アルパイン株式会社 有価証券報告書 第50期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第50期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:アルパイン株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2016年6月22日
      【事業年度】                    第50期(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)
      【会社名】                    アルパイン株式会社
      【英訳名】                    ALPINE    ELECTRONICS,       INC.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長     米谷 信彦
                          東京都品川区西五反田一丁目1番8号
      【本店の所在の場所】
                          連絡場所  福島県いわき市好間工業団地20番1号
      【電話番号】                    (0246)36-4111        (代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 管理担当  梶原 仁
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区西五反田一丁目1番8号
      【電話番号】                    (03)3494-1101        (代表)
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部 部長    田島 芳樹
      【縦覧に供する場所】                    アルパイン株式会社本店
                          (東京都品川区西五反田一丁目1番8号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/105












                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
            回次            第46期        第47期        第48期        第49期        第50期
           決算年月            2012年3月        2013年3月        2014年3月        2015年3月        2016年3月

                  (百万円)        202,905        222,309        285,884        294,560        273,056
     売上高
                  (百万円)         6,521        4,291       11,763        15,000        6,170

     経常利益
     親会社株主に帰属する

                  (百万円)         4,572        1,747        9,229       12,704        10,698
     当期純利益
                  (百万円)         4,445        9,533       17,399        21,641        2,722
     包括利益
                  (百万円)        101,811        109,991        125,218        144,223        143,805
     純資産額
                  (百万円)        167,355        168,061        190,694        211,309        205,182
     総資産額
                   (円)      1,448.63        1,562.62        1,778.00        2,058.51        2,059.72
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益

                   (円)        65.53        25.05       132.27        183.42        155.14
     金額
     潜在株式調整後1株当

                   (円)          -        -        -      183.38        155.07
     たり当期純利益金額
                   (%)        60.4        64.9        65.1        67.4        69.2
     自己資本比率
                   (%)         4.6        1.7        7.9        9.5        7.5
     自己資本利益率
                   (倍)        17.0        36.2        10.2        10.9        8.1
     株価収益率
     営業活動による
                  (百万円)         9,921        1,607       18,021        17,380        2,043
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)        △ 7,710       △ 6,023       △ 7,206       △ 7,529       △ 3,425
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (百万円)        △ 1,381       △ 6,701       △ 1,447       △ 2,330       △ 3,224
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                  (百万円)        43,947        34,052        46,680        56,130        49,282
     の期末残高
                          11,058        11,107        11,608        11,343        11,908

     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 703  )      ( 919  )      ( 790  )     ( 1,106   )     ( 1,277   )
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれていません。

         2 第46期、第47期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しない
           ため記載していません。
         3   「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         2013年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
           り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としています。
                                   2/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
             回次            第46期        第47期        第48期        第49期        第50期
            決算年月            2012年3月        2013年3月        2014年3月        2015年3月        2016年3月

                  (百万円)        145,374        145,077        177,175        175,341        161,647
     売上高
     経常利益又は
                  (百万円)         △ 939     △ 1,530        7,536       10,039       △ 3,111
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                  (百万円)          240      △ 312      8,158       10,077       △ 5,063
     当期純損失(△)
                  (百万円)        25,920        25,920        25,920        25,920        25,920
     資本金
                   (千株)        69,784        69,784        69,784        69,784        69,784
     発行済株式総数
                  (百万円)        80,439        79,846        86,791        95,462        85,378
     純資産額
                  (百万円)        122,811        113,003        122,495        129,041        114,741
     総資産額
                   (円)      1,152.97        1,144.39        1,243.88        1,378.94        1,237.77
     1株当たり純資産額
                           20.00        20.00        25.00        30.00        30.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (内1株当たり
                           ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 10.00   )    ( 15.00   )
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失              (円)        3.45      △ 4.48      116.92        145.49       △ 73.42
     金額(△)
     潜在株式調整後
                   (円)         -        -        -     145.46          -
     1株当たり当期純利益金額
                   (%)        65.5        70.7        70.9        74.0        74.4
     自己資本比率
                   (%)         0.3      △ 0.4        9.8       11.1       △ 5.6
     自己資本利益率
                   (倍)        323.8         -      11.6        13.8         -
     株価収益率
                   (%)        579.7         -      21.4        20.6         -
     配当性向
                   (人)        1,137        1,119        1,093        1,097        1,122
     従業員数
      (注)1 売上高には、消費税等は含まれていません。
         2 第46期、第47期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しない
           ため記載していません。
         3 第50期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期
           純損失金額であるため記載していません。
         4 第47期     及び第50期の株価収益率及び配当性向は、1株当たり当期純損失金額が計上されているため記載して
           いません。
                                   3/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、アルプス電気株式会社(当社の親会社)と、MOTOROLA,                              INC.との合弁事業により、カーステレオを主とする
       自動車用電子装置の生産販売を行うために1967年5月に設立されました。
        1978年8月MOTOROLA,           INC.との合弁契約の解消を契機に、カーオーディオメーカーとして“アルパイン”ブランド
       の市販ビジネスと世界の有力自動車メーカー向けビジネスを展開するため、販売・生産・開発のグローバル化を実施
       してきました。
        設立以降、現在に至るまでの概要は、次のとおりです。
        年月                            沿革
       1967年5月       アルプス電気株式会社と、MOTOROLA,                  INC.との出資による合弁会社としてアルプス・モトローラ株
              式会社を設立
              8トラックテーププレーヤ用デッキメカニズムの生産を開始
       1969年4月       カーラジオの生産・販売を開始
       1969年11月       福島県いわき市にいわき事業所を開設
       1972年10月       福島県田村郡小野町に小野町工場を開設
       1978年6月       ドイツに販売会社ALPINE            ELECTRONICS      GmbHを設立
       1978  年8月     MOTOROLA,     INC.との合弁契約を解消、アルプス電気株式会社の100%出資となる
       1978  年11月     社名をアルパイン株式会社(英文名                 ALPINE    ELECTRONICS,       INC.)に変更
              アメリカに販売会社ALPINE             ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.を設立
       1979年6月       カナダに販売会社ALPINE            ELECTRONICS      OF  CANADA,    INC.を設立
       1985年12月       イギリスに販売会社ALPINE             ELECTRONICS      OF  U.K.,   LTD.を設立
       1986年6月       フランスに販売会社ALPINE             ELECTRONICS      FRANCE    S.A.R.L.を設立
       1987年1月       オーストラリアに販売会社ALPINE                ELECTRONICS      OF  AUSTRALIA     PTY.   LTD.を設立
       1987  年7月     本店を東京都品川区に移転
       1987  年11月     いわき事業所を好間工業団地へ移転
       1988年3月       東京証券取引所市場第二部に上場
       1990年4月       スペインに販売会社ALPINE             ELECTRONICS      DE  ESPANA,    S.A.を設立
       1991年7月       中国にソフト開発会社SHENYANG               NEU-ALPINE      SOFTWARE     CO.,   LTD.を設立(現・NEUSOFT            CORPORATION)
       1991  年9月     東京証券取引所市場第一部に指定替
       1991  年12月     イタリアに販売会社ALPINE             ITALIA    S.p.A.を設立
       1992年3月       ドイツに欧州統括会社ALPINE              ELECTRONICS      (EUROPE)     GmbHを設立
       1993年4月       カーナビケーションの生産・販売を開始
       1994年12月       中国に中国統括持株会社ALPINE               ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.を設立
       1994年12月       中国に生産会社DALIAN           ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.を設立
       1998年7月       ハンガリーに生産会社ALPINE              ELECTRONICS      MANUFACTURING       OF  EUROPE,    LTD.を設立
       2000年7月       アルパインマニュファクチャリング株式会社(旧社名:アルパインエンジニアリング株式会社)に営
              業の一部譲渡を実施
       2001年9月       香港に販売及び部材調達会社ALPINE                 ELECTRONICS      HONG   KONG,   LTD.を設立
       2001年11月       東京都品川区に販売会社アルパインマーケティング(株)を設立
       2002年8月       中国に生産会社TAICANG           ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.を設立
       2005年7月       タイに販売会社ALPINE           ELECTRONICS      (THAILAND)      CO.,   LTD.を設立
                               (現・ALPINE      ELECTRONICS      OF  ASIA   PACIFIC    CO.,   LTD.)
       2008年3月       SHENYANG     NEUSOFT    CO.,   LTD.が、当社持分法適用会社だったNEUSOFT                     GROUP   LTD.を吸収合併
                                            (現・NEUSOFT       CORPORATION)
       2012年4月       アメリカに開発会社          ALPINE    ELECTRONICS      OF  SILICON    VALLEY,    INC.を設立
       2015年6月       メキシコに販売会社          ALPINE    SALES   OF  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.を設立
       2015年11月       中国の投資会社DALIAN           NEUSOFT    HOLDINGS     CO.,   LTD.へ出資
       2015年11月       中国に開発会社NEUSOFT           REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY      (SHANGHAI)CO.,         LTD.を設立
                                   4/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、親会社、子会社37社及び関連会社6社より構
       成され、自動車用音響機器及び情報・通信機器の製造販売を主な事業とし、かつ、これに附帯する事業を営んでいま
       す。
        当社の親会社はアルプス電気株式会社であり、当社は同社から音響機器及び情報・通信機器用の部品・製品を仕入
       れています。
        生産は、国内では生産会社3社が担当し、海外では主として欧州のALPINE                                    ELECTRONICS      MANUFACTURING       OF
       EUROPE,    LTD.、中    国のDALIAN      ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.の   ほかアジア及び北米の生産会社が担当しています。
        販売は、国内では主としてアルパインマーケティング株式会社を通じて行っていますが、一部の製品については、
       当社の営業部門が直接販売を行っています。
        一方、海外においては、主として北米のALPINE                       ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.、欧州のALPINE          ELECTRONICS
       (EUROPE)     GmbH、中国のALPINE          ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.、アジア・オセアニアのALPINE                 ELECTRONICS      OF
       ASIA   PACIFIC    CO.,   LTD.を通じて販売を行っています。
        また、株式会社アルプス物流(親会社の子会社)は当社、アルプス電気株式会社及び国内販売会社に対して物流
       サービスを行っています。
        なお、当社グループの各会社は、音響機器事業、情報・通信機器事業ともに携わっています。
        以上において述べた事項の概要図は次頁のとおりです。
                                   5/105















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                   6/105





















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                       資本金

                                     議決権の所有
                       又は
                                       又は
                             主要な事業
         名称         住所                                関係内容
                       出資金              被所有割合
                              の内容
                                       (%)
     (親会社)                                  被所有

               東京都        百万円    電子機器及び電子部品             41.17   当社が電子部品を購入
     アルプス電気(株)
               大田区        23,623    の製造販売                役員の兼任あり
                                        (0.22)
     (連結子会社)
                                           当社及びALCOM      AUTOMOTIVE,INC.が製品を納
     ALPINE   ELECTRONICS
               アメリカ         千USD   音響機器及び情報通信
                                         100
                                           入
               トーランス市            機器の製造販売
     OF AMERICA,    INC.             53,000
                                           役員の兼任あり
     ALPINE   ELECTRONICS
               アメリカ         千USD   音響機器及び情報通信              100  当社製品の開発及び設計を委託
     RESEARCH    OF AMERICA,
               トーランス市         1,000   機器の開発及び設計              (80)  役員の兼任あり
     INC.
     ALPINE   ELECTRONICS
                                           当社の事業に関するソフトウェアの開発及
               アメリカ         千USD   ソフトウェアの開発販
     OF SILICON   VALLEY,                               100  び設計を委託
               サンタクララ市            売
                        9,000
                                           役員の兼任あり
     INC.
                           音響機器及び情報通信
     ALPINE   CUSTOMER
               アメリカ         千USD                 100  当社製品の部品を納入し、アフターサービ
                           機器のアフターサービ
     SERVICE   (USA),   INC.   トーランス市          100                (100)   スを委託
                           ス
     ALPINE   TECHNOLOGY

               アメリカ         千USD                 100
                           投資管理                -
     FUND,   LLC       サンタクララ市
                         100                (100)
     ALPINE   TECHNOLOGY

               アメリカ         千USD   ベンチャーキャピタル              100
                                           役員の兼任あり
     FUND,   L.P.       ウィルミントン市         5,000   投資ファンド              (1)
     ALCOM

               アメリカ         千USD                58.44
                           持株会社                役員の兼任あり
               トーランス市
                        7,700                (58.44)
     AUTOMOTIVE,INC.
                                           ALPINE   ELECTRONICS     OF AMERICA,    INC.が製

     ALPINE   SALES   OF
               メキシコ         千MXN   音響機器及び情報通信              100
                                           品を納入
     MEXICO,   S.A.  DE C.V.   レイノサ市         1,000   機器の販売             (100)
     ALCOM   ELECTRONICOS

                                           ALPINE   ELECTRONICS     OF AMERICA,    INC.が製
               メキシコ         千USD   音響機器及び電子部品              100
     DE MEXICO,   S.A.  DE
                                           品の製造を委託
               レイノサ市            の製造販売
                        7,700                (100)
                                           役員の兼任あり
     C.V.
     ALPINE   ELECTRONICS

               ドイツ         千EUR   音響機器及び情報通信                当社が製品を納入
                                         100
     (EUROPE)    GmbH      ミュンヘン市         1,000   機器の販売                役員の兼任あり
                                           当社及びALPINE ELECTRONICS(EUROPE)

     ALPINE   ELECTRONICS
               ドイツ         千EUR   音響機器及び情報通信
                                           GmbH  が製品を納入
                                         100
               ミュンヘン市            機器の販売
                        4,000
     GmbH
                                           役員の兼任あり
               ドイツ
     ALPINE   ELECTRONICS
                        千EUR   音響機器及び情報通信                当社製品の開発及び設計を委託
               シュトゥットガル                          100
     R&D  EUROPE   GmbH               25  機器の開発及び設計                役員の兼任あり
               ト市
                                           ALPINE   ELECTRONICS     (EUROPE)    GmbH
     ALPINE   ELECTRONICS
               フランス         千EUR   音響機器及び情報通信
                                         100
                                           が製品を納入
               ロワシー市            機器の販売
     FRANCE   S.A.R.L.               2,650
                                           役員の兼任あり
                                           当社及びALPINE      ELECTRONICS(EUROPE)         GmbH
     ALPINE   ELECTRONICS
               イギリス         千GBP   音響機器及び情報通信
                                         100
                                           が製品を納入
     OF U.K.,   LTD.      コベントリー市         4,500   機器の販売
                                           役員の兼任あり
                                           ALPINE   ELECTRONICS(EUROPE)         GmbH
               イタリア
                        千EUR   音響機器及び情報通信              100
     ALPINE   ITALIA   S.p.A.
               トレッツァーノ・
                                           が製品を納入
                           機器の販売
                        3,000                (0.26)
               スル・ナビリオ市
                                           役員の兼任あり
                                           ALPINE   ELECTRONICS(EUROPE)         GmbH
     ALPINE   ELECTRONICS
               スペイン         千EUR   音響機器及び情報通信
                                         100
                                           が製品を納入
     DE ESPANA,   S.A.     ビトリア市          500  機器の販売
                                           役員の兼任あり
     ALPINE   ELECTRONICS
               ハンガリー         千EUR   音響機器及び情報通信                当社が製品の製造を委託
     MANUFACTURING      OF
                                         100
               ビアトルバージ市            機器の製造販売                役員の兼任あり
                       33,500
     EUROPE,   LTD.
                                   7/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                       資本金

                                     議決権の所有
                       又は
                             主要な事業         又は
         名称         住所                                関係内容
                       出資金
                              の内容       被所有割合
                                       (%)
     (連結子会社)

                                           DALIAN   ALPINE   ELECTRONICS     CO.,  LTD.、
                           音響機器及び情報通信
               中国         千CNY                   TAICANG   ALPINE   ELECTRONICS     CO.,  LTD.が
                           機器の販売、開発及び              100
     ALPINE   ELECTRONICS
               北京市        823,907
                                           製品を納入
                           設計
                                           役員の兼任あり
     (CHINA)   CO.,  LTD.
     DALIAN   ALPINE
                                           当社及びALPINE      ELECTRONICS
               中国         千CNY   音響機器及び情報通信              100
     ELECTRONICS
                                           (CHINA)   CO.,  LTD.が製品の製造を委託
               遼寧省大連市        164,945    機器の製造販売             (100)
     CO.,  LTD.
                                           当社が機械設備を貸与
     TAICANG   ALPINE
                                           当社及びALPINE ELECTRONICS(CHINA)               CO.,
               中国         千CNY   音響機器及び情報通信              100
     ELECTRONICS
                                           LTD.が製品の製造を委託
               江蘇省太倉市            機器の製造販売
                       206,593                  (68)
                                           当社が機械設備を貸与
     CO.,  LTD.
     ALPINE   ELECTRONICS

               中国         千USD   電子機器及び部品の販
                                         100  当社及び関係会社が製品を納入
     HONG  KONG,   LTD.     香港          400  売
     ALPINE   ELECTRONICS

                                           当社及び関係会社が製品を納入
               タイ         千THB   音響機器及び情報通信
     OF ASIA  PACIFIC   CO.,                             100  役員の兼任あり
               バンコク市        241,000    機器の販売
                                           当社が資金を貸付
     LTD.
                                           当社及びALPINE      ELECTRONICS     OF ASIA
     ALPINE   TECHNOLOGY
               タイ         千THB   音響機器、電子部品及             51.46   PACIFIC   CO.,  LTD.が製品の製造を委託
     MANUFACTURING
               プラーチンブリ市            び電子機器の製造販売
                       145,250                 (8.61)
                                           当社が資金を貸付
     (THAILAND)     CO.,  LTD.
                                           役員の兼任あり
     ALPINE   ELECTRONICS
               オーストラリア         千AUD   音響機器及び情報通信                当社及び関係会社が製品を納入
     OF AUSTRALIA    PTY.                              100
               メルボルン市            機器の販売                役員の兼任あり
                        1,800
     LIMITED
     ALPINE   OF ASIA
               インド         千INR   音響機器及び情報通信              76  当社及び関係会社が製品を納入
     PACIFIC   INDIA
               グレータノイダ市            機器の販売                役員の兼任あり
                       193,000                  (76)
     PRIVATE   LIMITED
     ALPINE   ELECTRONICS

               アラブ首長国連邦         千AED   音響機器及び情報通信             76.71   当社及び関係会社が製品を納入
               ドバイ市            機器の販売                役員の兼任あり
     OF MIDDLE   EAST  FZCO            7,300                (76.71)
     アルパイン          東京都        百万円    音響機器及び情報通信                当社が製品を納入

                                         100
     マーケティング(株)          品川区          310  機器の販売                役員の兼任あり
               福島県        百万円    電子部品及び電子機器

     アルパインテクノ(株)                                   100  当社が土地を貸与
               いわき市            の製造販売
                         200
     アルパインマニュファ          福島県        百万円    音響機器及び情報通信                当社の製品の製造を委託

                                         100
     クチャリング(株)          いわき市          275  機器の製造販売                当社が土地・建物を貸与
     アルパイン          福島県        百万円    音響機器及び情報通信                当社の製品の製造を委託

                                         100
               いわき市            機器の製造販売                当社が土地を貸与
     プレシジョン(株)                    90
               福島県        百万円    音響機器及び情報通信

                                           当社製品の開発及び設計を委託
     アルパイン技研(株)                                   100
               いわき市          265  機器の開発及び設計
     アルパイン                      音響機器及び情報通信

               埼玉県        百万円                    当社製品の部品を納入し、アフターサービ
     カスタマーズサービス                      機器のアフターサービ              100
               さいたま市                            スを委託
                         31
     (株)                      ス
                           コンピューター等のシ                当社のシステムの開発・設計及び情報処理
     アルパイン          福島県        百万円
                           ステム開発・設計              100  を委託
     情報システム(株)          いわき市          125
                           及び販売                当社が建物を貸与
                           労働者派遣業務及び厚
     アルパイン          福島県        百万円                    庶務及び福利厚生に関するサ─ビスの委託
                           生施設の維持・管理の              100
               いわき市                            当社が建物を貸与
     ビジネスサービス(株)                    50
                           受託
                                   8/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                       資本金

                                     議決権の所有
                       又は
                                       又は
                             主要な事業
         名称         住所                                関係内容
                       出資金
                                     被所有割合
                              の内容
                                       (%)
     (持分法適用関連会社)

                                        10.35
                        千CNY
               中国            教育、医療、ITソ
                                           役員の兼任あり
                                       (10.35)
     DALIAN   NEUSOFT
                       370,000
               遼寧省大連市            リューション業務
                                       [13.51]
     HOLDINGS    CO.,  LTD.
                                        10.58   当社の製品に関するソフトウェア開発及び
                        千CNY
               中国            ソフトウェア開発・販
     NEUSOFT   CORPORATION
                                           設計を委託
                                        (8.94)
                       1,242,576
               遼寧省瀋陽市            売及びIT人材教育
                                           役員の兼任あり
                                       [20.67]
     NEUSOFT   REACH
                                           当社の事業に関するソフトウェア開発及び
     AUTOMOTIVE
                        千CNY
               中国            オートモーティブ関連             48.75
                                           設計を委託
                       307,700
     TECHNOLOGY          上海市            の技術開発とその販売             (48.75)
                                           役員の兼任あ     り
     (SHANGHAI)CO.,      LTD.
      (注)1 「議決権の所有又は被所有割合」欄の(内書)は間接所有又は間接被所有です。

        2 「議決権の所有又は被所有割合」欄の[外書]は緊密な者等の所有割合です。
        3 上記の関係会社のうちALPINE             ELECTRONICS     OF AMERICA,    INC.、ALPINE      ELECTRONICS     MANUFACTURING      OF EUROPE,   LTD.、
          ALPINE   ELECTRONICS     (EUROPE)    GmbH、ALPINE      ELECTRONICS     (CHINA)   CO.,  LTD.、DALIAN      ALPINE   ELECTRONICS     CO.,  LTD.、
          TAICANG   ALPINE   ELECTRONICS     CO.,  LTD.は、特定子会社に該当します。
        4 上記の関係会社のうち、           DALIAN   NEUSOFT   HOLDINGS    CO.,  LTD.、   NEUSOFT   CORPORATIONは、持分は100分の20未満であるが、実質的な
          影響力を持っているため関連会社としています。
        5 上記の関係会社のうち、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はアルプス電気(株)です。
        6 ALPINE     ELECTRONICS     OF AMERICA,    INC.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%
          を超えています。なお、同社の主要な損益情報等は以下のとおりです。
          (1)売上高95,245百万円         (2)経常利益3,113百万円          (3)当期純利益1,990百万円           (4)純資産額16,129百万円          (5)総資産額30,406百万円
        7 ALPINE     ELECTRONICS     GmbHについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えていま
          す。なお、同社の主要な損益情報等は以下のとおりです。
          (1)売上高80,393百万円         (2)経常利益566百万円         (3)当期純利益430百万円          (4)純資産額5,369百万円          (5)総資産額23,988百万円
                                   9/105












                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                   2016年3月31日現在
               セグメントの名称                             従業員数(人)

                                                  2,790
     音響機器事業
                                                   (347)
                                                  8,931
     情報・通信機器事業
                                                   (927)
                                                   187
     全社(共通)
                                                    (3)
                                                  11,908
                  合計
                                                  (1,277)
      (注)1 従業員数は、就業人員です。
         2 従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員です。
         3 上記の「全社(共通)」に記載の人員は、管理部門及び開発部門の一部に係る人員を集計しています。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2016年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)

              1,122              43.1              18.3             7,362

               セグメントの名称                             従業員数(人)

     音響機器事業                                              213

     情報・通信機器事業                                              729

     全社(共通)                                              180

                  合計                                1,122

      (注)1 従業員数は、就業人員です。

         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
         3 上記の「全社(共通)」に記載の人員は、管理部門及び開発部門の一部に係る人員を集計しています。
       (3)  労働組合の状況

         当社グループは労働組合を持たず、従業員による組織にて労使交渉にあたっています。
         なお、労使関係は安定しています。
                                  10/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【業績等の概要】
       (1)  業績の状況
         当連結会計年度におけるわが国経済は、円安による輸出関連企業の業績改善や個人消費の回復、訪日外国人の
        購買需要に支えられ、景気は緩やかな拡大を続けました。また、米国は雇用情勢や個人消費が堅調に推移するな
        か金融政策の正常化を進め、欧州は難民問題やテロなど様々なリスクを抱えつつも回復の兆しが見え始めまし
        た。一方、中国やブラジルなど新興国では景気の減速が懸念され、期後半より世界経済の先行き不透明感がいっ
        そう強まりました。
         カーエレクトロニクス業界は、原油安による米国自動車市場の新車販売好調に加え、自動車の高機能化による
        電子化の加速や、車載機器とスマートフォンとの機能融合に伴いナビゲーションやディスプレイ製品を核とした
        インフォテインメントシステムの需要が高まり、市場が拡大しました。しかしながら、世界最大規模となった中
        国自動車市場に減速感が見られたほか、欧州大手自動車メーカーによるディーゼル車排気ガス不正問題が発覚す
        るなど、当業界に与える影響が懸念されました。
         このような状況下、当社グループはビジネス拡大を図るため、自動車メーカーに対する技術提案を強化し受注
        確保に努めるとともに、新規受注を獲得した自動車メーカー向けビジネスの製品開発を加速させました。また、
        タイや中国、インドネシアで開催されたモーターショーに出展し、ナビゲーションを核とした車種専用ソリュー
        ションの訴求を図りました。更に東京モーターショーでは、ADAS(先進運転支援システム)に対応した次世代車
        載システムの近未来コックピットコンセプトモデルを展示、高機能かつ高付加価値製品を提案し、自動車産業に
        おけるカーエレクトロニクス技術の役割拡大と重要性を提示しました。しかしながら、売上が減少したことに加
        え、製品モデルミックスも悪化したため、利益が減少しました。
         この結果、当連結会計年度の業績は、連結売上高2,730億円(前期比7.3%減)、営業利益54億円(前期比
        52.8%減)、経常利益61億円(前期比58.9%減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益については、中国の
        持分法適用会社の事業再編に伴う売却益を特別利益に計上したことから106億円(前期比15.8%減)となりまし
        た。
         なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号2013年9月13日)等を適用
        し、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としています。
         セグメントの状況を示すと、次のとおりです。

        《音響機器事業》
         当事業部門では、市販市場向け、自動車メーカー向け純正品ともに、オーディオ機能がナビゲーションやディ
        スプレイ製品など情報・通信機器と融合し売上が減少するなか、臨場感のある高音質を訴求したスピーカーやア
        ンプなどのサウンドシステム、自動車の燃費や環境に配慮し高評価を獲得した軽量・薄型スピーカーの売上拡大
        を図りました。しかしながら、当事業部門の主力である自動車メーカー向け純正品の売上が減少するなど、総じ
        て厳しい状況で推移しました。
         以上の結果、当事業部門の売上高は528億円(前期比16.0%減)となりました。
        《情報・通信機器事業》

         当事業部門では、国内市販市場に、業界に先駆け展開してきた車種専用の新製品、高精細液晶画面搭載10イン
        チ大画面ナビゲーション及び大画面リアビジョンを投入、車種ごとに最適な車室内空間をデザインする高付加価
        値システムをお客様に提案し売上拡大を図りました。また、北米市販市場ではピックアップトラックやSUV向け車
        種専用大画面ナビゲーションの対応車種について、ターゲットをフォーカスした販売戦略へ方針転換を図るとと
        もに、欧州市販市場ではEISA(              E uropean    I maging    and  S ound   A ssociation)より高評価を得た車種専用モデルの
        販売に注力するなど、海外展開を推進し新たな販路開拓に努めましたが、販売実績が伴わず、厳しい状況で推移
        しました。
         自動車メーカー向け純正品は、欧州高級自動車メーカーの新車販売が好調であったことから、ディスプレイ製
        品の売上が堅調に推移しました。しかしながら、北米及び中国における取引先自動車メーカーの一部車種のモデ
        ル切替えの影響を受け、売上は減少しました。
          以上の結果、当事業部門の売上高は2,202億円(前期比4.9%減)となりました。
                                  11/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (2)  キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末の現金及び現金同等物は492億円と前連結会計年度末と比べ68億円の減少                                          (前期は94億円の増
        加)  となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動による資金の増加は20億円                 (前期は173億円の増加)           となりました。この増加の主な要因は、税金等調
        整前当期純利益222億円の計上、減価償却費72億円の計上、売上債権49億円の減少による資金の増加と、関係会社
        株式売却益156億円の計上、未払費用30億円の減少、たな卸資産12億円の増加及び法人税等の支払104億円による資
        金の減少です。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動による資金の減少は34億円                 (前期は75億円の減少)           となりました。この減少の主な要因は、有形固定資
        産の取得66億円、無形固定資産の取得8億円及び貸付けによる支出37億円、関係会社への出資による支出140億円
        による資金の減少と、関係会社株式の売却による収入205億円、貸付金の回収による収入12億円による資金の増加
        です。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動による資金の減少は32億円                 (前期は23億円の減少)           となりました。この減少の主な要因は、自己株式の
        取得による支出7億円及び配当金の支払24億円による資金の減少です。
         上記の結果、フリー・キャッシュ・フローは13億円の資金減少                             (前期は98億円の資金増加)             となりました。な
        お、フリー・キャッシュ・フローは営業活動によるキャッシュ・フローと投資活動によるキャッシュ・フローの合
        計です。
                                  12/105














                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      2【生産、受注及び販売の状況】
       (1)  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。
             セグメントの名称                      生産高(百万円)               前年同期比(%)
     音響機器事業                                    47,126            △11.7

     情報・通信機器事業                                   184,227             △5.8
                 合計                        231,353             △7.0
      (注)    1 セグメント間取引については、相殺消去しています。
         2 金額は販売価格によっています。
         3 上記の金額には、消費税等は含まれていません。
       (2)  受注状況

         当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりです。
         セグメントの名称              受注高(百万円)          前年同期比(%)         受注残高(百万円)          前年同期比(%)
      音響機器事業                     51,947          △17.3          5,163         △14.5

      情報・通信機器事業                     222,418           △3.1         19,066           12.9
            合計              274,365           △6.1         24,229           5.7
      (注)     1 セグメント間取引については、相殺消去しています。
         2 上記の金額には、消費税等は含まれていません。
       (3)  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。
             セグメントの名称                      販売高(百万円)               前年同期比(%)
     音響機器事業                                    52,824            △16.0

     情報・通信機器事業                                   220,232             △4.9
                 合計                        273,056             △7.3
      (注)    1 セグメント間取引については、相殺消去しています。
         2 上記の金額には、消費税等は含まれていません。
                                  13/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      3【対処すべき課題】
        カーエレクトロニクス業界では、自動車の情報端末化や運転支援・自動運転技術などが進展するなか、インフォ
       テインメントシステムは、カメラシステム、センサーなどを活用した安全機能との連携が重要性を増しています。
       更に自動運転分野へのIT業界を始めとする異業種の参入や、ビッグデータ、人工知能(AI)等、高度な情報処理の
       進化は、自動車産業のビジネスモデルのみならず、モビリティー社会や消費者のライフスタイルも一変させる可能
       性があります。
        このような状況下において、当社グループは、より一層お客様のニーズにあった製品とサービスを提供するとと
       もに、品質・機能を向上させた製品開発に努めます。特にソフト開発力強化を経営上の重要課題と認識し、業務提
       携やベンチャー企業への資本参加などにより先端技術開発を更に深耕するとともに研究開発投資の効率化を図って
       いきます。また、アルプス電気株式会社との連携を強化し、先進のコンシューマーエレクトロニクス技術やADAS
       (先進運転支援システム)のコアとなるデバイスと車載機器との融合に注力、自動車メーカー向けに車載情報シス
       テムのトータルソリューションを提供していきます。更にEV(電気自動車)やHV(ハイブリッド自動車)などエコ
       カーへの関心が高まるなか、自動車の軽量・省電力化需要に対応した次世代製品の開発を推進していきます。
      4【事業等のリスク】

         当社グループの事業展開上リスク要因となる可能性があると考えられる主な事項は以下の通りです。
        文中における将来に関する事項は有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものです。
       (1)  景気変動について
         当社グループは、モービルマルチメディア事業を中心としてグローバルに事業を展開しています。当社グループ
        の製品は、直接あるいは顧客自動車メーカーを通じて間接的に、全世界の様々な市場で販売されています。従いま
        して、日本、北米、欧州、アジア等の主要市場における政治・経済情勢、自然災害・環境問題等による景気変動が
        当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (2)  為替リスクについて
         当社グループは、海外売上高比率が約89.7%であり、また在外子会社の財務諸表は現地通貨建で作成されている
        ため、為替変動の影響を受けます。一般に他の通貨に対する円高、特に米ドル及びユーロに対する円高は、当社グ
        ループの業績に悪影響を及ぼします。当社グループは為替先物予約等により、為替ヘッジ取引を行っていますが、
        急激な為替レートの変動等により、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  新製品開発について
         当社グループは、魅力ある新製品を開発するため、継続的な研究開発投資を積極的に行っています。しかしなが
        ら、技術の急速な進歩や顧客ニーズの変化により、期待通りに新製品開発が進まない場合、将来の成長と収益性を
        低下させ、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  価格競争について
         当社グループが属しているモービルマルチメディア業界における価格競争は激化しており、市販市場では価格下
        落の影響を受けています。また、自動車メーカーからのコストダウンや競合他社の参入攻勢などのため、今後一層
        の価格下落が予想されます。当社グループは、グローバルな視点での収益・コストの構造改革を進めていきます
        が、これら販売価格の下落が、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  海外進出に潜在するリスクについて
         当社グループは、生産及び販売活動の多くを米国や欧州ならびに中国他アジア諸国にて行っています。これらの
        海外市場への事業進出には、1).予期しない法律または税制の変更、2).不利な政治または経済要因、3).テロ、戦
        争、その他の社会的混乱等のリスクが常に内在しています。これらの事象が起きれば、当社グループの事業の遂行
        に深刻な影響を与える可能性があります。
       (6)  特定の部品の供給体制について
         当社グループは、重要部品を当社グループ内で製造する様努めていますが、一部の重要部品については、グルー
        プ外の企業から供給を受けています。これらの供給元企業が、災害等の事由により、当社グループの必要とする数
        量の部品を予定通り供給できない場合、生産遅延、販売機会損失等が発生し、当社グループの業績及び財務状況に
        悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  14/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (7)  顧客企業の要求について
         当社グループのOEM事業は、全世界の自動車メーカーを対象にしており、中期的には受注構造改革を推進し、更
        なる売上の拡大を目指しています。これら自動車メーカーにあっては、生き残りをかけたグローバル競争から品
        質・価格・納期に対する要求が一層高まっています。この分野における顧客企業への売上は、その顧客企業の業績
        や調達方針の変更等により大きな影響を受け、また顧客要求に応じるための値下げは、当社グループの業績及び財
        務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (8)  知的財産について
         当社グループは、技術研究開発等により得られた成果について、特許、商標及びその他の知的財産権などにより
        当該技術の保護を図っています。しかし特定の地域においては知的財産権による保護が十分でなく、第三者が当社
        グループの知的財産を使用し類似製品を製造するのを効果的に防止できない可能性があります。また、当社グルー
        プの将来の製品または技術が、他社の知的財産権を侵害しているとされる可能性があります。
       (9)  製品の欠陥について
         当社グループは、厳格な品質管理基準にのっとり各種の製品を製造しています。しかし全ての製品について欠陥
        がなく、将来的にリコールが発生しないという保証はありません。また、製造物賠償責任保険に加入しています
        が、この保険が最終的に負担する賠償額を十分にカバーできるという保証はありません。大規模なリコールや製造
        物賠償責任につながるような製品の欠陥は、コストや当社グループの評価に重大な影響を与え、それにより当社グ
        ループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (10)   公的規制について
         当社グループは、事業展開する各国において、事業・投資の許可、関税をはじめとする輸出入規制等、様々な政
        府規制・法規制の適用を受けています。これらの規制を遵守できなかった場合、当社グループの事業活動が制限さ
        れ、コストの増加につながる可能性があり、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (11)   災害時のリスクについて
         当社グループでは、地震を含めた防災対策を徹底していますが、想定を超える大規模な災害が発生した場合に
        は、停電またはその他の中断事象により、当社グループの業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
       (12)   環境汚染に関するリスク

         当社グループでは、CSRの一環として「アルプスグループ環境憲章」のもと、環境リスク対策への取組みを行っ
        ており、具体的には、化学物質の漏洩防止策や排水・排気管理の徹底、国内事業所における土壌・地下水の浄化な
        どを実施しています。しかしながら事業活動を通じて、今後新たな環境汚染が発生しないという保証はありませ
        ん。このような不測の事態が発生または判明した場合、その対策費用が発生し、当社グループの経営成績及び財政
        状態の悪化につながる可能性があります。
       (13)   有価証券の時価変動リスク

         当社グループでは、売買を目的とした有価証券は保有していませんが、時価を有するものについては全て時価評
        価を行っており、株式市場における時価の変動が当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (14)   法的手続き及び訴訟に関するリスク

         当社グループは、事業活動に関するコンプライアンス体制を構築し、その実行に努めています。しかしながら、
        当社グループの活動に関連して、法令違反に関する規制当局による法的手続きが開始された場合、あるいは訴訟が
        提起された場合には、その結果として、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                  15/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      5【経営上の重要な契約等】
        [技術受入契約]
         当社グループが提供を受けている主な技術受入に関する契約は次のとおりです。
      契約会社名           契約先           国名         技術契約の内容               契約期間
             DOLBY   LABORATORIES

     アルパイン                            DVD等の雑音低減装置に関す               1998年1月1日から
                          アメリカ
     株式会社       LICENSING     CORPORATION                る特許実施権の許諾               特許存続期間満了日まで
                                                2000年12月31日から

     アルパイン                            DVDプレーヤーに関する特許
             株式会社     東芝                               2017年12月31日まで
                          日本
     株式会社                            実施権の許諾
                                                以後5年ごとの自動更新
                                                2003年7月1日から
     アルパイン                            基本ソフトに関する使用権の
             MICROSOFT     CORPORATION                              2017年12月31日まで
                          アメリカ
     株式会社                            許諾
                                                以後5年ごとの自動更新
                                  オーディオ機能付きナビゲー
     アルパイン                                           2014年1月1日から
             ソニー株式会社             日本        ション機器に関する特許実施
     株式会社                                           2018年12月31日
                                  権の許諾
                                  16/105















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      6【研究開発活動】
        当社事業領域であるカーエレクトロニクスは、従来型のオーディオ・ビジュアル・ナビゲーションを中核としたシ
       ステムから、カメラ・レーダー等のセンサーを活用した運転者支援機能やスマートフォン等の個人情報端末・クラウ
       ドとの接続による複合システムへ大きく変化しており、更にそこで必要とされる技術の高度化・領域拡大も急速に進
       んでいます。また、中国や新興国市場の拡大による市場・顧客ニーズの多様化/グローバル化も年々進んでおり、こ
       れらの変化に対応するため日・米・欧・中の4極開発体制の強化に加え、昨年11月に中国NEUSOFT                                              CORPORATIONとの
       合弁会社NEUSOFT        REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY      (SHANGHAI)CO.,         LTD.(以下「NRA」という。)を設立し、また、
       アルプス電気株式会社とのグループ連携及び他社とのアライアンスを積極的に進めています。
       現在当社では、自動車メーカーと音響機器/情報・通信機器ともに複数の共同開発プロジェクトを推進しており、適
       宜市場への展開を行なっていきます。
        なお、当連結会計年度における研究開発費の金額は196億円です。
       (1)音響機器事業
        ①お客様のカーライフを分析した結果から生れたアルパイン・プレミアムサウンドシステムを北米OEM車種専用向
         けに導入を行い、特に耐水性に優れたサブウーファはSUVユーザからの高評価を得る事ができました。
        ②次世代小型軽量・高効率車載オーディオシステムとして当社が開発した革新的サブウーファは欧州自動車メー
         カーを中心に導入が開始され、車両の軽量化に貢献しました。
        ③ 国内自動車メーカー車種専用に先進のサウンドテクノロジー「DDリニア構造」を採用した3WAYスピーカーシス
         テムを開発し、導入を開始しました。当製品は18cm大口径ユニットを搭載し、ライブ感あふれる圧倒的なサウ
         ンドの実現が可能です。
        当事業における研究開発費の金額は25億円です。
       (2)情報・通信機器事業
        ① 国内市場向けカーナビゲーション『Big-Xプレミアム』に車載市場向けとして世界最大となる11型WXGA液晶搭載
         モデルを開発しました。大画面・高精細画質の実現に加え、新たにリアビジョン(後席モニター)との前後座席
         コミュニケーション機能やカーアロマ(フレグランスユニット)の制御にも対応しています。また、『Big-Xシ
         リーズ』はJDパワー社による顧客満足度調査で4年連続No.1、オートサウンドウェブによるカーオーディオ評
         価においても4年連続で最高位のゴールドアワードを受賞しました。
        ②海外市販向け車種専用トータルカーライフソリューションに対し、欧州EISA(                                       E uropean    I maging    and  S ound
         A ssociation)年間最優秀賞と北米CES                  Innovation      Awardsを相次いで受賞しました。新たに開発した車両BUSシ
         ステムとの連携、ライトバー・サスペンション・トノーカバー・ウインチ等のトラックアクセサリ操作機能に
         高い評価をいただきました。
        ③中国の大手ソフトウェア開発会社であるNEUSOFT                        CORPORATIONと、自動車のインテリジェント化、インターネッ
         ト化や新エネルギー化におけるソフトウェア開発及び関連技術開発を目的とした合弁会社NRAを設立しました。
         拡大を続ける中国市場において、電気自動車などのバッテリパッケージ管理とインテリジェントチャージの重
         要技術、画像認識やセンサーとの融合を中核技術とする高度な運転支援システム、自動運転の重要技術、及
         び、クラウドプラットフォームベースのテレマティクス、コネクティッドカーなどの分野で研究開発を進め、
         事業化を図っていきます。
        ④Airbiquity社と        『 アルパインコネクト         』 を共同開発しました。アルパイン製ヘッドユニットから海外で人気の
         高いスマホアプリ(Yelp、Spotify、iHeartRadio、Glymse、等)を操作可能な新しいサービスを実現しまし
         た。
        当事業における研究開発費の金額は170億円です。
                                  17/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社が判断したものです。
       (1)  重要な会計方針及び見積り
         当社グループ(当社及び連結子会社)の連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計
        の基準に準拠して作成されています。
         この連結財務諸表の作成に際し、連結決算日における資産・負債の数値及び連結会計年度の収益・費用の数値に
        影響を与える会計上の見積りを用いています。この会計上の見積りは、過去の実績や状況に応じ合理的と考えられ
        る様々な要因に基づき行っています。実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる
        場合があります。
         当社は、特に以下の会計上の見積りが、当社グループの連結財務諸表に重要な影響を与えるものと考えていま
        す。
        ①たな卸資産及び有価証券の評価
         たな卸資産は原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しています。時価のない
        有価証券は原価法を採用し、その価値が帳簿価額より50%以上下落した場合は評価損を計上しています。時価のあ
        る有価証券は時価法を採用し、その価値の下落が原則30%以上の場合は、評価損を計上しています。
         たな卸資産では顧客の将来需要の減少等に伴う陳腐化及び正味売却価額の低下、有価証券では将来の景気変動等
        によって投資先が業績不振になった場合、評価損の計上が必要となる可能性があります。
        ②繰延税金資産
         繰延税金資産については、回収可能性があると判断できる金額に減額するため評価性引当額を計上しています。
        繰延税金資産の回収可能性を判断するにあたっては、将来の課税所得等を考慮しています。
         繰延税金資産の全部または一部を、将来回収できないと判断した場合、当該判断を行った会計年度に繰延税金資
        産の調整額を税金費用として計上します。同様に、計上額を上回る繰延税金資産が回収可能であると判断した場合
        は、当該判断を行った会計年度の税金費用を減少します。
        ③退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
         従業員の退職給付に備えるため、当社グループは会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づ
        き、退職給付費用及び退職給付に係る負債、退職給付に係る資産の計上を行っています。退職給付費用及び退職給
        付債務は、数理計算上で設定される前提条件や年金資産の長期期待運用収益率等に基づいて算出されています。こ
        の前提条件には割引率、退職率、死亡率、脱退率、昇給率等が含まれています。
         この前提条件の変更等があった場合には、将来期間における退職給付費用及び退職給付債務に影響を及ぼすこと
        があります。
        ④製品保証引当金
         製品のアフターサービスによる支出に備えるため、当社グループは過去の実績と個別見積り額に基づき製品保証
        引当金を計上しています。
        ⑤固定資産の減損
         当社グループの保有する固定資産について、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、減損処理の要否を検
        討しています。
         将来、事業損益見込みの悪化等があった場合には、将来キャッシュ・フローや回収可能価額が減少し、減損損失
        を計上する可能性があります。
       (2)  当連結会計年度の経営成績の分析
        ①概況
         当連結会計年度におけるわが国経済は、円安による輸出関連企業の業績改善や個人消費の回復、訪日外国人の購
        買需要に支えられ、景気は緩やかな拡大を続けました。また、米国は雇用情勢や個人消費が堅調に推移するなか金
        融政策の正常化を進め、欧州は難民問題やテロなど様々なリスクを抱えつつも回復の兆しが見え始めました。一
        方、中国やブラジルなど新興国では景気の減速が懸念され、期後半より世界経済の先行き不透明感がいっそう強ま
        りました。
         カーエレクトロニクス業界は、原油安による米国自動車市場の新車販売好調に加え、自動車の高機能化による電
        子化の加速や、車載機器とスマートフォンとの機能融合に伴いナビゲーションやディスプレイ製品を核としたイン
        フォテインメントシステムの需要が高まり、市場が拡大しました。しかしながら、世界最大規模となった中国自動
        車市場に減速感が見られたほか、欧州大手自動車メーカーによるディーゼル車排気ガス不正問題が発覚するなど、
        当業界に与える影響が懸念されました。
         このような状況下、当社グループはビジネス拡大を図るため、自動車メーカーに対する技術提案を強化し受注確
        保に努めるとともに、新規受注を獲得した自動車メーカー向けビジネスの製品開発を加速させました。また、タイ
        や中国、インドネシアで開催されたモーターショーに出展し、ナビゲーションを核とした車種専用ソリューション
        の訴求を図りました。更に東京モーターショーでは、ADAS(先進運転支援システム)に対応した次世代車載システ
        ムの近未来コックピットコンセプトモデルを展示、高機能かつ高付加価値製品を提案し、自動車産業におけるカー
                                  18/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        エレクトロニクス技術の役割拡大と重要性を提示しました。しかしながら、売上が減少したことに加え、製品モデ
        ルミックスも悪化したため、利益が減少しました。
         この結果、当連結会計年度の業績は、連結売上高2,730億円(前期比7.3%減)、営業利益54億円(前期比52.8%
        減)、経常利益61億円(前期比58.9%減)となり、親会社株主に帰属する当期純利益については、中国の持分法適
        用会社の事業再編に伴う売却益を特別利益に計上したことから106億円(前期比15.8%減)となりました。
         なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号2013年9月13日)等を適用
        し、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としています。
        ②売上高
         売上高は、2,730億円を計上しましたが、前連結会計年度に比べ215億円の減少(前連結会計年度比7.3%減少)
        となりました。
         セグメント別では、音響機器事業の売上高は528億円となり、前連結会計年度に比べ100億円の減少(前連結会計
        年度比16.0%減少)となりました。情報・通信機器事業の売上高は2,202億円となり、前連結会計年度に比べ114億
        円の減少(前連結会計年度比4.9%減少)となりました。
         主な減少の要因は、前連結会計年度に比べ、米ドルが円安に進行し115億円増加した一方で、純売上高が330億円
        減少したことによります。
        ③営業利益
         営業利益は、54億円を計上し、60億円の減少(前連結会計年度比52.8%減少)となりました。
         主な減少の要因は、純売上高の減少によるものです。
        ④経常利益
         経常利益は、61億円を計上し、88億円の減少(前連結会計年度比58.9%減少)となりました。主な減少の要因
        は、営業利益の減少と為替変動による為替差損益などによるものです。
        ⑤税金等調整前当期純利益
         税金等調整前当期純利益は、222億円を計上し、60億円の増加(前連結会計年度比37.2%増加)となりました。
        主な増加の要因は、関係会社株式売却による特別利益156億円等によるものです。
        ⑥法人税等
         法人税等は、前連結会計年度の33億円に対して、当連結会計年度は112億円となりました。主な増加の要因は、
        関係会社株式売却益計上に伴う法人税の増加39億円及び海外現地法人納税額の増加等によるものです。
        ⑦親会社株主に帰属する当期純利益
         親会社株主に帰属する当期純利益は、106億円を計上し、20億円の減少(前連結会計年度比15.8%減少)となり
        ました。1株当たり当期純利益は、155.14円(前連結会計年度における1株当たり当期純利益は183.42円)となり
        ました。
       (3)  経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社グループを取り巻く事業環境は、新製品開発競争や価格競争の激化など厳しさを増しています。特に、グロ
        -バル競争が激化する自動車メーカーからのコストダウン・高品質化並びに技術開発力強化の要請が高まってきて
        います。この要請に応えるため、当社グループは本社機能の体質強化と、グローバルな収益・コストの構造改革及
        び開発・調達・生産・販売体制の強化を加速させ、事業基盤の確立に取り組んでいます。
         また、当社グループは海外依存度が比較的高いため、為替変動により影響を受ける可能性があります。このた
        め、為替先物予約等による為替ヘッジや円建て取引の拡大など、為替タフネス強化施策を推進しています。
         詳細については、「4 事業等のリスク」を参照下さい。
       (4)  経営戦略の現状と見通し
         カーエレクトロニクス業界においては、音響機器製品では、引き続き最新デジタル機器と連動した商品の需要拡
        大が見込まれ、また、情報通信機器製品では、自動車の情報端末化や運転支援・自動運転技術などが進展するな
        か、インフォテインメントシステムは、カメラシステム、センサーなどを活用した安全機能との連携が重要性を増
        し、より新たな車載インフォテイメント製品への拡大が期待されています。一方で、価格競争・開発競争は業界を
        超えて激しさを増しており、自動車メーカー向けについては、相次ぐリコール問題等の影響もあり、品質・価格・
        納期に対する要請も厳しさを増しています。
         このような状況下、当社グループは、特にソフト開発力強化を経営上の重要課題と認識し、日・米・欧・中の4
        極のソフトウエア技術開発体制を構築するとともに、資本参加したベンチャー企業、アライアンスを通じ、コア技
        術の更なる深耕及び、研究開発投資の効率化を図っています。昨年11月には、中国NEUSOFT                                          CORPORATIONとの合弁
        会社NEUSOFT      REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY      (SHANGHAI)CO.,         LTD.を設立し、多様化する中国や新興国市場の変
        化にも対応できるよう積極的な取り組みを進めています。また親会社であるアルプス電気株式会社との連携強化に
        取り組んでおり、先進のコンシューマーエレクトロニクス技術やADAS(先進運転支援システム)のコアとなるデバ
        イスと車載機器との融合を図り、自動車メーカー向けに車載情報システムのトータルソリューションの提供をめざ
        し取り組んでいます。
        また販売面では、引き続きスマートフォンと連動した新製品の投入や、国内からスタートした車種専用ビジネスを
        全世界に展開することで差別化を図り、市販ビジネスの拡大に努めています。自動車メーカー向けビジネスにおい
                                  19/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ても、顧客向けに技術展を開催し、高度化・複合化する車載情報機器を提案し、新規受注の獲得に引き続き努めて
        います。
       (5)  資本の財源及び資金の流動性についての分析
        ①資産、負債及び純資産の状況
         当連結会計年度末における総資産については、現金及び預金の減少68億円、受取手形及び売掛金の減少54億円、
        たな卸資産の減少5億円、繰延税金資産(短期)の減少15億円、その他流動資産の増加18億円、有形固定資産の減
        少15億円、投資有価証券の減少76億円、出資金の増加147億円等により、前連結会計年度末比61億円減少の2,051億
        円となりました。
         負債については、支払手形及び買掛金の減少17億円、未払費用の減少32億円、未払法人税等の減少20億円、退職
        給付に係る負債の増加8億円等により、前連結会計年度末比57億円減少の613億円となりました。
         純資産については、利益剰余金の増加82億円、自己株式の取得による減少7億円、為替換算調整勘定の減少67億
        円、退職給付に係る調整累計額の増加による減少10億円等により、前連結会計年度末比4億円減少の1,438億円と
        なりました。
        この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末比1.8ポイント増加の69.2%となりました。
        ②キャッシュ・フローの状況
         「1 業績等の概要 (2)             キャッシュ・フローの状況」を参照下さい。
       (6)  経営者の問題認識と今後の方針について
         世界経済は、米国では雇用情勢や個人消費が堅調に推移し、欧州でも難民問題やテロなど様々なリスクを抱えつ
        つも回復の兆しが見え始めていますが、前期後半からみられる中国やブラジルなど新興国の景気の減速が、世界経
        済の先行きを一層不透明なものとしています。また、思いもよらぬ自然災害や国際テロなど、世界経済に影響する
        地政学的リスクが顕在化するなど、依然として経営環境は不透明な状況にあります。
        またカーエレクトロニクス業界においては、車載機器とスマートフォンとの融合や自動車の情報端末化、運転支
        援・自動運転技術などが進展するなか、インフォテインメントシステムは、カメラシステム、センサーなどを活用
        した安全機能との連携が重要性を増しており、こうした動向は自動車産業のビジネスモデルのみならず、社会や消
        費者のライフスタイルも一遍させる可能性を秘め、それらに対する技術革新やビジネスモデル・商品形態の変化、
        価格競争力の強化が経営上の重要課題になっています。
         このような状況下において、当社グループでは2013年度に2020年にむけた新たな企業ビジョン『VISION2020』を
        策定、また2014年度からスタートした第13次中期事業計画では、基本方針として「VISION2020の実現にむけた成長
        基盤の構築」を掲げ、次の戦略をもとに諸施策を推進し、新たな価値の創造、経営体質の強化及び収益の向上を図
        り、企業価値の増大を目指しています。
         ①  市場規模が拡大する情報通信機器事業に引き続き積極的な研究開発投資を実施し、ソフトウエア開発力の強
          化やコア技術を更に深耕するとともに、クラウドサービスなどと融合した安全かつ快適に利用できる商品の
          開発、新しいHMI(ヒューマンマシンインターフェイス)、ADAS(先進運転支援システム)の研究開発、及び
          次世代の車載プラットフォーム開発におけるアライアンスなどを推進し、事業基盤の確立を図ります。
         ②  価格競争の激化・厳しい品質要求に対応するため、全社をあげて製品設計構造の改革、「桁違いの搬入・市
          場品質」活動に取り組むとともに、グローバル生産拠点においては、現地部品調達や部品加工から完成まで
          の一貫生産体制を拡充し、価格競争力の強化を図ります。
         ③  グローバル・ベース(日本、米州、欧州、中国、アジア)で開発・調達・生産・販売の各機能を拡充し、顧
          客満足度の向上と収益・コストの構造改革に取り組みます。
         ④  企業活動に関するリスクの多様化や社会的価値の創出を高めるため、CSR委員会において危機管理及び情報管
          理体制等の強化を図ります。
                                  20/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループは、新製品の開発・生産革新の推進・品質の向上等を目的として設備投資を行っています。
        当連結会計年度は生産設備の更新や合理化を目的とした機械装置の他、新製品の金型を中心に7,494百万円の設備
       投資を実施しました。
        セグメント毎の設備投資状況は、次のとおりです。
       (1)  音響機器事業
         提出会社においては、金型を中心とした有形固定資産に390百万円、ソフトウェアに122百万円の投資を行いま
        した。また、米州生産拠点であるALPINE                   ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.では190百万円、ALCOM             ELECTRONICOS       DE
        MEXICO,    S.A.   DE  C.V.では104百万円、欧州生産拠点のALPINE                     ELECTRONICS      MANUFACTURING       OF  EUROPE,    LTD.では
        88百万円、アジア・オセアニア生産拠点であるALPINE                         TECHNOLOGY      MANUFACTURING       (THAILAND)      CO.,   LTD.では362
        百万円の生産設備の投資を行いました。また、中国販売開発拠点であるALPINE                                     ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.
        では78百万円の投資を行いました。
         当事業における設備投資の金額は1,648百万円です。
       (2)  情報・通信機器事業
         提出会社においては、新製品開発及び生産の合理化を目的として、有形固定資産に1,544百万円、ソフトウェア
        に482百万円の投資を行いました。また、米州生産拠点であるALPINE                                ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.では486百万
        円、ALCOM     ELECTRONICOS       DE  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.では320百万円、欧州生産拠点であるALPINE                       MANUFACTURING       OF
        EUROPE,    LTD.では756百万円、中国生産拠点であるDALIAN                       ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.では570百万円の生産設
        備の投資を行いました。また、中国販売開発拠点であるALPINE                             ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.では248百万円、
        国内販売拠点であるアルパインマーケティング(株)では546百万円の投資を行いました。
         当事業における設備投資の金額は5,845百万円です。
                                  21/105













                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
       (1)  提出会社
                                                   2016年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)

                                                         従業
        事業所名        セグメントの
                        設備の内容                                 員数
                                    機械装置     工具器具      土地
        (所在地)          名称
                               建物及び
                                     及び    備品及び      (面積     合計     (人)
                               構築物
                                    運搬具      金型     千㎡)
                音響機器事業
                        生産設備・
     いわき事業所           情報・通信                                3,288          1,018
                        研究開発・         2,424      265    2,897          8,875
     (福島県いわき市)           機器事業                                (318)           (7)
                        その他設備
                全社共通
                音響機器事業
                                                 -
     本社・国内営業所他                  研究開発・                                   104
                情報・通信                  5     0     5          11
     (東京都品川区他)                  その他設備                         ( - )
                機器事業
       (2)  国内子会社

                                                   2016年3月31日現在
                                          帳簿価額(百万円)

                                                          従業
               事業所名       セグメント       設備の
       会社名                                                  員数
                                   建物   機械装置     工具器具      土地
               (所在地)        の名称       内容
                                                          (人)
                                   及び     及び    備品及び     (面積     合計
                                   構築物     運搬具     金型    千㎡)
     アルパインテ        本社工場                                     151

                      情報・通信                                     60
     クノ(株)        (福島県               生産設備        119     228     40    (7)    540
                      機器事業                                    (65)
         (注)3     いわき市)                                     [3]
     アルパインマ

                      音響機器
     ニュファク        本社工場
                      事業                            353        186
     チャリング        (福島県               生産設備        210     383     24        972
                      情報・通信                            (19)        (38)
     (株)         いわき市)
                      機器事業
         (注)4
     アルパインプ                 音響機器
              本社工場                                     128
     レシジョン                 事業                                     94
              (福島県               生産設備        201     93     46    (1)    470
     (株)                 情報・通信                                     (2)
               いわき市)                                     [1]
         (注)5             機器事業
                      音響機器
     アルパイン技        本社事業所
                      事業
                            その他                              280
     研(株)        (福島県                       483     10     34    -    528
                      情報・通信
                            設備                              (4)
         (注)6     いわき市)
                      機器事業
       (3)  在外子会社

                                                   2016年3月31日現在
                                          帳簿価額(百万円)

                                                          従業
               事業所名       セグメント       設備の
       会社名                                                  員数
                                   建物   機械装置     工具器具      土地
               (所在地)        の名称       内容
                                   及び     及び    備品及び     (面積     合計    (人)
                                   構築物     運搬具     金型    千㎡)
     ALPINE
                      音響機器
              本社事業所               生産設備・
     ELECTRONICS
                      事業                            441        186
              (アメリカ               研究開発・        164    1,706      276        2,589
                      情報・通信                            (18)        (25)
     OF  AMERICA,
               トーランス市)               その他設備
                      機器事業
     INC.
     ALCOM
                      音響機器
     ELECTRONICOS
              本社工場
                      事業                             55
     DE  MEXICO,       (メキシコ               生産設備       1,446      522     64       2,088    4,576
                      情報・通信                            (67)
               レイノサ市)
     S.A.   DE  C.V.
                      機器事業
                                  22/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                          帳簿価額(百万円)
                                                          従業
               事業所名       セグメント       設備の
       会社名                                                  員数
                                   建物   機械装置     工具器具      土地
               (所在地)        の名称       内容
                                   及び     及び    備品及び     (面積     合計    (人)
                                   構築物     運搬具     金型    千㎡)
     ALPINE
              本社工場        音響機器
     ELECTRONICS
              (ハンガリー        事業                            322        963
     MANUFACTURING                       生産設備       1,284      691     365        2,664
               ビアトル        情報・通信                            (129)       (142)
     OF  EUROPE,
               バージ市)        機器事業
     LTD.
     DALIAN    ALPINE
                      音響機器
              本社工場
     ELECTRONICS
                      事業                                   1,442
              (中国               生産設備        348    1,197     1,254      -   2,800
                      情報・通信                                   (244)
     CO.,   LTD
               遼寧省大連市)
                      機器事業
         (注)7
                      音響機器

     TAICANG    ALPINE
              本社工場
                                                   -
                      事業                                    551
     ELECTRONICS
              (中国               生産設備       1,099      196     284        1,580
                                                   [82]
                      情報・通信                                    (31)
               江蘇省太倉市)
     CO.,   LTD.
                      機器事業
      (注)    1 帳簿価額には、建設仮勘定の金額を含んでいません。

         2 上記中[外書]は、連結会社以外からの賃借土地面積(千㎡)です。
         3 土地はこの他、提出会社が1千㎡を貸与しています。
         4 土地は提出会社が40千㎡を貸与しています。
         5 土地はこの他、提出会社が7千㎡を貸与しています。
         6 土地は提出会社が21千㎡を貸与しています。
         7 土地はALPINE         ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.が土地使用権62千㎡を貸与しています。
         8 現在休止中の主要な設備はありません。
         9 従業員数の(外書)は臨時従業員数です。
                                  23/105











                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)  重要な設備の新設等
                                         資金
                                    投資
               事業所名       セグメント                           完成予定
       会社名                      設備の内容       予定額         着手年月           摘要
                                         調達
               (所在地)        の名称                           年月
                                   (百万円)
                                         方法
             いわき事業所        音響機器事業                                 新製品・

                             生産設備・
                                             2016年      2017年 
                                         自己
     提出会社        (福島県        情報・通信機       研究開発・                           増産
                                     2,409
                                         資金
                                             4月     3月
                             その他設備
              いわき市)        器事業                                 合理化等
     ALPINE

                      音響機器事業                                 新製品・
             本社工場
     ELECTRONICS
                                             2016年      2017年 
                                         自己
                      情報・通信機       生産設備         975                  増産
             ( ハンガリー
     MANUFACTURING
                                         資金
                                             4月     3月
             ビアトルバージ市       )
                      器事業                                 合理化等
     OF EUROPE,   LTD.
     DALIAN    ALPINE

             本社工場        音響機器事業                                 新製品・
                                             2016年      2017年 
                                         自己
     ELECTRONICS        (中国        情報・通信機       生産設備         696                  増産
                                         資金
                                             4月     3月
     CO.,   LTD      遼寧省大連市)        器事業                                 合理化等
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  24/105













                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 160,000,000
                  計                               160,000,000
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在             提出日現在         上場金融商品取引所名又
       種類        発行数(株)            発行数(株)         は登録認可金融商品取引                 内容
              (2016年3月31日)            (2016年6月22日)           業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数

      普通株式          69,784,501            69,784,501
                                       (市場第一部)              100株
        計         69,784,501            69,784,501             -            -

       (2)【新株予約権等の状況】

      ①第1回 新株予約権           (株式報酬型ストック・オプション)
       定時株主総会の決議日(2014年6月19日)
                                  事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2016年3月31日)               (2016年5月31日)
      新株予約権の数(個)                              204               同左
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -               -
      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左
                                  20,400 (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                             同左
                                (1単元株式数 100株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1株当たり1                 同左
                                 自  2014年8月6日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                                 至  2054年8月5日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の                         発行価格 1,418
                                                    同左
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                         資本組入額 709 (注)2
      新株予約権の行使の条件                             (注)3                同左
                              譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当社取締役会の                      同左
                              決議による承認を要する。
      代用払込みに関する事項                              -               -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                    (注)4                同左
      る事項
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
          新株予約権の目的となる株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的となる株式の数(以下、「付
         与株式数」という。)は、100株とする。
          なお、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当社が当社普通株式につき、株式分割
         (当社普通株式の株式無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合、次の
         算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使さ
         れていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、
         これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
         調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときは、その効力
         発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。ただし、剰余金の額を減少して資
         本金又は準備金を増加する議案が当社株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる場合
                                  25/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         で、当該株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、当該株
         主総会の終結の日の翌日以降これを適用する。
          また、上記の他、割当日後、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じ
         て付与株式数の調整を必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行う
         ことができる。
       2.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合は、
          これを切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
          増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       3.新株予約権の行使の条件
         ① 新株予約権者は、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日間以内(10日目が休日に当たる場合に
          は翌営業日)に限り、新株予約権を行使することができる。
         ② 上記①にかかわらず、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる分割契約若しく
          は分割計画承認の議案、当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき、当
          社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)、当該承
          認日の翌日から30日間に限り新株予約権を行使できるものとする。ただし、(注)4に定める組織再編成行為
          に伴う新株予約権の交付に関する事項に従って新株予約権者に再編対象会社の新株予約権が交付される場合
          を除くものとする。
         ③ 新株予約権者は、割り当てられた新株予約権の割当個数の全部を一括して行使するものとする。
         ④ 新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使できるものとする。
         ⑤ その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところ
          による。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日(吸
         収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につ
         き吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換
         がその効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前
         において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞ
         れの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編成行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株当たり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
          ら、新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)2に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
                                  26/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           (注)3に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           以下の(a)、(b)、(c)、(d)又は(e)の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場
          合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得す
          ることができる。
           (a)    当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
           (b)    当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
           (c)    当社が完全子会       社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
           (d)    当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
           (e)    新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承
              認を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  27/105
















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      ②第2回 新株予約権           (株式報酬型ストック・オプション)
       定時株主総会の決議日(2015年6月18日)
                                  事業年度末現在              提出日の前月末現在
                                 (2016年3月31日)               (2016年5月31日)
      新株予約権の数(個)                              136               同左
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                              -               -
      新株予約権の目的となる株式の種類                             普通株式                 同左
                                  13,600 (注)1
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                             同左
                                (1単元株式数 100株)
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                            1株当たり1                 同左
                                 自  2015年8月5日
      新株予約権の行使期間                                             同左
                                 至  2055年8月4日
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の                         発行価格 1,910
                                                    同左
      株式の発行価格及び資本組入額(円)                         資本組入額 955 (注)2
      新株予約権の行使の条件                             (注)3                同左
                              譲渡による新株予約権の取得
      新株予約権の譲渡に関する事項                        については、当社取締役会の                      同左
                              決議による承認を要する。
      代用払込みに関する事項                              -               -
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                                    (注)4                同左
      る事項
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
          新株予約権の目的となる株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的となる株式の数(以下、「付
         与株式数」という。)は、100株とする。
          なお、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当社が当社普通株式につき、株式分割
         (当社普通株式の株式無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合、次の
         算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使さ
         れていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、
         これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
         調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときは、その効力
         発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。ただし、剰余金の額を減少して資
         本金又は準備金を増加する議案が当社株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる場合
         で、当該株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、当該株
         主総会の終結の日の翌日以降これを適用する。
          また、上記の他、割当日後、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じ
         て付与株式数の調整を必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行う
         ことができる。
       2.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合は、
          これを切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
          増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       3.新株予約権の行使の条件
         ① 新株予約権者は、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日間以内(10日目が休日に当たる場合に
          は翌営業日)に限り、新株予約権を行使することができる。
         ② 上記①にかかわらず、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる分割契約若しく
          は分割計画承認の議案、当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき、当
          社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)、当該承
          認日の翌日から30日間に限り新株予約権を行使できるものとする。ただし、(注)4に定める組織再編成行為
          に伴う新株予約権の交付に関する事項に従って新株予約権者に再編対象会社の新株予約権が交付される場合
          を除くものとする。
         ③ 新株予約権者は、割り当てられた新株予約権の割当個数の全部を一括して行使するものとする。
         ④ 新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使できるものとする。
                                  28/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         ⑤ その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところ
          による。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日(吸
         収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につ
         き吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換
         がその効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前
         において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞ
         れの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編成行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株当たり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
          ら、新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)2に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           (注)3に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           以下の(a)、(b)、(c)、(d)又は(e)の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場
          合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得す
          ることができる。
           (a)    当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
           (b)    当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
           (c)    当社が完全子会       社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
           (d)    当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
           (e)    新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承
              認を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
                                  29/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                   発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
          年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                    (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2005年4月1日~
     2006年3月31日                 8,438       69,784        5,560       25,920        5,560       24,905
     (注)
      (注) 転換社債の転換による増加です。
       (6)【所有者別状況】

                                                   2016年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)

                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
            地方公共     金融機関                                  計
                      取引業者      法人                その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
               -     34     43     95     221      5   4,248     4,646        -
     (人)
     所有株式数
               -   99,764     10,442     291,921     252,867        21   42,661     697,676       16,901
     (単元)
     所有株式数
               -    14.30      1.50     41.84     36.24      0.00     6.11    100.00        -
     の割合(%)
      (注)1.自己株式850,808株は「個人その他」に8,508単元、「単元未満株式の状況」に8株含まれています。
         2.上記「その他の法人」には証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれています。
                                  30/105












                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (7)【大株主の状況】
                                                   2016年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      総数に対す
                                                所有株式数
                                                      る所有株式
            氏名又は名称                       住所
                                                 (千株)
                                                      数の割合
                                                      (%)
                                                 28,215       40.43
     アルプス電気株式会社                     東京都大田区雪谷大塚町1番7号
                           オーストラリア
     STATE   STREET    BANK   CLIENT    OMNIBUS    OM04
                           338  PITT   STREET    SYDNEY    NSW  2000
                                                  2,563       3.67
      (常任代理人        香港上海銀行東京支店)
                           (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     日本トラスティ・サービス
                                                  2,451       3.51
                           東京都中央区晴海1丁目8番11号
     信託銀行株式会社         (信託口)
     NORTHERN     TRUST   CO.  (AVFC)    RE
                           イギリス
                           50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON
     IEDU   UCITS   CLIENTS    NON  LENDING
                                                  2,165       3.10
                           E14  5NT
     15PCT   TREATY    ACCOUNT
      (常任代理人        香港上海銀行東京支店)              (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     日本マスタートラスト
                                                  1,387       1.99
                           東京都港区浜松町2丁目11番3号
     信託銀行株式会社         (信託口)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK             ベルギー
                           RUE  MONTOYERSTRAAT        46,  1000   BRUSSELS
     MELLON    SA/NV   10                                      1,249       1.79
                           (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
      (常任代理人        株式会社三菱東京UFJ銀行)
                           アメリカ
     THE  BANK   OF  NEW  YORK,
                           225  LIBERTY    STREET,    NEW  YORK,   NEW  YORK
     NON-TREATY      JASDEC    ACCOUNT                                   1,155       1.66
                           10286
      (常任代理人        株式会社三菱東京UFJ銀行)
                           (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY
                           アメリカ
     505001
                           P.O.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
                                                  1,064       1.53
      (常任代理人
                           (東京都中央区月島4丁目16番13号)
      株式会社みずほ銀行決済営業部)
                           ベルギー
     THE  BANK   OF  NEW  YORK,
                           AVENUE    DES  ARTS,35    KUNSTLAAN,1040
     TREATY    JASDEC    ACCOUNT                                      950      1.36
                           BRUSSELS
      (常任代理人        株式会社三菱東京UFJ銀行)
                           (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
                           サウジアラビア
     EVERGREEN
                           P.O.   BOX  2992   RIYADH    11169
                                                   821      1.18
      (常任代理人        株式会社三菱東京UFJ銀行)
                           (東京都千代田区丸の内2丁目7番1号)
                                    -             42,023       60.22
               計
      (注)1.当社は自己株式850千株(1.22%)を保有していますが、上記大株主の状況には含めていません。
         2.2015年11月17日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、プラチナム・インベストメント・
           マネージメント・リミテッドが2015年11月10日現在で以下の株式を所有している旨が                                       記載されているもの
           の 、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には
           含めていません。
           なお、その大量保有報告書の内容は以下のとおりです。
                                                保有株券等
                                                       株券等
                                                 の数
            氏名又は名称                       住所                   保有割合
                                                        (%)
                                                 (千株)
                           オーストラリア
     プラチナム・インベストメント・
                           Level   8,  7 Macquarie     Place,
                                                株券   3,709
                                                         5.32
     マネージメント・リミテッド
                           Sydney    NSW  2000
                                  31/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (8)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2016年3月31日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                       -            -            -

     議決権制限株式        (自己株式等)

                            -            -            -
     議決権制限株式        (その他)

                            -            -            -
                      (自己保有株式)
                                        -            -
                      普通株式          850,800
     完全議決権株式        (自己株式等)
                      (相互保有株式)
                                        -            -
                      普通株式           2,000
     完全議決権株式        (その他)
                      普通株式         68,914,800          689,148           -
     単元未満株式                普通株式           16,901        -            -

     発行済株式総数                         69,784,501          -            -

     総株主の議決権                       -             689,148           -

      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権1個)含まれ
           ています。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には当社所有の自己株式8株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                   2016年3月31日現在
                                自己名義       他人名義      所有株式数       発行済株式総数

        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計       に対する所有
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)     株式数の割合(%)
     (自己保有株式)             東京都品川区西五反田
                                 850,800       -      850,800           1.22
     アルパイン(株)             1-1-8
     (相互保有株式)
                  兵庫県姫路市中地41-3                2,000      -       2,000          0.00
     アルパイン兵庫販売(株)
           計             -          852,800       -      852,800           1.22
                                  32/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (9)【ストック・オプション制度の内容】
         当社は、ストック・オプション制度を採用しており、当該制度の内容は、次のとおりです。
        ①第1回 新株予約権
      決議年月日                                     2014年6月19日
                                           当社取締役 9名
      付与対象者の区分及び人数
                                      (社外取締役及び非常勤取締役を除く)
      新株予約権の目的となる株式の種類                             (2)「新株予約権等の状況」①に記載しています。
      新株予約権の目的となる株式の数                                       同上
      新株予約権の行使時の払込金額                                       同上
      新株予約権の行使期間                                       同上
      新株予約権の行使の条件                                       同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                                       同上
      代用払込みに関する事項                                       同上
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                       同上
        ②第2回 新株予約権

      決議年月日                                     2015年6月18日
                                           当社取締役 10名
      付与対象者の区分及び人数
                                      (社外取締役及び非常勤取締役を除く)
      新株予約権の目的となる株式の種類                             (2)「新株予約権等の状況」②に記載しています。
      新株予約権の目的となる株式の数                                       同上
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                             同上
      新株予約権の行使期間                                       同上
      新株予約権の行使の条件                                       同上
      新株予約権の譲渡に関する事項                                       同上
      代用払込みに関する事項                                       同上
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                       同上
        ③第3回 新株予約権

      決議年月日                                     2016年6月22日
                                           当社取締役 10名
      付与対象者の区分及び人数
                                 (監査等委員である取締役及び非業務執行取締役を除く)
      新株予約権の目的となる株式の種類                                       普通株式
                                 700個を    各事業年度に係る当社定時株主総会の日から1年
                                 以内の日に発行する新株予約権の上限とする。なお、各
      新株予約権の目的となる株式の数
                                 新株予約権の目的である株式の数は、新株予約権1個当
                                 たり100株とする。 (注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                                      1株当たり1
                                 新株予約権を割り当てる日の翌日から40年以内の範囲
      新株予約権の行使期間
                                 で、当社取締役会で定める期間とする。
                                             (注)3
      新株予約権の行使の条件
                                 譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                 の承認を要する。
                                              -
      代用払込みに関する事項
                                             (注)4
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                  33/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
          新株予約権の目的となる株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的となる株式の数(以下、「付
         与株式数」という。)は、100株とする。
          なお、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当社が当社普通株式につき、株式分割
         (当社普通株式の株式無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)又は株式併合を行う場合、次の
         算式により付与株式数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使さ
         れていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、
         これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
          調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日(基準日を定めないときは、その効
         力発生日)以降、株式併合の場合は、その効力発生日以降、これを適用する。ただし、剰余金の額を減少して
         資本金又は準備金を増加する議案が当社株主総会において承認されることを条件として株式分割が行われる場
         合で、当該株主総会の終結の日以前の日を株式分割のための基準日とする場合は、調整後付与株式数は、当該
         株主総会の終結の日の翌日以降これを適用する。
          また、上記の他、割当日後、当社が合併、会社分割又は株式交換を行う場合及びその他これらの場合に準じ
         て付与株式数の調整を必要とする場合、当社は、当社取締役会において必要と認める付与株式数の調整を行う
         ことができる。
       2.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場合は、
          これを切り上げるものとする。
         ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
          増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       3.新株予約権の行使の条件
         ① 新株予約権者は、当社の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日間以内(10日目が休日に当たる場合に
          は翌営業日)に限り、新株予約権を行使することができる。
         ② 上記①にかかわらず、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる分割契約若しく
          は分割計画承認の議案、当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき、当
          社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)、当該承
          認日の翌日から30日間に限り新株予約権を行使できるものとする。ただし、(注)4に定める組織再編成行為
          に伴う新株予約権の交付に関する事項に従って新株予約権者に再編対象会社の新株予約権が交付される場合
          を除くものとする。
         ③ 新株予約権者は、割り当てられた新株予約権の割当個数の全部を一括して行使するものとする。
         ④ 新株予約権者が死亡した場合は、相続人がこれを行使できるものとする。
         ⑤ その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」に定めるところ
          による。
       4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下「組織再編成行為」という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日(吸
         収合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社成立の日、吸収分割につ
         き吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社成立の日、株式交換につき株式交換
         がその効力を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前
         において残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞ
         れの場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」とい
         う。)の新株予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権
         を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計
         画において定めることを条件とする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編成行為の条件等を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
                                  34/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記③
          に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株当たり1円とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編成行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
          ら、新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)2に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑧ 新株予約権の行使の条件
           (注)3に準じて決定する。
         ⑨ 新株予約権の取得条項
           以下の(a)、(b)、(c)、(d)又は(e)の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場
          合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得す
          ることができる。
           (a)    当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
           (b)    当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
           (c)    当社が完全子会       社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
           (d)    当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
           (e)    新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承
              認を要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得すること
              についての定めを設ける定款の変更承認の議案
                                  35/105












                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                                 株式数    (株)            価額の総額      (円)
               区分
      取締役会(2015年4月27日)での決議状況
      (取得期間 2015年5月1日~                                  350,000              700,000,000
            2015年7月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                    -                -
      当事業年度における取得自己株式                                  274,900              699,912,996

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                  75,100                87,004

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                   21.5                 0.0
      当期間における取得自己株式                                    -                -

      提出日現在の未行使割合(%)                                   21.5                 0.0
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                                 株式数    (株)            価額の総額      (円)
               区分
      当事業年度における取得自己株式                                    363              695,248
      当期間における取得自己株式                                    -                -

      (注)   当期間における取得自己株式には、2016年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式は含まれていません。
                                  36/105











                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                  当事業年度                 当期間
               区分
                               株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                               (株)        (円)        (株)        (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                  -        -        -        -
      取得自己株式
      その他
                                3,600      5,956,522            -        -
       (注)
      保有自己株式数                          850,808           -        -        -
      (注)   当事業年度の内訳は、役員の退任に伴うストック・オプションの権利行使2,300株、及び従業員に対する売渡し
        1,300株です。
        なお、当期間における保有自己株式の保有状況には、2016年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの株式の
        買取りは含まれていません。
                                  37/105















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        連結業績をベースに「株主への利益還元」、「競争力強化のための積極的な研究開発投資」、「将来の事業成長に
       向けての内部留保」の3つのバランスを考慮して決定することを基本方針としています。
        当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めており、毎事業年度における
       剰余金の配当については、第2四半期末日を基準日とする中間配当と期末配当の年2回とし、それぞれの決定機関
       は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会または取締役会としています。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。
                    配当金の総額       (百万円)      1株当たり配当額         (円)

          決議年月日
       2015年10月29日
                            1,033              15
       取締役会決議
       2016年6月22日
                            1,034              15
       定時株主総会決議
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次         第46期         第47期         第48期         第49期         第50期
       決算年月         2012年3月         2013年3月         2014年3月         2015年3月         2016年3月

       最高(円)             1,200         1,129         1,568         2,155         2,729

       最低(円)              796         597         832        1,158         1,125
      (注) 株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

                2015年                       2016年
        月別
                 10月        11月        12月        1月        2月        3月
       最高(円)           1,678        1,735        1,929        1,932        1,470        1,357
       最低(円)           1,308        1,520        1,498        1,278        1,125        1,200
      (注) 株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。
                                  38/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性14名 女性1名 (役員のうち女性の比率                      6.7%)
                                                          所有
       役名      職名      氏名      生年月日                             任期
                                         略歴                株式数
                                                         (千株)
                               1974年4月     当社  入社
                               2004年6月
                                    同 取締役
                                    同 米州担当
                               2008年6月
                                    同 常務取締役
                                    同 技術・開発統括
                               2009年6月
                                    同 専務取締役
     代表取締役      会長      宇佐美       徹  1950年5月15日生                              (注)4     10
                               2010年6月
                                    同 代表取締役社長
                               2014年6月
                                    ALPINE   ELECTRONICS     (CHINA)   CO.,  LTD.
                                      董事長   (現任)
                               2015年6月
                                    NEUSOFT   CORPORATION董事       (現任)
                               2016年6月
                                    当社  代表取締役会長      (現任)
                               1981年4月     アルプス電気(株)       入社
                               2004年6月
                                    同 取締役
                               2009年6月
                                    同 常務取締役
                               2009年10月
                                    同 MMP事業本部生産準備・資材担当
                               2010年1月
                                    同 品質担当
                 米 谷   信 彦
     代表取締役      社長             1955年9月20日生                              (注)4      3
                               2011年6月
                                    同 管理本部長
                               2012年6月
                                    同 専務取締役
                               2015年6月
                                    当社  専務取締役
                                    同 管理担当
                               2016年6月
                                    同 代表取締役社長      (現任)
                               1977年4月     当社  入社
                               2000年6月
                                    同 取締役
                               2003年4月
                                    同 AVNC開発担当
                               2003年6月
                                    同 常務取締役     (現任)
                                    同 技術・開発統括      兼 AVNC開発担当
                               2007年1月
                 梶   原      仁               同 欧州担当
     常務取締役      管理担当             1954年11月23日生                              (注)4     13
                               2011年6月
                                    同 品質保証・環境担当
                               2013年6月
                                    同 生産・購買担当
                               2015年6月
                                    同 生産・購買・品証統括
                               2016年1月
                                    同 生産・購買・品証担当
                               2016年6月
                                    同 管理担当    (現任)
                               1984年10月     当社  入社
                               2009年4月
                                    同 理事  中国支配人
                               2011年6月
                                    同 取締役
                 水 野   直 樹
     常務取締役      営業担当             1955年2月17日生                              (注)4      5
                                    同 中国担当
                               2014年6月
                                    同 営業担当    (現任)
                               2015年6月
                                    同 常務取締役     (現任)
                               1986年4月     当社  入社
                               2010年6月
                                    同 取締役
                                    同 製品開発担当
           技術・開発
                               2015年6月
                                    同 技術・開発副統括
                 遠 藤   浩 一
     常務取締役                  1961年4月17日生                              (注)4      5
           担当
                               2016年1月
                                    同 先行開発担当
                               2016年6月
                                    同 常務取締役     (現任)
                                    同 技術・開発担当      (現任)
                                  39/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名      生年月日                             任期
                                         略歴
                                                         株式数
                                                         (千株)
                               1997年8月     当社  入社
                               2009年7月
                                    同 理事  国際OEM担当
                               2010年6月
                                    同 取締役   (現任)
                                    同 営業担当
                               2014年6月
                                    同 欧州担当
           米州・欧州
                 小 林   俊 則
     取締役                  1960年1月14日生                              (注)4      3
                                    ALPINE   ELECTRONICS     (EUROPE)    GmbH
           担当
                                      取締役社長     (現任)
                               2015年6月
                                    当社  米州・欧州担当      (現任)
                               2015年7月
                                    ALPINE   ELECTRONICS     OF AMERICA,    INC.
                                      取締役会長     (現任)
                               1981年4月     当社  入社
                               2010年7月
                                    同 理事  OEM製品開発副担当
                               2013年6月
                                    同 取締役   (現任)
           品質・環境
                 田 口   周 二
     取締役                  1958年11月17日生                              (注)4      3
           担当                          同 OEM製品開発担当
                               2016年1月
                                    同 共通技術担当
                               2016年6月
                                    同 品質・環境担当      (現任)
                               2004年3月     当社  入社
                               2012年7月
                                    同 理事  共通開発副担当
                               2013年4月
                                    同 理事  サウンド・メディア製品開発担当
     取締役      製品設計担当      池 内   康 博  1957年2月20日生                              (注)4      3
                               2014年6月
                                    同 取締役   (現任)
                                    同 中国担当
                               2016年1月
                                    同 製品設計担当      (現任)
                               1980年4月     当社  入社
                               2013年7月
                                    同 理事  生産・購買副担当
                               2015年3月
                                    DAESUNG   ELTEC   CO.,  LTD.理事(現任)
           生産・
                 河原田    陽司
     取締役                  1958年1月1日生                              (注)4      6
                               2015年6月
           資材担当                          当社  取締役   (現任)
                                    同 生産・購買担当
                               2016年6月
                                    同 生産・資材担当      (現任)
                               1983年4月     アルプス電気(株)       入社
                               2013年4月
                                    同 車載モジュール事業担当
                                      兼 技術本部副本部長
           製品設計
                 井 上   伸 二
     取締役                  1959年8月22日生
                                                      (注)4
                                                           -
                               2013年6月
                                    同 取締役
           副担当
                               2016年6月
                                    当社  取締役   (現任)
                                    同 製品設計副担当      (現任)
                               1972年4月     シャープ(株)      退職
                                    アルプス電気(株)       入社
                               1985年6月
                                    同 常務取締役
                               1986年6月
                 片 岡   政 隆               当社  取締役   (現任)
     取締役                  1946年6月30日生                              (注)4     50
                               1986年10月
                                    アルプス電気(株)       専務取締役
                               1988年6月
                                    同 代表取締役社長
                               2012年6月
                                    同 代表取締役会長      (現任)
                                  40/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名      職名      氏名      生年月日                             任期
                                         略歴
                                                         株式数
                                                         (千株)
                               1975年4月     当社  入社
                               2008年7月
                                    同 理事  生産・購買副担当
                               2009年6月
                                    同 取締役
     取締役
                                    同 生産・購買担当
                 森 岡   洋 史
                        1952年8月6日生                              (注)5      5
     監査等委員
                               2010年6月
                                    同 常務取締役
                               2013年6月
                                    同 技術・開発統括
                               2016年6月
                                    同 取締役   監査等委員     (現任)
                               1980年3月     公認会計士登録
                               1995年5月     太田昭和監査法人代表社員
                               2000年5月     監査法人太田昭和センチュリー常任理事
                               2006年5月     新日本監査法人副理事長
                               2010年9月     新日本有限責任監査法人
                                      シニアアドバイザー        (2011年6月退任)
                               2011年6月
                                    当社  社外監査役
     取締役
                 小 島   秀 雄
                        1948年11月30日生                              (注)5
                                                           -
                                    住友重機械工業(株)        社外監査役
     監査等委員
                                      (2015年6月退任)
                                    小島秀雄公認会計士事務所開設            (現任)
                               2013年6月
                                    (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ
                                      社外監査役     (2015年6月退任)
                               2015年6月
                                    住友重機械工業(株)        社外取締役     (現任)
                               2016年6月
                                    当社  取締役   監査等委員     (現任)
                               1994年4月     弁護士   登録
                                    森綜合法律事務所
                                      (現  森・濱田松本法律事務所)          入所
                               1997年6月
                                    Linklaters     (ロンドン)     出向
                               2007年3月
                                    森・濱田松本法律事務所退所
     取締役
                               2007年4月
                                    末吉綜合法律事務所
                 長谷川    聡子
                        1968年11月27日生
                                                      (注)5
                                                           -
     監査等委員
                                      (現  潮見坂綜合法律事務所)         開設  (現任)
                               2014年6月
                                    当社  社外取締役
                                    (株)朝日ネット社外取締役           (現任)
                               2015年6月
                                    白銅(株)社外監査役        (現任)
                               2016年6月
                                    当社  取締役   監査等委員     (現任)
                               1987年4月     弁護士登録
                                    柳田野村法律事務所
                                      (現  柳田国際法律事務所)         入所  (現任)
                               2004年6月
                                    日本製紙(株)社外監査役          (2012年6月退任)
     取締役
                 柳 田   直 樹  1960年2月27日生
                                                      (注)5
                                                           -
                               2014年6月
                                    当社  社外監査役
     監査等委員
                                    損保ジャパン日本興亜ホールディングス(株)
                                      社外監査役     (現任)
                               2016年6月
                                    当社  取締役   監査等委員     (現任)
                               計                            107
      (注)1      2016年6月22日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監
           査等委員会設置会社に移行しています。
         2   監査等委員である取締役            小島秀雄、長谷川聡子及び柳田直樹は社外取締役です。
         3   当社の監査等委員会の体制については次のとおりです。
           委員長    小島秀雄、委員        森岡洋史、委員        長谷川聡子、委員         柳田直樹
           なお、森岡洋史は、常勤の監査等委員です。
         4   2016年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         5   2016年6月22日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
                                  41/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①基本的な考え方
         当社グループは、当社の親会社であるアルプス電気株式会社を中心としたアルプスグループに属しており、車載
        情報機器事業を行っています。
         アルプスグループでは、コーポレート・ガバナンスの定義を、「企業価値を増大するため、経営層による適正か
        つ効率的な意思決定と業務執行、並びにステークホルダーに対する迅速な結果報告、及び健全かつ効率的で透明性
        のある経営を実現する仕組みの構築・運用」としています。株主をはじめ、全てのステークホルダーの利益最大化
        が重要と考え、企業価値の最大化を図り、かつステークホルダー間の利益をバランスよく満たし、その利益を直
        接、間接的に還元することを基本としています。
        ② 会社の機関の内容
         1)会社の機関の基本説明
           当社は、2016年6月22日第50回定時株主総会をもって、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行
          しました。取締役会から独立した監査等委員会が、会計監査人や内部監査部門との緊密な連携の下、監査・監
          督機能を強化することで、一層のコーポレート・ガバナンスの強化と公正で透明性の高い経営の実現を図りま
          す。
           当社においては、機能別に組織体制を敷いていますが、相互の関連性と専門性が高いため、事業担当など事
          業に精通した取締役がお互いに意見交換を行うことにより、迅速かつ的確な意思決定や職務執行を行っていま
          す。また、互いの経営責任を明確にして相互に監督することにより、実効性の高い監督機能が発揮できると考
          えています。
         2)  取締役・取締役会
           当社の取締役会は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)11名、及び監査等委員である取締役4名
          (うち社外取締役3名)で構成され、経営の基本方針や中期経営計画を含む経営に関する重要事項を審議・決
          定するとともに、職務執行状況の監査・監督を行う機関と位置付けています。取締役会は月1回の定例開催に
          加え、必要に応じて臨時開催を行い、重要事項を全て付議し、充分な討議を経た上で決議を行っています。
           なお、取締役の選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
          を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び累積投票によらないものとする旨を定款に
          定めています。
           また、取締役会規則・細則に基づき、決議事項については法務、会計、税務及び経済合理性などについて事
          前確認を行い、取締役会決議の適法性及び合理性を確保しています。
         3)  監査等委員会
           当社の監査等委員会は、社外監査等委員が過半数を占める体制により、取締役会から独立した客観的な立場
          から適切な判断をするように努めています。また、法律の専門家である弁護士、及び会計の専門家である公認
          会計士として豊富な経験を持った社外監査等委員と当社の事業に精通した社内監査等委員が高い実効性を持っ
          て監査を行うとともに、内部監査部門と連携を図り、取締役会やその他の重要な会議の場において、経営陣に
          対して意見を述べています。更に、監査等委員会の職務の補助者を置くこととし、当該業務を担う使用人につ
          いては取締役(監査等委員である取締役を除く。)からの独立性を確保します。
         4)  会計監査人
           会計監査人については、新日本有限責任監査法人を選任しています。会計監査人は監査等委員会及び内部監
          査部門と、適時情報交換を行うことで相互の連携を深めています。
           当事業年度において業務を執行した新日本有限責任監査法人の公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の
          構成については以下のとおりです。
           (a)   業務を執行した公認会計士の氏名
              松岡寿史、花藤則保
           (b)   会計監査業務に係る補助者の構成
              公認会計士 5名、その他 17名
                                  42/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         5)  社外取締役
           当社は、取締役会の監督機能強化のため、社外取締役を3名選任しています。この3名との当社との間には
          人的関係、資本的関係又は一般株主と利益相反が生じるおそれのある取引関係その他の利害関係はありませ
          ん。社外取締役は、経営の適法性の確保に注力するとともに、全てのステークホルダーを念頭に置き、取締役
          会で積極的な意見交換や助言を行い、経営陣の選・解任及び報酬、会社と経営陣・支配株主等との間の利益相
          反の監督、その他の取締役会の重要な意思決定を通じ、経営監督の強化に努めています。また、定期的に当社
          拠点を訪問し、情報収集を行うとともに、他の取締役、従業員と情報・意見交換を行い、実効性のある監督に
          努めています。なお、社外取締役の選任については、当社の定める独立性基準を含む取締役候補者の選任基準
          に基づき判断しており、また、各氏の同意を得た上で独立役員として指定し、株式会社東京証券取引所に独立
          役員として届出ています。
           更に、社外取締役が独立した立場から経営への監視と監督を的確かつ有効に実行できるように、経営企画部
          門、内部監査部門が経営に関わる必要な資料の提供や事情説明を行う体制をとっています。
           なお、当社は会社法第427条第1項の規定に基づき、業務執行取締役ではない取締役との間において、同法
          第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結することが出来る旨を定款に定め、同契約を締結しており、
          当該契約に基づく賠償責任の限度額は法令が定める最低責任限度額としています。
         6)コンプライアンス・監査室
           当社は、代表取締役社長の直轄組織として、コンプライアンス・監査室を設置しています。このうち内部監
          査の領域では、当社及び国内外の関係会社に対する内部監査を通じて、業務の有効性と効率性を検証・評価し
          ています。監査結果は取締役会に報告するなど、牽制機能の充実を図るとともに業務改善提案も行っていま
          す。
           また、アルプスグループの監査連絡会等において、内部監査の実施状況などの監査情報及び課題を共有化し
          ています。
           更に、コンプライアンスの領域では、企業倫理、法令、社会規範及び社内規定を遵守するための業務の適正
          を確保するための体制の構築と運用の推進に取り組むとともに、経営企画室、法務部、人事総務部などの社内
          関連部門と連携して適法経営の充実を目指しています。
         7)  中期事業計画審議会
           当社では、会社方針・大綱に基づき中期事業計画を作成し、当社取締役が出席する経営計画会議を年2回開
          催し、経営計画に関する審議と情報の共有化を図った後、取締役会の承認を受ける体制になっています。これ
          に従い、月次単位の業務遂行の進捗管理を行い、経営資源の最適活用を図るため、重要事項については社内規
          定に基づき取締役会に付議した上で、業務執行が行われています。
         8)経営企画室
           経営に関する企画立案・推進に加え、CSR推進機能などを経営企画室に集約し、各種活動を横断的に推進
          しています。また、環境保全活動を推進する関連部門と緊密な連携を取り、効果的なCSR活動を推進すると
          ともに、適切な情報開示ができるよう取り組みを強化しています。
                                  43/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          コーポレート・ガバナンス体制図
        ③その他コーポレート・ガバナンスに重要な影響を与えうる特別な事情








          当社グループでは、アルプスグループのコーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方のもと、アルプス
         グループ経営規範(「グループ経営規定」、「グループコンプライアンス憲章」及び「グループ環境憲章」)の
         もとで、当社グループ全体の体制整備に努めています。また、親会社であるアルプス電気株式会社と、「グルー
         プの運営及び管理に関する契約書」を結び、グループの連携を強化する一方、自主性尊重のもと、自ら経営計画
         を立案して業績管理を行うなど自立した経営判断のもとに事業活動を展開しています。
        ④ 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況
          当社は、アルプス電気株式会社を中心とするアルプスグループの一員として、グループ創業の精神(社訓)を
         グループ経営の原点と位置付け、アルプスグループ経営規範(グループ経営規定、グループコンプライアンス憲
         章及びグループ環境憲章)のもとで、当社のコンプライアンスについての基本理念と行動指針を定めて当社及び
         当社子会社に展開しています。これを踏まえて、以下のとおり業務の適正を確保するための体制を整備します。
         1)  当社及び当社子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款適合性を確保するための体制
          (a)   当社は、法令の趣旨や社会の要請、企業倫理に基づいて公正な経営を目指し、良識と責任ある行動をと
            るため、コンプライアンスの基本理念と行動指針を宣言するとともに、その具体的内容を明確にした社内
            規定を定めます。
          (b)   当社は、利害関係のない独立した社外取締役(以下「独立社外取締役」という。)の候補者を複数選定
            します。そして、独立社外取締役が出席する取締役会において経営の方針や重要事項を審議・決定し、ま
            た各取締役の職務執行状況の監督を行うため、当社取締役会規則に決議事項及び報告事項の具体的内容・
            基準を明確に定めるとともに、このような審議・決定及び監督を行うための能力・資質を有した者が取締
            役として株主総会で選任されるよう取締役候補者の選定基準を設定します。
          (c)   当社は、取締役会決議の適法性を担保するため、上程される議案の適法性に関する確認制度を整備しま
            す。
          (d)   当社は、健全な企業風土を醸成するため、役員及び従業員に対してコンプライアンス教育を実施しま
            す。
          (e)   当社は、子会社の取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款適合性を確保するための体制として、
            当社子会社の経営に関する指導・管理を行う制度を整備します。また、当社は、子会社の状況等に応じて
            コンプライアンスに関する体制の構築とその活動を支援します。
         2)  当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理並びに当社子会社の取締役等の職務の執行に係る事項

          の当社への報告に関する体制
                                  44/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          (a)   当社は、文書管理の基本事項を社内規定に定め、取締役の職務執行に係る情報を適切に記録し、保存管
            理します。
          (b)   当社は、当社子会社の取締役等の職務の執行に関する当社への報告に関し、各社の役割・機能等を踏ま
            えた報告制度を整備します。
         3)  当社及び当社子会社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制
          (a)   当社は、グループ全体のリスクの統括的管理及び情報の共有化を図るため、リスク管理に関する社内規
            定を定め、種々のリスクに関する管理・報告の体制を整備します。
          (b)   当社は、当社子会社に関連する一定のリスクについて当社への事前協議及び報告体制を整備します。ま
            た、当社のリスク管理に関する規定に準拠して各社で体制を整備させるとともに、その状況に応じて必要
            となる支援を行います。
         4)  当社及び当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          (a)   当社は、機能別にそれぞれ担当取締役を設置して執行責任の所在を明確にするとともに、適正かつ効率
            的に職務の執行が行われる体制を構築します。
          (b)   当社は、取締役会において中期事業計画及び事業予算を審議・決定し、各取締役は、その計画に定める
            目標達成のため行動するとともに、進捗状況を取締役会において報告します。
          (c)   当社は、当社グループ全体の基本方針・戦略に基づいて、子会社の運営管理上の区分を定め、これらを
            踏まえた効率的な業務執行を確保するための体制を構築します。また、各社の状況等に応じて経営・業務
            の指導及び業績の管理を行う制度を整備します。
         5)  当社及び当社子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するためのその他の体制
          (a)   当社は、当社グループのコンプライアンスに関する基本理念と行動指針を定めて当社及び当社子会社に
            展開し、当社グループにおける共通の価値観としてこれを共有します。
          (b)   当社は、当社グループ内における取引、またアルプスグループ各社と当社グループの取引の価格につい
            て、適正な基準を設定します。
          (c)   当社は、企業倫理や社内規定及び法令に係る違反の防止、早期発見及びその是正を図るため、当社及び
            当社子会社において内部通報制度(倫理ホットライン)(以下「倫理ホットライン」という。)を設置
            し、通報窓口を定期的に周知します。
          (d)   当社の内部監査部門は、当社及び当社子会社の経営・事業に係る活動全般について監査を行い、当該内
            部監査の結果を取締役会並びに監査等委員会及び会計監査人に報告します。
          (e)   当社の監査等委員会は、当社子会社の取締役及び監査役等と意思疎通及び情報交換を図り、必要に応じ
            て子会社から事業の報告を受けます。
         6)  監査等委員会の職務を補助する使用人に関する事項
           当社は、監査等委員会の職務を補助する部署を設け、専任のスタッフ(以下「監査等委員会補助スタッフ」
          という。)を配置します。
         7)  当社の監査等委員会補助者の取締役からの独立性及び当該補助者に対する指示の実効性の確保に関する事項
          (a)   監査等委員会補助スタッフは、他の職務を兼任せず、専ら当社監査等委員会の指揮命令に従うものとし
            ます。
          (b)   当社は、常勤監査等委員の同意の下において監査等委員会補助スタッフの人事異動及び人事考課を実施
            します。
         8)  当社の取締役及び使用人が当社の監査等委員会に報告するための体制
          (a)   当社は、重大な内部不正行為や会社に著しい損害を及ぼすおそれのある重要事項について、取締役が監
            査等委員会へ報告を行います。
          (b)   当社は、重大な内部不正行為や会社に著しい損害を及ぼすおそれのある重要事項について、従業員が倫
            理ホットラインの窓口への通報を通じて、直接又は間接的に監査等委員会に報告できる体制を整備しま
            す。
         9)  当社子会社の取締役、監査役、使用人等又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査等委員会に報告を
          するための体制
          (a)   当社は、当社子会社で発生した重大な内部不正行為や会社に著しい損害を及ぼすおそれのある重要事項
            について、当該子会社の取締役・監査役が直接、又は当社の担当取締役等を通して当社の監査等委員会に
            報告する体制を整備します。
          (b)   当社は、当社子会社の従業員が倫理ホットラインの窓口への通報を通じて直接又は間接的に当社の監査
            等委員会に報告できる体制を整備します。
         10)  監査等委員会に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するた
          めの体制
           当社は、当社及び当社子会社の取締役、監査役及び従業員等が監査等委員会に対して報告・通報をしたこと
          を理由とした不利益な取扱いを社内規定等によって禁止します。
                                  45/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         11)  当社の監査等委員の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の
          前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項につ
          いて
           当社は、監査等委員の職務の執行について生ずる費用について、監査等委員の請求があった場合に、会社法
          第399条の2第4項に基づき適切に処理します。
         12)  その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保する体制
          (a)   監査等委員は、予算審議会等の重要な社内会議に出席できるなど、取締役や幹部従業員と定期及び随時
            に会合を行うこととします。
          (b)   監査等委員会は、内部監査部門及び会計監査人と緊密な連携を図るために、定期及び随時に会合を行う
            こととします。
          (c)   監査等委員会は、監査の実施上必要な場合には、外部の専門家を使用できることとします。
         13)  財務報告の適正を確保するための体制
           当社は内部統制の整備・運用状況を業務の自己点検や独立部門による評価を通じて確認したうえで、財務報
          告の信頼性に係わる内部統制の有効性について内部統制報告書に開示します。
                                  46/105
















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ⑤反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
         当社グループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切関係を持たず、更にそれ
        らからの要求を断固拒否する方針を堅持します。
        ⑥株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         当社は、機動的な配当政策及び資本政策の遂行を可能にするため、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定め
        る事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会決議によって定めることとする旨を定款で定め
        ています。
        ⑦株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めていま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の機動的な運営を可能にするこ
        とを目的としています。
        ⑧役員報酬等

         当事業年度における役員報酬等の内容は以下のとおりです。
         1)  役員の区分ごとの報酬額の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                   報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                        報酬等の総額
                                                      役員の員数
                                               ストック・
                         (百万円)
                                基本報酬        賞与
                                                       (人)
                                               オプション
         取締役    (社外取締役を除く)
                            310       241        42       25       12
         社外取締役                    8       8       -       -        1
         監査役    (社外監査役を除く)
                             25       25       -       -        2
         社外監査役                    9       9       -       -        2
          (注)   1   取締役の支給額には、従業員兼務取締役の従業員分給与は含まれていません。
             2   当事業年度末日の役員は社外取締役を除く取締役11名、社外取締役1名、社外監査役を除く監査役
               2名、社外監査役2名です。
             3   上記の賞与は当事業年度における役員賞与引当金の繰入額です。
             4   上記のストック・オプションは当事業年度における費用計上額です。
             5   上記のほか、2015年6月18日開催の第49回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名に対
               し、役員退職慰労金16百万円を支給しています。この金額には過年度において役員の報酬等に含め
               た役員退職慰労引当金の繰入額14百万円が含まれています。
         2)  取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
            株主総会の決議により、取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び監査等委員である取締役の報酬
           総額の最高限度額を定めています。
            各取締役の報酬額は、当社の定める基準に基づき、取締役会の決議により決定しています。
                                  47/105








                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ⑨提出会社の株式の保有状況
         1)  当社が純投資目的以外の目的で保有する株式の銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
               銘柄数         貸借対照表計上額の合計額
               26銘柄            12,937百万円
         2)  当社が純投資目的以外の目的で保有する投資株式及び保有目的は以下のとおりです。
           前事業年度
            特定投資株式
                                       貸借対照表計上額
                  銘柄               株式数                   保有目的
                                         (百万円)
        本田技研工業(株)                        3,600,000株            14,050     営業政策
        (株)アルプス物流                         396,000            605   物流政策
        (株)オートバックスセブン                         260,117            493   営業政策
        (株)ゼンリン                         200,000            296   資材購買及び開発政策
        DAESUNG    ELTEC   CO.,   LTD.
                                2,651,622             266   資材購買政策
        (株)イエローハット                         31,944            82   営業政策
        HYUNDAI    MOBIS   CO.,   LTD.
                                  1,531            41   営業政策
        (株)リョーサン                          6,325            18   資材購買政策
        (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ                         19,840            14   財務政策
        アイエーグループ(株)                          9,000            7  営業政策
        (株)三井住友フィナンシャルグループ                          1,260            5  財務政策
        (株)ホットマン                         10,000             5  営業政策
        フォスター電機(株)                          1,000            3  資材購買政策
        三井住友トラストホールディングス(株)                          4,839            2  財務政策
        (株)G-7ホールディングス                          2,200            2  営業政策
        (株)オートウェーブ                          5,000            0  営業政策
        AUTO   ITALIA    HOLDINGS     LTD.
                                  7,260            0  営業政策
        (注)   1   上記のうち上位5銘柄は貸借対照表計上額が当社資本金額の1%を超えています。
          2   当社が保有している特定投資株式は、上記の17社のみです。
          3   当社は、みなし保有株式を保有していません。
                                  48/105










                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度
            特定投資株式
                                       貸借対照表計上額
                  銘柄               株式数                   保有目的
                                         (百万円)
        本田技研工業(株)                        3,600,000株            11,109     営業政策
        (株)オートバックスセブン                         262,472            498   営業政策
        (株)ゼンリン                         200,000            452   資材購買及び開発政策
        (株)アルプス物流                         396,000            442   物流政策
        DAESUNG    ELTEC   CO.,   LTD.
                                2,651,622             217   資材購買政策
        (株)イエローハット                         31,944            72   営業政策
        HYUNDAI    MOBIS   CO.,   LTD.
                                  1,531            37   営業政策
        (株)リョーサン                          6,325            17   資材購買政策
        (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ                         19,840            10   財務政策
        アイエーグループ(株)                          9,000            6  営業政策
        (株)ホットマン                         10,000             ▶  営業政策
        (株)三井住友フィナンシャルグループ                          1,260            ▶  財務政策
        (株)G-7ホールディングス                          2,200            2  営業政策
        フォスター電機(株)                          1,000            2  資材購買政策
        三井住友トラストホールディングス(株)                          4,839            1  財務政策
        (株)オートウェーブ                          5,000            0  営業政策
        AUTO   ITALIA    HOLDINGS     LTD.
                                  7,260            0  営業政策
        (注)   1   上記のうち上位4銘柄は貸借対照表計上額が当社資本金額の1%を超えています。
          2   当社が保有している特定投資株式は、上記の17社のみです。
          3   当社は、みなし保有株式を保有していません。
         なお、当社には純投資目的での投資株式及び保有目的を変更した投資株式はありません。
                                  49/105











                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
               報酬(百万円)            報酬(百万円)           報酬(百万円)            報酬(百万円)
      提出会社                  53           -            58           -

      連結子会社                  -           -            -           -

         計               53           -            58           -

        ②【その他重要な報酬の内容】

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社である、ALPINE                ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.、及び他10社は当社の監査公認会計士等と
         同一のネットワークに属しているErnst                   & Young   LLP  に対して145百万円を報酬として支払っています。
         (当連結会計年度)
          当社の連結子会社である、ALPINE                ELECTRONICS      OF  AMERICA,     INC.、及び他10社は当社の監査公認会計士等と
         同一のネットワークに属しているErnst                   & Young   LLP  に対して150百万円を報酬として支払っています。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (前連結会計年度)
          該当する事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当する事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          該当する事項はありません。ただし、監査見積時間を基に、会計監査人と協議の上決定しています。
                                  50/105












                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しています。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財

        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しています。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成していま
        す。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2015年4月1日から2016年3月31日
       まで)に係る連結財務諸表及び事業年度(2015年4月1日から2016年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有
       限責任監査法人により監査を受けています。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的には、会計基準等の内容
       を適切に把握し、または会計基準等の変更等について適格に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
       人財務会計基準機構へ加入し、同財団法人の刊行物を入手しています。
                                  51/105














                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         56,150              49,282
         現金及び預金
                                         42,238              36,742
         受取手形及び売掛金
                                         21,830              20,885
         商品及び製品
                                           857             1,003
         仕掛品
                                         7,970              8,236
         原材料及び貯蔵品
                                         2,739              1,168
         繰延税金資産
                                         11,447              13,323
         その他
                                         △ 280             △ 260
         貸倒引当金
                                        142,952              130,382
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         27,151              26,863
          建物及び構築物
                                        △ 17,819             △ 18,106
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              9,331              8,756
          機械装置及び運搬具                               25,337              24,109
                                        △ 18,339             △ 17,833
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              6,998              6,275
          工具器具備品及び金型                               53,217              52,954
                                        △ 46,824             △ 46,793
            減価償却累計額
            工具器具備品及び金型(純額)                              6,393              6,160
                                        ※2 5,041             ※2 4,946
          土地
                                           199              189
          リース資産
                                          △ 66             △ 71
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               132              117
                                         1,054              1,150
          建設仮勘定
                                         28,952              27,408
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                 2,601              2,668
         投資その他の資産
                                        ※1 32,950             ※1 25,343
          投資有価証券
                                        ※1 1,485            ※1 16,246
          出資金
                                           50              14
          退職給付に係る資産
                                           732              702
          繰延税金資産
                                         1,597              2,423
          その他
                                          △ 12              △ 6
          貸倒引当金
                                         36,803              44,724
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                68,357              74,800
                                        211,309              205,182
       資産合計
                                  52/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         28,818              27,088
         支払手形及び買掛金
                                         11,819               8,553
         未払費用
                                         2,919               893
         未払法人税等
                                         2,191              2,027
         賞与引当金
                                           67              42
         役員賞与引当金
                                         5,942              5,617
         製品保証引当金
                                         6,025              6,737
         その他
                                         57,784              50,961
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,301              4,697
         繰延税金負債
                                         2,733              3,590
         退職給付に係る負債
                                           60              55
         役員退職慰労引当金
                                         2,207              2,073
         その他
                                         9,302              10,416
         固定負債合計
                                         67,086              61,377
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         25,920              25,920
         資本金
                                         24,905              24,905
         資本剰余金
                                         73,835              82,115
         利益剰余金
                                         △ 713            △ 1,407
         自己株式
                                        123,949              131,534
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         7,937              7,653
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 3             △ 5
         繰延ヘッジ損益
                                       ※2 △ 1,310            ※2 △ 1,310
         土地再評価差額金
                                         12,689               5,914
         為替換算調整勘定
                                         △ 801            △ 1,803
         退職給付に係る調整累計額
                                         18,511              10,449
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    32              54
                                         1,731              1,766
       非支配株主持分
                                        144,223              143,805
       純資産合計
                                        211,309              205,182
      負債純資産合計
                                  53/105








                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益及び包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
                                        294,560              273,056
      売上高
                                     ※1 , ※3 242,923           ※1 , ※3 231,107
      売上原価
                                         51,636              41,949
      売上総利益
                                      ※2 , ※3 40,112           ※2 , ※3 36,515
      販売費及び一般管理費
                                         11,523               5,434
      営業利益
      営業外収益
                                           237              276
       受取利息
                                           467              415
       受取配当金
                                           675             1,256
       持分法による投資利益
                                         1,931                -
       為替差益
                                           531              577
       その他
                                         3,843              2,525
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           22              379
       支払利息
                                           -              842
       為替差損
                                           128              141
       売上割引
                                           65              65
       支払手数料
                                           53              196
       海外源泉税
                                           97              165
       その他
                                           367             1,789
       営業外費用合計
                                         15,000               6,170
      経常利益
      特別利益
                                         ※4 122             ※4 91
       固定資産売却益
                                           -            15,620
       関係会社株式売却益
                                           52              -
       投資有価証券清算益
                                         ※6 435             ※6 315
       受取補償金
                                         ※7 650
                                                         -
       補助金収入
                                           14              175
       その他
                                         1,275              16,203
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※5 72             ※5 65
       固定資産除売却損
                                           -              73
       投資有価証券評価損
                                           72              138
       特別損失合計
                                         16,202              22,234
      税金等調整前当期純利益
                                         4,394              8,666
      法人税、住民税及び事業税
                                        △ 1,089              2,612
      法人税等調整額
                                         3,304              11,278
      法人税等合計
                                         12,898              10,955
      当期純利益
      (内訳)
                                         12,704              10,698
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                           193              256
      非支配株主に帰属する当期純利益
      その他の包括利益
                                         1,347             △ 1,912
       その他有価証券評価差額金
                                           △ 3             △ 1
       繰延ヘッジ損益
                                         5,724             △ 4,233
       為替換算調整勘定
                                           95            △ 1,002
       退職給付に係る調整額
                                         1,579             △ 1,082
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※8 8,743            ※8 △ 8,233
       その他の包括利益合計
                                         21,641               2,722
      包括利益
      (内訳)
                                         21,241               2,637
      親会社株主に係る包括利益
                                           400               85
      非支配株主に係る包括利益
                                  54/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       25,920         24,905         63,272         △ 13      114,085
      会計方針の変更による累積
                                         △ 402                △ 402
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                       25,920         24,905         62,870         △ 13      113,682
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,738                △ 1,738
      親会社株主に帰属する当期
                                        12,704                 12,704
      純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 700        △ 700
      自己株式の処分                           △ 0                 1         1
      自己株式処分差損の振替                            0        △ 0                 -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -       10,965         △ 699       10,266
     当期末残高                  25,920         24,905         73,835         △ 713       123,949
                           その他の包括利益累計額

                                          その他の          非支配株
                  その他有                   退職給付に          新株予約権          純資産合計
                       繰延ヘッ     土地再評     為替換算          包括利益          主持分
                  価証券評                   係る調整累
                       ジ損益     価差額金     調整勘定          累計額合
                  価差額金                    計額
                                          計
     当期首残高              6,629      -   △ 1,310     5,554     △ 899    9,974      -   1,158    125,218
      会計方針の変更による累積
                                                          △ 402
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                    6,629      -   △ 1,310     5,554     △ 899    9,974      -   1,158    124,816
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 1,738
      親会社株主に帰属する当期
                                                         12,704
      純利益
      自己株式の取得
                                                          △ 700
      自己株式の処分                                                     1
      自己株式処分差損の振替                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
                    1,307      △ 3    -   7,134      98   8,536      32    572    9,141
      変動額(純額)
     当期変動額合計              1,307      △ 3    -   7,134      98   8,536      32    572   19,407
     当期末残高              7,937      △ 3  △ 1,310    12,689     △ 801   18,511      32   1,731    144,223
                                  55/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  25,920         24,905         73,835         △ 713       123,949
      会計方針の変更による累積
                                                           -
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                       25,920         24,905         73,835         △ 713       123,949
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 2,418                △ 2,418
      親会社株主に帰属する当期
                                        10,698                 10,698
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 700        △ 700
      自己株式の処分
                                 △ 0                 5         5
      自己株式処分差損の振替                            0        △ 0                 -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -       8,280         △ 694        7,585
     当期末残高
                       25,920         24,905         82,115        △ 1,407        131,534
                           その他の包括利益累計額

                                          その他の          非支配株
                  その他有                   退職給付に          新株予約権          純資産合計
                       繰延ヘッ     土地再評     為替換算          包括利益          主持分
                  価証券評                   係る調整累
                       ジ損益     価差額金     調整勘定          累計額合
                  価差額金                    計額
                                          計
     当期首残高              7,937      △ 3  △ 1,310    12,689     △ 801   18,511      32   1,731    144,223
      会計方針の変更による累積
                                                           -
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                    7,937      △ 3  △ 1,310    12,689     △ 801   18,511      32   1,731    144,223
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 2,418
      親会社株主に帰属する当期
                                                         10,698
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 700
      自己株式の処分                                                     5
      自己株式処分差損の振替                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
                    △ 283     △ 1    -   △ 6,774    △ 1,001    △ 8,061      22     35   △ 8,003
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    △ 283     △ 1    -   △ 6,774    △ 1,001    △ 8,061      22     35   △ 418
     当期末残高              7,653      △ 5  △ 1,310     5,914    △ 1,803    10,449      54   1,766    143,805
                                  56/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         16,202              22,234
       税金等調整前当期純利益
                                         6,682              7,240
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 53              229
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 293              △ ▶
       未払費用の増減額(△は減少)                                  1,353             △ 3,009
                                         △ 705             △ 692
       受取利息及び受取配当金
                                           22              379
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 675            △ 1,256
       有形固定資産売却損益(△は益)                                   △ 99             △ 64
       関係会社株式売却損益(△は益)                                    -           △ 15,620
       売上債権の増減額(△は増加)                                  1,449              4,956
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                   869            △ 1,281
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 4,075               △ 39
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                  △ 469              △ 46
                                         △ 263            △ 1,154
       その他
       小計                                  19,946              11,870
       利息及び配当金の受取額                                  1,062               919
                                          △ 22             △ 379
       利息の支払額
                                        △ 3,768             △ 10,428
       法人税等の支払額
                                           163               60
       法人税等の還付額
                                         17,380               2,043
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 6,854             △ 6,650
       有形固定資産の取得による支出
                                           273              203
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 911             △ 843
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,729             △ 3,728
       貸付けによる支出
                                           -            20,569
       関係会社株式の売却による収入
                                           -           △ 14,005
       出資金の払込による支出
                                         1,660              1,258
       貸付金の回収による収入
                                           31             △ 228
       その他
                                        △ 7,529             △ 3,425
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 700             △ 700
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,738             △ 2,417
       配当金の支払額
       非支配株主からの払込みによる収入                                   204               -
                                          △ 34             △ 50
       非支配株主への配当金の支払額
                                          △ 61             △ 56
       その他
                                        △ 2,330             △ 3,224
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,930             △ 2,367
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    9,450             △ 6,973
                                         46,680              56,130
      現金及び現金同等物の期首残高
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           -              125
      額(△は減少)
                                        ※1 56,130             ※1 49,282
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  57/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社は      34 社です。
            連結子会社名は「第1           企業の概況」の「4          関係会社の状況」に記載しているため省略しました。
            当連結会計年度において、新たに設立したALPINE                       SALES   OF  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.を連結の範囲に含め
           ています。
          (2)  非連結子会社は3社であり、いずれも総資産額、売上高、当期純損益(持分相当額)及び利益剰余金(持分
           相当額)の観点からみても小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、
           連結の範囲から除外しました。非連結子会社のうち主なものは、ALPINE                                  DO  BRASIL    LTDA.です。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)  持分法適用の関連会社数             3 社です。
           ・DALIAN     NEUSOFT    HOLDINGS     CO.,   LTD.
           ・NEUSOFT     CORPORATION
           ・NEUSOFT     REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY      (SHANGHAI)CO.,         LTD.
            当連結会計年度より、新たに出資したDALIAN                     NEUSOFT    HOLDINGS     CO.,   LTD.(大連東軟控股有限公司)、
           及び新たに設立したNEUSOFT             REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY      (SHANGHAI)CO.,         LTD.(東軟睿馳汽車技術
           (上海)有限公司)の2社を持分法適用の範囲に含めています。
            新たに持分法の範囲に含めた上記2社を含む持分法適用会社3社の決算日は12月31日であり、連結財務
           諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用していますが、連結決算日との間に生じた重要
           な取引については、連結上必要な調整を行っています。
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社3社及び上記3社を除く関連会社3社に対する投資については、い
           ずれも当期純損益(持分相当額)及び利益剰余金(持分相当額)の観点からみても小規模であり、全体とし
           ても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため原価法により評価しています。非連結子会社等のうち
           主なものは、ALPINE          DO  BRASIL    LTDA.です。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           以下の連結子会社の決算日は12月31日ですが、連結財務諸表の作成にあたっては連結決算日現在で本決算
          に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としています。
          ・ALCOM    AUTOMOTIVE,      INC.
          ・ALPINE     SALES   OF  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.
          ・ALCOM    ELECTRONICOS       DE  MEXICO,    S.A.   DE  C.V.
          ・ALPINE     ELECTRONICS      (CHINA)    CO.,   LTD.
          ・DALIAN     ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.
          ・TAICANG     ALPINE    ELECTRONICS      CO.,   LTD.
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
              均法により算定)を採用しています。
             時価のないもの
              主として移動平均法による原価法を採用しています。
           ② たな卸資産
             当社及び国内連結子会社は、主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく
            簿価切下げの方法により算定)を、また、在外連結子会社は主として総平均法または移動平均法による低
            価法を採用しています。
           ③ デリバティブ
              時価法を採用しています。
                                  58/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しています。
             なお、主な耐用年数は次のとおりです。
              建物及び構築物    2~50年
              機械装置及び運搬具  2~12年
              工具器具備品及び金型 1~20年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しています。
             ソフトウェア(自社利用)については、社内における利用可能期間(3~5年)に基づく定額法を採用して
            います。
           ③ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。
          (3)重要な引当金の計上基準

           ① 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しています。
           ② 賞与引当金
             従業員の賞与支給に備えるため、支給見込額の当連結会計年度の負担額を計上しています。
           ③ 役員賞与引当金
             役員の賞与支給に備えるため、支給見込額の当連結会計年度の負担額を計上しています。
           ④ 製品保証引当金
             製品のアフターサービスによる支出に備えるため、過去の実績と個別見積りに基づき発生見込額を計上
            しています。
           ⑤ 役員退職慰労引当金
             役員に対する退職慰労金の支給に備えるため、国内連結子会社は内規に基づく当連結会計年度末要支給
            見込額を計上しています。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

             退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に基づき、
            退職給付債務から年金資産を控除した額を計上しています(ただし年金資産の額が退職給付債務を超える
            場合には退職給付に係る資産として計上しています)。
             当社は、退職給付債務の算定に際し、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方
            法については、給付算定式基準に基づいています。
             一部の連結子会社は、退職給付債務の算定に際し、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰
            属させる方法については、期間定額基準に基づいています。
             過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(1年)による按分額を費
            用処理しています。
             数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主に12
            年)による按分額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしています。
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部における
            その他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しています。
                                  59/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          (5)連結財務諸表の作成の基礎となった連結会社の財務諸表の作成に当たって採用した重要な外貨建の資産ま
           たは負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理していま
           す。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期
           中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含
           めています。
          (6)重要なヘッジ会計の方法

           ① ヘッジ会計の方法
             繰延ヘッジ処理によるヘッジ会計を行っています。ただし、特例処理の要件を満たす金利スワップにつ
            いては、特例処理を採用しています。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
              (ヘッジ手段)    (ヘッジ対象)
              為替予約      外貨建債権債務等
              通貨オプション   外貨建債権債務等
              金利スワップ    変動金利債務
           ③ ヘッジ方針
             為替予約取引及び通貨オプション取引は、外貨建取引の為替変動リスクを回避する目的で実施していま
            す。また、取引額は現有する外貨建債権・債務及び売上・仕入予定額の範囲に限定しています。
             金利スワップ取引は、現存する変動金利債務に対し、金利変動リスクを回避する目的で行っています。
           ④ ヘッジの有効性評価の方法
             デリバティブ取引は、為替の変動の累計を比率分析する方法によっています。
             金利スワップ取引については、金利の変動の累計を比率分析する方法によっています。なお、特例処理
            の要件を満たすと判断される場合、その判定をもって有効性の評価に代えています。
          (7)消費税の会計処理

            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しています。
          (8)のれんの償却方法及び償却期間

            のれんは主に5年間で均等償却しています。
          (9)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、手許現金、要求払預金及び取得日から3か月以内
           に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
           わない短期的な投資です。
          (10)連結納税制度の適用

            当社及び当社の一部の連結子会社は、連結納税制度を適用しています。
                                  60/105








                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          (企業結合に関する会計基準等の適用)
             「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                         2013年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
             う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                               2013年9月13日。以下「連結会計基
             準」という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                    2013年9月13日。以下「事
             業分離等会計基準」という。)等を当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対
             する当社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会
             計年度の費用として計上する方法に変更しています。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業
             結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結
             会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更しています。加えて、当期純利益等の表示の変更及び
             少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っています。                               当該表示の変更を反映させるため、
             前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っています。
              企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5
             項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取り扱いに従っており、当連結会
             計年度の期首時点から将来にわたって適用しています。
              なお、これによる連結財務諸表に与える影響はありません。
         (未適用の会計基準等)

            該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

           1.  (連結貸借対照表)
             前連結会計年度において、投資その他の資産の「その他」に含めて表示していました「出資金」は、当
            連結会計年度において重要性が増したため、区分掲記しています。この表示方法の変更を反映させるた
            め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。
             この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、投資その他の資産の「その他」に表示していま
            した3,083百万円は、「出資金」1,485百万円及び「その他」1,597百万円として組み替えています。
           2.  (連結キャッシュ・フロー計算書)
             前連結会計年度において、営業活動によるキャッシュ・フローの「その他」に含めて表示していました
            「未払費用の増減額」は、当連結会計年度において重要性が増したため、区分掲記しています。この表示
            方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。
             この結果、前連結会計年度の              連結キャッシュ・フロー計算書              において、営業活動によるキャッシュ・フ
            ローの「その他」に表示していました1,090百万円は、「未払費用の増減額」1,353百万円及び「その他」
            △263百万円として組み替えています。
         (会計上の見積りの変更)

           (退職給付に係る会計処理の数理計算上の差異の費用処理年数の変更)
              当社は退職給付に係る会計処理の数理計算上の差異の費用処理年数について、従来、従業員の平均残
             存勤務期間以内の一定の年数(16年)で費用処理していましたが、平均残存勤務期間がこれを下回った
             ため、当連結会計年度より費用処理年数を12年に変更しています。
              この変更に伴い、従来の費用処理年数によった場合と比較し、当連結会計年度の営業利益、経常利益
             及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ273百万円減少しています。
         (追加情報)

            該当事項はありません。
                                  61/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
         ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりです。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                  (2016年3月31日)
         投資有価証券(株式)                            16,835百万円                  12,300百万円
         出資金                              0               14,760
         ※2 土地の再評価

           土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、2002年3月31日に事業用の土地
          の再評価を行っています。
           なお、再評価差額については、土地の再評価に関する法律の一部を改正する法律(平成11年3月31日公布法
          律第24号)に基づき、当該再評価差額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しています。
          ・再評価の方法
            土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第3号に定める地方税法
           (昭和25年法律第226号)第341条第10号に定める固定資産税評価額に基づき算出しています。
          ・再評価を行った年月日 2002年3月31日
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                              (2015年3月31日)                  (2016年3月31日)
         再評価を行った土地の期末におけ
         る時価と再評価後の帳簿価額との                           △1,273百万円                  △1,270百万円
         差額
        3 コミットメントライン

          当社グループは、流動性を確保し、運転資金の効率的な調達を行うため金融機関7社と貸出コミットメント
         契約を締結しています。
          当連結会計年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりです。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2015年3月31日)                  (2016年3月31日)
         貸出コミットメントの総額                            10,000百万円                  10,000百万円
         借入実行残高                              -                  -
               差引額                     10,000                  10,000
                                  62/105










                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益及び包括利益計算書関係)
         ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれ
            ています。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                   至 2016年3月31日)
                                     △ 239  百万円                377  百万円
         ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2014年4月1日                  (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                    至 2016年3月31日)
         従業員給料手当                            10,502   百万円              10,843   百万円
                                     7,885                  4,247
         支払手数料
                                     2,487                  2,485
         運賃及び荷造費
                                     2,122                  2,128
         製品保証引当金繰入額
                                      434                  422
         賞与引当金繰入額
                                      317                  339
         退職給付費用
         ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                        前連結会計年度                          当連結会計年度
                       (自 2014年4月1日                          (自 2015年4月1日
                        至 2015年3月31日)                            至 2016年3月31日)
                            18,132   百万円                       19,648   百万円
         ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりです。

                        前連結会計年度                          当連結会計年度
                       (自 2014年4月1日                          (自 2015年4月1日
                        至 2015年3月31日)                          至 2016年3月31日)
         機械装置及び運搬具                     28百万円                          56百万円
         工具器具備品及び金型                     93                          30
         建設仮勘定                     -                           5
         無形固定資産                     0                          -
               計              122                           91
         ※5 固定資産除売却損の内容は次のとおりです。

           固定資産除却損
                        前連結会計年度                          当連結会計年度
                       (自 2014年4月1日                          (自 2015年4月1日
                        至 2015年3月31日)                          至 2016年3月31日)
         建物及び構築物                     7百万円                          3百万円
         機械装置及び運搬具                     22                          11
         工具器具備品及び金型                     16                          23
         ソフトウェア                     -                           0
         無形固定資産                     3                          -
               計               49                          38
                                  63/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
           固定資産売却損
                        前連結会計年度                          当連結会計年度
                       (自 2014年4月1日                          (自 2015年4月1日
                        至 2015年3月31日)                          至 2016年3月31日)
         機械装置及び運搬具                     10百万円                          12百万円
         工具器具備品及び金型                     12                           5
         土地                     -                           9
         無形固定資産                     0                          -
               計               22                          27
         ※6 受取補償金

           一部の国内連結子会社において、福島第一原子力発電所事故に伴う東京電力株式会社からの補償金を計上
          しています。
         ※7 補助金収入

           当社及び一部の国内連結子会社において、政府から交付されたふくしま産業復興立地補助金を計上してい
          ます。
         ※8 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
         その他有価証券評価差額金:
          当期発生額                             1,486百万円              △3,018百万円
          組替調整額                              -               -
           税効果調整前
                                       1,486              △3,018
           税効果額                            △138               1,106
           その他有価証券評価差額金
                                       1,347              △1,912
         繰延ヘッジ損益:
          当期発生額                               5               39
          組替調整額                              △9               △41
           税効果調整前
                                        △3               △1
           税効果額                             -               -
           繰延ヘッジ損益
                                        △3               △1
         為替換算調整勘定:
          当期発生額                             5,724              △4,233
         退職給付に係る調整額:
          当期発生額                             △483              △1,141
          組替調整額                              205               513
           税効果調整前
                                       △278               △628
           税効果額                             373              △373
           退職給付に係る調整額
                                        95             △1,002
         持分法適用会社に対する持分相当額:
          当期発生額                             1,579              △1,082
            その他の包括利益合計
                                       8,743              △8,233
                                  64/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首  株式数(株)        増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  69,784,501              -          -      69,784,501
            合計             69,784,501              -          -      69,784,501
     自己株式
      普通株式(注)                     9,633         570,512           1,000         579,145
            合計               9,633         570,512           1,000         579,145
      (注)    普通株式の自己株式の株式数の増加570,512株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加570,100株、単

         元未満株式の買取りによる増加412株です。また、減少1,000株は、従業員に対する売渡しによる減少です。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)

                       新株予約権の                               当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる                               年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       株式の種類                               (百万円)
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社      ストックオプション
                         -        -      -      -      -       32
            としての新株予約権
             合計             -        -      -      -      -       32
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                                 1株当たり
                        配当金の総額
                 株式の種類                           基準日         効力発生日
                                 配当額    (円)
        (決議)                 (百万円)
     2014年6月19日
                 普通株式           1,046          15   2014年3月31日          2014年6月20日
     定時株主総会
     2014年10月30日
                 普通株式            692         10   2014年9月30日          2014年11月28日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                                   配当額    (円)
        (決議)              (百万円)
     2015年6月18日
               普通株式         1,384    利益剰余金           20   2015年3月31日          2015年6月19日
     定時株主総会
                                  65/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首  株式数(株)        増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  69,784,501              -          -      69,784,501
            合計             69,784,501              -          -      69,784,501
     自己株式
      普通株式(注)                    579,145          275,263           3,600         850,808
            合計              579,145          275,263           3,600         850,808
      (注)    普通株式の自己株式の株式数の増加275,263株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加274,900株、単

         元未満株式の買取りによる増加363株です。また、減少3,600株は、役員の退任に伴うストック・オプションの権
         利行使による減少2,300株、及び従業員に対する売渡しによる減少1,300株です。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                新株予約権の目的となる株式の数(株)

                       新株予約権の                               当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる                               年度末残高
                              当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       株式の種類                               (百万円)
                              年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社      ストックオプション
                         -        -      -      -      -       54
            としての新株予約権
             合計             -        -      -      -      -       54
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                                 1株当たり
                        配当金の総額
                 株式の種類                           基準日         効力発生日
                                 配当額    (円)
        (決議)                 (百万円)
     2015年6月18日
                 普通株式           1,384          20   2015  年3月31日        2015  年6月19日
     定時株主総会
     2015  年10月29日
                 普通株式           1,033          15   2015  年9月30日        2015  年11月30日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
                     配当金の総額
               株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                                   配当額    (円)
        (決議)              (百万円)
     2016年6月22日
               普通株式         1,034    利益剰余金           15   2016年3月31日          2016年6月23日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおりで
          す。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2014年4月1日                 (自 2015年4月1日
                              至 2015年3月31日)                 至 2016年3月31日)
         現金及び預金勘定                           56,150   百万円              49,282   百万円
         預入期間が3か月を超える定期預金                            △19                  -
         現金及び現金同等物                           56,130                 49,282
                                  66/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           オペレーティング・リース取引
             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2015年3月31日)                   (2016年3月31日)
     1年内                                  586                   620

     1年超                                 1,043                    847

             合計                          1,629                   1,467

                                  67/105

















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは設備投資計画に照らして、必要な資金を調達(主に銀行借入)しています。一時的な余資は安全性
       の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入によって調達しています。デリバティブ取引は製品
       の輸出入及びその他付随する外貨建取引に係る為替の変動リスクを軽減することを目的とし、売上高及び仕入高並
       びに予定売上高及び予定仕入高の範囲内に限定し、為替予約取引、通貨オプション取引及び金利スワップ取引を利
       用します。なお、投機的な取引は行いません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関しては、当社グ
       ループの与信管理規定に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行っています。また特定取引先の信用状況、
       残高については必要に応じて取締役会で管理担当取締役より報告しています。
        投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されていますが、主に業務上の関係を有する企業の株式
       であり、定期的に把握された時価が取締役会に報告されています。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日です。
        デリバティブ取引の執行・管理については、「社内管理規定」に基づき本社経理部で行っています。子会社にお
       ける通貨デリバティブ取引の実行については、「グループ会社管理規定」に基づき本社取締役会にて承認後、子会
       社経理部門にて実行します。
        また必要に応じ取締役会で為替予約の方針を確認するとともに、毎月の定例取締役会で管理担当取締役より為替
       予約状況について報告しています。デリバティブ取引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために格付けの
       高い金融機関とのみ取引を行っています。
        ヘッジ会計に関するヘッジ手段、ヘッジ対象、ヘッジ方針及びヘッジの有効性評価の方法等については「連結財
       務諸表作成のための基本となる重要な事項」をご覧下さい。
      2.金融商品の時価等に関する事項
        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極め
       て困難と認められるものは、次表には含まれていません                          ((注)2.     参照)。
       前連結会計年度        (2015年3月31日)

                               連結貸借対照表             時価          差額
                               計上額    (百万円)
                                           (百万円)          (百万円)
         (1)  現金及び預金
                                    56,150          56,150            -
         (2)  受取手形及び売掛金
                                    42,238          42,238            -
         (3)  投資有価証券
                                    32,227          120,016           87,789
         資産計                          130,616          218,405           87,789
         (1)  支払手形及び買掛金
                                    28,818          28,818            -
         (2)  未払費用
                                    11,819          11,819            -
         負債計                          40,637          40,637            -

         デリバティブ取引         (*1)
                                      63          63          -
         (*1)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務を純額で表示しています。
           なお、全額為替予約取引です。
                                  68/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度        (2016年3月31日)
                               連結貸借対照表             時価          差額
                               計上額    (百万円)
                                           (百万円)          (百万円)
         (1)  現金及び預金
                                    49,282          49,282            -
         (2)  受取手形及び売掛金
                                    36,742          36,742            -
         (3)  投資有価証券
                                    24,681          55,168          30,487
         資産計                          110,706          141,194           30,487
         (1)  支払手形及び買掛金
                                    27,088          27,088            -
         (2)  未払費用
                                    8,553          8,553            -
         負債計                          35,642          35,642            -

         デリバティブ取引         (*1)
                                      77          77          -
         (*1)   デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務を純額で表示しています。
           なお、全額為替予約取引です。
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

       (1)  現金及び預金、並びに           (2)  受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       (3)  投資有価証券
          これらの時価については、株式は決算日の市場価格に基づいています。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
       (4)  支払手形及び買掛金、並びに              (5)  未払費用
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       デリバティブ取引
          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
       (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:百万円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                    区分
                                    (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
          非連結子会社株式及び関連会社株式                 (*1)
                                           505              503
          非上場株式      (*1)
                                           217              158
          出資金    (*2)
                                          1,485             16,246
         (*1)   これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)                                             投資有
           価証券」には含めていません。
         (*2)   これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示
           の対象としていません。
       (注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度        (2015年3月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                            (百万円)                          (百万円)
                                     (百万円)         (百万円)
          現金及び預金                    56,150           -         -         -
          受取手形及び売掛金                    42,238           -         -         -
          合計                    98,389           -         -         -

                                  69/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度        (2016年3月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                            (百万円)                          (百万円)
                                     (百万円)         (百万円)
          現金及び預金                    49,282           -         -         -
          受取手形及び売掛金                    36,742           -         -         -
          合計                    86,025           -         -         -

                                  70/105


















                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
     1.その他有価証券
      前連結会計年度(2015年3月31日)
                                        連結貸借対照
                                                取得原価        差額
                                   種類      表計上額
                                                (百万円)       (百万円)
                                         (百万円)
       連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの                           株式        15,892       4,227      11,665
       連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの                           株式           5       6      △0
                      合計                     15,897       4,233      11,664
      (注) 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
      当連結会計年度(2016年3月31日)

                                        連結貸借対照
                                                取得原価        差額
                                   種類      表計上額
                                                (百万円)       (百万円)
                                         (百万円)
       連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの                           株式        12,879       4,231       8,647
       連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの                           株式           ▶       6      △1
                      合計                     12,884       4,238       8,646
      (注) 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額です。
     2.売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自          2014年4月1日         至  2015年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自          2015年4月1日         至  2016年3月31日)

       該当事項はありません。
     3.減損処理を行った有価証券

        当連結会計年度において、有価証券73百万円(その他有価証券の非上場株式73百万円)の減損処理を行っていま
       す。
        なお、当該株式の減損処理については、当連結会計年度における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には
       減損の対象とし、30%以上50%未満下落した場合は、時価の回復可能性等を判断し、減損処理を行っています。
                                  71/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      前連結会計年度        (自    2014年4月1日         至   2015年3月31日)
       通貨関連
                                   契約額等の
                             契約額等               時価      評価損益
           区分         取引の種類               うち1年超
                             (百万円)              (百万円)       (百万円)
                                    (百万円)
                  為替予約取引
                  売建
       市場取引以外の取引
                   米ドル            1,075        -      △5       △5
                   ユーロ             724       -       73       73
                合計               1,800        -       67       67
        (注)   時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格を使用しています。
      当連結会計年度        (自    2015年4月1日         至   2016年3月31日)

       通貨関連
                                   契約額等の
                             契約額等               時価      評価損益
           区分         取引の種類               うち1年超
                             (百万円)              (百万円)       (百万円)
                                    (百万円)
                  為替予約取引
                  売建
       市場取引以外の取引
                                        -
                   米ドル             450               0       0
                                        -
                   ユーロ            2,632               81       81
                                        -
                合計               3,082               82       82
        (注)   時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格を使用しています。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      前連結会計年度        (自    2014年4月1日         至   2015年3月31日)
                                           契約額等の
                                     契約額等               時価
                                           うち1年超
        ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (百万円)              (百万円)
                                           (百万円)
                  為替予約取引

                   売建
       原則的処理方法
                                        239       -      △0
                    米ドル         売掛金
                                        518       -      △3
                    ユーロ         売掛金
                                        757       -      △3

                    合計
      (注)   時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格を使用しています。
      当連結会計年度        (自    2015年4月1日         至   2016年3月31日)

                                           契約額等の
                                     契約額等               時価
                                           うち1年超
        ヘッジ会計の方法            取引の種類        主なヘッジ対象
                                    (百万円)              (百万円)
                                           (百万円)
                  為替予約取引

                   売建
       原則的処理方法
                                         -       -       -
                    米ドル         売掛金
                                        887       -      △5
                    ユーロ         売掛金
                                        887       -      △5

                    合計
        (注)   時価の算定方法は取引先金融機関から提示された価格を使用しています。
                                  72/105


                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、企業年金基金制度及び退職一時金制度を設けていま
        す。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増
        退職金を支払う場合があります。なお、当社及び一部の連結子会社は、確定給付型制度の他、確定拠出型制度を設
        けています。
         当連結会計年度末現在、当社及び連結子会社全体で、企業年金基金については9社が、退職一時金制度について
        は25社が採用しています。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                  至 2015年3月31日)              至 2016年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               11,265百万円              13,382百万円
          会計方針の変更による累積的影響額                               402               -
         会計方針の変更を反映した期首残高                               11,667              13,382
          勤務費用                               744              733
          利息費用                               159               64
          数理計算上の差異の発生額                              1,557               119
          退職給付の支払額                              △746              △794
          その他                                -              △1
         退職給付債務の期末残高                               13,382              13,504
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                  至 2015年3月31日)              至 2016年3月31日)
         年金資産の期首残高                               9,384百万円              10,699百万円
          期待運用収益                               208              377
          数理計算上の差異の発生額                              1,073             △1,022
          事業主からの拠出額                               496              497
          退職給付の支払額                              △559              △591
          その他                                95             △32
         年金資産の期末残高                               10,699               9,928
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               12,482百万円              12,601百万円
         年金資産                              △10,699               △9,928
                                        1,783              2,672
         非積立型制度の退職給付債務                                899              903
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,683              3,575
         退職給付に係る負債                               2,733              3,590

         退職給付に係る資産                                △50              △14
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,683              3,575
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                  至 2015年3月31日)              至 2016年3月31日)
         勤務費用                                744百万円              733百万円
         利息費用                                159               64
         期待運用収益                               △208              △377
         数理計算上の差異の費用処理額                                205              513
         その他                                 -              △0
         確定給付制度に係る退職給付費用                                900              933
                                  73/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
       (5)退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                  至 2015年3月31日)              至 2016年3月31日)
         数理計算上の差異                                278百万円              628百万円
           合 計                              278              628
       (6)退職給付に係る調整累計額
         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                               1,174百万円              1,803百万円
           合 計                             1,174              1,803
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりです。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
           債券                               28%              26%
           株式                               31              16
           現金及び預金                               3              19
           生命保険一般勘定                               12              13
           オルタナティブ(注)                               26              26
           その他                               0              0
             合 計                            100              100
         (注)オルタナティブには、ファンド・オブ・ヘッジファンズ運用、マルチアセット運用等を含んでいます。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しています。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしています。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
                                     主として     0.5%          主として     0.5%
          割引率
                                     主として     2.5%          主として     4.0%
          長期期待運用収益率
                                     主として     2.8%          主として     2.6%
          予想昇給率
      3.確定拠出制度

         当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31
        日)255百万円、当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)314百万円です。
                                  74/105









                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2014年4月1日                  (自 2015年4月1日
                             至 2015年3月31日           )         至 2016年3月31日           )
         販売費及び一般管理費                                32                  25
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)  ストック・オプションの内容
                             第1回 新株予約権                  第2回 新株予約権
                        (株式報酬型ストック・オプション)                  (株式報酬型ストック・オプション)
                         当社取締役                        9名   当社取締役                        10名
        付与対象者の区分及び人数
                        (社外取締役及び非常勤取締役を除く)                  (社外取締役及び非常勤取締役を除く)
        株式の種類及び付与数           (注)         普通株式         22,700株            普通株式         13,600株
        付与日                     2014年8月5日                  2015年8月4日
                         直前の株主総会(2014年6月19日)から                  直前の株主総会(2015年6月18日)から
        権利確定条件                退任までの期間が6ヶ月以上であるこ                  退任までの期間が6ヶ月以上であるこ
                         と。                  と。
        対象勤務期間                定めはありません。                  定めはありません。
                             自  2014年8月6日                 自  2015年8月5日
        権利行使期間
                             至  2054年8月5日                 至  2055年8月4日
       (注)   株式数に換算して記載しています。
           (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

             当連結会計年度(2016年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しています。
            ① ストック・オプションの数
                             第1回 新株予約権                  第2回 新株予約権
                        (株式報酬型ストック・オプション)                  (株式報酬型ストック・オプション)
        権利確定前
         期首    (株)
                                        -                  -
         付与    (株)
                                        -                13,600
         失効    (株)
                                        -                  -
         権利確定      (株)
                                        -                13,600
         未確定残      (株)
                                        -                  -
        権利確定後
         期首    (株)
                                      22,700                    -
         権利確定      (株)
                                        -                13,600
         権利行使      (株)
                                       2,300                    -
         失効    (株)
                                        -                  -
         未行使残      (株)                        20,400                  13,600
            ② 単価情報

                             第1回 新株予約権                  第2回 新株予約権
                        (株式報酬型ストック・オプション)                  (株式報酬型ストック・オプション)
        権利行使価格                           1株当たり1円                  1株当たり1円
        行使時平均株価                             2,456円                     -
        付与日における公正な評価単価                             1,417円                  1,909円
                                  75/105



                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
            当連結会計年度において付与されたストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下の
           とおりです。
           (1)  使用した評価技法
             ブラック・ショールズ式
           (2)  主な基礎数値及びその見積方法
                             第2回 新株予約権
                         (株式報酬型ストック・オプション)
            株価変動性   (注)1                          35.922%
            予想残存期間  (注)2                           4.1年
            予想配当    (注)3                          30円/株
            無リスク利子率 (注)4                          0.040%
           (注)1.過去4.1年間(2011年6月28日~2015年8月4日)の株価実績に基づき算定しています。
             2.過去20年間で退任した当社取締役の平均在任期間から、現在在任している取締役(社外取締役及び
               非常勤取締役除く)の平均在任期間を差し引いて算定しています。
             3.2015年3月期の配当実績によっています。
             4.予想残存期間に対応する国債の利回りです。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
           しています。
                                  76/105













                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (2015年3月31日)            (2016年3月31日)
           繰延税金資産
            たな卸資産評価損                            627百万円            483百万円
            貸倒引当金                            23            20
            賞与引当金                            697            536
            製品保証引当金                           1,033            1,031
            退職給付に係る債務                            794            486
            未払役員退職慰労金                            96            94
            減価償却費                           2,191            2,167
            繰延資産                            632            137
            繰越欠損金                            580           3,347
            繰越外国税額控除                           1,167             715
            投資有価証券評価損                            446            442
            未払事業税等                            132            95
            未払費用                            698            573
            たな卸資産未実現利益                            355            59
                                        444            506
            その他
           繰延税金資産小計
                                       9,922           10,697
                                      △3,833            △7,998
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                       6,088            2,699
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                          △3,739            △2,633
            持分法適用関連会社の留保利益                          △2,144            △1,759
                                      △1,033            △1,132
            その他
           繰延税金負債合計                           △6,918            △5,525
           繰延税金負債の純額                            △829           △2,826
           (注) 前連結会計年度及び当連結会計年度における繰延税金負債の純額は、連結貸借対照表の以下の項目
               に含まれています。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度
                                   (2015年3月31日)            (2016年3月31日)
           流動資産-繰延税金資産
                                       2,739百万円            1,168百万円
           固定資産-繰延税金資産                             732            702
           固定負債-繰延税金負債                           △4,301            △4,697
                                  77/105








                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
           法定実効税率
                                         35.4%              32.8%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              5.6              1.5
            海外連結子会社税率差異                             △5.2              △8.4
            評価性引当額増減                             △8.9              25.7
                                         △6.5              △0.9
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              20.4              50.7
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

            「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法
           律」(平成28年法律第13号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以後に開始する連結会計年
           度から法人税率等が変更されることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使
           用する法定実効税率は前連結事業年度の計算において使用した32.1%から2016年4月1日に開始する連結会計
           年度及び2017年4月1日以降に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、2018
           年4月1日以降に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.5%となります。
            この税率変更により、繰延税金負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)が121百万円減少し、
           法人税等調整額が17百万円、その他有価証券評価差額金が138百万円増加しています。
                                  78/105













                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       1.報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務諸表が入手可能であり、取締役会が、経営資源
        の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
         当社は、自動車用音響機器と情報・通信機器の製造販売を主な事業としており、「音響機器事業」、「情報・通
        信機器事業」の2つを報告セグメントとしています。
         「音響機器事業」に含まれる主な製品は、CDプレーヤー、アンプ及びスピーカー等のカーオーディオ製品です。
         「情報・通信機器事業」に含まれる主な製品はカーナビゲーション及びカーコミュニケーション製品です。
       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
        る記載と概ね同一です。
         報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値です。セグメント間の内部売上高及び振替高は取引高の実績に
        基づいています。
       3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               調整額       連結財務諸表
                                               (注)
                             情報・通信                         計上額
                     音響機器事業                  合計
                              機器事業
     売上高
                        62,920        231,640        294,560           -      294,560
      外部顧客に対する売上高
      セグメント間の内部売上高
                          742        205        947       △ 947         -
      又は振替高
                        63,662        231,845        295,508         △ 947      294,560
            計
     セグメント利益(営業利益)                   2,734        13,465        16,199        △ 4,675        11,523
                        30,746        141,880        172,627         38,682        211,309
     セグメント資産
     その他の項目
                         1,772        4,887        6,660          22       6,682
      減価償却費
      有形固定資産及び
                         1,731        5,764        7,496          0      7,496
      無形固定資産の増加額
       (注)1.セグメント利益調整額△4,675百万円は各報告セグメントに配賦していない全社費用です。
            全社費用の主なものは、セグメントに帰属しない管理部門及び開発部門の一部に係る費用です。
          2.セグメント資産調整額38,682百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産です。
            全社資産の主なものは、セグメントに帰属しない当社の余資運用資金(現金、預金及び有価証券)、長期
            投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等です。
          3.その他の項目調整額22百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の増加額とその減価償却費
            です。全社資産の増加額の主なものは、セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る資産等です。
                                  79/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               調整額
                                                     連結財務諸表
                                               (注)
                             情報・通信                         計上額
                     音響機器事業                  合計
                              機器事業
     売上高
                        52,824        220,232        273,056           -      273,056
      外部顧客に対する売上高
      セグメント間の内部売上高
                          778        202        981       △ 981         -
      又は振替高
                        53,603        220,435        274,038         △ 981      273,056
            計
     セグメント利益(営業利益)                   1,462        8,170        9,632       △ 4,198        5,434
                        29,437        153,891        183,328         21,854        205,182
     セグメント資産
     その他の項目
                         1,781        5,438        7,219          21       7,240
      減価償却費
      有形固定資産及び
                         1,647        5,841        7,489          ▶      7,494
      無形固定資産の増加額
       (注)1.セグメント利益調整額△4,198百万円は各報告セグメントに配賦していない全社費用です。
            全社費用の主なものは、セグメントに帰属しない管理部門及び開発部門の一部に係る費用です。
          2.セグメント資産調整額21,854百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産です。
            全社資産の主なものは、セグメントに帰属しない当社の余資運用資金(現金、預金及び有価証券)、長期
            投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等です。
          3.その他の項目調整額25百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の増加額とその減価償却費
            です。全社資産の増加額の主なものは、セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る資産等です。
          4.(会計上の見積りの変更)に記載のとおり、当社は退職給付に係る会計処理の数理計算上の差異の費用処
            理年数について、従来、従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(16年)で費用処理していました
            が、平均残存勤務期間がこれを下回ったため、当連結会計年度より費用処理年数を12年に変更していま
            す。
             この変更に伴い、従来の費用処理年数によった場合と比較し、当連結会計年度のセグメント利益(営業
            利益)は、音響機器事業で55百万円減少、情報・通信機器事業で218百万円減少しています。
                                  80/105










                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
         2.地域ごとの情報

          (1)  売上高
                                                    (単位:百万円)
             日本      アメリカ        ドイツ       イギリス        中国       その他        合計
                                    30,719
              27,464       108,022        59,412              31,361       37,579       294,560
           (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しています。
          (2)  有形固定資産

                                                    (単位:百万円)
              日本       アメリカ         中国      ハンガリー         その他         合計
                        2,919        6,783        2,975
               12,207                                4,066         28,952
         3.主要な顧客ごとの情報

           連結売上高で10%以上を占める顧客がないため、記載を省略しています。

        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
         2.地域ごとの情報

          (1)  売上高
                                                    (単位:百万円)
               日本         アメリカ          ドイツ          その他          合計
                 29,235         100,359          46,502          96,960         273,056
           (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しています。
          (2)  有形固定資産

                                                    (単位:百万円)
               日本          中国        ハンガリー           その他          合計
                 12,061          5,548          3,162          6,635         27,408
         3.主要な顧客ごとの情報

           連結売上高で10%以上を占める顧客がないため、記載を省略しています。

                                  81/105







                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         重要性が乏しいため、記載を省略しています。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         重要性が乏しいため、記載を省略しています。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自           2014年4月1日         至   2015年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2015年4月1日         至   2016年3月31日)

         該当事項はありません。
                                  82/105













                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      前連結会計年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)
       1.関連当事者との取引

        (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

         ①親会社及び法人主要株主等
          該当事項はありません。
         ②子会社等
          該当事項はありません。
         ③兄弟会社等
          該当事項はありません。
         ④役員及び個人主要株主等
          該当事項はありません。
        (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

         ①親会社及び法人主要株主等
          該当事項はありません。
         ②子会社等
          該当事項はありません。
         ③兄弟会社等
                          資本金    議決権等
                                   関連当事者            取引金額         期末残高
         種類    会社等の名称        所在地     または    の所有割           取引の内容           科目
                                               (百万円)         (百万円)
                                    との関係
                          出資金      合
        親会社
             ALPS(CHINA)              千CNY
                     中国                     CMS取引          その他
                                                2,265         2,748
         の                      なし     なし
              CO.,   LTD.     北京市      377,117                 (注)         流動資産
        子会社
         ④役員及び個人主要株主等
          該当事項はありません。
        取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注)    資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して合理的に決定しています。
       2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)  親会社情報
          アルプス電気株式会社           (東京証券取引所に上場)
        (2)  重要な関連会社の要約財務情報
           当連結会計年度において、重要な関連会社はNEUSOFT                         CORPORATIONであり、その要約財務諸表は以下のとお
          りです。
           流動資産合計          107,227百万円               売上高                          135,795百万円
           固定資産合計           78,960                    税引前当期純利益                   5,534
           流動負債合計  69,352                           当期純利益                         4,335
           固定負債合計           12,059
           純資産合計            104,776
                                  83/105








                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)
       1.関連当事者との取引

        (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

         ①親会社及び法人主要株主等
          該当事項はありません。
         ②子会社等
          該当事項はありません。
         ③兄弟会社等
                          資本金    議決権等
                                               取引金額         期末残高
                                   関連当事者
         種類    会社等の名称        所在地     または    の所有割           取引の内容           科目
                                               (百万円)         (百万円)
                                    との関係
                          出資金      合
            アルプス
        親会社
                           百万円
                     東京都                     CMS取引          その他
            ファイナンス                                     578        2,850
         の                      なし     なし
                           1,000
                     大田区                      (注)         流動資産
            サービス(株)
        子会社
         ④役員及び個人主要株主等
          該当事項はありません。
        取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注)    資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して合理的に決定しています。
        (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

         ①親会社及び法人主要株主等
          該当事項はありません。
         ②子会社等
          該当事項はありません。
         ③兄弟会社等
                          資本金    議決権等
                                               取引金額         期末残高
                                   関連当事者
         種類    会社等の名称        所在地     または    の所有割           取引の内容           科目
                                               (百万円)         (百万円)
                                    との関係
                          出資金      合
        親会社
             ALPS(CHINA)              千CNY
                     中国                     CMS取引          その他
                                                2,332         2,107
         の                      なし     なし
              CO.,   LTD.     北京市      377,117                 (注)         流動資産
        子会社
         ④役員及び個人主要株主等
          該当事項はありません。
        取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注)    資金の貸付については、貸付利率は市場金利を勘案して合理的に決定しています。
       2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)  親会社情報
          アルプス電気株式会社           (東京証券取引所に上場)
        (2)  重要な関連会社の要約財務情報
           当連結会計年度において、重要な関連会社であるNEUSOFT                           CORPORATION及びDALIAN           NEUSOFT    HOLDINGS     CO.,
          LTD.、NEUSOFT       REACH   AUTOMOTIVE      TECHNOLOGY(SHANGHAI)CO.,              LTD.の3社を合算した要約財務情報は以下の
          とおりです。
           流動資産合計          170,601百万円               売上高                          156,524百万円
           固定資産合計          236,719                     税引前当期純利益                   6,379
           流動負債合計         100,999                   当期純利益                         5,711
           固定負債合計           61,866
           純資産合計            244,434
                                  84/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
      1株当たり純資産額                                 2,058.51円               2,059.72円
      1株当たり当期純利益金額                                  183.42円               155.14円
      潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                                  183.38円               155.07円
     (注)1.1株当たり純資産額の算定の基礎は以下のとおりです。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
     純資産の部の合計額          (百万円)
                                        144,223               143,805
     純資産の部の合計額から控除する金額                  (百万円)
                                         1,763               1,821
       (うち新株予約権        (百万円)     )
                                          (32)               (54)
       (うち非支配株主持分          (百万円)     )                  (1,731)               (1,766)
     普通株式に係る期末の純資産額               (百万円)
                                        142,460               141,983
     1株当たり純資産の算定に用いられた
                                        69,205               68,933
     期末の普通株式の数          (千株)
       2.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりです。

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2014年4月1日               (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額
      親会社株主に帰属する当期純利益金額                  (百万円)
                                        12,704               10,698
      普通株主に帰属しない金額             (百万円)
                                          -               -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        12,704               10,698
     金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数             (千株)
                                        69,262               68,964
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額(百万円)
                                          -               -
      普通株式増加数        (千株)
                                          17               31
      (うち新株予約権        (千株)    )
                                          (17)               (31)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                                     -               -
     の概要
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                  85/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                        当期首   残高      当期末残高         平均利率
            区分                                        返済期限
                         (百万円)         (百万円)         (%)
     短期借入金                         ―         ―        ―       ―
     1年内返済予定の長期借入金                         ―         ―        ―       ―
     1年内返済予定のリース債務                        48         52        ―       ―
     長期借入金(1年内返済予定のも
                              ―         ―        ―       ―
     のを除く。)
     リース債務(1年内返済予定のも
                              85         74        ―   2017年~2019年
     のを除く。)
     その他有利子負債                         ―         ―        ―       ―
            合計                 134         127         ―       ―
      (注)1.      リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載していません。
         2.  リース債務(1年内返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年の返済予定額は以下のとおりです。
               1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
     リース債務                71          1         2         ―
         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連
          結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の
          規定により記載を省略しています。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                         第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
     売上高(百万円)                       73,440         139,757         205,446         273,056
     税金等調整前四半期(当期)純利益
                             2,650         19,474         20,477         22,234
     金額(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                             1,128         11,405         11,164         10,698
     (当期)純利益金額(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                             16.34         165.30         161.87         155.14
     金額(円)
     (会計期間)                   第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額又は
                             16.34         149.08         △3.48         △6.76
     1株当たり四半期純損失金額(△)
     (円)
                                  86/105





                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         21,837               8,073
         現金及び預金
                                        ※1 31,934             ※1 29,587
         売掛金
                                         1,111              1,209
         商品及び製品
                                           124              208
         仕掛品
                                           957             1,000
         原材料及び貯蔵品
                                           387               10
         前渡金
                                           462              653
         前払費用
                                           641               -
         繰延税金資産
                                           100             2,850
         短期貸付金
                                           600              563
         関係会社短期貸付金
                                        ※1 7,597             ※1 8,891
         未収入金
                                        ※1 2,167             ※1 2,060
         立替金
         その他                                  75              648
                                           △ 7             △ 8
         貸倒引当金
                                         67,991              55,748
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         2,296              2,254
          建物
                                           200              176
          構築物
                                           155              147
          機械及び装置
                                           136              117
          車両運搬具
                                         1,209              1,597
          工具、器具及び備品
                                         1,545              1,305
          金型
                                         3,288              3,288
          土地
                                           136              128
          建設仮勘定
                                         8,969              9,015
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,198              1,037
          ソフトウエア
                                           71              383
          ソフトウエア仮勘定
                                            0              0
          その他
                                         1,270              1,420
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         16,025              12,937
          投資有価証券
          関係会社株式                               15,985              16,005
                                           459              431
          その他の関係会社有価証券
                                           131              131
          出資金
                                         16,897              16,879
          関係会社出資金
                                           47              34
          従業員に対する長期貸付金
                                         1,153              2,025
          長期前払費用
                                           106              107
          差入保証金
                                           13              10
          その他
                                           △ 9             △ 6
          貸倒引当金
                                         50,810              48,556
          投資その他の資産合計
                                         61,050              58,993
         固定資産合計
                                        129,041              114,741
       資産合計
                                  87/105




                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2015年3月31日)              (2016年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 17,588             ※1 16,315
         買掛金
                                         ※1 610             ※1 613
         未払金
                                        ※1 8,501             ※1 5,985
         未払費用
                                         1,152                21
         未払法人税等
                                           358              305
         前受金
                                          ※1 81
                                                         245
         預り金
                                         1,084               931
         賞与引当金
                                           67              42
         役員賞与引当金
                                           941             1,086
         製品保証引当金
                                          ※1 54
                                                          7
         その他
                                         30,440              25,555
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,202              2,633
         繰延税金負債
                                           660              912
         退職給付引当金
         資産除去債務                                   6              6
                                           269              254
         その他
                                         3,138              3,807
         固定負債合計
                                         33,579              29,362
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         25,920              25,920
         資本金
         資本剰余金
                                         24,905              24,905
          資本準備金
                                         24,905              24,905
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           883              883
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         1,750              1,750
            配当平均積立金
                                         31,450              31,450
            別途積立金
                                         4,543             △ 2,938
            繰越利益剰余金
                                         38,627              31,144
          利益剰余金合計
                                         △ 713            △ 1,407
         自己株式
         株主資本合計                                88,740              80,563
       評価・換算差額等
                                         8,003              6,076
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 3             △ 5
         繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,310             △ 1,310
         土地再評価差額金
                                         6,689              4,760
         評価・換算差額等合計
                                           32              54
       新株予約権
       純資産合計                                  95,462              85,378
                                        129,041              114,741
      負債純資産合計
                                  88/105






                                                           EDINET提出書類
                                                      アルパイン株式会社(E01840)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2014年4月1日              (自 2015年4月1日
                                 至 2015年3月31日)               至 2016年3月31日)
                                       ※1 175,341             ※1 161,647
      売上高
      売上原価
                                         1,310              1,111
       製品期首たな卸高
                                        ※1 61,843             ※1 53,096
       当期製品製造原価
                                        ※1 99,733            ※1 107,766
       当期製品仕入高
                                        162,887              161,975
       合計
                                         ※2 736             ※2 155
       他勘定振替高
                                         1,111              1,209
       製品期末たな卸高
                                        161,039              160,610
       製品売上原価
                                         14,302               1,037
      売上総利益
                                        ※3 12,495             ※3 9,046
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                    1,807             △ 8,009
      営業外収益
                                          ※1 8            ※1 10
       受取利息
                                        ※1 5,694             ※1 5,472
       受取配当金
                                         2,267                -
       為替差益
                                         ※1 391             ※1 270
       その他
                                         8,361              5,752
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            5              5
       支払利息
                                           -              540
       為替差損
                            &nbs