たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略 有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第33期(平成27年5月28日-平成27年11月27日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)-第33期(平成27年5月28日-平成27年11月27日)

提出日:

提出者:たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】
     【提出書類】                 有価証券届出書
     【提出先】                 関東財務局長
     【提出日】                 平成28年2月26日
     【発行者名】                 DIAMアセットマネジメント株式会社
     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長   西 惠正
     【本店の所在の場所】                 東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
     【事務連絡者氏名】                 上野 圭子
                       03-3287-3110
     【電話番号】
     【届出の対象とした募集内国
      投資信託受益証券に係る                 たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略
      ファンドの名称】
     【届出の対象とした募集内国
                      当初申込期間:50億円を上限とします。
      投資信託受益証券の金額】
                      継続申込期間:5,000億円を上限とします。
     【縦覧に供する場所】                 該当事項はありません。

                                  1/89














                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】
     (1)【ファンドの名称】
       たわらノーロードplus 新興国株式低ボラティリティ高配当戦略
       (以下    「ファンド」または「当ファンド」という場合があります。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       契約型の追加型証券投資信託の受益権(以下「受益権」といいます。)
       信用格付業者から提供されもしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供されも
       しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、「社債、株式等の振替に関する法律」(以下「社振法」といいます。)の規
       定の適用を受けており、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関
       等(後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理
       機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含めます。)をいいます。以
       下同じ。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(振替口座簿に記載または
       記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であるDIAMア
       セットマネジメント株式会社(以下、「委託会社」または「DIAM」(ダイアム)といいま
       す。)は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しま
       せん。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

       当初申込期間:50億円を上限とします。
       継続申込期間:5,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

       当初申込期間
        受益権1口当たり1円とします。
       継続申込期間
                          ※
        お申込日の翌営業日の基準価額                  とします。
        「分配金自動けいぞく投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、各計算期間終了日の
        基準価額とします。
         㬰  基準  価額」とは、純資産総額(ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額)を計算日
         の受益権総口数で除した価額をいいます。(ただし、便宜上1万口当たりに換算した基準価額で
         表示することがあります。)
       <基準価額の照会方法等>

        基準価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されま
        す。
         ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
         ・販売会社へのお問い合わせ
         ・委託会社への照会
            ホームページ URL http://www.diam.co.jp/
            コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
                                  2/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ・計算日翌日付の日本経済新聞朝刊の「オープン基準価格」の欄をご参照ください。
         (委託会社の略称:DIAM、当ファンドの略称:らp新株高配)
     (5)【申込手数料】

       ありません。
     (6)【申込単位】

       各販売会社が定める単位とします。
       「分配金受取コース」および「分配金自動けいぞく投資コース」によるお申込みが可能です。お申
       込みになる販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとなる場合があります。
        ※取扱コースおよびお申込単位は、販売会社にお問い合わせください。
        㬰౒ڑ䶑톁픰儰䐰帰佢閌윰댰ﰰ뤰ര欰蠰訰œ칶쩒ڑ䶑터鉑赢閌윰夰識㑔࠰漰Āㅓ塏䴰栰樰訰
        す。
        ※確定拠出年金制度によるお申込みの場合は、1円以上1円単位となります。
        ※当初元本は1口当たり1円です。
     (7)【申込期間】

       当初申込期間:平成28年3月14日から平成28年3月30日まで
       継続申込期間:平成28年3月31日から平成29年3月16日まで
        㭽饽驵㎏뱧ᾕ鍎ⴰ漰İ쬰ﰰﰰ꾊㱒㡓홟ᕢ䀰İ줰㱒㡓홟ᕢ䀰ƙ饮⾊㱒㡓홟ᕢ䀰Ɨ퍖ﶊ㱒
        取引所、ニューヨークの銀行、ロンドンの銀行、香港の銀行、韓国の銀行のいずれかの休業日に
        該当する日(以下、「海外休業日」という場合があります。)には、お申込みの受付を行いませ
        ん。
        ※継続申込期間は、上記期間終了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

       当ファンドのお申込みにかかる取扱い等は販売会社が行っております。
        ※販売会社は、以下の方法でご確認ください。
        ・委託会社への照会
           ホームページ URL http://www.diam.co.jp/
           コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
     (9)【払込期日】

       当初  申込期間
        取得申込者は、当初申込期間中に、買付代金を販売会社に支払うものとします。
        当初申込みにかかる申込金額の総額は、販売会社によって、設定日に、委託会社の指定する口座
        を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部について委託を行って
        いる場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
                                  3/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       継続申込期間
        取得申込者は、お申込みをされた販売会社が定める所定の日までに、買付代金を販売会社に支払
        うものとします。各取得申込日の発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日
        に、委託会社の指定する口座を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務
        の一部について委託を行っている場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
     (10)【払込取扱場所】

       取得申込者は、販売会社の定める方法により、販売会社に買付代金を支払うものとします。
        ※払込取扱場所についてご不明な点は、以下の方法でご確認ください。
        ・委託会社への照会
           ホームページ        URL http://www.diam.co.jp/
           コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
     (11)【振替機関に関する事項】

       振替機関は下記の通りです。
       ・株式会社証券保管振替機構
     (12)【その他】

       お申込みに際しては、販売会社所定の方法でお申込みください。
       確定拠出年金制度のご利用によるお申込みの場合には、確定拠出年金制度にかかる手続きが必要と
       なります。この場合、「分配金自動けいぞく投資コース」でのお申込みとなります。
       当ファンドは、収益の分配が行われた場合に収益分配金を受領する「分配金受取コース」と、収益
       分配金    を無手数料で再投資する「分配金自動けいぞく投資コース」があり、「分配金自動けいぞく
       投資コース」を取得申込者が選択した場合、取得申込者は販売会社との間で「自動けいぞく投資約
       款」にしたがい分配金再投資に関する契約を締結します。なお、販売会社によっては、当該契約ま
       たは規定について同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することがあ
       り、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。
       また、受益者と販売会社との間であらかじめ決められた一定の金額を一定期間毎に定時定額購入
       (積立)をすることができる場合があります。販売会社までお問い合わせください。
       当ファンドのお申込みは、原則として販売会社の毎営業日に行われます。継続申込期間中のお申込
       みの受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、かつ、お申込みの受付にかかる販売会
       社の所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。
       ただし、     継続申込期間中の          海外休業日にはお申込みの受付を行いません。
       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
       情があるときは、お申込みの受付を中止することおよびすでに受付けたお申込みの受付を取り消す
       ことができるものとします。
        㭓흶쩪⤰湓홟靵㎏벀԰潙풊ᝏ᩹㸰縰弰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배缰桔౦䈰欰縰弰漰䈰褰䬰堰脰Ɓ
        のために開設されたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当
        該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。
        なお、委託会社または販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当
        該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、分割さ
        れた受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定
                                  4/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通
        知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を
        行 います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結日に、追加信託
        により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該
        受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
       ○振替受益権について

        ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記

        載の振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
        ファンドの収益分配金、償還金、解約代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事
        項」に記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        (参考)

        ◆投資信託振替制度
         投資信託振替制度とは、ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて
         管理するものです。ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振
         替口座簿」といいます。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されま
         せん。
                                  5/89












                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】
     1【ファンドの性格】
     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
       ①当ファンド       は、信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行います。
       ②当ファンドの信託金限度額は、5,000億円とします。ただし、委託会社は、受託会社と合意のう
        え、限度額を変更することができます。
       <ファンドの特色>

                                  6/89

















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ○商品分類表



                              投資対象資産
          単位型投信
                    投資対象地域
                              (収益の源泉)
          追加型投信
                               株  式

                     国  内
          単位型投信                     債  券
                     海  外          不動産投信

          追加型投信                     その他資産

                     内  外         (    )
                               資産複合

        (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

        ○商品分類定義

         ※単位型投信・追加型投信
         「追加型投信」とは一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財
         産とともに運用されるファンドをいいます。
         ※投資対象地域

         「海外」とは目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的
         に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         ※投資対象資産

         「株式」とは目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的
         に株式を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
                                  7/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ○属性区分表
        投資対象資産           決算頻度       投資対象地域          投資形態        為替ヘッジ
           株式         年1回       グローバル

           一般                 (  )
           大型株          年2回
          中小型株                   日本
                    年4回
           債券                  北米       ファミリー          あり
           一般          年6回               ファンド        (  )
           公債         (隔月)         欧州
           社債
         その他債券                   アジア
                    年12回
        クレジット属性
                   (毎月)
          (  )                 オセアニア
                    日々
                            中南米
         不動産投信                                    なし
                                  ファンド・オ
                    その他
                           アフリカ       ブ・ファンズ
         その他資産
                   (  )
        (投資信託証券
                            中近東
         (株式))
                           (中東)
          資産複合
                          エマージング
         (   )
        資産配分固定型
        資産配分変更型
        

         しております。
        (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。
        ○属性区分定義

         ※投資対象資産
         「その他資産(投資信託証券(株式))」とは目論見書または投資信託約款において、投資信
         託証券への投資を通じて、主として株式へ実質的に投資する旨の記載があるものをいいます。
         (注)商品分類表の投資対象資産は株式に分類され、属性区分表の投資対象資産はその他資産
             (投資信託証券(株式))に分類されます。
         ※決算頻度

         「年1回」とは目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをい
         います。
                                  8/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ※投資対象地域
         「エマージング」とは目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益がエ
         マージング地域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
         ※投資形態

         「ファミリーファンド」とは目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・
         オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
         ※為替ヘッジ

         「なし」とは目論見書または投資信託約款において、対円での為替のヘッジを行なわない旨の
          記載があるものまたは対円での為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいいます。
        ; 上記の分類は、一般社団法人投資信託協会の商品分類に関する指針に基づき記載しておりま

         す。上記以外の商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人                                         投資信託協会ホーム
         ページ(http://www.toushin.or.jp/)でご覧いただけます。
     (2)【ファンドの沿革】

        平成28年3月31日 信託契約締結、ファンドの設定、ファンドの運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

                                  9/89












                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ・「証券投資信託契約」の概要
      委託会社と受託会社との間においては、当ファンドにかかる証券投資信託契約を締結しております。
      当該契約の内容は、当ファンドの運用の基本方針、投資対象、投資制限、受益者の権利等を規定した
      ものです。
     ・「募集・販売の取扱い等に関する契約」の概要

      委託会社と販売会社との間においては、募集・販売の取扱い等に関する契約を締結しております。
      当該契約の内容は、証券投資信託の募集・販売の取扱い、一部解約に関する事務、収益分配金の再投
      資、収益分配金・一部解約金および償還金の受益者への支払い等に関する包括的な規則を定めたもの
      です。
       ●ファミリーファンド方式とは●

       当ファンドは「ファミリーファンド方式」により運用を行います。
       「ファミリーファンド方式」とは、複数のファンドを合同運用する仕組みで、投資者からの資金を
       まとめてベビーファンド(当ファンド)とし、その資金の全部または一部をマザーファンド受益証
       券に投資して、その実質的な運用をマザーファンドにて行う仕組みです。
       ○委託会社の概況



        名称:DIAMアセットマネジメント株式会社
        本店の所在の場所:東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
        ①資本金の額

         20億円(平成27年11月30日現在)
        ②委託会社の沿革

         昭和60年7月1日             会社設立
         平成10年3月31日             「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
         平成10年12月1日             証券投資信託法の改正に伴う証券投資信託委託業のみなし認可
         平成11年10月1日             第一ライフ投信投資顧問株式会社を存続会社として興銀エヌダブ
                      リュ・アセットマネジメント株式会社および日本興業投信株式会社
                      と合併し、社名を興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社
                      とする。
         平成20年1月1日             「興銀第一ライフ・アセットマネジメント株式会社」から「DIA
                      Mアセットマネジメント株式会社」に商号変更
                                 10/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ③大株主の状況
                                              ( 平成27年11月30日          現在)
               株主名                      住所            所有株数      所有比率

                                                        50.0%

      第一生命保険株式会社                      東京都千代田区有楽町一丁目13番1号                     12,000株
                                                        50.0%

      株式会社みずほフィナンシャルグループ                      東京都千代田区大手町一丁目5番5号                     12,000株
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】
     <基本方針>
      この投資信託は、信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行います。
     <投資対象>

      新興国株式インカムプラスマザーファンド受益証券を主要投資対象とします。
     <投資態度>

                                                       (*)
      ①新興国株式インカムプラスマザーファンド受益証券への投資を通じて、主に新興国株式                                                    に
        実質的に投資し、中長期的な信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行いま
        す。
       (*)DR(預託証券)もしくは株式と同等の投資効果が得られる権利を表示する証券および証
           書等を含みます。
      ②マザーファンド受益証券の組入比率は、原則として高位を保ちます。
      ③実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いません。
      ④資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

       ①投資の対象とする資産の種類(約款第16条)
        この信託において投資の対象とする資産の種類は次に掲げるものとします。
        1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項に定
          めるものをいいます。以下同じ。)
          イ.  有価証券
          ロ.  デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款
            第22条、第23条および第24条に定めるものに限ります。)
          ハ.  金銭債権
          ニ.  約束手形
        2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ.  為替手形
       ②運用の指図範囲等(約款第17条第1項)

        委託会社は、信託金を、主としてDIAMアセットマネジメント株式会社を委託会社とし、みず
        ほ信託銀行株式会社を受託会社として締結された証券投資信託である新興国株式インカムプラス
                                 11/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        マザーファンド受益証券のほか次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券
        とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
        1.  株券または新株引受権証書
        2.  国債証券
        3.  地方債証券
        4.  特別の法律により法人の発行する債券
        5.  社債券(新株引受権証券と社債券が一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引
          受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。なお、社債券のうちで、新株
          予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債
          であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確に
          しているもの、ならびに会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがあ
          る新株予約権付社債を総称して以下「転換社債型新株予約権付社債」といいます。)
        6.  資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定める
          ものをいいます。)
        7.  投資法人債券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいい、振替投資法人債を含
          みます。)
        8.  特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定
          めるものをいいます。)
        9.  協同組織金融機関の優先出資に関する法律に規定する優先出資証券(金融商品取引法第2条第
          1項第7号で定めるものをいいます。)
        10.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券
          (金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
        11.コマーシャル・ペーパー
        12.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)、
          新株予約権証券および新投資口予約権証券
        13.外国または外国の者の発行する証券または証書で、上記1.~12.の証券または証書の性質を有
          するもの
        14.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをい
          い、振替受益権を含みます。)
        15.投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいま
          す。)
        16.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
        17.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
          い、有価証券にかかるものに限ります。)
        18.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
        19.外国法人が発行する譲渡性預金証書
        20.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
          証券に限ります。)
        21.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
        22.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
          受益証券に表示されるべきもの
        23.外国の者に対する権利で上記22.の有価証券の性質を有するもの
                                 12/89

                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        なお、1.の証券または証書、13.および18.の証券または証書のうち1.の証券または証書の性質を
        有するものを以下「株式」といい、2.から7.までの証券ならびに13.および18.の証券または証書
        の うち2.から7.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、14.の証券および15.の
        証券を以下「投資信託証券」といいます。
       ③運用の指図範囲等(約款第17条第2項)

        委託会社は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
        条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用す
        ることの指図をすることができます。
        1.  預金
        2.  指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3.  コール・ローン
        4.  手形割引市場において売買される手形
        5.  貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
        6.  外国の者に対する権利で上記5.の権利の性質を有するもの
      (参考)当ファンドが投資対象とするマザーファンドの概要

       ファンド名         新興国株式インカムプラスマザーファンド

                この投資信託は、信託財産の成長を図ることを目的として、積極的な運用を行

       基本方針
                います。
                        (*)
                新興国の株式          を主要投資対象とします。
       主な投資対象
                (*)DR(預託証券)もしくは株式と同等の投資効果が得られる権利を表示
                     する証券および証書等を含みます。
                ①主にMSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース、
       投資態度
                 配当込み、為替ヘッジなし)構成銘柄、採用予定銘柄および構成銘柄のDR
                 (預託証券)に投資をすることにより、信託財産の成長を図ることを目的と
                 して、積極的な運用を行います。
                ②運用にあたっては、投資対象銘柄のインカム水準やリスク水準等に着目し
                 た投資魅力度をDIAM独自の定量モデルにより測定し、ポートフォリオの
                 構築を行います。
                ③ポートフォリオの構築にあたっては、地域、業種、銘柄等を分散し、収益
                 の安定化を図ります。
                ④株式の組入比率は、原則として高位を保ちます。
                ⑤組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いませ
                 ん。
                                 13/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                ①株式への投資割合には、制限を設けません。
       主な投資制限
                ②外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
                ③同一銘柄の株式への投資は、取得時において信託財産の純資産総額の10%
                 以下とします。
                ④投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への投資割合は、信託財
                 産の純資産総額の5%以下とします。
                ⑤スワップ取引、金利先渡取引、為替先渡取引および有価証券先物取引等の
                 利用はヘッジ目的に限定します。
                ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポー
                 ジャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの
                 信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それぞれ10%、合計で
                 20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、委託会
                 社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調
                 整を行うこととします。
            資金動向、市況動向等によっては、上記の運用ができない場合があります。

     (3)【運用体制】

      経済環境見通し、資産別市場見通し、基本投資方針およびファンドの運用方針は、運用部門担当取締









      役、各運用本部の運用担当者、エコノミックリサーチグループ等で構成される「投資方針会議」にて
      協議、策定致します。
      「投資方針会議」において決定された運用方針をファンドの投資方針に照らし合わせて運用計画を策
      定します。なお、運用計画の策定は、運用担当者およびアナリスト等の調査活動等から得られた情報
      も参考にされます。
                                 14/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      国内債券の発注は、債券運用本部で執行されます。それ以外の個別の有価証券等の発注は、運用部門
      から独立したトレーディンググループで執行されます。
      なお、ファンドの運用等ガイドラインチェックについては、コンプライアンスグループにて行われま
      す。ファンドのリスク管理や分析については、リスク管理グループにて行われます。
       ※マザーファンドを通じたファンドの実質的な運用体制を記載しております。

       ※上記体制は平成27年11月30日現在のものであり、今後変更となる場合があります。
     (4)【分配方針】

       ①  収益分配方針
        毎決算時(原則として毎年12月16日(休業日の場合は翌営業日))に、原則として以下の方針に
        基づき収益分配を行います。
       (1)分配対象額の範囲
          経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。
       (2)分配対象額についての分配方針
          委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して、分配金額を決定します。ただし、分配対
          象額が少額の場合は分配を行わない場合があります。
       (3)留保益の運用方針
          留保益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の
          運用を行います。
       ②  収益分配方式

        (1)信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         1)信託財産に属する配当等収益(配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれ等に
           類する収益から支払利息を控除した額をいいます。以下同じ。)とマザーファンドの信託財
           産に属する配当等収益のうち信託財産に属するとみなした額(以下「みなし配当等収益」と
           いいます。)との合計額から、諸経費、監査費用および当該監査費用にかかる                                          消費税および
           地方消費税(以下「消費税等」といいます。)                         に相当する金額、信託報酬および当該信託報
           酬にかかる      消費税等     に相当する金額を控除した後、その残金を受益者に分配することができ
           ます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てる
           ことができます。
         2)売買損益に評価損益を加減した額からみなし配当等収益を控除して得た利益金額(以下「売
           買益」といいます。)は、諸経費、監査費用および当該監査費用にかかる消費税等に相当す
           る金額、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損
           金のある時はその全額を売買益をもって補填した後、受益者に分配することができます。な
           お、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
        (2)上記1)および2)におけるみなし配当等収益とは、マザーファンドの信託財産にかかる配当等
         収益の額に、マザーファンドの信託財産の純資産総額に占めるこの信託の信託財産に属するマ
         ザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        (3)毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
                                 15/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ③  収益分配金の支払い
        収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
        該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま
        す。また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため
        委託会社または販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申
        込者とします。)に、原則として決算日から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
        「分配金自動けいぞく投資コース」をお申込みの場合は、収益分配金は税引き後無手数料で再投
        資されますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
     (5)【投資制限】

      ①マザーファンド受益証券への投資割合には、制限を設けません。(約款「運用の基本方針」2.運用
       方法(3)投資制限)
      ②外貨建資産への実質投資割合には、制限を設けません。(約款「運用の基本方針」2.運用方法
       (3)投資制限)
      ③株式への実質投資割合には、制限を設けません。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資
       制限)
      ④マザーファンド受益証券以外の投資信託証券(上場投資信託証券を除きます。)への実質投資割合
       は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制
       限)
      ⑤スワップ取引、金利先渡取引、為替先渡取引、有価証券先物取引等の利用はヘッジ目的に限定しま
       す。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制限)
      ⑥一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
       ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する実質比率は、
       原則としてそれぞれ10%、合計で20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合に
       は、委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則にしたがい当該比率以内となるよう調整を行うこ
       ととします。(約款「運用の基本方針」2.運用方法(3)投資制限)
      ⑦投資する株式等の範囲             (約款    第20条    )
        1)委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商
         品取引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場にお
         いて取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権
         者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りでは
         ありません。
        2)上記1)の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予
         約権証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託
         会社が投資することを指図することができるものとします。
      ⑧信用取引の指図範囲            (約款    第21条    )
        1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの
         指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引き渡しまたは買戻
         しにより行うことの指図をすることができるものとします。
        2)上記1)の信用取引の指図は、次の1.~6.に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券につい
         て行うことができるものとし、かつ次の1.~6.に掲げる株券数の合計数を超えないものとしま
         す。
                                 16/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          1.  信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
          2.  株式分割により取得する株券
          3.  有償増資により取得する株券
          4.  売出しにより取得する株券
          5.  信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の
            新株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
          6.  信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または
            信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(上記5.に定め
            るものを除きます。)の行使により取得可能な株券
      ⑨先物取引等の運用指図(約款第22条)
        1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引
         所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
         す。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものをいいま
         す。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲げるものをい
         います。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行
         うことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取扱うも
         のとします(以下同じ。)。
          1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象
            とする有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額とマザーファン
            ドの信託財産に属するヘッジ対象有価証券の時価総額のうち信託財産に属するとみなした
            額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の
            純資産総額に占めるヘッジ対象有価証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)
            との合計額の範囲内とします。
          2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象
            有価証券の組入可能額(信託財産の組入ヘッジ対象有価証券およびマザーファンドの組入
            ヘッジ対象有価証券のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファ
            ンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める組入ヘッジ対
            象有価証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)を差し引いた額)に信託財産
            が限月までに受取る組入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券および組入貸付債権信託
            受益権の利払金および償還金とマザーファンドが限月までに受取る組入公社債、組入外国
            貸付債権信託受益証券および組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金のうち信託財
            産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザー
            ファンドの信託財産の純資産総額に占める組入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券お
            よび組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金の割合を乗じて得た額をいいます。)
            を加えた額を限度とし、かつ信託財産が限月までに受取る組入有価証券にかかる利払金お
            よび償還金等ならびに上記(2)投資対象③運用の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用
            している額(以下「金融商品運用額」といいます。)とマザーファンドが限月までに受取
            る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに金融商品運用額のうち信託財産に
            属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファ
            ンドの信託財産の純資産総額に占めるマザーファンドが限月までに受取る組入有価証券に
            かかる利払金および償還金等ならびに金融商品運用額の割合を乗じて得た額をいいま
            す。)の合計額の範囲内とします。
                                 17/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、⑨で規定する全オプショ
            ン取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上
            回 らない範囲内とします。
        2)委託会社は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引
         所における通貨にかかる先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨にかかる先物取
         引およびオプション取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。
          1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の売予
            約と合せてヘッジ対象とする外貨建資産の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する
            ヘッジ対象とする外貨建資産の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産
            に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に
            占めるヘッジ対象とする外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)との
            合計額の範囲内とします。
          2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の買予
            約と合せて、外貨建有価証券とマザーファンドの信託財産に属する外貨建有価証券のうち
            信託財産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額に
            マザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建有価証券の時価総額の割合を乗じ
            て得た額をいいます。)を加えた額の買付代金等実需の範囲内とします。
          3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合
            計額が取引時点の保有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ⑨で規定
            する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資
            産総額の5%を上回らない範囲内とします。
        3)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引
         所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけ
         るこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。
         1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象
           とする金利商品(信託財産が1年以内に受取る組入有価証券の利払金および償還金等ならび
           に上記(2)投資対象③運用の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用されているものをい
           い、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額とマザーファンドの信託財産に
           属するヘッジ対象金利商品の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産に属
           するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める
           ヘッジ対象金利商品の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。)の合計額の範囲内とし
           ます。
         2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、信託財産が
           限月までに受取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに上記(2)投資対象③
           運用の指図範囲等1.~4.に掲げる金融商品で運用している額(以下2.において「金融商品
           運用額等」といいます。)とマザーファンドが限月までに受取る組入有価証券にかかる利払
           金および償還金等ならびに金融商品運用額のうち信託財産に属するとみなした額(信託財産
           に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占
           めるマザーファンドが限月までに受取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならび
           に金融商品運用額の割合を乗じて得た額をいいます。)との合計額の範囲内とします。ただ
           し、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨建資産組入可能額(約款上の組入可能
           額から保有外貨建資産の時価総額とマザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信
                                 18/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           託財産に属するとみなした額(信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額にマ
           ザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額
           を いいます。)を加えた額を差引いた額をいいます。以下同じ。)に信託財産が限月までに
           受取る外貨建組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証券ならびに外貨建組入貸付債権
           信託受益権の利払金および償還金を加えた額が当該金融商品運用額等の額より少ない場合に
           は外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに受取る外貨建組入有価証券にかかる利払金
           および償還金等を加えた額を限度とします。
         3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合
           計額が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ⑨で
           規定する全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純
           資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
      ⑩スワップ取引の運用指図              (約款    第23条    )
        1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクや為替変動リスクを回避するため、異
         なった通貨、異なった受取金利、または異なった受取金利とその元本を一定の条件のもとに交
         換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
        2)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないも
         のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
         ではありません。
        3)スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額とマ
         ザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財産に属するとみ
         なした額との合計額(「スワップ取引の想定元本の合計額」といいます。以下3)において同
         じ。)が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事
         由により、当該純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産
         総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当するスワップ
         取引の一部の解約を指図するものとします。
        4)上記3)においてマザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち信託
         財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産にかかるスワップ取引の想定元本
         の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンド受
         益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        5)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
         するものとします。
        6)委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供または受入れが必要と認めたときは、担
         保の提供または受入れの指図を行うものとします。
      ⑪金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図                         (約款    第24条    )
        1)委託会社は、信託財産に属する資産の価格変動リスクや為替変動リスクを回避するため、金利
         先渡取引および為替先渡取引を行うことの指図をすることができます。
        2)金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託
         期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものに
         ついてはこの限りではありません。
        3)金利先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額とマ
         ザーファンドの信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち信託財産に属するとみ
         なした額との合計額(「金利先渡取引の想定元本の合計額」といいます。以下3)において同
                                 19/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         じ。)が、信託財産にかかるヘッジ対象金利商品の時価総額とマザーファンドの信託財産にか
         かるヘッジ対象金利商品の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額(「ヘッ
         ジ 対象金利商品の時価総額の合計額」といいます。以下3)において同じ。)を超えないものと
         します。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記ヘッジ対象金利商品の時価総額の合
         計額が減少して、金利先渡取引の想定元本の合計額がヘッジ対象金利商品の時価総額の合計額
         を超えることとなった場合には、委託会社は、速やかにその超える額に相当する金利先渡取引
         の一部の解約を指図するものとします。
        4)上記3)においてマザーファンドの信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち信託
         財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本
         の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンド受
         益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファンドの信託財産にかか
         るヘッジ対象金利商品の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンド
         の信託財産にかかるヘッジ対象金利商品の時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額
         に占める信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいま
         す。
        5)為替先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額とマ
         ザーファンドの信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額のうち信託財産に属するとみ
         なした額との合計額(「為替先渡取引の想定元本の合計額」といいます。以下5)において同
         じ。)が、信託財産にかかるヘッジ対象とする外貨建資産(「ヘッジ対象外貨建資産」といい
         ます。以下5)において同じ。)の時価総額とマザーファンドの信託財産にかかるヘッジ対象外
         貨建資産の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計額(「ヘッジ対象外貨建資
         産の時価総額の合計額」といいます。以下5)において同じ。)を超えないものとします。な
         お、信託財産の一部解約等の事由により、ヘッジ対象外貨建資産の時価総額の合計額が減少し
         て、為替先渡取引の想定元本の合計額がヘッジ対象外貨建資産の時価総額を超えることとなっ
         た場合には、委託会社は、速やかにその超える額に相当する為替先渡取引の一部の解約を指図
         するものとします。
        6)上記5)においてマザーファンドの信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額のうち信託
         財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本
         の総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンド受
         益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファンドの信託財産にかか
         るヘッジ対象外貨建資産の時価総額のうち信託財産に属するとみなした額とは、マザーファン
         ドの信託財産にかかるヘッジ対象外貨建資産の時価総額に、マザーファンドの信託財産の純資
         産総額に占める信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額を
         いいます。
        7)金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに
         算出した価額で評価するものとします。
        8)委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供または受入れが必要
         と認めたときは、担保の提供または受入れの指図を行うものとします。
      ⑫デリバティブ取引等にかかる投資制限(約款第25条)
        デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたがい、合理
        的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑬有価証券の貸付の指図および範囲                   (約款    第26条    )
                                 20/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を
         次の1.~2.の範囲内で貸付の指図をすることができます。
          1.  株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の
            時価合計額を超えないものとします。
          2.  公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有
            する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
        2)上記1)1.~2.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超
         える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
        3)委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受け入れの指図を行う
         ものとします。
      ⑭特別な場合の外貨建有価証券への投資制限(約款第27条)
        外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
        場合には、制約されることがあります。
      ⑮外国為替予約取引の指図(約款第28条)
        1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、または為替変動リスクを回避するため、
         外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
        2)上記1)の予約取引の指図は、信託財産にかかる為替の買予約とマザーファンドの信託財産にか
         かる為替の買予約のうち信託財産に属するとみなした額との合計額と、信託財産にかかる売予
         約とマザーファンドの信託財産にかかる為替の売予約のうち信託財産に属するとみなした額と
         の合計額との差額につき円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。た
         だし、信託財産に属する外貨建資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信
         託財産に属するとみなした額を含みます。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約
         取引の指図については、この限りではありません。
        3)上記2)においてマザーファンドの信託財産にかかる為替の買予約のうち信託財産に属するとみ
         なした額とは、マザーファンドの信託財産にかかる為替の買予約の総額にマザーファンドの信
         託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を
         乗じて得た額をいいます。また、マザーファンドの信託財産にかかる為替の売予約のうち信託
         財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産にかかる為替の売予約の総額にマ
         ザーファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンドの受益証券の
         時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
        4)上記2)の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に
         相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとしま
         す。
      ⑯資金の借入れ        (約款    第34条    )
        1)委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、および運用の安定性を図るため、一部
         解約に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済
         を含みます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的と
         して、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。な
         お、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
        2)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から
         信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開
         始日から信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代
                                 21/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内
         である場合の当該期間とし、資金借入額は、借入れ指図を行う日の信託財産の純資産総額の
         10%  以内における、当該有価証券等の売却代金または解約代金および有価証券等の償還金の合
         計額を限度とします。
        3)収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌
         営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        4)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ⑰同一法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
        委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者指
        図型投資信託につき投資信託財産として有する当該株式の議決権(株主総会において決議をする
        ことができる事項の全部につき議決権を行使することができない株式についての議決権を除き、
        会社法第879条第3項の規定により議決権を有するものとみなされる株式についての議決権を含
        む。)の総数が、当該株式の議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合に
        おいて、投資信託財産をもって当該株式を取得することを受託会社に指図してはなりません。
     3【投資リスク】

      <基準価額の主な変動要因>
      当ファンドの基準価額は、ファンドに組入れられる有価証券の値動き、為替変動等により影響を受け
      ますが、運用による損益は全て投資者の皆さまに帰属します。したがって、投資者の皆さまの投資元
      本は保証されているものではなく、下記の変動要因により基準価額が下落し、損失を被り、投資元本
      を割り込むことがあります。
      また、投資信託は預貯金と異なります。
       ※基準価額の変動要因は、下記に限定されるものではありません。

     ○カントリーリスク

      当ファンドが実質的に投資を行う新興国の経済状況は、先進国経済と比較して一般的に脆弱である可
      能性があります。そのため、当該国のインフレ、国際収支、外貨準備高等の悪化などが金融市場にお
      よぼす影響は、先進国以上に大きいものになることが予想されます。さらに、政府当局による海外か
      らの投資規制や課徴的な税制、海外への送金規制などの種々な規制の導入や政策の変更等の要因も金
      融市場に著しい影響をおよぼす可能性があります。
                                 22/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ○株価変動リスク
      株式の価格は、国内外の政治・経済情勢、発行会社の業績・財務状況、または市場の需給や流動性等
      の影響を受けます。当ファンドは、実質的に株式に投資をしますので、株式市場の変動により基準価
      額が上下します。
     ○為替リスク

      当ファンドは、実質組入外貨建資産について原則として対円で為替ヘッジを行わないため、為替変動
      の影響を受けます。このため為替相場が当該実質組入資産の通貨に対して円高になった場合には基準
      価額が下がる要因となります。
     ○信用リスク

      当ファンドが実質的に投資する株式の発行者が経営不安・倒産に陥った場合、またこうした状況に陥
      ると予想される場合等には、株式の価格が下落したりその価値がなくなることがあり、基準価額が下
      がる要因となります。
     ○流動性リスク

      当ファンドにおいて有価証券等を実質的に売却または取得する際に、市場規模、取引量、取引規制等
      により十分な流動性の下での取引を行えない場合には、市場実勢から期待できる価格どおりに取引で
      きないことや、値動きが大きくなることがあり、基準価額に影響をおよぼす可能性があります。
      <分配金に関する留意点>

       ○収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を
        含みます。))を超えて行われる場合があります。したがって、分配金の水準は、必ずしも計算
        期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
       ○受益者の個別元本の状況によっては、分配金の全額または一部が、実質的には元本の一部払戻し
        に相当する場合があります。個別元本とは、追加型投資信託を保有する受益者毎の取得元本のこ
        とで、受益者毎に異なります。
       ○分配金は純資産総額から支払われます。このため、分配金支払い後の純資産総額は減少すること
        となり、基準価額が下落する要因となります。計算期間中の運用収益以上に分配金の支払いを行
        う場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。
      <その他の留意点>

       ○当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オ
        フ)の適用はありません。
       ○当ファンドはファミリーファンド方式で運用を行います。そのため、当ファンドが投資対象とす
        るマザーファンドを投資対象とする他のベビーファンドに追加設定・解約等があった場合、資金
        変動等が起こり、その結果、当該マザーファンドにおいて売買等が生じた場合等には、当ファン
        ドの基準価額に影響をおよぼす場合があります。
       ○資金動向、市況動向等によっては、投資態度にしたがった運用ができない場合があります。
       ○委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない
        事情があるときは、お申込みの受付または解約の受付を中止することおよびすでに受付けたお申
        込みの受付または解約の受付を取り消すことができるものとします。
                                 23/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ○当ファンドは、          信託契約を解約することが               受益者のために有利であると認める場合、受益権口数
        が10億口を下回ることとなった場合、その他やむを得ない事情が発生した場合は、当初定められ
        て いた信託期間の途中でも信託を終了(繰上償還)する場合があります。
      ・注意事項

       イ.当    ファンドは、実質的に株式等の値動きのある有価証券(外貨建資産へ投資する場合には為替
         リスクもあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。
       ロ.投資信託は、預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機
         構の保護の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保
         護基金の対象にもなりません。
       ハ.投資信託は、購入金額について元本保証および利回り保証のいずれもありません。
       ニ.投資信託は、投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合があり、これによる損失は
         購入者が負担することとなります。
     <運用評価・運用リスク管理体制>

     運用パフォーマンス評価は、運用部門から独立したリスク管理グループが月次で対象ファンドについて







     分析を行い、結果を「経営会議」に報告します。また、「経営会議」において運用パフォーマンス評価
     方法の協議も行い、適宜見直しを行います。
     運用リスク管理は、リスク管理グループがリスクを把握、管理し、運用部門への是正指示を行うなど、
     適切な管理を行います。また運用リスク管理の結果については月次で「リスク管理委員会」に報告致し
     ます。
     ※上記体制は平成27年11月30日現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 24/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 25/89





















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
       ありません。
     (2)【換金(解約)手数料】

       ありません。
     (3)【信託報酬等】

       ファンドの日々の純資産総額に対して年率0.972%(税抜0.90%)
       支払先       内訳(税抜)                      主な役務
       委託会社        年率0.42%        委託した資金の運用の対価

       販売会社        年率0.42%        購入後の情報提供、交付運用報告書等各種書類の送付、口

                       座内でのファンドの管理等の対価
       受託会社        年率  0.06  %   運用財産の保管・管理、委託会社からの運用指図の実行等
                       の対価
       ※信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
       㭏᝘㆑氰漰        毎日計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(休業日の場合は翌営業日)および
        毎計算期末または信託終了のときに信託報酬にかかる消費税等相当額とともに信託財産から支払
        われます。
      ◆税法が改正された場合等には、上記内容が変更になることがあります。
     (4)【その他の手数料等】

       ○信託財産留保額
        解約時に、解約請求受付日の翌営業日の基準価額に0.3%の率を乗じて得た額とします。
       ○その他の費用
        その他費用・手数料として、お客様の保有期間中、以下の費用等を信託財産からご負担いただき
        ます。
        ①信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用ならびに受託会社の立て替えた立替金
         の利息および借入金の利息等は、受益者の負担とし、信託財産から支払われます。
        ②監査法人等に支払うファンドの監査にかかる費用は、受益者の負担とし、毎日計上され、毎計
         算期間の最初の6ヵ月終了日(休業日の場合は翌営業日)および毎計算期末または信託終了のと
         き、当該監査に要する費用にかかる消費税等相当額とともに信託財産から支払われます。
        ③有価証券の売買時の売買委託手数料および有価証券取引にかかる手数料・税金、先物・オプ
         ション取引に要する費用、当該手数料にかかる消費税等相当額および外貨建資産の保管等に要
         する費用は、受益者の負担とし、信託財産から支払われます。
        ④マザーファンドで負担する有価証券の売買時の売買委託手数料および有価証券取引にかかる手
         数料・税金、先物・オプション取引に要する費用、当該手数料にかかる消費税等相当額および
         外貨建資産の保管等に要する費用は、間接的に当ファンドで負担することになります。
       㭎ઊ   の「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限
        額等を示すことができません。
       ※税法が改正された場合等には、上記内容が変更になることがあります。
                                 26/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【課税上の取扱い】
      ◇当ファンドは、課税上「株式投資信託」として取扱われます。
       ○個人の受益者に対する課税
        ①収益分配時
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%(所得税
         15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率で源泉徴収による申告不要
         制度が適用されます。なお、確定申告により、申告分離課税または総合課税のいずれかを選択
         することもできます。
         なお、配当控除の適用はありません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        ②換金(解約)時および償還時
                                    ;
         換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)                           については、譲渡所得として、20.315%(所
         得税15.315%(復興特別所得税を含みます。)および地方税5%)の税率での申告分離課税が適
         用されます。
         特定口座(源泉徴収選択口座)を利用する場合、20.315%(所得税15.315%(復興特別所得税
         を含みます。)および地方税5%)の税率による源泉徴収が行われます。
          㮉яꆘ䴰䨰蠰獑ᾐ葏ꆘ䴰䬰襓홟鞌뭵⣿ࡵ㎏뱢䭥灥餰䨰蠰獟厊牢䭥灥餰歏숰譭袌뭺๻䥶厘
           を含みます。)を控除した利益。
         買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
        ③損益通算について
         換金(解約)時および償還時の差損(譲渡損失)については、一定の条件のもとで確定申告等に
         より上場株式等の配当所得ならびに特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の利子
         所得等および譲渡所得等との通算が可能です。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
         ※少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合

          少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、上場株式や公募株式投資信託などにかかる非
          課税制度です。毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所
          得および譲渡所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座
          を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合
          わせください。
       ○法人の受益者に対する課税

         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別元本
         超過額については、15.315%(所得税15.315%(復興特別所得税を含みます。))の税率によ
         る源泉徴収が行われます。なお、地方税の源泉徴収は行われません。
         買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
         なお、益金不算入制度の適用はありません。
       㭓흶쪀԰䱸멛驢艹璑텬픰殉轛騰夰讌익⍻ꅴ٪徕ꈰ䨰蠰獖ﵬᅞ璑텗晴톐⍔ࡏ᩻䤰湘㑔࠰漰Ţ䁟靺

       (復興特別所得税を含みます。)および地方税がかかりません。また、確定拠出年金制度の加入者
       については、確定拠出年金の積立金の運用にかかる税制が適用されます。
                                 27/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       㭎ઊᠰ漰Ş獢က㈀㡞琀ㅧࠀㅥ﹗⠰渰舰渰朰夰ɺ๬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰Ŏઊᠰ湑蕛뤰䱙०欰樰
       場合があります。
       ※課税上の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
      ◇個別元本方式について

       受益者毎の信託時の受益権の価額等を当該受益者の元本とする個別元本方式は次のとおりです。
       <個別元本について>

        ① 受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等相当
         額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        ②受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を
         行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
         ただし、同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に個別
         元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドの受益権
         を取得する場合は当該支店等毎に、「分配金受取コース」と「分配金自動けいぞく投資コー
         ス」の両コースで同一ファンドの受益権を取得する場合はコース別に個別元本の算出が行われ
         る場合があります。
        ③収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元本か
         ら当該元本払戻金(特別              分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
         す。(「元本払戻金(特別分配金)」については、下記の<収益分配金の課税について>を参
         照。)
       <収益分配金の課税について>

        収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配
        金)」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
        収益分配の際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本と同額の場合または
        当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、②
        当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る
        部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配
        金)を控除した額が普通分配金となります。
        なお、収益分配金に元本払戻金(特別分配金)が含まれる場合、収益分配金発生時にその個別元
        本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となりま
        す。
         ※税法が改正された場合等には、上記内容が変更になることがあります。

                                 28/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
     ファンドは、平成28年3月31日から運用を開始する予定であるため有価証券届出書提出日現在、資産を有しておりませ

     ん。
     (1)【投資状況】

     該当事項はありません。
     (参考)

     新興国株式インカムプラスマザーファンド
                                                  平成27年11月30日現在
                 資産の種類                      時価合計(円)             投資比率(%)
     株式                                        342,547,699            72.08
                   内 韓国                          42,801,061            9.01
                   内 マレーシア                          40,964,025            8.62
                   内 中国                          37,399,026            7.87
                   内 南アフリカ                          36,544,892            7.69
                   内 タイ                          31,732,675            6.68
                   内 メキシコ                          30,813,844            6.48
                   内 インドネシア                          23,860,882            5.02
                   内 フィリピン                          21,533,686            4.53
                   内 ポーランド                          20,716,169            4.36
                   内 ブラジル                          14,749,517            3.10
                   内 香港                           9,966,480            2.10
                   内 チェコ                           5,712,394            1.20
                   内 ハンガリー                           5,239,059            1.10
                   内 コロンビア                           4,701,425            0.99
                   内 エジプト
                                              4,690,923            0.99
                   内 ロシア                           4,571,617            0.96
                   内 ケイマン諸島                           3,351,324            0.71
                   内 ペルー                           2,597,643            0.55
                   内 ルクセンブルク                            601,057           0.13
     コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                        132,695,218            27.92
     純資産総額                                        475,242,917            100.00
                                 29/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【投資資産】
      ①【投資有価証券の主要銘柄】

     該当事項はありません。
     (参考)

     新興国株式インカムプラスマザーファンド
                                                  平成27年11月30日現在
                                      簿価単価        評価単価
     順       銘柄名            種類                            利率(%)     投資
                                数量       簿価金額        評価金額
     位     発行体の国/地域              業種                             償還日     比率
                                       (円)        (円)
       WAL-MART     DE  MEXICO    SAB  DE
                      株式                   325.56        332.55     -
       CV
      1                           32,400                         2.27%
                      食品・生活必
                 メキシコ                      10,548,409        10,774,620       -
                       需品小売り
       PETRONAS     GAS  BHD
                      株式                   674.54        660.10     -
      2                           16,000                         2.22%
                マレーシア           ガス            10,792,793        10,561,600       -
       TELEKOMUNIKASI        INDONESIA
                      株式                   24.83        26.34     -
       PERSERO    TBK
      3                          396,800                         2.20%
                      各種電気通信
               インドネシア                        9,853,337        10,453,299       -
                        サービス
       UNIVERSAL     ROBINA    CORP
                      株式                   539.24        527.21     -
      ▶                           19,590                         2.17%
                フィリピン           食品            10,563,874        10,328,239       -
       UNILEVER     INDONESIA     TBK  PT
                      株式                   343.80        342.65     -
      5                           29,900                         2.16%
               インドネシア          家庭用品              10,279,632        10,245,235       -
       GUANGDONG     INVESTMENTS      LTD
                      株式                   182.07        166.10     -
      6                           60,000                         2.10%
                   香港       水道            10,924,486         9,966,480       -
       KT&G   CORP
                      株式                 12,663.07        11,257.19       -
      7                             883                       2.09%
                   韓国      タバコ             11,181,495         9,940,107       -
       CHINA   CONSTRUCTION       BANK
                      株式                   93.40        84.95     -
      8                          117,000                         2.09%
                   中国     商業銀行              10,928,524         9,939,852       -
       COWAY   CO  LTD
                      株式                  9,677.72        9,111.95      -
      9                            1,089                        2.09%
                   韓国   家庭用耐久財                 10,539,040         9,922,924       -
       VODACOM    GROUP   PTY  LTD
                      株式                  1,283.28        1,282.62      -
     10                            7,633                        2.06%
                      無線通信サー
                南アフリカ                       9,795,321        9,790,258       -
                          ビス
       DIGI.COM     BHD
                      株式                   162.16        146.94     -
     11                            65,300                         2.02%
                      無線通信サー
                マレーシア                       10,589,470         9,595,443       -
                          ビス
       KANGWON    LAND   INC
                      株式                  4,631.70        4,056.83      -
                      ホテル・レス
     12                            2,308                        1.97%
                   韓国    トラン・レ               10,689,976         9,363,186       -
                         ジャー
       ADVANCED     INFO   SERVICE    PCL
                      株式                   805.19        704.52     -
     13                            12,600                         1.87%
                      無線通信サー
                   タイ                    10,145,415         8,876,952       -
                          ビス
       AXIATA    GROUP   BERHAD
                      株式                   183.02        176.21     -
     14                            49,400                         1.83%
                      無線通信サー
                マレーシア                       9,041,370        8,705,169       -
                          ビス
       KASIKORNBANK       PCL  NVDR
                      株式                   639.01        574.56     -
     15                            14,900                         1.80%
                   タイ      商業銀行               9,521,305        8,560,944       -
                                 30/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       AGRICULTURAL       BANK   OF  CHINA
                      株式                   51.61        47.39     -
     16                           178,000                         1.78%
                   中国     商業銀行               9,187,360        8,435,687       -
       FIRSTRAND     LTD
                      株式
                                         441.09        408.21     -
     17                 各種金融サー           20,350                         1.75%
                南アフリカ                       8,976,181        8,307,114       -
                          ビス
       POWSZECHNY      ZAKLAD
                      株式                 11,333.16        11,642.51       -
     18  UBEZPIECZEN      SA                     713                       1.75%
                ポーランド           保険             8,080,543        8,301,115       -
       GRUPO   AEROPORTUARIO       DEL
                      株式                  1,109.20        1,145.00      -
     19  PACIFICO     SAB  DE  CV                  7,100                        1.71%
                 メキシコ     運送インフラ                 7,875,323        8,129,546       -
       GRUMA   SAB  DE  CV
                      株式                  1,873.27        1,844.54      -
     20                            4,400                        1.71%
                 メキシコ          食品             8,242,411        8,115,993       -
       BANK   OF  CHINA   LTD
                      株式                   60.98        54.68     -
     21                           146,000                         1.68%
                   中国     商業銀行               8,903,717        7,983,645       -
       PHILIPPINE      LONG   DISTANCE
                      株式                  6,343.68        5,350.49      -
       TELEPHONE     CO
     22                            1,355                        1.53%
                      無線通信サー
                フィリピン                       8,595,694        7,249,927       -
                          ビス
       POLSKIE    GORNICTWO     NAFTOWE
                      株式                   209.87        163.71     -
       I GAZOWNICTWO      SA
     23                            42,322                         1.46%
                      石油・ガス・
                ポーランド                       8,882,233        6,928,678       -
                        消耗燃料
       DONGBU    INSURANCE     CO  LTD
                      株式                  6,978.93        6,786.17      -
     24                             981                       1.40%
                   韓国       保険             6,846,339        6,657,242       -
       KEPCO   PLANT   SERVICE    &
                      株式                 10,907.26        11,097.89       -
       ENGINEERING      CO  LTD
     25                             519                       1.21%
                       商業サービ
                   韓国                    5,660,873        5,759,810       -
                        ス・用品
       KOMERCNI     BANKA   AS
                      株式                 24,993.02        24,622.38       -
     26                             232                       1.20%
                  チェコ      商業銀行               5,798,382        5,712,394       -
       BRITISH    AMERICAN     TOBACCO
                      株式                  1,822.83        1,678.95      -
     27                            3,000                        1.06%
       BHD
                マレーシア          タバコ              5,468,493        5,036,850       -
       TELEFONICA      BRASIL    S.A.
                      株式                  1,247.85        1,210.46      -
     28                            4,100                        1.04%
                      各種電気通信
                 ブラジル                      5,116,209        4,962,911       -
                        サービス
       TELEKOM    MALAYSIA     BHD
                      株式                   194.50        189.42     -
     29                            25,700                         1.02%
                      各種電気通信
                マレーシア                       4,998,870        4,868,094       -
                        サービス
       MOL  HUNGARIAN     OIL  AND  GAS
                      株式                  5,518.31        5,706.04      -
       NYRT
     30                             845                       1.01%
                      石油・ガス・
                ハンガリー                       4,662,974        4,821,612       -
                        消耗燃料
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
                                 31/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     投資有価証券の種類別投資比率
                                                  平成27年11月30日現在
                種類                           投資比率
      株式                                                   72.08%
      合計                                                   72.08%
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
     投資株式の業種別投資比率

                                                  平成27年11月30日現在
                 業種                国内/外国               投資比率
      商業銀行                                                   12.27%
                                  外国
      無線通信サービス                                                    9.97%
      保険                                                    5.15%
      各種電気通信サービス                                                    4.27%
      食品                                                    3.88%
      運送インフラ                                                    3.68%
      タバコ                                                    3.15%
      石油・ガス・消耗燃料
                                                         2.76%
      食品・生活必需品小売り                                                    2.60%
      ホテル・レストラン・レジャー                                                    2.27%
      ガス                                                    2.22%
      家庭用品                                                    2.16%
      水道                                                    2.10%
      家庭用耐久財                                                    2.09%
      各種金融サービス                                                    1.75%
      電力
                                                         1.52%
      飲料                                                    1.40%
      金属・鉱業                                                    1.22%
      商業サービス・用品                                                    1.21%
      独立系発電事業者・エネルギー販売業者                                                    1.15%
      建設資材                                                    1.11%
      陸運・鉄道                                                    0.91%
      電子装置・機器・部品                                                    0.73%
      ヘルスケア・プロバイダー/ヘルスケア・サービス                                                    0.70%
      複合小売り                                                    0.67%
      資本市場                                                    0.60%
      医薬品                                                    0.40%
      繊維・アパレル・贅沢品                                                    0.13%
      合計                                                   72.08%
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
      ②【投資不動産物件】

      該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

      該当事項はありません。
                                 32/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用実績】
     該当事項はありません。
     (4)【設定及び解約の実績】

     該当事項はありません。
                                 33/89



















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     <<参考情報>>
                                 34/89




















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】
       お申込みに際しては、販売会社所定の方法でお申込みください。
       確定拠出年金制度のご利用によるお申込みの場合には、確定拠出年金制度にかかる手続きが必要と
       なります。この場合、「分配金自動けいぞく投資コース」でのお申込みとなります。
       当ファンドは、収益の分配が行われた場合に収益分配金を受領する「分配金受取コース」と、収益
       分配金    を無手数料で再投資する「分配金自動けいぞく投資コース」があり、「分配金自動けいぞく
       投資コース」を取得申込者が選択した場合には、取得申込者は販売会社との間で「自動けいぞく投
       資約款」にしたがい分配金再投資に関する契約を締結します。なお、販売会社によっては、当該契
       約または規定について同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用すること
       があり、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。
       また、受益者と販売会社との間であらかじめ決められた一定の金額を一定期間毎に定時定額購入
       (積立)をすることができる場合があります。販売会社までお問い合わせください。
       当ファンドのお申込みは、原則として販売会社の毎営業日に行われます。継続申込期間中のお申込
       みの受付は、原則として午後3時までにお申込みが行われ、かつ、お申込みの受付にかかる販売会
       社の所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。
       ただし、継続申込期間中は、ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、香港証券取引所、韓
       国証券取引所、ニューヨークの銀行、ロンドンの銀行、香港の銀行、韓国の銀行のいずれかの休業
       日に該当する日(以下、「海外休業日」という場合があります。)には、お申込みの受付を行いま
       せん。
       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、その他やむを得ない事
       情があるときは、取得のお申込みの受付を中止することおよびすでに受付けたお申込みの受付を取
       り消すことができるものとします。
        㭓흶쩪⤰湓홟靵㎏벀԰潙풊ᝏ᩹㸰縰弰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배缰桔౦䈰欰縰弰漰䈰褰䬰堰脰Ɓ
        のために開設されたファンドの受益権の振替を行うための振替機関等の口座を示すものとし、当
        該口座に当該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録が行われます。
        なお、委託会社または販売会社は、当該取得申込みの代金の支払いと引き換えに、当該口座に当
        該取得申込者にかかる口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、分割さ
        れた受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定
        める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通
        知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を
        行います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結日に、追加信託
        により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該
        受益権にかかる信託を設定した旨の通知を行います。
       ・お申込価額

       当初申込期間
        受益権1口当たり1円とします。
       継続申込期間
                          ※
        お申込日の翌営業日の基準価額                  とします。
        「分配金自動けいぞく投資コース」により収益分配金を再投資する場合は、各計算期間終了日の
        基準価額とします。
                                 35/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         㬰  基準  価額」とは、純資産総額(ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額)を計算日
         の受益権総口数で除した価額をいいます。(ただし、便宜上1万口当たりに換算した基準価額で
         表 示することがあります。)
       <基準価額の照会方法等>

        基準価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されま
        す。
         ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
         ・販売会社へのお問い合わせ
         ・委託会社への照会
            ホームページ URL http://www.diam.co.jp/
            コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
       ・お申込手数料

        ありません。
       ・お申込単位

        各販売会社が定める単位とします。
        「分配金受取コース」および「分配金自動けいぞく投資コース」によるお申込みが可能です。お
        申込みになる販売会社によっては、どちらか一方のコースのみの取扱いとなる場合があります。
         ※取扱コースおよびお申込単位は、販売会社にお問い合わせください。
         㬰౒ڑ䶑톁픰儰䐰帰佢閌윰댰ﰰ뤰ര欰蠰訰œ칶쩒ڑ䶑터鉑赢閌윰夰識㑔࠰漰Āㅓ塏䴰栰樰
         ます。
         ※確定拠出年金制度によるお申込みの場合は、1円以上1円単位となります。
         ※当初元本は1口当たり1円です。
       ・払込期日

       当初申込期間
        取得申込者は、当初申込期間中に、買付代金を販売会社に支払うものとします。
        当初申込みにかかる申込金額の総額は、販売会社によって、設定日に、委託会社の指定する口座
        を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務の一部について委託を行って
        いる場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
       継続申込期間
        取得申込者は、お申込みをされた販売会社が定める所定の日までに、買付代金を販売会社に支払
        うものとします。各取得申込日の発行価額の総額は、販売会社によって、追加信託が行われる日
        に、委託会社の指定する口座を経由して受託会社の指定するファンド口座(受託会社が信託事務
        の一部について委託を行っている場合は当該委託先の口座)に払込まれます。
     2【換金(解約)手続等】

       ・受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託会社に対し、解約の請求をすることができます。
        委託会社は、解約の請求を受付けた場合には、信託契約の一部を解約します。
                                 36/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        解約の請求の受付は、原則として販売会社の毎営業日の午後3時までに行われ、かつ、解約の受付
        にかかる販売会社の所定の事務手続きが完了したものを当日のお申込みとします。
        なお、信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の解約請求に制限を設ける場合があります。
        ※海外休業日には、解約の受付を行いません。
        㮉а溊쭬䈰銈䰰䙓흶쪀԰漰İ崰湓ꜰ䲕變ⴰ唰谰昰䐰譣⽦ェ徕ꉻ䤰歛︰地晟厊牓흶쪀԰溊쭬
         にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約にかかる受
         益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の
         口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。なお、受益者が解約の請求をす
         るときは、委託会社または販売会社に対し振替受益権をもって行うものとします。
        㭙풊ᝏ᩹㸰漰Ƒ톇赕䙔셓홟ᕢ䁻䤰欰䨰儰譓홟ᔰ湐屫戰řᙖﵰ멦s홟ᔰ湐屫戰İ崰湎혰萰耰鉟霰
         い事情があるときは、解約の受付を中止することおよびすでに受付けた解約の請求の受付を取
         り消すことができます。解約の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に行っ
         た当日の解約の請求を撤回できます。ただし、受益者がその解約の請求を撤回しない場合に
         は、当該受益権の解約価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に解約の
         請求を受付けたものとして、下記に準じて計算した価額とします。
       ・解約価額

        解約価額は、       解約請求受付日の翌営業日の基準価額から、信託財産留保額として当該基準価額に
        0.3%の率を乗じて得た額を控除した額とします。
        解約価額は、設定日以降の委託会社の毎営業日において、委託会社により計算され、公表されま
        す。
        ※当ファンドの解約価額は、以下の方法でご確認ください。
         ・販売会社へのお問い合わせ
         ・委託会社への照会
           ホームページ URL http://www.diam.co.jp/
           コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
       ・解約単位

        各販売会社が定める単位とします。
        ※解約単位は販売会社にお問い合わせください。
       ・解約代金の受渡日

        解約代金は、原則として解約請求受付日より起算して6営業日目から販売会社の営業所等において
        支払います。
                                 37/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】
     (1)【資産の評価】
       基準価額とは、純資産総額(信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法
       令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産総額から負
       債総額を控除した金額)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。
       主な投資対象の評価方法は以下の通りです。

              資産                       評価方法
         マザーファンド              計算日における基準価額で評価します。

                                                ;
                       原則として金融商品取引所等における計算日                         の最終相場で評
                       価します。
         外国株式
                        ※外国で取引されているものについては、計算時に知りうる
                        直近の日
       なお、外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(「外貨建有価証券」といいます。)、預金、その他

       の資産をいいます。)の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相
       場の仲値によって計算します。予約為替の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物
       売買相場の仲値によるものとします。
       基準価額(1万口当たり)は、設定日以降の                        委託会社の毎営業日において                、委託会社により計算さ
       れ、公表されます。
        ※当ファンドの基準価額は、以下の方法でご確認ください。
        ・販売会社へのお問い合わせ
        ・委託会社への照会
           ホームページ URL http://www.diam.co.jp/
           コールセンター:0120-506-860(受付時間:営業日の午前9時から午後5時まで)
     (2)【保管】

       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、
       受益証券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       信託期間は、平成28年3月31日から、原則として無期限です。
        㬰弰怰地Ŏஊᠰఀ⠀㔀⤰崰湎               イ.償還規定」の場合には、信託終了前に信託契約を解約し、信託を
        終了させることがあります。
     (4)【計算期間】

       a.計算期間は、原則として毎年12月17日から翌年12月16日までとします。
        ただし、第1計算期間は信託契約締結日から平成28年12月16日までとします。
       b.上記a.の規定にかかわらず、上記a.の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当
        日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は、該当日の翌営業日とし、その翌日よ
        り次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了
        日とします。
                                 38/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【その他】
       イ.償還規定
        a.委託会社は、信託期間中において、信託契約を解約することが受益者のために有利であると認
         める場合、受益権口数が10億口を下回ることとなった場合、またはやむを得ない事情が発生し
         た場合は、受託会社と合意のうえ、信託契約を解約し、信託を終了させることができます。こ
         の場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
        b.委託会社は、上記a.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行
         います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日および信託契約の解約の理由などの事
         項を定め、当該決議の日の2週間前までに、信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面を
         もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権
         が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。イ.償還規定c.におい
         て同じ。)は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、
         知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛
         成するものとみなします。
        d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
         をもって行います。
        e.上記b.からd.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当
         該提案につき、信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表
         示をしたときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生
         じている場合であって、上記b.からd.までの手続きを行うことが困難な場合にも適用しませ
         ん。
        f.委託会社は、監督官庁より信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
         契約を解約し信託を終了させます。
        g.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
         は、委託会社は、信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁が、信託契約に
         関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引継ぐことを命じたときは、下記「ロ.信託
         約款の変更等        b.」の書面決議が否決された場合を除き、その投資信託委託会社と受託会社との
         間において存続します。
        h.受託会社は委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務
         に違反して信託財産に著しい損害を与えたこと、その他重要な事由があるときは、委託会社ま
         たは受益者は、裁判所に受託会社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合
         または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は下記「ロ.信託約款の変更等」の規定に
         したがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会
         社を解任することはできないものとします。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委
         託会社は信託契約を解約し、信託を終了させます。
        i.この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をする
         ことにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払わ
         れることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約を行う場合において、
         投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求の規
         定の適用を受けません。
                                 39/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ロ.信託約款の変更等
        a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
         は、受託会社と合意のうえ、約款を変更することまたはこの信託と他の投資信託との併合(投
         資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をい
         います。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとす
         る旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、約款はa.からg.に定める以外の方法によっ
         て変更することができないものとします。
        b.委託会社は、上記a.の事項(上記a.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する
         場合に限り、上記a.の併合事項にあっては、その併合が受益者の利益におよぼす影響が軽微な
         ものに該当する場合を除きます。以下、「重大な約款の変更等」といいます。)について、書
         面決議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更
         等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、約款にかかる知れ
         ている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権
         が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は受益
         権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者
         が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみな
         します。
        d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
         をもって行います。
        e.書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
        f.上記b.からe.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合におい
         て、当該提案につき、約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思
         表示をしたときには適用しません。
        g.上記a.からf.の規定にかかわらず、この信託において併合の書面決議が可決された場合にあっ
         ても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決され
         た場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
        h.委託会社は、監督官庁の命令に基づいて約款を変更しようとするときは、上記a.からg.の規定
         にしたがいます。
        i.この信託は、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をする
         ことにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払わ
         れることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、重大な約款の変更等を行う場合におい
         て、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求
         の規定の適用を受けません。
        j.上記b.に該当しない場合の約款変更については、「運用報告書」にてお知らせいたします。
                                 40/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ハ.関係法人との契約の更改
         証券投資信託の募集・販売の取扱い等に関する契約について、委託会社と販売会社との間の当
         該契約は、原則として期間満了の3ヵ月前までに当事者間の別段の意思表示がない限り、1年毎
         に自動的に更新されます。当該契約は、当事者間の合意により変更することができます。
       ニ.公告

         委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、委託会社のホームページ
         に掲載します。
         (URL http://www.diam.co.jp/)
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の
         公告は、日本経済新聞に掲載して行います。
       ホ.運用報告書

        ・委託会社は、毎年12月16日(休業日の場合は翌営業日とします。)および償還時に交付運用報
         告書を作成し、販売会社を通じて受益者に対して交付します。
        ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページにおいて開示します。ただし、受益者から
         運用報告書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
         (URL http://www.diam.co.jp/)
     4【受益者の権利等】

      (1)収益分配金受領権
        受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて請求する権利を有します。
        受益者が収益分配金支払開始日から5年間支払いを請求しないときは、その権利を失い、委託会社
        が受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
        該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きま
        す。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払
        前のため委託会社または販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則とし
        て取得申込者とします。)に、原則として決算日(休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業
        日までにお支払いを開始します。
        なお、「分配金自動けいぞく投資コース」により収益分配金を再投資する受益者に対しては、委
        託会社は受託会社から受けた収益分配金を、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に販売会社
        に交付します。販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付を
        行います。再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      (2)償還金受領権

        受益者は、持ち分に応じて償還金を請求する権利を有します。
        受益者が信託終了による償還金について支払開始日から10年間支払いを請求しないときは、その
        権利を失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
        以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前
        に設定された受益権で取得申込代金支払前のため委託会社または販売会社の名義で記載または記
                                 41/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、原則として償還日(休業
        日の場合は翌営業日)から起算して5営業日までにお支払いを開始します。
      (3)一部解約請求権

        受益者は、自己に帰属する受益権について、一部解約の実行の請求をすることができます。
        㮉а溊쭬䈰銈䰰䙓흶쪀԰漰İ崰湓ꜰ䲕變ⴰ唰谰昰䐰譣⽦ェ徕ꉻ䤰歛︰地晟厊牓흶쪀԰溊쭬
         にかかるこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約にかかる受
         益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の
         口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
         なお、受益者が解約の請求をするときは、委託会社または販売会社に対し、振替受益権をもっ
         て行うものとします。
      (4)帳簿書類の閲覧・謄写の請求権

        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当該受益者にかかる信託財産に関する帳簿書類の
        閲覧または謄写を請求することができます。
                                 42/89














                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】
      ファンドの運用は、         平成28年3月31日        から開始する予定であり、ファンドは有価証券届出書提出日現在、資産を有して

      おりません。
      ファンドの会計監査は、監査法人により行われる予定であり、監査証明を受けたファンドの財務諸表は、                                                 計算期間ご
      とに作成する有価証券報告書および計算期間の半期に作成する半期報告書                                  に記載されます。
      委託会社は、ファンドの信託財産に係る財務諸表の作成にあたっては、「投資信託財産の計算に関する規則」の定め
      るところによります。
     1【財務諸表】

     該当事項はありません。
                                 43/89
















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】
     【純資産額計算書】

     該当事項はありません。
     (参考)

     新興国株式インカムプラスマザーファンド
                                                  平成27年11月30日現在
      Ⅰ 資産総額                                                475,242,917円
      Ⅱ 負債総額                                                     0円
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                                475,242,917円
      Ⅳ 発行済数量                                                498,500,000口
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                                  0.9533円
                                 44/89
















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
      (1)受益証券の名義書換
        該当事項はありません。
        ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり
        ます。委託会社は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定
        を取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継
        する者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する
        受益証券を発行しません。
        なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
        式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
        の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      (2)受益者に対する特典

        該当事項はありません。
      (3)受益権の譲渡制限

        譲渡制限はありません。
        ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
         記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有する受
         益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿
         に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したも
         のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上
         位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加
         の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
        ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
         されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異な
         る場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したと
         きは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      (4)受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
        抗することができません。
      (5)受益権の再分割

        委託会社は、社振法に定めるところにしたがい、受託会社と協議のうえ、一定日現在の受益権を
        均等に再分割できるものとします。
                                 45/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (6)質権口記載又は記録の受益権の取り扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払
        い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規
        定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 46/89



















                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】
     第1【委託会社等の概況】
     1【委託会社等の概況】
     (1)資本金の額
          本書提出日現在の資本金の額       20億円
                  発行する株式総数    80,000株
                  発行済株式総数     24,000株
          直近5ヵ年の資本金の変動

           該当事項はありません。
     (2)会社の機構

      ① 会社の意思決定機構
        業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選
        任され、その任期は就任後2年内の最終の決算期に関する定時株主総会の終結の時までです。た
        だし、補欠または増員で選任された取締役の任期は、現任取締役の任期の満了の時までとしま
        す。
        取締役会は、代表取締役を選定し、代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議に従い業務を
        執行します。また、取締役会は、その決議をもって、取締役会長1名、取締役社長1名、取締役副
        社長1名、専務取締役および常務取締役若干名を置くことができます。
        取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役社長が招集します。取締役
        会の議長は、原則として取締役社長がこれにあたります。
        取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる取締役の過
        半数が出席し、出席取締役の過半数をもって行います。
      ② 投資運用の意思決定機構

        委託会社が運用指図権を有するファンドに係る運用スタイルの承認は、原則として月3回開催さ
        れる経営会議のうち、月2回の経営会議において決定します。なお、議長は社長とします。
        ファンド全般に係る経済環境見通しおよび資産別市場見通しならびにファンド毎の運用方針は、
        投資方針会議において協議し、策定します。投資方針会議は原則として月1回開催され、議長は
        運用部門担当取締役とします。
        各ファンドにおける有価証券の売買等の意思決定は、原則として運用担当者が行います。すなわ
        ち、運用担当者は、投資方針会議において決定された運用方針を受けて、各ファンドの投資方針
        に基づき運用計画を策定し、有価証券への運用指図を行います。
        運用担当者による運用計画の策定および有価証券等の運用指図に関する意思決定は、運用担当者
        自身の調査活動、アナリスト等の調査活動、その他の活動によって得られた当該有価証券等に関
        する情報に基づいて行われ、それらの活動の成果である各ファンドの投資運用の実績は、原則と
        して月3回開催される経営会議のうち、月1回検討・評価されます。
                                 47/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ※上記体制は平成27年11月30日現在のものであり、今後変更となる可能性があります。






     2【事業の内容及び営業の概況】

       委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社であり、投資信託
       の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用
       業)を行っています。また「金融商品取引法」に基づく登録を受けて、投資助言・代理業および第
       二種金融商品取引業を営んでいます。
       平成27年11月30日現在、委託会社の運用する投資信託は397本(親投資信託を除く)あり、以下の通
       りです。
                                            純資産総額
            基本的性格                 本数
                                            (単位:円)
                                    5             23,428,974,381

          単位型株式投資信託
                                  355             5,983,246,488,045
          追加型株式投資信託
                                   37             298,941,044,307
         単位型公社債投資信託
                                    0                     0
         追加型公社債投資信託
                                  397             6,305,616,506,733
              合計
                                 48/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】
     1.委託会社であるDIAMアセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表

      は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同
      規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52
      号)により作成しております。
      また、中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣
      府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
     2.財務諸表及び中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

     3.委託会社は、第30期事業年度(自平成26年4月1日至平成27年3月31日)の財務諸表について、新日

      本有限責任監査法人の監査を受け、第31期中間会計期間(自平成27年4月1日至平成27年9月30日)の
      中間財務諸表について、新日本有限責任監査法人の中間監査を受けております。
                                 49/89














                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                第29期                 第30期
                            (平成26年3月31日現在)                 (平成27年3月31日現在)
            (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                              11,487,360                  12,051,921
       金銭の信託                              10,952,459                  14,169,657
       前払費用                                64,554                  57,309
       未収委託者報酬                              3,854,410                  4,622,292
       未収運用受託報酬                              1,415,502                  1,737,052
       未収投資助言報酬                        ※2       255,218          ※2       312,206
       未収収益                               275,082                  260,845
       繰延税金資産                               401,327                  411,797
       その他                                23,246                  46,782
                    流動資産計                 28,729,163                  33,669,865
      固定資産

       有形固定資産                               293,329                  432,933
        建物                       ※1       122,181          ※1       138,967
        車両運搬具                       ※1        1,615         ※1          941
        器具備品                       ※1       140,023          ※1       243,908
        建設仮勘定                               29,509                  49,116
       無形固定資産                              1,838,855                  1,912,472
        商標権                       ※1         195        ※1          101
        ソフトウエア                       ※1      1,188,444           ※1      1,702,633
        ソフトウエア仮勘定                              642,834                  202,399
        電話加入権                               7,148                  7,148
        電信電話専用施設利用権                       ※1         231        ※1          188
       投資その他の資産                              4,178,284                  4,343,365
        投資有価証券                              617,159                  613,137
        関係会社株式                             2,119,074                  2,316,596
        繰延税金資産                              622,698                  582,861
        差入保証金                              731,197                  733,907
        その他                               88,154                  96,862
                    固定資産計                 6,310,469                  6,688,771
             資産合計                       35,039,633                  40,358,637
                                 50/89






                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                   (単位:千円)
                               第29期                 第30期
                           (平成26年3月31日現在)                 (平成27年3月31日現在)
            (負債の部)
      流動負債
       預り金                              760,493                1,605,579
       未払金                             1,972,562                 2,515,377
        未払償還金                              51,109                 49,873
        未払手数料                            1,554,065                 1,836,651
        その他未払金                             367,387                 628,852
       未払費用                        ※2     1,466,924            ※2     2,196,267
       未払法人税等                             1,721,861                 1,539,263
       未払消費税等                              195,272                 671,243
       賞与引当金                              668,366                 722,343
       その他                               10,000                 30,000
                   流動負債計                 6,795,481                 9,280,074
      固定負債
       退職給付引当金                              947,759                 868,928
       役員退職慰労引当金                              136,010                 110,465
                   固定負債計                 1,083,769                  979,394
             負債合計                       7,879,251                10,259,468
           (純資産の部)
      株主資本
       資本金                             2,000,000                 2,000,000
       資本剰余金                             2,428,478                 2,428,478
        資本準備金                            2,428,478                 2,428,478
       利益剰余金                             22,488,744                 25,417,784
        利益準備金                             123,293                 123,293
        その他利益剰余金
         別途積立金                           17,130,000                 19,480,000
         研究開発積立金                            300,000                 300,000
         運用責任準備積立金                            200,000                 200,000
         繰越利益剰余金                           4,735,451                 5,314,491
                   株主資本計
                                    26,917,222                 29,846,262
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                              243,159                 252,905
               評価・換算差額等計                       243,159                 252,905
            純資産合計                       27,160,381                 30,099,168
           負債・純資産合計                         35,039,633                 40,358,637
                                 51/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                             第29期                  第30期
                         (自 平成25年4月1日                  (自 平成26年4月1日
                          至 平成26年3月31日)                  至 平成27年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                  25,437,511                    28,170,831
       運用受託報酬                   6,328,414                    7,064,021
       投資助言報酬                    926,837                   1,032,659
       その他営業収益                    835,020                    828,240
                 営業収益計                 33,527,783                    37,095,752
      営業費用
       支払手数料                  11,284,530                    12,416,659
       広告宣伝費                    316,226                    527,620
       公告費                      319                    288
       調査費                   5,226,606                    6,317,052
        調査費                  3,635,440                    4,129,778
        委託調査費                  1,591,166                    2,187,273
       委託計算費                    356,496                    385,121
       営業雑経費                    540,260                    488,963
        通信費                   32,834                    34,089
        印刷費                   466,075                    414,215
        協会費                   25,048                    24,177
        諸会費                      38                    37
        支払販売手数料                   16,264                    16,443
                 営業費用計                 17,724,440                    20,135,705
      一般管理費
       給料                   5,009,676                    5,260,910
        役員報酬                   255,603                    242,666
        給料・手当                  4,171,884                    4,378,307
        賞与                   582,188                    639,936
       交際費                    34,917                    37,625
       寄付金                     2,515                    2,697
       旅費交通費                    232,436                    242,164
       租税公課                    103,775                    127,947
       不動産賃借料                    683,633                    686,770
       退職給付費用                    221,376                    218,863
       固定資産減価償却費                    561,503                    628,056
       福利厚生費                    32,812                    33,310
       修繕費                     9,184                   13,807
       賞与引当金繰入額
                           668,366                    722,343
       役員退職慰労引当金繰入額                    47,298                    50,327
       役員退職慰労金                     6,528                   25,501
       機器リース料                       35                    87
       事務委託費                    215,100                    231,303
       事務用消耗品費                    67,394                    67,208
       器具備品費                     3,191                    5,869
       諸経費                    118,672                    135,032
                一般管理費計                  8,018,417                    8,489,827
      営業利益                            7,784,925                    8,470,220
                                 52/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                              第29期                   第30期
                         (自 平成25年4月1日                  (自 平成26年4月1日
                          至 平成26年3月31日)                  至 平成27年3月31日)
      営業外収益
       受取配当金                      15,024                  17,346
       受取利息                      2,318                  2,404
       時効成立分配金・償還金                      33,872                    974
       為替差益                        -                  652
       雑収入                      4,746                  1,822
                営業外収益計                    55,962                    23,200
      営業外費用
       為替差損                      7,364                    -
       金銭の信託運用損                     213,744                  163,033
       時効成立後支払分配金・償還金                        -                  65
       外国税支払損失                        -                47,515
       雑損失                      10,952                    -
                営業外費用計                    232,061                    210,614
      経常利益                             7,608,826                    8,282,806
      特別損失
       固定資産除却損                 ※1       22           ※1     12,988
       固定資産売却損                 ※2     1,448             ※2       -
       ゴルフ会員権売却損                        -                 1,080
       関係会社株式評価損                        -                202,477
                 特別損失計                    1,470                   216,547
      税引前当期純利益                             7,607,355                    8,066,259
      法人税、住民税及び事業税                             2,934,516                    2,969,684
                                  △  13,207                  △  29,428
      法人税等調整額
      法人税等合計                             2,921,308                    2,940,256
      当期純利益                             4,686,047                    5,126,003
                                 53/89









                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
     第29期(自平成25年4月1日至平成26年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本剰余金                   利益剰余金
                                   その他利益剰余金
                                                        株主資本
             資本金
                         利益                         利益剰余金
                                       運用責
                                                         合計
                  資本準備金
                                  研究開発          繰越利益
                        準備金                           合計
                             別途積立金           任準備
                                   積立金          剰余金
                                       積立金
     当期首残高
             2,000,000      2,428,478      123,293    16,330,000      300,000     200,000     3,945,403      20,898,697      25,327,175
      会計方針の変
      更による累積
      的影響額
     会計方針の変更
     を反映した当期
             2,000,000      2,428,478      123,293    16,330,000      300,000     200,000     3,945,403      20,898,697      25,327,175
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △3,096,000      △3,096,000      △3,096,000
      別途積立金の
                              800,000               △800,000          -      -
      積立
      当期純利益
                                             4,686,047       4,686,047       4,686,047
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                -      -     -    800,000       -     -    790,047     1,590,047      1,590,047
     当期末残高
             2,000,000      2,428,478      123,293    17,130,000      300,000     200,000     4,735,451      22,488,744      26,917,222
              評価・換算

               差額等
                       純資産
                       合計
               その他
              有価証券
              評価差額金
     当期首残高
                 103,768       25,430,943
      会計方針の変
      更による累積
      的影響額
     会計方針の変更
     を反映した当期
                 103,768       25,430,943
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                       △3,096,000
      別途積立金の
                           -
      積立
      当期純利益
                        4,686,047
      株主資本以外
      の項目の当期
                 139,391        139,391
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                 139,391       1,729,438
     当期末残高
                 243,159       27,160,381
                                 54/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第30期(自平成26年4月1日至平成27年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本剰余金                   利益剰余金
                                   その他利益剰余金
                                                        株主資本
             資本金
                         利益                         利益剰余金
                                       運用責
                                                         合計
                  資本準備金
                                  研究開発          繰越利益
                        準備金                           合計
                             別途積立金           任準備
                                   積立金          剰余金
                                       積立金
     当期首残高
             2,000,000      2,428,478      123,293    17,130,000      300,000     200,000     4,735,451      22,488,744      26,917,222
      会計方針の変
      更による累積
                                              131,037      131,037      131,037
      的影響額
     会計方針の変更
     を反映した当期
             2,000,000      2,428,478      123,293    17,130,000      300,000     200,000     4,866,488      22,619,781      27,048,259
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △2,328,000      △2,328,000      △2,328,000
      別途積立金の
                             2,350,000               △2,350,000          -      -
      積立
      当期純利益
                                             5,126,003       5,126,003       5,126,003
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                -      -     -   2,350,000        -     -    448,003     2,798,003      2,798,003
     当期末残高
             2,000,000      2,428,478      123,293    19,480,000      300,000     200,000     5,314,491      25,417,784      29,846,262
              評価・換算

               差額等
                       純資産
                       合計
               その他
              有価証券
              評価差額金
     当期首残高
                 243,159       27,160,381
      会計方針の変
      更による累積
                         131,037
      的影響額
     会計方針の変更
     を反映した当期
                 243,159       27,291,419
     首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                       △2,328,000
      別途積立金の
                           -
      積立
      当期純利益
                        5,126,003
      株主資本以外
      の項目の当期
                 9,746        9,746
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                 9,746      2,807,749
     当期末残高
                 252,905       30,099,168
                                 55/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
            項目                           第30期
                             (自平成26年4月1日           至平成27年3月31日)
     1.  有価証券の評価基準及び               (1)子会社株式及び関連会社株式

                               :移動平均法による原価法
      評価方法
                      (2)その他有価証券
                       時価のあるもの:決算日の市場価格等に基づく時価法
                       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
                       法により算定)
                       時価のないもの:          移動平均法による原価法
     2.  金銭の信託の評価基準及               時価法

      び評価方法
     3.  デリバティブの評価基準               時価法

      及び評価方法
     4.  固定資産の減価償却の               (1)有形固定資産

      方法
                       定率法によっております。
                      (2)無形固定資産
                       自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5
                       年)に基づく定額法によっております。それ以外の無形固定資産につ
                       いては、定額法によっております。
     5.  外貨建の資産及び負債の               外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に換算
                      し、換算差額は損益として処理しております。
      本邦通貨への換算基準
     6.  引当金の計上基準               (1)貸倒引当金は、一般債権は貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特

                       定の債権は個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上してお
                       ります。
                      (2)賞与引当金は、従業員に対して支給する賞与の支出に充てるた
                       め、将来支給見込額を計上しております。
                      (3)退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、当事業年度
                       末における退職給付債務の見込額に基づき、当事業年度末において発
                       生していると認められる額を計上しております。また、退職給付債務
                       の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属さ
                       せる方法については、給付算定式基準によっております。数理計算上
                       の差異及び過去勤務費用の費用処理方法は以下のとおりであります。
                        数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務
                        期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額を、
                        それぞれ発生の翌事業年度から費用処理
                        過去勤務費用:発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
                        年数(5年)による定額法により按分した額を費用処理
                      (4)役員退職慰労引当金は、役員の退職慰労金の支払に備えるため、
                       内規に基づく期末要支給額を計上しております。
     7.消費税等の処理方法                 税抜方式によっております。

                                 56/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     会計方針の変更
                   第30期    (自平成26年4月1日           至平成27年3月31日)

     「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号                              平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」

     という。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号                                                 平成27年3
     月26日。以下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指
     針第67項本文に掲げられた定めについて当事業年度より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方
     法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するととも
     に、割引率の決定方法を従業員の平均残存勤務期間に近似した年数に基づく割引率を使用する方法か
     ら、退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用す
     る方法へ変更いたしました。
     退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従い、当
     事業年度の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を繰越利益剰余
     金に加減しております。
     この結果、当事業年度の期首の退職給付引当金が203,600千円減少し、繰越利益剰余金が131,037千円
     増加しております。また、当事業年度の営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ9,168千
     円増加しております。
     なお、1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.固定資産の減価償却累計額

                                                       (千円)
                                 第29期                 第30期
                            (平成26年3月31日現在)                 (平成27年3月31日現在)
      建物                                562,127                 582,075
      車両運搬具                                 3,308                 3,981
      器具備品                                664,016                 735,461
      商標権                                   742                 836
      ソフトウエア                               1,502,289                 2,015,473
      電信電話専用施設利用権                                 1,365                 1,408
     ※2.  関係会社項目

      関係会社に関する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものが含まれております。
                                                       (千円)
                                 第29期                 第30期
                            (平成26年3月31日現在)                 (平成27年3月31日現在)
                                       255,084                 311,994
        流動資産        未収投資助言報酬
                                       392,646                 492,035
        流動負債          未払費用
                                 57/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (損益計算書関係)
     ※1.固定資産除却損の内訳

                                                       (千円)
                                 第29期                 第30期
                            (自   平成25年4月       1日       (自   平成26年4月       1日
                             至  平成26年3月31日)               至  平成27年3月31日)
      器具備品                                   22                  0
      ソフトウエア                                    0              12,988
     ※2.固定資産売却損の内訳

                                                       (千円)
                                 第29期                 第30期
                            (自   平成25年4月       1日       (自   平成26年4月       1日
                             至  平成26年3月31日)               至  平成27年3月31日)
      器具備品                                 1,448                   -
     (株主資本等変動計算書関係)

      第29期(自平成25年4月1日               至平成26年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項

       発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                        24,000             -           -         24,000

         普通株式
                        24,000             -           -         24,000

          合計
      2.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
          決議        株式の      配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                   種類       総額       配当額
                         (千円)        (円)
       平成25年6月28日            普通

                         3,096,000        129,000
                                       平成25年3月31日           平成25年7月1日
        定時株主総会           株式
      (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         決議      株式の    配当の     配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                種類    原資      総額      配当額
                         (千円)        (円)
      平成26年6月30日          普通    利益剰

                         2,328,000         97,000
                                       平成26年3月31日           平成26年7月1日
       定時株主総会         株式    余金
                                 58/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第30期(自平成26年4月1日               至平成27年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項

      発行済株式の種類            当事業年度期首            当事業年度           当事業年度           当事業年度末
                   株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                        24,000             -           -         24,000

         普通株式
                        24,000             -           -         24,000

          合計
      2.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
          決議         株式の      配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                   種類       総額       配当額
                         (千円)        (円)
       平成26年6月30日            普通

                         2,328,000         97,000
                                       平成26年3月31日           平成26年7月1日
        定時株主総会            株式
      (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         平成27年6月29日開催予定の定時株主総会において、以下のとおり決議を予定しております。
         決議      株式の    配当の     配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日
                種類    原資      総額      配当額
                         (千円)        (円)
      平成27年6月29日          普通    利益剰

                         2,544,000        106,000
                                       平成27年3月31日           平成27年6月30日
       定時株主総会         株式    余金
     (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項

     (1)金融商品に対する取組方針
      資金運用については短期的な預金等に限定しております。
      デリバティブ取引は、後述するリスクを低減する目的で行っております。取引は実需の範囲内でのみ
      利用することとしており、投機的な取引は行わない方針であります。
      取引の方針については社内会議で審議のうえ個別決裁により決定し、取引の実行とその内容の確認に
      ついてはそれぞれ担当所管を分離して実行しております。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

      投資有価証券の主な内容は、政策投資目的で保有している株式であります。
      金銭の信託の主な内容は、当社運用ファンドの安定運用を主な目的として資金投入した投資信託及び
      デリバティブ取引であります。金銭の信託に含まれる投資信託は為替及び市場価格の変動リスクに晒
      されておりますが、デリバティブ取引を利用して一部リスクを低減しております。
      長期差入保証金の主な内容は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等でありま
      す。
                                 59/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      金銭の信託に含まれるデリバティブ取引は為替予約取引、株価指数先物取引及び債券先物取引であ
      り、金銭の信託に含まれる投資信託に係る為替及び市場価格の変動リスクを低減する目的で行ってお
      ります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

      ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
       為替相場及び株式相場の変動によるリスクを有しておりますが、取引先は信用度の高い金融機関に
       限定しているため、相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと認識しております。
      ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
       組織規程における分掌業務の定めに基づき、リスク管理担当所管にて、取引残高、損益及びリスク
       量等の実績管理を行い、定期的に社内委員会での報告を実施しております。
      ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
       取引実行担当所管からの報告に基づき、資金管理担当所管が資金繰計画を確認するとともに、十分
       な手許流動性を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
      額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件
      等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
        第29期(平成26年3月31日現在)

                        貸借対照表計上額                時価             差額
                          (千円)             (千円)             (千円)
                            11,487,360             11,487,360                  -
        (1)現金・預金
                            10,952,459             10,952,459                  -
        (2)金銭の信託
        (3)投資有価証券
           その他有価証券
                              536,913             536,913                -
                            22,976,732             22,976,732                  -
             資産計
                             1,721,861             1,721,861                 -
        (1)未払法人税等
                             1,721,861             1,721,861                 -
             負債計
       第30期(平成27年3月31日現在)

                        貸借対照表計上額                時価             差額
                          (千円)             (千円)             (千円)
                            12,051,921             12,051,921                  -
        (1)現金・預金
                            14,169,657             14,169,657                  -
        (2)金銭の信託
        (3)投資有価証券
           その他有価証券
                              532,891             532,891                -
                            26,754,470             26,754,470                  -
             資産計
                             1,539,263             1,539,263                 -
        (1)未払法人税等
                             1,539,263             1,539,263                 -
             負債計
                                 60/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (注1)金融商品の時価の算定方法
        資 産
        (1)現金・預金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
         よっております。
        (2)金銭の信託
         有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有
         価証券について、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手
         先金融機関より提示された価格によっております。
        (3)投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっており
         ます。
        負 債

        (1)未払法人税等
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
         よっております。
       (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                       (千円)
                                    第29期               第30期
                 区分
                              (平成26年3月31日現在)               (平成27年3月31日現在)
                                         80,246               80,246
        ①非上場株式
                                       2,119,074               2,316,596
        ②関係会社株式
                                        731,197               733,907
        ③差入保証金
         ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができ
          ず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券                                           その他有価証
          券」には含めておりません。
         ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができ
          ず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
          当事業年度において、関係会社株式について202,477千円の減損処理を行っております。
         ③差入保証金は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等であり、市場価格
          がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
       (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

        第29期(平成26年3月31日現在)
                        1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内            10年超
                        (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
                         11,486,870               -          -          -
        (1)預金
                         11,486,870               -          -          -
             合計
       第30期(平成27年3月31日現在)

                        1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内            10年超
                        (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
                         12,051,921               -          -          -
        (1)預金
                         12,051,921               -          -          -
             合計
                                 61/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (注4)社債、新株予約権付社債及び長期借入金の決算日後の返済予定額
        該当事項はありません。
     (有価証券関係)

     1.売買目的有価証券

      該当事項はありません。
     2.満期保有目的の債券

      該当事項はありません。
     3.  子会社株式及び関連会社株式

      関係会社株式(第29期の貸借対照表計上額2,119,074千円、第30期の貸借対照表計上額2,316,596千
      円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりま
      せん。
     4.  その他有価証券

       第29期(平成26年3月31日現在)
                                                       (千円)
                     貸借対照表日における
            区 分                          取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                             522,887               146,101             376,785
       ①株式
                                -             -             -
       ②債券
       ③その他(投資信託)
                              4,551             3,000             1,551
                             527,439             149,101             378,337
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②債券
       ③その他(投資信託)
                              9,474             10,000              △526
                              9,474             10,000              △526
       小計
                             536,913             159,101             377,811
       合計
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額80,246千円)については、市場価格がなく、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 62/89






                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       第30期(平成27年3月31日現在)
                                                       (千円)
                     貸借対照表日における
            区 分                          取得原価               差額
                      貸借対照表計上額
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                             516,710               146,101             370,608
       ①株式
                                -             -             -
       ②債券
       ③その他(投資信託)
                              16,181             13,000              3,181
                             532,891             159,101             373,789
       小計
       貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                                -             -             -
       ①株式
                                -             -             -
       ②債券
       ③その他(投資信託)
                                -             -             -
                                -             -             -
       小計
                             532,891             159,101             373,789
       合計
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額80,246千円)については、市場価格がなく、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     5.当該事業年度中に売却した満期保有目的の債券

      該当事項はありません。
     6.当該事業年度中に売却したその他有価証券

      該当事項はありません。
     7.減損処理を行った有価証券

      該当事項はありません。
     (金銭の信託関係)

     1.運用目的の金銭の信託

       第29期    (平成26年3月31日現在)
                        貸借対照表日における                   当事業年度の損益に含まれた
                       貸借対照表計上額(千円)                       評価差額(千円)
                                  10,952,459                     1,628,835

       運用目的の金銭の信託
       第30期    (平成27年3月31日現在)

                        貸借対照表日における                   当事業年度の損益に含まれた
                       貸借対照表計上額(千円)                       評価差額(千円)
                                  14,169,657                     2,544,066

       運用目的の金銭の信託
                                 63/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.満期保有目的の金銭の信託
      該当事項はありません。
     3.その他の金銭の信託

      該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

      該当事項はありません。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      該当事項はありません。
     (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要

      当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度(非積立型制度であります)を、また、確定拠出型の
      制度として確定拠出年金制度を採用しております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                        (千円)
                                     第29期              第30期
                                 (自   平成25年4月       1日    (自   平成26年4月       1日
                                  至  平成26年3月31日)            至  平成27年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  936,125             1,079,828
         会計方針の変更による累積的影響額                                   -          △203,600
       会計方針の変更を反映した期首残高                                  936,125              876,227
         勤務費用                                124,724              128,297
         利息費用                                 14,405               7,798
         数理計算上の差異の発生額                                 14,996              10,345
         退職給付の支払額                               △34,684              △49,633
         過去勤務費用の発生額                                 24,260                 -
       退職給付債務の期末残高                                 1,079,828               973,035
                                 64/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表
                                                        (千円)
                                     第29期              第30期
                                 (自   平成25年4月       1日    (自   平成26年4月       1日
                                  至  平成26年3月31日)            至  平成27年3月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                                 1,079,828               973,035
       未積立退職給付債務                                 1,079,828               973,035
       未認識数理計算上の差異                                 △112,660               △89,550
       未認識過去勤務費用                                  △19,408              △14,556
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  947,759              868,928
       退職給付引当金                                  947,759              868,928

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  947,759              868,928
      (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                        (千円)
                                     第29期              第30期
                                 (自   平成25年4月       1日    (自   平成26年4月       1日
                                  至  平成26年3月31日)            至  平成27年3月31日)
       勤務費用                                  124,724              128,297
       利息費用                                   14,405               7,798
       数理計算上の差異の費用処理額                                   35,858              33,455
       過去勤務費用の費用処理額                                    4,852              4,852
       確定給付制度に係る退職給付費用                                  179,840              174,402
     (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                                     第29期              第30期
                                 (自   平成25年4月       1日    (自   平成26年4月       1日
                                  至  平成26年3月31日)            至  平成27年3月31日)
       割引率                                    1.5%              0.89%
     3.確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、第29期事業年度41,536千円、第30期事業年度43,461千円であり
      ます。
                                 65/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 第29期                  第30期
                             (平成26年3月31日現在)                  (平成27年3月31日現在)
                                      (千円)                  (千円)
        繰延税金資産
                                 123,518                  118,238
         未払事業税
                                   5,841                  5,527
         未払事業所税
                                 238,205                  239,095
         賞与引当金
                                  31,036                  30,557
         未払法定福利費
                                   2,724                  2,650
         未払確定拠出年金掛金
                                    -                15,727
         外国税支払損失
         減価償却超過額(一括償却資産)                           3,183                  2,158
                                 152,470                  130,844
         減価償却超過額
         繰延資産償却超過額(税法上)                         10,908                   2,710
                                 337,781                  281,232
         退職給付引当金
                                  48,474                  35,724
         役員退職慰労引当金
                                   2,138                  1,940
         ゴルフ会員権評価損
                                 121,913                  176,106
         関係会社株式評価損
                                1,078,198                  1,042,515
        繰延税金資産合計
        繰延税金負債
                                  54,172                  47,855
         その他有価証券評価差額金
                                  54,172                  47,855
        繰延税金負債合計
                                1,024,025                    994,659
        差引繰延税金資産の純額
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下で

      あるため、注記を省略しております。
     3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

      「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法

      律」(平成27年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する事業年度
      から法人税率の引下げが行われることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の
      計算に使用する法定実効税率は従来の35.64%から、平成27年4月1日に開始する事業年度に解消が見
      込まれる一時差異については33.10%に、平成28年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれ
      る一時差異については32.34%となります。
      この変更により、当事業年度末の繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は
      89,582千円減少し、当事業年度に計上された法人税等調整額は94,466千円増加し、その他有価証券評
      価差額金は12,335千円増加しております。
                                 66/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
     1.セグメント情報

      当社は、投資信託及び投資顧問を主とした資産運用業の単一事業であるため、記載を省略しておりま

      す。
     2.関連情報

      第29期(自平成25年4月1日               至平成26年3月31日)

      (1)サービスごとの情報
                    投資信託           投資顧問            その他            合計
                    (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                     25,437,511            7,255,251            835,020         33,527,783
         営業収益
     (注)一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
      (2)地域ごとの情報

       ①営業収益
        当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
       ②有形固定資産

        当社は、本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
        えるため、記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

       特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占めるものがないため、記載を
       省略しております。
      第30期(自平成26年4月1日               至平成27年3月31日)

      (1)サービスごとの情報
                    投資信託           投資顧問            その他            合計
                    (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                     28,170,831            8,096,680            828,240         37,095,752
         営業収益
     (注)一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
      (2)地域ごとの情報

       ①営業収益
        当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
       ②有形固定資産

        当社は、本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超
        えるため、記載を省略しております。
                                 67/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)主要な顧客ごとの情報
       特定の顧客に対する営業収益で損益計算書の営業収益の10%以上を占めるものがないため、記載を
       省略しております。
     (関連当事者との取引)

     (1)親会社及び法人主要株主等

     第29期(自平成25年4月1日               至平成26年3月31日)
               資本金    事業の    議決権等        関係内容
      会社等の      住所
     属
               又は出    内容又     の所有
                                       取引の内容      取引金額      科目    期末残高
                             役員の     事業上の
        名称
     性
               資金    は職業    (被所有)
                                             (千円)          (千円)
                             兼任等      関係
                         割合
      第一生     東京都    2,102    生命保    (被所有)     兼務1名,     資産運用     資産運用の       801,412     未収投資      212,159

     そ
      命保険     千代田     億円   険業              の助言     助言の顧問           助言報酬
                        直接     出向2名,
     の
      株式会     区                            料の受入
                        50%
     他
                             転籍3名
      社
     の
     関
     係
     会
     社
     第30期(自平成26年4月1日               至平成27年3月31日)

               資本金    事業の    議決権等        関係内容
      会社等の      住所
     属
               又は出    内容又     の所有
                                       取引の内容      取引金額      科目    期末残高
                             役員の     事業上の
        名称
     性
               資金    は職業    (被所有)
                                             (千円)          (千円)
                             兼任等      関係
                         割合
      第一生     東京都    3,431    生命保    (被所有)     兼務2名,     資産運用     資産運用の       862,448     未収投資      237,575

     そ
      命保険     千代田        険業              の助言     助言の顧問           助言報酬
     の           億円       直接     出向3名,
      株式会     区                            料の受入
                        50%
     他
                             転籍2名
      社
     の
     関
     係
     会
     社
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)資産運用の助言の顧問料は、一般的取引条件を定めた規定に基づく個別契約により決定してお
         ります。
     (注2)上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれており
         ます。
                                 68/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)子会社等
     第29期(自平成25年4月1日               至平成26年3月31日)
                    資本金    事業の    議決権      関係内容
       会社等の名称         住所                          取引の      取引    科目   期末残高
                    又は出    内容又    等の所
     属
                                           内容      金額       (千円)
                     資金   は職業    有(被所
                                 役員   事業上
     性
                                               (千円)
                            有)割合
                                 の兼   の関係
                                 任等
      DIAM        London     4,000    資産の    (所有)     兼務   当社預     当社預り資       627,855     未払    224,758

                        運用         2名   り資産     産の運用の           費用
      International        United     千GBP         直接
                                    の運用     顧問料の支
                             100%
      Ltd        kingdom
     子
                                         払
     会
      DIAM   U.S.A.,     New  York   4,000    資産の    (所有)     兼務   当社預     当社預り資       251,110     未払     97,587
     社
                        運用         2名   り資産     産の運用の           費用
      Inc.        U.S.A.     千USD         直接
                                    の運用     顧問料の支
                             100%
                                         払
     第30期(自平成26年4月1日               至平成27年3月31日)

                     資本金又     事業の    議決権     関係内容
       会社等の名称         住所                          取引の      取引    科目   期末残高
                     は出資金     内容又    等の所
     属
                                           内容      金額       (千円)
                          は職業    有(被
                                  役員   事業上
     性
                                               (千円)
                              所有)
                                  の兼   の関係
                               割合
                                  任等
      DIAM        London      4,000      資産の    (所有)    兼務   当社預    当社預り資       658,756     未払    235,583

                          運用        2名  り資産    産の運用の           費用
      International        United      千GBP          直接
                                     の運用    顧問料の支
                               100%
      Ltd        kingdom
                                         払
     子

      DIAM   U.S.A.,     New  York   4,000      資産の    (所有)    兼務   当社預    当社預り資       383,980     未払    173,074
     会
                          運用        2名  り資産    産の運用の           費用
      Inc.        U.S.A.      千USD          直接
     社
                                     の運用    顧問料の支
                               100%
                                         払
      DIAM        Central      1,100,000      資産の    (所有)    兼務   当社預    増資の引受       400,000     -       -

                    千円      運用        2名  り資産
      SINGAPORE        Singapore                直接
                                     の運用
                               100%
      PTE.LTD.
     取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注1)資産運用の顧問料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)上記の取引金額及び期末残高には、免税取引のため消費税等は含まれておりません。
     (注3)増資の引受は、子会社が行った増資を引き受けたものであります。
                                 69/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)兄弟会社等
     第29期(自平成25年4月1日               至平成26年3月31日)
                資本金    事業の    議決権      関係内容
       会社等の      住所                          取引の内容       取引金額      科目    期末残高
                又は出    内容又    等の所
     属
        名称                                     (千円)          (千円)
                 資金   は職業    有(被
                             役員    事業上
     性
                         所有)
                             の兼    の関係
                         割合
                             任等
      株式会社      東京都    14,040    銀行業     -    -   当社設定投       投資信託の      1,629,874      未払      224,525

      みずほ銀      千代田                    資信託の販       販売代行手            手数料
                 億円
      行      区                    売、預金取       数料
      (旧株式                         引
      会社みず                                預金の預入            現金・
                                              775,579         10,724,847
      ほコーポ                                (純額)           預金
      レート銀
      行)                                            未収
                                      受取利息
                                               2,073            12
                                                  収益
     そ
      株式会社      東京都    7,000    銀行業     -    -   当社設定投       投資信託の       432,201      -        -
     の
      みずほ銀      千代田                    資信託の販       販売代行手
                 億円
     他
      行      区                    売、預金取       数料
     の
                                引
     関
                                      預金の引出
                                              203,876
     係
                                       (純額)
     会
     社
      みずほ第      東京都    2億円    金融     -    -   当社預り資       当社預り資       287,136     未払      155,413
     の
      一フィナ      千代田        技術            産の助言       産の助言の            費用
     子
      ンシャル      区        研究等                  顧問料の支
     会
      テクノロ                                払
     社
      ジー株式
      会社                                業務委託料            未払金
                                              11,810           2,646
                                      の支払
      資産管理      東京都     500   資産管     -    -   当社信託財       信託元本の      1,000,000      金銭の    10,952,459

      サービス      中央区        理等            産の運用       追加            信託
                 億円
      信託銀行                                (純額)
      株式会社
                                      信託報酬の         7,933
                                      支払
                                 70/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第30期(自平成26年4月1日               至平成27年3月31日)
                資本金    事業の    議決権      関係内容
       会社等の      住所                          取引の内容       取引金額      科目    期末残高
                又は出    内容又    等の所
     属
        名称                                     (千円)          (千円)
                 資金   は職業    有(被
                             役員    事業上
     性
                         所有)
                             の兼    の関係
                         割合
                             任等
       株式会社      東京都    14,040    銀行業     -    -  当社設定投       投資信託の      2,217,439      未払      306,365

       みずほ銀      千代田                    資信託の販       販売代行手            手数料
                 億円
       行      区                    売、預金取       数料
                                引
                                      預金の預入            現金・
                                              551,351         11,276,198
                                       (純額)           預金
     そ
     の
                                                  未収
                                      受取利息
                                               2,139            71
     他
                                                  収益
     の
     関
       みずほ第      東京都    2億円    金融     -   兼務   当社預り資       当社預り資       407,531     未払      240,725
     係
       一フィナ      千代田        技術         1名   産の助言       産の助言の            費用
     会
       ンシャル      区        研究等                  顧問料の支
     社
       テクノロ                                払
     の
       ジー株式
     子
       会社                                業務委託料            未払金
                                               8,540          6,501
     会
                                      の支払
     社
                                                      14,169,657
       資産管理      東京都     500   資産管     -    -  当社信託財       信託元本の      3,500,000      金銭の
       サービス      中央区        理等           産の運用       追加            信託
                 億円
       信託銀行                                (純額)
       株式会社
                                      信託報酬の         8,254
                                      支払
     取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注1)投資信託の販売代行手数料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注2)資産の助言の顧問料は、一般的取引条件を勘案した個別契約により決定しております。
     (注3)上記の取引金額には消費税等が含まれておりません。期末残高には、消費税等が含まれており
         ます。
     (注4)預金取引は、市場金利を勘案した利率が適用されております。
     (注5)信託報酬は、一般的取引条件を勘案した料率が適用されております。
                                 71/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1株当たり情報)
                               第29期                  第30期
                           (自   平成25年4月       1日        (自   平成26年4月       1日
                            至  平成26年3月31日)                至  平成27年3月31日)
      1株当たり純資産額                           1,131,682円58銭                  1,254,132円02銭

      1株当たり当期純利益金額                            195,251円97銭                  213,583円46銭

     (注1)潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載して
      おりません。
     (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               第29期                  第30期
                           (自   平成25年4月       1日        (自   平成26年4月       1日
                            至  平成26年3月31日)                至  平成27年3月31日)
      当期純利益                            4,686,047千円                  5,126,003千円

                                        -                  -

      普通株主に帰属しない金額
      普通株式に係る当期純利益                            4,686,047千円                  5,126,003千円

      期中平均株式数                               24,000株                  24,000株

     (注3)「会計方針の変更」に記載の通り、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に
      定める経過的な取扱いに従っております。この結果、当事業年度の1株当たり純資産額が5,718円34銭
      増加し、1株当たり当期純利益金額が258円46銭増加しております。
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                 72/89











                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)中間貸借対照表
                                                    (単位:千円)
                                          第31期中間会計期間末
                                         (平成27年9月30日現在)
                 (資産の部)
      流動資産
       現金・預金                                               10,613,571
       金銭の信託                                               14,000,363
       前払費用                                                141,040
       未収委託者報酬                                               4,528,913
       未収運用受託報酬                                               2,131,544
       未収投資助言報酬                                                268,863
       未収収益                                                240,459
       繰延税金資産                                                392,452
       その他                                                 37,555
                              流動資産計                        32,354,763
      固定資産

       有形固定資産                                                447,795
        建物                                  ※1             200,557
        車両運搬具                                  ※1               745
        器具備品                                  ※1             246,491
       無形固定資産                                               1,838,514
        商標権                                  ※1                54
        ソフトウエア                                  ※1            1,688,242
        ソフトウエア仮勘定                                               142,901
        電話加入権                                                7,148
        電信電話専用施設利用権                                  ※1               167
       投資その他の資産                                               4,353,734
        投資有価証券                                               574,051
        関係会社株式                                              2,316,596
        繰延税金資産                                               600,727
        差入保証金                                               771,427
        その他                                                90,932
                              固定資産計                         6,640,044
                  資産合計                                   38,994,807
                                 73/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                          第31期中間会計期間末
                                         (平成27年9月30日現在)
                 (負債の部)
      流動負債
       預り金                                                956,031
       未払金                                               2,105,195
        未払収益分配金                                                  44
        未払償還金                                                49,873
        未払手数料                                              1,770,062
        その他未払金                                               285,213
       未払費用                                               1,927,420
       未払法人税等                                               1,486,583
       未払消費税等                                                289,515
       賞与引当金                                                724,368
       その他                                                 20,000
                              流動負債計                         7,509,114
      固定負債
       退職給付引当金                                                920,913
       役員退職慰労引当金                                                137,750
                              固定負債計                         1,058,663
                  負債合計                                    8,567,778
                 (純資産の部)
      株主資本
       資本金                                               2,000,000
       資本剰余金                                               2,428,478
        資本準備金                                              2,428,478
       利益剰余金
                                                      25,771,823
        利益準備金                                               123,293
        その他利益剰余金
         別途積立金                                             22,030,000
         研究開発積立金                                              300,000
         運用責任準備積立金                                              200,000
         繰越利益剰余金                                             3,118,530
                              株主資本計                        30,200,301
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                                226,727
                         評価・換算差額等計                              226,727
                  純資産合計                                    30,427,029
                負債・純資産合計                                      38,994,807
                                 74/89





                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)中間損益計算書
                                                    (単位:千円)
                                        第31期中間会計期間
                                   (自平成27年4月1日至平成27年9月30日)
      営業収益
       委託者報酬                                15,465,477
       運用受託報酬                                 3,695,539
       投資助言報酬                                  510,549
       その他営業収益                                  383,893
                        営業収益計                             20,055,459
      営業費用
       支払手数料                                 6,672,717
       広告宣伝費                                  217,738
       公告費                                    129
       調査費                                 3,678,769
        調査費                                2,272,268
        委託調査費                                1,406,500
       委託計算費                                  207,057
       営業雑経費                                  280,193
        通信費                                 17,208
        印刷費                                 226,482
        協会費                                 11,849
        諸会費                                   17
        支払販売手数料                                 24,635
                        営業費用計                             11,056,605
      一般管理費
       給料                                 2,351,238
        役員報酬                                 121,094
        給料・手当                                2,230,144
       交際費                                  19,774
       寄付金                                   2,156
       旅費交通費                                  119,653
       租税公課                                  94,838
       不動産賃借料                                  363,395
       退職給付費用                                  114,178
       固定資産減価償却費                              ※1    362,235
       福利厚生費                                  10,385
       修繕費                                  30,844
       賞与引当金繰入額                                  724,368
       役員退職慰労引当金繰入額                                  27,285
       機器リース料                                    76
       事務委託費                                  137,814
       事務用消耗品費                                  33,473
       器具備品費                                  14,115
       諸経費                                  84,703
                       一般管理費計                               4,490,538
      営業利益                                                4,508,315
                                 75/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)
                                        第31期中間会計期間
                                   (自平成27年4月1日至平成27年9月30日)
      営業外収益
       受取配当金                                   8,323
       受取利息                                   1,015
       雑収入                                   5,491
                       営業外収益計                                 14,830
      営業外費用
       為替差損                                   3,664
       金銭の信託運用損                                  166,406
                       営業外費用計                                170,070
      経常利益                                                4,353,076
      特別損失
       固定資産除却損                                    182
       固定資産売却損                                   2,654
       ゴルフ会員権評価損                                   3,806
                        特別損失計                                6,642
      税引前中間純利益                                                4,346,433
      法人税、住民税及び事業税                                                1,434,006
      法人税等調整額                                                  14,388
      法人税等合計                                                1,448,394
      中間純利益                                                2,898,038
                                 76/89












                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)中間株主資本等変動計算書
      第31期中間会計期間(自平成27年4月1日至平成27年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                   資本剰余金                  利益剰余金
                                   その他利益剰余金
                                                        株主資本
              資本金
                         利益                         利益剰余金
                                       運用責
                                                         合計
                   資本準備金
                                  研究開発          繰越利益
                         準備金                           合計
                             別途積立金          任準備
                                   積立金          剰余金
                                       積立金
     当期首残高
              2,000,000     2,428,478     123,293    19,480,000      300,000     200,000     5,314,491      25,417,784      29,846,262
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                            △2,544,000      △2,544,000      △2,544,000
      別途積立金の
                             2,550,000              △2,550,000
                                                      -      -
      積立
      中間純利益
                                             2,898,038       2,898,038       2,898,038
      株主資本以外
      の項目の当中
      間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
                             2,550,000              △2,195,961        354,038      354,038
                 -     -     -          -     -
     合計
     当中間期末残高
              2,000,000     2,428,478     123,293    22,030,000      300,000     200,000     3,118,530      25,771,823      30,200,301
             評価・換算差額等

                      純資産
                       合計
             その他有価証券
              評価差額金
     当期首残高
                 252,905      30,099,168
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                       △2,544,000
      別途積立金の
                          -
      積立
      中間純利益
                        2,898,038
      株主資本以外
      の項目の当中
                △26,178        △26,178
      間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
                △26,178        327,860
     合計
     当中間期末残高
                 226,727      30,427,029
                                 77/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
             項目                        第31期中間会計期間

                               (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
     1.有価証券の評価基準及び評                   (1)子会社株式及び関連会社株式

        価方法                         :移動平均法による原価法
                        (2)その他有価証券
                         時価のあるもの:中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価
                         差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
                         より算定)
                         時価のないもの:移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び                   時価法

        評価方法
     3.デリバティブ取引の評価基                   時価法

        準及び評価方法
     4.固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産:定率法

                         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                                 …
                          建物           6~18年
                                 …
                          車両運搬具             6年
                                 …
                          器具備品           3~20年
                        (2)無形固定資産:定額法
                         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用
                         可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     5.引当金の計上基準                   (1)貸倒引当金:一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念
                         債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回
                         収不能見込額を計上しております。
                        (2)賞与引当金:従業員に対して支給する賞与の支出に充てるた
                         め、将来支給見込額を計上しております。
                        (3)退職給付引当金:従業員の退職給付に備えるため、当事業年度
                         末における退職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期間末
                         において発生していると認められる額を計上しております。ま
                         た、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会
                         計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式
                         基準によっております。数理計算上の差異及び過去勤務費用の
                         費用処理方法は以下のとおりであります。
                           数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存
                           勤務期間内の一定の年数(5年)による定額法により按分した
                           額を、それぞれ発生の翌会計期間から費用処理
                           過去勤務費用:発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一
                           定の年数(5年)による定額法により按分した額を費用処理
                        (4)役員退職慰労引当金:役員の退職慰労金の支払に備えるため、
                         内規に基づく中間会計期間末要支給額を計上しております。
     6.外貨建の資産及び負債の本                   外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に

        邦通貨への換算基準                 換算し、換算差額は損益として処理しております。
     7.その他中間財務諸表作成の                   消費税等の会計処理:消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方

        ための基本となる重要な事項                 式によっております。
                                 78/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     追加情報
                           第31期中間会計期間

                     (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
      当社は、平成27年9月30日開催の取締役会の決議に基づき、みずほ信託銀行株式会社(以下「TB」)の

      資産運用部門、みずほ投信投資顧問株式会社(以下「MHAM」)、及び新光投信株式会社(以下「新光投
      信」)の機能統合に向けた具体的な準備を開始すべく、同日付で当社、TB、MHAM及び新光投信の間で
      「統合基本合意書」を締結いたしました。今後、統合に必要な各社の取締役会決議及び株主総会決
      議、国内外の関係当局への届出、許認可の取得等を前提として、平成28年度上期中の統合を予定して
      おります。
     注記事項

     (中間貸借対照表関係)
             項目                       第31期中間会計期間末

                                   (平成27年9月30日現在)
      ※1.固定資産の減価償却累計額

                          建物               …   596,463千円
                          車両運搬具               …     4,178千円
                          器具備品               …   499,246千円
                          商標権               …      883千円
                          ソフトウエア               …  2,309,177千円
                          電信電話専用施設利用権               …     1,429千円
     (中間損益計算書関係)

              項目                       第31期中間会計期間

                               (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
       ※1.減価償却実施額

                          有形固定資産         …   68,441千円
                          無形固定資産         …   293,794千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

      第31期中間会計期間(自平成27年4月1日                      至平成27年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
      発行済株式の種類           当事業年度期首           当中間会計期間           当中間会計期間           当中間会計期間末

                  株式数(株)          増加株式数(株)           減少株式数(株)            株式数(株)
                       24,000             -           -         24,000

         普通株式
                       24,000             -           -         24,000

          合計
                                 79/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.配当に関する事項
       配当金支払額
          決議        株式の      配当金の       1株当たり          基準日          効力発生日

                  種類       総額       配当額
                        (千円)        (円)
      平成27年6月29日

                        2,544,000          106,000
                 普通株式                      平成27年3月31日           平成27年6月30日
       定時株主総会
     (金融商品関係)

      第31期中間会計期間末(平成27年9月30日現在)
      金融商品の時価等に関する事項
      平成27年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで
      あります。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                    中間貸借対照表計上額                   時価             差額
                        (千円)               (千円)             (千円)
                           10,613,571              10,613,571                 -
      (1)現金・預金
                           14,000,363              14,000,363                 -
      (2)金銭の信託
      (3)投資有価証券
         その他有価証券
                             493,805              493,805               -
                           25,107,739              25,107,739                 -
          資産計
                            1,486,583              1,486,583                 -
      (1)未払法人税等
                            1,486,583              1,486,583                 -
          負債計
     (注1)金融商品の時価の算定方法

     資 産
     (1)現金・預金
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
      ります。
     (2)金銭の信託

      有価証券運用を主目的とする単独運用の金銭の信託において信託財産として運用されている有価証券
      について、投資信託は基準価額によっております。また、デリバティブ取引は取引相手先金融機関よ
      り提示された価格によっております。
     (3)投資有価証券

      これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価額によっております。
                                 80/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     負 債
     (1)未払法人税等
      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
      ります。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                         中間貸借対照表計上額
                  区分
                                            (千円)
                                                        80,246
      ①非上場株式
                                                      2,316,596
      ②関係会社株式
                                                        771,427
      ③差入保証金
      ①非上場株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価
       を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券                                      その他有価証券」には含めて
       おりません。
      ②関係会社株式は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時
       価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
      ③差入保証金は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき差し入れた敷金等であり、市場価格がな
       く、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象としておりません。
                                 81/89












                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)
                           第31期中間会計期間末

                          (平成27年9月30日現在)
      1.満期保有目的の債券

        該当事項はありません。
      2.  子会社株式及び関連会社株式
        関係会社株式(中間貸借対照表計上額2,316,596千円)は、市場価格がなく、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
      3.  その他有価証券
                        中間貸借対照表              取得原価             差額
             区 分
                        計上額(千円)              (千円)            (千円)
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えるもの
        ①株式                      477,924            146,101            331,822
        ②債券
                                 -            -            -
        ③その他(投資信託)
                               15,880            13,000             2,880
        小計                      493,805            159,101            334,703
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えないもの
        ①株式                         -            -            -
        ②債券
                                 -            -            -
        ③その他(投資信託)
                                 -            -            -
        小計                         -            -            -
        合計                      493,805            159,101            334,703
       (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額80,246千円)については、市場価格がなく、時価を把
        握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
        せん。
     (金銭の信託関係)

                           第31期中間会計期間末

                          (平成27年9月30日現在)
      1.満期保有目的の金銭の信託

        該当事項はありません。
      2.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)
        該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      第31期中間会計期間(自平成27年4月1日                      至平成27年9月30日)
      1.セグメント情報
       当社は、投資信託及び投資顧問を主とした資産運用業の単一事業であるため、記載を省略しており
       ます。
                                 82/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2.関連情報
      (1)サービスごとの情報
                     投資信託          投資顧問           その他           合計
                     (千円)          (千円)           (千円)           (千円)
          営業収益            15,465,477           4,206,088            383,893         20,055,459
      (注)一般企業の売上高に代えて、営業収益を記載しております。
      (2)地域ごとの情報

       ①営業収益
        当社は、本邦の外部顧客に対する営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を
        超えるため、記載を省略しております。
       ②有形固定資産

        当社は、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%
        を超えるため、記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

       特定の顧客に対する営業収益で中間損益計算書の営業収益の10%以上を占めるものがないため、記
       載を省略しております。
     (1株当たり情報)

                            第31期中間会計期間

                      (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
       1株当たり純資産額                   1,267,792円  89銭

       1株当たり中間純利益金額                    120,751円  62銭
       なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
       おりません。
     (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                        第31期中間会計期間

                                  (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
      中間純利益                                    2,898,038千円

                                             -

      普通株主に帰属しない金額
      普通株式に係る中間純利益                                    2,898,038千円

      期中平均株式数                                     24,000株

                                 83/89




                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (重要な後発事象)
                           第31期中間会計期間

                     (自平成27年4月1日           至平成27年9月30日)
     当社は、平成27年9月25日開催の取締役会において、子会社であるDIAM                                       International        Ltdの増資引

     受を決議いたしました。
     1.増資引受の理由
        子会社の財務基盤強化のため。
     2.子会社の概要
        商号          :  DIAM   International        Ltd
        主な事業内容          :  資産運用業
        増資前の資本金          :  4,000千ポンド
        当社出資比率          :  100%
     3.増資の概要
        金額             :  5,000千ポンド
        増資後の資本金             :  9,000千ポンド
        払込日             :  平成27年10月5日
        増資後の当社出資比率             :  100%
                                 84/89














                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げ
       る行為が禁止されています。
       (1) 自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行う
          こと(投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜
          させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       (2) 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、
          もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとし
          て内閣府令で定めるものを除きます。)。
       (3) 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の
          親法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取
          引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいま
          す。以下(4)(5)において同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保
          有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として
          政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引また
          は金融デリバティブ取引を行うこと。
       (4) 委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
          針、運用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を
          行うこと。
       (5) 上記(3)        (4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
          て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜さ
          せるおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

       (1)  定款の変更等
         平成25年4月1日付で、定款について次の変更をいたしました。
         ・公告の方法の変更(電子公告(ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告をす
          ることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。)に変更)
       (2)  訴訟事件その他の重要事項
         委託会社及びファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありませ
         ん。
                                 85/89







                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】
     1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      (1)受託会社
        a.名称
          みずほ信託銀行株式会社
        b.資本金の額
          平成27年3月末日現在  247,369百万円
        c.事業の内容
          日本において銀行業務および信託業務を営んでいます。
      (2)販売会社

        販売会社の名称、資本金の額および事業内容は以下の「販売会社一覧表」の通りです。
            名      称          資本金の額                 事  業  の  内  容
                         (単位:百万円)
      株式会社SBI証券                         47,937     「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                   品取引業を営んでおります。
      楽天証券株式会社                         7,495    「金融商品取引法」に定める第一種金融商
                                   品取引業を営んでおります。
      (注)資本金の額は平成27年3月末日現在
     2【関係業務の概要】

      「受託会社」は、以下の業務を行います。
      (1)委託会社の指図に基づく信託財産の管理、保管、処分
      (2)信託財産の計算
      (3)信託財産に関する報告書の作成
      (4)その他上記に付帯する業務
      「販売会社」は、以下の業務を行います。

      (1)募集の取扱い
      (2)追加設定の申込事務
      (3)信託契約の一部解約事務
      (4)受益者に対する収益分配金、一部解約金および償還金の支払い
      (5)受益者に対する収益分配金の再投資
      (6)受益者に対する投資信託説明書(目論見書)および運用報告書の交付
      (7)その他上記に付帯する業務
     3【資本関係】

      委託会社と上記関係法人間に資本関係はありません。
     第3【その他】

      (1)目論見書の表紙等にロゴ・マークや図案を使用し、ファンドの基本的性格を記載することがあり
        ます。また目論見書には「目論見書の使用開始日」、「委託会社の金融商品取引業者登録番
                                 86/89


                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        号」、「金融商品取引法の規定に基づく目論見書である旨」、「投資信託の取引はクーリングオ
        フ適用外である旨」、「請求目論見書の内容やその照会先と請求方法」、「信託財産の管理方
        法」、    「投資信託運用による損益は全て投資家に帰属する旨」、「投資信託の元本は保証されて
        いない旨」等を記載することがあります。
      (2)目論見書には有価証券届出書の第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の主要内容を要約
        し記載することがあります。第二部「ファンド情報」第1 ファンドの状況 5 運用状況 に
        は、参考情報として①基準価額・純資産の推移 ②分配の推移 ③主要な資産の状況 ④年間収
        益率の推移等(ベンチマークを含む)を記載することがあります。(表示されるデータは適宜更
        新されます。)
      (3)請求目論見書の巻末に用語説明を掲載する場合があります。
        なお、請求目論見書の巻末に信託約款を掲載し参照することで、有価証券届出書の内容の記載と
        することがあります。
      (4)ファンドの特色やリスク等について投資者に開示すべき情報のあるファンドは、交付目論見書に
        「追加的記載事項」と明記して当該情報の内容等を有価証券届出書の記載に従い記載することが
        あります。
      (5)交付目論見書の「お申込みメモ」に以下の内容を記載することがあります。
        基準価額は、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
        もしくは、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊の「オープン基準価格」の欄をご参照ください。
        (委託会社の略称:DIAM、当ファンドの略称:                            らp新株高配       )
                                 87/89












                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                 平成27年6月5日

     DIAMアセットマネジメント株式会社
      取 締 役 会 御 中
                         新日本有限責任監査法人
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士        山内 正彦 印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                       公認会計士        山野  浩 印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委

     託会社等の経理状況」に掲げられているDIAMアセットマネジメント株式会社の平成26年4月
     1日から平成27年3月31日までの第30期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益
     計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基
     準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどう
     かについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求
     めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見
     表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な
     監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、DIAMアセットマネジメント株式会社の平成27年3月31日現在の財政状態及び
     同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと
     認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                         以上
     (注1)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

         ます。
     (注2)XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 88/89



                                                           EDINET提出書類
                                              DIAMアセットマネジメント株式会社(E10677)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書
                                               平成27年11月25日

     DIAMアセットマネジメント株式会社
      取 締 役 会 御 中
                         新日本有限責任監査法人
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士        山内 正彦 印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                       公認会計士        山野  浩 印
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委

     託会社等の経理状況」に掲げられているDIAMアセットマネジメント株式会社の平成27年4月
     1日から平成28年3月31日までの第31期事業年度の中間会計期間(平成27年4月1日から
     平成27年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、
     中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
     虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
     制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表
     に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる
     中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には
     全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示
     がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中
     間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査
     と比べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判
     断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的
     手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目
     的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用
     な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及
     びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討する
     ことが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断して
     いる。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
     表の作成基準に準拠して、DIAMアセットマネジメント株式会社の平成27年9月30日現在の
     財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日
     まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                         以上
     (注1)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

         おります。
     (注2)XBRLデータは中間監査の対象には含まれておりません。
                                 89/89



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。