ダイト株式会社 有価証券届出書(組込方式) 第55期第1四半期(平成26年3月1日-平成26年5月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(組込方式)-第55期第1四半期(平成26年3月1日-平成26年5月31日)

提出日:

提出者:ダイト株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(組込方式)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     【表紙】

      【提出書類】                         有価証券届出書

      【提出先】                         北陸財務局長
      【提出日】                         平成26年7月10日
      【会社名】                         ダイト株式会社
                               Daito   Pharmaceutical        Co.,Ltd.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  大津賀 保信
      【本店の所在の場所】                         富山県富山市八日町326番地
      【電話番号】                         076(421)5665(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員経営企画室長  埜村 益夫
      【最寄りの連絡場所】                         富山県富山市八日町326番地
      【電話番号】                         076(421)5665(代表)
      【事務連絡者氏名】                         執行役員経営企画室長  埜村 益夫
      【届出の対象とした募集有価証券の種類】                         株式
      【届出の対象とした募集金額】                         その他の者に対する割当                     335,938,200円
                               (注) 募集金額は、会社法上の払込金額(以下、本有価証
                                   券届出書において「発行価額」という。)の総額で
                                   あり、平成26年7月4日(金)現在の株式会社東京
                                   証券取引所における当社普通株式の終値を基準とし
                                   て算出した見込額であります。
      【安定操作に関する事項】                         該当事項はありません。
      【縦覧に供する場所】                         ダイト株式会社東京支店
                               (東京都千代田区内神田三丁目6番2号)
                               ダイト株式会社大阪支店
                               (大阪府大阪市中央区道修町二丁目3番8号)
                               株式会社東京証券取引所
                               (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第一部【証券情報】

     第1【募集要項】

      1【新規発行株式】

          種類             発行数                     内容
                                完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社

         普通株式                195,000株       における標準となる株式
                                単元株式数 100株
      (注)1 平成26年7月10日(木)開催の取締役会決議によります。
         2 本募集とは別に、平成26年7月10日(木)開催の取締役会決議に基づき行われる当社普通株式1,300,000株の一般
           募集(以下、「一般募集」という。)に伴い、その需要状況等を勘案し、195,000株を上限として大和証券株式会
           社が当社株主より借受ける当社普通株式(以下、「貸借株式」という。)の売出し(以下、「オーバーアロット
           メントによる売出し」という。)を行う場合があり、本募集はオーバーアロットメントによる売出しに関連して
           大和証券株式会社を割当先として行う第三者割当増資(以下、「本件第三者割当増資」という。)であります。
           大和証券株式会社は、一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの申込期間(以下、「申込期間」とい
           う。)中、当社普通株式について安定操作取引を行う場合があり、当該安定操作取引で買付けた株式の全部又は
           一部を貸借株式の返還に充当する場合があります。
           また、大和証券株式会社は、申込期間終了日の翌日から平成26年8月22日(金)までの間(以下、「シンジケー
           トカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しを行った株式数を上限として、株式会社
           東京証券取引所において当社普通株式の買付け(以下、「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があ
           り、当該シンジケートカバー取引で買付けられた株式は全て貸借株式の返還に充当されます。なお、シンジケー
           トカバー取引期間内においても、大和証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わず、又はオー
           バーアロットメントによる売出しを行った株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合
           があります。
           大和証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しを行った株式数から上記の安定操作取引及びシンジ
           ケートカバー取引に係る貸借株式の返還に充当する株式数を減じた株式数について、本件第三者割当増資に係る
           割当てに応じる予定であります。
           したがって、本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権によ
           り本件第三者割当増資における最終的な発行数がその限度で減少し、又は発行そのものが全く行われない場合が
           あります。
         3 振替機関の名称及び住所
           株式会社証券保管振替機構
           東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                  2/47








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2【株式募集の方法及び条件】
       (1)【募集の方法】
           区分            発行数         発行価額の総額(円)              資本組入額の総額(円)
     株主割当                     -               -               -

     その他の者に対する割当                   195,000株             335,938,200               167,969,100

     一般募集                     -               -               -

        計(総発行株式)                195,000株             335,938,200               167,969,100

      (注)1 「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり、本募集はオーバーアロットメントによる売出しに関連して大和
           証券株式会社を割当先として行われる第三者割当の方法によります。その概要は以下のとおりであります。
     割当予定先の氏名又は名称                           大和証券株式会社
     割当株数                           195,000株

     払込金額の総額                           335,938,200円

     割当てが行われる条件                           「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり

         2 「1 新規発行株式」(注)2に記載のとおり、発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合が
           あります。
         3 資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本
           金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるもの
           とします。また、増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた
           額とします。
         4 発行価額の総額、資本組入額の総額及び払込金額の総額は、平成26年7月4日(金)現在の株式会社東京証券取
           引所における当社普通株式の終値を基準として算出した見込額であります。
       (2)【募集の条件】

              資本組入額       申込株数単                    申込証拠金
     発行価格(円)                         申込期間                     払込期日
               (円)      位                     (円)
        未定        未定                        該当事項はあり

                       100株    平成26年8月26日(火)                     平成26年8月27日(水)
       (注)1        (注)1                         ません。
      (注)1 発行価格及び資本組入額については、平成26年7月22日(火)から平成26年7月24日(木)までの間のいずれか
           の日に一般募集において決定される発行価額及び資本組入額とそれぞれ同一の金額といたします。
         2 全株式を大和証券株式会社に割当て、一般募集は行いません。
         3 大和証券株式会社から申込みがない場合には、当該株式に係る株式の割当てを受ける権利は消滅します。
         4 申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込みをし、払込期日に後記払込取扱場所へ1株につき発行
           価格と同一の金額を払込むものとします。
       (3)【申込取扱場所】

                 店名                           所在地
       ダイト株式会社 本店                           富山県富山市八日町326番地

       (4)【払込取扱場所】

                 店名                           所在地
       株式会社北陸銀行 本店営業部                           富山県富山市堤町通り一丁目2番26号

                                  3/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      3【株式の引受け】
        該当事項はありません。
      4【新規発行による手取金の使途】

       (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              335,938,200                   3,000,000                 332,938,200

      (注)1 発行諸費用の概算額には、消費税等は含まれておりません。
         2 払込金額の総額(発行価額の総額)は、平成26年7月4日(金)現在の株式会社東京証券取引所における当社普
           通株式の終値を基準として算出した見込額であります。
       (2)【手取金の使途】

           上記差引手取概算額上限332,938,200円については、本件第三者割当増資と同日付をもって取締役会において決議
          された一般募集の手取概算額2,220,588,000円と合わせ、手取概算額合計上限2,553,526,200円について、全額を平
          成28年5月末までに当社の本社工場への設備投資資金の一部に充当する予定であります。
           なお、設備計画の内容については、「第三部 追完情報 2 設備計画の変更」に記載のとおりであります。
     第2【売出要項】

       該当事項はありません。

     第3【第三者割当の場合の特記事項】

       該当事項はありません。

     第4【その他の記載事項】

       該当事項はありません。

                                  4/47










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第二部【公開買付けに関する情報】
       該当事項はありません。

     第三部【追完情報】

      1 対処すべき課題及び事業等のリスクについて

        「第四部 組込情報」に記載の有価証券報告書(第71期)及び四半期報告書(第72期第3四半期)(以下、「有価
       証券報告書等」という。)に記載された「対処すべき課題」及び「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書
       等の提出日以後、本有価証券届出書提出日(平成26年7月10日)までの間において変更すべき事由が生じておりま
       す。以下の内容は、当該変更後の「対処すべき課題」及び「事業等のリスク」を一括して記載したものであります。
        また、当該有価証券報告書等には将来に関する事項が記載されておりますが、当該事項は以下の「対処すべき課
       題」及び「事業等のリスク」に記載した事項を除き、本有価証券届出書提出日(平成26年7月10日)現在においても
       その判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もありません。
        [対処すべき課題]
        (1)当社グループの現状の認識について
          当社グループは、医薬品の原料である原薬から最終的な製剤までの製造・販売を幅広く行うことにより、医薬
         品業界における様々なニーズに応え、信頼を勝ち得てきました。
          当社グループを取り巻く環境につきましては、政府による医療費抑制の一環としてのジェネリック医薬品の使
         用促進策が引き続き実施されており、ジェネリック医薬品向けの原薬やジェネリック製剤の需要が拡大しており
         ます。他方、改正薬事法の施行を背景に近年拡大傾向にあった医薬品の製造受託市場においては、参入企業の増
         加による競争の激化や委託サイドの方針転換等がみられ、製造受託に係る経営環境は今後ますます厳しくなるこ
         とが予測されます。また、医薬品業界において、グローバルなレベルでの各社の経営統合が進行していること
         や、外資系企業の国内参入が本格的に進行していることもあり、予断の許されない状況であります。
          こうした環境のなか、今後当社グループが更なる成長を遂げるため、原薬事業の生産体制につきましては、当
         社及び子会社の大和薬品工業㈱並びに出資先である千輝薬業(安徽)有限責任公司との生産体制の再構築を図
         り、また、製剤事業の生産体制につきましては、当社及び子会社の大桐製薬(中国)有限責任公司との連携強化
         を図ることを含めて以下の事項が重要な課題であると認識しております。
        (2)当面の対処すべき課題

         ① ジェネリック医薬品市場の拡大への対応
           近年、わが国においては、高齢化社会の進展に伴い、国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、医療費を
          抑制するための政府の重点施策としてジェネリック医薬品(後発品)の使用促進が行われております。政府
          は、ジェネリック医薬品(後発品)の数量シェアを平成30年3月末までに60%以上に引き上げることを新たな
          目標に掲げ、ジェネリック医薬品のさらなる使用促進のための取組みについてもモニタリングを行い、その結
          果を踏まえ必要な推進策を適宜行っているため、ジェネリック医薬品市場が拡大傾向にあるものと、当社グ
          ループでは考えております。
           そうした中で、当社グループは、原薬及び製剤の新たなジェネリック品目のタイムリーな研究開発を促進す
          るとともに、生産設備の拡充及び生産効率の向上に努め、収益の拡大を図っていく方針であります。
         ② 高薬理活性領域への対応

           当社グループでは、内服用の固形製剤を中心とした製造を行っておりますが、今後の事業拡大を図るとき、
          新たな剤形や新しい薬効領域への取組みが必要であると考えております。
           その中でも、市場の急速な拡大が見込まれる抗癌剤等の高薬理活性領域への取組みを重要視しております。
          当社は、その取組みの一環として、平成26年5月に本社構内において高薬理活性固形製剤を製造する製剤棟の
          建設に着手いたしました。これにより高薬理活性固形製剤の治験薬製造及び製剤から包装までの一貫製造が可
          能な体制を完備してまいります。
           当該領域においては、海外企業との連携の強化を図るとともに、研究開発体制、品質保証体制及び販売体制
          のより一層の整備・強化を行い、事業展開を充実させていく方針であります。
                                  5/47



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
         ③ 新規製造受託の推進
           医薬品の製造受託市場は、企業間競争の激化や各社の方針転換等がみられるものの、全体としては拡大傾向
          にあります。そうした中で、当社グループは、医療用医薬品を中心として、外資系メーカーや国内大手メー
          カーからの新規製造受託の獲得に努め、生産設備を最大限に活用することにより、収益の拡大を図っていく方
          針であります。また、今後においては、原薬の製造受託も強化していく方針であります。
         ④ 海外展開の強化

           当社グループでは、国内市場における継続的な事業の拡大を図っておりますが、中長期的な視野から当社グ
          ループの更なる成長を図るとき、海外市場への進出が重要であると考えております。
           現在のところ、米国、中国の2大市場を主なターゲットとし、製剤の販売承認の早期取得に向け、鋭意準備
          を進めております。今後は、販売体制の整備や、更なる候補品目の選定及び開発を推進するとともに、アジア
          諸国における生産拠点の確立などにも注力し、海外展開を加速させていく方針であります。
           なお、中国においては、当社子会社の大桐製薬(中国)有限責任公司にて、現在製剤工場の建設を進めてお
          ります。中国市場での販売を目指すとともに、日本からの製造委託も視野に入れ、工場完成後の安定稼働を図
          る方針であります。
         ⑤ 人材の確保・育成

           当社グループでは、医療用医薬品から一般用医薬品に至る原薬及び製剤の製造販売、仕入販売、製造受託と
          いった多岐にわたる事業展開を行っており、こうした中で事業の拡大を図るためには、優秀な人材の確保と育
          成が不可欠であります。今後においては特に、海外展開や高薬理活性領域に係る研究開発業務及び各種申請業
          務等に精通した人材の確保と育成が必須であり、これらを含め、グループ全体としての組織体制の強化を図っ
          ていく方針であります。
        [事業等のリスク]

         以下において、当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性についての主な事項を記載しております。
        また、当社グループとしては必ずしも事業上のリスクとは考えていない事項についても、投資判断上、あるいは当
        社グループの事業活動を理解する上で重要と考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点
        から記載しております。当社グループは、これらのリスク発生可能性を認識した上で、発生回避および発生した場
        合の対応に努める方針でありますが本株式に関する投資判断は、本                               「事業等のリスク」         および   有価証券報告書等        中
        の 「事業等のリスク」         以外の記載内容も併せて、慎重に検討した上で行われる必要があります。なお、文中におけ
        る将来に係る事項は、本           有価証券届出書       提出日   (平成26年7月10日)          現在において、当社グループが判断したもの
        であります。
         また、以下の記載は、当社株式への投資に関連するリスクをすべて網羅するものではありませんので、ご留意く
        ださい。
        (1)当社グループの事業内容について
          当社グループは、①原薬の製造販売及び仕入販売、②他社開発の製剤の製造受託並びに③自社開発または共同
         開発による製剤の製造販売を主幹事業としております。
         ① 原薬の製造販売及び仕入販売
           原薬の各品目は、基本的にはそれぞれ顧客が製造する特定の製剤の品目と紐付いて継続的に販売されます
          が、その販売量は当該製剤の市場での販売動向及び顧客の生産量調整による影響を受けます。また、当社グ
          ループの顧客であるジェネリックメーカー等の医薬品開発戦略の変更や原薬製造の内製化等の製造委託に係る
          方針転換等があった場合には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。なお、後述のと
          おり、当社グループは新薬メーカー等からの製造受託を行っているため、当該受託品目に関連するジェネリッ
          ク医薬品向けの原薬に係る受注が制約される場合があります。
         ② 他社開発の製剤の製造受託

           他社開発の製剤の製造受託に係る当社グループの収益は、当該製剤の市場での販売動向及び当該製剤に係る
          顧客の販売方針による影響を受けます。また、当社グループの顧客である製薬会社の医薬品開発戦略の変更や
          医薬品製造の内製化等の製造委託に係る方針転換等があった場合には、当社グループの経営成績等に影響を及
          ぼす可能性があります。
                                  6/47



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
         ③ 自社開発または共同開発による製剤の製造販売
           当社グループは大手医薬品販売業者や医療機関向けの営業を行っていないことから、製剤の自社開発を行う
          場合、その販売を担う、競合品を取り扱っていない他の医薬品メーカー等を確保する必要があります。した
          がって、そうした医薬品メーカー等を確保できない場合等においては、自社開発の医薬品製造販売を行うこと
          ができない可能性があります。また、自社開発または共同開発による製剤の製造販売に係る当社グループの収
          益は、当該製剤の市場での販売動向及び当該製剤の販売を担う医薬品メーカー等の販売方針に影響を受けま
          す。
        (2)ジェネリック医薬品市場の動向について

          高齢化社会の進展に伴い、日本の国民医療費は長期にわたり増加傾向にあり、平成                                       23 年度においてその総額は
         38 兆円を超えております。こうした医療費の増加傾向を抑制するための政府の重点施策としてジェネリック医薬
         品(後発品)の使用促進があげられます。ジェネリック医薬品(後発品)は、新薬(先発品)の特許が切れた後
         に発売される、新薬(先発品)と同じ有効成分や同等の効能・効果を持つ医薬品で、研究開発費が少額ですむた
         め、薬価が新薬(先発品)より低く設定されております。また、政府は、ジェネリック医薬品(後発品)の数量
         シェアを平成30年3月末までに60%以上に引き上げることを新たな目標に掲げ、ジェネリック医薬品のさらなる
         使用促進のための取組についてもモニタリングを行い、その結果を踏まえ必要な推進策を適宜行っております。
          当社グループは、今後のジェネリック医薬品市場の拡大を見込み、ジェネリックメーカー向けの医薬品原薬の
         販売及び自社開発または共同開発による製剤の製造販売の拡大を図っておりますが、政策転換その他の理由に
         よってジェネリック医薬品市場の成長が停滞した場合、当社グループの経営成績等に影響を受ける可能性があり
         ます。なお、平成        26 年5月期において、当社グループのジェネリック医薬品に関連する売上高(連結)は、当社
         グループの売上高(連結)総額の7割程度を占めております。
        (3)薬価改定、政府による医療保険制度の見直し等について

          医療用医薬品は政府の定める薬価基準により保険償還価格が決められております。薬価基準は、市場における
         売買価格の実勢価格調査の結果に基づき、原則として2年に一度改定されており、平成24年4月には業界平均
         6.0%   、平成26年4月には業界平均2.65%                 の引き下げ改定が行われております。
          薬価改定後には、販売価格低下等の影響を受ける可能性があります。また、医療保険財政の悪化に伴い、政府
         は医療保険制度を抜本的に見直す方針であるため、その内容によっては当社グループの経営成績等は影響を受け
         る可能性があります。
        (4)法改正及び法規制等に関するリスク

          当社グループは医薬品の製造、販売に関して薬事法、薬事法施行規則及びそれらに関するGMP(医薬品の製
         造管理及び品質管理に関する基準)関連法令の規制を受けており、主に下表のような承認・許認可等を受けてお
         ります。当社グループは、これらの許認可等を受けるための諸条件及び関係法令の遵守に努めており、現時点に
         おいて当該許認可等が取り消しとなる事由は発生しておりません。しかし、法令違反等によりこれらの許認可等
         が取り消された場合には、当社グループの事業活動に重大な影響を及ぼす可能性があります。
          また、今後これらの規制の強化、または新たな規制の導入により、事業活動が制約され、各業務の遅滞が発生
         した場合等には、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  7/47







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
         (当社)
                                              法令違反の要件及び主な許認可
       許認可等の名称           所管官庁等        許認可等の内容            有効期限
                                              取消事由
                                              薬事法その他薬事に関する法令
                         富山県知事許可          平成27年5月27日
                  富山県
                                              若しくはこれに基づく処分に違
                         (富卸一0083号)          (6年ごとの更新)
                                              反する行為があったとき、法人
                         東京都知事許可          平成30年7月29日          (業務を行う役員を含む)が第
     医薬品卸売販売業許可            東京都
                         (第5301120444号)          (6年ごとの更新)          5条第3号の規定に該当するに
                                              至ったときは、許可の取り消
                         大阪府知事許可          平成29年12月31日
                                              し、又は業務の停止(薬事法第
                  大阪府
                         (B10145号)          (6年ごとの更新)
                                              七十五条第1項)
                                              薬事法その他薬事に関する法令
                                              若しくはこれに基づく処分に違
                                              反する行為があったとき、法人
                         富山県知事許可          平成26年9月30日          (業務を行う役員を含む)が第
     第一種医薬品製造販売業
                  富山県
                         (16A1X00010)          (5年ごとの更新)          5条第3号の規定に該当するに
     許可
                                              至ったときは、許可の取り消
                                              し、又は業務の停止(薬事法第
                                              七十五条第1項)
                                              薬事法その他薬事に関する法令
                                              若しくはこれに基づく処分に違
                                              反する行為があったとき、法人
                         富山県知事許可          平成26年9月30日          (業務を行う役員を含む)が第
     第二種医薬品製造販売業
                  富山県
                         (16A2X00047)          (5年ごとの更新)          5条第3号の規定に該当するに
     許可
                                              至ったときは、許可の取り消
                                              し、又は業務の停止(薬事法第
                                              七十五条第1項)
                                              薬事法その他薬事に関する法令
                                              若しくはこれに基づく処分に違
                                              反する行為があったとき、法人
                         富山県知事許可          平成26年9月30日          (業務を行う役員を含む)が第
     医薬品製造業許可            富山県
                         (16AZ0317)          (5年ごとの更新)          5条第3号の規定に該当するに
                                              至ったときは、許可の取り消
                                              し、又は業務の停止(薬事法第
                                              七十五条第1項)
         (大和薬品工業株式会社)

                                              法令違反の要件及び主な許認可
       許認可等の名称           所管官庁等        許認可等の内容            有効期限
                                              取消事由
                                              薬事法その他薬事に関する法令
                                              若しくはこれに基づく処分に違
                                              反する行為があったとき、法人
                         富山県知事許可          平成28年12月31日          (業務を行う役員を含む)が第
     医薬品製造業許可            富山県
                         (16AZ000183)          (5年ごとの更新)          5条第3号の規定に該当するに
                                              至ったときは、許可の取り消
                                              し、又は業務の停止(薬事法第
                                              七十五条第1項)
        (5)販売中止、製品回収、製造物責任等に関するリスク

          医薬品の発売後には、発売前に予期していなかった副作用が確認されたり、製造過程での製品への異物混入等
         が発見されたりすることがあります。また、薬事法に基づく再審査や再評価において、品質、有効性もしくは安
         全性に関して不適当と評価される場合があります。当社グループが原薬の供給もしくは製造の受託を行う医薬
         品、または当社グループの自社開発製品に関してこれらの事態による販売中止、製品回収もしくは損害賠償等が
         発生した場合、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
                                  8/47


                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          また、当社グループは、健康食品の販売も行っており、品質不良等によって消費者に健康被害を与えるような
         事態が発生した場合、当該製品の販売減少、損害賠償の発生または当社グループのブランドイメージの毀損等に
         よって当社グループの経営成績等に影響を受ける可能性があります。
        (6)知的財産権について

          当社グループが製造販売するジェネリック医薬品に関しては、結晶形、製法、製剤等に関する特許権あるいは
         剤形に関する意匠権等、他社の権利が残存している場合が多いため、当社グループは、物質・用途特許をはじ
         め、各種特許を中心とした知的財産権に関し徹底した調査を実施しております。しかしながら、特許抵触の疑義
         があることを理由に訴訟提起される場合があり、このような事態が生じた場合には、当社グループの経営成績等
         に影響を及ぼす可能性があります。
        (7)設備投資に関するリスク

          当社グループは多種多様な製造品目及び製造工程を取扱うことから、少数の製造品目や製造工程のみを取扱う
         同業者と比較すると、収益に対応した設備投資負担が相対的に大きくなっていると考えられます。また、当社グ
         ループが継続的に事業を拡大していくためには、新たな製造品目や製造工程の取扱いに対応した設備投資が必要
         となります。
          こうした設備投資が遅延した場合には、受注機会の喪失等により、当社グループの経営成績は影響を受ける可
         能性があります。一方、大規模な設備投資を行った場合、原薬及び製剤を製造する際の特徴上、本格的な生産に
         至るまでに一定の期間を要するため、減価償却費が先行的に発生することによって売上原価率が大きく上昇する
         可能性があります。また、大規模な設備投資を行った際に想定していた受注を期待通りに獲得できなかった場合
         には、当社グループの経営成績等は重大な影響を受ける可能性があります。
        (8)自然災害、事故等について

          当社グループの生産拠点が集中している富山県における大規模な自然災害や、当社グループの製造施設におけ
         る事故等が発生した場合、製造設備等への損害、生産活動の停止、取引先や製造施設近隣住民への補償等によ
         り、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
        (9)原材料または商品の仕入れ等が困難になるリスク

          当社グループは、一部の原材料及び商品の仕入れや外注加工に関して、海外企業を含む特定の取引先に依存し
         ているものがあり、災害等の要因によってそうした原材料や商品の仕入れまたは外注加工が困難になり、重要な
         製品の製造停止や重要な仕入販売取引の停止等を余儀なくされた場合には、当社グループの経営成績等に影響を
         及ぼす可能性があります。
       (10)原材料または商品の仕入価格の変動に関するリスク

          当社グループの原薬及び製剤の製造販売に係る原材料や、仕入販売に係る原薬等の価格が何らかの事情によっ
         て急激に変動した場合、当社グループの経営成績及び財政状態は影響を受ける可能性があります。
       (11)有利子負債依存度が高いことについて

          当社グループでは、事業拡大に必要な資金の多くを金融機関からの借入によって調達しており、平成                                               26 年5月
         末における総資産に占める有利子負債の比率は                      29.2  %と高い水準にあります。今後当社グループは、資金調達手
         段の多様化に積極的に取り組み、有利子負債比率の低減による財務体質の改善、自己資本の充実を図る方針であ
         ります。今後、市場金利が上昇した場合には、当社グループの借入金利も上昇することが予想され、その場合に
         は当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。また、金融機関からの借入の一部には、純資産
         や経常損益の金額等を基準とした財務制限条項が付されているものがあり、将来においてこうした財務制限条項
         に抵触し、期限の利益を喪失した場合等には、当社グループの資金繰り等に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)取引先の企業再編によるリスク

          当社グループの取引先において企業統合や合併が発生した場合、あるいは外資企業の進出に伴い取引先がその
         傘下に入ること等が発生した場合には、取引高が減少する可能性があり、当社グループの経営成績等に影響を及
         ぼす可能性があります。
                                  9/47



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       (13)環境保全に関するリスク
          医薬品の研究、製造の過程等で使われる化学物質の中には、人の健康や生態系に悪影響を与える物質も含まれ
         ております。当社グループは、環境保全に係る法規制を遵守し、土壌汚染、水質汚染及び悪臭等の発生防止に取
         り組んでおりますが、万一当社グループの事業活動に起因する環境問題が発生した場合、損害賠償の発生やブラ
         ンドイメージの毀損等により、経営成績等に影響を受ける可能性があります。また、環境保全に係る法規制の改
         定に伴って多額の対策費用が発生する場合等においても、当社グループの経営成績等が影響を受ける可能性があ
         ります。
       (14)競合に関するリスク

          現状、日本国内の品質基準への対応の面で当社グループは優位にあるものと考えておりますが、今後、大手外
         資系原薬バルクメーカーが国内企業の買収等によって日本市場への参入を図る可能性があり、そうした海外企業
         が増加した場合、当社グループの経営成績等は影響を受ける可能性があります。
       (15)製商品の品質の維持に関するリスク

          当社グループは、製造販売、仕入販売もしくは受託製造する原薬及び製剤の品質に関して、生産管理の徹底、
         継続的な研究開発に基づく創意工夫及び適格な人材の確保等によってその維持・向上に取り組んでおり、製品の
         品質に関しては日本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基準)だけでなく、FDA(米国食
         品医薬品局)やEMA(欧州医薬品庁)の基準にも適合する生産体制を備えております。しかしながら、何らか
         の事情によってこうした生産体制の維持が困難となり、製商品の品質低下が生じた場合、新規取引獲得に係る競
         争力の低下や既存の継続的取引の喪失等により、当社グループの経営成績及び財政状態は重大な影響を受ける可
         能性があります。
       (16)海外での事業展開に関するリスク

          当社グループは、中国及び米国等海外での事業展開を進めております。海外では法規制や行政指導のあり方等
         を含めて事業環境が異なることから、予期せぬ費用の発生等により、当社グループの経営成績等が影響を受ける
         可能性があります。
       (17)機密情報の管理について

          当社グループは、原薬の製造販売や製剤の業務受託等において、取引先の生産計画や新製品の開発に関する機
         密性の高い情報を取得する場合があります。当社グループでは、こうした機密情報の管理の徹底を図っておりま
         すが、何らかの要因で情報漏洩等が発生した場合には、当社グループの信用の失墜等により、経営成績等に影響
         を及ぼす可能性があります。
       (18)研究開発について

          当社グループは、原薬及び製剤の製造販売や業務受託等に関して研究開発活動を行っております。こうした研
         究開発活動は、製造販売や業務受託の開始に数年間先行して開始する場合がほとんどですが、これらの活動に関
         する投資については、必ずしも期待通りに収益獲得に結び付かない可能性があり、その場合には、当社グループ
         の経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
       (19)固定資産に関するリスク

          当社グループは、多額の固定資産(建物、機械装置、土地、投資有価証券等)を所有しているため、経営環境
         の変化等に伴ってそれらの価値が著しく変動し、減損損失、除却・売却による損失、評価差額の変動等が発生し
         た場合、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 10/47





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      2 設備計画の変更
        「第四部 組込情報」に記載の有価証券報告書(第71期)に記載された「第一部 企業情報 第3 設備の状況 
       3 設備の新設、除却等の計画 (1)重要な設備の新設」は、本有価証券届出書提出日(平成26年7月10日)現在
       (ただし、投資予定金額の既支払額については平成26年5月31日現在)、以下のとおりとなっております。
                            投資予定金額                  着手及び完了予定
                                                         完成後の
       事業所名       所在地     設備の内容                  資金調達方法
                           総額     既支払額                         増加能力
                                              着手      完了
                          (千円)      (千円)
     大桐製薬(中国)        中華人民     製剤棟の建設及
                           800,000      380,928    自己資金       平成25年7月      平成26年9月      (注)2
     有限責任公司        共和国     び製造設備
                  高薬理製剤棟の
     当社        富山県                        自己資金及び金
                  建設及び製造設                          平成26年5月      平成26年11月
                          1,500,000       197,280                        (注)2
     本社工場        富山市                        融機関借入金
                  備
                                     増資資金、自己
     当社        富山県
                  製剤製造設備         700,000         ― 資金及び金融機       平成27年3月      平成27年5月      (注)3
     本社工場        富山市
                                     関借入金
                                     増資資金、自己
     当社        富山県     原薬棟の建設及
                          1,600,000         ― 資金及び金融機       平成26年11月      平成27年11月      (注)4
     本社工場        富山市     び製造設備
                                     関借入金
                                     増資資金、自己
     当社        富山県     原薬包装棟の建
                          1,200,000         ― 資金及び金融機       平成26年11月      平成27年11月      (注)4
     本社工場        富山市     設及び製造設備
                                     関借入金
      (注)1 上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2 新設での工場建設であり比較対象がないため、完成後の増加能力については、記載しておりません。
         3 個別受注への対応及び品質向上を目的としたものであり、完成後の増加能力の試算が困難であるため、記載
           を省略しております。
         4 従来の当社の原薬製造設備と比較して、製造能力20%増を計画しております。
      3 臨時報告書の提出

        「第四部 組込情報」に記載の有価証券報告書(第71期)の提出日(平成25年8月30日)以後、本有価証券届出書
       提出日(平成26年7月10日)までの間に、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令
       第19条第2項第9号の2の規定に基づく臨時報告書を平成25年9月2日に北陸財務局長に提出しております。
        その報告内容は下記のとおりであります。
        (1)当該株主総会が開催された年月日
          平成25年8月29日
        (2)当該決議事項の内容

          第1号議案 剰余金処分の件
                期末配当に関する事項
                ① 配当財産の種類
                  金銭
                ② 配当財産の割当てに関する事項及びその額
                  当社普通株式1株につき金30円
                ③ 剰余金の配当が効力を生じる日
                  平成25年8月30日
          第2号議案 取締役4名選任の件

                取締役として、奈良井佳洋、大津賀保信、加藤英之、菊田潤一の4氏を選任する。
          第3号議案 監査役3名選任の件

                監査役として、津田道夫、堀仁志、山本一三の3氏を選任する。
                                 11/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
        (3)当該決議事項に対する賛成、反対及び棄権の意思の表示に係る議決権の数、当該決議事項が可決されるための
         要件並びに当該決議の結果
                                                賛成比率
                     賛成(個)       反対(個)       棄権(個)
          決議事項                               可決要件             決議の結果
                                                 (%)
                       75,861       1,034         5  (注)1         96.55

     第1号議案                                                   可決
                                          (注)2
     第2号議案
                       70,803       4,546       1,555             90.11
      奈良井 佳洋                                                  可決
                       73,828       1,521       1,555             93.96
      大津賀 保信                                                  可決
                       75,035        314      1,555             95.49
      加藤 英之                                                  可決
                       75,034        315      1,555             95.49
      菊田 潤一                                                  可決
                                          (注)2
     第3号議案
                       76,832         67       5           97.78
      津田 道夫                                                  可決
                       76,406        493        5           97.24
      堀 仁志                                                  可決
                       76,834         65       5           97.78
      山本 一三                                                  可決
      (注)1 出席した議決権を行使することができる株主の議決権の過半数の賛成であります。
         2 議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主の出席及び出席した当該株主の議
           決権の過半数の賛成であります。
        (4)議決権の数に株主総会に出席した株主の議決権の数の一部を加算しなかった理由

          本株主総会前日までの事前行使分及び当日出席の一部の株主から各議案の賛否に関して確認できたものの集計
         により各決議事項が可決されるための要件を満たし、会社法に則って決議が成立したため、本株主総会当日に出
         席した株主の議決権の数の一部を集計しておりません。
                                 12/47











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      4 最近の業績の概要
       (1)平成26年5月期連結会計年度の業績の概要
         平成26年7月10日開催の取締役会において承認し、公表した平成26年5月期連結会計年度(平成25年6月1日か
        ら平成26年5月31日まで)の連結財務諸表は以下のとおりであります。
         ただし、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査法人による監査は終了しておりませんので、監
        査報告書は受領しておりません。
         なお、連結財務諸表に記載した金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
                                 13/47


















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     連結財務諸表
      (1)連結貸借対照表
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成25年5月31日)              (平成26年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       4,149,061              2,513,022
         現金及び預金
                                                    ※6 9,716,988
                                       9,298,457
         受取手形及び売掛金
                                                    ※6 2,428,501
                                        351,559
         電子記録債権
                                        892,027              975,800
         商品及び製品
                                       1,589,308              1,866,879
         仕掛品
                                       1,536,652              1,593,812
         原材料及び貯蔵品
                                        311,613              347,755
         繰延税金資産
                                        400,616              595,535
         ファクタリング債権
                                         58,334              74,553
         その他
                                        △55,420              △52,421
         貸倒引当金
         流動資産合計                              18,532,211              20,060,426
       固定資産
         有形固定資産
                                    ※2,※5   6,961,236           ※2,※5   6,658,606
          建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具(純額)                             3,718,111              3,595,885
                                      ※2 1,210,579             ※2 1,294,090
          土地
          リース資産(純額)                              790,071              456,270
                                         53,839             1,172,952
          建設仮勘定
                                        258,193              267,269
          その他(純額)
                                      ※1 12,992,032             ※1 13,445,074
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         1,320                -
          リース資産
                                        557,023              588,167
          その他
                                        558,343              588,167
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※2 2,326,175             ※2 2,331,969
          投資有価証券
                                         34,358              52,142
          繰延税金資産
                                        364,900              240,893
          その他
                                        △45,754              △23,947
          貸倒引当金
                                       2,679,680              2,601,057
          投資その他の資産合計
                                       16,230,057              16,634,299
         固定資産合計
                                       34,762,268              36,694,726
       資産合計
                                 14/47








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成25年5月31日)              (平成26年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※2 3,185,922           ※2,※6   3,445,368
         支払手形及び買掛金
                                                     ※6 383,377
                                            -
         電子記録債務
         短期借入金                               4,070,000              3,450,000
                                      ※2 2,538,239             ※2 2,522,235
         1年内返済予定の長期借入金
                                       ※2 100,000
                                                          -
         1年内償還予定の社債
                                        428,223              278,516
         リース債務
                                        292,973              666,022
         未払法人税等
                                         52,253              69,963
         賞与引当金
                                         19,499              13,647
         返品調整引当金
                                        590,755              444,343
         未払金
                                        470,615              493,871
         未払費用
                                       1,564,047              2,295,032
         ファクタリング債務
                                                     ※6 548,193
                                        248,305
         設備関係支払手形
                                         63,947              256,016
         その他
                                       13,624,782              14,866,587
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※2 4,869,725             ※2 4,217,056
         長期借入金
                                        476,560              257,695
         リース債務
                                        367,606              376,271
         繰延税金負債
                                        207,788                 -
         退職給付引当金
                                            -           227,352
         退職給付に係る負債
                                        142,087              125,131
         その他
                                       6,063,768              5,203,508
         固定負債合計
                                       19,688,551              20,070,095
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,120,301              3,120,301
         資本金
                                       3,006,492              3,006,492
         資本剰余金
                                       7,828,010              9,342,837
         利益剰余金
                                         △421              △503
         自己株式
                                       13,954,383              15,469,128
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        646,205              622,146
         その他有価証券評価差額金
                                        149,783              220,657
         為替換算調整勘定
                                            -           △34,314
         退職給付に係る調整累計額
         その他の包括利益累計額合計                                795,988              808,489
       少数株主持分                                 323,345              347,012
                                       15,073,717              16,624,630
       純資産合計
                                       34,762,268              36,694,726
      負債純資産合計
                                 15/47






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書
      (連結損益計算書)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成24年6月1日              (自 平成25年6月1日
                                至 平成25年5月31日)               至 平成26年5月31日)
                                       28,956,292              31,196,388
      売上高
                                      ※1 23,031,113             ※1 25,213,090
      売上原価
                                       5,925,178              5,983,298
      売上総利益
                                         2,919              5,852
      返品調整引当金戻入額
                                       5,928,097              5,989,151
      差引売上総利益
                                    ※2,※3   3,249,210           ※2,※3   3,050,213
      販売費及び一般管理費
                                       2,678,887              2,938,938
      営業利益
      営業外収益
                                           93            10,446
       受取利息
                                         38,038              50,405
       受取配当金
                                         1,565                -
       負ののれん償却額
                                         19,120              17,009
       受取賃貸料
                                         25,368              27,433
       受取保証料
                                         5,536              5,626
       受取保険金
                                         11,322               5,767
       貸倒引当金戻入額
                                         8,471              16,019
       その他
                                        109,517              132,708
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        126,277               87,147
       支払利息
                                         93,678              33,333
       為替差損
                                         27,066              30,446
       その他
                                        247,022              150,927
       営業外費用合計
                                       2,541,381              2,920,719
      経常利益
      特別利益
                                         3,200              30,059
       投資有価証券売却益
                                         2,301              8,456
       補助金収入
                                         65,513                 -
       受取保険金
                                         58,494                 -
       負ののれん発生益
                                            -              5
       その他
                                        129,508               38,522
       特別利益合計
      特別損失
                                        ※4 59,990             ※4 19,554
       固定資産除却損
                                           911             8,456
       固定資産圧縮損
                                            -            61,118
       支払補償費
                                         2,000               693
       その他
                                         62,902              89,823
       特別損失合計
                                       2,607,988              2,869,417
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   768,007             1,095,388
                                         53,856             △30,663
      法人税等調整額
                                        821,863             1,064,725
      法人税等合計
                                       1,786,125              1,804,692
      少数株主損益調整前当期純利益
      少数株主損失(△)                                    △511             △6,703
                                       1,786,636              1,811,396
      当期純利益
                                 16/47





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結包括利益計算書)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成24年6月1日              (自 平成25年6月1日
                                至 平成25年5月31日)               至 平成26年5月31日)
                                       1,786,125              1,804,692
      少数株主損益調整前当期純利益
      その他の包括利益
                                        455,239              △24,059
       その他有価証券評価差額金
                                        213,452              101,244
       為替換算調整勘定
                                        668,691               77,185
       その他の包括利益合計
                                       2,454,816              1,881,877
      包括利益
      (内訳)
                                       2,392,040              1,858,211
       親会社株主に係る包括利益
                                         62,776              23,666
       少数株主に係る包括利益
                                 17/47
















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (3)連結株主資本等変動計算書
          前連結会計年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                      資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高
                      2,565,103       2,451,294       6,310,073         △385     11,326,085
     当期変動額
      新株の発行                 555,198       555,198                    1,110,396
      剰余金の配当
                                    △268,699              △268,699
      当期純利益                             1,786,636              1,786,636
      自己株式の取得                                      △35       △35
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                       555,198       555,198      1,517,936         △35     2,628,297
     当期末残高                 3,120,301       3,006,492       7,828,010         △421     13,954,383
                            その他の包括利益累計額

                                                少数株主持分       純資産合計
                    その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                    評価差額金         定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高                  190,966        △381         -    190,584         -   11,516,669
     当期変動額
      新株の発行                                                  1,110,396
      剰余金の配当
                                                        △268,699
      当期純利益                                                  1,786,636
      自己株式の取得                                                    △35
      株主資本以外の項目の当期変動額
                       455,239       150,164         -    605,404       323,345       928,750
      (純額)
     当期変動額合計                  455,239       150,164         -    605,404       323,345      3,557,047
     当期末残高                  646,205       149,783         -    795,988       323,345      15,073,717
                                 18/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          当連結会計年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)
                                                (単位:千円)
                                   株主資本
                      資本金      資本剰余金       利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高                 3,120,301       3,006,492       7,828,010         △421     13,954,383
     当期変動額
      新株の発行
      剰余金の配当                             △296,568              △296,568
      当期純利益                             1,811,396              1,811,396
      自己株式の取得
                                             △81       △81
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                    -       -   1,514,827         △81     1,514,745
     当期末残高
                      3,120,301       3,006,492       9,342,837         △503     15,469,128
                            その他の包括利益累計額

                                                少数株主持分       純資産合計
                    その他有価証券       為替換算調整勘       退職給付に係る       その他の包括利
                    評価差額金         定     調整累計額      益累計額合計
     当期首残高
                       646,205       149,783         -    795,988       323,345      15,073,717
     当期変動額
      新株の発行
      剰余金の配当                                                  △296,568
      当期純利益
                                                        1,811,396
      自己株式の取得                                                    △81
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      △24,059        70,874      △34,314        12,500       23,666       36,167
      (純額)
     当期変動額合計
                      △24,059        70,874      △34,314        12,500       23,666      1,550,913
     当期末残高                  622,146       220,657      △34,314       808,489       347,012      16,624,630
                                 19/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (4)連結キャッシュ・フロー計算書
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成24年6月1日              (自 平成25年6月1日
                                至 平成25年5月31日)               至 平成26年5月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,607,988              2,869,417
       税金等調整前当期純利益
                                       2,569,399              2,444,826
       減価償却費
                                        △1,565                 -
       負ののれん償却額
                                        △58,494                  -
       負ののれん発生益
                                         59,990              19,554
       固定資産除却損
                                           911             8,456
       固定資産圧縮損
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △16,464               △4,775
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   762             17,710
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △7,500                 -
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                 △2,919              △5,852
       退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △45,869                  -
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    -           △33,537
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △4,700                 -
                                        △38,132              △60,852
       受取利息及び受取配当金
       受取賃貸料                                 △19,120              △17,009
                                        △25,368              △27,433
       受取保証料
                                        126,277               87,147
       支払利息
                                        △2,301              △8,456
       補助金収入
       保険解約損益(△は益)                                 △65,513                  -
       売上債権の増減額(△は増加)                               △1,093,339              △2,681,868
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △599,303              △418,504
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 485,625             1,215,347
                                            -            61,118
       支払補償費
                                       △154,695                63,040
       その他
                                       3,715,668              3,528,328
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  38,132              60,852
                                       △127,475               △87,439
       利息の支払額
                                         2,301              8,456
       補助金の受取額
                                            -           △58,798
       補償金の支払額
                                        △2,542               18,242
       その他
                                      △1,084,659               △724,991
       法人税等の支払額
                                       2,541,424              2,744,650
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 20/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成24年6月1日              (自 平成25年6月1日
                                至 平成25年5月31日)               至 平成26年5月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △415,400              △738,450
       定期預金の預入による支出
                                           -            959,620
       定期預金の払戻による収入
                                      △1,858,979              △2,334,864
       有形固定資産の取得による支出
                                        137,035                615
       有形固定資産の売却による収入
                                       △249,569               △53,035
       投資有価証券の取得による支出
                                         6,500              54,404
       投資有価証券の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        ※2 62,015
                                                          -
       収入
                                        177,253              109,154
       保険積立金の払戻による収入
                                        △95,848              △160,114
       その他
                                      △2,236,993              △2,162,669
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 980,000             △620,000
                                       3,150,000              2,000,000
       長期借入れによる収入
                                      △2,775,183              △2,668,673
       長期借入金の返済による支出
                                       △130,000              △100,000
       社債の償還による支出
                                       1,098,931                  -
       株式の発行による収入
       配当金の支払額                                △267,803              △295,961
                                          △35              △81
       自己株式の取得による支出
                                       △365,451              △380,730
       リース債務の返済による支出
                                       1,690,456             △2,065,447
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        131,500               70,517
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  2,126,388             △1,412,949
                                       1,572,218              3,698,606
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 3,698,606             ※1 2,285,657
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 21/47











                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (5)連結財務諸表に関する注記事項
      (継続企業の前提に関する注記)
          該当事項はありません。
                                 22/47




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
           すべての子会社を連結しております。
           連結子会社の数    3社
           連結子会社の名称
            大和薬品工業㈱
            Daito   Pharmaceuticals        America,     Inc.
            大桐製薬(中国)有限責任公司
         2.持分法の適用に関する事項
           該当事項はありません。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社のうち、大和薬品工業株式会社及びDaito                          Pharmaceuticals        America,     Inc.の事業年度の末日
          は、連結決算日と一致しております。大桐製薬(中国)有限公司の決算日は12月31日であり、連結財務諸表の
          作成にあたっては、3月31日現在における仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
          (連結子会社の事業年度に関する事項の変更)
           従来、連結子会社である大和薬品工業株式会社の決算日は3月31日であり、同日現在の財務諸表を使用し、
          連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っておりましたが、四半期連結会計期
          間末日を一致させるため、第1四半期連結会計期間において、決算日を11月30日に変更しております。
           また、連結会計年度末日を一致させることで連結財務諸表のより適切な開示を図るため、第3四半期連結会
          計期間より、決算日を5月31日に変更しております。
           これらの決算期変更に伴い、当連結会計年度は、平成25年4月1日から平成26年5月31日までの14ヶ月間を
          連結しており、決算期変更した連結子会社の平成25年4月1日から平成25年5月31日までの売上高は558,640
          千円、営業利益は84,434千円、経常利益は79,111千円、税金等調整前四半期純利益は78,947千円であります。
         4.会計処理基準に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
              原価は移動平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ロ デリバティブ
             時価法を採用しております。
           ハ たな卸資産
             商品及び製品、原材料、仕掛品
              主として、総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
             算定)を採用しております。
             貯蔵品
              個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
             用しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。
             ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用してお
            ります。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物及び構築物   3年~55年
             機械装置及び運搬具 1年~8年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
            ております。
                                 23/47



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
           ハ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数として、定額法を採用しております。残存価額は、リース契約上の残価保証の
             取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年5月31日以前の
             リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を引き続き採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
            債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 賞与引当金
             当社及び国内連結子会社の従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込み額のう
            ち当連結会計年度の負担額を計上しております。
           ハ 返品調整引当金
             返品による損失に備えるため、返品実績を基に算出した必要額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            て期間定額基準によっております。
           ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法によ
            り費用処理しております。
             数理計算上の差異は、発生の翌連結会計年度に一括処理しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。なお、在外子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
           費用は期中の平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に計上してお
           ります。
          (6)重要なヘッジ会計の方法
           イ ヘッジ会計の方法
             金利スワップについては、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
           ロ ヘッジ手段とヘッジ対象
             当連結会計年度にヘッジ会計を適用したヘッジ対象とヘッジ手段は以下のとおりであります。
             ヘッジ手段――金利スワップ
             ヘッジ対象――借入金の利息
           ハ ヘッジ方針
             財務上のリスク管理対策の一環として、「経理規程」及び「デリバティブ管理規程」に基づき金利変動
            リスクをヘッジしております。
           ニ ヘッジ有効性評価の方法
             金利スワップにつきましては、金利スワップの特例処理の要件を充たしているので決算日における有効
            性の評価を省略しております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 24/47





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (会計方針の変更)
          (退職給付に関する会計基準の適用)
           「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」とい
          う。)及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成24年5月17日。以
          下「退職給付適用指針」という。)を当連結会計年度末より適用し(ただし、退職給付会計基準第35項本文及
          び退職給付適用指針第67項本文に掲げられた定めを除く。)、退職給付債務を退職給付に係る負債として計上
          する方法に変更し、未認識数理計算上の差異を退職給付に係る負債に計上しております。
           退職給付会計基準等の適用については、退職給付会計基準第37項に定める経過的な取扱いに従っており、当
          連結会計年度末において、当該変更に伴う影響額をその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に加
          減しております。
           この結果、当連結会計年度末において、退職給付に係る負債が227,352千円計上されるとともに、その他の
          包括利益累計額が34,314千円減少しております。
           なお、1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
                                 25/47
















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結貸借対照表関係)
           ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
                                   16,957,417千円                  18,768,951千円
           ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     建物及び構築物                               189,675千円                  196,701千円
     土地                               286,529                  286,529
     投資有価証券                               582,085                  541,030
               計                     1,058,289                  1,024,261
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     支払手形及び買掛金                               311,346千円                  354,154千円
     短期借入金                               280,000                    -
     1年内返済予定の長期借入金                                74,760                  54,760
     1年以内償還予定の社債                               100,000                    -
     長期借入金                               180,900                  113,680
     債務保証                               300,720                  95,301
               計                     1,247,727                   617,895
           3 債務保証

            次の会社の武田薬品工業㈱からの買掛債務に対して債務保証を行っております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (平成25年5月31日)                            (平成26年5月31日)
     アボットジャパン㈱
                          167,548千円       ㈱富士薬品                      53,028千円
                           86,992      アボットジャパン㈱                      21,870
     ㈱富士薬品
     テイカ製薬㈱                      9,780      佐藤薬品工業㈱                      10,878
                           9,172      キョーリンリメディオ㈱                      7,610
     ㈱パナケイア製薬
     キョーリンリメディオ㈱                      8,419      第一薬品工業㈱                       885
     佐藤薬品工業㈱                      6,846      常盤薬品工業㈱                       760
     東洋製薬化成㈱                      6,657      大和製薬㈱                       268
     日医工㈱                      2,347
     常盤薬品工業㈱                      1,782
     第一薬品工業㈱                      1,043
     富山薬品㈱                       130
                          300,720                            95,301
             計                            計
                                 26/47






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      4 当社及び連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行9行と当座貸越契約及び貸出コミットメント
     契約を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                    9,700,000千円                 11,900,000千円
     総額
     借入実行残高                              4,070,000                  3,450,000
              差引額                      5,630,000                  8,450,000
          ※5 固定資産の圧縮記帳

             国庫補助金等で取得した固定資産の圧縮記帳の適用に伴い、有形固定資産の取得価額から直接控除して
            いる圧縮記帳額、圧縮累計額およびそれらの内訳は、次のとおりであります。
            圧縮記帳額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     建物及び構築物                                  911千円                 8,456千円
            圧縮記帳累計額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     建物及び構築物                               395,042千円                  403,499千円
          ※6 連結会計年度末日満期手形等

             期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理しております。
             なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形等が、期末残高に含ま
            れております。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (平成25年5月31日)                  (平成26年5月31日)
     受取手形                                  -千円               196,772千円
     電子記録債権                                  -千円               69,296千円
     支払手形                                  -千円               246,052千円
     設備支払手形                                  -千円               32,252千円
     電子記録債務                                  -千円               73,422千円
                                 27/47








                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結損益計算書関係)
          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成24年6月1日                            (自 平成25年6月1日
              至 平成25年5月31日)                              至 平成26年5月31日)
                           6,310千円                           116,426千円
          ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 平成24年6月1日                  (自 平成25年6月1日
                             至 平成25年5月31日)                    至 平成26年5月31日)
     給与手当                               602,295千円                  598,212千円
                                      8,062                  9,120
     賞与引当金繰入額
                                      1,393                  1,501
     貸倒引当金繰入額
                                     137,687                  126,892
     減価償却費
                                    1,113,492                   890,749
     研究開発費
          ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成24年6月1日                            (自 平成25年6月1日
              至 平成25年5月31日)                              至 平成26年5月31日)
                         1,113,492千円                             890,749千円
          ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成24年6月1日                            (自 平成25年6月1日
              至 平成25年5月31日)                            至 平成26年5月31日)
     建物及び構築物                      13,444千円                             288千円
     機械装置及び運搬具                      3,939                            2,570
      工具、器具及び備品                        451                            419
      解体費用                      42,155                            16,276
             計              59,990                            19,554
                                 28/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首 株式数(株)        加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                     8,956,968          929,000            -      9,885,968

             合計              8,956,968          929,000            -      9,885,968

     自己株式

      普通株式(注)                        320          34         -         354

             合計                 320          34         -         354

      (注)1.当連結会計年度増加株式数は、平成25年2月20日に実施した公募による新株式の発行800,000株及び平成25
           年3月21日に実施した第三者割当による新株式の発行129,000株によるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加34株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
          2.新株予約権及び自己株式予約権に関する事項

            該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                   株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成24年8月28日
                  普通株式            268,699           30  平成24年5月31日         平成24年8月29日
     定時株主総会
      (注) 1株当たり配当額には、70周年記念配当5円を含んでおります。
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (千円)             当額(円)
     平成25年8月29日
               普通株式         296,568     利益剰余金            30  平成25年5月31日         平成25年8月30日
     定時株主総会
                                 29/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          当連結会計年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首 株式数(株)        加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     9,885,968             -         -      9,885,968

             合計              9,885,968             -         -      9,885,968

     自己株式

      普通株式(注)                        354          57         -         411

             合計                 354          57         -         411

      (注)普通株式の自己株式の株式数の増加57株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
          2.新株予約権及び自己株式予約権に関する事項

            該当事項はありません。
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
                   株式の種類                          基準日        効力発生日
     (決議)                      (千円)       額(円)
     平成25年8月29日
                  普通株式            296,568           30  平成25年5月31日         平成25年8月30日
     定時株主総会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり配
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (予定)                 (千円)             当額(円)
     平成26年8月28日
               普通株式         296,566     利益剰余金            30  平成26年5月31日         平成26年8月29日
     定時株主総会
                                 30/47










                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成24年6月1日                 (自 平成25年6月1日
                              至 平成25年5月31日)                 至 平成26年5月31日)
      現金及び預金勘定                              4,149,061     千円            2,513,022     千円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △450,455                 △227,365
      現金及び現金同等物                              3,698,606                 2,285,657
          ※2.前連結会計年度に株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

          株式の取得により新たに大桐製薬(中国)有限責任公司を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内
         訳並びに大桐製薬(中国)有限責任公司株式の取得価額と大桐製薬(中国)有限責任公司取得のための支出(純
         額)との関係は次のとおりであります。
           流動資産                                                                                   627,146千円
           固定資産                                                                                 355,248
           流動負債                                                                             △41,877
           固定負債                                                                                △71,952
           負ののれん                                                                             △58,494
           少数株主持分                                                                           △260,569
           大桐製薬(中国)有限責任公司の取得価額                                                  549,500
           大桐製薬(中国)有限責任公司現金及び現金同等物                                            △611,515
           差引       :  大桐製薬(中国)有限責任公司取得による収入                                △62,015
                                 31/47













                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (セグメント情報等)
          [セグメント情報]
             当社の報告セグメントは、「医薬品事業」のみであり、その他の事業セグメントの重要性が乏しいた
            め、記載を省略しております。
                                 32/47



















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          [関連情報]
           前連結会計年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
                                           (単位:千円)
                           原薬       製剤     健康食品他        合計
                          17,296,680       11,272,942        386,669     28,956,292
              外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                売上高         関連するセグメント名
                                  3,073,296
              日医工株式会社                          医薬品事業
           当連結会計年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
                                           (単位:千円)
                           原薬       製剤     健康食品他        合計
                          19,664,791       11,143,275        388,321     31,196,388
              外部顧客への売上高
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

                                           (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                売上高         関連するセグメント名
                                  3,647,678
              日医工株式会社                          医薬品事業
          [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

           前連結会計年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)

            該当事項はありません。
                                 33/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報]
           前連結会計年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)

            該当事項はありません。
          [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

           前連結会計年度(自           平成24年6月1日          至   平成25年5月31日)
            前連結会計年度において、58,494千円の負ののれん発生益を計上しております。これは、大桐製薬(中
           国)有限責任公司の資産及び負債を時価評価したことによるものであります。
           当連結会計年度(自           平成25年6月1日          至   平成26年5月31日)

            該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 平成24年6月1日                   (自 平成25年6月1日
                           至 平成25年5月31日)                   至 平成26年5月31日)
     1株当たり純資産額                             1,492.10円                   1,646.61円

     1株当たり当期純利益金額                              194.13円                   183.24円

        (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
            ん。
           2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           3.「会計方針の変更」に記載のとおり、退職給付会計基準等を適用し、退職給付会計基準第37項に定める
             経過的な取扱いに従っております。
             この結果、当連結会計年度の1株当たり純資産額が、3.47円減少しております。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度

                               (平成25年5月31日)                (平成26年5月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                               15,073,717                16,624,630

     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                323,345                347,012

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                               14,750,371                16,277,617

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普
                                       9,885                9,885
     通株式の数(千株)
           3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 平成24年6月1日                (自 平成25年6月1日
                               至 平成25年5月31日)                至 平成26年5月31日)
      当期純利益金額(千円)                              1,786,636                1,811,396

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

      普通株式に係る当期純利益金額(千円)                              1,786,636                1,811,396

      期中平均株式数(千株)                                9,203                9,885

                                 34/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (重要な後発事象)
           該当事項はありません。
                                 35/47




















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
       (2)第72期事業年度の業績の概要
         平成26年7月10日開催の取締役会において承認し、公表した第72期事業年度(平成25年6月1日から平成26年5
        月31日まで)の財務諸表は以下のとおりであります。
         ただし、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査法人による監査は終了しておりませんので、監
        査報告書は受領しておりません。
         なお、財務諸表に記載した金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
                                 36/47


















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     個別財務諸表
      (1)貸借対照表
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成25年5月31日)              (平成26年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,076,201              1,469,504
         現金及び預金
                                       3,654,163              2,615,084
         受取手形
                                        351,559             2,428,501
         電子記録債権
                                       5,532,124              6,996,697
         売掛金
                                        912,862              960,063
         商品及び製品
                                       1,540,095              1,331,457
         仕掛品
                                       1,314,971              1,343,929
         原材料及び貯蔵品
                                        570,000              400,000
         短期貸付金
                                            -           224,880
         1年内回収予定の長期貸付金
                                         10,442              10,333
         前払費用
                                        315,415              299,332
         繰延税金資産
                                        399,471              595,535
         ファクタリング債権
                                         45,249              54,200
         その他
                                        △55,420              △52,421
         貸倒引当金
                                       16,667,137              18,677,098
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                             5,960,129              5,602,697
          構築物(純額)                              111,762              111,464
          機械及び装置(純額)                             3,105,763              3,113,481
          車両運搬具(純額)                               3,484              2,685
          工具、器具及び備品(純額)                              221,666              241,229
                                        904,233              987,743
          土地
          リース資産(純額)                              632,538              347,072
                                         48,455              210,603
          建設仮勘定
                                       10,988,033              10,616,978
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         21,148              41,629
          借地権
                                        341,244              358,836
          ソフトウエア
                                         15,750                 -
          ソフトウエア仮勘定
                                         1,320                -
          リース資産
                                         2,894              2,894
          その他
                                        382,357              403,360
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       2,326,175              2,331,969
          投資有価証券
                                        842,102              842,102
          関係会社株式
          出資金                                555              555
                                            -           716,810
          長期貸付金
                                         5,597              3,820
          破産更生債権等
                                         4,108              4,351
          長期前払費用
                                        145,010              126,634
          保証金
                                        168,273               70,822
          保険積立金
                                         7,696              7,696
          その他
                                        △45,754              △23,947
          貸倒引当金
                                       3,453,766              4,080,815
          投資その他の資産合計
                                       14,824,157              15,101,154
         固定資産合計
                                       31,491,295              33,778,253
       資産合計
                                 37/47



                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成25年5月31日)              (平成26年5月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        671,925              801,447
         支払手形
                                       2,146,487              2,507,730
         買掛金
                                            -           383,377
         電子記録債務
         短期借入金                               3,590,000              3,450,000
                                       2,448,009              2,453,195
         1年内返済予定の長期借入金
                                        376,183              224,976
         リース債務
                                        544,801              416,324
         未払金
                                        439,290              465,675
         未払費用
                                            -           180,203
         未払消費税等
                                        219,930              584,978
         未払法人税等
                                         35,330              34,860
         預り金
                                         25,453              27,363
         賞与引当金
                                         19,499              13,647
         返品調整引当金
                                       1,564,047              2,295,032
         ファクタリング債務
                                        129,631              195,093
         設備関係支払手形
                                         2,251               340
         その他
                                       12,212,841              14,034,245
         流動負債合計
       固定負債
                                       4,643,565              4,073,586
         長期借入金
                                        361,991              194,340
         リース債務
                                        116,345               85,786
         退職給付引当金
                                        281,535              287,692
         繰延税金負債
                                        101,881              103,728
         資産除去債務
                                         28,570              14,944
         その他
                                       5,533,889              4,760,077
         固定負債合計
                                       17,746,731              18,794,323
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       3,120,301              3,120,301
         資本金
         資本剰余金
                                       3,006,492              3,006,492
          資本準備金
                                       3,006,492              3,006,492
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         34,375              34,375
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       6,803,426              8,092,165
            繰越利益剰余金
                                        134,184              108,952
            特別償却準備金
                                       6,971,985              8,235,493
          利益剰余金合計
                                         △421              △503
         自己株式
                                       13,098,358              14,361,784
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        646,205              622,146
         その他有価証券評価差額金
                                        646,205              622,146
         評価・換算差額等合計
                                       13,744,563              14,983,930
       純資産合計
                                       31,491,295              33,778,253
      負債純資産合計
                                 38/47





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (2)損益計算書
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成24年6月1日              (自 平成25年6月1日
                                至 平成25年5月31日)               至 平成26年5月31日)
                                       28,825,375              31,047,842
      売上高
                                       23,601,127              25,768,509
      売上原価
                                       5,224,248              5,279,333
      売上総利益
                                         2,919              5,852
      返品調整引当金戻入額
                                       5,227,167              5,285,185
      差引売上総利益
                                       2,974,724              2,870,523
      販売費及び一般管理費
                                       2,252,442              2,414,662
      営業利益
      営業外収益
                                           71             4,380
       受取利息
                                         44,988              58,745
       受取配当金
                                         19,120              17,009
       受取賃貸料
                                         25,368              27,433
       受取保証料
                                         23,950              18,177
       その他
                                        113,499              125,746
       営業外収益合計
      営業外費用
                                        109,569               75,524
       支払利息
                                         87,867               7,901
       為替差損
                                         20,693              30,344
       その他
                                        218,130              113,770
       営業外費用合計
                                       2,147,811              2,426,638
      経常利益
      特別利益
                                         3,200              30,059
       投資有価証券売却益
                                         65,513                 -
       受取保険金
                                         2,301              8,456
       補助金収入
                                            -              5
       その他
                                         71,014              38,522
       特別利益合計
      特別損失
                                         13,820              12,857
       固定資産除却損
                                           911             8,456
       固定資産圧縮損
                                         2,000               693
       その他
                                         16,732              22,007
       特別損失合計
                                       2,202,093              2,443,153
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   622,000              862,000
                                         68,943              21,077
      法人税等調整額
                                        690,943              883,077
      法人税等合計
                                       1,511,150              1,560,076
      当期純利益
                                 39/47







                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
      (3)株主資本等変動計算書
          前事業年度(自 平成24年6月1日 至 平成25年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                    資本金
                               資本剰余金合                        利益剰余金合
                         資本準備金            利益準備金
                               計            特別償却準備      繰越利益剰余      計
                                           金      金
     当期首残高               2,565,103      2,451,294      2,451,294       34,375        -   5,695,159      5,729,534
     当期変動額
      新株の発行               555,198      555,198      555,198
      特別償却準備金の積立                                       134,184     △134,184         -
      特別償却準備金の取崩
      税率変更による積立金の調整
      額
      剰余金の配当                                            △268,699      △268,699
      当期純利益                                            1,511,150      1,511,150
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計               555,198      555,198      555,198         -   134,184     1,108,266      1,242,451
     当期末残高               3,120,301      3,006,492      3,006,492       34,375      134,184     6,803,426      6,971,985
                      株主資本          評価・換算差額等

                                           純資産合計
                               その他有価証      評価・換算差
                   自己株式     株主資本合計
                               券評価差額金      額等合計
     当期首残高                △385    10,745,545       190,966      190,966     10,936,511
     当期変動額
      新株の発行
                          1,110,396                  1,110,396
      特別償却準備金の積立                       -                  -
      特別償却準備金の取崩
      税率変更による積立金の調整
      額
      剰余金の配当                    △268,699                  △268,699
      当期純利益                    1,511,150                  1,511,150
      自己株式の取得
                      △35      △35                  △35
      株主資本以外の項目の当期変
                                 455,239      455,239      455,239
      動額(純額)
     当期変動額合計                 △35    2,352,812       455,239      455,239     2,808,051
     当期末残高                △421    13,098,358       646,205      646,205     13,744,563
                                 40/47





                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
          当事業年度(自 平成25年6月1日 至 平成26年5月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                    資本金
                               資本剰余金合                        利益剰余金合
                         資本準備金            利益準備金
                               計            特別償却準備      繰越利益剰余      計
                                           金      金
     当期首残高               3,120,301      3,006,492      3,006,492       34,375      134,184     6,803,426      6,971,985
     当期変動額
      新株の発行
      特別償却準備金の積立
      特別償却準備金の取崩                                      △26,234       26,234        -
      税率変更による積立金の調整額
                                              1,003     △1,003         -
      剰余金の配当
                                                  △296,568      △296,568
      当期純利益                                            1,560,076      1,560,076
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                  -      -      -      -   △25,231      1,288,739      1,263,507
     当期末残高               3,120,301      3,006,492      3,006,492       34,375      108,952     8,092,165      8,235,493
                      株主資本          評価・換算差額等

                                           純資産合計
                               その他有価証      評価・換算差
                   自己株式     株主資本合計
                               券評価差額金      額等合計
     当期首残高                △421    13,098,358       646,205      646,205     13,744,563
     当期変動額
      新株の発行
      特別償却準備金の積立
      特別償却準備金の取崩                       -                  -
      税率変更による積立金の調整額
                             -                  -
      剰余金の配当
                          △296,568                  △296,568
      当期純利益                    1,560,076                  1,560,076
      自己株式の取得                △81      △81                  △81
      株主資本以外の項目の当期変
                                △24,059      △24,059      △24,059
      動額(純額)
     当期変動額合計                 △81    1,263,425      △24,059      △24,059      1,239,366
     当期末残高                △503    14,361,784       622,146      622,146     14,983,930
                                 41/47






                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第四部【組込情報】

       次に掲げる書類の写しを組み込んでおります。

                    事業年度         自 平成24年6月1日            平成25年8月30日
       有価証券報告書
                    (第71期)         至 平成25年5月31日            北陸財務局長に提出
                    事業年度         自 平成25年12月1日            平成26年4月14日

       四半期報告書
                 (第72期第3四半期)            至 平成26年2月28日            北陸財務局長に提出
       なお、上記書類は、金融商品取引法第27条の30の2に規定する開示用電子情報処理組織(EDINET)を使用して提出
      したデータを開示用電子情報処理組織による手続の特例等に関する留意事項について(電子開示手続等ガイドライン)A4
      -1に基づき本有価証券届出書の添付書類としております。
                                 42/47

















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     第五部【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。

     第六部【特別情報】

       該当事項はありません。

                                 43/47


















                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    平成26年4月14日

     ダイト株式会社

      取締役会 御中

                              有限責任 あずさ監査法人

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              近藤 久晴          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              中川 敏裕  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているダイト株式会社

     の平成25年6月1日から平成26年5月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成25年12月1日から平成26
     年2月28日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成25年6月1日から平成26年2月28日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ダイト株式会社及び連結子会社の平成26年2月28日現在の財政状態及
     び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な
     点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.四半期連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
                                 44/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書

                                                    平成25年8月30日

     ダイト株式会社

       取締役会 御中

                               有限責任     あずさ監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 近藤 久晴  印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 中川 敏裕  印
                                業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるダイト株式会社の平成24年6月1日から平成25年5月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
     対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務
     諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイ
     ト株式会社及び連結子会社の平成25年5月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 45/47




                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ダイト株式会社の平成25年5
     月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、ダイト株式会社が平成25年5月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
     統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
     に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
           出会社)が別途保管しております。
         2.連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
                                 46/47









                                                           EDINET提出書類
                                                        ダイト株式会社(E24187)
                                                      有価証券届出書(組込方式)
                          独立監査人の監査報告書

                                                    平成25年8月30日

     ダイト株式会社

       取締役会 御中

                               有限責任     あずさ監査法人

                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 近藤 久晴   印
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                 中川 敏裕  印
                                業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いるダイト株式会社の平成24年6月1日から平成25年5月31日までの第71期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ダイト株
     式会社の平成25年5月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適
     正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
           出会社)が別途保管しております。
         2.財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
                                 47/47




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。