NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券) 第2期(平成26年6月18日-平成26年12月17日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)-第2期(平成26年6月18日-平成26年12月17日)

提出日:

提出者:NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信

カテゴリ:訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      訂正有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      平成27年3月10日        提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼執行役社長          渡邊 国夫
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区日本橋一丁目12番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-3241-9511
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上
      信託受益証券に係るファンドの名称】                      場投信
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      (1)当初自己設定日(平成26年7月14日)
      信託受益証券の金額】
                             200億円を上限とします。
                            (2)継続申込期間(平成26年7月16日から平成27年8月13日まで)
                             1兆円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所
                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/56













                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

      平成26年     6月26日    付をもって提出した有価証券届出書(                   平成26年7月14日提出の訂正届出書にて訂正済み。                          以
     下「原届出書」といいます。)の「信託金限度額」等に訂正事項がありますので、これを訂正するため本訂正
     届出書を提出するものです。
     2【訂正の内容】

      原届出書の訂正事項につきましては、<訂正前>および<訂正後>に記載している下線部                                               は訂正部分を示
     し、<更新後>の記載事項は原届出書の更新後の内容を示します。
                                  2/56

















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1ファンドの性格

     (1)ファンドの目的及び基本的性格

      <訂正前>

                               ;
       「日経平均ダブルインバース・インデックス                        」(「対象指数」といいます。)に連動する投資成果(基
      準価額の変動率が対象指数の変動率に一致することをいいます。以下同じ。)を目指します。
        ※日経平均ダブルインバース・インデックスとは
           日経平均ダブルインバース・インデックスは、日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の-2(マイナス2)倍
          として計算された指数で、2001年12月28日の指数値を100,000ポイントとして計算されています。
       ファンドの受益権は、金融商品取引所において時価により株式と同様に売買することができます。

      ■信託金の限度額■

       ファンドの信託金限度額は、               1 ,000億円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更す
      ることができます。
       ファンドは契約型の追加型株式投資信託ですが、以下の点で通常の投資信託とは異なる商品設計となって

      おります。
          ①受益権を上場します。
            上場(予定)日である平成26年7月16日以降、                        いつでも下記の金融商品取引所で売買することが
           できます。
              東京証券取引所
            売買単位は1口以上1口単位です。
            手数料は申込みの取扱い第一種金融商品取引業者等が独自に定める金額とします。
            取引方法は原則として株式と同様です。詳しくは取扱い第一種金融商品取引業者等へお問い合
           わせください。
          ②追加設定は一定口数以上の申込みでないと行なうことはできません。
            対象指数に連動する投資成果という目的の支障とならないようにするために、追加設定をポー
           トフォリオを組成するために必要な金額以上の場合に限定するものです。
          ③一定口数以上の受益権を有する投資家は、信託契約の一部解約の実行を請求することができます。
            基準価額と取引所での時価との間に乖離が生じたときに、合理的な裁定が入り、そうした乖離
           が収斂することにより、取引所での円滑な価格形成が行なわれることを期待するものです。
          ④収益分配金の支払いは、名義登録によって受益者を確定する方法で行なわれます。
     <商品分類>


      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
                                  3/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     す。
      なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
         (NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信)

     《商品分類表》
                            投資対象資産
      単位型・追加型           投資対象地域                       独立区分           補足分類
                            (収益の源泉)
                              株  式

                   国  内                      MMF
        単  位 型                   債  券                    インデックス型
                   海  外          不動産投信            MRF

                             その他資産                      特  殊  型

        追  加 型
                   内  外           (  )           ETF
                             資産複合

     《属性区分表》

        投資対象資産               決算頻度            投資対象地域             対象インデックス
      株式                 年1回            グローバル
       一般                             (日本を含む)
       大型株                 年2回
       中小型株
                       年4回              日本             日経225
      債券
       一般                 年6回              北米
       公債                 (隔月)
       社債                               欧州
       その他債券                 年12回                          TOPIX
       クレジット属性                 (毎月)              アジア
       (  )
                        日々            オセアニア
      不動産投信
                       その他             中南米             その他
      その他資産                 (  )                          (日経平均
      (株価指数先物取引)                              アフリカ
                                               ダブルインバース・
                                                インデックス)
      資産複合                              中近東
      (  )                              (中東)
       資産配分固定型
       資産配分変更型                             エマージング
      ファンドは、株価指数先物取引のうち日経平均株価を対象とするものを主要取引対象とします。このため、
     組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資産(その他資産(株価指数先物取引))と収益の源泉となる
     資産を示す商品分類上の投資対象資産(株式)とが異なります。
      <訂正後>

                               ;
       「日経平均ダブルインバース・インデックス                        」(「対象指数」といいます。)に連動する投資成果(基
      準価額の変動率が対象指数の変動率に一致することをいいます。以下同じ。)を目指します。
        ※日経平均ダブルインバース・インデックスとは
           日経平均ダブルインバース・インデックスは、日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の-2(マイナス2)倍
          として計算された指数で、2001年12月28日の指数値を100,000ポイントとして計算されています。
                                  4/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ファンドの受益権は、金融商品取引所において時価により株式と同様に売買することができます。

      ■信託金の限度額■

       ファンドの信託金限度額は、               2 ,000億円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更す
      ることができます。
       ファンドは契約型の追加型株式投資信託ですが、以下の点で通常の投資信託とは異なる商品設計となって

      おります。
          ①受益権を上場します。
            いつでも下記の金融商品取引所で売買することができます。
              東京証券取引所
            売買単位は1口以上1口単位です。
            手数料は申込みの取扱い第一種金融商品取引業者等が独自に定める金額とします。
            取引方法は原則として株式と同様です。詳しくは取扱い第一種金融商品取引業者等へお問い合
           わせください。
          ②追加設定は一定口数以上の申込みでないと行なうことはできません。
            対象指数に連動する投資成果という目的の支障とならないようにするために、追加設定をポー
           トフォリオを組成するために必要な金額以上の場合に限定するものです。
          ③一定口数以上の受益権を有する投資家は、信託契約の一部解約の実行を請求することができます。
            基準価額と取引所での時価との間に乖離が生じたときに、合理的な裁定が入り、そうした乖離
           が収斂することにより、取引所での円滑な価格形成が行なわれることを期待するものです。
          ④収益分配金の支払いは、名義登録によって受益者を確定する方法で行なわれます。
     <商品分類>


      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
     す。
      なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
         (NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信)

     《商品分類表》
                            投資対象資産
      単位型・追加型           投資対象地域                       独立区分           補足分類
                            (収益の源泉)
                              株  式

                   国  内                      MMF
        単  位 型                   債  券                    インデックス型
                   海  外          不動産投信            MRF

                             その他資産                      特  殊  型

        追  加 型
                   内  外           (  )           ETF
                             資産複合

                                  5/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     《属性区分表》

        投資対象資産               決算頻度            投資対象地域             対象インデックス
      株式                 年1回            グローバル
       一般                             (日本を含む)
       大型株                 年2回
       中小型株
                       年4回              日本             日経225
      債券
       一般                 年6回              北米
       公債                 (隔月)
       社債                               欧州
       その他債券                 年12回                          TOPIX
       クレジット属性                 (毎月)              アジア
       (  )
                        日々            オセアニア
      不動産投信
                       その他             中南米             その他
      その他資産                 (  )                          (日経平均
      (株価指数先物取引)                              アフリカ
                                               ダブルインバース・
                                                インデックス)
      資産複合                              中近東
      (  )                              (中東)
       資産配分固定型
       資産配分変更型                             エマージング
      ファンドは、株価指数先物取引のうち日経平均株価を対象とするものを主要取引対象とします。このため、
     組入れている資産を示す属性区分上の投資対象資産(その他資産(株価指数先物取引))と収益の源泉となる
     資産を示す商品分類上の投資対象資産(株式)とが異なります。
     (2)ファンドの沿革

      <訂正前>

      平成26年7月14日            信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

      平成26年7月16日            受益権を東京証券取引所へ上場                (予定)
      <訂正後>

      平成26年7月14日            信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

      平成26年7月16日            受益権を東京証券取引所へ上場
     3投資リスク

      <更新後>

     ≪ 委託会社におけるリスクマネジメント体制                      ≫

       リスク管理関連の委員会
        ◆パフォーマンスの考査
         投資信託の信託財産についてパフォーマンスに基づいた定期的な考査(分析、評価)の結果の報告、
         審議を行ないます。
                                  6/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ◆運用リスクの管理
         投資信託の信託財産の運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき運用部門その他関連部署への是
         正勧告を行なうことにより、適切な管理を行ないます。
        リスク管理体制図

      ※投資リスクに関する管理体制等は今後変更となる場合があります。






      <更新後>

                                  7/56












                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4手数料等及び税金

















     (1)申込手数料

      <更新後>

                                  8/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       販売基準価額(取得申込日の翌営業日の基準価額に100.05%以内(平成26年7月14日現在100.05%)の率を
                                       ※
      乗じて得た価額)に、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額                                 とします。
        
         下さい。
       購入時手数料は、ファンドの購入に関する事務手続き等の対価として、購入時に頂戴するものです。

     (2)換金(解約)手数料

      <訂正前>

       販売会社は、受益者が一部解約の実行の請求をするときは、当該受益者から、販売会社が独自に定める手

      数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
       また、受益権の買取りを行なうときは、基準価額に販売会社が独自に定める率を乗じて得た手数料および
      当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
       詳しくは販売会社にお問い合わせください。なお、販売会社については、「サポートダイヤル」までお問
      い合わせ下さい。
      <訂正後>

       販売会社は、受益者が一部解約の実行の請求をするときは、当該受益者から、販売会社が独自に定める手

      数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
       また、受益権の買取りを行なうときは、基準価額に販売会社が独自に定める率を乗じて得た手数料および
      当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができます。
       詳しくは販売会社にお問い合わせください。なお、販売会社については、「サポートダイヤル」までお問
      い合わせ下さい。
       換金時手数料は、ファンドの換金に関する事務手続き等の対価として、換金時に頂戴するものです。

     (3)信託報酬等

      <更新後>

       信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、次の第1号により計算した額に、第2号により計算

      した額を加算して得た額とします。
          1.信託財産の純資産総額に年0.864%(税抜年0.80%)以内で委託会社が定める率(平成27年                                              3月10日現
           在年0.864%(税抜年0.80%))(「信託報酬率」といいます。)を乗じて得た額とし、その配分につ
           いては以下の通り(税抜)とします。
            <委託会社>          <受託会社>
             年0.75%          年0.05%
            *上記配分は、平成27年            3月10日現在の信託報酬率における配分です。
          2.信託財産に属する有価証券の貸付を行なった場合は、その品貸料の43.2%(税抜40%)以内の額と
           し、その配分については、委託会社は80%、受託会社は20%とします。
                                  9/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       上記の信託報酬の総額は、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき信託
      財産から支払われます。
     ≪支払先の役務の内容≫

            <委託会社>               <受託会社>
         ファンドの運用とそれに               ファンドの財産の保管・
         伴う調査、受託会社への               管理、委託会社からの指
         指図、法定書面等の作               図の実行等
         成、基準価額の算出等
     (4)その他の手数料等

      <更新後>

        ①ファンドに関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息等は、

         受益者の負担とし、信託財産中から支払われます。なお、受益権の上場に係る費用および対象指数に
         ついての商標(これに類する商標を含みます。)の使用料(これに類するものを含みます。以下「商標使
         用料等」といいます。)ならびに当該上場に係る費用および当該商標使用料等に係る消費税等に相当す
         る金額は、受益者の負担とし、信託財産中から支払うことができます。なお、信託財産中から支払わ
         ない金額については、委託者の負担となり、委託者が受領する信託報酬中から支払います。
         <商標使用料等>
          平成27年     3月10日現在、商標使用料等は以下の通りです。
           純資産総額に対し、原則として、年率0.0648%(税抜0.06%)以下とします。ただし、年率
           0.06%により計算した金額が年間税抜120万円を下回る場合は、年額129.6万円(税抜120万円)と
           します。
         <上場に係る費用>
          平成27年     3月10日現在、受益権の上場に係る費用は以下の通りです。
            ・追加上場料:追加上場時の増加額(毎年末の純資産総額について、新規上場時および新規上場
                    した年から前年までの各年末の純資産総額のうち最大のものからの増加額)に対
                    して、0.0081%(税抜0.0075%)。
            ・年間上場料:毎年末の純資産総額に対して、最大0.0081%(税抜0.0075%)。
        ②ファンドに関する組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税
         等に相当する金額、先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用は
         信託財産中から支払われます。
        ③監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用および当該監査費用に係る消費税等に相当する金額
         は、毎計算期間の最初の6ヶ月終了日および毎計算期末または信託終了のときに信託財産中から支払わ
         れます。
        ④ファンドにおいて一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行なった場
         合、当該借入金の利息は信託財産中から支払われます。
                                        ;
        ⑤ファンドにおいて一部解約の実行に伴い、信託財産留保額                                をご負担いただきます。信託財産留保額
         は、基準価額に0.05%以内(平成26年7月14日現在0.05%)の率を乗じて得た額を1口当たりに換算し
         て、換金する口数に応じてご負担いただきます。
            
             移を図るため、クローズド期間の有無に関係なく、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する一定
                                 10/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             の金額をいい、信託財産に繰り入れられます。
        *これらの費用等の中には、運用状況等により変動するものがあり、事前に料率、上限額等を表示する

         ことができないものがあります。
     第2【管理及び運営】

     1申込(販売)手続等

      <訂正前>

      申込期間中の各営業日に、受益権の募集が行なわれます。

      取得申込みの受付けについては、                 平成26年7月16日以降、            取得申込日の午後3時までに委託者に追加設定の連
     絡をして受理されたものを当日の申込みとします。
      なお、委託者は、次の期日または期間における受益権の取得申込みについては、原則として、当該取得申込
     みの受付けを停止します。ただし、委託者は、次の期日または期間における受益権の取得申込みであっても、
     信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日およ
     び期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の取得申込みについては、当該取得申込みの受付けを
     行なうことができます。
        1.取引を行なう対象先物取引の限月の変更を行なう期間として委託者が別に定めるもの
        2.取得申込日当日が、計算期間終了日の5営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終了日
         が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の6営業日前から起算して5営業日
         以内)
        3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得ない事
         情が生じたものと認めたとき
      ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      販売の単位は2万口以上2万口単位とします。

      受益権の販売価額は、販売基準価額とします。
      次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で取得の申込みを中止すること、および既に受付けた取
     得の申込みの受付けを取り消す場合があります。
      1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止された
       とき。
      2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取引所
       が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンドの当該
       取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
                                 11/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      上記にかかわらず、取得申込日において、当日申込み分の取得申込口数と一部解約の実行の請求口数の差が
     当日の残存口数を超えることとなる場合、金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取
     引 所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。なお、金融商品取引所
     を単に「取引所」という場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号
     もしくは同項第5号の取引を行なう市場ないしは当該市場を開設するものを「証券取引所」という場合がありま
     す。)等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取引の停止、決済機能の停止
     その他やむを得ない事情があるときは、ファンドの受益権の取得申込の受付けを停止することおよびすでに受
     付けた取得申込の受付けを取り消す場合があります。
     㭓홟靵㎏벀԰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배桔౦䈰欰縰弰潎蠰腟厊牓홟靵㎏벀԰䱓흶쩪⤰湣⽦P銈䰰䘰弰脰湣⽦ェ

      関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれ
      ます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金(販売基準価額に当該取得申込の口数を乗じて得た額に申込手
      数料および当該申込手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した額)の支払いと引き換えに、当該口座に
      当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。受託者は、追加信託金を受入
      れた場合には、振替機関に対し追加信託が行われた旨を通知するものとします。委託者は、追加信託により
      分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める
      事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託者から振替機関への通知があった場
      合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行ないます。
      <訂正後>

      申込期間中の各営業日に、受益権の募集が行なわれます。

      取得申込みの受付けについては、取得申込日の午後3時までに委託者に追加設定の連絡をして受理されたもの
     を当日の申込みとします。
      なお、委託者は、次の期日または期間における受益権の取得申込みについては、原則として、当該取得申込
     みの受付けを停止します。ただし、委託者は、次の期日または期間における受益権の取得申込みであっても、
     信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日およ
     び期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の取得申込みについては、当該取得申込みの受付けを
     行なうことができます。
        1.取引を行なう対象先物取引の限月の変更を行なう期間として委託者が別に定めるもの
        2.取得申込日当日が、計算期間終了日の5営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終了日
         が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の6営業日前から起算して5営業日
         以内)
        3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得ない事
         情が生じたものと認めたとき
      ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
                                 12/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      販売の単位は2万口以上2万口単位とします。
      受益権の販売価額は、販売基準価額とします。
      次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で取得の申込みを中止すること、および既に受付けた取
     得の申込みの受付けを取り消す場合があります。
      1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止された
       とき。
      2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取引
       所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取引所
       が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンドの当該
       取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
      上記にかかわらず、取得申込日において、当日申込み分の取得申込口数と一部解約の実行の請求口数の差が
     当日の残存口数を超えることとなる場合、金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取
     引所および金融商品取引法第2条第8項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。なお、金融商品取引所
     を単に「取引所」という場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号
     もしくは同項第5号の取引を行なう市場ないしは当該市場を開設するものを「証券取引所」という場合がありま
     す。)等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取引の停止、決済機能の停止
     その他やむを得ない事情があるときは、ファンドの受益権の取得申込の受付けを停止することおよびすでに受
     付けた取得申込の受付けを取り消す場合があります。
     㭓홟靵㎏벀԰澌꥘᩹㸰欰œ홟靵㎏배桔౦䈰欰縰弰潎蠰腟厊牓홟靵㎏벀԰䱓흶쩪⤰湣⽦P銈䰰䘰弰脰湣⽦ェ

      関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれ
      ます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金(販売基準価額に当該取得申込の口数を乗じて得た額に申込手
      数料および当該申込手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した額)の支払いと引き換えに、当該口座に
      当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。受託者は、追加信託金を受入
      れた場合には、振替機関に対し追加信託が行われた旨を通知するものとします。委託者は、追加信託により
      分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める
      事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託者から振替機関への通知があった場
      合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行ないます。
     2換金(解約)手続等

      <訂正前>

     (a)信託の一部解約(解約請求制)

       クローズド期間の平成26年8月15日までは一部解約のお申し込みができません。
                                                       ;
       受益者は、自己に帰属する受益権につき                     、平成26年8月18日以降            、委託者に対し、一定口数               の受益権を
      もって一部解約の実行を請求することができます。なお、一部解約の実行の請求日の午後3時までに委託者
      に解約の連絡をして受理されたものを、一部解約の申込みとして取扱います。
        ※2万口以上2万口単位
       受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとしま
      す。
                                 13/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       委託者は、次の期日または期間における受益権の一部解約の実行の請求については、原則として、当該請
      求の受付けを停止します。ただし、委託者は、次に該当する期日および期間における受益権の一部解約の実
      行 の請求であっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である
      等と判断される期日および期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の一部解約の実行の請求
      については、当該請求の受付けを行なうことができます。
          1.取引を行なう対象先物取引の限月の変更を行なう期間として委託者が別に定めるもの
          2.解約申込日当日が、計算期間終了日の5営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終
           了日が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の6営業日前から起算して5
           営業日以内)
          3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得な
           い事情が生じたものと認めたとき
       換金価額は、換金のお申込み日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額となります。
       なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうため、大口解約には制限を設ける場合があります。
       解約代金は、原則として一部解約の実行の請求日から起算して5営業日目から販売会社において支払いま
      す。
       次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、お
      よび既に受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
       1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止さ
         れたとき。
       2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取
         引所が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンド
         の当該取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
       上記にかかわらず、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国
      為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付けを
      中止する場合およびすでに受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
       また、一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行なった当
      日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合
      には、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとし
      ます。
       㮌꥘᩹㸰漰ţ⽦ェ徕ꈰ湛騰脰譥륬픰欰蠰訰ţ⽦s흶쩪⤰湢륭蠰歏숰譢䭽騰䴰銈䰰樰䘰舰渰栰地縰夰ɣ⽦
       機関は、当該手続きが行なわれた後に、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の振替受益権を抹消す
       るものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に一部解約の実行の請求を行なった受益者に係る
       当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
     (b)受益権と信託財産に属する有価証券との交換
       受益者は、信託期間中において、自己に帰属する受益権をもって当該受益権の信託財産に対する持分に相
      当する有価証券との交換を請求することはできません。
     (c)受益権の買取り(買取請求制)
       販売会社は、受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になった場合で、信託終了日の
      3営業日前までに受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。
       受益権の買取価額は、買取申込みを受付けた日の翌営業日の基準価額とします。
                                 14/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取
      引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、委託者との協議に基づいて受益権の買取
      り を停止することおよびすでに受付けた受益権の買取りを取り消す場合があります。
       また、受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取り停止以前に行なった当日の買取り請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその買取り請求を撤回しない場合には、当該受益権の買取価額は、買取り停
      止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取り請求を受付けたものとして、計算されたものとします。
      上記(a)、(b)及び(c)の詳細については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      <訂正後>

     (a)信託の一部解約(解約請求制)

                                          ;
       受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託者に対し、一定口数                                   の受益権をもって一部解約の実行を
      請求することができます。なお、一部解約の実行の請求日の午後3時までに委託者に解約の連絡をして受理
      されたものを、一部解約の申込みとして取扱います。
        ※2万口以上2万口単位
       受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとしま
      す。
       委託者は、次の期日または期間における受益権の一部解約の実行の請求については、原則として、当該請
      求の受付けを停止します。ただし、委託者は、次に該当する期日および期間における受益権の一部解約の実
      行の請求であっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である
      等と判断される期日および期間(第3号に掲げるものを除きます。)における受益権の一部解約の実行の請求
      については、当該請求の受付けを行なうことができます。
          1.取引を行なう対象先物取引の限月の変更を行なう期間として委託者が別に定めるもの
          2.解約申込日当日が、計算期間終了日の5営業日前から起算して4営業日以内(ただし、計算期間終
           了日が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、計算期間終了日の6営業日前から起算して5
           営業日以内)
          3.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障をきたすおそれのあるやむを得な
           い事情が生じたものと認めたとき
       換金価額は、換金のお申込み日の翌営業日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額となります。
       なお、信託財産の資金管理を円滑に行なうため、大口解約には制限を設ける場合があります。
       解約代金は、原則として一部解約の実行の請求日から起算して5営業日目から販売会社において支払いま
      す。
       次のような事情が発生した場合には、委託者の判断で一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、お
      よび既に受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
       1.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会の全部または一部が行なわれないときもしくは停止さ
         れたとき。
                                 15/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2.ファンドが行なう対象先物取引のうち主として取引を行なうものについて、当該取引に係る金融商品取
         引所(海外の取引所を含みます。)の当日の立会終了時における当該先物取引の呼値が当該金融商品取
         引 所が定める呼値の値幅の限度の値段とされること等やむを得ない事情が発生したことから、ファンド
         の当該取引にかかる呼値の取引数量の全部もしくは一部についてその取引が成立しないとき。
       上記にかかわらず、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国
      為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行の請求の受付けを
      中止する場合およびすでに受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消す場合があります。
       また、一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行なった当
      日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合
      には、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとし
      ます。
       㮌꥘᩹㸰漰ţ⽦ェ徕ꈰ湛騰脰譥륬픰欰蠰訰ţ⽦s흶쩪⤰湢륭蠰歏숰譢䭽騰䴰銈䰰樰䘰舰渰栰地縰夰ɣ⽦
       機関は、当該手続きが行なわれた後に、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の振替受益権を抹消す
       るものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に一部解約の実行の請求を行なった受益者に係る
       当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
     (b)受益権と信託財産に属する有価証券との交換
       受益者は、信託期間中において、自己に帰属する受益権をもって当該受益権の信託財産に対する持分に相
      当する有価証券との交換を請求することはできません。
     (c)受益権の買取り(買取請求制)
       販売会社は、受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になった場合で、信託終了日の
      3営業日前までに受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。
       受益権の買取価額は、買取申込みを受付けた日の翌営業日の基準価額とします。
       販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止(個別銘柄の売買停止等を含みます。)、外国為替取
      引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、委託者との協議に基づいて受益権の買取
      りを停止することおよびすでに受付けた受益権の買取りを取り消す場合があります。
       また、受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取り停止以前に行なった当日の買取り請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその買取り請求を撤回しない場合には、当該受益権の買取価額は、買取り停
      止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取り請求を受付けたものとして、計算されたものとします。
      上記(a)、(b)及び(c)の詳細については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
     3資産管理等の概要

     (5)その他

      <更新後>

      (a)ファンドの繰上償還条項

        (ⅰ)委託者は、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める
                                 16/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          とき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し、
          信託を終了させることができます。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする
          旨 を監督官庁に届け出ます。
        (ⅱ)委託者は、受益権の口数が20営業日連続して10万口を下回った場合、受益権を上場したすべての金
          融商品取引所において上場廃止になった場合または対象指数が廃止された場合は、受託者と合意の
          うえ、この信託契約を解約し、信託を終了させます。この場合において、委託者は、あらかじめ、
          解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。なお、すべての金融商品取引所において当該受益権
          の上場が廃止された場合には、委託者は、その廃止された日に、信託を終了するための手続きを開
          始するものとします。
      (b)信託期間の終了
        (ⅰ)委託者は、上記「(a)ファンドの繰上償還条項(ⅰ)」に従い信託期間を終了させるには、書面による
          決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議の
          日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約
          に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発しま
          す。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属す
          るときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議決権を
          有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
          該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅲ)上記(ⅰ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行ないます。
        (ⅳ)上記(ⅰ)から(ⅲ)までの規定は、委託者が信託契約の解約について提案をした場合において、当該
          提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をし
          たときには適用しません。
        (ⅴ)委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契
          約を解約し信託を終了させます。
        (ⅵ)委託者が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託
          者は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁がこの信託契約に関する委
          託者の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、下記「(c)信託
          約款の変更等」の書面決議が否決となる場合を除き、当該投資信託委託会社と受託者との間におい
          て存続します。
      (c)信託約款の変更等
        (ⅰ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託
          者と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及び投
          資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。)を行な
          うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁
          に届け出ます。なお、この信託約款は本条に定める以外の方法によって変更することができないも
          のとします。
        (ⅱ)委託者は、上記(ⅰ)の事項(上記(ⅰ)の変更事項にあってはその変更の内容が重大なものに該当する
          場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場
          合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行ないま
          す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその
                                 17/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受益者に対
          し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        (ⅲ)上記(ⅱ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属す
          るときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議決権を
          有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないときは、当
          該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅳ)上記(ⅱ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行ないます。
        (ⅴ)書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
        (ⅵ)上記(ⅱ)から(ⅴ)までの規定は、委託者が重大な約款の変更等について提案をした場合において、
          当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示
          をしたときには適用しません。
        (ⅶ)上記(ⅰ)から(ⅵ)の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
          あっても、当該併合にかかる一又は複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された
          場合は、当該他の投資信託との併合を行なうことはできません。
      (d)公告
         委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
           http://www.nomura-am.co.jp/
         なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
      (e)反対者の買取請求権
         ファンドの信託契約の解約または重大な約款の変更等を行なう場合には、書面決議において当該解約
        または重大な約款の変更等に反対した受益者は、受託者に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産を
        もって買取るべき旨を請求することができます。この買取請求の内容および買取請求の手続に関する事
        項は、前述の「(b)信託期間の終了(ⅰ)」または「(c)信託約款の変更等(ⅱ)」に規定する書面に付記し
        ます。
      (f)金融商品取引所への上場
         委託者は、この信託の受益権について、別に定める金融商品取引所に上場申請を行なうものとし、当
        該受益権は、当該金融商品取引所の定める諸規則等に基づき当該金融商品取引所の承認を得たうえで、
        当該金融商品取引所に上場されるものとします。
         委託者は、この信託の受益権が上場された場合には、上記の金融商品取引所の定める諸規則等を遵守
        し、当該金融商品取引所が諸規則等に基づいて行なう受益権に対する上場廃止または売買取引の停止そ
        の他の措置に従うものとします。
      (g)信託財産の登記等および記載等の留保等
        (ⅰ)信託の登記または登録をすることができる信託財産については、信託の登記または登録をすること
          とします。ただし、受託者が認める場合は、信託の登記または登録を留保することがあります。
        (ⅱ)上記(ⅰ)ただし書きにかかわらず、受益者保護のために委託者または受託者が必要と認めるとき
          は、速やかに登記または登録をするものとします。
        (ⅲ)信託財産に属する旨の記載または記録をすることができる信託財産については、信託財産に属する
          旨の記載または記録をするとともに、その計算を明らかにする方法により分別して管理するものと
          します。ただし、受託者が認める場合は、その計算を明らかにする方法により分別して管理するこ
          とがあります。
                                 18/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (ⅳ)動産(金銭を除きます。)については、外形上区別することができる方法によるほか、その計算を明
          らかにする方法により分別して管理することがあります。
      (h)有価証券の売却等の指図
         委託者は、信託財産に属する有価証券の売却等の指図ができます。
      (i)再投資の指図
         委託者は、有価証券の売却代金、有価証券に係る償還金等、株式の清算分配金、有価証券等に係る利
        子等、株式の配当金およびその他の収入金を再投資することの指図ができます。
      (j)受託者による資金の立替え
         信託財産に属する有価証券について、借替、転換、新株発行または株式割当がある場合で、委託者の
        申出があるときは、受託者は資金の立替えをすることができます。
         信託財産に属する有価証券に係る償還金等、株式の清算分配金、有価証券等に係る利子等、株式の配
        当金およびその他の未収入金で、信託終了日までにその金額を見積りうるものがあるときは、受託者が
        これを立替えて信託財産に繰り入れることができます。
         立替金の決済および利息については、受託者と委託者との協議によりそのつど別にこれを定めます。
      (k)委託者の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
         委託者は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を
        譲渡することがあります。
         また、委託者は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託
        契約に関する事業を承継させることがあります。
      (l)受託者の辞任および解任に伴う取扱い
        (ⅰ)受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任務に違反し
          て信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託者または受益者は、裁
          判所に受託者の解任を申立てることができます。受託者が辞任した場合、または裁判所が受託者を
          解任した場合、委託者は、上記「(c)信託約款の変更等」に従い、新受託者を選任します。なお、受
          益者は、上記によって行なう場合を除き、受託者を解任することはできないものとします。
        (ⅱ)委託者が新受託者を選任できないときは、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
      (m)受益権の分割、信託日時の異なる受益権の内容
         委託者は、信託契約締結日の受益権については当初設定口数に、追加信託によって生じた受益権につ
        いては、これを追加信託のつど追加口数に、それぞれ均等に分割します。
         信託の受益権は、信託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
      (n)信託約款に関する疑義の取扱い
         この信託約款の解釈について疑義を生じたときは、委託者と受託者との協議により定めます。
      (o)他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
         受益者は、委託者または受託者に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできません。
           1.他の受益者の氏名または名称および住所
           2.他の受益者が有する受益権の内容
      (p)関係法人との契約の更新に関する手続
         委託者と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」は、契約終了の3ヵ月前までに当事
        者の一方から別段の意思表示のないときは、原則1年毎に自動的に更新されるものとします。
         なお、運用の外部委託を行なう場合は、委託者と運用の委託先との間で締結する「運用指図に関する
        権限の委託契約」は、契約終了の3ヵ月前までに当事者の一方から更新しない旨を書面によって通知がな
        い限り、1年毎に自動的に更新されるものとします。但し、当該契約はファンドの償還日に終了するもの
                                 19/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        とします。
                                 20/56




















                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     3委託会社等の経理状況

      <更新後>

      1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務諸
       表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」とい
       う)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日
       内閣府令第52号)により作成しております。
        なお、当事業年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日まで)の財務諸表に含まれる比較情報につ
       いては、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成24年
       9月21日内閣府令第61号)附則第2条第2項により、改正前の財務諸表等規則に基づいて作成しておりま
       す。
        委託会社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
       省令第38号、以下「中間財務諸表等規則」という)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づき、
       「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しております。
      2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

      3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(平成25年4月1日から平成

       26年3月31日まで)の財務諸表ならびに中間会計期間(平成26年4月1日から平成26年9月30日まで)の中間
       財務諸表について、新日本有限責任監査法人の監査及び中間監査を受けております。
     (1)貸借対照表

                        前事業年度                      当事業年度        

                          (平成25年3月31日)              (平成26年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
          (資産の部)
     流動資産
      現金・預金                             333              247
      金銭の信託                            51,061              51,758
      有価証券                            4,500              11,800
      前払金                              -              0
      前払費用                              29              28
      未収入金                             271              287
      未収委託者報酬                            8,651              10,741
      未収収益                            4,224              5,999
      繰延税金資産                            1,504              2,010
      その他                              12              159
      貸倒引当金                             △6              △8
          流動資産計                        70,582              83,026
     固定資産
                                 21/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      有形固定資産                            1,470              1,508
       建物              ※2       485              442
       器具備品              ※2       985             1,065
      無形固定資産                            8,458              8,249
       ソフトウェア                    8,457              8,248
       電話加入権                      1              1
       その他                      0              0
      投資その他の資産                            21,443              22,052
       投資有価証券                    9,061              11,747
       関係会社株式                    12,092               9,609
       従業員長期貸付金                      29              35
       長期差入保証金                      55              50
       長期前払費用                      19              80
       前払年金費用                      -             347
       その他                     184              181
       貸倒引当金                     △0              △0
          固定資産計                        31,373              31,810
          資産合計                       101,956              114,837
                        前事業年度                      当事業年度        

                          (平成25年3月31日)              (平成26年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
          (負債の部)
     流動負債
      短期借入金                            3,000                -
      関係会社短期借入金                            2,000                -
      預り金                             102              106
      未払金               ※1             6,481              9,720
       未払収益分配金                      3              2
       未払償還金                      42              33
       未払手数料                    3,764              4,493
       その他未払金                    2,671              5,191
      未払費用               ※1             6,979              8,420
      未払法人税等                             763             1,960
      賞与引当金                            3,109              3,984
          流動負債計                        22,436              24,191
     固定負債
      退職給付引当金                             813               -
      時効後支払損引当金                             495              505
      繰延税金負債                            1,640              3,211
          固定負債計                         2,948              3,716
          負債合計                        25,385              27,907
         (純資産の部)
     株主資本                             71,942              80,249
      資本金                             17,180              17,180
      資本剰余金                             11,729              11,729
       資本準備金                      11,729              11,729
      利益剰余金                             43,032              51,339
       利益準備金                       685              685
       その他利益剰余金                      42,347              50,654
                                 22/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        別途積立金                      24,606              24,606
        繰越利益剰余金                      17,740              26,048
     評価・換算差額等                             4,628              6,679
      その他有価証券評価差額金                             4,659              6,679
      繰延ヘッジ損益                              △30                -
          純資産合計                        76,570              86,929
        負債・純資産合計                         101,956              114,837
     (2)損益計算書

                            前事業年度              当事業年度

                         (自 平成24年4月1日              (自 平成25年4月1日
                         至 平成25年3月31日)              至 平成26年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            74,067              87,258
      運用受託報酬                            17,516              24,589
      その他営業収益                             163              188
          営業収益計                        91,747              112,036
     営業費用
      支払手数料                            37,925              44,194
      広告宣伝費                             768              793
      公告費                              0              0
      受益証券発行費                              5              6
      調査費                            16,591              20,794
       調査費                    1,138              1,250
       委託調査費                    15,453              19,544
      委託計算費                             903              941
      営業雑経費                            2,616              2,926
       通信費                     199              188
       印刷費                    1,057               948
       協会費                      76              76
       諸経費                    1,282              1,712
          営業費用計                        58,810              69,656
     一般管理費
      給料                            10,039              11,091
       役員報酬              ※2       229              292
       給料・手当                    6,696              6,823
       賞与                    3,114              3,975
      交際費                             122              131
      旅費交通費                             446              454
      租税公課                             289              387
      不動産賃借料                            1,242              1,212
      退職給付費用                            1,067              1,069
      固定資産減価償却費                            4,106              3,518
      諸経費                            6,273              6,596
          一般管理費計                         23,589              24,460
           営業利益                        9,347              17,919
                                 23/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            前事業年度              当事業年度

                         (自 平成24年4月1日              (自 平成25年4月1日
                          至 平成25年3月31日)               至 平成26年3月31日)
                     注記
            区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                     番号
     営業外収益
      受取配当金               ※1      3,002              3,680
      収益分配金                       0              0
      受取利息                       2              3
      金銭の信託運用益                     1,016               379
      為替差益                       43               -
      その他                      331              336
          営業外収益計                         4,396              4,400
     営業外費用
      支払利息
                     ※1       56              11
      時効後支払損引当金繰入額                        9              24
      その他                       78              132
          営業外費用計                          145              169
           経常利益                       13,598              22,151
     特別利益
      投資有価証券等売却益                       59               -
      株式報酬受入益                      160              203
      固定資産売却益                       10               -
          特別利益計                          230              203
     特別損失
      投資有価証券売却損                       60               -
      投資有価証券償還損                       -              51
      投資有価証券評価損                       9              2
      関係会社株式評価損                     2,916              2,491
      固定資産除却損               ※3       118               17
          特別損失計                        3,105              2,562
         税引前当期純利益                          10,723              19,792
     法人税、住民税及び事業税                             3,765              7,608
     法人税等調整額                              446              △90
          当期純利益                        6,510              12,273

     (3)株主資本等変動計算書

       前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                      資本剰余金                 利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                 24/56



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              資本金      資 本     資 本     利 益                  利 益      株 主 
                                           繰 
                    準備金     剰余金     準備金                  剰余金      資 本
                                     別 途      越  
                          合 計                       合 計      合 計
                                     積立金      利 益
                                           剰余金
     当期首残高          17,180     11,729      11,729       685     24,606      14,320      39,611      68,521
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △3,090      △3,090      △3,090
      当期純利益                                       6,510      6,510      6,510
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -      -     -      -     3,420      3,420      3,420
     当期末残高          17,180     11,729      11,729       685     24,606      17,740      43,032      71,942
                                      (単位:百万円)

                      評価・換算差額等
                                        純資産合計
               その他有価証        繰延ヘッジ        評価・換算
               券評価差額金        損   益        差額等合計
     当期首残高              2,693         12      2,705        71,227

     当期変動額
      剰余金の配当                                     △3,090
      当期純利益                                      6,510
      株主資本以外の
      項目の当期変動             1,965        △43       1,922         1,922
      額(純額)
     当期変動額合計              1,965        △43       1,922         5,342
     当期末残高              4,659        △30       4,628        76,570
       当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                   株主資本
                      資本剰余金                 利益剰余金
                                     その他利益剰余金
                                                       株 主 
                          資 本                       利 益
                                           繰 
              資本金                                         資 本
                    資 本           利 益
                          剰余金                       剰余金
                                     別 途      越  
                                                       合 計
                    準備金           準備金
                          合 計                       合 計
                                     積立金      利 益
                                           剰余金
     当期首残高          17,180     11,729      11,729       685     24,606      17,740      43,032      71,942
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △3,966      △3,966      △3,966
      当期純利益                                       12,273      12,273      12,273
                                 25/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -      -     -      -     8,307      8,307      8,307
     当期末残高          17,180     11,729      11,729       685     24,606      26,048      51,339      80,249
                                      (単位:百万円)

                       評価・換算差額等
                                        純資産合計
                その他有価証        繰延ヘッジ       評価・換算
                券評価差額金        損   益       差額等合計
     当期首残高              4,659        △30       4,628        76,570

     当期変動額
      剰余金の配当                                     △3,966
      当期純利益                                     12,273
      株主資本以外の
      項目の当期変動             2,020         30      2,051         2,051
      額(純額)
     当期変動額合計              2,020         30      2,051        10,358
     当期末残高              6,679         -      6,679        86,929
     [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                    (1)子会社株式及び関連会社株式                … 移動平均法による原価法

                         (2)その他有価証券

                         時価のあるもの        …  決算日の市場価格等に基づく時価法
                                    (評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                                    売却原価は移動平均法により算定しておりま
                                    す)
                         時価のないもの        …  移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.固定資産の減価償却の方法                    (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に
                          取得した建物(附属設備を除く)については、定額法によっており
                          ます。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物        38~50年
                             附属設備        8~15年
                             構築物          20年
                             器具備品        4~15年
                         (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。ただし、自社利用のソフトウェア
                          については社内における利用可能期間に基づく定額法によってお
                          ります。
                                 26/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4.引当金の計上基準                    (1)  貸倒引当金
                           一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計
                          上しております。
                         (2)  賞与引当金

                           賞与の支払に備えるため、支払見込額を計上しております。
                         (3)  退職給付引当金

                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企
                          業年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                          産の見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末まで
                          の期間に帰属させる方法については、期間定額基準によっており
                          ます。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                         (4)  時効後支払損引当金

                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基
                          づく将来の支払見込額を計上しております。
     5.消費税等の会計処理方法                     消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており、控

                         除対象外消費税及び地方消費税は、当期の費用として処理しておりま
                         す。
     6.連結納税制度の適用                     連結納税制度を適用しております。

     [未適用の会計基準等]

     「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日)及び「退職給付に関する会計基準の

     適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日)
      (1)  概要
        未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の処理方法、退職給付債務及び勤務費用の計算方法並び
       に開示の拡充等について改正されました。
      (2)  適用予定日
        退職給付債務及び勤務費用の計算方法の改正については、平成27年3月期の期首から適用します。
        なお、当該会計基準等には経過的な取り扱いが定められているため、過去の期間の財務諸表に対しては遡
       及適用しません。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
        退職給付債務及び勤務費用の計算方法の改正による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
       であります。
     [注記事項]


      <更新後>

     ◇ 貸借対照表関係

                                 27/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               前事業年度末                           当事業年度末

             (平成25年3月31日)                           (平成26年3月31日)
      ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
         未払金                2,368百万円          未払金                4,601百万円
         未      払      費               未      払      費
                          1,584                           1,607
         用                                      用           
      ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額

         建物                 518百万円          建物                 565百万円
         器具備品                2,524           器具備品                2,849
         合計                3,043           合計                3,414
     ◇ 損益計算書関係


                前事業年度                           当事業年度

            (自 平成24年4月1日                           (自 平成25年4月1日
             至 平成25年3月31日)                           至 平成26年3月31日)
      ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
         受取配当金                2,922百万円          受取配当金                3,568百万円
         支     払     利                 支      払      利
                           44                           5
         息                                     息           
      ※2.役員報酬の範囲額                           ※2.役員報酬の範囲額

        役員報酬は報酬委員会決議に基づき支給されて                                   (同左)
       おります。
      ※3.固定資産除却損                           ※3.固定資産除却損

         建物                   5百万円        建物                  -百万円
         器具備品                  23         器具備品                  6
         ソ   フ   ト   ウ   ェ                 ソ  フ  ト  ウ  ェ
                           89                          11
         ア                                     ア       
         合計                  118         合計                  17
     ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額
           平成24年5月16日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   3,090百万円
            1株当たり配当額                       600円
            基準日                平成24年3月31日
                                 28/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            効力発生日                平成24年6月1日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           平成25年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   3,966百万円
            配当の原資                    利益剰余金
            1株当たり配当額                       770円
            基準日                 平成25年3月31日
            効力発生日                 平成25年6月21日
       当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

       1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

      株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

       2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当金支払額
           平成25年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   3,966百万円
            配当の原資                    利益剰余金
            1株当たり配当額                       770円
            基準日                 平成25年3月31日
            効力発生日                 平成25年6月21日
        (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           平成26年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   10,043百万円
            配当の原資                    利益剰余金
            1株当たり配当額                      1,950円
            基準日                 平成26年3月31日
            効力発生日                 平成26年6月2日
     ◇ 金融商品関係

       前事業年度(自         平成24年4月1日          至  平成25年3月31日)

       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を投資有価証券として、あるいは特定金銭信託を通じ保有しております。直接ま
         たは特定金銭信託を通じ行っているデリバティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の
                                 29/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         為替及び価格の変動によるリスクの軽減を目的としているため、投資有価証券保有残高の範囲内で行
         うこととし、投機目的のためのデリバディブ取引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          投資有価証券として、あるいは特定金銭信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変
         動リスクや価格変動リスクに晒されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、
         債券先物、スワップ取引などのデリバティブ取引によりヘッジしております。また、株式につきまし
         ては、政策投資として、あるいは業務上の関係維持を目的として保有しておりますが、価格変動リス
         クに晒されております。有価証券及び投資有価証券並びに金銭の信託については財務部が管理してお
         り、定期的に時価や発行体の財務状況を把握し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          平成25年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりで
         す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                                333          333         -
     (2)金銭の信託                              51,061          51,061           -
     (3)未収委託者報酬                               8,651          8,651          -
     (4)有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券                             12,678          12,678           -
     (5)関係会社株式                               3,064         104,822        101,758
              資産計                      75,789          177,548        101,758
     (6)短期借入金                               3,000          3,000          -
     (7)関係会社短期借入金                               2,000          2,000          -
     (8)未払金                               6,481          6,481          -
       未払収益分配金                                 3          3        -
       未払償還金                                 42          42         -
       未払手数料                               3,764          3,764          -
       その他未払金                               2,671          2,671          -
     (9)未払費用                               6,979          6,979          -
     (10)未払法人税等                                763          763         -
              負債計                      19,224          19,224           -
                                 30/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (11)デリバティブ取引           (*)
     ヘッジ会計が適用されていないもの                                 -          -        -
     ヘッジ会計が適用されているもの                                 3          3        -
          デリバティブ取引計                            3          3        -
       (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。

      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      (1)  現金・預金、(3)未収委託者報酬
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価格、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (4)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、投資信託は基準価格によっております。ま
       た、譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、帳簿価額によってお
       ります。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      (5)  関係会社株式

        取引所の価格によっております。
      (6)  短期借入金、(7)         関係会社短期借入金、(8)              未払金、(9)       未払費用、(10)         未払法人税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (11)   デリバティブ取引

        「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券883百万円、関係会社株式9,028百万円)は、市場価格

        がなく、かつキャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認め
        られるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当事業年度において、非上
        場株式について2,916百万円減損処理を行っております。
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                          (単位:百万円)
                                 31/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                     333        -       -       -
       金銭の信託                   51,061          -       -       -
       未収委託者報酬                   8,651         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券                   4,500         -       -       -
       合計                   64,547          -       -       -
       当事業年度(自         平成25年4月1日          至  平成26年3月31日)

       1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金銭信託を通じ保有しております。特定金銭信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金銭信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物、スワップ取引などの
         デリバティブ取引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるい
         は業務上の関係維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証
         券及び投資有価証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財
         務状況を把握し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。
       2.  金融商品の時価等に関する事項

          平成26年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりで
         す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                                 32/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                                247          247         -
     (2)金銭の信託                              51,758          51,758           -
     (3)未収委託者報酬                              10,741          10,741           -
     (4)有価証券及び投資有価証券
      その他有価証券                             22,467          22,467           -
     (5)関係会社株式                               3,064         141,441        138,377
              資産計                      88,278          226,656        138,377
     (6)未払金                               9,720          9,720          -
       未払収益分配金                                 2          2        -
       未払償還金                                33          33         -
       未払手数料                               4,493          4,493          -
       その他未払金                               5,191          5,191          -
     (7)未払費用                               8,420          8,420          -
     (8)未払法人税等                               1,960          1,960          -
              負債計                      20,100          20,100           -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金、(3)未収委託者報酬
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)  金銭の信託

        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価格、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (4)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によってます。また、譲渡性預金は短期間で決済されるた
       め、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、帳簿価額によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      (5)  関係会社株式

        取引所の価格によっております。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,080百万円、関係会社株式6,545百万円)は、市場価

                                 33/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        格がなく、かつキャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認
        められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当事業年度において、非
        上 場株式について2,494百万円減損処理を行っております。
      注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                          (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                         1年以内                    10年超
                                5年以内      10年以内
       預金                     247        -       -       -
       金銭の信託                   51,758          -       -       -
       未収委託者報酬                   10,741          -       -       -
       有価証券                   11,800          -       -       -
       合計                   74,547          -       -       -
     ◇ 有価証券関係

       前事業年度      (自   平成24年4月1日          至  平成25年3月31日)

       1.売買目的有価証券(平成25年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(平成25年3月31日)

        該当事項はありません。
       3.子会社株式及び関連会社株式(平成25年3月31日)

               貸借対照表         時価        差額

        区分        計上額
               (百万円)        (百万円)        (百万円)
      関連会社株式            3,064       104,822        101,758

        合計          3,064       104,822        101,758

       4.その他有価証券(平成25年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式              7,534        282      7,251
         小計           7,534        282      7,251
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      投資信託(※1)               644       645       △0
      譲渡性預金              4,500       4,500        -
                                 34/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         小計           5,144       5,145        △0
         合計          12,678       5,427       7,250
     (※1) 当事業年度末において、投資有価証券に係る為替変動リスクをヘッジするための為替予約取引についてヘッジ会計

         を適用しております。対応する繰延ヘッジ損失は30百万円(税効果会計適用後)であり、貸借対照表に計上して
         おります。
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         平成24年4月1日          至  平成25年3月31日)

         区分        売却額(百万円)          売却益の合計額(百万円)             売却損の合計額(百万円)

     株式                    21              6             -
     投資信託                   708              -             60
         合計               730              6             60
       当事業年度      (自   平成25年4月1日          至  平成26年3月31日)

       1.売買目的有価証券(平成26年3月31日)

        該当事項はありません。
       2.満期保有目的の債券(平成26年3月31日)

        該当事項はありません。
       3.子会社株式及び関連会社株式(平成26年3月31日)

               貸借対照表         時価        差額

        区分        計上額
               (百万円)        (百万円)        (百万円)
      関連会社株式            3,064       141,441        138,377

        合計          3,064       141,441        138,377

       4.その他有価証券(平成26年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式             10,667        282     10,384
         小計          10,667        282     10,384
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             11,800       11,800         -
         小計          11,800       11,800         -
         合計          22,467       12,082       10,384
                                 35/56



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                         平成25年4月1日          至  平成26年3月31日)
         区分        売却額(百万円)          売却益の合計額(百万円)             売却損の合計額(百万円)

     株式                    -             -             -
     投資信託                   761              -             51
         合計               761              -             51
     (注)投資信託の「売却額」及び「売却損の合計額」は償還によるものであります。
       ◇ 退職給付関係

                  前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.退職給付債務に関する事項(平成25年3月31日)

             イ.退職給付債務                           △15,209    百万円
             ロ.年金資産                            12,456
             ハ.未積立退職給付債務(イ+ロ)                            △2,752
             ニ.会計基準変更時差異の未処理額                               ―
             ホ.未認識数理計算上の差異                             2,471
             ヘ.未認識過去勤務債務(債務の増額)                             △532
             ト.貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+ホ+ヘ)                             △813
             チ.前払年金費用                               ―
             リ.退職給付引当金(ト-チ)                             △813
          3.退職給付費用に関する事項(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

             イ.勤務費用                              608  百万円
             ロ.利息費用                              251
             ハ.期待運用収益                             △237
             ニ.会計基準変更時差異の費用処理額                               ―
             ホ.数理計算上の差異の費用処理額                              304
             ヘ.過去勤務債務の費用処理額                             △40
             ト.退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+ヘ)                              885
             チ.その他(注)                              170
              計                             1,055
              (注)   確定拠出年金への掛金支払額等であります。
          4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項

             イ. 退職給付見込額の期間配分方法                       期間定額基準
             ロ. 割引率                       1.5%
             ハ. 期待運用収益率                       2.5%
             ニ. 過去勤務債務の額の処理年数                       16年(発生時の従業員の平均残存勤
                                    務期間以内の一定の年数による定額
                                    法により、費用処理することとして
                                    おります。)
             ホ. 数理計算上の差異の処理年数                       (1)  退職一時金に係るもの
                                      1年(発生時の翌期に費用処理す
                                      ることとしております。)
                                    (2)  退職年金に係るもの
                                      16年(発生時の従業員の平均残存
                                      勤務期間以内の一定の年数によ
                                      る定額法により、翌期から費用
                                      処理することとしております。)
             ヘ. 会計基準変更時差異の処理年数                       該当はありません。

                                 36/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)


          1.採用している退職給付制度の概要

            当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
           定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
          2.確定給付制度

          (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
             退職給付債務の期首残高                            15,209   百万円
              勤務費用                              750
              利息費用                              228
              数理計算上の差異の発生額                             △25
              退職給付の支払額                             △494
              その他                              11
             退職給付債務の期末残高                            15,680
          (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

             年金資産の期首残高                            12,456   百万円
              期待運用収益                              311
              数理計算上の差異の発生額                              428
              事業主からの拠出額                             2,065
              退職給付の支払額                             △475
             年金資産の期末残高                            14,786
          (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
             積立型制度の退職給付債務                            13,485   百万円
             年金資産                           △14,786
                                        △1,301
             非積立型制度の退職給付債務                             2,194
             未積立退職給付債務                              893
             未認識数理計算上の差異                            △1,733
             未認識過去勤務費用                              492
             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             △347
             前払年金費用                             △347

             貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             △347
          (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

             勤務費用                              750  百万円
             利息費用                              228
             期待運用収益                             △311
             数理計算上の差異の費用処理額                              284
             過去勤務費用の費用処理額                             △40
             その他                             △12
             確定給付制度に係る退職給付費用                              899
          (5)  年金資産に関する事項

            ①年金資産の主な内容
              年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
             債券                              30%
             株式                              18%
             受益証券等                              14%
             生保一般勘定                              19%
             その他                              19%
             合計                             100%
                                 37/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            ②長期期待運用収益率の設定方法
             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
             と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
             しております。
          (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

             当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
             割引率                             1.6%
             長期期待運用収益率                             2.5%
          3.確定拠出制度

            当社の確定拠出制度への要拠出額は、170百万円でした。
     ◇ 税効果会計関係


               前事業年度末                           当事業年度末

             (平成25年3月31日)                           (平成26年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因                           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
      別の内訳                           の内訳
      繰延税金資産                      百万円     繰延税金資産                      百万円
       関係会社株式評価減                     1,050      関係会社株式評価減                     1,947
       賞与引当金                     1,181      賞与引当金                     1,434
       所有株式税務簿価通算差異                      776     所有株式税務簿価通算差異                      776
       投資有価証券評価減                      501     投資有価証券評価減                      502
       未払事業税                      184     未払事業税                      425
       ゴルフ会員権評価減                      408     ゴルフ会員権評価減                      408
       減価償却超過額                      208     減価償却超過額                      206
       時効後支払損引当金                      178     時効後支払損引当金                      181
       子会社株式売却損                      172     子会社株式売却損                      172
       未払社会保険料                       90    未払社会保険料                      100
       退職給付引当金                      292     退職給付引当金                       -
       繰延ヘッジ損失                       18    繰延ヘッジ損失                       -
                             124                           126
       その他                           その他
      繰延税金資産小計                      5,189     繰延税金資産小計                      6,284
      評価性引当金                           評価性引当金
                           △2,704                           △3,602
                            2,485                           2,681
      繰延税金資産計                           繰延税金資産計
      繰延税金負債                           繰延税金負債
       有価証券評価差額金                     2,620      有価証券評価差額金                     3,757
                              -                          125
       前払年金費用                           前払年金費用
      繰延税金負債計                      2,620     繰延税金負債計                      3,882
      繰延税金負債(純額)                       135    繰延税金負債(純額)                      1,200
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負                           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担

      担率との差異の原因となった主な項目別の内訳                           率との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                     38.0%     法定実効税率                     38.0%
      (調整)                           (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項                      0.5%     交際費等永久に損金に算入されない項                      0.4%
      目                           目
      受取配当金等永久に益金に算入されな                           受取配当金等永久に益金に算入されな
      い項目                    △10.1%      い項目                     △6.7%
      住民税等均等割                      0.0%     住民税等均等割                      0.0%
      タックスヘイブン税制                      2.1%     タックスヘイブン税制                      1.4%
      外国税額控除                     △0.0%      外国税額控除                     △0.3%
      税率変更による期末繰延税金資産の減                       -%    税率変更による期末繰延税金資産の減                      0.5%
      額修正                           額修正
      関係会社株式評価減                     10.3%     関係会社株式評価減                      4.7%
      その他                     △1.6%      その他                     △0.1%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                            39.2%                           37.9%
                                 38/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延

                                 税金負債の金額の修正
                                 「所得税法等の一部を改正する法律」が平成26年3
                                 月31日に公布され、平成26年4月1日以後に開始す
                                 る事業年度から復興特別法人税が課されないことと
                                 なりました。これに伴い、当事業年度の繰延税金資
                                 産及び繰延税金負債の計算に使用した法定実効税率
                                 は、平成26年4月1日に開始する事業年度に解消が
                                 見込まれる一時差異について、前事業年度の38%か
                                 ら36%に変更されております。
                                 この変更により、繰延税金負債の純額が111百万円増
                                 加し、法人税等調整額(貸方)は111百万円減少して
                                 おります。
     ◇ セグメント情報等

       前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

       1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
       当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

       1.セグメント情報

         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       2.関連情報

       (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
         品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
       (2)地域ごとの情報

         ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
                                 39/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
       (3)主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
         な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
     ◇ 関連当事者情報

     前事業年度(自 平成24年4月1日 至 平成25年3月31日)

      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
          会社等                  議決権等      関連当事           取引         期末

                      事業の内容
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有     者  との関      取引の内容      金額     科目    残高
                      又は職業
          氏名                (被所有)割合        係         (百万円)         (百万円)
                                      資金の借入
                                             59,500
                                      (*1)
                                                短期借入
                                                金      2,000
         野村ホー
                   594,492         (被所有)     資産の賃貸借
         ルディン     東京都
     親会社             (百万円)    持株会社      直接    及び購入等      資金の返済      66,000
         グス株式     中央区
                            100.0%     役員の兼任
         会社
                                      借入金利息
                                              44  未払費用       0
                                      の支払
         (イ)子会社等

          会社等                  議決権等      関連当事           取引         期末

                      事業の内容
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有     者  との関      取引の内容      金額     科目    残高
                      又は職業
          氏名                (被所有)割合        係         (百万円)         (百万円)
                                      自社利用の

         株式会社     東京都              (所有)
      関連             18,600    情報         サービス・製      ソフトウェ
         野村総合     千代田               直接                 4,433   未払費用      706
      会社            (百万円)    サービス業           品の購入      ア開発の委
         研究所     区              21.6%
                                      託等(*2)
         (ウ)兄弟会社等

          会社等                  議決権等                 取引         期末

                      事業の内容          関連当事者  
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有           取引の内容      金額    科目    残高
                      又は職業           との関係
          氏名                (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                当社投資信託
                                の募集の取扱
                                及び売出の取      投資信託に
     親会社の
         野村證券     東京都     10,000             扱ならびに投      係る事務代         未払
     子会社                 証券業      ―                30,983         3,105
         株式会社     中央区    (百万円)              資信託に係る      行手数料の         手数料
                                事務代行の委      支払(*3)
                                託等
                                 40/56



                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         野村ファン
                                      投資信託の
         ド・リサー
     親会社の
                                当社投資信託      運用に係る
         チ・アン
                    400
              東京都
     子会社
                      投資顧問業       ―   の運用委託      投資顧問料       1,941   未払費用      827
              中央区
         ド・テクノ
                  (百万円)
                                役員の兼任      の支払
         ロジー株式
                                      (*4)
         会社
                                                短期借入

                                       資金の借
                                             3,000        3,000
                                                金
                                       入(*1)
                                資産の賃貸借
                   30,000
         野村信託
              東京都
     親会社の
         銀行株式
              千代田        信託銀行業       ―    及び購入等
                  (百万円)
     子会社
              区
         会社
                                役員の兼任
                                      借入金利息
                                                      -
                                              12 未払費用
                                      の支払
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) ソフトウェア開発については、調査・研究に要する費用や開発工数等を勘案し、総合的に決定しており
             ます。
          (*3) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
          (*4) 投資信託の運用に係る投資顧問料については、一般取引条件と同様に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、大阪証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール
            証券取引所、ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           当事業年度において、重要な関連会社は㈱野村総合研究所であり、その要約財務諸表は以下のと
           おりであります。
                               (百万円)
                          ㈱野村総合研究所
            流動資産合計                    173,289
            固定資産合計                    239,585
            流動負債合計                    119,860

            固定負債合計                    20,742
            純資産合計                    272,272

            売上高                    337,340

            税引前当期純利益                    34,116
            当期純利益                    21,546
     当事業年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

                                 41/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      1.関連当事者との取引

         (ア)親会社及び法人主要株主等
          会社等                  議決権等      関連当事           取引         期末

                      事業の内容
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有    者  との関      取引の内容      金額    科目    残高
                      又は職業
          氏名                (被所有)割合        係         (百万円)         (百万円)
                                      資金の借入
                                             8,000
                                      (*1)
                                                短期借入
                                                金       -
         野村ホー
                   594,492         (被所有)     資産の賃貸借
         ルディン     東京都
     親会社             (百万円)    持株会社      直接    及び購入等      資金の返済      10,000
         グス株式     中央区
                            100.0%     役員の兼任
         会社
                                      借入金利息
                                               5 未払費用       -
                                      の支払
         (イ)子会社等

          会社等                  議決権等      関連当事           取引         期末

                      事業の内容
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有     者  との関      取引の内容      金額     科目    残高
                      又は職業
          氏名                (被所有)割合        係         (百万円)         (百万円)
                                      自社利用の

         株式会社     東京都              (所有)
      関連             18,600    情報         サービス・製      ソフトウェ
         野村総合     千代田               直接                 5,073   未払費用      716
      会社            (百万円)    サービス業           品の購入      ア開発の委
         研究所     区              21.5%
                                      託等(*2)
         (ウ)兄弟会社等

          会社等                  議決権等                 取引         期末

                      事業の内容          関連当事者  
      種類   の名称又は     所在地    資本金          の所有           取引の内容      金額    科目    残高
                      又は職業           との関係
          氏名                (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                当社投資信託
                                の募集の取扱
                                及び売出の取      投資信託に
     親会社の
         野村證券     東京都     10,000             扱ならびに投      係る事務代         未払手数
     子会社                 証券業      ―                36,867         3,854
         株式会社     中央区    (百万円)              資信託に係る      行手数料の         料
                                事務代行の委      支払(*3)
                                託等
                                役員の兼任
         野村ファン
                                      投資信託の
         ド・リサー
     親会社の
                                当社投資信託      運用に係る
         チ・アン
                    400
              東京都
     子会社
                      投資顧問業       ―   の運用委託      投資顧問料       1,959   未払費用      760
              中央区
         ド・テクノ
                  (百万円)
                                役員の兼任      の支払
         ロジー株式
                                      (*4)
         会社
                                                短期借入

                                       資金の返
                                             3,000          -
                                                金
                                       済
                                資産の賃貸借
                   30,000
         野村信託
              東京都
     親会社の
         銀行株式
              千代田        信託銀行業       ―   及び購入等
                  (百万円)
     子会社
              区
         会社
                                役員の兼任
                                      借入金利息
                                               6 未払費用       -
                                      の支払
         (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
                                 42/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
          (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
          (*2) ソフトウェア開発については、調査・研究に要する費用や開発工数等を勘案し、総合的に決定しており
             ます。
          (*3) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
          (*4) 投資信託の運用に係る投資顧問料については、一般取引条件と同様に決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

         (1)親会社情報
           野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
            ニューヨーク証券取引所に上場)
         (2)重要な関連会社の要約財務諸表

           当事業年度において、重要な関連会社は㈱野村総合研究所であり、その要約財務諸表は以下のと
           おりであります。
                               (百万円)
                          ㈱野村総合研究所
            流動資産合計                    191,892
            固定資産合計                    249,548
            流動負債合計                    84,950

            固定負債合計                    55,262
            純資産合計                    301,227

            売上高                    355,777

            税引前当期純利益                    47,854
            当期純利益                    28,759
     ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
            (自 平成24年4月1日                           (自 平成25年4月1日
             至 平成25年3月31日)                           至 平成26年3月31日)
     1株当たり純資産額                    14,866円12銭       1株当たり純資産額                    16,877円25銭

     1株当たり当期純利益                    1,264円08銭       1株当たり当期純利益                    2,382円87銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜

     在株式が存在しないため記載しておりません。                           在株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

       損益計算書上の当期純利益                   6,510百万円        損益計算書上の当期純利益                  12,273百万円
       普通株式に係る当期純利益                   6,510百万円        普通株式に係る当期純利益                  12,273百万円
       普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
        該当事項はありません。                           該当事項はありません。
       普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                   5,150,693株
                                 43/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <更新後>

      中間財務諸表
        ◇中間貸借対照表
                                     平成26年9月30日現在

                              注記
                  区分                     金額(百万円)
                              番号
                (資産の部)
          流動資産
            現金・預金                                    363
            金銭の信託                                  49,988
            有価証券                                   7,300
            未収委託者報酬                                  11,088
            未収収益                                   7,909
            繰延税金資産                                   1,224
            その他                                    543
            貸倒引当金                                    △9
                流動資産計                              78,408
          固定資産
            有形固定資産                  ※1                1,554
            無形固定資産                                   7,237
             ソフトウェア                                  7,236
             その他                                    1
            投資その他の資産                                  21,240
             投資有価証券                                 10,219
             関係会社株式                                 10,458
             前払年金費用                                   262
             その他                                   299
                固定資産計                              30,031
                 資産合計                             108,440
                                     平成26年9月30日現在


                              注記
                  区分                     金額(百万円)
                              番号
                (負債の部)
          流動負債
            未払収益分配金                                     1
            未払償還金                                     32
            未払手数料                                   4,484
            その他未払金                  ※2                 2,354
            未払費用                                   8,902
            未払法人税等                                   1,266
            賞与引当金                                   2,372
            その他                                    122
                流動負債計                              19,538
          固定負債
            時効後支払損引当金                                    521
            繰延税金負債                                   2,673
                固定負債計                               3,194
                 負債合計                              22,732
                (純資産の部)
          株主資本                                     80,007
            資本金                                   17,180
            資本剰余金                                   11,729
             資本準備金                                  11,729
            利益剰余金                                   51,097
                                 44/56

                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             利益準備金                                   685
             その他利益剰余金                                  50,412
              別途積立金                                 24,606
              繰越利益剰余金                                 25,805
          評価・換算差額等                                     5,699
            その他有価証券評価差額金                                   5,699
                純資産合計                              85,707
               負債・純資産合計                               108,440
       ◇中間損益計算書


                                    自 平成26年4月1日
                                    至 平成26年9月30日
                              注記
                  区分                     金額(百万円)
                              番号
          営業収益
            委託者報酬                                   45,964

            運用受託報酬                                   14,813

            その他営業収益                                     103

                営業収益計                               60,881

          営業費用

            支払手数料                                   22,789

            調査費                                   13,225

            その他営業費用                                    2,376

                営業費用計                               38,390

          一般管理費                     ※1                 12,272

          営業利益                                     10,218

          営業外収益                     ※2                 2,879

          営業外費用                     ※3                   25

          経常利益                                     13,071

          特別利益                     ※4                  912

          特別損失                     ※5                  279

          税引前中間純利益                                     13,704

          法人税、住民税及び事業税                                      2,975

          法人税等調整額                                       845

          中間純利益                                      9,883

     ◇中間株主資本等変動計算書

       当中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
                                 45/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金                利益剰余金
                                      その他利益剰余金                 株 主
                            資 本                     利 益
                 資本金                                      資 本
                      資 本          利 益
                                          繰 越 
                            剰余金          別 途           剰余金
                                                       合 計
                      準備金          準備金
                                           利 益
                            合 計                     合 計
                                      積立金
                                           剰余金
     当期首残高            17,180     11,729     11,729      685    24,606      26,048      51,339      80,249
      会計方針の変更に
                                             △81      △81      △81
      よる累積的影響額
     会計方針の変更を反
                  17,180     11,729     11,729      685    24,606      25,966      51,258      80,168
     映した当期首残高
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                     △10,043      △10,043      △10,043
      中間純利益                                       9,883      9,883      9,883
      株主資本以外の項
      目の当中間期変動
      額(純額)
     当中間期変動額合計              -     -     -     -     -    △160      △160      △160
     当中間期末残高            17,180     11,729     11,729      685    24,606      25,805      51,097      80,007
                                       (単位:百万円)

                        評価・換算差額等
                                        純資産合計
                    その他有価証          評価・換算
                    券評価差額金          差額等合計
     当期首残高                   6,679          6,679          86,929

      会計方針の変更に
                                             △81
      よる累積的影響額
     会計方針の変更を反映
                        6,679          6,679          86,847
     した当期首残高
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                      △10,043
      中間純利益                                       9,883
      株主資本以外の項目
      の当中間期変動額                  △979          △979          △979
      (純額)
     当中間期変動額合計                   △979          △979         △1,140
     当中間期末残高                   5,699          5,699          85,707
      [重要な会計方針]

                                 46/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          1 有価証券の評価基準及び評価                 (1)  子会社株式及び関連会社株式…              移動平均法による原価法
            方法
                          (2)  その他有価証券
                           時価のあるもの…        中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                                    (評価差額は全部純資産直入法により処
                                    理し、売却原価は移動平均法により算定
                                    しております)
                           時価のないもの…        移動平均法による原価法
          2 金銭の信託の評価基準及び評                 時価法

            価方法
          3 固定資産の減価償却の方法                 (1)  有形固定資産

                             定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日
                            以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法
                            によっております。
                          (2)  無形固定資産及び投資その他の資産
                             定額法を採用しております。ただし、自社利用のソフト
                            ウェアについては社内における利用可能期間に基づく定額
                            法によっております。
          4 引当金の計上基準                 (1)  貸倒引当金

                             一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権
                            等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収
                            不能見込額を計上しております。 
                          (2)  賞与引当金
                             賞与の支払に備えるため、支払見込額を計上しておりま
                            す。 
                          (3)  退職給付引当金
                             従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給
                            付型企業年金について、当事業年度末における退職給付債
                            務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末にお
                            いて発生していると認められる額を計上しております。
                           ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間
                            会計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付
                            算定式基準によっております。
                           ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発
                            生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による
                            定額法により、発生した事業年度の翌期から費用処理する
                            こととしております。また、退職一時金に係る数理計算上
                            の差異は、発生した事業年度の翌期に一括して費用処理す
                            ることとしております。
                             退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用
                            は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
                            年数による定額法により、発生した事業年度から費用処理
                            することとしております。
                          (4)  時効後支払損引当金
                             時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金につ
                            いて、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の
                            支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
          5 消費税等の会計処理                 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によってお

                          ります。
          6 連結納税制度の適用                 連結納税制度を適用しております。

      [会計方針の変更]

                                 47/56




                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (退職給付に関する会計基準等の適用)
          「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基
          準」という。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平
          成24年5月17日。以下「退職給付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職
          給付適用指針第67項本文に掲げられた定めについて当中間会計期間より適用し、退職給付債務及び
          勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準
          へ変更、割引率の決定方法を平均残存勤務期間に基づく割引率から、退職給付の支払見込期間及び
          支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更しております。
           退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っ
          て、当中間会計期間の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を
          繰越利益剰余金に加減しております。
           この結果、当中間会計期間の期首の前払年金費用が127百万円減少し、繰越利益剰余金が81百万円
          減少しております。また、当中間会計期間の営業利益、経常利益及び税引前中間純利益はそれぞれ
          19百万円増加しております。
      [注記事項]

       ◇中間貸借対照表関係
                            平成26年9月30日現在

          ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                               3,584百万円
          ※2 消費税等の取扱い

             仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の
            「その他未払金」に含めて表示しております。
       ◇中間損益計算書関係


                            自 平成26年4月1日
                            至 平成26年9月30日
          ※1 減価償却実施額
                有形固定資産                212百万円
                無形固定資産               1,362百万円
                長期前払費用                 9百万円
          ※2 営業外収益のうち主要なもの

                受取配当金               2,308百万円
                金銭信託運用益                346百万円
          ※3    営業外費用のうち主要なもの

                時効後支払損引当金繰入                 23百万円
          ※4 特別利益の内訳

                投資有価証券等売却益                794百万円
                株式報酬受入益                117百万円
          ※5 特別損失の内訳

                投資有価証券等評価損                 90百万円
                固定資産除却損                189百万円
       ◇中間株主資本等変動計算書関係


                                 48/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            自 平成26年4月1日
                            至 平成26年9月30日
          1 発行済株式に関する事項
                株式の種類        当事業年度期首          増加      減少    当中間会計期間末
                 普通株式        5,150,693株          -      -     5,150,693株
          2 配当に関する事項

             配当金支払額
              平成26年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
              ・普通株式の配当に関する事項
                (1)配当金の総額                        10,043百万円
                (2)1株当たり配当額                          1,950円
                (3)基準日                      平成26年3月31日
                (4)効力発生日                      平成26年6月2日
       ◇金融商品関係


         当中間会計期間         (自   平成26年4月1日           至  平成26年9月30日)
         金融商品の時価等に関する事項

          平成26年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおり
         です。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                              中間貸借対照表計上額                時価       差額
        (1)現金・預金                                 363       363        -
        (2)金銭の信託                               49,988       49,988          -
        (3)未収委託者報酬                               11,088       11,088          -
        (4)有価証券及び投資有価証券
         その他有価証券                              16,412       16,412          -
        (5)関係会社株式                                3,064      153,806       150,742
                資産計                       80,916       231,659       150,742
        (6)未払金                                6,874       6,874          -
          未払収益分配金                                  1       1       -
          未払償還金                                  32       32        -
          未払手数料                                4,484       4,484          -
          その他未払金                                2,354       2,354          -
        (7)未払費用                                8,902       8,902          -
        (8)未払法人税等                                1,266       1,266          -
                負債計                       17,043       17,043          -
      注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金、(3)         未収委託者報酬
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)  金銭の信託

                                 49/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、  上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (4)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、譲渡性預金は短期間で決済され
       るため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、帳簿価額によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      (5)  関係会社株式
        取引所の価格によっております。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      注2:非上場株式等(中間貸借対照表計上額:投資有価証券1,106百万円、関係会社株式7,394百万円)は、市

        場価格がなく、かつキャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困難
        と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
     ◇ 有価証券関係

       当中間会計期間末          (平成26年9月30日)

       1.満期保有目的の債券(平成26年9月30日)

        該当事項はありません。
       2.子会社株式及び関連会社株式(平成26年9月30日)

                中間貸借対照表          時価      差額

         区分         計上額
                  (百万円)       (百万円)      (百万円)
     関連会社株式                3,064     153,806      150,742

         合計           3,064     153,806      150,742

       3.その他有価証券(平成26年9月30日)

                中間貸借対照表         取得原価        差額

         区分         計上額
                  (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                 50/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも
     の
      株式               9,112       282      8,829
         小計           9,112       282      8,829
     中間貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない
     もの
      譲渡性預金               7,300      7,300        -
         小計           7,300      7,300        -
         合計           16,412       7,582       8,829
     ◇ セグメント情報等

        当中間会計期間(自 平成26年4月1日 至 平成26年9月30日)
        1.セグメント情報
         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        2.関連情報

         (1)  製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、
         製品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報

         ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地
          域ごとの営業収益の記載を省略しております。
         ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
          め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
         (3)  主要な顧客ごとの情報

          外部顧客からの営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、
         主要な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
       ◇1株当たり情報


                           自 平成26年4月1日
                           至 平成26年9月30日
          1株当たり純資産額            16,639円93銭
          1株当たり中間純利益             1,918円81銭

           ( 注 ) 1 . 潜在株式調整後1株当たり中間純利益につきましては、新株予約権付社債等潜在株
               式がないため、記載しておりません。
             2 . 1株当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                中間純利益                  9,883   百万円
                普通株主に帰属しない金額                    -
                普通株式に係る中間純利益                  9,883百万円
                期中平均株式数                  5,150千株
                                 51/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】


     1名称、資本金の額及び事業の内容

      <更新後>

     (1)受託者

                                *
            (a)名称                              (c)事業の内容
                        (b)資本金の額
                                  銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融
     野村信託銀行株式会社                     30,000百万円        機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
                                  法)に基づき信託業務を営んでいます。
      *平成26年12月末現在
     (2)販売会社

                                           *
                 (a)名称                               (c)事業の内容
                                    (b)資本金の額
     野村證券株式会社                                  10,000百万円
     エービーエヌ・アムロ・クリアリング証券株式会社                                  3,000百万円
     SMBC日興証券株式会社                                  10,000百万円
     ゴールドマン・サックス証券株式会社                                  83,616百万円
     シティグループ証券株式会社                                  96,307百万円
                                              「金融商品取引法」に
     ソシエテ     ジェネラル証券会社           東京支店
                                       31,703百万円
                                              定める第一種金融商品
     大和証券株式会社                                 100,000百万円
                                              取引業を営んでいま
     ドイツ証券株式会社                                  72,728百万円
                                              す。
                   ※
     BNPパリバ証券株式会社                                 102,025百万円
     みずほ証券株式会社                                 125,167百万円
     三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                                  40,500百万円
     メリルリンチ日本証券株式会社                                 119,440百万円
     モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社                                  62,149百万円
                                              銀行法に基づき銀行業
     野村信託銀行株式会社                                  30,000百万円
                                              を営んでいます。
      *平成26年12月末現在
      ※BNPパリバ証券株式会社は、平成27年3月17日より募集・販売等の事務を開始します。
                                 52/56





                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の監査報告書

                                                 平成26年6月6日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          岩 部 俊 夫 
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          森 重 俊 寛 
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          湯 原   尚 
                     業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の平成25年
     4月1日から平成26年3月31日までの第55期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対
     する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる
     監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき監査を
     実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施さ
     れる。監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示
     のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性に
     ついて意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況
     に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者に
     よって行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
                                 53/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の平成26年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                    以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 54/56













                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の中間監査報告書

                                            平成26年11月21日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     新日本有限責任監査法人

                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          岩 部 俊 夫 
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          森 重 俊 寛 
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                   公認会計士          湯 原   尚 
                     業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、

     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の平成26年
     4月1日から平成27年3月31日までの第56期事業年度の中間会計期間(平成26年4月
     1日から平成26年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間
     損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査
     を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠して中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判
     断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務
     諸表に対する意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間
     財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうよう
     な重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策
     定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度
     監査と比べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づ
     いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用され
     る。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監
                                 55/56


                                                           EDINET提出書類
                                                野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                               訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、
     中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査に
     は、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断
     している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
     務諸表の作成基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の平成26年9月30日現
     在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(平成26年4月1日から平成26年9
     月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                    以  上
     (注) 1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

          ております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                 56/56











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。