株式会社金沢名鉄丸越百貨店 半期報告書 第98期(平成25年3月1日-平成26年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書-第98期(平成25年3月1日-平成26年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社金沢名鉄丸越百貨店

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     【表紙】

      【提出書類】                    半期報告書

      【提出先】                    北陸財務局長
      【提出日】                    平成25年11月26日
      【中間会計期間】                    第98期中(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)
      【会社名】                    株式会社金沢名鉄丸越百貨店
      【英訳名】                    Kanazawa Meitetsu Marukoshi Department Store Co., Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  黒野 友之
      【本店の所在の場所】                    金沢市武蔵町15番1号
      【電話番号】                    076-260-1111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部長  大島 秀一
      【最寄りの連絡場所】                    金沢市武蔵町15番1号
      【電話番号】                    076-260-1111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営管理部財務担当課長  岡野 博文
      【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                  1/35














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第一部【企業情報】

     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       提出会社の経営指標等
           回次           第96期中        第97期中        第98期中         第96期        第97期
                     自平成23年        自平成24年        自平成25年        自平成23年        自平成24年

                      3月1日        3月1日        3月1日        3月1日        3月1日
          会計期間
                     至平成23年        至平成24年        至平成25年        至平成24年        至平成25年
                      8月31日        8月31日        8月31日        2月29日        2月28日
     売上高           (千円)      7,781,466        7,793,468        7,551,391        16,251,381        16,038,877

     経常利益又は経常損失
                 (千円)      △32,945        △52,791         △6,495         24,565        12,436
     (△)
     中間(当期)純損失
                 (千円)      △49,331        △94,534        △15,349         △9,162        △69,238
     (△)
     持分法を適用した場合
     の投資利益または投資           (千円)       △3,739        △2,781          621      △6,895        △12,250
     損失(△)
                       100,000        100,000        100,000        100,000        100,000
                      普通株式          普通株式          普通株式           普通株式         普通株式
     資本金           (千円)
                     ( 15,840,000     )  ( 15,840,000     )  ( 15,840,000     )  ( 15,840,000     )  ( 15,840,000     )
     (発行済株式総数)            (株)
                       優先株式         優先株式         優先株式         優先株式          優先株式 
                     ( 10,000,000     )  ( 10,000,000     )  ( 10,000,000     )  ( 10,000,000     )  ( 10,000,000     )
     純資産額           (千円)       745,823        810,729        799,466        881,391        818,812
     総資産額           (千円)      7,722,832        7,418,732        7,303,014        7,632,444        7,390,682

     1株当たり純資産額            (円)      △79.17        △75.08        △75.79        △70.61        △74.56

     1株当たり中間(当
                 (円)       △1.90        △3.65        △0.59        △0.35        △2.67
     期)純損失(△)
     潜在株式調整後1株当
     たり中間(当期)純利            (円)         -        -        -        -        -
     益
     1株当たり配当額            (円)         -        -        -        -        -
     自己資本比率            (%)        9.6        10.9        10.9        11.5        11.0

     営業活動によるキャッ
                 (千円)       74,870        117,569         70,770        192,604        343,461
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)      △88,609        △46,941        △90,990        △143,925        △116,197
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                 (千円)       20,794       △47,822         34,972       △49,556        △227,280
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)       66,974        81,846        73,778        59,041        59,026
     中間期末(期末)残高
     従業員数                    238        230        228        233        228
                 (人)
     (外、平均臨時雇用者)                    ( 50 )       ( 51 )       ( 47 )       ( 52 )       ( 52 )
      (注)1.当社は中間連結財務諸表を作成していませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移について記載しておりません。
        2.売上高には消費税等は含まれておりません。また、売上高は商品売上高を記載しております。 
        3.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益については、潜在株式は存在しますが、1株当たり中間(当期)純損失であるため
          記載しておりません。
        4.1株当たり純資産額については、期末純資産額から「期末発行済優先株式数×発行価額」を控除した金額を期末発行済普通株式数
          で除して計算しております。  
                                  2/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
      2【事業の内容】
        当中間会計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
      3【関係会社の状況】

        当中間会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
      4【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                  平成25年8月31日現在
        従業員数(人)                                         228  ( 47 ) 
      (注) 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は臨時従業員の当中間会計期間平均雇用人員であります。
       (2)労働組合の状況

         当社には、金沢名鉄丸越百貨店労働組合があり、組合員数 171人(平成25年8月31日現在)で、上部団体として
        は、UAゼンセン及び名鉄労連に加盟しております。なお、現在懸案中の問題はありません。
                                  3/35















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第2【事業の状況】

      1【業績等の概要】
       (1)業績
         当中間会計期間におけるわが国経済は、新政権による経済政策や日銀の金融緩和もあり、株価の回復や円安によ
        る企業業績の改善など景気回復の兆しがみられる一方、輸入原材料の高騰や電気料金の値上げ、中国をはじめとす
        る新興国経済の成長鈍化など、依然として不透明な状況で推移いたしました。
         百貨店業界におきましては、景気回復への期待感から一部に消費意欲の高まりは見受けられるものの、特に地方
        においては雇用環境や個人所得の改善の遅れや、業態を超えた競争の激化により、百貨店業界を取り巻く環境は依
        然として厳しい状況が続きました。
         このような状況の下、当社は「地元・金沢の百貨店として、地域の皆様の人生をより豊かにすること」を使命に
        掲げ、この使命を果たすために全員でチャレンジ致してまいりました。
         営業面では、女性専用のホットヨガスタジオ「WOMENS FITNESS H&B」を新規オープンしたほ
        か、映画会社と共同で開催した「相棒展プレミアム2」や夏休み企画「不思議ふしぎ体験館」など新規催事を開催
        し集客に努めました。一方で、夏のクリアランスで大手アパレルメーカーのセール開催時期が遅れ集客が分散した
        ことや豪雨などの天候不順の影響を受けました。
         こうした状況下、当社は経営の合理化に努め、特に、費用対効果を意識して営業施策を展開した結果、お買物券
        費用や広告宣伝装飾費などの販売促進費が大きく節減することができました。
         以上の結果、当中間会計期間の売上高は7,551百万円(前年同期比3.1%減)となり、営業利益は5,588千円(前
        年同期営業損失37,186千円)、経常損失は6,495千円(前年同期経常損失52,791千円)、中間純損失は15,349千円
        (前年同期中間純損失94,534千円)となりました。
         なお、提出会社は百貨店業単一のため、セグメント情報の開示は行っておりません。商品別売上高の概況は次の

        とおりであります。
                 商品別           売上高(千円)             構成比          前年同期比

                                            34.1   %         97.6   %

            衣料品                    2,578,073
                                            10.5   %         98.4   %

            身回品                     794,382
                                            14.1   %         99.2   %

            雑貨                    1,062,205
                                             4.3  %         92.6   %

            家庭用品                     325,917
                                            33.1   %         96.2   %

            食料品                    2,499,035
                                             3.1  %         90.7   %

            食堂・喫茶                     234,487
                                             0.8  %         82.3   %

            サービスその他                      57,292
                                            100.0   %         96.9   %

                  合計               7,551,391
            (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)キャッシュ・フロー

         当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は前期末残高に比べて14,751千円
        増加し、73,778千円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当中間会計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは70,770千円の収入(前年同期は117,569千円の収入)と
        なりました。
         これは、減価償却費151,785千円を計上し、たな卸資産が88,375千円減少したことに加え、役員退職慰労引当金
        が7,560千円、仕入債務が162,985千円減少したことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当中間会計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは90,990千円の支出(前年同期は46,941千円の支出)とな
        りました。
         これは、主に店舗改装で有形固定資産を取得したことによる支出98,704千円に加え、固定資産を売却したことに
        よる収入12,763千円によるものであります。
                                  4/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当中間会計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは34,972千円の収入(前年同期は47,822千円の支出)とな
        りました。
         これは主に短期借入金が71,511千円増加し、長期借入金が29,000千円、リース債務が7,539千円減少したことに
        よるものです。
      2【生産、受注及び販売の状況】

       (1)生産実績及び受注状況
         当社においては、百貨店業を行っており、生産及び受注について該当事項はありません。
       (2)販売実績
         当中間会計期間の販売実績は「1 業績等の概要(1)業績」に記載の商品別売上高のとおりであります。
      3【対処すべき課題】

       当中間会計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
      4【事業等のリスク】

        当中間会計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重要な変更はあり
       ません。なお、継続企業の前提に関する重要な事象等は、次のとおりであります。 
        当社は過去に多額の損失を計上した結果、株主資本がマイナスとなっております。これにより、将来にわたって事
       業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。この事象を解消する
       ための対応策については「7 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(4)継続企業の前提に関
       する重要な事象等の対応策について」で記載のとおりであります。 
      5【経営上の重要な契約等】

        当中間会計期間において、経営上の重要な契約等は行われていません。
      6【研究開発活動】

        該当事項はありません。
      7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)財政状態の分析

         当中間会計期間末において、資産合計は7,303,014千円となり、前事業年度末と比べて87,667千円減少いたしま
        した。これは、主にたな卸資産が88,375千円、土地が12,420千円減少したほか、投資その他の資産が15,348千円増
        加したことによるものです。
         当中間会計期間末の負債合計は6,503,548千円となり、前事業年度末と比べて68,322千円減少しました。これは
        退職給付引当金が33,281千円減少したことに加え、長期借入金の返済が進んだことによるものです。
         当中間会計期間末において純資産は799,466千円となり、前事業年度末と比べて19,345千円減少しました。これ
        は主に中間純損失の計上による利益剰余金の減少によるものです。 
                                  5/35







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
       (2)経営成績の分析
         経営成績につきましては、「1業績等の概要(1)業績」に記載のとおりであります。 
       (3)キャッシュ・フローの分析
         キャッシュ・フローの状況につきましては、「1業績等の概要(2)キャッシュ・フロー」に記載のとおりであ
        ります。  
       (4)継続企業の前提に関する重要事象等の対応策について
         当社は、第94期を初年度とする中期経営計画「エムザ・スマイルプラン」をスタートさせ、収益力の強化並びに
        経営資源の効率化を推進し、継続的に利益計上できるよう構造改革を進めております。
         今後も、この経営計画に基づいて収益力の向上、経費削減を行うことにより財務状況を改善し長期的に存続、発
        展できるよう努めてまいります。
         これらの対策によって継続企業の前提に関する重要な不確実性はないものと判断しております。 
                                  6/35

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第3【設備の状況】

      1【主要な設備の状況】
        当中間会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。
      2【設備の新設、除却等の計画】

       当中間会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、除却、売却等の計画はありません。
                                  7/35


















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第4【提出会社の状況】

      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           43,360,000

       優先株式                                           20,000,000

                  計                                63,360,000

        ②【発行済株式】

            中間会計期間末現在発                        上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
       種類     行数(株)                        名又は登録認可金融                内容
                         (平成25年11月26日)
             (平成25年8月31日)                        商品取引業協会名
                                               単元株制度を採用していない
                                               ため、単元株式数はありませ
     普通株式           15,840,000            15,840,000           非上場
                                               ん。内容の詳細は(注)1を
                                               ご参照ください。
                                               単元株制度を採用していない
                                               ため、単元株式数はありませ
     優先株式           10,000,000            10,000,000           非上場
                                               ん。内容の詳細は(注)2を
                                               ご参照ください。
        計         25,840,000            25,840,000            -            -
      (注)1 普通株式は完全な議決権を有し、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。

      (注)2 優先株式の内容は以下のとおりであります。
         (1) 残余財産の分配
          (イ)当社の残余財産を分配するときは、優先株式の株主に対し普通株式の株主に先立ち、その優先株式1株
             につき、200円を限度として分配を行います。
          (ロ)優先株式の株主は、前項の優先分配が行われた後の残余財産に対しては、分配を受ける権利を有しませ
             ん。
         (2) 配当金
             当社は、優先株式の株主に対し、剰余金の配当を行うときは、普通株式の株主と同順位にて配当を行
             い、優先株式1株につき、普通株式1株につき支払う配当金と同額を支払います。
         (3) 議決権
             優先株式の株主は、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会における議決権を有しません。
         (4) 強制取得
             当社は、平成29年3月1日以降いつでも、取締役会の決議によって定める日に、優先株式の株主の意思に
             関わらず、優先株式の全部又は一部を取得することができます。優先株式の一部を取得するときは、抽
             選その他の方法によりこれを決定します。
             当社は、優先株式を取得するのと引き換えに、優先株式1株につき200円を交付します。
         (5) 金銭を対価とする取得請求権
             優先株式の株主は、平成29年3月1日以降、毎年9月1日から9月30日までの期間において、次の各号
             に該当しない場合、当社に対して金銭と引き換えに、優先株式の全部または一部を取得することを請求
             することができます。
             ①当社が優先株式の取得と引き換えに交付する金銭の額が、当該請求の日における会社法461条第2項に
              定める分配可能額を超えることとなる場合
             ②当社が当該事業年度中の優先株式の取得と引き換えに交付する金額が、直前の事業年度末日における
              当社の利益剰余金の2分の1を超えることとなる場合
             当社は、優先株式を取得するのと引き換えに、優先株式1株につき200円を交付します。
                                  8/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (6) 普通株式を対価とする取得請求権
             優先株式の株主は、平成29年3月1日以降、転換を請求しうる期間中、当社に対して普通株式と引き換
             えに優先株式の全部または一部を取得することを請求することができます。  
          (イ)当初転換価額
             平成29年3月1日から平成39年2月末日までに請求がなされた場合の転換価額は50円です。
          (ロ)転換価額の修正
             平成39年3月1日以降に請求がなされた場合の転換価額は、毎年3月1日(転換価額修正日)における
             当社の普通株式の1株あたりの時価に修正されるものとします。
             この場合、時価とは、転換価額修正日における当社の時価純資産価額、または取引相場がある場合には
             直近の当社の普通株式の取引価額を指すものとします。
         (7) 会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
             会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
         (8) 議決権を有しないこととしている理由 
             資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。 
       (2)【新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。 
       (4)【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。 
       (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日          総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)        (千円) 
                 (千株)        (千株)                       (千円)        (千円) 
       平成25年3月1日
       ~平成25年8月31               -     25,840          -     100,000          -       -
             日 
                                  9/35










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                  平成25年8月31日現在

                                                   発行済株式総数に
                                           所有株式数
         氏名又は名称                    住所                      対する所有株式数
                                            (千株)
                                                   の割合(%)
     名古屋鉄道㈱               愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号                         21,780           84.2

     伊藤忠商事㈱               東京都港区北青山2丁目5番1号                          900          3.4

     ㈱北國銀行               石川県金沢市下堤町1番地                          642          2.4

     金沢信用金庫               石川県金沢市南町1番1号                          200          0.7

     日本トラスティ・サ-ビス
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号                          150          0.5
     信託銀行㈱
     カナカン㈱               石川県金沢市袋町3番8号                          149          0.5
     林屋 春作               石川県金沢市                          100          0.3

     ㈱損害保険ジャパン               東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                          100          0.3

     東京海上日動火災保険㈱               東京都千代田区丸の内1丁目2番1号                           80         0.3

     三井住友海上火災保険㈱               東京都中央区新川2丁目27番2号                           80         0.3

     日新火災海上保険㈱               東京都千代田区神田駿河台2丁目3番                           80         0.3

            計                  -               24,262           93.8

       なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位11名は以下のとおりであります。

                                                 平成25年8月31日現在 
                                                   総株主の議決権に
                                           所有議決権数
         氏名又は名称                    住所                      対する所有議決権
                                            (千個)
                                                   数の割合(%)
     名古屋鉄道㈱               愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号                         11,780           74.3

     伊藤忠商事㈱               東京都港区北青山2丁目5番1号                          900          5.6

     ㈱北國銀行               石川県金沢市下堤町1番地                          642          4.0

     金沢信用金庫               石川県金沢市南町1番1号                          200          1.2

     日本トラスティ・サ-ビス 
                    東京都中央区晴海1丁目8番11号                          150          0.9
     信託銀行㈱
     カナカン㈱               石川県金沢市袋町3番8号                          149          0.9
     林屋 春作               石川県金沢市                          100          0.6

     ㈱損害保険ジャパン               東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                          100          0.6

     東京海上日動火災保険㈱               東京都千代田区丸の内1丁目2番1号                           80         0.5

     三井住友海上火災保険㈱               東京都中央区新川2丁目27番2号                           80         0.5

     日新火災海上保険㈱               東京都千代田区神田駿河台2丁目3番                           80         0.5

            計                  -               14,262           90.0

                                 10/35




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成25年8月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
                             優先株式
      無議決権株式                                    -           (注)
                            10,000,000
      議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -
      議決権制限株式(その他)                         -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                         -            -            -

                             普通株式
      完全議決権株式(その他)                                  15,840,000             (注)
                            15,840,000
      単元未満株式                         -            -            -
      発行済株式総数                       25,840,000              -            -

      総株主の議決権                         -          15,840,000              -

       (注)株式の内容は「1 株式等の状況 (1)株式の総数等 ② 発行済株式」に記載しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成25年8月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      又は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
          ―          ―         ―         ―         ―         ―

         計          ―         ―         ―         ―         ―

      2【株価の推移】

        当社株式は非上場であるため、記載を省略しております。
      3【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までの役員の異動はありません。
                                 11/35









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第5【経理の状況】

      1.中間財務諸表の作成方法について
        当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)
       に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年
       8月31日)の中間財務諸表について、仰星監査法人により中間監査を受けております。
      3.中間連結財務諸表について

        中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成11年大蔵省令第24号)第5条第2項により、当社
       では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、連結の範囲から除
       いても、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に
       重要性が乏しいものとして、中間連結財務諸表は作成しておりません。
        なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
        資産基準                   2.1  %
        売上高基準                  4.0  %
        利益基準                   0.6  %
        利益剰余金基準                1.2  %
                                 12/35













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
      1【中間財務諸表等】

       (1)【中間財務諸表】
        ①【中間貸借対照表】
                                                      (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成25年2月28日)              (平成25年8月31日)
      資産の部
        流動資産
                                        ※2              ※2
                                          60,026              74,778
         現金及び預金
         受取手形                                 5,975              1,225
         売掛金                                308,502              309,589
         たな卸資産                                905,544              817,169
         その他                                97,204              99,184
                                         △2,167              △1,871
         貸倒引当金
                                        1,375,085              1,300,074
         流動資産合計
        固定資産
         有形固定資産
                                      ※2              ※2
                                        1,880,259              1,885,999
           建物(純額)
                                      ※2              ※2
                                        3,798,901              3,786,481
           土地
           リース資産(純額)                               49,795              42,493
                                         146,509              134,132
           その他(純額)
                                      ※1              ※1
                                        5,875,466              5,849,105
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          7,867              10,417
         投資その他の資産
           その他                              140,353              151,506
                                         △8,090              △8,090
           貸倒引当金
                                         132,263              143,416
           投資その他の資産合計
                                        6,015,597              6,002,940
         固定資産合計
                                        7,390,682              7,303,014
        資産合計
      負債の部
        流動負債
         支払手形                                96,616              82,587
         設備関係支払手形                                27,334              105,325
                                      ※2              ※2
                                        1,295,676              1,132,691
         買掛金
                                      ※2              ※2
                                        2,636,044              2,707,556
         短期借入金
         リース債務                                14,391              11,454
         未払法人税等                                 2,725              1,362
         未払事業所税                                23,887              12,362
         未払消費税等                                 5,399              12,658
         商品券                                567,245              612,542
         賞与引当金                                 7,791              9,503
         ポイント引当金                                50,579              44,689
         商品券回収損引当金                                116,636               95,103
                                         261,492              281,244
         その他
                                        5,105,818              5,109,079
         流動負債合計
                                 13/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
                                                      (単位:千円)
                                   前事業年度             当中間会計期間
                                 (平成25年2月28日)              (平成25年8月31日)
        固定負債
                                       ※2              ※2
                                         179,500              150,500
         長期借入金
         リース債務                                35,640              31,038
         繰延税金負債                                22,845              21,967
         再評価に係る繰延税金負債                                686,759              686,759
         退職給付引当金                                278,842              245,561
         役員退職慰労引当金                                15,440               7,880
         関係会社事業損失引当金                                94,945              96,278
         資産除去債務                                117,132              118,396
                                          34,944              36,087
         その他
                                        1,466,051              1,394,468
         固定負債合計
                                        6,571,870              6,503,548
        負債合計
      純資産の部
        株主資本
         資本金                                100,000              100,000
         利益剰余金
                                        △443,918              △459,267
           繰越利益剰余金
                                        △443,918              △459,267
           利益剰余金合計
                                        △343,918              △359,267
         株主資本合計
        評価・換算差額等
         その他有価証券評価差額金                               △17,211              △21,207
                                        1,179,942              1,179,942
         土地再評価差額金
                                        1,162,730              1,158,734
         評価・換算差額等合計
                                         818,812              799,466
        純資産合計
                                        7,390,682              7,303,014
      負債純資産合計
                                 14/35










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        ②【中間損益計算書】

                                                      (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成24年3月1日              (自 平成25年3月1日
                                 至 平成24年8月31日)               至 平成25年8月31日)
      売上高                                  7,793,468              7,551,391
                                    ※2,  ※3             ※2,  ※3
                                        6,251,395              6,056,177
      売上原価
                                        1,542,072              1,495,213
      売上総利益
                                       ※1              ※1
                                         140,640              143,043
      その他の営業収入
                                        1,682,713              1,638,256
      営業総利益
      販売費及び一般管理費                                  1,719,899              1,632,668
                                         △37,186                5,588
      営業利益又は営業損失(△)
                                        ※4              ※4
                                          5,041              7,349
      営業外収益
                                        ※5              ※5
                                          20,646              19,433
      営業外費用
                                         △52,791               △6,495
      経常損失(△)
                                         ※6               ※6
                                           118               42
      特別利益
                                        ※7               ※7
                                          41,373               8,411
      特別損失
                                         △94,047              △14,865
      税引前中間純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税
                                          1,363              1,363
                                          △876              △878
      法人税等調整額
                                           486              484
      法人税等合計
                                         △94,534              △15,349
      中間純損失(△)
                                 15/35











                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        ③【中間株主資本等変動計算書】

                                                      (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成24年3月1日              (自 平成25年3月1日
                                 至 平成24年8月31日)               至 平成25年8月31日)
      株主資本
        資本金
                                         100,000              100,000
         当期首残高
                                         100,000              100,000
         当中間期末残高
        利益剰余金
         繰越利益剰余金
           当期首残高                             △374,679              △443,918
           当中間期変動額
                                         △94,534              △15,349
            中間純損失(△)
                                         △94,534              △15,349
            当中間期変動額合計
                                        △469,213              △459,267
           当中間期末残高
        株主資本合計
         当期首残高                               △274,679              △343,918
         当中間期変動額
           中間純損失(△)                              △94,534              △15,349
                                         △94,534              △15,349
           当中間期変動額合計
                                        △369,213              △359,267
         当中間期末残高
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金
         当期首残高                               △23,871              △17,211
         当中間期変動額
           株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                          23,871              △3,996
           (純額)
                                          23,871              △3,996
           当中間期変動額合計
                                            -           △21,207
         当中間期末残高
        土地再評価差額金
                                        1,179,942              1,179,942
         当期首残高
                                        1,179,942              1,179,942
         当中間期末残高
        評価・換算差額等合計
         当期首残高                               1,156,070              1,162,730
         当中間期変動額
           株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                          23,871              △3,996
           (純額)
                                          23,871              △3,996
           当中間期変動額合計
                                        1,179,942              1,158,734
         当中間期末残高
      純資産合計
        当期首残高                                 881,391              818,812
        当中間期変動額
         中間純損失(△)                               △94,534              △15,349
         株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                          23,871              △3,996
         額)
                                         △70,662              △19,345
         当中間期変動額合計
                                         810,729              799,466
        当中間期末残高
                                 16/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        ④【中間キャッシュ・フロー計算書】

                                                      (単位:千円)
                                  前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 平成24年3月1日              (自 平成25年3月1日
                                 至 平成24年8月31日)               至 平成25年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
        税引前中間純損失(△)                                 △94,047              △14,865
        減価償却費                                 187,362              151,785
        有形固定資産売却損益(△は益)                                    -             △42
        固定資産処分損益(△は益)                                  9,877              2,226
        投資有価証券評価損益(△は益)                                  24,759                -
        ポイント引当金の増減額(△は減少)                                 △4,805              △5,890
        商品券回収損引当金の増減額(△は減少)                                 △22,452              △21,533
        退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 △18,154              △33,281
        役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  2,520             △7,560
        関係会社事業損失引当金の増減額(△は減少)                                  3,577              1,333
        賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △1,507               1,712
        受取利息及び受取配当金                                 △2,019              △4,391
        支払利息                                  19,193              18,049
        売上債権の増減額(△は増加)                                  38,668               3,662
        たな卸資産の増減額(△は増加)                                  36,524              88,375
        前払費用の増減額(△は増加)                                 △10,341                △826
        仕入債務の増減額(△は減少)                                 △48,833              △162,985
        未払消費税等の増減額(△は減少)                                  9,796              7,258
                                          7,421              64,177
        その他
                                         137,538               87,205
        小計
        利息及び配当金の受取額
                                          2,019              4,391
        利息の支払額                                 △19,261              △18,100
                                         △2,727              △2,727
        法人税等の支払額
                                         117,569               70,770
        営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
        有形固定資産の売却による収入                                    -            12,763
        有形固定資産の取得による支出                                 △45,877              △98,704
        無形固定資産の取得による支出                                 △1,176              △5,248
                                           111              199
        その他
                                         △46,941              △90,990
        投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
        短期借入金の純増減額(△は減少)                                  17,473              71,511
        長期借入金の返済による支出                                 △60,200              △29,000
                                         △5,096              △7,539
        その他
                                         △47,822               34,972
        財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          22,805              14,751
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                   59,041              59,026
                                          81,846              73,778
      現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 17/35





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        【重要な会計方針】

                                      当中間会計期間
             項目                       (自 平成25年3月1日
                                    至 平成25年8月31日)
     1.資産の評価基準及び評価方法                  (1)有価証券
                         子会社株式及び関連会社株式
                          ……移動平均法による原価法
                         その他有価証券
                         時価のあるもの
                          …中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法
                           により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
                         時価のないもの
                          …移動平均法による原価法
                       (2)たな卸資産
                         商品  主に売価還元法による原価法
                             (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
                             算定) 
                         貯蔵品 最終仕入原価法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法                  (1)有形固定資産(リース資産を除く) 
                         定額法
                       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法   
                          なお、自社利用ソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5
                         年)に基づいております。
                       (3)リース資産
                          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、
                         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
                         す。
                          なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日
                         が平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る
                         方法に準じた会計処理によっております。 
     3.引当金の計上基準                  (1)貸倒引当金
                          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に
                         より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回
                         収不能見込額を計上しております。
                       (2)賞与引当金 
                          従業員賞与の支給に備えて、将来の支給見込み額のうち当中間会計期間負
                         担額を計上しております。 
                       (3)ポイント引当金
                          ポイント金券の発行に備えるため、当中間会計期間末におけるポイント残
                         高に対する将来の金券発行見積額のうち、費用負担となる原価相当額を計上
                         しております。
                       (4)商品券回収損引当金
                          商品券が負債計上中止後に回収された場合に発生する損失に備えるため、
                         過去の実績に基づく将来の回収見込額を引当金として計上しております。
                       (5)退職給付引当金
                          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見
                         込額に基づき、当中間会計期間末において発生していると認められる額を計
                         上しております。
                       (6)役員退職慰労引当金
                          役員退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく中間期末要支給額を計
                         上しております。
                                 18/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
                                      当中間会計期間
             項目                       (自 平成25年3月1日
                                    至 平成25年8月31日)
      3.引当金の計上基準                  (7)関係会社事業損失引当金
                          関係会社の損失発生に備えるため、当中間会計期間末において関係会社に
                         発生していると見込まれる債務超過額について、当社負担額を計上しており
                         ます。
     4.中間キャッシュ・フロー計算書                     手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価
       における資金の範囲                  値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期
                         限の到来する短期投資からなります。
     5.その他中間財務諸表作成のため                    消費税等の会計処理
       の基本となる重要な事項                   税抜方式を採用しております。
        【表示方法の変更】

      (中間貸借対照表)
       「流動負債」の「支払手形」に含めていた「設備関係支払手形」は、当中間会計期間において金額的重要性が増し
      たため、区分掲記することとしました。この表示方法を反映させるため、前事業年度の貸借対照表の組替えを行って
      おります。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動負債」の「支払手形」に表示していた123,950千円は、「支払
      手形」96,616千円、「設備関係支払手形」27,334千円として組替えております。
                                 19/35














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
        【注記事項】
         (中間貸借対照表関係)
      ※1  有形固定資産の減価償却累計額
                   前事業年度                         当中間会計期間
                (平成25年2月28日)                          (平成25年8月31日)
                           5,335,546     千円                      5,425,155     千円
      ※2  担保に供している資産

         担保に供している資産は、次のとおりであります。 
                   前事業年度                         当中間会計期間
                (平成25年2月28日)                          (平成25年8月31日)
           建物                 1,481,978     千円     建物                 1,506,919     千円
           土地                 3,117,849          土地                 3,117,849
           現金及び預金(定期預金)                   1,000        現金及び預金(定期預金)                   1,000
           合計                 4,600,827          合計                 4,625,769
         担保付債務は、次のとおりであります。 

                   前事業年度                         当中間会計期間
                (平成25年2月28日)                          (平成25年8月31日)
           短期借入金                  100,000    千円     短期借入金                  100,000    千円
           短期借入金(1年内返済予定の                          短期借入金     (1年内返済予定の
                             46,000                          46,000
           長期借入金)                          長期借入金)
           長期借入金                  155,500         長期借入金                  132,500
           合計                  301,500         合計                  278,500
           定期預金1,000千円は、買掛金の担保として差し入れておりますが、当中間会計期間末における当該担保の
           対象となる買掛金残高はありません。
       3  偶発債務

          保証債務 
          次のとおり銀行借入に対し保証を行っております。
                   前事業年度                         当中間会計期間
                (平成25年2月28日)                          (平成25年8月31日)
           ㈱武蔵開発                  156,615    千円                       145,350    千円
                                 20/35









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (中間損益計算書関係)
      ※1  その他の営業収入の内訳は次のとおりであります。
                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          駐車場営業収入                   70,078   千円     駐車場営業収入                   65,930   千円
          不動産賃貸収入                   34,344        不動産賃貸収入                   40,902
          その他収入                   36,216        その他収入                   36,210
      ※2  売上原価に含まれている商品たな卸損失の額

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
                             2,767   千円                        5,572   千円
      ※3  売上原価に含まれているたな卸資産評価損

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
                            11,309   千円                        6,124   千円
      ※4  営業外収益のうち主要項目

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          受取利息                     55 千円     受取利息                     58 千円
          受取配当金                   1,964       受取配当金                   4,333
          経過お買物券                     751      経過お買物券                     694
      ※5  営業外費用のうち主要項目

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          支払利息                   19,193   千円     支払利息                   18,049   千円
      ※6  特別利益のうち主要項目

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          工事負担金等受入額                    118  千円     工事負担金等受入額                     - 千円
          固定資産売却益                    -      固定資産売却益                      42
      ※7  特別損失のうち主要項目

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          固定資産処分損                   13,036   千円     固定資産処分損                   7,078   千円
          関係会社事業損失引当金繰入額                   3,577       関係会社事業損失引当金繰入額                   1,333
          投資有価証券評価損                   24,759        投資有価証券評価損                     -
       8  減価償却実施額

                   前中間会計期間                           当中間会計期間
                (自 平成24年3月1日                         (自 平成25年3月1日
                 至 平成24年8月31日)                         至 平成25年8月31日)
          有形固定資産                  184,806    千円     有形固定資産                  150,005    千円
          無形固定資産                   2,555       無形固定資産                   1,780
                                 21/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (中間株主資本等変動計算書関係)
      前中間会計期間 (自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項     

                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式     

       普通株式                   15,840            ―          ―       15,840

       優先株式                   10,000            ―          ―       10,000

         合計                 25,840            ―          ―       25,840

      2.配当に関する事項   

        該当事項はありません。
      当中間会計期間 (自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数に関する事項     

                      当事業年度期首株          当中間会計期間増          当中間会計期間減          当中間会計期間末
                      式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式     

       普通株式                   15,840            ―          ―       15,840

       優先株式                   10,000            ―          ―       10,000

         合計                 25,840            ―          ―       25,840

      2.配当に関する事項   

        該当事項はありません。
         (中間キャッシュ・フロー計算書関係)

      現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおりでありま
     す。
               前中間会計期間                            当中間会計期間
             (自 平成24年3月1日                            (自 平成25年3月1日
              至 平成24年8月31日)                            至 平成25年8月31日)
      現金及び預金勘定                    82,846   千円     現金及び預金勘定                    74,778   千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                    △1,000        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                    △1,000
      現金及び現金同等物                    81,846        現金及び現金同等物                    73,778
                                 22/35







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (リース取引関係)
          1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース
           (1)リース資産の内容
             有形固定資産
              器具及び備品であります。
             無形固定資産
              該当するものはありません。
           (2)リース資産の減価償却の方法

             重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前

             のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次
             のとおりです。 
           (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び中間期末(期末)残高相当額  

                                                    (千円) 
                                前事業年度(平成25年2月28日)
                        取得価額相当額          減価償却累計額相当額             期末残高相当額

           建物                   38,653            38,653              -

           器具及び備品                   21,898            18,509            3,389

           ソフトウェア                   13,812            13,812              -

               合計              74,364            70,974            3,389

           (注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低
               いため、支払利子込み法により算定しております。
                                                    (千円) 
                               当中間会計期間(平成25年8月31日)
                        取得価額相当額          減価償却累計額相当額             期末残高相当額

           器具及び備品                   21,898            20,073            1,824

              合計                21,898            20,073            1,824

           (注) 取得価額相当額は、未経過リース料中間期末残高が有形固定資産の中間期末残高等に占める 
               割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。 
           (2)未経過リース料中間期末(期末)残高相当額等

                                                    (千円) 
                            前事業年度                 当中間会計期間
                         (平成25年2月28日)                   (平成25年8月31日) 
           1年内                         3,128                  1,824
           1年超                          260                  -

               合計                    3,389                  1,824

           (注) 未経過リース料中間期末(期末)残高相当額は、未経過リース料中間期末(期末)残高が有
               形固定資産の中間期末(期末)残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定
               しております。  
                                 23/35




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
           (3)支払リース料及び減価償却費相当額
                                                    (千円) 
                           前中間会計期間                  当中間会計期間
                         (自 平成24年3月1日                  (自 平成25年3月1日
                           至 平成24年8月31日)                    至 平成25年8月31日)
           支払リース料                         6,096                  1,564
           減価償却費相当額                         6,096                  1,564

           (4)減価償却費相当額の算定方法

              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
            該当事項はありません。 
                                 24/35















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (金融商品関係)
          前事業年度末(平成25年2月28日)
          金融商品の時価等に関する事項
          平成25年2月28日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照) 
                           貸借対照表計上額               時価            差額
                            (千円)             (千円)             (千円) 
         (1)現金及び預金                        60,026            60,026              -
         (2)受取手形                        5,975            5,975             -
         (3)売掛金                       308,502            308,502              -
         (4)投資有価証券                        40,737            40,737              -
          資産計                       415,240            415,240              -
         (1)支払手形                       123,950            123,950              -
         (2)買掛金                      1,295,676            1,295,676               -
         (3)短期借入金                      2,578,044            2,578,044               -
         (4)長期借入金(1年内返済予定
                               237,500            242,514             5,014
            の長期借入金を含む) 
          負債計                      4,235,172            4,240,186              5,014
         (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

            資 産
            (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
            おります。
            (4)投資有価証券
             投資有価証券の時価については取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関
            する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照下さい。
            負 債
            (1)支払手形、(2)買掛金、(3)短期借入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
            おります。
            (4)長期借入金
             長期借入金のうち変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また当社の信用状態は実行後
            大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
            よっております。固定金利によるものは、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定され
            る利率で割り引いた現在価値により算定しております。
            2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                   区分             貸借対照表計上額(千円) 
             非上場株式                               30,316
             関係会社株式                               12,550
             出資金                               2,627
             関係会社出資金                               7,591
             これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
            「(4)投資有価証券」には含めておりません。
            3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定については変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用
            することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 25/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
          当中間会計期間末(平成25年8月31日)
          金融商品の時価等に関する事項
          平成25年8月31日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
         す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照) 
                          中間貸借対照表計上額                時価            差額
                            (千円)             (千円)             (千円) 
         (1)現金及び預金                        74,778            74,778              -
         (2)受取手形                        1,225            1,225             -
         (3)売掛金                       309,589            309,589              -
         (4)投資有価証券                        36,741            36,741              -
          資産計                       422,333            422,333              -
         (1)支払手形                       187,913            187,913              -
         (2)買掛金                      1,132,691            1,132,691               -
         (3)短期借入金                      2,649,556            2,649,556               -
         (4)長期借入金(1年内返済予定
                               208,500            212,158             3,658
            の長期借入金を含む) 
          負債計                      4,178,660            4,182,319              3,658
         (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

            資 産
            (1)現金及び預金、(2)受取手形、(3)売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
            おります。
            (4)投資有価証券
             投資有価証券の時価については取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関
            する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参照下さい。
            負 債
            (1)支払手形、(2)買掛金、(3)短期借入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
            おります。
            (4)長期借入金
             長期借入金のうち変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また当社の信用状態は実行後
            大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
            よっております。固定金利によるものは、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定され
            る利率で割り引いた現在価値により算定しております。
            2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                   区分            中間貸借対照表計上額(千円) 
             非上場株式                               30,316
             関係会社株式                               12,550
             出資金                               2,627
             関係会社出資金                               7,591
             これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
            「(4)投資有価証券」には含めておりません。
            3.金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定については変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用
            することにより、当該価額が変動することがあります。 
                                 26/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (有価証券関係)
         前事業年度(平成25年2月28日)
           1.子会社株式及び関連会社株式

             子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式12,550千円)は、市場価格がなく、時
            価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
           2.その他有価証券

                             貸借対照表計上額             取得原価            差額
                     種類 
                              (千円)            (千円)            (千円) 
                   株式                   -           -           -
     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えるもの 
                     小計                 -           -           -
                   株式                 40,737           57,948          △17,211

     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えないもの 
                     小計               40,737           57,948          △17,211
              合計                     40,737           57,948          △17,211
     (注)非上場株式(貸借対照表計上額30,316千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難で
        あると認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。 
         当中間会計期間(平成25年8月31日)

           1.子会社株式及び関連会社株式

             子会社株式及び関連会社株式(中間貸借対照表計上額 関係会社株式12,550千円)は、市場価格がな
            く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
           2.その他有価証券

                            中間貸借対照表計上額              取得原価            差額
                     種類 
                              (千円)            (千円)            (千円) 
                   株式                   -           -           -
     中間貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの 
                     小計                 -           -           -
                   株式                 36,741           57,948          △21,207

     中間貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの 
                     小計               36,741           57,948          △21,207
              合計                     36,741           57,948          △21,207
     (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額30,316千円)については、市場価格がなく、時価を把握する事が極めて困難
        と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 27/35








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (デリバティブ取引関係)
         前事業年度(平成25年2月28日)
          当社はデリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。
         当中間会計期間(平成25年8月31日)

          当社はデリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。
         (持分法損益等)

                                   前事業年度              当中間会計期間
                                (平成25年2月28日)               (平成25年8月31日)
     関連会社に対する投資の金額(千円)                                  12,550               12,550

     持分法を適用した場合の投資の金額(千円)                                  18,192               19,521

     (注)関連会社の債務超過額は「持分法を適用した場合の投資の金額」には反映しておりません。 
                                  前中間会計期間               当中間会計期間

                               (自 平成24年3月1日               (自 平成25年3月1日
                                至 平成24年8月31日)               至 平成25年8月31日)
     持分法を適用した場合の投資利益又は投資損失
                                       △2,781                  621
     (△)の金額(千円)
         (資産除去債務関係)

           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            当該資産除去債務の総額の増減

                                     前事業年度             当中間会計期間

                                  (自 平成24年3月1日              (自 平成25年3月1日
                                   至 平成25年2月28日)              至 平成25年8月31日)
           期首残高                              114,516    千円           117,132    千円 
           有形固定資産の取得に伴う増加額                                143              -
           時の経過による調整額                               2,472              1,263
           中間期末(期末)残高                              117,132              118,396

         (賃貸等不動産関係)

          前事業年度(平成25年2月28日)
           当社が貸借対照表に計上している不動産物件について、賃貸している面積は極めて狭く、重要性もないと考
          えられるため記載を省略しております。 
          当中間会計期間(平成25年8月31日) 

           当社が貸借対照表に計上している不動産物件について、賃貸している面積は極めて狭く、重要性もないと考
          えられるため記載を省略しております。
                                 28/35





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           Ⅰ 前中間会計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
             当社の事業は石川県金沢市にのみ店舗を置く百貨店業です。当社はこの店舗を中心に一般のお客様を対
            象に自社で小売業を営むほか、小売業に関連して主に法人顧客を対象とした店外での外販営業を実施して
            おります。また、店舗の一部を他の小売事業者へ賃貸するほか、駐車場について、自社の施設と外部から
            の賃借施設を主に自社の顧客へ貸し出す営業を実施しております。
             これらの営業は全て店舗の営業計画に基づき方針が決定され、収支面での関連性が高いことから、取締
            役会は区分することなく一体として経営資源の配分の決定及び業績を評価するために定期的に検討を行う
            対象としております。
             従って、当社の報告セグメントは店舗営業、外販営業など営業形態別に区分することなく百貨店業とい
            う単一の報告セグメントとしております。  
           Ⅱ 当中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)

             当社の事業は石川県金沢市にのみ店舗を置く百貨店業です。当社はこの店舗を中心に一般のお客様を対
            象に自社で小売業を営むほか、小売業に関連して主に法人顧客を対象とした店外での外販営業を実施して
            おります。また、店舗の一部を他の小売事業者へ賃貸するほか、駐車場について、自社の施設と外部から
            の賃借施設を主に自社の顧客へ貸し出す営業を実施しております。
             これらの営業は全て店舗の営業計画に基づき方針が決定され、収支面での関連性が高いことから、取締
            役会は区分することなく一体として経営資源の配分の決定及び業績を評価するために定期的に検討を行う
            対象としております。
             従って、当社の報告セグメントは店舗営業、外販営業など営業形態別に区分することなく百貨店業とい
            う単一の報告セグメントとしております。  
                                 29/35













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
          【関連情報】
           Ⅰ 前中間会計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日) 
           1.製品及びサービスごとの情報
            当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。  
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。  
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。 
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが存
            在しないため、記載を省略しております。  
           Ⅱ 当中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日) 

           1.製品及びサービスごとの情報
            当社は、単一セグメントであるため、記載を省略しております。  
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。  
            (2)有形固定資産

              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。 
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高で損益計算書の売上高の10%以上を占めるものが存
            在しないため、記載を省略しております。  
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前中間会計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
           該当事項はありません。 
           当中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)

           該当事項はありません。 
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前中間会計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
           該当事項はありません。 
           当中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)

           該当事項はありません。 
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前中間会計期間(自 平成24年3月1日 至 平成24年8月31日)
           該当事項はありません。 
           当中間会計期間(自 平成25年3月1日 至 平成25年8月31日)

           該当事項はありません。 
                                 30/35



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (1株当たり情報)
                                  前中間会計期間                当中間会計期間
                               (自 平成24年3月1日               (自 平成25年3月1日
                                至 平成24年8月31日)                至 平成25年8月31日)
     1株当たり中間純損失金額(△)                                 △3.65   円            △0.59   円

      (算定上の基礎)

       中間純損失金額(△)(千円)                               △94,534                △15,349

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -

       普通株式に係る中間純損失金額(△)(千円)                               △94,534                △15,349

       普通株式の期中平均株式数(株)                              25,840,000               25,840,000

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                         優先株式10,000,000株。                     同左 
     たり中間純利益金額の算定に含めなかった潜在株式                          この概要については、「第4
     の概要                         提出会社の状況 1 株式等の
                              状況 (1)株式の総数等 ②
                              発行済株式」に記載しておりま
                              す。 
                                   前事業年度              当中間会計期間

                                (平成25年2月28日)               (平成25年8月31日)
     1株当たり純資産額                                 △74.56    円            △75.79    円

     (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(千円)                                 818,812                799,466

      純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                2,000,000               2,000,000

      普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額
                                     △1,181,187                △1,200,533
      (千円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期末
                                      15,840,000               15,840,000
      (期末)の普通株式の数(株)
                                 31/35










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
         (重要な後発事象)
        該当事項はありません。
       (2)【その他】

          特記事項はありません。
                                 32/35



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第6【提出会社の参考情報】

      当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)有価証券報告書及びその添付書類
        事業年度(第97期)(自平成24年3月1日 至 平成25年2月28日)平成25年5月22日北陸財務局長に提出
                                 33/35



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】

           該当事項はありません。
                                 34/35




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書
                         独立監査人の中間監査報告書

                                                平成25年11月20日

     株式会社金沢名鉄丸越百貨店

       取締役会 御中

                              仰星監査法人

                              代表社員

                                      公認会計士
                                             向山 典佐  ㊞
                              業務執行社員
                              代表社員

                                      公認会計士
                                             深井 克志  ㊞
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成25年3月1日から平成26年2月28日までの第98期事業年度の中間会計期間(平成
     25年3月1日から平成25年8月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主
     資本等変動計算書、中間キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
     し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
     情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明す
     ることにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
     た。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判
     断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これ
     に基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の一
     部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表
     の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択
     及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リ
     スク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示
     に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によっ
     て行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見

      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て、株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成25年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成25
     年3月1日から平成25年8月31日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているも
     のと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

      (注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社
           が別途保管しております。
         2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。
                                 35/35



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。