株式会社マツヤ 四半期報告書 第47期第3四半期(平成26年9月1日-平成26年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第47期第3四半期(平成26年9月1日-平成26年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社マツヤ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                 四半期報告書

     【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                 関東財務局長

     【提出日】                 平成27年1月13日

     【四半期会計期間】                 第47期第3四半期(自 平成26年9月1日 至 平成26年11月30日)

     【会社名】                 株式会社マツヤ

     【英訳名】                 MATSUYA    CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長 小 山 栄 造

     【本店の所在の場所】                 長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                 026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                 執行役員財務本部長 北 川 正 一

     【最寄りの連絡場所】                 長野県長野市大字北尾張部710番地1

     【電話番号】                 026(241)1314(代表)

     【事務連絡者氏名】                 執行役員財務本部長 北 川 正 一

     【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                             第46期           第47期

              回次              第3四半期           第3四半期            第46期
                            連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成25年3月1日         自   平成26年3月1日         自   平成25年3月1日
             会計期間
                         至   平成25年11月30日         至   平成26年11月30日         至   平成26年2月28日
     売上高                (千円)         27,894,725           23,858,338           36,896,339
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           19,842          △ 14,283          △ 89,839

     四半期純利益又は
                     (千円)           10,571          △ 138,737         △ 2,297,722
     四半期(当期)純損失(△)
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)           41,369          △ 102,564         △ 2,269,747
     純資産額                (千円)          2,397,988            363,623            86,871

     総資産額                (千円)         15,517,082           13,723,121           13,363,248

     1株当たり四半期純利益又は
                      (円)            1.50         △ 16.89         △ 326.66
     四半期(当期)純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)            15.5            2.6           0.7
                             第46期           第47期

              回次              第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成25年9月1日         自   平成26年9月1日
             会計期間
                         至   平成25年11月30日         至   平成26年11月30日
     1株当たり四半期純損失(△)                 (円)           △ 2.12          △ 0.12
      (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.第46期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しな
          いため記載しておりません。第47期第3四半期連結累計期間及び第46期の潜在株式調整後1株当たり四半期
          (当期)純利益については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、又、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
     2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社の異動は以下のとおりであります。
       アルピコホールディングス株式会社は、平成26年5月29日付で第三者割当増資で当社株式を取得したことにより、
      当社のその他の関係会社に該当することとなりました。
       この結果、平成26年11月30日現在では、当社グループは、当社、連結子会社1社、その他の関係会社1社により構
      成されることとなりました。
                                  2/17




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、財政状態及び経営成績の異常な変動等又は、前事業年度の有価証券報告書に
      記載した「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
       重要事象等について

       当社グループは、第46期において売上高の減少により2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたしま
      した。当第3四半期連結累計期間におきましては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めましたが、不採算
      店舗6店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は238億5千8百万円(前年同四半期比14.5%
      減)となりました。また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益は1億8千9百万円(前年同四半期比
      42.7%増)を計上しましたが、経常損失1千4百万円(前年同四半期は1千9百万円の経常利益)、四半期純損失1
      億3千8百万円(前年同四半期は1千万円の四半期純利益)を計上しております。
       当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
     2  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
     3  【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断し
       たものであります。
       (1)業績の状況
       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和政策、円高の修正等により、
      製造業を中心として企業収益改善への期待が高まりました。一方、流通業界においては、消費税増税等もあってお客
      様の節約志向は根強く、他社との競争が続き依然として厳しい経営環境にありました。
       このような状況の下、当社グループは足元の業績や消費税増税等の今後の市場動向を踏まえ、抜本的な事業構造改
      革を伴う中期経営計画を策定(平成26年2月4日開示)し、中長期的な事業構造規模の拡大と収益性の向上を実現す
      るための施策に着手いたしました。具体的には、①既存店舗の収益力強化やデリカのインストア製造強化等の「店舗
      価値向上」、②不採算店舗の閉鎖等の「事業構造の改革」の2点の実行を柱としております。
       当第3四半期連結累計期間においては、上記計画に基づき、惣菜部門においてはインストアで製造した「出来た
      て、作り立て」商品の展開等を強化いたしました。また、おいしい上質な商品の提供を目的とし、素材にこだわった
      ワンランク上の商品も取り組みました。事業構造改革店舗戦略においては、不採算店舗6店舗および食品センターを
      平成26年4月末までに順次閉鎖いたしました。この結果、平成26年11月末時点の店舗数は26店舗(前年11月末時点は
      32店舗)となりました。
       売上高につきましては、不採算店舗6店舗閉鎖に伴う売上減少、競合他社との競争等の影響により減収となりまし
      た。粗利益面では、仕入チャネルの開発、発注精度の向上およびロス削減に努めた結果、粗利益率は改善いたしまし
      たが売上高の減少が大きいため、粗利益額は減少いたしました。一方、経費面では、人件費や消耗品等を中心に販売
      費および一般管理費の削減を推し進めました。また、当社グループは有限会社小山興産への貸付金に対して、今般、
      当該会社の収入状況および財務状況等を勘案し、回収可能性について検討したところ、その回収に懸念が生じました
      ので、当該債権の全額である7千万円を貸倒引当金繰入額(営業外費用)として計上いたしました。
       以上の営業活動の結果、当第3四半期の連結業績は、売上高238億5千8百万円(前年同四半期比14.5%減)とな
      り、経常損失は1千4百万円(前年同四半期は1千9百万円の経常利益)、四半期純損失は1億3千8百万円(前年
      同四半期は1千万の四半期純利益)となりました。
        なお、当社グループの報告セグメントはスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント別の業績の記載は

       省略しております。
                                  3/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (2)財政状態の分析
       (資産)
        流動資産は、前連結会計年度末に比べて、8億6千8百万円増加しておりますが、これは主として現金及び預金
       が11億9千万円増加したものの、その他のうちの未収入金が1億9千2百万円減少したことによります。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べて、5億8百万円減少しておりますが、これは主として有形固定資産が4
       億6千7百万円減少したことによります。
        この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて、3億5千9百万円増加し、137億2千3百万円となりました。
       (負債)
        流動負債は、前連結会計年度末に比べて、22億2千2百万円増加しておりますが、これは主として短期借入金が
       21億3千7百万円増加したことによります。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べて、21億3千9百万円減少しておりますが、これは主として長期借入金が
       18億1千8百万円、リース債務が2億2百万円減少したことによります。
        この結果、負債合計は前連結会計年度末に比べて、8千3百万円増加し、133億5千9百万円となりました。
       (純資産)
        純資産は、前連結会計年度末に比べて、2億7千6百万円増加しておりますが、これは主として第三者割当増資
       により資本金及び資本剰余金がそれぞれ1億8千9百万円増加したものの、四半期純損失により利益剰余金が1億
       3千8百万円減少したことによります。
        この結果、純資産合計は、3億6千3百万円となりました。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
       (4)研究開発活動

        該当事項はありません。
       (5)従業員数

        当第3四半期連結累計期間において、従業員数が前連結会計年度末456名から140名減少しております。その主な
       理由は、当社グループが実施いたしました希望退職者募集等によるものであります。
       (6)重要事象等の対応について

        当社グループは、前記、「1 事業等のリスク 重要事象等について」に記載いたしました継続企業の前提に重
       要な疑義を生じさせるような状況を解消するため、以下の項目を基本方針とする中期経営計画を策定しており、そ
       の実現に取り組んでおります。
       ①生鮮デリカの強化、価値創造企業への転換
        単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生鮮
       部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商品の
       提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
        通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な店
       舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
        人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてまい
       ります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
        上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これら
       により、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。   
                                  4/17



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第3   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     23,065,000

                  計                                   23,065,000

       ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (平成26年11月30日)          (平成27年1月13日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
                                     JASDAQ
       普通株式           10,163,000          10,163,000
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計         10,163,000          10,163,000           ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      (5)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成26年11月30日                 ─   10,163,000           ─   1,286,658           ─   1,008,658
      (6)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      (7)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(平成26年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
       ①  【発行済株式】
                                               平成26年8月31日現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                    ─          ―             ─

     議決権制限株式(自己株式等)                    ─          ―             ─

     議決権制限株式(その他)                    ─          ─              ─

                     (自己保有株式)
                                         株主として権利内容に制限のない、
     完全議決権株式(自己株式等)                              ―
                     普通株式
                                         標準となる株式
                         1,381,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               87,815            同上
                         8,781,500
                     普通株式
     単元未満株式                              ―             ─
                            500
     発行済株式総数                   10,163,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―           87,815             ―

      (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,000株(議決権20個)が含
         まれております。
       ②  【自己株式等】

                                               平成26年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  長野県長野市大字北尾張
                                 1,381,000          ─   1,381,000         13.6
                  部710番地1
     株式会社マツヤ
           計              ―        1,381,000          ─   1,381,000         13.6
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  6/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第4   【経理の状況】

     1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成26年9月1日から平成
      26年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年11月30日まで)に係る四半期連結財務
      諸表について、新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/17

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年11月30日)
      資産の部
       流動資産
         現金及び預金                                659,937             1,850,585
         売掛金                                248,037              284,601
         リース投資資産                                467,925              450,305
         たな卸資産                               1,043,779               913,757
         その他                                826,530              615,621
                                         △ 2,000             △ 2,000
         貸倒引当金
         流動資産合計                               3,244,210              4,112,871
       固定資産
         有形固定資産
           建物及び構築物(純額)                             5,306,798              4,980,672
           土地                             1,758,506              1,758,506
           リース資産(純額)                              844,810              712,904
                                          53,784              44,085
           その他(純額)
           有形固定資産合計                             7,963,899              7,496,168
         無形固定資産
           のれん                               13,333               9,583
           リース資産                               58,513              54,237
           借地権                             1,031,782              1,031,134
                                          54,024              50,398
           その他
           無形固定資産合計                             1,157,653              1,145,354
         投資その他の資産
           投資有価証券                              538,365              588,153
           差入保証金                              439,673              433,598
           その他                              167,146              153,074
                                        △ 147,700             △ 206,100
           貸倒引当金
           投資その他の資産合計                              997,485              968,727
         固定資産合計                               10,119,038               9,610,249
       資産合計                                13,363,248              13,723,121
                                  8/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成26年2月28日)              (平成26年11月30日)
      負債の部
       流動負債
         買掛金                               1,596,110              1,839,747
         短期借入金                               4,498,002              6,635,529
         リース債務                                247,512              242,975
         未払法人税等                                44,219              27,204
         賞与引当金                                   -            8,000
                                        1,118,506               973,667
         その他
         流動負債合計                               7,504,351              9,727,124
       固定負債
         長期借入金                               3,292,837              1,474,519
         リース債務                                872,261              670,132
         繰延税金負債                                308,211              308,993
         退職給付引当金                                453,872              325,108
         資産除去債務                                371,021              450,101
         その他                                473,822              403,518
         固定負債合計                               5,772,025              3,632,373
       負債合計                                13,276,377              13,359,498
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               1,097,000              1,286,658
         資本剰余金                                819,000             1,008,658
         利益剰余金                               △ 988,851            △ 1,127,589
                                        △ 887,919             △ 887,919
         自己株式
         株主資本合計                                39,229              279,807
       その他の包括利益累計額
                                         47,642              83,815
         その他有価証券評価差額金
         その他の包括利益累計額合計                                47,642              83,815
       純資産合計                                  86,871              363,623
      負債純資産合計                                  13,363,248              13,723,121
                                  9/17









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成25年11月30日)               至 平成26年11月30日)
      売上高                                 27,894,725              23,858,338
                                       21,380,257              18,239,667
      売上原価
      売上総利益                                  6,514,467              5,618,671
      その他の営業収入                                   872,949              790,414
      営業総利益                                  7,387,416              6,409,085
      販売費及び一般管理費                                  7,254,357              6,219,194
      営業利益                                   133,058              189,891
      営業外収益
       受取利息                                  2,243              1,832
       受取配当金                                  7,671              6,822
                                         21,919              14,653
       その他
       営業外収益合計                                  31,835              23,309
      営業外費用
       支払利息                                 144,166              155,474
       貸倒引当金繰入額                                    -            70,000
                                           885             2,008
       その他
       営業外費用合計                                 145,051              227,483
      経常利益又は経常損失(△)                                    19,842             △ 14,283
      特別利益
                                          7,831                -
       投資有価証券売却益
       特別利益合計                                  7,831                -
      特別損失
       固定資産除却損                                  3,553                -
                                            -           113,064
       減損損失
       特別損失合計                                  3,553             113,064
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                         24,120             △ 127,347
      純損失(△)
      法人税等                                    13,548              11,390
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                         10,571             △ 138,737
      調整前四半期純損失(△)
      少数株主利益                                      -              -
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                    10,571             △ 138,737
                                 10/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成25年3月1日              (自 平成26年3月1日
                                 至 平成25年11月30日)               至 平成26年11月30日)
      少数株主損益調整前四半期純利益又は少数株主損益
                                         10,571             △ 138,737
      調整前四半期純損失(△)
      その他の包括利益
                                         30,797              36,173
       その他有価証券評価差額金
       その他の包括利益合計                                  30,797              36,173
      四半期包括利益                                    41,369             △ 102,564
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                                  41,369             △ 102,564
       少数株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 11/17
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       当第3四半期連結累計期間(自 平成26年3月1日 至 平成26年11月30日)
        当社グループは、第46期において売上高の減少により2期連続の経常損失、3期連続の当期純損失を計上いたし
       ました。当第3四半期連結累計期間におきましては、中期経営計画に基づき収益力の強化を推し進めましたが、不
       採算店舗6店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は23,858,338千円(前年同四半期比14.5%
       減)となりました。また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益189,891千円(前年同四半期比42.7%
       増)を計上しましたが、経常損失14,283千円(前年同四半期は19,842千円の経常利益)、四半期純損失138,737千円
       (前年同四半期は10,571千円の四半期純利益)を計上しております。
        当該状況により、継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
        当社グループは、当該状況を解消すべく、以下の項目を基本方針とする中期経営計画を策定しており、その実現
       に取り組んでおります。
       ①生鮮デリカの強化、価値創造企業への転換
         単なる価格競争から、価値創造への転換を通じ、お客様の食生活に満足と喜びを提供してまいります。特に生
        鮮部門と惣菜部門の連携を強化し、「ヘルシー」「おいしさ」「出来たて」をキーワードとしたより魅力的な商
        品の提供を行ってまいります。
       ②事業フォーマットの明確化による店舗の収益力の強化
         通常のスーパーマーケット店舗と生鮮&業務スーパー店舗の事業フォーマットの方向性を明確にし、戦略的な
        店舗投資等による店舗価値の向上により、店舗の収益力を強化してまいります。
       ③構造改革によるキャッシュ・フローの改善
        人員体制の適正化及び競争力のある店舗に経営資源を集中する等により、キャッシュ・フローを改善させてまい
       ります。また、取引金融機関と借入金元本の一定期間の返済猶予について協議を行い同意を得ております。
       ④財務基盤安定のための資本増強
         上記の経営改善策を進めることにより、収益力を強化するとともに、資本増強等も検討してまいります。これ
        らにより、経営基盤及び財務基盤の安定化を図ってまいります。   
        上記の施策を進めることにより、店舗の収益力の強化を図り、経営基盤及び財務基盤の安定化に努めてまいりま

       す。しかしながら、これらの施策を講じても、業績及び資金面での改善を図る上で重要な要素となる売上高の確保
       は外部要因に大きく依存することになるため、当該中期経営計画が計画通り進捗しない可能性もあり、継続企業の
       前提に関する重要な不確実性が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影
       響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 12/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                  当第3四半期連結累計期間

                            (自    平成26年3月1日          至   平成26年11月30日)
     1.税金費用の計算                  税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税
                      引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税
                      引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。ただし、
                      当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果と
                      なる場合には、法定実効税率を使用する方法によっております。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれん償却額は、次のと
       おりであります。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自    平成25年3月1日            (自    平成26年3月1日
                                至   平成25年11月30日)            至   平成26年11月30日)
         減価償却費                          570,567千円              490,387千円
         のれん償却額                           3,749              3,749
       (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                平成25年3月1日          至   平成25年11月30日)
      1.配当金支払額

                     配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     平成25年5月24日
               普通株式         42,204         6  平成25年2月28日         平成25年5月27日         利益剰余金
     定時株主総会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                平成26年3月1日          至   平成26年11月30日)

      1.配当金支払額

        該当事項はありません。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

       後となるもの
        該当事項はありません。
      3.株主資本の著しい変動

        当社は、平成26年5月29日付で、アルピコホールディングス株式会社から第三者割当増資の払込みを受けまし
       た。この結果、第1四半期連結累計期間において資本金及び資本準備金がそれぞれ189,658千円増加し、当第3四半
       期連結会計期間末において資本金が1,286,658千円、資本剰余金が1,008,658千円となっております。
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年11月30日)
       当社及び連結子会社は、報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント情報の記載は省略
      しております。
      当第3四半期連結累計期間(自 平成26年3月1日 至 平成26年11月30日)

       当社及び連結子会社は、報告セグメントがスーパーマーケット事業一つであるため、セグメント情報の記載は省略
      しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益又は四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    平成25年3月1日           (自    平成26年3月1日
                 項目
                                 至   平成25年11月30日)           至   平成26年11月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益又は四半期純損失(△)
                                        1円50銭             △16円89銭
         (算定上の基礎)

       四半期純利益又は四半期純損失(△)(千円)

                                         10,571            △138,737
         普通株主に帰属しない金額                                       ―             ―

       普通株式に係る四半期純利益又は四半期純損失
                                         10,571            △138,737
     (△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)
                                          7,033             8,216
      (注)前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため
         記載しておりません。当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株
         当たり四半期純損失であり、又、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2  【その他】

       該当事項はありません。
                                 14/17








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

      該当事項はありません。

                                 15/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成27年1月13日

     株式会社マツヤ
      取締役会      御中
                        新日本有限責任監査法人

                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          布 施 木  孝 叔               印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士          飯  畑  史  朗               印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社マツヤ

     の平成26年3月1日から平成27年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成26年9月1日から平成26
     年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成26年3月1日から平成26年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社マツヤ及び連結子会社の平成26年11月30日現在の財政状
     態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する事項に記載されているとおり、会社は、第46期において売上高の減少により2期連続の経常
     損失、3期連続の当期純損失を計上した。当第3四半期連結累計期間においては、中期経営計画に基づき収益力の強化
     を推し進めたが、不採算店舗6店舗及び食品センターの閉鎖を行ったこと等により、売上高は23,858,338千円(前年同
     四半期比14.5%減)となった。また、中期経営計画に基づく経費の削減により営業利益189,891千円(前年同四半期比
     42.7%増)を計上したが、経常損失14,283千円(前年同四半期は19,842千円の経常利益)、四半期純損失138,737千円
     (前年同四半期は10,571千円の四半期純利益)を計上した。当該状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせ
     るような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対
     する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企
     業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

                                 16/17


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社マツヤ(E03246)
                                                             四半期報告書
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
      (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。