株式会社マツヤ 四半期報告書 第48期第1四半期(平成27年3月1日-平成27年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第48期第1四半期(平成27年3月1日-平成27年5月31日)

提出日:

提出者:株式会社マツヤ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 平成27年7月15日

     【四半期会計期間】                 第48期第1四半期(自 平成27年3月1日 至 平成27年5月31日)

     【会社名】                 株式会社マツヤ

     【英訳名】                 MATSUYA    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長 小 磯 恵 司

     【本店の所在の場所】                 長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                 026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                 財務部長  降 旗 千 尋

     【最寄りの連絡場所】                 長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                 026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                 財務部長  降 旗 千 尋

     【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                       第47期       第48期

            回次                          第47期
                     第1四半期連結       第1四半期連結
                       累計期間       累計期間
                      自 平成26年       自 平成27年       自 平成26年
                        3月1日          3月1日          3月1日
           会計期間
                      至 平成26年       至 平成27年       至 平成27年
                        5月31日          5月31日          2月28日
     売上高            (千円)      8,150,362       7,640,471       31,523,956
     経常利益又は経常損失
                 (千円)      △ 138,760       138,912         2,521
     (△)
     四半期純利益又は四半
     期(当期)純損失            (千円)      △ 141,267       141,578      △ 601,969
     (△)
     四半期包括利益又は包
                 (千円)      △ 143,199       177,299      △ 534,699
     括利益
     純資産額            (千円)       322,987        90,675      △ 91,485
     総資産額            (千円)     13,807,732       12,895,306       12,890,888

     1株当たり四半期純利
     益又は四半期(当期)             (円)      △ 19.92       16.12      △ 10.42
     純損失(△)
     潜在株式調整後1株当
     たり四半期(当期)純利             (円)          ―       ―       ―
     益
     自己資本比率             (%)         2.3       0.7      △ 0.7
      (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 第48期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しな
          いため記載しておりません。第47期第1四半期連結累計期間及び第47期の潜在株式調整後1株当たり四半期
          (当期)純利益については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、又、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び連結子会社)において営まれている事業の内容に重
      要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、財政状態及び経営成績の異常な変動等又は、前事業年度の有価証券報告書に
      記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
       重要事象等について

        当社グループは、売上高の減少により第46期までに、2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたし
      ました。また、第47期においては、特別損失の計上により、当期純損失を計上し、債務超過となりました。当第1四
      半期連結累計期間におきましては、中期経営計画に基づき経費の削減について取り組んだ結果、営業利益1億9千万
      円(前年同四半期は8千9百万円の営業損失)、経常利益1億3千8百万円(前年同四半期は1億3千8百万円の経
      常損失)、四半期純利益1億4千1百万円(前年同四半期は1億4千1百万円の四半期純損失)を計上したものの、
      第47期において行いました不採算店舗の閉鎖等により、売上高は前同四半期比6.3%減の76億4千万円となりまし
      た。
       当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。

     2  【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、本四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)業績の状況
       当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善などにより、緩やかな景気回復の動
      きが見られました。流通業界におきましては、消費税率の引き上げに伴う落ち込みから回復傾向にありましたが、円
      安を背景とした原材料の上昇、雇用環境の変化に加え、天候不順も重なり、依然として厳しい経営環境となりまし
      た。
       このような状況の下、当社グループは抜本的な事業構造改革を伴う中期経営計画を策定し、平成26年2月4日に中
      長期的な事業規模の拡大と収益性の向上を実現するための施策を公表しております。当該中期経営計画の基本方針は
      「生鮮デリカの強化。価値創造企業への転換」、「事業フォーマットの明確化による店舗の収益力強化」、「構造改
      革によるキャッシュ・フローの改善」を掲げ、基本方針に基づく主要施策として、①既存店舗の収益力強化やデリカ
      のインストア製造強化等の「店舗価値向上」、②不採算店舗の閉鎖等の「事業構造の改革」の2点の実行を柱として
      おります。なお、平成27年5月末時点の店舗数は26店舗(前年5月末時点は26店舗)であります。
       売上高につきましては、不採算店舗6店舗の閉鎖から1年が経過していないこと、および競合他社との競争等によ
      り、減収となりました。粗利益面では、仕入チャネルの開発、発注精度の向上やロスの削減等に努め、粗利益率は改
      善いたしました。一方、経費面においても不採算店舗6店舗における店舗運営費用の削減効果や人件費等を中心に販
      売費及び一般管理費の削減を推し進めました。
       以上の営業活動の結果、当第1四半期の連結業績は、売上高76億4千万円(前年同四半期6.3%減)となり、経常
      利益は1億3千8百万円(前年同四半期1億3千8百万円の経常損失)、四半期純利益は1億4千1百万円(前年同
      四半期1億4千1百万円の四半期純損失)となりました。
       なお、当社グループの報告セグメントはスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント別の業績の記載は省

      略しております。
                                  3/17




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
       (資産)
       流動資産は、前連結会計年度末に比べて、増加しておりますが、これは現金及び預金が2億2千2百万円増加した
      ものの、その他(未収入金等)が1億7千万円減少したこと等によります。
       固定資産は、前連結会計年度末に比べて、3百万円増加しておりますが、これは投資その他の資産が増加したこと
      等によります。
       この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて、4百万円増加し、128億9千5百万円となりました。
       (負債)
       流動負債は、前連結会計年度末に比べて、6億5千7百万円増加しておりますが、これは短期借入金が5億1千6
      百万円、買掛金が2億9千1百万円増加したこと等によります。
       固定負債は、前連結会計年度末に比べて、8億3千5百万円減少しておりますが、これは主として長期借入金8億
      1千2百万円減少したことによります。
       この結果、負債合計は前連結会計年度末に比べて、1億7千7百万円減少し、128億4百万円となりました。
       (純資産)
       純資産は、前連結会計年度末に比べて、1億8千2百万円増加しておりますが、これは主として四半期純利益によ
      り利益剰余金が1億4千6百万円増加したことによります。
       この結果、純資産合計は9千万円となり、債務超過を解消しております。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生
      じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

       該当事項はありません。
       (5)重要事象等の対応について

         当社グループは、前記、「1 事業等のリスク 重要事象等について」に記載いたしました継続企業の前提に
        重要な疑義を生じさせるような状況を解消するため、以下の項目を基本方針とする中期経営計画を策定してお
        り、その実現に取り組んでおります。
       ①生鮮デリカの強化。価値創造企業への転換
         単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生
        鮮部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商
        品の提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
         通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な
        店舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
         人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてま
        いります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
         上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これ
        らにより、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。   
                                  4/17





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     23,065,000

                  計                                   23,065,000

       ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成27年5月31日)          (平成27年7月15日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           10,163,000          10,163,000       JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計         10,163,000          10,163,000           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成27年5月31日                 ―  10,163,000            ―   1,286,658           ―   1,008,658
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成27年2月28日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成27年2月28日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ─          ―             ─

     議決権制限株式(自己株式等)                    ─          ―             ─

     議決権制限株式(その他)                    ─          ─              ─

                     (自己保有株式)
                                         株主として権利内容に制限のない、
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式               ―
                                         標準となる株式
                         1,381,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               87,815            同上
                         8,781,500
                     普通株式
     単元未満株式                              ―             ─
                            500
     発行済株式総数                   10,163,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―           87,815             ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                          2,000株(議決権20個)が
         含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年2月28日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  長野県長野市大字北尾張
                                 1,381,000          ─   1,381,000         13.6
                  部710番地1
     株式会社マツヤ
           計              ―        1,381,000          ─   1,381,000         13.6
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(平成27年3月1日から平成
      27年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成27年3月1日から平成27年5月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成27年2月28日)              (平成27年5月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,541,924              1,764,860
         売掛金                                243,127              281,394
         リース投資資産                                444,325              438,291
         たな卸資産                                902,520              818,488
                                         604,012              433,386
         その他
         流動資産合計                               3,735,910              3,736,421
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                             4,655,879              4,634,333
           土地                             1,713,774              1,713,774
           リース資産(純額)                              470,635              462,368
                                          37,218              37,391
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             6,877,507              6,847,867
         無形固定資産
           のれん                               8,333              7,083
           リース資産                               36,249              31,545
           借地権                             1,127,547              1,127,547
                                          19,757              19,549
           その他
           無形固定資産合計                             1,191,887              1,185,724
         投資その他の資産
           投資有価証券                              640,082              686,426
           差入保証金                              421,341              423,039
           その他                              227,959              219,627
                                        △ 203,800             △ 203,800
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             1,085,583              1,125,292
         固定資産合計                               9,154,977              9,158,884
       資産合計                                12,890,888              12,895,306
                                  8/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (平成27年2月28日)              (平成27年5月31日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                               1,595,432              1,886,921
         短期借入金                               4,993,360              5,509,715
         リース債務                                239,140              237,334
         未払法人税等                                27,225              12,223
         賞与引当金                                48,000               7,000
                                         913,358              820,936
         その他
         流動負債合計                               7,816,516              8,474,131
       固定負債
         長期借入金                               3,116,688              2,304,017
         リース債務                                618,805              587,943
         繰延税金負債                                331,274              332,711
         退職給付に係る負債                                353,663              350,135
         資産除去債務                                387,781              389,643
         その他                                357,643              366,047
         固定負債合計                               5,165,858              4,330,499
       負債合計                                12,982,374              12,804,631
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,286,658              1,286,658
         資本剰余金                               1,008,658              1,008,658
         利益剰余金                              △ 1,590,820             △ 1,444,380
                                        △ 887,919             △ 887,919
         自己株式
         株主資本合計                               △ 183,424              △ 36,983
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                114,912              150,625
                                        △ 22,973             △ 22,966
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                91,938              127,659
       純資産合計                                 △ 91,485              90,675
      負債純資産合計                                  12,890,888              12,895,306
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成26年5月31日)               至 平成27年5月31日)
      売上高                                  8,150,362              7,640,471
                                        6,294,654              5,804,055
      売上原価
      売上総利益                                  1,855,708              1,836,416
      その他の営業収入                                   267,363              251,969
      営業総利益                                  2,123,071              2,088,385
      販売費及び一般管理費                                  2,212,997              1,898,376
      営業利益又は営業損失(△)                                   △ 89,925              190,009
      営業外収益
       受取利息                                   658               8
       受取配当金                                    23              23
       保険解約返戻金                                    -            3,944
                                          2,579              11,206
       その他
       営業外収益合計                                  3,261              15,181
      営業外費用
       支払利息                                  50,364              50,602
                                          1,730              15,676
       その他
       営業外費用合計                                  52,095              66,279
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 138,760              138,912
      特別利益
                                            -             200
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                    -             200
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 138,760              139,112
      純損失(△)
      法人税等                                    2,507             △ 2,466
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 141,267              141,578
      調整前四半期純損失(△)
      少数株主利益                                      -              -
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 141,267              141,578
                                 10/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 平成26年3月1日              (自 平成27年3月1日
                                 至 平成26年5月31日)               至 平成27年5月31日)
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                        △ 141,267              141,578
      調整前四半期純損失(△)
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                 △ 1,931              35,712
                                            -              7
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                 △ 1,931              35,720
      四半期包括利益                                  △ 143,199              177,299
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 143,199              177,299
       少数株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/17















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       当第1四半期連結累計期間(自 平成27年3月1日 至 平成27年5月31日)
        当社グループは、売上高の減少により第46期までに、2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたし
       ました。また、第47期においては、特別損失の計上により、当期純損失を計上いたしました。当第1四半期連結累
       計期間におきましては、中期経営計画に基づき経費の削減について取り組んだ結果、営業利益190,009千円(前年同
       四半期は89,925千円の営業損失)、経常利益138,912千円(前年同四半期は138,760千円の経常損失)、四半期純利
       益141,578千円(前年同四半期は141,267千円の四半期純損失)を計上したものの、第47期において行いました不採
       算店舗の閉鎖等により、売上高は前同四半期比6.3%減の7,640,471千円となりました。
       当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。

        当社グループは、当該状況を解消すべく、中期経営計画に基づき以下の方針を策定し、その実現に取り組んでお
       ります。
       ①生鮮デリカの強化。価値創造企業への転換
         単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生
        鮮部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商
        品の提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
         通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な
        店舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
        人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてまい
       ります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
         上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これ
        らにより、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。   
        上記の施策を進めることにより、店舗の収益力の強化を図り、経営基盤及び財務基盤の安定化に努めてまいりま

       す。しかしながら、これらの施策を講じても、業績及び資金面での改善を図る上で重要な要素となる売上高の確保
       は外部要因に大きく依存することになるため、当該中期経営計画が計画通り進捗しない可能性もあり、継続企業の
       前提に関する重要な不確実性が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影
       響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
      (会計方針の変更)

       「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。)
      及び「退職給付に関する会計基準の適用指針(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。以下「退職給付適
      用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた定めについて当
      第1四半期連結会計期間より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方
      法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更し、割引率の決定方法を従業員の平均残存勤務期間に近似した年数に基
      づく割引率を使用する方法から、退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割
      引率を使用する方法へ変更しております。
       退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取り扱いに従って、当第1四半
      期連結会計期間の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減して
      おります。
       なお、この変更による当第1四半期連結会計期間の期首の退職給付に係る負債及び利益剰余金、また、当第1四半
      期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響は軽微であります。
                                 12/17


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                  当第1四半期連結累計期間

                            (自    平成27年3月1日          至   平成27年5月31日)
     1.税金費用の計算                  税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税
                      引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税
                      引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。ただし、
                      当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果と
                      なる場合には、法定実効税率を使用する方法によっております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれん償却額は、次のと
       おりであります。
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                               (自    平成26年3月1日            (自    平成27年3月1日
                                至   平成26年5月31日)            至   平成27年5月31日)
         減価償却費                          162,825千円              129,803千円
         のれん償却額                           1,249〃              1,249〃
       (株主資本等関係)

      前第1四半期連結累計期間(自                平成26年3月1日          至   平成26年5月31日)
      1.配当金支払額

        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        当社は、平成26年5月29日付で、アルピコホールディングス株式会社から第三者割当増資の払込みを受けまし
       た。この結果、当第1四半期連結累計期間において資本金及び資本準備金がそれぞれ189,658千円増加し、当第1四
       半期連結会計期間末において資本金が1,286,658千円、資本剰余金が1,008,658千円となっております。
      当第1四半期連結累計期間(自                平成27年3月1日          至   平成27年5月31日)

      1.配当金支払額

        該当事項はありません。
      2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      前第1四半期連結累計期間(自 平成26年3月1日 至 平成26年5月31日)
       当社及び連結子会社は、報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント情報の記載は省略
      しております。
      当第1四半期連結累計期間(自 平成27年3月1日 至 平成27年5月31日)
       当社及び連結子会社は、報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント情報の記載は省略
      しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益又は四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間
                                (自    平成26年3月1日           (自    平成27年3月1日
                 項目
                                 至   平成26年5月31日)           至   平成27年5月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益又は四半期純損失(△)
                                       △19円92銭              16円12銭
         (算定上の基礎)

       四半期純利益又は四半期純損失(△)(千円)

                                        △141,267              141,578
         普通株主に帰属しない金額                                       ―             ―

       普通株式に係る四半期純利益又は四半期純損失
                                        △141,267              141,578
       (△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                          7,090             8,781
      (注)当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため
         記載しておりません。前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株
         当たり四半期純損失であり、又、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 15/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年7月15日

     株式会社マツヤ
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          江  島     智            印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          飯      畑      史      朗      印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          冨  田  哲  也               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社マツヤ

     の平成27年3月1日から平成28年2月29日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(平成27年3月1日から平成27
     年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(平成27年3月1日から平成27年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社マツヤ及び連結子会社の平成27年5月31日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する事項に記載されているとおり、会社は、売上高の減少により第46期までに、2期連続の経常
     損失、3期連続の当期純損失を計上した。また、第47期においては、特別損失の計上により、当期純損失を計上した。
     当第1四半期連結累計期間においては、中期経営計画に基づき経費の削減について取り組んだ結果、営業利益190,009千
     円(前年同四半期は89,925千円の営業損失)、経常利益138,912千円(前年同四半期は138,760千円の経常損失)、四半
     期純利益141,578千円(前年同四半期は141,267千円の四半期純損失)を計上したものの、第47期において行った不採算
     店舗の閉鎖等により、売上高は前同四半期比6.3%減の7,640,471千円となった。当該状況により、継続企業の前提に重
     要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。
                                 16/17


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連
     結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映さ
     れ ていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17
















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。