株式会社中広 四半期報告書 第38期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社中広

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               東海財務局長

     【提出日】               平成28年2月12日

     【四半期会計期間】               第38期第3四半期(自            平成27年10月1日          至   平成27年12月31日)

     【会社名】               株式会社中広

     【英訳名】               CHUCO   CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 後藤 一俊

     【本店の所在の場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】               058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

     【最寄りの連絡場所】               岐阜県岐阜市東興町27番地

     【電話番号】               058-247-2511(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役副社長兼管理本部長 中島 永次

                    株式会社東京証券取引所

     【縦覧に供する場所】
                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/18







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第一部 【企業情報】

     第1 【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第37期            第38期

              回次                                       第37期
                         第3四半期連結累計期間            第3四半期連結累計期間
                          自   平成26年4月1日         自   平成27年4月1日         自   平成26年4月1日
             会計期間
                          至   平成26年12月31日         至   平成27年12月31日         至   平成27年3月31日
     売上高                (千円)          4,768,879            5,152,054            6,403,162
     経常利益                (千円)           298,849            290,519            470,768

     親会社株主に帰属する
                      (千円)           184,193            184,889            302,812
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           189,378            188,451            308,031
     純資産額                (千円)          1,191,595            1,474,248            1,340,246

     総資産額                (千円)          2,988,692            3,312,447            2,990,486

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)            28.16            27.19            45.92
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            27.44              ―            ―
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            39.9            44.5            44.8
                              第37期            第38期

              回次
                         第3四半期連結会計期間            第3四半期連結会計期間
                          自   平成26年10月1日          自   平成27年10月1日
             会計期間
                          至   平成26年12月31日          至   平成27年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            10.67            10.84
      (注)   1.  当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  第38期第3四半期連結累計期間及び第37期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累計
          期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としております。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/18






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第2 【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」に追加して
      認識した事項は以下の通りです。なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社
      グループが判断したものです。
      (業績の季節的変動について)

        当社グループの業績は、第3四半期及び第4四半期において、他の四半期に比べて売上高及び利益が増加する傾
       向にあります。これは事業拡大のため採用した新卒社員の育成効果が業績に表れるのが下半期になることや、メ
       ディア事業は忘新年会シーズンにあたることから第3四半期に飲食店等からの広告の受注が増加すること及び、広
       告SP事業において行政・民間企業等からの受注が第4四半期に増加する傾向があるためであり、第2四半期までの
       業績が、年間の業績の動向を示さない可能性があります。
        なお、最近2連結会計年度における四半期の売上高及び営業利益の推移は、次のとおりであります。
        (平成27年3月期連結会計年度)

                   第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期          通期
       売上高 (千円)            1,527,731        1,586,701        1,654,446        1,634,283        6,403,162
       (構成比 %)              (23.9)        (24.8)        (25.8)        (25.5)       (100.0)
       営業利益(千円)              73,317       109,217        131,858        170,673        485,066
       (構成比 %)              (15.1)        (22.5)        (27.2)        (35.2)       (100.0)
        (平成26年3月期連結会計年度)

                   第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期          通期
       売上高 (千円)            1,457,159        1,487,287        1,637,302        1,697,250        6,278,999
       (構成比 %)              (23.2)        (23.7)        (26.1)        (27.0)       (100.0)
       営業利益(千円)              68,893        88,641       152,125        125,562        435,222
       (構成比 %)              (15.8)        (20.4)        (35.0)        (28.8)       (100.0)
                                  3/18










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     2  【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
       なお、当社と当社の連結子会社である株式会社エルアドは、平成28年2月2日開催の株式会社エルアド取締役会及
      び平成28年2月5日開催の当社取締役会においてそれぞれ合併を行うことを決議し、平成28年2月5日付で合併契約
      を締結しました。
       詳細については、「第4 経理の状況 1四半期連結財務諸表 注記事項 (重要な後発事象)」を参照くださ
      い。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  業績の状況
      当第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日~平成27年12月31日)のわが国経済は、政府による経済政策や、日本
     銀行による金融緩和の効果から企業収益や雇用・所得環境の改善など、緩やかな回復基調にあるものの、中国を中心と
     した新興国経済の減速や、原油価格の下落、円安による物価上昇への懸念の高まりにより、景気の先行きは依然として
     不透明な状況で推移しております。
      このような状況下、当社グループでは、主力のフリーマガジン「ハッピーメディア(R)」の発行エリア拡大を図るとと
     もに、「一軒一軒確実に手配り」「ご当地の情報・話題を満載」「全世代が安心して読める」「多様なクーポン・サー
     ビスの反響」にこだわり、発行エリア内を隈なく無料各戸配付する、高い広告訴求力を広告主に提案し業容の拡大に努
     めてまいりました。また、第2四半期に群馬県6誌・福井県1誌を、第3四半期に埼玉県2誌を事業譲受により直営の
     発行エリアといたしました。その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は5,152,054千円(前年同期比8.0%増)、
     売上総利益は2,321,403千円(前年同期比9.4%増)となりました。
      一方、事業拡大計画に沿った人員増に加え、事業譲受による人員増により販売費及び一般管理費は2,022,126千円(前
     年同期比11.9%増)となりました。この結果、営業利益は299,277千円(前年同期比4.8%減)、経常利益は290,519千円
     (前年同期比2.8%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は184,889千円(前年同期比0.4%増)となりました。
       セグメント別の業績は次の通りです。
     a.メディア事業
      フリーマガジンの広告受注は、前第3四半期連結累計期間と比較して愛知事業部、岐阜事業部、三重・滋賀事業部そ
     れぞれ伸長したことに加え、事業譲受のエリアの広告受注が加わり、売上高は大きく伸長いたしました。また、フリー
     マガジンの全国展開として推進するVC(※)契約は当第3四半期に山形県米沢市・高畠町及び高知県南国市・香美
     市・香南市が加わり、1道2府14県、26社となりました。その他の部門のうち通信販売部門では、家具を販売する通販
     サイト「わくわく家具」、「わくわくファニチャー」での家具販売が順調に推移いたしました。この結果、メディア事
     業の売上高は3,130,944千円(前年同期比11.3%増)となりました。
      なお、平成27年12月末現在、直営フリーマガジンは56誌、発行部数331万部となり、VCによる発行を合わせますと95
     誌、総発行部数555万部となりました。また、フリーマガジンとWebとのメディアミックスとして展開する、地域みっ
     ちゃく生活情報総合ポータルサイト「フリモ(R)」(furimo.jp)の会員数は119,409名、掲載店舗数は25,195件、スマー
     トフォン向けAR(拡張現実)サービス「フリモAR(R)」におけるアプリダウンロード件数は25,501件となっておりま
     す。
     b.広告SP事業
      広告SP事業では、フリーマガジンとの連携を深めるため、各支社(岐阜支社、名古屋支社、東京支社、三重支社及
     び関西支社)において、フリーマガジンを主体とした提案型営業に特化した結果、広告SP事業の売上高は2,021,110千
     円(前年同期比3.3%増)となりました。
     (※)VCとは
      Voluntary      Chain(ボランタリー・チェーン)契約。それぞれの発行地域の特性を生かし、お互いの自由度を認めなが
     ら「地域みっちゃく生活情報誌(R)」ブランドで発行いたします。
      この契約により、当社はVC契約先企業より、商標使用料及び編集サイト(C-side)の使用料を得ておりますが、V
     C契約を推進する目的は、当社のフリーマガジンの考え方(地域みっちゃく・厳格な掲載基準・正確な配布部数)に賛
     同する企業により「地域みっちゃく生活情報誌(R)」を全国展開することで、日本国内における地域経済の活性化に貢献
     する、地域にみっちゃくした広告インフラを迅速に整備することです。これにより当社は、広告媒体のスケールメリッ
     トを生かした提案営業により、ナショナルスポンサーをはじめ、より多くの広告主獲得を図りながら収益拡大に繋げて
     まいります。
     (注)発行部数、会員数、掲載店舗数、ダウンロード件数は平成27年12月末現在
                                  4/18


                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (2)  財政状態の分析
      当社グループの当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べて321,961千円増加し、3,312,447
     千円となりました。これは主に建物及び構築物が8,102千円減少したものの、現金及び預金が128,973千円、受取手形及
     び売掛金が100,121千円及び無形固定資産が37,406千円増加したこと等によるものです。
      負債は、前連結会計年度末と比べて187,959千円増加し、1,838,199千円となりました。これは主に未払法人税等が
     83,126千円及び長期借入金が82,054千円減少したものの、短期借入金が180,000千円及び買掛金が151,003千円増加した
     こと等によるものです。
      純資産は前連結会計年度末と比べて134,002千円増加し、1,474,248千円となりました。これは主に利益剰余金が
     130,488千円、その他有価証券評価差額金が3,562千円増加したことによるものです。
      なお、当第3四半期連結会計期間末の自己資本比率は44.5%です。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
      生じた課題はありません。
      (4)  研究開発活動

       該当事項はありません。
      (5)  従業員数

       ①連結会社の状況
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループは業容の拡大に伴い、メディア事業において55名、広告S
        P事業において8名、全社(共通)において2名増加しております。
       ②提出会社の状況
         当第3四半期累計期間において、当社は業容の拡大に伴い、メディア事業において55名、広告SP事業におい
        て7名、全社(共通)において2名増加しております。
      (6)  主要な設備

       当第3四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動及び前連結会計年度末における計画の著しい変更は
      ありません。
                                  5/18










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     24,000,000

                  計                                   24,000,000

       ② 【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成28年2月12日)
               (平成27年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                      (市場第一部)
                                              単元株式数は100株であ
       普通株式            7,044,000           7,044,000
                                              ります。
                                     名古屋証券取引所
                                      (市場第一部)
         計           7,044,000           7,044,000          ―           ―
      (注)平成27年12月22日をもって、当社株式は東京証券取引所市場第二部より同取引所市場第一部に指定されており
         ます。また名古屋証券取引所市場第二部より同取引所市場第一部に指定されております。
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年12月31日                 ―   7,044,000           ―    404,300          ―    94,800
      (6)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/18






                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(平成27年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
       ① 【発行済株式】
                                               平成27年12月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                     普通株式      243,900
     完全議決権株式(その他)                普通株式6,799,800               67,998             ―
                     普通株式            300

     単元未満株式                              ―              ―
     発行済株式総数                    7,044,000          ―              ―

     総株主の議決権                     ―           67,998             ―

       ② 【自己株式等】

                                               平成27年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  岐阜市東興町27番地               243,900        ―      243,900        3.46
     株式会社 中広
           計              ―         243,900        ―      243,900        3.46
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                  7/18









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平成
      27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     1  【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                817,532              946,505
         受取手形及び売掛金                                790,848              890,970
         商品                                 6,231              8,569
         仕掛品                                 10,221              12,769
         貯蔵品                                  729              729
         繰延税金資産                                 27,954              10,898
         その他                                 78,668              122,365
                                         △ 7,103             △ 10,504
         貸倒引当金
         流動資産合計                               1,725,081              1,982,304
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                              247,639              239,536
           土地                              695,382              695,382
           建設仮勘定                                 -            5,009
                                          67,585              68,806
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             1,010,607              1,008,734
         無形固定資産
                                          36,244              73,650
         投資その他の資産
           投資有価証券                               64,854              69,496
           差入保証金                              157,860              171,702
           その他                               45,863              57,496
                                         △ 50,025             △ 50,936
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              218,553              247,758
         固定資産合計                               1,265,404              1,330,143
       資産合計                                 2,990,486              3,312,447
                                  9/18









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                                533,939              684,942
         短期借入金                                280,000              460,000
         1年内返済予定の長期借入金                                118,332              118,332
         未払金                                32,966              57,800
         未払費用                                60,874              96,010
         未払法人税等                                97,972              14,846
         預り金                                26,713              69,764
         賞与引当金                                53,133              15,599
                                         145,277              104,192
         その他
         流動負債合計                               1,349,209              1,621,487
       固定負債
         長期借入金                                238,513              156,459
         リース債務                                50,478              46,227
         その他                                12,038              14,024
         固定負債合計                                301,030              216,711
       負債合計                                 1,650,239              1,838,199
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                404,300              404,300
         資本剰余金                                94,800              94,800
         利益剰余金                                845,352              975,840
                                        △ 15,753             △ 15,802
         自己株式
         株主資本合計                               1,328,698              1,459,138
       その他の包括利益累計額
                                         11,548              15,110
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                11,548              15,110
       純資産合計                                 1,340,246              1,474,248
      負債純資産合計                                  2,990,486              3,312,447
                                 10/18









                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      売上高                                  4,768,879              5,152,054
                                        2,647,037              2,830,651
      売上原価
      売上総利益                                  2,121,841              2,321,403
      販売費及び一般管理費                                  1,807,448              2,022,126
      営業利益                                   314,393              299,277
      営業外収益
       受取利息                                   590              661
       受取配当金                                  3,163              2,245
       受取賃貸料                                  9,224              8,799
                                          4,209              2,605
       その他
       営業外収益合計                                  17,188              14,310
      営業外費用
       支払利息                                  4,562              3,369
       支払手数料                                  23,405              11,096
       車両事故損失                                  4,763              7,456
                                            -            1,145
       その他
       営業外費用合計                                  32,731              23,067
      経常利益                                   298,849              290,519
      特別利益
                                            -              0
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                    -              0
      特別損失
       投資有価証券評価損                                    1              -
                                           13               -
       投資有価証券売却損
       特別損失合計                                    15               -
      税金等調整前四半期純利益                                   298,833              290,519
      法人税、住民税及び事業税
                                         93,219              89,099
                                         21,420              16,530
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   114,640              105,630
      四半期純利益                                   184,193              184,889
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -              -
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                   184,193              184,889
                                 11/18







                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      四半期純利益                                   184,193              184,889
      その他の包括利益
                                          5,184              3,562
       その他有価証券評価差額金
       その他の包括利益合計                                  5,184              3,562
      四半期包括利益                                   189,378              188,451
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 189,378              188,451
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 12/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
       (会計方針の変更)

         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)、「連結財務諸表に関する会計基
        準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 
        平成25年9月13日)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分
        から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累
        計期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         該当事項はありません。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自 平成26年4月1日                (自 平成27年4月1日
                             至 平成26年12月31日)                至 平成27年12月31日)
        減価償却費                         33,112千円                33,572千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成26年6月17日
               普通株式         39,060         6  平成26年3月31日         平成26年6月18日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
         該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年6月19日
               普通株式         54,401         8  平成27年3月31日         平成27年6月22日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第二部上場記念配当1円が含まれております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
         該当事項はありません。
                                 13/18




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                  四半期連結損益
                           報告セグメント
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                                             (注)1
                    メディア事業        広告SP事業          計
                                                     (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 2,812,310        1,956,568        4,768,879            ―    4,768,879
       セグメント間の内部売上高
                          ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計          2,812,310        1,956,568        4,768,879            ―    4,768,879
     セグメント利益                  420,625        273,013        693,638       △ 379,245        314,393
      (注)   1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、主に総務及
          び経理等の管理部門及びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)
         該当事項はありません。
       (重要な負ののれん発生益)
         該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:千円)
                                                  四半期連結損益
                           報告セグメント
                                             調整額
                                                   計算書計上額
                                             (注)1
                    メディア事業        広告SP事業          計
                                                     (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                 3,130,944        2,021,110        5,152,054            ―    5,152,054
       セグメント間の内部売上高
                          ―        ―        ―        ―        ―
       又は振替高
            計          3,130,944        2,021,110        5,152,054            ―    5,152,054
     セグメント利益                  430,047        257,151        687,199       △ 387,922        299,277
      (注)   1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに帰属しない全社費用であります。全社費用は、主に総務及
          び経理等の管理部門及びクリエイティブ部門にかかる一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)
         該当事項はありません。
       (重要な負ののれん発生益)
         該当事項はありません。
                                 14/18




                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の
       基礎は以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                 項目
                                 至   平成26年12月31日)           至   平成27年12月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                        28円16銭             27円19銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                   184,193             184,889

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         184,193             184,889
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  6,541,591             6,800,082
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額

                                        27円44銭                 ―
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      ―             ―

      普通株式増加数(株)                                   170,737                ―

      (うち新株予約権)(株)                                  (170,737)                (―)

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
      り四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式
                                            ―             ―
      で、前連結会計年度末から重要な変動があったものの
      概要
      (注)当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しない
         ため記載しておりません。
                                 15/18











                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
       (完全子会社との合併契約の締結)
       当社は、平成28年2月5日開催の取締役会において、当社100%出資の連結子会社である株式会社エルアドとの間
      で、当社を吸収合併存続会社、株式会社エルアドを吸収合併消滅会社とする吸収合併を行うこと決議し、同日付で合
      併契約を締結しました。
      1  取引の概要

       (1)  被合併企業の名称及び当該事業の内容
         被合併企業の名称             株式会社エルアド
         事業の内容             広告業
       (2)  企業結合日

         平成28年4月1日(予定)
       (3)  企業結合の法的形式

         当社を存続会社とする吸収合併方式とし、株式会社エルアドは解散します。
       (4)  その他取引の概要に関する事項

         本合併は、当社グループにおける効率的な経営を実現することを目的としております。
      2  実施予定の会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業分
       離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支配下の取
       引として処理する方針です。
     2  【その他】

        該当事項はありません。
                                 16/18










                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社中広(E05668)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年2月12日

     株式会社中広
      取締役会      御中
                        有限責任     あずさ監査法人
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士         楠 元   宏  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       石 崎 勝 夫  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社中広の

     平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平成27
     年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社中広及び連結子会社の平成27年12月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
     要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。