日産車体株式会社 有価証券報告書 第93期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第93期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:日産車体株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成28年6月28日

     【事業年度】                      第93期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

     【会社名】                      日産車体株式会社

     【英訳名】                      NISSAN    SHATAI    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                      取締役社長  木 村 昌 平

     【本店の所在の場所】                      神奈川県平塚市堤町2番1号

     【電話番号】                      0463(21)8012

     【事務連絡者氏名】                      経理部次長  土 方 義 浩

     【最寄りの連絡場所】                      神奈川県平塚市堤町2番1号

     【電話番号】                      0463(21)8012

     【事務連絡者氏名】                      経理部次長  土 方 義 浩

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/78









                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
             回次             第89期       第90期       第91期       第92期       第93期
            決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

     売上高               (百万円)       454,755       464,871       474,239       475,367       509,421

     経常利益               (百万円)       10,891       9,434      10,020       11,084       11,962

     親会社株主に帰属する
                    (百万円)        6,402       3,487       6,701      15,639       7,939
     当期純利益
     包括利益               (百万円)        6,402       3,487       6,701      17,582       3,979
     純資産額               (百万円)       152,785       149,132       151,044       167,302       169,949

     総資産額               (百万円)       250,256       239,782       260,368       264,484       262,507

     1株当たり純資産額                (円)      995.24      1,008.09       1,021.05       1,130.95       1,148.85

     1株当たり当期純利益金額                (円)       41.18       22.97       45.30      105.72       53.67

     潜在株式調整後
                     (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                (%)       61.05       62.19       58.01       63.26       64.74
     自己資本利益率                (%)       4.23       2.31       4.47       9.83       4.71

     株価収益率                (倍)       21.03       50.67       38.17       14.60       21.11

     営業活動による
                    (百万円)       29,542       31,341       30,192       25,146       15,005
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (百万円)       △ 3,118      △ 2,931      △ 2,207      11,948      △ 4,834
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (百万円)      △ 24,410      △ 17,086      △ 8,873      △ 6,090      △ 4,363
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                    (百万円)       56,920       68,243       87,355      118,359       124,167
     の期末残高
     従業員数
                            4,310       4,253       4,155       4,035       3,903
                     (人)
     〔外、平均臨時雇用者数〕
                          〔 1,547   〕   〔 1,572   〕   〔 1,342   〕   〔 1,241   〕   〔 1,249   〕
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれていない。
        2 従業員数は、就業人員数を表示している。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        4 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
          り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としている。
                                  2/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
             回次             第89期       第90期       第91期       第92期       第93期
            決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

     売上高               (百万円)       444,073       452,010       462,133       463,750       498,880

     経常利益               (百万円)        8,159       7,795       8,192       9,327      10,570

     当期純利益               (百万円)        4,355       3,267       5,038      14,990       7,179

     資本金               (百万円)        7,904       7,904       7,904       7,904       7,904

     発行済株式総数               (千株)      157,239       157,239       157,239       157,239       157,239

     純資産額               (百万円)       148,143       144,269       147,969       161,677       167,524

     総資産額               (百万円)       262,780       254,808       283,199       289,029       284,541

     1株当たり純資産額                (円)      964.99       975.22      1,000.26       1,092.93       1,132.46

     1株当たり配当額
                            9.00       9.00       9.00       9.00      11.00
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当額)
                           ( 4.50  )    ( 4.50  )    ( 4.50  )    ( 4.50  )    ( 4.50  )
     1株当たり当期純利益金額                (円)       28.01       21.52       34.06      101.33       48.53
     潜在株式調整後
                     (円)         ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益金額
     自己資本比率                (%)       56.38       56.62       52.25       55.94       58.88
     自己資本利益率                (%)       2.95       2.23       3.45       9.68       4.36

     株価収益率                (倍)       30.92       54.09       50.77       15.23       23.35

     配当性向                (%)       32.13       41.82       26.43       8.88      22.67

     従業員数
                            2,231       2,031       1,977       1,942       1,861
                     (人)
     〔外、平均臨時雇用者数〕
                           〔 693  〕    〔 581  〕    〔 405  〕    〔 365  〕    〔 374  〕
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれていない。
        2 従業員数は、就業人員数を表示している。
        3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
                                  3/78









                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
        年月                           摘要
      昭和16年7月        日本航空工業株式会社(昭和12年5月創立)と国際工業株式会社(昭和14年11月創立)が合併し、日

             本国際航空工業株式会社設立、航空機製作
      昭和21年2月        日国工業株式会社と改称、鉄道車両及び自動車車体製作に転換
      昭和23年12月        企業再建整備法による整備計画(第二会社として新日国工業株式会社設立)認可
      昭和24年4月        新日国工業株式会社設立、資本金1億円で鉄道車両及び自動車車体製作の事業を継承
             本店を東京都におく
      昭和26年6月        日産自動車株式会社と提携
      昭和31年6月        主業を日産自動車株式会社の中小型自動車製作に転換
      昭和36年10月        当社の株式を東京及び大阪証券取引所市場第一部に上場
      昭和37年1月        日産車体工機株式会社と改称
      昭和37年7月        日国工業株式会社を吸収合併
      昭和40年6月        平塚第2地区工場完成
      昭和41年1月        平塚第3地区工場完成(テクノセンターに改称)
      昭和43年11月        本店を神奈川県平塚市に移転
      昭和44年6月        京都新工場完成
      昭和46年6月        日産車体株式会社と改称
      昭和47年12月        平塚第4地区工場完成
      昭和53年10月        秦野事業所開設
      平成7年7月        追浜分室、栃木分室開設
      平成13年3月        京都工場量産車種の湘南工場への移管
      平成13年12月        平塚第3地区(物流センター)開設
      平成15年3月        大阪証券取引所上場廃止
      平成19年5月        日産車体九州株式会社を設立
      平成22年1月        日産車体九州株式会社での量産開始
      平成24年2月        湘南工場第1地区での車両生産終了
      平成24年12月        第4地区での車両生産を終了、湘南工場の車両生産体制の再編を完了
      平成26年3月        第2地区に本社機能を移転、湘南地区の再編を完了
                                  4/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは、当社及び子会社6社で構成されており、当社の親会社である日産自動車株式会社への自動車及び
      その部分品の製造・販売を主な事業としている。
       セグメント内容と当社及び関係会社の当該事業にかかる位置付けは、次のとおりである。

       セグメント             主要製品等                      主要な会社
                乗用車、商用車、小型バス                当社、日産車体九州㈱、日産自動車㈱

     自動車関連
                               当社、日産車体マニュファクチュアリング㈱、
                部分品・車体・特装車架装
                               ㈱オートワークス京都
                情報処理事業                日産車体コンピュータサービス㈱

     その他          人材派遣業                ㈱プロスタッフ

                設備メンテナンス業                日産車体エンジニアリング㈱

      (注) 子会社はすべて国内のみである。
                                  5/78














                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       前頁で述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりである。
                                  6/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                      議決権の所有
                           資本金     主要な事業
          会社名           住所                  (又は被所有)           関係内容
                          (百万円)       の内容
                                       割合(%)
     (親会社)
                                             当社がエンジン等部分品の有償
                                        (被所有)
                                             支給を受け、自動車として販売
                               自動車の製造・
                                             している。
                                       直接 45.8
     日産自動車㈱     (注3)             横浜市神奈川区         605,813
                               販売
                                             土地建物の賃貸借がある。
                                       間接   0.0
                                             役員の転籍4名
     (連結子会社)
                                             自動車の製造を当社から受託し
                                             ている。
                                             当社が日産自動車㈱から賃借し
     日産車体九州㈱                (注2)                              ている土地建物及び当社の製造
                  福岡県京都郡            10  自動車関連事業          100.0
                                             用設備を賃借している。
                                             当社からの借入金がある。
                                             役員の兼務5名
                                             主に自動車用部分品を当社へ供
                                             給している。
                                             当社所有の土地建物を賃借して
     日産車体マニュファクチュアリ                                  直接 56.1
                  神奈川県平塚市           432  自動車関連事業
                                             いる。
     ング㈱                                  間接 43.9
                                             当社への貸付金がある。
                                             役員の兼務4名、転籍2名
                                             主に機械設備等の保全・整備、
                                             各種設備工事、物流業務を当社
                                             から受注している。
                               その他
                                             当社所有の土地建物を賃借して
     日産車体エンジニアリング㈱             神奈川県平塚市            40  (設備メンテナ          100.0
                               ンス業)             いる。
                                             当社への貸付金がある。
                                             役員の兼務2名、転籍4名
                                             主に自動車の製造を当社から受
                                             託している。
                                             当社所有の土地建物、製造用設
     ㈱オートワークス京都             京都府宇治市           480  自動車関連事業          100.0
                                             備を賃借している。
                                             当社への貸付金がある。
                                             役員の兼務3名、転籍4名
                                             主にシステム開発・プログラム
                                             開発及び保守を当社から受託し
                                             ている。
                               その他
     日産車体コンピュータサービス
                                             当社所有の土地建物を賃借して
                  神奈川県平塚市           100  (情報処理事          100.0
     ㈱
                                             いる。
                               業)
                                             当社への貸付金がある。
                                             役員の兼務2名、転籍4名
                                             当社へ人材の派遣をしている。
                                             当社所有の土地建物を賃借して
                               その他
                                             いる。
     ㈱プロスタッフ             横浜市神奈川区            90            100.0
                               (人材派遣業)
                                             当社への貸付金がある。
                                             役員の兼務1名、転籍3名
      (注)   1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載している。
        2 特定子会社に該当する。
        3 有価証券報告書を提出している。なお、被所有割合は100分の50以下であるが、実質的に支配されているた
          め親会社となっている。
        4 上記連結子会社のうち、連結財務諸表の売上高に占める連結子会社の売上高(連結会社相互間の内部売上高
          を除く)の割合が100分の10を超える会社はない。
                                  7/78







                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成28年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                           3,271   〔1,046〕

     自動車関連
                                            632  〔   203〕

     その他
                                           3,903   〔1,249〕

                 合計
      (注) 従業員数は就業人員であり、臨時従業員は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載している。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成28年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           1,861   〔374〕

                             42.4             20.3             6,154
      (注)   1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員は〔 〕内に年間の平均人員を外数で記載している。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。
        3 上記はすべて自動車関連の従業員である。
      (3)  労働組合の状況

        当社の従業員は、日産車体労働組合に加入(期末日現在の組合員数                               1,805名)している。また、連結子会社のうち
       日産車体九州㈱、日産車体マニュファクチュアリング㈱、日産車体エンジニアリング㈱、㈱オートワークス京都の
       従業員は各会社の労働組合を通じて日産車体労働組合に加入(期末日現在の組合員数                                        1,376名)している。日産車
       体労働組合は全日産・一般業種労働組合連合会を上部団体とし、同連合会が加入する全日本自動車産業労働組合総
       連合会を通じて日本労働組合総連合会に加入している。なお、会社と組合は、労使の相互信頼を基調とし正常かつ
       円満な関係にある。
        その他の連結子会社の従業員は労働組合に加入していないが、労使は正常かつ円満な関係にある。
                                  8/78











                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
        当連結会計年度のわが国経済は、経済政策及び金融緩和の効果が継続したことにより、緩やかな回復傾向で推移
       した。また、米国では緩やかな景気回復が継続したものの、中国・新興国経済の減速や原油価格下落などにより、
       先行き不透明な状態が続いた。
        このような経済情勢の下、当社が日産自動車株式会社から受注している乗用車は、北米向け「インフィニティQ
       X80」、「クエスト」の増加などにより、前連結会計年度に比べ売上台数は12.6%増の102,600台、売上高は
       10.6%増の2,965億円となった。
        商用車は、「NV350キャラバン」の増加などにより、前連結会計年度に比べ売上台数は1.1%増の86,138台、
       売上高はほぼ横ばいの1,301億円となった。
        小型バスは、「NV350キャラバン」の増加などにより、前連結会計年度に比べ売上台数は28.4%増の24,897
       台、売上高は27.8%増の504億円となった。
        以上の結果、前連結会計年度に比べ自動車の総売上台数は9.2%増の213,635台となり、自動車部分品などの売上
       高を加えた総売上高は7.2%増の5,094億円となった。
        損益面では、売上台数の増加等により、前連結会計年度に比べ営業利益は11.2%増の114億円、経常利益は当社湘
       南工場再編に伴う撤去費用戻入額の減少による営業外収益の減少11億円や、前連結会計年度まで計上していた退職
       給付会計基準変更時差異の償却終了などによる営業外費用の減少8億円により、7.9%増の119億円となった。また、
       親会社株主に帰属する当期純利益は、同じく湘南工場第1地区の売却利益の減少142億円などにより、前連結会計年
       度に比べ49.2%減の79億円となった。
      (2)  キャッシュ・フロー

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は1,241億円となり、前連結会計年度末
       に比べ58億円増加した。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は、減価償却費の減少、売上債権の減少、たな卸資産の増加、仕入債務の減少など
       により、前連結会計年度に比べ101億円減少の150億円となった。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は、固定資産の売却による収入の減少などにより、前連結会計年度に比べ167億円減
       少の48億円となった。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果使用した資金は、リース債務の返済による支出の減少などにより、前連結会計年度に比べ17億円
       減少の43億円となった。
                                  9/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      (1)  生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。
         セグメント            台数(台)                   金額(百万円)

                               前期比(%)                    前期比(%)
     自動車関連                   213,635            9.2        503,058            7.5
     その他                      ―          ―        6,362          △16.2
          合計              213,635            9.2        509,421            7.2
      (注)   1 上記金額は販売価格による。
        2 上記金額には、消費税等は含まれていない。
      (2)  受注状況

        自動車関連部門は日産自動車㈱より生産計画を受け、これに基づき当社の生産能力等を勘案して生産計画を立
       て、生産を行っている。
      (3)  販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。
         セグメント            台数(台)                   金額(百万円)

                               前期比(%)                    前期比(%)
     自動車関連                   213,635            9.2        503,058            7.5

     その他                      ―          ―        6,362          △16.2
          合計              213,635            9.2        509,421            7.2
      (注)   1 相手先別の販売実績及び販売実績に対する割合は、次のとおりである。
                          前連結会計年度                   当連結会計年度
              相手先
                       金額(百万円)          割合(%)        金額(百万円)          割合(%)
           日産自動車㈱                464,198          97.7         500,789          98.3
        2 上記金額には、消費税等は含まれていない。
                                 10/78










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
        当社は、2011年度に現在の中期経営計画をスタートし、「QCT総合力で世界のベンチマーク工場となる(日産車体
       九州)」、「多車種少量生産車のフレキシブル生産拠点となる(湘南工場)」、「LCV海外展開事業の基盤を強化す
       る」、「生産台数と売上を積極的に拡大する」の4つを柱とした、グローバル競争力の強化に取組んでいる。
        これまでの取り組みで、2010年に稼働を開始した日産車体九州は3年連続で年間を通じフル稼働を継続し、なお
       かつ安定した品質基盤を確立した。また、湘南地区は、生産体制の再構築、本社機能の移転を完了し、再編による
       集約効果を最大限に活かした更なる競争力強化に取り組んでいる。
        中期経営計画の最終年度となる2016年度も引き続き日産車体九州と湘南工場のそれぞれの特長を活かしながら、
       事業基盤を更に盤石なものとしていく。
        モノづくりがグローバルに拡がる環境の中で、当社は今後も、当社の強みである開発から生産までの一貫したモ
       ノづくり体制と、日産車体九州及び湘南工場の特長ある生産体制に更に磨きをかけながら、また、2015年度に開始
       したダイバーシティへの取り組みを更に推進し、お客様、株主様、取引先様、地域社会の皆様、そして従業員を含
       むすべてのステークホルダーの皆様からの信頼を高められるよう、引き続き企業価値の向上に努めていく所存であ
       る。
     4  【事業等のリスク】

       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがある。
       なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成28年6月28日)現在において当社グループが判断し
      たものである。
      (1)  経済状況

        当社グループの製品の需要は、主な販売先である日産自動車㈱の販売動向の影響を受けており、その販売動向
       は、製品を販売している国、または地域の経済状況の影響を強く受けている。従って、当社主要製品の主な仕向地
       である、日本、北米・中南米地域、中東地域、中国、豪州、アフリカなど主要な市場における経済や景気及びそれ
       に伴う需要の変動について、予測を超えた急激な変動がある時は、当社グループの業績及び財務状況に大きな影響
       を及ぼす可能性がある。
      (2)  資源エネルギー情勢

        原油価格の高騰など資源やエネルギー情勢の急激な変化により、当社グループの製品に対する需要も大きく変動
       する。ガソリン価格が更に上昇すれば自動車全体の需要は低下することも予測される。また、原油価格の高騰によ
       り原材料費、電力費等の高騰が予測される。それらに予測を超えた急激な変動がある時は業績の悪化や機会損失の
       発生など、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。
      (3)  取引先の信用リスク

        当社グループは、サプライヤーなど数多くの取引先と取引を行っている。当社グループは、サプライヤーの財務
       情報をもとに継続的な評価を行うことで、取引先の信用リスクを独自に管理している。しかし、大規模災害による
       サプライヤーからの供給停止、世界的な経済危機をきっかけにしたサプライヤーの倒産のような予期せぬ事態が顕
       在化した場合には、当社グループの業績と財務状況に負の影響を及ぼす可能性がある。
                                 11/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付債務
        当社グループの従業員の退職給付に備えるための退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前
       提条件や年金資産の長期期待運用収益率に基づいて算出されている。実際の結果が前提条件と異なる場合、または
       前提条件が変更された場合、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、将来期間において認
       識される費用及び債務に影響を与える可能性がある。
      (5)  製品の品質

        当社グループは、優れた品質の製品を提供するため、開発から生産まできめ細かい管理体制を敷き最善の努力を
       傾けている。しかしながら、より高い付加価値を提案するための新技術の採用は、それが十分に吟味されたもので
       あっても、後に製造物責任や製品リコールなど予期せぬ品質に係る問題を惹起することがある。製造物責任につい
       ては賠償原資を確保するため一定の限度額までは保険に加入しているが、必ずしもすべての損害が保険でカバーさ
       れるとは限らない。またお客様の安全のため実施したリコールが大規模になった場合には多額が発生するだけでな
       く、ブランドイメージが低下する等、当社グループの業績と財務状況に大きな影響を及ぼす可能性がある。
      (6)  重要な訴訟等

        当社グループが事業活動を進めていく中で、取引先や第三者との間で様々な訴訟に発展する可能性がある。それ
       ら訴訟については、当社側の主張又は予測と異なる結果となるリスクは避けられず、場合によっては当社グループ
       の業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。
      (7)  コンプライアンス、レピュテーション

        当社グループは個人情報や機密情報の保護のための情報セキュリティの取組みをはじめとして、法令等の遵守に
       ついては未然防止の対策を講じると共に、定期的に監査も行っている。更に、コンプライアンスに係る案件を察知
       した場合には速やかに対応する体制も整備しており、当社の社会的信用や評判に与える影響を防いでいる。しかし
       ながら、企業の社会的責任に対する社会の期待は年々増大しており、対応の内容や迅速性が不十分な場合には当社
       の社会的信用や評判に悪い影響を及ぼし、売上の減少等、当社グループの業績に影響を与える可能性がある。
                                 12/78











                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (8)  大規模災害
        現在、そして今後も最大のリスクのひとつであり続けるものに地震リスクがある。当社グループでは、取締役社
       長をトップとする地震対策組織を設置している。また、工場などの建屋や設備などの耐震補強を推進しているが、
       大地震により想定を超えた損害が発生し操業を中断せざるを得ないような場合は、当社グループの業績と財務状況
       に悪影響を及ぼす可能性がある。
        地震以外にも、火災や台風、新型インフルエンザの流行等様々なリスクを想定し、事前の予防対策及び発生時の
       緊急対応体制の整備等を行っているが、想定を超えた規模で発生した場合などは当社グループの業績と財務状況に
       影響を及ぼす可能性がある。
        2011年3月に発生した東日本大震災を契機として、下記のような従来想定していなかった様々なリスクも顕在化し
       た。
         ・計画停電の実施や長期に亘る電力不足により、工場の操業が大きく制限されるリスク
         ・原子力発電所からの放射能汚染による立入制限や避難指示により、対象地域内の日産グループの工場やサプ
          ライヤーが復旧または操業できないリスク
         ・放射能汚染を理由とする、部品・商品の受け入れ制限や遅延のリスク、及び風評による売れ行き低下のリス
          ク
         ・大地震で想定される、従来の高さと範囲を大きく超える津波のリスク
        当社グループではこれら顕在化した問題に対しても一つ一つ対策を検討・実行し、問題解決の努力を続けている
       が、当社だけでは対応できない問題も多く、また、対応のためのコストも発生するため、業績や財務状況に対する
       影響は避けられない可能性がある。
      (9)  原材料及び部品の購入

        当社グループは、多数の取引先から原材料や部品を購入している。需給バランスの急激な変動や産出国における
       政情の変化等により予期せぬ市況変動が起こった場合は、必要な原材料・部品等を継続的安定的に確保出来なくな
       る可能性もあり、当社グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。
      (10)   特定サプライヤーへの依存

        より高い品質や技術をより競争力ある価格で調達しようとすると、発注が特定のサプライヤーに集中せざるを得
       ないことがある。また、特別な技術を要するものについてはそもそも提供できるサプライヤーが限定されることも
       ある。このような場合、予期せぬ事由によりサプライヤーからの供給が停止したり、遅延や不足が生じた時は、当
       社グループの操業も停止し、当社グループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。
      (11)   情報システムに係るリスク

        当社グループの殆ど全ての業務は情報システムに依存しており、システムやネットワークも年々複雑化高度化し
       ている。今やこれらシステムネットワークのサービス無くしては業務の遂行は不可能である。この状況に対して、
       大規模な自然災害、火災、停電等の事故は引き続き当該システムに対して脅威であり、更にコンピュータウイルス
       への感染やより巧妙化しているサイバー攻撃など人為的な脅威も急激に高まっている。
       当社ではそれらのリスクに備え事業継続計画(BCP)の策定に向けた検討を進め、セキュリティ対策の向上等、サー
       バー設置を地理的に分散させるなどのハード面対策からソフト面に亘る様々な対策を実施している。
       しかしながら、想定を超える災害の発生、サイバー攻撃の発生やウイルス等への感染が発生した場合には、システ
       ムダウンによる業務の停止、重要なデータの消失、機密情報や個人情報の盗取や漏えい等のインシデントを引き起
       こす可能性がある。その結果、当社グループの業績や信頼性に対する評判、財務状況に影響を及ぼす可能性があ
       る。
                                 13/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     5  【経営上の重要な契約等】
       該当事項なし。
     6  【研究開発活動】

       当社グループは、日産グループ共通のビジョン「日産:人々の生活を豊かに」の実現に向け、「グローバルな環境
      の変化に対応し、お客様に魅力ある、質の高いクルマとサービスを、タイムリーにお届けすること」を経営方針とし
      て掲げ、さらには2011年から6カ年の中期経営計画では、「LCV・MPVを核とし、全社一体となって競争力
      を高め、グローバルでお客さまを創造していく」を基本方針とし、重点課題を強力に推し進めている。 
       その中で、品質を第一とし、グローバルなLCV開発において、日産グループの中心的な存在として、商品開発力
      の強化に取り組んでいる。
       ①開発体制
         当社は、日産自動車㈱よりLCV、MPV及び小型乗用車の車両開発委託を受け、商品開発を推進している。
         また、特装車開発の一部を、連結子会社の㈱オートワークス京都が担当している。 
       ②新商品の投入状況

         当社生産車において、国内向けでは、新世代タクシー「NV200タクシー」の量産を開始し、「NV200
        バネット     バン」の法規対応を実施した。
        「NV350キャラバン」については、エマージェンシーブレーキを採用したグレードを追加し、「NV350
        キャラバン      トランスポーター」の仕様を一部変更した。
         「エルグランド」については、新グレード「250ハイウェイスター                                   S」、「250ハイウェイスター                 S
        アーバンクロム」を追加した。
        「AD/ADエキスパート」については、安全法規対応を実施した。
         輸出向けでは、「パトロール」については、ロシア・豪州向けなどの排気対応を実施した。「パトロールY6
        1」「パトロールピックアップ」については、豪州向けの法規対応を実施した。「インフィニティQX80」に
        ついては、北米・ロシア・豪州・中国向けなどの排気対応を実施した。「クエスト」については、北米・中国向
        けの法規対応を実施した。
         特装関連で、「アトラスF24」のエンジンの仕様を一部変更した。
         当社が生産しない車では、「リヴィナ」のインドネシア・タイ・マレーシア向けの衝突安全性能対応を実施し
        た。
       ③新技術の開発状況

         新技術開発については、資源と優先度、重要性を勘案して年度毎にテーマを決め開発を進めている。具体的に
        は、環境対応技術開発、商品力向上技術開発等を重点項目として取り組んでいる。
       当社グループは、今後とも「より安全で環境に優しく“高品質なクルマづくり”」を目指し、開発活動を積極的に

      推進する。
       当連結会計年度における研究開発費は102億円(自動車関連)である。
                                 14/78







                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       当社グループに関する財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの分析・検討内容は、原則として連結財務諸表
      に基づいて分析した内容である。
       なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成28年6月28日)現在において当社グループが判断し
      たものである。
       また、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用
      し、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としている。
      (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してい
       る。この連結財務諸表の作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並
       びに開示に影響を与える見積りを必要とする。経営者は、これらの見積りについて過去の実績や現状等を勘案し合
       理的に判断しているが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合がある。
        当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、第5「経理の状況」の連結財務諸表の「連結財務諸

       表作成のための基本となる重要な事項」に記載しているが、特に次の重要な会計方針が連結財務諸表における重要
       な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考えている。
       ① 製品保証引当金

         当社グループは、製品のクレーム費用の支出に備えるため、過去の実績を基礎に翌期以降保証期間内の費用見
        積額を計上している。当社グループは、製品の安全を最優先課題として、開発から生産まで最善の努力を傾けて
        いるが、実際の製品の欠陥等により発生したクレーム費用が見積りと異なる場合、引当金の追加計上が必要とな
        る可能性がある。
       ② 退職給付費用

         当社グループの従業員の退職給付に備えるための退職給付費用及び債務は、数理計算上で設定される割引率、
        将来の報酬水準、退職率等の前提条件や長期期待運用収益率に基づいて算出している。実際の結果が前提条件と
        異なる場合、または前提条件が変更された場合、その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるた
        め、一般的には将来期間において認識される費用及び債務に影響を与える可能性がある。
      (2)  当連結会計年度の経営成績の分析

       ① 売上高
         当連結会計年度の売上高は、北米向け「インフィニティQX80」、「クエスト」の台数増加などにより、前
        連結会計年度に比べ売上台数は9.2%増の213,635台、売上高は7.2%増の5,094億円となった。
       ② 営業利益

         当連結会計年度の営業利益は、売上台数の増加などにより、前連結会計年度に比べ11.2%増の114億円となっ
        た。
       ③ 営業外損益

         当連結会計年度の営業外損益は、前連結会計年度営業外収益に計上した、当社湘南工場再編に伴う撤去費用等
        戻入額の減少11億円や、前連結会計年度まで営業外費用に計上していた退職給付会計基準変更時差異の償却終了
        による減少7億円などにより、前連結会計年度に比べ2億円減少し、4億円の利益となった。
         この結果、経常利益は前連結会計年度に比べ7.9%増の119億円となった。
                                 15/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ④ 特別損益
         当連結会計年度の特別損益は、前連結会計年度計上した当社湘南工場第1地区の売却利益の減少などにより139
        億円減少し、4億円の損失となった。
       ⑤ 法人税等

         法人税等は35億円となり、前連結会計年度に比べ54億円の減少となった。
       ⑥ 親会社株主に帰属する当期純利益

         以上の結果から、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に比べ49.2%減の79億
        円となった。
      (3)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

       ① キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は1,241億円となり、前連結会計年度
        末に比べ58億円増加した。
         営業活動の結果得られた資金は、減価償却費の減少、売上債権の減少、たな卸資産の増加、仕入債務の減少な
        どにより、前連結会計年度に比べ101億円減少の150億円となった。
         投資活動の結果使用した資金は、固定資産の売却による収入の減少などにより、前連結会計年度に比べ167億円
        減少の48億円となった。
         財務活動の結果使用した資金は、リース債務の返済による支出の減少などにより、前連結会計年度に比べ17億
        円減少の43億円となった。
       ② 財務政策

         当社グループは、運転資金及び設備投資資金については、内部資金または日産自動車㈱のグループファイナン
        スにより資金調達している。グループファイナンスの活用で、財務部門のスリム化と資金の効率的な運用を行っ
        ている。
         当社グループは、引き続き財務の健全性を保ち、営業活動によるキャッシュ・フローを生み出すことによっ
        て、将来必要な運転資金及び設備投資資金を調達することが可能と考えている。
                                 16/78










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当社グループ(当社及び連結子会社)では、当連結会計年度において64億円の設備投資を実施した。セグメントごと
      の設備投資の概要は以下のとおりである。
       なお、所要資金については自己資金を充当している。
      (自動車関連)

        マイナーチェンジによる商品力強化、生産設備の合理化、環境改善、厚生施設の改善、環境改善など、63億円の
       設備投資を実施した。
        なお、重要な設備の除却または売却はない。
      (その他)
        特筆すべき設備投資を行っていない。
        なお、重要な設備の除却または売却はない。
     2  【主要な設備の状況】

       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりである。
      (1)  提出会社
                                              平成28年3月31日現在
                                 帳簿価額(百万円) (注)2、4
                                                      従業員数
       事業所名       セグメント
                     設備の内容
                                                       (人)
       (所在地)        の名称
                           建物及び          工具、器具       土地
                                                       (注)3
                                 機械装置                  合計
                            構築物          及び備品     (面積千㎡)
     本社・湘南工場
                    自動車生産                         8,689
     (神奈川県         自動車関連               7,314      3,471      4,125          23,601    1,449 
                    設備等                         (279)
                                                       〔320〕
     平塚市)
     秦野事業所
                    自動車生産                                    186
                                             3,463
     (神奈川県         自動車関連               2,497      1,193       467          7,621
                                              (171)
                    設備等                                   〔17〕
     秦野市)
     京都分室
                    自動車生産                          29          16
     (京都府宇治市         自動車関連                551      559      23         1,164
                    設備等                          (90)          〔9〕
     ほか)
     日産車体九州㈱
     工場               自動車生産                                    173
                                               -
              自動車関連                144    12,723      1,015          13,883
                                              (-)
     (福岡県京都郡               設備等                                   〔28〕
     苅田町) (注)1
      (注)   1 全ての設備を日産車体九州㈱に貸与している。
        2 上記金額には、消費税等は含まれていない。
        3 従業員数の〔 〕は、平均臨時雇用者数を外書している。
        4 上記金額はリース資産を含んでいる。
      (2)子会社

                                             平成28年3月31日現在 
                                 帳簿価額(百万円) (注)1、3
                                                      従業員数
           事業所名
                セグメン
      会社名               設備の内容
                                                       (人)
                トの名称
           (所在地)
                           建物及び          工具、器具       土地
                                                       (注)2
                                機械装置                  合計
                           構築物          及び備品     (面積千㎡)
          本社工場
     日産車体
                     自動車
          ほか
     マ  ニ  ュ
                自動車                                        304
                                              1,476
     フ  ァ  ク             部分品        684      317      226          2,705
          (神奈川県
                                              (65)
                関連                                       〔134〕
     チュアリ
                     生産設備
          平塚市ほ
     ング㈱
          か)
      (注)   1 上記金額には、消費税等は含まれていない。
        2 従業員数の〔 〕は、平均臨時雇用者数を外書している。
        3 上記金額はリース資産を含んでいる。
                                 17/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     3  【設備の新設、除却等の計画】
       重要な設備の新設、除却等の計画は、以下のとおりである。
      (1)  新設・改修
        平成28年度(自        平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)においては、設備の更新を中心に91億円の設備投資
       を計画している(自動車関連89億円、その他1億円)。
        なお、所要資金については自己資金を充当する予定である。
      (2)  除却・売却

        経常的な設備の更新のための除却及び売却を除き、重要な設備の除却及び売却は計画していない。
                                 18/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                    400,000,000

                  計                                  400,000,000

       ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成28年3月31日)          (平成28年6月28日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                               単元株式数      100株
       普通株式          157,239,691          157,239,691
                                  (市場第一部)
         計         157,239,691          157,239,691           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項なし。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項なし。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     平成2年4月1日~
                      80    157,239          46     7,904         46     8,317
     平成3年3月31日(注)
      (注) 転換社債の株式への転換による増加である。
                                 19/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成28年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
       区分                           外国法人等                   株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                個人以外      個人
     株主数
               1     22     27     116     166      6   4,678     5,016        ―
     (人)
     所有株式数
               1  106,662      4,550    725,813     561,771       20   173,309    1,572,126       27,091
     (単元)
     所有株式数
              0.00     6.79     0.29     46.17     35.73     0.00     11.02     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)   1 自己株式9,309,409株は、「個人その他」に93,094単元、「単元未満株式の状況」に9株含まれている。
        2 「その他の法人」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が10単元含まれている。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成28年3月31日現在
                                         所有株式数      発行済株式総数に対する
         氏名又は名称                    住所
                                          (千株)     所有株式数の割合(%)
     日産自動車株式会社                神奈川県横浜市神奈川区宝町2番地                      67,726            43.07
     ロイヤルバンクオブカナダトラ
                     24  SHEDDEN    ROAD   PO  BOX  1586
     ストカンパニー(ケイマン)リ
                     GEORGE    TOWN   GRAND   CAYMAN    KY1-1110
     ミテッド
                                           29,082            18.50
                     CAYMAN    ISLANDS
     (常任代理人 立花証券株式会
                     (東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-14)
     社)
     ステート     ストリート      バンク 
                     P.O.BOX    351  BOSTON,
     アンド    トラスト     カンパニー
                     MASSACHUSETTS       02101   U.S.A.
                                           18,901            12.02
     505224
                     (東京都港区港南2丁目15-1品川インター
     (常任代理人 株式会社みずほ
                     シティA棟)
     銀行決済営業部)
     日産車体取引先持株会                神奈川県平塚市堤町2番1号                       2,815            1.79
     日本トラスティ・サービス信託

                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                       2,384            1.52
     銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行

                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                       1,464            0.93
     株式会社(信託口)
                     133  FLEET   STREET    LONDON,
     ゴールドマンサックスインター
     ナショナル                EC4A   2BB  U.K.
                                            1,202            0.76
     (常任代理人 ゴールドマン・                (東京都港区六本木6丁目10番1号
     サックス証券株式会社)
                     六本木ヒルズ森タワー)
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                       1,000            0.64
     銀行株式会社(信託口5)
     日本トラスティ・サービス信託

                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                        985           0.63
     銀行株式会社(信託口2)
     日本トラスティ・サービス信託

                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                        983           0.63
     銀行株式会社(信託口3)
            計                   ―            126,547             80.48

       (注)1 当社は、自己株式9,309千株(5.92%)を保有しているが、上記大株主の状況から除いている。
                                 20/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
        2 平成27年8月31日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、エフィッシモ 
          キャピタル マネージメント ピーティーイー エルティーディーが平成27年8月24日現在で以下の株式を
          所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認がで
          きないため、上記大株主の状況には含めていない。
          なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりである。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                  住所
                                            (千株)         (%)
         エフィッシモ キャピタ
                      260 オーチャードロード #12-06
         ル マネージメント 
                                              30,283         19.26
         ピーティーイー エル             ザヒーレン シンガポール 238855
         ティーディー
        3 平成27年8月31日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、オンタリオ ティーチャーズ 
          ペンション プラン ボードが平成27年8月24日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
          の、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含
          めていない。
          なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりであり、当事業年度中に当社の主要株主になったと判断し
          ている。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                  住所
                                            (千株)         (%)
                      カナダ連邦 M2M        4H5  オンタリオ州 
         オンタリオ ティー
         チャーズ ペンション              トロント ヤングストリート5650                        19,764         12.57
         プラン ボード
                      スイート300
      (8)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成28年3月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式              ―              ―
                         9,309,400
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                              1,479,032              ―
                        147,903,200
                      普通株式
     単元未満株式                              ―      一単元(100株)未満の株式
                           27,091
     発行済株式総数                   157,239,691           ―              ―
     総株主の議決権                     ―         1,479,032              ―

      (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれている。
         また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数10個が含まれている。
       ②  【自己株式等】

                                               平成28年3月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  神奈川県平塚市堤町2番
                                9,309,400          ―  9,309,400           5.92
                  1号
     日産車体㈱
           計              ―       9,309,400          ―  9,309,400           5.92
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項なし。
                                 21/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】            会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項なし。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項なし。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                株式数(株)                 価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                 348                493,753

     当期間における取得自己株式                                  82                82,070

      (注) 当期間における取得自己株式には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めていない。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            当事業年度                   当期間
            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (円)                  (円)
     引き受ける者の募集を行った
                          ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                     ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                          ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他                     ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                     9,309,409          ―        9,309,491          ―

      (注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式数は含めていない。
                                 22/78










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
       当社は、収益基盤及び財務体質の改善に努力し、安定した配当を継続的に行うことを基本方針としている。
       当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針とし、配当の決定機関は、中間配当は取締
      役会、期末配当は株主総会である。
       当事業年度の剰余金の配当については、継続的な安定配当の基本方針のもと、中間配当(1株当たり4.50円)と合
      わせ1株当たり11円としている。
       内部留保資金の使途については、新車や生産性向上のための設備投資などに有効活用し、財務体質の充実・強化を
      進めることとしている。
       なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めている。
       (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりである。

                        配当金の総額            1株当たり配当額
            決議年月日
                         (百万円)              (円)
         平成27年11月2日
                                665            4.50
         取締役会決議
         平成28年6月28日
                                961            6.50
         定時株主総会決議
     4  【株価の推移】

      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第89期         第90期         第91期         第92期         第93期
       決算年月        平成24年3月         平成25年3月         平成26年3月         平成27年3月         平成28年3月

       最高(円)             872        1,197         1,794         1,835         1,790

       最低(円)             540         760         954        1,241          964

      (注) 最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものである。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成27年10月       平成27年11月       平成27年12月       平成28年1月       平成28年2月       平成28年3月
       最高(円)           1,569       1,460       1,447       1,308       1,233       1,190

       最低(円)           1,306       1,359       1,267       1,047         964      1,061

      (注) 最高・最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものである。
                                 23/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
     男性10名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                      所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和54年4月      日産自動車㈱入社
                              平成13年4月      同社生産技術プレス技術部次長
                               〃  14年10月    日産テクニカルセンターノースアメ
                                    リカ会社VP
                                                   平成28
                               〃  18年4月    日産自動車㈱追浜工場長
                                                   年6月
                               〃  20年2月    同社理事
     取締役社長     代表取締役     木 村 昌 平       昭和32年3月12日生                                    2
                                                   から1
                               〃   〃 9月   インド日産㈱CEO
                                                   年間
                               〃 21年4月    日産自動車㈱執行役員
                               〃  26年4月    同社アライアンスEVP、副社長
                               〃  27年8月    当社副社長執行役員
                               〃  28年6月    当社取締役社長兼社長執行役員(現)
                              昭和55年4月      日産自動車㈱入社
                              平成16年4月      日産テクニカルセンターノースアメ
                                    リカ会社副社長
                                                   平成27
                               〃  21年4月    当社LCV車両開発部長
                                                   年6月
                               〃   〃 8月   当社執行役員
      取締役         崎 田 有 三       昭和29年7月23日生                                    8
                                                   から2
                                    日産自動車㈱LCV製品開発本部長、
                                                   年間
                                    LCV事業本部ものづくり本部長兼務
                               〃  24年4月    当社常務執行役員
                               〃   〃 6月   当社取締役兼常務執行役員(現)
                              昭和56年4月      当社入社
                              平成18年4月      当社経営管理部計画推進室長
                                    日産自動車㈱関係会社管理部主管兼
                                                   平成27
                                    務
                                                   年6月
      取締役         浜 地 利 勝       昭和32年11月7日生                                    7
                              〃 20年4月    当社理事、経営管理部長
                                                   から2
                                                   年間
                              〃 22年4月    当社執行役員
                              〃 24年6月    当社取締役兼執行役員
                              〃 27年4月    当社取締役兼常務執行役員(現)
                              昭和57年4月      日産自動車㈱入社
                              平成19年4月      同社生産事業本部生産企画部主管
                               〃  20年4月    北米日産会社VP
                                                   平成28
                               〃  23年4月    日産自動車㈱車両生産技術本部車両
                                                   年6月
                                    生産技術統括部長
      取締役         馬 渕 雄 一       昭和34年12月19日生                                    ―
                                                   から1
                               〃  26年4月    アジア・パシフィック日産自動車会
                                                   年間
                                    社SVP
                               〃  28年4月    当社常務執行役員
                               〃   〃 6月   当社取締役兼常務執行役員(現)
                              昭和59年4月      神奈川中央交通㈱入社
                              平成15年5月      同社経理部次長
                               〃  18年6月    同社事業開発部長
                               〃  20年6月    同社取締役事業開発部長
                                                   平成27
                               〃  21年6月    同社取締役事業部長
                                                   年6月
      取締役         大 木 芳 幸       昭和36年4月27日生                                    5
                               〃  22年5月    同社取締役経営企画部長
                                                   から2
                                    当社監査役
                               〃  23年6月
                                                   年間
                               〃  24年6月
                                    当社取締役(現)
                               〃  25年6月
                                    神奈川中央交通㈱常務取締役経営企
                                    画部長(現)
                              昭和51年4月
                                    サッポロビール㈱入社
                              平成17年3月
                                    同社執行役員
                                                   平成28
                               〃  20年3月
                                    同社常務執行役員
                                                   年6月
                               〃  21年3月
               市 川 誠   一 郎
      取締役                昭和28年12月8日生              同社取締役常務執行役員                      ―
                                                   から1
                               〃  25年3月
                                    同社取締役専務執行役員
                                                   年間
                               〃  27年3月
                                    退任
                               〃  28年6月
                                    当社取締役(現)
                                 24/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数

      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                              昭和49年4月      当社入社
                              平成19年4月      当社理事、湘南工場長
                               〃  20年4月    当社執行役員、湘南工場長
                                                   平成28
                               〃  22年4月    当社執行役員
                                                   年6月
                                    日産車体九州㈱常務取締役兼務
               江 崎 浩 一 郎                              から4
      監査役      常勤          昭和27年1月25日生                                   11
                                                   年間
                               〃  24年4月    ㈱オートワークス京都取締役社長
                               〃  27年4月    同社顧問
                               〃  27年6月    ジヤトコ㈱監査役(現)
                               〃   〃 6月   当社監査役(現)
                              昭和54年4月      日産自動車㈱入社
                              平成16年4月      同社VP
                               〃  18年4月    同社執行役員
                               〃  22年4月    同社執行役員
                                                   平成28
                                    ニッサン・モータースポーツ・イン
                                                   年6月
                                    ターナショナル㈱取締役社長兼務
                                                   から4
      監査役      常勤    宮 谷 正 一       昭和32年2月1日生                                    ―
                               〃  24年4月    ニッサン・モータースポーツ・イン
                                                   年間
                                    ターナショナル㈱取締役社長
                                    ㈱オーテックジャパン最高経営責任
                                    者兼務
                               〃  28年4月    ㈱オーテックジャパン顧問
                               〃   〃 6月   当社監査役(現)
                              昭和47年4月      ㈱横浜銀行入行
                              平成11年4月      同行執行役員金融市場部長
                               〃  14年6月    ㈱浜銀総合研究所取締役副社長兼研
                                    究理事
                               〃  16年3月    ㈱横浜グランドインターコンチネン
                                                   平成27
                                    タルホテル専務取締役
                                                   年6月
                               〃  16年6月    横浜魚類㈱監査役
                                                   から4
      監査役         湧 井 敏 雄       昭和24年4月6日生                                    1
                               〃  20年6月    日鍛バルブ㈱監査役
                                                   年間
                                    ㈱浜銀総合研究所監査役(常勤)
                               〃  22年6月
                               〃  23年5月    (一社)神奈川経済同友会専務理事
                                    (現)
                               〃  24年6月    当社監査役(現)
                               〃  24年11月    ㈱有隣堂監査役(現)
                               〃  27年6月    大林道路㈱取締役(現)
                              昭和47年4月      安田火災海上保険㈱入社
                              平成14年6月      同社取締役コンプライアンス部長
                               〃  15年6月    ㈱損害保険ジャパン取締役常務執行
                                                   平成27
                                    役員
                                                   年6月
                                    東日本高速道路㈱監査役(常勤)
                               〃  17年10月
               井   上     泉                              から4
      監査役                昭和23年7月17日生                                    0
                               〃  22年11月    同社顧問
                                                   年間
                               〃  23年6月    ㈱ネクスコ東日本リテイル顧問
                               〃  25年4月    ㈱ジャパンリスクソリューション取
                                    締役社長(現)
                               〃  27年6月    当社監査役(現)
                             計                            35
      (注)   1 取締役大木芳幸、市川誠一郎は、社外取締役である。
        2 監査役宮谷正一、湧井敏雄、井上泉は、社外監査役である。
        3 当社では、スリムな取締役会における意思決定の迅速化と、業務執行を担う執行役員に対する権限委譲によ
          る業務執行の効率化を狙いとして執行役員制を導入している。
          執行役員は10名で、上記記載の取締役木村昌平、崎田有三、浜地利勝、馬渕雄一の4名の他に、大野真也、
          羽田野渡、髙橋照雄、新井勉、牛込正明、小滝晋の6名で構成されている。
                                 25/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
        (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
         企業価値を継続的に向上させるために、経営陣の説明責任を明確にし、株主をはじめとするすべてのステーク
        ホルダーに向けた適時適切な情報開示を行うこと、さらに、内部統制システムの整備により、業務の適正と経営
        の透明性を維持することが重要であると考えている。
       ①   企業統治の体制

        イ 企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由
          当社は、法令に基づく会社の機関として取締役会を設置し、会社の重要な業務執行の決定及び個々の取締役
         の職務の執行の監督を行っている。また、監査役会を構成する監査役は、取締役の職務の執行を監査してい
         る。さらに、意思決定の迅速化・効率化を図るため、取締役会の構成をスリムなものとし、業務執行について
         は執行役員制度をしいて、明確な形で執行役員及び使用人に権限移譲している。
          取締役は6名で、うち2名は社外取締役かつ株式会社東京証券取引所で定める独立役員である。取締役会は
         原則月1回開催し、重要な経営事項を決定している。
          加えて原則週1回開催する執行役員会議において、業務執行に伴う個別具体的な経営課題を協議している。
          一方、監査役は4名で、うち社外監査役3名を選出しており、そのうち2名は株式会社東京証券取引所で定
         める独立役員である。取締役会への出席等、監査役会が定めた監査方針に従い、取締役の業務執行全般にわた
         り監査を行っている。これにより、当社の経営の監査機能は十分に機能できる体制を確保できていると認識し
         ている。
        ロ 内部統制システムの整備の状況及びリスク管理体制の整備の状況

          当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、取締役会において、次のとおり当社の内部統制システム(会社
         の業務の適正を確保するための体制)を整備することを決議している。
        1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          当社は、当社の取締役及び使用人が社会的良識を持って行動することの重要性を認識し、法令を遵守するこ
         と及び公正な業務運営の確保に向けて、「日産車体行動規範~わたしたちの約束~」を制定し、社内研修等を
         通じて内容の周知・徹底を図るとともに、行動規範遵守に関する誓約書を交わす。さらに、当社グループ会社
         においても、当社の行動規範の下に、それぞれの当社グループ会社で適用される個別の行動規範を策定し、同
         様に周知・徹底を図る。
          また、内部監査室は、当社及び当社グループ会社に対し、法令及び定款の遵守状況等の監査を行う。
          コンプライアンス(法令等の遵守)上の問題については、当社及び当社グループ会社の使用人が直接かつ容
         易に意見・質問・要望及びコンプライアンス違反の疑いのある行為等について、社内外の窓口に情報提供でき
         る内部通報制度を導入し、問題の早期発見と是正を行う。特に行動規範に抵触すると思われる事項の報告を受
         けた場合は、直ちに当社の「コンプライアンス委員会」もしくは当社グループ会社の「コンプライアンス委員
         会」において速やかに対策を審議し実行に移す。なお、「コンプライアンス委員会」の活動は、毎月執行役員
         会議に報告する。
          反社会的勢力に対しては、会社として毅然とした態度で臨む。当社及び当社グループ会社の取締役及び使用
         人は、万一何らかのアプローチを受けた場合は、速やかに上司並びに関連部署に報告し、その指示に従う。取
         締役及び使用人は、業務遂行上、直接・間接を問わず、詐欺・恐喝等の不正・犯罪行為に関わることなく良識
         ある行動をとる。また、そのおそれがある事態に遭遇した場合は、毅然とした態度で臨むと同時に、速やかに
         上司並びに関連部署に報告し、その指示に従う。
          さらに、当社及び当社グループ会社は、金融商品取引法及び関連する規則や基準に基づき、財務報告の信頼
         性を確保するための内部統制の仕組みの強化に努める。
                                 26/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
        2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          当社及び当社グループ会社の株主総会議事録及び取締役会議事録や職務権限基準に基づいて意思決定された
         決裁書その他の決定書面については、当社及び当社グループ会社ごとに法令及び社内規程に従い保存し管理す
         る。取締役及び監査役あるいは業務上の必要がある使用人は、これらの書面を閲覧することができる。
          また、当社及び当社グループ会社は「情報セキュリティ・ポリシー」を定め、当社及び当社グループ会社の
         情報の適切な保管・管理を徹底し、情報の漏洩や不適切な利用を防止する。さらに、当社及び当社グループ会
         社ごとに「情報セキュリティ委員会」を設置し、全社的な情報セキュリティを総合的に管理するとともに、情
         報セキュリティに関する意思決定を行う。
        3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          当社及び当社グループ会社は、事業の継続を阻害する事項や、ステークホルダーの安全・安心を脅かすリス
         クをいち早く察知し、評価して必要な対策を検討・実行することにより、発生の未然防止に努めるとともに、
         万一発生した場合の被害の最小化や再発防止に努める。
          当社及び当社グループ会社のリスクマネジメントについては、当社取締役社長を委員長とする「リスクマネ
         ジメント委員会」を設置し、具体的対策を講じるとともに、その進捗を継続的に管理する。
          リスク管理の推進にあたって、当社の主要なリスクである環境・品質・安全等については、「環境委員
         会」・「品質委員会」・「安全会議」等の専門委員会や会議を定期的に開催し、併せて、規程・基準・マニュ
         アル等を整備し、その教育等を通じて周知・徹底に取り組み、発生の未然防止、万一発生した場合の被害の最
         小化及び再発防止に努める。
        4.取締役の職務の執行が効率的に行なわれることを確保するための体制
          当社は、法令に基づく会社の機関として取締役会を設置し、会社の重要な業務執行の決定及び個々の取締役
         の職務の執行の監督を行う。また、監査役会を構成する監査役は、取締役の職務の執行を監査する。
          意思決定の迅速化・効率化を図るため、取締役会の構成をスリムなものとし、業務執行については執行役員
         制度をしいて、明確な形で執行役員及び使用人に権限委譲する。
          また、執行役員等によって構成される執行役員会議を原則週1回開催し、業務執行に伴う個別具体的な経営
         課題を協議する。
          業務分掌を定めることにより各部の役割と責任を明確にするとともに、職務権限基準を策定して意思決定を
         行う権限を有する者と意思決定プロセスを明確にすることにより、業務執行の効率化を図る。また、当社グ
         ループ会社においても、明確で透明性の高い業務分掌及び職務権限基準を策定する。常に迅速で効果的な意思
         決定が確保されるよう、それらの業務分掌及び職務権限基準は、当社及び当社グループ各社で定期的に必要な
         見直しを行う。
          また、当社は、中期経営計画及び年度事業計画の策定を通じ、経営方針と事業目的を具体化し、当社及び当
         社グループ会社と共有することにより、効率的かつ効果的な業務執行を行う。
        5.当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         1)子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          当社は、整合性のとれた効率的なグループ経営を行うため、親会社及び当社グループ会社との間で、それぞ
         れ定期的に会議体を開催し、当社の経営方針や情報の共有化を図る。また、当社の各機能部署は、当社グルー
         プ会社の対応する機能部署との連携を強化し、整合性のとれた効率的なグループとしての業務運営を行う。
         2)子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          当社は、当社グループ会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するた
         め、「1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制」に記載する
         取組み等を行う。なお、当社の行動規範は、親会社の行動規範に準拠し、コンプライアンスや情報セキュリ
         ティなどに関する理念の統一を図る。加えて、親会社に対して直接情報提供できる内部通報制度を設ける。
         また、必要に応じて当社の取締役又は使用人が、当社グループ会社の取締役又は監査役を兼務し、業務執行並
         びに会計の状況等を定常的に監視監督する。
         さらに、当社の監査役は、連結経営の観点から、当社グループ全体の監査が実効的に行えるよう定期的に「関
         係会社監査役連絡会」を開催し、情報及び意見の交換を行う。
                                 27/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
         3)子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          当社は、当社グループ会社の損失の危険を管理するため「3.損失の危険の管理に関する規程その他の体
         制」に記載する取組み等を行う。
         4)子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
          当社は、上記1)ないし3)に記載する複数のルートを通じて、当社グループ会社の取締役等の職務の執行
         に係る事項のうち重要な事項の報告を求め、その把握に努める。
        6.当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当
         該使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項、及び当該使用人に対する当社の監査役の指示の実効性の
         確保に関する事項
          当社の監査役による監査の実効性を高め、かつ監査職務を円滑に行うことができるよう、監査役の職務を補
         助すべき組織として監査役室を設置し、管理職等の使用人を配置し、監査役の指揮命令の下にその職務を遂行
         する。また、当該使用人の取締役からの独立性を確保するため、当該使用人の任免、人事評価、異動及び懲戒
         処分等については、予め監査役会の同意を要するものとする。
        7.当社の監査役への報告に関する体制及び当該報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱い
         を受けないことを確保するための体制
         1)当社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制
          当社の取締役及び使用人は、当社及び当社グループ会社の経営に重大な影響を及ぼした事項、又はそのおそ
         れのある事項、行動規範への重大な違反行為、又はそのおそれがある行為、及びこれらに準じる事項を発見し
         たときは、速やかに当社の監査役に報告する。当社の取締役及び使用人は、当社の監査役から業務の執行状況
         について報告を求められた場合、迅速に対応する。
          また、当社の監査役は、年度業務監査計画に基づき当社及び当社グループ会社の重要な意思決定及び業務執
         行状況を把握できるよう、取締役会のほか、執行役員会議への代表監査役の参加を確保するとともに、監査役
         の定期的な業務ヒアリングの際に職務の遂行状況や検討課題の報告を受ける。また、内部監査室は監査計画や
         監査結果を当社の監査役に定期的に報告する。
         2)子会社の取締役、監査役その他の役員等及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に
          報告をするための体制
          当社グループ会社の取締役、監査役その他の役員等及び使用人は、当社監査役に報告すべき事項が発生した
         場合、速やかに、当社の取締役及び使用人に報告を行い、報告を受けた当社の取締役及び使用人は、当該事項
         について、当社の監査役に対して報告を行う。
          また、当社グループ会社の取締役、監査役その他の役員等及び使用人は、当社の監査役から業務の執行状況
         その他について報告を求められた場合、迅速に対応する。
         3)上記1)ないし2)の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを
          確保するための体制
          当該報告をしたことを理由とする不利な取扱いを禁止するものとし、当該報告をした者を保護するために必
         要な措置をとるとともに、そのような不利な取扱いを行った者に対しては、懲戒処分を含めた厳正な対処を行
         うものとする。
        8.  当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続きその他の当該職務執行について生ず
         る費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査役からその職務の執行について費用の前払いや債務の弁済等の請求を受けた場合、会社法に従
         い、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないことを証明できる場合を除き、速や
         かに当該費用又は債務を処理するとともに、毎年度、必要と認められる一定額の監査費用予算を設ける。
                                 28/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
        9.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          当社は、当社の監査役のうち半数以上を社外監査役とし、定期的に開催する「監査役会」及び「監査役連絡
         会」において監査役相互の情報・意見交換を通じて課題を共有するとともに、必要に応じて随時協議を行う。
         監査役と取締役社長は、定期的な会合を設け、経営状況や会社が対処すべき課題、会社を取り巻くリスクなど
         について幅広く情報・意見交換を行う。監査役は、監査法人から定期的に監査報告を受ける。
        当社における内部統制等の状況

        ハ 責任限定契約の内容の概要












          当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役と
         の間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない
         ときは、会社法第425条第1項に定める最低責任限定額を限度とする契約を締結している。
                                 29/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ②   内部監査及び監査役監査
         内部監査室には管理職等の使用人を配し、監査計画を策定し、当社及び当社グループ会社に対し、法令及び定
        款の遵守状況等の監査を行うなど、内部統制の充実を図っていくとともに、定期的に監査役へ監査計画及び監査
        結果を報告し、また、随時情報の交換を行うことで相互の連携を高めている。
         取締役会には監査役全員が出席し、監査役会が定めた監査方針に従い、取締役の業務執行全般にわたり監査を
        行っているほか、執行役員会議には常勤監査役の代表1名が出席し、必要に応じて意見を述べるとともに、社内
        各部署の業務執行状況について監査をするなど、監査機能の強化に努めている。さらに、監査役は会計監査人か
        ら監査計画及び監査結果の報告を受け、相互の意見交換を図り、効率的かつ効果的な監査の実施に努めている。
         また、当社の監査役による監査の実効性を高め、かつ監査職務を円滑に行うことができるよう、監査役の職務
        を補助すべき組織として監査役室を設置し、管理職等の使用人を配し、監査役の指揮命令の下に監査役監査に関
        する業務補佐等の職務を行っている。また、当該使用人の取締役からの独立性を確保するため、当該使用人の任
        免、人事評価、異動及び懲戒処分等については、予め監査役会の同意を要している。
       ③   社外取締役及び社外監査役

         当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名である。
         社外取締役大木芳幸氏は神奈川中央交通株式会社の常務取締役であるが、同氏本人及び同社と当社との間には
        当社の意思決定に影響を及ぼす主要な取引関係はなく、特別な利害関係もない。また、同氏は、異業種企業にお
        いて企業財務、経理部門の業務に携わり、更に経営全般について豊富な経験と知見を有しており、社外取締役と
        してふさわしいと判断し、選任している。
         社外取締役市川誠一郎氏はサッポロビール株式会社の元取締役専務執行役員であったが、同氏本人及び同社と
        当社との間には取引関係はなく、特別な利害関係もない。同氏は、異業種企業において生産部門の業務に携わ
        り、更に経営全般について豊富な経験と知見を有しており、社外取締役としてふさわしいと判断し、選任してい
        る。
         社外監査役宮谷正一氏は当社の親会社である日産自動車株式会社の元執行役員であった。同社は、当社議決権
        の45.8%を所有しており、同社と当社の間には自動車の生産受託等の取引関係があるが、同氏本人と当社との間
        には特別な利害関係はない。同氏は、自動車業界及び日産グループ内での豊富な知識・経験を有しており、社外
        監査役として的確な監査を行っていただけると判断し、選任している。
         社外監査役湧井敏雄氏は株式会社横浜銀行の元執行役員であったが、同氏本人及び同社と当社との間には当社
        の意思決定に影響を及ぼす取引関係はなく、特別な利害関係もない。同氏は、金融機関における長年の経験と企
        業経営、財務等に関する豊富な知見を有しており、社外監査役としてふさわしいと判断し、選任している。
         社外監査役井上泉氏は株式会社損害保険ジャパン(現:損害保険ジャパン日本興亜株式会社)の元取締役常務
        執行役員であり、現在、株式会社ジャパンリスクソリューション取締役社長であるが、同氏本人及び両社と当社
        との間には当社の意思決定に影響を及ぼす取引関係はなく、特別な利害関係もない。同氏は、損害保険業界等に
        おける長年の経験と企業経営、事業活動に伴うリスク等に関する豊富な知見を有しており、社外監査役としてふ
        さわしいと判断し、選任している。
         当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性に関する具体的数値基準は定めていないものの、株式会社東京証
        券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等も勘案したうえで、コーポレート・ガバナンスの充実・向上に
        資する者を選任することとしている。
                                 30/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ④   役員の報酬等
        イ   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                  (百万円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                     112       112        ―       ―       ―      5
     (社外取締役を除く)
     監査役
                      11       11        ―       ―       ―      3
     (社外監査役を除く)
     社外役員                 29       29        ―       ―       ―      4
        ロ   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載していない。
        ハ   使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          該当事項なし。
        ニ   役員の報酬等の額の決定に関する方針

          当社は役員の報酬等の額の決定について、株主総会の決議により取締役及び監査役それぞれの報酬等の限度
         額を決定している。取締役報酬額の決定・改定・減額等の方針については内規で定めている。これに基づき、
         一年ごとに会社の業績、取締役本人の成果を考慮し、報酬等の額を決定している。また、監査役の報酬額は、
         監査役の協議により決定している。
       ⑤   株式の保有状況

        イ   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                                   9銘柄
          貸借対照表計上額の合計額              323百万円
           なお、上場株式は保有していない。
        ロ   保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項なし。
       ⑥   会計監査の状況

         業務を執行した公認会計士の氏名及び所属する監査法人
                 公認会計士の氏名等                    所属する監査法人
          指定有限責任社員 業務執行社員                  堀   健
                                   新日本有限責任監査法人
          指定有限責任社員 業務執行社員                  中村 昌之
         監査業務にかかる補助者は、公認会計士6名、その他7名であり、その他は公認会計士試験合格者、システム
        専門家等である。
       ⑦  取締役及び監査役の責任免除

         当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定
        に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)
        の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めてい
        る。
                                 31/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ⑧  中間配当の決定機関
         当社は、株主への機動的な利益還元ができるよう、取締役会の決議によって中間配当を実施することができる
        旨を定款に定めている。
       ⑨  取締役の定数

         当社の取締役は4名以上とする旨を定款に定めている。
       ⑩  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めている。
       ⑪  自己の株式の取得

         当社は、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行することを可能とするため、会社
        法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式の取得をすることができ
        る旨を定款に定めている。
       ⑫  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について議決権を行使することができる株主の議決
        権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めている。これ
        は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とする
        ものである。
      (2) 【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 30           6          30           3
       連結子会社                  6           ―           6           ―

          計               37           6          37           3

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         前連結会計年度
          該当事項なし。
         当連結会計年度
          該当事項なし。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         前連結会計年度
          当社は、国際財務報告基準(IFRS)に関するアドバイザリー業務を、新日本有限責任監査法人に委託し
         ている。
         当連結会計年度
          当社は、国際財務報告基準(IFRS)に関するアドバイザリー業務を、新日本有限責任監査法人に委託し
         ている。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         該当事項なし。
                                 32/78


                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成している。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

       務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成している。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限
      責任監査法人により監査を受けている。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っている。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人
      財務会計基準機構へ加入し、公益財団法人財務会計基準機構、新日本有限責任監査法人等の行う研修に参加してい
      る。 また、当社は、国際財務報告基準(IFRS)に準拠した親会社グループ内の統一会計基準書により、連結用財務
      報告値の一部としてIFRSに準拠した財務情報を作成し、親会社である日産自動車株式会社に提出している。
                                 33/78













                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
       ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                  563              393
         受取手形及び売掛金                                 70,734              68,062
         仕掛品                                 4,768              5,036
         原材料及び貯蔵品                                 2,154              2,270
         未収入金                                 2,227              2,221
         預け金                                117,796              123,773
         繰延税金資産                                 2,163              1,813
                                            95              98
         その他
         流動資産合計                                200,504              203,670
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                               12,248              12,135
           機械装置及び運搬具(純額)                               21,155              18,626
           工具、器具及び備品(純額)                               9,873              5,915
           土地                               15,684              15,684
                                          1,071               936
           建設仮勘定
                                       ※1  60,033            ※1  53,297
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           909              982
         投資その他の資産
           投資有価証券                                324              324
           長期前払費用                                 3              2
           繰延税金資産                               2,257              3,795
                                           453              434
           その他
           投資その他の資産合計                               3,038              4,556
         固定資産合計                                 63,980              58,836
       資産合計                                  264,484              262,507
                                 34/78









                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                                53,500              48,070
         電子記録債務                                 7,774              8,272
         リース債務                                 2,602              2,143
         未払金                                  656              642
         未払費用                                 9,402              8,150
         未払法人税等                                 3,196              1,950
         預り金                                  218              229
         従業員預り金                                 3,844              3,607
         製品保証引当金                                  171              128
                                          3,371              1,669
         その他
         流動負債合計                                84,737              74,864
       固定負債
         リース債務                                  960             1,176
         製品保証引当金                                  264              173
         退職給付に係る負債                                 8,466              13,750
         資産除去債務                                 1,260              1,273
                                          1,493              1,319
         その他
         固定負債合計                                12,445              17,693
       負債合計                                  97,182              92,557
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                 7,904              7,904
         資本剰余金                                 8,517              8,517
         利益剰余金                                160,748              167,356
                                         △ 8,361             △ 8,362
         自己株式
         株主資本合計                                168,809              175,416
       その他の包括利益累計額
                                         △ 1,507             △ 5,467
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                △ 1,507             △ 5,467
       純資産合計                                  167,302              169,949
      負債純資産合計                                   264,484              262,507
                                 35/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      売上高                                   475,367              509,421
                                      ※2  458,136           ※2 , ※3  491,494
      売上原価
      売上総利益                                    17,231              17,927
                                      ※1 , ※2  6,897           ※1 , ※2  6,440
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                    10,333              11,487
      営業外収益
       受取利息                                   334              397
       受取配当金                                    57               3
       固定資産賃貸料                                   199              201
       撤去費用等戻入額                                  1,125                -
                                           77              89
       その他
       営業外収益合計                                  1,794               692
      営業外費用
       支払利息                                    49              45
       固定資産賃貸費用                                   131              120
       減価償却費                                    31              22
       退職給付会計基準変更時差異の処理額                                   748               -
                                           83              29
       その他
       営業外費用合計                                  1,043               217
      経常利益                                    11,084              11,962
      特別利益
                                       ※4  15,294              ※4  15
       固定資産売却益
                                           16               -
       その他
       特別利益合計                                  15,311                15
      特別損失
                                        ※5  828             ※5  0
       固定資産売却損
                                        ※6  244            ※6  438
       固定資産除却損
       部品金型補償損                                   446               -
                                           220               -
       工場再編費用
       特別損失合計                                  1,739               439
      税金等調整前当期純利益                                    24,656              11,537
      法人税、住民税及び事業税
                                          4,080              3,110
                                          4,936               487
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    9,016              3,598
      当期純利益                                    15,639               7,939
      非支配株主に帰属する当期純利益                                      -              -
      親会社株主に帰属する当期純利益                                    15,639               7,939
                                 36/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      当期純利益                                    15,639               7,939
      その他の包括利益
                                          1,943             △ 3,959
       退職給付に係る調整額
                                       ※1  1,943           ※1   △  3,959
       その他の包括利益合計
      包括利益                                    17,582               3,979
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                                  17,582               3,979
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 37/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成26年4月1日 至           平成27年3月31日) 
                                                   (単位:百万円)
                                              その他の包括利
                             株主資本
                                               益累計額
                                                     純資産合計
                                              退職給付に係る
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
                                               調整累計額
     当期首残高             7,904      8,517     146,434      △ 8,361     154,495      △ 3,450     151,044
      会計方針の変更によ
                                 6            6            6
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                  7,904      8,517     146,440      △ 8,361     154,501      △ 3,450     151,051
     した当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 1,331            △ 1,331            △ 1,331
      親会社株主に帰属す
                              15,639            15,639            15,639
      る当期純利益
      自己株式の取得                                △ 0     △ 0            △ 0
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                                           1,943      1,943
      額)
     当期変動額合計               -      -    14,307       △ 0    14,307       1,943      16,250
     当期末残高             7,904      8,517     160,748      △ 8,361     168,809      △ 1,507     167,302
      当連結会計年度(自         平成27年4月1日 至           平成28年3月31日) 

                                                   (単位:百万円)
                                              その他の包括利
                             株主資本
                                               益累計額
                                                     純資産合計
                                              退職給付に係る
                 資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
                                               調整累計額
     当期首残高             7,904      8,517     160,748      △ 8,361     168,809      △ 1,507     167,302
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 1,331            △ 1,331            △ 1,331
      親会社株主に帰属す
                               7,939            7,939            7,939
      る当期純利益
      自己株式の取得                                △ 0     △ 0            △ 0
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                                          △ 3,959     △ 3,959
      額)
     当期変動額合計               -      -    6,607       △ 0    6,607     △ 3,959      2,647
     当期末残高             7,904      8,517     167,356      △ 8,362     175,416      △ 5,467     169,949
                                 38/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益                                  24,656              11,537
       減価償却費                                  15,979              12,601
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,731             △ 1,181
       受取利息及び受取配当金                                  △ 392             △ 401
       支払利息                                    49              45
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 14,466               △ 14
       固定資産除却損                                   244              353
       売上債権の増減額(△は増加)                                  6,212              2,671
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  1,024              △ 383
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 3,762             △ 4,932
                                           503            △ 1,239
       その他
       小計                                  28,318              19,057
       利息及び配当金の受取額                                   384              400
       利息の支払額                                   △ 53             △ 45
                                         △ 3,502             △ 4,407
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                  25,146              15,005
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       固定資産の取得による支出                                 △ 4,304             △ 3,693
       固定資産の売却による収入                                  16,720                72
       貸付金の回収による収入                                    1              2
       有形固定資産の除却による支出                                  △ 486            △ 1,234
                                           17              17
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  11,948              △ 4,834
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       配当金の支払額                                 △ 1,331             △ 1,331
       自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
       リース債務の返済による支出                                 △ 4,758             △ 2,985
                                            -             △ 45
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,090             △ 4,363
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    31,004               5,807
      現金及び現金同等物の期首残高                                    87,355              118,359
                                      ※1  118,359            ※1  124,167
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1 連結の範囲に関する事項
       すべての子会社を連結している。
       連結子会社                6 社
      (1)  主要な連結子会社名は、「第1企業の概況 4関係会社の状況」に記載のとおりである。
       非連結子会社    ―社
     2 持分法の適用に関する事項

      (1) 持分法適用の非連結子会社                 ―社
      (2) 持分法適用の関連会社                   ―社
     3 連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社の決算日と連結決算日は一致している。
     4 会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
         その他有価証券
          時価のないもの
          …移動平均法による原価法
       ② たな卸資産
         仕掛品、原材料、貯蔵品
         …主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         主として耐用年数を見積耐用年数、残存価額を実質的残存価額とする定額法によっている。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
          建物及び構築物   10~50年
          機械装置及び運搬具 5~10年
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法によっている。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっている。
       ③ リース資産
         耐用年数を見積耐用年数またはリース期間、残存価額を実質的残存価額とする定額法によっている。
       ④ 長期前払費用
         均等償却によっている。
      (3)  重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。
       ② 製品保証引当金
         製品のクレーム費用の支出に備えるため、過去の実績を基礎に翌期以降保証期間内の費用見積額を計上してい
        る。
                                 40/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (4) 退職給付に係る会計処理の方法
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっている。
       ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13~15年)による定額法によ
        り按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしている。
         過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により費用
        処理している。
      (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
       わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなる。
      (6)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       ① 消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっている。
       ② 連結納税制度の適用
         連結納税制度を適用している。
       (会計方針の変更)

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
       う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と
       いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計
       基準」という。)等を、当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動に
       よる差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法
       に変更している。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定によ
       る取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更してい
       る。加えて、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っている。当該
       表示の変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っている。
        当連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得又は
       売却に係るキャッシュ・フローについては、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載し、連結範囲の
       変動を伴う子会社株式の取得関連費用もしくは連結範囲の変動を伴わない子会社株式の取得又は売却に関連して生
       じた費用に係るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分に記載している。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及
       び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将
       来にわたって適用している。
        なお、当連結会計年度において、連結財務諸表に与える影響額はない。
       (表示方法の変更)

       前連結会計年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「減価償却費」は、金銭的重要性が増したた
      め当連結会計年度よりそれぞれ独立掲記することとした。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の
      連結財務諸表の組替えを行っている。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において「営業外費用」の「その他」に表示していた115百万円は、
      「減価償却費」31百万円、「その他」83百万円として組替えている。
       (追加情報)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)が当連結会
      計年度末に係る連結財務諸表から適用できるようになったことに伴い、当連結会計年度から当該適用指針を適用して
      いる。
                                 41/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりである。
             前連結会計年度                 当連結会計年度
            (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
               228,179    百万円             222,838    百万円
      2 従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し、債務保証を行っている。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
                                2,952   百万円              2,499   百万円
         従業員
       (連結損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費のうち主なものは次のとおりである。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日               (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         給料手当                       2,853   百万円               2,916   百万円
         退職給付費用                         49                 66
         サービス費                         91                △ 361
         製品保証引当金繰入額                        261                  86
         減価償却費                        530                 518
     ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりである。

             前連結会計年度                 当連結会計年度
           (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
           至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
               10,318   百万円              10,212   百万円
     ※3 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下げ後の金額であり、当該簿価切下額は以下のとおりである。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         売上原価                         ―百万円                267  百万円
     ※4 固定資産売却益の内訳は次のとおりである。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         機械装置及び運搬具                         19百万円                 11百万円
         工具、器具及び備品                         38                 1
         土地                      15,236                   1
         計                      15,294                   15
     ※5 固定資産売却損の内訳は次のとおりである。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         機械装置及び運搬具                         0百万円                 0百万円
         土地                        827                  ―
         その他                         0                 0
         計                        828                  0
                                 42/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     ※6 固定資産除却損の内訳は次のとおりである。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         建物及び構築物                         65百万円                 28百万円
         機械装置及び運搬具                         54                178
         工具、器具及び備品                         52                166
         その他                         72                 65
         計                        244                 438
     (連結包括利益計算書関係)

     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                             至   平成27年3月31日)              至   平成28年3月31日)
         退職給付に係る調整額
           当期発生額                          1,354               △6,464
                                   1,680                 828
          組替調整額
           税効果調整前
                                   3,035               △5,636
                                  △1,091                 1,676
             税効果額
           退職給付に係る調整額
                                   1,943               △3,959
                その他の包括利益合計                   1,943               △3,959
       (連結株主資本等変動計算書関係)

      前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
     発行済株式
      普通株式(千株)                 157,239              ―           ―        157,239
     自己株式
      普通株式(千株)                  9,308             0           ―         9,309
      (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる取得である。
      2 新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      3 配当に関する事項
       ① 配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
         決議         株式の種類                           基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
     平成26年6月26日
                  普通株式              665       4.50   平成26年3月31日         平成26年6月27日
     定時株主総会
     平成26年11月4日
                  普通株式              665       4.50   平成26年9月30日         平成26年12月1日
     取締役会
       ② 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
     平成27年6月25日
               普通株式     利益剰余金           665       4.50   平成27年3月31日         平成27年6月26日
     定時株主総会
                                 43/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
     発行済株式
      普通株式(千株)                 157,239              ―           ―        157,239
     自己株式
      普通株式(千株)                  9,309             0           ―         9,309
      (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる取得である。
      2 新株予約権等に関する事項

        該当事項はない。
      3 配当に関する事項

       ① 配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり
         決議         株式の種類                           基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
     平成27年6月25日
                  普通株式              665       4.50   平成27年3月31日         平成27年6月26日
     定時株主総会
     平成27年11月2日
                  普通株式              665       4.50   平成27年9月30日         平成27年12月1日
     取締役会
       ② 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                        基準日        効力発生日
                            (百万円)        配当額(円)
     平成28年6月28日
               普通株式     利益剰余金           961       6.50   平成28年3月31日         平成28年6月29日
     定時株主総会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
                                                 393  百万円
        現金及び預金                         563百万円
        預け金                       117,796                 123,773
        現金及び現金同等物                       118,359                 124,167
      2 重要な非資金取引の内容

        ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、以下のとおりである。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至   平成27年3月31日)               至   平成28年3月31日)
         ファイナンス・リース取引に係る
                                 2,227百万円                 2,742百万円
         資産及び債務の額
                                 44/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (リース取引関係)
     1 ファイナンス・リース取引(借主側)
      (1) リース資産の内容
        有形固定資産
         主として、型治具(工具、器具及び備品)である。
      (2)  リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4                          会計方針に関する事項           (2)重要な減価償却資産の減価償
        却の方法」に記載のとおりである。
     2 オペレーティング・リース取引(借主側)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料の内容は次のとおりである。
       なお、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度より記載を省略している。
                              前連結会計年度
                             (平成27年3月31日)
        1年内                          9百万円
        1年超                          9
        計                         19
       (金融商品関係)

     1   金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金の運用については短期的な預金等に限定し、運転資金及び設備投資資金については、内部
       資金を充当し、外部からの資金調達は行っていない。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        受取手形及び売掛金は、通常の事業活動に伴い発生する営業債権であり、預け金については一時的な余剰資金運
       用目的のための日産系ファイナンス会社に対する資金の寄託である。投資有価証券については非上場株式である。
        営業債務である支払手形及び買掛金と電子記録債務は、一年以内の支払期日である。また、ファイナンス・リー
       ス取引に係るリース債務は、主にサプライヤーへの型費未払残高である。
        この中で、営業債権については顧客の信用リスクに晒されている。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、経理規程に従い、営業債権等について、主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ご
        とに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っている。連
        結子会社についても、当社の規程に準じて、同様の管理を行っている。
       ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         投資有価証券である株式は非上場株式であり、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難であるが、定
        期的に当該株式の発行会社より情報を入手し、財務状況等の把握に努めている。
       ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、外部からの資金調達を行っていないため、当該リスクは僅少であると考えている。
                                 45/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ている。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
       該価額が変動することもある。
      (5)  信用リスクの集中

        当期の連結決算日現在における営業債権のうち                      97.0%が日産自動車株式会社に対するものである。
     2   金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりである。なお、時価を把握することが極め
      て困難と認められるものは、次表には含まれていない((注2)参照)。
       前連結会計年度(平成27年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                563            563             ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                               70,734            70,734               ―
     (3)  預け金                       117,796            117,796               ―
            資産計                  189,094            189,094               ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                               53,500            53,500               ―
     (2)  電子記録債務
                               7,774            7,774              ―
     (3)  リース債務(流動負債)
                               2,602            2,598             △3
     (4)  リース債務(固定負債)
                                960            945            △15
            負債計                   64,837            64,818             △18
       当連結会計年度(平成28年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                393            393             ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                               68,062            68,062               ―
     (3)  預け金
                              123,773            123,773               ―
            資産計                  192,230            192,230               ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                               48,070            48,070               ―
     (2)  電子記録債務
                               8,272            8,272              ―
     (3)  リース債務(流動負債)
                               2,143            2,139             △4
     (4)  リース債務(固定負債)
                               1,176            1,168             △8
            負債計                   59,662            59,649             △12
                                 46/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
      資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、(3)            預け金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
      負   債
      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            電子記録債務
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
      (3)  リース債務(流動負債)、(4)              リース債務(固定負債)
        リース債務の時価については、元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定される利率で割
       り引いた現在価値により算定している。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                   (単位:百万円)
                     前連結会計年度           当連結会計年度
           区分
                    (平成27年3月31日)           (平成28年3月31日)
         非上場株式                   324           324
        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、本表には含めていな

       い。
     (注3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

       前連結会計年度(平成27年3月31日)

                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                    (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
     預金                              559        ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                             70,734         ―       ―       ―

     預け金                            117,796          ―       ―       ―

                 合計                 189,090          ―       ―       ―

       当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                    (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
     預金                              390        ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                             68,062         ―       ―       ―

     預け金                            123,773          ―       ―       ―

                 合計                 192,227          ―       ―       ―

                                 47/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     (注4)リース債務の連結決算日後の返済予定額
       前連結会計年度(平成27年3月31日)

                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                    (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
     リース債務                             2,602        848       14       98
                 合計                  2,602        848       14       98

       当連結会計年度(平成28年3月31日)

                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (百万円)                    (百万円)
                                       (百万円)       (百万円)
     リース債務                             2,143       1,067        13       96
                 合計                  2,143       1,067        13       96

       (有価証券関係)

        前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成27年4月1日 
        至 平成28年3月31日)
         該当事項なし。
                                 48/78













                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     1 採用している退職給付制度の概要
       当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、規約型企業年金制度及び退職一時金制度を設けている。さらに
      当社及び連結子会社は、確定拠出年金制度を設けている。また、従業員の退職等に際して、臨時の割増退職金を支払
      う場合がある。
     2 確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  44,841              43,296
        会計方針の変更による累積的影響額                                  △15               ―
       会計方針の変更を反映した期首残高                                  44,826              43,296
        勤務費用                                  1,281              1,342
        利息費用                                   712              518
        数理計算上の差異の発生額                                  1,183              5,029
        退職給付の支払額                                 △4,707              △4,095
       退職給付債務の期末残高                                  43,296              46,091
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
       年金資産の期首残高                                  33,273              34,830
        期待運用収益                                  1,330              1,393
        数理計算上の差異の発生額                                  2,538             △1,435
        事業主からの拠出額                                  2,078              1,391
        退職給付の支払額                                 △4,391              △3,837
       年金資産の期末残高                                  34,830              32,341
      (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                                  42,318              44,952
       年金資産                                 △34,830              △32,341
                                          7,488             12,611
       非積立型制度の退職給付債務                                    977             1,139
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   8,466             13,750
       退職給付に係る負債                                   8,466             13,750

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   8,466             13,750
      (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
       勤務費用                                   1,281              1,342
       利息費用                                    712              518
       期待運用収益                                  △1,330              △1,393
       数理計算上の差異の費用処理額                                    963              860
       過去勤務費用の費用処理額                                   △32              △32
       会計基準変更時差異の費用処理額                                    748               ―
       その他                                    33              69
       確定給付制度に係る退職給付費用                                   2,377              1,365
                                 49/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (5)  退職給付に係る調整額
        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                                至   平成27年3月31日)            至   平成28年3月31日)
       過去勤務費用                                   △32              △32
       数理計算上の差異                                   2,318             △5,604
       会計基準変更時差異                                    748               ―
       合計                                   3,035             △5,636
      (6)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                                                       (百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       未認識過去勤務費用                                    991              959
       未認識数理計算上の差異                                  △3,312              △8,917
       合計                                  △2,321              △7,958
      (7)  年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりである。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       債券                                    48%              51%
       株式                                    41%              38%
       不動産(REITを含む)                                    5%              5%
       現金及び預金                                    1%              1%
       その他                                    5%              5%
       合計                                   100%              100%
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮している。
      (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       割引率                                1.2%~1.5%              0.6~0.8%
       長期期待運用収益率                                   4.0%              4.0%
       予想昇給率                                2.3%~2.7%              2.5~3.6%
     3 確定拠出制度

        当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度334百万円、当連結会計年度354百万円であ
       る。
       (ストック・オプション等関係)

        該当事項なし。
                                 50/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
       (繰延税金資産)
        未払賞与                            1,166百万円                1,094百万円
        製品保証費用                             626                403
        減価償却超過額                             257                221
        減損損失                             219                178
        退職給付に係る負債                            2,820                4,261
        資産除去債務                             409                389
        税務上の繰越欠損金                             631                894
                                   1,384                 972
        その他
         繰延税金資産小計
                                   7,515                8,414
                                  △1,488                △1,337
        評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                   6,026                7,076
       (繰延税金負債)
        買換資産圧縮積立金                           △1,605                △1,466
        その他                             △0                △0
         繰延税金負債合計                           △1,606                △1,467
         繰延税金資産の純額
                                   4,420                5,609
       (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれている。

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
           流動資産―繰延税金資産
                                   2,163百万円                1,813百万円
           固定資産―繰延税金資産
                                   2,257
                                                   3,795
        (表示方法の変更)

         前連結会計年度において区分掲記していた「有価証券評価損」は、重要性が乏しくなったため「その他」に含
        めて表示している。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組替えを行っている。
         この結果、前連結会計年度において「有価証券評価損」と表示していた308百万円は、「その他」に組替えて表
        示している。
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった項目別の内訳

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
       提出会社の法定実効税率                             35.6%                33.0%
       (調整)
       評価性引当額の変動                            △0.5                △1.3
       税率変更による期末繰延税金資産の減
                                    1.0                0.9
       額修正
       試験研究費に係る税額控除                            △1.2                △3.1
                                    1.7                1.7
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                             36.6                31.2
        (表示方法の変更)

         前連結会計年度において「その他」に含めていた「試験研究費に係る税額控除」は、重要性が増したため当連
        結会計年度より区分掲記している。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組替えを
        行っている。
         この結果、前連結会計年度の「その他」に表示していた△1.2%は、「試験研究費に係る税額控除」として組替
        えて表示している。
                                 51/78



                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
       「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会で
      成立したことに伴い、当連結会計年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消
      されるものに限る)に使用した法定実効税率は、前連結会計年度の32.2%から、回収又は支払が見込まれる期間が平
      成28年4月1日から平成30年3月31日までのものは30.8%、平成30年4月1日以降のものについては30.6%にそれぞ
      れ変更されている。
       その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が222百万円減少し、当連結会計年度に計上
      された法人税等調整額が102百万円増加、退職給付に係る調整累計額が120百万円減少している。
       (資産除去債務関係)

        前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自                      平成27年4月1日          至
        平成28年3月31日)
         資産除去債務の残高に重要性が乏しいため、資産除去債務関係の記載を省略している。
       (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度(自            平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自                      平成27年4月1日          至
        平成28年3月31日)
         賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、賃貸等不動産関係の記載を省略している。
                                 52/78














                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      1 報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
      会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものである。
       当社グループは、提出会社と一部の連結子会社が営む「自動車関連事業」を報告セグメントとしている。自動車関
      連事業は、自動車及びその部分品の製造・販売を行なっている。
      2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と同一である。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値である。セグメント間の売上高は、第三者間取引価格に基づいて
      いる。 
      3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                                    連結財務諸表
                    報告セグメント
                              その他                調整額
                                      合計               計上額
                              (注1)                (注2)
                     自動車関連
                                                     (注3)
     売上高
       外部顧客への売上高                  467,778         7,589       475,367           ―     475,367
       セグメント間の内部売上高
                          2      6,495        6,497       △ 6,497          ―
       又は振替高
            計            467,780        14,085       481,865        △ 6,497       475,367
     セグメント利益                   9,976         272      10,249          83      10,333
     セグメント資産                  261,768         2,716       264,484           ―     264,484
     その他の項目
      減価償却費                  15,917          62      15,979          ―     15,979
      有形固定資産及び無形固定
                        5,368         151       5,519          ―      5,519
      資産の増加額
      (注)   1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備メンテナンス業、情報処理事
          業、人材派遣業を含んでいる。
        2 セグメント利益の調整額83百万円は、セグメント間の内部売上高6,497百万円及び内部営業費用6,581百万円
          の消去である。
        3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
                                 53/78







                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                                    連結財務諸表
                    報告セグメント
                              その他                調整額
                                      合計               計上額
                              (注1)                (注2)
                     自動車関連
                                                     (注3)
     売上高
       外部顧客への売上高                  503,058         6,362       509,421          -     509,421
       セグメント間の内部売上高
                          1      7,067        7,068       △ 7,068         -
       又は振替高
            計            503,059        13,430       516,489        △ 7,068       509,421
     セグメント利益                  11,284         162      11,446          40      11,487
     セグメント資産                  260,128         2,378       262,507          -     262,507
     その他の項目
      減価償却費                  12,554          46      12,601          -      12,601
      有形固定資産及び無形固定
                        6,309         119       6,428         -      6,428
      資産の増加額
      (注)   1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備メンテナンス業、情報処理事
          業、人材派遣業を含んでいる。
        2 セグメント利益の調整額40百万円は、セグメント間の内部売上高7,068百万円及び内部営業費用7,108百万円
          の消去である。
        3 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
        【関連情報】

     前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報

      単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してい
     る。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略している。
      (2) 有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はない。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     日産自動車株式会社                               464,198     自動車関連及びその他
                                 54/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報

      単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してい
     る。
     2.地域ごとの情報

      (1) 売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略している。
      (2) 有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はない。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:百万円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     日産自動車株式会社                               500,789     自動車関連及びその他
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 
       平成28年3月31日)
       該当事項なし。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 
       平成28年3月31日)
       該当事項なし。
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)及び当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 
       平成28年3月31日)
       該当事項なし。
                                 55/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1.  関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
       前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
         会社等の
                  資本金又         議決権等の
                                                 取引金額       期末残高
                      事業の内容
                  は出資金
      種類    名称    所在地                  関連当事者との関係          取引の内容           科目
                          所有(被所有)
                      又は職業
                                                 (百万円)       (百万円)
                  (百万円)         割合(%)
         又は氏名
         日産自動車     神奈川県     605,813   自動車の製     (被所有)     エンジン等部分品の有         営業取引    自動車の     460,826   売掛金    68,080
         ㈱             造・販売等          償支給を受け、自動車             販売等
              横浜市             直接  45.8
                                として同社に販売
              神奈川区             間接    0.0
                                             部分品の     181,464   買掛金    18,479
                                役員の転籍5名
                                             受給等
     親会社
                                             固定資産      104   ―      ―
                                         営業外取
                                             の売却
                                         引
                                             固定資産       31   ―     ―
                                             の購入
       当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

         会社等の
                  資本金又         議決権等の
                                                 取引金額       期末残高
                      事業の内容
                  は出資金
      種類    名称    所在地            所有(被所有)      関連当事者との関係          取引の内容           科目
                      又は職業
                                                 (百万円)       (百万円)
                  (百万円)         割合(%)
         又は氏名
         日産自動車     神奈川県     605,813   自動車の製     (被所有)     エンジン等部分品の有         営業取引    自動車の     498,437   売掛金    65,495
         ㈱             造・販売等          償支給を受け、自動車             販売等
              横浜市             直接  45.8
                                として同社に販売
              神奈川区             間接    0.0
                                             部分品の     200,294   買掛金    17,441
     親会社                           役員の転籍4名
                                             受給等
                                         営業外取    固定資産      200  未払金      18
                                         引    の購入
     取引条件及び取引条件の決定方針等
      ① 自動車の販売については、総原価を勘案して交渉の上決定している。また、交渉の経緯と内容について取締役会
       で確認している。
      ② 部分品の受給については、原則として日産自動車㈱の原価により算定した価格により、交渉の上決定している。
      ③ 固定資産の購入については、一般的取引条件と同様に決定している。
      ④ 取引金額については消費税等を含んでいないが、期末残高には消費税等を含んでいる。
                                 56/78











                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (イ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
       前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
         会社等の
                  資本金又         議決権等の
                                                取引金額        期末残高
                      事業の内容
                  は出資金
      種類    名称    所在地                  関連当事者との関係          取引の内容           科目
                           所有(被所有)
                      又は職業
                                                (百万円)        (百万円)
         又は氏名        (百万円)          割合(%)
     同一の親         埼玉県さ     41,456   自動車部品          部分品の仕入先         部分品の仕入        38,051   買掛金     7,496
         カルソニッ
     会社をも         いたま市        の製造・販
         クカンセイ                    ―
     つ会社         北区        売
         ㈱
     同一の親    日産グルー     神奈川県       90 金融業          当社グループ資金の運         資金運用        31,098   預け金    117,796
     会社をも    プファイナ     横浜市                  用先         受取利息         319  未収入金       31
                             ―
     つ会社    ンス㈱
              西区
       当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

         会社等の
                  資本金又         議決権等の
                                                取引金額        期末残高
                      事業の内容
                  は出資金
      種類    名称    所在地                  関連当事者との関係          取引の内容           科目
                           所有(被所有)
                      又は職業
                                                (百万円)        (百万円)
                  (百万円)          割合(%)
         又は氏名
     同一の親         埼玉県さ     41,456   自動車部品          部分品の仕入先         部分品の仕入        41,844   買掛金     6,463
         カルソニッ
     会社をも         いたま市        の製造・販
         クカンセイ                    ―
     つ会社         北区        売
         ㈱
     同一の親    日産グルー     神奈川県       90 金融業          当社グループ資金の運         資金運用        5,977   預け金    123,773
     会社をも    プファイナ     横浜市                  用先         受取利息         382  未収入金       32
                             ―
     つ会社    ンス㈱
              西区
     取引条件及び取引条件の決定方針等
      ① 部分品の仕入については、市場価格を勘案して当社希望価格を提示し、価格交渉の上、一般的取引条件と同様に
       決定している。
      ② 資金運用については、日産グループファイナンス㈱から提示された条件(利率等)について、一般の短期資金の市
       場金利を勘案して検討し、決定している。
      ③ 取引金額については消費税等を含んでいないが、期末残高には消費税等を含んでいる。
      ④ 資金運用については、前当期の増減額を記載している。
     2.  親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)親会社情報
        日産自動車㈱       (東京証券取引所に上場)
     (2)重要な関連会社の要約財務情報
        当連結会計年度において、重要な関連会社はない。
                                 57/78










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
        (1株当たり情報)
       1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり当期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであ
      る。
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                 項目
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
     (1)  1株当たり純資産額
                                      1,130円95銭              1,148円85銭
      (算定上の基礎)

       純資産の部の合計額(百万円)                                  167,302              169,949

       純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                     ―             -

       普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  167,302              169,949

       1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                        147,930              147,930
       期末の普通株式の数(千株)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                 項目               (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)
     (2)  1株当たり当期純利益金額
                                       105円72銭              53円67銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                  15,639              7,939
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     ―             -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         15,639              7,939
       当期純利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                  147,930              147,930
      (注) 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載していない。
       (重要な後発事象)

        該当事項はなし。
                                 58/78










                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項なし。
         【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高         平均利率
             区分                                       返済期限
                         (百万円)         (百万円)          (%)
     1年以内に返済予定のリース債務                       2,602         2,143          0.3       ―
     リース債務(1年以内に返済予定                                              平成29年4月~
                             960        1,176          1.4
     のものを除く)                                              平成68年3月
     その他有利子負債
                            3,844         3,607          0.5       ―
      従業員預り金(従業員の社内預金)
             合計                7,407         6,928           ―      ―
      (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載している。
        2 リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
              区分
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
           リース債務               1,013           28          18          7
        【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略している。
                                 59/78













                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期           第93期
                      連結累計期間          連結累計期間          連結累計期間          連結会計年度
                    (自  平成27年4月1日        (自  平成27年4月1日        (自  平成27年4月1日        (自  平成27年4月1日
                    至 平成27年6月30日)         至 平成27年9月30日)         至 平成27年12月31日)         至 平成28年3月31日)
     売上高          (百万円)          121,654          253,036          380,876          509,421
     税金等調整前四半期(当
                (百万円)           1,612          4,543          7,188          11,537
     期)純利益
     親会社株主に帰属する
                (百万円)           1,131          3,164          4,995          7,939
     四半期(当期)純利益
     1株当たり四半期(当期)
                 (円)           7.65          21.39          33.77          53.67
     純利益金額
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

                      連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間
                    (自  平成27年4月1日        (自  平成27年7月1日        (自  平成27年10月1日        (自  平成28年1月1日
                    至 平成27年6月30日)         至 平成27年9月30日)         至 平成27年12月31日)         至 平成28年3月31日)
     1株当たり四半期純利益
                (円)           7.65          13.74          12.38          19.90
     金額
                                 60/78















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                   19              23
         受取手形                                   1             113
                                       ※1  68,263            ※1  65,545
         売掛金
         仕掛品                                 4,081              4,478
         原材料及び貯蔵品                                  539              501
         関係会社短期貸付金                                   50              450
                                       ※1  36,673            ※1  34,624
         未収入金
         預け金                                117,796              123,773
         繰延税金資産                                 1,465              1,104
                                            65              75
         その他
         流動資産合計                                228,955              230,690
       固定資産
         有形固定資産
           建物                               10,016              10,025
           構築物                               1,243              1,190
           機械及び装置                               20,084              17,959
           車両運搬具                                184              174
           工具、器具及び備品                               9,501              5,632
           土地                               14,164              14,164
                                          1,045               936
           建設仮勘定
           有形固定資産合計                               56,239              50,081
         無形固定資産
           ソフトウエア                                852              874
                                            15              15
           その他
           無形固定資産合計                                868              890
         投資その他の資産
           投資有価証券                                323              323
           関係会社株式                               1,282              1,282
           繰延税金資産                               1,031               964
                                         ※1  328            ※1  308
           その他
           投資その他の資産合計                               2,965              2,878
         固定資産合計                                 60,073              53,851
       資産合計                                  289,029              284,541
                                 61/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形                                   243              246
         電子記録債務                                 7,774              8,272
                                        ※1  86,382            ※1  79,302
         買掛金
         関係会社短期借入金                                 4,870              5,700
                                        ※1  2,614            ※1  2,157
         リース債務
                                        ※1  1,001             ※1  925
         未払金
                                        ※1  6,381            ※1  5,493
         未払費用
         未払法人税等                                 3,129              1,872
         預り金                                   120              124
         従業員預り金                                 3,844              3,607
         製品保証引当金                                   53              37
                                           2,453               952
         その他
         流動負債合計                                118,868              108,692
       固定負債
                                         ※1  950           ※1  1,170
         リース債務
         製品保証引当金                                   88              60
         退職給付引当金                                 5,767              5,412
         資産除去債務                                 1,074              1,088
                                            601              593
         その他
         固定負債合計                                 8,483              8,324
       負債合計                                  127,352              117,017
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                 7,904              7,904
         資本剰余金
           資本準備金                                8,317              8,317
                                            200              200
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                                8,517              8,517
         利益剰余金
           利益準備金                                1,976              1,976
           その他利益剰余金
             買換資産圧縮積立金                              3,380              3,326
             別途積立金                             22,848              22,848
             繰越利益剰余金                             125,411              131,312
           利益剰余金合計                               153,616              159,463
         自己株式                                △ 8,361             △ 8,362
         株主資本合計                                161,677              167,524
       純資産合計                                  161,677              167,524
      負債純資産合計                                    289,029              284,541
                                 62/78






                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
                                      ※1  463,750            ※1  498,880
      売上高
                                      ※1  449,799            ※1  483,702
      売上原価
      売上総利益                                    13,951              15,177
                                      ※1 , ※2  5,476           ※1 , ※2  5,159
      販売費及び一般管理費
      営業利益                                    8,474              10,018
      営業外収益
                                        ※1  340            ※1  403
       受取利息及び配当金
                                        ※1  556            ※1  531
       固定資産賃貸料
       撤去費用等戻入額                                  1,125                -
                                           42              31
       その他
       営業外収益合計                                  2,064               965
      営業外費用
                                         ※1  62            ※1  59
       支払利息
                                        ※1  360            ※1  319
       固定資産賃貸費用
       退職給付会計基準変更時差異の処理額                                   704               -
                                           85              33
       その他
       営業外費用合計                                  1,212               413
      経常利益                                    9,327              10,570
      特別利益
                                       ※3  15,261               ※3  2
       固定資産売却益
       特別利益合計                                  15,261                 2
      特別損失
                                        ※4  827
       固定資産売却損                                                   -
                                        ※5  125            ※5  178
       固定資産除却損
                                           446               -
       部品金型補償損
       特別損失合計                                  1,399               178
      税引前当期純利益                                    23,190              10,393
      法人税、住民税及び事業税
                                          3,936              2,787
                                          4,263               427
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    8,200              3,214
      当期純利益                                    14,990               7,179
                                 63/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成26年4月1日 至           平成27年3月31日) 
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                               資本剰余金                  利益剰余金
                                                   その他利益剰余金
                 資本金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計        利益準備金
                                                     買換資産
                                                     圧縮積立金
     当期首残高              7,904       8,317        200      8,517       1,976       3,377
      会計方針の変更によ
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   7,904       8,317        200      8,517       1,976       3,377
     した当期首残高
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金
                                                        232
      の積立
      買換資産圧縮積立金
                                                        △ 386
      の取崩
      実効税率変更に伴う
      買換資産圧縮積立金                                                  157
      の増加
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
     当期変動額合計                ―       ―       ―       ―       ―       3
     当期末残高              7,904       8,317        200      8,517       1,976       3,380
                               株主資本

                        利益剰余金
                                                     純資産合計
                   その他利益剰余金                    自己株式      株主資本合計
                              利益剰余金合計
                別途積立金      繰越利益剰余金
     当期首残高              22,848       111,706       139,907       △ 8,361      147,969       147,969
      会計方針の変更によ
                            49       49              49       49
      る累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                   22,848       111,756       139,957       △ 8,361      148,018       148,018
     した当期首残高
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金
                           △ 232        ―              ―       ―
      の積立
      買換資産圧縮積立金
                            386        ―              ―       ―
      の取崩
      実効税率変更に伴う
      買換資産圧縮積立金                     △ 157        ―              ―       ―
      の増加
      剰余金の配当                    △ 1,331      △ 1,331              △ 1,331      △ 1,331
      当期純利益                    14,990       14,990              14,990       14,990
      自己株式の取得                                    △ 0      △ 0      △ 0
     当期変動額合計                ―     13,655       13,658         △ 0     13,658       13,658
     当期末残高              22,848       125,411       153,616       △ 8,361      161,677       161,677
                                 64/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成27年4月1日 至           平成28年3月31日) 
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                               資本剰余金                  利益剰余金
                                                   その他利益剰余金
                 資本金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計        利益準備金
                                                     買換資産
                                                     圧縮積立金
     当期首残高              7,904       8,317        200      8,517       1,976       3,380
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金
                                                        △ 128
      の取崩
      実効税率変更に伴う
      買換資産圧縮積立金                                                   75
      の増加
      剰余金の配当
      当期純利益
      自己株式の取得
     当期変動額合計                -       -       -       -       -      △ 53
     当期末残高              7,904       8,317        200      8,517       1,976       3,326
                               株主資本

                        利益剰余金
                                                     純資産合計
                   その他利益剰余金                    自己株式      株主資本合計
                              利益剰余金合計
                別途積立金      繰越利益剰余金
     当期首残高              22,848       125,411       153,616       △ 8,361      161,677       161,677
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金
                            128        -              -       -
      の取崩
      実効税率変更に伴う
      買換資産圧縮積立金                     △ 75        -              -       -
      の増加
      剰余金の配当                    △ 1,331      △ 1,331              △ 1,331      △ 1,331
      当期純利益                     7,179       7,179              7,179       7,179
      自己株式の取得                                    △ 0      △ 0      △ 0
     当期変動額合計                -      5,901       5,847        △ 0      5,847       5,847
     当期末残高              22,848       131,312       159,463       △ 8,362      167,524       167,524
                                 65/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1 有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
      (2)  その他有価証券
        時価のないもの
         …移動平均法による原価法
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

       仕掛品、原材料、貯蔵品
       …主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     3 固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        耐用年数を見積耐用年数、残存価額を実質的残存価額とする定額法によっている。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
         建物                     10~50年
         機械及び装置                 10年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法によっている。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっている。
      (3) リース資産
        耐用年数を見積耐用年数またはリース期間、残存価額を実質的残存価額とする定額法によっている。
     4 引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
       ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。
      (2)  製品保証引当金
        製品のクレーム費用の支出に備えるため、過去の実績を基礎に翌期以降保証期間内の費用見積額を計上してい
       る。
      (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してい
       る。
        ①   退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
         付算定式基準によっている。
        ②   数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13~15年)による定額法
         により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理している。
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により費
         用処理している。
                                 66/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     5 その他財務諸表作成のための重要な事項
      (1)  退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異、未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれ
       らの会計処理の方法と異なっている。
      (2)  消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっている。
      (3)  連結納税制度の適用
        連結納税制度を適用している。
       (会計方針の変更)

       「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」という。)
       及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」とい
       う。)等を当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する方法に変更している。
       また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の
       見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更している。
       企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項
       (4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用している。
       なお、当事業年度において、財務諸表に与える影響額はない。
       (追加情報)

       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)が当事業年
      度末に係る財務諸表から適用できるようになったことに伴い、当事業年度から当該適用指針を適用している。
                                 67/78













                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する資産及び負債
        区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりである。
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成27年3月31日)               (平成28年3月31日)
         短期金銭債権                       102,996百万円                 98,431百万円
         長期金銭債権                        273               255
         短期金銭債務                       56,091               53,337
         長期金銭債務                          ▶               6
      2 保証債務

        従業員の銀行からの借入金(住宅資金)に対し、債務保証を行っている。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
         従業員                        2,952百万円                 2,499百万円
       (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引高の総額。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至    平成27年3月31日)               至    平成28年3月31日)
         売上高                      460,841百万円                 498,448百万円
         仕入高                      525,453                 588,027
         営業取引以外の取引高                       1,132                 1,539
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主なものは次のとおりである。

        (販売費)
                               前事業年度                当事業年度
                            (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                             至    平成27年3月31日)              至    平成28年3月31日)
        給料手当                         26 百万円               26 百万円
        サービス費                         91              △ 349
        製品保証引当金繰入額                        △ 0                11
        販売促進費                         76                113
        減価償却費                          0                0
        業務委託費                         28                24
        (一般管理費)

                               前事業年度                当事業年度
                            (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                             至    平成27年3月31日)              至    平成28年3月31日)
        給料手当                       1,972   百万円             2,051   百万円
        福利費                        273                257
        減価償却費                        495                492
        業務委託費                        764                696
                                 68/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     ※3 固定資産売却益の内訳は次のとおりである。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至    平成27年3月31日)               至    平成28年3月31日)
          工具、器具及び備品                         25百万円                  0百万円
          土地                      15,236                   1
          計                      15,261                   2
     ※4 固定資産売却損の内訳は次のとおりである。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至    平成27年3月31日)               至    平成28年3月31日)
          土地                        827百万円                  ―百万円
          計                        827                  ―
     ※5 固定資産除却損の内訳は次のとおりである。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                            至    平成27年3月31日)               至    平成28年3月31日)
         建物                          6百万円                 16百万円
         構築物                         1                 0
         機械及び装置                         35                 20
         工具、器具及び備品                         33                 91
         撤去費用                         48                 49
          計                        125                 178
       (有価証券関係)

        前事業年度(平成27年3月31日)
         子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式1,282百万円)は市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、記載していない。
        当事業年度(平成28年3月31日)

         子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式1,282百万円)は市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
        難と認められることから、記載していない。
                                 69/78









                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳 
                                前事業年度                当事業年度
                              (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
       (繰延税金資産)
        未払賞与                             641百万円                569百万円
        製品保証費用                             525                334
        有価証券評価損                             304                289
        減価償却超過額                             254                221
        退職給付引当金                            1,860                1,655
        資産除去債務                             349                332
                                    576                523
        その他
         繰延税金資産小計
                                   4,511                3,926
                                   △409                △390
        評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                   4,102                3,535
       (繰延税金負債)
        買換資産圧縮積立金                           △1,605                △1,466
                                    △0                △0
        その他
         繰延税金負債合計                           △1,606                △1,467
         繰延税金資産の純額
                                   2,496                2,068
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった項目別の内訳

                                前事業年度              当事業年度
                              (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
       提出会社の法定実効税率                                35.6  %            33.0  %
       (調整)
       税率変更による期末繰延税金資産の減額
                                       0.9              0.9
       修正
       試験研究費に係る税額控除                               △1.2              △3.4
                                       0.1              0.6
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                35.4              30.9
        (表示方法の変更)

         前事業年度において「その他」に含めていた「試験研究費に係る税額控除」は、重要性が増したため当事業年
        度より区分掲記している。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の注記の組替えを行っている。
         この結果、前事業年度の「その他」に表示していた△1.2%は、「試験研究費に係る税額控除」として組替えて
        表示している。
     3 法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」が平成28年3月29日に国会で
      成立したことに伴い、当事業年度の繰延税金資産及び繰延税金負債の計算(ただし、平成28年4月1日以降解消され
      るものに限る)に使用した法定実効税率は、前事業年度の32.2%から、回収又は支払が見込まれる期間が平成28年4
      月1日から平成30年3月31日までのものは30.8%、平成30年4月1日以降のものについては30.6%にそれぞれ変更さ
      れている。
       その結果、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が94百万円減少し、当事業年度に計上され
      た法人税等調整額が94百万円増加している。
       (重要な後発事象)

        該当事項なし。
                                 70/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    差引当期末
                                       当期末減価償
                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高             当期償却額
                                        却累計額
        資産の種類                                              残高
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)             (百万円)
                                        (百万円)
                                                     (百万円)
     有形固定資産
      建物             36,363       627      103    36,887       26,862       601     10,025
      構築物             6,874       71      10    6,935       5,744       123      1,190
      機械及び装置             91,241      1,990       770    92,461       74,502      4,094      17,959
      車両運搬具             1,133       46      ▶    1,176       1,001       56      174
      工具、器具及び備品             96,035      3,295     11,640      87,689       82,057      7,159       5,632
      土地             14,164        -      0   14,164         -      -     14,164
      建設仮勘定             1,045      3,365      3,475       936       -      -      936
       有形固定資産計           246,858       9,396     16,003     240,250       190,169      12,034       50,081
     無形固定資産
      ソフトウエア             9,007       346      -    9,353       8,478       324       874
      その他              166      -      -     166       150       0      15
       無形固定資産計            9,173       346      -    9,520       8,629       324       890
      (注)   1  「当期首残高」及び「当期末残高」は取得価額により記載している。
        2  当期増加の主なもの
         建物                ‥‥
                       1地区 樹脂梱包場 整備工事                                156百万円
                       テクノセンター 基型工場 耐震補強工事                                112百万円
                       2地区 工場建屋の改修工事                                95百万円
                       八幡寮及び相模寮 耐震補強工事                                42百万円
         機械及び装置              ‥‥
                       NS-K新規設備の取得                               1,074百万円
                       2地区 生産設備更新                                569百万円
                       実験設備の更新 ほか                                191百万円
         工具、器具及び備品          ‥‥
                       ベンダーツーリングの取得 ほか                               2,732百万円
         建設仮勘定    ‥‥              NS-K新規設備ほかの取得                               1,192百万円
                       2地区 生産設備ほか新規設備の取得                                610百万円
                       総務・人事所管資産の取得                                539百万円
                       新車立上げに伴う型治具ほかの取得                                356百万円
                       システム更新ほかIT資産の取得                                325百万円
                       実験設備の更新 ほか                                216百万円
                       秦野地区 プレス機改修ほか設備の更新                                120百万円
        3  当期減少の主なもの
         建物             ‥‥
                       2地区及び3地区 厚生棟の改修及び空調設備更新に伴う                                41百万円
                       資産廃棄
                       秦野地区 プレス工場の照明更新に伴う資産廃棄ほか                                16百万円
                       テクノセンター 設計新館ほかの改修に伴う資産廃棄                                12百万円
         機械及び装置          ‥‥
                       2地区 生産設備更新に伴う廃棄ほか                                642百万円
                       秦野地区 プレス工場の照明更新に伴う資産廃棄ほか                                106百万円
         工具、器具及び備品          ‥‥
                       型治具ほか償却及び生産終了に伴う廃棄ほか                              11,316百万円
         建設仮勘定            ‥‥
                       新規設備ほかの稼働開始に伴う資産登録ほか                               3,475百万円
                                 71/78




                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                   当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高
          区分
                   (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     製品保証引当金                  141         11        55       97 

      (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略している。
      (3)  【その他】

        該当事項なし。
                                 72/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

     剰余金の配当の基準日             9月30日、3月31日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

       取扱場所             (特別口座)

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社 証券代行部

       株主名簿管理人             (特別口座)

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号 三井住友信託銀行株式会社

       取次所             ―

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によっ
                  て電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行な
     公告掲載方法
                  う。なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のと
                  おり。http://www.nissan-shatai.co.jp
      (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
        ① 会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        ② 会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        ③ 株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 73/78











                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はない。
     2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出している。
     (1)   有価証券報告書               事業年度        自 平成26年4月1日             平成27年6月25日

       及びその添付書類               (第92期)        至 平成27年3月31日             関東財務局長に提出。
       並びに確認書     
     (2)   内部統制報告書               事業年度        自 平成26年4月1日             平成27年6月25日

                      (第92期)        至 平成27年3月31日             関東財務局長に提出。
     (3)   四半期報告書及び             第93期第1四半期          自 平成27年4月1日             平成27年8月6日

       確認書                       至 平成27年6月30日             関東財務局長に提出。
                    第93期第2四半期          自 平成27年7月1日             平成27年11月6日

                               至 平成27年9月30日             関東財務局長に提出。
                    第93期第3四半期          自 平成27年10月1日             平成28年2月12日

                               至 平成27年12月31日             関東財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会にお                                     平成27年6月29日
       ける議決権行使の結果)に基づく臨時報告書である。
                                            関東財務局長に提出。
       臨時報告書

       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)                                     平成27年9月1日
       に基づく臨時報告書である。
                                            関東財務局長に提出。
                                 74/78











                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 75/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成28年6月27日

     日産車体株式会社
      取締役会 御中
                   新日本有限責任監査法人
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士  堀     健   ㊞
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士  中 村 昌 之   ㊞
                     業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる日産車体株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結
     貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連
     結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日
     産車体株式会社及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 76/78





                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、日産車体株式会社の平成28年
     3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、日産車体株式会社が平成28年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
     内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
     務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      㯿ᄀ   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2   XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78








                                                           EDINET提出書類
                                                       日産車体株式会社(E02150)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                    平成28年6月27日

     日産車体株式会社
      取締役会 御中
                   新日本有限責任監査法人
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士  堀     健   ㊞
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                    公認会計士  中 村 昌 之   ㊞
                     業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる日産車体株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第93期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日産車
     体株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点にお
     いて適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      㯿ᄀ   上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

         社)が別途保管しております。
       2  XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。