プルデンシャル・ファイナンシャル・インク 有価証券報告書 第60期(平成26年4月1日-平成27年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第60期(平成26年4月1日-平成27年3月31日)

提出日:

提出者:プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                        有価証券報告書

     【根拠条文】                        金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                        関東財務局長

     【提出日】                        平成27年6月25日

     【事業年度】                        自 平成26年1月1日 至 平成26年12月31日

     【会社名】                        プルデンシャル・ファイナンシャル・インク

                            (Prudential       Financial,      Inc.)
     【代表者の役職氏名】                        取締役会会長兼最高経営責任者

                            ジョン・R・ストラングフェルド
                            (John    R.  Strangfeld,       Chairman     and   Chief    Executive
                            Officer)
     【本店の所在の場所】                        アメリカ合衆国07102ニュージャージー州ニューアーク

                            ブロード・ストリート751
                            (751   Broad   Street,     Newark,     New  Jersey    07102,    U.S.A.)
     【代理人の氏名又は名称】                        弁護士  赤 上 博 人

     【代理人の住所又は所在地】                        東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                            アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                        (03)6888-1000

     【事務連絡者氏名】                        弁護士  坂 本 佳 隆

                            弁護士  別 府 里 紗
                            弁護士  笠 間 周 子
                            弁護士  梶 原 康 平
     【連絡場所】                        東京都港区元赤坂一丁目2番7号 赤坂Kタワー

                            アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                        (03)6888-1000
     【縦覧に供する場所】                        該当なし

                                   1/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】

     注記: 1. 文書中、文脈から別意に解すべき場合を除いて、「プルデンシャル・ファイナンシャル」又は「当社」とは

           ニュージャージー州法に準拠して設立された「プルデンシャル・ファイナンシャル・インク」を意味するものと
           する。
         2. 別段の記載がある場合を除いて、文書中「ドル」又は「$」はそれぞれ米ドルを指すものとする。

           文書中一部の財務データについては、便宜を図るためドルから日本円(「円」又は「¥」)への換算がなされて
           いる。この場合の換算は、特に別のレートの記載がない限り、平成27年5月13日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行
           の対顧客電信直物相場-仲値である$1.00=¥119.77により計算されている。
         3. 文書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計欄に記載されている数値は計数の総和と必ずしも一致しない

           場合がある。
                                   2/742
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     将来の見通しに関する記述
      「第3 事業の状況」「1 業績等の概要」及び「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
     析」中の記載を含むが、これに限定されない本書中の記述の一部は、1995年米国民事証券訴訟改革法(U.S.
     Private     Securities      Litigation      Reform    Act  of  1995)に定義されるところの「将来の見通しに関する記述
     (forward-looking          statements)」に該当する。「予測する」、「考える」、「予想する」、「含む」、「予定す
     る」、「推定する」、「見積もる」、「見込む」、「意図する」等の用語やこれらの変形は、一般に将来の見通し
     に関する記述を構成するものである。将来の見通しに関する記述は、将来の動向並びにそれがプルデンシャル・
     ファイナンシャル・インク及びその子会社に及ぼす可能性のある影響に関する経営陣の現時点における予測及び所
     見に基づきなされている。プルデンシャル・ファイナンシャル及びその子会社に影響を与える将来の動向が、経営
     陣の予想どおりとなるという保証はなしえない。これらの将来の見通しに関する記述は将来の業績の保証ではな
     く、リスクや不確定要素を伴うものであり、当該将来の見通しに関する記述に表されている予測や見積もりとは実
     際には時として重大に異なる結果をもたらし得る重要な要素が存在する。かかる要素には、以下に掲げるものが含
     まれるが、これらに限定されない。(1)                     債券等、株式、不動産及びその他の金融市場の動向及び変動を含む、経
     済、市場及び政治的状況;(2)                当社の事業のための追加債務、自己資本又は外部資金の調達可能性及びコスト;
     (3)  金利変動及び低金利の期間の長期化;(4)リスクヘッジをしないことを選択する程度又は当社が実施するヘッ
     ジ及びリスク管理戦略の無効若しくは不全;(5)                          信用枠を利用できないこと;(6)                  当社の責任準備金の見直し;
     (7)  実際の死亡、疾病、継続、ユーティリゼーション、金利、若しくは市場での利益と、当社の商品の価格設定、
     債務、準備金及びその他の決定のための仮定条件との間の差;(8)                                  繰延保険契約取得費用や、取得事業若しくは営
     業権の評価額に関する当社の仮定条件の変更;(9)                           年金及びその他の退職後の給付制度の仮定条件の変更;(10)
     当社の財務の健全性や信用格付の変化;(11)                        トリプルX規制及びガイドラインAXXXに基づく定期生命保険及びユ
     ニバーサル生命保険に関する法定準備金の条件;(12)                            投資損失、デフォルト及びカウンターパーティの不履行;
     (13)   当社の商品系統における競争及び人材獲得競争;(14)                            現在又は将来の販売網を通じた商品のマーケティング
     及び販売の困難性;(15)             税法の変更;(16)          当社の海外事業に関する経済、政治、通貨及びその他のリスク;(17)
     外国為替レート及び海外証券市場における変動;(18)                            ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法を含む、規
     制若しくは法律の変更;(19)                当社の知的財産権を保護できないこと、又は他者の知的財産権についての侵害請
     求;   (20)   事業の売却若しくは縮小に関連するものを含む、訴訟若しくは規制事項に関する不利な決定及び偶発債
     務に対する当社のリスク;(21)                 国内外の軍事活動、テロリスト活動若しくは伝染病を含む天災若しくは人災、又
     はその他の壊滅的な死亡者数をもたらす事件;(22)                           リスクの特定、監視及び管理のためのリスク管理方針並びに
     手続の不備;(23)統合の難航や予想されていた買収の結果を出すことが難しい等、買収、事業の処分及び再編成に
     よる影響;(24)         電話、情報技術若しくはその他の運用システムの中断又は当該システム上の機密データのセキュ
     リティ、機密性若しくはプライバシーを維持できないこと;                                (25)   法律又はU.S.GAAP、会計慣行若しくは方針の変
     更;及び(26)        債務を返済するための、持株会社としてのプルデンシャル・ファイナンシャルの子会社からの配当
     及び分配への基本的な依存、並びに当社の格付目標及び/又は適用ある規制上の制約を鑑みた上での当該配当及び
     分配を支払う子会社の能力等が挙げられる。プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは、本書中の特定の将来
     の見通しに関する記述を最新のものに更新することを予定しておらず、また更新する義務を負わない。当社の事業
     及び当社の発行する証券への投資に関するリスクに関しては本報告書の「第3 事業の状況」「4 事業等のリス
     ク」の項を参照のこと。
                                   3/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
     1  【会社制度等の概要】

      (1)  【提出会社の属する国・州等における会社制度】
        当社を規制する法体系は米国連邦法及びニュージャージー州法である。米国連邦法は、会社の事業活動の多
       くの分野に影響を及ぼしており、その範囲は独占禁止、破産、労使関係、有価証券及び税務を始めとする広い
       範囲に及んでいる。米国の連邦証券関係諸法の施行は米国証券取引委員会(「SEC」)がこれを司っている
       が、同法は一般的に詐欺的手段による有価証券の売買を禁ずるとともに、当社のように株式を公開している会
       社の大部分に対しては、定期的に財務その他の報告をSEC及び株主に行うことを要求している。
        米国においては、会社は一般に州法に基づいて設立されている。当社はニュージャージー州の法律に基づい

       て設立されているが、ニュージャージー州にはニュージャージー州事業会社法を始めとして会社に適用される
       数多くの法律がある(総称して「ニュージャージー会社法」という)。以下は、ニュージャージー会社法の骨
       子である。
       (a)  基本定款及び付属定款

         ニュージャージー州の会社はニュージャージー州務長官に基本定款を届け出ることによって設立される。
        基本定款は、最低限、名称、所在地、事業目的、授権資本株式数及び株式の種類(もしあれば)並びに最初
        の取締役会を構成する取締役の員数等の会社の基本的事項を定めなければならない。基本定款の他に、会社
        は、事業の実施並びに株主、取締役及び役員の権利、権限、義務及び機能に関する、基本定款の規定並びに
        適用される州法及び連邦法と矛盾しない種々の規定を内容とする付属定款を採用する。
       (b)  株式の種類

         ニュージャージー会社法によれば、会社は、その基本定款に定めるところに従って、一種又は数種の株式
        を発行することができる他、株式を発行する場合には額面株式としても無額面株式としてもこれを発行する
        ことができ、また議決権株式としても無議決権株式としてもこれを発行することができ、基本定款に定める
        名称、相対的議決権、配当、残余財産分配権、その他の権利、優先権及び制限付きの形で発行することがで
        きると定められている。基本定款に別段の定めがない限り、株主はその所有株式1株につき1議決権を有す
        る。会社は、会社の取締役会の決議によって、基本定款に定められた授権枠内において株式を発行すること
        ができる。基本定款に含まれる制限に従い、株式引受の対価は取締役会の決するところによる。
                                   4/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (c)  株主総会
         定時株主総会は取締役の選任を目的として会社の付属定款に定めるところに従って開催される。臨時株主
        総会は社長又は取締役会がこれを招集することができる他、付属定款に定めるところに従ってこれを招集す
        ることができる。付属定款の定めるところにより、又はかかる定めがない場合には、取締役会の決定すると
        ころにより、総会の前10日以上60日以下の日を、株主総会において議決権を行使できる株主を確定するため
        の基準日とすることができる。その基準日に名簿に登録されている株主は議決権を行使できる。通常、株主
        総会の法律上の定足数は、基本定款又はニュージャージー会社法に別段の規定がない限り、議決権のある株
        式の過半数を有する株主が自ら又は代理人によって出席すれば、満たされる。ニュージャージー会社法は、
        会社の基本定款において定めることのできる最低限の定足数を規定していない。当社株式のいずれかのクラ
        ス又はシリーズが1クラスとして議決権を行使する場合には、追加の要件が適用される。
       (d)  取締役会

         ニュージャージー会社法に基づいて設立された会社の場合には、ニュージャージー会社法又は基本定款に
        別段の定めある場合を除き、その事業の管理運営は取締役会がこれを司る。一般に取締役会には、ニュー
        ジャージー会社法及び基本定款によって課されている制限の範囲内において、会社の事業の管理運営に関す
        る広範囲な権限が認められている。取締役は、各定時株主総会において選任される。取締役の死亡、辞任又
        は定員の増加によって欠員が生じたときは、株主が定時総会において、又は在任中の取締役らが自ら、空席
        を補充する取締役を選任することができる。基本定款で認められている場合には、取締役会はこれを2以上
        のグループに分割することができ、2つ以上のグループがあるときには、グループごとに任期をずらすこと
        ができる。取締役は、正当な理由をもって、又は基本定款に別段の定めある場合は、理由がなくとも、株主
        の過半数の議決によってのみ解任されうる。但し、取締役会がグループに分けられているときには、基本定
        款に別段の定めのない限り、株主は取締役を理由のあるときのみ解任できる。
         取締役会は基本定款及び付属定款に定めるところに従ってこれを招集する。基本定款又は付属定款で特に

        制限されていない限り、全取締役の書面による同意がある場合には、取締役会の議決は実際に取締役会を開
        催しなくてもこれを書面決議として有効に採決することができる。
       (e)  委員会

         基本定款又は付属定款に規定のあるときには、取締役会は、取締役会の過半数による議決により、1人以
        上の取締役が構成する委員会に、一定の権限を委譲することができる。
                                   5/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (f)  役員
         付属定款に別段の定めのある場合を除き、会社の日常の業務執行を担当する役員は、通常、取締役会の決
        議によって選任される。役員は、社長1名、秘書役1名、財務役1名、取締役会会長(望ましい場合)、1
        名以上の副社長及び付属定款に定められるその他の役員により構成される。各役員の権限は、付属定款に定
        められ又は取締役会が認めた付属定款に反しないものとされる。
      (2)  【提出会社の定款等に規定する制度】

         当社の会社制度は、米国連邦法及び当社設立の準拠法であるニュージャージー州法によって決せられるほ
        か、当社の修正・再記述基本定款(「基本定款」)及び修正・再記述付属定款(「付属定款」)によって規
        定されている。その内容は下記の「当社普通株式及びクラスB株式」及び「転換可能性」に定めるとおりで
        ある。
       (a)  株式

        概要
         当社普通株式は、ニューヨーク証券取引所(「NYSE」)において「PRU」の略称で取引されている。以下
        の表は、表示された期間中のNYSEにおける普通株式の最高及び最低株価(終値)、並びに当該期間中に宣言
        された1株当たりの配当を示している。
                                  最高株価         最低株価          配当

         2014年:

         第4四半期                          $ 91.67         $ 77.86          $ 0.58
         第3四半期                            93.16         85.75          0.53
         第2四半期                            91.10         77.61          0.53
         第1四半期                            91.23         80.45          0.53
         2013年:
         第4四半期                          $ 92.43         $ 75.99          $ 0.53
         第3四半期                            82.62         73.30          0.40
         第2四半期                            73.03         54.91          0.40
         第1四半期                            60.41         54.64          0.40

         2015  年1月31日において、当社普通株式の登録原簿上の株主は1,509,112名であり、454百万株が発行済み

        であった。
                                   6/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
         クラスB株式には公開取引市場は存在しない。                        2014  年度及び     2013  年度において、プルデンシャル・ファイ
        ナンシャルはクラスB株式について合計で1株当たり9.625ドルの配当を支払った。発行済みのクラスB株式
        は2015年1月2日にすべて買い戻され、消却された。詳細については、「事業-事業の分割の廃止」及び連
        結財務書類の注記25を参照のこと。買戻し及び消却以前のクラスB株式の登録原簿上の株主は3名であり、
        2百万株が発行済みであった。
         普通株式の株主は、当社取締役会が配当金を宣言した場合には、当該配当の支払に充当することが法的に

        認められている資金から配当を受けることができる。プルデンシャル・ファイナンシャルの取締役会は、現
        在のところ、当社普通株式に対して継続して配当を宣言し、支払う意向である。今後の配当に関する決定
        は、以下に挙げるものを含む数多くの要因に基づいてなされ、またそれらの要因の影響を受ける。すなわ
        ち、当社事業の業績、当社の全般的な財務状況、経営成績、資金需要及び将来の見通し、プルデンシャル・
        ファイナンシャルの子会社による配当の支払に対する規制上の制約及びドッド・フランク金融制度改革・消
        費者保護法に基づく要件並びに取締役会において関連があるとみなすその他の要因である。プルデンシャ
        ル・ファイナンシャルが支払う配当は、ニュージャージー州会社法に基づき支払に適法に利用可能な金額を
        限度としている。配当及び関連の規制上の制約についての更なる詳細は、連結財務書類の注記15を参照のこ
        と。
         これらの転換可能サープラスノートの詳細については連結財務書類の注記14を参照のこと。

                                   7/742













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        発行体によるエクイティ証券の購入
         下表は2014年12月31日に終了した3ヶ月間に当社が購入した普通株式に関する情報をまとめたものであ

        る。
                                                   当該プログラム

                                          公表されたプロ
                                                   に基づき購入さ
                         購入済み株式総        1株当たり平均        グラムに基づき
        期間                                           れる可能性のあ
                         数  (注1)   (注2)    価格        購入された株式
                                                   る株式の概算ド
                                          総数   (注2)
                                                   ル価値
        2014年10月1日~2014年10月31日                     996,840          83.82       994,167
        2014年11月1日~2014年11月30日                    1,009,500           85.42       974,900
        2014年12月1日~2014年12月31日                     943,647                 941,625
                                      88.49
        合計
                            2,949,987                 2,910,692       500,000,000
                                      85.86
        (注1) 当該期間中に権利が確定した制限付き株式ユニットの株式で、所得税の源泉徴収目的で参加者から源泉徴収し

            た株式数を含む。当該制限付き株式ユニットは、2003年3月に当社の取締役会により採択され(その後修正・
            再表示されている)、当初プルデンシャル・ファイナンシャル・インク、オムニバス・インセンティブ・プラ
            ンに基づき参加者に発行された。
        (注2) 2014年6月に、当社の取締役会は、2014年7月1日から2015年6月30日までの期間中、10億ドルを上限とし
            て、発行済普通株式を買い戻すことを承認した。
       (b)  株主総会

       招集場所:

       付属定款(2条1項「株主総会開催場所」)により、株主総会開催場所は、取締役会が指定し、株主総会通知

       に記載する場所で開催されることとなっている。従来、株主総会はニュージャージー州で開催されている。
       年次株主総会:

       付属定款(2条2項「年次株主総会」)により、年次株主総会は取締役の選出及び同総会の前に適正に提出さ

       れた議題の処理のため、取締役会によって定められる日時に開催される。
       臨時株主総会:

       付属定款(2条3項「臨時株主総会」)により、臨時株主総会は、目的の如何を問わず、法律により別段の定

       めのある場合を除き、株主総会において議決権を行使できる株式総数の10%以上を保有する株主により、ある
       いは会長、最高経営責任者、社長又は取締役会により招集され、取締役会が決定する日時及び場所にて開催さ
       れる。
                                   8/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       株主総会招集通知:
       付属定款(2条2項及び3項)により、株主総会の招集通知は、総会開催日時前の10日以上60日以内に、同総

       会において議決権を有する名簿上の各株主宛てに、開催場所、開催日時及び同総会の開催目的を記載した書面
       により行うこととされている。
       定足数:

       付属定款(2条4項「定足数」)により、定足数を満たす株式の割合は、基本定款による定められることとさ

       れている。基本定款により、当初、株主総会において議決権を有する票数の過半数の保有者により定足数が満
       たされると定められている。
       議決権:

       当社の基本定款には、当社普通株式の各株の議決権を制限する規定はない。当社の株主は、基本定款、又は1

       つ以上のシリーズによる優先株式の発行を授権するために提出される修正定款の記載及び法の定めるところに
       従い議決権を有するとされている。
       (c)  取締役会

       権限、員数、任期及び選任:

       付属定款(3条1項)により、当社の取締役の員数は、10名以上24名以下でなければならないものと定めら

       れ、取締役の員数は定足数の出席のある取締役選出ための総会における過半数の賛成票により選出される。
       開催、招集権者:

       付属定款(3条7項)により、定例取締役会は、取締役会が定める日時及び場所にて開催されるものとされて

       いる。
       付属定款(3条7項)により、臨時取締役会は、取締役会会長、最高経営責任者、副会長、又はその時点で在

       職中の過半数の取締役によって招集できるとされている。
                                   9/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       定足数、票決:
       付属定款(3条8項)により、取締役会の定足数は、取締役11名又は全取締役の過半数のうちいずれか少ない

       方の人数により満たされる。法律、基本定款又は付属定款に特に別段の定めがある場合を除き、定足数が満た
       されている会議に出席している取締役の過半数の賛成票を得ることにより、取締役会の行為として成立する。
       (d)  委員会

       任命、欠員等:

       付属定款(3条11項)により、取締役会は、その構成員から1名以上を任命し、1ないし複数のその他の委員

       会を設立することができるが、取締役会は特に、当社又は関係会社の役員又は従業員ではない取締役から構成
       される監査委員会、報酬委員会、コーポレート・ガバナンス委員会を指定することとなっている。取締役会
       は、1名以上の取締役を補充委員に任命し、委員会の会議において欠席した委員や、資格を失った委員の補充
       とすることができる。
       (e)  役員

       主要役員:

       付属定款(4条)により、当社の役員は、最高経営責任者1名、社長1名、1名以上の副社長、秘書役1名、

       財務役1名及び監査役1名と定められている。
       資格:

       付属定款(4条)により、上席副社長レベル又はそれ以上の当社の役員は、取締役会が望ましいとみなすとき

       に、取締役会により随時選任されると定められている。シニア・バイス・プレジデント以上の役員の間で発生
       した欠員は、取締役会によって補充することができる。取締役会によって任命された役員は、取締役会の過半
       数の賛成票によって、理由の如何を問わず、いずれの時点においても解任することができる。シニア・バイ
       ス・プレジデント以下の役員は当社の適切な役員によって任命される。
       その他の役員:

       各役員は、当社の付属定款に定められる権限を有し、任務を遂行する。

                                  10/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (f)  株主に対する配当金及びその他の配当
       当社の基本定款(4条(b)(2)項)により、当社普通株式の保有者は、基本定款に定める一定の制限に従い、

       取締役会により宣言された場合に、宣言されたとおり、宣言された時点で配当を受ける権利を有するとされて
       いる。上記「1 会社制度等の概要」「(2)                       提出会社の定款等に規定する制度」「(a)                      株式」「当社普通株式
       及びクラスB株式」の項を参照のこと。
                                  11/742


















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     2  【外国為替管理制度】
       現時点では、米国には、一般的には非居住者による当社株式の取得並びにその配当金及び売却代金の送金又は
      会社清算に際しての資産の分配に対する外国為替管理上の規制は存在していない。
     3  【課税上の取扱い】

      (1)  日本と米国との所得に関する2003年租税条約
        2003年11月6日、米国及び日本は2003年条約を締結した。2003年条約は2004年3月30日に有効になり、本報

       告書提出日現在においても有効である。
        2013年1月25日(日本時間)に2003年条約を改正する議定書が批准されたが、国会及び米国の上院の承認を

       経ておらず、本報告書提出日現在において2003年条約改正の効力は生じていない。
      (2)  米国における課税上の取扱い

       (a)  当社株式につき配当決定がなされた場合の所得税に係る源泉徴収税

         日本の居住者たる個人(米国民でも米国の居住者でもない者に限る)又は日本法人が実質株主となって所

        有する当社株式に対して支払われる配当からは、原則として2003年条約に基づき10%の税率で米国連邦所得
        税が源泉徴収される。ディーラーとして、当社の株式を所持する、又は当社の株式の5%を超えて所有する
        米国市民、米国の住民、会社は、米国の税務顧問に相談すべきである。
       (b)  当社株式の譲渡益所得に対する課税

         2003年条約の下では、日本の当社株式の実質株主(米国非居住者)は、当社が米国の居住者であり、米国

        にある不動産により直接的又は間接的にその価値の50%以上を構成している場合には、当該当社株式の譲渡
        によって実現した譲渡収益について米国連邦所得税を課せられる。しかし、日本の実質株主(及びその関係
        者)が保有しているのが、承認されている証券取引所において取引されている株式の総クラスの5%未満で
        ある場合には、当該株式の譲渡によって実現した譲渡収益について米国連邦所得税を課せられることはな
        い。
         更に、非米国居住者の実質株主が個人の場合、当該個人が株式譲渡を行った課税年度を通じて米国にいる
        場合、又は当該個人が米国内に一定期間以上固定施設を有するときには、当該個人所有者は当該譲渡益につ
        き米国連邦所得税を課せられることとなる。いずれの場合においても、かかる個人は米国の租税顧問に相談
        すべきである。
                                  12/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       (c)  当社株式についての配当及び譲渡所得に対する州及び地方の所得税
         上記   (a)  及び   (b)  に対する米国連邦所得税の外に、当社株式についての日本の実質的株主が米国内に恒

        久的施設又は住所を有しているときには、一定の状況下で関係租税条約上課税が認められている場合には、
        その州税及び地方税が課せられることがあるため、米国の税務顧問に相談すべきである。取扱いは州及び地
        方によって異なる。
       (d)  相続税

         日本の居住者が所有する当社株式は、原則的にはその株主が死亡したときの時価で米国相続税の課税財産

        となる。しかしながら、特別控除を定めている相続税及び贈与税に関する条約により、大部分の日本の株主
        は米国相続税の対象とはならない。個人は米国の税務顧問に相談すべきである。
       (e)  贈与税

         当社株式の日本の実質的株主である個人が当該所有株式を贈与した場合、当該贈与者は原則として米国贈

        与税の対象とはならない。
      (3)  日本における課税上の取扱い

        日本国の所得税法、法人税法、相続税法及びその他の関連法令の遵守を条件として、かつその限度で、日本

       人及び日本法人は、上記(2)「米国における課税上の取扱い」(a)、(b)、(c)及び(d)に記述した個人又は法
       人の所得(個人の場合には相続財産を含む)を課税対象とする日本で支払うべき米国の租税については、日本
       国あるいは米国で外国税額控除の適用を受けることができる。個人は日本の税務顧問に相談すべきである。
                                  13/742










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     4  【法律意見】
       当社の秘書役補佐を務めるポール・ハイマスから、以下の趣旨の法律意見書が提出されている:

       (a)  当社はニュージャージー州法に基づき適法に設立され、かつ同法のもと有効に存続していること;及び

       (b)  本有価証券報告書第一部「第1 本国における法制等の概要」「1 会社制度等の概要」における米国及

         びニュージャージー州の現行法に関する記述が、あらゆる重要な点で真実かつ正確であること。
                                  14/742

















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

       2014年、2013年及び2012年の各12月31日に終了した事業年度の主要な連結損益計算書データ、並びに2014年及

      び2013年の各12月31日時点での主要な連結貸借対照表データは、本書に含まれる当社の連結財務書類を基にして
      いる。2011年及び2010年の各12月31日に終了した事業年度の主要な連結損益計算書データ、並びに2012年、2011
      年及び2010年の各12月31日時点での主要な連結貸借対照表データは、本書には含まれていない連結財務書類を基
      にしている。
       2014  年1月2日、当社は、マレーシアの大手生命保険会社であるユニアジア・ライフ・アシュアランス・ブル

      ハドの買収を完了した。当該買収は、マレーシア政府が所有するバンク・シンパナン・ナショナル(「BSN」)
      との間で合弁事業を設立することによって行われた。当該合弁事業について、158百万ドルの現金対価を支払っ
      たが、当該金額の70%がプルデンシャル・インシュアランスから、30%がBSNから提供された。当該買収は、当
      社の東南アジア市場における事業拡大戦略の一環である。当該買収後に、当社は同社の社名をジブラルタBSNラ
      イフ・ブルハドに変更した。
       2013  年1月2日、当社は再保険取引を通じて、ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループ・

      インク(「ハートフォード」)の個人生命保険事業を買収した。契約に基づき、当社は、主に純保有契約高約
      1,410億ドルに上る約700,000件の生命保険契約について、再保険を提供するための受再手数料の形式で、ハート
      フォードに615百万ドルの現金対価を支払った。この買収は、米国個人生命保険市場の特にユニバーサル生命保
      険における当社の規模を拡大し、証券会社及び銀行における販路の拡大を通じて補完的な販売機会を提供する。
       2012年12月31日に終了した事業年度の業績には、大型の年金リスク移転取引を反映した約320億ドルの保険料

      が反映されている。2012年11月1日に、当社は非配当型団体年金契約をゼネラル・モーターズ給与所得者年金基
      金に発行し、一定の参加者に対する特定の給付の債務を引き継いだ。2012年12月10日に、当社は非配当型団体年
      金契約をベライゾン経営陣年金制度に発行し、一定の参加者に対する特定の給付の債務を引き継いだ。これらの
      取引からの保険料は、取引に伴う保険準備金の変更を含む契約者保険金・給付金の増加により大部分が相殺され
      た。
       2011年2月1日に、当社はアメリカン・インターナショナル・グループ・インクよりスター生命及びエジソン

      生命事業を買収した。これらの会社の業績はジブラルタ生命の業績と一緒に報告され、買収日以降、下表のとお
      り業績に含まれている。スター生命及びエジソン生命は2012年1月1日付けでジブラルタ生命に統合された。
                                  15/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社のジブラルタ生命事業は11月30日を決算期としている。2014年、2013年、2012年、2011年及び2010年の各
      12月31日現在の完全連結貸借対照表データには、11月30日現在のジブラルタ生命の資産及び負債が含まれてい
      る。2014年、2013年、2012年、2011年及び2010年の連結損益計算書には、それぞれ2014年、2013年、2012年、
      2011年及び2010年の11月30日に終了した12ヶ月間のジブラルタ生命の業績が含まれている。
       この要約連結財務情報は、本報告書に記載の「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分

      析」及び連結財務書類と併せて読まれるべきものである。
                                  16/742


















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                      12月31日に終了する年度
                             2014年      2013年            2011年      2010年
                                         2012  年
                             (単位:百万ドル、但し1株当たりの数値及び比率を除く)
     損益計算書データ:
     収益の部:
                              29,293      26,237      65,354      24,301      18,238
      保険料
                               6,179      5,415      4,489      3,924      3,323
      契約賦課金及び報酬収益
                              15,256      14,729      13,661      13,124      11,865
      純投資収益
                               3,719      3,485      3,053      2,897      2,442
      資産運用・サービス手数料
                              (1,978)      (3,199)       (269)      2,008      1,305
      その他収益
                               1,636      (5,206)      (1,441)       2,831      1,050
      実現投資利益(損失)、純額
                              54,105      41,461      84,847      49,085      38,223
       収益合計
     保険金・給付金及び費用の部:
                              31,587
                                     26,733      65,131      23,614      18,285
      契約者保険金・給付金
                               4,263
                                     3,111      4,234      4,484      4,209
      契約者預り金勘定への付与利息
                               2,716
                                     2,050      2,176      2,723      2,189
      保険契約者配当金
                               1,973
                                      240     1,504      2,695      1,085
      繰延保険契約取得費用の償却
                              11,807      11,011      11,094      10,605       8,309
      一般管理費
                              52,346      43,145      84,139      44,121      34,077
       保険金・給付金及び費用合計
     法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持
                               1,759      (1,684)       708     4,964      4,146
     分反映前継続事業利益(損失)
                                349     (1,058)       213     1,515      1,266
     法人所得税費用(利益)
     運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事
                               1,410       (626)       495     3,449      2,880
     業利益(損失)
                                16      59      60      182       82
     運営合弁事業損益に対する持分、税引後
                               1,426       (567)       555     3,631      2,962
     継続事業利益(損失)
                                12       7      15      35      33
     非継続事業利益(損失)、税引後
                               1,438       (560)       570     3,666      2,995
     当期純利益(損失)
                                57      107       50      34      19
     減算:非支配持分に帰属する収益(損失)
                               1,381       (667)       520     3,632      2,976
     当社に帰属する当期純利益(損失)
     基本   1株当たり利益-        普通株式:
                               3.23      (1.57)       1.02      7.14      5.25
     当社に帰属する継続事業利益(損失)
                               0.02      0.02      0.04      0.07      0.07
     非継続事業利益(損失)、税引後
                               3.25      (1.55)       1.06      7.21      5.32
     当社に帰属する当期純利益(損失)
     希薄化後 1株当たり利益-             普通株式:
                               3.20      (1.57)       1.01      7.05      5.20
     当社に帰属する継続事業利益(損失)
                               0.03      0.02      0.04      0.07      0.06
     非継続事業利益(損失)、税引後
     当社に帰属する当期純利益(損失)
                               3.23      (1.55)       1.05      7.12      5.26
                               2.17      1.73      1.60      1.45      1.15
     普通株式1株当たり配当宣言額
     基本、希薄化後 1株当たり利益-                 クラスB
     株式:
     当社に帰属する継続事業利益(損失)
                              (70.00)       22.00      11.50      61.00      229.00
     非継続事業利益(損失)、税引後
                               0.56      0.00      (1.00)       0.00      0.50
     当社に帰属する当期純利益(損失)
                              (69.44)       22.00      10.50      61.00      229.50
                               9.625      9.625      9.625      9.625      9.625
     クラスB株式1株当たり配当宣言額
                               1.25        —     1.11      1.83      1.75
     利益の固定費に対する比率(注1)
                                  17/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                        12月31日現在
                             2014年      2013年      2012年      2011年      2010年
                                       (単位:百万ドル)
     貸借対照表データ:
                              408,274      386,407      394,007      344,688      273,245
     保険約款貸付を除く投資計
                              296,435      285,060      253,254      218,380      207,776
     分離勘定資産
                              766,655      731,781      709,235      620,114      535,508
     資産合計
                              353,916      343,516      350,463      305,229      240,489
     責任準備金及び保険契約者預り金勘定
                              296,435      285,060      253,254      218,380      207,776
     分離勘定負債
                               3,839      2,669      2,484      2,336      1,982
     短期借入債務
                               19,831      23,553      24,729      24,622      23,653
     長期借入債務
                              724,306      695,900      670,123      585,475      505,689
     負債合計
     プルデンシャル・ファイナンシャル・インク資
                               41,770      35,278      38,503      34,130      29,346
     本
                                579      603      609      509      473
     非支配持分
                               42,349      35,881      39,112      34,639      29,819
     資本合計
      (注1) この数値の算出において、利益は、持分法投資からの未分配利益、固定費及び資産計上した支払利息を除く税引前

          の継続事業利益と定義され、非支配持分に帰属する利益も除かれる。固定費は、総支払利息、契約者預り金勘定へ
          の付与利息及び賃借料の利息相当分の合計である。2013年12月31日に終了した年度に当社は損失を計上したため、
          カバレッジ・レイシオは1:1未満であった。したがって当該カバレッジ・レイシオは表示されていない。なお、
          2013年12月31日に終了した年度に1:1の比率を達成するには、追加で1,935百万ドルの利益が必要であった。
                                  18/742














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       上表の過年度の数字は、業績に基づくインセンティブ報酬の認識方法に関する会計原則の裁量的な方針変更の
      遡及的な適用による影響を反映して修正されている。詳細は「新たな会計基準の採用」及び連結財務書類の注記
      2を参照のこと。
                           各年12月31日現在又は12月31日に終了した事業年度

                     2014年        2013年        2012年        2011年        2010年

                                         (1)                (1)
                                 (1)                (1)
                     $454,833,477
     発行済総普通株式数
                                    463,033,367                483,798,763
                            461,055,252                468,038,651
     1株当たりの総株主持分
                                        (2)  (2)                (2)
                                 (2)                (2)
                        $90.10
                                     79.92                 $58.13
                               $73.49                $69.85
      当社普通株式
     自己資本比率
     (総株主持分/総資産)
                                 (3)        (3)
                                                 (3)        (3)
                         (3)
                               4.8%        5.4%
                                                5.5%        5.5%
                       5.4%
      連結ベース
                                 (3)        (3)
                         (3)                        (3)        (3)
                               5.1%        5.8%
                       5.9%                         5.9%        6.0%
      金融サービス事業
     自己資本利益率
     (純損益/総株主持分)
                                 (3)        (3)
                                                 (3)        (3)
                         (3)
                               -1.9%         1.4%
                                               10.6%        10.1%
                       3.3%
      連結ベース
                         (3)        (3)        (3)
                                                 (3)        (3)
                       3.7%        -2.1%         1.3%
                                               10.7%        8.8%
      金融サービス事業
     株価収益率
     (12月31日時点の株価/希薄
     化後の1株当たりの純損
     益)
                         (4)
                                 (4)        (4)        (4)        (4)
                      28.01%
                              -59.50%         50.79%         7.04%        11.16%
      金融サービス事業
     配当性向
                         (5)        (5)        (5)        (5)        (5)
     (1株当たりの配当/希薄化
                       67.2%       -111.6%         152.4%         20.4%        21.9%
     後の1株当たりの純利益)
      (注1) 確立された公開取引市場が存在しないクラスB株式を除く。クラスB株式は、すべての期間について、2,000,000
          株が発行済みであった。
      (注2) 発行済みであった当社普通株式の実数に基づき計算されている。当社普通株式は金融サービス事業の業績を反映し
          ている。したがって、当社に帰属する金融サービス事業の業績及び株主持分に基づいている。
      (注3) 以下に示す金融サービス事業及び連結ベースの総資産に基づき計算されている。
      (注4) クラスB株式には公開取引市場が存在しないため、株価収益率は、当社普通株式の株価(2014年12月31日現在、$
          90.46;2013年12月31日現在、$92.22;2012年12月31日現在、$53.33;2011年12月31日現在、$50.12;2010年12
          月31日現在、$58.71)及び金融サービス事業の1株当たりの当期純利益(2014年度:基本:$3.25、希薄化後:
          $3.23、2013年度:基本:$(1.55)、希薄化後:$(1.55)、2012年度:基本:$1.06、希薄化後:$1.05、2011年
          度:基本:$7.21、希薄化後:$7.12、2010年度:基本:$5.32、希薄化後:$5.26)に基づいている。
      (注5) 2014年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$0.58の配当が宣言された。2014年度の四半期配当の合計
          は$2.17であった。2013年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$0.53の配当が宣言された。2013年度
          の四半期配当の合計は$1.73であった。2013年度以前は年次配当が宣言されていた。2012年度第4四半期に当社普
          通株式に対して1株当たり$1.60の配当が宣言され、2011年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$
          1.45の配当が宣言され、2010年度第4四半期に当社普通株式に対して1株当たり$1.15の配当が宣言された。
                                  19/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
      (1)  当社の沿革
      ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカの沿革

        ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカ(「プルデンシャル・インシュアラ

       ンス」又は「当社」)は、1873年にニュージャージー州の株式保険会社として設立され、1875年に事業を開始
       した。当社は1890年に支店を開設し始め、1909年にはトロントにおいて当社初のカナダの支店を開設した。
       1892年までには、100万に及ぶ生命保険契約を発行しており、1911年には、保有保険契約は1,000万件に達し
       た。
        1913年に、プルデンシャル・インシュアランスは、相互保険会社となるべく手続を開始した。当社の主要株

       主は1915年に株式を売り戻した。当社は、1943年までに残りの株式を買い戻し、そうすることによって相互保
       険会社となった。
        当社の事業は、20世紀初期も成長し続け、1948年の時点でカリフォルニア州ロサンゼルス、イリノイ州シカ

       ゴ、ミネソタ州ミネアポリス、ペンシルベニア州フィラデルフィア、フロリダ州ジャクソンビル、テキサス州
       ヒューストン、マサチューセッツ州ボストン、ニュージャージー州北部及びカナダのトロントにおいてかかる
       地域の本社を開設していた。
        1951年の時点で、プルデンシャル・インシュアランスの団体保険プログラムは530万人の従業員を対象とし

       ていた。同年に、プルデンシャル・インシュアランスは個人傷害健康保険の分野における事業を開始した。当
       社は、1956年に家族保険を導入し、1963年には歯科保険の販売を開始した。プルデンシャル・インシュアラン
       スは、1970年に個人への変額年金商品を販売する初の主要保険会社となった。同時に当社は自動車保険及び住
       宅所有者保険事業に参入し、1971年には、かかる種類の保険の引受及び販売を行うため、ザ・プルデンシャ
       ル・プロパティ・アンド・カジュアルティ・インシュアランス・カンパニーを設立した。
        当社は1973年に健康維持組織事業に参入し、同年にヒューストンのプルケア(PruCare)は保険会社によっ

       て所有される最初の連邦政府認可HMO(会員制民間健康維持組織)となった。同年に、当社はプルデンシャ
       ル・リインシュアランス・カンパニーという子会社を設立することにより、再保険事業を拡大した。当社はま
       た、グアム及び香港において新たな支店を開設することを発表した。
        ソニーとプルデンシャル・インシュアランスの合弁事業の産物として、ソニー・プルデンシャル生命保険が

       1979年に日本で事業を開始した。保険業界外への事業多角化の最初の大規模な試みとして、プルデンシャル・
       インシュアランスは、1981年にバック・ハルシー・スチュアート・シールズ・インクの証券会社を買収した。
       同社は、プルデンシャル・バック・セキュリティーズ・インクと名称変更された。
                                  20/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        1980年代には、当社が営む事業において大きな拡大が見られた。プルデンシャル・インシュアランスは、
       1984年に変額識別生命保険を導入し、1985年には当商品は当社の最も人気の高い保険となった。当社は、年金
       基金の株式及び債券運用会社であるジェニソン・アソシエイツ・キャピタル・コーポレーションを買収した。
       プルデンシャル・インシュアランスはまた、ザ・プルデンシャル・ホーム・モーゲージ・カンパニーを通して
       住宅モーゲージ市場に再び参入した。同じく1985年に当社の資産は1,000億ドルを超えた。2年後に当社は、
       当社初の住宅不動産仲介事業への進出としてプルデンシャル・リアル・エステート・アフィリエイツを設立
       し、当社の成長中のミューチュアル・ファンドを管理するためにプルデンシャル・ミューチュアル・ファン
       ド・マネジメントを設立した。1997年までに、プルデンシャル・インシュアランスの運用資産は3,000億ドル
       を超過していた。
        1980年の後半はまた、国際的な事業拡大が始まったときでもある。その頃までにプルデンシャル・インシュ

       アランスは日本におけるソニーとの合弁事業を解消しており、プルデンシャル生命保険株式会社として日本の
       保険市場に参入していた。1988年に当社は日本において新な代理店を10店開設した。2年後に、当社はスペイ
       ン、イタリア及び台湾で保険商品の販売を始め、日本の顧客のために国際的に証券を運用する事務所を東京に
       設立した。1991年には、プルデンシャル・インシュアランスは韓国において保険商品の販売を開始した。当社
       は1997年に、ブラジル最大の銀行の子会社であるブラデスコ・セグロスとの合弁事業を始めることにより、ラ
       テン・アメリカにおける事業を開始した。1999年には、プルデンシャル・インシュアランスはブエノスアイレ
       スにおけるその生命保険関連会社としてプルデンシャル・セグロスS.A.の設立を発表した。当社はまた、ポー
       ランドに生命保険関連会社を設立し、フィリピンにおいても生命保険商品の販売を開始した。最後に、2001年
       4月にプルデンシャル・インシュアランスは日本において協栄生命保険株式会社を買収した。同社は、現在で
       はジブラルタ生命保険株式会社として知られている。
        かかる期間中に、プルデンシャル・インシュアランスは特定の事業の整理も始めた。1995年にプルデンシャ

       ルはその住宅モーゲージ事業及び再保険子会社を売却する計画を発表し、1998年にはエトナに健康保険部門を
       売却する契約が締結されたことを発表した。
        プルデンシャル・インシュアランスが株式会社化への準備を正式に開始したのは1998年であった。同年に、

       ニュージャージー州知事が株式会社化に関するニュージャージー州法に署名し、翌年には当社が正式に株式会
       社化する意思を正式公表した。2000年12月15日に、プルデンシャル・インシュアランスの取締役会が全員一致
       で再編計画を採択し、2001年3月に当社はニュージャージー州銀行保険局長に株式会社化の許可を得るための
       申請書を正式に提出した。当局は、2001年7月17日及び18日に同計画に関する公聴会を開き、2001年7月31日
       までに保険契約者が同計画を圧倒的に支持する投票を行った。当局は、2001年10月15日に同計画を承認する命
       令を交付した。同計画は2001年12月18日(プルデンシャル・ファイナンシャル・インクの普通株式の新規株式
       公開が終了した日)に発効した。その時点をもって、プルデンシャル・インシュアランスは、株式保険会社と
       なり、プルデンシャル・ファイナンシャル・インクの完全間接子会社となった。
                                  21/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2003年5月1日、当社は、購入価格総額11億8,400万ドルで、スカンディアUSインク                                               (Skandia      U.S.
       Inc.)(「スカンディア」)を買収した。当該買収により、変額年金保険に関して米国における当社の第三者
       による販売能力が大幅に拡大、多様化し、商品提供の幅も広がった。
        2003年7月1日、当社は、当社の小口証券ブローカー業務及び決済業務をワコビア・コーポレーション

       (「ワコビア」)のそれと統合し、現在本社をミズーリ州、セントルイスとする合弁事業であるワコビア・セ
       キュリティーズ・ファイナンシャル・ホールディングス・エルエルシー(「ワコビア・セキュリティーズ」)
       を設立した。ワコビア・セキュリティーズは米国でも最大級の小口証券ブローカー及び決済組織であり、個人
       及び法人に対してフル・サービス証券ブローカー業務及び財務アドバイザリー業務を提供している。
        2003年、当社は全国的に事業展開していた損害保険事業をリバティ・ミューチュアル・グループに売却し、

       ニュージャージー州における損害保険事業をパリサデス・グループに売却した。これらの事業は、当社の保険
       部門の一部であった損害保険セグメントの業績の一部として反映されていた。歴史的に見て、売却した会社
       は、全米個人市場において、特に自動車保険や住宅総合保険を担保範囲とした個人向け損害保険商品の組成販
       売を行っていた。
        2004年4月1日には、当社はコネチカット州に所在地を有するシグナ・ライフ・インシュアランス・カンパ

       ニー(「シグナ・ライフ」)、登録投資顧問であるグローバル・ポートフォリオ・ストラテジーズ・インク及
       び登録ブローカー・ディーラーであるシグナ・ファイナンシャル・サービシズ・インクの株式を買収した。更
       に、シグナの貯蓄金融子会社であるシグナ・バンク・アンド・トラスト・カンパニーF.S.B.は当社の貯蓄金融
       子会社であるザ・プルデンシャル・セービングス・バンクF.S.B.と合併された。シグナ・ライフ・インシュア
       ランス・カンパニーはその後プルデンシャル・リタイアメント・インシュアランス・アンド・アニュイティ・
       カンパニーに名称を変更した。2006年の第1四半期に、買収したシグナの退職金事業の統合は実質的に完了し
       た。
        2006年6月1日に、当社はオールステート・コーポレーション(「オールステート」)の変額年金保険事業

       を総額635百万ドルの再保険取引を通じて買収した。当該買収は当社の規模を拡大し、米国における第三者に
       よる販売能力(オールステートの代理店の営業部隊である約15,000名の独立契約者及び金融専門家を通した、
       独占的販売網を含む)も拡大した。オールステートから買収した変額年金保険事業の統合は、2008年度第2四
       半期に完了した。
        2007年に、当社はユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアの退職金事業の一部を買収し、当社の退職金事

       業に統合した。この買収により、資産残高72億ドルの、20の確定拠出プラン及び600の確定給付型年金プラン
       が当事業に追加された。
                                  22/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2007年に、当社のライフ・プランナーの第一グループはメキシコで生命保険商品の販売を開始した。また、
       当社は不動産事業の大手グループであるDLFグループとの合弁事業を通して、インドの生命保険市場に参入し
       た。
        2008年10月10日、当社は、役員手当ソリューション及び金融戦略(非適格役員手当制度の運営を含む)の提

       供会社であるマリンTBG・インシュアランス・エージェンシー・サービシズLLC及び関連会社(「マリン
       TBG」)を買収した。この買収により、当社の商品提供の幅が拡大し、営業及び販売網も拡張し、適格及び非
       適格退職給付制度及び繰延報酬制度の両方を提供する唯一のサービサーとしての当社の地位が向上した。
        2009年12月31日に、当社はワコビア・セキュリティーズの合弁事業に対する少数持分を、現金45億ドルで

       ウェルズ・ファーゴに売却した。
        2011年2月1日に、当社はアメリカン・インターナショナル・グループ・インク(「AIG」)から、エイア

       イジー・スター生命保険株式会社、AIGエジソン生命保険株式会社及びその他AIG子会社の一部の買収を完了し
       た。買収総額は約48億ドルであり、その内訳は、約42億ドルの現金及び6億ドルの第三者に対する負債の引受
       であった。
        2011年7月1日に、当社はグローバル・コモディティ事業を419.5百万ドルでジェフリーズ・グループ・イ

       ンクに売却したことを発表した。
        2011年12月6日に、当社はデラウェア州の有限責任会社である、BRPSエルエルシー(「BRPS」)及びオンタ

       リオの会社である、ブルックフィールド・アセット・マネジメント・インク(「BAM」)(BRPSと総称して
       「ブルックフィールド」という。)と売買契約を締結し、当該契約に従って、当社の不動産売買仲介フラン
       チャイズ及びリロケーション・サービス事業をブルックフィールドに売却した。当該取引において、当社は、
       プルデンシャル・リアル・エステート・アンド・リロケーション・サービシズ・インク(「PRERS」)の全株
       式資本を売却した。PRERS及びその子会社は、当社の不動産売買仲介フランチャイズ及びリロケーション・
       サービス事業を構成していた。
        2012年11月1日に、当社はゼネラル・モーターズの約110,000名の有給退職者の退職者年金給付義務の譲渡

       を完了したことを発表した。当該契約に基づき、当社は団体年金契約の購入について、約250億ドルの保険料
       を有給従業員のためのゼネラル・モーターズ退職金制度より受領した。2013年1月1日より、当社はこれらの
       退職者に対する支払の管理を開始する。
                                  23/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        2012年12月10日に、当社はヴェライゾン・マネジメント・ペンション・プランが、当該プランの年金負債の
       約75億ドルを支払うために、一時払い保険料団体年金契約を当社より購入したことを発表した。当該契約に基
       づき、当社は、2013年1月1日より、ヴェライゾン・マネジメント・ペンション・プランの約41,000名の参加
       者に対して将来年金を支払う義務を取消不能な形で引き継いだ。
        2013年1月2日に、当社は再保険取引を通じて、ハートフォードの個人生命保険事業を買収したことを発表

       した。当社は、契約高約1,350億ドルに上る約700,000件の生命保険契約について、主に再保険を提供するため
       の受再手数料の形式で、615百万ドルの現金対価を支払った。
      (2)  当社の日本における沿革

        当社は、日本において以下に掲げる子会社を有している。

                   社名                       所在地/設立年
     1.   プルデンシャル生命保険株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立: 1987年
     2.   プルデンシャル・インベストメント・マネジメン                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ト・ジャパン・インク                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 2002年
                                 デラウェア州法に基づき設立
     3.   ジブラルタ生命保険株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                     プルデンシャルタワー
                                 設立(買収):2001年
     4.   プルデンシャル・ジブラルタエージェンシー株式                        所在地:東京都品川区西五反田2-15-7
         会社                        設立: 1976年
     5.   株式会社協栄年金ホーム                        所在地:千葉県流山市東深井948
                                 設立: 1965年
     6.   PGビジネス・サービス株式会社                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立(買収):2011年
     7.   PGインシュアランス・サービス株式会社                        所在地:東京都千代田区麹町3-2-1
                                 設立:1997年
                                  24/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     8.   プルデンシャル・ホールディングス・オブ・ジャ                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         パン株式会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 2001年
     9.   プルデンシャル・リアルエステート・マネジメン                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ト有限会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立: 1963年(2002年 組織変更)
     10.   株式会社三栄収納サービス                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立: 1981年
     11.   PG収納サービス株式会社                        所在地:東京都豊島区東池袋4-24-3
                                 設立(買収):1978年
     12.   さつき株式会社                        所在地:東京都墨田区太平4-1-3 オリナスタワー
                                 設立: 2014年
     13.   プルデンシャル・ジェネラル・サービス・ジャパ                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         ン有限会社                        設立: 2006年
     14.   プルデンシャル・リアル・エステート・インベス                        所在地:東京都港区南麻布3-20-1
         ターズ・ジャパン株式会社                            麻布グリーンテラス5階
                                 設立:2007年
     15.   プルデンシャル・システムズ・ジャパン有限会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                 設立: 2008年
     16.   ファイナンシャル・アシュアランス・ジャパン株                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
         式会社                            プルデンシャルタワー
                                 設立(買収):2011年
     17.   プルデンシャル        ジブラルタ      ファイナンシャル生           所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                 設立: 2009年
         命保険株式会社
     18.   プルデンシャル・モーゲージ・キャピタル・カン                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10 プルデン
         パニー、東京支店                        シャルタワー
                                 設立: 2009年
     19.   CLIS株式会社(35%はIBM株式会社が保有)                        所在地:東京都墨田区江東橋1-15-1
                                 設立(買収):2011年
     20.   ロックストーン株式会社                        所在地:東京都千代田区永田町2-13-10
                                 設立: 1963年
                                  25/742










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      日本における歴史
       1979年         ザ・プルデンシャル・インシュアランス・カンパニー・オブ・アメリカが、ソニー株式会

                社と合弁事業を開始。
       1981年4月         ソニー・プルデンシャル生命保険が業務を開始。
       1987年10月         プルデンシャルが合弁事業を撤退し、本店所在地を東京とする完全子会社、プルデンシャ
                ル生命保険株式会社(プルデンシャル日本法人)を設立。
       1988年4月         プルデンシャル日本法人が全国10ヶ所に販売代理店を構えて業務を開始。
       2001年2月         東京本店に加え、プルデンシャル日本法人は、46の支社と合計2,800名の従業員を有する。
       2001年4月         東京地方裁判所の認可により更生手続中の協栄生命保険株式会社を取得し、ジブラルタ生
                命保険株式会社と社名変更
       2007年3月         米国法人の支店であったプルデンシャル・セキュリティーズ・ジャパンは、日本法人であ
                り、プルデンシャル・セキュリティーズ・ジャパンの完全子会社であるプルデンシャル証
                券株式会社に現地法人化した。
       2007年6月         当社は当社の子会社であるプルデンシャル・エクイティ・グループ・エルエルシーのそれ
                を含む、プルデンシャル・エクイティ・グループ(「PEG」)の株式調査、販売及び取引事
                業からの撤退を発表した。
       2007年11月         当社の子会社であるプルデンシャル・インベストメント・マネジメント・インクは、日本
                における新たな法人であるプルデンシャル・リアルエステート・インベスターズ・ジャパ
                ン株式会社の設立を発表した。
       2008年5月         プルデンシャル・システムズ・ジャパン株式会社を設立した。
       2008年4月         プルデンシャル・ホールディングス・ジャパン株式会社を設立した。
       2009年3月         大和生命を買収。大和生命はジブラルタ生命の完全子会社である。その後、大和生命の商
                号をプルデンシャル          ジブラルタ      ファイナンシャル生命保険会社に変更。
       2011年2月         プルデンシャル・ファイナンシャルは、エイアイジー・スター生命保険株式会社及びAIGエ
                ジソン生命保険株式会社をアメリカン・インターナショナル・グループ・インクから買収
                した。両社ともジブラルタ生命の完全子会社である。
       2012年1月         エイアイジー・スター生命保険株式会社及びAIGエジソン生命保険株式会社は、ジブラルタ
                生命に吸収合併された。
                                  26/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
                                 概要
      プルデンシャル・ファイナンシャル・インクは米国、アジア、欧州及びラテン・アメリカで事業を行う、運用資

     産約1,176億ドル(2014年12月31日現在)を有する大手金融サービス会社である。当社は、子会社、関連会社を活
     用し独自の流通ネットワーク及び第三者流通ネットワークを通じて、生命保険、年金、退職金関連サービス、
     ミューチュアル・ファンド及び投資運用などを含む広範囲の財務商品・サービスを個人顧客、法人顧客に提供して
     いる。当社の本社機構はニュージャージー州ニューアーク市にある。
      当社は顧客に対する債務並びにその他の一般債務を支えるために、当社の保険会社において分散投資ポートフォ

     リオを維持している。当社の投資ポートフォリオは上場満期固定証券及び非上場満期固定証券、商業用モーゲージ
     貸付及びその他のローン、エクイティ証券並びにその他の投資資産から構成される。2014年12月31日現在、一般勘
     定投資ポートフォリオは4,090億ドルであった。投資ポートフォリオの詳細については、「第3 事業の状況」
     「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「一般勘定投資」及び連結財務書類の注記4を
     参照のこと。
                                  27/742














                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                         株式会社化及び過去の事業の分割
      2001  年12月18日、プルデンシャル・インシュアランスは保険契約者が所有する相互会社から株式会社へと組織変

     更を行い、プルデンシャル・ファイナンシャルが全額出資する間接子会社となった。株式会社化はプルデンシャ
     ル・インシュアランスの2000年12月15日付けの組織変更計画(その後の変更も含む)(「組織変更計画」)に基づ
     いて実行された。株式会社化実行当日、組織変更計画に規定する有資格契約者にはプルデンシャル・ファイナン
     シャルの普通株式又は現金あるいは保険契約者配当を受け取る権利が授与された。これはプルデンシャル・イン
     シュアランスに対する社員としてのあらゆる権利の消滅とともに保険契約金額の増加又はその他の契約者便益の増
     加をもたらすものである。更に、株式会社化実行当日にプルデンシャル・ファイナンシャルの全額出資子会社であ
     り、プルデンシャル・インシュアランスの資本株式を所有するプルデンシャル・ホールディングス・エルエルシー
     (「PHLLC」)は、優先担保付債券(「IHC債務」)17億5千万ドルを発行した。
      この再編計画の実行にあたっては、「クローズド・ブロック」と称する法制上の機構を設置運用することが必要

     であった。クローズド・ブロックは一般的に、クローズド・ブロックに組み込まれた保険契約に対する、保険契約
     者配当を含む、保険金・給付金の支払いに充当する資産を配分することにより、株式会社化後の将来の保険配当に
     対してこの個人生命保険契約者及び年金契約者が抱く当然の期待に応えるよう設計したものである。クローズド・
     ブロックの詳細情報については連結財務書類の注記12及び下記の「クローズド・ブロック事業」の項を参照のこ
     と。
      株式会社化実行当日以降2014年12月31日までの間、プルデンシャル・ファイナンシャルの事業は、財務書類の目

     的上金融サービス事業とクローズド・ブロック事業に分割されていた。金融サービス事業とクローズド・ブロック
     事業の営業成績については、「第3 事業の状況」「1 業績等の概要」及び「7 財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況の分析」の項を参照のこと。金融サービス事業を構成していた部門に関する詳細説明に
     ついては、下記の「金融サービス事業」の項を参照のこと。クローズド・ブロック事業は、クローズド・ブロック
     の資産及び関連負債並びにIHC債務を含むその他の一定の資産及び負債にて構成されていた。金融サービス事業と
     クローズド・ブロック事業を総称して「本件事業」という。2015年1月に、当社は2015年度第1四半期より、財務
     諸表上の事業の分割を排除する一連の取引を完了した。詳細については下記「事業の分割の廃止」の項を参照のこ
     と。
      株式会社化実行当日以降2014年12月31日までの間、プルデンシャル・ファイナンシャルは2種類の普通株式を発

     行していた。普通株式は金融サービス事業の業績を反映し、NYSEに上場していた。クラスB株式は、私募により発
     行され、上場されておらず、クローズド・ブロック事業の業績を反映していた。2015年1月に、当社は発行済みの
     すべてのクラスB株式を買い戻し、消却した。詳細は「事業の分割の廃止」の項を参照のこと。
      本有価証券報告書は2014年12月31日に終了した事業年度に関するものであり、したがって、今までどおりの事業

     の分割に従っている。
                                  28/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      金融サービス事業とクローズド・ブロック事業
      下表は、2015年1月以前の金融サービス事業とクローズド・ブロック事業との間のプルデンシャル・ファイナン

     シャル連結資産・負債の配分を反映したものである。
      資産・負債を上記のように配分してはいるが、これはプルデンシャル・ファイナンシャル、プルデンシャル・イ









     ンシュアランス又はその子会社、クローズド・ブロックが特定の資産又は負債を別個の法律上の事業体に移転させ
     ることを要求するものではなく、上記2種類の業務は法律によって分割されているわけではない。IHC債務に関す
     る融資サービスを含む、クローズド・ブロック事業の財務業績は、プルデンシャル・ファイナンシャルの連結業
     績・財務状況・借入コストに影響を与えていた。更に、クローズド・ブロック事業の正味損失やクラスB株式の配
     当又は分配金は、普通株式の配当金として法的に活用できるプルデンシャル・ファイナンシャルの資産を減少させ
     た。したがって、金融サービス事業に対する財務情報は、プルデンシャル・ファイナンシャルの連結財務情報と関
     連づけて読んでいただきたい。
      金融サービス事業とクローズド・ブロック事業の財務上の業績を個別に反映させるべく、株式会社化実行当日以

     降2014年12月31日までの間、当社は資産・負債及び収益をこの2つのセグメントに配分してきており、あたかも両
     部門が別個の法律上の事業体であるかのように計上していた。クローズド・ブロック事業に含まれないプルデン
     シャル・ファイナンシャル及び子会社の資産・負債すべてで金融サービス事業が成り立っていた。クローズド・ブ
     ロック事業の主たる構成は次のとおりであった。
                                  29/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      ・ プルデンシャル・インシュアランスの場合は、クローズド・ブロック資産、「剰余金及び関連資産」(下記
        参照)、繰延保険契約取得費用、クローズド・ブロックに含まれるその他保険契約関連資産を保留し、負債
        については、クローズド・ブロック負債並びに剰余金及び関連資産に関するその他の負債;
      ・ プルデンシャル・ホールディングス・エルエルシーの場合は、プルデンシャル・インシュアランスからの配
        当金、一定の税務ベネフィット及びその再投資収益、IHC債務の元本金、関連未償却債券発行・ヘッジ費
        用、保証投資契約;
      ・ プルデンシャル・ファイナンシャルの場合は、クラスB株式及び関連する活動
      クローズド・ブロック資産は、(1)確定満期債権、エクイティ証券、商業貸付及びその他の長期及び短期投資を

     含むクローズド・ブロックへの当初配分資産、(2)                            かかる資産からのキャッシュ・フロー、(3)                        かかるキャッ
     シュ・フローの再投資から生じた資産、(4)                       クローズド・ブロック保険契約からのキャッシュ・フロー、及び(5)
     クローズド・ブロック保険契約からのキャッシュ・フローの再投資から生じた資産にて構成されている。クローズ
     ド・ブロック資産には、保険約款貸付、上記資産の未収利息、クローズド・ブロック保険契約の期限到来保険料も
     含む。クローズド・ブロック負債とは、クローズド・ブロック保険契約、クローズド・ブロック資産に関連するク
     ローズド・ブロックのその他の負債をいう。株式会社化実行当日以降2014年12月31日までの間、クローズド・ブ
     ロック資産とクローズド・ブロック負債は、クローズド・ブロック保険契約に追加資金を提供するためにプルデン
     シャル・インシュアランスが保持するクローズド・ブロック以外の付加的資産、並びにクローズド・ブロック資産
     とクローズド・ブロック負債、利息維持準備金の合計額との差額に当初相当していたクローズド・ブロック外に保
     持する投資資産によってサポートされていた。これらを総称して「剰余資産及び関連資産」という。
       クローズド・ブロック事業内部において、クローズド・ブロックに帰属する資産及びキャッシュ・フローは、

     保険金・費用・租税支払後の保険契約者配当を通じて、クローズド・ブロック保険契約者の利益となる。2015年1
     月2日付けのクラスB株式の償還及び消却以前は、「剰余金及び関連資産」はクラスB株主の利益となっていた。
     「剰余金及び関連資産」の収益が蓄積され、配分されることにより、IHC債務の元利の支払及びクラスB株式に対
     する配当金の支払の資金源又は支払手段となっていた。
                                  30/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     セグメント間移転・配分方針
      プルデンシャル・ファイナンシャルの取締役会では、クローズド・ブロック事業と金融サービス事業の間の支払

     い、ローン、出資、資産の譲渡及びその他の取引並びにセグメント間での税務コスト及び税務ベネフィットの配分
     に関するセグメント間移転・配分方針を採択していたが、これは「事業の分割の廃止」の項に記載するとおり、
     2015年1月に終了した。
      管理サービス目的でのクローズド・ブロック事業から金融サービス事業への現金の支払いは、保有契約及び年金

     契約に基づくサービスの提供のために金融サービス事業が実際に負担した費用及び法定現金保険料の当初の見積も
     りに使用した計算式に基づいていた。クローズド・ブロック事業が計上した管理費及び関連する法人所得税は,                                                         米
     国で一般に公正妥当と認められた会計原則(U.S.GAAP)に基づく実費に基づいており、当該費用の配分に関する当
     社の方針に基づいていた。移転された現金額とU.S.GAAPに基づき計上された実費の差額は、適用される現行税率の
     税引後ベースで、クローズド・ブロック事業及び金融サービス事業のそれぞれの資本金の直接の調整額として報告
     され、いずれの事業からも株式の発行を伴わない。当該直接資本調整を受けて、1株当たり利益算出のため各種類
     の普通株式に配分される利益も修正された。下記の事業の分割の廃止の結果、2014年12月31日以降に開始費する報
     告期間については、直接資本調整は報告されない。クローズド・ブロック事業が計上し、支払った内部投資費用及
     び関連する法人所得税は、U.S.GAAPに基づき負担した実費並びに契約者情報記録業務、銀行手数料、会計及び会計
     報告、資産配分、投資方針、投資計画及び投資分析に関する内部規定に基づいていた。
                                  31/742













                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                             事業の   分割  の廃止
      2014  年12月1日、       プルデンシャル        ・ ファイナンシャル         は発行済クラスB株式の全株式を所有している、ナショナ

     ル・ユニオン・ファイア・インシュアランス・カンパニー・オブ・ピッツバーグPA、レキシントン・インシュアラ
     ンス・カンパニー及びパシフィック・ライフ・コープ(以下「クラスB株主」)との間で株式買戻し契約(以下
     「当株式買戻し契約」)を締結した。当株式買戻し契約に従い、2015年1月2日に、プルデンシャル・ファイナン
     シャルはクラスB株主から発行済クラスB株式の全株式である2,000,000株を、現金購入総額650.8百万ドルで買い戻
     した(以下「クラスB株式の買戻し」)。この購入価格は、プルデンシャル・ファイナンシャルの修正後基本定款
     に定められた方法に基づいて、独立鑑定人によって算定された。当株式買戻し契約に従って、クラスB株式の過半
     数を保有しているクラスB株主は、2015年4月6日までに、購入価格について異議を唱えることができ、かかる異
     議申立ては、仲裁を通じて解決する。したがって、クラスB株式の最終購入価格は、異議が唱えられた際には、上
     記の価格と異なる場合がある。さらに、2014年12月18日に、PHLLCは発行済みのIHC債務を21億ドルですべて償還し
     た。
      クラスB株式の買戻しの結果、2014年12月31日以降に開始する報告期間について、当社の普通株式1株当たり利益
     は、プルデンシャル・ファイナンシャルの連結利益を反映することになり、金融サービス事業とクローズド・ブ
     ロック事業との間の区分は、財務諸表上は廃止される。クローズド・ブロック事業の業績は、特定の関連する資産
     及び負債と共に、「クローズド・ブロック部門」と呼ばれる独立したセグメントとして報告され、プルデンシャ
     ル・ファイナンシャルの修正後営業利益の定義に基づいて「撤退事業」として扱われる。撤退事業の業績は、米国
     で一般に公正妥当と認められた会計原則(以下「U.S.GAAP」)に準拠して算定される当期純利益及び継続事業利益
     には含められるが、修正後営業利益からは除外される。当社の撤退事業の定義及び調整後営業利益の説明について
     は、連結財務書類の注記22を参照のこと。事業間の取引に関する事業間移転及び配賦方針はこれらの取引について
     は廃止された。クローズド・ブロックは、引き続き再編計画に基づく報酬及び費用の配賦に関する取決め及び当社
     の税金の配賦に関する合意の適用対象となる。
      当社は、クラスB株式の買戻し及びIHC債務の償還(これらを総称して「本件取引」という。)の資金を、クロー
     ズド・ブロック事業に関連する剰余金及び関連資産の一部の売却及びPHLLCから入手可能な資金から調達した。
      本件取引はクローズド・ブロックを排除しなかった。クローズド・ブロックを構成する保険契約及び年金契約は
     引き続き再編契約に基づき管理される。プルデンシャル・インシュアランスは、クローズド・ブロックにおける保
     険契約及び年金契約について、引き続き直接の義務を負っている。本件取引は、クローズド・ブロックの債務をサ
     ポートするために配賦されるクローズド・ブロック資産、保険契約者配当金の額又は保険契約者配当の算定方法を
     変更するものではない。したがって、これらの取引はクローズド・ブロックの保険契約者の保証給付、保険料又は
     配当金に影響を及ぼすことはない。
                                  32/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                             金融サービス事業
      金融サービス事業は、6セグメントを含む3部門、全社及びその他事業にて構成されている。米国退職ソリュー

     ション・投資運用部門は、個人年金保険、退職金及び資産運用の各セグメントにて構成されている。米国個人生命
     保険・団体保険部門は、個人生命保険及び団体保険の各セグメントにて構成されている。国際保険部門は、国際保
     険セグメントにて構成されている。
      2014  年12月31日以降に開始する報告期間については、当社は上記の部門を金融サービス事業とは                                                呼ばなくなる

     が、引き続きこれらの部門及び各セグメント並びに全社及びその他事業について報告する。さらに、当社にはク
     ローズド・ブロック・セグメントを含むクローズド・ブロック部門が含まれる。
      総売上高、損益計算、資産総額については、連結財務書類の注記22を参照のこと。

                        米国退職ソリューション・投資運用部門

      米国退職ソリューション・投資運用                  部門は、個人年金保険、             退職金及び資産運用          の各セグメントにより事業を遂

     行している。
     個人年金保険

      当社の個人年金保険セグメントは、主に米国の一般富裕層を対象に個人変額年金保険及び定額年金保険商品を組

     成し販売している。一般的に、100,000ドル以上の投資可能な資産若しくは年収のある世帯を米国市場においては
     一般富裕世帯としている。当社は革新的な商品デザインとリスク管理戦略に注力している。
     競争

      当社は、革新的な商品特性を提供できる能力によって、他の退職貯蓄及び積立商品の提供会社(保険・金融サー

     ビスの一流大手企業を含む)と競合している。また、当社は、ブランド知名度、販売網の範囲及び当社の顧客への
     サービス能力の点でも競争している。
      近年の世界中の金融市場の困難な状況により、当社はより厳しい競争に晒されるようになった。適切な収益予想

     を維持し、当社のリスク・プロファイル改善のために、当社は年金市場の変化を積極的に監視し、現在の市場環境
     に当社の商品を適応させるための措置を講じてきた。これらの措置には、給付を抑えるための新規販売対象の変額
     年金商品内容の変更、価格設定の変更及び手数料の減額と株式クラスの終了などが含まれる。また、現在は提供さ
     れていない生前給付オプション付き変額年金の契約者からの追加積立を終了又は制限した。同様に、以前はよりア
     グレッシブな商品デザインと価格設定を行っていた競合他社も、給付金の引き下げや、変額年金市場からの撤退又
     は規模縮小を開始した。これらの変更の実施にもかかわらず、契約の継続は引き続き安定しており、当社は、現在
     市場で提供されているその他の商品に比べても、競争力のある商品群を有していると考えている。さらに、当社は
     下記のとおり、当社の提供する商品を拡大し、リスク・プロファイルを分散するため、新規商品を発売し、商品設
     計に関する規定を導入し、主な価格設定のエレメントを頻繁に変更することが可能になった。契約者の退職金ニー
     ズに応えると同時に、市況に対応し、リスクを管理するため、当社は今後も当社の商品を改良し、差別化するため
     の機会を追求する。
                                  33/742



                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品
      当社は、基本的な死亡給付並びに一連の任意的に保証された生前給付(最低保証死亡給付付きのものを含む))

     及び年金化オプションを提供している。当社が現在販売している契約の大半には生前給付オプションが含まれてお
     り、これには、とりわけ、日々の最も高い契約価値プラス一定のリターンに基づいて一定期間引き出すことを可能
     にする保証が含まれている。この保証契約価値は契約者の存命中、定期的に引き出す基準となる想定金額であり、
     一度に全額を保険解約金として評価することはできない。また、一部の生前給付オプションは、配偶者の死亡給付
     オプションと一緒に購入することができ、これも最も高い契約価値に基づいている。2014年中、当社は最高日次生
     涯給付(“HDI”)3.0           変額年金によるプルデンシャル・プレミアを開始し、当該保険は最高日次勘定価値及び複合
     支払猶予クレジットに基づく生涯所得を提供する。また、2013年中、当社は最大の日額給付を提供するプルデン
     シャル確定給付(PDI)変額年金を開始し、当社が提供している変額年金商品をさらに充実させた。PDIは終身解約
     給付金の保証も提供しているが、契約者の投資は分離勘定における個別保証サブアカウントに対する投資に制限さ
     れる。PDIには生前給付特約が含まれ、当初の払込保険金額に対して、指定された終身引出率が定められており、
     当該比率は、実際に終身引出が開始するまで、年率で上昇するが、最高日次給付の特典はない。
      さらに、一部の保有契約には現在提供されていない保証された想定金額に基づく年金給付や、積立期間後の所定

     日に支払われる保険金・給付金などの保証給付が含まれている。大部分の契約は、当該契約について支払われた購
     入全額から一部の解約金を差し引いた金額を、契約者の死亡時に契約者の受益者に返金することを保証している。
      また、当社は即時開始年金及び生前給付保証のない変額年金保険も販売している。2014年度第1四半期中、当社

     はプルデンシャル即時開始年金を開始し、当該年金は一時払い固定保険料の即時開始年金であり、一定の期間固定
     額を即時に支払う年金である。2014年度第2四半期中、当社はプルデンシャル・プレミアインベストメント変額年
     金の販売を開始した。当該年金は最低保証死亡給付オプションのある繰延税金資産積立を提供し、当該契約につい
     て支払われた購入全額から一部の解約金を差し引いた金額を、契約者の死亡時に、契約者の受益者に返金すること
     を保証している。
      当社のPDI商品を除いて、当社の変額年金の大部分は、当社及び/又は他社の設定した基本となるミューチュア

     ル・ファンド(通常はアセット・アロケーション・プログラムを通じて)へ投資するサブアカウントへ購入支払額
     を割り当てる機会を契約者に提供している。一定の商品は、一般勘定で投資される固定金利勘定への割り当てを許
     容し、又はこれを条件とし、最低金利条件つきで、当社が定める金利による利息を貸記するものである。また元本
     の保証と、当社が定める利率(但し、契約上の最低保証に従う)での金利の保証を備えた定額年金保険も用意して
     いる。変額年金及び一定の定額年金の固定金利勘定に対する投資への割り当ては、投資額が満期まで保有されない
     場合には、市場価格の調整が必要となる。
                                  34/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の商品に潜在するリスク及び当該リスクを制限するための当社の対応策については、「第3 事業の状況」
     「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績」
     「米国退職ソリューション・投資運用部門」「個人年金保険」「変額年金リスク及びリスク回避策」の項を参照の
     こと。
     マーケティング及びディストリビューション

      当社の年金保険商品は、銀行、証券会社及び独立金融プランナー等、様々な第三者ブローカー・ディーラー及び

     その代表者を通じて販売されている。さらに、当社の変額年金商品はプルデンシャル・エージェントやオールス
     テート・コーポレーション(「オールステート」)の販売網を含む保険エージェントなどを通じて販売されてい
     る。  2014  年12月31日現在、当社の販売への取り組みは、内部及び外部の                                 270  の ホールセラーによりサポートされて
     いる。
     引受及び価格設定

      当社では、変額年金保険商品における当社のミューチュアル・ファンドの平均資産の一定のパーセンテージとし

     て決定される資産運用報酬(他社ファンドに関する副投資顧問費用を除く)を得る。また、年金分離勘定残高にお
     ける日ごとの平均純資産価額、勘定価値、保険料、若しくは保証価格に基づき各種保険関連オプションや特約の死
     差益及び経費手数料を得ている。また、自社及び他社ミューチュアル・ファンドの多くから営業サービス費用を受
     け取っている。
      変額年金の価格設定は、リスクの評価及び適用されるヘッジ費用を考慮して決定する。当社の価格決定は、競争

     及び契約継続率や、生前給付オプション付契約については、給付の利用及び解約のタイミング及び効率などを含む
     契約者の行動に関する仮定条件やその他の仮定条件に影響される。当社の価格設定の仮定と実際の結果が大きく異
     なった場合、当社の商品の利益率に悪影響を与える場合がある。契約継続を促進するために、当社の変額年金保険
     及び定額年金保険は一定の年数に対して解約手数料を設けている。更に、当社の変額年金商品の生前給付オプショ
     ンは、契約継続によってのみ生前給付の価値を完全に実現できるため、契約継続を促進している。
      当社は定額年金保険及び変額年金保険の定期勘定の価格を投資利益、費用、競争及び継続率やその他の仮定条件

     に基づき決定している。当社としては一般勘定投資資産の収益と、定額年金保険に適用する金利及び当社の変額年
     金保険の固定金利勘定とのスプレッドを維持するよう努めている。
                                  35/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     準備金
      当社では、保険契約者に対する将来の保険金・給付金及び費用に備えるべく、U.S.GAAPに基づく準備金を設定し

     ている。最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付については、当社の準備金は、運用利回り、株式投資収益、保
     険の継続率、経費、解約のタイミング及び効率、死亡率並びに利用内容などをしかるべく想定し、これに基づいて
     設定している。変額年金保険の生前給付オプションの一部は、組込デリバティブとして認識され、公正価値で計上
     される。当該給付の公正価値は、契約者に対する将来の給付支払予定額の現在価値から、組込デリバティブに属す
     る付随費用の評価額の現在価値を差し引いた金額として算出され、市場参加者がこれらの組込デリバティブの評価
     を行う際に使用する仮定条件に基づいている。変額及び定額年金保険については、当社では(累積総支払保険料+
     配当利息+ファンド実績)-(解約手数料+死亡率+経費)に相当する契約者勘定残高を負債として設定してい
     る。
     退職金

      当社の退職金セグメントは、当該市場における事業をプルデンシャル退職金と呼んでいるが、公共団体、民間団

     体及び非営利セクターにおける退職金プランのスポンサーに対して退職金投資及び退職年金商品及びサービスを提
     供する。当社のフル・サービス事業では、記録、計画管理、保険統計顧問サービス、顧客に応じた参加者教育及び
     コミュニケーションサービス、受託サービス、機関投資家向け及び小口投資を提供している。当社は確定拠出、確
     定給付型年金及び非適格年金プランを提供しており、これらの組み合わせを有する顧客については、総合的な記録
     サービスを提供している。当社は、当社のブローカー・ディーラー、プルデンシャル・インベストメント・マネジ
     メント・サービシズLLCを通じてブローカー業務及びプルデンシャル・バンク・アンド・トラストFSB(「PB&T」)
     (信託業務のみを行う目的の限定された機関)を通じて信託サービスを提供している。PB&Tは、2012年中に事業を
     信託サービスのみに制限する旨の発表に従って、銀行預金を売却した。
      機関投資家向け商品事業は投資専門のステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品、年金リスク移転ソリュー

     ション及び保証投資契約(「GIC」)、融資契約、リテール債を含むその他の支払年金、仕組み決済年金及びその
     他の団体年金を確定拠出年金、確定給付年金、非適格制度及び個人について提供している。
                                  36/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     競争
      退職金セグメントは、他の巨大大手保険会社、資産運用業者、レコードキーパー及び様々な金融機関と競争して

     いる。当社のフル・サービス事業は、主に、価格設定、サービス及び投資提供の幅、投資実績、顧客の退職給付金
     のニーズに適った商品提供能力によって競争している。制度スポンサー及び仲介業者にとって、利用可能な資金の
     種類及び柔軟性とその業績が主な選択条件であり、過去数年では、契約者情報記録業務及び投資提供に関する購入
     判断の分離の増加が見られた。更に、業界全体として標準的かつ一貫性のある費用開示を求める規制による、価格
     設定に対する圧力が高まった。また、中・大型案件のターゲット市場における案件ごとの売上高は減速した。
      当社の機関投資家向け商品事業は、主に、当社の米国保険会社の財務力格付に裏打ちされた価格設定及び革新的

     な商品ソリューションを提供する能力によって競争している。機関投資家向け投資商品の販売は、投資業績、会社
     の信用及び財務力格付、商品デザイン、市場の見通し、販売能力、手数料、保証利率及び顧客サービスなどの競争
     要因によって影響される。当社は革新的なな年金リスク管理ソリューション及びステーブル・バリュー型(確定利
     回り型)ラップ商品市場のリーダー企業としての地位を確立した。この年金リスク移転市場は、今後も当社の専門
     性にマッチした魅力的なビジネス・チャンスになるであろうと考えている。しかし、競争の激化と既存の仲介関係
     が飽和水準に達し、ステーブル・バリュー型(確定利回り型)ラップ商品における当社の推進力が失われた。当社
     の支払年金契約や、過去数年の発行等、その他の機関投資家向け商品については、不利な経済状況及びその他の競
     争要因により影響を受けた。これらの一部の商品の新規発行は増加したが、引き続き解約が新規契約を上回ってい
     る。
                                  37/742












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品及びサービス
      フル・サービス

      当社のフル・サービス事業は制度スポンサー及びその参加者に対して、幅広い商品及びサービスを提供し、確定

     拠出、確定給付及び非適格制度の実施及び運営を、契約者情報記録業務及び管理サービス、総合的な投資の案内及
     びコンサルティング・サービスを含めて支援し、制度スポンサーの受託義務管理を支援する。当社は、投資商品の
     一部として、幅広い一般及び分離勘定のステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品、その他の報酬ベース分離
     勘定及び関連会社若しくは関連会社以外の投資顧問が助言している小口のミューチュアル・ファンド及び機関投資
     家向けファンドを提供している。更に、特定の商品は、当社のフル・サービスの販売網を通して、専ら投資目的で
     販売・売却されている。
      当社のフル・サービス一般勘定及び分離勘定ステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品は、一定の期間につ

     いて一定のレートの利息を支払うことが義務付けられており、契約の終了時に口座残高若しくは市場価格で返済す
     ることが義務付けられている。これらのステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品は全部若しくは一部利益配
     当型であり、年次若しくは半期での金利見直しがその前の投資実績に影響を与える。当社は、一部利益配当型の商
     品について、当社の投資の利益率と当社が信用する金利とのスプレッドから費用を引いた額から収益を得ている。
     更に、当社は、全部若しくは一部利益配当型の商品について、契約者情報記録業務及びその他の総務サービスの提
     供のための事務管理報酬を受け取る場合がある。
      また、当社は報酬ベースの商品を提供し、これを通して、顧客の資金は分離勘定、小口のミューチュアル・ファ

     ンド及び機関投資家向けファンド又は顧客が所有する信託に預けられている。この商品では、ほぼすべての投資結
     果が顧客に引き渡される。場合によっては、この契約は一般勘定により保証された最低金利保証の対象となる。ま
     た、当社は、一部の確定拠出勘定に関連する最低保証解約給付金を提供し、外部から購入したヘッジ手段を用いて
     一定の関連リスクをヘッジしている。
      当社のフル・サービス報酬ベース助言事業はいずれも参加者への連絡及び研修プログラム及び非識別調査、制度

     の書類関連サービス、必要な提出物を署名するだけの書類の作成などを含む幅広いプラン・コンサルティング・
     サービス及び確定給付制度の完全な保険統計的サポート等によりサポートされている。その他のサービスとしては
     非適格繰延報酬制度(役員手当ソリューション及び資金調達戦略を含む)の運営、投資顧問サービス及び合併、買
     収のサポートなどがある。
      機関投資家向け商品

      当社の機関投資家向け商品ビジネスは主に支払年金市場及びステーブル・バリュー型(確定利回り型)投資商品

     市場に商品を提供している。
                                  38/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      支払年金市場        当社の支払年金分野は、革新的な年金リスク移転商品や、一般的に参加者の生涯にわたって予測
     可能な月次所得を提供する従来の一般勘定及び分離勘定商品も提供している。
      当社の革新的な年金リスク移転商品にはポートフォリオで保護された商品及び長命に対応した再保険商品が含ま

     れる。当社のポートフォリオで保護された商品は、年金制度スポンサーを対象に発行する無配当団体年金契約であ
     り、当社は、通常、開始時に一時払いで支払われる保険料に対して、当該制度の一定の参加者グループに関連する
     投資リスク及び保険数理計算上のリスクを制度スポンサーから引き継ぐ。これらの商品は下記のとおり、当社の従
     来の一般勘定年金契約と同様の経済的特徴を有するが、隔離された分離勘定の追加的な保護を提供する場合もあ
     る。当社の長命リスク再保険商品は第三者が保証した年金制度の長命リスクを保証する再保険契約であり、当社は
     これにより報酬を得る。通常、毎月の保険料及び給付金の差益決済による。
      2012  年中、当社は2件の大型年金リスク移転取引を完了したが、これらの取引に関する保険料は当社の2012年の

     連結収益合計の約38%に相当する。
      当社の従来の一般勘定商品及び分離勘定商品には仕組み決済、任意所得商品、クローズアウト年金等、傷害訴訟

     決済市場の支払保証、確定拠出参加者の拠出及び確定給付制度の給付義務などのニーズに応える商品が含まれる。
     当社の一般勘定商品については、当社はこれらの契約に関連するすべての投資、死亡、退職及び資産/負債管理及
     び費用リスクを負担する。当社の収益は、投資利回りに関連する実績、死亡のタイミング、退職のタイミング及び
     手数料の水準が当初の価格設定で前提とされた条件より有利若しくは不利であったことより発生する。
      当社の分離勘定商品については、利益配当及び無配当契約も提供している。当社の利益配当契約は報酬ベースの

     商品であり、確定給付年金制度の対象となる退職者に支払われる年金を保証するものである。これらの契約により
     制度スポンサーは投資のリスクと利益及び保険統計的な結果を留保しながら、当該契約により保証されるすべての
     年金の支払について一般勘定保証を受けることができる。当社の無配当契約は確定給付年金制度参加者に対して年
     金給付保証を提供する。U.S.GAAPに基づき、無配当契約は一般勘定商品として取り扱われ、一般勘定年金契約と同
     様の経済的特徴があるが、隔離された分離勘定の追加的な保護を提供する。
      ステーブル・バリュー型(確定利回り型)投資商品市場                               当社のステーブル・バリュー型(確定利回り型)投資

     商品分野は、リテール及び機関投資家向けの資本市場及び適格制度市場において使用する投資専門の商品を組成し
     ている。当社の主なステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品は投資専門のラップ商品であり、顧客が所有す
     る信託に顧客資金が保有される。これらは利益参加型契約であり、一般勘定により保証された最小限の金利保証を
     前提として、当社は投資結果を顧客に引き渡し、当該保証を提供することによって、当社は手数料を受け取る。現
     在有効な契約については、最低金利は0%である。当該保証を提供して当社が受け取る報酬は、基本となる契約の
     定義に従って見直される場合がある。契約者には自社又は他社の柔軟性のあるファンド投資の選択肢が与えられ
     る。
                                  39/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      また、当社は投資専門の一般勘定商品をGIC、ファンディング契約、機関投資家向け債券及びリテール債の形で
     提供する。当該商品には、指定されたレートでの利息を払って、契約満了若しくは契約終了時に元本を返還する義
     務が含まれる。これらの義務が当社の一般勘定により保証されるため、当社はこれらの契約に関連する投資及び資
     産/負債管理リスクを負担する。一般的に当社のこれらの商品からの利益は、当社の投資からの利益率と当社が信
     用する金利のスプレッド(費用控除後)から生じる。
     マーケティング及びディストリビューション

      当社の商品は様々な販売網を通じて販売している。当社のフル・サービス事業では、専門の販売及びサポート

     チームが全国各地の拠点で当社の販売を管理している。また、その他の第三者ファイナンシャル・アドバイザー、
     ブローカー及び給付コンサルタントを通じて、またより少ない程度で年金制度のスポンサーに対して直接に、当社
     の商品及びサービスを販売している。
      機関投資家向け商品事業のステーブル・バリュー型(確定利回り型)部門では、直接販売網若しくは仲介業者を

     通じて投資専門のラップ商品及び従来のGICを、制度スポンサー及びステーブル・バリュー型(確定利回り型)
     ファンド・マネージャーを対象に販売し、投資家に向けてファンディング契約及び機関投資家向け債券を販売して
     いた。   また、当社は       世界的なファンディング契約債券発行プログラム(「FANIP」)を運用している。またプルデ
     ンシャル・インシュアランスは、ニューヨークのフェデラル・ホーム・ローン・バンク(「FHLBNY」)に対して直
     接ファンディング契約を発行することもできる。
      機関投資家向け商品事業における支払年金分野では、当社の年金リスク移転商品、従来の団体年金及び利益配当

     分離勘定年金商品は、通常、保険数理計算人及び第三者のブローカーを通じて販売されている。仕組み決済商品は
     仕組み決済の専門家を通じて販売されている。任意所得商品は当社のフル・サービス事業の確定拠出部門からDC及
     びDB事業を通じて制度スポンサーに直接又は年金保険ショッピング・サービスの一部として販売されている。
     引受及び価格設定

      当社のフル・サービス及び機関投資家向け商品事業ではステーブル・バリュー型(確定利回り型)商品の料率設

     定にあたっては、投資環境や当社のリスク、費用、利益率仮定を考慮に入れた当社の価格設定モデルを採用してい
     る。更に、支払年金分野における商品については、当社のモデルは死亡及び早期退職リスクに関する仮定条件を採
     用している。これらの仮定条件は、特定の市場においては予測がより難しい場合があり、実績と価格設定の間に隔
     たりがある場合には、当該商品の収益性にも影響を与える場合がある。                                     当社の投資専門のラップ商品について、当
     社の価格設定リスクは、原契約の定義のとおり、保証利益率を提供するために当社が得る報酬が見直されること;
     参加者が契約に基づき簿価で資金を引き出すことができるが、契約者による引き出しは即時に市場価格で又は一定
     期間中に簿価で行われること;当社の義務はファンド価値を超過した部分の支払いに限定されていること等によっ
     て軽減される。
                                  40/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     準備金
      当社では、U.S.GAAPに基づき準備金を設定している。当社では、年金保険契約に関する保険契約者に対する将来

     の保険金・給付金及び費用に備えるべく、運用利回り、経費、死亡率、退職及びその他の行動仮説並びに不測の事
     態に対する引当金などをしかるべく想定し、これに基づいて準備金を設定している。さらに、契約者勘定残高に対
     する負債及び投資実績のための追加準備金を設定しており、これは将来的には顧客のものになるが、付与利率には
     反映されていない。
     資産運用

      資産運用セグメントは、機関投資家向けポートフォリオ管理、リテール・ファンド管理、個人融資及び資産流動

     化活動及びその他各種仕組み商品を通して、広範囲の投資運用顧問サービスを提供している。これら商品及びサー
     ビスは、当社のその他の事業並びに第三者顧客に対しても販売提供されている。当社はまた対象国における資産運
     用及び販売事業に投資し、米国外の一般富裕顧客層の拡大及びグローバル運用資産の増大に努めている。
      当社は、通常、運用資産のパーセンテージに基づき計算される資産運用手数料を受け取っている。一定の資産運

     用の取決めにおいては、運用資産に対する利益が一定のベンチマーク又はその他の業績目標を超えた場合に業績に
     基づいたインセンティブ報酬を受け取る場合もある。取引手数料は、主に不動産に関する一定のファンドにおい
     て、資産の売買に関連する取引価格のパーセンテージに基づき支払われる。更に、戦略的投資からの投資利益及び
     商業用モーゲージ貸付組成・サービシング事業の収益も受け取っている。
     競争

      資産運用セグメントは、多数の資産運用業者及びその他の金融機関と競争している。当社の資産運用商品におい

     て、当社は、投資実績、投資戦略及び投資プロセス、能力、組織としての安定感並びに顧客との関係など複数の要
     因によって競争している。当社は、各商品分野又は資産クラスの価値を高めるために設計されたアプローチを採用
     する特別な投資チームにより、様々な資産クラスに商品を提供している。組織としての安定性及び強固な機関投資
     家向け及びリテール事業により、顧客に投資利益を提供するために必要な才能ある人材を引き寄せ、維持すること
     ができている。当社の私募発行及び商業用モーゲージ事業は価格、条件、出来栄え及び借主との関係の強度により
     競争している。競争の内容は提供される商品又はサービスにより異なる。
                                  41/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品及びサービス
      当社は上場及び未上場債券、株式及び不動産の資産運用サービスを提供し、商業用モーゲージ貸付のオリジネー

     ション及びサービス並びにミューチュアル・ファンド及びその他のリテール・サービスを以下の8つの事業を通じ
     て提供している。
      プルデンシャル債券

      プルデンシャル債券はニューアーク、ロンドン、シンガポール及び東京の当社の事業所を通じて、世界中の様々

     な顧客のために、資産運用を行っている。当社の商品は従来型の広範な市場債券戦略や単一セクター戦略、従来型
     の及びカスタマイズされた資産負債戦略、ヘッジ戦略及びローン担保証券を管理運用している。プルデンシャル債
     券は、カストディ業務を行わない有価証券貸出のエージェントも務めている。ポートフォリオは、専門家チームの
     ベテランのポートフォリオ・マネージャーによって管理されており、大手の信用調査会社、数量調査会社及びリス
     ク管理会社によってサポートされている。
      ジェニソン・アソシエイツ

      当社の完全子会社であり、登録投資顧問会社であるジェニソン・アソシエイツ・エルエルシーは、マーケット・

     キャピタリゼーション、投資スタイル及び地域の点において、幅広く、バランスの取れた債券ポートフォリオ及び
     公開エクイティ資産の一任及び非一任資産運用サービスを提供している。ジェニソン・アソシエイツは、基本的な
     チーム・ベースの研究に基づき、ミューチュアル・ファンドを含む機関投資家、個人顧客及びサブ・アドバイザ
     リー顧客のためにポートフォリオを運用する。
      クアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツ

      当社の完全子会社であり、登録投資顧問会社であるクアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツ・エル

     エルシーは、様々な投資スタイルを利用して、幅広い顧客層を対象に、一任及び非一任資産運用サービスを提供し
     ている。クアンティテイティブ・マネジメント・アソシエイツは、法人及びミューチュアル・ファンドを含むサ
     ブ・アドバイザリー顧客に対して、クライアントの目的に合わせた独自の数量的プロセスを用いて、株式及び資産
     割当ポートフォリオを運用している。
      プルデンシャル・キャピタル・グループ

      プルデンシャル・キャピタル・グループは投資適格の私募債、投資適格以外の私募債及びメザニン型債券及びエ

     クイティ証券に投資することにより顧客に対する資産運用サービスを提供しており、大部分の私募債は当社スタッ
     フが直接組成したものである。これらの投資体制は当社の一般勘定及び法人顧客により、直接のアドバイザリー勘
     定、保険会社特別勘定及びプライベートファンドストラクチャーを通じて利用されている。
                                  42/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      プルデンシャル・モーゲージ・キャピタル・カンパニー
      プルデンシャル・モーゲージ・キャピタル・カンパニー                              は、当社一般勘定、法人投資家、ファニーメイ、連邦

     住宅管理公団(FHA)及び連邦住宅金融抵当金庫(フレディマック)などの政府主催の団体のために商業担保ロー
     ン組成、資産運用及びサービシングを提供しており、将来の証券化のための商業用モーゲージ貸付の組成を行う少
     数株式保有合弁事業パートナー及びサービス業者としてサービスを提供している。
      プルデンシャル・リアル・エステート・インベスターズ

      プルデンシャル・リアル・エステート・インベスターズは、単一クライアント向けの資産運用サービス並びに私

     有及び公共合同の不動産ポートフォリオや商品を提供するとともに、主として当社の世界にある22のオフィスを通
     じて法人顧客向けに私有及び公共不動産に投資する各種不動産投資手段を考案運用するものである。当社の国内外
     の不動産投資ビークルは、極めて多様性に富むオープン・エンド型ファンドから、特定種類の資産や特定の地域に
     投資するものや、特定の投資戦略に従うスタイルのものといった限定型クローズ・エンド型ファンドまで多岐にわ
     たる。当社のグローバル不動産事業組織は、米国、欧州、アジア及びラテン・アメリカで確固たる存在感を示して
     いる。
      プルデンシャル・インベストメンツ

      プルデンシャル・インベストメンツは、主に、米国の個人向け市場における自己勘定の資産運用経験を生かして

     投資運用商品の組成、販売、サービスを行っている。これらの商品は、プルデンシャル・エージェント、第三者の
     投資顧問の両方を含む金融の専門家による販売を想定したものである。                                     2014  年12月31日現在、個人向け投資商品に
     は、65種類以上のミューチュアル・ファンドを取りそろえている。これら商品はいろいろな目的の個人資産を取り
     込み、運用するとともに、投資家の金融ニーズの変動にも対応できるよう広範囲の投資スタイルと目的をカバーす
     るものである。
      プルデンシャル・インターナショナル・インベストメンツ

      プルデンシャル・インターナショナル・インベストメンツは、独占商品を組成し、顧客のニーズに応えるために

     独占商品及び非独占商品の両方を販売する。当社の国際投資事業は主にインド及び台湾におけるアセット・マネジ
     メント事業及びイタリア及びブラジルにおける運営合弁事業から構成され、持分法で計上されている。
                                  43/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      また、第三者投資家に提供するファンドの設立及び管理をサポートするため、私有及び公共不動産、債券及び公
     開されたエクイティ資産クラスに戦略的投資を行っている。これらの一定の戦略的投資は主に当社が運用するファ
     ンドや仕組み商品への共同投資のために行われる。その他の戦略的投資は当社の自己勘定を含む投資家に対する売
     却若しくはシンジケートを組織するために行われ、若しくは当社が提供し運用するファンドや仕組み商品の私募の
     ために行う(初期投資)。また、当社は、投資家によるエクイティコミットメント又はファンドの資産によって担
     保された当社運用のファンドに対して、短期ローンを提供し、保証している。
     マーケティング及びディストリビューション

      当社は機関投資家に対して、各資産運用事業が編成した当社の自己勘定販売部隊を通じて投資管理サービスを提

     供している。各事業は、顧客とともに行為する独立したマーケティング及びサービスチームを有している。機関投
     資家向け資産運用サービスもまた、退職金セグメントを通して提供されている。
      当社が運用している個人顧客資産の大部分は当社のミューチュアル・ファンド、当社の変額年金及び変額生命保

     険に投資されている。これらの資産は当社のその他の事業に関連する販売網及び第三者ネットワークを通じて集め
     られる。更に、当社は第三者商品開発業者及び販売業者に対して当社の投資商品を彼らの商品及びプラットフォー
     ムに組み込むべく、共に協力している。
      「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「一般勘定投資」に記

     載するとおり、当社は様々なクラスの一般勘定の資産について資産運用サービスを提供している。
                         米国個人生命保険・団体保険部門

      米国個人生命保険・団体保険部門は、個人生命保険及び団体保険セグメントにより事業を遂行している。

     個人生命保険

      個人生命保険セグメントは、主として米国の一般市民層、一般富裕層及び富裕層向けに、個人変額保険、定期保

     険及びユニバーサル生命保険商品の組成、販売を行っている。当社では一般的に、投資可能資産又は年収が10万ド
     ルを超える世帯を米国における一般富裕層、投資可能資産が25万ドルを超える世帯を富裕層とみなしている。当社
     の生命保険商品は、独立した第三者販売業者及びプルデンシャル・エージェントを通じて販売されている。
                                  44/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      2013年1月2日、当社は再保険取引を通じてハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グループ
     (「ハートフォード」)の個人生命保険事業を買収した。契約に基づき、当社は、主に純保有契約高約1,410億ド
     ルに上る約700,000件の生命保険契約について再保険を提供するための受再手数料の形式で、ハートフォードに
     615百万ドルの現金対価を支払った。この買収は、米国個人生命保険市場の特にユニバーサル生命保険における当
     社の規模を拡大し、証券会社及び銀行における販路の拡大を通じて補完的な販売機会を提供した。
     競争

      個人生命保険セグメントは、成熟市場において巨大大手生命保険会社と競争している。当社は主に価格、サービ

     ス、販売網、ブランド知名度及び財務力によって競争している。競合会社が多数存在するため、価格競争は深刻で
     ある。目標とする利益を達成しつつ、競争力のある価格設定を行う当社の能力に影響を与える要因には、一定の定
     期生命保険及びユニバーサル生命保険契約について必要とされる法定準備金の融資のコスト及び入手の可能性、法
     定準備金に関連する課税控除の入手の可能性、利用及びタイミング、法定準備金及び関連する課税控除額に影響を
     与える商品デザイン、金利の変動とそのレベルなどが含まれる。
      当社は、市場と当社の戦略に基づき、定期的に商品の価格と内容を調整し、これによって個人生命保険事業のバ

     ランスのとれた商品ポートフォリオによる、安定的で一貫した成長と、1つの商品タイプに集中することを避ける
     ことが可能になる。これらのアクション及び競合他社のアクションによって、当社の販売レベルは、期間ごとに影
     響を受ける。
     商品

      当社の主な保険商品は、定期生命保険、変額生命保険及びユニバーサル生命保険であり、2014年度末現在、これ

     らは、それぞれ、有効な個人生命保険契約高(再保険を除く)の                                 41 %、  36 %及び22%を占める。市場の需要の変化
     により、当社の商品ミックスは主に定期生命保険とユニバーサル生命保険にシフトしている。当社の商品多角化戦
     略によって、無失効保証ユニバーサル生命保険の販売は減少し、無保証商品の販売を増加させた。この戦略によっ
     て、当社のポートフォリオリスクのバランスが改善し、販売代理店やその顧客への価値提案が向上した。
      定期生命保険

      当社では、特定の期間中に保険を付保する定期生命保険商品も各種提供している。定期保険商品の中には、保険

     契約者の希望により終身生命保険に切り替え可能な転換型の商品もある。当社は、平準保険期間終了時に生存して
     いる契約者に対して、保険料を返金する定期生命保険も提供している。定期生命保険による保障については、引き
     続き多くの需要がある。
                                  45/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      変額生命保険
      当社は個人向け変額生命保険商品を各種提供している。これらは保険契約者が選択する基礎投資ポートフォリオ

     にリンクした収益を提供するとともに、死亡給付金と保険料支払の双方を変更できる柔軟性を保険契約者に提供す
     るものでもある。契約保有者は、通常、当社の一般勘定の一部である固定金利オプションにおける投資プレミアム
     オプション又は株式及び債券ファンドで構成される分離勘定投資オプションにおける投資を保有する。固定金利オ
     プションに投資された資金については、当社が決定する利率での利子が発生し、当該利率は、契約上の最低利率の
     対象となる。分離勘定において、契約保有者は、ファンドの業績に対するリスクを負担する。また、当社は契約者
     が保証期間を選択できる、より柔軟な保証を可能にした変額生命保険商品を販売している。当社の変額生命保険商
     品は、一定の契約条件を満たした慢性疾患又は末期症の場合には、死亡保険金を生前に受け取ることのできる特約
     も設けている。変動生命保険は引き続き重要な商品であるが、市場では、定期生命保険及びユニバーサル生命保険
     の需要がますます高まっている。しかし、個人生命保険の利益の大部分は、現在も有効な変額生命保険契約に関連
     している。これら契約の収益パターンは一定ではなく、契約の期間がたつにつれ、被保険者は、一般的に契約賦課
     金の減額を享受し始める。この契約賦課金の減額は、時の経過とともに減少する有効な保険契約の純数及び保険契
     約高とともに、当該商品ラインにおける当社の将来の予想利益を減少させる要因である。
      ユニバーサル生命保険

      当社では、ユニバーサル生命保険商品を提供しており、その特徴として、フレキシブルな保険料及び失効した場

     合の保証の選択肢並びに当社が決定する保証利率(契約上の最低利率の対象となる)が挙げられる。更に、当社は
     一部の契約残高をインデックス勘定に割り当て、翌年からS&P500インデックス業績に連動した金利又は金利部分を
     提供するユニバーサル生命保険商品を提供している。当該業績には加入率及び契約上の上限と下限が設けられてい
     る。当社のユニバーサル生命保険商品は、一定の契約上の要件を満たした慢性的又は末期的な病気がある場合に
     は、死亡給付金を契約者に早期に支払う特約も提供している。ユニバーサル生命保険から得た個人生命保険セグメ
     ントの収益は、死亡率及び費用差益及び純金利スプレッドによる影響を受ける。
     マーケティング及びディストリビューション

      第三者による販売

      当社の個人向け生命保険商品は、独立ブローカー、証券会社、銀行、総代理店及びプロデューサー・グループを

     含む多様な第三者経由で提供されている。当社では伝統的に個人、家族及び事業を守るための生命保険ソリュー
     ションを提供し、また不動産・資産移転計画をサポートする独立した仲介業者を通じた販売に力を入れてきた。
                                  46/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      プルデンシャル・エージェント
      当社のエージェントであるプルデンシャル・エージェントは、主に米国の一般市民層や富裕層の個人や中小企業

     経営者を対象に、プルデンシャルの変額生命保険、定期生命保険、ユニバーサル生命保険、変額年金保険、定額年
     金保険、独自の又は一般的な投資オプションのある投資商品、並びに他社の特定保険商品及び投資商品の販売を行
     う。プルデンシャル・エージェントは、2003年に売却した損害保険事業及び第三者プロバイダーによる、当該事業
     の契約者及びその他の他社商品提供会社と締結した販売契約に基づき他社の設定した損害保険へのアクセスは有す
     ることとなる。また、プルデンシャル・エージェントは、証券会社及び投資顧問会社として登録されている、プル
     コ・セキュリティーズ・エルエルシーを通じて、個人向けの証券業務及び個人向けの投資助言業務を提供してい
     る。これらのサービスには株式売買口座、一任勘定及び非一任勘定投資助言プログラム及びファイナンシャル・プ
     ランニング・サービスなどが含まれる。プルデンシャル・エージェントの数は、2014年、2013年及び2012年12月31
     日現在でそれぞれ2,784名、2,722名及び2,615名であった。
      上記のとおり、個人生命保険セグメントは、年金及び資産運用セグメントが提供する商品を販売しており、これ

     らの商品の販売について、マーケットレートに基づく手数料を受け取っている。これらの支払は関連する販売コス
     トを上回る又は下回る場合があり、利益又は損失は個人生命保険セグメントの業績に含まれており、連結上消去さ
     れる。
     引受及び価格設定

      生命保険引受業者は通常、加入申込者の年齢、性別、健康状態及び職業並びに希望保険金額に基づき、当社の個

     人生命保険商品リスクの評価、数量化を行うべく詳細な保険契約手順に従って業務を遂行している。当社は個人生
     命保険の保険料及び契約手数料を予想される死亡保険金、保険解約給付金、費用及び必要準備金に基づき決定す
     る。保険契約の価格設定の前提としては、死亡率、罹患率、金利、費用、契約継続率、保険料支払パターン及び分
     離勘定ファンドの業績及び商品から生じた課税控除並びに価格設定方針における法定準備金を準備するための資金
     調達のレベル、コスト及びその利用可能性を考慮する。当社の一部の契約は全額保証されている。その他の商品
     は、契約上の保証を条件として、保険料、費用及び金利資金を変更することができる。実績と価格設定の間に大き
     な隔たりがある場合には、当該商品の収益性にも影響を与える場合がある。
                                  47/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     準備金
      当社では、保険契約者に対する将来の保険金・給付金及び費用に備えるべく、U.S.GAAPに基づく準備金を設定し

     ている。     当社の準備金は、運用利回り、保険の継続率、経費、死亡率及び罹患率、不測の事態に対する引当金など
     をしかるべく想定し、これに基づいて設定している。準備金には既報告未払損害                                          及び既発生未報告損害が含まれ
     る。  変額及び金利感応型生命保険については、当社では、累積総支払保険料、利息及びファンド実績から解約・引
     出手数料及び保険手数料を差し引いたものに相当する契約者勘定残高を負債として設定している。
     再保険

      個人生命保険セグメントは、商品の収益性に影響を与えかねない死亡率の変動及びリスク許容能力を管理する手

     段として、再保険を用いている。西暦2000年以降販売した契約については、当社は、死亡リスクの大部分に再保険
     をかけてきた。しかし、2014年8月より、新規の定期生命保険事業については、より望ましいレベルの死亡率リス
     クを達成するために、額面保険金額の少ない契約については、再保険の対象とする死亡率リスクの額を引き下げ
     た。2013年より、新規事業についての当社のリスク額は、単生保険契約及び遺族保険について20百万ドルまでとし
     た。これまでに、リスクの高い契約が累積しているため、当社収益にボラティリティを発生させる可能性がある。
     更に、再保険の引き継ぎ又は契約の買収などにより、集計ベースでリスクがこれらの上限を一時的又は恒久的に超
     える可能性がある。場合によっては、これより低い上限を適用する。第三者再保険業者が何らかの理由により債務
     を履行できない場合には、当社が責任を負う。当社は、当該リスクを軽減するために、全社的に再保険会社の財務
     状況を分析し、カウンターパーティ・リスクの集中を監視している。
     団体保険

      当社の団体保険セグメントは、米国内において主として従業員用及びアフィニティー・グループ関連として機関

     投資家向けに団体生命保険全般、長期、短期の団体所得補償保険、法人向け、銀行向け、信託向け団体生命保険を
     提供している。当社はこの他事故による死亡、傷害などの補助的損害保険の販売や、保険担保範囲に関連する企画
     管理サービスの提供も行っている。
                                  48/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     競争
      当社は、成熟した米国市場における他の巨大大手生命保険・健康保険業者と競争しており、当該セグメントは、

     団体生命保険及び団体所得補償保険の両方の最大手の提供会社である。当社は主に、価格、ブランド知名度、サー
     ビス能力、顧客関係、財務健全度及び商品提供の幅によって競争している。団体保険商品の価格設定は、市場にお
     ける多数の競合企業を反映している。当社の保険料の大部分は、                                 10,000   名以上の個人被保険者を有するような、大
     企業、アフィニティー・グループ又はその他の団体によるものである。                                      当社は、優れた商品のラインアップを有
     し、カスタマイズされたベネフィット・ソリューションを提供することができ、安定した保険料を続けるための機
     会を提供している。雇用主がコスト管理を試み、給付に関する決定及び資金調達を職場で付与される給付を引き続
     き重要視している従業員にシフトしている中で、従業員支払(任意)保険はますます重要になってきている。当社
     の収益性は任意保険市場における高い普及率に一部依存しており、これは将来の雇用率及び報酬率により影響を受
     ける。
     商品

      団体生命保険

      当社の団体生命保険ポートフォリオは、雇用主支払(基本)保険及び従業員支払保険を含む生命保険商品から構

     成されており、従業員及び従業員の扶養家族のための定期保険及び団体ユニバーサル保険が含まれる。また団体変
     額ユニバーサル生命保険、基本及び任意の死亡・傷害保険及びビジネス旅行傷害保険及び重症疾患保険も提供して
     いる。当社の従業員支払保険は、多くの場合、転退職時に保険を継続できるようにしている。また、認められてい
     る疾患に契約者が罹患した場合、保険料が免除される保険料免除のシステムも提供している。
      当社の団体法人・銀行・信託所有生命保険は、分離勘定を利用した団体変額生命保険契約であり、通常、大企業

     が繰延報酬制度及び退職者給付計画に対する資金調達に利用する保険である。
      団体所得補償保険

      当社が提供する短期、長期の団体所得補償保険は、病気や傷害に対する収入補償を行うものである。また、保険

     制度管理サービス及び休職管理サービスも提供している。所得補償保険の給付は一般的に契約者の稼得所得の50%
     から70%とし、一定の最高給付金額を上限とする。短期団体所得補償保険は一般的に週単位で給付金を、3ヶ月か
     ら6ヶ月間提供し、長期団体所得補償保険は毎月支払われ、90日から180日間の待機期間経過後に給付金の支払を
     開始し(当該期間中は短期所得補償給付金が支払われる場合がある)、一般的に契約者が復職又は通常の退職年齢
     に達するまで継続する。
                                  49/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     マーケティング及びディストリビューション
      団体保険には、団体保険専門の営業部隊があり、この営業部隊は市場別に組織されており、主として従業員給付

     制度のブローカーやコンサルタントを通じて販売を行っている。
     引受及び価格設定

      当社では、当社、業界及び/又はその他過去の実績に基づいた引受実務及び標準料率システムを利用して、各商

     品ラインの価格を設定している。当社は、保険契約申込人グループのリスク・プロファイルの評価を行うが、任意
     の商品又は保険は個別での引受が必要となることがある。当社はいかなる個人契約の申込みについても受け入れ義
     務は負っておらず、保険契約申込人に対し保険適格であるという証拠の提出を要求することもできる。
      当社の団体生命保険及び団体所得補償保険商品については、規則に従って価格設定を行っている。                                                   当社の団体保

     険商品の価格設定は、個々の商品の特約事項にもよるが、死亡、罹患率、金利、費用、保険継続率の想定値を使用
     して計算する予測給付金支払率に基づくものである。当社の多くの団体保険においては、複数年にわたる保障を提
     供しており、収益性の変動の原因となる場合がある。実績ベースの                                  収益規定のある        一部の契約については、最終保
     険料は該当する契約者の過去1年間の実際の経験料率を反映して調整される。これらの契約については、保険契約
     者が保険期間にわたり保険金請求実績変動に関連するリスクの一部を負担し、一部の給付を受け取り、これにより
     収益性の変動は少なくなる。
     準備金

      当社では、将来の保険金・給付金及び費用のための準備金をU.S.GAAAPに従って設定している。この準備金につ

     いては、当社が適切であると判断した罹病率、死亡率、投資利回り、公的年金控除及び費用に基づく仮定条件に基
     づいて算出している。この準備金には更に、報告は受けたが支払が実行されていない保険請求金額や、発生してい
     るはずだが報告されていない請求金額も含んでいる。また、勘定預り金累積元本に利息又はファンドのパフォーマ
     ンスを加えたものから、引出額、経費及び保険料を適宜差し引いた額からなる保険契約者預り金勘定のための準備
     金を設定している。
                                  50/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     再保険
      当社は大きな保険金請求額からの損失を制限するため、また顧客の要望に応じて再保険を利用する。第三者再保

     険業者が何らかの理由により債務を履行できない場合には、当社が引き続き責任を負う。当社は、当該リスクを軽
     減するために、全社的に再保険会社の財務状況を分析し、取引先リスクの集中を監視している。
                               国際保険部門

      国際保険部門は、国際保険セグメントを通じて、業務を遂行している。

     国際保険

      当社の国際保険セグメントは、生命保険商品、退職金商品及び関連商品(固定給付つきの健康特約保険を含む)

     を組成販売している。当社はジブラルタ生命事業の銀行、独立系代理店及びライフ・コンサルタントを含む複数の
     販売網を通じて日本の広大な中流層に当該商品を提供している。また、当社はライフ・プランナー事業を通じて同
     様の商品を日本、韓国及びその他の米国外の国の一般富裕層及び富裕層市場に提供している。ライフ・プランナー
     事業を通じた当社の米国外における業務開始は、次のとおりである。日本:1988年、台湾:                                                1990年、イタリア:
     1990年、韓国:1991年、ブラジル:1998年、アルゼンチン:1999年、ポーランド:2000年、メキシコ:2006年。当
     社も今後ターゲットとする国での高成長マーケットへの事業拡大の機会を追求する。
      2014  年12月31日に終了した年度については、当社の日本におけるライフ・プランナー事業並びにジブラルタ生命

     事業は、国際保険セグメントの純保険料、契約賦課金及び報酬収益のそれぞれ36%及び52%に相当し、総額では、
     金融サービス事業の純保険料、契約賦課金及び報酬収益の40%に相当した(加重平均月次換算レートで換算)。
      上記事業に加えて、2014年12月31日現在、当社はインドで、現在インドの規制で許可されている最大持分である

     26%の持分を有する生命保険合弁事業を設立した。また、当社はマレーシアにおける生命保険事業に対して70%の
     持分を有している。
                                  51/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の各営業拠点は、アジア、ラテン・アメリカとニュージャージー州ニューアーク市に本部を置く、上級役員
     の監督下で地域管理販売チームを中心に独立ベースで管理している。営業にはそれぞれ、独自のマーケティング、
     保険引受、保険金支払、投資運用及び保険統計機能をもたせている。更に、一般勘定投資ポートフォリオの大半は
     当社のアセット・マネジメント部門が主に国際投資子会社を通じて運用している。業務は政府機関が発行する債券
     など、地元通貨建ての有価証券に主として投資している。事業規模が大きくなれば、米ドル建ての商品をサポート
     し、当社の外国為替ヘッジ戦略の一環として、主に米ドル建て投資商品などを含む、多様化した中身のポートフォ
     リオとなる。ジブラルタ生命事業は、オーストラリア・ドル建て投資商品を有し、当該為替にて発行された商品を
     サポートしている。
     スター生命及びエジソン生命事業の買収

      2011  年2月1日に、当社は、アメリカン・インターナショナル・グループ・インクからエイアイジー・スター生

     命保険株式会社(「スター生命」)、AIGエジソン生命保険株式会社(「エジソン生命」)及びその他の子会社
     (「スター生命及びエジソン生命事業」)を買収する取引を完了し、当社の日本の生命保険市場における規模は大
     幅に拡大した。スター生命とエジソン生命の会社は、2012年1月1日にジブラルタ生命事業と統合され、これらの
     会社の統合は完了した。
     競争

      日本及び韓国の生命保険市場は、成熟した市場であり、厳しい価格競争が存在する。当社は主に価格で競争する

     よりも、顧客のニーズに応じた販売、品質及び販売網の能力等の顧客サービス及び当社の財務体力で競争してい
     る。アジア諸国での高齢化により、商品開発の要求が高まっており、人口のうち退職年齢になる人が増える中、貯
     蓄と所得補償を可能にする保険商品が販売されている。複数の補完的な販売網を有していることは当社の強みであ
     る。しかし、販売人員及び第三者販売網の競争は極めて厳しいものである。
                                  52/742










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     商品
      当社の国際保険事業は、退職金及び貯蓄性商品の需要の拡大をサポートする商品として、主に現地通貨建ての、

     死亡保障を強調した様々な商品を提供している。当社は生命保険、傷害及び健康保険、退職金及び年金の4つのカ
     テゴリーに商品を分類しており、固定為替レートベースで、当社の2014年の年換算新事業保険料のそれぞれ56%、
     7%、19%及び18%に相当する。各商品カテゴリーの詳細は以下のとおりである。
      生命保険商品

      当社では、定額又は逓増保険や、定期又は終身の保険料支払いオプションを提供するなど、様々な伝統的な終身
     生命保険商品を提供している。また、当社では一定期間の保障を提供する逓増、逓減及び定額定期保険商品、並び
     に保障指向の変額ユニバーサル生命保険を提供している。これらの保険商品の一部は米ドル建てであり、一部の商
     品は死亡保険と一緒に健康保険又は貯蓄的な要素も加えた包括商品として販売されている。さらに、2013年10月1
     日までは円建ての一時払い保険料死亡保険金減額終身生命保険を販売していた。当該商品の保険料は当社の2013年
     度及び2012年度の連結収益合計のそれぞれ約5%及び10%に相当する。
      傷害及び健康保険商品

      当社のほとんどの事業において、当社は固定給付金を伴う損害及び健康保険商品を提供しており、一部は貯蓄性
     の高い内容になっている。これらの商品は事故による死亡及び手足喪失、入院、手術、癌及びその他の致死性疾患
     に対する保険給付を提供しており、そのほとんどは特約として販売されており、独立した商品としては販売されて
     いない。また、顧客が該当する傷害を負った場合に保険料を免除する保険料払込免除の制度も提供している。
      退職金商品

      当社は養老保険、貯蓄変額ユニバーサル生命保険及び終身年金など、様々な退職金商品を提供している。養老保
     険は死亡又は保険の満期のいずれか早い時期に保険金額を支払う。変額ユニバーサル生命保険は顧客が選択した株
     式及び社債のポートフォリオに連動した金額保証のない保険金額を提供する。終身年金は、定期生命保険に類する
     保険による保障と、あらかじめ定められた年齢から開始する生涯所得を組み合わせている。
      年金商品

      年金商品は主にジブラルタ生命事業が販売している米ドル及びオーストラリア・ドル建ての定期年金商品であ
     る。円建て以外の商品は為替変動の影響を受けやすく、それぞれの国の金利レートの影響も受ける。当社の年金商
     品の大半     は、契約が満期まで保有されない場合には、市場価格の調整が要求される。
                                  53/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     マーケティング及びディストリビューション
      国際保険セグメントは複数の販路を通じて商品を販売している。これには、ライフ・プランナーとライフ・コン

     サルタントという2つのキャプティブ・エージェントが含まれ、また銀行や独立系代理店第三者販売網も含まれ
     る。当社のキャプティブ・エージェントの数については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績」「国際保険部門」の項を参照の
     こと。
      ライフ・プランナー

      当社のライフ・プランナー・モデルは、一般富裕層から富裕層の顧客及び中小企業にそのニーズに合わせた、保
     護指向型の生命保険商品を販売し、また中小企業に対して退職金関係の商品を販売し、当社が業務を行っている諸
     外国において当社を差別化するものである。当社の人材採用基準、教育プログラム及び保障パッケージこそ当社ラ
     イフ・プランナー・モデルのキーポイントであると考えている。これにより、ライフ・プランナー事業が各国の競
     合他社よりも高率のエージェント在籍率、エージェント生産性、契約継続率を誇ることができる。新たにライフ・
     プランナーを採用する際には大卒以上であること、生命保険販売経験がないこと、少なくとも2年の販売経験又は
     販売管理経験及び仕事の安定性と成功を求めるタイプであること等を一般的な基準としているが、これらに限定さ
     れていない。ライフ・プランナーの数は2014年及び2013年12月31日現在でそれぞれ7,352名と7,248名であった。
      ライフ・コンサルタント

      当社ライフ・コンサルタントは、当社のジブラルタ生命事業の提供商品を取り扱う独自の流通戦力である。この

     戦力は重点的に、特にアフィニティー・グループとの関係を通じて、主に日本の広範囲の中流所得層を対象に保障
     型商品を提供している。ライフ・コンサルタント事業は変額報酬制度に基づいており、当該制度は、ライフ・コン
     サルタントの在籍率、生産性の向上を図るとともに、当社のライフ・プランナー事業における保障プランにも類似
     させたものである。日本におけるライフ・コンサルタントの数は、2014年及び2013年12月31日現在でそれぞれ
     8,707名と9,327名であった。
      銀行の販売網

      当社のジブラルタ生命事業は、2006年より銀行販売網を通じて販売している。銀行販売網の販売は主に貯蓄性の

     ある商品、退職後の所得補償保険、並びに主に米ドル及び豪ドル建ての固定年金商品などの早期の死亡に対する保
     障を提供する商品だった。2012年から2013年9月30日までの当該販売網における販売は、円建て一時払い保険料死
     亡保険金減額終身生命保険              に集中していた。銀行販売網は当社の中核的なライフ・プランナー及びライフ・コンサ
     ルタントを通じた販売網の補完的なものとしてとらえており、採算性のある成長に重点を置いて、有利な機会と判
     断したときには追求する。
                                  54/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      銀行販売網を通じた日本における売上の大部分は、単一の日本のメガバンクを通じたものである。しかし、当社
     は日本の4大銀行及び地方銀行とも提携しており、当社は引き続き当該販売網を通じた販売能力拡大の可能性を適
     宜追求する。
     独立系代理店販売網

      当社の独立系代理店販売網は、退職金給付のための保証商品及び高額解約返戻金商品を販売しており、保護、医

     療及び固定年金商品を含む様々な商品を、個人市場を通じて販売している。会計事務所、企業代理店及び独立系代
     理店を含むその他の独立系代理店関係の組み合わせにより多様性を維持し、個人及び法人市場に安定的に重点を置
     く。当該販売網において、販売人に質の高いサービスを提供することによって差別化を図っている。
     引受及び価格設定

      当社の国際保険セグメントは、一般的に商品提供や価格設定、サービス内容などに関して米国の保険規制よりも

     制限的な各地域の規制の適用を受けている。各国における国際保険の営業部門には、個々の保険契約のリスク引受
     に関する米国の慣行を調整適合させる引受部門を用意している。当社は、現地の規制によって許容される範囲にお
     いて、当社の商品の保険料及び契約賦課金を予定死亡数及び罹病給付、解約払戻金、費用、必要準備金、金利、契
     約の継続率及び保険料払込パターンに基づいて決定している。引受限度の設定にあたっては、それぞれの地域業界
     基準に配慮し、業界慣行とは異なる選択を回避するとともに、業界の動向に順応するよう努めている。また、各国
     営業部門の再保険業者とともに引受限度の設定を行っている。
      各国での類似の商品の価格設定は、商品ごとの目標利益率を一定して達成するよう設計されており、競争環境も

     これに貢献する要因である。当社の商品の収益性は、主に実際の死亡率及び罹患率と当初の価格設定の関連する仮
     定条件の差により影響を受ける。その結果、当社の商品の収益性は期間ごとに変動する可能性がある。実際の死亡
     率経験数値と当社の価格設定上の仮定条件の偏差は、当社の商品の収益性に悪影響又は有利な影響を与える場合が
     ある。
     準備金

      当社では、将来の契約者保険金・給付金及び費用について、U.S.GAAPに基づき準備金を設定している。当社のこ

     れらの準備金は、運用利回り、保険の継続率、経費、死亡率及び罹患率、                                      不測の事態に対する          に対する引当金など
     をしかるべく想定し、これに基づいて適宜設定している。変額保険商品と金利感応型生命保険商品及び年金保険商
     品については、保険契約者預り金勘定として集金した累積預託金+                                   貸記された利息-          引出額、費用及び保険料コ
     ストなどの経費で設定している。
                                  55/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     再保険
      国際保険セグメントでは、厳選した第三者再保険業者に、当社の保険リスク(主に死亡率)のある部分に対し再

     保険をかけている。第三者再保険業者が何らかの理由により債務を履行できない場合には、当社が責任を負う。当
     社は、当該リスクを軽減するために、全社的に再保険会社の財務状況を分析し、信用リスクの集中を監視してい
     る。
                             全社及びその他事業

      全社及びその他事業セグメントには、当社の事業セグメント及び撤退事業(U.S.GAAPに基づき会計上非継続事業

     として取り扱われるものは除く)が含まれる。上記「事業の分割の廃止」のとおり、2015年1月2日より、クロー
     ズド・ブロック事業の業績は、特定の関連する資産及び負債と共に、「クローズド・ブロック部門」として報告さ
     れ、全社及びその他事業に含まれる撤退事業とは別に報告される撤退事業として扱われる。
     全社業務

      全社業務とは、主として(1)               ビジネス・セグメントに入れることができない自社資本の投資収益、(2)                                      事業セグ

     メントに割り当てることができない投資収益で、デッド・ファイナンス投資ポートフォリオ及び税額控除投資を含
     むもの並びに他のセグメントが出資する税効果投資、(3)                              当社の自己資本要件及び関連金利費用を充足するために
     現在又は将来使用される借入資本、(4)                     事業セグメントに割当後の適格年金制度及びその他の従業員給付制度から
     の収益及び費用、(5)           事業セグメントに割当後の法人レベルの収益及び費用(コーポレート・ガバナンス、企業広
     報、慈善事業及び繰延報酬及び一定の臨時費用及び規制監督強化に関連する費用を含む)、(6)株式会社化前の契
     約者とのある種の債務、(7)当社の生命保険合弁事業及び中国における資産運用合弁事業の業績、(8)下記の資本保
     護の枠組の結果、並びに(9)その他のセグメントとの取引の影響が含まれる。
      全社業務には当社の資本保護の枠組に関連する業績が                            含まれ   、当社の     資本管理戦略の一部として採用している。

     当該枠組は当社が貸借対照表上の資本を有している様々な市場関連のストレスによる資本に対する影響と、確実な
     資金源の維持を考慮している。                以下の取り組みが含まれる。
                                  56/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      ・ 当社の資本ヘッジ・プログラムは、ストレス・シナリオにおける当社全体の法定資本に関する株式市場の
         リスクに幅広く対応している。
      ・ 当社の変額年金商品に関連する一定のリスクを保証する、生前給付ヘッジ・プログラムの資本に対する影

         響の可能性。生前給付ヘッジ・プログラムの業績は、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成績及
         びキャッシュ・フローの状況の分析」「米国退職金ソリューション・投資運用部門」「個人年金」の項に
         記載するとおり、当社の個人年金セグメントに計上されている。
      ・ ストレス・シナリオにおける、金融サービス事業の様々な事業に関連する資本市場リスク(主に一定の変

         額年金生前給付特約に関する保証)を全額ヘッジしないことによって、当社の金利リスクの一部を管理す
         るという当社の決定による資本に対する影響の可能性。この結果については「第3 事業の状況」「7 
         財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「全社及びその他事業」の項を参照のこと。
      当社はこれらのヘッジ・プログラムの構成を継続的に評価し、当社のリスク・ポジションの評価やその他の要因

     に基づき随時変更する。当社の資本保護の枠組の詳細については、「第3 事業の状況」「7 財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「流動性及び資本資源」「資本」「資本保護の枠組」の項を参照のこ
     と。
     撤退事業

      撤退事業には、当社が売却した若しくは今後売却した事業(縮小対象の事業を含む)で、U.S.GAAPが定める「非

     継続事業」の経理処理に該当しない事業の業績が含まれる。当社ではこの撤退事業の業績を調整済事業収入からは
     除外している。調整済事業収入の説明については、連結財務書類の注記22を参照のこと。
      長期介護保険         2012  年3月、当社は個人長期介護保険の販売を打ち切り、2012年7月、当社は、2012年8月1日

     付又は特定の州法により義務付けられるそれ以降の日付で団体長期介護保険の販売を中止する決定を公表した。契
     約内容によって新規契約を受け付ける一部の例外を除き、当社は、2013年6月30日をもって、団体長期介護保険商
     品ラインの新規申込受付を打ち切った。
      当社では、      将来の契約者保険金・給付金及び費用について、U.S.GAAPに基づき準備金を設定している                                              。当社のこ

     れらの準備金は、死亡率及び罹患率、保険の継続率、経費及び利率などをしかるべく想定し、これに基づいて設定
     している。      また当社の仮定条件には、想定される                    保険料の引き上げのタイミング及び金額の最良推定値も考慮して
     いるが、州の承認が必要である。準備金には既報告未払損害及び既発生未報告損害が含まれる。
                                  57/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     住宅用不動産仲買フランチャイズ及びリロケーション・サービス
      2011  年に、当社は住宅用不動産仲買フランチャイズ及びリロケーション・サービスをブルックフィールド・ア

     セット・マネジメント・インクに売却し、実質的には撤退しているが、限定された数の不動産仲介フランチャイズ
     に債券投資や株式投資を行っている金融子会社の所有権は留保した。
     損害保険

      2003  年、当社は損害保険事業をリバティ・ミューチュアル・グループに売却した。当社は、同社が保有を希望し

     ない特定の資産及び損害リスクにかかる不利な保険金増加額について、同社を再保険にかけている。当社は、現在
     入手可能な情報に基づき、当社が再保険契約上負担すべき残存する損害保険義務を履行するために十分な準備金を
     備えていると考えている。
     個人健康保険及び就業不能保険

      当社は1992年に個人の所得補償保険の引受を終了し、翌年には入院費保険及び主要な医療保険の引受を終了し

     た。当社の個人の所得補償保険の大部分は解約不能である。しかし、当社は1999年7月にこれらのすべての保険に
     ついて再保険契約を締結した。入院費保険及び主要な医療保険については、1997年医療保険の携行性と責任に関す
     る法律が更新を保証している。一定の状況において、州の規制当局から適切な承認を取得した上で、請求額を支払
     うために保険料が不十分であったことを説明することができれば、これらの保険についての保険料を変更すること
     が許可される。当社では、将来の契約者保険金・給付金及び費用について、U.S.GAAPに基づき準備金を設定してい
     る 。
     その他

      上記の事業に加え、撤退事業の業績には以下のものが含まれている。

      -2013年7月1日に、当社はウェルス・マネジメント・ソリューション・ビジネスをエンヴェストネット・イン

       クに売却した。契約上の売却条件が履行されるまでは、これらの事業との関係は引き続き継続する。
      -2008年に、財務アドバイザリー事業から撤退することを発表し、当該事業は2009年12月31日に売却された、リ

       テール証券仲介及び決済事業合弁会社に対する投資から構成されていた。当社が出資した合弁会社に関する事
       業の一部の費用は、主に訴訟及び規制の問題から留保された。
                                  58/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      -当社は1990年代初頭から、米国において積極的に再保険市場において活動していない。しかしながら、再保険
       協約の条件に基づき、当社は引き継いだ個人生命保険契約についての死亡率リスクを引き続き負担している。
       更に、当社はカナダにおいて、プルデンシャル・オブ・アメリカ・ライフ・インシュアランス・カンパニー
       (「PALIC」)を通じて個人生命保険を販売していた。2000年に、当社はPALICに対する持分を売却し、再保険
       協約の条件に従ってPALICが販売し、当社が引き継いだ一定の個人生命保険契約についての死亡率リスクを引
       き続き負担している。当社では、将来の契約者保険金・給付金及び費用について、U.S.GAAPに基づき準備金を
       設定している。2014年12月31日現在、正味リスク負担額は15百万ドルであった。
                               非継続業務

      非継続業務は、U.S.GAAPに基づき「非継続業務」として会計処理することのできる業務及び直接の不動産投資の

     業績を反映している。「非継続事業」の新たなガイダンスに関連する詳細については、連結財務書類の注記2を参
     照のこと。
                           クローズド・ブロック事業

      2001  年の株式会社化に関連して、当社では保険加入者が業績を反映した加入者配当を受け取ることができる国内

     の配当付き個人向け生命保険商品及び年金商品の提供を中止した。したがって、現在効力を有する当社個人向け配
     当付き生命保険商品に対する債務は、これら商品に関わる給付金、加入者配当、経費、税金の支払に専ら充てられ
     る資産とともに、「クローズド・ブロック」へと分離した。当社は、経費及び税金並びに契約者給付金の支払を行
     うために、かつ、2000年に実施された保険契約者配当の基礎となった経験率が継続するものと仮定して、当該保険
     契約者配当と同等の配当を継続して支払うために、クローズド・ブロックの存続期間中に、クローズド・ブロック
     の収益と併せて十分なキャッシュ・フローを生むと予測されたクローズド・ブロック資産の金額を選定した。また
     会計目的上、株式会社化の時点でクローズド・ブロックに含まれる商品に関連する資本要求を満たすべく、クロー
     ズド・ブロック外で保持する必要のあった「剰余金及び関連資産」についても、その分離を行った。株式会社化後
     に販売された新規保険契約はクローズド・ブロックに付加されることはないので、当社が保険加入者給付を全額償
     還するにつれて、現行の業務は減少していくものと思われる。また当社業務のクローズド・ブロックと称される部
     分は、他の業務が成長するにつれて減少していくものと期待される。クローズド・ブロックはクローズド・ブロッ
     ク事業の主な構成要素であった。2014年12月31日現在、クローズド・ブロック事業の帰属資本は当社の帰属資本総
     額の2%に相当する。クローズド・ブロック事業の説明については、上記「概要」の項を参照のこと。2014年12月
     31日以降に開始する報告期間については、金融サービス事業とクローズド・ブロック事業の区分は廃止される。ク
     ローズド・ブロックの業績は、特定の関連する資産及び負債と共に、「クローズド・ブロック部門」として報告さ
     れ、当社の調整後営業利益の定義に基づく撤退事業として取り扱われ、他の撤退事業とは別に報告される。
                                  59/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      連結財務書類の注記12にあるとおり、クローズド・ブロックの業績が当初資金調達で想定していた仮定よりも良
     好又は不調である範囲内において、将来、クローズド・ブロックの契約者に支払われる総配当額は、2000年に実施
     された保険契約者配当が継続すると仮定した場合に契約者に支払われる総配当額より増減する場合がある。仮定さ
     れた金額を超過したキャッシュ・フローは、保険契約者配当金の一環としてクローズド・ブロックの契約者に対し
     て長期間にわたって分配され、株主に対して支払われることはない。これらの超過キャッシュ・フローについて保
     険契約者配当準備金が設定されている。毎年、プルデンシャル・インシュアランスの取締役会は、クローズド・ブ
     ロック事業の経験率(投資収益、実現・未実現投資利益純額、死亡経験率及びその他の要因を含む)に基づき翌年
     に利益配当型保険契約に対して支払われる配当を決定する。「クローズド・ブロック事業の収入・損益・総資産」
     については、連結財務書類の注記22を参照のこと。
       当社の戦略は、保険加入者給付金の全額支払が進むにつれてこれが徐々に減少する間に、当社の組織変更計画

     に従い、クローズド・ブロックを維持することである。当社はニュージャージー州銀行保険局コミッショナーによ
     る組織変更計画の事前の承認に基づいて、クローズド・ブロック契約に基づくリスクの全部若しくは一部を第三者
     に譲渡する契約を締結することを許されている。
      2014  年12月31日まで、クローズド・ブロックに関連する長期リスクの90%について再保険契約を締結し、このう

     ち17%はプルデンシャル・ファイナンシャルの関連会社                             が引き受けていた。また、当社は                 クローズド・ブロックの
     保険契約に関連する短期リスクの90%について再保険契約を締結し、プルデンシャル・ファイナンシャルの関連会
     社 が引き受けており、関連会社ではない金融機関によるL/Cファシリティによって補助されていた(これらの取決
     めを総称して「再保険協約」という。)これらの短期リスクは、契約者配当の調整の結果、時間の経過により回収
     されることが見込まれるクローズド・ブロックの死亡率経験数値の変動の影響を表している。再保険協約は、ク
     ローズド・ブロックからの短期的な剰余金の変動及びプルデンシャル・インシュアランス内部におけるリスクベー
     スの自己資本規制を緩和することを意図したものであり、これにはクローズド・ブロックの投資ポートフォリオに
     おける未実現時価評価損失の影響によるボラティリティが含まれる。クローズド・ブロック事業の再保険協約の結
     果は2014年12月31日までは金融サービス事業の全社及びその他事業において報告されていた。これらの再保険協約
     の会計処理については、連結財務書類の注記13を参照のこと。
      2015  年1月1日からは、これらの再保険協約を戻し入れ、プルデンシャル・インシュアランスの100%子会社で
     あるプルデンシャル・レガシー・インシュアランス・カンパニー・オブ・ニュージャージー(「PLIC」)と再保険
     契約を締結し、当該契約に基づき、プルデンシャル・インシュアランスはクローズド・ブロックの実質的にすべて
     の未決済負債を、PLICの法定保証付分離勘定に主として共同保険方式で出再した。PLICとの再保険契約に基づき、
     クローズド・ブロックの約570億ドルの資産がPLICに移管された。クローズド・ブロックの保険契約及び年金契約
     が参加型であることから、クローズド・ブロック事業の実績は、最終的にはその都度年次契約者配当金の額の調整
     を通じて、保険契約者及び年金契約者に転嫁される。したがって、保証付分離勘定に移管した資産の額が不足する
     ことにより、PLICが再保険契約に基づき損失を被る可能性は非常に低いと考えている。
                                  60/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                               無形知的財産
      当社は、必要に応じて連邦政府のビジネス手法特許を申請し、企業秘密を管理することにより、当社の金融サー

     ビス商品の革新を獲得し、保護する。                    当社では、特に、「プルデンシャル」、「プルデンシャル・ファイナンシャ
     ル」、「プルデンシャル」のロゴ及び「ロック」のシンボルを含む、連邦、州、コモンロー及び諸外国の多数の
     サービスマークを使用している。当社の多数の特許及び企業秘密、サービスマークに関連する営業権は、米国にお
     いては有意で競争力のある資産であると考えている。
      2004  年4月20日に、当社と関連が全くない英国のプルデンシャル・ピーエルシーと「プルデンシャル」及び「プ

     ル」という名称を世界中で使用するそれぞれの権利に関する契約を締結した。当該契約は「プルデンシャル」及び
     「プル」の名称及び印の当社の使用に関して、米国を除く欧州及びアジア地域のほぼ全域で制約が設けられてい
     る。このような制約がある地域では、当社は「ロック」のシンボルと代替的な文字マークとを組み合わせている。
     当社としては、これら制限によって当社が国際的に営業し、発展していく上で重大なる影響が生ずるものでないと
     考えている。
                                 競争

      当社のビジネスはいずれをとっても、米国内及び海外の保険会社、資産運用会社、多様な金融機関との激しい競

     争に直面している。当社の競争相手は多くの場合、規模が大きく安定企業であるばかりか、中にはより高い市場
     シェア若しくは販売網の広さを有するもの、幅広い商品、サービス及び機能を提供するもの、より高いレベルのリ
     スクを引き受けるもの、より低い収益性の見込みのあるもの、財務力格付や信用の格付が当社よりも高いものすら
     ある。当社はブランド知名度、サービスの質、投資助言の質、当社商品の投資業績、商品の特徴、流通範囲及び販
     売網の配置、価格、リスク管理能力、資本運用能力及び財務力格付や信用の格付といった各種要因によってビジネ
     ス競争を戦っている。これら要素の相対的重要性は、それぞれの商品、サービスや提供する市場ごとに変動するも
     のである。競争の環境は、現在、また今後も、当社及び競合他社に適用される様々な規制の枠組によって影響を受
     ける。
      当社の業務では、人材獲得競争が激しい。これは当社の業務執行役員及び経営陣、プルデンシャル・エージェン
     ト、ライフ・プランナー、ライフ・コンサルタント及びその他の販売要員、投資マネージャーなどについていえる
     ことである。通常のビジネスでは、時が経過するにつれ、十分な教育訓練を投入してきた人材を失うことがある。
     当社では、保険エージェント及び従業員の採用と残留を促し、エージェントの生産性を向上するために相当の努力
     をしている。また、望ましい系列外の販売網の獲得競争も激しい。
      当社の商品及びサービスの競争に影響を与えるその他の要因については、上記の各事業セグメントの説明に記載
     するとおりである。
                                  61/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                 規制
     概説

      当社のビジネスは、包括的な規制及び監督を受けている。これら規制が目指すところは、必ずしも当社の株主又

     は債権者の保護ではなく、当社の顧客と金融システム全体の保護である。当社が適用を受ける法律規則の多くは定
     期的に再吟味される。また既存の法律規則又は将来の法律規則が当社の業務又は収益性に対し制限を強めたり、別
     の形で悪影響を及ぼしたりすることもありうる。金融市場の混乱によって、下記のドッド・フランク金融制度改
     革・消費者保護法(「ドッド・フランク法」)を含む、当社の米国及び国際的な事業に適用する現行の法規及び規
     制体系は広範囲にわたり変更されており、今後も変更される可能性があると考えている。
     プルデンシャル・ファイナンシャルに影響を及ぼす規制

      プルデンシャル・ファイナンシャルは、当社のあらゆる業務の持株会社という立場にあり、ドッド・フランク法

     に基づく「指定金融機関」として連邦準備制度理事会(「FRB」)の監督の対象となっている。プルデンシャル・
     ファイナンシャルは適用される保険法に基づき、保険持株会社として規制の対象となっている。株式公開企業とし
     て、プルデンシャル・ファイナンシャルはSEC及びNYSEの情報開示、証券取引、会計及び財務報告並びにコーポ
     レート・ガバナンス等に関する上場会社に一般的に適用される法令に従うことが要求される。
     ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法

      金融危機に対する連邦政府の反応の一環として、ドッド・フランク法が2010年7月に成立した。ドッド・フラン

     ク法は、既存の及び新規に設立された政府機関及び政府関係機関に対し、当該法律を検討し、当該法律を補足する
     ための規制の公布を求めており、当該プロセスは現在進行中であり、今後も続くものと予想されている。ドッド・
     フランク法により、当社は、主に下記に説明する「指定金融機関」として、多数の追加の連邦規制の対象となる。
     当社は、検討結果又は今後採用される規制の要件、又はドッド・フランク法及び当該規制が金融市場全体に与える
     作用、当社の事業、信用格付・財務力格付、業績、キャッシュ・フロー若しくは財務状況に与える影響、又はそれ
     らが当社に推奨可能にする若しくは要求する追加資本又は流動資産の保有又は調達について、正確に予想すること
     はできない。
                                  62/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     指定金融機関としての規制
      ドッド・フランク法は金融安定化評議会(「カウンシル」)を設立し、カウンシルは、当社の深刻な財政難又は

     事業活動が米国の金融安定に対する脅威となりうると判断した場合には、当社等のノンバンク金融会社(「指定金
     融機関」)により厳格な健全性基準を適用し、FRBの監督下に置く権限を有する。2013年9月に、カウンシルはプ
     ルデンシャル・ファイナンシャルが「指定金融機関」であるとの最終判断を下し、その後のアニュアル・レビュー
     に基づき、当該指定を維持することを2014年11月に票決した。指定金融機関として、当社はボストン連邦準備銀行
     の監督及び検査の対象となり、リスクベース資本、レバレッジ、流動性、ストレス・テスト、全体的なリスク管
     理、決議計画、早期是正措置、経営陣の兼任及びクレジットの集中等に関する要件や制限を含む、又は含むことと
     なる、より厳格な健全性基準の対象となる。また、資本、開示、短期借入金の制限及びその他の関連する事項につ
     いて、FRB及びカウンシルの裁量による追加的な基準が含まれる場合がある。
       -  ドッド・フランク法は、指定金融機関及び一定の銀行持株会社について、FRBがリスクベース自己資本、

         レバレッジ及び流動性に関してより厳しい要件及び制限を課すことを要求している。2014年2月に、FRB
         は 連結総資産500億米ドル(場合によっては100億米ドル)超の                               銀行持株会社及びこれらの基準及びその他
         の健全性基準を実施している一定の外国銀行に関する最終規則を承認した。                                       最終規則には、以前最終決定
         され、米国の銀行持株会社については実施されていた、強化された健全性基準の一部が組み込まれてお
         り、これには最低レバレッジ及びリスクベース自己資本規制、                                自己資本比率基準を満たすことができるこ
         とをFRBに示すため、年間資本計画を提出すること、及びストレスのある状況                                        及びストレス・テスト要件
         等が含まれる。最終規則はプルデンシャル・ファイナンシャルなどの指定金融機関には適用されない。
         ドッド・フランク法は個別に又は会社の分類によって、強化された健全性基準の適用方法を適合すること
         をFRBに許可しており、FRBは指定金融機関のビジネス・モデル、資本構造及びリスク・プロファイルを評
         価した上で、強化された健全性基準をどう適用するかを決定し、そして、該当する場合には、命令又は規
         則によって、指定金融機関に関するこれらの基準の適用を適合させることを示した。FRBは、ドッド・フ
         ランク法によって要求される強化された健全性基準を適用する際には、銀行持株会社及び保険会社を含む
         指定金融機関の違いを考慮する予定であることを示した。FRBがこれらの健全性基準を指定金融機関であ
         る当社にどのように適用するか、またプルデンシャル・ファイナンシャルに関して最終的に採用又は命令
         された健全性基準の適用がいつ開始されるのかということを予測することはできない。
                                  63/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ドッド・フランク法の第171条(コリンズ修正条項)は、指定金融機関について、付保預金取扱金融機関に
         一般的に要求されている要件と同等以上、及び付保預金取扱金融機関について2010年7月21日現在有効な
         要件を量的に下回らない自己資本比率規制の対象とすることを定めている。2013年7月に、FRBは、現行の
         一般的なリスクベースの自己資本比率規制と比べ、銀行持株会社に適用されるリスクベースの自己資本比
         率規制を大幅に修正する、バーゼル銀行監督委員会が定めた合意に基づき、最終規則を承認した。当該規
         則には、規制資本の計算及び資産のリスク加重に影響を与える規制が含まれており、新たな最低リスク
         ベースの自己資本比率規制及びレバレッジ比率を設定し、資本保全バッファー及びカウンターシクリカル
         な資本バッファーを設定した。また、FRBは一部の大規模銀行組織について、流動性カバレッジ比率及び追
         加的なレバレッジ比率を提案した。最終規則は自己資本比率のリスク加重を判断する際に、外部の信用格
         付を使用することを排除した。指定金融機関は最終規則の直接的な対象となっておらず、主に保険事業を
         行っている預金及びローン取扱い持株会社を除外しているが、最終規則は、コリンズ修正条項に基づくプ
         ルデンシャルなどの指定金融機関の「最低水準」となる可能性があり、FRBが当社に最終的に適用する強化
         された健全性基準のベースとなる可能性がある。指定金融機関に関してFRBが定める自己資本比率規制がど
         のような内容になるか、また、当社にどのようにどの時期から適用されるかということは予測できない。
         2014  年に、当社は、保険引受業務を主に行っている指定金融機関及び貯蓄金融機関持株会社に対して、改
         正された自己資本比率規制の枠組が与える影響を評価するためのFRBによる影響額の検討に参加した。
         議会は、FRBが監督する保険会社(プルデンシャル等の指定金融機関を含む)の最低レバレッジ自己資本規
         制及び最低リスクベース自己資本規制を定める際に、一定の保険業務を当該要件から除外することを許可
         することを明確に定めるため、コリンズ修正条項を修正した。FRBが監督する保険グループの自己資本比率
         規制について、この権限を使用するか、又はどのように使用するかということは予測することはできな
         い。
       ・指定金融機関に指定された場合、当社が連結ベースで不利な経済環境に起因する損失を負担する上で必要

         な資本を有しているか否かを判断するため、FRBとの協議の下に実施するストレス・テストの対象となる。
         当社はFRBが行う年次ストレス・テストに従う必要があり、FRBが定める年次及び半期の内部ストレス・テ
         ストを実施しなければならない。2012年10月にFRBが発行した最終的な規制に基づき、指定金融機関は、上
         記のFRBの最低自己資本比率規制の対象となった年の翌年からこれらの条件に従うものとするが、FRBはそ
         の裁量で実施日を早め、又は延期することができる。最終的な規制は標準的なシナリオ、不利なシナリオ
         及び非常に不利なシナリオの使用を要求している。FRBは年次の内部ストレス・テストに利用するシナリオ
         を提供するが、半期の内部ストレス・テストについては会社独自のシナリオの策定が要求される。FRBは、
         指定金融機関に関するストレス・テストの条件を会社別又は分野別に調整する可能性も示している。当該
         ストレス・テストの結果の概要は公表しなければならない。当社についての最終的なストレス・テストの
         内容、実施方法及び開示方法について予測することはできない。また、当該ストレス・テストによる当社
         の事業慣行の変更、若しくは監督機関、格付機関、顧客、取引先若しくは投資家による当社の財務力の認
         識の変化の有無を予想することはできない。
                                  64/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ ドッド・フランク法が定めるとおり、FRBは指定金融機関の財政難に対する「早期是正措置」体制の設立す
         るための規制を定めることを求められており、定義された財政条件を満たせない場合(一定の自己資本比
         率、流動性措置及びその他の将来の見通しに関する指標)FRBによる是正措置の対象となり、会社の財政状
         況が悪化する中でその内容はより厳重なものとなる。財政難の度合いにより、かかる是正措置には資本調
         達要件、関連会社との取引の制限、経営陣の交代及び資産の売却などが含まれる。さらに、ドッド・フラ
         ンク法は、指定金融機関が              米国の金融安定に対する脅威となりうると                      カウンシルが       判断した場合、規制案
         は、当該指定金融機関は15対1の債務自己資本比率を維持することを定めている。
       ・ ドッド・フランク法は、指定金融機関が、当該指定金融機関の株式資本及び剰余金の25%を超える与信を

         関連会社以外の者に対して有することを禁止する規則を設けることをFRBに要求している。
       ・深刻な財政難が発生した場合には、当該財政難を迅速かつ秩序ある方法で解決するために、当社は指定金

         融機関として、FRB及び            連邦預金保険公社(「FDIC」)に対し年次計画書を提出し、重大な事由が発生した
         場合には、定期的に報告することが義務付けられている。当社は最初の解決策を2014年6月30日に提出
         し、次回の解決策は2015年12月31日までに提出する。2015年中、深刻な財政難が発生した場合に当社がリ
         スクを軽減し、流動性及び資本を保全又は回復するために当社が取り得る措置について説明した、再生計
         画をFRBに提出しなければならない。
       ・指定金融会社として、プルデンシャル・ファイナンシャルは金融事業を行っている一定の会社の買収につ

         いて、FRBから事前の承認を得なければならない。
       ・カウンシルは、州の保険監督機関又はその他の監督機関に対し、当社又はその他の保険会社又は金融サー

         ビス会社が従事する活動又は慣行について、新規又は強化された基準及び保護条項の適用を提言すること
         ができる。当社は、かかる提言の有無、又はかかる提言が当社の事業、業績、キャッシュ・フロー又は財
         務状況に与える影響について予想することはできない。
       ・指定金融機関として、当社はヘッジ、プライベート・エクイティ及びその他の保証対象ファンドについて

         の自己勘定取引、スポンサーシップ及び投資について、追加的な自己資本比率規制及びその他の規制の対
         象となる。
                                  65/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     ドッド・フランク法に基づくその他の規制
       ドッド・フランク法が当社に与えるその他の主な影響には、以下のものが含まれる。

       ・ドッド・フランク法により、店頭(OTC)デリバティブ市場の規制に対する新たな枠組が創出され、デリバ

         ティブを様々な目的(ヘッジ金利、外貨及び株式市場リスクを含む。)で利用する、プルデンシャル・グ
         ローバル・ファンディング・エルエルシー(「PGF」)、プルデンシャル・ファイナンシャル及び当社の保
         険子会社の活動に影響が及ぶ可能性がある。ドッド・フランク法は、通常、CFTC又はSECのスワップの範囲
         に関する決定に従い、非金融エンドユーザーを除くすべての取引相手とのスワップを、集中管理された取
         引所又は規制下のファシリティを通じて実施し、また、規制下の手形取引所において決済するよう求めて
         いる。CFTCは、一定の種類のスワップ(一定の種類の金利スワップ)について、清算機関の利用を義務付
         けることを決定した。将来的には、他の種類のスワップもこの規制の対象となることが予想されている。
         2013年4月に、CFTCは、法人グループ内の一定の関係会社を、上記の決済要件から除外する規制案を採用
         した。この除外は、書類作成及び報告に関する一定の条件を遵守することを条件として、PGF、当社及び当
         社の保険子会社の間で締結されたスワップについて適用される。最終的に採用される規制案がどのような
         ものになるのかは予想することはできない。SEC及びCFTCは、スワップを定義した規則を決定し、「ステー
         ブル・バリュー型(確定利回り型)契約」がスワップとして扱われるべきか、またスワップとしてどのよ
         うに扱われるべきであるかを決定することを求められている。当社は安定的価値契約がスワップとして扱
         われることはないと考えているが、当社の保険子会社が提供する各種商品がスワップとして扱われる可能
         性がある。スワップとして規制を受ける場合、当社は、当該規則がかかる商品に対してどのように適用さ
         れるのかについて、また、当該規則の適用がかかる商品の収益性又は顧客に対する商品の魅力に与える影
         響について予想することはできない。さらに、OTCデリバティブについての証拠金規定額は採用されず、当
         社に適用される証拠金規則は既存のOTCデリバティブ契約に基づく担保差入に関する要件より負担が重いも
         のになる可能性がある。当社は、追加的な規制当社のヘッジ費用、ヘッジ戦略若しくはその実施に与える
         影響、又は当社がヘッジしないリスクの構成の増加及び/若しくは変更の必要性若しくは選択の有無につ
         き、予想することはできない。
       ・ドッド・フランク法により、財務省内に、財務長官の任命する局長が率いる連邦保険局(「FIO」)が設立

         された。保険事業に対する監督又は規制に関する権限は有しないものの、FIO局長は、保険に関連して各種
         役割を果たす。これには、カウンシルにおける議決権を持たないメンバーとしての役割及び保険会社につ
         いて実施されるストレス・テストの適用についてFRBと連携する役割が含まれる。ドッド・フランク法に基
         づき、2013年12月12日に、FIOは米国における保険規制システムの改革・改善方法についての報告書を発行
         した。当該報告書において、FIOは州の保険規制当局との連携と、いくつかの保険規制に関する問題点及び
         責任に関する州の保険法の調和を提唱し、また保険規制の一部の領域においては、連邦政府が直接介入す
         ることを提案した。
                                  66/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ドッド・フランク法第2章では、金融会社が、当該会社が債務不履行状態にあるか又はその危険性があ
         り、米国の金融の安定にシステミック・リスクを与えているとの決定(米国における最大の子会社が保険
         会社である(これは、プルデンシャル・ファイナンシャルにあてはまる。)場合には、FIO局長の承認を必
         要とする。)に基づき、FDICを破産管財人とした連邦倒産法によらない清算プロセスの対象となる可能性
         のある旨が規定されている。プルデンシャル・ファイナンシャルが当該手続の対象となった場合、当社の
         米国内保険子会社は、引き続き州法に基づく会社更生及び清算の対象となる。但し、FDICは、州の保険監
         督機関がシステミック・リスクの特定から60日以内に適切な法的措置を講じない場合、州法に基づき保険
         会社の整理を開始する裁量及び権限を有する。しかしながら、金融業務に従事する当社の米国内非保険子
         会社は、あらゆる特別清算プロセスの対象となる可能性がある。
       ・ドッド・フランク法には、証券法の各種改正が含まれており、これにより当社の事業慣行、並びに負債及

         び/又はそれに関連するエクスポージャーが、以下のように影響を受ける可能性がある。2011年1月に、
         SECのスタッフは登録ブローカー・ディーラー及び一般投資家に個別の投資助言を提供している投資助言会
         社について、国として統一された受託者行動基準をSECが採用することを推奨する調査報告書を発表し、
         SECは引き続き検討している。
     国際的かつ包括的な規制のイニシアチブ

      米国におけるドッド・フランク法の採択に加え、世界各国の規制当局及び立法府は、積極的に金融危機の原因を
     検討しており、将来における同様の問題の発生を防止するための手段を模索している。当該作業の多くの点につい
     ては、G20加盟国の金融監督機関の代表者らで構成される金融安定理事会(「FSB」)がこれを主導している。
     G20、FSB及び関連当局は金融グループの監視、資本及びソルベンシーの基準、システミック・エコノミック・リス
     ク、役員報酬を含むコーポレート・ガバナンス、並びに金融危機への対応に関連する多くの課題に対処するための
     提案を行っている。
      2013  年7月18日に、FSBは当社をシステム上重要なグローバルな保険会社(「G-SII」)であると決定した。G-

     SII指定の年次再評価において、FSBは、2014年11月6日に、プルデンシャル・ファイナンシャルをG-SIIとして再
     度指定した。米国の金融規制当局はいくつかの規制上の目的を達成するために、当社に対する規制を強化すること
     が予想され、これには以下のものが含まれる。
      ・グループ全体での監督強化
      ・すべてのグループの事業活動に適用される基本的な自己資本比率規制(「BCR」)を含む自己資本比率規制の
       強化、追加的な損失吸収資本基準(2019年より実施予定)
      ・流動性計画及び管理の強化
      ・リスク緩和策の準備、及び回復策及び解決策の準備
      G-SII   に適用される方針は、それぞれの該当する法域における法律又は規則に基づいて実施される必要がある。

     G-SIIに指定されたことによる当社の事業に対する規制への影響を予測することはできない。
                                  67/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      FSB  の指導に従って、保険監督者国際機構(「IAIS」)は国際的に活動している保険グループ(「IAIG」)につ
     いて、国境を越えた「グループ全体としての監督」基準を考慮したモデル枠組(「共通の枠組」)を開発してい
     る。当社はIAIGに該当する。当社は、グローバルな資本基準を含む、共通の枠組の策定についてIAISを支援するた
     め、フィールドテストに参加した。2013年10月に、IAISは、IAIGに適用するリスクベースのグローバルに統一され
     た保険資本基準を2016年までに開発し、2019年より完全に実施する予定であることを発表した。2014年10月に、
     IAISは「基本的な自己資本比率規制」として知られるリスクベースのグローバルな保険資本基準の予備要素を発表
     し、FSBとG20は2014年11月にこれを支持した。2014年12月に、IAISは当初提案された基準について、パブリック・
     コメントを求めるための諮問書を公表した。G-SIIは、2015年より、国内のグループ全体の監督者の指示に従っ
     て、極秘の取扱いでBCRの結果を報告することが義務付けられる。機密報告期間の開始後に、BCRは引き続きIAISに
     よって修正、改良され、最終的な資本の枠組は2019年まで確定しない。
      さらに、IAISはIAIGの財政の安定を促進するために以下のことを推奨する。

      ・保険会社のコーポレート・ガバナンス及び統合的リスク管理の統一基準
      ・IAIGのグループ全体としての監督
      ・グループ全体のリスクを考慮したグループ自己資本充実度の評価の枠組
      ・保険グループに対する追加的な規制及び開示要件
      ・進行中の監督カレッジの設立
      また、共通の枠組は、全体的な財務健全性を監視し、管理するために、各IAIGに対し、グループ全体のリスク及

     び財務健全性の評価を行うことを要求している。現時点では、これらの要件が採用された場合、これによってどの
     ような自己資本規制、コンプライアンス費用又はその他の負担が追加されるかということを予測することはできな
     い。
      当社が事業を行う多数の法域における立法府及び規制当局は既に、G20及びFSBの提言に合致する形で、新たな法

     律及び規制の変更を導入している。これには、日本の金融庁(FSA)の保険持株会社の総合的な監視に関する提案
     が含まれる。また、欧州経済領域(EEA)の保険会社及び再保険会社の健全性基準について早くて2016年1月には
     施行されるソルベンシーⅡ指令(「ソルベンシーⅡ」)に基づく大幅な変更が予定されている。この新体制によ
     り、保険業界のソルベンシーの枠組と健全性体系の全面的な改正が行われ(特に最低資本金やソルベンシー要件、
     ガバナンスの要件、リスク管理と公共報告基準)、とりわけグループレベルでの監督メカニズムとなる。EEA内で
     確立した保険事業を有する当社のような欧州外の保険グループがソルベンシーⅡの実行により受ける影響は、現時
     点で判断することはできない。
                                  68/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      上記の条件及び進展は当社が当社の資本展開、事業の構成及び管理運営方法に影響を与える可能性があり、米国
     内外での事業展開にも影響を与える可能性がある。複数の法域における法律制定当局及び規制当局がこれらのイニ
     シアチブを同時に行うことにより、プルデンシャル・ファイナンシャル「グループ」に対して、一貫性を欠く、相
     反する規制が適用される可能性がある。
     その他の米国連邦規制

      米国の租税制度

      米納税者救済法(「救済法」)は2013年1月2日付けで成立した。救済法は、一定の納税者に適用されていた個

     別税率に関するブッシュ政権時代の減税を恒久的に延長し、高額納税者の税率を恒久的に引き上げた。高い税率
     は、年金と生命保険の価値の強化による課税繰延の利益を増加させる。救済法は現在の1名当たり5百万ドル(イ
     ンフレに連動)の遺産税の免除を恒久的なものとし、遺産税率の上限を35%から40%に引き上げた。
      救済法が施行されたにもかかわらず、個人及び法人の米国の税務は引き続き全般的に不確実である。ワシントン

     では引き続き税法改革の必要性が話し合われており、主に税率の引き下げと、一定の税務上の経費を削減又は排除
     することにより課税ベースを拡大すること等が話し合われている。一定の税務上の経費の削減又は排除により、当
     社の顧客にとっては、当社商品の魅力がなくなる可能性がある。議会が全体的な税制改革を行うか、またいつ行う
     かということ並びに当社及びその商品についての税制改革の影響は不明である。しかし、全般的な税制改革がなく
     ても、連邦政府の赤字により、議会が個人及び/又は法人に対売る税率を引き上げる法律を施行することにより、
     歳入を増やす可能性は高くなる。これは税率の引き上げや税制の変更により行うことができる。
      現行の米国連邦所得税法等は一般的に、実際に保険契約者又は受益者への支払がなされるまで、特定の保険契約

     者に対し年金保険商品及び生命保険商品の累積額に対する課税を延期すること、及び生命保険契約に基づき支払わ
     れた死亡保険金を課税対象から除外することを認めている。これに対し議会は、特定の年金商品や保険商品におけ
     る延納という便益を削減、削除する立法など、消費者にとっての年金、生命保険商品の魅力を削減、除去する立法
     を含め、遺産税の撤廃などを検討している。
      更に、法律又は規則の改正により、当社が支払う税額が変動する可能性があり、その場合、連結純利益に影響が

     出ることがある。例えば、米国財務省及び内国歳入庁は、規制によって、変額生命保険及び変額年金保険に関する
     受取配当金の控除(「DRD」)を決定する際に従うべき方法のガイダンスに取り組む意向である。DRDは、米国で課
     税対象となる配当金額を減額させるとともに、実際の税費用と連邦法定税率35%を用いて算出される予想金額との
     差異を構成する重大な要因である。過去数年のオバマ政権の予算案(予算教書)には、DRD金額の決定方法の変更
     案が含まれている。ガイダンス又は立法による当該削減の遡及的又は将来的な排除を含むDRDの変更は、実際の税
     費用を増加させ、当社の連結純利益を減額する可能性がある。
                                  69/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      更に、2016年度の予算教書には米国の多国籍企業に対する課税方法の変更及び連結資産が500億米ドルを超える
     保険会社を含む金融サービス会社に対する負債ベースの報酬の変更に関する項目が含まれていた。この種の規定が
     法律として施行された場合、当社が支払う税額は増加する。
      当社の事業に影響を与えうる税制及び規制によるリスクの詳細については、「第3 事業の状況」「4 事業等

     のリスク」の項を参照のこと。
      ERISA   (従業員退職所得保障法)

      従業員退職所得保障法(「ERISA」)は、民間雇用主と労働組合とが提案した、従業員給付制度に適用される包

     括的連邦法規である。ERISAの適用を受ける制度には、年金、利益配分制度や健康、生命、生涯制度を含む福祉制
     度などがある。ERISAの規定の中には、報告開示規則、制度受託者に適用される行動基準、利益相反に関わる取引
     や給付制度と利害関係者との間の取引の禁止(「禁止取引」として知られる)が含まれ、ERISAはまた民事刑事罰
     則施行制度などを規定する。ERISAによれば、当社の保険、資産運用及び退職金業務は、当社がERISAの受託者とな
     るようなサービスも含め、すべて、従業員給付制度にサービスを提供するものとなる。更に、ERISA制度に商品及
     びサービスを提供するビジネスに対するERISAの規制に加え、当社はこれら制度との取引についてERISAの禁止取引
     規則が適用される当事者であるとみなされる。このことは、たとえ利害関係者を生み出すことには無関係のビジネ
     スであっても、これら制度と取引を行う能力やこれら制度との取引が行われる条件に影響を及ぼすことになろう。
      2015  年初めに米国労働省(「DOL」)が規則の提案を発表することが予想され、当該提案が採用された場合に
     は、ERISAに基づく受託者による投資助言業に含まれる業務の範囲が大幅に拡大する。最終規則の範囲によって、
     当社のアドバイザー及び従業員がプラン・スポンサー、参加者及び個人退職積立金勘定(IRAI)契約保有者に対し
     て、非受託者として提供できる投資関連の情報及びサポートは、現在の法律で認められている範囲から大幅に限定
     される可能性がある。これは、当社が提供できるサービスのレベル及び種類に大きく影響する可能性があり、ま
     た、当社及び当社のアドバイザーが投資関連サービスについて受領する報酬及び手数料の性質及び金額に影響を与
     える可能性がある。新たな最終規則の具体的な内容及び範囲は現時点では特定することができない。
      アメリカ愛国法

      2001  年アメリカ愛国法は、マネーローンダリング禁止・金融透明化法規を含み、ブローカー・ディーラー業者

     や、保険会社を含むその他の金融サービス会社に適用される各種新法規の施行を命ずるものである。愛国法は、テ
     ロやマネーローンダリングに関わる可能性のある当事者を識別するにあたり金融機関、監督官庁、法律執行者の間
     における協力を推進することを目的としている。米国以外の国におけるマネーローンダリング禁止法には異なる、
     抵触する、若しくはより厳しい規定がある。顧客識別、疑わしい取引の監視と通報、監督機関や法律執行者からの
     情報提供要請への対応、他の金融機関との情報共有化など、金融機関にとって責務が増すため、社内慣行や処理手
     続、コントロール方法などの実行と維持が求められるようになった。
                                  70/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     持株会社の規制
      プルデンシャル・ファイナンシャルは、当社の保険子会社の組織が存在し、(これに該当する州は現在のところ

     ニュージャージー、アリゾナ、コネチカット及びインディアナである。)又は、ニューヨーク州のように商業上存
     在するものとみなされている州の、保険持株会社法の適用を受けている。この保険持株会社法は持株会者の直接、
     間接所有の各保険会社に対し、保険会社の事業所の所在する州の保険部に登録し、持株会社制度に含まれる企業の
     営業に関する財務その他の情報を毎年提出するよう求めている。一般的に、持株会社制度に規定される保険業者に
     影響を及ぼす取引は公正かつ合理的でなければならず、重要な取引の場合は、州の保険局に事前通知し、その承
     認、不承認を受ける必要がある。
      当社の米国における各保険会社が事業所を置いている州を含む多くの州には、保険業者又は保険業者の持株会社

     の直接的又は間接的な支配権変更について規制当局の承認を受ける必要があると定める保険法が存在する。当社に
     も適用されるこのような法律は、いかなる者といえどもプルデンシャル・ファイナンシャルの支配権、又は当社保
     険子会社の支配権を取得することを妨げている。但し、保険規制者に特定の情報を記載した弁明書を提供し、事前
     に当局の承認を得ている場合はこの限りではない。多くの州の州法に基づけば、保険会社又はその親会社の議決権
     株の10%以上を取得することは、反証はあるかもしれないが、支配権の変更と推定できる。したがって、事業所が
     所在する州の保険規制者の事前承認を受けずにプルデンシャル・ファイナンシャルの議決権株の10%以上を取得し
     た者は、上記の州法に違反していることになり、当該保険規制者からかかる株式の処分又は没収を求める若しくは
     かかる株式の議決権を無効にする強制命令が出されるか、又は当該保険規制者が決定するその他の措置が適用され
     ることになる。更に、州内に事業所を置いていないが営業を行っている保険会社の支配権変更については、州の保
     険局に対する事前通知を求める保険法のある州が多い。
      現在のところ、保険持株会社(プルデンシャル・ファイナンシャルなど)に関する保険の規制の範囲を拡大し、

     州の保険持株会社法を改正するいくつかの提案が行われている。全米保険監督官協会(「NAIC」)は、世界及び米
     国において採用するためのモデル法を公布し、現在の保険子会社に適用されている規制に加えて、一定の保険持株
     会社を監督するための「全グループ」の規制を公布した。モデル法の採用の時期とその内容は法域によって異なる
     が、モデル法の要点は次のとおりである:(1)保険会社のコーポレート・ガバナンスに関する統一基準、(2)保険持
     株会社の全グループの監督、(3)全グループのリスクを考慮した、リスクベース自己資本計算の調整、(4)保険持株
     会社の追加的な規制及び開示要件。現時点では、当該要件が採択された場合、当社に要求される追加の自己資本要
     件、コンプライアンス費用、又はその他の負担を、確信をもって予測することはできない。ニュージャージー州
     は、国際的に活動している保険グループの全グループの監督を許可する法律を採択した。
      2013  年10月より、国内及び海外の複数の保険規制当局は監督カレッジに参加し、FRBは2014年より監督カレッジ

     に参加した。監督カレッジの目的は進行中の監督の連携を推進し、当局間の情報共有を促進し、当社のリスク・プ
     ロファイルに関する各当局の理解を増進することである。
                                  71/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      この事前通知規定は州の保険局に支配権変更を認めない権限を与えているわけではないが、不当な市場集中など
     の特定条件が存在する場合などでは、関係州における規制措置を認めている。プルデンシャル・ファイナンシャル
     の支配権変更をもたらすおそれのある取引が将来行われるとすれば、取得前通知を定めた法律を採用している州で
     は事前通知を行う必要があるかもしれない。
      2012  年に、PB&Tは信託業に事業を制限し、プルデンシャル・ファイナンシャルはFRBの検査、執行、監督権限の

     対象となる貯蓄金融機関持株会社としての登録を抹消した。                               信託業のみを行う組織として、PB&Tは連邦準備制度理
     事会のクレジットラインへのアクセスはなく、商業貸付や当座預金口座の発行を許可されず、すべて又は実質的に
     すべての預金は受託者として受託した信託基金として受領する。PB&Tは連邦貯蓄組合として、通貨監督庁
     (「OCC」)の規制対象となり、当社がPB&Tの体力の源となるかということについて、当社はOCCの監督を受け
     る。また、当社は、ペンシルベニア州の法律に基づき設立され、州の認可を受けた信託会社であるプルデンシャ
     ル・トラスト・カンパニーを通じて信託サービスを提供している。
      連邦・州の銀行業務法の一般的な規定によれば、いかなる者も法律に基づく事前承認を得ずには、プルデンシャ
     ル・ファイナンシャルの支配権を取得できず、またPB&T又はプルデンシャル・トラスト・カンパニーのいずれかの
     間接的支配権を得ることができない。なお、プルデンシャル・ファイナンシャルの議決権株の10%以上を有する受
     益株主は支配権を有するものと、一般的に推定されるであろう。
     保険業務

      当社米国内保険業務全般は州の保険法の規制を受けるとともに、50州、コロンビア特別区、各準州、海外領土の
     保険局による監視も受けている。プルデンシャル・インシュアランスはニュージャージー州に拠点を置き、保険規
     制に関わる主務官庁はニュージャージー州銀行保険局である。当社の他の米国内の保険子会社を規制するのは、主
     としてそれぞれの事業所が拠点を置く州の保険部である。一般的に当社の保険商品は販売される州の保険規制に関
     わる当局による承認が必要である。当社の保険商品に本質的な影響を及ぼすのが、連邦及びいくつかの州の各税法
     である。
     州の保険規制

      州の保険当局は、下記項目を含む、保険業務のあらゆる側面に関する広範な行政権限を有している。

      ・ 取引のためのライセンス供与

      ・ エージェントの認可
      ・ 資産の法定余剰金への組み込み
      ・ 一定の保険商品に対する保険料率の規制
      ・ 保険証書様式の承認
      ・ 不公正な取引・不公正な保険金請求慣行の規制
      ・ 準備金要件及び支払基準の確立
      ・ 生命保険約款貸付に対する最大金利及び最少累積金額・解約金額の決定
      ・ 認可すべき投資その他の種類、金額、評価方法の規制。
                                  72/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      ・ 再保険取引の規制(キャプティブ再保険会社の役割を含む)
      ・ その他の事項
      州の保険法規は、当社の各米国保険会社に対し、営業を行っているすべての地域の州保険局に当局が規定する又

     は許容する会計基準、手続に従って連結財務書類を提出するよう求めており、各米国保険会社の営業及び勘定はい
     つでも、これらの当局による審査を受け入れるよう定めている。
      州の保険当局は、一般的に3年から5年に一度の割合で定期的に、それぞれの州に事業所を有する保険会社の帳

     票類、財務報告書、証券ファイル、市場の動きを審査している。この審査は一般的に、NAICが公表しているガイド
     ラインに基づき他州の保険局の協力を受けて実施される。2013年中、ニュージャージー州、アリゾナ州、コネチ
     カット州、インディアナ州及びアイオワ州の保険局は当社のすべての米国内の保険会社について、通常の検査の一
     貫として、2011年12月31日までの5年間について、リスクを中心に財務の検査を合同で行い、これを完了したが重
     大な欠陥は見つかっていない。
      財務に係る規制

      配当支払制限:         ニュージャージー州保険法及び各社が事業所を有する他州の保険法では、プルデンシャル・イ

     ンシュアランス及びその他の米国保険会社が支払う配当金額を規制している。追加の情報については、連結財務書
     類の注記15を参照のこと。
      リスクベース資本金:            保険業者の支払能力規定を強化すべく、NAICでは生命保険会社、健康保険会社、損害保

     険会社に対するリスクベース資本金要件実施のモデル法律を採用した。すべての州でNAICのモデル法律又は実質的
     に同等の法律を採用している。保険業者の法定資本が十分であるか否かを規制者が評価にあたって使用する危険負
     担(「RBC」)の計算方法は、会社の資産・負債、バランスシート外項目のリスク特性を測定するものである。通
     常、RBCの計算は、各種資産、保険料、請求、費用、準備金といった項目に一定の係数を適用して行う。所定のリ
     スクカテゴリー内では、これら係数は潜在リスクが大きい項目では高く、小さい項目では低くなる。RBC計算法が
     要求する法定資本を下回る保険業者は資本が十分でないとみなされ、不足レベルに応じて、いろいろな段階の規制
     措置の適用を受ける。
                                  73/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      保険準備金及び規制目的上の自己資本:                      各州の保険法では、当社に対し毎年準備金の適正度を分析するよう求
     めている。当社の生命保険会社の各任命保険計理人は、準備金に関連して当社が保有する資産と照らし合わせ、自
     社の準備金が契約上の債務及び関連費用に対し十分備えができている旨の意見書を提出しなければならない。
      2014  年2月に、ニューヨーク州金融サービス局(「NY                          DFS」)より、一部の変額年金商品について、ニューヨー

     クにおける法定準備金(再保険の適用クレジットを含む)の当社の計算方法に同意できないという通知を受けた。
     2014年度第4四半期中、当社はこれらの変額年金商品及び一定の生命保険商品の準備金の計算方法についてNY                                                         DFS
     と合意に達した。その結果、ニューヨークで認可を受けている当社の保険子会社は、ニューヨーク州法の定める方
     針に基づき、追加の法定準備金を準備する。2014年12月31日現在、当社の保険子会社はニューヨーク州法の定める
     追加の準備金に対応できる十分な法定剰余金を有しているが、当該追加準備金によって、ニューヨーク州の法定剰
     余金は減額される。米国において事業を行っている当社の保険会社でニューヨーク州を拠点としているものはな
     く、これらの変更は当社の保険子会社の拠点がある州又はニューヨーク州以外の州において報告される法定準備金
     に影響は与えず、為たがって、RBC率にも影響は与えない。しかし、合意された準備金の計算方法によって、将来
     的にニューヨークにおいて追加の法定準備金が要求される場合があり、これによってニューヨークにおける法定常
     用金がさらに減額される。ニューヨーク州の法令の会計に基づき追加の準備金を準備することが要求された場合、
     又は変額年金又は保険商品について、多額の増担保を要求された場合、米国国内の保険子会社内の資本をその他の
     目的のために配置する能力に影響を与える可能性がある。
      NAICは、生命保険商品の準備金のアプローチに関する方針を策定した。これらの変更は各州により採択され、ア

     プローチは採択の前に更に変更される可能性があるため、これらの変更のタイミングとその影響は未定である。
      キャプティブ再保険会社             : 2014年12月16日、NAICは保険数理上のガイドライン                             XLVIII    —保険数理上の意見/覚

     書、NAIC生命保険契約評価モデル規則(#830)の第6条及び第7条において評価を要求される、保険契約の再保険
     に関する条件(「AG           48」)という新たな保険数理上のガイドラインを採択した。AG                                48  は、レクター&アソシエイ
     ツ・インクの2014年6月のキャプティブ再保険会社の一定の取引に関する報告書(「レクター・レポート」)にお
     ける提案の多くを実施している。具体的には、AG                          48は現金及びNAICの証券評価局によって格付けされた証券(一
     部の例外あり)、又は一部の限定的なケースにおいて、その他の資産と定義される「主たる担保」となる一定の定
     期及びユニバーサル生命保険の準備金をサポートするために保有する資産の一部を決定する保険数理の方法を定め
     ている。AG      48は、定められた保険数理の方法によって計算された準備金を超える額は「その他の担保」とされる
     より幅広い資産によって補助又は調達される。AG                          48の要件は2015年1月1日より発効し、2015年1月1日以降引
     き受けた一定の定期及びユニバーサル生命保険及び2015年1月1日より前に引き受けたが、2014年12月31日現在
     キャプティブ再保険会社の融資枠に含まれていないものについて適用される。NAICと州の規制当局はレクター・レ
     ポートに基づき、引き続き追加の変更を検討している。
                                  74/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社は非経済的であると判断した定期及びユニバーサル生命保険の法定準備金の一部の調達のために、キャプ
     ティブ再保険の子会社を利用していた。AG                      48によって、当社が経済的な積立をサポートするために現在保有して
     いる額を超える現金又は格付証券の保有を要求される場合、当社はキャプティブへの資本又は資本の配分を変更す
     る必要が生じる場合があるが、これは2015年1月1日以降に行われた取引及び2015年1月1日より前に引き受けた
     が、2014年12月31日現在、キャプティブ再保険会社の融資枠に含まれていないものについて適用される。当社は引
     き続きAG     48の適用について検討しており、その結果、当社は当該再配分の影響を数値化できていない。また、当
     社は現在、AG       48が当社のキャプティブの利用並びに当社の定期及びユニバーサル生命保険事業の法定準備金の将
     来の資金調達に与える影響を、より広く検討している。
      レクター・レポートが提案する変更に加えて、NAICは複数の州において直接取引を引き受けるキャプティブ再保

     険会社をより厳しく規制する変更を引き続き検討しており、従来の保険会社にのみ適用されていた認証基準をキャ
     プティブにも適用することを検討している。NAIC及び連邦規制当局は、引き続き生命保険業界によるキャプティブ
     再保険会社のその他の利用方法(変額年金などを含む)について検討している。
      ソルベンシー規制現代化構想               :州の保険規制当局は、NAICの「ソルベンシー規制現代化構想」に従った米国保険

     業界のソルベンシー規制に重点を置いている。ソルベンシー規制現代化構想は、保険会社に影響を与える米国全体
     の金融規制システムや金融規制のすべての側面に焦点を当てている。対象範囲は広いが、NAICは、ソルベンシー規
     制現代化構想が(1)資本要件、(2)コーポレート・ガバナンスとリスク管理、(3)グループの監督(4)法定の
     会計及び財務報告及び(5)再保険に重点を置くことを明言している。当該イニシアチブにより、NAICのリスク管
     理及びリスクとソルベンシーの自己評価モデル法(「ORSA」)が採用され、州レベルで制定された場合、大規模保
     険会社は、2015年以降、少なくとも年に一度、自社及びグループ全体のリスク管理及び現在及び将来のソルベン
     シーの状況について評価することが要求される。当社の保険子会社が拠点を置く州のうち、現時点でニュージャー
     ジー州及びコネチカット州のみがこのモデル法を採用している。NAICは国際的に活動している保険会社グループに
     適切名グループ資本のコンセプトを検討している。当該要件により要求される追加の自己資本比率の要件又はこれ
     を遵守するためのコストについて予想することはできない。
      IRIS  テスト:      NAICでは、保険法規情報システム(IRIS)と称する財務関係式又は財務テストを開発した。これ

     は州の規制当局が保険会社の財務状況を監視し、保険当局にとって特に注意すべき企業又は行動を識別する上で役
     立つものである。一般的に、ある保険会社の分析比率が、4項目以上で「通常の範囲」を逸脱すると、規制当局が
     調査又は監視を開始することになっている。保険会社の資金が不十分な場合、規制当局では同社が発行できる保険
     の金額削減という行動に出る場合がある。当社の法定提出書類に基づき(2013年12月31日現在)、当社の米国内の
     各保険会社はこの比率による法的調査の対象となっていない。
                                  75/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      市場行動規制
      各州の保険関係法律規則には、消費者への情報開示の様式と内容、挿図の入れ方、広告、販売慣行、クレーム処

     理に関する規定を含め、保険業者の市場における活動に関するいろいろな規定がある。各州規制当局は一般的に市
     場行動定期審査を通じてこの規定を実効性のあるものにしている。
      保険保証協会の査定

      どの州にも、州内で営業を行う保険業者を協会員とする、保険会社の保険契約者やクレーム申立人に対する保険

     会社の支払不能債務を、州の保険保証協会が査定できることを定めた保険保証協会法がある。代表的な例を挙げれ
     ば、各州では州内のすべての保険業者が引き受けた事業のうち、当該メンバー保険業者に比例按分した金額を用い
     て各メンバー保険業者の査定を行う。2014年度、2013年度及び2012年度では、当社は州保険保証協会法による査定
     で、それぞれおよそ28.8百万ドル、66.1百万ドル及び2.4百万ドルを支払っている。多くの州は、そのような査定
     の償還を将来の保険料税に対する控除として提供する。2013年度の査定の支払額は、エグゼクティブ・ライフ・オ
     ブ・ニューヨーク(「ELNY」)及びエグゼクティブ・ライフ・インシュアランス・カンパニーの破産を反映してい
     る。更に、      2011  年に、当社はELNYに関連して、保険業界保証基金に対して20百万ドルを自発的に寄付することに合
     意し、2013年に支払った。              この法律に基づく当社の米国内の保険会社各社が今後どの時期にどれだけの金額査定を
     受けるかは予測できないが、現在支払不能手続を適用されている保険会社に関する将来の査定がなされるような場
     合に備えて見積もった準備金を設定している。
     保険業務に影響を与える連邦及び州の証券規制

      当社の変額保険商品、変額年金商品及びミューチュアル・ファンド商品は、一般的に連邦証券法の定義するとこ
     ろの証券であり、連邦証券法に基づく登録が必要とされる場合があり、SEC及び金融取引業規制機構(「FINRA」)
     の規制対象となっているものである。当社の一部の保険子会社は、これらの商品の提供に基づき、SECの報告及び
     開示義務の対象となっている。「投資商品及び資産運用業務」及び「証券及びコモディティ規制」の項で以下に述
     べる規制に類似の、連邦及び州によっては州の証券規制があり、これによって、これらの商品に関する投資アドバ
     イスや販売その他関連活動が影響を受けている。
      当社のミューチュアル・ファンド、及び州によっては当社の変額生命保険及び変額年金商品は、州の証券法規に

     定義される「証券」に含まれる。証券として、これらの商品は書類の提出及びその他の要件に従わなければならな
     い。また、これらの商品の販売は通常、州証券法による規制対象となっている。かかる規制によって、これらの商
     品に関する投資アドバイスや販売その他関連活動が影響を受けている。
     投資商品及び退職金商品並びに資産運用業務

      当社の投資商品及びサービスは、連邦及び州の証券、信託、ERISA及びその他法律規則の適用を受ける。当社の
     資産運用業務は、米国において、SEC、FINRA、地方債規則制定委員会、州証券委員会、州の銀行部門及び保険部
     門、米国労働省の規制を受ける。ドッド・フランク法が当社の投資商品及び資産運用事業に与える影響について
     は、上記「ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法」の項を参照のこと。当社の国内における投資事業は、
     米国以外の証券法及び規制を受ける場合もある。
                                  76/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の事業が提供する分離勘定、ミューチュアル・ファンド、その他プール式の投資の中には、証券法に基づく
     登録の他に、1940年投資会社法(その後の改正を含む)に基づく投資会社の営業活動としての登録がなされている
     ものもあり、これら登録実体の株式の中にはいくつかの州やコロンビア特別区における販売が認められているもの
     もある。分離勘定投資商品は上記のとおり州の保険規則の対象となる。また、1934年証券取引法(「取引法」その
     後の改正を含む。)に基づきブローカー・ディーラーとして登録されている子会社があり、これは連邦・州の規制
     の対象となっている。更に、1940年投資顧問法(その後の改正を含む)に基づき登録されている投資顧問会社を務
     める子会社も数社ある。証券を商品として販売する当社のプルデンシャル・エージェントその他の従業員は、取引
     法の適用を受け、かつSEC、FINRA、各州証券委員会による審査要件及び規制の対象となっている。規制及び審査基
     準はこれら個人を雇用しあるいは監督するプルデンシャル社の各種実体にも拡大適用される。連邦証券法は、支配
     関係の変更があった場合には、年金商品に含まれるミューチュアル・ファンドを含めて、ミューチュアル・ファン
     ドを管理する当社の投資顧問契約を顧客が再度承認することを求める場合がある。
      議会は、当社の退職金商品及びサービスの退職金制度スポンサー及び管理者にとっての魅力を増減させる、若し

     くはこれらの商品若しくはサービスから収益をあげる当社の能力に有利若しくは不利となる一定の年金制度改革を
     検討する場合がある。これらの変更は今後確定給付年金商品及びサービスの売上を妨げ、当社が資産運用、事務管
     理又はその他のサービスを提供している既存のプランを中止することにつながる可能性があるが、年金制度に関連
     して提供する商品の魅力を高める可能性もある。
     証券及びコモディティ規制

      当社にはブローカー・ディーラー、投資顧問会社、コモディティ・プール・オペレーター及び商品投資顧問業者

     などの子会社がある。SEC、商品先物取引委員会(CFTC)、州証券当局、FINRA、全米先物協会(「NFA」)地方債
     規則制定委員会、類似の機関が当該子会社の主要規制機関である。
      当社のブローカー・ディーラー及びコモディティ関連企業は、FINRA及びNFA等の「自主規制組織」に加入すると

     ともに、その規制の対象となっている。自主規制組織は、会員の審査を実施するとともに、これに適用する規則も
     採択している。更に、州の証券委員会やその他の監督機関には、当社の登録ブローカー・ディーラーに対する規制
     と監視の権限が与えられている。米国及びある種の他の法域におけるブローカー・ディーラー及びその営業部隊
     は、販売方法や取引慣行など、証券ビジネスの多くの局面を規定する規制の適用を受けている。これら規制では、
     個人顧客に対する投資の適正度、顧客の資金、証券の利用保管法、資本の適正度、記帳状況、財務報告、取締役、
     管理職、従業員の行動などが対象となっている。米国各州の証券委員会及び米国以外の規制当局をはじめ、SEC、
     CFTC及びその他の政府機関や自主規制組織は、ブローカー・ディーラー、投資顧問会社又はコモディティ会社とそ
     の従業員に対し、譴責、罰金、停止命令、ブローカー・ディーラーとしての営業停止、営業終止、営業制限などの
     行政手続をとる権限を有している。
                                  77/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の米国で登録されたブローカー・ディーラー子会社は、連邦純資本要件の適用も受けており、当該要件によ
     り子会社がプルデンシャル・ファイナンシャルに対して配当金を支払う能力を制限される場合がある。
     プライバシー規制

      当社は、金融機関及びその他の企業に対し、健康関連及び顧客に関する情報を含む個人情報の安全性と機密性を

     保護し、健康関連及び顧客に関する情報の収集と開示に関する金融機関の方針・慣行を、顧客及びその他の者に知
     らせることを要求している連邦・州の法規の対象となっている。州の法律では、社会保障番号の使用及び開示を規
     制している。連邦・州の法規では、社会保障番号を含む一定の個人情報保護の違反行為があった場合には、影響を
     受ける個人、法の執行機関、規制当局及びその他に対して通知することを義務付け、一定の個人情報を保有するす
     べての者に、データの安全保護を要求している。連邦・州の法規では、金融機関及び債権者に対し、個人情報の盗
     難を発見、防止及び軽減する有効なプログラムを実施するよう義務付けている。連邦・州の法規では、金融機関が
     消費者及び顧客にマーケティングのための電話をかけることや、無断で電子メール又はファックスによるメッセー
     ジを送ることを規制している。連邦・州の法規では、消費者情報及び消費者レポート情報を含む特定の個人情報の
     使用の許容範囲を規制している。連邦及び州の立法府及び規制当局は、これらの問題及び個人情報のプライバシー
     保護に関して更に具体的な法規を追加することを今後検討する可能性がある。また、当社の米国外における事業ユ
     ニットは、従業員及び顧客の個人情報の安全保護を要求するプライバシー法、規則及び指令の対象となっている。
     さらに、当社は国境を越えて従業員及び顧客情報を移動する場合、国際的なプライバシー法、規則及び指令を遵守
     しなければならない。連邦及び州の金融監督機関は、引き続きサイバーセキュリティに力を入れており、規制対象
     となっている企業の検査において、この点を今後さらに重要視することを表明している。当社は情報セキュリティ
     の方針、手続及び基準をこれに従って見直し、変更している。
     環境についての考慮事項

      連邦・州、その他地方自治体の環境関連法律規則は、当社の不動産の所有権や運用に適用されている。目に見な

     い環境に係る責任とその除去費用は、不動産の所有、運用に内在する事柄である。数州の法律では、不動産に汚染
     が見つかると除去費用の回収を確実にするためにその不動産に対する先取特権を発生させ、当社の商業モーゲージ
     貸付に悪影響を与える可能性がある。州によってはこの先取特権は、かかる不動産に対する既存の担保の先取特権
     に対し優先する。更に、州によっては、また連邦法の1980年包括的環境対応・補償・責任保障法(「CERCLA法」)
     に基づけば、ある特定の状況下で当社が担保として受け取っている資産における有害物質の発生防止のための除去
     や発生のおそれに関わるコストについて、当社は「所有者」又は「運用者」として責任を負うことになるかもしれ
     ない。また当社が担保として受け取っている資産を差し押さえた場合は、環境に関する責任保証の危険を冒すこと
     になる。但し、連邦法では、担保として受けた不動産を差し押さえたり売却したりする貸主に対し、ある種の要件
     を満たすことを条件に、CERCLA法からの避難規定を設けているが、何らかの手段を講じたとしても依然として、
     CERCLA法の責任を負うことになる場合がある。その他いろいろな連邦・州の環境法を適用することによって、環境
     上の危険費用の責任を当社が負わざるを得なくなる可能性は残る。
                                  78/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社では投資目的で取得するか又は保有している担保の対象不動産を差し押さえるかを問わず、不動産の所有権
     取得にさきだち環境評価を行っている。予期しない環境に係る責任は発生するものであるが、当社は、これら環境
     評価を行い、社内手続を遵守することによって当該リスクを最小限に抑える努力をしている。その結果、当社では
     環境法規の遵守や資産の有害物除去に関わる費用が当社の営業結果に重大なる悪影響を及ぼすものではないと考え
     ている。
     未請求財産に関する法律

      当社は、未請求資金又は放棄された資金の特定、報告及び没収について州及びその他の法域の法律及び規制の対
     象となっており、これらの条件の遵守について、監査及び検査の対象となっている。当該事項に関する詳細につい
     ては、連結財務書類の注記23を参照のこと。
     海外事業の規制

      当社の海外事業は総合的な規制及び監督の対象となっている。米国での規制と同様に、これらの規制の目的は主

     に当社の顧客の保護であり、当社の株主又は債権者の保護ではない。当該規制において、外国会社はより厳格な監
     督の適用を受ける場合があり、これによって、会社間の取引、投資及びその他の事業運営の面で柔軟性が低下し、
     当社の流動性及び収益性に悪影響が及ぶ場合がある。当社の海外事業が対象となっている法律及び規則の多くは定
     期的に見直されており、場合によっては適用される法律、規則の包括的な更新及び監督当局の再編成を伴う場合が
     ある。規制当局が金融システムをシステミック・リスクから保護しようとすることにより、既存若しくは将来の法
     律若しくは規則はより制限的になり又は当社の事業に悪影響を与える可能性がある。ヨーロッパで発展したソルベ
     ンシー規制のアプローチは、日本やメキシコなどの法域において検討又は採用されている。近年の金融市場の混乱
     により、現行の法律、規則及び規制の枠組が変更される可能性は高く、当社の海外事業に影響を与える可能性が高
     い。場合によっては、かかる法域において消費者のプライバシー保護、顧客保護、従業員保護、コーポレート・ガ
     バナンス及び自己資本比率などに関して異なる、対立する若しくは米国より厳しい法令が適用される場合がある。
     このような変更はコンプライアンス費用及び規制リスクを増加させる可能性がある。
      更に、米国内営業で直面することはないが、当社の国際営業は政治的、法律的、営業的リスクに直面することが

     ある。一例を挙げれば、差別的規制、従業員連合や労働組合に関連する労働問題、国有化、資産没収及び価格統制
     と為替統制、その他営業している国から営業利益を振り替える場合や手持ち現地通貨を米ドルなど外国通貨に交換
     する場合における当社の能力を制限する規制などがある。当社が合弁事業を行っている一部の法域においては、当
     社の持分の上限を制限しており、当社は合弁パートナーリスクに晒され、当社が受けることのできる救済の選択肢
     は制限される。
                                  79/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の国際保険事業を監督するのは、主としてそれぞれが営業している国・地域の国外保険主務官公庁である。
     例えば、日本の財務省や日本における保険監督機関である金融庁がこれにあたる。当社は日本、韓国、台湾、メキ
     シコ、アルゼンチン、ブラジル、イタリア及びポーランドで保険会社を運営しており、合弁事業を通してインド、
     中国及びマレーシアで保険事業を実施している。これらの事業の保険規制当局は会社の許認可、保険販売員の許認
     可、保険商品の承認、販売実務、保険金支払実務、許容される投資、支払能力及び適正資本並びに保険支払準備金
     などを監督する。特定の商品について、いくつかの国・地域においては、規制当局が、保険料率(若しくは価格設
     定の構成)又は最低金利保証を義務付けている。保険会社の帳簿及び記録の定期的な審査、財務報告の義務、市場
     行動の審査及び契約提出義務などのテクニックを利用して、これらの規制当局は米国外の保険事業を監督してい
     る。
      保険会社の支払能力を監督するために、当社が営業している米国外の国・地域の規制当局は、通常、保険会社に

     対し、米国保険規制当局が用いるRBC比率の概念と類似の何らかの形の最低支払余力(ソルベンシー・マージン)
     要件を設定している。当該ソルベンシー・マージンは、規制当局が、保険会社の資本及び保険金支払能力の充実度
     を査定するために使用され、関連会社との取引による影響も含む。一部の国・地域においては、ソルベンシー・
     マージン比率の公衆への開示を義務付けている。規制当局が要請する数値よりソルベンシー・マージンが少ない保
     険会社は、過少資本とみなされ、過少資本の度合いに応じて様々なレベルの規制措置の対象となる。
      2012  年に、金融庁はソルベンシー・マージン条件の変更を実施し、連結ベースの資本基準を設定した。これらの

     新基準により、保険会社は自己資本の計算方法を変更することが要求され、この変更は、金融市場の変動への対
     応、保険会社のリスク管理実務の改善及び保険会社の子会社に関連するリスクの検討を目的としている。米国及び
     欧州連合の規制動向、IAISによる変更の推奨、G-SIIとみなされた会社の規制が変更されることに伴い、今後各地
     の管轄区域においてソルベンシー規制が更に変更されるものと予想している。
      当社が海外事業を展開しているいくつかの国においては、保険規制当局が株主に分配できる配当金の金額を規制

     している場合がある。海外子会社が当社に対して配当金を支払う能力については、連結財務書類の注記15を参照の
     こと。
      当社の保険以外の国際事業も主に事業を行っている国の規制当局により監督を受けている。当社は日本、台湾、

     英国、香港、メキシコ、インド、ドイツ及びシンガポール等で投資関連事業を行っており、ブラジル、イタリア及
     び中国等における投資関連合弁事業に参加している。これらの事業は資産運用商品サービス、ミューチュアル・
     ファンド及び個別運用勘定を提供する。これらの事業の規制当局は会社の許認可、投資商品販売員、販売実務、支
     払能力及び適正資本、ミューチュアル・ファンド商品の承認及び関連する開示、証券、商品及び適用される法律な
     どを監督する。当社の国際投資事業は米国証券法及び規制の対象となる場合もある。
                                  80/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      当社の国際事業は米国会社により支配されている事業を統制する米国法、例えば海外汚職行為防止法、様々な資
     金洗浄対策法令及び外国資産管理局により発行された一定の規則などによって規制される場合がある。更に、現行
     の米国の法及び規制に基づき、ある条件下において、特定の個人又は法人との取引を禁止され、並びに、顧客の活
     動の監視が義務付けられる可能性がある。この場合、当社の顧客を引き付け、確保する能力に影響を及ぼす可能性
     がある。更に、当社の一部の事業、特に英国における事業は英国で最近制定された贈収賄禁止法の対象となり、当
     該法律は政府及び民間企業との交流の両方に適用される。
      日本における保険事業を含む当社の一部の国際保険事業は、保険契約者や受給者に対する支払不能保険会社の一

     定の債務について、査定の対象となる場合があり、通常これは当該法域において引き受けた事業の比例持分に基づ
     いて行われる。将来の査定の時期は予想することができないため、特に四半期若しくは年次の国際保険事業の業績
     に重大な影響を与える場合がある。概ね米国の対応する法令と同様である日本の保険法に基づき、日本のすべての
     認可保険会社は、日本保険契約者保護機構(「PPC」)の会員でなければならず、事前拠出ベースで負担金が課さ
     れる。当該負担金は、支払不能保険会社が契約保有者及び保険請求者に対して負担する債務の一部を履行するため
     に用いられる共同ファンドを生成する。PPCは、すべての保険会社会員が計上した、当該会員の新事業の持分割合
     に応じた金額を、各会員に課す。2014年、2013年及び2012年の12月31日に終了した年度に、当社は、日本の保険業
     法に基づき負担金としてそれぞれ約31百万ドル、31百万ドル及び28百万ドル(固定相場ベース)を支払った。
      2014  年3月に、日本の預金保護法の改正が施行され、預金保険機構の範囲が拡大され、生命保険会社を含む、金

     融機関の問題解決についての新たな包括的な体制の展開を特徴とする。当該改正はG20の財務大臣間で合意された
     方針に基づき日本政府が約束した内容及び深刻な市場混乱が生じた場合の金融危機に対応するための有効かつ秩序
     ある解決策の開発に関する金融安定理事会の推奨に従ったものである。
      2013  年及び2014年に、金融庁は、企業危機管理の準備と自社のリスクと財務健全性の評価に対応するため、「保

     険事業者向けの総合的な監督指針」及び「保険検査マニュアル」の改正を発表した。同期間中、現在のリスク管理
     の実務を評価するため、金融庁は日本の保険会社数社(外国資本の会社を含む)の代表者と面談した。金融庁はこ
     れらの面談の結果を定期的に公表し、2011年に(IAIS)が採用した保険コアプリンシパル(ICP)を含む国際的な
     保険監督枠組に一致した、リスク管理体制の構築を引き続き保険会社に奨励している。
      2013  年中、金融庁は生命保険会社を含む、金融機関の破綻処理に関する新たな包括的な制度を開発する意思を発

     表した。当該制度の設立を認める法律は2013年の秋に施行されたが、これらの変更を施行するための規則はまだ発
     表されていない。
      当社の国際事業には、その事業が組織され、運営されている国の税法及び税に関する規制の対象となる。外国政

     府は、随時、当社が支払う税金に影響を及ぼす又は当社の商品の売上に影響を及ぼす法律を制定する可能性があ
     る。
                                  81/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      2014  年3月20日に、日本は復興特別法人税を廃止し、2014年4月1日以降に開始する課税年度の法人税率を
     28.05%から25.5%に引き下げた。2015年4月1日以降の課税年度について法人税を更に引き下げる提案がなされ
     ている。日本の消費税は2014年4月1日より5%から8%に引き上げられた。消費税率は2015年10月に10%に引き
     上げられる予定であるが、日本政府は2017年4月1日まで延期する可能性があることを発表した。当社のライフ・
     プランナー及びライフ・コンサルタントに支払われる保険手数料は一定の収入限度額を超える個人については消費
     税の対象となる。しかし、消費税は従業員の報酬(手数料を除く)又は保険料に対しては課税されない。消費増税
     は保険会社の費用負担を増加させた。
      2015  年1月より、日本は相続税法を改正し、非課税額は減額され、税率は増加された。相続税の増税によって相

     続税の負担増を回避する方法を探している顧客にとっては、保険保護商品の魅力が増す可能性がある。
                                  82/742
















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
      (1)  親会社
        当社には親会社は存在しない。
      (2)  子会社

        以下では、資本金の額が100百万ドルを超える子会社を記載している。投資対象である子会社については、
       資本金の額が100百万ドルを超えているものについても記載していない。資本金の額は、2014年12月31日時点
       で公表されたものであり、2009年度第1四半期に施行された米国会計基準160号により書き換えが要求された
       支配持分を含む額を記載したものではない。
                                              資本金

                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                       主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     ●  資産運用会社

     プルデンシャル・インベス              ニュージャー       ザ・プルデンシャル・インシュアラン                     287,818        100%
     トメント・マネジメント・                ジー州      ス・カンパニー・オブ・アメリカに対                             (100%)
     インク                     する投資業務。その他の子会社の全発
                          行済み株式を保有。
     (Prudential      Investment
     Management,      Inc.)
     PIFM   ホールドコ・インク           デラウェア州       プルデンシャル・インベストメント・                     147,846        100%

                          ファンド・マネジメント・エルエル                   (注:この金          (100%)
     (PIFM   Holdco,    Inc.)
                          シー及びプルデンシャル・ミューチュ                   額はPIFMホー
                          アル・ファンド・サービシズ・エルエ                   ルドコ・イン
                          ルシーの持株会社                   クの子会社の
                                             資本金を含
                                                む)
     PMCC・ホールディング・カ              ニュージャー       プルデンシャル・モーゲージ・キャピ                    1,138,403         100%

     ンパニー                ジー州      タル・カンパニー・エルエルシーの親                   (注:この金          (100%)
     (PMCC   Holding    Company)              会社兼持株会社                   額はPMCCホー
                                            ルディング・
                                            カンパニーの
                                            子会社の資本
                                             金を含む)
     PIMインベストメンツ・イン              デラウェア州       プルデンシャル・インベストメント・                     394,649        100%

     ク                     マネジメント・インクが運用するファ                   (注:この金          (100%)
     (PIM   Investments,       Inc.)           ンド、事業会社又はその他の投資事業                  額はPIMインベ
                          体のうち、不動産投資(モーゲージ貸                   ストメンツ・
                          付を含む)、非上場債券(銀行ローン                   インクの子会
                          を含む)、非上場エクイティ(買収を                   社の資本金を
                          含む)、資産担保証券、公債及び一部                      含む)
                          の状況下では上場エクイティの持分を
                          取得する可能性のあるものの持分を取
                          得。
                                  83/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                       主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     ジェニソン・アソシエイツ                                              有限責任会社

                   デラウェア州       主に会社、受託者の管理に移された                     125,083
     (Jennison      Associates)                                         (株式なし)
                          年金と利益分配計画、慈善団体、寄
                          贈、保険分離勘定、関連会社及び第
                          三者のミューチュアル・ファンド、
                          その他の合同運用型ファンド、及び
                          ブローカー・ディーラーがスポン
                          サーとなっている合同運用勘定プロ
                          グラムの個別運用勘定への投資運用
                          サービスの提供
     PREIアクイジションLLC              デラウェア州       PREIによるTMWの買収によって設立さ

                                               180,268     有限責任会社
     (PREI    Acquisition      LLC)           れた事業体
                                                    (株式なし)
     プラメリカ・インベストメ              シンガポール       主たる事業活動は不動産資産運用サー
                                               105,456        100%
     ント・マネジメント(シン                     ビスの提供
                                                       (100%)
     ガポール)プライベート・
     リミテッド
     (Pramerica        Investment
     Management       (Singapore)
     PTE  LTD)
     ●  保険業務

     プルデンシャル・ホール                ニュー      IHC債務の特別目的発行体。プルデン                     180,674     有限責任会社
     ディングLLCスタンダローン                     シャル・インシュアランス・カンパ                          (株式なし)
                   ジャージー州
                          ニー・オブ・アメリカ(PICA)の全株
                          式を保有。CBB再編成の一環として、
                          2015年3月26日付けで解散した持株会
                          社。
     ザ・プルデンシャル・イン                ニュー      米国全域において個人・団体生命医療                    12,933,020          100%

     シュアランス・カンパ                     保険及び年金保険を引き受ける。                  (注:この金          (100%)
                   ジャージー州
     ニー・オブ・アメリカ                                        額はザ・プル
                                            デンシャル・
     (The   Prudential      Insurance
                                            インシュアラ
     Company    of  America)
                                            ンス・カンパ
                                            ニー・オブ・
                                            米国の子会社
                                            の資本金を含
                                                む)
     プルコ・ライフ・インシュ              アリゾナ州       ニューヨークを除くすべての州におい                    4,567,449         100%

     アランス・カンパニー                     て個人生命保険及び一時払い据置年金                  (注:この金          (100%)
                          事業を行う。                  額はプルコ・
     (PRUCO    Life   Insurance
                                            ライフ・イン
     Company)
                                             シュアラン
                                             ス・カンパ
                                            ニーの子会社
                                            の資本金を含
                                                む)
                                  84/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                       主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     プルデンシャル・アニュイ              デラウェア州       保険関連の事業を行う1つ又は複数の                    1,797,970         100%

     ティーズ・ホールディン                     保険会社の株式若しくはその他の証券                            (100%)
                                            (注:この金
     グ・カンパニー・インク                     を保有する持株会社
                                            額はプルデン
     (Prudential      Annuities
                                             シャル・ア
     Holding    Company,     Inc.)                               ニュイティー
                                             ズ・ホール
                                            ディングズ・
                                            インクの子会
                                            社の資本金を
                                               含む)
     プルデンシャル・リタイア             コネチカット州        退職年金及び年金保険の販売及びサー                    1,249,173         100%

     メント・インシュアラン                     ビスの提供。                            (100%)
     ス・アンド・アニュイ
     ティ・カンパニー
     (Prudential       Retirement
     Insurance     and  Annuity
     Company)
     プルデンシャル・レガ                ニュー      当該会社は生命保険会社として事業を                     127,248        100%

     シー・インシュアランス・
                   ジャージー州       行い、特にCOLI保険及び私募変額生命                            (100%)
     カンパニー・オブ・ニュー
                          保険等、団体及び/又は個人の保険商
     ジャージ
                          品を取り扱う。2014年11月3日付け
     (Prudential      Legacy
                          で、当該会社はアイオワ州からニュー
     Insurance     Company    of  New
                          ジャージー州に所在地を戻した。
     Jersey)
     プルコ・リインシュアラン

                   バミューダ       必要に応じて、プルデンシャル・ファ                    1,576,188         100%
     ス・リミテッド
                          イナンシャル・インク及びその子会社                            (100%)
     (Pruco    Reinsurance
                          と再保険契約を締結。
     Ltd.)
     プルデンシャル・アリゾ

                   アリゾナ州       個人生命保険事業の再保険のために設                     345,401        100%
     ナ・リインシュアランス・
                          立。同社の設立は、資本運用戦略に一                            (100%)
     キャプティブ・カンパニー
                          致しており、再保険の対象となる事業
     (Prudential       Arizona
                          をサポートするために必要とされる余
     Reinsurance      Captive
                          剰資本額を減らすことによってことに
     Company)
                          より、同社に利益をもたらし、PLNJ及
                          びプルコ・ライフの資本負担を和らげ
                          る。
     ユニバーサル・プルデン

                   アリゾナ州       プルコ・ライフが引き受けた個人生命                     283,130        100%
     シャル・アリゾナ・リイン
                          保険の再保険                            (100%)
     シュアランス・カンパニー
     (Universal      Prudential
     Arizona    Reinsurance
     Company)
                                  85/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                             資本金
                                                    提出会社の
                   主たる                      (別段の記載がない
         名 称                     主たる業務                      所有割合
                 事務所の所在地                            限り
                                                    (議決権)
                                            千ドル)
     プルデンシャル・アリゾ             アリゾナ州       当該子会社は、定期生命保険事業の                      117,684         100%

     ナ・リインシュアラン                    準備金の再保険及び生命保険事業の                              (100%)
     ス・ターム・カンパニー                    資本管理戦略の準備金の資金調達を
     (Prudential       Arizona             目的として設立された。
     Reinsurance      Term   Co)
     プルデンシャル・アリゾ

                  アリゾナ州      当該会社はアリゾナ州の一般法人で                      689,332        100%
     ナ・リインシュアランス・
                         あり、親会社専属保険会社として設                             (100%)
     ユニバーサル・カンパニー
                         立され、アリゾナ州法の条件に従っ
     (Prudential       Arizona
                         て、保険及び再保険取引を行うため
     Reinsurance      Universal
                         に設立された。
     Co)
     プルデンシャル・ユニバー

                  アリゾナ州      当該会社は、個人生命保険の資本管                      207,201        100%
     サル・リインシュアラン
                         理戦略の一環として、一定のユニ                             (100%)
     ス・カンパニー
                         バーサル生命保険商品に関する非経
     (Prudential       Universal
                         済的準備金を分離し、より効率的な
     Reinsurance      Company)
                         財務体制をもって支援することを可
                         能にするために設立された。
     ヒラカタLLC

                  デラウェア州       当該会社は、個人生命保険からの資                      300,180        100%
     (Hirakata,      LLC)
                         本管理のための資金調達を支援する                             (100%)
                         ために設立された。当該取引の一部
                         として、特別目的LLCが必要とされ
                         る。
     ●  国際保険会社

     プルデンシャル・インター             デラウェア州       プルデンシャルの一部の国際保険会                     2,251,786      有限責任会社
     ナショナル・インシュアラ                    社の親会社                           (株式なし)
     ンス・サービス・カンパ
     ニー・エルエルシー
                                  86/742










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                      主たる業務                     所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     プルデンシャル・ホール                日本     同社の主な事業は投資及び金融産業に                              100%
                                            $ 16,879,632
     ディングス・オブ・ジャパ                     おける事業の持株会社である。                            (100%)
                                            (注:この金
     ン株式会社
                                            額はジブラル
     (Prudential      Holdings     of
                                             タ生命及び
     Japan,    Inc.)
                                            ザ・プルデン
                                            シャル・ライ
                                            フ・インシュ
                                            アランス・カ
                                            ンパニー・リ
                                            ミテッド及び
                                            プルデンシャ
                                            ル・ジブラル
                                            タ・ファイナ
                                            ンシャル・ラ
                                             イフ・イン
                                             シュアラン
                                             ス・カンパ
                                             ニー・リミ
                                             テッドを含
                                            む、プルデン
                                            シャル・ホー
                                             ルディング
                                             ス・オブ・
                                            ジャパン株式
                                            会社の子会社
                                            の資本金を含
                                                む)
     ジブラルタ生命保険                日本     同社の主な事業は、生命保険事業及び                    10,260,650          100%

     株式会社                     これに付随するその他すべての事業で                            (100%)
     (The   Gibraltar     Life             ある。
     Insurance     Co.,   Ltd.)
     (AIGエジソン・サービス株
     式会社及びAIGスター生命保
     険株式会社を含む)
     ザ・プルデンシャル・ライ                韓国     大韓民国政府によって承認されている                    2,972,257         100%

     フ・インシュアランス・カ                     すべてのタイプの個人保険業務を行                             (100%)
     ンパニー・オブ・コリア・                     う。
     リミテッド
     (The   Prudential      Life
     Insurance     Company    of
     Korea,    Ltd.)
                                  87/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                       主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     プルデンシャル生命保険株                日本     日本において伝統的保険及び変額保険                    5,936,976         100%

     式会社                     を販売。                             (100%)
     (The   Prudential      Life
     Insurance     Company,     Ltd.)
     プルデンシャル・ライフ・                台湾     同社の事業は、台湾における個人保険                     335,853        100%

     インシュアランス・オブ・                     である。                             (100%)
     タイワン・インク
     (Prudential      Life
     Insurance     of  Taiwan,
     Inc.)
     プルデンシャル        ジブラルタ        日本     保険                     402,095        100%

                                                      (100%)
     ファイナンシャル生命保険
     株式会社(The       Prudential
     Gibraltar     Financial     Life
     Insurance     Co.,   Ltd.)
     プルサービコス・パルティ               ブラジル      ブラジル保険会社の持株会社                     132,440        100%

     シパソス・エスエー                                                 (100%)
     (Pruservicos
     Participacoes       S.A.)
     プラメリカ・ライフ          SPA     イタリア      イタリア国内での生命保険商品の販売                     238,996     該当なし(当

                          のために設立                          該会社には株
     (Pramerica      Life   SPA)
                                                     式はない)
     UBIプラメリカSGR         S.p.A.      イタリア      個人、機関及びミューチュアル・ファ                     148,672         35%
                          ンドを含むイタリアの顧客のために投                             (35%)
     (UBI   Pramerica     SGR,
                          資ポートフォリオを管理するイタリア
     S.p.A.)
                          の投資管理事業
     プルデンシャル・インター              デラウェア州       プルデンシャル・インターナショナ                     358,053        100%

     ナショナル・インベストメ                     ル・インベストメンツ株式会社は、プ                            (100%)
     ンツ・コーポレーション                     ルデンシャル・インターナショナル・
     (Prudential                     インベストメンツ・グループのオフ
                          ショア(非米国)子会社及び合弁事業
     International       Investments
                          に対する投資の大半を保管しているデ
     Corporation)
                          ラウェア州の持株会社である。
     プラメリカBSNホールディン              マレーシア       金融サービス又は当該金融サービスに                     102,186         70 %

     グス・センドリアン・バー                     関連するまたその目的のためにサービ                             (70%)
     ハッド                     スを提供する会社又は企業に対する投
     (Pramerica      BSN  Holdings             資事業
     SDN  BHD)
                                  88/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                              資本金
                                                    提出会社の
                    主たる                        (別段の記載が
          名 称                       主たる業務                    所有割合
                  事務所の所在地                           ない限り
                                                    (議決権)
                                             千ドル)
     ●  その他

     プルデンシャル・リタイア              デラウェア州       退職金サービス                     104,475        100%
     メント・ホールディングス                                        (注:この金          (100%)
     LLC                                        額はプルデン
     (Prudential       Retirement                                 シャル・リタ
                                            イアメント・
     Holdings,     LLC)
                                            ホールディン
                                            グスLLCの子会
                                            社の資本金を
                                               含む)
      当社はこの他に約348社の子会社を有している(2014年12月31日現在)。

                                  89/742















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      従業員数

        2014  年12月31日現在、当社の従業員及び販売員数は約48,331名(米国外に配置される28,311名を含む)であ

       る。当社としては各従業員及び販売員とは満足できる関係にあると考えている。
        米国従業員平均年齢:42.73

        米国従業員:平均勤務年数:               11.97
        米国従業員:平均月間給与:               8,149.00ドル
        海外従業員平均年齢:43.72

        海外従業員:下表を参照のこと
        海外従業員:平均月間給与:               入手不可能
                          勤続年数別従業員数(米国外)

                                 2014  年度             2013  年度

         1年未満                               2,864               2,565
         1年~3年                               4,873               5,175
         4年~5年                               2,692               2,705
         6年~10年                               4,886               4,634
         11 年~15年                              2,462               2,386
         16 年以上                              5,478               5,505
         合計                               23,255               22,971
        2013  年度及び2014年度のデータは当社のグローバル人事システムから取得したものであり、米国外のすべて
        の従業員数を反映しておらず、下表の合計数とは一致しない。
                                  90/742










                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
        セグメント別従業員数-下表は米国内外の事業における従業員数を示している。
                                                 2014年12月(注1)

                                                    実数

     退職金ソリューション及び投資運用
      年金セグメント                                                 1,277.5
      投資運用及びアドバイザリー・サービス                                                 2,842.5
      プルデンシャル投資                                                  416.5
      国際投資                                                  256.0
      資産運用セグメント                                                 3,515.0
      退職金セグメント                                                 2,461.0
     退職金及び投資運用合計                                                 7,253.5
     個人生命保険及び団体保険

      個人生命保険セグメント(代理店を通じた販売を含む)                                                 6,251.0
      団体保険セグメント                                                 1,990.0
     個人生命保険及び団体保険合計                                                 8,241.0
     国際保険及び投資

      ライフ・プランナー事業                                                11,365.5
      ジブラルタ生命(注1)                                                15,160.5
     国際保険部門合計                                                26,526.0
     全社及びその他事業

      全社勘定                                                 6,310.5
     全社及びその他事業合計                                                 6,310.5
     継続事業の当社従業員数合計                                                48,331.0

     生産及びサポート社員合計                                                26,322.0

     販売社員合計                                                22,009.0
     継続事業の当社従業員数合計                                                48,331.0
      (注1) ジブラルタ生命の実数は、1ヶ月のずれをもって報告されている。
                                  91/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

       下記の連結財務状況及び経営成績に関する分析は、上記の「将来の見通しに関する記述」、下記の「事業等

     のリスク」、上記の「主要な経営指標等の推移」及び本書中の連結財務書類と併せて読まれるべきものである。
                                 概要

       2001年12月18日の株式会社化から2014年12月31日まで、プルデンシャル・ファイナンシャルの事業は、財務書

      類作成の目的上、金融サービス事業とクローズド・ブロック事業に分離されており、プルデンシャル・ファイナ
      ンシャルは、上場されており、かつ金融サービス事業の業績を反映している普通株式(ニューヨーク証券取引
      所:PRU)、及び私募により発行され、上場されておらず、かつクローズド・ブロック事業の業績を反映してい
      るクラスB株式の2種類の普通株式を発行していた。
       2015年1月2日、株式買戻契約に基づき、プルデンシャル・ファイナンシャルは、クラスB株式の株主から全

      発行済みクラスB株式に相当する2百万株のクラスB株式を買い戻し、その現金買戻価格の総額は、650.8百万
      ドルであった(「クラスB株式の買戻」)。買戻価格は、独立の鑑定人により、プルデンシャル・ファイナン
      シャルの修正定款に記載の手法に基づき決定された。株式買戻契約に従い、クラスB株式の過半数を有する株主
      は、2015年4月6日まで当該買戻価格について異議を申し立てることができ、紛争があった場合には、仲裁に
      よってこれを解決する。したがって、紛争があった場合には、クラスB株式の最終買戻価格が変更されることが
      ある。2014年12月1日付けで、クラスB株式の買戻は、クローズド・ブロック事業に計上され、その結果、連結
      財務書類の連結財政状態計算書における「プルデンシャル・ファイナンシャル・インク資本合計」が減少した。
      加えて、2014年12月18日、PHLLCが当該時点で発行済みのIHC債務の全部を21億ドルの総償還価格で償還した。
       クラスB株式の買戻の結果、2014年12月31日より後に開始する報告期間における当社の普通株式1株当たり利

      益は、プルデンシャル・ファイナンシャルの連結利益を反映することになり、金融サービス事業とクローズド・
      ブロック事業との間の区分は廃止される。詳細については、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内
      容-事業の分割の廃止」及び連結財務書類の注記25を参照のこと。
       本書は、2014年12月31日に終了した事業年度に関するものであるため、従前どおり、各事業につき個別の表示

      を行っている。
                                  92/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      金融サービス事業
       金融サービス事業は、6セグメントを含む3部門、並びに全社及びその他事業にて構成されている。米国退職

      ソリューション・投資管理部門は、個人年金保険、退職金及び資産運用の各セグメントにて構成されている。米
      国個人生命保険・団体保険部門は、個人生命保険及び団体保険の各セグメントにて構成されている。国際保険部
      門は、当社の国際保険セグメントにて構成されている。全社及びその他事業には、事業セグメントに割り当てら
      れていない法人項目及びイニシアチブ、並びに売却された事業又は売却予定の事業が含まれている。
       2014年12月31日より後に開始する報告期間において、当社は、上記の部門について金融サービス事業という名

      称は使用しないが、当該部門及びセグメント並びに全社及びその他事業に関する報告は継続する。また、当社
      は、クローズド・ブロック部門に関する報告も行うが、当該部門は、クローズド・ブロック・セグメントから構
      成され、当社の調整後営業利益の定義に基づき撤退事業として会計処理される見込みである。クローズド・ブ
      ロック部門に関する報告は、当社の全社及びその他事業に含まれるその他の撤退事業とは分離した形で行われ
      る。
       資金調達コストについては、コーポレート債務の資金調達コスト(これは全社及びその他事業にて計上され

      る。)を除き、各セグメントが使用した資金調達金額に基づいて各セグメントに割り振っている。各セグメント
      の純投資利益には、経営陣が当該セグメントのリスク・サポート上必要であるとみなす資本に関する利益も含ま
      れている。
       当社は、社内の成長及び企業買収や合弁会社、その他合併又は投資などを通じた成長を図っている。当社が企

      業買収の対象としているのは、現行事業範囲内にある国内外の企業である。
      クローズド・ブロック事業

       株式会社化に関連して、国内では参加型商品の提供は中止した。現在効力を有する当社の国内向け参加型の従

      来の商品に対する債務は、資産とともに分離され、規制上は「クローズド・ブロック」と呼ばれる。クローズ
      ド・ブロックは、株式会社化後のクローズド・ブロックに含まれる参加型個人生命保険契約者及び年金契約者に
      対して将来の契約者配当についての合理的な期待に備えるよう計画され、資産は専ら、これらの商品に関わる給
      付金(契約者配当金を含む。)、経費及び税金の支払に充てられる。クローズド・ブロックの詳細については、
      連結財務書類の注記12及び本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容-概要」の項を参照のこと。
                                  93/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      収入及び費用
       当社の主たる収入源は、保険料、死差益、費差益、保険商品及び投資商品からの資産運用手数料及び事務管理

      手数料、並びに一般勘定その他ファンドの投資である。保険料収入は主として、個人生命保険、団体生命保険及
      び団体所得補償保険、並びに特定の年金保険契約の販売によって確保されている。当社は、死差益、費差益及び
      資産運用手数料を、主に変額生命保険や変額年金保険を含む、分離勘定商品の販売及びサービシング、並びにユ
      ニバーサル生命保険を含むその他の商品の販売及びサービシングから得ている。また、資産運用手数料及び事務
      管理手数料は、ミューチュアル・ファンド、退職金関連商品並びにその他資産運用商品及びサービスの販売、
      サービシング及び運用により確保されている。当社の営業費用は主として、提供した保険給付金及び将来におい
      て予想される保険給付金に対する準備金、一般業務費用、保険契約者配当、当社の各種商品の販売及びサービシ
      ングに関する手数料及びその他の費用、並びに一般勘定債務に係る利息などである。
      収益性

       当社の収益性は、主に、保険商品及び年金商品の価格を給付の提供及び当該商品の管理に関連する費用を上回

      るマージンを創出するレベルに設定する能力に左右される。また、収益性は、その他の項目、とりわけ当社の保
      険商品及び年金商品の保険数理計算上の経験及び保険契約者の行動に関する経験、並びに当社の顧客資産を獲
      得・維持する能力、好ましい投資成績を創出・維持する能力、資本を効果的に配置し、担税力を活用する能力及
      び費用を管理する能力にも左右される。
       従来、クローズド・ブロックに含まれる参加型商品は、その他多くの事業に比べると、投下資本を下回る収益

      しかもたらしてこなかった。国内での参加型商品の販売を中止したため、これら旧契約が逐次満期を迎える一方
      で、他の事業を拡大していけば、継続事業に占める従来の参加型商品の比率は、徐々に低下するものと考えられ
      る。しかしながら、この既存事業ブロックからの比較的低い収益が長期間継続することは、数年間にわたって連
      結事業業績に影響を与えることになろう。
       当社の事業、業績又は財務状況に重大な影響を与えており、また将来において重大な影響を与える可能性があ

      り、当社の普通株式の大幅な下落、又は実際の業績が予想された業績若しくは当社の将来の見通しに関する記述
      に記載された内容と大幅に異なる状況を発生させるリスクについては、「4 事業等のリスク」の項を参照のこ
      と。
                            エグゼクティブ・サマリー

      業界の動向

       当社の米国内事業及び国際事業は、金融市場、経済状況、規制監督及び当社が競争を展開する業界に影響を与

      える様々な動向に左右されている。
                                  94/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      米国内事業
       金融及び経済環境         :経済及び金融情勢は、引き続き改善の兆しを見せているものの、国際市場の市況及び不確

      実性は、依然として当社が事業を行う市場において継続的な課題となっている。下記の「低金利環境の影響」に
      記載するとおり、米国における金利は、引き続き過去のレベルを下回っており、当社のポートフォリオの利回り
      に悪影響を与え続けている。
       規制環境     :金融市場は、依然として現行の法律及び規制の大幅な改正を経験している。当社は、指定金融機関

      として、健全性規制基準の適用対象となっている。キャプティブ再保険会社についても、引き続き監視が強化さ
      れており、当社に適用される新たな保険数理ガイドラインの遵守も求められている。さらに、当社の米国内保険
      事業は、州保険法による規制を受け、当社の保険商品は、連邦及び州の税法による多大な影響を受けている。保
      険規制当局は、業界参加者がとりわけ組込オプションや保証を含む商品(変額年金商品及び第二保証付きユニ
      バーサル生命保険商品等)について法定準備金及び法定資本を決定する義務を負う形で大幅な変更を実施してい
      る。
       デモグラフィック         :収入保障、貯蓄及び退職を迎えるベビーブーム世代のニーズが、引き続き保険業界を形成

      している。退職後の保障は、米国の個人、投資専門家及びそれらを支援する機関投資家にとって最重要課題の一
      つである。退職貯蓄のリスクと責任は、引き続き政府・雇用者から従業員へと移転している。米国の一般家庭の
      生命保険加入者数は、依然として伸び悩んでいるが、消費者は、未加入の理由として他の財務的優先事項や保険
      料を挙げている。
       競争環境     :当社の競争環境及び競争基盤については、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容」

      の「競争」、「金融サービス事業-米国退職ソリューション・投資運用部門」及び「金融サービス事業-米国個
      人生命保険・団体保険部門」の項を参照のこと。
      国際事業

       金融及び経済環境         :当社の国際保険事業(とりわけ日本の保険事業)は、引き続き、低金利環境において実施

      されている。しかしながら、日本の国内市場は、かかる低金利環境に適応している。米国における継続的な低金
      利環境は、日本における円建て商品と比較した場合の米ドル建て商品の魅力に影響を与える可能性がある。当社
      は、為替レート(とりわけ日本円)の変動による財務的影響も受けている。円建て及び非円建て商品の魅力は、
      引き続き円相場の変動による影響を受ける見込みである。
                                  95/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       規制環境     :2013年4月、日本の保険規制当局は、新規保険契約の法定準備金に係る標準割引率を変更した。こ
      れに伴い、新規保険契約について法定準備金要件が引き上げられ、保険会社は、予想収益率を維持することを意
      図して任意で保険商品の価格改定を行った。当社は、米国及び欧州連合における規制上の進展、保険監督者国際
      機構による提言、並びに米国内外においてグローバルなシステム上重要な保険会社(「G-SII」)とみなされる
      会社に対する規制要件に基づく、法域ごとのソルベンシー規制の更なる変更を予想している。さらに、現地国
      (日本を含む。)における規制当局により、外国企業に対する監視が強化される可能性がある。世界レベルで
      は、規制当局による消費者保護及びプライバシー権強化のための政策の採用も増加している。さらに、2014年度
      において、日本の消費税率の引上に伴い、保険会社の費用が増加した。また、2015年1月付けで、日本の相続税
      法が改正され、控除額が引き下げられ、税率が引き上げられた。相続税率の引上により、相続税負担の増加に対
      処するための手段を探求する当社の顧客にとっての保障商品の魅力が増す可能性がある。消費税及び相続税に関
      する詳細は、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制-海外事業の規制」の項を参照のこ
      と。
       デモグラフィック         :日本では、人口の高齢化が進んでおり、多くの個人資産プールが利回りの低い預金及び貯

      蓄手段に投資されている。日本の人口の高齢化及び政府の年金制度に対する圧力により、退職を控えた世代の増
      加と相まって、貯蓄及び定年後の収入に関するニーズを充足するための高い貯蓄性を備えた保険商品に対する需
      要が高まっている。当社は、同じく人口の高齢化が進む韓国及び台湾を含むアジア市場においても退職商品への
      同様のシフトを確認している。
       競争環境     :当社の競争環境及び競争基盤については、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容」

      の「競争」及び「金融サービス事業-国際保険部門」の項を参照のこと。
      低金利環境の影響

      米国内金融サービス事業

       米国における金利が依然として過去のレベルを下回っている結果、当社の現在の再投資利回りは、ポートフォ

      リオ全体の利回り、とりわけ満期固定証券及び商業モーゲージ貸付に対する投資の利回りを下回っている。連邦
      準備制度理事会が長期にわたって金利を低く抑える意向を表明していることから、当社のポートフォリオ全体の
      利回りは、引き続き低下する見込みである。
                                  96/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       米国内金融サービス事業の一般勘定について、当社は、2016年度を通じた年間の予定支払額と予定繰上支払額
      が満期固定証券及び商業モーゲージ貸付のポートフォリオの約10%に相当するものと予想している。米国内金融
      サービス事業の一般勘定には、2014年12月31日現在、当該資産が純帳簿価額ベースで約1,680億ドル含まれてい
      た。当該資産が満期を迎えるにあたり、2014年12月31日現在約4.5%である満期固定証券及び商業モーゲージ貸
      付の平均ポートフォリオ利回りは、更なる低金利環境における再投資により、低下するものとみられている。満
      期固定証券及び商業モーゲージ貸付1,680億ドルのうち、約750億ドルの資産については発行体の裁量による                                                       コー
      ル・オプション又は償還のオプションが付されており、                             その加重平均金利は約5%である。2014年12月31日現
      在、当該資産の約80%には、繰上返済制限条項が含まれている。
       当社が現在の純利鞘を維持するために、保有する保険契約の                               予定利率を引き下げない             又は以下に記載するその

      他の資産・負債管理戦略を効果的に利用しない、あるいはこれらを行うことができない範囲において、現在の
      ポートフォリオ利回りを下回るレート(保険契約によって保証されているレートを下回る場合を含む。)による
      予定支払額と予定繰上支払額の再投資に伴い、将来における運用成績に影響が及ぶ可能性がある。2014年12月31
      日現在、当社の米国内金融サービス事業は、約1,660億ドルの保険負債及び保険契約者預り金勘定を有してい
      た。当該金額のうち、約500億ドルが、                    予定利率が保険契約の期間にわたって最低保証予定利率に基づき調整さ
      れる保険契      約であった。下表は、関連する勘定価値を、                       最低保証予定利率の範囲             及び2014年12月31日現在の保険
      契約者に対する金利と各最低保証                 予定利率     の差(単位:ベーシス・ポイント)別に示したものである。
                                予定利率考慮後の勘定価値

                           最低保証       最低保証       最低保証       最低保証
                           予定利率       予定利率       予定利率       予定利率
                     最低
                          の超過率:       の超過率:       の超過率:       の超過率:
                                                      合計
                    予定利率
                          1-49  ベーシ     50-99  ベーシ    100-150   ベーシ    150 ベーシス・
                          ス・ポイント       ス・ポイント       ス・ポイント       ポイント   超
                                  ( 単位:十億ドル)
     最低保証予定利率の範囲
     1.00%未満                 0.8       0.0       0.0       0.0       0.0       0.8
     1.00%    —1.99%             2.0       2.3      10.9       1.5       0.2      16.9
     2.00%    —2.99%             2.2       0.0       0.6       1.9       0.1       4.8
     3.00%    —4.00%            24.0       1.8       0.5       0.2       0.0      26.5
                      0.8       0.0       0.0       0.0       0.0       0.8
     4.00%超
     合計                29.8       4.1      12.0       3.6       0.3      49.8
     全体に占める割合
                      60 %      8 %      24 %      7 %      1 %     100  %
       最低保証予定利率を上回る保険契約について、当社は当該予定利率を引き下げることができるものの、かかる

      引下に対する当社の意思は、競争による圧力によって抑制されることがある。
                                  97/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の米国内金融サービス事業は、参加型保険契約(投資収益に関するリスクが最終的に保険契約者の負担と
      なる。)から成る、約140億ドルの保険負債及び保険契約者預り金勘定も有していた。当該保険契約の予定利率
      は、関連資産の利回りに基づいて定期的に改定される。当社の米国内金融サービス事業の1,660億ドルの保険負
      債及び保険契約者預り金勘定のうちの1,020億ドルは、団体年金保険、                                     ストラクチャード・セトルメント年金及
      びその他の保険商品           等の長期の商品を表している。当該商品には固定の保証期間があり、その原資産をポート
      フォリオの利回りを下回る金利で再投資しなくてはならないこともある。当社は、以下において述べる資産・負
      債管理計画を通じて、長引く低金利環境が当該保険契約に与える影響を緩和することを目指している。
       米国内金融サービス事業の一般勘定について、2015年1月1日から2016年12月31日までの米国10年国債の平均

      利回りが2.15%で、かつ、信用スプレッドのレベルが2014年12月31日現在のレベルと同じであるという仮定的な
      シナリオに基づき、当社は、かかる環境における再投資による税引前調整後営業利益に含まれる純利鞘が、現在
      の平均ポートフォリオ利回りによる再投資と比較した場合に、2015年度には約17百万ドル、2016年度には約50百
      万ドルのマイナスの影響を受けるものと予想している。当該影響は、主に退職金セグメント及び個人年金保険セ
      グメントにおいて最も顕著である。この仮定的なシナリオは、上記の表にある約500億ドルの                                                保険契   約に関する
      影響のみを反映したものであり、i)                   関係する保険契約者に対する債務の予定利率の潜在的な変動(当社が契約
      上変更を行うことが可能な場合)、若しくは資金の再投資の際に当社が採用する投資ミックスの変更等その他の
      緩衝剤による恩恵、ⅱ)             当社の負債に直接に対応していない資産に関連する影響、ⅲ)                                その他の要素の影響(新
      契約、保険契約者の行動、競争環境の変化及び資本市場の変動を含むが、これらに限られない。)、又はⅳ)                                                        以
      下に記載するその他の要素は、反映されていない。
       昨今の金利環境が当社の純利鞘に与える不利な影響を緩和するため、当社は、積極的な資産・負債管理計画を

      採用しており、これには、規律あるリスク管理の枠組の範囲内における戦略的資産配分及びデリバティブ戦略が
      含まれている。当該戦略は、当社の商品の特徴に合致し、資産の金利感応度を商品負債の予想金利感応度に厳密
      に近似させることを目指すものである。当社の資産・負債管理プログラムは、デリバティブを通じて、資産と負
      債の間のデュレーションのギャップのリスク、為替変動リスク及びその他のリスクを管理に役立てている。当社
      は、商品の変化、顧客の行動の変化及び市況の変化が生じるごとに、かかる動的なプロセスを調整している。そ
      の結果、当社の資産・負債管理プロセスにより、当社が金利感応型商品を、複数の市場サイクルを通じて管理す
      ることが可能になっている。当社の金利エクスポージャーは、当社の事業の構成(報酬ベースの利益及び保険引
      受利益が、商品の収益性にとってより重大な役割を果たしている事業を含む。)によっても緩和されている。
                                  98/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      日本の保険事業
       当社の日本の保険事業は、複数年にわたって低金利環境を経験している。2014年12月31日現在、当該事業は、

      約1,200億ドルの保険負債及び契約者預り金勘定を有しており、これらは主に固定の保証期間を伴う長期保険商
      品(その原資産を、ポートフォリオ金利を下回る利率で再投資しなければならないことがある。)で構成されて
      いる。当該1,200億ドルにはまた、予定利率が                        最低保証予定利率に基づき              保険契約の期間にわたって調整される
      保険負債及び契約者預り金勘定が、約70億ドル含まれている。しかしながら、当該保険契約について、現行の予
      定利率の大部分は、契約上の最低保証予定利率又はそれに近い料率である。一定の場合において、当社は最低保
      証予定利率を上回る保険契約の一部について予定利率を引き下げることができるが、当該保険契約の大部分につ
      いて、予定利率は、公式により決定される。当社の日本の保険事業は、現在の金利環境が当社の純利鞘に与える
      不利な影響を緩和するために積極的な資産・負債管理プログラムを採用しており、当該プログラムには、上記の
      米国内金融サービス事業のものと同様の戦略が含まれている。
      最近の進展

       2014年10月28日、当社は、チリ建設会議所の投資子会社であるインヴァージョンズ・ラ・コンストラクショ

      ン・エスエー(「ILC」)との間で、チリにおける退職サービスの大手プロバイダーであるアドミニストラド
      ラ・ドゥ・フォンドス・ドゥ・ペンションズ・ハビタット・エスエー(「AFPハビタット」)の間接的所有持分
      を取得する覚書を取り交わした旨を公表した。当社は、ILCからAFPハビタットの約34%から40%を間接的に取得
      するものと見込んでいるが、この比率は、ILCがAFPハビタット株式を追加で取得するための、クロージング前の
      一般株主からの部分的な公開買付の結果に左右される。当社は、AFPハビタットの株式に対する間接的な持分を
      ILCの子会社より1株当たり925チリ・ペソで取得し、その購入総額は2014年10月28日時点の最新の為替レートで
      約530百万ドルから620百万ドルとなる。本取引の結果、当社とILCの所有ポジションは対等となり、AFPハビタッ
      トにおける経営支配権は共同持株会社を通じて保有されることが見込まれている。本取引に対しては、規制当局
      の承認の受領を含む特定の条件が課されているが、2015年度上半期には完了するものと見込まれている。この買
      収により、当社が成長途上のチリの年金市場に参入することが可能となる。
       2014年6月10日、プルデンシャル・ファイナンシャルの取締役会は、当社が2014年7月1日から2015年6月30

      日までの期間に経営陣の裁量により最大で10億ドルの発行済普通株式を買い戻すことを承認した。当社は、2014
      年度下半期において、当該承認に基づいて570万株を買い戻し、その費用総額は500百万ドルであった。株式の買
      戻しのタイミングと金額は、市況及びその他の条件を踏まえ、経営陣によって決定される。また、買戻しは、一
      般市場において、デリバティブ、加速型自社株買い及びその他相対取引、並びに1934年証券取引所法(「証券取
      引所法」)(その後の改正を含む。)に基づく規則10b5-1(c)を遵守した所定の取引プランを通じて行われる。
      当社は、12ヶ月間・10億ドルの発行済普通株式の買戻しに係る従前の承認(当該承認は、2014年6月30日付けで
      失効した。)に基づき、普通株式1,200万株を買い戻し、その費用総額は、10億ドルであった。当該買戻しに
      は、2014年度上半期における590万株の買戻しが含まれ、その費用総額は、500百万ドルであった。
                                  99/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2014年2月11日、2014年5月13日及び2014年8月12日の各日において、プルデンシャル・ファイナンシャルの
      取締役会は、普通株式1株当たり0.53ドルの現金配当を宣言した。2014年11月11日、プルデンシャル・ファイナ
      ンシャルの取締役会は、普通株式1株当たり0.58ドルの現金配当を宣言した。2015年2月10日、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルの取締役会は、普通株式1株当たり0.58ドルの現金配当を宣言した。
      規制上の進展

       プルデンシャル・ファイナンシャルは、ドッド・フランク・ウォール街改革・消費者保護法(「ドッド・フラ

      ンク法」)に基づく「指定金融機関」である。指定金融機関として、プルデンシャル・ファイナンシャルは、
      ドッド・フランク法に基づき、ボストン連邦準備銀行による監督及び審査、並びに健全性規制基準の適用対象と
      なる。G20加盟国の国家金融監督機関の代表者から構成される金融安定理事会(「FSB」)もまた、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルを、規制強化の対象となるG-SIIに指定している。
       2014年12月、コリンズ修正に対する修正が成立し、連邦準備制度理事会(「FRB」)の監督対象である保険持

      株会社(当社のような指定金融機関を含む。)の最低自己資本要件を決定するにあたって、FRBが当該要件から
      特定の保険業務を除外することができる旨が明確化された。ドッド・フランク法に基づく規制の詳細について
      は、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制-ドッド・フランク・ウォール街改革・消費者
      保護法」の項を参照のこと。
       2014年度第4四半期において、当社は、ニューヨーク州金融サービス局(「NY                                         DFS」)との間でニューヨーク

      における特定の変額年金商品及び生命保険商品に関する財務報告に係る準備金の算出手法について合意した。当
      該合意の影響の詳細については、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制-保険業務-州の
      保険規制-保険準備金及び規制目的上の自己資本」の項を参照のこと。
       2014年12月、全米保険監督官協会(「NAIC」)の原則主義的責任準備金評価導入特別専門委員会は、キャプ
      ティブ再保険会社が関与する特定の取引に関連して特定の資産クラスによって裏付可能な準備金の決定に関する
      要件の施行を意図した保険数理ガイドライン(「AG                           48」)を採用し、当該ガイドラインは、2015年1月1日付
      けで発効した。AG          48による影響の詳細については、本書の第一部「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規
      制-保険業務-州の保険規制-キャプティブ再保険会社」の項を参照のこと。
       規制が当社に与える潜在的な影響(上記に記載の内容を含む。)の詳細については、本書の第一部「第2 企

      業の概況」「3 事業の内容-規制」及び下記の「4 事業等のリスク」の各項を参照のこと。
                                100/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      見通し
       経営陣は、2015年度の業績が、引き続き、当社の個別の事業の品質及びその見通し、並びに当社全体の事業構

      成及び効率的な資本管理を反映していくものと考えている。2015年度において、当社は、引き続き、以下を含む
      長期的な戦略的位置づけ及び成長機会に重点を置く。
      ・   米国退職金及び投資運用市場:                当社は、長期化する老後の所得を保障する商品に対するベビーブーム世代の

        高まる需要に資金を投じることを目指している。さらに、当社は、金融市場のボラティリティに鑑みて、引
        き続き、退職後の所得保障への当社の顧客の高まる需要に重点を置く。当社はまた、年金基金スポンサーの
        リスク管理及び給付費用の統制に対するニーズに応える商品の提供も目指している。
      ・   米国保険市場:        当社は引き続き、優良事業の引受に重点を置き、販売経路の拡大及び第三者販売業者との関

        係の緊密化による利益を見込んでいる。当社は、法人顧客が給付費用の統制に照準を合わせていることに鑑
        み、団体保険市場における追加の任意型の生命保険契約の購入も目指している。
      ・   国際市場:      当社は、引き続き、日本等、当社が現在事業を行っている市場における存在感の強化及び新興市

        場における販売能力の拡大に重点を置いている。当社は、デモグラフィック及び公共政策の変化によって退
        職所得商品への需要がますます高まっていることに伴い、国際市場で生じる機会に資金を充てることを目指
        している。
                                101/742












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      営業成績
       プルデンシャル・ファイナンシャル・インクに帰属する2014年12月31日に終了した年度の金融サービス事業の

      純損益は、2013年度の713百万ドルの純損失に対し、1,533百万ドルの純利益であった。
       金融サービス事業について、当社は、調整後営業利益という指標を用いてセグメント並びに全社及びその他事

      業の業績を分析している。調整後営業利益についての議論及びセグメントの営業成績の指標としての利用につい
      ては、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「連結営業成績-セグメント指標」の
      項を参照のこと。
       下表は、2014年12月31日、2013年12月31日及び2012年12月31日に終了した各年度の各セグメント並びに全社及

      びその他事業の、調整後営業利益への貢献額、並びに法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前継続
      事業利益(損失)に対する当社のセグメント並びに全社及びその他事業の調整後営業利益の調整額をまとめたも
      のである。
                                        12月31日に終了した年度

                                   2014年        2013年         2012年
                                         (単位:百万ドル)
     セグメント別金融サービス事業の税引前調整後営業利益:
                                     1,467        2,085         1,039
      個人年金保険
                                     1,215        1,039          638
      退職金
                                       785        723         584
      資産運用
       米国退職ソリューション・投資管理部門合計
                                     3,467        3,847         2,261
                                       498        583         384
      個人生命保険
                                       23        157          16
      団体保険
       米国個人生命保険・団体保険部門合計
                                       521        740         400
      国際保険
                                     3,252        3,152         2,704
       国際保険部門合計
                                     3,252        3,152         2,704
      全社及びその他事業
                                     (1,348)        (1,370)         (1,338)
      金融サービス事業の税引前調整後営業利益
                                     5,892        6,369         4,027
     調整項目:
      実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額(注1)
                                     (3,588)        (9,956)         (3,666)
                                      (542)        1,807          857
      実現投資利益(損失)関連費用、純額(注2)
      保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資
                                       339        (250)          610
      利益(損失)、純額(注3)
                                      (294)         227         (540)
      資産価値の変動に伴う経験料率契約者負債の変動(注4)
                                       167         29
                                                       (615)
      撤退事業(注5)
      運営合弁事業損益に対する持分及び非支配持分に帰属する
                                       44        28         (29)
      利益(注6)
     金融サービス事業の法人所得税及び運営合弁事業損益に対す
                                     2,018        (1,746)           644
     る持分反映前継続事業利益(損失)
                                               62         64
     クローズド・ブロック事業の税引前継続事業利益(損失)
                                      (259)
     法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事
                                     1,759        (1,684)           708
     業連結利益(損失)
                                102/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      (注1) 「実現投資利益(損失)、純額及び関連調整額」を表している。詳細については、「7 財政状態、経営成績及び
          キャッシュ・フローの状況の分析」「実現投資損益」の項及び連結財務書類の注記22を参照のこと。
      (注2) 「実現投資利益(損失)、純額」が繰延保険契約取得費用及びその他の費用の償却並びに準備金の変動に与える影
          響に相当する関連費用が含まれている。また、当社の一部の年金商品の市場価値調整機能に関する支払に由来する
          関連費用及び「実現投資利益(損失)、純額」が前受収益準備金の償却に与える影響も含まれている。
      (注3) 「保険負債に対応するトレーディング勘定資産における投資利益(損失)、純額」を表している。「7 財政状
          態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレーディング
          勘定資産及びその他関連投資」の項を参照のこと。
      (注4) 経験料率契約に対応する投資プールにおける資産価値の変動に起因する契約者負債の変動を表している。「7 財
          政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「経験料率契約者負債、保険負債に対応するトレーディ
          ング勘定資産及びその他関連投資」の項を参照のこと。
      (注5) 「第2 企業の概況」「3 事業の内容-撤退事業」の項を参照のこと。
      (注6) 運営合弁事業損益に対する持分は、調整後営業利益に含まれているが、法人所得税及び運営合弁事業損益に対する
          持分反映前継続事業利益からは除外されている。これは、運営合弁事業損益に対する持分が、連結損益計算書にお
          いてU.S.     GAAPに基づき税引後ベースで別項目として反映されているためである。非支配持分に帰属する利益は、
          調整後営業利益には含まれていないが、法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益には含
          まれている。これは、非支配持分に帰属する利益が連結損益計算書においてU.S.                                      GAAPに基づき別項目として反映
          されているためである。非支配持分に帰属する利益は、少数株主の持分に関連する、連結事業体からの利益を表し
          ている。
       上記の2014年度の業績には、以下が反映されていた。

       個人年金保険       :2014年度の同セグメントの業績は、2013年度を下回った。当該低下は、仮定と比較した場合の

      市場の実績並びに各年度の第3四半期に行われる仮定のアニュアル・レビュー及び更新に起因する、事業の収益
      性予想の変動による不利な影響を反映していた。当該低下は、変額年金平均積立金勘定の増加(関連する資産
      ベース手数料の増加を控除後)に伴う資産ベース報酬収益の増加によって部分的に相殺された。
       退職金   :同セグメントの2014年度の業績は、2013年度を上回った。これは、純投資スプレッドの増加及び手数

      料収益の増加(2014年度における大規模な長寿保険の再保険取引による貢献を含む。)を反映したものであっ
      た。また、事例経験による準備金への有利な影響も当該増加に貢献したが、一般管理費(資本化にかかったもの
      を除く。)の増加によって部分的に相殺された。
       資産運用     :同セグメントの2014年度の業績は、2013年度を上回ったが、これは主に、市場の高騰と資産の純流

      入による運用資産の増加に起因する資産運用報酬の増加(費用控除後)を反映したものであった。当該増加は、
      業績ベースのインセンティブ報酬の増加(費用控除後)も反映していたが、商業モーゲージの業績低迷により部
      分的に相殺された。
                                103/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       個人生命保険       :同セグメントの2014年度の業績は、2013年度を下回った。これは主に、仮定のアニュアル・レ
      ビュー及び更新のマイナスの影響並びに最低死亡保障給付に関する準備金の不利な更新を反映していたが、ハー
      トフォード生命事業の取得に関連する統合費用の減少、投資実績による貢献額(純額)の増加、及びより有利な
      経験死亡率(再保険控除後)によって部分的に相殺された。
       団体保険     :同セグメントの2014年度の業績は、2013年度を下回った。これは主に、仮定のアニュアル・レ

      ビュー及び更新のマイナスの影響並びに業務費用の増加を反映したものであったが、団体所得補償保険契約の引
      受実績の改善及び純投資スプレッドによる貢献の増加によって部分的に相殺された。
       国際保険     :同セグメントの2014年度の業績は、2013年度を上回った。これは、仮定のアニュアル・レビュー及

      び更新の有利な影響、事業の成長並びにスター生命及びエジソン生命事業の買収に関連する統合費用の不発生を
      反映していた。当該項目は、外国為替相場の不利な変動、費用(純額)の増加及び準備金の調整の増加によって
      部分的に相殺された。前年度の業績は、当社のコンソーシアムを通じた中国太平洋保険(集団)有限公司への投
      資からの収益の影響及び一部の定額年金保険の解約に伴う収益の前倒の影響の増加による恩恵も受けた。
       全社及びその他事業          :2013年度との比較において、2014年度の業績には、主として配賦前本社費の減少並びに

      資本及び営業債務の支払利息の減少(投資収益を控除後)に起因する損失の減少が反映されているが、これらは
      当社の適格年金制度からの収益の減少によって部分的に相殺された。
       クローズド・ブロック事業              :  税引前継続事業利益は、2013年度を下回った。これは主に、契約者配当債務及

      びIHC債務の早期償還に関連する費用の増加によるものであったが、純実現投資利益の増加によって部分的に相
      殺された。
                             会計方針及び発表

      重要会計方針の適用

       米国で一般に公正妥当と認められた会計原則(「U.S.GAAP」)に従って財務書類を作成するには、しばしば相

      当程度の判断力が求められるような会計方針を適用する必要がある。経営陣は、継続的に、財務書類の作成で採
      用された予測値や仮定を検証している。経営陣がその時点の事実や状況に配慮して、予測値や仮定の変更が適切
      であると判定した場合、連結財務書類に計上される当社の営業成績や財務状況が大幅に変更されることがある。
       以下の各項では、経営陣が予測値や仮定の適用に依存している部分が最も大きいとみなす、また、経営陣によ

      る最も困難で、主観的又は複雑な判断を必要とするとみなす、財務書類作成のための会計方針について説明す
      る。
                                104/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      繰延保険契約取得費用及びその他のコスト
       当社は、保険契約及び年金契約の取得又は更新に直接的に関連するコストを資産に計上する。これらのコスト

      には主に手数料、契約発行費用及び引受費用、並びに成約に至った保険契約に直接的に関係するその他の特定の
      費用が含まれる。また、当社は、主に個人年金保険セグメントにおける変額年金及び定額年金契約の販売奨励金
      に関連する費用の繰延も行っている。販売奨励金は、保険加入の奨励金として保険契約者預り金勘定に計上され
      る金額である。販売奨励金の詳細については、連結財務書類の注記11を参照のこと。当社は、通常、これらの繰
      延保険契約取得費用(「DAC」)及び繰延販売奨励金(「DSI」)については、契約内容に応じて、グロス・マー
      ジン、粗利益又は保険料総額のレベルとタイミングに関する当社の予想に基づき、契約の想定期間にわたって償
      却する。下記において詳述するとおり、DAC及びDSIの償却額を算出するにあたり、当社は、投資収益、死亡率、
      契約継続率及びグロス・マージン、粗利益又は保険料総額のレベルとタイミングの見積りに影響を与えるその他
      の項目について予想を行う必要がある。当社はまた、当社のDAC及びDSIの回収可能性を定期的に評価している。
      特定の契約についての当該評価は、保険料欠損テストの一環として実施される。詳細については、下記の「保険
      契約者に対する債務」の項を参照のこと。2014年12月31日現在、当社の金融サービス事業のDAC及びDSIは、それ
      ぞれ156億ドルと15億ドルであり、クローズド・ブロック事業のDACは、410百万ドルであった。
      償却方法

       クローズド・ブロックの従来の参加型商品に関するDACは、当該契約の想定期間にわたって、予想されるグロ

      ス・マージンに比例して償却される。グロス・マージンは、保険料、投資利益、給付金請求、契約管理費用、準
      備金の変動及び保険契約者に対する配当を考慮する。当社は、実際のグロス・マージンの影響と当社の予想する
      将来のグロス・マージンの変動について、将来のグロス・マージンの当社の見積額の評価及びDAC残高の調整を
      行い、当該金額を損益計上する。グロス・マージンに影響を及ぼす要因の多くがこれらの保険契約者に対する当
      社の配当の決定に含まれており、また、クローズド・ブロック事業が多くの年度において、累積利益の株式会社
      化の際に決定された予想累積利益に対する超過額について、「未払契約者配当金」において累積契約者配当準備
      金費用を認識していることから、当該参加型商品に係るDAC調整は、概して当社の業績に著しいボラティリティ
      をもたらしていない。しかしながら、将来において、実際の累積利益が予想累積利益を下回り、累積契約者配当
      準備金がなくなった場合、グロス・マージン及びDAC償却額の変動は、クローズド・ブロックの業績に最終的に
      影響を及ぼす可能性がある。2014年12月31日現在、予想累積利益に対する実際の累積利益の超過額は、1,558百
      万ドルであった。
       当社の個人生命保険セグメントの無配当の終身及び定期生命保険契約、並びに国際保険セグメントの終身及び

      定期生命保険、養老保険及び健康保険に関連するDACは、保険料総額に比例して償却される。
                                105/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の個人生命保険セグメント及び国際保険セグメントの変額生命保険及びユニバーサル生命保険、並びに当
      社の個人年金保険セグメント及び国際保険セグメントの変額年金契約及び定額年金契約に関するDAC及びDSIは、
      通常、粗利益合計に比例してこれらの保険契約の想定期間にわたって償却される。粗利益合計には、実際の粗利
      益と将来における予想粗利益が含まれる。粗利益の算出にあたって、当社は、死亡率、継続率及びその他の要
      素、これらの契約に関連する投資収益率、並びに最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付に関連する費用を考
      慮する。当社の個人年金保険セグメントの変額年金について、当社の変額年金契約の生前給付特約の一部に関連
      する組込デリバティブ及び関係するヘッジ活動の影響も、U.S.                                  GAAPに基づく粗利益及び償却率に含まれてい
      る。償却費用を算出するにあたり、当社は、U.S.                          GAAPに基づく業績及び調整後営業利益に含まれる粗利益額を
      見積もっており、明確な償却率及び費用を算出するために当該見積りを使用している。当社はまた、実際の粗利
      益と当社の予想する将来の粗利益の見積りの変動が当社のDAC及びDSIの償却率に与える影響ついて、定期的に関
      連するDAC及びDSIの残高の評価及び調整を行うとともに、当該金額を損益計上する。DAC及びDSIの残高の調整に
      は、仮定のアニュアル・レビュー、当期の実績の四半期調整及び市場業績の四半期調整による、粗利益合計の見
      積額に対する影響が含まれる。各調整の詳細については、「仮定のアニュアル・レビュー及び四半期調整」の項
      を参照のこと。内部で決定されるヘッジ・ターゲットについては、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・
      フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績-米国退職ソリューション・投資管理部門-
      個人年金保険-変額年金ヘッジ・プログラム実績」の項を参照のこと。
       上記で述べた以外の商品の償却方法は、主に当社の団体保険セグメント及び退職金セグメントの商品に関連す

      る重要度の低いDAC残高(当社の2014年12月31日現在のDAC残高合計の約2%を占めていた。)に関するものであ
      る。
      仮定のアニュアル・レビュー及び四半期調整

       当社は、毎年、将来における粗利益を見積もる際に使用する仮定の包括的なレビューを行っている。全報告期

      間の業績は、毎年第3四半期において行われる当該レビューの結果を反映している。2015年度以降、当社は、仮
      定のアニュアル・レビューを第2四半期中に行う予定である。過去数年間にわたって当社が行った、将来の粗利
      益の予想並びにDAC及びDSIの償却額の変更につながる最も重要な仮定の更新は、保険契約の失効及びその他保険
      契約者の行動に関する仮定、死亡率並びに将来における予想投資収益率の修正に関連するものであった。これら
      の仮定により、将来において償却費用の大規模な変更が生じる可能性がある。かかる仮定の変更が当社の業績に
      与える影響が相殺効果を有する可能性があるが、当社がその長期的な変動及び相殺効果について予想することは
      できない。
       上記の当期の実績の四半期調整は、当該期間中の実際の粗利益と、従前に予想された当該期間中の粗利益の見

      積額の間の差異の影響を反映するものである。各期間の実際の実績が、従前において見積もられた当該期間中の
      見積額と異なる範囲において、粗利益合計の前提となる水準が変動する可能性がある。この場合、当社は、すべ
      ての過年度の償却について累積調整(経験値への補正)を計上する。
                                106/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       上記の市場成果の四半期調整は、実際のファンドの実績及び市況を踏まえた当社の粗利益合計の見積りの変更
      の影響を反映している。当社の変額年金契約の粗利益の大部分は、分離勘定投資オプションにおいて保有する資
      産の総収益率に依存しており、変額生命保険契約の粗利益の大部分についても、程度は低いものの、同様であ
      る。この収益率は、当社が受領する手数料、変額年金契約に関する最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付に
      ついて当社が被るコスト、並びにその他の収入源に影響を与える。任意の期間における当社の予想を上回る利益
      は、予想を上回る積立金残高を創出する。これにより、当社が将来において受領するであろう手数料が増加し、
      当社の変額年金契約に関連する最低保証死亡給付及び最低年金額保証給付について当社が将来において負担する
      であろう費用が減少する。業績が予想を下回った場合は、これと逆の現象が発生する。将来における総利益予想
      の変動は、過年度のすべての償却に対する累積的な調整を認識する際に用いられる。
       米国内変額年金及び変額生命保険商品のDAC及びDSIを評価する際に使われる短期的な将来の株式収益率の仮定

      は、業界の慣行として、平均回帰アプローチにより算出される。このアプローチに基づき、当社は、過去におけ
      る株式収益を検討し、当初期間(「短期間」)にわたる予想株式収益を調整し、株式収益率が長期の予想収益率
      と近似するようにする。将来における短期間の予想収益率が当社の将来における短期間の最大収益率を上回って
      いる場合、将来における最大収益率を使用する。これまで、当社は、当該手法を適用する際、短期的(4年間)
      な将来における最大収益率(13%)を用いてきた。2014年度第3四半期以降、当社は、短期間(5年間)の将来
      における予想株式収益率を調整し、15%の最大収益率を使用する。2014年12月31日現在、当社の変額年金事業及
      び変額生命保険事業は、長期の予想株式収益率及び短期平均回帰株式収益率を、それぞれ8.0%と3.5%と仮定し
      ている。
       当該事業の加重平均収益率の仮定は、各事業に特有の多くの要素(資産のデュレーション、資産配分及びその

      他の要素を含む。)を考慮している。当社は、通常、平均回帰アプローチの結果を反映するため、短期の株式収
      益率及び粗利益合計の見積額を四半期ごとに更新しており、これらは、長期の予想株式利益率に換算されること
      が前提とされている。これらの粗利益の見積額の市場業績関連調整を受けて、過年度の償却にも累積調整がなさ
      れることとなる。これは、すべての過年度の粗利益に対する新しい必要償却率の適用を反映している。
      DAC  及びDSIの感応度

       これまで償却費用レベルの変動は、当社の個人生命保険セグメント及び個人年金保険セグメントにおける変額

      年金並びに変額生命保険契約及びユニバーサル生命保険契約に起因するものであり、当該商品については、費用
      は粗利益合計に比例して償却されている。当社の国際保険セグメントについて、これまで当該商品に関する重大
      な変動は経験されていない。これは、当該セグメントの変額年金並びに変額生命保険契約及びユニバーサル生命
      保険契約の重要性がさほど高くないためである。
                                107/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       個人生命保険セグメントの変額生命保険及びユニバーサル生命保険については、粗利益の大部分は死差益によ
      るものである。その結果、将来の粗利益に関する当社の予想は、当社の予定死亡率により大きく影響を受ける。
      当社の予定死亡率は、これらの契約の期間中における将来の死亡保険金請求を見積もる際に利用され、当社の経
      験、業界実績及び/又はその他の要素に基づいて算出される。任意の中間決算期間において当社が長期的な傾向
      の指標となると判断するような死亡率の重大な変更のない限り、予定死亡率は、通常、一年に一度、更新されて
      いる。将来における予定死亡率の更新は、当社の個人生命保険セグメントの業績に重大な悪影響又は好影響を与
      える可能性がある。
       当社の個人生命保険セグメントの変額生命保険及びユニバーサル生命保険に関するDAC残高は、2014年12月31

      日現在で41億ドルであった。下表は、当社の将来の死亡率を1%増減させることにより、当社が考慮すべき調整
      額を数量化し、当社の将来の予定死亡率に関するDAC残高の感応度を示している。下記の情報は、単に一例を挙
      げるために示したものであり、当社の予定死亡率の変動がDAC残高に与える直接的な影響のみを考慮し、当社の
      DAC評価に含まれる継続率、将来の収益率又は費用などのその他の仮定の変更は考慮していない。また、下記の
      情報は、下記のDAC残高の調整を一部相殺する前受収益準備金等の準備金の変更を反映していない。当該準備金
      の詳細については、以下の「保険契約者に対する債務」に記載する。
                                               2014  年12月31日現在

                                                 DAC  の増(減)
                                               (単位:百万ドル)
     将来の死亡率の1%の減少                                                    41
     将来の死亡率の1%の増加                                                   (43
                                                          )
       当社による仮定と比較した場合の実際の死亡率の影響に加え、その他の要素も、とりわけ仮定の毎年の更新が

      実施される際に償却費用の変則的な変動につながる可能性がある。しかしながら、上記のとおり、当該仮定の変
      更が当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当社は、長期間にわたるその変動や相殺の影
      響を予想することはできない。2014年度において、予定死亡率の更新が行われたことにより、償却費用に大幅な
      変動が生じた。2014年12月31日、2013年12月31日及び2012年12月31日に終了する各年度の個人生命保険セグメン
      トに関するDAC調整については、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サー
      ビス事業のセグメント別営業成績-米国個人保険・団体保険部門-個人生命保険」の項を参照のこと。
                                108/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の個人年金保険セグメントの変額年金契約について、DAC及びDSIは、当社の粗利益の大部分が独立勘定投
      資オプションに保有する資産の収益率に依拠しているため、収益率の仮定の変更の影響を受けやすい。当社の国
      内変額年金契約に関するDAC及びDSIの残高は、2014年12月31日現在、それぞれ54億ドルと15億ドルであった。下
      表は、当社の将来の収益率を100ベーシス・ポイント増減させることにより、当社が考慮すべきそれぞれの残高
      の調整額を数量化し、当社の将来の収益率の仮定に関するそれぞれの残高の感応度を示している。下記の情報
      は、単に一例を挙げるために示したものであり、将来の収益率の変動がDAC及びDSIの残高に及ぼす直接的な影響
      のみを考慮し、当社のDAC及びDSIの評価に含まれる継続率、死亡率又は費用などのその他の仮定の変更は考慮し
      ていない。さらに、当該情報は、当社の変額年金商品の最低保証死亡給付及び生前給付特約オプションに対する
      準備金などの準備金の変動、又はこの準備金の変動がDAC及びDSIの残高に及ぼす影響を反映するものではない。
                                          2014  年12月31日現在

                                       DAC  の増(減)          DSI  の増(減)
                                          (単位:百万ドル)
     将来の収益率の100ベーシス・ポイントの減少                                       (136)            (59)
                                            120            55
     将来の収益率の100ベーシス・ポイントの増加
       当社による将来の収益率に関する仮定と比較した場合の市場業績の影響に加え、その他の要素も、とりわけ仮

      定の毎年の更新が実施される際に償却費用の変則的な変動につながる可能性がある。しかしながら、上記のとお
      り、当該仮定の変更が当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当社は、長期間にわたるそ
      の変動や相殺の影響を予想することはできない。2014年度において、失効率及び利用率の仮定の更新が行われた
      ことにより、償却費用に大幅な変動が生じた。2014年12月31日、2013年12月31日及び2012年12月31日に終了した
      各年度における、当社の個人年金保険セグメントに関連するDAC及びDSIの調整に関しては、「7 財政状態、経
      営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績-米国退職ソリュー
      ション・投資管理部門-個人年金保険」の項を参照のこと。
      買収事業の価値

       DAC及びDSIに加えて、当社は、買収事業の価値(「VOBA」)を資産として認識する。VOBAは、取得された保有

      保険契約債務を取得日時点で算定された公正価値で表示するための、表示額に対する調整額に相当する無形資産
      である。VOBAは、取得した契約の種類に応じて、当該契約の想定期間にわたり、総保険料又は粗利益見積額に比
      例して償却される。VOBAは、回収可能性テストの実施の対象ともなる。2014年12月31日現在、VOBAは2,836百万
      ドルであり、これには2011年2月1日付けでAIGからスター生命及びエジソン生命事業を取得したことに関連す
      る1,554百万ドル、並びに2013年1月2日付けのハートフォード生命の個人生命保険事業の取得に関連する1,036
      百万ドルが含まれていた。当該取得に関する更なる情報については、連結財務書類の注記3を参照のこと。残り
      の246百万ドルは、主に従前において当社が取得した伝統的生命保険、据置年金、定額拠出及び確定給付事業に
      関連するものであった。
                                109/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ハートフォードから買収した個人生命保険事業に関連するVOBAは、通常、取得した契約の予想有効期間にわた
      り、見積総利益の比率により償却する。当社の総利益の大部分は、死差損益に由来する。その結果、当社の将来
      の粗利益の見積は、当社の予定死亡率に大きく影響される。当社の予定死亡率は、当該保険契約の有効期間にお
      ける将来の死亡保険金請求を見積もる際に使用され、当社の経験、業界実績及び/又はその他の要素に基づいて
      いる。任意の中間決算期間において、死亡率について当社が長期的な傾向の指標となると判断するような重大な
      変更のない限り、当社は、通常、1年ごとに予定死亡率の更新を行う。将来における予定死亡率の更新は、当社
      の個人生命保険セグメントの業績に著しい好影響又は悪影響を与える可能性がある。下表は、当社の将来におけ
      る予定死亡率に関するVOBA残高の感応度を、必要となる調整を定量化し、当社の将来における死亡率が1%増減
      したものと仮定して示したものである。下記の情報は、単に一例を挙げるために示したものであり、当社の予定
      死亡率の変更がVOBA残高に与える直接的な影響のみを考慮したものであり、VOBAの評価に含まれる契約継続率、
      将来の収益率又は費用等のその他の仮定の変更は考慮していないほか、準備金の変動も反映していない。
                                          2014  年12月31日現在

                                            VOBA  の増(減)
                                          (単位:百万ドル)
     将来の死亡率の1%の減少                                                   18
                                                       (19)
     将来の死亡率の1%の増加
       当社の仮定と比較した場合の実際の死亡率の影響に加え、その他の要素も、とりわけ仮定の毎年の更新が行わ

      れる際に、償却費用の変則的な変動を引き起こす可能性がある。しかしながら、上記のとおり、当該仮定の変更
      が当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当社は、長期間にわたるその変動や相殺の影響
      を予想することはできない。2014年度において、投資に関する仮定の更新が行われたことにより、償却費用に極
      めて大幅な変動が生じた。2014年12月31日に終了した各年度における、個人生命保険セグメントに関連する業績
      の要素の詳細は、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグ
      メント別営業成績-米国個人生命保険・団体保険部門-個人生命保険」の項を参照のこと。
       AIGからスター生命及びエジソン生命の保有保険契約を取得したことに関連するVOBAは、その大部分が総利益

      ではなく保険料に応じて償却されるため、仮定の変更の影響を受けにくい。VOBAの詳細(各種買収事業の将来の
      キャッシュ・フローの予想に含まれている項目の詳細、及び償却方法の根拠を含む。)については、連結財務書
      類の注記2及び注記8を参照のこと。
                                110/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      営業権
       2014年12月31日現在、当社の営業権の残高831百万ドルは、退職金フル・サービス事業(444百万ドル)、資産

      運用事業(235百万ドル)、ジブラルタ生命その他事業(137百万ドル)及び国際保険セグメントのライフ・プラ
      ンナー事業(15百万ドル)の4つの報告対象ユニットに反映されている。
       当社は、1年に1度、毎年12月31日付けで、又は潜在的な減損の可能性を示唆する事由若しくは状況が発生し

      た場合はそれより多い頻度で営業権の減損テストを行う。営業権の減損分析は、当社の事業セグメントに相当す
      る又は事業セグメントの1レベル下位に位置する報告対象ユニット・レベルで行われる。当該分析には、質的評
      価(報告対象ユニットは、会計指針に基づきこれを省略することを選択できる。)及び2つのステップから成る
      量的分析が含まれる。営業権及び営業権の減損テストの詳細は、連結財務書類の注記2及び注記9を参照のこ
      と。
       国際保険セグメントのライフ・プランナー事業及び資産運用セグメントにおいて、当社は、定量評価を省略

      し、収益倍率法を用いた減損分析を完了することを選択した。収益倍率法は、類似の事業を行う株式公開比較対
      象会社との比較に基づく事業の価値を示すものである。各比較対象会社は、様々な要因(金融リスク、規模、地
      理的多様性、収益性、適切な財務データ及び活発に取引される株式の株価を含むがこれに限定されない。)に基
      づき分析される。各比較会社の収益率は、各社の2015年度の予想収益に対する独立アナリストのコンセンサス予
      想を用いて算出されている。次に、倍率が合計され、倍率の平均と中央値がグループ別に算出される。その後、
      倍率の平均と中央値のうち小さい方を報告対象ユニットの2015年度の予想収益に適用し、価値を算出する。その
      後、報告対象ユニットの推定公正価値の合計を決定するためにコントロール・プレミアムが付加される。
       退職金フル・サービス事業及びジブラルタ生命その他事業においてもまた、当社は、定量評価を省略し、割引

      キャッシュ・フロー法を用いた減損分析を完了することを選択した。割引キャッシュ・フロー法は、市場での加
      重平均予想収益率を反映した割引率を、報告対象ユニットの将来の予想キャッシュ・フローに適用することで、
      事業の価値を算出する。これらの将来の予想キャッシュ・フローは、当社の内部予想、予想成長率及び最終価値
      に基づいていた。加重平均収益率(「WARR」)は、株主資本総額に対する必要収益率を表すものである。これ
      は、会社の株式資本必要利益率及び現在の税考慮後の負債コストの割合を、関係する資本構成内の予想される株
      式資本及び負債の割合で加重平均したものである。収益率を見積もるために、当社は資本資産価格モデル
      (「CAPM」)を適用している。CAPMは株式投資家が要求する収益率、つまり会社の株主資本コストを予測するた
      めに一般的に受け入れられている手法である。CAPMは長期の無リスク収益率に、大規模な会社の普通株式投資で
      求められる株式リスク・プレミアムや、ボラティリティ、小企業プレミアム及び特定の会社に特有のその他のリ
      スクに対処する会社特有の調整等を考慮した調整を加えたものである。WARRに基づく計算方法は、報告対象ユ
      ニットの同業種を営んでいると考えられる会社グループに適用され、当該報告対象ユニットの加重平均収益率が
      算出される。加重平均収益率は、当該報告対象ユニットの加重平均予想市場収益率を見積もる際に利用される。
      当該プロセスにより、割引率は12%となり、当該割引率は、退職金フル・サービス事業及びジブラルタ生命その
      他事業のそれぞれの公正価値を予想するために当該事業の将来の予想キャッシュ・フローに適用された。
                                111/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       第1ステップの定量テストを完了したところ、4つの報告対象ユニットのそれぞれについて公正価値が帳簿価
      額を上回っており、2014年12月31日現在、減損は発生していないという結論に至った。資産運用事業、国際保険
      セグメントのライフ・プランナー事業、ジブラルタ生命その他事業及び退職金フル・サービス事業は、その推定
      公正価値が帳簿価額をそれぞれ75%超上回っていた。
       報告対象ユニットの公正価値の予想は、経営陣による重要な見積りの使用を含む主観的なプロセスである。テ

      ストを実施した全報告対象ユニットについて、市場の下落、又はこれらの事業の公正価値に影響を及ぼすその他
      の事象(割引率、金利及び増加率の見積り、若しくは当該事業をサポートするために必要な株主資本の水準の増
      加を含む。)は、営業権の減損をもたらす可能性があり、その場合、損失を計上することとなる。
      投資の評価(デリバティブ及び一時的ではない減損の認識を含む)

       当社の投資ポートフォリオは、上場及び非上場の満期固定証券、商業モーゲージ貸付及びその他貸付、株式、

      その他投資資産、並びにデリバティブ金融商品で構成される。デリバティブは、その価値が金利、為替レート、
      金融指数又は証券若しくは商品の価値に由来する金融商品である。当社が通常使用するデリバティブ金融商品に
      は、スワップ、先物、フォワード及びオプションが含まれており、証券取引所又は店頭市場で取引される。当社
      は、金融商品に「組み込まれる」デリバティブ商品を内包する金融商品の当事者でもある。経営陣は、デリバ
      ティブを含む投資に関連する以下の会計方針は、見積り及び仮定に大きく依拠するものと考えている。それぞれ
      の方針については、以下に挙げる投資及びデリバティブに関連する記述の中で詳述する。
      ・ デリバティブを含む投資の評価

      ・ 一時的ではない減損の認識並びに
      ・ 商業モーゲージ貸付及びその他貸付の貸倒引当金の決定
       当社は、売却可能に分類されている投資(満期固定証券及び株式等を含む。)、並びに保険負債に対応するト

      レーディング勘定資産、デリバティブ及び組込デリバティブなど、取引トレーディングとして分類されている投
      資を、財政状態計算書において、公正価値で反映している。満期固定証券及び株式並びにデリバティブ商品、組
      込デリバティブ及びその他の投資の公正価値の決定に関する主要な見積り及び仮定についての詳細は、連結財務
      書類の注記20及び「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの分析」「資産及び負債の評価-資産及び
      負債の公正価値」の項を参照のこと。
       売却可能に分類されている投資については、公正価値の変動の影響は、資本の独立科目である「その他の包括

      利益累計額(「AOCI」)」として、未実現利益又は損失として計上されている。トレーディングとして計上され
      る当社の投資に関しては、公正価値の変動の影響は「その他収益」として計上している。さらに、売却可能又は
      満期まで保有する投資は、公正価値の低下が一時的なものでない場合に減損判定の対象となる。一時的ではない
      投資価値の減少に関する当社の方針、並びに満期固定証券及び株式の一時的ではない減損を計上するための手法
      についての詳細は、連結財務書類の注記2を参照のこと。
                                112/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       商業モーゲージ貸付及びその他貸付は、主に予想される未払元金残高から未償却繰延貸付組成手数料・費用及
      び未償却保険料又は割引料と貸倒引当金を差し引いて計上する。商業モーゲージ貸付及びその他貸付の評価性引
      当金に関する当社の方針については、連結財務書類の注記2を参照のこと。
      保険契約者に対する債務

      責任準備金(支払備金及び未払損害調査費用を含む)

       当社では、U.S.         GAAPに定める手法を用いて、保険契約の発行又は取得と同時期に保険契約者に対する、又は

      保険契約者のための責任準備金を準備する。金融サービス事業につき使用する準備金に関する手法には、以下の
      ものが含まれる。
     ・  契約期間が長い保険契約について、当社は、契約が発行又は取得された日付現在の最良推定値によ

       る仮定を使用し、必要に応じて不利な変動のリスクに対する準備金を設定する。当初の債務額が決
       定された後、当社は、保険料欠損テストをテスト実施日現在の最良推定値による仮定を用いて実施
       するが、不利な変動のリスクに対する準備金は設定しない。最良推定値による仮定に基づき決定さ
       れた債務額が準備金純額(すなわち、GAAPに基づく準備金からDAC、DSI又はVOBA資産を控除後の金
       額)を上回った場合、既存の準備金純額は、まず当期の損失の計上を通じて当該資産を不足額分だ
       け又は0まで減少させることにより調整される。不足額が保険契約に係る当該資産の残高を上回る
       場合、当社は、当期の損失の計上を通じて準備金純額を超過額の分だけ増額する。保険料の欠損が
       認識された場合、保険料欠損テスト日現在の仮定は、固定され、その後の評価においても使用され
       る。
     ・  特定の準備金(最低保証死亡給付(「GMDB」)、最低年金額保証給付(「GMIB」)及び無失効保証

       を伴う保険契約等)について、当社は、準備金を設定するにあたり、当該時点の最良推定値による
       仮定を使用する。当該準備金は、仮定のアニュアル・レビューに基づく調整及び実績(市場業績を
       含む。)に関する四半期ごとの調整の対象となり、当該準備金は、当期の利益又は損失の計上を通
       じて調整されることがある。
     ・  特定の商品の給付(主に個人年金保険セグメントの変額年金商品の特定の生前給付特約)につい

       て、当該給付は、組込デリバティブとして会計処理され、その公正価値は、将来において予想され
       る保険契約者に対する給付金支払額の現在価値から組込デリバティブに由来する特約手数料の現在
       価値を控除した金額として算出される。U.S.                        GAAPの下では、当該給付の公正価値は、当該組込デリ
       バティブを評価するにあたって市場参加者が使用するであろう仮定に基づいて算出される。当該組
       込デリバティブの公正価値の変動は、当期の利益又は損失の計上を通じて四半期ごとに計上され
       る。
                                113/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       準備金を設定する際に使用される仮定は、通常、当社の実績、業界の実績及び/又はその他の要素(いずれか
      該当するもの)に基づいている。任意の中間決算期間において当社が長期的な傾向の指標となると判断するよう
      な重大な変更のない限り、当社は、通常、死亡率、罹患率、定年退職及び保険契約者の行動に関する仮定等の保
      険数理上の計算基礎を毎年更新する。当社は、通常、短期間における指標の著しい変化は想定しておらず、これ
      らの指標に変化が生じる場合であっても、かかる変化が長期にわたる段階的なものであると考えている。長期に
      わたる低金利環境において、最良推定値による仮定に基づいて決定された準備金が負債純額を上回る可能性が増
      加している。
       当社の各セグメントが設定する準備金については、以下において詳述する。

       当社の国際保険セグメントのための責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の41%を占め

      ていたが、これは主に無配当の終身生命保険及び定期生命保険商品並びに養老保険契約に関するものであり、通
      常、保険契約者に対する又は保険契約者のための将来の給付金予想額の現在価値と将来の維持費用の現在価値か
      ら将来の保険料純額の現在価値を引いた金額として決定される。当該準備金について、当社は、当該契約の発行
      又は取得日現在の最良推定値による仮定を使用し、上記の不利な変動のリスクに対する準備金を設定する。将来
      の給付金予想額及び費用を決定する際に使用される主要な仮定には、死亡率、失効率、罹患率、投資利回り及び
      維持費用に関する仮定が含まれている。さらに、特定の保険契約に係る将来における責任準備金には、繰延利益
      に関する債務に関連する金額も含まれる。
       退職金セグメントの責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の23%を占めていた。当該準

      備金は、主に当社の無配当の団体生命年金及び仕組決済方式商品に関連するものである。これらの準備金は、通
      常、将来の給付金及び費用の現在価値として決定される。当該準備金について、当社は、当該契約の発行又は取
      得日現在の最良推定値による仮定を使用し、上記の不利な変動のリスクに対する準備金を設定する。保険料の欠
      損準備金が計上された保険契約については、当社は、保険料の欠損準備金が設定された直近の日付現在の仮定を
      使用する。当該準備金を設定する際に使用される主要な仮定には、死亡率、退職率、維持費用及び金利に関する
      仮定が含まれている。さらに、特定の保険契約に係る責任準備金には、契約の発行日現在において決定される繰
      延利益に関する債務に関連する金額(償却累計額控除後)も含まれる。
       個人年金保険セグメントの責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の5%を占めており、

      主に組込デリバティブとして会計処理される変額年金のGMDB及びGMIB特約並びに生前給付特約オプションの準備
      金に関連するものであった。上記のとおり、GMDB及びGMIBの準備金を設定するにあたり、当社は、直近の最良推
      定値による仮定を使用する。当該準備金を設定するにあたって使用される主要な仮定には、年金化、失効率、解
      約及び死亡率に関する仮定、並びに金利及び株式市場収益に関する仮定が含まれる。失効率は、生前給付のイ
      ン・ザ・マネーの程度に基づき契約ごとに調整され、解約料の適用の有無などのその他の要因を織り込んでい
      る。契約のイン・ザ・マネーの程度が大きい場合は、失効率は引き下げられる。失効率は、解約手数料が適用さ
      れる期間については通常より低いものと想定されることが多い。
                                114/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       特定の生前給付特約(最低積立金保証給付(「GMAB」)、最低解約保証給付(「GMWB」)及び最低年金額・解
      約保証給付(「GMIWB」)を含む。)に対する準備金は、組込デリバティブとして会計処理され、その公正価値
      は、保険契約者に対する給付金支払予想金額の現在価値から組込デリバティブに由来する特約手数料の現在価値
      を控除した金額として算出される。資本市場の市況の変動及び各種保険数理上の基礎計算の変動によっては、当
      該手法が、負債又はマイナス負債を生じさせる可能性がある。当該債務を移転するにあたって観測可能で、か
      つ、活発な市場が存在しないため、その評価額は、オプション価格設定手法を盛り込んだ内部で策定されたモデ
      ルを用いて算出される。当該モデルは、リスク中立的評価の枠組に基づくものであり、評価手法、データ及び将
      来のキャッシュ・フローのタイミングと金額に関する不確実性に固有のリスクに対するプレミアムが付されてい
      る。これらの組込デリバティブの評価モデルにとって重要なデータには、資本市場に関する仮定(金利のレベル
      及びボラティリティに関する仮定等)、市場参加者が考える当社の不履行リスク(「NPR」)、並びに保険数理
      的に決定される各種仮定(失効率、給付利用率、解約率及び死亡率等の保険契約者の行動を含む。)が含まれて
      いる。資本市場に関するデータ及び実際の保険契約者預かり金額は、金利、株式市場及びボラティリティを含む
      各四半期末現在の資本市場の状況に基づいて四半期ごとに更新される。リスク中立的な評価法においては、イニ
      シャル・スワップ・カーブにより、保険契約者預かり金額を増加させるために使用される総利回りが引き上げら
      れる。当社の割引率に関する仮定は、NPRを反映するためにLIBORに上乗せするスプレッドについて調整済みの
      LIBORのスワップ・カーブに基づいている。保険数理上の計算基礎(保険契約者の行動及び死亡率を含む。)
      は、年に1回以上見直され、経験値、将来に関する予想、及びその他のデータ(利用可能な業界の調査結果又は
      取得・再保険取引等の市場取引等の観察可能な市場データを含む。)に基づき更新される。生前給付特約オプ
      ションの評価の詳細については、連結財務書類の注記20を参照のこと。
       個人生命保険セグメントの責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の4%を占めており、

      当該準備金は、主に変額生命保険、定期生命保険及びユニバーサル生命保険の各商品に関連するものである。定
      期生命保険契約について、責任準備金は、保険契約者に対する又は保険契約者のための将来における給付金の現
      在価値に、将来の維持費用の現在価値を加え、将来の保険料純額の現在価値を引いた金額として決定される。当
      該準備金について、当社は、当該契約の発行又は取得日現在の最良推定値による仮定を使用し、上記の不利な変
      動のリスクに対する準備金を設定する。将来における給付額及び費用を決定するにあたって使用される主要な仮
      定には、死亡率、失効率及び維持費用に関する仮定が含まれる。変額生命保険商品及びユニバーサル生命保険商
      品(無失効保証を伴うユニバーサル生命保険契約を含む。)については、準備金は、上記のとおり、直近の最良
      推定値による仮定を用いて設定される。
       全社及びその他事業の責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の2%を占めており、主に

      長期介護保険商品に関連するものであった。これらの準備金は、通常、将来において予想される給付及び費用の
      現在価値から将来における保険料を控除した上で決定される。保険契約の大部分については、保険料欠損準備金
      が計上されているため、当社は、保険料欠損準備金が設定された直近の日付現在の仮定を使用する。当該準備金
      を設定するにあたって使用される主要な仮定には、金利、罹患率、死亡率、失効率、保険料率の引上及び維持費
      用に関する仮定が含まれる。さらに、長期介護保険商品に関する重要度の低い特定の準備金(就業不能者責任準
      備金等)は、上記の直近の最良の保険数理上の計算基礎を用いて設定される。
                                115/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       金融サービス事業の残りの責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の責任準備金合計の2%を占めており、
      主に団体保険セグメントの団体生命保険及び団体所得補償保険の給付金のための準備金であった。これには、
      2014年12月31日現在の当社の団体保険セグメントの支払備金及び未払損害調査費用に関する債務29億ドルが含ま
      れており、当該債務は主に長期団体所得補償保険商品に関連するものである。この債務は将来の所得補償保険金
      請求及び費用の予測値、並びに既に発生しているが貸借対照表の日付現在報告されていない保険金請求の予測値
      を含む。短期保険契約について、当社では実際に損失が発生するまで損失債務を計上しない。当社の債務は、予
      想される将来の保険金請求及び費用の現在価値として決定される。将来の保険金請求予想額を決定する際に使用
      される主要な仮定は、予定死亡率及び請求終了要因、金利に関する仮定並びに社会保障による相殺に関する仮定
      である。長期団体所得補償保険商品の保険金請求及び請求終了は、経済環境及び当社の保険金請求管理プロセス
      等の内部の要因に影響を受けることがある。
       当社のクローズド・ブロック事業の従来の参加型生命保険商品の責任準備金は、2014年12月31日現在、当社の

      責任準備金合計の23%を占めており、純額レベルの契約保険料式によって決定されている。この方法に基づき、
      責任準備金は、保険契約者の支払う保険料に比例して積み増しされる。この方式を適用する上で、将来の保険金
      給付及び将来の保険料収入を判断するために予定死亡率を使用し、将来の保険給付金及び将来の保険料収入の現
      在価値を判断するために金利を適用する。予定死亡率は、保険契約の解約払戻金を決定するために使用される業
      界の標準死亡率チャートに基づいており、使用する金利は、保険契約の解約払戻金を計算するために使用する金
      利である。
      責任準備金の感応度

       当社は、直近の最良推定値による仮定に基づく個人年金保険セグメントの責任準備金及び公正価値で計上され

      る組込デリバティブに相当する責任準備金が、前会計年度に対する利益の変動を引き起こす可能性が最も高いと
      考えている。
       個人年金保険セグメントの変額年金商品のGMDB及びGMIB特約について、当該保険契約のための準備金は、予想

      収益率に関する仮定により大きく影響を受ける。下表は、予想収益率の仮定に関連する変額年金保険契約のGMDB
      及びGMIBの準備金の感応度を、当社の予想収益率の仮定の100ベーシス・ポイントの増減を仮定して行うことが
      求められる当該準備金の調整を数量化することにより、示したものである。下記の情報は、単に一例を挙げるた
      めに示したものであり、準備金の評価に含まれる契約継続率若しくは死亡率に関するその他の仮定の変更、又は
      「繰延保険契約取得費用及びその他のコスト」において述べるDAC若しくはその他の残高の変更ではなく、準備
      金残高の変動に起因する予想収益率の変動が当社の業績に与える直接的な影響のみを考慮している。
                                116/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                                               2014  年12月31日現在
                                              GMDB  /GMIBの準備金の
                                                  増(減)
                                               (単位:百万ドル)
     将来の収益率の100ベーシス・ポイントの減少                                                   177
                                                       (143)
     将来の収益率の100ベーシス・ポイントの増加
       当社による予想収益率の仮定と比較した場合の市場業績の影響に加え、その他の要素も、とりわけ毎年仮定の

      更新が行われる際に、準備金の変則的な変動を引き起こす可能性がある。しかしながら、上記のとおり、当該仮
      定の変更が当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当社は、長期間にわたるその変動や相
      殺の影響を予想することはできない。2014年度において、予想金利の仮定の更新(平均回帰アプローチの適用の
      手法の改善によって部分的に相殺された。)が行われたことにより、当該準備金に極めて大幅な変動が生じた。
      2014年12月31日、2013年12月31日及び2012年12月31日に終了した各年度におけるGMDB及びGMIBの準備金に対する
      調整の詳細については、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業
      のセグメント別営業成績-米国退職ソリューション・投資管理部門-個人年金保険」の項を参照のこと。
       個人年金保険セグメントの組込デリバティブとして会計処理される特定の変額年金商品の生前給付特約につい

      て、準備金の変動は、資本市場に関する仮定及び保険数理上の計算基礎の変更により大きく影響を受ける。資本
      市場に関するデータ及び実際の保険契約者預かり金額は、各四半期末現在の資本市場の状況に基づいて四半期ご
      とに更新される。一方、保険数理上の計算基礎については、年に1回以上見直しが行われ、経験値、将来に関す
      る予想、及びその他のデータに基づき更新される。資本市場に関する仮定(金利、NPR信用スプレッド及び株式
      収益等)の影響に関する詳細については、下記「4 事業等のリスク」の「市場リスク」以下の項を参照のこ
      と。2014年度において、失効率に関する仮定が更新されたことに伴い、当該準備金に大幅な変更が生じた。その
      他の要素も、とりわけ毎年の仮定の更新が行われる際に、準備金の変則的な変動を引き起こす可能性がある。し
      かしながら、上記のとおり、当該仮定の変更が当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当
      社は、長期間にわたるその変動や相殺の影響を予想することはできない。2014年12月31日、2013年12月31日及び
      2012年12月31日に終了した各年度における生前給付特約オプションの変動の要因の詳細については、「7 財政
      状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績-米国退職
      ソリューション・投資管理部門-個人年金保険」の項を参照のこと。
      前受収益準備金

       「保険契約者預り金勘定」として計上される当社の前受収益準備金(「URR」)は、2014年12月31日現在、16

      億ドルであった。当該準備金は主に、当社の個人生命保険セグメント内の変額生命保険商品及びユニバーサル生
      命保険商品に関連するものであり、将来において提供されるサービスの契約賦課金に相当する。当該賦課金は、
      前受収益として繰り延べられ、通常、上記のDACと同様、契約の予想継続期間にわたって、商品の粗利益の見積
      りに比例して償却される。
                                117/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社の個人生命保険セグメントの変額生命保険及びユニバーサル生命保険契約については、粗利益の大部分が
      死差損益に由来する。その結果、当社の将来の粗利益の見積りは、当社の予定死亡率に大きく影響される。当社
      の予定死亡率は、当該保険契約の有効期間における将来の死亡保険金請求を見積もる際に使用され、当社の経
      験、業界実績及び/又はその他の要素に基づいている。任意の中間決算期間において、死亡率について当社が長
      期的な傾向の指標となると判断するような重大な変更のない限り、当社は、毎年、予定死亡率の更新を行う。将
      来における予定死亡率の更新は、当社の個人生命保険セグメントの業績に著しい好影響又は悪影響を与える可能
      性がある。
       個人生命保険セグメントの変額生命保険契約及びユニバーサル生命保険契約のURR残高は、2014年12月31日現

      在、13億ドルであった。下表は、当社の将来における予定死亡率に関するURR残高の感応度を、必要となる調整
      を定量化し、当社の将来における予定死亡率が1%増減したものと仮定して示したものである。下記の情報は、
      単に一例を挙げるために示したものであり、当社の予定死亡率の変更がURR残高に与える直接的な影響のみを考
      慮したものであり、URRの評価に含まれる契約継続率、将来の収益率又は費用等のその他の仮定の変更は考慮し
      ていない。当該情報は、DAC等の資産の変動(下表に反映されたURR残高への調整を部分的に相殺する可能性があ
      る。)を反映していない。DACの影響の詳細については、上記の「繰延保険契約取得費用及びその他のコスト」
      に記載する。
                                               2014  年12月31日現在

                                                URR  の増(減)
                                               (単位:百万ドル)
     将来の死亡率の1%の減少                                                   42
                                                        (43)
     将来の死亡率の1%の増加
       当社の仮定と比較した場合の実際の死亡率の影響に加え、その他の要素も、とりわけ毎年の仮定の更新が行わ

      れる際に、準備金の変則的な変動を引き起こす可能性がある。しかしながら、上記のとおり、当該仮定の変更が
      当社の業績に与える影響は、相殺効果を有する可能性もあり、当社は、長期間にわたるその変動や相殺の影響を
      予想することはできない。2014年度において、予定死亡率の更新が行われたことにより、URR準備金に大幅な変
      動が生じた。2014年12月31日、2013年12月31日及び2012年12月31日に終了した各年度における、個人生命保険セ
      グメントに関連するURR調整の要因に関する詳細は、「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
      の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績-米国個人生命保険・団体保険部門-個人生命保険」の項
      を参照のこと。
                                118/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      年金及びその他の退職後給付金
       当社は、特定の適格性条件を満たす従業員を対象とした年金及びその他の退職後給付金制度を運営している。

      これらの制度のための当社の純期間費用は、仮定割引率(金利)、これらの制度の資産と補償レベルの予想され
      る増加に関する予想収益率、死亡率及び保健医療費における傾向を考慮する。これらの仮定のうち、当社の収益
      率の仮定及び割引率の仮定は、これらの制度に関連する純期間費用に最も大きな影響を与えた。
       当社は、2014年10月におけるアクチュアリー会(「SOA」)による米国の制度参加者の死亡率及び将来的な死

      亡率改善の予測値に関する調査結果の最終的な公表を受けて、制度の経験値を見直した結果、当社の米国内年金
      及びその他の退職後給付の債務額の測定に関し、2014年12月31日付けで死亡率の仮定を更新した。死亡率に関す
      る仮定の更新の影響については、連結財務書類の注記18を参照のこと。
       制度資産の予想収益率はビルディングブロック方式に基づき決定する。ビルディングブロック方式は、インフ

      レ、実質収益、期間プレミアム、信用スプレッド、株式リスク・プレミアム及び資産の評価増並びに費用、ア
      セット・マネージャーの業績予想及び加重平均ベースで年金資産ポートフォリオに適用されるエクイティ、負債
      及び不動産資産の構成のリバランシングの効果を含む。資産別の資産の割当並びに当社の年金及びその他の退職
      後給付金制度に関する投資方針ガイドラインに定められた資産割当の範囲については、連結財務書類の注記18を
      参照のこと。2014年度の当社の長期収益率の仮定は、米国内年金制度については6.25%、その他の退職後給付金
      制度については7.00%であった。2013年12月31日現在の制度資産の額を考慮して、計測期間の初めに、米国内の
      年金及びその他の米国内の退職後給付金制度について当社の見積もった率よりも100ベーシス・ポイント多く又
      は少なく見積もっていた場合、純期間費用の変動は以下の表のとおりとなった。下表の情報は、計測期間の初め
      の時点での投資資産のレベルと組み合わせに基づく当社の長期収益率の仮定の変動のみを考慮しており、長期収
      益率の仮定の変動に最終的に伴う可能性のある上記のその他の仮定の変更の可能性については考慮していない。
                                 2014年12月31日に終了した年度

                          純期間年金給付金費用               純期間その他の退職後給付金費用の
                            の増加(減少)                  増加(減少)
                                    (単位:百万ドル)
     予想収益率の100ベーシス・ポイ
                                     (111)                  (17)
     ントの増加
     予想収益率の100ベーシス・ポイ
                                     111                  17
     ントの減少
       米国外の年金制度は、2014年度期首現在、制度資産の5%を占めた。予想収益率の100ベーシス・ポイントの

      増加が純期間年金給付金費用の6百万ドルの減少につながる可能性があり、反対に予想収益率の100ベーシス・
      ポイントの減少が、純期間年金給付金費用の6百万ドルの増加につながる可能性がある。
                                119/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       年金や退職後給付債務を評価する際に使われる国内の割引率は、優良社債の現在収益と同じレートに基づいて
      いる。2014年度の割引率を決定するにあたり採用された2013年12月31日現在の方法については、連結財務書類の
      注記18を参照のこと。2014年度の割引率は、米国内年金制度については4.95%、その他の米国内の退職後給付制
      度については4.75%であった。2013年12月31日現在の年金及び退職後給付債務の額を考慮して、測定年度の初め
      に、当社の米国内の年金及びその他の退職後給付制度について採用した割引率より100ベーシス・ポイント多い
      又は少ない割引率を採用した場合の純期間費用の変動は、下表のとおりである。下表の情報は、当社が採用した
      割引率の変動のみを考慮しており、採用した割引率の変動に付随するその他の仮定の変動を考慮していない。
                                 2014年12月31日に終了した年度

                          純期間年金給付金費用               純期間その他の退職後給付金費用
                             の増(減)                  の増(減)
                                    (単位:百万ドル)
     予想割引率の100ベーシス・ポイ
                                     (44)                  (5)
     ントの増加
     予想割引率の100ベーシス・ポイ
                                     105                   3
     ントの減少
       米国外の年金制度は、2014年度期首現在の年金制度債務の16%を占めている。割引率の100ベーシス・ポイン

      トの増加が、純期間年金給付金費用の4百万ドルの減少につながる可能性があり、反対に割引率の100ベーシ
      ス・ポイントの減少が純期間年金給付金費用の5百万ドルの増加につながる可能性がある。
       年金に関する権威ある会計指針の適用、並びに割引率の変動による保険数理計算上の利益又は損失の繰延及び

      償却を考慮すると、仮定割引率が100ベーシス・ポイント増加することによる定期的な退職給付費用の変動は、
      仮定割引率が100ベーシス・ポイント減少することによる定期的な退職給付費用の変動に等しくならないものと
      予想される。
       当社の制度資産に対する予想収益率及び2014年度の適格年金制度の予想割引率に関しては、「7 財政状態、

      経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」「金融サービス事業のセグメント別営業成績-全社及びその他
      事業」の項を参照のこと。
       2015年12月31日に終了する年度の当社の適格年金制度からの年金保険料収入を計算するため、当社は、割引率

      を2014年度の4.95%から4.10%に引き下げる。年金制度の資産の予想収益率は、6.25%のままであり、報酬の予
      想増加率は、4.5%のままである。
       仮定の変更による影響に加えて、年金及びその他の退職後給付金の純期間費用及び給付は、当社の予想とは異

      なる実経験、退職従業員に対する特別給付金又は制度に基づく給付の変更等により変化する可能性がある。
                                120/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2014年12月31日現在、割引率の100ベーシス・ポイントの変動に対する当社の米国内外の年金及び退職後給付
      金債務の感応度は、以下のとおりである。
                                 2014年12月31日に終了した年度

                            年金給付債務の                累積退職後給付金債務の
                            増加(減少)                  増加(減少)
                                    (単位:百万ドル)
     割引率の100ベーシス・ポイント
                                    (1,400)                   (197)
     の増加
     割引率の100ベーシス・ポイント
                                     1,703                   217
     の減少
      所得税

       当社の実効税率は、当社が事業を行う法域における当社の予想される収入、非課税かつ控除不可能な項目、法

      定税率及び税務計画に基づく。当社の年間税率を決定する上で、事業計画に関する判断、計画機会及び将来の結
      果に関する予想などを考慮する。当社は、日本事業の未送金の外国利益の一部並びにインド、ドイツ及び台湾に
      おける特定の事業の未送金の外国利益について米国の法人所得税を支払っている。さらに、2012年度以降、当社
      は、韓国における保険事業の当期の国外における利益の一部について米国の法人所得税を支払っている。その他
      の米国外の法域における事業からの未送金の外国利益は、永久的に再投資されるものとみなされている。
       実効税率が法人所得税及び運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益(損失)の1パーセント分増加

      又は減少した場合、2014年度の運営合弁事業損益に対する持分反映前継続事業利益からの連結利益は、56百万ド
      ル増加又は減少する。
       当社の法人所得税の納税義務には、内国歳入庁(「IRS」)又はその他の税務当局の調査対象となる課税期間

      についての認識されていない税務ベネフィット及び利息に関する債務が含まれている。2014年度、2013年度及び
      2012年度における、認識されていない税務ベネフィットの総額の変動の影響については、連結財務書類の注記19
      を参照のこと。当社は、今後12ヶ月において、時効期間が満了していない課税年度に関連する認識されていない
      税務ベネフィットの総額に大幅な変動が生じるとは考えていない。
       日本及び韓国における当社の関連会社は、別途納税申告を行い、現地の税務当局による税務調査の対象とな

      る。日本及び韓国における当社の関連会社は、個別の納税申告書を提出し、現地の税務当局による監査の対象と
      なっている。日本及び韓国の時効期間は、納税申告書提出後5年間である。
                                121/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
      偶発事象準備金
       偶発事象とは、将来のある事象によって最終的に解決されるある程度の不確実性を包含している既存の状態を

      言う。U.S.GAAPによれば、この将来の事象が発生する可能性があり、かつそのインパクトが適正に予測できる場
      合には、偶発事象に対する準備金(未解決の法的手続に関連する準備金等)を設定するよう求めている。当初の
      準備金は、経営陣によるかかる問題の最終的解決に要するコストの最善の予測を反映し、事実関係や状況の変化
      に応じて、また、それらが最終的に解決された際に改定される。
      新たな会計基準の採用

       2014年度において、重要な会計上の見積の適用を必要とする新たな会計基準の採用は行われなかった。新たに

      公表された会計基準に関する議論の全体に関しては、連結財務書類の注記2を参照のこと。
                                122/742















                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     2  【生産、受注及び販売の状況】
      上記第2「3 事業の内容」及び第3「1 業績等の概要」の項を参照のこと。

     3  【対処すべき課題】

      下記「事業等のリスク」の項を参照のこと。

     4  【事業等のリスク】

       以下のリスクは、慎重に検討されるべきである。リスクは以下に挙げるものに限られず、その他当社が直面す

      るリスクには、上記の「将来の見通しに関する記述」における要素及び本書のその他の箇所に記載する当社の事
      業のリスクが含まれるが、これらに限定されない。将来に関する記述は本報告書提出日現在の記述である。
                      経済、市場及び政治の状況に関連するリスク

       市場の変動、並びに経済全般、市場及び政治の状況が当社の事業と収益性に悪影響を与える場合がある。

       当社の事業及び業績は、グローバル金融市場及び経済全般の状況により、広く重大な悪影響を受ける可能性が

      ある。
       比較的好調な市況であっても、当社の保険商品、年金商品及び投資商品、並びに投資収益、融資へのアクセス

      及び融資のコストは、債券、エクイティ、不動産及びその他の市場の変動、並びに経済全般、市場及び政治の状
      況の影響を受ける。これらの変動及び状況は、以下の側面について当社の業績、財務ポジション及び流動性に悪
      影響を及ぼす場合がある。
     -  当社の保険商品及び年金商品の多くの収益性は、これらの商品に対応する分離勘定の価値に依拠

       し、これは上記の状況により大幅に変動する可能性がある。
     -  当社の運用資産の価値の減少又は取引量の減少につながる市況は、主に運用資産の価値又は取引量

       に連動した手数料収入に依存する当社の資産運用事業の収益及び収益性に悪影響を与え、当社の戦
       略的投資の価値を減少させる可能性がある。
                                123/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     -  高度インフレ及び高金利などの市況の変動は、消費者の心理や行動を変化させ、当社の貯蓄商品及
       び保障商品などの売上及び継続率に悪影響を与える可能性がある。これとは反対に、低インフレ及
       び低金利により、これらの商品の実際の継続率と予想継続率の間に差異が生じ、収益性に悪影響が
       及ぶおそれがある(詳細については、下記を参照のこと。)。同様に、経済状況の変動及び金融機
       関に対するマイナスの公共認識は、顧客の行動に影響を与える可能性がある(特定の商品ラインに
       おける保険金請求額又は解約返戻金の増加を含む。)。
     -  市場の低迷、市場のボラティリティの増加又はその他の市況により、顧客が投資又は商品に不満を

       持った場合、当社の投資ベースの商品及びサービス並びに資産運用商品及びサービスの売上が下落
       し、特定の保険商品の失効及び解約、並びに投資商品からの資産の引出しが増加する可能性があ
       る。
     -  市場の低迷によって、当社の変額年金商品に含まれる最低年金額保証額が現在の勘定価値又は当社

       の価格設定の前提を更に上回り、その結果、当社が当該商品の準備金の増額を求められる場合があ
       る。また、保証による恩恵を受けるために顧客が契約の保有を継続することで、当社が当該顧客に
       対して負担する費用が増加する可能性がある。当該費用の増加が、長期間にわたる手数料収入によ
       る継続率の増加のプラスの影響によって相殺される可能性もあれば、されない可能性もある。多数
       の変額年金保険商品に含まれる最低年金額に対する負債を評価する際に、当社は、自らの不履行リ
       スクに対する市場認識を考慮に入れねばならない。また、格付の上昇による当社の信用スプレッド
       の縮小若しくはその他の事由又は市況が、これらの負債の計上価値を増加させる場合があり、その
       結果、当社の業績及び財務状況に悪影響が及ぶおそれがある。
     -  市況により、当社が購入する再保険によるプロテクション購入の可能性及び費用が決定される。し

       たがって、再保険のために追加の費用を要する場合、又は適切な条件の十分な再保険を取得できな
       い場合があり、当社の将来の事業の収益性又は事業を引き受ける意思が悪影響を被る場合がある。
     -  当社の商品及び事業に関連する為替リスク、金利リスク及びエクイティ・リスク並びにその他のリ

       スクをヘッジ及び管理するために当社が保有するデリバティブ金融商品は、意図した又は期待した
       効果をもたらさない場合があり、実現損失が増加し、流動性に予想外の圧迫が生じるおそれがあ
       る。市況によってはヘッジ手段のアベイラビリティが制限され、追加の担保の差し入れが必要とな
       り、商品関連ヘッジの実行のコストが更に増大する場合があり、当該費用がヘッジの対象となって
       いる商品の価格により回収できない場合がある。当社のデリバティブ・ベースのヘッジ戦略は、当
       該デリバティブのカウンターパーティの業績に依拠している。これらのカウンターパーティが様々
       な理由で利益を生まない場合、無担保のポジションにおいて損失が生じる場合がある。
     -  当社が時価評価を求められるポジションにより、報告された業績につき市場の変動に起因するボラ

       ティリティが引き起こされる、又は引き起こされている可能性がある。
                                124/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     -  当社は、多額の投資及びデリバティブ・ポートフォリオ(法人証券及び資産担保証券、外国国債
       (主に日本国債)、エクイティ並びに商業用不動産を含むがこれに限定されない。)を有してい
       る。経済状況及び資本市場の低迷(市場における買手の不在、ボラティリティ、信用スプレッドの
       変動、ベンチマーク利率の変動、為替レートの変動及び原担保の価値の減少を含む。)は、信用の
       質、流動性並びに投資及びデリバティブの価値に影響を与える場合があり、資本費用及び未実現又
       は実現損失を予想より増大させる可能性がある。評価は、時期ごとに著しく変動する                                            仮定  及び見積
       額を含む場合があり、これが当社の事業の業績又は財務状況に著しい悪影響を及ぼす可能性があ
       る。特定の場合、U.S.GAAPに基づき、このような時期ごとの投資価値の変動は、当社の業績又は連
       結財務書類において認識されない。
     -  当社が利用可能な資金を適切な収益を伴う形で投資する機会は、現在の低金利環境、証券化市場の

       縮小又はその他の要因によって限定される可能性があり、その結果、当社全体の業績に悪影響が及
       ぶ可能性がある。魅力的な投資機会が制限されることにより、現金の長期間にわたる保有やデュ
       レーション管理及びその他のポートフォリオ管理を目的としたデリバティブの利用の増加につなが
       る可能性がある。デリバティブの利用が増加することにより、当社のU.S.GAAPに基づく業績及び自
       己資本におけるボラティリティが増加する可能性がある。
     -  市況とは無関係に、私募債、商業モーゲージ及び代替的な資産クラス(非上場株式、ヘッジ・ファ

       ンド及び不動産等)を含む、当社が保有する特定の投資は、比較的流動性が低い。これらの投資を
       売却する必要がある場合、異なる状況下であれば実現可能であった価格で、当該投資を適時売却す
       ることが困難な場合がある。
     -  当社の商品の一部の特性及び投資戦略の内容は、活発かつ流動的な市場に依拠しており、市場の流

       動性が制限された場合又は当社の取引を吸収する金融市場のキャパシティーが不適切であった場
       合、これらの商品が企図されたとおりの成果を達成できないことがある。
     -  当社の業績の変動並びに投資及びデリバティブのポートフォリオの実現損益が、当社の法人税及び

       当社が有利な形で租税属性を活用する能力に影響を与える可能性がある。
       当社の投資、業績及び財務状況は、世界経済、米国経済(連邦準備制度の金融政策に関連する行為、及び連邦

      債務の上限額の引上の失敗といった好ましからざる政治動向を含む。)、及び日本経済(インフレ又はデフレの
      影響、金利のボラティリティ、日本国債の格付の変更、並びに米ドル及び(程度は低いものの)豪ドルに対する
      円相場の重大な変動を含む。)の展開によって悪影響を受ける可能性がある。国際経済、米国経済又は日本経済
      における経済活動及び金融市場が、特定の地域における不利な展開又は状況により、悪影響を被る可能性もあ
      る。
                                125/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       金利の変動又は低金利期間の継続が、当社の事業及び収益性に悪影響を与え、当社が準備金又は自己資本の増
      加を求められ、また、追加の担保差入義務の対象となる可能性がある。
       当社の保険商品、年金商品及び一部の投資商品並びに投資収益は、金利の変動により影響を受け、金利の変動

      は、当社の投資収益及び業績に以下のような悪影響を与える場合がある。
     -  当社は、一部の商品について、金利の変動に伴い当社が契約上支払うべき金額と当該契約に対応す

       る一般勘定投資により当社が得る利益率のスプレッドが減少するリスクにさらされる。金利が下落
       した場合、当社は利回りの低い商品に再投資しなければならず、これにより、純投資収益が減少す
       ることがある。当社の方針及び契約には保証最低金利又は金利の再設定の制限等を定めているもの
       が多く、スプレッドの減少の可能性があり、スプレッドがマイナスになる又はマイナスが一層増加
       する場合も想定される。金利が上昇した場合には、当社の一般勘定資産を、これらの商品や契約の
       競争力を維持するために必要な、より高いクレジット率の資金をまかなうための高利回りの資産と
       迅速に入れ替えることができない場合がある。さらに、金利の上昇により、当社が運用する固定利
       付資産の市場価値が減少し、これに伴い資産運用手数料の受領額が減少する可能性がある。
     -  金利の変動によって、当社が資金を借り入れ、投資商品を購入し、借り入れた資金に対する追加のス

       プレッド収入を得る投資活動において、当社が損失を被る可能性がある。
     -  金利が上昇した場合、契約者がより高い利益を求める結果、保険約款貸付、並びに生命保険契約及び

       年金契約の解約返戻金及び引出額が増加する場合があり、当社は投資資産を売却し、実現投資損失を
       被る場合があり、繰延保険契約取得費用(「DAC」)、繰延販売奨励金(「DSI」)又は買収事業の価
       値(「VOBA」)の償却を繰り上げることを要求される場合がある。さらに、金利の上昇により、日本の
       保険子会社のソルベンシー・マージン・レベルの低下に伴い、資本が圧迫される可能性がある。これ
       は、通常、負債の簿価が不変である一方、売却可能に分類される債券の簿価が減少するためである。
       また、利回りの低い特定の投資の予定外の延長を伴う金利の上昇は、当社の収益性の低下につながる
       ことがある。
     -  金利が上昇した場合、当社の一部商品に関連するヘッジ活動により、当社が追加の担保差入義務の対

       象となることがある。
     -  投資の予定外の期限前償還を伴う金利の下落により、当社が更に低い金利で再投資を行うことを求め

       られ、収益性が低下する場合がある。
     -  金利が低下した場合、年金事業を支援するため、子会社に資金を提供する必要が生じる可能性があ

       る。
                                126/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
     -  特定の商品に関する予想を上回る顧客による引出しと相まって、金利の変動が当社の保証関連費用
       を増加させる可能性がある。
     -  長期と短期金利の関係の変動は、当社の商品の収益性に悪影響を与える場合がある。

     -  金利の変動は、当社の資金調達費用を増加させる場合がある。

     -  当社の金利リスクを緩和する取り組みは、主に多様な満期を有する投資ポートフォリオを維持する

       ことに焦点を当てている。当該ポートフォリオのキー・レート・デュレーション・プロファイル
       は、当社の予想負債のキャッシュ・フロー・プロファイルのキー・レート・デュレーション・プロ
       ファイルとほぼ同じである。ただし、負債のキャッシュ・フロー・プロファイルの見積りは、複雑
       であり、とりわけ市場が不安定な時期においては不正確である場合がある。さらに、当社が当該一
       致を達成する能力は、実務上及び資本市場上の制約を受ける。これらの要因及びその他の要因を理
       由として、当社は負債を返済するために、損失を計上して満期前に投資を清算せねばならなくなる
       か、又は低い利率でのファンドに再投資せざるを得なくなる場合がある。当社は、金利が変化する
       環境において投資の経済リスクを管理すべく対策を採っているが、当社が当社の負債に関連する資
       産の金利リスクを効果的に緩和することができない場合や、経済的理由及びその他の要因に基づ
       き、完全には緩和しないことを選択する場合がある。
     -  当社の商品の一部について、当社が商品の価格設定に使用する金利及びその他の仮定の変更を行っ

       てから、当社がこれらの仮定を販売可能な商品に反映するまでの遅延が、その間の期間に販売され
       る商品の長期的な収益性に悪影響を与える可能性がある。
       昨今の事業年度は、低金利に特徴づけられている。金利が価格設定時点で予想されていた金利を下回る期間が

      継続することにより、死亡給付又は定期若しくは終身の年金額を保障する当社の商品の特性に関する費用が増加
      し、商品のリスクの一部をヘッジする際に利用するデリバティブ金融商品に関する費用が増加し、また、保険契
      約債務に対応する資産の投資収益が減少することがある。当社は、これらについて準備金を増額するため、費用
      の計上を求められる可能性がある。スプレッドの圧迫及び純投資収益の減少に加え、かかる環境により、保険契
      約が価格設定時点での想定を上回る長期間において効力を有することとなる場合があり、その結果、保険金支払
      費用が当社の予想を上回り、現行事業の全体的な収益が減少する可能性がある。当該影響をU.S.GAAPに基づく回
      収可能性及び損失の認識のテストに反映することにより、上記のとおり、当社がDAC、DSI又はVOBAの償却の繰り
      上げ、並びに将来における契約者給付に対する責任準備金の増額を求められる可能性がある。さらに、一部の自
      己資本及び準備金に関する要件は、金利を考慮した公式又はモデルに基づいており、金利低下又は低金利期間に
      より、当社が保有を求められる自己資本及び当社が法定準備金を確保するために維持を求められる資産が増加す
      る可能性がある。
                                127/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       資本市場の不利な市況は、流動性の必要性を充足する当社の能力、資本へのアクセス及び資本コスト(当社の
      子会社が必要とする資本を含む。)に著しい影響を及ぼす可能性がある。かかる状況において、当社が追加の借
      入資本又は自己資本を求めても、これらを調達できない可能性がある。
       資本市場の低迷は、借入資金のアベイラビリティ及びコストに影響を及ぼす可能性があり、かつ、既存の融資

      を借り換える当社の能力に影響を及ぼすおそれもある。その結果、最終的には当社の収益性及び事業を支援する
      又は成長させる当社の能力にも影響が及ぶ可能性がある。当社は、営業費用、当社の債務に係る利息及び満期
      金、並びに株主資本に対する配当支払のために流動性を必要としている。市場が圧迫されている際には、当社の
      流動性の内部の資金源が不十分であることが判明することがあり、当社が代替的な流動性の源の一部(コマー
      シャル・ペーパーの発行、証券貸出及び現先取引レポ、並びに資本市場におけるその他の形式による借入)を利
      用できない場合もある。
       金融市場の混乱、不確実性及びボラティリティにより、当社が資金調達を遅延させ、最適なものよりも短期の

      証券を発行し、不利な資本コストを負担せざるを得なくなる、又はいかなる価格でも資本を調達できなくなる場
      合がある。これは、当社の収益性を減少させ、財政上の柔軟性を著しく減少させるおそれがある。
       当社は、ニーズを充足するために追加の債券又は株式による資金調達を試みる可能性がある。しかしながら、

      追加の資金のアベイラビリティは、市況、一般的な信用のアベイラビリティ、金融サービス業界に対する全体的
      な信用のアベイラビリティ、当社の信用格付及び信用力などの様々な要因に左右される。当社が有利な条件で首
      尾よく追加の資金調達を行うことができない、あるいは追加の資金調達が全くできなくなるおそれがある。当社
      が資金調達を行うために講じる手段は、格付機関による当社の格付の再評価につながる場合がある。さらに、将
      来における株式募集は、既存の株主の所有持分を希薄化する可能性がある。
       資本市場の混乱によって、プルデンシャル・ファイナンシャル及びその子会社が流動性の源にアクセスする能

      力に悪影響が及び、当社の資本も既存の格付目標に合致するレベルを下回るまで減少するおそれがある。した
      がって、当社は対策を講じなければならなくなり、これらは、(1)                                  当社の資本保護の枠組によって利用可能な臨
      時の資本資源及び流動性の源の利用、(2)                      債券又は株式市場などのその他の外部の資金源の更なる利用、(3)将
      来の株式の買戻又は株主配当の削減又は停止、(4)                          追加の資本管理活動の引受(再保険取引を含む。)、(5)                              一
      部の商品の販売の制限若しくは削減及び/又は既存の商品の再編成、(6)                                      更なる資産売却の引受又は社内におけ
      る資産の移転、(7)          一時的又は恒久的な規制の変更の追求、並びに(8)                          現金残高の増額若しくは保有期間の延長
      による投資収益の削減を含むが、これらに限定されない。これらの対策の一部には、規制上の承認及び/又は当
      社の支配下にないカウンターパーティとの合意が必要となる場合があり、また、関連費用が発生する場合があ
      る。
                                128/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       外国為替レートの変動は、当社の収益性、財務状況及びキャッシュ・フローに悪影響を与え、U.S.                                                    GAAPに基
      づく当社の業績のボラティリティを増大させる場合がある。
       米国外、とりわけ日本において大規模な事業を行う米国拠点の企業として、当社は、これらの事業の米ドル換

      算の収益及び持分を減少させ得る為替リスクにさらされている。当社は、当社の特定の外国子会社の将来におけ
      る収益をヘッジするため、デリバティブ契約を締結する。さらに、当社の日本の子会社は、円相場の変動が当社
      の当該子会社に対する米ドル換算の持分に与える影響を緩和する手段として、米ドル建て資産を保有している。
      当社は、当該米ドル建て投資を保有していることに起因する、当社の日本の子会社の現地におけるソルベン
      シー・マージンのボラティリティを、会社間の為替デリバティブ取引を実施することによって緩和することを目
      指している。当該デリバティブ・ポジションの結果、又はヘッジされない外貨建ての収益若しくは株式投資によ
      り、通貨の変動が当社の業績、キャッシュ・フロー又は財務状況に悪影響を与える場合がある。著しい円高が、
      当社のヘッジ及び日本の子会社が保有する米ドル建て投資の価値に悪影響を与え、国際保険事業において追加の
      流動性又は資本需要を生じさせる可能性がある。
       当社の日本における保険事業は、円以外の通貨建ての商品を提供しており、当該商品に係る負債は、対応する

      通貨建ての投資によってサポートされている。これらの円以外の通貨建ての資産及び負債に対する為替レートの
      変動の影響が経済的に調整されている一方、為替レートの変動に起因する当該資産及び負債の価値の変動の会計
      処理は異なることがあり、当社のU.S.GAAPに基づく純利益にボラティリティが生じる可能性がある。
       当社は、当社の国内保険子会社の一般勘定において外貨建て投資を保有している。当社は、通常、かかる外貨

      エクスポージャーをヘッジすることを目指しているが、当社が当該エクスポージャーを完全にヘッジできる、又
      は当該ヘッジが有効であるという保証はない。当社の外貨建て投資の価値及び流動性は、現地の市場、経済及び
      財政状態の悪化により、悪影響を受けることがある。例えば、当社のユーロ建て投資は、欧州における不利な経
      済状態(ユーロの変動、又は欧州通貨統合の構造若しくは加盟国の変更の可能性によるものを含む。)による悪
      影響を受ける可能性がある。
                                129/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                         推定、仮定及び評価に関連するリスク
       当社の価格決定に関する予想と実際の死亡率、罹患率、継続率又は利用率が大幅に異なる場合には、当社の収

      益性が低下する場合がある。
       当社の保険商品及び年金商品の多くについて、当社は保険契約者の死亡率(死亡の可能性又は長生の可能

      性)、罹患率(病気又は障害の可能性)、並びに死亡率及び罹患率の改善傾向に関する仮定に基づき、予想され
      る保険金請求及び給付パターンなどを考慮して価格設定を行う。天災や人災の潜在的影響に加えて、自然環境の
      変化、保険対象の人口の健康上の習慣の変化、病気若しくは障害の治療形式及び技術の変化、経済環境の変化又
      はその他の要因により、死亡率又は罹患率の大幅な変化が徐々に生じる場合がある。当社の保険及び据置型年金
      商品の価格は、これらの商品の予想される継続率にある程度基づき設定されているが、これは契約が一定の期間
      から次の期間まで継続する可能性である。年金事業の継続率は、多くの変額年金保険に含まれる最低年金額保証
      の価額が株式市場における業績の低迷又は低金利期間の継続及びその他要因を受けて現在の勘定価値を上回って
      いることにより、多大な影響を受ける場合がある。継続率は、顧客による当社の認識に影響を与える事象(評判
      の低下に起因する認識を含む。)の影響を受けることがある。当社の商品の多くは、顧客に対し、保険積立金の
      金額及びタイミング並びに解約払戻金の金額及び引出しのタイミングについて幅広い柔軟性を提供している。と
      りわけこれらの商品の特性が市場において比較的新しいものであった場合、実際の保険積立金と予想していた保
      険積立金の差額及びこれらの商品のための引出しにより、業績が変動する場合がある。特定の生前給付特約を含
      む当社の特定の変額年金商品の価格設定は、利用率(すなわち、契約期間中に給付を利用する契約の割合)に関
      する仮定(      生涯所得の初回の引出のタイミング                  を含む。)にも基づいている。実際の給付の利用と予想される利
      用の差異によって、業績が変動する可能性がある。生命保険決済や末期患者の生命保険証券の買取り及び投資家
      の所有する生命保険といった生命保険の二次市場の発展、並びに年金事業における第三者の投資家による戦略
      は、既存の事業の収益性及び当社の新規事業の価格設定の前提に悪影響を与える可能性がある。
       実際の業績が当社の価格設定の仮定と大幅に異なる場合には、当社商品の収益性が悪影響を受ける場合があ

      る。当社の一部の商品では、当社が契約期間中に保険料の増額又はその他の損益勘定の調整を行うことが認めら
      れているが、当該契約条項に認められる調整で収益性を維持できるとは限らず、保険契約が失効する可能性があ
      る。当社の長期介護保険商品について、責任準備金に関する仮定は、予想されているが未実施の、州の承認を必
      要とする保険料の引上げのタイミングと金額に関する推定に組み込まれている。価格引上げに関する当社の実際
      の経験は、当社の予想と著しく異なることがあり、その結果、保険契約者に対する債務の更なる増加が生じ、当
      該増加が重大なものであるおそれがある。当社の商品の大部分は、契約期間中の保険料の増額やその他の費用及
      びクレジットの調整を認めていない。保険契約又は契約に基づき認められている場合であっても、当社は、規制
      上又は競争上の理由により、保険料又はその他の手数料の十分な引上げを行うことができないか若しくはこれに
      消極的であるか、又は一切行わないことがある。
                                130/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       保険給付及び費用のための責任準備金が不十分である場合、準備金の増額の必要が生じる可能性があり、当社
      の業績及び財務状況に悪影響が及ぶ場合がある。
       当社は、US      GAAPに従って将来の保険給付金及び費用に対する準備金を設定している。当該準備金は、通常、

      将来の保険給付金及び費用に関する当社の負債の最良の見積を上回っているが、当社が更新された仮定に基づ
      き、当社の準備金及び将来における保険料収入が、将来において保険給付金及び費用(未償却のDAC、DSI又は
      VOBAを含む。)を支払う上で不十分であると判断した場合、当社は、DAC、DSI又はVOBAの残高の償却を加速さ
      せ、準備金を増額し、損益計算書において損失を計上する必要に迫られる。これにより、当社の業績及び財務状
      況に悪影響が及ぶことがある。当社による負債の最良の見積の決定は、本質的に不確定であり、実際の退職率、
      死亡率、罹患率及び継続率に左右される、重大な判断(保険料、保険給付金、費用、利息及び投資の結果(株式
      市場の利回りを含む。)などの程度及び受領・支払のタイミングに関するものを含む。)を伴う、多数の仮定や
      予測を含むデータ及びモデルに基づいている。当社は、実際の保険給付金及び費用について最終的に支払う金額
      やその支払のタイミング、あるいは当社の保険負債に対応する資産及び将来の保険料収入が当該保険給付金及び
      費用を支払うために十分であるかということを正確に予測することはできない。将来の保険給付金及び費用を支
      払うにあたって当社の準備金及び将来の保険料収入が不十分であると判断した場合、当社は、(可能な場合に)
      保険料の引上げを目指すことがある。
       仮定の更新により、特定の非伝統的な長期保険契約に係る保証について、当社がU.S.GAAPに基づく準備金の増

      額を要求される可能性もある。
       当社の特定の商品について、市場の業績及び金利(並びに以下に詳述する規制環境)が当社の保有すべき法定

      準備金及び法定資本金のレベルに影響を与える場合があり、これにより、これらの商品に関連する資本収益が悪
      影響を被る場合がある。これによって、効率的に資本及び経済上の準備金のレベルを管理する当社の能力に影響
      が及ぶ場合があり、これは収益性及び資本収益率に影響を与えるものである。
       当社は、DAC、DSI、若しくはVOBAの償却の繰り上げ、当社の営業権若しくは特定の投資の減損の計上、又は繰

      延税金資産に対する評価性引当金の計上を求められる場合があり、いずれの場合も当社の業績及び財務状況に悪
      影響を与える可能性がある。
                                131/742








                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       DACは、新規及び更新された保険及び年金契約の取得に直接関連し、これにより変動する費用を表し、これら
      の費用は予想される契約期間で償却する。DSIは、保険加入の奨励金として保険契約者預り金勘定に計上される
      金額であり、当社は、これらの費用を予想される契約期間にわたって償却する。VOBAは、取得した保険契約、年
      金保険契約及び投資タイプ契約に組み込まれた将来利益の現在価値を表しており、取得した契約の予想される期
      間で償却する。経営陣は、継続的に、当社の貸借対照表上のDAC、DSI及びVOBAを考査し、これらの金額が現在の
      前提で回収可能かを検討する。さらに、総利益又は粗利益に比例してDAC、DSI及びVOBAを償却する商品の潜在的
      なDAC、DSI及びVOBAの見積りや前提を定期的に見直している。事実や状況の変更に伴い、これらの考査及び検討
      により、DAC、DSI及びVOBAが減額される場合があり、当社の業績及び財務状況に悪影響を与える場合がある。と
      りわけ、株式市場の大幅な又は継続的な低迷及び投資上の損失は、変額年金保険及び変額ユニバーサル生命保険
      契約に関連するDAC、DSI及びVOBAの償却を繰り上げる可能性があり、損失の計上につながるおそれがある。上述
      のとおり、DAC、DSI及びVOBAの償却は、金利変動に対して敏感である。
       営業権は、当社が子会社及びその他の事業を買収した金額と取得時現在の純資産の公正価値の差額に相当す

      る。営業権は、潜在的な減損について毎年又は状況が許す場合はより多くの頻度で、事業の簿価(事業リスクに
      対応する、当該事業帰属の株式)と該当する日の推定公正価値を比較することで評価される。2014年12月31日現
      在、当社は、当社の一部事業について営業権の残高を有していた。市場の下落若しくはその他これらの事業の公
      正価値に影響を及ぼす事由の発生、又はこれらの事業を支えるために必要な株式の水準の上昇によって、営業権
      の減損が発生し、損失の計上につながるおそれがある。
       当社は国際保険セグメント、資産運用セグメント並びに全社及びその他事業において持分法投資を有してい

      た。当該投資の公正価値の減少に伴い、当社が潜在的な減損のために残存する当該投資の簿価を見直さなければ
      ならなくなる可能性があり、当該見直しの結果、減損と損失を計上する結果となるおそれがある。
       繰延税額は、資産及び負債の簿価ベース及び税べースの差異による税効果を表すものである。繰延税金資産

      は、その実現可能性を決定するために、定期的に経営陣により評価される。経営陣による決定の際の要素は、当
      社の地理的・法的実体の収益源、様々な資金源及び税務計画戦略からキャピタル・ゲインを生み出す能力並びに
      税務戦略などの実績を含む。入手可能な情報に基づくと、繰延税金資産が実現されない可能性の方が高い場合、
      評価性引当金が計上され、これに伴い純利益への負担が計上される。この負担の計上は、当社の業績又は財政状
      態に著しい悪影響を及ぼすおそれがある。
       満期固定証券、株式及びトレーディング証券の評価は、異なる解釈がなされる手法、見積額及び仮定を含む場

      合があり、その結果、投資評価に損失を計上することとなり、当社の業績又は財務状況に著しい悪影響を与える
      おそれがある。
                                132/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       市場混乱期においては、取引の頻度が低下し又は観測可能な市場データが減少した場合に、当社の一部の投資
      証券の評価が困難になることがある。通常は活発な市場において重大な観測可能なデータが得られた特定の資産
      が、現在の金融環境又は市況によって不活性となり、その観測可能なデータが不十分となる可能性がある。さら
      に、特定の証券の公正価値が、通常の市況においても一又は複数の重大な観察不可能なインプットに基づき評価
      されることがある。この結果、評価にあたって予想及び判断の比重が重くなり、より複雑な評価法が必要となる
      ようなインプット及び仮定が用いられる可能性がある。これらの評価額は市場取引で最終的に実現できない場合
      や、市況の変化により急激に変動する場合があり、この場合、評価の仮定は修正される。評価額の減少は、当社
      の業績及び財務状況に著しい悪影響を与える場合がある。
       一時的ではない減損又は評価損を計上するかの判断は、経営陣による財務状況、特定の発行体の将来の見通

      し、将来の予想キャッシュ・フロー及び特定の証券の回復可能性の査定に一部依拠する。経営陣が当該評価に対
      して出す結論は、あくまでも判断であり、仮定、状況及び環境の変化によって最終的には不適切と判明する可能
      性のある将来キャッシュ・フローの仮定及び予想を含んでいる。
       年金及びその他の退職給付金制度に関する当社の割引率、予想利益率、平均寿命、医療費及び予想される報酬

      増加の仮定の変更により費用が増加し、当社の収益性が低下する場合がある。
       当社では、年金及びその他の退職給付金制度費用を、前提とする割引率、制度資産の予想利益率、加入者の平

      均寿命及び予想される報酬レベルの増加、並びに医療費用の傾向などに基づいて決定している。これらの仮定の
      変更(低金利環境の継続によるものを含む。)は費用の増加を招き、当社の収益性を低下させる場合がある。
                                133/742












                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                        信用及びカウンターパーティに関するリスク
       クレジット・ファシリティにアクセスできない場合、当社の財務状況及び業績が重大な悪影響を被る可能性が

      ある。
       当社は、約定済み無担保リボルビング融資枠を有している。当社は、潜在的な流動性の資金源として当該融資

      枠に依拠しており、この資金源は、流動性の代替的な源が限定されている時期に、当社が満期の到来した債務を
      履行するにあたって重要な役割を果たす場合がある。この融資枠に基づく当社の借入能力は、プルデンシャル・
      ファイナンシャルが適用ある与信契約に基づき算出された連結純資産の最低額を維持することなど、当該融資枠
      に含まれる誓約及びその他の要件の充足を条件とする。当社がクレジット・ファシリティに含まれる上記の要件
      及びその他の要件を充足できない場合、必要な時に融資枠を利用することが制限され、その結果、当社の財務状
      況及び業績に著しい悪影響が及ぶおそれがある。
       当社の財務力格付又は信用格付の格下げ又はその可能性は、当社の商品販売の能力を制限し、契約の解約及び

      引出を増加させ、当社による担保の差入れの必要を生じさせ、当社の借入コストを増大させる、並びに/又は当
      社の債権者、代理店、再保険会社、若しくは取引先との関係を損なうとともに、流動性の代替資金源へのアクセ
      スを制限する場合がある。
       当社の財務力格付又は信用格付の格下げは、とりわけ潜在的に当社が商品を販売する能力を制限し、当社の競

      争力を低下させ、契約の解約及び引出しの数及び価格を上昇させ、当社の借入コストを増大させ、潜在的に資金
      の借入をより困難なものとし、信用状などの財務保証の獲得に悪影響を及ぼし、特定の契約において追加の担保
      又はその他支払を要求し、カウンターパーティがデリバティブ契約を解除できるようになり、当社の債権者、代
      理店、再保険会社又は取引先との関係が損なわれ、当社の収益性、流動性及び/又は資本が悪影響を受ける場合
      がある。さらに、当社は、当社の一部の負債(U.S.GAAPに基づき組込デリバティブに分類される保険負債を含
      む。)の公正価値を決定する際に、当社の不履行リスクについて検討する。したがって、当社の信用格付又は財
      務力格付の変更は、当社の負債の公正価値に影響を与える可能性がある。
       プルデンシャル・ファイナンシャル又は格付対象となる子会社の信用又は財務力格付の格下げによって、特定

      の契約(デリバティブ契約を含む。)において追加の担保又はその他の支払義務が発生する可能性がある。これ
      らは、契約の条件に基づき、現金又は子会社が保有する有価証券を差し入れることで履行することができる。
      2014年12月31日現在の格付レベル(一部については財務力格付、その他については信用格付)から3レベル格下
      げされた場合、契約に基づく担保差し入れ義務又は支払の予想額は、約9百万ドルとなる。さらに、AMベストが
      当社の国内生命保険会社の格付を「A-」に格下げする場合、プルデンシャル・インシュアランスはオールステー
      トから取得した変額年金事業の法定準備金の水準に応じて約14億ドルの信用状の差し入れを要請されるおそれが
      ある。
                                134/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2008年6月以降、プルデンシャル・インシュアランスはFHLBNYのメンバーである。メンバーになることによ
      り、プルデンシャル・ファイナンシャルは、代替的な流動性の源として利用できる、担保付貸付の取得、担保付
      ファンディング契約の発行に係る能力等、FHLBNYの金融サービスにアクセスすることができる。FHLBNYガイドラ
      インに従い、プルデンシャルの財務力格付がS&P、ムーディーズ及びフィッチのA/A2/A安定的を下回った場合に
      おいて、FHLBNYがニュージャージー州銀行業・保険業当局よりプルデンシャル・インシュアランスの支払能力に
      ついて書面での確認を得られない場合、FHLBNYからの新規の借入は90日以内に限定される。プルデンシャル・イ
      ンシュアランスの格付は、現在必要とされる最低レベルを上回っているが、将来もこの格付レベルを維持できる
      という保証はない。
       当社は、格付機関がどのような追加措置を講ずるのか、また格付機関の措置に対して当社がどのような対応策

      を取ることができるのかを予想することができず、これらは当社の事業に悪影響を及ぼすおそれがある。金融
      サービス業界の他社と同様に、当社の格付も、いかなる時点においても格付機関からの事前の通知なしに格下げ
      される可能性がある。
       投資証券の発行体、再保険会社及びデリバティブ取引のカウンターパーティなどの他者による債務不履行、当

      社が保険契約を引き受ける法域での保険会社の破産、並びにその他の要因による損失は、当社の投資の価値及び
      当社の契約上の金銭債権の回収に悪影響を与え、査定若しくは追加の法定資本要件につながる、又は当社の収益
      性若しくは流動性の源を減少させる場合がある。
       当社が保有している証券の発行体及び当社が貸付を行っている借主、顧客、売主、カウンターパーティ、ス

      ワップ及びその他のデリバティブ契約のカウンターパーティ、再保険会社、決済代理人、取引所、手形交換所及
      び債券発行体を含むその他の金融仲介機関及び保証人が破産、債務超過、流動性の欠如、不利な経済状況、業務
      上の失敗、詐欺若しくはその他の理由により当社に対する債務を履行せず、又は当社の事業にとって重要なサー
      ビス機能を実施できなくなる場合がある。かかる不履行は、当社の業績又は財務状況に重大な悪影響を及ぼす場
      合がある。
       当社は、多数の変額年金保険商品に含まれる特定の最低年金額保証などの様々なリスクをヘッジするためにデ

      リバティブ商品を用いている。当社は、多数のカウンターパーティとオプション、フォワード、金利、クレジッ
      ト・デフォルト及び通貨スワップなどの様々なデリバティブ商品契約を結んでいる。現在及び将来の契約(再保
      険契約が含まれるがこれに限定されない。)に基づき当社が回収予定の金額については、カウンターパーティ・
      リスクを免れることはできない。当社の商品に基づく当社の義務は、ヘッジ活動によって変更されるものではな
      く、当社はデリバティブのカウンターパーティ又は再保険会社が支払を行わない場合であっても、自らの債務に
      責任を負う。当該不履行は、当社の財務状況及び業績に著しい悪影響を及ぼすおそれがある。
       州保険保証協会法及び海外の法域におけるその他の類似の法令に従い、当社は、自らが関係法域で行う事業の

      シェアに基づき、支払不能となった保険会社が保険契約者及び保険金請求者に対して負う特定の債務について評
      価を受けねばならない。
                                135/742




                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、資本管理戦略の一環として、再保険を利用している。再保険会社の格付の格下げ又は財務状況の悪化
      により、その影響を被った事業について当社が追加の資金を利用する必要に迫られる可能性がある。
       当社の投資ポートフォリオは、当社の投資資産の価値と投資収益の額を減少させる可能性のあるリスクにさら

      されており、これに伴い当社の業績又は財務状況に悪影響が及ぶ場合がある。
       当社は、「その他の包括利益(損失)」において「売却可能」に分類された証券について未実現損益を計上

      し、当該証券の売却の際の損益が実現された時点、又は予想公正価値の減少が一時的ではないと判断された場合
      に利益項目において損益を認識する。
       深刻な景気の停滞、企業の不正行為、信用スプレッドの拡大、又はその他証券の発行体若しくは保証会社又は

      仕組証券の原担保に悪影響を与える事由の発生に伴い、(ⅰ)当社の投資ポートフォリオにおける満期固定証券の
      市場価値が低下して当社が未実現総損失を計上し、(ⅱ)当該証券からの利益の減少により当社の利益が減少し、
      (ⅲ)最終的には債務不履行に陥り、評価損が計上されることがある。特定の証券の発行体若しくは保証会社に影
      響を与える格付の引下、又は当社の投資の信用状態を悪化させる同様の傾向により、上記のような影響が生じる
      可能性もある。さらに、当社が保有する証券に影響を与える格付の引下によって当該証券の信用状態の悪化が示
      唆され、当社がRBC水準を維持するために保有を求められている資本の増加につながる可能性もある。
       当社のノンクーポン投資ポートフォリオは、更なるリスクにさらされている。当社は、その投資資産の一部を

      ヘッジ・ファンドやプライベート・エクイティ・ファンドに投資している。当該ファンドからの純投資収益の金
      額とタイミングは、原投資の成果により一定でない傾向にある。当該ファンドからの分配のタイミングは、原投
      資に関連する特定の事由、当該ファンドの分配予定及び資金需要に左右され、これを予想するのが困難な場合が
      ある。その結果、当該投資からの純投資収益の金額は、四半期ごとに大幅に変動する可能性がある。深刻なボラ
      ティリティにより、当該投資の利益や純投資収益が悪影響を受ける可能性もある。さらに、当該投資の公正価値
      の見積額は、株式市場の低迷やボラティリティの影響を受けることがある。当社の不動産ポートフォリオにおい
      て、当社は、リース可能なスペースの需要と供給、テナント及びパートナーの信用状態の変動、並びにその他の
      要因に伴う価格又はキャッシュ・フローの減少にさらされている。
                                136/742









                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                            特定の商品に関連するリスク
       当社のヘッジ戦略又はリスク管理戦略が非効率的又は不十分であった場合、一部の保険契約者保障商品におけ

      る保障により、当社の利益が減少するか、又はU.S.GAAPに基づく当社の業績若しくは財務状況におけるボラティ
      リティが増加する可能性がある。
       当社の商品(とりわけ変額年金商品)の一部には、最低解約払戻金又は定期若しくは終身の年金額の保障が含

      まれ、それらは、勘定価値を超える可能性がある。株式市場の低迷、株式のボラティリティの増加、又は上記の
      金利の低下は、当該保障に関連する負債の評価額を増加させ、その結果、準備金が増加し、純利益が減少する可
      能性がある。当社は、当該リスクを部分的に緩和するため、商品特性を含む様々なヘッジ戦略及びリスク管理戦
      略を利用している。しかしながら、これらの戦略が大きな効果を有しない場合がある。当社はまた、これらのリ
      スクのすべてをヘッジしない選択を行うことがある。ヘッジ手段が、保障費用を効果的に相殺しない場合、又は
      当社の債務につき不十分である場合がある。株式市場若しくは金利の状況又はその他の事由により、ヘッジ手段
      の価値が、関連する負債と一致して変動しない場合がある。当社は、U.S.GAAPに基づく業績又は財務状況が受け
      る影響の予想又は実際の影響とは一致しない基準の下、これらのリスクをヘッジすることを選択する場合があ
      る。責任準備金の評価額及び有効にヘッジされた当社の債務額の事業年度間の変動により、U.S.GAAPに基づく当
      社の業績及び財務状況のボラティリティが増大する可能性がある。当社がヘッジ活動に関連して行う見積り及び
      想定は、当社の保障に関する実際の長期的なエクスポージャーを反映していないか、又はこれに一致していない
      おそれがある。さらに、ヘッジ並びにその他の資本及びリスク管理戦略によってカバーされない保障費用が増加
      するリスクは、市況又はその他の要因に伴う保険契約者の行為の変化によって深刻化する可能性がある。上記の
      要因は、個別的又は集合的に当社の業績、財務状況又は流動性に重大な悪影響を与える可能性がある。
       当社は、レギュレーションXXX及びガイドラインAXXXに関連する準備金の負担を軽減することができないおそ

      れがあり、その結果、当社の資本基盤に悪影響が及ぶか、又は定期生命保険・ユニバーサル生命保険商品の価格
      の引上げ及び/若しくは販売削減を行う必要性が増大する可能性がある。
       当社の米国内保険子会社が事業を行う州において、「レギュレーションXXX」として知られる「生命保険契約

      の評価」と題したモデル規制及びこれに付随するガイドラインであり、「ガイドラインAXXX」として知られる
      「生命保険契約の評価の適用」が採択されている。当該規制及びガイドラインは保険会社に対して、長期保険料
      保証のある定期生命保険及びユニバーサル生命保険について、類似する保証をしている個人生命保険契約につい
      て要求されている法定準備金と同様の法定準備金を設置することを要求している。多くの市場参加者は当該準備
      金のレベルは行き過ぎであると考えており、当社は定期保険事業及びユニバーサル生命保険事業に対するレギュ
      レーションXXX及びガイドラインAXXXの影響を抑えるために、再保険及び資本管理などの対策を実施した。当社
      は定期生命保険及びユニバーサル生命保険を引き続き引き受けるので、当社はレギュレーションXXX及びガイド
      ラインAXXXに基づき要請される法定準備金を調達するために、借入を行わねばならないと予想している。しかし
      ながら、当社が市況、規制措置又はその他の事由の結果、追加の資金を調達することができない場合、当社が定
      期生命保険商品及びユニバーサル生命保険商品の価格の引上げ及び/若しくは販売削減を迫られる可能性、並び
      に/又は当社の資本ポジションが悪影響を受ける可能性がある。
                                137/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社は、現行及び将来の販売網を通じて商品のマーケティング及び販売を行う際に、困難に直面する可能性が
      ある。
       当社は、幅広い販売網を通じて商品を販売しているが、主要な代理店との関係も維持している。例えば、日本

      における銀行を通じた当社の売上の大部分は、日本の単一の大手銀行を通じたものであり、日本におけるライ
      フ・コンサルタントを通じた当社の売上の大部分は、単一の提携関係に由来するものである。当社は、定期的に
      これらの提携関係の条件について交渉を行っているが、これらの条件が当社又は当該第三者にとって容認可能な
      ものであり続ける保証はない。主要な提携関係の中断は、当社の商品のマーケティング能力に重大な悪影響を与
      える可能性があり、当社の事業、業績又は財務状況に重大な悪影響が及ぶ場合がある。代理店は、当社の事業の
      業績悪化、格付機関による当社にとって不利な行為、又は市場関連リスクに関する懸念といった理由により、当
      社との販売提携の縮小又は解消を選択することがある。当社は、主要な代理店パートナーの合併、当社の商品の
      販売方法に影響を与える形での事業モデルの変更、若しくは当社との代理店契約の解消というリスク、又は新た
      な販売網が生じ、当社の販売努力の有効性に悪影響が及ぶというリスクも有している。銀行及びブローカー・
      ディーラーの合併の増加により、代理店へのアクセスに関する競争が激化する可能性がある。その結果、代理店
      費用が増加し、当社のこれらの販売網を通じた商品のマーケティング能力が損なわれるおそれがある。代理店の
      合併活動及び/又は業界におけるその他の変更により、代理店が既存の販売契約の条件について当社にとって不
      利となる再交渉を試みる可能性が高まることもある。
       当社の商品が非関連会社によって販売された場合、当社の研修及びコンプライアンス・プログラムにかかわら

      ず、当社がその販売方法を監視・統制することができない可能性がある。当社の商品がかかる会社によって不適
      切に販売された場合、又は当該商品が不適格な顧客に対して販売された場合、当社の評判が損なわれ、その他事
      業に損害が及ぶ可能性がある。
       社会保障障害年金制度の変更により、団体所得補償保険市場が大幅な影響を被る可能性がある。

       社会保障障害年金(「SSDI」)制度の将来に係る不確実性により、団体所得補償保険市場が大幅な影響を被る

      可能性がある。SSDI制度の理事会は、連邦政府による投入資金額が変更されない場合、同制度が2016年度には破
      綻するものと予想している。SSDIの給付は、団体所得補償保険に基づき支払われる給付金を相殺するため、SSDI
      給付金の減少又は適格性の変更が、団体所得補償保険市場に大幅な影響(準備金への影響及び給付費用の増加を
      含む。)を与える可能性がある。
                                138/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                           規制及び法律に関するリスク
       当社の事業は厳しく規制されており、規制上の変更により、当社の業績及び財務状況が悪影響を受ける可能性

      がある。
       当社の事業は広範囲の規制及び監督の下にある。これらの規制の主な目的は当社の顧客を保護することであ

      り、必ずしも当社の株主又は債券保有者を保護することではない。当社(当社の国際事業も含む。)に適用され
      る法律や規制の多くは定期的に見直され、既存の及び将来制定される法律及び規制がより多くの制限を課すもの
      であり、当社の事業に悪影響を与える場合がある。当社が経験している金融市場の混乱は、当社の米国内事業及
      び国際事業に適用のある現行の法規及び規制体系の広範囲にわたる変更につながっており、こうした動きが今後
      も継続する可能性がある。
       プルデンシャル・ファイナンシャルは、その全事業の持株会社であり、ドッド・フランク法に基づき、「指定

      金融機関」として、FRB            の監督の対象となっている。               指定金融機関として、プルデンシャル・ファイナンシャル
      は、本書に記載する重大な追加規制の対象になる見込みである。さらに、FSBは、プルデンシャル・ファイナン
      シャルをG-SIIに指定した。その結果、米国の金融監督当局は、多数の規制上の目標を達成するため、プルデン
      シャル・ファイナンシャルに対する規制を強化するものとみられている。かかる追加規制により、当社の業務、
      コンプライアンス及びリスク管理に関連する費用が増加することが予想され、また、当社の事業、業績又は財務
      状況に悪影響が及ぶおそれもある(当社の資本レベルが引き上げられ、当社が追加の流動資産の保有を求めら
      れ、これに伴い資本収益率が低下する可能性を含む。)。
       また、プルデンシャル・ファイナンシャルは、一般市民に対する報告及び開示、証券取引、会計及び財務報告

      並びにコーポレート・ガバナンスに関する事項についてSEC及びNYSEの規則及び規制の対象となっている。2002
      年企業改革法(The          Sarbanes-Oxley         Act  of  2002)及び当該法律に関して施行された規則及び規制は、プルデン
      シャル・ファイナンシャルやその他の上場会社のこれらの分野及びその他の分野における義務を大幅に拡大し
      た。当社の財務報告に関する内部統制には、ギャップやその他の不備が含まれている可能性があり、将来におい
      て内部統制における重大な不備又は深刻な脆弱性が発生しないという保証はない。かかるギャップ又は不備を是
      正するにあたり、多額な資金が必要となることがあり、また、当社に対する訴訟の提起、罰金若しくは罰則の賦
      課又はその他の損失の負担につながる可能性がある。
       多くの保険規制当局及びその他の政府又は自主規制当局は、当社の商品及び実務慣行、並びに当社の代理人及

      び従業員の商品実務慣行を検討し、当社、当社の代理人又は従業員の実務が不適切であると判断した場合には、
      当社に対して規制措置を講じるか、又は訴訟を提起する権限を有している。これらの訴訟の結果として、当社は
      罰金、罰則又は当社事業の禁止若しくは規制の対象となり、当社の事業、評判、業績、財務状況又は流動性に重
      大な悪影響が及ぶ場合がある。
                                139/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       議会は、年金制度のスポンサーや管理会社にとっての当社の年金商品及びサービスの魅力を減少又は増加させ
      るような年金改革に関する法律を随時制定することがあり、当該変更は、当社がこれらの商品及びサービスから
      利益を得る能力にマイナス又はプラスの影響を与える場合がある。これらの変更は、長期的には当社の確定給付
      年金商品及びサービスの売上の妨げとなり、当社が資産運用、管理事務サービス及びその他のサービスを提供し
      ている既存のプランを中止する可能性がある。
       保険規制当局は、生命保険商品について、責任準備金に関する原則主義的なアプローチの策定を継続してい

      る。当該変更のタイミング及び影響は、不明確である。
       当社の米国内保険会社の大部分は、ニューヨークにおいて事業許可を取得しているが、いずれもニューヨーク

      の居住会社ではない。2014年2月、NY                    DFSは、当社に対し、当社によるニューヨークの財務報告に係る特定の変
      額年金商品に関する法定準備金(適用ある再保険準備金を含む。)の算出額に同意しない旨を通知した。2014年
      度第4四半期において、当社は、NY                   DFSとの間でニューヨークの財務報告に係る特定の変額年金商品及び特定の
      生命保険商品に関する準備金の算出手法について合意し、これに伴い当社のニューヨークにおいて認可を受けた
      保険子会社の一部がニューヨーク基準の追加の法定準備金の保有を求められることになる。当該子会社は、2014
      年12月31日現在、ニューヨーク基準の追加の準備金要件を充足する上で十分な額の法定剰余金を有していたが、
      合意された準備金算出方法に基づき、当社は、将来においてニューヨーク州について追加の法定準備金を保有す
      ることを要求される可能性がある。当社が年金商品又は保険商品について、ニューヨークの法定会計原則に基づ
      く多額の追加の準備金の積立又は多額の追加の担保の供出を要求された場合、当社が米国内保険子会社において
      保有する資金を他の目的で配置する能力が影響を受ける可能性がある。
       さらに、NAIC、NY          DFS及びその他の規制当局は、生命保険会社によるキャプティブ再保険会社の利用(変額年

      金に関するものを含む。)に関する監視を強化しており、NAICは、特定の生命保険のキャプティブ再保険取引に
      適用される新たな保険数理ガイドライン(AG                        48)を採用した。AG           48の採用及びその他の適用ある保険法の改正
      により、当社が特定の商品を引き受ける能力、及び当社が当該商品に関連するリスクを効率的に管理する能力が
      悪影響を受ける可能性、並びに当社が特定の商品の値上げを行う、一部の商品を変更する、又は代替的な資金源
      を開拓する必要に迫られる可能性があり、これらのうちのいずれによっても当社の競争力、資本、財務ポジショ
      ン及び業績が悪影響を被るおそれがある。AG                        48及び当社によるキャプティブ再保険会社の利用の詳細について
      は、「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制-保険業務-州の保険規制-キャプティブ再保険会社」の項
      を参照のこと。
                                140/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       プルデンシャル・インシュアランス及びその他の米国内保険子会社が適用あるリスクベース資本金
      (「RBC」)要件又は最低自己資本及び剰余金の要件を満たすことができない場合、当該子会社が州の保険規制
      当局による追加の調査又は是正措置の対象となる可能性がある。また、プルデンシャル・インシュアランス及び
      その他の米国内保険子会社が期待されるレベルのRBC率を維持することができない場合、当社の競争力に悪影響
      が及ぶおそれがある(財務力格付の引下げによるものを含む。)。当社の国際保険会社は、概念的には同様の適
      正資本量の指標(日本における当社の保険会社のソルベンシー・マージン比率を含む。)の対象となり、これら
      の指標を適切なレベルで維持することができない場合、当社は本項に記載する当社の国内事業がさらされるリス
      クと同様のリスクに直面する。さらに、クローズド・ブロックの業績の不振(投資実績の不振を含む。)は、プ
      ルデンシャル・インシュアランスのRBC率に短期的な悪影響を与える可能性があるが、クローズド・ブロック事
      業の保険契約者への配当は、当該業績を反映する形で事後的に調整されることがある。
       現在、州保険持株会社法を、保険持株会社(プルデンシャル・ファイナンシャルを含む。)の規制の範囲を拡

      大する形で改正することについて、複数の提案が行われている。当該提案には、保険会社のコーポレート・ガバ
      ナンス、エンタープライズ・リスク管理、保険持株会社のグループ全体の監視、グループ全体のリスクを考慮し
      たリスクベース資本の算出の調整に関する基準、並びに保険持株会社に対する追加の規制及び開示要件の賦課が
      含まれる。さらに、州の保険規制当局は、NAICの「ソルベンシー規制現代化構想」に従った米国保険業界のソル
      ベンシー規制(会社のリスク管理の慣行及び分析に関する規制上のレビューを含む。)に重点を置いている。当
      該構想は、昨今のNAICによる「リスク・マネジメント及び自己リスク・ソルベンシー評価」模範法の採用につな
      がった。当該模範法は、州レベルで制定され、大手保険会社は、2015年度以降、自己の及びグループのリスク管
      理及び現在・将来におけるソルベンシー・ポジションの適切性の評価を行うことを求められることとなる。当社
      は、現時点において、これらの要件によって、プルデンシャル・ファイナンシャルについていかなる追加の資本
      要件、コンプライアンス費用又はその他の負担が発生するかにつき、確実性をもって予想することはできない。
       適用法及び規制の遵守は、多大な時間を要するとともに十分な人員の配置に依存することになるため、これら

      の法規の改正は、当社の直接及び間接の遵守費用及び事業実施に伴うその他の費用を著しく増加させる可能性が
      ある。その結果、当社の財務状況又は業績に多大な悪影響が及ぶ場合がある。
       当社の事業に関連する規制の詳細については、「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制」の項を参照の

      こと。
       ドッド・フランク金融制度改革・消費者保護法により、当社は、多数の追加の連邦規制の対象となっている

      が、これに伴い当社の事業、業績、キャッシュ・フロー又は財務状況が被る影響を予測することはできない。
                                141/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       2013年9月19日、金融安定監督カウンシル(「カウンシル」)は、プルデンシャル・ファイナンシャルを、
      「指定金融機関」として、ドッド・フランク法に基づき、より厳格な健全性規制基準及びFRBによる監督の対象
      とすべきであるという最終決定を行った。これに伴い、当社は、重大な連邦規制(その大部分を規定する規制
      は、未だ公布されていない。)の対象となる。ドッド・フランク法は、既存の及び新規に設立された政府機関及
      び政府関係機関に対し、当該法律を施行するにあたって規制の公布を求めており、当該プロセスは、現在進行中
      であり、今後数年間にわたって継続するものと予想されている。当社は、昨今採用された若しくは未だ採用され
      ていない規制の要件、又はドッド・フランク法及び当該規制が金融市場全体に与える作用、当社の事業、信用格
      付・財務力格付、業績、キャッシュ・フロー若しくは財務状況に与える影響、又はそれらが当社に推奨若しくは
      要求する追加資本若しくは流動資産の保有若しくは調達について、正確に予想することはできない。ドッド・フ
      ランク法が当社に与えるであろう影響の主な要素は、以下のとおりである。
       ・指定金融機関として、プルデンシャル・ファイナンシャルは、現在、FRBによる監督、ボストン連邦準備銀

        行による審査及びより厳格な健全性基準(RBC、レバレッジ、流動性、リスク管理及び信用集中に関連する
        要件・制限(一部については、現在も規則の制定作業が行われている。)、並びに深刻な財政難に際しての
        迅速かつ適式な解散に係る年間計画の作成・提出要件が含まれている、又は将来において含まれる可能性が
        ある。)の対象となっている。FRB及びFDICが共に当社の年間計画が不十分であると判断した場合、FRB及び
        FDICにより、一層厳格な資本、レバレッジ若しくは流動性に関する要件、又は当社の拡大、業務若しくは事
        業の実施に制限を課される可能性がある。当社が当該不十分性を適切な方法により治癒することのできない
        期間が継続した場合、FRB及びFDICが、カウンシルと協議の上、当社の適式な解散を促すため、当社に対し
        特定の事業又は資産の売却を命じる可能性がある。さらに、財務状況に関する所定の条件の充足に失敗した
        場合、当社の事業及び資本配分は、重大な制限の対象になる。当社はまた、FRBが公表するストレス・テス
        トの対象となる可能性があり、これにより、当社が事業慣行の変更を迫られる、又は規制当局、格付機関、
        顧客、カウンターパーティ若しくは投資家による当社の財務力に関する認識が影響を受けることがある。当
        社は、現在採用されていない規制上の要件、あるいはFRBが指定金融機関である当社に対して、当該健全性
        要件をどのような形で採用するかについて予想することはできない。規制金融機関として、プルデンシャ
        ル・ファイナンシャルは、金融業務に従事する特定の会社を買収するにあたり、FRBの事前の承認を取得し
        なければならない。
       ・指定金融機関として、当社は、未公開株式及びその他のカバード・ファンドの自己勘定取引、引受、投資、

        ヘッジについて、追加の資本要件及びその他の制限を課される可能性がある。
       ・カウンシルは、当社及びその他の金融サービス会社が従事する活動又は慣行について、新規の又は強化され

        た基準及び保護条項の適用を提言する可能性がある。当社は、かかる提言の有無、又はかかる提言が当社の
        事業、業績、キャッシュ・フロー又は財務状況に与える影響について予想することはできない。
                                142/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       ・ドッド・フランク法により、店頭(OTC)デリバティブ市場の規制に対する新たな枠組が創出され、デリバ
        ティブを様々な目的(ヘッジ金利、外貨及び株式市場リスクを含む。)で利用する、PGF、プルデンシャ
        ル・ファイナンシャル及び当社の保険子会社の活動に影響が及ぶ可能性がある。ドッド・フランク法に基づ
        きデリバティブ市場に関して制定が必要となっていた規制の多くは、関連規制当局によって既に採用されて
        いるものの、未だ採用されていない又は完全に施行されていない規制がヘッジ費用及び関連する事業の費用
        を著しく増加させ、当社の商品の収益性若しくは顧客に対する魅力に影響を与え、当社がヘッジ戦略若しく
        はその実施の変更、又は当社がヘッジしないリスクの増加及び/若しくは構成の変更を求められる可能性が
        ある。とりわけ、OTCデリバティブの証拠金要件に関する最終規則は、現時点で未採用であり、当社に適用
        される証拠金に関する規則は、既存のOTCデリバティブ契約に基づく担保差入要件よりも多くの負担を強い
        るものである可能性がある。
       ・ドッド・フランク法第2章では、プルデンシャル・ファイナンシャルのような金融会社が、当該会社が債務

        不履行状態にあるか又はその危険性があり、米国の金融の安定にシステミック・リスクを与えているとの決
        定に基づき、FDICを破産管財人とした連邦倒産法によらない特別な清算手続の対象となることが規定されて
        おり、当社の米国保険子会社が州の保険法に基づく再生手続及び清算手続の対象となる可能性がある。当社
        は、プルデンシャル・ファイナンシャル又はその保険及び非保険子会社の債権者(プルデンシャル・ファイ
        ナンシャルの社債の保有者を含む。)による、かかる可能性の評価、及びそれが当社の資金調達又はヘッジ
        費用に与える影響の有無を予想することはできない。
       ドッド・フランク法が当社の事業に与える影響の詳細については、「第2 企業の概況」「3 事業の内容-

      規制」の項を参照のこと。
       外国政府の行為により、当社が多数の追加の規制の対象となる可能性がある。

       米国におけるドッド・フランク法の採択に加え、FSBは、金融機関、とりわけ巨大かつ複雑な金融グループに

      属する金融会社に対する規制の方法を大幅に変更するための一連の提案を発表している。
       2013年7月18日、FSBは、プルデンシャル・ファイナンシャルをG-SIIに指定した。IAISが公表したG-SIIを対

      象とした政策措置の枠組には、グループ全体の監督の強化、資本基準の強化(BCR、損失吸収資本に関する基準
      の強化等)、流動性計画・管理の強化、並びにリスク削減計画及び再生・破綻処理計画の策定が含まれている。
      2014年10月、IAISは、BCRの当初の枠組の策定作業を終了した。米国内グループの監督機関の指示により、プル
      デンシャル・ファイナンシャルを含むG-SIIが2015年度以降、非公開であることを条件にそのBCRに関する実績の
      報告を求められることになる。非公開ベースでの報告期間の開始後も、BCRは、IAISによって継続的に修正及び
      改善され、G-SIIの資本の枠組の最終版は、2019年度までに決定される見込みである。G-SIIに適用される政策措
      置は、各法域における法律又は規制に従った施行が必要となる。当社は、G-SIIとしての指定が当社の事業に対
      する規制に与える影響を予想することはできない。
                                143/742






                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       FSBの指示により、IAISは、IAIGの監督のためのComFrameを策定している。ComFrameでは、国境を超えた「グ
      ループ全体の監督」が企図されている。これには、保険会社のコーポレート・ガバナンス及びエンタープライ
      ズ・リスク・マネジメントに関する画一的な基準、グループ全体のリスクを踏まえたグループの適正資本評価の
      枠組、並びに常設の監督者カレッジの設立が含まれている。プルデンシャル・ファイナンシャルは、IAIGとして
      の資格を有している。2013年10月、IAISは、IAIGに適用されるリスクベースのグローバルな保険資本基準を策定
      する意向を表明し(その施行は、2019年度に開始される予定である。)、2014年12月には、その基準案が公表さ
      れ、パブリックコメントが募集された。現時点において、当社は、当該要件が採用された場合に、当該要件に
      よってどのような資本の追加要件、コンプライアンス費用又はその他の負担が当社に課されるのかを予想するこ
      とはできない。
       当社が事業を行う多数の法域における立法府及び規制当局は既に、G20及びFSBの提言に合致する形で、法律上

      及び規制上の変更の導入を開始している。これには、日本の金融庁(FSA)の保険持株会社の総合的な規制に関
      する提案、並びにドイツの金融監督庁(BaFIN)及び英国の金融監督機関による役員報酬に関する提案が含まれ
      る。さらに、EEAの保険会社及び再保険会社の健全性基準について、ソルベンシーⅡ指令に基づく大幅な変更が
      予定されており、当該変更は、早ければ2016年1月にも発効する可能性がある。かかる新たな体制により、保険
      業界のソルベンシーの枠組及び健全性体系の全面的な改正が行われ、当該体制は、当社のようにEEA内に保険事
      業体を設立している非欧州の保険グループにとっても大きな意味を持つ。ソルベンシーⅡ指令が当社のEEAにお
      ける事業に係る監督、資本及び開示の義務をわずかにでも強化させることはないという保証はなく、当社により
      広範な付随的影響が及ぶ可能性もある。
       当社は、これらのイニシアチブが金融市場又は当社の事業、業績、キャッシュ・フロー及び財務状況に与える

      影響について正確に予想することはできない。
       欧州の市場、経済及び財政の悪化は、一部の欧州諸国の国債の債務不履行及び当該国の国債に対する直接的又

      は間接的な大規模なエクスポージャーに伴う金融機関の不履行に関するリスクを生じさせている。当該状況並び
      に関連する政治及び経済の動き(ユーロの変動又は欧州通貨統合の構造若しくは加盟国の変更の可能性等)に対
      応する、更なる規制上のイニシアチブが展開される可能性がある。
       会計上の要件の変更により、当社が報告する業績及び財務ポジションに悪影響が及ぶ可能性がある。

       会計基準は、継続的に更新されており、また、今後も変更される可能性がある。例えば、FASB及び国際会計基

      準審議会(IASB)は、保険契約に適用される会計基準を変更するためのプロジェクトを継続している。当該プロ
      ジェクトに基づくU.S.            GAAP及び国際会計基準の変更に関する最終決定は、不明確であるものの、当社の保険商
      品の会計処理方法の変更又はその他会計基準の変更により、当社の業績及び財務状況が著しく影響を受ける可能
      性がある。さらに、会計基準の変更により、発行体がコーポレート・ガバナンス、内部統制及び開示等の分野に
      おいて、特別な要求を受ける可能性もあり、その履行のために多額の変更費用が生じるおそれがある。
                                144/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       米国の連邦所得税法、又は当社が事業を行っている米国のその他の法域における所得税法制の変更は、当社の
      一部の商品の消費者にとっての魅力を低減させ、当社の税負担を増大させる可能性もある。
       米国の個人及び法人に課される税金については、いずれも不透明である。米国政府は、主に税率の引下げ及び

      特定の租税支出の削減又は廃止による税基盤の拡大による税制改革の必要性に関する議論を継続している。特定
      の租税支出の削減又は廃止により、顧客に対する当社の商品の魅力が減退する可能性がある。連邦議会による税
      制の全面的な改革の有無又はその実施時期、並びに当該改革が当社及び当社の商品に与える影響は不明確であ
      る。
       しかしながら、抜本的な税制改革がない場合でも、連邦政府の巨額の赤字、並びに多くの州及び地域が直面す

      る予算上の制約により、連邦議会、州政府及び地方政府が個人・法人について増税する法案を成立させることに
      より、増収を目指す可能性が増している。これには、税率の上昇又は税制の変更を伴う可能性がある。
       連邦議会は、随時、消費者に対する当社の商品の魅力を減退させる可能性のある法律の制定を検討している。

      現行の米国連邦所得税法は、通常、特定の保険契約者に対し、保険契約者又はその他の受益者に対して実際に支
      払が行われるまで、年金及び生命保険商品の累積価値に対する課税を繰り延べ、生命保険契約に基づく死亡給付
      金を課税対象外とすることを認めている。税率の上昇は、年金及び生命保険の価値の増加に対する課税の繰延に
      よる恩恵を増大させ、消費者にとっての当社の商品の魅力を増すが、かかる繰延を削減又は廃止する法案の成立
      は、当社の商品にマイナスの影響を与えるおそれがある。
       米国連邦議会、州及び地方の政府機関は、当社が支払う法人税を増大させ、更には利益を減少させるような法

      制を検討する場合がある。例えば、定期生命保険若しくは第二保証付きユニバーサル生命保険契約、又はその他
      の商品の納税引当金の手法に関する法令の改正は、現行の税額の増加につながる可能性がある。
       オバマ政権の予算教書には、特定の生命保険会社に対する法人税及び特定の生命保険契約に影響を与えうる提

      案が含まれている。特に、この提案では、会社所有型生命保険(「COLI」)を購入した会社に対する金利控除を
      制限することとされており、当該保険の取扱いに影響を与える可能性がある。また、この提案により、商品
      (DRDの対象となる変額生命保険及び変額年金契約を含む。)に対応する分離勘定に保有する資産に対して生命
      保険会社が受領する受取配当金の金額を決定するための方法も変更される可能性がある。DRDは、課税対象とな
      る受取配当金を減額させるとともに、実際の税費用と連邦法定税率35%を用いて算出される予想税額との差異を
      構成する重大な要素である。この種の提案が施行された場合、当社のCOLI、変額年金及び変額生命保険商品の販
      売が悪影響を受け、当社の実際の税金費用が増加し、その結果、収益が減少する可能性がある。
                                145/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       さらに、オバマ政権の2016年度の予算教書には、米国における多国籍企業に対する課税方法、及び連結資産が
      500億ドルを超える金融サービス会社(保険会社を含む。)の負債ベースの手数料を変更する項目も含まれてい
      る。この種の規定が法制化された場合、当社が支払う税金の金額が増加する可能性がある。
       当社が販売する商品は、異なる税務上の特徴を有しており、一部の場合では当社に税控除が発生することがあ

      る。当社の特定の商品の収益水準は、これらの特徴及び当社が課税所得を継続して発生させることができるかに
      大きく依拠している。これらの特徴は、商品の価格設定時に考慮され、当社の資本管理戦略の要素でもある。し
      たがって、税法の改正、課税所得を発生させる当社の能力又は商品が生み出す税務上の特徴の有効性若しくは価
      値に影響を与えるその他の要素が、商品の価格設定及び収益に影響を及ぼす、又は当社にこれらの商品の販売の
      減少若しくは当社の事業に混乱をもたらすようなその他の措置の実施を余儀なくさせる可能性がある。さらに、
      責任準備金に関する「原則主義的」なアプローチの採用が、納税引当金の決定方法の大幅な変更につながり、将
      来の税額控除が減少する可能性がある。
       米国以外の国における税法の影響については、下記の「その他のリスク-当社は海外で幅広く事業を行ってお

      り、当社の海外事業は、政治、法律、事業及びその他に関するリスクに直面しており、これらが当該事業又は当
      社の収益性に悪影響を与える場合がある。」の項を参照のこと。
       債務を履行し、株主に配当金を支払い、株式の買戻しを行う当社の能力は、子会社からの配当金及びその他の

      分配金に課される制限により、悪影響を受ける場合がある。
       プルデンシャル・ファイナンシャルは、当社のすべての事業の持株会社であり、その子会社からの配当、資本

      収益及び利息収入が、プルデンシャル・ファイナンシャルの株主配当、株式買戻し及びその他の債務履行のため
      の主な資金源である。これらの資金源はプルデンシャル・ファイナンシャルの資本市場及び銀行融資(利用でき
      る場合)へのアクセスなどにより補完される場合がある。「第2 企業の概況」「3 事業の内容-規制」及び
      連結財務書類の注記15にあるとおり、当社の国内外における保険子会社及びその他の子会社は、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルに対する配当の支払及びその他の資金の移動に関して規制による制限を受けている。ま
      た、当社の子会社の経営陣は、資本構成を自らの格付目標と一致させるために、配当の支払を制限する可能性が
      ある。さらに、ドッド・フランク法は、最終的に、ストレス・テストの結果が不適切となったことによる健全性
      要件の強化に対応する又はその他の目的におけるプルデンシャル・ファイナンシャルへの資金移転の規制強化に
      つながる可能性もある。プルデンシャル・ファイナンシャルの子会社に対するこれらの規制は、プルデンシャ
      ル・ファイナンシャルの債務、株主配当及び株式買戻につき十分な金額の配当金その他を当該子会社がプルデン
      シャル・ファイナンシャルに対して支払うことを制限する又は妨げる可能性がある。NAIC並びに州及び海外の保
      険規制当局は、保険会社が当局の承認を得ずに支払う配当金の金額を更に制限することを随時検討しており、今
      後も検討する可能性がある。
                                146/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       法律及び規制上の訴訟は当社の事業につきものであり、当社の業績又は財務ポジションに悪影響を及ぼし、当
      社の事業又は評判を害する可能性がある。
       当社は現在、通常の事業運営の中で、当社が分離又は縮小している事業も含めて、訴訟及び規制措置の対象と

      なっており、将来もこのような訴訟及び規制措置の対象となる可能性がある。これらの手続の一部は複数の原告
      クラスにより提起されている。一部の事件では、原告は懲罰的損害賠償など、多額の及び/又は不確定の金額の
      賠償を求めている。現在又は将来の法律又は規制上の訴訟に関連する債務又は評判の低下は、当社に悪影響を及
      ぼし、当社の評判を害する可能性があり、これにより当社の将来の事業を害する可能性がある。
       係争中の重要な訴訟及び規制、又はそれに付随するリスクに関する事項については、連結財務書類の注記23

      「契約債務および保証債務、偶発債務、訴訟および規制上の問題」を参照のこと。当社の訴訟及び規制上の問題
      は様々な不確定事項の対象となり、その複雑さと範囲により、その結果を予測することはできない。訴訟及び規
      制上の問題に対する当社の準備金が不足する場合がある。訴訟又は規制上の問題が最終的に当社に不利な結果で
      終わった場合、当社の特定の四半期又は年度の業績又はキャッシュ・フローが、その内容によっては、重大な悪
      影響を被る場合がある。当社の訴訟及び規制に関する不確定要素により、係争中の訴訟又は規制上の問題が当社
      に不利な形で決定された場合には、当社の財務ポジションに悪影響を与える可能性がある。
       当社が知的財産権を保護できず、侵害訴訟の対象となる可能性がある。

       当社は、当社の知的財産権を確立及び保護する上で、従業員及び第三者との契約上の権利の組み合わせと、著

      作権、商標権、特許権及び営業秘密に関する法律に依拠している。当社は、当社の権利の保護に努めているが、
      第三者による当社の知的財産権の侵害又は不正使用の可能性がある。当社は、当社の著作権、商標権、特許権、
      営業秘密及びノウハウを主張・保護するため、又はそれらの範囲、有効性若しくは執行可能性を定めるため、訴
      訟の提起を迫られる可能性がある。これは、資金の転用(高額になるおそれがある。)を意味しており、また、
      当社の努力が不首尾に終わる可能性がある。当社が知的財産資産を確保及び保護することができない場合、当社
      の事業及び競争力に著しい悪影響が及ぶ可能性がある。
       当社が、(i)       特許権、商標権若しくは著作権の侵害、(ii)                        著作権、商標権若しくはライセンスの使用権の侵

      害、又は(iii)        営業秘密の不正使用に関して第三者によるからの申立ての対象となる可能性がある。かかる申立
      て及びそれに起因する訴訟は、多額の費用及び損害賠償につながることがある。当社が第三者の特許権又はその
      他の知的財産権を侵害又は不正に使用したことが判明した場合、当社は、特定の状況下において、当社の顧客に
      対する一部の商品若しくはサービスの提供、又は一部の手法、プロセス、著作権、商標権、営業秘密若しくはラ
      イセンスの使用及びそれらの利益の享受を禁じられる可能性がある。あるいは、当社は、第三者との間での高額
      なライセンス契約の締結、又は高額な代替手段の実施を求められる可能性がある。これらのシナリオのいずれも
      が、当社の事業及び業績に重大な悪影響を与える可能性がある。
                                147/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
                            オペレーショナル・リスク
       電気通信、情報技術及びその他の運用システムに障害が発生した場合、又は当該システムにおける機密情報の

      安全性、機密性若しくはプライバシーの維持に失敗した場合、当社の事業が損害を被る可能性がある。
       事業の実施及び顧客へのサービス提供にあたり、当社は、電気通信、情報技術及びその他の運用システム、並

      びに利用するデータの完全性及び適時性に大きく依存している。当社がその全部又は一部を制御できない事象又
      は状況により、これらのシステムが適切に機能しなくなることや停止することがある。さらに、当社は、決済機
      関、証券取引所その他金融仲介機関、ベンダー、当社のサービス提供又は業務の委託先といった、他者の運用上
      及びテクノロジー上の障害に関するリスクに直面している。これらの当事者が想定どおりの機能を果たさない場
      合、当社の事業が困難となり、費用が増加し、当社の事業にその他の悪影響が及ぶ可能性がある。これらのリス
      クは、当社が資産の自動振替又は再配分といった特性を有する複雑な商品を提供すること、並びに複雑な投資、
      トレーディング及びヘッジ・プログラムを導入することにより増大する。
       安全性に関する各種手段の実施にもかかわらず、当社の情報技術及びその他のシステムについては、物理的若

      しくは電磁的な盗難、不正改ざん、又はその他機密保護違反のおそれがあり、これらの結果、顧客の個人情報を
      含む機密情報の安全性、機密性若しくはプライバシーの維持が実現できない、又は当社の知的財産若しくは機密
      情報が不正に流用される可能性がある。データ処理を行う多くの金融サービス機関及び金融サービス会社は、そ
      のウェブサイト又はその他のシステムにおけるセキュリティーの侵害(コンピューター・ウィルス又はマルウェ
      ア、サイバーアタック及びその他の手段を用いて行われる、秘密情報への不正アクセス、データの破壊、サービ
      スの妨害若しくは品質低下、システムの破壊、又はその他の損害の発生を意図した、高度で、かつターゲットを
      絞った攻撃を含む。)を報告している。
       当社のシステムの完全性を確保するための努力にかかわらず、とりわけ、サイバーアタックに使用される技術

      が頻繁に変化し又は実際に使用されるまで確認できない、また、サイバーアタックが様々なソース(組織的な犯
      罪に関与する者、又はテロ組織若しくは敵対する外国政府の関係者といった、社外の第三者、及び外部のサービ
      ス会社を含む。)から行われるといった理由から、当社があらゆる種類のセキュリティー侵害に対する効果的な
      対抗措置を想定又は実施することができない可能性もある。これらの者が、当社、当社の顧客又はクライアント
      のデータへのアクセスを意図して、当社の従業員、顧客又は当社のシステムのその他のユーザーに対して秘密情
      報を開示させるよう不正に仕向ける可能性がある。さらに、当社はサービスの提供元であるすべてのベンダーに
      ついて一定の基準を設けているものの、当該ベンダー及び当該ベンダーへのサービス提供会社がセキュリティー
      侵害(契約上の手続を履行しなかったことに起因するものを含む。)にさらされる可能性がある。
                                148/742







                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社又は他者の行為によるものであるかを問わず、電気通信、情報技術及びその他の運用システムに障害が発
      生した場合、又は当該システムにおける機密情報の安全性、機密性若しくはプライバシーの維持に失敗した場
      合、当社の事業能力及び顧客向けサービスを行う能力が遅延又は中断し、当社のレピュテーションが損なわれ、
      適用あるプライバシー法及びその他の法律に違反することとなり、当社が重大な規制上の制裁又はその他申立て
      の対象になるおそれがあるほか、顧客の喪失及び顧客の収益又は金銭上の損失につながり、また、当社の事業に
      その他の悪影響が及ぶ可能性がある。
       当社は顧客の喪失、解約及び引出し、予定されていた結果の統合及び実現に関する問題、処分に関する偶発債

      務など、合併、事業分割及び組織再編等に関するリスクに直面する。
       事業の合併や再編後、顧客喪失、解約若しくは引出し又は当社の予想とは大幅に異なるその他の結果及び統合

      上の問題や当社が予想していた合併及び再編の結果を実現できない場合や、統合した事業が当事者となっている
      訴訟又は規制上の問題など、合併取引により様々なリスクに直面する。当社は、様々な事業の分割又は縮小に関
      連して、保険又は再保険負債及びその他の偶発的な債務を留保しており、これらの負債及び債務に関する当社の
      準備金が不足する場合がある。これらのリスクは当社の業績又は財務状況に重大な悪影響を与える場合がある。
                              その他のリスク

       当社のリスク管理方針及び手続の効果が不十分であることが判明し、当社が未確認の又は予期せぬリスクにさ

      らされる場合があり、これにより当社の事業が悪影響を受ける、又は損失を被る可能性がある。
       当社は、当社のリスク及び損失を軽減するため、事業全体のリスク管理の枠組を構築しており、当社が直面す

      るリスクを特定、測定、監視、報告及び分析するための方針、手続及び統制を維持している。
       しかしながら、当社が適切に予想・特定していないリスクが存在しているか、将来において発生する可能性が

      あるため、リスク管理戦略には、固有の限界がある。当社のリスク管理の枠組の効果が不十分であることが判明
      した場合、当社が予想外の損失を負担し、著しい悪影響を被る可能性がある。当社の事業内容の変更及び当社が
      事業を行う市場の展開によっては、当社のリスク管理の枠組を当該変更と同じペースで更新できない可能性もあ
      る。その結果、新商品又は新規事業の戦略が、適切に特定、監視又は予想することのできないリスクを生じさせ
      るおそれがある。市場の圧迫に際して、市場の予想外の変動、又は不利な死亡率若しくは罹患率による想定外の
      保険金請求実績により、当社のリスク管理戦略の有効性が制限され、これに伴い当社が損失を被るというリスク
      もある。さらに、困難な又は流動性の低い市況において、当社のリスク管理戦略の有効性が不十分である可能性
      がある。これは、他の市場参加者が、同一の困難な市況において、リスク管理のために同一の又は類似する戦略
      を用いている可能性があるためである。このような状況において、他の市場参加者の活動により、当社がリスク
      を緩和することが困難となる、又はより多くの費用を負担する可能性がある。
                                149/742





                                                           EDINET提出書類
                                            プルデンシャル・ファイナンシャル・インク(E05916)
                                                            有価証券報告書
       当社のリスク管理の戦略又は手法の多くは、過去の顧客及び市場の行動に基づいており、これらすべての戦略
      及び手法は、一定程度、経営陣の主観的な判断に基づいている。当社は、当社のリスク管理の枠組(根底となる
      仮定又は戦略を含む。)が正確かつ有効であることを保証することはできない。
       事業、法務及び規制上のリスクの管理は、とりわけ、多くの取引や事由を適切に記録し、検証する方針、手続

      及び統制を必要とし、これらの方針、手続及び統制が十分に効果を発揮しない場合がある。
       主に商品の価格設定、準備金の算出及び資産の評価、並びにリスク評価及び必要資金の算出等に関連する将来

      におけるキャッシュ・フローを予想するため、当社の事業及びコーポレート部門は、モデルを利用している。当
      該モデルは、適切に機能しないことがあり、また、本質的に不確定である仮定や予測に依拠していることがあ
      る。当社の事業が成長及び発展を続けるにあたり、当社が使用するモデルの数や複雑さは増加し、モデル(関連
      するデータ及び仮定を含む。)の設計、実施又は使用における過誤に対する当社のエクスポージャーも増加す
      る。
       過去又は将来の当社及び取引先の従業員による不正行為は、当社による法律違反、規制上の制裁や評判又は財

      務の面での重大な被害につながる場合があり、これらに対する当社の対策がすべての場合において十分な効果を
      発揮しない場合がある。当社が採用する、関連会社の経営上の意思決定を監視し、過剰な又は不適切なリスクの
      負担を回避することを意図した統制及び手続が有効であるという保証はない。当社は、総合的なリスク管理プロ
      グラムの一環として当社の報酬の方針及び慣行を検討しているが、当社の報酬の方針及び慣行が意図せず過剰な
      又は不適切なリスク負担を奨励する可能性がある。当社の関連会社が過剰な又は不適切なリスクを負担した場
      合、これらのリスクが当社の評判を損ね、当社の業績及び財務状況に重大な悪影響を与える可能性がある。
       当社が少数株主持分を有している、又は第三者が運用する投資に対しては、当社は経営及び事業に対する管理

      を行うことができず、当該投資の価値を保護若しくは向上させる行動を行うこと、又はこれを行わせることがで
      きない場合がある。当社が法律によって共同で所有する事業の過半数の持分を保有することを制限されている法
      域において、合弁事業パートナーによる契約違反が発生した場合の当社の救済措置が限定される(コール・オプ
      ションを行使できない等)おそれがある。
                                150/742









                                               &n