株式会社マツヤ 有価証券報告書 第47期(平成26年3月1日-平成27年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第47期(平成26年3月1日-平成27年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社マツヤ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      平成27年5月29日

     【事業年度】                      第47期(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

     【会社名】                      株式会社マツヤ

     【英訳名】                      MATSUYA    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  小 磯 恵 司

     【本店の所在の場所】                      長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                      026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長  北 川 正 一

     【最寄りの連絡場所】                      長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                      026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役管理本部長  北 川 正 一

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次           第43期       第44期       第45期       第46期       第47期

           決算年月           平成23年2月       平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月       平成27年2月

     売上高            (千円)     38,319,627       39,304,762       38,182,529       36,896,339       31,523,956

     経常利益金額又は
                 (千円)       312,051        53,005      △ 360,003       △ 89,839        2,521
     経常損失金額(△)
     当期純利益金額又は
                 (千円)        73,715      △ 166,468      △ 218,114     △ 2,297,722       △ 601,969
     当期純損失金額(△)
     包括利益金額            (千円)          ─    △ 205,730      △ 200,493     △ 2,269,747       △ 534,699
     純資産額            (千円)      3,057,690       2,683,811       2,398,840         86,871      △ 91,485

     総資産額            (千円)     15,610,058       15,553,776       15,403,849       13,363,248       12,890,888

     1株当たり純資産額             (円)       425.52       381.54       341.03        12.35      △ 10.42

     1株当たり
     当期純利益金額又は             (円)        10.18      △ 23.55      △ 31.01      △ 326.66       △ 72.04
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)         ─        ―       ―       ―       ―
     当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        19.6       17.3       15.6        0.7      △ 0.7
     自己資本利益率             (%)         2.4      △ 5.8      △ 8.6     △ 184.9          ―

     株価収益率             (倍)        61.2         ―       ―       ―       ―

     営業活動による
                 (千円)       681,643       822,554       552,141       643,154       455,979
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 304,611      △ 643,777      △ 535,139       △ 25,243       23,849
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 703,475      △ 356,097      △ 115,793      △ 207,781       402,157
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       495,919       318,598       219,807       629,937      1,511,924
     の期末残高
     従業員数
                          410       441       464       456       321
     (ほか、平均臨時             (名)
                         ( 1,072   )    ( 1,110   )    ( 1,053   )    ( 1,022   )     ( 870  )
     雇用者数)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第43期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
        3 第44期、第45期、第46期及び第47期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当
          期純損失金額であり、又、潜在株式がないため記載しておりません。
                                  2/87





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次           第43期       第44期       第45期       第46期       第47期

           決算年月           平成23年2月       平成24年2月       平成25年2月       平成26年2月       平成27年2月

     売上高            (千円)     38,319,627       39,304,762       38,182,529       36,896,339       31,523,956

     経常利益金額又は
                 (千円)       327,328        52,383      △ 358,416       △ 36,508       24,866
     経常損失金額(△)
     当期純利益金額又は
                 (千円)        62,367      △ 222,995      △ 236,346     △ 2,256,514       △ 548,551
     当期純損失金額(△)
     資本金            (千円)      1,097,000       1,097,000       1,097,000       1,097,000       1,286,658
     発行済株式総数            (千株)        8,415       8,415       8,415       8,415       10,163

     純資産額            (千円)      3,194,107       2,763,701       2,460,496         189,736        87,770

     総資産額            (千円)     15,616,842       15,525,763       15,366,184       13,365,901       12,942,501

     1株当たり純資産額             (円)       444.50       392.90       349.80        26.97        9.99

     1株当たり配当額
                  (円)        12.00       12.00        6.00         ―       ―
     (内、1株当たり
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
                  (円)
     中間配当額)
     1株当たり
     当期純利益金額又は             (円)        8.61      △ 31.54      △ 33.60      △ 320.80       △ 65.65
     当期純損失金額(△)
     潜在株式調整後
     1株当たり             (円)         ─        ―       ―       ―       ―
     当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        20.5       17.8       16.0        1.4       0.7
     自己資本利益率             (%)         1.9      △ 7.5      △ 9.0     △ 170.3      △ 395.3

     株価収益率             (倍)        72.3         ―       ―       ―       ―

     配当性向             (%)        138.3          ―       ―       ―       ―

     従業員数
                          410       441       464       456       321
     (ほか、平均臨時             (名)
                         ( 1,072   )    ( 1,110   )    ( 1,053   )    ( 1,022   )     ( 870  )
     雇用者数)
      (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 第43期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
        3 第44期、第45期、第46期及び第47期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当
          期純損失金額であり、又、潜在株式がないため記載しておりません。
                                  3/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
       昭和43年10月、長野県長野市大字村山市ノ口348番地において、小山伸作(設立時の代表取締役社長)がスーパーマー
      ケット事業を目的として、株式会社松屋スーパー(資本金10,000千円)を設立し、株式会社松屋商事(昭和43年9月に株
      式会社松屋スーパーより商号変更)より5店舗を譲り受け、営業を開始いたしました。以下現在に至るまでの概要は次
      のとおりであります。
      (事業内容の変遷)
      昭和43年10月        長野県長野市大字村山市ノ口348番地に資本金10,000千円にて株式会社松屋スーパーを設立
      昭和46年10月        長野県長野市吉田3丁目16番41号に本社を移転
      昭和48年5月        株式会社イトーヨーカ堂と商品供給及びノウハウ提供の業務提携契約を締結
      昭和48年7月        商号を株式会社ヨークマツヤに変更
      昭和51年9月        長野県長野市大字鶴賀2056番地に本社を移転
      昭和54年10月        長野県埴科郡戸倉町に「戸倉店」を開店、店舗数10店舗となる
      昭和56年7月        当社初の1,000坪クラスの大型店「川中島店」を開店
      昭和58年12月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社川西ショッピングセンターを
             設立
      昭和59年9月        長野県長野市大字三輪荒屋1180番地1に本社を移転
      昭和61年4月        物流センター稼働、オンライン仕入発注スタート
      昭和61年12月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社松屋小山商店を設立
      昭和62年4月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社東部中央ショッピングセン
             ターを設立
      昭和62年4月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社川中島中央ショッピングセン
             ターを設立
      昭和63年1月        ホームセンター事業参入を目的として子会社株式会社川西ホームセンターを設立
      昭和63年2月        株式会社イトーヨーカ堂との業務提携を解消
      昭和63年2月        商号を株式会社マツヤに変更
      昭和63年2月        株式会社イトーヨーカ堂との業務提携解消に伴い、権堂店を廃止
      昭和63年4月        ホームセンター事業本格参入を目的として子会社株式会社ジャスティンを設立
      平成元年5月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社高井富士ショッピングセン
             ターを設立
      平成3年10月        長野県下高井郡山ノ内町に「山ノ内店」を開店、店舗数20店舗となる
      平成4年1月        地元主導型ショッピングセンター開設を目的として子会社株式会社シマダを設立
      平成4年10月        株式会社松屋商事を吸収合併
      平成5年1月        株式会社川西ホームセンターを吸収合併
      平成5年10月        株式会社シマダを吸収合併
      平成5年12月        株式会社松屋小山商店を吸収合併
      平成7年7月        日本証券業協会の店頭登録銘柄として株式を公開
      平成12年3月        株式会社ジャスティンの営業権を譲渡し、ホームセンター事業から撤退
      平成14年3月        株式会社ジャスティンは、株式会社東部中央ショッピングセンター、株式会社高井富士ショッピ
             ングセンター、株式会社川中島中央ショッピングセンター及び株式会社川西ショッピングセン
             ターを吸収合併
      平成16年4月        株式会社更北中央ショッピングセンター(持分法適用関連会社)の全株式を取得
      平成16年12月        日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      平成18年4月        長野県長野市大字北尾張部710番地1に本社を移転
      平成18年10月        株式会社アップルパークの全株式を取得(現連結子会社)
      平成20年8月        株式会社ジャスティン清算結了
      平成20年9月        株式会社更北中央ショッピングセンターを吸収合併
      平成21年5月        株式会社アップルパークは、商号を株式会社マツヤショッピングモールに変更
      平成21年12月        長野県飯山市に「飯山店」を開店、店舗数30店舗となる
      平成22年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)に株式
             を上場
      平成22年10月        大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の統合に伴
             い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場
      平成25年7月        大阪証券取引所と東京証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダー
             ド)に株式を上場
      平成26年4月        中期経営計画に基づき店舗再編を順次行い、当月末時点で店舗数26店舗となる
      平成26年5月        アルピコホールディングス株式会社と資本業務提携契約を締結
                                  4/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
       当社グループは、株式会社マツヤ(当社)及び子会社1社で構成されており、事業は、スーパーマーケット事業を
      行っております。当社は、子会社が運営するショッピングモールにキーテナントとして入店しております。
       事業内容と当社及び子会社の当該事業における位置づけは、次のとおりであります。
             区分                         会社名

       スーパーマーケット事業                ㈱マツヤ(当社) ㈱マツヤショッピングモール

       以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。

      (注)株式会社マツヤショッピングモールは、長野赤沼店(長野県長野市)が入店するショッピングモールの運営を










         行っております。
     4  【関係会社の状況】

                                           議決権の所有

                              資本金      主要な事業
           名称           住所                    (又は被所有)          関係内容
                              (百万円)       の内容
                                            割合(%)
      (連結子会社)
                                                 資金の貸付     店舗の賃借
                                   スーパーマー
      ㈱マツヤショッピングモール             長野県長野市               11            100.0
                                   ケット事業
                                                 役員の兼任4名
      (その他の関係会社)
      アルピコホールディングス㈱
                   長野県松本市              500  純粋持株会社          (27.8)    役員の兼任1名
      (注)
      (注)有価証券報告書の提出会社であります。
                                  5/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                               平成27年2月28日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)
                                               321(   870  )

      スーパーマーケット事業
                                               321(   870  )

                  合計
      (注) 従業員数は就業人員であります。また、( )内はパートタイマーの期中平均雇用者人員(1日8時間換算)であ
         り、外書で表示してあります。
      (2)  提出会社の状況

                                               平成27年2月28日現在
         従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
             321(   870  )

                              40.2             14.7           3,942,287
               セグメントの名称                            従業員数(名)

                                               321(   870  )

      スーパーマーケット事業
                                               321(   870  )

                  合計
      (注)   1 従業員数は就業人員であります。また、( )内はパートタイマーの期中平均雇用者人員(1日8時間換算)
          であり、外書で表示してあります。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3 従業員が前事業年度末に比べ135名減少しておりますが、主として抜本的な構造改革を含む中期経営に基づ
          き希望退職者を募集したことによるものであります。
      (3)  労働組合の状況

       ① 名称          マツヤユニオン
       ② 上部団体名          UAゼンセン
       ③ 結成年月日          平成9年6月18日
                  1,215   名 (パートタイマーを含む)
       ④ 組合員数
       ⑤ 労使関係          労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  6/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【業績等の概要】

      (1)  業績
        当連結会計年度におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和政策、円高の修正等により、製造業を
       中心として企業収益改善への期待が高まりました。一方、流通業界においては消費税増税等もあって、お客様の節
       約志向は根強く、他社との激しい競争が続き、依然として厳しい経営環境にありました。
        このような状況の下、当社グループは足元の業績や消費税増税等の今後の市場動向を踏まえ、抜本的な事業構造
       改革を伴う中期経営計画を策定し、中長期的な事業規模の拡大と収益性の向上を実現するための施策に着手いたし
       ました。具体的には、①既存店舗の収益力強化やデリカのインストア製造強化等の「店舗価値向上」、②不採算店
       舗の閉鎖等の「事業構造改革」の2点の実効を柱としております。
        当連結会計年度は上記計画に基づき、既存店の収益力強化としてデリカ部門においてインストアで製造した「出
       来たて、作り立て」商品の展開等を強化いたしました。また、おいしい上質な商品の提供を目的とし、素材にこだ
       わったワンランク上の商品も取り組みました。事業構造改革戦略においては、不採算店舗6店舗及び食品センター
       を平成26年4月末までに順次閉鎖いたしました。
        売上高につきましては、不採算店舗6店舗の閉鎖に伴う売上減少、競合他社との競争等の影響により減収となり
       ました。粗利益面では、仕入チャネルの開発、発注精度の向上及びロス削減に努めた結果、粗利益率は改善いたし
       ましたが売上高の減少が大きいため、粗利益額は減少いたしました。一方、経費面では、人件費や消耗品等を中心
       に販売費及び一般管理費の削減を推し進めました。
        当社グループは、中期経営計画に基づき閉鎖した長野南店、上田インター店及び茅野店等の評価について検討し
       た結果、資産の一部を減損損失として計上することといたしました。
        以上の営業活動の結果、当連結会計年度の売上高は315億2千3百万円(前期比14.6%減)となり、経常利益は2
       百万円(前期8千9百万円の経常損失)、当期純損失は6億1百万円(前期22億9千7百万円の当期純損失)とな
       りました。
        当社グループの報告セグメントはスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント別の業績の記載は省略し

       ております。なお、商品別の業績は以下のとおりであります。
       〈一般食品部門〉

        一般食品部門におきましては、お客様が望む品揃えと価格を意識し、カテゴリーごとの商品構成(価値訴求、価
       格訴求)、陳列位置、陳列数の工夫等により、値頃感のある便利な売場作りを進めました。買上頻度が高い主力商
       品を中心に仕入チャネルの開発を進め、価格競争に対応するとともに、味や品質を訴求する商品も差し込み、幅広
       いニーズに対応するよう取り組みました。
        また、資本業務提携先のアルピコホールディングス株式会社の子会社である株式会社アップルランドとの共同企
       画を実施し、両社が自社店舗において同一商品の売場展開等を行いました。
        しかしながら、不採算店舗の閉鎖や他社との激しい競争等の影響により、売上高は161億4千5百万円(前期比
       15.2%減)となりました。
       〈生鮮食品部門〉
        生鮮食品部門におきましては、年間52週のMD(マーチャンダイジング)カレンダーに基づき、「ヘルシー」、
       「おいしさ」、「簡単・便利」をキーワードとして、よりお客様に近づいた食生活の提案に努めました。具体的に
       は、旬の商品を中心に季節感のある売場作りに努めるとともに、デリカ部門のインストア製造のウエイトを高め、
       買い上げ点数アップに努めました。
        しかしながら、一般食品部門同様、不採算店舗の閉鎖や他社との激しい競争等の影響により、売上高は145億8千
       3百万円(前期比13.7%減)となりました。
       〈日用品雑貨部門〉
        日用品雑貨部門におきましては、日用消耗品を中心とした高頻度品の販売を強化いたしました。
        しかしながら、不採算店舗の閉鎖ほか、ドラッグストア等との影響により、売上高は7億9千5百万円(前期比
       17.6%減)となりました。
                                  7/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  キャッシュ・フローの状況
        当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、営業活動により得られた
       資金が4億5千5百万円、財務活動により使用した資金が4億2百万円になったこと等により、前連結会計年度に
       比べ8億8千1百万円増加し、当連結会計年度には15億1千1百万円となっております。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        税金等調整前当期純損失5億9千2百万円、減価償却費6億1千3百万円等により、営業活動により得られた資
       金は4億5千5百万円となり、前連結会計年度と比べ1億8千7百万円の減少となっております。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        有形固定資産の取得による支出4千7百万円、保険積立金の解約による収入9千万円等により投資活動により得
       られた資金は2千3百万円となり、前連結会計年度と比べ4千9百万円の増加となっております。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        長期借入れによる収入5億3千万円、株式の発行による収入3億7千7百万円、およびリース債務の返済による
       支出2億9千4百万円等により、財務活動により得られた資金は4億2百万円となり、前連結会計年度と比べ6億
       9百万円の増加となっております。
                                  8/87















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2  【販売、仕入の状況】
      (1)  販売実績
               セグメントの名称                      売上高(千円)             前年同期比(%)

      スーパーマーケット事業                                     31,523,956             85.4

                  合計                         31,523,956             85.4

      (注)   1 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 主な商品別売上高の状況
                 商品別            売上高(千円)           構成比(%)         前年同期比(%)

             一般食品計                   16,145,275             51.2          84.8

             生鮮食品計                   14,583,108             46.3          86.3

             日用品雑貨                     795,572            2.5          82.4

                  合計              31,523,956             100.0           85.4

      (2)  仕入実績

               セグメントの名称                      仕入高(千円)             前年同期比(%)

      スーパーマーケット事業                                     23,872,434             84.6

                  合計                         23,872,434             84.6

      (注)   1 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 主な商品別仕入高の状況
                 商品別            仕入高(千円)           構成比(%)         前年同期比(%)

             一般食品計                   13,092,882             54.9          86.5

             生鮮食品計                   10,150,988             42.5          82.5

             日用品雑貨                     628,563            2.6          81.4

                  合計              23,872,434             100.0           84.6

                                  9/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     3  【対処すべき課題】
         当社及び当社グループは安定した経営基盤確立のため、資本増強等の検討、資本業務提携先であるアルピコ
        ホールディングス株式会社との連携強化を進めるとともに、不適切な会計処理や消費期限に関する社内基準違反
        のような不祥事が二度と生じないようにすべく、下記の項目を重点課題とした上で取り組み、さらなる顧客満足
        度と収益力の向上に努めてまいります。
         ①店舗価値の向上等による収益力強化

          ・地域の暮らしをベースにした商品構成、時間帯別の商品管理・人員配置等の店舗改革を通じて生産性を
           改善し、店舗の収益力を強化する。特に、生鮮・デリカ部門を強化する。
          ・リニューアルや省エネ投資等の店舗投資を通じ、既存店の競争力の維持とローコスト運営を実現する。 
          ・資本業務提携先であるアルピコホールディングス株式会社との共同販促等、戦略的な営業施策により
           集客力を強化する。
         ②基準化・標準化の確立
          ・マニュアルの徹底等により、売場管理レベル・接客レベルの全店標準化を実現する。
          ・効率的な作業シフトの運用で、適正な人員配置と作業効率化を実現する。
          ・あらゆる角度から業務を検証し続け、合理化・効率化を徹底する。
         ③財務基盤の安定化人材育成
          ・キャッシュ・フローを改善する。
          ・有利子負債を圧縮する。
         ④人材育成と活用
          ・コンプライアンス教育の強化等により、法令遵守を徹底し、地域の信頼を得る。
          ・研修制度の充実と生鮮をはじめとした技術教育を推進する。
     4  【事業等のリスク】

       当社グループの経営成績、財務状況等に関するリスクについて、投資者の判断に影響を及ぼす可能性があると考え
      られる事項を記載しております。当社は、これらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び万一発生し
      た場合には適切な対応に努め、事業活動に支障を来さないよう努力してまいります。
       なお、文中における将来に関する事項は有価証券報告書提出日(平成27年5月29日)現在において当社が判断したも
      のであります。
       ①競合等の影響について
        当社は、長野県内に食品を中心としたスーパーマーケットを多店舗展開しております。現状スーパーマーケット
       業界は、オーバーストア状況にありますが、そうした中で依然として新規出店が続いており店舗間競争がし烈化す
       る状況にあります。マーチャンダイジングやオペレーションの改革に取り組んでまいりますが、店舗の収益性の低
       下により各店舗の投資額が回収できない場合、または店舗閉鎖等の使用目的の変更、もしくは会計基準の変更によ
       り、今後も固定資産について必要な減損処理を行うことも予想されます。これらの要因により、当社グループの経
       営成績及び財政状態等に影響を与える可能性があります。
       ②商品の調達について
        当社は生鮮食品から加工食品、デイリー食品など食品中心に商品を販売しております。伝染病や残留農薬、抗生
       物質、放射能などの問題、地震や大雪その他の自然災害など流通網の障害に伴う輸送の遅れ、もしくは当社グルー
       プの信用力の低下等により、商品調達に支障をきたす可能性があります。また、相場の高騰や消費不振などの経済
       的、社会的要因が起こることにより、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
        過去において、国内で発生した鳥インフルエンザ、口蹄疫問題により精肉の消費が低迷いたしました。
       ③衛生管理について
        衛生管理については生鮮食品を取り扱う企業として衛生管理は必要不可欠な問題であり、ひとつの事故によりお
       客様からの信用を失墜させ、当社グループの経営成績に多大な影響を与える可能性があります。
        当社グループでは、内部監査部が衛生管理の監査を実施するとともに、各店舗においても、厨房設備の改修や清
       掃の徹底、衛生管理マニュアルに沿った運用を行い、衛生レベルの向上に努めております。
       ④異常気象・自然災害、事故等について
                                 10/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
        当社は、一般消費者を対象とした各店舗における販売が中心であり、冷夏・暖冬等の天候不順の悪影響に加え
       て、自然災害・火災・事故等で店舗の営業活動に著しい支障が生じ、当社グループの経営成績及び財政状態等に影
       響を及ぼす可能性があります。そのため、災害や事故等に対しては、緊急時の社内体制の整備等をしております
       が、  万一、大規模な自然災害や事故が発生した場合には、当該店舗の営業活動を一時休止する状況も予想されま
       す。
       ⑤法的規制等について
        当社は、コンプライアンスの向上に努め、法令等に充分留意した営業活動を行っておりますが、万一、これらに
       違反する事由が生じた場合には、企業活動が制限される可能性があります。また、法令等の規制に対応するため、
       経営コストが増加する可能性があります。そのため、法的規制等が当社グループの経営成績及び財政状態等に影響
       を及ぼす可能性があります。当社グループは、多店舗展開を行っておりますが、店舗の新規出店及び既存店の変更
       について、「大規模小売店舗立地法」(以下、「大店立地法」という)により、一部規制を受けております。
       ⑥資金調達、金利変動について
        当社は、平成27年2月期末時点において、銀行借入金81億1千万円他、リース債務等の残高があります。当社グ
       ループは取引金融機関とは常に良好な関係の構築・維持に努めております。また、借入金等の削減に向けた取り組
       みを行っておりますが、当社グループの信用力の低下、業績の低迷等、当社グループが望む条件で適時に資金調達
       ができない可能性があります。今後、借入金等の増加や金利が上昇した場合、借入コストの増加により、当社グ
       ループの経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦上場廃止リスクについて
        当社株式は、平成27年5月1日時点において特設注意市場銘柄に指定されております。現在、当社グループは全社
       一丸となって、内部管理体制等の改善に取り組んでおり、一日も早い特設注意市場銘柄の指定解除を受けるべく取
       り組んでおりますが、当社株式が特設注意市場銘柄に指定された日(平成25年5月15日)から3年を経過し、かつ、
       当社の内部管理体制等に引き続き問題があると東京証券取引所が認めた場合、又は、東京証券取引所が内部管理体
       制確認書の提出を求めたにもかかわらず、内部管理体制の状況等が改善される見込みがないと認めた場合、当社株
       式は上場廃止となります。
        また、平成27年2月期末時点において当社グループは債務超過の状況となっており、債務超過の解消を図ってま
       いりますが、平成28年2月期末時点においても債務超過が解消されない場合、当社株式は上場廃止となります。
       ⑧重要事象等について
        当社グループは、第46期において売上高の減少により2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたし
       ました。当連結会計年度におきましては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めましたが、不採算店舗6
       店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は31,523,956千円(前期比14.6%減)となりました。
       また、中期経営計画に基づく経費の削減により、営業利益249,180千円(前期比81.6%増)、経常利益2,521千円
       (前期は89,839千円の経常損失)を計上しましたが、特別損失の計上により当期純損失601,969千円(前期は
       2,297,722千円の当期純損失)を計上し、当連結会計年度末において91,485千円の債務超過の状況となりました。
        当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
                                 11/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     5  【経営上の重要な契約等】
       該当事項はありません。
     6  【研究開発活動】

       特記事項はありません。
     7  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成27年5月29日)現在において当社グループ(当社及び連
      結子会社)が判断したものであります。
      (1)  重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成しておりま
       す。この連結財務諸表の作成にあたっては、貸倒引当金、退職給付引当金等の各引当金の計上、固定資産の減損に
       係る会計基準における回収可能額の算定、繰延税金資産の回収可能性の判断等につきましては、過去の実績や状況
       に応じ合理的と考えられる様々な方法により、見積り及び判断を行っております。但し、見積り特有の不確実性が
       存在するため、実際の結果はこれら見積りと異なる場合があります。
      (2)  財政状態の分析
       (資産)
        流動資産は、前連結会計年度末に比べて、4億9千1百万円増加しておりますが、これは、主として現金及び預
       金が8億8千1百万円増加したことによります。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べて、9億6千4百万円減少しておりますが、これは、主として有形固定資
       産が10億8千6百万円減少したことによります。
        この結果、資産合計は、前連結会計年度末に比べて4億7千2百万円減少し、128億9千万円となりました。
       (負債)
        流動負債は、前連結会計年度末に比べて、3億1千2百万円増加しておりますが、これは、主として短期借入金
       が4億9千5百万円増加したことによります。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べて、6億6百万円減少しておりますが、これは、主としてリース債務が2
       億5千3百万円減少し、長期借入金が1億7千6百万円減少したことによります。
        この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて2億9千4百万円減少し、129億8千2百万円となりました。
       (純資産)
        純資産合計は、前連結会計年度末に比べて、1億7千8百万円減少し、9千1百万円の債務超過となりました。
        なお、キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 1 業績等の概要 (2)キャッシュ・
       フローの状況」に記載のとおりであります。
      (3)  経営成績の分析
       (売上高)
        当連結会計年度の売上高は、不採算店舗6店舗の閉鎖に伴う売上減少、同業他社だけではなくコンビニエンスス
       トアやドラッグストア等との業態を超えた激しい競争等の影響により、315億2千3百万円(前期比14.6%減)とな
       りました。
       (売上総利益)
        当連結会計年度の売上総利益は、価格競争等による粗利益額の減少を補うことができず、前期に比べ11億5千1
       百万円減少の75億1千1百万円(前期比13.3%減)となりました。
       (営業損益、経常損益)
        当連結会計年度の営業利益及び経常損失は、人時生産性の改善やコスト削減計画を推し進めた結果、販売費及び
       一般管理費が削減され、それぞれ2億4千9百万円の営業利益(前期比81.6%増)、2百万円の経常利益(前期8
       千9百万円の経常損失)となりました。
       (当期純損益)
        当連結会計年度の当期純損失は、6億1百万円(前期22億9千7百万円の当期純損失)となりました。
                                 12/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (4)重要事象等の対応について
        当社グループは、前記、「4 事業等のリスク ⑥重要事象等について」に記載いたしました継続企業の前提に
       重要な疑義を生じさせるような状況を解消するため、中期経営計画に基づき以下の項目を策定し、その実現に向け
       取り組んでおります。
       ①生鮮デリカの強化、価値創造企業への転換
        単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生鮮
       部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商品の
       提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
        通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な店
       舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
        人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてまい
       ります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
        上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これら
       により、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。
                                 13/87














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

       当連結会計年度において実施しましたスーパーマーケット事業における設備投資額は、4千9百万円であり、これ
      らに必要な資金は、借入金、自己資金及び所有権移転外ファイナンスリース取引によって充当いたしました。
       なお、平成26年2月に策定した中期経営企画に基づき、不採算店舗6店舗及び食品センターを閉鎖し、これらに伴
      い48百万円の除却を行いました。
     2  【主要な設備の状況】

      (1)  提出会社
                                               平成27年2月28日現在
                                    帳簿価額(千円)
       事業所名                                                 従業員数
           セグメントの
                 設備の内容
             名称
       (所在地)                                                  (名)
                        建物     機械装置      土地
                                       リース資産      その他      合計
                       及び構築物      及び運搬具      (面積㎡)
      三輪店
           スーパー
                                  1,381,729
      (長野県長
           マーケット      店舗      3,640,241       15,108           752,301      9,123    5,798,503       246
                                  ( 13,579   )
      野市)
           事業
      他25店舗
      本社ビル     スーパー
                                    99,532
      (長野県長     マーケット      店舗       108,778        ―         11,233      9,521     229,065       70
                                   ( 1,437   )
      野市)     事業
           スーパー
                                   139,016
      その他施
           マーケット      店舗       352,848       167          17,574       754    510,361       5
                                   ( 7,603   )
      設
           事業
      (注)   1 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2 現在遊休中の主要な設備は、旧                 上田インター店(平成26年3月閉店)および旧                      茅野店(平成26年4月閉
          店)であります。
        3 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は下記のとおりです。
             事業所名                            土地       建物     年間賃借料

                      セグメントの名称          設備の内容
             (所在地)                           面積(㎡)       面積(㎡)       (千円)
         三輪店
          (長野県長野市)           スーパーマーケット事業           店舗         259,819       17,134      864,599
         他25店舗
         物流センター
                     スーパーマーケット事業           物流センター            ―     3,739      39,391
          (長野県長野市)
                                     年間リース料        リース残高

             設備名          台数      主な契約期間                        備考
                                      (千円)        (千円)
         店舗什器(冷ケース)                一式       8年間        60,736       241,813      リース契約
      (2)  国内子会社

                                               平成27年2月28日現在
                                      帳簿価額(千円)
            事業所名                                          従業員数
                 セグメントの
       会社名                設備の内容
                             建物   機械装置
                  名称
            (所在地)                                           (名)
                                      土地
                                         リース資
                                              その他     合計
                            及び構築    及び運搬
                                          産
                                     (面積㎡)
                             物    具
           マ  ツ  ヤ
      ㈱マツヤ
           ショッピン      スーパー
                                      93,496
      ショッピ
           グモール      マーケット      店舗      293,739      77        140   2,325   389,779       ―
                                     ( 1,662   )
      ングモー
           (長野県長      事業
      ル
           野市)
      (注)   1 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
        2 現在休止中の主要な設備はありません。
        3 上記の他、「リース投資資産」316,307千円を有しております。
        4 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は下記のとおりです。
                                 14/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
             事業所名                            土地       建物     年間賃借料

                      セグメントの名称          設備の内容
             (所在地)                           面積(㎡)       面積(㎡)       (千円)
         マツヤショッピングモール           スーパーマーケット事業           店舗          36,376         ―     45,611

         (長野県長野市)
     3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  重要な設備の新設等
        該当事項はありません。
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 15/87
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                   23,065,000

                  計                                  23,065,000

       ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在

                                  上場金融商品取引所
         種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                 内容
                                   商品取引業協会名
               (平成27年2月28日)          (平成27年5月29日)
                                   東京証券取引所
        普通株式          10,163,000          10,163,000       JASDAQ         単元株式数は100株であります。
                                   (スタンダード)
          計         10,163,000          10,163,000           ―             ―

      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

          年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                    (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      平成26年5月29日 
                   1,748,000      10,163,000         189,658      1,286,658        189,658      1,008,658
      (注)
      (注)   有償第三者割当 1,748千株
                 発行価額  217円
                 資本組入額 108円50銭
                 割当先   アルピコホールディングス株式会社
                                 16/87






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (6)  【所有者別状況】
                                               平成27年2月28日現在
                         株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                      単元未満
        区分                            外国法人等                  株式の状況
             政府及び
                       金融商品     その他の                個人
                                                       (株)
             地方公共     金融機関                                計
                       取引業者      法人               その他
              団体
                                 個人以外      個人
      株主数
                ―     10     14     162      3     1   3,679     3,869        ―
      (人)
      所有株式数
                ―   15,581      1,240     53,668       149      49   30,938     101,625        500
      (単元)
      所有株式数
                ―    15.3      1.2     52.8      0.2     0.0     30.5     100.0        ―
      の割合(%)
      (注)   1 自己株式       1,381,011株は、「個人その他」に13,810単元、「単元未満株式の状況」に11株含まれておりま
          す。
        2 上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が20単元含まれております。
      (7)  【大株主の状況】

                                               平成27年2月28日現在
                                                     発行済株式
                                             所有株式数       総数に対する
           氏名又は名称                     住所
                                              (千株)       所有株式数
                                                     の割合(%)
      アルピコホールディングス
                       長野県松本市井川城二丁目1番1号                          2,440        24.0
      株式会社
                       長野県長野市大字南長野北石堂町
      株式会社小山興産                                          1,400        13.8
                       1211番地1号
      株式会社八十二銀行                長野県長野市大字中御所字岡田178番地8                           349        3.4
      日本生命保険相互会社                東京都千代田区有楽町一丁目2番2号                           300        3.0

      株式会社みずほ銀行                東京都千代田区大手町一丁目5番5号                           247        2.4

      あいおいニッセイ同和損害保険
                       東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号                           245        2.4
      株式会社
      マツヤ社員持株会                長野県長野市大字北尾張部710番地1                           218        2.2
      株式会社長野銀行                長野県松本市渚二丁目9番38号                           195        1.9

      小 山 栄 造                長野県長野市                           157        1.5

      長野運送株式会社                長野県長野市大字中御所一丁目20番1号                           152        1.5

             計                    ―                5,704        56.1

      (注) 当社は、自己株式1,381千株(13.6%)を保有しておりますが、上記の大株主の状況から除いております。
         平成26年5月にアルピコホールディングス株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施しており、同社は主
         要株主になっております。
                                 17/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (8)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                               平成27年2月28日現在
             区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                     ―          ―              ―

      議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

      議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                       (自己保有株式)
                                          株主として権利内容に制限のない、
      完全議決権株式(自己株式等)                              ―
                       普通株式
                                          標準となる株式
                           1,381,000
                       普通株式
      完全議決権株式(その他)                               87,815            同上
                           8,781,500
                       普通株式
      単元未満株式                              ―             ─
                              500
      発行済株式総数                    10,163,000           ―              ―
      総株主の議決権                     ―           87,815             ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が                                          2,000株(議決権20個)が
         含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成27年2月28日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                           所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)
                   長野県長野市大字北尾張部
                                  1,381,000          ─   1,381,000         13.6
                   710番地1
      株式会社マツヤ
            計              ―        1,381,000          ─   1,381,000         13.6
      (9)  【ストックオプション制度の内容】

        該当事項はありません。
                                 18/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】                     普通株式
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間

              区分
                                  処分価額の総額                  処分価額の総額
                          株式数(株)                  株式数(株)
                                    (千円)                  (千円)
      引き受ける者の募集を行った
                                ―         ―         ―         ―
      取得自己株式
      消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―         ―         ―
      合併、株式交換、会社分割に係る
                                ―         ―         ―         ―
      移転を行った取得自己株式
      その他                          ―         ―         ―         ―
      保有自己株式数                     1,381,011            ─     1,381,011            ─

     3  【配当政策】

        利益配分につきましては、株主の皆様への利益還元を経営の重要政策の一つと位置づけ、業績の安定と株主資本
       の拡充を図りながら配当水準の向上と安定化に努めることを、基本方針としております。
        当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としております。なお、当社は、会社法第454条第5項
       の規定に基づき、中間配当をすることができる旨を定款で定めております。配当の決定機関は、中間配当は取締役
       会、期末配当は株主総会であります。
        当社は、第47期の連結決算において、経常利益は確保できたものの、当期純損失を計上いたしました。当社の財
       務状況等を踏まえ、一刻も早く業績の建て直しを行い、財務体質を強化することが株主様の長期的な利益につなが
       ると考え、平成27年2月末日を基準日とする期末配当は行いません。
                                 19/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     4  【株価の推移】
      (1)  【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第43期         第44期         第45期         第46期         第47期

       決算年月        平成23年2月         平成24年2月         平成25年2月         平成26年2月         平成27年2月

       最高(円)             755         708         675         584         327

       最低(円)             560         500         471         333         181

      (注) 最高・最低株価は、平成22年3月31日以前はジャスダック証券取引所におけるものであり、平成22年4月1日
         から平成22年10月11日までは大阪証券取引所(JASDAQ市場)におけるものであり、平成22年10月12日以
         降は、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり、平成25年7月16日以降は東京証券
         取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
      (2)  【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別      平成26年9月          10月       11月       12月     平成27年1月          2月

       最高(円)            223       213       309       282       220       258

       最低(円)            210       193       181       213       203       202

      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                 20/87













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     5  【役員の状況】
                                                       所有株式数

        役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                               平成15年1月      株式会社西友ストアー(現合同会
                                      社西友)執行役員スーパーマー
                                      ケット事業部長
                               平成16年4月      同社中部リージョンリージョナル
                                      マネージャーVP
                               平成17年4月      株式会社ダイエー執行役員SM事業
                                      担当
      代表取締役
           営業本部長     小 磯 恵 司       昭和26年3月24日生                             注3      ―
        社長
                               平成20年4月      株式会社アップルランド代表取締
                                      役社長
                               平成20年5月      アルピコホールディングス株式会
                                      社取締役
                               平成23年6月      同社常務取締役
                               平成26年5月      当社取締役営業本部長
                               平成27年4月      当社代表取締役社長(現任)
                               昭和57年4月      株式会社八十二銀行入行
                               平成16年2月      同行高遠支店支店長
                               平成17年6月      株式会社丸水長野県水出向           取締
                                      役総務部長
                               平成19年6月      株式会社八十二銀行中野支店支店
                 北 川 正 一
       取締役    管理本部長            昭和34年10月30日生                             注3      ―
                                      長
                               平成22年6月      同行大宮支店支店長
                               平成25年7月      当社出向    執行役員財務本部長
                               平成27年5月      株式会社八十二銀行退行
                               昭和57年4月      丹平中田商店株式会社入社
                               平成2年8月      株式会社犬飼通作商店入社
                               平成15年3月      同社ワンワンドラッグ専務取締役
                               平成15年4月      株式会社中島ファミリー薬局入社
                               平成19年6月      同社営業企画室長
           店舗運営部
                  萩 原 清
       取締役                昭和38年7月20日生                             注3      ―
             長
                               平成19年8月      当社入社
                               平成23年1月      当社サンライン上田店店長
                               平成24年2月      当社茅野店店長
                               平成25年10月      当社店舗開発グループリーダー
                               平成26年4月      当社店舗運営部長
                               昭和58年4月      当社入社
                               平成15年3月      当社七瀬店店長
                               平成18年2月      当社上田インター店店長
                               平成21年3月      当社更北店店長
                 戸 谷 正 昭
       取締役     業務部長           昭和35年7月13日生                             注3     2
                               平成23年1月      当社販売部第1エリア長
                               平成25年6月      当社販売部長
                               平成26年5月      当社取締役販売部長
                               平成4年4月      松電商事株式会社(現株式会社
                                      アップルランド)入社
                               平成21年4月      株式会社アップルランドデリシア
                                      波田駅前店店長
                               平成22年2月      同社デリシア桐店店長
                 牛 越 泰 三
       取締役                昭和43年7月20日生                             注3      ―
                               平成23年3月      同社販売部第2地区地区長
                               平成25年3月      同社執行役員開発本部開発部長
                               平成26年6月      同社取締役管理本部長兼経営企画
                                      室長(現任)
                                 21/87





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                                        略歴
        役名     職名      氏名       生年月日                           任期    株式数
                               昭和47年4月      株式会社八十二銀行入行
                               平成19年6月      同行常務取締役
                               平成21年6月      同行常務取締役松本営業部長
                               平成23年6月
                                      八十二リース株式会社代表取締役
                                      社長
                 清 水 重 孝
      常勤監査役                 昭和24年6月30日生                             注4      ―
                               平成23年6月
                                      八十二オートリース株式会社代表
                                      取締役社長
                               平成25年6月
                                      八十二証券株式会社非常勤監査役
                                      (現任)
                               平成26年6月
                                      キッセイ薬品工業株式会社社外取
                                      締役(現任)
                               平成46年4月      長野信用金庫入庫
                               平成8年11月      同社桜枝町支店支店長
                               平成10年4月      同社南支店支店長
                               平成12年2月      同社更北支店支店長
                 石 坂 幹 夫
       監査役                昭和23年3月3日生                             注4      ―
                               平成14年2月      同社総務部コンプライアンス担当
                               平成20年4月      株式会社しんきんサービス入社
                               平成24年3月      同社退社
                               昭和53年3月      松電商事株式会社(現株式会社
                                      アップルランド)入社
                               平成18年4月      株式会社アップルランド執行役員
                                      業務部長
                 田 村 桂 吾
       監査役                昭和28年9月2日生                             注4      ―
                               平成20年4月      同社常務取締役
                               平成23年6月      同社監査役
                               平成24年6月      アルピコホールディングス株式会
                                      社監査役(現任)
                               平成8年10月      中央監査法人入所
                               平成12年8月      公認会計士登録
                               平成14年7月      経済産業省経済産業政策局企業行
                                      動課課長補佐
                               平成17年7月      中央青山監査法人(元中央監査法
                 栗 元 秀 樹
       監査役                昭和46年2月24日生                             注4      ―
                                      人)復職
                               平成19年8月      株式会社リサ・パートナーズ入社
                               平成25年10月      栗元公認会計士事務所所長(現
                                      任)
                               平成25年10月      株式会社クーリエ・アドバイザー
                                      ズ代表取締役社長(現任)
                              計                            2
      (注)   1 取締役牛越泰三は社外取締役であります。

        2 常勤監査役清水重孝、監査役石坂幹夫、田村桂吾及び栗元秀樹は、社外監査役であります。
        3 当該取締役の任期は、平成27年2月期に係る定時株主総会終結の日から平成29年2月期に係る定時株主総会
          終結の時までであります。
        4 当該監査役の任期は、平成27年2月期に係る定時株主総会終結の日から平成31年2月期に係る定時株主総会
          終結の時までであります。
                                 22/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     6  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
        当社は、経営の透明性及び健全性向上のため、コーポレート・ガバナンスの強化、充実が最も重要な経営上の課
       題のひとつであると認識しております。また、コンプライアンス及び企業競争力の強化を図るため社外取締役及び
       社外監査役を導入し、経営監視体制の構築に向け積極的に取り組んでおります。また、四半期毎の決算や経営政策
       の迅速かつ正確な公表や開示を基本とし、企業の透明性を今後も高めてまいります。
       ①   企業統治の体制
        a 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
          当社は監査役制度を採用しており、取締役会及び監査役会を中心としたコーポレート・ガバナンス体制を採
         用しており、取締役の意思決定と業務執行を適正に監督及び監視することを目的としております。さらに、監
         督及び監視を強化するため、社外取締役及び社外監査役を選任しております。また、監査役会と内部監査グ
         ループとの連携により、監査体制をより強化させております。よって、現在の監査体制が当社の経営監視機能
         として、最も合理的であると認識しております。
         イ 取締役、取締役会
           取締役会は取締役5名、監査役4名(平成27年5月29日現在)で構成されており、原則月1回開催し、法
          令及び定款で定められた事項のほか、経営方針・政策に関する重要事項について議論し、適切な経営管理が
          行われる体制となっております。なお、取締役5名のうち1名は社外取締役であります。
           また、平成13年5月より執行役員制度を導入し、取締役会が選任した執行役員が業務執行を行い、取締役
          会を始めとする各種会議を通じて、取締役会及び監査役が業務執行の監視・監督を行うこととしておりま
          す。
           なお、当社の取締役の定数は15名以内とする旨、及び、取締役の選任決議は、議決権を行使することがで
          きる株主の議決権の3分の1を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、また、その決議は
          累積投票によらない旨を定めております。
         ロ 戦略会議
           戦略会議は、取締役、常勤監査役、執行役員及び主要な管理職以上の役職者により構成され、取締役会へ
          の付議事項その他の重要事項につき審議または決裁し、下部会議からの提案の検討や業務執行状況の確認等
          を行い、原則毎週1回開催しております。
         ハ 監査役、監査役会、内部監査グループ
           当社は監査役制度を採用しております。監査役4名のうち4名が社外監査役(うち、1名は常勤監査役)
          であります。監査役会は原則毎月1回開催し、各監査役による監査状況の報告及び監査に係る重要事項の審
          議を行っております。常勤監査役は取締役会及び社内の重要な会議に出席し、また、稟議書を始め重要な書
          類等を閲覧し、取締役の職務執行を監視できる体制となっております。会計監査人とは、定期的に会合を持
          ち、情報交換を行っております。
           内部監査グループ(専任3名)が定期的に内部業務監査を実施し、その結果を経営トップ、監査役及び関
          係部署へ報告し、改善勧告を行っております。
           また、コンプライアンス(法令遵守等)につきましては、平成16年12月に「コンプライアンス規程」を制
          定(平成26年1月改定)し、同規程に基づき社長及び取締役会の決議にもとづき選任された委員4名以上か
          らなるコンプライアンス委員会を設置するとともに、総務人事グループをコンプライアンス担当部署とし、
          コンプライアンスを実現するための組織及び研修体制を整備し、同グループが中心となって役職員教育を
          行っております。
         当社と社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係については以下の
        記載のとおりであります。
         (取締役)
          牛越   泰三
          同氏は当社の資本業務提携先でありますアルピコホールディングス株式会社の子会社である株式会社アップ
         ルランドで取締役管理本部長兼経営企画室長を努められております。当社と同行との間には特段の利害関係は
         ありません。
         (監査役)
          清水   重孝
          同氏は当社のメインバンクであります株式会社八十二銀行の出身者であります。当社と同行との間で預金及
         び融資等の取引があります。当社と同氏との間には特段の利害関係はありません。
                                 23/87

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
          石坂   幹夫
          同氏は長野信用金庫の出身者であります。当社と同氏との間には特段の利害関係はありません。
          田村   桂吾
          同氏は当社の資本業務提携先でありますアルピコホールディングス株式会社の監査役の職にあります。当社
         と同氏との間には特段の利害関係はありません。
          栗元   秀樹
          同氏は公認会計士であります。当社と同氏との間には特段の利害関係はありません。
          当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準又は方針は設けておりませんが、
         選任にあたっては、東京証券取引所における独立役員の独立性に関する判断基準を参考に一般株主と利益相反
         の生じるおそれのない独立性を備えていることが必要であると考えております。
         ニ 社外取締役及び社外監査役との間で締結している責任限定契約の内容の概要
          当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償
         責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任
         限度の額としております。
        b 企業統治の体制の図表は以下のとおりであります。

                                 24/87















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ② 内部統制システム構築に関する基本方針
        a 取締役及び当社の使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         イ 当社は、社是「責任と実行」及び経営理念「真商道の実行」の理念に則った「行動規範」を制定し、代表
          取締役が繰り返しその精神を役職員に伝えることにより、法令及び社会倫理の遵守を企業活動の前提とする
          ことを徹底する。
         ロ 役職員が法令及び社内規程を遵守し、社会倫理を優先させる行動ができるための、「コンプライアンス規
          程」を制定するとともに、判断や行動における具体的な指針を明記した「コンプライアンスマニュアル」を
          定める。
         ハ コンプライアンス規程に基づき、取締役会の決議にもとづき選任された委員4名以上と代表取締役社長に
          より構成されるコンプライアンス委員会を設置するとともに、コンプライアンス担当部署である総務人事グ
          ループがその事務局となって、コンプライアンスを実現するための組織及び研修体制を整備し、同グループ
          が中心となって役職員教育を行う。また、監査役及び内部監査グループは、コンプライアンス委員会及び総
          務人事グループと連携の上、コンプライアンスの状況を監査する。これらの活動は定期的に取締役会に報告
          され、取締役会は定期的にコンプライアンス体制を見直し、問題点の把握と改善に努める。
         ニ 法令及び社内規程に反する行為に気づいた場合で、上長者への報告では実効性に欠ける場合に役職員が直
          接報告・通報を行う手段として、コンプライアンス・ホットラインを設置する。総務人事グループ又は外部
          窓口である法律事務所若しくはメンタルヘルスカウンセラーが通報・相談を受けるものとし、事実関係の調
          査が必要な場合は総務人事グループが調査を行う。当該調査の結果、コンプライアンス違反が明らかとなっ
          たときは、コンプライアンス委員会にその内容を報告するものとし、当社は、速やかに是正措置及び再発防
          止策を講じる。
        b 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         イ 文書管理規程に従い、取締役の職務執行に係る情報(電子メールや戦略会議等における議事内容を含
          む。)を文書又は電磁的媒体に記録し、保存する。
         ロ 上記情報を記載した文書または電磁的媒体の保存期間は、少なくとも5年間とする。
         ハ 文書管理規程においては、保存期間のほか、管理方法、廃棄等につき定めるものとする。
         ニ 取締役及び監査役は、文書管理規程により、常時、これらの文書を閲覧謄写できるものとし、その他の者
          の閲覧権限については、文書管理規程により定めるところによるものとする。
        c 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         イ 業務執行に係るリスクの把握と管理を目的として、「リスク管理規程」を定めるとともに、コンプライア
          ンス委員会が全社的なリスクの把握とその評価及び対応策等を審議し、取締役会に報告する。
         ロ コンプライアンス、環境、災害、品質、情報セキュリティについては、それぞれの担当部署にて、規則・
          ガイドラインの制定及びマニュアルの作成・配布等を行い、役職員に対して、定期的に研修を実施するもの
          とする。その他新たに生じたリスクについては、取締役会において速やかに対応し、責任者となる取締役を
          定めるものとする。
         ハ コンプライアンス委員会がリスク情報の収集を行った上で、各リスクの課題等をまとめ、取締役会へ報告
          を年1回以上行う。また、内部監査グループは業務監査の実施に際してリスク管理に不備がある場合は代表取
          締役社長に報告し、その指示を受けて所轄部署に対して改善指導等を行うものとする。
         ニ 大規模な事故・災害等当社の経営に重大な影響を与える緊急事態が生じた場合には、代表取締役社長又は
          代表取締役社長が指定する取締役を長とし、代表取締役社長が任命する人員を構成員とする緊急対策本部を
          設置し、危機管理体制を構築するものとする。
         ホ リスク管理・事故等の当社の経営に重大な影響を与える緊急事態に関して、法令又は取引所適時開示規則
          に則った開示を適切に行うものとする。
        d 金融商品取引法に基づく財務報告の信頼性を確保するための体制
          金融商品取引法に基づき財務報告の信頼性を確保するために行われる財務報告に係る内部統制については、
         内部統制の整備・運用を適切に行い、一般に公正妥当と認められる評価の基準に準拠して、その有効性を自ら
         評価し、評価の結果を外部に報告することが求められております。当社においては、次に掲げた基本原則にし
         たがって、有効性の評価、外部への報告・開示をするものとしております。
         イ 財務報告に係る内部統制の有効性の評価及び外部報告は、金融商品取引法をはじめ関係法令の定めるとこ
          ろにしたがってこれを実施するものとする。
         ロ 財務報告に係る内部統制の有効性の評価にあたっては、一般に公正妥当と認められる評価の基準に準拠し
          た手続きを定め、それによるものとする。
                                 25/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
         ハ 経営者に求められている有効な内部統制の整備及び運用並びに財務報告に係る内部統制の有効性の評価及
          び外部報告については、これを実施する組織を設けて万全の対応をとるものとする。
         二 財務報告に係る内部統制の信頼性を確保するため、「内部統制規程」に則り、内部監査グループにおいて
          整備・運用状況を定期的に調査・検討・評価し、重要な不備の予防及び重要な不備があった場合にはこれを
          是正する体制の維持・向上を図ることとする。
        e 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         イ 取締役及び監査役が出席する取締役会を原則月1回開催し、法令及び定款で定められた事項及び経営方
          針・政策に関する重要事項について審議し、効率的で迅速な意思決定を行うものとする。
         ロ 取締役並びに常勤監査役及び幹部社員が出席する戦略会議を毎週1回開催し、経営方針の徹底、業務執行
          に関する重要事項の決定、利益計画の進捗状況を管理するものとする。
         ハ 取締役会による中期経営計画・年度事業計画の策定、年度事業計画に基づく部門毎の業績目標と予算の設
          定、月次・四半期管理の実施を行うものとする。
         ニ 取締役会及び戦略会議による月次業績のレビューと改善策の実施を行うものとする。
          上記各事項に関連して、法令又は取引所適時開示規則に則った開示を適切に行うものとする。
        f 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         イ 子会社においては、月次報告等を遅滞なく当社の幹部社員に報告することが義務付けられており、当社
          は、当該報告内容に基づき指導改善の必要があるときは、子会社と協議して速やかに対策又は改善措置を取
          る。
         ロ 当社のコンプライアンス委員会が子会社のリスクの把握とその評価及び対応策等を審議し、必要に応じて
          当社の取締役会に報告する。
         ハ 子会社においては、取締役及び監査役が出席する取締役会を定期的に開催し、法令及び定款で定められた
          事項及び経営方針等に関する重要事項について審議し、効率的で迅速な意思決定を行うとともに、取締役会
          による年度事業計画の策定、年度事業計画に基づく業績目標と予算の設定、四半期管理の実施を行うものと
          する。
         ニ 子会社の責任を負う幹部社員を任命し、その者に法令遵守体制、リスク管理体制を構築する権限と責任を
          与える。
         ホ 管理本部はこれらの体制を横断的に推進し、管理するものとする。
         ヘ 内部監査グループは、子会社の内部監査を実施するものとし、その結果を管理本部長及び取締役会に報告
          し、取締役会において改善策を審議・決定する。また、内部監査グループは、監査役に対して、監査計画と
          監査結果を定期的に報告するとともに、監査役から説明を求められた場合は説明をする。
         ト 当社の監査役が子会社の監査を適正に行うために必要な、子会社との連携体制等を整備するものとする。
        g 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該
        使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項及び当社の監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に
        関する事項
         イ 代表取締役社長は、監査役が求めた場合その他必要な場合には、監査役の業務を補助すべき使用人を任命
          するものとする。
         ロ 監査役の業務を補助すべき使用人に対する指揮権は、監査役が指定する補助すべき期間中は、監査役に移
          譲されるものとし、代表取締役社長の指揮命令は受けないものとする。
         ハ 監査役の業務を補助すべき使用人に対する人事異動、人事評価、懲戒処分等については、監査役の同意を
          要するものとする。
        h 当社の監査役への報告に関する体制、当該報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受
        けないことを確保するための体制、当社の監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他
        の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項、その他当社の監査役の監査が実
        効的に行われることを確保するための体制
         イ 当社の役職員は、当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項、不正行為並びに法令及び定款違反行為を
          発見した場合は、速やかに監査役に報告するものとする。
         ロ 当社の監査役は、常に子会社の取締役、監査役及び使用人との意思疎通を図り、情報の収集並びに監査の
          環境の整備に努めるものとする。
         ハ 当社は、当社の監査役に報告したことを理由として、当該報告を行った役職員(子会社の役職員を含
          む。)に対し解雇その他いかなる不利益な取り扱いを行ってはならないものとする。
                                 26/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
         ニ 監査役は、必要に応じて弁護士、公認会計士、その他の外部専門家を活用し、費用を支出する権限を有す
          る。また、緊急又は臨時に支出した費用については、事後、当社に償還を請求することができる。
         ホ 取締役及び使用人は、監査役から、稟議書類等業務執行に係る文書の閲覧や、説明を求められたときに
          は、速やかにこれに応じるものとする。また、取締役は監査役に対し、必要に応じて、内部監査グループと
          の情報交換や当社の会計監査人から会計監査内容に関して説明を受ける機会のほか、顧問弁護士などその他
          の外部機関との間で情報交換等を行う機会を保障する。
        i 反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び整備状況
          イ 基本的な考え方
            当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して、毅然とした態度で臨み、一切の
           関係を持たないことを基本方針とする。
          ロ 整備状況
            ・反社会的勢力への対応部署を管理本部内に設置し、各部署の対応に関する指導・支援を行う。
            ・緊急時における警察への通報、顧問弁護士への相談を実施するなど、外部の専門機関との連携を図
            り、体制強化に努める。
       ③ 内部監査及び監査役監査
         当社の内部監査体制は、内部監査部門として内部監査グループを設置し、会社法及び金融商品取引法上の内部
        統制システムの整備・改善及び業務の遂行が、各種法令や、当社の各種規程及び経営計画等に準拠して効果的、
        効率的に実施されているか等について調査し、指導改善を行っております。
         また、当社の監査役は、取締役会をはじめその他重要な会議に出席するほか、取締役の業務全般について監査
        を行っております。
       ④   社外取締役及び社外監査役
         当社は社外取締役を1名、社外監査役を4名選任しております。社外取締役                                     牛越泰三、社外監査役           清水重
        孝、石坂幹夫、田村桂吾及び栗元秀樹との間には利害関係はありません。これにより、当社は経営の意思決定機
        関と業務執行を管理監督する機能を持つ取締役会に対し、取締役5名中1名を社外取締役とすること、監査役4
        名全員を社外監査役とすること及びそのうち1名を常勤監査役とすることで、経営への監視機能を強化しており
        ます。
         コーポレート・ガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立の経営監視機能は重要であると考えており、社
        外取締役1名による業務執行の監督と、社外監査役4名による業務執行及び会計の監査が実施されることによ
        り、外部からの経営監視機能が十分発揮される体制が整っていると考えております。
       ⑤   役員の報酬等
        1   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                     対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                            役員の員数
                  (千円)
                                ストック
                                                      (名)
                         基本報酬               賞与      退職慰労金
                                オプション
     取締役
                    30,780       30,780          ―       ―       ―      5
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                    1,147       1,147         ―       ―       ―      1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員               9,435       9,435         ―       ―       ―      ▶
        2   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        3   使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

          該当事項はありません。
        4   役員の報酬等の額の決定に関する方針

          当社の取締役の報酬等の額は、株主総会が決定する報酬総額の限度額以内で、各取締役の職責及び経営への
         貢献度に応じて算定することを基本とし、取締役会で決定しております。
          また、監査役の報酬等の額は、株主総会が決定する報酬総額の限度額以内で、業務の分担等を勘案し、監査
         役の協議により決定しております。
                                 27/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ⑥ 株主総会の特別決議要件
         当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項の定めによる決議は、議決権を
        行使することができる株主の議決権の3分の1を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う
        旨 を定款で定めております。
       ⑦ 株主総会の決議事項を取締役会で決議することができるとした事項
        1 自己株式の取得
          当社は、会社の業務または財産の状況、その他の事情に対応して、機動的な資本政策を遂行するため、会社
         法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって、市場取引等により自己株式を取得できる旨を定款
         で定めております。
        2 中間配当金
          当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって、毎年8月31日を基準日と
         して中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       ⑧   株式の保有状況
        1   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数    19銘柄
          貸借対照表計上額の合計額              640,082千円
        2   保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目
         的
       (前事業年度)

        特定投資株式
                       株式数         貸借対照表計上額
           銘柄                                      保有目的
                       (株)            (千円)
      ㈱長野銀行                    480,500             87,931    企業間取引の強化
      ㈱八十二銀行                    143,000             78,078    企業間取引の強化

      ㈱マルイチ産商                     76,400            65,322    企業間取引の強化

      興銀リース㈱                     25,600            64,972    企業間取引の強化

      ホクト㈱                     25,905            50,903    企業間取引の強化

      ㈱オーシャンシステム                     63,000            48,762    企業間取引の強化

      ㈱マミーマート                     28,000            43,120    同業他社の調査研究

      ㈱ニイタカ                     30,800            31,816    長期保有目的のための相互保有

      ㈱みずほフィナンシャル
                          106,000             22,154    企業間取引の強化
      グループ
      黒田電気㈱                     9,600            15,974    取引先との関係維持
      ㈱岡村製作所                     11,000             9,108    企業間取引の強化

      ㈱神戸物産                     1,000            2,435    企業間取引の強化

      DCMJapanホールディ
                           2,300            1,483    長期保有目的のための相互保有
      ングス㈱
      エムケー精工㈱                     2,000             740   長期保有目的のための相互保有
                                 28/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (当事業年度)
        特定投資株式
                       株式数         貸借対照表計上額
           銘柄                                      保有目的
                       (株)            (千円)
      ㈱長野銀行                    480,500            100,424     企業間取引の強化
      ㈱八十二銀行                    143,000            127,985     企業間取引の強化

      ㈱マルイチ産商                     76,400            69,676    企業間取引の強化

      興銀リース㈱                     25,600            63,180    企業間取引の強化

      ホクト㈱                     25,905            63,519    企業間取引の強化

      ㈱オーシャンシステム                     63,000            53,487    企業間取引の強化

      ㈱マミーマート                     28,000            48,972    同業他社の調査研究

      ㈱ニイタカ                     30,800            35,851    長期保有目的のための相互保有

      ㈱みずほフィナンシャル
                          106,000             23,373    企業間取引の強化
      グループ
      黒田電気㈱                     9,600            17,520    取引先との関係維持
      ㈱岡村製作所                     11,000             9,537    企業間取引の強化

      ㈱神戸物産                     2,000            8,250    企業間取引の強化

      DCMJapanホールディ
                           2,300            2,017    長期保有目的のための相互保有
      ングス㈱
      エムケー精工㈱                     2,000             724   長期保有目的のための相互保有
        3 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
       ⑨   会計監査の状況

         当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、布施木孝叔、飯畑史朗であり、新日本有限責任監査法人に所属
        しております。なお、勤続監査年数については、全員7年以内であるため記載を省略しております。また、会計
        監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他10名であります。
         当社は各種データ提供など、正確な監査が実施しやすい環境を整えております。
                                 29/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【監査報酬の内容等】
       ①  【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               48,250           8,500          42,500           8,516
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

          計             48,250           8,500          42,500           8,516

       ②  【その他重要な報酬の内容】

        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
          当社は、会計監査人に対して、非監査業務として、当社株式の特設注意市場銘柄からの解除を目的とした内
         部統制構築に関する助言業務、当社財務報告に係る内部統制および運用評価に対する助言業務等を委託し、そ
         の対価を支払っております。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

          当社は、会計監査人に対して、非監査業務として、当社株式の特設注意市場銘柄からの解除を目的とした内
         部統制構築に関する助言業務、当社財務報告に係る内部統制および運用評価に対する助言業務等を委託し、そ
         の対価を支払っております。
       ④  【監査報酬の決定方針】

         当社は、当社の会計監査人である新日本有限責任監査法人が策定した監査日数、業務内容などの監査計画に基
        づき両者で協議の上、監査役会の同意を得て決定しております。
                                 30/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
       下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当連結会計年度(平成26年3月1日から平成27年2月28日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報につ
       いては、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日
       内閣府令第61号)附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、
       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当事業年度(平成26年3月1日から平成27年2月28日まで)の財務諸表に含まれる比較情報については、
       「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成24年9月21日内閣府令
       第61号)附則第2条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
     2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成26年3月1日から平成27年2月28
      日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成26年3月1日から平成27年2月28日まで)の財務諸表について新日本有
      限責任監査法人の監査を受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機
      構へ加入し、定期的に情報収集を行っております。
                                 31/87











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
       ①【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (平成26年2月28日)              (平成27年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                       ※2  659,937           ※2  1,541,924
         現金及び預金
         売掛金                                248,037              243,127
                                       ※2  467,925            ※2  444,325
         リース投資資産
                                      ※1  1,043,779             ※1  902,520
         たな卸資産
         その他                                826,530              604,012
                                         △ 2,000                ―
         貸倒引当金
         流動資産合計                               3,244,210              3,735,910
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2  16,438,982            ※2  14,663,155
           建物及び構築物
                                     ※3   △  11,132,184           ※3   △  10,007,276
             減価償却累計額
             建物及び構築物(純額)                            5,306,798              4,655,879
           機械装置及び運搬具
                                         336,810              120,937
                                      ※3   △  310,805           ※3   △  105,583
             減価償却累計額
             機械装置及び運搬具(純額)                             26,004              15,354
                                      ※2  1,758,506            ※2  1,713,774
           土地
           リース資産                              1,577,386              1,496,186
                                      ※3   △  732,576          ※3   △  1,025,550
             減価償却累計額
             リース資産(純額)                             844,810              470,635
           その他
                                         465,464              154,724
                                      ※3   △  437,684           ※3   △  132,859
             減価償却累計額
             その他(純額)                             27,779              21,864
           有形固定資産合計                              7,963,899              6,877,507
         無形固定資産
           のれん                               13,333               8,333
           リース資産                               58,513              36,249
                                      ※2  1,031,782            ※2  1,127,547
           借地権
                                          54,024              19,757
           その他
           無形固定資産合計                              1,157,653              1,191,887
         投資その他の資産
                                       ※2  538,365            ※2  640,082
           投資有価証券
           長期貸付金                               140,824              203,628
           差入保証金                               439,673              421,341
           その他                               26,321              24,330
           貸倒引当金                              △ 147,700             △ 203,800
                                         997,485             1,085,583
           投資その他の資産合計
         固定資産合計                               10,119,038               9,154,977
       資産合計                                 13,363,248              12,890,888
                                 32/87





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成26年2月28日)              (平成27年2月28日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                               1,596,110              1,595,432
                                     ※2  4,498,002            ※2  4,993,360
         短期借入金
         リース債務                                247,512              239,140
         未払法人税等                                44,219              27,225
         賞与引当金                                   ―            48,000
                                        1,118,506               913,358
         その他
         流動負債合計                               7,504,351              7,816,516
       固定負債
                                     ※2  3,292,837            ※2  3,116,688
         長期借入金
         リース債務                                872,261              618,805
         繰延税金負債                                308,211              331,274
         退職給付引当金                                453,872                 ―
         退職給付に係る負債                                   ―           353,663
         資産除去債務                                371,021              387,781
         長期未払金                                 4,743              3,896
         長期預り金                                388,502              337,313
                                         80,576              16,433
         その他
         固定負債合計                               5,772,025              5,165,858
       負債合計                                13,276,377              12,982,374
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,097,000              1,286,658
         資本剰余金                                819,000             1,008,658
         利益剰余金                               △ 988,851            △ 1,590,820
                                        △ 887,919             △ 887,919
         自己株式
         株主資本合計                                39,229             △ 183,424
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                47,642              114,912
                                            ―           △ 22,973
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                47,642              91,938
       純資産合計                                  86,871             △ 91,485
      負債純資産合計                                  13,363,248              12,890,888
                                 33/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)               至 平成27年2月28日)
      売上高                                 36,896,339              31,523,956
                                       28,233,417              24,012,287
      売上原価
      売上総利益                                  8,662,922              7,511,669
      その他の営業収入                                  1,147,021              1,043,003
      営業総利益                                  9,809,944              8,554,672
      販売費及び一般管理費
       従業員給料及び賞与                                3,571,077              2,997,581
       賞与引当金繰入額                                    ―            48,000
       退職給付費用                                 156,273               91,304
       地代家賃                                 913,574              896,923
       減価償却費                                 764,726              613,195
                                        4,267,109              3,658,486
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                9,672,760              8,305,491
      営業利益                                   137,183              249,180
      営業外収益
       受取利息                                  3,004              2,610
       受取配当金                                  12,427              11,534
       債務勘定整理益                                  1,401                ―
       助成金収入                                    ―            3,664
                                         27,583              13,911
       その他
       営業外収益合計                                  44,416              31,721
      営業外費用
       支払利息                                 191,358              205,788
       貸倒引当金繰入額                                  79,000              70,000
                                          1,081              2,591
       その他
       営業外費用合計                                 271,440              278,380
      経常利益又は経常損失(△)                                   △ 89,839               2,521
      特別利益
                                         19,950                 ―
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                  19,950                 ―
      特別損失
                                       ※1  3,553           ※1  48,349
       固定資産除却損
                                     ※2  1,263,424             ※2  546,871
       減損損失
                                      ※3  271,398
       事業構造改善費用                                                   ―
                                          6,337                ―
       保険解約損
       特別損失合計                                1,544,714               595,221
      税金等調整前当期純損失(△)                                 △ 1,614,604              △ 592,699
      法人税、住民税及び事業税                                    29,435              20,617
                                         653,683              △ 11,347
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   683,118               9,270
      少数株主損益調整前当期純損失(△)                                 △ 2,297,722              △ 601,969
      少数株主利益                                      ―              ―
      当期純損失(△)                                 △ 2,297,722              △ 601,969
                                 34/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)               至 平成27年2月28日)
      少数株主損益調整前当期純損失(△)                                 △ 2,297,722              △ 601,969
      その他の包括利益
                                         27,975              67,269
       その他有価証券評価差額金
                                       ※1  27,975            ※1  67,269
       その他の包括利益合計
      包括利益                                 △ 2,269,747              △ 534,699
      (内訳)
       親会社株主に係る包括利益                               △ 2,269,747              △ 534,699
       少数株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 35/87
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         平成25年3月1日 至           平成26年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              1,097,000          819,000        1,351,075         △ 887,902        2,379,172
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 42,204                △ 42,204
      当期純損失(△)                              △ 2,297,722                △ 2,297,722
      自己株式の取得                                         △ 16        △ 16
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計                 ―         ―    △ 2,339,927           △ 16     △ 2,339,943
     当期末残高              1,097,000          819,000        △ 988,851        △ 887,919         39,229
                   その他の包括利益累計額

                                  純資産合計
               その他有価証券評価差         その他の包括利益累計
                  額金        額合計
     当期首残高               19,667         19,667       2,398,840
     当期変動額
      剰余金の配当                               △ 42,204
      当期純損失(△)                              △ 2,297,722
      自己株式の取得                                 △ 16
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純              27,975         27,975         27,975
      額)
     当期変動額合計               27,975         27,975       △ 2,311,968
     当期末残高               47,642         47,642         86,871
      当連結会計年度(自         平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)

                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              1,097,000          819,000        △ 988,851        △ 887,919         39,229
     当期変動額
      新株の発行              189,658         189,658                          379,316
      当期純損失(△)                              △ 601,969                △ 601,969
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               189,658         189,658        △ 601,969           ―     △ 222,653
     当期末残高              1,286,658         1,008,658        △ 1,590,820         △ 887,919        △ 183,424
                       その他の包括利益累計額

                                           純資産合計
               その他有価証券評価差         退職給付に係る調整累         その他の包括利益累計
                  額金         計額        額合計
     当期首残高               47,642           ―       47,642         86,871
     当期変動額
      新株の発行                                        379,316
      当期純損失(△)                                       △ 601,969
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純              67,269        △ 22,973         44,296         44,296
      額)
     当期変動額合計               67,269        △ 22,973         44,296       △ 178,357
                                 36/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     当期末残高               114,912        △ 22,973         91,938        △ 91,485
                                 37/87




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)               至 平成27年2月28日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純損失(△)                               △ 1,614,604              △ 592,699
       減価償却費                                 764,726              613,195
       減損損失                                1,263,424               546,871
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 19,950                 ―
       固定資産除却損                                  3,553              48,349
       事業構造改善費用                                 271,398                 ―
       保険解約損益(△は益)                                  6,337                ―
       のれん償却額                                  5,000              5,000
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  4,108            △ 453,872
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    ―           330,689
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 96,000              48,000
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 145,000               60,654
       受取利息及び受取配当金                                 △ 15,431             △ 14,145
       支払利息                                 191,358              205,788
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 51,806               4,909
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  17,569              141,258
       リース投資資産の増減額(△は増加)                                  22,762              23,599
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 30,674              25,584
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 122,278              △ 11,853
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  75,274              80,043
       未払金の増減額(△は減少)                                  4,510              50,505
       未払費用の増減額(△は減少)                                  4,194            △ 348,177
       預り保証金の増減額(△は減少)                                 △ 2,041             △ 51,188
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 △ 13,121             △ 20,780
                                        △ 12,938             △ 23,905
       その他
       小計                                 800,372              667,828
       利息及び配当金の受取額
                                         17,641              14,145
       利息の支払額                                △ 190,864             △ 192,798
                                         16,005             △ 33,195
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                 643,154              455,979
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 36,001                 ―
       定期預金の払戻による収入                                  47,047                 ―
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 91,419             △ 47,240
       有形固定資産の除却による支出                                  △ 950               ―
       貸付けによる支出                                 △ 15,000                 ―
       貸付金の回収による収入                                    ―            4,084
       差入保証金の差入による支出                                 △ 11,270              △ 5,157
       差入保証金の回収による収入                                  4,567              39,472
       投資有価証券の売却による収入                                  95,466                 ―
       保険積立金の解約による収入                                    ―            90,510
       資産除去債務の履行による支出                                    ―           △ 65,924
                                        △ 17,684               8,104
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 25,243              23,849
                                 38/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)               至 平成27年2月28日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 821,489             △ 197,574
       長期借入れによる収入                                  84,000              530,000
       長期借入金の返済による支出                                △ 843,516              △ 13,216
       株式の発行による収入                                    ―           377,831
       リース債務の返済による支出                                △ 227,516             △ 294,866
       自己株式の取得による支出                                   △ 16               ―
                                        △ 42,220               △ 16
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 207,781              402,157
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                      ―              ―
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   410,129              881,987
      現金及び現金同等物の期首残高                                   219,807              629,937
                                      ※1  629,937           ※1  1,511,924
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 39/87















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)

       当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
        当社グループは、第46期において売上高の減少により2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたし
       ました。当連結会計年度におきましては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めましたが、不採算店舗6
       店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は31,523,956千円(前期比14.6%減)となりました。
       また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益249,180千円(前期比81.6%増)、経常利益2,521千円(前
       期は89,839千円の経常損失)を計上しましたが、特別損失の計上により当期純損失601,969千円(前期は2,297,722
       千円の当期純損失)を計上し、当連結会計年度末において91,485千円の債務超過の状況となりました。
        当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
        当社グループは、当該状況を解消すべく、中期経営計画に基づき以下の方針を策定し、その実現に取り組んでお
       ります。
       ①生鮮デリカの強化、価値創造企業への転換
         単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生
        鮮部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商
        品の提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
         通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な
        店舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
        人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてまい
       ります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
         上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これ
        らにより、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。   
        上記の施策を進めることにより、店舗の収益力の強化及び債務超過の解消を図り、経営基盤及び財務基盤の安定

       化に努めてまいります。しかしながら、これらの施策を講じても、業績及び資金面での改善を図る上で重要な要素
       となる売上高の確保は外部要因に大きく依存することになるため、当該中期経営計画が計画通り進捗しない可能性
       もあり、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
        なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を連
       結財務諸表に反映しておりません。
                                 40/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
       (1)  連結子会社数                1 社
         ㈱マツヤショッピングモール
       (2)  非連結子会社名
         非連結の子会社はありません。
      2 持分法の適用に関する事項
        関連会社はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項
        連結子会社の決算日は連結決算日と一致しております。
      4 会計処理基準に関する事項
       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        1)有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの
           連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
           法により算出しております。)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
        2)たな卸資産
         商品
         ……売価還元法による原価法
           (収益性の低下による簿価切下げの方法)
           ただし生鮮食料品は最終仕入原価法
           (収益性の低下のよる簿価切下げの方法)
         貯蔵品
         ……最終仕入原価法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         有形固定資産(リース資産を除く)
         ……定率法によっております。
           ただし、建物(建物附属設備を除く)は定額法によっております。
           なお、主要な耐用年数は、以下のとおりであります。
           建物及び構築物  10年~39年
           機械装置及び運搬具6年~9年
         無形固定資産(リース資産を除く)
         ……定額法によっております。
         リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         ……リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
            なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成21年2月28日以前のも
           のについては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
         長期前払費用……定額法
       (3)  重要な引当金の計上基準
        1)貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        2)賞与引当金
          従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
                                 41/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (4)  退職給付に係る会計処理方法
        1)退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
         は、期間定額基準によっております。
        2)数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用
         処理しております。
          数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
         による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準
         ファイナンス・リース取引に関する収益の計上基準
          利息相当額を各期に配分する方法により、その他の営業収入に計上しております。
       (6)  のれんの償却方法及び償却期間
         のれんの償却については、その効果が発現すると見積もられる期間(10年)で均等償却しております。
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理方法
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (会計方針の変更)

      「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。)及び
     「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号平成24年5月17日。以下「退職給付適用指
     針」という。)を当連結会計年度末より適用し(ただし、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本
     文に掲げられた定めを除く。)、退職給付債務の額を退職給付に係る負債として計上する方法に変更し、未認識数理計
     算上の差異及び未認識過去勤務費用を退職給付に係る負債に計上しております。退職給付会計基準等の適用について
     は、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度末において、当該変更に伴う影響
     額をその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に加減しております。
      この結果、当連結会計年度末において、退職給付に係る負債が353,663千円計上されるとともに、その他の包括利益累
     計額が22,973千円減少しております。
      なお、1株当たり情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
     (未適用の会計基準等)

      「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号                           平成24年5月17日)及び「退職給付に関する会計基準の適用指
      針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日)
      (1) 概要
        本会計基準等は、財務報告を改善する観点及び国際的な動向を踏まえ、未認識数理計算上の差異及び未認識過去
       勤務費用の処理方法、退職給付債務及び勤務費用の計算方法並びに開示の拡充を中心に改正されたものです。
      (2) 適用予定日
        退職給付債務及び勤務費用の計算方法の改正については、平成28年2月期の期首より適用予定です。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
                                 42/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 たな卸資産の内訳
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成26年2月28日)              (平成27年2月28日)
          商品                         1,039,419     千円           899,566    千円
          貯蔵品                           4,359              2,953
     ※2 担保提供資産

       (担保に供している資産)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
         現金及び預金                           30,000千円               30,000千円
         リース投資資産                          290,520               274,046
         建物及び構築物                         4,173,096               3,670,203
         土地                         1,758,506               1,713,774
         借地権                           27,000               27,000
         投資有価証券                          457,478               554,840
         計                         6,736,600               6,269,865
       (上記に対応する債務)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
         短期借入金(1年内返済予定分を含む)                         4,212,702千円               4,662,060千円
         長期借入金                         3,188,537               3,028,888
         計                         7,401,239               7,690,948
     ※3 減損損失累計額

        減損損失累計額は、当該資産の減価償却累計額に含めて表示しております。
      4 偶発債務

        下記の会社の金融機関からの借入金(建設資金)に対して次のとおり債務保証を行っております。
                  前連結会計年度                         当連結会計年度
                 (平成26年2月28日)                         (平成27年2月28日)
         須高ケーブルテレビ㈱                  701千円       須高ケーブルテレビ㈱                  300千円
         計                  701       計                  300
                                 43/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1 固定資産除却損
        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
        固定資産除却損の内訳は、建物及び構築物2,575千円、有形固定資産「その他」28千円及び解体費用950千円であ
       ります。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

        固定資産除却損の内訳は、機械装置及び運搬具3,751千円、有形固定資産「リース資産」29,799千円、有形固定資
       産「その他」2,624千円及び無形固定資産「リース資産」12,174千円であります。
     ※2 減損損失

        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
        当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
            場所       用途           種類           件数
         長野県長野市他         店舗等      建物及び構築物、土地、その他                 8件

        当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、事業用資産である店舗を基礎としてグルーピ

       ングを行っております。閉鎖を決定した資産グループ及び営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産
       グループについては帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しておりま
       す。回収可能価額は正味売却価額または使用価値により測定しております。正味売却価額は不動産鑑定評価額を基
       にして評価しております。なお、割引前将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、割引率の記載は省略して
       おります。
        減損損失の内訳は以下のとおりであります。
              種類           金額(千円)
          建物及び構築物                  684,726
          土地                  335,561
          その他                  243,136
              合計             1,263,424
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

        当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
           場所        用途               種類              件数
         長野県長野市         処分予定資産       建物及び構築物、土地、その他                       1件

         長野県茅野市他         遊休資産       建物及び構築物、土地、リース資産、その他                       3件

         長野県長野市         その他       その他                       1件

        当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として、事業用資産である店舗を基礎としてグルーピ

       ングを行っております。ただし、閉鎖・処分を決定した資産、将来の使用が見込まれない資産など独立したキャッ
       シュ・フローを生み出すと認められるものは、個別の資産グループとして取り扱っております。閉鎖・処分を決定
       した資産、将来の使用が見込まれない資産及び営業活動から生ずる損益が継続してマイナスである資産グループに
       ついては帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。回収可
       能価額は正味売却価額または使用価値により測定しております。正味売却価額は不動産鑑定評価額を基にして評価
       しております。なお、使用価値については割引前将来キャッシュ・フローがマイナスであるため、割引率の記載は
       省略しております。
                                 44/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
        減損損失の内訳は以下のとおりであります。
              種類           金額(千円)
          建物及び構築物                  266,803
          土地                   58,732
          リース資産                  172,013
          その他                   49,322
              合計              546,871
     ※3 事業構造改善費用

        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
        事業構造改善費用は、主に希望退職者の募集に伴う特別退職金、閉鎖店舗に係る違約金等です。
       (連結包括利益計算書関係)


     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                            至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額                        35,582千円                101,716千円
                               △19,950                    ―
         組替調整額
          税効果調整前
                                15,632                101,716
                                12,342                △34,446
          税効果額
            その他有価証券評価差額金                    27,975                 67,269
              その他の包括利益合計                  27,975                 67,269
                                 45/87










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                8,415,000              ─           ─       8,415,000
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                1,380,977              34           ―       1,381,011
        (変動事由の概要)

        増加数の主な内訳は、次の通りであります。
         単元未満株式の買取による取得                              34株
      3 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     平成25年5月24日
                普通株式           42,204           6  平成25年2月28日         平成25年5月27日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

      1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                8,415,000           1,748,000              ─       10,163,000
        (変動事由の概要)

        普通株式の増加数の内訳は、次のとおりであります。
         平成26年5月の第三者割当増資による増加   1,748,000株
      2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                1,381,011               ―           ―       1,381,011
      3 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
          該当事項はありません。
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          該当事項はありません。
                                 46/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                            至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
        現金及び預金勘定                        659,937千円                1,541,924千円
                                △30,000                 △30,000
        預入期間が3か月を超える定期預金
        現金及び現金同等物                        629,937                1,511,924
      2 重要な非資金取引の内容

        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
       (1)  当連結会計年度に新たに計上したファイナンス・リース取引に係る資産及び負債の額は、それぞれ99,043千円
        であります。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

       (1)  当連結会計年度に新たに計上したファイナンス・リース取引に係る資産及び負債の額は、それぞれ33,037千円
        であります。
       (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
      (貸主側)
      (1)  リース投資資産の内訳
        流動資産
                                                   (単位:千円)
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
                        (平成26年2月28日)                    (平成27年2月28日)
     リース料債権部分                             608,506                    568,385
     見積残存価額部分                                ―                    ―

     受取利息相当額                            △140,581                    △124,059

     リース投資資産                             467,925                    444,325

      (2)  リース投資資産に係るリース料債権部分の連結会計年度末日後の回収予定額

        流動資産
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度
                                (平成26年2月28日)
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース投資資産             40,121       40,121       40,121       40,121       40,121       407,900
                                                   (単位:千円)

                                 当連結会計年度
                                (平成27年2月28日)
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                1年以内                                     5年超
                       2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     リース投資資産             40,121       40,121       40,121       40,121       40,121       367,778
                                 47/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (借主側)
      (1)  リース資産の内容
       ・有形固定資産
        主として、店舗における什器・備品等であります。
       ・無形固定資産
        主として、本社におけるソフトウェアであります。
      (2)  リース資産の減価償却方法
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
     2.リース取引開始日が平成21年2月28日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引

      (借主側)
      (1)  リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度
                                 (平成26年2月28日)
                  取得価額相当額         減価償却累計額相当額           減損損失累計額相当額            期末残高相当額
     機械装置及び運搬具                  58,264           48,496           7,683           2,084

     有形固定資産その他                 696,783           574,022           95,861           26,899

     ソフトウエア                  14,748           12,646             ―         2,102

     合計                 769,797           635,164           103,545           31,086

                                                   (単位:千円)

                                  当連結会計年度
                                 (平成27年2月28日)
                  取得価額相当額         減価償却累計額相当額           減損損失累計額相当額            期末残高相当額
     機械装置及び運搬具                  28,123           25,682           1,920            521

     有形固定資産その他                 485,138           431,779           48,240           5,118

     ソフトウエア                  14,748           14,489             ―          259

     合計                 528,011           471,951           50,161           5,898

      (2)  未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損勘定期末残高

                                                   (単位:千円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成26年2月28日)                 (平成27年2月28日)
     1年以内                                98,183                 50,393
     1年超                                69,481                 12,855

     合計                                167,664                  63,248

     リース資産減損勘定期末残高                                87,774                 50,161

                                 48/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (3)  支払リース料、減価償却費相当額、支払利息相当額、減損損失及びリース資産減損勘定の取崩額
                                                   (単位:千円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                           至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
     支払リース料                                175,587                  94,469
     減価償却費相当額                                152,989                  82,112

     支払利息相当額                                10,377                  3,908

     減損損失                                72,038                   539

     リース資産減損勘定の取崩額                                 6,715                 38,152

      (4)  減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法

       ・減価償却費相当額の算定方法
        ……リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
       ・利息相当額の算定方法
        ☠☰ﰰ륥饽쾘䴰栰ﰰ륲楎湓홟靏ꆘ䵶厘䴰栰湝䴰鉒⥠潶厘䴰栰地Ŕѧἰ砰溑䵒٥륬픰欰搰䐰昰漰Œ
          息法によっております。
                                 49/87













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1   金融商品の状況に関する事項
      (1) 金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主にスーパーマーケット事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入
       やリース取引)を調達しております。一時的な余剰資金は安全性及び随時換金性の高い金融資産で運用し、また、短
       期的な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブはリスク管理方針に基づきリスクを回避するた
       めに利用することとし、投機的な取引は行わない方針としております。なお、当連結会計年度においてデリバティ
       ブは利用しておりません。
      (2) 金融商品の内容及びそのリスク

        ①資産
        現金及び預金は、すべて円建てであり、ほとんどが要求払預金であります。
        売掛金は、すべて1年以内の回収期日であり、顧客の信用リスクに晒されております。
        リース投資資産は、スーパーマーケット事業において、当社グループが開発したショッピングモールに出店した
       テナントに対するものであり、借手の信用リスクに晒されております。
        投資有価証券は、主に政策保有目的及び業務上の関係を有する企業の株式であり、取引先の信用リスク及び市場
       価格の変動リスクに晒されております。
        長期貸付金は、取引先に対する貸付金等に係るものなどであり、貸付先の信用リスクに晒されております。
        差入保証金は、当社が出店している物件に係る不動産賃貸契約に係るものであり、差入先の信用リスクに晒され
       ております。
        ②負債
        買掛金は、すべて1年以内の支払期日であります。
        借入金及びリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、金利の変動リスクに晒されて
       おります。
      (3) 金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、営業債権及び長期貸付金について、各担当部門が主要な取引先の状況を定期的にモニタリン
        グし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減
        を図っております。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         当社は、投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先
        企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社グループは、各部署からの報告に基づき財務部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動
        性を適正値に維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
      (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
      (5) 信用リスクの集中

        該当事項はありません。
                                 50/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2   金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
       前連結会計年度(平成26年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                              659,937            659,937               ―
     (2)  売掛金
                              248,037            248,037               ―
     (3)  リース投資資産
                              467,925            467,925               ―
     (4)  投資有価証券
                              522,800            522,800               ―
     (5)  長期貸付金(1年以内に回収
                              211,608
     予定のものも含む)
                             △140,000
        貸倒引当金(※)
                               71,608            75,103             3,495
     (6)  差入保証金(1年以内に回収
                              502,480            473,167            △29,312
     予定のものも含む)
            資産計                 2,472,790            2,446,972             △25,817
     (1)  買掛金
                             1,596,110            1,596,110                ―
     (2)  短期借入金
                             4,358,202            4,358,202                ―
     (3)  長期借入金(1年以内に返済
                             3,432,637            3,674,149             241,511
     予定のものも含む)
     (4)  リース債務(1年以内に返済
                             1,119,773            1,232,068             112,294
     予定のものも含む)
            負債計                 10,506,724            10,860,530              353,806
     デリバティブ取引                            ―            ―            ―
      (※)長期貸付金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 51/87











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(平成27年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                         連結貸借対照表
                                       時価            差額
                           計上額
     (1)  現金及び預金
                             1,541,924            1,541,924                ―
     (2)  売掛金
                              243,127            243,127               ―
     (3)  リース投資資産
                              444,325            444,325               ―
     (4)  投資有価証券
                              624,517            624,517               ―
     (5)  長期貸付金(1年以内に回収
                              204,167
     予定のものも含む)
                             △203,800
        貸倒引当金(※)
                                367           1,360             992
     (6)  差入保証金(1年以内に回収
                              464,366            444,579            △19,786
     予定のものも含む)
            資産計                 3,318,629            3,299,836             △18,793
     (1)  買掛金
                             1,595,432            1,595,432                ―
     (2)  短期借入金
                             4,160,628            4,160,628                ―
     (3)  長期借入金(1年以内に返済
                             3,949,420            3,939,684             △9,736
     予定のものも含む)
     (4)  リース債務(1年以内に返済
                              857,945            779,892            △78,052
     予定のものも含む)
            負債計                 10,563,426            10,475,637             △87,789
     デリバティブ取引                            ―            ―            ―
      (※)長期貸付金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 52/87












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資  産
      (1) 現金及び預金
        預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  売掛金

        すべて短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
       ります。
      (3)  リース投資資産

        リース料が取引先ごとの付帯条件により設定され、著しい金融情勢等の変化がない限り変更の予定がないため、
       元利金の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定した
       額は、当該帳簿価額と同額となります。
      (4)  投資有価証券

        投資有価証券の時価については、取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
      (5)  長期貸付金(1年以内に回収予定のものも含む)

        貸付金の時価については、その種別ごとに分類し、返済予定期間に応じて将来キャッシュ・フローを国債の利回
       り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せした利率で割り引いた現在価値により算定しております。
      (6)  差入保証金(1年以内に回収予定のものも含む)

        差入保証金の時価については、将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せ
       した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
      負  債

      (1)  買掛金
        すべて短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
       ります。
      (2)  短期借入金

        すべて短期間で返済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
       ります。
      (3)  長期借入金(1年以内に返済予定のものも含む)及び(4)リース債務(1年以内に返済予定のものも含む)

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又は、リース取引を行った場合に想定される利
       率で割り引いた現在価値により算定しております。
      デリバティブ取引

       該当事項はありません。
                                 53/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                          (単位:千円)
                       前連結会計年度               当連結会計年度
           区分
                      (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
         非上場株式                15,565               15,565
        上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券」に

       は含めておりません。
     (注3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

       前連結会計年度(平成26年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                            659,937          ―       ―       ―
     売掛金                            248,037          ―       ―       ―

     リース投資資産                             23,599      103,392       152,101       188,832

     長期貸付金(1年以内に回収予定のものも含む)                             70,784      140,824          ―       ―

     差入保証金(1年以内に回収予定のものも含む)                             20,392      289,862       43,102      149,123

                 合計                1,022,750        534,079       195,203       337,955

       当連結会計年度(平成27年2月28日)

                                                  (単位:千円)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
     現金及び預金                           1,541,924           ―       ―       ―
     売掛金                            243,127          ―       ―       ―

     リース投資資産                             24,466      136,495       163,484       119,880

     長期貸付金(1年以内に回収予定のものも含む)                              538       828        ―       ―

     差入保証金(1年以内に回収予定のものも含む)                             49,323      219,985       43,102      151,954

                 合計                1,859,381        357,309       206,586       271,834

      長期貸付金202,800千円は回収予定が見込めないため、上記に含めておりません。

                                 54/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     (注4)長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額
       前連結会計年度(平成26年2月28日)
                                                  (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     長期借入金(1年以内に返済
                      139,800      1,381,284        677,356       621,189       309,919       303,089
     予定のものも含む)
     リース債務(1年以内に返済
                      247,512       233,242       213,629       168,812       126,813       129,763
     予定のものも含む)
           合計           387,312      1,614,526        890,985       790,001       436,732       432,852
       当連結会計年度(平成27年2月28日)

                                                  (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
     長期借入金(1年以内に返済
                      832,732      1,452,093        808,371       365,503       490,721          ―
     予定のものも含む)
     リース債務(1年以内に返済
                      239,140       204,366       162,814       123,888       78,027       49,708
     予定のものも含む)
           合計          1,071,872       1,656,460        971,185       489,392       568,748       49,708
                                 55/87














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1 その他有価証券で時価のあるもの
        前連結会計年度(平成26年2月28日)
                                       取得原価
                        連結貸借対照表計上額
             区分                                     差額(千円)
                            (千円)
                                        (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
       株式                       340,846            245,266            95,579
       債券                          ―            ―            ―

                                  ―            ―            ―

       その他
       小計

                               340,846            245,266            95,579
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
       株式                       181,954            222,831           △40,876
       債券                          ―            ―            ―

                                  ―            ―            ―

       その他
       小計

                               181,954            222,831           △40,876
             合計                 522,800            468,098            54,702

      (注)「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。

        当連結会計年度(平成27年2月28日)

                                       取得原価
                        連結貸借対照表計上額
             区分                                     差額(千円)
                            (千円)
                                        (千円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
       株式                       411,601            245,266            166,335
       債券                          ―            ―            ―

       その他                          ―            ―            ―

       小計

                               411,601            245,266            166,335
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
       株式                       212,915            222,831            △9,915
       債券                          ―            ―            ―

                                  ―            ―            ―

       その他
       小計

                               212,915            222,831            △9,915
             合計                 624,517            468,098            156,419

      (注)「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。

                                 56/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2 連結会計年度中に売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
            区分            売却額(千円)          売却益の合計額(千円)            売却損の合計額(千円)
       株式                       105,846             20,014              64

       債券                          ―            ―            ―

       その他                          ―            ―            ―

            合計                  105,846             20,014              64

        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

            区分            売却額(千円)          売却益の合計額(千円)            売却損の合計額(千円)
       株式                          ―            ―            ―

       債券                          ―            ―            ―

       その他                          ―            ―            ―

            合計                     ―            ―            ―

       (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
       (退職給付関係)

      前連結会計年度 (自 平成25年3月1日  至 平成26年2月28日)
     1   採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定拠出型年金制度及び退職一時金制度を設けております。
       また、上記制度に上積みして、総合設立の厚生年金基金制度を採用しております。
      ・要拠出額を退職給付費用としている複数事業主制度に関する事項
      (1)  制度全体の積立状況に関する事項
        年金資産の額(千円)                                    96,978,218
        年金財政計算上の給付債務の額(千円)                                   141,724,402
        差引額(千円)                                   △44,746,183
      (2)  制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合

        3.4%
      (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の要因は、過年度の繰越不足金に当期運用損失等を加算した不足金を翌年度に繰り越されたもので
      あります。
       なお、上記(2)の割合は、当社グループの実際の負担割合と一致いたしません。
                                 57/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2   退職給付債務に関する事項
        (1)  退職給付債務(千円)
                                            △482,565
        (2)  未認識数理計算上の差異(千円)
                                              28,113
        (3)  未認識過去勤務債務(千円)
                                               579
        (4)  退職給付引当金(千円)
                                            △453,872
     3   退職給付費用に関する事項

        (1)  勤務費用(千円)
                                              28,503
        (2)  利息費用(千円)
                                              8,786
        (3)  数理計算上の差異の費用処理額(千円)
                                              △574
        (4)  過去勤務債務の費用処理額(千円)
                                             △1,757
        (5)  その他(千円)
                                             121,315
        (6)  退職給付費用((1)+(2)+(3)+(4)+(5))(千円)
                                             156,273
        (注) (5)その他は、総合設立の厚生年金基金への拠出金支払額、及び確定拠出年金への掛金支払額であります。

     4   退職給付債務等の計算の基礎に関する事項

      (1)  退職給付見込額の期間配分方法
        期間定額基準
      (2)  割引率

        1.3%
      (3)  数理計算上の差異の処理年数

        10年
        (発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により翌連結会計年度から費用処理すること
        としております。)
      (4)  過去勤務債務の額の処理年数

        10年
        (発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により費用処理することとしております。)
      当連結会計年度 (自 平成26年3月1日  至 平成27年2月28日)

     1   採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定拠出型年金制度及び退職一時金制度を設けております。
       また、総合設立型の厚生年金基金である日本総合商品販売業厚生年金基金に加入しておりましたが、同基金は平成
      26年9月29日付で厚生労働大臣の許可を得て解散いたしました。
     2 確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
        退職給付債務の期首残高                               482,565    千円
         勤務費用                                22,995
         利息費用                                4,510
         数理計算上の差異の発生額                                4,696
         退職給付の支払額                               △14,118
         大量退職による支払額                              △146,986
        退職給付債務の期末残高                               353,663
                                 58/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る試
        算の調整表
        非積立型制度の退職給付債務                               353,663
                                            千円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               353,663
        退職給付に係る負債                               353,663

        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               353,663
      (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

         勤務費用                                22,995    千円
         利息費用                                4,510
         数理計算上の差異の費用処理額                                10,291
         過去勤務費用の費用処理額                                  124
        確定給付制度に係る退職給付費用                                37,922
      (4)  退職給付に係る調整累計額

      退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果調整前)の内訳は次のとおりであります。
         未認識過去勤務費用                                  455  千円
         未認識数理計算上の差異                                22,518
           合計                                22,973
      (5)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
         割引率   1.3%
     3 確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、27,456千円であります。
     4 複数事業主制度

        確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の厚生年金基金制度への要拠出額は、25,925千円でありま
       す。なお、上記1.に記載のとおり当連結会計年度中に当該厚生年金基金は解散しております。
      (1)  複数事業主制度の直近の積立状況(平成26年3月31日現在)

         年金資産の額                              98,713,391      千円
         過去勤務費用の費用処理額                             150,090,206
         差引額                              51,376,814
      (2)  複数事業主制度の掛金に占める当社の割合(平成26年3月分)

         2.6%  
      (3)  補足説明

        上記(1)の差引額の要因は、過年度の繰越不足金に当期運用損失を加算した不足額を翌年度に繰り越されたもので
       あります。なお、上記(2)の割合は、当社の実際の負担割合と一致いたしません。
       (ストック・オプション等関係)

       該当事項はありません。
                                 59/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成26年2月28日)                 (平成27年2月28日)
       繰延税金資産
        繰越欠損金                        306,399千円                 575,803千円
        減損損失                        546,140                 522,230
        資産除去債務                        131,652                 137,197
        退職給付引当金                        160,579                    ―
        退職給付に係る負債                           ―              116,998
        たな卸資産                        83,991                 79,540
        貸倒引当金                        52,963                 72,104
        賞与引当金                           ―              16,982
        投資有価証券                        15,969                 15,969
        未収入金                        48,116                   ―
                                25,414                 39,066
        その他
        小計
                               1,371,228                 1,575,892
                              △1,371,228                 △1,575,892
        評価性引当額
        繰延税金資産合計                           ―                 ―
       繰延税金負債
        圧縮積立金                       △240,393                 △226,729
        資産除去債務に対応する除去費用                       △57,480                 △61,035
                               △10,337                 △43,510
        その他
        繰延税金負債合計                        308,211                △331,274
        繰延税金資産の純額                       △308,211                 △331,274
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       前連結会計年度及び当連結会計年度については、税金等調整前当期純損失を計上しているため記載を省略しており
      ます。
     3 法人税の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4月1日
      以後に開始する連結会計年度から復興特別法人税が課されないこととなりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成27年3月1日に開始する連結
      会計年度に解消が見込まれる一時差異については従来の37.36%から35.38%となります。
       なお、この税率変更による連結財務諸表への影響は軽微であります。
     4 連結決算日後の税率変更

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27
      年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率及び事
      業税率等が変更されることになりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.38%から平成28年3月1日
      に開始する連結会計年度に解消が見込まれる一時差異については32.83%に、平成29年3月1日に開始する連結会計年
      度以降に解消が見込まれる一時差異については、32.06%となります。
       なお、この税率変更による連結財務諸表への影響は軽微であります。
       (企業結合等関係)

       該当事項はありません。
                                 60/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (資産除去債務関係)
      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      (1)  当該資産除去債務の概要

        店舗用の土地及び建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
      (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

        物件ごとに使用見込期間を見積り、割引率は使用見込期間に対応した国債利回りを使用して資産除去債務の金額
       を計算しております。
      (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                            至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
        期首残高                        312,414千円                 371,021千円
        見積りの変更等に伴う増加額                        53,627                 79,173
        時の経過による調整額                         6,238                 6,653
                                △1,260                △69,066
        資産除去債務の履行による減少額
        期末残高                        371,021                 387,781
      (4)   当該資産除去債務の金額の見積りの変更

        主に、一部店舗の除却の意思決定を行い、より精緻な見積りが可能となったことから、原状回復費用として発生
       が見込まれる金額を見直した結果、前連結会計年度において53,627千円、当連結会計年度において79,173千円を資
       産除去債務に加算しております。
       (賃貸等不動産関係)

        当社グループは長野県において、賃貸収入を得る目的で賃貸商業施設を有しております。
        なお、賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 61/87










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
        当社及び連結子会社は、報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント情報の記載は省
       略しております。
      【関連情報】

       前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
     1   製品及びサービスごとの情報
        当社及び連結子会社は、スーパーマーケット事業以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しておりま
       す。
     2   地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
       (2)  有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しており
      ます。
       当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

     1   製品及びサービスごとの情報
       当社及び連結子会社は、スーパーマーケット事業以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しておりま
      す。
     2   地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しており
      ます。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
       店舗に係る減損損失  1,263,424千円
      (注)報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、報告セグメントごとに配分しておりません。
       当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
       店舗に係る減損損失   546,871千円
      (注)報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、報告セグメントごとに配分しておりません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        該当事項はありません。
                                 62/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1.関連当事者との取引
      (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
                               議決権等
             会社等の         資本金又
                          事業の内容      の所有     関連当事者          取引金額        期末残高
        種類      名称    所在地    は出資金                    取引の内容          科目
                          又は職業     (被所有)      との関係          (千円)        (千円)
             又は氏名         (千円)
                               割合(%)
                                          仕入チャネ
                                    ・元当社取締役
                                          ル開拓及び
                                    ・当社代表取締
                               (被所有)
                  長野県
                          元当社取締                経営全般に      22,652
             小山光作           ―                              ―    ―
     役員の近親者
                                     役の実兄
                           役   直接  3.3         関する助言      (注)
                  長野市
                                     ・顧問契約
                                          に係る顧問
                                          契約
      (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
         経営全般に関する助言のほか、仕入チャネルの開拓等に係る顧問契約を締結し、業務顧問料等につきまして
         は、当社と関連を有しない他の顧問と同様の条件を参考とし両者協議の上、決定しております。なお、顧問契
         約期間は平成25年6月1日から平成26年2月28日までであり、顧問契約は終了しております。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

       該当事項はありません。
      (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
                               議決権等
             会社等の         資本金又
                          事業の内容      の所有     関連当事者          取引金額        期末残高
        種類      名称    所在地    は出資金                    取引の内容          科目
                          又は職業     (被所有)      との関係          (千円)        (千円)
             又は氏名         (千円)
                               割合(%)
     役員及びその近
     親者が議決権の
                               (被所有)
             有限会社     長野県
     過半数を所有し                                              流動資産
                      5,000    持株会社          資金の援助     資金の貸付              70,000
                                                 ―
     ている会社(当                          直接  25.9                  「その他」
             小山興産     長野市
     該会社の子会社
     を含む)
      (注)    取引条件及び取引条件の決定方針等
         市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件は期間3年の一括返済としております。なお、担
         保は受け入れておりません。
        当連結会計年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)

                               議決権等
             会社等の         資本金又
                          事業の内容      の所有     関連当事者          取引金額        期末残高
        種類      名称    所在地    は出資金                    取引の内容          科目
                          又は職業     (被所有)      との関係          (千円)        (千円)
             又は氏名         (千円)
                               割合(%)
     役員及びその近
     親者が議決権の
                                                   投資その他
                               (被所有)
             株式会社     長野県
     過半数を所有し
                      5,000    持株会社          資金の援助     資金の貸付         の資産「長     70,000
                                                 ―
     ている会社(当                          直接  15.9
             小山興産     長野市
                                                   期貸付金」
     該会社の子会社
     を含む)
      (注)    取引条件及び取引条件の決定方針等
         市場金利を勘案して利率を合理的に決定しており、返済条件は平成27年2月末の一括返済としておりました。
         なお、担保は受け入れておりません。当連結会計年度において、株式会社小山興産(平成27年1月27日付で、
         有限会社小山興産から株式会社小山興産へ商号変更)への貸付金に対し70,000千円の貸倒引当金を計上し、同
         額の貸倒引当金繰入額を営業外費用に計上しております。
                                 63/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 平成25年3月1日                  (自 平成26年3月1日
                          至 平成26年2月28日)                  至 平成27年2月28日)
                                                    △10円42     銭
     1株当たり純資産額                               12円35銭
                                                     72円04    銭

     1株当たり当期純損失                              326円66銭
      (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、又、潜在株式がないため
          記載しておりません。
        2 「会計方針の変更」に記載のとおり、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に定める経過
          的な取扱いに従っております。この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産額が2円62銭減少しておりま
          す。
        3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                    項目
                                  (平成26年2月28日)             (平成27年2月28日)
           連結貸借対照表の純資産の部の
                            (千円)             86,871            △91,485
           合計額
           普通株式に係る純資産額                 (千円)             86,871            △91,485
           普通株式の発行済株式数                 (千株)              8,415             10,163

           普通株式の自己株式数                 (千株)              1,381             1,381

           1株当たり純資産額の算定に用い
                            (千株)              7,033             8,781
           られた普通株式の数
        4 1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                    項目             (自 平成25年3月1日             (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)             至 平成27年2月28日)
           当期純損失                 (千円)            2,297,722              601,969
           普通株主に帰属しない金額                 (千円)                ―             ―

           普通株式に係る当期純損失                 (千円)            2,297,722              601,969

           普通株式の期中平均株式数                 (千株)              7,033             8,355

       (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 64/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ⑤ 【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                    4,358,202         4,160,628            2.3       ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     139,800         832,732           2.3       ―

     1年以内に返済予定のリース債務                     247,512         239,140           3.0       ─

                                                 平成28年3月31日

     長期借入金(1年以内に返済予定
                         3,292,837         3,116,688            2.1
     のものを除く)
                                                    ~
                                                 平成32年2月29日
                                                 平成28年3月31日
     リース債務(1年以内に返済予定
                          872,261         618,805           3.0
                                                    ~
     のものを除く)
                                                 平成34年12月31日
     その他有利子負債
      割賦購入未払金                     5,363          847          ―      ─
      割賦購入長期未払金                     1,866         1,019           ―  平成30年6月29日
            合計             8,917,843         8,969,860             ―      ―
      (注)   1 「平均利率」については、借入金、リース債務の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内
          における返済予定額は以下のとおりであります。
                      1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

               区分
                        (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
           長期借入金              1,452,093          808,371         365,503         490,721
           リース債務               204,366         162,814         123,888          78,027

           割賦購入長期未払金                 436         436         145          ―

         【資産除去債務明細表】

        明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記載を
       省略しております。
                                 65/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
           (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高              (千円)       8,150,362        16,368,530         23,858,338         31,523,956

     税金等調整前四半期(当

                   (千円)       △138,760         △131,414         △127,347         △592,699
     期)純損失金額(△)
     四半期(当期)純損失金額

                   (千円)       △141,267         △137,659         △138,737         △601,969
     (△)
     1株当たり四半期(当期)

                    (円)        △19.92         △17.35         △16.89         △72.04
     純損失金額(△)
           (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり四半期純利益金
     額又は1株当たり四半期純              (円)        △19.92          0.41        △0.12        △52.75
     損失金額(△)
                                 66/87














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (平成26年2月28日)              (平成27年2月28日)
      資産の部
       流動資産
                                       ※1  642,135           ※1  1,505,656
         現金及び預金
         売掛金                                248,037              243,115
         商品                               1,039,419               899,566
         貯蔵品                                 4,359              2,953
         前渡金                                 6,900              60,600
         前払費用                                150,873              127,328
         未収入金                                463,904              320,631
                                       ※2  183,316            ※2  145,644
         その他
                                         △ 2,000                ―
         貸倒引当金
         流動資産合計                               2,736,947              3,305,496
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1  4,270,572            ※1  3,824,736
           建物
           構築物                              334,728              277,131
           機械及び装置                               25,849              15,276
           車両運搬具                                 0              ―
           工具、器具及び備品                               24,136              19,400
                                      ※1  1,679,009            ※1  1,620,277
           土地
                                        1,177,115               781,108
           リース資産
           有形固定資産合計                             7,511,412              6,537,930
         無形固定資産
           のれん                               13,333               8,333
                                      ※1  1,057,447            ※1  1,029,152
           借地権
           リース資産                               58,513              36,249
                                          12,321              12,222
           電話加入権
           無形固定資産合計                             1,141,615              1,085,956
         投資その他の資産
                                       ※1  538,365            ※1  640,082
           投資有価証券
           関係会社株式                              496,430              496,430
           出資金                               1,632              1,622
                                       ※2  70,324            ※2  66,428
           長期貸付金
           関係会社長期貸付金                               84,450              32,850
           長期前払費用                               4,618              3,101
                                       ※2  494,166            ※2  475,834
           差入保証金
                                       ※2  350,000            ※2  354,195
           建設協力金
           その他                               13,136               9,172
                                         △ 77,200             △ 66,600
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             1,975,925              2,013,116
         固定資産合計                               10,628,953               9,637,004
       資産合計                                13,365,901              12,942,501
                                 67/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成26年2月28日)              (平成27年2月28日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                               1,596,110              1,595,432
                                      ※1  4,498,002            ※1  4,993,360
         短期借入金
                                       ※2  262,310            ※2  255,060
         リース債務
         未払金                                412,124              535,543
         未払費用                                546,233              196,596
         未払法人税等                                 40,000              25,000
         前受金                                  479               ―
         預り金                                115,172              102,468
         前受収益                                 25,037              25,563
         賞与引当金                                   ―            48,000
                                          3,024              34,212
         その他
         流動負債合計                               7,498,495              7,811,237
       固定負債
                                      ※1  3,292,837            ※1  3,116,688
         長期借入金
                                      ※2  1,235,659             ※2  966,180
         リース債務
         繰延税金負債                                 67,817              95,084
         退職給付引当金                                453,872              330,689
         資産除去債務                                347,887              354,641
         長期未払金                                 4,743              3,896
         長期預り金                                194,275              159,878
                                          80,576              16,433
         その他
         固定負債合計                               5,677,668              5,043,493
       負債合計                                 13,176,164              12,854,730
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,097,000              1,286,658
         資本剰余金
                                         819,000             1,008,658
           資本準備金
           資本剰余金合計                               819,000             1,008,658
         利益剰余金
           利益準備金                               156,445              156,445
           その他利益剰余金
             別途積立金                            1,187,000              1,187,000
             繰越利益剰余金                           △ 2,229,431             △ 2,777,983
           利益剰余金合計                              △ 885,986            △ 1,434,538
         自己株式                               △ 887,919             △ 887,919
         株主資本合計                                142,094              △ 27,141
       評価・換算差額等
                                          47,642              114,912
         その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                 47,642              114,912
       純資産合計                                  189,736               87,770
      負債純資産合計                                  13,365,901              12,942,501
                                 68/87





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成26年2月28日)               至 平成27年2月28日)
      売上高                                 36,896,339              31,523,956
                                       28,233,417              24,012,287
      売上原価
      売上総利益                                  8,662,922              7,511,669
      その他の営業収入                                  1,053,124               952,289
      営業総利益                                  9,716,047              8,463,958
                                   ※1 , ※2  9,570,506          ※1 , ※2  8,238,633
      販売費及び一般管理費
      営業利益
                                         145,540              225,324
      営業外収益
                                       ※1  16,076            ※1  15,210
       受取利息及び配当金
                                         28,363              17,304
       その他
       営業外収益合計                                  44,440              32,515
      営業外費用
                                      ※1  216,907            ※1  230,381
       支払利息
                                          9,581              2,591
       その他
       営業外費用合計                                 226,489              232,973
      経常利益又は経常損失(△)                                   △ 36,508              24,866
      特別利益
                                         19,950                 ―
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                  19,950                 ―
      特別損失
       固定資産除却損                                  3,553              48,349
       減損損失                                1,263,424               515,824
                                      ※3  271,398
       事業構造改善費用                                                   ―
                                          6,337                ―
       保険解約損
       特別損失合計                                1,544,714               564,173
      税引前当期純損失(△)                                 △ 1,561,272              △ 539,306
      法人税、住民税及び事業税                                    25,214              16,424
      法人税等調整額                                   670,026              △ 7,179
      法人税等合計                                   695,241               9,245
      当期純損失(△)                                 △ 2,256,514              △ 548,551
                                 69/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       平成25年3月1日 至           平成26年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                 資本金                          その他利益剰余金
                      資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                         別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            1,097,000       819,000      819,000      156,445     1,887,000      △ 630,712     1,412,732
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 42,204     △ 42,204
      当期純損失(△)                                         △ 2,256,514     △ 2,256,514
      別途積立金の取崩                                   △ 700,000      700,000         ―
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計               ―      ―      ―      ―   △ 700,000    △ 1,598,718     △ 2,298,718
     当期末残高            1,097,000       819,000      819,000      156,445     1,187,000     △ 2,229,431      △ 885,986
                   株主資本           評価・換算差額等

                                         純資産合計

                           その他有価証券      評価・換算差額
                自己株式     株主資本合計
                            評価差額金       等合計
     当期首残高            △ 887,902     2,440,829       19,667      19,667     2,460,496

     当期変動額
      剰余金の配当                 △ 42,204                  △ 42,204
      当期純損失(△)                △ 2,256,514                  △ 2,256,514
      別途積立金の取崩
      自己株式の取得             △ 16     △ 16                  △ 16
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                        27,975      27,975      27,975
      額)
     当期変動額合計              △ 16  △ 2,298,735       27,975      27,975    △ 2,270,760
     当期末残高            △ 887,919      142,094       47,642      47,642      189,736
                                 70/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       平成26年3月1日 至           平成27年2月28日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                 資本金                          その他利益剰余金
                      資本準備金     資本剰余金合計       利益準備金                  利益剰余金合計
                                         別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            1,097,000       819,000      819,000      156,445     1,187,000     △ 2,229,431      △ 885,986
     当期変動額
      新株の発行            189,658      189,658      189,658
      当期純損失(△)                                          △ 548,551     △ 548,551
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
     当期変動額合計            189,658      189,658      189,658         ―      ―   △ 548,551     △ 548,551
     当期末残高            1,286,658      1,008,658      1,008,658       156,445     1,187,000     △ 2,777,983     △ 1,434,538
                   株主資本           評価・換算差額等

                                         純資産合計

                           その他有価証券      評価・換算差額
                自己株式     株主資本合計
                            評価差額金       等合計
     当期首残高            △ 887,919      142,094       47,642      47,642      189,736

     当期変動額
      新株の発行                  379,316                   379,316
      当期純損失(△)                 △ 548,551                  △ 548,551
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                        67,269      67,269      67,269
      額)
     当期変動額合計               ―   △ 169,235       67,269      67,269     △ 101,966
     当期末残高            △ 887,919      △ 27,141      114,912      114,912       87,770
                                 71/87










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)

       当事業年度(自 平成26年3月1日 至 平成27年2月28日)
       当社は、第46期において売上高の減少により2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたしました。当
      事業年度におきましては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めましたが、不採算店舗6店舗及び食品セン
      ターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は31,523,956千円(前期比14.6%減)となりました。また、中期経営計画
      に基づく経費の削減により営業利益225,324千円(前期比54.8%増)、経常利益24,866千円(前期は36,508千円の経常
      損失)を計上しましたが、特別損失の計上により当期純損失548,551千円(前期は2,256,514千円)を計上しておりま
      す。
       当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
       当社は、当該状況を解消すべく、中期経営計画に基づき以下の方針を策定し、その実現に取り組んでおります。
       ①生鮮デリカの強化、価値創造企業への転換
         単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生
        鮮部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商
        品の提供を行ってまいります。
       ②事業のフォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
         通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な
        店舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
         人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてま
        いります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
         上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これ
        らにより、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。
       上記の施策を進めることにより、店舗の収益力の強化を図り、経営基盤及び財務基盤の安定化に努めてまいりま

      す。しかしながら、これらの施策を講じても、業績及び資金面での改善を図る上で重要な要素となる売上高の確保は
      外部要因に大きく依存することになるため、当該中期経営計画が計画通り進捗しない可能性もあり、継続企業の前提
      に関する重要な不確実性が認められます。
       なお、財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を財務諸表
      に反映しておりません。
       (重要な会計方針)

     1 有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
       その他有価証券
        時価のあるもの
         期末日の市場価格等に基づく時価法
         (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算出しております)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
                                 72/87




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
       商品
        売価還元法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        ただし、生鮮食料品は最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       貯蔵品
        最終仕入原価法
     3 固定資産の減価償却の方法

       有形固定資産(リース資産除く)……定率法
        ただし、建物(建物附属設備を除く)は定額法
        なお、主要な耐用年数は、以下のとおりであります。
        建物         10年~34年
        構築物         10年~20年
       無形固定資産(リース資産除く)……定額法
       リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
        なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成21年2月28日以前のものについ
       ては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
       長期前払費用……定額法
     4 引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
       は、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金
        従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
      (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当事業年度末に発生し
       ていると認められる額を計上しております。
        過去勤務費用については、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用
       処理しております。
        数理計算上の差異については、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により
       按分した額をそれぞれ発生時の翌事業年度より費用処理しております。
     5 その他財務諸表作成のための重要な事項

       消費税等の会計処理方法
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (表示方法の変更)

      (単体簡素化に伴う財規第127条の適用および注記の免除等に係る表示方法の変更)
       貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、有形固定資産等明細表、引当金明細表については、財務諸表等
      規則第127条第1項に定める様式に基づいて作成しております。
       また、財務諸表等規則第127条第2項に掲げる各号の注記については、各号の会社計算規則に掲げる事項の注記に変
      更しております。
      以下の事項について、記載を省略しております。

       ・財務諸表等規則第8条の6に定めるリース取引に関する注記については、同条第4項により、記載を省略してお
        ります。
       ・財務諸表等規則第8条の28に定める資産除去債務に関する注記については、同条第2項により、記載を省略して
        おります。
                                 73/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ・財務諸表等規則第26条に定める減価償却累計額の注記については、同条第2項により、記載を省略しておりま
        す。
       ・財務諸表等規則第26条の2に定める減価償却累計額に減損損失累計額が含まれている旨の注記については、同条
        第5項により、記載を省略しております。
       ・財務諸表等規則第68条の4に定める1株当たり純資産額の注記については、同条第3項により、記載を省略して
        おります。
       ・財務諸表等規則第95条の3の2に定める減損損失に関する注記については、同条第2項により、記載を省略して
        おります。
       ・財務諸表等規則第95条の5の2に定める1株当たり当期純損益金額に関する注記については、同条第3項によ
        り、記載を省略しております。
       ・財務諸表等規則第107条に定める自己株式に関する注記については、同条第2項により、記載を省略しておりま
        す。
       ・財務諸表等規則第121条第1項第1号に定める有価証券明細表については、同条第3項により、記載を省略してお
        ります。
                                 74/87















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 担保提供資産
       (担保に供している資産)
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
        現金及び預金                          30,000千円               30,000千円
        建物                         3,672,760               3,200,019
        土地                         1,679,009               1,620,277
        借地権                          27,000               27,000
        投資有価証券                          457,478               554,840
        計                         5,866,248               5,432,137
        (上記に対応する債務)
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
        短期借入金(1年内返済予定分を含む)                         4,212,702千円               4,662,060千円
        長期借入金                         3,188,537               3,028,888
        計                         7,401,239               7,690,948
     ※2 関係会社に対する資産及び負債

        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成26年2月28日)               (平成27年2月28日)
         短期金銭債権                          51,600千円               51,600千円
         長期金銭債権                         534,450               482,850
         短期金銭債務                          15,002               16,026
         長期金銭債務                         363,455               347,429
      3 偶発債務

        下記の会社の金融機関からの借入金(建設資金)に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                  前事業年度                         当事業年度
                (平成26年2月28日)                         (平成27年2月28日)
         須高ケーブルテレビ㈱                  701千円       須高ケーブルテレビ㈱                  300千円
         計                  701       計                  300
                                 75/87









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引 
                               前事業年度                 当事業年度
                           (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                            至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
        営業取引高                        13,286千円                 13,286千円
        営業取引以外の取引高                        28,854                 26,928
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。 

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成25年3月1日                 (自 平成26年3月1日
                            至 平成26年2月28日)                 至 平成27年2月28日)
        従業員給与及び賞与                       3,571,077     千円             2,997,581     千円
        賞与引当金繰入額                           ―               48,000
        退職給付費用                        156,273                  91,304
        地代家賃                        926,861                 864,599
        減価償却費                        722,607                 608,529
        おおよその割合

         販売費                          85  %                85  %
         一般管理費                          15                 15
     ※3 事業構造改善費用

        前事業年度(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)
        事業構造改善費用は、主に希望退職者の募集に伴う特別退職金、閉鎖店舗に係る違約金等です。  
       (有価証券関係)

        前事業年度(平成26年2月28日)
         子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式496,430千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、記載しておりません。
        当事業年度(平成27年2月28日)

         子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式496,430千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、記載しておりません。
                                 76/87








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成26年2月28日)                 (平成27年2月28日)
       繰延税金資産
        減損損失                        546,140千円                 522,230千円
        繰越欠損金                        230,577                 514,246
        資産除去債務                        123,467                 125,472
        退職給付引当金                        160,579                 116,998
        商品                        83,991                 79,540
        貸倒引当金                        28,020                 23,563
        賞与引当金                           ―              16,982
        投資有価証券                        15,969                 15,969
        未収入金                        48,116                   ―
                                25,414                 28,082
        その他
        小計
                               1,262,279                 1,443,084
                              △1,262,279                 △1,443,084
        評価性引当額
        繰延税金資産合計
                                   ―                 ―
       繰延税金負債
        リース                        △3,277                 △2,003
        資産除去債務に対応する除去費用                       △57,480                 △51,574
                                △7,060                △41,507
        その他
        繰延税金負債合計                       △67,817                 △95,084
        繰延税金資産(負債)の純額                       △67,817                 △95,084
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

       前事業年度及び当事業年度については、税引前当期純損失を計上しているため記載を省略しております。
     3 法人税の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第10号)が平成26年3月31日に公布され、平成26年4月1日
      以後に開始する事業年度から復興特別法人税が課されないこととなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税
      金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成27年3月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異につい
      ては従来の37.36%から35.38%となります。
       なお、この税率変更による財務諸表への影響は軽微であります。
     4 決算日後の税率変更

       「所得税法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第9号)及び「地方税法等の一部を改正する法律」(平成27
      年法律第2号)が平成27年3月31日に公布され、平成27年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率及び事業税
      率等が変更されることになりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は従来の35.38%から平成28年3月1日
      に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については32.83%に、平成29年3月1日に開始する事業年度以降に
      解消が見込まれる一時差異については、32.06%となります。
       なお、この税率変更による財務諸表への影響は軽微であります。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 77/87

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                                 78/87





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                               (単位:千円)
                                                 減価償却
        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                 累計額
     有形固定資産

                               246,904
      建物            4,270,572       110,154             309,087     3,824,736       8,113,079
                             (246,904)
                                19,899
      構築物             334,728       5,761            43,458     277,131      1,500,255
                               (19,899)
                                3,771
      機械及び装置             25,849         ―           6,801     15,276       97,878
                                (19)
      車両運搬具                0      ―      0      ―      ―       ―
                                3,200
      工具、器具及び備品             24,136       3,430             4,966     19,400      117,773
                               (575)
                                58,732
      土地            1,679,009          ―             ―  1,620,277           ―
                              (58,732)
                               201,812
      リース資産            1,177,115        18,877            213,071      781,108      1,153,028
                             (172,013)
                               534,319
       有形固定資産計           7,511,412       138,222             577,385     6,537,930      10,982,015
                              (498,144)
     無形固定資産
      のれん             13,333         ―      ―    5,000      8,333         ―

                                28,295
      借地権            1,057,447          ―             ―  1,029,152           ―
                              (14,626)
      リース資産             58,513      14,160      12,174      24,250      36,249         ―
                                  99
      その他             12,321         ―             ―   12,222         ―
                                (99)
                                40,568
       無形固定資産計           1,141,615        14,160             29,250    1,085,956           ―
                              (14,725)
      (注)   1 当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。
          減損処理による減少           建物                       246,904千円
                      土地                       58,732千円
                      リース資産                       172,013千円
        2 当期減少額の( )内の金額は、内書にて示しており、当期減損損失であります。
         【引当金明細表】

                                               (単位:千円) 
             区分         当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高
         貸倒引当金                79,200           ―      12,600        66,600

         賞与引当金                   ―      48,000           ―      48,000

                                 79/87






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【主な資産及び負債の内容】
         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)  【その他】

        該当事項はありません。
                                 80/87



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             3月1日から2月末日まで

     定時株主総会             5月中

     基準日             2月末日

                  8月31日
     剰余金の配当の基準日
                  2月末日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所           ―
       買取手数料           株式の売買に係る手数料相当額として別途定める金額

     公告掲載方法             日本経済新聞

     株主に対する特典             なし

      (注)当会社の単元未満株式を有する株主は、以下に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
         (3)募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 81/87












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

        事業年度 第46期(自 平成25年3月1日 至 平成26年2月28日)平成26年5月30日関東財務局長に提出
      (2)  内部統制報告書及びその添付書類

        平成26年5月30日関東財務局長に提出
      (3)  四半期報告書及び確認書

        第47期第1四半期(自 平成26年3月1日 至 平成26年5月31日)平成26年7月9日関東財務局長に提出
        第47期第2四半期(自 平成26年6月1日 至 平成26年8月31日)平成26年10月8日関東財務局長に提出
        第47期第3四半期(自 平成26年9月1日 至 平成26年11月30日)平成27年1月13日関東財務局長に提出
      (4)  臨時報告書

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書
        平成26年5月29日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
       づく臨時報告書
        平成26年6月2日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号及び第19号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
       ローの状況に著しい影響を与える事象の発生)の規定に基づく臨時報告書
        平成26年9月10日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第18号(債権の取立不能又は取立遅延のおそれ)の規定に基づ
       く臨時報告書
        平成27年1月19日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に
       著しい影響を与える事象の発生)の規定に基づく臨時報告書
        平成27年1月19日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表者の異動)の規定に基づく臨時報告書
        平成27年4月16日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に
       著しい影響を与える事象の発生)の規定に基づく臨時報告書
        平成27年4月16日関東財務局長に提出
      (5)  有価証券届出書及びその添付書類

        平成26年5月の第三者割当による新株式の発行に係る有価証券届出書 平成26年5月2日関東財務局長に提出
        平成26年5月の第三者割当による新株式の発行に係る有価証券届出書の訂正届出書 平成26年5月7日関東財務
       局長に提出
        平成26年5月の第三者割当による新株式の発行に係る有価証券届出書の届出の取下げ願い 平成26年5月13日関
       東財務局長に提出
        平成26年5月の第三者割当による新株式の発行に係る有価証券届出書 平成26年5月13日関東財務局長に提出
                                 82/87



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 83/87



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  平成27年5月29日
     株 式 会 社 マ ツ ヤ
      取 締 役 会 御 中
                     新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人

                         指定有限責任社員業
                                    公認会計士 布        施  木 孝    叔
                         務執行社員
                         指定有限責任社員業
                                    公認会計士 飯 畑           史 朗
                         務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら
     れている株式会社マツヤの平成26年3月1日から平成27年2月28日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
     ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
     算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社マツヤ及び連結子会社の平成27年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      継続企業の前提に関する事項に記載されているとおり、会社は、第46期において売上高の減少により2期連続の経常
     損失、3期連続の当期純損失を計上した。当連結会計年度においては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進め
     たが、不採算店舗6店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は31,523,956千円(前期比14.6%減)
     となった。また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益249,180千円(前期比81.6%増)、経常利益2,521千
     円(前期は89,839千円の経常損失)を計上したが、特別損失の計上により当期純損失601,969千円(前期は2,297,722千
     円の当期純損失)を計上し、当連結会計年度末において91,485千円の債務超過の状況となった。当該状況により、継続
     企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
     る。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。連結
                                 84/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
     財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は連結財務諸表に反映されていな
     い。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     <内部統制監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社マツヤの平成2
     7年2月28日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社マツヤが平成27年2月28日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
     の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
      (※)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 85/87







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                  平成27年5月29日

     株 式 会 社 マ ツ ヤ
      取 締 役 会 御 中
                     新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人

                         指定有限責任社員業

                                    公認会計士 布        施  木 孝    叔
                         務執行社員
                         指定有限責任社員業

                                    公認会計士 飯 畑            史 朗
                         務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げら

     れている株式会社マツヤの平成26年3月1日から平成27年2月28日までの第47期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社マツヤの平成27年2月28日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点に
     おいて適正に表示しているものと認める。
     強調事項

      継続企業の前提に関する事項に記載されているとおり、会社は、第46期において売上高の減少により2期連続の経常
     損失、3期連続の当期純損失を計上した。当事業年度においては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めた
     が、不採算店舗6店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は31,523,956千円(前期比14.6%減)と
     なった。また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益225,324千円(前期比54.8%増)、経常利益24,866千円
     (前期は36,508千円の経常損失)を計上したが、特別損失の計上により当期純損失548,551千円(前期は2,256,514千円
     の当期純損失)を計上した。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、
     継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められ
     る理由については当該注記に記載されている。財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不
     確実性の影響は財務諸表に反映されていない。
                                 86/87


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                            有価証券報告書
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

      (※)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 87/87

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。