新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第19期(平成26年7月29日-平成27年1月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第19期(平成26年7月29日-平成27年1月28日)

提出日:

提出者:新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

カテゴリ:有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成27年4月28日        提出
      【計算期間】                      第19特定期間(自        平成26年7月29日至         平成27年1月28日)
      【ファンド名】                      新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)
      【発行者名】                      新光投信株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        後藤 修一
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋一丁目17番10号
      【事務連絡者氏名】                      坂本 久
      【連絡場所】                      東京都中央区日本橋一丁目17番10号
      【電話番号】                      03-3277-1800
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第一部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

       a.ファンドの目的及び基本的性格

          当ファンドは、追加型投信/国内/株式に属し、主としてわが国の株式に実質的に投資
         し、安定した配当等収益の確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行いま
         す。
          当ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類において、以下のように分

         類・区分されます。
     ■商品分類表

                                  投資対象資産
       単位型・追加型              投資対象地域
                                 (収益の源泉)
                                   株  式

                      国 内
         単位型                         債  券
                      海 外            不動産投信

         追加型                         その他資産

                      内 外           (    )
                                   資産複合

     (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。

     ■商品分類の定義

     追加型投信        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の投資信託財産とと
              もに運用されるファンドをいう。
     国内        目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国
              内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     株式        目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株
              式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     ■属性区分表

        投資対象資産            決算頻度        投資対象地域             投資形態
                                  2/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     株式             年1回         グローバル

      一般
      大型株             年2回         日本         ファミリーファンド
      中小型株
                  年4回         北米
     債券
      一般             年6回(隔月)         欧州         ファンド・オブ・ファンズ
      公債
      社債             年12回(毎月)         アジア
      その他債券
      クレジット属性           日々         オセアニア
      (  )
                  その他(  )         中南米
     不動産投信
                           アフリカ
     その他資産
     (投資信託証券                      中近東(中東)
     (株式 一般))
                           エマージング
     資産複合
     (   )
      資産配分固定型
      資産配分変更型
     (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。

     ■属性区分の定義

     その他資産(投資信託証券              投資信託証券への投資を通じて、実質的に株式 一般に投資を行います。
     (株式 一般))
     年4回              目論見書または投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをい
                   う。
     日本              目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を
                   源泉とする旨の記載があるものをいう。
     ファミリー              目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズ
     ファンド              にのみ投資されるものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
     ※当ファンドはファミリーファンド方式で運用します。このため、組み入れている資産を示す「属性

      区分表」の投資対象資産(その他資産(投資信託証券))と、収益の源泉となる資産を示す「商品
      分類表」の投資対象資産(株式)とは異なります。
           商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホー

           ムページ(http://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
                                  3/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ファンドの仕組み

     ■当ファンドの運用は「ファミリーファンド方式」で行います。

      「ファミリーファンド方式」とは、投資者のみなさまからお預かりした資金をベビーファンド
      (当ファンド)としてとりまとめ、その資金の全部または一部をマザーファンドに投資すること
      により、実質的な運用をマザーファンドで行う仕組みです。マザーファンドの損益はベビーファ
      ンドに反映されます。
     



      す。
       b.ファンドの特色

     ■ 新光日本インカム株式マザーファンド(以下「マザーファンド」という場合がありま

      す。)を主要投資対象とし、安定した配当等収益の確保と投資信託財産の中長期的な成
      長を目指して運用を行います。
     ◆当ファンドの運用は「ファミリーファンド方式」で行います。

     ◆わが国の取引所上場株式(上場予定を含みます。)、不動産投資信託受益証券および不動産投資

      法人投資証券(以下総称して「不動産投資信託証券」といいます。)を実質的な主要投資対象と
      します。
     マザーファンド          の運用方針

                                                  ;

      ●予想配当利回りが高いと判断される株式ならびに不動産投資信託証券(REIT)                                             に分散投資し、配当
       収益の確保と中長期的な値上がり益の獲得を目指します。
      ※REITの組入比率は、純資産総額の5%を上限とします。

      ●組入銘柄は、予想配当利回り、配当性向および信用リスクなどの基準(以下「スクリーニング・ガイドラ

       イン」といいます。)を用いて候補銘柄を抽出したのち、業績動向、株価指標ならびに流動性などを総合
       的に勘案して選定します。
      ●運用にあたっては、組入銘柄の入れ替えを抑制した投資姿勢を基本とします。組入銘柄の入れ替えにあ

       たっては、スクリーニング・ガイドラインをはじめとする銘柄選定要因を参照します。
      ※実質的な株式組入比率は高位を基本とします。

     大量の追加設定または換金が発生したとき、市況の急激な変化が予想されるとき、償還の準備に入った

     ときなどならびに残存元本が運用に支障をきたす水準となったときなどやむを得ない事情が発生した場
     合には上記のような運用ができない場合があります。
                                  4/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     主な投資制限

      株式への投資割合                  株式への実質投資割合には制限を設けません。

      不動産投資信託証券への                  不動産投資信託証券への実質投資割合は、投資信託財産の純資産
      投資割合                  総額の5%以下とし、上場または上場予定のものに限ります。
      同一銘柄の株式への投資割合                  同一銘柄の株式への実質投資割合は、取得時において投資信託財
                       産の純資産総額の10%以下とします。
      外貨建資産への投資割合                  外貨建資産への投資は行いません。
     分配方針

     ■原則として、年4回(毎年1月、4月、7月、10月の各月28日。休業日の場合は翌営業

      日。)の決算時に、収益の分配を行います。
     ◆分配対象額の範囲は、繰越分を含めた経費控除後の利子・配当等収益と売買益(評価益を含みま



      す。)などの全額とします。
     ◆毎決算時の分配金額は、利子・配当等収益相当額を基礎として、安定的な収益分配を行うことを
      目指して決定します。ただし、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないことがあります。
     ◆毎年1月および7月の決算時の分配金額は、基準価額水準や市況動向などを勘案して、前記の分
      配金額のほか、分配対象額の範囲内で委託会社が決定する額を付加して分配する場合がありま
      す。
     ◆留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行います。
      ※運用状況により分配金額は変動します。

      
      ん。
     収益分配金に関する留意事項

     ●投資信託の分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配

       金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。なお、分配金の有無や金額は確定
       したものではありません。
     ●分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を


       超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落
       することになります。
       また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありませ
                                  5/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ん。
      分配金は、分配方針に基づき、以下の分配対象額から支払われます。







       ①配当等収益(経費控除後)、②有価証券売買益・評価益(経費控除後)、③分配準備積立金、
       ④収益調整金
      上図のそれぞれのケースにおいて、前期決算日から当期決算日まで保有した場合の損益を見ると、次の

      とおりとなります。
         ケースA:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差                                          0円=     100円
         ケースB:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差                                       ▲50円=       50円
         ケースC:分配金受取額100円+当期決算日と前期決算日との基準価額の差▲200円=                                            ▲100円
      ★A、B、Cのケースにおいては、分配金受取額はすべて同額ですが、基準価額の増減により、投資信

       託の損益状況はそれぞれ異なった結果となっています。このように、投資信託の収益については、分
       配金だけに注目するのではなく、「分配金の受取額」と「投資信託の基準価額の増減額」の合計額で
       ご判断ください。
      上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありませんのでご留意ください。

     ●投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部ないし全部が、実質的には元本の一部払

       い戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の
       値上がりが小さかった場合も同様です。
       普通分配金:個別元本(投資者のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。



       元本払戻金(特別分配金):個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者の個別元本は、元
                      本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
                                  6/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       c.信託金限度額

          委託者は、受託者と合意のうえ、金2,000億円を限度として信託金を追加することができま
         す。
          委託者は、受託者と合意のうえ、上記の限度額を変更することができます。
     (2)【ファンドの沿革】

        平成   17 年6月    24 日     関東財務局長に対して有価証券届出書提出

        平成   17 年7月    29 日     投資信託契約締結、ファンドの設定・運用開始
        平成   19 年3月    14 日     新たな投資対象として「新光日本インカム株式マザーファ
                      ンド」を加える旨の約款変更の届出
     (3)【ファンドの仕組み】

       a.ファンドの仕組み

         ※1 証券投資信託契約











            委託者と受託者との間において「証券投資信託契約(投資信託約款)」を締結してお
           り、委託者および受託者の業務、受益者の権利、受益権、投資信託財産の運用・評価・
                                  7/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定しています。
         ※2 募集・販売等に関する契約
            委託者と販売会社との間において「証券投資信託に関する基本契約」を締結してお
           り、販売会社が行う募集・販売等の取り扱い、収益分配金および償還金の支払い、解約
           の取り扱い等を規定しています。
       b.委託会社の概況
       (イ)資本金の額(平成27年2月末現在)
           資本金の額                          45億2,430万円
           会社が発行する株式総数                           3,000,000株
           発行済株式総数                           1,823,250株
       (ロ)委託会社の沿革
           昭和36年6月            大井証券投資信託委託株式会社設立・免許取得
           昭和44年10月            新和光投信委託株式会社に社名変更
           昭和61年11月            有価証券等に関する投資助言・情報提供業務の認可
           平成8年8月            投資顧問業者の登録
           平成8年12月            投資一任契約にかかる業務の認可
           平成9年11月            投資信託の直接販売業務の認可
           平成10年12月            証券投資信託法の改正に伴う投資信託の証券投資信託委託業のみ
                       なし認可
           平成12年4月            太陽投信委託株式会社と合併し、新光投信株式会社に社名変更
       (ハ)大株主の状況
                                                 (平成27年2月末現在)
             株 主 名                      住 所             持 株 数         持株比率
      みずほ証券株式会社                     東京都千代田区大手町1-5-1                     1,396,362株          76.58%
      株式会社みずほ銀行                     東京都千代田区大手町1-5-5                      182,115         9.98
      株式会社みずほ証券リサーチ&                     東京都中央区日本橋1-17-10                      137,200         7.52
      コンサルティング
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       a.基本方針

          当ファンドは、安定した配当等収益の確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指して運
         用を行います。
       b.運用の方法
       (イ)主要投資対象
           新光日本インカム株式マザーファンド(以下「マザーファンド」といいます。)受益証
          券を主要投資対象とします。
       (ロ)投資態度
          ① 主としてマザーファンドへの投資を通じて、予想配当利回りが高いと判断されるわが
           国の株式ならびに不動産投資信託受益証券および不動産投資法人投資証券(以下総称し
           て「不動産投資信託証券」といいます。)に分散投資し、配当収益の確保と中長期的な
           値上がり益の獲得を目指します。
                                  8/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ② 実質的な株式組入比率は高位を基本とします。ただし信託設定当初や償還に備えた株
           式売却時ならびに収益分配金の支払いに備えるとき、大量の追加設定・解約があったと
           き 等は高位とならないことがあります。
          ③ 資金動向、市場動向等を勘案し、マザーファンドと同様の運用方針に基づき、直接株
           式等の有価証券に投資する場合があります。
          ④ 株式以外の資産(他の投資信託受益証券を通じて投資する場合は、当該他の投資信託
           の投資信託財産に属する株式以外の資産のうち、この投資信託の投資信託財産に属する
           とみなした部分を含みます。)への投資は、原則として投資信託財産総額の50%以下と
           します。ただし、当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の
           急激な変化が予想されるとき、償還の準備に入ったとき等ならびに残存元本が運用に支
           障をきたす水準となったとき等やむを得ない事情が発生した場合には上記のような運用
           ができない場合があります。
       (ハ)主な投資制限
          ① 株式への実質投資割合には制限を設けません。
          ② 不動産投資信託証券への投資は、上場または上場予定のものに限ります。
          ③ 新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において投資信託
           財産の純資産総額の20%以下とします。
          ④ 不動産投資信託証券への実質投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とし
           ます。
          ⑤ 同一銘柄の株式への実質投資割合は、取得時において投資信託財産の純資産総額の
           10%以下とします。
          ⑥ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、投資信託財産
           の純資産総額の5%以下とします。
          ⑦ 同一銘柄の転換社債、ならびに新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の
           財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれ
           ぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の旧商法
           第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債
           型新株予約権付社債」といいます。以下同じ。)への実質投資割合は、投資信託財産の
           純資産総額の10%以下とします。
          ⑧ 外貨建資産への投資は行いません。
     マザーファンドの運用方針

       新光日本インカム株式マザーファンド
       1.基本方針
         この投資信託は、安定した配当等収益の確保と投資信託財産の中長期的な成長を目指して運
        用を行います。
       2.運用方法
       (1)投資対象
          わが国の取引所上場株式(上場予定を含みます。)、不動産投資信託受益証券および不動産投
         資法人投資証券(          以下   総称して「不動産投資信託証券」といいます。)を主要投資対象としま
         す。
       (2)投資態度
         ① 予想配当利回りが高いと判断される株式ならびに不動産投資信託証券に分散投資し、配当収
          益の確保と中長期的な値上がり益の獲得を目指します。
         ② 組入銘柄は、予想配当利回り、配当性向、および信用リスク等の基準(以下「スクリーニン
                                  9/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          グ・ガイドライン」といいます。)を用いて候補銘柄を抽出したのち、業績動向、株価指標、
          ならびに流動性などを総合的に勘案して選定します。
         ③ 運用に当たっては、組入銘柄の入れ替えを抑制した投資姿勢を基本とします。組入銘柄の入
          れ替えに当たっては、スクリーニング・ガイドラインをはじめとする銘柄選定要因を                                              参照   しま
          す。
         ④   株式組入     比率は高位を基本とします。ただし信託設定当初や償還に備えた株式売却時、大量
          の追加設定・解約があったとき等は高位とならないことがあります。
         ⑤ 株式以外の資産への投資は、原則として投資信託財産総額の50%以下とします。ただ
          し、当初設定日直後、大量の追加設定または解約が発生したとき、市況の急激な変化が予
          想されるとき、償還の準備に入ったとき等ならびに残存元本が運用に支障をきたす水準と
          なったとき等やむを得ない事情が発生した場合には上記のような運用ができない場合があ
          ります。
       (3)投資制限
         ① 株式への投資割合には制限を設けません。
         ② 不動産投資信託証券への投資は、上場または上場予定のものに限ります。
         ③ 新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において投資信託財産の
          純資産総額の20%以下とします。
         ④ 不動産投資信託証券への投資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
         ⑤ 同一銘柄の株式への投資割合は、取得時において投資信託財産の純資産総額の10%以下
          とします。
         ⑥ 同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、投資信託財産の純資
          産総額の5%以下とします。
         ⑦ 同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、投資信託
          財産の純資産総額の10%以下とします。
         ⑧ 外貨建資産への投資は行いません。
       3.収益分配方針
         運用による収益は、信託終了時まで投資信託財産中に留保し、期中には分配を行いません。
     (2)【投資対象】

       a.投資の対象とする資産の種類

          当ファンドにおいて投資の対象とする資産(本邦通貨表示のものに限ります。)の種類
         は、次に掲げるものとします。
         1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第
          1項で定めるものをいいます。以下同じ。)
          イ.有価証券
          ロ.デリバティブ取引にかかる権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをい
           い、約款に定めるものに限ります。)
          ハ.金銭債権
          ニ.約束手形
         2.次に掲げる特定資産以外の資産
          イ.為替手形
       b.運用の指図範囲等
       (イ)委託者は、信託金を、主として新光投信株式会社を委託者とし、株式会社りそな銀行を
          受託者として締結された新光日本インカム株式マザーファンド(以下「マザーファンド」
                                 10/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          といいます。)の受益証券ならびに次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定に
          より有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。有価証券は、本邦通貨表示
          の ものに限ります。)に投資することを指図します。また、保有する有価証券(投資信託
          及び投資法人に関する法律施行規則に規定するものに限ります。)をもってマザーファン
          ドの受益証券へ投資することを指図することができます。ただし、私募により発行された
          有価証券(短期社債等を除きます。)に投資することを指図しません。
          1.株券または新株引受権証書
          2.国債証券
          3.地方債証券
          4.特別の法律により法人の発行する債券
          5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離
           型新株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
          6.特定目的会社にかかる特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるもの
           をいいます。)
          7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項
           第6号で定めるものをいいます。)
          8.協同組織金融機関にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定め
           るものをいいます。)
          9.特定目的会社にかかる優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるも
           のをいいます。)
          10.コマーシャル・ペーパー
          11.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同
           じ。)および新株予約権証券
          12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を
           有するもの
          13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定め
           るものをいいます。)
          14.投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品
           取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)
          15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいい
           ます。)
          16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定める
           ものをいい、有価証券にかかるものに限ります。)
          17.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
          18.外国法人が発行する譲渡性預金証書
          19.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行
           信託の受益証券に限ります。)
          20.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発
           行信託の受益証券に表示されるべきもの
          21.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
          なお、第1号の証券または証書、第12号ならびに第17号の証券または証書のうち第1号の
          証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券
          および第12号ならびに第17号の証券または証書のうち第2号から第6号までの証券の性質
          を有するものを以下「公社債」といい、第13号および第14号の証券(新投資口予約権証券
          および投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
                                 11/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (ロ)委託者は、信託金を、上記(イ)に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融
          商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含み
          ま す。)により運用することを指図することができます。
          1.預金
          2.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除
           きます。)
          3.コール・ローン
          4.手形割引市場において売買される手形
          5.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
          6.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
       (ハ)上記(イ)の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への
          対応等、委託者が運用上必要と認めるときには、委託者は、信託金を、上記(ロ)に掲げ
          る金融商品により運用することの指図ができます。
       c.先物
       (イ)委託者は、投資信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、
          わが国の取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げ
          るものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロ
          に掲げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8
          項第3号ハに掲げるものをいいます。)ならびに外国の取引所におけるわが国の有価証券
          にかかるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。なお、選択
          権取引は、オプション取引に含めて取り扱うものとします(以下同じ。)。
          1.先物取引の売り建ておよびコール・オプションの売り付けの指図は、建玉の合計額が、
           ヘッジの対象とする有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の
           範囲内とします。
          2.先物取引の買い建ておよびプット・オプションの売り付けの指図は、建玉の合計額が、
           ヘッジ対象有価証券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引いた額)に投資信託
           財産が限月までに受け取る組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証券ならびに組入
           貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額を限度とし、かつ投資信託財産が限
           月までに受け取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに上記b.(ロ)第
           1号から第4号に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
          3.コール・オプションおよびプット・オプションの買い付けの指図は、全オプション取引
           にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の投資信託財産の純資産総額の5%を上
           回らない範囲内とします。
       (ロ)委託者は、投資信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の取引
          所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外国の取引所におけるわ
          が国の金利にかかるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることが
          できます。
          1.先物取引の売り建ておよびコール・オプションの売り付けの指図は、建玉の合計額が
           ヘッジ対象とする金利商品(投資信託財産が1年以内に受け取る組入有価証券の利払金お
           よび償還金等ならびに上記b.(ロ)第1号から第4号に掲げる金融商品で運用されてい
           るものをいい、以下「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内としま
           す。
          2.先物取引の買い建ておよびプット・オプションの売り付けの指図は、建玉の合計額が、
           投資信託財産が限月までに受け取る組入有価証券にかかる利払金および償還金等ならびに
           上記b.(ロ)第1号から第4号に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
                                 12/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          3.コール・オプションおよびプット・オプションの買い付けの指図は、支払いプレミアム
           額の合計額が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、
           か つ全オプション取引にかかる支払いプレミアム額の合計額が取引時点の投資信託財産の
           純資産総額の5%を上回らない範囲内とします。
       d.スワップ
       (イ)委託者は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動
          リスクを回避するため、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を一定の条
          件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をする
          ことができます。
       (ロ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超え
          ないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについて
          はこの限りではありません。
       (ハ)スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本
          の総額とマザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち投
          資信託財産に属するとみなした額との合計額(以下「スワップ取引の想定元本の合計額」
          といいます。)が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、投資信託
          財産の一部解約等の事由により、上記純資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の
          合計額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやか
          に、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとします。
       (ニ)上記(ハ)において投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信
          託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産
          総額に占める投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて
          得た額をいいます。
       (ホ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額
          で評価するものとします。
       (ヘ)委託者は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受け入れが必要と認めたと
          きは、担保の提供あるいは受け入れの指図を行うものとします。
       e.金利先渡取引
       (イ)委託者は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動
          リスクを回避するため、金利先渡取引を行うことの指図をすることができます。
       (ロ)金利先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えな
          いものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについては
          この限りではありません。
       (ハ)金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本
          の総額とマザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち投
          資信託財産に属するとみなした額との合計額(以下「金利先渡取引の想定元本の合計額」
          といいます。)が、投資信託財産にかかる保有金利商品の時価総額とマザーファンドの投
          資信託財産にかかる保有金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額と
          の合計額(以下「保有金利商品の時価総額の合計額」といいます。)を超えないものとし
          ます。なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、上記保有金利商品の時価総額の合
          計額が減少して、金利先渡取引の想定元本の合計額が当該保有金利商品の時価総額の合計
          額を超えることとなった場合には、委託者は、すみやかに、その超える額に相当する金利
          先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       (ニ)上記(ハ)においてマザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の
          総額のうち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にか
                                 13/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          かる金利先渡取引の想定元本の総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占め
          る投資信託財産に属するマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいい
          ま す。また、マザーファンドの投資信託財産にかかる保有金利商品の時価総額のうち投資
          信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかる保有金利商
          品の時価総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属す
          るマザーファンド受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       (ホ)金利先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額
          で評価するものとします。
       (ヘ)委託者は、金利先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受け入れが必要と認めたと
          きは、担保の提供あるいは受け入れの指図を行うものとします。
     (3)【運用体制】

       a.ファンドの運用体制
        ※上記運用体制は、今後変更になることがあります。








      ●PLAN

       ・運用委員会から権限委嘱された運用会議を運用部署全体(運用部門、運用企画部門、調査部
        門)で開催し、アセットアロケーションの方針等の運用の基本方針を決定します。
       ・運用担当者はこの運用の基本方針を踏まえ、運用計画を作成します。
       ・運用計画は運用調査本部長および副本部長により承認されます。
      ●DO
       ・ファンドマネージャーは承認された運用計画に基づいて指図を行います。
       ・売買の執行・管理はトレーディング部門が行います。
      ●SEE
       ・コンプライアンス・リスク管理部門(20名程度)は日々の運用指図および売買執行について法
        令・諸規則の遵守状況の点検を行い、必要に応じて運用部門を牽制します。
       ・運用企画部門は日々の運用リスク等の管理のほか、投資信託財産のパフォーマンス分析を行い
        ます。
                                 14/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ・コンプライアンス・リスク管理部門およびコンプライアンスオフィサー(1名)は月次で開催
        される審査委員会、コンプライアンス委員会、リスク管理委員会において運用成果、法令・諸
        規 則・約款の遵守状況、運用リスク管理状況等について検証・報告を行います。
       <受託者に対する管理体制>

         投資信託財産の管理業務を通じ、受託者の信託事務の正確性・迅速性、システム対応力等を
        総合的に検証しています。また、受託者より内部統制の整備および運用状況の報告書を受け
        取っています。
       b.運用体制に関する社内規則

          運用に関する社内規則として運用規程・細則および職務権限規程等を設けており、ファン
         ドマネージャーの任務と権限の範囲を明示するほか、各投資対象の取り扱いに関して基準を
         設け、ファンドの商品性に則った適切な運用の実現を図っています。
          また、売買執行、投資信託財産管理および法令遵守チェック等に関する各々の規程・内規
         があります。
     (4)【分配方針】

       a.収益分配は年4回、原則として、1月、4月、7月、                                 10 月の各月     28 日(該当日が休業日の

         場合は翌営業日。)の決算時に以下の方針に基づき収益の分配を行います。
         1.分配対象額の範囲は、繰越分を含めた利子・配当等収益と売買益(評価益を含みま
          す。)等の全額とします。
         2.毎決算時の分配金額は、利子・配当等収益相当額を基礎として、安定的な収益分配を行
          うことを目指して決定します。ただし、分配対象額が少額の場合には、分配を行わないこ
          とがあります。
         3.毎年1月および7月の決算時の分配金額は、基準価額水準や市況動向等を勘案して、前
          記の分配金額のほか、分配対象額の範囲内で委託者が決定する額を付加して分配する場合
          があります。
         4.留保益の運用については、特に制限を設けず、運用の基本方針に基づいた運用を行いま
          す。
       b.投資信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         1.配当金、利子、貸付有価証券にかかる品貸料およびこれらに類する収益から支払利息を
          控除した額(以下「配当等収益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報
          酬にかかる消費税等に相当する金額を控除した後、その残金を受益者に分配することがで
          きます。なお、次期以降の分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立
          てることができます。
         2.売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、
          信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあ
          るときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。
          なお、次期以降の分配にあてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       c.毎計算期末において、投資信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
       d.「分配金受取コース」の受益者の分配金は原則として、決算日から起算して5営業日まで
         に、受益者に支払われます。なお、平成                       19 年1月4日以降においても、時効前の収益分配金
         にかかる収益分配金交付票は、なおその効力を有するものとし、当該収益分配金交付票と引
                                 15/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         き換えに受益者に支払われます。
          「分配金再投資コース」の受益者の分配金は、税金を差し引いた後、別に定める契約に基
         づき、全額再投資されます。
     (5)【投資制限】

       ① 投資信託約款に定める投資制限

       a.株式への投資割合
          株式への実質投資割合には制限を設けません。
       b.新株引受権証券等への投資割合
          委託者は、取得時において投資信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の
         時価総額とマザーファンドの投資信託財産に属する新株引受権証券および新株予約権証券の
         時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額が、投資信託財産の純資産総
         額の100分の20を超えることとなる投資の指図をしません。
          上記において投資信託財産に属するとみなした額とは、投資信託財産に属するマザーファ
         ンドの受益証券の時価総額にマザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める当該資産
         の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。以下同じ。
       c.投資信託証券への投資割合
          委託者は、投資信託財産に属する投資信託証券の時価総額とマザーファンドの投資信託財
         産に属する投資信託証券の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額
         が、投資信託財産の純資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       d.同一銘柄への投資割合
       (イ)委託者は、取得時において投資信託財産に属する同一銘柄の株式時価総額とマザーファ
          ンドの投資信託財産に属する当該株式の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした
          額との合計額が、投資信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図を
          しません。
       (ロ)委託者は、投資信託財産に属する同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券の時
          価総額とマザーファンドの投資信託財産に属する当該新株引受権証券および新株予約権証
          券の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額が、投資信託財産の純
          資産総額の100分の5を超えることとなる投資の指図をしません。
       (ハ)委託者は、投資信託財産に属する同一銘柄の転換社債、ならびに転換社債型新株予約権
          付社債の時価総額とマザーファンドの投資信託財産に属する当該転換社債、ならびに転換
          社債型新株予約権付社債の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額との合計額
          が、投資信託財産の純資産総額の100分の10を超えることとなる投資の指図をしません。
       e.外貨建資産への投資割合
          外貨建資産への投資は行いません。
       f.投資する株式等の範囲
       (イ)委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、わが
          国の取引所に上場されている株式の発行会社の発行するもの、取引所に準ずる市場におい
          て取引されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債
          権者割当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限
          りではありません。
       (ロ)上記(イ)にかかわらず、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目
          論見書等において上場されることが確認できるものについては委託者が投資することを指
          図することができるものとします。
       (ハ)委託者が投資することを指図する不動産投資信託証券は、わが国の取引所に上場または
                                 16/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          上場予定のものに限ります。
       g.信用取引の指図範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付け
          ることの指図をすることができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き
          渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるものとします。
       (ロ)信用取引の指図は、次の各号に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行う
          ことができるものとし、かつ次の各号に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
          1.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
          2.株式分割により取得する株券
          3.有償増資により取得する株券
          4.売出しにより取得する株券
          5.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権
           付社債の新株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
          6.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行
           使、または投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権
           (前号に定めるものを除きます。)の行使により取得可能な株券
       h.私募有価証券等への投資制限
          委託者は、私募により発行された有価証券(短期社債等を除きます。)に投資することを
         指図しません。
       i.有価証券の貸し付けの指図および範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式およ
          び公社債を次の各号の範囲内で貸し付けの指図をすることができます。
          1.株式の貸し付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、投資信託財産で保
           有する株式の時価合計額の50%を超えないものとします。
          2.公社債の貸し付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、投資信
           託財産で保有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       (ロ)上記(イ)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は遅滞なく、その超
          える額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       (ハ)委託者は、有価証券の貸し付けにあたって必要と認めたときは、担保の受け入れの指図
          を行うものとします。
       j.公社債の空売りの指図範囲
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産の計算においてす
          る投資信託財産に属さない公社債を売り付けることの指図をすることができます。なお、
          当該売り付けの決済については、公社債(投資信託財産により借り入れた公社債を含みま
          す。)の引き渡しまたは買い戻しにより行うことの指図をすることができるものとしま
          す。
       (ロ)売り付けの指図は、当該売り付けにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総
          額の範囲内で行うものとします。
       (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の売り付けにかかる公社債の時価
          総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、
          その超える額に相当する売り付けの一部を決済するための指図をするものとします。
       k.公社債の借り入れ
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借り入れの指図をする
          ことができます。なお、当該公社債の借り入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めた
          時は、担保の提供の指図を行うものとします。
                                 17/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (ロ)借り入れの指図は、当該借り入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総
          額の範囲内とします。
       (ハ)投資信託財産の一部解約等の事由により、上記(ロ)の借り入れにかかる公社債の時価
          総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者はすみやかに、
          その超える額に相当する借り入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとしま
          す。
       (ニ)借り入れにかかる品借料は投資信託財産中から支払われます。
       l.資金の借り入れ
       (イ)委託者は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約
          に伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借り入れた資金の返
          済を含みます。)を目的として、資金借り入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)
          の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行わないも
          のとします。
       (ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日
          から投資信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解
          約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もし
          くは受益者への解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入
          金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等
          の売却代金、解約代金および償還金の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、
          借入指図を行う日における投資信託財産の純資産総額の10%を超えないこととします。
       (ハ)借入金の利息は投資信託財産中より支払われます。
       m.受託者の自己または利害関係人等との取引
       (イ)受託者は、受益者の保護に支障を生じることがないものであり、かつ信託業法、投資信
          託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反しない場合には、委託者の指図によ
          り、受託者および受託者の利害関係人、信託業務の委託先およびその利害関係人または受
          託者における他の投資信託財産との間で、約款に定める範囲内での資産への投資を、信託
          業法、投資信託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反しない限り行うことがで
          きます。
       (ロ)上記(イ)の取り扱いは、約款に定める範囲内での委託者の指図による取引についても
          同様とします。
        n.デリバティブ取引等に係る投資制限
          デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところにしたが
         い、合理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       ② 法令に定める投資制限
       a.同一の法人の発行する株式
          委託者は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行うすべての委託者指図型投
         資信託につき投資信託財産として有する当該株式にかかる議決権の総数が、当該株式にかか
         る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信
         託財産をもって取得することを受託者に指図しないものとします。
                                   (投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
     3【投資リスク】

      (1)ファンドのもつリスク

         当ファンドは、株式や不動産投資信託証券など値動きのある証券にマザーファンドを通じて
        または直接投資します。これらの投資対象証券には、主として次のような性質があり、当ファ
                                 18/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ンドの基準価額を変動させる要因となります。
         これらの運用による損益は、すべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者の
        みなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投
        資元本を割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金とは異なります。
       a.株価変動リスク
          株価変動リスクとは、株式市場が国内外の政治、経済、社会情勢の変化、金利動向、発行
         企業の業績・経営状況の変化、市場の需給関係などの影響を受けて下落するリスクをいいま
         す。当ファンドは、株式にマザーファンドを通じてまたは直接投資し、株式の実質組入比率
         を原則として高位に保ちますので、株式市場の動きにより、当ファンドの基準価額は変動し
         ます。一般に株式市場が下落した場合には、その影響を受け当ファンドの基準価額が下落す
         る可能性があります。
       b.投資銘柄集中リスク
          当ファンドが投資対象とするマザーファンドは、予想配当利回りなどに着目して選定した
         銘柄でポートフォリオを構築するため、業種配分などがわが国の株式市場における構成比率
         と大きく異なる場合も想定され、わが国株式市場の全体の動きと当ファンドの基準価額の動
         きが大きく異なる可能性があります。
       c.不動産投資信託証券の価格変動リスク
          当ファンドは、投資信託財産の純資産総額の5%を上限に不動産投資信託証券にマザー
         ファンドを通じてまたは直接投資することができます。不動産投資信託証券は、不動産投資
         信託に対する様々な角度からの市場の評価や市況動向により価格が変動します。一般に、不
         動産市況、不動産に対する課税や規制などの影響により、また不動産投資信託を運営する会
         社の運営の巧拙、財務内容などにより、不動産投資信託証券の価格が変動する可能性があり
         ます。また、不動産投資信託に対する税制や会計制度などの変更により、不動産投資信託証
         券の価格が変動する可能性があります。
       d.信用リスク
          信用リスクとは、当ファンドが、マザーファンドを通じてまたは直接投資する公社債およ
         び短期金融商品の発行体が財政難、経営不振、その他の理由により、利息や償還金をあらか
         じめ決められた条件で支払うことができなくなる(債務不履行)リスクをいいます。一般に
         債務不履行が発生した場合、または予想される場合には、公社債および短期金融商品の価格
         は下落します。また、発行体の格付けの変更に伴い価格が下落するリスクもあります。
          また、当ファンドがマザーファンドを通じてまたは直接投資する株式の発行企業が、業績
         悪化、経営不振あるいは倒産などに陥った場合には、その企業の株式の価値が大きく減少す
         ること、もしくは無くなることがあり、当ファンドの基準価額に大きな影響を及ぼすことが
         あります。これらの影響を受け当ファンドの基準価額が下落する可能性があります。
       e.流動性リスク
          流動性リスクとは、有価証券などを売買しようとする場合、需要または供給が乏しいため
         に、有価証券などを希望する時期に、希望する価格で、希望する数量を売買することができ
         ないリスクをいいます。当ファンドまたはマザーファンドが売買しようとする有価証券など
         の市場規模が小さい場合や取引量が少ない場合、希望する売買が希望する価格でできない可
         能性があります。特に流動性の低い有価証券などを売却する場合には、その影響を受け当
         ファンドの基準価額が下落する可能性があります。
       f.金利変動リスク
          金利変動リスクとは、金利変動により債券価格が変動するリスクをいいます。一般に金利
         が上昇した場合には、債券価格は下落し、当ファンドの基準価額が下落する可能性がありま
         す。
                                 19/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       g.他のベビーファンドの影響
          当ファンドが投資対象とするマザーファンドを同じく投資対象としている他のファンド
         (ベビーファンド)において、設定・解約や資産構成の変更などによりマザーファンドの組
         入有価証券などに売買が生じた場合、その売買による組入有価証券などの価格の変化や売買
         手数料などの負担がマザーファンドの基準価額に影響を及ぼすことがあります。これによ
         り、マザーファンドの基準価額が下落した場合には、その影響を受け当ファンドの基準価額
         が下落する可能性があります。
        h.投資信託に関する一般的なリスクおよびその他の留意点
       (イ)当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリン
          グオフ)の適用はありません。
       (ロ)法令や税制が変更される場合に、投資信託を保有する受益者が不利益を被る可能性があ
          ります。
       (ハ)投資信託財産の状況によっては、目指す運用が行われないことがあります。また、投資
          信託財産の減少の状況によっては、委託者が目的とする運用が困難と判断した場合、安定
          運用に切り替えることがあります。
       (ニ)投資した資産の流動性が低下し、当該資産の売却・換金が困難になる場合などがありま
          す。その結果、投資者の換金請求に伴う資金の手当てに支障が生じる場合などには、換金
          のお申し込みの受付を中止すること、およびすでに受け付けた換金のお申し込みを取り消
          す場合があります。
       (ホ)短期間に相当金額の解約申し込みがあった場合には、解約資金を手当てするために組入
          有価証券を市場実勢より大幅に安い価格で売却せざるを得ないことがあります。この場
          合、基準価額が下落する要因となり、損失を被ることがあります。
       (ヘ)証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変またはその国における天災地
          変、政変、経済事情の変化もしくは政策の変更などの諸事情により閉鎖されることがあり
          ます。これにより当ファンドの運用が影響を被って基準価額の下落につながる可能性があ
          ります。
     (2)リスク管理体制
      パフォーマンスの分析・管理                   : 運用成果を分析し、その結果を審議・検討して

                           その評価を行います。
      運用リスクの管理                   : 投資信託財産の運用リスクの管理およびその管理
                           の現状・適正性を把握し、管理方針を協議、必要
                           に応じ運用部門へ改善指示を行います。
                                 20/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ※上記リスク管理体制は、今後変更になることがあります。








                                 21/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】

















     (1)【申込手数料】

          申込手数料は、取得申込受付日の基準価額に、3.24%(税抜3.0%)を上限として販売会社

         がそれぞれ独自に定める手数料率を乗じて得た金額となります。商品および投資環境の説
                                 22/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         明・情報提供、購入の事務手続きなどの対価として販売会社にお支払いいただきます。当該
         手数料には消費税等(8%)が含まれます。
          手数料について、詳しくは販売会社または下記にお問い合わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          なお、「分配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は無手数料です。
                                       㯿                 㯿
          ファンドの受益権の取得申込者が「償還乗り換え」                               または「償還前乗り換え」                 により
         ファンドの受益権を取得する場合、申込手数料の優遇を受けることができる場合があります。
          ただし、上記の申込手数料の優遇に関しては、優遇制度の取り扱い、優遇の内容、優遇を
         受けるための条件等は販売会社ごとに異なりますので、詳しくは各販売会社でご確認くださ
         い。
         
           託の償還金等をもって、その支払いを行った販売会社でファンドの受益権を取得する場
           合をいいます。
         
           期間内において、当該証券投資信託の一部解約金をもって、その支払いを行った販売会
           社でファンドの受益権を取得する場合をいいます。
     (2)【換金(解約)手数料】

       a.解約時手数料

          ご解約時の手数料はありません。
       b.信託財産留保額
          ご解約時に、解約申込受付日の基準価額に                        0.3  %の率を乗じて得た額が信託財産留保額とし
         て控除されます。
         
          公平を期するため、投資信託を途中解約される受益者にご負担いただくものです。なお、
          これは運用資金の一部として投資信託財産に組み入れられます。
     (3)【信託報酬等】

          日々のファンドの純資産総額に年率1.08%(税抜1.0%)を乗じて得た額とします。

          信託報酬は、毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産から支払われます。
          信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
       <信託報酬の配分>
                                    委託した資金の運用、基準価額の算出など
         委託者            年率0.4%(税抜)
                                    の対価
                                    購入後の情報提供、運用報告書など各種書
         販売会社            年率0.5%(税抜)               類の送付、分配金・償還金・換金代金支払
                                    などの事務手続きなどの対価
                                    運用財産の管理、委託者からの指図の実行
         受託者            年率0.1%(税抜)
                                    などの対価
                                 23/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (4)【その他の手数料等】


       a.投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、監査法人に支払うファンド

         の監査報酬、当該監査報酬にかかる消費税等に相当する金額および受託者の立て替えた立替
         金の利息は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支払われます。
       b.投資信託財産にかかる監査報酬の額は、毎計算期末または信託終了のときに、当該監査報
         酬にかかる消費税等とともに投資信託財産中から支払われます。
       c.証券取引に伴う手数料・税金等、当ファンドの組入有価証券の売買の際に発生する売買委
         託手数料は、投資信託財産が負担します。この他に、売買委託手数料にかかる消費税等およ
         び資産を外国で保管する場合の費用ならびに先物取引・オプション取引等に要する費用につ
         いても投資信託財産が負担します。
       d.「その他の手数料等」については、定率でないもの、定時に見直されるもの、売買条件な
         どに応じて異なるものなどがあるため、当該費用および合計額などを表示することができま
         せん。
       ※手数料などの合計額については、購入金額や保有期間などに応じて異なりますので、表示するこ
       とができません。
     (5)【課税上の取扱い】

       a.個人の受益者の場合

       (イ)収益分配金の取り扱い
           収益分配金のうち課税対象となる普通分配金については、配当所得として課税され、
          20.315    %(所得税      15 %、復興特別所得税           0.315   %および地方税5%)の税率で源泉徴収され
          ます。なお、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。確定申告を行い、総合課税
          (配当控除の適用があります。)・申告分離課税のいずれかを選択することもできます。
          また、特定口座(源泉徴収あり)の利用も可能です。
       (ロ)一部解約金・償還金の取り扱い
           一部解約時および償還時の譲渡益(解約価額または償還価額から取得費(申込手数料
          (税込)を含みます。)を控除した額)については、譲渡所得とみなされ、                                            20.315    %(所
          得税   15 %、復興特別所得税           0.315   %および地方税5%)の税率による申告分離課税が適用さ
          れます。なお、特定口座(源泉徴収あり)の利用も可能です。
       (ハ)損益通算について
           一部解約時、償還時に生じた損失(譲渡損)は、確定申告を行うことにより上場株式等
          の譲渡益および上場株式等の配当所得の金額(申告分離課税を選択したものに限りま
          す。)から差し引くこと(損益通算)ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができ
          ます。一部解約時、償還時に生じた差益(譲渡益)は、上場株式等の譲渡損と損益通算が
          できます。
           また、特定口座(源泉徴収あり)をご利用の場合、その口座内において損益通算を行う
          ことが可能です(申告不要)。
           詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        <少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合>

          少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」は、平成                              26 年1月1日以降の非課税制度です。
                                 24/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          NISAをご利用の場合、毎年、年間                      100  万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託な
          どから生じる配当所得および譲                  渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるのは、満
          20 歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方です。詳
          しくは、販売会社にお問い合わせください。
       b.法人の受益者の場合

          収益分配金のうち課税対象となる普通分配金および一部解約金・償還金の個別元本超過額
         については       15.315    %(所得税       15 %および復興特別所得税              0.315   %)の税率で源泉徴収されま
         す。なお、元本払戻金(特別分配金)は課税されません。
          源泉徴収された所得税は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
          なお、原則として、益金不算入制度の適用が可能です。
       c.個別元本について
       (イ)追加型株式投資信託について、受益者ごとの信託時の受益権の価額等(申込手数料およ
          び当該申込手数料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別
          元本)にあたります。
       (ロ)受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加
          信託を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       (ハ)受益者が同一ファンドの受益権を複数の販売会社で取得する場合については販売会社ご
          とに、個別元本の算出が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一
          ファンドの受益権を取得する場合は当該支店等ごとに、「分配金受取コース」と「分配金
          再投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に、個別元本の算出が行われる場合
          があります。
       (ニ)受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元
          本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本と
          なります。(「元本払戻金(特別分配金)」については、「d.収益分配金の課税につい
          て」をご参照ください。)
       d.収益分配金の課税について
          追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いと
         なる「元本払戻金(特別分配金)」(受益者ごとの元本の一部払い戻しに相当する部分)の
         区分があります。(前述の「収益分配金に関する留意事項」をご参照ください。)
          受益者が収益分配金を受け取る際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個
         別元本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金
         の全額が普通分配金となり、②当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を
         下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益
         分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となります。
          なお、受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個
         別元本から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本
         となります。
          ただし、課税対象となります分配金は普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)に
        関しましては非課税扱いとなります。
        ※上記は平成27年2月末現在のものです。税法が改正された場合等は、上記「(5) 課税上の取

        扱い」の内容が変更される場合があります。税金の取り扱いの詳細については、税務専門家な
        どにご確認されることをお勧めします。
                                 25/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     5【運用状況】

     (1)【投資状況】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

                                                  (平成27年     2月27日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     親投資信託受益証券                       日本                 8,490,528,182              99.67
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  28,012,906             0.32
                  純資産総額                           8,518,541,088             100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     (参考)新光日本インカム株式マザーファンド

                                                  (平成27年     2月27日現在)

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

     株式                       日本                 8,089,829,800              95.27
     投資証券                       日本                  307,332,000             3.61
     現金・預金・その他の資産(負債控除後)                        ―                  93,596,289             1.10
                  純資産総額                           8,490,758,089             100.00
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成27年     2月27日現在)

                                   帳簿価額       帳簿価額       評価額       評価額     投資

                            数量又は
     順位  国/地域     種類        銘柄名                単価       金額       単価       金額    比率
                            額面総額
                                   (円)       (円)       (円)       (円)    (%)
     1  日本   親投資信託    新光日本インカム株式マザーファ              7,389,493,631         1.0615    7,843,947,490         1.1490    8,490,528,182     99.67
          受益証券    ンド
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て

       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別投資比率
                                        (平成27年     2月27日現在)

                                 26/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  種類                     投資比率(%)
              親投資信託受益証券                                   99.67
                  合計                               99.67
     (参考)新光日本インカム株式マザーファンド

     イ.評価額上位銘柄明細

                                                  (平成27年     2月27日現在)

                                   帳簿価額       帳簿価額       評価額       評価額     投資

                            数量又は
     順位  国/地域     種類      銘柄名      業種           単価       金額       単価       金額    比率
                            額面総額
                                   (円)       (円)       (円)       (円)    (%)
     1  日本    株式   クラレ         化学      170,000      1,353.00     230,010,000        1,645.00     279,650,000     3.29
     2  日本    株式   NTTドコモ        情報・通       129,900      1,844.50     239,600,550        2,124.50     275,972,550     3.25
                        信業
     3  日本    株式   三菱マテリアル        非鉄金属       650,000       384.00     249,600,000        412.00     267,800,000     3.15
     ▶  日本    株式   日本電信電話        情報・通       35,500      6,684.00     237,282,000        7,420.00     263,410,000     3.10
                        信業
     5  日本    株式   トヨタ自動車        輸送用機       31,500      6,133.00     193,189,500        8,063.00     253,984,500     2.99
                         器
     6  日本    株式   キヤノン        電気機器       65,300      3,415.00     222,999,500        3,889.00     253,951,700     2.99
     7  日本    株式   三井住友フィナンシャ         銀行業       51,900      4,160.50     215,929,950        4,759.50     247,018,050     2.90
               ルグループ
     8  日本    株式   三菱UFJフィナン         銀行業      315,000       606.80     191,142,000        777.70     244,975,500     2.88
               シャル・グループ
     9  日本    株式   伊藤忠エネクス         卸売業      242,900       754.00     183,146,600        985.00     239,256,500     2.81
     10  日本    株式   日野自動車        輸送用機       130,000      1,436.00     186,680,000        1,822.00     236,860,000     2.78
                         器
     11  日本    株式   ローソン         小売業       30,100      7,790.00     234,479,000        7,820.00     235,382,000     2.77
     12  日本    株式   三井物産         卸売業      140,000      1,654.50     231,630,000        1,662.50     232,750,000     2.74
     13  日本    株式   大東建託         建設業       17,500     12,140.00      212,450,000       12,935.00      226,362,500     2.66
     14  日本    株式   アズビル        電気機器       70,000      2,585.00     180,950,000        3,210.00     224,700,000     2.64
     15  日本    株式   エーザイ         医薬品       35,600      4,329.50     154,130,200        6,242.00     222,215,200     2.61
     16  日本    株式   マックス         機械      157,000      1,145.00     179,765,000        1,393.00     218,701,000     2.57
     17  日本    株式   ソニーフィナンシャル         保険業      120,000      1,683.44     202,013,977        1,812.00     217,440,000     2.56
               ホールディングス
     18  日本    株式   小松製作所         機械      87,000      2,314.00     201,318,000        2,489.50     216,586,500     2.55
     19  日本    株式   日産自動車        輸送用機       169,000      1,034.81     174,884,125        1,264.00     213,616,000     2.51
                         器
     20  日本    株式   積水ハウス         建設業      130,000      1,423.50     185,055,000        1,612.50     209,625,000     2.46
     21  日本    株式   ダイハツ工業        輸送用機       122,000      1,815.00     221,430,000        1,712.00     208,864,000     2.45
                         器
     22  日本    株式   住友金属鉱山        非鉄金属       110,000      1,691.39     186,053,717        1,888.50     207,735,000     2.44
     23  日本    株式   イオンフィナンシャル        その他金       75,000      2,366.00     177,450,000        2,745.00     205,875,000     2.42
               サービス         融業
     24  日本    株式   LIXILグループ        金属製品       70,000      2,310.77     161,753,981        2,850.00     199,500,000     2.34
     25  日本    株式   リコー        電気機器       160,000      1,173.50     187,760,000        1,188.50     190,160,000     2.23
     26  日本    株式   日本たばこ産業         食料品       50,000      3,674.00     183,700,000        3,772.00     188,600,000     2.22
     27  日本    株式   伊藤忠テクノソリュー        情報・通       40,000      4,525.00     181,000,000        4,700.00     188,000,000     2.21
               ションズ         信業
     28  日本    株式   アイシン精機        輸送用機       41,000      3,957.80     162,269,994        4,405.00     180,605,000     2.12
                         器
     29  日本    株式   武田薬品工業         医薬品       28,800      4,709.50     135,633,600        6,123.00     176,342,400     2.07
     30  日本    株式   プレナス         小売業       76,500      2,418.00     184,977,000        2,290.00     175,185,000     2.06
                                 27/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。なお、投資比率は小数第3位以下を切り捨て
       ているため、合計と一致しない場合があります。
     ロ.種類別及び業種別の投資比率
                                        (平成27年     2月27日現在)

                                              投資比率

         種類      国内/外国                 業種
                                               (%)
         株式        国内    建設業                             5.13
                    食料品                             2.22
                    化学                             3.29
                    医薬品                             6.67
                    石油・石炭製品                             3.79
                    ゴム製品                             1.71
                    非鉄金属                             5.60
                    金属製品                             2.34
                    機械                             6.00
                    電気機器                             7.87
                    輸送用機器                             12.88
                    その他製品                             1.81
                    情報・通信業                             8.56
                    卸売業                             8.48
                    小売業                             4.83
                    銀行業                             5.79
                    保険業                             3.92
                    その他金融業                             2.42
                    サービス業                             1.86
       投資証券          ―    ―                             3.61
         合計                                         98.89
     ②【投資不動産物件】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

     該当事項はありません。
     (参考)新光日本インカム株式マザーファンド

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

     該当事項はありません。

                                 28/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (参考)新光日本インカム株式マザーファンド

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

                               純資産総額(円)                1口当たり純資産額(円)

              期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
       第1特定期間末         (平成18年     1月30日)       38,600,739,300         48,145,342,075             1.0111         1.2611
       第2特定期間末         (平成18年     7月28日)       82,188,783,660         82,407,305,680             0.9403         0.9428
       第3特定期間末         (平成19年     1月29日)       74,619,820,483         80,135,818,865             1.0146         1.0896
       第4特定期間末         (平成19年     7月30日)       66,311,988,096         66,479,265,023             0.9911         0.9936
       第5特定期間末         (平成20年     1月28日)       40,890,146,582         41,020,035,116             0.7870         0.7895
       第6特定期間末         (平成20年     7月28日)       34,714,812,160         34,821,027,347             0.8171         0.8196
       第7特定期間末         (平成21年     1月28日)       19,965,735,855         20,071,768,473             0.5649         0.5679
       第8特定期間末         (平成21年     7月28日)       18,094,395,097         18,181,420,361             0.6238         0.6268
       第9特定期間末         (平成22年     1月28日)       14,392,151,334         14,463,592,956             0.6044         0.6074
      第10特定期間末          (平成22年     7月28日)       12,014,976,240         12,075,068,910             0.5998         0.6028
      第11特定期間末          (平成23年     1月28日)       10,811,493,086         10,865,500,804             0.6006         0.6036
      第12特定期間末          (平成23年     7月28日)       9,044,885,156         9,092,696,877            0.5675         0.5705
      第13特定期間末          (平成24年     1月30日)       7,717,745,403         7,760,880,278            0.5368         0.5398
      第14特定期間末          (平成24年     7月30日)       7,108,282,974         7,148,529,436            0.5299         0.5329
      第15特定期間末          (平成25年     1月28日)       7,580,145,603         7,615,985,122            0.6345         0.6375
      第16特定期間末          (平成25年     7月29日)       8,557,891,849         8,592,717,258            0.7372         0.7402
      第17特定期間末          (平成26年     1月28日)       8,257,406,274         8,290,049,644            0.7589         0.7619
      第18特定期間末          (平成26年     7月28日)       8,374,943,959         8,405,075,769            0.8338         0.8368
      第19特定期間末          (平成27年     1月28日)       8,133,800,441         8,161,608,142            0.8775         0.8805
                 平成26年     2月末日       8,374,463,054               ―      0.7724           ―
                     3月末日       8,364,671,070               ―      0.7779           ―
                     4月末日       8,103,281,321               ―      0.7615           ―
                     5月末日       8,327,204,889               ―      0.7912           ―
                     6月末日       8,358,160,339               ―      0.8256           ―
                     7月末日       8,392,877,494               ―      0.8365           ―
                     8月末日       8,326,051,702               ―      0.8306           ―
                     9月末日       8,246,369,456               ―      0.8518           ―
                     10月末日            8,045,857,548               ―      0.8408           ―
                     11月末日            8,291,040,201               ―      0.8762           ―
                                 29/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     12月末日            8,182,546,927               ―      0.8769           ―
                 平成27年     1月末日       8,059,461,959               ―      0.8698           ―
                     2月末日       8,518,541,088               ―      0.9485           ―
     ②【分配の推移】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

          期                   計算期間                  1口当たりの分配金(円)

        第1特定期間         平成17年     7月29日~平成18年         1月30日                            0.2500
        第2特定期間         平成18年     1月31日~平成18年         7月28日                            0.0050
        第3特定期間         平成18年     7月29日~平成19年         1月29日                            0.0775
        第4特定期間         平成19年     1月30日~平成19年         7月30日                            0.0050
        第5特定期間         平成19年     7月31日~平成20年         1月28日                            0.0050
        第6特定期間         平成20年     1月29日~平成20年         7月28日                            0.0050
        第7特定期間         平成20年     7月29日~平成21年         1月28日                            0.0060
        第8特定期間         平成21年     1月29日~平成21年         7月28日                            0.0060
        第9特定期間         平成21年     7月29日~平成22年         1月28日                            0.0060
        第10特定期間         平成22年     1月29日~平成22年         7月28日                            0.0060
        第11特定期間         平成22年     7月29日~平成23年         1月28日                            0.0060
        第12特定期間         平成23年     1月29日~平成23年         7月28日                            0.0060
        第13特定期間         平成23年     7月29日~平成24年         1月30日                            0.0060
        第14特定期間         平成24年     1月31日~平成24年         7月30日                            0.0060
        第15特定期間         平成24年     7月31日~平成25年         1月28日                            0.0060
        第16特定期間         平成25年     1月29日~平成25年         7月29日                            0.0060
        第17特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月28日                            0.0060
        第18特定期間         平成26年     1月29日~平成26年         7月28日                            0.0060
        第19特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月28日                            0.0060
     (注)各特定期間中の分配金の合計額を表示しています。

     ③【収益率の推移】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

          期                   計算期間                     収益率(%)

        第1特定期間         平成17年     7月29日~平成18年         1月30日                             26.1
        第2特定期間         平成18年     1月31日~平成18年         7月28日                            △6.5
        第3特定期間         平成18年     7月29日~平成19年         1月29日                             16.1
        第4特定期間         平成19年     1月30日~平成19年         7月30日                            △1.8
        第5特定期間         平成19年     7月31日~平成20年         1月28日                            △20.1
        第6特定期間         平成20年     1月29日~平成20年         7月28日                             4.5
                                 30/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        第7特定期間         平成20年     7月29日~平成21年         1月28日                            △30.1
        第8特定期間         平成21年     1月29日~平成21年         7月28日                             11.5
        第9特定期間         平成21年     7月29日~平成22年         1月28日                            △2.1
        第10特定期間         平成22年     1月29日~平成22年         7月28日                             0.2
        第11特定期間         平成22年     7月29日~平成23年         1月28日                             1.1
        第12特定期間         平成23年     1月29日~平成23年         7月28日                            △4.5
        第13特定期間         平成23年     7月29日~平成24年         1月30日                            △4.4
        第14特定期間         平成24年     1月31日~平成24年         7月30日                            △0.2
        第15特定期間         平成24年     7月31日~平成25年         1月28日                             20.9
        第16特定期間         平成25年     1月29日~平成25年         7月29日                             17.1
        第17特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月28日                             3.8
        第18特定期間         平成26年     1月29日~平成26年         7月28日                             10.7
        第19特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月28日                             6.0
     (注)収益率は各特定期間における騰落率を表示しており、当該特定期間中の分配金合計額を加算して計算しています。

     (4)【設定及び解約の実績】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

          期               計算期間               設定口数(口)            解約口数(口)

        第1特定期間         平成17年     7月29日~平成18年         1月30日           40,620,641,297            2,442,230,196
        第2特定期間         平成18年     1月31日~平成18年         7月28日           54,279,291,407            5,048,894,334
        第3特定期間         平成18年     7月29日~平成19年         1月29日            7,828,888,585           21,691,051,656
        第4特定期間         平成19年     1月30日~平成19年         7月30日           10,448,275,081            17,084,149,167
        第5特定期間         平成19年     7月31日~平成20年         1月28日            2,160,257,780           17,115,615,039
        第6特定期間         平成20年     1月29日~平成20年         7月28日            1,129,873,883           10,599,212,675
        第7特定期間         平成20年     7月29日~平成21年         1月28日             782,683,771           7,924,552,468
        第8特定期間         平成21年     1月29日~平成21年         7月28日             229,565,911           6,565,350,717
        第9特定期間         平成21年     7月29日~平成22年         1月28日             191,061,890           5,385,609,254
        第10特定期間         平成22年     1月29日~平成22年         7月28日             316,191,322           4,099,175,375
        第11特定期間         平成22年     7月29日~平成23年         1月28日             284,487,906           2,312,805,082
        第12特定期間         平成23年     1月29日~平成23年         7月28日             75,937,183          2,141,269,560
        第13特定期間         平成23年     7月29日~平成24年         1月30日             52,134,049          1,611,082,772
        第14特定期間         平成24年     1月31日~平成24年         7月30日             268,481,127           1,231,285,330
        第15特定期間         平成24年     7月31日~平成25年         1月28日             12,691,460          1,481,672,386
        第16特定期間         平成25年     1月29日~平成25年         7月29日             258,769,066            596,805,927
        第17特定期間         平成25年     7月30日~平成26年         1月28日             262,094,033            989,440,334
        第18特定期間         平成26年     1月29日~平成26年         7月28日             50,597,738           887,784,452
        第19特定期間         平成26年     7月29日~平成27年         1月28日             201,165,624            975,868,611
     (注)第1特定期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

                                 31/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ≪参考情報≫

     第2【管理及び運営】

















     1【申込(販売)手続等】

                                 32/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (イ)取得申込者は、「分配金受取コース」および「分配金再投資コース」について、販売会社
         ごとに定める申込単位で、取得申込受付日の基準価額で購入することができます。ただし、
         「分   配金再投資コース」で収益分配金を再投資する場合は1口単位となります。
          取得申込者は、販売会社に取引口座を開設のうえ、申込金額に手数料および当該手数料に
         かかる消費税等を加算した金額を販売会社が指定する期日までに支払うものとします。
      (ロ)「分配金再投資コース」での取得申込者は販売会社との間で「新光日本インカム株式ファ
         ンド(3ヵ月決算型)自動継続投資約款」(別の名称で同様の権利義務を規定する約款を含
         みます。)にしたがって契約(以下「別に定める契約」といいます。)を締結します。
      (ハ)取得申し込みの受付は、原則として営業日の午後3時までとし、当該受付時間を過ぎた場
         合の申込受付日は翌営業日となります。ただし、受付時間は販売会社によって異なる場合が
         あります。
     2【換金(解約)手続等】

        一部解約(解約請求によるご解約)

      (イ)受益者は、「分配金受取コース」、「分配金再投資コース」の両コースとも、1口単位で
         一部解約の実行を請求することができます。
          なお、受付は原則として営業日の午後3時までとし、当該受付時間を過ぎた場合の申込受
         付日は翌営業日となります。ただし、受付時間は販売会社によって異なる場合があります。
          また、投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の解約請求に制限を設ける場合が
         あります。
         㭎ઊᠰ溉ѓ塏䴰漰ƉѦ䈰湧O乵㎏뱓塏䴰朰䈰訰ƌ꥘᩹㸰欰蠰挰晵瀰樰識㑔࠰䰰䈰訰
          す。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      (ロ)受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行う
         ものとします。
         㭞獢   18 年 12 月 29 日時点での保護預かりをご利用の方の受益証券は、原則として一括して全
          て振替受益権へ移行しました。受益証券をお手許で保有されている方で、平成                                             19 年1月4
          日以降も引き続き保有された場合は、解約のお申し込みに際して、個別に振替受益権とす
          るための所要の手続きが必要であり、この手続きには時間を要しますので、ご留意くださ
          い。
      (ハ)委託者は、一部解約の実行の請求を受け付けた場合には、この投資信託契約の一部を解約
         します。また、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座において当該口数の減少の記載ま
         たは記録が行われます。
      (ニ)一部解約の価額は、一部解約の実行の請求受付日の基準価額から当該基準価額に                                                  0.3  %の率
         を乗じて得た額を信託財産留保額として控除した価額とします。
          一部解約に関して課税対象者にかかる所得税および地方税(法人の受益者の場合は所得税
         のみ)に相当する金額が控除されます。
          なお、一部解約の価額は、毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合
         わせください。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
         
          ( http://www.shinkoto            u shin.co.jp/       )または、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞
          朝刊に掲載されます。また、お問い合わせいただけます基準価額および一部解約の価額
          は、前日以前のものとなります。
                                 33/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (ホ)一部解約金は、受益者の請求を受け付けた日から起算して、原則として、5営業日目から
         販売会社において受益者に支払われます。
      (ヘ)委託者は、          取引所    における取引の停止その他やむを得ない事情があるときは、一部解約の
         実行の請求の受付を中止することができます。
      (ト)上記(ヘ)により、一部解約の実行の請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受
         付中止以前に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一
         部解約の実行の請求を撤回しない場合には、一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後
         の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受け付けたものとして、上記(ニ)の
         規定に準じて計算された価額とします。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

          基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券

         を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た
         投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)
         を、計算日における受益権口数で除した金額をいいます。
          基準価額は、毎営業日に算出されますので、販売会社または下記にお問い合わせくださ
         い。
                        新光投信株式会社 ヘルプデスク
                        フリーダイヤル 0120-104-694
                   (受付時間は営業日の午前9時~午後5時です。)
                         インターネットホームページ
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
           
           問い合わせいただけます基準価額は、前日以前のものとなります。
          当ファンドの主な投資対象の評価方法は以下のとおりです。

             投資対象                        評価方法
          親投資信託受益証券             原則として基準価額計算日の基準価額で評価
               株式         原則として基準価額計算日の取引所の最終相場で評価
          不動産投資信託証券             原則として基準価額計算日の取引所の最終相場で評価
     (2)【保管】

          該当事項はありません。

     (3)【信託期間】

          当ファンド      の信託期間は、投資信託契約締結日から平成32年7月28日までとします。

          委託者は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受
         託者と協議のうえ、信託期間を延長することができます。
     (4)【計算期間】

          当ファンドの計算期間は、原則として毎年1月                           29 日から4月      28 日まで、4月        29 日から7月

         28 日まで、7月        29 日から    10 月 28 日まで、     10 月 29 日から翌年1月         28 日までとします。
                                 34/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          上記にかかわらず、上記の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」と
         いいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日以降の営業日で該当日に最も近い
         日 とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終
         了日は、約款に定める信託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

       a.信託の終了(投資信託契約の解約)

       (イ)委託者は、投資信託契約の一部を解約することにより、受益権の口数が10億口を下回る
          こととなった場合には、受託者と合意のうえ、この投資信託契約を解約し、信託を終了さ
          せることができます。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を
          監督官庁に届け出ます。
           委託者は、上記の規定によりこの投資信託契約を解約しようとするときは、約款第54条
          第2項から第6項の規定にしたがいます。
       (ロ)委託者は、信託終了前に、この投資信託契約を解約することが受益者のため有利である
          と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この投
          資信託契約を解約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託者は、
          あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
           委託者は、上記の事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、そ
          の旨を記載した書面をこの投資信託契約にかかる知られたる受益者に対して交付します。
          ただし、この投資信託契約にかかる全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則と
          して、公告を行いません。
           上記の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異
          議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
           上記の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
          を超えるときは、投資信託契約の解約をしません。
           委託者は、上記の規定により、この投資信託契約の解約をしないこととしたときは、解
          約しない旨およびその理由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受
          益者に対して交付します。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則と
          して、公告を行いません。
           約款第54条第3項から第5項までの規定は、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを
          得ない事情が生じている場合であって、一定の期間が一月を下らずにその公告および書面
          の交付を行うことが困難な場合には適用しません。
       (ハ)委託者は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にし
          たがい、投資信託契約を解約し信託を終了させます。
       (ニ)委託者が監督官庁より登録の取り消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止し
          たときは、委託者は、この投資信託契約を解約し、信託を終了させます。
           上記の規定にかかわらず、監督官庁がこの投資信託契約に関する委託者の業務を他の委
          託者に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、約款第59条第4項に該当する場合を除
          き、当該委託者と受託者との間において存続します。
       (ホ)受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任
          務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託者または受益者は、裁判所に受
          託者の解任を請求することができます。受託者が辞任した場合、または裁判所が受託者を
          解任した場合、委託者は、下記「b.投資信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託者
          を選任します。
           委託者が新受託者を選任できないときは、委託者は投資信託契約を解約し、信託を終了
                                 35/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          させます。
       b.投資信託約款の変更
       (イ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したと
          きは、受託者と合意のうえ、この投資信託約款を変更することができるものとし、あらか
          じめ、変更しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
           委託者は、上記の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変更
          しようとする旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの投資
          信託約款にかかる知られたる受益者に対して交付します。ただし、この投資信託約款にか
          かる全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
           上記の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異
          議を述べるべき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
           上記の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一
          を超えるときは、投資信託約款の変更をしません。
           委託者は、当該投資信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およびそ
          の理由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付し
          ます。ただし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いま
          せん。
       (ロ)委託者は、監督官庁の命令に基づいてこの投資信託約款を変更しようとするときは、上
          記(イ)の規定にしたがいます。
       c.異議申し立ておよび受益権の買取請求
          投資信託契約の解約または投資信託約款の変更でその内容が重大な場合において、一定の
         期間内に委託者に対して異議を述べた受益者は、受託者に対し、自己に帰属する受益権を、
         投資信託財産をもって買い取るべき旨を請求することができます。
          上記の買取請求に関する手続きについては、上記「a.信託の終了」または「b.投資信
         託約款の変更」で規定する公告または書面に記載します。
       d.運用報告書
          委託者は、毎年1月、7月の決算時および償還時に交付運用報告書を作成し、知れている受
         益者に対し、販売会社を通じて交付します。
          運用報告書(全体版)は、下記「e.公告」に記載の委託者のホームページにおいて開示
         します。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には、これを
         交付します。
       e.公告
          委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載し
         ます。
                       http://www.shinkotoushin.co.jp/
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場
         合の公告は、日本経済新聞に掲載します。
       f.委託者の事業の譲渡および承継に伴う取り扱い
          委託者は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この投資信託契約
         に関する事業を譲渡することがあります。
          委託者は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この
         投資信託契約に関する事業を承継させることがあります。
       g.信託事務処理の再信託
       (イ)受託者は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について日本トラスティ・サービ
          ス信託銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合に
                                 36/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          は、再信託にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行います。
       (ロ)上記(イ)における日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社に対する業務の委託に
          ついては、受益者の保護に支障を生じることがない場合に行うものとします。
       h.信託業務の委託等
       (イ)受託者は、委託者と協議のうえ、信託業務の一部について、信託業法第22条第1項に定
          める信託業務の委託をするときは、以下に掲げる基準のすべてに適合するもの(受託者の
          利害関係人を含みます。)を委託先として選定します。
          1.委託先の信用力に照らし、継続的に委託業務の遂行に懸念がないこと
          2.委託先の委託業務にかかる実績等に照らし、委託業務を確実に処理する能力があると
           認められること
          3.委託される投資信託財産に属する財産と自己の固有財産その他の財産とを区分する等
           の管理を行う体制が整備されていること
          4.内部管理に関する業務を適正に遂行するための体制が整備されていること
       (ロ)受託者は、上記(イ)に定める委託先の選定にあたっては、当該委託先が上記(イ)各
          号に掲げる基準に適合していることを確認するものとします。
       (ハ)上記(イ)および(ロ)にかかわらず、受託者は、次の各号に掲げる業務(裁量性のな
          いものに限ります。)を、受託者および委託者が適当と認める者(受託者の利害関係人を
          含みます。)に委託することができるものとします。
          1.投資信託財産の保存にかかる業務
          2.投資信託財産の性質を変えない範囲内において、その利用または改良を目的とする業
           務
          3.委託者のみの指図により投資信託財産の処分およびその他の信託の目的の達成のため
           に必要な行為にかかる業務
          4.受託者が行う業務の遂行にとって補助的な機能を有する行為
       i.関係法人との契約の更改
          委託者と販売会社との間において締結している「証券投資信託に関する基本契約」の有効
         期間は契約の締結日から1年ですが、期間満了前に委託者、販売会社いずれからも別段の意
         思表示のないときは自動的に1年間更新されるものとし、その後も同様とします。
     4【受益者の権利等】

       a.収益分配金請求権

          収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日(原則として決算日
         から起算して5営業日まで)に受益者に支払います。なお、平成19年1月4日以降において
         も、時効前の収益分配金にかかる収益分配金交付票は、なおその効力を有するものとし、当
         該収益分配金交付票と引き換えに受益者に支払います。
          受益者が、収益分配金について、支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、
         その権利を失い、受託者から交付を受けた金銭は、委託者に帰属します。
          上記にかかわらず、「分配金再投資コース」の受益者の収益分配金は、原則として毎計算
         期間終了日の翌営業日に再投資されます。
       b.一部解約請求権
          受益者は、一部解約の実行を請求することができます。
          一部解約金は、受益者の請求を受け付けた日から起算して、原則として、5営業日目から
         販売会社において受益者に支払います。
       c.償還金請求権
          償還金は信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日(原則として償還日から起算して
                                 37/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         5営業日まで)に受益者に支払います。また、受益証券を保有している受益者に対しては、
         償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日から受益証券と引き換えに当該受
         益 者に支払います。
          受益者が、信託終了による償還金について、支払開始日から10年間その支払いを請求しな
         いときは、その権利を失い、受託者から交付を受けた金銭は、委託者に帰属します。
                                 38/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     ( 1 ) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                                                     38

        年大蔵省令第59         号)   並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
        則」(平成12年総理府令第133                 号)   (以下「投資信託財産計算規則」という。)                         に基づいて作成
        しております。
         なお    、 財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     ( 2 ) 当ファンドの計算期間は                6 ヵ月未満であるため、財務諸表は                   6 ヵ月毎に作成しております。

     ( 3 ) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第19期特定期間(平成26年

        7月29日から平成27年             1月28日まで)        の財務諸表について、新日本有限責任監査法人による監査
        を受けております          。
     1【財務諸表】

                                 39/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                  第18期特定期間末               第19期特定期間末
                                 平成26年     7月28日現在           平成27年     1月28日現在
      資産の部
       流動資産
                                        163,246,594               100,246,405
        コール・ローン
                                       8,261,772,997               8,060,574,415
        親投資信託受益証券
                                        25,000,000               40,500,000
        未収入金
                                            185               126
        未収利息
                                       8,450,019,776               8,201,320,946
        流動資産合計
                                       8,450,019,776               8,201,320,946
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        30,131,810               27,807,701
        未払収益分配金
                                        22,483,603               17,457,441
        未払解約金
        未払受託者報酬                                2,235,384               2,214,954
                                        20,118,423               19,934,560
        未払委託者報酬
                                          106,597               105,849
        その他未払費用
                                        75,075,817               67,520,505
        流動負債合計
                                        75,075,817               67,520,505
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      10,043,936,765                9,269,233,778
        元本
        剰余金
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                            △ 1,668,992,806              △ 1,135,433,337
                                        481,742,106               469,776,409
          (分配準備積立金)
                                       8,374,943,959               8,133,800,441
        元本等合計
                                       8,374,943,959               8,133,800,441
       純資産合計
                                       8,450,019,776               8,201,320,946
      負債純資産合計
                                 40/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  第18期特定期間               第19期特定期間
                                 自 平成26年       1月29日         自 平成26年       7月29日
                                 至 平成26年       7月28日         至 平成27年       1月28日
      営業収益
                                          31,909               29,855
       受取利息
                                        886,809,880               514,301,418
       有価証券売買等損益
                                        886,841,789               514,331,273
       営業収益合計
      営業費用
                                         4,382,303               4,429,636
       受託者報酬
                                        39,440,661               39,866,621
       委託者報酬
                                          198,870               211,681
       その他費用
                                        44,021,834               44,507,938
       営業費用合計
                                        842,819,955               469,823,335
      営業利益
                                        842,819,955               469,823,335
      経常利益
                                        842,819,955               469,823,335
      当期純利益
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額                                   29,253,415               27,618,998
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                △ 2,623,717,205              △ 1,668,992,806
                                        214,916,356               180,107,521
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        214,916,356               180,107,521
       額
                                        11,694,721               32,178,290
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        11,694,721               32,178,290
       額
                                        62,063,776               56,574,099
      分配金
                                      △ 1,668,992,806              △ 1,135,433,337
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 41/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                       第19期特定期間

                     区分                自  平成26年     7月29日
                                     至  平成27年     1月28日
     有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                       移動平均法に基づき、時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しておりま
                       す。
     (貸借対照表に関する注記)

               第18期特定期間末                            第19期特定期間末

              平成26年     7月28日現在                        平成27年     1月28日現在
     1.   特定期間末日における受益権の総数                          1.   特定期間末日における受益権の総数
                         10,043,936,765口                             9,269,233,778口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 1,668,992,806円                            元本の欠損 1,135,433,337円
     3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額                          3.   特定期間末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.8338円        1口当たり純資産額                     0.8775円
        (1万口当たり純資産額)                    (8,338円)        (1万口当たり純資産額)                    (8,775円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                          第18期特定期間                     第19期特定期間

          区分              自  平成26年     1月29日               自  平成26年     7月29日
                        至  平成26年     7月28日               至  平成27年     1月28日
     分配金の計算過程              第34期(自 平成26年           1月29日 至 平成26           第36期(自 平成26年           7月29日 至 平成26
                  年  4月28日)                    年10月28日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (68,878,583円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (85,284,481円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(76,264,537円)及び
                  款に定める収益調整金(78,959,451円)及び
                                        分配準備積立金(456,570,991円)より分配対
                  分配準備積立金(473,092,126円)より分配対
                                        象収益は601,714,111円(1万口当たり627.50
                  象収益は637,336,058円(1万口当たり598.76
                                        円)であり、うち28,766,398円(1万口当たり
                  円)であり、うち31,931,966円(1万口当たり
                                        30円)を分配しております。
                  30円)を分配しております。
                                 42/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                  第35期(自 平成26年           4月29日 至 平成26           第37期(自 平成26年10月29日 至 平成27
                                        年  1月28日)
                  年  7月28日)
                                        計算期間末における費用控除後の配当等収益
                  計算期間末における費用控除後の配当等収益
                                        (22,094,281円)、費用控除後、繰越欠損金
                  (14,858,934円)、費用控除後、繰越欠損金
                                        補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                  補填後の有価証券売買等損益(0円)、信託約
                                        款に定める収益調整金(78,825,248円)及び
                  款に定める収益調整金(74,999,360円)及び
                                        分配準備積立金(475,489,829円)より分配対
                  分配準備積立金(497,014,982円)より分配対
                                        象収益は576,409,358円(1万口当たり621.84
                  象収益は586,873,276円(1万口当たり584.29
                                        円)であり、うち27,807,701円(1万口当たり
                  円)であり、うち30,131,810円(1万口当たり
                                        30円)を分配しております。
                  30円)を分配しております。
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                             第18期特定期間                   第19期特定期間

                     区分       自  平成26年     1月29日             自  平成26年     7月29日
                            至  平成26年     7月28日             至  平成27年     1月28日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       親投資信託受益証券であり、株価変動リ
                       スク、価格変動リスク等の市場リスク、
                       信用リスク及び流動性リスクを有してお
                       ります。
                                 43/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

               第18期特定期間末                            第19期特定期間末

              平成26年     7月28日現在                        平成27年     1月28日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 同左
     親投資信託受益証券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                             第18期特定期間                   第19期特定期間

                            自  平成26年     1月29日             自  平成26年     7月29日
                            至  平成26年     7月28日             至  平成27年     1月28日
                                 44/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                                第18期特定期間末                 第19期特定期間末

               区分
                               平成26年     7月28日現在            平成27年     1月28日現在
     期首元本額                               10,881,123,479円                 10,043,936,765円
     期中追加設定元本額                                 50,597,738円                 201,165,624円
     期中一部解約元本額                                 887,784,452円                 975,868,611円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                          第18期特定期間末                     第19期特定期間末

                         平成26年     7月28日現在                平成27年     1月28日現在
           種類
                      当特定期間の損益に含まれた評価差額                     当特定期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
        親投資信託受益証券                           792,133,812                     807,196,476

           合計                        792,133,812                     807,196,476

     3 デリバティブ取引等関係

     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     (4)【附属明細表】


     第1 有価証券明細表

      (1)株式
     該当事項はありません。

      (2)株式以外の有価証券

                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     親投資信託受益        新光日本インカム株式マザーファンド                           7,593,569,869            8,060,574,415
     証券
                    合計                    7,593,569,869            8,060,574,415
     (注)券面総額欄の数値は、口数を表示しております。

                                 45/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

     (参考)


       当ファンドは、「          新光日本インカム株式マザーファンド                    」受益証券を主要投資対象としており、貸借対照
      表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同ファンドの受益証券であります。
       なお、     以下に記載した情報は監査の対象外であります。
     新光日本インカム株式マザーファンド

     貸借対照表

                                                      (単位:円)
                                 平成26年     7月28日現在           平成27年     1月28日現在
      資産の部
       流動資産
        コール・ローン                               203,534,150               250,434,485
        株式                              7,668,891,500               7,522,099,500
        投資証券                               338,135,000               308,058,000
        未収入金                                65,271,364                    -
        未収配当金                                11,293,800               20,860,700
                                            231               316
        未収利息
                                       8,287,126,045               8,101,453,001
        流動資産合計
                                       8,287,126,045               8,101,453,001
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        25,000,000               40,500,000
        未払解約金
                                        25,000,000               40,500,000
        流動負債合計
                                        25,000,000               40,500,000
       負債合計
      純資産の部
       元本等
        元本                              8,303,289,445               7,593,569,869
        剰余金
          剰余金又は欠損金(△)                             △41,163,400                467,383,132
                                       8,262,126,045               8,060,953,001
        元本等合計
                                       8,262,126,045               8,060,953,001
       純資産合計
                                       8,287,126,045               8,101,453,001
      負債純資産合計
     注記表

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                                     自  平成26年     7月29日

                     区分
                                     至  平成27年     1月28日
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  株式
                                 46/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引所及び外国金融商品市場における最終相場
                       (最終相場のないものについては、それに準じる価額)に基づいて評価しておりま
                       す。
                       投資証券
                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、金融商品取引所及び外国金融商品市場における最終相場
                       (最終相場のないものについては、それに準じる価額)に基づいて評価しておりま
                       す。
     2.収益及び費用の計上基準                  受取配当金
                       原則として、株式及び投資証券の配当落ち日において、確定配当金額又は予想配当
                       金額を計上しております。
     (貸借対照表に関する注記)

              平成26年     7月28日現在                        平成27年     1月28日現在

     1.   計算日における受益権の総数                          1.   計算日における受益権の総数
                         8,303,289,445口                            7,593,569,869口
     2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す                          2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額                            る額
        元本の欠損 41,163,400円                            -
     3.   計算日における1単位当たりの純資産の額                          3.   計算日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.9950円        1口当たり純資産額                     1.0615円
        (1万口当たり純資産額)                    (9,950円)        (1万口当たり純資産額)                    (10,615円)
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ金融商品の状況に関する事項
                            自  平成26年     1月29日             自  平成26年     7月29日

                     区分
                            至  平成26年     7月28日             至  平成27年     1月28日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは、投資信託及び投資法人に                   同左
                       関する法律第2条第4項に定める証券投資
                       信託であり、信託約款に従い、有価証券
                       等の金融商品に対して投資として運用す
                       ることを目的としております。
     2.金融商品の内容及びリスク                  当ファンドの投資している金融商品は、                   同左
                       有価証券、コール・ローン等の金銭債権
                       及び金銭債務であります。
                       当ファンドが投資している有価証券は、
                       株式、投資証券であり、株価変動リス
                       ク、価格変動リスク等の市場リスク、信
                       用リスク及び流動性リスクを有しており
                       ます。
                                 47/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスクの管理体制                  コンプライアンス・リスク管理部門、運                   同左
                       用企画部門において、投資対象の各種リ
                       スクのモニタリング、管理等を行い、運
                       用部門への指示、牽制を行っておりま
                       す。
                       また、社内の委員会において、各種リス
                       クの評価、モニタリング結果の報告を行
                       い、必要に応じ運用部門へ改善指示を行
                       います。
                       ①市場リスク
                       市場の変動率とファンドの基準価額の変
                       動率を継続的に相対比較することやベン
                       チマーク等と比較すること等により分析
                       しております。
                       ②信用リスク
                       組入銘柄の格付やその他発行体情報等を
                       継続的に収集し分析しております。
                       ③流動性リスク
                       市場流動性の状況を把握し、組入銘柄の
                       一定期間における出来高や組入比率等を
                       継続的に測定すること等により分析して
                       おります。
     4.金融商品の時価等に関する事項につ                  市場価額がない、又は市場価格を時価と                   同左
      いての補足説明                 見なせない場合には、経営者により合理
                       的に算定された価額で評価する場合があ
                       ります。
     Ⅱ金融商品の時価等に関する事項

              平成26年     7月28日現在                        平成27年     1月28日現在

     1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
     貸借対照表上の金融商品は、原則としてすべて時価評価され                            同左
     ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
     ん。
     2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                 同左
     株式
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     投資証券
     「(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」に記載して
     おります。
     コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
     これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時価に
     近似していることから、当該帳簿価額を時価としておりま
     す。
     (関連当事者との取引に関する注記)

                                 48/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            自  平成26年     1月29日             自  平成26年     7月29日
                            至  平成26年     7月28日             至  平成27年     1月28日
                       該当事項はありません。                   同左
     (その他の注記)

     1 元本の移動
                               平成26年     7月28日現在            平成27年     1月28日現在

               区分
     本報告書における開示対象ファンドの期首にお
                                     9,104,102,035円                 8,303,289,445円
     ける当該親投資信託の元本額
     期中追加設定元本額                                      -円             76,952,718円
     期中一部解約元本額                                 800,812,590円                 786,672,294円
     同期末における元本の内訳
     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算
                                     8,303,289,445円                 7,593,569,869円
     型)
     合計                                8,303,289,445円                 7,593,569,869円
     2 有価証券関係

     売買目的有価証券
                         平成26年     7月28日現在                平成27年     1月28日現在

           種類
                     当期間の損益に含まれた評価差額(円)                     当期間の損益に含まれた評価差額(円)
           株式                        832,469,052                     297,410,206

          投資証券                         42,854,000                     32,513,000

           合計                        875,323,052                     329,923,206

     (注)「当期間」とは、当該親投資信託の計算期間の開始日から本報告書における開示対象ファンドの期末日までの期間を指

       しております。
     3 デリバティブ取引等関係
     取引の時価等に関する事項
     該当事項はありません。

     附属明細表


     第1 有価証券明細表

      (1)株式
                                                       (単位:円)

                                         評価額

              銘 柄              株式数                           備考
                                    単価         金額
                                 49/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     大東建託                          17,500      13,685.00        239,487,500
     積水ハウス                         130,000        1,515.00        196,950,000
     日本たばこ産業                          50,000       3,332.50        166,625,000
     クラレ                         170,000        1,460.00        248,200,000
     武田薬品工業                          28,800       5,805.00        167,184,000
     エーザイ                          35,600       5,483.00        195,194,800
     第一三共                          90,000       1,683.50        151,515,000
     東燃ゼネラル石油                         135,000        1,053.00        142,155,000
     JXホールディングス                         350,000         443.30       155,155,000
     横浜ゴム                         120,000        1,125.00        135,000,000
     三菱マテリアル                         650,000         376.00       244,400,000
     住友金属鉱山                         110,000        1,708.50        187,935,000
     LIXILグループ                          70,000       2,330.00        163,100,000
     小松製作所                          87,000       2,587.00        225,069,000
     マックス                         157,000        1,223.00        192,011,000
     日立工機                          92,800        875.00       81,200,000
     アズビル                          86,500       2,947.00        254,915,500
     キヤノン                          65,300       3,942.50        257,445,250
     リコー                         178,000        1,176.50        209,417,000
     日産自動車                         169,000        1,048.50        177,196,500
     トヨタ自動車                          31,500       7,818.00        246,267,000
     日野自動車                         130,000        1,730.00        224,900,000
     アイシン精機                          41,000       4,215.00        172,815,000
     ダイハツ工業                         122,000        1,572.00        191,784,000
     凸版印刷                         180,000         792.00       142,560,000
     伊藤忠テクノソリューションズ                          40,000       4,240.00        169,600,000
     日本電信電話                          35,500       6,948.00        246,654,000
     NTTドコモ                         129,900        2,009.00        260,969,100
     ナガイレーベン                          61,800       1,969.00        121,684,200
     三井物産                         140,000        1,536.00        215,040,000
     三菱商事                          48,000       2,118.50        101,688,000
     伊藤忠エネクス                         242,900         937.00       227,597,300
     ローソン                          30,100       7,880.00        237,188,000
     プレナス                          76,500       2,024.00        154,836,000
     三菱UFJフィナンシャル・グループ                         315,000         640.10       201,631,500
     三井住友フィナンシャルグループ                          51,900       4,081.50        211,829,850
     MS&ADインシュアランスグループホール
     ディングス                          35,000       2,900.00        101,500,000
     ソニーフィナンシャルホールディングス                         120,000        1,685.00        202,200,000
     イオンフィナンシャルサービス                          75,000       2,177.00        163,275,000
     ユー・エス・エス                          75,000       1,839.00        137,925,000
              合 計               4,773,600               7,522,099,500
                                 50/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)株式以外の有価証券
                                                       (単位:円)

       種 類                銘 柄                券面総額           評価額        備考

     投資証券        日本ビルファンド投資法人                                170        102,000,000
            東急リアル・エステート投資法人                                780        123,396,000
            野村不動産オフィスファンド投資法人                                138        82,662,000
                    合計                        1,088         308,058,000
     (注)券面総額欄の数値は、証券数を表示しております。

     第2 信用取引契約残高明細表
     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                 51/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     【純資産額計算書】

     新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)

                                 (平成27年      2月27日現在)

     Ⅰ 資産総額                               8,570,324,251       円 

     Ⅱ 負債総額                                 51,783,163     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               8,518,541,088       円 
     Ⅳ 発行済口数                               8,981,065,187       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   0.9485   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (9,485    円)
     (参考)新光日本インカム株式マザーファンド

                                 (平成27年      2月27日現在)

     Ⅰ 資産総額                               8,521,758,089       円 

     Ⅱ 負債総額                                 31,000,000     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               8,490,758,089       円 
     Ⅳ 発行済口数                               7,389,493,631       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.1490   円 
       (1万口当たり純資産額)                                  (11,490    円)
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

        委託者は、このファンドの受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を

      取り消された場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継す
      る者が存在しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受
      益証券を発行しません。
      ( 1 )投資信託受益証券の名義書換等
          受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受
        益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の
        請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
      ( 2 )受益者等名簿
          該当事項はありません。
      ( 3 )受益者等に対する特典
          該当事項はありません。
      ( ▶ )受益権の譲渡
        ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益
          権が記載または記録されている振替口座簿にかかる振替機関等に振り替えの申請をするもの
          とします。
                                 52/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡にかかる譲渡人の保有す
          る受益権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替
          口 座簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開
          設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替
          機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権
          の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
        ③ 上記①の振り替えについて、委託者は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
          は記録されている振替口座簿にかかる振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関
          等が異なる場合等において、委託者が必要と認めたときまたはやむを                                       得ない事情があると判
          断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
      ( 5 )受益権の譲渡の対抗要件
          受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対
        抗することができません。
      ( 6 )受益権の再分割
          委託者は、受託者と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を
        均等に再分割できるものとします。
      ( 7 )償還金
          償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償
        還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以
        前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されてい
        る受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。
      ( 8 )質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
          振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の
        支払い、一部解約の実行の請求の受付、一部解約金および償還金の支払い等については、約款
        の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 53/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     第二部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

       a.資本金の額(平成27年2月末現在)

          資本金の額                        45億2,430万円
          会社が発行する株式総数                          3,000,000株
          発行済株式総数                          1,823,250株
          直近5ヵ年における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
       b.委託会社の機構

       (イ)株主総会において、15名以内の取締役が選任されます。
           取締役の選任は、発行済株式総数のうち議決権のある株式数の3分の1以上にあたる株
          式を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもってこれを行い、累積投票によらない
          ものとします。
           取締役の任期は、就任後2年内の最終の決算期に関する定時株主総会終結のときまでと
          し、補欠選任により選出された取締役の任期は、前任者の残任期間とします。
           取締役会の決議により、取締役の中から会長1名、社長1名、副社長、専務取締役なら
          びに常務取締役若干名を定めることができます。
           取締役会の決議をもって代表取締役3名以内を決定します。
           代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議にしたがい業務を執行します。
           取締役会は、法令または定款に定めある事項のほか、当会社の重要なる業務執行に関す
          る事項を決定します。
       (ロ)組織図
                                 54/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        (ハ)投資運用の意思決定機構
     2【事業の内容及び営業の概況】












         「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投

        資信託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用
        (投資運用業)を行っています。また、「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行ってい
        ます。
         委託者が運用を行っている証券投資信託(親投資信託は除きます。)は以下のとおりです。
                                             (平成27年2月27日現在)
                    種類                 ファンド本数           純資産額(百万円)
                                           290
                   総合計                                   4,189,107
                                           262
                  株式投資信託(合計)                                     3,412,567
                                            38
                          単位型                              146,577
                                           224
                          追加型                             3,265,990
                                            28
                 公社債投資信託(合計)                                       776,540
                                            1
                          単位型                                 215
                                            27
                          追加型                              776,324
                                 55/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     3【委託会社等の経理状況】

     1.財務諸表の作成方法について

       委託会社である新光投信株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様
      式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに
      同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52
      号)により作成しております。
       当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)並びに同規則第38条および第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府
      令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
       なお、財務諸表及び中間財務諸表の金額は、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第54期事業年度(平成25年4月1日から平
      成26年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
       第55期事業年度(平成26年4月1日から平成27年3月31日まで)の中間財務諸表について、新日本有限
      責任監査法人により中間監査を受けております。
       1.財務諸表

     (1)【貸借対照表】

                                               (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成25年3月31日)                 (平成26年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                            10,766,270                 13,492,111
        有価証券                             5,259,693                 3,291,156
        貯蔵品                               1,062                 5,188
        立替金                              30,280                 15,778
        前払金                              25,483                 38,614
        前払費用                              20,286                 16,530
        未収委託者報酬                             1,891,689                 2,654,090
        未収運用受託報酬                               86,074                 117,049
        未収収益                               13,810                  6,509
        繰延税金資産                              192,202                 283,616
        流動資産合計
                                    18,286,853                 19,920,646
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                          ※2  15,051                 ※2  12,380
         構築物(純額)                          ※2    1,886             ※2       1,650
         器具・備品(純額)                          ※2    95,877               ※2    99,960
                                 56/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         リース資産(純額)                          ※2      680            ※2        340
         有形固定資産合計
                                      113,496                 114,332
        無形固定資産
         電話加入権                                91                 91
         ソフトウェア                          ※3  39,774                 ※3  74,851
         ソフトウェア仮勘定                                -               11,885
         無形固定資産合計
                                      39,866                 86,827
        投資その他の資産
         投資有価証券                            2,929,683                 3,213,218
         関係会社株式                             77,100                 77,100
         長期差入保証金                             125,515                 124,152
         長期繰延税金資産                              8,695                 63,925
         前払年金費用                             410,271                 374,562
         その他                             10,632                  6,632
         投資その他の資産合計
                                    3,561,898                 3,859,590
        固定資産合計
                                    3,715,261                 4,060,749
      資産合計
                                    22,002,115                 23,981,396
                                                    (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成25年3月31日)                 (平成26年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        預り金                              18,156                 21,303
        リース債務                               1,206                  810
        未払金
         未払収益分配金                               336                 177
         未払償還金                             14,470                 10,100
         未払手数料                         ※1  964,634                ※1  1,296,830
         その他未払金                             195,035                 513,148
         未払金合計
                                    1,174,476                 1,820,257
        未払費用
                                      402,634                 548,430
        未払法人税等                              471,902                1,462,380
        賞与引当金                              299,000                 362,800
        役員賞与引当金                              45,500                 44,200
        流動負債合計
                                    2,412,875                 4,260,181
      固定負債
        長期リース債務                               1,156                  345
        退職給付引当金                              168,209                 172,959
        役員退職慰労引当金                              80,416                 31,708
                                      99,750                 102,083
        執行役員退職慰労引当金
        固定負債合計
                                      349,532                 307,096
      負債合計
                                    2,762,408                 4,567,278
     純資産の部
                                 57/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      株主資本
        資本金                             4,524,300                 4,524,300
        資本剰余金
         資本準備金                            2,761,700                 2,761,700
         資本剰余金合計
                                    2,761,700                 2,761,700
        利益剰余金
         利益準備金                             360,493                 360,493
         その他利益剰余金
          別途積立金                          10,000,000                  8,900,000
          繰越利益剰余金                          1,559,003                 2,889,165
         利益剰余金合計
                                    11,919,497                 12,149,658
        自己株式
                                     △72,415                 △72,415
        株主資本合計
                                    19,133,081                 19,363,242
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                              106,625                  50,874
        評価・換算差額等合計
                                      106,625                  50,874
      純資産合計
                                    19,239,706                 19,414,117
     負債純資産合計
                                    22,002,115                 23,981,396
     (2)【損益計算書】


                                              (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                         (自 平成24年4月          1日       (自 平成25年4月          1日
                           至 平成25年3月31日)                 至 平成26年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                             19,893,907                 29,107,010
      運用受託報酬                               170,563                 261,777
      営業収益合計
                                    20,064,471                 29,368,787
     営業費用
      支払手数料                          ※1  10,580,803                 ※1  15,428,327
      広告宣伝費                               213,908                 336,593
      公告費                                1,919                 2,919
      調査費
        調査費                              275,599                 339,210
        委託調査費                             2,855,086                 4,188,805
        図書費                               5,332                 4,862
        調査費合計
                                    3,136,017                 4,532,878
      委託計算費
                                      533,813                1,151,067
      営業雑経費
        通信費                              37,161                 37,016
        印刷費                              132,025                 160,606
        協会費                              14,855                 14,992
                                 58/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        諸会費                               3,088                 3,153
        その他                              23,541                 27,521
        営業雑経費合計
                                      210,672                 243,290
      営業費用合計
                                    14,677,134                 21,695,077
     一般管理費
      給料
        役員報酬                              93,516                 89,886
        給料・手当                             1,395,728                 1,326,658
        賞与                              221,930                 332,688
        給料合計
                                    1,711,175                 1,749,233
      交際費
                                       9,782                 9,349
      寄付金                                2,465                 3,066
      旅費交通費                                81,050                 78,321
      租税公課                                52,119                 65,510
      不動産賃借料                               211,739                 205,792
      賞与引当金繰入                               299,000                 362,800
      役員賞与引当金繰入                                45,500                 44,200
      役員退職慰労引当金繰入                                28,335                 39,756
      退職給付費用                               195,268                 182,850
      減価償却費                                88,183                 63,615
      諸経費                               533,744                 585,445
      一般管理費合計
                                    3,258,364                 3,389,942
     営業利益
                                    2,128,972                 4,283,768
                                                    (単位:千円)

                               前事業年度                 当事業年度
                         (自 平成24年4月          1日       (自 平成25年4月          1日
                           至 平成25年3月31日)                 至 平成26年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                               157,357                 143,049
      有価証券利息                                12,764                  6,052
      受取利息                                22,364                 14,495
      時効成立分配金・償還金                                3,608                 4,450
      雑益                                26,471                 20,588
      営業外収益合計
                                      222,565                 188,635
     営業外費用
      支払利息                                 222                  59
      時効成立後支払分配金・償還金                                1,339                 1,557
      雑損                                  22               8,673
      営業外費用合計
                                       1,585                 10,290
     経常利益
                                    2,349,952                 4,462,113
     特別利益
      貸倒引当金戻入                                1,982                   -
                                 59/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      投資有価証券売却益                               146,334                 158,386
      特別利益合計
                                      148,316                 158,386
     特別損失
      固定資産除却損                            ※2           101           ※2           3,210
      ゴルフ会員権売却損                                  -               2,795
      投資有価証券売却損                                37,198                 42,388
      投資有価証券評価損                                49,352                 10,974
      減損損失                                4,291                   -
      特別損失合計
                                      90,943                 59,368
     税引前当期純利益
                                    2,407,325                 4,561,131
     法人税、住民税及び事業税
                                      983,713                1,905,519
     法人税等調整額                               △129,642                 △113,958
     法人税等合計
                                      854,070                1,791,560
     当期純利益
                                    1,553,255                 2,769,571
     (3)【株主資本等変動計算書】


       前事業年度(自 平成24年4月                1日 至 平成25年3月31日)

                                                         (単位:千
                                                            円)
                                       株主資本
                               資本剰余金                利益剰余金
                                                  その他利益剰余金
                       資本金
                                                         繰  越
                                資  本      利  益
                                                別  途
                                準備金        準備金
                                                         利  益
                                                積立金
                                                         剰余金
     当期首残高                   4,524,300         2,761,700        360,493         11,118,000       1,427,158
     当期変動額
                                                 △ 1,118,000
       別途積立金取崩                                                  1,118,000
       剰余金の配当                                                 △2,539,409
       当期純利益                                                  1,553,255
       自己株式の取得
       自己株式の処分
       株主資本以外の項目の当期変
       動額(純額)
                                                 △ 1,118,000
     当期変動額合計                       -         -       -              131,845
     当期末残高                   4,524,300         2,761,700        360,493         10,000,000       1,559,003
                            株主資本              評価・換算差額等

                    利益剰余金
                                 60/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                           その他有価証          純資産合計
                            自  己      株  主
                     利  益
                                           券評価差額金
                            株  式
                                    資  本
                     剰余金
                     合  計
                                    合  計
     当期首残高                12,905,651         △6,827      20,184,823          △209,840          19,974,983

     当期変動額
        別途積立金取崩                                -                   -
        剰余金の配当            △2,539,409               △2,539,409                   △2,539,409
        当期純利益             1,553,255               1,553,255                   1,553,255
        自己株式の取得                     △65,588          △65,588                   △65,588
        自己株式の処分                                -                   -
        株主資本以外の項目の
                                               316,465          316,465
        当期変動額(純額)
     当期変動額合計                △986,154        △65,588      △1,051,742           316,465         △735,276
     当期末残高                11,919,497        △72,415       19,133,081           106,625         19,239,706
       当事業年度(自 平成25年4月                1日 至 平成26年3月31日)


                                                        (単位:千円)
                                        株主資本
                               資本剰余金                 利益剰余金
                                                  その他利益剰余金
                       資本金                                  繰  越
                                資  本      利  益
                                                 別  途
                                準備金        準備金
                                                         利  益
                                                 積立金
                                                         剰余金
     当期首残高                   4,524,300         2,761,700        360,493        10,000,000        1,559,003
     当期変動額
       別途積立金取崩                                          △1,100,000         1,100,000
       剰余金の配当                                                  △2,539,409
       当期純利益                                                   2,769,571
       自己株式の取得
       自己株式の処分
       株主資本以外の項目の当期変
       動額(純額)
     当期変動額合計                       -         -       -     △1,100,000         1,330,161
     当期末残高                   4,524,300         2,761,700        360,493         8,900,000        2,889,165
                            株主資本               評価・換算差額等

                    利益剰余金
                                   株  主
                                                      純資産合計
                     利  益                     その他有価証
                            自  己
                                   資  本
                                            券評価差額金
                            株  式
                     剰余金
                                   合  計
                     合  計
     当期首残高                11,919,497        △72,415       19,133,081             106,625      19,239,706
                                 61/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     当期変動額
        別途積立金取崩                                -                   -
        剰余金の配当             △2,539,409              △2,539,409                   △2,539,409
        当期純利益             2,769,571              2,769,571                   2,769,571
        自己株式の取得                                -                   -
        自己株式の処分                                -                   -
        株主資本以外の項目の当
                                                △55,750        △55,750
        期変動額(純額)
     当期変動額合計                 230,161         -     230,161           △55,750        174,410
     当期末残高                12,149,658        △72,415       19,363,242             50,874      19,414,117
     重要な会計方針

     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)関連会社株式
          総平均法による原価法
      (2)その他有価証券
          時価のあるもの
           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
          は、総平均法により算定)
          時価のないもの
           総平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法
      (1)有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法。但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物      8~18年
          構築物      20年
          器具備品      2~20年
      (2)無形固定資産
          定額法。
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によ
          り償却しております。
      (3)リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定率法を採用しております。
     3.引当金の計上基準
      (1)賞与引当金
          従業員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当期対応分を計上しております。
      (2)役員賞与引当金
          役員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当期対応分を計上しております。
      (3)退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
         しております。
                                 62/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ①退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法に
           ついては、期間定額基準によっております。
          ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定
           額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
           数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれの発生の翌事業年度末から費用処理してお
           ります。
      (4)役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当期末要支給額を計上しております。
      (5)執行役員退職慰労引当金

          執行役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当期末要支給額を計上しております。
     4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
      ります。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      (1)消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税等は、当期の費用として処理し
          ております。
     (未適用の会計基準等)

     「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日)及び「退職給付に関する会計基準の適
     用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日)
     ①  概要
       本会計基準等は、財務報告を改善する観点及び国際的な動向を踏まえ、未認識数理計算上の差異及び未認
       識過去勤務費用の処理方法、退職給付債務及び勤務費用の計算方法並びに開示の拡充を中心に改正された
       ものです。
     ②  適用予定日
       退職給付債務及び勤務費用の計算方法の改正については、平成27年3月期の期首より適用予定です。
     ③  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中です。
     注記事項

     (貸借対照表関係)
     ※1.各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成25年3月31日)               (平成26年3月31日)
      未払手数料                              572,094千円               760,018千円
     ※2.資産の金額から直接控除している減価償却累計額(減損損失累計額を含む)の額

                                 前事業年度               当事業年度
                                 63/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                              (平成25年3月31日)               (平成26年3月31日)
      有形固定資産の減価償却累計額                              578,691千円               599,157千円
     ※3.無形固定資産の減価償却累計額

                                 前事業年度               当事業年度
                              (平成25年3月31日)               (平成26年3月31日)
      無形固定資産の減価償却累計額                              238,992千円               252,073千円
     (損益計算書関係)

     ※1.各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                                 前事業年度               当事業年度
                             (自 平成24年4月          1日     (自 平成25年4月          1日
                             至 平成25年3月31日)               至 平成26年3月31日)
      支払手数料                             6,343,293千円               8,738,779千円
     ※2.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当事業年度
                             (自   平成24年4月1日            (自   平成25年4月1日
                             至  平成25年3月31日)             至  平成26年3月31日)
      建物                                 -千円             3,204千円
      器具・備品                                101千円                5千円
      計                                101千円              3,210千円
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                1,823,250               -          -        1,823,250

     2.自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                   756          8,630            -          9,386

     (変動事由の概要)
       普通株式の自己株式の株式数の増加8,630株は、平成24年6月18日の定時株主総会の決議に基づいて
      行った自己株式取得による増加であります。
     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                株式の      配当金の       1株当たり
         決議                                基準日          効力発生日
                 種類     総額(千円)        配当額(円)
                                 64/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     平成24年12月25日
                 普通
                        2,539,409          1,400    平成24年11月28日             平成24年12月26日
     臨時株主総会            株式
     当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加          減少         当事業年度末
     普通株式(株)                1,823,250               -          -        1,823,250

     2.自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
     普通株式(株)                   9,386            -          -          9,386

     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                株式の      配当金の       1株当たり
         決議                                基準日          効力発生日
                 種類     総額(千円)        配当額(円)
     平成25年12月19日
                 普通
                        2,539,409          1,400    平成25年11月15日             平成25年12月20日
     臨時株主総会            株式
     (リース取引関係)

     ファイナンス・リース取引(借主側)
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
     (1)リース資産の内容
      有形固定資産
      主として、投信システム設備としてのサーバー、ネットワーク機器他(器具備品)であります。
     (2)リース資産の減価償却方法
      重要な会計方針の「2.固定資産の減価償却の方法(3)リース資産」に記載のとおりであります。
     (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
          当社は、投資運用業を営んでおります。資金運用については、一時的な余資は有金利預金や有価証券
        などにより、通常の取引条件から著しく乖離していないことを検証した上で行っております。また現先
        取引などの引合いを要する取引については、原則として複数の提示条件を参考に最も有利と判断する条
        件で、適切かつ効率的に行っております。
          なお、当社が運用を行う投資信託の商品性を適正に維持するための取得など、投資信託協会の規則に
        定める範囲において投資信託の取得及び処分を行っております。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク

          有価証券及び投資有価証券は、主にその他有価証券(投資信託)、業務上の関係を有する企業の株式
        であり、発行体の信用リスクや市場価格の変動リスクに晒されております。
                                 65/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          また営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産より受け入れる委託者報酬
        のうち、信託財産に未払委託者報酬として計上された金額であり、信託財産は受託銀行において分別管
        理 されていることから、当社の債権としてのリスクは、認識しておりません。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制
        ① 信用リスク(預金の預入先や債券の発行体の信用リスク)の管理
           預金の預入先や債券の発行体の信用リスクについては、資金管理規程に従い、格付けの高い預入先
         や発行体に限定することにより、リスクの軽減を図っております。
           また経営企画部が定期的に格付けをモニタリングし、それが資金管理規程に定める基準以下となっ
         た場合には、速やかに経営会議を開催し、残存期間などを総合的に勘案し、対処方法について決議を
         得る体制となっております。
        ② 市場リスク(価格変動リスク及び為替変動リスク)の管理
           保有している債券、投資信託、株式の毎月末の時価など資金運用の状況については、資金管理規程
         に従い、経営企画部長が毎月の定例取締役会において報告をしております。
           また市場における価格変動リスクおよび為替変動リスクについては、資金管理規程に従い、経営企
         画部が定期的に時価をモニタリングし、その中で時価が基準を超える下落となった場合には、速やか
         に経営会議を開催し、対処方法について決議を得る体制となっております。
        ③ 流動性リスクの管理
          資金繰りについては、経営企画部が作成した年度の資金計画を経営会議において報告し、それに基
         づいた管理を行っております。また手元流動性を一定額以上維持することなどにより、流動性リスク
         を管理しております。
       (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
        額が含まれることがあります。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提
        条件などを採用することにより、当該価額が変動することもあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項
        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
       ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
       前事業年度(平成25年3月31日)
                           貸借対照表計上額               時価         差額
                             (千円)           (千円)         (千円)
      (1)  現金及び預金                       10,766,270          10,766,270             -
      (2)  有価証券及び投資有価証券
                                 500,129          500,400           270
         満期保有目的債券
                                7,490   , 195       7,490,195             -
         その他有価証券
                                1,891,689          1,891,689             -
      (3)  未収委託者報酬
       当事業年度(平成26年3月31日)

                           貸借対照表計上額               時価         差額
                             (千円)           (千円)         (千円)
                                13,492,111          13,492,111             -
      (1)  現金及び預金
      (2)  有価証券及び投資有価証券
                                    -          -         -
         満期保有目的債券
                                6,305,322          6,305,322             -
         その他有価証券
                                2,654,090          2,654,090             -
      (3)  未収委託者報酬
                                 66/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
           (1)  現金及び預金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
             よっております。
           (2)  有価証券及び投資有価証券
              これらの時価について、投資信託は基準価額によっております。また譲渡性預金は短期間で
             決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
           (3)  未収委託者報酬
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
             よっております。
       (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品        

                                                     (単位:千円)
                              前事業年度                  当事業年度
             区分
                           (平成25年3月31日)                  (平成26年3月31日)
                                    276,151                   276,151
     非上場株式
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(2)                                                   有
         価証券及び投資有価証券             その他有価証券」には含めておりません。
       (注)3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

          前事業年度(平成25年3月31日)
                         1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内          10年超
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     (1)  預金
                         10,766,163             -             -            -
     (2)  有価証券及び投資有価証券
                          500,000           -         -        -
        満期保有目的債券
                         4,258,263          357,062        1,056,875            -
        その他有価証券
     (3)  未収委託者報酬
                         1,891,689            -             -            -
          当事業年度(平成26年3月31日)

                         1年以内        1年超5年以内         5年超10年以内          10年超
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     (1)  預金
                         13,491,981             -             -            -
     (2)  有価証券及び投資有価証券
                             -         -         -        -
        満期保有目的債券
                         3,291,156          380,080        1,261,941         269,692
        その他有価証券
     (3)  未収委託者報酬
                         2,654,090            -             -            -
     (有価証券関係)

     1.  満期保有目的の債券
     前事業年度(平成25年3月31日)
                               貸借対照表計上額               時価          差額
                       種類
                                  (千円)            (千円)          (千円)
     時価が貸借対照表計上額              (1)国債・地方債等                     -            -        -
                                 67/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     を超えるもの              (2)社債                  500,129            500,400          270
                   (3)その他                     -            -        -
                       小計              500,129            500,400          270
     時価が貸借対照表計上額              (1)国債・地方債等                     -            -        -
     を超えないもの              (2)社債                     -            -        -
                   (3)その他                     -            -        -
                       小計                 -            -        -
                合計                     500,129            500,400          270
     当事業年度(平成26年3月31日)

     該当事項はありません。
     2.関連会社株式

         関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額 77,100千円、前事業年度の貸借対照表計上額 
        77,100千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載して
        おりません。
     3.その他有価証券

      前事業年度(平成25年3月31日)
                               貸借対照表計上額              取得原価           差額
                       種類
                                  (千円)            (千円)          (千円)
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取              (2)債券
     得原価を超えるもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 1,461,472            1,219,754         241,717
                       小計             1,461,472            1,219,754         241,717
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取              (2)債券                     -            -        -
     得原価を超えないもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 6,028,723            6,102,958        △74,234
                       小計             6,028,723            6,102,958        △74,234
                合計                    7,490,195            7,322,713         167,483
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額199,051千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
       て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当事業年度(平成26年3月31日)

                               貸借対照表計上額              取得原価           差額
                       種類
                                  (千円)            (千円)          (千円)
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取              (2)債券
                                 68/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     得原価を超えるもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 1,920,996            1,709,935         211,061
                       小計             1,920,996            1,709,935         211,061
                   (1)株式                     -            -        -
     貸借対照表計上額が取              (2)債券                     -            -        -
     得原価を超えないもの              ①国債・地方債等                     -            -        -
                   ②社債                     -            -        -
                   ③その他                     -            -        -
                   (3)その他                 4,384,326            4,516,340        △132,014
                       小計             4,384,326            4,516,340        △132,014
                合計                    6,305,322            6,226,275          79,047
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額199,051千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
       て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     4.売却したその他有価証券

      前事業年度(平成25年3月31日)
                      売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
                      (千円)             (千円)             (千円)
     (1)株式                     106,355              38,075             △1,080
     (2)債券
     ①国債・地方債等                        -             -             -
     ②社債                        -             -             -
     ③その他                        -             -             -
     (3)その他                    3,921,927              108,259             △36,118
          合計               4,028,282              146,334             △37,198
     当事業年度(平成26年3月31日)

                      売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
                      (千円)             (千円)             (千円)
     (1)株式                        -             -             -
     (2)債券
     ①国債・地方債等                        -             -             -
     ②社債                        -             -             -
     ③その他                        -             -             -
     (3)その他                    1,209,919              158,386             △42,388
          合計               1,209,919              158,386             △42,388
     5.減損処理を行った有価証券

      当事業年度において、有価証券について10,974千円(その他有価証券)減損処理を行っております。
      なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
     を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を
     行っております。
                                 69/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (退職給付関係)

      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付企業年金制度(キャッシュバランス型)、確定拠出企業年金制度および退職一時金制
       度を設けております。
      2.退職給付債務に関する事項

                                     前事業年度
                                   (平成25年3月31日)
     (1)退職給付債務(千円)
                                          △1,281,738
     (2)年金資産(千円)
                                           1,018,974
     (3)未積立退職給付債務(1)+(2)               (千円)
                                           △262,764
     (4)未認識数理計算上の差異(千円)
                                            547,641
     (5)未認識過去勤務債務(債務の減額)(千円)
                                           △42,815
     (6)貸借対照表計上額純額(3)+(4)+(5)                   (千円)
                                            242,061
     (7)前払年金費用(千円)
                                            410,271
     (8)退職給付引当金(6)-(7)             (千円)
                                            168,209
      3.退職給付費用に関する事項

                                     前事業年度
                                (自 平成24年4月1日
                                 至 平成25年3月31日)
     (1)勤務費用(千円)(注1)
                                            108,925
     (2)利息費用(千円)
                                            17,431
     (3)期待運用収益(減算)(千円)
                                            17,533
     (4)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
                                            86,570
     (5)過去勤務債務の費用処理額(千円)
                                           △16,055
     (6)小計(1)+(2)-(3)+(4)+(5)                (千円)
                                            179,338
     (7)その他(千円)(注2)
                                            15,930
     (8)退職給付費用(6)+(7)            (千円)
                                            195,268
     ( 注)1.執行役員の退職慰労金に係る退職給付引当金繰入額(34,585千円)については
        「(1)勤務費用」に含めて記載しております。
       2.「(7)その他」は、確定拠出年金への掛金支払額であります。
      4.退職給付債務の計算基礎

                                     前事業年度
                                   (平成25年3月31日)
     (1)  退職給付見込額の期間配分方法                                  期間定額基準
     (2)  割引率                                       1.5%
     (3)  期待運用収益率                                       2.0%
     (4)  過去勤務債務の処理年数                                       10年
     (5)  数理計算上の差異の処理年数                                       10年
                                 70/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付企業年金制度(キャッシュバランス型)、確定拠出企業年金制度および退職一時金制
       度を設けております。
      2.確定給付制度                                                (単位:千円)

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付債務の期首残高
                                      1,281,738
        勤務費用
                                        80,449
        利息費用
                                        19,226
        数理計算上の差異の発生額
                                        91,561
        退職給付の支払額
                                      △48,235
        過去勤務費用の発生額
                                          -
       退職給付債務の期末残高
                                      1,424,739
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

       年金資産の期首残高
                                      1,018,974
        期待運用収益
                                        20,379
        数理計算上の差異の発生額
                                        70,810
        事業主からの拠出額
                                        78,919
        退職給付の支払額
                                      △32,029
       年金資産の期末残高
                                      1,157,054
     (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

      積立型制度の退職給付債務
                                      1,187,071
      年金資産
                                     △1,157,054
                                        30,017
      非積立型制度の退職給付債務
                                       237,668
      未積立退職給付債務
                                       267,685
      未認識数理計算上の差異
                                      △496,048
      未認識過去勤務費用
                                       26,759
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                      △201,603
      退職給付引当金

                                       172,959
      前払年金費用
                                      △374,562
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                      △201,603
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

       勤務費用(注1)
                                       110,782
       利息費用
                                        19,226
       期待運用収益
                                      △20,379
       数理計算上の差異の費用処理額
                                        72,344
       過去勤務費用の費用処理額
                                      △16,055
       確定給付制度に係わる退職給付費用
                                       165,917
                                 71/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     ( 注)1.執行役員の退職慰労金に係る退職給付引当金繰入額(30,333千円)については
        「(1)勤務費用」に含めて記載しております。
     (5)年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
       株式
                                        41.3%
       債券
                                        25.6%
       共同運用資産
                                        18.3%
       生命保険一般勘定
                                        11.2%
       現金及び預金
                                        3.3%
       合計
                                        100%
      ②長期期待運用収益率の設定方法
       年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多様な
      資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

      当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
       割引率
                                         1.5%
       長期期待運用収益率
                                         2.0%
      3.確定拠出制度 

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、16,933千円でありました。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度               当事業年度
                              (平成25年3月31日)               (平成26年3月31日)
                                 72/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      繰延税金資産
        賞与引当金                         130,944千円                145,054千円
        減価償却超過額
                                   796               1,076
        退職給付引当金
                                 95,500                98,025
        役員退職慰労引当金
                                 28,660                11,300
        投資有価証券評価損
                                 17,589                12,705
        非上場株式評価損
                                 28,430                28,430
        未払事業税
                                 42,964               103,536
        その他
                                 63,091               109,079
      繰延税金資産小計
                                 407,976                 509,208
        評価性引当額
                                    -                -
      繰延税金資産合計
                                 407,976                 509,208
      繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金
                                △   60,857              △   28,172
        前払年金費用
                                △146,220                 △133,494
      繰延税金負債合計
                                △207,078                 △161,666
      繰延税金資産の純額
                                 200,897                 347,542
     (注)   繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
        流動資産-繰延税金資産                         192,202千円               283,616千円
                                  8,695               63,925
        固定資産-長期繰延税金資産
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳


                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成25年3月31日)              (平成26年3月31日)
     法定実効税率
                                      38.01   %        法定実効税率と税効
     (調整)
                                                果会計適用後の法人
      役員給与永久に損金算入されない項目
                                                税等の負担率との間
                                       0.55
      交際費等永久に損金算入されない項目
                                                の差異が法定実効税
                                       0.36
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                                率の100分の5以下で
                                      △0.51
      住民税均等割
                                                あるため注記を省略
                                       0.16
      評価性引当額の増減
                                                しております。
                                      △3.18
      その他
                                       0.09
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       35.48
      3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

      「所得税法等の一部を改正する法律」(平成26年法律第十号)が平成26年3月31日に公布され平成26年4月1日
     以後に開始する事業年度から復興特別法人税が課されないことになりました。これに伴い、繰延税金資産及び
     繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、平成26年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時
     差異については従来の38.01%から35.64%になります。
      この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は19,567千円減少し、法人
     税等調整額が同額増加しております。
                                 73/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
     セグメント情報
      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)及び
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       当社は、資産運用業という単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)及び
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
        当社の製品及びサービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益各項目の区分と同一であることか
       ら、製品及びサービスごとの売上高の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報
      (1)営業収益
         当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者
        の情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
      (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額は、貸借対照表の有形固定資産の金額と同一であることか
        ら、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報
        当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者の
       情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
     報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
       当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       該当事項はありません。
     報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
       該当事項はありません。
      当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)
       該当事項はありません。
     関連当事者情報

     1.関連当事者との取引
     (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る)等
     前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
                                 74/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          会社等の          資本金     事業の    議決権等の所
                                    関連当事者      取引の     取引金額          期末残高
      種類    名称又は     所在地     又は出資金      内容又    有(被所有)割                       科目
                                    との関係      内容    (千円)          (千円)
           氏名         (千円)      は職業     合(%)
                                         当社設定
                                         の投資信
                                    当社設定の
                                         託受益権
                              (被所有)      投資信託受
          みずほ証     東京都           金融商
                                         の募集・           未払手
                                    益権の募
     親会社     券株式会     千代田     125,167,284      品取引                     6,343,293          572,094
                              直接77.05
                                         販売に係           数料
          社     区           業
                              間接  7.91    集・販売
                                         る代行手
                                    役員の兼任
                                         数料の支
                                         払い
     当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

          会社等の          資本金     事業の    議決権等の所
                                    関連当事者      取引の     取引金額          期末残高
      種類    名称又は     所在地    又は出資金      内容又    有(被所有)割                       科目
                                    との関係      内容    (千円)          (千円)
           氏名         (千円)      は職業     合(%)
                                         当社設定
                                         の投資信
                                    当社設定の
                                         託受益権
                                    投資信託受
          みずほ証     東京都           金融商    (被所有)
                                         の募集・           未払手
                                    益権の募
     親会社     券株式会     千代田     125,167,284      品取引                     8,738,779          760,018
                              直接77.05
                                         販売に係           数料
          社     区           業
                                    集・販売
                              間接  7.74
                                         る代行手
                                    役員の兼任
                                         数料の支
                                         払い
     (イ)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等


     前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
                     資本金     事業の内     議決権等の      関連当事
          会社等の名                                取引の     取引金額         期末残高
      種類         所在地     又は出資金      容又は職     所有(被所      者との関                科目
          称又は氏名                                内容    (千円)         (千円)
                     (千円)      業   有)割合(%)       係
          みずほ証券
     同一の親                                              長期差
          プロパティ     東京都                     事務所の     事務所の
                          不動産
                              直接  4.05
     会社を持                4,110,000                           173,969    入保証     116,378
          マネジメン     中央区                     賃借     賃借
                          賃貸業
     つ会社                                              金
          ト株式会社
                                         計算委託

                                                    その他
                                         料支払       91,562          8,536
                                                    未払金
                                         ハウジン

     同一の親     日本証券テ
                東京都          情報サー          計算業務
                                         グサービ          その他
     会社を持     クノロジー            228,000
                              なし
                                                16,824          1,472
                中央区          ビス業          の委託
                                         ス料支払          未払金
     つ会社     株式会社
                                         メールシ

                                         ステム          その他
                                                36,000          3,150
                                         サービス          未払金
                                         料支払
     当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

                                 75/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     資本金     事業の内     議決権等の      関連当事
          会社等の名                                取引の     取引金額         期末残高
      種類          所在地    又は出資金      容又は職     所有(被所      者との関                科目
          称又は氏名                                内容    (千円)         (千円)
                     (千円)      業   有)割合(%)       係
          みずほ証券
     同一の親                                              長期差
          プロパティ     東京都          不動産賃          事務所の     事務所の
                              直接  4.05
     会社を持                4,110,000                           175,003    入保証     116,378
          マネジメン     中央区          貸業          賃借     賃借
     つ会社                                              金
          ト株式会社
                                         計算委託

                                                    その他
                                         料支払
                                                105,424          8,030
                                                    未払金
                                         ハウジン
                                         グサービ          その他
                                                16,824          1,472
                                         ス料支払          未払金
     同一の親     日本証券テ
                東京都          情報サー          計算業務
     会社を持     クノロジー            228,000        なし
                中央区          ビス業          の委託
                                         メールシ
     つ会社     株式会社
                                         ステム
                                                    その他
                                         サービス       36,923          3,230
                                                    未払金
                                         料支払
                                         IT関連業          その他

                                                4,145         1,648
                                         務支援          未払金
     (注)1.上記(ア)~(イ)の金額のうち、取引金額と長期差入保証金の期末残高には消費税等が含まれておらず、未払手数料と
     その他未払金の期末残高には消費税等が含まれております。
     (注)2.取引条件及び取引条件の決定方法等
     (1)現先取引の金利等については、市場金利等を勘案して決定しております。
     (2)代行手数料については、投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信託報酬のうち、当社が受け取る委託者報酬から支払

     われます。委託者報酬の配分は両社協議のうえ合理的に決定しております。
     (3)事務所の賃借料の支払については、差入保証金の総額及び近隣の賃借料を勘案し、協議のうえ決定しております。
     (4)計算委託料、ハウジングサービス料及びメールシステムサービス料の支払は、協議のうえ合理的に決定しております。

     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記


       親会社情報
       みずほ証券株式会社(非上場)
       (1株当たり情報)
                            前事業年度                  当事業年度
                        (自 平成24年4月          1日       (自 平成25年4月          1日
                         至 平成25年3月31日)                  至 平成26年3月31日)
       1株当たり純資産額                          10,607円02銭                  10,703円18銭
       1株当たり当期純利益金額                            854円62銭                1,526円89銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

     (注)2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前事業年度              当事業年度
                              (自 平成24年4月        1日      (自 平成25年4月        1日
                               至 平成25年3月31日)              至 平成26年3月31日)
      当期純利益金額(千円)                               1,553,255              2,769,571
                                 76/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -              -
      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                               1,553,255              2,769,571
      期中平均株式数(千株)                                 1,817              1,813
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
      2.中間財務諸表

      (1)中間貸借対照表
                                     (単位:千円)
                               当中間会計期間
                             (平成26年9月30日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                              13,392,308
        有価証券                               4,503,686
        貯蔵品                                 2,672
        未収委託者報酬                               2,835,160
        未収運用受託報酬                                84,271
        繰延税金資産                                258,726
        その他                                221,068
        流動資産合計
                                      21,297,894
       固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               14,060
         構築物(純額)                                1,547
         器具・備品(純額)                               88,371
         リース資産(純額)                                 170
         有形固定資産合計
                                    ※1  104,149
        無形固定資産
         ソフトウェア                               82,679
         ソフトウェア仮勘定                                3,885
         その他                                 91
         無形固定資産合計
                                        86,656
        投資その他の資産
         投資有価証券                             3,596,673
         前払年金費用                               421,561
         その他                               131,197
         投資その他の資産合計
                                      4,149,431
        固定資産合計
                                      4,340,237
       資産合計
                                      25,638,131
                                 77/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                     (単位:千円)
                               当中間会計期間
                             (平成26年9月30日)
     負債の部
       流動負債
        リース債務                                  754
        未払金
         未払収益分配金                                 175
         未払償還金                                8,852
         未払手数料                             1,372,909
         その他未払金                               279,650
         未払金合計
                                      1,661,587
        未払法人税等
                                        966,772
        未払消費税等                            ※2  349,104
        賞与引当金                                382,000
        役員賞与引当金                                33,000
        その他                                671,869
        流動負債合計
                                      4,065,087
       固定負債
        退職給付引当金                                146,778
        役員退職慰労引当金                                32,166
        執行役員退職慰労引当金                                50,916
        繰延税金負債                                32,867
        固定負債合計
                                        262,728
       負債合計
                                      4,327,816
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               4,524,300
        資本剰余金
         資本準備金                             2,761,700
         資本剰余金合計
                                      2,761,700
        利益剰余金
         利益準備金                               360,493
         その他利益剰余金
          別途積立金                            8,900,000
          繰越利益剰余金                            4,658,210
         利益剰余金合計
                                      13,918,704
        自己株式
                                       △72,415
        株主資本合計
                                      21,132,288
       評価・換算差額等
                                        178,027
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計
                                        178,027
       純資産合計
                                      21,310,315
     負債純資産合計
                                      25,638,131
      (2)中間損益計算書

                                     (単位:千円)
                                 78/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               当中間会計期間
                            (自 平成26年4月          1日
                             至 平成26年9月30日)
     営業収益
       委託者報酬                               16,867,457
       運用受託報酬                                 113,806
       営業収益合計
                                      16,981,264
     営業費用及び一般管理費
                                  ※1  14,312,421
     営業利益
                                      2,668,842
     営業外収益
       受取配当金                                  82,555
       有価証券利息                                  1,807
       受取利息                                  5,629
       時効成立分配金・償還金                                  1,275
       その他                                  2,831
       営業外収益合計
                                        94,099
     営業外費用
       支払利息                                    16
       時効成立後支払分配金・償還金                                  3,071
       その他                                  2,321
       営業外費用合計
                                         5,410
     経常利益
                                      2,757,531
     特別利益
       投資有価証券売却益                                  34,225
       特別利益合計
                                        34,225
     特別損失
       固定資産除却損                                  1,398
       投資有価証券評価損                                  58,680
       その他                                  22,227
       特別損失合計
                                        82,306
     税引前中間純利益
                                      2,709,450
     法人税、住民税及び事業税
                                        961,036
     法人税等調整額                                   25,644
     法人税等合計
                                        986,680
     中間純利益
                                      1,722,769
      (3)      中   間   株   主   資   本   等   変   動   計   算   書

     当中間会計期間(自 平成26年4月                  1日 至 平成26年9月30日)

                                                (単位:千円)
                                      株主資本
                               資本剰余金             利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                                 79/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                          資本金
                                資   本    利   益
                                                    繰   越
                                             別   途
                                準備金      準備金
                                                    利   益
                                             積立金
                                                    剰余金
                          4,524,300      2,761,700       360,493     8,900,000       2,889,165
     当期首   残高
                                                     46,276
     会計方針の変更による累積的影響額
                          4,524,300      2,761,700       360,493     8,900,000       2,935,441
     会計方針の変更を反映した当期首残高
     当中間期変動額
       剰余金の配当
                                                    1,722,769
       中間純利益
       株主資本以外の項目の
       当中間期変動額(純額)
                             -      -      -      -    1,722,769
     当中間期変動額合計
                          4,524,300      2,761,700       360,493     8,900,000       4,658,210
     当 中間  期末  残高
                                株主資本             評価・換算差額等

                         利益剰余金
                                       株   主
                                                      純資産合計
                                 自   己           その他有価証
                          利   益
                                       資   本
                                             券評価差額金
                                 株   式
                          剰余金
                                       合   計
                          合   計
                          12,149,658            19,363,242           50,874     19,414,117
                                 △ 72,415
     当期首   残高
                            46,276            46,276                46,276
     会計方針の変更による累積的影響額
                          12,195,935            19,409,519           50,874     19,460,393
                                 △ 72,415
     会計方針の変更を反映した当期首残高
     当中間期変動額
                              -            -                -
        剰余金の配当
                           1,722,769            1,722,769                1,722,769
        中間純利益
        株主資本以外の項目の
                                                 127,152       127,152
        当中間期変動額(純額)
                           1,722,769         -   1,722,769          127,152      1,849,921
     当中間期変動額合計
                          13,918,704            21,132,288           178,027      21,310,315
                                 △ 72,415
     当 中間  期末  残高
     注記事項

      (重要な会計方針)
     1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)有価証券
      ① 関連会社株式
       総平均法による原価法
      ② その他有価証券
       時価のあるもの
        当中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却
       原価は、総平均法により算定)
       時価のないもの
       総平均法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                                 80/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       定率法。但し、平成10年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
       建物               8~18年
       構築物             20年
       器具備品           2~20年
     (2)無形固定資産
       定額法。
       なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法により償
      却しております。
     (3)リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定率法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

     (1)賞与引当金
       従業員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当中間会計期間末日対応分を計上しておりま
      す。
     (2)役員賞与引当金
       役員に対する賞与の支払いに備えるため、支給見込額の当中間会計期間末日対応分を計上しております。
     (3)退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当
      中間会計期間末日において発生していると認められる額を計上しております。
       ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法につ
        いては、給付算定式基準によっております。
       ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務     費用  については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による
        定額法により費用処理しております。
          数理計算上の差異については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)に
        よる定額法により翌期から費用処理することとしております。
     (4)役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当中間会計期間末日要支給額を計上しておりま
      す。
     (5)執行役員退職慰労引当金
       執行役員の退職慰労金の支払いに備えるため、規程に基づく当中間会計期間末日要支給額を計上しており
      ます。
     4.  外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

       外貨建金銭債権債務は、             当中間会計期間末日          の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として
      処理しております。
     5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理
       消費税等の会計処理は、税抜方式によっており、控除対象外消費税等は、当中間会計期間の費用として処
                                 81/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      理しております。
     (会計方針の変更)

     (退職給付に関する会計基準等の適用)
      「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号                             平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
     う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号                                             平成24年5月17日。以
     下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲
     げられた定めについて当中間会計期間より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給
     付見込額の期間帰属方法を              期間定額基準から給付算定式基準へ                   変更するとともに、          割引率の算定方法を退職
     給付の支払見込期間ごとに設定された複数の割引率を使用する方法に変更しました。
       退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当中
     間会計期間の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減
     しております。
       この結果、当中間会計期間の期首の前払年金費用が69,164千円増加、退職給付引当金が2,738千                                                 円減少し、
     利益剰余金が46,276千円増加しております。なお、当中間会計期間の損益に与える影響は軽微であります。
     (中間貸借対照表関係)

     ※1.資産の金額から直接控除している減価償却累計額(減損損失累計額を含む)の額
                                         当中間会計期間

                                       (平成26年9月30日)
     有形固定資産の減価償却累計額                                      555,450千円
     ※2.消費税等の取扱い

         仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、「未払消費税等」として表示しております。
     (中間損益計算書関係)

     ※1.減価償却実施額は、次のとおりであります。
                                         当中間会計期間

                                      (自    平成26年4月1日
                                       至   平成26年9月30日)
     有形固定資産                                       20,991千円
     無形固定資産                                       11,590千円
     (中間株主資本等変動計算書関係)

     当中間会計期間(自            平成26年4月1日          至   平成26年9月30日)
     1.発行済株式に関する事項
       株式の種類          当事業年度期首              増加          減少        当中間会計期間末
     普通株式(株)                1,823,250               -          -        1,823,250

     2.自己株式に関する事項

       株式の種類          当事業年度期首              増加           減少        当中間会計期間末
                                 82/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     普通株式(株)                  9,386            -          -          9,386
     3.配当に関する事項

     (1)配当金支払額
      該当事項はありません。
     (2)基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

      該当事項はありません。
     (リース取引関係)

      当中間会計期間(平成26年9月30日)
      ファイナンス・リース取引
      (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
        1.リース資産の内容
          有形固定資産 主として、投信システム設備としてのサーバー、ネットワーク機器他(器具備品)で
          あります。
        2.リース資産の減価償却方法
          重要な会計方針の「2.固定資産の減価償却の方法(3)リース資産」に記載のとおりであります。
     (金融商品関係)

       金融商品の時価等に関する事項
        中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
       することが極めて困難と認められるものは、含まれておりません((注)2.参照)。
       当中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                           中間貸借対照表計上額                 時価          差額
                              (千円)            (千円)          (千円)
        (1)  現金及び預金
                                 13,392,308          13,392,308             -
        (2)  有価証券及び投資有価証券
                                 7,824,207          7,824,207             -
          その他有価証券
        (3)  未収委託者報酬
                                 2,835,160          2,835,160             -
        (4)  未払手数料
                                 1,372,909          1,372,909             -
       (注)1.      金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
           (1)  現金及び預金
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
             によっております。
           (2)  有価証券及び投資有価証券
               これらの時価について、投資信託は基準価額によっております。また譲渡性預金は短期間
             で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
             す。
           (3)  未収委託者報酬
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
             によっております。
           (4)  未払手数料
                                 83/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
               これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額
             によっております。
       (注)2.      時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                 区分            中間貸借対照表計上額(千円)
          非上場株式                                276,151
            これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
          「(2)   有価証券及び投資有価証券              その他有価証券」には含めておりません。
     (有価証券関係)

      当中間会計期間(平成26年9月30日)
     1.関連会社株式
       関連会社株式(中間貸借対照表計上額 77,100千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
      困難と認められることから、記載しておりません。
     2.その他有価証券
                                中間貸借対照表             取得原価          差額
                       種類
                                 計上額(千円)             (千円)         (千円)
                  (1)株式                      -          -        -
     中間貸借対照表計上額             (2)債券
     が取得原価を超えるも             ①国債・地方債等                      -          -        -
     の             ②社債                      -          -        -
                  ③その他                      -          -        -
                  (3)その他                  2,859,109          2,501,935         357,173
                       小計              2,859,109          2,501,935         357,173
                  (1)株式                      -          -        -
     中間貸借対照表計上額             (2)債券
     が取得原価を超えない             ①国債・地方債等                      -          -        -
     もの             ②社債                      -          -        -
                  ③その他                      -          -        -
                  (3)その他                  4,965,098          5,045,660         △80,561
                       小計              4,965,098          5,045,660         △80,561
                合計                     7,824,207          7,547,595         276,611
     (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額199,051千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが
       極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
     (セグメント情報等)

     セグメント情報
       当社は、資産運用業という単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

      当中間会計期間(自            平成26年4月1日          至   平成26年9月30日)
                                 84/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      1.製品及びサービスごとの情報
        当社の製品及びサービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益各項目の区分と同一であること
       から、製品及びサービスごとの売上高の記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報
       (1)営業収益
          当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者
        の情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額は、中間貸借対照表の有形固定資産の金額と同一であること
        から、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報
        当社が運用している投資信託は大半が公募投信であり、委託者報酬を最終的に負担する主要な受益者の
       情報は制度上、把握し得ないため、記載を省略しております。
     報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       該当事項はありません。
     報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
     報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
     (1株当たり情報)

       1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のと
     おりであります。
                                           当中間会計期間
                    項目
                                          (平成26年9月30日)
     (1)1株当たり純資産額                                            11,748円57銭
     (算定上の基礎)
      純資産の部の合計額(千円)                                            21,310,315
      普通株式に係る中間期末の純資産額(千円)                                            21,310,315
      普通株式の発行済株式数(株)                                             1,823,250
      普通株式の自己株式数(株)                                               9,386
      1株当たり純資産の算定に用いられた
                                                   1,813,864
      中間期末の普通株式の数(株)
                                           当中間会計期間

                                          (自  平成26年4月1日
                    項目
                                          至  平成26年9月30日)
     (2)1株当たり中間純利益金額                                             949円77銭
     (算定上の基礎)
      中間純利益金額(千円)                                             1,722,769
                                 85/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                                 -
      普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                             1,722,769
      普通株式の期中平均株式数(株)                                             1,813,864
     (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式は存在しないため、記載しておりませ
        ん。
     (重要な後発事象)

       当社は、将来の事業展開や市況変動に備えるために適正な内部留保を維持しつつ、利益配分については
     株主の皆様へ安定的かつ可能な範囲で高水準の配当を実施していくことを基本的な考え方としており、平成
     26年11月18日開催の取締役会において、平成26年12月24日開催を予定している臨時株主総会に、次のとおり
     剰余金の処分を付議することを決議いたしました。
     株主配当に関する決議事項

          株式の種類                                         普通株式
          配当金の総額                                      2,539,409千円
          1株当たり配当額                                          1,400円
          基準日                                     平成26年11月26日
          効力発生日                                     平成26年12月25日
     4【利害関係人との取引制限】

         委託者は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に

       掲げる行為が禁止されています。
       ( 1 )自己またはその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行
        うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
        墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ( 2 )運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠
        け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないもの
        として内閣府令で定めるものを除きます。)。
       ( 3 )通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の
        親法人等(委託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引
        業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいま
        す。以下(      ▶ )(   5 )において同じ。)または子法人等(委託者が総株主等の議決権の過半数を
        保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体とし
        て政令で定める要件に該当する者を                    いいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引ま
        たは店頭デリバティブ取引を行うこと。
       ( ▶ )委託者の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方
        針、運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を
        行うこと。
       ( 5 )上記(     3 )(   ▶ )に掲げるもののほか、委託者の親法人等または子法人等が関与する行為で
        あって、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
        墜させるおそれのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

                                 86/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       a.定款の変更
          委託者の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
       b.訴訟事件その他の重要事項
          委託者およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はあり
         ません。
          なお、「委託会社等の経理状況 中間財務諸表」の注記事項(重要な後発事象)に記載さ
         れているとおり、平成26年12月24日付の臨時株主総会で期中配当を行うことを決議しまし
         た。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

       (1)株式会社りそな銀行(「受託者」)

       a.資本金の額
          平成26年9月末現在、279,928百万円
       b.事業の内容
          銀行法に基づき銀行業を営むと共に、金融機関の信託業務の兼営に関する法律(兼営法)
          に基づき信託業務を営んでいます。
       (2)販売会社
          販売会社の名称、資本金の額及び事業の内容は以下の「販売会社一覧表」のとおりです。
                                       (資本金の額は平成26年9月末現在)
      販売会社一覧表
                              資本金の額
                名称                              事業の内容
                             (単位:百万円)
                                     金融商品取引法に定める第一種金融商品取
      藍澤證券株式会社                          8,000
                                     引業を営んでいます。
      いちよし証券株式会社                         14,577                同上
      永和証券株式会社                           500              同上
      岡安証券株式会社                           650              同上
      新大垣証券株式会社                           175              同上
      みずほ証券株式会社                         125,167                同上
                     (注)
                                 852              同上
      岡三にいがた証券株式会社
      上光証券株式会社                           500              同上
      大熊本証券株式会社                           343              同上
      大山日ノ丸証券株式会社                           215              同上
      東武証券株式会社                           420              同上
      フィリップ証券株式会社                           950              同上
      三津井証券株式会社                           558              同上
      三豊証券株式会社                           300              同上
      むさし証券株式会社                          5,000               同上
      六和証券株式会社                           204              同上
                        (注)
                                6,100               同上
      ひろぎんウツミ屋証券株式会社
      三木証券株式会社                           500              同上
      リテラ・クレア証券株式会社
                                3,794               同上
                                 87/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      アーク証券株式会社                          2,619               同上
      楽天証券株式会社                          7,495               同上
      ばんせい証券株式会社                          1,558               同上
      株式会社SBI証券                         47,937                同上
                (注)
                                     銀行法に基づき、銀行業を営んでいます。
                                8,000
      株式会社筑邦銀行
     (注)岡三にいがた証券株式会社、                     株式会社筑邦銀行およびひろぎんウツミ屋証券株式会社におき
       ましては、募集・販売の取り扱いを行っておりません。
     2【関係業務の概要】

       「受託者」は以下の業務を行います。

       ( 1 )委託者の指図に基づく投資信託財産の保管、管理
       ( 2 )投資信託財産の計算
       ( 3 )その他上記業務に付随する一切の業務
       「販売会社」は以下の業務を行います。
       ( 1 )募集・販売の取り扱い
       ( 2 )受益者に対する一部解約事務
       ( 3 )受益者に対する一部解約金、収益分配金および償還金の支払い
       ( ▶ )受益者に対する収益分配金の再投資
       ( 5 )受益権の取得申込者に対する目論見書の交付
       ( 6 )受益者に対する運用報告書の交付
       ( 7 )所得税および地方税の源泉徴収
       ( 8 )その他上記業務に付随する一切の業務
     3【資本関係】

       (1)みずほ証券株式会社は、委託者の株式の76.5%を所有しています。

       (2)委託者は、新大垣証券株式会社の株式の1.4%を所有しています。
       (3)委託者は、三津井証券株式会社の株式の5.7%を所有しています。
       (4)委託者は、三豊証券株式会社の株式の4.5%を所有しています。
      (注)関係法人が所有する委託者の株式または委託者が所有する関係法人の株式のうち、持株比
         率が1.0%以上のものを記載しています。
      <再信託受託会社の概要>

       名称         :  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
       業務の概要         :  銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営
                  に関する法律に基づき信託業務を営んでいます。
       再信託の目的         :  原信託契約にかかる信託事務の一部(投資信託財産の管理)を原信
                  託受託者から再信託受託者(日本トラスティ・サービス信託銀行株
                  式会社)へ委託するため、原投資信託財産のすべてを再信託受託者
                  へ移管することを目的とします。
     第3【参考情報】

         ファンドについては、当特定期間において以下の書類が提出されております。
                提出年月日                     提出書類
                                 88/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          平成26年     8月11日             臨時報告書
          平成26年10月28日                  有価証券届出書
          平成26年10月28日                  有価証券報告書
          平成26年11月10日                  臨時報告書
                                 89/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告                 書

                                                 平成26年6月20日

     新 光 投 信 株 式 会 社

      取 締 役 会  御 中
                          新日本有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                      公認会計士 田 中 俊 之
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                     公認会計士 伊 藤 志 保
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託

     会社等の経理状況」に掲げられている新光投信株式会社の平成25年4月1日から                                               平成26年3月3
     1日までの第54期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、                                             株主資本等変動計算
     書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
     を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
     を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用する                                                 ことが含まれ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に                                                    対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準
     に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかに
     ついて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施                                             することを求めてい
     る。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施                                                     され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示                                                    のリスク
     の評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に                                                ついて意見表明
     するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に                                             応じた適切な監査手
     続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を                                           検討する。また、監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって                                        行われた見積りの評価も含め
     全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
     準拠して、新光投信株式会社の平成26年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
     年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
     ない。
                                                       以  上
     (※)1.上記は、当社が、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が

           別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 90/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                     独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書

                                                 平成27年3月3日
     新 光 投 信 株 式 会 社
     取締役会 御中
                             新  日  本  有  限  責  任  監  査  法  人

                             指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                             伊 藤 志 保
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                             福    村 寛
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「ファンドの経理状況」に掲げられている新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)の平成
     26年7月29日から平成27年1月28日までの特定期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
     損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する
     意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基
     準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどう
     かについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を実施することを求
     めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施され
     る。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリス
     クの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見
     表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な
     監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。また、
     監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評
     価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、新光日本インカム株式ファンド(3ヵ月決算型)の平成27年1月28日現在の信託
     財産の状態及び同日をもって終了する特定期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表
     示しているものと認める。
     利害関係

      新光投信株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定
     により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (※)1.上記は、当社が、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社
           が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       新光投信株式会社(E12432)
                                                 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の中間監査報告書

                                                 平成26年12月17日

     新 光 投 信 株 式 会 社
     取 締 役 会  御 中
                         新日本有限責任監査法人
                          指定有限責任社員
                                      公認会計士  伊 藤 志 保
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                      公認会計士  福 村 寛
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の

     経理状況」に掲げられている新光投信株式会社の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの第55
     期事業年度の中間会計期間(平成26年4月1日から                            平成26年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すな
     わち、中間貸借対照表、中間損益計算書、                      中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記につ
     いて中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠                                                 して中間財務
     諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による                                          重要な虚偽表示のない中間財
     務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断                                 した内部統制を整備及び運用することが含ま
     れる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務                                                 諸表に対する意
     見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
     して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に                              中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、
     中間監査に係る監査計画を              策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監
     査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤
     謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づ                                 いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必
     要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。                          中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明す
     るためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立
     案するために、        中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務
     諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務                                                 諸表の作成基
     準に準拠して、新光投信株式会社の平成26年9月30日現在の財政状態及び                                         同日をもって終了する中間会計
     期間(平成26年4月1日から平成26年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているも
     のと認める。
     強調事項
      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は平成26年11月18日開催の取締役会において、平成2
     6年12月24日開催予定の臨時株主総会に、剰余金の処分を付議することを決議した。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (※)1.上記は、当社が、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その
           原本は当社が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/92




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。