日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第13期第3四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第13期第3四半期(平成27年7月1日-平成27年9月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年11月13日
      【四半期会計期間】                    第13期第3四半期(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 前川 義和
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号) 
                                  1/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                                 第12期           第13期
                回次                第3四半期           第3四半期            第12期
                               連結累計期間           連結累計期間
                             自平成26年1月1日           自平成27年1月1日           自平成26年1月1日

               会計期間
                             至平成26年9月30日           至平成27年9月30日           至平成26年12月31日
                        (千円)          1,644,171           1,931,739           2,199,909
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                   (千円)           △ 30,858           90,772          △ 26,440

     四半期純利益又は四半期(当期)純損
                        (千円)           △ 20,124           72,111          △ 35,570
     失(△)
                        (千円)           △ 13,252           58,958          △ 10,184
     四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)           589,662           650,290           594,552

     純資産額
                        (千円)          1,865,547           2,055,068           1,995,625

     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又は1株
                         (円)           △ 8.33          29.63          △ 14.71
     当たり四半期(当期)純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                         (円)              -        28.87            -
     期)純利益金額
                         (%)            31.6           31.6           29.8
     自己資本比率
                                 第12期           第13期

                回次                第3四半期           第3四半期
                               連結会計期間           連結会計期間
                             自平成26年7月1日           自平成27年7月1日

               会計期間
                             至平成26年9月30日           至平成27年9月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は1株

                                               3.54
                         (円)           △ 2.02
     当たり四半期純損失金額(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第12期第3四半期連結累計期間及び第12期の潜在株式調整後1株当たり四半期                                      (当期)純     利益金額について
          は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期                       (当期)    純損失金額であるため記載しておりません。
        4.平成27年9月1日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。そのため、前
          連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半
          期(当期)純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期                            純利益金額     を算定しております。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/21





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  業績の状況

         当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策や日本銀行の金融緩和政策の実施等によ
        り、企業収益や雇用情勢の改善など、景気は緩やかな回復基調が続いております。一方、個人消費につきまして
        は、円安等を原因とした物価の上昇及び消費税率引き上げ後の節約志向等により持ち直しの動きに遅れが見られ、
        また、中国経済の減速や欧州経済の停滞などの影響もあり、景気の先行きは依然として不透明な状況が続いており
        ます。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、円安等の影響により、7月は
        1,309千人(前年同月比7.4%減)、8月は1,653千人(前年同月比7.3%減)、9月は1,526千人(前年同月比0.3%
        増)と9月を除き対前年同期比で減少となりました。
         一方、海外からの訪日外客数は、円安と消費税免税制度の拡充による買い物需要の拡大に加え、継続的な訪日
        旅行プロモーション等の効果等により、7月は1,918千人(前年同月比51.0%増)、8月は1,817千人(前年同月比
        63.8%増)、9月は1,612千人(前年同月比46.7%増)と前年と比較して大幅に増加し、1月から9月の累計人数
        は14,487千人(前年同期比48.8%増)となり、9月の時点で2014年の年計13,413千人を超えました(日本政府観光
        局(JNTO)調べ、8、9月はJNTO推計値)。
         当第3四半期連結累計期間は当社の主要業務である海外における日本人顧客向けの医療アシスタンス事業に
        とっては海外出国者数の減少という厳しい環境でしたが、当社は医療アシスタンスに加え、セキュリティアシスタ
        ンスサービスを提供するリスクマネジメント会社として顧客満足度を高めるべく努力して参りました。その結果、
        売上は海外旅行保険の付帯サービス、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリ
        ティ・アシスタンスサービスの提供が比較的好調に推移いたしました。
         また、国際医療事業につきましては、当社のこれまでの取組みが評価されて、平成27年9月に「医療渡航支援
        企業」に認定されるなどの追い風もあって認知度が向上し、訪日医療患者の数も堅調に推移したため売上高が伸び
        ました。その結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、1,931百万円となり、前年同期と比べ17.5%の増収と
        なりました。
         費用に関しましては、円安による海外センターコストの増加と事業規模の拡大に対応する支出増で前年同期比
        では増加しておりますが、2015年の経営目標である「EAJリエンジニアリング」活動により、コストコントロール
        と効率的なサービス提供体制の構築を図ることにより費用増は一定程度抑制され、当初想定を下回りました。
         この結果、当第3四半期連結累計期間の売上原価は1,498百万円(前年同期比11.9%増)、販売費及び一般管理
        費が336百万円(前年同期比2.9%増)となりました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の営業利益は96百万円(前年同期営業損失21百万円)、経常利益は90
        百万円(前年同期         経常損失30百万円)、四半期純利益は72百万円(前年同期                           四半期純損失20百万円)となりまし
        た。
        セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
         前述のとおり、円安等の影響で海外出国者数は大幅に減少しており、当社事業にとっては大きな減収要因であ
        ります。
         一方、海外における高額医療事故は増加傾向にあります。また高額医療事故はシニア層が約半数を占めてお
        り、医療アシスタンスサービスに対するニーズは益々増加しております。
         また、海外では8月にタイのバンコクで爆弾テロ、10月にはトルコで連続爆弾テロが起こるなど、セキュリティ
        リスクは高まりを見せており、セキュリティアシスタンスに対するニーズも確実に高まっております。
         そのような状況の中で、当第3四半期連結累計期間は海外旅行保険の付帯サービスのシェア拡大による売上高
        の増加や、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービス
        の提供が好調であったため、営業利益は堅調に推移いたしました。
         今後も業務量の増大に対応するべく、引き続き体制強化を図ってまいります。高機能電話システムの導入が完
        了しました。今後は、アジア、アメリカ、ヨーロッパに設置されている全センターを1つのヴァーチャルな拠点と
                                  3/21

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        して捉え、お客様からの電話に対して漏れなく心のこもった対応を効率的に提供できる運用の仕組みづくりを追求
        します。
         また、2015年の重点目標である「EAJリエンジニアリング」を引き続き推進することにより、人材の採用・教育
        を強化して環境の変化に柔軟に対応できる力強くて効率の良い体制づくりを続けます。
         国際医療事業では、9月4日に「医療渡航支援企業」に国内で初めて認証されました。「医療渡航支援企業認
        証制度」とは、日本政府の成長戦略の一環として、来日して治療を受けようとする外国人が安心して医療サービス
        に関する相談や受診の支援が受けられるよう、一定の基準を満たした質の高い支援サービスを提供できる企業に日
        本政府が”お墨付き”を与える制度です。
         この認証により、当社と当社のインバウンド業務に対する信頼が増し、海外からの患者受入が一段と増加する
        ことが予想されます。今後は「医療渡航支援企業」として従来以上に責任感を持って、提供する医療サービスの更
        なる充実を図り、外国の患者様に日本の高度医療を紹介して参ります。
         タイのテロ事件に日本人が巻き込まれるなど世界各地でテロや内乱等に遭遇するセキュリティリスクが高まっ
        ています。そのため、海外でグローバルに活動する企業や大学では医療のみならずセキュリティも含めたトータル
        リスク管理に対するニーズが増えております。
         当社は4月からユナイテッド・ヘルスケアグローバル社との提携により、全世界でセキュリティのアシスタン
        スサービスを提供しておりますが、9月2日にさらにセキュリティ事業を強化するため新たにスパーテント・グ
        ローバル・ソリューションズ社とパートナーシップ契約を締結しました。
         スパーテント社はアフリカ、中東、中南米などの治安が劣悪な地域におけるリスク低減コンサルティングに強
        みを持ち、この提携により当社のセキュリティリスクへの対応力が強化されます。
         このように益々充実したセキュリティアシスタンスと品質の高い医療アシスタンスを同時に提供することで企
        業や大学のトータルリスク管理を実施でき、法人・大学に対する売上高も増加しております。
         これらの結果、当第3四半期連結累計期間の医療アシスタンス事業の売上高は1,618百万円(前年同期比21.2%
        増)、セグメント利益は277百万円(前年同期比97.7%増)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)
         顧客満足の最大化に努め、既存顧客へのコンシェルジュサービスの着実な提供により売上高は順調に推移してお
        ります。
         この結果、当第3四半期連結累計期間のライフアシスタンス事業の売上高は312百万円(前年同期比1.4%増)、
        セグメント利益は76百万円(前年同期比8.6%減)となりました。
       (2)  財政状態の分析

        資産、負債及び純資産の状況
         当第3四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ59百万円増加し、2,055百万円
        となりました。主な増減要因としては、医療立替金の回収等による現金及び預金の153百万円の増加、損害保険会
        社等に対する立替金の49百万円の減少、国際医療事業の売上計上に伴う仕掛品の46百万円の減少がありました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ3百万円増加し、1,404百万円となりました。主な増減要因とし
        ては、賞与引当金の37百万円の増加、金融機関に対する長期借入金の57百万円の返済等がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ55百万円増加し、650百万円となりました。これは主に、四半
        期純利益が72百万円発生したこと、および主として前連結会計年度分の配当金の支払いのために資本剰余金が8百
        万円減少したことによるものであります。
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  4/21





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  8,304,000
                  計                                8,304,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                         上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                        又は登録認可金融商品               内容
                           (平成27年11月13日)
              (平成27年9月30日)                         取引業協会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所
                                                  限定のない当社にお
       普通株式             2,450,000             2,450,000        JASDAQ
                                                  ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                  で、単元株式数は100
                                                  株であります。
        計            2,450,000             2,450,000           -           -
     (注)提出日現在の発行数には、平成27年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
        た株式数は含まれておりません。
                                  5/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
      当第3四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                                    平成27年8月14日
      新株予約権の数(個)                                      120(注)1
      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                       -
      新株予約権の目的となる株式の種類                                      普通株式
      新株予約権の目的となる株式の数(株)                                    12,000(注)1、4
                                         1個当たり 273,900円
      新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                           (注)2、4
                                         自   平成29年8月18日
      新株予約権の行使期間
                                         至   平成37年2月28日
                                          発行価格  2,739
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                          資本組入額 1,370
      発行価格及び資本組入額(円)
                                            (注)4
                                  ⅰ  本新株予約権の割当てを受けた者(以下「新株予
                                  約権者」という。)は、本新株予約権の行使時まで継
                                  続して、当社の取締役、使用人またはこれに準ずる地
                                  位を有していることを要する。任期満了による退任ま
      新株予約権の行使の条件
                                  たは定年退職の場合はこの限りではない。
                                  ⅱ  新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は
                                  本新株予約権を行使することができない。
                                  譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締
      新株予約権の譲渡に関する事項
                                  役会の承認を要するものとする。
                                              -

      代用払込みに関する事項
                                             (注)3
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
      (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。なお、平成27年8月14日開催の取締役会の決
          議により、平成27年9月1日付で当社普通株式を1株につき2株の割合をもって分割いたしましたので、提
          出日現在において新株予約権1個につき目的となる株式数は200株となっております。
        2.新株予約権の行使時の払込金額は次の通りであります。
          新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の
          算式により新株予約権の行使時の1株当たり払込金額(以下「行使価額」という。)を調整し、調整の結果
          生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                    1
                   =          ×
          調整後行使価額          調整前行使価額
                               分割または併合の比率
          また、当社が時価を下回る価額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の算式により行使
          価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                          新規発行株式数×1株当たり払込金額
                      既発行
                         +
           調整後      調整前
                     株式数
               =      ×
                                1株当たり時価
          行使価額      行使価額
                         既発行株式数       +  新規発行株式数
          上記算式において、「既発行株式数」とは当社の発行済普通株式総数から当社が保有する自己株式数を控除
          した数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」
          を「1株当たり処分金額」に読み替えるものとする。
          さらに、当社が合併等を行う場合、株式の無償割当てを行う場合、その他上記の行使価額の調整を必要とす
          る場合には、合併等の条件、株式の無償割当ての条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で行使価額を調整す
          るものとする。
        3.  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項は次の通りであります。
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生の直前
          において残存する新株予約権の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イか
          らホまでに掲げる会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交
          付するものとする。この場合において、組織再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権は消滅
          するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を吸収合併契約、新
                                  6/21


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るも
          のとする。
          イ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           組織再編行為の効力発生の直前において残存する新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と
          同一の数をそれぞれ交付するものとする。
          ロ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
          ハ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記「株式の数」に準じて決定する。
          ニ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
          調整した再編後の払込金額に本新株予約権の目的である株式の数を乗じて得られる金額とする。
          ホ 新株予約権を行使することができる期間
           上記「新株予約権の行使期間」に定める本新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行
          為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める本新株予約権を行使す
          ることができる期間の満了日までとする。
          ヘ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
          1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げる。
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、前記の資本金等増加
          限度額から前記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
          ト 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
          る。
          チ 新株予約権の行使の条件
           ⅰ本新株予約権の割当てを受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、本新株予約権の行使時まで継
          続して、当社の取締役、使用人またはこれに準ずる地位を有していることを要する。任期満了による退任ま
          たは定年退職の場合はこの限りではない。
           ⅱ新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は本新株予約権を行使することができない。
          リ 新株予約権の取得事由
           当社が消滅会社となる合併についての合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換についての株式交換
          契約書または株式移転についての株式移転計画書、当社が分割会社となる会社分割についての吸収分割契約
          書または新設分割計画書の議案について株主総会の承認決議がなされた場合には、当社は、新株予約権の全
          部または一部を無償で取得することができるものとする。ただし、新株予約権の一部を取得する場合には取
          締役会の決議によって取得する新株予約権を決定するものとする。
          ヌ 新株予約権の行使により発生する端株の切捨て
           新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨てるものとする。
        4.平成27年8月14日開催の取締役会の決議により、平成27年9月1日付で当社普通株式を1株につき2株の割
          合をもって分割いたしました。この結果、提出日現在において、新株予約権の目的となる株式の数は24,000
          株、新株予約権の行使時の払込金額は1個当たり137,000円となりました。また、新株予約権の行使により株
          式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額は、1株当たり発行価格1,370円、1株当たり資本組入額
          685円となっております。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
                                  7/21




                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成27年7月1日~
     平成27年8月31日
                    7,600     1,224,600         2,375      300,983        2,375       86,983
     (注1)
     平成27年9月1日
                  1,224,600       2,449,200           -     300,983          -     86,983
     (注2)
     平成27年9月1日~
     平成27年9月30日
                     800    2,450,000          125     301,108         125      87,108
     (注1)
      (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成27年8月31日の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式を、平成27年9月1日を効力発生
          日として、1株につき2株の割合をもって分割いたしました。
       (6)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/21














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載する事ができないことから、直前の基準日(平成27年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
           なお、平成27年8月31日の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式を、平成27年9月1日を
          効力発生日として、1株につき2株の割合をもって分割いたしましたが、記載数値は株式分割前の株式数で記
          載しております。
        ①【発行済株式】

                                                  平成27年9月30日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                       -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                       -             -             -

     議決権制限株式(その他)                       -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                       -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のな
                                                い当社の標準となる株式
                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                                   12,163
                           1,216,300
                                                であり、単元株式数は
                                                100株であります。
                        普通株式         700
     単元未満株式                                    -             -
     発行済株式総数                     1,217,000              -             -

     総株主の議決権                       -            12,163              -

     (注)「単元未満株式」の欄の普通株式には、当社所有の自己株式74株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成27年9月30日現在
                                                    発行済株式総数

                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所                                 に対する所有株
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
          -           -          -        -        -        -

          計            -          -        -        -        -

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  9/21






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年7月1日から平
       成27年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年1月1日から平成27年9月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 10/21

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        682,126              835,413
         現金及び預金
                                        159,979              150,133
         売掛金
                                         78,601              31,971
         仕掛品
                                        716,723              667,618
         立替金
                                         56,001              59,144
         その他
                                        △ 2,828             △ 3,045
         貸倒引当金
                                       1,690,605              1,741,235
         流動資産合計
       固定資産
                                        105,489              115,229
         有形固定資産
                                        159,949              152,659
         無形固定資産
                                         39,580              45,943
         投資その他の資産
                                        305,019              313,833
         固定資産合計
                                       1,995,625              2,055,068
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         4,859              3,992
         買掛金
                                        680,000              680,000
         短期借入金
                                         76,656              76,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                         5,602              10,677
         未払法人税等
                                        162,885              169,413
         前受収益
                                            -            37,668
         賞与引当金
                                        281,576              294,297
         その他
                                       1,211,578              1,272,705
         流動負債合計
       固定負債
                                        184,474              126,982
         長期借入金
                                         5,020              5,091
         その他
                                        189,494              132,073
         固定負債合計
                                       1,401,073              1,404,778
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        297,483              301,108
         資本金
                                        211,434              202,926
         資本剰余金
                                         31,482              103,594
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        540,286              607,515
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           282            △ 1,403
         繰延ヘッジ損益
                                         53,586              42,445
         為替換算調整勘定
                                         53,869              41,041
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    -             1,663
                                           395               70
       少数株主持分
                                        594,552              650,290
       純資産合計
                                       1,995,625              2,055,068
      負債純資産合計
                                 11/21





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      売上高                                  1,644,171              1,931,739
                                       1,338,960              1,498,938
      売上原価
                                        305,210              432,801
      売上総利益
                                        327,069              336,461
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 21,859              96,340
      営業外収益
                                           750             1,038
       受取利息
                                           430             1,001
       助成金収入
                                           525              180
       その他
                                         1,705              2,220
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         4,940              5,134
       支払利息
                                         4,051              2,233
       為替差損
                                         1,449                -
       持分法による投資損失
                                           263              419
       その他
                                         10,705               7,788
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 30,858              90,772
      特別損失
                                           30              -
       固定資産売却損
                                           21             3,773
       固定資産除却損
                                           52             3,773
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 30,911              86,998
      純損失(△)
                                        △ 10,786              15,216
      法人税等
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 20,124              71,782
      調整前四半期純損失(△)
      少数株主損失(△)                                     -             △ 329
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 20,124              72,111
                                 12/21









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                至 平成26年9月30日)               至 平成27年9月30日)
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 20,124              71,782
      調整前四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           149            △ 1,686
       繰延ヘッジ損益
                                         6,576             △ 11,137
       為替換算調整勘定
                                           145               -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         6,872             △ 12,823
       その他の包括利益合計
                                        △ 13,252              58,958
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 13,252              59,284
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -             △ 325
       少数株主に係る四半期包括利益
                                 13/21















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。
         これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (平成26年12月31日)                  (平成27年9月30日)
     当座貸越極度額                               950,000千円                 1,200,000千円
     借入実行残高                               680,000                  680,000
      差引額                              270,000                  520,000
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                            (自 平成26年1月1日                  (自 平成27年1月1日
                             至 平成26年9月30日)                  至 平成27年9月30日)
      減価償却費                              34,749千円                  56,313千円

                                 14/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成26年1月1日 至 平成26年9月30日)
          1.配当金支払額
                             1株当たり
        決議      株式の種類       配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成26年3月26日
               普通株式       12,049千円        10円     平成25年12月31日          平成26年3月27日          資本剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年9月30日)

          1.配当金支払額
                             1株当たり
        決議      株式の種類       配当金の総額                基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
     平成27年3月25日
               普通株式       12,133千円        10円     平成26年12月31日          平成27年3月26日          資本剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
            該当事項はありません。
                                 15/21













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成26年1月1日 至 平成26年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                      四半期連結
                                               調整額
                                                      損益計算書
                                               (注)
                     医療アシスタン        ライフアシスタ
                                        計               計上額
                       ス事業       ンス事業
     売上高
                       1,335,725         308,445       1,644,171            -    1,644,171
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                           -        -        -        -        -
      又は振替高
                       1,335,725         308,445       1,644,171            -    1,644,171
            計
     セグメント利益又はセグメント
                        140,149        84,112       224,261       △ 246,120       △ 21,859
     損失(△)
     (注)セグメント利益又はセグメント損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費
        用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                 16/21











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                      四半期連結
                                               調整額
                                                      損益計算書
                                               (注)
                     医療アシスタン        ライフアシスタ
                                        計               計上額
                       ス事業       ンス事業
     売上高
                       1,618,869         312,870       1,931,739            -    1,931,739
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高
                           -        -        -        -        -
      又は振替高
                       1,618,869         312,870       1,931,739            -    1,931,739
            計
                        277,111        76,900       354,012       △ 257,671        96,340
     セグメント利益
     (注)セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セグメ
        ントに帰属しない一般管理費であります。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                 17/21












                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四
        半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                  (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                   至 平成26年9月30日)              至 平成27年9月30日)
        (1)1株当たり四半期純利益金額又は1株

                             (円)             △8.33              29.63
           当たり四半期純損失金額(△)
          (算定上の基礎)

           四半期純利益金額又は四半期純損失

                            (千円)             △20,124               72,111
           金額(△)
           普通株主に帰属しない金額                 (千円)                -              -

           普通株式に係る四半期純利益金額又

                            (千円)             △20,124               72,111
           は四半期純損失金額(△)
           普通株式の期中平均株式数                 (千株)               2,415              2,434

         (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純

                             (円)               -            28.87
           利益金額
          (算定上の基礎)

           四半期純利益調整額                 (千円)                -              -

           普通株式増加数                 (千株)                -              63

        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                             ――――――              ――――――

        たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
        式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
        のの概要
       (注)1.前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在

             するものの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
          2.平成27年9月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、前連結
             会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四
             半期純損失金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 18/21







                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 20/21




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                        独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年11月13日
     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                           有限責任     あずさ監査法人
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士          栗栖 孝彰
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                                平井    清
                                      公認会計士
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成27年1月1日から平成27年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
     (平成27年7月1日から平成27年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成27年1月1日から平成27年9月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     27年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 21/21





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。