株式会社アスモ 四半期報告書 第41期第2四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第41期第2四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社アスモ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年11月13日
      【四半期会計期間】                    第41期第2四半期(自            平成27年7月1日          至   平成27年9月30日)
      【会社名】                    株式会社アスモ
      【英訳名】                    ASMO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            長井    尊
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室室長               岡田    秀樹
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目4番1号                   新宿NSビル
      【電話番号】                    東京03(6911)0550
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室室長               岡田    秀樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第40期           第41期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第40期
                               累計期間           累計期間
                            自平成26年4月1日           自平成27年4月1日           自平成26年4月1日

              会計期間
                            至平成26年9月30日           至平成27年9月30日           至平成27年3月31日
                      (千円)           8,373,844           9,015,563           16,919,065

      売上高
                      (千円)            511,843           378,469           903,547
      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            236,588           290,139           478,943
      期)純利益
                      (千円)            306,098           289,049           653,226
      四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           3,384,681           3,878,679           3,729,864
      純資産額
                      (千円)           4,931,208           5,760,814           5,474,895
      総資産額
      1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)             1.69           2.07           3.42
      金額
      潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
      (当期)純利益金額
                       (%)             66.2           64.9           65.6
      自己資本比率
      営業活動による
                      (千円)            91,517           452,148           702,917
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                      (千円)           △ 118,140          △ 292,581          △ 302,524
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                      (千円)            △ 4,091         △ 124,295           △ 8,564
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,489,890           1,972,280           1,941,074
      (期末)残高
                               第40期           第41期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                            自平成26年7月1日           自平成27年7月1日

              会計期間
                            至平成26年9月30日           至平成27年9月30日
                                    1.69           1.45

      1株当たり四半期純利益金額                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。
        4.「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                             平成25年9月13日)等を適用し、第1四半期連結累
          計期間より、「四半期(当期)純利益」を「親会社株主に帰属する四半期(当期)純利益」としておりま
          す。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載し
       た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済対策や日銀の金融緩和政策等により企業業績の向
        上、雇用情勢の改善の傾向がみられ、景気は緩やかな回復基調で推移したものの、消費税増税による個人消費への
        影響の長期化、円安による物価上昇もあり先行きはなお不透明な状況が続いております。
         このような状況の下、当社は前期に本社機能の強化と業務の一層の効率化を図るとともに、グループ間の連携を
        深め、収益力のさらなる向上を目的として、大阪市に所在していた本社を当社グループの収益の柱である株式会社
        アスモフードサービス及び株式会社アスモ介護サービスが拠点を置く東京都新宿区に移転するなど、事業規模の拡
        大と経営基盤の強化を推し進めてまいりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高9,015百万円(前年同四半期比                                         7.7%増)、営業利益
        386百万円(前年同四半期比             23.6%減)、経常利益378百万円(前年同四半期比                        26.1%減)となり、当第2四半期
        連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純利益は、290百万円(前年同四半期比                                          22.6%増)となりまし
        た。
         主なセグメントごとの業績は次のとおりであります。
                  セグメント名称

                                           主要な事業の内容
              (セグメントに該当する会社)
                   アスモ事業
                                   グループ会社の統制・管理、不動産賃貸
                 (株式会社アスモ)
               アスモトレーディング事業
                                   食肉の輸出入、食肉及び食肉加工品の販売
             (株式会社アスモトレーディング)
               アスモフードサービス事業
                                   高齢者介護施設等における給食の提供
             (株式会社アスモフードサービス)
                アスモ介護サービス事業
                                   訪問・居宅介護事業所の運営、有料老人ホームの運営
              (株式会社アスモ介護サービス)
                ASMO   CATERING     (HK)   事業
                                   香港における外食店舗の運営
             ( ASMO   CATERING     (HK)   CO.,LIMITED      )
                 (サーバントラスト信託株式会社)                  信託商品の販売
                 (アスモ少額短期保険株式会社)
                                   保険商品の販売
         そ   の   他
                (ASMO    CATERING(TAIWAN)
                                   台湾における外食店舗の運営
                         COMPANY    LIMITED    )
                                  3/21





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       ①  アスモトレーディング事業

         アスモトレーディング事業におきましては、6月以降の小幅な円安状況からコストアップとなり、更に外貨高が
        依然として続いたことにより利益の確保においては厳しい状況が続きました。また、一部商品においては需給バラ
        ンスの崩れによる国内価格変動の著しいものがあり、販売高はある程度までは回復いたしましたが、利益において
        は依然として昨年の実績を下回る結果となりました。
         しかし、為替の動きが小幅となり、価格が安定し始めたことにより売価もようやく適正価格として定着し、販売
        も安定するようになってまいりました。国内では牛肉ブームが到来し、当社としては安価で高品質なメキシコ産牛
        肉を中心に販売することで低価格商品における顧客満足度を向上させ、また国産牛を使った加工品の販売等におい
        て付加価値のついた高品質の商品も生産し、高齢者向け商品や外食店向けの加工商品の開発を行い、国内のニーズ
        に合った様々な販売方法に対応することで販路を拡大すべく取り組んでおります。特に関連会社向けの提案を強化
        し、シナジー効果を上げてグループ全体の利益に貢献してまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、1,442百万円(前年同四半期比                                       0.4%減)、セグメント損
        失(営業損失)は、19百万円(前年同四半期はセグメント利益9百万円)となりました。
       ②  アスモフードサービス事業

         アスモフードサービス事業におきましては、高齢者介護施設給食受託が順調に増加しており、売上高、営業利益
        ともに堅調な推移をみせております。今後におきましても、引き続き堅実に増収増益を維持できるよう、基盤の強
        化に努めてまいります。
         また、商材の調達やメニュー開発、様々なイベント及び行事において、従来培った〈食〉のノウハウを活用する
        ことで、提供商品(給食)における付加価値を創出し他社との差別化を図り、クオリティの向上に取り組んでまい
        ります。
         現在、メニューに関しましては行事食・郷土料理・季節のメニュー等を、イベント及び行事では洋菓子講習会・
        料理コンテスト・出張イベント(パティシエ、マグロ解体ショー、握り寿司、蕎麦打ち等)を実施しております。
         今後におきましても、より積極的に多くの分野に対して給食の提供を働きかけることで、様々なニーズに対応し
        てまいります。
         当第2四半期連結会計期間末時点における受託施設数(労務委託等の部分委託を含む)は、292施設(前年同四
        半期末時点は275施設)となっております。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、3,654百万円(前年同四半期比                                       4.5%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、192百万円(前年同四半期は5百万円)となりました。
       ③  アスモ介護サービス事業

         アスモ介護サービス事業におきましては、訪問介護事業所、居宅支援事業所および有料老人ホーム運営事業を営
        んでおり、当第2四半期連結会計期間末現在、訪問介護事業所38事業所(前年同四半期末時点は32事業所)、居宅
        支援事業所12事業所(前年同四半期末時点は、12事業所)となり、支援させていただいておりますご契約者様は
        1,673名(前年同四半期末時点は、1,545名)となりました。
         また、8月には3施設目の自社運営有料老人ホームを鳩ヶ谷に開設いたしました。今後もシニアマーケットへの
        関わりをより広く深め、企業価値の向上に努めてまいります。
         さらに、介護人材育成を最重要課題の一つと認識し注力実践していくことで、より良い人材の確保と定着率向上
        に努め、介護サービスの質の向上を図ってまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、2,366百万円(前年同四半期比                                       14.2%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、251百万円(前年同四半期比                       39.6%減)となりました。
       ④  ASMO   CATERING     (HK)   事業

         ASMO   CATERING     (HK)   事業におきましては、香港経済が中国経済の減速による中国人観光客の減少などから不安
        定な状況下にあることを受けて、比較的単価の低いフードコート店舗「匠工房秀吉」「神戸                                            北の坂」が節約志向
        に呼応し堅調な業績となった一方、比較的高い価格帯である「日本料理                                   今助」「山頭火」「銀座             蔵人」などの
        店舗は苦戦しております。これは多角的に業種業態を運営することで浮き沈みの激しい香港において景気の良い時
        も悪い時も安定した収益確保に努める当社方針によるものであります。
         また、7月度には香港でも有数の繁華街であるモンコック地区に「うどん御膳                                      今助」をオープンいたしまし
        た。同店舗は地下鉄駅の真上にある中規模ショッピングセンター内という好立地であり、着実に固定客を増やして
        いくことで当社の収益を支える旗艦店とすべく運営してまいります。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、1,184百万円(前年同四半期比                                       18.9%増)、セグメント利
        益(営業利益)は、24百万円(前年同四半期比                      79.4%増)となりました。
                                  4/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       ⑤  その他の事業
        a.  サーバントラスト信託株式会社
          その他セグメントに含めておりますサーバントラスト信託株式会社は、管理型信託事業を営んでおり、「特定
         贈与信託」「ペット飼育費保全信託」「老い支度サポート信託(遺言代用信託を含む)」「葬儀費用安心お預か
         りサービス信託」などの個人向けの信託商品のほか、「葬儀費用管理信託」「顧客分別金管理信託」「不動産証
         券化信託」「エスクロー信託」などの法人向けの信託商品の販売に努めました。従前からの継続的な営業活動に
         よる成果が着実に積み上がり、利益を計上できる状況に至りました。引き続き、積極的な営業活動を行っていく
         とともに、グループ主要事業である介護事業とのシナジーを図りながら、新規契約の獲得ならびに売上増加に努
         めてまいります。
        b.  アスモ少額短期保険株式会社

          その他セグメントに含めておりますアスモ少額短期保険株式会社は、少額短期保険事業を営んでおり、従来の
         「生命定期保険」「入院保障付生命定期保険」「無選択型生命定期保険」に加え、有料老人ホーム入居者向けの
         保険「転ばぬ先の杖」(高齢者施設入居者家財保険)の販売を開始いたしました。この保険は施設の個室に持ち
         込んだ入居者の家財の補償と入居者のケガによる入院保障がセットになった少額短期保険ならではのユニークな
         商品です。有料老人ホームを代理店化し、入居者様に当商品を案内することでより一層の安心を提供すると同時
         に、保険の販売手数料が受け取れることから、有料老人ホーム運営会社の事業収支の向上にも役立つ商品となっ
         ています。現在、多くの有料老人ホーム運営会社に提案を行っており、第3四半期以降、従来の生命保険商品に
         加え、当保険商品からの保険料収入が見込める予定です。また、LGBT(性的少数者)の方への対応方針において
         も、保険業界の先頭を走っており、多くのメディアでも紹介されたことから、会社名の露出機会も増え、知名度
         及び企業イメージの向上に役立っています。
        c.  ASMO   CATERING(TAIWAN)COMPANY            LIMITED

          その他セグメントに含めておりますASMO                   CATERING(TAIWAN)COMPANY            LIMITEDは、昨年4月に台湾市内にオープ
         ンした「今助」が好調に推移しており、安定した収益を上げるまでに至っております。
          今後の出店に関しましては、特に台北付近のショッピングセンター内にあるフードコートのデベロッパー各社
         と断続的に出店交渉を行っております。デベロッパーの中には香港の「匠工房                                      秀吉」や「神戸         北の坂」など
         について認知している方もおり、既に海外での運営実績があるという強みも活かし、今後も収益の確実性が高い
         立地にしぼり出店交渉を行ってまいります。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は、365百万円(前年同期比2.4%増)、セグメント利益(営

         業利益)は、10百万円(前年同四半期はセグメント損失8百万円)となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、1,972百万円となり、前
        連結会計年度末より31百万円増加いたしました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は、452百万円(前年同四半期は91百万円の獲得)となりました。これは主に、税
        金等調整前四半期純利益367百万円、及び減価償却費86百万円等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は、292百万円(前年同四半期は118百万円の使用)となりました。これは主に、有
        形固定資産の取得による支出92百万円、建設協力金の支払による支出65百万円、及び貸付けによる支出76百万円等
        によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は、124百万円(前年同四半期は4百万円の使用)となりました。これは主に、配
        当金の支払額119百万円等によるものであります。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          600,000,000

                  計                               600,000,000

        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                           (平成27年11月13日)
              (平成27年9月30日)                          取引業協会名
                                       東京証券取引所             単元株式数
     普通株式            151,451,750             151,451,750
                                       市場第二部             1,000株
        計         151,451,750             151,451,750              -           -
     (注)発行済株式数のうち4,610千株は、現物出資(貸付金債権299,650千円)によるものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総
                                資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数       数残高
                                 (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                  (千株)       (千株)
      平成27年7月1日~
                      -     151,451          -    2,323,272           -       -
      平成27年9月30日
                                  6/21









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成27年9月30日現在
                                                    発行済株式総数に
                                             所有株式数
                                                    対する所有株式数
            氏名又は名称                      住所
                                             (千株)
                                                    の割合(%)
                         東京都新宿区西新宿二丁目4-1                  新宿
     株式会社Persons        Bridge                                 82,000         54.14
                         NSビル25階
                         東京都新宿区西新宿二丁目6-1                  新宿
                                              15,284         10.09
     株式会社ベストライフ
                         住友ビルディング39階
     長井    博實                                      10,757         7.10
                         東京都杉並区
     福山    良二                                      1,348         0.89

                         千葉県千葉市中央区
                         東京都中央区日本橋茅場町一丁目2-10                       695       0.45

     日本証券金融株式会社
     武田    昌姫                                       411       0.27

                         神奈川県横浜市神奈川区
     藤井    俊希                                       400       0.26

                         神奈川県川崎市中原区
     小西    静馬                                       355       0.23

                         京都府京都市伏見区
     石原    幸久                 兵庫県揖保郡太子町                       330       0.21

                         東京都港区六本木一丁目6-1                       319       0.21

     株式会社SBI証券
                                  -            111,899         73.88

              計
     (注)上記のほか、自己株式が11,243千株あります。
                                  7/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成27年9月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                         -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -

      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式      11,243,000           -            -

      完全議決権株式(その他)                   普通株式      140,189,000             140,189          -

      単元未満株式                   普通株式        19,750         -            -

      発行済株式総数                         151,451,750            -            -

      総株主の議決権                         -              140,189          -

        ②【自己株式等】

                                                  平成27年9月30日現在
                             自己名義所               所有株式数       発行済株式総数に対

      所有者の氏名                              他人名義所有
                  所有者の住所           有株式数               の合計       する所有株式数の割
      又は名称                              株式数(株)
                             (株)               (株)       合(%)
             東京都新宿区西新宿二丁目

     株式会社アスモ                        11,243,000            -   11,243,000             7.42
              4番1号      新宿NSビル
        計            -         11,243,000            -   11,243,000             7.42

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/21










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成27年7月1日から平
       成27年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,941,074              1,972,280
         現金及び預金
                                       1,754,343              1,857,803
         受取手形及び売掛金
                                        298,387              305,194
         商品
                                         13,707              13,329
         貯蔵品
                                        463,853              468,388
         その他
                                        △ 1,794             △ 7,909
         貸倒引当金
                                       4,469,571              4,609,086
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        352,491              350,506
          その他(純額)
                                        352,491              350,506
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         74,486              64,555
          のれん
                                         2,836              16,030
          その他
                                         77,323              80,585
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        890,194             1,039,573
          その他
                                       △ 314,684             △ 318,939
          貸倒引当金
                                        575,509              720,634
          投資その他の資産合計
                                       1,005,324              1,151,727
         固定資産合計
                                       5,474,895              5,760,814
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        487,368              501,090
         支払手形及び買掛金
                                        561,011              606,547
         未払金
                                           -            108,837
         未払法人税等
                                        161,224              221,267
         賞与引当金
                                        435,690              332,383
         その他
                                       1,645,294              1,770,125
         流動負債合計
       固定負債
                                         90,346              98,279
         退職給付に係る負債
                                         9,390              13,729
         その他
                                         99,736              112,008
         固定負債合計
                                       1,745,031              1,882,134
       負債合計
                                 10/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成27年3月31日)              (平成27年9月30日)
      純資産の部
       株主資本
                                       2,323,272              2,323,272
         資本金
                                       1,147,907              1,297,838
         利益剰余金
                                        △ 42,382             △ 42,408
         自己株式
                                       3,428,797              3,578,702
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 269               87
         繰延ヘッジ損益
                                        156,694              154,433
         為替換算調整勘定
                                         7,285              3,642
         退職給付に係る調整累計額
                                        163,710              158,164
         その他の包括利益累計額合計
                                        137,356              141,813
       非支配株主持分
                                       3,729,864              3,878,679
       純資産合計
                                       5,474,895              5,760,814
      負債純資産合計
                                 11/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      売上高                                  8,373,844              9,015,563
                                       6,118,818              6,869,184
      売上原価
                                       2,255,025              2,146,379
      売上総利益
                                         6,792                -
      返品調整引当金戻入額
                                       2,261,818              2,146,379
      差引売上総利益
                                       ※ 1,756,346              ※ 1,760,205
      販売費及び一般管理費
                                        505,471              386,173
      営業利益
      営業外収益
                                           473             1,926
       受取利息
                                         5,521                -
       為替差益
                                         3,425              4,325
       助成金収入
                                         1,183              1,550
       その他
                                         10,603               7,802
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           179               86
       支払利息
                                           -            10,259
       貸倒引当金繰入額
                                           -             4,897
       為替差損
                                         4,051               262
       その他
                                         4,231              15,506
       営業外費用合計
                                        511,843              378,469
      経常利益
      特別利益
                                           -              18
       固定資産売却益
                                           -              18
       特別利益合計
      特別損失
                                        158,339                 -
       減損損失
                                           181             4,930
       固定資産除却損
                                           -             5,500
       和解金
                                           -              594
       その他
                                        158,521               11,025
       特別損失合計
                                        353,322              367,462
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   59,698              75,910
                                         53,897              △ 3,663
      法人税等調整額
                                        113,596               72,246
      法人税等合計
                                        239,726              295,215
      四半期純利益
                                         3,138              5,075
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        236,588              290,139
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
                                        239,726              295,215
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 141              357
       繰延ヘッジ損益
                                         32,090              △ 2,880
       為替換算調整勘定
                                         34,422              △ 3,642
       退職給付に係る調整額
                                         66,371              △ 6,165
       その他の包括利益合計
                                        306,098              289,049
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        296,060              284,593
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         10,037               4,456
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年4月1日              (自 平成27年4月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        353,322              367,462
       税金等調整前四半期純利益
                                         66,917              86,111
       減価償却費
                                         10,164               9,931
       のれん償却額
                                        158,339                 -
       減損損失
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                 △ 6,792                -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,454              10,369
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  41,950               4,290
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  23,833              60,390
                                         △ 473            △ 1,926
       受取利息及び受取配当金
                                           179               86
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 34             1,225
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    -             △ 18
                                           181             4,930
       有形固定資産除却損
                                            -            5,500
       和解金
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 84,732             △ 53,850
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 50,517              40,171
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 34,743              △ 6,299
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  46,326              14,248
       その他の負債の増減額(△は減少)                                △ 143,121             △ 139,034
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 82,824             △ 50,306
                                        △ 1,100               △ 6
       その他
                                        293,420              353,278
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    79              199
                                         △ 179              △ 86
       利息の支払額
                                       △ 207,378              △ 13,318
       法人税等の支払額
                                         5,575             112,074
       法人税等の還付額
                                         91,517              452,148
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 159,625              △ 92,189
       有形固定資産の取得による支出
                                        172,878                 18
       有形固定資産の売却による収入
                                           -            △ 4,000
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 32,338             △ 62,973
       差入保証金の差入による支出
                                         1,101              3,731
       差入保証金の回収による収入
                                        △ 1,050                -
       関係会社株式の取得による支出
                                         △ 200            △ 76,218
       貸付けによる支出
                                           759             1,378
       貸付金の回収による収入
                                       △ 100,000              △ 65,000
       建設協力金の支払による支出
                                           333             2,669
       建設協力金の回収による収入
                                       △ 118,140             △ 292,581
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,777             △ 3,396
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,282             △ 1,503
       リース債務の返済による支出
                                          △ 32             △ 26
       自己株式の取得による支出
                                           -           △ 119,368
       配当金の支払額
                                        △ 4,091            △ 124,295
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         11,418              △ 4,064
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 19,295              31,206
                                       1,509,186              1,941,074
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 1,489,890              ※ 1,972,280
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/21



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません
        (会計方針の変更)

        (企業結合に関する会計基準等の適用)
         「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
        う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号                                 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」
        という。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号                                   平成25年9月13日。以下「事業分離等
        会計基準」という。)等を、第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当
        社の持分変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用と
        して計上する方法に変更いたしました。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合について
        は、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半
        期連結財務諸表に反映させる方法に変更いたします。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分か
        ら非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第2四半期連結累計
        期間及び前連結会計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
         企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58―2項(4)、連結会計基準第44―5項(4)
        及び事業分離等会計基準第57―4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、第1四半期連結会計期間の期
        首時点から将来にわたって適用しております。
         これによる損益に与える影響はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                        前第2四半期連結累計期間                     当第2四半期連結累計期間

                        (自    平成26年4月1日                 (自    平成27年4月1日
                         至     平成26年9月30日)                 至     平成27年9月30日)
        従業員給料及び手当                      511,188    千円                549,551    千円
                              139,086                    55,517
        賞与引当金繰入額
                               1,576                     198
        退職給付費用
                              △ 2,631                     135
        貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間

                            (自    平成26年4月1日              (自    平成27年4月1日
                             至   平成26年9月30日)               至   平成27年9月30日)
         現金及び預金勘定                         1,489,890千円                 1,972,280千円
         現金及び現金同等物                         1,489,890                 1,972,280
                                 15/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自               平成26年4月1日         至  平成26年9月30日)
          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動
            該当事項はありません。
         Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自               平成27年4月1日         至  平成27年9月30日)

          1.配当に関する事項
            配当支払額
                     配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                       基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成27年5月14日
               普通株式        140,208          1  平成27年3月31日          平成27年6月26日          利益剰余金
     取締役会
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません。
                                 16/21















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
     Ⅰ  前第2四半期連結累計期間(自平成26年4月1日                        至平成26年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    3,706    1,448,577      3,496,335      2,072,189       996,401     8,017,210       356,633
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   238,990       26,795      11,786        -      -    277,572         -
      売上高又は振替高
                   242,696     1,475,373      3,508,121      2,072,189       996,401     8,294,782       356,633
          計
     セグメント利益又は損
                   52,314       9,422      5,640     417,270       13,472      498,120      △ 8,480
     失(△)
                             四半期連結

                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                  8,373,844          -   8,373,844
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   277,572     △ 277,572         -
      売上高又は振替高
                  8,651,416      △ 277,572     8,373,844
          計
     セグメント利益又は損
                   489,639       15,831      505,471
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                               (単位:千円)

                   利益                       金額
        報告セグメント計                                          498,120
        「その他」の区分の利益又は損失(△)                                          △8,480
        セグメント間取引消去                                          13,200
        表示組替による調整額                                           2,631
        四半期連結損益計算書の営業利益                                          505,471
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 17/21






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ  当第2四半期連結累計期間(自平成27年4月1日                        至平成27年9月30日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                        その他
                                            ASMO
                       アスモトレ      アスモフー      アスモ介護
                  アスモ
                                                        (注1)
                       ーディング      ドサービス       サービス      CATERING        計
                  事業
                         事業      事業      事業
                                           (HK)事業
     売上高
                    2,550    1,442,232      3,654,764      2,366,502      1,184,350      8,650,400       365,163
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -    27,692      40,248        -      -    67,941        -
      売上高又は振替高
                    2,550    1,469,925      3,695,013      2,366,502      1,184,350      8,718,341       365,163
          計
     セグメント利益又は損
                  △ 73,039     △ 19,326      192,237      251,904       24,174      375,950       10,656
     失(△)
                             四半期連結

                  合計      調整額     損益計算書
                              計上額
     売上高
                  9,015,563          -   9,015,563
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                   67,941     △ 67,941        -
      売上高又は振替高
                  9,083,505       △ 67,941     9,015,563
          計
     セグメント利益又は損
                   386,606       △ 432    386,173
     失(△)
     (注1)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであります。
      2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                               (単位:千円)

                   利益                       金額
        報告セグメント計                                          375,950
        「その他」の区分の利益又は損失(△)                                          10,656
        セグメント間取引消去                                           △432
        四半期連結損益計算書の営業利益                                          386,173
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成26年4月1日             (自    平成27年4月1日
                               至   平成26年9月30日)              至   平成27年9月30日)
      1株当たり四半期純利益金額                                 1円69銭                2円07銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       236,588                290,139
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                       236,588                290,139
       純利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                140,208                140,208
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                              -                -
      株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
      た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
      動があったものの概要
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 19/21













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アスモ(E02917)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成27年11月11日

     株式会社アスモ
      取締役会       御中
                           清  和  監  査  法  人

                            指定社員

                                      公認会計士
                                              坂井     浩史        印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              髙橋     潔弘        印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アスモ

     の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(平成27年7月1日から平成27
     年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年4月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フ
     ロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アスモ及び連結子会社の平成27年9月30日現在の財政状態
     並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していない
     と信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
            報告書提出会社)が別途保管しています。
          2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 21/21





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。