株式会社杉村倉庫 四半期報告書 第152期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第152期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社杉村倉庫

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      平成27年2月13日

     【四半期会計期間】                      第152期第3四半期(自          平成26年10月1日        至  平成26年12月31日)

     【会社名】                      株式会社杉村倉庫

     【英訳名】                      Sugimura     Warehouse     Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      取締役社長 柴 山 恒 晴

     【本店の所在の場所】                      大阪市港区福崎一丁目1番57号

     【電話番号】                      06-6571-1221(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長 安 西 史 朗

     【最寄りの連絡場所】                      大阪市港区福崎一丁目1番57号

     【電話番号】                      06-6571-1221(代表)

     【事務連絡者氏名】                      取締役経理部長 安 西 史 朗

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1 【主要な経営指標等の推移】

                             第151期           第152期

              回次               第3四半期           第3四半期            第151期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成25年     4月  1日  自   平成26年     4月  1日  自   平成25年4月      1日
             会計期間
                          至   平成25年12月31日         至   平成26年12月31日         至   平成26年3月31日
     営業収益                (千円)         7,180,193           7,359,170           9,857,460
     経常利益                (千円)           578,028           699,243           864,922

     四半期(当期)純利益                (千円)           214,136           264,610           412,359

     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           294,120           551,541           439,462

     純資産額                (千円)         8,789,644           9,353,024           8,913,734

     総資産額                (千円)         19,585,511           19,362,730           19,434,969

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           13.54           16.71           26.08
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            44.8           48.3           45.8
                             第151期           第152期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成25年10月       1日  自   平成26年10月       1日
             会計期間
                         至   平成25年12月31日         至   平成26年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            6.87           0.66
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.  潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないた
          め記載しておりません。
     2 【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
       なお、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状
      況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等) セグメント情報」の「3.                                         報告セグメントの変更等に
      関する事項」をご参照ください。
                                  2/19





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1 【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
     2 【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
     3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)経営成績の分析

      当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策や金融政策の効果により企業収益や雇用環境の改
     善がみられたものの、急激な円安進行による原材料の価格高騰や消費増税に伴う個人消費の低迷など、先行きに不透明
     感が強まる状況で推移しております。
      物流業界におきましては、貨物取扱状況は消費増税前の駆込み需要の反動減などが影響し、前年に比べ荷動きが鈍
     く、保管残高も低水準となっております。
      このような事業環境のもとで、当社グループは、大阪市街地へのアクセスに優れた立地特性を有する大阪市港区の大
     阪港営業所において、新倉庫の建替えを決定するなど、物流拠点の整備や拡充に取り組むとともに積極的に営業を展開
     しました。
      この結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの営業収益は、73億5千9百万円となり、前年同四半期に
     比べ1億7千8百万円(2.5%)の増収となりました。営業原価は59億9千9百万円となり、前年同四半期に比べ4千3百万円
     (0.7%)増加しました。販売費及び一般管理費は6億8百万円となり、前年同四半期に比べ1千5百万円(2.6%)増加し
     ましたが、営業利益は7億5千1百万円となり、前年同四半期に比べ1億1千9百万円(18.9%)の増益となりました。営業
     外費用は支払利息が減少し、経常利益は6億9千9百万円となって、前年同四半期に比べ1億2千1百万円(21.0%)の増益
     となりました。
      大阪港営業所での新倉庫への建替え工事が決定したことにより、除却資産と解体撤去費用を減損損失として特別損失
     に計上しましたが、四半期純利益は2億6千4百万円となり、前年同四半期に比べ5千万円(23.6%)の増益となりまし
     た。
      セグメントの業績を示すと次のとおりであります。

       なお、第1四半期連結会計期間よりセグメント区分及び全社費用の配分方法を変更しております。以下の前年同四半
      期比較については、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分及び全社費用の配分方法に組み替えた数値で比較
      しております。
     (物流事業)

      当第3四半期連結累計期間は、機械及びその消耗品の配送や荷役作業、リネンサプライ等の配送やオフィス移転作業
     などの取扱が堅調に推移したものの、飲料・食料工業品や電気機械、輸入貨物などの取扱が低調で、期末保管残高全体
     も前年同四半期を下回りました。この結果、外部顧客に対する営業収益は62億3千3百万円となり、前年同四半期に比べ
     4千5百万円(0.7%)の減収となりました。費用面では修繕費や減価償却費等が増加し、セグメント利益は3億5千1百万
     円となり、前年同四半期に比べ6千3百万円(15.4%)の減益となりました。
                                  3/19




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     (不動産賃貸業)

      平成25年12月に完成した大阪市港区の賃貸物件が通期に寄与し、外部顧客に対する営業収益は9億2千1百万円とな
     り、前年同四半期に比べ1億9千1百万円(26.2%)の増収となりました。費用面では修繕費や租税公課等が増加しまし
     たが、セグメント利益は7億3千8百万円となり、前年同四半期に比べ1億7千4百万円(30.9%)の増益となりました。
     (その他の事業)

      ゴルフ練習場は入場者数が4.4%増加し、営業収益は1億5千9百万円となりました。費用については消耗品費等が増加
     したものの、減価償却費等が減少しましたので、増収増益となりました。
      売電事業は、太陽光発電設備の2機目が平成25年12月に完成したことが通期に寄与し、営業収益は4千2百万円の増収
     増益となりました。
      以上により、その他の事業の営業収益は2億4百万円となり、前年同四半期に比べ3千3百万円(19.5%)の増収となり
     ました。セグメント利益は3千3百万円となり、前年同四半期に比べ1千3百万円(64.7%)の増益となりました。
     (2)財政状態の分析

      当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ7千2百万円減少し、193億6千2百万円となりまし
     た。これは、投資有価証券等が増加して固定資産合計が6千7百万円増加したことに対し、受取手形及び売掛金や有価証
     券等が減少して流動資産合計が1億4千万円減少したことによります。
      負債合計は、前連結会計年度末に比べ5億1千1百万円減少し、100億9百万円となりました。これは、流動負債の支払
     手形及び買掛金や1年内返済予定の長期借入金等が減少したことに加え、固定負債の長期借入金等が減少したことによ
     ります。純資産合計は、前連結会計年度末に比べ4億3千9百万円増加し、93億5千3百万円となりました。これは、株主
     資本の利益剰余金が1億4千万円、評価・換算差額等のその他有価証券評価差額金が2億8千3百万円増加したことなどに
     よります。
     (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生
     じた課題はありません。
     (4)研究開発活動

      該当事項はありません。
     (5)主要な設備

      当第3四半期連結累計期間において、新たに計画された主要な設備計画は次のとおりであります。
                               投資予定額
            事業所名            設備の                        完了予定
                   セグメン                    資金調達               完成後の増加
                               (百万円)
      会社名                                      着手年月
                   トの名称                     方法                能力
           (所在地)             内容                         年月
                              総額    既支払額
                                            平成27年     平成28年      延床面積
           大阪港営業所
     提出会社              物流事業     倉庫設備      4,560       22   借入金
           (大阪市港区)                                   5月      7月     3,400㎡
     (注)上記の金額に消費税等は含まれておりません。

                                  4/19






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     29,835,000

                  計                                   29,835,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成26年12月31日)          (平成27年2月13日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない
                                   東京証券取引所
       普通株式           15,919,010          15,919,010                当社における標準となる株式
                                   (市場第二部)
                                            単元株式数1,000株
         計         15,919,010          15,919,010           ―            ―
      (注) 提出日現在発行数には、平成27年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
         た株式数は、含まれておりません。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      平成26年12月31日                ―  15,919,010            ―   2,546,267           ―    641,468
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
       できませんので、直前の基準日である平成26年9月30日の株主名簿により記載しております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成26年9月30日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
                                   ―              ―
                     普通株式      61,000
     完全議決権株式(自己株式等)
                     (相互保有株式)
                                   ―              ―
                     普通株式      14,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                15,726            ―
                         15,726,000
                     普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           118,010
     発行済株式総数                    15,919,010          ―              ―
     総株主の議決権                     ―           15,726            ―

      (注) 単元未満株式数には近畿港運株式会社所有の相互保有株式300株及び自己保有株式405株が含まれておりま
         す。 
       ②  【自己株式等】

                                               平成26年9月30日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  大阪市港区福崎1-1-57               61,000         ―    61,000          0.38
     ㈱杉村倉庫
     (相互保有株式)
                  大阪市港区築港4-1-6               14,000         ―    14,000          0.09
     近畿港運㈱
           計              ―         75,000         ―    75,000          0.47
     2 【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平成26年
      12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
      ついて、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                               1,252,882              1,519,929
         受取手形及び売掛金                               1,120,288               882,814
         リース投資資産(純額)                               1,576,325              1,611,154
         有価証券                                823,573              692,698
         繰延税金資産                                 89,800              32,072
         未収消費税等                                 44,445                 -
         その他                                 55,911              83,993
                                         △ 4,840             △ 4,396
         貸倒引当金
         流動資産合計                               4,958,386              4,818,266
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                             5,989,289              5,497,961
           機械装置及び運搬具(純額)                              590,093              554,104
           工具、器具及び備品(純額)                               65,690              70,598
           土地                             4,913,971              4,903,771
           リース資産(純額)                               8,462              2,534
                                          5,000             105,900
           建設仮勘定
           有形固定資産合計                             11,572,508              11,134,871
         無形固定資産
           借地権                              295,290              295,290
                                          14,248              32,892
           その他
           無形固定資産合計                              309,538              328,182
         投資その他の資産
           投資有価証券                             2,195,027              2,593,145
           繰延税金資産                               86,310              171,185
           その他                              334,585              338,466
                                         △ 21,387             △ 21,387
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                             2,594,536              3,081,410
         固定資産合計                               14,476,583              14,544,464
       資産合計                                19,434,969              19,362,730
                                  8/19








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                                407,676              279,428
         1年内返済予定の長期借入金                               1,878,612              1,345,172
         未払金                                135,385              325,397
         リース債務                                 6,916              2,303
         未払法人税等                                138,283               20,500
         未払消費税等                                22,329              185,595
         賞与引当金                                153,668               75,969
         未払費用                                194,536              240,878
                                         125,082              163,936
         その他
         流動負債合計                               3,062,491              2,639,181
       固定負債
         社債                                200,000              200,000
         長期借入金                               5,972,732              5,862,748
         長期預り金                                244,116              242,862
         リース債務                                 1,968               357
         繰延税金負債                                260,810              298,600
         役員退職慰労引当金                                177,823              112,224
         退職給付に係る負債                                568,839              620,973
                                         32,451              32,758
         資産除去債務
         固定負債合計                               7,458,743              7,370,525
       負債合計                                10,521,235              10,009,706
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               2,539,731              2,546,267
         資本剰余金                               2,314,681              2,321,217
         利益剰余金                               3,596,314              3,737,057
                                        △ 16,872             △ 17,771
         自己株式
         株主資本合計                               8,433,854              8,586,770
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                492,894              776,412
                                        △ 22,091             △ 18,678
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                470,802              757,733
       新株予約権                                   9,078              8,520
       純資産合計                                 8,913,734              9,353,024
      負債純資産合計                                  19,434,969              19,362,730
                                  9/19







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      営業収益                                  7,180,193              7,359,170
                                        5,955,233              5,999,231
      営業原価
      営業総利益                                  1,224,959              1,359,939
      販売費及び一般管理費
       給料及び手当                                 338,355              340,441
                                         254,780              268,233
       その他
       販売費及び一般管理費合計                                 593,135              608,675
      営業利益                                   631,824              751,264
      営業外収益
       受取利息                                   698              616
       受取配当金                                  36,366              37,868
       社宅使用料                                  17,379              16,687
       持分法による投資利益                                   299               -
                                         18,378              15,886
       その他
       営業外収益合計                                  73,121              71,059
      営業外費用
       支払利息                                 106,975               92,531
       持分法による投資損失                                    -            15,540
                                         19,941              15,008
       その他
       営業外費用合計                                 126,917              123,081
      経常利益                                   578,028              699,243
      特別利益
                                            -            1,860
       新株予約権戻入益
       特別利益合計                                    -            1,860
      特別損失
       固定資産処分損                                    -            26,834
                                       ※  186,372             ※  403,144
       減損損失
       特別損失合計                                 186,372              429,979
      税金等調整前四半期純利益                                   391,655              271,123
      法人税、住民税及び事業税
                                         215,012              133,000
                                        △ 37,493             △ 126,486
      法人税等調整額
      法人税等合計                                   177,519               6,513
      少数株主損益調整前四半期純利益                                   214,136              264,610
      少数株主利益                                      -              -
      四半期純利益                                   214,136              264,610
                                 10/19






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      少数株主損益調整前四半期純利益                                   214,136              264,610
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  79,929              283,644
       退職給付に係る調整額                                    -            3,413
                                           54             △ 126
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                                  79,983              286,931
      四半期包括利益                                   294,120              551,541
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 294,120              551,541
       少数株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/19















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (継続企業の前提に関する事項)
        該当事項はありません。
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

        該当事項はありません。
       (会計方針の変更等)

        会計基準等の改正等に伴う会計方針の変更
        「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。)及
       び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号平成24年5月17日。以下「退職給付適用
       指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた定めについて第1
       四半期連結会計期間より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法
       を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するとともに、割引率の決定方法を割引率決定の基礎となる債券の期間
       について従業員の平均残存勤務期間に近似した年数とする方法から、退職給付の支払見込額及び支払見込期間ごと
       の金額を反映した単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更いたしました。 
        退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従って、当第3四半期
       連結累計期間の期首において、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の変更に伴う影響額を利益剰余金に加減して
       おります。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の期首の退職給付に係る負債が44,785千円増加し、利益剰余金が28,841千円
       減少しております。また、当第3四半期連結累計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える
       影響は軽微であります。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
       (追加情報)

        該当事項はありません。
       (四半期連結貸借対照表関係)

        偶発債務 
        当社の連結子会社である杉村運輸株式会社が加入しております「大阪府貨物運送厚生年金基金」は平成26年2月25
       日開催の代議員会において特例解散の方針を決議いたしました。これにより、当該解散による費用が発生する場合
       がありますが、当社グループにかかる影響額は、現時点では不確定要素が多く合理的に算定することができませ
       ん。
       (四半期連結損益計算書関係)

       ※ 減損損失
       前第3四半期連結累計期間(自 平成25年4月1日  至 平成25年12月31日)
       当社グループは以下の資産について減損損失を計上しました。

         場所              用途               種類             金額
       大阪府大阪市           賃貸不動産(倉庫設備)                 建物、構築物等              186,372千円
      (経緯)
       当社所有の一部賃貸不動産(倉庫設備)の建替えの計画案が決定されたことに伴い、除却する固定資産については
      帳簿価額を全額減額とし、当該減少額と既存建物等の解体費用を減損損失として特別損失に計上しております。
       その内訳は、建物61,162千円、構築物等5,210千円、解体費用120,000千円であります。
      (グルーピングの方法)
       管理会計上の区分を基礎にしつつ、物流事業においては、保管・物流に関する荷主のニーズを複数の営業所で賄う
      特徴があることから、主要荷主を共有する近接した営業所に地理的一体性を認めてグルーピングしております。ま
      た、賃貸不動産については、投資の意思決定を行う際の単位を考慮し、個別物件ごとにグルーピングしております。
      (回収可能価額の算定方法)
       当該資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しており、零として評価しております。
                                 12/19


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
       当第3四半期連結累計期間(自 平成26年4月1日  至 平成26年12月31日)
       当社グループは以下の資産について減損損失を計上しました。

         場所              用途               種類             金額
       大阪府大阪市               倉庫設備             建物、構築物等               392,944千円
          〃             駐車場               土地             10,200千円
      (経緯)
       当社所有の一部倉庫設備の建替えの計画案が決定されたことに伴い、除却する固定資産については帳簿価額を全額
      減額とし、当該減少額と既存建物等の解体費用を減損損失として特別損失に計上しております。
       その内訳は、建物228,407千円、構築物等9,237千円、解体費用155,300千円であります。
       また、当社の連結子会社である杉村運輸株式会社が所有する土地の売却が決定されたことに伴い、引き渡し時点で
      売却損が見込まれるため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上してお
      ります。
      (グルーピングの方法)
       管理会計上の区分を基礎にしつつ、物流事業においては、保管・物流に関する荷主のニーズを複数の営業所で賄う
      特徴があることから、主要荷主を共有する近接した営業所に地理的一体性を認めてグルーピングしております。ま
      た、賃貸不動産については、投資の意思決定を行う際の単位を考慮し、個別物件ごとにグルーピングしております。
      (回収可能価額の算定方法)
       当該資産の回収可能価額は正味売却価額により測定しております。正味売却価額は、倉庫設備については零として
      評価しており、土地については売却予定価額により評価しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
       連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                        前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                         (自    平成25年     4月  1日     (自    平成26年     4月  1日
                         至   平成25年12月31日)            至   平成26年12月31日)
         減価償却費                   460,825千円              481,474千円
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自               平成25年4月1日         至   平成25年12月31日)
      1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     平成25年6月27日
               普通株式      利益剰余金         47,460          3  平成25年3月31日         平成25年6月28日
     定時株主総会
     平成25年10月30日
               普通株式      利益剰余金         47,457          3  平成25年9月30日         平成25年12月3日
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後と

       なるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
                                 13/19




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期連結累計期間(自               平成26年4月1日         至   平成26年12月31日)
      1.配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     平成26年6月27日
               普通株式      利益剰余金         47,452          3  平成26年3月31日         平成26年6月30日
     定時株主総会
     平成26年10月29日
               普通株式      利益剰余金         47,572          3  平成26年9月30日         平成26年12月2日
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後と

       なるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
                                 14/19















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自               平成25年4月1日         至   平成25年12月31日)
       1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                  その他の
                                                       計上額
                                                (注)1
                     物流事業      不動産事業               計
                                   事業
                                                       (注)2
       営  業  収  益
         外部顧客に対する営業
                     6,279,031        730,143       171,017      7,180,193           ―  7,180,193
         収益
         セグメント間の内部営
                       22,680      125,128       34,924      182,732      △ 182,732          ―
         業収益又は振替高
             計        6,301,711        855,271       205,942      7,362,925       △ 182,732      7,180,193

       セグメント利益               415,446       564,360       20,269     1,000,076       △ 368,252       631,824

       (注)1   調整額は以下のとおりであります。
          セグメント利益の調整額368,252千円は、各報告セグメントに配分されていない全社費用であります。全社費
          用は、親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         2   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         3 平成26年4月1日開始の連結会計年度より、全社費用の配分方法の見直しを行ったことに伴って、前第3四半期
          連結累計期間(自          平成25年4月1日         至   平成25年12月31日)のセグメント利益を変更後の算定方法による数
          値に組み替えて表示しております。これにより、従来の算定方法によった場合に比べて、セグメント利益
          が、物流事業において293,592千円、不動産事業において74,659千円それぞれ増加しております。算定方式の
          変更内容につきましては、「当第3四半期連結累計期間(自                             平成26年4月1日         至   平成26年12月31日) 3.
          報告セグメントの変更等に関する事項」をご覧ください。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         「不動産事業」セグメントにおいて、一部倉庫設備の建替えの計画案が決定されたことに伴い、除却する固定
        資産については帳簿価額を全額減額とし、当該減少額と既存建物等の解体費用を減損損失として特別損失に計上
        しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において186,372千円であります。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自               平成26年4月1日         至   平成26年12月31日)

       1.報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                                      四半期連結
                             報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                  その他の
                                                       計上額
                                                (注)1
                     物流事業      不動産事業               計
                                   事業
                                                       (注)2
       営  業  収  益
         外部顧客に対する営業

                     6,233,298        921,547       204,324      7,359,170           ―  7,359,170
         収益
         セグメント間の内部営
                       22,680      127,652       32,400      182,732      △ 182,732          ―
         業収益又は振替高
             計        6,255,978       1,049,200        236,724      7,541,903       △ 182,732      7,359,170

       セグメント利益               351,538       738,505       33,372     1,123,416       △ 372,151       751,264

       (注)1   調整額は以下のとおりであります。
          セグメント利益の調整額372,151千円は、各報告セグメントに配分されていない全社費用であります。全社費
          用は、親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         2   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 15/19



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
         「物流事業」セグメントにおいて、一部倉庫設備の建替えの計画案が決定されたことに伴い、除却する固定資
        産については帳簿価額を全額減額とし、当該減少額と既存建物等の解体費用を減損損失として特別損失に計上し
        ております。また、「不動産事業」において、一部駐車場の売却が決定されたことに伴い、引き渡し時点で売却
        損が見込まれるため減損損失として特別損失に計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期
        連結累計期間において403,144千円であります。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

         当社グループは従来「倉庫業」、「運送業」、「不動産賃貸業」、「その他の事業」の4つの報告セグメントに
        区分しておりましたが、第1四半期連結会計期間より「物流事業」、「不動産事業」、「その他の事業」の3つに
        変更することとし、それに伴い全社費用の配分方法についても見直しを行い、合理的に配分できる部分のみを配
        分しそれ以外のものについてはセグメント調整額に含めることといたしました。
         これは、「倉庫業」と「運送業」を「物流事業」として一体で把握することにより、当社グループの中核とな
        る物流関連の事業部門としての位置づけを明確にする一方で、これらを効率的に管理して収益の改善を目指すこ
        とを目的としております。これに加え「不動産賃貸業」は「不動産事業」と区分名称を変更して、事業環境の変
        化により柔軟に対応していくことを目指すものであります。
         これにより、従来の算定方法によった場合に比べて、セグメント利益が、物流事業において281,199千円、不動
        産事業において90,952千円それぞれ増加しております。
         なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報については変更後の区分方法により作成したものを記載して
        おります。
       (金融商品関係)

        金融商品の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がありま
       せん。
       (有価証券関係)

        有価証券の四半期連結貸借対照表計上額その他の金額は、前連結会計年度の末日と比較して著しい変動がありま
       せん。
       (デリバティブ取引関係)

        当社はヘッジ目的の金利スワップのみ行っており、ヘッジ会計を適用しているため、記載しておりません。
                                 16/19









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成25年     4月  1日    (自    平成26年     4月  1日
                 項目
                                 至   平成25年12月31日)           至   平成26年12月31日)
       1株当たり四半期純利益金額
                                        13円54銭             16円71銭
         (算定上の基礎)
       四半期純利益(千円)
                                         214,136             264,610
       普通株主に帰属しない金額(千円)
                                            ―             ―
       普通株式に係る四半期純利益金額(千円)
                                         214,136             264,610
         普通株式の期中平均株式数(株)                                  15,814,054             15,840,212
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、                                       ―             ―
     前連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、
         記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       第152期(平成26年4月1日から平成27年3月31日まで)中間配当について、平成26年10月29日開催の取締役会におい
      て、平成26年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
       ①   配当金の総額                                                       47,572千円
       ②   1株当たりの金額                                                        3円00銭
       ③   支払請求権の効力発生日及び支払開始日                        平成26年12月2日
                                 17/19











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社杉村倉庫(E04294)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年2月13日

     株式会社杉村倉庫
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士  谷  上  和  範 ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士  上  田  美  穂 ㊞
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社杉村倉庫

     の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平成26年12
     月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
     わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
     行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社杉村倉庫及び連結子会社の平成26年12月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。