総合商研株式会社 訂正有価証券報告書 第43期(平成25年8月1日-平成26年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券報告書-第43期(平成25年8月1日-平成26年7月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                       有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                       金融商品取引法第24条の2第1項

     【提出先】                       北海道財務局長

     【提出日】                       平成27年10月5日

     【事業年度】                       第43期(自 平成25年8月1日 至 平成26年7月31日)

     【会社名】                       総合商研株式会社

     【英訳名】                       SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】                       代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】                       札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】                       011(780)5677

     【事務連絡者氏名】                       企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】                       札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】                       011(780)5677

     【事務連絡者氏名】                       企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/8









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
     1  【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成26年10月28日に提出いたしました第43期(自 平成25年8月1日 至 平成26年7月31日)有価証券報告書の
      記載事項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提出するものでありま
      す。
     2  【訂正事項】

        第一部 企業情報
         第1 企業の概況
          3 事業の内容
          5 従業員の状況

         第2 事業の状況

          1 業績等の概要
           (1)業績
         第5 経理の状況

          1 連結財務諸表等
           注記事項
           (セグメント情報等)
           セグメント情報
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は       を付して表示しております。
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
     3  【事業の内容】
       (省略)
       (訂正前)
       (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、スーパーやドラッグストア等の店頭で販売される名入れ年賀状及びパック年賀状の
       デザイン制作、印刷を行っております。また、通年業務として挨拶状の制作、印刷も手がけております。年賀状印
       刷においては、個人情報の保護・管理に万全を期しており、情報の暗号化、静脈・指紋認証システムによる入退室
       管理等、万全のセキュリティ対策を実施しております。
       (訂正後)

       (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、スーパーやドラッグストア等の店頭で販売される名入れ年賀状及びパック年賀状の
       デザイン制作、印刷を行っております。また、通年業務として挨拶状の制作、印刷も手がけております。年賀状印
       刷においては、個人情報の保護・管理に万全を期しており、情報の暗号化、静脈・指紋認証システムによる入退室
       管理等、万全のセキュリティ対策を実施しております。
       (ふりっぱー事業)
        ふりっぱー事業においては、フリーペーパー「地域新聞ふりっぱー」の発行を通じて、広告収入の獲得や印刷物
       の受注、ポスティング受託を行っております。
                                 2/8



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
       (訂正前)
      (1)  連結会社の状況
                                               平成26年7月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                    408(     45)

     商業印刷事業
                                                     27(   135)

     年賀状印刷事業
                                                     4(   ― )

     その他
                                                     15(      2)

     全社(共通)
                                                    454(    182)

                 合計
      (注)   1   従業員数は、就業人員であります。
        2 従業員数の(外書)は、臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定の業務に区分できない管理部門に所属しているもので
          あります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成26年7月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
         441(   180    )

                        38.9              6.8             3,796
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                    399(     43)

     商業印刷事業
                                                     27(   135)

     年賀状印刷事業
                                                     ―(    ― )

     その他
                                                     15(      2)

     全社(共通)
                                                    441(   180)

                 合計
      (注)   1 従業員数は、就業人員であります。
        2 従業員数の(外書)は、臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3 臨時雇用者には、季節雇用者、パートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
        4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        5 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定の業務に区分できない管理部門に所属しているもので
          あります。
                                 3/8







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
       (訂正後)
      (1)  連結会社の状況
                                               平成26年7月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                    254(     27)

     商業印刷事業
                                                     38(   135)

     年賀状印刷事業
     ふりっぱー事業                                               42(     1)

                                                      4(   ― )

     その他
                                                    116(     19)

     全社(共通)
                                                    454(   182)

                 合計
      (注)   1   従業員数は、就業人員であります。
        2 従業員数の(外書)は、臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定の業務に区分できない管理部門                                         等 に所属しているもの
          であります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成26年7月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
         441(   180    )

                        38.9              6.8             3,796
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                    245(     25)

     商業印刷事業
                                                     38(   135)

     年賀状印刷事業
                                                     42(     1)

     ふりっぱー事業
                                                     ―(   ― )

     その他
                                                    116(     19)

     全社(共通)
                                                    441(   180)

                 合計
      (注)   1 従業員数は、就業人員であります。
        2 従業員数の(外書)は、臨時雇用者の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3 臨時雇用者には、季節雇用者、パートタイマーの従業員を含み、派遣社員を除いております。
        4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        5 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定の業務に区分できない管理部門                                         等 に所属しているもの
          であります。
                                 4/8






                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
     第2   【事業の状況】
     1  【業績等の概要】
      (1)  業績
       (省略)
       (訂正前)
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
       (商業印刷事業)
       商業印刷事業におきましては、東北エリアの受注が拡大したこと、インストアプロモーション関連の受注が伸びた
      こと等により、当事業の売上高は               10,397百万円      (前年同期比      52百万円    増)となりました。
       利益につきましては、採算管理を強化したことから、                         営業損失は93百万円(前年同期の営業損失は180百万円)                           と
      なりました。
       (年賀状印刷事業)
       年賀状印刷事業におきましては、パック年賀状の取扱件数は497万パックと前年同期比1万パックの増加となりま
      した。名入れ年賀状の取扱件数につきましても、135万件から141万件と増加したことから、当事業の売上高は5,080
      百万円(前年同期比216百万円増)となりましたが、体制強化に伴う人件費の増加や外注費の増加により、営業利益
      は 673百万円     (前年同期比      56百万円減)と、増収減益            となりました。
       (その他)
       その他におきましては、北海道内の2店舗のプリントハウスにて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・サー
      ビスの提供を行ってまいりましたが、店舗移転によるコスト負担が発生し、売上高は                                       46百万円    (前年同期比      2百万円
      増 )、営業損失は       9百万円    (前年同期の営業利益は           0百万円    )となりました。
       (訂正後)

       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
       (商業印刷事業)
       商業印刷事業におきましては、東北エリアの受注が拡大したこと、インストアプロモーション関連の受注が伸びた
      こと等により、当事業の売上高は               9,740百万円      (前年同期比      515百万円     増)となりました。
       利益につきましては、採算管理を強化したことから、                         営業利益は309百万円(前年同期比215百万円増)                       となりまし
      た。
       (年賀状印刷事業)
       年賀状印刷事業におきましては、パック年賀状の取扱件数は497万パックと前年同期比1万パックの増加となりま
      した。名入れ年賀状の取扱件数につきましても、135万件から141万件と増加したことから、当事業の売上高は5,080
      百万円(前年同期比216百万円増)となりましたが、体制強化に伴う人件費の増加や外注費の増加により、営業利益
      は 480百万円     (前年同期比      20百万円増     )となりました。
       (ふりっぱー事業)
       ふりっぱー事業におきましては、自社媒体「地域新聞ふりっぱー」へ広告掲載に関わる広告収入は堅調に推移しま
      したが、チラシ等の一般印刷物の受注が減少したことにより、当事業の売上高は579百万円(前年同期比455百万円
      減)となりました。営業損失は118百万円(前年同期の営業損失は41百万円)となりました。
       (その他)
       その他におきましては、北海道内の2店舗のプリントハウスにて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・サー
      ビスの提供を行ってまいりましたが、店舗移転によるコスト負担が発生し、売上高は                                        124百万円     (前年同期比      3百万
      円減  )、営業損失は       24百万円(前年同期の営業損失は24百万円)                     となりました。
                                 5/8





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
     第5   【経理の状況】
     1  【連結財務諸表等】
      【注記事項】
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       (省略)
       (訂正前)
       「年賀状印刷事業」はスーパーやドラッグストア等の店頭で販売される名入れ年賀状及びパック年賀状のデザイン
      制作、印刷を行っております。
       (訂正後)

       「年賀状印刷事業」はスーパーやドラッグストア等の店頭で販売される名入れ年賀状及びパック年賀状のデザイン
      制作、印刷を行っております。
       「ふりっぱー事業」はフリーペーパー「地域新聞ふりっぱー」の発行を通じて、広告収入の獲得や印刷物の受注、
      ポスティング受託を行っております。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       (訂正前)
       前連結会計年度(自           平成24年8月1日          至   平成25年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                    その他            調整額
                                                     連結財務諸表
                                           合計
                                                     計上額(注6)
                                    (注1)           (注2~5)
                  商業印刷
                       年賀状印刷
                               計
                         事業
                   事業
     売上高
     外部顧客への売上高            10,344,835      4,863,934     15,208,769        44,032    15,252,802          ―   15,252,802

     セグメント間の
                   11,533      3,175     14,708      2,876     17,584     △17,584           ―
     内部売上高又は振替高
          計       10,356,369      4,867,109     15,223,478        46,908    15,270,387       △17,584      15,252,802
     セグメント利益
                  △180,670       730,018      549,348        949    550,297     △322,871        227,425
     又は損失(△)
     セグメント資産             3,007,775      1,564,211      4,571,986       13,873    4,585,859      2,668,855       7,254,715
     その他の項目

     減価償却費              221,245      110,114      331,360       1,671     333,031      78,154       411,185

     有形固定資産及び
                   144,807      182,003      326,810        431    327,242      77,327       404,570
     無形固定資産の増加額
      (注)   1「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありプリントハウス事業を含んでおりま
          す。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △322,871     千円には、セグメント間取引消去4,918千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △327,790     千円が含まれております。
        3 セグメント資産の調整額              2,668,855     千円は、主に親会社での現金及び預金、本社等の土地及び建物等の固定
          資産、投資有価証券等であります。
        4 減価償却費の調整額           78,154   千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        5 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         77,327   千円は、本社等の設備投資額であります。
        6 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております
                                 6/8



                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
       当連結会計年度(自           平成25年8月1日          至   平成26年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                    その他            調整額
                                                     連結財務諸表
                                           合計
                                                     計上額(注6)
                                    (注1)           (注2~5)
                  商業印刷
                       年賀状印刷
                               計
                         事業
                   事業
     売上高
     外部顧客への売上高            10,397,694      5,080,875     15,478,570        46,840    15,525,410          ―   15,525,410

     セグメント間の
                   10,422      3,209     13,632      3,149     16,781     △16,781           ―
     内部売上高又は振替高
          計       10,408,117      5,084,085     15,492,202        49,989    15,542,192       △16,781      15,525,410
     セグメント利益
                  △93,231      673,317      580,086      △9,060      571,025     △316,192        254,833
     又は損失(△)
     セグメント資産             3,348,122      1,536,644      4,884,767       10,325    4,895,092      2,767,344       7,662,437
     その他の項目

     減価償却費              255,678      91,938     347,616       1,542     349,159      22,033       371,192

     有形固定資産及び
                   280,326      121,047      401,374       1,702     403,077      54,623       457,700
     無形固定資産の増加額
      (注)   1「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありプリントハウス事業を含んでおりま
          す。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △316,192     千円には、セグメント間取引消去11,985千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △328,177     千円が含まれております。
        3 セグメント資産の調整額              2,767,344     千円は、主に親会社での現金及び預金、本社等の土地及び建物等の固定
          資産、投資有価証券等であります。
        4 減価償却費の調整額           22,033   千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        5 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         54,623   千円は、本社等の設備投資額であります。
        6 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております
        (訂正後)

       前連結会計年度(自           平成24年8月1日          至   平成25年7月31日)
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                      その他            調整額     連結財務諸
                                             合計
                                                      表計上額(注
                                      (注1)           (注2~5)
               商業印刷     年賀状印刷      ふりっぱー
                                  計
                                                        6)
                      事業      事業
                事業
     売上高
     外部顧客への売         9,224,994      4,863,934      1,035,082     15,124,010       128,791    15,252,802          ― 15,252,802

     上高
     セグメント間の
                69,678      3,175     32,278     105,131       2,751     107,882     △107,882          ―
     内部売上高又は
     振替高
         計      9,294,672      4,867,109      1,067,360     15,229,142       131,542    15,360,685      △107,882     15,252,802
     セグメント利益
                93,615     460,150     △41,054      512,711     △24,048      488,663     △261,237       227,425
     又は損失(△)
     セグメント資産         2,531,434      1,943,429       74,934    4,549,797       13,688    4,563,486      2,691,228      7,254,715
     その他の項目

     減価償却費          187,069      187,380       2,567     377,018       1,776     378,794      32,390     411,185

     有形固定資産及
                108,036      510,371         ―   618,407        431    618,839     △214,269       404,570
     び無形固定資産
     の増加額
      (注)   1「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありプリントハウス事業                                            等 を含んでおりま
          す。
                                 7/8

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                          訂正有価証券報告書
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △261,237     千円には、セグメント間取引消去4,918千円、各報告セグメ
          ントに配分していない全社費用              △266,156     千円が含まれております。
        3 セグメント資産の調整額              2,691,228     千円は、主に親会社での現金及び預金、本社等の土地及び建物等の固定
          資産、投資有価証券等であります。
        4 減価償却費の調整額           32,390   千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        5 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         △214,269     千円は、本社等の設備投資額であります。
        6 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております
       当連結会計年度(自           平成25年8月1日          至   平成26年7月31日)

                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                      その他            調整額     連結財務諸
                                             合計
                                                      表計上額(注
                                      (注1)           (注2~5)
               商業印刷     年賀状印刷      ふりっぱー
                                  計
                                                        6)
                      事業      事業
                事業
     売上高
     外部顧客への売         9,740,207      5,080,875       579,391    15,400,474       124,936    15,525,410          ― 15,525,410

     上高
     セグメント間の
                60,663      3,209     37,371     101,244       3,090     104,335     △104,335          ―
     内部売上高又は
     振替高
         計      9,800,870      5,084,085       616,762    15,501,718       128,026    15,629,745      △104,335     15,525,410
     セグメント利益
                309,049      480,709     △118,035       671,723     △24,097      647,625     △392,792       254,833
     又は損失(△)
     セグメント資産         2,792,590      1,883,748       82,546    4,758,884       10,202    4,769,087      2,893,349      7,662,437
     その他の項目

     減価償却費          171,524      157,782       2,222     331,529       1,542     333,071      38,120     371,192

     有形固定資産及
                266,001      124,307       3,713     394,022       1,702     395,725      61,975     457,700
     び無形固定資産
     の増加額
      (注)   1「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントでありプリントハウス事業                                            等 を含んでおりま
          す。
        2 セグメント利益又は損失(△)の調整額                    △392,792     千円には、セグメント間取引消去11,985千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △404,777     千円が含まれております。
        3 セグメント資産の調整額              2,893,349     千円は、主に親会社での現金及び預金、本社等の土地及び建物等の固定
          資産、投資有価証券等であります。
        4 減価償却費の調整額           38,120   千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        5 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         61,975   千円は、本社等の設備投資額であります。
        6 セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております
     4.報告セグメントの変更等に関する事項

      当連結会計年度より、従来「商業印刷事業」に含まれていた「ふりっぱー事業」について量的な重要性が増したため
     報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
      なお、前連結会計年度のセグメント情報については変更後の区別方法により作成しており、「3                                             報告セグメントごと
     の売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報」の前連結会計年度に記載しております。
                                 8/8





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。