日本エマージェンシーアシスタンス株式会社 四半期報告書 第13期第2四半期(平成27年4月1日-平成27年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第13期第2四半期(平成27年4月1日-平成27年6月30日)

提出日:

提出者:日本エマージェンシーアシスタンス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    平成27年8月14日
      【四半期会計期間】                    第13期第2四半期(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)
      【会社名】                    日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      【英訳名】                    Emergency     Assistance      Japan   Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  吉田 一正
      【本店の所在の場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号 
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表)
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 前川 義和
      【最寄りの連絡場所】                    東京都文京区小石川一丁目21番14号 
      【電話番号】                    03-3811-8121(代表) 
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役 前川 義和
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23













                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第12期           第13期
               回次               第2四半期           第2四半期            第12期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自  平成26年1月1日          自  平成27年1月1日          自  平成26年1月1日
              会計期間
                           至  平成26年6月30日          至  平成27年6月30日          至  平成26年12月31日
                      (千円)           1,119,796           1,346,451           2,199,909
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 22,887           77,154          △ 26,440
     四半期純利益又は四半期(当期)
                      (千円)           △ 15,230           63,462          △ 35,570
     純損失(△)
                      (千円)           △ 23,240           68,134          △ 10,184
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            577,174           652,803           594,552
     純資産額
                      (千円)           1,692,867           2,055,676           1,995,625
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又は
     1株当たり四半期(当期)純損失                 (円)           △ 12.63           52.24          △ 29.42
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -         50.93             -
     (当期)純利益金額
                      (%)             34.1           31.7           29.8
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            78,075           277,728            20,369
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 50,745          △ 60,882          △ 216,687
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            30,267          △ 148,401           352,717
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            508,932           712,844           641,591
     (期末)残高
                               第12期           第13期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自  平成26年4月1日          自  平成27年4月1日
              会計期間
                           至  平成26年6月30日          至  平成27年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                      (円)            △ 8.50           19.95
     1株当たり四半期純損失金額(△)
     (注)1.     当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.  売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  第12期第2四半期連結累計期間及び第12期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
                                  2/23



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
       のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、重要事象等は存在しておりません。
      2【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
      3【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
        社)が判断したものであります。
       (1)業績の状況

         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策を背景に、円安基調の定着と株式市場が好
        調に推移し、企業収益、雇用情勢に緩やかな回復基調がみられました。一方、円安の進行による輸入コストの上昇
        や、新興国の成長鈍化、欧州情勢による景気下振れリスクなどがあり、景気の先行きは依然として不透明な状況が
        続いております。
         当社グループの主要事業の業績に影響を与える海外出国者数につきましては、円安等の影響により、4月は
        1,144千人(前年同月比3.7%減)、5月は1,262千人(前年同月比1.5%減)、6月は1,189千人(前年同月比7.8%
        減)と対前年同期比で減少となりました。
         一方、海外からの訪日外客数は、円安による旅行費用の割安感の浸透、消費税免税制度の拡充、継続的な訪日
        旅行プロモーション等の効果もあり、4月は1,764千人(前年同月比43.3%増)、5月は1,641千人(前年同月比
        49.6%増)、6月は1,602千人(前年同月比51.8%増)と前年と比較して大幅に増加し、1月から6月の累計人数
        でも9,139千人(前年同期比46.0%増)と大きく増加しました(日本政府観光局(JNTO)調べ、5、6月はJNTO推
        計値)。
         当第2四半期連結累計期間は当社の主要業務である日本人顧客向けの医療アシスタンス事業にとっては海外出
        国者数の減少という厳しい環境でしたが、売上は海外旅行保険の付帯サービス、事業法人向けアシスタンスサービ
        ス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービスの提供が比較的好調に推移いたしました。国
        際医療事業につきましては、当社事業の認知度が向上し、訪日医療患者の数が堅調に推移したため売上が伸びまし
        た。その結果、当第2四半期連結累計期間の売上は、1,346百万円となり、前年同期と比べ20.2%の増収となりま
        した。
         費用に関しましては、円安による海外センターコストの増加と事業規模の拡大に対応する支出増で前年同期比
        では増加しておりますが、2015年の経営目標である「EAJリエンジニアリング」活動により、人件費を中心にコス
        ト削減を図ったため費用増は一定程度抑制され、当初想定を下回りました。
         この結果、当第2四半期連結累計期間の売上原価は1,044百万円(前年同期比13.1%増)、販売費及び一般管理費
        が222百万円(前年同期比4.6%増)となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間の営業利益は78百万円(前年同期                                   営業損失16百万円)、経常利益は77
        百万円(前年同期         経常損失22百万円)、四半期純利益は63百万円(前年同期                           四半期純損失15百万円)となりまし
        た。
         セグメントの状況は次のとおりであります。

        (医療アシスタンス事業)
         前述のように、円安等の影響で海外出国者数は大幅に減少しており、その点については当社事業にとっては大
        きな減収要因であります。
         一方、MERSコロナウィルスの感染が韓国で確認され死者が発生するなど、海外における医療アシスタンスに対
        するニーズは増加してきております。
         そのような状況の中で、当第2四半期連結累計期間は海外旅行保険の付帯サービスのシェア拡大による売上の
        増加や、事業法人向けアシスタンスサービス、留学生危機管理サービス、セキュリティ・アシスタンスサービスの
        提供が好調であったため、営業利益はプラスで推移いたしました。
         今後も海外旅行保険の付帯サービス業務量の拡大に対応するべく、引き続き体制強化を図ってまいります。具
        体的には導入済の高機能電話システムにより、全センターを1つのヴァーチャルな拠点として捉えることができ、
        お客様からの電話に対して漏れなく心のこもった対応を効率的に提供できる仕組みづくりを追求します。
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         また、2015年の重点目標である「EAJリエンジニアリング」を引き続き推進することにより、基幹業務システム
        の改修を継続し、人材の採用・教育を強化して環境の変化に柔軟に対応できる力強くて効率の良い体制づくりを続
        けます。
         国際医療事業サービスでは、インバウンド売上が中国からの患者受入を中心に堅調に推移しております。
         また、チュニジアのテロ事件で日本人犠牲者が発生するなど世界各地でテロや内乱等に遭遇するセキュリティ
        リスクが高まっています。一方で韓国のMERSの発生などもあり、海外でグローバルに活動する企業や大学では医療
        とセキュリティのトータルリスク管理に対するニーズが増えております。
         当社は4月から全世界でセキュリティのアシスタンスサービスを提供しております。医療とセキュリティアシス
       タンスを同時に提供することで企業や大学のトータルリスク管理を実施でき、法人・大学に対する売上も増加して
       おります。
         これらの結果、当第2四半期連結累計期間の医療アシスタンス事業の売上高は1,137百万円(前年同期比24.2%
        増)、セグメント利益は195百万円(前年同期比125.5%増)となりました。
        (ライフアシスタンス事業)
         既存顧客へのコンシェルジュサービスの着実な提供で、売上高は順調に推移しております。
        この結果、当第2四半期連結累計期間のライフアシスタンス事業の売上高は208百万円(前年同期比2.5%増)、セ
        グメント利益は54百万円(前年同期比7.0%減)となりました。
      (2)財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ60百万円増加し、2,055百万円
        となりました。主な増減要因としては、営業キャッシュ・インフロー増加等による現金及び預金の78百万円増加、
        損害保険会社等に対する立替金の57百万円増加、国際医療事業プロジェクトの売上計上に伴う仕掛品の64百万円の
        減少がありました。
         負債につきましては、前連結会計年度末に比べ1百万円増加し、1,402百万円となりました。主な増減要因とし
        ては、損害保険会社等との年間契約料締結に係る前受収益の135百万円の増加、金融機関に対する短期借入金の100
        百万円の返済等がありました。
         純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ58百万円増加し、652百万円となりました。これは主に、四半
        期純利益が63百万円発生したこと、12百万円の配当金の支払いのために資本剰余金が結果として11百万円減少した
        ことによるものであります。
      (3)キャッシュフローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ71百万円増加
        し、712百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・インフローは、277百万円(前第2四半期連結
        累計期間は78百万円のキャッシュ・インフロー)となりました。この主な要因は、税金等調整前四半期純利益を75
        百万円計上し、減価償却費を36百万円計上したことに加え、国際医療事業に関する仕掛品が64百万円減少し、損害
        保険会社等からの前受収益が135百万円増加し、前受金が22百万円増加したものの、損害保険会社等に対する立替
        金残高が57百万円増加したことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・アウトフローは、60百万円(前第2四半期連
        結累計期間は50百万円のキャッシュ・アウトフロー)となりました。
         この主な要因は、国際医療事業の業務用機材購入等に係る有形固定資産の取得による支出21百万円、基幹業務
        システムの改修に係る無形固定資産の取得による支出29百万円、イギリス支店への定期預金の預入による支出6百
        万円、敷金・保証金の差入による支出4百万円によるものであります。
                                  4/23





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・アウトフローは、148百万円(前第2四半期連
        結累計期間は30百万円のキャッシュ・インフロー)となりました。
         この主な要因は、短期借入金の減少額が100百万円、長期借入金の返済による支出が38百万円、配当金の支払に
        よる支出が12百万円あったことによるものであります。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
                                  5/23
















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  4,152,000

                  計                                4,152,000

        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品               内容
                            (平成27年8月14日)
               (平成27年6月30日)                          取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                          東京証券取引所
                                                   限定のない当社にお
       普通株式             1,217,000            1,222,200        JASDAQ
                                                   ける標準となる株式
                                        (スタンダード)
                                                   で、単元株式数は
                                                   100株であります。
         計            1,217,000            1,222,200           -           -
     (注)提出日現在発行数には、平成27年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された
        株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
       (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総        発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         数増減数       総数残高                       増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     平成27年4月1日~
     平成27年6月30日                800    1,217,000          250     298,608         250      84,608
     (注)1
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
        2.平成27年7月1日から平成27年7月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が5,200株、
          資本金及び資本準備金がそれぞれ1,625千円増加しております。
                                  6/23






                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成27年6月30日現在

                                                     発行済株式総数
                                             所有株式数       に対する所有株
             氏名又は名称                     住所
                                              (株)       式数の割合
                                                       (%)
                                               426,000          35.00
     吉田 一正                      東京都世田谷区
                           1ST  FLOOR.    KINGS   COURT,    BAY
     ヴァンタークルーズヘルスサービスインク                      STREET    PO  BOX  N-3944,NASSAU,
                                               147,200          12.09
     (常任代理人 吉田 一正)
                           BAHAMAS 
                           (東京都世田谷区)
                                                62,400          5.12
     白水 秀樹                      東京都江戸川区
                                                53,700          4.41
     株式会社SBI証券                      東京都港区六本木1丁目6番1号
                           東京都中央区日本橋茅場町1丁目
                                                46,400          3.81
     日本証券金融株式会社
                           2番10号
                                                18,000          1.47
     松井証券株式会社                      東京都千代田区麴町1丁目4番地
     近藤   定典                                        16,900          1.38
                           愛知県愛知郡東郷町
                           TAUNUSANLAGE       12,  D-60325
                           FRANKFURT     AM  MAIN,   FEDERAL
     ドイチェ     バンク    アーゲー     ロンドン     610
                                                11,600          0.95
                           REPUBLIC     OF  GERMANY
     (常任代理人 ドイツ証券株式会社)
                           (東京都千代田区永田町2丁目1
                           1番1号山王パークタワー)
                                                10,700          0.87
     氷鉋 健一郎                      東京都新宿区
                                                10,000          0.82
     近藤 仁                      東京都八王子市
                                   -             802,900          65.97

                計
     (注)持株比率は自己株式(74株)を控除して計算しております。
                                  7/23










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成27年6月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

                                                 権利内容に何ら限定のな
                        普通株式
                                                 い当社の標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                                   12,163
                                                 であり、単元株式数は
                           1,216,300
                                                 100株であります。
     単元未満株式                   普通株式      700            -            -

     発行済株式総数                     1,217,000               -            -

     総株主の議決権                        -           12,163              -

     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式74株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成27年6月30日現在
                                                     発行済株式総数

                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所                                に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                     式数の割合(%)
           -             -          -       -       -        -

          計             -          -       -       -        -

      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/23









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成27年4月1日から平
       成27年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年1月1日から平成27年6月30日まで)に係る四半期連
       結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成26年12月31日)              (平成27年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        682,126              760,547
         現金及び預金
                                        159,979              152,637
         売掛金
                                         78,601              14,527
         仕掛品
                                        716,723              774,221
         立替金
                                         56,001              58,702
         その他
                                        △ 2,828             △ 3,037
         貸倒引当金
                                       1,690,605              1,757,599
         流動資産合計
       固定資産
                                        105,489              103,225
         有形固定資産
                                        159,949              150,577
         無形固定資産
                                         39,580              44,274
         投資その他の資産
                                        305,019              298,076
         固定資産合計
                                       1,995,625              2,055,676
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         4,859              5,007
         買掛金
                                        680,000              579,900
         短期借入金
                                         76,656              76,656
         1年内返済予定の長期借入金
                                         5,602              11,637
         未払法人税等
                                        162,885              298,720
         前受収益
                                        281,576              279,558
         その他
                                       1,211,578              1,251,480
         流動負債合計
       固定負債
                                        184,474              146,146
         長期借入金
                                         5,020              5,247
         その他
                                        189,494              151,393
         固定負債合計
                                       1,401,073              1,402,873
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        297,483              298,608
         資本金
                                        211,434              200,425
         資本剰余金
                                         31,482              94,944
         利益剰余金
                                         △ 113             △ 113
         自己株式
                                        540,286              593,866
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           282             3,171
         繰延ヘッジ損益
                                         53,586              55,245
         為替換算調整勘定
                                         53,869              58,416
         その他の包括利益累計額合計
                                           395              521
       少数株主持分
                                        594,552              652,803
       純資産合計
                                       1,995,625              2,055,676
      負債純資産合計
                                 10/23





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                至 平成26年6月30日)               至 平成27年6月30日)
      売上高                                  1,119,796              1,346,451
                                        923,580             1,044,971
      売上原価
                                        196,215              301,480
      売上総利益
                                       ※1 212,723             ※1 222,588
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 16,508              78,892
      営業外収益
                                           532              783
       受取利息
                                           409              989
       助成金収入
                                            -             318
       為替差益
                                           625               26
       その他
                                         1,567              2,117
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  3,418              3,615
                                         3,485                -
       為替差損
                                           870               -
       持分法による投資損失
                                           90              90
       株式交付費
                                           81              149
       その他
                                         7,946              3,855
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 22,887              77,154
      特別損失
                                           30               -
       固定資産売却損
                                            6            1,825
       固定資産除却損
                                           36             1,825
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 22,923              75,329
      純損失(△)
                                        △ 7,693              11,749
      法人税等
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 15,230              63,579
      調整前四半期純損失(△)
                                           -              117
      少数株主利益
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 15,230              63,462
                                 11/23









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                至 平成26年6月30日)               至 平成27年6月30日)
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 15,230              63,579
      調整前四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                           -             2,888
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 8,074              1,666
       為替換算調整勘定
                                           64               -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 8,009              4,555
       その他の包括利益合計
                                        △ 23,240              68,134
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 23,240              68,009
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -              125
       少数株主に係る四半期包括利益
                                 12/23















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                至 平成26年6月30日)               至 平成27年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                        △ 22,923              75,329
       期純損失(△)
                                         18,199              36,695
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   238              209
       為替差損益(△は益)                                  1,285             △ 1,106
                                           90              90
       株式交付費
                                            6            1,825
       固定資産除却損
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    30               -
       持分法による投資損益(△は益)                                   870               -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 296             7,007
       仕掛品の増減額(△は増加)                                  80,763              64,073
       立替金の増減額(△は増加)                                 △ 61,473             △ 57,303
       前受収益の増減額(△は減少)                                  61,484              135,791
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 45,410              22,828
       預り金の増減額(△は減少)                                  17,321             △ 12,627
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 45              146
                                         △ 532             △ 783
       受取利息
                                         3,418              3,615
       支払利息
                                         13,508              10,657
       その他
                                         66,537              286,451
       小計
                                           532              783
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 3,081             △ 3,692
       利息の支払額
                                         14,086              △ 5,814
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         78,075              277,728
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,570             △ 6,433
       定期預金の預入による支出
                                        △ 21,691             △ 21,219
       有形固定資産の取得による支出
                                           18               -
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 19,486             △ 29,535
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 8,421             △ 4,745
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           395             1,043
       敷金及び保証金の回収による収入
                                            9              8
       その他
                                        △ 50,745             △ 60,882
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                △ 168,000             △ 100,100
                                        250,000                 -
       長期借入れによる収入
                                        △ 42,182             △ 38,328
       長期借入金の返済による支出
       株式の発行による収入                                  2,160              2,160
                                        △ 11,710             △ 12,133
       配当金の支払額
                                         30,267             △ 148,401
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 7,192              2,808
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   50,404              71,252
                                        458,528              641,591
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1 508,932             ※1 712,844
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/23





                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
        用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         当社において、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。
         当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (平成26年12月31日)                  (平成27年6月30日)
     当座貸越極度額                               950,000千円                  950,000千円
     借入実行残高                               680,000                  530,000
      差引額                              270,000                  420,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自    平成26年1月1日              (自    平成27年1月1日
                             至     平成26年6月30日)               至     平成27年6月30日)
     給料手当                                67,290   千円              67,460   千円
                                     41,985                  37,290
     役員報酬
                                       249                  209
     貸倒引当金繰入
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※1 現金及び現金同等物の四半期期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成26年1月1日              (自    平成27年1月1日
                             至   平成26年6月30日)               至   平成27年6月30日)
     現金及び預金勘定                               526,812千円                  760,547千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △17,880                  △47,703
     現金及び現金同等物                               508,932                  712,844
                                 14/23









                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成26年1月1日 至 平成26年6月30日)
         1.配当に関する事項
                             1株当たり
         決議       株式の種類      配当金の総額                基準日         効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成26年3月26日
                普通株式      12,049千円        10円     平成25年12月31日          平成26年3月27日          資本剰余金
       定時株主総会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年6月30日)

         1.配当に関する事項
                             1株当たり
         決議       株式の種類      配当金の総額                基準日         効力発生日        配当の原資
                              配当額
      平成27年3月25日
                普通株式      12,133千円        10円     平成26年12月31日          平成27年3月26日          資本剰余金
       定時株主総会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                 15/23














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成26年1月1日 至 平成26年6月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1.        計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2.
                      事業           事業
     売上高
                         916,451           203,344      1,119,796          -   1,119,796

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                         916,451           203,344      1,119,796          -   1,119,796

           計
     セグメント利益又はセグメ
                         86,698           58,558      145,256      △ 161,765      △ 16,508
     ント損失(△)
     (注)1.セグメント利益            又はセグメント損失         の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全
         社費用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益         又はセグメント損失         は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                 16/23










                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成27年1月1日 至 平成27年6月30日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1.        計上額
                   医療アシスタンス          ライフアシスタンス
                                           計
                                                       (注)2.
                      事業           事業
     売上高
                        1,137,984            208,467      1,346,451          -   1,346,451

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上

                           -           -       -       -       -
      高又は振替高
                        1,137,984            208,467      1,346,451          -   1,346,451

           計
                         195,463           54,446      249,909      △ 171,017       78,892
     セグメント利益
     (注)1.セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用は主に報告セ
         グメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
            該当事項はありません。
           (のれんの金額の重要な変動)

            該当事項はありません。
           (重要な負ののれん発生益)

            該当事項はありません。
                                 17/23











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり
        四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                                  至 平成26年6月30日)              至 平成27年6月30日)
        (1)1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり
                                        △12.63               52.24
           四半期純損失金額(△)(円)
         (算定上の基礎)
           四半期純利益金額又は四半期純損失金額(△)
                                        △15,230               63,462
           (千円)
           普通株主に帰属しない金額(千円)                                -              -
           普通株式に係る四半期純利益金額又は四半期純
                                        △15,230               63,462
           損失金額(△)(千円)
           普通株式の期中平均株式数(千株)                               1,205              1,214
        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                           -             50.93
          (円)
         (算定上の基礎)
           四半期純利益調整額(千円)                                -               -

           普通株式増加数(千株)                                -              31

        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                            ――――――              ――――――
        たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
        式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
        のの概要
        (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
                                 18/23











                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
         (株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更)
          当社は、平成27年8月14日開催の取締役会において、株式分割及び株式分割に伴う定款の一部変更について下
         記のとおり決議いたしました。
         1.株式分割の目的

           当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大、及び株主還元の更なる充実を目的として株式分割を実施するも
          のであります。
         2.株式分割の概要

          (1)分割の方法
             平成27年8月31日(月曜日)を基準日として、同日最終の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1
            株につき、2株の割合をもって分割いたします。
          (2)分割により増加する株式数
             ① 株式分割前の発行済株式総数     1,222,200株
             ② 今回の分割により増加する株式数   1,222,200株
             ③ 株式分割後の発行済株式総数     2,444,400株
             ④ 株式分割後の発行可能株式総数    8,304,000株
            (注)上記の発行済株式総数は、平成27年7月末時点の数値であり、新株予約権の行使により株式分割基
            準日までの間に増加する可能性があります。
          (3)分割の日程
             ① 基準日公告日        平成27年8月17日(月)
             ② 基準日           平成27年8月31日(月)
             ③ 効力発生日         平成27年9月1日(火)
          (4)1株当たり情報に及ぼす影響
             当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり情報は、次のとおりであ
            ります。
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                    項目          (自 平成26年1月1日              (自 平成27年1月1日
                               至 平成26年6月30日)              至 平成27年6月30日)
              1株当たり四半期純利益金額
              又は1株当たり四半期純損失
                                      △6.32               26.12
              金額(△)(円)
              潜在株式調整後1株当たり四
                                        -             25.46
              半期純利益金額(円)
             (注)前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式
             は存在するものの1株当たり四半期純損失金額であるため、記載しておりません。
         3.株式分割に伴う定款の一部変更

          (1)定款変更の理由
             今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づく取締役会決議により、平成27年9月1日
            をもって当社定款第6条を変更いたします。
          (2)定款変更の内容
             変更の内容は次のとおりであります。(下線部分は変更部分を示しております。)
                      現行定款                      変更後定款
              (発行可能株式総数)                      (発行可能株式総数)

              第6条 当会社の発行可能株式総数は、                      第6条 当会社の発行可能株式総数は、
                  4,152,000株      とする。                 8,304,000株      とする。
          (3)変更の日程

             効力発生日           平成27年9月1日(火)
                                 19/23



                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
         4.その他
          (1)資本金の額の変更
             今回の株式分割に際しまして、資本金の額の変更はありません。
          (2)新株予約権の行使価額の調整
             今回の株式分割に伴い、新株予約権の1株当たりの行使価額を平成27年9月1日以降、次のとおり調整
            いたします。
                   銘柄名              調整前行使価額               調整後行使価額
                 第2回新株予約権                      625円               313円

                 第3回新株予約権                      625円               313円

                             7月各日(取引が成立してい

                             ない日を除く)における株式
                                            次の算式により行使価額を調
                             会社東京証券取引所における
                                            整し、調整により生じる1円
                             当社普通株式の普通取引の終
                                            未満の端数は切上げる。
                             値の平均値(1円未満の端数
                 第4回新株予約権
                             は切上げ)と割当日である8
                                                     1
                                            調整前行使価額        ×
                             月17日の終値(取引が成立し
                                                     2
                             ない場合は、それに先立つ直
                             近日の終値)のいずれか高い
                             価額。
                                 20/23














                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                            日本エマージェンシーアシスタンス株式会社(E26625)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年8月14日

     日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              栗栖 孝彰  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              平井     清  印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本エマージェ

     ンシーアシスタンス株式会社の平成27年1月1日から平成27年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (平成27年4月1日から平成27年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成27年1月1日から平成27年6月30日
     まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算
     書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠
     して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社及び連結子会社の平成
     27年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。