株式会社クロップス 四半期報告書 第38期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第38期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社クロップス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】               四半期報告書

     【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】               東海財務局長

     【提出日】               平成27年2月10日

     【四半期会計期間】               第38期第3四半期(自            平成26年10月1日          至   平成26年12月31日)

     【会社名】               株式会社クロップス

     【英訳名】               CROPS       CORPORATION

     【代表者の役職氏名】               代表取締役社長         小   池   伊   知   郎

     【本店の所在の場所】               名古屋市中村区名駅四丁目23番9号

     【電話番号】               052(588)5640(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役経営管理部担当               後   藤   久   輝

     【最寄りの連絡場所】               名古屋市中村区名駅四丁目23番9号

     【電話番号】               052(588)5640(代表)

     【事務連絡者氏名】               取締役経営管理部担当               後   藤   久   輝

     【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                    株式会社名古屋証券取引所

                     (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                  1/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第37期           第38期

              回次              第3四半期           第3四半期            第37期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自   平成25年4月1日         自   平成26年4月1日         自   平成25年4月1日
             会計期間
                          至   平成25年12月31日         至   平成26年12月31日         至   平成26年3月31日
     売上高                (百万円)            19,115           19,554           26,724
     経常利益                (百万円)             649           381           732

     四半期(当期)純利益                (百万円)             303           147           313

     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)             360           213           371

     純資産額                (百万円)            3,911           4,082           3,922

     総資産額                (百万円)            12,027           12,865           13,303

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           31.64           15.35           32.62
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            30.6           29.7           27.7
                             第37期           第38期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                          自   平成25年10月1日         自   平成26年10月1日
             会計期間
                          至   平成25年12月31日         至   平成26年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           10.15            8.10
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。
        4.第38期より金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更しております。なお、比較を容易にするため第
          37期以前についても百万円単位で表示しております。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はありません。
       主要な関係会社の異動については、次の通りであります。
       当第3四半期連結会計期間において、当社の特定子会社であった克龍風速上海商貿有限公司の出資持分を平成26年
      10月31日に譲渡したことにより、連結の範囲から除外しております。
       また、第1四半期連結会計期間より従来のセグメントの名称を変更し、「飲食店舗居抜き流通事業」を「飲食店舗
      賃貸事業」としております。本セグメント名称の変更がセグメント情報に与える影響はありません。
                                  2/19




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事
      業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。 
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。 
     (1)業績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、消費税増税前の駆け込み需要の反動が徐々に解消され、政府
       の経済政策や日本銀行の金融政策により緩やかな回復基調にあるものの、円安の影響への懸念や海外経済の動向、
       地政学的リスクなど不透明感は依然として払拭できない状況で推移しました。
        このような経済環境の中、移動体通信事業におきましては、iPhone6が発売され、機種変更による販売は好調に推
       移しておりますが、キャリア間のサービス、料金体系に大きな違いはなく、新規販売は一段と激しさを増しており
       ます。 
        人材派遣事業につきましては、輸出関連の製造業を中心とした企業収益の改善により、有効求人倍率の上昇や完
       全失業率の低下など雇用情勢は改善している一方で、人材の確保が難しい状況となっております。
        ビルメンテナンス事業につきましては、輸出環境改善の恩恵を受ける製造業や公共投資増加の恩恵を受ける建設
       業等、顧客企業の収益に改善の傾向がみられる一方で、顧客企業のコスト削減意識は依然として強く、同業他社と
       の価格競争や既存顧客からの仕様変更、減額要請により受注価格の下落傾向が続いております。
        飲食店舗賃貸事業につきましては、特に首都圏における外食産業の市場規模が拡大傾向にあり、出店費用を抑制
       できる居抜き出店、店舗貸借時に信用を補完できるサブリースとも好調に推移しております。 
        文具事務用品卸事業につきましては、所得環境の停滞が続いたことによる消費者の節約志向の定着により、100円
       ショップや通信販売等のリーズナブルな商品の需要が堅調に推移しているものの、海外仕入先であるアジア諸国の
       人件費上昇や円安の影響で、仕入コストは増加傾向にあります。
        海外事業につきましては、平成26年10月31日に克龍風速上海商貿有限公司の出資持分を譲渡し、同事業から撤退
       いたしました。これに伴い、連結決算において50百万円の関係会社整理損(特別損失)を計上しております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の連結業績は、売上高19,554百万円(前年同期比2.3%増)となりました。
       損益面におきましては営業利益361百万円(前年同期比42.8%減)、経常利益381百万円(前年同期比41.2%減)、
       四半期純利益147百万円(前年同期比51.5%減)となりました。 
        セグメント別の概況は、次の通りであります。 
        ①  移動体通信事業
        移動体通信事業においては、スマートフォンやタブレット端末、周辺商材等の販売強化に加え、商機を生かした
       販売促進施策を推進してまいりましたが、他キャリアとの差別化の訴求が難しくなっており、特に新規携帯端末販
       売の低迷から減収となりました。
        損益面においては、スマートフォンの普及に伴い保有顧客の通信料等に応じて受け取る回線系手数料が増加した
       ものの、携帯端末等販売の売上が減少したこと等により、減益となっております。
        なお、総合的な営業力強化のため、4店舗のリニューアル(平成26年7月に「auショップ勝川(愛知県春日井
       市)」、平成26年8月に「auショップ鈴鹿中央通(三重県鈴鹿市)」、平成26年9月に「auショップ御器所(愛知
       県名古屋市)」)、平成26年11月に「auショップ黒川(愛知県名古屋市)」)を実施しております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は9,353百万円(前年同期比4.4%減)、営業利益は99百万円(前
       年同期比69.9%減)となりました。
                                  3/19



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
        ②  人材派遣事業
        人材派遣事業においては、スマートフォン、タブレット端末等インターネット環境の多様化、普及の一巡化によ
       り光回線販売が減少し、製造業向け業務請負は堅調に推移したものの、減収となりました。
        損益面においては、派遣スタッフの人件費上昇が響き、減益となっております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は1,617百万円(前年同期比0.4%減)、営業利益は34百万円(前
       年同期比49.8%減)となりました。
        ③  ビルメンテナンス事業
        ビルメンテナンス事業においては、引き続き取引先からの値下げ要請等がある中、業績が好調な製造業を中心と
       した大手取引先からのスポット案件及び新規継続案件の獲得が増加し、増収となりました。
        損益面においては、売上高は増加したものの、値下げ等により売上総利益率が大幅に悪化しており、減益となっ
       ております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,149百万円(前年同期比4.1%増)、営業利益は156百万円
       (前年同期比9.3%減)となりました。
        ④  飲食店舗賃貸事業
        飲食店舗賃貸事業においては、景気回復への期待感から顧客の新規出店意欲が高まっており、飲食店舗の開店・
       閉店支援サービスの契約件数、店舗管理業務(サブリース)の管理物件数とも好調に推移し、増収となりました。
        損益面においては、営業員の増員等により販売費及び一般管理費が増加したものの、売上高の大幅増加により、
       増益となっております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は2,360百万円(前年同期比27.5%増)、営業利益は118百万円
       (前年同期比35.0%増)となりました。
        ⑤  文具事務用品卸事業
        文具事務用品卸事業においては、消費者の節約志向が定着しており、リーズナブルな商品を取り扱う100円
       ショップ、通信販売会社等への販売が堅調に推移し、増収となりました。
        損益面においては、円安等による仕入原価の上昇に対処すべく、販売価格の見直しを進めておりましたが、実施
       時期が来期以降となったことなどから、減益となっております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は3,127百万円(前年同期比8.0%増)、営業利益は35百万円(前
       年同期比40.7%減)となりました。
        ⑥  海外事業
        海外事業におきましては、中国上海市においてチャイナテレコムショップを運営しておりますが、競合他社との
       価格競争が激しくなってきており、携帯端末の販売が苦戦し、減収となりました。
        損益面においては、コスト削減を図ったものの、売上高の減少が響き、営業損失を計上しております。
        こうした状況が続いていることから、当社グループとして検討した結果、平成26年10月31日に克龍風速上海商貿
       有限公司の出資持分を譲渡し、同事業から撤退しております。
        この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は70百万円(前年同期比21.0%減)、営業損失は42百万円(前年
       同期は営業損失41百万円)となりました。
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     (2)財政状態の分析
         流動資産は、前連結会計年度末に比べて8.1%減少し、6,922百万円となりました。これは、主として受取手形
        及び売掛金の減少(839百万円)、現金及び預金の減少(80百万円)等があったことによるものであります。
         固定資産は、前連結会計年度末に比べて3.0%増加し、5,942百万円となりました。これは、主として差入保証
        金の増加(349百万円)等があったことによるものであります。この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて
        3.3%減少し、12,865百万円となりました。
         流動負債は、前連結会計年度末に比べて10.9%減少し、5,232百万円となりました。これは、主として短期借
        入金の減少(550百万円)、未払法人税等の減少(153百万円)等があったことによるものであります。
         固定負債は、前連結会計年度末に比べて1.2%増加し、3,550百万円となりました。これは、主として長期預り
        保証金の増加(353百万円)等があったことによるものであります。この結果、負債合計は、前連結会計年度末
        に比べて6.4%減少し、8,782百万円となりました。
         純資産は、前連結会計年度末に比べて4.1%増加し、4,082百万円となりました。これは、主として利益剰余金
        の増加(99百万円)等があったことによるものであります。
                                  5/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     37,600,000

                  計                                   37,600,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (平成27年2月10日)
               (平成26年12月31日)                      商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                                 単元株式数は
       普通株式            9,597,400           9,597,400      名古屋証券取引所
                                                100株であります。
                                     (各市場第一部)
         計           9,597,400           9,597,400          ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     平成26年12月31日                 ―   9,597,400           ―      255        ―      315
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成26年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成26年12月31日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―             ―
                     普通株式               400
                     普通株式      9,596,100
     完全議決権株式(その他)                                  95,961            ―
                     普通株式               900 

     単元未満株式                                 ―             ―
                           9,597,400

     発行済株式総数                                 ―             ―
     総株主の議決権                      ―            95,961            ―

       ②  【自己株式等】

                                               平成26年12月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  名古屋市中村区名駅四丁目
                                    400      ―        400      0.00
                  23番9号
     株式会社クロップス
           計              ―           400      ―        400      0.00
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  7/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       (1)    当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号)に基づいて作成しております。
       (2)    当社の四半期連結財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載しており
       ましたが、第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間より百万円単位で記載することに変更いたしまし
       た。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平成
      26年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年12月31日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、有限責任            あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  8/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                 2,045              1,965
         受取手形及び売掛金                                 3,298              2,458
         商品                                 1,622              1,833
         貯蔵品                                   2              2
         その他                                  567              663
                                           △ 1             △ 1
         貸倒引当金
         流動資産合計                                 7,534              6,922
       固定資産
         有形固定資産
           土地                               1,764              1,654
                                          1,071               965
           その他(純額)
           有形固定資産合計                               2,836              2,620
         無形固定資産
                                           148               96
         投資その他の資産
           差入保証金                               1,895              2,244
           その他                                889              981
                                           △ 0             △ 0
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                               2,784              3,225
         固定資産合計                                 5,769              5,942
       資産合計                                  13,303              12,865
                                  9/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      負債の部
       流動負債
         支払手形及び買掛金                                 1,846              1,811
         短期借入金                                 1,670              1,120
         未払法人税等                                  198               44
         賞与引当金                                  218              190
                                          1,940              2,065
         その他
         流動負債合計                                 5,873              5,232
       固定負債
         長期借入金                                 1,539              1,191
         役員退職慰労引当金                                   7              8
         退職給付に係る負債                                  160              168
         長期預り保証金                                 1,508              1,862
         資産除去債務                                  99              101
         その他                                  191              218
         固定負債合計                                 3,507              3,550
       負債合計                                   9,381              8,782
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                  255              255
         資本剰余金                                  315              315
         利益剰余金                                 2,913              3,012
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
         株主資本合計                                 3,483              3,583
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                  178              242
                                           16               -
         為替換算調整勘定
         その他の包括利益累計額合計                                  195              242
       少数株主持分                                    243              256
       純資産合計                                   3,922              4,082
      負債純資産合計                                    13,303              12,865
                                 10/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      売上高                                    19,115              19,554
                                         14,683              15,678
      売上原価
      売上総利益                                    4,431              3,875
      販売費及び一般管理費                                    3,800              3,514
      営業利益                                     631              361
      営業外収益
       受取利息及び配当金                                    11              10
       違約金収入                                    16              15
                                           16              16
       その他
       営業外収益合計                                    44              43
      営業外費用
       支払利息                                    20              18
                                            6              ▶
       その他
       営業外費用合計                                    26              22
      経常利益                                     649              381
      特別利益
                                            -              0
       固定資産売却益
       特別利益合計                                    -              0
      特別損失
       固定資産除売却損                                    7              8
       減損損失                                    -              15
       関係会社整理損                                    -              50
                                            7              -
       賃貸借契約解約損
       特別損失合計                                    15              73
      税金等調整前四半期純利益                                     633              307
      法人税等                                     302              141
      少数株主損益調整前四半期純利益                                     331              166
      少数株主利益                                      27              19
      四半期純利益                                     303              147
                                 11/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      少数株主損益調整前四半期純利益                                     331              166
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                    25              63
                                            3             △ 16
       為替換算調整勘定
       その他の包括利益合計                                    29              47
      四半期包括利益                                     360              213
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                   332              194
       少数株主に係る四半期包括利益                                    27              19
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (連結の範囲の重要な変更)
        当第3四半期連結会計期間において、当社の特定子会社であった克龍風速上海商貿有限公司の出資持分を譲渡し
       たことにより、連結の範囲から除外しております。なお、平成26年9月30日をみなし売却日としているため、第3
       四半期連結会計期間までの損益計算書を連結しております。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
        税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
       用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて算出しております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
       の通りであります。
                        前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                         (自    平成25年4月1日               (自    平成26年4月1日
                         至   平成25年12月31日)               至   平成26年12月31日)
        減価償却費                           90百万円                 91百万円
        のれんの償却額                           51                       46      
       (株主資本等関係)

     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成25年4月1日          至   平成25年12月31日)
      配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成25年6月21日
               普通株式      利益剰余金           14      1.50   平成25年3月31日         平成25年6月24日
     定時株主総会
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)

      配当金支払額
                           配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                            (百万円)       配当額(円)
     平成26年6月20日
               普通株式      利益剰余金           47      5.00   平成26年3月31日         平成26年6月23日
     定時株主総会
                                 13/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                平成25年4月1日          至   平成25年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                                  ビルメン
                     移動体      人材派遣             飲食店舗       文具事務
                                  テナンス                    海外事業
                     通信事業        事業            賃貸事業      用品卸事業
                                   事業
      売上高
                       9,780       1,475       3,023       1,850       2,895        89
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         ─      147        1      ─       ―       ―
       売上高又は振替高
           計            9,780       1,622       3,024       1,850       2,895        89
      セグメント利益又は
                        329       68      172       87       59      △ 41
      損失(△)
                                   四半期連結損益

                             調整額
                      合計              計算書計上額
                             (注1)
                                     (注2)
      売上高

                        19,115          ―      19,115
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         148       △ 148          ―
       売上高又は振替高
           計            19,264        △ 148       19,115
      セグメント利益又は
                         676       △ 45        631
      損失(△)
      (注)1      セグメント利益又は損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去5百万円、のれん償却額△51百万円が
          含まれております。
         2    セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 14/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                    報告セグメント
                                  ビルメン       飲食店舗
                     移動体      人材派遣                    文具事務
                                  テナンス       賃貸事業             海外事業
                     通信事業        事業                  用品卸事業
                                   事業      (注1)
      売上高
                       9,353       1,494       3,147       2,360       3,127        70
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         ―      122        1       ―       ―       ―
       売上高又は振替高
           計            9,353       1,617       3,149       2,360       3,127        70
      セグメント利益又は
                         99       34      156       118       35      △ 42
      損失(△)
                                   四半期連結損益

                             調整額
                      合計              計算書計上額
                             (注2)
                                     (注3)
      売上高

                        19,554          ―      19,554
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                         124       △ 124          ―
       売上高又は振替高
           計            19,678        △ 124       19,554
      セグメント利益又は
                         401       △ 40        361
      損失(△)
      (注)1      第1四半期連結会計期間より従来の報告セグメントの名称を変更し、「飲食店舗居抜き流通事業」を「飲
          食店舗賃貸事業」としております。なお、当該変更は名称変更のみであり、報告セグメントの区分の方法に
          変更はありません。
         2    セグメント利益又は損失(△)の調整額には、セグメント間取引消去5百万円、のれん償却額△46百万円が
          含まれております。
         3    セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
       「海外事業」セグメントにおいて、15百万円の固定資産減損損失を計上しております。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下の通りであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    平成25年4月1日           (自    平成26年4月1日
                 項目
                                 至   平成25年12月31日)           至   平成26年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                   31円64銭             15円35銭
     (算定上の基礎)

     四半期純利益金額(百万円)                                      303             147

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                       ―             ―

     普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                      303             147

     普通株式の期中平均株式数(千株)                                     9,596             9,596

      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 16/19















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     (重要な後発事象)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
       (1)被取得企業の名称及び事業内容
           被取得企業の名称             大明商事株式会社
           事業の内容                   包装用品等の販売
       (2)企業結合を行った主な理由
           当社グループは、移動体通信事業を中心に各種事業を通じて、安定的な収益を確保し、「M&A・事業提
          携によるグループの規模拡大、および企業価値の増大」を成長戦略としております。
           大明商事株式会社は、包装資材を中心に企画・卸売販売、OEM製品の生産を行っており、当社グループ
          の文具事務用品卸事業において販路の拡大、物流の共通化による効率化などのシナジーが見込め、当社グ
          ループ全体のさらなる企業価値の増大を図ることができるとの判断により株式を取得いたしました。
       (3)企業結合日
           平成27年1月16日
       (4)企業結合の法的形式
           現金を対価とする株式取得
       (5)結合後企業の名称
           結合後企業の名称に変更はありません。
       (6)取得した議決権比率
           100%
       (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
           当社が現金を対価とした株式取得により、被取得企業の議決権の100%を取得したためであります。
      2.被取得企業の取得原価及びその内訳

         取得の対価                                          350百万円
         アドバイザリー費用等(概算額)                        10百万円
         合計(概算額)                                      360百万円
      3.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

         現時点では確定しておりません。
      4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

         現時点では確定しておりません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 17/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロップス(E05504)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年2月10日

     株式会社クロップス
      取締役会      御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          安      藤      泰      行      印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          岩      田      国      良      印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クロッ

     プスの平成26年4月1日から平成27年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平
     成26年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロップス及び連結子会社の平成26年12月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
     ての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。