DWS グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型) 訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券) 第5期(平成24年10月1日-平成25年9月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)-第5期(平成24年10月1日-平成25年9月30日)

提出日:

提出者:DWS グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型)

カテゴリ:訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                  有価証券届出書の訂正届出書

      【提出先】                  関東財務局長
      【提出日】                  平成26年3月31日
      【発行者名】                  DWS・インベストメント・エス・エー
                        (DWS    Investment       S.A.)
      【代表者の役職氏名】                  ディレクター トーマス・フェスターリング
                        (Thomas     Festerling,       Director)
                        ディレクター スヴェン・センドメイヤー
                        (Sven    Sendmeyer,       Director)
      【本店の所在の場所】                  ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ1115、
                        ブールバール・コンラ・アデヌール2番
                        (2,   Boulevard      Konrad    Adenauer,      1115   Luxembourg,
                         Grand    Duchy    of  Luxembourg)
      【代理人の氏名又は名称】                  弁護士  三浦 健
      【代理人の住所又は所在地】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【事務連絡者氏名】                  弁護士  三浦 健
                         同   大西 信治
      【連絡場所】                  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                        森・濱田松本法律事務所
      【電話番号】                  03  (6212)    8316
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                        DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファン
                        ド(年1回分配型)
                        (DWS    Global    Utility     Bond   Master    Fund)
      【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                        (ⅰ)当初申込期間
                           (2013年6月19日(水)から2013年6月20日(木)まで)
                           メキシコペソクラス受益証券:100億メキシコペソ(約803億
                           円)を上限とする。
                           (注1)メキシコペソの円貨換算は、2013年4月30日現在の
                                株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売買相場
                                の仲値(1メキシコペソ=8.03円)による。
                        (ⅱ)継続申込期間
                           (2013年6月21日(金)から2014年6月30日(月)まで)
                           メキシコペソクラス受益証券:400億メキシコペソ(約3,080
                           億円)を上限とする。
                           (注2)メキシコペソの円貨換算は、特に記載がない限り、
                                2014年1月31日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行
                                の対顧客電信売買相場の仲値(1メキシコペソ=
                                7.70円)による。
      【縦覧に供する場所】                  該当事項なし
                                   1/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

       本日、有価証券報告書を提出したことおよびその他訂正すべき事項がありましたので、平成25年5月31

      日付をもって提出しました有価証券届出書(以下「原届出書」といいます。)の関係情報を新たな情報に
      より訂正するため、本訂正届出書を提出するものです。
       なお、本訂正届出書の記載事項のうち外貨数字の円換算については、直近の為替レートを用いておりま

      すので、訂正前の換算レートとは異なっております。
                                   2/148

















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2【訂正の内容】
      (1)有価証券報告書に係る訂正
        有価証券報告書を提出したことによる原届出書の訂正内容は下記のとおりです。
        原届出書の下記事項については、有価証券報告書の記載内容と同一内容に更新されます。
                原届出書                          有価証券報告書

     第二部 ファンド情報                            第一部 ファンド情報
     第1 ファンドの状況                            第1 ファンドの状況
       1 ファンドの性格                            1 ファンドの性格
       2 投資方針                            2 投資方針
       3 投資リスク                            3 投資リスク
       4 手数料等及び税金                            4 手数料等及び税金
       5 運用状況                            5 運用状況
     第2 管理及び運営                            第2 管理及び運営
       1 申込(販売)手続等                            1 申込(販売)手続等
       2 買戻し手続等                            2 買戻し手続等
       3 資産管理等の概要                            3 資産管理等の概要
       4 受益者の権利等                            4 受益者の権利等
     第3 ファンドの経理状況                            第3 ファンドの経理状況
       1 財務諸表                            1 財務諸表
       2 ファンドの現況                            2 ファンドの現況
     第4 外国投資信託受益証券事務の概要                            第4 外国投資信託受益証券事務の概要
     第三部 特別情報                            第二部 特別情報

     第1 管理会社の概況                            第1 管理会社の概況
       1 管理会社の概況                            1 管理会社の概況
       2 事業の内容及び営業の概況                            2 事業の内容及び営業の概況
       3 管理会社の経理状況                            3 管理会社の経理状況
       4 利害関係人との取引制限                            4 利害関係人との取引制限
       5 その他                            5 その他
     第2 その他の関係法人の概況                            第2 その他の関係法人の概況
       1 名称、資本金の額及び事業の内容                            1 名称、資本金の額及び事業の内容
       2 関係業務の概要                            2 関係業務の概要
       3 資本関係                            3 資本関係
     第3 投資信託制度の概要                            第3 投資信託制度の概要
     * 有価証券報告書の記載内容は、以下のとおりです。
       次へ

                                   3/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第一部 ファンド情報

     第1 ファンドの状況

      1 ファンドの性格

       (1)ファンドの目的及び基本的性格
        a.ファンドの目的、信託金の限度額および基本的性格
          DWS     グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型)(以下
         「ファンド」という。)の主な目的は、インカム・ゲインの確保と信託財産の中長期的な成長を目
         指すことによりトータル・リターンを追求することである。
          管理会社および保管受託銀行との間で締結された約款(以下「約款」という。)には、信託金の
         限度額に関する定めはない。
        b.ファンドの特色
          ファンドは、ルクセンブルグ大公国(以下「ルクセンブルグ」という。)の民法および投資信託
         に関する2010年12月17日法(以下「2010年12月17日法」という。)パートⅡの規定に基づき、約款
         によって設定されたオープン・エンド型の共有持分型投資信託である。
          受益者は、各評価日において当該評価日における受益証券1口当たり純資産価格で受益証券を買
         い戻すよう請求することができる。
       (2)ファンドの沿革

        1987年4月15日           管理会社の設立
        2013年1月3日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の約款
                   締結
        2013年2月8日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の日本
                   における募集開始
        2013年2月22日           DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(米ド
                   ルクラス受益証券、豪ドルクラス受益証券、ユーロクラス受益証券)の運用
                   開始
        2013年5月2日           ファンドの約款締結
        2013年6月19日           ファンドの日本における募集開始
        2013年6月21日           ファンドの運用開始
                                   4/148







                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)ファンドの仕組み
        ① ファンドの仕組み
                                   5/148




















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ② ファンドの関係法人
          ファンドの関係法人の名称および業務は以下のとおりである。
                          ファンド運営
              名称                              契約等の概要
                          上の役割
     DWS・インベストメント・                     管理会社         2013年5月2日付で保管受託銀行との間でファ
     エス・エー                             ンド約款を締結。ファンド資産の運用、受益証
     (DWS    Investment       S.A.)                   券の発行、買戻し、ファンドの終了等について
                                   規定している。
     ステート・ストリート・バンク・                     保管受託銀行         2005年9月5日付で管理会社との間で保管契約
                                   (注1)
     ルクセンブルグ・エス・エー
                                      を締結。ファンド資産の保管業務につい
     (State     Street    Bank   Luxembourg
                                   て規定している。
     S.A.)
                          管理事務代行         2006年9月15日付で管理会社との間で管理事務
                                       (注2)
                          会社
                                   代行契約        が締結され、2013年6月17日付
                                   でファンドがその対象とされる。ファンドの管
                                   理事務代行業務について規定している。
     ドイチェ・アセット&ウェルス・                     投資運用会社         2005年11月9日付で管理会社との間で投資運用
     マネジメント・インベストメント
                                     (注3)
                                   契約      を締結。投資運用業務について規定
     GmbH
                                   している。
     (Deutsche       Asset    & Wealth
     Management       Investment       GmbH)
     (2013年9月1日付で、旧名称「D
     WSインベストメントGmbH
     (DWS    Investment       GmbH)」から現
     名称へ変更された。)
     ドイツ証券株式会社                     代行協会員         2013年1月21日付で管理会社との間で代行協会
                                      (注4)
                                   員契約       を締結。代行協会員業務について
                                   規定している。
     丸三証券株式会社                     日本における         2013年5月20日付で管理会社との間で受益証券
                                          (注5)
                          販売会社
                                   販売買戻契約           を締結。受益証券の販売・
                                   買戻しに関する業務について規定している。
     (注1)保管契約とは、管理会社によって任命された保管受託銀行が、ファンド資産の保有、およびルクセ
         ンブルグ法に基づき保管受託銀行に課されているその他すべての業務を履行することを約する契約
         である。
     (注2)管理事務代行契約とは、管理会社によって任命された管理事務代行会社が計算および評価ならびに
         その他の管理事務代行業務をファンドに提供することを約する契約である。
     (注3)投資運用契約とは、管理会社によって任命された投資運用会社が、投資方針および直接的な投資判
         断の日々の遂行を含むファンド運用を行うことを約する契約である。
     (注4)代行協会員契約とは、管理会社によって任命された代行協会員が、ファンドに対し、受益証券に関
         する目論見書の日本証券業協会に対する提出、受益証券1口当たりの純資産価格の公表ならびに決
         算報告書およびその他の書類の日本証券業協会に対する提出等代行協会員事務を提供することを約
         する契約である。
     (注5)受益証券販売買戻契約とは、管理会社によって任命された日本における販売会社が、受益証券の日
         本における募集の目的で管理会社から交付を受けた受益証券を日本の法令・規制および目論見書に
         準拠して販売・買戻し業務を行うことを約する契約である。
                                   6/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ③ 管理会社の概要
         (a)  設立準拠法
            管理会社は、2010年12月17日法第15章の要件、したがって2009年7月13日付欧州議会および理
           事会指令2009/65/ECの規定(管理会社の規制を目的として一定の譲渡可能証券に対する投資
           信託に関する法律、規則および監督規定の調整に関する理事会指令85/611/EECを改正す
           る。)の規定を満たす。
            管理会社は、1915年ルクセンブルグ会社法(改正済)に従い、1987年4月15日に設立され、そ
           の後1987年5月4日付のメモリアル・セ・ルクイ・デ・ソシエテ・エ・アソシアシオン(以下
           「メモリアル」という。)Cにて公告された。
         (b)  事業の目的
            事業の目的は、投資信託の設定および管理を行うことである。投資ファンドの運用には、2010
           年12月17日法の別紙Ⅱに明記される業務が含まれるが、これらに限定されるものではない。
         (c)  資本金の額
            2014年1月末日現在、管理会社の払込済資本金は30,677,400ユーロ(約42億7,766万円)であ
           る。
           (注)ユーロの円貨換算は、特に記載がない限り、2014年1月31日現在の株式会社三菱東京UF
              J銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1ユーロ=139.44円)による。
         (d)  会社の沿革
            1987年4月15日に設立。
         (e)  大株主の状況
                                                (2014年1月末日現在)
              名称                    住所            所有株式数          比率

     ドイチェ・アセット&ウェルス・                     フランクフルト・アム・マイン、

     マネジメント・インベストメント                     D-60327マインツァー・ラント                     30,000株          50%
     GmbH                     通り178-190
                          ルクセンブルグ大公国、ルクセン

     ドイチェ・バンク・ルクセンブル
                          ブルグ1115、ブールバール・コン                     30,000株          50%
     グ・エス・エー
                          ラ・アデヌール2番
       (4)ファンドに係る法制度の概要

        (a)準拠法の名称
          ファンドの設定準拠法は、ルクセンブルグの民法である。
          また、ファンドは、2010年12月17日法、勅令、金融監督委員会(Commission                                           de  Surveillance        du
         Secteur     Financier)(以下「CSSF」という。)の通達等の規則に従っている。
        (b)準拠法の内容
         ① 民法
            ファンドは、法人格を持たず、加入者の累積投資からなる財産集合体である。加入者は、その
           投資によって平等に利益および残余財産の分配を請求する権利を有する。ファンドは、会社とし
           て設立されていないので、個々の投資者は株主ではなく、その権利は受益者と管理会社との契約
           関係に基づいた契約上のものであり、この関係は、一般の契約法(すなわち、民法第1134条、
           1710条、1779条、1787条および1984条)および下記の2010年12月17日法に従っている。
         ② 2010年12月17日法
            2010年12月17日法により、ルクセンブルグは、通達2009/65/ECを実施した。この法律は、
           2010年12月24日にメモリアル紙に公告され、2011年1月1日から施行された。
            2010年12月17日法は、5つのパートから構成されている。
            パートⅠ-UCITS
            パートⅡ-その他の投資信託
                                   7/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            パートⅢ-外国の投資信託
            パートⅣ-管理会社
            パートⅤ-UCITSおよびその他の投資信託に適用される一般規定
            2010年12月17日法は、パートⅠが適用される「譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託
           (UCITS)」とパートⅡが適用される「その他の投資信託」を区分して取扱っている。
       (5)開示制度の概要

        (1)ルクセンブルグにおける開示
         ① CSSFに対する開示
            ルクセンブルグ内において、またはルクセンブルグから受益証券をルクセンブルグ内外の公衆
           に対し公募する場合は、CSSFへの登録およびその承認が要求される。この場合、目論見書、
           説明書、年次報告書および半期報告書をCSSFに提出しなければならない。
            さらに、「(6)監督官庁の概要 (4)財務状況およびその他の情報に関する監督」で述べるよ
           うに、年次報告書に含まれている年次財務書類は、独立の監査人により監査され、CSSFによ
           り承認されなければならない。ファンドの独立監査人は、ケーピーエムジー・ルクセンブルグ・
           サールである。更に、ファンドは、前の金融庁1997年6月13日付通達97/136(金融監督委員会通
           達08/348により改正)に基づき、CSSFに対して月次報告書を提出することを要求されてい
           る。
         ② 受益者に対する開示
            ファンドの貸借対照表、財務状況等を記載した年次報告書および半期報告書は、管理会社およ
           び保管受託銀行の登記上の事務所において、受益者はこれを入手することができる。なお、約款
           の全文は管理会社の登記上の事務所において無料で入手することができる。また、ルクセンブル
           グの商業および会社登録機関において約款(その変更を含む)を閲覧することができ、その写し
           を入手することができる。
            受益者に対するすべての通知は、必要な場合適切な媒体により公告される。
        (2)日本における開示
         ① 監督官庁に対する開示
          (ⅰ)金融商品取引法上の開示
             管理会社は日本における1億円以上の受益証券の募集をする場合、有価証券届出書にファン
            ドの約款および主要な関係法人との契約書の写し等を添付して、日本国財務省関東財務局長に
            提出しなければならない。(ただし、主要な関係法人との契約書の写しは、当該契約の主要な
            内容が有価証券届出書中に記載されている場合には添付する必要がない。)投資者およびその
            他希望する者は、財務省関東財務局の閲覧室または金融商品取引法に基づく有価証券報告書等
            の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)において、これを閲覧することができ
            る。
             受益証券の日本における販売会社および販売取扱会社は、交付目論見書(金融商品取引法の
            規定により、あらかじめまたは同時に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に
            交付する。また、投資者から請求があった場合は、請求目論見書(金融商品取引法の規定によ
            り、投資者から請求された場合に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に交付
            する。管理会社は、その財務状況等を開示するために、各会計年度終了後6か月以内に有価証
            券報告書を、また、各半期終了後3か月以内に半期報告書を、さらに、ファンドに関する重要
            な事項について変更があった場合にはそのつど臨時報告書を、それぞれ日本国財務省関東財務
            局長に提出する。投資者およびその他希望する者は、これらの書類を財務省関東財務局の閲覧
            室またはEDINETにおいて閲覧することができる。
          (ⅱ)投資信託及び投資法人に関する法律上の届出等
             管理会社は、受益証券の募集の取扱等を行う場合、あらかじめ、投資信託及び投資法人に関
            する法律(昭和26年法律第198号)(以下「投信法」という。)に従い、ファンドに係る一定の
            事項を金融庁長官に届け出なければならない。また、管理会社は、ファンドの約款を変更しよ
                                   8/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            うとするとき等においては、あらかじめ、変更の内容および理由等を金融庁長官に届け出なけ
            ればならない。さらに、管理会社は、ファンドの資産について、ファンドの各計算期間終了後
            遅 滞なく、投信法に従って、一定の事項につき運用報告書を作成し、金融庁長官に提出しなけ
            ればならない。
         ② 日本の受益者に対する開示
            管理会社は、約款を変更しようとする場合であってその変更の内容が重大なものである場合等
           においては、あらかじめ、日本の知れている受益者に対し、変更の内容および理由等を書面を
           もって通知しなければならない。
            管理会社からの通知等で受益者の地位に重大な影響を及ぼす事実は日本における販売会社また
           は販売取扱会社を通じて日本の受益者に通知される。
            上記のファンドの運用報告書は、日本の知れている受益者に交付される。
       (6)監督官庁の概要

         ファンドは、CSSFの監督に服している。監督の主な内容は次のとおりである。
        (1)  登録の届出の受理
         ① ルクセンブルグに所在するすべての投資信託(即ち、契約型投資信託の管理会社または会社型
           投資信託の登記上の事務所がルクセンブルグに存在する場合)は、CSSFの監督に服し、CS
           SFに登録しなければならない。
         ② UCITSで、EU加盟国で設立され、かつUCITS通達2009/65/ECの要件に適合して
           いることを設立国の監督官庁により認可されているものについては、かかる登録を必要としな
           い。かかるUCITSは、UCITSの所在国の当局に対し情報を提供して所定の書類を提出
           し、これを当該当局がCSSFに通知し、所在地事務代行会社としてルクセンブルグの銀行を任
           命することで、受益証券をルクセンブルグ国内において販売することができる。
            ファンドは、ルクセンブルグ大公国の法律に基づき設定された共有持分型の契約型投資信託で
           ある。ファンドは、譲渡性のある有価証券を投資対象とする投資信託に関する2010年12月17日法
           のパートⅡに基づき登録されている。ファンドの受益証券につき、ルクセンブルグ以外のEU加
           盟国では公衆に対する販売活動は行われない。
         ③ 外国法に準拠して設立または設定され、運営されている上記以外の投資信託は、ルクセンブル
           グにおいてまたはルクセンブルグから国外の公衆に対してその投資信託証券を販売するために
           は、CSSFへの事前登録を要する。
            当該投資信託が、設立・設定された国において、投資者の保護を保証するために当該国の法律
           により設けられた監督機関による恒久的監督に服している場合にのみかかる登録が可能である。
                                   9/148








                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (2)  登録の拒絶または取消
          投資信託が適用ある法令通達を遵守しない場合、独立の監査人を有しない場合、またはその監査
         人が受益者に対する報告義務およびCSSFに対する開示義務を怠った場合には、登録が拒絶され
         または取消されうる。
          また、投資信託の役員または投資信託もしくは管理会社の取締役が、CSSFの要求される専門
         的能力および信用につき十分な保証の証明をしない場合には、登録は拒絶されうる。さらに、投資
         信託の機構または開示された情報が投資者保護のため十分な保証を有しない場合は、登録は拒絶さ
         れうる。
          登録が拒絶または取消された場合、ルクセンブルグの投資信託については地方裁判所の決定によ
         り解散および清算されうる。またルクセンブルグ以外の投資信託の場合は、上場廃止となり、かつ
         販売が停止されうる。
        (3)  目論見書に対する査証の交付
          投資信託証券の販売に際し使用される目論見書または説明書、その他の書類は、その使用前にC
         SSFに提出されなければならない。CSSFは書類が適用ある法律、勅令、通達に従っていると
         認めた場合には、申請者に対し異議のないことを通知し、関係書類に査証を付してそれを証明す
         る。
        (4)  財務状況およびその他の情報に関する監督
          投資信託の財務状況ならびに投資者およびCSSFに提出された情報の正確性を確保するため、
         投資信託は、独立の監査人の監査を受けなければならない。監査人は財務状況その他に関する情報
         が不完全もしくは不正確であると判断した場合には、その旨をCSSFに直ちに報告する義務を負
         う。また監査人は、CSSFが要求するすべての情報(投資信託の帳簿その他の記録を含む。)を
         CSSFに提出しなければならない。
                                  10/148












                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2 投資方針
       (1)投資方針
         ファンドの資産は、リスク分散原則に従い、下記のファンドの一般的な投資方針の範囲内で、約款
        に規定される投資選択および投資制限に従って投資される。
        投資目的および投資方針
         ファンドの投資目的は、インカム・ゲインの確保と信託財産の中長期的な成長を目指すことにより
        トータル・リターンを追求することである。
         ファンドは、主に世界各国の公益債券に投資することにより、その目的の達成を目指す。
         「世界各国の公益債券」とは、世界各国の公益企業・公社が発行する債券をいう。
         「公益企業・公社」とは、電力・ガス・水道等の日常生活に密接なサービスを行う公益企業・公社
        をいう。
         債券の格付は、取得時において、スタンダード・アンド・プアーズのBBB-格相当以上または
        ムーディーズもしくはフィッチの同等の格付とする。複数の格付機関により異なる格付が付与されて
        いる場合、上位の格付を採用する。格付が公表されていない場合、投資運用会社は内部の格付を用
        い、内部の格付がBBB-格相当以上の場合にのみ投資を行う。債券が格下げとなり、格付機関から
        の格付がこの最低格付を下回った場合、その債券はファンドの受益者の最善の利益のために可能な限
        り速やかに売却される。
         株式に対する投資は行われないが、(i)株式/新株予約権の特徴を有するハイブリッド優先証券へ
        の投資、(ii)発行体の組織再編等の結果としての株式の受領、または、(iii)債券の保有者に割り
        当てられる転換権の行使の結果として、純資産の10%を上限として株式を保有する場合がある。
         ファンドは、資産担保証券(ABS)または不動産担保証券(MBS)に投資しない。
         ポートフォリオの米ドルに対する為替リスクはヘッジする予定である。
        <ファンドの特色>

                                  11/148











                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        デリバティブの使用
         ファンドは、適切なリスク管理システムが整えられているという条件で、ファンドが購入する資産
        または公認の指数、金利、為替レートもしくは通貨から派生するあらゆる種類のデリバティブに対し
        て投資を行うことができる。特に、オプション、金融先物契約およびスワップならびにそれらの組合
        せを含む。デリバティブの使用は、ファンドの資産の為替取引に限定される必要はなく、投資戦略の
        一部となる可能性もある。
         デリバティブ取引は、投資制限の範囲内で行われ、ファンド資産の効率的な運用を行う一方で、投
        資のデュレーションおよびリスクを調整する。
        スワップ
         管理会社は、投資原則の範囲内で、ファンドの勘定で、以下のスワップ取引を行うことができる。
         ・ 金利スワップ
         ・ 通貨スワップ
         ・ エクイティ・スワップ
         ・ クレジット・デフォルト・スワップ
         スワップ取引は、当事者が各取引の対象となる資産またはリスクを交換する契約である。
        スワップション
         スワップションは、スワップのオプションである。スワップションは、一定の時点にまたは一定の
        期間内にスワップ取引(その条件は、詳細に定められる)を行う権利である(義務ではない。)。
        クレジット・デフォルト・スワップ
         クレジット・デフォルト・スワップは、潜在的な信用不履行の額を他の当事者へ移転することを可
        能にするクレジット・デリバティブである。信用不履行リスクを引き受ける対価として、リスクの売
        り手(プロテクションの買い手)は、その取引相手方にプレミアムを支払う。
         その他すべての点において、前記「スワップ」で記載した内容が適宜適用される。
        証券化金融商品
         管理会社は、上記の金融商品が証券化された場合、当該金融商品を取得することもできる。金融商
        品に関する取引は、当該証券(例えば、ワラントに連動する債券)に部分的に含まれる可能性もあ
        る。機会およびリスクに関する説明は、適宜、当該証券化金融商品に適用されるが、証券化商品の場
        合、損失リスクは証券の価額に限定されることを条件とする。
        店頭デリバティブ取引
         管理会社は、取引所における取引を認められているかまたは他の組織化された市場に含まれるデリ
        バティブ取引および店頭取引のいずれも行うことができる。
        合成証券貸付
         約款の「一般条項」に記載される証券貸付に関する規則に加えて、証券貸付は、合成的に行われる
        場合がある(以下「合成証券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証
        券は、現在の市場価格で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却
        された証券と同種、同質および同量の証券の引渡しを後日要求する権利をファンドに与えるという証
        券化されたレバレッジされていないオプションを取引相手方から受け取るということを条件とする。
        オプションの価格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価
        格から(a)証券貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求をすることのできる証券からの収
        益(例えば、配当、利払い、発行証券に影響を及ぼす企業行為)および(c)オプションの行使価格を
        控除した金額とする。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使される。投資戦略を
        実施するため、合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却される場合、かか
        る売却は、その時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売却することによっ
        ても行うことができる。
       (2)投資対象

         上記「(1)投資方針」参照のこと。
                                  12/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)運用体制
        (1)管理会社の投資運用組織
          管理会社は、ファンドの運用業務を投資運用会社に委託している。
          管理会社は、自らの責任および支配の下で、ならびに自らの費用において、投資運用会社とファ
         ンドに関する投資運用契約を締結した。投資運用会社は、ドイツ法に基づくポートフォリオ・マ
         ネージャーである。
          ファンドの運用には、投資方針および直接的な投資判断の日々の遂行を含むものとする。投資運
         用会社は、自らの監督、支配および責任の下で、ならびに自らの費用において、ファンド運用業務
         の全部または一部を委任することができる。
          投資運用会社は、自らの費用において、ならびに自らの責任および支配の下で、投資助言会社を
         任命することもできる。投資助言機能は、特に、ファンドの資産に適した投資商品の分析および推
         奨が含まれるものとする。投資運用会社は、投資助言会社が行った推奨に拘束されない。
          以下のチャートは、投資運用会社内の投資運用債券部門およびポートフォリオ運用チームの組織
         を図示するものである。
         DWSフィクスト・インカム・ヨーロッパ

        2014  年1月末日現在







                                  13/148







                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         グローバル・インベストメント・チーム
        2014  年1月末日現在









          ファンドのポートフォリオ・マネージャーは、ファンドの参照指標に対するファンドのパフォー

         マンスおよびファンドの同業者に対する相対的地位の双方を含む一切の投資決定およびそれに関連
         するリスクに責任を負う。ポートフォリオ・マネージャーの投資決定は、定性・定量の両局面から
         なるマルチ・ステップ・プロセスにより監督・統制される。
          ポートフォリオ・マネージャーは、ファンドの所定の投資目的の達成において一定の裁量権を享
         受する。資産配分といった事項を含む基本的な変更には、投資チームの意見を盛り込むこと、およ
         びチーフ・インベストメント・オフィサー(CIO)の合意を得ることが必要である。
          ポートフォリオ・マネージャーは、市場分析およびポートフォリオ構築についてチームとして機
         能する。これらの資格において、ポートフォリオ・マネージャーらは相互を代理人に任命し、投資
         スペシャリストが、自己の担当分野(市場またはポートフォリオ)のバックアップを有しているこ
         とになる。
          ファンドの運用体制は、2014年1月末日現在のものであり、随時変更されることがある。
        (2)投資運用に関する内部規則

          管理会社は内部的なグループ行動規範方針およびドイツ投資信託協会(BVI)の行動規範を固
         守する。
          幾つかの内部方針が、規制要件および最良実務基準、例えば「最良執行方針」「公平配分方針」
         「クロッシング方針」「スタッフ取引に関する指令」「コンプライアンス・マニュアル」を満たす
         ためにおかれている。したがって、コンプライアンス部門は、「アクセス」および幾つかのコンプ
         ライアンスに特化したシステムを通じて定期的にすべての顧客およびスタッフの取引を監視してい
         る。
                                  14/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          一般に、ポートフォリオ運用は、適用ある法律上、監督上、契約上および内部の規制に対する全
         般的な遵守に責任を負う。ファンドのポートフォリオ運用は、アセット・マネジメント・リスク統
         制管理部門および投資運用コンプライアンス部門による支援を受けている。
        (3)コンプライアンス

          管理会社のコンプライアンス部門は、すべての関連する制定法、規則、規範および最良実務およ
         び高い倫理基準の遵守が確保されることを目指している。コンプライアンス部門は、管理会社/D
         Bアドバイザーの業務活動に適用されるすべての規則、規制および規範についての会社全体の認識
         を高めている。
          管理会社のコンプライアンス部門は、組織上、ドイツ銀行グループのコンプライアンス部門の現
         地責任、およびドイツ銀行グループのアセット&ウェルス・マネジメント部門のコンプライアンス
         課の担当責任の下に置かれている。それらは、投資方針決定者、ポートフォリオ・マネージャーお
         よび管理会社/DBアドバイザーの業務上の機能から独立して業務を行う。
         アセット・ウェルス・マネジメント・コンプライアンス(ドイツ)
        2014  年1月末日現在





          管理会社のコンプライアンス部門の業務は以下のように要約できる。

           ・顧客ガイドラインおよび規制要件(ドイツ投資法、証券取引法、ドイツのマネー・ロンダリン
            グ防止法等)を確保し、遵守するための適切な方策の実施および監視
           ・利益相反の取扱いの方策
           ・最良実務ルールの遵守
         内部監査

          内部監査部門は、ヨーロッパにおける管理会社/DBアドバイザーのリテールおよび機関投資家
         向けアセット・マネジメント業務をカバーすること、ならびに統制環境の独立評価に責任を有す
         る。これには、内部統制構造が、資産の保護、業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、ガ
         イドラインおよび業務指示の遵守、法律および規則の遵守、ならびに内在するリスクの評価につい
         て合理的な確実性を提供しているかどうかの査定および報告を含む。リスクを基礎とするアプロー
         チが、ダイナミックかつ効率的に、すべての業務を対象とし、かつ、機能の統制環境を支援するた
         めに利用される。監査部門は利益相反となるかまたは自らの独立性を危うくする結果になるおそれ
         のある業務について関与しない。
          以下のチャートは、ヨーロッパでのアセット・マネジメント業務のための管理会社の監査部門の
         組織を表すものである。
         DWS監査グループ

                                  15/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2014  年1月末日現在





         ポートフォリオ運用

          一方で、リサーチ、資産配分およびポートフォリオ構築の期間を超えて予測およびポジショニン
         グに関して継続的な監視がなされている。管理会社の事業リスク部門およびコンプライアンス部門
         は常にすべてのポートフォリオを監視している。
          管理会社は、リアル・タイムの注文管理システムを使用しており、実行前に全注文をチェックす
         る。それは、取引を実行する前に重要なポートフォリオの数値を再計算している。
          毎日のストレス・シナリオ(ヒストリカルなものおよびファンドに特化しているもの)および
         日々のバック・テストを実施するために、リスク計測グループからのアプリケーション・リスクマ
         ネージャーにより、管理会社は日々のVaR数値(モンテ・カルロまたはヒストリカルシミュレー
         ション)を計算することが可能になっている。
          他方で、過去のパフォーマンスのレビューがある。グループおよび各部門の責任者は、ファンド
         のポジショニングおよびパフォーマンスを管理しており、パフォーマンスについて検討し、必要で
         あればパフォーマンス改善のための変更を導入するためにパフォーマンス・レビュー・ミーティン
         グが定期的に行われている。
        (4)管理会社によるファンドの関係者に対する管理運営システム

         ・登録および名義書換代理人の機能に関して、管理会社は、ドイツ、ミュンヘンのステート・スト
           リート・バンク・ゲー・エム・ベー・ハーと副名義書換代理人契約を締結した。当該契約に従
           い、ステート・ストリート・バンク・ゲー・エム・ベー・ハーは、特に、ドイツ、フランクフル
           ト、マインのクリアストリーム・バンキング・エー・ジーに預託された大券を管理する任務を負
           う。
         ・保管受託銀行は、ステート・ストリート・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーである。
          業務を監視するに当たりリスク部門とコンプライアンス部門、法務部門と業務部門の間で協力が
         なされている。業務部門の責任者は、保管受託銀行との関係、ならびに高水準の業務が維持されて
         いることの確保、および生じる可能性のある安定性またはシステム上の問題点の特定および解決に
         ついての共同作業に責任を有する。事業の必要性および要件の調整を確保するために保管受託銀行
         と管理会社の組織との間で高レベルでの意見交換が常に行われている。業務水準の合意についての
         見直しが年1回行われている。
          保管受託銀行は、キー・パーフォーマンス・インディケーターを、コア・プロセシング・サービ
         ス業務部門に対し毎月提供し、これは毎月のコア・プロセシング・サービス/保管受託銀行業務
         ミーティングおよび四半期ごとのグローバル・ガバナンス・ミーティングで承認および合意され
         る。
                                  16/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          管理会社の内部監査部門は定期的な訪問を行い、システム、人員、手続および統制が、管理会社
         およびその顧客に業務を提供し、現地の規制当局の期待に応えるために整備されていることを確保
         するために、管理会社の手続をテストする。
          コア・プロセシング・サービス業務部門内においては、業務の質および提供の適時性を監視する
         ために維持されている内部キー・パーフォーマンス・インディケーターだけでなく、すべての機能
         分野における上級管理職に対するMIS(マネジメント・インフォメーション・システム)報告が
         毎月行われている。
       (4)分配方針

         ファンドのメキシコペソクラスは、毎年12月20日(12月20日が銀行営業日でない場合、翌銀行営業
        日)を分配落ち日として年1回分配を行うことができる。
        (注)分配を行わないこともある。
         管理会社は、収益を分配するかまたは再投資するかを決定する。分配する場合、管理会社は、分配
        の有無および金額も定める。通常純収益および実現キャピタル・ゲインはいずれも分配可能である。
        また、未実現キャピタル・ゲインならびに前年度の留保キャピタル・ゲインおよびその他の資産も分
        配可能であるが、ファンドの純資産総額が2010年12月17日法第23条により要求される最低金額を下回
        らないことを条件とする。分配は、分配日において発行済の受益証券口数に基づき支払われる。分配
        の全部または一部は、無償受益証券の形式で支払われる。残存する受益証券の端数は、現金で支払わ
        れるかまたは貸記される。5年以内に申し立てられない分配は、失効し、関連するファンドに戻され
        るものとする。
         管理会社は、法律に従い、ファンドに関し中間分配を支払うことを決めることができる。
         ※ 上記は、将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではない。

       (5)投資制限

         管理会社は、ファンドの資産の運用にあたり、以下の投資制限を遵守する。
        a.譲渡可能証券に関する資産制限
          ファンドは、以下のことをしてはならない。
         ① 証券取引所で取引可能でない証券、または公認され、一般に公開されており、定期的に営業し
           ている異なる規制市場で取引されていない証券に、ファンドの資産の15%を超えて投資するこ
           と。
         ② 同一の発行体から同種の表章された権利の20%を超える部分を購入すること。
         ③ 同一の発行体の表章された権利にその資産の20%を超えて投資すること。
         ④ 他の集団投資ファンド(株式に投資する契約型投資ファンドまたは会社型投資ファンドを含
           む。)の受益証券または投資口に投資すること。
         ⑤ 管理会社が自己または第三者のために行う取引等、受益者の保護に反しまたはファンドの資産
           の適正な運用を害するファンドのために締結される管理会社の取引は、禁止されるものとする。
          上記②および③で定められる制限は、OECDの加盟国もしくはその地域的団体により、または
         国際機関もしくは共同体、地域的もしくは国際的な性格の組織により付与されまたは保証される表
         章された権利には適用されない。
        b.空売りに関するリスク分散規則
         ① 以下の空売りは、原則として、ファンドにおいて行うことはできない。
          (イ)公式の証券取引所への上場が認められていないかまたは別の規制市場(定期的に営業してお
            り、かつ公認され、一般に公開されているもの。)で取引されていない譲渡可能証券のショー
            ト・ポジション。ただし、ファンドは、かかる証券が流動性が高く、ファンドの資産の10%を
            超えない場合は、規制市場で相場を付けられずまたは取引されていない譲渡可能証券について
            のショート・ポジションを保有することができる。
                                  17/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (ロ)同じ発行体により発行された同種の証券の10%を超える譲渡可能証券についてのショート・
            ポジション。
          (ハ)同じ発行体の譲渡可能証券についてのショート・ポジションで、(ⅰ)空売りが行われた時点
            での価格の合計が、ファンドの資産の10%を超える場合、または(ⅱ)ショート・ポジションが
            資産の5%を超える契約義務を表す場合。
         ② 特定の時点において譲渡可能証券の空売りから生じる契約義務は、当該時にファンドにより行
           われた空売りから生じる累積的未実現損失に相当する。空売りから生じた未実現損失は、ショー
           ト・ポジションをカバーすることができる時価と、関連する譲渡可能証券が空売りされた価格と
           の差額から生じるプラスの金額である。
         ③ 空売りから生じるファンドの契約義務総額は、いかなる場合もファンドの資産の50%を超える
           ことはできない。ファンドが空売り取引を実行する場合、かかる空売りから生じる未清算ポジ
           ションをいつでも手仕舞いすることのできるのに十分な資産を保有していなければならない。
         ④ 譲渡可能証券の空売りに関連して、ファンドは、この種の取引を専門としている一流の専門家
           との間で、借主として証券貸付取引を締結する権限を付与されている。(ⅰ)証券貸付取引に関連
           して、ファンドから貸主に担保として移転される資産の価額と(ⅱ)ファンドがかかる貸主に対し
           負う債務との差額から生じるカウンターパーティ・リスクはファンドの資産の20%を超えること
           はできない。疑義を避けるために述べると、ファンドはさらに、所有権を移転することにならず
           または他の方法によりカウンターパーティ・リスクを制限する担保取決めを用いて担保を提供す
           ることができることに留意すべきである。
        c.信用制限
          管理会社も保管受託銀行もファンドの勘定で借入れをすることはできない。ただし、ファンド
         は、「バック・トゥー・バック」ローンの方法により外貨を取得することができる。
          上記の例外として、ファンドは、その純資産の10%を上限として借入れすることができる。ただ
         し、かかる借入れは、一時的なものとする。
          管理会社も保管受託銀行もファンドの勘定で貸付けを行うことはできず、また、第三者のための
         保証人となることもできない。
          この制限は、全額払込み済みでない証券、短期金融商品またはその他の金融商品の取得を妨げな
         いものとする。
        d.デリバティブ金融商品およびその他の手法に対するアクセス
         ① ファンドは、下記のデリバティブ金融商品および手法を用いることができる。
            デリバティブ金融商品は、特に、オプション、金融商品に関する先物契約およびかかる契約の
           オプション、ならびにすべての種類の金融商品に関する公開市場スワップが含まれる場合があ
           る。さらにファンドは、証券貸付取引の、および擬制または真正の年金取引形式による手法を用
           いることができる。
            デリバティブ金融商品は、規制市場またはこの種の取引を専門とする一流の専門家と公開市場
           で取引されなければならない。
            証券の空売りからの債務、ならびに公開市場で取引される金融商品の債務、および規制市場で
           取引されるデリバティブ金融商品取引からの債務の合計額は、いかなる場合でもファンド資産の
           価額を超えることはできない。
            この点に関し、以下の制限が適用される。
           (イ)公開市場で取引されるデリバティブ金融商品に関する債務と共に、規制市場で取引される
             デリバティブ商品に関する証拠金支払いおよび/または追加カバーは、ファンドの資産の
             50%を超えることはできない。ファンドの流動資産の準備金は、少なくともファンドにより
             提供される証拠金支払いおよび/または追加カバーの金額と同額でなければならない。流動
             資産は、定期預金および残存期間が12か月未満の定期的に取引されている短期金融商品だけ
             でなく、OECD加盟国もしくはその地域的な団体によりまたは国際機関もしくは共同体、
             地域的もしくは国際的な性格の組織により発行された、財務省債券、ならびに、規制され、
             一般に公開されており、定期的に営業している公式証券取引所または規制市場で取引されて
                                  18/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             おり、かつ、より高い程度の流動性を有するとともに一流の発行体により発行されている債
             券もいうものと解される。
           (ロ)ファンドは、借入れによって証拠金支払いおよび/または追加カバーに対し資金調達する
             ことはできない。
           (ハ)ファンドは、先物契約以外の天然資源または天然資源指数についての商品契約を締結する
             ことはできない。これに対し、ファンドは、組織化された市場で取引可能な貴金属の現金取
             引を締結することができる。
           (ニ)カレント・オプションの購入のために支払われるプレミアムは、上記(イ)で定められる
             50%の制限内に含まれる。
           (ホ)ファンドは、天然資源に対する投資においては、合理的なリスク分散を確保するため、十
             分な多様化を行わなければならない。
           (ヘ)ファンドは、規制市場で取引されるデリバティブ金融商品または公開市場で取引されるデ
             リバティブ金融商品に係る単一の契約で、これについての、証拠金支払いおよび/もしくは
             追加カバーもしくは債務が資産の5%以上となる未清算ポジションを保有することはできな
             い。
           (ト)同一の性格を有するカレント・オプションの購入に支払われるプレミアムは、資産の5%
             を超えることはできない。
           (チ)ファンドは、同一の重要商品または金融商品に関する同一カテゴリー先物契約に係るデリ
             バティブ金融商品で、これについての証拠金支払いおよび/もしくは追加カバー(組織化さ
             れた市場で取引されるデリバティブ商品に対して)並びに債務(公開市場で取引されるデリ
             バティブ商品に対して)が資産の20%以上になる未清算ポジションを保有することはできな
             い。
           (リ)ファンドによる公開市場で取引されるデリバティブ取引との関連における債務は、当該時
             において、このデリバティブ取引の未実現損失に相当する。
         ② 標準化されたシステムに関連して、管理会社は、ファンドの証券を第三者に貸し付ける権利を
           有する。かかる取引は、ユーロクリアもしくはクリアストリーム等の公認の決済機関もしくはそ
           の他の公認の国内決済センターまたはその他これに類する取引を専門とし信用格付が高い金融機
           関を利用する場合にのみ行うことができる。かかる運営はCSSF通達08/356またはこれを修正
           するかもしくは置き換える通達に従ってなされなければならない。
           合成証券貸付
            上記の証券貸付に関する規則のほか、証券貸付は合成的に行われる場合がある(以下「合成証
           券貸付」という。)。合成証券の借入れにおいて、ファンドに含まれる証券は、現在の市場価格
           で取引相手方に売却される。ただし、かかる売却は、ファンドが同時に、売却された証券と同
           種、同質および同量の証券の引渡しを後日要求する権利をファンドに与えるという証券化された
           レバレッジされていないオプションを取引相手方から受け取ることを条件とする。オプションの
           価格(以下「オプション価格」という。)は、証券の売却により受領した現在の市場価格から、
           (a)証券貸付手数料、(b)オプションの行使により取戻請求することのできる証券からの収益
           (例えば、配当、利払い、企業行為)および(c)オプションに関連する行使価格を控除した金額
           とする。オプションは、オプションの有効期間中に行使価格で行使される。投資戦略を実施する
           ため、合成証券借入れの対象となる証券がオプションの有効期間中に売却されることとなった場
           合、このような売却は、その時点の市場実勢価格から行使価格を控除した価格でオプションを売
           却することによっても行うことができる。
         ③ ファンドは、証券の購入または売却からなる擬制年金取引を締結でき、この取引において買主
           は、契約が締結された時に当事者間で合意された価格および条件で売却証券を買い戻す売主の契
           約上の権利を承認する。ファンドは、真正年金取引を締結することもでき、かかる取引は売主が
           年金取引において移転された証券を買主から引取る義務を負い、買主は、これらの証券を返還す
           る権利または義務のいずれかを有する取引の形で行われる。
                                  19/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            ファンドは、上記取引において売主または買主となることができる。かかる取引の締結は、以
           下の規定に従う。
           ・ファンドは、取引の相手方がこの種の取引の一流の専門家である場合のみ、擬制または真正の
            年金取引を締結することができる。
           ・擬制年金取引のための購入契約の有効期間中、ファンドは、相手方が返還権を行使するかまた
            は返還期間が満了するまで、ファンドが他のオプションを有する場合を除き、当該契約の目的
            である証券を転売することはできない。ファンドは、前述の取引の範囲が、いつでも返還義務
            を果たすことのできる水準に留まることを確保しなければならない。同じ条件は、拘束力のあ
            る購入および償還契約に基づく真正年金取引のための契約(ファンドが買主(譲受人)となっ
            ているもの)にも適用される。
            ファンドが真正年金取引において売主(譲渡人)となっている場合、ファンドは、真正年金取
           引の全期間中、この年金取引の証券の所有権を移転することも、第三者のために担保を設定する
           ことも、またそれらをその他の方法で再度換金することもできない。真正年金取引の期間の終了
           時に、ファンドは、必要ある場合、譲受人に対する返還のための合意済価格を支払うことのでき
           る必要資産を保有していなければならない。
        e.流動資産
          さらに、ファンドは、その資産の49%までを流動資産に投資できる。特定の例外的状況の場合、
         受益者の利益に関して正当化されると考えられるときにかつその範囲に限って、一時的に49%を超
         えて流動資産に投資することが許される。
        f.例外
          リスク分散原則を遵守する義務にかかわらず、ファンドは、資金の流れの増加を伴う開始段階に
         おいて対象ポートフォリオを構成する際に個々のポジションを比例して設定することができない可
         能性があるため、開始から6ヶ月間において本条に定める規定から逸脱する場合がある。
                                  20/148











                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 投資リスク
       (1)リスク要因
         受益証券への投資はリスクを伴う。当該リスクは、株式または債券市場のリスク、金利リスク、信
        用リスク、債務不履行リスク、流動性リスクおよびカウンターパーティー・リスクならびに為替リス
        ク、ボラティリティ・リスクまたは政治リスクを含み、またはこれらに関連する。当該リスクのいず
        れかは、他のリスクと同時に発生する可能性もある。当該リスクの一部の概要を以下に記載する。投
        資予定者は、投資方針の範囲内で利用される商品への投資経験を有するべきである。投資者は、受益
        証券への投資に伴うリスクについて明確に認識すべきであり、(ⅰ)自らの財務および税務状況ならび
        にその他の事情を勘案した上での受益証券への投資の適切性、(ⅱ)本書に記載される情報、ならびに
        (ⅲ)ファンドの投資方針に関し、自身の法務、税務および財務顧問、監査人またはその他の顧問と
        十分に協議するまで、投資決定を行うべきではない。
         ファンドが行う投資には、価格上昇の機会に加えてリスクも含まれることに留意すべきである。
        ファンドの受益証券は証券であり、その価格は、ファンドに含まれる資産の価額の変動により決定さ
        れる。よって、受益証券1口当たり純資産価格は、購入価格と比べて上昇または下落する可能性があ
        る。
         したがって、投資目的が達成される保証はない。
        市場リスク
         金融商品の価格または市場動向は、特に、資本市場の動向に左右され、資本市場は、各国の経済状
        況全般ならびに一般的な経済・政治体制の影響を受ける。心理、意見および風評等不合理な要因が、
        特に取引所における一般的な価格動向に影響を与える。
        カントリーリスクおよび送金リスク
         カントリーリスクは、外国の借り手が支払能力を有するにもかかわらず、その所在国で送金を行う
        ことができないかまたは送金を認めないため、支払いを一切行うことができないかまたは支払いを定
        時に行うことができない場合に存在する。これは、例えば、ファンドが受領することのできる支払い
        が行われないか、または支払いが為替制限のため交換できない通貨で行われる場合をいう。
        決済リスク
         非上場証券に投資する場合は特に、支払いまたは引渡しが時間どおりにまたは合意に従い行われな
        いため、送金システムによる決済が予定どおり行われないリスクがある。
        法務および税務リスク
         ファンドの法務上および税務上の取扱いは、予想できないかまたは影響を受けることのできない方
        法で変更される可能性がある。投資者にとって実質的に不利な税効果をもたらす修正がある場合、
        ファンドの前会計年度に係る課税基準が誤っていたとみなされるため当該課税基準を変更することに
        より、投資者は、その当時投資ファンドに投資を行っていない場合でも、前会計年度に係る修正に起
        因する税負担を負わなければならないことがある。反対に、投資者は、修正が行われる前に受益証券
        を買戻しまたは売却する場合、投資ファンドに投資を行っている現会計年度または前会計年度に関す
        る実質的に有利な修正の恩恵を受けることができない場合がある。
         また、税務上のデータの修正により、課税所得または税制上の優遇措置が、該当するものと異なる
        査定期間の税務について実際に査定される場合があり、これは個別の投資者に悪影響を与えることが
        ある。
        為替変動リスク
         ファンドは米ドル建であるが、ファンドが投資する金融商品はファンドの基準通貨以外の通貨建で
        あることもある。ファンドがファンドの基準通貨以外の通貨建の資産に投資を行う限り、ファンド
        は、当該投資からの収入、返済および収益を各通貨で受領する。当該通貨の価値がファンドの基準通
        貨に対して下落する場合、ファンドの資産の価額も減少する。
        保管リスク
         保管リスクは、保管受託銀行または副保管受託銀行に支払不能、デュー・ディリジェンスの違反ま
        たは不適切な行為があった場合、ファンドが、保管される投資対象を入手する権利をその全部または
        一部についてまた不利に奪われるという基本的な可能性に起因するリスクをいう。
                                  21/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        集中リスク
         特定の資産または市場への投資の集中により、追加のリスクが生じる可能性がある。かかる場合、
        ファンドは、特に当該資産または市場の動向に大きく依拠している。
        金利変動リスク
         投資者は、受益証券への投資が金利リスクを伴う場合があることを認識すべきである。当該リスク
        は、有価証券またはファンド自体の通貨の金利が変動した場合に生じる可能性がある。
         債券価格は、通常、金利が上昇した場合には下落傾向となり、金利が低下した場合には上昇傾向と
        なる。したがって、金利が上昇した場合には、保有している債券の価格は下落し、ファンドの1口当
        たり純資産価格が影響を受け損失を被ることがある。
        政治リスク/規制リスク
         ファンドは海外に投資する可能性がある。当該投資には、国際政治の不利な展開、政府の政策の変
        更、税務およびその他法的状況の変更に係るリスクを伴う。
         投資対象国の政治、経済情勢の変化等により、市場が混乱した場合や、組入資産の取引に関わる法
        制度の変更が行われた場合などには、組入資産の価格が変動したり、投資方針に沿った運用が困難な
        場合がある。これらにより、ファンドの1口当たり純資産価格が影響を受け損失を被ることがある。
        インフレ・リスク
         すべての資産は、インフレによる評価減のリスクを伴う。
        主要人物リスク
         特定の期間における一定のファンドの極めて良好な業績は、当該ファンドのために行為する個人の
        能力にも起因し、したがって、ファンドの各運用による適切な意思決定に起因する。しかしながら、
        ファンドの運用担当者は変更される場合がある。新しい意思決定者は成功しない可能性がある。
        投資方針の変更
         ファンドに伴うリスクは、ファンドに認められた投資の範囲内における投資方針の変更により、そ
        の内容について変更される可能性がある。
        約款の変更、清算または合併
         ファンドの約款において、管理会社は、約款を変更する権利を留保する。また、管理会社は、約款
        の規定に従い、ファンド全体を清算するか、または他のファンドと合併することができる。投資者に
        とって、投資者が予定する保有期間が実現されないリスクを内包する。
        信用リスク
         投資者は、この種の投資には信用リスクが伴うことを明確に認識すべきである。債券または債務証
        券は、発行体に係る信用リスクを伴うため、発行体の信用格付を指標として使用することができる。
        債券等の低い格付を有する発行体が発行する債券または債務証券は、概して、より高い格付を有する
        発行体が発行する債券または債務証券に比べて、発行体に関するより高い信用リスクおよびより大き
        な債務不履行リスクを伴う証券とみなされる。債券または債務証券の発行体が財務上または経済上の
        苦境に陥る場合、債券または債務証券の価格(かかる価格はゼロまで下落することがある。)および
        当該債券または債務証券を基準に行われる支払い(かかる支払いはゼロまで下がることがある。)に
        影響を与える可能性がある。
         債券価格は、発行体の信用状況等の悪化により、下落することがある。特に、デフォルト(債務不
        履行)が生じた場合または予想される場合には、当該債券の価格は大きく下落(価格がゼロとなるこ
        ともある。)し、ファンドの1口当たり純資産価格が影響を受けファンドは損失を被ることがある。
        債務不履行リスク
         資本市場の一般的な動向に加えて、各個別発行体の特定の業績も、投資商品の価格に影響を与え
        る。例えば、発行体の資産の減少に係るリスクを、可能な限り慎重に証券を選択した場合でも排除す
        ることはできない。
        デリバティブ取引に関連するリスク
         オプションの売買および先物契約またはスワップの締結には、以下のリスクが伴う。
                                  22/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ・ 原資産の価格の変動により、オプションまたは先物契約の価額が減少し、または全損が発生す
            る可能性がある。スワップの原資産の価額の変動により、ファンドの資産に損失が生じる可能
            性がある。
         ・ 必要なバック・トゥー・バック取引(ポジションの決済)には費用が発生する。
         ・ オプションのレバレッジ効果は、原資産の直接購入に比べて、より大きくファンド資産の価額
            を変動させる。
         ・ オプションの購入は、原資産の価額が予想どおりに変動しないため、オプションが行使されな
            いというリスクを内包する。すなわち、ファンドの資産は支払ったオプション料を失う。オプ
            ションを売却する場合、ファンドは、時価を上回る価格で資産を購入する義務を負うか、また
            は時価を下回る価格で資産を交付する義務を負う可能性があるというリスクを負う。この場
            合、ファンドには、かかる価格差から徴収したオプション料を控除した金額の損失が生じる。
         ・ 先物契約は、市場価格が満期時に予想どおりに推移していないため、ファンドの資産に損失が
            生じるリスクを内包する。
        投資ファンドの受益証券取得に関連するリスク
         対象ファンドの受益証券に投資する際、各対象ファンドのファンド・マネージャーがそれぞれ独立
        して行為していること、このため、複数の対象ファンドがそれぞれ同一または反対の投資戦略に従う
        可能性があることを考慮しなければならない。その結果、既存のリスクの効果が累積し、機会が相殺
        される場合がある。
        流動性リスク
         特定の証券の処分が困難である場合、流動性リスクが発生する。原則として、ファンドの取得対象
        は、いつでも再度売却することができる有価証券により構成される。それにもかかわらず、特定の有
        価証券を特定の期間中の希望の時期にまたは当該特定の有価証券が取引される市場において売却する
        ことが困難な場合がある。また、比較的狭い市場分野で取引される証券が、大きな価格変動の影響を
        受けるリスクもある。
         急激かつ多量の売買により市場が大きな影響を受けた場合、または市場を取り巻く外部環境に急激
        な変化があり、市場規模の縮小や市場の混乱が生じた場合等には、機動的に有価証券等を売買できな
        いことがある。このような場合には、当該有価証券等の価格の下落により、ファンドの1口当たり純
        資産価格が影響を受け損失を被ることがある。また市場環境の変化により流動性が著しく低下した場
        合、売却することができない可能性がある。
        カウンターパーティー・リスク
         ファンドが店頭(OTC)取引を行う場合、その取引相手方の信用状態およびファンドが当該取引
        相手方と締結した契約の条件を履行する能力に関連するリスクにさらされる。そのため、ファンド
        は、特定の契約に基づく義務を取引相手方が履行しないリスクをファンドが負担することになる先
        物、オプションおよびスワップ取引を締結し、またはその他のデリバティブ手法を用いる可能性があ
        る。
       (2)リスクに対する管理体制
         ファンドは、管理会社がいつでもポジションのリスクおよびポートフォリオの全体的なリスク特性
        に対する影響を監視し、かつ測定することができるようなリスク管理方法を有しなければならない。
         管理会社は、CSSFの規則10-04(とりわけ、2011年5月30日付CSSF通達11-512および欧州
        証券規制当局の「UCITSに関するリスク管理ならびにグローバル・エクスポージャーおよびカウ
        ンターパーティー・リスクの計算についてのガイドライン(CESR/10-788))の基準に従って
        ファンドを監視する。管理会社は、金融デリバティブ商品に付随する全体的なリスクが、2010年12月
        17日法の第42(3)条の要件を満たすことを、ファンドに対し保証する。ファンドの市場リスクがデリバ
        ティブを包含しない参照ポートフォリオの市場リスクの200%を超えることはない。
         ファンドに利用されるリスク管理手法は、該当するファンドの約款の特別条項において記載され
        る。
         管理会社は、通常、約款の特別条項において別途定められない限り、デリバティブの利用による
        ファンドの投資の水準が投資先ファンドの資産価格の2倍を上回らないように努める(以下「レバ
                                  23/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        レッジ効果」という。)。レバレッジ効果は、想定されるアプローチの総額(各デリバティブのポジ
        ションの確定(想定)元本を、ポートフォリオのその時点における正味価格で除して得られる。)を
        用 いて計算される。レバレッジ効果の計算はポートフォリオのデリバティブを考慮する。現在、担保
        は再投資されないため、考慮されない。
         なお、当該レバレッジ効果は、市況および/またはポジションの変更(他の要因間における好まし
        くない市場の変動を低減する行為を含む。)に左右されるため、管理会社の定期的な監視にもかかわ
        らず、目標水準を超える可能性がある。開示されるレバレッジの予想水準は、ファンドの追加的なエ
        クスポージャーの制限となることを意図するものではない。
         また、ファンドは、純資産総額の10%を借り入れることができるが、かかる借入れは一時的であ
        り、借入手取金は投資目的に使用されることはない。
         この結果、増加した契約総額は、投資に伴う機会およびリスクの両方を大幅に増加させる可能性が
        ある(特に、上記「(1)リスク要因、デリバティブ取引に関連するリスク」の項を参照されたい。)。
         ファンドのリスク管理体制は、2014年1月末日現在のものであり、随時変更されることがある。
                                  24/148















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 手数料等及び税金
       (1)申込手数料
        a.海外における申込手数料
           申込金額の3.0%(税抜)を上限とする。
        b.日本における申込手数料
                     ※
           申込金額の3.24%          (税抜3.0%)を上限とする。
           ※ 上記は2014年4月1日から適用される予定の率である(2014年3月31日までは3.15%とす
             る。)。
       (2)買戻し手数料

        a.海外における買戻し手数料
           買戻し手数料は徴収されない。
        b.日本における買戻し手数料
           買戻し手数料は徴収されない。
       (3)管理報酬等

        管理  報酬  等
         受益証券について、管理会社の報酬額は、年率1.4%を上限とする。
         管理会社は、通常、自らの管理報酬の一部を販売会社に譲渡する。これは、管理会社のために行わ
        れる販売業務の報酬として支払われる。当該報酬は、相当な金額となる可能性がある。年次報告書は
        当該報酬に関する追加的な情報を含む。管理会社は、当該報酬およびファンドから保管受託銀行およ
        び第三者に対し支払う費用の払戻しを受領しない。
         ファンドの取引活動に関し、管理会社は、ブローカーおよびトレーダーが提供する有用な恩典を活
        用し、かつ受益者の利益のために投資決定をサポートする権利を有する。かかるサービスには、調査
        および財務分析等ブローカーおよびトレーダー自身が提供する直接的サービスならびに市場および価
        格情報システム等の間接的サービスが含まれる。
         上記の管理会社の報酬のほか、以下の報酬および費用がファンドに請求される場合がある。
        - ファンドの純資産に通常依拠する金額に対する管理事務代行報酬。管理会社および管理事務代行
           会社は、ルクセンブルグの慣習上の市場慣行に従って管理事務代行契約において当該報酬の具体
           的な金額を設定するものとする。報酬額は、ファンドの年次報告書において閲覧される場合があ
           る。管理事務代行報酬のほか、管理事務代行会社は、当該報酬の対象ではない自らの活動の一部
           として生じる費用および経費の対価を受領するものとする。管理事務代行業務は、すべての記帳
           その他ルクセンブルグのファンドの主な管理事務に法律および付則上必要とされる管理義務の履
           行を含む。
        - 登録機関兼名義書換代行報酬および副名義書換代行報酬またはCDSCの計算に関連して任命される
           可能性のある業務提供代行会社の報酬。当該報酬は、受益証券の登録の維持および受益証券の売
           買および交換取引の決済のために支払われる。当該報酬の金額は、維持されている登録済受益証
           券口数に依拠する。報酬額は、ファンドの年次報告書において閲覧される場合がある。当該報酬
           のほか、登録機関兼名義書換代行会社は、当該報酬の対象ではない自らの活動の一部として生じ
           る費用および経費の対価も受領するものとする。
        - 保管されている資産の保有に関する保管報酬。当該報酬額は、通常、保有されている資産に依拠
           する。管理会社および保管受託銀行は、ルクセンブルグの慣習上の市場慣行に従って保管契約に
           おいて当該報酬の具体的な金額を設定するものとする。報酬額は、ファンドの年次報告書におい
           て閲覧される場合がある。当該報酬のほか、保管受託銀行は、当該報酬の対象ではない自らの活
           動の一部として生じる費用および経費の対価も受領することができ、また受領するものとする。
        - 監査役、代理人および税務上の代理人について生じる費用。
                                  25/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        - あらゆる制定法上の売買に関する文書の印刷、郵送および翻訳、および、適用法または指定され
           た当局が発行する規則に従って要求されるその他の報告書および文書の印刷および配布について
           生じる費用。
        - 潜在的な国内もしくは外国市場への上場または登録から生じる費用。
        - その他ファンドの資産の投資および運用費用。設立費用その他の設立に関連する費用。かかる料
           金は5年以内の期間において償却される。
        - ファンドに関連してなされなければならない、約款その他のファンドに関連する文書(登録申請
           書、目論見書または説明書を含む。)の作成、あらゆる登録機関および取引所(地元の証券業協
           会を含む。)への届出および公表、または、ファンドの受益証券の募集について生じる費用。
        - 受益者向けの公表に要する費用。
        - 保険料、郵便料金、電話およびファクシミリ代金。
        - あるクラス受益証券の清算費用。
        - 協会の会費。
        - ある国家の資産に直接的に投資することまたはある国家の市場に契約当事者としての直接的に参
           加することを許可する地位の獲得および維持に関連する費用。
        - インデックス名の使用に関連して生じる費用(とりわけ、ライセンス料)。
        総経費率
         総経費率は、ファンドの経費がファンドの平均資産(発生済み取引費用を除く。)に占める割合と
        して定義されている。実効総経費率は毎年計算され、年次報告書において公表される。
        証券および金融商品の買い注文および売り注文
         管理会社は、ファンドの勘定で、ブローカーおよびトレーダーに対し、直接、証券および金融商品
        の買い注文および売り注文を出す。管理会社は、一流の執行基準に適合する通常の市場条件に基づ
        き、これらのブローカーおよびトレーダーと契約を締結する。管理会社は、ブローカーまたはトレー
        ダーを選択する際、ブローカーまたはトレーダーの信用格付ならびに市場情報の質、分析および提供
        される執行能力等のあらゆる関連要因を考慮する。
         さらに、管理会社は現在、ブローカーおよびトレーダーにより提供される有用な恩典を利用し、活
        用するための契約を受諾し、締結している。管理会社は、かかるサービスを保持する権利を有してお
        り、かかるサービスには直接ブローカーおよびトレーダーから提供される業務が含まれる。かかる直
        接的サービスには、資産取引の妥当性に関する特別なアドバイスまたはその評価、分析およびコンサ
        ルティング業務、経済および政治的分析、ポートフォリオ分析(評価および業績測定を含む。)、市
        場分析に加えて、市場および価格情報システム、情報サービス、コンピューター・ハードウェアおよ
        びソフトウェアまたは投資決定プロセスを支援するために用いられる範囲での情報収集のためのその
        他のオプション、研究または分析活動のコンサルティングまたは実行、および投資ファンドの資産に
        関する保管業務等の間接的サービスが含まれる。これは、仲介業務が一般的な分析に限られず、ロイ
        ターおよびブルームバーグ等の特別なサービスを含む場合があることを意味する。ブローカーおよび
        トレーダーとの契約は、ブローカーおよびトレーダーが資産の売買に対して支払われる手数料の一部
        を直ちにまたは後に第三者に譲渡することができるという条件を含む場合がある。上記の手数料は、
        予め定められた業務に関して管理会社が提供するものとする。
         管理会社は、これらの恩典(通常「ソフト・ダラー」と称される。)を利用する際に、あらゆる有
        効な規制基準および業界基準を遵守するものとする。特に、管理会社は、かかる恩典の取得に関する
        契約が、合理的かつ賢明な裁量に従って行われる投資決定プロセスにおいて管理会社を支援するもの
        ではない場合、当該契約を受諾せず、締結しないものとする。前提条件として、管理会社は、常に、
        可能な限り最高の条件で適当な種類および規模の取引について適時に適切な市場を考慮して取引が実
        行されること、ならびにかかる恩典に対する権利を取得するために不要な事業取引が締結されないこ
        とを確保するものとする。
         ソフト・ダラー契約の範囲内で受領する商品およびサービスには、旅行、宿泊施設、娯楽、一般管
        理商品およびサービス、一般オフィス機器およびオフィス・スペース、会費、従業員給与ならびに直
        接の現金支払いは含まれないものとする。
                                  26/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        報酬の分配
         管理会社は、一部のブローカーとの間で契約を締結することがあり、当該契約に基づき、各ブロー
        カーは関連する契約に従い資産の売買に関して管理会社から受領する支払いの一部を直ちにまたは後
        に第三者に譲渡し、その後、かかる第三者が管理会社に調査または分析サービスを提供する。かかる
        契約(「報酬分配契約」と称される。)は、投資ファンドを運営する目的で管理会社によって用いら
        れる。具体的には、管理会社は、上記「証券および金融商品の買い注文および売り注文」の項に定め
        られるとおり、かつ当該項に定める条件に従う場合に限り、これらのサービスを利用するものとす
        る。
       (4)その他の手数料等

         上記の費用のほか、以下の費用もファンドに請求される。
         - ファンドの資産およびファンド自体に課されるすべての税金(特に年次税)、ならびに管理費
            および保管費に関連して発生する可能性のある税金。
         - 管理会社、管理事務代行会社、投資運用会社、保管受託銀行もしくは名義書換代行会社または
            管理会社が任命する第三者が受益者の利益のために行為する際に負担する弁護士費用。
         - 資産の取得および処分に関連して発生する可能性のある費用。
         - 受益証券の為替取引および為替戦略に関連して発生する可能性のある費用は受益証券に請求さ
            れる。
         - ファンドの受益者の利益を保護するために生じる可能性のある特別費用(例えば訴訟費用)。
            管理会社の取締役会は、それぞれの場合において、当該費用を負担するか否か定めるものと
            し、その旨年次報告書において別途報告する。
       (5)課税上の取扱い

        (A)日本
          本書の日付現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
         Ⅰ ファンドが税法上公募外国公社債投資信託である場合
           (1)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内公
            社債投資信託の分配金と同じ取扱いとなる。
           (2)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、日本の個人受益者が支払いを受け
            るファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相当額との差益を含む。)について
            は、源泉分離課税となり、20.315%(所得税(復興特別所得税を含む。以下同じ。)
            15.315%、住民税5%)の税率による源泉徴収が日本国内で行われ、課税関係は終了するが、
            この場合、支払調書は提出されない。
           (3)日本の法人受益者が支払いを受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相
            当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場
            合、20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一
            定の公共法人等(所得税法別表第一に掲げる内国法人をいう。以下同じ。)または金融機関等
            を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される。なお、益金不算入の適用は認め
            られない。
           (4)受益証券の売買および買戻しに基づく損益は、公募国内公社債投資信託の売買損益と同様に
            取り扱われ、個人の受益者の売買益については課税されない。
         <2016年1月1日以後の課税上の取扱いについての注記>
          2016年1月1日以後、公募外国公社債投資信託については、以下のような課税上の取扱いとな
         る。
           (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
           (2)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内公
            社債投資信託の分配金と同じ取扱いとなる。
                                  27/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (3)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、日本の個人受益者が支払いを受け
            るファンドの分配金については、2016年1月1日以後は20.315%(所得税15.315%、住民税
            5%)、     2038年1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%)の税率による源泉徴収が日本
            国内で行われる。
             日本の個人受益者は、申告分離課税が適用されるので原則として確定申告をすることになる
            が、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を終了させるこ
            ともできる。
             確定申告不要を選択しない場合、一定の上場株式等(2016年1月1日施行の改正租税特別措
            置法に定める上場株式等をいう。Iにおいて、以下同じ。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)
            との損益通算が可能である。
           (4)日本の法人受益者が支払いを受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相
            当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場
            合、所得税のみ15.315%の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等または
            金融機関等を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(2038年1月1日以後
            は15%の税率となる。)。なお、益金不算入の適用は認められない。
           (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証券に
            転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の譲渡損益
            (譲渡価額から取得価額等を控除した金額(邦貨換算額)をいう。以下同じ。)に対して、源
            泉徴収選択口座において、2016年1月1日以後は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)、
            2038年1月1日以後は20%(所得税15%、住民税5%)の税率による源泉徴収が日本国内で行
            われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一である
            が、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
             譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損
            益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能で
            ある。
           (6)日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)と
            同様の取扱いとなる。
           (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
            (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ルクセンブルグに住所また
               は登記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しルクセ
               ンブルグ税務当局により課税されることは一切ない。
         Ⅱ ファンドが税法上公募外国株式投資信託である場合
           (1)受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うことができ
            る。
           (2)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、ファンドの分配金は、公募国内株
            式投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
           (3)国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場合、日本の個人受益者が支払いを受け
            るファンドの分配金については、20.315%(所得税15.315%、住民税5%。2038年1月1日以
            後は20%(所得税15%、住民税5%)の税率となる。)の税率による源泉徴収が行われる。
             日本の個人受益者は、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して確定申告をするこ
            ともできるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を終
            了させることもできる。
             申告分離課税を選択した場合、一定の上場株式等(租税特別措置法に定める上場株式等をい
            う。Ⅱにおいて、以下同じ。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益通算が可能である。
           (4)日本の法人受益者が支払いを受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と元本相
            当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払いを受ける場
            合、所得税のみ15.315%の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公共法人等を除
                                  28/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(2038年1月1日以後は15%の税率と
            なる。)。なお、益金不算入の適用は認められない。
           (5)日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益証券に
            転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証券の譲渡損益
            に対して、源泉徴収選択口座において、20.315%(所得税15.315%、住民税5%。2038年1月
            1日以後は20%(所得税15%、住民税5%)の税率となる。)の税率による源泉徴収が行われ
            る。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税率と同一であるが、
            確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関係は終了する。
             譲渡損益は、一定の他の株式等の譲渡損益(上場株式等以外との損益通算については、受益
            証券の譲渡損益につき確定申告を行った場合に限る。)および一定の上場株式等の配当所得
            (申告分離課税を選択した場合または源泉徴収選択口座へ受け入れたファンドの分配金に限
            る。)との損益通算が可能である(注:2016年1月1日以後は、一定の他の上場株式等(2016
            年1月1日施行の改正租税特別措置法に定める上場株式等をいう。以下、カッコ内において同
            じ。)の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等との損益通算が可能である。)。確定
            申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の繰越も可能である。
           (6)日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、(5)と
            同様の取扱いとなる。
           (7)日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一定の場
            合、支払調書が税務署長に提出される。
            (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ルクセンブルグに住所また
               は登記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しルクセ
               ンブルグ税務当局により課税されることは一切ない。
         Ⅲ 本書の日付現在では、ファンドは、税法上、公募外国株式投資信託として取り扱われる。ただ
           し、将来における税務当局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能性もある。
         Ⅳ 税制等の変更により上記ⅠないしⅢに記載されている取扱いは変更されることがある。
          税金の取扱いの詳細については、税務専門家等に確認することを推奨する。
        (B)ルクセンブルグ
          2010年12月17日法第174条から第176条に基づき、現在、ファンドには、各四半期末に報告される
         ファンドの純資産総額に関して、それぞれ年率0.05%または0.01%の税率で四半期毎に支払われる
         ルクセンブルグ大公国の税金(年次税)が課されている。ファンドに適用される税率は、年率
         0.05%である。
          ファンドの収入は、ファンド資産の投資先である国の源泉徴収税が課されることがある。この場
         合、保管受託銀行および管理会社のいずれも、納税証明書を取得する義務を負わない。
          投資者レベルでのファンド収入の課税上の取扱いは、当該投資者に適用される個別の税法によっ
         て異なる。投資者レベル(特に非居住投資家)での個別の課税に関する情報を得るためには、税務
         アドバイザーに相談するべきである。
        (c)支払利息に対するEUの課税(EU源泉徴収税)
          2005年7月1日に施行されたEU内での支払利息に対する課税に関するEU指令2003/48/EC
         (以下「本指令」という。)の規定に基づき、ルクセンブルグの支払代理人がファンドの受益証券
         の一定の分配または買戻しを実行し、かつこれらの資金の受領者が別のEU加盟国の個人居住者で
         あった場合、特定の場合に源泉徴収税が課される可能性を排除することはできない。当該支払いお
         よび買戻しに対する源泉徴収税は、2011年7月1日以降、35%である。
          影響を受ける者は、上記の代わりに、本指令に定める情報交換システムによって必要な税務情報
         を各居住地の課税当局に開示することをルクセンブルグの支払代理人に明確に許可することができ
         る。
          または、かかる者は、課税上の各居住地の課税当局により発行された証明書を上記源泉徴収税の
         免除のためにルクセンブルグの支払代理人に提出することができる。
                                  29/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      5 運用状況
        DWS     グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド(年1回分配型)(DWS                                              Global
       Utility     Bond   Master    Fund)(「ファンド」)の運用状況は次のとおりである。
       (1)投資状況

        資産別および地域別の投資状況
                                                (2014年1月末日現在)
                                     時価合計               投資比率
        資産の種類              国/地域
                                    (米ドル)                (%)
                   米国                 14,186,949.24                   46.30

                   ドイツ                 2,425,809.70                   7.92
                   フランス                 2,384,196.21                   7.78
                   英国                 2,012,196.80                   6.57
                   イタリア                 1,634,204.45                   5.33
                   スペイン                 1,283,777.00                   4.19
                   カナダ                 1,124,976.76                   3.67
                   アラブ首長国連邦                  882,051.81                  2.88
                   アイルランド                  726,323.88                  2.37
                   チェコ                  706,473.05                  2.31
      債券
                   オーストラリア                  473,028.64                  1.54
                   デンマーク                  472,010.69                  1.54
                   フィンランド                  314,599.73                  1.03
                   韓国                  239,571.67                  0.78
                   コロンビア                  211,949.30                  0.69
                   南アフリカ                  196,723.61                  0.64
                   ブラジル                  193,589.67                  0.63
                   サウジアラビア                  185,732.78                  0.61
                   スロバキア                  180,141.93                  0.59
                   スウェーデン                  143,047.73                  0.47
                   米国                 10,535,316.35                   34.38
      為替先渡             英国                -4,404,489.95                   -14.38
                   ユーロ圏                -6,006,938.24                   -19.61
      先物契約             米国                -4,683,437.50                   -15.29
                 小計                   25,417,805.31                   82.96
         現金その他の資産(負債控除後)                           5,221,649.64                   17.04
                 合計                   30,639,454.95

                                                       100.00
              (純資産総額)                     ( 約3,152百万円)
     (注)投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率である。以下同じ。
                                  30/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)投資資産
        ① 投資有価証券の主要銘柄
                                                (2014年1月末日現在)
     順                          利率    償還日             簿価     時価    投資比率
            銘柄         国/地域       種類              額面金額
     位                          (%)   (年/月/日)            (米ドル)     (米ドル)      (%)
       E.ON  International
     1              ドイツ       債券      6.650   2038/4/30     500,000   米ドル    664,017.06     639,029.59       2.09
       Finance   08/30.04.38     Reg  S
     2  PacifiCorp     07/15.10.37       米国       債券      6.250   2037/10/15      500,000   米ドル    659,122.00     636,235.00       2.08
       TransCanada     PipeLines
     3              カナダ       債券      7.625   2039/1/15     400,000   米ドル    574,343.59     554,093.00       1.81
       09/15.01.39
       PG & E 08/15.10.18
     ▶              米国       債券      8.250   2018/10/15      400,000   米ドル    523,594.50     515,992.00       1.68
       GdF  Suez  09/11.02.21     MTN
     5              フランス       債券      6.125   2021/2/11     250,000   英ポンド     474,576.75     513,022.47       1.67
       Dominion    Resources
     6              米国       債券      7.000   2038/6/15     400,000   米ドル    548,521.73     510,637.33       1.67
       08/15.06.38
       Snam  12/13.02.20     MTN
     7              イタリア       債券      3.500   2020/2/13     330,000   ユーロ    446,655.28     490,830.88       1.60
       Kinder   Morgan   Energy
     8              米国       債券      6.950   2038/1/15     400,000   米ドル    508,090.00     474,016.00       1.55
       Partners    07/15.01.38
       Nextera   Energy   Capital
     9              米国       債券      7.875   2015/12/15      400,000   米ドル    468,913.90     454,734.00       1.48
       Holdings    08/15.12.15
       Oncor   Electric    Delivery
     10              米国       債券      5.250   2040/9/30     400,000   米ドル    443,637.00     442,225.00       1.44
       11/30.09.40
       E.ON  International
     11              ドイツ       債券      6.375    2032/6/7    200,000   英ポンド     385,678.90     419,911.47       1.37
       Finance   02/07.06.32     MTN
       Duke  Energy   11/15.11.16
     12              米国       債券      2.150   2016/11/15      400,000   米ドル    411,815.28     412,879.33       1.35
       RWE  Finance   01/20.04.21
     13              ドイツ       債券      6.500   2021/4/20     200,000   英ポンド     382,786.13     404,537.36       1.32
       MTN
       Duke  Energy   Florida
     14              米国       債券      6.400   2038/6/15     300,000   米ドル    397,511.91     388,697.49       1.27
       08/15.06.38
       Dominion    Resources
     15              米国       債券      8.875   2019/1/15     300,000   米ドル    408,278.00     386,465.25       1.26
       08/15.01.19     S.D
       Kinder   Morgan   Energy
     16              米国       債券      9.000    2019/2/1     300,000   米ドル    391,503.83     384,504.00       1.25
       Partners    08/01.02.19
       Plains   All  American
     17              米国       債券      5.150    2042/6/1     350,000   米ドル    380,485.50     361,556.80       1.18
       Pipeline    12/01.06.42
       Kinder   Morgan   Energy
     18              米国       債券      5.950   2018/2/15     300,000   米ドル    354,190.00     352,002.50       1.15
       Partners    08/15.02.18
       Centrica    12/13.03.29     MTN
     19              英国       債券      4.375   2029/3/13     200,000   英ポンド     324,350.26     345,501.57       1.13
       Abu  Dhabi   National    Energy
                   アラブ首長国連
     20                     債券      5.875   2021/12/13      300,000   米ドル    338,808.76     341,900.92       1.12
       11/13.12.21     MTN  Reg  S   邦
       Williams    Partners
     21              米国       債券      5.250   2020/3/15     300,000   米ドル    338,674.95     339,076.50       1.11
       10/15.03.20
       National    Grid  Electricity
     22              英国       債券      7.375   2031/1/13     150,000   英ポンド     328,871.75     338,886.98       1.11
       Transm.   09/13.01.31     MTN
       Gas  Natural   Capital
     23              スペイン       債券      6.375    2019/7/9     200,000   ユーロ    314,487.62     337,287.06       1.10
       Markets   09/09.07.19     MTN
       ESB  Finance   12/11.09.17
     24              アイルランド       債券      6.250   2017/9/11     200,000   ユーロ    299,461.57     322,335.26       1.05
       MTN
       Energy   Transfer    Partners
     25              米国       債券      5.200    2022/2/1     300,000   米ドル    332,585.00     321,478.17       1.05
       12/01.02.22
       Teollisuuden      Voima
     26              フィンランド       債券      4.625    2019/2/4     200,000   ユーロ    294,698.47     314,599.73       1.03
       12/04.02.19     MTN
       Iberdrola    International
     27              スペイン       債券      4.250   2018/10/11      200,000   ユーロ    278,649.49     302,987.09       0.99
       12/11.10.18     MTN
       Gas  Natural   Fenosa
     28              スペイン       債券      3.875   2022/4/11     200,000   ユーロ    255,584.15     296,806.94       0.97
       Finance   13/11.04.22     MTN
       Bord  Gais  Eireann
     29              アイルランド       債券      3.625   2017/12/4     200,000   ユーロ    274,913.25     292,719.90       0.96
       12/04.12.17     MTN
       Georgia   Power   12/15.03.42
     30              米国       債券      4.300   2042/3/15     300,000   米ドル    301,599.00     289,708.00       0.95
                                  31/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ② 投資不動産物件
          該当事項なし(2014年1月末日現在)
        ③ その他の投資資産の主要なもの

                                                (2014年1月末日現在)
     順                                       簿価       時価      投資比率
            銘柄         国/地域       種類       額面金額
     位                                     (米ドル)       (米ドル)       (%)
       FORWARD   CURRENCY    Us
     1              米国       為替先渡       6,308,739.02     米ドル         -   6,308,739.02         20.59
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Us
     2              米国       為替先渡       4,413,665.92     米ドル         -   4,413,665.92         14.41
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Pound
     3              英国       為替先渡       220,000.00    英ポンド          -    361,562.61        1.18
       Sterling
       FORWARD   CURRENCY    Euro
     ▶              ユーロ圏       為替先渡        250,000.00    ユーロ         -    337,140.78        1.10
       FORWARD   CURRENCY    Us
     5              米国       為替先渡        230,063.96    米ドル         -    230,063.96        0.75
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Us
     6              米国       為替先渡        170,292.75    米ドル         -    170,292.75        0.56
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Us
     7              米国       為替先渡        164,542.00    米ドル         -    164,542.00        0.54
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Pound
     8              英国       為替先渡       30,000.00    英ポンド          -    49,303.99        0.16
       Sterling
       FORWARD   CURRENCY    Us
     9              米国       為替先渡        49,523.85    米ドル         -   -49,523.85        -0.16
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Pound
     10              英国       為替先渡       100,000.00    英ポンド          -   -164,346.64        -0.54
       Sterling
       FORWARD   CURRENCY    Euro
     11              ユーロ圏       為替先渡        125,000.00    ユーロ         -   -168,570.39        -0.55
       FORWARD   CURRENCY    Pound
     12              英国       為替先渡       140,000.00    英ポンド          -   -230,085.30        -0.75
       Sterling
       FORWARD   CURRENCY    Us
     13              米国       為替先渡        342,216.75    米ドル         -   -342,216.75        -1.12
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Us
     14              米国       為替先渡        360,246.70    米ドル         -   -360,246.70        -1.18
       Dollar
       FORWARD   CURRENCY    Pound
     15              英国       為替先渡      2,690,000.00     英ポンド          -  -4,420,924.61         -14.43
       Sterling
       30Y  U.S.Treasury      Bond
     16              米国       先物契約         -35.00米ドル       -4,567,578.16       -4,683,437.50         -15.29
       Future   03/2014
       FORWARD   CURRENCY    Euro
     17              ユーロ圏       為替先渡       4,579,324.91     ユーロ         -  -6,175,508.62         -20.16
                                  32/148









                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (3)運用実績
        ① 純資産の推移
          下記会計年度末および運用開始日(2013年6月21日)から2014年1月までの期間における各月末
         のファンドの純資産の推移は次のとおりである。
                        純資産総額              1口当たり純資産価格(メキシコペソクラス)
                   米ドル             円         メキシコペソ              円

      第1会計年度末

                   30,865,634.63            3,174,839,178               100.96             777
      (2013年9月末日)
      2013年6月末日             31,260,794.36            3,215,485,308               99.57            767

         7月末日          30,925,566.21            3,181,003,740               101.26             780

         8月末日          31,210,213.93            3,210,282,605               100.60             775

         9月末日          30,865,634.63            3,174,839,178               100.96             777

         10月末日          30,495,688.14            3,136,786,482               102.80             792
         11月末日          30,356,158.02            3,122,434,414               102.77             791

         12月末日          30,454,351.76            3,132,534,622               102.69             791

      2014年1月末日             30,639,454.95            3,151,574,336               104.47             804

        ② 分配の推移

          第1会計年度(2013年6月21日~2013年9月末日)中には該当事項はない。
        ③ 収益率の推移

         メキシコペソクラス
                                                 (注)
                 期間
                                          収益率(%)
               第1会計年度

                                             0.96
        (2013年6月21日~2013年9月末日)
     (注)収益率(%)=100×(a-b)/b
              a=会計年度末の1口当たり純資産価格(当該会計年度の分配金の合計額を加えた額)
              b=当該会計年度の直前の会計年度末の1口当たり純資産価格(分配落の額)(ただし、
                 第1会計年度におけるbとは1口当たり当初募集価格(100メキシコペソ)とする。第
                 1会計年度における収益率は、ファンドの運用開始日からの期間についてのものであ
                 り、年度ベースではない。)
                                  33/148







                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     <参考情報>
                                  34/148




















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (4)販売及び買戻しの実績
         下記会計年度における販売および買戻しの口数ならびに当該年度末現在の発行済口数は次のとおり
        である。
      メキシコペソクラス
                                  販売口数          買戻口数         発行済口数
              第1会計年度                     150          0         150

        (2013年6月21日~2013年9月末日)                           (150)          (0)         (150)
     (注1)(  )の数は、日本における販売・買戻しおよび発行済口数である。
     (注2)第1会計年度の販売口数は、当初申込期間中に販売された販売口数を含む。
       次へ


                                  35/148















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第2 管理及び運営

      1 申込(販売)手続等

       (a)海外における申込(販売)手続等
        受益証券の発行
         ファンドの受益証券は、各評価日に発行価格で発行される。発行価格は、1口当たり純資産価格に
        対応する。投資者は、さらに、純投資金額の3.0%(税抜)を上限とする販売手数料を管理会社のため
        に支払わなければならない。
         販売手数料は、販売業務に対する報酬として仲介機関によって全部または一部が留保されることが
        ある。印紙税またはその他の課税金が適用される国において受益証券が発行される場合、各投資金額
        はそれに応じて増額される。
         新規に申し込まれた受益証券は、保管受託銀行または承認された取引銀行によって支払いが受領さ
        れた場合にのみ投資者に発行される。ただし、帳簿上は、当該受益証券は、その決済後の決済日にお
        ける1口当たり純資産価格の計算に既に算入されており、支払いが受領されるまでは取消可能であ
        る。投資者の受益証券に関する不払いまたは支払遅延によって当該受益証券を取り消さなければなら
        ない場合、ファンドが価値の減損を被る可能性がある。
         管理会社は、新受益証券を継続的に発行する権限を有する。ただし、管理会社は、受益証券の発行
        を一時停止しまたは永久に中止する権利を留保する。この場合、既に支払われた金額は直ちに払い戻
        される。受益者は、受益証券の発行の一時停止および再開について直ちに通知される。
         受益証券は、管理会社から、および支払代理人を通じて購入することができる。管理会社が新受益
        証券を発行しなくなった場合、既存の保有者からのみ受益証券を購入することができる。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受け付けられた注文は、当
        該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ
        標準時)より後に受け付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づい
        て処理される。
        受渡日
         受益証券の発行から4銀行営業日後に相当額が管理会社により受領される。
        マネー・ロンダリングの防止
         名義書換代理人は、マネー・ロンダリングの防止に関するルクセンブルグの適用法令を遵守するた
        めに必要とみなす身元証明を要求することができる。投資者の身元に関して疑いがある場合、または
        名義書換代理人が身元を確認するための十分な情報を得られない場合、名義書換代理人は、投資者の
        身元を明確に確認できるよう、追加の情報および/または証拠資料を要求することができる。投資者
        が、要求された情報および/または証拠資料の提出を拒否しまたは行わない場合、名義書換代理人
        は、投資者のデータをファンドの受益者名簿に転記することを拒否しまたは遅らせることができる。
        名義書換代理人に提出された情報は、マネー・ロンダリングの防止に関する法律を遵守する目的にお
        いてのみ取得される。
         また、名義書換代理人は、金融機関から徴収した資金の源泉を調査する義務を負う。ただし、当該
        金融機関がルクセンブルグ法に定められる身元証明手続と同等の強制的な身元証明手続に従っている
        場合はこの限りではない。購入申込みの処理は、名義書換代理人が資金の源泉を適切に確認する時点
        まで保留することができる。
         受益証券の当初または継続購入申込みは、間接的に、つまり販売代理人を通じて行うこともでき
        る。この場合、名義書換代理人は、以下の状況またはルクセンブルグで適用されるマネー・ロンダリ
        ング防止法令に基づき十分とみなされる状況において、上述のとおり要求される身元証明を省略する
        ことができる。
                                  36/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ・ マネー・ロンダリングの防止に関するルクセンブルグ法に定められる身元証明手続と同等の顧
            客身元証明手続を定める規則を有する責任ある当局の監督に服している販売代理人を通じて購
            入申込みが処理され、かつ販売代理人がかかる規則に従っている場合。
         ・ ルクセンブルグ法に基づく身元証明手続と同等の顧客身元証明手続を定める規則を有する責任
            ある当局の監督に服し、マネー・ロンダリングの防止に努める会社を親会社とする販売代理人
            を通じて購入申込みが処理され、かつ親会社の会社方針およびこれに適用される法律がその子
            会社または支店に対しても同等の義務を課している場合。
         金融活動作業部会(FATF)の勧告の批准国の場合、かかる国における責任ある各監督当局は、
        金融セクターで活動する自然人または法人に対し、顧客の身元証明手続の実施に関する規則を課して
        おり、かつこれらの規則はルクセンブルグ法に基づき要求される身元証明手続と同等であるとみなさ
        れる。
         販売代理人は、販売代理人を通じて受益証券を取得する投資者に対して名義人サービスを提供する
        ことができる。投資者は、当該サービスを利用するか否かを自己の裁量において決定することができ
        る。当該サービスにおいて、名義人は自己の名義において投資者のために受益証券を保有する。投資
        者はいつでも受益証券の直接所有を要求する権利を有する。上記の規定にかかわらず、投資者は、名
        義人サービスを利用せず、管理会社と直接投資を行うことができる。
        データ保護
         申込書に記載される投資者の個人情報および管理会社との取引関係の範囲内で収集されるその他の
        情報は、管理会社および/またはDWS・インベストメンツのその他の者、保管受託銀行ならびに投
        資者の金融仲介機関により記録され、保存され、比較され、送信され、別途処理され、使用される
        (「処理される」)。データは、口座管理、マネー・ロンダリング活動の調査、支払利息に対する課
        税に関するEU指令2003/48/ECに基づく税金の決定および取引関係の構築の目的で使用される。
         また、これらの目的のため、管理会社の活動を支援するために管理会社が指名する事業者(顧客連
        絡代理人および支払代理人等)にデータが転送されることがある。
        投資者の法的地位
         ファンドに投資される資金は、リスク分散の原則に基づき、管理会社により、管理会社の名義にお
        いて、投資者(以下「受益者」という。)の共同勘定で、証券、短期金融商品およびその他の許容さ
        れる資産に投資される。ファンドに投資された資金および当該資金を用いて購入された資産がファン
        ド資産を構成し、これは管理会社の自己資産とは別に保管される。
         共同所有者としての受益者は、ファンド資産に対し、自己が保有する受益証券口数に比例した持分
        を有する。受益者の権利は、記名式受益証券により表章され、大券の形で発券される。すべての受益
        証券は同一の権利を有する。
       (b)日本における申込(販売)手続等
         日本においては、日本における各営業日に申込みの取扱いが行われる。ただし、評価日以外の日に
        は申込みの取扱いを行わないものとする。
         受益証券の申込みを行う投資者は、日本における販売会社または販売取扱会社と外国証券の取引に
        関する契約を締結する。このため、日本における販売会社または販売取扱会社は、「外国証券取引口
        座約款」その他所定の約款(以下「口座約款」という。)を投資者に交付し、投資者は、当該口座約
        款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した申込書を提出する。
         午後3時までに申込みが行われ、かつ日本における販売会社所定の事務手続が完了したものを当日
        の申込み受付分とする。
         日本における販売会社または販売取扱会社とかかる契約を締結した投資者は、申込みを行った日か
        ら起算して5営業日目までに、日本における販売会社または販売取扱会社に申込金額を支払うものと
        する。ただし、日本における販売会社が別に定める日がある場合には、その期日までに支払うものと
        する。
         なお、日本証券業協会の協会員である日本の販売取扱会社は、ファンドの純資産が1億円未満とな
        る等同協会の定める外国証券取引に関する規則中の「外国投資信託受益証券の選別基準」に受益証券
        が適合しなくなったときは、ファンドの受益証券の日本における販売を行うことができない。
                                  37/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  38/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2 買戻し手続等
       (a)海外における買戻し手続等
         ファンドの受益証券は、各評価日にその買戻金額で買い戻される。買戻金額は、1口当たり純資産
        価格に対応する。現時点では買戻手数料は課されない。印紙税またはその他の課税金が適用される国
        において受益証券が買い戻される場合、各買戻金額はそれに応じて減額される。
         管理会社は、受益者の利益のために必要でありかつ正当であると認められる特別な場合に、受益証
        券の買戻しを停止する権利を有する。
         受益者の権利に悪影響を与える可能性のある特別な場合、またはファンドの純資産総額の10%を超
        える買戻請求が行われる場合、管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格を決定し、ファンド資産
        の必要な換金が完了した時に限り買戻しを行う権利を留保する。かかる場合、当該時において手続中
        の申込み、転換および買戻請求は、このように計算された1口当たり純資産価格に基づき計算され
        る。
         受益証券は、管理会社ならびに販売および支払代理人に対して返還することができる。受益者に対
        するその他の支払いもまた、これらの事務所を通じて行うことができる。
        発注の受理
         すべての注文は、受益証券1口当たり純資産価格が決まっていない状態で発注される。評価日の13
        時30分(中央ヨーロッパ標準時)までに管理会社または支払代理人により受け付けられた注文は、当
        該評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づいて処理される。13時30分(中央ヨーロッパ
        標準時)より後に受け付けられた注文は、翌評価日における受益証券1口当たり純資産価格に基づい
        て処理される。
        受渡日
         受益証券の買戻しから4銀行営業日後に相当額が送金される。
        マーケット・タイミング
         管理会社は、マーケット・タイミングに関連するあらゆる行為を禁止し、かかる行為が行われてい
        る疑いがある場合に注文を拒否する権利を留保する。この場合、管理会社は、ファンドのその他の投
        資者を保護するために必要なあらゆる措置を講じる。
        レイト・トレーディング
         レイト・トレーディングは、各評価日の関連する受付締切時間の終了後に注文が受け付けられたに
        もかかわらず、1口当たり純資産価格に基づく同日の価格で注文が実行される場合に発生する。レイ
        ト・トレーディングの実行は、ファンドの設立国の販売目論見書の条件に違反するため、許されず、
        発注の受理後になされた注文の価格は、次回の有効な1口当たり純資産価格に基づいて執行される。
       (b)日本における買戻し手続等
         日本における受益者は、原則として、日本における各営業日に買戻請求をすることができる。ただ
        し、評価日以外の日には買戻しの取扱いを行わないものとする。
         買戻金額は、申込受付日における受益証券1口当たり純資産価格(通常、申込日の日本における翌
        営業日に判明する受益証券1口当たり純資産価格)である。受益証券の買戻しは1口以上0.001口単位
        で行われる(ただし、日本における販売会社によりこれと異なる取扱いをする場合がある。)。買戻
        代金は、口座約款の定めるところに従って、日本における販売会社または販売取扱会社を通じて、日
        本において買戻請求が行われた日から起算して5営業日目から支払われる。
                                  39/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 資産管理等の概要
       (1)資産の評価
        (ⅰ)純資産価格の計算
          受益証券1口当たり純資産価格の計算のため、ファンドに帰属する資産から負債を控除した価値
         は、少なくとも月1回、評価日に計算され、その結果は発行済み受益証券口数で除される。ファン
         ドの評価日は、ルクセンブルグ、フランクフルト、東京およびニューヨークにおける銀行営業日を
         いう。
          現時点において、管理会社および保管受託銀行は、公休日(評価日が適用される国のいずれか1
         つの国においては銀行休業日である場合)ならびに各年の12月24日および12月31日には受益証券1
         口当たり純資産価格の計算を行わない。この規定と異なる受益証券1口当たり純資産価格の算出
         は、適当な新聞紙上およびインターネット(http://www.dws.com)上で発表される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドのために定められている通貨(以下「ファンド通
         貨」という。)で表示される。
          受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドの純資産総額を評価日に流通しているファンドの受
         益証券口数で除して計算される。ファンドの純資産総額は、以下の原則により計算される。
         a)取引所に上場されている証券および短期金融商品は、最新の利用可能な支払価格により評価さ
           れる。
         b)取引所に上場されていないがその他の組織された証券市場で取引されている証券および短期金
           融商品は、評価時点の買呼値以上、かつ売呼値以下の価格であって、管理会社が適切な市場価格
           とみなす価格で評価される。
         c)かかる価格が市況と一致していない場合、または確定価格のない上記(a)および(b)に含まれて
           いない証券および短期金融商品の場合、これらの証券および短期金融商品、またその他すべての
           資産は、監査人により確認可能な一般的に認められた評価原則に従い、管理会社により誠実に決
           定された現行市場価額により評価される。
         d)流動資産は、それらの額面価額に利息を加えて評価される。
         e)定期預金は、当該定期預金がいつでも引き出せることおよびそれらの利回り価額が実現価額と
           等しくなることを定める契約が管理会社および保管受託銀行の間に存在する場合には、それらの
           利回り価額で評価されることができる。
         f)ファンド通貨以外の通貨建のすべての資産は、為替の最新仲値でファンド通貨に換算される。
         g)ファンドにより採用されたデリバティブの価格は、監査人により確認可能であり、組織的検査
           に従う通常の方法で設定される。デリバティブに価格を付けるために定められた基準は、各個別
           のデリバティブの期間中効力を有するものとする。
         h)クレジット・デフォルト・スワップは、将来のキャッシュ・フローの現行価額により、標準的
           な市場慣行に従って評価され、その場合、キャッシュ・フローは、デフォルトのリスクを考慮す
           るために調整される。金利スワップは、市場価額により評価され、市場価額は、各スワップの
           イールド・カーブに基づき決定される。他のスワップは、管理会社により定められており、ファ
           ンドの監査人により承認された公認の評価方法に従い誠実に決定される適切な市場価額により評
           価される。
         i)ファンドに含まれる対象ファンドの受益証券は、決定済みの最新の利用可能な買戻金額により
           評価される。
          収益調整勘定が、ファンドのために維持される。
          ファンドの流動資産および許容可能な信用枠により応じることのできない大規模な買戻請求につ
         いては、管理会社は、必要な証券を売却する評価日の価格に基づき受益証券1口当たり純資産価格
         を決定することができる。また、この価格は、同時期に提出された受益証券申込みにも適用され
         る。
        (ⅱ)純資産価格の計算の停止
          管理会社は、当該停止を必要とする状況が存在する間で、かつ、停止が受益者の利益を考慮して
         正当化される場合に、受益証券1口当たり純資産価格の計算を停止する権利を有する。とりわけ、
                                  40/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - ファンドの証券および短期金融商品の大部分が取引されている取引所もしくはその他の規制市
            場が閉鎖されている間(通常の週末および休日を除く。)、または当該取引所での取引が停止
            も しくは制限されている場合。
         - 管理会社がファンドの資産にアクセスすることができず、ファンドの購入もしくは売却の取引
            額を自由に送金できず、または受益証券1口当たり純資産価格を通常の方法で計算できない緊
            急の場合。
          受益証券の買戻しを申し込んでいた投資者は、停止について速やかに知らされ、その後、受益証
         券1口当たり純資産価格の計算が再開され次第直ちに通知される。再開後、投資者は、その時点の
         買戻金額を受領する。
          ルクセンブルグの規制当局は、停止期間の開始および終了について通知されるものとする。さら
         に、適用法に従いファンドが登録されているすべての外国規制当局は、停止期間の開始および終了
         について通知されるものとする。受益証券1口当たり純資産価格の計算の停止の通知は、ルクセン
         ブルグの日刊新聞、および要請があれば、受益証券が一般に対する販売のために募集されているそ
         れぞれの法域の公式の公告媒体において公表される。
          管理会社は、受益証券1口当たり純資産価格の計算が停止されている期間中、受益証券の買戻し
         を停止する。かかる停止は、代行協会員が必要と判断する場合、管理会社が、代行協会員を通して
         日本においてこれを公告および/または通知するものとする。
       (2)保管

         ファンドの受益証券が販売される海外においては、確認書は受益者の責任において保管される。
         日本の投資者に販売される受益証券の確認書は、日本における販売会社により販売会社の名義で保
        管される。
         ただし、日本の投資者が別途、自己の責任で保管する場合は、この限りではない。
       (3)信託期間

         ファンドは、存続期間を無制限として設定される。ただし、下記「(5)その他、(a)ファンドの
        終了」の記載に従うものとする。
       (4)計算期間

         ファンドの決算日は毎年9月30日である。
       (5)その他

        (a)ファンドの終了
          ファンドは、別段の定めがない限り、いつでも管理会社により解散されうる。管理会社は、受益
         者の利益を勘案して、管理会社の利益を保護するために、または投資方針のために必要または適切
         であるとみなされる場合、ファンドの解散を決定することができる。
          ファンドの解散は、法律上定められる場合、強制的に行われる。
          管理会社は、法律の定めに従い、また各販売国の規則に従い、ファンドの解散に関し、メモリア
         ルおよび十分に流通している少なくとも2紙の日刊紙(うち少なくとも1紙はルクセンブルグの新
         聞でなければならない)において、公告を行うものとする。
          受益証券の発行は、ファンドが解散された時点で中止される。受益証券の買戻しは、清算日の直
         前まで行われることができる。これにより、清算費用が考慮され、清算の決定が有効となった時点
         でファンドの受益証券を保有するすべての投資者が清算費用を負担することが確保される。
          管理会社、または、監督機関の同意の上管理会社もしくは保管受託銀行により任命される清算人
         の命令に基づき、保管受託銀行は、清算費用および手数料を控除した清算金額を、ファンドの受益
         者の間で、その権利に比例して分配する。保管受託銀行は、清算手続の結了時において受益者が受
         領していない清算の純手取金を、その権利を有する受益者の勘定でルクセンブルグの供託所
                                  41/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         (Caisse     de  Consignation)に預託する。当該金額は、法定期限までに申し立てられない場合没収
         される。
          受益者ならびにその遺産相続人および法定相続人は、ファンドの解散または分割を求めることは
         できない。
        (b)約款の変更
          管理会社は、保管受託銀行の同意を得た上で、いつでも、約款の全部または一部を変更すること
         ができる。
          約款の変更は、別途定められない限り、届出られ、当該届出後直ちに発効する。
        (c)関係法人との契約の更改等に関する手続き
         保管契約
          保管契約は、いずれかの当事者が3か月前に他の当事者に対し、書面による通知を行うことによ
         り、解約することができる。
          同契約は、ルクセンブルグの法律に準拠し、それに従い解釈されるものとし、同法に基づき変更
         することができる。
         管理事務代行契約
          管理事務代行契約は、いずれかの当事者が3か月前に他の当事者に対し、書面による通知を行う
         ことにより、解約することができる。
          同契約は、ルクセンブルグの法律に準拠し、それに従い解釈されるものとし、同法に基づき変更
         することができる。
         投資運用契約
          投資運用契約は、いずれかの当事者が3か月前に他の当事者に対し、書面による通知を行うこと
         により、解約することができる。
          同契約は、ルクセンブルグの法律に準拠し、それに従い解釈されるものとし、同法に基づき変更
         することができる。
         代行協会員契約
          代行協会員契約は、同契約のいずれかの当事者が3か月前に他の当事者に対し、書面により通知
         することにより終了する。
          同契約は日本国の法律に準拠し、それに従い解釈されるものとし、同法に基づき変更することが
         できる。
         受益証券販売買戻契約
          受益証券販売買戻契約は、一方の当事者が他の当事者に対し、書面による通知を3か月前になす
         ことによりこれを解約することができる。
          同契約は、日本国の法律に準拠し、それに従い解釈されるものとし、同法に基づき変更すること
         ができる。
                                  42/148







                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 受益者の権利等
       (1)受益者の権利等
         日本における販売会社または販売取扱会社に受益証券の保管を委託している日本の受益者は、自ら
        管理会社に対し直接受益権を行使することはできない。これら日本の受益者は口座約款に基づき日本
        における販売会社または販売取扱会社をして自己に代わって受益権を行使させることができる。受益
        証券の保管を日本における販売会社または販売取扱会社に委託しない日本の受益者は、本人の責任に
        おいて権利行使を行う。
         受益者の有する主な権利は次のとおりである。
        (ⅰ)分配金請求権
          受益者は、管理会社の決定した分配金を、保有する受益証券口数に応じて管理会社に請求する権
         利を有する。
        (ⅱ)買戻請求権
          受益者は、評価日において受益証券の買戻しを管理会社に請求する権利を有する。
        (ⅲ)残余財産分配請求権
          ファンドが解散される場合、受益者は管理会社に対し、保有する受益証券口数に応じて残余財産
         の分配を請求する権利を有する。
        (ⅳ)損害賠償請求権
          受益者は、管理会社および保管受託銀行に対し、約款に定められた義務の不履行に基づく損害賠
         償を請求する権利を有する。
       (2)為替管理上の取扱い

         日本の受益者に対する受益証券の分配金、買戻代金等の送金に関して、ルクセンブルグにおける外
        国為替管理上の制限はない。
       (3)本邦における代理人

         森・濱田松本法律事務所  東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
         上記代理人は、管理会社から日本国内において、
        (ⅰ)管理会社またはファンドに対する、ルクセンブルグおよび日本における法律上の問題ならびに日
         本証券業協会の規則上の問題について一切の通信、請求、訴状、訴訟関係書類を受領する権限、
        (ⅱ)日本における受益証券の販売、買戻しの取引に関する一切の紛争、見解の相違に関する一切の裁
         判上、裁判外の行為を行う権限を委任されている。
         なお、日本国財務省関東財務局長に対する受益証券の募集に関する届出および継続開示等に関する
        代理人および金融庁長官への届出代理人は、
         弁護士  三浦 健
         東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
         森・濱田松本法律事務所
        である。
       (4)裁判管轄等

         日本の投資者が取得した受益証券の取引に関連する訴訟の裁判管轄権は下記の裁判所が有すること
        を管理会社は承認している。
         東京地方裁判所  東京都千代田区霞が関一丁目1番4号
         確定した判決の執行手続は、関連する法域の適用法に従って行われる。
       次へ
                                  43/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第3 ファンドの経理状況

      1 財務諸表

       a.ファンドの直近会計年度の日本文の財務書類は、ルクセンブルグにおける法令に準拠して作成され

        た原文の財務書類を翻訳したものである。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」
        に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第129条第5項ただし書の規定の適
        用によるものである。
       b.ファンドの原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3

        第7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるケーピーエムジー・ルクセンブルグ・サールから
        監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に係
        る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
       c.ファンドの原文の財務書類は、米ドル、豪ドル、ユーロ、英ポンドまたはメキシコペソで表示され

        ている。日本文の財務書類には、主要な金額について円貨換算が併記されている。日本円による金額
        は、2014年1月31日現在における株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ド
        ル=102.86円、1豪ドル=90.77円、1ユーロ=139.44円、1英ポンド=169.68円または1メキシコペ
        ソ=7.70円)で換算されている。円換算額は、四捨五入のため合計欄の数値が総数と一致しない場合
        がある。
       次へ

                                  44/148











                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)貸借対照表
        DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンド
         投資有価証券明細表を含む純資産計算書である。
                           投資ポートフォリオ
                           2013年9月30日現在
                                                           純資

                 口数          報告期間中の買付/        報告期間中の売却/
     銘柄名                数量/額面                     通貨  市場価格       市場価値合計        産構
                /通貨           追加        処分
                                                           成比
                   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)         (米ドル)      (円)    (%)
     上場有価証券                                           26,708,506.65     2,747,236,994.02      86.54
     利付有価証券
     3.625%  Bord  Gais  Eireann
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  106.45    288,074.86     29,631,380.10      0.93
     2012/2017
     4.875%  Dong  Energy  A/S (MTN)
                 EUR   180,000   25,099,200     180,000   25,099,200            %  100.551    244,899.90     25,190,403.71      0.79
        *
     2013/3013
     6.25%  Dong  Energy  A/S 2013/2013
                 EUR   104,000   14,501,760     104,000   14,501,760            %  102.614    144,400.12     14,852,996.34      0.47
     *
     5.375%  Electricite    de France  SA
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  102.625    277,723.65     28,566,654.64      0.90
          *
     (MTN)  2013/2049
     3.25%  Elia  System  Operator   SA
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  100.363    135,801.12     13,968,503.20      0.44
     (MTN)  2013/2028
     7.375%  EnBW  Energie   Baden-
     Wuerttemberg    AG (MTN)  2011/2072
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  109.251    295,654.93     30,411,066.10      0.96
     *
     5.625%  Enel  Finance
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  106.833    144,555.67     14,868,996.22      0.47
     International     (MTN)  2007/2027
     3.25%  Energa  Finance   AB (MTN)
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  101.094    136,790.23     14,070,243.06      0.44
     2013/2020
     5.875%  EP Energy  AS (MTN)  -Reg-
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  107.159    144,996.78     14,914,368.79      0.47
     2012/2019
     4.375%  EP Energy  AS-Reg-
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  101.806    137,753.64     14,169,339.41      0.45
     2013/2018
     6.25%  ESB Finance   Ltd 2012/2017
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  115.226    311,825.82     32,074,403.85      1.01
     6.375%  Gas Natural   Capital
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  117.602    318,253.04     32,735,507.69      1.03
     Markets   SA (MTN)  2009/2019
     3.875%  Gas Natural   Fenosa
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  100.424    271,768.66     27,954,124.37      0.88
     Finance   BV (MTN)  2013/2022
     3.875%  Gas Natural   Finance   BV
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  99.712    134,920.92     13,877,965.83      0.44
     (MTN)  2013/2023
             *
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  101.542    274,792.84     28,265,191.52      0.89
     4.75%  GDF Suez  2013/2049
     7.50%  Iberdrola   Finanzas   SAU
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  113.258    153,249.33     15,763,226.08      0.50
     (MTN)  2008/2015
     4.25%  Iberdrola   International
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  108.393    293,333.01     30,172,233.41      0.95
     BV (MTN)  2012/2018
     2.50%  Origin  Energy  Finance   Ltd
                 EUR   145,000   20,218,800     145,000   20,218,800            %  95.399    187,172.28     19,252,540.72      0.61
     (MTN)  2013/2020
     2.375%  Snam  SpA (MTN)  2013/2017     EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  101.382    137,179.92     14,110,326.57      0.44
     3.50%  Snam  SpA 2012/2020
                 EUR   150,000   20,916,000     300,000   41,832,000     150,000   20,916,000     %  102.586    208,213.58     21,416,848.84      0.67
     3.50%  Snam  SpA 2013/2020       EUR   180,000   25,099,200     180,000   25,099,200            %  102.515    249,683.37     25,682,431.44      0.81
     2.375%  SPI Electricity    & Gas
     Australia   Holdings   Pty Ltd
                 EUR   200,000   27,888,000     200,000   27,888,000            %  99.822    270,136.83     27,786,274.33      0.87
     (MTN)  2013/2020
     3.75%  SPP Infrastructure
                 EUR   125,000   17,430,000     125,000   17,430,000            %  102.166    172,800.10     17,774,218.29      0.56
     financing   BV 2013/2020
     2.00%  SSE Plc 2013/2020
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  100.092    135,433.75     13,930,715.53      0.44
     4.82%  Suez  Environnement     Co.
                 EUR   50,000   6,972,000     100,000   13,944,000     50,000   6,972,000    %  102.98    69,671.43     7,166,403.29     0.23
        *
     2010/2049
     4.625%  Teollisuuden    Voima  Oyj
                 EUR   300,000   41,832,000     300,000   41,832,000            %  111.794    453,803.16     46,678,193.04      1.47
     (MTN)  2012/2019
     4.125%  Terna  Rete  Elettrica
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  107.528    145,496.07     14,965,725.76      0.47
     Nazionale   SpA (MTN)  2012/2017
     6.75%  Veolia  Environnement     SA
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  124.702    168,734.20     17,355,999.81      0.55
     (MTN)  2009/2019
     4.625%  Veolia  Environnement     SA
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  109.014    147,506.78     15,172,547.39      0.48
     (MTN)  2012/2027
     2.00%  Vier  Gas Transport   GmbH
                 EUR   100,000   13,944,000     100,000   13,944,000            %  100.152    135,515.61     13,939,135.64      0.44
     2013/2020
     3.125%  Vier  Gas Transport   GmbH
                 EUR   110,000   15,338,400     110,000   15,338,400            %  103.321    153,783.94     15,818,216.07      0.50
     (MTN)  2013/2023
     7.00%  Centrica   Plc (MTN)
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  134.486    217,101.40     22,331,050.00      0.70
     2008/2033
     4.375%  Centrica   Plc (MTN)
                 GBP   200,000   33,936,000     200,000   33,936,000            %  101.96    329,186.20     33,860,092.53      1.07
     2012/2029
     4.875%  DONG  Energy  A/S (MTN)
                 GBP   200,000   33,936,000     200,000   33,936,000            %  102.51    330,961.93     34,042,744.12      1.07
     2012/2032
     6.375%  E.ON  International
                 GBP   200,000   33,936,000     200,000   33,936,000            %  124.972    403,485.92     41,502,561.73      1.31
     Finance   BV (MTN)  2002/2032
     5.50%  Electricite    de France  SA
                 GBP   200,000   33,936,000     200,000   33,936,000            %  109.428    353,298.98     36,340,333.08      1.14
     2012/2037
     5.75%  Enel  Finance
     International     NV (MTN)      GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  89.074    143,792.05     14,790,450.26      0.47
     2009/2040
     6.125%  GDF Suez
                 GBP   250,000   42,420,000     250,000   42,420,000            %  120.366    485,766.73     49,965,965.85      1.57
     7.375%  Iberdrola   Finanzas   SAU
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  118.89    191,923.18     19,741,218.29      0.62
     (MTN)  2009/2024
                                  45/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                           純資
                 口数          報告期間中の買付/        報告期間中の売却/
     銘柄名                数量/額面                     通貨  市場価格       市場価値合計        産構
                /通貨           追加        処分
                                                           成比
                   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)         (米ドル)      (円)    (%)
     7.375%  National   Grid
     Electricity    Transmission    Plc   GBP   150,000   25,452,000     150,000   25,452,000            %  137.316    332,504.79     34,201,442.70      1.08
     (MTN)  2009/2031
     4.00%  National   Grid  Electricity
     Transmission    Plc (MTN)      GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  99.417    160,488.75     16,507,872.83      0.52
     2012/2027
     5.625%  NGG Finance   Plc
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  99.375    160,420.94     16,500,897.89      0.52
        *
     2013/2073
     6.50%  RWE Finance   BV (MTN)
                 GBP   200,000   33,936,000     200,000   33,936,000            %  119.597    386,130.59     39,717,392.49      1.25
     2001/2021
     4.75%  RWE Finance   BV (MTN)
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  99.641    160,850.35     16,545,067.00      0.52
     2012/2034
     3.625%  Severn  Trent  Utilities
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  97.322    157,106.79     16,160,004.42      0.51
     Finance   Plc (MTN)  2013/2026
     8.375%  SSE Plc (MTN)  2008/2028
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  144.746    233,662.49     24,034,523.72      0.76
     6.125%  Veolia  Environnement     SA
                 GBP   100,000   16,968,000     100,000   16,968,000            %  116.298    187,738.92     19,310,825.31      0.61
     (MTN)  2007/2037
     6.50%  Abu Dhabi  National   Energy
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  114.35    114,350.00     11,762,041.00      0.37
     Co. -Reg-  2006/2036
     6.25%  Abu Dhabi  National   Energy
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  114.115    114,115.00     11,737,868.90      0.37
     Co. (MTN)  2009/2019
     3.625%  Abu Dhabi  National
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %    94   187,999.00     19,337,577.14      0.61
     Energy  Co. 2012/2023
     5.875%  Abu Dhabi  National
     Energy  Co. -Reg-  (MTN)      USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  111.686    335,058.00     34,464,065.88      1.09
     2011/2021
     5.875%  Abu Dhabi  National
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  111.45    111,450.50     11,463,798.43      0.36
     Energy  Co. -Reg-  2006/2016
     5.75%  Centrais   Eletricas
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  97.102    194,205.00     19,975,926.30      0.63
     Brasileiras    SA -Reg-  2011/2021
     4.25%  CEZ AS -Reg-  2012/2022
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  100.284    200,567.00     20,630,321.62      0.65
     5.625%  CEZ AS -Reg-  2012/2042
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  103.067    206,134.00     21,202,943.24      0.67
     5.80%  Commonwealth    Edison  Co.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  116.778    233,557.00     24,023,673.02      0.76
     2008/2018
     6.65%  Consolidated    Edison  Co of
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  122.298    122,297.50     12,579,520.85      0.40
     New York  Inc 2009/2019
     5.85%  Consolidated    Edison  Co.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  117.372    234,743.00     24,145,664.98      0.76
     of New York,  Inc.  2008/2018
     7.60%  Constellation     Energy
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  120.052    240,103.00     24,696,994.58      0.78
     Group,  Inc.  2002/2032
     8.875%  Dominion   Resources,    Inc.
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  129.589    388,768.50     39,988,727.91      1.26
     2008/2019
     7.00%  Dominion   Resources,    Inc.
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  127.029    508,116.00     52,264,811.76      1.65
     2008/2038
     3.65%  DTE Electric   Co.
                 USD   170,000   17,486,200     170,000   17,486,200            %   101.8    173,060.85     17,801,039.03      0.56
     2013/2024
     6.375%  DTE Energy  Co. 2003/2033
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  115.416    230,831.00     23,743,276.66      0.75
     2.15%  Duke  Energy  Corp.
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  102.514    410,056.00     42,178,360.16      1.33
     2011/2016
     5.80%  E.ON  International
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  115.778    231,555.00     23,817,747.30      0.75
     Finance   BV -Reg-  2008/2018
     6.65%  E.ON  International
                 USD   500,000   51,430,000     500,000   51,430,000            %  123.669    618,345.00     63,602,966.70      2.00
     Finance   BV -Reg-  2008/2038
     3.75%  Edison  International
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  105.789    105,789.00     10,881,456.54      0.34
     2010/2017
     4.70%  El Paso  Pipeline   Partners
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  86.294    86,294.00     8,876,200.84     0.28
     2012/2042
     5.25%  Electricite    de France  SA
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  94.868    189,736.00     19,516,244.96      0.61
        *
     2013/2049
     6.95%  Electricite    de France  SA
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  122.508    245,016.00     25,202,345.76      0.79
     -Reg-  2009/2039
     6.125%  Empresa   de Energia   de
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  103.312    206,625.00     21,253,447.50      0.67
     Bogota  SA -Reg-  2011/2021
     6.25%  Enel  Finance
     International     SA -Reg-      USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  111.041    111,041.00     11,421,677.26      0.36
     2007/2017
     5.20%  Energy  Transfer   Partners
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  105.623    316,869.00     32,593,145.34      1.03
     LP 2012/2022
     3.10%  Entergy   Mississippi,    Inc.
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %   93.96    93,960.00     9,664,725.60     0.30
     2012/2023
     6.30%  Enterprise    Products
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  116.098    232,195.00     23,883,577.70      0.75
     Operating   LLC 2007/2017
     5.95%  Enterprise    Products
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  108.434    216,868.00     22,307,042.48      0.70
     Operating   LLC 2011/2041
     5.75%  Eskom  Holdings   Ltd -Reg-
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  100.038    200,076.00     20,579,817.36      0.65
     2011/2021
     7.375%  FirstEnergy    Corp.
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %   101.6    101,600.50     10,450,627.43      0.33
     2001/2031
     4.125%  Florida   Power  & Light
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  93.918    187,837.00     19,320,913.82      0.61
     Co. 2011/2042
     6.40%  Florida   Power  Corp.
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  122.745    368,235.00     37,876,652.10      1.19
     2008/2038
     4.30%  Georgia   Power  Co.
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  90.964    272,893.50     28,069,825.41      0.88
     2012/2042
     5.95%  Georgia   Power  Co.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  113.952    227,905.00     23,442,308.30      0.74
     2009/2039
     5.00%  Iberdrola   Finance   Ireland
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  106.696    106,695.50     10,974,699.13      0.35
     Ltd -Reg-  2009/2019
     7.00%  Indiana   Michigan   Power
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  120.465    240,930.00     24,782,059.80      0.78
     Co. 2009/2019
     5.30%  Kansas  City  Power  & Light
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  101.658    203,317.00     20,913,186.62      0.66
     Co. 2011/2041
                                  46/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                           純資
                 口数          報告期間中の買付/        報告期間中の売却/
     銘柄名                数量/額面                     通貨  市場価格       市場価値合計        産構
                /通貨           追加        処分
                                                           成比
                   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)         (米ドル)      (円)    (%)
     6.95%  Kinder  Morgan  Energy
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  113.18    452,720.00     46,566,779.20      1.47
     Partners   LP (MTN)  2007/2038
     5.95%  Kinder  Morgan  Energy
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  114.698    344,094.00     35,393,508.84      1.11
     Partners   LP 2008/2018
     9.00%  Kinder  Morgan  Energy
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  128.264    384,790.50     39,579,550.83      1.25
     Partners   LP 2008/2019
     3.00%  Korea  Hydro  & Nuclear
                 USD   250,000   25,715,000     250,000   25,715,000            %  92.612    231,531.25     23,815,304.38      0.75
     Power  Co.,  Ltd 2012/2012
     10.375%   National   Rural
     Utilities   Cooperative    Finance
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  137.268    274,535.00     28,238,670.10      0.89
     Corp.  2008/2018
     7.875%  NextEra   Energy  Capital
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  114.447    457,788.00     47,088,073.68      1.48
     Holdings,   Inc.  2008/2015
     6.40%  Nisource   Finance   Corp.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  116.115    232,230.00     23,887,177.80      0.75
     2007/2018
     7.00%  Oncor  Electric   Delivery
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  123.581    123,581.00     12,711,541.66      0.40
     Co.,  LLC 2003/2022
     6.85%  ONEOK  Partners   LP
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  109.308    218,616.00     22,486,841.76      0.71
     2007/2037
     8.625%  ONEOK  Partners   LP
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  126.192    252,385.00     25,960,321.10      0.82
     2009/2019
     5.80%  Pacific   Gas & Electric
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  109.504    219,007.00     22,527,060.02      0.71
     Co. 2007/2037
     8.25%  Pacific   Gas & Electric
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  127.544    510,178.00     52,476,909.08      1.65
     Co. 2008/2018
     6.35%  Pacific   Gas & Electric
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  118.26    118,259.50     12,164,172.17      0.38
     Co. 2008/2038
     8.75%  Plains  All American
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  128.872    257,743.00     26,511,444.98      0.83
     Pipeline   LP 2009/2019
     5.15%  Plains  All American
                 USD   350,000   36,001,000     350,000   36,001,000            %  100.579    352,026.50     36,209,445.79      1.14
     Pipeline   LP 2012/2042
     4.20%  PPL Capital   Funding,   Inc.
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %   98.87    98,870.50     10,169,819.63      0.32
     2012/2022
     4.75%  PPL Electric   Utilities
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  102.09    102,090.50     10,501,028.83      0.33
     Corp.  2013/2043
     3.15%  Progress   Energy,   Inc.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  95.568    191,137.00     19,660,351.82      0.62
     2012/2022
     8.625%  PSEG  Power  LLC 2001/2031
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  137.452    137,452.50     14,138,364.15      0.45
             *
                 USD   150,000   15,429,000     200,000   20,572,000     50,000   5,143,000    %  106.75    160,125.00     16,470,457.50      0.52
     7.00%  RWE AG 2012/2072
     9.80%  Sempra  Energy  2008/2019
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  133.817    267,634.00     27,528,833.24      0.87
     6.65%  Southern   California
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  120.859    120,859.00     12,431,556.74      0.39
     Edison  Co. 1999/2029
     8.00%  Spectra   Energy  Capital
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  119.087    238,174.00     24,498,577.64      0.77
     LLC 1999/2019
             *
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  103.642    207,283.00     21,321,129.38      0.67
     5.625%  SSE Plc 2012/2049
     6.50%  TransAlta   Corp.  2010/2040
                 USD   250,000   25,715,000     250,000   25,715,000            %  97.956    244,890.00     25,189,385.40      0.79
     4.50%  TransAlta   Corp.  2012/2022
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  95.651    191,302.00     19,677,323.72      0.62
     7.625%  TransCanada    PipeLines
                 USD   400,000   41,144,000     400,000   41,144,000            %  134.245    536,980.00     55,233,762.80      1.74
     Ltd 2009/2039
     5.25%  Williams   Partners   LP
                 USD   300,000   30,858,000     300,000   30,858,000            %  108.058    324,174.00     33,344,537.64      1.05
     2010/2020
     6.30%  Williams   Partners   LP
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  105.94    211,880.00     21,793,976.80      0.69
     2010/2040
     4.00%  Williams   Partners   LP
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  98.631    98,631.00     10,145,184.66      0.32
     2011/2021
     規制市場で認可または取引されて
                                                2,360,631.35      242,814,540.66      7.65
     いる有価証券
     利付有価証券
     3.50%  Baltimore   Gas & Electric
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  101.16    101,159.50     10,405,266.17      0.33
     Co. 2011/2021
     6.75%  DCP Midstream   LLC 144A
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  108.553    217,106.00     22,331,523.16      0.70
     2007/2037
     5.85%  DCP Midstream   LLC
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  92.562    92,562.50     9,520,978.75     0.30
        *
     2013/2043
     6.80%  Enel  Finance
     International     SA -Reg-      USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  100.394    100,394.00     10,326,526.84      0.33
     2007/2037
     4.45%  Enterprise    Products
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  89.352    178,704.00     18,381,493.44      0.58
     Operating   LLC 2012/2043
     4.70%  Jersey  Central   Power  &
                 USD   140,000   14,400,400     140,000   14,400,400            %  101.168    141,634.50     14,568,524.67      0.46
     Light  Co. 144A  2013/2024
     4.75%  National   Rural  Utilities
     Cooperative    Finance   Corp.
                 USD   150,000   15,429,000     150,000   15,429,000            %  92.516    138,774.00     14,274,293.64      0.45
        *
     2013/2043
     6.65%  NextEra   Energy  Capital
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  102.186    102,185.50     10,510,800.53      0.33
             *
     Holdings,   Inc.  2007/2067
     3.25%  Pacific   Gas and Electric
                 USD   110,000   11,314,600     110,000   11,314,600            %  95.704    105,273.85     10,828,468.21      0.34
     Co. 2013/2023
     6.25%  PacifiCorp    2007/2037
                 USD   500,000   51,430,000     500,000   51,430,000            %  121.169    605,845.00     62,317,216.70      1.96
     3.40%  PPL Capital   Funding,   Inc.
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %   93.34    186,680.00     19,201,904.80      0.61
     2013/2023
     4.60%  PPL Energy  Supply  LLC
                 USD   200,000   20,572,000     200,000   20,572,000            %  99.282    198,564.00     20,424,293.04      0.64
     2011/2021
     3.80%  Public  Service   Electric   &
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  88.731    88,731.00     9,126,870.66     0.29
     Gas Co. 2013/2043
     6.35%  TransCanada    PipeLines   Ltd
                 USD   100,000   10,286,000     100,000   10,286,000            %  103.018    103,017.50     10,596,380.05      0.33
        *
     2007/2067
       次へ

                                  47/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                                           純資
                 口数          報告期間中の買付/        報告期間中の売却/
     銘柄名                数量/額面                     通貨  市場価格       市場価値合計        産構
                /通貨           追加        処分
                                                           成比
                   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)   (表示通貨)    (円)         (米ドル)      (円)    (%)
     非上場有価証券                                            743,490.00     76,475,381.40      2.40
     利付有価証券
     5.35%  DCP Midstream   LLC 144A
                       20,572,000
                 USD   200,000        200,000   20,572,000            %  107.106    214,213.00     22,033,949.18      0.69
     2010/2020
     5.125%  Kentucky   Utilities   Co.
                       10,286,000
                 USD   100,000        100,000   10,286,000            %  109.267    109,267.00     11,239,203.62      0.35
     2011/2040
     5.25%  Oncor  Electric   Delivery
                       41,144,000
                 USD   400,000        400,000   41,144,000            %  105.002    420,010.00     43,202,228.60      1.36
     Co LLC 2011/2040
     有価証券ポートフォリオ合計                                           29,812,628.00     3,066,526,916.08      96.59
     デリバティブ

     マイナス金額はショート・ポジ
     ションを表す
     金利デリバティブ                                            -108,939.60     -11,205,527.26      -0.35
     未収金/未払金
     金利先物
     米国財務省証券30年先物
                 口数    -42 口               42 口           -108,939.60     -11,205,527.26      -0.35
     12/2013   133.44  USD (CBT)
     為替デリバティブ                                            -76,234.19     -7,841,448.78     -0.25
     未収金/未払金
     通貨先物(ショート)
     オープン・ポジション
     USD/EUR   4.8 百万
                                                 -92,729.30     -9,538,135.80     -0.30
     USD/GBP   2.9 百万                                        -143,917.46     -14,803,349.94      -0.47
     通貨先物(ロング)
     オープン・ポジション
     AUD/USD   3.5 百万
                                                 17,763.71     1,827,175.21     0.06
     EUR/USD   6百万                                         136,584.50     14,049,081.67      0.44
     MXN/USD   0百万
                                                  -3.76      -386.75    0.00
     クローズド・ポジション
     AUD/USD   0.5 百万
                                                 5,612.29      577,280.15     0.02
     EUR/USD   0百万
                                                  455.83     46,886.67    0.00
     銀行預金                                            761,617.93     78,340,020.28      2.47
     保管受託銀行に預け入れた要求払
                   (表示通貨)    (円)
     預金
     ユーロ建て預金            EUR   35,609   4,965,319                          48,182.45     4,956,046.81     0.16
     その他のEU/欧州経済領域国通
     貨建て預金
     英ポンド            GBP   71,057   12,056,952                          114,707.60     11,798,823.74      0.37
     EU/欧州経済領域国以外の通貨
     建て預金
     米ドル            USD                                598,727.88     61,585,149.74      1.94
     その他の資産                                            634,656.66     65,280,784.05      2.06
     未収利息                                            532,383.27     54,760,943.15      1.72
     その他の未収金                                            102,273.39     10,519,840.90      0.34
     受益証券取引による未収金                                            135,137.47     13,900,240.16      0.43
       **
                                                31,504,456.39     3,240,548,384.28      102.07
     資産合計
     その他の負債                                            -55,327.54     -5,690,990.76     -0.18
     費用項目による負債                                            -55,327.54     -5,690,990.76     -0.18
     受益証券取引による負債                                            -237,904.10     -24,470,815.73      -0.77
       **
                                                -638,821.76     -65,709,206.23      -2.07
     負債合計
     純資産                                           30,865,634.63     3,174,839,178.04      100.00
      パーセント表示の算出値は四捨五入した値であるため、ごくわずかな誤差が生じている可能性がある。

     受益証券1口当たり純資産価額            口数

                                                受益証券1口当たり純資産価額
     および発行済受益証券口数            /通貨
                                                (表示通貨)      (円)
     受益証券1口当たり純資産価額
     Class  AUDH
                 AUD                                  9.56      867.76
     Class  EURH
                 EUR                                  9.51     1,326.07
     Class  MEXH
                 MXN                                 100.96      777.39
     Class  USD
                 USD                                  9.53      980.26
     発行済受益証券口数
     Class  AUDH
                 口数                                370,866  口
     Class  EURH
                 口数                                627,791  口
     Class  MEXH
                 口数                                  150 口
     Class  USD
                 口数                                2,042,587   口
                                  48/148




                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     市場略称
     先物取引所
     CBT  = シカゴ商品取引所
     為替レート(間接相場)

                      2013年9月30日現在
     豪ドル                   1.070435豪ドル=1米ドル
     ユーロ                   0.739044ユーロ=1米ドル
     英ポンド                  0.619464英ポンド=1米ドル
     メキシコ・ペソ               13.177900メキシコ・ペソ=1米ドル
     評価に関する注記事項

      管理会社が受益証券1口当たりの純資産価額を決定し、ファンドの資産評価を行う。基礎的な価格データ
     の手配および価格の検証は、管理会社が法律および規制上の要求事項あるいはファンド目論見書において規
     定された評価方法の原則に基づいて導入している手法に従って行われる。
      取引価格が入手できない場合、価格は外部の価格情報提供者としてのステート・ストリート・バンク・ル
     クセンブルグと管理会社との間で合意され、かつ可能な限り市場パラメータに基づく評価モデル(生成され
     た市場評価)の活用により決定される。当該手順は継続的なモニタリング・プロセスの対象となっている。
     第三者から入手した価格情報に関する信頼性の確認は、その他の評価機関、モデル算式もしくはその他の適
     切な手順の利用を通して行われる。
      本報告書で報告されている資産評価額は生成された市場評価に基づくものではない。
     脚注

     *)
      変動利率
     **)
      (デリバティブ)市場価値がマイナスのポジションは「負債合計」に含まれている。
                                  49/148











                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     報告期間中に完了し、投資ポートフォリオに組み入れていない取引
      有価証券、投資信託受益証券、および約束手形貸付(Schuldscheindarlehen)の売買
     (市場区分は報告日現在)
     有価証券                       口数または通貨          買付または流入             売却または流出
                                   (表示通貨)       (円)      (表示通貨)       (円)
     上場有価証券
     利付有価証券
                  *
                              EUR       100,000     13,944,000        100,000     13,944,000
     7.75%   Dong  Energy   AS 2011/2049
               *
                              EUR       100,000     13,944,000        100,000     13,944,000
     4.625%   RWE  AG 2010/2049
     6.05%   FirstEnergy     Solutions    Corp.   2009/2021
                              USD       100,000     10,286,000        100,000     10,286,000
     4.75%   NTPC  Ltd  2012/2022
                              USD       200,000     20,572,000        200,000     20,572,000
      デリバティブ(取引開始時における実現オプション価格、またはオプション取引総額。ワラントの場合は

     取引高を表示している)
                                                  価額(単位:千)
                                                (表示通貨)       (円)
     先物契約
     金利先物
     購入契約
     (原資産:米国財務省証券30年)                         USD                    7,876,047     810,130,194
     通貨先物(ショート)
     通貨売却のための先物契約
     USD/AUD                         USD                     30,113     3,097,423
     USD/EUR                         USD                     60,270     6,199,372
     USD/GBP                         USD                     10,310     1,060,487
     USD/MXN                         USD                       5     514
     通貨先物(ロング)
     通貨購入のための先物契約
     AUD/USD                         USD                     26,600     2,736,076
     EUR/USD                         USD                     58,540     6,021,424
     GBP/USD                         USD                     14,726     1,514,716
     MXN/USD                         USD                       ▶     411
                                  50/148










                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                        損益計算書(収益調整を含む)
                    2013  年2月22日から2013年9月30日までの期間
                                        (表示通貨)            (円)

     Ⅰ.収益
     1.有価証券による受取利息(源泉徴収税控除前)                             USD           721,752.18          74,239,429.23
     2.流動資産投資による受取利息(源泉徴収税控除前)                             USD           2,334.24           240,099.93
                                 USD           -11,268.10          -1,159,036.77
     3.控除:外国源泉徴収税
     収益合計
                                 USD           712,818.32          73,320,492.40
     Ⅱ.費用
     1.管理報酬                             USD          -243,848.39          -25,082,245.40
      以下を含む:
      基本管理報酬                           USD          -227,786.69          -23,430,138.93
      管理事務代行報酬                           USD           -16,061.70          -1,652,106.46
     2.保管報酬                             USD            -103.54          -10,650.12
     3.監査、弁護士および公告費用                             USD           -25,937.64          -2,667,945.65
     4.年次税                             USD           -16,027.58          -1,648,596.88
                                 USD           -17,479.12          -1,797,902.28
     5.その他の費用
     費用合計                             USD          -303,396.27          -31,207,340.33
     Ⅲ.純投資利益                             USD           409,422.05          42,113,152.06
     Ⅳ.売買取引
                                 USD           -52,342.97          -5,383,997.89
     実現利益/損失
     キャピタル・ゲイン/ロス                             USD           -52,342.97          -5,383,997.89
     Ⅴ.当期純利益                             USD           357,079.08          36,729,154.17
     BVI総費用比率(以下「TER」という。)

      受益証券クラスの総費用比率は、以下の通りである。
      Class    AUDH   年率0.97%             Class    EURH   年率1.00%
      Class    MEXH   年率0.57%             Class    USD  年率0.97%
      TERは、特定の会計年度における費用および報酬(取引費用を除く)の合計が各受益証券クラスに関す
     るファンドの平均純資産に占める割合として表されている。
     取引費用

      報告期間に支払われた取引費用は、3,449.42米ドルであった。
      取引費用には、報告期間にファンドの勘定に関して個別に報告または決済された、資産の売買に直接関係
     するすべての費用が含まれる。支払われていた可能性のある、金融取引に係る税金はすべて計算に含まれて
     いる。
                                  51/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                            純資産変動計算書
                                                  2013  年

                                            (表示通貨)          (円)
     Ⅰ.期首純資産価額                                 USD          0.00          0.00
     1.中間分配                                 USD       -524,962.86        -53,997,679.78
     2.純流入額                                 USD      32,246,403.96        3,316,865,111.33
      a)受益証券発行による流入                                 USD      35,278,418.46        3,628,738,122.80
      b)受益証券買戻による流出                                 USD      -3,032,014.50         -311,873,011.47
     3.収益/費用の平準化                                 USD       -101,744.97        -10,465,487.61
     4.純投資利益                                 USD       409,422.05        42,113,152.06
     5.実現利益/損失                                 USD       -52,342.97        -5,383,997.89
                                      USD      -1,111,140.58         -114,291,920.06
     6.未実現評価益/損の純変動
     Ⅱ.期末純資産価額                                 USD      30,865,634.63        3,174,839,178.04
                             損益の要約

                                                  2013  年

                                             (表示通貨)          (円)
     実現利益/損失(収益調整を含む)                                  USD       -52,342.97       -5,383,997.89
      源泉:
      有価証券取引                                 USD       -21,221.40       -2,182,833.20
      (先渡)為替取引                                 USD       -397,807.71       -40,918,501.05
                       *
                                       USD       366,686.14       37,717,336.36
      デリバティブおよびその他の金融先物取引
     *
       この項目には、オプション取引またはスワップ取引および/またはワラント、信用デリバティブによる取
       引が含まれることがある。
                                  52/148










                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
               過去3年間の純資産および受益証券1口当たり純資産価額の変動
                                             (表示通貨)          (円)

     期末純資産
     2013  年                                 USD      30,865,634.63       3,174,839,178.04
     2012  年                                 USD           -         -
     2011  年                                 USD           -         -
     期末受益証券1口当たり純資産価額

            Class   AUDH
     2013  年                                 AUD          9.56        867.76
            Class   EURH
                                       EUR          9.51       1,326.07
            Class   MEXH
                                       MXN         100.96         777.39
            Class   USD
                                       USD          9.53        980.26
            Class   AUDH
     2012  年                                 AUD           -         -
            Class   EURH
                                       EUR           -         -
            Class   MEXH
                                       MXN           -         -
            Class   USD
                                       USD           -         -
            Class   AUDH
     2011  年                                 AUD           -         -
            Class   EURH
                                       EUR           -         -
            Class   MEXH
                                       MXN           -         -
            Class   USD
                                       USD           -         -
     緊密な関係のある企業(ドイツ銀行グループの主要持分に基づく)を通じて実施された当ファンドの資産勘

     定に係る取引
      緊密な関係のある企業および個人(所有持分が5%以上)であるブローカーを通じて実施された、当投資
     ファンドの資産勘定に係る取引が全取引に占める割合は2.52%であった。総取引額は811,516.69米ドルで
     あった。
                                  53/148










                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                    *
                            分配方針の詳細
     Class   AUDH

     種類               日付                    通貨        受益証券1口当たり
                                             (表示通貨)          (円)
     中間分配               2013  年4月22日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年5月21日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年6月20日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年7月22日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年8月20日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年9月20日                  AUD          0.05         4.54
     中間分配               2013  年10月21日                  AUD          0.05         4.54
     Class   EURH

     種類               日付                    通貨        受益証券1口当たり
                                             (表示通貨)          (円)
     中間分配               2013  年4月22日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年5月21日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年6月20日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年7月22日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年8月20日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年9月20日                  EUR          0.03         4.18
     中間分配               2013  年10月21日                  EUR          0.03         4.18
     Class   MEXH

     種類               日付                    通貨        受益証券1口当たり
                                             (表示通貨)          (円)
     中間分配               2013  年12月20日                  MXN          0.00         0.00
     Class   USD

     種類               日付                    通貨        受益証券1口当たり
                                             (表示通貨)          (円)
     中間分配               2013  年4月22日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年5月21日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年6月20日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年7月22日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年8月20日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年9月20日                  USD          0.03         3.09
     中間分配               2013  年10月21日                  USD          0.03         3.09
     *
       他の情報は売出目論見書に記載されている。
                                  54/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     一般情報
       本報告書に記載するファンドには、ルクセンブルグの法律が適用される。
      パフォーマンス

        ミューチュアル・ファンド(投資信託)の投資収益、すなわちパフォーマンスは、ファンド受益証券
       の価額の変動によって測定される。受益証券1口当たり純資産価額(=買戻価格)に、例えば、DWS
       の投資勘定の範囲内において無償で再投資される中間分配金を加算した金額が、評価額の算定の基礎と
       して用いられる。過去のパフォーマンスは将来の運用成績を示唆するものではない。
        本報告書中のすべての財務データは、2013年9月30日現在の値である(別途明示されている場合を除
       く。)。
      売出目論見書

        ファンド受益証券の購入は、最新の売出目論見書、運用管理規程および「主要投資家情報文書」に加
       え、直近の監査済年次報告書および直近の年次報告書後に中間報告書がある場合にはかかる中間報告書
       に基づき行われる。
      発行価格および買戻価格

        現時点の発行価格および買戻価格、ならびに受益証券保有者向けの他のすべての情報は、管理会社の
       登記事務所で、または支払代理人から随時請求できる。また、発行価格および買戻価格は、受益証券の
       募集を実施した各国で、適切な媒体(インターネット、電子情報システム、新聞等)を通じて公示され
       る。
       次へ

                                  55/148











                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  56/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  57/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  58/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  59/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  60/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  61/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       次へ

















                                  62/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)損益計算書
         ファンドの損益計算書については、「1 財務諸表」の「(1)貸借対照表」の項目に記載した
        ファンドの「損益計算書(収益調整を含む)」を参照のこと。
       (3)投資有価証券明細表等

         ファンドの投資有価証券明細表については、「1 財務諸表」の「(1)貸借対照表」の項目に記
        載したファンドの「投資ポートフォリオ」を参照のこと。
       次へ

                                  63/148

















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      2 ファンドの現況

       純資産額計算書
                                               (2014年1月末日現在)
                                   米ドル                 円
                                (Ⅳ、Ⅴを除く)                (Ⅳ、Ⅴを除く)
     Ⅰ 資産総額                              30,851,266.79                3,173,361,302

     Ⅱ 負債総額                                211,811.84                21,786,966

     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                              30,639,454.95                3,151,574,336

     Ⅳ 発行済受益証券口数                        メキシコペソクラス             220口

     Ⅴ 1口当たり純資産価格                        メキシコペソクラス  104.47メキシコペソ (804円)

                                  64/148
















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第4 外国投資信託受益証券事務の概要
      (1 )受益証券の名義書換

        受益証券の名義書換代理人は次のとおりである。
         取扱機関 DWS・インベストメント・エス・エー
         取扱場所 ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ1115、
               ブールバール・コンラ・アデヌール2番
        日本の受益者については、受益証券の保管を日本における販売会社または販売取扱会社に委託してい
       る場合、その日本における販売会社または販売取扱会社の責任で必要な名義書換手続がとられ、それ以
       外のものについては本人の責任で行う。
        名義書換の費用は徴収されない。
      (2 )受益者集会
        受益者集会は開催されない。
      (3 )受益者に対する特典、譲渡制限
        受益者に対する特典はない。
        購入後の受益証券を、米国において、または米国人に対して譲渡することは禁止されている。
       次へ

                                  65/148













                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第二部 特別情報

     第1 管理会社の概況

      1 管理会社の概況

       (1 )資本金の額
         2014年1月末日現在、管理会社の払込済資本金は30,677,400ユーロ(約42億7,766万円)で、1株
        511.29ユーロ(約71,294円)のクラスA記名株式30,000株およびクラスB記名株式30,000株を発行済
        である。
         過去5年間に資本金の額の増減はない。
       (2 )会社の機構

         定款に基づき、3名以上の取締役により構成される取締役会が管理会社を運営する。取締役は管理
        会社の株主であることを要しない。取締役は年次株主総会において株主によって選任され、その任期
        は6年間であり、株主総会の決議によりいつでも解任される。取締役の再任は可能である。
         取締役会は、取締役会長を選出し、会長は、取締役会で議長を務める。会長が欠席した場合、議長
        は副会長のうち1名またはその他の取締役が務める。
         取締役会は、取締役の過半数が出席または代理出席している場合にのみ、定足数を満たすものとす
        る。取締役会の決議は多数決によるものとする。
         取締役会は、すべての取引を実現する権限および事業の目的を達成するために必要または有益であ
        ると思われるすべての行為を遂行する権限を有する。また取締役会は、法律または定款によって株主
        総会に留保されていない限り、管理会社のすべての事項について権能を有する。
      2   事業の内容及び営業の概況

        管理会社の事業の目的は、投資信託を設定し、管理を行うことである。管理会社は、ファンド資産の
       保管業務および管理事務代行業務を保管受託銀行であるステート・ストリート・バンク・ルクセンブル
       グ・エス・エーに委託している。
        管理会社の最終的な親会社はドイツ銀行である。
                                  66/148









                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        管理会社は、2014年1月末日現在、279本のファンドを管理しており、内訳は以下のとおりである。
                                               (2014年1月末日現在)
                資産クラス                       純資産総額(100万ユーロ)

     バランス                                                 26,178.4

     キャッシュマネジメント/短期金融商品                                                  3,132.2

     株式                                                 16,574.2

     債券                                                 28,020.3

     不動産-従来型                                                   392.6

                 合計                                     74,297.6

       次へ


                                  67/148














                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      3 管理会社の経理状況

       a.管理会社の直近2事業年度の日本文の財務書類は、ルクセンブルグにおける法令に準拠して作成さ

        れた原文の財務書類を翻訳したものである。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府
        令」に基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第129条第5項ただし書の規定
        の適用によるものである。
       b.管理会社の原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3

        第7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるケーピーエムジー・ルクセンブルグ・サールから
        監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認められる証明に係
        る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
       c.管理会社の原文の財務書類は、ユーロで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額につ

        いて円貨換算が併記されている。日本円による金額は、2014年1月31日現在における株式会社三菱東
        京UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1ユーロ=139.44円)で換算されている。なお、百万円
        未満の金額は四捨五入されている。円換算額は、四捨五入のため合計欄の数値が総数と一致しない場
        合がある。
       次へ

                                  68/148













                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)貸借対照表
                      DWS・インベストメント・エス・エー
                             貸借対照表
                           2012  年12月31日現在
                       (単位:千ユーロおよび百万円)
                                 2012  年12月31日             2011  年12月31日

                             (千ユーロ)         (百万円)       (千ユーロ)         (百万円)

     資産
     A.固定資産
      Ⅰ.無形資産
        以下の営業許可、特許、ライセンス、
        商標およびそれらに類する権利および
        資産
        a)対価を支払って取得したもの                        15,847         2,210       18,410         2,567
        b)当社が創出したもの                           -        -        -        -
      Ⅱ.有形資産
        器具・備品                          352         49       474         66
      Ⅲ.金融資産
       1.関係会社株式                            13         2       13         2
                                 11,651         1,625          -        -
       2.株式保有
                                 27,863         3,885       18,897         2,635
     B.流動資産

      Ⅰ.短期債権
       1.売掛金                         92,375        12,881        73,468        10,244
        a)1年以内期限到来金額                        92,375        12,881        73,468        10,244
       2.関係会社に対する未収金                         13,050         1,820       17,158         2,393
        a)1年以内期限到来金額                        13,050         1,820       17,158         2,393
       3.その他の債権                         291,915         40,705       224,135         31,253
        a)1年以内期限到来金額                        288,245         40,193       220,900         30,802
        b)1年超期限到来金額                         3,670         512       3,235         451
      Ⅱ.譲渡可能証券
        その他の譲渡可能証券                         2,236         312      10,532         1,469
                                896,529        125,012        836,340        116,619
      Ⅲ.現金および預金
                               1,296,105         180,729       1,161,633         161,978
                                   -        -        46         6

     C.前払費用および未収収益
                               1,323,968         184,614       1,180,576         164,620

     資産合計
      添付の注記は当財務書類の一部である。

                                  69/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                           貸借対照表(続き)
                                 2012  年12月31日             2011  年12月31日

                             (千ユーロ)         (百万円)       (千ユーロ)         (百万円)

     負債

     A.資本金および準備金

      Ⅰ.資本金                           30,677         4,278       30,677         4,278

      Ⅱ.準備金

       1.法定準備金                          3,068         428       3,068         428

       2.その他の準備金                         226,788         31,623       216,788         30,229

                                135,034         18,829       136,053         18,971
      Ⅲ.当期損益
                                395,567         55,158       386,586         53,906

     B.負債性および費用性引当金

      1.年金および類似の債務に関する引当金                           2,584         360       2,335         326

      2.税金引当金                             -        -        12         2

                                413,635         57,677       414,179         57,753
      3.その他の引当金
                                416,219         58,038       416,526         58,080

     C.非劣後負債

      1.金融機関からの借入金                           17,219         2,401        5,046         704

       a)1年以内期限到来金額                         17,219         2,401        5,046         704

      2.買掛金                           23,975         3,343       21,432         2,988

       a)1年以内期限到来金額                         23,975         3,343       21,432         2,988

      3.関係会社に対する未払金                          177,339         24,728       121,178         16,897

       a)1年以内期限到来金額                         177,339         24,728       121,178         16,897

      4.税金および社会保障債務

       a)未払税金                          8,335        1,162        8,577        1,196

       b)未払社会保障費                           585         82       417         58

      5.その他の債務                          284,729         39,703       220,814         30,790

                                284,729         39,703       220,814         30,790
       a)1年以内期限到来金額
                                512,182         71,419       377,464         52,634

                               1,323,968         184,614       1,180,576         164,620

     負債合計
      添付の注記は当財務書類の一部である。

                                  70/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)損益計算書
                      DWS・インベストメント・エス・エー
                             損益計算書
                          2012  年12月31日終了年度
                       (単位:千ユーロおよび百万円)
                                   2012  年             2011  年

                             (千ユーロ)         (百万円)       (千ユーロ)         (百万円)

     費用
     1.その他の外部費用                           529,972         73,899       567,863         79,183
     2.人件費
      a)賃金および給料                           10,508         1,465       11,035         1,539
      b)賃金および給料に関連して発生する社
                                 1,211         169       1,189         166
        会保障費
      c)補完的年金                             441         61       202         28
     3.評価調整額
      a)有形資産および無形資産の評価調整額                           2,722         380       2,910         406
     4.金融資産の公正価値の減少に係る評価調
                                  949        132         -        -
       整額
     5.流動金融資産の公正価値の減少に係る評
                                  519         72        -        -
       価調整額、有価証券売却損
     6.支払利息および類似の金融関連費用
      a)関係会社に関する費用                             -        -         ▶        1
     7.特別費用                            21,767         3,035          -        -
     8.法人税                            58,365         8,138       52,962         7,385
       内、納税グループの親会社により配賦さ
                                 59,569         8,306       54,456         7,593
       れた税金
     9.上記の項目に表示されないその他の税金                              59         8       63         9
                                135,034         18,829       136,053         18,971
     10 .当期損益
                                761,547        106,190        772,281        107,687

     費用合計
     収益

     1.純売上高                           687,113         95,811       701,726         97,849
     2.その他の営業収益                            71,066         9,909       64,577         9,005
     3.その他の受取利息および類似の金融関連
       収益
      a)関係会社配当金                           3,340         466       5,911         824
      b)その他の受取利息および類似の金融関
                                   28         ▶       67         9
        連収益
                                761,547        106,190        772,281        107,687

     収益合計
      添付の注記は当財務書類の一部である。

                                  71/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                      DWS・インベストメント・エス・エー
                          財務書類に対する注記
                          2012  年12月31日終了年度
     一般情報

       DWS・インベストメント・エス・エー(以下「当社」という)は、ルクセンブルグにおいて1987年4
      月15日に設立され、期限を定めずに公開有限責任会社(“société                                    anonyme”)としてルクセンブルグ法の
      下で組織された。商業登記簿にB 25 754の番号で登記されている。
       当社の登記上の本社は、ルクセンブルグ L-1115、ブールバール・コンラ・アデヌール2番に設置さ
      れている。
       当社の事業年度は、毎年1月1日に開始し12月31日に終了する。
       当社の目的は、投資信託の設定および管理運用である。当社は、投資信託に関する2010年12月17日法に
      準拠する限り、かかる投資信託の受益証券の販売の促進および当該投資信託の管理事務のために、必要
      (もしくは有用)なあらゆる活動を行うことができるとともに、あらゆる事業取引を遂行し、利益を増進
      しまたは当社の目的達成に役立つあらゆる手段を講じることができる。また、当社の目的は、2007年2月
      13日法(改正)に定義される特別ファンドにも及んでいる。
       当社は投資信託に関する2010年12月17日法第15章第101条に準拠し、管理会社として営業活動を行うため
      に必要とされる規制上の認可を得ている(以下「UCITS                              IV管理会社」という)。
       当社は、2012年6月15日の契約に基づき、投資信託に関する2010年12月17日法に基づく管理会社であ
      り、ドイチェ・ポストバンク・インターナショナル・エス・エー(本社:ルクセンブルグ)のかつての完
      全子会社であったドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジメント・エス・エー(本社:ルク
      センブルグ)の全株式を取得し、その後の2012年8月16日(以下「合併日」という)に、同社は清算せず
      に解散する方法(以下「略式合併」という。)でDWS・インベストメント・エス・エーに合併された。
      これにより、法的に独立した構成単位としてのドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジメン
      ト・エス・エーは消滅した。ドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジメント・エス・エーの
      資産および負債はDWS・インベストメント・エス・エーのドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン
      -マネジメント・エス・エーに対する持分の帳簿価額と相殺され、その差額が特別損益の合併関連損失と
      して計上された。
       2012年7月6日の合併計画に従い、ドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジメント・エ
      ス・エーの2012年1月1日以降の全事業活動は、会計上、DWS・インベストメント・エス・エーの事業
      活動とみなされることが合意された。
       当該合併の後、DWS・インベストメント・エス・エーは、ドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲ
      ン-マネジメント・エス・エーが合併日時点で管理していたファンド資産(17のサブファンド)に関する
      管理会社の機能も取得した。
       当社は、1989年9月25日に設立され、会員の顧客の利益を目的とした保証システムを提供しているルク
      センブルグ預金保証協会(AGDL)のメンバーである。
     当社が所属するグループ

       DWS・インベストメント・ゲー・エム・ベー・ハー(本社:フランクフルト・アム・マイン)および
      ドイチェ・バンク・ルクセンブルグ・エス・エー(本社:ルクセンブルグ)が当社の株主で、持株比率は
      同等である。両社とも、ドイチェ・バンク・アー・ゲー(本社:ドイツ、フランクフルト・アム・マイ
      ン)のグループ企業である。2010年11月15日付の信託契約に従い、DWS・インベストメント・ゲー・エ
      ム・ベー・ハーの全株式は、ドイチェ・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーが同社の名義で、DWS・
      インベストメント・ゲー・エム・ベー・ハーの勘定およびリスクのために管理している。
       商事会社に関するルクセンブルグの1915年8月10日法(改正)第314条の規定に基づき、                                                 DWS・インベ
      ストメント・エス・エーは、2012年度の連結財務書類またはグループ業務報告書の作成義務が免除されて
                                  72/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      いる。同法に準拠し、本年次財務書類は、年次株主総会における承認を目的とした非連結ベースで株主に
      提示されることになる。
       2012年12月31日現在の当社の年次財務書類は、ドイチェ・バンク・アー・ゲー(本社:フランクフル
      ト・アム・マイン)の年次連結財務書類に組み入れられており、この年次連結財務書類は最大数のグルー
      プ企業の年次財務書類を組み入れている。当該年次連結財務書類は、ドイツ連邦官報である
      Bundesanzeiger電子版を通じてドイツにおいて公示され、該当するルクセンブルグの登録簿に収められる
      予定である。
     比較数値の表示

       2012  年度の年次財務書類は、2012年1月1日付の                        ドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジ
      メント・エス・エーの合併による影響を受けている(会計上の遡及的影響)。財政状態および損益勘定へ
      の影響がわずかであったことを受け、比較目的での前年度の数値の調整は行われなかった。
       国際会計基準の導入に関するものであり、                        商業登記および会社登記ならびに会計の慣習および年次財務
      書類に関連する2002年12月19日法を改正する                        2010  年12月10日法の改正後の規則を考慮し、損益勘定の個々
      の項目は、前年度を含めて再編され、名称が変更された。
     重要な会計方針の要約

      作成基準
       当年次財務書類は、ユーロ(                 € )で表示されている。
       当年次財務書類は、ルクセンブルグの法令上の要件およびルクセンブルグにおいて一般に公正妥当と認
      められた会計原則に従って作成され、取得原価主義の会計原則が考慮されている。金融商品および/また
      は特定の資産カテゴリーに関する公正価値オプションは適用されなかった。
       会計方針および評価規則は、商業登記および会社登記ならびに会計の慣習および年次財務書類に関連す
      る2002年12月19日法(改訂済)に規定されている規制に従って取締役会が決定し、適用される。
       当年次財務書類作成時に、重大な見積りが行われた。取締役会は、合理的な商業上の判断に従って会計
      方針および評価規則を適用しなければならない。仮定の変更は、変更が行われた事業年度における年次財
      務書類に重大な影響をおよぼす可能性がある。取締役会は、前提となっている仮定が適切であると考え、
      従って、当年次財務書類は当社の財政状態および損益勘定について真実かつ公正に表示しているものとす
      る。
       当社は、次事業年度の財政状態に影響を及ぼす見積りおよび仮定を行った。見積りおよび判断は、常に
      改善され、かつ、過去の経験に基づき、また特定の経歴に対して適切と思われる将来の事象に関する期待
      等のその他の要因に基づくものである。
      重要な会計方針

      外貨換算
       ユーロ以外の通貨建てのすべての取引は、各取引時の実勢為替レートに基づきユーロで計上される。
       ユーロ以外の通貨建ての固定資産は、各取引における取得時の実勢為替レートに基づきユーロに換算さ
      れる。貸借対照表日においても、これらの固定資産は通常、取得時の為替レートで換算されたままとな
      る。
       現金および預金は、貸借対照表日の実効為替レートに基づき換算される。その結果発生する為替差損益
      は、当事業年度の損益計算書に計上される。
       外貨建てのその他の資産および負債は、取得時の為替レートにより換算された額、または貸借対照表日
      現在の実勢為替レートの仲値に基づき当該資産および負債の低価もしくは高価な方を用いて個別に換算さ
      れる。従って、実現および未実現為替差損は、損益計算書に計上される。為替差益は通常、実現時に損益
      計算書に計上される。
       未決済の先渡為替取引は、貸借対照表日において、満期までの残存期間に対応する先渡レートを使用し
      て換算され、予期される損失に対しては引当金が計上される。
                                  73/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      無形資産
       無形資産は、付随費用を含む購入価格または償却累計額・評価減控除後製造原価で評価される。評価調
      整を行った理由が存在しなくなった場合、この評価調整は継続されない。
       無形資産は、見積耐用年数(現在は8年)にわたり定額法を用いて償却される。
      有形資産

       有形資産は、付随費用を含む購入価格で評価される。
       器具・備品は、見積耐用年数にわたり定額法を用いて減価償却される(年率10%から25%の間で異なる
      償却率)。少額資産(購入価格・製造原価が870ユーロ以下、あるいは通常の耐用年数が1年以内)は、当
      該事業年度の損益計算書に直接費用計上される。
       有形資産に永続的な価値の下落があると当社が見なす場合、その損失を反映するために更なる評価減が
      計上される。評価調整を行った理由が存在しなくなった場合、この評価調整は継続されない。
      金融資産

       関係会社株式および固定資産として保有される有価証券は、付随費用を含む購入価格で評価される。取
      締役会が永続的な価値の下落があると判断した場合、当該固定資産に関して評価調整が行われ、貸借対照
      表日現在における評価額を引き下げる。評価調整を行った理由が存在しなくなった場合、この評価調整は
      継続されない。
      短期債権

       債権は、額面価額で評価される。債権の回収に懸念が生じる場合、評価調整がなされる。評価調整を
      行った理由が存在しなくなった場合、この評価調整は継続されない。
      譲渡可能証券

       譲渡可能証券は、年次財務書類が作成される通貨で表示された、付随費用を含む加重平均価格に基づい
      て算出される取得原価、もしくは市場価格のいずれか低い方の価額で評価される。市場価格が取得原価を
      下回っている場合、評価調整が計上される。評価調整を行う理由がなくなった場合でも、この評価調整額
      は維持される(「Beibehaltungswahlrecht」:有価証券評価額維持の選択オプション)。
      市場価格の決定:

      ・ 証券取引所に上場している、または他の組織立った市場で取引されている譲渡可能証券は、評価日に
        直近の入手可能な価格で評価される。
      ・ 証券取引所に上場していない、または他の組織立った市場で取引されていない譲渡可能証券、ならび
        に証券取引所に上場している、または他の組織立った市場で取引されているものの、直近の入手可能
        な価格が代表的な値ではない有価証券は、取締役会が保守的かつ誠実に見積った推定売却価格で評価
        される。
      前払費用および未収収益/未払費用および繰延収益

       前払費用および未収収益には、翌事業年度に関連するが当事業年度に支払が発生した費用が含まれる。
      未払費用および繰延収益には、翌事業年度に関連するが当事業年度中に受領した収益が含まれる。
      負債性および費用性引当金ならびに債務

       負債性および費用性引当金は、その性質が明白に定義され、貸借対照表日現在、金額または発生日は未
      確定であるが発生する可能性の高いまたは確実に発生するであろう損失または債務に備えるためのもので
      ある。引当金は、合理的な商業上の判断の下で決定される評価額で計上される。
       DWS・インベストメント・エス・エーは、従業員に対し、年金契約を結んだ。企業負担年金給付は、
      一部は雇用主が誓約をし(確定拠出退職年金)、一部は直接保険が出資した(バイオメトリクス認証に係
                                  74/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      るリスク)。規制上の要求に従って、バイオメトリクス認証に係るリスクの管理責任はルクセンブルグの
      保険業者に外部委託された。
       バイオメトリクス認証に係るリスクの与信について、DWS・インベストメント・エス・エーが直接保
      険契約に対し拠出額を超えて支払いを行う法律上の義務または契約上の義務を有していない場合に、DW
      S・インベストメント・エス・エーは当該直接保険計画に対して定期的に拠出を行う。当該拠出は、支払
      いが行われた期間の費用項目において表示される。
       貸借対照表上に表示される当該債務はユーロ建てであり、かつ、貸借対照表日付における将来支払金の
      数理計算上の現在価値に相当する。当該債務は、ジェネラル・ドゥ・ラ・セキュリテ・ソシアル
      (Générale       de  la  Sécurité     Sociale:IGSS)に委ねられた出資計画に従って決定され、かつ、1999年6月
      8日付の退職年金制度にかかる法律の規定に基づき作成された。
      非劣後負債

       負債は、「高値評価原則」に従って返済すべき金額で評価される。
       負債について返済すべき金額が受け取った金額を上回る場合、その差額は資産として認識され、負債の
      期間にわたって定額法で、あるいは実効金利法によって年に一度償却される。
      純売上高

       純売上高とは、当社の通常の事業活動における典型的なサービスの販売による収益から、売上に直接関
      連する付加価値税およびその他の税金を差し引いたものを指す。
                                  75/148













                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      固定資産
       当事業年度の増減は以下のとおりである。
      固定資産の変動

                        取得原価                     帳簿価額     帳簿価額
                                       減価償却                 当期
                        2012  年   当期増加     当期除却           2012  年   2011  年
      (単位:千ユーロ)
                                        累計額               減価償却費
                        1月1日                     12 月31日    12 月31日
      無形資産
       以下の営業許可、特許、ライセン
       ス、商標およびそれらに類する権
       利および資産
       a)対価を支払って取得したもの                  20,153       -     -    4,306     15,847     18,410      2,563
       b)当社が創出したもの                  3,225       -    3,225       -     -     -     -
      有形資産
       器具・備品                  13,974       37     -   13,659       352     474     159
      金融資産
       関係会社株式                    13     -     -     -     13     13     -
                           -   12,600       -     949    11,651       -     949
       株式保有
      合計                   37,365     12,637      3,225     18,914     27,863     18,897      3,671
       無形資産は、すでに完全に償却済みであるIT関連設置プラットフォーム、ならびに第三者から取得し

      たアイルランド法に基づく2つのマネー・マーケット・ファンドの買収の適用対象となる資本支出により
      構成される。これら2つのマネー・マーケット・ファンドは、DWS・インベストメント・エス・エーが
      プロモーターとして法人顧客に売買を行っている法的に独立したアイルランドのマネー・マーケット・
      ファンドと併合した。当該項目のために決定され適用される償却期間は、経済的予想耐用年数の8年に相
      当する。
       金融資産に計上されている関係会社株式の一部は、ドイチェ・ハウスマン・エス・エー・アール・エ
      ル、ルクセンブルグ(以下「DH」という)に関するものであり、2004年11月24日以降、当社が全株式を
      所有している。2012年12月31日現在、この会社の未監査財務書類に基づく資本金および準備金(当事業年
      度の損益を含む。)は、-71.0百万ユーロである。同社は、2012年に3.9百万ユーロの純利益を計上した。
      DHの清算予定日が期中から2013年度第1四半期に延期されたことを受け、DWS・インベストメント・
      エス・エーの取締役会は、DHとビジネス関係のあるドイチェ・バンク・グループ会社の債務放棄が引き
      続き予想されることから、保有株式の価値が下落するとは見込んでいない。
       また、DWS・インベストメント・エス・エーは、いずれもモーリシャスのポート・ルイスに本社を置
      いているDBファンド(モーリシャス)リミテッドおよびDWSモーリシャス・カンパニー(2012年に取
      得)の議決権株式を100%保有している。当該株式の帳簿価額は1株につき2米ドルである。いずれもファ
      ンドの形式で設計されている両社の目的は、さまざまな会社資産をインドの資産に投資することである。
      DBファンド(モーリシャス)リミテッドの場合、その無議決権株式は、DWSインベスト・エス・エー
      が管理しているミューチュアル・ファンドであるDWSインディアが保有している。DWSモーリシャ
      ス・カンパニーの場合、2012年12月31日現在で存在している他の資産はない。DWSインベスト・エス・
      エーの議決権株式には、当該ファンドの会社資産の増価に関係する権利は含まれていない。
       さらに、前年度においてDWS・インベストメント・エス・エーは、コミットメント総額の33.29%
      (50,000千ユーロを上限とする)の出資義務を伴うリミテッド・パートナーシップの形式で、あるプライ
      ベート・エクイティ・ファンドの持分を保有していた。DWS・インベストメント・エス・エーの2012年
      12月31日現在の貸借対照表において、当該投資は11,651千ユーロの帳簿価額で計上されており、この金額
      には2012年度における949千ユーロの評価調整額が含まれている(「金融リスク」に関する注記も参照のこ
                                  76/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      と)。当該リミテッド・パートナーシップの2012年12月31日終了年度の未監査年次財務書類に基づく資本
      および剰余金は35,728千ユーロである。同社は2012年度に2,122千ユーロの純損失を計上している。
     流動資産

     売掛金
       72,869千ユーロのファンドの管理報酬に加えて、売掛金は、主として12,960千ユーロにのぼる投資口座
      の管理に対する手数料および報酬、ならびに第三者投資会社のファンドの販売に係る報酬691千ユーロから
      成る。
     その他の債権

       その他の債権は、主として未決済有価証券取引287,092千ユーロ(前事業年度:215,350千ユーロ)から
      成る。
     譲渡可能証券

       その他の譲渡可能証券は、主としてドイチェ・バンク・グループが管理運用している投資信託の受益証
      券に帰属する。貸借対照表日現在の未実現利益は64千ユーロであり、うち10千ユーロは
      「Beibehaltungswahlrecht」(有価証券評価額維持の選択オプション)を行使したことによる。
     関係会社に対する未収金/関係会社に対する未払金(ドイチェ・バンクグループ会社に係る注記)

       関係会社に対する未収金は、預金残高(867,648千ユーロ)および金融機関からの借入金(17,219千ユー
      ロ)に計上されている。
     資本金および準備金

     資本金
       全額払込済みの資本金は30,677千ユーロのままであり、クラスA株式30,000株および1株当り額面
      511.29ユーロのクラスB株式30,000株から成る。
     法定準備金

       ルクセンブルグの会社は、法定準備金が資本金の10%に達するまで年間純利益の少なくとも5%を法定
      準備金に積み立てることを要求される。この準備金を分配することはできない。
       法定準備金は、資本金の10%の最低額を充足する3,068千ユーロになっている。
     その他の準備金

       過年度と同様に、当社は当年度において富裕税を前払いするオプションを利用した。関連する条件を満
      たした場合、富裕税の前払いが可能となる(資産税法(VStG)第8a条)。法的要件に従い、当社は富裕
      税の減額分の5倍以上に相当する金額をその他の準備金に配分することを決定した。これらの準備金に関
      する法定ロックイン期間は、富裕税が減額された年の翌年から5年間である。
       2011年度利益の処分の一部として、10,000千ユーロの金額が資産税法第8a条に準拠して富裕税の準備
      金に積み立てられた。当該積立反映後のその他の準備金は226,788千ユーロであり、うち、56,351千ユーロ
      は富裕税の準備金である。
                                  77/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     負債性および費用性引当金ならびに債務
     その他の引当金
       当社は、管理運用しているファンドの一部に関して、限られた期間における価値増額保証を付与した。
      価値増額保証は、グループ内の他の管理会社が管理運用する様々なファンドについても行われている。貸
      借対照表日現在の状況に基づき、引当金は400,000千ユーロとなった。当事業年度において、当社の様々な
      ファンドに支払われた保証債務はない(前事業年度:2,850千ユーロ)。
       観測可能なすべてのリスクはその他の引当金の評価において会計処理されている。
     非劣後負債

     買掛金
       買掛金は、主に未払ブローカー報酬22,502千ユーロおよび未払売買代金1,473千ユーロから成る。
     その他の債務

       その他の債務は、主として未決済有価証券からの債務合計282,033千ユーロ(前事業年度:215,444千
      ユーロ)から成る。
     金融リスク

       当社は、流動資産として保有されている譲渡可能証券を為替リスクに対してヘッジするために、ロシ
      ア・ルーブルのユーロに対する為替予約契約を締結した。
       2012年12月31日の貸借対照表日現在、約定金額2,088千ユーロ(前事業年度:885千ユーロ)、市場価格
      22千ユーロ負債ポジション(前事業年度:-33千ユーロ)の先渡為替取引に関連した契約、ならびに想定元
      本52,046千ユーロ(前事業年度:53,935千ユーロ)、市場価格183千ユーロ資産ポジション(前事業年度:
      297千ユーロ)の金利通貨スワップ契約が存在する。
       その他の偶発債務は、12,531千ユーロの未公開株式ファンドにおけるリミテッド・パートナーとして株
      式を購入する約定の形で存在する。貸借対照表日に存在していた株式保有(取得価額12,600千ユーロ、帳
      簿価額11,651千ユーロ)による2013年1月中旬のリターンにより、貸借対照表日後の該当する約定は合計
      24,951千ユーロに増加した。
     費用

     その他の外部費用
       商業登記および会社登記ならびに会計の慣習および年次財務書類に関連する2002年12月19日法の改正を
      受け、かつ、比較可能性を向上する目的で、2011年度の「その他の営業費用」は「その他の外部費用」に
      全額配分された。
                                  78/148







                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                         2012  年         2011  年
                                      (単位:千ユーロ)           (単位:千ユーロ)
     販売手数料                                       363,728           392,005

     コスト・センターへの費用配賦                                        72,152           78,077

               1)
                                            56,180           61,415
     ファンド管理報酬 
     資産保管報酬                                        11,655           12,402

                                            26,257           23,964

     その他の費用
                                            529,972           567,863

     1)
      2011  年のファンド管理報酬には、税務監査から得た当期以外の期間の追加報酬8,218千ユーロが含まれて
      いる。
     特別費用

       特別損益には、ドイチェ・ポストバンク・フェルミョーゲン-マネジメント・エス・エーの合併に関連
      する1度限りの費用(合併関連損失)が含まれている。
     法人税

       損益計算書に計上された金額には、前事業年度分の還付税額および要求される付加税1,204千ユーロが含
      まれている。下記に記載される情報、「納税グループ」も参照のこと。
     収益

     純売上高
       当社は、ファンドの管理運用に関して報酬を受領する。この対価は通常、管理運用機能の遂行に対する
      報酬のほか、資産保管受託銀行、ファンド管理、販売および管理事務代行に関連するコストをカバーして
      いる。各投資信託の報酬率の合計は、それぞれの管理運用規定、目論見書、交付書面または基本定款、ま
      たはそのすべてに記載されている。さらに、幾つかのファンドに関しては、管理運用規定または目論見
      書、交付書面またはその両方に基づき実績報酬契約を締結している。
       収益の主な内訳は、以下のとおりである。
                                         2012  年         2011  年
                                      (単位:千ユーロ)           (単位:千ユーロ)
     管理報酬                                       633,176           651,746

                                            53,937           49,980

     実績報酬
                                            687,113           701,726

       純売上高の地域別市場ごとの分類は行っていない。純売上高は、そのほとんどがルクセンブルグにおい

      て発生したものである。
                                  79/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     その他の営業収益
       その他の収益の主な内訳は、次のとおりである。
                                         2012  年         2011  年
                                      (単位:千ユーロ)           (単位:千ユーロ)
     ファンド販売報酬                                        58,371           53,997

     活動配分による収益                                        9,120           7,239

     投資勘定の管理運用による収益                                        1,577           1,751

     流動資産として保有されている譲渡可能証券の売却益                                        1,437           1,538

                                              561            52

     その他の収益
                                            71,066           64,577

     納税グループ

       ドイチェ・バンク・ルクセンブルグ・エス・エー(納税グループの親会社)およびDWS・インベスト
      メント・エス・エー(納税グループのメンバー会社)は、2010年1月1日付で納税グループを形成した。
      ルクセンブルグ法においては、連結納税グループの承認のためには、会社関係が少なくとも5年間存在し
      ていることが必要とされる。
       納税グループの親会社は納税グループの一員として税務当局に対する債務を負うため、両社の法人税が
      ドイチェ・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーの損益計算書に計上される。当該費用を補填するため
      に、DWS・インベストメント・エス・エーは納税グループのメンバー会社として、見合の配賦額をドイ
      チェ・バンク・ルクセンブルグ・エス・エーに支払う。当該金額の計算は、二社間で締結された税額配賦
      契約に基づいている。2012年度の配賦金額は59,569千ユーロ(前事業年度:54,456千ユーロ)である。
     人員および給与/管理上、経営上および監督上のメンバーに付与された前払金・貸付金/当組織の旧メン

     バーの退職年金に関する契約債務
       当事業年度中の平均従業員数は、6人のマネージングディレクターおよび1人のエグゼクティブを含む
      141人であった。
       2012年度は、1,342千ユーロの報酬(現物給付を含む)が、管理上および経営上のメンバーに対して支給
      された。取締役会には報酬が支払われなかった。
       旧経営陣または取締役会の旧メンバーの退職年金に関する契約債務はない。
       2012年12月31日現在、管理上、経営上のメンバーまたは取締役会のメンバーに対する貸付金、前払金、
      またはその他の債務はなかった。
     関連する個人および企業との取引

       市場以外の条件で関連する個人および企業と締結された重要な取引はない。
                                  80/148






                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     独立監査人への報酬
       公認法定監査人または公認の独立監査人に対する報酬は、その他の営業費用に含めて計上されている
      が、その内訳は次のとおりである(当社が管理運用するファンドに関連した業務に対する報酬を除
      く。)。
                                         2012  年         2011  年
     単位:千ユーロ(付加価値税を除く)

     対象業務:

     - 年次財務書類監査                                          68           67

     - その他の監査                                          -           -

     - 税務顧問                                          21           47

            1)
                                                3           3
     - その他 
     1)
      2011  年の比較数値において、コンサルタント業務に関する35千ユーロの報酬が「その他」から「税務顧
      問」に組み替えられ、また、他の業務に関する67千ユーロがそれぞれ固有の性質により、個々の管理対象
      ファンドの勘定に関して計上されなくなった。
     貸借対照表日後の重要な事象

       本年次財務書類に含まれているものを除き、貸借対照表日後に記録された重要な事象はなかった。
       次へ

                                  81/148












                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  82/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  83/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  84/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  85/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  86/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  87/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  88/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  89/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  90/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  91/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  92/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  93/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  94/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  95/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  96/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  97/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  98/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  99/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                100/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                101/148





















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       次へ


















                                102/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      4 利害関係人との取引制限

        管理会社の取締役会、投資運用会社、指定販売代理人および販売を行う権限を付与された者、保管受
       託銀行、名義書換代理人、受益者ならびにこれらの事業体および者の子会社、関連会社、代表者または
       代理人のすべて(以下「関係者」という。)は、
       ① 自己またはファンドのために、ファンドによる証券への投資または関係者によるある会社もしくは
        事業への投資(かかる投資はファンド資産の構成部分である。)に関するものを含め、あらゆる種類
        の金融取引、銀行取引その他の取引を行い、これに関係する契約を締結し、かかる契約または取引に
        関与することができる。
       ② 自己または第三者の勘定で、ファンドの構成要素と同じ種類の受益証券、証券または資産に投資
        し、かつこれらを取引することができる。
       ③ 自己または第三者の名義で、管理会社を通じてまたは管理会社もしくは保管受託銀行もしくはこれ
        らの子会社、関連会社、代表者もしくは代理人と共同で、ファンドに関する証券またはその他の資産
        の売買に参加することができる。
        流動性資産または証券の形態をとるファンド資産は、保管受託銀行が準拠する法規定に従い、関係者
       に預託することができる。ファンドの流動性資産は、関係者が発行する預金証書または関係者が提供す
       る当座預金に投資することができる。銀行取引または類似の取引は、関係者と共同でまたは関係者を通
       じて行うことができる。ドイツ銀行グループ会社および/またはドイツ銀行グループ会社の従業員、代
       表者、関連会社もしくは子会社(「DBグループ・メンバー」)は、管理会社のデリバティブ取引また
       はデリバティブ契約の相手方(「取引相手方」)になることがある。さらに一部の場合には、取引相手
       方がかかるデリバティブ取引またはデリバティブ契約の評価を要求されることがある。かかる評価は、
       ファンドの特定資産の価値の計算の根拠となることがある。管理会社の取締役会は、DBグループ・メ
       ンバーが取引相手方として行為し、かつ/またはこの種類の評価を行う場合に利益相反に関わる可能性
       があることを認識している。評価は、検証できる方法で調整され、実施される。ただし、管理会社の取
       締役会は、かかる利益相反に適切に対処できると確信しており、取引相手方がかかる評価を実施する適
       性および能力を有しているとみなしている。
        DBグループ・メンバーは、各合意条件に従い、取締役、販売代理人および副代理人、保管受託銀
       行、投資顧問会社または投資アドバイザーを務めることができ、管理会社に対して副保管受託銀行業務
       の提供を申し出ることができる。管理会社の取締役会は、DBグループ・メンバーが管理会社に関して
       遂行する職務により利益相反が生じる可能性があることを認識している。このような可能性について、
       各DBグループ・メンバーは、合理的な範囲内で、かかる利益相反を(各メンバーの職務および責任に
       関して)公正に解決し、管理会社および受益者の利益が悪影響を受けないことを保証する努力を行って
       いる。管理会社の取締役会は、DBグループ・メンバーがかかる職務を実施するために必要な適性およ
       び能力を有していると確信している。
        管理会社の取締役会は、管理会社の利益が上記事業体の利益と相反する可能性があると確信してい
       る。管理会社は、利益相反を回避するための合理的な措置を講じている。回避できない利益相反の場
       合、管理会社の取締役会は、かかる利益相反をファンドの利益となるように解決するよう努力する。
        ファンドに関して、ファンド資産を伴う取引は、関係者と共同でまたは関係者を通じて実行すること
       ができるが、かかる取引は投資者の最善の利益となることを条件とする。
      5 その他

       (1)定款の変更等
         株主総会は、特に定款の変更等、管理会社のすべての事項に関し決定することができる。
       (2)事業譲渡または事業譲受
         ルクセンブルグ監督当局の事前承認を条件として、管理会社は、ルクセンブルグの法律の一般原則
        に基づき、契約型投資信託を管理運用する権限を授与されている他のルクセンブルグの会社にその業
        務を譲渡することができる。かかる場合、事業を譲渡した会社は、なお、法人として存続する。
       (3)出資の状況
                                103/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         該当なし。
       (4)訴訟事件その他の重要事項
         現在、管理会社に対して民事手続が係属中である。この手続は、偽造の売却指示の実行を主張する
        元顧客からの請求についてのものである。
         管理会社の会計年度は12月31日に終了する1年である。
         管理会社の存続期間は無制限である。ただし、株主総会の決議によりいつでも解散することもでき
        る。
       次へ

                                104/148

















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第2 その他の関係法人の概況

      1 名称、資本金の額及び事業の内容

       (1 )ステート・ストリート・バンク・ルクセンブルグ・エス・エー(State                                        Street    Bank   Luxembourg
        S.A.)(「保管受託銀行」「管理事務代行会社」)
        ① 資本金の額
          2014年1月末日現在、65,000,813ユーロ(約90億6,371万円)
        ② 事業の内容
          ルクセンブルグの法律に基づき1990年1月19日に設立され、一般の商業銀行業務を営んでいる。
       (2)  ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメントGmbH(Deutsche                                                Asset    &
        Wealth    Management       Investment       GmbH)(「投資運用会社」)
        ① 資本金の額
          2014年1月末日現在、1億1,500万ユーロ(160億3,560万円)
        ② 事業の内容
          投資運用会社は、ドイツ法に基づくポートフォリオ・マネージャーである。
       (3)  ドイツ証券株式会社(「代行協会員」)
        ① 資本金の額
          2014年1月末日現在、727億2,800万円
        ② 事業の内容
          金融商品取引法に基づき日本において第一種金融商品取引業を営んでいる。
       (4 )丸三証券株式会社(「日本における販売会社」)
        ① 資本金の額
          2014年1月末日現在、100億円
        ② 事業の内容
          金融商品取引法に基づき日本において第一種金融商品取引業を営んでいる。
      2 関係業務の概要

       (1 )ステート・ストリート・バンク・ルクセンブルグ・エス・エー(State                                        Street    Bank   Luxembourg
        S.A.)(「保管受託銀行」「管理事務代行会社」)
         ファンド資産を分別保管するとともに、ルクセンブルグの法律に基づき保管受託銀行に課せられる
        その他一切の義務を履行し、また、管理事務代行業務を行う。
       (2 )ドイチェ・アセット&ウェルス・マネジメント・インベストメントGmbH(Deutsche                                                 Asset    &
        Wealth    Management       Investment       GmbH)(「投資運用会社」)
         投資方針および直接的な投資判断の日々の遂行を含むファンド運用業務を行う。
       (3)  ドイツ証券株式会社(「代行協会員」)
         日本における代行協会員業務を行う。
       (4 )丸三証券株式会社(「日本における販売会社」)
         日本における受益証券の販売および買戻業務を行う。
      3 資本関係

        管理会社、投資運用会社および代行協会員の最終的な親会社はドイツ銀行である。
       次へ

                                105/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第3 投資信託制度の概要

              (2013年7月15日付(AIFMDに関する暫定的な更新を含む。))

                               定義

     1915  年法            商事会社に関する1915年8月10日法(改正済)

     1993  年法            金融セクターに関する1993年4月5日法(改正済)
     2002  年法            投資信託に関する2002年12月20日法(改正済)(2010年法が継承)
     2007  年法            専門投資信託に関する2007年2月13日法(改正済)
     2010  年法            投資信託に関する2010年12月17日法(改正済)
     2013  年法            オルタナティブ投資ファンド運用会社に関する2013年7月12日法(その後の
                   改正を含む。)
     AIF               オルタナティブ投資ファンド
     AIFM               オルタナティブ投資ファンド運用会社
     AIFMD               通達2003/41/ECおよび通達2009/65/ECならびに規則(EC)
                   No.1060/2009および規則(EU)No.1095/2010を改正する、オルタナティ
                   ブ投資ファンド運用会社に関する2011年6月8日付欧州議会および理事会通
                   達2011/61/EU
     CSSF               ルクセンブルグ監督当局である金融監督委員会
     EC               欧州共同体
     EEC               欧州経済共同体
     EU               欧州連合(EECの継承機関であるECを吸収)
     FCP               契約型投資信託
     KIID               通達2009/65/EC第78条および2010年法第159条に言及される主要投資家
                   情報文書
     加盟国               EU加盟国ならびに欧州経済地域を形成する契約の当事者であるEU加盟国
                   以外の国で、当該契約および関連の法律に定める制限内でEU加盟国に相当
                   するとみなされる国
     メモリアル               メモリアル・セ・ルクイ・デ・ソシエテ・エ・アソシアシオン
     パートⅠファンド               (特に通達2009/65/ECをルクセンブルグ法において導入する)2010年法
                   パートⅠに基づく譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託。かかるファ
                   ンドは、一般に「UCITS」と称する。
     パートⅡファンド               2010  年法パートⅡに基づく投資信託
     SICAF               固定資本を有する投資法人
     SICAV               変動資本を有する投資法人
     UCI               投資信託
     UCI管理会社               2010  年法第16章に基づき認可を受けた管理会社
     UCITS               譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託
     UCITS       Ⅳ通達        譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託(UCITS)に関する法律、
                   規則および行政規定の調整に関する2009年7月13日付通達2009/65/EC
     UCITS所在加盟国               UCITS       Ⅳ通達第5条に基づき契約型投資信託または投資法人が認可を
                   受けた加盟国
     UCITSホスト加盟国               契約型投資信託または投資法人の受益証券が販売される、UCITS所在加
                   盟国以外の加盟国
     UCITS管理会社               2010  年法第15章に基づき認可を受けた管理会社
                                106/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Ⅰ.投資信託に関する法令の歴史の概要
       1988年までは、ルクセンブルグのすべての形態の投資信託は、投資信託に関する1983年8月25日法、
      1915年法ならびに共有に関する民法および一般の契約法の規定に従っていた。1983年8月25日法は、通達
      85/611/EEC(以下「UCITS                    Ⅰ通達」という。)の規定をルクセンブルグ法に導入する法律であ
      る投資信託に関する1988年3月30日法(改正済)に取って代えられた。
       投資信託に関する2002年12月20日法(改正済)(以下「2002年法」という。)は、UCITS                                                    Ⅰ通達を
      改正する通達2001/107/ECおよび通達2001/108/EC(以下「UCITS                                           Ⅲ通達」という。)をルク
      センブルグ法に導入し、1988年3月30日法に取って代わった。
       2010年法は、譲渡性のある証券を投資対象とする投資信託に関する法律、規則および行政規定の調整に
      関する2009年7月13日付通達2009/65/EC(以下「通達2009/65/EC」または「UCITS                                                    Ⅳ通達」
      という。)をルクセンブルグ法に導入し、2002年法に取って代わった。
       専門投資信託に関する2007年法は、機関投資信託に関する1991年法に取って代わった。専門投資信託
      は、当該ビークルへの投資に付随するリスクを正確に評価できる情報を十分に提供された投資家に対して
      提供される。専門投資信託(以下「SIF」という。)は、リスク分散の原則に従う投資信託であり、し
      たがってUCIの一種として区分されている。SIFは、会社形態および投資規則の点でより高い柔軟性
      を提供するのみならず、CSSFによる監督規制をより緩やかにしている。適格投資家は、機関投資家お
      よびプロの投資家のみならず、2007年法第2条に記載される条件を満たした、情報に精通した個人投資家
      も含まれる。
       2013年7月15日、オルタナティブ投資ファンド運用会社に関する2013年7月12日付ルクセンブルグ法が
      公布された(以下「2013年法」という。)。2013年法は、通達2003/41/ECおよび通達2009/65/EC
      ならびに規則(EC)No.1060/2009および規則(EU)No.1095/2010を改正する、オルタナティブ投資
      ファンド運用会社に関する2011年6月8日付欧州議会および理事会通達2011/61/EU(以下「AIFM
      D」という。)をルクセンブルグ法に法制化する。
       AIFMDは、主にEU(および一定の条件の下では外国)におけるオルタナティブ資産運用会社に適
      用される通達ではあるが、運用会社のみならず、運用会社が運用する投資ビークル(すなわちAIF)に
      も影響を及ぼす多くの規定により構成されている。
       2013年法は、別の新しい法律としてAIFMDをルクセンブルグ法に法制化するが、同時に、ここでは
      対象とされないリスク・キャピタルに投資する投資法人に関する2010年法パートⅡ、2007年法、1915年
      法、1993年法および改正2004年6月15日法等の現行のルクセンブルグ法を改正する。
       現行の投資信託に関する法律の変更は、(ⅰ)                          完全に適用対象となる投資ビークル(すなわち、AIFM
      Dの「商品」に関する要件が適用される投資ビークル)と、(ⅱ)                                   AIF(AIFとしての適格性を有して
      いるすべてのパートⅡファンド)ではないか、または、AIFではあるが運用会社による運用資産がAI
      FMDにより導入された最低限度額を下回る投資ビークルとを区別することを主に目的としている。後者
      の投資ビークルについては、現行の制度(保管受託銀行の制度を含む。以下Ⅴ項を参照のこと。)と比較
      して、要件に大きな変化はない。
       2010年法第16章の改正を通じて、2013年法により、非UCITSの管理会社および非AIFMの管理会
      社に関する新しい制度が導入される(以下Ⅳ.4項を参照のこと。)。
       AIFMDひいては2013年法は、AIF(当該AIFがルクセンブルグで設立されたか、他の加盟国で
      設立されたかまたは第三国で設立されたか、規制を受けるか否か、2013年法において規定される適用除外
      および免除の対象であるか否かにかかわらない。)を運用するルクセンブルグで設立されたAIFMに適
      用されることに留意することが重要である。また、EU加盟国以外の国で設立されたAIFMが、ルクセ
      ンブルグ内で設立されたAIFを運用するか、または、ルクセンブルグにおいて投資家に対してAIF
      (その投資信託の所在地を問わない。)の販売を行う場合、2013年法は、かかるAIFMに適用される。
       2013年法に従い、その通常業務が一または複数のAIFを運用することである法人は、(当該AIFM
      が2013年法の適用外である場合を除き)2013年法を遵守しなければならない。AIFとは、以下の投資信
      託(そのコンパートメントを含む。)をいうと定義される。
                                107/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      a)  多数の投資家から資金を調達し、かかる投資家の利益のために、定められた投資方針に従ってその資
        金を投資することを目的としており、かつ、
      b)  UCITS       Ⅳ通達に基づき認可を必要としない投資信託。
       AIFMとは、以下のいずれかをいう。
      a)  AIFによりまたはAIFのために選任される法人であり、かかる選任を通じてAIFを運用するこ
        とにつき責任を負う「外部AIFM」、もしくは
      b)  AIFの法的形態により内部運用が可能な場合で、AIFの統治組織が「外部AIFM」を選任しな
        いことを選択した場合におけるAIFそれ自体(かかる場合、「内部AIFM」、すなわちAIFそ
        れ自体がAIFMとして認可される必要がある。)
       2013年法は、以下のAIFMには適用されない。
      a)  AIFM、AIFMの親会社もしくは子会社またはその他AIFMの親会社の子会社のみが投資家で
        あるAIFを運用する、ルクセンブルグで設立されたAIFM(ただし、かかる投資家のいずれも、
        それ自体がAIFではないことを条件とする。)
      b)  ルクセンブルグで設立されたAIFMであり、共同運用もしくは共同管理により、または、直接的も
        しくは間接的な実質的保有により、当該AIFMと関連する会社を通じて、以下のいずれかのAIF
        のポートフォリオを直接的または間接的に運用するAIFM
        (ⅰ)    その運用資産(レバレッジの利用を通じて取得される資産を含む。)の総額が100百万ユーロの
            限度額を超えないAIF、もしくは
        (ⅱ)    レバレッジされておらず、各AIFへの当初投資日から5年間行使可能な買戻請求権を有して
            いないAIFによりポートフォリオが構成される場合は、その運用資産の総額が500百万ユーロ
            の限度額を超えないAIF
        (それぞれを「最低限度額」という。)
       AIFMは、上記b)に基づき2013年法の適用が除外される場合であっても、CSSFへの登録を行わ
      なければならない。2013年法は、かかる登録に関して適用除外規則を定めていない。2013年法の適用が除
      外されるAIFMは、CSSFへの登録時に、当該AIFMが運用するAIFを特定し、かかるAIFの
      投資戦略に関する情報をCSSFに提供する。2013年法の適用が除外されるAIFMは、その登録の完了
      後、CSSFに対し、CSSFが効率的にシステミック・リスクを監視できるようにするために、当該A
      IFMの主たる取引手段に関する情報、元本のエクスポージャーに関する情報、および当該AIFMが運
      用するAIFの最も重要な投資の集中に関する情報を定期的に(少なくとも年に一度)提供しなければな
      らない。2013年法の適用が除外されるAIFMが最低限度額を上回る場合、当該AIFMは、CSSFに
      かかる変更を通知し、完全な認可の申請を行わなければならない。
       EU加盟国以外の国で設立されたAIFM(すなわち、EU圏外のAIFM)の認可は、2015年7月か
      ら取得可能となる。それまで、2013年法は、EU加盟国以外の国で設立された一または複数のAIF(す
      なわち、EU圏外のAIF)を運用し、ルクセンブルグにおいてかかるAIFを販売しないEU圏外のA
                                               1
      IFMには適用されない。2013年6月18日にCSSFが公表したFAQ文書                                          に従い、EU圏外のAIFM
      は、2014年7月22日までは、ルクセンブルグの現行の販売に関する規則に基づき、引き続きルクセンブル
      グにおいてEU圏外のAIFMを販売することができるはずである。それ以降、EU圏外のAIFMは、
      2013年法の規定を遵守しなければならない。
       2013年法第58条第1項に従い、2013年7月22日よりも前に存続して運用活動を行っているルクセンブル
      グのAIFMは、CSSFに対して、2014年7月22日よりも前に認可の申請を行わなければならない。
       2013年7月22日までに設立されたAIFは、2014年7月22日まで、2013年法第58条第1項の経過規定の
      恩恵を享受することのできるAIFMを選任することができる。
       2013年法ならびに2010年法および2007年法(2013年法により改正済)は、数多くの経過規定を定めてい
      る。起こり得る様々な状況により、異なる経過規定が適用される場合がある。したがって、実際に適用さ
      れる経過規定について個別に分析する必要がある。
                                108/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     1
      オルタナティブ投資ファンド運用会社に関する2013年7月12日ルクセンブルグ法、ならびに、適用除外、
      一般的な運用条件、保管受託銀行、レバレッジの透明性および監督に関する欧州議会および理事会通達
      2011/    61/EUを補足する2012年12月19日付委員会委任規則(EU)No.                                    231/2013に関するFAQ
     Ⅱ.2010年法に従うルクセンブルグのUCITSおよびUCI

     1.2010年法に従うルクセンブルグのUCITSまたはUCIの概要
     1.1.   一般規定とその範囲
     1.1.1.     2010年法は、5つのパートから構成されている。
         パートⅠ  UCITS(以下「パートⅠ」という。)
         パートⅡ  その他のUCI(以下「パートⅡ」という。)
         パートⅢ  外国のUCI
         パートⅣ  管理会社
         パートⅤ  UCITSおよびその他のUCIに適用される一般規定
         2010年法は、パートⅠが適用されるUCITSとパートⅡが適用されるUCIを区分して取り扱っ
        ている。
     1.1.2.     2010年法パートⅠに基づきUCITSとしての適格性を有しているすべてのファンドは、他のEU
        加盟国において、その投資口または受益証券を自由に販売することができる(簡単な通知手続に服す
        る。)。
     1.1.3.     2010年法第2条第2項は、第3条に従い、UCITSを、以下のように定義している。
        - 公衆から調達した投資元本を譲渡性のある証券または2010年法第41条第1項に記載されるその他
           の流動性のある金融資産に投資し、かつリスク分散の原則に基づき運営することを唯一の目的と
           する投資スキーム、ならびに
        - その受益証券が、所持人の請求に応じて、投資スキームの資産から直接または間接に買い戻され
           る投資スキーム(受益証券の証券取引所での価格がその純資産価格と著しい差異を生じることが
           ないようにするためのUCITSの行為は、かかる買戻しに相当するとみなされる。)。
     1.1.4.     2010年法第3条は、同法第2条のUCITSの定義に該当するものの、パートⅠファンドたる適格
        性を有しないファンドを列挙している。
        - クローズド・エンド型のUCITS
        - EUまたはその一部において、公衆に対してその受益証券の販売を促進することなく投資元本を
           調達するUCITS
        - 約款または設立文書に基づき、EU加盟国でない国の公衆に対してのみ、その受益証券を販売し
           うるUCITS
        - 2010年法第5章に規定する規則によりその投資方針および借入方針に鑑みて不適切であるとCS
           SFが判断する種類のUCITS
     1.1.5.     法的形態
         2010年法パートⅠまたはパートⅡに従う投資信託の主な法的形態は以下のとおりである。
        1)  契約型投資信託(fonds             commun    de  placement      (FCP),    contractual       common    fund)
        2)  投資法人(investment             companies)
           - 変動資本を有する投資法人(以下「SICAV」という。)
           - 固定資本を有する投資法人(以下「SICAF」という。)
         契約型投資信託および会社型投資信託は、2010年法、1915年法ならびに共有の原則および一般契約
        法に関する一部の民法の規定に従って設定されている。
     1.2.   契約型投資信託および会社型投資信託の主要な特性の概要

     1.2.1.     契約型投資信託(FCP)
         契約型の投資信託は、FCPそれ自体、その管理会社(以下「管理会社」という。)およびその保
        管受託銀行(以下「保管受託銀行」という。)の三要素から成り立っている。
                                109/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        FCPの概要
         FCPは法人格を持たず、投資家の集団投資からなる、譲渡性のある証券およびその他の資産の分
        割できない集合体である。かかる投資家はその投資によって平等に利益および財産の分配に参加する
        権利を有する。FCPは会社として設立されていないため、個々の投資家は、定義上は投資主ではな
        く、「受益者」と称されるのが通常である。当該投資家の権利は、投資家と管理会社との契約関係に
        基づいた契約上のものであり、この関係は、一般の契約法および2010年法に従っている。
         投資家は、FCPに投資することにより、管理会社との間に確立されるFCPに関連する契約上の
        関係を結ぶ。かかる契約上の関係は、FCPの約款(以下を参照のこと。)に基づく。FCPへの投
        資後、投資家は、かかる投資を行ったことにより、FCPの受益証券(以下「受益証券」という。)
        に対する権利を有する。
         パートⅡファンドとしての適格性を有しているすべてのFCPも、2013年法に基づくAIFであ
        る。
        FCPの受益証券の発行の仕組み
         ファンドの受益証券は、通常、発行日の純資産価格(約款にその詳細が規定されることが求められ
        る。)に基づいて継続的に発行される。
         管理会社は、保管受託銀行の監督のもとで、受益証券を表章する無記名式証券もしくは記名式証券
        または受益権を証する確認書を発行し、交付する。
         受益者の要請に基づき、パートⅠファンドの受益証券は、FCPによりいつでも買い戻されること
        ができるが、約款に買戻請求の停止に関する詳細な規定がある場合、または、2010年法第12条に基づ
        く場合には買戻しが停止される。この買戻請求権は、2010年法第11条第2項および第3項に基づくも
        のである。買戻しは、原則として月に二度以上許可されなければならない。
         パートⅡファンドについて、CSSF規則は、2010年法第91条に従い、FCPの受益証券の発行価
        格および買戻価格の決定の最低頻度を決定することができる。IML通達91/75は、パートⅡファン
        ドがその受益証券(または投資口)の発行価格および買戻価格を十分に短い固定された間隔で(原則
        として月に一度以上)決定しなければならない旨を定める。ただし、これには例外もある。
         約款に規定がある場合に限り、その範囲内で、受益者に議決権が与えられる。
         FCPの分配方針は約款の定めに従う。
         パートⅠファンドに関する2010年法第9条、第11条および第23条ならびにパートⅡファンドに関す
        る2010年法第91条は、CSSF規則によって特定の追加要件を設定しうる旨規定している。
        (注)本書の日付において、当該規則は制定されていない。
         主な要件は以下のとおりである。
        - FCPの純資産価額は最低1,250,000ユーロである。この最低額はFCPとしての認可が得られて
           から6か月以内に達成されなければならない。ただし、この最低額は、CSSF規則によって
           2,500,000ユーロまで引き上げることができる。
        - 管理会社は、FCPの運用管理業務を約款に従って執行する。
        - 発行価格および買戻価格は、パートⅠファンドの場合、少なくとも1か月に2度は計算され、そ
           の他のすべてのFCPについては少なくとも1か月に1度は計算されなければならない。
        - 約款には以下の事項が記載される。
           (a)  FCPの名称および存続期間、管理会社および保管受託銀行の名称
           (b)  具体的な目的に合致する投資方針およびその基準
           (c)  分配方針
           (d)  管理会社がFCPから受領する権利を有する報酬および諸経費ならびにかかる報酬の計算方
             法
           (e)  公告に関する規定
           (f)  FCPの会計の決算日
           (g)  法令に基づく場合以外のFCPの解散事由
           (h)  約款変更手続
                                110/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (i)  受益証券発行手続
           (j)  受益証券買戻しの手続ならびに買戻しの条件および買戻しの停止の条件
             (注)緊急を要する場合、すなわち、純資産価格の計算の停止ならびに受益証券の発行およ
                 び買戻しの停止が受益者の全体の利益となる場合、CSSFはこれらの停止を命ずる
                 ことができる。
     1.2.1.1.      保管受託銀行
          パートⅡファンドとしての適格性を有しているFCPに関して(パートⅡファンドについてAI
         FMが選任される時点により)、新たな保管受託銀行に関する規則が適用される場合がある(Ⅴ項
         を参照のこと。)。
          CSSFにより承認された約款に定められる保管受託銀行は、約款および管理会社との間で締結
         する保管受託契約に従い、保管受託銀行またはその指定する者がFCPの有するすべての証券およ
         び現金を保管することにつき責任を負う。保管受託銀行は、FCPの資産の日々の運用に関するす
         べての業務を行う。
          これに加えて、保管受託銀行は、以下の業務を行わなければならない。
         - FCPのためにまたは管理会社により行われる受益証券の販売、発行、買戻しおよび消却が法
            律および約款に従って執行されるようにすること。
         - 受益証券の価格が法律および約款に従い計算されるようにすること(パートⅠファンドの
            み)。
         - 法律または約款に抵触しない限り、管理会社の指示を執行すること。
         - FCPの資産の取引において、対価が通常の制限時間内に受領されるようにすること。
         - FCPの収益が約款に従って使用されるようにすること。
          保管受託銀行は、ルクセンブルグに登録事務所を有するか、または、その登録事務所が他の加盟
         国に所在する場合にはルクセンブルグにおいて設立されなければならない。パートⅠファンドの保
         管受託銀行は、その登録事務所は他の加盟国に所在するものでなければならない。保管受託銀行
         は、1993年法に定める金融機関でなければならない。
          保管受託銀行の取締役は、十分良好な評価および該当するFCPに関する経験を有していなけれ
         ばならない。このため、取締役およびその後任者に関する情報はCSSFに直ちに報告されなけれ
         ばならない。「取締役」とは、法律または設立文書に基づき、保管受託銀行を代表するか、または
         保管受託銀行の活動の遂行を実質的に決定する者をいう。
          管理会社所在加盟国が、2010年法パートⅠに従いFCPの所在加盟国と同一でない場合、保管受
         託銀行は、2010年法ならびにその他の適用される法律および法令に従いその権限を遂行しうるため
         に必要とみなされる情報の流出を制限する書面契約を管理会社と締結しなければならない。
          保管受託銀行は、ルクセンブルグ法に従い、管理会社および受益者に対し、正当な理由のない義
         務不履行または不適切な履行の結果、管理会社または受益者が被った損失につき責任を負う。受益
         者に対する責任は、管理会社を通じて間接的に追及される。ただし、管理会社が受益者からその旨
         の書面による通知を受領した後3か月以内に行為しない場合、かかる受益者は直接保管受託銀行の
         責任を追及することができる。
          保管受託銀行の責任は、保管にかかる資産の全部または一部を副保管受託銀行に委託したことに
         より影響を受けない。
     1.2.1.2.      関係法人
         ( ⅰ)  投資運用会社・投資顧問会社
            多くの場合、FCPの管理会社は他の会社と投資運用契約または助言契約を締結し、この契約
           に従って、投資運用会社・投資顧問会社は、管理会社の取締役会が設定する投資方針の範囲内で
           かつ約款中の投資制限に従い、ポートフォリオの分散および証券の売買に関する継続的な投資運
           用業務または助言を管理会社に提供する。
            パートⅠファンドについて、管理会社による投資運用会社の中核的権限の委託は以下の1.4.2.
           の(15)に定められた条件に従う。
                                111/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            パートⅡファンドについて、管理会社による委託は、以下の1.4.1.の(1)に定められた条件に従
           う。
         ( ⅱ)  販売会社および販売代理人
            管理会社は、FCPの受益証券の公募または私募による販売のため、一もしくは複数の販売会
           社および/または販売代理人と独占的または非独占的な契約を締結することができる。
            目論見書には販売手数料および特定の申込方法もしくは募集計画について適切な記載および開
           示がなければならない。
     1.2.2.     会社型投資信託
         パート     Ⅱ ファンドとしての適格性を有しているすべての会社型投資信託も、2013年法に基づくAI
        Fである。
         会社型の投資信託は、これまでは1915年法に基づき、公開有限責任会社(sociétés                                              anonymes)とし
        て設立されていることが多い。
         投資法人の投資口を保有する投資主は、一定の範疇に属する者または1人の者が保有し得る投資法
        人の投資口の割合に関連して規約中に定められる議決権の制限に従い、投資主に対し投資主総会にお
        いて1口につき1個の議決権を付与する。
     1.2.2.1.      変動資本を有する投資法人(SICAV)
          2010年法に従い、SICAVの形態を有する会社型投資信託を設立することができる。
          SICAVは、投資主の利益をはかるため証券にその資産を分散投資することを固有の目的と
         し、投資口を公募または私募によって一般に募集し、その資本金が常に会社の純資産に等しいこと
         を規定した規約を有する公開有限責任会                      社(société       anonyme    )として定義されている。
          SICAVは、公開有限責任会社の特殊な形態であるため、1915年法の規定は、2010年法によっ
         て廃止されない限度で適用される。
          SICAVは次の仕組みを有する。
          投資口は、規約に規定された発行または買戻しの日の純資産価格で継続的にSICAVによって
         発行され買い戻される。発行投資口は無額面で全額払い込まれなければならない。資本は投資口の
         発行および買戻しならびにその資産価額の変動の結果自動的に変更される。
          2010年法に定められる最も重要な要件は以下のとおりである。
         - 管理会社を指定しない2010年法パートⅠの対象となっているSICAVの最低資本金は、認可
            時においては30万ユーロを下回ってはならない。管理会社を指定したSICAVを含めすべて
            のSICAVの資本金は、認可後6か月以内に125万ユーロに達しなければならない。CSSF
            規則によりかかる最低資本金は、60万ユーロおよび250万ユーロにそれぞれ引き上げることがで
            きる。
         - 取締役および承認された法定監査人ならびにそれらの変更はCSSFに届け出ることを要し、
            CSSFの異議のないことを条件とする。
         - 規約中にこれに反する規定がない場合、SICAVはいつでも投資口を発行することができ
            る。
         - 規約に定める範囲で、SICAVは、投資主の求めに応じて投資口を買い戻す。
         - 投資口は、SICAVの純資産総額を発行済投資口数により除することにより得られる価格で
            発行され、買い戻される。この価格は、費用および手数料を加えることによって、投資口発行
            の場合増額し、投資口買戻しの場合は減額することができるが、費用および手数料の最高限度
            額および手続はCSSF規則により決定することができる。
         - 通常の期間内にSICAVの資産に純発行価格相当額が払い込まれない限り、SICAVの投
            資口を発行しない。
         - 規約は、発行および買戻しに関する支払いの時間的制限を規定し、SICAVの資産評価の原
            則および方法を特定する。
         - 規約は、法律上の原因に基づく場合について影響を与えない範囲で、発行および買戻しが停止
            される場合の条件を特定する。
                                112/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - 規約は、発行および買戻価格の計算を行う頻度を規定する(パートⅠファンドについては最低
            1か月に2回、またはCSSFが許可する場合は1か月に1回とし、パートⅡファンドについ
            ては最低1か月に1回とする。)。
         - 規約は、SICAVが負担する費用の性質を規定する。
     1.2.2.2.      保管受託銀行
          パートⅡファンドとしての適格性を有している会社型投資信託に関して(パートⅡファンドにつ
         いてAIFMが選任される時点により)、新たな保管受託銀行に関する規則が適用される場合があ
         る(Ⅴ項を参照のこと。)。
          会社型投資信託の資産の保管は、保管受託銀行に委託されなければならない。
          保管受託銀行の業務はさらに以下のとおりである。
         - ファンドによりまたはファンドのために行われる投資口の販売、発行、買戻しおよび消却が法
            律およびファンドの規約に従って執行されるようにすること。
         - ファンド資産の取引において、対価が通常の制限時間内に受領されるようにすること。
         - ファンドの収益が規約に従って使用されるようにすること。
          ファンドが管理会社を指定した場合において、かつ、管理会社所在加盟国が、パートⅠファンド
         の所在加盟国と同一でない場合、保管受託銀行は、2010年法ならびにその他の適用される法律およ
         び法令に従いその権限を遂行しうるために必要とみなされる情報の流出を制限する書面契約を管理
         会社と締結しなければならない。
     1.2.2.3.      関係法人
         投資運用会社・投資顧問会社および販売会社または販売代理人
          上記1.2.1.2.「関係法人」中の記載事項は、原則として、ファンドの投資運用会社・投資顧問会
         社および販売会社または販売代理人に対しても適用される。
     1.2.2.4.      会社型パートⅠファンドの追加的要件
          以下の要件は、2010年法第27条にSICAVに関し定められているが、パートⅠファンドである
         他の形態の会社型投資信託にも適用される。
         (1)  SICAVが、通達2009/65/ECに従い認可された管理会社を指定しない場合
           - 認可の申請は、SICAVの組織構造等を記載した運営計画を添付しなければならない。
           - SICAVの業務執行役員は、十分に良好な評価を得ており、当該SICAVが遂行する業
             務の形態に関し十分な経験を有していなければならない。そのために、取締役およびその地
             位の後継者は、その氏名がCSSFに直ちに報告されなければならない。SICAVの事業
             の遂行は、これらの条件を充たす少なくとも2名により決定されなければならない。「業務
             執行役員」とは、法律もしくは設立文書に基づきSICAVを代理するか、またはSICA
             Vの方針を実質的に決定する者をいう。
           - さらに、SICAVと他の自然人または法人との間に何らかの親密な関係がある場合、CS
             SFは、かかる関係が効果的な監督権限の行使を妨げない場合にのみ認可する。
            CSSFは、また、SICAVが親密な関係を有する一もしくは複数の自然人もしくは法人が
           服する非加盟国の法令もしくは行政規定またはこれらの施行に伴う困難により、その監督権限を
           効果的に行使することが妨げられる場合は、認可を付与しない。
            SICAVは、CSSFに対して、要求される情報を提供しなければならない。
            記入済の申請書が提出されてから6か月以内に、申請者に対し、認可が付与されたか否かにつ
           き連絡しなければならない。認可が付与されない場合は、その理由を示さなければならない。
            SICAVは、認可付与後直ちに業務を開始することができる。
            当該認可の付与により、SICAVの経営陣、取締役会および監査役会の構成員は、CSSF
           が認可申請を検討する際に根拠とした実質的な情報に関する一切の変更について、自発的に、完
           全で、明確かつ包括的な方法により書面にてCSSFに通知を行う義務を負うこととなる。
            CSSFは、SICAVが以下のいずれかに該当する場合に限り、当該SICAVに付与した
           認可を取り消すことができる。
                                113/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (a)  12 か月以内に認可を利用しない場合、明示的に認可を放棄する場合または6か月以上活動を
            中止する場合
           (b)  虚偽の申述またはその他の不正な手段により認可を取得した場合
           (c)  認可が付与された条件を満たさなくなった場合
           (d)  2010  年法または同法に従って採用された規則の規定に重大かつ/または組織的に違反した場
            合
           (e)  2010  年法が認可の撤回事由として定める場合に該当する場合
         (2)  以下の1.4.2.の(15)および(16)に定める規定は、通達2009/65/ECに従い認可された管理会
           社を指定していないSICAVに適用される。ただし、「管理会社」は「SICAV」と解釈さ
           れる。
            SICAVは、自身のポートフォリオ資産のみを運用することができ、いかなる場合も、第三
           者のために資産を運用する権限を引き受けてはならない。
         (3)  通達2009/65/ECに従い認可された管理会社を指定していないSICAVは、適用ある慎重
           なルールを常に遵守しなければならない。
            特に、CSSFは、SICAVの性格にも配慮し、当該SICAVが健全な運用上および会計
           上の手続、電子データ処理の制御および保護の整備ならびに適切な内部運用メカニズム(特に、
           その従業員の個人取引や、自己勘定による投資のための金融商品の保有または運用に関する規則
           を含む。)を有すること。少なくとも、当該SICAVに係る各取引がその源泉、関係当事者、
           性質および取引が実行された日時・場所に従って再構築することが可能であること、ならびに管
           理会社が運用するSICAVの資産が設立文書および現行法の規定に従い投資されていることを
           確保するものとする。
     1.3.   2010年法によるルクセンブルグのUCITSおよびUCIの投資制限

       A)  パートⅠファンド/UCITS
         以下に定められた投資制限は、別途指示されない限り、FCPおよび会社型投資信託と同程度まで
        適用される。
         パートⅠファンドに適用される投資規則および制限は、2010年法第41条ないし第52条に規定されて
        いる。
         UCITSが複数の投資コンパートメントを構成する場合、各コンパートメントは、2010年法第41
        条ないし第52条の目的において、個別のUCITSとしてみなされる。
         主な規則および制限は以下のとおりである。
        (1)  UCITSは、証券取引所に上場されておらず、定期的に取引が行われている公認かつ公開の他
         の規制された市場で取引されていない譲渡性のある証券および短期金融商品に、その純資産の10%
         を超えて投資することができない。ただし、かかる証券取引所または他の規制された市場がEU加
         盟国以外の国に存在する場合は、それらの選択は、かかるUCITSの約款または設立文書に規定
         されていなければならない。
        (2)  UCITSは、通達2009/65/ECに従い認可されたUCITSまたは同通達第1条第2項第1
         号および第2号、a)およびb)に規定する範囲のその他のUCIの受益証券に(設立国が加盟国
         であるか否かにかかわらず)投資することができる。ただし、以下の要件を充足しなければならな
         い。
         - かかるその他のUCIは、CSSFがEU法に規定する監督と同程度の監督に服すると判断す
            る法令により認可されたものまたは監督当局の協力が十分に確保されている国で認可されたも
            のであること。
         - かかるその他のUCIの受益者に対する保護水準はUCITSの受益者に提供されるものと同
            等であること、特に、資産の分別管理、借入れ、貸付けおよび譲渡性のある証券および短期金
            融商品の空売りに関する規則が通達2009/65/ECの要件と同等であること。
                                114/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - かかるUCIの業務が、報告期間における資産、債務、収益および運用の評価が可能となる形
            で、半期報告書および年次報告書により報告されていること。
         - (合計で)取得が予定されているUCITSまたはその他のUCIの資産の10%超が、その約
            款または設立文書に従い、その他のUCITSまたはUCIの受益証券に投資されないこと。
        (3)  UCITSは、信用機関の要求払いの預金または12か月以内に満期となり引き出すことができる
         預金に投資することができる。ただし、信用機関が加盟国に登録事務所を有するか、第三国に登録
         事務所がある場合はEU法の規定と同等とCSSFが判断する慎重なルールに従っているものでな
         ければならない。
        (4)  UCITSは、上記(1)に記載する規制された市場で取引される金融デリバティブ商品(現金決済
         商品と同等のものを含む。)および/または店頭市場で取引される金融デリバティブ商品(以下
         「OTCデリバティブ」という。)に投資することができる。ただし、以下の要件を充足しなけれ
         ばならない。
         - UCITSが投資することができる商品の裏づけとなるものは、(1)から(5)に記載される商
            品、金融指数、金利、外国為替または通貨であり、UCITSの約款または設立文書に記載さ
            れる投資目的に従い投資されなければならない。
         - OTCデリバティブ取引の相手方は、慎重な監督に服し、CSSFが承認するカテゴリーに属
            する機関でなければならない。
         - OTCデリバティブは、信頼でき、かつ認証されうる日次ベースでの価格に従うものとし、随
            時、UCITSの主導により、公正な価格で売却、償還または相殺取引により手仕舞いが可能
            なものでなければならない。
          CSSFは、とりわけ財務上のリスク、すなわちグローバル・エクスポージャー、カウンター
         パーティー・リスクおよび集中によるリスクについてのリスク管理要件を詳しく定めた2011年5月
         30日付CSSF通達11/512を制定している。同通達は、これに関連し、CSSFに提供すべき最低
         限の情報についても概説している。
        (5)  UCITSは、短期金融商品の発行または発行者が投資家および預金の保護を目的として規制さ
         れている場合、規制された市場で取引されていないもので、2010年法第1条(すなわち上記(1))に
         該当しない短期金融商品に投資することができる。ただし、当該短期金融商品は以下のものでなけ
         ればならない。
         - 中央政府、地方自治体、加盟国の中央銀行、欧州中央銀行、EUもしくは欧州投資銀行、非加
            盟国、または連邦国家の場合、連邦を構成する加盟者、または一もしくは複数の加盟国が所属
            する公的国際機関により発行されまたは保証される短期金融商品
         - 上記(1)に記載される規制された市場で取引される証券の発行者が発行する短期金融商品
         - EU法が規定する基準に従い慎重な監督に服している発行体または少なくともEU法が規定す
            るのと同じ程度厳格であるとCSSFが判断する慎重なルールに服し、これを遵守する発行体
            により発行または保証される短期金融商品
         - CSSFが承認するカテゴリーに属するその他の機関により発行される短期金融商品。ただ
            し、当該短期金融商品への投資は、上記3つに規定するものと同程度の投資家保護に服するも
            のでなければならない。また、発行体は、少なくとも10,000,000ユーロの資本および準備金を
            有し、第4通達78/660/EECに従い年次財務書類を公表する会社、一もしくは複数の上場会
            社を有するグループ企業に属し、同グループのファイナンスに専従する企業、または銀行の与
            信ラインから利益を受けている証券化のためのビークルへのファイナンスに専従している会社
            でなければならない。
        (6)  UCITSは、貴金属や貴金属を表象する証書を取得することができない。
        (7)  投資法人として組成されているUCITSは、その事業の直接的目的遂行に欠かせない動産また
         は不動産資産を取得することができる。
        (8)  UCITSは、流動資産を保有することもできる。
                                115/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (9)  (a)  ルクセンブルグに登録事務所を有する投資法人または管理会社(各運用UCITSに関する
            もの)は、常時、ポジション・リスクおよびそれらのポートフォリオのリスク・プロフィール
            全体への寄与度を監視・測定することを可能とするリスク管理プロセスを利用しなければなら
            な い。UCITSはまた、OTCデリバティブの価値を正確かつ独立して評価するプロセスを
            利用しなければならない。UCITSは、CSSFが規定する詳細なルールに従い、デリバ
            ティブ商品のタイプに関して、潜在的リスク、量的制限、デリバティブ商品の取引に関連する
            リスクを測定するために選択された方法につき、CSSFに定期的に報告しなければならな
            い。
           (b)  UCITSは、譲渡性のある証券および短期金融商品に関する技法と手段をCSSFが定め
            る条件と制限内で用いることもできる。ただし、この技法と手段はポートフォリオの効率的運
            用の目的で用いられるものとする。
           (c)  UCITSは、デリバティブ商品に関するグローバル・エクスポージャーが、ポートフォリ
            オの純資産総額を超過しないようにしなければならない。
             当該エクスポージャーは、対象資産の時価、カウンターパーティー・リスク、将来の市場動
            向およびポジションの清算可能時期等を勘案して計算する。
             UCITSは、その投資方針の一部として、以下の(10)(e)に規定する制限の範囲内で金融デ
            リバティブ商品に投資することができる。ただし、対象資産に対するそのエクスポージャー
            は、総額で以下の(10)に規定する投資上限額を超過してはならない。UCITSが指数を基礎
            とする金融デリバティブ商品に投資する場合、当該商品は(10)に規定する上限額の目的におい
            て合計する必要はない。
             譲渡性のある証券または短期金融商品がデリバティブ商品を内包する場合は、本項の要件へ
            の適合については、デリバティブ商品も勘案しなければならない。
        (10)   (a)  UCITSは、同一の発行体が発行する譲渡性のある証券または短期金融商品にその資産の
            10%を超えて投資することができない。
             UCITSは、同一の機関にその資産の20%を超えて預金することができない。UCITS
            の取引の相手方に対するOTCデリバティブ取引におけるリスクのエクスポージャーは、取引
            の相手方が上記(3)に記載する信用機関の場合はその資産の10%、その他の場合は5%を超えて
            はならない。
           (b)  UCITSがその資産の5%を超えて投資する各発行体について、UCITSが保有する譲
            渡性のある証券および短期金融商品の合計価額は、その資産の40%を超過してはならない。こ
            の制限は、慎重な監督に服する金融機関への預金および当該機関とのOTCデリバティブ取引
            には適用されない。
             上記(a)に記載される個別の制限にかかわらず、UCITSは、その資産の20%を超える部分
            が一つの機関に投資されることになる場合は、以下のものを合計してはならない。
            -当該機関により発行された譲渡性のある証券もしくは短期金融商品
            -当該機関への預金、または
            -当該機関について行われたOTCデリバティブ取引から生じるエクスポージャー
           (c)  上記(a)の第1文に記載される制限は、加盟国、その地方自治体、非加盟国、一または複数の
            加盟国がメンバーである公的国際機関が発行または保証する譲渡性のある証券または短期金融
            商品の場合は、35%を上限とすることができる。
           (d)  上記(a)の第1文に記載される制限は、その登録事務所が加盟国内にある信用機関により発行
            され、法律により、その債券保有者を保護するための特別な公的監督に服する一定の債券につ
            いては、25%を上限とすることができる。特に、当該債券発行により生ずる金額は、法律に従
            い、当該債券の全有効期間中、債券に付随する請求をカバーできる資産であって、かつ、当該
            発行体の破産の場合、優先的にその元本の返済および経過利息の支払いに充てられる資産に投
            資されなければならない。
                                116/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
             UCITSがその資産の5%超を第1項に記載する一つの発行体が発行する債券に投資する
            場合、かかる投資の合計価額は当該UCITSの資産価額の80%を超過してはならない。
           (e)  上記(c)および(d)に記載される譲渡性のある証券および短期金融商品は、(b)に記載される
            40%の制限を適用する目的において考慮されなければならない。
             (a)、(b)、(c)および(d)に記載される制限は、合計することができない。したがって、同一
            発行体が発行する譲渡性のある証券または短期金融商品への投資、または上記(a)、(b)、(c)お
            よび(d)に従って行われる当該機関への預金もしくはデリバティブ商品への投資は、合計で当該
            UCITSの資産の35%を超えてはならない。
             通達83/349/EECまたは公認の国際的な会計基準に従い、連結会計の目的上同一グループ
            に属する会社は、本項の制限の計算においては一発行体とみなされるものとする。
             UCITSは、同一グループの譲渡性のある証券および短期金融商品に累積的に、その資産
            の20%の制限まで投資することができる。
        (11)   以下の(15)に記載される制限に反することなく、(10)に記載する制限は、UCITSの約款また
         は設立文書に従って、その投資方針の目的がCSSFの承認する株式または債務証券指数の構成と
         同一構成を目指すものである場合、同一発行体が発行する株式および/または債務証券への投資に
         ついては、20%まで引き上げることができる。ただし、次の条件をみたす場合に限る。
         - 指数の構成銘柄が十分分散されていること
         - 指数が関連する市場の適切なベンチマークを表示するものであること
         - 指数が適切な方法で公表されていること
          この制限は、特に、特定の譲渡性のある証券または短期金融商品の比率が高い規制された市場で
         の例外的な市況により正当化される場合は、35%に引き上げられる。この制限までの投資は、一発
         行体にのみ許される。
        (12)   (a)  (10)  にかかわらず、CSSFは、UCITSに対し、リスク分散の原則に従い、その資産の
            100%まで、加盟国、その一もしくは複数の地方自治体、非加盟国または一もしくは複数のEU
            加盟国が属している公的国際機関が発行または保証する、異なる種類の譲渡性のある証券およ
            び短期金融商品に投資することを許可することができる。
             CSSFは、(10)および(11)に記載する制限に適合するUCITSの受益者への保護と同等
            の保護を当該UCITSの受益者が有すると判断する場合にのみ、当該許可を付与する。
             これらのUCITSは、少なくとも6つの異なる銘柄の有価証券を保有しなければならない
            が、単一の銘柄がその全資産の30%を超えてはならない。
           (b)  (a)  に記載するUCITSは、その約款または設立文書において、その資産の35%超を投資す
            る予定の証券の発行者または保証者となる、国、地方自治体または公的国際機関について明記
            しなければならない。
           (c)  さらに、(a)に記載するUCITSは、その目論見書または販売文書の中に、かかる許可に関
            する注意喚起文言を記載し、その資産の35%超を投資する予定または現に投資している証券の
            発行者または保証者となる、国、地方自治体または公的国際機関を表示しなければならない。
        (13)   (a)  UCITSは、(2)に記載するUCITSおよび/またはその他のUCIの受益証券を取得す
            ることができるが、一つのUCITSまたはその他のUCIの受益証券にその資産の20%を超
            えて投資することはできない。
             この投資制限の適用上、複数のコンパートメントを有するUCIの各コンパートメントは、
            個別の発行体とみなされる。ただし、コンパートメント間の第三者に対する債務の分離原則が
            確保されていなければならない。
           (b)  UCITS以外のUCIの受益証券への投資は、合計して、一つのUCITSの資産の30%
            を超えてはならない。
             UCITSがUCITSおよび/またはその他のUCIの受益証券を取得した場合、UCI
            TSまたはその他のUCIのそれぞれの資産は(10)記載の制限において合計する必要はない。
                                117/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           (c)  直接または代理人により、同一の管理会社、または共通の管理もしくは支配によりまたは直
            接もしくは間接の実質的保有により管理会社と結合されているその他の会社により運用されて
            いる他のUCITSおよび/または他のUCIの受益証券に、UCITSが投資する場合、当
            該 管理会社またはその他の会社は、かかる投資先UCITSおよび/またはUCIの受益証券
            への投資を理由として、買付手数料または買戻手数料を課してはならない。
             他のUCITSおよび/または他のUCIにその資産の相当部分を投資するUCITSは、
            目論見書において、当該UCITSならびに投資を予定している投資先UCITSおよび/ま
            たはUCIの両方に課される管理報酬の上限を開示しなければならない。さらに、年次報告書
            において、当該UCITSならびに投資先UCITSおよび/またはUCIの両方に課される
            管理報酬の上限割合を記載しなければならない。
        (14)   (a)  目論見書は、UCITSが投資できる資産のカテゴリーを記載し、金融デリバティブ商品の
            取引ができるか否かについて言及しなければならない。この場合、かかる運用は、ヘッジ目的
            でなされるのか、投資目的達成のためになされるのか、またリスク面において、金融デリバ
            ティブ商品の使用により起こりうる結果について、明確に記載しなければならない。
           (b)  UCITSが、主として、譲渡性のある証券および短期金融商品以外の上記(1)ないし(8)に
            記載されるカテゴリーの資産に投資し、または(11)に従って、株式または債務証券指数に追随
            する投資を行う場合、目論見書および必要な場合は販売文書に、その投資方針に注意を喚起す
            る明確な説明を記載しなければならない。
           (c)  UCITSの純資産価格が、その資産構成または使用される資産運用技法のため、大きく変
            動する見込みがある場合、目論見書および必要な場合は販売文書において、当該UCITSの
            特徴につき注意を喚起する明確な説明を記載しなければならない。
           (d)  投資家の要請があった場合、管理会社は、UCITSのリスク管理に適用される量的制限、
            このために選択された方法、および当該カテゴリーの商品の主なリスクおよび利回りについて
            の直近の変化に関し、追加情報を提供しなければならない。
        (15)   (a)  投資法人または運用するすべての契約型投資信託に関し行為する管理会社で、2010年法パー
            トⅠまたは通達2009/65/ECに該当するものは、発行体の経営に重大な影響を行使しうるよ
            うな議決権付株式を取得してはならない。
           (b)  さらに、UCITSは、以下を超えるものを取得してはならない。
           ( ⅰ)  同一発行体の議決権のない株式の10%
           ( ⅱ)  同一発行体の債務証券の10%
           ( ⅲ)  (2010年法第2条第2項の意味の範囲の)同一UCITSまたはその他のUCIの受益証
              券の25%
           ( ⅳ)  一発行体の短期金融商品の10%
             上記(ⅱ)ないし(ⅳ)の制限は、取得時において、債券もしくは短期金融商品の合計額または
            発行済当該商品の純額が計算できない場合は、これを無視することができる。
           (c)  上記(a)および(b)は以下については適用されない。
            1)  加盟国またはその地方自治体が発行または保証する譲渡性のある証券および短期金融商品
            2)  非加盟国が発行または保証する譲渡性のある証券および短期金融商品
            3)  一または複数のEU加盟国がメンバーである公的国際機関が発行する譲渡性のある証券お
              よび短期金融商品
            4)  EU非加盟国で設立された会社の資本における株式で、UCITSがその資産を主として
              当該国に登録事務所を有する発行体の証券に投資するため保有するもの。ただし、当該国
              の法令により、かかる保有がUCITSによる当該国の発行体の証券に対する唯一の投資
              方法である場合に限る。ただし、この例外は、その投資方針において、EU非加盟国の会
              社が、上記(10)、(13)ならびに(15)(a)および(b)に記載する制限に適合する場合にのみ適
              用される。(10)および(13)の制限を超過した場合は、(16)が準用される。
                                118/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            5)  子会社の資本における株式で一または複数の投資法人が保有するもの。ただし、当該子会
              社は、かかる投資法人のためにのみ、子会社が設立された国における運用、助言、もしく
              は販売等の業務、または受益者の要請に応じた買戻しに関する業務のみを行うものでなけ
              れ ばならない。
        (16)   (a)  UCITSは、その資産の一部を構成する譲渡性のある証券または短期金融商品に付随する
            引受権の行使にあたり、本書1.3. A)の制限に適合する必要はない。
             リスク分散の原則の遵守の確保に当たっては、新しく認可されたUCITSには、認可を受
            けた日から6か月間は(10)、(11)、(12)および(13)は適用されない。
           (b)  上記(a)の制限がUCITSのコントロールを超えた理由または引受権の行使により超過した
            場合、UCITSは、受益者の利益を十分考慮して、売却取引において、かかる状況の是正を
            優先的に行わなければならない。
        (17)   (a)  投資法人またはFCPのために行為する管理会社もしくは保管受託銀行は、借入れをしては
            ならない。ただし、UCITSは、バック・ツー・バック・ローンにより、外国通貨を取得す
            ることができる。
           (b)  (a)  にかかわらず、
            1)  UCITSは、借入れが一時的であり、かつ投資法人の場合はその資産の10%までを表象
              する場合は当該10%までを、またはFCPの場合はそのファンド価額の10%までを表象す
              る場合は当該10%までを借入れをすることができる。
            2)  投資法人の場合、借入れがその事業に直接的に重要である不動産の取得を可能にするため
              のものである場合、その資産の10%まで借入れをすることができる。
             UCITSが、1)および2)に基づき借入れを承認される場合、当該借入れは、合計でそ
            のUCITSの資産の15%を超過してはならない。
        (18)   (a)  上記(1)ないし(9)の適用を害することなく、投資法人またはFCPのために行為する管理会
            社もしくは保管受託銀行は、貸付けを行うか、または第三者の保証人となってはならない。
           (b)  (a)  は、当該投資法人、管理会社または保管受託銀行が、(2)、(4)および(5)に記載される譲
            渡性のある証券、短期金融商品またはその他の金融商品であって一部払込未了のものを取得す
            ることを妨げるものではない。
        (19)   投資法人またはFCPのために行為する管理会社もしくは保管受託銀行は、(2)、(4)および(5)に
         記載される譲渡性のある証券、短期金融商品またはその他の金融商品について、空売りを行っては
         ならない。
          2002年法の一定の定義に関する2008年2月8日付大公規則は、一定の定義の明確化に関する通達
         およびUCITSの投資対象としての適格資産に関する2007年3月付CESRガイドラインを実施
         する、2007年3月19日付EU通達2007/16/ECを、ルクセンブルグにおいて実施している。
          2008年2月19日に、CSSFは、大公規則を参照してかかる2002年法の一定の定義に関する2008
         年2月8日付大公規則の条文を明確化する通達08/339(以下「通達08/339」という。)を出し
         た。
          通達08/339は、2002年法の関連規定(2010年法の対応する規定により取って代えられる。)の意
         味の範囲内で、かつ2002年法の一定の定義に関する2008年2月8日付大公規則の規定に従って特定
         の金融商品を投資適格資産に該当するか否かを評価するに当たり、UCITSがこれらのガイドラ
         インを考慮しなければならない旨を定めている。通達08/339は、2008年11月26日にCSSFにより
         出された通達08/380により改正された。
          2008年6月4日に、CSSFは、特定の証券貸借取引においてUCITSが利用することのでき
         る技法と商品の詳細について示したCSSF通達08/356を出した。
          通達08/356は、特に、現金担保を再投資する認可担保や認可資産を一新している。当該通達08/
         356は、UCITSのカウンターパーティー・リスクが法的制限を超えないようにするために現金担
         保の再投資によって取得された担保および資産をどのように保管すべきかを定めている。当該通達
         は、証券貸借取引によってUCITSのポートフォリオ運用業務、償還義務およびコーポレート・
                                119/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         ガバナンスの原則の遵守を損なってはならない旨を再言している。さらに、当該通達は目論見書と
         財務報告書に記載すべき情報について定めている。
         通達2009/65/ECを実施する2010年法は、マスター/フィーダー構造(B)の設定可能性だけでなく

        UCITS(A)の合併に関するルクセンブルグ法の特定の規定も導入している。
        A.2010年法は、それぞれの法的形態にかかわらず、UCITS(またはそのサブ・ファンド)の国

         境を越える合併または国内の合併に関連して新しい規則を定めている。これらの規定は、UCIT
         Sのみに適用され、その他の種類のUCIには適用されない。2010年法に従い、CSSFは、2010
         年法の特定の規定を明確化したCSSF規則10-05を採用している。
        B.UCITSフィーダー・ファンドとは、その資産の少なくとも85%を別のUCITS(以下「マ
         スター」という。)に投資するUCITSであると定義される。残りの15%は、以下のように保有
         することができる。
         - 補助的な流動資産(2010年法第41条第2項に定義される。)
         - 金融デリバティブ商品(ヘッジ目的でのみ利用できる。)
         - 事業を行う上で必須の動産または不動産
       B)パートⅡファンド/UCI

         パートⅠファンドに該当しないルクセンブルグ投資信託に適用される制限は、CSSF規則によっ
        て、FCPについては2010年法第91条第1項に従い、SICAVについては2010年法第96条第1項に
        従い決定され得る。
        (注)かかる規則は未だ出されていない。
         IML通達91/75は、パートⅡファンドについて一般的な投資制限を規定している。
         パートⅡファンドに課されている投資制限の目的は、投資対象が十分に流動的かつ分散されている
        ことを確保することである。限定的な例外はあるものの、パートⅡファンドは原則として、
        a)証券取引所に上場されておらず、また定期的に営業し、かつ公認および公開されている別の規制
           市場でも取り扱われていない証券には、その純資産の10%を超えて投資できず、
        b)同じ発行体から発行された同じ種類の証券を10%を超えて取得することはできず、
        c)同じ発行体から発行された証券に、ファンドの純資産の10%を超えて投資することはできない。
         上記の制限は、OECD加盟国もしくはその地方自治体、または地域もしくは世界を範囲とするE
        Cの公的国際機関により発行または保証されている証券には適用されない。
         上記a)、b)およびc)の制限は、当該UCIがパートⅡファンドに適用されるものと同等のリ
        スク分散化要件に従っていない場合は、オープン・エンド型UCIの受益証券の購入にも適用され
        る。
         上記にかかわらず、規則については、ケース・バイ・ケースでCSSFとともに協議することがで
        きる。
     1.4.   管理会社

        ルクセンブルグの管理会社には、通達2009/65/EUが適用されるUCITSを運用する管理会社に
       関する2010年法第15章、または、「その他の管理会社」に関する2010年法第16章が適用される。また、
       UCITSの管理会社は、AIFを運用するAIFMとしても認可を受けることができる。2010年法第
       16章の規定に服する管理会社は、AIFを運用するために、または活動範囲の限られる非AIFMであ
       り続けるために、AIFMとしての認可を求めることができる(さらなる詳細については、以下Ⅳ項を
       参照のこと。)。
        パートⅠファンドを運用するルクセンブルグの管理会社には、2010年法第15章が適用される(以下を
       参照のこと。)。
     1.4.1.     2010年法第16章に従う管理会社
                                120/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         同法第125-1条、第125-2条および第126条は、第16章に基づき存続する管理会社が充足すべき以
        下の要件を定めている。
        (1)  管理会社の業務の開始にはCSSFの事前の認可が必要となる。
          管理会社は、公開有限責任会社、非公開有限責任会社、共同会社、公開有限責任会社として設立
         された共同会社または有限責任パートナーシップとして設立されなければならない。当該会社の資
         本は、記名式株式でなければならない。
          認可を受けた管理会社は、CSSFによってリストに記入される。かかる登録は認可を意味し、
         CSSFは当該管理会社に対し、かかる登録がなされた旨を通知する。リストへの登録の申請は、
         管理会社の設立より前にCSSFに対しなされなければならない。管理会社の設立は、CSSFに
         よる認可の通知後にのみ実行可能である。かかるリストおよびこれに加えられる修正は、CSSF
         によりメモリアルにおいて公告される。
         A)以下B)に記載される2010年法第125-2条の適用を害することなく、2010年法第125-1条に
            基づき認可された管理会社は以下の活動にのみ従事することができる。
          ( ⅰ)  AIFMDに規定される範囲内のAIF以外の投資ビークルの運用を行うこと。
          ( ⅱ)  AIFMDに規定される範囲内のAIFとしての適格性を有している一または複数の契約型
             投資信託、またはAIFMDに規定される範囲内のAIFとしての適格性を有している一ま
             たは複数の変動資本を有する投資法人もしくは固定資本を有する投資法人のために、2010年
             法第89条第2項に規定する範囲の管理会社の業務を行うこと。かかる場合、管理会社は、当
             該契約型投資信託および/または変動資本を有する投資法人もしくは固定資本を有する投資
             法人に代わり、2010年法第88-2条第2項a)に従い外部AIFMを選任しなければならな
             い。
          ( ⅲ)  その運用資産が2013年法第3条第2項に規定される限度額のいずれかを超えない一または複
             数のAIFの運用を行うすること。かかる場合、当該管理会社は、以下の事項を行わなけれ
             ばならない。
             - CSSFに対して当該管理会社が運用するAIFを特定すること。
             - 当該管理会社が運用するAIFの投資戦略に関する情報をCSSFに提供すること。
             - CSSFに対し、CSSFが効率的にシステミック・リスクを監視できるようにするた
               めに、当該管理会社の主たる取引手段に関する情報、元本のエクスポージャーに関する
               情報、および当該管理会社が運用するAIFの最も重要な投資の集中に関する情報を定
               期的に提供すること。
          上記に定められる限度額の条件を満たさなくなった場合で、当該管理会社が2010年法第88-2条
         第2項a)に規定する範囲の外部AIFMを選任していない場合、または当該管理会社が2013年法
         に服することを選択した場合、当該管理会社は、2013年法第2章に規定される手続に従い、30暦日
         以内にCSSFに対し認可の申請を行わなければならない。
          AIFMDに規定する範囲のAIF以外の投資ビークルがそれに関係する特定分野の法律により
         規制される場合を除き、管理会社は、いかなる場合も、b)またはc)に記載される業務をあわせ
         て行うことなくa)に記載される業務のみを行うものとして、2010年法第125-1条に基づく認可を
         受けることはできない。
          管理会社自らの資産の運用は、付随的なものである限り、これを行うことができる。
          当該管理会社の本店および登録事務所は、ルクセンブルグに所在しなければならない。
          2010年法第125-1条第4項a)またはc)に記載される活動を行う2010年法第125-1条の範囲
         内に該当する管理会社は、活動のより効率的な実施のため、自らの業務のいくつかをかかる管理会
         社を代理して遂行する権限を、第三者に委託することができる。この場合、以下の前提条件に適合
         しなければならない。
           a)  CSSFは、適切な方法で通知を受けなければならない。
                                121/148



                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
           b)  当該権限付与は、管理会社に対する適切な監督を妨げるものであってはならず、特に、投資
             家の最善の利益のために、管理会社が行為し、UCIが運用されることを妨げてはならな
             い。
           c)  当該委託が投資運用に関するものである場合、当該権限付与は、資産運用の目的において認
             可を得ているかまたは登録されており、かつ慎重な監督に服している事業体にのみ付与され
             る。
              当該権限付与が慎重な監督に服する国外の事業体に付与される場合、CSSFと当該国の
             監督機関の協力関係が確保されなければならない。
           d)  c)の条件が充足されない場合、かかる委託は、CSSFの事前の承認を得た後でなけれ
             ば、その効力を生じない。
           e)  投資運用の中核的業務に関する権限は、保管受託銀行に付与されてはならない。
          上記(ⅱ)の活動を行う2010年法第125-1条の範囲内に該当する管理会社は、当該管理会社が選任
         した外部AIFMが当該管理会社の運用業務および販売業務を引き受けていない場合、活動のより
         効率的な実施のため、かかる業務のいくつかをかかる管理会社を代理して遂行する権限を、第三者
         に委託することができる。この場合、以下の前提条件に適合しなければならない。
           a)  CSSFは、適切な方法で通知を受けなければならない。
           b)  当該権限付与は、管理会社に対する適切な監督を妨げるものであってはならず、特に、投資
             家の最善の利益のために、管理会社が行為すること、および契約型投資信託、変動資本を有
             する投資法人または固定資本を有する投資法人が運営されることを妨げてはならない。
         B)2010年法第88-2条第2項a)に規定される範囲内の外部AIFMを任命せずに、選任を受け
            た管理会社としてAIFMDに規定する範囲の一または複数のAIFを運用する2010年法第125
            -2条に基づき認可された管理会社は、運用資産が2013年法第3条第2項に規定される限度額
            のいずれか一つを上回る場合、2013年法第2章に基づき、AIFのAIFMとしての認可をC
            SSFから事前に取得しなければならない。
          2010年法第125-2条に記載される管理会社は、2013年法別表Ⅰに記載される活動および同法第5
         条第4項に記載される非中核的活動にのみ従事することができる。
          管理会社は、2010年法第125-2条に基づき運用するAIFに関し、選任を受けた管理会社とし
         て、当該管理会社に適用される範囲において、2013年法に規定されるすべての規則に服する。
        (2)  CSSFは以下の条件で管理会社に認可を付与する。
         a)  申請会社は、その事業を効率的に行い、債務を弁済するに足る、処分可能な十分な財務上の資
            源を有していなければならない。特に、払込済資本金として、125,000ユーロの最低資本金を有
            していなければならない。かかる最低金額は、CSSF規則により最大で625,000ユーロまで引
            き上げることができる。
            (注)現在はかかる規則は存在しない。
         b)  上記a)に記載される資本金は、管理会社の永続的な処分により維持され、管理会社の利益の
            ために投資される。
         c)  2010  年法第129条第5項に該当する、管理会社の取締役は、良好な評価を十分に得ており、その
            義務の遂行に必要なプロフェッショナルとしての経験を有していなければならない。
         d)  管理会社の参照投資主またはメンバーの身元情報がCSSFに提供されなければならない。
         e)  認可申請書に管理会社の組織構成が記載されなければならない。
        (3)  完全な申請書が提出されてから6か月以内に、申請者に対し、認可が付与されたか否かにつき連
         絡しなければならない。認可が付与されない場合は、その理由を示さなければならない。
        (4)  管理会社は、認可付与後直ちに業務を開始することができる。
          当該認可の付与により、管理会社の経営陣、取締役会および監査役会の構成員は、CSSFが認
         可申請を検討する際に根拠とした重要な情報に関する一切の変更について、自発的に、完全で、明
         確かつ包括的な方法により書面にてCSSFに通知を行う義務を負うこととなる。
                                122/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (5)  CSSFは、以下の場合、2010年法第16章に従い、管理会社に付与した認可を撤回することがあ
         る。
         a)管理会社が12か月以内に認可を利用しない場合、明示的に認可を放棄する場合、または6か月
            を超えて2010年法第16章に定められる活動を中止する場合。
         b)虚偽の申述によりまたはその他の不正な手段により認可を取得した場合。
         c)認可が付与された条件を満たさなくなった場合。
         d)2010年法に従って採用された規定に重大かつ/または組織的に違反した場合。
         e)2010年法が認可の撤回事由として定めるその他の場合に該当する場合。
        (6)  管理会社は、自らのために、運用するUCIの資産を使用してはならない。
        (7)  運用するUCIの資産は、管理会社が支払不能となった場合、管理会社の財産の一部とはならな
         い。かかる資産は、管理会社の債権者による請求の対象とならない。
        (8)  管理会社の認可は、その年次財務書類の監査をプロフェッショナルとしての適切な専門経験を有
         することを証明できる一または複数の承認された法定監査人に委ねることが条件とされる。承認さ
         れた法定監査人の変更は事前にCSSFの承認を得なければならない。
        (9)  管理会社の任意清算の場合、清算人は、CSSFから承認を受けなければならない。清算人は、
         誠実さについてのあらゆる保証および専門技術を提供しなければならない。
     1.4.2.     2010年法第15章に従う管理会社
         同法第101条ないし第124条は、2010年法第15章に従う管理会社に適用される以下の規則および要件
        を定めている。
        ルクセンブルグに登録事務所を有する管理会社が業務を行うための条件
        (1)  2010  年法第15章の意味においてルクセンブルグに登録事務所を有する管理会社の業務の開始は、
         CSSFの事前の認可に服する。2010年法に基づき管理会社に付与された認可は、すべての加盟国
         に対し有効である。
          管理会社は、公開有限責任会社、非公開有限会社、共同会社、公開有限責任会社として設立され
         た共同会社、または有限責任パートナーシップとして設立されなければならない。当該会社の資本
         は、記名式株式でなければならない。
          認可を受けた管理会社は、CSSFによってリストに記入される。かかる登録は認可を意味し、
         CSSFは当該管理会社に対し、かかる登録がなされた旨を通知する。リストへの登録の申請は、
         管理会社の設立より前にCSSFに対しなされなければならない。管理会社の設立は、CSSFに
         よる認可の通知後にのみ実行可能である。かかるリストおよびこれに加えられる修正は、メモリア
         ルにおいて公告される。
        (2)  管理会社は、通達2009/65/ECに従い認可されるUCITSの運用以外の活動に従事してはな
         らない。ただし、当該通達に定められていないその他のUCIの運用であって、そのため管理会社
         が慎重な監督に服す場合はこの限りでない。ただし、当該受益証券は、通達2009/65/ECの下で
         その他の加盟国において販売することはできない。
          UCITSの運用のための活動は、2010年法別表Ⅱに列挙されている業務を含む。
         (注)当該リストには、投資運用、ファンドの管理事務および販売業務が含まれている。
        (3)  上記(2)とは別に、管理会社には、以下の業務を提供することも認められている。
         (a)  投資家の権限付与に従い、顧客毎に一任ベースで行う投資ポートフォリオの運用(年金基金が
           保有するものも含む。)
         (b)  付随的業務としての、投資顧問業務およびUCIの受益証券に関する保管および管理事務業務
          管理会社は、2010年法第15章に基づき本段落に記載された業務のみの提供または(a)の業務を認可
         されることなく付随的業務のみの提供を認可されることはない。
        (4)  1993  年法第1-1条、第37-1条および第37-3条は、管理会社による上記(3)の業務提供に準
         用される。
        (5)  CSSFは、以下の条件が満たされない限り管理会社を認可しない。
                                123/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         (a)  管理会社は、以下の点を考慮し、少なくとも125,000ユーロの当初資本金を有さなければならな
           い。
           - 管理会社のポートフォリオが250,000,000ユーロを超える場合、管理会社は、自己資本を追加
             しなければならない。追加額は、管理会社のポートフォリオのうち250,000,000ユーロ超過額
             の0.02%とする。当初資本金と追加額の合計は10,000,000ユーロを超過しないものとする。
           - 本項のため、以下のポートフォリオは管理会社のポートフォリオとみなされる。
            ( ⅰ)  管理会社が運用するFCP(管理会社が運用権限を委託したかかるFCPのポートフォ
               リオを含むが、委託を受けて運用するポートフォリオを除く。)
            ( ⅱ)  管理会社が指定管理会社とされた投資法人
            ( ⅲ)  管理会社が運用するUCI(管理会社が運用権限を委託したかかるUCIのポートフォ
               リオを含むが、委託を受けて運用するポートフォリオを除く。)
           - これらの要件とされる金額にかかわらず、管理会社の自己資産は、通達2006/49/EC第21
             条に規定される金額を下回ってはならない。
            管理会社は、信用機関または保険機関から上記追加額と同額の保証を受ける場合は、当該自己
           資本の追加額の50%まで追加することができない。信用機関または保険機関は、加盟国またはC
           SSFがEU法の規定と同等に慎重と判断する規定に服する非加盟国に登録事務所を有しなけれ
           ばならない。
         (b)  (5)(a)    に記載される資本金は、管理会社により永久に自由に処分可能な方法で維持され、管理
           会社の利益のために投資される。
         (c)  管理会社の業務を効果的に遂行する者は、十分に良好なレピュテーションを有し、管理会社が
           運用するUCITSに関し十分な経験を有する者でなければならない。そのため、これらの者お
           よびすべての後継者の身元情報は、CSSFに直ちに報告されなければならない。管理会社の事
           業の遂行は、これらの条件を充たす少なくとも2名により決定されなければならない。
         (d)  認可の申請は、管理会社の組織構造等を記載した運営計画を添付しなければならない。
         (e)  本店と登録事務所は双方ともルクセンブルグに所在しなければならない。
         (f)  取締役は、当該UCITSまたはUCIの種類に関して、2010年法第129条第5項の規定する意
           味において、十分な評価を得ており、かつ、十分な経験を有する者でなければならない。
        (6)  さらに、管理会社と他の自然人または法人との間に何らかの親密な関係がある場合、CSSF
         は、当該関係が効果的な監督権限の行使を妨げない場合にのみ認可する。
          CSSFは、また、管理会社が親密な関係を有する一もしくは複数の自然人もしくは法人が服す
         る非加盟国の法令もしくは行政規定またはこれらの施行に伴う困難により、その監督権限を効果的
         に行使することが妨げられる場合は、認可を付与しない。
          CSSFは、管理会社に対して、本項に記載する条件の遵守につき監視するため、必要な情報の
         提供を継続的に求める。
        (7)  記入済みの申請書が提出されてから6か月以内に、申請者に対し、認可が付与されたか否かにつ
         き連絡しなければならない。認可が付与されない場合は、その理由を示さなければならない。
        (8)  管理会社は、認可付与後直ちに業務を開始することができる。
          当該認可の付与により、管理会社の経営陣、取締役会および監査役会の構成員は、CSSFが認
         可申請を検討する際に根拠とした重要な情報に関する一切の変更について、自発的に、完全で、明
         確かつ包括的な方法により書面にてCSSFに通知を行う義務を負うこととなる。
        (9)  CSSFは、管理会社が以下のいずれかに該当する場合に限り、2010年法第15章に従い、当該管
         理会社に付与した認可を取り消すことができる。
         (a)  12 か月以内に認可を利用しない場合、明示的に認可を放棄する場合、または6か月以上活動を
           中止する場合。
         (b)  虚偽の申述またはその他の不正な手段により認可を取得した場合。
         (c)  認可が付与された条件を満たさなくなった場合。
                                124/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         (d)  認可が上記(3)(a)に記載される一任ポートフォリオ運用業務を含む場合、通達2006/49/EC
           の変更の結果、1993年法に適合しなくなった場合。
         (e)  2010  年法または同法に従って採用された規定に重大かつ組織的に違反した場合。
         (f)  2010  年法が認可の撤回事由として定める場合に該当する場合。
          管理会社が、(2010年法第116条に従い)集団的ポートフォリオ運用活動をクロス・ボーダーベー
         スで行う場合、CSSFは、管理会社の認可を撤回する前に、UCITS所在加盟国の監督当局と
         協議する。
        (10)   CSSFは、一定の適格保有または保有額を有する、管理会社の投資主またはメンバー(直接か
         間接か、自然人か法人かを問わない。)の身元情報が提供されるまで、管理会社の業務を行うため
         の認可を付与しない。管理会社における一定の保有は、1993年法第18条に基づく投資会社に適用さ
         れるものと同様の規定に服する。
          CSSFは、管理会社の健全で慎重な運用の必要性を勘案し、上記の投資主またはメンバーの適
         格性が充たされないと判断する場合、認可を付与しない。
        (11)   管理会社の認可は、その年次財務書類の監査をプロフェッショナルとしての適切な経験を有する
         ことが証明できる一または複数の承認された法定監査人に委ねることが条件とされる。
          承認された法定監査人の変更は、事前にCSSFの承認を得なければならない。
        ルクセンブルグに登録事務所を有する管理会社に適用される運用条件
        (12)   管理会社は、常に上記(1)ないし(6)に記載される条件に適合しなければならない。管理会社の自
         己資本は(5)(a)に特定されるレベルを下回ってはならない。しかし、その事態が生じ、正当な事由
         がある場合、CSSFは、かかる管理会社に対し一定の期間でかかる事態を是正するか、または活
         動を停止することを認めることができる。
        (13)   管理会社が運用するUCITSの性格に関し、またUCITSの管理行為につき常に遵守すべき
         慎重な規則の遂行にあたり、通達2009/65/ECに従い、管理会社は、以下を義務づけられる。
         (a)  健全な運用上および会計上の手続、電子データ処理の制御および保護の整備ならびに適切な内
           部運用メカニズム(特に、当該管理会社の従業員の個人取引や、自己の資金の投資のための金融
           商品の保有または運用に関する規則を含む。)を有すること。少なくとも、UCITSに係る各
           取引がその源泉、当事者、性質および取引が実行された日時・場所に従い再構築が可能であるこ
           と、ならびに管理会社が運用するUCITSの資産が約款または設立文書および現行法の規定に
           従い投資されていることを確保するものとする。
         (b)  管理会社と顧客、顧客間、顧客とUCITSまたはUCITS間の利益の相反により害される
           UCITSまたは顧客の利益に対するリスクを最小化するように組織化され、構成されなければ
           ならない。
        (14)   (3)(a)    に記載される一任ポートフォリオ運用業務の認可を受けている管理会社は、
         - 顧客からの事前の包括的許可がない場合、投資家の全部または一部のポートフォリオを自身が
            運用するUCITSの受益証券に投資してはならない。
         - (3)の業務に関し、1993年法に基づく投資家補償スキームに関する通達97/9/ECを施行する
            2000年7月27日法の規定に服する。
        (15)   管理会社は、事業のより効率的な遂行のため、管理会社を代理してその一または複数の業務を遂
         行する権限を第三者に委託することができる。この場合、以下の条件のすべてが充足されなければ
         ならない。
         a)  管理会社は、上記を適切に報告しなければならず、CSSFは、UCITS所在加盟国の監督
            当局に対し、情報を遅滞なく送信しなければならない。
         b)  当該権限付与が管理会社に対する適切な監督を妨げるものであってはならない。特に、投資家
            の最善の利益のために管理会社が活動し、UCITSが運用されることを妨げてはならない。
         c)  当該委託が投資運用に関するものである場合、当該権限付与は、資産運用の認可を得ているか
            または登録されており、かつ慎重な監督に服する者のみに付与され、当該委託は、管理会社が
            定期的に設定する投資割当基準に適合しなければならない。
                                125/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         d)  当該権限付与が投資運用に関するものであり国外の者に付与される場合、CSSFおよび当該
            国の監督当局の協力関係が確保されなければならない。
         e)  投資運用の中核的業務に関する権限は、保管受託銀行または受益者もしくは管理会社の利益と
            相反するその他の者に付与してはならない。
         f)  管理会社の事業活動を行う者が、権限付与された者の活動を常に効果的に監督することができ
            る方策が存在しなければならない。
         g)  当該権限付与は、管理会社の事業活動を行う者が、権限が委託された者に常に追加的指示を付
            与し、または投資家の利益にかなう場合は直ちに当該権限付与を取り消すことができるもので
            なければならない。
         h)  委託される権限の性格を勘案し、権限が委託される者は、当該権限を遂行する資格と能力を有
            する者でなければならない。
         i)  UCITSの目論見書に、管理会社が委託した権限を列挙しなければならない。
          管理会社および保管受託銀行の責任は、管理会社が第三者に権限を委託したことにより影響を受
         けることはない。管理会社は、自らが単なる連絡機能のみを有することとなるような形の権限の委
         託をすることはしないものとする。
        (16)   事業活動の遂行に際し、2010年法第15章の認可を受けた管理会社は、常に行為規範により、以下
         を行う。
         (a)  事業活動の遂行に際し、管理会社が運用するUCITSの最善の利益および市場の信頼性のた
           め、正直かつ公正に行為しなければならない。
         (b)  管理会社が運用するUCITSの最善の利益および市場の信頼性のため、正当な技量、配慮お
           よび注意をもって行為しなければならない。
         (c)  事業活動の適切な遂行に必要なリソースと手続を保有し、効率的に使用しなければならない。
         (d)  利益相反の回避に努め、それができない場合は、管理会社が運用するUCITSが確実に公正
           に取り扱われるようにしなければならない。
         (e)  その事業活動の遂行に適用されるすべての規制上の義務を遵守し、投資家の最善の利益および
           市場の信頼性を促進しなければならない。
        (17)   管理会社は、管理会社が投資家の苦情に適切に対応することを確保し、かつ、管理会社が他の加
         盟国において設定されたUCITSを運用する場合、投資家によるその権利の行使に規制がないこ
         とを確保するため、2010年法第53条に従い措置を講じ、かつ適切な手続および取決めを設定するも
         のとする。かかる措置により、投資家は、加盟国の複数の公用語または公用語のうちのいずれかに
         より苦情を提出することが認められなければならない。
          管理会社は、UCITS所在加盟国の公的または監督当局の要求に応じて情報を提供することが
         できるよう、適切な手続および取決めを設定するものとする。
        設立の権利および業務提供の自由
        (18)   2010  年法第15章に従い認可された管理会社が、その他の活動または業務を行うことを提案するこ
         となく、2010年法別表Ⅱに定めるとおり自らが運用するUCITSの受益証券を支店を設置せずに
         UCITS所在加盟国以外の加盟国において販売することのみを提案する場合、当該販売は、2010
         年法第6章の要件のみに従うものとする。
        (19)   通達2009/65/ECに従い、他の加盟国の監督当局により認可された管理会社は、支店の設置に
         よるかまたは業務提供の自由に基づき、ルクセンブルグで、当該認可された活動を行うことができ
         る。2010年法はかかる活動をルクセンブルグで行うための手続および条件を定めている。
        (20)   2010  年法第15章に従い認可された管理会社は、支店の設置によるかまたは業務提供の自由に基づ
         き、他の加盟国の領域内で、認可された活動を行うことができる。2010年法はかかる活動を他の加
         盟国で行うための手続および条件を定めている。
         UCITS管理会社に適用される制度は、最初に2003年7月30日付CSSF通達03/108に記載され
        (かかる通達の目的はUCITS管理会社に適用される規定および要件を明確にすることであっ
        た。)、その後、CSSF通達05/185により補足された。
                                126/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         CSSF規則10-4は、管理会社の基本的な設立要件ならびにその利益相反、業務遂行およびリス
        ク管理に関する要件を定めている。
         さらに、2010年法の効力発生後、CSSFは、2010年法第15章に従うルクセンブルグの管理会社お
        よび2010年法第27条の意味における管理会社を指定していない投資法人(いわゆる「自己管理型投資
        法人」)に適用される新たな規定に関するCSSF通達11/508を発行した。同通達の目的は、2010年
        法の効力発生後にUCITS管理会社および自己管理型投資法人が遵守するべき新たな要件につき詳
        細に説明することであった。
         2012年10月24日、CSSFは、CSSF通達03/108、CSSF通達05/185およびCSSF通達
        11/508に取って代わる新たな通達であるCSSF通達12/546を発行した。この新たな通達は、第15
        章に従う管理会社および自己管理型投資法人に関する認可の取得および維持のためのすべての条件を
        一つの通達内に含み、CSSF規則10-4の一定の原則を詳述する。
         同通達は非常に詳細にわたり、以下は主要な点をまとめたものにすぎない。
        - 業務プログラムを記載した申請ファイルは、CSSFに提出されなければならない。
        - 管理会社および/または自己管理型投資法人は、その事務所をルクセンブルグに置かなければな
           らない。
        - 人的資源について、管理会社および/または自己管理型投資法人は、原則として、その決定事項
           を実行し、職務を遂行し、受任者の業務を有効に監督するために必要な技能、知識および専門的
           技術を有する十分な数の常勤職員を雇用しなければならない。ただし、CSSFにより認められ
           る特例として、職員は他の機関から出向または派遣することが可能である。また、業務は、個々
           に評判および経験に関する要件を満たす少なくとも2名の業務執行役員が遂行しなければならな
           い。
        - 一般的規則として、管理会社および/または自己管理型投資法人の業務を遂行する少なくとも2
           名の者はルクセンブルグを本拠としなければならない。管理会社が一任顧客ベースでポートフォ
           リオの運用業務を行っている場合、業務を遂行する2名の者は、いかなる場合も、ルクセンブル
           グを本拠としなければならない。また、業務執行役員のいずれも、管理会社が管理会社を務める
           UCITSの保管銀行の従業員であってはならない。業務執行役員は、業務契約により管理会
           社/自己管理型投資法人の従業員になるかまたは管理会社と関連性を有することができる。
        - 通達では、職員数は管理会社/自己管理型投資法人の業務と、多分に管理会社が自らその権限を
           遂行するか委任を通じその権限を遂行するかに依拠すると示唆している。
        - 管理会社のコンプライアンス担当役員、内部監査人およびリスク管理者は、管理会社の取締役会
           の構成員であってはならない。
        - 通達では、管理会社/自己管理型投資法人が最初のおよび継続的な審査および監督に従いその権
           限の一部の委任を認められるため充足するべき条件、管理会社/自己管理型投資法人の職員およ
           び特に業務遂行の責任を負う2名が、管理会社/自己管理型投資法人から権限を委任された者を
           監視するためのシステムおよびアレンジならびにかかる2名が権限の委任先が実行する業務を監
           督するため受領するべき報告書の種類が詳細に記載されている。管理会社/自己管理型投資法人
           の業務を遂行する者は常にUCITSに関する会計書類をリアルタイムでまたは簡易な請求手続
           で入手できなければならない。
        - 中央管理事務権限は、他のルクセンブルグの認可された規制対象企業に対してのみ委任すること
           ができる。
        - 投資運用権限の保管銀行に対する委託は禁止されているが、EU非加盟国の企業が当該EU非加
           盟国において慎重な監督に服している場合にのみ、かかる投資運用権限をかかる企業に対し委託
           することができる。
     2.2010年法に従うルクセンブルグのUCITSまたはUCIに関する追加的な法律上および規制上の規定

     2.1.   設立および運営に関する法律および法令
     2.1.1.     1915年法
                                127/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         商事会社に関する1915年8月10日法(改正済)は、FCPの管理会社、および(2010年法により明
        示的に適用除外されていない限り)SICAVの形態をとるか公開有限責任会社(société                                                 anonyme)
        の形態をとるかにかかわらず投資法人に対して適用される。
         以下は、公開有限責任会社の形態をとった場合に関する説明であるが、SICAVにも一定の範囲
        で適用される。
     2.1.1.1.      会社設立の要件(1915年法第26条)
          最低1名の投資主が存在すること。
          公開有限責任会社の資本金の最低額は30,986.7ユーロ相当額である。
     2.1.1.2.      規約の必要的記載事項(1915年法第27条)
          規約には、以下の事項の記載が必要とされる。
         ( ⅰ)  設立者の身元
         ( ⅱ)  会社の形態および名称
         ( ⅲ)  本店の所在地
         ( ⅳ)  会社の目的
         ( ⅴ)  発行済資本および授権資本(もしあれば)の額
         ( ⅵ)  発行時に払込済の額
         ( ⅶ)  発行済資本および授権資本を構成する株式の種類の記載
         ( ⅷ)  記名式または無記名式の株式の形態および転換権(もしあれば)に対する制限規定
         ( ⅸ)  現金払込み以外の方法による出資の内容および条件、ならびに出資者の氏名
            (注)1915年法に対する最近の改正は、規制市場で取引されている適格な譲渡性のある有価証
               券および短期金融商品による出資の場合は、承認された法定監査人の報告書の必要なく
               現物出資による増資を認めている。しかし、実務上、CSSFは、投資信託について
               は、かかる報告書を依然として要求している。
         ( ⅹ)  発起人に認められている特定の権利または特権の内容およびその理由
        (x ⅰ)  資本の一部を構成しない株式(もしあれば)に関する記載
        (x ⅱ)  取締役および承認された法定監査人の選任に関する規約が法の効力を制限する場合、その規約
            およびかかる者の権限の記載
        (x ⅲ)  会社の存続期間
        (x ⅳ)  会社が負担する、または会社の設立に際しもしくは設立に伴って支払責任が生じる費用および
            報酬(その種類を問わない。)の見積
     2.1.1.3.      公募により設立される会社に対する追加要件(1915年法第29条)
          会社が募集によって設立される場合、以下の追加要件が適用される。
         ( ⅰ)  設立規約案を公正証書の形式で作成し、これを官報「メモリアル」に公告すること
         ( ⅱ)  応募者は、会社設立のための設立規約案の公告から3か月以内に開催される定時総会に招集さ
            れること
     2.1.1.4.      発起人および取締役の責任(1915年法第31条および第32条の1)
          発起人および増資の場合における取締役は、有効に引き受けられなかった部分または25%に達し
         なかった部分の会社資本の払込み、および会社が当該法律1915年法の該当条項に記載されたいずれ
         かの理由によって適法に設立されなかった結果として応募者が蒙る一切の損害につき、それに反す
         る定めがあったとしても、応募者に対し連帯して責任を負う。
     2.1.2.     その他の関連する規制
        - 2011年7月1日時点での欧州のマネー・マーケット・ファンドに共通の定義に関する2010年5月
           19日付CESRガイドライン10-049
        - 設立要件、利益相反、業務遂行、リスク管理ならびに保管受託銀行および管理会社との契約の内
           容についての通達2009/65/ECを実施する2010年7月1日付委員会通達2010/43/EUを置き
           換える2010年12月22日付CSSF規則No.10-4
                                128/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        - ファンドの合併、マスター・フィーダー構造および通知手続に係る特定の規定についての通達
           2009/65/ECを実施する2010年7月1日付委員会通達2010/44/EUを置き換える2010年12月
           22日付CSSF規則No.10-5
        - 他のEU加盟国においてその受益証券の販売を希望しているルクセンブルグ法に従うUCITS
           およびルクセンブルグにおいてその受益証券の販売を希望している他のEU加盟国のUCITS
           が踏むべき新たな通知手続に関連する2011年4月15日付CSSF通達11/509
        - 運用開始前のコンパートメント、再開待ちのコンパートメントおよび清算中のコンパートメント
           に関連する2012年7月9日付CSSF通達12/540
     2.1.3.     ルクセンブルグにおける投資信託の認可・登録および監督
         2010年法第129条および第130条は、ルクセンブルグ内で活動するすべてのファンドの認可・登録に
        関する要件を規定している。
        ( ⅰ)  次の投資信託はルクセンブルグのCSSFから正式な認可を受けることを要する。
         - ルクセンブルグの投資信託は、設立または設定の日から1か月以内に認可を受けること。
         - EU加盟国以外の国の法律に基づいて設立・設定されまたは運営されている投資信託、および
            他のEU加盟国で設立・設定された投資信託ではあるが譲渡性のある証券を投資対象とする投
            資信託(UCITS)でないものについては、その証券がルクセンブルグ大公国内またはルク
            センブルグ大公国から外国に向けて募集または販売される場合には、当該募集または販売を行
            う以前に認可を受けること。
        ( ⅱ)  認可を受けたUCIは、CSSFによってリストに記入される。かかる登録は認可を意味する。
        ( ⅲ)  ルクセンブルグ法、規則およびCSSFの通達の条項を遵守していない投資信託は、認可を拒否
         または登録を取り消されることがある。CSSFのかかる決定に対し不服がある場合には、行政裁
         判所(tribunal         administratif)に不服申立をすることができ、かかる裁判所が当該申立の実体を
         審理する。ただし、不服申立がなされた場合も決定の効力は停止されない。当該申立は、争われて
         いる決定の通知日から1か月以内になされなければならず、これが満たされない場合は申立ができ
         ない。登録の取消の決定が効力を発生した場合、ルクセンブルグの地方裁判所は、検察官またはC
         SSFの要請に基づき、該当するルクセンブルグのUCIの解散および清算を決定する。
         1945年10月17日大公規則は銀行監督官の職を創立したが、1983年5月20日法によって設置された金
        融庁(Institut         Monétaire      Luxembourgeois)(IML)に取って代わられた。IMLは、1998年4月
        22日法によりルクセンブルグ中央銀行に名称変更され、また1998年12月23日法により、投資信託を規
        制し監督する権限は、金融監督委員会(CSSF)に移管された。
         CSSFの権限と義務は、2010年法第133条に定められている。
         2010年法第150条は投資信託による目論見書、年次報告書および半期報告書の公表義務を定義してい
        る。
         2010年法の第159条は、パート                 Ⅰ ファンドが、簡潔、かつ、専門的でない用語により記載された主要
        投資家情報文書を公表する義務も規定している。
         2010年法は、さらに以下の公表義務を定めている。
        - 投資法人および管理会社は、自己が運用している各FCPのために、その目論見書および主要投
                  (注)
           資家情報文書          ならびにそれらの変更、ならびに年次報告書および半期報告書をCSSFに送
           付しなければならない。
        - 主要投資家情報文書は、投資家がUCITSの受益証券の申込みを行う前に、無償で投資家に提
           供されなければならない。
            主要投資家情報文書は、加盟国以外の国の投資家に必ずしも提供される必要はない。ただし、
           かかる国の監督当局が、当該情報を投資家に提供するよう要求する場合を除く。UCITS以外
           のUCIは、2010年法に規定する範囲内において、主要投資家情報を含む文書を作成する権限を
           有する。かかる場合において、当該文書は、主要投資家情報を作成するUCIは、通達2009/
           65/ECに従うUCITSではない旨の明確な記述を含まなければならない。
                                129/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
            さらに、目論見書および直近の公表されている年次報告書および半期報告書が、請求により無
           償で投資家に提供されなければならない。
        - 投資家は、年次報告書および半期報告書を、目論見書および主要投資家情報に記載された方法に
           より入手できる。
        - 年次報告書および半期報告書は、請求により投資家に無償で提供される。
        - 監査済年次報告書ならびに監査済または未監査の半期報告書は、当該期間終了以降、4か月およ
           び2か月以内に公表されなければならない。
            2010年法パートⅡに従うUCIに関しては、上記で言及される年次報告書の公表に関する4か
           月の期間は、6か月に延長され、半期報告書の公表に関する期間は、3か月に延長される。
     2.1.4.     2010年法によるその他の要件
        ( ⅰ)  公募または販売の承認
          2010年法第129条第1項は、すべてのルクセンブルグのファンドが活動を行うためにはCSSFの
         認可を受けなければならない旨規定している。
        ( ⅱ)  設立文書の事前承認
          2010年法第129条第2項は、CSSFが設立文書または約款および保管受託銀行の選定を承認した
         場合にのみファンドが認可される旨規定している。
          前項に定める条件のほか、および2013年法第3条に規定される免除を条件として、2010年法パー
         トⅡに従うUCIは、2010年法第88-2条第2項a)に従って選任されたその外部AIFMが当該
         条項に従って事前に認可されている場合にのみ認可されるものとする。
          2010年法第88-2条第2項b)に規定する範囲内において内部運用される、2010年法パートⅡに
         従うUCIは、2010年法第129条第1項に従って要求される認可、および2013年法第3条に規定され
         る免除を条件として、2010年法第88-2条第2項b)に従って認可されなければならない。
          2010年法パートⅠに従うUCITSは、第1パラグラフに定める条件のほか、以下の条件を満た
         さない限り、CSSFにより認可されないものとする。
         a)  FCPは、当該FCPを運用するための管理会社の申請書をCSSFが承認した場合に限り認
            可されるものとする。管理会社を指定した投資法人は、当該投資法人を運用するために指定さ
            れた管理会社の申請書をCSSFが承認した場合に限り認可されるものとする。
         b)  上記a)を損なうことなく、ルクセンブルグにおいて設立されたUCITSが通達2009/65/
            ECに従う管理会社により運用され、通達2009/65/ECに基づき他の加盟国の管轄当局によ
            り認可されている場合、CSSFは、2010年法第123条に従い、当該UCITSを運用するため
            の管理会社の申請書について決定するものとする。
          2010年法第129条第4項に基づき、CSSFは、以下の場合、2010年法第2条の範囲内においてU
         CITSの認可を拒否することがある。
         a)  投資法人が2010年法第3章に定める前提条件を遵守していないことを立証した場合
         b)  管理会社が2010年法第15章に基づきUCITSを運用することを認可されていない場合
         c)  管理会社がその所在加盟国においてUCITSを運用することを認可されていない場合
          2010年法第27条第1項を損なうことなく、管理会社または投資法人(該当する場合)は、完全な
         申請書が提出されてから2か月以内に、UCITSの認可が付与されたか否かにつき通知を受ける
         ものとする。
        ( ⅲ)  外国で使用される目論見書等が当該国の証券取引法に基づいてCSSFに提出された場合の事前
         の意見確認
          CSSFの監督に服する投資信託が定めるルクセンブルグの目論見書は、CSSFの事前のコメ
         ントを得るために提出することが要求されている。
          2005年4月6日付CSSF通達05/177によると、販売用資料については、それが利用される外国
         の権限ある当局による監督に服していない場合であっても、コメントを得るためにCSSFに提出
         する必要はないものとされている。ただし、CSSFの監督に服する者および会社は、提供する業
         務につき誤解を招くような勧誘資料を作成せず、また、必要に応じてかかる業務に固有の特定のリ
                                130/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         スクにつき言及するなどして、ルクセンブルグ内外の金融界の行為準則を継続的に遵守しなければ
         ならない。
          これらの文書には、ルクセンブルグの法令により要求される情報に加えて、当該文書が用いられ
         るルクセンブルグ以外の国において要求されるすべての情報を記載せねばならない。
        ( ⅳ)  目論見書の記載内容
          目論見書は、提案された投資について投資家が情報を得た上で判断を行うことができるようにす
         るための必要な情報、特に、投資に付随するリスクに関する情報を含むものでなければならない。
         目論見書は、投資する商品のいかんにかかわらず、投資信託のリスク概要について明瞭かつ分かり
         やすい説明をしなければならない。目論見書は、少なくとも2010年法の別紙ⅠのスケジュールAに
         記載される情報を含まなければならない。ただし、これらの情報が当該目論見書に付属する約款ま
         たは設立文書に既に記載されている場合はこの限りではない。
        ( ⅴ)  誤解を招く表示の禁止
          2010年法第153条は、完全な目論見書の重要な部分は常に更新されなければならない旨を規定して
         いる。
        ( ⅵ)  財務状況の報告および監査
          1915年法第73条第2項の一部修正により、SICAVは、年次財務書類ならびに承認された法定
         監査人の報告書、運用報告書および関連する場合は監査役会の見解を、年次投資主総会の招集通知
         と同時に登録受益者に対して送付することを要しない。招集通知には、これらの文書を投資家に提
         供する場所および実務上の取決めを記載するものとし、各投資家が年次財務書類ならびに承認され
         た法定監査人の報告書、運用報告書および監査役会の見解(該当する場合)の送付を請求すること
         ができる旨を明記するものとする。
          1915年法の規定により、公開有限責任会社の取締役会は、事業年度の貸借対照表および損益計算
         書がルクセンブルグの商業および法人登記所に提出されている旨をメモリアルに公告する義務を
         負っている。
          2010年法第154条は、ルクセンブルグの投資信託が年次報告書に記載される財務情報について、承
         認された法定監査人(réviseur                 d'entreprises        agréé)による監査を受けなければならない旨を規
         定している。承認された法定監査人は、その義務の遂行にあたり、UCIの報告書またはその他の
         書類における投資家またはCSSF向けに提供された情報が当該UCIの財務状況および資産・負
         債を正確に記載していないと確認した場合は、直ちにCSSFに報告する義務を負う。承認された
         法定監査人はさらに、CSSFに対して、承認された法定監査人がその職務遂行に当たり知りまた
         は知るべきすべての事項についてCSSFが要求するすべての情報または文書を提供しなければな
         らない。
          2004年1月1日から有効なCSSF通達02/81に基づき、CSSFは、承認された法定監査人
         (réviseur       d'entreprises        agréé)に対し、各UCIについて毎年、前会計年度中のUCIの業務
         に関するいわゆる「長文式報告書」を作成するよう求めている。CSSF通達02/81により、承認
         された法定監査人はかかる長文式報告書において、UCIの運用(その中央管理事務および保管者
         を含む。)および(マネーロンダリング防止規則、価格評価規則、リスク管理およびその他特別の
         管理について)監督手続が整っているかどうかの評価を行わなければならない。報告書はまた、U
         CIの受益証券がインターネットにより販売されるか否かを明記し、また関係する期間における投
         資家からの苦情も記載しなければならない。通達では、かかる報告書の目的はUCIの状況を全体
         的にみることであると述べている。
        ( ⅶ)  財務報告書の提出
          2010年法第155条は、ファンドは年次報告書および半期報告書をCSSFに提出しなければならな
         い旨を規定する。
          2010年法第147条は、CSSFが、UCIに対しその義務の遂行に関する情報の提供を要求するこ
         とができるとともに、当該目的のために、自らまたは任命する者を通じて、UCIの帳簿、会計書
         類、登録簿その他の記録および書類を検査することができる旨規定している。
                                131/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          IML通達97/136(CSSF通達08/348により改正)に従い、2010年法に基づきルクセンブル
         グで登録されているすべての投資信託は月次および年次の財務書類をCSSFに提出しなければな
         ら ない。
        ( ⅷ)違反に対する罰則規定
          1人または複数の取締役またはルクセンブルグの1915年8月10日法および2010年法に基づき、投
         資信託の運用・運営に対して形式を問わず責任を有するその他の者が、同法の規定に違反した場
         合、禁固刑および/または、一定の場合には50,000ユーロ以下の罰金刑に処される。
     2.2.   清算

     2.2.1.     投資信託の清算
         2010年法は、ルクセンブルグ法に基づいて設立・設定された投資信託の清算に関し、様々な場合を
        規定している。
         FCPまたはSICAVの存続期間が終了した場合、約款の規定に基づきFCPが終了した場合ま
        たは投資主総会決議によって会社型投資信託が解散された場合には、設立文書もしくは規約または適
        用される法令の規定に基づいて清算が行われる。
     2.2.1.1.      FCPの強制的・自動的解散
         a.管理会社または保管受託銀行がその権限を停止し、その後2か月以内に後任が見付からない場
           合
         b.管理会社が破産宣告を受けた場合
         c.連続して6か月を超える期間中、純資産価額が法律で規定されている最低額の4分の1を下
           回った場合
         (注)純資産価額が法律で要求される最低額の3分の2を下回った場合、自動的には清算されない
             が、CSSFは清算を命じることができる。この場合、清算は管理会社によって行われる。
     2.2.1.2.      SICAVについては以下の場合には投資主総会に解散の提案がなされなければならない。
         a.資本金が、法律で規定される資本の最低額の3分の2を下回る場合。この場合、定足数要件は
           なく、単純多数決によって決定される。
         b.資本金が、上記最低額の4分の1を下回る場合。この場合、定足数要件はなく、当該投資信託
           の解散の決定は、かかる投資主総会において4分の1の投資口を保有する投資主によって決定さ
           れる。
     2.2.1.3.      ルクセンブルグ法の下で存続するすべての投資信託は、CSSFによる登録の取消または拒絶お
         よびそれに続く裁判所命令があった場合に解散される。
     2.2.2.     清算の方法
     2.2.2.1.      通常の清算
          清算は、通常、次の者により行われる。
         a)  FCP
            管理会社、または管理会社によってもしくは約款の特別規定(もしあれば)に基づき受益者に
           よって選任された清算人
         b)  会社型投資信託
            投資主総会によって選任された清算人
          清算は、CSSFがこれを監督し、清算人については、監督当局の異議のないことを条件とする
         (2010年法第145条第1項)。
          清算人がその就任を拒否し、またはCSSFが提案された清算人の選任を承認しない場合は、地
         方裁判所の商事部門が利害関係人またはCSSFの請求により清算人を申請するものとする。
          清算の終了時に、受益者または投資主に送金できなかった清算の残高は、原則として、ルクセン
         ブルグの国立機関であるCaisse                 de  Consignationに預託され、権限を有する者は同機関において受
         領することができる。
     2.2.2.2.      裁判所の命令による清算
                                132/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          地方裁判所の商事部は、CSSFの請求によって投資信託を解散する場合、2010年法第143条およ
         び裁判所命令に基づく手続に従いCSSFの監督のもとで行為する清算人を選任する。清算業務
         は、裁判所に清算人の報告が提出された後裁判所の判決によって終了する。未分配の清算残高は上
         記 2.2.2.1.に記載された方法で預託される。
     2.3.   税制

     2.3.1.     ファンドの税制
     2.3.1.1.      資本税(droit          ▼ ' apport    )
          2002年法第128条および2003年4月14日の大公規則の廃止に従い、2010年法に従う投資信託の設立
         に際しては、資本税は今後課されない。
     2.3.1.2.      年次税(taxe         ▼ ' abonnement      )
          2010年法第174条第1項に従い、ルクセンブルグの法律の下に存続する投資信託は、以下の場合を
         除き純資産価額に対して年率0.05%の年次税を各四半期末に支払う。
          2010年法第174条第2項に従い、以下の投資信託については、年率0.01%に軽減されている。
         - 短期金融商品への集団的投資および信用機関への預金を唯一の目的とするルクセンブルグの投
            資信託
         - 金融機関への預金を唯一の目的とするルクセンブルグの投資信託
         - 2010年法に規定された複数のコンパートメントを有するUCIの個別のコンパートメントおよ
            びUCI内で発行された証券の個別のクラス、または複数のコンパートメントを有するUCI
            の個別のコンパートメント内で発行された証券の個別のクラス。ただし、かかるコンパートメ
            ントやクラスの証券は機関投資家によって保有されなければならない。
          2010年法第174条における「短期金融商品」の概念は、2010年法第41条の投資制限における概念よ
         り広いものであり、2003年4月14日付大公規則において、譲渡可能証券であるか否かにかかわら
         ず、債券、譲渡性預金証書(CD)、預託証券およびその他類似のすべての証券を含む一切の債務
         証券および債務証書と定義されている。ただし、関係する投資信託による取得時に、当該証券の当
         初のまたは残存する満期までの期間が、当該証券に関係する金融商品を考慮した上で、12か月を超
         えない場合、または当該証券の要項で、当該証券の金利が少なくとも年に1回市場の状況に応じて
         調整される旨定められている場合に限られる。
          2010年法第175条はまた、ルクセンブルグの投資信託の資産のうち他のルクセンブルグの投資信託
         に投資された部分についておよび以下のタイプの投資信託の個々のコンパートメントについて免税
         を規定している。
         - その受益証券が機関投資家に保有され、
         - その専属的目的が短期金融商品への集合的投資および信用機関への預金であり、
         - そのポートフォリオ満期までの加重残余期間が90日を超えず、かつ
         - 公認の格付機関から最高の格付けを取得している場合
          UCI、そのコンパートメント、その投資口または受益証券の年次税の免除は以下のものに適用
         されることを予定している。(ⅰ)2010年法第175条に規定されている企業退職年金のための機関ま
         たは同様の投資ビークル、(ただし、該当する年金基金が従業員のため同一グループの一部である
         場合に限られる。)および(ⅱ)従業員に年金給付を提供するため自らが保有するファンドに投資す
         る当該グループの会社。
          2010年法第175条により以下のUCIも年次税を免除される。
         - 主な目的が小規模金融マイクロファイナンス機関への投資であるUCIおよびかかる目的の複
            数のコンパートメントを有するUCIの個々のコンパートメント、ならびに
         - 以下のような複数のコンパートメントを有するUCIおよびかかるUCIの個々のコンパート
            メント
           ( ⅰ)  その証券が定期的に営業し、公認され、かつ公開されている一つ以上の証券取引所もしく
              は別の規制市場において上場または取引されているもの、および
           ( ⅱ)  一つ以上の指数の運用実績を複製することを唯一の目的とするもの。
                                133/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2.3.2.     日本の投資主または受益者の課税関係
         現在のルクセンブルグ法のもとにおいては、契約型および会社型の投資信託ともに、投資信託自体
        または投資信託の投資主もしくは受益者が、当該ファンドの投資口または受益証券について、通常の
        所得税、キャピタル・ゲイン課税、資産税または相続税を課せられることはない。ただし、当該投資
        主または受益者がルクセンブルグ大公国に住所、居所また恒久的施設を有している場合は、この限り
        でない。
         契約型投資信託または会社型投資信託がその組入証券について受領する配当および利子について
        は、当該配当の支払国において源泉課税を受けることがある。
     Ⅲ.ルクセンブルグの専門投資信託

       2007年2月13日、ルクセンブルグ議会は、専門投資信託に関する2007年2月13日法(以下「2007年法」
      という。)を採択した。
       2007年法の目的は、その証券が公衆に販売されない投資信託に関する1991年7月19日法を廃止し、情報
      に精通した投資家向けの投資信託のための法律を定めることであった。
       2007年法の下で設定されたビークルと2010年法に従うUCIをさらに区別するため、2007年法は、前者
      を「専門投資信託」(以下「SIF」という。)と称している。
       上記Ⅰ.に記載するとおり、2007年法は、AIFMDをルクセンブルグ法に法制化する2013年法によっ
      て実質的に改正された。かかる改正後、2007年法は、現在、2つのSIF制度、すなわち、(ⅰ)                                                    2007  年法
      パートⅠに従い、AIFMDの対象となるAIFとしての資格を有しないSIF、および、(ⅱ)                                                    2007  年法
      パートⅡに従い、認可されたAIFMによる運用が必要なSIFを区別する。
     1.範囲

       SIF制度は、(ⅰ)             その証券が一または複数の情報に精通した投資家向けに限定されるUCI、およ
      び、(ⅱ)     その設立文書によりSIF制度に服するUCIに適用される。
       SIFは、リスク分散原則に従う投資信託であり、それによりUCIとしての適格性も有している。か
      かる地位は、特に通達2003/71/EC等の各種欧州通達(いわゆる「目論見書通達」)の適用可能性の有
      無について重要性を有する。同通達は、2012年7月3日法によって置き換わった通達2010/73/EUに
      よって改正されている。
       SIFは、当該ビークルへの投資に関連するリスクを適切に査定することが可能な情報に精通した投資
      家向けのものである。
       2007年法では、機関投資家および専門投資家を含む情報に精通した投資家のみならず、その他の情報に
      精通した投資家で、情報に精通した投資家の地位を守ることを書面で確約する投資家で、125,000ユーロ以
      上の投資を行う投資家か、またはSIFへの投資を適切に評価する専門技術、経験および知識を有するこ
      とを証明する、通達2006/48/ECに定める金融機関、通達2004/39/ECに定める投資会社もしくは通
      達2009/65/ECに定める管理会社が行った査定の対象となった投資家にまで、範囲を拡大した定義を規
      定している。かかる第三カテゴリーの情報に精通した投資家は、洗練された小口投資家または個人投資家
      がSIFへの投資を認められることを意味する。
       SIF制度に従うためには、当該投資ビークルの設立文書(規約または約款)または募集書類に当該趣
      旨を明確に記載してこれを明示しなければならない。そのため、情報に精通した一または複数の投資家向
      けの投資ビークルが、必ずしもSIF制度に従うとは限らないことになる。限られた範囲の洗練された投
      資家に限定される投資ビークルは、例えば、ルクセンブルグ会社法の一般規則に従い規制されない会社と
      しての設立を選択することも可能になる。
     2.投資規則

       EU圏外の統一UCIについて定める2010年法パートⅡと同様に、2007年法は、SIFが投資できる資
      産について相当の柔軟性を認めている。そのため、あらゆる種類の資産に投資しあらゆる種類の投資戦略
      を追求するビークルが、本制度を選択することができる。
                                134/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       SIFはリスク分散原則を遵守する。2007年法は、特別な投資規則または投資制限を規定していない。
      CSSFは、個人投資家への販売が可能なUCIよりも低レベルの分散投資を認める可能性がある。個人
      投資家に販売することができるUCIに適用されるきめ細かい定量的投資および借入制限ではなく、投資
      制 限に基づく原則が適用される見込みである。
     3.構造的側面

     3.1.   法律上の形態および利用可能な仕組み
     3.1.1.     法律上の形態
         2007年法は、特に、契約型投資信託(以下「FCP」という。)および変動資本を有する投資法人
        (以下「SICAV」という。)について言及しているが、SIFが設立される際の基盤となる法律
        上の形態を制限していない。そのため、これら以外の法律上の形態も可能である。例えば、受託契約
        に基づくSIFの設立も可能である。
        ・ 契約型投資信託
          特性の要約については、上記Ⅱ.1.2.1項を参照のこと。
          FCPへの投資家は、約款がその可能性を規定している場合にのみ、およびその範囲で議決権を
         行使することができる。
        ・ 投資法人(SICAVまたはSICAF)
          特性の要約については、上記Ⅱ.1.2.2項を参照のこと。
          2007年法に基づき、SICAVは、2010年法に従うSICAVの場合のように公開有限責任会社
         である必要はない。SICAVの形態で設立されるSIFは、2007年法が列挙する会社の形態、す
         なわち、公開有限責任会社、コーポレート・リミテッド・パートナーシップ、普通リミテッド・
         パートナーシップ、特別リミテッド・パートナーシップ、非公開有限責任会社または公開有限責任
         会社として設立される法人格を有する共同組合のうち一形態を採用することができる。
          2007年法が適用除外を認める場合を除き、投資法人は、1915年法の条項に服する。しかし、2007
         年法は、SIFについて柔軟な会社組織を提供するためかかる一連の側面に関する規則とは一線を
         画している。
     3.1.2.     複数クラスの仕組み
         2007年法は、特に、複数のコンパートメントを有するSIF(いわゆる「アンブレラ・ファン
        ド」)を設立することができる旨を規定している。
         さらに、SIF内またはアンブレラ・ファンドの形態により設立されたSIFのコンパートメント
        内であっても、異なるクラスの証券を設定することができる。当該クラスは、特に報酬構造、対象投
        資家の種類または分配方針について異なる特徴を持つことがある。CSSFは、2010年法および2007
        年法に従う投資信託(以下「UCI」という。)の運用開始前のコンパートメント、再開待ちのコン
        パートメントおよび清算中のコンパートメントに関連するCSSF通達12/540を発行した。
     3.1.3.     資本構造
         2007年法の規定により、SIFの最低資本金は1,250,000ユーロである。かかる最低額は、SIFの
        認可から12か月以内に達成されなければならない。これに対し、2010年法に従うUCIについては6
        か月以内である。FCPに関する場合を除き、かかる最低額とは、純資産額ではなく、発行済資本に
        支払済の発行プレミアムを加えた額である。
         SIFは、形態の如何を問わず、一部払込済み投資口/受益証券を発行することができる。投資口
        は、発行時に1口につき最低5%までの払込みを要する。
         上記のように、固定資本または変動資本を有するSIFを設立することができる。さらに、SIF
        は、その変動性とは別に、またはその資本に関係なく(買戻しおよび/または申込みについて)オー
        プン・エンド型またはクローズド・エンド型とすることができる。
     3.2.   証券の発行および買戻し

        証券の発行および買戻しに係る条件および手続は、2010年法に従うUCIに適用される規則に比べ緩
       和されている。この点について、2007年法の規定により、証券の発行および証券の買戻しまたは償還
                                135/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (該当する場合)に適用される条件および手続は、さらに厳格な規則を課さずに設立文書において決定
       される。そのため、例えば、2010年法に従うSICAVまたはFCPの場合のように、発行価格、償還
       価 格または買戻価格が純資産価格に基づくことを要求されない。したがって、2007年法の下で、SIF
       は、(例えば、SIFが発行したワラントの行使時に)所定の確定した価格で投資口を発行することが
       でき、または(例えば、クローズド・エンド型SIFの場合にディスカウント額を減じるため)純資産
       価格を下回る価格で投資口を買い戻すことができる。同様に、発行価格は、額面金額の一部および発行
       プレミアムの一部から構成することができる。
        SIFは、一部払込済投資口を発行することができ、そのため、異なるトランシェの取得は、取得の
       約定により当初申込時に確認された新規投資口の継続取得によってのみならず、一部払込済投資口(当
       初発行された投資口の発行価格の残額が分割して払い込まれるもの。)によって行うこともできる。
     4.規制上の側面

     4.1.   慎重な制度
        SIFは、CSSFによる恒久的監督に服する規制されたビークルである。しかし、情報に精通した
       投資家は小口投資家と同一の保護までは要しないという事実に照らし、SIFは、承認手続および規制
       当局の要件の両方について、2010年法に従うUCIの場合に比べやや「軽い」規制上の制度に服する。
        2010年法に従うUCIについて、CSSFは、SIFの設立文書、SIFの取締役/運用会社、中央
       管理事務代行会社、保管銀行および承認された法定監査人の選任を承認しなければならない。SIFの
       存続期間中、設立文書の修正および取締役または上記の業務提供業者の変更もまた、CSSFの承認を
       必要とする。
        2007年法の改正前、2007年法は、設立された月の翌月内にCSSFに認可申請書が提出されることを
       条件として、規制当局の承認を得る前にSIFを設立することができると定めていた。これにより、CSS
       Fの承認を得る前にSIFを設立し、運用を開始することができた。2007年法の改正により、新たなS
       IFまたは既存のSIFの新たなサブ・ファンドはその運用開始前にCSSFの承認を得ることが必要
       となる。
     4.2.   保管受託銀行

        SIFは、その資産を安全に保管するため、保管受託銀行に保管を委託しなければならない。保管受
       託銀行は、ルクセンブルグに登録事務所を有するか、もしくはその登録事務所が海外に所在する場合に
       はルクセンブルグにおいて設立されなければならない。AIFとしての資格を有するSIFの保管受託
       銀行は、ルクセンブルグに登録事務所を有するか、もしくはその登録事務所が他の加盟国に所在する場
       合は、ルクセンブルグに支店を有しなければならない。
        以下の段落の規定を損なうことなく、保管受託銀行は、1993年法に規定する範囲内の信用機関または
       投資会社でなければならない。投資会社は、以下のⅤ.2項に詳述される、2013年法の第19条第3項で言
       及される条件(例えば、保管受託機能を実行するための特定の資本要件および自らの資金要件ならびに
       適切な組織、運用上およびコーポレート・ガバナンス上の仕組み)を充足する範囲においてのみ保管受
       託銀行として適格性を有するものとする。
        その中核的な投資方針に従い原則として2013年法第19条第8項a)に従って保管されなければならな
       い資産に投資しないか、または、上記の2013年法第24条に従い発行者または非上場会社に対する監督権
       を潜在的に獲得するために当該発行者または非上場会社に一般的に投資する、当初の投資が行われた日
       から5年間行使可能な買戻しの権利を有しないSIFに関しては、以下のⅤ.2項に詳述される、1993年
       法第26-1条に規定する範囲の金融機関の地位以外に資産の専門保管受託銀行の地位を有する、ルクセ
       ンブルグ法に準拠する機関が保管受託銀行となることができる。
        資産の保管は、「監督」を意味すると理解されるべきである。すなわち、保管受託銀行は、常にSI
       Fの資産の投資方法ならびに当該資産が利用できる場所および方法を承知していなければならない。こ
       れは、資産の物理的な保管を地域の副保管受託銀行に委ねることを妨げるものではない。
                                136/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2007年法は、保管受託銀行に対し、2010年法により課されるファンドの一定の運用に関する追加の監
       視職務の遂行を要求していない。こうした保管受託銀行の職務の軽減は、プライム・ブローカーの相当
       の関与に照らし、ヘッジ・ファンドとの関連でとりわけ有益であると思われる。
     4.3.   承認された法定監査人

        SIFの年次財務書類は、十分な専門経験を有するルクセンブルグの承認された法定監査人
       (réviseur       d'entreprises        agréé)による監査を受けなければならない。
     4.4.   投資家に提供するべき情報および報告要件

        募集書類が作成されなければならない。ただし、2007年法は、かかる書類の内容の最小限度について
       明確に定めていない。募集書類の継続的更新は要求されないが、当該書類の必須要素は、新規証券が新
       規投資家に対し発行される際に更新されなければならない。
        SIFは、監査済年次報告書をその関係期間の終了から6か月以内に公表しなければならない。
        SIFは、ルクセンブルグ会社法上の連結決算書作成義務を免除されている。
     4.5.   リスク管理システムおよび利益相反に関する方針

        2007年法上、SIFは、適切なリスク管理システムを実施することを要求され、利益相反により投資
       家の利益が害されるリスクを最小化するような方法で組成され、設定されなければならない。2012年8
       月13日付CSSF規則12-01は、これらの要件に関する措置を講じている。
     5.SIFの税制の特徴

       SIFについては、0.01%(これに対して、2010年法に基づき存続する大部分のUCIについては、
      0.05%)の年次税を課される。かかる税金は、各暦四半期末に評価される純資産総額に基づき決定され
      る。2007年法は、2010年法と同様の方法により、他のルクセンブルグUCIに投資された資産で年次税が
      課される部分、一定のインスティテューショナル・キャッシュ・ファンドおよび年金プール・ファンドに
      ついて、年次税を免除している。
       SIFが受領する収益およびSIFによって実現されたキャピタル・ゲインに対しては税金は課されな
      い。
     Ⅳ.オルタナティブ投資ファンド運用会社に適用される新たな制度

       ルクセンブルグで設立され、集合ポートフォリオ運用業務を提供する運用会社は、AIFMDが変更さ
      れた場合、UCITSの規定と合わせて、異なる規制上の制度を利用することが可能となる。
     1.AIFM

       2013年法の範囲内に該当し、および最低限度額を超える資産を有する、AIFを運用する、および/ま
      たはAIFの管理会社として行為するすべての運用会社は、AIFMとして認可される必要がある。最低
      限度額を下回る資産を有する、AIFを運用する、および/またはAIFの管理会社として行為する運用
      会社は、AIFMDによってAIFMに付与されるEUパスポートの利益を得るため、かかる制度に参加
      することができる。
       AIFMDによって課される継続中の義務(特定の資本要件および自らの資金要件、適切な組織、運用
      上およびコーポレート・ガバナンス上の仕組みならびに報告義務等)の大半は、UCITS                                                  Ⅳ通達によっ
      てUCITS管理会社に課される義務と類似している。
       規制当局への事前通知および適切な開示を条件として、AIFMの権限の一部を委託することが許可さ
      れている。ただし、AIFMは、連絡機能のみを有する機関となることはできない。ポートフォリオ運用
      およびリスク管理の委託は、(ⅰ)                   資産運用について認可され、登録された会社に対してのみ行うことがで
      き、また、(ⅱ)         当局間の協力が確保されなければならない。(ⅰ)の条件が充足されない場合、AIFM
      の所在加盟国の当局による事前の承認を取得しなければならない。同様の条件に従って、再委託が許可さ
      れている。
                                137/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2.AIFMとしても認可されているUCITS管理会社

       これらの管理会社は、UCITSおよびAIFを運用し、およびこれらの管理会社として行為すること
      を許可されている。
     3.その他の管理会社

       その他の管理会社は、ある部分において(2013年法に基づき廃止された)2010年法第16章に基づく、現
      在のUCI(すなわち、非UCITS)管理会社に相当するが、広範な種類の活動を行う管理会社であ
      る。かかるUCI管理会社は、要約すると、以下を行うことができる。
      (a)  AIFとしての適格性を有しないあらゆる種類の投資ビークル(規制されているか否か、または、ル
       クセンブルグまたは外国の投資ビークルであるか否かを問わない、AIFMDに基づくAIFの定義に
       該当しない投資ビークルを含む。)の運用会社または管理会社として行為すること。
      (b)  AIFMDの完全な適用対象となる一または複数のFCP、SICAVまたはSICAFの管理会社
       として行為すること(ただし、管理会社が、AIFMDの完全な適用対象となる当該AIFのために完
       全に認可されたAIFMを指名した場合に限る。)。
      (c)  総資産が2013年法およびAIFMDによって規定される最低限度額を下回るAIFの運用会社または
       管理会社として行為すること。運用下にある総資産が最低限度額を超過する場合、または運用会社がA
       IFM制度へ参加する意向を有する場合、管理会社は、(ⅰ)(上記2.のとおり)AIFMとしての認可
       を求めなければならず、および(ⅱ)上記(a)に基づく活動(非AIFの運用)は、AIFMによって行わ
       れることが許可されていない活動であるため、当該活動を中止する。
     Ⅴ.保管受託銀行に適用される新たな制度

     1.2013年法は、AIFMDの完全な適用対象となるAIFに関して新たな保管受託制度を導入する一方、
      AIFMDの完全な適用対象とならないファンドに関する現行の制度を維持する。
       ・ 2013年法は、関連するAIFMD規定を変更することによって新たな保管受託制度を導入し、当該
         制度は、2013年法の完全な適用対象となるAIFの保管受託銀行のみを対象とする。
       ・ わずかな調整(例えば、投資会社およびEU圏外のルクセンブルグの支店)を条件として、2013年
         法は、2013年法の完全な適用対象とならないパートⅡファンドおよびSIFに関する現行の保管受
         託制度を維持する。
     2.2013年法は、適格性を有する保管受託銀行のリストを拡張する。

       ・ 2013年法は、金融機関以外に、資産の専門保管受託銀行を導入する。
          1993年法に従って行われる、かかる新たな金融セクターの特殊な専門機関(以下「PSF」とい
         う。)の活動は、(ⅰ)当初の投資が行われた日から5年間においてクローズド・エンド型である、
         および(ⅱ)AIFMD第21条第8項(a)に規定する範囲において保管される資産に通常投資しない、
         または、通常、発行者もしくは非上場会社(例えば、主にプライベート・エクイティ・ファンドお
         よび不動産ファンド)に対する監督権を獲得しようと試みるファンドのための保管受託業務を提供
         するものとして定義される。
          かかる活動は、PSFの通信事務代行者、登録事務代行者、管理事務代行者および/または現地
         事務代行者に適合するその他の者の業務と両立し、500,000ユーロの最低資本要件を条件とする。
       ・ 前項に記載される新たでかつ特殊なPSFに加えて、適格性を有する保管受託銀行は、(現行の保
         管受託制度において)ルクセンブルグで設立された信用機関であるが、AIFMD第21条第3項(b)
         および2013年法第19条第3項の要件、ならびに、特に2013年法第19条第3項i)に規定される以下
         の追加の要件を充足するルクセンブルグで設立された投資会社でもある。
         - 投資会社の認可は、1993年法別表Ⅱの第C項1において言及される、顧客のための金融商品の
            保護預かりおよび管理に関する付随的なサービスを含むこと。
         - 投資会社は、法人であること。
         - 投資会社は、730,000ユーロの全額払込済最低資本を有しなければならないこと。
                                138/148

                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         - 投資会社は、保管受託銀行として活動するために適切な組織構造および管理上の構造ならびに
            内部管理上の手続を含む内部統制上の手続を有しなければならないこと。
         - 投資会社は、CSSFによって明確にされるとおり、AIFMD第21条第3項(b)に規定され
            る、自らの資金に関する要件を充足すること。
     3.AIFの保管受託銀行は、CSSFによる要求に応じて、CSSFがAIFによる2013年法の遵守を監
      視できるように特定の開示義務を遵守しなければならない。
       2013年法に規定される範囲内に完全に該当するAIFの保管受託銀行は、その義務および責任に関し
      て、2013年法に規定される新たな保管受託制度に従わなければならない。
       かかる新たな制度により、以下を含む特定の義務が保管受託銀行に課される。
      - AIFの資産の保護預かり義務
      - AIFのキャッシュ・フローを監視する義務、および
      - 監督業務
       保管受託銀行の責任制度もまた、見直され、強化されている。保管受託銀行は、保護預かりの対象とさ
      れている金融商品に損失が生じた場合に厳密に責任を負い、同一の種類の金融商品またはその対当額を、
      AIFまたはAIFを代理して行為するAIFMに対し、不当な遅滞なく返還しなければならない。かか
      る厳重な責任制度を回避する可能性は、非常に限られている。
       さらに、保管受託銀行は、保管受託銀行はまた、2013年法に基づくその義務を適切に履行する際の過失
      または意図的な不履行によって、AIFまたはその投資家が被った一切のその他の損失に関し、AIFま
      たはその投資家に対して責任を負う。
     Ⅵ.AIFの販売および運用に関するEUの国境を越えるパスポート

       EUにおけるAIFの証券またはパートナーシップ持分のAIFMによる販売およびクロス・ボーダー
      ベースのEUにおける当該AIFの運用は、ルクセンブルグで設立されたAIFMによって運用されるA
      IFの場合、2013年法第6章の規定に準拠し、また、その他の加盟国または第三国で設立されたAIFM
      によって運用されるAIFの場合、通達2011/61/EU第6章および第7章の規定に準拠する。なお、A
      IFが第三国で設立されたAIFMによって運用されている場合、上記AIFMD第66条第3項の適用に
      従う。
       次へ

                                139/148









                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (2)  その他の訂正
       *下線部は訂正部分を示します。
     第一部 証券情報

      (3)発行(売出)価額の総額

     <訂正前>
      (ⅰ)当初申込期間(2013年6月19日(水)から2013年6月20日(木)まで)
         メキシコペソクラス受益証券:100億メキシコペソ(約803億円)を上限とする。
      (ⅱ)継続申込期間(2013年6月21日(金)から2014年6月30日(月)まで)
         メキシコペソクラス受益証券:400億メキシコペソ(約                               3,212   億円)を上限とする。
       (注1)メキシコペソの円貨換算は、特に記載がない限り、2013年4月30日現在の株式会社三菱東京U
            FJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1メキシコペソ=8.03円)による。
       (注2)ファンドは、ルクセンブルグ法に基づいて設立されているが、受益証券はメキシコペソ建のた
            め以下の金額表示は別段の記載がない限りメキシコペソ貨をもって行う。
                              (後略)
     <訂正後>

      (ⅰ)当初申込期間(2013年6月19日(水)から2013年6月20日(木)まで)
         メキシコペソクラス受益証券:100億メキシコペソ(約803億円)を上限とする。
       (注1)メキシコペソの円貨換算は、2013年4月30日現在の株式会社三菱東京UFJ銀行の対顧客電信
            売買相場の仲値(1メキシコペソ=8.03円)による。
      (ⅱ)継続申込期間(2013年6月21日(金)から2014年6月30日(月)まで)
         メキシコペソクラス受益証券:400億メキシコペソ(約                               3,080   億円)を上限とする。
       (注2)ファンドは、ルクセンブルグ法に基づいて設立されているが、受益証券はメキシコペソ建のた
            め以下の金額表示は別段の記載がない限りメキシコペソ貨をもって行う。
                              (後略)
      (5)申込手数料

     <訂正前>
        申込手数料は、申込金額の              3.15  %(税抜3.00%)を上限とする。
     <訂正後>

                         *
        申込手数料は、申込金額の              3.24   %(税抜3.00%)を上限とする。
         ※ 上記は2014年4月1日から適用される予定の率である(2014年3月31日までは3.15%とす
           る。)。
      (8)申込取扱場所

     <訂正前>
        丸三証券株式会社
        東京都中央区日本橋二丁目5番2号
     <訂正後>

        丸三証券株式会社
        東京都千代田区麹町三丁目3番6
                                140/148


                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (訳文)
     独立監査人の報告書
     DWS    グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンドの受益者各位

      我々は、DWS          グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンドの2013年9月30日現在

     の純資産計算書、投資有価証券およびその他の純資産計算書、2013年2月22日から2013年9月30日まで
     の期間における損益計算書および純資産変動計算書、ならびに重要な会計方針の要約およびその他の注
     記から構成される添付の財務書類の監査を行った。
     財務書類に関する管理会社の取締役会の責任

      管理会社の取締役会は、財務書類の作成に関するルクセンブルグの法令上の要件に準拠して、当財務
     書類の作成および公正な表示に関して責任を負うとともに、不正または誤謬による重大な虚偽記載のな
     い財務書類の作成を可能とするために管理会社の取締役会が必要と判断する内部統制に関する責任を負
     う。
     監査人の責任

      我々の責任は、我々の監査に基づいて当財務書類に対して意見を表明することである。我々は、ルク
     センブルグにおいて金融監督委員会が採用した国際監査基準に準拠して監査を実施した。これらの基準
     は、我々が倫理上の要件に従いつつ、財務書類に重大な虚偽記載がないことの合理的な保証を得るよう
     に我々が監査を計画し実施することを要求している。
      監査には、財務書類中の金額および開示についての監査証拠を入手するための監査手続を実施するこ

     とが含まれる。不正または誤謬による財務書類の重大な虚偽記載のリスク評価を含む、選択された監査
     手続は監査人の判断に依拠している。それらのリスク評価を行う際に、監査人は、状況に照らして適切
     である監査手続を策定するために、事業体による財務書類の作成および公正な表示に関する内部統制を
     検討するが、これは企業の内部統制の有効性に関する意見の表明を目的としたものではない。
      監査にはまた、管理会社の取締役会が採用した会計方針の妥当性および管理会社の取締役会によって

     行われた会計上の見積りの合理性の評価も含め、全体的な財務書類の表示を評価することが含まれてい
     る。
      我々は、我々の監査意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

     意見

      我々は、当財務書類が、財務書類の作成に関するルクセンブルグの法令上の要件に準拠して、DWS
     グローバル・ユーティリティ・ボンド・マスター・ファンドの2013年9月30日現在の財政状態ならびに
     2013年2月22日から2013年9月30日までの期間における運用成績および純資産の変動について、真実か
     つ公正に表示していると認める。
                                141/148





                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     その他
      我々は、当年次報告書に含まれる補足的情報について我々に委託された責務との関連でレビューを
     行ったが、これらの情報は上述の基準に準拠して実施された特定の監査手続の対象ではない。従って、
     我々はこれらの情報について意見は表明しないが、財務書類全体との関連においてこれらの情報に対し
     て指摘すべき事項はない。
     ルクセンブルグ、2014年1月13日                            ケーピーエムジー・ルクセンブルグ・サール

                                独立監査人
                                ハラルド・ソーンズ

       次へ

                                142/148
















                                                           EDINET提出書類
                                              DWS・インベストメント・エス・エー(E14961)
                                               訂正有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                    REPORT    OF  THE  REVISEUR     D'ENTREPRISES        AGREE
     To  the  unitholders       of  DWS  Global    Utility     Bond   Master    Fund

     We  have   audited     the  accompanying        financial      statements       of  DWS  Global    Utility     Bond   Master

     Fund,    which    comprise     the  statement      of  net  assets,     the  statement      of  investments       in  securities
     and  other    net  assets    as  at  September      30,  2013,    and  the  statement      of  operations       and  the
     statement      of  changes     in  net  assets    for  the  period    from   February     22,  2013   to  September      30,
     2013,    and  ▶ summary     of  significant       accounting       policies     and  other    explanatory       information.
     Responsibility         of  the  Board    of  Directors      of  the  Management       Company     for  the  financial

     statements
     The  Board    of  Directors      of  the  Management       Company     is  responsible       for  the  preparation       and  fair
     presentation        of  these    financial      statements       in  accordance       with   Luxembourg       legal    and
     regulatory       requirements        relating     to  the  preparation       of  the  financial      statements,       and  for
     such   internal     control     as  the  Board    of  Directors      of  the  Management       Company     determines       is
     necessary      to  enable    the  preparation       of  financial      statements       that   are  free   from   material
     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error.
     Responsibility         of  the  R é viseur    d'Entreprises        agr  éé

     Our  responsibility         is  to  express     an  opinion     on  these    financial      statements       based    on  our
     audit.    We&nbs