DWS グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型) 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  平成27年10月1日
      【発行者名】                  ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメン
                        ト・エス・エー
                        (Deutsche       Asset    & Wealth    Management       Investment       S.A.)
      【代表者の役職氏名】                  ディレクター スヴェン・センドメイヤー
                        (Sven    Sendmeyer,       Director)
                        アシスタント・バイス・プレジデント ベンジャミン・スコット
                        (Benjamin       Schott,     Assistant      Vice   President)
      【本店の所在の場所】                  ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ1115、
                        ブールバール・コンラ・アデヌール2番
                        (2,   Boulevard      Konrad    Adenauer,      1115   Luxembourg,
                         Grand   Duchy   of  Luxembourg)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  三浦 健
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  三浦 健
                        弁護士  大西 信治
      【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【電話番号】                  03  (6212)    8316
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファン
                        ド(年1回分配型)
                        (DWS    Global    Utility     Bond   Master    Fund)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        メキシコペソクラス受益証券:400億メキシコペソ(約3,200億円)
                                         を上限とする。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし
     (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)およびメキシコペソの円貨換算は、特に記載がない

        限り、2015年1月30日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=
        118.25円および1メキシコペソ=8.00円)による。
                                  1/10






                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       平成27年3月31日に提出した有価証券届出書(平成27年6月30日付有価証券届出書の訂正届出書により

      訂正済)(以下「原届出書」といいます。)の記載事項のうち訂正すべき事項があるため、本訂正届出書
      を提出するものです。
     2【訂正の内容】

       訂正箇所は下線で示します。

       次へ


                                  2/10















                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第二部 ファンド情報

     第1 ファンドの状況

      2 投資方針

       (1)投資方針
     <訂正前>
                              (前略)
        デリバティブの使用
         ファンドは、ファンドが購入する資産または公認の金融指数、金利、為替レートもしくは通貨から
        派生するあらゆる種類のデリバティブに対して投資を行うことができる。特に、オプション、金融先
        物契約およびスワップならびにそれらの組合せを含む。デリバティブの使用は、ファンドの資産の
        ヘッジに限定される必要はなく、投資戦略の一部となる可能性もある。
         デリバティブ取引は、投資制限の範囲内で行われ、ファンド資産の効率的な運用を行う一方で、投
        資の満期およびリスクを管理する。
                              (中略)
        合成証券貸付
         約款    の「一般条項」        に記載される証券貸付に関する規則に加えて、証券貸付は、合成的に行われる
        場合がある(以下「合成証券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証
        券は、現在の市場価格で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却
        された証券と同種、同質および同量の証券の引渡を後日要求する権利をファンドに与えるという証券
        化されたレバレッジされていないオプションを取引相手方から受け取るということを条件とする。オ
        プションの価格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価格
        から(a)証券貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求をすることのできる証券からの収益
        (例えば、配当、利払い、発行証券に影響を及ぼす企業行為)および(c)オプションの行使価格を控
        除した金額とする。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使できる。投資戦略を実
        施するため、合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却される場合、かかる
        売却は、その時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売却することによって
        も行うことができる。
     <訂正後>

                              (前略)
        パフォーマンス・ベンチマーク
         ファンドは、パフォーマンスの比較のみを目的として金融指数をパフォーマンスのベンチマークと
        して使用することができるが、かかる指数の投資ポジションの複製することは試みない。パフォーマ
        ンスのベンチマークがファンドについて使用される場合、目論見書に追加の情報が記載される場合が
        ある。金融指数が投資戦略を目的として使用される場合、ファンドの投資方針はかかる手法を反映す
        る。
        デリバティブの使用
         ファンドは、ファンドが購入する資産または公認の金融指数、金利、為替レートもしくは通貨から
        派生するあらゆる種類のデリバティブに対して投資を行うことができる。特に、オプション、金融先
        物契約およびスワップならびにそれらの組合せを含む。デリバティブの使用は、ファンドの資産の
        ヘッジに限定される必要はなく、投資戦略の一部となる可能性もある。
         デリバティブ取引は、投資制限の範囲内で行われ、ファンド資産の効率的な運用を行う一方で、投
        資の満期およびリスクを管理する。
                              (中略)
        合成証券貸付
                                  3/10


                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         約款に記載される証券貸付に関する規則に加えて、証券貸付は、合成的に行われる場合がある(以
        下「合成証券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証券は、現在の市
        場 価格で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却された証券と同
        種、同質および同量の証券の引渡を後日要求する権利をファンドに与えるという証券化されたレバ
        レッジされていないオプションを取引相手方から受け取るということを条件とする。オプションの価
        格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価格から(a)証券
        貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求をすることのできる証券からの収益(例えば、配
        当、利払い、発行証券に影響を及ぼす企業行為)および(c)オプションの行使価格を控除した金額と
        する。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使できる。投資戦略を実施するため、
        合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却される場合、かかる売却は、その
        時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売却することによっても行うことが
        できる。
      3 投資リスク

       (1)リスク要因
     <訂正前>
                              (前略)
        証券化ポジション(「アセットバック証券」)の購入に関連するリスク
         流動性の低い証券は、金融会社により売買可能な(アセットバック)証券に転換することができ
        る。かかる商品には、とりわけ、証券化された不動産モーゲージ(「モーゲージバック証券」)およ
        び様々なプール債権の証券化商品(「債務担保証券」)が含まれる。これらは、「アセットバック証
        券」と総称される。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
        偶発転換社債への投資に関するリスク
         偶発転換社債(以下「CoCo債」という。)は、発行体側の一定の資本要件および資本バッ
        ファーを有する一種のハイブリッド資本証券である。CoCo債はその要項に基づき、規制上の資本
        閾値に関して一定の「トリガー」が発生した場合、株式への転換または元本の削減を図り、監督当局
        が発行体または関連会社の継続企業としての存続性を疑問視する場合、監督当局によって、発行体の
        支配の及ばない転換事由が引き起こされる場合がある。
         トリガー事由の発生後、元本の回復は、主にCoCo債の構成に依拠し、これに基づき、CoCo
        債の名目上の損失は、以下の3つの異なる方法のうち1つを使用して完全にまたは部分的に吸収する
        ことができる:株式転換、一時的元本削減または永久的元本削減。一時的元本削減の場合、元本回復
        は、完全に裁量的であり、一定の規制上の制限に服する。トリガー事由発生後に支払う残りの資本の
        分配は、削減後の元本に基づく。CoCo債の投資者は、同じ発行体に関する株式投資者およびその
        他の債務保有者よりも先に損失を被ることがある。
         CoCo債の条件の構成は、複雑な場合があり、EU資本要件指令Ⅳ/資本要件(CRDIV/C
        RfR)に記載される最低要件に従い、発行体ごと、債券ごとに異なる場合がある。CoCo債への
        投資に関するリスクにはさらに、トリガー水準リスク、クーポン計算リスク、クーポンリセットリス
        ク、クーポン取消リスク、転換リスク、評価減リスク、コール延長リスク、資本構成反転リスク、産
        業集中リスク、収益評価リスク、流動性リスクおよび未知のリスクがある。
        証券化ポジション(「アセットバック証券」)の購入に関連するリスク

         流動性の低い証券は、金融会社により売買可能な(アセットバック)証券に転換することができ
        る。かかる商品には、とりわけ、証券化された不動産モーゲージ(「モーゲージバック証券」)およ
                                  4/10


                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        び様々なプール債権の証券化商品(「債務担保証券」)が含まれる。これらは、「アセットバック証
        券」と総称される。
                              (後略)
      4 手数料等及び税金

       (5)課税上の取扱い
        (B)ルクセンブルグ
     <訂正前>
          2010年12月17日法第174条から第176条に基づき、現在、ファンドには、各四半期末に報告される
         ファンドの純資産総額に関して、それぞれ年率0.05%または0.01%の税率で四半期毎に支払われる
         ルクセンブルグ大公国の税金(年次税)が課されている。ファンドに適用される税率は、年率
         0.05%である。
          ファンドの収入は、ファンド資産の投資先である国の源泉徴収税が課されることがある。この場
         合、保管受託銀行および管理会社のいずれも、納税証明書を取得する義務を負わない。
          投資者レベルでのファンド収入の課税上の取扱いは、当該投資者に適用される個別の税法によっ
         て異なる。投資者レベル(特に非居住投資家)での個別の課税に関する情報を得るためには、税務
         アドバイザーに相談するべきである。
        ( ▲ )支払利息に対するEUの課税(EU源泉徴収税)
          2005年7月1日に施行されたEU内での支払利息に対する課税に関するEU指令2003/48/EC
         (以下「本指令」という。)の規定に基づき、ルクセンブルグの支払代理人がファンドの受益証券
         の一定の分配または買戻しを実行し、かつこれらの資金の受領者が別のEU加盟国の個人居住者で
         あった場合、特定の場合に源泉徴収税が課される可能性を排除することはできない。当該支払いお
         よび買戻しに対する源泉徴収税は、2011年7月1日以降、35%である。
          影響を受ける者は、上記の代わりに、本指令に定める情報交換システムによって必要な税務情報
         を各居住地の課税当局に開示することをルクセンブルグの支払代理人に明確に許可することができ
         る。
          または、かかる者は、課税上の各居住地の課税当局により発行された証明書を上記源泉徴収税の
         免除のためにルクセンブルグの支払代理人に提出することができる。
     <訂正後>

          2010年12月17日法第174条から第176条に基づき、現在、ファンドには、各四半期末に報告される
         ファンドの純資産総額に関して、それぞれ年率0.05%または0.01%の税率で四半期毎に支払われる
         ルクセンブルグ大公国の税金(年次税)が課されている。                               この料率は、以下に関しては0.01%であ
         る。
         a)その専属的目的が短期金融商品への集合投資および信用機関への預金であるファンド
         b)その専属的目的が信用機関への預金に対する集合投資であるファンド
         c)個別のファンドならびに株式/受益証券の個別クラス。ただし、当該ファンドまたはクラスの
            株式/受益証券は、一または複数の機関投資家に帰属する。
           2010年法第175条に従い、一定の状況において、ファンドの資産または各株式/受益証券クラス
         は、完全に免税されることもある。
          ファンドに適用される税率は、年率0.05%である。
          ファンドの収入は、ファンド資産の投資先である国の源泉徴収税が課されることがある。この場
         合、保管受託銀行および管理会社のいずれも、納税証明書を取得する義務を負わない。
          投資者レベルでのファンド収入の課税上の取扱いは、当該投資者に適用される個別の税法によっ
         て異なる。投資者レベル(特に非居住投資家)での個別の課税に関する情報を得るためには、税務
         アドバイザーに相談するべきである。
        ( C )支払利息に対するEUの課税(EU源泉徴収税)
                                  5/10


                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          2005年7月1日に施行されたEU内での支払利息に対する課税に関するEU指令2003/48/EC
         (以下「本指令」という。)の規定に基づき、ルクセンブルグの支払代理人がファンドの受益証券
         の一定の分配または買戻しを実行し、かつこれらの資金の受領者が別のEU加盟国の個人居住者で
         あっ  た場合、特定の場合に源泉徴収税が課される可能性を排除することはできない。当該支払いお
         よび買戻しに対する源泉徴収税は、2011年7月1日以降、35%である。
          影響を受ける者は、上記の代わりに、本指令に定める情報交換システムによって必要な税務情報
         を各居住地の課税当局に開示することをルクセンブルグの支払代理人に明確に許可することができ
         る。
          または、かかる者は、課税上の各居住地の課税当局により発行された証明書を上記源泉徴収税の
         免除のためにルクセンブルグの支払代理人に提出することができる。
           EU源泉徴収課税は、補償的な効果がないため、受益者は自身の確定申告において利子所得を申
         告する義務を免除されない。
           ルクセンブルグについて、源泉徴収税の基本的な手続きは、2014年12月31日まで有効であった。
         2015年1月1日以降、以下の報告手続きが実行されている。
           ルクセンブルグの信用機関(支払代行会社として行為する。)がヨーロッパ諸国または一定の第
         三国に居住する自然人に支払う利子所得は、当該ルクセンブルグの信用機関によりルクセンブルグ
         に税務当局に報告され、その後、当該居住者の国の各外国税務当局に報告される。
        (D)外国税務コンプライアンス法-「FATCA」
           外国口座税務コンプライアンス法(通常「FATCA」という。)は、2010年3月に米国法とし
         て署名された追加雇用対策法(以下「雇用対策法」という。)に規定される。かかる規定は、米国
         市民による脱税を減らすことを目的とする米国の法律である。当該法律は、米国外の金融機関(以
         下「外国金融機関」または「FFI」という。)に対して、「特定米国人」により保有される「金
         融口座」に関する情報を、米国税務当局である内国歳入庁(以下「IRS」という。)に対して直
         接または間接的に毎年提供することを求めている。
           通常、この要件を遵守しないFFIの一定の米国源泉所得について30%の源泉徴収税が課され
         る。かかる制度は、2014年7月1日から2017年まで有効である。本ファンド等の非米国ファンド
         は、概ねFFIであり、「みなし遵守」FFIの資格を有する場合を除き、IRSとFFI契約を
         締結する必要があり、モデル1政府間協定(以下「IGA」という。)に従う場合、現地国のIG
         Aに基づき「報告金融機関」または「非報告金融機関」として資格を有することがある。IGA
         は、FATCA遵守の導入のため米国と外国法域の間で締結される取決めである。2014年3月28日
         付で、米国とルクセンブルグはモデル1IGAおよびこれに関する覚書を締結した。その結果、
         ファンドは、当該ルクセンブルグIGAを適宜遵守しなければならない。
           管理会社は、FATCAおよび特にルクセンブルグIGAが課す要件の範囲を継続的に評価す
         る。遵守する目的で、管理会社は、とりわけ、全受益者に対して、特定米国人の資格を有するか否
         か証明するために、税務上の居住国に関する必要的書証を提供するよう求めることができる。
           受益者および受益者のために行為する仲介人は、ファンドの現方針が、受益証券を米国人の勘定
         のために提供または売却しないこと、また、その後米国人に対して受益証券を譲渡することを禁止
         することであることに留意すべきである。受益証券が米国人により実質的に保有される場合、管理
         会社は、その裁量で、当該受益証券を強制的に償還することができる。さらに、受益者は、FAT
         CA法に基づき、特定米国人の定義は、現在の米国人の定義よりも幅広い投資者を含むことに留意
         すべきである。そのため、管理会社は、ルクセンブルグIGAの施行がさらに明確になった場合、
         ファンドに追加で投資することを禁止される投資者の種類を幅広くすることおよびこれに関し既存
         の投資者の持高に関して提案を行うことがファンドの利益になると判断する場合がある。
     第2 管理及び運営

                                  6/10



                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      1 申込(販売)手続等
     <訂正前>
       (a)海外における申込(販売)手続等
        受益証券の発行
         ファンドの受益証券は、各評価日に発行価格で発行される。発行価格は、1口当たり純資産価格に
        対応する。投資者は、さらに、純投資金額                       の3.0%(税抜き)を上限とする                 当初販売手数料を管理会社
        のために支払わなければならない。
                              (中略)
            (注)計算例は単に例示を目的としたものであり、ファンドの受益証券1口当たり純資産価格
               のパフォーマンスについての推論を許可するものではない。
                              (中略)
         受益証券の発行の停止は、ルクセンブルグの日刊紙および場合に応じて販売国において公告され
        る。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受付けられた注文は、当該
        評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ標
        準時)より後に受付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処
        理される。
                              (中略)
        マネー・ロンダリングの防止
         名義書換代理人は、マネー・ロンダリングの防止に関するルクセンブルグの適用法令を遵守するた
        めに必要とみなす身元証明を要求することができる。投資者の身元に関して疑いがある場合、または
        名義書換代理人が身元を確認するための十分な情報を得られない場合、名義書換代理人は、投資者の
        身元を明確に確認できるよう、追加の情報および/または証拠資料を要求することができる。投資者
        が、要求された情報および/または証拠資料の提出を拒否しまたは行わない場合、名義書換代理人
        は、投資者のデータを            ファンド     の受益者名簿に転記ことを拒否しまたは遅らせることができる。名義
        書換代理人に提出された情報は、マネー・ロンダリングの防止に関する法律を遵守する目的において
        のみ取得される。
                              (後略)
     <訂正後>

       (a)海外における申込(販売)手続等
        受益証券の発行
         ファンドの受益証券は、各評価日に発行価格で発行される。発行価格は、1口当たり純資産価格に
        対応する。投資者は、さらに、純投資金額                       に適用される       当初販売手数料を管理会社のために支払わな
        ければならない。          適用される当初販売手数料は3%を上限とする。
                              (中略)
            (注)計算例は単に例示を目的としたものであり、ファンドの受益証券1口当たり純資産価格
               のパフォーマンスについての推論を許可するものではない。
               上記計算例にて使用される当初販売手数料の例は実際に日本にて適用される料率とは異
               なる場合がある。
                              (中略)
         受益証券の発行の停止は、ルクセンブルグの日刊紙およびインターネット上
        (https://funds.deutscheawm.com/lu)において公告され(それぞれ事前に連絡することを条件とし
        て、ある時点からは管理会社のウェブサイト(https://funds.deutscheawm.com/lu)のみに掲載され
        る。)、該当する場合には販売国また要請があれば受益証券が一般に対する販売のために募集されて
        いるそれぞれの法域の公式の公告媒体において公告される。
                                  7/10

                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の                                                     ル
        クセンブルグ時間          13時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受付け
        られた注文は、当該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。                                                 ルクセン
        ブルグ時間      13時30分(中央ヨーロッパ標準時)より後に受付けられた注文は、翌評価日における受益
        証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。
                              (中略)
        マネー・ロンダリングの防止
         名義書換代理人          として行為する管理会社(または代理人)                       は、マネー・ロンダリングの防止に関す
        るルクセンブルグの適用法令を遵守するために必要とみなす身元証明を要求することができる。投資
        者の身元に関して疑いがある場合、または名義書換代理人が身元を確認するための十分な情報を得ら
        れない場合、名義書換代理人は、投資者の身元を明確に確認できるよう、追加の情報および/または
        証拠資料を要求することができる。投資者が、要求された情報および/または証拠資料の提出を拒否
        しまたは行わない場合、名義書換代理人は、投資者のデータを                                  管理会社     の受益者名簿に転記ことを拒
        否しまたは遅らせることができる。名義書換代理人に提出された情報は、マネー・ロンダリングの防
        止に関する法律を遵守する目的においてのみ取得される。
                              (後略)
      2 買戻し手続等

     <訂正前>
       (a)海外における買戻し手続等
         ファンドの受益証券は、各評価日にその買戻金額で買い戻される。買戻金額は、1口当たり純資産
        価格に対応する。          現時点では買戻手数料は課されない。                    印紙税またはその他の課税金が適用される国
        において受益証券が買い戻される場合、各買戻金額はそれに応じて減額される。
                              (中略)
            (注)計算例は単に例示を目的としたものであり、ファンドの受益証券1口当たり純資産価格
               のパフォーマンスについての推論を許可するものではない。
         受益者全員の利益または管理会社もしくはファンド保護のために必要と見なした場合、管理会社は
        買戻  価格  で全受益証券を一方的に買戻すことができる。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受付けられた注文は、当該
        評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ標
        準時)より後に受付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処
        理される。
        受渡日
         受益証券の買戻しから             4営業日後      に相当額が送金される。
        マーケット・タイミング
         管理会社は、マーケット・タイミングに関連するあらゆる行為を禁止し、かかる行為が行われてい
        る疑いがある場合に注文を拒否する権利を留保する。この場合、管理会社は、ファンドのその他の投
        資者を保護するために必要なあらゆる措置を講じる。
                              (後略)
     <訂正後>

       (a)海外における買戻し手続等
         ファンドの受益証券は、各評価日にその買戻金額で買い戻される。買戻金額は、1口当たり純資産
        価格  から投資者が支払う買戻手数料を差し引いた額                         に対応する。       適用される買戻手数料は0%であ
                                  8/10


                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        る。  印紙税またはその他の課税金が適用される国において受益証券が買い戻される場合、各買戻金額
        はそれに応じて減額される。
                              (中略)
            (注)計算例は単に例示を目的としたものであり、ファンドの受益証券1口当たり純資産価格
               のパフォーマンスについての推論を許可するものではない。
               上記計算例にて使用される買戻手数料の例は実際に日本にて適用される料率とは異なる
               場合がある。
         受益者全員の利益または管理会社もしくはファンド保護のために必要と見なした場合、管理会社は
        買戻  金額  で全受益証券を一方的に買戻すことができる。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の                                                     ル
        クセンブルグ時間          13時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受付け
        られた注文は、当該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。                                                 ルクセン
        ブルグ時間      13時30分(中央ヨーロッパ標準時)より後に受付けられた注文は、翌評価日における受益
        証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。
        受渡日
         受益証券の買戻しから             5営業日後      に相当額が送金される。
        マーケット・タイミング             および短期売買
         管理会社は、マーケット・タイミング                      および短期売買        に関連するあらゆる行為を禁止し、かかる行
        為が行われている疑いがある場合に注文を拒否する権利を留保する。この場合、管理会社は、ファン
        ドのその他の投資者を保護するために必要なあらゆる措置を講じる。
                              (後略)
      3 資産管理等の概要

       (1)資産の評価
     <訂正前>
        (ⅰ)純資産価格の計算
                              (前略)
          受益証券1口当たり純資産価格は、                    ファンドのために定められている通貨                    (以下「ファンド通
         貨」という。)で表示される。
                              (中略)
        (ⅱ)純資産価格の計算の停止
                              (中略)
          ルクセンブルグの規制当局は、停止期間の開始および終了について通知されるものとする。さら
         に、ファンドが登録されている外国規制当局は、停止期間の開始および終了について、適用法上要
         求される場合、通知されるものとする。受益証券1口当たり純資産価格の計算の停止の通知は、                                                    ル
         クセンブルグの日刊新聞、および要請があれば、受益証券が一般に対する販売のために募集されて
         いるそれぞれの法域の公式の公告媒体において公表される。
                              (後略)
     <訂正後>

        (ⅰ)純資産価格の計算
                              (前略)
          受益証券1口当たり純資産価格は、                    米ドル    (以下「ファンド通貨」という。)で表示される。
                              (中略)
        (ⅱ)純資産価格の計算の停止
                              (中略)
                                  9/10


                                                           EDINET提出書類
                              ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          ルクセンブルグの規制当局は、停止期間の開始および終了について通知されるものとする。さら
         に、ファンドが登録されている外国規制当局は、停止期間の開始および終了について、適用法上要
         求される場合、通知されるものとする。受益証券1口当たり純資産価格の計算の停止の通知は、                                                    ル
         ク センブルグの日刊紙およびインターネット上(https://funds.deutscheawm.com/lu)において公
         告され(それぞれ事前に連絡することを条件として、ある時点からは管理会社のウェブサイト
         (https://funds.deutscheawm.com/lu)のみに掲載される。)、該当する場合には販売国また要請
         があれば受益証券が一般に対する販売のために募集されているそれぞれの法域の公式の公告媒体に
         おいて公表される。
                              (後略)
                                 10/10

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。