
                                         (%)
     維真珠宝(上海)有限公司
                   中国上海市         5,000万元      海外事業        51.0    役員の兼任あり。
     (注)1.2.4.5
     株式会社バージンダイヤモ
                                  ダイヤモンド            役務の提供、資金援助及び役員
     ンド              東京都墨田区         100百万円             100.0
                                  事業            の兼任あり。
     (注)1.2.3.4
     公開型株式会社サハダイヤ              ロシア連邦サ
                                  ダイヤモンド
     モンド              ハ共和国ヤ       540千ルーブル                58.8    資金援助及び役員の兼任あり。
                                  研磨事業
     (注)1.2.4.5              クーツク市
     株式会社サハダイヤモン
                                  トレーディン            役務の提供、資金援助及び役員
     ド・トレーディング              東京都墨田区         10百万円             100.0
                                  グ事業            の兼任あり。
     (注)1.3.4
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.  特定子会社に該当しております。
        3.  債務超過会社で債務超過の額は、平成28年3月末時点で合計1,374百万円であります。
        4.  有価証券報届出書又は有価証券報告書を提出している子会社はありません。
        5.  次の各社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を
          超えております。
                維真珠宝(上海)有限公司             公開型株式会社サハダイヤモンド
       主要な損益情報等
       (1)売上高                      1,293百万円              2,034百万円
       (2)経常損益                   △147百万円               △7百万円
       (3)当期純損益                △150百万円                △349百万円
       (4)純資産額                 793百万円                    636百万円
       (5)総資産額               1,014百万円               852百万円
                                  6/84











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                  平成28年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                    33(-)
      ・海外事業
                                                    2(-)
      ・ダイヤモンド事業
                                                    37(3)
      ・ダイヤモンド研磨事業
                                                    -(-)
      ・トレーディング事業
                                                    1(-)
      ・全社(共通)
                                                    73(3)
                  合計
      (注)1.従業員数は、就業人員(当社グループからグループ外への出向を除き、グループ外から当社グループへの出
           向を含む。)であり臨時雇用者数(パートタイマーを含む。)は年間の平均人員を(                                        )外数で記載してお
           ります。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない持株会社である提出会社
           に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                  平成28年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

           1(-)               44.4              1.5              4,420,000
      (注)1.従業員数は、就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
           雇用者数(パートタイマーを含む。)は年間の平均人員を(                            )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、基準外賃金を含んでおります。
         3.持株会社であるため、特定のセグメントに区分できない全社(共通)に所属しております。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。
                                  7/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】

       (1)業績
      当連結会計年度におけるわが国経済は、政府による景気対策や日銀の金融緩和を背景に企業収益や雇用情勢に改善の
     動きが見られ、全体として緩やかな回復基調で推移しました。しかしながら、中国をはじめとする新興国経済の減速、
     原油価格の下落、個人消費の停滞などから、景気の先行きは不透明な状況にあります。
      このような経済状況のもと、当社グループの属する宝飾業界は、依然として厳しい経営環境が継続しております。
      海外子会社維真珠宝(上海)有限公司は、イタリアブランドの「FRANCO                                      ELLI」をメインとした高額商品を
     揃え、第11号店まで店舗展開しております。卸販売につきましてはダイヤモンド相場の下落により低迷いたしました。
      子会社株式会社バージンダイヤモンドが展開するダイヤモンド事業では、エンゲージリング及びマリッジリングをメ
     インとした「Virgin             Diamond」及び楽天市場の「ザ・ベストサプライズ」のインターネット販売に加え、
     ブライダルジュエリー及び高額品の店舗販売を行っております。インターネット販売、ブライダルジュエリー及び高額
     品に積極的に取り組んでまいりましたが、インターネット販売については広告宣伝の不足、また、ブライダルジュエ
     リー及び高額品販売は予約制としたことから低迷しております。
      海外子会社公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)は、自社研磨による原石加工販売を行っております。第2四
     半期までは受注が順調にあったものの、第3四半期はダイヤモンドの相場が下落し、受注が激減し、工場の稼働率が低
     下している状況でありました。平成27年3月期と比較して第4四半期において受注は回復しつつありましたが、期を通
     しての販売増は若干にとどまりました。また、不動産賃貸事業の業績は、全室貸し出しが達成していない状況及び修繕
     費等経費の増加がありました。
      なお、トレーディング事業においては日用雑貨商品の販売を行ってまいりました。
      この結果、当連結会計年度の業績は売上高3,393百万円(前年同期比5.0%増)、営業損失は398百万円(前年同期は営
     業損失128百万円)、経常損失は401百万円(前                      年同期は経常損失163百万円)、親会社株主に帰属する当期純損失556百万
     円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失187百万円)となりました。
     セグメントの業績は、次のとおりであります。
     (海外事業)
      中国における売上高は1,293百万円(前年同期比17.3%増)、セグメント損失は141百万円(前年同期はセグメント利益
     36百万円)となりました。
     (ダイヤモンド事業)
      日本におけるダイヤモンド事業の売上高は39百万円(前年同期比72.5%減)、セグメント損失は24百万円(前年同期は
     セグメント損失19百万円)となりました。
     (ダイヤモンド研磨事業)
      海外子会社公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)の売上高は1,968百万円(前年同期比4.2%増)、セグメント損
     失は36百万円(前年同期はセグメント損失13百万円)となりました。
     (不動産賃貸事業)
      不動産賃貸事業の売上高は85百万円(前年同期比12.0%減)、セグメント損失は7百万円(前年同期はセグメント利益9
     百万円)となりました。
     (トレーディング事業)
      トレーディング事業の売上高は6百万円(前年同期はセグメント売上高-百万円)、セグメント損失は3百万円(前年同
     期はセグメント損失0百万円)となりました。
      なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                                        平成25年9月13日)等を適用し、
     「当期純損失」を「親会社株主に帰属する当期純損失」としております。
                                  8/84






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      (2)キャッシュ・フロー
                            前連結会計年度             当連結会計年度
               項目           (平成26.4.1~平成27.3.31)             (平成27.4.1~平成28.3.31)                増減
      営業活動による連結キャッシュ・フロー                         △163百万円              397百万円         560百万円
      投資活動による連結キャッシュ・フロー                          △0百万円             △0百万円          0百万円
      財務活動による連結キャッシュ・フロー                          △10百万円              187百万円         197百万円
      現金及び現金同等物期末残高                          164百万円             708百万円         544百万円
      当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、前連結会計年度末と比較して544百

     万円増加して708百万円となりました。
      当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
     (営業活動におけるキャッシュ・フロー)
      営業活動による資金の増加は397百万円(前年同期は163百万円の減少)となりました。これは主に税金等調整前当期純
     損失743百万円を計上し、前受金の減少による減少が791百万円あったものの、減損損失342百万円、たな卸資産の減少に
     よる増加が924百万円、売上債権の減少による増加が173百万円、未収消費税等の減少による増加が152百万円、仕入債務
     の増加による増加が239百万円あったこと等によるものです。
     (投資活動におけるキャッシュ・フロー)
      当連結会計年度における投資活動による資金の減少は0百万円(前年同期は0百万円の減少)となりました。
      これは主に有形固定資産の取得による支出が2百万円あったものの、貸付金の回収による収入が2百万円あったこと等に
     よるものです。
     (財務活動におけるキャッシュ・フロー)
      当連結会計年度における財務活動による資金の増加は187百万円(前年同期は10百万円の減少)となりました。
      これは主に短期借入金の純減額が96百万円あったものの株式発行による収入が275百万円あったこと等によるもので
     す。
                                  9/84












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)商品仕入実績
         当連結会計年度の商品仕入実績を                 セグメント     ごとに示すと、次のとおりであります。
                              当連結会計年度
           セグメントの名称                 (自 平成27年4月1日                     前期比(%)
                             至 平成28年3月31日)
      海外事業(百万円)                                1,212                  115.2
      ダイヤモンド事業(百万円)                                  ▶                19.1
      ダイヤモンド研磨事業(百万円)                                1,082                  45.4
      トレーディング事業(百万円)                                  6                 -
      不動産賃貸事業(百万円)                                 85                 88.0
            合計(百万円)                          2,391                  67.2
     (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)販売実績
         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
           セグメントの名称                 (自 平成27年4月1日                     前期比(%)
                             至 平成28年3月31日)
      海外事業(百万円)                                1,293                  117.3
      ダイヤモンド事業(百万円)                                 39                 27.5
      ダイヤモンド研磨事業(百万円)                                1,968                  104.2
      トレーディング事業(百万円)                                  6                 -
      不動産賃貸事業(百万円)                                 85                 88.0
            合計(百万円)                           3,393                  105.0
     (注)1.セグメント間の取引については、相殺消去しております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
          あります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
              相手先
                          金額(百万円)          割合(%)        金額(百万円)          割合(%)

      サハダイヤモンド(上海)有限公司                        1,455         45.0        1,293         38.1
                                -         -
      上海   恩実業有限公司                                       607        17.9
      クリスタル生産合同公開型株式会社                         350        10.8         465        13.7

      上海欧宝麗実業有限公司                         959        29.7         162         4.8

                                 10/84






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
      (1)当社グループの現状の認識について
        当社グループは、「お客様の喜びを自分の喜びとする企業であること」、「自らが、市場を創造できる企業である
       こと」、「社会人として個性豊かな社員を育成すること」を経営理念としています。また、お客様の皆様に満足いく
       商品を提供することを第一に考え、企業使命の追求、収益面での早期黒字化を目指します。
      (2)目標とする経営指標
       ①当社グループは、安定した配当の実施及び収益面における黒字化を図るため、早急に本業における収益基盤の確立
       を目指します。また、過去の赤字体質からの脱却を図るべく売上総利益の向上を目指し、「1株当たりの純利益」を
       重要な経営指標ととらえ、併せて「1株当たりの純資産」の向上を目指してまいります。
       ②当社グループは、長期的な観点から、財務体質の強化充実、今後の事業展開に備えるための内部保留の確保を念頭
       に入れながら、株主の皆様に対して継続的な安定配当を行うこととし、そのためにも、利益体質への転換を図り、販
       売シェア拡大に注力してまいります。
      (3)中長期的な会社の経営戦略
        当社グループは、ロシア連邦サハ共和国産のダイヤモンド等を中心とした販売に徹してまいります。
        中国においては、ファッションジュエリーの店舗販売及び卸販売を強化し、収益拡大を目指します。
        また、当社の海外子会社である公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)は品質の高い原石を購入し、同社で研
       磨したダイヤモンドの販売を推進するとともに、日本では当社グループのブランドである「バージンダイヤモンド」
       の知名度アップと併せ、ブライダルジュエリーの販売を強化し、さらに求め易さを重視した商品開発も進め、販売し
       てまいります。
        なお、当社グループは、お客様の皆様に満足いく商品を提供することを第一に考え、収益面においての早期黒字定
       着化を目指します。
      (4)会社の対処すべき課題
       ①中国においては、ファッションジュエリーの店舗販売及び卸販売の売上高増加及び利益確保を目指します。
       ②国内は、エンゲージリング、マリッジリングの販売を強化し、あらゆる施策に取り組み、収益拡大に努めます。
       ③ロシア連邦サハ共和国における公開型株式会社サハダイヤモンドは、自社で研磨したダイヤモンドの販売の拡大
       を図るとともに、アルロサ社との取引で原石の購入を含め、同社における売上高・粗利益の向上に寄与してまいり
       ます。
       ④収益の向上に努めるため、管理コストの徹底した見直し改善を実施します。
       ⑤顧客サービスを重視した社員教育に取り組み、活力ある人材を育成します。
       ⑥J-SOX法に則した内部統制を構築し、コンプライアンス重視の経営改革、経営の透明性を高めるだけでなく、
       業務効率の改善を行います。
       ⑦全ての部門の業務遂行状況、法令等の遵守状況を内部監査室及び監査役会が監視し、強固なコーポレートガバナン
       スを確立します。
       ⑧営業実績管理の徹底を図り、収益目標を必ず達成してまいります。
                                 11/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
        以下において、当社の事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載してお
       ります。また、当社としては必ずしも事業上リスクとは考えていない事項につきましても、投資者の投資判断上、重
       要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。
        また、以下の記載は、当社株式への投資に関するリスクをすべて網羅するものではありませんので、この点にご留
       意ください。
      (1)事業等のリスク
        ①ダイヤモンドの国際相場の変動について
        主力商品でありますダイヤモンドは、国際相場の動向により在庫価値に変動が生じる恐れがあります。
        ②為替相場の変動について
        ダイヤモンドを含む海外取引における資金決済は、米ドル建で行われるため、為替差損が生じる恐れがあります。
        また、逆に為替差益が発生する可能性もあります。
        ③経済状況について
        ダイヤモンド等の仕入れの主力地は、ロシア連邦サハ共和国であり、海外にあります。今後、急激な海外情勢等の
        変化があった場合、売上・仕入面においての影響があります。
        また、日本及び世界各国の一般消費が低迷すると、宝飾品等の販売は全面的に低迷する恐れがあります。
      (2)継続企業の前提に関する重要事象等

        当社グループは、継続的な営業損失を計上しており、キャッシュ・フロー面でも、営業活動によるキャッシュ・フ
       ローのマイナスが続いておりました。
        当連結会計年度においては、主に売上債権の回収や在庫の販売に取り組んだ結果、営業活動によるキャッシュ・フ
       ローについては黒字化できたものの、損益面では、重要な営業損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計上してお
       ります。
        当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
        なお、施策等の詳細につきましては、「7                     .財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(7)継続企
       業の前提に関する重要事象等の分析・検討内容及び今後の対応策」に記載のとおりであります。
      (3)   「業績」基準に係る猶予期間からの解除について

        当社株式は、平成24年3月期から平成27年3月期までの4期連続して営業利益及び営業活動によるキャッシュ・フ
       ローの額が負の状態となったことから、有価証券上場規程第604条の2第1項第2号に該当する為、上場廃止に係る
       猶予期間入りしておりますが、平成28年3月期有価証券報告書を関東財務局長に提出し、営業活動によるキャッ
       シュ・フローの額が負でないと確認された時点で、同猶予期間入り銘柄の指定を解除される見込みであります。
      (4)   「株価」基準に係る猶予期間からの解除について

        当社株式は、平成27年12月の上場株価(月末終値及び月間終値平均)が10円未満となり、株式会社東京証券取引所
       の有価証券上場規程第604条の2第1項第1号(株価基準)に該当したため、上場廃止に係る猶予期間に入っており
       ましたが、平成28年2月の上場株価(月末終値及び月間終値平均)が10円以上となったため、猶予期間から解除され
       ました。
      5【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      6【研究開発活動】

        特記すべき事項はありません。
                                 12/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
        なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                                        平成25年9月13日)等を適用
       し、「当期純損失」を「親会社株主に帰属する当期純損失」、「少数株主持分」を「非支配株主持分」としておりま
       す。
       (1)重要な会計方針及び見積り
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において、一般に公正妥当と認められている会計基準により作成され
        ております。この連結財務諸表の作成にあたりまして、経営陣による会計方針の採用、資産・負債及び収益・費
        用の計上については会計基準及び実務指針等により見積もりを行っています。この見積もりについては、継続し
        て評価し、必要に応じて見直しを行っておりますが、見積もりには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと
        異なることがあります。
         なお、連結財務諸表の作成のための重要な会計基準等は「第5                             経理の状況      1連結財務諸表等[注記事項](連
        結財務諸表作成のための基本となる事項)」に記載されているとおりであります。
       (2)当連結会計年度の経営成績の分析

        ①売上高
         当連結会計年度における売上高は3,393百万円(前年同期比5.0%増)となりました。これは主に海外事業の売
        上高が増加したことによるものです。
        ②売上総利益
         当連結会計年度における売上総利益は△1百万円(前期は188百万円の売上総利益)となりました。これは主に
        海外事業においてたな資産評価損を108百万円計上したことにより売上原価が増加したこと等によるものです。
        ③販売費及び一般管理費
         当連結会計年度における販売費及び一般管理費は396百万円(前期比25.3%増)となりました。
        ④営業損益
         以上の結果により、当連結会計年度における営業損失は398百万円(前期は128百万円の営業損失)となりまし
        た。
        ⑤経常損益
         当連結会計年度における経常損益は401百万円の損失(前期は163百万円の経常損失)となりました。
        ⑥特別損益
         当連結会計年度において特別損失として減損損失342百万円計上しております。
        ⑦親会社株主に帰属する当期純損益
         以上の結果、当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純損益は556百万円の損失(前年期は187百万
        円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。
        ⑧財政状態の分析
         当連結会計年度末の総資産は2,503百万円となり、前連結会計年度末と比較して1,501百万円減少いたしまし
        た。
         資産、負債及び純資産の状況は次のとおりであります。
        (資産の部)
         現金及び預金が544百万円増加したものの、売掛金が219百万円、たな卸資産がルーブルの下落及び受注が減少
        したことにより1,088百万円減少、主としてルーブルの下落並びに減損により有形固定資産が531百万円減少した
        こと等により1,501百万円の減少となりました。
        (負債の部)
         買掛金が220百万円増加したものの借入金が101百万円、主としてダイヤモンド相場の下落により受注が減少し
        たため並びにルーブルの下落により前受金が913百万円減少したこと等により740百万円の減少となりました。
        (純資産の部)
         資本金が137百万円、資本剰余金が137百万円増加したものの、利益剰余金が556百万円、為替換算調整勘定が
        143百万円、非支配株主持分が344百万円、減少したこと等により761百万円減少しております。
        ⑨キャッシュ・フローの分析

         当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析につきましては、「第2事業の状況                                          1業績等の概要(2)
        キャッシュ・フロー」に記載のとおりですが、現金及び現金同等物の残高は708百万円(前期末比544百万円増)
        と前期末より増加しております。
         ただし、今後の事業展開を考慮すると決して充分な手持ち資金ではないことから、営業面ではそれぞれの事業
        により売上高が見込める開拓を積極的に推進し、営業活動によるキュッシュ・フローの増大を図り、併せて、広
        告宣伝費等の販売費及び一般管理費の削減、経営の効率化を図り、財務体質の改善を図ってまいります。
                                 13/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (3)経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループを取り巻く宝飾品事業の環境は非常に厳しく、その需要も決して楽観することはできません。
         事業の再構築をさらに推進してまいります。
       (4)経営戦略の現状と見通し

         当社グループとしましては、これらの状況を踏まえて、ロシア連邦サハ共和国産のダイヤモンドを中心とした
        販売体制作りに徹してまいります。
         また、宝飾品販売の拡大を含めたあらゆる施策に取り組み、併せて求め易さを重視した商品開発も進め、幅広
        い商品を販売してまいります。
       (5)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         営業活動によるキャッシュ・フローにおきましては、商品在庫高圧縮及び小売販売での商品の回転率を向上さ
        せ財務体質の改善を行ってまいります。
       (6)経営者の問題認識と今後の方針について

          当社グループの経営陣は、現在の事業環境及び入手可能な情報に基づき最善の経営方針を立案するよう努めて
         おりますが、ここ数年の世界の宝飾品事業におけるビジネス環境の変化を鑑みますと、当社グループを取り巻く
         環境は厳しさを増すことが予想されます。
          当社グループとしては、中国での店舗による小売販売に加え、卸販売も強化してまいります。また、日本では
         エンドユーザーを意識したインターネットによるファッションジュエリー販売、店舗におけるブライダルジュエ
         リー販売、加えて、海外子会社公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)における原石ロットの確保、原石並
         びに自社研磨による加工販売等、それぞれに合わせた部門を充実させ業績の向上に努めてまいります。
         その他、これらと併用してタイムリーな経営判断により事業の拡大を図ってまいります。
       (7)継続企業の前提に関する重要事象等の分析・検討内容及び今後の対応策

          当社グループは、「第2            事業の状況      4事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生
         じさせるような事象又は状況が存在しております。
         当社グループにおいては、当該状況を解消し早期黒字化を図ることが優先課題であり、主に以下に示す施策を
        積極的に推進しております。
         ①コストダウン施策の実施及び強化
         利益率の改善を図るべく、徹底した商品コストの見直しによる原価の削減、人件費の抑制及びその他経費全般
         についての見直しを行い収益改善を図ってまいります。
         ②海外事業の強化
         海外子会社維真珠宝(上海)有限公司の店舗における集客を強化するとともに、卸販売も積極的に行ってま
         いります。
         ③インターネット及び店舗販売の強化
         子会社バージンダイヤモンドは、インターネット販売の強化及びバージンダイヤモンド・ショールームにおけ
         る集客に注力するとともにブライダルジュエリーの販売を事業の柱としてまいります。
         ④ダイヤモンド研磨事業の強化
         海外子会社公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)に最先端の技術と設備及びシステムを導入しておりま
         す。これにより、ダイヤモンド研磨事業の大幅な技術の向上とコストダウンを図り、生産力と販売力を改善い
         たします。
         当社グループといたしましては、主に以上の施策を実施することにより、利益体質への転換と、事業の資金面
        での安定化に努めてまいります。
                                 14/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】

        当連結会計年度中において実施いたしました企業集団の設備投資の総額は2百万円で、その主なものは公開型株式
       会社サハダイヤモンド(ロシア)においての生産設備費の投資であります。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却はありませんでしたが、在外子会社である公開型株式会社
       サハダイヤモンド(ロシア)において建物の減損342百万円を実施しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成28年3月31日現在
                                            帳簿価額

               事業所名                                         従業員数
       会社名              セグメントの名称         設備の内容       建物及び構築
                                             その他       合計
               (所在地)                                          (人)
                                     物
                                            (百万円)      (百万円)
                                      (百万円)
              本社
                             統括業務設備
     本社                会社統轄業務
                                         196       56      253     1(-)
             (東京都墨田区)                不動産賃貸設備
       (2)国内子会社

                                                  平成28年3月31日現在
                                            帳簿価額
               事業所名                                         従業員数
       会社名              セグメントの名称         設備の内容       建物及び構築
                                            その他       合計
               (所在地)                                         (人)
                                     物
                                            (百万円)      (百万円)
                                      (百万円)
     株式会社バージン        本社
                     ダイヤモンド事業        販売設備
                                         -       0      0    2(-)
     ダイヤモンド
             (東京都墨田区)
       (3)在外子会社

                                                  平成28年3月31日現在
                                            帳簿価額
               事業所名                                         従業員数
       会社名              セグメントの名称         設備の内容       建物及び構築
               (所在地)                              その他       合計     (人)
                                     物
                                            (百万円)      (百万円)
                                      (百万円)
              本社
                             ダイヤモンド研磨
     公開型株式会社サ        (ロシア連邦サハ        ダイヤモンド研磨
                             設備
                                         351       57      408     37(3)
     ハダイヤモンド        (ヤクーツク)共和        事業
                             不動産賃貸設備
             国)
     維真珠宝(上海)        本社
                     海外事業        販売設備
                                         -       0      0    33(-)
     有限公司        (中国上海市)
     (注)1.     帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、土地の合計であります。なお、金額には消費税等は含ま
          れておりません。
        2.     従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人員を()外数で記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        当連結会計年度後1年間の特記すべき設備投資計画はありません。
                                 15/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】

       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                          628,000,000
                  計                              628,000,000
        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
              (株)(平成28年3月31日)             (株)(平成28年6月29日)
                                        取引業協会名
                                                     権利内容に何ら
                                                     限定のない当社
                                          東京証券取引所
                                                     における標準と
     普通株式             358,172,137             358,172,137                     なる株式であ
                                           JASDAQ
                                                     り、単元株式数
                                          (スタンダード)
                                                     は100株であり
                                                     ます。
         計          358,172,137             358,172,137              -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

          当社は、会社法に基づき、新株予約権を発行しています
     第11回新株予約権(平成28年2月19日開催の取締役会決議)
                                   事業年度末現在              提出日の前月末現在

                 区分
                                  (平成28年3月31日)               (平成28年5月31日)
                                                    同左
     新株予約権の数(個)                                570,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                 -               -

     新株予約権の目的となる株式の種類                              当社普通株式                 同左

     新株予約権の目的となる株式の数(株)                                (注)1               (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                (注)2               (注)2

                                 自 平成28年3月14日
                                 至 平成30年3月13日
                               (但し、(注)4.「自己新株予約権
                               の取得の事由および取得の条件」に
     新株予約権の行使期間                                               同左
                               従って当社が本新株予約権の全部又
                               は一部を取得する場合、当社が取得
                               する本新株予約権については、取得
                               日の前日までとする。)
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                     (注)3               (注)3
     発行価格及び資本組入額(円)
                               各新株予約権の一部行使はでき
     新株予約権の行使の条件                                               同左
                                  ないものとする。
                                譲渡による本新株予約権の取
     新株予約権の譲渡に関する事項                          得については、当社取締役会の                     同左
                                承認を要するものとする。
                                      -               -
     代用払込みに関する事項
                                      -               -
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の数
                                 16/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        (1)  本新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、その総数57,000,000株とする(本新株予約権1
          個当たりの目的である株式の数(以下、「割当株式数」という。)は100株とする。)。但し、本項(2)ない
          し(4)により、割当株式数が調整される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後割当株式数
          に 応じて調整されるものとする。
        (2)  当社が(注)2.「新株予約権の行使時の払込金額」の規定に従って行使価額の調整を行う場合には、割当株
          式数は次の算式により調整されるものとする。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てるものと
                                   調整前割当株式数 × 調整前行使価額
             調整後割当株式数 =
                                           調整後行使価額
          する。なお、かかる算式における調整前行使価額および調整後行使価額は、第2項「新株予約権の行使時の
          払込金額」(3)に定める調整前行使価額及び調整後行使価額とする。
        (3)  調整後割当株式数の適用日は、当該調整事由に係る(注)2.「新株予約権の行使時の払込金額」(3)
          (b)及び(e)による行使価額の調整に関し、各号に定める調整後行使価額を適用する日と同日とする。
        (4)  割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に
          対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前割当株式数、調整後割当株式数およびその適用開始日そ
          の他必要な事項を書面で通知する。但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合に
          は、適用開始日以降速やかにこれを行う。
        2.新株予約権の行使時の払込金額

         (1)  各本新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その価額は、行使価額に割当株式数を乗じた額
           とする。
         (2)  本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する場合における株式1株当たりの出資される財産の
           価額(以下「行使価額」という。)は、金11円とする。
         (3)  行使価額の調整
          (a)  当社は、本新株予約権の割当日後、下記(b)に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を生じる場合
            又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「行使価額調整式」という。)をもって
            行使価額を調整する。
                                       交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                           既発行普通株式数+
       調整後行使価格=調整前行使価格×
                                                1株当たりの時価
                                     既発行普通株式数+交付普通株式数
          (b)  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合および調整後行使価額の適用時期については、次に定め

            るところによる。
           イ.本項(d)ロ.に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行し、又は当社の保有す
             る当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場合を含む。)(但し、新株予約権(新株予約権付
             社債に付されたものを含む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その他当社普通
             株式の交付を請求できる権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分割、株式交換又
             は合併により当社普通株式を交付する場合を除く。)、調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払
             込期間を定めた場合はその最終日とし、無償割当ての場合はその効力発生日とする。)以降、又はかか
             る発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はその日の翌日
             以降これを適用する。
           ロ.株式の分割により普通株式を発行する場合の調整後行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降
             これを適用する。
           ハ.本項(d)ロ.に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付
             株式又は本項(d)ロ.に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予
             約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行又は付与する場合調整後行使価額は、取得請
             求権付株式の全部に係る取得請求権又は新株予約権の全部が当初の条件で行使されたものとみなして行
             使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場合は割当日)                                       以降又は(無償割
             当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準
             日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
          (c)   行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまる場合
            は、行使価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価額を調
            整する場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差し引いた
            額を使用する。
         (d)  その他
                                 17/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
           イ.行使価額調整式の計算については、円位未満小数第3位まで算出し、小数第3位を切り捨てるものとす
             る。
           ロ.行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45取引日目に始まる
             30  取引日(終値のない日を除く。)の金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値の単純平
             均値とする。この場合、平均値の計算は、円位未満小数第3位まで算出し、小数第3位を切り捨てるも
             のとする。
          ハ.行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場
             合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前の日に
             おける当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控除した数と
             する。
         (e)  上記(b)の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額の調
            整を行う。
           イ.株式の併合、資本の減少、会社分割、株式移転、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とす
             るとき。
           ロ.その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必
             要とするとき。
           ハ.行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあた
             り使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
          (f)  行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対
            し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用開始日その他必
            要な事項を書面で通知する。但し、上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこ
            れを行う。
         3.新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額

          (1)  本新株予約権の行使により発行する当社普通株式1株の発行価格は、行使請求に係る各本新株予約権の行
            使に際して出資される財産の総額に、行使請求に係る各本新株予約権の払込金額の総額を加えた額を、
            (注)1.「新株予約権の目的となる株式の数」記載の株式の数で除した額とする。
          (2)  本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第
            17条第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円未満の端
            数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当該資本金等増加限度額から増加する資本金の額
            を減じた額を増加する資本準備金の額とする。
         4.  自己新株予約権の取得事由及び取得の条件

            当社は、本新株予約権の割当日以降、東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値が20取引日
           連続して、行使価額の150%を上回った場合、当社取締役会が別途定める日(以下、「取得日」という。)
           の20取引日前までに本新株予約権者に対する通知又は公告を行うことにより、取得日において本新株予約権
           1個につき金15円で、取得日に残存する本新株予約権の全部又は一部を取得することができる(本項に基づ
           く本新株予約権の取得を請求する権利を、「本取得請求権」という。)。なお、当社が、本取得請求権を行
           使できることとなった日(東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値が20取引日連続して行使
           価額の150%を上回った場合の当該20取引日目の日)から30取引日の間に、上記通知又は公告を行わない場
           合、当社は本取得請求権を喪失すものとする。なお、当社が本取得請求権の一部を行使し又は喪失した後、
           再び本取得請求権の行使条件が充たされた場合、当社は本取得請求権を新たに取得するものとし、当該本取
           得請求権については本項の規定が同様に適用される。なお、本取得請求権により本新株予約権の一部を取得
           する場合には、抽選その他合理的な方法により行うものとする。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
                                 18/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日
               数増減数(株)        数残高(株)         (百万円)        (百万円)      減額(百万円)        高(百万円)
     平成23年4月1日~
     平成23年5月23日             68,846,085       268,172,137            179      2,788         179        353
        (注)1,2
     平成23年5月24日~
     平成24年3月31日             65,000,000       333,172,137           1,105        3,893        1,104        1,458
        (注)3
     平成25年6月27日
                      ―  333,172,137          △1,753         2,140      △1,458           ―
        (注)4
     平成25年12月25日
                      ―  333,172,137          △2,040          100         ―        ―
        (注)5
     平成28年3月9日
                  20,000,000       353,172,137            110       210        110        110
        (注)6,7
     平成28年3月14日
                  5,000,000      358,172,137            27       237        27       137
        (注)6,7
      (注)1.      第9回新株予約権の行使
           第三者割当
           当初発行価格         5.2円
           当初資本組入額 2.6円
           割当先  BILLION         MASTER    HOLDINGS     LIMITED
                株式会社NETBANCO
           その後、平成23年5月23日にEurostar                  HK  Holdings     Limitedに譲渡され、同日全て行使されております。
         2.  平成23年4月1日から平成23年5月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が
           68,846,085株、資本金及び資本準備金がそれぞれ179百万円増加しております。
         3.  第10回新株予約権の行使
           第三者割当
           当初発行価格          33円
           当初資本組入額 16.5円
           割当先  厳健軍
         4.  平成25年6月27日開催の定時株主総会において、同日付で資本金を1,753,456,068円減少し、資本準備金を
           61,458,536,240円減少させ、その他資本剰余金へ振替えております。
           また、その他資本剰余金3,211,992,308円を繰越利益剰余金に振り替え、全額欠損補填しております。
         5.  平成25年12月25日開催の臨時株主総会において、同日付で資本金を2,040,093,812円減少させ、その他資本
           剰余金へ振替えております。
         6.  有償第三者割当
           割当先  Ping          An  Dynamic    Fund   I
                Eurostar     HK  Holdings     Limited
                25,000千株
           発行価格             11円
           資本組入額             5.5円
         7.  平成28年2月19日付で提出した有価証券届出書に記載いたしました「第一部 証券情報 第1 募集事項
           5 新規発行による手取金の使途(2)手取金の使途」について下記のとおり変更が生じております。な
           お、当該変更箇所については下線_で示しております。
         (1)平成28年5月2日付 変更
           平成28年2月19日付 変更前

           <本新株式の発行により調達する資金の具体的な使途>

                                      金額(百万
                     具体的な使途                              支出予定時期
                                        円)
            ①  ダイヤモンド事業における仕入資金                           195
                                              平成28年4月      ~平成28年11月
            ②  免税品販売事業の新規出店費用                            80
                                              平成28年4月      ~ 平成28年5月
           (注)   1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
                                 19/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
           2.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金額
             を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表い
             たします。
           <本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途>
                                      金額(百万

                     具体的な使途                              支出予定時期
                                        円)
            ①  ダイヤモンド事業における経費および仕入資金                           185
                                              平成28年4月      ~ 平成29年3月
            ②  免税品販売事業の新規出店費用                           140     平成28年4月      ~平成29年3月
            ③  本社運転資金                           300
                                              平成28年4月      ~平成30年3月
           (注)1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
           2.本新株予約権による資金調達につきましては、割当予定先であるユーロスター香港からは、当社が資
             金を必要とするタイミングで行使を表明しているため、来期におけるダイヤモンド事業及び免税品販売
             事業はともに計画通り事業を遂行できることが資金的に担保されております。具体的には、                                           ダイヤモン
             ド事業では平成28年5月までに200百万円、免税品販売事業では平成28年4月までに220                                         百万円の資金
             調達が必要な計画としております。しかしながら、もう1つの割当予定先であるPAD                                       による本新株予約
             権の行使が進まなかった場合にはユーロスター香港が引き受けた本新株予約権をすべて行使した後の本
             社運転資金や平成29年4月に計画しているダイヤモンド事業の仕入資金(100                                    百万円)が調達できない
             可能性がありますが、その場合には、収益によって得た手元資金の充当やダイヤモンド事業における計
             画の見直し、広告宣伝費や諸経費の削減によって対応する予定です。
           3.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金額
            を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表いた
            します。
           本第三者割当増資により調達される手取金の使途のより具体的な内容につきましては以下のとおりです。
                ①ダイヤモンド事業における仕入資金等
                 当該事業の仕入資金は、ダイヤモンド事業を強化するための仕入資金に充当いたします。
            ダイヤモンド事業においては、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の、エンゲージリング、マ
           リッジリングのデザインの見直しと商品の拡充をして、同ブランド商品の販売を強化し、また、一般ジュ
           エリーを国内外の業者より仕入れ、ブライダル市場以外のジュエリーマーケットにも販路を拡大する等、
           あらゆる施策に取り組み、収益拡大に努めてまいります。
            具体的には、エンゲージリングおよびマリッジリングをメインとした新サイト「VirginDiam
           ond」及び楽天市場の「ザ・ベストサプライズ」のインターネット販売並びにバージンダイヤモンド
           ショールーム等に、売れ筋商品の補充とデザインの刷新を図ることにより、販売を強化し、また「バージ
           ンダイヤモンド」の価値をご理解いただける小売店、チェーン店と業務提携をして、当社のブランド
           「バージンダイヤモンド」の店頭展開を増やし、販売網の拡充をしてまいります。
            ダイヤモンド事業は委託販売が中心であることから、投下資金の早期回収および販売機会の損失を避け
           る為には、出来る限り早期での商品補充が望ましく、つきましては、                                平成28    年4月に100      百万円、平成28
           年5月に50      百万円、平成28        年6月から平成29         年3月までに86        百万円、平成29        年4月に100      百万円   の合
           計336   百万円の仕入を想定しており、本新株式および本新株予約権の行使によって調達した資金を充当い
           たします。なお、平成29            年5月から平成30         年3月までに142        百万円の仕入を計画しておりますが、当該
           期間における仕入につきましては、ダイヤモンド事業で得た収益で充当していく予定であります。
            商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉までには
           至っておりません
             また、ダイヤモンド事業における経費として、平成28                          年4月から平成29         年3月までに販売管理費
           30,953    千円、平成29       年4月から平成30         年3月までに販売管理費47,705               千円の合計78,658         千円を見込ん
           でおり、これに本新株予約権の行使によって調達した資金のうち44                               百万円を充当いたします。
               ②免税品販売事業の新規出店費用、仕入資金等
                                 20/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
            当社グループは、海外事業、ダイヤモンド事業、ダイヤモンド研磨事業、トレーディング事業、不動産
           事業の5つを報告セグメントとしておりますが、これらの既存事業に加えて、新規事業として宝飾品を中
           心とした免税品を訪日外国人向けに販売していくことを目的とした店舗の運営、販売事業を推し進めてい
           く計画です。
            免税品販売事業の事業計画につきましては、成長市場である訪日外国人市場において当社の専門分野で
           ある宝飾品を中心とした免税品を、中国人をはじめとする訪日外国人向けに販売していくことを目的とし
           た店舗の運営を行っていく計画であります。
            店舗を展開する事業としては、当社グループは以前にも、ダイヤモンドの小売店舗として6店舗を展開
           しておりましたが、当社の資金状況が悪化したことで、継続的な維持改良および広告宣伝の継続的かつ効
           果的な利用が困難になり、販売不振に陥ったことから、撤退を余儀なくされた経緯がありますが、当免税
           品販売事業は、以前の小売店舗とは異なり、訪日中国人観光客を主要顧客としており、具体的には、中国
           国内の旅行代理店と業務提携し、中国人観光客を誘致して、中国人に人気である真珠や珊瑚を中心とした
           宝飾品を主に日本国内の業者より仕入れて、実店舗を構え販売するものであります。また、当事業の店舗
           への訪日中国人観光客の誘致にかかる費用は、中国国内旅行代理店への紹介料が主であり、必要となる費
           用については、販売に至った商品代金から捻出する予定であります。
            店舗の出店に係る初期費用の総額は80百万円であり、内訳として、敷金・保証金で30百万円                                           (支出予定
           時期として平成28年4月を予定)、内装費で50百万円(支出予定時期として平成28年4月から同年5月ま
           でを予定)     を見込んでおり、出店予定時期としては                   平成28年6月      を予定しておりますが、店舗物件の調査
           や検討状況等によっては出店予定時期が延びる可能性があります。なお、当免税品販売事業が早期に安定
           した収益を得るようになるためには、早急な店舗展開が必要になることから、当初期費用を                                           平成28年4月
           から平成28年5月に支出する予定であり、                    これに本新株式の割当で調達しました80百万円を充当します。
            また、当免税品販売事業の商材の中核である真珠および珊瑚は、当社グループにほぼ在庫が無いことか
           ら、早急な商品補充を必要としており、同商品の仕入に                          平成28年4月から平成28年5月までに                  130百万円を
           想定しており、かつ、          平成28年4月      から平成29年3月までの免税品販売事業における経費・販売管理費へ
           の充当として10百万円を想定しておりますが、これらの資金については、本新株予約権の行使によって調
           達した資金を充当いたします。
            なお、紹介料につきましては、今後、中国国内旅行代理店と協議をいたしまして決定をし、商品の上代価
           格に転嫁いたします。
            また、商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉まで
           には至っておりません。
           平成28年5月2日付 変更後

           <本新株式の発行により調達する資金の具体的な使途>

                                     金額(百万円)
                     具体的な使途                              支出予定時期
            ①  ダイヤモンド事業における仕入資金                             195
                                              平成28年5月      ~平成28年11月
            ②  免税品販売事業の新規出店費用                             80
                                              平成28年5月      ~ 平成29年4月
            (注)   1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
           2.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金額
             を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表い
             たします。
           <本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途>
                     具体的な使途                金額(百万円)             支出予定時期

            ①  ダイヤモンド事業における経費および仕入資金                             185
                                              平成28年5月      ~ 平成29年6月
            ②  免税品販売事業の新規出店費用                             140
                                              平成28年5月      ~平成29年3月
            ③  本社運転資金                             300
                                              平成28年5月      ~平成30年3月
           (注)1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
                                 21/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
           2.本新株予約権による資金調達につきましては、割当予定先であるユーロスター香港からは、当社が資
             金を必要とするタイミングで行使を表明しているため、来期におけるダイヤモンド事業及び免税品販売
             事業はともに計画通り事業を遂行できることが資金的に担保されております。具体的には、                                           ダイヤモン
             ド事業では平成29年6月までに200百万円、免税品販売事業では平成29年4月までに220                                         百万円の資金
             調達が必要な計画としております。しかしながら、もう1つの割当予定先であるPAD                                       による本新株予約
             権の行使が進まなかった場合にはユーロスター香港が引き受けた本新株予約権をすべて行使した後の本
             社運転資金や平成28年5月から平成29年6月までに計画しているダイヤモンド事業の仕入資金(100百
             万円)が調達できない可能性があります。
           3.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金額
            を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表いた
            します。
            本第三者割当増資により調達される手取金の使途のより具体的な内容につきましては以下のとおりで
           す。
                ①ダイヤモンド事業における仕入資金等
                 当該事業の仕入資金は、ダイヤモンド事業を強化するための仕入資金に充当いたします。
            ダイヤモンド事業においては、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の、エンゲージリング、マ
           リッジリングのデザインの見直しと商品の拡充をして、同ブランド商品の販売を強化し、また、一般ジュ
           エリーを国内外の業者より仕入れ、ブライダル市場以外のジュエリーマーケットにも販路を拡大する等、
           あらゆる施策に取り組み、収益拡大に努めてまいります。
            具体的には、エンゲージリングおよびマリッジリングをメインとした新サイト「VirginDiam
           ond」及び楽天市場の「ザ・ベストサプライズ」のインターネット販売並びにバージンダイヤモンド
           ショールーム等に、売れ筋商品の補充とデザインの刷新を図ることにより、販売を強化し、また「バージ
           ンダイヤモンド」の価値をご理解いただける小売店、チェーン店と業務提携をして、当社のブランド
           「バージンダイヤモンド」の店頭展開を増やし、販売網の拡充をしてまいります。
            ダイヤモンド事業は委託販売が中心であることから、投下資金の早期回収および販売機会の損失を避け
           る為には、出来る限り早期での商品補充が望ましく、つきましては、                                平成28年5月から平成29年4月               の合
           計336百万円の仕入を想定しており、本新株式および本新株予約権の行使によって調達した資金を充当いた
           します。なお、平成29年5月から平成30年3月までに142百万円の仕入を計画しておりますが、当該期間に
           おける仕入につきましては、ダイヤモンド事業で得た収益で充当していく予定であります。
            商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉までには
           至っておりません
            また、ダイヤモンド事業における経費として、平成28年4月から平成29年3月までに販売管理費30,953
           千円、平成29年4月から平成30年3月までに販売管理費47,705千円の合計78,658千円を見込んでおり、こ
           れに本新株予約権の行使によって調達した資金のうち44                          百万円を充当いたします。
               ②免税品販売事業の新規出店費用、仕入資金等
                                 22/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
            当社グループは、海外事業、ダイヤモンド事業、ダイヤモンド研磨事業、トレーディング事業、不動産
           事業の5つを報告セグメントとしておりますが、これらの既存事業に加えて、新規事業として宝飾品を中
           心とした免税品を訪日外国人向けに販売していくことを目的とした店舗の運営、販売事業を推し進めてい
           く計画です。
            免税品販売事業の事業計画につきましては、成長市場である訪日外国人市場において当社の専門分野で
           ある宝飾品を中心とした免税品を、中国人をはじめとする訪日外国人向けに販売していくことを目的とし
           た店舗の運営を行っていく計画であります。
            店舗を展開する事業としては、当社グループは以前にも、ダイヤモンドの小売店舗として6店舗を展開
           しておりましたが、当社の資金状況が悪化したことで、継続的な維持改良および広告宣伝の継続的かつ効
           果的な利用が困難になり、販売不振に陥ったことから、撤退を余儀なくされた経緯がありますが、当免税
           品販売事業は、以前の小売店舗とは異なり、訪日中国人観光客を主要顧客としており、具体的には、中国
           国内の旅行代理店と業務提携し、中国人観光客を誘致して、中国人に人気である真珠や珊瑚を中心とした
           宝飾品を主に日本国内の業者より仕入れて、実店舗を構え販売するものであります。また、当事業の店舗
           への訪日中国人観光客の誘致にかかる費用は、中国国内旅行代理店への紹介料が主であり、必要となる費
           用については、販売に至った商品代金から捻出する予定であります。
            店舗の出店に係る初期費用の総額は80百万円であり、内訳として、敷金・保証金で30百万円                                           (支出予定
           時期として平成28年5月からを予定)、内装費で50百万円(支出予定時期として平成28年5月から平成29
           年4月までを予定        )を見込んでおり、出店予定時期としては                    平成28年6月から平成29年4月               を予定してお
           りますが、店舗物件の調査や検討状況等によっては出店予定時期が延びる可能性があります。なお、当免
           税品販売事業が早期に安定した収益を得るようになるためには、早急な店舗展開が必要になることから、
           当初期費用を      平成28年5月から平成29年4月に支出する予定であり、                          これに本新株式の割当で調達しまし
           た80百万円を充当します。
            また、当免税品販売事業の商材の中核である真珠および珊瑚は、当社グループにほぼ在庫が無いことか
           ら、早急な商品補充を必要としており、同商品の仕入に                          平成28年5月から平成29年6月までに                  130百万円を
           想定しており、かつ、          平成28年5月      から平成29年3月までの免税品販売事業における経費・販売管理費へ
           の充当として10百万円を想定しておりますが、これらの資金については、本新株予約権の行使によって調
           達した資金を充当いたします。
            なお、紹介料につきましては、今後、中国国内旅行代理店と協議をいたしまして決定をし、商品の上代価
           格に転嫁いたします。
            また、商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉まで
           には至っておりません。
          (2)平成28年6月20日付 変更

          平成28年6月20日付 変更前

          <本新株式の発行により調達する資金の具体的な使途>

                                     金額(百万円)

                    具体的な使途                              支出予定時期
          ①  ダイヤモンド事業における仕入資金                              195
                                             平成28年5月      ~平成28年11月
          ②  免税品販売事業の新規出店費用                              80
                                             平成28年5月      ~平成29年4月
          (注)   1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
             2.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金
              額を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公
              表いたします。
          <本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途>
                                     金額(百万円)

                    具体的な使途                              支出予定時期
          ①  ダイヤモンド事業における経費および仕入資金                              185
                                             平成28年5月      ~平成29年6月
          ②  免税品販売事業の新規出店費用                              140
                                             平成28年5月      ~平成29年3月
          ③  本社運転資金                              300
                                             平成28年5月      ~平成30年3月
          (注)1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
                                 23/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
            2.本新株予約権による資金調達につきましては、割当予定先であるユーロスター香港からは、当社が
             資金を必要とするタイミングで行使を表明しているため、来期におけるダイヤモンド事業及び免税品
             販売事業はともに計画通り事業を遂行できることが資金的に                            担保されております。具体的には、ダイ
             ヤモンド事業では平成29年6月までに200百万円、免税品販売事業では平成29年4月までに220                                            百万
             円の資金調達が必要な計画としております。しかしながら、もう1つの割当予定先であるPAD                                           による
             本新株予約権の行使が進まなかった場合にはユーロスター香港が引き受けた本新株予約権をすべて行
             使した後の本社運転資金や平成28年5月から平成29年6月までに計画しているダイヤモンド事業の仕
             入資金(100百万円)が調達できない可能性があります。
             3.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金
             額を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表
             いたします。
              本第三者割当増資により調達される手取金の使途のより具体的な内容につきましては以下のとおり
              です。
              ①ダイヤモンド事業における仕入資金等
               当該事業の仕入資金は、ダイヤモンド事業を強化するための仕入資金に充当いたします。
                ダイヤモンド事業においては、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の、エンゲージリン
               グ、マリッジリングのデザインの見直しと商品の拡充をして、同ブランド商品の販売を強化し、ま
               た、一般ジュエリーを国内外の業者より仕入れ、ブライダル市場以外のジュエリーマーケットにも
               販路を拡大する等、あらゆる施策に取り組み、収益拡大に努めてまいります。
                具体的には、エンゲージリングおよびマリッジリングをメインとした新サイト「VirginD
               iamond」及び楽天市場の「ザ・ベストサプライズ」のインターネット販売並びにバージンダ
               イヤモンドショールーム等に、売れ筋商品の補充とデザインの刷新を図ることにより、販売を強化
               し、また「バージンダイヤモンド」の価値をご理解いただける小売店、チェーン店と業務提携をし
               て、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の店頭展開を増やし、販売網の拡充をしてまいりま
               す。
                ダイヤモンド事業は委託販売が中心であることから、投下資金の早期回収および販売機会の損失
               を避ける為には、出来る限り早期での商品補充が望ましく、つきましては、                                   平成28年5月から平成
               29年4月の合計336百万円の仕入を想定しており、本新株式および本新株予約権の行使によって調
               達した資金を充当いたします。なお、平成29年5月から平成30年3月までに142百万円の仕入を計
               画しておりますが、当該期間における仕入につきましては、ダイヤモンド事業で得た収益で充当し
               ていく予定であります。
                商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉ま
               でには至っておりません
                また、ダイヤモンド事業における経費として、平成28年4月から平成29年3月までに販売管理費
               30,953千円、平成29年4月から平成30年3月までに販売管理費47,705千円の合計78,658千円を見込
               んでおり、これに本新株予約権の行使によって調達した資金のうち44                                百万円を充当いたします。
             ②免税品販売事業の新規出店費用、仕入資金等
                                 24/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
               当社グループは、海外事業、ダイヤモンド事業、ダイヤモンド研磨事業、トレーディング事業、
              不動産事業の5つを報告セグメントとしておりますが、これらの既存事業に加えて、新規事業とし
              て宝飾品を中心とした免税品を訪日外国人向けに販売していくことを目的とした店舗の運営、販売
              事業を推し進めていく計画です。
               免税品販売事業の事業計画につきましては、成長市場である訪日外国人市場において当社の専門
              分野である宝飾品を中心とした免税品を、中国人をはじめとする訪日外国人向けに販売していくこ
              とを目的とした店舗の運営を行っていく計画であります。
               店舗を展開する事業としては、当社グループは以前にも、ダイヤモンドの小売店舗として6店舗
              を展開しておりましたが、当社の資金状況が悪化したことで、継続的な維持改良および広告宣伝の
              継続的かつ効果的な利用が困難になり、販売不振に陥ったことから、撤退を余儀なくされた経緯が
              ありますが、当免税品販売事業は、以前の小売店舗とは異なり、訪日中国人観光客を主要顧客とし
              ており、具体的には、中国国内の旅行代理店と業務提携し、中国人観光客を誘致して、中国人に人
              気である真珠や珊瑚を中心とした宝飾品を主に日本国内の業者より仕入れて、実店舗を構え販売す
              るものであります。また、当事業の店舗への訪日中国人観光客の誘致にかかる費用は、中国国内旅
              行代理店への紹介料が主であり、必要となる費用については、販売に至った商品代金から捻出する
              予定であります。
               店舗の出店に係る初期費用の総額は80百万円であり、内訳として、敷金・保証金で30百万円(支
              出予定時期として平成28年5月からを予定)、内装費で50百万円(支出予定時期として平成28年5
              月から平成29年4月までを予定)を見込んでおり、出店予定時期としては平成28年6月から平成29
              年4月を予定しておりますが、店舗物件の調査や検討状況等によっては出店予定時期が延びる可能
              性があります。なお、当免税品販売事業が早期に安定した収益を得るようになるためには、早急な
              店舗展開が必要になることから、当初期費用を平成28年5月から平成29年4月に支出する予定であ
              り、これに本新株式の割当で調達しました80百万円を充当します。
               また、当免税品販売事業の商材の中核である真珠および珊瑚は、当社グループにほぼ在庫が無い
              ことから、早急な商品補充を必要としており、同商品の仕入に平成28年5月から平成29年6月まで
              に130百万円を想定しており、かつ、平成28年5月から平成29年3月までの免税品販売事業における
              経費・販売管理費への充当として10百万円を想定しておりますが、これらの資金については、本新
              株予約権の行使によって調達した資金を充当いたします。
               なお、紹介料につきましては、今後、中国国内旅行代理店と協議をいたしまして決定をし、商品の
              上代価格に転嫁いたします。
               また、商品の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交
              渉までには至っておりません。
          平成28年6月20日付 変更後

          <本新株式の発行により調達する資金の具体的な使途>

                                     金額(百万円)

                    具体的な使途                              支出予定時期
          ①  ダイヤモンド事業における仕入資金                              45
                                             平成28年7月      ~平成28年11月
          ②  免税品販売事業の新規出店費用                              30
                                             平成28年7月      ~平成29年4月
          ③  本社運転資金                              98
                                             平成28年4月      ~ 平成30年3月
          ④  借入金の返済                              102
                                             平成28年4月      ~ 平成28年5月
          (注)   1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
             2.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金
              額を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公
              表いたします。
          <本新株予約権の発行により調達する資金の具体的な使途>
                                     金額(百万円)

                    具体的な使途                              支出予定時期
          ①  ダイヤモンド事業における経費および仕入資金                              185
                                             平成28年7月      ~平成29年6月
          ②  免税品販売事業の新規出店費用                              140
                                             平成28年7月      ~平成29年3月
          ③  本社運転資金                              300
                                             平成28年7月      ~平成30年3月
          (注)1.調達した資金は、支出までの期間、当社の取引金融機関の預金口座で保管する予定であります。
                                 25/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
            2.本新株予約権による資金調達につきましては、割当予定先であるユーロスター香港からは、当社が
             資金を必要とするタイミングで行使を表明しているため、来期におけるダイヤモンド事業及び免税品
             販売事業はともに計画通り事業を遂行できることが資金的に担保                              されていると考えておりました。当
             社としては、平成28年4月に運転資金が枯渇しており、権利行使を                                Eurostar     HK  Holdings     Limited
             に要請いたしましたが、権利行使は行われておりませんでした。権利行使しなかった理由としては、
             Eurostar     HK  Holdings     Limited    の代表者である姜杰氏の意思であります。なお、Ping                          An  Dynamic
             Fund   Ⅰ  には、権利行使の要請はしておりません。現状の                        Eurostar     HK  Holdings     Limited    及び 
             Ping   An  Dynamic    Fund   Ⅰの本新株予約権の権利行使の方針は確認中であります。
             3.今後、当社を取り巻く環境に変化が生じた場合など、その時々の状況に応じて、資金の使途又は金
             額を変更する可能性があります。資金の使途又は金額に変更があった場合には、速やかに開示・公表
             いたします。
              本第三者割当増資により調達される手取金の使途のより具体的な内容につきましては以下のとおり
              です。
              ①ダイヤモンド事業における仕入資金等
               当該事業の仕入資金は、ダイヤモンド事業を強化するための仕入資金に充当いたします。
                ダイヤモンド事業においては、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の、エンゲージリン
               グ、マリッジリングのデザインの見直しと商品の拡充をして、同ブランド商品の販売を強化し、ま
               た、一般ジュエリーを国内外の業者より仕入れ、ブライダル市場以外のジュエリーマーケットにも
               販路を拡大する等、あらゆる施策に取り組み、収益拡大に努めてまいります。
                具体的には、エンゲージリングおよびマリッジリングをメインとした新サイト「VirginD
               iamond」及び楽天市場の「ザ・ベストサプライズ」のインターネット販売並びにバージンダ
               イヤモンドショールーム等に、売れ筋商品の補充とデザインの刷新を図ることにより、販売を強化
               し、また「バージンダイヤモンド」の価値をご理解いただける小売店、チェーン店と業務提携をし
               て、当社のブランド「バージンダイヤモンド」の店頭展開を増やし、販売網の拡充をしてまいりま
               す。
                ダイヤモンド事業は委託販売が中心であることから、投下資金の早期回収および販売機会の損失
               を避ける為には、出来る限り早期での商品補充が望ましく、つきましては、                                   平成28年7月から平成
               29年6月の合計230百万円で、商品の仕入、販売等を賄うこととし、現状として個別の交渉までに
               は至っておりません。
             ②免税品販売事業の新規出店費用、仕入資金等
                                 26/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
               当社グループは、海外事業、ダイヤモンド事業、ダイヤモンド研磨事業、トレーディング事業、
              不動産事業の5つを報告セグメントとしておりますが、これらの既存事業に加えて、新規事業とし
              て宝飾品を中心とした免税品を訪日外国人向けに販売していくことを目的とした店舗の運営、販売
              事業を推し進めていく計画です。
               免税品販売事業の事業計画につきましては、成長市場である訪日外国人市場において当社の専門
              分野である宝飾品を中心とした免税品を、中国人をはじめとする訪日外国人向けに販売していくこ
              とを目的とした店舗の運営を行っていく計画であります。
               店舗を展開する事業としては、当社グループは以前にも、ダイヤモンドの小売店舗として6店舗
              を展開しておりましたが、当社の資金状況が悪化したことで、継続的な維持改良および広告宣伝の
              継続的かつ効果的な利用が困難になり、販売不振に陥ったことから、撤退を余儀なくされた経緯が
              ありますが、当免税品販売事業は、以前の小売店舗とは異なり、訪日中国人観光客を主要顧客とし
              ており、具体的には、中国国内の旅行代理店と業務提携し、中国人観光客を誘致して、中国人に人
              気である真珠や珊瑚を中心とした宝飾品を主に日本国内の業者より仕入れて、実店舗を構え販売す
              るものであります。また、当事業の店舗への訪日中国人観光客の誘致にかかる費用は、中国国内旅
              行代理店への紹介料が主であり、必要となる費用については、販売に至った商品代金から捻出する
              予定であります。
               店舗の出店に係る初期費用の総額は店舗を縮小して30百万円とし、内訳として、敷金・保証金で
              10百万円(支出予定時期として平成28年7月からを予定)、内装費で20百万円、出店予定時期とし
              ては平成28年7月から平成29年4月を予定しておりますが、店舗物件の調査や検討状況等によって
              は出店予定時期が延びる可能性があります。なお、当免税品販売事業が早期に安定した収益を得る
              ようになるためには、早急な店舗展開が必要になることから、当初期費用を平成28年7月から平成
              29年4月に支出する予定といたします。
               また、当免税品販売事業の商材の中核である真珠および珊瑚は、当社グループにほぼ在庫が無い
              ことから、早急な商品補充を必要としており、同商品の仕入に平成28年7月から平成29年3月まで
              に130百万円を想定しており、かつ、平成28年7月から平成29年3月までの免税品販売事業における
              経費・販売管理費への充当として10百万円を想定しておりますが、これらの資金については、本新
              株予約権の行使によって調達した資金を充当いたします。なお、紹介料につきましては、今後、中
              国国内旅行代理店と協議をいたしまして決定をし、商品の上代価格に転嫁いたします。また、商品
              の仕入、販売等につきましては、当社における計画となっており、現状として個別の交渉までには
              至っておりません。
               現在、当社が保有する本社ビルでの免税品販売事業の新規出店の話があり、約1年程度かかって
              しまうかもしれませんが30百万円に変更して、免税品販売事業を開始することも検討しておりま
              す。
                                 27/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (6)【所有者別状況】
                                                    平成28年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                        単元未満株
         区分                             外国法人等                  式の状況
               政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計    (株)
               方公共団体          引業者     人
                                    個人以外      個人
     株主数(人)             -      2     24     151      54     70   33,031     33,332       -
     所有株式数(単元)             -   48,072     25,905     653,038    1,114,870       4,171   1,730,576     3,576,632      508,937
     所有株式数の割合
                  -    1.34     0.72     18.28     31.18      0.12     48.38     100.00       -
     (%)
     (注)1.自己株式30,849株は「個人その他」に308単元及び「単元未満株式の状況」に49株含めて記載しております。
          なお、自己株式30,849株は株主名簿上の所有株式数であり、平成28年3月31日現在の実質保有株式数は
          30,839株であります。
        2.証券保管振替機構名義株式3,210株は「その他の法人」に32単元、「単元未満株式の状況」に10株を含めて記
          載しております。
       (7)【大株主の状況】

                                                  平成28年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                                             所有株式数       に対する所有株
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      式数の割合
                                                    (%)
                       栃木県芳賀郡芳賀町西水沼1047-1                        53,053         14.81
      宗教法人天照の神の会
      CBHK-GUOTAI      JUNAN   SECURITIES       10/F,   TWO  HARBOURFRONT,       22  TAK  FUNG        27,520          7.68
      (HONG   KONG)   LIMITED-CLIENT          STREET,    HUNG   HOM,   KOWLOON,     HONG   KONG
      ACCOUNT
      KIM  ENG  SECS   (HK)   LTD  A/C     ROOM   1901,   BANK   OF  AMERICA    TOWER,    12       20,000          5.58
      CLIENTS                 HARCOURT     ROAD,   CENTRAL,     HONG   KONG
      CBHK-PHILLIP       SEC  (HK)   LTD-     10/F,   TWO  HARBOURFRONT,       22  TAK  FUNG        17,387          4.85
      CLIENT    MASTER             STREET,    HUNG   HOM,   KOWLOON,     HONG   KONG
      CBSG-MAYBANK       KIM  ENG
                       16F,   8 MARINA    VIEW,   #21-00    ASIA   SQUARE
      SECURITIES      PTE.   LTD.   A/C                              10,355          2.89
                       TOWER   1 SINGAPORE     018960
      CLIENTS
      THE  BANK   OF  NEW  YORK   -      ONE  WALL   STREET,NEW      YORK,NY10286       USA        9,740         2.71
      JASDECNON-TREATY         ACCOUNT
      SUN  HUNG   KAI  INVESTMENT
                       42/F,   THE  LEE  GARDENS,     33  HYSAN   AVENUE,
      SERVICES     LIMITED-SEGREGATED                                     6,097         1.70
                       CAUSEWAYBAY,       HONG   KONG
      CLIENT    A/C
                                               4,807         1.34
      日本証券金融株式会社                 中央区日本橋茅場町1丁目2番10号
      HAITONG    INTERNATIONAL
                       22/F.,    LI  PO  CHUN   CHAMBERS,     189  DES  VOEUX
      SECURITIES      COMPANY    LIMITED                                4,215         1.17
                       ROAD   CENTRAL,     HONG   KONG
      700700
                       埼玉県川口市川口4-4-43-302                         2,426         0.67
      株式会社満月の雨
                                 -              155,602          43.04

             計
     (注)1.     宗教法人天照の神の会は、平成27年11月19日に宗教法人慈照会から名称変更しております。

        2.前事業年度末において主要株主であった株式会社大富、佐久間浩人氏、松田浩氏、宝天大同は、当事業年
          度末現在では主要株主ではなくなりました。
                                 28/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年3月31日現在
            区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                       -             -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -             -            -
      議決権制限株式(その他)                       -             -            -

                                                 権利内容に何ら限定の
                      (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                           ない当社における標準
                      普通株式         30,800           -
                                                 となる株式
      完全議決権株式(その他)                 普通株式       357,632,400             3,576,324            同上
      単元未満株式                 普通株式         508,937           -           同上

      発行済株式総数                       358,172,137             -            -

      総株主の議決権                       -             3,576,324            -

      (注)     証券保管振替機構名義株式3,210株は「完全議決権株式(その他)」に32個、「単元未満株式」に10株を含めて
         記載しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成28年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                   対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社サハダイ          東京都墨田区千歳
                             30,800        -         30,800          0.00
     ヤモンド          三丁目12番7号
         計          -          30,800        -         30,800          0.00
      (注)上記自己株式は、株主名簿上当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が10株含まれておりま
         す。
       (9)【ストックオプション制度の内容】

          該当事項はありません。
                                 29/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    2,660             54,960
      当期間における取得自己株式                                     210             2,240

     (注)当期間における取得自己株式数は、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取に
        よる株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他     (注)1                          260       23,976          -        -
      保有自己株式数 (注)2                         30,849          -      31,059          -

     (注)1.単元未満株式の売渡請求による売渡しであります。
        2.平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売買による株式数は含まれておりませ
          ん。
                                 30/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、長期的な観点から、企業体質の強化充実と今後の事業展開に備えるための内部留保を念頭に入れながら
       株主に対する利益還元として、継続的な安定配当を行うことを基本としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回のほか、基準日を定めて剰余金の配当を行うことを基本方針としておりま
       す。これらの剰余金の配当の決定機関は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金
       の配当等を行うことができる」旨定款に定めております。
        そのためにも、財務体質の改善を行い、早期に黒字化を実現して、競争力強化に向けて事業拡大、有効投資を行
       いながら、安定した配当ができるよう努めてまいります。
        当期の配当につきましては、引き続き業績不振により、誠に遺憾ながら見送ることといたしました。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第47期          第48期          第49期          第50期          第51期
      決算年月       平成24年3月          平成25年3月          平成26年3月          平成27年3月          平成28年3月

      最高(円)             94          31          30          24          37

      最低(円)              ▶         11          15          15          1

     (注)    最高・最低株価は、平成23年4月1日より大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、
        平成25年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

       月別      平成27年10月          11月        12月      平成28年1月          2月        3月
      最高(円)            21        22        14        12        15        14

      最低(円)            14         1        7        8        9        10

     (注)    最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 31/84











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
      (1)平成28年6月29日(有価証券報告書提出日)現在の役員の状況は、以下のとおりであります。
        男性7名 女性2名 (役員のうち女性の比率22.22%)
                                                         所有株式
       役名       職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         数(株)
                                 平成10年6月      欧陸之星鑽石アジア太平洋地域総監
                                 平成14年3月      欧陸之星鑽石(上海)有限公司総裁
                                       就任(現任)
                                 平成14年5月      上海ダイヤモンド取引所理事(現
                                       任)
                                 平成22年1月      中国宝石ジュエリー業界協会副会長
                                       (現任)
                                 平成22年4月      ベルギー・ダイヤモンド高等議会
                                       (HRD)中国主席(現任)
     代表取締役社長               姜 杰    昭和38年3月8日生                             (注)3      -
                                 平成23年6月      当社取締役就任
                                 平成23年12月      取締役副社長就任
                                 平成24年6月      公開型株式会社サハダイヤモンド
                                       (ロシア)取締役(現任)
                                       当社代表取締役社長就任
                                 平成27年9月      当社取締役就任
                                 平成27年11月      当社代表取締役社長就任(現任)
                                 平成28年2月      維真珠宝(上海)有限公司董事長
                                       (現任)
                                 昭和62年4月      株式会社アド・カラー入社
                                 平成11年4月      同社取締役就任
                                 平成19年5月      当社入社管理部次長
                                 平成20年9月      IR戦略室室長
                                 平成23年6月      取締役IR戦略室室長就任
                                 平成24年6月      取締役IR戦略室室長兼管理部部長
                                       就任
                                       公開型株式会社サハダイヤモンド
     代表取締役
                                       (ロシア)取締役(現任)
                   井上 喜明     昭和39年7月22日生                             (注)3      -
     副社長
                                 平成26年5月
                                       代表取締役副社長就任
                                 平成26年6月
                                       維真珠宝(上海)有限公司董事長
                                       株式会社バージンダイヤモンド代表
                                       取締役社長(現任       )
                                       株式会社サハダイヤモンド・トレー
                                       ディング代表取締役社長(現任)
                                 平成27年9月      当社代表取締役社長就任
                                 平成27年11月      代表取締役副社長就任(現任)
                                 昭和62年10月      当社入社

                                 平成9年6月      取締役就任
                                 平成11年10月      管理部部長
                                 平成23年6月      経営管理室室長就任
     取締役       営業部部長       宮崎 富司      昭和29年4月1日生                             (注)3
                                                          124
                                 平成24年2月      取締役管理部部長就任
                                 平成24年6月      常勤監査役就任
                                 平成26年6月      取締役経理部部長就任
                                 平成27年12月
                                       取締役営業部部長就任(現任)
                                 平成17年4月      株式会社リリアン入社
                                 平成17年10月      同社社長室室長
                                 平成20年8月      株式会社バージンダイヤモンド常務
                                       取締役就任
                                 平成20年9月      当社入社e-ショップ事業部
                   清水    えいか            平成23年7月      管理部経理課課長兼中国業務推進役
     取締役       社長室室長            昭和50年3月15日生                             (注)3      -
                                 平成24年7月      社長室室長
                                 平成26年6月      取締役海外事業部部長就任
                                       株式会社サハダイヤモンド・トレー
                                       ディング取締役就任(現任)
                                 平成27年12月
                                       取締役社長室室長就任(現任)
                                 32/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                                                         所有株式
        役名       職名      氏名      生年月日               略歴            任期
                                                         数(株)
                                 平成63年7    月 ユーロスターダイヤモンド・トレー
                                      ダー・コーポレートマレーシア工場
                                      総経理
                                 平成6年4月      ユーロスターダイヤモンド・イン
                                      ターナショナルS.A.100%子会社・中
                                                     (注)1
                   ベルナルド
     取締役                   昭和42年6月1日生                                  -
                                      国広州从化東麟ダイヤモンド有限公
                                                     (注)3
                   ヴァン   プル
                                      司執行取締役兼総経理就任(現任)
                                 平成24年6月
                                      公開型株式会社サハダイヤモンド
                                      (ロシア)取締役(現任)
                                      当社取締役就任(現任)
                                 平成16年9月      中国四川省成都中英生命保険入社
                                 平成18年9月      欧陸之星鑽石(上海)有限公司
                                      行政部マネージャー
                                 平成22年4月      同社総経理(現任)
                                 平成24年4月      維真珠宝(上海)有限公司総経理
                                                     (注)1
     取締役               王 崢    昭和56年4月8日生              (現任)                    -
                                                     (注)3
                                 平成24年6月      当社取締役就任(現任)
                                 平成26年6月
                                      株式会社バージンダイヤモンド取締
                                      役(現任)
                                      株式会社サハダイヤモンド・トレー
                                      ディング取締役(現任)
                                 平成10年12月      株式会社日本フランチャイズ総合研
                                      究所所長就任
                                 平成17年5月      当社顧問
                                 平成17年6月      当社取締役就任
     常勤監査役             内川 昭比古      昭和24年6月9日生                             (注)4
                                                         12,270
                                 平成17年12月      株式会社日本フランチャイズ総合研
                                      究所代表取締役就任(現任)
                                 平成23年6月      当社常勤監査役就任
                                 平成26年6月
                                      当社常勤監査役就任(現任)
                                 昭和61年4月      弁護士登録
                                 平成3年5月      小林法律事務所開設
                                 平成11年2月      税理士登録
                                      小林・藤本法律会計事務所所長
                                                     (注)2
     監査役              小林  実     昭和28年1月11日生
                                                         19,610
                                      (現  小林フェア法律会計事務所)
                                                     (注)4
                                      (現任)
                                 平成19年2月      当社監査役就任
                                 平成26年6月      当社監査役就任(現任)
                                 昭和33年8月      佐藤電気株式会社入社
                                 昭和45年10月      日本電設資材株式会社入社
                                 昭和60年6月      株式会社フジデン代表取締役就任
                                                     (注)2
     監査役              菅原    謙爾   昭和8年2月21日生                                  -
                                      株式会社興平代表取締役会長就任
                                 平成7年9月
                                                     (注)4
                                      (現任)
                                 平成26年6月      当社監査役就任(現任)
                                          計
                                                         32,004
      (注)    1.  取締役ベルナルド         ヴァン    プル  及び王崢は、社外取締役であります。
         2.監査役小林実及び菅原謙爾は、社外監査役であります。
         3.平成28年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         4.平成30年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
                                 33/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      (2)平成28年6月30日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として「取締役8名選任の件」、及び「監査役1
        名選任の件」を提案しており、当該議案が承認可決されますと、当社の役員の状況は以下のとおりとなる予定であ
        ります。
         なお定時株主総会の直後に開催が予定されている取締役会の決議予定事項の内容を含めて記載しております。
        男性9名 女性3名 (役員のうち女性の比率25.00%)
                                                        所有株式数
      役名       氏名         生年月日                  略歴             任期
                                                         (株)
                              平成10年6月      欧陸之星鑽石アジア太平洋地域総監
                              平成14年3月      欧陸之星鑽石(上海)有限公司総裁
                                    就任(現任)
                              平成14年5月      上海ダイヤモンド取引所理事(現任)
                              平成22年1月      中国宝石ジュエリー業界協会副会長
                                    (現任)
                              平成22年4月      ベルギー・ダイヤモンド高等議会
                                    (HRD)中国主席(現任)
     代表取締
                              平成23年6月      当社取締役就任
            姜 杰        昭和38年3月8日生
                                                    (注)3       -
     役社長
                              平成23年12月      取締役副社長就任
                              平成24年6月      公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシ
                                    ア)取締役(現任)
                                    当社代表取締役社長就任
                              平成27年9月      当社取締役就任
                              平成27年11月      当社代表取締役社長就任
                              平成28年2月      維真珠宝(上海)有限公司董事長
                                    (現任)
                              昭和50年4月      宗教法人天照の神の会
      取締役      小松 賢壽        昭和24年7月26日生                                 (注)3
                                                          100
                                    代表就任(現任)
                              昭和62年10月      当社入社

                              平成9年6月      取締役就任
                              平成11年10月      管理部部長
                              平成23年6月      経営管理室室長就任
      取締役      宮崎 富司         昭和29年4月1日生                                (注)3
                                                          124
                              平成24年2月      取締役管理部部長就任
                              平成24年6月      常勤監査役就任
                              平成26年6月      取締役経理部部長就任
                              平成27年12月      取締役営業部部長就任
                              平成17年4月      株式会社リリアン入社
                              平成17年10月      同社社長室室長
                              平成20年8月      株式会社バージンダイヤモンド常務取締
                                   役就任
                              平成20年9月      当社入社e-ショップ事業部
           清水    えいか
      取締役              昭和50年3月15日生          平成23年7月      管理部経理課課長兼中国業務推進役                 (注)3       -
                              平成24年7月      社長室室長
                              平成26年6月      取締役海外事業部部長就任
                                   株式会社サハダイヤモンド・トレーディ
                                   ング取締役就任(現任)
                              平成27年12月      取締役社長室室長就任
                              平成元年4    月 宗教法人天照の神の会
     取締役      中村 光延        昭和16年11月17日生                                 (注)3       -
                                   理事就任(現任)
                             平成11年4月      上海LEY`S薬業有限公司 総経理

     取締役       方 亮        昭和38年3月29日生                                 (注)3       -
                             平成16年4月      上海国創薬業有限公司  総経理
                             平成18年4月
                                   上海九和堂国薬有限公司           董事長(現任)
                              平成16年9月      中国四川省成都中英生命保険入社
                              平成18年9月      欧陸之星鑽石(上海)有限公司
                                   行政部マネージャー
                              平成22年4月      同社総経理(現任)
                              平成24年4月      維真珠宝(上海)有限公司総経理(現任)
     取締役       王 崢        昭和56年4月8日生                                 (注)3       -
                              平成24年6月      当社取締役就任
                              平成26年6月      株式会社バージンダイヤモンド取締役
                                   (現任)
                                   株式会社サハダイヤモンド・トレーディ
                                   ング取締役(現任)
                                 34/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

      役名       氏名         生年月日                 略歴             任期
                                                         (株)
                              平成24年4    月 株式会社ワークセンター                 (注)1
      取締役      柿﨑 裕子        平成2年10月27日生                                       -
                              平成27年9月
                                   株式会社リファインド(現任)                 (注)3
                              平成10年12月      株式会社日本フランチャイズ総合研究所
                                   所長就任
                              平成17年5月      当社顧問
      常勤                        平成17年6月      当社取締役就任
           内川 昭比古         昭和24年6月9日生                                (注)4
                                                         12,270
      監査役                        平成17年12月      株式会社日本フランチャイズ総合研究所
                                   代表取締役就任(現任)
                              平成23年6月      当社常勤監査役就任
                              平成26年6月
                                   当社常勤監査役就任(現任)
                              昭和61年4月      弁護士登録
                              平成3年5月      小林法律事務所開設
                              平成11年2月      税理士登録
                                   小林・藤本法律会計事務所所長
                                                    (注)2
      監査役      小林  実        昭和28年1月11日生
                                                         19,610
                                   (現  小林フェア法律会計事務所)(現
                                                    (注)4
                                   任)
                              平成19年2月      当社監査役就任
                              平成26年6月
                                   当社監査役就任(現任)
                              昭和33年8月      佐藤電気株式会社入社
                              昭和45年10月      日本電設資材株式会社入社
                              昭和60年6月      株式会社フジデン代表取締役就任
                                                    (注)2
            菅原    謙爾
      監査役              昭和8年2月21日生                                       -
                                                    (注)4
                              平成7年9月
                                   株式会社行興平代表取締役就任(現任)
                                   当社監査役就任(現任)
                              平成26年6月
                              平成9年3月      南方証券有限公司 副総裁
                              平成12年5月      天同証券有限公司 副総裁
      監査役      陳 灝康        昭和41年9月13日生
                                                    (注)5
                                                           -
                              平成18年1月
                                   上海徳潤投資有限公司 総裁(現任)
                              平成23年6月
                                   株式会社サハダイヤモンド取締役
                                        計
                                                         32,104
      (注)    1.  取締役中村光延、方亮、           王崢及び柿﨑裕子は、社外取締役であります。
         2.監査役小林実及び菅原謙爾は、社外監査役であります。
         3.平成29年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         4.平成30年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         5.平成32年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
                                 35/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ※ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、「お客様の喜びを自分の喜びとする企業であること。」、「自らが、市場を創造できる企業であるこ
       と。」、「そして、社会人として個性豊かな社員を育成する。」の経営理念に基づき、健全で透明度が高く、環境の
       変化に迅速かつ的確な対応ができる経営体制及び経営システムを確立することが、当社のコーポレートガバナンスに
       関する基本的な考え方であり、経営上最も重要な課題のひとつと位置づけております。コーポレートガバナンスの一
       層の強化を目指すべく、株主総会の充実を図り、取締役会の活性化、監査役会の監査機能を強化し、適正な会計処理
       と情報開示、厳格な内部監査の実施によって経営の透明度を確保してまいります。
       ①企業統治の体制
       Ⅰ.  企業統治の体制の概要
        当社は、監査役制度を採用しており、3名の監査役のうち常勤監査役が1名であり、かつ社外監査役が2名の構成
       となっております。毎月開催される取締役会において、法令で定められた事項や経営上の重要事項における意思決
       定、その他重要事項並びに業務執行の状況について報告を受けております。取締役会は取締役6名で構成され、うち
       2名は株主視点及び顧客視点での意見を代表する社外取締役であります。また、法令のチェック以外に、当事者の業
       務内容にも深く及んで、経営の監視を有効に機能させております。
       Ⅱ.  企業統治の体制を採用する理由








        当社は、コーポレート・ガバナンスの体制として採用している、監査役設置会社であり、当社が置かれている経営
       環境や内部の状況について深い知見を有する取締役と経験豊富な監査役に加え、幅広い知識や専門性を有した社外役
       員によって、コーポレート・ガバナンスの枠組みが構成されるため、各役員が持つ個々の知識や経験が相互に作用し
       合いながら、意思決定のプロセスに関与することが可能となり、結果として、監査体制の充実が図られ、経営の迅速
       性、機動性も確保されているものと考えております。
       Ⅲ.  内部統制システムの整備の状況
        当社の内部統制システムといたしましては、社内業務全般にわたり、各種規定のもとで各役職員が権限と責任を
       もって業務を遂行しており、内部監査室による内部監査が実施されております。
       Ⅳ.  リスク管理体制の整備の状況
        当社のリスク管理体制は、管理部を推進部署として、当社事業において最も懸念すべき与信管理面において、常時
       担当者と打ち合せの上、与信限度額等の見直しを図っております。
       Ⅴ.  子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
        当社の取締役が、子会社の取締役を兼務しており、毎月開催される当社の取締役会において子会社の事業進捗、重
       要な課題及びリスク等への対処についての報告を行い、グループ全体の業務の適正を確保するための体制を整えてお
       ります。
                                 36/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       Ⅵ.  会計監査の状況
        当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、茂木秀俊氏、山中康之氏の2名であり、監査法人アリアに所属して
       おります。監査法人アリアは、監査人として独立の立場から財務諸表等に対する意見を表明しております。また、当
       社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士2名、その他2名であります。
        なお、平成28年6月30日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「会計監査人選任の件」を提案して
       おり、当該議案が承認可決されますと、平成28年1月13日付で監査役会により一時会計監査人に選任されておりまし
       た監査法人アリアは、改めまして会計監査人として選任される予定であります。
       Ⅶ.  責任限定契約の内容の概要
        当社と社外取締役、社外監査役及び会計監査人は、会社法第427条第1項の規程に基づき、同法第423条第1項の損
       害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額について、社外取締役、社
       外監査役及び会計監査人は、法令に定める最低責任限度額を限度としております。なお、当該責任限定が認められる
       のは、当該社外取締役、社外監査役及び会計監査人が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失が
       ないときに限られます。
       Ⅷ.  取締役及び監査役の責任の一部免除
        当社は、職務の遂行にあたり責任を合理的範囲にとどめるため、会社法第426条第1項の規程により、同法第423条
       第1項の取締役(取締役であったものを含む)及び監査役(監査役であったものを含む)の損害賠償責任を、法令が
       定める範囲で取締役会の決議によって免除することができる旨を定款で定めております。
       Ⅸ.  反社会勢力排除に向けた整備状況
        当社は、反社会勢力による不当要求が発生した場合の対応を統括する部署は管理部とし、地元警察及び顧問弁護士
       と連携を図っており、その対応策について助言、指導を受け適切に対処することとしております。
       ②内部監査及び監査役監査の状況
       Ⅰ.内部監査
        内部監査担当は、事業活動の適法性、適正性を検証し、監査結果を代表取締役及び担当取締役等に報告し、改善す
       べき事項がある場合にはその指導も実施しております。なお、内部監査担当は1名であり、代表取締役直轄として機
       能しております。
       Ⅱ.監査役監査
        監査役会は、監査役3名(常勤監査役1名、非常勤監査役2名)で構成され、毎月定期的な監査の実施及び取締役
       会並びに経営会議その他重要な会議への出席により経営の監視を行っております。
        なお、監査役のうち1名は、税理士の資格を有しており、経理・財務に関する知見を有しています。また、当社
       は、監査役の職務を補助するスタッフ(1名)を配置しております。
       Ⅲ.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統制担当の関係
        監査役は、会計監査人及び内部監査担当と都度情報交換を実施しており、また、必要に応じて監査役会への出席を
       求め相互の連携が図られております。
        また、当社は規模が小さいことから、内部監査担当と内部統制担当は同一であり、よって、監査役及び会計監査人
       と内部統制担当が都度情報交換を実施することにより、共有すべき事項について相互に連携し、把握できるような関
       係にあります。
       ③社外取締役及び社外監査役
        当社の社外取締役は2名であります。また、社外監査役は2名であります。
        当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはあ
       りませんが、選任にあたっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外役員として
       の職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
       Ⅰ.社外取締役及び社外監査役と当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
        社外取締役及び社外監査役と、また、当該社外取締役及び社外監査役が他の会社の等の役員若しくは使用人であ
       る、又は役員若しくは使用人であった場合における当該他の会社等と当社との間に、人間関係、資本関係又は取引関
       係その他の利害関係はありません。
        社外取締役及び社外監査役と当社との資本的関係につきましては、「第4 提出会社の状況 5.役員の状況」の
       とおりであり、社外監査役1名が当社の株式を保有しております。
       Ⅱ.社外取締役及び社外監査役が当社の企業統治において果たす機能及び役割
        高い独立性及び専門的な知見に基づく、客観的かつ適切な監視、監督により、当社の企業統治の有効性を高める機
       能及び役割を担っております。
       Ⅲ.社外取締役及び社外監査役の選任状況に関する当社の考え方
        当社の現在の社外取締役及び社外監査役は、高い独立性及び専門的な知見に基づき、客観的かつ適切な監視、監督
       といった期待される機能及び役割を十二分に果たし、当社の企業統治の有効性に大きく寄与しているものと考えてお
       ります。
       Ⅳ.社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統
       制部門との関係
                                 37/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        当社においては監査役3名のうち2名が社外監査役であり、監査役は会計監査人及び内部監査担当と都度情報交換
       を実施しており、必要に応じて監査役会への出席を求め相互の連携が図られております。
        また、社外取締役及び社外監査役と内部統制担当は、共有すべき事項について相互に連携し、把握できるような関
       係にあります。
       ④役員報酬等
       Ⅰ.役員区分、報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                       対象となる
                    報酬等の総額
          役員区分                                            役員の員数
                                  ストック
                     (百万円)
                            基本報酬              賞与     退職慰労金        (人)
                                  オプション
      取締役(社外取締役を除く)                   14       14       -       -       -      6
      監査役(社外監査役を除く)                    1       1      -       -       -      2

      社外役員                    7       7      -       -       -      5

       Ⅱ.役員ごとの報酬等の総額等
         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       Ⅲ.  使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの
         重要なものがないため、記載しておりません。
       Ⅳ.役員の報酬等の額の決定に関する方針
         役員の報酬については、株主総会の決議により取締役及び監査役それぞれの報酬等の限度額を決定しておりま
        す。また、各取締役及び監査役の報酬額は、取締役については取締役会の決議により決定し、監査役については監
        査役の協議により決定しております。
       ⑤株式の保有状況
       Ⅰ.保有目的が純投資目的以外の目的の投資株式
        銘柄数                               1銘柄
        貸借対照表計上額の合計額    0百万円
       Ⅱ.  保有目的が純投資目的以外の目的の上場投資株式
        該当事項はありません。
       Ⅲ.  保有目的が純投資目的の投資株式
        該当事項はありません。
       ⑥取締役の定数
        当社の取締役は10名以内とする旨定款に定めております。
       ⑦剰余金の配当等の決定機関
        当社は、剰余金の配当等を会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き
       株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会
       の権限とすることにより株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       ⑧株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の
       議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
        これは、株主総会における特別決議の定足数を暖和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とす
       るものであります。
       ⑨取締役の選任の決議要件
        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
       出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。また、取締役の選任については、累積投票に
       よらないものとする旨を定款で定めております。
                                 38/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  14           -           14           -

      連結子会社                  -           -           -           -

         計               14           -           14           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

          前連結会計年度
           該当事項はありません。
          当連結会計年度
           該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          前連結会計年度
           該当事項はありません。
          当連結会計年度
           該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          会計監査人に対する報酬の額の決定に関する方針は、代表取締役が監査役会の同意を得て決定しております。
                                 39/84












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

       て作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表について、監査法
      人アリアによる監査を受けております。
      なお、当社の監査人は次のとおり異動しております。

      前連結会計年度及び前事業年度     東京中央監査法人
      当連結会計年度及び当事業年度     監査法人アリア
       臨時報告書に記載した事項は次のとおりであります。
     報告内容
     (1) 当該異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称
       監査公認会計士等でなくなる者                東京中央監査法人
     (2) 当該異動の年月日
       平成27年12月31日
     (3) 退任する監査公認会計士等が直近において監査公認会計士等となった年月日
       平成25年10月25日
     (4) 退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等又は内部統制監査報告書における意見等に
       関する事項
       該当事項はありません。
     (5) 当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯
       東京中央監査法人        より、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う監査公認会計士等を辞
       任したいとの申し入れがあり、当社はこれを受理いたしました。
     (6) (5)の理由及び経緯に対する監査報告書等又は内部統制監査報告書の記載事項に係る退任する監査公認会計
      士等の意見
       特段の意見はない旨の回答を得ております。
     報告内容

     (1) 当該異動に係る監査公認会計士等の氏名又は名称
       監査公認会計士等となる者(一時会計監査人) 監査法人アリア
     (2) 当該異動の年月日
       平成28年1月13日
     (3) 当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯
       当社の監査公認会計士等でありました                   東京中央監査法人        は、平成27年12月31日付で辞任しております。
       当社といたしましては、金融商品取引法第193条の2第1項及び第2項の監査証明を行う監査公認会計士等が不在
      になることを回避するため、他の監査公認会計士等を一時会計監査人として選任することを検討した結果、平成28年
      1月13日開催の監査役会において、監査法人アリアを一時会計監査人として選任いたしました。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容や
      変更を適時適切に把握し、的確に対応できるようにするため、監査法人及び各種団体の主催する講習会に参加する等
      積極的な情報収集活動に努めております。
                                 40/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                           164              708
         現金及び預金
                                           517              298
         受取手形及び売掛金
                                        ※1 1,820              ※1 731
         たな卸資産
                                           303              147
         その他
                                           △ 1             △ 50
         貸倒引当金
                                         2,804              1,835
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         1,193               710
          建物及び構築物
                                         △ 136             △ 161
            減価償却累計額
                                        ※3 1,056              ※3 548
            建物及び構築物(純額)
                                         ※3 105             ※3 95
          土地
                                           90              80
          その他
                                          △ 58             △ 60
            減価償却累計額
            その他(純額)                               32              19
                                         1,194               663
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            0              0
          その他
                                            0              0
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            0              0
          投資有価証券
                                           311              310
          固定化営業債権
                                          ※2 7             ※2 5
          その他
                                         △ 313             △ 312
          貸倒引当金
                                            6              ▶
          投資その他の資産合計
                                         1,201               667
         固定資産合計
                                         4,005              2,503
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                            2             222
         支払手形及び買掛金
                                         ※3 316             ※3 215
         短期借入金
                                            3              37
         未払法人税等
                                         1,113               200
         前受金
                                           42              55
         その他
                                         1,478               731
         流動負債合計
       固定負債
                                            7              13
         その他
                                            7              13
         固定負債合計
                                         1,485               744
       負債合計
                                 41/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                           100              237
         資本金
                                         2,040              2,177
         資本剰余金
                                         △ 522            △ 1,078
         利益剰余金
                                           △ 2             △ 2
         自己株式
                                         1,615              1,333
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          △ 91             △ 235
         為替換算調整勘定
                                          △ 91             △ 235
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -               8
                                           995              651
       非支配株主持分
                                         2,519              1,758
       純資産合計
                                         4,005              2,503
      負債純資産合計
                                 42/84















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
                                         3,232              3,393
      売上高
                                        ※1 3,044             ※1 3,394
      売上原価
      売上総利益又は売上総損失(△)                                     188              △ 1
                                         ※2 316             ※2 396
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 128             △ 398
      営業外収益
                                            2              1
       受取利息
                                            8              20
       為替差益
                                            ▶              0
       その他
                                           15              22
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           21              19
       支払利息
                                           25               5
       貸倒引当金繰入額
                                            2              0
       その他
                                           50              25
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 163             △ 401
      特別利益
                                           -               0
       貸倒引当金戻入額
                                          ※3 0
                                                         -
       有形固定資産売却益
                                            0              0
       特別利益合計
      特別損失
                                                       ※4 342
                                           -
       減損損失
                                           -              342
       特別損失合計
      税金等調整前当期純損失(△)                                    △ 163             △ 743
                                            6              31
      法人税、住民税及び事業税
                                            6              31
      法人税等合計
      当期純損失(△)                                    △ 170             △ 774
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                           16             △ 217
      帰属する当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                    △ 187             △ 556
                                 43/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      当期純損失(△)                                    △ 170             △ 774
      その他の包括利益
                                         △ 270             △ 270
       為替換算調整勘定
                                      ※1 , ※2 △ 270          ※1 , ※2 △ 270
       その他の包括利益合計
                                         △ 441            △ 1,044
      包括利益
      (内訳)
                                         △ 342             △ 700
       親会社株主に係る包括利益
                                          △ 98             △ 344
       非支配株主に係る包括利益
                                 44/84
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                        100        2,040         △ 334         △ 2       1,802
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                        △ 187                △ 187
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      自己株式の処分                           △ 0                 0         0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -        △ 0       △ 187         △ 0       △ 187
     当期末残高                   100        2,040         △ 522         △ 2       1,615
                   その他の包括利益累計額

                               非支配株主持分        純資産合計
                  為替換算調整勘       その他の包括利
                  定       益累計額合計
     当期首残高
                       63       63      1,094       2,960
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                          △ 187
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                           △ 0
      自己株式の処分                                      0
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 155      △ 155      △ 98      △ 253
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 155      △ 155      △ 98      △ 441
     当期末残高                 △ 91      △ 91      995      2,519
                                 45/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   100        2,040         △ 522         △ 2       1,615
     当期変動額
      新株の発行                  137         137                          275
      親会社株主に帰属する当期
                                        △ 556                △ 556
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      自己株式の処分                           △ 0                 0         0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   137         137        △ 556         △ 0       △ 281
     当期末残高
                        237        2,177        △ 1,078         △ 2       1,333
                   その他の包括利益累計額

                                新株予約権      非支配株主持分        純資産合計
                  為替換算調整勘       その他の包括利
                  定       益累計額合計
     当期首残高
                      △ 91      △ 91       -      995      2,519
     当期変動額
      新株の発行                                            275
      親会社株主に帰属する当期
                                                 △ 556
      純損失(△)
      自己株式の取得                                            △ 0
      自己株式の処分                                             0
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 143      △ 143        8     △ 344      △ 479
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 143      △ 143        8     △ 344      △ 761
     当期末残高                △ 235      △ 235        8      651      1,758
                                 46/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純損失(△)                                  △ 163             △ 743
                                           66              51
       減価償却費
                                           -              342
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    25              55
                                           △ 2             △ 1
       受取利息及び受取配当金
                                           21              19
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0              -
       為替差損益(△は益)                                   △ 0              0
       売上債権の増減額(△は増加)                                    13              173
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 532              924
       前渡金の増減額(△は増加)                                   △ 3              2
                                         △ 186              152
       未払又は未収消費税等の増減額
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 205              239
       前受金の増減額(△は減少)                                   839             △ 791
                                           △ 8             △ 6
       その他の増減額
                                         △ 135              419
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    2              1
                                          △ 21             △ 19
       利息の支払額
                                           △ 7             △ ▶
       法人税等の支払額
                                         △ 163              397
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 1             △ 2
       有形固定資産の取得による支出
                                            -             △ 0
       貸付けによる支出
                                            0              2
       貸付金の回収による収入
                                           △ 0             △ 0
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                   △ 10             △ 96
                                            0              0
       自己株式の売却による収入
                                           △ 0             △ 0
       自己株式の取得による支出
                                            -             275
       株式の発行による収入
                                            -              8
       新株予約権の発行による収入
                                          △ 10              187
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            2             △ 38
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 171              544
                                           335              164
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※1 164             ※1 708
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 47/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          当社グループは、継続的な営業損失を計上しており、キャッシュ・フロー面でも、営業活動によるキャッ
         シュ・フローのマイナスが続いておりました。
          当連結会計年度においては、主に売上債権の回収や在庫の販売に取り組んだ結果、営業活動によるキャッ
         シュ・フローについては黒字化できたものの、損益面では、重要な営業損失、親会社株主に帰属する当期純損失
         を計上しております。
          これらにより、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
          当社グループは、当該状況を解消するため、平成28年2月19日に第三者割当による新株発行と第11回新株予約
         権の発行を決定し、当連結会計年度末までに283百万円の資金調達を行っており、今後の収益の柱となる新規事
         業の立ち上げなどを図っております。
          当社グループは、新規事業含む事業計画を着実に実行し、既存の海外事業、ダイヤモンド事業、ダイヤモンド
         研磨事業、不動産賃貸事業の収益力の改善に注力するとともに、コストダウン施策の実施、経費全般の見直しを
         継続して実施し、収益体質の改善を図ってまいる所存です。
          しかしながら、当社グループの計画は、当社グループが属する宝飾品業界の価格競争やダイヤモンドの国際的
         な相場変動、経済状況の変動などの影響を受け、計画が予定通り進まない可能性もあります。
          このため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
          なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を
         連結財務諸表には反映しておりません。
                                 48/84














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (連結財務諸表作成のための基本となる事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)連結子会社       ▶ 社
       維真珠宝(上海)有限公司(中国)
       株式会社バージンダイヤモンド
       公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)
       株式会社サハダイヤモンド・トレーディング
      (2)主要な非連結子会社の名称等
       有限会社ブラール・ゴールド(ロシア)
       (連結の範囲から除いた理由)
       非連結子会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に
      見合う額)等は、連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
     2.持分法の適用に関する事項
       持分法を適用しない非連結子会社の名称等
       有限会社ブラール・ゴールド(ロシア)
       (持分法を適用しない理由)
       持分法非適用会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等が連結財務諸表に及ぼ
      す影響が軽微であるため、持分法の適用範囲から除外しております。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社のうち、維真珠宝(上海)有限公司及び公開型株式会社サハダイヤモンドの決算日は12月31日であり、
      連結財務諸表の作成に当たっては、連結決算日現在で本決算に準じて実施した仮決算に基づく財務諸表を使用してお
      ります。その他の連結子会社の決算日は連結会計年度の末日と一致しております。
      4.会計方針に関する事項
      (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
       (イ)有価証券
          その他有価証券
           時価のないもの
                 移動平均法による原価法を採用しております。
       (ロ)たな卸資産
           商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
                 ダイヤの一部は個別法による原価法、その他のたな卸資産は移動平均法による原価法(貸借対
                 照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しておりま
                 す。
                                 49/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
        有形固定資産(リース資産を除く)
                 当社及び国内連結子会社は定率法を、在外連結子会社は定額法を採用しております。
                 ただし、当社及び国内連結子会社は平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)
                 は定額法によっております。
                 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                 建物及び構築物                          6~30年
                 工具器具備品                           2~20年
        無形固定資産(リース資産を除く)
                 当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
                 なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいてお
                 ります。
      (3)重要な引当金の計上基準
        貸倒引当金               売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
                 債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しておりま
                 す。
      (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
        なお、在外子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均
       相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて計上して
       おります。
       (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (6)消費税等の会計処理方法
        税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

       (企業結合に関する会計基準等の適用に伴う変更)
        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会計基準」
       (企業会計基準第22号平成25年9月13日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号平成25年9
       月13日)等を当連結会計年度から適用し、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表
       示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替
       えを行っております。
                                 50/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)
       (1)概要
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する会計上
        の実務指針及び監査上の実務指針(会計処理に関する部分)を企業会計基準委員会に移管するに際して、企業会
        計基準委員会が、当該実務指針のうち主に日本公認会計士協会監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能
        性の判断に関する監査上の取扱い」において定められている繰延税金資産の回収可能性に関する指針について、
        企業を5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見積るという取扱いの枠組みを基本的に踏襲し
        た上で、分類の要件及び繰延税金資産の計上額の取扱いの一部について必要な見直しを行ったもので、繰延税金
        資産の回収可能性について、「税効果会計に係る会計基準」(企業会計審議会)を適用する際の指針を定めたも
        のであります。
        (分類の要件及び繰延税金資産の計上額の取扱いの見直し)

        ・(分類1)から(分類5)に係る分類の要件をいずれも満たさない企業の取扱い
        ・(分類2)及び(分類3)に係る分類の要件
        ・(分類2)に該当する企業におけるスケジューリング不能な将来減算一時差異に関する取扱い
        ・(分類3)に該当する企業における将来の一時差異等加減算前課税所得の合理的な見積可能期間に関する取扱
              い
        ・(分類4)に係る分類の要件を満たす企業が(分類2)又は(分類3)に該当する場合の取扱い
       (2)適用予定日

         平成28年4月1日以後開始する連結会計年度の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響

         「  繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針                     」等の改正による連結財務諸表に与える影響額については、現
        時点で評価中であります。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 たな卸資産の内訳は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     商品及び製品                                 914  百万円                536  百万円
                                      884                 189
     仕掛品
                                      20                  6
     原材料及び貯蔵品
      ※2 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     出資金                                  0百万円                 0百万円
      ※3 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     建物及び構築物                                 209百万円                 196百万円
     土地                                 56                 56
               計                       265                 253
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     短期借入金                                 123百万円                 115百万円
                                 51/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 期末たな卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれてお
       ります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                              至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
                                       9 百万円                155  百万円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                              至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
     支払手数料                                 138  百万円                137  百万円
                                      94                 95
     人件費
                                      -                 49
     貸倒引当金繰入額
      ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
     その他                                  0百万円                 -百万円
      ※4 減損損失

        当連結会計年度において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上しました。
                   場 所            用 途            種 類

                ロシア連邦サハ共和国
                              賃貸等不動産            建物及び構築物
                  ヤクーツク市
       当社グループは、原則として事業の区分を基に、概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小の単位にて資産

      のグルーピングを行っております。
       子会社である公開型株式会社サハダイヤモンドの賃貸等不動産において、減損の兆候が認められ、減損の認識が必
      要と判定されたことから、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(342百万円)とし
      て特別損失に計上しました。
       なお、当該資産の回収可能価額は、使用価値によっており、将来キャッシュ・フローを9%で割り引いて算定して
      おります。
       また、前連結会計年度については、該当事項はありません。
                                 52/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※1.その他の包括利益に係る組替調整額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △270百万円               △270百万円
      組替調整額                                   -               -
      計
                                       △270               △270
      税効果調整前合計
                                       △270               △270
      税効果額                                   -               -
     その他の包括利益合計
                                       △270               △270
          ※2 その他の包括利益に係る税効果額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成26年4月1日               (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
     為替換算調整勘定:
      税効果調整前                                △270百万円               △270百万円
      税効果額                                   -               -
      税効果調整後
                                       △270               △270
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                △270               △270
      税効果額                                   -               -
      税効果調整後
                                       △270               △270
                                 53/84












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   333,172,137              -          -     333,172,137

            合計             333,172,137              -          -     333,172,137

     自己株式

      普通株式 (注)                     26,019          2,840           410        28,449

            合計               26,019          2,840           410        28,449

      (注)   普通株式の自己株式の株式数の増加2,840株は、単元未満株式の買取による増加であります。また、自己株式の株
        式数の減少410株は単元未満株式の売渡しによる減少であります。
          2.新株予約権に関する事項

            該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

            該当事項はありません。
         当連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式 (注)1                   333,172,137          25,000,000              -     358,172,137

            合計             333,172,137          25,000,000              -     358,172,137

     自己株式

      普通株式 (注)2                     28,449          2,660           260        30,849

            合計               28,449          2,660           260        308,495

      (注)1.     普通株式の発行済株式総数の増加25,000,000株は、第三者割当による新株の発行による増加であります。
       2.普通株式の自己株式の株式数の増加2,660株は、単元未満株式の買取による増加であります。また、自己株式の
         株式数の減少260株は単元未満株式の売渡しによる減少であります。
          2.新株予約権に関する事項

                              新株予約権の目的となる株式の数(株)

                                                      当連結会計年
                   新株予約権の
            新株予約権の
       区分            目的となる株                                   度末残高(百
              内訳            当連結会計      当連結会計年度        当連結会計年度        当連結会計
                                                       万円)
                    式の種類
                          年度期首        増加        減少      年度期末
            第11回新株予
      提出会社
              約権                -    57,000,000           -   57,000,000            8
                    普通株式
     (親会社)
             (注)1
                              -    57,000,000           -   57,000,000            8
              合計
     (注)1.第11回新株予約権の当連結会計年度増加は、新株予約権の発行によるものであります。
          3.配当に関する事項

            該当事項はありません。
                                 54/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                              至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
      現金及び預金                                164  百万円               708  百万円
      現金及び現金同等物                                164                 708
         (金融商品関係)

         1.金融商品の状況に関する事項
         (1)金融商品に対する取組方針
           当社は、資金運用については預金等の安全性の高い金融資産で行い、投機的な取引は行わない方針でありま
          す。また、資金調達につきましては担当者が適時に資金繰り計画を作成し、資金需要に応じて短期的な運転資
          金は金融機関からの借入れにより、また、必要に応じてファイナンス等による市場からの資金により調達して
          おります。
         (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクを回避するため
          与信管理規程に従い信用状況を把握し、随時債権残高を把握することによりリスク軽減を図っております。
           営業債務である支払手形及び買掛金、未払金は、ほとんどが2カ月以内の短期の支払であります。
         2.金融商品の時価等に関する事項

           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表に含まれておりません((注)2.参照)。
          前連結会計年度(平成27年3月31日)

                     連結貸借対照表計上額
             勘定科目                     時価(百万円)            差額(百万円)
                        (百万円)
           (1)  現金及び預金

                              164            164            -
           (2)  受取手形及び売
                              517            517            -
             掛金
           (3)  長期貸付金
                               7
             貸倒引当金(※)                 △1
             差引

                               6            6            0
           (4)  固定化営業債権
                              311
             貸倒引当金(※)                △311
             差引
                               0            0           -
            資産合計                   687            688             0

           (5)  支払手形及び買
                              (2)            (2)            -
             掛金
           (6)  短期借入金
                             (316)            (316)             -
           (7)  未払金
                             (41)            (41)             -
           (8)  未払法人税等
                              (3)            (3)            -
            負債合計                  (363)            (363)             -

           (   )は、負債に計上されております。
           (※)長期貸付金及び固定化営業債権に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 55/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(平成28年3月31日)
                     連結貸借対照表計上額
             勘定科目                     時価(百万円)            差額(百万円)
                        (百万円)
           (1)  現金及び預金

                              708            708            -
           (2)  受取手形及び売
                              298            298            -
             掛金
           (3)  長期貸付金
                               5
             貸倒引当金(※)                 △1
             差引

                               ▶            ▶            0
           (4)  固定化営業債権
                              310
             貸倒引当金(※)                △310
             差引
                               0            0           -
            資産合計                  1,011            1,011              0

           (5)  支払手形及び買
                             (222)            (222)             -
             掛金
           (6)  短期借入金
                             (215)            (215)             -
           (7)  未払金
                             (50)            (50)             -
           (8)  未払法人税等
                             (37)            (37)             -
            負債合計                  (526)            (526)             -

           (   )は、負債に計上されております。
           (※)長期貸付金及び固定化営業債権に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
          (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
             (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
             これらはすべて短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
             よっております。
             (3)  長期貸付金
             回収可能性を反映した元利金の受取見込額を残存期間に対応する安全性の高い利率で割り引いた現在価
             値により算定しております。
             (4)  固定化営業債権
             回収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は連結会計年度末における貸借対照表価
             額から現在の貸倒見積高を控除した金額によっております。
             (5)  支払手形及び買掛金、(6)            短期借入金、(7)        未払金、(8)      未払法人税等
             これらはすべて短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳
             簿価額によっております。
            2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                 区分
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           非上場株式                               0                 0
         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の対象と
         しておりません。
                                 56/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
         前連結会計年度(平成27年3月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
          受取手形及び売掛金                      517         -         -         -

          長期貸付金                       1         3         2        -
           (注)回収時期が合理的に見込めない固定化営業債権311百万円については、上表に含めておりません。
         当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
          受取手形及び売掛金                      298         -         -         -

          長期貸付金                       -         3         1        -

           (注)回収時期が合理的に見込めない固定化営業債権310百万円については、上表に含めておりません。
                                 57/84















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.   その他有価証券
        前連結会計年度(平成27年3月31日)
        該当事項はありません。
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額0百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが困難と認め
        られることから、「その他有価証券」には含めておりません。
        当連結会計年度(平成28年3月31日)

        該当事項はありません。
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額0百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが困難と認め
        られることから、「その他有価証券」には含めておりません。
      2.売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

        該当事項はありません。
         (税効果会計関係)

       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
       繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金                           6,293百万円            5,563百万円
        貸倒引当金                            104            101
        貸倒損失                            21            18
        商品評価損                             9           37
        減損損失                             ―           59
        営業保証金償却損                            103            91
                                    11            10
        その他
       繰延税金資産小計
                                   6,543            5,883
       評価性引当額                           △6,543            △5,883
       繰延税金資産合計                              ―            ―
       繰延税金資産の純額
                                     ―            ―
       (注)当社は前連結会計年度末において中小法人等に該当していたため、前連結会計年度は、中小法人等の法定実効
         税率に基づいて算定しております。また、当連結会計年度末において外形標準課税法人に該当するため、当連
         結会計年度は、外形標準課税法人の法定実効税率に基づいて算定しております。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

        税金等調整前当期純損失を計上しているため記載を省略しております。
      3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)および「地方税法等の一部を改正する等の法律」
       (平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から
       法人税等の税率が変更されることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法
       定実効税率は、従来の34.3%から平成28年4月1日に開始する連結会計年度および平成29年4月1日に開始する連
       結会計年度に解消が見込まれる一時差異等については30.9%に、平成30年4月1日に開始する連結会計年度以降に
       解消が見込まれる一時差異等については、30.6%に変更となります。
        この税率変更による繰延税金資産の金額及び法人税等調整額の変動はありません。
                                 58/84

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        なお、当社は前連結会計年度末において中小法人等に該当していたため、従来の法定実効税率34.3%は、中小法
       人等の法定実効税率を記載しております(外形標準課税法人の従来の法定実効税率は33.1%)。また、当社は増資
       に より、当連結会計年度末において外形標準課税法人に該当するため、変更となる法定実効税率は、外形標準課税
       法人の法定実効税率を記載しております。
         (賃貸等不動産関係)

         当社及び一部の連結子会社では、東京都及びロシア連邦ヤクーツク市において、賃貸収益を得ることを目的と
        して賃貸オフィスビルや賃貸商業施設を所有しております。なお、これら賃貸オフィスビルや賃貸商業施設につ
        いては、当社及び一部の連結子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産とし
        ております。
         これら賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度に
        おける主な変動並びに連結決算日における時価及び当該時価の算定方法は以下のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                                      前連結会計年度           当連結会計年度
                                   (自 平成26年4月1日           (自 平成27年4月1日

                                   至 平成27年3月31日)           至 平成28年3月31日)
                            期首残高

                                           1,294            947
         賃貸不動産として
                  連結貸借対照表計上額           期中増減額               △346           △438
         使用される部分を
                            期末残高                947           508
         含む不動産
                  期末時価
                                           1,331            586
        (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
           2.  期中増減額のうち、前連結会計年度の主な減少額は、公開型株式会社サハダイヤモンド(ロシア)の所
            有不動産の為替変動によるものであり、当連結会計年度の主な減少額は、公開型株式会社サハダイヤモン
            ド(ロシア)の所有不動産の減損及び為替変動によるものであります。
           3.前連結会計年度末の時価は、国内の不動産については、一定の評価額や適切に市場価格を反映している
            と考えられる指標に基づいて算定した金額であり、海外の不動産については、現地の鑑定人による鑑定評
            価額であります。
             当連結会計年度末の時価は、国内の不動産については、社外の不動産鑑定評価を基礎として算定した金
            額であり、海外の不動産については、自社で算定したDCF法を重視した算定金額であります。
        また、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する損益は次のとおりであります。

                                                 (単位:百万円)
                                    前連結会計年度           当連結会計年度
                                  (自 平成26年4月1日            (自 平成27年4月1日 
                                  至 平成27年3月31日)           至 平成28年3月31日)
                           賃貸収益                97           85
           賃貸不動産として使用され
                           賃貸費用                90           95
             る部分を含む不動産
                            差額                6           △9
        (注)賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産には、サービスの提供及び経営管理としての当社及
           び一部の連結子会社が使用している部分も含むため、当該部分の賃貸収益は計上されておりません。
           なお、当該不動産に係る費用(減価償却費、修繕費、保険料、租税公課、管理費等)については、賃
           貸費用に含まれております。
                                 59/84






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
       経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        したがって、当社グループは、「海外事業」、「ダイヤモンド事業」、「ダイヤモンド研磨事業」、「トレーディ
       ング事業」、「不動産賃貸事業」の5つを報告セグメントとしております。
        「海外事業」は、中国で展開するジュエリーの店舗販売及び卸販売を行っております。
       「ダイヤモンド事業」は、日本におけるインターネット及び店舗によるブライダルジュエリー等の販売を行ってお
      ります。
       「ダイヤモンド研磨事業」は、ロシア産ダイヤモンドの原石及び自社工場で研磨した原石加工販売を行っておりま
       す。
       「不動産賃貸事業」は、本社及びロシアにおいてビルテナントの賃貸を行っております。
       「トレーディング事業」は、各種商品の販売を行っております。
     2.  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる事項」における記載
       と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益又は損失は、営業利益又は営業損失ベースの数値であります。
        セグメント間の内部売上高又は振替高は社内振替価格に基づいております。
     3.  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自平成26年4月1日                  至平成27年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                       ダイヤモンド       ダイヤモンド        不動産賃貸       トレーディング
                 海外事業
                         事業      研磨事業         事業        事業
     売上高
                   1,102        143      1,890          97        -     3,232
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -       -       -        3        -       3
      売上高又は振替高
                   1,102        143      1,890         100         -     3,236
          計
     セグメント利益又は損
                     36      △ 19      △ 13         9       △ 0       12
     失(△)
                   1,233        189      1,454         982         0     3,860
     セグメント資産
     その他の項目
                     0       0       19        41        -       61
      減価償却費
      有形固定資産及び無
                     -       -       1        -        -       1
      形固定資産の増加額
                                 60/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自平成27年4月1日                  至平成28年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                        合計
                       ダイヤモンド       ダイヤモンド        不動産賃貸       トレーディング
                 海外事業
                         事業      研磨事業         事業        事業
     売上高
                   1,293         39      1,968          85        6     3,393
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -       -       -        2        -       2
      売上高又は振替高
                   1,293         39      1,968          87        6     3,395
          計
     セグメント損失(△)              △ 141       △ 24      △ 36        △ 7       △ 3     △ 214
                   1,014        152       519        427         1     2,115
     セグメント資産
     その他の項目
                     0       0       15        31        0       46
      減価償却費
      有形固定資産及び無
                     -       -        1        -        -        1
      形固定資産の増加額
     4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                    (単位:百万円)
              利益                 前連結会計年度                  当連結会計年度

     報告セグメント計                                    12                △214
     本社管理部門及び各報告セグメント間の
                                          1                  1
     相殺消去
     全社費用(注)                                  △142                  △185
     連結財務諸表の営業損失(△)                                  △128                  △398
     (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                    (単位:百万円)

              資産                 前連結会計年度                  当連結会計年度

     報告セグメント計                                  3,860                  2,115

     本社管理部門及び各報告セグメント間の
                                        △385                  △376
     相殺消去
     全社資産(注)                                   530                  764
     連結財務諸表の資産の合計                                  4,005                  2,503

     (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門に係る資産であります。
                                                   (単位:百万円)

                       報告セグメント計                調整額          連結財務諸表計上額
         その他の項目
                     前連結会計       当連結会計       前連結会計       当連結会計       前連結会計       当連結会計
                     年度       年度       年度       年度       年度       年度
     減価償却費                    61       46       ▶       ▶      66       51
     有形固定資産及び無形固定資産
                          1       1      -       0       1       2
     の増加額
                                 61/84




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自平成26年4月1日                          至平成27年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)売上高
                                    (単位:百万円)
         日本         アジア        ヨーロッパ           合計
             55        2,665          512        3,232

      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)有形固定資産

                                    (単位:百万円)
         日本         アジア        ヨーロッパ           合計
            267          0        927        1,194

     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:百万円)
             顧客の名称又は氏名                       売上高            関連するセグメント名
     サハダイヤモンド(上海)            有限公司                        1,455    ダイヤモンド研磨事業

     上海欧宝麗実業有限公司                                     959   海外事業

     クリスタル生産合同公開型株式会社                                     350   ダイヤモンド研磨事業

           当連結会計年度(自平成27年4月1日                          至平成28年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)売上高
                                    (単位:百万円)
         日本         アジア        ヨーロッパ           合計
             59        2,669          664        3,393

      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)有形固定資産

                                    (単位:百万円)
         日本         アジア        ヨーロッパ           合計
            254          0        408         663

     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:百万円)
             顧客の名称又は氏名                       売上高            関連するセグメント名
     サハダイヤモンド(上海)            有限公司                        1,293    ダイヤモンド研磨事業

     上海   恩実業有限公司                                  607   海外事業

     クリスタル生産合同公開型株式会社                                     465   ダイヤモンド研磨事業

                                 62/84



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自平成26年4月1日                          至平成27年3月31日)
           該当事項はありません。
           当連結会計年度(自平成27年4月1日                          至平成28年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                    ダイヤモンド       ダイヤモンド       不動産賃貸       トレーディン
              海外事業                                  全社・消去        合計
                      事業      研磨事業        事業       グ事業
                  -       -       -      342        -       -      342
     減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 63/84
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
          前連結会計年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)
          該当事項はありません。
          当連結会計年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)

      役員等
                               議決権
                               等
            会社等              事業の
                                              取引
                      資本金             関連
                               の所有                        期末残高
            の名称              内容ま
                                              金額
     種類            所在地     または             当事者     取引の内容           科目
                               (被所                         (百万円)
            または              たは職
                                             (百万円)
                      出資金             との関係
                               有)
            氏名              業
                               割合
                               被所有
                          当社代
                                        資金の借入
                                   資金の               短期
                     ―    ―       間接                100          100
       役員     姜 杰              表取締
                                        (注)1
                                    借入              借入金
                               0.93%
                          役
            Eurostar

                                        第三者割当
                               被所有
            HK
     役員が議決権            中華人民                  第三者割
                                        の  引  受    55    ―     ―
                       3.00
                                直接
                                        (注)3
            Holdings
     の過半数を            共和国香                  当、新株
                               0.93%
                       USD    投資業
     所有している            港特別行                  予約権の
            Limited
                                        新株予約権
     会社            政区                   引受
            (注)2
                                        の  引  受     ▶   ―     ―
                                        (注)4
       (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
        1.資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
        2.当社代表取締役姜杰氏が議決権の100%を保有しております。
        3.  当社が行った第三者割当増資を1株11円で発行したものであります。
        4.当社が行った第三者割当新株予約権を1個15円で発行したものであります。
         (開示対象特別目的会社関係)

          該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                               至   平成27年3月31日)              至   平成28年3月31日)
                                       4.57円                3.07円
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純損失金額                                  0.56円                1.66円
     (注)1.     当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当た
          り当期純損失金額であるため記載しておりません。なお、前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純
          利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        2.1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                               至 平成27年3月31日)                至 平成28年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純損失(百万
                                         187                 556
      円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   ―                 ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         187                 556
      当期純損失(百万円)
      期中平均株式数(株)                              333,144,828                334,512,110
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                             ───          新株予約権1種類(新株予約権
     株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった                                        の数570,000個)
     潜在株式の概要
                                 64/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
      (1)重要な子会社等の株式の売却
         当社は、平成28年6月27日開催の取締役会において、当社の連結子会社である                                     維真珠宝(上海)有限公司(以
        下、「VDS」という。)の株式の26%を億                     汇 通投資実業(上海)有限公司に譲渡することを決議いたしまし
        た。
        (1)株式譲渡の理由
          中国の景気後退による経済の悪化が顕著で、卸売販売事業が衰退しており、小売り事業においても出店費
        用、人件費等の固定費が重荷になりかけております。何より、当社グループの早期黒字化が最優先の重要な課題
        であると位置づけており、中国においては、損失額の累積が軽微なうちの早期の対応が重要であると考え、今回
        の子会社の株式の一部譲渡との判断に至りました。
        (2)株式譲渡先の概要
         ①名称             億 汇 通投資実業(上海)有限公司
         ②所在地    中国上海市崇明県長江農場長江大街260号6棟328室
         ③代表者            董事長    陸義
         ④資本金    1,000万人民元
         ⑤事業の内容  輸出入貿易、投資管理、投資コンサルタント、宝飾製品加工・販売、アパレル、化粧品、玩
                 具等の販売
         ⑥取引内容   当社及び当社子会社との取引はありません。
        (3)売却の時期       ①契約締結日 平成28年6月29日
                ②議決権所有割合譲渡実行日 株式譲渡の商業登記手続が完了した7営業日以内
        (4)売却する株式の数、売却価格、売却損益及び売却後の持分比率
         ①売却前の所有株式数  株式の51%(持分比率51%)
         ②売却価格       170百万円                 (現金    119  百万円(70%)、宝飾商品             51  百万円(30%))
         ③売却益        0百万円
         ④売却後の所有株式数  株式の25%(持分比率25%)
      (2)「合弁会社の設立」の中止

         当社は、平成28年5月10日開催の取締役会において、株式会社RUN                                  PLANNINGとの間で、宝飾製品用
        原材料及び製品の仕入れ、宝飾製品用原材料の加工、宝飾製品の製造、宝飾製品の卸販売を目的とした合弁会社
        (子会社)を設立することについて決議し、                     株式会社アウルダイヤモンドを              設立いたしました。
         しかしながら、平成28年6月6日開催の取締役会において、本合弁事業の計画を精査した結果、事業を免税店
        の方に力を入れていくとの結論に達したため、株式会社アウルダイヤモンドの本合弁事業を全て中止し、白紙撤
        回することにいたしました。なお、当該合弁事業はまだ行っておりません。
                                 65/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                             当期首残高        当期末残高        平均利率
               区分                                      返済期限
                             (百万円)        (百万円)         (%)
      短期借入金                           316        215        6.9       -

      合計                           316        215        -           -

      (注)平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                      988         2,028          2,973          3,393
     税金等調整前四半期(当期)
                           △46          △210          △201          △743
     純損失金額(△)(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純損失金額(△)                      △66          △164          △181          △556
     (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          △0.20          △0.49          △0.54          △1.66
     損失金額(△)(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純損失金額
                          △0.20          △0.30          △0.05          △1.12
     (△)(円)
                                 66/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                           72              316
         現金及び預金
                                            0              0
         前払費用
                                          ※1 38             ※1 33
         未収入金
                                            1              ▶
         その他
                                           △ 8             △ 12
         貸倒引当金
                                           105              342
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                           286              286
          建物
                                          △ 77             △ 89
            減価償却累計額
                                         ※2 209             ※2 196
            建物(純額)
                                           25              25
          工具、器具及び備品
                                          △ 25             △ 25
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                                0              0
                                          ※2 56             ※2 56
          土地
                                           265              253
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                            0              0
          ソフトウエア
                                            0              0
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                            0              0
          投資有価証券
                                           335              335
          関係会社株式
                                            7              5
          長期貸付金
                                        ※1 1,476             ※1 1,476
          破産更生債権等
                                            0              0
          その他
                                        △ 1,478             △ 1,477
          貸倒引当金
                                           341              339
          投資その他の資産合計
                                           607              593
         固定資産合計
                                           712              935
       資産合計
                                 67/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※2 123             ※2 215
         短期借入金
                                           15              41
         未払金
                                            0              37
         未払法人税等
         前受収益                                   0              1
                                            1              1
         預り金
                                           140              296
         流動負債合計
       固定負債
                                            0              0
         その他
                                            0              0
         固定負債合計
                                           141              297
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           100              237
         資本金
         資本剰余金
                                           -              137
          資本準備金
                                         2,040              2,040
          その他資本剰余金
                                         2,040              2,177
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        △ 1,566             △ 1,782
            繰越利益剰余金
                                        △ 1,566             △ 1,782
          利益剰余金合計
                                           △ 2             △ 2
         自己株式
                                           571              629
         株主資本合計
                                           -               8
       新株予約権
                                           571              638
       純資産合計
                                           712              935
      負債純資産合計
                                 68/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
                                          ※1 27             ※1 23
      売上高
                                           15              10
      売上原価
                                           12              12
      売上総利益
                                         ※2 142             ※2 185
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 129             △ 172
      営業外収益
                                          ※1 2
                                                          0
       受取利息
                                           76              -
       貸倒引当金戻入額
                                            2              0
       その他
                                           81               0
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            7              11
       支払利息
       貸倒引当金繰入額                                    -               ▶
                                            0              0
       その他
                                            8              16
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                    △ 57             △ 188
      税引前当期純損失(△)                                    △ 57             △ 188
                                            0              27
      法人税、住民税及び事業税
      当期純損失(△)                                    △ 58             △ 216
                                 69/84













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                             前事業年度                   当事業年度
                         (自 平成26年4月1日                   (自 平成27年4月1日
                          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
                   注記                  構成比                   構成比
                         金額(百万円)                   金額(百万円)
          区分
                                    (%)                   (%)
                   番号
                            ▶          27.1         -           -
     Ⅰ 仕入高
                   ※1
                            11                   10
     Ⅱ 経費
                                      72.9                  100.0
                            11                   10
        不動産賃貸原価
                            15          100.0         10          100.0

         売上原価
     ※1 主な内容は次のとおりであります。

                             前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成26年4月1日                   (自 平成27年4月1日
                           至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
                                   8                   8
     減価償却費                               百万円                   百万円
                                 70/84














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自平成26年4月1日 至平成27年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                              株主資本
                      資本剰余金            利益剰余金
                                                   新株予約権     純資産合計
                                その他利
                                              株主資本合
             資本金                            自己株式
                                益剰余金
                      その他資本     資本剰余金          利益剰余金           計
                 資本準備金
                       剰余金     合計          合計
                                繰越利益剰
                                 余金
     当期首残高          100     -    2,040     2,040    △ 1,507    △ 1,507      △ 2    629     -    629
     当期変動額
      新株の発行
      当期純損失
                                  △ 58    △ 58         △ 58         △ 58
      (△)
      自己株式の取得                                      △ 0    △ 0         △ 0
      自己株式の処分                   △ 0    △ 0              0     0          0
      株主資本以外の
      項目の当期変動
                                                      -     -
      額(純額)
     当期変動額合計           -         △ 0    △ 0    △ 58    △ 58    △ 0    △ 58     -    △ 58
     当期末残高          100     -    2,040     2,040    △ 1,566    △ 1,566      △ 2    571     -    571
          当事業年度(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)

                                                      (単位:百万円)
                              株主資本
                      資本剰余金            利益剰余金
                                                   新株予約権     純資産合計
                                その他利
                                              株主資本合
             資本金                            自己株式
                                益剰余金
                      その他資本     資本剰余金          利益剰余金           計
                 資本準備金
                       剰余金     合計          合計
                                繰越利益剰
                                 余金
     当期首残高          100     -    2,040     2,040    △ 1,566    △ 1,566      △ 2    571     -    571
     当期変動額
      新株の発行         137     137          137                   275          275
      当期純損失
                                  △ 216    △ 216         △ 216         △ 216
      (△)
      自己株式の取得
                                            △ 0    △ 0         △ 0
      自己株式の処分                   △ 0    △ 0              0     0          0
      株主資本以外の
      項目の当期変動                                                 8     8
      額(純額)
     当期変動額合計
               137     137     △ 0    137    △ 216    △ 216     △ 0    58     8    67
     当期末残高          237     137    2,040     2,177    △ 1,782    △ 1,782      △ 2    629      8    638
                                 71/84







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          当社は、継続的な営業損失を計上しており、当事業年度においても、重要な営業損失、当期純損失を計上して
         おります。
          当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
          当社は、当該状況を解消するため、                  平成28年2月19日に第三者割当による新株発行と第11回新株予約権の発行
         を決定し、当連結会計年度末までに283百万円の資金調達を行っており、今後の収益の柱となる子会社での新規
         事業の立ち上げなどを図っております。
          また、当社は、当社子会社での新規事業含む事業計画を着実に実行し、不動産賃貸事業の収益力の改善に注力
         するとともに、コストダウン施策の実施、経費全般の見直しを継続して実施し、収益体質の改善を図ってまいる
         所存です。
          しかしながら、不動産賃貸事業は、経済状況の変動や価格競争などの影響を受け、計画が予定通り進まない可
         能性もあります。
          また、当社グループが属する宝飾品業界の価格競争やダイヤモンドの国際的な相場変動、経済状況の変動など
         の影響を受け、計画が予定通り進まない可能性もあります。
          このため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
          なお、財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を財務
         諸表には反映しておりません。
                                 72/84















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)子会社株式
        移動平均法による原価法を採用しております。
      (2)その他有価証券
        時価のないもの
         移動平均法による原価法を採用しております。
     2.固定資産の減価償却の方法
      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については定額
        法を採用しております。)
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
        建物及び建物付属設備                         6~20年
        工具・器具及び備品                             2~20年
      (2)無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
     3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
     4.引当金の計上基準
        貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理方法
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
         (貸借対照表関係)

      ※1 関係会社項目
         区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対する資産及び負債は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     未収入金                                 36百万円                 27百万円
     破産更生債権等                                1,471                 1,471
      ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     建物                                 209百万円                 196百万円
     土地                                 56                 56
               計                       265                 253
         担保付債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
     短期借入金                                 123百万円                 115百万円
                                 73/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                 至 平成28年3月31日)
     関係会社への売上高                                  4百万円                 3百万円
     関係会社からの受取利息                                  1                 -
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                              至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
     支払手数料                                 61 百万円                92 百万円
                                      44                 42
     給料及び手当
                                       ▶                 ▶
     減価償却費
                                      16                 22
     支払報酬
     おおよその割合
     販売費                                 -  %                -  %
     一般管理費                                100.0%                 100.0%
     (注)前事業年度において注記しておりました「旅費交通費・通信費」(前事業年度3百万円)及び「租税公課」(前事
       業年度1百万円)は金額的重要性から、当事業年度より前事業年度及び当事業年度の注記を省略しております。
                                 74/84













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は335百万円、前事業年度の貸借対照表計上額は335百万円)は、
         市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
       繰延税金資産
        税務上の繰越欠損金                           5,575百万円            4,928百万円
        貸倒引当金                            374            459
        貸倒損失                            21            18
        関係会社株式評価損                            266            237
                                    11            10
        その他
       繰延税金資産小計
                                   6,248            5,655
       評価性引当額                           △6,248            △5,655
       繰延税金資産合計                              ―            ―
       繰延税金資産の純額
                                     ―            ―
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

        税引前当期純損失を計上しているため記載を省略しております。
      3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

        「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)および「地方税法等の一部を改正する等の法律」
       (平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人
       税等の税率が変更されることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実
       効税率は、従来の34.3%から平成28年4月1日に開始する事業年度および平成29年4月1日に開始する事業年度に
       解消が見込まれる一時差異等については30.9%に、平成30年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる
       一時差異等については、30.6%に変更となります。
        この税率変更による繰延税金資産の金額及び法人税等調整額の変動はありません。
        なお、当社は前事業年度末において中小法人等に該当していたため、従来の法定実効税率34.3%は、中小法人等
       の法定実効税率を記載しております(外形標準課税法人の従来の法定実効税率は33.1%)。また、当社は増資によ
       り、当事業年度末において外形標準課税法人に該当するため、変更となる法定実効税率は、外形標準課税法人の法
       定実効税率を記載しております。
                                 75/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
      (1)重要な子会社等の株式の売却
         当社は、平成28年6月27日開催の取締役会において、当社の連結子会社である                                     維真珠宝(上海)有限公司(以
        下、「VDS」という。)の株式の26%を億                      通投資実業(上海)有限公司に譲渡することを決議いたしまし
        た。
        (1)株式譲渡の理由
          中国の景気後退による経済の悪化が顕著で、卸売販売事業が衰退しており、小売り事業においても出店費
        用、人件費等の固定費が重荷になりかけております。何より、当社グループの早期黒字化が最優先の重要な課題
        であると位置づけており、中国においては、損失額の累積が軽微なうちの早期の対応が重要であると考え、今回
        の子会社の株式の一部譲渡との判断に至りました。
        (2)株式譲渡先の概要
         ①名称             億  通投資実業(上海)有限公司
         ②所在地    中国上海市崇明県長江農場長江大街260号6棟328室
         ③代表者            董事長    陸義
         ④資本金    1,000万人民元
         ⑤事業の内容  輸出入貿易、投資管理、投資コンサルタント、宝飾製品加工・販売、アパレル、化粧品、玩
                 具等の販売
         ⑥取引内容   当社及び当社子会社との取引はありません。
        (3)売却の時期       ①契約締結日 平成28年6月29日
                ②議決権所有割合譲渡実行日 株式譲渡の商業登記手続が完了した7営業日以内
        (4)売却する株式の数、売却価格、売却損益及び売却後の持分比率
         ①売却前の所有株式数  株式の51%(持分比率51%)
         ②売却価格       170百万円                 (現金    119  百万円(70%)、宝飾商品             51  百万円(30%))
         ③売却益        0百万円
         ④売却後の所有株式数  株式の25%(持分比率25%)
      (2)「合弁会社の設立」の中止

         当社は、平成28年5月10日開催の取締役会において、株式会社RUN                                PLANNINGとの間で、宝飾製品用
        原材料及び製品の仕入れ、宝飾製品用原材料の加工、宝飾製品の製造、宝飾製品の卸販売を目的とした合弁会社
        (子会社)を設立することについて決議し、                     株式会社アウルダイヤモンドを              設立いたしました。
         しかしながら、平成28年6月6日開催の取締役会において、本合弁事業の計画を精査した結果、事業を免税店
        の方に力を入れていくとの結論に達したため、株式会社アウルダイヤモンドの本合弁事業を全て中止し、白紙撤
        回することにいたしました。なお、当該合弁事業はまだ行っておりません。
                                 76/84










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                           当期末減価
                                                  当期償
                                           償却累計額            差引当期
                    当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高
          資産の種類                                  又は償却累             末残高
                                                  却額
                    (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                                             計額          (百万円)
                                                 (百万円)
                                           (百万円)
     有形固定資産
      建物                  286      -      -     286      89      12     196
      工具、器具及び備品                  25      0     -      25      25      0      0
      土地                  56      -      -      56      -      -      56
       有形固定資産計                 368       0     -     368      115      12     253
     無形固定資産
      ソフトウエア                  -      -      -      2      1      0      0
       無形固定資産計                 -      -      -      2      1      0      0
     (注)1.当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
          工具・器具及び備品   本社  0百万円
        2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少
       額」   の記載を記載を省略しております。
         【引当金明細表】

                                      当期減少額        当期減少額
                      当期首残高        当期増加額                        当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                      (百万円)        (百万円)                        (百万円)
                                      (百万円)        (百万円)
      貸倒引当金                   1,486          6        -         2      1,490
     (注)当期減少額(その他)は、洗替・回収等による戻入額によるものであります。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           平成28年6月30日開催予定の定時株主総会で、「第51期(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)計
          算書類の承認を得ることが議案(決議事項)となっております。
                                 77/84









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで

      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り・買増し
                        (特別口座)
                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号                  霞が関ビルディング26階
       取扱場所
                       株式会社アイ・アール           ジャパン     証券代行業務部
                        (特別口座)

                       東京都千代田区霞が関三丁目2番5号                  霞が関ビルディング26階
       株主名簿管理人
                       株式会社アイ・アール           ジャパン     証券代行業務部
       取次所                               ──────

       買取・買増手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
      公告掲載方法                  電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他やむ
                        えを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                         http://www.sakha.co.jp/ir.htm
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
                                 78/84











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】

        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第50期)          (自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月26日関東財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類並びに確認書
         平成27年6月26日関東財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書
        (第51期第1四半期)(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)平成27年8月13日関東財務局長に提出
        (第51期第2四半期)(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)平成27年11月16日関東財務局長に提出
        (第51期第3四半期)(自 平成27年10月1日 至 平成27年12月31日)平成28年2月15日関東財務局長に提出
       (4)臨時報告書
         平成27年9月30日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書であります。
       (5)臨時報告書
         平成27年12月1日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書であります。
       (6)臨時報告書
         平成28年1月5日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公認会計士等の異動)に基づく臨時報告書で
         あります。
       (7)臨時報告書
         平成28年1月21日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の4(監査公認会計士等の異動)に基づく臨時報告書で
         あります。
       (8)有価証券届出書(組込方式)(第三者割当による増資及び新株予約権の発行)及びその添付書類
         平成28年2月19日関東財務局長に提出
       (9)有価証券届出書の訂正届出書
         平成28年2月25日関東財務局長に提出
         平成28年2月19日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書であります。
       (10)臨時報告書
         平成28年5月27日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
         ローの状況に著しい影響を与える事象が発生)に基づく臨時報告書であります。
                                 79/84








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 80/84




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年6月29日
     株式会社サハダイヤモンド

      取締役会 御中
                               監査法人アリア

                               代表社員

                                       公認会計士
                                             茂木 秀俊  印
                               業務執行社員
                               代表社員

                                       公認会計士
                                             山中 康之  印
                               業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状
     況」に掲げられている株式会社サハダイヤモンドの平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結
     会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株
     主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
     項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に
     準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
     ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めてい
     る。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明
     するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続
     を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全
     体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、株式会社サハダイヤモンド及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日
     をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において
     適正に表示しているものと認める。
     強調事項

     1.継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は継続的な営業損失を計上しており、
     当連結会計年度においても、重要な営業損失、親会社株主に帰属する当期純損失を計上している。当該
     状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企
     業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が
     認められる理由については当該注記に記載されている。連結財務諸表は継続企業を前提として作成され
     ており、このような重要な不確実性の影響は連結財務諸表に反映されていない。
                                 81/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
     2.重要な後発事象に関する注記に記載されているとおり、会社は、平成28年6月27日開催の取締役会
     において、連結子会社維真珠宝(上海)有限公司の株式の一部を譲渡することを決議した。
      これらの事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     その他の事項

      会社の平成27年3月31日をもって終了した前連結会計年度の連結財務諸表は、前任監査人によって監
     査されている。前任監査人は、当該前連結会計年度の連結財務諸表に対して平成27年6月26日付で無限
     定適正意見を表明している。
     <内部統制監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社サ
     ハダイヤモンドの平成28年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することに
     ある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができ
     ない可能性がある。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内
     部統制の監査の基準に準拠して実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対
     する意見を表明することにある。しかしながら、「意見不表明の根拠」に記載した事項により、当監査
     法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手することができなかった。
     意見不表明の根拠

      内部統制報告書に記載のとおり、会社は、財務報告に係る内部統制の評価について、中国子会社の重
     要な評価手続が実施できなかったため、財務報告に係る内部統制の評価結果を表明できないとしてい
     る。当監査法人は、上記の内部統制報告書に関して重要な監査手続を実施できなかった。
     意見不表明

      当監査法人は、「意見不表明の根拠」に記載した事項の内部統制報告書に及ぼす可能性のある影響の
     重要性に鑑み、監査意見の基礎を与える十分かつ適切な監査証拠を入手することができなかったため、
     株式会社サハダイヤモンドの平成28年3月31日現在の財務報告に係る内部統制の評価結果を表明で
     きないと表示した上記の内部統制報告書に対して意見を表明しない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以上

     (注) 1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

           ます。
         2.XBRLデータは監査の対象に含まれていません。
                                 82/84





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年6月29日
     株式会社サハダイヤモンド

      取締役会 御中

                               監査法人アリア

                               代表社員

                                       公認会計士
                                             茂木 秀俊  印
                               業務執行社員
                               代表社員

                                       公認会計士
                                             山中 康之  印
                               業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の

     状況」に掲げられている株式会社サハダイヤモンドの平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第
     51期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方
     針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
     成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠
     して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合
     理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監
     査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に
     基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するための
     ものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案する
     ために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用
     した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸
     表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
     拠して、株式会社サハダイヤモンドの平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
     年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

     1.継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は継続的な営業損失を計上しており、
     当事業年度においても、重要な営業損失、当期純損失を計上している。当該状況により、継続企業の前
     提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不
     確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については
     当該注記に記載されている。財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確
     実性の影響は財務諸表に反映されていない。
     2.重要な後発事象に関する注記に記載されているとおり、会社は、平成28年6月27日開催の取締役会
     において、子会社維真珠宝(上海)有限公司の株式の一部を譲渡することを決議した。
      これらの事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     その他の事項

                                 83/84


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社サハダイヤモンド(E02734)
                                                            有価証券報告書
      会社の平成27年3月31日をもって終了した前事業年度の財務諸表は、前任監査人によって監査されて
     いる。前任監査人は、当該前事業年度の財務諸表に対して平成27年6月26日付で無限定適正意見を表明
     している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以上
     (注) 1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

           ます。
         2.XBRLデータは監査の対象に含まれません。
                                 84/84
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。