アルピコホールディングス株式会社 有価証券報告書 第8期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第8期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:アルピコホールディングス株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成28年6月23日
                          第8期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                    アルピコホールディングス株式会社
                          ALPICO    HOLDINGS     CO.,LTD.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  堀籠 義雄
      【本店の所在の場所】                    長野県松本市井川城2丁目1番1号
                          0263-26-7100(代表)
      【電話番号】
                          常務取締役         塚田 進
      【事務連絡者氏名】
      【最寄りの連絡場所】                    長野県松本市井川城2丁目1番1号
                          0263-26-7100(代表)
      【電話番号】
                          常務取締役         塚田 進
      【事務連絡者氏名】
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/95













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第4期       第5期       第6期       第7期       第8期
             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

                    (千円)      69,173,110       66,703,767       67,037,693       69,520,854       82,817,386

     営業収益
                    (千円)      2,216,702       2,305,495       1,973,130       1,677,781       1,701,192

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (千円)       689,361      1,157,241        949,445       399,874      1,847,589
     利益
                    (千円)       630,639      1,116,873        983,162       461,455      1,800,836
     包括利益
                    (千円)      9,863,467       11,004,899       12,014,233       12,314,019       13,861,583

     純資産額
                    (千円)      53,157,421       51,345,404       50,970,782       51,602,670       67,877,081

     総資産額
                    (円)       165.20       236.39       186.89       196.71       239.73

     1株当たり純資産額
                    (円)        43.00       72.18       40.78       11.12       51.36

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当

                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        18.5       21.4       23.6       23.9       20.4
     自己資本比率
                    (%)         7.2       11.0        8.2       3.2       13.3

     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -

     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (千円)      4,793,470       4,027,683       1,780,529       4,753,022       5,353,440
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)     △ 1,340,712       △ 206,960     △ 2,491,550      △ 2,913,995      △ 2,242,042
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)     △ 2,888,387      △ 3,746,159      △ 1,800,836       △ 962,047      △ 839,469
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (千円)      6,775,002       6,767,269       4,263,416       5,140,396       7,412,325
     高
                            2,051       1,892       1,910       2,027       2,314
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 1,615   )    ( 2,365   )    ( 2,287   )    ( 2,339   )    ( 2,736   )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含めておりません。
         2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、滞在株式は存在するものの、当社株式は非上場
           であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         3 .「株価収益率」については、当社の株式は非上場のため、記載しておりません。
         4.従業員数は、就業人員数であり、出向受入者を含んでおります。なお、臨時従業員数を( )外数で記載し
           ております。
                                  2/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第4期       第5期       第6期       第7期       第8期
             決算年月            平成24年3月       平成25年3月       平成26年3月       平成27年3月       平成28年3月

                    (千円)       603,272      1,034,516       1,244,956        837,585       945,698

     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)       △ 3,726      468,874       746,165       444,915       404,546

     当期純利益又は当期純損失
                    (千円)      △ 287,373       458,378       717,149       404,850       612,270
     (△)
                    (千円)       500,000       500,000       500,000       500,000       500,000
     資本金
                    (株)     25,246,990       25,246,990       45,188,460       45,188,460       45,188,460

     発行済株式総数
                         16,031,990       16,031,990       35,973,460       35,973,460       35,973,460

      普通株式
      種類株式 A                    4,215,000       4,215,000       4,215,000       4,215,000       4,215,000

      種類株式 B                    3,000,000       3,000,000       3,000,000       3,000,000       3,000,000

      種類株式 C                    2,000,000       2,000,000       2,000,000       2,000,000       2,000,000

                    (千円)      3,626,469       4,039,950       4,814,716       5,096,565       5,583,322

     純資産額
                    (千円)      35,587,388       32,644,590       32,094,373       32,918,191       37,231,096

     総資産額
     1株当たり純資産額               (円)      △ 223.84      △ 198.04       △ 13.25       △ 3.92       9.61

                             -       -      3.00       3.00       3.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                       ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
     1株当たり当期純利益又は1
     株当たり当期純損失金額               (円)       △ 17.93       28.59       30.20       11.25       17.02
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益金額
                    (%)        10.1       12.4       15.0       15.5       15.0
     自己資本比率
                    (%)         -      37.0       16.2        7.9       11.0

     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -       -

     株価収益率
                    (%)         -       -      9.93       26.67       17.63
     配当性向
                             27       25       23       22       21
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( ▶ )      ( 1 )      ( 1 )      ( 1 )      ( 1 )
      (注)1.営業収益には、消費税等は含めておりません。
         2.「潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」については、第4期は当期純損失であるため、記載しており
           ません。又、第5期~第8期は潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握
           できないため、記載しておりません。
         3.「自己資本利益率」については、第4期は当期純損失であるため、記載しておりません。
         4.「株価収益率」については、当社の株式は非上場のため、記載しておりません。
         5.第4期から第5期までの「1株当たり配当額」及び「配当性向」については、配当を実施していないため記
           載しておりません。
         6.従業員数は、就業人員数であり、出向受入者を含んでおります。なお、臨時従業員数を( )外数で記載し
           ております。
                                  3/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       平成20年5月       松本電気鉄道㈱が株式移転の方法により当社を設立

       平成20年6月       松本電気鉄道㈱が保有していたアルピコ観光サービス㈱、アルピコ自工㈱、他21社の連結子会社の株
              式を、当社に譲渡
       平成20年7月       アルピコタクシー茅野㈱、アルピコタクシー諏訪㈱、アルピコ通商㈱及び松本運送㈱と当社との間
              で、当社を完全親会社とする株式交換契約を締結し、諏訪バス㈱、㈱ホテル翔峰、㈱アップルランド
              及びアルピコタクシー中央㈱については、全部取得条項付種類株式を用いて100%子会社化
       平成20年10月       ㈱ホテル翔峰及び㈱諏訪湖ロイヤルホテルを東洋観光事業㈱が吸収合併し、アルピコ・エージェン
              シー㈱を㈱アマックが吸収合併
       平成21年1月       広丘ショッピングタウン㈱を㈱アップルランドが吸収合併
       平成21年6月       アルピコ通商㈱の株式のうち、当社保有株式数の90%売却
       平成21年6月       松本運送㈱の株式のうち、当社保有株式数の90%売却
       平成22年3月       アルピコ通商㈱の株式のうち、当社保有株式数の10%売却
       平成22年3月       アルピコ建設㈱は分譲土地販売事業をアルピコ興業㈱に承継し、解散
       平成22年11月       ㈱上高地清水屋ホテルを東洋観光事業㈱が吸収合併
       平成23年4月       松本電気鉄道㈱は、諏訪バス㈱、川中島バス㈱を吸収合併し、商号をアルピコ交通㈱と変更
              アルピコタクシー中央㈱は、アルピコタクシー茅野㈱、アルピコタクシー諏訪㈱、アルピコタクシー
              岡谷㈱、アルピコタクシー長野㈱を吸収合併し、商号をアルピコタクシー㈱と変更
       平成24年2月       アルピコ興業㈱のボウリング場事業を譲渡
       平成24年3月       ㈱アマック解散
       平成24年4月       アルピコ興業㈱をアルピコ交通㈱が吸収合併
       平成24年6月       松本運送㈱の株式のうち、当社保有株式数の10%売却
       平成24年7月       東洋観光事業㈱の自動車学校事業等を譲渡
       平成25年12月       信州名鉄交通㈱の株式を100%取得し、商号を信州アルピコタクシー㈱と変更
       平成26年5月       ㈱マツヤの株式を19.9%取得
       平成26年7月       長野トラベル㈱の株式を100%取得
       平成27年1月       ㈱マツヤの株式を7.9%追加取得
       平成27年3月       ㈱宇都宮の株式を100%取得
       平成27年4月       アルピコ交通㈱の100%出資によるアルピコ交通東京㈱設立
       平成27年12月       ㈱マツヤの株式を67.4%追加取得
       平成28年1月       ㈱マツヤの株式を4.8%追加取得し、全株式取得により完全子会社化
                                  4/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社と当社の子会社12社及び関連会社1社で構成されており、当社は純粋持株会社として子会社
       の事業活動の支配・管理を行っており、子会社が運輸事業、流通事業、レジャー・サービス事業、不動産事業、その
       他のサービス事業を行っております。
       なお、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
                          資本金       主要な事業の内容           議決権の所有割合

          名称          住所                                   関係内容
                         (百万円)          (注)1           (%)
                                                     アルピコ交通
                                                     ㈱が100%出資
     アルピコ交通
                 東京都板橋区            60  運輸事業                   100.0    する当社の連
     東京株式会社
                                                     結子会社(孫
                                                     会社)
     株式会社マツヤ            長野県長野市          1,286    流通事業                   100.0    連結子会社

       (注)1.「主要な事業の内容」欄には、報告セグメントの名称を記載しております。

       なお、アルピコ観光サービス株式会社は、第1四半期連結会計期間において、当社の連結子会社である長野トラベル

       株式会社に旅行事業を継承し、商号をアルピコ長野トラベル株式会社に変更した上で、同じく当社の連結子会社であ
       るアルピコ交通株式会社と合併し消滅しております。
       また、第3四半期連結会計期間末より、持分法適用会社であった株式会社マツヤについては、株式を追加取得したこ
       とに伴い持分が増加したため、持分法適用会社から連結子会社に変更しております。
        平成28年3月31日現在における当社グループの事業内容は、次の通りであります。

        (1)   運輸事業

         鉄道事業の営業路線は、松本~新島々間(14.4キロ)の上高地線であり、松本市西部住民の輸送及び上高地、
        乗鞍高原方面への観光客の輸送を行っております。
         自動車事業につきましては、長野県内を中心に乗合旅客自動車事業(一般生活路線・高速バス)、貸切旅客自
        動車事業、タクシー事業を営業しております。
        (主な子会社)
         アルピコ交通㈱、アルピコ交通東京㈱、アルピコタクシー㈱、信州アルピコタクシー㈱、㈱宇都宮
        (2)   流通事業

         長野県内でスーパーマーケット事業を展開しております。
        (主な子会社)
         ㈱アップルランド、㈱マツヤ
        (3)   レジャー・サービス事業

         長野県内で、ホテル・旅館、ゴルフ場、高速道路サービスエリアでレストランなどを営業しております。
        (主な子会社)
         アルピコ交通㈱、東洋観光事業㈱、アルピコ長野トラベル㈱
        (4)   不動産事業

         不動産の賃貸及び売買、別荘地の開発、販売等を行っております。
        (主な子会社)
         アルピコ交通㈱、東洋観光事業㈱
        (5)   その他のサービス事業

         長野県内を中心に保険代理店事業、自動車修理事業などを行っております。
        (主な子会社)
         アルピコ保険リース㈱、アルピコ自工㈱
                                  5/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        以上述べた事項を図によって示すと次の通りであります。
     (注)上記には、主要な会社のみを記載しております。なお、当社(連結財務諸表提出会社)は、一般顧客との商

















        品の販売・サービスの提供はありません。
                                  6/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                         資本金又は                 議決権の所有割合
                                主要な事業の内容
          名称          住所       出資金                又は被所有割合           関係内容
                                  (注)1
                          (千円)                   (%)
     (連結子会社)                                              当社より資金融資
     アルピコ交通㈱            長野県松本市         100,000     運輸事業               100.00     を受けている。
     (注)2、4                                              役員の兼任3名
                                                   アルピコ交通㈱が
                                                    100%出資する当
     アルピコ交通東京㈱            長野県松本市          60,000     運輸事業               100.00
                                                    社の連結子会社
                                                     (孫会社)
     アルピコタクシー㈱            長野県松本市          15,000     運輸事業               100.00         -
     信州アルピコタクシー㈱

                                                       -
                 長野県松本市          25,000     運輸事業               100.00
                                                   当社より資金融資

     ㈱宇都宮            長野県長野市          8,000    運輸事業               100.00
                                                   を受けている。
                                レジャー・サービ                   当社より資金融資

     東洋観光事業㈱
                 長野県茅野市          94,400     ス事業               100.00     を受けている。
     (注)2
                                不動産事業                    役員の兼任3名
                                レジャー・サービ
     アルピコ長野トラベル㈱            長野県長野市          46,500                   100.00         -
                                ス事業
                                                   当社より資金融資
     ㈱アップルランド
                 長野県松本市         100,000     流通事業               100.00     を受けている。
     (注)2、4
                                                   役員の兼任3名
     アルピコ自工㈱                           その他のサービス                   当社より資金融資
                 長野県松本市          60,100                   100.00
     (注)2                           事業                   を受けている。
                                その他のサービス
     アルピコ保険リース㈱            長野県塩尻市          19,200                   100.00         -
                                事業
     松電事業協同組合                           その他のサービス               100.00
                 長野県松本市          1,000                        役員の兼任5名
     (注)3                           事業              (87.50)
                                                   当社より資金融資
     ㈱マツヤ
                 長野県長野市        1,286,658      流通事業               100.00    を受けている。
     (注)2、4
                                                   役員の兼任1名
     (持分法適用関連会
     社)
                                その他のサービス               42.66    法人主要株主
                 長野県松本市         100,000
     長野エフエム放送㈱
                                事業               (42.66)     役員の兼任1名
     (注)3
      (注)1.連結子会社の主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された事業名を記載しております。
         2.当社の特定子会社に該当します。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         4.アルピコ交通        ㈱、  ㈱アップランド及び㈱マツヤの売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)は連結売
           上高に占める割合が10%を超えている、若しくは、当連結グループの主要会社であります。
           主な損益情報等は以下の通りであります。
                             経常利益
                                     当期純利益
                     売上高       (又は経常損                   純資産額        総資産額
                                   (又は当期純損失)
             名称
                     (千円)         失)                 (千円)        (千円)
                                      (千円)
                             (千円)
         アルピコ交通㈱           12,380,766         1,301,594           61,327      4,660,683       12,996,558
                    45,452,859          680,651          534,878       4,711,380        22,288,472

         ㈱アップルランド
                    10,231,123         △71,764         △131,455        △398,572       12,004,079

         ㈱マツヤ
                                  7/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                  平成28年3月31日現在
               セグメントの名称

                                           従業員数(人)
      運輸事業                                           1,185      (379)

      流通事業                                            622    (2,046)

      レジャー・サービス事業                                            363     (274)

      不動産事業                                             20     (6)

      その他のサービス事業                                            103     (30)

      全社(共通)                                             21     (1)

                  合計                                2,314     (2,736)

      (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平
           均人員を( )外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
         3.  使用人数が前期末と比べて増加しました主な要因は、流通事業において、株式会社マツヤを当社グループの

           傘下企業としたことによるものであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                 平成28年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

              21(1)              46.3              7.8           4,766,382

               セグメントの名称                            従業員数(人)

      全社(共通)                                           21(1)

                  合計                                21(1)

      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載して
           おります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
       (3)  労働組合の状況

        労働組合との間に特筆すべき事項はありません。
                                  8/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       業績
        当連結会計年度におけるわが国経済は、円安による企業収益の改善や設備投資の持ち直し、訪日外国人の増加等も
       あり緩やかな回復基調で推移いたしました。しかしながら中国を始めとする新興国経済の景気減速、輸出や個人消費
       の回復の遅れ、少子高齢化による雇用環境の逼迫等により、不透明な状況が続きました。
        このような状況の中、当社グループは平成27年12月に新たな5ヶ年中期経営計画「VALUE                                          UP  ALPICO    2020」を策定
       し、長野県内での全事業のシェアの向上とともに、お客様にご提供する商品・サービスの価値向上に向けた取組みを
       進めてまいりました。
        なお、持分法適用会社でありました株式会社マツヤの株式について株式公開買付を行い、平成27年12月に同社を子
       会社としました。さらに平成28年4月にはグループ流通事業の再編を行い、株式会社アップルランドと同社を合併の
       うえ、存続会社である株式会社アップルランドは株式会社デリシアに社名変更いたしております。
        この結果、当連結会計年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の連結営業収益は                                        82,817,386     千円と、前期に
       比べ  13,296,531     千円増加(     前期比   19.1%   増)となりました。また、連結営業利益は                    2,390,810     千円と、前期に比べ
       65,256   千円増加(     前期比   2.8%   増)となりました。
        以上のように、当年度は、日本国内の緩やかな回復傾向の動きもみられる一方、個人消費の節約志向が続き、取巻

       く経営環境は厳しい状況下で推移いたしましたが、中期経営計画に基づく取組みを着実に実行した結果、一定の成果
       をあげることができました。今後も引き続き努力を続けてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
        以下、各事業セグメント別にご報告いたします。

       ①運輸事業

        バス事業では、善光寺御開帳や北陸新幹線延伸による回遊観光客の増加がみられたほか、多客期である夏秋が概ね
       好天に恵まれたこと等から、一般路線、高速バス、観光路線ともに乗客数が増加しました。貸切バスは新運賃制度の
       定着による受注価格の適正化や海外訪日客増加、平成27年4月に設立したアルピコ交通東京株式会社による首都圏営
       業の強化等により、収益の改善が進みました。
        鉄道事業では観光客の入込が堅調に推移し、定期券・定期券外ともに乗客数は前年比で増加しました。
        タクシー事業では、消費者の節約志向が強く、夜間市街地の需要減少の傾向が継続いたしました。なお、事業の効
       率化、合理化と営業強化を図るため、平成28年4月にアルピコタクシー株式会社を存続会社とし、信州アルピコタク
       シー株式会社、株式会社宇都宮を吸収する3社合併を実行しております。
        経費面では、バス・タクシー事業とも期中を通じて原油安による燃料費の減少により、運行経費の削減が図られま
       した。
        これらの結果、運輸事業の営業収益は                  12,573,225     千円と、前期に比べ496,781千円増加(前期比4.1%増)となりま
       した。また、営業利益は           1,090,785     千円と、前期に比べ252,481千円増加(前期比30.1%増)となりました。
       ②流通事業

        流通事業では、コンビニエンスストア、ドラッグストア等業態を越えた低価格競争や、競合店の新規出店の影響が
       ありましたが、松本市内における競合店舗の一時的な改装閉鎖、季節に合わせた品揃えの強化等により、既存店前年
       比売上は増加いたしました。また、平成27年12月に株式会社マツヤを子会社化したことから、当セグメントは大幅な
       増収となっております。
        なお、統合による効率化、販売力強化を図り事業シナジーを早期に発現させるべく、株式会社アップルランドと株
       式会社マツヤを平成28年4月1日に合併し、存続会社である株式会社アップルランドを株式会社デリシアとして発足
       させております。
        これらの結果、流通事業の営業収益は                   55,618,791     千円と、前期に比べ12,365,149千円増加(前期比28.6%増)とな
       りました。また、営業利益は             892,829    千円と、前期に比べ171,490千円増加(前期比23.8%増)となりました。
       ③レジャー・サービス事業

        ホテル旅館事業では、夏季、秋季における安定した天候やシルバーウィークによる長野県来訪者の増加もあり宿泊
       客数は堅調に推移しました。また客室、レストランなどの施設のグレードアップ投資を進め、お客様の満足度を高め
       る施策を展開いたしました。さらにアジア地区を中心とする訪日観光客へのプロモーション活動の強化も進め、イン
       バウンド宿泊客の増加につなげました。
        サービスエリア事業では善光寺御開帳やシルバーウィーク期間の立寄り客が増加し、増収となりました。
        旅行事業では円安や欧州等の治安状況の悪化が続き、海外旅行需要の減退がみられました。
                                  9/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        これらの結果、レジャー・サービス事業の営業収益は                         12,164,045     千円と、前期に比べ470,834千円増加(前期比
       4.0%増)となりました。また、営業利益は                    501,146    千円と、前期に比べ123,149千円増加(前期比32.6%増)となりま
       した。
       ④不動産事業

        蓼科・八ヶ岳中央高原地区の分譲地管理事業では、資産価値の維持向上に繋がる景観整備を積極的に行い、区画販
       売を進めたほか、既存別荘オーナーへのリフォーム提案等による建築サービス部門の営業を進めました。一部区画に
       ついては棚卸資産の再評価を行い、評価損を計上いたしました。
        不動産賃貸業では、松本駅前バスターミナルビルにおいてテナント収入の増加施策を進め、賃料収入の増加と、ビ
       ルの資産価値向上に努めました。
        これらの結果、不動産事業の営業収益は                    1,319,824     千円と、前期に比べ20,812千円減少(前期比1.6%減)となりま
       した。また、営業利益は           121,620    千円と、前期に比べ233,513千円減少(前期比65.8%減)となりました。
       ⑤その他のサービス事業

        自動車整備事業では、板金塗装工場の新設により車両整備サービスの拡充を行いましたが、消費税率引上げ前の新
       車販売台数増加により継続車検台数が減少し、また、ガソリンスタンド等他業態との競合状況も厳しく、特許商品で
       あるクリアー車検の入庫台数は伸び悩みました。
        これらの結果、その他のサービス事業の営業収益は                        2,134,960     千円と、前期に比べ33,613千円減少(前期比1.6%
       減)となりました。また、営業利益は                  189,441    千円と、前期に比べ10,838千円減少(前期比5.4%減)となりました。
                                 10/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
        当社グループの各事業は、受注生産形態をとらない事業であるため、セグメントごとに生産規模及び受注規模を金
       額あるいは数量で示すことはしておりません。
        なお、販売の状況については、「1.業績等の概要」における各事業の区分の業績に関連づけて示しております。
      3【対処すべき課題】

        当社及び当社グループは、グループの経営理念である「豊かな地域社会の実現に貢献」することが企業価値の向上
       に繋がるとの考えに基づき、平成27年度を初年度とする中期経営計画「VALUE                                    UP  ALPICO    2020」の達成を目指し、当
       計画内で掲げた主要施策である長野県内シェアの拡大、県外・海外からの誘客、グループシナジーの強化に取り組ん
       でおります。
        当社は、当社グループの純粋持株会社として傘下の子会社の経営の指導・統制をより一層強化し、グループの企業
       価値を最大限に高めることに傾注し、お客様、株主様を始めとするすべてのステークホルダーのご期待に応えるべく
       努力してまいります。
        なお、当社では運輸事業、流通事業、レジャー・サービス事業の3事業を当社グループの主力事業と位置付けてお
       り、次のようにそれぞれの事業を遂行してまいります。
       (1)  運輸事業

        運輸事業は、少子高齢化等により利用者が減少傾向にある一方、規制緩和による新規参入業者の増加や全国的な乗
       務員不足により、厳しい経営環境にあります。
        また、平成28年1月に軽井沢で発生した他社のスキーバス事故により、安全性の確保が業界全体の課題となってお
       りますが、ドライブレコーダー等の安全装置の導入や、乗務員の健康管理等に積極的に取り組み、お客様からの信頼
       の維持に努めます。
        今後も市場拡大が見込める大都市圏での事業を中心に成長戦略を進めるとともに、不採算路線の収支改善やインバ
       ウンド受入基盤の整備等により、収益の拡大を図ります。
       (2)  流通事業
        小売業界を取り巻く環境は、お客様の消費動向・多様化への対応、同業・異業種各社によるマーケットシェアの争
       奪、人手不足・採用難による賃金上昇等、依然として厳しい環境下での経営が続くと予想されます。
        このような環境のなかで、本年4月に小売事業を営む株式会社アップルランドと株式会社マツヤが合併して株式会
       社デリシアとなり、60店舗での営業を開始しております。お客様からの期待に応えながら、直面する課題に対しス
       ピード感を持ち、社員自らがすべきことを考えながら実行することで業績を伸張させていくよう努めてまいります。
       (3)レジャー・サービス事業
        北陸新幹線金沢延伸、県内での大型イベントの開催等により、外的環境は良好に推移すると予想される一方、消費
       税率の引き上げや海外景気の減速懸念が高まる等、景気は横ばいで推移すると思われることから、県外客・訪日客の
       誘客とともに地元顧客の需要を喚起することが重要であると考えます。各施設においては、「商品力」「価値」「満
       足度」を向上させ、それぞれが一流を目指しサービスレベルを高めることで、収益の確保に努めてまいります。
        長期的には、グループ海外拠点を中心とする更なる誘客促進も、旅行市場の拡大に繋がると考えます。
        また、2020年開催の東京五輪に向け観光事業就労者不足が懸念されるなか、人材確保を前提とした、魅力ある企業
       組織構築も重要な課題であり、将来を見据えた次世代リーダーの育成にも取り組んでまいります。
       (4)  不動産事業・その他のサービス事業
        当社グループが営む事業のうち、上記主力3事業以外の事業については、「収益性」並びに主力事業にとっての
       「親和性」及び「代替不可能性」のある事業として位置付け、引続き、グループのトータルメリットを追求してまい
       ります。
                                 11/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      4【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のあるリスクには、次のようなものがあります。なお、当社グループ(当社及び連結子会社)は、これらのリス
      ク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。
       本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は当連結会計年度末現在において当社グルー
      プが判断したものであります。なお、以下の記載は、当社グループの事業等のリスクをすべて網羅することを意図し
      たものではないことにご留意下さい。
      (1)  公共交通機関の利用者の減少について

         近年の少子化による高校生等の就学者の減少及び、マイカー利用者の増加に伴い、年々公共交通機関の利用者
        が減少しております。今後、この状況はさらに続くと予想されており、当社グループの運輸事業である鉄道事業
        及びバス事業の業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  天候の影響について

         当社グループの運輸事業における山岳観光路線の旅客輸送や、ホテル・旅館事業、高速道路サービスエリアの
        物販店等は、主として観光客に対する売上の割合が高いことから、観光シーズンである7~10月の天候如何に
        よっては売上高が変動し、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、冬季の降雪により
        交通インフラが麻痺した場合、同様に影響を及ぼす可能性があります。
      (3)  原油価格の高騰について

         世界的な原油価格の高騰により、運輸事業のバス事業・タクシー事業における燃料費の増大や、全事業におけ
        る仕入品等の価格上昇及び、電気・ガス料金の上昇が予想され、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性
        があります。
      (4)  借入金についてのリスク

       ① 当社グループは、当社がグループ内の資金を一元的に管理するため、当社が債務者として金融機関からの借入
        により当社グループ各社の設備資金及び運転資金を調達しておりますが、当社グループの総資産額に占める有利
        子負債の割合が高く、当社グループの財政状態及び経営成績は、今後の経済情勢の変化により金利が上昇した場
        合に影響を受ける可能性があります。
       ② 当社グループの主要な借入金に係る金融機関との契約には、財務制限条項が付されております。これらに抵触
        した場合には期限の利益を喪失する等、当社グループの財政状態に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  法的規制及び法令改正について

         当社グループは、鉄道事業法、道路運送法等の各種法令の適用を受けておりますが、今後のこれら法令の改正
        内容によっては、規制の達成・準拠のための設備投資が必要となり、多額の資金需要と減価償却費負担が発生
        し、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (6)  人材の確保について

         当社グループの安定経営と将来の成長には優秀な人材の確保とその育成が重要な課題となっております。その
        ため、通年採用による人材の確保、人事制度の改定、各種研修の実施等で人材の確保と育成に注力しておりま
        す。しかしながら、経済環境及び雇用情勢の変化等により、人材の確保と育成が想定どおりに進まなかった場合
        には、当社グループの今後の事業の拡大に影響を及ぼす可能性があります。
      (7)  固定資産の減損リスクについて

         有形固定資産及びリース物件等においては、将来、事業収支の悪化や不採算事業からの撤退等が発生した場
        合、相当の減損による損失が発生するリスクがあります。その場合には、当社グループの業績と財務状況に悪影
        響を及ぼす可能性があります。
                                 12/95





                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      (8)  食の安全について
         当社グループは食品スーパー事業、ホテル・旅館事業、高速道路サービスエリア事業を営んでおります。当社
        グループでは、お客様の信用・信頼を失うことのないよう、「食の安全」について最大限の努力を払っておりま
        すが、万一当社グループで取扱う商品において産地偽装や消費期限・賞味期限の改ざん・食中毒等「食の安全」
        を脅かす問題が発生した場合には、信用・信頼の失墜や業績、財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (9)  個人情報の取扱いについて

         当社グループは、定期券や宿泊、ツアーの申込み等、事業の過程でお客様の個人情報を収集し、保有しており
        ます。内部統制システムの一環として、「IT管理規程」を制定し、「アルピコグループ                                         ITルールハンドブッ
        ク」を従業員へ配布すると共に、個人情報保護方針の策定及び「個人情報管理基本規程」の制定、並びに個人情
        報保護に関する従業員の誓約書提出や教育を実施し、管理体制を整備しております。しかしながら、万一、個人
        情報の漏洩等が発生した場合、社会的信用を失うと共に、企業イメージを損ない、売上の減少、損害賠償の発生
        等当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)   システムリスクについて

         自然災害、コンピューターウイルスの発生による感染及びソフトウェアの欠陥等により、コンピューターシス
        テムに障害が生じた場合は、当社グループの事業活動に大きな支障をきたし、当社グループの業績に影響を及ぼ
        す可能性があります。
      (11)   コンプライアンスについて

         当社グループでは、「コンプライアンス基本方針」のもと、コンプライアンスに関する社内規程の周知徹底、
        「コンプライアンス・プログラム」による教育・研修の実施等を通じて、役職員一人ひとりのコンプライアンス
        意識、知識の向上を図り、法令・社会規範・倫理に即した行動を行うように努めています。また、「コンプライ
        アンス・リスク管理委員会」を設置し、この委員会の統括下でコンプライアンスの徹底に取り組んでいます。し
        かしながら、これらの取り組みにも係わらず、コンプライアンス上のリスクを完全に解消することは困難であ
        り、将来において法令違反等が生じた場合は、当社グループの事業、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が
        あります。
      (12)   特有の法的規制等について

        ① 当社グループにおける不動産事業では、国土利用計画法、宅地建物取引業法、建築基準法、都市計画法等によ
         り法的規制を受けております。当社グループは不動産業者として、「宅地建物取引業法」に基づく免許を受け、
         不動産販売の事業を行っております。今後、これらの規制の改廃や新たな法的規制が設けられる場合には、当社
         グループの業績が影響を受ける可能性があります。
        ② 当社グループにおける食品スーパー事業では、大規模小売店舗立地法(以下「大店立地法」)により法的規制を
         受けております。大店立地法は、売場面積1,000㎡超の新規出店や既存店舗の増床等について、騒音、交通渋
         滞、ゴミ処理問題等、出店地近隣住民の生活を守る立場から、都道府県又は政令指定都市が一定の審査を行い規
         制するものであります。今後、規制の改廃や新たな法的規制により計画どおりの出店ができない場合には、当社
         グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (13)   運輸事業における事故発生リスクについて

         当社グループの運輸事業である鉄道事業及びバス事業では安全に旅客を運送し、信頼を得ることが事業を継続
        する上で不可欠であります。そのために当社グループでは運行管理を徹底しております。しかしながら、不可抗
        力であるものを含めて事故が生じた場合、旅客運送事業者として当社グループの信用力が低下する可能性があ
        り、その結果、当社グループの事業展開や経営成績等に影響が及ぶ可能性があります。
      (14)   販売停滞に伴う資金回収の長期化について

         当社不動産事業では、大規模別荘分譲地として「蓼科高原別荘地」及び「八ヶ岳中央高原四季の森」の販売を
        しております。分譲土地の当連結会計年度末の帳簿価額は1,566,861千円であります。近年の不動産市況の低迷に
        より販売が停滞した場合、運転資金の活用に支障が生じる可能性があります。
                                 13/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      (15)   競業店の出店及び事業領域集中による震災リスク
         当社グループでは、食品スーパー事業において、長野県中部及び東北部を中心に長野県内で店舗の運営をして
        おります。今後も同地域において重点的に店舗展開を図っていく方針でありますが、同業他社の積極的な出店に
        よる競合により、来店客数の減少、売上単価の低下等で当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        又、店舗が同地域に集中しているため、大規模地震等の災害についても当社グループの営業に影響を及ぼす可能
        性があります。
      (16)   運輸事業における補助金への依存リスク

         当社グループの運輸事業のバス事業におきましては、過疎地域における不採算路線の運行にかかる経費を国や
        地方自治体からの補助金にて充当しております。将来、制度の改正等により補助金の額が大きく変動するような
        ことがある場合、当社グループの経営成績が影響を受ける可能性があります。又、運輸事業の鉄道事業におきま
        しては、駅舎、橋梁、その他運行設備等々が老朽化しており、安全対策上将来的に更新投資が必要となります
        が、投資金額が多額になることから、国や地方自治体からの補助金にて投資を実施しております。将来、制度の
        改正等により補助金の額が大きく変動するようなことがある場合、鉄道事業の存続が困難になる可能性がありま
        す。
      5【経営上の重要な契約等】

        当連結会計年度において、新たに締結した重要な契約等は次のとおりであります。
        相手先       契約内容

                平成27年10月9日開催の取締役会決議に基づき、株式会社マツヤの発行済株式の全てを公開買付

     株式会社マツヤ
                により取得いたしました。
                平成28年1月20日開催の取締役会決議に基づき、平成28年4月1日を効力発生日として、当社連結

     株式会社マツヤ          子会社である株式会社アップルランドにより同じく当社の連結子会社である株式会社マツヤを
                吸収合併いたしました。
      6【研究開発活動】

        当連結会計年度において、研究開発活動は行っておりません。
                                 14/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
         文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成28年3月31日)現在において当社グループが判断し
        たものであります。
       (1)重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般的に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。この連結財務諸表作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき会
        計上の見積りを行っております。
       (2)  当連結会計年度の財政状態の分析

        (資産)
          当連結会計年度末における資産総額は67,877,081千円となり、前連結会計年度末と比較して16,274,410千円増
         加いたしました。これは、主に連結子会社が増加したことに伴い固定資産が増加したことなどによるものであり
         ます。
        (負債)
          負債総額は54,015,497千円となり、前連結会計年度末と比較して14,726,845千円増加いたしました。これは、
         主に連結子会社が増加したことに伴い借入金及びリース債務の増加したことなどによるものであります。
        (純資産)
          純資産残高は親会社株主に帰属する当期純利益の計上などにより、前連結会計年度末と比較して1,547,564千
         円増加し13,861,583千円となりました。
       (3)当連結会計年度の経営成績の分析

        ①営業収益及び営業利益
          平成27年12月に株式会社マツヤを連結の範囲に含めた影響等により、当連結会計年度の営業収益は82,817,386
         千円と、前連結会計年度に比べ13,296,531千円の増加(前期比19.1%増)となりました。営業利益は2,390,810
         千円と前連結会計年度に比べ65,256千円の増加(前期比2.8%増)なりました。なお、各セグメントの営業収益
         及び営業利益の分析については、「第2                   事業の状況      1  業績の概要」に記載しております。
        ②経常利益
          営業利益の増加により、経常利益につきましても1,701,192千円と、前連結会計年度に比べ23,411千円の増加
         (前期比1.4%増)となりました。
        ③当期純利益
          特別利益の増加などにより、当連結会計年度の当期純利益は1,847,589千円と、前連結会計年度に比べ
         1,447,714千円の増加(前期比362.0%増)となりました。
       (4)キャッシュ・フローの状況の分析

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ2,271,928千円増加し、7,412,325
         千円となりました。キャッシュ・フローの状況については、「第2                               事業の状況      1  業績等の概要」に記載して
         おります。
                                 15/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度において、運輸事業では                    高速バス車両購入・鉄道設備修繕               等に  2,650,980     千円、流通事業では
        スーパーマーケット店舗改装等に               1,694,536     千円、レジャー・サービス事業ではホテル・旅館設備の改修等に
        695,128    千円、不動産事業では賃貸物件の改修等に                    106,004    千円、その他のサービス事業では自動車整備機器購入等
        に127,939千円、全社共通ではソフトウェアの購入等に120,049千円、合計                                  5,394,640     千円(連結消去前)の設備投
        資を実施しております。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、以下の通りであります。
        (1)  セグメント内訳

                                                    平成28年3月31日現在

                               帳簿価額(千円)
                                                        従業員数
      セグメントの名称
                     機械装置及び運         土地                          (人)
               建物及び構築物                     リース資産        その他       合計
                     搬具        (面積㎡)
                              1,331,611                            1,185
     運輸事業           1,976,606        310,625             2,428,019        554,663      6,601,526
                              (220,806)                            (379)
                              7,278,241                             622
     流通事業
                12,829,540        34,626            1,149,349       1,015,045      22,306,803
                               (87,298)                           (2,046)
     レジャー・サービス事                         3,349,633                             363
                7,492,680        68,298             181,428       214,190     11,306,232
     業                         (775,742)                            (274)
                              1,472,219                             20
     不動産事業           1,281,129        56,597              5,950      15,484     2,831,381
                              (180,730)                             (6)
                               613,056                            103
     その他のサービス事業            242,805       103,348              7,360       7,517      974,087
                               (17,152)                            (30)
                                                           21
     消去又は全社           1,118,429       △25,761     △2,263,191         12,932       8,566    △1,149,023
                                                           (1)
                             11,781,571                            2,314
        合計
                24,941,192        547,735             3,785,040       1,815,467      42,871,007
                             (1,281,728)                            (2,736)
      (注)1.帳簿価額の「その他」は、工具器具備品及び建設仮勘定であります。なお、金額に消費税等を含んでおりま
           せん。
         2.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
                                 16/95










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        (2)  子会社の状況
                                                    平成28年3月31日現在

                                       帳簿価額(千円)
            事業所名     セグメントの                                       従業員数
       会社名                 設備の内容          機械装置
            (所在地)     名称                                        (人)
                             建物及び          土地
                                 及び運搬         リース資産     その他     合計
                             構築物         (面積㎡)
                                 具
           本社他各バス
     アルピコ交通                  自動車事業設                972,433                    585
           営業所      運輸事業             931,550    195,592        1,907,263     298,552    4,305,391
     ㈱                  備
                                      (59,799)                   (292)
           (松本市他)
           松電バスター
     アルピコ交通                                  311,794                    ▶
           ミナルビル      不動産事業      賃貸ビル設備       750,052       -         -   3,174   1,065,020
     ㈱                                  (4,134)                    (2)
            (松本市)
           ホテルブエナ
     東洋観光事業            レジャー・                     1,645,544                    103
           ビスタ            ホテル設備
                             2,055,204      5,887         66,242    107,305    3,881,184
     ㈱            サービス事業                      (8,006)                   (85)
            (松本市)
     東洋観光事業      ホテル翔峰      レジャー・                      303,981                    90
                       ホテル設備      2,771,020      9,986         46,895     36,773   3,168,656
     ㈱      (松本市)      サービス事業                      (2,115)                   (64)
           エースイン松
     東洋観光事業            レジャー・                      171,397                    13
           本            ホテル設備       747,696      915          -   9,040    929,050
     ㈱            サービス事業
                                        (608)                   (1)
            (松本市)
     東洋観光事業      双泉の宿朱白      レジャー・                      82,602                    28
                       ホテル設備       626,402     18,896          6,133    7,907    741,943
                 サービス事業
     ㈱      (諏訪市)                           (1,230)                   (51)
           本社及び各店
     ㈱アップルラ                  小売店舗設備               5,540,139                    354
           舗等      流通事業
                             8,654,871      18,342         598,288     813,342   15,624,983
     ンド                  他                (87,298)                  (1,351)
           (松本市他)
           本社工場他各
     アルピコ自工            その他のサー      自動車修理工                613,056                    96
           工場
                              241,510    103,348          7,360     7,392    972,668
     ㈱            ビス事業      場設備                (17,103)                   (21)
           (松本市他)
           本社及び各店
                       小売店舗設備               1,738,102                    276
     ㈱マツヤ      舗等      流通事業            4,174,669      16,284         551,061     189,358    6,669,475
                       他                (30,590)                  (1,361)
           (長野市他)
      (注)1.帳簿価額の「その他」は、工具器具備品及び建設仮勘定であります。なお、金額には消費税等を含んでおり
           ません。
         2.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
         3.松電バスターミナルビルは主として㈱イトーヨーカ堂へ賃貸しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

         平成28年度における設備投資計画については、確定している重要な設備投資はありません。
         又、経常的な設備更新のための除売却を除き、重要な設備の除売却計画はありません。
                                 17/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           100,000,000

       種類株式 A                                            4,215,000

       種類株式 B                                            3,000,000

       種類株式 C                                            2,000,000

                  計                               100,987,960

     (注)    会社法下では、発行可能種類株式総数の合計は発行可能株式総数と一致する必要はないと解され、当社におきま
       しても発行可能種類株式総数と一致いたしません。
        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                            (平成28年6月23日)
               (平成28年3月31日)                          取引業協会名
                                                     当社は単元株制
     普通株式              35,973,460             35,973,460         非上場             度は採用してお
                                                     りません。
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 A              4,215,000             4,215,000        非上場
                                                     りません。
                                                      (注)1
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 B              3,000,000             3,000,000        非上場
                                                     りません。
                                                      (注)2
                                                     当社は単元株制
                                                     度は採用してお
     種類株式 C              2,000,000             2,000,000        非上場
                                                     りません。
                                                      (注)3
         計          45,188,460             45,188,460             -           -
     (注)1 種類株式Aの内容は次のとおりであります。
         1.A種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、A種株式を有する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以
             下、「A種登録株式質権者」という。)に対し、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」とい
             う。)又は普通株式の登録株式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)、当社種類株式B
             (以下、「B種株式」という。)を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株
             式質権者(以下、「B種登録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」とい
             う。)を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登
             録株式質権者」という。)に先立ち、下記(2)に定める額の金銭(以下、「A種配当金」という。)を
             支払う。
                                 18/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          (2)  A種配当金
            1株あたりのA種配当金は、A種株式1株あたりの払込金額に、2.0%の配当年率を乗じて算出した額と
           する。ただし、平成21年3月31日を基準日とするA種配当金については、平成20年5月1日から平成21年
           3月31日までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (3)  非累積条項
            ある事業年度において、A種株主又はA種登録株式質権者に対して配当する剰余金の額がA種配当金の
           額に達しないときは、その不足額は翌事業年度以降に累積しない。
          (4)  非参加条項
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、A種配当金を超えて剰余金の配当は行わない。
          (5)  期末配当以外の剰余金の配当
            A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年
             を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  A種株主又はA種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってA種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  A種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、A種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、A種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           A種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がA種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成24年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① A種株主は、次に定める条件により、当社がA種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、A種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (A種株主が取得を請求したA種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                 19/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、A種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりA種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                 調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最
                 終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、
                 当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日が
                 ある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                 調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株
                 予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                 上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の時
                 点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取得
                 請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式
                 が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定し
                 た日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                 調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                 20/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
              (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一部の
                 承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために交付価
                 額の調整を必要とするとき。
              (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価額
                 の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
              (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が発
                 生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式に係る普通
                          株式を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はA種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           A種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                 21/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
           譲渡によるA種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第1項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、A種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
           資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)2 種類株式Bの内容は次のとおりであります。

         1.B種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、B種株式を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以
             下、「B種登録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有
             する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権
             者」という。)に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下「A種配当金」という。)が支払わ
             れたことを条件として、普通株式を有する株主(以下、「普通株主」という。)又は普通株式の登録株
             式質権者(以下、「普通登録株式質権者」という。)及び当社種類株式C(以下、「C種株式」とい
             う。)を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以下、「C種登
             録株式質権者」という。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、B種株主又はB種登録
             株式質権者に対して剰余金の配当として支払われる金銭を、「B種配当金」という。)を行う。ただ
             し、平成21年3月31日を基準日とするB種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31日
             までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年
             を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  B種株主又はB種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
                                 22/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってB種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  B種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、B種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、B種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
           B種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定め
          る条件で、当社がB種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成27年4月30日以降
          (2)  取得の条件
           ① B種株主は、次に定める条件により、当社がB種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、B種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (B種株主が取得を請求したB種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、B種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりB種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                  調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の
                 最終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但
                 し、当社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準
                 日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                                 23/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                  調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
              (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一部の
                 承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために交付価
                 額の調整を必要とするとき。
              (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価額
                 の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
              (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が発
                 生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
                                 24/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はB種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           B種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金(C種株主又はC種登録株式質権者に対して剰余金の配当として
           支払われる金銭をいう。以下、同じ。)及び普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余
           金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種
           配当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるB種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、B種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
     (注)3 種類株式Cの内容は次のとおりであります。

         1.C種株式に対する剰余金の配当
          (1)  当社は、当社の事業年度末日における連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年
             10月30日大蔵省令第28号。その後の改正を含む。)に基づき作成された連結貸借対照表上の利益剰余金
             の額が50億円を超えた場合であって、かつ、当社定款第41条に定める剰余金の配当を行う場合に限り、
             当該超過額の2分の1に相当する金額を上限として、剰余金の配当がその効力を生ずる日における当社
             の会社法(平成17年7月26日法律第86号。その後の改正を含む。)第461条第2項所定の分配可能額の範
             囲内で、C種株式を有する株主(以下、「C種株主」という。)又はC種株式の登録株式質権者(以
             下、「C種登録株式質権者」という。)に対し、当社種類株式A(以下、「A種株式」という。)を有
             する株主(以下、「A種株主」という。)又はA種株式の登録株式質権者(以下、「A種登録株式質権
             者」という。)に対して剰余金の配当として支払われる金銭(以下、「A種配当金」という。)が支払
             われたことを条件として、普通株主又は普通登録株式質権者及び当社種類株式B(以下、「B種株式」
             という。)を有する株主(以下、「B種株主」という。)又はB種株式の登録株式質権者(以下、「B
             種登録株式質権者」という。)と同順位かつ平等の割合にて、剰余金の配当(以下、C種株主又はC種
             登録株式質権者に対して剰余金の配当として支払われる金銭を、「C種配当金」という。)を行う。た
             だし、平成20年3月31日を基準日とするC種配当金については、平成20年5月1日から平成21年3月31
             日までの日数(初日及び最終日を含む。)で1年を365日として日割計算した額とする。
                                 25/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          (2)  期末配当以外の剰余金の配当
            C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、当社定款第41条に定める剰余金の配当以外の剰余金の配
           当は行わない。
         2.残余財産の分配
          (1)  当社は、残余財産を分配するときは、B種株主又はB種登録株式質権者に対し、A種株主又はA種登録
             株式質権者に先立ち、B種株式1株につき、1,000円に経過B種配当金相当額(下記(4)に定義され
             る。)を加算した額を支払い、かかる残余財産の分配を行った後、残余する財産があるときは、A種株
             主又はA種登録株式質権者に対し、普通株主又は普通登録株式質権者及びC種株主又はC種登録株式質
             権者に先立ち、A種株式1株につき、1,000円に経過A種配当金相当額(下記(3)に定義される。)を加
             算した額の金銭を支払う。
          (2)  当社は、前号に基づく残余財産の分配後、残余する財産があるときは、普通株主又は普通登録株式質権
             者及びC種株主又はC種登録株式質権者に対し、同順位かつ平等の割合にて残余財産の分配を行う。
          (3)  本項において、「経過A種配当金相当額」とは、残余財産の分配が行われる日(以下、「残余財産分配
             日」という。)の属する事業年度におけるA種配当金の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日ま
             での日数(初日及び残余財産分配日を含む。)で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (4)  本項において、「経過B種配当金相当額」とは、残余財産分配日の属する事業年度におけるB種配当金
             (B種株主又はB種登録株式質権者に対しての剰余金の配当として支払われる金銭をいう。以下、同
             じ。)の額を当該事業年度の初日から残余財産分配日までの日数(初日及び残余財産分配日を含む。)
             で1年を365日として日割計算した額をいう。
          (5)  C種株主又はC種登録株式質権者に対しては、上記の他、残余財産の分配を行わない。
         3.特定の株主からの取得
          (1)  当社は、法令の定めに従い、特定の株主との合意によってC種株式の全部又は一部を有償で取得するこ
             とができる。
          (2)  C種株式の取得について会社法第160条第1項の規定による決定をするときは、同条第2項及び第3項の
             規定を適用しない。
         4.株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
          (1)  当社は、法令に別段の定めがある場合を除き、C種株式について株式の併合又は分割は行わない。
          (2)  当社は、C種株主に対しては、会社法第185条に規定する株式無償割当て又は同法第277条に規定する新
             株予約権無償割当てを行わず、同法第202条第1項に基づく株式の割当てを受ける権利又は同法第241条
             第1項に基づく新株予約権の割当てを受ける権利を与えない。
         5.普通株式を対価とする取得請求権
            C種株主は、法令の定めに従い、下記(1)に定める取得を請求することができる期間中、下記(2)に定
           める条件で、当社がC種株式を取得するのと引換えに普通株式を交付することを請求することができる。
          (1)  取得を請求することができる期間
             平成20年5月1日以降
          (2)  取得の条件
           ① C種株主は、次に定める条件により、当社がC種株式を取得するのと引き換えに普通株式を交付させ
              ることができる。なお、C種株主に交付される普通株式数の算出に際し、1株未満の端数が生じたと
              きはこれを切り捨てるものとし、会社法第167条第3項に定める金銭による調整は行わない。
              取得と引換えに交付すべき
                          = (C種株主が取得を請求したC種株式の払込金額の総額)÷交付価額
              普通株式数
           ② 交付価額
             イ 当初交付価額
               当初交付価額は、100円とする。
                                 26/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
             ロ 交付価額の調整
              (a)当社は、C種株式の発行後、下記(b)に掲げる各事由により普通株式数に変更が生じる場合又は
                変更が生ずる可能性がある場合は、次に定める算式(以下、「交付価額調整式」という。)を
                もって交付価額を調整する。
                                        交付普通株式数×1株当たりの払込金額
                              既発行普通株式数+
                                              1株当たり時価
              調整後交付価額=調整前交付価額×
                                    既発行普通株式数+交付普通株式数
              交付価額調整式で使用する「既発行普通株式数」は、普通株主に下記(b)(ⅰ)ないし(ⅳ)の各取引
             に係る基準日が定められている場合はその日、また当該基準日が定められていない場合は、調整後の交
             付価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式数から当該日における当社の有する
             普通株式数を控除したものとする。交付価額調整式で使用する「交付普通株式数」は、普通株式の株式
             の分割が行われる場合には、株式の分割により増加する普通株式数(基準日における当社の有する普通
             株式に関して増加した普通株式数を含まない。)とし、普通株式の併合が行われる場合には、株式の併
             合により減少する普通株式数(効力発生日における当社の有する普通株式に関して減少した普通株式数
             を含まない。)を負の値で表示して使用するものとする。交付価額調整式で使用する「1株当たりの払
             込金額」は、下記(b)(ⅰ)の場合は当該払込金額(金銭以外の財産を出資の目的とする場合には適正な
             評価額、無償割当ての場合は0円とする。)、下記(b)(ⅱ)及び(ⅳ)の場合は0円とし、下記(b)
             (ⅲ)の場合は下記(b)(ⅴ)で定める対価の額とする。
              (b)交付価額調整式によりC種株式の交付価額の調整を行う場合及びその調整後の交付価額の適用時
                期については、次に定めるところによる。
              (ⅰ)下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る払込金額をもって普通株式を交付する場合(無償割当ての
                 場合を含む。)(但し、当社の交付した取得条項付株式、取得請求権付株式若しくは取得条項
                 付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)の
                 取得と引換えに交付する場合又は普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債
                 に付されたものを含む。以下、下記(ⅲ)において同じ。)その他の証券若しくは権利の転換、
                 交換又は行使により交付する場合を除く。)
                 調整後の交付価額は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられたときは当該払込期間の最
                終日とする。以下、同じ。)又は無償割当ての効力発生日の翌日以降これを適用する。但し、当
                社普通株主に募集株式の割当てを受ける権利を与えるため又は無償割当てのための基準日がある
                場合は、その日の翌日以降これを適用する。
              (ⅱ)普通株式の株式分割をする場合
                 調整後の交付価額は、普通株式の株式分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
              (ⅲ)取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新株予約権であって、その取得と引換
                 えに下記(c)(ⅱ)に定める時価を下回る対価(下記(ⅴ)に定義される。)をもって普通株式
                 を交付する定めがあるものを交付する場合(無償割当ての場合を含む。)、又は下記(c)(ⅱ)
                 に定める時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権その他の証券若し
                 くは権利を交付する場合(無償割当ての場合を含む。)
                  調整後の交付価額は、交付される取得請求権付株式、取得条項付株式若しくは取得条項付新
                 株予約権、又は新株予約権その他の証券若しくは権利(以下、「取得請求権付株式等」とい
                 う。)の全てが当初の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株式が交付されたものとみな
                 して交付価額調整式を準用して算出するものとし、交付される日又は無償割当ての効力発生日
                 の翌日以降これを適用する。但し、普通株主に取得請求権付株式等の割当てを受ける権利を与
                 えるため又は無償割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の対価が上記の
                 時点で確定していない場合は、調整後の交付価額は、当該対価の確定時点で交付されている取
                 得請求権付株式等の全てが当該対価の確定時点の条件で取得、転換、交換又は行使され普通株
                 式が交付されたものとみなして交付価額調整式を準用して算出するものとし、当該対価が確定
                 した日の翌日以降これを適用する。
              (ⅳ)普通株式の併合をする場合
                 調整後の交付価額は、株式の併合の効力発生日以降これを適用する。
                                 27/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
              (ⅴ)上記(ⅲ)における対価とは、取得請求権付株式等の交付に際して払込みその他の対価関係にあ
                 る支払がなされた額(時価を下回る対価をもって普通株式の交付を請求できる新株予約権の場
                 合には、その行使に際して出資される財産の価額を加えた額とする。)から、その取得、転
                 換、交換又は行使に際して取得請求権付株式等の所持人に交付される普通株式以外の財産の価
                 額を控除した金額を、その取得、転換、交換又は行使に際して交付される普通株式の数で除し
                 た金額をいう。
              (c)(ⅰ)交付価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、その小数第2位を切り
                  捨てる。
               (ⅱ)交付価額調整式で使用する時価は、その時点における調整前交付価額とする。
              (d)上記(b)に定める交付価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合に該当すると当社
                取締役会が合理的に判断するときには、当社は、必要な交付価額の調整を行う。
              (ⅰ)当社を存続会社とする合併、当社が行う吸収分割による他の会社の権利義務の全部又は一部の
                 承継、又は当社が行う株式交換による他の株式会社の発行済株式の全部の取得のために交付価
                 額の調整を必要とするとき。
              (ⅱ)交付価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の交付価額
                 の算出にあたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
              (ⅲ)その他当社の発行済普通株式の株式数の変更が生じたこと又は変更の可能性が生じる事由が発
                 生したことにより交付価額の調整を必要とするとき。
              (e)交付価額調整式により算出された調整後交付価額と調整前交付価額との差額が1円未満の場合
                は、交付価額の調整は行わないものとする。但し、本(e)により不要とされた調整は繰り越さ
                れ、その後の調整の計算において斟酌される。
              (f)上記(a)ないし(e)にかかわらず、平成21年6月30日までに開催される当社株主総会の決議及
                び/又は当社取締役会の決議に基づき新株予約権を交付する場合には、(ⅰ)次に定める算式によ
                り算出される数が0.1を超えないこと、かつ(ⅱ)新株予約権の行使に際して出資される金銭を新
                株予約権の目的である株式の数で除した数が100円以上(但し、かかる当社株主総会の決議及び/
                又は当社取締役会の決議がなされるまでに、上記(a)ないし(e)に従い交付価額の調整が行われ
                た場合には、その調整後の交付価額以上)であることを条件に、交付価額の調整を行わない。
                          新株予約権の目的である株式の総数+新株予約権の発行を決議する株主総
                          会及び/又は取締役会の日現在の当社の発行済株式の総数(平成20年4月
                          14日開催の当社臨時株主総会においてその発行が承認された普通株式の数
              新株予約権の目的である
                         ÷ 及びC種株式に係る普通株式を対価とする取得請求権の行使により発行さ
              株式の総数
                          れた普通株式の総数を含む。)+新株予約権の発行を決議する株主総会及
                          び/又は取締役会の日現在のA種株式、B種株式及びC種株式の普通株式
                          を対価とする取得請求権の行使により発行され得る普通株式の総数
           ③ 取得請求受付場所
              長野県松本市井川城二丁目1番1号
              アルピコホールディングス株式会社 本店
           ④ 取得の効力発生
              取得請求書が上記③に記載する取得請求受付場所に到着したときに、当社はC種株式を取得し、当該
             取得請求をした株主は、当社がその取得と引換えに交付すべき普通株式の株主となる。
         6.議決権
           C種株主は、株主総会において議決権を有しない。
         7.種類株主総会
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         8.種類株式間の優先順位
          (1)  剰余金の配当
            A種配当金、B種配当金、C種配当金、普通配当金(普通株主又は普通登録株式質権者に対して剰余金
           の配当として支払われる金銭をいう。以下、同じ。)の支払順位は、A種配当金を第1順位とし、B種配
           当金、C種配当金及び普通配当金を同順位で第2順位とする。
                                 28/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          (2)  残余財産の分配
            A種株式、B種株式、C種株式及び普通株式に係る残余財産の分配の支払順位は、B種株式に係る残余
           財産の分配を第1順位、A種株式に係る残余財産の分配を第2順位、C種株式及び普通株式に係る残余財
           産の分配を同順位で第3順位とする。
          (3)  取得請求権
            A種株式、B種株式及びC種株式に係る取得請求権の行使がそれぞれなされ、その取得請求受付場所へ
           の到達が同時又はその先後が不明である場合は、C種株式に係る取得請求権の行使を第1順位、A種株式
           に係る取得請求権の行使を第2順位、B種株式に係る取得請求権の行使を第3順位とする。
         9.譲渡制限
            譲渡によるC種株式の取得については、当社取締役会の承認を要する。
         10.会社法第322条第2項に規定する定款の定め
           当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合には、法令に別段の定めがある場合を除き、C種
          株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
         11.議決権を有しないこととしている理由
            資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

         記載事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         記載事項はありません。
                                 29/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
       (4)【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      平成25年9月20日
                 11,062,410        36,309,400            -     500,000          -     673,704
        (注)1
      平成26年3月28日
                 8,879,060       45,188,460            -     500,000          -     673,704
        (注)2
      (注)1.種類株式Aの取得請求に伴う普通株式の発行によるものであります。種類株式A1,835,612株の自己株式取
           得に伴い、普通株式が11,062,410株発行されております。なお、これに伴う資本金及び資本準備金の増減は
           ありません。
         2.種類株式Aの取得請求に伴う普通株式の発行によるものであります。種類株式A871,259株の自己株式取得
           に伴い、普通株式が8,879,060株発行されております。また、同日において、種類株式A729,371株の自己株
           式を処分しております。なお、これに伴う資本金及び資本準備金の増減はありません。
       (6)【所有者別状況】
          ① 普通株式                                               平成28年3月31日現在
                              株式の状況
       区分                                 外国法人等                 計
           政府及び地方            金融商品取引
                   金融機関           その他の法人                   個人その他
           公共団体            業者
                                     個人以外       個人
     株主数(人)           -       2      1      33      -      -     1,362      1,398
     所有株式数
                -   2,361,114       137,048     28,211,525          -      -   5,263,773      35,973,460
     (株)
     所有株式数の
                -     6.56      0.38      78.42       -      -     14.63      100.00
     割合(%)
                                                    平成28年3月31日現在

          ② 種類株式 A
                              株式の状況
       区分                                 外国法人等                 計
           政府及び地方            金融商品取引
                   金融機関           その他の法人                   個人その他
           公共団体            業者
                                     個人以外       個人
     株主数(人)           -       1      -      -      -      -       1      2
     所有株式数
                -   2,237,500         -      -      -      -   1,977,500      4,215,000
     (株)
     所有株式数の
                -     53.08       -      -      -      -     46.92      100.00
     割合(%)
      (注)「個人その他」に記載されている株式は、自己株式であります。
          ③ 種類株式 B                                               平成28年3月31日現在

                              株式の状況
       区分                                 外国法人等                 計
           政府及び地方            金融商品取引
                   金融機関           その他の法人                   個人その他
           公共団体            業者
                                     個人以外       個人
     株主数(人)           -       1      -      -      -      -      -       1
     所有株式数
                -   3,000,000         -      -      -      -      -   3,000,000
     (株)
     所有株式数の
                -    100.00        -      -      -      -      -    100.00
     割合(%)
                                 30/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          ④ 種類株式 C                                               平成28年3月31日現在
                              株式の状況
       区分                                 外国法人等                 計
           政府及び地方            金融商品取引
                   金融機関           その他の法人                   個人その他
           公共団体            業者
                                     個人以外       個人
     株主数(人)           -      -      -      -      -      -       1      1
     所有株式数
                -      -      -      -      -      -   2,000,000      2,000,000
     (株)
     所有株式数の
                -      -      -      -      -      -    100.00      100.00
     割合(%)
      (注)「個人その他」に記載されている株式は、自己株式であります。
       (7)【大株主の状況】

      普通株式
                                                  平成28年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                                         所有株式数(千株)          対する所有株式数
         氏名又は名称                    住所
                                                   の割合(%)
                    長野県東筑摩郡山形村字下本郷4082番地3                         6,369          17.71

     サンリン株式会社
                    長野県長野市南千歳1丁目15番地3                         5,095          14.16
     高沢産業株式会社
                                             3,184          8.85

     鈴與株式会社               静岡県静岡市清水区入船町11番1号
     損害保険ジャパン日本興亜株
                                             1,910          5.31
                    東京都新宿区西新宿1丁目26番1号
     式会社
                    長野県長野市大字鶴賀字苗間平1605番地14                         1,910          5.31
     株式会社高見澤
                    長野県長野市南堀138番地1                         1,910          5.31

     ホクト株式会社
                    長野県長野市大字中御所字岡田178番地8                         1,724          4.79

     株式会社八十二銀行
                    長野県長野市大字南長野南石堂町1282番地
                                             1,100          3.06
     八十二キャピタル株式会社
                    11
                                              910         2.53
     株式会社岡村製作所               神奈川県横浜市西区北幸2丁目7番18号
                                              637         1.77

     松本信用金庫               長野県松本市丸の内1番1号
     三井住友海上火災保険株式会
                                              637         1.77
                    東京都千代田区神田駿河台3丁目9番地
     社
                              -               25,388          70.58
            計
      種類株式 A                                             平成28年3月31日現在

                                                   発行済株式総数に

         氏名又は名称                    住所            所有株式数(千株)          対する所有株式数
                                                   の割合(%)
     株式会社八十二銀行               長野県長野市大字中御所字岡田178番地8                         2,237          53.08

     アルピコホールディングス株
                    長野県松本市井川城2丁目1番1号                         1,977          46.91
     式会社
            計                  -                4,215         100.00
                                 31/95





                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      種類株式 B                                             平成28年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

         氏名又は名称                    住所            所有株式数(千株)          対する所有株式数
                                                   の割合(%)
     株式会社八十二銀行               長野県長野市大字中御所字岡田178番地8                         3,000         100.00
            計                  -                3,000         100.00

      種類株式 C                                             平成28年3月31日現在

                                                   発行済株式総数に

         氏名又は名称                    住所            所有株式数(千株)          対する所有株式数
                                                   の割合(%)
     アルピコホールディングス株
                    長野県松本市井川城2丁目1番1号                         2,000         100.00
     式会社
            計                  -                2,000         100.00
       なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位10名は、以下の通りであります。

                                                  平成28年3月31日現在
                                                   総株主の議決権に
                                           所有議決権数
                                                   対する所有議決権
         氏名又は名称                    住所
                                            (千個)
                                                    の割合(%)
                    長野県東筑摩郡山形村字下本郷4082番地3                         6,369          17.71
     サンリン株式会社
                    長野県長野市南千歳1丁目15番地3                         5,095          14.16
     高沢産業株式会社
                                             3,184          8.85

     鈴與株式会社               静岡県静岡市清水区入船町11番1号
     損害保険ジャパン日本興亜株
                                             1,910          5.31
                    東京都新宿区西新宿1丁目26番1号
     式会社
                    長野県長野市大字鶴賀字苗間平1605番地14                         1,910          5.31
     株式会社高見澤
                    長野県長野市南堀138番地1                         1,910          5.31

     ホクト株式会社
                    長野県長野市大字中御所字岡田178番地8                         1,724          4.79

     株式会社八十二銀行
                    長野県長野市大字南長野南石堂町1282番地
                                             1,100          3.06
     八十二キャピタル株式会社
                    11
                                              910         2.53
     株式会社岡村製作所               神奈川県横浜市西区北幸2丁目7番18号
                                              637         1.77

     松本信用金庫               長野県松本市丸の内1番1号
     三井住友海上火災保険株式会
                                              637         1.77
                    東京都千代田区神田駿河台3丁目9番地
     社
                              -               25,388          70.58
            計
                                 32/95







                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成28年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

                                                  「1  (1)  ②発行済株
                          種類株式A      2,237,500
      無議決権株式                                         -
                                                  式」の脚注1、2を
                          種類株式B      3,000,000
                                                  参照
                                                  「1  (1)  ②発行済株
                          種類株式A      1,977,500
      無議決権株式(自己株式等)                                         -
                                                  式」の脚注1、3を
                          種類株式C      2,000,000
                                                  参照
      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -            -       -

                          普通株式     35,973,460

      完全議決権株式(その他)                                     35,973,460           -
      単元未満株式                             -            -       -

      発行済株式総数                         45,188,460                -       -

      総株主の議決権                             -        35,973,460           -

        ②【自己株式等】

                                                  平成28年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に

      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)                   種類株式A                 種類株式A         種類株式A
     アルピコホール          長野県松本市井川            1,977,500                 1,977,500           4.38
                                     -
     ディングス株式会          城2丁目1番1号          種類株式C                 種類株式C         種類株式C
     社                      2,000,000                 2,000,000           4.43
         計          -        3,977,500          -        3,977,500           8.80
       (9)【ストックオプション制度の内容】

           該当事項はありません。
                                 33/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        該当事項はありません。
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません          。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

      ① 種類株式 A
                                   当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   -        -       -        -
      取得自己株式
      その他                             -        -       -        -
      保有自己株式数                          1,977,500         -       1,977,500         -

      (注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの自己株式の取得
      株   式は含まれていません。
                                 34/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      ② 種類株式 C
                                   当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   -        -       -        -
      取得自己株式
      その他                             -        -       -        -
      保有自己株式数                          2,000,000            -    2,000,000            -

      (注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの自己株式の取得
      株   式は含まれていません。
      3【配当政策】

         当社は、グループ全体の経営基盤の強化、企業価値の向上を図ることで財務体質を強化し、株主の皆様に対して
        は安定した配当を維持し、期末配当として年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。この剰余
        金の配当の決定機関は、株主総会であります。
         当事業年度につきましては、経営成績、財政状態等を総合的に勘案し、期末配当金を実施することを決定いたし
        ました。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。

         決議年月日              株式の種類           配当金の総額(千円)             1株当たり配当額(円)

        平成28年6月22日
                       種類株式 A                    44,750               20
        定時株主総会決議
        平成28年6月22日
                       種類株式 B                     9,000               3
        定時株主総会決議
        平成28年6月22日
                        普通株式                   107,920                3
        定時株主総会決議
      4【株価の推移】

        当社の株式は非上場につき該当事項はありません。
                                 35/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  昭和46年4月 株式会社八十二銀行入行
                                  平成10年3月 同行岩村田支店長
                                  平成12年2月 同行融資業務部長
                                  平成12年6月 同行与信管理部長
                                  平成14年6月 同行執行役員人事部長
                                  平成16年6月 同行執行役員本店営業部長
                                  平成17年6月 同行常務取締役松本営業部長
                                  平成19年6月 同行常務取締役
                                  平成20年4月 同行取締役
      代表取締役
             ───      堀籠 義雄      昭和23年4月25日生                           (注)3     12,000
                                  平成20年4月 松本電気鉄道株式会社代表取
      社長
                                        締役社長(現アルピコ交通株
                                        式会社)
                                  平成20年5月 当社代表取締役社長(現任)
                                  平成22年6月 松本電気鉄道株式会社代表取
                                        締役会長(現アルピコ交通株
                                        式会社)(現任)
                                  平成27年6月 東洋観光事業株式会社代表取
                                        締役会長(現任)
                                  昭和55年4月 株式会社八十二銀行入行
                                  平成14年2月 同行上松支店長
                                  平成16年2月 同行営業推進部副部長
                                  平成17年2月 同行営業統括部副部長
                                  平成18年2月 同行辰野支店長
                                  平成20年2月 同行茅野支店長
            経営企画及び
                                  平成23年6月 アルピコ交通株式会社取締役
      常務取締役              塚田 進      昭和31年7月24日生                           (注)3      5,000
            財務経理担当
                                        (現任)
                                  平成23年6月 株式会社アップルランド取締
                                        役(現株式会社デリシア)
                                        (現任)
                                  平成23年6月 当社取締役
                                  平成27年6月 当社常務取締役(現任)
                                  昭和61年3月 松本電気鉄道株式会社入社
                                        (現アルピコ交通株式会社)
                                  平成23年4月 当社総務人事部長
                                  平成25年6月 当社執行役員総務人事部長
                                  平成27年5月 アルピコタクシー株式会社取
                                        締役(現任)
                                  平成27年6月 株式会社アップルランド取締
      取締役       総務人事担当        大池 洋      昭和36年6月29日生                           (注)3       ―
                                        役(現株式会社デリシア)
                                        (現任)
                                  平成27年6月 東洋観光事業株式会社取締役
                                  平成27年6月 当社取締役総務人事部長(現
                                        任)
                                  平成28年6月 アルピコ交通株式会社取締役
                                        (現任)
                                 36/95







                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  昭和50年4月 松本電気鉄道株式会社入社
                                        (現アルピコ交通株式会
                                        社)
                                  平成9年6月 松電観光バス株式会社常務
                                        取締役(現アルピコ交通株式
                                        会社)
                                  平成11年6月 同社代表取締役専務
                                  平成15年5月 アルピコタクシー茅野株式
                                         会社代表取締役社長(現ア
                                        ルピコタクシー株式会社)
      取締役       運輸事業担当       古田 龍治      昭和25年9月12日生                           (注)3       ―
                                  平成19年6月 松本電気鉄道株式会社常務
                                        取締役(現アルピコ交通株
                                        式会社)
                                  平成21年1月 諏訪バス株式会社代表取締
                                        役社長(現アルピコ交通株
                                        式会社)
                                  平成22年6月 松本電気鉄道株式会社代表
                                        取締役社長(現アルピコ交
                                        通株式会社)(現任)
                                  平成22年6月      当社取締役(現任)
                                  昭和56年4月 株式会社西友ストア入社(現
                                        合同会社西友)
                                  平成16年3月 同社所沢花園店長
                                  平成16年11月 同社サンシャイン西友店長
                                  平成19年1月 同社赤羽店長
                                  平成19年10月 同社巣鴨店長
                                  平成20年8月 同THE MALL仙台長町
                                        店長
      取締役       流通事業担当       阿部 仁志      昭和38年1月1日生        平成21年11月 同社店舗運営本部運営統括第
                                                    (注)3       ―
                                        3地区シニアダイレクター
                                  平成23年6月 株式会社アップルランド取締
                                        役販売本部長(現株式会社デ
                                        リシア)
                                  平成24年6月 同社常務取締役販売本部長
                                  平成25年6月 同社常務取締役営業本部長
                                  平成28年4月 同社代表取締役社長(現任)
                                  平成28年6月 当社取締役(現任)
                                  平成2年4月 松本電気鉄道株式会社入社
                                        (現アルピコ交通株式会社)
                                  平成20年5月 当社構造改革部長
                                  平成21年6月 当社経営企画部長
                                  平成23年6月 アルピコ交通株式会社取締役
             レジャー・
                                  平成25年6月 同社常務取締役
      取締役        サービス      小林 史成      昭和41年10月28日生                           (注)3       ―
                                  平成25年9月 アルピコ観光サービス株式会
             事業担当
                                        社代表取締役社長(現アルピ
                                        コ長野トラベル株式会社)
                                  平成27年6月 東洋観光事業株式会社代表取
                                        締役社長(現任)
                                  平成27年6月 当社取締役(現任)
                                 37/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

       役名       職名       氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                  平成1年4月 株式会社八十二銀行入行
                                  平成21年6月 同行茅野支店次長
                                  平成23年6月 同行大町支店副支店長
      取締役        ───      下平 匡克      昭和41年4月14日生                           (注)3       ―
                                  平成26年2月 同行松本営業部営業三部長
                                        (現任)
                                  平成26年6月 当社取締役(現任)
                                  昭和53年3月 松電商事株式会社入社(現株
                                        式会社デリシア)
                                  平成18年4月 同社執行役員業務部長
      監査役
             ───      田村 桂吾      昭和28年9月2日生         平成20年4月 同社常務取締役                  (注)4      720
      (常勤)
                                  平成23年6月 同社監査役
                                  平成23年6月 東洋観光事業株式会社監査役
                                  平成24年6月 当社監査役(現任)
                                  昭和51年4月 株式会社八十二銀行入行
                                  平成13年2月 同行松本流通団地支店長
                                  平成14年7月 同行白馬支店長
                                  平成16年6月 八十二リース株式会社出向
      監査役
             ───      下坂 正勝      昭和27年5月7日生         平成16年7月 同社総務部副部長                  (注)4       ―
      (常勤)
                                  平成20年4月 同社総務部財務担当部長
                                  平成22年6月 同社経理部副部長
                                  平成23年11月 同社経理部長
                                  平成24年6月 当社監査役(現任)
                                  昭和63年4月 長野県弁護士会に弁護士登録
                                  平成5年4月 長野県弁護士会副会長
                                  平成10年4月 長野県弁護士会副会長
      監査役        ───      林 一樹      昭和28年7月24日生                           (注)4       ―
                                  平成23年6月 当社監査役(現任)
                                  平成24年4月 長野県弁護士会会長
                                  昭和47年4月 キッセイ薬品工業株式会社入
                                        社
                                  平成8年7月 同社経営企画本部事業開発部
                                        次長
                                  平成9年4月 同社経営企画本部経営企画部
      監査役        ───      草深 克臣      昭和24年3月11日生               次長            (注)4       ―
                                  平成11年7月 同社経営企画本部経営企画部
                                        渉外企画担当部長
                                  平成16年4月 同社広報部長
                                  平成23年4月 同社秘書室参与
                                  平成26年6月 当社監査役(現任)
                                          計                 ―
      (注)1.取締役下平匡克氏は、社外取締役であります。
         2.監査役林一樹及び草深克臣の2氏は、社外監査役であります。
         3.平成28年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から1年間となります。
         4.選任後4年以内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までとなります。
                                 38/95







                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
       ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は純粋持株会社として、当社グループ統括会社としての役割を認識し、経営の透明性を高め、健全かつ迅速
        な業務運営により地域社会及び株主の皆様をはじめとするステイクホルダーの信頼を得ることを基本方針としてお
        ります。
       ②  会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況等

        イ 会社の機関の内容
          当社の取締役会は7名で構成され、当社の業務執行の決定をするとともに、取締役の職務の執行を監督してお
         ります。取締役会は原則月に1回以上開催し、充分な審議を行い、経営に関する重要事項を決定しております。
          当社は監査役制度を採用しております。監査役の総数は4名で、うち2名が社外監査役であります。取締役会
         及び経営会議をはじめ重要な会議に出席、また会社の財産状況の調査を通じ、取締役の職務遂行について監視を
         行っております。
        ロ 内部統制システムの整備の状況
          内部統制システムの基本方針につきましては、以下のように定めております。
         (a)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・当社の取締役及び使用人が日常の業務執行の行動指針となるべき「アルピコグループコンプライアンス基本方
         針」のもと、コンプライアンス規程、コンプライアンスマニュアルを制定し、コンプライアンスの重視のための
         基本方針、行動基準、推進体制を明らかにし、取締役及び使用人への周知徹底及び遵守体制を構築します。
         ・コンプライアンス上の問題を発見した場合は、速やかに担当部署へ報告する体制を構築するとともに、使用人
         が直接報告することを可能とするホットラインを設置し、運用します。
         ・市民社会の秩序や安全を脅かす反社会的勢力及び団体に対しては、毅然とした態度で対処するとともに、不当
         要求を拒絶し、それら勢力との取引その他一切の関係を持たない体制を整備し、運用します。
         ・業務の適切な実行を確保するため、内部監査の体制を整備し、内部監査の結果を取締役に対し報告するととも
         に、必要に応じて改善を促します。
         (b)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項
         ・取締役の職務の執行に係る情報は、文書又は電磁的媒体(以下、文書等という)に記録し、文書管理規程に基
         づき、担当部門において適切に保存及び管理を行います。
         ・文書等は、保存媒体に応じ、適切かつ検索性の高い状態で保存します。
         ・取締役及び監査役は、文書管理規程により、常時これらの文書等を閲覧することができます。
         (c)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ・リスク管理規程に基づき、各部門はその担当分野に関するリスクの把握に努め、優先的に対応すべきリスクを
         選定したうえで、対応方針及び対策を決定し、適切にリスク管理を実施します。
         ・コンプライアンス・リスク管理推進室は、各部門で実施したリスクに関する洗い出し、評価及び管理施策実施
         の進捗状況をモニタリングします。また、リスク管理に関する教育、研修、指導を行います。
         ・リスク管理担当取締役は、当社及びアルピコグループ全体の統括責任者として、リスク管理全般に係る事項を
         所管し、当社及びアルピコグループにおけるリスク管理の遂行状況、発生したリスクへの対応状況その他必要事
         項を取締役会に報告します。
         ・コンプライアンス・リスク管理委員会は、リスク管理に関する事項を審議、決議する機関とします。
         ・危機管理緊急対応マニュアルに定める非常事態が発生した場合には、対策本部を設置し、その指示の下、被害
         (損失)の最小化を図ります。
         (d)取締役の職務が効率的に行われることを確保するための体制
         ・当社は、定例の取締役会を原則として1ヶ月に1回開催し、重要事項の決定及び取締役の業務執行状況の監督
         や、業務執行に関する基本事項及び重要事項に係る意思決定を行います。また、取締役会の機能をより強化し経
         営効率を向上させるため、全取締役が出席する経営会議を適宜開催し、業務執行に関する基本事項及び重要事項
         に係る意思決定を機動的に行います。
         ・業務の運営については、将来の事業環境を踏まえ中期経営計画及び各年度予算を立案し、全社的な目標を設定
         します。各部門においては、その目標達成に向け具体策を立案・実行します。
         (e)当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
         ・「アルピコグループコンプライアンス基本方針」に基づきグループ全体にわたるコンプライアンス推進活動を
         実施し、遵法意識・企業倫理意識をグループ全体に浸透させ、共通の価値観としてこれを共有します。
         ・関係会社管理規程及び稟議決裁規程等に基づき、子会社から当社へ必要な報告を行わせるとともに、子会社の
         重要業務の執行について、当社の取締役会、経営会議において審議・報告します。
         ・コンプライアンス・リスク管理推進室は、リスク管理規程に基づき、子会社がその業務の適正又は効率的な遂
         行を阻害するリスクを洗い出し、適切にリスク管理を行えるよう指導及び連携します。
                                 39/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         ・監査部は、内部監査規程及び内部監査実施要領に基づき、子会社の内部監査を実施し、その監査結果を取締役
         及び監査役に報告します。
         ・監査役は、往査を含め子会社の監査を行うとともに、監査に際しては子会社の監査役と連携を図ります。
         (f)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使用
         人の取締役からの独立性に関する事項及びその使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         ・代表取締役は、監査役が求めた場合その他必要な場合には、監査役の職務を補助する使用人を配置します。
         ・当該使用人は、監査役の指揮命令に基づき業務を実施します。
         ・当該使用人の人事異動、人事考課、懲戒等は、常勤監査役の事前の同意を得ます。
         (g)取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
         ・取締役及び使用人は、会社に著しい影響を及ぼす事実が発生又は発生する恐れがあるときは、監査役に速やか
         に報告します。
         ・常勤監査役は、取締役会、経営会議の経営の意思決定がなされる重要な会議に出席して、業務の執行状況を把
         握するとともに、必要に応じ当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人に対して業務の
         執行状況その他に関する報告を求めることができるものとします。
         ・当社は、当社の監査役に報告した者に対して、これを理由とする不利益な取扱いは行いません。
         (h)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         ・監査役は、会計監査人及び監査部より監査等の報告を定期的に受け、また、取締役及び各部署との情報の共有
         化に努めます。
         ・監査役は、代表取締役と経営方針の確認、経営課題等のほか監査についての意見交換を行います。
         ・監査役の職務執行により生ずる費用は当社が負担します。
        ハ 会計監査の状況
          連結財務諸表及び財務諸表については、会計監査人の監査を受けております。また、会計業務において疑義が
         生じた際には、必要に応じ会計監査人のアドバイスを受けております。
          当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、三浦太氏、岩渕道男氏及び冨田哲也氏であり、新日本有限責任
         監査法人に所属しております。
          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士18名、その他10名であります。
        ニ 社外取締役及び社外監査役との関係
          社外取締役である下平匡克氏は、当社の主要債権者である株式会社八十二銀行の業務執行者をしております。
          社外監査役である林一樹氏、草深克臣                   氏との間に特別な利害関係はありません。
          当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針として、明確に定めたもの
         はありませんが、選任に当たっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの                                         独立した立場で社外役
         員としての職務を遂行でき得る十分な独立性が確保できる事を前提に判断しております。
        ホ 責任限定契約の内容の概要
          当社と社外取締役・社外監査役は、会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定
         する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。
        ヘ 取締役の定数
          当社の取締役は、3名以上18名以内とする旨を定款に定めております。
        ト 取締役の選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投
         票によらないものとする旨を定款に定めております。
        チ 株主総会の特別決議要件
          当社は、株主総会の円滑な運営を行う為、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することがで
         きる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定
         めております。
        リ 取締役及び監査役の責任免除
          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者も含む。)及び監査役(監査役で
         あった者も含む。)の会社法第423条第1項の責任につき、取締役会決議によって、法令の限度内において免除
         することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が期待される役割を十分発揮できるよ
         うにするものであります。
                                 40/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ヌ 会計監査人の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、会計監査人(会計監査人であった者も含む。)の会社法第423条
         第1項の責任につき、取締役会の決議によって、法令の限度内において免除することができる旨を定款に定めて
         おります。これは、会計監査人が期待される役割を十分に発揮できるようにするものであります。
        ル 種類株式Aについて議決権を有しないこととしている理由
          資本増強にあたり、既存株主への影響を考慮したためであります。
        ヲ 種類株式Bについて議決権を有しないこととしている理由
          資本増強にあたり、既存株主への影響を考慮したためであります。
        ワ 種類株式Cについて議決権を有しないこととしている理由
          資本増強にあたり、既存株主への影響を考慮したためであります。
       ③  役員報酬の内容

         当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬は下記のとおりであります。なお、下記金額に
        は、使用人兼務取締役の使用人部分に係る給与・賞与額は含まれておりません。
                  社 内(千円)          社 外(千円)          計 (千円)
          取 締 役           79,418           -       79,418

          監 査 役           14,369         5,403        19,772

            計         93,787         5,403        99,190

       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
           区分
                 監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                 く報酬(千円)          報酬(千円)          く報酬(千円)          報酬(千円)
         提出会社              35,496           3,467          36,754           2,400
         連結子会社                -          -          -          -
            計           35,496           3,467          36,754           2,400

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、財務報告目的の統制の
         整備・運用・評価等にかかる助言業務であります。
         (当連結会計年度)

          当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容としましては、財務報告目的の統制の
         整備・運用・評価等にかかる助言業務であります。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、連結子会社数や当該子会社の往査日数な
         どを総合的に勘案し、監査公認会計士と充分に協議した上で決定しております。
                                 41/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
        号。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について
        当社は金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3月31
       日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の財務諸表について新日本有
       限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容や変更等を適時適切に把握し、的確に対応出来るようにするため、監査法人及び各種団体の主催する講習会に参加
       する等積極的な情報収集活動に努めております。
                                 42/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,143,308              7,415,237
         現金及び預金
                                       1,445,274              1,618,869
         受取手形及び売掛金
                                       1,423,849              2,127,792
         商品及び製品
                                        177,558              243,319
         原材料及び貯蔵品
                                       1,854,177              1,566,861
         分譲土地等
                                        609,298              591,155
         繰延税金資産
                                        550,500             2,118,308
         その他
                                        △ 5,309             △ 3,061
         貸倒引当金
                                       11,198,656              15,678,483
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                  ※1 , ※2 , ※3 20,373,254          ※1 , ※2 , ※3 24,941,192
          建物及び構築物(純額)
                                    ※1 , ※2 , ※3 489,719          ※1 , ※2 , ※3 547,735
          機械装置及び運搬具(純額)
                                      ※3 10,484,115             ※3 11,781,571
          土地
                                      ※1 2,680,737             ※1 3,785,040
          リース資産(純額)
                                        470,632             1,180,442
          建設仮勘定
                                    ※1 , ※2 , ※3 584,326          ※1 , ※2 , ※3 635,025
          その他(純額)
                                       35,082,785              42,871,007
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         46,636             2,233,186
          のれん
                                      ※3 1,274,278             ※3 2,496,181
          その他
                                       1,320,915              4,729,368
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        305,391              354,070
          投資有価証券
                                        941,467              553,152
          関係会社株式
                                         29,591              30,624
          長期貸付金
                                        462,570              773,401
          繰延税金資産
                                       2,279,273              2,902,017
          その他
                                        △ 17,981             △ 15,044
          貸倒引当金
                                       4,000,312              4,598,221
          投資その他の資産合計
                                       40,404,013              52,198,597
         固定資産合計
                                       51,602,670              67,877,081
       資産合計
                                 43/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※3 3,057,454             ※3 4,664,632
         支払手形及び買掛金
                                           -           7,171,164
         短期借入金
                                      ※3 21,559,066             ※3 2,802,768
         1年内返済予定の長期借入金
                                        695,675             1,116,027
         リース債務
                                        104,589              338,499
         未払法人税等
                                        417,217              586,107
         賞与引当金
                                      ※3 3,411,529             ※3 5,054,317
         その他
                                       29,245,534              21,733,517
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,211,166              22,519,909
         長期借入金
                                       2,306,793              3,553,227
         リース債務
                                         7,028              6,285
         繰延税金負債
                                       1,191,769              2,137,567
         資産除去債務
                                           -            55,445
         役員退職慰労引当金
                                      ※3 3,326,360             ※3 4,009,545
         その他
                                       10,043,117              32,281,979
         固定負債合計
       負債合計                                39,288,651              54,015,497
      純資産の部
       株主資本
                                        500,000              500,000
         資本金
                                       3,210,311              3,118,709
         資本剰余金
                                       8,605,240              10,291,159
         利益剰余金
                                       12,315,551              13,909,868
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         36,018             △ 48,284
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 37,551                -
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,532             △ 48,284
         その他の包括利益累計額合計
                                       12,314,019              13,861,583
       純資産合計
                                       51,602,670              67,877,081
      負債純資産合計
                                 44/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益及び包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
                                       69,520,854              82,817,386
      営業収益
      営業費
                                    ※1 , ※2 48,395,267           ※1 , ※2 58,046,981
       運輸業等営業費及び売上原価
                                      ※2 18,800,034             ※2 22,379,594
       販売費及び一般管理費
                                       67,195,301              80,426,576
       営業費合計
                                       2,325,553              2,390,810
      営業利益
      営業外収益
                                         10,342              15,657
       受取利息
                                         6,042              11,631
       受取配当金
                                         15,419              16,201
       受取手数料
                                         88,873              78,219
       その他
                                        120,677              121,710
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        529,670              597,321
       支払利息
                                        181,392               57,117
       持分法による投資損失
                                         57,386              156,889
       その他
                                        768,449              811,328
       営業外費用合計
                                       1,677,781              1,701,192
      経常利益
      特別利益
                                        ※3 53,038            ※3 158,062
       固定資産売却益
                                           631            153,031
       投資有価証券売却益
                                         23,701                -
       負ののれん発生益
                                        118,250              788,989
       補助金収入
                                           -            223,730
       受取和解金
                                         9,870              46,694
       その他
                                        205,492             1,370,508
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 919            ※4 2,101
       固定資産売却損
                                       ※5 201,766             ※5 128,843
       固定資産除却損
                                        100,132              483,089
       工事負担金等圧縮額
                                           -            15,947
       投資有価証券売却損
                                       ※6 601,480             ※6 410,719
       減損損失
                                           -            49,551
       解体撤去費用
                                         68,830              113,676
       その他
                                        973,129             1,203,930
       特別損失合計
                                        910,144             1,867,770
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   245,870              767,626
                                        264,399             △ 747,445
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   510,270               20,181
                                        399,874             1,847,589
      当期純利益
      (内訳)
                                        399,874             1,847,589
      親会社株主に帰属する当期純利益
      その他の包括利益
                                        ※7 5,950           ※7 △ 72,335
       その他有価証券評価差額金
                                        ※7 37,194             ※7 37,551
       繰延ヘッジ損益
                                        ※7 18,436            ※7 △ 11,967
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         61,581             △ 46,752
       その他の包括利益合計
                                        461,455             1,800,836
      包括利益
      (内訳)
                                        461,455             1,800,836
      親会社株主に係る包括利益
                                 45/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                                              (単位:千円)
                                  株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高
                        500,000       3,210,311        8,367,036        12,077,348
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 161,670       △ 161,670
      親会社株主に帰属する当期純利
                                        399,874        399,874
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                                   -
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                     -        -      238,203        238,203
     当期末残高                   500,000       3,210,311        8,605,240        12,315,551
                          その他の包括利益累計額

                                            純資産合計
                    その他有価証券評               その他の包括利益
                            繰延ヘッジ損益
                    価差額金               累計額合計
     当期首残高                   11,631       △ 74,745       △ 63,114      12,014,233
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △ 161,670
      親会社株主に帰属する当期純利
                                               399,874
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                                 -
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
                        24,387        37,194        61,581        61,581
      額(純額)
     当期変動額合計                   24,387        37,194        61,581       299,785
     当期末残高                   36,018       △ 37,551       △ 1,532      12,314,019
                                 46/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                              (単位:千円)
                                  株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高                   500,000       3,210,311        8,605,240        12,315,551
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 161,670       △ 161,670
      親会社株主に帰属する当期純利
                                        1,847,589        1,847,589
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                △ 91,601                △ 91,601
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                     -      △ 91,601       1,685,918        1,594,316
     当期末残高                   500,000       3,118,709        10,291,159        13,909,868
                          その他の包括利益累計額

                                            純資産合計
                    その他有価証券評               その他の包括利益
                            繰延ヘッジ損益
                    価差額金               累計額合計
     当期首残高                   36,018       △ 37,551       △ 1,532      12,314,019
     当期変動額
      剰余金の配当
                                              △ 161,670
      親会社株主に帰属する当期純利
                                              1,847,589
      益
      非支配株主との取引に係る親会
                                              △ 91,601
      社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変動
                       △ 84,303        37,551       △ 46,752       △ 46,752
      額(純額)
     当期変動額合計                  △ 84,303        37,551       △ 46,752      1,547,564
     当期末残高
                       △ 48,284         -     △ 48,284      13,861,583
                                 47/95










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        910,144             1,867,770
       税金等調整前当期純利益
                                       2,425,879              2,871,791
       減価償却費
                                         1,277             100,405
       のれん償却額
                                        △ 23,701                -
       負ののれん発生益
                                        601,480              410,719
       減損損失
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 346,573
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,965             △ 75,184
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  3,614             120,889
                                        △ 16,384             △ 27,289
       受取利息及び受取配当金
                                        529,670              581,039
       支払利息
       投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 631           △ 137,084
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    30              133
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 52,119             △ 155,961
                                        201,766              128,843
       固定資産除却損
       工事負担金等圧縮額                                 100,132              483,089
                                       △ 118,250             △ 788,989
       補助金収入
       持分法による投資損益(△は益)                                 181,392               57,117
       売上債権の増減額(△は増加)                                  58,587              42,601
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  67,086              320,644
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 501,752             △ 372,194
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 103,673               63,424
       長期未払金の増減額(△は減少)                                  14,906              591,751
       その他の負債の増減額(△は減少)                                 178,762              491,681
                                         51,463              301,621
       その他
                                       5,511,222              6,530,246
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  16,384              27,289
                                       △ 539,510             △ 556,540
       利息の支払額
                                       △ 235,074             △ 647,555
       法人税等の支払額
                                       4,753,022              5,353,440
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 48/95










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 2,784,210             △ 2,895,113
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 86,383             △ 150,365
       無形固定資産の取得による支出
                                         71,662              375,081
       固定資産の売却による収入
                                        118,250              788,989
       補助金収入
                                           -            858,814
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                                    ※2 △ 374,635
                                           -
       支出
                                       △ 583,056                 -
       関係会社株式の取得による支出
                                       ※2 163,898
                                                         -
       新規連結子会社の取得による収入
                                       ※2 △ 1,224
                                                         -
       新規連結子会社の取得による支出
                                        187,066             △ 844,813
       その他
                                      △ 2,913,995             △ 2,242,042
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -           3,093,852
                                       2,354,000              23,500,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 2,468,474             △ 26,023,129
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 685,903            △ 1,156,920
       リース債務の返済による支出
                                       △ 161,670             △ 161,670
       配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -           △ 91,601
       よる支出
                                       △ 962,047             △ 839,469
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   876,979             2,271,928
                                       4,263,416              5,140,396
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 5,140,396             ※1 7,412,325
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 49/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           12 社
            主要な連結子会社名
            アルピコ交通㈱、アルピコ交通東京㈱、アルピコタクシー㈱、信州アルピコタクシー㈱、㈱宇都宮、東洋
            観光事業㈱、アルピコ自工㈱、アルピコ保険リース㈱、アルピコ長野トラベル㈱、㈱アップルランド、㈱
            マツヤ、松電事業協同組合
          (2)主要な非連結子会社の名称等
            該当会社はありません。
          (3)連結範囲の変更
             当社の連結子会社であるアルピコ交通㈱の東京支社事業を分離し、アルピコ交通東京㈱を新設した上
            で、アルピコ交通東京㈱の全株式を取得したことにより、同社を連結の範囲に含めております。
             なお、アルピコ観光サービス㈱は、当社の連結子会社である長野トラベル㈱に旅行事業を承継し、商号
            をアルピコ長野トラベル㈱に変更した上で、同じく当社の連結子会社であるアルピコ交通㈱と合併し消滅
            しております。
             また、持分法適用会社であった㈱マツヤについては、株式を追加取得したことに伴い持分が増加したた
            め、持分法適用会社から連結子会社に変更しております。
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)  持分法適用の関連会社数             1 社
            会社名
            長野エフエム放送㈱
            ㈱マツヤについては、株式を追加取得したことに伴い持分が増加したため、持分法適用会社から連結子会
            社に変更しております。
            当連結会計年度において、㈱マツヤは、決算日を3月31日に変更し、連結決算日と同一となっておりま
            す。なお、当連結会計年度における会計期間は、支配獲得後の4ヶ月となっております。
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社
            該当会社はありません。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
             その他有価証券
             時価のあるもの
              連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
             動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
           ② デリバティブ
             時価法
           ③ たな卸資産
             商品及び製品
              流通事業
               主として売価還元法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
             り算定)を採用しております。
              運輸事業、レジャー・サービス事業、不動産事業、その他のサービス事業
               主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
             り算定)を採用しております。
             原材料及び貯蔵品
              主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
             算定)を採用しております。
             分譲土地等
              主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)を採用しております。
          (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
                                 50/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              主として定率法を採用しております。但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を
             除く)は定額法によっております。
              なお、鉄道事業固定資産のうち、取替資産については取替法を採用しております。
             主な耐用年数は、以下のとおりであります。
             建物及び構築物   7~60年
             機械装置及び運搬具 3~18年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           ③ リース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の
             リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
          (3)  重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
              売上債権、貸付債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により算定
             した金額を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上
             しております。
           ② 賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上してお
             ります。
           ③ 役員退職慰労引当金
              役員に対する退職慰労金の支払いに備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
          (4)  のれんの償却方法及び償却期間

             のれんの償却については、8~10年間の均等償却を行っております。
          (5)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
           か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (6)  重要なヘッジ会計の方法
           ①ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理によっております。
           ②ヘッジ手段とヘッジ対象
             ヘッジ手段…金利スワップ
             ヘッジ対象…借入金
           ③ヘッジ方針
              デリバティブ管理規程に基づき、借入金金利の変動リスクの低減のため、対象債務範囲内でヘッジを
             行っております。
           ④ヘッジ有効性評価の方法
              ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を
             比率分析により判定し判断しております。
          (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
           ① 消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
              ただし、控除対象外消費税等のうち、固定資産に係るものは、投資その他の資産その他に計上し、5
             年間で均等償却を行っており、また、棚卸資産等に係るものは、販売費及び一般管理費で処理しており
             ます。
           ② 工事負担金等の会計処理
              鉄道事業等の諸施設の工事を行うにあたり、連結子会社2社は地方公共団体等より工事費の一部とし
             て工事負担金等を受けております。
              これらの工事負担金等は、工事完成時に当該工事負担金等相当額を取得した固定資産の取得原価から
             直接減額して計上しております。
                                 51/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
     (企業結合に関する会計基準等の適用)
     「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」という。)、
     「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」という。)及び
     「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」という。)等
     を、当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動による差額を資本剰余金と
     して計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法に変更いたしました。また、
     当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直し
     が企業結合年度の翌年度に行われた場合には、当該見直しが行われた年度の期首残高に対する影響額を区分表示すると
     ともに、当該影響額の反映後の期首残高を記載する方法に変更いたします。加えて、当期純利益等の表示の変更及び少
     数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。
      企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事業分離等
     会計基準第57号-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将来にわたって適用し
     ております。
      この結果、当連結会計年度の営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ100,634千円減少しておりま
     す。
      当連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書においては、連結範囲の変動を伴う子会社株式の取得関連費用に係
     るキャッシュ・フローは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」区分に記載しております。
      また、当連結会計年度末の資本剰余金が91,601千円減少しております。
                                 52/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
     (連結貸借対照表)
     前連結会計年度まで「無形固定資産」に含めて表示しておりました「のれん」は、金額的重要性が増したため、当連結会
     計年度より、区分掲記しております。なお、前連結会計年度の「のれん」は46,636千円であります。
     (連結損益計算書)
     前連結会計年度まで特別利益の「その他」に含めておりました「投資有価証券売却益」は、金額的重要性が増したため、
     当連結会計年度より、区分掲記しております。なお、前連結会計年度の「投資有価証券売却益」は631千円であります。
     (連結キャッシュ・フロー計算書)
     前連結会計年度まで「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「投資有価証券売却損益
     (△は益)」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記しております。
      この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「そ
     の他」に表示していた50,832千円は、「投資有価証券売却損益(△は益)」△631千円、「その他」51,463千円として組
     み替えております。
                                 53/95
















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
       1.財務制限条項
         当社は運転資金の効率的な資金調達を行うため取引金融機関とローン契約等を締結しており、それぞれについて
        財務制限条項が付されております。
        (1)シンジケートローン契約(平成28年3月29日締結)
         当連結会計年度末における借入金実行残高は以下の通りです。
          シンジゲート・ローン借入実行残高 21,500,000千円
          その他の借入実行残高                         1,447,571千円
         契約に付されている財務制限条項は以下の通りです。
        ・各年度の決算期の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額について、直前決算期の末日におけ
        る純資産の部の金額の75%以上かつ65億円以上であること。
        ・各年度の中間期の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額について、直前中間期の末日におけ
        る純資産の部の金額の75%以上かつ65億円以上であること。
        ・各年度の中間期及び決算期の末日における連結損益計算書について、それぞれ2期連続して経常損失を計上して
        いないこと。
        ・各年度の中間期及び決算期の連結貸借対照表及び連結損益計算書におけるネット・デット・EBITDA・レシオが
        8.0未満であること。
        2.連結納税制度の適用

        当社及び連結子会社は、当社を連結親会社とした連結納税制度を適用しております。
                                 54/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
                                  38,593,468     千円           51,394,465     千円
          ※2 国庫補助金等の受入れにより有形固定資産の取得価額から控除した圧縮記帳累計額

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
                                  2,055,702千円                 2,297,001千円
          ※3 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           建物及び構築物                      15,329,229千円                 19,568,151千円
           機械装置及び運搬具                        35,538                 87,085
           土地                       9,616,158                11,606,183
           その他                        722,943                 46,042
                  計               25,703,870                 31,307,463
             上記固定資産のうち財団抵当に供している資産

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           建物及び構築物                       1,038,578千円                 1,005,754千円
           機械装置及び運搬具                        28,165                 83,339
           土地                        238,450                 238,192
           その他                        20,205                 19,042
                  計                1,325,400                 1,346,329
             担保付債務は、次のとおりであります。(預り保証金及び長期借入金には1年内返済予定分を含む)

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           買掛金                          923千円                  -千円
           預り保証金                        500,106                 397,373
           長期借入金                      21,394,176                 23,042,361
                   計               21,895,206                 23,439,734
           4 偶発債務

           (1)金融機関からの借入に対する債務保証
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           四季の森別荘地オーナー                   29件     194,665千円            23件     158,411千円
           (2)リース債務保証

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           その他取引先                   23社      15,896千円           11社      11,563千円
                                 55/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益及び包括利益計算書関係)
          ※1 期末たな卸高は、収益性の低下に伴う簿価切下げ後の金額であり、次のたな卸資産評価損が運輸業等営
            業費及び売上原価に含まれております。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                    至 平成28年3月31日)
           簿価切下げ額                        15,776千円                 231,932千円
          (注)たな卸資産評価損は、重要性が増したため、当連結会計年度より注記している。この表示方法の変更を
            反映させるため、前連結会計年度の当該金額を注記している。
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                    至 平成28年3月31日)
           従業員給料手当                       6,513,583     千円             7,570,655     千円
                                  2,352,684                  2,793,987
           減価償却費
             運輸事業等営業費、販売費及び一般管理費に含まれる引当金繰入額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
           賞与引当金繰入額                        417,217千円                  586,107千円
          ※3 固定資産売却益の内訳

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
           土地                        13,016千円                 153,268千円
           建物及び構築物                          -                  -
           機械装置及び運搬具                        40,021                  4,794
                  計                  53,038                 158,062
          ※4 固定資産売却損の内訳

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
           土地                          330千円                 1,685千円
           機械装置及び運搬具                          589                  -
           その他                          -                 415
                  計                   919                 2,101
          ※5 固定資産除却損の内訳

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 平成26年4月1日                  (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                  至 平成28年3月31日)
           建物及び構築物                        178,211千円                  110,073千円
           機械装置及び運搬具                        12,105                  3,481
           その他                        11,449                  15,288
                  計                 201,766                  128,843
                                 56/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          ※6 減損損失
             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                 場所         用途             種類
               長野県大町市他         店舗等物件5件         土地、建物等
               用途別の減損損失の内訳
               店舗物件       601,480千円
               (内、建物及び構築物 459,638千円、土地 134,836千円、その他  7,006千円)
                 当社グループは、事業用資産については管理会計上の事業ごと又は物件・店舗ごとに、遊休資
                産については個別資産ごとにグルーピングを行っております。
                 当連結会計年度において、著しく時価が下落した資産グループ及び収益性が著しく低下した資
                産グループについては、近い将来の時価または収益性の回復が見込まれなかったため、帳簿価額
                を回収可能価額まで減額し、当期減少額を減損損失601,480千円として特別損失に計上しておりま
                す。
                 なお、当該資産グループの回収可能価額は主に使用価値により測定しており、将来キャッ
                シュ・フローを1.887%で割り引いて算定しております。
             当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

                 場所         用途             種類
               長野県茅野市他         店舗等物件19件         土地、建物等
               用途別の減損損失の内訳
               店舗物件       410,719千円
               (内、建物及び構築物208,695千円、土地55,000千円、その他147,025千円)
                 当社グループは、事業用資産については管理会計上の事業ごと又は物件・店舗ごとに、遊休資
                産については個別資産ごとにグルーピングを行っております。
                 当連結会計年度において、著しく時価が下落した資産グループ及び収益性が著しく低下した資
                産グループについては、近い将来の時価または収益性の回復が見込まれなかったため、帳簿価額
                を回収可能価額まで減額し、当期減少額を減損損失410,719千円として特別損失に計上しておりま
                す。
                 なお、当該資産グループの回収可能価額は主に正味売却価額により測定しており、建物及び土
                地については不動産鑑定評価額により評価しております。
          ※7 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                  至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)
            その他有価証券評価差額金:
             当期発生額                           7,866千円             △77,983千円
              税効果調整前                          7,866             △77,983
              税効果額                         △1,915               5,647
              その他有価証券評価差額金                          5,950             △72,335
            繰延ヘッジ損益:
             当期発生額                          37,194              37,551
              繰延ヘッジ損益                         37,194              37,551
            持分法適用会社に対する持分相当額:
             当期発生額                          18,436               6,484
             組替調整額                             -           △18,452
              持分法適用会社に対する持分相当額                         18,436             △11,967
               その他の包括利益合計                        61,581             △46,752
                                 57/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
       発行済株式
        普通株式                  35,973            -          -        35,973

        種類株式     A
                           4,215           -          -        4,215
        種類株式     B
                           3,000           -          -        3,000
        種類株式     C

                           2,000           -          -        2,000
             合計              45,188            -          -        45,188

       自己株式

        種類株式     A

                           1,977           -          -        1,977
        種類株式     C              2,000           -          -        2,000
             合計              3,977           -          -        3,977

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            161,670千円
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                              配当金の総額
          (決議)                            の配当額
                  株式の種類      配当の原資                      基準日        効力発生日
                               (千円)
                                      (円)
                                107,920          3
                  普通株式      利益剰余金                    平成27年3月31日         平成27年6月25日
       平成27年6月24日
                  種類株式A               44,750         20
                        利益剰余金                    平成27年3月31日         平成27年6月25日
       定時株主総会
                  種類株式B                9,000         3
                        利益剰余金                    平成27年3月31日         平成27年6月25日
                                 58/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
       発行済株式

        普通株式                  35,973            -          -       35,973

        種類株式     A
                           4,215            -          -        4,215
        種類株式     B              3,000            -          -        3,000
        種類株式     C

                           2,000            -          -        2,000
             合計              45,188            -          -       45,188

       自己株式

        種類株式     A

                           1,977            -          -        1,977
        種類株式     C              2,000            -          -        2,000
             合計              3,977            -          -        3,977

         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

          該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
            161,670千円
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                              配当金の総額
          (決議)                            の配当額
                  株式の種類      配当の原資                      基準日        効力発生日
                               (千円)
                                      (円)
                                107,920          3
                  普通株式      利益剰余金                    平成28年3月31日         平成28年6月23日
       平成28年6月22日
                  種類株式A               44,750         20
                        利益剰余金                    平成28年3月31日         平成28年6月23日
       定時株主総会
                  種類株式B                9,000         3
                        利益剰余金                    平成28年3月31日         平成28年6月23日
                                 59/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成26年4月1日                (自 平成27年4月1日
                               至 平成27年3月31日)                至 平成28年3月31日)
           現金及び預金勘定                        5,143,308千円                7,415,237千円
           預入期間が3ヶ月を超える定期預金                         △2,912                △2,912
           現金及び現金同等物                        5,140,396                7,412,325
          ※2.株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

             株式の取得により新たに㈱マツヤを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに㈱マツ
            ヤ株式の取得価額と㈱マツヤ取得による収入(純額)との関係は次のとおりであります。
            流動資産                    2,919,207 千円

            固定資産                    9,211,471 千円
            繰延資産                      3,525 千円
            のれん                     1,837,017 千円
            流動負債                    8,346,914 千円
            固定負債                                             4,261,189      千円
            ㈱マツヤ株式の取得価額             1,363,118 千円
            ㈱マツヤ現金及び現金同等物                                    △988,482      千円
            差引:㈱マツヤ取得による支出          △374,635 千円
                                 60/95













                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
     (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
        (ア)有形固定資産
         主に、運輸事業におけるバス車両と流通事業における店舗の什器備品であります。
        (イ)無形固定資産
         ソフトウエアであります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                       (2)重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
         なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース
        取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりでありま
        す。
       (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額

                                                     (単位:千円)
                                前連結会計年度(平成27年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
     機械装置及び運搬具                         778,536             770,484              8,052
     その他                         345,112             344,721               391
     合計                        1,123,649             1,115,205               8,443
                                                     (単位:千円)

                                当連結会計年度(平成28年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
                                                           -
     機械装置及び運搬具                          70,953             70,953
     その他                         473,330             466,562              6,767
     合計                         544,284             537,516              6,767
      (注)     取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子
         込み法により算定しております。
                                 61/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
       (2)未経過リース料期末残高相当額等
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     未経過リース料期末残高相当額
      1年内                                4,783                   6,767
      1年超                                3,660                    -
       合計                               8,443                   6,767
      (注)     未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低い
         ため、支払利子込み法により算定しております。
       (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額及び減損損失

                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成26年4月1日                   (自 平成27年4月1日
                           至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
     支払リース料                                 65,905                   47,376
     減価償却費相当額                                 65,905                   47,376
       (4)減価償却費相当額の算定方法

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
      2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)
     1年内                                405,809                   450,153
     1年超                               2,507,618                   3,665,553
     合計                               2,913,427                   4,115,706
      (貸主側)

      1.オペレーティング・リース取引
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                          前連結会計年度                     当連結会計年度
                        (平成27年3月31日)                     (平成28年3月31日)
     1年内                              106,260                     106,260
                                                       1,027,334
     1年超                             1,239,854
     合計                             1,346,114                     1,133,594
                                 62/95







                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。デリバ
           ティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク
             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
             営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが3ヶ月以内の支払期日であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当グループは、各事業部門における営業管理部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取
             引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減
             を図っております。
             ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しておりま
             す。なお、連結子会社は投資有価証券について、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を
             把握し、また、満期保有目的の債券以外のものについては、市況や取引先企業との関係を勘案して保有
             状況を継続的に見直しております。
             ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、各連結子会社からの報告に基づき各連結子会社が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
             に、手許流動性の維持等により流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

             連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
            することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
            前連結会計年度(平成27年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
         (1)現金及び預金                     5,143,308            5,143,308               -

         (2)受取手形及び売掛金                     1,445,274            1,445,274               -

         (3)投資有価証券                       89,638            89,638              -

         (4)関係会社株式                       400,747            495,482            94,734

          資産計                     7,078,968            7,173,703             94,734

         (1)支払手形及び買掛金                     3,057,454            3,057,454               -

         (2)1年内返済予定の長期借入
                              21,559,066            21,559,066                -
            金
         (3)  長期借入金
                               3,211,166            3,173,384            △37,781
          負債計                     27,827,687            27,789,905             △37,781

         デリバティブ取引(※)                      (37,551)            (37,551)               -

      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては()で示しております。
                                 63/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(平成28年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
         (1)現金及び預金                     7,415,237            7,415,237               -

         (2)受取手形及び売掛金                     1,618,869            1,618,869               -

         (3)投資有価証券                       354,070            354,070              -

         (4)関係会社株式                       553,152            553,152              -

          資産計                     9,941,331            9,941,331               -

         (1)支払手形及び買掛金                     4,664,632            4,664,632               -

         (2)短期借入金                     7,171,164            7,171,164               -

         (3)1年内返済予定の長期借入
                               2,802,768            2,802,768               -
            金
         (4)  長期借入金
                              22,519,909            22,518,869             △1,039
          負債計                     37,158,474            37,157,435             △1,039

         デリバティブ取引(※)                        (-)            (-)             -

      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては(     )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
          (3)投資有価証券、(4)関係会社株式
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金、(3)1年内返済予定の長期借入金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
          (4)長期借入金
             長期借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
            現在価値により算定しております。
         デリバティブ取引
             注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                区分
                            (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
           非上場株式                          756,473                745,549
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資
         有価証券」及び「(4)関係会社株式」には含めておりません。
                                 64/95





                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(平成27年3月31日)
                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           現金及び預金                  5,143,308            -         -         -

           受取手形及び売掛金                  1,445,274            -         -         -

                合計            6,588,582            -         -         -

           当連結会計年度(平成28年3月31日)

                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           現金及び預金                  7,415,237            -         -         -

           受取手形及び売掛金                  1,618,869            -         -         -

                合計            9,034,107            -         -         -

        4.  長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(平成27年3月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
           長期借入金             21,559,066        856,112      576,112      557,134      538,084      683,724
           リース債務              695,675      605,756      531,287      454,804      313,758      401,185

               合計        22,254,742       1,461,868      1,107,399      1,011,938       851,842     1,084,909

           当連結会計年度(平成28年3月31日)

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (千円)                                (千円)
                              (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
                                                       10,523,871
           長期借入金             2,802,768      2,522,768      4,503,790      2,484,740      2,484,740
           リース債務             1,116,027      1,001,045       891,803      703,383      451,489      505,507

               合計         3,918,795      3,523,813      5,395,593      3,188,123      2,936,229      11,029,378

                                 65/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
     1.その他有価証券
         前連結会計年度(平成27年3月31日現在)
                              連結貸借対照表計上
                       種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              額(千円)
      連結貸借対照表計上額
                  株式                75,530          52,387          23,143
      が取得原価を超えるも
                       小計            75,530          52,387          23,143
      の
      連結貸借対照表計上額
                  株式                14,107          14,394           △286
      が取得原価を超えない
                       小計            14,107          14,394           △286
      もの
                合計                   89,638          66,781          22,856
         当連結会計年度(平成28年3月31日現在)

                              連結貸借対照表計上
                       種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              額(千円)
      連結貸借対照表計上額
                  株式                47,512          61,932           9,676
      が取得原価を超えるも
                       小計            47,512          61,932           9,676
      の
      連結貸借対照表計上額
                  株式                107,124           96,931          △7,292
      が取得原価を超えない
                       小計            107,124           96,931          △7,292
      もの
                合計                  154,637          158,864           2,384
                                 66/95












                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
     1.  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       該当事項はありません。
     2.  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        前連結会計年度(平成27年3月31日)
                                     当連結会計年度(平成27年3月31日)
                                          契約額等のうち1
       区分         種類         主なヘッジ対象
                                   契約額等                   時価
                                          年超
                                   (千円)                  (千円)
                                            (千円)
            金利スワップ取引
     原則的処理
     方法
                                    10,000,000             -      △37,551
            変動受取・固定支払            長期借入金
                                    10,000,000             -      △37,551
                  合計
       (注)時価の算定方法
         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成28年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 67/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        連結子会社は、特定退職金共済制度若しくは中小企業退職金共済制度を採用しております。
      2.退職給付費用に関する事項

                                 191,015
        中小企業退職金共済制度等の掛金(千円)                              千円
      3.その他

        一部の連結子会社における独自の退職金制度は凍結されており、債務が確定しているため、長期未払金へ計上し
       て おります。
      当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1.採用している退職給付制度の概要
        連結子会社は、特定退職金共済制度若しくは中小企業退職金共済制度を採用しております。
      2.退職給付費用に関する事項

        中小企業退職金共済制度等の掛金(千円)                          185,336    千円
      3.その他

        一部の連結子会社における独自の退職金制度は凍結されており、債務が確定しているため、長期未払金へ計上し
       て おります。
         (ストック・オプション等関係)

      前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 68/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
       繰延税金資産
        賞与引当金                           146,279千円            200,078千円
        長期未払費用等                           179,583            255,013
        貸倒引当金                            8,120            6,212
        資産除去債務                           418,310            639,233
        償却資産減損損失等                           469,527            910,686
        土地減損損失等                           374,315            598,130
        税務上ののれん                              -         467,474
        繰越欠損金                          1,217,527             946,795
        その他                           656,503            734,429
                                  △84,989            △84,393
        連結会社間内部利益消去
       繰延税金資産小計
                                  3,385,178            4,673,662
                                 △2,084,087            △2,593,246
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                  1,301,091            2,080,415
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                           △7,490            △4,303
        資産除去債務                          △114,904            △246,852
                                  △113,856            △470,988
        その他
       繰延税金負債合計                           △236,250            △722,143
       繰延税金資産(負債)の純額                           1,064,840            1,358,271
       (注)1 繰延税金資産の純額は連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
       流動資産-繰延税金資産
                                   609,298千円            591,155千円
       固定資産-繰延税金資産                            462,570            773,401
       固定負債-繰延税金負債                            △7,028            △6,285
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率の差異の内容

                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)
       法定実効税率
                                  35.4%             32.8%
       (調整)
       住民税均等割
                                   2.6            1.5
       評価性引当額
                                 △120.5            △26.4
       繰越欠損金の期限切れ
                                  131.9             -
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正
                                   4.8           △4.0
       その他
                                   1.8           △2.9
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                  56.0            1.1
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

      「所得税法等の一部を改正する法律」」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成
     28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率等の
     引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従
     来の32.8%から平成28年4月1日に開始する連結会計年度及び平成29年4月1日に開始する連結会計年度に解消が見込ま
     れる一時差異については30.7%に、平成30年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異について
     は、30.5%となります。
      この税率変更により、連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
                                 69/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
     取得による企業結合
     1.企業結合の概要
      (1)被取得企業の名称及び事業の内容
       被取得企業の名称 株式会社マツヤ
       事業の内容 スーパーマーケット事業
      (2)企業結合を行った理由
       株式会社マツヤの株式を追加取得し子会社化することで、当社子会社である株式会社アップルランドとのシナジー
       を創出させ、収益力向上に寄与することを目的としております。
      (3)企業結合日
       平成27年12月4日
      (4)企業結合の法的形式
       現金を対価とする株式取得
      (5)結合後企業の名称
       結合後企業の名称に変更はありません。
      (6)取得した議決権比率
       株式取得直前に所有していた議決権比率                       27.8%
       企業結合日に追加取得した議決権比率                       72.2%

       取得後の議決権比率                       100.0%

      (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
       当社が株式会社マツヤの株式を公開買付けにより取得したためであります。
     2.財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
      平成27年12月1日から平成28年3月31日まで
      平成27年12月1日をみなし取得日にしているため、当該取得日までの期間に係る被取得企業の業績は、持分法による投
      資損失として計上しております。
     3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
                企業結合直前に保有していた株式会社マツヤの普通株式の企
                                                 561,384
        取得の対価                                             千円
                業結合日における時価
                企業結合日に取得した株式会社マツヤの普通株式の時価                                1,363,118
                                                     千円
                追加取得に伴い支出した現金                                  91,601
                                                     千円
                                                2,016,103
        取得原価                                             千円
     4.主要な取得関連費用の内容及び金額
         アドバイザー等に対する報酬・手数料等                                  100,634千円
     5.被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額
      21,672千円
     6.発生したのれんの金額
      (1)発生したのれんの金額
       2,282,489千円
      (2)発生原因
       取得原価が企業結合時の時価純資産額を上回ったため、その差額をのれんとして認識しております。
      (3)償却方法及び償却期間
       8年間にわたる均等償却
     7.企業結合日に受け入れた資産および負債の額ならびにその主な内訳
        流動資産                2,919,207      千円
        固定資産                9,211,471      千円

        繰延資産                  3,525    千円

        資産合計                12,134,204      千円

        流動負債                8,346,914      千円

        固定負債                4,261,189      千円

        負債合計                12,608,104      千円

                                 70/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
          小売施設用土地および建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
        2.当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込み期間は不動産賃貸借契約から期間満了日までと見積もり、割引率は契約期間に応じた国債金利を使
         用して資産除去債務の金額を計算しております。
        3.当該資産除去債務の総額の増減
                                    前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                  至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)
          期首残高                            1,174,002 千円              1,191,769 千円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                             27,698              39,908
          時の経過による調整額                             19,832              19,856
          資産除去債務の履行による減少額                            △29,763              △45,932
          連結子会社取得による増加                               -           931,966
          期末残高                            1,191,769              2,137,567
         (賃貸等不動産関係)

        一部の連結子会社では、松本市その他の地域において、賃貸用のオフィスビル(土地を含む。)を有しておりま
       す。前連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は383,509千円(賃貸収益は営業収益に、主な賃貸
       費用は営業費に計上)であります。当連結会計年度における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は429,237千円(賃
       貸収益は営業収益に、主な賃貸費用は営業費に計上)であります。
        又、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                当連結会計年度

                             (自 平成26年4月1日                (自 平成27年4月1日
                              至 平成27年3月31日)                至 平成28年3月31日)
      連結貸借対照表計上額
          期首残高                        4,826,741千円                4,898,952千円
          期中増減額                          72,210               5,166,313
          期末残高                        4,898,952                10,065,266
      期末時価                            8,129,720                10,184,331
      (注)    1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
        2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加額は不動産取得209,478千円、用途変更44,622千円、減少額は
          減価償却費△177,502千円、資産除売却△4,387千円であります。当連結会計年度の主な増加額は不動産取得
          5,731,234千円、用途変更132,727千円、減少額は減価償却費△697,648千円であります。
        3.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を
          行ったものを含む。)であります。
                                 71/95






                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資
          源の配分の決定及び業績を評価するために定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は多種多様なサービスを行う事業を行っており、事業の分類別に報告セグメントを決定しており、「運
          輸事業」、「流通事業」、「レジャー・サービス事業」、「不動産事業」、「その他のサービス事業」の5つ
          を報告セグメントとしております。
           「運輸事業」は鉄道、バス、タクシー事業を行っております。「流通事業」はスーパーマーケット等を営業
          しております。「レジャー・サービス事業」はホテル、ゴルフ場、高速道路サービスエリア、旅行業等の営業
          を行っております。「不動産業」は賃貸不動産、別荘分譲販売等を行っております。「その他のサービス事
          業」は自動車整備、保険代理店、FMラジオ局等の事業を行っております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
          における記載の方法と概ね同一であります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
           セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格に基づいております。
          (企業結合に関する会計基準等の適用)

           「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度から「企業結合に関する会計基準」等を適用し、支配
          が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得
          関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法に変更しております。また、当連結会計年度の期
          首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合
          日の属する連結会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。
           この変更に伴い、従来の方法によった場合に比べ、当連結会計年度のセグメント利益が、「流通事業」で
          100,634千円減少しております。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

          前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                  レジャー・サー             その他のサービ
                      運輸       流通             不動産
                                    ビス              ス
       売上高
        外部顧客への売上高             11,789,354       43,233,128       11,676,300       1,298,038       1,524,032       69,520,854
        セグメント間の内部売上高
                       287,089       20,513       16,910       42,598      644,541      1,011,653
        又は振替高
             計
                      12,076,444       43,253,642       11,693,210       1,340,636       2,168,573       70,532,507
       セグメント利益                838,303       721,339       377,996       355,134       200,279      2,493,053
       セグメント資産               10,735,410       22,176,414       13,244,507       4,671,951       2,141,307       52,969,590
       その他の項目
        減価償却費
                       725,992       975,943       525,473       118,548       47,129      2,393,086
        持分法適用会社への投資額                 -     400,747         -       -    540,720       941,467

        有形固定資産及び無形固定
                      1,539,989       1,385,704        430,003       79,918       31,355      3,466,970
        資産の増加額
                                 72/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                  報告セグメント
                                                        合計
                                  レジャー・サー             その他のサービ
                      運輸       流通             不動産
                                    ビス              ス
       売上高
        外部顧客への売上高             12,452,902       55,602,215       12,095,591       1,285,711       1,380,966       82,817,386
        セグメント間の内部売上高
                       120,323       16,576       68,453       34,113      753,994       993,462
        又は振替高
             計         12,573,225       55,618,791       12,164,045       1,319,824       2,134,960       83,810,848
       セグメント利益
                      1,090,785        892,829       501,146       121,620       189,441      2,795,822
       セグメント資産
                      10,722,278       36,541,295       13,342,951       4,353,754       2,287,173       67,247,452
       その他の項目
        減価償却費               846,277      1,243,750        568,369       114,587       45,040      2,818,025
        持分法適用会社への投資額                 -       -       -       -    552,404       552,404

        有形固定資産及び無形固定
                      2,650,980       1,694,536        695,128       106,004       127,989      5,274,590
        資産の増加額
                                 73/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
               売上高                前連結会計年度                 当連結会計年度
       報告セグメント計                              70,532,507                 83,810,848
        セグメント間取引消去                             △1,011,653                  △993,462
       連結財務諸表の売上高                              69,520,854                 82,817,386
                                                     (単位:千円)

               利益                前連結会計年度                 当連結会計年度
       報告セグメント計                               2,493,053                 2,795,822
        全社費用(注)                              △373,163                 △445,001
        セグメント間取引消去                               243,976                  83,550
        未実現利益の調整額                              △38,313                 △43,561
       連結財務諸表の営業利益                               2,325,553                 2,390,810
          (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                     (単位:千円)

               資産                前連結会計年度                 当連結会計年度
       報告セグメント計                              52,969,590                 67,247,452
        全社資産(注)                              3,351,030                 5,236,353
        セグメント間取引消去                             △3,417,465                 △3,272,849
        未実現利益の調整額                             △1,300,485                 △1,333,875
       連結財務諸表の資産合計                              51,602,670                 67,877,081
          (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社資産であります。
                                                     (単位:千円)

                   報告セグメント計                 調整額            連結財務諸表計上額
        その他の項目
                前連結会計年度       当連結会計年度       前連結会計年度       当連結会計年度       前連結会計年度       当連結会計年度
       減価償却費           2,393,086       2,810,025        △40,401       △24,038       2,352,684       2,793,987
       有形固定資産及び無
                  3,466,970       5,274,590         99,987       132,895      3,566,957       5,407,486
       形固定資産の増加額
          (注)1.減価償却費の調整額は、連結消去額及び売上原価に含まれる減価償却費であります。
             2.有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、連結消去額及び全社部門の設備投資額であり
             ます。
                                 74/95







                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                                    レジャー・
                                                 その他の
                         運輸      流通            不動産             合計
                                     サービス
                                                 サービス
             外部顧客への売上高           11,789,354      43,233,128      11,676,300       1,298,038      1,524,032      69,520,854
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                                    レジャー・
                                                 その他の
                         運輸      流通            不動産             合計
                                     サービス
                                                 サービス
             外部顧客への売上高           12,452,902      55,602,215      12,095,591       1,285,711      1,380,966      82,817,386

           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                              レジャー・            その他の
                    運輸      流通           不動産           全社・消去        合計
                               サービス            サービス
                    34,336     558,086       9,058        -      -      -   601,480
             減損損失
           当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                              レジャー・            その他の
                    運輸      流通           不動産           全社・消去        合計
                               サービス            サービス
                    11,434     898,823       9,931     22,976        -  △ 532,445      410,719
             減損損失
                                 75/95





                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                               レジャー・            その他の
                     運輸      流通           不動産           全社・消去        合計
                                サービス            サービス
             当期償却額         5,302     95,103        -      -      -      -   100,405
             当期末残高         45,801    2,187,385          -      -      -      -  2,233,186
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           平成26年4月1日          至   平成27年3月31日)
            当連結会計年度において、負ののれん発生益23,701千円を計上しております。これは、レジャー・サービ
           ス事業において、長野トラベル㈱を連結子会社化したことによるものであります。
           当連結会計年度(自           平成27年4月1日          至   平成28年3月31日)

            該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          関連当事者との取引
         1.連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
          (1)役員及び個人主要株主等
           前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

            該当事項はありません。
                                 76/95










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                               至   平成27年3月31日)              至   平成28年3月31日)
       1株当たり純資産額
                                      196.71円                239.73円
       1株当たり当期純利益金額                                11.12円                51.36円
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
          り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
      (注)2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
         親会社株主に帰属する当期純利益額
                                      399,874               1,847,589
       (千円)
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                 -                -

        普通株式に係る親会社株主に帰属する当期

                                      399,874               1,847,589
        純利益金額(千円)
        期中平均株式数(千株)                              35,973                35,973
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後                       種類株式A 2,237,500株                種類株式A 2,237,500株
       1株当たり当期純利益金額の算定に含めな                      種類株式B 3,000,000株                種類株式B 3,000,000株
       かった潜在株式の概要
                             なお、これらの概要は「第4提                なお、これらの概要は「第4提
                             出会社の状況、1株式等の状                出会社の状況、1株式等の状
                             況、(1)株式の総数等、②発行済                況、(1)株式の総数等、②発行済
                             株式」に記載の通りでありま                株式」に記載の通りでありま
                             す。                す。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 77/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                           21,559,066        2,802,768        1.033       -

     1年以内に返済予定のリース債務                             695,675       1,116,027          -     -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            3,211,166       22,519,909         0.987    平成29年~33年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                            2,306,793        3,553,227          -  平成29年~35年

                 合計                27,772,702        29,991,932          -     -

      (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結貸借対照表日以後5年内における返
           済予定額は以下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                               4,503,790
     長期借入金              2,522,768                       2,484,740           2,484,740
                    1,001,045

     リース債務                           891,803           703,383           451,489
         【資産除去債務明細表】

                  当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     石綿障害予防規則 
                      67,237            -        45,932          21,305
     等に基づく費用
     PCB特別措置法に基づ
                      76,570            -          -        76,570
     く費用
     契約で要求される原
     状回復義務に基づく               1,047,960           991,730             -       2,039,691
     費用
                                 78/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
         当連結会計年度における四半期情報等
        (累計期間)            第1四半期           第 2 四半期         第3四半期          当連結会計年度

     売上高(千円)                 17,844,816           37,214,066           55,624,191           82,817,386

     税金等調整前四半期
     (当期)純利益金額                  464,726          2,058,564           2,949,753           1,867,770
     (千円)
     親会社株主に帰属する
     四半期(当期)純利益                  683,172          1,937,729           2,251,072           1,847,589
     金額(千円)
     1株当たり四半期(当
                         18.99           53.87           62.58           51.36
     期)純利益金額(円)
        (会計期間)            第1四半期           第 2 四半期         第3四半期           第4四半期

     1株当たり四半期純利益
     金額又は1株当たり四半
                         18.99           34.87           8.71         △11.22
     期純損失金額(△)
     (円)
                                 79/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       3,339,000              4,593,770
         現金及び預金
                                        ※1 23,026             ※1 27,989
         売掛金
                                       ※1 395,841             ※1 691,675
         未収入金
                                       ※1 621,840            ※1 4,167,360
         関係会社短期貸付金
                                        ※1 15,307             ※1 14,285
         立替金
                                        ※1 16,477             ※1 6,061
         前払費用
                                        175,776               11,892
         繰延税金資産
                                            5             953
         その他
                                       4,587,276              9,513,989
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          工具、器具及び備品(純額)                                349              159
          リース資産(純額)                               6,747              6,546
          建設仮勘定                                 -             5,291
                                           121             1,013
          その他(純額)
                                         7,218              13,009
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         11,896              70,087
          ソフトウエア
                                         10,969               5,214
          リース資産
                                         77,522              33,100
          ソフトウエア仮勘定
                                        100,388              108,402
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         37,422              35,244
          投資有価証券
                                       3,653,656              5,213,157
          関係会社株式
                                       24,349,231              21,983,244
          関係会社長期貸付金
                                        158,100              286,300
          繰延税金資産
                                         24,897              77,746
          その他
                                       28,223,308              27,595,693
          投資その他の資産合計
                                       28,330,915              27,717,106
         固定資産合計
                                       32,918,191              37,231,096
       資産合計
                                 80/95








                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成27年3月31日)              (平成28年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※1 3,026,919             ※1 6,198,754
         関係会社短期借入金
                                       21,512,887               2,764,740
         1年内返済予定の長期借入金
                                        ※1 47,563            ※1 125,612
         未払金
                                         1,845              2,724
         賞与引当金
                                         76,791              74,074
         その他
                                       24,666,007               9,165,906
         流動負債合計
       固定負債
                                       3,109,560              22,462,831
         長期借入金
                                           -            15,060
         役員退職慰労引当金
                                         46,058               3,974
         その他
                                       3,155,618              22,481,865
         固定負債合計
                                       27,821,625              31,647,772
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        500,000              500,000
         資本金
         資本剰余金
                                        673,704              673,704
          資本準備金
                                       2,536,607              2,536,607
          その他資本剰余金
                                       3,210,311              3,210,311
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,418,708              1,869,307
            繰越利益剰余金
                                       1,418,708              1,869,307
          利益剰余金合計
                                       5,129,019              5,579,618
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         5,097              3,704
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 37,551                -
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 32,453               3,704
         評価・換算差額等合計
                                       5,096,565              5,583,322
       純資産合計
                                       32,918,191              37,231,096
      負債純資産合計
                                 81/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成27年3月31日)               至 平成28年3月31日)
      営業収益
                                       ※1 126,000             ※1 166,800
       関係会社経営指導料
                                       ※1 120,624             ※1 115,898
       関係会社受入手数料
                                       ※1 590,961             ※1 663,000
       関係会社受取配当金
                                        837,585              945,698
       営業収益
      販売費及び一般管理費
                                       ※2 376,063             ※2 445,001
       一般管理費
                                        376,063              445,001
       販売費及び一般管理費合計
                                        461,521              500,696
      営業利益
      営業外収益
                                       ※1 472,876             ※1 456,331
       受取利息
                                         2,820              5,864
       その他
                                        475,696              462,195
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                 444,676              474,494
                                         44,279              63,042
       支払手数料
                                         3,346              20,809
       その他
                                        492,303              558,345
       営業外費用合計
                                        444,915              404,546
      経常利益
                                        444,915              404,546
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  △ 163,398             △ 244,191
                                        203,463               36,468
      法人税等調整額
                                         40,064             △ 207,723
      法人税等合計
                                        404,850              612,270
      当期純利益
                                 82/95











                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益
                    資本金                    剰余金          株主資本合計
                             その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                        資本準備金
                             剰余金     合計           合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高               500,000     673,704    2,536,607     3,210,311     1,175,527     1,175,527     4,885,839
     当期変動額
      剰余金の配当

                                        △ 161,670    △ 161,670    △ 161,670
      当期純利益                                   404,850     404,850     404,850

      株主資本以外の項目の当期変

      動額(純額)
     当期変動額合計               -     -     -     -     243,180     243,180     243,180
     当期末残高               500,000     673,704    2,536,607     3,210,311     1,418,708     1,418,708     5,129,019
                        評価・換算差額等

                                     純資産合計
                   その他有価証      繰延ヘッジ損      評価・換算差
                   券評価差額金      益      額等合計
     当期首残高                 3,623     △ 74,745     △ 71,122     4,814,716
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 161,670

      当期純利益                                 404,850

      株主資本以外の項目の当期変

                      1,474      37,194      38,668      38,668
      動額(純額)
     当期変動額合計                 1,474      37,194      38,668      281,849
     当期末残高                 5,097     △ 37,551     △ 32,453     5,096,565
                                 83/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益
                    資本金                    剰余金          株主資本合計
                             その他資本     資本剰余金           利益剰余金
                        資本準備金
                             剰余金     合計           合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高               500,000     673,704    2,536,607     3,210,311     1,418,708     1,418,708     5,129,019
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 161,670    △ 161,670    △ 161,670

      当期純利益

                                         612,270     612,270     612,270
      株主資本以外の項目の当期変

      動額(純額)
     当期変動額合計               -     -     -     -     450,600     450,600     450,600
     当期末残高               500,000     673,704    2,536,607     3,210,311     1,869,307     1,869,307     5,579,618
                        評価・換算差額等

                                     純資産合計
                   その他有価証      繰延ヘッジ損      評価・換算差
                   券評価差額金      益      額等合計
     当期首残高                 5,097     △ 37,551     △ 32,453     5,096,565
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 161,670

      当期純利益                                 612,270

      株主資本以外の項目の当期変

                     △ 1,393      37,551      36,157      36,157
      動額(純額)
     当期変動額合計
                     △ 1,393      37,551      36,157      486,758
     当期末残高                 3,704     -       3,704    5,583,322
                                 84/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法
           その他の有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法                   (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
           平 均法により算定)
         2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
           デリバティブ
             時価法
         3.固定資産の減価償却の方法
          (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
            定率法を採用しております。
            主な耐用年数は、以下の通りであります。
            工具、器具及び備品 2年~5年
          (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          (3)   リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
         4.引当金の計上基準
          (1)  貸倒引当金
            売上債権、貸付債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により算定した
           金額を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込み額を計上してお
           ります。
          (2)  賞与引当金
            従業員に対して支給する賞与に充てるため、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
          (3)  役員退職慰労引当金
            役員に対する退職慰労金の支払いに備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
         5.ヘッジ会計の方法
          (1)  ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。
          (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段…金利スワップ
            ヘッジ対象…借入金
          (3)  ヘッジ方針
            デリバティブ管理規程に基づき、借入金金利の変動リスクの低減のため、対象債務範囲内でヘッジを行っ
           ております。
          (4)  ヘッジ有効性評価の方法
            ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比率
           分析により判定し判断しております。
         6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
             ただし、控除対象外消費税等のうち、固定資産に係るものは、投資その他の資産その他に計上し、5年
            間で均等償却を行っており、また、棚卸資産等に係るものは、販売費及び一般管理費で処理しておりま
            す。
                                 85/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
       1.財務制限条項
         当社は運転資金の効率的な資金調達を行うため取引金融機関とローン契約等を締結しており、それぞれについ
        て財務制限条項が付されております。
        (1)シンジケートローン契約(平成28年3月29日締結)
         当事業年度末における借入金実行残高は以下の通りです。
          シンジゲート・ローン借入実行残高 21,500,000千円
          その他の借入実行残高                         1,447,571千円
         契約に付されている財務制限条項は以下の通りです。
        ・各年度の決算期の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額について、直前決算期の末日におけ
        る純資産の部の金額の75%以上かつ65億円以上であること。
        ・各年度の中間期の末日における連結貸借対照表における純資産の部の金額について、直前中間期の末日におけ
        る純資産の部の金額の75%以上かつ65億円以上であること。
        ・各年度の中間期及び決算期の末日における連結損益計算書について、それぞれ2期連続して経常損失を計上して
        いないこと。
        ・各年度の中間期及び決算期の連結貸借対照表及び連結損益計算書におけるネット・デット・EBITDA・レシオが
        8.0未満であること。
       2.  連結納税制度の適用

         当社及び連結子会社は、当社を連結親会社とした連結納税制度を適用しております。
                                 86/95














                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
        ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           短期金銭債権                       283,948千円                4,874,759千円
           短期金銭債務                       16,797               3,558,829
         2 偶発債務

           当社は下記の債務保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                             (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
          四季の森別荘地オーナー                   29件     194,665千円            23件     158,411千円
         (損益計算書関係)

        ※1 関係会社との取引
                                 前事業年度                 当事業年度

                             (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                               至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
          営業取引による取引高                         837,585千円                 945,698千円
          営業取引以外の取引による取引高                         478,317                 463,418
        ※2 一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                            (自 平成26年4月1日                 (自 平成27年4月1日
                             至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)
          役員報酬                        68,959   千円              83,934   千円
                                  114,806                 100,926
          給料・手当
                                   1,845                  502
          賞与引当金繰入額
                                   20,707                 21,191
          法定福利費
                                   23,953                 39,040
          広告宣伝費
                                   24,333                 24,448
          施設賃借料
                                   62,636                 81,542
          諸手数料
                                 87/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
         前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
         自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当事業年度増加株          当事業年度減少株          当事業年度末株式
                      式数(千株)          式数(千株)          式数(千株)          数(千株)
        種類株式     A
                           1,977           -          -        1,977
        種類株式     C              2,000           -          -        2,000

             合計              3,977           -          -        3,977

         当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

         自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当事業年度増加株          当事業年度減少株          当事業年度末株式
                      式数(千株)          式数(千株)          式数(千株)          数(千株)
        種類株式     A

                           1,977           -          -        1,977
        種類株式     C
                           2,000           -          -        2,000
             合計              3,977           -          -        3,977

         (有価証券関係)

         前事業年度(平成27年3月31日現在)
          子会社株式及び関連会社株式
             区分        貸借対照表計上額(千円)                時価(千円)             差額(千円)

       関連会社株式                     583,056             495,482             △87,573

             小計               583,056             495,482             △87,573

         (注)子会社株式及び関連会社株式のうち非上場株式(貸借対照表計上額3,070,600千円)については、市場価
             格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         当事業年度(平成28年3月31日現在)

          子会社株式及び関連会社株式
           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額5,213,157千円)については、市場価格がなく、時価把握す
           ることが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 88/95









                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (平成27年3月31日)                 (平成28年3月31日)
           繰延税金資産
            繰延譲渡損益                       244,543    千円               - 千円
            賞与引当金                         605                 836
            関係会社株式評価損                        70,972                65,572
            繰越欠損金                       600,709                 615,316
                                                     7,299
                                     581
            その他
            計
                                   917,410                 689,024
                                  △581,123                 △389,206
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                   336,286                 299,818
           繰延税金負債

                                    2,410                 1,625
            その他有価証券評価差額金
           繰延税金負債合計                         2,410                 1,625
           繰延税金資産純額                        333,876                 298,192
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主な項目別の内訳
                                 前事業年度                 当事業年度
                               (平成27年3月31日)                (平成28年3月31日)
           法定実効税率                          35.4%                 32.8%
           (調整)
           受取配当金等益金不算入項目                         △47.0                 △53.8
           評価性引当額                          17.8               △24.3
           税率変更による期末繰延資産の減
                                      4.7               △3.2
           額修正
                                     △1.8                 △2.8
           その他
           税効果会計適用後の法人税等の負
                                      9.0               △51.3
           担率
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

           「所得税法等の一部を改正する法律」」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法
          律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度
          から法人税率等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算
          に使用する法定実効税率は従来の32.8%から平成28年4月1日に開始する事業年度及び平成29年4月1日に開
          始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、平成30年4月1日に開始する事業年度以降
          に解消が見込まれる一時差異については、30.5%となります。
           この税率の変更による財務諸表に与える影響は軽微であります。

         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 89/95




                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
           有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略
          しております。
         【有形固定資産等明細表】

                                                     (単位:千円)
                                                       減価償却

       区分         資産の種類           当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                        累計額
             工具器具備品                  349      -      -     190      159     2,502

             リース資産                 6,747      3,696       -    3,897      6,546     15,127

      有形
             建設仮勘定                  -    6,867      1,576       -    5,291       -
     固定資産
             その他                  121     1,459       -     567     1,013       891
                  計           7,218     12,023      1,576      4,655     13,009      18,520

             ソフトウエア                11,896      76,385        -    18,193      70,087        -

             リース資産                10,969        -      -    5,755      5,214       -

      無形
     固定資産
             ソフトウェア仮勘定                77,522      33,100      77,522        -    33,100        -
                  計          100,388      109,485      77,522      23,948     108,402        -

     (注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
       資産の種類                  内容及び金額

      無形固定資産
                   会計ソフトの購入等 76,385千円
       ソフトウェア
      無形固定資産
                   会計ソフトの購入等 33,100千円
       ソフトウェア仮勘定
         【引当金明細表】


                                                     (単位:千円)
           科目           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
      貸倒引当金                     1,465            -         1,465            -

      賞与引当金                     1,845          2,724          1,845          2,724

      役員退職慰労引当金                       -        15,060            -        15,060

       (2)【主な資産及び負債の内容】

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 90/95



                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

      株券の種類                  -(注)

      剰余金の配当の基準日                  3月31日

      1単元の株式数                  -

      株式の名義書換え

                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       取扱場所
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                        三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料                 印紙税相当額

      単元未満株式の買取り

                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       取扱場所
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                        三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                 三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告掲載方法                  当会社の公告は信濃毎日新聞に掲載して行う。

      株主に対する特典                  なし

      (注) 当社は株券不発            行会社です。
                                 91/95










                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は上場会社ではありませんので、金融商品取引法第24条の7第1項の適用はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から当有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類

       事業年度(第7期)(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月25日関東財務局長に提出
      (2)  四半期報告書
       (第8期第1四半期)(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)平成27年8月13日関東財務局長に提出
       (第8期第2四半期)(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)平成27年11月13日関東財務局長に提出
       (第8期第3四半期)(自 平成27年10月1日 至 平成27年12月31日)平成28年2月12日関東財務局長に提出
                                 92/95
















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 93/95




















                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                             平成28年6月22日

     アルピコホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                        新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           三浦  太  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           岩渕 道男  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           冨田 哲也  印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるアルピコホールディングス株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、
     すなわち、連結貸借対照表、連結損益及び包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算
     書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、アル
     ピコホールディングス株式会社及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計
     年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が連結財務諸表に添付

           する形で別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 94/95


                                                           EDINET提出書類
                                                アルピコホールディングス株式会社(E15690)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                             平成28年6月22日

     アルピコホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                        新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           三浦  太  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           岩渕 道男  印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                           冨田 哲也  印
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるアルピコホールディングス株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第8期事業年度の財務諸表、す
     なわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査
     を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、アルピコ
     ホールディングス株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての
     重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が財務諸表に添付する

           形で別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 95/95


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。