DWS グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型) 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  平成26年7月22日
      【発行者名】                  DWS・インベストメント・エス・エー
                        (DWS    Investment       S.A.)
      【代表者の役職氏名】                  授権された署名者 トーマス・フェスターリング
                        (Thomas     Festerling,       Authorized       Signatory)
                        授権された署名者 スヴェン・センドメイヤー
                        (Sven    Sendmeyer,       Authorized       Signatory)
      【本店の所在の場所】                  ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ1115、
                        ブールバール・コンラ・アデヌール2番
                        (2,   Boulevard      Konrad    Adenauer,      1115   Luxembourg,
                         Grand    Duchy    of  Luxembourg)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  三浦 健
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  三浦 健
                         同   大西 信治
      【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【電話番号】                  03  (6212)    8316
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファン
                        ド(年1回分配型)
                        (DWS    Global    Utility     Bond   Master    Fund)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        メキシコペソクラス受益証券:400億メキシコペソ(約3,132億円)
                        を上限とする。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし
      (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)およびメキシコペソの円貨換算は、特に記載がな

         い限り、2014年4月30日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ド
         ル=102.61円および1メキシコペソ=7.83円)による。
                                  1/31






                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       平成26年6月30日に提出した有価証券届出書(以下「原届出書」といいます。)の記載事項のうち訂正

      すべき事項があるため、本訂正届出書を提出するものです。
     2【訂正の内容】

       下線部        は、訂正部分を示します。

       次へ

                                  2/31
















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第二部 ファンド情報

     第1 ファンドの状況

      1 ファンドの性格

       (1)ファンドの目的及び基本的性格
        b.ファンドの特色
     <訂正前>
           ファンドは、ルクセンブルグ大公国(以下「ルクセンブルグ」という。)の民法および投資信託
         に関する2010年12月17日法(以下「2010年12月17日法」という。)パートⅡの規定に基づき、約款
         によって設定されたオープン・エンド型の共有持分型投資信託である。
          受益者は、各評価日において当該評価日における受益証券1口当たり純資産価格で受益証券を買
         い戻すよう請求することができる。
     <訂正後>

           ファンドは、投資信託に関する2010年12月17日ルクセンブルグ法(以下「2010年12月17日法」と
         いう。)パートⅡに基づき設定されており、また、2010年12月17日法パートⅡならびにオルタナ
         ティブ投資ファンド運用者に関する2011年6月8日付欧州議会および理事会指令2011/61/EUを
         国内法化した指令2003/41/ECおよび指令2009/65/ECならびに規則(EC)第1060/2009号
         および規則(EU)第1095/2010号(以下「AIFM指令」という。)を改正するオルタナティブ
         投資ファンド運用者に関する2013年7月12日法(以下「2013年7月12日法」という。)に基づくオ
         ルタナティブ投資ファンド(以下「AIF」という。)としての適格性を有している。
          受益者は、各評価日において当該評価日における受益証券1口当たり純資産価格で受益証券を買
         い戻すよう請求することができる。
       (2)ファンドの沿革

     <訂正前>
        1987年4月15日           管理会社の設立
        2013年1月3日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の約款
                   締結
        2013年2月8日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の日本
                   における募集開始
        2013年2月22日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の運用
                   開始
        2013年5月2日           ファンドの約款締結
        2013年6月19日           ファンドの日本における募集開始
        2013年6月21日           ファンドの運用開始
                                  3/31




                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     <訂正後>
        1987年4月15日           管理会社の設立
        2013年1月3日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の約款
                   締結
        2013年2月8日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の日本
                   における募集開始
        2013年2月22日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の運用
                   開始
        2013年5月2日           ファンドの約款締結
        2013年6月19日           ファンドの日本における募集開始
        2013年6月21日           ファンドの運用開始
        2014年7月21日           ファンドの約款変更
       (3)ファンドの仕組み

        ② ファンドの関係法人
     <訂正前>
          ファンドの関係法人の名称および業務は以下のとおりである。
                          ファンド運営
              名称                              契約等の概要
                          上の役割
     DWS・インベストメント・                     管理会社         2013年5月2日付で保管受託銀行との間でファ
     エス・エー                             ンド約款を締結。ファンド資産の運用、受益証
     (DWS    Investment       S.A.)                   券の発行、買戻し、ファンドの終了等について
                                   規定している。
                              (後略)
     <訂正後>

          ファンドの関係法人の名称および業務は以下のとおりである。
                          ファンド運営
              名称                              契約等の概要
                          上の役割
     DWS・インベストメント・                     管理会社         2013年5月2日付で保管受託銀行との間でファ
     エス・エー                             ンド約款を締結        (2014年7月21日付で変更済
     (DWS    Investment       S.A.)                   み。)    。ファンド資産の運用、受益証券の発
                                   行、買戻し、ファンドの終了等について規定し
                                   ている。
                              (後略)
        ③ 管理会社の概要

     <訂正前>
         (a)  設立準拠法
            管理会社は、2010年12月17日法第15章の要件、したがって2009年7月13日付欧州議会および理
           事会指令2009/65/ECの規定(管理会社の規制を目的として一定の譲渡可能証券に対する投資
           信託に関する法律、規則および監督規定の調整に関する理事会指令85/611/EECを改正す
           る。)の規定を満たす。
                                  4/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            管理会社は、1915年ルクセンブルグ会社法(改正済)に従い、1987年4月15日に設立され、そ
           の後1987年5月4日付のメモリアル・セ・ルクイ・デ・ソシエテ・エ・アソシアシオン(以下
           「メモリアル」という。)Cにて公告された。
         (b)  事業の目的
            事業の目的は、投資信託の設定および管理を行うことである。投資ファンドの運用には、2010
           年12月17日法の別紙Ⅱに明記される業務が含まれるが、これらに限定されるものではない。
                              (後略)
     <訂正後>

         (a)  設立準拠法
            DWS・インベストメント・エス・エーは、ファンドのために、2010年12月17日法第15章に従
           い認可された管理会社を務め、かつ、2013年7月12日法第2章に従いオルタナティブ投資ファン
           ド運用者(以下「AIFM」という。)を務める。
            AIFMとしての業務から生じた業務上の過失に起因する潜在的な専門職業賠償責任リスクを
           カバーするために、管理会社は、自らが運用するAIFのポートフォリオの価額の0.01%に相当
           する追加の自己資金を保有する。追加の自己資金の必要額は、年間ベースで計算し直される。
            管理会社は、1915年ルクセンブルグ会社法(改正済)に従い、1987年4月15日に設立され、そ
           の後1987年5月4日付のメモリアル・セ・ルクイ・デ・ソシエテ・エ・アソシアシオン(以下
           「メモリアル」という。)Cにて公告された。
         (b)  事業の目的
            2013年7月12日法の別紙Ⅰに従い、管理会社は、投資運用業務(すなわちポートフォリオ運用
           およびリスク管理)を行う。また、管理会社は、管理事務業務(特に評価および価格決定、受益
           者名簿の維持ならびに受益証券の発行および買戻しを含む。)、マーケティング業務およびファ
           ンドの資産に関連するその他の業務(該当する場合)を行う。
                              (後略)
       (4)ファンドに係る法制度の概要

     <訂正前>
        (a)準拠法の名称
          ファンドの設定準拠法は、ルクセンブルグの民法である。
          また、ファンドは、2010年12月17日法、勅令、金融監督委員会(Commission                                           de  Surveillance        du
         Secteur     Financier)(以下「CSSF」という。)の通達等の規則に従っている。
        (b)準拠法の内容
         ① 民法
            ファンドは、法人格を持たず、加入者の累積投資からなる財産集合体である。加入者は、その
           投資によって平等に利益および残余財産の分配を請求する権利を有する。ファンドは、会社とし
           て設立されていないので、個々の投資者は株主ではなく、その権利は受益者と管理会社との契約
           関係に基づいた契約上のものであり、この関係は、一般の契約法(すなわち、民法第1134条、
           1710条、1779条、1787条および1984条)および下記の2010年12月17日法に従っている。
         ② 2010年12月17日法
            2010年12月17日法により、ルクセンブルグは、通達2009/65/ECを実施した。この法律は、
           2010年12月24日にメモリアル紙に公告され、2011年1月1日から施行された。
            2010年12月17日法は、5つのパートから構成されている。
            パートⅠ-UCITS
            パートⅡ-その他の投資信託
            パートⅢ-外国の投資信託
            パートⅣ-管理会社
                                  5/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            パートⅤ-UCITSおよびその他の投資信託に適用される一般規定
            2010年12月17日法は、パートⅠが適用される「譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託
           (UCITS)」とパートⅡが適用される「その他の投資信託」を区分して取扱っている。
     <訂正後>

        (a)準拠法の名称
          ファンドの設定準拠法は、ルクセンブルグの民法である。
          また、ファンドは、2010年12月17日法、                       2013年7月12日法、           勅令、金融監督委員会(Commission
         de  Surveillance        du  Secteur     Financier)(以下「CSSF」という。)の通達等の規則に従って
         いる。
        (b)準拠法の内容
         ① 民法
            ファンドは、法人格を持たず、加入者の累積投資からなる財産集合体である。加入者は、その
           投資によって平等に利益および残余財産の分配を請求する権利を有する。ファンドは、会社とし
           て設立されていないので、個々の投資者は株主ではなく、その権利は受益者と管理会社との契約
           関係に基づいた契約上のものであり、この関係は、一般の契約法(すなわち、民法第1134条、
           1710条、1779条、1787条および1984条)および下記の2010年12月17日法に従っている。
         ② 2010年12月17日法
            2010年12月17日法により、ルクセンブルグは、通達2009/65/ECを実施した。この法律は、
           2010年12月24日にメモリアル紙に公告され、2011年1月1日から施行された。
            2010年12月17日法は、5つのパートから構成されている。
            パートⅠ-UCITS
            パートⅡ-その他の投資信託
            パートⅢ-外国の投資信託
            パートⅣ-管理会社
            パートⅤ-UCITSおよびその他の投資信託に適用される一般規定
            2010年12月17日法は、パートⅠが適用される「譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託
           (UCITS)」とパートⅡが適用される「その他の投資信託」を区分して取扱っている。
         ③ 2013年7月12日法
           1.2013年7月12日法は、AIFMを主に規制するが、運用者だけではなく運用者が管理する投
            資ビークル(AIF)にも影響を及ぼす多くの規定から成る。
             2013年7月12日法は、オルタナティブ投資ファンド運用者に関する2011年6月8日付通達
            2011/61/EU(以下「AIFMD」という。)を施行し、とりわけ、(ⅰ)ルクセンブルグ投
            信法、(ⅱ)特別投資ファンド(SIF)に関するルクセンブルグ法および(ⅲ)リスクキャピ
            タル投資会社(SICAR)に関するルクセンブルグ法を修正し、AIFMDから生じるかか
            る法律の「商品」要件を反映する。
           2.2013年7月12日法は、
           (ⅰ)投資者の利益のために明確な投資方針に従って投資する目的で、多くの投資家から資金を
             調達し、
           (ⅱ)UCITS指令に従った承認を要しない(すなわち、UCITSとしての資格を有しな
             い)投資コンパートメントを含む投資信託としてAIFを定義する。
           3.2013年7月12日法は、AIFの販売に関する規定も含んでいる。AIFMが2013年7月12日
            法に基づき権限を付与された場合、当該AIFMは、簡易な規制者間の通知手段を利用し、A
            IFの株式または受益証券を他のEU加盟国で販売することができる。
           4.既存の運用者に適用される経過規定は、2013年7月12日法の最後に反映されている。(ⅰ)
            2013年7月22日現在のまたは(ⅱ)2013年7月22日以降2014年7月22日以前に設定された投資信
            託、SIFおよびSICARに適用される経過規定は、各々の法律の最後に反映されている。
                                  6/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (5)開示制度の概要
     <訂正前>
        (1)ルクセンブルグにおける開示
                              (中略)
         ② 受益者に対する開示
            ファンドの貸借対照表、財務状況等を記載した年次報告書および半期報告書は、管理会社およ
           び保管受託銀行の登記上の事務所において、受益者はこれを入手することができる。なお、約款
           の全文は管理会社の登記上の事務所において無料で入手することができる。また、ルクセンブル
           グの商業および会社登録機関において約款(その変更を含む)を閲覧することができ、その写し
           を入手することができる。
            受益者に対するすべての通知は、必要な場合適切な媒体により公告される。
                              (後略)
     <訂正後>

        (1)ルクセンブルグにおける開示
                              (中略)
         ② 受益者に対する開示
            ファンドの貸借対照表、財務状況等を記載した年次報告書および半期報告書は、管理会社およ
           び保管受託銀行の登記上の事務所において、受益者はこれを入手することができる。                                              これらの報
           告書は、適用ある場合、ファンド資産のうち、その非流動性により特別なアレンジの対象となる
           資産の比率、ファンドの流動性の管理に係る新規のアレンジ、ファンドについて利用されるレバ
           レッジの総額およびファンドにより利用されるレバレッジの最大限度(その変更を含む。)なら
           びに現在のファンドのリスクの特性についての情報を含む。                                なお、約款の全文は管理会社の登記
           上の事務所において無料で入手することができる。また、ルクセンブルグの商業および会社登録
           機関において約款(その変更を含む)を閲覧することができ、その写しを入手することができ
           る。
            受益者に対するすべての通知は、必要な場合適切な媒体により公告される。
            上記に加え、受益者は、管理会社に請求することにより以下の情報を入手することができる。
           -ファンドがレバレッジを利用することができる状況およびレバレッジの利用に伴うリスク
           -ファンドが投資戦略または投資方針を変更する際の手続きの説明
           -AIFMとしての管理会社が、専門家責任リスクに関する2013年7月12日法第8条第7項の要
            件を如何に遵守していくかの説明
           -リスクを管理するため、AIFMとしての管理会社が採用しているリスク管理体制
           -流動性リスクを管理するため、AIFMとしての管理会社が使用している方法の説明
           -AIFMとしての管理会社が、受益者の公平な取扱いを如何に確保しているかの説明
                              (後略)
       (6)監督官庁の概要

     <訂正前>
         ファンドは、CSSFの監督に服している。監督の主な内容は次のとおりである。
        (1)  登録の届出の受理
                              (中略)
         ② UCITSで、EU加盟国で設立され、かつUCITS通達2009/65/ECの要件に適合して
           いることを設立国の監督官庁により認可されているものについては、かかる登録を必要としな
           い。かかるUCITSは、UCITSの所在国の当局に対し情報を提供して所定の書類を提出
           し、これを当該当局がCSSFに通知し、所在地事務代行会社としてルクセンブルグの銀行を任
           命することで、受益証券をルクセンブルグ国内において販売することができる。
                                  7/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            ファンドは、ルクセンブルグ大公国の法律に基づき設定された共有持分型の契約型投資信託で
           ある。ファンドは、譲渡性のある有価証券を投資対象とする投資信託に関する2010年12月17日法
           のパートⅡに基づき登録されている。ファンドの受益証券につき、ルクセンブルグ以外のEU加
           盟 国では公衆に対        する販売活動は行われない。
         ③ 外国法に準拠して設立または                  設定され、      運営されている上記以外の投資信託は、ルクセンブル
           グにおいてまたはルクセンブルグから                    国外の公衆      に対してその       投資信託     証券を販売するために
           は、  CSSFへの事前登録を要する。
            当該投資信託が          、 設立  ・設定    された国において、投資             者 の保護を保証するために当該国の法律
           により設けられた監督機関による恒久的監督に服してい                              る場合にのみかかる登録が可能である。
                              (後略)
     <訂正後>

         ファンドは、CSSFの監督に服している。監督の主な内容は次のとおりである。
        (1)  登録の届出の受理
                              (中略)
         ② UCITSで、EU加盟国で設立され、かつUCITS通達2009/65/ECの要件に適合して
           いることを設立国の監督官庁により認可されているものについては、かかる登録を必要としな
           い。かかるUCITSは、UCITSの所在国の当局に対し情報を提供して所定の書類を提出
           し、これを当該当局がCSSFに通知し、所在地事務代行会社としてルクセンブルグの銀行を任
           命することで、受益証券をルクセンブルグ国内において販売することができる。
            ファンドは、ルクセンブルグ大公国の法律に基づき設定された共有持分型の契約型投資信託で
           ある。ファンドは、譲渡性のある有価証券を投資対象とする投資信託に関する2010年12月17日法
           のパートⅡに基づき登録されている。ファンドの受益証券につき、ルクセンブルグ以外のEU加
           盟国では公衆に対          して販売されない。2010年法第88-1条のもとで、ファンドは、AIFMDお
           よびその施行規則ならびにAIFMDの施行規則を施行するルクセンブルグの法律および規則に
           規定する、AIFとしての資格を有している。
         ③ 外国法に準拠して設立または運営されている上記以外の投資信託は、ルクセンブルグにおいて
           またはルクセンブルグから              個人投資家      に対してその       受益  証券を販売するためには、当該投資信託
           が設立された国において、投資                 家 の保護を保証するために当該国の法律により設けられた監督機
           関による恒久的監督に服してい                 なければならない。さらにこれらの投資信託は、金融監督委員会
           により、2010年法に規定されるものと同等と見なされる監督に服していなければならない。
         ④ EUおよびEU以外のAIFのルクセンブルグの機関投資家への販売は、AIFMDの施行規
           則に規定される適用規則ならびにAIFMDの施行規則を施行するルクセンブルグの法律および
           規則に従ってなされるものとする。
                              (後略)
      2 投資方針

       (1)投資方針
     <訂正前>
         ファンドの資産は、リスク分散原則に従い、下記のファンドの一般的な投資方針の範囲内で、約款
        に規定される投資選択および投資制限に従って投資される。
                              (中略)
        デリバティブの使用
         ファンドは、        適切なリスク管理システムが整えられているという条件で、                                ファンドが購入する資産
        または公認の指数、金利、為替レートもしくは通貨から派生するあらゆる種類のデリバティブに対し
        て投資を行うことができる。特に、オプション、金融先物契約およびスワップならびにそれらの組合
        せを含む。デリバティブの使用は、ファンドの資産の為替取引に限定される必要はなく、投資戦略の
        一部となる可能性もある。
                                  8/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         デリバティブ取引は、投資制限の範囲内で行われ、ファンド資産の効率的な運用を行う一方で、投
        資のデュレーションおよびリスクを                   調整  する。
                              (中略)
        店頭デリバティブ取引
         管理会社は、取引所における取引を認められているかまたは他の組織化された市場に含まれるデリ
        バティブ取引および店頭取引                のいずれも      行うことができる。
        合成証券貸付
         約款の「一般条項」に記載される証券貸付に関する規則に加えて、証券貸付は、合成的に行われる
        場合がある(以下「合成証券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証
        券は、現在の市場価格で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却
        された証券と同種、同質および同量の証券の引渡しを後日要求する権利をファンドに与えるという証
        券化されたレバレッジされていないオプションを取引相手方から受け取るということを条件とする。
        オプションの価格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価
        格から(a)証券貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求をすることのできる証券からの収
        益(例えば、配当、利払い、発行証券に影響を及ぼす企業行為)および(c)オプションの行使価格を
        控除した金額とする。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使                                           される    。投資戦略を
        実施するため、合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却される場合、かか
        る売却は、その時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売却することによっ
        ても行うことができる。
                                  9/31













                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     <訂正後>
         ファンドの資産は、リスク分散原則に従い、下記のファンドの一般的な投資方針の範囲内で、約款
        に規定される投資選択および投資制限に従って投資される。
                              (中略)
        デリバティブの使用
         ファンドは、ファンドが購入する資産または公認の指数、金利、為替レートもしくは通貨から派生
        するあらゆる種類のデリバティブに対して投資を行うことができる。特に、オプション、金融先物契
        約およびスワップならびにそれらの組合せを含む。デリバティブの使用は、ファンドの資産の為替取
        引に限定される必要はなく、投資戦略の一部となる可能性もある。
         デリバティブ取引は、投資制限の範囲内で行われ、ファンド資産の効率的な運用を行う一方で、投
        資のデュレーションおよびリスクを                   管理  する。
                              (中略)
        店頭デリバティブ取引
         管理会社は、取引所における取引を認められているかまたは他の組織化された市場に含まれるデリ
        バティブ取引および店頭取引                を 行うことができる。
        合成証券貸付
         約款の「一般条項」に記載される証券貸付に関する規則に加えて、証券貸付は、合成的に行われる
        場合がある(以下「合成証券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証
        券は、現在の市場価格で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却
        された証券と同種、同質および同量の証券の引渡しを後日要求する権利をファンドに与えるという証
        券化されたレバレッジされていないオプションを取引相手方から受け取るということを条件とする。
        オプションの価格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価
        格から(a)証券貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求をすることのできる証券からの収
        益(例えば、配当、利払い、発行証券に影響を及ぼす企業行為)および(c)オプションの行使価格を
        控除した金額とする。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使で                                             きる  。投資戦略を
        実施するため、合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却される場合、かか
        る売却は、その時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売却することによっ
        ても行うことができる。
       (4)分配方針

     <訂正前>
         ファンドのメキシコペソクラスは、毎年12月20日(12月20日が銀行営業日でない場合、翌銀行営業
        日)を分配落ち日として年1回分配を行うことができる。
        (注)分配を行わないこともある。
         管理会社は、収益を分配するかまたは再投資するかを決定する。分配する場合、管理会社は、分配
        の有無および金額も定める。通常純収益および実現キャピタル・ゲインはいずれも分配可能である。
        また、未実現キャピタル・ゲインならびに前年度の留保キャピタル・ゲインおよびその他の資産も分
        配可能であるが、ファンドの純資産総額が2010年12月17日法第23条により要求される最低金額を下回
        らないことを条件とする。分配は、分配日において発行済の受益証券口数に基づき支払われる。分配
        の全部または一部は、無償受益証券の形式で支払われる。残存する受益証券の端数は、現金で支払わ
        れるかまたは貸記される。5年以内に申し立てられない分配は、失効し、関連するファンドに戻され
        るものとする。
         管理会社は、        法律  に従い、ファンドに関し中間分配を支払うことを決めることができる。
         ※ 上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではない。

     <訂正後>

                                 10/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ファンドのメキシコペソクラスは、毎年12月20日(12月20日が銀行営業日でない場合、翌銀行営業
        日)を分配落ち日として年1回分配を行うことができる。
        (注)分配を行わないこともある。
         管理会社は、収益を分配するかまたは再投資するかを決定する。分配する場合、管理会社は、分配
        の有無および金額も定める。通常純収益および実現キャピタル・ゲインはいずれも分配可能である。
        また、未実現キャピタル・ゲインならびに前年度の留保キャピタル・ゲインおよびその他の資産も分
        配可能であるが、ファンドの純資産総額が2010年12月17日法第23条により要求される最低金額を下回
        らないことを条件とする。分配は、分配日において発行済の受益証券口数に基づき支払われる。分配
        の全部または一部は、無償受益証券の形式で支払われる。残存する受益証券の端数は、現金で支払わ
        れるかまたは貸記される。5年以内に申し立てられない分配は、失効し、関連するファンドに戻され
        るものとする。
         管理会社は、        適用法令および規則           に従い、ファンドに関し中間分配を支払うことを決めることがで
        きる。
         ※ 上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではない。

      3 投資リスク

        以下の内容に訂正される。

       (1)リスク要因

         投資者は、ファンドの受益証券の購入を決定する前に、本書に記載される他の情報とあわせて以下
        のリスクを慎重に読み、投資決定を行う際に考慮すべきである。これらのリスクの一または複数が顕
        在化した場合は、かかるリスク自体がまたは他の事情と相まって、ファンドのパフォーマンスまたは
        ファンドに保有される資産に悪影響を及ぼす可能性があり、ひいては受益証券1口当たり純資産価格
        に悪影響を及ぼす可能性がある。投資者が受益証券を購入した日と比べてファンドの資産の価格が下
        落した日に当該投資者がファンドの受益証券を売却した場合、投資者にはファンドへの投資元本が一
        切戻ってこないまたは一部しか戻ってこないという結果がもたらされる。
         投資者は、ファンドへの投資元本の一部または全部を失う恐れがある。投資元本が増加する保証は
        ない。投資者の損失は、投資総額を上限とし、投資者が投資する元本のほかに追加の支払いを行う義
        務はない。以下または本書のその他の項目に記載されるリスクおよび不確定要素のほか、ファンドの
        パフォーマンスは、現時点では認識されていないその他の様々なリスクおよび不確定要素によって損
        失を被る可能性がある。以下のリスクが記載されている順序は、それらが顕在化する可能性について
        示したものと解釈されるべきではなく、また各リスクが顕在化する範囲または顕在化することの重大
        性について示したものと解釈されるべきではない。
        ファンド投資に伴うリスク

         以下は、AIFへの投資に付随する典型的なリスクの一覧である。かかるリスクは、受益証券1口
        当たり純資産価格、投資者の投資元本および投資者がファンド投資の継続を予定する期間に悪影響を
        及ぼす可能性がある。
        ファンドの受益証券1口当たり純資産価格の変動
         ファンドの受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドの価額を発行済み受益証券口数で除すこと
        により計算される。ファンドの価額は、ファンドのすべての資産の総市場価額からファンドのすべて
        の負債の総市場価額を差し引いたものである。したがって、ファンドの1口当たり純資産価格は、
        ファンドに保有される資産の価額およびファンドの負債水準に左右される。かかる資産の価額が下落
        した場合、または負債の価額が上昇した場合、ファンドの受益証券1口当たり純資産価格は減額す
        る。
        税務上の問題が個々の結果に及ぼす影響
                                 11/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         元本利益の税務上の取扱いは関連する投資者の個別の状況に左右され、将来変更される可能性があ
        る。個別の質問については、特に個人の税務状況を考慮した上で、投資者は、自己の個人的な税務顧
        問 に相談すべきである。
        投資方針の変更
         管理会社は、CSSFの認可を条件として投資方針を変更することがある。これは、ファンドに付
        随するリスクの変化につながる可能性がある。管理会社は、ファンドに請求するコストを増額するこ
        とがある。
        受益証券の買戻しの停止
         管理会社は、投資者の利益を考慮した場合に買戻しの停止が必要と思われる例外的な状況におい
        て、一時的に受益証券の買戻しを停止することがある。ここでいう例外的な状況とは、経済危機、政
        治危機、異常な規模の買戻請求のほか、証券取引所もしくは市場の閉鎖、売買制限または受益証券1
        口当たり純資産価格の決定に悪影響を及ぼすその他の要因等をいう。また、CSSFは、投資者の利
        益または公益のために必要な場合、受益証券の発行、買戻しおよび転換の停止を管理会社に命じるこ
        とがある。かかる期間中は、投資者は、受益証券を買い戻すことができない。受益証券の買戻しが停
        止された場合であって、管理会社が受益証券の買戻しが停止されている間に市場価額を下回る資産の
        売却を余儀なくされる場合等には、受益証券1口当たり純資産価格も下落する可能性がある。受益証
        券の買戻しが再開された後の受益証券1口当たり純資産価格は、買戻しが停止される前の価格よりも
        低くなる場合がある。
         管理会社が投資ファンドを清算するためにファンドの運用を終了した場合等には、受益証券の買戻
        しが再開されることなく、買戻しが停止されたすぐ後に投資ファンドの清算が行われる可能性があ
        る。したがって、投資者にとっては、予定している保有期間が実現しないリスクおよび投資元本の大
        部分を無期限に利用できないリスクがある。
        ファンドの償還
         管理会社は、ファンドを償還する権利を有する。投資者には、これにより投資者が予定していた保
        有期間が実現しないというリスクがもたらされる。
        ファンドのすべての資産の別の投資ファンドへの譲渡(併合)
         管理会社は、ファンドのすべての資産を別のAIFに譲渡することができる。かかる場合、投資者
        は、(ⅰ)受益証券を返還するか、(ⅱ)受益証券を保有し続け、併合先の投資ファンドの投資主とな
        るか、または(ⅲ)投資原則が類似するAIFの受益証券と交換することができる(ただし、管理会社
        またはその関連会社が類似する投資原則に従ってかかる投資ファンドを運用することを条件とす
        る。)。これは、管理会社がUCITSにすべての資産を譲渡する場合にも同様に当てはまる。した
        がって、投資者は、譲渡プロセスの早い段階で新たな投資決定を行わなければならない。ファンドの
        受益証券の返還および交換は、投資者にとって税効果を有する場合がある。
        収益性および投資者の投資目的の達成
         投資者の望む投資目的が達成されるとの保証はない。ファンドの受益証券1口当たり純資産価格は
        下落する可能性があり、投資者に損失をもたらすことがある。買戻時の一定の最低払戻金またはファ
        ンドの特定の投資の成否に関する管理会社または第三者の保証はない。また、取得時に支払われる当
        初販売手数料または受益証券の売却時に支払われる買戻手数料は、特に投資期間が短い場合には、投
        資のパフォーマンスを低減しまたは完全に損耗する可能性がある。投資者は、当初投資額を下回る金
        額しか受領できないおそれがある。
        ファンドのパフォーマンスの悪化に伴うリスク(市場リスク)

         以下は、ファンドによる各資産への投資に付随するリスクの一覧である。これらは、ファンドまた
        はファンドに保有される資産のパフォーマンスを損なう可能性があり、ひいては受益証券1口当たり
        純資産価格および投資者の投資元本に悪影響を及ぼす可能性がある。
        資産価額の変動に伴うリスク
                                 12/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         管理会社がファンドの勘定で投資する資産は、リスクにさらされる。資産の市場価額が購入価格に
        対して下落した場合または直物レートおよび先物レートが異なる方向へ動いた場合、損失が発生する
        可能性がある。
        資本市場リスク
         金融商品の価格または市場動向は、特に、資本市場の動向に左右され、資本市場は、各国の経済状
        況全般ならびに一般的な経済・政治体制の影響を受ける。心理、意見および風評等不合理な要因が、
        特に取引所における一般的な価格動向に影響を与える。市場価格および市場価額の変動はまた、金利
        もしくは為替レートの変動または発行体の信用状況の変化にも起因する可能性がある。
        金利変動に伴うリスク
         債券への投資には、債券の発行時に存在していた市場金利が変動する恐れを伴う。市場金利が発行
        時の金利と比較して上昇した場合、債券の価格は一般に下落する。一方、市場金利が下落した場合、
        債券の価格は上昇する。かかる価格動向は、その時点の債券のリターンが、その時点の市場金利とお
        およそ対応していることを示している。ただし、かかる価格変動は、債券の(残余)期間によって異
        なる。満期の短い債券には、通常、満期の長い債券よりも小さな価格リスクが付随する。逆に言え
        ば、満期の短い債券は、一般的に、長期債券よりもリターンが小さい。短期金融商品は、397日未満と
        いう短期であるため、より小さな価格リスクが付随する傾向がある。また、残余期間を同じくする同
        一の通貨建ての異なる金利連動型金融商品の金利は、異なる方向へ動く可能性がある。
        転換社債およびワラント・リンク債の価格変動に伴うリスク
         転換社債およびワラント・リンク債は、社債を株式に転換する権利または株式を取得する権利を包
        含している。したがって、転換社債およびワラント・リンク債の価額のパフォーマンスは、原商品で
        ある株式の価格動向に左右される。そのため、原商品である株式のパフォーマンスに伴うリスクは、
        転換社債およびワラント・リンク債のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がある。額面金額を払い
        戻す代わりに予め合意された株式数を投資者に交付する権利を発行体に付与するワラント・リンク債
        (リバース転換社債)は、対応する株価に非常に大きく依存する。
        デリバティブ取引に関連するリスク
         管理会社は、ファンドのためにデリバティブ取引を締結することがある。オプションの売買および
        先物契約またはスワップの締結は、以下のリスクを伴う。
        - 原商品の価格変動は、オプションまたは先物の価額の下落をもたらす可能性がある。かかる下落
           により全損が生じる結果となった場合、管理会社は、取得した権利を完全に失効させざるを得な
           くなる可能性がある。スワップの原資産の価額の変動もまた、ファンドに損失をもたらす可能性
           がある。
        - オプションのレバレッジ効果は、原商品を直接購入した場合よりも大幅にファンドの資産価額を
           変動させることがある。損失リスクは、取引を最初に締結する時点では測定することができな
           い。
        - ある時点において特定の商品の流動性ある流通市場が存在しない可能性がある。一定の状況下で
           は、デリバティブのポジションを有利に解消する(手仕舞う)ことができないことがある。
        - オプションの購入には、原商品の価格が予想どおりに変動しないためにオプションを行使できな
           い、つまりはファンドが支払ったオプション料を失うリスクが伴う。オプションを売却した場
           合、ファンドがその時点の市場価格よりも高い価格で資産を購入しなければならないリスクまた
           はその時点の市場価格よりも低い価格で資産を引き渡さなければならないリスクがある。かかる
           場合、ファンドは、価格の差額から回収したオプション料を差し引いた額の損失を被る。
        - 先物契約には、管理会社が、締結時の原資産価格と取引のクロージング時または満期到来時の市
           場価格の差額をファンドの勘定で負担しなければならないリスクが伴う。結果的にファンドは損
           失を被る。損失リスクは、先物契約を締結する時点では測定することができない。
        - 必要なバック・ツー・バック取引(ポジションの手仕舞い)には、コストが発生する。
        - 原資産の将来のパフォーマンス、金利、価格および為替市場に関する管理会社の予測が不正確で
           あったことが事後に判明することがある。
                                 13/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        - 有利な時期にデリバティブの原資産を売買することが不可能となることがあり、または不利な時
           期にデリバティブの原資産を売買することが必要となる可能性がある。
        - デリバティブの利用は潜在的損失をもたらす可能性があり、かかる損失は、一定の状況下では予
           測不可能であり、当初証拠金を上回る可能性さえある。
         店頭(OTC)取引には、以下のリスクが伴う。
        - 組織化された市場がない場合があり、つまりは管理会社がファンドの勘定でOTC市場において
           取得した金融商品を売却することが困難または不可能にさえなる。
        - 個別の契約により、バック・ツー・バック取引(ポジションの手仕舞い)の締結が困難もしくは
           不可能となる可能性があり、またはバック・ツー・バック取引(ポジションの手仕舞い)の締結
           のために相当な費用が必要となる場合がある。
        証券貸付に伴うリスク
         管理会社がファンドを代理して証券貸付を提供する場合、管理会社は、証券を借り手に譲渡し、借
        り手は、貸付の満期日到来時に同一の種類、数量および質の証券を返還する(証券貸付)。管理会社
        は、貸付期間中、貸付証券に対する処分権を有しない。貸付期間中に証券が値下がりし、管理会社が
        証券をすべて売却することを希望する場合、管理会社は、貸借取引を終了し、慣習的な決済サイクル
        を待たなければならないが、これはファンドに損失のリスクをもたらす可能性がある。
        買戻(レポ)契約に伴うリスク
         管理会社が買戻契約に基づき証券を売却する場合、管理会社は、証券を売却し、満期日に上乗せ額
        を加えてそれらを買い戻すことを約束する。満期日に売主が支払う買戻金額および上乗せ額は、契約
        の締結時に定められる。買戻契約に基づき売却された証券の価額が契約期間中に下落し、管理会社が
        価額の下落を抑えるためにそれらを売却することを望む場合、管理会社は、早期終了権を行使するこ
        とでしかかかる売却を行うことができない。契約の早期終了は、ファンドに財務損失を被らせる可能
        性がある。また、期間終了時に支払われる上乗せ額は、受領した現金の再投資を通じて管理会社が生
        み出した収益よりも高くなることがある。
         管理会社が買戻契約に基づき証券を購入する場合、管理会社は、証券を購入し、満期日にそれらを
        売り戻すことを約束する。買戻金額は、契約の締結時にすでに定められている。買戻契約に基づき購
        入される証券は、契約相手に対する流動性提供の担保となる。証券の価額の上昇は、ファンドにとっ
        て利益とはならない。
        担保の受領に関連するリスク
         管理会社は、デリバティブ取引、証券貸付および買戻契約の担保を受領する。デリバティブ、貸付
        証券または買戻契約に基づき売却される証券は、値上がりする可能性がある。かかる場合、差し入れ
        られた担保は、取引相手方に関する管理会社の補充権または取戻権を完全に保証するのに十分でなく
        なる場合がある。
         管理会社は、封鎖現金勘定、高格付の国債または満期構造の短い短期金融商品ファンドに担保金を
        投資することができる。ただし、銀行残高を保有している信用機関は、破綻する可能性がある。国債
        および短期金融商品ファンドは、パフォーマンスが低迷することがある。期間終了時、管理会社が当
        初供与された額をファンドのために返還しなければならない場合であっても、投資された担保の全額
        が得られなくなる可能性がある。かかる場合、管理会社は、ファンドの勘定で、供与された金額まで
        担保を補填する義務、ひいては投資により生じた損失を補償する義務を負うことがある。
        保有のない証券化ポジションに伴うリスク
         このリスク要因については、「証券化ポジション(「アセットバック証券」)の購入に関連するリ
        スク」の項のリスク要因を参照されたい。
        インフレ・リスク
         すべての資産は、インフレによる評価減のリスクを伴う。これは、ファンドに保有される資産にも
        当てはまる。インフレ率は、ファンドの値上がり益を上回ることがある。
        為替リスク
                                 14/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ファンドの資産は、ファンドの基準通貨以外の通貨に投資されることがある。ファンドは、当該投
        資からの収入、返済および収益をかかるその他の通貨で受領する。当該通貨の価値がファンドの基準
        通貨に対して下落する場合、かかる投資の価値、ひいては投資ファンドの価値も減少する。
        集中投資リスク
         特定の資産または市場に投資が集中している場合、ファンドは、特に当該資産または市場の動向に
        大きく依拠するようになる。
        投資ファンドの受益証券/投資口への投資に付随するリスク
         ファンド(「対象ファンド」)のために取得されるその他の投資ファンドの受益証券/投資口に伴
        うリスクは、当該対象ファンドに含まれる資産および当該対象ファンドが追求する投資戦略に内在し
        ているリスクに密接に関連している。ただし、各対象ファンドの運用者はそれぞれ独立して運用する
        ため、数本の対象ファンドが類似するまたは互いに相反する投資戦略を取る可能性もある。これによ
        り、既存のリスクの累積効果がもたらされる可能性があり、機会が相殺される場合もある。通常、管
        理会社が対象ファンドの運用を管理することはできない。対象ファンドの投資決定は、必ずしも管理
        会社の想定または予想と一致する必要はない。管理会社が対象ファンドのその時点の構成銘柄を適時
        に把握していないことがしばしばある。構成銘柄が管理会社の想定または予想に一致しなかった場
        合、管理会社は、相当な遅れを伴わなければ対象ファンドの投資口を返還することによって対処でき
        ない可能性がある。さらに、ファンドが受益証券/投資口を取得するオープン・エンド型の投資ファ
        ンドは、受益証券/投資口の買戻しを一時的に停止することがある。かかる場合、管理会社は、買戻
        金額の支払いと引換えに対象ファンドの管理会社または保管受託銀行に受益証券/投資口を返還する
        ことにより受益証券/投資口を対象ファンドに売却することを妨げられる。
                                 15/31













                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        不動産ファンドに関連するリスク
         ファンドは、主として直接的または間接的に不動産に投資するファンドの受益証券/投資口を取得
        することができ、または管理会社はかかるファンドの資産を保有し、かかる資産に付随するリスク
        は、ファンドのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がある。
         不動産ファンドに投資することにより、ファンドは、その資産を間接的に不動産に投資する。した
        がって、ファンドは、不動産投資に付随するリスクを間接的に負う。かかるリスクには、とりわけ、
        立地状況の変化または賃借人の信用力の変動によりもたらされる空室、延滞地代および賃料の損失等
        の財産所有に内在するリスクが特に含まれる。立地状況の変化により、立地が特定の使用目的に適さ
        なくなることがある。建物の状態によっては維持管理に支出を要する場合があるが、これは常に予見
        できるとは限らない。
         不動産ファンドは、クローズド・エンド型ファンドまたはオープン・エンド型ファンドである場合
        がある。クローズド・エンド型ファンドは、全期間にわたって投資口の買戻しを行わないファンドで
        ある。したがって、現行のファンドは、クローズド・エンド型ファンドの期間中、取得した投資口の
        返還を行うことはできない。オープン・エンド型不動産ファンドの場合、大規模な買戻請求があった
        際の買戻金額の支払いおよび秩序立った操作の確保のための流動資源が十分でなくなっているかまた
        はかかる支払いおよび操作のために流動資源を直ちに利用することができないときに、かかる不動産
        ファンドが特定の期間にわたり受益証券/投資口の買戻しを拒絶または停止する可能性がある。ま
        た、不動産ファンドの受益証券/投資口の購入は、必ずしも投資上限額により制限されるとは限らな
        い。したがって、大規模な買戻請求は、ファンドの流動性に影響を及ぼし、受益証券の買戻しの停止
        が必要となる可能性がある。受益証券の買戻しが停止した場合において、管理会社が受益証券の買戻
        しを停止している間に市場価額を下回る不動産および特別目的ビークルを売却せざるを得ないとき等
        には、受益証券1口当たり純資産価格は下落する可能性がある。受益証券の買戻しが再開された後の
        受益証券1口当たり純資産価格は、買戻しが停止される前の価格よりも低くなる場合がある。さら
        に、不動産の売却を通じて受益証券の買戻しを再開するために必要な流動性を確保することができな
        い場合等には、一時的な停止は、受益証券/投資口の買戻しの永久的な停止および不動産ファンドの
        清算につながる可能性がある。不動産ファンドの清算は、場合によっては数年に及ぶ長い期間を要す
        る可能性がある。したがって、ファンドには、管理会社が不動産ファンドで予定している保有期間が
        実現されないリスクおよびファンドが投資元本の大部分を無期限に利用できないかもしれないリスク
        がある。
        ヘッジ・ファンドに関連するリスク

         ファンドは、ヘッジ・ファンドの受益証券/投資口を取得することがある。これらは、通常、購入
        される投資資産の選定に関して法的規制を受けない。ヘッジ・ファンドは、取引の締結時にファンド
        に帰属していない資産の売却(空売り)等を行うことができる。また、ヘッジ・ファンドは、借入
        れ、証券貸付、デリバティブに組み込まれているレバレッジまたはその他の方法(レバレッジ効果)
        によりファンドの投資水準を引き上げる手段を用いることがある。これにより、ファンドに保有され
        る資産の価額は減少することがある。このため、ヘッジ・ファンドにヘッジ・ファンドの原資産のパ
        フォーマンスを大幅に上回る程度にまで損失が生じる可能性がある。
        証券化ポジション(「アセットバック証券」)の購入に関連するリスク

         流動性の低い証券は、金融会社により売買可能な(アセットバック)証券に転換することができ
        る。かかる商品には、とりわけ、証券化された不動産モーゲージ(「モーゲージバック証券」)およ
        び様々なプール債権の証券化商品(「債務担保証券」)が含まれる。これらは、「アセットバック証
        券」と総称される。
         本書に記載されるリスクへのエクスポージャーの程度は、ファンドが投資先とする証券化商品のト
        ランシェ(下位/上位)により異なる。
                                 16/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         アセットバック証券への投資は、主として裏付けとなる債権プールまたは参照値のパフォーマンス
        により激しい価額変動に見舞われることがある。場合によっては、かかる証券は、非常に流動性が低
        くなり、大幅に割引しなければ売却できないことがある(流動性リスク)。
         裏付けとなる債権または参照値が早期に返済されるリスクがある。予定された期間が満了するまで
        にファンドが受領したかかる資産に関係する利払いは、違約金の支払等の方法により一部しか補償さ
        れない(早期買戻しに伴うリスク)。
         期限の到来した利子および元本の支払いまたは裏付けとなる債権から生じるその他の合意された債
        務は、履行されないかまたは支払いが遅延することがある。また、各アセットバック証券は、全損ま
        たは大幅な価額の減少を被ることさえある。したがって、ファンドのレベルでの多額の損失をなくす
        ことはできない(債務不履行リスク)。固定利付アセットバック証券もまた、以下に記載される金利
        変動に伴うリスクにさらされる。
         そのため、ファンドのパフォーマンスは、悪影響を受ける可能性があり、大きなボラティリティに
        見舞われる。
         貸付人、オリジネーターまたはスポンサーが、いわゆるリスク保有として証券化商品の取引高の
        5%以上を保有し、かつ、追加の規定を遵守している場合に限り、管理会社は、現在、2011年1月1
        日以降に発行された証券化商品(証券化ポジション)の信用リスクに対するエクスポージャーを負う
        ことがある。例えば、管理会社は、オリジネーターまたはスポンサーが信用供与に適用する基準が明
        確かつ妥当であり、継続的管理ならびにオリジネーターおよびスポンサーが信用リスクを伴うポート
        フォリオおよびエクスポージャーを監視するのに有効なシステムを運用することを確保する。かかる
        規制は、EU全体に適用される。したがって、管理会社は、かかるカットオフ日以降に発行された証
        券化商品がこのEUの基準に適合していない場合、投資者の利益のために是正措置を講じる義務を負
        う。かかる是正措置の一環として、管理会社は、やむを得ずかかる証券化ポジションを売却すること
        がある。銀行、元本管理会社に適用され、将来的には保険会社にも適用される可能性のある法的規制
        により、管理会社がファンドのために保有していたかかる証券化ポジションを売却できなくなるリス
        クが存在し、または売却できたとしても大幅に割引しなければならないもしくは長期にわたる遅延を
        伴わなければならないリスクが存在する。ファンドにとって、これは、価額の損失を被る可能性があ
        るということを意味する(法的に許容されなくなることによる損失リスク)。
         本書に記載される管理会社の証券化ポジションの適切性を確認する義務については、「リスク管
        理」の項に記載されるリスク管理手順に組み入れられている。
        投資領域から生じるリスク

         ファンドに広範な枠組みを提供する投資原則および法律により定められる制限を遵守すると同時
        に、実際の投資方針もまた、主として少数の産業、市場または地域/国等の資産を取得することを目
        的としている。このように少数の特定の投資セクターに集中した場合には、リスク(閑散市場、一定
        の景気サイクル内での広範な変動等)が付随する可能性がある。年次報告書により、直近の報告年度
        の投資方針の内容に関する遡及的な情報の提供を行う。
        ファンドの流動性が減少または増加するリスク(流動性リスク)

         以下に挙げるリスクは、ファンドの流動性を損なう可能性のあるリスクである。これは、ファンド
        が一時的または永久的に支払債務を履行できなくなるか、または管理会社が一時的または永久的に投
        資者の買戻請求に応じられなくなることにつながる可能性がある。投資者にとっては、予定している
        保有期間を実現できず、投資元本またはその一部を無期限に利用できなくなる可能性がある。さら
        に、法律上許容される場合において管理会社が市場価額を下回る価格でファンドの資産を売却せざる
        を得ないときは特に、流動性リスクが顕在化することにより、ファンドの1口当たり純資産価格、ひ
        いては受益証券1口当たり純資産価格が減少することにつながるおそれがある。
        資産への投資に伴うリスク
         管理会社はまた、ファンドのために、取引所もしくは他の組織化された市場では売買を認められて
        いない資産または他の組織化された市場では保有されていない資産を取得することが認められてい
                                 17/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        る。かかる資産は、売却するとした場合には大幅に割引しなければ売却できないまたは長期にわたる
        遅延を伴わなければ売却できないこととなる場合がある。取引所での売買を認められている資産で
        あっ  ても、市況、取引高、期間および予定コストによっては売却が困難となるか、または売却するた
        めに大幅に割引する必要が生じる可能性がある。原則としては、ファンドのために取得できるのはい
        つでも清算することのできる資産のみであるが、損失を生じることなく、これが一時的または永久的
        にできなくなる可能性を否定することはできない。
        借入れに関するリスク
         管理会社は、ファンドの勘定で借入れを行うことができる。管理会社が関連する貸付を拒否される
        リスクまたは格段に不利な条件でしか貸付を受けることができないリスクがある。変動金利ローン
        は、金利が上昇した場合、負担が大きくなる可能性がある。不十分な借入れはファンドの流動性に影
        響を及ぼす可能性があるため、管理会社は、早期にまたは予定していたよりも不利な条件で、資産を
        売却せざるを得なくなる場合がある。
        流出入の増大から生じるリスク
         投資者の売買注文は、ファンドに流入する流動性およびファンドから流出する流動性を生み出す。
        この流出入は、差引きされた後、ファンドの流動資産の純増減額につながる可能性がある。かかる純
        増減額によって投資運用会社は資産の売買を行うことがあり、それにより取引コストが生じる。これ
        は特に、流出入によって管理会社がファンドに関して定めた流動資産の枠をファンドが上回ったまた
        は下回った場合に当てはまる。結果的に発生した取引コストはファンドに請求され、ファンドのパ
        フォーマンスに影響を及ぼす可能性がある。流入の場合、管理会社が適切な状況下で資金を投資でき
        ないときは、ファンドの流動性が増加することによってファンドのパフォーマンスが悪影響を受ける
        可能性がある。
        特定の地域/国の公休日に付随するリスク
         投資戦略に従い、特に特定の地域/国においてファンドのために投資が行われることがある。かか
        る地域または国にその地の公休日があることにより、かかる地域または国の取引所の取引日とファン
        ドの評価日の不一致が生まれることがある。そのため、ファンドは、当該日が評価日でない場合は、
        かかる地域/国の市場動向に対して同一の日に反応することができない可能性があり、またはかかる
        地域または国の市場において取引日でない評価日に行為することができない場合がある。その結果、
        ファンドは、必要とされる時期に資産を売却することを妨げられる可能性がある。かかる場合、ファ
        ンドの買戻請求に応じる能力またはその他支払債務を履行する能力は悪影響を受ける可能性がある。
        カウンターパーティー・リスクおよび信用リスク

         以下のリスクは、他の当事者(取引相手方)との間の契約関係の枠組み内において生じる可能性の
        あるリスクである。これには、契約相手が契約に基づく義務を履行できなくなるリスクが含まれる。
        かかるリスクは、ファンドのパフォーマンスを損ない、ひいては受益証券1口当たり純資産価格およ
        び投資者の投資元本に悪影響を及ぼす可能性がある。
        債務不履行リスク/カウンターパーティー・リスク(セントラル・カウンターパーティーを除く。)
         ファンドが請求権を有する発行体または契約相手(取引相手方)の債務不履行は、ファンドに損失
        をもたらす可能性がある。発行体リスクは、各発行体における特定の局面による影響について述べた
        ものであり、資本市場での一般的な動向とともに、証券価格に影響を及ぼす。証券を慎重に選定した
        としても、発行体の資産の下落による損失を完全になくすことはできない。ファンドのために締結さ
        れた契約の当事者は、全体的にまたは部分的に債務不履行に陥る可能性がある(カウンターパー
        ティー・リスク)。これは、ファンドの勘定で締結されるすべての契約に当てはまる。
        セントラル・カウンターパーティー・リスク
         セントラル・カウンターパーティー(CCP)は、ファンドのための一定の取引、特にデリバティ
        ブ金融商品に関する取引において仲介機関を務める。かかる場合、CCPは、売主に対しては買主と
        して、また買主に対しては売主として行為する。CCPは、常に、当初証拠金(担保等)の利用等に
        より、締結した取引から生じた損失を相殺することができる一連の保護メカニズムを通じて、取引相
        手方の債務不履行リスクを担保する。かかる保護メカニズムを用いたとしても、CCPは、CCPが
                                 18/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        債務不履行に陥り、それによりファンドに関する管理会社の請求権も影響を受ける可能性をなくすこ
        とはできない。かかる場合、ファンドには損失がもたらされるが、かかる損失は担保されない。
        買戻(レポ)契約における債務不履行リスク
         買戻契約では、担保は、契約相手が対価を提供することと引換えに供与される。契約相手が買戻契
        約の期間中に債務不履行に陥った場合、管理会社は、買戻契約に基づき購入された証券または現金に
        関し利用権を有する。期間中の発行体の信用力の低下または買戻契約に基づき売却された証券の価格
        上昇により、差し入れられた担保が管理会社の取戻権を完全に保証するのに十分でなくなった結果、
        ファンドには損失リスクが生じる可能性がある。
        証券貸付における債務不履行リスク
         管理会社がファンドのために証券貸付を提供する場合、管理会社は、契約相手の債務不履行に対し
        て十分な担保を有することを確保しなければならない。差し入れられる担保の価値は、少なくとも証
        券担保貸付として譲渡された証券の市場価額に相当する。貸付として付与された証券の価額が上昇
        し、差し入れられた担保の質が低下しまたは経済状況の悪化が生じ、すでに差し入れられた担保が十
        分でなくなった場合、借り手はさらに担保を差し入れなければならない。借り手が追加の支払いを行
        うかかる義務を履行することができない場合は、契約相手が債務不履行に陥ったときに取戻権が完全
        に保証されないリスクが生じる。担保がファンドの保管受託銀行以外の機関により保管される場合
        は、借り手が債務不履行に陥ったときに直ちにまたは完全に担保を利用できないリスクがさらに生じ
        る。
        オペレーショナル・リスクおよびファンドに伴うその他のリスク

         以下は、管理会社または外部の第三者における不適切な内部処理過程、人為的ミスまたはシステム
        障害等により生じる可能性のあるリスクの一覧である。かかるリスクは、ファンドのパフォーマンス
        を損ない、ひいては受益証券1口当たり純資産価格および投資者の投資元本に悪影響を及ぼす可能性
        がある。
        犯罪活動、瑕疵または自然災害に起因するリスク
         ファンドは、詐欺行為またはその他の犯罪活動の被害を受ける可能性がある。ファンドは、管理会
        社の従業員もしくは外部の第三者の誤解もしくは誤りにより、または例えば自然災害等の外部的事象
        により損失を被ることがある。
        カントリー・リスクまたは送金リスク
         外国の借り手が支払能力を有するにもかかわらず、その所在国でその通貨により送金を行うことが
        できないかもしくは送金を認めないため、またはその他の理由により、支払いを一切行うことができ
        ないか、支払いを定時に行うことができないかまたは他の通貨でしか支払いを行うことができないリ
        スクが存在する。これは、例えば、管理会社がファンドの勘定で受領することのできる支払いが行わ
        れないか、または支払いが為替制限のため交換できない通貨もしくは異なる通貨で行われる場合をい
        う。債務者が他の通貨で支払いを行う場合、かかる状況は、上記の為替リスクにさらされる。
        法務および政治リスク
         ルクセンブルグ法に服しない法域または法的な紛争が生じた場合にルクセンブルグの管轄権から外
        れる法域においてファンドのために投資が行われることがある。ファンドの勘定で生じる管理会社の
        権利および義務は、ルクセンブルグにおけるものと異なり、ファンドおよび/または投資者に不利と
        なる可能性がある。管理会社は、政治情勢または法整備(かかる法域における法体制状況の変化を含
        む。)を認識するのが遅くなり過ぎるもしくは全く認識できない、またはかかる情勢または整備に
        よって取得可能な資産またはすでに取得した資産に関し制約がもたらされる可能性がある。かかる事
        態は、管理会社および/またはルクセンブルグにおけるファンドの運用に関して法体制状況が変化し
        た場合にも起こることがある。
        財務体制状況の変化、税務リスク
         本書に含まれる税務情報は、現行の法律に関する管理会社の理解に基づくものである。かかる情報
        は、所得税または法人所得税が課される者を対象としているが、これらに限られない。ただし、法律
                                 19/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        制定、裁判所の決定または税務当局の命令により税務構造が変更される可能性については責任を負わ
        ない。
        主要人物リスク
         ファンドのパフォーマンスが特定の期間において極めて良好な場合、かかる成果は、ファンドのた
        めに行為する個人の能力にも依拠していることがあり、したがって、運用による適切な意思決定に依
        拠していることがある。しかしながら、ファンドの運用担当者は変更される場合がある。新しい意思
        決定者は成功しない可能性がある。
        保管リスク
         特に外国で資産が保管される場合には、支払不能、デュー・ディリジェンスの違反または不可抗力
        によりもたらされ得る損失リスクが伴う。
        取引メカニズムおよび決済メカニズムから生じるリスク(決済リスク)
         電子システムによる証券取引の処理は、契約当事者のいずれかが時間どおりにもしくは合意に従い
        支払いを行わないリスクまたは証券が遅れずに交付されないリスクを発生させる。
        リスク管理
         管理会社は、ファンドの投資戦略に関連するすべてのリスク(特に市場リスク、信用リスク、流動
        性リスク、カウンターパーティー・リスク、オペレーショナル・リスクおよびその他一切の関連リス
        クを含む。)を継続的に特定し、測定し、管理しおよび監視するために、効果的なリスク管理の方針
        および手続を実施する持続的なリスク管理機能を確立し、維持している。
         ファンドは、(ⅰ)ヘッジ目的、(ⅱ)効率的なポートフォリオ運用および/または(ⅲ)投資戦略の
        実施のためにあらゆる金融デリバティブ商品を用いることができる。
        市場リスク
         ファンドの市場リスクは、相対的バリュー・アット・リスクの場合はデリバティブを含まない参照
        ポートフォリオの市場リスクの200%を超えず、絶対的バリュー・アット・リスクの場合はデリバティ
        ブを含まない参照ポートフォリオの市場リスクの20%を超えない。
        グローバル・エクスポージャー
         ファンドのグローバル・エクスポージャーは、(ⅰ)バリュー・アット・リスク(VaR)法または
        (ⅱ)コミットメント法により計算される。
         バリュー・アット・リスク法は、通常の市況における特定の期間にわたり、特定の信頼水準にて生
        じ得る予想損失の指標を提供する。
         コミットメント法については、「レバレッジ」の項において説明される。
        レバレッジ
         「レバレッジ」とは、ファンドが保有する資産の価額の変動(エクスポージャー)とファンドの1
        口当たり純資産価格の比率をいう。このリスクは、例えば、デリバティブ、借入れおよび証券貸付の
        利用により生じる。
         ファンドが利用するレバレッジの水準は、グロス法およびコミットメント法に従い計算される。
         グロス法に基づき計算されるエクスポージャーは、すべてのポジションの絶対的価値(ファンドの
        通貨で保有されている現金および類似する低リスクの短期ポジションの価値を除く。)の総和であ
        る。証券の場合、エクスポージャーは、その絶対的市場価値に相当し、デリバティブの場合、そのエ
        クスポージャーは、関連する原資産の相当するポジションの絶対的市場価値に相当する。
         コミットメント法に基づき計算されるエクスポージャーの場合、同一の原資産に関するデリバティ
        ブ商品または証券のポジションは、ネットされる(以下「ネッティング」という。)。それ自体がエ
        クスポージャーを生み出すことのない、リスクを低減させるだけのデリバティブは、計算から除外さ
        れる(以下「ヘッジ」という。)。エクスポージャーは、ネッティングおよびヘッジを考慮した上
        で、証券または場合に応じてデリバティブの関連する原資産の相当するポジションのすべての絶対的
        市場価値の総和に相当する。
         ファンドは、純資産の10%を上限として借入れを行うことができる。ただし、かかる借入れは一時
        的なものとし、借入れの代わり金を投資目的に使用しないことを条件とする。
        担保の再利用
                                 20/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         管理会社は、ファンドのために締結されたデリバティブ、証券貸付および買戻契約等に関する取引
        においてファンドを代理して担保を受領する。かかる担保は、カウンターパーティー・リスク(すな
        わ ち当該取引の取引相手方が支払不能に陥るリスク)を低減することを目的としている。
         上記のとおり受領された担保は再利用されない。
        流動性リスク
         流動性リスク管理システムでは、管理会社によるファンドの流動性リスクの監視を可能にし、ファ
        ンドの投資対象の流動性特性がその裏付けとなる債務に適合することを確保する手続が定められる。
        また、流動性リスク管理システムでは、通常の流動性状況および特別な流動性状況において、定期的
        にストレス・テストを実施する。かかるストレス・テストにより、管理会社は、ファンドの流動性リ
        スクの評価および監視を行うことができる。適切な流動性管理により、ファンドの投資戦略、ファン
        ドの流動性特性および適用される買戻方針は適正に結び付くことが確保される。管理会社は、予想さ
        れるもしくは実際の流動性不足またはファンドのその他の苦境に対処するために適切なエスカレー
        ション措置が整備されることを確保する。したがって、受益者の権利に悪影響を与える可能性のある
        特別な場合、またはファンドの純資産総額の10%を超える買戻請求が行われる場合、管理会社は、受
        益証券1口当たり純資産価格を決定し、ファンド資産の必要な換金が完了した時に限り買戻しを行う
        権利を留保する。かかる場合、当該時において手続中の申込み、転換および買戻請求は、このように
        計算された1口当たり純資産価格に基づき計算される。
       (2)リスクに対する管理体制

         ファンドのポートフォリオ運用は、投資運用会社内のアセット・マネジメント・リスク統制管理部
        門および投資運用コンプライアンス部門による支援を受けている。管理会社のコンプライアンス部門
        は、組織上、ドイツ銀行グループのコンプライアンス部門の現地責任、およびドイツ銀行グループの
        アセット&ウェルス・マネジメント部門のコンプライアンス部の担当責任の下に置かれている。それ
        らは、投資方針決定者、ポートフォリオ・マネージャーおよび管理会社の業務上の機能から独立して
        業務を行う。管理会社の事業リスク部門およびコンプライアンス部門は常にすべてのポートフォリオ
        を監視している。
         ファンドのリスク管理体制は、2014年4月末日現在のものであり、随時変更されることがある。
      4 手数料等及び税金

       (3)管理報酬等
     <訂正前>
        管理  報酬  等
         受益証券について、管理会社の報酬額は、年率1.4%を上限とする。
         管理会社は、通常、自らの管理報酬の一部を販売会社に譲渡する。これは、管理会社のために行わ
        れる販売業務の報酬として支払われる。当該報酬は、相当な金額となる可能性がある。年次報告書は
        当該報酬に関する追加的な情報を含む。管理会社は、当該報酬およびファンドから保管受託銀行およ
        び第三者に対し支払う費用の払戻しを受領しない。
         ファンドの取引活動に関し、管理会社は、ブローカーおよびトレーダーが提供する有用な恩典を活
        用し、かつ受益者の利益のために投資決定をサポートする権利を有する。かかるサービスには、調査
        および財務分析等ブローカーおよびトレーダー自身が提供する直接的サービスならびに市場および価
        格情報システム等の間接的サービスが含まれる。
         上記の    管理  会社の    報酬  のほか    、以下の報酬および費用がファンドに請求される場合がある。
                              (中略)
        総経費率
         総経費率は、ファンドの経費がファンドの平均資産(発生済み取引費用を除く。)に占める割合と
        して定義されている。実効総経費率は毎年計算され、年次報告書において公表される。
                              (後略)
                                 21/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     <訂正後>
        管理  報酬  等
         受益証券について、管理会社の報酬額は、年率1.4%を上限とする。
         管理会社は、通常、自らの管理報酬の一部を販売会社に譲渡する。これは、管理会社のために行わ
        れる販売業務の報酬として支払われる。当該報酬は、相当な金額となる可能性がある。年次報告書は
        当該報酬に関する追加的な情報を含む。管理会社は、当該報酬およびファンドから保管受託銀行およ
        び第三者に対し支払う費用の払戻しを受領しない。
         管理報酬      に加え、     以下の報酬および費用がファンドに請求される場合がある。
                              (中略)
        総経費率
         総経費率は、ファンドの経費がファンドの平均資産(発生済み取引費用を除く。)に占める割合と
        して定義されている。実効総経費率は毎年計算され、年次報告書において公表される。
        最良執行
         管理会社は、投資決定を実行する際、ファンドの最善の利益に適うように行為する。かかる目的の
        ために、管理会社は、執行および決済の価格、費用、迅速さ、可能性、発注規模および発注内容また
        は注文の執行に関連するその他の勘案事項を考慮し、ファンドにとって可能な限り最良の結果を得る
        ためにすべての合理的な措置を講じる(最良執行)。ポートフォリオ運用が委託される場合、任命さ
        れたポートフォリオ・マネージャーは、最良執行に関する法令・規制にすでに服していないときは、
        契約により、これに相当する最良執行原則を適用する義務を負う。
        誘引
         後記「受領した報酬の譲渡」、「証券および金融商品の買い注文および売り注文」および「報酬の
        分配」の項において提供される情報に加え、第三者に対しまたは第三者により支払いまたは提供がな
        される報酬、手数料または非金銭的な恩典(これらは、関連サービスの質を向上させることを目的と
        するものであり、ファンドまたはファンドの投資者の最善の利益に適うように行為する管理会社の義
        務を阻害するものではない。)に関する取決めの重要条件は、請求に応じて投資者に開示される。
        受領した報酬の譲渡
         管理会社は、通常、自らの管理報酬の一部を販売会社に譲渡する。これは、管理会社のために行わ
        れる販売業務の報酬として支払われる。当該報酬は、相当な金額となる可能性がある。
         管理会社は、ファンドの資産から保管受託銀行および第三者に対し支払う報酬および費用の払戻し
        を受領しない。
                              (後略)
       (4)その他の手数料等

     <訂正前>
         上記の費用のほか、以下の費用もファンドに請求される。
         - ファンドの資産およびファンド自体に課されるすべての税金(特に年次税)、ならびに管理費
            および保管費に関連して発生する可能性のある税金。
         - 管理会社、管理事務代行会社、投資運用会社、保管受託銀行もしくは名義書換代行会社または
            管理会社が任命する第三者が受益者の利益のために行為する際に負担する弁護士費用。
         - 資産の取得および処分に関連して発生する可能性のある費用。
         - 受益証券の為替取引および為替戦略に関連して発生する可能性のある費用は受益証券に請求さ
            れる。
         - ファンドの受益者の利益を保護するために生じる可能性のある特別費用(例えば訴訟費用)。
            管理会社     の取締役会      は、それぞれの場合において、当該費用を負担するか否か定めるものと
            し、その旨年次報告書において別途報告する。
     <訂正後>

         上記の費用のほか、以下の費用もファンドに請求される。
                                 22/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - ファンドの資産およびファンド自体に課されるすべての税金(特に年次税)、ならびに管理費
            および保管費に関連して発生する可能性のある税金。
         - 管理会社、管理事務代行会社、投資運用会社、保管受託銀行もしくは名義書換代行会社または
            管理会社が任命する第三者が受益者の利益のために行為する際に負担する弁護士費用。
         - 資産の取得および処分に関連して発生する可能性のある費用。
         - 受益証券の為替取引および為替戦略に関連して発生する可能性のある費用は受益証券に請求さ
            れる。
         - ファンドの受益者の利益を保護するために生じる可能性のある特別費用(例えば訴訟費用)。
            管理会社は、それぞれの場合において、当該費用を負担するか否か定めるものとし、その旨年
            次報告書において別途報告する。
     第2 管理及び運営

      1 申込(販売)手続等

     <訂正前>
       (a)海外における申込(販売)手続等
        受益証券の発行
         ファンドの受益証券は、各評価日に発行価格で発行される。発行価格は、1口当たり純資産価格に
        対応する。投資者は、さらに、純投資金額の3.0%(税抜)を上限とする販売手数料を管理会社のため
        に支払わなければならない。
         販売手数料は、販売業務に対する報酬として仲介機関によって全部または一部が留保されることが
        ある。印紙税またはその他の課税金が適用される国において受益証券が発行される場合、各投資金額
        はそれに応じて増額される。
         新規に申し込まれた受益証券は、保管受託銀行または承認された取引銀行によって支払いが受領さ
        れた場合にのみ投資者に発行される。ただし、帳簿上は、当該受益証券は、その決済後の決済日にお
        ける1口当たり純資産価格の計算に既に算入されており、支払いが受領されるまでは取消可能であ
        る。投資者の受益証券に関する不払いまたは支払遅延によって当該受益証券を取り消さなければなら
        ない場合、ファンドが価値の減損を被る可能性がある。
         管理会社は、新受益証券を継続的に発行する権限を有する。                                  ただし、管理会社は、受益証券の発行
        を一時停止しまたは永久に中止する権利を留保する。この場合、既に支払われた金額は直ちに払い戻
        される。受益者は、受益証券の発行の一時停止および再開について直ちに通知される。
         受益証券は、管理会社から、および支払代理人を通じて購入することができる。管理会社が新受益
        証券を発行しなくなった場合、既存の保有者からのみ受益証券を購入することができる。
                              (中略)
        データ保護
         申込書に記載される投資者の個人情報および管理会社との取引関係の範囲内で収集されるその他の
        情報は、管理会社および/または                  DWS・インベストメンツ              のその他の者、保管受託銀行ならびに投
        資者の金融仲介機関により記録され、保存され、比較され、送信され、別途処理され、使用される
        (「処理される」)。データは、口座管理、マネー・ロンダリング活動の調査、支払利息に対する課
        税に関するEU指令2003/48/ECに基づく税金の決定および取引関係の構築の目的で使用される。
         また、これらの目的のため、管理会社の活動を支援するために管理会社が指名する事業者(顧客連
        絡代理人および支払代理人等)にデータが転送されることがある。
        投資者の法的地位
         ファンドに投資される資金は、リスク分散の原則に基づき、管理会社により、管理会社の名義にお
        いて、投資者(以下「受益者」という。)の共同勘定で、証券、短期金融商品およびその他の許容さ
        れる資産に投資される。ファンドに投資された資金および当該資金を用いて購入された資産がファン
        ド資産を構成し、これは管理会社の自己資産とは別に保管される。
                                 23/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         共同所有者としての           受益者は、      ファンド資産に対し、            自己が保有する受益証券口数に比例した持分
        を有する。受益者の権利は、記名式受益証券により表章され、大券の形で発券される。すべての受益
        証 券は同一の権利を有する。
                              (後略)
     <訂正後>

       (a)海外における申込(販売)手続等
        受益証券の発行
         ファンドの受益証券は、各評価日に発行価格で発行される。発行価格は、1口当たり純資産価格に
        対応する。投資者は、さらに、純投資金額の3.0%(税抜)を上限とする販売手数料を管理会社のため
        に支払わなければならない。
         販売手数料は、販売業務に対する報酬として仲介機関によって全部または一部が留保されることが
        ある。印紙税またはその他の課税金が適用される国において受益証券が発行される場合、各投資金額
        はそれに応じて増額される。
         新規に申し込まれた受益証券は、保管受託銀行または承認された取引銀行によって支払いが受領さ
        れた場合にのみ投資者に発行される。ただし、帳簿上は、当該受益証券は、その決済後の決済日にお
        ける1口当たり純資産価格の計算に既に算入されており、支払いが受領されるまでは取消可能であ
        る。投資者の受益証券に関する不払いまたは支払遅延によって当該受益証券を取り消さなければなら
        ない場合、ファンドが価値の減損を被る可能性がある。
         管理会社は、新受益証券を継続的に発行する権限を有する。
         受益証券は、管理会社から、および支払代理人を通じて購入することができる。管理会社が新受益
        証券を発行しなくなった場合、既存の保有者からのみ受益証券を購入することができる。
                              (中略)
        データ保護
         申込書に記載される投資者の個人情報および管理会社との取引関係の範囲内で収集されるその他の
        情報は、管理会社および/または                  ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント                         のその他の者、保管
        受託銀行ならびに投資者の金融仲介機関により記録され、保存され、比較され、送信され、別途処理
        され、使用される(「処理される」)。データは、口座管理、マネー・ロンダリング活動の調査、支
        払利息に対する課税に関するEU指令2003/48/ECに基づく税金の決定および取引関係の構築の目
        的で使用される。
         また、これらの目的のため、管理会社の活動を支援するために管理会社が指名する事業者(顧客連
        絡代理人および支払代理人等)にデータが転送されることがある。
        投資者の法的地位
         ファンドに投資される資金は、リスク分散の原則に基づき、管理会社により、管理会社の名義にお
        いて、投資者(以下「受益者」という。)の共同勘定で、証券、短期金融商品およびその他の許容さ
        れる資産に投資される。ファンドに投資された資金および当該資金を用いて購入された資産がファン
        ド資産を構成し、これは管理会社の自己資産とは別に保管される。
         受益者は、自己が保有する受益証券口数に比例した持分を有する                                    ファンド資産の共同所有者であ
        る 。受益者の権利は、記名式受益証券により表章され、大券の形で発券される。すべての受益証券は
        同一の権利を有する。
        大券により表章される無記名式受益証券
         管理会社は、一または複数の大券により表章される無記名式受益証券の発行を決議することができ
        る。
         かかる大券は、管理会社の名義で発行され、決済代理人に預託される。大券により表章される無記
        名式受益証券の譲渡可能性は、それぞれの適用法令ならびに譲渡を行う決済代理人の規則および手続
        に従う。投資者は、大券により表章される無記名式受益証券が投資者の金融仲介機関の証券口座に預
        託された時点でこれを受領し、これは決済代理人により直接または間接に保有される。大券により表
        章される無記名式受益証券は、英文目論見書に記載される規定、各取引所に適用される規則および/
                                 24/31

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        または各決済代理人の規則に従って譲渡することができる。かかるシステムに参加しない受益者は、
        該当する決済代理人の決済システムに参加する金融仲介機関を通じてのみ、大券により表章される無
        記 名式受益証券を譲渡することができる。
         大券により表章される無記名式受益証券の分配に関する支払いは、受益者の金融仲介機関の関係す
        る決済代理人の口座に貸方記入する形で行われる。
                              (後略)
      2 買戻し手続等

     <訂正前>
       (a)海外における買戻し手続等
         ファンドの受益証券は、各評価日にその買戻金額で買い戻される。買戻金額は、1口当たり純資産
        価格に対応する。現時点では買戻手数料は課されない。印紙税またはその他の課税金が適用される国
        において受益証券が買い戻される場合、各買戻金額はそれに応じて減額される。
         管理会社は、受益者の利益のために必要でありかつ正当であると認められる特別な場合に、受益証
        券の買戻しを停止する権利を有する。
         受益者の権利に悪影響を与える可能性のある特別な場合、またはファンドの純資産総額の10%を超
        える買戻請求が行われる場合、管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格を決定し、ファンド資産
        の必要な換金が完了した時に限り買戻しを行う権利を留保する。かかる場合、当該時において手続中
        の申込み、転換および買戻請求は、このように計算された1口当たり純資産価格に基づき計算され
        る。
         受益証券は、管理会社ならびに販売および支払代理人に対して返還することができる。受益者に対
        するその他の支払いもまた、これらの事務所を通じて行うことができる。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受け付けられた注文は、当
        該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ
        標準時)より後に受け付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づい
        て処理される。
                              (後略)
     <訂正後>

       (a)海外における買戻し手続等
         ファンドの受益証券は、各評価日にその買戻金額で買い戻される。買戻金額は、1口当たり純資産
        価格に対応する。現時点では買戻手数料は課されない。印紙税またはその他の課税金が適用される国
        において受益証券が買い戻される場合、各買戻金額はそれに応じて減額される。
         管理会社は、受益者の利益のために必要でありかつ正当であると認められる特別な場合に、受益証
        券の買戻しを停止する権利を有する。
         受益者の権利に悪影響を与える可能性のある特別な場合、またはファンドの純資産総額の10%を超
        える買戻請求が行われる場合、管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格を決定し、ファンド資産
        の必要な換金が完了した時に限り買戻しを行う権利を留保する。かかる場合、当該時において手続中
        の申込み、転換および買戻請求は、このように計算された1口当たり純資産価格に基づき計算され
        る。
         受益証券は、管理会社ならびに販売および支払代理人に対して返還することができる。受益者に対
        するその他の支払いもまた、これらの事務所を通じて行うことができる。
         受益者全員の利益または管理会社もしくはファンド保護のために必要と見なした場合、管理会社は
        買戻価格で全受益証券を一方的に買戻すことができる。
        発注の受理
                                 25/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受け付けられた注文は、当
        該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ
        標 準時)より後に受け付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づい
        て処理される。
                              (後略)
      3 資産管理等の概要

       (1)資産の評価
     <訂正前>
        (ⅰ)純資産価格の計算
          受益証券1口当たり純資産価格の計算のため、ファンドに帰属する資産から負債を控除した価値
         は、少なくとも月1回、評価日に計算され、その結果は発行済み受益証券口数で除される。ファン
         ドの評価日は、ルクセンブルグ、フランクフルト、東京およびニューヨークにおける銀行営業日を
         いう。
          現時点において、管理会社および保管受託銀行は、公休日(評価日が適用される国のいずれか1
         つの国においては銀行休業日である場合)ならびに各年の12月24日および12月31日には受益証券1
         口当たり純資産価格の計算を行わない。この規定と異なる受益証券1口当たり純資産価格の算出
         は、適当な新聞紙上およびインターネット(http://www.dws.                                 com  )上で発表される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドのために定められている通貨(以下「ファンド通
         貨」という。)で表示される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドの純資産総額を評価日に流通しているファンドの受
         益証券口数で除して計算される。ファンドの純資産総額は、以下の原則により計算される。
         a)取引所に上場されている証券および短期金融商品は、最新の利用可能な支払価格により評価さ
           れる。
         b)取引所に上場されていないがその他の組織された証券市場で取引されている証券および短期金
           融商品は、評価時点の買呼値以上、かつ売呼値以下の価格であって、管理会社が適切な市場価格
           とみなす価格で評価される。
         c)かかる価格が市況と一致していない場合、                         または確定価格のない上記(a)および(b)に含まれて
           いない証券および短期金融商品の場合、                      これらの証券および短期金融商品、またその他すべての
           資産は、監査人により確認可能な一般的に認められた評価原則に従い、管理会社により誠実に決
           定された現行市場価額により評価される。
         d)流動資産は、それらの額面価額に利息を加えて評価される。
         e)定期預金は、当該定期預金がいつでも引き出せることおよびそれらの利回り価額が実現価額と
           等しくなることを定める契約が管理会社および保管受託銀行の間に存在する場合には、それらの
           利回り価額で評価されることができる。
                              (中略)
        (ⅱ)純資産価格の計算の停止
          管理会社は、当該停止を必要とする状況が存在する間で、かつ、停止が受益者の利益を考慮して
         正当化される場合に、受益証券1口当たり純資産価格の計算を停止する権利を有する。とりわけ、
         - ファンドの証券および短期金融商品の大部分が取引されている取引所もしくはその他の規制市
            場が閉鎖されている間(通常の週末および休日を除く。)、または当該取引所での取引が停止
            もしくは制限されている場合。
         - 管理会社がファンドの資産にアクセスすることができず、ファンドの購入もしくは売却の取引
            額を自由に送金できず、または受益証券1口当たり純資産価格を通常の方法で計算できない緊
            急の場合。
                                 26/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          受益証券の買戻しを申し込んでいた投資者は、停止について速やかに知らされ、その後、受益証
         券1口当たり純資産価格の計算が再開され次第直ちに通知される。再開後、投資者は、その時点の
         買戻金額を受領する。
          ルクセンブルグの規制当局は、停止期間の開始および終了について通知されるものとする。さら
         に、  適用法に従い       ファンドが登録されている              すべての     外国規制当局は、停止期間の開始および終了
         について通知されるものとする。受益証券1口当たり純資産価格の計算の停止の通知は、ルクセン
         ブルグの日刊新聞、および要請があれば、受益証券が一般に対する販売のために募集されているそ
         れぞれの法域の公式の公告媒体において公表される。
          管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格の計算が停止されている期間中、受益証券の買戻し
         を停止する。かかる停止は、代行協会員が必要と判断する場合、管理会社が、代行協会員を通して
         日本においてこれを公告および/または通知するものとする。
     <訂正後>

        (ⅰ)純資産価格の計算
          受益証券1口当たり純資産価格の計算のため、ファンドに帰属する資産から負債を控除した価値
         は、少なくとも月1回、評価日に計算され、その結果は発行済み受益証券口数で除される。ファン
         ドの評価日は、ルクセンブルグ、フランクフルト、東京およびニューヨークにおける銀行営業日を
         いう。
          現時点において、管理会社および保管受託銀行は、公休日(評価日が適用される国のいずれか1
         つの国においては銀行休業日である場合)ならびに各年の12月24日および12月31日には受益証券1
         口当たり純資産価格の計算を行わない。この規定と異なる受益証券1口当たり純資産価格の算出
         は、適当な新聞紙上およびインターネット(http://www.dws.                                 lu )上で発表される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドのために定められている通貨(以下「ファンド通
         貨」という。)で表示される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドの純資産総額を評価日に流通しているファンドの受
         益証券口数で除して計算される。ファンドの純資産総額は、以下の原則により計算される。
         a)取引所に上場されている証券および短期金融商品は、最新の利用可能な支払価格により評価さ
           れる。
         b)取引所に上場されていないがその他の組織された証券市場で取引されている証券および短期金
           融商品は、評価時点の買呼値以上、かつ売呼値以下の価格であって、管理会社が適切な市場価格
           とみなす価格で評価される。
         c)かかる価格が市況と一致していない場合、これらの証券および短期金融商品、またその他すべ
           ての資産は、監査人により確認可能な一般的に認められた評価原則に従い、管理会社により誠実
           に決定された現行市場価額により評価される。
            2013年7月12日法に従い特定の資産に関して外部評価機関が任命されている場合は、当該外部
           評価機関の評価および/または妥当性確認結果に依拠する。
         d)流動資産は、それらの額面価額に利息を加えて評価される。
         e)定期預金は、当該定期預金がいつでも引き出せることおよびそれらの利回り価額が実現価額と
           等しくなることを定める契約が管理会社および保管受託銀行の間に存在する場合には、それらの
           利回り価額で評価されることができる。
                              (中略)
        (ⅱ)純資産価格の計算の停止
          管理会社は、当該停止を必要とする状況が存在する間で、かつ、停止が受益者の利益を考慮して
         正当化される場合に、受益証券1口当たり純資産価格の計算を停止する権利を有する。とりわけ、
         - ファンドの証券および短期金融商品の大部分が取引されている取引所もしくはその他の規制市
            場が閉鎖されている間(通常の週末および休日を除く。)、または当該取引所での取引が停止
            もしくは制限されている場合。
                                 27/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - 管理会社がファンドの資産にアクセスすることができず、ファンドの購入もしくは売却の取引
            額を自由に送金できず、または受益証券1口当たり純資産価格を通常の方法で計算できない緊
            急の場合。
          受益証券の買戻しを申し込んでいた投資者は、停止について速やかに知らされ、その後、受益証
         券1口当たり純資産価格の計算が再開され次第直ちに通知される。再開後、投資者は、その時点の
         買戻金額を受領する。
          ルクセンブルグの規制当局は、停止期間の開始および終了について通知されるものとする。さら
         に、ファンドが登録されている外国規制当局は、停止期間の開始および終了について、                                               適用法上要
         求される場合、        通知されるものとする。受益証券1口当たり純資産価格の計算の停止の通知は、ル
         クセンブルグの日刊新聞、および要請があれば、受益証券が一般に対する販売のために募集されて
         いるそれぞれの法域の公式の公告媒体において公表される。
          管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格の計算が停止されている期間中、受益証券の買戻し
         を停止する。かかる停止は、代行協会員が必要と判断する場合、管理会社が、代行協会員を通して
         日本においてこれを公告および/または通知するものとする。
       (5)その他

     <訂正前>
                              (前略)
        (b)約款の変更
           管理会社は、保管受託銀行の同意を得た上で、いつでも、約款の全部または一部を変更すること
         ができる。
          約款の変更は、別途定められない限り、届出られ、当該届出後直ちに発効する。
                              (後略)
     <訂正後>

                              (前略)
        (b)約款の変更
           管理会社は、保管受託銀行の同意を得た上で、いつでも、約款の全部または一部を変更すること
         ができる。かかる変更に関する情報は、ルクセンブルグ大公国の官報であるメモリアル・セ・ルク
         イ・デ・ソシエテ・エ・アソシアシオン(以下「メモリアル」という。)において公告される。C
         SSFは、管理会社に対し、ルクセンブルグ法に従いかかる変更の公告を行うこと、および、変更
         内容によっては、一定期間内に無償で受益証券の買戻しを行う権利を投資者に付与することを要求
         する場合がある。
          約款の変更は、別途定められない限り、届出られ、当該届出後直ちに発効する。
                              (後略)
       次へ
                                 28/31






                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第三部 特別情報

     第1 管理会社の概況

      2   事業の内容及び営業の概況

     <訂正前>
        管理会社の事業の目的は、投資信託を設定し、管理を行うことである。管理会社は、ファンド資産の
       保管業務および管理事務代行業務を保管受託銀行であるステート・ストリート・バンク・ルクセンブル
       グ・エス・エーに委託している。
        管理会社の最終的な親会社はドイツ銀行である。
                              (後略)
     <訂正後>

        2013年7月12日法の別紙Ⅰに従い、管理会社は、投資運用業務(すなわちポートフォリオ運用および
       リスク管理)を行う。また、管理会社は、管理事務業務(特に評価および価格決定、受益者名簿の維持
       ならびに受益証券の発行および買戻しを含む。)、マーケティング業務およびファンドの資産に関連す
       るその他の業務(該当する場合)を行う。
        2010年12月17日法パートⅡ、2013年7月12日法、ならびに、適用除外、一般的な運用条件、受託者、
       レバレッジ、透明性および監督に関する欧州議会および理事会指令2011/61/EU(以下「AIFM規
       則」という。)を補足する2012年12月19日付委員会委任規則(EU)第231/2013号ならびにCSSFの
       事前の承認に従い、AIFMは、上記職務の一部を以下のとおり委任した。
       ・ AIFMは、自らの責任および管理下において、自らの費用負担により、ドイチェ・アセット&
         ウェルス・マネジメント・インベストメントGmbHとの間でファンドのためにポートフォリオ運
         用契約を締結している。
       ・ AIFMは、ステート・ストリート・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーとの間で管理事務代行
         契約を締結している。
       ・ AIFMは、ステート・ストリート・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーとの間で保管受託契約
         を締結している。2010年12月17日法、2013年7月12日法およびAIFM規則の規定に従い、保管受
         託銀行は、ファンドのキャッシュ・フローの監視、ファンドの資産の保管および以下の監視業務に
         つき責任を負う。
         - ファンドの受益証券の販売、発行、買戻し、償還および消却がルクセンブルグ法および約款に
            従って行われることを確保すること。
         - ファンドの受益証券の価額がルクセンブルグ法および約款に従って計算されることを確保する
            こと。
         - ルクセンブルグ法または約款に抵触しない限り、AIFMの指示を実行すること。
         - ファンドの資産に関わる取引において、通常の期限内に対価がファンドに支払われることを確
            保すること。
         - ファンドの収益がルクセンブルグ法および約款に従って利用されることを確保すること。
        保管受託銀行は、AIFMから独立して、受益者の最善の利益のためにのみ行為する。
        管理会社の最終的な親会社はドイツ銀行である。
                              (後略)

       次へ

                                 29/31



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 利害関係人との取引制限

        以下の内容に訂正されます。

       投資者の公平な取扱い/利益相反への対処

       主題
        管理会社は、利益相反、具体的には管理会社、その従業員と顧客の間の利益相反および顧客間の利益
       相反が公正に処理されるよう取引を行う。一方を管理会社またはその従業員、他方を顧客とする利益相
       反においては、顧客の利益を常に優先する。
       序論
        世界的に事業を行っている金融サービス業者として、管理会社およびその関連会社であるドイツ銀行
       グループ会社(ドイチェ・バンク・アー・ゲーを含む。)は、実際のおよび潜在的な利益相反に常に直
       面している。管理会社は、それぞれの利益相反を特定、処理および監視できる組織体制の構築および有
       効な管理対策の実施のためにあらゆる適切な措置を講じることを原則としている。
        管理会社の経営陣は、管理会社のシステム、管理および手順が利益相反を特定、監視および解決する
       ためにふさわしいものであるよう確保することにつき責任を負う。管理会社のコンプライアンス部およ
       び法務部は、実際のおよび潜在的な利益相反(管理会社がドイツ銀行グループの一翼を担う会社に業務
       を委託することにより生じるものを含む。)の特定および監視を支援する。
        管理会社は、各事業ラインに関して、実際のまたは潜在的な利益相反を特定、処理および監視するこ
       とのできる適切な手順を備えている。管理会社は、利益相反への対処方法に関する原則を定めており、
       その最新版は、インターネット(www.dws.lu)から入手することができる。
       目的
        管理会社は、顧客の利益に重大な悪影響を及ぼす利益相反を特定し、適切に処理するために適切な措
       置を講じる。関連する方針は、一切のかかる重大な利益相反を特定し、防止するために、また防止する
       ことが不可能な場合は影響を被る顧客の最善の利益に適うよう発行を管理するために、グループ・レベ
       ルおよび部門レベルでの適切な手順および対策に関する要件を定めている。
       投資者の公平な取扱い
        管理会社は、ファンドの投資者を公平に取り扱う義務を負う。管理会社は、他の資産および投資者に
       不利になるように特定の資産および資産への投資者を優遇することなく、平等な取扱いの原則に従い投
       資資産を運用する。管理会社の意思決定プロセスおよび組織体制は、これに従って調整される。
        管理会社は、管理会社の従業員がドイツ銀行グループ・メンバーとして果たす役割に起因して利益相
       反が生じ得ることを認識している。かかる起こり得る事態に関して、各ドイツ銀行グループ・メンバー
       は、合理的な範囲で、(メンバーそれぞれの職務および責任に関する)かかる利益相反を公正に解決す
       る努力を行い、管理会社および投資者の利益が悪影響を受けないことを確保することを約束している。
       管理会社は、ドイツ銀行グループ・メンバーはかかる職務を履行するために必要な適性および能力を有
       していると考えている。
       (潜在的な)重大な利益相反
        以下の重大な利益相反は、投資者が達成可能な商業的成果に悪影響を及ぼす可能性があり、特に、投
       資者への支払額が少なくなることにつながることがある。
        さらに、将来的にはさらなる利益相反が存在または発生する場合があり、かかるさらなる利益相反
       も、特に、投資者が達成可能な商業的成果に悪影響を及ぼす可能性があり、投資者への支払額が少なく
       なることにつながることがある。管理会社がかかるさらなる実際のまたは潜在的な利益相反を認識し、
       それが重大であるとみなした場合、かかる利益相反については、年次報告書またはインターネット
       (www.dws.lu)において開示される。
       a)管理会社レベルの利益相反
         ドイチェ・バンク・アー・ゲー、管理会社およびポートフォリオ・マネージャーならびにこれらの
        企業のために行為する者はすべて、ドイツ銀行グループに帰属する(以下「関連会社」という。)。
                                 30/31


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        場合によっては、関連会社は、現在または将来において、本ファンドにおける場合と同一のまたは類
        似する立場で他のファンドにも関与しまたは携わる。これも利益相反を生じさせる可能性がある。
         関連会社は、会社法に基づきまたは人事の面で、間接的または直接的に相互に関連している。関与
        する会社が部分的に同じであることおよび会社法に基づきまたは人事の面で相互につながりのあるこ
        とにより、利益相反がもたらされる可能性がある。複数の役割を担っていない会社であって、会社法
        に基づきまたは人事の面で相互につながりのない会社のみが関与する場合、ファンドにとって重要な
        契約が異なる態様で締結される可能性を排除することはできない。
         関与する会社および者の利益は、相互に相反する可能性がある。管理会社に影響を及ぼす利益相反
        が生じた場合、管理会社は、ファンドの投資者に有利なようにかかる利益相反を解決する努力を行
        う。投資者の利益も影響を受ける場合、管理会社は、あらゆる利益相反を回避する努力を行い、かか
        る利益相反を回避することが不可能な場合は、投資者の利益を適切に保護すると同時に不可避的な利
        益相反が解決されることを確保する努力を行う。
         ファンドは、その対象となる会社がドイツ銀行グループ会社、その子会社または関連会社である短
        期金融商品ファンド等の金融商品に投資することがある。場合によっては、かかる取引、デリバティ
        ブ取引、デリバティブ契約等の評価は、取引相手方が提供した情報に基づき行わなければならないこ
        とがある。かかる場合、かかる情報は、保管受託銀行が関連するファンドの特定の資産の価額を計算
        する際の基礎になる。これも利益相反を生じさせる可能性がある。
         銀行残高、投資ファンドの受益証券/投資口または証券の形態(ただし、関連するファンドの投資
        条件に従い認められることを条件とする。)によるファンドの資産は、保管受託銀行について定める
        法規定に従い、関連会社に預託される場合がある。ファンドの銀行残高は、関連会社が発行する預託
        証券もしくは預託証書または関連会社が提供する銀行預金に投資されることがある。これにより、
        (銀行残高等の)金利水準以外の他の要因が投資(特に、情報の伝達のほか、関連会社の自社の商品
        または関連会社の商品への投資意欲等)に関連することになる可能性がある。銀行取引または同様の
        取引もまた、関連会社との間でまたは関連会社を通じて行われる場合がある。関連会社も同様に、デ
        リバティブ取引またはデリバティブ契約の取引相手方となることがある。これにより、かかるデリバ
        ティブ取引またはデリバティブ契約を評価する際に利益相反が生じる可能性がある。
         販売目論見書の反対趣旨の規定にかかわらず、管理会社は、管理会社が投資先とする同一の受益証
        券、不動産、証券、資産および証書を包含する他のファンドの勘定で積極的に取引を行うことができ
        る。管理会社は、ファンドの投資目的と類似するもしくは異なる投資目的を追求する、および/また
        は必要に応じてファンドと類似する投資プログラムもしくはファンドが参加していない他の投資プロ
        グラムを実施することができる他のファンドおよび顧客のために、投資運用サービスおよびコンサル
        タント業務ならびに/または管理サービスを行うことがある。本投資ファンドまたはその他の投資
        ファンドのために用いられるポートフォリオ戦略は、関連会社がファンド運用のために推奨する取引
        および戦略と一致しない場合があり、ファンドが投資先とする受益証券、不動産、証券および証書の
        価格および利用可能性は、損なわれるおそれがある。
         管理会社は、必要および適切とみなすだけの時間をファンドの業務に費やす。管理会社は、特にさ
        らなる投資顧問関係の締結またはさらなる事業活動の引受けに関して、かかる業務がファンドのため
        の業務と競合する場合であっても、追加の投資ファンドの開始に関する制限を受けない。
       b)販売会社レベルの利益相反
         販売会社に対する管理会社の報酬部分またはその他の支払額の比例按分支払いを考慮すると、販売
        会社は販売利益の増加が生じる。
                                 31/31




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。