関東バス株式会社 半期報告書‐第123期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第123期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

提出日:

提出者:関東バス株式会社

カテゴリ:半期報告書‐第123期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                    EDINET提出書類
                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                        半期報告書

【表紙】         
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        関東財務局長

【提出日】        平成23年12月27日

【中間会計期間】     第123期中(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

【会社名】        関東バス株式会社

【英訳名】        Kanto Bus Co., Ltd.

【代表者の役職氏名】   取締役社長内藤泉

【本店の所在の場所】   東京都中野区東中野5丁目23番14号

【電話番号】       03(3371)7111(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長東和人

【最寄りの連絡場所】   東京都中野区東中野5丁目23番14号

【電話番号】       03(3371)7111(代表)

【事務連絡者氏名】    経理部副部長平野隆

【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。






                         1/66
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              半期報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

             回次          第121期中        第122期中        第123期中         第121期         第122期
                         自平成21年       自平成22年       自平成23年       自平成21年       自平成22年
                         4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
           会計期間
                         至平成21年       至平成22年       至平成23年       至平成22年       至平成23年
                         9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
    売上高           (千円)     5,735,981     5,696,615     5,501,710    11,246,211    10,995,862

    経常利益          (千円)       237,579       151,962       209,654       267,714       126,804
    中間(当期)純利益又は
                  (千円)       187,752        47,949       294,197       542,639      △53,394
    当期純損失(△)
    中間包括利益又は
                  (千円)            ―          2,842       289,025            ―      △103,785
    包括利益
    純資産額          (千円)     4,013,887     4,349,232     4,531,629     4,357,639     4,242,603

    総資産額          (千円)    12,857,661    12,663,813    12,130,031    12,722,509    11,856,515

    1株当たり純資産額     (円)         535.19        579.90        604.22        581.02        565.68
    1株当たり中間(当期)
    純利益金額又は       (円)          25.03          6.39         39.23         72.35        △7.12
    当期純損失金額(△)
    潜在株式調整後
    1株当たり中間       (円)             ―             ―             ―             ―             ―
    (当期)純利益金額
    自己資本比率        (%)           31.2          34.3          37.4          34.3          35.8
    営業活動による
                  (千円)     1,186,665       893,619     1,217,016     1,113,787       847,454
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)     △284,865      △519,531      △440,141    △1,031,953      △921,324
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)     △384,343      △364,141      △310,889       △58,173      △390,205
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                  (千円)     2,365,470     1,881,622     1,873,585     1,871,675     1,407,599
    中間期末(期末)残高
                             1,141   1,109 1,062  1,112   1,101
    従業員数          (人)
                             (161)   (150) (163)  (190)   (169)
    (注) 1売上高には、消費税等を含んでおりません。
        2潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
        3従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の中間連結会計期間 (年間)の平均雇用人員であります。
        4第122期中の中間包括利益の算定にあたり、「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号平成
           22年6月30日)を適用し、遡及処理しております。





                                             2/66
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                                              半期報告書





    (2) 提出会社の経営指標等

             回次          第121期中        第122期中        第123期中         第121期         第122期
                         自平成21年       自平成22年       自平成23年       自平成21年       自平成22年
                         4月1日        4月1日        4月1日        4月1日        4月1日
           会計期間
                         至平成21年       至平成22年       至平成23年       至平成22年       至平成23年
                         9月30日       9月30日       9月30日       3月31日       3月31日
    売上高           (千円)     4,952,052     5,168,205     5,096,914     9,825,531     9,986,905

    経常利益          (千円)       204,205       153,488       210,610       268,313       129,530

    中間(当期)純利益     (千円)       162,394        42,361       293,240       476,131       135,455

    資本金           (千円)       375,000       375,000       375,000       375,000       375,000

    発行済株式総数       (千株)         7,500         7,500         7,500         7,500         7,500

    純資産額          (千円)     3,316,406     3,606,273     3,982,161     3,619,145     3,694,313

    総資産額          (千円)    11,489,513    11,391,296    10,989,942    11,401,478    10,699,417

    1株当たり純資産額     (円)         442.19        480.84        530.95        482.55        492.58
    1株当たり
                  (円)          21.65          5.65         39.10         63.48         18.06
    中間(当期)純利益金額
    潜在株式調整後
    1株当たり中間       (円)             ―             ―             ―             ―             ―
    (当期)純利益金額
    1株当たり配当額      (円)             ―             ―             ―           1.50            ―
    自己資本比率        (%)           28.9          31.7          36.2          31.7          34.5
                             863    969     958    961    962
    従業員数          (人)
                           (113)  (126)   (136)  (142)  (143)
    (注) 1売上高には、消費税等を含んでおりません。
        2潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
        3従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の中間会計期間(年間)の平均雇用人員であります。





                                             3/66
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                  半期報告書





2 【事業の内容】
     当中間連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
    な変更はありません。なお、一般乗用旅客自動車運送事業を営んでおりました関係会社のうち、日の丸自動
    車株式会社は平成23年9月30日付で解散いたしました。

3 【関係会社の状況】
     当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。
    なお、一般乗用旅客自動車運送事業を営んでおりました日の丸自動車株式会社は平成23年9月30日付で解
    散し、清算中であります。

4 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                 平成23年9月30日現在
              セグメントの名称                    従業員数(人)
                                                   981
    交通事業
                                                  (139)
                                                     3
    不動産賃貸事業
                                                    (9)
                                                    18
    自動車分解整備事業
                                                   (―)
                                                     5
    その他
                                                    (2)
                                                    55
    全社(共通)
                                                   (13)
                                                 1,062
                  合計
                                                  (163)

    (注) 1従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当中間連結会計期間の平均雇用人員であります。
        2全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。

    (2) 提出会社の状況
                     平成23年9月30日現在
                             958
      従業員数(人)
                            (136)
    (注)従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の当中間会計期間の平均雇用人員であります。

    (3) 労働組合の状況
      特に記載すべき事項はありません。





                                 4/66
                                                               EDINET提出書類
                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                   半期報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
    (1) 業績
      当中間連結会計期間におけるわが国経済は、震災で大きく落ち込み、その後震災前の水準にまで回復を
     見せましたが、景気は鈍化傾向となっています。また海外経済の減速や欧州債務問題の深刻化など、世界
     的金融不安から景気回復のペースが鈍化するものと思われます。
      このような情勢のもと当社グループ(当社及び連結子会社)を取り巻く環境は、燃料費の高値での推移、
     就労人口の減少など、輸送人員の減少傾向が進み、依然として厳しい状況下に置かれております。
      このような中で当社グループ(当社及び連結子会社)は、事業内容の効率化及び見直しなどにより、増収
     策の実行と人件費をはじめとする経費の削減に努めました。
      この結果、当中間連結会計期間の業績は売上高が5,501,710千円と前中間連結会計期間に比べ194,905
     千円(前年同期比3.4%)減収となりました。利益については営業利益が226,168千円となり、前中間連結会
     計期間に比べ44,068千円(同24.2%)の増益、経常利益は209,654千円となり前中間連結会計期間に比べ
     57,692千円(同38.0%)の増益、中間純利益は294,197千円となり、前中間連結会計期間に比べ246,248千円
     (同513.6%)の増加となりました。
      
      セグメント別の業績は次のとおりであります。
      
     ①交通事業
          東日本大震災発生以後、一般旅客自動車運送事業においては移動需要の大幅な減少が見られ、徐々に
      回復しつつあるものの依然として厳しい状況が続いております。
      一般乗合旅客自動車運送事業につきましては、安心・安全なサービスの提供を目指し、運輸安全マネ
      ジメントを活用した事故の削減を図ると共に、平成23年4月よりインターネット適正診断システム「ナ
      スバネット」を導入し、事故防止に努めております。また、分かりやすく乗りやすいバスを目指し、各バ
      スターミナル案内板のリニューアルや行き先表示の改善、バス車内放送の一部を男性の声に変更する
      ことにより、お客様に案内が伝わりやすく致しました。更に、深夜バスの運行を拡大し、深夜時間帯の輸
      送力の増強や、効率の良いダイヤ運行に向け取り組みを行いました。
          一般貸切旅客自動車運送事業は、東日本大震災の影響により、消費を控える傾向となり厳しい状況と
      なっております。
          一般乗用旅客自動車運送事業につきましては、景気の低迷と共に伊豆半島への観光客が減少し、厳し
      い状況となっております。
      また、日の丸自動車株式会社は、東日本大震災の影響により、観光客が激減したこともあり、やむなく
      平成23年7月20日をもって営業を停止いたしました。
          この結果、当中間連結会計期間における売上高は5,008,351千円と前中間連結会計期間に比べ
      100,696千円(前年同期比2.0%)の減収となりましたが、事業計画の見直しによる車輌購入数の大幅な
      減少、人員の入替が進んだことによる人件費の減少等によって営業利益は78,995千円と、前中間連結会
      計期間に比べ67,918千円(同613.1%)の増加となりました。





                                  5/66
                                                                  EDINET提出書類
                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                      半期報告書





          ・一般乗合旅客自動車運送事業
           運輸成績
           
                                当中間連結会計期間            前年同期比
               種別      単位
                                23.4.1∼23.9.30         (%)

    営業日数               日                       183            ―
    営業粁                粁                  1,460.86      △20.5
    走行粁                千粁                    7,456           0.1
               定期      千人                    8,752           2.0
               定期外     〃                    18,325       △1.6
    輸送人員
               計       〃                    27,078       △0.5
               定期      千円                1,262,883           1.3
               定期外     〃                 3,524,697       △1.7
    旅客運送収入
               計       〃                 4,787,580       △0.9
    旅客運送雑収             〃                    19,432      △18.4
    収入合計               〃                 4,807,013       △1.0
    乗車効率               %                     16.29           0.0

           
    (注) 乗車効率算定方法は次の通りであります。
         (乗車密度)               (乗車効率)
          平均乗車粁×運送人員=延人粁       乗車密度÷平均車輌定員×100=乗車効率
          延人粁÷走行粁=乗車密度         
      
           
          ・一般貸切旅客自動車運送事業
           運輸成績
           
                                当中間連結会計期間            前年同期比
               種別      単位
                                23.4.1∼23.9.30         (%)

    営業日数               日                      183            ―
    走行粁                千粁                      12       △47.8
    輸送人員               千人                        9      △10.0
    旅客運送収入             千円                   7,070       △33.6
    旅客運送雑収             〃                      294        △9.3
    収入合計               〃                    7,365       △32.9






                                  6/66
                                                                EDINET提出書類
                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                    半期報告書





          ・一般乗用旅客自動車運送事業
              運輸成績
              
                                当中間連結会計期間           前年同期比
                  種別     単位
                                23.4.1∼23.9.30        (%)

    営業日数                   日                  147      △19.7
    営業粁                  千粁                   471      △20.6
    走行粁                    〃                1,018      △20.3
    輸送人員                 千人                   194      △23.0
    営業収入                 千円               193,972      △20.3
    運行回数                   回              147,435      △17.6

              

     ②不動産賃貸事業
          不動産賃貸事業は、経年による建物の資産価値減少や景気低迷による家賃相場の下降など、賃貸市場
      ニーズの多様化に対応すべく諸施策を講じてまいりましたが、賃料の引き下げなどを余儀なくされて
      おり、入居率は伸び悩んでおります。
          この結果、当中間連結会計期間における売上高は267,499千円と前中間連結会計期間に比べ21,443千
      円(前年同期比7.4%)の減収となり、営業利益は144,007千円と、前中間連結会計期間に比べ33,577千円
      (同18.9%)の減少となりました。
          
              営業成績
              
                                当中間連結会計期間           前年同期比
                  種別     単位
                                23.4.1∼23.9.30        (%)

    マンション収入              千円               214,846       △6.8
    貸店舗・貸事務所等収入            〃               38,074       △0.1
    雑収入                    〃               14,578      △28.5
    営業収入計                千円               267,499       △7.4
    住宅戸数                   戸                  388           ―
    稼働率                    %                 82.5      △11.6
    店舗数                    戸                   20           ―
    稼働率                    %                 85.0           ―






                                  7/66
                                                                EDINET提出書類
                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                    半期報告書





     ③自動車分解整備事業
       自動車分解整備業は、他の整備業者との価格競争が激しい中法定点検の受注や部品材料収入が増加
      したことにより、前年同期に比較して収入の減少は僅かとなりました。
       自動車販売業は、個人消費の低迷から、自家用車などの販売が減少し厳しい状況となっております。
       この結果、当中間連結会計期間における売上高は161,610千円と前中間連結会計期間に比べ46,569千
      円(前年同期比22.4%)の減収となりましたが、部品原価の上昇幅が小さかった事等の要因により営業
      利益は2,854千円と、前中間連結会計期間に比べ2,112千円(同284.5%)の増加となりました。
       
           営業成績
           
                                  当中間連結会計期間         前年同期比
               種別         単位
                                  23.4.1∼23.9.30      (%)

                  営業日数     日                  183           ―
                  整備台数     輌                2,415      △9.6
    自動車分解整備業
                  営業収入    千円               89,434      △0.2
                  営業日数     日                  132           ―
                  販売台数     輌                   67      △33.7
    自動車販売業
                  営業収入    千円               72,175      △39.1

           

     ④その他
       広告代理店業は、景気低迷の中、広告費の抑制に伴い、代理店扱いの車内外広告の減少が続いており
      ます。
      保険代理業は、新規顧客の獲得に努めましたが、インターネットなどによる契約形態の切替や景気後
      退による保険料軽減のため減収となりました。
       この結果、当中間連結会計期間における売上高は64,249千円と前中間連結会計期間に比べ26,195千
      円(前年同期比29.0%)の減収となり、営業損失は242千円(前中間連結会計期間は12,435千円の営業損
      失)となりました。





                                 8/66
                                                               EDINET提出書類
                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                   半期報告書





    (2) キャッシュ・フローの状況
      当中間連結会計期間におけるキャッシュ・フローは、営業活動によるキャッシュ・フローについて
     323,396千円収入が増加、投資活動によるキャッシュ・フローについて79,389千円支出が減少、財務活動
     によるキャッシュ・フローについて53,252千円支出が減少した結果、前中間連結会計期間に比べ8,036千
     円(同0.4%)減少し1,873,585千円となりました。
      
      営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前中間純利益の増加、売上債権の増減額の減少等を
     要因として、前中間連結会計期間と比べ323,396千円(同36.2%)増加し1,217,016千円の収入となりま
     した。
      投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支出の減少、定期預金の預入による
     支出の増加等を要因として、前中間連結会計期間と比べ支出が79,389千円(同15.3%)減少し440,141千
     円の支出となりました。
      財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金の借入れによる収入が増加したこと等により、前中
     間連結会計期間と比べ支出が53,252千円(同14.6%)減少し310,889千円の支出となりました。

2 【生産、受注及び販売の状況】
     当社グループは交通事業を主たる事業としているため、生産及び受注の状況は記載しておりません。ま
    た、売上の状況については、「1業績等の概要」において記載しております。





                                     9/66
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                            半期報告書





3 【対処すべき課題】
     今後の見通しにつきましては、個人消費が低迷し厳しい状況が続くものと予想され、不安定な燃料価格、
    少子化等による輸送需要の減少、計画的設備改修、環境への配慮など当社グループを取り巻く経営環境は依
    然として厳しい状況にあります。
     このような状況にあって、一般旅客自動車運送事業におきましては、分かりやすく乗りやすいバスを目指
    し、お客様の利便性向上となる施策を進めるとともに、運輸安全マネジメント制度に基づき全従業員が一丸
    となって安全管理体制を図り、安全・安心なサービスの提供をしてまいります。
     その他の事業として、不動産賃貸事業・広告代理店業・自動車分解整備事業においても、積極的営業活動
    を展開し、収益の拡大、コストの削減、環境対策とサービス向上に努めてまいります。
     
4 【事業等のリスク】
     当中間連結会計期間において、本半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
    投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載し
    た「事業等のリスク」について重要な変更はありません。
     なお、重要事象等は存在しておりません。
     
5 【経営上の重要な契約等】
     該当事項はありません。

6 【研究開発活動】
     該当事項はありません。

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     文中における将来に関する事項は、当中間連結会計期間末現在において当社グループが判断したもので
    あります。
     
    (1) 今期の経営成績の分析
         当社グループの当中間連結会計期間の経営成績は、中間純利益として294,197千円を計上いたしまし
     た。しかしながら、雇用情勢の悪化や株価の低迷など、依然として先行きに対する不透明感が拭えず、景気
     は停滞したまま推移しております。主力事業である一般乗合旅客自動車運送事業においては、分かりやす
     く乗りやすいバスを目指し、バス停上屋に行先シールの貼付やバス停名の変更、方向幕の改善等のサービ
     スアップを実施、また路線の効率化を図るなど致しましたが、少子高齢化に伴う労働人口の減少などで、
     お客様の減少傾向が続いております。
     
    (2) 戦略的現状と見通し
         今後は、少子高齢化による就労・就学人口の減少や原油価格の変動、地球温暖化対策による二酸化炭素
     排出権関連等の問題など多くの懸念事項が考えられます。さらに老朽化した営業所施設や賃貸マンショ
     ンの更新・修繕など多額の設備投資が控えており、主力事業である一般乗合旅客自動車運送事業の健全
     化を第一の目標として各事業の収支改善を行なうとともに、今後もお客様に安心・安全にご利用いただ
     ける企業を目指します。




                               10/66
                                                               EDINET提出書類
                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                   半期報告書





    (3) 資本の財源及び資金の流動性についての分析
         当中間連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動による
         キャッシュ・フローが1,217,016千円(前年同期893,619千円)の収入、投資活動によるキャッシュ・
         フローが440,141千円(前年同期519,531千円)の支出、財務活動によるキャッシュ・フローが310,889
         千円(前年同期364,141千円)の支出となった結果、前中間連結会計期間に比べ8,036千円減少し
         1,873,585千円となりました。
     
         当中間連結会計期間に係る区分ごとのキャッシュ・フローの状況は以下の通りであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果得られた資金は1,217,016千円と、前中間連結会計期間と比べ323,396千円(同
         36.2%)増となりました。
          これは主に、前中間連結会計期間に比べ税金等調整前中間純利益が205,138千円増加したこと、売上
         債権の増減額が95,027千円減少したことによるものです。
          
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は440,141千円と、前中間連結会計期間と比べ79,389千円(同15.3%)
         減となりました。
          これは主に、有形固定資産の取得による支出が117,761千円減少したこと、定期預金の払戻による収
         入が42,784千円増加したこと、定期預金の預入による支出が74,644千円増加したことによるものです。
          
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果使用した資金は310,889千円と、前中間連結会計期間と比べ53,252千円(同14.6%)
         減となりました。
          これは主に、長期借入金の借入れによる収入が220,000千円増加したこと、短期借入金の増加額が
         155,500千円減少したこと、長期借入金の返済による支出が17,196千円増加したことによるものです。





                                   11/66
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                            半期報告書

第3 【設備の状況】


1 【主要な設備の状況】
      当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。

2 【設備の新設、除却等の計画】
      前連結会計年度末に計画していた設備計画のうち、当中間連結会計期間に完了したものは、次のとおりで
    あります。
                    事業所名      セグメントの             投資額               完成後の増
       会社名                               設備の内容             完了年月
                   (所在地)        名称               (千円)               加能力

                   阿佐谷営業所                                   平成
                               交通事業       車輌2輌    45,390           増加なし
                  (東京都杉並区)                                  23.7

                    武蔵野営業所                                  平成
                               交通事業       車輌6輌   132,300           増加なし
                  (東京都武蔵野市)                                 23.7
    関東バス
      株式会社
                  青梅街道営業所                                   平成
     (提出会社)
                               交通事業       車輌6輌   136,050           増加なし
                  (東京都練馬区)                                  23.8

                    丸山営業所                                   平成
                               交通事業      案内所建物     5,667           増加なし
                  (東京都中野区)                                  23.9

       

                    事業所名      セグメントの             投資額               完成後の増
       会社名                               設備の内容             完了年月
                   (所在地)        名称               (千円)               加能力

    第一自動車工業         本社営業所     自動車分解                         平成
                                          車輌4輌     6,812           増加なし
      株式会社        (静岡県下田市)     整備事業                         23.9



(注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。




                                       12/66
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                                      半期報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
 (1) 【株式の総数等】
   ① 【株式の総数】

                 種類                                    発行可能株式総数(株)

              普通株式                                                       20,000,000

                 計                                                       20,000,000


     ② 【発行済株式】

              中間会計期間末       提出日現在     上場金融商品取引所
      種類      現在発行数(株)      発行数(株)    名又は登録認可金融                  内容
            (平成23年9月30日) (平成23年12月27日) 商品取引業協会名
                                                               単元株制度を
     普通株式            7,500,000   7,500,000      非上場・非登録
                                                             採用しておりません。
       計             7,500,000   7,500,000         ―                 ―


    (2) 【新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。

    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
      該当事項はありません。

    (4) 【ライツプランの内容】
      該当事項はありません。





                                        13/66
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                                                          半期報告書





    (5) 【発行済株式総数、資本金等の状況】

                     発行済株式   発行済株式      資本金増減額           資本金残高       資本準備金      資本準備金
           年月日       総数増減数    総数残高                                  増減額         残高
                      (千株)     (千株)       (千円)            (千円)        (千円)       (千円)
    平成23年4月1日∼
                         ―      7,500                ―    375,000           ―     8,608
    平成23年9月30日

    (6) 【大株主の状況】
                                                                       平成23年9月30日現在
                                                                              発行済株式
                                                                    所有株式数    総数に対する
           氏名又は名称                       住所
                                                                     (千株)     所有株式数
                                                                              の割合(%)
    京王電鉄株式会社             東京都新宿区新宿3丁目1番24号                               2,247     29.96

    柏村敬                 東京都世田谷区                                        1,144     15.26

    関東バス共済組合             東京都中野区東中野5丁目23番14号                               846     11.29

    関東バス社員持株会            東京都中野区東中野5丁目23番14号                               538      7.18

    UDトラックス株式会社          埼玉県上尾市大字壱丁目1番地                                   320      4.27
    三菱ふそうトラック・バス
                         神奈川県川崎市幸区鹿島田890番地12号                             250      3.33
    株式会社
    平田隆                 東京都世田谷区                                          224      2.99

    吉村隆子                東京都武蔵野市                                          212      2.84
    あいおいニッセイ同和損害保険
                         東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号                                148      1.98
    株式会社
    東京海上日動火災保険株式会社       東京都千代田区丸の内1丁目2番1号                                148      1.98

                 計                      ―                               6,080     81.07






                                             14/66
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                                      半期報告書





    (7) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                     平成23年9月30日現在
             区分            株式数(株)           議決権の数(個)                   内容

    無議決権株式                      ―                   ―                     ―

    議決権制限株式(自己株式等)              ―                   ―                     ―

    議決権制限株式(その他)                ―                   ―                     ―

    完全議決権株式(自己株式等)              ―                   ―                     ―

                         普通株式7,500,000
    完全議決権株式(その他)                                    7,500,000             ―
                     




    発行済株式総数                     7,500,000           ―                     ―

    総株主の議決権                     ―                   7,500,000             ―

       
       ② 【自己株式等】
                                                                     平成23年9月30日現在
                                                                            発行済株式
                                             自己名義          他人名義     所有株式数
       所有者の氏名                                                              総数に対する
                         所有者の住所             所有株式数         所有株式数      の合計
        又は名称                                                                所有株式数
                                              (株)           (株)       (株)
                                                                            の割合(%)
           ―                ―                 ―                 ―     ―       ―

           計                ―                 ―                 ―     ―       ―






                                            15/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書





2 【株価の推移】
        【当該中間会計期間における月別最高・最低株価】

         月別     平成23年4月    5月     6月        7月   8月     9月

        最高(円)
                          非上場であり店頭取引がないため、該当事項はありません。
        最低(円)

    

3 【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当半期報告書提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                                    16/66
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                            半期報告書

第5 【経理の状況】


1中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年
     大蔵省令第24号)に基づいて作成しております。

    (2) 当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省
     令第38号)に基づいて作成しております。

2監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成23年4月1日から平
    成23年9月30日まで)及び中間会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の中間連結財務諸
    表及び中間財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人により中間監査を受けております。




                               17/66
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     関東バス株式会社(E04172)
                                                                             半期報告書

1【中間連結財務諸表等】
(1)【中間連結財務諸表】
   ①【中間連結貸借対照表】
                                                                (単位:千円)

                     前連結会計年度                      当中間連結会計期間
                   (平成23年3月31日)                   (平成23年9月30日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                           2,119,534                    2,596,761
   受取手形及び売掛金                          454,738                      472,930
   未収入金                                93,568                          854
   たな卸資産                               55,144                       56,014
   前払費用                                43,218                       44,669
   繰延税金資産                             200,007                      226,370
   その他                                 10,656                       20,468
                                      △3,860                       △3,562
   貸倒引当金
  流動資産合計                            2,973,007                    3,414,506
 固定資産
  有形固定資産
                                    1,955,723                    1,899,140
    建物及び構築物(純額)           ※2, ※3                       ※2, ※3
    機械及び装置(純額)                         68,816                       65,442
                                    1,312,123                    1,251,082
    車輌運搬具(純額)             ※2, ※3                       ※2, ※3
                                    4,883,626                    4,883,626
    土地                       ※3                           ※3
                                         72,632                       65,545
    その他(純額)                        ※2                           ※2

    リース資産(純額)                          38,544                       39,882
                                    8,331,466                    8,204,719
    有形固定資産合計                 ※1                           ※1

                                         96,767                       76,232
  無形固定資産                           ※2                           ※2
  投資その他の資産
   投資有価証券                               259,538                      250,626
   繰延税金資産                                21,780                       22,912
   その他の投資等                              179,370                      163,147
                                        △5,415                       △2,113
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                          455,274                      434,572
  固定資産合計                            8,883,507                    8,715,524
 資産合計                              11,856,515                   12,130,031
負債の部
 流動負債
   支払手形及び買掛金                          134,760                      142,344
                                    1,427,524                    1,412,520
  短期借入金                      ※3                           ※3
  リース債務                                  10,151                       10,031
  未払法人税等                                 17,121                       16,160
  賞与引当金                                 386,064                      445,519
  役員賞与引当金                                                                 −
                                          4,390
                                                                     980,941
  その他の流動負債                              798,927             ※4

  流動負債合計                            2,778,939                    3,007,517




                  18/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書
                                                       (単位:千円)

                     前連結会計年度                当中間連結会計期間
                   (平成23年3月31日)             (平成23年9月30日)
 固定負債
                                2,704,804               2,414,220
  長期借入金                   ※3                      ※3
  リース債務                            36,486                  29,621
  繰延税金負債                           79,856                  76,010
  退職給付引当金                       1,854,895               1,915,344
  役員退職慰労引当金                        53,023                  57,961
  資産除去債務                           17,145                  17,259
  その他の固定負債                         88,759                  80,466
  固定負債合計                        4,834,971               4,590,884
 負債合計                           7,613,911               7,598,401
純資産の部
 株主資本
   資本金                            375,000                 375,000
   資本剰余金                            8,608                   8,608
   利益剰余金                        3,745,463               4,039,661
  株主資本合計                        4,129,071               4,423,269
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                   113,532                 108,360
  その他の包括利益累計額合計                  113,532                 108,360
 純資産合計                          4,242,603               4,531,629
負債純資産合計                        11,856,515              12,130,031




                  19/66
                                                                    EDINET提出書類
                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                        半期報告書

②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
【中間連結損益計算書】
                                                           (単位:千円)

                        前中間連結会計期間                  当中間連結会計期間
                       (自 平成22年4月1日               (自 平成23年4月1日
                        至 平成22年9月30日)              至 平成23年9月30日)
売上高
 自動車運送事業収益                          5,109,048                  5,008,351
 その他の事業収益                             587,567                    493,358
 売上高合計                              5,696,615                  5,501,710
売上原価
 自動車運送事業原価                          4,766,744                  4,628,365
 その他の事業原価                             281,676                    236,499
 売上原価合計                             5,048,421                  4,864,864
売上総利益                                648,194                     636,845
                                     466,093                     410,676
販売費及び一般管理費                     ※1                         ※1

全事業営業利益                              182,100                     226,168
営業外収益
 受取利息                                     1,327                        716
 受取配当金                                    3,302                      2,964
 受取補償金                                    4,392                      6,591
 受取保険金                                                                  −
                                          3,725
 設備賃貸料                                    1,563                      1,619
 雑収入                                      8,329                      8,228
 営業外収益合計                              22,643                      20,120
営業外費用
 支払利息                                 42,445                      35,090
 支払手数料                                 1,000                       1,000
 休止固定資産減価償却費                                                          −
                                       4,117
 雑損失                                   5,218                         543
 営業外費用合計                              52,781                      36,634
経常利益                                 151,962                     209,654
特別利益
                                                                     3,415
 固定資産売却益                                    −               ※2
 補助金                                                                  −
                                      23,540
 貸倒引当金戻入額                                                             −
                                         729
                                                                  92,525
                                            −
 受取保険金                                                     ※3

 特別利益合計                               24,269                      95,940
特別損失
                                           474                        865
 固定資産売却損                             ※4                         ※4
                                      12,645                      32,199
 固定資産除却損                        ※5                         ※5
                                      23,400
 固定資産圧縮損                                                               −
                                ※6
                                      46,701
 減損損失                                                                  −
                                ※7
                                                                       −
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                  25,617
 特別損失合計                              108,839                      33,064
税金等調整前中間純利益                           67,392                     272,530




                       20/66
                                                     EDINET提出書類
                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                         半期報告書
                                               (単位:千円)

                  前中間連結会計期間            当中間連結会計期間
                 (自 平成22年4月1日         (自 平成23年4月1日
                  至 平成22年9月30日)        至 平成23年9月30日)
法人税、住民税及び事業税                  6,200               5,934
法人税等還付税額                    △7,307                   −
                                                △27,601
法人税等調整額                      20,548
法人税等合計                                          △21,667
                             19,442
少数株主損益調整前中間純利益               47,949              294,197
中間純利益                        47,949              294,197




                 21/66
                                                      EDINET提出書類
                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                          半期報告書

【中間連結包括利益計算書】
                                                (単位:千円)

                   前中間連結会計期間            当中間連結会計期間
                  (自 平成22年4月1日         (自 平成23年4月1日
                   至 平成22年9月30日)        至 平成23年9月30日)
少数株主損益調整前中間純利益                47,949              294,197
その他の包括利益
                            △45,107               △5,172
 その他有価証券評価差額金
 その他の包括利益合計                 △45,107               △5,172
中間包括利益                         2,842              289,025
(内訳)
 親会社株主に係る中間包括利益                2,842              289,025




                  22/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書

③【中間連結株主資本等変動計算書】
                                                       (単位:千円)

                         前中間連結会計期間             当中間連結会計期間
                        (自 平成22年4月1日          (自 平成23年4月1日
                         至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                           375,000               375,000
   当中間期変動額
                                         −                     −
     当中間期変動額合計
   当中間期末残高                         375,000               375,000
 資本剰余金
  当期首残高                              8,608                 8,608
  当中間期変動額
                                         −                     −
    当中間期変動額合計
   当中間期末残高                           8,608                 8,608
 利益剰余金
  当期首残高                           3,810,107             3,745,463
  当中間期変動額
    剰余金の配当                        △11,250                     −
    中間純利益                          47,949                294,197
    当中間期変動額合計                       36,699               294,197
   当中間期末残高                        3,846,807             4,039,661
 株主資本合計
  当期首残高                           4,193,715             4,129,071
  当中間期変動額
    剰余金の配当                        △11,250                     −
    中間純利益                          47,949                294,197
    当中間期変動額合計                       36,699               294,197
   当中間期末残高                        4,230,415             4,423,269
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                           163,923               113,532
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                  △45,107                △5,172
    (純額)
    当中間期変動額合計                     △45,107                △5,172
   当中間期末残高                         118,816               108,360
 その他の包括利益累計額合計
  当期首残高                            163,923               113,532
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                  △45,107                △5,172
    (純額)
    当中間期変動額合計                     △45,107                △5,172
   当中間期末残高                         118,816               108,360




                        23/66
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                  半期報告書
                                                        (単位:千円)

                          前中間連結会計期間             当中間連結会計期間
                         (自 平成22年4月1日          (自 平成23年4月1日
                          至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
純資産合計
 当期首残高                             4,357,639             4,242,603
 当中間期変動額
   剰余金の配当                          △11,250                     −
   中間純利益                            47,949                294,197
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                   △45,107                △5,172
   額)
   当中間期変動額合計                        △8,407                289,025
 当中間期末残高                           4,349,232             4,531,629




                         24/66
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                半期報告書

④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                      (単位:千円)

                        前中間連結会計期間             当中間連結会計期間
                       (自 平成22年4月1日          (自 平成23年4月1日
                        至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前中間純利益                        67,392              272,530
 減価償却費                             511,459              466,982
 減損損失                                                        −
                                    46,701
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                                        △3,600
                                        16
 賞与引当金の増減額(△は減少)                    62,773               59,455
 役員賞与引当金の増減額(△は減少)                 △5,008               △4,390
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                  69,070               60,449
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)               △2,902                 4,937
 受取利息及び受取配当金                       △4,630               △3,680
 支払利息                               42,445               35,090
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                                         −
                                    25,617
 固定資産売却益                                −               △3,415
 固定資産売却損                               474                  865
 固定資産除却損                            12,645               32,199
 補助金収入                            △23,540                    −
 固定資産圧縮損                                                     −
                                    23,400
 受取保険金                                  −              △92,525
 売上債権の増減額(△は増加)                  △113,219              △18,191
 仕入債務の増減額(△は減少)                    △1,514                 7,584
 前受運賃の増減額(△は減少)                    117,705              248,112
 未払消費税等の増減額(△は減少)                  △5,095               △7,969
 その他                                 5,950               56,292
 小計                                829,741             1,110,726
 利息及び配当金の受取額                         4,630                3,680
 利息の支払額                           △42,234              △35,090
 補助金の受取額                            94,752               52,156
 保険金の受取額                                −                92,525
 法人税等の還付額                           13,092                  945
                                   △6,362               △7,926
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                  893,619             1,217,016
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                      △6,086               △80,730
 定期預金の払戻による収入                       26,705               69,489
 投資有価証券の取得による支出                   △20,200                    −
 有形固定資産の取得による支出                  △512,499              △394,738
 有形固定資産の売却による収入                        185                8,952
 無形固定資産の取得による支出                    △7,908               △43,314
 貸付金の回収による収入                           271                  199
 投資活動によるキャッシュ・フロー                △519,531              △440,141




                       25/66
                                                                EDINET提出書類
                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                    半期報告書
                                                           (単位:千円)

                       前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                      (自 平成22年4月1日             (自 平成23年4月1日
                       至 平成22年9月30日)            至 平成23年9月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                    223,500                 68,000
 長期借入れによる収入                           80,000                300,000
 長期借入金の返済による支出                     △656,391                △673,588
 配当金の支払額                            △11,250                      −
                                          −                 △5,301
 リース債務の返済による支出
 財務活動によるキャッシュ・フロー                  △364,141                △310,889
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                    9,946                 465,986
現金及び現金同等物の期首残高                     1,871,675                1,407,599
                                   1,881,622                1,873,585
現金及び現金同等物の中間期末残高              ※1                      ※1




                      26/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書

    【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                                     当中間連結会計期間
           項目                       (自平成23年4月1日
                                     至平成23年9月30日)
    1連結の範囲に関する事項     子会社は、全て連結しております。
                      連結子会社の数4社
                      子会社の名称
                      関東観光株式会社
                      ベルタクシー株式会社
                      日の丸自動車株式会社
                      第一自動車工業株式会社
                      なお、日の丸自動車株式会社は平成23年9月30日付で解散し、清算中でありま
                      す。
    2持分法の適用に関する事項    該当事項はありません。
    3連結子会社の中間決算日等    中間連結決算日と連結会社中間決算日は同一であります。
       に関する事項
                      
    4会計処理基準に関する事項
                      
    (1)重要な資産の評価基準及び
       評価方法
    ①有価証券           その他有価証券
                      時価のあるもの
                      中間連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法
                        により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
                     時価のないもの
                      移動平均法に基づく原価法を採用しております。
    ②たな卸資産          主として先入先出法による原価法(収益性の低下による簿価切り下げの方法)
                      を採用しております。
                      
    (2)重要な減価償却資産の減価
       償却方法
    ①有形固定資産(リース資産   定率法によっております。
       を除く)           但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)について
                        は、定額法を採用しております。
                      なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
                         建物及び構築物7∼60年
                         車輌運搬具4∼6年
    ②無形固定資産(リース資産   自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基
       を除く)           づく定額法を採用しております。
    ③リース資産          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                      リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
                      なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平
                      成20年3月31日以前のものについては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた
                      会計処理によっております。
                      
    (3)重要な引当金の計上基準
    ①貸倒引当金          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、
                      貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見
                      込額を計上しております。
    ②賞与引当金          当社及び連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支
                      給見込額に基づき計上しております。





                                 27/66
                                                           EDINET提出書類
                                                       関東バス株式会社(E04172)
                                                               半期報告書





                                   当中間連結会計期間
           項目                      (自平成23年4月1日
                                    至平成23年9月30日)
    ③退職給付引当金        当社及び連結子会社において、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年
                      度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当中間連結会計期
                      間末において発生していると認められる額を計上しております。
                      数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤
                      務期間以内の一定の年数(10年)による均等額をそれぞれ発生時の連結会計年
                      度から費用処理しております。
                     過去勤務債務は、その発生時の従業員数の平均残存勤務期間以内の一定の年
                      数(10年)による定額法により発生した当中間連結会計期間から費用処理して
                      おります。
    ④役員退職慰労引当金      役員の退職慰労金の支出に備えて、当社及び連結子会社の一部は役員退職慰
                      労金規程に基づく中間期末要支給額を計上しております。
    (4)重要なヘッジ会計の方法    (1)ヘッジ会計の方法
                        特例処理の要件を満たしている金利スワップについて、特例処理を採用し
                        ております。
                      (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
                        ヘッジ手段・・・金利スワップ取引
                        ヘッジ対象・・・借入金利息
                      (3)ヘッジ方針
                        デリバティブ取引は借入金利率等の将来の金利市場における利率上昇によ
                        る変動リスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針でありま
                        す。
                      (4)ヘッジ有効性評価の方法
                        特例処理によっているスワップについては、有効性の評価を省略しており
                        ます。
    (5)中間連結キャッシュ・フ    中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、
      ロー計算書における資金の    手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変
      範囲              動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到
                      来する短期投資からなっております。
    (6)その他中間連結財務諸表作   
                      
       成のための基本となる重要
       な事項
    消費税等の会計処理       消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。


    【追加情報】
     当中間連結会計期間の期首以後に行なわれる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更
    及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤
    謬の訂正に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用してお
    ります。





                                28/66
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                     関東バス株式会社(E04172)
                                                                                             半期報告書





    【注記事項】
      (中間連結貸借対照表関係)

              前連結会計年度                                   当中間連結会計期間
            (平成23年3月31日)                                (平成23年9月30日)
    ※1 有形固定資産の減価償却累計額                           ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                                                  
                             11,991,782千円                               11,577,177千円
    ※2 圧縮記帳額                                    ※2 圧縮記帳額
    固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額                   固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額
      は、建物及び構築物101,210千円、車輌運搬具                    は、建物及び構築物88,752千円、車輌運搬具1,097,073
      1,202,533千円、その他15,427千円、ソフトウェア              千円、その他15,427円、ソフトウェア7,534千円であり
      7,534千円であります。                               ます。
    ※3 担保資産及び担保付債務の内訳                           ※3 担保資産及び担保付債務の内訳
    担保として道路交通事業財団に供している資産                      担保として道路交通事業財団に供している資産
        建物及び構築物                 68,008千円           建物及び構築物                 66,755千円
        車輌運搬具                  846,277             車輌運搬具                  858,713
        土地                     178,414             土地                     178,414
        合計                   1,092,700             合計                   1,103,883
    担保権によって担保されている債務                           担保権によって担保されている債務
        1年以内に返済される                                 1年以内に返済される
                               515,000千円                                  455,000
        長期借入金                                      長期借入金
                                           




      長期借入金                     515,000            長期借入金                   480,000
      合計                      1,030,000            合計                      935,000
    担保に供している資産                                 担保に供している資産
       建物及び構築物                  725,042千円          建物及び構築物                 681,086千円
       土地                       623,450            土地                      606,984
       合計                     1,348,492            合計                    1,288,070
    担保権によって担保されている債務                           担保権によって担保されている債務
       短期借入金                    200,000千円         短期借入金                    268,000千円
       1年以内に返済される                                 1年以内に返済される
                                150,000                                    125,520
       長期借入金                                      長期借入金
                                           




      長期借入金                      95,000            長期借入金                   724,470
      合計                        445,000            合計                    1,117,990
    4―――――――――                           ※4 消費税等の取扱い
                                                仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、「その
                                                  他の流動負債」に含めて表示しております。









                                                29/66
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                                              半期報告書





     (中間連結損益計算書関係)

             前中間連結会計期間                            当中間連結会計期間
            (自平成22年4月1日                         (自平成23年4月1日
             至平成22年9月30日)                        至平成23年9月30日)
    ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額           ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額
     は次のとおりであります。                        は次のとおりであります。
      諸手数料              50,015千円          諸手数料              43,516千円
      役員報酬              43,746            役員報酬              39,046
      賃金給料及び諸手当        153,755            賃金給料及び諸手当        137,919
      賞与                13,436            賞与                10,605
      福利厚生費             38,316            福利厚生費             36,415
      賞与引当金繰入額          32,631            賞与引当金繰入額          33,491
      退職給付引当金繰入額        11,842            退職給付引当金繰入額        10,276
      役員退職慰労引当金繰入額       5,314            役員退職慰労引当金繰入額       4,517
      減価償却費              9,279            減価償却費              8,569
    2――――――――――                   ※2 固定資産売却益の内訳
                                        車輌運搬具             3,415千円
    3――――――――――                   ※3 受取保険金について
                                           東日本大震災による被害に対応する受取保険金で
                                          あります。
                                        ※4 固定資産売却損の内訳
    ※4 固定資産売却損の内訳
                                          車輌運搬具               865千円
      車輌運搬具                     474千円
    ※5 固定資産除却損の内訳                       ※5 固定資産除却損の内訳
      車輌運搬具                  11,501千円      車輌運搬具                  14,023千円
      その他                     1,144        建物及び構築物                16,160
                                           その他                     2,015
      合計                     12,645
                                           合計                     32,199
    ※6 固定資産の圧縮損について                     6――――――――――
      助成金受入による圧縮             23,400千円                    




                                        30/66
                                                                EDINET提出書類
                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                    半期報告書
                                        7――――――――――
    ※7 減損損失
    (1)当社グループは、以下の資産グループについて減損
    損失を計上しました。
                          金額
       用途    場所    種類
                         (千円)
                 建物及び構築
                           31,946
                 物
                      機械及び装置    1,122

                      車輌運搬具         2

                静岡県伊 その他      1,635
        遊休資産
        (その他)     豆市
                       土地       6,829

                      無形固定資産       19
                      長期前払費用      339

                          小計   41,896
        遊休資産 静岡県伊
                     土地         4,805
        (その他)  豆市
                 合計          46,701
        (2)資産のグルーピングの方法
        原則として事業毎を1つの資産グループとしてグ
        ルーピングしております。但し遊休資産及び賃貸用資
        産については、個々の物件毎にグルーピングしており
        ます。
        (3)減損損失の認識に至った経緯
        今後の事業計画のない遊休資産について、帳簿価額を
        回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失とし
        て計上しております。
        (4)回収可能価額の算定方法
        遊休資産の回収可能価額は正味売却価額により測定
        しております。正味売却価額は、購入申込価額に基づい
        て算定しております。
                                       







                                            31/66
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                       関東バス株式会社(E04172)
                                                                                               半期報告書





        (中間連結株主資本等変動計算書関係)
    前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
    1発行済株式に関する事項
        株式の種類      当連結会計年度期首               増加                       減少          当中間連結会計期間末

    普通株式(千株)              7,500                                                        7,500
                                                        ―                   ―

    
    2配当に関する事項
         ・配当金支払額
                          配当金の総額           1株当たり配当額
         決議      株式の種類                                                基準日          効力発生日
                            (千円)              (円)
    平成22年6月29日
                   普通株式           11,250                    1.50   平成22年3月31日    平成22年6月30日
    定時株主総会


    当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
    1発行済株式に関する事項
        株式の種類      当連結会計年度期首               増加                       減少          当中間連結会計期間末

    普通株式(千株)              7,500                                                        7,500
                                                        ―                   ―

    
    2配当に関する事項
        該当事項はありません。





                                                32/66
                                                                    EDINET提出書類
                                                                関東バス株式会社(E04172)
                                                                        半期報告書





     (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)

             前中間連結会計期間                        当中間連結会計期間
            (自平成22年4月1日                     (自平成23年4月1日
             至平成22年9月30日)                    至平成23年9月30日)
    ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸        ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸
    借対照表に記載されている科目の金額との関係            借対照表に記載されている科目の金額との関係
                    (平成22年9月30日)                     (平成23年9月30日)
     現金及び預金            2,582,122千円    現金及び預金            2,596,761千円
     預金期間が3ヶ月を超える                     預金期間が3ヶ月を超える
                       △700,500                         △723,175
     定期預金                             定期預金
                       1,881,622                        1,873,585
     現金及び現金同等物                        現金及び現金同等物






                                     33/66
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       関東バス株式会社(E04172)
                                                                               半期報告書





        (リース取引関係)

  リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引
(借主側)
     (1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び中間期末残高相当額
         前連結会計年度(平成23年3月31日)
                          有形固定資産(車輌運
                                                            合計
                                 搬具)

    取得価額相当額                         5,700千円                5,700千円
    減価償却累計額相当額                      3,895千円                3,895千円

    期末残高相当額                         1,805千円                1,805千円


         当中間連結会計期間(平成23年9月30日)

          該当事項はありません。


     (2) 未経過リース料中間期末残高相当額
                                   前連結会計年度              当中間連結会計期間
    
                                 (平成23年3月31日)           (平成23年9月30日)

    1年以内                            1,206千円                  ―
    1年超                             834千円                    ―

    合計                              2,040千円                  ―


      (3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
                              前中間連結会計期間                 当中間連結会計期間
                        (自平成22年4月1日至平成     (自平成23年4月1日至
                                22年9月30日)               平成23年9月30日)
    支払リース料                          636千円                  424千円
    減価償却費相当額                        570千円                  380千円
    支払利息相当額                          65千円                   27千円


     (4) 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
         減価償却費相当額の算定方法

          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。

         利息相当額の算定方法

          リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法

         によっております。







                                         34/66
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                                  半期報告書





      (金融商品関係)
    前連結会計年度 (自平成22年4月1日至平成23年3月31日)

金融商品の時価等に関する事項
      平成23年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
    ます。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)をご
    参照下さい。)。

                          連結貸借対照表              時価                   差額

                           計上額(千円)            (千円)                 (千円)
    (1)現金及び預金                 2,119,534          2,119,534                  ―

    (2)受取手形及び売掛金                454,738              454,738                ―

    (3)投資有価証券                                                

    その他有価証券                   255,842              255,842                ―

            資産計               2,830,115          2,830,115                  ―

    (1)支払手形及び買掛金                134,760              134,760                ―

    (2)短期借入金                    200,000              200,000                ―

    (3)長期借入金                  3,932,328          3,850,630            △81,697

            負債計               4,267,088          4,185,390            △81,697

    デリバティブ取引                         ―                    ―                 ―


    (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
      資産
      (1)現金及び預金
       預金は全て短期であるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっております。


      (2)受取手形及び売掛金
       受取手形及び売掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額に
      よっております。


      (3)投資有価証券
       投資有価証券のうち、時価のあるものについては取引所の価格によっております。





                                     35/66
                                                       EDINET提出書類
                                                   関東バス株式会社(E04172)
                                                           半期報告書





        負債
        (1)支払手形及び買掛金
         支払手形及び買掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額に
        よっております。


        (2)短期借入金
         短期借入金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によってお
        ります。


        (3)長期借入金
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割
        り引いて算定する方法によっております。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象
        とされており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に
        適用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定される方法によっております。


        デリバティブ取引
         「デリバティブ取引関係」注記をご参照下さい。


  (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
(単位:千円)
               区分        連結貸借対照表計上額

              非上場株式         3,696
         上記については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価
        証券」には含めておりません。





                                  36/66
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           関東バス株式会社(E04172)
                                                                                   半期報告書





    当中間連結会計期間 (自 平成23年4月1日至平成23年9月30日)

金融商品の時価等に関する事項
      平成23年9月30日における中間連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで
    あります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)
    をご参照下さい。)。

                          中間連結貸借対照表             時価                   差額

                            計上額(千円)            (千円)                 (千円)
    (1)現金及び預金                  2,596,761          2,596,761                  ―

    (2)受取手形及び売掛金                 472,930              472,930                ―

    (3)投資有価証券                                                 

    その他有価証券                    246,930              246,930                ―

            資産計                3,316,622          3,316,622                  ―

    (1)支払手形及び買掛金                 142,344              142,344                ―

    (2)短期借入金                     268,000              268,000                ―

    (3)長期借入金                   3,558,740          3,499,037            △59,702

            負債計                3,969,084          3,909,382            △59,702


    (注1)金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
      資産
      (1)現金及び預金
       預金は全て短期であるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によっております。


      (2)受取手形及び売掛金
       受取手形及び売掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額に
      よっております。


      (3)投資有価証券
       投資有価証券のうち、時価のあるものについては取引所の価格によっております。

      負債
      (1)支払手形及び買掛金
       支払手形及び買掛金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額に
      よっております。





                                      37/66
                                                       EDINET提出書類
                                                   関東バス株式会社(E04172)
                                                           半期報告書





        (2)短期借入金
         短期借入金は短期で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから当該帳簿価額によってお
        ります。


        (3)長期借入金
         長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割
        り引いて算定する方法によっております。
  (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
(単位:千円)
               区分       中間連結貸借対照表計上額

              非上場株式          3,696
         上記については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価
        証券」には含めておりません。





                                  38/66
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                      半期報告書





     (有価証券関係)
      前連結会計年度(平成23年3月31日)
その他有価証券
                                         連結貸借対照表                 取得原価                   差額
                               種類
                                          計上額(千円)                 (千円)                 (千円)
                   (1) 株式                        235,848              43,774            192,073
                   (2) 債券                                                    
                   ①国債・地方債等                         ―                   ―                   ―
    連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                              ―                   ―                   ―
     取得原価を超えるもの
                   ③その他                             ―                   ―                   ―
                   (3) その他                            ―                   ―                   ―
                                小計               235,848              43,774            192,073
                   (1) 株式                            345                 462              △117
                   (2) 債券                                                    
                   ①国債・地方債等                         ―                   ―                   ―
    連結貸借対照表計上額が
                   ②社債                              ―                   ―                   ―
    取得原価を超えないもの
                   ③その他                             ―                   ―                   ―
                   (3) その他                        19,649              20,200              △550
                                小計                19,994              20,662              △667
                  合計                             255,842              64,436            191,406


      当中間連結会計期間(平成23年9月30日)
その他有価証券

                                      中間連結貸借対照表                      取得原価               差額
                               種類
                                        計上額(千円)                       (千円)             (千円)
                       (1) 株式                       226,873            43,774           183,098
                       (2) 債券                                                    
                  ①国債・地方債等                                ―              ―                  ―
    中間連結貸借対照表計上額が
                  ②社債                                     ―              ―                  ―
    取得原価を超えるもの
                  ③その他                                    ―              ―                  ―
                       (3) その他                              ―              ―                  ―
                                小計                  226,873            43,774           183,098
                       (1) 株式                              390            462              △72
                       (2) 債券                                                    
                  ①国債・地方債等                                ―              ―                  ―
    中間連結貸借対照表計上額が
                  ②社債                                     ―              ―                  ―
    取得原価を超えないもの
                  ③その他                                    ―              ―                  ―
                       (3) その他                       19,667            20,200             △532
                                小計                   20,057            20,662             △605
                  合計                                246,930            64,436           182,493





                                         39/66
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                                                         半期報告書





        (デリバティブ取引関係)
            前連結会計年度(平成23年3月31日)

        1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引

                該当事項はありません。

        2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

(単位:千円)
                     デリバティブ
                                  主な                            契約額のうち
                   取引の種類                   契約額等                       時価
                                ヘッジ対象                             1年超
                         等
                     金利スワップ
        金利スワップ
                    支払固定・   長期借入金                  30,000         ―        (注)
        の特例処理
                       受取変動
     (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、そ
         の時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
            
            当中間連結会計期間(平成23年9月30日)

        当社グループはデリバティブ取引を行なっていないため、該当事項はありません。





                                               40/66
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                  半期報告書





         (資産除去債務関係)

        前連結会計年度 (自平成22年4月1日至平成23年3月31日)

        資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの

         当連結会計年度における総額の増減は次のとおりであります。


            期首残高                              16,923千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                     ― 千円
            時の経過による調整額                          222千円
            資産除去債務の履行による減少額                     ― 千円
                                                 ― 千円
            その他増減額(△は減少)
            期末残高                              17,145千円

        当中間連結会計期間 (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

        資産除去債務のうち中間連結貸借対照表に計上しているもの

         当中間連結会計期間における総額の増減は次のとおりであります。


            期首残高                              17,145千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                     ― 千円
            時の経過による調整額                          114千円
            資産除去債務の履行による減少額                     ― 千円
                                                 ― 千円
            その他増減額(△は減少)
            中間期末残高                            17,259千円





                                    41/66
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                                                    半期報告書





            (賃貸等不動産関係)

        前連結会計年度 (自 平成22年4月1日至平成23年3月31日)
        
         当社及び一部の子会社では、東京都その他の地域において、賃貸収益を得ることを目的として賃貸住宅や
        賃貸商業施設を所有しております。なお、賃貸商業施設の一部については、当社及び一部の子会社が使用し
        ているため、賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産としております。
        これら賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産に関する連結貸借対照表計上
        額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における時価及び当該時価の算定方法は以下の
        とおりであります。
                                                                        (単位:千円)
                                        連結貸借対照表計上額
                                                                       連結決算日に
                        前連結会計年度末        当連結会計年度        当連結会計年度末        おける時価
                            残高             増減額             残高
    賃貸等不動産                  1,311,955         △18,392      1,293,562     4,571,358
    賃貸等不動産として使用
                              813,215         △37,074        776,141     2,358,338
    される部分を含む不動産
        (注)1連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
           2主な変動
              増加は、不動産の取得16,202千円
              減少は、不動産の償却74,100千円
           3時価の算定方法
              主として、「不動産鑑定基準」に基づいて算定した金額(指標等を用いて調整を行なったものを含む)であり
              ます。

        当中間連結会計期間 (自 平成23年4月1日至平成23年9月30日)
        
            賃貸等不動産の中間連結貸借対照表計上額及び中間連結決算日における時価に前連結会計年度の末日に
        比して著しい変動が認められないため、賃貸等不動産の中間連結貸借対照表計上額及び当中間連結会計期
        間における主な変動並びに中間連結決算日における時価及び当該時価の算定方法は、省略しております。





                                            42/66
                                                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                                                   関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                           半期報告書

     (セグメント情報等)
    【セグメント情報】

     前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
       1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が
       経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
       ます。
       当社は主要事業を基礎とした事業別のセグメントから構成されており、「交通事業」、「不動産賃貸
       事業」、「自動車分解整備事業」の3つを報告セグメントとしております。
       各報告セグメントに属する主要な事業内容は以下のとおりであります。
       「交通事業」・・・・・・・乗合自動車事業、貸切自動車事業、タクシー事業
       「不動産賃貸事業」・・・・マンション、店舗等の不動産の賃貸事業
       「自動車分解整備事業」・・車輌分解整備事業、自動車販売事業

       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる
       重要な事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値で
       あります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の金額に関する情報
 (単位:千円)
                                     報告セグメント                                                                 中間連結財務
                                                                                 その他            調整額
                                                                                                              諸表計上額
                                    不動産  自動車分解                                    (注)1           (注)2
                  交通事業                                            計                                           (注)3
                                   賃貸事業   整備事業
    Ⅰ売上高                                                                                              
    (1)外部顧客に
                   5,109,048         288,942       208,179        5,606,170         90,445              ―        5,696,615
    対する売上高
    (2)セグメント
                      27,350           1,412         2,856           31,618          3,210        △34,828               ―
    間の内部売上高
       計           5,136,398         290,355       211,035        5,637,788         93,655        △34,828        5,696,615
    セグメント利益
                      11,077         177,584           742          189,403       △12,435            5,131         182,100
    又は損失(△)
    セグメント資産        8,181,231       1,780,324       371,091       10,332,647        195,495       2,135,671       12,663,813

    その他の項目                                                                                             

    減価償却費            451,754          41,677         4,360          497,792          3,313          10,354         511,459
    有形固定資産及
    び無形固定資産          559,977   132      736  560,845     ―   857 561,702
    の増加額
    (注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、旅行業、広告代理店業、保険代理業、
           旅館業を含んでおります。
           なお、旅館業を営んでおりました連結子会社、株式会社旅館月ヶ瀬は平成22年9月30日をもって解散致しま
           した。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額5,131千円はセグメント間取引消去5,131千円、セグメント資産の調整
           額2,135,671千円は全社資産2,003,706千円及び遊休資産131,964千円であります。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。





                                                         43/66
                                                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                                                     関東バス株式会社(E04172)
                                                                                                                             半期報告書





     当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
       1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が
       経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
       ます。
       当社は主要事業を基礎とした事業別のセグメントから構成されており、「交通事業」、「不動産賃貸
       事業」、「自動車分解整備事業」の3つを報告セグメントとしております。
       各報告セグメントに属する主要な事業内容は以下のとおりであります。
       「交通事業」・・・・・・・乗合自動車事業、貸切自動車事業、タクシー事業
       「不動産賃貸事業」・・・・マンション、店舗等の不動産の賃貸事業
       「自動車分解整備事業」・・車輌分解整備事業、自動車販売事業

       2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる
       重要な事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値で
       あります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の金額に関する情報
 (単位:千円)
                                     報告セグメント                                                                   中間連結財務
                                                                                その他              調整額
                                                                                                                諸表計上額
                                    不動産  自動車分解                                   (注)1             (注)2
                  交通事業                                           計                                              (注)3
                                   賃貸事業   整備事業
    Ⅰ売上高                                                                                                
    (1)外部顧客に
                   5,008,351         267,499       161,610       5,437,460         64,249                ―         5,501,710
    対する売上高
    (2)セグメント
                      26,947           1,412         1,348          29,708          1,912          △31,620               ―
    間の内部売上高
       計           5,035,298         268,911       162,958       5,467,169         66,161          △31,620         5,501,710
    セグメント利益
                      78,995         144,007         2,854         225,857          △242                 554         226,168
    又は損失(△)
    セグメント資産        7,591,254       1,730,246       385,014       9,706,515        198,748         2,224,767        12,130,031

    その他の項目                                                                                               

    減価償却費            423,631          38,766         3,622         466,020              178              783         466,982
    有形固定資産及
    び無形固定資産          345,972  2,365    21,086 369,425 ―  ―  369,425
    の増加額
    (注) 1  「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、旅行業、広告代理店業、保険代理業
           を含んでおります。
        2   セグメント利益又は損失(△)の調整額554千円はセグメント間取引消去554千円、セグメント資産の調整額
           2,224,767千円は全社資産2,224,767千円であります。
        3 セグメント利益又は損失(△)は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。





                                                         44/66
                                                          EDINET提出書類
                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                              半期報告書





        【関連情報】
         前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
        1.製品及びサービスごとの情報
             個別の製品及びサービス区分のうち、外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の10%以
      上を占めるものは次のとおりであります。
  (単位:千円)
                      乗合自動車事業        計

       外部顧客への売上高          4,854,802   4,854,802


        2.地域ごとの情報
             在外子会社及び在外支店はなく、海外売上高もないため、該当事項はありません。

        3.主要な顧客ごとの情報
             外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客がないため、該当
            事項はありません。

         当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
        1.製品及びサービスごとの情報
             個別の製品及びサービス区分のうち、外部顧客への売上高が中間連結損益計算書の売上高の10%以
      上を占めるものは次のとおりであります。
  (単位:千円)
                      乗合自動車事業        計

       外部顧客への売上高          4,807,013   4,807,013


        2.地域ごとの情報
             在外子会社及び在外支店はなく、海外売上高もないため、該当事項はありません。

        3.主要な顧客ごとの情報
             外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める顧客がないため、該当
            事項はありません。





                                           45/66
                                                     EDINET提出書類
                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                         半期報告書





    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
    前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
     報告セグメントごとに配分される固定資産の減損損失はありません。
    なお、中間連結損益計算書に計上されている減損損失46,701千円は、遊休資産として管理しているもの
    であります。

    当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
     該当事項はありません。

    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
    前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
     該当事項はありません。

    当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
     該当事項はありません。

    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
    前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
     該当事項はありません。

    当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
     該当事項はありません。





                              46/66
                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                                            半期報告書





         (1株当たり情報)
         (1)1株当たり純資産額

                 前連結会計年度                                       当中間連結会計期間
                (平成23年3月31日)                                   (平成23年9月30日)
    1株当たり純資産額                   565.68円   1株当たり純資産額                            604.22円
                                         





         (2)1株当たり中間純利益金額

                前中間連結会計期間                                   当中間連結会計期間
               (自平成22年4月1日                                (自平成23年4月1日
                至平成22年9月30日)                               至平成23年9月30日)

    1株当たり中間純利益金額                 6.39円    1株当たり中間純利益金額                         39.23円
                                         




    なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額につ             なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額につ
    いては、潜在株式が存在しないため記載しておりませ              いては、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
    ん。                                    ん。

  (注) 1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                         前中間連結会計期間                                  当中間連結会計期間
                       (自平成22年4月1日                               (自平成23年4月1日
                         至平成22年9月30日)                              至平成23年9月30日)
    中間純利益(千円)                                         47,949                    294,197

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―                            ―

    普通株式に係る中間純利益(千円)                                  47,949                    294,197

    普通株式の期中平均株式数(千株)                                   7,500                        7,500


         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。


        (2) 【その他】

          該当事項はありません。





                                              47/66
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                                            半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
   ①【中間貸借対照表】
                                                               (単位:千円)

                     前事業年度                         当中間会計期間
                  (平成23年3月31日)                   (平成23年9月30日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                          1,578,854                    2,063,295
   売掛金                               426,587                      440,963
   たな卸資産                              46,051                       47,459
   前払費用                               35,215                       37,802
   未収入金                               91,965                          969
   繰延税金資産                            189,412                      217,763
   その他の流動資産                           12,022                       22,712
                                     △3,644                       △3,325
   貸倒引当金
  流動資産合計                           2,376,464                    2,827,641
 固定資産
  有形固定資産
                                   1,403,783                    1,369,779
    建物(純額)               ※2, ※3                       ※2, ※3
                                   1,293,566                    1,233,999
    車輌運搬具(純額)            ※2, ※3                       ※2, ※3
                                   4,831,562                    4,831,562
    土地                      ※3                           ※3
                                       215,888                      203,621
    その他(純額)                   ※2                           ※2

                                   7,744,801                    7,638,963
    有形固定資産合計                ※1                           ※1

                                        89,107                       75,551
  無形固定資産                          ※2                           ※2
  投資その他の資産
   投資有価証券                              363,215                      334,631
   その他の投資等                             127,944                      115,269
                                       △2,115                       △2,113
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                         489,044                      447,786
  固定資産合計                           8,322,952                    8,162,301
 資産合計                             10,699,417                   10,989,942
負債の部
 流動負債
   買掛金                               119,359                      122,137
                                   1,405,000                    1,392,000
  短期借入金                     ※3                           ※3
  未払金                                  151,952                       63,243
  未払法人税等                                11,034                       11,171
  前受運賃                                 100,031                      348,143
  賞与引当金                                376,000                      435,000
                                                                    512,181
  その他の流動負債                             496,863             ※4

  流動負債合計                           2,660,240                    2,883,877
 固定負債
                                   2,310,000                    2,035,000
  長期借入金                     ※3                           ※3
  繰延税金負債                              79,856                       76,010
  退職給付引当金                          1,800,934                    1,859,285




                 48/66
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                            半期報告書
                                                 (単位:千円)

                     前事業年度                 当中間会計期間
                  (平成23年3月31日)           (平成23年9月30日)
  役員退職慰労引当金                   42,618                 46,431
  資産除去債務                      17,145                 17,259
  その他の固定負債                    94,308                 89,916
  固定負債合計                    4,344,863              4,123,903
 負債合計                       7,005,104              7,007,780
純資産の部
 株主資本
   資本金                       375,000                375,000
   資本剰余金
    資本準備金                        8,608                  8,608
    資本剰余金合計                      8,608                  8,608
  利益剰余金
   利益準備金                      93,750                 93,750
   その他利益剰余金
     別途積立金                  2,557,000              2,557,000
     繰越利益剰余金                  547,568                840,809
    利益剰余金合計                 3,198,318              3,491,559
  株主資本合計                    3,581,926              3,875,167
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金               112,386                106,994
  評価・換算差額等合計                 112,386                106,994
 純資産合計                      3,694,313              3,982,161
負債純資産合計                    10,699,417             10,989,942




                 49/66
                                                          EDINET提出書類
                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                              半期報告書

②【中間損益計算書】
                                                 (単位:千円)

                 前中間会計期間                  当中間会計期間
               (自 平成22年4月1日             (自 平成23年4月1日
                至 平成22年9月30日)            至 平成23年9月30日)
売上高
 自動車運送事業収益                  4,890,293             4,839,043
 その他の事業収益                     277,911               257,870
 売上高合計                      5,168,205             5,096,914
売上原価
 自動車運送事業原価                  4,555,210             4,445,424
 その他の事業原価                     108,038               120,074
 売上原価合計                     4,663,249             4,565,498
売上総利益                        504,956                  531,415
販売費及び一般管理費                   332,912                  307,463
全事業営業利益                      172,043                  223,952
                              28,813                   18,560
営業外収益                   ※1                       ※1
                              47,368                   31,902
営業外費用                   ※2                       ※2

経常利益                         153,488                  210,610
                              24,021                   93,395
特別利益                    ※3                       ※3
                             115,586                   38,269
特別損失                   ※4                        ※4

税引前中間純利益                      61,924                  265,736
法人税、住民税及び事業税                     945                      945
                                                      △28,449
法人税等調整額                       18,618
法人税等合計                                                △27,504
                              19,563
中間純利益                         42,361                  293,240




               50/66
                                                        EDINET提出書類
                                                    関東バス株式会社(E04172)
                                                            半期報告書

③【中間株主資本等変動計算書】
                                                  (単位:千円)

                     前中間会計期間               当中間会計期間
                   (自 平成22年4月1日          (自 平成23年4月1日
                    至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                      375,000               375,000
   当中間期変動額
                                    −                     −
     当中間期変動額合計
   当中間期末残高                    375,000               375,000
 資本剰余金
  資本準備金
    当期首残高                       8,608                 8,608
    当中間期変動額
                                    −                     −
     当中間期変動額合計
    当中間期末残高                     8,608                 8,608
   資本剰余金合計
    当期首残高                       8,608                 8,608
    当中間期変動額
                                    −                     −
      当中間期変動額合計
    当中間期末残高                     8,608                 8,608
 利益剰余金
  利益準備金
    当期首残高                      93,750                93,750
    当中間期変動額
                                    −                     −
     当中間期変動額合計
    当中間期末残高                    93,750                93,750
   その他利益剰余金
    別途積立金
      当期首残高                  2,057,000             2,557,000
      当中間期変動額
                                                          −
       別途積立金の積立               500,000
       当中間期変動額合計                                          −
                              500,000
      当中間期末残高                2,557,000             2,557,000
    繰越利益剰余金
     当期首残高                    923,362               547,568
     当中間期変動額
       剰余金の配当                 △11,250                    −
       別途積立金の積立              △500,000                    −
       中間純利益                   42,361               293,240
       当中間期変動額合計             △468,888               293,240
      当中間期末残高                 454,473               840,809
   利益剰余金合計
    当期首残高                    3,074,112             3,198,318




                   51/66
                                                              EDINET提出書類
                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                  半期報告書
                                                        (単位:千円)

                           前中間会計期間               当中間会計期間
                         (自 平成22年4月1日          (自 平成23年4月1日
                          至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
    当中間期変動額
     剰余金の配当                        △11,250                     −
     別途積立金の積立                           −                      −
     中間純利益                          42,361                293,240
     当中間期変動額合計                       31,111               293,240
    当中間期末残高                        3,105,223             3,491,559
 株主資本合計
  当期首残高                            3,457,720             3,581,926
  当中間期変動額
    剰余金の配当                         △11,250                     −
    別途積立金の積立                            −                      −
    中間純利益                           42,361                293,240
    当中間期変動額合計                        31,111               293,240
  当中間期末残高                          3,488,831             3,875,167
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                            161,424               112,386
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                   △43,982                △5,392
    (純額)
    当中間期変動額合計                      △43,982                △5,392
  当中間期末残高                           117,441               106,994
 評価・換算差額等合計
  当期首残高                             161,424               112,386
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                   △43,982                △5,392
    (純額)
    当中間期変動額合計                      △43,982                △5,392
  当中間期末残高                           117,441               106,994
純資産合計
 当期首残高                             3,619,145             3,694,313
 当中間期変動額
   剰余金の配当                          △11,250                     −
   別途積立金の積立                             −                      −
   中間純利益                            42,361                293,240
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                   △43,982                △5,392
   額)
   当中間期変動額合計                       △12,871                287,848
 当中間期末残高                           3,606,273             3,982,161




                         52/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書

    【重要な会計方針】

                                      当中間会計期間
          項目                       (自平成23年4月1日
                                    至平成23年9月30日)
    1資産の評価基準及び評価方   (1) 有価証券
      法              子会社株式及び関係会社株式
                       移動平均法による原価法を採用しております。
                      その他有価証券
                     時価のあるもの
                         中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法
                           により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
                    時価のないもの
                         移動平均法による原価法を採用しております。
                    (2) たな卸資産
                     主として先入先出法による原価法(収益性の低下による簿価切り下げの方
                       法)を採用しております。
    2固定資産の減価償却の方法   (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
                     定率法によっております。
                     但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)について
                       は、定額法を採用しております。
                     なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
                         建物7∼60年
                         車輌運搬具4∼6年
                    (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
                     自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基
                       づく定額法を採用しております。
                    (3) リース資産
                     所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                       リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっておりま
                       す。
    3引当金の計上基準       (1) 貸倒引当金
                     債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率によ
                       り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収
                       不能見込額を計上しております。
                    (2) 賞与引当金
                     従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上
                       しております。
                    (3) 退職給付引当金
                     従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年
                       金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発生していると認めら
                       れる額を計上しております。
                     数理計算上の差異は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の
                       一定の年数(10年)による均等額をそれぞれ発生時の事業年度から費用処
                       理しております。
                    過去勤務債務は、その発生時の従業員数の平均残存勤務期間以内の一定の年
                       数(10年)による定額法により発生した中間会計期間から費用処理しており
                       ます。
                    (4) 役員退職慰労引当金
                     役員の退職慰労金の支出に備えて、役員退職慰労金規程に基づく中間期末要
                       支給額を計上しております。





                                53/66
                                                          EDINET提出書類
                                                      関東バス株式会社(E04172)
                                                              半期報告書





                                    当中間会計期間
          項目                      (自平成23年4月1日
                                   至平成23年9月30日)
    4ヘッジ会計の方法       (1) ヘッジ会計の方法
                     特例処理の要件を満たしている金利スワップについて、特例処理を採用して
                       おります。
                     (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
                     ヘッジ手段…金利スワップ取引
                     ヘッジ対象…借入金利息
                     (3) ヘッジ方針
                     デリバティブ取引は借入金利等の将来の金利市場における利率上昇による
                       変動リスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針でありま
                       す。
                     (4) ヘッジ有効性評価の方法
                     特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略してお
                       ります。
    5その他中間財務諸表作成の   消費税及び地方消費税の会計処理
      ための基本となる重要な事   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
      項
                    







                               54/66
                                                      EDINET提出書類
                                                  関東バス株式会社(E04172)
                                                          半期報告書





    【追加情報】
     当中間会計期間の期首以後に行なわれる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び
    誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の
    訂正に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用しておりま
    す。





                             55/66
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 関東バス株式会社(E04172)
                                                                                         半期報告書





    【注記事項】
      (中間貸借対照表関係)
               前事業年度                                      当中間会計期間
            (平成23年3月31日)                                (平成23年9月30日)
    ※1 有形固定資産の減価償却累計額                           ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                             11,520,569千円                                11,162,107千円
    ※2 圧縮記帳額                                    ※2 圧縮記帳額
    固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額                   固定資産の取得価額から控除した、圧縮記帳累計額
      は、建物92,798千円、車輌運搬具1,201,533千円、その            は、建物80,340千円、車輌運搬具1,095,933千円、その
      他23,839千円、ソフトウェア7,534千円であります。               他23,839千円、ソフトウェア7,534千円であります。

    ※3 担保資産及び担保付債務の内訳                           ※3 担保資産及び担保付債務の内訳
    担保として道路交通事業財団に供している資産                      担保として道路交通事業財団に供している資産
       建物                68,008千円                  建物                66,755千円
       車輌運搬具            846,277                    車輌運搬具            858,713
       土地               178,414                    土地               178,414
       合計             1,092,700                    合計             1,103,883
    担保権によって担保されている債務                           担保権によって担保されている債務
       1年以内に返済される                                  1年以内に返済される
                        515,000千円                                   455,000
       長期借入金                                       長期借入金
                                           




       長期借入金            515,000                    長期借入金            480,000
       合計             1,030,000                    合計               935,000
    担保に供している資産                                 担保に供している資産
       建物                       311,175千円          建物               300,954千円
       土地                       582,849            土地               582,849
       合計                       849,024            合計               883,803
    担保権によって担保されている債務                           担保権によって担保されている債務
       短期借入金                    200,000千円          短期借入金            268,000千円
       1年以内に返済される                                  1年以内に返済される
                                150,000                             105,000
       長期借入金                                       長期借入金
                                           




       長期借入金                     95,000            長期借入金            345,250
       合計                       445,000            合計               718,250
    4――――――――――                           ※4 消費税等の取扱い
                                                  仮払消費税及び仮受消費税等は相殺のうえ、「その
                                                  他の流動負債」に含めて表示しております。





                                                 56/66
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              関東バス株式会社(E04172)
                                                                                      半期報告書





     (中間損益計算書関係)

               前中間会計期間                                     当中間会計期間
            (自平成22年4月1日                                (自平成23年4月1日
             至平成22年9月30日)                               至平成23年9月30日)
    ※1 営業外収益のうち主要なもの                        ※1 営業外収益のうち主要なもの
      受取利息                     822千円          受取利息                          304千円
      受取配当金                  4,829            受取配当金                       4,250
      設備賃貸料                  5,880            事故弁償金                       6,427
    ※2 営業外費用のうち主要なもの                        ※2 営業外費用のうち主要なもの
      支払利息                   37,025千円         支払利息                       30,362千円
      設備賃貸費用                  5,960           支払手数料                       1,000
                                                                
      休止固定資産減価償却費             4,117
    ※3 特別利益のうち主要なもの                         ※3 特別利益のうち主要なもの
      補助金                    23,400千円         受取保険金             92,525千円
                                               東日本大震災による被害に対応する受取保険金で
                                              あります。
    ※4 特別損失のうち主要なもの                         ※4 特別損失のうち主要なもの
        固定資産除却損           12,569千円            固定資産売却損              704千円
        固定資産圧縮損           23,400              固定資産除却損           18,120
        減損損失              40,000              子会社株式評価損          19,444
                                                                    
        資産除去債務会計基準の適用に
                          25,617
                                                                    
        伴う影響額
        関係会社事業損失引当金繰入額    14,000
    5減価償却実施額                               5減価償却実施額
        有形固定資産           482,865千円             有形固定資産                    432,554千円
        無形固定資産            12,389               無形固定資産                     13,573
                                            6――――――――――
    6減損損失
    (1)当社は、以下の資産グループについて減損損失を計
      上しました。
                              金額
      用途     場所      種類
                             (千円)
                   建物          27,206
                   その他          5,963
    遊休資産     静岡県
    (その他)    伊豆市   土地           6,829

                      計        40,000
    (2)資産のグルーピングの方法
      原則として事業毎を1つの資産グループとしてグ
      ルーピングしております。但し遊休資産及び賃貸用資
      産については、個々の物件ごとにグルーピングしてお
      ります。

    (3)減損損失の認識に至った経緯
      今後の事業計画のない遊休資産について、帳簿価額
      を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失と
      して計上しております。

    (4)回収可能価額の算定方法
      遊休資産の回収可能価額は正味売却価額により測定
      しております。正味売却価額は購入申込価額に基づい
      て算定しております。
                                           
                                        





                                                57/66
                                                EDINET提出書類
                                            関東バス株式会社(E04172)
                                                    半期報告書





         (中間株主資本等変動計算書関係)
        前中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
        1自己株式に関する事項
    
          該当事項はありません。

        当中間会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
        1自己株式に関する事項
    
          該当事項はありません。
    





                                   58/66
                                                       EDINET提出書類
                                                   関東バス株式会社(E04172)
                                                           半期報告書





     (リース取引関係)

     該当事項はありません。


     (有価証券関係)
    前事業年度(平成23年3月31日)

      子会社株式(貸借対照表計上額133,001千円)は、市場価格がありません。したがって時価を把握するこ
     とが極めて困難と認められるものであります。

    当中間会計期間(平成23年9月30日)

      子会社株式(中間貸借対照表計上額113,557千円)は、市場価格がありません。したがって時価を把握す
     ることが極めて困難と認められるものであります。





                               59/66
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                半期報告書





         (資産除去債務関係)

        前事業年度 (自平成22年4月1日至平成23年3月31日)

        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの

         当事業年度における総額の増減は次のとおりであります。


            期首残高                            16,923千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                   ― 千円
            時の経過による調整額                        222千円
            資産除去債務の履行による減少額                   ― 千円
                                               ― 千円
            その他増減額(△は減少)
            期末残高                            17,145千円

        当中間会計期間 (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

        資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの

         当中間会計期間における総額の増減は次のとおりであります。


            期首残高                            17,145千円
            有形固定資産の取得に伴う増加額                   ― 千円
            時の経過による調整額                        114千円
            資産除去債務の履行による減少額                   ― 千円
                                               ― 千円
            その他増減額(△は減少)
            中間期末残高                          17,259千円





                                     60/66
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          関東バス株式会社(E04172)
                                                                                  半期報告書





        (1株当たり情報)

        1株当たり中間純利益金額

                前中間会計期間                                   当中間会計期間
             (自平成22年4月1日                              (自平成23年4月1日
              至平成22年9月30日)                             至平成23年9月30日)

    1株当たり中間純利益金額              5.65円   1株当たり中間純利益金額                      39.10円
                                     




    なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額につ   なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額につ
    いては、潜在株式が存在しないため記載しておりませ    いては、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
    ん。                          ん。
                                
  (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前中間会計期間             当中間会計期間
                       (自平成22年4月1日        (自平成23年4月1日
                         至平成22年9月30日)       至平成23年9月30日)
    中間純利益(千円)                                     42,361                293,240

    普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―                      ―

    普通株式に係る中間純利益(千円)                              42,361                293,240

    普通株式の期中平均株式数(千株)                               7,500                  7,500






                                          61/66
                                 EDINET提出書類
                             関東バス株式会社(E04172)
                                     半期報告書





     (重要な後発事象)
      該当事項はありません。

    (2) 【その他】
      該当事項はありません。





                     62/66
                                                            EDINET提出書類
                                                        関東バス株式会社(E04172)
                                                                半期報告書

第6 【提出会社の参考情報】


    当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。

    有価証券報告書及びその添付書類
     事業年度第122期(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)平成23年6月29日関東財務局長に提出






                                63/66
                              EDINET提出書類
                          関東バス株式会社(E04172)
                                  半期報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。




                  64/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書

                      独立監査人の中間監査報告書
                      




                              
                                                 平成23年12月27日
関東バス株式会社
    取締役会御中
                          有限責任 あずさ監査法人
                          指定有限責任社員
                                   公認会計士   山田眞之助印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                   公認会計士   園田博之印
                          業務執行社員
    
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている関東バス株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの連結会計年度の中間連結
会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対
照表、中間連結損益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・
フロー計算書、中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を
行った。

中間連結財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中
間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
ない中間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運
用することが含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対す
る意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に
準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務
諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保
証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比
べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正
又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性につい
て意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間
監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。ま
た、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表
の作成基準に準拠して、関東バス株式会社及び連結子会社の平成23年9月30日現在の財政状態並びに同日を
もって終了する中間連結会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ
・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。

利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以上
                                                               
    ※1上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
         途保管している。
      2中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていない。




                                  65/66
                                                             EDINET提出書類
                                                         関東バス株式会社(E04172)
                                                                 半期報告書

                      独立監査人の中間監査報告書
                      




                              
                                                 平成23年12月27日
関東バス株式会社
    取締役会御中
                          有限責任 あずさ監査法人
                          指定有限責任社員
                                   公認会計士   山田眞之助印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員
                                   公認会計士   園田博之印
                          業務執行社員
    
 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている関東バス株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの第123期事業年度の中間
会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中
間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。

中間財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間
財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが
含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意
見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るため
に、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて
監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は
誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続
に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表
明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続
を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査
には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間
財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。

中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
準に準拠して、関東バス株式会社の平成23年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期
間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認め
る。

利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以上
                                                               
    ※1上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が別
          途保管している。
       2中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていない。





                                  66/66

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。