株式会社マルヤ 四半期報告書‐第51期第2四半期(平成24年5月21日‐平成24年8月20日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書‐第51期第2四半期(平成24年5月21日‐平成24年8月20日)

提出日:

提出者:株式会社マルヤ

カテゴリ:四半期報告書‐第51期第2四半期(平成24年5月21日‐平成24年8月20日)

PDFビューワー表示

                                                                 EDINET提出書類
                                                              株式会社マルヤ(E03218)
                                                                    四半期報告書

             
【表紙】
【提出書類】       四半期報告書

【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成24年10月3日

【四半期会計期間】    第51期第2四半期(自       平成24年5月21日   至   平成24年8月20日)

【会社名】        株式会社マルヤ

【英訳名】        MARUYA CO.,LTD.

【代表者の役職氏名】   代表取締役社長折原昭

【本店の所在の場所】   埼玉県春日部市小渕243番地

【電話番号】       048―761―0808(代表)

【事務連絡者氏名】    取締役総務部長多賀谷和彦

【最寄りの連絡場所】   埼玉県春日部市小渕243番地

【電話番号】       048―761―0808(代表)

【事務連絡者氏名】    取締役総務部長多賀谷和彦

【縦覧に供する場所】   株式会社東京証券取引所


                (東京都中央区日本橋兜町2番1号)


            


                





                                1/21
                                                                       EDINET提出書類
                                                                    株式会社マルヤ(E03218)
                                                                          四半期報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】

                                第50期         第51期
               回次                                           第50期
                             第2四半期累計期間    第2四半期累計期間
                            自 平成23年2月21日 自 平成24年2月21日 自    平成23年2月21日
              会計期間
                            至 平成23年8月20日 至 平成24年8月20日 至    平成24年2月20日
    売上高              (千円)        12,499,783   10,378,817      23,658,768

    経常利益又は経常損失(△)    (千円)            35,684    △485,948        △365,324

    四半期(当期)純損失(△)    (千円)         △226,862    △1,825,596       △912,199
    持分法を適用した
                     (千円)                ―            ―               ―
    場合の投資利益
    資本金              (千円)         4,976,635    4,976,635       4,976,635

    発行済株式総数          (株)         23,185,983   23,185,983      23,185,983

    純資産額             (千円)         7,311,691    4,801,287       6,626,788

    総資産額             (千円)        14,315,733   11,068,730      12,682,210
    1株当たり四半期
                     (円)             △9.79       △78.76          △39.36
    (当期)純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)                 ―            ―               ―
    四半期(当期)純利益金額
    1株当たり配当額         (円)                 ―            ―               ―

    自己資本比率           (%)               51.1         43.4            52.3
    営業活動による
                     (千円)            54,785    △219,152      △1,349,778
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                     (千円)           354,762       75,442         445,658
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                     (千円)         △457,451     △215,378        △196,902
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                     (千円)         1,874,843      462,637         821,725
    四半期末(期末)残高

                                第50期         第51期
               回次
                             第2四半期会計期間    第2四半期会計期間
                            自 平成23年5月21日 自 平成24年5月21日
              会計期間
                            至 平成23年8月20日 至 平成24年8月20日
    1株当たり四半期純損失金額
                      (円)       △11.36    △70.19
    (△)
    (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2 持分法を適用した場合の投資損益については関連会社の重要性が乏しいため記載を省略しております。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
         ません。

2 【事業の内容】
       当第2四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。





                                     2/21
                                                       EDINET提出書類
                                                    株式会社マルヤ(E03218)
                                                          四半期報告書

第2 【事業の状況】


1 【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項の
    うち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に
    記載した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
        当社は、平成19年2月期(第45期)以降営業損失を計上しております。また当第2四半期累計期間の業
    績は営業損失4億9千7百万円(前年同期は営業利益2千4百万円)、四半期純損失18億2千5百万円
    (前年同期は四半期純損失2億2千6百万円)を計上しており、引き続き事業年度の業績の着実な改善
    に取り組んでまいります。当該状況により当社には、将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要
    な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
    当社は当該状況を確実に解消すべく、引き続き3〔財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
    の分析〕に記載の施策に取り組んでおります。
    

2 【経営上の重要な契約等】
    当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
    

3 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        (1)業績の状況
        当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、昨年の東日本大震災の影響による停滞から、復興需要等
    もあり、ゆるやかな景気回復基調が見られたものの依然として続く円高や原油価格の高騰、さらに電力供
    給不足の不安および電気料金の値上等もあり、景気の先行きは依然不透明な状況であります。
    当社が属する小売業界におきましても、競合他社との価格競争や雇用不安による個人消費の伸び悩み等
    により、当社を取り巻く環境は依然厳しい状況が続いております。このような状況の中、当社は「地域社
    会に愛され、信頼される店づくり」の経営理念を実現する為に生鮮部門の強化を図るとともに、新規取り
    扱い商品の発掘、在庫の削減等に注力してまいりました。
    店舗面におきましては、4月沼南店(千葉県柏市)にて、設備および取扱い商品等において全面的に見
    直しを行い、収益改善のモデル店舗となる改装を実施いたしました。その一方不採算店舗の2店舗を閉鎖
    し、第2四半期末店舗数は48店舗となりました。
    また設備面におきましては、店舗の情報をいち早く把握し、業績改善のスピードを早めるために、POSシ
    ステムの入替えを実施いたしました。
    しかしながら、既存店舗における競争激化に伴い、来店客数の減少ならびに客単価の下落等があり収益
    改善は重い足取りとなりました。
    以上の結果、当第2四半期累計期間の業績は、営業収益(売上高および営業収入の合計)109億8千5百
    万円(前年同期比17.7%減)、営業損失4億9千7百万円(前年同期は営業利益2千4百万円)、経常損失
    4億8千5百万円(前年同期は経常利益3千5百万円)、四半期純損失18億2千5百万円(前年同期は
    四半期純損失2億2千6百万円)となりました。




                               3/21
                                                      EDINET提出書類
                                                   株式会社マルヤ(E03218)
                                                         四半期報告書





        (2)財政状態の分析
    総資産の残高は110億6千8百万円で、前事業年度末に比べ16億1千3百万円減少しました。これは主
    に、現金及び預金が3億8千9百万円減少したこと、たな卸資産を9千9百万円圧縮したこと、保有不動
    産について減損損失を計上したことに伴い有形固定資産が7億2千3百万円減少したこと、敷金及び保
    証金が回収等により8千万円減少したこと、および建設協力金が回収等により1億9千9百万円減少し
    たことによるものであります。
    負債の残高は62億6千7百万円で、前事業年度末に比べ2億1千2百万円増加しました。これは主に、借
    入金を返済する一方で、買掛金が5千3百万円増加したこと、店舗閉鎖損失引当金が3億9千7百万円増
    加したことによるものであります。
    純資産の残高は48億1百万円で、前事業年度末に比べ18億2千5百万円減少しております。これは主に、
    当第2四半期累計期間の四半期純損失18億2千5百万円を計上したことによるものであります。
    
        (3)キャッシュ・フローの状況
        当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物は前事業年度末より3億5千9百万円減少し4億
        6千2百万円となりました。
        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。


        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        営業活動による資金の減少は2億1千9百万円(前年同期は5千4百万円の増加)となりました。こ
        れは主に、税引前四半期純損失18億8百万円を計上しておりますが、非資金費用として減価償却費1億
        2千6百万円と不動産賃借料との相殺額9千4百万円があった他、店舗閉鎖損失引当金が3億9千7百
        万円増加したこと、減損損失7億8千3百万円を計上したことによるものであります。


        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        投資活動による資金の増加は7千5百万円(前年同期は3億5千4百万円の増加)となりました。こ
        れは主に、有形固定資産の取得に1億5千1百万円を使用しておりますが、敷金8千5百万円、建設協力
        金1億4千1百万円の回収を行ったことによるものであります。


        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        財務活動による資金の減少は2億1千5百万円(前年同期は4億5千7百万円の減少)となりまし
        た。これは主に、当第2四半期累計期間において新規に長期借入金1億8千万円の融資を受ける一方、借
        入金の返済3億9千3百万円による支出があったことによるものであります。
    
        (4)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありま
        せん。


        (5)研究開発活動
         該当事項はありません。
         
        (6)事業等のリスクに記載した重要事象等を解消し、又は改善するための対応策




                               4/21
                                                 EDINET提出書類
                                              株式会社マルヤ(E03218)
                                                    四半期報告書
当社は将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在して
いると判断しております。
当社は当該状況を確実に解消すべく引き続き下記の施策に取り組んでおります。
①販売政策の強化
各店舗の収益力を向上させるため、旬の食材を集中的にご提供する「生鮮市」、人気商品を割安価格で
ご提供する「マルマル得々プライス」などを積極的に開催し、魅力ある商品をリーズナブルな価格でタ
イムリーにご提供いたします。
②生鮮部門の強化
当社の販売活動の柱である生鮮部門については、これまで同様、その充実に力を注いでまいります。今期
は特に、精肉部門については、お客様のご要望の強い国産牛の品揃えを拡充し、鮮魚部門は一部店舗に専
門店を導入して独自の売場展開、商品構成による販売を行い、青果部門については、新たな市場を開拓し
て品揃えの充実を図り、お客様に提供してまいります。
③物流の効率化
 取引先との連携による配送回数や配送単位の改善により、効率的かつきめ細やかな商品の配送を実現
し、お客様のニーズに的確にお応えする商品の配置を行い、かつ、物流経費を削減いたします。
④人材の育成
当社の最大の財産である従業員については、お客様に快適にお買物を楽しんでいただける店作りに資す
るよう、商品知識のみならずお客様への応対のあり方などについて、必要にして十分な教育を施し、かつ、
その効果をお客様にご満足いただけたか否かという観点から常に注視してまいります。




                        5/21
                                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                                 株式会社マルヤ(E03218)
                                                                                                       四半期報告書

第3 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】

                     種類                                               発行可能株式総数(株)

                   普通株式                                                                   40,300,100

                      計                                                                   40,300,100


      ② 【発行済株式】

                  第2四半期会計期間末                          上場金融商品取引所
                                    提出日現在発行数(株)
       種類            現在発行数(株)                         名又は登録認可金融                          内容
                                     (平成24年10月3日)
                   (平成24年8月20日)                        商品取引業協会名
                                                        東京証券取引所                      単元株式数は
      普通株式               23,185,983        23,185,983
                                                         市場第二部                     100株であります。
        計                 23,185,983                23,185,983         ―                 ―


    (2) 【新株予約権等の状況】
       該当事項はありません。


    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       該当事項はありません。


    (4) 【ライツプランの内容】
       該当事項はありません。


    (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                     発行済株式         発行済株式                                         資本準備金    資本準備金
                                                     資本金増減額          資本金残高
        年月日          総数増減数          総数残高                                          増減額       残高
                                                       (千円)           (千円)
                       (株)           (株)                                          (千円)     (千円)
    平成24年5月21日∼
                              ―        23,185,983                ―   4,976,635       ―            ―
    平成24年8月20日





                                                         6/21
                                                            EDINET提出書類
                                                         株式会社マルヤ(E03218)
                                                               四半期報告書





    (6) 【大株主の状況】
                                              平成24年8月20日現在
                                                     発行済株式
                                          所有株式数     総数に対する
         氏名又は名称              住所
                                            (株)      所有株式数
                                                     の割合(%)
    リサ・コーポレート・ソリュー
    ション・ファンド投資事業有限責 東京都港区赤坂1−11−44          5,120,000   22.08
    任組合
    新井誠一        埼玉県春日部市                  4,177,138   18.01

    株式会社アライ興産      埼玉県春日部市豊町4−1−10          3,167,638   13.66

    有限会社西町コーポ      埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻3−2−9      1,391,869    6.00

    有限会社マルヨシ       埼玉県久喜市野久喜703             1,167,688    5.03

    株式会社埼玉りそな銀行    埼玉県さいたま市浦和区常盤7−4−1         996,718    4.29

    マルヤ従業員持株会      埼玉県春日部市小渕243               916,813    3.95

    有限会社ヒロ興産       埼玉県春日部市粕壁東6−15−2           695,865    3.00

    株式会社武蔵野銀行      埼玉県さいたま市大宮区桜木町1−10−8       469,573    2.02

    新井光子        埼玉県春日部市                    427,424    1.84

              計              ―             18,530,726   79.92






                                  7/21
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                            株式会社マルヤ(E03218)
                                                                                                  四半期報告書





    (7) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                               平成24年8月20日現在
              区分               株式数(株)                議決権の数(個)                       内容

    無議決権株式                          ―                        ―                      ―

    議決権制限株式(自己株式等)                  ―                        ―                      ―

    議決権制限株式(その他)                    ―                        ―                      ―
                             (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                           ―                      ―
                              普通株式7,800
                                  普通株式
    完全議決権株式(その他)                                                 231,580            ―
                                23,158,000
    単元未満株式                   普通株式20,183                     ―             一単元(100株)未満の株式

    発行済株式総数                         23,185,983               ―                      ―

    総株主の議決権                         ―                            231,580            ―
    (注) 1「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義株式100株(議決権1個)が含まれて
           おります。
        2「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義株式55株及び、当社所有の自己株式13株が含まれ
           ております。

     ② 【自己株式等】
                                                                                平成24年8月20日現在
                                                                                         発行済株式
                                                      自己名義            他人名義       所有株式数
         所有者の氏名                                                                         総数に対する
                          所有者の住所                     所有株式数           所有株式数        の合計
          又は名称                                                                           所有株式数
                                                       (株)             (株)         (株)
                                                                                         の割合(%)
    (自己保有株式)
                       春日部市小渕243番地                       7,800               ―      7,800   0.03
    株式会社マルヤ
             計                  ―                        7,800               ―      7,800   0.03
         

2 【役員の状況】
         該当事項はありません。
     










                                                      8/21
                                                         EDINET提出書類
                                                      株式会社マルヤ(E03218)
                                                            四半期報告書

第4 【経理の状況】


1.四半期財務諸表の作成方法について
     当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
    府令第63号)に基づいて作成しております。

2.監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(平成24年5月21日か
    ら平成24年8月20日まで)及び第2四半期累計期間(平成24年2月21日から平成24年8月20日まで)に係る
    四半期財務諸表について、爽監査法人により四半期レビューを受けております。

3.四半期連結財務諸表について
     「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第5条第
    2項により、当社では、子会社の資産、売上高等からみて、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ
    ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいものとして、四半期連結財務諸表
    は作成しておりません。
     
     
     





                               9/21
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社マルヤ(E03218)
                                                             四半期報告書

1【四半期財務諸表】
(1)【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:千円)

                       前事業年度              当第2四半期会計期間
                    (平成24年2月20日)           (平成24年8月20日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                      851,725               462,637
   売掛金                           2,209                 2,860
   商品                          744,058               645,084
   貯蔵品                           7,976                 7,529
   その他                         515,255               433,144
                                 △733                  △287
   貸倒引当金
   流動資産合計                     2,120,491             1,550,968
 固定資産
  有形固定資産
    建物(純額)                    2,709,187             2,433,183
    土地                        3,830,053             3,337,841
    その他(純額)                     171,209               216,422
    有形固定資産合計                  6,710,450             5,987,448
   無形固定資産                      189,262               188,559
   投資その他の資産
    敷金及び保証金                   1,803,149             1,722,565
    建設協力金                     1,501,589             1,301,759
    その他                         397,037               338,587
                               △39,770               △21,158
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                3,662,005             3,341,754
   固定資産合計                    10,561,718             9,517,762
 資産合計                        12,682,210            11,068,730
負債の部
 流動負債
   買掛金                          704,071               757,211
   短期借入金                      2,258,000             2,069,000
   1年内返済予定の長期借入金                461,536               505,236
   未払金                          618,704               640,747
   未払法人税等                        46,337                35,493
   賞与引当金                             −                 20,000
   店舗閉鎖損失引当金                    288,269               685,403
   その他                          159,351               107,261
   流動負債合計                     4,536,271             4,820,352
 固定負債
  長期借入金                        568,806               500,762
  退職給付引当金                      262,700               232,552
  長期預り保証金                      366,123               368,932
  資産除去債務                       223,616               225,194




                   10/21
                                                        EDINET提出書類
                                                     株式会社マルヤ(E03218)
                                                           四半期報告書
                                                (単位:千円)

                     前事業年度              当第2四半期会計期間
                  (平成24年2月20日)           (平成24年8月20日)
  その他                         97,905               119,648
  固定負債合計                    1,519,151             1,447,090
 負債合計                       6,055,422             6,267,443
純資産の部
 株主資本
   資本金                     4,976,635             4,976,635
   資本剰余金                   2,566,915             2,566,915
   利益剰余金                   △912,199             △2,737,796
                             △4,574                △4,592
   自己株式
  株主資本合計                    6,626,776             4,801,161
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                    11                    125
  評価・換算差額等                        11                    125
 純資産合計                      6,626,788             4,801,287
負債純資産合計                    12,682,210            11,068,730




                 11/21
                                                              EDINET提出書類
                                                           株式会社マルヤ(E03218)
                                                                 四半期報告書

(2)【四半期損益計算書】
 【第2四半期累計期間】
                                                      (単位:千円)

                       前第2四半期累計期間            当第2四半期累計期間
                       (自 平成23年2月21日         (自 平成24年2月21日
                        至 平成23年8月20日)         至 平成24年8月20日)
売上高                             12,499,783             10,378,817
売上原価                             9,632,986              8,191,287
売上総利益                            2,866,797              2,187,529
営業収入                              855,857                606,671
営業総利益                            3,722,655              2,794,201
販売費及び一般管理費
 従業員給料及び賞与                       1,322,443              1,109,021
 賞与引当金繰入額                           28,100                 20,000
 退職給付費用                             24,600                 28,072
 不動産賃借料                            792,075                774,340
 減価償却費                             132,424                126,244
 貸倒引当金繰入額                                                      −
                                     3,116
 その他                             1,394,975              1,233,659
 販売費及び一般管理費合計                    3,697,735              3,291,338
営業利益又は営業損失(△)                                          △497,137
                                   24,919
営業外収益
 受取利息                              23,770                 19,549
 受取配当金                                142                    164
 貸倒引当金戻入額                              −                   5,797
 物品売却益                             14,287                 10,762
 その他                                7,587                 10,490
 営業外収益合計                           45,787                 46,763
営業外費用
 支払利息                              34,393                 34,815
 その他                                  628                    759
 営業外費用合計                           35,022                 35,574
経常利益又は経常損失(△)                                          △485,948
                                   35,684
特別利益
                                                              −
 固定資産売却益                           24,810
 特別利益合計                                                       −
                                   24,810
特別損失
 固定資産売却損                                                      −
                                   58,575
 減損損失                              31,768                783,366
 店舗閉鎖損失引当金繰入額                          −                 478,000
 関係会社株式評価損                             −                  49,999
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                                          −
                                  162,276
 その他                               16,236                 11,281
 特別損失合計                           268,857               1,322,648
税引前四半期純損失(△)                     △208,362             △1,808,596
法人税、住民税及び事業税                       18,500                 17,000
法人税等合計                             18,500                 17,000
四半期純損失(△)                        △226,862             △1,825,596




                       12/21
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社マルヤ(E03218)
                                                                      四半期報告書

(3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                       (単位:千円)

                        前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                         (自 平成23年2月21日          (自 平成24年2月21日
                        至 平成23年8月20日)           至 平成24年8月20日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前四半期純損失(△)                       △208,362             △1,808,596
 減価償却費                                132,424               126,244
 減損損失                                  31,768               783,366
 不動産賃借料相殺額                            104,686                94,530
 賞与引当金の増減額(△は減少)                     △29,100                 20,000
 店舗閉鎖損失引当金の増減額(△は減少)                 △74,523                397,133
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                    △8,802               △30,147
 受取利息及び受取配当金                         △23,913               △19,713
 支払利息                                  34,393                34,815
 関係会社株式評価損                                 −                 49,999
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                                             −
                                      162,276
 たな卸資産の増減額(△は増加)                       29,935                99,420
 仕入債務の増減額(△は減少)                      △68,068                 50,579
 未払消費税等の増減額(△は減少)                     △7,230               △45,988
 その他                                   58,640                39,520
 小計                                                          △208,836
                                      134,124
 利息及び配当金の受取額                           9,368                    6,225
 利息の支払額                              △31,408                  △30,756
 預り保証金の増減額(△は減少)                     △20,370                  △10,636
                                     △36,928
 法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                           24,852
 営業活動によるキャッシュ・フロー                                            △219,152
                                       54,785
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の払戻による収入                              −                    30,000
 有形固定資産の取得による支出                      △35,913                 △151,406
 有形固定資産の売却による収入                                                     −
                                      262,100
 敷金及び保証金の回収による収入                       65,000                   85,375
 建設協力金の回収による収入                         76,517                  141,153
                                     △12,942                  △29,678
 その他
 投資活動によるキャッシュ・フロー                     354,762                   75,442
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                   △244,000                 △129,050
 長期借入れによる収入                               −                   180,000
 長期借入金の返済による支出                      △213,432                 △264,294
 自己株式の取得による支出                           △19                      △18
                                          −                   △2,016
 その他
 財務活動によるキャッシュ・フロー                   △457,451                 △215,378
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                  △47,904                 △359,088
現金及び現金同等物の期首残高                      1,922,748                  821,725
                                    1,874,843                  462,637
現金及び現金同等物の四半期末残高                ※                        ※




                        13/21
                                                              EDINET提出書類
                                                           株式会社マルヤ(E03218)
                                                                 四半期報告書

    【継続企業の前提に関する事項】
                             当第2四半期累計期間
                      (自平成24年2月21日至平成24年8月20日)
    
          当社は、平成19年2月期(第45期)以降営業損失を計上しております。また当第2四半期累計期間の業績は営
        業損失4億9千7百万円(前年同期は営業利益2千4百万円)、四半期純損失18億2千5百万円(前年同期は
        四半期純損失2億2千6百万円)を計上しております。
        当社は引き続き、販売政策の強化、生鮮部門の強化、物流の効率化、人材の育成に取り組み、事業年度の業績改善
        に取り組んでまいります。また計画に対し遅延すると判断した場合には、固定資産の処分を含めた施策も講じて
        まいります。
        また、重要な後発事象に記載のとおり、当社は株式会社ゼンショーホールディングスによる当社普通株式に対
        する公開買付けに賛同の意見を表明しております。公開買付者の資本参加を機に業務の共同展開を図り、各施策
        の実現に努めます。
        こうした取り組みは実施途上であり、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
        四半期財務諸表は継続企業を前提として作成されており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を四
        半期財務諸表には反映しておりません。


        
            
    【追加情報】
                           当第2四半期累計期間
                   (自 平成24年2月21日 至 平成24年8月20日)
     (会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準等の適用)
     第1四半期会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬
    の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関す
    る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号 平成21年12月4日)を適用しております。
            
            











                                     14/21
                                                                     EDINET提出書類
                                                                  株式会社マルヤ(E03218)
                                                                        四半期報告書





    【注記事項】

     (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
                前第2四半期累計期間                        当第2四半期累計期間
               (自平成23年2月21日                     (自平成24年2月21日
                至平成23年8月20日)                     至平成24年8月20日)
    ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対 ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対
      照表に掲記されている科目の金額との関係          照表に掲記されている科目の金額との関係
      現金及び預金           1,904,843千円 現金及び預金            462,637千円
                        △30,000千円                            ―
      預入期間が3か月超の定期預金               預入期間が3か月超の定期預金
      現金及び現金同等物                    現金及び現金同等物
                       1,874,843千円                   462,637千円

       

     (株主資本等関係)
    前第2四半期累計期間(自        平成23年2月21日   至   平成23年8月20日)
    1.配当金支払額
       該当事項はありません。

    2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末
     日後となるもの
       該当事項はありません。

    当第2四半期累計期間(自        平成24年2月21日   至   平成24年8月20日)
    1.配当金支払額
       該当事項はありません。

    2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末
     日後となるもの
       該当事項はありません。

     (持分法損益等)
       当社が有している関連会社は、利益基準及び利益剰余金基準からみて重要性が乏しいため、記載を省略
     しております。
           




                                         15/21
                                                                            EDINET提出書類
                                                                         株式会社マルヤ(E03218)
                                                                               四半期報告書





     (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
    前第2四半期累計期間(自 平成23年2月21日 至 平成23年8月20日)及び当第2四半期累計期間(自 平成
    24年2月21日 至 平成24年8月20日)
          当社は、食料品・日用品雑貨を主体とした小売事業の展開とこれらの付随業務を事業内容とする単一
     事業を行っているため、セグメント情報の記載を省略しております。

     (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                     前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間
                  項目                (自 平成23年2月21日          (自 平成24年2月21日
                                     至 平成23年8月20日)          至 平成24年8月20日)

    1株当たり四半期純損失金額(△)                         △9.79円                △78.76円

    (算定上の基礎)                                          

    四半期純損失金額(△)(千円)                         △226,862              △1,825,596

    普通株主に帰属しない金額(千円)                              ―                       ―

    普通株式に係る四半期純損失金額(△)(千円)                  △226,862              △1,825,596

    普通株式の期中平均株式数(千株)                          23,178                  23,178
    (注)   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。





                                    16/21
                                                                          EDINET提出書類
                                                                       株式会社マルヤ(E03218)
                                                                             四半期報告書





     (重要な後発事象)
    当第2四半期会計期間(自 平成24年5月21日 至 平成24年8月20日)
         株式会社ゼンショーホールディングスによる当社株券に対する公開買付けについて


         当社は、平成24年10月3日開催の取締役会において、株式会社ゼンショーホールディングス(以下「公
     開買付者」といいます。)による当社普通株式に対する公開買付け(以下「本公開買付け」といいま
     す。)について、下記のとおり賛同の意見を表明するとともに、本公開買付けへの応募については、株主の
     皆様のご判断に委ねる旨を決議いたしましたので、お知らせいたします。
                                         記
     1.公開買付者の概要
             名称            株式会社ゼンショーホールディングス                  
     (1)
             所在地           東京都港区港南二丁目18番1号                    
     (2)
             代表者の役職・氏名     代表取締役会長兼社長小川賢太郎                  
     (3)
     (4)     事業案内          フードサービスチェーンの経営、販売システム・食材加
                           工システムの開発                           
     (5) 資本金               100億89百万円(平成24年3月31日現在)            
     (6) 設立年月日             昭和57年6月30日
     (7) 大株主及び持株比率         株式会社日本クリエイト                            34.54%
        (平成24年3月31日現
                     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
            在)                                                   4.21%
                     (信託口)
     
                     小川賢太郎                                       3.00%
     
                     小川一政                                        3.00%
     
                     小川洋平                                        3.00%
     
                     ゼンショーグループ社員持株会                               2.04%
     
                     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                                 0.92%
                     (信託口)
     
                     NOMUR ASSET MANAGEMENT U.K.LIMITED SUB
                                                                 0.55%
                     A/C EVERGREEN NOMINEES LTD
     
                     関東プリマミート販売株式会社                               0.34%
     
                     アサヒビール株式会社                                   0.34%
     
                     第一生命保険株式会社                                   0.34%
     
     (8) 当社と公開買付者の関係
                          当社と公開買付者との間には、記載すべき資本関係はありません。ま
             資本関係          た、当社の関係者及び関係会社と公開買付者の関係者及び関係会社の
     
                           間には、特筆すべき資本関係はありません。
     
                          当社と公開買付者との間には、記載すべき人的関係はありません。ま
             人的関係          た、当社の関係者及び関係会社と公開買付者の関係者及び関係会社の
     
                           間には、特筆すべき人的関係はありません。
     
                          当社と公開買付者との間には、記載すべき取引関係はありません。ま
             取引関係          た、当社の関係者及び関係会社と公開買付者の関係者及び関係会社の
     
                           間には、特筆すべき取引関係はありません。
     
     
             関連当事者への
                           該当事項はありません。
            該当状況
     
         
     2.本公開買付けの概要
     (1)買付け等を行う株券等の種類
     普通株式
     (2)買付け等の期間
     平成24年10月4日(木曜日)から平成24年11月1日(木曜日)まで(20営業日)

                                         17/21
                                                         EDINET提出書類
                                                      株式会社マルヤ(E03218)
                                                            四半期報告書
    (3)買付け等の価格
    普通株式1株につき150円
    (4)買付け等の価格の算定根拠
             公開買付者は、本公開買付けにおける買付価格(以下「本公開買付価格」といいます。)を決
            定するにあたり、公開買付者及び当社とは独立した第三者算定機関であるBE1総合会計事務所
            から平成24年10月1日に株式価値算定書を取得して、その参考としているとのことです。なお、公
            開買付者は、BE1総合会計事務所から本公開買付価格の公正性に関する意見(フェアネス・オ
            ピニオン)を取得していないとのことです。
            当社は、本公開買付価格の評価を行うにあたり、公開買付者及び当社から独立した第三者算定機
            関である太陽ASG有限責任監査法人(以下「太陽ASG」といいます。)に当社普通株式の株
            式価値の算定を依頼しました。太陽ASGは、当社普通株式の価値算定のため、当社の取締役会か
            ら当社の事業の内容及び現状、財務状況、将来の事業計画等について資料を取得して説明を受けま
            した。当社は、太陽ASGからは平成24年10月3日付で、当社普通株式の価値に関する株式価値算
            定書を取得しました。なお、当社は、太陽ASGより本公開買付価格の公正性に関する意見(フェア
            ネス・オピニオン)を取得しておりません。


    (5)買付け予定の株券等の数
    買付予定数23,178,170株
    買付予定数の下限11,593,000株
    買付予定数の上限設定されておりません。
    (6)公開買付開始公告日
    平成24年10月4日(木曜日)
    
        
2 【その他】
        該当事項はありません。





                                   18/21
                             EDINET提出書類
                          株式会社マルヤ(E03218)
                                四半期報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

    該当事項はありません。





                  19/21
                                                                  EDINET提出書類
                                                               株式会社マルヤ(E03218)
                                                                     四半期報告書



                独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                        平成24年10月3日
株式会社マルヤ
    取締役会   御中


                   爽監査法人


                    指定社員
                                  公認会計士   小高正裕    印
                    業務執行社員


                    指定社員
                                  公認会計士   熊谷輝美印
                    業務執行社員


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式
会社マルヤの平成24年2月21日から平成25年2月20日までの第51期事業年度の第2四半期会計期間(平成24
年5月21日から平成24年8月20日まで)及び第2四半期累計期間(平成24年2月21日から平成24年8月20日
まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計
算書及び注記について四半期レビューを行った。

四半期財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半
期財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期
財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
る。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に
対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レ
ビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
 四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施
される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において
一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手
続である。
 当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。

監査人の結論
 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当
と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社マルヤの平成24年8月20日現在の財政状態並
びに同日をもって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
いないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。

強調事項
 1.継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は多額の営業損失を第45期から連続して計
上し、また当第2四半期累計期間においても多額の営業損失及び四半期純損失を計上している。当該状況によ
り、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関す
る重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由につい
ては当該注記に記載されている。四半期財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な
不確実性の影響は四半期財務諸表に反映されていない。
2.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、平成24年10月3日開催の取締役会において、株式
会社ゼンショーホールディングスによる会社の普通株式に対する公開買付けに賛同の意見を表明することを
決議している。

当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
                             20/21
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社マルヤ(E03218)
                                                             四半期報告書



利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                             以上

    (注) 1 上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
         告書提出会社)が別途保管しております。
        2 四半期財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。













                               21/21

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。