総合商研株式会社 四半期報告書 第45期第1四半期(平成27年8月1日-平成27年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第45期第1四半期(平成27年8月1日-平成27年10月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               北海道財務局長

     【提出日】               平成27年12月15日

     【四半期会計期間】               第45期第1四半期(自            平成27年8月1日          至   平成27年10月31日)

     【会社名】               総合商研株式会社

     【英訳名】               SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                            第44期            第45期
             回次              第1四半期            第1四半期             第44期
                           連結累計期間            連結累計期間
                         自   平成26年8月1日          自   平成27年8月1日          自   平成26年8月1日

            会計期間
                         至   平成26年10月31日          至   平成27年10月31日          至   平成27年7月31日
     売上高               (千円)           4,499,765            4,557,940            15,683,407

     経常利益又は経常損失(△)               (千円)           △ 373,911           △ 362,756             86,261

     親会社株主に帰属する当期純
     利益又は親会社株主に帰属す               (千円)           △ 257,324           △ 253,311             41,005
     る四半期純損失(△)
     四半期包括利益
                    (千円)           △ 231,324           △ 297,485             93,063
     又は包括利益
     純資産額               (千円)           1,823,962            1,789,115            2,116,622
     総資産額               (千円)          13,365,107            14,686,459             8,112,902

     1株当たり当期純利益又は1株
                    (円)           △ 85.63           △ 84.38            13.65
     当たり四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)              ―            ―            ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率               (%)             13.6            12.2            26.0
      (注)   1   当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
        4 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当第1四半期連結
          累計期間より、「当期純利益又は四半期純損失(△)」を「親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株
          主に帰属する四半期純損失(△)」としております。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/18







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)  業績の状況
       当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、経済・金融政策等の効果が期待に届かず、7-9月期の個人消費
      は名目では増加となったものの、10月の実質消費支出は前年比△2.4%と大きく減少いたしました。また、中国を始め
      とするアジア新興国等の景気の下振れにより、我が国の景気が下押しされる懸念もあり、依然先行き不透明な状況に
      あります。
       当社グループは広告業界及び印刷業界の両分野にまたがり、幅広く活動をしております。広告業界ではフリーペー
      パーや店内POP、イベント用展示・映像を中心としたセールスプロモーション(販売促進)分野が、わずかながら拡大
      を見せております。一方の印刷業界では、紙媒体の新聞・折込・雑誌の減少に伴って印刷需要も縮小する状況が続い
      ております。
       このような環境のもと、当社グループは減少するチラシ受注から軸足を移すべく、企画力を活かした提案営業を進
      め、北海道新幹線開業関連事業の受託や自治体の地方創生推進支援等、よりコンサルティング色の強い受注獲得に注
      力してまいりました。また、年々拡大する年賀状印刷の受注に向けて、設備投資・システム開発投資等、生産体制の
      強化を行いました。
       以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、4,557百万円(前年同四半期比58百万円増)となりました。ま
      た、営業損失は、369百万円(前年同四半期の営業損失は382百万円)、経常損失は362百万円(前年同四半期の経常損
      失は373百万円)となり、親会社株主に帰属する四半期純損失は、253百万円(前年同四半期の親会社株主に帰属する
      四半期純損失は257百万円)となりました。
       なお、当社グループの利益は、第1四半期連結会計期間は年賀状印刷の資材・販売促進費等の先行支出により低
      下、第2四半期連結会計期間は年賀状印刷の集中及び商業印刷の年末商戦の折込広告の大量受注により売上が拡大す
      ることにより増加、第3四半期連結会計期間・第4四半期連結会計期間は年賀状印刷事業は固定費のみが発生するこ
      とにより、売上高に対する経費割合が高くなり利益が低下するという季節的変動があります。
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。

      (商業印刷事業)
        商業印刷事業においては、イベント企画や地方自治体等の行政関連の受注が増加傾向にあるものの、消費増税特
       需効果の反動による店内装飾需要の減少及び主要顧客の広告予算縮小等により、当事業の売上高は2,410百万円(前
       年同四半期比153百万円減)となりました。営業利益につきましては、伊勢原第二工場の閉鎖等に関連する経費増加
       及び外注費の増加により、営業利益は22百万円(前年同四半期比95百万円減)となりました。
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、早期受注の取り込みが好調に推移しており、年賀状販売に関連するカタログ・資材
       等の受注拡大もあり、当事業の売上高は2,006百万円(前年同四半期比244百万円増)となりました。また、売上増
       加に伴い営業損失は281百万円(前年同四半期の営業損失は398百万円)と損失幅が縮小いたしました。
                                  3/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      (ふりっぱー事業)
        ふりっぱー事業におきましては、地域新聞「ふりっぱー」の発刊とともに、その営業力を生かした行政イベント
       への参画等営業の幅を広げる一方で、当期において直接的な受注増加へと繋がらず、当事業の売上高は115百万円
       (前年同四半期比35百万円減)、営業損失は17百万円(前年同四半期の営業損失は9百万円)となりました。
      (その他)
        その他においては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・
       サービスの提供を行ってまいりました結果、売上高は26百万円(前年同四半期比2百万円増)、営業損失は5百万円
       (前年同四半期の営業損失は8百万円)となりました。
      (2)  財政状態の分析

       当第1四半期連結会計期間末における総資産は14,686百万円となり、前連結会計年度末に比べ6,573百万円増加しま
      した。これは主に、年賀状印刷事業の売上に係る受取手形及び売掛金が2,343百万円、同事業に伴う年賀はがき等の原
      材料及び貯蔵品が2,233百万円増加したこと等によるものであります。
       負債合計は12,897百万円となり、前連結会計年度末に比べ6,901百万円増加しました。これは主に、年賀状印刷事業
      に係る材料仕入のための短期借入金が4,035百万円増加したこと、及び同事業に係る材料仕入のための支払手形及び買
      掛金が1,399百万円増加したこと等によるものであります。
       純資産合計は1,789百万円となり、前連結会計年度末に比べ327百万円減少しました。これは主に利益剰余金が283百
      万円減少したこと等によるものであります。
      (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
      生じた課題はありません。
      (4)  研究開発活動

       当社グループでは当第1四半期連結累計期間における研究開発活動として、連結子会社である株式会社味香り戦略
      研究所と共に、味覚センサーを活用したデータ分析をすすめ、味の測定・解析・比較を中心とした研究活動により、
      測定の基準となるデータベースの作成などを実施しており、これらは商業印刷事業における販売促進支援活動及び取
      引先に対する提供情報として活用しております。
       以上の活動により、商業印刷事業において、当第1四半期連結累計期間における研究開発費は0百万円となりまし
      た。なお、年賀状印刷事業及びふりっぱー事業、その他の事業においては特記すべき事項はありません。
                                  4/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     8,000,000

                  計                                    8,000,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在

                                  上場金融商品取引所
        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                   商品取引業協会名
               (平成27年10月31日)          (平成27年12月15日)
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は1,000株であり
       普通株式           3,060,110          3,060,110       JASDAQ
                                            ます。
                                   (スタンダード)
         計          3,060,110          3,060,110          ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式      発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                   (株)      (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年8月1日~
                     ―   3,060,110           ―    411,920          ―    441,153
     平成27年10月31日
      (6)  【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/18






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成27年7月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成27年7月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―             ―

     議決権制限株式        (自己株式等)

                          ―          ―             ―
     議決権制限株式        (その他)

                          ―          ―             ―
                      (自己保有株式)
                                          権利内容になんら限定のない当社
     完全議決権株式        (自己株式等)
                                     ―
                                          における標準となる株式
                     普通株式  57,000
     完全議決権株式        (その他)         普通株式     2,998,000
                                       2,998          同上
                     普通株式         5,110

     単元未満株式(注)                               ―      1単元(1,000株)未満の株式
                          3,060,110

     発行済株式総数                               ―             ―
     総株主の議決権                     ―             2,998           ―

      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式956株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年7月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
       (自己保有株式)
                  札幌市東区東苗穂2条3丁
                                  57,000       ―       57,000        1.89
                  目4-48
       総合商研株式会社
           計              ―          57,000       ―       57,000        1.89
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成27年8月1日から平成
      27年10月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成27年8月1日から平成27年10月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、優成監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/18

















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成27年7月31日)              (平成27年10月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,272,359              1,718,400
                                                    ※1  3,789,098
         受取手形及び売掛金                               1,445,144
         商品及び製品                                 52,302              52,072
         仕掛品                                 26,439               9,268
         原材料及び貯蔵品                                493,953             2,727,495
         その他                                133,386             1,419,614
                                         △ 16,357             △ 19,817
         貸倒引当金
         流動資産合計                               3,407,228              9,696,132
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                              992,018             1,006,969
           土地                             1,163,579              1,163,579
                                        1,095,028              1,326,170
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             3,250,626              3,496,719
         無形固定資産
                                         213,693              289,746
           その他
           無形固定資産合計                              213,693              289,746
         投資その他の資産
           投資有価証券                              734,945              686,150
           関係会社株式                               40,000              40,000
           その他                              538,640              542,625
                                         △ 72,231             △ 70,515
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             1,241,353              1,198,259
         固定資産合計                               4,705,673              4,984,725
       繰延資産                                     -            5,601
       資産合計                                 8,112,902              14,686,459
                                  8/18









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成27年7月31日)              (平成27年10月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※1  2,513,976
         支払手形及び買掛金                               1,114,600
                                                    ※2  5,034,358
         短期借入金                                998,577
         未払法人税等                                18,137               2,369
         賞与引当金                                13,576              41,094
         返品調整引当金                                   -            25,773
                                         516,691             1,227,584
         その他
         流動負債合計                               2,661,582              8,845,156
       固定負債
         社債                                   -           600,000
         長期借入金                               2,945,806              3,039,320
         資産除去債務                                 8,520              8,520
                                         380,371              404,348
         その他
         固定負債合計                               3,334,697              4,052,188
       負債合計                                 5,996,280              12,897,344
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                411,920              411,920
         資本剰余金                                453,546              453,546
         利益剰余金                                972,979              689,647
                                        △ 19,792             △ 19,792
         自己株式
         株主資本合計                               1,818,654              1,535,322
       その他の包括利益累計額
                                         293,995              250,077
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                293,995              250,077
       非支配株主持分                                   3,971              3,715
       純資産合計                                 2,116,622              1,789,115
      負債純資産合計                                  8,112,902              14,686,459
                                  9/18










                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
     【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成26年10月31日)               至 平成27年10月31日)
                                      ※  4,499,765             ※  4,557,940
      売上高
                                        3,758,568              3,766,833
      売上原価
      売上総利益                                   741,196              791,106
      販売費及び一般管理費
       運賃                                 184,043              236,350
       給料及び手当                                 378,780              369,255
       貸倒引当金繰入額                                   498             1,932
       賞与引当金繰入額                                  22,881              21,767
                                         537,430              531,442
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                1,123,634              1,160,748
      営業損失(△)                                  △ 382,437             △ 369,642
      営業外収益
       受取利息                                   236              283
       受取配当金                                   250              130
       受取賃貸料                                  4,361              4,237
       作業くず売却益                                  4,424              3,614
       貸倒引当金戻入額                                  1,264               188
       受取手数料                                  8,347              9,131
                                          3,255              2,445
       その他
       営業外収益合計                                  22,139              20,031
      営業外費用
       支払利息                                  13,206              12,633
       持分法による投資損失                                   407               -
                                            -             512
       その他
       営業外費用合計                                  13,613              13,145
      経常損失(△)                                  △ 373,911             △ 362,756
      特別損失
       固定資産除却損                                  1,426                50
       関係会社株式売却損                                  1,275                -
                                            -            7,917
       設備移設費用
       特別損失合計                                  2,702              7,967
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 376,613             △ 370,723
      法人税、住民税及び事業税
                                          1,120              1,133
                                        △ 120,180             △ 118,289
      法人税等調整額
      法人税等合計                                  △ 119,060             △ 117,156
      四半期純損失(△)                                  △ 257,552             △ 253,567
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 228             △ 256
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 257,324             △ 253,311
                                 10/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
     【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成26年8月1日              (自 平成27年8月1日
                                 至 平成26年10月31日)               至 平成27年10月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 257,552             △ 253,567
      その他の包括利益
                                         26,227             △ 43,918
       その他有価証券評価差額金
       その他の包括利益合計                                  26,227             △ 43,918
      四半期包括利益                                  △ 231,324             △ 297,485
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 231,096             △ 297,229
       非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 228             △ 256
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       1.  連結の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
       2.  持分法の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
       (会計方針の変更)

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
       う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                                平成25年9月13日。以下「連結会計基準」とい
       う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基
       準」という。)等を、当第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持
       分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上
       する方法に変更いたしました。また、当第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定
       的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務
       諸表に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主
       持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第1四半期連結累計期間及び前連結
       会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
        企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及
       び事業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当第1四半期連結会計期間の期首
       時点から将来にわたって適用しております。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、四半期連結財務諸表に与える影響額はありません。
       (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
         なお、当第1四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
        が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成27年7月31日)                (平成27年10月31日)
         受取手形                            ―             620千円
         支払手形                            ―           145,186千円
       ※2 当座貸越契約

         運転資金の効率的な調達を行うため、当座貸越契約を締結しております。
         当四半期連結会計期間末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりです。
                              前連結会計年度              当第1四半期連結会計期間
                             (平成27年7月31日)                (平成27年10月31日)
         当座貸越契約の総額                      3,700,000千円                5,100,000千円
         借入実行残高                            ―          4,000,000千円
         差引額                      3,700,000千円                1,100,000千円
                                 12/18





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結損益計算書関係)
       ※ 売上高及び利益の季節的変動
         前第1四半期連結累計期間(自 平成26年8月1日 至 平成26年10月31日)及び当第1四半期連結累計期間
        (自 平成27年8月1日 至 平成27年10月31日)
        当社グループでは、第1四半期連結会計期間は年賀状印刷事業の資材・販促費等の先行支出により利益が低下、
       第2四半期連結会計期間は年賀状印刷の集中及び商業印刷の年末年始商戦の折込広告の大量受注により売上・利益
       共に増加、第3・第4四半期連結会計期間は年賀状印刷事業の売上がなく固定費のみ発生することにより、売上高
       に対する経費割合が高くなり利益が低下するという季節的変動があります。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
       なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであり
       ます。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    平成26年8月1日              (自    平成27年8月1日
                            至   平成26年10月31日)               至   平成27年10月31日)
         減価償却費                        90,944千円                132,227千円
                                 13/18














                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
       前第1四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成26年10月31日)
      1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成26年10月28日
               普通株式         24,041         8 平成26年7月31日         平成26年10月29日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結

       会計期間の末日後となるもの
        該当事項はありません。
       当第1四半期連結累計期間(自                平成27年8月1日          至   平成27年10月31日)

      1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年10月27日
               普通株式         30,021         10  平成27年7月31日         平成27年10月28日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結

       会計期間の末日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 14/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成26年10月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                      四半期連結
                                     その他           調整額
                                            合計          損益計算書
                                     (注1)           (注2)
               商業印刷
                    年賀状印刷     ふりっぱー
                                                     計上額(注3)
                                 計
                     事業      事業
                事業
     売上高
      外部顧客への

              2,563,880      1,761,733       150,527    4,476,141       23,623    4,499,765          ―   4,499,765
      売上高
       セグメント間

       の内部売上高         16,566        56   16,270      32,894      1,081     33,975     △ 33,975         ―
       又は振替高
         計     2,580,447      1,761,790       166,797    4,509,035       24,705    4,533,741      △ 33,975     4,499,765

     セグメント利益
               117,961    △ 398,837      △ 9,239   △ 290,114      △ 8,425    △ 298,539     △ 83,897     △ 382,437
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業等を含んでお

          ります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額△83,897千円には、セグメント間取引消去1,088千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用△84,985千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成27年8月1日          至   平成27年10月31日)

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                      四半期連結
                                     その他           調整額
                                           合計          損益計算書
                                     (注1)           (注2)
               商業印刷
                    年賀状印刷      ふりっぱー
                                                     計上額(注3)
                                 計
                     事業      事業
                事業
     売上高
      外部顧客への

              2,410,027      2,006,020       115,363    4,531,411       26,528    4,557,940          ―   4,557,940
      売上高
      セグメント間

      の内部売上高         18,338        79    4,773     23,192      1,080     24,272     △ 24,272         ―
      又は振替高
         計     2,428,366      2,006,100       120,137    4,554,603       27,609    4,582,212      △ 24,272     4,557,940

     セグメント利益
                22,518    △ 281,886     △ 17,449    △ 276,817      △ 5,122    △ 281,939     △ 87,702     △ 369,642
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業等を含んでお

          ります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額△87,702千円には、セグメント間取引消去3,418千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用△91,121千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 15/18




                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自    平成26年8月1日             (自    平成27年8月1日
                項目
                               至   平成26年10月31日)             至   平成27年10月31日)
      1株当たり四半期純損失(△)                                 △85.63円               △84.38円
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                       △257,324               △253,311
        (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―               ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       △257,324               △253,311
       四半期純損失(△)         (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                3,005,126               3,002,154
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 16/18













                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 17/18



















                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年12月14日

     総合商研株式会社
      取締役会      御中
                        優  成  監  査  法  人

                         指定社員

                                    公認会計士       前  田  裕  次  印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士       狐  塚  利  光  印
                         業務執行社員
                         指定社員

                                    公認会計士       石  上  卓  哉  印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている総合商研株式会

     社の平成27年8月1日から平成28年7月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成27年8月1日から平成
     27年10月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成27年8月1日から平成27年10月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、総合商研株式会社及び連結子会社の平成27年10月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     その他の事項

      会社の平成27年7月31日をもって終了した前連結会計年度の第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間に
     係る四半期連結財務諸表は、前任監査人によって四半期レビューが実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財
     務諸表に対して平成26年12月10日付けで無限定の結論を表明している。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。