第一貨物株式会社 半期報告書‐第71期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第71期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

提出日:

提出者:第一貨物株式会社

カテゴリ:半期報告書‐第71期(平成23年4月1日‐平成24年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                   EDINET提出書類
                                               第一貨物株式会社(E04183)
                                                       半期報告書


【表紙】
【提出書類】       半期報告書

【提出先】        東北財務局長

【提出日】        平成23年12月27日

【中間会計期間】     第71期中(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

【会社名】        第一貨物株式会社

【英訳名】        Daiichi Freight System, Inc.

【代表者の役職氏名】   代表取締役会長武藤幸規

【本店の所在の場所】   山形市諏訪町二丁目1番20号

【電話番号】       山形 (023) 623−1414 (代表)

【事務連絡者氏名】    経理部長 吉田郁雄

【最寄りの連絡場所】   仙台市若林区卸町二丁目2番地の6

               第一貨物株式会社 仙台支社

【電話番号】       仙台 (022) 236−2131 (代表)

【事務連絡者氏名】    仙台支社長菅野泰治

【縦覧に供する場所】     第一貨物株式会社営業本部

             (東京都江東区東雲一丁目7番12号

              KDX豊洲グランスクエア3階)


             営業本部は法定の縦覧場所ではありませんが、投資者の便宜を考慮し
             て縦覧に供する場所としております。




                         1/70
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       第一貨物株式会社(E04183)
                                                                               半期報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
(1) 連結経営指標等

         回次            第69期中      第70期中      第71期中       第69期        第70期
                       自平成21年    自平成22年    自平成23年    自平成21年     自平成22年
                       4月1日     4月1日     4月1日     4月1日      4月1日
       会計期間
                       至平成21年    至平成22年    至平成23年    至平成22年     至平成23年
                       9月30日    9月30日    9月30日    3月31日     3月31日
営業収益           (百万円)     36,642     37,614     38,108     74,252      75,829

経常利益           (百万円)        870        555        372      1,203       1,044

中間(当期)純利益      (百万円)        488        311        101        558         152

中間包括利益又は
               (百万円)         ―         327        116           ―        239
包括利益

純資産額           (百万円)     21,303     21,586     21,491     21,410      21,498

総資産額           (百万円)     80,560     80,815     80,636     81,484      79,649

1株当たり純資産額       (円)      731.20     738.99     733.79     733.74      734.40
1株当たり中間(当期)
                (円)       17.08      10.89       3.54      19.54        5.34
純利益金額
潜在株式調整後1株当た
                (円)          ―          ―          ―            ―           ―
り中間(当期)純利益金額
自己資本比率          (%)       25.91      26.10      25.97      25.70       26.31
営業活動による
             (百万円)    1,785     529     385   4,194   2,936
キャッシュ・フロー
投資活動による
             (百万円)    △779   △1,101  △1,003  △1,891   △696
キャッシュ・フロー
財務活動による
             (百万円)    △882      454     747  △2,299  △2,120
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物の
             (百万円)    2,337   2,099   2,466   2,217   2,337
中間期末(期末)残高
従業員数
                      5,658   5,681   5,619   5,644   5,637
〔外、平均臨時        (名)
                     〔1,296〕 〔1,340〕 〔1,140〕 〔1,350〕 〔1,348〕
雇用者数〕
(注)1営業収益には消費税等は含んでおりません。
    2潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益は、潜在株式がありませんので記載しておりません。
    3 第70期中の中間包括利益の算定にあたり、「包括利益の表示に関する会計基準」(企業会計基準第25号平成22年6
      月30日)を適用し、遡及処理しております。




                                      2/70
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                    半期報告書
(2) 提出会社の経営指標等

          回次             第69期中      第70期中       第71期中        第69期        第70期
                         自平成21年    自平成22年     自平成23年     自平成21年     自平成22年
                         4月1日     4月1日      4月1日      4月1日      4月1日
          会計期間
                         至平成21年    至平成22年     至平成23年     至平成22年     至平成23年
                         9月30日    9月30日     9月30日     3月31日     3月31日
営業収益             (百万円)     33,373     34,169      34,850      67,762      68,963

経常利益             (百万円)        605        402         269         752         777

中間(当期)純利益        (百万円)        351        255            9        339         201

資本金              (百万円)      2,120      2,120       2,120       2,120       2,120

発行済株式総数          (千株)      28,600     28,600      28,600      28,600      28,600

純資産額             (百万円)     20,301     20,381      20,227      20,290      20,332

総資産額             (百万円)     75,531     75,485      75,070      76,411      74,213
1株当たり中間(当期)
            (円)             12.31       8.94        0.30       11.89        7.06
純利益金額
潜在株式調整後1株当たり
                 (円)           ―          ―           ―             ―           ―
中間(当期)純利益金額

1株当たり配当額          (円)          ―          ―           ―         5.00        4.00

自己資本比率            (%)       26.88      27.00       26.94       26.55       27.40
従業員数                 4,599    4,631                4,550       4,587       4,568
               (名)
〔外、平均臨時雇用者数〕        〔1,169〕  〔1,231〕               〔971〕      〔1,226〕     〔1,228〕
(注)1  営業収益には消費税等は含んでおりません。
      2   「1株当たり純資産額」については、中間連結財務諸表を作成しているため記載を省略しております。

      3   潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益は、潜在株式がありませんので記載しておりません。




                                         3/70
                                                                 EDINET提出書類
                                                             第一貨物株式会社(E04183)
                                                                     半期報告書
2 【事業の内容】
  当中間連結会計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な変
 更はありません。
また、主要な関係会社についても異動はありません。




3 【関係会社の状況】
当中間連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。




4 【従業員の状況】
 (1) 連結会社の状況
                                                平成23年9月30日現在
           セグメントの名称                      従業員数(名)

 物流関連事業                                       5,479〔1,136〕

 コンピュータ関連機器販売事業                                 67〔    2〕

 不動産賃貸事業                                        1〔    2〕

 その他                                            2〔   −〕

 全社(共通)                                         70〔   −〕

               合計                             5,619〔1,140〕

(注) 1従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は〔〕内に当中間連結会計期間の平均雇用人員(1日8時間換算)を外
       数で記載しております。
    2全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているものであり
       ます。


 (2) 提出会社の状況
                平成23年9月30日現在
    従業員数(名)         4,550〔971 〕

(注)従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は〔〕内に当中間会計期間の平均雇用人員(1日8時間換算)を外数で記
    載しております。


 (3) 労働組合の状況
   当社および子会社東北第一物流㈱、福島第一物流㈱、新潟第一梱包運輸㈱、第一チルド輸送㈱、第一梱包運輸㈱
  には、第一連合労働組合が組織されており、全国交通運輸労働組合総連合に属しております。また、長野第一物流
  ㈱には長野第一物流労働組合が組織されております。平成23年9月末の組合員数は4,862名でユニオンショップ
  制であります。そのほかの連結子会社は未組織であります。労使関係については、相互信頼と協調精神によりい
  ずれも円満に推移しております。




                                  4/70
                                                        EDINET提出書類
                                                    第一貨物株式会社(E04183)
                                                            半期報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
 (1) 業績
      当中間連結会計期間におけるわが国経済は、東日本大震災による深刻な影響を受け過去経験のない状況で
     推移致しました。補正予算の実行が政治の混乱により進まない中、製造業に於いては、サプライチェーンの寸
     断により生産活動が停滞し、復旧の道筋には不明瞭さが続きました。一方、消費活動に於いては、生活必需品の
     購入が下支えとなり堅調に推移しましたが、エコ家電・デジタルTVの需要が政府補助の打ち切り後急減少
     し、好悪材料が相半ばする状況にありました。また、急激な円高や株安、更には世界各国の通貨不安など今後に
     不安材料を残し推移しました。
     当トラック運送業界においては、依然として燃料価格の高止まり状態が続いており、また内需に力強い回復
     が見込めないことから国内貨物輸送量も前年水準を下回り、さらに安全対策、環境対策等のコストも事業経営
     に影響を及ぼす要因となりました。
      斯かる状況の下、当社グループ(当社、連結子会社および持分法適用関連会社)は、震災後の混乱期にあっ
     て、トラック輸送の着実なる実施とその効率化に努め、不透明な状況を乗り越え一定の業績を確保しました。
     然しながらロジスティクス事業に於いて、急激な家電量販店の営業不振の影響を受け苦戦を強いられました。
     その結果、営業収益は38,108百万円(前中間連結会計期間比101.3%)、営業利益は417百万円、(前中間連結
     会計期間比60.1%)、経常利益は372百万円(前中間連結会計期間比67.0%)、中間純利益は101百万円(前中
     間連結会計期間比32.5%)となりました。

   セグメントの業績を示すと、次の通りであります。

①物流関連事業
営業収益は37,288百万円であり、前年同期と比べて545百万円の増収であります。また営業利益は272百万円であ
     り、前年同期と比べて287百万円の減益であります。
②コンピュータ関連機器販売事業
営業収益は604百万円であり、前年同期と比べて45百万円の減収であります。また営業利益は20百万円であり、前
     年同期に比べて1百万円の増益であります。
③不動産賃貸事業
営業収益は146百万円であり、前年同期と同額であります。また営業利益は96百万円であり、前年同期と比べて1
     百万円の増益であります。
④その他
営業収益は70百万円であり、前年同期と比べて6百万円の減収であります。また営業利益は49百万円であり、前
     年同期と比べて5百万円の増益であります。


 (2) キャッシュ・フローの状況
   当中間連結会計期間における現金及び現金同等物は、前中間連結会計期間と比べ367百万円(17.5%)増加
  し、当中間連結会計期間末には2,466百万円となりました。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
当中間連結会計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは385百万円であり、前年同期に比べ144百万
     円(27.2%)の減少となりました。
これは、税金等調整前中間純利益が369百万円減少したこと等によるものであります。




                             5/70
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                  半期報告書
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
当中間連結会計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは△1,003百万円であり、前年同期に比べ98百
       万円(8.9%)の増加となりました。
これは、有形固定資産の取得による支出が142百万円減少したこと等によるものであります。


(財務活動によるキャッシュ・フロー)
当中間連結会計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは747百万円であり、前年同期に比べ293百万
       円(64.5%)の増加となりました。
これは、長期借入れによる収入が1,498百万円増加したことおよび社債の償還による支出が1,000百万円あった
       こと等によるものであります。




2 【生産、受注及び販売の状況】
  売上実績
   当中間連結会計期間における売上実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。

            セグメントの名称                         金額(百万円)                前年同期比(%)

 物流関連事業                                                37,288            101.48

 コンピュータ関連機器販売事業                                           604             93.07

 不動産賃貸事業                                                  146            100.00

 その他                                                       70             92.11

               合計                                      38,108            101.31
 (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
      2.主な相手先別の売上実績および当該売上実績に対する割合
                                                           当中間連結会計期間
                            前中間連結会計期間

                                                      売上高(百万円)        割合(%)
                        売上高(百万円)            割合(%)

             ㈱ヤマダ電機          4,712            12.53         4,539         11.91

    3.上記金額には消費税等は含んでおりません。




3 【対処すべき課題】
  当中間連結会計期間において、当社グループ(当社および連結子会社)の事業上および財務上の対処すべき課題
 に、重要な変更および新たに生じた課題はありません。




4 【事業等のリスク】
  当中間連結会計期間において、当半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者
 の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
 のリスク」について重要な変更はありません。
  なお、重要事象等は存在しておりません。
5 【経営上の重要な契約等】
  当中間連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。




                                     6/70
                                                       EDINET提出書類
                                                   第一貨物株式会社(E04183)
                                                           半期報告書
6 【研究開発活動】
  特記事項はありません。




7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
(1) 財政状態の分析
(資産の部)
当中間連結会計期間末における資産の部合計は80,636百万円であり、前連結会計年度末に比べて987百万円
     (1.2%)増加いたしました。内訳は、流動資産の増加が763百万円、固定資産の増加が224百万円でありま
     す。流動資産の増加は、営業未収入金が773百万円増加したこと等によるものであります。また固定資産の増
     加は、有形固定資産において車両運搬具が103百万円、リース資産等が70百万円それぞれ増加したこと、無形
     固定資産が31百万円増加したこと、および投資その他の資産が31百万円増加したこと等によるものであり
     ます。


(負債の部)
当中間連結会計期間末における負債の部合計は59,145百万円であり、前連結会計年度末に比べて994百万円
     (1.7%)増加いたしました。内訳は、流動負債の減少が840百万円、固定負債の増加が1,834百万円でありま
     す。流動負債の減少は、1年内償還予定の社債が1,000百万円、災害損失引当金が173百万円それぞれ減少する
     一方、短期借入金が529百万円増加したこと等によるものであります。また固定負債の増加は、長期借入金が
     1,814百万円増加したこと等によるものであります。


(純資産の部)
当中間連結会計期間末における純資産の部合計は21,491百万円であり、前連結会計年度末に比べて7百万円
     (0.03%)減少いたしました。これは、その他有価証券評価差額金が6百万円減少したこと等によるもので
     あります。




(2) 経営成績の分析
「1 業績等の概要 (1)業績」を参照願います。


(3) キャッシュ・フローの状況の分析
「1 業績等の概要 (2)キャッシュ・フローの状況」を参照願います。




                             7/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書

第3 【設備の状況】


1 【主要な設備の状況】
  当中間連結会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。


2 【設備の新設、除却等の計画】
 (1) 重要な設備計画の変更
当中間連結会計期間において、前連結会計年度末に計画していた設備計画について、重要な変更はありません。


(2)重要な設備計画の完了
    前連結会計年度末に計画していた設備計画のうち、当中間連結会計期間に完了したものは、次の通りであり
   ます。
            事業所名     セグメントの             投資額                完了後の
   会社名                         設備の内容            完了年月
            (所在地)     名称           (百万円)               増加能力
          厚木第二支店
  提出会社               物流関連事業    倉庫増築       337   平成23年4月        ―
         (神奈川県愛川町)
(注)上記金額に消費税等は含んでおりません。


(3)重要な設備の新設等
    当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設等はありません。


(4)重要な設備の除却等
当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の除却等はありません。




                               8/70
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                      第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                              半期報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
 (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】

                 種類                                        発行可能株式総数(株)

               普通株式                                                              80,000,000

                 計                                                               80,000,000



  ② 【発行済株式】

                中間会計期間末       提出日現在                   上場金融商品取引所名
   種類           現在発行数(株)      発行数(株)                   または登録認可金融                内容
              (平成23年9月30日) (平成23年12月27日)                商品取引業協会名
                                                                        単元株式数は1,000株で
  普通株式               28,600,000       同左               非上場・非登録
                                                                        あります。

    計                28,600,000       同左                   ―                    ―



 (2) 【新株予約権等の状況】
   該当事項はありません。


 (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
   該当事項はありません。


 (4) 【ライツプランの内容】
該当事項はありません。


 (5) 【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式            発行済株式      資本金増減額       資本金残高        資本準備金     資本準備金
    年月日          総数増減数             総数残高                                  増減額        残高
                  (千株)              (千株)      (百万円)       (百万円)         (百万円)     (百万円)
平成23年4月1日∼
                           ―        28,600            ―        2,120        ―            562
平成23年9月30日




                                               9/70
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                      半期報告書
 (6) 【大株主の状況】
                                                                   平成23年9月30日現在
                                                                           発行済株式
                                                                 所有株式数    総数に対する
    氏名または名称                        住所
                                                                  (千株)     所有株式数
                                                                           の割合(%)
   太平興業株式会社        東京都千代田区丸の内三丁目2番3号                                10,461    36.58

三菱ふそうトラック・バス株式会社 神奈川県川崎市幸区鹿島田890番地12                                 2,526     8.83

  三菱UFJ信託銀行株式会社    東京都千代田区丸の内一丁目4番5号                                 1,100     3.85

    石應洋           山形県天童市                                            1,078     3.77

   株式会社きらやか銀行      山形県山形市旅籠町三丁目2番3号                                    772     2.70

    武藤幸規           東京都大田区                                              615     2.15

    喜早吉 三 郎      山形県村山市                                              604     2.11

株式会社みずほコーポレート銀行    東京都千代田区丸の内一丁目3番3号                                   550     1.92

    奥山房子           山形県山形市                                              455     1.59

    高宮徹哉           山形県尾花沢市                                             363     1.27

         計                             ―                            18,530    64.77



(7) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】
                                                                  平成23年9月30日現在
      区分             株式数(株)                 議決権の数(個)                    内容

無議決権株式                   ―                         ―                     ―

議決権制限株式(自己株式等)           ―                         ―                     ―

議決権制限株式(その他)             ―                         ―                     ―
                  (自己保有株式)
完全議決権株式(自己株式等)                                     ―                     ―
                  普通株式   64,000
完全議決権株式(その他)      普通株式   28,223,000                    28,223            ―

単元未満株式            普通株式       313,000               ―            一単元(1,000株)未満の株式

発行済株式総数                  28,600,000                ―                     ―

総株主の議決権                  ―                             28,223            ―

 (注)「単元未満株式」のうち64株は自己株式であります。




                                           10/70
                                                                 EDINET提出書類
                                                             第一貨物株式会社(E04183)
                                                                     半期報告書
② 【自己株式等】
                                                  平成23年9月30日現在
                                                           発行済株式
                               自己名義        他人名義   所有株式数
   所有者の氏名                                                 総数に対する
                所有者の住所        所有株式数       所有株式数    の合計
    または名称                                                  所有株式数
                                (株)         (株)     (株)
                                                           の割合(%)
(自己保有株式)
             山形市諏訪町二丁目1番20号      64,000       ―     64,000    0.22
  第一貨物株式会社
      計            ―             64,000       ―     64,000    0.22




2 【株価の推移】
  当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。


3 【役員の状況】
  前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                              11/70
                                                   EDINET提出書類
                                               第一貨物株式会社(E04183)
                                                       半期報告書

第5 【経理の状況】


1中間連結財務諸表および中間財務諸表の作成方法について
(1) 当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省
 令第24号)に基づいて作成しております。


(2) 当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38
 号)に基づいて作成しております。




2監査証明について
 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(平成23年4月1日から平成23
年9月30日まで)および中間会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の中間連結財務諸表およ
び中間財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人により中間監査を受けております。




                         12/70
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    第一貨物株式会社(E04183)
                                                                            半期報告書

1【中間連結財務諸表等】
(1)【中間連結財務諸表】
  ①【中間連結貸借対照表】
                                                          (単位:百万円)

                      前連結会計年度                     当中間連結会計期間
                    (平成23年3月31日)                  (平成23年9月30日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                 3,245                       3,345
                                          1,220                       1,250
  受取手形                          ※1, ※4                      ※1, ※4
  営業未収入金                                  9,595                      10,368
  有価証券                                       16                          16
  たな卸資産                                     190                         226
  繰延税金資産                                    368                         240
  その他                                       519                         469
                                           △34                         △32
  貸倒引当金
  流動資産合計                                 15,119                      15,882
 固定資産
  有形固定資産
                                         13,340                      13,396
    建物(純額)                    ※3, ※4                      ※3, ※4
                                          1,401                       1,504
    車両運搬具(純額)                   ※3, ※4                      ※3, ※4
                                         43,398                      43,397
    土地                     ※3, ※4, ※5                  ※3, ※4, ※5
                                          3,045                       3,049
    その他(純額)                        ※4                          ※4

                                         61,184                      61,346
    有形固定資産合計                      ※2                          ※2

  無形固定資産                                   871                         902
  投資その他の資産
   繰延税金資産                                     4                           6
   その他                                    2,498                       2,522
                                           △27                         △22
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                            2,475                       2,506
  固定資産合計                                 64,530                      64,754
 資産合計                                    79,649                      80,636
負債の部
 流動負債
   支払手形                                     102                          70
   営業未払金                                  6,423                       6,730
                                          1,100
  1年内償還予定の社債                                                           100
                                   ※4
                                         14,343                      14,872
  短期借入金                       ※4, ※7                      ※4, ※7
  リース債務                                    411                          478
                                                                      2,212
  未払金                                     2,639                ※6
  未払法人税等                                    198                         169
  未払費用                                    3,152                       3,085
  賞与引当金                                      21                          22
  災害損失引当金                                   342                         169
  その他                                       381                         365
  流動負債合計                                 29,112                      28,272




                   13/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                     前連結会計年度                当中間連結会計期間
                   (平成23年3月31日)             (平成23年9月30日)
 固定負債
                                   10,842                   12,656
  長期借入金                   ※4, ※7                  ※4, ※7
  リース債務                             1,047                    1,121
  長期未払金                                52                       49
  退職給付引当金                           3,337                    3,335
  役員退職慰労引当金                           275                      267
  資産除去債務                               43                       43
  負ののれん                                 8                        6
                                   10,591                   10,591
  再評価に係る繰延税金負債               ※5                      ※5
  繰延税金負債                            2,444                    2,414
  その他                                 400                      391
  固定負債合計                           29,039                   30,873
 負債合計                              58,151                   59,145
純資産の部
 株主資本
   資本金                              2,120                    2,120
   資本剰余金                              562                      562
   利益剰余金                            9,271                    9,259
                                      △8                       △9
   自己株式
  株主資本合計                           11,945                   11,932
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                         49                       43
                                    8,965                    8,964
  土地再評価差額金                    ※5                      ※5

  その他の包括利益累計額合計                     9,014                    9,007
 少数株主持分                              539                      552
 純資産合計                             21,498                   21,491
負債純資産合計                            79,649                   80,636




                  14/70
                                                                EDINET提出書類
                                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                                    半期報告書

 ②【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
   【中間連結損益計算書】
                                                        (単位:百万円)

                           前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                          (自 平成22年4月1日            (自 平成23年4月1日
                         至 平成22年9月30日)          至 平成23年9月30日)
営業収益                                 37,614                  38,108
営業原価                                 35,402                  36,179
営業総利益                                    2,212                1,929
販売費及び一般管理費
 人件費                                       730                    713
 賞与引当金繰入額                                    4                      3
 退職給付引当金繰入額                                 17                     14
 役員退職慰労引当金繰入額                               16                     19
 減価償却費                                     140                    183
 施設使用料                                     141                     96
 貸倒引当金繰入額                                   13                      5
 その他                                       457                    479
 販売費及び一般管理費合計                            1,518                1,512
営業利益                                       694                    417
営業外収益
 受取利息                                        4                      4
 受取配当金                                      16                     18
 受取賃貸料                                      62                     66
 受取手数料                                      24                     23
 負ののれん償却額                                    2                      2
 持分法による投資利益                                                        −
                                             5
 雇用調整助成金                                    −                      43
 雑収入                                        58                     49
 営業外収益合計                                   171                    205
営業外費用
 支払利息                                      260                    245
 持分法による投資損失                                 −                       1
 雑支出                                        50                      4
 営業外費用合計                                   310                    250
経常利益                                       555                    372
特別利益
                                             2                      8
 有形固定資産売却益                            ※1                     ※1
 前期損益修正益                                                           −
                                             1
                                           278                     37
 その他                                ※2                      ※2

 特別利益合計                                    281                     45
特別損失
                                            28                      5
 有形固定資産売却損                           ※3                      ※3
                                            24                     25
 有形固定資産除却損                           ※4                     ※4
 投資有価証券評価損                                  24                      0
                                             2                     29
 減損損失                                 ※5                    ※5

 その他                                        53                     22
 特別損失合計                                    131                     81
税金等調整前中間純利益                                705                    336
法人税、住民税及び事業税                               125                    109
法人税等調整額                                    232                    103
法人税等合計                                     357                    212
少数株主損益調整前中間純利益                             348                    124
少数株主利益                                      37                     23
中間純利益                                      311                    101


                         15/70
                                                            EDINET提出書類
                                                        第一貨物株式会社(E04183)
                                                                半期報告書

  【中間連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)

                        前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                       (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                      至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
少数株主損益調整前中間純利益                         348                    124
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                      △21                        △8
                                    △0                        △0
 持分法適用会社に対する持分相当額
 その他の包括利益合計                        △21                        △8
中間包括利益                                 327                    116
(内訳)
 親会社株主に係る中間包括利益                        289                     96
 少数株主に係る中間包括利益                          38                     20




                      16/70
                                                             EDINET提出書類
                                                         第一貨物株式会社(E04183)
                                                                 半期報告書

 ③【中間連結株主資本等変動計算書】
                                                     (単位:百万円)

                         前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                        (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                       至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                            2,120                  2,120
  当中間期末残高                           2,120                  2,120
 資本剰余金
  当期首残高                                 562                    562
  当中間期末残高                               562                    562
 利益剰余金
  当期首残高                             9,154                  9,271
  当中間期変動額
    剰余金の配当                         △143                   △114
    中間純利益                           311                    101
    土地再評価差額金の取崩                       1                      1
    当中間期変動額合計                                              △12
                                        169
  当中間期末残高                           9,323                  9,259
 自己株式
  当期首残高                                 △8                     △8
  当中間期変動額
                                        △0                     △1
    自己株式の取得
    当中間期変動額合計                           △0                     △1
  当中間期末残高                               △8                     △9
 株主資本合計
  当期首残高                            11,828                 11,945
  当中間期変動額
    剰余金の配当                         △143                   △114
    中間純利益                           311                    101
    自己株式の取得                         △0                     △1
    土地再評価差額金の取崩                       1                      1
    当中間期変動額合計                                              △13
                                        169
  当中間期末残高                          11,997                 11,932




                       17/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書
                                                       (単位:百万円)

                           前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                          (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                         至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                                   44                     49
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                      △22                        △6
    (純額)
    当中間期変動額合計                         △22                        △6
  当中間期末残高                                  22                     43
 土地再評価差額金
  当期首残高                               9,072                  8,965
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                          △1                     △1
    (純額)
    当中間期変動額合計                             △1                     △1
  当中間期末残高                             9,071                  8,964
 その他の包括利益累計額合計
  当期首残高                               9,116                  9,014
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                      △23                        △7
    (純額)
    当中間期変動額合計                         △23                        △7
  当中間期末残高                             9,093                  9,007
少数株主持分
 当期首残高                                    466                    539
 当中間期変動額
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                           30                     13
   額)
   当中間期変動額合計                               30                     13
 当中間期末残高                                  496                    552
純資産合計
 当期首残高                               21,410                 21,498
 当中間期変動額
   剰余金の配当                            △143                   △114
   中間純利益                              311                    101
   自己株式の取得                            △0                     △1
   土地再評価差額金の取崩                          1                      1
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                            7                      6
   額)
   当中間期変動額合計                                                     △7
                                          176
 当中間期末残高                             21,586                 21,491




                         18/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書

 ④【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                       (単位:百万円)

                           前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                          (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                         至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前中間純利益                           705                    336
 減価償却費                                 871                    902
 減損損失                                    2                     29
 災害損失戻入益                                −                    △17
 有形固定資産除却損                              24                     25
 賞与引当金の増減額(△は減少)                         9                      1
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                                              △7
                                         3
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                                            △2
                                        38
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                          △8
                                         9
 受取利息及び受取配当金                          △20                    △22
 支払利息                                  260                    245
 国庫助成金収入                             △252                     △5
 投資有価証券評価損益(△は益)                        24                      0
 投資有価証券売却損益(△は益)                       △1                      −
 有形固定資産売却損益(△は益)                                              △3
                                        26
 売上債権の増減額(△は増加)                      △152                   △798
 たな卸資産の増減額(△は増加)                                             △36
                                         3
 持分法による投資損益(△は益)                       △5                       1
 負ののれん償却額                              △2                     △2
 仕入債務の増減額(△は減少)                      △153                     275
 未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                      △30                          4
 減少)
 未払消費税等の増減額(△は減少)                                            △93
                                       68
                                     △903                   △199
 その他
 小計                                       524                    626
 国庫助成金の受取額                            295                      5
 災害損失の支払額                              −                    △168
 法人税等の支払額                            △290                   △141
                                       −
 法人税等の還付額                                                     63
 営業活動によるキャッシュ・フロー                         529                    385




                         19/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書
                                                       (単位:百万円)

                          前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                         (自 平成22年4月1日            (自 平成23年4月1日
                        至 平成22年9月30日)          至 平成23年9月30日)
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の預入による支出                           △180                     △98
 定期預金の払戻による収入                             166                     128
 有形固定資産の取得による支出                        △1,194                  △1,052
 有形固定資産の売却による収入                            33                      46
 貸付けによる支出                                △15                     △17
 貸付金の回収による収入                               34                      26
 建設協力金の回収による収入                             −                        8
 投資有価証券の取得による支出                           △6                     △13
 投資有価証券の売却による収入                                                    −
                                            2
 利息及び配当金の受取額                               20                      20
                                                                 △51
 その他                                       39
 投資活動によるキャッシュ・フロー                      △1,101                  △1,003
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入れによる収入                          38,503                  36,716
 短期借入金の返済による支出                     △37,949                 △36,396
 長期借入れによる収入                           2,250                   3,748
 長期借入金の返済による支出                      △1,748                  △1,725
 社債の償還による支出                              −                  △1,000
 ファイナンス・リース債務の返済による支出                 △174                    △210
 割賦債務の返済による支出                          △21                     △11
 自己株式の取得による支出                           △0                      △1
 配当金の支払額                              △143                    △114
 少数株主への配当金の支払額                          △8                      △8
                                      △256                    △252
 利息の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                         454                     747
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                     △118                      129
現金及び現金同等物の期首残高                          2,217                   2,337
                                        2,099                   2,466
現金及び現金同等物の中間期末残高                  ※1                      ※1




                        20/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書

【中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                                     当中間連結会計期間
      項目
                             (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
1連結の範囲に関する事項        子会社(12社)は全て連結しております。
                     当該子会社は次の通りです。
                      東北第一物流㈱
                      庄内定温輸送㈱
                      長野第一物流㈱
                      ㈱第一流通サービス
                      大阪第一物流㈱
                   福島第一物流㈱
                      名古屋第一物流㈱
                   新潟第一梱包運輸㈱
                      第一チルド輸送㈱
                   第一梱包運輸㈱
                   東京第一物流㈱
                   日本アバカス㈱

2持分法の適用に関する事項      ①持分法を適用した関連会社数とその名称
                    1社都留貨物自動車㈱

                    ②持分法を適用しない関連会社数とその名称
                        1社上海特耐王第一物流有限公司
                    持分法を適用しない理由
                        持分法非適用会社は、中間純損益(持分に見合う額)および利益剰余
                       金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても中間連結
                       財務諸表に与える影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がない
                       ため、持分法の適用範囲から除外しております。

3 連結子会社の中間決算日等     中間決算日が中間連結決算日と異なる場合の内容等
 に関する事項              長野第一物流㈱の中間決算日は8月31日であり、㈱第一流通サービスの中
                    間決算日は7月31日であります。
                     中間連結財務諸表を作成するに当たっては同日現在の中間財務諸表を使
                    用し、中間連結決算日との間に生じた重要な取引については、連結上必要な
                    調整を行っております。

4会計処理基準に関する事項
(1) 重要な資産の評価基準お   ①有価証券
    よび評価方法         満期保有目的の債券
                   …償却原価法(定額法)
                   その他有価証券
                   時価のあるもの
                   …中間連結決算日の市場価格等に基づく時価法によっております。
                   (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
                         より算定しております)
                   時価のないもの
                   …移動平均法による原価法によっております。

                   ②デリバティブ取引により生ずる債権および債務
                   時価法

                   ③たな卸資産
                   通常の販売目的で保有するたな卸資産
                   評価基準は原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)によってお
                     ります。
                   a 商品
                   個別法
                   b仕掛品
                   個別法
                   c貯蔵品
                   先入先出法




                                21/70
                                                          EDINET提出書類
                                                      第一貨物株式会社(E04183)
                                                              半期報告書

                                   当中間連結会計期間
       項目
                           (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
(2) 重要な減価償却資産の減   ①有形固定資産(リース資産を除く)
    価償却の方法         建物及び構築物については定額法、その他の固定資産については定率法を
                     採用しております。
                   なお、主な耐用年数は次の通りであります。

                     建物    8年∼34年
                     車両
                           2年∼ 4年
                     運搬具
                   
                   ②無形固定資産(リース資産を除く)
                   定額法を採用しております。
                      なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっ
                     ております。
                   ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5
                     年)に基づく定額法を採用しております。

                   ③少額減価償却資産
                   取得価額が10万円以上20万円未満の資産については、3年均等償却によって
                     おります。

                   ④リース資産
                   所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                   なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前のリース取引については、
                     引き続き通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を適用しておりま
                     す。

(3) 重要な引当金の計上基準   ①貸倒引当金
                   債権の貸倒れによる損失に備えるため、回収不能見込額を計上しておりま
                     す。
                   a一般債権
                   貸倒実績率法によっております。
                   b貸倒懸念債権および破産更生債権
                   財務内容評価法によっております。

                   ②賞与引当金
                   連結子会社については、従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込
                     額に基づき計上しております。

                   ③災害損失引当金
                   東日本大震災により被災した建物等の修復および撤去費用等に充てるため、
                     必要見込額を計上しております。

                   ④退職給付引当金
                   従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務お
                     よび年金資産の見込額に基づき、当中間連結会計期間末において発生してい
                     ると認められる額を計上しております。
                   過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
                     (10年)による定額法により費用処理しております。
                   数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤
                     務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ
                     発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。

                   ⑤役員退職慰労引当金
                   提出会社および一部の連結子会社は、役員の退職慰労金の支給に充てるた
                     め、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。




                               22/70
                                                           EDINET提出書類
                                                       第一貨物株式会社(E04183)
                                                               半期報告書

                                   当中間連結会計期間
       項目
                           (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
 (4) 重要な収益及び費用の計    ソフトウェア開発請負業務の収益計上基準
   上基準               当中間連結会計期間末までの進捗部分について成果の確実性が認められる
                    請負業務については業務進行基準(請負業務の進捗率の見積は原価比例法)
                    を適用し、その他の請負業務については業務完成基準を適用しております。

 (5) 中間連結キャッシュ・フ    手許現金、要求払預金および取得日から3ヶ月以内に満期日または償還日の
   ロー計算書における資金の     到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少
   範囲               なリスクしか負わない短期的な投資であります。

 (6) 重要なヘッジ会計の方法    ①ヘッジ会計の方法
                    金利スワップの特例処理の要件を満たす取引については、特例処理を適用し
                      ております。

                    ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                    ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下の通りであります。
                    ヘッジ手段
                    金利スワップ
                    ヘッジ対象
                    借入金の利息

                    ③ヘッジ方針
                    デリバティブ取引の権限および取引限度額等に関する取締役会決議に基づ
                      き、ヘッジ対象に係る金利変動リスクを一定の範囲内でヘッジしておりま
                      す。

                    ④ヘッジ有効性評価の方法
                       金利スワップの特例処理によっているため、有効性の評価を省略しており
                     ます。

 (7) その他中間連結財務諸表   消費税等の会計処理
     作成のための基本となる重   消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     要な事項


【追加情報】

                       当中間連結会計期間
               (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
 当中間連結会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬の
訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する
会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用しております。




                               23/70
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                 半期報告書
【注記事項】
 (中間連結貸借対照表関係)

                           前連結会計年度                     当中間連結会計期間
         項目
                         (平成23年3月31日)                  (平成23年9月30日)
※1受取手形裏書譲渡高
                                         12百万円                     13百万円
※2有形固定資産減価償却累計
   額                              47,983百万円                     47,903百万円

                   有形固定資産減価償却累計額には、減             同左
                   損損失累計額を含めております。
                                                
※3圧縮対象資産のうち取得価
   額から直接減額している     建物圧縮額            244百万円       建物圧縮額            244百万円
   金額              車両運搬具圧縮額          42          車両運搬具圧縮額          42
                   土地圧縮額          1,903          土地圧縮額          1,903
                   計            2,189百万円       計            2,189百万円
※4
①担保に供している資産
   受取手形                               8百万円                         11百万円
   建物                               493                           281
   土地                             1,811                           606
   その他の有形固定資産                         1                            −
                                  2,313百万円                        898百万円
          計
上記に対応する債務
   1年内償還予定の社債                       1,000百万円                        −百万円
   短期借入金                            1,309                        1,384
   長 期借入金(1年以内の返
                                         146                       270
   済を含む)
                                    2,455百万円                     1,654百万円
          計


②道路交通事業財団として担
    保に供している資産
   建物                            11,218百万円                     11,255百万円
   車両運搬具                             77                            52
   土地                            37,393                        37,383
   その他の有形固定資産                     1,052                         1,023
                                  49,740百万円                     49,713百万円
        計
 上記に対応する債務
 長期借入金(1年以内の返済
                                  13,724百万円                     14,715百万円
  含む)




                                 24/70
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   第一貨物株式会社(E04183)
                                                                           半期報告書
                      前連結会計年度                       当中間連結会計期間
      項目
                    (平成23年3月31日)                    (平成23年9月30日)
※5土地の再評価       土地の再評価に関する法律(平成10           同左
               年3月31日公布法律第34号)、ならび
               に、土地の再評価に関する法律の一部
               を改正する法律(平成13年3月31日公
               布法律第19号)に基づき、事業用の土
               地の再評価を行い、評価差額について
               は当該評価差額に係る税金相当額を
               「土地再評価に係る繰延税金負債」
               として負債の部に計上し、これを控除
               した金額を「土地再評価差額金」と
               して純資産の部に計上しております。

               再評価の方法                       再評価の方法
               土地の再評価に関する法律施行令              同左
               (平成10年3月31日公布政令第119号)
               第2条第3号に定める方法に基づき、
               固定資産税評価額に合理的な調整を
               行って算出しております。

               再評価を行った年月日                   再評価を行った年月日
               平成13年3月31日                平成13年3月31日
               同法律第10条に定める再評価を行っ            同法律第10条に定める再評価を行っ
               た事業用土地の当連結会計年度末に              た事業用土地の当中間連結会計期間
               おける時価の合計額が、当該事業用土             末における時価の合計額が、当該事業
               地の再評価後の帳簿価額の合計額を              用土地の再評価後の帳簿価額の合計
               下回る金額は4,143百万円でありま            額を下回る金額は4,926百万円であり
               す。                            ます。

※6消費税等の取扱い                              ―   仮払消費税等および仮受消費税等は
                                             相殺のうえ流動負債の未払金に含め
                                             て表示しております。

※7貸出コミットメント   提出会社は、運転資金の効率的な調             提出会社は、運転資金の効率的な調
               達を行うため取引銀行1行と貸出コ              達を行うため取引銀行1行と貸出コ
               ミットメント契約を締結しておりま              ミットメント契約を締結しておりま
               す。                            す。
               当連結会計年度末における貸出コ              当中間連結会計期間末における貸出
               ミットメントに係る借入金未実行残              コミットメントに係る借入金未実行
               高等は次の通りであります。                 残高等は次の通りであります。
               貸出コミットメントの                   貸出コミットメントの
               総額            1,500百万円       総額             1,500百万円
               借入実行残高               ―       借入実行残高           ―
               差引額           1,500百万円       差引額            1,500百万円
                                            




次へ




                             25/70
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  第一貨物株式会社(E04183)
                                                                          半期報告書

(中間連結損益計算書関係)
          前中間連結会計期間                         当中間連結会計期間
         (自平成22年4月1日                      (自平成23年4月1日
          至平成22年9月30日)                     至平成23年9月30日)
※1特別利益のうち有形固定資産売却益               ※1特別利益のうち有形固定資産売却益
車両売却益2百万円であります。               車両売却益8百万円であります。

※2特別利益のうちその他                     ※2特別利益のうちその他
    環境対応車普及促進事業補助金252百万円他で             東日本大震災に伴う
                                                         17百万円
    あります。                                  災害損失戻入益
                                       (内訳)
                                       ・原状回復              6〃
                                       ・その他              11〃
                                       このうち、災害損失引当金戻入     10〃
                                       他に、被災車両補填金7百万円、災害見舞金6百
                                       万円等であります。

※3特別損失のうち有形固定資産売却損               ※3特別損失のうち有形固定資産売却損
    車両売却損28百万円他であります。                  車両売却損5百万円他であります。

※4特別損失のうち有形固定資産除却損               ※4特別損失のうち有形固定資産除却損
    建物等除却損24百万円であります。                  建物等除却損25百万円であります。

※5特別損失のうち減損損失
    当中間連結会計期間において当社グループは、
                                  ※5特別損失のうち減損損失
    以下の資産について減損損失を計上いたしま
                                       当中間連結会計期間において当社グループは、
    した。
                                       以下の資産について減損損失を計上いたしま
    提出会社
                                       した。
                           金額
        用途    種類    場所                                          金額
                          (百万円)            用途     種類     場所
                                                               (百万円)
                   秋田県
        遊休   土地            2                          秋田県
                   にかほ市                    遊休     土地            2
                                                        にかほ市
              計               2
                                                        山形県
                                          リース資産   車両           27
                                                        酒田市
                                                  計             29
(グルーピングの方法)                     (グルーピングの方法)
   当社グループは、事業の種類ごとに管理会計上の       当社グループは、事業の種類ごとに管理会計上の区
     区分を考慮して、事業単位、拠点単位等によりグ            分を考慮して、事業単位、拠点単位等によりグ
     ルーピングをしております。また、遊休資産につ            ルーピングをしております。また、遊休資産につ
     いては物件単位ごとにグルーピングをしており             いては物件単位ごとにグルーピングをしており
     ます。                               ます。

     (経緯)                             (経緯)
       上記の遊休地については、今後の利用計画も無          ①にかほ市の遊休地については、今後の利用計画
      く、地価も著しく下落しているため、帳簿価額と           も無く、地価も下落しているため、帳簿価額と売
      売却による回収可能価額との差額を減損損失と            却による回収可能価額との差額を減損損失とし
      して認識いたしました。                      て認識いたしました。
       なお、当資産の回収可能価額は、固定資産税評      なお、当資産の回収可能価額は、固定資産税評価額
      価額を調整した正味売却価額により測定してお            を調整した正味売却価額により測定しておりま
      ります。                             す。
                                  ②酒田市のリース資産については、子会社の庄内定
                                       温輸送㈱が保有するもので、継続的に営業損失を
                                       計上しているため、帳簿価額を回収可能額まで減
                                       額し、当該減少額を減損損失として認識いたしま
                                       した。
                                  なお、回収可能価額は正味売却価額を零として測定
                                       しております。




次へ




                                  26/70
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                        半期報告書

  (中間連結株主資本等変動計算書関係)
 Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


 1発行済株式に関する事項
   株式の種類       当連結会計年度期首              増加                    減少          当中間連結会計期間末

普通株式(千株)               28,600                      ―             ―           28,600




 2自己株式に関する事項
   株式の種類       当連結会計年度期首              増加                    減少          当中間連結会計期間末

普通株式(千株)                   55                      6                ―              61

    (変動事由の概要)
    増加数の主な内訳は、次の通りであります。
    単元未満株式の買取りによる増加 6千株



 3配当に関する事項
 (1) 配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり
    決議         株式の種類                                          基準日          効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
平成22年6月25日
               普通株式             143                    5   平成22年3月31日    平成22年6月28日
定時株主総会


 (2) 基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの
該当事項はありません。




                                           27/70
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                        半期報告書
 Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


 1発行済株式に関する事項
   株式の種類       当連結会計年度期首              増加                    減少          当中間連結会計期間末

普通株式(千株)               28,600                      ―             ―           28,600




 2自己株式に関する事項
   株式の種類       当連結会計年度期首              増加                    減少          当中間連結会計期間末

普通株式(千株)                   63                      1                ―              64

    (変動事由の概要)
    増加数の主な内訳は、次の通りであります。
    単元未満株式の買取りによる増加 1千株



 3配当に関する事項
 (1) 配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり
    決議         株式の種類                                          基準日          効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
平成23年6月28日
               普通株式             114                    4   平成23年3月31日    平成23年6月29日
定時株主総会


 (2) 基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの
該当事項はありません。




前へ次へ




                                           28/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書

    (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         前中間連結会計期間                      当中間連結会計期間
        (自平成22年4月1日                   (自平成23年4月1日
         至平成22年9月30日)                  至平成23年9月30日)
※1現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸      ※1現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸
  借対照表に掲記されている科目の金額との関係          借対照表に掲記されている科目の金額との関係

現金及び預金              3,024百万円   現金及び預金              3,345百万円
預入期間が3ヵ月を超える定期預金    △925       預入期間が3ヵ月を超える定期預金    △879
現金及び現金同等物           2,099百万円   現金及び現金同等物           2,466百万円
                              
2重要な非資金取引の内容                  2重要な非資金取引の内容
    当中間連結会計期間に新たに計上したファイナン         当中間連結会計期間に新たに計上したファイナン
  ス・リース取引に係る資産および負債の額            ス・リース取引に係る資産および負債の額
資産420百万円        資産  344百万円
負債420百万円        負債  344百万円




                               29/70
                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                              第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                                      半期報告書
 (リース取引関係)

            前連結会計年度                                       当中間連結会計期間
          (平成23年3月31日)                                    (平成23年9月30日)
1ファイナンス・リース取引                                  1ファイナンス・リース取引
(1) 所有権移転外ファイナンス・リース取引                          (1) 所有権移転外ファイナンス・リース取引
     (通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理に                         (通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理に
      よっているもの)                                       よっているもの)
(借主側)                                           (借主側)
①リース資産の内容                                      ①リース資産の内容
有形固定資産                                        有形固定資産
車両運搬具                                        同左
その他(工具、器具及び備品等)                              
                                             
無形固定資産                                        無形固定資産
ソフトウェア                                       同左


  ②リース資産の減価償却の方法                                  ②リース資産の減価償却の方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額                      同左
   法によっております。

(2) 所有権移転外ファイナンス・リース取引                          (2) 所有権移転外ファイナンス・リース取引
     (リース取引開始日が平成20年3月31日以前の通                       (リース取引開始日が平成20年3月31日以前の通
      常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理に                          常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理に
      よっているもの)                                       よっているもの)

(借主側)                                           (借主側)
 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                        ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額および期末残高相当額                                     額および中間期末残高相当額


            取得価額        減価償却         期末                          取得価額        減価償却       中間期末
             相当額       累計額相当額     残高相当額                           相当額       累計額相当額     残高相当額
            (百万円)       (百万円)      (百万円)                         (百万円)       (百万円)      (百万円)
               3,900      2,968          932                        2,902      2,310          592
車両運搬具                                               車両運搬具
その他                                                 その他
                 173        141            32                         137        115            22
(機械及び装置)                                            (機械及び装置)
その他                                                 その他
               1,045        860          185                          724        636            88
( 工具、器具及び                                           ( 工具、器具及び
備品)                                                 備品)
               5,118      3,969      1,149                          3,763      3,061          702
   合計                                                       合計



 ②未経過リース料期末残高相当額                                     ②未経過リース料中間期末残高相当額
   1年以内                         835百万円                 1年以内           637百万円
   1年超                          351                    1年超             85
    合計                      1,186百万円                        合計                       722百万円
                                                




                                                    30/70
                                                                EDINET提出書類
                                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                                    半期報告書

        前中間連結会計期間                           当中間連結会計期間
        (平成22年9月30日)                        (平成23年9月30日)
 ③支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相            ③支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相
  当額                                  当額

   支払リース料              645百万円            支払リース料         465百万円
   減価償却費相当額            582               減価償却費相当額       428
   支払利息相当額              38               支払利息相当額         15
                                     
  ④減価償却費相当額および利息相当額の算定方法             ④減価償却費相当額および利息相当額の算定方法
・減価償却費相当額の算定方法                      ・減価償却費相当額の算定方法
     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とす              同左
     る定額法によっております。
・利息相当額の算定方法                      ・利息相当額の算定方法
     リース料総額とリース物件の取得価額相当額        同左
     との差額を利息相当額とし、各期への配分方法
     については、利息法によっております。




           前連結会計年度                        当中間連結会計期間
         (平成23年3月31日)                     (平成23年9月30日)
2オペレーティング・リース取引                 2オペレーティング・リース取引
(借主側)                           (借主側)
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
   のに係る未経過リース料                      のに係る未経過リース料
    1年以内              1,215百万円       1年以内              1,339百万円
    1年超               6,071          1年超               5,947
   合計               7,286百万円         合計            7,286百万円
                                 
(貸主側)                              (貸主側)
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも          オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
 のに係る未経過リース料                        のに係る未経過リース料
   1年以内           292百万円             1年以内            292百万円
   1年超            607                1年超             461
   合計                 899百万円             合計            753百万円
                                 




                                 31/70
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                 半期報告書
  (金融商品関係)


Ⅰ. 前連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)


平成23年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りであります。な
 お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)を参照願いま
 す)
                                                           (単位:百万円)
                            連結貸借対照表
                                            時価              差額
                             計上額
         (1) 現金及び預金               3,245            3,245            ―
         (2) 受取手形                 1,220            1,220            ―
         (3) 営業未収入金               9,595            9,595            ―
       (4) 有価証券                       16             16
         (5) 投資有価証券                                                 ―
           ① 満期保有目的の債券                4              4            ―
         ② その他有価証券                508              508            ―

                  資産計        14,588           14,588            ―
         (1) 営業未払金                6,423            6,423            ―
         (2) 1年内償還予定の社債           1,100            1,106             6
         (3) 短期借入金               11,074           11,074            ―
         (4) 未払金                  2,639            2,639            ―
         (5) 長期借入金               14,111           14,231           120
         (1年内返済予定の長期借入
              金を含む)
                  負債計        34,978           35,104           126

        デリバティブ取引                      12             12            ―


(注1)   金融商品の時価の算定方法並びに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
    資産
(1) 現金及び預金、(2) 受取手形、並びに(3) 営業未収入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
(4) 有価証券、並びに(5) 投資有価証券
これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券については残存期間が短期間であること等に
            より時価は帳簿価額と近似していると考えられることから、当該帳簿価額を時価としております。また、
            保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご覧ください。




                                   32/70
                                                                  EDINET提出書類
                                                              第一貨物株式会社(E04183)
                                                                      半期報告書
負債
(1) 営業未払金、 (3) 短期借入金、並びに(4) 未払金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。


(2) 1年内償還予定の社債、並びに(5) 長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)
これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算
         定する方法によっております。変動金利による長期借入金のうちスワップの特例処理の対象とされてい
         るものは、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を同額の借入れを行った場合に適
         用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっております。




    デリバティブ取引
        これらの時価につきましては、主たる取引先金融機関から提出された価格等に基づき算定しております。但
    し、金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
    ため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。


(注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                (単位:百万円)
                  区分                  連結貸借対照表計上額

         非上場株式                                         200

         関係会社株式                                        132

         差入保証金                                       1,248

上記については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められるため、「金融商品の時価等に関する事項」には含めておりません。




                                 33/70
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    第一貨物株式会社(E04183)
                                                                            半期報告書
Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)

平成23年9月30日における中間連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りでありま
   す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)を参照願
   います)

                                                            (単位:百万円)
                            中間連結貸借対照表
                                            時価             差額
                              計上額
         (1) 現金及び預金                 3,345           3,345           ―
         (2) 受取手形                   1,250           1,250           ―
         (3) 営業未収入金                10,368          10,368           ―
        (4) 有価証券                      16              16           ―
         (5) 投資有価証券
            ① 満期保有目的の債券                 4               4           ―
          ② その他有価証券                 508             508           ―

               資産計             15,491          15,491           ―
         (1) 営業未払金                  6,730           6,730           ―
         (2) 1年内償還予定の社債               100             100           ―
         (3) 短期借入金                 11,394          11,394           ―
         (4) 未払金                    2,212           2,212           ―
         (5) 長期借入金                 16,134          16,230           96
          (1年内返済予定の長期借入
              金を含む)
               負債計             36,570          36,666           96

        デリバティブ取引                      ―               ―            ―




(注1)    金融商品の時価の算定方法並びに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項

       資産
(1) 現金及び預金、(2) 受取手形、並びに(3) 営業未収入金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
(4) 有価証券、並びに(5) 投資有価証券
これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券については残存期間が短期間であること等に
         より時価は帳簿価額と近似していると考えられることから、当該帳簿価額を時価としております。また、
         保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご覧ください。




                                    34/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書
負債
(1) 営業未払金、(2) 1年内償還予定の社債、(3) 短期借入金、並びに(4) 未払金
これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。


 (5) 長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)
これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算
         定する方法によっております。変動金利による長期借入金のうちスワップの特例処理の対象とされてい
         るものは、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を同額の借入れを行った場合に適
         用される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっております。




    デリバティブ取引
        金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されている
    ため、その時価は当該長期借入金の時価に含めて記載しております。


(注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                            (単位:百万円)
                  区分            中間連結貸借対照表計上額

         非上場株式                                      200

         関係会社株式                                     131

         差入保証金                                    1,256

上記については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積もることなどができず、時価を把握する
        ことが極めて困難と認められるため、「金融商品の時価等に関する事項」には含めておりません。



前へ次へ




                               35/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書

  (有価証券関係)
Ⅰ. 前連結会計年度(平成23年3月31日)


 1満期保有目的の債券
                                                    (単位:百万円)
                   連結決算日における       連結決算日における
       区分                                            差額
                  連結貸借対照表計上額       時価
時価が連結貸借対照表計上額を
                           20                  20           ―
超えないもの
       合計                20                  20           ―


 2その他有価証券
                                                    (単位:百万円)
                   連結決算日における
       区分                              取得原価          差額
                  連結貸借対照表計上額
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
株式                        319                171          148

       小計                 319                171          148
連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
株式                        189                238         △49

       小計                 189                238         △49

       合計                508                409           99




                               36/70
                                                                EDINET提出書類
                                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                                    半期報告書
Ⅱ. 当中間連結会計期間(平成23年9月30日)
1満期保有目的の債券
                                                     (単位:百万円)
                 中間連結決算日における        中間連結決算日に
       区分                                              差額
                 中間連結貸借対照表計上額       おける時価
時価が中間連結貸借対照表計上
                            20                 20             ―
額を超えないもの
      合計                  20                 20             ―


 2その他有価証券
                                                     (単位:百万円)
                 中間連結決算日における
       区分                             取得原価             差額
                 中間連結貸借対照表計上額
中間連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えるもの
株式                        319                 168           151

       小計                 319                 168           151
中間連結貸借対照表計上額が
取得原価を超えないもの
株式                        189                 254          △65

       小計                 189                 254          △65

      合計                 508                 422            86






                            37/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書
(デリバティブ取引関係)
Ⅰ. 前連結会計年度(平成23年3月31日)
 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
                                               (単位:百万円)
       区分        取引の種類   契約額等    契約額等のうち1年超   時価        評価損益


    市場取引以外の オイルスワップ取引
                            75            ―        12      12
    取引      支払固定・受取変動


            合計              75            ―        12      12

(注)   時価の算定方法
取引先金融機関等から提示された価額等に基づき算定しております。


Ⅱ. 当中間連結会計期間(平成23年9月30日)
 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
 該当事項はありません。







                                 38/70
                                                      EDINET提出書類
                                                  第一貨物株式会社(E04183)
                                                          半期報告書
  (資産除去債務関係)


Ⅰ. 前連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)


1.資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
 当連結会計年度における当該資産除去債務の総額の増減

       期首残高                               43百万円
                                           0
       時の経過による調整額
       期末残高                               43百万円

 2.連結貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務
当社グループは、賃貸借契約に基づき使用する事務所等のうち一部については、退去時における原状回復に係
     る債務を有しておりますが、当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、現在のところ移転等も
     予定されていないことから、資産除却債務を合理的に見積ることができません。そのため、当該債務に見合
     う資産除去債務を計上しておりません。


Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


  1.資産除去債務のうち中間連結貸借対照表に計上しているもの
 当中間連結会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

       期首残高                               43百万円
                                           0
       時の経過による調整額
       中間期末残高                             43百万円


 2.中間連結貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務
当社グループは、賃貸借契約に基づき使用する事務所等のうち一部については、退去時における原状回復に係
     る債務を有しておりますが、当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、現在のところ移転等も
     予定されていないことから、資産除却債務を合理的に見積ることができません。そのため、当該債務に見合
     う資産除去債務を計上しておりません。




                                39/70
                                              EDINET提出書類
                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                  半期報告書
     (賃貸等不動産関係)


Ⅰ. 前連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
   賃貸等不動産の総額の重要性が乏しいので、注記を省略しております。


Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
   賃貸等不動産の総額の重要性が乏しいので、注記を省略しております。



前へ




                             40/70
                                                     EDINET提出書類
                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                         半期報告書

  (セグメント情報等)


 【セグメント情報】


Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


1.報告セグメントの概要
当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
 配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
当社グループは、提出会社においては特別積合せ運送事業による輸送サービスやロジスティクス事業による保管
 ・荷役等のサービスを行うとともに、連結子会社においては一般貨物自動車運送事業による区域輸送サービスを
 行っております。その他にも、コンピュータ関連機器の販売および不動産の賃貸も事業展開しております。
従って、当社グループは「物流関連事業」、「コンピュータ関連機器販売事業」および「不動産賃貸事業」の3つ
 を報告セグメントとしております。
  各報告セグメントの製品およびサービスの種類は次の通りであります。

     報告セグメント                   製品およびサービスの種類
                   特別積合せ運送事業による貨物輸送、一般貨物自動車運送事業による貨物
 物流関連事業
                   輸送、倉庫業、荷造梱包業、貨物利用運送事業

 コンピュータ関連機器販売事業    商品販売、商品開発、商品保守

 不動産賃貸事業           倉庫の賃貸




2.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
 における記載と概ね同一であります。
報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益および振替高は市場実勢価
 格に基づいております。




                            41/70
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                          半期報告書
3.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                                      (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                                                中間連結
                                コンピュ                       その他        調整額
                                                                                財務諸表
                    物流関連        ータ関連     不動産               (注)1       (注)2
                                                 計                               計上額
                     事業         機器販売    賃貸事業
                                 事業
売上高
外部顧客への売上高          36,743       649      146   37,538       76         ―       37,614
セグメント間の内部
                            2     169       ―        171      ―         (171)        ―
売上高または振替高
          計          36,745       818      146   37,709       76        (171)    37,614

セグメント利益                  559      19       95       673      44         (23)       694

セグメント資産             77,701       950    2,167   80,818           1       (4)    80,815

セグメント負債             58,455       774        0   59,229       ―           (0)    59,229
その他の項目
減価償却費                   824      14       33       871          0      ―          871
有形固定資産および
                          769      ―        ―        769      ―          ―          769
無形固定資産の増加額
   持分法適用関連会社
                           90      ―        ―         90      ―          ―           90
   への投資額
(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントで、燃料の販売業および損害保険代
              理業等であります。
2.「調整額」はセグメント間取引消去額であります。




                                         42/70
                                                     EDINET提出書類
                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                         半期報告書
Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


1.報告セグメントの概要
当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
 配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
当社グループは、提出会社においては特別積合せ運送事業による輸送サービスやロジスティクス事業による保管
 ・荷役等のサービスを行うとともに、連結子会社においては一般貨物自動車運送事業による区域輸送サービスを
 行っております。その他にも、コンピュータ関連機器の販売および不動産の賃貸も事業展開しております。
従って、当社グループは「物流関連事業」、「コンピュータ関連機器販売事業」および「不動産賃貸事業」の3つ
 を報告セグメントとしております。
  各報告セグメントの製品およびサービスの種類は次の通りであります。

     報告セグメント                   製品およびサービスの種類
                   特別積合せ運送事業による貨物輸送、一般貨物自動車運送事業による貨物
 物流関連事業
                   輸送、倉庫業、荷造梱包業、貨物利用運送事業

 コンピュータ関連機器販売事業    商品販売、商品開発、商品保守

 不動産賃貸事業           倉庫の賃貸



2.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
 における記載と概ね同一であります。
報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益および振替高は市場実勢
価格に基づいております。




                            43/70
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                   第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                           半期報告書
3.報告セグメントごとの売上高、利益または損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                                       (単位:百万円)
                                 報告セグメント
                                                                                 中間連結
                                コンピュ                        その他        調整額
                                                                                 財務諸表
                    物流関連        ータ関連      不動産               (注)1       (注)2
                                                  計                               計上額
                     事業         機器販売     賃貸事業
                                 事業
売上高
外部顧客への売上高          37,288        604      146   38,038       70         ―       38,108
セグメント間の内部
                            2      184       ―        186      ―         (186)        ―
売上高または振替高
          計          37,290        788      146   38,224       70        (186)    38,108

セグメント利益                  272       20       96       388      49        ( 20)       417

セグメント資産             77,491      1,009    2,102   80,602           1      33      80,636

セグメント負債             58,354        791        0   59,145       ―          (0)    59,145
その他の項目
減価償却費                   853       16       33       902          0      ―          902
有形固定資産および
                      1,268         12        1    1,281       ―          ―        1,281
無形固定資産の増加額
   持分法適用関連会社
                           97       ―        ―         97      ―          ―           97
   への投資額
(注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントで、燃料の販売業および損害保険代
              理業等であります。
2.「調整額」はセグメント間取引消去額、および事業セグメントに含まれない遊休資産等であります。




                                          44/70
                                                           EDINET提出書類
                                                       第一貨物株式会社(E04183)
                                                               半期報告書
【関連情報】
Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


1.製品およびサービスごとの情報
提供しているサービスの性質上、分類することが困難なため、記載を省略しております。


2.地域ごとの情報
(1) 売上高
国内売上のみであり、外部顧客への売上高に区分した金額が中間連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、
  地域ごとの売上高の記載を省略しております。
(2) 有形固定資産
所在している事業所が国内のみのため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。


3.主要な顧客ごとの情報
    顧客の名称または氏名           売上高              関連するセグメント名

      ㈱ヤマダ電機                   4,712百万円     物流関連事業



Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


1.製品およびサービスごとの情報
提供しているサービスの性質上、分類することが困難なため、記載を省略しております。


2.地域ごとの情報
(1) 売上高
国内売上のみのため、地域ごとの売上高の記載を省略しております。
(2) 有形固定資産
所在している事業所が国内のみのため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。


3.主要な顧客ごとの情報
    顧客の名称または氏名           売上高              関連するセグメント名

      ㈱ヤマダ電機                   4,539百万円     物流関連事業




                            45/70
                                                                      EDINET提出書類
                                                                  第一貨物株式会社(E04183)
                                                                          半期報告書
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
    Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


重要性が乏しいため記載を省略しております。


    Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
                                                           (単位:百万円)
                            報告セグメント
                           コンピュ
                                                    その他   全社・消去   合計
                  物流関連     ータ関連    不動産
                                           計
                   事業      機器販売   賃貸事業
                            事業
    減損損失             27      ―       ―        27     ―       2    29




    【報告セグメントごとののれんの償却額および未償却残高に関する情報】
    Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


重要性が乏しいため記載を省略しております。


    Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


重要性が乏しいため記載を省略しております。




    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
    Ⅰ. 前中間連結会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)


該当事項はありません。


    Ⅱ. 当中間連結会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


該当事項はありません。




                                   46/70
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     第一貨物株式会社(E04183)
                                                                             半期報告書
  (1株当たり情報)
1株当たり純資産額および算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額および算定上の基礎は、以下のとおりで
 あります。

                                    前連結会計年度               当中間連結会計期間
                 項目
                                  (平成23年3月31日)           (平成23年9月30日)

 (1) 1株当たり純資産額                              734.40円                733.79円


 (算定上の基礎)


 純資産の部の合計額              (百万円)               21,498                  21,491


 純資産の部の合計額から控除する金額      (百万円)                    539                    552


 (うち、少数株主持分)                                     539                    552


 普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額   (百万円)               20,959                  20,939


 普通株式の発行済株式数            (千株)                28,600                  28,600


 普通株式の自己株式数             (千株)                      63                     64

 1株当たり純資産額の算定に用いられた
                         (千株)                28,537                  28,536
 中間期末(期末)の普通株式の数


                                   前中間連結会計年度               当中間連結会計期間
                 項目            (自平成23年4月1日           (自平成23年4月1日
                                  至平成22年9月30日)         至平成23年9月30日)

 (2) 1株当たり中間純利益金額                           10.89円                   3.54円


 (算定上の基礎)


 中間純利益金額                (百万円)                    311                    101


 普通株主に帰属しない金額                                     ―                      ―


 普通株式に係る中間純利益金額         (百万円)                    311                    101


 普通株式の期中平均株式数           (千株)                28,542                  28,536

(注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式がありませんので、記載しておりません。


 (2) 【その他】
    該当事項はありません。




                                  47/70
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                                         半期報告書

2【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
  ①【中間貸借対照表】
                                                       (単位:百万円)

                     前事業年度                        当中間会計期間
                  (平成23年3月31日)                  (平成23年9月30日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                              1,670                      1,696
   受取手形                                1,118                      1,162
   営業未収入金                              8,440                      9,309
   有価証券                                   16                         16
   貯蔵品                                   113                        118
   繰延税金資産                                336                        208
   その他                                   766                        837
                                       △275                       △372
   貸倒引当金
  流動資産合計                               12,184                     12,974
 固定資産
  有形固定資産
                                       12,654                     12,726
    建物(純額)                  ※2, ※3                     ※2, ※3
                                        1,058                      1,037
    車両運搬具(純額)                 ※2, ※3                     ※2, ※3
                                       42,534                     42,532
    土地                   ※2, ※3, ※4                 ※2, ※3, ※4
                                        2,324                      2,273
    その他(純額)                      ※3                         ※3

                                       58,570                     58,568
    有形固定資産合計                    ※1                         ※1

  無形固定資産                                 820                        853
  投資その他の資産
   その他                                  2,667                      2,698
                                         △28                        △23
   貸倒引当金
    投資その他の資産合計                          2,639                      2,675
  固定資産合計                               62,029                     62,096
 資産合計                                  74,213                     75,070
負債の部
 流動負債
   営業未払金                                6,358                      6,719
                                        1,000
  1年内償還予定の社債                                                         −
                                 ※3
                                       12,468                     13,064
  短期借入金                         ※3                         ※3
  リース債務                                   253                        300
  未払法人税等                                  105                        116
  未払費用                                  2,527                      2,488
                                                                   2,466
  その他                                   3,134               ※5

  流動負債合計                               25,845                     25,153




                 48/70
                                                          EDINET提出書類
                                                      第一貨物株式会社(E04183)
                                                              半期報告書
                                               (単位:百万円)

                     前事業年度                 当中間会計期間
                  (平成23年3月31日)           (平成23年9月30日)
 固定負債
                                10,616                 12,327
  長期借入金                   ※3                     ※3
  リース債務                            550                    557
  長期未払金                             29                     24
  退職給付引当金                        3,220                  3,197
  役員退職慰労引当金                        241                    229
  資産除去債務                            38                     38
  投資損失引当金                           22                     22
                                10,591                 10,591
  再評価に係る繰延税金負債            ※4                     ※4
  繰延税金負債                         2,423                  2,399
  その他                              306                    306
  固定負債合計                        28,036                 29,690
 負債合計                           53,881                 54,843
純資産の部
 株主資本
   資本金                           2,120                  2,120
   資本剰余金
    資本準備金                         562                    562
    資本剰余金合計                       562                    562
  利益剰余金
   利益準備金                          530                    530
   その他利益剰余金
     圧縮記帳積立金                     5,474                  5,474
     別途積立金                       2,200                  2,200
     繰越利益剰余金                       461                    357
    利益剰余金合計                      8,665                  8,561
  自己株式                            △8                     △9
  株主資本合計                        11,339                 11,234
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                      28                     29
                                 8,965                  8,964
  土地再評価差額金                 ※4                     ※4

  評価・換算差額等合計                     8,993                  8,993
 純資産合計                          20,332                 20,227
負債純資産合計                         74,213                 75,070




                 49/70
                                                       EDINET提出書類
                                                   第一貨物株式会社(E04183)
                                                           半期報告書

 ②【中間損益計算書】
                                               (単位:百万円)

                   前中間会計期間                 当中間会計期間
                 (自 平成22年4月1日            (自 平成23年4月1日
                至 平成22年9月30日)          至 平成23年9月30日)
営業収益                        34,169                  34,850
営業原価                        32,499                  33,398
営業総利益                           1,670                   1,452
販売費及び一般管理費                      1,123                   1,115
営業利益                             547                     337
                                 157                     196
営業外収益                      ※1                      ※1
                                 302                     264
営業外費用                      ※2                      ※2

経常利益                             402                     269
                                 271                      31
特別利益                       ※3                       ※3
                                 114                     124
特別損失                       ※4                      ※4

税引前中間純利益                         559                     176
法人税、住民税及び事業税                      54                      66
法人税等調整額                          250                     101
法人税等合計                           304                     167
中間純利益                            255                       9




                50/70
                                                           EDINET提出書類
                                                       第一貨物株式会社(E04183)
                                                               半期報告書

 ③【中間株主資本等変動計算書】
                                                   (単位:百万円)

                        前中間会計期間                当中間会計期間
                      (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                     至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
株主資本
 資本金
   当期首残高                          2,120                  2,120
  当中間期末残高                         2,120                  2,120
 資本剰余金
  資本準備金
    当期首残高                             562                    562
    当中間期末残高                           562                    562
  資本剰余金合計
   当期首残高                              562                    562
    当中間期末残高                           562                    562
 利益剰余金
  利益準備金
    当期首残高                             530                    530
    当中間期末残高                           530                    530
  その他利益剰余金
   圧縮記帳積立金
     当期首残高                        5,478                  5,474
     当中間期末残高                      5,478                  5,474
    別途積立金
     当期首残高                        2,000                  2,200
     当中間期変動額
                                                              −
       別途積立金の積立                       200
       当中間期変動額合計                                              −
                                      200
     当中間期末残高                      2,200                  2,200
    繰越利益剰余金
     当期首残高                            491                    461
     当中間期変動額
       剰余金の配当                    △143                   △114
       中間純利益                      255                      9
       別途積立金の積立                  △200                     −
       土地再評価差額金の取崩                  1                      1
       当中間期変動額合計                  △87                   △104
     当中間期末残高                          404                    357
  利益剰余金合計
   当期首残高                          8,499                  8,665
   当中間期変動額
     剰余金の配当                      △143                   △114
     中間純利益                        255                      9
     別途積立金の積立                      −                      −
     土地再評価差額金の取崩                    1                      1
     当中間期変動額合計                                          △104
                                      113
    当中間期末残高                       8,612                  8,561
 自己株式
  当期首残高                               △8                     △8
  当中間期変動額
                                      △0                     △1
    自己株式の取得
    当中間期変動額合計                         △0                     △1
  当中間期末残高                             △8                     △9




                     51/70
                                                               EDINET提出書類
                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                   半期報告書
                                                       (単位:百万円)

                            前中間会計期間                当中間会計期間
                          (自 平成22年4月1日           (自 平成23年4月1日
                         至 平成22年9月30日)         至 平成23年9月30日)
 株主資本合計
  当期首残高                              11,173                 11,339
  当中間期変動額
    剰余金の配当                           △143                   △114
    中間純利益                             255                      9
    自己株式の取得                           △0                     △1
    土地再評価差額金の取崩                         1                      1
    当中間期変動額合計                                               △105
                                          113
  当中間期末残高                            11,286                 11,234
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   当期首残高                                   45                    28
   当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                      △21                         1
    (純額)
    当中間期変動額合計                         △21                         1
  当中間期末残高                                  24                    29
 土地再評価差額金
  当期首残高                               9,072                  8,965
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                          △1                     △1
    (純額)
    当中間期変動額合計                             △1                     △1
  当中間期末残高                             9,071                  8,964
 評価・換算差額等合計
  当期首残高                               9,117                  8,993
  当中間期変動額
    株主資本以外の項目の当中間期変動額
                                      △22                         0
    (純額)
    当中間期変動額合計                         △22                         0
  当中間期末残高                             9,095                  8,993
純資産合計
 当期首残高                               20,290                 20,332
 当中間期変動額
   剰余金の配当                            △143                   △114
   中間純利益                              255                      9
   自己株式の取得                            △0                     △1
   土地再評価差額金の取崩                          1                      1
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純
                                      △22                         0
   額)
   当中間期変動額合計                                                △105
                                           91
 当中間期末残高                             20,381                 20,227




                         52/70
                                                            EDINET提出書類
                                                        第一貨物株式会社(E04183)
                                                                半期報告書

【重要な会計方針】

                                    当中間会計期間
      項目
                           (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
1資産の評価基準および評価   (1) 有価証券
 方法                満期保有目的の債券
                     …償却原価法(定額法)によっております。
                   子会社株式および関連会社株式
                     …移動平均法による原価法によっております。
                   その他有価証券
                     時価のあるもの
                 …中間決算日の市場価格等に基づく時価法によっております。
                 (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
                      り算定しております。)
                     時価のないもの
                      …移動平均法による原価法によっております。

                 (2) デリバティブ取引により生ずる債権および債務
                 時価法

                 (3) たな卸資産(貯蔵品)
                     先入先出法による原価法(収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)に
                   よっております。


2固定資産の減価償却の方法   (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
                     建物および構築物については定額法、その他の固定資産については定率法
                   を採用しております。
                 なお、主な耐用年数は次の通りであります。
                     建物  8年∼34年
                     車両
                           2年∼4年
                     運搬具
                 
                 (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
                   定額法を採用しております。
                   なお、耐用年数については、法人税法に規定する方法と同一の基準によって
                   おります。
                     ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
                   (5年)に基づく定額法を採用しております。

                 (3) 少額減価償却資産
                     取得価額が10万円以上20万円未満の資産については、3年均等償却によっ
                   ております。

                 (4) リース資産
                     所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっておりま
                   す。
                     なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前のリース取引について
                   は、引き続き通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理を適用しており
                   ます。




                               53/70
                                                        EDINET提出書類
                                                    第一貨物株式会社(E04183)
                                                            半期報告書

                                    当中間会計期間
      項目
                           (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
3引当金の計上基準        (1) 貸倒引当金
                    債権の貸倒れによる損失に備えるため、回収不能見込額を計上しておりま
                    す。
                    a一般債権
                    貸倒実績率法によっております。
                    b貸倒懸念債権および破産更生債権
                  財務内容評価法によっております。
                    c関係会社貸付債権
                      財務内容評価法によっております。

                  (2) 災害損失引当金
                  東日本大震災により被災した建物等の修復および撤去費用等に充てるため、
                    必要見込み額を計上しております。

                  (3) 退職給付引当金
                    従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務およ
                    び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発生していると認
                    められる額を計上しております。
                      過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
                    数(10年)による定額法により費用処理しております。
                      数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務
                    期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発
                    生の翌事業年度から費用処理することとしております。

                  (4) 役員退職慰労引当金
                    役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく中間期末要支給額を
                    計上しております。

                  (5) 投資損失引当金
                  関係会社への投資に対する損失に備えるため、当該会社の財政状態を勘案
                    し、必要見込額を計上しております。

4ヘッジ会計の方法        ①ヘッジ会計の方法
                   金利スワップの特例処理の要件を満たす取引については、特例処理を適用
                   しております。

                  ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                  ヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下の通りであります。
                      ヘッジ手段
                  金利スワップ
                  ヘッジ対象
                  借入金の利息
                  ③ヘッジ方針
                  デリバティブ取引の権限および取引限度額等に関する取締役会決議に基づ
                    き、ヘッジ対象に係る金利変動リスクを一定の範囲内でヘッジしておりま
                    す。

                  ④ヘッジ有効性評価の方法
                     金利スワップの特例処理によっているため、有効性の評価を省略しており
                    ます。
5その他中間財務諸表作成の    消費税等の会計処理
 ための基本となる重要な事項    消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。


【追加情報】

                          当中間会計期間
                 (自平成23年4月1日至平成23年9月30日)




                               54/70
                                                       EDINET提出書類
                                                   第一貨物株式会社(E04183)
                                                           半期報告書
 当中間会計期間の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬の訂正
に関する会計基準」(企業会計基準第24号平成21年12月4日)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計
基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号平成21年12月4日)を適用しております。




                            55/70
                                                                           EDINET提出書類
                                                                       第一貨物株式会社(E04183)
                                                                               半期報告書

【注記事項】
 (中間貸借対照表関係)

                             前事業年度                      当中間会計期間
         項目
                           (平成23年3月31日)               (平成23年9月30日)
※1有形固定資産減価償却累計額
                                   42,465百万円                  42,373百万円

※2圧縮対象資産のうち取得価額     建物圧縮額            244百万円    建物圧縮額            244百万円
                     車両運搬具圧縮額          42       車両運搬具圧縮額          42
   から直接減額している金額
                     土地圧縮額          1,881       土地圧縮額          1,881
                     計             2,167百万円   計            2,167百万円
※3
①担保に供している資産
   建物                                 205百万円                            ―
   土地                               1,205
   その他の有形固定資産                           1
                                     1,411百万円
           計
上記に対応する債務
    社 債(1年内償還予定の社債
                                     1,000百万円
    を含む)
                                     1,000百万円
           計
 ②道路交通事業財団として担保
     に供している資産
    建物                             11,218百万円                  11,255百万円
    車両運搬具                              77                         52
    土地                             37,393                     37,383
    その他の
                                    1,051                      1,023
    有形固定資産
                                   49,739百万円                  49,713百万円
           計
上記に対応する債務
    長期借入金(1年以内の返済を
                                   13,724百万円                  14,715百万円
    含む)
※4土地の再評価            土地の再評価に関する法律(平成10         同左
                     年3月31日公布法律第34号)、ならび
                     に、土地の再評価に関する法律の一
                     部を改正する法律(平成13年3月31
                     日公布法律第19号)に基づき、事業用
                     の土地の再評価を行い、評価差額に
                     ついては当該評価差額に係る税金相
                     当額を「土地再評価に係る繰延税金
                     負債」として負債の部に計上し、こ
                     れを控除した金額を「土地再評価差
                     額金」として純資産の部に計上して
                     おります。



次へ




                                  56/70
                                                                EDINET提出書類
                                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                                    半期報告書

                     前事業年度                    当中間会計期間
         項目
                   (平成23年3月31日)             (平成23年9月30日)
              再評価の方法                   再評価の方法
              土地の再評価に関する法律施行令          同左
              (平成10年3月31日公布政令第119
              号)第2条第3号に定める方法に基
              づき、固定資産税評価額に合理的な
              調整を行って算出しております。



              再評価を行った年月日               再評価を行った年月日
              平成13年3月31日            平成13年3月31日
              同法律第10条に定める再評価を          同法律第10条に定める再評価を
              行った事業用土地の当事業年度末に          行った事業用土地の当中間会計期間
              おける時価の合計額が、当該事業用          末における時価の合計額が、当該事
              土地の再評価後の帳簿価額の合計額          業用土地の再評価後の帳簿価額の合
              を下回る金額は4,143百万円であり        計額を下回る金額は4,926百万円で
              ます。                       あります。

                                   ―
※5消費税等の取扱い                             仮払消費税等および仮受消費税等
                                        は相殺のうえ流動負債のその他に含
                                        めて表示しております。

偶発債務          金融機関からの借入金に対する保証          金融機関からの借入金に対する保証
(保証債務)         第一梱包運輸㈱                   第一梱包運輸㈱
              ㈱七十七銀行     40百万円         ㈱七十七銀行     40百万円

               高速道路別納料金保証                高速道路別納料金保証
              第一チルド輸送㈱                 第一チルド輸送㈱
               ㈿大都ビジネス                  ㈿大都ビジネス
                                6百万円                       2百万円
               ネットワーク                   ネットワーク
                     計          46百万円          計       42百万円




次へ




                        57/70
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     第一貨物株式会社(E04183)
                                                                             半期報告書

  (中間損益計算書関係)

            前中間会計期間                                当中間会計期間
         (自平成22年4月1日                           (自平成23年4月1日
          至平成22年9月30日)                          至平成23年9月30日)
※1営業外収益の主要項目                          ※1営業外収益の主要項目
    受取利息                   5百万円            受取利息                    6百万円
    受取賃貸料                  61〃            受取賃貸料                   65〃
                                           雇用調整助成金                 36〃

※2営業外費用の主要項目                          ※2営業外費用の主要項目
    支払利息                  245百万円           支払利息                   231百万円

※3特別利益の主要項目                           ※3特別利益の主要項目
    環境対応車補助金              231百万円           東日本大震災に伴う
                                                                   13百万円
                                               災害損失戻入益
                                             (内訳)
                                           ・原状回復                  6〃
                                           ・その他                   7〃
                                             このうち、災害損失引当金戻入        10〃

                                               被災車両補填金              7〃
                                               災害見舞金                6〃
                                   
※4特別損失の主要項目                           ※4特別損失の主要項目
    車両売却損                 26百万円            車両売却損                   5百万円
    建物等除却損                 22〃            建物等除却損                  24〃
    投資有価証券等評価損             24〃            貸倒引当金繰入額                74〃
    資産除去債務                 28〃            減損損失                     2〃


                                               当中間会計期間において当社は、以下の資産につ
                                               いて減損損失を計上いたしました。
                                                                  金額(百万
                                                  用途    種類     場所
                                                                    円)
                                                              秋田県
                                                  遊休   土地            2
                                                             にかほ市
                                                         計             2
                                               (グルーピングの方法)
                                               当社は、事業の種類ごとに管理会計上の区分を
                                                 考慮して、事業単位、拠点単位等によりグルー
                                                 ピングをしております。また、遊休資産につい
                                                 ては物件単位ごとにグル―ピングをしており
                                                 ます。

                                            (経緯)
                                       にかほ市の遊休地については、今後の利用計画も
                                              無く、地価も下落しているため、帳簿価額と売
                                              却による回収可能価額との差額を減損損失と
                                              して認識いたしました。
                                            なお、当資産の回収可能価額は、固定資産税評
                                              価額を調整した正味売却価額により測定して
                                              おります。

減価償却実施額                                減価償却実施額
   有形固定資産                 667百万円          有形固定資産                  691百万円
   無形固定資産                   27〃          無形固定資産                    32〃
    計                  694百万円               計               723百万円




前へ次へ


                                       58/70
                                                              EDINET提出書類
                                                          第一貨物株式会社(E04183)
                                                                  半期報告書

  (中間株主資本等変動計算書関係)
Ⅰ. 前中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
 自己株式に関する事項
     株式の種類     当事業年度期首     増加               減少       当中間会計期間末

普通株式(千株)             55                 6        ―          61

 (変動事由の概要)
 増加数の主な内訳は、次の通りであります。
 単元未満株式の買取りによる増加 6千株


Ⅱ. 当中間会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)
  自己株式に関する事項
     株式の種類     当事業年度期首     増加               減少       当中間会計期間末

普通株式(千株)             63                 1        ―          64

 (変動事由の概要)
 増加数の主な内訳は、次の通りであります。
 単元未満株式の買取りによる増加 1千株



前へ




                                59/70
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                           第一貨物株式会社(E04183)
                                                                                                   半期報告書

 (リース取引関係)

             前事業年度                                            当中間会計期間
          (平成23年3月31日)                                      (平成23年9月30日)
1ファイナンス・リース取引                                    1ファイナンス・リース取引
(1) 所有権移転外ファイナンス・リース取引                            (1) 所有権移転外ファイナンス・リース取引
    (通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理に                            (通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理に
     よっているもの)                                          よっているもの)

(借主側)                                             (借主側)
①リース資産の内容                                        ①リース資産の内容
有形固定資産                                         有形固定資産
車両運搬具                                         同左
その他(工具、器具及び備品等)
無形固定資産                                         無形固定資産
ソフトウェア                                        同左

 ②リース資産の減価償却の方法                                     ②リース資産の減価償却の方法
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする                         同左
  定額法によっております。

(2) 所有権移転外ファイナンス・リース取引                            (2) 所有権移転外ファイナンス・リース取引
  (リース取引開始日が平成20年3月31日以前の通常                           (リース取引開始日が平成20年3月31日以前の通
     の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっ                             常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理に
     ているもの)                                             よっているもの)

(借主側)                                             (借主側)
 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当                          ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
  額および期末残高相当額                                       額および中間期末残高相当額

             取得価額        減価償却          期末                        取得価額        減価償却        中間期末
              相当額       累計額相当額      残高相当額                         相当額       累計額相当額      残高相当額
             (百万円)       (百万円)       (百万円)                       (百万円)       (百万円)       (百万円)

                3,283      2,480         803                        2,401      1,895         506
 車両運搬具                                                車両運搬具

 その他                                                  その他
                  173        140             33                       137        115             22
 (機械及び装置)                                             (機械及び装置)
 その他                                                  その他
                1,024        842         182                          702        616             86
 ( 工具、器具及び                                            (工具、器具及び
 備品)                                                  備品)

                4,480      3,462       1,018                        3,240      2,626         614
    合計                                                    合計

                                                  
 ②未経過リース料期末残高相当額                                      ②未経過リース料中間期末残高相当額
   1年以内                            750百万円               1年以内                           575百万円
   1年超                             314                  1年超                             70
    合計                           1,064百万円                 合計                           645百万円
                                                  




                                                  60/70
                                                                   EDINET提出書類
                                                               第一貨物株式会社(E04183)
                                                                       半期報告書

            前中間会計期間                             当中間会計期間
          (平成22年9月30日)                        (平成23年9月30日)
 ③支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相            ③支払リース料、減価償却費相当額および支払利息相
    当額                                  当額
                                   
     支払リース料            578百万円            支払リース料            413百万円
     減価償却費相当額          572               減価償却費相当額          381
     支払利息相当額            33               支払利息相当額            13

  ④減価償却費相当額および利息相当額の算定方法             ④減価償却費相当額および利息相当額の算定方法
  ・減価償却費相当額の算定方法                      ・減価償却費相当額の算定方法
      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とす          同左
      る定額法によっております。
・利息相当額の算定方法                      ・利息相当額の算定方法
      リース料総額とリース物件の取得価額相当額       同左
      との差額を利息相当額とし、各期への配分方法
      については、利息法によっております。




            前事業年度                           当中間会計期間
         (平成23年3月31日)                     (平成23年9月30日)
2オペレーティング・リース取引                 2オペレーティング・リース取引
(借主側)                           (借主側)
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
   のに係る未経過リース料                      のに係る未経過リース料
    1年以内              1,171百万円       1年以内              1,278百万円
    1年超               5,922          1年超               5,747
   合計               7,093百万円             合計             7,025百万円
                                 
(貸主側)                            (貸主側)
オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
   のに係る未経過リース料                      のに係る未経過リース料
    1年以内           292百万円            1年以内           292百万円
    1年超            607               1年超            461
   合計                 899百万円             合計              753百万円




                                 61/70
                                                             EDINET提出書類
                                                         第一貨物株式会社(E04183)
                                                                 半期報告書
  (有価証券関係)
   Ⅰ. 前事業年度(平成23年3月31日)
      子会社株式および関連会社株式
                                        (単位:百万円)
                      区分            貸借対照表計上額

        (1)   子会社株式                                267

        (2)   関連会社株式                                90

                       計                           357

上記については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローが約定されておりません。
したがって、時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。


   Ⅱ. 当中間会計期間(平成23年9月30日)
      子会社株式および関連会社株式
                                        (単位:百万円)
                      区分           中間貸借対照表計上額

        (1)   子会社株式                                267

        (2)   関連会社株式                                90

                       計                           357

上記については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローが約定されておりません。
したがって、時価を把握することが極めて困難と認められるものであります。
なお、関係会社の投資損失に備えるため、投資損失引当金22百万円を計上しております。




                              62/70
                                                   EDINET提出書類
                                               第一貨物株式会社(E04183)
                                                       半期報告書
  (資産除去債務関係)


Ⅰ. 前事業年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)


1.資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
当事業年度における当該資産除去債務の総額の増減

      期首残高                             38百万円
                                        0
      時の経過による調整額
      期末残高                             38百万円


 2.貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務
当社は、賃貸借契約に基づき使用する事務所等のうち一部については、退去時における原状回復に係る債務を
    有しておりますが、当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、現在のところ移転等も予定され
    ていないことから、資産除却債務を合理的に見積ることができません。そのため、当該債務に見合う資産除
    去債務を計上しておりません。


Ⅱ. 当中間会計期間(自平成23年4月1日至平成23年9月30日)


1.資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

      期首残高                             38百万円
                                        0
      時の経過による調整額
      中間期末残高                           38百万円


 2.中間貸借対照表に計上しているもの以外の資産除去債務
当社は、賃貸借契約に基づき使用する事務所等のうち一部については、退去時における原状回復に係る債務を
    有しておりますが、当該債務に関連する賃借資産の使用期間が明確でなく、現在のところ移転等も予定され
    ていないことから、資産除却債務を合理的に見積ることができません。そのため、当該債務に見合う資産除
    去債務を計上しておりません。




                             63/70
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                                         半期報告書
(1株当たり情報)
1株当たり中間純利益金額および算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
              項目           (自平成22年4月1日           (自平成23年4月1日
                              至平成22年9月30日)          至平成23年9月30日)

1株当たり中間純利益金額                             8.94円                  0.30円

(算定上の基礎)

中間純利益金額             (百万円)                    255                    9

普通株主に帰属しない金額                                  ―                     ―

普通株式に係る中間純利益金額      (百万円)                    255                    9

普通株式の期中平均株式数        (千株)                28,542                 28,536

(注) 潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式がありませんので、記載しておりません。


 (2) 【その他】
   該当事項はありません。




                               64/70
                                                EDINET提出書類
                                            第一貨物株式会社(E04183)
                                                    半期報告書

第6 【提出会社の参考情報】


当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。


(1) 有価証券報告書およびその添付書類
   事業年度第70期(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
    平成23年6月29日    東北財務局長に提出。




(2) 有価証券報告書の訂正報告書
   事業年度第70期(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
    平成23年12月16日   東北財務局長に提出。




                               65/70
                              EDINET提出書類
                          第一貨物株式会社(E04183)
                                  半期報告書

第二部 【提出会社の保証会社等の情報】

該当事項はありません。




                  66/70
                                                    EDINET提出書類
                                                第一貨物株式会社(E04183)
                                                        半期報告書

                  独立監査人の中間監査報告書

                                        平成23年12月21日
第一貨物株式会社
 取締役会御中


                     有限責任 あずさ監査法人

                       指定有限責任社員
                                公認会計士     今 野 利 明印
                         業務執行社員
                       指定有限責任社員
                                公認会計士     小 池 伸 城印
                         業務執行社員

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている第一貨物株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの連結会計年度の中間連結
会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)に係る中間連結財務諸表、すなわち、中間連結貸借対
照表、中間連結損益計算書、中間連結包括利益計算書、中間連結株主資本等変動計算書、中間連結キャッシュ・
フロー計算書、中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について中間監査を
行った。

中間連結財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表の作成基準に準拠して中
間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
ない中間連結財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運
用することが含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間連結財務諸表に対す
る意見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に
準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間連結財務諸表には全体として中間連結財務
諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保
証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比
べて監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正
又は誤謬による中間連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性につい
て意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間
監査手続を立案するために、中間連結財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。ま
た、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
も含め中間連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。




                         67/70
                                                     EDINET提出書類
                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                         半期報告書
中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間連結財務諸表
の作成基準に準拠して、第一貨物株式会社及び連結子会社の平成23年9月30日現在の財政状態並びに同日を
もって終了する中間連結会計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の経営成績及びキャッシュ
・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。

利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                            以上

※1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出会社)が
     別途保管しております。
2.中間連結財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                           68/70
                                                    EDINET提出書類
                                                第一貨物株式会社(E04183)
                                                        半期報告書

                  独立監査人の中間監査報告書

                                        平成23年12月21日
第一貨物株式会社
 取締役会御中



                     有限責任 あずさ監査法人

                      指定有限責任社員
                               公認会計士      今 野 利 明印
                        業務執行社員
                      指定有限責任社員
                               公認会計士      小 池 伸 城印
                        業務執行社員

 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に
掲げられている第一貨物株式会社の平成23年4月1日から平成24年3月31日までの第71期事業年度の中間会
計期間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間
損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。

中間財務諸表に対する経営者の責任
 経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間
財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが
含まれる。

監査人の責任
 当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意
見を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠
して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な
情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るため
に、中間監査に係る監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
 中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて
監査手続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は
誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続
に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表
明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続
を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査
には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間
財務諸表の表示を検討することが含まれる。
 当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。




                         69/70
                                                     EDINET提出書類
                                                 第一貨物株式会社(E04183)
                                                         半期報告書
中間監査意見
 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基
準に準拠して、第一貨物株式会社の平成23年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期
間(平成23年4月1日から平成23年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認め
る。

 利害関係
 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                            以上


※1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(半期報告書提出会社)が
     別途保管しております。
2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。




                           70/70

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。