シリコンスタジオ株式会社 四半期報告書 第17期第3四半期(平成27年6月1日-平成27年8月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第17期第3四半期(平成27年6月1日-平成27年8月31日)

提出日:

提出者:シリコンスタジオ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               関東財務局長

     【提出日】               平成27年10月15日

     【四半期会計期間】               第17期第3四半期(自 平成27年6月1日 至 平成27年8月31日)

     【会社名】               シリコンスタジオ株式会社

     【英訳名】               Silicon    Studio    Corp.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 寺田 健彦

     【本店の所在の場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

     【電話番号】               03-5488-7070

     【事務連絡者氏名】               常務取締役管理本部長 今井 理人

     【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号

     【電話番号】               03-5488-7070

     【事務連絡者氏名】               常務取締役管理本部長 今井 理人

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第16期           第17期

              回次              第3四半期           第3四半期            第16期
                            連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成25年12月1日         自   平成26年12月1日         自   平成25年12月1日
             会計期間
                         至   平成26年8月31日         至   平成27年8月31日         至   平成26年11月30日
     売上高                 (千円)         5,911,312           5,965,310           8,056,745

     経常利益                 (千円)          658,403           28,209          832,523

     四半期(当期)純利益                 (千円)          345,165           13,572          507,578

     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)          342,784           10,589          512,453

     純資産額                 (千円)         1,406,918           3,033,721           1,576,587

     総資産額                 (千円)         3,895,127           4,778,944           4,163,425

     1株当たり四半期(当期)
                       (円)          174.50            6.10          255.82
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)            -          5.63            -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)           36.0           63.3           37.6
                             第16期           第17期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成26年6月1日         自   平成27年6月1日
             会計期間
                         至   平成26年8月31日         至   平成27年8月31日
     1株当たり四半期純利益金額
                       (円)          △ 4.76          14.84
     又は四半期純損失金額(△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第16期第3四半期連結累計期間及び第16期連結会計年度において、潜在株式調整後1株当たり四半期(当
          期)純利益金額については、新株予約権は存在するものの、当社株式が非上場であるため記載しておりませ
          ん。
        4.当社は、平成27年2月23日付で東京証券取引所マザーズ市場に上場しているため、第17期第3四半期連結累
          計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額は、新規上場日から当第3四半期連結会計期間末まで
          の平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
        5.当社は、第17期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり
          四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平
          均株式数については、本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式を
          控除対象の自己株式に含めて算定しております。
                                  2/21





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     2  【事業の内容】
        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている各セグメ
       ントに係る主な事業内容の変更は、次のとおりであります。なお、主要な関係会社の異動はありません。
       (開発推進・支援事業)
        第1四半期累計期間において、既存事業の顧客基盤を活かして、当社グループのクライアント企業に対して、ア
       ドテクノロジーを活用したソリューションの提供を開始いたしました。
       (コンテンツ事業)
        主な事業内容の変更はありません。
       (人材事業)
        主な事業内容の変更はありません。
                                  3/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
      のリスク」について重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において、当社グループが判断したものであり
      ます。
     (1)業績の状況

        当第3四半期連結累計期間(平成26年12月1日~平成27年8月31日)における我が国経済は、消費税増税に伴う
       駆け込み需要の反動減が一巡するなか、個人消費は底堅く推移しており、政府による経済政策や日本銀行による金
       融緩和政策により、生産の回復に伴う設備投資の増加に加え、企業収益や雇用・所得環境も改善傾向を維持する
       等、景気は緩やかな回復基調となりました。
        一方で、中国経済の減速懸念の高まりを受けて金融市場などで不確実性が高まっており、投資を下押しするリス
       クが存在するなど、先行きは不透明な状況で推移いたしました。
        そのような環境の下、当社グループは、コンピュータグラフィックス(コンピュータを使って制作された映像、
       以下「CG」)関連のエンターテインメント(娯楽)業界向けビジネスに多角的に取り組んで参りました。当第3
       四半期連結累計期間における、開発推進・支援事業においては、新規ミドルウェアの販売件数及び保守サポート継
       続件数が順調に推移し、アドテクノロジーを活用したソリューションの提供を開始したものの、一部の大型受注開
       発について、開発案件推進の失注等が確定いたしました。コンテンツ事業においては、携帯端末向けの既存ゲーム
       タイトルのダウンロード数が増加したものの、一部の新規リリースタイトルにつき配信時期の遅延等が生じまし
       た。人材事業においては、人材派遣及び紹介が堅調な動きを見せた結果、業績は安定的に推移いたしました。
        また、開発推進・支援事業におけるソリューションサービスの他社販売オンラインゲーム向けのサーバー開発案
       件の一部において、不具合が生じたことに伴い瑕疵対応が必要となったこと、既存案件の一部において当初想定以
       上のサーバー台数を要したことや高性能なサーバーの導入が必要となったこと、ソフトウエア開発の案件の受注が
       伸びず、別途受注したコンテンツ開発の案件において外注先への委託費用が嵩んだこと等により、当初の想定を上
       回るコストが発生いたしました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの業績は、売上高が5,965,310千円(前年同期比
       0.9%増)、営業利益は39,362千円(同94.2%減)、経常利益は28,209千円(同95.7%減)、四半期純利益は13,572
       千円(同96.1%減)となりました。
        なお、報告セグメントの状況(セグメント間の内部取引消去前)は、以下のとおりであります。
       ① 開発推進・支援事業

         当第3四半期連結累計期間においては、ゲーム開発者向けミドルウェア「OROCHI3」等の商品が新規販売で27
        件、ミドルウェア保守サポートの継続が155件となり、また、顧客からの複数年に亘る開発依頼案件の継続、及び
        ソフトウエアのライセンス供与によるロイヤリティ収入の継続もあり、新規のミドルウェア販売件数及び保守サ
        ポート継続件数は順調に推移しました。
         一方で、他社販売のスマートフォン向けゲームの開発受託案件において、先方都合にて開発案件の推進そのも
        のが見直しとなったことを受けて、当該案件の失注並びに当該ゲームの運営に係る収入の逸失が確定致しまし
        た。また、連結子会社であるイグニス・イメージワークス株式会社において、遊技機器業界の射幸性を抑制する
        ことを目的とした規制強化により、クライアント企業において既存遊戯機器の法的規制への対応業務を先行する
        こととなったため、新規開発案件に遅延が生じました。
         以上の結果、売上高は2,406,670千円(前年同期比2.4%減)、セグメント利益は542,813千円(同27.8%減)と
        なりました。
                                  4/21


                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       ② コンテンツ事業

         当第3四半期連結累計期間における主要タイトルの動向に関して、「逆襲のファンタジカ」は、ダウンロード
        数が約28万増加し全世界で792万に達しました。「刻のイシュタリア」は、ダウンロード数が約140万増加し全世
        界で195万に達しました。「戦国武将姫-MURAMASA-」は、ダウンロード数が約15万増加し74万に達しまし
        た。「三国志カードバトル」については、ダウンロード数が約108万となっております。なお、平成27年2月26日
        にリリースした新規スマートフォンネイティブアプリ「ワンダーブロック」については、ダウンロード数が59万
        に達しました。また、平成27年6月16日にリリースした新規スマートフォンネイティブアプリ「グランスフィ
        ア」については、ダウンロード数が87万に達しました。
         既存タイトルについては、英語圏以外への展開の推進、リリース後の改修によるアクティブユーザー数の増
        加、更にはユーザー獲得のための広告宣伝費の追加投入が功を奏し、足元の収益は堅調に推移したものの、新規
        リリースタイトルの一部が予想を大幅に下回り、また配信時期の遅延等が発生しました。
         以上の結果、売上高は2,890,898千円(前年同期比0.1%減)、セグメント利益は357,128千円(同36.9%減)と
        なりました。
       ③ 人材事業

         当第3四半期連結累計期間における派遣先企業で稼動中の一般派遣労働者数は延べ1,370名、当第3四半期連結
        累計期間における有料職業紹介の成約実績数は55名となりました。
         以上の結果、売上高は667,741千円(前年同期比21.0%増)、セグメント利益は215,410千円(同13.3%増)と
        なりました。
                                  5/21













                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     (2)財政状態の分析
        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて615,519千円増加(前連結会計年度末比
       14.8%増)し、4,778,944千円となりました。
        これは主に、現金及び預金の増加647,761千円等があったことによるものであります。
        当第3四半期連結会計期間末の負債は、前連結会計年度末に比べて841,615千円減少(同32.5%減)し、
       1,745,223千円となりました。
        これは主に、短期借入金の減少323,464千円、未払費用の減少194,548千円、未払法人税等の減少132,620千円、社
       債の減少123,000千円等があったことによるものであります。
        当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べて1,457,134千円増加(同92.4%増)し、
       3,033,721千円となりました。これは主に資本剰余金の増加1,412,820千円によるものであります。
        この結果、自己資本比率は、前連結会計年度末比25.7ポイント増加し、63.3%となりました。
     (3)事業上及び財政上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた問題はありません。
     (4)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は274,134千円であります。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に、重要な変更はありません。
                                  6/21














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     9,420,000

                  計                                    9,420,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成27年8月31日)          (平成27年10月15日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利内
                                   東京証券取引所         容に何ら限定のない当社におけ
       普通株式           2,355,000          2,457,000
                                    (マザーズ)        る標準となる株式であり、単元
                                            株式数は100株であります。
         計          2,355,000          2,457,000          ―            ―
      (注)提出日現在発行数には、平成27年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
         れた株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
                                  7/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年6月1日~
                      ―   2,355,000           ―    100,000          ―    299,250
     平成27年8月31日
      (6)  【大株主の状況】

         当四半期連結会計期間は第3四半期連結会計期間であるため、記載事項はありません。
      (7)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                                平成27年8月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                      普通株式     2,355,000

     完全議決権株式(その他)                                 23,550             ―
     単元未満株式                     ―          ―              ―

     発行済株式総数                     2,355,000          ―              ―

     総株主の議決権                     ―            23,550             ―

     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス
        信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株(議決権の数250個)を含めて表示しております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
           ―             ―          ―       ―       ―       ―
           計              ―          ―       ―       ―       ―

     (注)株式給付信託(J-ESOP)の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式25,000株は、
        上記自己株式に含めておりません。
     2  【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/21





                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)    に基づいて作成しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成27年6月1日から平成
      27年8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年12月1日から平成27年8月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/21

















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年11月30日)              (平成27年8月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,541,471              2,189,232
         売掛金                               1,228,122              1,158,534
         仕掛品                                222,052              163,569
         前払費用                                104,343              124,196
         繰延税金資産                                119,519               94,986
         その他                                59,405              83,283
                                         △ 4,977             △ 3,742
         貸倒引当金
         流動資産合計                               3,269,936              3,810,060
       固定資産
         有形固定資産                                277,380              284,443
         無形固定資産                                401,221              441,289
                                         214,886              243,151
         投資その他の資産
         固定資産合計                                893,489              968,884
       資産合計                                 4,163,425              4,778,944
                                 10/21













                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年11月30日)              (平成27年8月31日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                                489,531              449,235
         短期借入金                                370,000               46,536
         1年内償還予定の社債                                178,000              174,000
         1年内返済予定の長期借入金                                126,548              114,600
         未払金                                91,843              129,797
         未払費用                                240,274               45,726
         預り金                                101,728               34,473
         未払法人税等                                133,740               1,120
         未払消費税等                                102,500               68,170
         賞与引当金                                  -            105,950
         受注損失引当金                                14,369                619
                                         18,201              44,753
         その他
         流動負債合計                               1,866,737              1,214,984
       固定負債
         社債                                360,000              241,000
         長期借入金                                307,466              230,188
                                         52,634              59,051
         その他
         固定負債合計                                720,100              530,239
       負債合計                                 2,586,838              1,745,223
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                100,000              100,000
         資本剰余金                                435,170             1,847,990
         利益剰余金                               1,206,563              1,200,111
                                        △ 176,250             △ 122,500
         自己株式
         株主資本合計                               1,565,484              3,025,601
       その他の包括利益累計額
                                           -             △ 500
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                  -             △ 500
       少数株主持分                                  11,103               8,619
       純資産合計                                 1,576,587              3,033,721
      負債純資産合計                                  4,163,425              4,778,944
                                 11/21








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年12月1日              (自 平成26年12月1日
                                 至 平成26年8月31日)               至 平成27年8月31日)
      売上高                                  5,911,312              5,965,310
                                        4,266,433              4,503,818
      売上原価
      売上総利益                                  1,644,878              1,461,492
      販売費及び一般管理費                                   966,422             1,422,129
      営業利益                                   678,455               39,362
      営業外収益
       受取利息                                   276              458
                                          2,405              2,169
       その他
       営業外収益合計                                  2,682              2,628
      営業外費用
       支払利息                                  9,934              8,624
       為替差損                                  10,856               3,199
                                          1,942              1,956
       その他
       営業外費用合計                                  22,734              13,780
      経常利益                                   658,403               28,209
      特別損失
                                       ※  61,796
                                                         -
       解決一時金
       特別損失合計                                  61,796                -
      税金等調整前四半期純利益                                   596,606               28,209
      法人税、住民税及び事業税
                                         174,390               2,486
      法人税等還付税額                                      -           △ 11,748
                                         79,431              26,381
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   253,822               17,120
      少数株主損益調整前四半期純利益                                   342,784               11,089
      少数株主損失(△)                                   △ 2,380             △ 2,483
      四半期純利益                                   345,165               13,572
                                 12/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年12月1日              (自 平成26年12月1日
                                 至 平成26年8月31日)               至 平成27年8月31日)
      少数株主損益調整前四半期純利益                                   342,784               11,089
      その他の包括利益
                                           -             △ 500
       その他有価証券評価差額金
       その他の包括利益合計                                    -             △ 500
      四半期包括利益                                   342,784               10,589
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 345,165               13,072
       少数株主に係る四半期包括利益                                 △ 2,380             △ 2,483
                                 13/21
















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         該当事項はありません。
        (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 解決一時金
         前第3四半期連結累計期間(自 平成25年12月1日 至 平成26年8月31日)
         派遣労働者の超過勤務手当の取り扱いに関して、当社の認識と一部の雇用契約書の記載に齟齬があったことが
        判明したため、解決一時金として特別損失に計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間

                             (自    平成25年12月1日             (自    平成26年12月1日
                              至   平成26年8月31日)              至   平成27年8月31日)
         減価償却費                            77,776千円               145,254千円
                                 14/21














                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
       前第3四半期連結累計期間(自                平成25年12月1日 至            平成26年8月31日)
       1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成26年2月26日
               普通株式         19,650        3,000   平成25年11月30日         平成26年2月27日         利益剰余金
     定時株主総会
       (注) なお、当社は平成26年2月8日を効力発生日として、普通株式1株につき3株の割合をもって株式分割を致
          しましたが、配当の基準日は平成25年11月30日であるため、株式分割前の1株当たりの配当額は、3,000円と
          なっております。
       2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自                平成26年12月1日 至            平成27年8月31日)

       1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     平成27年2月25日
               普通株式         20,025         10  平成26年11月30日         平成27年2月26日         利益剰余金
     定時株主総会
       2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
       3   株主資本の著しい変動

         当社は、平成27年2月20日を払込期日とする自己株式処分を実施したことにより、第1四半期連結累計期間に
        おいて資本剰余金が1,082,160千円増加し、自己株式が135,000千円減少いたしました。また、平成27年1月16日
        開催の取締役会において決議いたしました「株式給付信託(J-ESOP)」の導入により、第1四半期連結累計期間
        において自己株式が122,500千円増加いたしました。さらに、平成27年3月25日を払込期日とするオーバーアロッ
        トメントによる売出しに伴う自己株式処分を実施したことにより、第2四半期連結累計期間において資本剰余金
        が330,660千円増加し、自己株式が41,250千円減少いたしました。
         この結果、当第3四半期連結会計期間末の四半期連結貸借対照表における資本剰余金は1,847,990千円、自己株
        式は122,500千円となっております。
                                 15/21








                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        前第3四半期連結累計期間(自                平成25年12月1日          至   平成26年8月31日)
      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                                  報告セグメント
                     開発推進・支援          コンテンツ          人材        合計

     売上高

       外部顧客への売上高                   2,466,312        2,893,055         551,944       5,911,312

       セグメント間の内部売上高
                             ―        ―     22,212        22,212
       又は振替高
            計             2,466,312        2,893,055         574,156       5,933,524
     セグメント利益                    751,863        565,997        190,108       1,507,969

      2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                 利益
     報告セグメント計                                                1,507,969

     全社費用(注)                                                △829,103

     棚卸資産の調整額                                                  △410

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                 678,455

      (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 16/21










                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        当第3四半期連結累計期間(自                平成26年12月1日          至   平成27年8月31日)
      1   報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                                  報告セグメント
                     開発推進・支援          コンテンツ          人材        合計

     売上高

       外部顧客への売上高                   2,406,670        2,890,898         667,741       5,965,310

       セグメント間の内部売上高
                             ―        ―     21,502        21,502
       又は振替高
            計             2,406,670        2,890,898         689,244       5,986,813
     セグメント利益                    542,813        357,128        215,410       1,115,352

      2   報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

       (差異調整に関する事項)
                                                   (単位:千円)
                 利益
     報告セグメント計                                                1,115,352

     全社費用(注)                                               △1,078,007

     棚卸資産の調整額                                                  2,016

     四半期連結損益計算書の営業利益                                                 39,362

      (注)    全社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                 17/21











                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上
        の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                 (自    平成25年12月1日           (自    平成26年12月1日
                 項目
                                 至   平成26年8月31日)           至   平成27年8月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   174円50銭              6円10銭
     (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(千円)

                                         345,165              13,572
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            ―             ―
      普通株式に係る四半期純利益金額(千円)

                                         345,165              13,572
      普通株式の期中平均株式数(株)

                                        1,978,002             2,223,522
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                       ―          5円63銭

     (算定上の基礎)

      四半期純利益金調整額(千円)

                                            ―             ―
      普通株式増加数(株)

                                            ―          266,206
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                       ―             ―
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)1.前第3四半期連結累計期間において、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、新株予約権
          は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
        2.当社は、平成27年2月23日付で東京証券取引所マザーズ市場に上場しているため、潜在株式調整後1株当た
          り四半期純利益金額は、新規上場日から当第3四半期連結会計期間末までの平均株価を期中平均株価とみな
          して算定しております。
        3.当社は、第17期第1四半期連結会計期間より「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しております。1株当たり
          四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額の算定上の基礎となる普通株式の期中平
          均株式数については、本制度の信託財産として、資産管理サービス信託銀行株式会社が保有する当社株式
          を、控除対象の自己株式に含めて算定しております(当第3四半期連結累計期間17,335株)。
                                 18/21









                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
         該当事項はありません。
                                 19/21




















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 20/21



















                                                           EDINET提出書類
                                                    シリコンスタジオ株式会社(E31256)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年10月13日

     シリコンスタジオ株式会社
      取締役会      御中
                        太陽有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          和田 芳幸           印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          柴谷 哲朗           印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているシリコンスタジオ

     株式会社の平成26年12月1日から平成27年11月30日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成27年6月1日か
     ら平成27年8月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年12月1日から平成27年8月31日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
     四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、シリコンスタジオ株式会社及び連結子会社の平成27年8月31日現
     在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 21/21



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。