総合商研株式会社 四半期報告書 第45期第2四半期(平成27年11月1日-平成28年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第45期第2四半期(平成27年11月1日-平成28年1月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               北海道財務局長

     【提出日】               平成28年3月15日

     【四半期会計期間】               第45期第2四半期(自            平成27年11月1日          至   平成28年1月31日)

     【会社名】               総合商研株式会社

     【英訳名】               SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第44期            第45期

              回次               第2四半期            第2四半期            第44期
                            連結累計期間            連結累計期間
                          自   平成26年8月1日          自   平成27年8月1日         自   平成26年8月1日
             会計期間
                          至   平成27年1月31日          至   平成28年1月31日         至   平成27年7月31日
     売上高                (千円)          10,985,662            11,413,967           15,683,407
     経常利益                (千円)           680,257            613,073           86,261

     親会社株主に帰属する四半期
                      (千円)           428,122            385,187           41,005
     (当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           473,269            342,083           93,063
     純資産額                (千円)          2,528,498            2,428,022           2,116,622

     総資産額                (千円)          12,136,373            13,020,415           8,112,902

     1株当たり四半期純利益又は当
                      (円)           142.49            128.32           13.65
     期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              ―            ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            20.8            18.6           26.0
     営業活動による
                      (千円)          1,279,828             853,329           641,504
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)          △ 894,522           △ 447,611         △ 1,169,275
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)          1,289,315            1,383,416            596,576
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)          2,878,131            3,061,470           1,272,359
     四半期末(期末)残高
                              第44期            第45期

              回次               第2四半期            第2四半期
                            連結会計期間            連結会計期間
                          自   平成26年11月1日          自   平成27年11月1日
             会計期間
                          至   平成27年1月31日          至   平成28年1月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           228.16            212.75
      (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
          計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としておりま
          す。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、国内総生産(GDP)の速報値が個人消費の低迷等により前期比年
      率1.4%のマイナス成長となりました(平成27年10~12月期)。中国を始めとするアジア新興国等の景気の下振れによ
      り、我が国の景気が下押しされる懸念もありますが、企業収益・個人雇用・所得環境等の改善が続いており緩やかな
      景気回復が期待されております。
       当社グループは、広告業界及び印刷業界の両分野にまたがり、幅広く販売促進支援業を行っております。広告業界
      では、フリーペーパーや、屋内外POP、イベント用展示・映像を中心としたセールスプロモーション(販売促進)分野
      が、徐々に拡大をみせております。一方の印刷業界は、Webマーケティングの多様拡大化に伴い、紙媒体の新聞・折
      込・雑誌の印刷需要が縮小する状況が続いております。
       このような環境のもと、当社グループは北海道の魅力をPRすべく自社で制作・発行する「北海道応援マガジン
      JP01」が、日本タウン誌・フリーペーパー大賞にて全国276誌の中から大賞を受賞いたしました。これらの活動を通じ
      構築してきたネットワークと企画力を活かした地方自治体の地方創生推進支援事業に注力し、受注を伸ばしておりま
      す。年賀状印刷事業におきましては、新たに宛名印刷サービスに関する製造環境の構築及び新商材の開発を行いまし
      た。また、年々受注が拡大している年賀状受注を効率的に生産できるよう受注システム等への設備投資を行い、生産
      能力強化に取り組んでまいりました。
       その一方で、前期に取得した伊勢原第一工場へ業務を集約するため、伊勢原第二工場を閉鎖するのに関連し、一時
      的に経費が発生し製造原価の増加が利益を圧迫いたしました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、11,413百万円(前年同四半期比428百万円増)となりました。
      また、営業利益は、594百万円(前年同四半期比67百万円減)、経常利益は613百万円(前年同四半期比67百万円減)
      となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は、385百万円(前年同四半期比42百万円減)となりました。
       なお、当社グループの利益は、第1四半期連結会計期間は年賀状印刷の資材・販売促進費等の先行支出により低
      下、第2四半期連結会計期間は年賀状印刷の集中及び商業印刷の年末商戦の折込広告の大量受注により売上が拡大す
      ることにより増加、第3四半期連結会計期間・第4四半期連結会計期間は年賀状印刷事業は固定費のみが発生するこ
      とにより、売上高に対する経費割合が高くなり利益が低下するという季節的変動があります。
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。

      (商業印刷事業)
        商業印刷事業におきましては、東京エリアでの既存顧客の受注に苦戦し、当事業の売上高は4,829百万円(前年同
       四半期比104百万円減)となりました。
        利益につきましては、伊勢原第二工場の閉鎖に関連し一時的な損失の発生及び移転作業中の外注費増加等の影響
       により、営業損失は1百万円(前年同四半期の営業利益は142百万円)となりました。
                                  3/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業におきましては、大口顧客からの受注が堅調に推移したことで、名入れ年賀状が178万件(前年同
       四半期比13万件増)、パック年賀状が594万パック(前年同四半期比14万パック増)となり、当事業の売上高は
       6,291百万円(前年同四半期比537百万円増)となりました。
        利益につきましては、売上高の増加に伴い営業利益は816百万円(前年同四半期比59百万円増)となりました。
      (ふりっぱー事業)
        ふりっぱー事業におきましては、恵庭市における地域振興イベント「えにわん産業祭」の企画・運営を行う等、
       行政関連の業務を増やし営業の幅を広げる一方で、新規顧客の広告営業が苦戦し、当事業の売上高は236百万円(前
       年同四半期比10百万円減)、営業損失は34百万円(前年同四半期の営業損失は31百万円)となりました。
      (その他)
        その他におきましては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商
       品・サービスの提供を行ってまいりました結果、売上高は57百万円(前年同四半期比5百万円増)、営業損失は7
       百万円(前年同四半期の営業損失は12百万円)となりました。
      (2)  財政状態の分析

       当第2四半期連結会計期間末における総資産は13,020百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,907百万円増加しま
      した。これは主に現金及び預金が1,789百万円、年賀状印刷事業の売上等に係る受取手形及び売掛金が1,312百万円増
      加したこと、年賀状印刷事業のはがき仕入等に係る原材料及び貯蔵品が395百万円増加したこと等によるものでありま
      す。
       負債合計は10,592百万円となり前連結会計年度末に比べ4,596百万円増加しました。これは主に年賀状印刷事業の仕
      入等に伴う支払手形及び買掛金が2,135百万円、社債が600百万円、短期借入金が532百万円、長期借入金が311百万円
      増加したこと等によるものであります。
       純資産合計は2,428百万円となり前連結会計年度末に比べ311百万円増加しました。これは主に利益剰余金が355百万
      円増加したこと、その他有価証券評価差額金が41百万円減少したこと等によるものであります。
      (3)  キャッシュ・フローの状況の分析

       当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は3,061百万円となり、前連結会計
      年度末に比べ1,789百万円の増加となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそ
      れらの増減要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動の結果得られた資金は853百万円(前年同四半期は1,279百万円の収入)となりました。これは主に売上債
       権の増加が1,312百万円あったこと等により資金が減少したのに対して、仕入債務の増加が2,135百万円、税金等調
       整前四半期純利益が587百万円、減価償却費が276百万円あったこと等により資金が増加したことによるものであり
       ます。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動の結果使用した資金は447百万円(前年同四半期は894百万円の支出)となりました。これは主に有形・無
       形固定資産の取得による支出が387百万円あったこと等によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動の結果得られた資金は1,383百万円(前年同四半期は1,289百万円の収入)となりました。これは長期借入
       れによる収入が900百万円、社債の発行による収入が594百万円、短期借入れによる収入が500百万円あったこと等に
       より資金が増加したことに対し、長期借入金の返済による支出が556百万円あったこと等により資金が減少したこと
       によるものであります。
                                  4/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
      生じた課題はありません。
      (5)  研究開発活動

       当社グループでは当第2四半期連結累計期間における研究開発活動として、連結子会社である株式会社味香り戦略
      研究所と共に、味覚センサーを活用したデータ分析をすすめ、味の測定・解析・比較を中心とした研究活動により、
      測定の基準となるデータベースの作成などを実施しており、これらは商業印刷事業における販売促進支援活動及び取
      引先に対する提供情報として活用しております。
       以上の活動により、商業印刷事業において、当第2四半期連結累計期間における研究開発費は0百万円となりまし
      た。なお、年賀状印刷事業及びふりっぱー事業、その他の事業においては特記すべき事項はありません。
                                  5/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     8,000,000

                  計                                    8,000,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成28年3月15日)
               (平成28年1月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                              単元株式数は1,000株で
       普通株式            3,060,110           3,060,110       JASDAQ
                                              あります。
                                     (スタンダード)
         計           3,060,110           3,060,110          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式      発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                   (株)      (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年11月1日~
                     ―   3,060,110           ―    411,920          ―    441,153
     平成28年1月31日
                                  6/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                               平成28年1月31日現在
                                                    発行済株式
                                            所有株式数       総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       所有株式数
                                                    の割合(%)
     合同会社実力養成会                札幌市白石区本通6丁目南5番1号                           793       25.91
     総合商研従業員持株会                札幌市東区東苗穂2条3丁目4-48                           155       5.09

     大日精化工業株式会社                東京都中央区日本橋馬喰町1丁目7-6                           140       4.57

     株式会社小森コーポレーション                東京都墨田区吾妻橋3丁目11-1                           140       4.57

     日藤株式会社                札幌市中央区北3条西14丁目2                           140       4.57

     株式会社光文堂                名古屋市中区金山2丁目15-18                           100       3.27

     小松印刷株式会社                香川県高松市香南町由佐2100-1                           100       3.27

     志田 秋子                札幌市厚別区                           78       2.55

     東京インキ株式会社                東京都北区王子1丁目12-4                           63       2.06

     片岡 廣幸                札幌市白石区                           52       1.70

            計                    ―                1,761        57.57

      (注)    当社は自己株式58,900株(1.92%)を所有しておりますが、上記大株主からは除外しております。    
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                               平成28年1月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式        (自己株式等)

                          ―          ―             ―
     議決権制限株式        (その他)

                          ―          ―             ―
                      (自己保有株式)
                                          権利内容になんら限定のない当社
     完全議決権株式        (自己株式等)
                                     ―
                                          における標準となる株式
                     普通株式  58,000
     完全議決権株式        (その他)         普通株式     2,998,000
                                       2,998          同上
                     普通株式         4,110

     単元未満株式(注)                               ―      1単元(1,000株)未満の株式
                          3,060,110

     発行済株式総数                               ―             ―
     総株主の議決権                     ―             2,998           ―

      (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式900株が含まれております。
                                  7/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       ②  【自己株式等】
                                               平成28年1月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
       (自己保有株式)
                  札幌市東区東苗穂2条3丁
                                  58,000       ―      58,000          1.90
                  目4-48
       総合商研株式会社
           計              ―          58,000       ―      58,000          1.90
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成27年11月1日から平成
      28年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年8月1日から平成28年1月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、優成監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年7月31日)              (平成28年1月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,272,359              3,061,470
                                                    ※1  2,758,022
         受取手形及び売掛金                               1,445,144
         商品及び製品                                 52,302              50,646
         仕掛品                                 26,439               4,920
         原材料及び貯蔵品                                493,953              889,650
         その他                                133,386             1,336,155
                                         △ 16,357             △ 18,317
         貸倒引当金
         流動資産合計                               3,407,228              8,082,549
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                              992,018              971,320
           土地                             1,163,579              1,163,579
                                        1,095,028              1,301,225
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             3,250,626              3,436,124
         無形固定資産
                                         213,693              284,585
           その他
           無形固定資産合計                              213,693              284,585
         投資その他の資産
           投資有価証券                              734,945              689,662
           関係会社株式                               40,000              40,000
           その他                              538,640              551,159
                                         △ 72,231             △ 68,600
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             1,241,353              1,212,221
         固定資産合計                               4,705,673              4,932,931
       繰延資産                                     -            4,934
       資産合計                                 8,112,902              13,020,415
                                 10/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年7月31日)              (平成28年1月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※1  3,249,684
         支払手形及び買掛金                               1,114,600
                                      ※2  998,577           ※2  1,530,588
         短期借入金
         未払法人税等                                18,137              245,310
         賞与引当金                                13,576              11,401
                                                    ※1  1,315,894
                                         516,691
         その他
         流動負債合計                               2,661,582              6,352,878
       固定負債
         社債                                   -           600,000
         長期借入金                               2,945,806              3,257,224
         資産除去債務                                 8,520                -
                                         380,371              382,290
         その他
         固定負債合計                               3,334,697              4,239,514
       負債合計                                 5,996,280              10,592,392
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                411,920              411,920
         資本剰余金                                453,546              453,546
         利益剰余金                                972,979             1,328,146
                                        △ 19,792             △ 20,452
         自己株式
         株主資本合計                               1,818,654              2,173,160
       その他の包括利益累計額
                                         293,995              252,041
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                293,995              252,041
       非支配株主持分                                   3,971              2,821
       純資産合計                                 2,116,622              2,428,022
      負債純資産合計                                  8,112,902              13,020,415
                                 11/23










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年1月31日)               至 平成28年1月31日)
                                     ※  10,985,662             ※  11,413,967
      売上高
                                        7,681,420              8,196,823
      売上原価
      売上総利益                                  3,304,241              3,217,144
      販売費及び一般管理費
       運賃                                 699,733              773,999
       給料及び手当                                 794,865              776,022
       貸倒引当金繰入額                                   990              424
       賞与引当金繰入額                                  9,646              9,036
                                        1,136,960              1,063,231
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                2,642,197              2,622,715
      営業利益                                   662,043              594,428
      営業外収益
       受取利息                                   359              548
       受取配当金                                  3,922              3,658
       受取賃貸料                                  8,818              8,594
       作業くず売却益                                  8,133              6,844
       受取手数料                                  19,722              23,816
       貸倒引当金戻入額                                  2,033              2,095
                                          7,226              8,403
       その他
       営業外収益合計                                  50,217              53,961
      営業外費用
       支払利息                                  31,422              31,262
       持分法による投資損失                                   407               -
                                           173             4,054
       その他
       営業外費用合計                                  32,003              35,316
      経常利益                                   680,257              613,073
      特別損失
       固定資産売却損                                    -             644
       固定資産除却損                                  2,290              3,988
       投資有価証券評価損                                   900               -
       関係会社株式売却損                                  1,275                -
                                            -            21,359
       設備移設費用
       特別損失合計                                  4,466              25,992
      税金等調整前四半期純利益                                   675,791              587,081
      法人税、住民税及び事業税
                                         257,184              233,016
                                         △ 8,729             △ 29,972
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   248,455              203,043
      四半期純利益                                   427,335              384,037
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 786            △ 1,150
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   428,122              385,187
                                 12/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年1月31日)               至 平成28年1月31日)
      四半期純利益                                   427,335              384,037
      その他の包括利益
                                         45,933             △ 41,954
       その他有価証券評価差額金
       その他の包括利益合計                                  45,933             △ 41,954
      四半期包括利益                                   473,269              342,083
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 474,056              343,233
       非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 786            △ 1,150
                                 13/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年1月31日)               至 平成28年1月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益                                 675,791              587,081
       減価償却費                                 198,855              276,742
       繰延資産償却額                                    -              514
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,042             △ 1,670
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,761             △ 2,175
       受取利息及び受取配当金                                 △ 4,282             △ 4,207
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   900               -
       固定資産売却損益(△は益)                                    -              644
       固定資産除却損                                  2,290              3,988
       設備移設費用                                    -            21,359
       支払利息                                  31,422              31,262
       為替差損益(△は益)                                  △ 116               22
       持分法による投資損益(△は益)                                   407               -
       関係会社株式売却損益(△は益)                                  1,275                -
       売上債権の増減額(△は増加)                               △ 1,051,747             △ 1,312,937
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  94,807             △ 372,522
       仕入債務の増減額(△は減少)                                2,049,066              2,135,083
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 184,122              125,053
                                        △ 832,733             △ 596,564
       その他
       小計                                1,346,255               891,675
       利息及び配当金の受取額
                                          4,305              4,214
       利息の支払額                                 △ 30,002             △ 29,353
                                        △ 40,730             △ 13,206
       法人税等の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,279,828               853,329
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 786,608             △ 273,374
       有形固定資産の売却による収入                                    -              100
       有形固定資産の除却による支出                                  △ 750            △ 14,495
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 4,059             △ 18,168
       投資有価証券の売却による収入                                  5,000                -
       関係会社株式の売却による収入                                  7,000                -
       貸付けによる支出                                 △ 1,000              △ 450
       貸付金の回収による収入                                  4,568              3,897
       無形固定資産の取得による支出                                △ 107,996             △ 113,756
       差入保証金の回収による収入                                  10,050                -
       資産除去債務の履行による支出                                    -            △ 9,585
                                        △ 20,726             △ 21,778
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 894,522             △ 447,611
                                 14/23






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成27年1月31日)               至 平成28年1月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -            500,000
       長期借入れによる収入                                1,900,000               900,000
       長期借入金の返済による支出                                △ 565,228             △ 556,571
       社債の発行による収入                                    -            594,550
       リース債務の返済による支出                                 △ 21,113             △ 23,615
       配当金の支払額                                 △ 23,739             △ 30,287
                                          △ 603             △ 660
       自己株式の取得による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                1,289,315              1,383,416
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                     116              △ 22
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  1,674,737              1,789,111
      現金及び現金同等物の期首残高                                  1,203,394              1,272,359
                                      ※  2,878,131             ※  3,061,470
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 15/23















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       1.  連結の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
       2.  持分法の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
       (会計方針の変更)

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
       う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                                平成25年9月13日。以下「連結会計基準」とい
       う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基
       準」という。)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分
       変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す
       る方法に変更いたしました。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な
       会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表
       に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分
       への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計
       年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及
       び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期首時
       点から将来にわたって適用しております。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額はありません。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
        が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成27年7月31日)                (平成28年1月31日)
                                    ―
         受取手形                                         563千円
                                    ―
         支払手形                                       178,578千円
         流動負債その他(設備支払手形)                            ―            32,886千円
      ※2 当座貸越契約

         運転資金の効率的な調達を行うため、当座貸越契約を締結しております。
         当四半期連結会計期間末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりです。
                              前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                             (平成27年7月31日)                (平成28年1月31日)
         当座貸越契約の総額                      3,700,000千円                6,900,000千円
                                    ―
         借入実行残高                                       500,000千円
         差引額                      3,700,000千円                6,400,000千円
                                 16/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
      ※ 売上高及び利益の季節的変動
       前第2四半期連結累計期間(自 平成26年8月1日 至 平成27年1月31日)及び当第2四半期連結累計期間
      (自 平成27年8月1日 至 平成28年1月31日)
       当社グループでは、第1四半期連結会計期間は年賀状印刷事業の資材・販促費等の先行支出により利益が低下、第
      2四半期連結会計期間は年賀状印刷の集中及び商業印刷の年末年始商戦の折込広告の大量受注により売上・利益共に
      増加、第3・第4四半期連結会計期間は年賀状印刷事業の売上がなく固定費のみ発生することにより、売上高に対す
      る経費割合が高くなり利益が低下するという季節的変動があります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      㬀  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとお
       りであります。
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                               (自    平成26年8月1日            (自    平成27年8月1日
                               至   平成27年1月31日)             至   平成28年1月31日)
        現金及び預金                          2,878,131千円              3,061,470千円
        現金及び現金同等物                          2,878,131千円              3,061,470千円
                                 17/23














                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第2四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成27年1月31日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成26年10月28日
               普通株式         24,041          8 平成26年7月31日         平成26年10月29日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年3月12日
               普通株式         30,041         10  平成27年1月31日         平成27年4月15日         利益剰余金
     取締役会
      当第2四半期連結累計期間(自                平成27年8月1日          至   平成28年1月31日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年10月27日
               普通株式         30,021         10  平成27年7月31日         平成27年10月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成28年3月14日
               普通株式         30,012         10  平成28年1月31日         平成28年4月15日         利益剰余金
     取締役会
                                 18/23












                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成27年1月31日)
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                      四半期連結
                                      その他            調整額
                                            合計          損益計算書
                                      (注1)            (注2)
               商業印刷     年賀状印刷      ふりっぱー
                                                      計上額(注3)
                                 計
                事業      事業      事業
     売上高
      外部顧客への

              4,933,502      5,753,446       247,257    10,934,207        51,455    10,985,662          -  10,985,662
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高           36,041      3,035     17,859      56,937      1,538     58,475     △ 58,475        -
      又は振替高
         計      4,969,543      5,756,482       265,117    10,991,144        52,994    11,044,138       △ 58,475    10,985,662
     セグメント利益
               142,423      756,763     △ 31,795     867,391     △ 12,403     854,987     △ 192,943      662,043
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業等を含んでお
          ります。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△192,943千円には、セグメント間取引消去1,944千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用△194,888千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                平成27年8月1日          至   平成28年1月31日)

      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                      四半期連結
                                      その他            調整額
                                            合計          損益計算書
                                      (注1)            (注2)
               商業印刷
                    年賀状印刷      ふりっぱー
                                                      計上額(注3)
                                 計
                     事業      事業
                事業
     売上高
      外部顧客への

              4,829,080      6,291,214       236,456    11,356,751        57,215    11,413,967          -  11,413,967
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高           47,089      2,747      8,446     58,282      1,739     60,021     △ 60,021        -
      又は振替高
         計      4,876,170      6,293,961       244,902    11,415,034        58,954    11,473,989       △ 60,021    11,413,967
     セグメント利益
               △ 1,895     816,243     △ 34,762     779,586      △ 7,819     771,766     △ 177,337      594,428
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業等を含んでお
          ります。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△177,337千円には、セグメント間取引消去6,980千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用△184,318千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 19/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自    平成26年8月1日             (自    平成27年8月1日
                項目
                               至   平成27年1月31日)             至   平成28年1月31日)
      1株当たり四半期純利益                                  142.49円               128.32円
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 428,122               385,187

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―               ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        428,122               385,187
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                3,004,648               3,001,687
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 20/23














                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       第45期(平成27年8月1日から平成28年7月31日まで)中間配当については、平成28年3月14日開催の取締役会に
      おいて、平成28年1月31日の最終の株主名簿に記載または記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを
      決議いたしました。
       ① 配当金の総額                                                         30,012千円
       ② 1株当たりの金額                                                     10円00銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日       平成28年4月15日
                                 21/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年3月14日

     総合商研株式会社
      取締役会      御中
                         優  成  監  査  法  人

                          指定社員

                                    公認会計士       前  田  裕  次  印
                          業務執行社員
                          指定社員

                                    公認会計士       狐  塚  利  光  印
                          業務執行社員
                          指定社員

                                    公認会計士       石  上  卓  哉  印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている総合商研株式会

     社の平成27年8月1日から平成28年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成27年11月1日から平成
     28年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年8月1日から平成28年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、総合商研株式会社及び連結子会社の平成28年1月31日現在の財政
     状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
     いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の平成27年7月31日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表は、前任監査人によって四半期レビューが実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財
     務諸表に対して平成27年3月5日付けで無限定の結論を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。