株式会社マツヤ 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書

提出日:

提出者:株式会社マツヤ

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                              臨時報告書
     【表紙】

     【提出書類】                       臨時報告書

     【提出先】                       関東財務局長

     【提出日】                       平成27年1月19日

     【会社名】                       株式会社マツヤ

     【英訳名】                       MATSUYA    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 小 山 栄 造 

     【本店の所在の場所】                       長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                       026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                       執行役員財務本部長 北 川 正 一

     【最寄りの連絡場所】                       長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                       026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                       執行役員財務本部長 北 川 正 一

     【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
      当社の連結子会社である株式会社マツヤショッピングモールにおいて、債権の取立不能又は取立遅延のおそれが生じ
     ましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第18号の規定に基
     づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

       (1)当該連結子会社の名称、住所及び代表者の氏名
       名称            株式会社マツヤショッピングモール
       住所            長野県長野市大字北尾張部710番地1
       代表者の氏名            代表取締役 小山 栄造
       (2)当該債務者等の名称、住所、代表者の氏名及び資本金

       名称            有限会社小山興産
       住所            長野県長野市大字南長野北石堂町1211番地1号
       代表者の氏名            代表取締役 小山 光作
       資本金            5百万円
       (3)当該債務者等に生じた事実及びその事実が生じた年月日

        平成26年11月、当該債務者である有限会社小山興産の代表取締役小山光作氏と返済について協議いたしました
       が、財務状況等が厳しいことから返済することは難しいとの意向を示したため、同社の決算書を入手し回収可能性
       について検討いたしましたが、回収に懸念が生じましたので当該債権の全額を貸倒引当金繰入額(営業外費用)と
       して計上いたしました。
       (4)当該債務者等に対する債権の種類及び金額

        貸付金債権 70百万円
       (5)当該事実が当該連結子会社の事業に及ぼす影響

        当該事実の発生により、平成27年2月期第3四半期の連結子会社の決算におきまして、営業外費用として貸倒引
       当金繰入額70百万円計上いたしました。
                                 2/2









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。