総合商研株式会社 訂正四半期報告書 第44期第1四半期(平成26年8月1日-平成26年10月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正四半期報告書-第44期第1四半期(平成26年8月1日-平成26年10月31日)

提出日:

提出者:総合商研株式会社

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書の訂正報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条4の7第4項

     【提出先】               北海道財務局長

     【提出日】               平成27年10月5日

     【四半期会計期間】               第44期第1四半期(自 平成26年8月1日 至 平成26年10月31日)

     【会社名】               総合商研株式会社

     【英訳名】               SOUGOU    SHOUKEN    CO.,   LTD.

     【代表者の役職氏名】               代表取締役会長  加藤 優

     【本店の所在の場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【最寄りの連絡場所】               札幌市東区東苗穂二条三丁目4番48号

     【電話番号】               011(780)5677

     【事務連絡者氏名】               企画管理本部部長  太田 健一

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/5









                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     1  【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       平成26年12月15日に提出いたしました第44期(自 平成26年8月1日 至 平成26年10月31日)に係る四半期報告
      書の記載事項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため四半期報告書の訂正報告書を提出するものであり
      ます。
     2  【訂正事項】

        第一部 企業情報
         第2 事業の状況
          3 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (1)業績の状況
         第4 経理の状況

          1 四半期連結財務諸表
           注記事項
           (セグメント情報等)
           セグメント情報
     3  【訂正箇所】

       訂正箇所は       を付して表示しております。
     第一部    【企業情報】

     第2【事業の状況】
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  業績の状況
       (省略)
       (訂正前)
       セグメント別の業績を示すと、次のとおりであります。
      (商業印刷事業)
        商業印刷事業においては、新規顧客のレギュラーチラシの獲得や既存顧客の受注増加により、当事業の売上高は
       2,728百万円      (前年同四半期比        188百万円     増)となりました。また、外注費削減等のコスト管理の強化や組織体制の
       見直しを行ったことにより、営業利益は                   62百万円(前年同四半期の営業損失は34百万円)                       となりました。
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、大口顧客向けの年賀状の納品が一部前倒しとなったため、当事業の売上高は1,761百
       万円(前年同四半期比390百万円増)となりました。その一方で、組織体制の変更による人員の増加及び販売促進費
       等の先行投資の増加により、営業損失は                   348百万円     (前年同四半期の営業損失は             346百万円     )となりました。
      (その他)
        その他においては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・
       サービスの提供を行ってまいりましたが、売上高は                        9百万円    (前年同四半期比        0百万円増     )、営業損失は       4百万円
       (前年同四半期の営業損失は             3百万円    )となりました。
                                 2/5





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     (訂正後)
      (商業印刷事業)
        商業印刷事業においては、新規顧客のレギュラーチラシの獲得や既存顧客の受注増加により、当事業の売上高は
       2,563百万円      (前年同四半期比        184百万円     増)となりました。また、外注費削減等のコスト管理の強化や組織体制の
       見直しを行ったことにより、営業利益は                   117百万円     ( 前年同四半期比30百万円増            )となりました。
      (年賀状印刷事業)
        年賀状印刷事業においては、大口顧客向けの年賀状の納品が一部前倒しとなったため、当事業の売上高は1,761百
       万円(前年同四半期比390百万円増)となりました。その一方で、組織体制の変更による人員の増加及び販売促進費
       等の先行投資の増加により、営業損失は                   398百万円     (前年同四半期の営業損失は             394百万円     )となりました。
      (ふりっぱー事業)
        ふりっぱー事業におきましては、自社媒体「地域新聞ふりっぱー」の営業に注力した結果、当事業の売上高は150
       百万円(前年同四半期比10百万円増)、営業損失は9百万円(前年同四半期の営業損失は37百万円)となりまし
       た。
      (その他)
        その他においては、北海道内の2店舗のプリントハウスにおいて、DPE、オンデマンドプリント等の商品・
       サービスの提供を行ってまいりましたが、売上高は                        23百万円    (前年同四半期比        6百万円減     )、営業損失は       8百万円
       (前年同四半期の営業損失は             7百万円    )となりました。
     第4【経理の状況】

     1【四半期連結財務諸表】
      【注記事項】
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     (訂正前)
     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成25年8月1日          至   平成25年10月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                    その他            調整額
                                           合計          益計算書計上
                                    (注1)            (注2)
                  商業印刷
                        年賀状印刷
                                                      額(注3)
                                計
                         事業
                   事業
     売上高
       外部顧客への売上高             2,539,523      1,371,352      3,910,875        9,787    3,920,663          ―  3,920,663

      セグメント間の内部
                    5,544       368     5,913      1,095      7,008     △7,008          ―
      売上高又は振替高
           計        2,545,068      1,371,720      3,916,788       10,883     3,927,672       △7,008      3,920,663
     セグメント利益又は
                   △34,756     △346,758      △381,515       △3,506     △385,021       △70,314      △455,335
     損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業を含んでおり
          ます。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △70,314    千円には、セグメント間取引消去3,422千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △73,737    千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 3/5





                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成26年10月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                      報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                    その他            調整額
                                          合計          益計算書計上
                                    (注1)            (注2)
                  商業印刷
                       年賀状印刷
                                                      額(注3)
                               計
                         事業
                   事業
     売上高
       外部顧客への売上高             2,728,189      1,761,733      4,489,923        9,841    4,499,765          ―  4,499,765

      セグメント間の内部
                    1,486       56    1,542      1,085      2,628     △2,628          ―
      売上高又は振替高
          計       2,729,676      1,761,790      4,491,466       10,927     4,502,394       △2,628      4,499,765
     セグメント利益又は
                   62,836    △348,278      △285,442       △4,082     △289,524       △92,912      △382,437
     損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業を含んでおり
          ます。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △92,912    千円には、セグメント間取引消去1,088千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △94,001    千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     (訂正後)

     Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                平成25年8月1日          至   平成25年10月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                      報告セグメント
                                      その他            調整額
                                                      損益計算書
                                            合計
                                                       計上額(注
                                      (注1)            (注2)
               商業印刷
                    年賀状印刷      ふりっぱー
                                 計
                                                        3)
                     事業      事業
                事業
     売上高
      外部顧客への売
              2,379,051      1,371,352       139,881     3,890,285       30,378    3,920,663          ―  3,920,663
      上高
      セグメント間の
      内部売上高又は          18,244       368    15,691      34,303      1,087     35,391     △35,391         ―
      振替高
         計      2,397,296      1,371,720       155,572     3,924,588       31,466    3,956,055      △35,391     3,920,663
     セグメント利益
                87,097    △394,585      △37,994     △345,482       △7,488     △352,970      △102,365      △455,335
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業                                             等 を含んでお
          ります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △102,365     千円には、セグメント間取引消去3,422千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △105,787     千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 4/5







                                                           EDINET提出書類
                                                       総合商研株式会社(E00735)
                                                           訂正四半期報告書
     Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                平成26年8月1日          至   平成26年10月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                      報告セグメント
                                      その他            調整額
                                                      損益計算書
                                            合計
                                                       計上額(注
                                      (注1)            (注2)
               商業印刷
                    年賀状印刷      ふりっぱー
                                 計
                                                        3)
                     事業      事業
                事業
     売上高
      外部顧客への売
              2,563,880      1,761,733       150,527     4,476,141       23,623    4,499,765          ―  4,499,765
      上高
      セグメント間の
      内部売上高又は          16,566        56    16,270      32,894      1,081     33,975     △33,975         ―
      振替高
         計      2,580,447      1,761,790       166,797     4,509,035       24,705    4,533,741      △33,975     4,499,765
     セグメント利益
               117,961     △398,837       △9,239     △290,114       △8,425     △298,539      △83,897     △382,437
     又は損失(△)
      (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、プリントハウス事業                                             等 を含んでお
          ります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額                   △83,897    千円には、セグメント間取引消去1,088千円、各報告セグ
          メントに配分していない全社費用               △84,985    千円が含まれております。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

       前連結会計年度より、従来「商業印刷事業」に含まれていた「ふりっぱー事業」について量的な重要性が増したた
      め報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
       なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したものを開
      示しております。
                                 5/5












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。