株式会社ASA Business Development 変更報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                     株式会社ASA Business Development(E31090)
                                                              変更報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     変更報告書 No3
    【根拠条文】                     法第27条の25第1項
    【提出先】                     関東財務局長
    【氏名又は名称】                     株式会社ASA Business Develoment 代表取締役 粟国 正樹
    【住所又は本店所在地】                     東京都港区虎ノ門四丁目3番13号
    【報告義務発生日】                     平成27年11月10日
    【提出日】                     平成27年11月13日
    【提出者及び共同保有者の総数(名)】                     1
    【提出形態】                     その他
    【変更報告書提出事由】                     株券等に関する担保契約等重要な契約の締結
                                 1/4
















                                                           EDINET提出書類
                                     株式会社ASA Business Development(E31090)
                                                              変更報告書
    第1【発行者に関する事項】
      発行者の名称                      日本ヘルスケア投資法人
      証券コード                      3308

      上場・店頭の別                      上場

      上場金融商品取引所                      東京証券取引所

    第2【提出者に関する事項】

     1【提出者(大量保有者)/1】
     (1)【提出者の概要】
       ①【提出者(大量保有者)】
      個人・法人の別                      法人(株式会社)
      氏名又は名称                      株式会社ASA Business Development

      住所又は本店所在地                      東京都港区虎ノ門四丁目3番13号

      旧氏名又は名称

      旧住所又は本店所在地

       ②【個人の場合】

      生年月日
      職業

      勤務先名称

      勤務先住所

       ③【法人の場合】

      設立年月日                      平成23年12月1日
      代表者氏名                      粟国 正樹

      代表者役職                      代表取締役

      事業内容                      国内外投資業

       ④【事務上の連絡先】

                            ファイナンシャルビジネスサービス第3グループ
      事務上の連絡先及び担当者名
                            鈴木 悟史
      電話番号                      03-5404-6699

     (2)【保有目的】

      設立支援及び成長戦略支援のための投資
     (3)【重要提案行為等】

      該当事項なし
                                 2/4



                                                           EDINET提出書類
                                     株式会社ASA Business Development(E31090)
                                                              変更報告書
     (4)【上記提出者の保有株券等の内訳】
       ①【保有株券等の数】
                              法第27条の23             法第27条の23             法第27条の23
                               第3項本文            第3項第1号             第3項第2号
      株券又は投資証券等(株・口)                                                       8,600

      新株予約権証券又は新投資口予約権証券等

                            A                       -   H
      (株・口)
      新株予約権付社債券(株)                      B                       -   I

      対象有価証券カバードワラント                      C                         J

      株券預託証券

      株券関連預託証券                      D                         K

      株券信託受益証券

      株券関連信託受益証券                      E                         L

      対象有価証券償還社債                      }                         M

      他社株等転換株券                      ▶                         N

      合計(株・口)                      O             P             Q        8,600

      信用取引により譲渡したことにより

                            R
      控除する株券等の数
      共同保有者間で引渡請求権等の権利が

                            S
      存在するものとして控除する株券等の数
      保有株券等の数(総数)

                            T                                 8,600
      (O+P+Q-R-S)
      保有潜在株券等の数

                            U
      (A+B+C+D+E+F+G+H+I+J+K+L+M+N)
       ②【株券等保有割合】

      発行済株式等総数(株・口)
                            V                                 60,800
      ( 平成27年11月10日        現在)
      上記提出者の株券等保有割合(%)

                                                             14.14
      (T/(U+V)×100)
      直前の報告書に記載された

                                                             14.14
      株券等保有割合(%)
     (5)【当該株券等の発行者の発行する株券等に関する最近60日間の取得又は処分の状況】

         年月日         株券等の種類         数量     割合     市場内外取引の別            取得又は処分の別            単価
                                 3/4





                                                           EDINET提出書類
                                     株式会社ASA Business Development(E31090)
                                                              変更報告書
     (6)【当該株券等に関する担保契約等重要な契約】
      金融商品取引法第27条の23第3項第2号の投資口数は、当社が無限責任組合員であるアジアクワトロ投資事業有限責任組合が保
      有する投資口数であります。
      当社が無限責任組合員であるアジアクワトロ投資事業有限責任組合における借入に際し、大和PIパートナーズ株式会社(以下

      「DPIP」といいます。)のアジアクワトロ投資事業有限責任組合に対する貸付債権等を被担保債権として、当社が無限責任組
      合員であるアジアクワトロ投資事業有限責任組合が保有する発行者の投資口8,600口(以下「本件投資口」といいます。)に
      対して、DPIPのために、第一順位の質権(以下「本件投資口担保権」といいます。)を設定する旨の平成27年8月27日付投資
      口質権設定契約(その後の変更及び修正を含み、以下「本件投資口担保権設定契約」といいます。)を締結しました。
      当社は、DPIPとの間で、平成27年10月29日付で、①同日時点で当社らが検討している本件投資口の売出し(以下「本件売出

      し」といいます。)にかかる条件決定(売却価格等に関する訂正有価証券届出書の関東財務局への提出)が平成27年11月13日
      までに(同日を含みます。)行われることなどを停止条件(以下「本件停止条件」といいます。)として本件投資口担保権を
      解除する旨、②本件停止条件の成就後、本件売出しが何かしらの理由により中止された場合、本件投資口担保権解除の対象と
      された投資口について、本件投資口担保権の解除の効力が遡及的に失われ、本件投資口担保権の効力が本件停止条件の成就以
      前から存続しているものとして取り扱われる、又は、一定の条件のもとで、当社が本件投資口担保権設定契約と同様の条件に
      従い、DPIPのために第一順位の質権を設定する旨の投資口担保権の解除に関する合意書を締結しました。
      当社は、本件売出しに関し、平成27年11月10日付で、発行者、発行者の資産運用会社である大和リアル・エステート・アセッ

      ト・マネジメント株式会社、日本エイチ・シー投資事業有限責任組合、大和証券株式会社及びみずほ証券株式会社の間で、日
      本ヘルスケア投資法人投資口売出し買取引受契約証書(受渡期日:平成27年11月18日)を締結しました。
     (7)【保有株券等の取得資金】

       ①【取得資金の内訳】
      自己資金額(W)(千円)                                                      860,000
      借入金額計(X)(千円)

      その他金額計(Y)(千円)

      上記(Y)の内訳

      取得資金合計(千円)(W+X+Y)                                                      860,000

       ②【借入金の内訳】

                                                  借入         金額
         名称(支店名)              業種        代表者氏名           所在地
                                                  目的        (千円)
       ③【借入先の名称等】

              名称(支店名)                        代表者氏名                  所在地
                                 4/4






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。