ダイハツ工業株式会社 四半期報告書 第175期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

四半期報告書-第175期第3四半期(平成27年10月1日-平成27年12月31日)

提出日:

提出者:ダイハツ工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成28年2月10日

     【四半期会計期間】               第175期第3四半期 

                    (自    平成27年10月1日          至   平成27年12月31日)
     【会社名】               ダイハツ工業株式会社

     【英訳名】               DAIHATSU MOTOR CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】               取締役社長 三 井 正 則

     【本店の所在の場所】               大阪府池田市ダイハツ町1番1号

     【電話番号】               (072)754-3062

     【事務連絡者氏名】               オフィスサポートセンター主査  佐 野 裕 展

     【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋本町2丁目2番10号

                    ダイハツ工業株式会社東京支社
     【電話番号】               (03)4231-8850

     【事務連絡者氏名】               東京支社副支社長  増 井 潤

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21








                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第174期           第175期

              回次              第3四半期           第3四半期            第174期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成26年4月1日         自   平成27年4月1日         自   平成26年4月1日
             会計期間
                          至   平成26年12月31日         至   平成27年12月31日         至   平成27年3月31日
     売上高                (百万円)          1,268,052           1,225,569           1,817,103
     経常利益                (百万円)            63,746           54,296          127,100

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            27,913           20,291           68,145
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            59,898            2,808          107,425
     純資産額                (百万円)           703,569           722,145           751,173

     総資産額                (百万円)          1,437,069           1,390,338           1,518,604

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           65.50           47.61          159.90
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ─           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            40.3           43.7           40.7
                             第174期           第175期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成26年10月1日         自   平成27年10月1日
             会計期間
                          至   平成26年12月31日         至   平成27年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           17.50           20.89
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
          計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としておりま
          す。
        4.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                  2/21







                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の異常な変動等及び、前事
      業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中には将来に関する記載を含んでおりますが、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものでありま
      す。
       (1)  業績の状況

         国内は、軽自動車税の増税による影響により、軽自動車市場が減衰し、販売台数が減少しました。結果、売上
        高が  8,405億円     と前年同期に比べ        606億円    (6.7%)の減少、営業利益が             61億円   と、前年同期に比べ         81億円   (57.0%)
        の減少となりました。
         海外は、インドネシアにおいては市場低迷の影響で生産・販売台数が減少する中、原価低減を強力に推進し増
        益となりました。また、マレーシアでは、小型車「アジア」が販売を牽引し売上台数が増加しました。結果、売
        上高が   4,792億円     と前年同期に比べ        60億円   (1.3%)の増加、営業利益が             404億円    と前年同期に比べ        41億円   (11.4%)
        の増加となりました。
       (2)  財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の財政状態については、前連結会計年度末に比べ、資産合計は1,282億円減少し                                                  1
        兆3,903億円      、負債合計は992億円減少し             6,681億円     、純資産合計は290億円減少し              7,221億円     となりました。
         なお、主要な科目の変動分析については以下の通りであります。
        ①現金及び預金、預け金

          設備投資600億円(リース用資産を除く)等により、現金及び預金が222億円、預け金が337億円減少し、前連
         結会計年度末に比べ、559億円減少し、2,518億円となりました。
        ②受取手形及び売掛金

          当社グループの主力製品である軽自動車は、年間のうち第4四半期の需要が高くなる傾向があるため、前連
         結会計年度末に比べ611億円減少し、                 2,770億円     となりました。
        ③有形固定資産

          設備投資600億円(リース用資産を除く)に対し、減価償却費537億円(リース用資産を除く)及び売廃却 
         等により、前連結会計年度末に比べ139億円減少し、                        5,230億円     となりました。
        ④支払手形及び買掛金

          当社グループの主力製品である軽自動車は、年間のうち第4四半期の需要が高くなる傾向があるため、前連
         結会計年度末に比べ692億円減少し、                 2,213億円     となりました。
                                  4/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
        ⑤借入金 
          短期借入金が36億円増加、長期借入金が30億円増加したことにより、前連結会計年度末に比べ66億円増加
         し、1,980億円となりました。
        ⑥純資産合計

          親会社株主に帰属する四半期純利益を                  202億円    計上したものの、剰余金の配当を179億円実施したこと、為替
         換算調整勘定が138億円減少したこと等により、前連結会計年度末に比べ290億円減少し、                                         7,221億円     となりまし
         た。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (4)  研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は350億円であります。
                                  5/21















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                         1,600,000,000

                  計                        1,600,000,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末             提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融               内容
               (平成27年12月31日)           (平成28年2月10日)           商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
       普通株式           427,122,966           427,122,966                  単元株式数 100株
                                    (市場第1部)
         計          427,122,966           427,122,966           ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当する事項はありません。

      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当する事項はありません。

      (4)  【ライツプランの内容】

        該当する事項はありません。

      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     平成27年12月31日               ―      427,122        ―       28,404       ―       10,827
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成27年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                                平成27年9月30日現在
            区分             株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―             ―

                                          権利内容に何ら限定のない当社にお
                      普通株式      1,351,000
                                          ける標準となる株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―
                                          単元株式数 100株
                      普通株式     425,691,200
     完全議決権株式(その他)                               4,256,912             同上
                      普通株式       80,766

     単元未満株式                                ―       1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     427,122,966          ―             ―

     総株主の議決権                      ―         4,256,912              ―

      (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」の欄の普通株式には、相互保有株式707,700株及び自己株式643,300株が
          含まれております。
        2 「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が7,000株含まれておりま
          す。なお、「議決権の数」の欄には、同機構名義の議決権の数70個が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年9月30日現在
                                 自己名義      他人名義      所有株式数       発行済株式総数
        所有者の氏名
                      所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                  (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  大阪府池田市ダイハツ町
     ダイハツ工業㈱                             643,300       ―     643,300          0.15
                  1番1号
                  兵庫県伊丹市東有岡1丁目
     ナミコー㈱                             500,000       ―     500,000          0.12
                  65番地
                  愛媛県松山市宮田町
     愛媛ダイハツ販売㈱                             60,500       ―      60,500          0.01
                  179番地
     ㈱徳島ダイハツモータース             徳島市論田町本浦下84番地                50,000       ―      50,000          0.01
                  大阪府池田市豊島南2丁目
     ㈱川村金属製作所                             43,000       ―      43,000          0.01
                  10番10号
                  滋賀県草津市野路3丁目2
     ㈱メタルアート                             30,000       ―      30,000          0.01
                  番18号
                  大阪府大阪狭山市東池尻
     ㈱浅野歯車工作所                             24,200       ―      24,200          0.01
                  4丁目1402番地の1
           計              ―        1,351,000        ―    1,351,000           0.32
                                  7/21






                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     2  【役員の状況】
      該当する事項はありません。

                                  8/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日から平成
      27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、PwCあらた監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
      1 【四半期連結財務諸表】
       (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                135,872              113,644
         預け金                                171,996              138,254
         受取手形及び売掛金                                338,190              277,047
         商品及び製品                                 52,898              57,632
         仕掛品                                 16,313              18,355
         原材料及び貯蔵品                                 26,574              24,429
         その他                                104,346              107,994
                                         △ 1,755             △ 5,097
         貸倒引当金
         流動資産合計                                844,436              732,261
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                              172,154              169,871
           機械装置及び運搬具(純額)                              166,099              161,269
           土地                              135,338              137,372
                                          63,380              54,507
           その他(純額)
           有形固定資産合計                              536,972              523,021
         無形固定資産
                                          8,007              7,721
         投資その他の資産
           投資有価証券                              111,043              106,989
           その他                               18,364              20,518
                                          △ 220             △ 174
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              129,187              127,334
         固定資産合計                                674,167              658,077
       資産合計                                 1,518,604              1,390,338
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                                290,558              221,333
         短期借入金                                129,025              132,678
         未払法人税等                                 10,144               7,587
         製品保証引当金                                 15,506              13,792
         引当金                                  442              284
                                         184,679              149,833
         その他
         流動負債合計                                630,358              525,509
       固定負債
         長期借入金                                 62,330              65,332
         引当金                                 1,773              1,653
         退職給付に係る負債                                 62,290              63,798
         その他                                 10,678              11,900
         固定負債合計                                137,072              142,683
       負債合計                                  767,430              668,193
                                 10/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年12月31日)
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                28,404              28,404
         資本剰余金                                10,963              10,964
         利益剰余金                                572,337              574,717
                                          △ 610             △ 613
         自己株式
         株主資本合計                                611,094              613,472
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                26,204              25,805
         繰延ヘッジ損益                                   0             △ 0
         為替換算調整勘定                                △ 4,298             △ 18,165
                                        △ 14,492             △ 12,956
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                 7,414             △ 5,316
       非支配株主持分                                  132,664              113,989
       純資産合計                                  751,173              722,145
      負債純資産合計                                  1,518,604              1,390,338
                                 11/21














                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      売上高                                  1,268,052              1,225,569
                                        1,017,887               981,294
      売上原価
      売上総利益                                   250,165              244,275
      販売費及び一般管理費                                   199,099              197,668
      営業利益                                    51,066              46,606
      営業外収益
       受取利息                                  5,180              3,876
       受取配当金                                  1,159              1,237
       持分法による投資利益                                  4,492              3,949
       為替差益                                  3,438                -
                                          2,073              2,384
       雑収入
       営業外収益合計                                  16,344              11,447
      営業外費用
       支払利息                                  1,094              1,391
       為替差損                                    -              514
       固定資産除売却損                                  1,167               996
                                          1,401               855
       雑損失
       営業外費用合計                                  3,663              3,757
      経常利益                                    63,746              54,296
      税金等調整前四半期純利益                                    63,746              54,296
      法人税等                                    20,696              19,178
      四半期純利益                                    43,050              35,118
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                    15,136              14,826
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                    27,913              20,291
                                 12/21










                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                 至 平成26年12月31日)               至 平成27年12月31日)
      四半期純利益                                    43,050              35,118
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  3,722              △ 396
       繰延ヘッジ損益                                   △ 17              △ 3
       為替換算調整勘定                                  10,714             △ 27,933
       退職給付に係る調整額                                  1,319              1,539
                                          1,108             △ 5,515
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                                  16,847             △ 32,309
      四半期包括利益                                    59,898               2,808
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                  39,124               7,560
       非支配株主に係る四半期包括利益                                  20,773              △ 4,751
                                 13/21















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
       (会計方針の変更等)
                         当第3四半期連結累計期間

                    (自    平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
     (会計方針の変更)
      「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
     う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
     という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等
     会計基準」という。)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当
     社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用と
     して計上する方法に変更いたしました。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合について
     は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半
     期連結財務諸表に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分か
     ら非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累計
     期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
      企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)
     及び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期
     首時点から将来にわたって適用しております。
      なお、当第3四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額は軽微であります。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                  当第3四半期連結累計期間

                             (自    平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)
      税金費用の計算                  当連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率
                      を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算し
                      ております。
                                 14/21











                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
       保証債務
                              前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            (平成27年3月31日)                 (平成27年12月31日)
                                   被保証債務                 被保証債務
         被保証者                 保証債務残高                 保証債務残高
                                    の内容                 の内容
                                   金融機関借入                 金融機関借入
         従業員                    8 百万円                6 百万円
                                   (住宅ローン)                 (住宅ローン)
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                               (自    平成26年4月1日            (自    平成27年4月1日
                                至   平成26年12月31日)            至   平成27年12月31日)
         減価償却費                          58,509   百万円           60,286   百万円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成26年6月27日
               普通株式         14,500         34  平成26年3月31日         平成26年6月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成26年10月30日
               普通株式         9,382         22  平成26年9月30日         平成26年11月28日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当する事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        該当する事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)       配当額(円)
     平成27年6月26日
               普通株式         11,088         26  平成27年3月31日         平成27年6月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     平成27年11月2日
               普通株式         6,823         16  平成27年9月30日         平成27年11月30日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当する事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        該当する事項はありません。
                                 15/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                               (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                                 合計
                                 国内        海外
         売上高
          外部顧客への売上高                          822,071        445,981       1,268,052
          セグメント間の内部売上高又は振替高                           79,163        27,257       106,421
                   計                901,235        473,238       1,374,474
         セグメント利益
                                   14,302        36,300        50,603
      2.報告セグメントの利益の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整

       に関する事項)
                               (単位:百万円)
                  利益               金額
         報告セグメント計                           50,603
         セグメント間取引消去                            462
         四半期連結損益計算書の営業利益                           51,066
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成27年4月1日          至   平成27年12月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                                               (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                                                 合計
                                 国内        海外
         売上高
          外部顧客への売上高                          768,756        456,812       1,225,569
          セグメント間の内部売上高又は振替高                           71,792        22,440        94,233
                   計                840,549        479,253       1,319,802
         セグメント利益
                                   6,148       40,429        46,577
      2.報告セグメントの利益の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整

       に関する事項)
                               (単位:百万円)
                  利益               金額
         報告セグメント計                           46,577
         セグメント間取引消去                             28
         四半期連結損益計算書の営業利益                           46,606
                                 16/21





                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成26年4月1日           (自    平成27年4月1日
                  項目
                                  至   平成26年12月31日)           至   平成27年12月31日)
        1株当たり四半期純利益金額
                                         65円50銭             47円61銭
        (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)

                                          27,913             20,291
        普通株主に帰属しない金額

                                            -             -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          27,913             20,291
        四半期純利益金額(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)
                                         426,161             426,172
       (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       株式交換契約の締結
        当社は、平成28年1月29日開催の取締役会において、トヨタ自動車株式会社(以下「トヨタ自動車」を株式交換
       完全親会社とし、当社を株式交換完全子会社とする株式交換(以下「本株式交換」)を行うことを決議し、同日付
       で株式交換契約(以下「本株式交換契約」)を締結しております。
       (1)  本株式交換の目的

        トヨタ自動車と当社は、共通の戦略のもと、両社の技術・ノウハウや事業基盤を融合することで両ブランドの特
       色を活かした魅力的でグローバルに競争力のある商品を展開します。
       (2)  本株式交換の要旨

        ①本株式交換の日程
       本株式交換契約締結の取締役会決議(両社)                            2016年1月29日
       本株式交換契約締結日(両社)                            2016年1月29日

       本株式交換契約承認定時株主総会基準日(当社)                            2016年3月31日(予定)

       本株式交換契約承認定期株主総会決議日(当社)                            2016年6月下旬(予定)

       最終売買日(当社)                            2016年7月26日(予定)

       上場廃止日(当社)                            2016年7月27日(予定)

       本株式交換の実施予定日(効力発生日)                            2016年8月1日(予定)

       (注1)     トヨタ自動車は、会社法第796条第2項の規定に基づく、簡易株式交換の手続きにより、株主総会の承認
           を受けずに本株式交換を行う予定です。
       (注2)     本株式交換の実施予定日(効力発生日)は、両社の合意により変更されることがあります。
        ②本株式交換に係る割当ての内容

                                  トヨタ自動車               当社
                               (株式交換完全親会社)              (株式交換完全子会社)
       本株式交換に係る割当比率                             1             0.26
       本株式交換により交付する株式数                       普通株式:54,035,654株(予定)

                                 17/21



                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
       (注1)株式の割当比率
          当社の普通株式1株に対して、トヨタ自動車の普通株式0.26株を割当て交付いたします。ただし、トヨタ自
         動車が保有する当社の普通株式218,649,990株(平成27年12月31日現在)については、本株式交換による株式の
         割当ては行いません。なお、上記株式交換比率は、算定の根拠となる諸条件に重大な変更が生じた場合、両社
         協議の上、変更することがあります。
       (注2)本株式交換により交付するトヨタ自動車の株式数

          トヨタ自動車は、本株式交換に際して、本株式交換によりトヨタ自動車が当社の普通株式(ただし、トヨタ
         自動車が保有する当社の普通株式を除きます。)の全部を取得する直前時(以下「基準時」といいます。)の
         当社の株主の皆様(ただし、トヨタ自動車を除きます。)に対し、トヨタ自動車の普通株式54,035,654株(予
         定)を割当て交付する予定ですが、交付する株式は保有する自己株式(平成27年12月31日現在263,776,915株)
         を充当する予定であり、新株式の発行は行わない予定です。
          なお、当社は、本株式交換の効力発生日の前日までに開催する当社の取締役会の決議により、当社が保有す
         る自己株式(平成27年12月31日現在643,537株)及び当社が基準時の直前時までに保有することとなる全ての自
         己株式(本株式交換に関する会社法第785条第1項に基づく反対株主の株式買取請求に応じて取得する株式を含
         みます。)の全部を、基準時の直前の時点をもって消却する予定です。
          本株式交換により割当て交付する株式数については、当社による自己株式の消却等の理由により今後修正さ
         れる可能性があります。
       (3)  本株式交換に係る割当ての内容の算定根拠

        本株式交換の対価の公正性を担保するため、各社がそれぞれ別個に独立した第三者算定機関に株式交換比率の算
       定を依頼することとし、トヨタ自動車は野村證券株式会社(以下「野村證券」)を、当社はSMBC日興証券株式
       会社(以下「SMBC日興証券」)を、株式交換比率の算定に関する第三者算定機関として選定いたしました。
        野村證券はトヨタ自動車及び当社が、金融商品取引所に上場しており、市場株価が存在することから、市場株価
       平均法及び類似会社比較法を、それに加えてディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法(以下「DCF法」とい
       います。)を、それぞれ採用して算定を行いました。
        SMBC日興証券は、トヨタ自動車及び当社が金融商品取引所に上場しており、市場株価が存在することから市
       場株価法を採用するとともに、DCF法を採用して算定を行いました。
       (4)  本株式交換の後の株式交換完全親会社となる会社の商号、本店の所在地、代表者の氏名、資本金の額、純資産

        の額、総資産の額及び事業の内容
       商号               トヨタ自動車株式会社
       本店の所在地               愛知県豊田市トヨタ町1番地

       代表者の役職・氏名               取締役社長 豊田章男

       資本金の額               397,050百万円

       純資産の額               現時点で確定しておりません。

       総資産の額               現時点で確定しておりません。

       事業の内容               自動車事業、金融事業及びその他事業

        (注)本株式交換契約に関する臨時報告書を平成28年1日29日付で関東財務局長宛に提出しております。
                                 18/21




                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
       (中間配当)

        第175期の中間配当に関する取締役会決議は次のとおりであります。
        ① 決議年月日          平成27年11月2日
        ② 中間配当金総額                                  6,823百万円
        ③ 1株当たり中間配当金           16円
        ④ 中間配当金支払開始日     平成27年11月30日
                                 19/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                      ダイハツ工業株式会社(E02164)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成28年2月9日

     ダイハツ工業株式会社
      取 締 役 会 御 中
                        PwCあらた監査法人

                         指定社員
                                    公認会計士 萩 森 正 彦
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士 河 瀬 博 幸
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているダイハツ工業株

     式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成27年10月1日か
     ら平成27年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年                                            12月31日まで)に係る四半
     期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ダイハツ工業株式会社及び連結子会社の平成27年12月31日現在の
     財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成28年1月29日開催の取締役会において、トヨタ自動車株式会社
     を株式交換完全親会社とし、会社を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、同日付けで株式交換契約
     を締結した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上 

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。