ダイソー株式会社 四半期報告書 第160期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第160期第3四半期(平成26年10月1日-平成26年12月31日)

提出日:

提出者:ダイソー株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   平成27年2月9日

     【四半期会計期間】                   第160期第3四半期(自 平成26年10月1日 至 平成26年12月31日)

     【会社名】                   ダイソー株式会社

     【英訳名】                   DAISO CO., LTD.

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長執行役員  佐 藤   存

     【本店の所在の場所】                   大阪市西区阿波座1丁目12番18号

     【電話番号】                   大阪(06)6110局1560(代表)

     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部長

                       川 端 一 弥
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区一ツ橋1丁目1番1号

                       ダイソー株式会社東京支社
     【電話番号】                   東京(03)6701局3520(代表)

     【事務連絡者氏名】                   執行役員東京支社長

                       馬 場 一 郎
     【縦覧に供する場所】                   ダイソー株式会社東京支社

                        (東京都千代田区一ツ橋1丁目1番1号)

                       株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                              第159期           第160期

              回次               第3四半期           第3四半期            第159期
                            連結累計期間           連結累計期間
                                      自   平成26年4月1日         自   平成25年4月1日
                           自  平成25年4月1日
             会計期間
                           至  平成25年12月31日           至   平成26年12月31日         至   平成26年3月31日
     売上高               (百万円)            68,781           74,153           91,621
     経常利益               (百万円)             4,041           4,613           5,241

     四半期(当期)純利益               (百万円)             2,278           2,777           3,029

     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)             3,783           4,777           4,285

     純資産額               (百万円)            41,266           45,626           41,615

     総資産額               (百万円)            88,491           99,506           84,326

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           21.63           26.36           28.76
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            -         23.21            -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)           46.6           45.9           49.3
                              第159期           第160期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                                      自   平成26年10月1日
                           自  平成25年10月1日
             会計期間
                           至  平成25年12月31日           至   平成26年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)           9.15          11.42
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してい
          ない。
        2.売上高には、消費税等は含まれていない。
        3.第159期、第159期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載していない。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      について、重要な変更はない。
       また、主要な関係会社の異動は次のとおりである。
       基礎化学品セグメントおよび機能化学品セグメントにおいて、第1四半期連結会計期間より、大曹化工貿易(上
      海)有限公司は、重要性が増したため、連結の範囲に含めている。
                                  2/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
      リスク」についての重要な変更はない。
       なお、重要事象等は存在していない。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はない。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1) 業績の状況
       (売上高)
        当第3四半期連結累計期間における                 売上高は、741億5千3百万円              と 前年同期比7.8%増加          となった。
        基礎化学品では、クロール・アルカリは、地域密着型営業の推進による拡販と国内需要が堅調に推移したことに
       より、売上高が増加した。エピクロルヒドリンは、エポキシ樹脂などの国内需要が低迷したが、輸出が堅調に推移
       したため、売上高が増加した。この結果、                    売上高は321億7千1百万円と              前年同期比6.4%増加          となった。
        機能化学品では、アリルエーテル類は、シランカップリング剤用途の欧米およびアジア向け輸出が伸び、売上高
       が増加した。エピクロルヒドリンゴムは、中国での自動車向け市場開拓による拡販および欧米での自動車生産台数
       の増加を背景に輸出が堅調に推移し、売上高が増加した。ダップ樹脂は、UVインキ用途で国内および欧米向け輸
       出が堅調に推移し、成形材料用途でもスマートメーターの設置が本格化したことから、売上高が増加した。液体ク
       ロマトグラフィー用シリカゲルは、欧州向けの輸出で一時的な在庫調整があったものの医薬品精製用途でアジアお
       よび米国向けの輸出が好調に推移したため、売上高は前年同期並みとなった。医薬品原薬・中間体は、抗潰瘍薬中
       間体や高血圧症治療薬原薬が低調に推移したものの、抗ウイルス薬中間体や抗体医薬品原料、診断薬原料等が好調
       に推移し、売上高は前年同期並みとなった。液晶ディスプレイ用カラーレジストは、スマートフォンなどの中小型
       ディスプレイ向け需要が堅調に推移し、売上高が増加した。電極は、国内外の鋼板亜鉛メッキ用途の需要回復、鋼
       板酸洗およびかせいソーダ用途の受注増加により、売上高が増加した。この結果、                                      売上高は256億4千8百万円             と 前
       年同期比8.6%増加         となった。
        住宅設備ほかでは、住宅着工件数の落ち込みや消費増税の影響もあったが、生活関連の新商品の販売の増加や電
       解設備更新工事および国内外化学プラント工事の完成により、売上高が増加した。この結果、                                            売上高は163億3千4
       百万円   と 前年同期比9.5%増加          となった。
       (営業利益)
        当第3四半期連結累計期間における                 営業利益は、39億6千8百万円              と 前年同期比12.8%増加          となった。
       (四半期純利益)
        当第3四半期連結累計期間における                 四半期純利益は、27億7千7百万円                 と 前年同期比21.9%増加          となった。営業
       利益が増加したため増益となった。
                                  3/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      (2) 財政状態の分析
       (資産)
        流動資産は、      前連結会計年度末に比べて、28.7%増加し                    578億2千1百万円         となった。これは、主として有価証券
       が55億9千8百万円増加、受取手形及び売掛金が43億2千4百万円増加したことによる。
        固定資産は、      前連結会計年度末に比べて、5.8%増加し                   416億8千5百万円         となった。これは、主として投資有価
       証券が40億8千3百万円増加、有形固定資産が10億7千1百万円減少したことによる。
        この結果、当第3四半期連結会計期間末における総資産は、                            前連結会計年度末に比べて、18.0%増加し                    995億6百
       万円  となった。
       (負債)
        流動負債は、      前連結会計年度末に比べて、6.3%増加し                   323億9百万円       となった。これは、主として支払手形及び
       買掛金が24億8千8百万円増加、未払法人税等が7億6百万円減少したことによる。
        固定負債は、      前連結会計年度末に比べて、75.3%増加し                    215億6千9百万円         となった。これは、主として新株予約
       権付社債が100億円増加したことによる。
        この結果、当第3四半期連結会計期間末における負債合計は、                             前連結会計年度末に比べて、26.2%増加し                    538億7
       千9百万円     となった。
       (純資産)
        当第3四半期連結会計期間末における純資産は、                       前連結会計年度末に比べて、9.6%増加し                   456億2千6百万円         と
       なった。
      (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
       生じた問題はない。
       当社は、第153回定時株主総会において「当社株式の大規模な買付行為に関する対応方針(買収防衛策)」を導入

      した。その後、第156回定時株主総会において一部変更の上、継続している(以下、継続後の対応方針を「現プラ
      ン」という。)。当社は、当社の企業価値を安定的かつ継続的に維持・向上させることにより株主共同の利益を図
      るため、引き続き検討をした結果、第159回定時株主総会において現プランを(以下、新たに継続する対応策を「本
      プラン」という。)、継続することとなった。本プランの継続にあたり、表現の修正等を行っているが、実質的な
      内容についての変更はない。
      1.本プランの必要性

       当社取締役会は、大規模買付行為に応じて当社株式を売却されるかは、最終的には、当社株主のみなさまの判断に
      委ねられるべきものであると考えている。
       ところで、当社グループは、創業以来一貫して研究開発型の化学会社を志向しており、事業分野も創業時から取り
      扱っている基礎化学品事業、市場シェアの高い高付加価値を有する機能化学品事業並びに住宅設備等の事業など、製
      造から販売に至るまで多岐にわたっている。また、当社グループの経営においては、当社グループの企業価値の源泉
      である研究開発の成果やノウハウ並びに創業以来蓄積された国内外の顧客および取引先等のステークホルダーとの間
      に築かれた関係等へ理解が不可欠である。
       このような当社の特色からすれば、株主のみなさまが、短期間で、当社グループの研究開発成果やノウハウの事業
      化の可能性、グループ企業の活動の有機的結合や事業間の技術シナジーなどを適切に把握し、当社の内在的価値を適
      時に的確に評価することは、容易でないものと思われる。そのため、大規模買付行為が行われようとする場合に、当
      社株主のみなさまに適切な判断をしていただくためには、当社取締役会を通じ、株主のみなさまに大規模買付行為に
      関する十分な情報を提供する必要があると考えている。株主のみなさまに大規模買付行為に関する情報が十分に提供
      されることは、株主のみなさまが、大規模買付者が当社の経営に参画した際の経営方針や事業計画の内容および大規
      模買付行為における対価の妥当性等を判断される上で有益であると考えている。また、当社取締役会は、株主のみな
      さまの判断のために、大規模買付行為に関する情報が大規模買付者から提供された後、これを評価検討し、取締役会
      としての意見を取りまとめて開示し、必要に応じて、大規模買付者と交渉し、株主のみなさまへ代替案を提示するこ
      とも予定している。
                                  4/24



                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
       株主のみなさまは、大規模買付行為に関する十分な情報の提供を受け、また,大規模買付行為に当社取締役会の意
      見や代替案の提示を受け、これらを十分検討することにより、大規模買付行為に応じるか否かにつき判断することが
      可能になると考えている。 
       以上のような観点から、当社は、第153回定時株主総会において、株主のみなさまのご承認をいただき、前プラン
      を導入した。その後、第156回定時株主総会の決議により、一部変更の上、現プランとして継続している。
       そして、今後も、前プランの適用可能性があるような大規模買付者が現れる可能性は否定できないため、今般、当
      社取締役会は、前プランに一部変更を加えた上で継続することにした。
      2. 本プランの概要

       本プランは、特定株主グループ(注1)の議決権割合(注2)を20%以上とすることを目的とする当社株券等(注
      3)の大規模な買付行為または結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の大規模な買
      付行為(以下、「大規模買付行為」といい、かかる買付行為を行う者を「大規模買付者」という。)に対して適用さ
      れるものとする。
      注1:特定株主グループとは、

      ① 当社の株券等(金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等をいう。)の保有者(同法第27条の23第1項
       に規定する保有者をいい、同条第3項に基づき保有者とみなされる者を含む。)およびその共同保有者(同法第27
       条の23第5項に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づき共同保有者とみなされる者を含む。)、または、
      ② 当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいう。)の買付け等(同法第27条の2第1項に規定す
       る買付け等をいい、取引所金融商品市場において行われるものを含む。)を行う者およびその特別関係者(同法第
       27条の2第7項に規定する特別関係者をいう。)を意味する。
      注2:議決権割合とは、特定株主グループが①記載の場合は、当該保有者の株券等保有割合(同法第27条の23第4項
        に規定する株券等保有割合をいう。この場合においては、当該保有者の共同保有者の保有株券等の数も加算する
        ものとする。)、②記載の場合は、当該買付者および当該特別関係者の株券等所有割合(同法27条の2第8項に
        規定する株券等所有割合をいう。)の合計をいう。
        なお、議決権割合の計算において分母となる総議決権数は、当社のその時点での発行済株式の総数から、有価証
        券報告書、四半期報告書および自己株券買付状況報告書のうち直近に提出されたものに記載された数の保有自己
        株式を除いた株式にかかる議決権数とする。
      注3:株券等とは、金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等を意味する。
       当社取締役会としては、大規模買付行為は、以下に定めるルール(以下、「大規模買付ルール」という。)に従っ

      て行われることが、当社株主共同の利益に合致すると考える。
      (1)情報提供
       まず、大規模買付者には、当社取締役会に対して、当社株主のみなさまの判断および取締役会としての意見形成の
      ために十分な情報(以下、「大規模買付情報」という。)を提供していただく。
      大規模買付情報の項目は以下のとおりである。
      1)大規模買付者およびそのグループの概要(具体的名称、資本構成等を含む。)

      2)大規模買付行為の目的、方法および内容(大規模買付行為の対価の額・内容・算定根拠、大規模買付行為に要す
       る資金の裏付け、時期、取引の仕組み等を含む。)
      3)大規模買付者に対する資金供与者の概要(具体的名称、資本構成等を含む。)
      4)大規模買付行為後5年間に想定している当社グループの経営方針および事業計画、財務計画、資本政策、配当政
       策、資産活用策等(以下、「大規模買付行為後の経営方針等」という。)
      5)大規模買付行為後の経営方針等が当社グループの企業価値を向上させることの根拠 
      6)その他上記4)に関連し、当社取締役会および独立委員会が適切な判断をするために必要とする情報
                                  5/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      大規模買付情報の具体的内容は、大規模買付行為の内容によって異なることもあり得るため、大規模買付者が大規模
     買付行為を行おうとする場合には、まず当社宛に、本プランに従う旨の意向表明書をご提出いただくこととする。意向
     表明書には、大規模買付者の名称、住所、設立準拠法、代表者の氏名、国内連絡先および提案する大規模買付行為の概
     要を明示していただく。当社は、この意向表明書の受領後原則として5営業日以内に、当初提供していただくべき大規
     模買付情報の一覧を大規模買付者に交付し、大規模買付者は受領日より5営業日以内に当社宛ご提出いただくこととす
     る。なお、当初提供していただいた情報だけでは大規模買付情報として不足していると考えられる場合、十分な大規模
     買付情報が揃うまで追加的に情報提供をしていただくことがある。大規模買付行為の提案があった事実および当社取締
     役会に提供された大規模買付情報が、当社株主のみなさまの判断のために必要であると認められる場合には、その全部
     または一部を開示する。
      なお、当社取締役会は、大規模買付者から十分な大規模買付情報が提出されたと判断した場合には、その旨の通知を
     大規模買付者に発送するとともに、その旨を公表する。
      (2)大規模買付情報の検討、大規模買付者との交渉、代替案の提示

       次に、当社取締役会は、大規模買付行為の評価等の難易度に応じ、十分な大規模買付情報の提供が完了した旨公表
      した後、60日間(対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付の場合)または90日間(その他
      の大規模買付行為の場合)を取締役会による評価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期間(以下、「取締
      役会評価期間」という。)として与えられるべきものと考える。
       従って、大規模買付行為は、取締役会評価期間の経過後にのみ開始されるものとする。取締役会評価期間中、当社
      取締役会は必要に応じてファイナンシャルアドバイザー、公認会計士、弁護士等の社外の専門家の助言を受け、また
      独立委員会の意見を聴取しながら、提供された大規模買付情報を十分に評価・検討し、取締役会としての意見を慎重
      にとりまとめ、開示する。また、必要に応じ、大規模買付者との間で大規模買付行為に関する条件改善について交渉
      し、当社取締役会として株主のみなさまへ代替案を提示することもある。 
      3.大規模買付行為がなされた場合の対応方針

      (1)大規模買付者が大規模買付ルールを遵守したと判断される場合
       大規模買付者が大規模買付ルールを遵守したと判断される場合には、当社取締役会は仮に当該大規模買付行為に反
      対であったとしても、原則として具体的対抗措置を発動しない。但し、大規模買付ルールが遵守されていると判断さ
      れる場合であっても、当該大規模買付行為が当社株主共同の利益を著しく損なうと認められる場合(以下、「濫用的
      買収」という。)に対しては、当社取締役会は当社株主共同の利益を守るために適切と考える方策を取ることがあ
      る。当該大規模買付行為が濫用的買収に該当するか否かの検討および判断については、その客観性および合理性を担
      保するため、当社取締役会は、大規模買付者の提供する大規模買付行為後の経営方針等を含む本必要情報に基づい
      て、社外監査役、独立の外部有識者等から構成される独立委員会の意見を最大限尊重しつつ当該大規模買付者および
      大規模買付行為の具体的内容(目的、方法、対象、取得対価の種類・金額等)や当該大規模買付行為が当社株主共同
      の利益に与える影響を検討し、当社社外監査役を含む監査役の過半数の賛同を得た上で、当該大規模買付行為が濫用
      的買収に該当するか否かを決定することとする。
      (2)大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかったと判断される場合

       大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかったと判断される場合には、具体的な買付方法の如何にかかわら
      ず、当社取締役会は、当社および当社株主共同の利益を守るため、具体的対抗措置として新株予約権の無償割当てを
      行う。実際に新株予約権の無償割当てを行う場合には、一定割合以上の当社株券等を保有する特定株主グループに属
      さないことを行使条件とするなど、対抗措置としての効果を勘案した行使期間および行使条件を設けることがある。
                                  6/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      4.当社取締役会判断の客観性および合理性担保のための措置
      (1)ガイドラインの制定
       当社は、本プランの運用において恣意的な判断や処理がなされることを防止し、手続の透明性を確保すべく、客観
      的な要件を織り込んだ内部基準として、ガイドラインを設けている(以下、「本ガイドライン」という。)。当社取
      締役会および独立委員会は、それに基づいて本プラン所定の手続を進めなければならないこととしている。本ガイド
      ラインの制定により、濫用的買収者の認定、対応等の際に拠るべき基準が透明となり、本プランに十分な予測可能性
      を与えている。
       なお、本ガイドラインの中では、濫用的買収者の定義として、
      1)真に会社経営に参加する意思がないにもかかわらず、株価をつり上げて高値で株式を当社に引き取らせる目的で
       株式の買収を行っている場合(いわゆるグリーンメイラー)
      2)当社の会社経営への参加の目的が、主として当社の事業経営上必要な企業秘密情報、重要資産、主要取引先や顧
       客等を当該大規模買付者またはそのグループ会社等に移譲させることにある場合
      3)当社の資産を当該大規模買付者またはそのグループ会社等の債務の担保や弁済の原資として流用する予定で、当
       社の株式の取得を行っている場合
      4)当社の会社経営への参加の目的が、主として、会社経営を一時的に支配して、当社の事業に当面関係していない
       有価証券等の高額資産等を売却等処分させ、その処分利益をもって一時的な高配当をさせるかあるいは一時的高配
       当による株価の急上昇の機会を狙って株式の高価売り抜けをする目的である場合
      5)大規模買付者の提案する当社株式の買収条件(買取対価の金額、内容、時期、方法、違法性の有無、実現可能性
       等を含むがこれに限らない。)が、当社の企業価値に照らし著しく不十分または著しく不適切なものである場合
      6)大規模買付者の提案する買収の方法が、最初の買付条件を有利に、二段階目の買付条件を不利に設定するよう
       な、株主の判断の機会または自由を奪う構造上強圧的な方法による買付である場合(いわゆる二段階買付)
      7)上記の他、大規模買付情報の内容から、当社株主共同の利益および当社企業価値を著しく害することが明白な買
       収である場合
       と定めている。
      (2)独立委員会の設置
       新株予約権の無償割当てによる対抗措置の発動の是非に関する最終的判断は当社取締役会が行うことから、その判
      断の客観性および合理性を担保するため、当社は、社外監査役、外部有識者等で構成される独立委員会を設置する。
       同委員会は、当社取締役会から諮問を受けた各事項および独立委員会が必要と判断する事項について当社取締役会
      に意見を述べる。当社取締役会の決定に際しては独立委員会による意見を最大限尊重し、かつ、必ずこのような独立
      委員会の意見聴取の手続を経なければならないものとすることにより、当社取締役会の判断の客観性および合理性を
      確保する手段として機能するよう位置付けている。また、独立委員会の招集権限は、当社代表取締役のほか、各委員
      も有し、その招集が確実に行われるよう配慮している。
      5.当社株主、投資家のみなさまに与える影響への配慮

      (1)本プランが株主・投資家のみなさまに与える影響等
       本プランは、当社株主のみなさまが大規模買付行為に応じるか否かを判断するために必要な情報や、現に当社の経
      営を担っている当社取締役会の意見を提供し、さらには、当社株主のみなさまが代替案の提示を受ける機会を保障す
      ることを目的としている。これにより、当社株主のみなさまは、十分な情報および提案のもとで、大規模買付行為に
      応じるか否かについての適切な判断をすることが可能となり、そのことが、当社株主共同の利益の保護につながるも
      のと考える。
       従って、本プランを設定することは、当社株主および投資家のみなさまの利益に資するものであると考えている。
       なお、上記3において述べたとおり、大規模買付行為者が大規模買付ルールを遵守したと判断されるか否かによっ
      て大規模買付行為に対する当社の対応方針が異なるので、当社の株主および投資家のみなさまにおかれましては、大
      規模買付行為者の動向にご注意していただきたい。
                                  7/24




                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      (2)対抗措置発動時に株主・投資家に与える影響等
       大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合には、当社取締役会は、当社および当社株主共同の利益を
      守るため、具体的対抗措置として新株予約権の無償割当てを行うことがあるが、具体的対抗措置の仕組上、大規模買
      付ルールに違反した大規模買付者を除く当社の株主のみなさまが法的権利または経済的側面において格別の損失を被
      るような事態が生じることは想定していない。当社の取締役会が具体的対抗措置を取ることを決定した場合には、当
      社株主のみなさま、投資家のみなさまおよびその他の関係者に不測の損害が生じることのないよう、適時かつ適切に
      開示を行う等、適切な方法で対処する予定である。
       一方、具体的対抗措置として新株予約権の無償割当てを行うこととなった場合、割当期日における当社株主のみな
      さまは引受けの申込みをすることなく新株予約権の無償割当てを受けるが、その後、新株予約権を行使して新株を取
      得するためには所定の期間内に一定の金額の払込をして頂く必要がある場合もある。かかる手続の詳細については、
      実際に新株予約権の無償割当てを行うことになった際に、法令に基づき別途お知らせする。但し、名義書換未了の当
      社株主のみなさまについては、新株予約権の無償割当てを受けるためには、別途当社の取締役会が決定し公告する新
      株予約権の割当期日までに、名義書換を完了して頂く必要がある。
       なお、いったん新株予約権の無償割当てを決議した場合であっても、例えば、大規模買付者が大規模買付行為を撤
      回した等の事情により、当社は、新株予約権の無償割当ての効力発生日までに新株予約権の無償割当てを中止し、ま
      たは新株予約権の無償割当ての効力発生日後新株予約権の行使期間の初日の前日までに新株予約権者に当社株式を交
      付することなく無償にて新株予約権を取得する場合がある。これらの場合には、1株あたりの株式の価値の希釈化は
      生じないので、1株あたりの株式の価値の希釈化が生じることを前提にして売付け等を行った株主および投資家のみ
      なさまは、株価の変動により損害を被るおそれがある。
      6.本プランの有効期間および変更・廃止およびそれに伴う開示

      (1)本プランの有効期間
       本プランの有効期間は、当社の第159回定時株主総会終結時から当社の平成29年6月開催予定の第162回定時株主総
      会終結の時までとする。但し、第162回定時株主総会において本プランの継続が承認された場合は、平成32年6月開
      催予定の当社第165回定時株主総会終結の時まで延長されるものとする。
      (2)本プランの廃止

       本プラン導入後、有効期間の満了前であっても以下の場合には、本プランはその時点で廃止されるものとする。
       1)当社取締役会により本プランを廃止する旨の決議が行われた場合
       2)当社株主総会において本プランを廃止する旨の議案が承認された場合
      (3)本プランの変更

       本プランの有効期間中であっても、関係法令の整備、株主総会の決議、独立委員会の意見等をふまえ、企業価値お
      よび株主共同の利益の確保・向上の観点から、随時、必要に応じて取締役会決議により本プランを変更する場合があ
      る。
      (4)本プランの廃止または変更に関する情報の開示

       本プランが廃止または変更された場合には、株主のみなさまおよび投資家の方々に対し、当該事実および当社取締
      役会または独立委員会が必要と判断する事項を適時に開示する。
                                  8/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      7.本プラン導入状況についての補足説明
       本プラン導入を決定した当社取締役会には、当社監査役4名全員が出席し、いずれの監査役も本プランの具体的運
      用が適正に行われることを条件として、本プラン導入に賛成する旨の意見を述べている。
       なお、当社は、適時かつ適切に開示を行っていく予定であるが、当社株主のみなさまおよび投資家の方々において
      も、当社株式に関する大規模買付行為が行われた場合には、その後の動向把握等に努められるようお願いしたい。今
      後、当社株主のみなさまおよび投資家の方々に影響を与える具体的対抗策を発動することを決定した場合には、その
      詳細について直ちに公表することとする。
      8.本プランの合理性

      (1)買収防衛策に関する指針の三原則の充足
       経済産業省は平成17年5月27日付で企業価値研究会の「企業価値報告書」等を公表している。これを踏まえて、経
      済産業省および法務省が同日付で発表した「企業価値・株主共同の利益の確保または向上のための買収防衛策に関す
      る指針」(以下、「買収防衛策に関する指針」という。)においては、①企業価値・株主共同の利益の確保・向上の
      原則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性の原則、という三原則が定められている。
       そして、①企業価値(株主利益に資する会社の財産、収益力、安定性、成長力等を指す。)・株主共同の利益(株
      主全体に共通する利益)の確保・向上の原則については、前述のとおり、本プランは、当社の株主のみなさまが大規
      模買付行為に応じるか否かを判断するために必要な情報や、現に当社の経営を担っている当社取締役会の意見を提供
      し、当社株主のみなさまが代替案の提示を受ける機会を保障することを目的としているので、当社株主のみなさまは
      十分な情報の下で大規模買付行為に応じるか否かについての適切な判断をすることが可能となる。
       本プランでは企業価値研究会が平成20年6月30日付で公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り
      方」にも準拠し、取締役会評価期間の開始日を十分な情報が提供された後とすることにより、大規模買付情報の適正
      な検討を可能にしている。
       次に、②事前開示・株主意思の原則については、本プランは、事前にその内容が開示されるものであるので、当社
      株主のみなさまおよび投資家の方々の予見可能性を確保しており、また、本プランの採用・有効期間の延長も当社の
      株主のみなさまのご承認を条件としている上、当社株主総会の決議により廃止することが可能な措置も採用している
      ので、当社株主のみなさまの合理的意思が反映される仕組みとなっている。
       さらに、③必要性・相当性の原則については、本プランは、具体的対抗措置発動の是非は、当社の業務執行を行う
      経営陣から独立している複数の委員によって構成される独立委員会の意見を最大限尊重することになっているなど、
      当社取締役会判断の客観性および合理性の担保を図る措置を確保している。
       また、本プランは、東京証券取引所の定める買収防衛策の導入に係る諸規則等の趣旨にも合致している。
      (2)まとめ

       以上のとおり、本プランは、買収防衛策に関する各種の要件を充足しており、十分な合理性を有しているものであ
      ると考えている。
      (4) 研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発費の総額は10億8千6百万円である。な
       お、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はない。
                                  9/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                    300,000,000
                  計                                  300,000,000
       ② 【発行済株式】

                第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

         種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                (平成26年12月31日)           (平成27年2月9日)           商品取引業協会名
                                       東京証券取引所           単元株式数は、
        普通株式            111,771,671           111,771,671
                                        市場第一部          1,000株である
         計          111,771,671           111,771,671           -           -
      (注) 提出日現在の発行数には、平成27年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使(新株予約
         権付社債の権利行使を含む。)により発行された株式数は、含まれていない。
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はない。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はない。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はない。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                               資本金増減額        資本金残高

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
                                (百万円)       (百万円)
     平成26年10月1日~
                      ―  111,771,671            ―     10,882         ―     9,393
     平成26年12月31日
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はない。
                                 10/24






                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が把握できず、記載することが
       できないので、直前の基準日である平成26年9月30日現在で記載している。
       ① 【発行済株式】

                                                平成26年9月30日現在
            区分                株式数(株)            議決権の数(個)            内容
     無議決権株式                                -        -       -
     議決権制限株式(自己株式等)                                -        -       -
     議決権制限株式(その他)                                -        -       -
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        -       -
                      普通株式            6,408,000
     完全議決権株式(その他)                普通株式           105,043,000          105,043         -
     単元未満株式                普通株式             320,671           -       -
     発行済株式総数                           111,771,671             -       -
     総株主の議決権                                -      105,043         -
      (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株(議決権1個)含ま
          れている。
        2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式619株が含まれている。
       ② 【自己株式等】

                                                平成26年9月30日現在
                           自己名義        他人名義        所有株式数
                                                   発行済株式総数
      所有者の氏名
                 所有者の住所          所有株式数        所有株式数         の合計      に対する所有株
       又は名称
                                                   式数の割合(%)
                            (株)        (株)        (株)
     (自己保有株式)          大阪市西区阿波座
     ダイソー株式会社          1丁目12番18号             6,408,000            -     6,408,000           5.73
         計          -         6,408,000            -     6,408,000           5.73
                                 11/24










                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     2  【役員の状況】
       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりである。
      (1)    退任役員

            役名                 職名             氏名        退任年月日
     取締役                 管理本部担当
                                        多木 宏行         平成26年12月31日
     上席執行役員                 東京支社担当
      (2)     役職の異動

          新役名及び職名                   旧役名及び職名                氏名      異動年月日
     取締役       管理本部担当           取締役

                             管理本部長             多木 宏行       平成26年7月1日
     上席執行役員       東京支社担当           上席執行役員
     取締役       化学品事業部長           取締役       ダイソーケミカル株式会社

                                          堀 登       平成26年10月1日
     上席執行役員       国内営業所担当           上席執行役員       代表取締役社長
     取締役                 取締役

           株式会社インペックス
                             機能材事業部長             鳥井 宗朝       平成26年11月1日
           代表取締役社長
     上席執行役員                 上席執行役員
                             経営戦略本部長

     取締役                 取締役
           機能材事業部長                               寺田 健志       平成26年11月1日
                             兼  経営企画部長
     上席執行役員                 上席執行役員
                                 12/24










                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成している。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平成
      26年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成26年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けている。
                                 13/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     1 【四半期連結財務諸表】
      (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                 3,797              5,842
                                                      ※1  30,511
         受取手形及び売掛金                                 26,187
         有価証券                                 4,399              9,998
         商品及び製品                                 6,014              7,059
         仕掛品                                  901             1,209
         原材料及び貯蔵品                                 2,216              2,176
         その他                                 1,417              1,025
                                           △ 3             △ 3
         貸倒引当金
         流動資産合計                                 44,932              57,821
       固定資産
         有形固定資産
           機械装置及び運搬具(純額)                               10,875              12,593
                                          12,013               9,224
           その他(純額)
           有形固定資産合計                               22,889              21,818
         無形固定資産
           のれん                               1,035               935
                                           242              223
           その他
           無形固定資産合計                               1,278              1,158
         投資その他の資産
           投資有価証券                               13,533              17,616
           その他                               1,698              1,097
                                           △ 6             △ 6
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                               15,226              18,708
         固定資産合計                                 39,394              41,685
       資産合計                                  84,326              99,506
                                 14/24









                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                     ※1  16,088
         支払手形及び買掛金                                13,600
         短期借入金                                 9,530              9,530
         1年内返済予定の長期借入金                                 2,580              2,530
         未払法人税等                                 1,192               486
         賞与引当金                                  715              349
                                          2,788              3,325
         その他
         流動負債合計                                30,406              32,309
       固定負債
         新株予約権付社債                                  -            10,000
         長期借入金                                 7,880              6,020
         役員退職慰労引当金                                  612              592
         退職給付に係る負債                                 2,764              2,808
         その他                                 1,047              2,148
         固定負債合計                                12,304              21,569
       負債合計                                  42,710              53,879
      純資産の部
       株主資本
         資本金                                10,882              10,882
         資本剰余金                                 9,394              9,399
         利益剰余金                                19,367              21,367
                                         △ 1,672             △ 1,662
         自己株式
         株主資本合計                                37,971              39,986
       その他の包括利益累計額
         その他有価証券評価差額金                                 3,782              5,701
         繰延ヘッジ損益                                  △ 0              50
         為替換算調整勘定                                  -              12
                                          △ 152             △ 124
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                 3,629              5,640
       新株予約権                                    14              -
       純資産合計                                  41,615              45,626
      負債純資産合計                                    84,326              99,506
                                 15/24








                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      売上高                                    68,781              74,153
                                         57,941              62,485
      売上原価
      売上総利益                                    10,839              11,668
      販売費及び一般管理費                                    7,322              7,699
      営業利益                                    3,517              3,968
      営業外収益
       受取利息                                    9              12
       受取配当金                                   238              260
       為替差益                                   352              497
                                           71              48
       その他
       営業外収益合計                                   672              819
      営業外費用
       支払利息                                    83              93
       社債発行費                                    -              36
                                           65              45
       その他
       営業外費用合計                                   148              174
      経常利益                                    4,041              4,613
      特別利益
       固定資産売却益                                   505               30
       新株予約権戻入益                                    22              11
                                           -               6
       その他
       特別利益合計                                   528               48
      特別損失
       固定資産除却損                                   291              253
                                           459               -
       減損損失
       特別損失合計                                   750              253
      税金等調整前四半期純利益                                    3,818              4,408
      法人税、住民税及び事業税
                                          1,620              1,300
                                          △ 80              330
      法人税等調整額
      法人税等合計                                    1,540              1,631
      四半期純利益                                    2,278              2,777
                                 16/24








                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                 至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
      四半期純利益                                    2,278              2,777
      その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                  1,480              1,918
       繰延ヘッジ損益                                    24              50
       為替換算調整勘定                                    -               3
                                           -              27
       退職給付に係る調整額
       その他の包括利益合計                                  1,504              2,000
      四半期包括利益                                    3,783              4,777
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                  3,783              4,777
       少数株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 17/24















                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                          当第3四半期連結累計期間
                    (自 平成26年4月1日 至 平成26年12月31日)
     連結の範囲の重要な変更
      第1四半期連結会計期間より、重要性が増した大曹化工貿易(上海)有限公司を連結の範囲に含めている。
     (会計方針の変更等)

                          当第3四半期連結累計期間
                    (自 平成26年4月1日 至 平成26年12月31日)
     (会計方針の変更)
      「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。)及
     び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日。以下「退職給付適用
     指針」という。)を、退職給付会計基準第35項本文及び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた定めについて第1
     四半期連結会計期間より適用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、割引率の決定方法を従業員の平均
     残存勤務期間に近似した年数を反映した割引率から退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を反映した
     単一の加重平均割引率を使用する方法へ変更した。
      この変更による当第3四半期連結累計期間の期首の退職給付に係る負債及び利益剰余金並びに当第3四半期連結累
     計期間の営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響はない。
                                 18/24














                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
      
        る。
         なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
        等を満期日に決済が行われたものとして処理している。
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間

                                (平成26年3月31日)              (平成26年12月31日)
     受取手形                               -                1,137百万円
     支払手形                               -                 82百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していない。なお、第3四半期連結累
     計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおりであ
     る。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                               (自 平成25年4月1日              (自 平成26年4月1日
                                至 平成25年12月31日)               至 平成26年12月31日)
     減価償却費                                 1,802百万円              2,110百万円
     のれんの償却額                                  100百万円              100百万円
     負ののれんの償却額                                   4百万円              -百万円
       (株主資本等関係)

     前第3四半期連結累計期間(自                平成25年4月1日          至   平成25年12月31日)
     1  配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     平成25年5月10日
               普通株式           368      3.50   平成25年3月31日         平成25年6月11日         利益剰余金
     取締役会
     平成25年11月8日
               普通株式           368      3.50   平成25年9月30日         平成25年12月6日         利益剰余金
     取締役会
     2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はない。
     当第3四半期連結累計期間(自                平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)

     1  配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)      配当額(円)
     平成26年5月9日
               普通株式           368      3.50   平成26年3月31日         平成26年6月11日         利益剰余金
     取締役会
     平成26年11月7日
               普通株式           421      4.00   平成26年9月30日         平成26年12月5日         利益剰余金
     取締役会
     2  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
       該当事項はない。
                                 19/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                   平成25年4月1日          至   平成25年12月31日)
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                   四半期連結損益

                                              調整額
                    基礎化学品       機能化学品      住宅設備ほか        合計           計算書計上額
                                              (注1)
                                                     (注2)
     売上高

      外部顧客への売上高                 30,244       23,616       14,920      68,781         -     68,781

      セグメント間の内部

                        20       1     1,122      1,144      △ 1,144         -
      売上高又は振替高
           計           30,264       23,617       16,042      69,925      △ 1,144       68,781

     セグメント利益                  937      3,236        177     4,351       △ 834      3,517
      (注) 1 セグメント利益の調整額                △834百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社費用である。全社費用
          は、主に報告セグメントに帰属しない基礎研究開発等および管理部門の一部に係る費用である。
         2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はない。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                   平成26年4月1日          至   平成26年12月31日)

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                   四半期連結損益

                                              調整額
                    基礎化学品       機能化学品      住宅設備ほか        合計           計算書計上額
                                              (注1)
                                                     (注2)
     売上高

      外部顧客への売上高                 32,171       25,648       16,334      74,153         -     74,153

      セグメント間の内部

                        12       1      860      873      △ 873        -
      売上高又は振替高
           計           32,183       25,649       17,194      75,027       △ 873      74,153

     セグメント利益                 1,154       3,304        277     4,735       △ 767      3,968
      (注)   1 セグメント利益の調整額             △767百万円      は、各報告セグメントに配分していない全社費用である。全社費用
          は、主に報告セグメントに帰属しない基礎研究開発等および管理部門の一部に係る費用である。
         2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はない。
                                 20/24





                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
      1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
     は、以下のとおりである。
                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                               (自    平成25年4月1日            (自    平成26年4月1日
                項目
                               至   平成25年12月31日)             至   平成26年12月31日)
     (1) 1株当たり四半期純利益金額                                 21円63銭               26円36銭
      (算定上の基礎)

      四半期純利益金額(百万円)                                  2,278               2,777

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -

      普通株式に係る四半期純利益金額(百万円)                                  2,278               2,777

      普通株式の期中平均株式数(千株)                                 105,331               105,350

     (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    -            23円21銭

      (算定上の基礎)

      四半期純利益調整額(百万円)                                   -               -

      普通株式増加数(千株)                                   -             14,313

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                         -               -
     在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
     あったものの概要
      (注)前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
         る潜在株式が存在していないため、記載していない。
                                 21/24












                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     2  【その他】
      1 訴訟
        当社は、当第3四半期連結会計期間末現在において、国及び当社を含む企業40数社を被告として、いずれも建設
       作業などに従事してアスベスト関連疾患に罹患したとする者など合計734名の原告から、国に対しては国家賠償法に
       定める国家賠償責任に基づき、企業に対しては民法に定める不法行為責任又は製造物責任法に定める製造物責任に
       基づき、総額246億円の損害賠償を求める訴訟の提起を受けている。
      2 中間配当

        第160期(平成26年4月1日から平成27年3月31日まで)中間配当について、平成26年11月7日開催の取締役会に
       おいて、平成26年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議した。
        ① 配当金の総額                421百万円
        ② 1株当たりの金額              4円00銭
        ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日    平成26年12月5日
                                 22/24
















                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項なし。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                       ダイソー株式会社(E00771)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年2月9日

     ダイソー株式会社
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          小      竹      伸      幸      印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          梅      原             隆      印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているダイソー株式会

     社の平成26年4月1日から平成27年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成26年10月1日から平成
     26年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年4月1日から平成                                    26年12月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ダイソー株式会社及び連結子会社の平成26年12月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管している。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていない。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。