株式会社伊藤園 有価証券報告書‐第46期(平成22年5月1日‐平成23年4月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書‐第46期(平成22年5月1日‐平成23年4月30日)

提出日:

提出者:株式会社伊藤園

カテゴリ:有価証券報告書‐第46期(平成22年5月1日‐平成23年4月30日)

PDFビューワー表示

                                                 EDINET提出書類
                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                  有価証券報告書

【表紙】         
【提出書類】       有価証券報告書
【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
【提出先】        関東財務局長
【提出日】        平成23年7月27日
【事業年度】       第46期(自平成22年5月1日至平成23年4月30日)
【会社名】        株式会社伊藤園
【英訳名】        ITO EN,LTD.
【代表者の役職氏名】   代表取締役社長本庄大介
【本店の所在の場所】   東京都渋谷区本町3丁目47番10号
【電話番号】       03(5371)7111(代表)
【事務連絡者氏名】    管理本部副本部長平田         篤
【最寄りの連絡場所】   東京都渋谷区本町3丁目47番10号
【電話番号】       03(5371)7203
【事務連絡者氏名】    管理本部副本部長平田         篤
【縦覧に供する場所】   株式会社東京証券取引所
            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
            株式会社伊藤園横浜緑支店
            (神奈川県横浜市緑区霧ヶ丘2丁目7番11号)
            株式会社伊藤園八千代支店
            (千葉県八千代市大和田新田672番地4)
            株式会社伊藤園大宮支店
            (埼玉県さいたま市見沼区春岡3丁目20番地4)
            株式会社伊藤園尼崎支店
            (兵庫県尼崎市金楽寺町1丁目5番33号)
            株式会社伊藤園静岡支店
            (静岡県静岡市葵区神明町85番地2)
            株式会社伊藤園堺支店
            (大阪府堺市北区北花田町2丁202番地)
            株式会社伊藤園名古屋東支店
            (愛知県名古屋市名東区勢子坊2丁目1406番地)
            株式会社伊藤園福岡支店
            (福岡県福岡市博多区金の隈1丁目21番19号)
            (注)上記の静岡支店及び福岡支店は法定の縦覧場所ではありません
                 が、投資者の便宜のため縦覧に供する場所としてあります。





                            1/152
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                             有価証券報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

             回次             第42期          第43期          第44期          第45期          第46期
            決算年月           平成19年4月       平成20年4月       平成21年4月       平成22年4月       平成23年4月
    売上高            (百万円)      310,200       328,071       332,847       332,984       351,692
    経常利益           (百万円)       22,267        18,215        10,376        11,679        16,526
    当期純利益          (百万円)       12,261        10,096         4,765         5,996         7,675
    包括利益           (百万円)           ―             ―              ―             ―         6,759
    純資産額           (百万円)       85,936       104,519        99,989       100,455       101,630
    総資産額           (百万円)      137,314       154,687       160,803       179,846       192,462
    1株当たり
                    (円)        963.71        836.81        800.94        808.37        821.36
    純資産額(普通株式)
    1株当たり純資産額
                    (円)            ―         845.61        805.94        813.37        826.36
    (第1種優先株式)
    1株当たり当期純利益
                    (円)        137.59         81.61         35.47         45.44         59.31
    (普通株式)
    1株当たり当期純利益
                    (円)            ―          91.69         45.47         55.41         69.28
    (第1種優先株式)
    潜在株式調整後
    1株当たり当期純利益      (円)        137.01         81.33         35.36         45.30         59.14
    (普通株式)
    潜在株式調整後
    1株当たり当期純利益      (円)            ―          91.41         45.36         55.27         69.11
    (第1種優先株式)
    自己資本比率          (%)          62.6          67.5          62.1          55.8          52.7
    自己資本利益率         (%)          15.0          10.6            4.7           6.0           7.6
    株価収益率
                    (倍)          29.1          22.1          33.9          32.1          24.1
    (普通株式)
    株価収益率
                    (倍)            ―           12.4          17.8          18.0          15.1
    (第1種優先株式)
    営業活動による
                   (百万円)       11,127         4,945         5,350        17,191        19,714
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (百万円)     △14,549       △14,167        △7,222        △6,569        △2,133
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (百万円)     △10,656         10,050       △6,615        △5,830       △12,103
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                   (百万円)       21,748        22,549        13,988        18,795        23,986
    期末残高
    従業員数                        5,658         5,988         6,191         6,164         6,224
    (ほか、平均臨時        (名)
                               (3,104)       (3,536)       (4,227)       (4,825)       (5,108)
    雇用者数)




                                              2/152
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                    有価証券報告書

    (注) 1売上高には消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
        2従業員数は、就業人員であり、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへ
           の出向者を含んでおります。
        3第43期平成19年9月3日を効力発生日として普通株式1株につき0.3株の割合で第1種優先株式の無償割当を
           行っております。
        4第43期平成19年11月7日を払込日とする第1種優先株式の公募増資(一般募集)7,400,000株及び平成19年12月
           4日を払込日とする第三者割当増資1,100,000株を実施しております。
        5第44期より、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号)及び「リース取引に関する会計基準の適
           用指針」(企業会計基準適用指針第16号)を適用しております。




                                    3/152
                                                                                                 EDINET提出書類
                                                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                  有価証券報告書

    (2) 提出会社の経営指標等

             回次             第42期           第43期           第44期           第45期           第46期
            決算年月           平成19年4月        平成20年4月        平成21年4月        平成22年4月        平成23年4月
    売上高            (百万円)       297,881        308,631        312,622        312,766        329,631
    経常利益           (百万円)        22,665         18,955         10,449         11,119         14,896
    当期純利益          (百万円)        12,765         11,123          4,293          6,304          7,256
    資本金            (百万円)        12,655         19,912         19,912         19,912         19,912
    発行済株式総数
                    (株)     91,212,380     91,212,380     91,212,380     91,212,380     91,212,380
    (普通株式)
    発行済株式総数
                    (株)             ―      35,246,962     35,246,962     35,246,962     34,246,962
    (第1種優先株式)
    純資産額           (百万円)        87,491        108,005        103,617        104,451        105,875
    総資産額           (百万円)       134,484        153,546        160,652        176,055        188,116
    1株当たり純資産額
                    (円)         981.15         865.43         831.28         841.66         856.61
    (普通株式)
    1株当たり純資産額
                    (円)             ―          874.22         836.28         846.66         861.61
    (第1種優先株式)
    1株当たり配当額
                                    47             38             38             38             38
    (普通株式)
                    (円)
    (うち1株当たり
                                   (22)           (19)           (19)           (19)           (19)
    中間配当額)
    1株当たり配当額
                                    ―              48             48             48             48
    (第1種優先株式)
                    (円)
    (うち1株当たり
                                    ―             (24)           (24)           (24)           (24)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益
                    (円)         143.25          90.18          31.68          47.92          55.92
    (普通株式)
    1株当たり当期純利益
                    (円)             ―          100.25          41.68          57.89          65.89
    (第1種優先株式)
    潜在株式調整後
    1株当たり当期純利益      (円)         142.66          89.86          31.58          47.78          55.75
    (普通株式)
    潜在株式調整後
    1株当たり当期純利益      (円)             ―           99.94          41.58          57.74          65.73
    (第1種優先株式)
    自己資本比率          (%)           65.0           70.3           64.5           59.3           56.3
    自己資本利益率         (%)           15.4           11.4            4.1            6.1            6.9
    株価収益率
                    (倍)           27.9           20.0           37.9           30.4           25.6
    (普通株式)
    株価収益率
                    (倍)             ―            11.4           19.4           17.3           15.9
    (第1種優先株式)
    配当性向
                    (%)           32.8           42.1          119.9           79.3           68.0
    (普通株式)
    配当性向
                    (%)             ―            47.9          115.2           82.9           72.8
    (第1種優先株式)
    従業員数                         5,010          5,223          5,346          5,237          5,278
    (ほか、平均臨時        (名)
                                (1,580)        (1,806)        (2,037)        (2,275)        (2,435)
    雇用者数)




                                                4/152
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                    有価証券報告書

    (注) 1売上高には消費税等は含まれておりません。
        2従業員数は、就業人員であり、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。
        3第43期平成19年9月3日を効力発生日として普通株式1株につき0.3株の割合で第1種優先株式の無償割当を
           行っております。
        4第43期平成19年11月7日を払込日とする第1種優先株式の公募増資(一般募集)7,400,000株及び平成19年12月
           4日を払込日とする第三者割当増資1,100,000株を実施しております。
        5第44期より、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号)及び「リース取引に関する会計基準の適
           用指針」(企業会計基準適用指針第16号)を適用しております。
        6第46期平成23年3月31日を消却日とする第1種優先株式の消却1,000,000株を実施しております。




                                    5/152
                                                                             EDINET提出書類
                                                                          株式会社伊藤園(E00414)
                                                                              有価証券報告書

2 【沿革】

      年月                                     概要

    昭和41年8月    日本ファミリーサービス株式会社と合資会社ビーエー商会との共同出資により、当社の前身であ
               るフロンティア製茶株式会社を静岡県静岡市に設立。
               緑茶のルートセールス(小売店等への直接販売)を開始。
    昭和43年2月    神奈川県横浜市港北区(現・青葉区)に支店第1号として神奈川支店(現・横浜緑支店)を開設。
    昭和44年4月    本店を東京都練馬区へ移転。
    昭和44年5月    フロンティア製茶株式会社から株式会社伊藤園に商号変更。
    昭和44年6月    株式会社本庄商事(旧・日本ファミリーサービス株式会社)及び合資会社ビーエー商会より緑茶事
               業に関する営業譲渡を受け、生産部門を確保。
    昭和46年7月    本社事務所を東京都新宿区へ移転。
    昭和49年5月    静岡県榛原郡相良町(現・牧之原市)に相良工場を建設。
    昭和52年6月    神奈川県横浜市港北区(現・青葉区)に直営小売店第1号として「茶十徳・日吉店」を開設。
    昭和54年8月    中国土産畜産進出口総公司と日本初のウーロン茶輸入代理店契約を締結、販売開始。
    昭和56年2月    「缶入りウーロン茶」を開発、販売開始。缶飲料業界に本格的に進出。
    昭和56年5月    静岡県焼津市に伊藤園包装株式会社を設立。
    昭和56年8月    沖縄県浦添市に「株式会社沖縄伊藤園」(現・連結子会社)(平成17年7月沖縄県糸満市に移転)を
               設立。
    昭和56年9月    スリ・ランカ民主社会主義共和国より紅茶を直輸入、販売開始。
    昭和56年11月   伊藤園包装株式会社の商号を伊藤園紅茶株式会社に変更。
    昭和59年5月    伊藤園紅茶株式会社の商号をロイヤルスペンサー株式会社に変更。
    昭和60年2月    「缶入り煎茶」を開発、販売開始。
    昭和61年9月    静岡県榛原郡相良町(現・牧之原市)に中央研究所を新設。
    昭和62年3月    伊藤園製茶株式会社(現・グリーンコア株式会社)より焼津工場及び浜岡工場の土地・建物・生産
               設備を譲り受ける。
    昭和62年7月    米国ハワイ州に子会社「ITO−EN(USA)INC.」(現・連結子会社「ITOEN(USA)INC.」)を設立。
    昭和62年11月   静岡県静岡市の株式会社玄米屋に出資。
    昭和63年1月    伊藤園製茶株式会社より緑茶製造に関する営業譲渡を受け生葉からの緑茶一貫生産体制を確立。
    昭和63年2月    兵庫県神戸市須磨区に関西本部ビルを新設。
    平成元年2月     「お∼いお茶」ブランドを発売開始。「伊藤園お∼いお茶新俳句大賞」キャンペーンを開始。
    平成2年7月     本店を東京都新宿区へ移転。
    平成4年5月     日本証券業協会に店頭登録。
    平成4年8月     東京都渋谷区に本社ビルを購入。同時に本店を移転。
    平成5年2月     静岡県榛原郡相良町(現・牧之原市)にコーヒー焙煎加工工場を建設。
    平成5年5月     株式会社広島原寿園を吸収合併。
    平成6年9月     中国浙江省に「寧波舜伊茶業有限公司」(現・持分法適用非連結子会社)を設立。
    平成6年11月    豪州ビクトリア州に「ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITED」(現・連結子会社)を設立。
    平成8年4月     福島県福島市に福島工場を建設。
    平成8年9月     東京証券取引所市場第2部に株式を上場。
    平成10年10月   東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。
    平成11年5月    ロイヤルスペンサー株式会社(存続会社)と株式会社玄米屋が合併し、商号を「伊藤園産業株式会
               社」(現・連結子会社)に変更。





                                          6/152
                                                                          EDINET提出書類
                                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                                           有価証券報告書


      年月                                     概要

    平成11年5月    三重県四日市市の株式会社関西茶業の全株式を取得し、商号を「株式会社伊藤園関西茶業」(現・
               連結子会社)(平成16年5月兵庫県神戸市に移転)に変更。
    平成12年12月   相良工場及び中央研究所がISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得。
    平成13年5月    米国ニューヨーク州に子会社「ITO EN(North America)INC.」(現・連結子会社)を設立。
    平成14年4月    生産本部がISO9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得。
    平成16年10月   「ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITED」が豪州ビクトリア州に荒茶加工工場を建設。
    平成17年4月    沖縄県名護市に沖縄名護工場を沖縄県経済農業協同組合連合会から取得し稼動。
    平成18年6月    米国子会社である「ITO EN(North America)INC.」が米国フロリダ州のサプリメント関連事業を
               行う「Mason Distributors,Inc.」(現・連結子会社)の株式を100%取得。
    平成18年10月   スペシャルティコーヒーの店舗展開している「タリーズコーヒージャパン株式会社」を子会社と
               する「フードエックス・グローブ株式会社」の株式を取得。
    平成19年4月    本社部門がISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得。
    平成19年9月    東京証券取引所市場第1部に第1種優先株式を上場。
    平成20年4月    「フードエックス・グローブ株式会社」は、「タリーズコーヒージャパン株式会社」を吸収合併
               したうえで、商号を「タリーズコーヒージャパン株式会社」(現・連結子会社)に変更。
    平成20年4月    東京都新宿区に「伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ株式会社」(現・連結子会社)を設立。
    平成22年2月    東京都新宿区に「株式会社グリーンバリュー」(現・連結子会社)を設立。
    平成22年5月    東京都新宿区に「RCダイニング株式会社」(現・連結子会社)を設立。





                                          7/152
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                                       有価証券報告書

3 【事業の内容】
     当社の企業集団は、当社、子会社19社、関連会社1社により構成されており、茶葉(リーフ)、飲料(ドリン
    ク)の製造販売を主たる事業とし、その他の関連事業も行っております。
     当グループの事業にかかる位置付け及びセグメントとの関連は、下記のとおりであります。なお、以下の
    事業区分は、「セグメント情報」における事業区分と同一であります。

     <リーフ・ドリンク関連事業>
      当社は全国にて緑茶、ウーロン茶等を販売しております。ただし、沖縄地区におきましては、㈱沖縄伊藤
     園が当社製品を仕入れて販売しております。また、伊藤園産業㈱は緑茶、紅茶、麦茶、玄米茶を製造加工し、
     その大部分を当社が仕入れております。この事業における当社の物流業務を同社に委託しております。㈱
     伊藤園関西茶業は緑茶、麦茶を製造加工し、その大部分を当社が仕入れております。海外におきましては、
     寧波舜伊茶業有限公司が中国茶を生産し、その大部分を当社が仕入れております。
      当社はほとんどの飲料製品を企画・開発し、生産につきましては当グループ外のメーカーに製造委託
     し、完成品として仕入れ、全国に販売しております。なお、沖縄地区におきましては、㈱沖縄伊藤園が当社
     製品を仕入れて販売しております。また、伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズ㈱は、製品を仕入れて当
     社へ販売しております。この事業における当社の物流業務の大部分は、伊藤園産業㈱に委託しておりま
     す。
      海外におきましては、ITOEN(USA)INC.が製品を製造し、ハワイ州を中心に販売を行っております。ITO
     EN(North America)INC.は当社製品を仕入れ、ニューヨーク州を中心に販売を行うとともに、ティー
     ショップの運営を行っております。また、当社はITOEN(USA)INC.、ITO EN(North America)INC.両社より果
     汁原料およびコーヒー原料の一部を仕入れております。福建新烏龍飲料有限公司は、烏龍茶の原料等を製
     造加工し、その大部分を当社が仕入れております。ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITEDは、将来の緑茶飲料需
     要の増加に対応するため、茶葉を栽培しております。

     <その他>
      タリーズコーヒージャパン㈱は全国にてスペシャルティコーヒーの飲食店の経営・フランチャイズ展
     開を行っております。また、フロリダ州にて、Mason Distributors,Inc.がサプリメントの製造及び販売を
     行っております。





                                      8/152
                                    EDINET提出書類
                                 株式会社伊藤園(E00414)
                                     有価証券報告書

    事業の系統図は次のとおりであります。





                         9/152
                                                                                                                 EDINET提出書類
                                                                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                                  有価証券報告書

4 【関係会社の状況】
                                                                                              平成23年4月30日現在
                                                議決権の                                      関係内容
                                  資本金
                                                所有又は
                                   又は
          名称                住所         主要な事業の内容 被所有                       役員の                   資金
                                  出資金
                                                 割合                        兼任        営業上の取引     援助        設備の賃貸借
                                 (百万円)
                                                 (%)                       (人)                (百万円)
                                                                                               
(連結子会社)

                        静岡県                  リーフ・ドリンク                            製品の仕入
伊藤園産業㈱                                 300                  100.00          3                      ― 事務所等の賃貸借
                        牧之原市                 関連事業                                物流業務の委託

                        沖縄県                  リーフ・ドリンク
㈱沖縄伊藤園                                  90                  100.00          1 当社製品の販売              800 事務所等の賃貸借
                        糸満市                  関連事業

                        兵庫県
                                             リーフ・ドリンク
㈱伊藤園関西茶業                神戸市             10                  100.00          1 製品の仕入                150 事務所等の賃貸借
                                             関連事業
                        須磨区


タリーズコーヒー                東京都                                                      製品の仕入
                                       100 その他              100.00          4                     2,000 事務所等の賃貸借
ジャパン㈱                   新宿区                                                      商標の貸与


伊藤園・伊藤忠ミネラル             東京都                 リーフ・ドリンク
                                       300                  65.00           2 製品の仕入                ― 事務所等の賃貸借
ウォーターズ㈱                 新宿区                 関連事業
ITOEN(USA)INC.          米国            千US$ リーフ・ドリンク
                                                            100.00          3 原材料の仕入               ― なし
(※2)                    ハワイ州         21,500 関連事業
                        米国                                                    原材料の仕入
ITO EN(North America)                 千US$ リーフ・ドリンク
                        ニュー                                 100.00          3 当社製品の販売              902 なし
INC.(※2)                             81,000 関連事業
                        ヨーク州                                                  商標の貸与
                        豪州
ITO EN AUSTRALIA PTY.                  千A$ リーフ・ドリンク
                        ビクトリ                                100.00          4 原材料の仕入               ― なし
LIMITED(※2)                          25,700 関連事業
                        ア州
                                                                                               
その他9社
(持分法適用非連結子会社)                                                                                  
              中国                      千元
寧波舜伊茶業有限公司                                 ―                70.00           1 原材料の仕入               ― なし
              浙江省                    7,677
福建新烏龍飲料有限公司             中国             千元
                                            ―               49.00           1 原材料の仕入               ― なし
(※3)                    福建省          10,000
    (注)  1「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        ※2ITOEN(USA)INC.、ITO EN(North America)INC.、ITO EN AUSTRALIA PTY.LIMITEDは、特定子会社であります。
        ※3持分は、100分の50以下でありますが、実質的に支配しているため子会社としております。
         4有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         5緊密な者等の所有はありません。
         6上記のほか、持分法適用関連会社が1社あります。





                                                             10/152
                                                                         EDINET提出書類
                                                                      株式会社伊藤園(E00414)
                                                                          有価証券報告書

5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                           平成23年4月30日現在
              セグメントの名称                              従業員数(名)
                                                  5,534
    リーフ・ドリンク関連事業
                                                 (2,568)
                                                    690
    その他
                                                 (2,540)
                                                  6,224
                  合計
                                                 (5,108)
    (注) 1従業員数は、就業人員であり、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへ
           の出向者を含んでおります。
        2従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(契約社員、嘱託及びパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。

    (2) 提出会社の状況
                                                           平成23年4月30日現在
        従業員数(名)         平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)      平均年間給与(千円)

               5,278              34.1              10.4            5,320
              (2,435)
    
              セグメントの名称                              従業員数(名)
                                                  5,278
    リーフ・ドリンク関連事業
                                                 (2,435)
                                                  5,278
                  合計
                                                 (2,435)
    (注) 1従業員数は、就業人員であり、当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含んでおります。
        2従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(契約社員、嘱託及びパートタイマー)の年間平均雇用人員であります。
        3平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

    (3) 労働組合の状況
        労働組合は、組織されておりません。労使関係は円滑に推移しております。





                                         11/152
                                                        EDINET提出書類
                                                     株式会社伊藤園(E00414)
                                                         有価証券報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
  当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益の改善により個人消費の持ち直しの動きが一部見ら
 れたものの、雇用情勢は依然として厳しく、本格的な回復基調までは及ばず、引き続き厳しい状況で推移
 いたしました。また、景気の先行きにつきましては、輸出の持ち直し等により穏やかながらも回復が期待
 されておりましたが、東日本大震災の影響により不透明感が高まっております。
  清涼飲料業界におきましては、全国的には記録的な猛暑となり、販売数量は好調に推移したものの、依
 然として緩やかな物価下落が続いていることに加え、東日本大震災の影響もあり引き続き厳しい状況に
 あります。
  このような状況のなか、当社は経営理念であります「お客様第一主義」のもと、当社を取り巻く全ての
 お客様に対し「お客様が今でも何を不満に思っていらっしゃるのか」を常に考え、全社一丸となって積
 極的な事業活動を行ってまいりました。
  この結果、当連結会計年度の業績は、売上高3,516億92百万円(前期比5.6%増)となり、利益面におき
 ましては、各種経費の見直しを行うとともに効率的な経営を行い、営業利益176億79百万円(前期比
 42.0%増)、経常利益165億26百万円(前期比41.5%増)、当期純利益76億75百万円(前期比28.0%増)
 となりました。
  セグメント別の業績を示すと次のとおりであります。

  
 <リーフ・ドリンク関連事業>
  平成22年(平成22年1月∼12月)の緑茶(荒茶)の国内生産量は8万5千トン(前期比1.2%減)、輸
 入量は5千906トン(前期比0.7%増)となりました。
 茶葉(リーフ)商品におきましては、手軽にご賞味いただける簡便商品が引き続き好調に推移しており
 ます。緑茶をはじめ、昨年度より好評をいただいておりますティーブランド「TEAS′TEA」や「香り薫る
 むぎ茶」などの各種ティーバッグが好調に推移いたしました。
 平成22年度の飲料市場は、夏期の記録的な猛暑により、総じて好調に推移いたしました。このような環境
 のなか、当グループは「自然・健康・安全・良いデザイン・おいしい」を製品開発の基本理念に、積極的
 な新製品の開発および既存製品の改良に取り組み、ブランドの強化を図ってまいりました。
 主力商品であります「お∼いお茶」は、堅調に推移いたしました。国産茶葉100%にこだわり、茶産地育
 成事業の推進などによる“高品質”で“高い原料調達力”を背景に、定番の「お∼いお茶 緑茶」「濃い
 味」に、「ほうじ茶」「玄米茶」を加えた「お∼いお茶」シリーズ4品の導入を強化し、飲用価値の訴求
 を図りました。




                            12/152
                                                                 EDINET提出書類
                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                  有価証券報告書

      野菜飲料につきましては、「1日分の野菜」をはじめとする“紙容器タイプ”が好調に推移し、販売額
     を伸ばしました。また、紅茶飲料につきましても、フレーバー紅茶の新たな機軸として、昨年度からご好評
     いただいております「TEAS′TEA NEW YORK」が大変好調に推移しております。コーヒー飲料におきまし
     ても、原料から製法に至るまで、“圧倒的な品質”の「TULLY’S COFFEE BARISTA’S CHOICE」が、新たに
     エスプレッソタイプの190g缶2品(フォルテスティーレ・ラテスティーレ)を発売するなど、引き続き
     好調に推移いたしました。
     この結果、リーフ・ドリンク関連事業の売上高は3,335億48百万円(前期比5.2%増)、営業利益は168億
     87百万円(前期比34.8%増)と、順調に推移いたしました。


     <その他>
      タリーズコーヒージャパン㈱などの業績が好調に推移し、売上高は181億43百万円(前期比13.2%
     増)、営業利益は16億46百万円(前期比104.4%増)となりました。

      
      なお、上記、セグメントごとの営業利益は連結損益計算書の営業利益と調整を行っておりません。

    (2) キャッシュ・フローの状況
      当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)の残高は前連結会計年度末と
     比較して51億91百万円増加し、239億86百万円となりました。
      
      <営業活動によるキャッシュ・フロー>
      営業活動により得られた資金は、197億14百万円(前年同期は171億91百万円の収入)となりました。主な
     要因といたしましては、増加要因として税金等調整前当純利益148億72百万円、減価償却費90億11百万円、
     仕入債務の増加20億46百万円であるのに対し、減少要因として売上債権の増加51億97百万円、法人税等の
     支払額62億45百万円があったことによるものです。
      
      <投資活動によるキャッシュ・フロー>
      投資活動により支出した資金は、21億33百万円(前年同期は65億69百万円の支出)となりました。これ
     は主に設備投資による支出20億80百万円があったことによるものです。
      
      <財務活動によるキャッシュ・フロー>
      財務活動により支出した資金は、121億3百万円(前年同期は58億30百万円の支出)となりました。これ
     は主にファイナンス・リース債務の返済による支出62億7百万円、配当金の支払50億37百万円があったこ
     とによるものです。





                                   13/152
                                                                             EDINET提出書類
                                                                          株式会社伊藤園(E00414)
                                                                              有価証券報告書

2 【生産、受注及び販売の状況】
    (1) 生産の状況
       当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

                                                                    対前期比増減率
                セグメントの名称                    金額(百万円)
                                                                       (%)
    リーフ・ドリンク関連事業                                               

    (販売用製品)                                           27,911             9.8

    (自社製品用原料)                                         10,642             0.1

    リーフ・ドリンク関連事業計                                      38,553             7.0

    その他                                                        

    (販売用製品)                                              517           △14.2

                   合計                                  39,070             6.6
    (注) 1販売用製品の金額は販売価格、自社製品用原料の金額は原価によっております。
        2セグメント間取引については、相殺消去しております。
        3上記生産実績には外部へ製造委託している仕入製品は含まれておりません。
        4上記金額には消費税等は含まれておりません。

    (2) 仕入の状況
       当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

                                                                    対前期比増減率
                セグメントの名称                    金額(百万円)
                                                                       (%)
    リーフ・ドリンク関連事業                                      155,222             4.0

    その他                                                 6,321             4.4

                   合計                                 161,543             4.0
    (注) 1金額は仕入原価によっております。
        2セグメント間取引については、相殺消去しております。
        3上記金額には消費税等は含まれておりません。

    (3) 受注の状況
       当グループは受注生産を行っておりません。





                                   14/152
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                                       有価証券報告書

    (4) 販売の状況
        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

                                                             対前期比増減率
                セグメントの名称                 金額(百万円)
                                                                (%)
    リーフ・ドリンク関連事業                                   333,548         5.2

    その他                                             18,143        13.2

                   合計                              351,692         5.6
    (注) 1上記金額には消費税等は含まれておりません。
        2上記販売実績につきましては、セグメント間取引を相殺消去しております。
        3主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、当該割合が100分の10以上の相手先
           がないため記載を省略しております。
    




                                15/152
                                                       EDINET提出書類
                                                    株式会社伊藤園(E00414)
                                                        有価証券報告書

3 【対処すべき課題】
      飲料市場は、消費マインドの冷え込みや、少子高齢化による人口減少など、国内市場の縮小によって販
     売競争が激化し、企業間の生存競争が激しさを増しております。また、法令及び社会的規範の遵守、製品の
     安全性ならびに品質管理体制等、企業の社会的責任に消費者の厳しい目が向けられるなか、当グループと
     いたしましては、経営理念であります「お客様第一主義」を徹底し、企業価値を高め、一層の株主価値を
     向上させるために、以下の項目を中心に取り組んでまいります。

    (1)ブランドの確立
     ①製品開発
      当社は、「自然・健康・安全・良いデザイン・おいしい」を基本理念に、全社員が「STILL NOW(お客
     様が今でもなお何を不満に思っていらっしゃるか)」を考え、当社独自の提案制度であるVOICE制度(お
     客様のご不満やご要望を製品開発に取り入れる提案制度)を活用し、積極的に新製品の開発および既存
     製品の改良を行っております。
      今後もVOICE制度を積極的に活用し、お客様に喜んでいただける製品の開発及び既存製品の改良に努め
     てまいります。


     ②研究開発
      当社中央研究所におきましては、緑茶、紅茶、コーヒー、野菜飲料といった当社製品の香味や安定性の向
     上、および健康価値の検証に関する研究開発を行い、製品の品質向上とブランド強化に貢献しておりま
     す。
     最近の研究成果としましては、加工に伴う緑茶の香気成分変化を網羅的に解析する方法を開発し、また
     大学等の共同研究の結果、緑茶カテキン以外の抗インフルエンザウイルス成分を発見し、さらにカテキン
     とテアニンの摂取により、インフルエンザの発症が抑制されることをヒトで確認いたしました。これらの
     結果は、学会や論文で発表しております。
     今後もおいしく、健康維持に役立つ食品や飲料を提供するための研究開発を進めてまいります。
          




                             16/152
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                           有価証券報告書

     ③ブランド強化政策
      『伊藤園』という「総称ブランド」を軸に『お∼いお茶』『充実野菜』などの「個別ブランド」の強
     化を図ってまいりました。“紅茶の新たなおいしさ”をご提案した『TEAS′TEA(ティーズティー)』ブ
     ランドや、『TULLY’S COFFEE』『天然ミネラル むぎ茶』ブランドも併せ、今後も積極的な販売促進を展
     開してまいります。
      特に主力製品であります『お∼いお茶』につきましては、緑茶飲料を開発し、昭和60年の発売から原料
     と製法にこだわり、無香料・無調味の自然のままのおいしさを引き出し、お客様へご提供してまいりまし
     た。また、緑茶飲料が様々な飲用シーンでお楽しみいただけるよう、容量、容器バリエーションの充実を図
     るとともに、緑茶飲料を初めて発売した老舗ならではの技術力で、季節に合わせた製品や「濃い味・玉露
     ・ほうじ茶・玄米茶」など茶葉の特徴を取り入れ、飲用価値を訴求した製品を発売し、緑茶飲料のNo.1
     ブランドに甘んずることなく、清涼飲料のNo.1ブランドを目指し、より一層のブランド強化に努めてま
     いります。
     また、平成23年5月より新たにグループ会社となりましたチチヤス㈱と共に、乳製品関連事業への挑戦
     や当社の営業力とチチヤス㈱の技術力を活かした新商品開発と展開、チルド商品の積極的な展開など、新
     規分野への挑戦を推進してまいります。
     今後も品揃えを強化し、お客様にご満足いただける本物のおいしさを引き続きご提供してまいります。


    (2) 営業基盤の強化
     ①ルートセールス
      ルートセールスとは、「製品、サービスをお客様へ直接ご提供する販売システム」のことであります。
     当社はこの販売システムを採用することにより、当社とお客様をダイレクトに結びつけ、地域に密着した
     販売促進活動を展開しております。
      また、機能性、携帯性に優れたルートセールス担当営業員用のポータブル端末を活用することで、お客
     様に効率的かつ的確なサービスをご提供できるよう努めております。


     ②お客様へのサービスの強化
      これまでもルートセールスにより、お客様へのサービスに努めてまいりましたが、連結中長期の目標経
     営指標を達成するための確固たる営業基盤を築くため、新しいお客様の開拓に努めるとともに、既存のお
     客様の訪問サービスの強化を行っております。また、お客様のご不満を聞き、お客様にご満足していただ
     ける製品開発や魅力的な売り場づくりなど、総合的なご提案をルートセールスにより行っております。


    (3) 総コストの削減
     ①委託生産方式
      飲料製品におきましては、「ファブレス(fabless 工場を持たない)」方式により、設備投資リスクの
     軽減を図り、市場環境の変化に迅速に対応できる体制にしております。
      また、全国を5つの地域に分けて生産管理を行う5ブロック生産体制を敷くことにより、迅速な製品供
     給を行うとともに、物流費の削減も可能となっております。





                               17/152
                                                             EDINET提出書類
                                                          株式会社伊藤園(E00414)
                                                              有価証券報告書

     ②原材料調達力の強化
      当社は、緑茶のトップメーカーとして国内荒茶生産量の約3割を取扱い、長年にわたり生産者との信頼
     関係を築き上げた結果、高品質の原料茶を安価で安定的に確保できる極めて強力な原料調達力を持って
     おります。また、これまでに蓄積したノウハウと高い製造技術により、高品質の飲料用原料茶を自社製造
     で調達することができる唯一の飲料メーカーであります。
      国内では就農者の高齢化と後継者不足のため、就農人口、茶園面積の減少が進んでおります。そこで当
     社は今後特に需要の増大が見込まれる飲料用原料茶を主体に、宮崎県を中心に、鹿児島県、大分県、長崎県
     などにおいて、茶産地育成事業を行っております。当社の農業技術部が農家を直接指導し、苗木の選定か
     ら茶園づくり、そしてその茶園を機械化、IT化により低コストで管理できる栽培指導を行うことで、生
     産性と環境保全を両立した茶園経営を推進し、より高品質な原料茶の安定調達を目指すとともに、遊休農
     地の活用及び生産農家の後継者育成ならびに雇用の創出など茶業界と地域の活性化にも寄与しておりま
     す。


    (4) 海外事業の強化
      海外事業戦略につきましては、連結子会社ITO EN(North America)INC. が米国での緑茶市場の創造
     と開拓を進めるため、全米のナチュラルフードマーケットや、ナショナルチェーン店に対し営業活動を行
     い、本物の緑茶を米国に普及させると同時に、『ITO EN』ブランドの確立を図っております。
     また、特に全米の耳目の集まるニューヨーク州マンハッタン地区では、当社の強みであるルートセール
     スを導入し、お客様に密接した営業活動を行うことで、確実に緑茶飲料の裾野を広げ、かつ『伊藤園』の
     存在を積極的にアピールしております。特に会員制スーパーマーケットを通じて販売しております、緑茶
     ティーバッグにつきましては、これまでの米国市場には無かった高品質の緑茶ティーバッグとして、お客
     様に大変な好評をいただくとともに、緑茶市場の拡大に大きく貢献しており、今後も強化してまいりま
     す。


    (5) CSR(企業の社会的責任)への取り組み
          当社はCSRの更なる強化により、経営理念であります「お客様第一主義」を徹底し、社会に求めら
      れる企業として、企業価値を高め、永続的な成長及び発展を目指します。
      環境保全におきましては、環境行動方針を基本に環境中期目標を設定し、目標達成のための取組みを
      積極的に推進しております。また、環境活動の持続的な改善に有効な手段として、ISO14001に沿った環
      境マネジメントシステムの導入を推進し、全社全部門において認証を取得しております。
          社会貢献活動においては、企業ができる活動は、地域の方々とともに明るい社会を築いていくことと
      とらえ、活動を展開しております。スポーツや文化面をはじめ、公共の場所の清掃活動も積極的に行う
      ほか、事業活動で貢献できる取組みにもいっそう力を入れてまいります。なお、東日本大震災における
      被災地の支援について、当社は今後も積極的に取り組んでまいります。





                                 18/152
                                                     EDINET提出書類
                                                  株式会社伊藤園(E00414)
                                                      有価証券報告書

4 【事業等のリスク】
      当グループの経営成績及び財務状態等に重要な影響を及ぼす可能性のあるリスクには、以下のような
     ものがあります。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成23年4月30日)現在
     において当グループが判断したものであり、事業等のリスクはこれらに限られるものではありません。

      
    (1)国内経済、消費動向
      当グループの事業の大部分は、日本国内において事業展開しております。そのため、日本国内における
     景気、金融や自然災害などによる経済動向の変動や、これらの影響を受ける個人消費動向の変動は、当グ
     ループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      
    (2)飲料事業の競争
      当グループの主要事業である飲料製品の市場は、近年の消費マインドの冷え込みを背景に、店頭での低
     価格化が続き、販売額の伸び悩みが顕著となっており、併せて、キャンペーン等による販売促進活動によ
     り、依然として飲料各社の激しい競争が続いております。また、カテゴリー間でのシェア争いや、消費者の
     嗜好の変化により、製品のライフサイクルが短い市場でもあります。
      このような市場環境のなか、当グループは緑茶飲料を中心としたお客様のニーズに沿った製品の提供
     や、ルートセールスを中心とするお客様へのサービスに努めた結果、業績は堅調に推移しております。今
     後も継続してこれらの施策を実施するとともに、市場動向を予測し、競争に打ち勝つ施策を展開してまい
     りますが、これらの施策が市場環境の変化に十分対応できなかった場合、当グループの業績及び財政状態
     に影響を及ぼす可能性があります。

      
    (3)原材料、資材調達
      当グループの主要事業は、茶系飲料を中心とする飲料製品でありますが、就農人口の減少や、茶園面積
     の減少による茶生産量の減少に加え、飲料用茶葉の需要増大により、当グループが必要とする茶葉の確保
     が出来ない場合の需給関係の悪化や、輸入原料(穀物・野菜等)の高騰により調達コストが上昇し、原価
     高の要因となる可能性があります。
      また、当グループの飲料製品の販売数量のうち、PET容器の占める割合はおよそ80%となっており、
     PET容器の原材料である石油価格の高騰により、原価高の要因となる可能性があります。当グループが
     今後これらの市場環境の変化に対応できなかった場合、当グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす
     可能性があります。

      
    (4)生産体制
      当グループでは、グループ内工場で茶葉製品の大部分と、飲料製品の原料製造を行っております。また、
     飲料製品の大部分と茶葉製品の一部は、グループ外の委託工場で製造しております。
      グループ内工場におきましては、生産設備が突発的に停止することがないよう、定期的に設備点検等を
     実施しております。また委託工場につきましては、不測の事態が発生した場合に備えて、全国各地に複数
     の委託工場を確保しております。しかしながら、天災等による生産への影響を完全に排除できる保証はな
     く、不測の事態が発生した場合には、当グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

      
    (5)天候・自然災害
      当グループの主力製品の原材料は、茶、野菜、果実、コーヒー等の農産物であるため、当グループの主要
     事業であります茶葉及び飲料製品は、天候や自然災害の影響を受ける可能性があります。特に夏季の冷夏

                            19/152
                                                                      EDINET提出書類
                                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                                       有価証券報告書
    や冬季の暖冬の他、台風や長雨などの悪天候が販売に与える影響や、生産地での天候不良による不作が生
    じた場合の原材料調達価格の上昇及び必要量の不足に伴う販売機会損失などが想定されます。また、地震
    などの自然災害が想定範囲を超えた場合、本社機能や生産、物流体制に支障をきたすことが想定され、こ
    れら天候・自然災害が、当グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります

     
(6)『お∼いお茶』ブランドへの依存
     当連結会計年度の売上高のうち、当社の飲料製品売上に占める「お∼いお茶」ブランドの割合は約
    43.9%と、高い比率を占めております。国内の緑茶飲料市場規模は3,750億円(平成22年1月∼12月当社
    調べ)で、当社のシェアは約39%(当社調べ)となります。
     当グループでは、今後も緑茶飲料市場の成長が期待され、市場の拡大とともに「お∼いお茶」ブランド
    も伸長するものと予測しておりますが、緑茶飲料市場の激しい競争のなか、当グループのシェアが低下す
    ることや、緑茶飲料に代わる製品の登場により、緑茶飲料市場の成長が鈍化した場合、並びに当グループ
    がこれらの市場環境の変化に対応できなかった場合、当グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可
    能性があります。

     
(7)為替動向
     当グループは海外において事業展開を行っております。海外のグループ会社の財務諸表は現地通貨に
    て作成されているため、連結財務諸表作成時に円換算されることになり、為替相場の変動による円換算時
    の為替レートの変動が当グループの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性があります。
     
(8)海外子会社
     当グループの主要な海外連結子会社は、米国ニューヨーク州に、ITO EN (North America) INC.、ハワイ
    州に、ITOEN (USA) INC.、フロリダ州に、Mason Distributors, Inc.、豪州ビクトリア州に、ITO EN
    AUSTRALIA PTY. LIMITEDの各社があり、当連結会計年度末における累計投資総額は144億74百万円となり
    ます。また、Mason Distributors,Inc.以外の各社には累積損失があります。
     これら海外連結子会社につきましては、累積損失の解消を行うために、新規取引先開拓、工場稼働率の
    向上、コスト削減等の施策を計画しておりますが、これらの事業計画が達成できなかった場合、当グルー
    プの業績及び財政状況に影響を及ぼす可能性があります。


(9)法的規制等
     当グループが展開する事業は、食品衛生法、製造物責任法(PL法)、廃棄物処理法等、様々な法的規制を
    受けております。また、容器包装リサイクル法、米国ハワイ州におけるリサイクルのインフラ整備を目的
    とした飲料特別税等、事業形態や所在地によりコスト負担を求める法的規制等もあります。
     当グループでは、総ての法的規制等を遵守していく所存であります。今後、法的規制等を遵守すること
    が著しく困難になった場合や、規制の強化によりコスト負担増となった場合、当グループの業績及び財政
    状況に影響を及ぼす可能性があります。
     
(10)顧客情報
     当グループは、ルートセールスや通信販売等の営業取引や消費者キャンペーンを含む販売促進活動等
    を通じて、相当数のお客様情報を保有しているほか、当グループで実施している「新俳句大賞」の募集に
    より、潜在的なお客様の情報も保有しております。これらお客様の個人情報は、当グループで管理するほ
    か、一部はグループ外の管理会社に管理を委託しております。


                                     20/152
                                                EDINET提出書類
                                             株式会社伊藤園(E00414)
                                                 有価証券報告書
  これら個人情報の管理につきましては、法務部コンプライアンス室を中心に万全の管理体制を構築し
 ておりますが、今後これらの個人情報が外部に流出するような事態が起きた場合、当グループの信用低下
 を招き、当グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

  
(11)食品の安全性、衛生管理
  当グループは、食品の安全性、衛生管理を経営上の最重要課題と認識し、食品の安全性、衛生管理のため
 に、当社に品質管理部を設置しております。品質管理部では自主基準を設け、製品の安全性について品質
 検査を行うとともに、外部委託工場にも定期的に立会い検査を実施しております。また、定期的に開催す
 る品質会議において、当グループ製造担当者、外部委託工場担当者に検査結果をフィードバックすること
 により、食の安全性、衛生管理に対する意識向上を図っております。さらに、これらの活動のほか、原材料
 に由来する異物混入、禁止添加物等の使用を防止するための検査も実施しております。
  なお、東日本大震災以後の放射能汚染等の状況を踏まえ、全ての飲料製品につきましては、放射線量測
 定器での検査やモニタリングを行い、品質に問題がないことを確認してから出荷する体制を整えており、
 緑茶原料についても必要に応じて同様の検査体制を整えております。
 国内の直営店で行っている事業につきましては、食品衛生法の規制対象となっているものがあります。
 これらの事業につきましては、法令の遵守に加え、出店先の衛生基準及び当社マニュアルに基づいた衛生
 管理を徹底しております。
  また、海外レストランにおきましては、米国食品衛生管理法に基づく食品衛生管理の有資格者を常時雇
 用し、同法のテキストブックに基づき運営を行っております。
  当グループは、過去に食品の安全性、衛生管理に関しまして重大な事故及び訴訟並びに行政指導を受け
 てはおりませんが、今後異物混入及び品質・表示不良製品の流通、原材料由来による禁止添加物の使用及
 び残留農薬問題(連鎖的風評被害を受ける場合を含む)、食中毒等の衛生問題が発生した場合、当グルー
 プの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

  
(12)保有資産の価格変動
  保有する土地や有価証券等の資産価値が下落することにより、当グループの業績および財政状態に影
 響を及ぼす可能性があります。

  




                        21/152
                                                   EDINET提出書類
                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                    有価証券報告書

5 【経営上の重要な契約等】
     該当事項はありません。

6 【研究開発活動】
     当グループの主な研究開発部門としては、当社の中央研究所、開発部、商品企画一部、商品企画二部、商
    品企画三部及び農業技術部があります。
     中央研究所では、緑茶、紅茶、コーヒー、野菜飲料といった当社製品の香味や安定性の向上、及び健康価
    値の検証に関する研究開発を行い、製品の品質向上とブランド強化に貢献しております。これらの研究の
    一部は大学等の研究機関との共同研究により進めております。最近の研究成果としましては、大学等との
    共同研究の結果、緑茶に含まれるカテキンとテアニンを摂取することにより、インフルエンザの発症が減
    少することをヒトで確認し、学会で発表いたしました。
     開発部、商品企画一部、商品企画二部及び商品企画三部では、茶葉、飲料、その他の新製品の開発を行っ
    ております。
     開発部では新製品の開発におきまして、原材料の加工方法、処方の開発、製造技術の開発を担当してお
    ります。また、茶殻等の未利用資源の活用に関する研究開発なども行っております。
     商品企画一部、商品企画二部及び商品企画三部では新製品の開発につきまして、市場調査、消費者の動
    向分析に基づき、基本コンセプトの開発を担当しております。
     農業技術部では、当グループの製品に適した緑茶・野菜飲料原料を安定的に確保するために、品種素
    材、栽培方法、加工方法に関する調査研究や技術開発と、国内外の産地形成に関する活動を行っておりま
    す。
     当連結会計年度における研究開発費の総額は16億30百万円であります。
     セグメントごとの研究開発活動を示すと、次の通りであります。



    <リーフ・ドリンク関連事業>
     独自製法による製品開発や、茶の特性を活かした製品開発を行っております。仕上げ加工の研究により
    茶の特性を生かした製品を多数開発しております。また、仕上げ加工技術・抽出技術を応用し簡便性商品
    であるティーバッグ・インスタントティーの製品開発を行っております。
     日本茶飲料や紅茶、中国茶等の製品開発に関しまして、飲料用に適した原料茶の開発と飲料加工技術の
    研究を継続して行っております。野菜飲料、果実飲料に関しましては、野菜の原料開発と搾汁技術の開発、
    果実の搾汁技術の開発や果実の砂のう等の固形物入り飲料等の製造技術開発を行っております。コー
    ヒー飲料におきましては、原料の選定、処方・製造技術の開発を行っております。機能性飲料やその他飲
    料におきましても、原料開発や飲料製造技術の開発を行っております。また各ホット飲料の開発では、
    ホット飲料に適した原料茶の開発、製造技術開発も行っております。
     食品の開発では、野菜スティックバーや野菜スープの開発を、当社の強みを生かした野菜原料を活用
    し、原料選定から製造技術開発を行い製品化を行っております。また、カテキンの抗菌、消臭作用を応用し
    た抗菌防臭加工繊維製品や茶殻を有効利用した茶配合製品の製品化を行っております。
     なお研究開発費には、中央研究所で行っている緑茶や野菜飲料の健康性に関する研究や、飲料の香味に
    関する研究などの研究費用が含まれております。
     


    <その他>
     該当事項はありません。




                             22/152
                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                            有価証券報告書

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    
    (1)財政状態の分析
        (流動資産)
         当連結会計年度末における流動資産の残高は993億2百万円で、前連結会計年度末に比べて109億百万
        円増加しております。これは、「現金及び預金」が51億91百万円、「受取手形及び売掛金」が50億72百万
        円それぞれ増加したことが主な要因です。なお、「現金及び預金」の変動内容につきましては、「第2
        〔事業の状況〕1〔業績等の概要〕(2)キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。

        (固定資産)
         当連結会計年度末における固定資産の残高は931億59百万円で、前連結会計年度末に比べて17億14百万
        円増加しております。固定資産の主な変動要因は次の通りです。
        ・「リース資産」の増加49億99百万円
        ・「投資有価証券」の評価損及び減損による減少13億57百万円
        ・「のれん」の償却等による減少11億20百万円

        (流動負債)
         当連結会計年度末における流動負債の残高は604億13百万円で、前連結会計年度末に比べて78億71百万
        円増加しております。流動負債の主な変動要因は次の通りです。
        ・「リース債務」の増加23億11百万円
        ・「買掛金」の増加19億44百万円
        ・「未払法人税等」の増加15億30百万円
        ・「未払費用」の増加13億44百万円

        (固定負債)
         当連結会計年度末における固定負債の残高は304億18百万円で、前連結会計年度末に比べて35億68百万
        円増加しております。固定負債の主な変動要因は次の通りです。
        ・「リース債務」の増加26億80百万円
        ・資産除去債務の増加5億16百万円

        (純資産)
         当連結会計年度末における純資産の残高は1,016億30百万円で、前連結会計年度末に比べて11億74百万
        円増加しております。純資産の主な変動要因は次の通りです。
        ・「当期純利益」による増加76億75百万円
        ・剰余金の配当による減少△50億49百万円
        ・自己株式の取得による減少△5億8百万円
        ・為替換算調整勘定の変動額△6億21百万円

    (2)キャッシュ・フローの状況の分析
         キャッシュ・フローの状況の分析につきましては、「第2〔事業の状況〕1〔業績等の概要〕(2)
        キャッシュ・フローの状況」をご参照ください。





                                   23/152
                                                       EDINET提出書類
                                                    株式会社伊藤園(E00414)
                                                        有価証券報告書

    (3)経営成績の分析
     (売上高)
      当連結会計年度における売上高は3,516億92百万円(前年同期比5.6%増)となりました。売上高の分
     析につきましては、「第2〔事業の状況〕1〔業績等の概要〕(1)業績」をご参照下さい。

     (売上総利益)
      当連結会計年度における売上総利益は1,736億99百万円(前年同期比6.3%増)となりました。主な増
     加要因といたしましては、上記のとおり売上高が増加したことによるものです。

     (販売費及び一般管理費)
      当連結会計年度における販売費及び一般管理費は1,560億20百万円(前年同期比3.4%増)となりまし
     た。主な増加内容といたしましては、リース資産の増加に伴う減価償却費の増加(前年同期比19億61百万
     円増)、販売手数料の増加(前年同期比19億94百万円増)、販売数量の増加に伴う運送費の増加(前年同
     期比10億7百万円増)等によるものです。

     (営業利益)
      当連結会計年度における営業利益は176億79百万円(前年同期比42.0%増)となりました。主な増加要
     因といたしましては、前述の要因等により、売上総利益が103億6百万円増加したことによるものです。

     (経常利益)
      当連結会計年度における経常利益は165億26百万円(前年同期比41.5%増)となりました。主な増加要
     因と致しましては、円高の影響により為替差損が4億44百万円増加し、リース取引等による支払利息が1
     億84百万円増加しましたが、前述の要因等により営業利益が52億25百万円増加したことによるものです。

     (特別損益)
      当連結会計年度において特別損失として17億96百万円を計上しております。主な内容といたしまして
     は、投資有価証券評価損10億9百万円、災害による損失3億86百万円、資産除去債務会計基準の適用に伴
     う影響額244百万円です。また、特別利益を1億43百万円計上しております。

     (当期純利益)
      税金等調整前当期純利益は148億72百万円(前年同期比33.1%増)となり、税効果会計適用後の法人税
     等負担額は71億91百万円(前年同期比39.8%増)となりました。その結果、当連結会計年度における当期
     純利益は76億75百万円(前年同期比28.0%増)となりました。





                               24/152
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                           株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                               有価証券報告書

第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
     当連結会計年度における、ソフトウェア投資を含む設備投資額は、23億25百万円であります。
     その主なものは、飲料生産設備並びにタリーズコーヒージャパン(株)の店舗設備の取得等であります。
     セグメントごとの設備投資金額は、リーフ・ドリンク関連事業で15億34百万円、その他で7億91百万円で
 あります。
     これらに伴う資金は、自己資金と借入金により充当いたしました。
     なお、上記の他リース資産として107億11百万円の新規契約をいたしました。その主なものは自動販売機
 等の販売機器(リーフ・ドリンク関連事業)であります。

 
2 【主要な設備の状況】
     当グループの主要な設備の状況は、次のとおりであります。
 (1) 提出会社
                                                                        平成23年4月30日現在
                                                          帳簿価額(百万円)                         従業
                      セグメントの    設備の
     事業所名     所在地                                                                           員数
                                        建物及び 機械装置    土地
                        名称       内容                      リース資産 その他                 合計       (名)
                                         構築物 及び運搬具 (面積㎡)
            静岡県      リーフ・ドリンク 生産管理                           1,726                            277
静岡相良工場                                   1,547      979                125    22   4,402
            牧之原市     関連事業     販売                          (46,542)                          〔27〕
            静岡県                                                 70                              5
浜岡工場                    〃      生産           44        8                  -     0     123
            御前崎市                                           (7,722)                           〔-〕
                                                               184                             22
福島工場        福島県福島市      〃      生産販売        101       31                  -     0     318
                                                           (4,273)                          〔32〕
                                                               785                             28
沖縄名護工場      沖縄県名護市      〃      生産           64      679                  -     0   1,529
                                                          (44.017)                          〔17〕
                                                             1,362                            600
本社          東京都渋谷区      〃      販売管理      1,774       27              1,083   186   4,434
                                                             (894)                         〔131〕
                                                             1,804                              0
神楽坂ビル       東京都新宿区      〃      販売管理      1,988        2                  -     0   3,795
                                                           (1,022)                           〔-〕
            兵庫県神戸市             販売物流                            922                             36
関西本部ビル                  〃                  283        -                114     2   1,321
            須磨区                管理                          (5,747)                           〔6〕
            静岡県静岡市                                             336                             74
神明町ビル                   〃      販売管理        110        0                176     1     625
            葵区                                             (1,764)                          〔11〕
                                                               638
西新宿ビル       東京都新宿区      〃      販売管理        431        -                633     3   1,706   140〔8〕
                                                           (1,140)
                                                             1,336                             45
池袋ビル        東京都板橋区      〃      販売          551       24                178     2   2,091
                                                           (1,048)                          〔26〕
                                                               917                            134
台東浅草ビル      東京都台東区      〃           〃      712       30              1,325     4   2,990
                                                             (772)                         〔183〕
(北海道地区)
            北海道                                                259                            141
札幌南部支店                  〃           〃      280        -                722     5   1,267
            北広島市ほか                                         (5,455)                          〔32〕
ほか8拠点
(北東北地区)
            青森県青森市                                              64                            148
青森支店                    〃           〃       59        -                779     4     907
            ほか                                             (2,967)                          〔39〕
ほか7拠点
(南東北地区)
            宮城県名取市                                             240                            191
仙台南部支店                  〃           〃      150        0                951     5   1,347
            ほか                                             (3,000)                          〔42〕
ほか8拠点




                                           25/152
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                  株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                      有価証券報告書





                                                      帳簿価額(百万円)                   従業
                      セグメントの   設備の
    事業所名     所在地                                                                  員数
                                       建物及び 機械装置    土地
                        名称      内容
                                                        リース資産 その他         合計      (名)
                                        構築物 及び運搬具 (面積㎡)
(上越地区)
           群馬県前橋市    リーフ・ドリンク                               -                       151
前橋支店                          販売          66      -             825   4     895
           ほか        関連事業                                 (-)                     〔40〕
ほか7拠点
(埼玉東地区)    埼玉県
                                                            -                       128
大宮支店       さいたま市        〃          〃     146      -             902   3   1,052
                                                          (-)                     〔34〕
ほか5拠点      見沼区ほか
(埼玉西地区)    埼玉県
                                                            -                        89
浦和支店       さいたま市        〃          〃      57      -             539   3     601
                                                          (-)                     〔44〕
ほか4拠点      南区ほか
(栃木地区)
           栃木県芳賀郡                                           -                       147
宇都宮東部支店                 〃          〃     111      -             926   4   1,043
           芳賀町ほか                                          (-)                     〔32〕
ほか6拠点
(茨城地区)
           茨城県水戸市                                          71                       142
水戸東部支店                  〃          〃     185      -             849   3   1,109
           ほか                                         (1,804)                     〔23〕
ほか6拠点
(千葉中央地区)
           千葉県千葉市                                           -                       111
千葉支店                    〃          〃      13      -             635   5     655
           稲毛区ほか                                          (-)                     〔37〕
ほか4拠点
(千葉東地区)
           千葉県成田市                                         165                       102
成田支店                    〃          〃     135      -             569   2     872
           ほか                                         (1,984)                     〔29〕
ほか4拠点
(東京東地区)
           東京都中央区                                         304                       174
中央支店                    〃          〃     576      0             828   4   1,714
           ほか                                           (921)                     〔92〕
ほか5拠点
(東京南地区)
           東京都世田谷区                                          -                        153
高井戸支店                   〃          〃       6      0             875   3     885
           ほか                                             (-)                     〔101〕
ほか5拠点
(東京西地区)
           東京都世田谷区                                          -                       183
世田谷支店                   〃          〃      11      -             891   5     908
           ほか                                             (-)                     〔55〕
ほか5拠点
(東京北地区)
           東京都杉並区                                           -                       146
杉並支店                    〃          〃       3      0             907   4     915
           ほか                                             (-)                     〔80〕
ほか4拠点
(甲信地区)
           山梨県甲府市                                           -                        93
甲府支店                    〃          〃       2      -             525   5     534
           ほか                                             (-)                     〔30〕
ほか4拠点
(神奈川東地区)   神奈川県
                                                          138                       149
横浜磯子支店     横浜市磯子区       〃          〃      75      -             763   4     981
                                                        (509)                     〔70〕
ほか6拠点      ほか
(神奈川西地区)   神奈川県
                                                            -                       139
横浜緑支店      横浜市緑区        〃          〃       5      -             584   5     595
                                                          (-)                     〔60〕
ほか6拠点      ほか
(静岡地区)
           静岡県浜松市                                           -                        81
浜松支店                    〃          〃       6      0             467   3     477
           西区ほか                                           (-)                     〔16〕
ほか5拠点
(中部北地区)
           愛知県名古屋市                                          -                       189
名古屋支店                   〃          〃     115      -             918   6   1,039
           昭和区ほか                                          (-)                     〔49〕
ほか6拠点
(中部南地区)
           愛知県東海市                                           -                       121
名古屋南支店                  〃          〃      77      -             732   4     814
           ほか                                             (-)                     〔22〕
ほか6拠点
(北陸地区)
           富山県富山市                                           -                        70
富山支店                    〃          〃       3      -             274   2     280
           ほか                                             (-)                     〔15〕
ほか4拠点
(北近畿地区)
           京都府京都市                                           -                       103
京都支店                    〃          〃      69      -             631   2     703
           伏見区ほか                                          (-)                     〔19〕
ほか5拠点
(東近畿地区)
           大阪府堺市                                            -                       128
堺支店                     〃          〃      76      -             695   3     775
           北区ほか                                           (-)                     〔45〕
ほか6拠点
(西近畿地区)
           大阪府大阪市                                           -                       192
梅田支店                    〃          〃       7      -             787   5     800
           北区ほか                                           (-)                     〔80〕
ほか5拠点




                                         26/152
                                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                           有価証券報告書





                                                                    帳簿価額(百万円)                            従業
                           セグメントの     設備の
        事業所名      所在地                                                                                    員数
                                              建物及び 機械装置              土地
                             名称        内容
                                                                                リース資産 その他      合計        (名)
                                              構築物 及び運搬具             (面積㎡)
(兵庫地区)
                兵庫県神戸市    リーフ・ドリンク                                         -                              106
神戸東支店                              販売           235         -                      567     7     809
                東灘区ほか     関連事業                                           (-)                            〔27〕
ほか5拠点
(四国地区)
                香川県高松市                                                     -                               72
                                      〃
高松支店                          〃                  65         -                      371     3     439
                ほか                                                       (-)                            〔29〕
ほか5拠点
(東中国地区)
                岡山県                                                        -                               72
岡山支店                          〃         〃         8         -                      435     2     446
                岡山市中区ほか                                                  (-)                            〔20〕
ほか5拠点
(西中国地区)
                広島県広島市                                                                                     80
広島支店                          〃         〃        69         0 215(1,818)           410     3     698
                西区ほか                                                                                    〔30〕
ほか4拠点
(北九州地区)
                福岡県福岡市                                                   191                              157
福岡支店                          〃         〃       104         -                      955     7   1,259
                博多区ほか                                                  (967)                            〔37〕
ほか8拠点
(南九州地区)
                熊本県熊本市                                                     -                               86
熊本支店                          〃         〃         7         -                      565     3     576
                ほか                                                       (-)                            〔24〕
ほか6拠点
                東京都目黒区                                                     -                             17
直営店156店舗                      〃         〃         0         -                       66     2      69
                ほか                                                       (-)                         〔664〕
                静岡県                                                      290                             19
中央研究所                     全社(共通)    研究開発        921        60                        -    88   1,361
                牧之原市                                                (10,788)                          〔2〕
                神奈川県
                                    社宅・                                  504                                -
厚生施設            横浜市青葉区        〃                 370         1                        -    15     892
                                    寮等                               (7,796)                             〔-〕
                ほか
                静岡県焼津市                                                   167                                -
その他                           〃     その他           -         -                        -     -     167
                ほか                                                   (2,551)                             〔-〕

    

    (2) 国内子会社
                                                                                  平成23年4月30日現在
                                                                    帳簿価額(百万円)                           従業
          会社名                セグメントの     設備の
                    所在地                                                                                 員数
         事業所名                  名称        内容    建物及び 機械装置    土地                                          (名)
                                                                リース資産 その他                      合計
                                                構築物 及び運搬具 (面積㎡)
    伊藤園産業㈱
                  静岡県       リーフ・ドリン                                      591                              65
    榛原事業所                             生産管理        546       831                      8    13   1,992
                  牧之原市ほか    ク関連事業                                    (29,698)                           〔103〕
    静岡事業所他
    ㈱沖縄伊藤園        沖縄県糸満市    リーフ・ドリン                                      403                              48
                                      販売管理        306           -                   99     5     814
    本社ほか2事業所      ほか        ク関連事業                                    (10,964)                            〔12〕
    ㈱伊藤園          兵庫県神戸市    リーフ・ドリン                                        -                              16
                                      生産管理        113       147                      1     2     264
    関西茶業          須磨区       ク関連事業                                         (-)                            〔24〕
                  東京都新宿区
    タリーズコーヒー
                  本社ほか                                                     -                              479
    ジャパン㈱                   その他       販売管理      1,453           -                   28   240   1,722
                  直営店                                                     (-)                          〔2,500〕
                  164店舗
    ㈱伊藤園・伊藤忠             リーフ・ドリン
                  東京都新宿区                                                   -                              74
    ミネラルウォーターズ           ク関連事業        販売管理            13        -                   12    16      42
                  ほか                                                      (-)                            〔25〕
    ほか3社                 その他





                                                27/152
                                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                                 株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                     有価証券報告書

    (3) 在外子会社
                                                                                    平成23年4月30日現在
                                                                         帳簿価額(百万円)                    従業
         会社名                        セグメントの      設備の
                            所在地                                                                       員数
        事業所名                          名称         内容    建物及び 機械装置   土地                                 (名)
                                                                       リース資産 その他                合計
                                                       構築物 及び運搬具 (面積㎡)

                          米国        リーフ・ドリン     生産販売                           -                       61
ITOEN(USA)INC.                                             331     151                 -   15   498
                          ハワイ州      ク関連事業       管理                            (-)                     〔3〕

ITO     EN(North
                          米国        リーフ・ドリン                                    -                       35
America)INC.                                    販売管理         0       9                 -    5    16
                          ニューヨーク州   ク関連事業                                     (-)                     〔23〕
ほか1社
Mason Distributors,Inc.   米国                    生産販売                         304                      121
                                    その他                    110     127                 -    1   544
ほか4社                      フロリダ州                 管理                       (20,167)                     〔1〕
ITO EN AUSTRALIAPTY.      豪州        リーフ・ドリン                                    6                        5
                                                生産管理       249     324                 -    6   589
LIMITED                   ビクトリア州    ク関連事業                                (29,700)                     〔0〕
    (注) 1帳簿価額には、建設仮勘定の金額は含んでおりません。
        2従業員数欄の〔外書〕は、臨時従業員(契約社員、嘱託及びパートタイマー)の年間平均雇用人員であり
            ます。
        3提出会社の営業201拠点のうち、自社所有物件は18拠点であり、賃借物件は183拠点であります。賃借物件の年間
            賃借料は2,253百万円であります。
        4ITO EN(North America)INC.ほか1社は建物を賃借しており、年間賃借料は46百万円であります。
        5Mason Distributors,Inc.ほか4社は建物を賃借しており、年間賃借料は92百万円であります。
        6タリーズコーヒージャパン㈱は店舗建物を賃借しており、年間賃借料は1,470百万円であります。
        7現在休止中の主要な設備はありません。
        8上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、次のとおりであります。
        (1) 提出会社
                                年間リース料    期末残高相当額
              設備の内容
                                  (百万円)     (百万円)
           販売機器                       3,971                2,754

           車両運搬具                          914                894

           事務機器等                          257                253

       (2) 国内子会社
                                                 年間リース料 期末残高相当額
                          会社名         設備の内容
                                                  (百万円)   (百万円)
           ㈱沖縄伊藤園                     販売機器                  70              58

       (3) 在外子会社
       該当事項はありません。
       9上記金額には消費税等は含まれておりません。

3 【設備の新設、除却等の計画】
    (1) 重要な設備の新設等
       該当事項はありません。

    (2) 重要な設備の除却等
       該当事項はありません。





                                                  28/152
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                 株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                     有価証券報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                 種類                                    発行可能株式総数(株)

               普通株式                                                      200,000,000

              第1種優先株式                                                    200,000,000

                   計                                                     200,000,000
    (注)当社の定款第5条に定められたところにより、当社の普通株式及び第1種優先株式をあわせた発行可能種類株式
        総数は、200,000,000株であります。

     ② 【発行済株式】

                事業年度末現在       提出日現在    上場金融商品取引所
       種類        発行数(株)       発行数(株)   名又は登録認可金融                 内容
              (平成23年4月30日) (平成23年7月27日) 商品取引業協会名
                                                             権利内容に制限のない
                                               東京証券取引所
     普通株式           91,212,380    91,212,380                   標準となる株式
                                                (市場第1部)
                                                                 (注)2
                                               東京証券取引所           (注)2
    第1種優先株式         34,246,962    34,246,962
                                                (市場第1部)          (注)3
       計           125,459,342   125,459,342       ―                 ―
    (注) 1「提出日現在発行数」には、平成23年7月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
           発行された株式数は含まれておりません。
        2自己資本の拡充及び財務体質の強化のため、第1種優先株式を発行しております。単元株式数は、普通株式及び
           第1種優先株式のそれぞれにつき100株であります。
        3第1種優先株式の内容は、次のとおりであります。
         (1) 第1種優先配当
           ①普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通登録株式
              質権者」という。)に対して剰余金の配当(配当財産が金銭の場合に限る。)を行うときは、当該配当に係る
              基準日の最終の株主名簿に記録された第1種優先株式の株主(以下「第1種優先株主」という。)又は第
              1種優先株式の登録株式質権者(以下「第1種優先登録株式質権者」という。)に対し、当該配当に先立
              ち、第1種優先株式1株につき、当該配当において普通株式1株に対して交付する金銭の額に、125パーセ
              ントを乗じた額(小数第一位まで算出し、小数第一位を切り上げる。)の剰余金の配当(以下「第1種優先
              配当」という。)を行う。第1種優先配当の計算の結果、算出された金額が下記②に定める第1種無配時優
              先配当の金額に満たない場合、第1種優先配当の金額は第1種無配時優先配当の金額と同金額とする。
           ②毎事業年度の末日、毎年10月31日その他の取締役会が定める日の最終の株主名簿に記録された普通株主又
              は普通登録株式質権者に対して剰余金の配当(配当財産が金銭の場合に限る。)を行わないときは、当該株
              主名簿に記録された第1種優先株主又は第1種優先登録株式質権者に対し、第1種優先株式1株につき、
              15円の剰余金の配当(以下「第1種無配時優先配当」という。)を行う。
           ③第1種優先株式発行後、第1種優先株式の併合又は分割を行うときは、第1種無配時優先配当につき、併合
              の割合又は分割の割合に応じて必要な調整を行うものとする。なお、調整の結果生じる端数については、
              小数第一位まで算出し、小数第一位を切り上げる。調整後の第1種無配時優先配当の額は、株式の併合又
              は株式の分割の効力を生ずる日(以下「併合等効力発生日」という。)から適用する。但し、併合等効力発
              生日の前日までの日を基準日とする第1種無配時優先配当についてはこの限りではない。




                                          29/152
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                           有価証券報告書

      ④第1種優先配当又は第1種無配時優先配当の全部又は一部が行われなかったときは、その不足額を累積
         し、上記①又は②に規定するときにおいて、当該配当に係る基準日の最終の株主名簿に記録された第1種
         優先株主又は第1種優先登録株式質権者に対し、第1種優先配当又は第1種無配時優先配当に先立ち、累
         積した不足額の剰余金の配当(以下「第1種累積未払配当」という。)を行う。
      ⑤第1種優先株主又は第1種優先登録株式質権者に対し、第1種優先配当、第1種無配時優先配当及び第1
         種累積未払配当以外の金銭を配当財産とする剰余金の配当を行わない。
    (2) 残余財産の分配
      ①残余財産を分配するときは、第1種優先株主又は第1種優先登録株式質権者に対して、普通株主又は普通
         登録株式質権者に先立って、上記(1)④に規定する不足額を支払う。
      ②上記①に規定する場合には、第1種優先株主又は第1種優先登録株式質権者に対して、上記①の規定によ
         る支払いのほか、普通株主又は普通登録株式質権者に対して交付する残余財産の価額に相当する金銭を
         支払う。
    (3) 議決権
        第1種優先株主は、全部の事項につき株主総会において議決権を行使することができない。但し、過去2年
        間において、法令及び定款に従って第1種優先配当又は第1種無配時優先配当を行う旨の決議が行われな
        かったときは、第1種優先配当又は第1種無配時優先配当の支払いが行われるまでの間は、この限りでな
        い。
    (4) 種類株主総会の決議
        会社法第322条第1項各号に掲げる行為をする場合においては、法令に別段の定めがある場合を除くほか、
        第1種優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない旨、当社定款に規定している。
    (5) 併合又は分割、無償割当て等
      ①株式の併合を行うときは、普通株式及び第1種優先株式の双方を同時に同一の割合で行う。
      ②株式の分割又は株式無償割当てを行うときは、以下のいずれかの方法により行う。
        a普通株式及び第1種優先株式の双方について、株式の分割を、同時に同一の割合で行う。
        b普通株式又は第1種優先株式のいずれかについて株式の分割を行い、当該株式の分割と同時に、株式の
           分割を行わない種類の株式に対して株式の分割を行う種類の株式を株式無償割当てする。株式無償割
           当ては一株につき株式の分割の割合と同一の割合で行う。
    (6) 取得条項
      ①次の各号のいずれかに該当する場合、当該各号に定める日(取締役会が、それ以前の日を定めたときは、そ
         の日)の到来をもって、その日に残存する第1種優先株式の全部を取得し、これと引換えに、第1種優先株
         式1株につき当社の普通株式1株を第1種優先株主に交付する。
        a当社が消滅会社となる合併、完全子会社となる株式交換又は株式移転(当会社の単独による株式移転を
           除く。)に係る議案が全ての当事会社の株主総会(株主総会の決議を要しない場合は取締役会)で承認さ
           れた場合 当該合併、株式交換又は株式移転の効力発生日の前日
        b普通株式を対象とする公開買付けが実施された結果、公開買付者の株券等所有割合(金融商品取引法第
           27条の2第8項に規定される意味を有する。以下同じ。)が50パーセント超となった場合当該株券等所
           有割合が記載された公開買付報告書が提出された日から90日目の日
      ②株式会社東京証券取引所が、当社の第1種優先株式を上場廃止とする旨の発表をした場合には、取締役会
         が定める日の到来をもって、その日に残存する第1種優先株式の全部を取得し、当社はこれと引換えに、
         第1種優先株式1株につき当社の普通株式1株を第1種優先株主に交付する。





                             30/152
                                                                               EDINET提出書類
                                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                有価証券報告書

        (2) 【新株予約権等の状況】
          旧商法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
         ①平成14年7月29日定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第1回新株予約権)

                                      事業年度末現在             提出日の前月末現在
    
                                    (平成23年4月30日)          (平成23年6月30日)
    新株予約権の数(個)                         283(注)1             283(注)1

    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                      ―                 ―

    新株予約権の目的となる株式の種類                  当社普通株式                   同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)               73,580(注)2          73,580(注)2

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                 1,743(注)3             1,743(注)3
                                      平成16年9月1日∼
    新株予約権の行使期間                                                 同左
                                      平成24年6月30日
                                      発行価格    1,743       発行価格      1,743
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                      資本組入額     872       資本組入額       872
    株式の発行価格及び資本組入額(円)                                




                                  (1) 対象者は、当社又は当社
                                    子会社を退任後も新株予約
                                    権を行使できる。
                                  (2) 対象者に法令又は当社も
                                    しくは当社子会社の内部規
                                    律に対する重大な違反行為
                                    があった場合、対象者は新
                                    株予約権を行使できない。
                                  (3) 対象者は、新株予約権を
                                    譲渡、質入れ、その他一切の
                                    処分をすることができな
                                    い。
    新株予約権の行使の条件                                                同左
                                  (4) 対象者が死亡した場合、
                                    対象者の相続人のうち、対
                                    象者の配偶者、子、1親等の
                                    直系尊属に限り、新株予約
                                    権を行使することができ
                                    る。
                                  (5) この他の権利行使の条件
                                    は、株主総会決議および取
                                    締役会決議に基づき、当社
                                    と対象者との間で締結する
                                    新株予約権割当契約の定め
                                    るところによる。
                                  新株予約権を譲渡するときは
    新株予約権の譲渡に関する事項                                             同左
                                  取締役会の承認を要する。
    代用払込みに関する事項                               ―                 ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                      ―             ―
    事項
    (注) 1新株予約権1個当りの目的となる株式数は、260株であります。
        2当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は、次の算式により調整
           される。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点において行使されていない新株予約権の目的とな
           る株式についてのみ行われ、調整計算の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。

             調整後株式数=調整前株式数×分割、併合又は無償割当ての比率





                                     31/152
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                           有価証券報告書

      また、新株予約権発行日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併又はその他組織変更を行う場合等にお
      いては、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整される。
    3新株予約権発行日後に、当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合は、次の算式により行使価額を調整
      し、調整による1円未満の端数は切上げる。

                                   1
       調整後行使価額=調整前行使価額×
                          分割・併合・無償割当ての比率

      また、新株予約権発行日後に、時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分(新株予約権の行使、「商法
      等の一部を改正する法律」(平成13年法律第128号)の施行前の旧商法第341条ノ2に基づく転換社債の転換、
      および同法第341条ノ8の規定に基づく新株引受権付社債にかかる新株引受権の行使による場合を除く。)を
      行うときは、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切上げる。なお、次の算式におい
      て、「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社の保有する自己株式を控除した数をいう。

               既発行   新規発行株式数又は処分株式数×1株当り払込金額又は処分価額
                       +
                   株式数              1株当りの株価
       調整後   調整前
           =     ×
       行使価額 行使価額            既発行株式数+新規発行又は処分株式数

      さらに、新株予約権発行日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併又はその他組織変更を行う場合等、
      行使価額の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、当社は、合理的な範囲において行使価額を調
      整する。
    4平成18年1月5日開催の取締役会決議により、平成18年3月1日付で1株を2株とする株式分割を行っており
      ます。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
      権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
    5平成19年7月26日開催の取締役会決議により、平成19年9月3日付で普通株式1株につき0.3株の割合にて第
      1種優先株式の無償割当てを行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約
      権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
      額」が調整されております。





                              32/152
                                                                                EDINET提出書類
                                                                             株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                 有価証券報告書

        ②平成16年7月28日定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第2回新株予約権)

                                     事業年度末現在             提出日の前月末現在
    
                                   (平成23年4月30日)          (平成23年6月30日)
    新株予約権の数(個)                       1,316(注)1          1,316(注)1

    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                     ―                 ―

    新株予約権の目的となる株式の種類                 当社普通株式                   同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)              342,160(注)2         342,160(注)2

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                        1(注)3              1(注)3
                                     平成16年9月1日∼
    新株予約権の行使期間                                                同左
                                     平成46年8月31日
                                     発行価格       1        発行価格            1
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                     資本組入額      1        資本組入額           1
    株式の発行価格及び資本組入額(円)                               




                                 (1) 対象者は、新株予約権を
                                   割当てられた時に就任して
                                   いた会社の役員(取締役又
                                   は監査役)を退任したとき
                                   に限り、新株予約権を行使
                                   することができる。ただし、
                                   この場合、対象者は、対象者
                                   が上記の役員を退任した日
                                   の翌日(以下「権利行使開
                                   始日」という。)から当該権
                                   利行使開始日より10日を経
                                   過する日までの間に限り、
                                   新株予約権を行使できる。
                                 (2) 対象者は、新株予約権を
                                   質入れ、その他一切の処分
                                   をすることができない。
    新株予約権の行使の条件                  (3) 対象者が死亡した場合、              同左
                                   対象者の相続人のうち、対
                                   象者の配偶者、子、1親等の
                                   直系尊属に限り新株予約権
                                   を行使することができる。
                                   ただし、相続人は、当該役員
                                   が死亡退任した日の翌日か
                                   ら3ヶ月を経過する日まで
                                   の間に限り、新株予約権を
                                   行使できる。
                                 (4) この他の権利行使の条件
                                   は、株主総会決議および取
                                   締役会決議に基づき、当社
                                   と新株予約権の割当を受け
                                   た者との間で締結する新株
                                   予約権割当契約の定めると
                                   ころによる。
                                 新株予約権を譲渡するときは
    新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                                 取締役会の承認を要する。
    代用払込みに関する事項                              ―                 ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                             ―                 ―
    事項




                                    33/152
                                                            EDINET提出書類
                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                             有価証券報告書

    (注) 1新権予約権1個当りの目的となる株式数は、260株であります。
        2当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は、次の算式により調整
           される。なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点において行使されていない新株予約権の目的となる
           株式についてのみ行われる。

         調整後株式数=調整前株式数×分割、併合又は無償割当ての比率
          (調整後生じる1株未満の端株は切り捨てる。)

        また、上記のほか、新株予約権発行日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併又はその他組織変更を行
        う場合等においては、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整される。
      3新株予約権発行日後に、当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合は、次の算式により行使価額を調整
        し、調整による1円未満の端数は切上げる。

                                      1
          調整後行使価額=調整前行使価額×
                             分割・併合・無償割当ての比率

      4平成18年1月5日開催の取締役会決議により、平成18年3月1日付で1株を2株とする株式分割を行っており
        ます。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
        権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
      5平成19年7月26日開催の取締役会決議により、平成19年9月3日付で普通株式1株につき0.3株の割合にて第
        1種優先株式の無償割当てを行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約
        権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
        額」が調整されております。





                                 34/152
                                                                                EDINET提出書類
                                                                             株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                 有価証券報告書

        ③平成17年7月28日定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第4回新株予約権)

                                     事業年度末現在             提出日の前月末現在
    
                                   (平成23年4月30日)          (平成23年6月30日)
    新株予約権の数(個)                          52(注)1             44(注)1

    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                     ―                 ―

    新株予約権の目的となる株式の種類                 当社普通株式                   同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)               13,520(注)2          11,440(注)2

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                        1(注)3              1(注)3
                                     平成18年9月1日∼
    新株予約権の行使期間                                                同左
                                     平成23年8月31日
                                     発行価格       1        発行価格            1
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                     資本組入額      1        資本組入額           1
    株式の発行価格及び資本組入額(円)                               




                                 (1) 対象者は、当社又は当社
                                   子会社の取締役として在任
                                   中に限り、新株予約権を行
                                   使できる。ただし、当社又は
                                   当社子会社の取締役を任期
                                   満了その他正当な理由によ
                                   り退任した場合には、この
                                   限りではない。
                                 (2) 対象者は、新株予約権を
                                   質入れ、その他一切の処分
    新株予約権の行使の条件                                               同左
                                   をすることができない。
                                 (3) 新株予約権の相続は認め
                                   ない。
                                 (4) この他の権利行使の条件
                                   は、株主総会決議および取
                                   締役会決議に基づき、当社
                                   と新株予約権の割当を受け
                                   た者との間で締結する新株
                                   予約権割当契約の定めると
                                   ころによる。
                                 新株予約権を譲渡するときは
    新株予約権の譲渡に関する事項                                            同左
                                 取締役会の承認を要する。
    代用払込みに関する事項                              ―                 ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                      ―             ―
    事項
    (注) 1新権予約権1個当りの目的となる株式数は、260株であります。
        2当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は、次の算式により調整
           される。なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点において行使されていない新株予約権の目的となる
           株式についてのみ行われる。

            調整後株式数=調整前株式数×分割、併合又は無償割当ての比率
             (調整後生じる1株未満の端株は切り捨てる。)

           また、上記のほか、新株予約権発行日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併又はその他組織変更を行
           う場合等においては、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整される。




                                    35/152
                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                           有価証券報告書

    3新株予約権発行日後に、当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合は、次の算式により行使価額を調整
      し、調整による1円未満の端数は切上げる。

                                   1
       調整後行使価額=調整前行使価額×
                          分割・併合・無償割当ての比率

    4平成18年1月5日開催の取締役会決議により、平成18年3月1日付で1株を2株とする株式分割を行っており
      ます。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約
      権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
    5平成19年7月26日開催の取締役会決議により、平成19年9月3日付で普通株式1株につき0.3株の割合にて第
      1種優先株式の無償割当てを行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約
      権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入
      額」が調整されております。





                              36/152
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                  有価証券報告書

         会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
        ④平成18年7月27日定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第5回新株予約権)

                                       事業年度末現在             提出日の前月末現在
    
                                     (平成23年4月30日)          (平成23年6月30日)
    新株予約権の数(個)                            22(注)1             22(注)1

    新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                       ―                ―

    新株予約権の目的となる株式の種類                   当社普通株式                  同左

    新株予約権の目的となる株式の数(株)                 2,860(注)2          2,860(注)2

    新株予約権の行使時の払込金額(円)                          1(注)3             1(注)3
                                       平成19年9月1日∼
    新株予約権の行使期間                                                 同左
                                       平成24年8月31日
                                       発行価格       1        発行価格           1
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                       資本組入額      1        資本組入額          1
    株式の発行価格及び資本組入額(円)                                 




                                   (1) 対象者は、当社の取締役
                                     として在任中に限り、新株
                                     予約権を行使できる。ただ
                                     し、当社の取締役を任期満
                                     了その他正当な理由により
                                     退任した場合には、この限
                                     りではない。
                                   (2) 対象者は、新株予約権を
                                     質入れ、その他一切の処分
    新株予約権の行使の条件                      をすることができない。               同左
                                   (3) 新株予約権の相続は認め
                                     ない。
                                   (4) この他の権利行使の条件
                                     は、定時株主総会決議およ
                                     び取締役会決議に基づき、
                                     当社と新株予約権の割当を
                                     受けた者との間で締結する
                                     新株予約権割当契約の定め
                                     るところによる。
                                   譲渡による新株予約権の取得
    新株予約権の譲渡に関する事項                 については、当社の取締役会               同左
                                   の承認を要する。
    代用払込みに関する事項                                ―                ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                      ―             ―
    事項
    (注) 1新権予約権1個当りの目的となる株式数は、130株であります。
        2当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は、次の算式により調整
           される。なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点において行使されていない新株予約権の目的となる
           株式についてのみ行われる。

            調整後株式数=調整前株式数×分割、併合又は無償割当ての比率
             (調整後生じる1株未満の端株は切り捨てる。)

         3新株予約権発行日後に、当社が株式の分割、併合又は無償割当てを行う場合は、次の算式により行使価額を調整
           し、調整による1円未満の端数は切上げる。

                                           1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                               分割・併合・無償割当ての比率

           また、上記のほか、新株予約権発行日後に、当社が他社と吸収合併もしくは新設合併又はその他組織変更を行
           う場合等においては、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整される。
         4平成19年7月26日開催の取締役会決議により、平成19年9月3日付で普通株式1株につき0.3株の割合にて第
           1種優先株式の無償割当てを行っております。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約
           権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入

                                      37/152
                                         EDINET提出書類
                                      株式会社伊藤園(E00414)
                                          有価証券報告書
        額」が調整されております。

    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
      該当事項はありません。

    (4) 【ライツプランの内容】
      該当事項はありません。




                             38/152
                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                           有価証券報告書

    (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                     発行済株式        発行済株式        資本金      資本金      資本準備金     資本準備金
        年月日          総数増減数         総数残高        増減額       残高        増減額        残高
                       (株)           (株)      (百万円)    (百万円)      (百万円)     (百万円)
    平成19年9月3日 第1種優先株式
                                  117,959,342       ―     12,655        ―      13,002
    (注)1               26,746,962
    平成19年11月7日 第1種優先株式
                                  125,359,342    6,317    18,973     6,317     19,319
    (注)2                7,400,000
    平成19年12月4日 第1種優先株式
                                  126,459,342      939    19,912       939     20,259
    (注)3                1,100,000
    平成23年3月31日 第1種優先株式
                                  125,459,342       ―     19,912        ―      20,259
    (注)4              △1,000,000
     (注) 1平成19年9月3日付で普通株式1株につき0.3株の割合にて第1種優先株式の無償割当てを行い、発行済株式
            総数が26,746千株増加しております。
         2平成19年11月7日を払込期日とする一般公募による増資により、第1種優先株式の発行済株式総数が7,400千
            株、資本金及び資本準備金がそれぞれ6,317百万円増加しております。
         3平成19年12月4日を払込期日とする第三者割当てによる増資により、第1種優先株式の発行済株式総数が
            1,100千株、資本金及び資本準備金がそれぞれ939百万円増加しております。
         4平成23年3月31日付で第1種優先株式1,000千株の消却を行い、発行済株式総数が1,000千株減少しておりま
            す。
    
    (6) 【所有者別状況】
         普通株式
                                                                         平成23年4月30日現在
                                株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                                                      単元未満
                                                   外国法人等
        区分                                                                           株式の状況
                 政府及び
                               金融商品    その他の                         個人                 (株)
                 地方公共   金融機関                                                 計
                               取引業者     法人                         その他
                  団体                           個人以外          個人

    株主数(人)          1     91      33     532        256       23   82,002   82,938      ―
    所有株式数
                 68   154,403 2,594 306,010 76,078    40  372,517 911,710 41,380
    (単元)
    所有株式数
               0.01     16.94  0.28   33.56   8.35  0.00    40.86  100.00     ―
    の割合(%)
     (注) 1自己株式1,999,983株は、「個人その他」の欄に1,999,900株(19,999単元)、「単元未満株式の状況」の欄に83
            株を含めて記載しております。
         2「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が500株(5単元)含まれております。
             
         第1種優先株式
                                                                         平成23年4月30日現在
                                株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                                                      単元未満
                                                   外国法人等
        区分                                                                           株式の状況
                 政府及び
                               金融商品    その他の                         個人                 (株)
                 地方公共   金融機関                                                 計
                               取引業者     法人                         その他
                  団体                           個人以外          個人

    株主数(人)          1     33       7     404            51    10   37,439   37,945      ―
    所有株式数
                  6   26,336  136 99,463 44,343     36 156,675 326,995 1,547,462
    (単元)
    所有株式数
               0.00     8.06 0.04  30.42  13.56   0.01   47.91  100.00        ―
    の割合(%)
     (注) 1自己株式69,647株は、「個人その他」の欄に69,600株(696単元)、「単元未満株式の状況」の欄に47株を含めて
            記載しております。
         2「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株(1単元)含まれております。




                                               39/152
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                    有価証券報告書

    (7) 【大株主の状況】
        所有株式数別
                                                                     平成23年4月30日現在
                                                                            発行済株式
                                                                  所有株式数    総数に対する
         氏名又は名称                           住所
                                                                   (千株)     所有株式数
                                                                            の割合(%)
    グリーンコア株式会社           東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番9号                            23,548   18.77
    財団法人本庄国際奨学財団         東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番9号                             6,760    5.39
    本庄八郎              神奈川県横浜市青葉区                                    3,835    3.06
    伊藤園従業員持株会            東京都渋谷区本町3丁目47番10号                             2,779    2.22
    日本トラスティ・サービス信託
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号                              1,970    1.57
    銀行株式会社(信託口)
    株式会社りそな銀行            大阪府大阪市中央区備後町2丁目2番1号                           1,933    1.54
    東洋製罐株式会社             東京都千代田区内幸町1丁目3番1号                             1,763    1.41
    日本マスタートラスト信託銀行
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号                              1,525    1.22
    株式会社(信託口)
    本庄大介              東京都港区                                         1,359    1.08
    ステート ストリート バンク ア
                         P.O.BOX 351 BOSTON MASSACHUSETTS 02101
    ンド トラスト カンパニー
                         U.S.A                                         1,327    1.06
    505103(常任代理人香港上海銀
                         (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
    行)
              計                            ―                          46,803   37.31
    (注)1.上記のほか、当社所有の自己株式2,069千株(1.65%)があります。
     2.当社取締役社長本庄大介は、本人名義として1,359千株を保有している以外に、信託財産として
        357千株を委託しております。
    
        所有議決権数別
                                                                      平成23年4月30日現在
                                                                           総株主の議決権
                                                                  所有議決権数      に対する
         氏名又は名称                           住所
                                                                    (個)     所有議決権数
                                                                             の割合(%)
    グリーンコア株式会社           東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番9号                           176,534   19.80
    財団法人本庄国際奨学財団         東京都渋谷区富ヶ谷1丁目14番9号                            52,000    5.83
    本庄八郎              神奈川県横浜市青葉区                                   29,524    3.31

    伊藤園従業員持株会            東京都渋谷区本町3丁目47番10号                            24,233    2.72

    株式会社りそな銀行            大阪府大阪市中央区備後2丁目2番1号                           19,331    2.17
    日本トラスティ・サービス信託
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号                             17,811    2.00
    銀行株式会社(信託口)
    東洋製罐株式会社             東京都千代田区内幸町1丁目3番1号                            17,100    1.92
    日本マスタートラスト信託銀行
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号                             13,071    1.47
    株式会社(信託口)
    本庄大介              東京都港区                                        11,430    1.28

    明治安田生命保険相互会社         東京都千代田区丸の内2丁目1番1号                             9,034    1.01

              計                            ―                         370,068   41.50
    (注)当社取締役社長本庄大介は、普通株式357千株を信託財産として委託しており、上記の議決権数のほかに、信託契約
        上、議決権(3,572個)の指図権を留保しております。
        




                                               40/152
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                      株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                          有価証券報告書

    (8) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                       平成23年4月30日現在
             区分          株式数(株)                 議決権の数(個)                    内容

                      第1種優先株式                                       「1(1)②発行済株式」の「内
    無議決権株式                                            ―
                           32,699,500                               容」の記載を参照

    議決権制限株式(自己株式等)           ―                        ―                      ―

    議決権制限株式(その他)             ―                        ―                      ―

                      (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                    ―                      ―
                      普通株式1,999,900

    完全議決権株式(その他)      普通株式 89,171,100                     891,711            ―

                      普通株式 41,380
    単元未満株式            第1種優先株式                         ―                      ―
                            1,547,462

    発行済株式総数                  125,459,342              ―                      ―

    総株主の議決権                  ―                            891,711            ―
    (注)「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が500株(議決権5個)含まれてお
        ります。

     ② 【自己株式等】
                                                                       平成23年4月30日現在
                                                                                 発行済株式
                                            自己名義           他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                                                   総数に対する
                      所有者の住所               所有株式数          所有株式数       の合計
        又は名称                                                                     所有株式数
                                             (株)            (株)        (株)
                                                                                 の割合(%)
    (自己保有株式)       東京都渋谷区本町                普通株式                      普通株式       普通株式
                                                             ―
    株式会社伊藤園        3丁目47番10号                1,999,900                 1,999,900      2.19
          計              ―                  1,999,900        ―        1,999,900      2.19






                                             41/152
                                                              EDINET提出書類
                                                           株式会社伊藤園(E00414)
                                                               有価証券報告書

    (9) 【ストックオプション制度の内容】
     ・新株予約権方式によるストックオプション制度
      ①平成14年7月29日開催の定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第1回新株予約権)
            旧商法第280条ノ20及び旧商法第280条ノ21の規定に基づき、平成14年7月29日開催の第37回定時
       株主総会終結時に在任する当社及び当社子会社の取締役ならびに当社の監査役に対し、特に有利な
       条件をもって新株予約権を発行することを平成14年7月29日開催の第37回定時株主総会において特
       別決議されたものであります。

    決議年月日                 平成14年7月29日
                          当社の取締役22名及び監査役4名
    付与対象者の区分及び人数
                          当社子会社の取締役7名
    新株予約権の目的となる株式の種類      「(2) 新株予約権等の状況」に記載しております。

    株式の数                  同上

    新株予約権の行使時の払込金額        同上

    新株予約権の行使期間            同上

    新株予約権の行使の条件           同上

    新株予約権の譲渡に関する事項        同上

    代用払込みに関する事項                              ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                             ―
    交付に関する事項

      ②平成16年7月28日開催の定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第2回新株予約権)
            旧商法第280条ノ20及び旧商法第280条ノ21の規定に基づき、平成16年7月28日開催の第39回定時
       株主総会終結時に在任する当社及び当社子会社の取締役ならびに当社の監査役に対し、特に有利な
       条件をもって新株予約権を発行することを平成16年7月28日開催の第39回定時株主総会において特
       別決議されたものであります。

    決議年月日                 平成16年7月28日
                          当社の取締役19名及び監査役3名
    付与対象者の区分及び人数
                          当社子会社の取締役3名
    新株予約権の目的となる株式の種類      「(2) 新株予約権等の状況」に記載しております。

    株式の数                  同上

    新株予約権の行使時の払込金額        同上

    新株予約権の行使期間            同上

    新株予約権の行使の条件           同上

    新株予約権の譲渡に関する事項        同上

    代用払込みに関する事項                              ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                             ―
    交付に関する事項





                                   42/152
                                                              EDINET提出書類
                                                           株式会社伊藤園(E00414)
                                                               有価証券報告書

        ③平成17年7月28日開催の定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第4回新株予約権)
            旧商法第280条ノ20及び旧商法第280条ノ21の規定に基づき、平成17年7月28日開催の第40回定時
         株主総会終結時に在任する当社及び当社子会社の取締役に対し、特に有利な条件をもって新株予約
         権を発行することを平成17年7月28日開催の第40回定時株主総会において特別決議されたものであ
         ります。
    
    決議年月日                 平成17年7月28日
                          当社の取締役24名
    付与対象者の区分及び人数
                          当社子会社の取締役7名
    新株予約権の目的となる株式の種類      「(2) 新株予約権等の状況」に記載しております。

    株式の数                  同上

    新株予約権の行使時の払込金額        同上

    新株予約権の行使期間            同上

    新株予約権の行使の条件           同上

    新株予約権の譲渡に関する事項        同上

    代用払込みに関する事項                             ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                            ―
    交付に関する事項

        ④平成18年7月27日開催の定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第5回新株予約権)
            会社法第361条第1項の規定に基づき、平成18年7月27日開催の第41回定時株主総会終結時に在任
         する当社の取締役に対し、ストックオプション報酬額の設定及びストックオプションとして新株予
         約権を発行することを平成18年7月27日開催の第41回定時株主総会において普通決議されたもので
         あります。

    決議年月日                 平成18年7月27日

    付与対象者の区分及び人数          当社の取締役24名

    新株予約権の目的となる株式の種類      「(2) 新株予約権等の状況」に記載しております。

    株式の数                  同上

    新株予約権の行使時の払込金額        同上

    新株予約権の行使期間            同上

    新株予約権の行使の条件           同上

    新株予約権の譲渡に関する事項        同上

    代用払込みに関する事項                             ―
    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                            ―
    交付に関する事項
    




                                   43/152
                                                              EDINET提出書類
                                                           株式会社伊藤園(E00414)
                                                               有価証券報告書


        ⑤平成23年7月26日開催の定時株主総会決議に基づくもの(株式会社伊藤園第7回新株予約権)
            会社法第361条第1項の規定に基づき、新株予約権を割り当てる日に在任する当社の取締役に対し、
         ストックオプション報酬額の設定及びストックオプションとして新株予約権を発行することを平成
         23年7月26日開催の第46回定時株主総会において普通決議されたものであります。
    
    決議年月日                平成23年7月26日

    付与対象者の区分及び人数         当社の取締役(注)1

    新株予約権の目的となる株式の種類     当社普通株式

    株式の数                 32,000株を上限とする(注)2

    新株予約権の行使時の払込金額       1円(注)3

    新株予約権の行使期間           割当日の翌日から6年以内で当社取締役会の決議により定める。
                         (1)対象者は、当社の取締役として在任中に限り、新株予約権を行使
                         
                         できる。ただし、当社の取締役を任期満了その他正当な理由によ
                         り退任した場合には、この限りではない。
    新株予約権の行使の条件          (2)対象者は、新株予約権を質入れ、その他一切の処分をすることが
                         できない。
                         (3)新株予約権の相続は認めない。
                         (4)その他、新株予約権の発行に関する詳細については、当社取締役
                         会の決議により定める。
                         譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要す
    新株予約権の譲渡に関する事項
                         る。
    代用払込みに関する事項                              ―
 組織再編成行為に伴う新株予約権の
                                     ―
 交付に関する事項
(注) 1 付与対象者の区分及び人数の詳細は、当社の取締役会で決議いたします。
    2当社が株式の分割又は株式の併合行う場合、新株予約権の目的となる株式の数は、次の算式により調整される。
      なお、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点において権利行使されていない新株予約権の目的となる株
      式についてのみ行われる。

            調整後株式数=調整前株式数×分割又は併合の比率
             (調整後生じる1株未満の端株は切り捨てる。)

          また、上記のほか、割当日後に、当社が新株予約権の無償割当てを行う場合、他社と吸収合併もしくは新設合併
          又はその他組織変更を行う場合等においては、各新株予約権の行使により発行される株式の数は適切に調整
          される。
        3新株予約権の行使に際して出資される財産の価額(以下「行使価額」という。)は、各新株予約権の行使によ
          り交付を受けることができる株式1株あたりの行使価額を1円とし、これに付与される株式数を乗じた金額
          とする。
    




                                   44/152
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                    株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                        有価証券報告書

2 【自己株式の取得等の状況】




            【株式の種類等】      会社法第155条第3号に該当する第1種優先株式の取得及び
                          会社法第155条第7号に該当する普通株式及び第1種優先株式の取得





        (1) 【株主総会決議による取得の状況】
            該当事項はありません。

        (2) 【取締役会決議による取得の状況】
                                                               
                     区分                       株式数(株)                 価額の総額(円)
    取締役会(平成22年4月27日)での決議状況
    (取得期間平成22年5月6日∼平成22年5月25
    日)                                                 195,000              200,000,000
    当事業年度前における取得自己株式                                        ―                        ―
    当事業年度における取得自己株式                                    195,000              192,406,300
    残存決議株式の総数及び価額の総額                                        ―                 7,593,700
    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     ―                       3.8
    当期間における取得自己株式                                           ―                        ―
    提出日現在の未行使割合(%)                                          ―                        ―





                                                               
                     区分                       株式数(株)                 価額の総額(円)
    取締役会(平成22年12月27日)での決議状況
    (取得期間平成22年12月28日∼平成23年2月22
    日)                                                 300,000              350,000,000
    当事業年度前における取得自己株式                                        ―                        ―
    当事業年度における取得自己株式                                    300,000              307,901,200
    残存決議株式の総数及び価額の総額                                        ―                42,098,800
    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     ―                      12.0
    当期間における取得自己株式                                           ―                        ―
    提出日現在の未行使割合(%)                                          ―                        ―
        
        (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                     区分                       株式数(株)                 価格の総額(円)
    当事業年度における取得自己株式                                             
    普通株式                                                  265                  353,998
    第1種優先株式                                             7,495                7,582,870
    当期間における取得自己株式                                               
    普通株式                                                   ―                        ―
    第1種優先株式                                             1,050                1,099,860
     (注)当期間における取得自己株式には、平成23年7月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
         りによる株式は含まれておりません。

        (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
            普通株式

                                    当事業年度                             当期間
                区分
                                            処分価額の総額                       処分価額の総額
                               株式数(株)                       株式数(株)
                                               (円)                           (円)
    引き受ける者の募集を行った
                                        ―            ―                ―               ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                     ―            ―                ―               ―


                                            45/152
                                                                              EDINET提出書類
                                                                           株式会社伊藤園(E00414)
                                                                               有価証券報告書
    合併、株式交換、会社分割に係る
                                ―                ―             ―             ―
    移転を行った取得自己株式
    その他
                             8,580       20,585,209         2,080     4,990,190
    (新株予約権の権利行使)
    保有自己株式数              1,999,983               ―      1,997,903            ―
    (注)当期間における保有自己株式数には、平成23年7月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
        取りによる株式、新株予約権の権利行使による株式及び単元未満株式の売渡しによる株式は含まれておりませ
        ん。

      第1種優先株式

                              当事業年度                            当期間
           区分
                                     処分価額の総額                        処分価額の総額
                       株式数(株)                         株式数(株)
                                        (円)                            (円)
    引き受ける者の募集を行った
                                ―                ―             ―             ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式      1,000,000     969,100,000             ―             ―
    合併、株式交換、会社分割に係る
                                ―                ―             ―             ―
    移転を行った取得自己株式
    その他
    (単元未満株式の売渡請求による売         1,710        1,623,150           260       252,191
    渡)
    保有自己株式数                 69,647               ―         70,437            ―
    (注)当期間における保有自己株式数には、平成23年7月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
        取りによる株式及び単元未満株式の売渡しによる株式は含まれておりません。





                                     46/152
                                                                 EDINET提出書類
                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                  有価証券報告書

3 【配当政策】
      当社は、株主の皆様への利益還元を経営上の最重要課題のひとつとして認識しており、企業の連結業績を
    加味した利益還元を実施していくことを基本方針とし、配当を行ってまいります。
    当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金
    の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
    また、当社は、「取締役会の決議により、毎年10月31日を基準日として、中間配当を行うことが出来る。」旨
    を定款に定めております。
    この方針のもと、当期の期末配当金は1株当たり普通株式19円、第1種優先株式24円とさせていただき、こ
    の結果、平成23年4月期の年間配当金額は、中間配当金とあわせて、1株当たり普通株式38円、第1種優先株
    式48円となりました。
    内部留保につきましては、企業価値の向上に向けた投資等に活用し、株主の皆様の投資価値の増大に努め、
    将来の積極的な事業展開を通じて還元させていただく所存であります。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                                  配当金の総額           1株当たり配当額
        決議年月日        株式の種類
                                   (百万円)              (円)
    平成22年12月1日    普通株式                     1,695              19
    取締役会決議        第1種優先株式                    827              24
    平成23年7月26日    普通株式                     1,695              19
    定時株主総会決議      第1種優先株式                    820              24





                             47/152
                                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                           有価証券報告書

4 【株価の推移】
    (1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
     ①普通株式

      回次        第42期            第43期                  第44期                 第45期                第46期

     決算年月     平成19年4月         平成20年4月             平成21年4月            平成22年4月                  平成23年4月
                             4,160
     最高(円)          4,380              1,847      1,729    1,499
                            □2,965
                             3,420
      最低(円)         3,360              1,127      1,171    1,169
                            □1,586
    (注) 1最高・最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。
        2□印は、第1種優先株式無償割当て(平成19年9月3日、普通株式1株につき0.3株)による権利落後の株価であ
           ります。

     ②第1種優先株式

      回次        第42期            第43期                  第44期                 第45期                第46期

     決算年月     平成19年4月         平成20年4月             平成21年4月            平成22年4月                  平成23年4月

     最高(円)                ―               2,850            1,242              1,040                1,111

     最低(円)                ―               1,048              785                  786                  933
    (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。
        
    (2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】
     ①普通株式

      月別      平成22年11月        12月          平成23年1月           2月               3月                 4月

     最高(円)        1,368         1,369             1,431            1,456           1,499              1,458

     最低(円)        1,271         1,327             1,348            1,398           1,169              1,416
    (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。

     ②第1種優先株式

      月別      平成22年11月        12月          平成23年1月           2月               3月                 4月

     最高(円)          981         1,009             1,020            1,080           1,110              1,111

     最低(円)          960             977              992           1,014                933           1,044
    (注)最高・最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。




                                                  48/152
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                有価証券報告書

5 【役員の状況】

                                                                                        所有株式数
    役名      職名       氏名         生年月日                      略歴                      任期
                                                                                          (株)
                                         昭和39年8月     日本ファミリーサービス㈱設立
                                                     取締役就任
                                         昭和41年8月     フロンティア製茶㈱設立取締役
                                                     就任
                                                     昭和44年5月にフロンティア製茶
                                                     ㈱は株式会社伊藤園に商号変更。
                                                     (以下単に当社とする。)
                                         昭和44年5月     常務取締役就任
                                         昭和45年6月     専務取締役就任
                                         昭和53年5月     取締役副社長就任
                                         昭和62年4月     代表取締役副社長就任
                                                                                       普通株式
                                         昭和63年5月     代表取締役社長就任                         2,652,490
取締役会長
                            昭和15年8月31日生 平成14年7月     伊藤園産業㈱代表取締役会長就任
                   本庄八郎                                                        (注)3 第1種
代表取締役
                                                                                       優先株式
                                                     (現)
                                                                                         882,900
                                         平成14年7月     ㈱沖縄伊藤園代表取締役会長就任
                                                     (現)
                                         平成14年7月     ITOEN(USA)INC.
                                                     Chairman of the Board就任(現)
                                         平成14年7月     ITO EN(North America)INC.
                                                     Chairman of the Board就任(現)
                                         平成17年5月     ㈱オンワードホールディングス社
                                                     外取締役(現)
                                         平成19年9月     タリーズコーヒージャパン㈱代表
                                                     取締役会長就任(現)
                                         平成21年5月     代表取締役会長就任(現)
                                         昭和62年4月     当社入社
                                                                                       普通株式
                                         平成2年7月      取締役就任
                                                                                       1,153,660
                                         平成9年5月      常務取締役就任
取締役社長
                  本庄大介   昭和38年10月7日生                                          (注)3 第1種
代表取締役                                    平成12年5月     専務取締役就任                           優先株式
                                         平成14年7月     代表取締役副社長就任                          216,870
                                         平成21年5月     代表取締役社長就任(現)
                                        昭和42年3月      当社入社
                                        昭和58年11月     取締役就任
                                        昭和62年5月      常務取締役就任
                                                                                       普通株式
                                        平成4年5月       専務取締役就任                             70,610
    取締役
                             昭和20年2月1日生 平成9年5月       取締役副社長就任
          商品部担当    荻田築                                                        (注)3 第1種
    副会長
                                                                                       優先株式
                                        平成16年5月      当社商品部担当(現)
                                                                                         19,800
                                        平成18年5月      取締役副会長就任(現)
                                        平成18年11月     タリーズコーヒージャパン㈱代表
                                                     取締役社長就任(現)
                                         昭和43年4月     当社入社
                                         昭和58年11月    取締役就任
           地域営業
                                                                                       普通株式
                                         昭和62年5月     常務取締役就任
          統轄本部長兼
                                                                                         72,290
                                         平成4年5月      専務取締役就任
    取締役   関西・四国地
                   江島祥仁   昭和19年6月14日生                                          (注)3 第1種
    副社長   域営業本部長                         平成9年5月      取締役副社長就任(現)                       優先株式
          兼地域営業管                         平成19年5月     地域営業統轄本部長(現)                        38,840
           理本部長
                                         平成22年5月     地域営業管理本部長(現)
                                         平成23年5月     関西・四国地域営業本部長(現)






                                            49/152
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                 株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                     有価証券報告書

                                                                              所有株式数
    役名      職名       氏名         生年月日                    略歴              任期
                                                                                 (株)
                                          昭和45年1月    当社入社
                                                                             普通株式
                                          平成2年7月     取締役就任
                                                                               16,650
                                          平成6年5月     常務取締役就任
    取締役
          生産本部長    橋本俊治   昭和23年10月15日生                               (注)3 第1種
    副社長                                   平成9年5月     専務取締役就任                 優先株式
                                          平成9年5月     生産本部長(現)                   4,000
                                          平成12年5月    取締役副社長就任(現)
                                         昭和51年7月     当社入社
                                         平成8年7月      取締役就任
                                                                             普通株式
                                         平成13年5月     常務取締役就任
          管理本部長兼                                                               14,820
    取締役
                             昭和26年7月17日生 平成15年5月     専務取締役就任
          人事総務本部   渡辺實                                              (注)3 第1種
    副社長
            管掌                                                               優先株式
                                         平成20年5月     取締役副社長就任(現)
                                                                                3,400
                                         平成21年5月     管理本部長(現)
                                         平成22年5月     人事総務本部管掌(現)
                                         平成6年4月      当社入社
                                         平成15年7月     取締役就任
            広域流通                                                             普通株式
                                         平成17年5月     常務取締役就任
          営業本部長兼                                                              809,100
    取締役
                             昭和42年9月27日生 平成19年5月     広域流通営業本部長(現)
          東京・南関東   本庄周介                                              (注)3 第1種
    副社長
             地域                                                              優先株式
                                         平成20年5月     専務取締役就任
           営業本部長                                                               81,480
                                         平成22年5月     取締役副社長就任(現)
                                         平成22年5月     東京・南関東地域営業本部長(現)
                                                     当社入社
                                         昭和44年3月
                                                                             普通株式
                                                     取締役就任
                                         昭和63年7月                               10,600
専務取締役 特販営業本部                                         特販営業本部長(現)
                                         平成2年10月                        (注)3 第1種
                   下田淨   昭和24年1月14日生
         長                                                                   優先株式
                                                     常務取締役就任
                                         平成4年5月
                                                                                2,200
                                                     専務取締役就任(現)
                                         平成13年5月
                                         昭和48年2月     当社入社
                                                                             普通株式
                                         平成4年7月      取締役就任
           北関東・                                                                13,330
                                         平成9年5月      常務取締役就任
専務取締役     東関東地域    斎藤昭一   昭和25年1月15日生                                (注)3 第1種
                                         平成19年5月     専務取締役就任(現)
          営業本部長                                                              優先株式
                                         平成19年5月     北関東・東関東地域営業本部長             1,950
                                                     (現)
                                        昭和46年3月      当社入社
                                        平成4年7月       取締役就任
                                                                             普通株式
                                        平成9年5月       常務取締役就任                   8,100
専務取締役                       昭和23年1月5日生 平成22年5月      専務取締役就任(現)
                   木村吉久                                              (注)3 第1種
                                                                             優先株式
                                        平成22年5月      関西・四国地域営業本部長
                                                                               1,940
                                        平成23年5月      チチヤス㈱代表取締役社長就任
                                                     (現)
                                         昭和53年4月     当社入社
                                                                             普通株式
                                         平成4年7月      取締役就任
           商品企画                                                                8,000
                             昭和29年10月4日生 平成13年5月     常務取締役就任
専務取締役      本部長兼    社三雄                                              (注)3 第1種
           管理部長                                                              優先株式
                                         平成19年5月     商品企画本部長兼管理部長(現)
                                                                               2,130
                                         平成22年5月     専務取締役就任(現)
                                                                             普通株式
                                          昭和50年4月    当社入社
      北海道・東北                                                                    7,790
                                          平成4年7月     取締役就任              (注)3
常務取締役 地域営業本部       小林義雄   昭和27年11月14日生                                    第1種
                                          平成13年5月    常務取締役就任(現)
         長                                                                   優先株式
                                          平成22年5月    北海道・東北地域営業本部長(現)           1,830
                                                                             普通株式
                                         昭和48年3月     当社入社
            中国・                                                                 5,270
                                         平成13年7月     取締役就任
常務取締役      九州地域    廣瀨昭   昭和25年6月27日生                                (注)3 第1種
                                         平成17年5月     常務取締役就任(現)
          営業本部長                                                              優先株式
                                         平成22年5月     中国・九州地域営業本部長(現)            1,140
                                                                             普通株式
                                          昭和53年2月    当社入社
                                                                               10,080
                                          平成14年7月    取締役就任
           中部地域
常務取締役              田口寛   昭和23年12月27日生                               (注)3 第1種
          営業本部長                           平成19年5月    常務取締役就任(現)              優先株式
                                          平成19年5月    中部地域営業本部長(現)               3,100






                                            50/152
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                有価証券報告書

                                                                                       所有株式数
    役名        職名     氏名         生年月日                        略歴                     任期
                                                                                          (株)
                                                                                        普通株式
                                            昭和46年3月    当社入社
                                                                                          6,760
           広域法人
                             昭和27年10月17日生 平成2年7月       取締役就任(現)
    取締役            三國薫                                                         (注)3 第1種
          営業本部長
                                                                                        優先株式
                                            平成19年5月    広域法人営業本部長(現)
                                                                                          1,080
                                            平成4年3月     当社入社
                                                                                        普通株式
                                            平成13年5月    ITO EN(North America)INC.
                                                                                         705,250
                                                       President&CEO就任(現)
          
    取締役            本庄洋介   昭和41年11月29日生                                          (注)3 第1種
                                            平成13年5月    ITO EN(USA)INC.                  優先株式
                                                       Vice-Chairman/CEO就任(現)            165,990
                                            平成14年7月    取締役就任(現)
                                                                                        普通株式
                                         昭和49年4月       当社入社
           生産本部                                                                           9,400
                                         平成14年5月       生産本部副本部長(現)
    取締役   副本部長兼静   安藤達   昭和26年2月17日生                                           (注)3 第1種
                                         平成16年7月       取締役就任(現)
          岡相良工場長                                                                        優先株式
                                         平成23年5月       静岡相良工場長(現)                         1,200
                                            昭和51年4月    当社入社
                                                                                        普通株式
                                            昭和62年5月    盛岡支店長                              3,100
          広域流通営業
                                            平成9年5月     量販店部長
    取締役            金山正巳   昭和28年1月18日                                            (注)3 第1種
          本部副本部長
                                                                                        優先株式
                                            平成19年5月    広域流通営業本部副本部長(現)
                                                                                            200
                                            平成22年7月    取締役就任(現)
                                            平成元年3月     当社入社
                                                                                        普通株式
                                            平成15年5月    広告販促部長
          広告宣伝部長
                                                                                          2,000
                                            平成17年3月    広告宣伝部長(現)
          兼販売促進部
    取締役            波岡修   昭和42年2月23日                                            (注)3 第1種
          長兼健康食品                            平成21年5月    販売促進部長(現)                        優先株式
            部長                              平成22年5月    健康食品部長(現)                            400
                                            平成22年7月    取締役就任(現)
                                            昭和52年4月    農水省(現農林水産省)入省
                                            平成17年7月    環境省大臣官房審議官
                                            平成18年8月    農林水産省大臣官房審議官
                                                                                        普通株式
                                            平成19年7月    関東森林管理局長
          管理本部副本                                                                          2,200
                                            平成20年3月    農林水産省退職
    取締役   部長兼経営企   笹谷秀光   昭和28年5月24日                                            (注)3 第1種
                                            平成20年5月    当社入社
            画部長                                                                         優先株式
                                                       知的財産部長                                ー
                                            平成21年5月    管理本部副本部長(現)
                                            平成22年5月    経営企画部長(現)
                                            平成22年7月    取締役就任(現)
                                            平成元年3月     当社入社
                                            平成8年5月     東京目黒支店長
                                                                                        普通株式
                                            平成18年5月    広域法人営業本部広域法人営業一
                                                                                          6,700
                                                       部長
          人事総務本部
    取締役            中野悦久   昭和41年6月27日                                            (注)3 第1種
             長                              平成20年5月    南関東地域営業本部副本部長                    優先株式
                                            平成21年5月    人事総務本部副本部長                         1,320
                                            平成22年5月    人事総務本部長(現)
                                            平成22年7月    取締役就任(現)
                                            昭和48年4月    株式会社埼玉銀行(現株式会社り
                                                       そな銀行)入行
                                            平成14年2月    株式会社あさひ銀行(現株式会社
                                                       りそな銀行)退社
                                            平成14年3月    株式会社大和銀ホールディングス
                                                       (現株式会社りそなホールディン
                                                       グス)執行役員
                                            平成15年9月    株式会社りそなホールディングス
                                                                                        普通株式
                                                       執行役退任                              1,000
    監査役
                             昭和23年11月27日生 平成16年6月
                                                      ユーシーカード株式会社常務取締
                   髙橋實                                                         (注)4 第1種
     常勤
                                                                                        優先株式
                                                       役
                                                                                             ー
                                            平成17年9月    同社常務取締役退任
                                            平成18年4月    ペンタックス株式会社(現HOYA
                                                       株式会社)執行役員
                                            平成19年3月    同社執行役員退任
                                            平成19年4月    当社入社
                                            平成19年5月    当社内部統制室長
                                            平成20年5月    当社内部監査室長
                                            平成23年7月    監査役(常勤)就任(現)




                                              51/152
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                  株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                      有価証券報告書

                                                                             所有株式数
    役名        職名     氏名        生年月日                      略歴              任期
                                                                                (株)
                                        昭和34年4月       最高裁判所司法研修所入所
                                                                              普通株式
                                        昭和36年4月       金沢地方裁判所裁判官任官
                                                                                76,000
                                        昭和39年4月       神戸地裁尼崎支部裁判官
          
    監査役            高澤嘉昭   昭和9年4月11日生                                  (注)5 第1種
                                        昭和42年4月       大阪地裁裁判官                 優先株式
                                        昭和46年4月       弁護士登録                     34,000
                                        平成3年7月        当社監査役就任(現)
                                        昭和23年3月       仙台国税局二本松税務署入所
                                                                              普通株式
                                        昭和41年7月       東京国税局直税部資産税課
                                                                                26,400
                                        昭和56年7月       税務大学校教授
          
    監査役            佐藤利宏   昭和5年6月25日生                                  (注)6 第1種
                                        昭和62年7月       東京国税局麻布税務署              優先株式
                                        昭和63年3月       税理士登録                      7,920
                                        平成14年7月       当社監査役就任(現)
                                          昭和37年10月    デロイト プレンダー ハスキンズ
                                                      アンド セルズ会計事務所(現監査
                                                                              普通株式
                                                      法人トーマツ)入所
                                                                                2,000
                                          昭和50年12月    新和監査法人(現有限責任あずさ
          
    監査役            高瀬正行   昭和16年1月3日生                                  (注)6 第1種
                                                      監査法人)入所                 優先株式
                                          平成12年8月     朝日監査法人(現有限責任あずさ             600
                                                      監査法人)退社
                                          平成17年7月     当社監査役就任(現)
                                                                              普通株式
                                                                              5,693,600
                                      計                                       第1種
                                                                              優先株式
                                                                              1,474,290
    (注) 1監査役高澤嘉昭、佐藤利宏及び高瀬正行は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
        2取締役本庄洋介は取締役社長本庄大介の実弟であります。また、取締役副社長本庄周介は取締役会長本庄八郎
           の長男であります。
        3平成22年7月27日開催の定時株主総会終結時から2年間。
        4平成23年7月26日開催の定時株主総会終結時から4年間。
        5平成20年7月29日開催の定時株主総会終結時から4年間。
        6平成21年7月28日開催の定時株主総会終結時から4年間。
        7取締役社長本庄大介は、上記所有株式数のほかに、357,200株を信託財産として委託しており、信託契約上、議決
           権の指図権を留保しております。





                                             52/152
                                                      EDINET提出書類
                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                       有価証券報告書

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
    (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
     ①企業統治の体制
     (ア)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
      当社の経営理念は、お客様第一主義であります。伊藤園グループ基本綱領の中で、伊藤園グループは企
     業の永続的な成長・発展と企業価値を高めるため、国・地域社会・消費者・株主・販売先・仕入先・金
     融機関等の利害関係者と協調し、企業の社会的責任を果たすことを経営の根幹としております。
      この経営理念が、当社の企業倫理の基本的な考え方であり、コーポレート・ガバナンスを支える不変の
     真理であります。当社はこの理念に基づき、全ての利害関係者の利益に沿い信頼に応え、持続可能な社会
     の実現に向けた経営を役員及び全従業員一丸となって積極的に推し進めます。
      適切なコーポレート・ガバナンスを実現するために、監査役設置会社である当社は、監査役が当社グ
     ループ会社の代表取締役あるいは担当取締役または従業員に対し、営業の状況、意思決定のプロセス等の
     確認を行い、監査を実施しております。平成23年7月27日現在、監査役4名のうち3名が社外監査役であ
     り、外部有識者の意見を経営に真摯に反映させることで透明性を高めております。
      監査役は、取締役会に毎回出席し、監査の状況につき会社全般または、個別案件ごとに客観的、且つ公平
     に意見を述べると共に監査役会での監査方針に従い取締役の業務執行を監査しております。

     (イ)企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由
      当事業年度末現在における企業統治に関する状況は以下のとおりであります。










                            53/152
                                                     EDINET提出書類
                                                  株式会社伊藤園(E00414)
                                                      有価証券報告書

     当社の取締役会は、平成23年7月27日現在、取締役21名で構成されております。月1回開催される取締
    役会では、「株主価値の向上」のための経営方針、事業計画、組織及び財務状況等の施策に関する意思決
    定ならびに進捗状況について、重要な事項をすべて決定するとともに、当社ならびに子会社の業務執行状
    況の確認、監督を行っております。更に、取締役会の諮問機関としてコンプライアンス委員会を設け、日常
    の業務執行が法令等を遵守して運営されているか審議し、コンプライアンスの徹底を図っております。
     また、取締役会及び社長を補佐する目的で、経営執行会議を月1回開催し、取締役会で決議した経営基
    本方針に基づき全般的執行方針を確立し、業務上の重要事項を協議決定し、業務執行しております。
     そのほか、経営執行会議の下部組織として、各本部・部署を超えて9の専門委員会を組織し、予算、長期
    経営計画、人事制度改善、内部統制推進などの委員会が、改善提案事項を適宜、取締役会、又は、経営執行会
    議に上程しております。さらに、環境、製品リスク対策などの委員会は、コンプライアンス意識の向上のた
    めの活動を行っております。
     以上の経営執行の体制に、監査役による経営監視機能、後述の内部統制システムによる牽制機能が働く
    ことで、適切なコーポレート・ガバナンスの実現が可能と考え、当体制を採用しております。

    (ウ)内部統制システムの整備の状況
     当社では、平成18年5月の取締役会で決議した「内部統制システムの基本方針」に基づき、伊藤園グ
    ループの業務運営の透明性を高め、有効性・効率性をさらに向上させること、財務報告の信頼性を高める
    こと、法令等の遵守を図ること、資産の保全を図ることを目的として、内部統制システムを構築しており
    ます。
     社長直轄組織として他の管理部門、業務部門から独立している内部監査室は、客観的立場から内部統制
    システムの整備・運用状況を監査しております。その監査結果に基づき、取締役副社長を委員長とする内
    部統制推進委員会において、内部統制上の課題とその改善に向けての具体策を審議し、必要に応じ取締役
    会、又は、経営執行会議に報告することで、牽制機能を確保しております。
     また、法務部コンプライアンス室、内部監査室が法令、社会規範や企業倫理など広い範囲にわたり法令
    遵守に対する社内意識の向上に努め、業務運営の適正性をチェックし、継続的にコンプライアンス教育を
    実施することに加え、未整備な点は業務改善を適時実施しております。さらに、重要事項については取締
    役会、又は、経営執行会議に報告する態勢をとることで、内部統制システムの運用徹底を図っております。

    (エ)リスク管理体制の整備の状況
     当社の業務執行に係るリスクを以下のとおり認識し、リスク担当部署を定め、規程、規則及びガイドラ
    インを策定すると共に、横断的なリスク管理体制を構築しております。
    a.コンプライアンス上のリスク
      伊藤園グループ行動規範・行動基準により、コンプライアンスの徹底を図るため、法務部コンプライ
     アンス室を中心として全社的なコンプライアンス教育を実施し推進しております。
    b.情報セキュリティー上のリスク
      情報保護に関しては、個人情報保護方針を定めており、個人情報の漏洩を未然に防止すると共に、業
     務上の情報管理については、コンピュータのセキュリティーを強化し、情報の漏洩及び不正アクセスを
     防止いたします。




                            54/152
                                                      EDINET提出書類
                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                       有価証券報告書

    c.品質及び環境上のリスク
      製品管理基準・ガイドラインを定め品質、製品の安全性の向上及び製造物責任の対応等を含め、組織
     的な管理体制を構築しております。
      環境上のリスクに関しましては、環境マネジメントシステムの管理手法により環境リスクへの対応
     を、全社的な環境問題として取組んでおります。
    d.財産保全上のリスク
      債権管理基準に従い与信管理及び債権回収管理を徹底し、取引先倒産による貸倒損失の発生を未然
     に防止するよう努めております。また、製品、原料、資材等棚卸資産管理に努め不良在庫等の発生を未然
     に防止する体制整備に取組んでおります。
    e.災害及び事故のリスク
      安全衛生委員会・防災管理委員会において災害発生時の対処方法及び緊急対応マニュアルの策定を
     図り、災害発生時の被害を最小限に止める訓練を継続的に行います。

     不測の事態発生時には、社長を本部長とする対策本部を設置して、迅速な対応を行い被害の拡大を防止
    し、最小限に止める体制を整えております。

    (オ)社外役員との責任限定契約の内容の概要
    a.社外取締役との責任限定契約
      当社は社外取締役はおりません。
    b.社外監査役との責任限定契約
      当社は社外監査役3名と会社法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しており、当該契約
     に基づく賠償責任限度額は法令に定める額となります。

    ②内部監査及び監査役監査
     (ア) 内部監査室は社長直轄組織として、23名体制をもって、他の管理部門、業務部門から独立した形で
    設置されております。内部監査室は、内部監査規程に基づき、当社及び当社グループ各社の安定的発展の
    為、業務活動全般における合理性や効率性、及び法令、定款、社内規程の遵守状況、並びに内部統制システ
    ムやリスク管理態勢の有効性に重点を置いた経営管理監査を実施しております。この監査結果を踏まえ、
    当該業務執行部署に対し、直接、又は、内部統制推進委員会の場を通じて、内部統制上の課題と改善策を助
    言・提言し、内部統制システムの一層の強化を図っております。営業、生産、管理の各拠点・各部門の業務
    検証につきましては、業務活動の規律遵守および適法性について内部監査を実施するとともに、必要に応
    じて、当社会計監査人である有限責任 あずさ監査法人と情報交換を行い、指導・助言を受ける体制を
    とっております。内部監査の結果及び内部監査の指摘に対する改善履行状況につきましても、定期的に監
    査役に報告されております。更に、内部監査の体制、監査計画についても合わせて監査役会に報告し、情報
    を共有化しております。
     (イ) 監査役は、平成23年7月27日現在で常勤監査役1名、非常勤監査役3名の4名であり、このうち非
    常勤監査役3名が社外監査役であり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有する監査役が含まれて
    おります。監査役は、監査計画に基づき、重要な意思決定の過程を把握するため、取締役会等、重要な会議
    に出席する他、業務執行状況を管理・監督するため、営業、生産、管理の各部門を調査し、重要な書類等の
    閲覧を行っております。また、必要に応じて外部製造委託先及び飲料原料等製造先の安全確認も行ってお
    ります。監査結果は月1回開催される監査役会で適切に報告しております。会計監査人とは年2回以上
    (年度始、年度末他)の会合を持ち、監査実施状況、監査の結果に関する参考事項の報告があり、それに対
    し会計監査人が独立の立場を保持し、かつ適正な監査を実施しているかを監視および検証すると共に、会

                              55/152
                                                                           EDINET提出書類
                                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                                            有価証券報告書
    計監査人から「職務の遂行が適正に行われていることを確保するための体制」(会社計算規則第131条
    各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」等に従って整備している旨の報告を受け、確認を
    含めた意見交換、質疑応答を実施しております。

    ③社外取締役及び社外監査役
    (ア)社外取締役との関係
     当社は社外取締役はおりません。
    (イ)社外監査役との関係
     社外監査役である3名は、平成23年7月27日現在、当社との間に以下の通りの資本的関係があります。
                             所有する当社株式の数                   当社が付与した
            社外監査役の氏名
                                                          新株予約権の数
                          普通株式              第一種優先株式

             高澤嘉昭        76,000 株           34,000 株    7個(1,820株)

             佐藤利宏        26,400 株            7,920 株             −

             高瀬正行         2,000 株             600 株              −
          (注) 高澤嘉昭氏の所有する新株予約権はともに平成16年7月28日定時総会決議に基づくもの(株式会
              社伊藤園第2回新株予約権)であります。
     上記以外に社外監査役と当社との間に特別な利害関係はありません。

    (ウ)社外監査役が提出会社の企業統治において果たす機能及び役割
     各社外監査役は法令、財務会計、税務等に関して専門的な知見を有しており、社外の立場から経営に助
    言を行うとともに、職歴、経験、知識等を活かして経営の適法性についての監視をしております。
     非常勤監査役は、経営陣から一定の距離にある外部者の立場で、取締役会に常時出席し、取締役の職務
    執行の状況について、明確な説明を求めること等により、経営監視の実効性を高めております。
      
    (エ)社外役員の選任状況に関する提出会社の考え方
     当社は社外取締役を選任しておりません。社外取締役の客観的見地からの取締役会の業務執行に対す
    る監視機能が有効であることは認識しておりますが、監査役4名中3名を社外監査役とすることで経営
    への監視機能を強化しております。
     監査役には株主からの付託を受けた実効性のある経営監視が期待されており、かつ客観性、中立性の確
    保が求められます。そのため、法令、財務会計、税務、金融等に関する専門的な知見を有する外部有識者を
    選任しております。
      
    (オ)社外監査役による監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との
    関係
     上記「②内部監査及び監査役監査」に記載のとおりであります。




                                   56/152
                                                                               EDINET提出書類
                                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                有価証券報告書

     ④役員の報酬等
       イ提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                                  報酬等の種類別の総額
                                                     (百万円)
                           報酬等の総額                                        対象となる
            役員区分
                            (百万円)                                       役員の員数(名)
                                                  ストック・
                                          固定報酬            賞与    退職慰労金
                                                  オプション
       取締役
                                641         641        −   −       −          25
       (社外取締役を除く)

       監査役
                                 16          16        −   −       −           1
       (社外監査役を除く)

       社外役員(社外監査役)               50          50        −   −       −           4


       合計                       708         708        −   −       −          30


      ロ   提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
                                              連結報酬等の種類別の額
                                                  (百万円)
            氏名                                                          連結報酬等の総額
                         会社区分
          (役員区分)                                                          (百万円)
                                              ストック・
                                  固定報酬                  賞与      退職慰労金
                                              オプション
          本庄八郎
                   提出会社       143    −      −                       −         143
          (代表取締役)
    (注) 連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。

      ハ   使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
                         対象となる役員の
          総額(百万円)                                          内容
                           員数(名)
                    99                7   事業部長・副本部長としての職務に対する報酬であります。


      ニ   役員の報酬等の額の決定に関する方針
          当社の取締役の報酬等は、固定月額報酬と業績連動報酬で構成されており、監査役報酬は、固定月
       額報酬のみとしております。なお、役員賞与及び役員退職慰労金につきましては平成14年7月に廃止
       しております。
          固定月額報酬は、株主総会にて決議された報酬枠の範囲内において、その職位毎に応じて決定して
       おります。
          業績連動報酬は、業績連動報酬型新株予約権制度を導入しており、各担当役員に付与される新株予
       約権は業績を厳密に評価して決定しております。




                                              57/152
                                                                               EDINET提出書類
                                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                有価証券報告書

        ⑤株式の保有状況
         (ア)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
             銘柄数86銘柄
             貸借対照表計上額の合計額3,034百万円
         (イ)保有目的が純投資以外の目的である投資株式のうち、当事業年度における貸借対照表計上額が資
              本金額の100分の1を越える銘柄

         
         前事業年度
         特定投資株式
                                    株式数       貸借対照表上額
                       銘柄                                         保有目的
                                    (株)        (百万円)
                                                             取引金融機関であり、安定的な取引
               ㈱りそなホールディングス         429,655            493
                                                             関係を構築するため
                                                             当グループの商品・サービスに係
               東洋製罐㈱                300,000            489
                                                             る業務のより円滑な推進のため

               東映㈱                  750,000            367         同上

               ㈱ヤクルト本社              100,000            246         同上

               全日本空輸㈱※             519,000            154         同上

               ㈱いなげや※              111,203            106         同上

               ㈱ファミリーマート※           25,182             81         同上

               イオン㈱※                72,376             78         同上

               ㈱サークルKサンクス※          47,790             63         同上

               ㈱モスフードサービス※          38,000             57         同上

             (注)※を付した銘柄は貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位10銘柄
             について記載しております。

    
         当事業年度
         特定投資株式
                                    株式数       貸借対照表上額
                       銘柄                                         保有目的
                                    (株)        (百万円)
                                                             当グループの商品・サービスに係
               東洋製罐㈱                300,000            410
                                                             る業務のより円滑な推進のため

               東映㈱                  750,000            276         同上

               ㈱ヤクルト本社              100,000            224         同上

               ㈱りそなホールディングス                                  取引金融機関であり、安定的な取引
                                    429,655            164
               ※                                            関係を構築するため
                                                             当グループの商品・サービスに係
               全日本空輸㈱※             519,000            123
                                                             る業務のより円滑な推進のため

               ㈱いなげや※              112,668             96         同上

               ㈱ファミリーマート※           25,182             73         同上

               イオン㈱※                72,376             70         同上




                                              58/152
                                                               EDINET提出書類
                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                有価証券報告書





                                             当グループの商品・サービスに係
      ㈱サークルKサンクス※    47,790            59
                                             る業務のより円滑な推進のため

      ㈱モスフードサービス※    38,000            56         同上

      ㈱バロー※          50,400            43         同上

      オーウイル㈱※        90,000            41         同上

                                             取引金融機関であり、安定的な取引
      スルガ銀行㈱※        58,500            39
                                             関係を構築するため
                                             当グループの商品・サービスに係
      ㈱フジ※           23,380            39
                                             る業務のより円滑な推進のため

      ㈱良品計画※         10,000            37         同上

      イオン北海道㈱※       80,000            26         同上

      ㈱イズミ※          22,000            25         同上

      ㈱マルエツ※         81,618            24         同上

                                             取引金融機関であり、安定的な取引
      ㈱東京都民銀行※       20,500            22
                                             関係を構築するため
                                             当グループの商品・サービスに係
      ユニー㈱※          30,963            21
                                             る業務のより円滑な推進のため

      ミニストップ㈱※       16,105            21         同上

                                             取引金融機関であり、安定的な取引
      ㈱横浜銀行※         51,552            20
                                             関係を構築するため
                                             当グループの商品・サービスに係
      東京急行電鉄㈱※       50,003            16
                                             る業務のより円滑な推進のため

      ㈱東京スタイル※       30,000            16         同上

      ㈱ヤマナカ※         20,040            15         同上

      ㈱ヤマザワ※         14,520            15         同上

      ㈱カスミ※          32,780            14         同上

      ㈱みずほフィナンシャルグ                           取引金融機関であり、安定的な取引
                     109,400            14
      ループ※                                  関係を構築するため
      ㈱ライフコーポレーション                           当グループの商品・サービスに係
                      10,350            11
      ※                                     る業務のより円滑な推進のため

      ㈱丸久※           13,346            10         同上

     (注)※を付した銘柄は貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下でありますが、上位30銘柄
     について記載しております。
    (ウ)保有目的が純投資目的である投資株式
      該当する投資株式は保有しておりません。





                               59/152
                                                        EDINET提出書類
                                                     株式会社伊藤園(E00414)
                                                         有価証券報告書

    ⑥会計監査の状況
     当社の会計監査業務は有限責任 あずさ監査法人が行っております。当期において業務を執行した公認
    会計士の氏名及び監査業務に係る補助者の構成は以下のとおりです。
     ・業務を執行した公認会計士の氏名
      指定有限責任社員業務執行社員:井上智由、西田俊之、大瀧克仁
     ・会計監査業務に係る補助者の構成
      公認会計士8名、その他11名

    ⑦取締役の定数
     当社の取締役は35名以内とする旨を定款に定めております。

    ⑧取締役の選任及び解任の決議要件
     当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
    主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨、またその決議は累積投票によらない旨
    を定款で定めております。

    ⑨株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項
    (ア)自己株式の取得
     機動的な資本政策を遂行できるよう、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自
    己の株式を取得することができる旨を定款に定めております。
    (イ)取締役及び監査役の責任免除
     取締役及び監査役がそれぞれ期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定に
    より、取締役会の決議によって、取締役(取締役であった者を含む。) 及び監査役 (監査役であった者を含
    む。) の同法第423条第1項の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定め
    ております。
    (ウ)中間配当
     株主への機動的な利益還元を目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
    て、中間配当をすることができる旨を定款に定めております。

    ⑩株主総会の特別決議要件
     当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することがで
    きる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定
    款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円
    滑な運営を行うことを目的とするものであります。

    ⑪種類株式ごとの議決権の差異
     当社は、自己資本の拡充及び財務体質強化のため、第1種優先株式を発行しております。第1種優先株
    式の内容につきましては、「第4 [提出会社の状況]1[株式等の状況](1)[株式の総数等]②[発行済
    株式数]」をご参照ください。





                              60/152
                                                                        EDINET提出書類
                                                                     株式会社伊藤園(E00414)
                                                                         有価証券報告書

    (2) 【監査報酬の内容等】
     ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                         当連結会計年度
           区分
                 監査証明業務に       非監査業務に            監査証明業務に       非監査業務に
                基づく報酬(百万円)   基づく報酬(百万円)         基づく報酬(百万円)   基づく報酬(百万円)
       提出会社             65                  7           73            8

      連結子会社             −                   9           −             9

           計            65              16              73           17

     ②【その他重要な報酬の内容】
       該当事項はありません。

     ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
      前連結会計年度
       当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、デューデリジェンス調査
      対応業務であります。
      当連結会計年度
       当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、デューデリジェンス調査
      対応業務であります。
       
     ④【監査報酬の決定方針】
       該当事項はありません。





                                   61/152
                                                         EDINET提出書類
                                                      株式会社伊藤園(E00414)
                                                          有価証券報告書

第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
     第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    なお、前連結会計年度(平成21年5月1日から平成22年4月30日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基
     づき、当連結会計年度(平成22年5月1日から平成23年4月30日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基
     づいて作成しております。

    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
     以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    なお、前事業年度(平成21年5月1日から平成22年4月30日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、
     当事業年度(平成22年5月1日から平成23年4月30日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成
     しております。

2監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成21年5月1日から平成
    22年4月30日まで)及び前事業年度(平成21年5月1日から平成22年4月30日まで)並びに当連結会計年度
    (平成22年5月1日から平成23年4月30日まで)及び当事業年度(平成22年5月1日から平成23年4月30日
    まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人の監査を受けております。

3連結財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みについて
     当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基
    準等の内容の適切な把握、及び会計基準等の変更等への的確な対応を実施できる体制を整備するため、公益
    財団法人財務会計基準機構へ加入し、適時適切な情報収集を行うとともに、同機構が行う研修等に参加して
    おります。





                              62/152
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                    有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                                                       (単位:百万円)

                           前連結会計年度                 当連結会計年度
                         (平成22年4月30日)            (平成23年4月30日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                               18,795                  23,986
                                                                39,538
  受取手形及び売掛金                             34,466           ※5
  商品及び製品                                16,072                  15,709
  原材料及び貯蔵品                               7,127                   6,607
                                                                 8,859
  未収入金                                   7,992            ※5
  繰延税金資産                                1,989                    2,470
  その他                                   2,084                    2,218
                                        △125                      △86
  貸倒引当金
  流動資産合計                                88,402                  99,302
 固定資産
  有形固定資産
    建物及び構築物                            28,942                  29,819
                                      △14,222                 △15,057
      減価償却累計額
        建物及び構築物(純額)                     14,720                  14,761
    機械装置及び運搬具                           7,999                   8,623
                                       △4,461                  △5,196
     減価償却累計額
        機械装置及び運搬具(純額)                    3,538                   3,426
    工具、器具及び備品                           2,991                   3,218
                                       △2,293                  △2,474
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                      697                     744
                                        13,941                  13,968
    土地                           ※2                      ※2
    リース資産                               24,967                 35,487
                                       △5,264                 △10,740
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                       19,702                  24,746
    建設仮勘定                                 209                      44
    有形固定資産合計                            52,810                  57,692
  無形固定資産
   のれん                                  13,944                  12,824
   リース資産                                   144                     100
   ソフトウエア                                7,465                   6,764
   その他                                   2,404                   2,089
    無形固定資産合計                            23,959                  21,778
  投資その他の資産
   投資有価証券                                4,441                   3,083
   繰延税金資産                                1,194                   1,610
                                         9,319                   9,306
    その他                           ※1                      ※1
                                        △280                    △310
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                          14,674                  13,689
  固定資産合計                                91,444                  93,159
 資産合計                                  179,846                 192,462




                        63/152
                                                               EDINET提出書類
                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                     前連結会計年度                   当連結会計年度
                   (平成22年4月30日)              (平成23年4月30日)
負債の部
 流動負債
                                                            27,027
  買掛金                            25,083              ※5
  短期借入金                                310                     310
  リース債務                              5,116                   7,428
                                                            15,587
  未払費用                           14,243              ※5
  未払法人税等                             3,532                     5,063
  賞与引当金                              2,573                     2,610
                                                               2,384
  その他                                1,681            ※5

  流動負債合計                         52,541                     60,413
 固定負債
  長期借入金                           3,457                      3,147
  リース債務                          16,554                     19,234
                                    976                        976
  再評価に係る繰延税金負債                  ※2                        ※2
  退職給付引当金                            4,268                     4,892
  その他                                1,593                     2,167
  固定負債合計                         26,849                     30,418
 負債合計                            79,390                     90,831
純資産の部
 株主資本
   資本金                           19,912                     19,912
   資本剰余金                         20,259                     20,259
   利益剰余金                         73,095                     74,735
                                △5,348                     △4,865
   自己株式
  株主資本合計                        107,917                    110,041
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                     329                         68
  繰延ヘッジ損益                           41                          2
                                △6,260                     △6,260
  土地再評価差額金                 ※2                       ※2
                                △1,712                     △2,333
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益累計額合計                 △7,601                     △8,523
 新株予約権                                 11                         7
 少数株主持分                               128                       105
 純資産合計                          100,455                    101,630
負債純資産合計                         179,846                    192,462




                  64/152
                                                                            EDINET提出書類
                                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                                             有価証券報告書

 ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
  【連結損益計算書】
                                                                (単位:百万円)

                            前連結会計年度                        当連結会計年度
                          (自 平成21年5月1日                   (自 平成22年5月1日
                         至 平成22年4月30日)                 至 平成23年4月30日)
売上高                                        332,984                      351,692
                                           169,590                      177,992
売上原価                                 ※1                           ※1

売上総利益                                      163,393                      173,699
                                           150,940                      156,020
販売費及び一般管理費                        ※2, ※3                       ※2, ※3

営業利益                                        12,453                       17,679
営業外収益
 受取利息                                              23                         13
 受取配当金                                             41                         40
 受取賃貸料                                             48                         36
 受取保険金                                             −                          67
 破損製品等賠償金                                          50                         56
 持分法による投資利益                                        51                         58
 その他                                              187                        217
 営業外収益合計                                          402                        491
営業外費用
 支払利息                                             785                        969
 為替差損                                              98                        543
 リース解約損                                                                       −
                                                   33
 その他                                              258                        130
 営業外費用合計                                        1,176                     1,643
経常利益                                        11,679                       16,526
特別利益
                                                    2
 固定資産売却益                                                                      −
                                             ※4
 固定資産受贈益                                            2                         62
 ゴルフ会員権退会益                                         −                          80
                                                   −
 その他                                                                           0
 特別利益合計                                             4                        143
特別損失
 固定資産売却損                                           −                           0
                                                   95                         57
 固定資産廃棄損                                    ※5                          ※5
                                                  188                         93
 減損損失                                      ※6                           ※6
 災害による損失                                           80                       386
 投資有価証券評価損                                         21                     1,009
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                               −                        244
 子会社整理損                                                                      −
                                                  122
 その他                                                2                         4
 特別損失合計                                           510                     1,796
税金等調整前当期純利益                                 11,173                       14,872
法人税、住民税及び事業税                                    5,829                    7,793
法人税等調整額                                         △686                     △602




                         65/152
                                                      EDINET提出書類
                                                   株式会社伊藤園(E00414)
                                                       有価証券報告書
                                              (単位:百万円)

                    前連結会計年度               当連結会計年度
                  (自 平成21年5月1日          (自 平成22年5月1日
                 至 平成22年4月30日)        至 平成23年4月30日)
法人税等合計                        5,143                 7,191
少数株主損益調整前当期純利益                    −                 7,681
少数株主利益                            33                    5
当期純利益                         5,996                 7,675




                 66/152
                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                            有価証券報告書

  【連結包括利益計算書】
                                                (単位:百万円)

                       前連結会計年度              当連結会計年度
                     (自 平成21年5月1日         (自 平成22年5月1日
                    至 平成22年4月30日)       至 平成23年4月30日)
少数株主損益調整前当期純利益                       −                  7,681
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                        −                  △238
 繰延ヘッジ損益                             −                   △38
 為替換算調整勘定                            −                  △595
                                     −                   △48
 持分法適用会社に対する持分相当額
                                                        △921
 その他の包括利益合計                          −            ※2

                                                        6,759
包括利益                                 −             ※1

(内訳)
 親会社株主に係る包括利益                        −                  6,753
 少数株主に係る包括利益                         −                      5




                    67/152
                                                         EDINET提出書類
                                                      株式会社伊藤園(E00414)
                                                          有価証券報告書

 ③【連結株主資本等変動計算書】
                                                 (単位:百万円)

                      前連結会計年度                当連結会計年度
                    (自 平成21年5月1日           (自 平成22年5月1日
                   至 平成22年4月30日)         至 平成23年4月30日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                       19,912                 19,912
  当期末残高                        19,912                 19,912
 資本剰余金
  前期末残高                        20,259                 20,259
  当期末残高                        20,259                 20,259
 利益剰余金
  前期末残高                        72,141                 73,095
  当期変動額
    剰余金の配当                    △5,080                 △5,049
    当期純利益                      5,996                  7,675
    自己株式の消却                       −                   △969
    自己株式の処分                     △25                    △16
                                                         −
    土地再評価差額金の取崩                   63
    当期変動額合計                         953                1,640
  当期末残高                        73,095                 74,735
 自己株式
  前期末残高                       △4,876                 △5,348
  当期変動額
    自己株式の取得                    △502                   △508
    自己株式の消却                      −                     969
    自己株式の処分                      31                     22
    当期変動額合計                    △471                        483
  当期末残高                       △5,348                 △4,865
 株主資本合計
  前期末残高                       107,435                107,917
  当期変動額
    剰余金の配当                    △5,080                 △5,049
    当期純利益                      5,996                  7,675
    自己株式の取得                    △502                   △508
    自己株式の消却                       −                      −
    自己株式の処分                        5                      5
                                                         −
    土地再評価差額金の取崩                   63
    当期変動額合計                         482                2,123
  当期末残高                       107,917                110,041




                   68/152
                                                               EDINET提出書類
                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自 平成21年5月1日           (自 平成22年5月1日
                         至 平成22年4月30日)         至 平成23年4月30日)
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                                  270                    329
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △261
                                           58
    額)
    当期変動額合計                                                 △261
                                           58
  当期末残高                                   329                     68
 繰延ヘッジ損益
  前期末残高                               △23                         41
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                             △38
                                           64
    額)
    当期変動額合計                                                  △38
                                           64
  当期末残高                                    41                      2
 土地再評価差額金
  前期末残高                             △6,196                 △6,260
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                      △63                         −
    額)
    当期変動額合計                           △63                         −
  当期末残高                             △6,260                 △6,260
 為替換算調整勘定
  前期末残高                             △1,658                 △1,712
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                      △53                   △621
    額)
    当期変動額合計                           △53                   △621
  当期末残高                             △1,712                 △2,333
 その他の包括利益累計額合計
  前期末残高                             △7,607                 △7,601
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △921
                                            6
    額)
    当期変動額合計                                                 △921
                                            6
  当期末残高                             △7,601                 △8,523
新株予約権
 前期末残高                                     14                     11
 当期変動額
                                          △2                     △4
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                                 △2                     △4
 当期末残高                                     11                      7




                         69/152
                                                               EDINET提出書類
                                                            株式会社伊藤園(E00414)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自 平成21年5月1日           (自 平成22年5月1日
                         至 平成22年4月30日)         至 平成23年4月30日)
少数株主持分
 前期末残高                                    146                    128
 当期変動額
                                      △18                    △22
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                             △18                    △22
 当期末残高                                    128                    105
純資産合計
 前期末残高                               99,989                100,455
 当期変動額
   剰余金の配当                           △5,080                 △5,049
   当期純利益                             5,996                  7,675
   自己株式の取得                           △502                   △508
   自己株式の処分                               5                      5
   土地再評価差額金の取崩                                                 −
                                        63
                                      △15                   △948
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)
  当期変動額合計                                 466                1,174
 当期末残高                              100,455                101,630




                         70/152
                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                            有価証券報告書

 ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)

                          前連結会計年度              当連結会計年度
                        (自 平成21年5月1日         (自 平成22年5月1日
                       至 平成22年4月30日)       至 平成23年4月30日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純利益                       11,173               14,872
 減価償却費                              7,034                9,011
 減損損失                                 188                   93
 のれん償却額                               939                  931
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                     △46                   △8
 賞与引当金の増減額(△は減少)                        8                   37
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                    588                  624
 受取利息及び受取配当金                         △65                  △54
 支払利息                                 785                  969
 為替差損益(△は益)                            25                  277
 投資有価証券評価損益(△は益)                       21                1,009
 投資有価証券売却損益(△は益)                       −                   △0
 売上債権の増減額(△は増加)                   △5,879               △5,197
 たな卸資産の増減額(△は増加)                    1,156                  734
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                   −                   244
 その他の流動資産の増減額(△は増加)                 △318                 △971
 その他の固定資産の増減額(△は増加)                 △157                    25
 仕入債務の増減額(△は減少)                     2,193                2,046
 未払消費税等の増減額(△は減少)                   1,576                1,091
 その他の流動負債の増減額(△は減少)                 1,971                1,426
                                                         △290
 その他                                  443
 小計                                21,641               26,873
 利息及び配当金の受取額                          70                   57
 利息の支払額                            △788                 △972
                                  △3,731               △6,245
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                  17,191               19,714
投資活動によるキャッシュ・フロー
 投資有価証券の取得による支出                   △1,441                 △14
 投資有価証券の売却による収入                       −                     0
 有形及び無形固定資産の取得による支出               △4,470               △2,080
 長期前払費用の取得による支出                     △46                  △19
 関係会社株式の取得による支出                    △902                    −
                                                         △19
 投資その他の資産の増減額(△は増加)                  290
 投資活動によるキャッシュ・フロー                 △6,569               △2,133




                       71/152
                                                                 EDINET提出書類
                                                              株式会社伊藤園(E00414)
                                                                  有価証券報告書
                                                      (単位:百万円)

                           前連結会計年度                当連結会計年度
                         (自 平成21年5月1日           (自 平成22年5月1日
                        至 平成22年4月30日)         至 平成23年4月30日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
 長期借入れによる収入                                                      −
                                       3,932
 長期借入金の返済による支出                         △165                   △310
 自己株式の取得による支出                          △502                   △508
 自己株式の処分による収入                              2                      1
 ファイナンス・リース債務の返済による支出                 △3,975                 △6,207
 配当金の支払額                              △5,063                 △5,037
 少数株主への配当金の支払額                          △52                    △28
                                         △5                    △13
 その他の支出
 財務活動によるキャッシュ・フロー                     △5,830                 △12,103
現金及び現金同等物に係る換算差額                                               △285
                                          15
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                    4,807                   5,191
現金及び現金同等物の期首残高                        13,988                  18,795
                                      18,795                  23,986
現金及び現金同等物の期末残高                   ※1                     ※1




                        72/152
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                    有価証券報告書

    【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                            前連結会計年度                          当連結会計年度
              項目         (自平成21年5月1日                     (自平成22年5月1日
                          至平成22年4月30日)                    至平成23年4月30日)
    1連結の範囲に関する事項   (1) 連結子会社17社                   (1) 連結子会社17社
                    会社名伊藤園産業㈱、㈱沖縄伊藤              会社名伊藤園産業㈱、㈱沖縄伊藤
                            園、㈱伊藤園関西茶業、タ                      園、㈱伊藤園関西茶業、タ
                            リーズコーヒージャパン                       リーズコーヒージャパン
                            ㈱、伊藤園・伊藤忠ミネ                       ㈱、伊藤園・伊藤忠ミネ
                            ラルウォーターズ㈱、                        ラルウォーターズ㈱、
                            ITOEN(USA) INC.、                  ITOEN(USA)INC.、ITO EN
                            ITO EN AUSTRALIA                  AUSTRALIA
                            PTY.LIMITED、ITO EN                PTY.LIMITED、ITO EN
                            (North America) INC.、             (North America) INC.、
                            Mason                             Mason Distributors,
                            Distributors,Inc.、他8              Inc.、
                            社                                 他8社
                            当連結会計年度におい                        当連結会計年度におい
                            て、㈱グリーンバリュー、                      て、新たに設立したRCダ
                            他1社を新たに設立し連                       イニング㈱を連結の範囲
                            結子会社としておりま                        に含めております。
                            す。                                また、当連結会計年度に
                                                              おいて、
                                                              KAI(North America)
                                                              LLC.は解散したため、連
                                                              結の範囲から除外してお
                                                              ります。
                   (2) 非連結子会社1社                   (2) 非連結子会社2社
                                                        会社名寧波舜伊茶業有限公司
                    会社名寧波舜伊茶業有限公司
                                                              福建新烏龍飲料有限公司
                   (3) 非連結子会社について連結の範囲             (3) 非連結子会社について連結の範囲
                        から除いた理由                         から除いた理由
                        非連結子会社は小規模であり、総                 非連結子会社は小規模であり、総
                        資産(0.1%)、売上高(0.1%)、当期           資産(0.4%)、売上高(0.2%)、当期
                        純損益(0.0%)及び利益剰余金                純損益(0.7%)及び利益剰余金
                        (0.0%)等はいずれも連結財務諸               (0.2%)等はいずれも連結財務諸
                        表に重要な影響を及ぼさないた                  表に重要な影響を及ぼさないた
                        め、連結の範囲から除外しており                 め、連結の範囲から除外しており
                        ます。                             ます。
    2持分法の適用に関する事   (1) 持分法適用非連結子会社1社              (1) 持分法適用非連結子会社2社
                                                        会社名寧波舜伊茶業有限公司
      項             会社名寧波舜伊茶業有限公司
                                                              福建新烏龍飲料有限公司
                   (2) 持分法適用関連会社2社              (2) 持分法適用関連会社1社
                                                        会社名㈱日本廣告社
                        会社名福建新烏龍飲料有限公司、
                            他1社
                   (3) 非連結子会社及び関連会社は、全             (3)          同左
                        て持分法を適用しております。
                   (4) 持分法適用会社のうち、決算日が             (4)          同左
                        連結決算日と異なる会社は、各社
                        の事業年度に係る財務諸表を使用
                        しております。





                                       73/152
                                                                    EDINET提出書類
                                                                 株式会社伊藤園(E00414)
                                                                     有価証券報告書

                          前連結会計年度                 当連結会計年度
         項目             (自平成21年5月1日            (自平成22年5月1日
                         至平成22年4月30日)           至平成23年4月30日)
                                                      同左
    3連結子会社の事業年度等   連結子会社のうちタリーズコーヒー
      に関する事項        ジャパン㈱の決算日は、3月31日であ
                    ります。連結財務諸表の作成にあたっ
                    ては、同決算日現在の財務諸表を使用
                    しております。ただし、連結決算日まで
                    の期間に発生した重要な取引は、連結
                    上必要な調整を行っております。
    4会計処理基準に関する事   (1) 重要な資産の評価基準及び評価方      (1) 重要な資産の評価基準及び評価方
      項                 法                        法
                    ①有価証券                  ①有価証券
                          その他有価証券                  その他有価証券
                          ・時価のあるもの                 ・時価のあるもの
                           当連結会計年度末日の市場価                同左
                           格等に基づく時価法(評価差
                           額は全部純資産直入法により
                           処理し、売却原価は移動平均
                           法により算定)
                         ・時価のないもの               ・時価のないもの
                           移動平均法による原価法                同左
                   ②たな卸資産                 ②たな卸資産
                          総平均法による原価法(収益性              同左
                          の低下に基づく簿価切下げの方
                          法)
                          なお、在外連結子会社は、先入先
                          出法または移動平均法による低
                          価法によっております。
                   (2) 重要な減価償却資産の減価償却の      (2) 重要な減価償却資産の減価償却の
                        方法                       方法
                    ①有形固定資産(リース資産を除く)      ①有形固定資産(リース資産を除く)
                          定率法                          同左
                          ただし、平成10年4月1日以降
                          取得した建物(建物附属設備を
                          除く)は、定額法によっておりま
                          す。なお在外連結子会社につき
                          ましては、定額法によっており
                          ます。
                         (主な耐用年数)
                          建物及び構築物31∼50年
                          機械装置及び運搬具8∼10年
                          工具器具及び備品4∼8年





                                   74/152
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                    有価証券報告書

                          前連結会計年度                当連結会計年度
         項目             (自平成21年5月1日           (自平成22年5月1日
                         至平成22年4月30日)          至平成23年4月30日)
    4会計処理基準に関する事   ②無形固定資産(リース資産を除く)     ②無形固定資産(リース資産を除く)
                                                     同左
      項                  定額法
                         ただし、ソフトウェア(自社利用
                         分)は、社内における利用可能期
                         間(5∼10年)に基づく定額法
                         によっております。
                   ③ リース資産(所有権移転外ファイ      ③ リース資産(所有権移転外ファイ
                         ナンス・リース取引に係るリー         ナンス・リース取引に係るリー
                         ス資産)                   ス資産)
                                                     同左
                         リース期間を耐用年数とし、残
                         存価額をゼロとする定額法に
                         よっております。
                         なお、所得権移転外ファイナン
                         ス・リース取引のうち、リース
                         取引開始日が平成20年4月30日
                         以前のリース取引については、
                         通常の賃貸借取引に係る方法に
                         準じた会計処理によっておりま
                         す。
                   (3) 重要な引当金の計上基準         (3) 重要な引当金の計上基準
                    ①貸倒引当金                ①貸倒引当金
                         債権の貸倒による損失に備える               同左
                         ため、一般債権は貸倒実績率に
                         より、貸倒懸念債権等特定の債
                         権は、個別に回収可能性を検討
                         し、回収不能見込額を計上して
                         おります。
                   ②賞与引当金                ②賞与引当金
                         当社及び国内連結子会社は、従                同左
                         業員の賞与の支払に備えるた
                         め、支給見込額のうち当期間対
                         応額を計上しております。





                                   75/152
                                                                   EDINET提出書類
                                                                株式会社伊藤園(E00414)
                                                                    有価証券報告書

                          前連結会計年度                当連結会計年度
         項目             (自平成21年5月1日           (自平成22年5月1日
                         至平成22年4月30日)          至平成23年4月30日)
    4会計処理基準に関する事   ③退職給付引当金              ③退職給付引当金
                                                     同左
      項                  当社及び一部の国内連結子会社
                         は、従業員の退職給付に備える
                         ため、当連結会計年度末におけ
                         る退職給付債務の見込額に基づ
                         き、当連結会計年度末において
                         発生していると認められる額を
                         計上しております。
                         数理計算上の差異は、その発生
                         時の従業員の平均残存勤務期間
                         (主として17年)による定額法に
                         より、按分した額を翌連結会計
                         年度から費用処理しておりま
                         す。
                   (4) 重要な外貨建の資産又は負債の本     (4) 重要な外貨建の資産又は負債の本
                        邦通貨への換算基準               邦通貨への換算基準
                        外貨建金銭債権債務は、連結決算               同左
                        日の直物為替相場により円貨に換
                        算し、換算差額は損益として処理
                        しております。なお、在外子会社等
                        の資産及び負債は、連結決算日の
                        直物為替相場により円貨に換算
                        し、収益及び費用は、期中平均相場
                        により円貨に換算し、換算差額は
                        純資産の部における為替換算調整
                        勘定に含めております。
                   (5) 重要なヘッジ会計の方法         (5) 重要なヘッジ会計の方法
                        ①ヘッジ会計の方法              ①ヘッジ会計の方法
                        金利スワップにつきましては、特               同左
                        例処理の条件を満たしている場合
                        には特例処理を採用しておりま
                        す。また、為替予約取引につきまし
                        ては、繰延ヘッジ処理によってお
                        ります。なお、為替予約が付されて
                        いる外貨建金銭債務につきまして
                        は、振当処理を行っております。
                   ②ヘッジ手段とヘッジ対象         ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                        ・ヘッジ手段 金利スワップ                同左
                                取引
                                為替予約取引
                        ・ヘッジ対象 借入金の利息
                                外貨建債務及び
                                外貨建予定取引





                                   76/152
                                                                  EDINET提出書類
                                                               株式会社伊藤園(E00414)
                                                                   有価証券報告書

                         前連結会計年度                当連結会計年度
         項目            (自平成21年5月1日           (自平成22年5月1日
                        至平成22年4月30日)          至平成23年4月30日)
    4会計処理基準に関する事   ③ヘッジ方針               ③ヘッジ方針
      項                 一部の国内連結子会社につきま                同左
                        しては、借入金の金利変動リス
                        クを回避する目的で金利スワッ
                        プ取引を行っており、ヘッジ対
                        象の識別は個別契約毎に行って
                        おります。また、当社では内部規
                        定である「デリバティブ取引運
                        用規程」に基づき、将来の為替
                        レートの変動リスクを回避する
                        目的で為替予約取引を行ってお
                        ります。
                    ④ヘッジの有効性の評価方法        ④ヘッジの有効性の評価方法
                        金利スワップについては、特例              同左
                        処理の要件を満たしているた
                        め、有効性の評価を省略してお
                       ります。また、為替予約取引につ
                        いては、社内管理規程に従って、
                        取引時に重要な条件の同一性を
                        確認しているため、有効性の評
                        価を省略しております。
                          ―――――――          (6) のれんの償却に関する事項
                                                のれんにつきましては、主とし
                                                て18年の定額法により償却を
                                               行っております。ただし、重要性
                                                のないものにつきましては、発
                                                生年度に全額償却しておりま
                                                す。
                         ―――――――           (7) 連結キャッシュ・フロー計算書に
                                               おける資金の範囲
                                                手許現金、要求払預金及び取得
                                                日から3ヵ月以内に満期の到来
                                               する流動性の高い、容易に換金
                                                可能であり、かつ、価値の変動に
                                                ついて僅少なリスクしか負わな
                                                い短期投資を計上しておりま
                                                す。
                    (6) その他連結財務諸表作成のための    (8) その他連結財務諸表作成のための
                        重要な事項                  重要な事項
                       消費税等の会計処理              消費税等の会計処理
                        税抜方式を採用しております。                同左
    5連結子会社の資産及び負   連結子会社の資産及び負債の評価は、              ―――――――
      債の評価に関する事項    全面時価評価法によっております。
    6のれんの償却に関する事   のれんにつきましては、主として18年          ―――――――
      項             の定額法により償却を行っておりま
                    す。ただし、重要性のないものにつきま
                    しては、発生年度に全額償却しており
                    ます。
    7連結キャッシュ・フロー   手許現金、要求払預金及び取得日から           ―――――――
      計算書における資金の範   3ヵ月以内に満期の到来する流動性の
      囲             高い、容易に換金可能であり、かつ、価
                    値の変動について僅少なリスクしか負
                    わない短期投資を計上しております。




                                  77/152
                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                            有価証券報告書

    【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】

             前連結会計年度                      当連結会計年度
          (自平成21年5月1日                 (自平成22年5月1日
           至平成22年4月30日)                至平成23年4月30日)
                                          ―――――――
(「退職給付に係る会計基準」の一部改正(その3))
  当連結会計年度から「退職給付に係る会計基準」の一
部改正(その3)(企業会計基準第19号 平成20年7月
31日)を適用しております。
これによる営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純
利益に与える影響はありません。

            ―――――――           (「資産除去債務に関する会計基準」等の適用)
                              当連結会計年度より、「資産除去債務に関する会計基
                              準」(企業会計基準第18号平成20年3月31日)及び
                              「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会
                              計基準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用して
                              おります。
                               これにより、営業利益及び経常利益は45百万円、税金等
                              調整前当期純利益は2億89百万円減少しております。

            ―――――――           (「持分法に関する会計基準」及び「持分法適用関連会
                              社の会計処理に関する当面の取扱い」の適用)
                              当連結会計年度より、「持分法に関する会計基準」(企
                              業会計基準第16号平成20年3月10日公表分)及び「持
                              分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」
                              (実務対応報告第24号平成20年3月10日)を適用して
                              います。
                              これによる経常利益及び税金等調整前当期純利益に与
                              える影響はありません。






                              78/152
                                                            EDINET提出書類
                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                             有価証券報告書

    【表示方法の変更】

                前連結会計年度                   当連結会計年度
             (自平成21年5月1日              (自平成22年5月1日
              至平成22年4月30日)             至平成23年4月30日)
(連結損益計算書)                     (連結損益計算書)
 前連結会計年度において営業外収益の「その他」に含      前連結会計年度において営業外収益の「その他」に含
めておりました「破損製品等賠償金」(前連結会計年度     めておりました「受取保険金」(前連結会計年度31百万
44百万円)については、重要性が高まったため、当連結会   円)については、重要性が高まったため、当連結会計年度
計年度より区分掲記する方法に変更しておます。        より区分掲記する方法に変更しております。

                               前連結会計年度において区分掲記しておりました
                              「リース解約損」(当連結会計年度11百万円)は、金額
                              が僅少となったため、当連結会計年度におきましては、営
                              業外費用の「その他」に含めて表示しております。

                               また当連結会計年度より、「連結財務諸表に関する会
                              計基準」(企業会計基準第22号平成20年12月26日)に
                              基づき、財務諸表等規則等の一部を改正する内閣府令
                              (平成21年3月24日内閣府令5号)を適用し、「少数株
                              主損益調整前当期純利益」の科目で表示しております。

    【追加情報】

                前連結会計年度                   当連結会計年度
             (自平成21年5月1日              (自平成22年5月1日
              至平成22年4月30日)             至平成23年4月30日)
                ―――――――       当連結会計年度より、「包括利益の表示に関する会計基
                              準」(企業会計基準第25号平成22年6月30日)を適用
                              しております。ただし、「その他の包括利益累計額」及び
                              「その他の包括利益累計額合計」の前連結会計年度の金
                              額は、「評価・換算差額等」及び「評価・換算差額等合
                              計」の金額を記載しております。





                              79/152
                                                                          EDINET提出書類
                                                                       株式会社伊藤園(E00414)
                                                                           有価証券報告書

    【注記事項】
    (連結貸借対照表関係)

           前連結会計年度                      当連結会計年度
         (平成22年4月30日)                 (平成23年4月30日)
※1非連結子会社及び関連会社に対するものが下記の ※1非連結子会社及び関連会社に対するものが下記の
   とおり含まれております。                 とおり含まれております。
    関係会社株式             265百万円    関係会社株式             246百万円
    関係会社出資金            272百万円    関係会社出資金            302百万円
※2土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布 ※2土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布
   法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行     法律第34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行
   い、当該評価差額金に係る税金相当額を「再評価       い、当該評価差額金に係る税金相当額を「再評価
   に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、       に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、
   これを控除した金額を「土地再評価差額金」とし       これを控除した金額を「土地再評価差額金」とし
   て純資産の部に計上しております。             て純資産の部に計上しております。
       同法律第3条    土地の再評価に関する法律                同法律第3条   土地の再評価に関する法律
       第3項に定め     施行令(平成10年3月31日              第3項に定め    施行令(平成10年3月31日
       る再評価の方     公布政令第119号)第2条              る再評価の方    公布政令第119号)第2条
       法          第3号に定める土地課税台                法         第3号に定める土地課税台
                  帳(平成12年1月1日基準                         帳(平成12年1月1日基準
                  日)に登録されている価格                          日)に登録されている価格
                  に、公示価格等との差異分                          に、公示価格等との差異分
                  析及び不動産鑑定士による                          析及び不動産鑑定士による
                  鑑定評価等を勘案し、合理                          鑑定評価等を勘案し、合理
                  的な調整を行って算出して                          的な調整を行って算出して
                  おります。                                 おります。
       再評価を行った年月日       平成12年4月30日            再評価を行った年月日       平成12年4月30日
                                                        



     同法律第10条に定める                同法律第10条に定める
     再評価を行った事業用                 再評価を行った事業用
     土地の当連結会計年度                 土地の当連結会計年度
     末における時価の合計      2,022百万円   末における時価の合計      2,314百万円
     額が、当該事業用土地                 額が、当該事業用土地
     の再評価後の帳簿価額                 の再評価後の帳簿価額
     の合計額を下回る額                  の合計額を下回る額
3下記の会社の借入金に対して、次のとおり債務保証 3下記の会社の借入金に対して、次のとおり債務保証
    を行っております。                  を行っております。
     ネオス㈱              240百万円   ネオス㈱              192百万円
     計                 240百万円   計                 192百万円
4当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀 4当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀
    行4行と当座貸越契約及び取引銀行8行と貸出コ       行4行と当座貸越契約及び取引銀行8行と貸出コ
    ミットメント契約を締結しております。           ミットメント契約を締結しております。
    当連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出       当連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出
    コミットメント契約に係る借入未実行残高等は以       コミットメント契約に係る借入未実行残高等は以
    下の通りであります。                   下の通りであります。
      当座貸越限度額及び貸出コ                当座貸越限度額及び貸出コ
                    16,500百万円                     16,500百万円
      ミットメントの総額                   ミットメントの総額
      借入実行残高            ―百万円      借入実行残高              ―百万円
      差引:借入未実行残高    16,500百万円     差引:借入未実行残高      16,500百万円
※5―――――――              ※5期末日が金融機関の休業日であったが、決済が行わ
                                 れたものとして処理した債権・債務額
                                  債権    受取手形          32百万円
                                       売掛金      10,230百万円
                                        未収入金       5,236百万円
                                  
                                       計        15,499百万円
                                  債務    買掛金      17,498百万円
                                       未払金           34百万円
                                       未払費用         284百万円
                                       預り金          253百万円
                                        その他          151百万円
                                  
                                       計        18,221百万円




                                     80/152
                                                                EDINET提出書類
                                                             株式会社伊藤園(E00414)
                                                                 有価証券報告書

    (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                          当連結会計年度
         (自平成21年5月1日                     (自平成22年5月1日
          至平成22年4月30日)                    至平成23年4月30日)
※1期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の        ※1期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の
    金額であり、次のたな卸資産評価益(△)が売上原          金額であり、次のたな卸資産評価益(△)が売上原
    価に含まれております。                      価に含まれております。
                       △72百万円                           △63百万円
※2販売費及び一般管理費のうち主要な費目と金額         ※2販売費及び一般管理費のうち主要な費目と金額
は次のとおりであります。                  は次のとおりであります。
     販売手数料           48,221百万円         販売手数料          50,215百万円
     広告宣伝費            9,509百万円         広告宣伝費          10,120百万円
     貸倒引当金繰入額            28百万円         貸倒引当金繰入額           70百万円
     運送費             15,042百万円         運送費            16,049百万円
     給与手当            31,669百万円         給与手当           32,924百万円
     賞与引当金繰入額         2,415百万円         賞与引当金繰入額        2,436百万円
     退職給付費用           1,345百万円         退職給付費用          1,399百万円
     リース料             8,742百万円         リース料            6,176百万円
     減価償却費            5,687百万円         減価償却費           7,648百万円
     研究開発費            1,747百万円         研究開発費           1,630百万円
※3当連結会計年度の研究開発費は、1,747百万円であ     ※3当連結会計年度の研究開発費は、1,630百万円であ
    ります。なお、研究開発費は当期製造費用に含めて          ります。なお、研究開発費は当期製造費用に含めて
    おりません。                           おりません。
※4固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。       ※4―――――――
     建物及び構築物              1百万円
     機械装置及び運搬具            0百万円
     工具器具及び備品             0百万円
     計                    2百万円
※5固定資産廃棄損の内容は、次のとおりであります。       ※5固定資産廃棄損の内容は、次のとおりであります。
     建物及び構築物             70百万円        建物及び構築物          22百万円
     機械装置及び運搬具            7百万円        機械装置及び運搬具         8百万円
     工具器具及び備品             2百万円        工具器具及び備品          8百万円
     ソフトウェア              15百万円        ソフトウェア            8百万円
     その他                  0百万円        その他              10百万円
     計                   95百万円        計                57百万円





                                 81/152
                                                            EDINET提出書類
                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                             有価証券報告書

            前連結会計年度                       当連結会計年度
          (自平成21年5月1日                  (自平成22年5月1日
           至平成22年4月30日)                 至平成23年4月30日)
※6減損損失                   ※6減損損失
   当連結会計年度において、当グループは以下資産     当連結会計年度において、当グループは以下資産
   グループについて減損損失を計上しております。     グループについて減損損失を計上しております。
       場所      用途     種類          場所      用途    種類
     静岡県焼津市    賃貸     土地       埼玉県川越市等   店舗等   建物他
     東京都港区等   店舗等    建物他        当社連結子会社のタリーズコーヒージャパン㈱
   当社は、キャッシュ・フローを生み出す最小単位     等では、キャッシュ・フローを生み出す最小単位
   として、管理会計上の区分を基準に、主にエリア     として、店舗毎を基本単位とした資産のグルーピ
   毎にグルーピングを行い、また、賃貸用資産につ     ングを行っております。上記のうち営業活動から
   いては、個々の物件をグルーピングの最小単位と     生ずるキャッシュ・フローが継続してマイナスで
   しております。これらの資産グループのうち、地     ある資産グループの、当連結会計年度末時点にお
   価の下落に伴い帳簿価額に対して著しく時価が下     ける帳簿価額の全額を減損損失93百万円(建物79
   落している土地について、帳簿価額を回収可能価     百万円、工具器具備品8百万円、その他4百万円)
   額まで減額し、当該減少額を減損損失107百万円    として計上しております。なお、当資産グループの
   として計上しております。なお、土地の回収可能     回収可能価額は使用価値により測定しており、使
   価額は使用価値により測定しており、将来キャッ     用価値はゼロと算定しております。
   シュ・フローを2.1%で割り引いて算定しており
   ます。
   また、当社連結子会社のタリーズコーヒージャパ
   ン㈱等では、キャッシュ・フローを生み出す最小
   単位として、店舗毎を基本単位とした資産のグル
   ーピングを行っております。上記のうち営業活動
   から生ずるキャッシュ・フローが継続してマイナ
   スである資産グループの、当連結会計年度末時点
   における帳簿価額の全額を減損損失80百万円(建
   物71百万円、工具器具備品7百万円、その他1百
   万円)として計上しております。なお、当資産グ
   ループの回収可能価額は使用価値により測定して
   おり、使用価値はゼロと算定しております。

     (連結包括利益計算書関係)

    当連結会計年度(自 平成22年5月1日 至 平成23年4月30日)
    ※1当連結会計年度の直前連結会計年度における包括利益
       親会社株主に係る包括利益             6,002百万円
       少数株主に係る包括利益                 33百万円
       計                        6,036百万円

    ※2当連結会計年度の直前連結会計年度におけるその他の包括利益
       その他有価証券評価差額金             48百万円
       繰延ヘッジ損益                  64百万円
       土地再評価差額金                △63百万円
       為替換算調整勘定                △58百万円
       持分法適用会社に対する持分相当額         14百万円
       計                         6百万円




                               82/152
                                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                            有価証券報告書

      (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成21年5月1日至平成22年4月30日)
    1発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                         前連結会計年度末              当連結会計年度                  当連結会計年度                当連結会計年度末

                          株式数(千株)             増加株式数(千株)                減少株式数(千株)                株式数(千株)
    発行済株式                                                                               

    普通株式                        91,212                        ―                      ―               91,212

    第1種優先株式                     35,246                        ―                      ―               35,246

           合計                    126,459                                                           126,459

    自己株式                                                                                

    普通株式(注)                      2,019                        0                      11               2,008
    第1種
                                     21                    550                         2                 568
    優先株式(注)
           合計                     2,040                    550                        14               2,577
    (注) 1普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによるものです。
        2普通株式の自己株式の株式数の減少11千株は、ストック・オプションの行使によるものです。
        3第1種優先株式の自己株式の株式数の増加550千株は、自己株式の取得及び単元未満株式の買取りによるもの
           です。
        4第1種優先株式の自己株式の株式数の減少2千株は、単元未満株式の売渡しによるものです。

    2新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                                          新株予約権の目的となる株式の数(千株)
                                 新株予約権の                         当連結会計
      区分        新株予約権の内訳          目的となる                         年度末残高
                                         前連結  当連結会計 当連結会計  当連結
                                  株式の種類 会計年度末 年度増加   年度減少 会計年度末 (百万円)
                平成18年ストック・
                                   普通株式                ―                    ―      ―             ―        11
                オプション(第5回)
    提出会社
                平成18年ストック・
                                   普通株式                ―                    ―      ―             ―         0
                オプション(第6回)
                合計                    ―                ―                    ―      ―             ―        11

    3配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
                                    配当金の総額            1株当たり
       (決議)           株式の種類                                                     基準日              効力発生日
                                     (百万円)            配当額(円)
    平成21年7月28日
                         普通株式                 1,694                    19    平成21年4月30日        平成21年7月29日
    定時株主総会
    平成21年7月28日
                     第1種優先株式                    845                    24    平成21年4月30日        平成21年7月29日
    定時株主総会
    平成21年12月2日
                         普通株式                 1,694                    19    平成21年10月31日       平成22年1月15日
    取締役会
    平成21年12月2日
                     第1種優先株式                    845                    24    平成21年10月31日       平成22年1月15日
    取締役会

    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                配当金の総額                     1株当たり
       (決議)          株式の種類                    配当の原資                              基準日             効力発生日
                                 (百万円)                     配当額(円)
    平成22年7月27日
                     普通株式            1,694    利益剰余金                         19 平成22年4月30日 平成22年7月28日
    定時株主総会
    平成22年7月27日        第1種
                                       832    利益剰余金                         24 平成22年4月30日 平成22年7月28日
    定時株主総会           優先株式





                                                      83/152
                                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                                         株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                             有価証券報告書

    当連結会計年度(自平成22年5月1日至平成23年4月30日)
    1発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                         前連結会計年度末               当連結会計年度                  当連結会計年度                当連結会計年度末

                          株式数(千株)              増加株式数(千株)                減少株式数(千株)                株式数(千株)
    発行済株式                                                                                

    普通株式                         91,212                        ―                      ―               91,212

    第1種優先株式                      35,246                        ―                  1,000               34,246

           合計                    126,459                        ―                  1,000              125,459

    自己株式                                                                                 

    普通株式(注)                       2,008                        0                       8               1,999
    第1種
                                     568                    502                    1,001                   69
    優先株式(注)
           合計                      2,577                    502                    1,010                2,069
    (注) 1優先株式の発行済株式の株式数の減少1,000千株は、自己株式の消却によるものです。
        2普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによるものです。
        3普通株式の自己株式の株式数の減少8千株は、ストック・オプションの行使によるものです。
        4第1種優先株式の自己株式の株式数の増加502千株は、自己株式の取得及び単元未満株式の買取りによるもの
           です。
        5第1種優先株式の自己株式の株式数の減少1,001千株は、自己株式の消却及び単元未満株式の売渡しによるも
           のです。

    2新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
                                          新株予約権の目的となる株式の数(千株)
                                 新株予約権の                         当連結会計
      区分        新株予約権の内訳          目的となる                         年度末残高
                                         前連結  当連結会計 当連結会計  当連結
                                  株式の種類 会計年度末 年度増加   年度減少 会計年度末 (百万円)
                平成18年ストック・
    提出会社                           普通株式                 ―                    ―      ―             ―         7
                オプション(第5回)
                合計                    ―                 ―                    ―      ―             ―         7

    3配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
                                    配当金の総額             1株当たり
       (決議)           株式の種類                                                      基準日              効力発生日
                                     (百万円)             配当額(円)
    平成22年7月27日
                         普通株式                  1,694                    19    平成22年4月30日        平成22年7月28日
    定時株主総会
    平成22年7月27日
                     第1種優先株式                     832                    24    平成22年4月30日        平成22年7月28日
    定時株主総会
    平成22年12月1日
                         普通株式                  1,695                    19    平成22年10月31日       平成23年1月14日
    取締役会
    平成22年12月1日
                     第1種優先株式                     827                    24    平成22年10月31日       平成23年1月14日
    取締役会

    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                配当金の総額                      1株当たり
       (決議)          株式の種類                     配当の原資                              基準日             効力発生日
                                 (百万円)                      配当額(円)
    平成23年7月26日
                     普通株式            1,695     利益剰余金                         19 平成23年4月30日 平成23年7月27日
    定時株主総会
    平成23年7月26日        第1種
                                       820     利益剰余金                         24 平成23年4月30日 平成23年7月27日
    定時株主総会           優先株式

次へ




                                                       84/152
                                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                                        株式会社伊藤園(E00414)
                                                                                                            有価証券報告書

      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
                   前連結会計年度                         当連結会計年度
                (自平成21年5月1日                    (自平成22年5月1日
                 至平成22年4月30日)                   至平成23年4月30日)
    ※1現金及び現金同等物の期末残高(187億95百万円) ※1現金及び現金同等物の期末残高(239億86百万円)
         は連結貸借対照表に掲記されている現金及び預金          は連結貸借対照表に掲記されている現金及び預金
         勘定に一致しております。                    勘定に一致しております。
    2重要な非資金取引の内容                  2重要な非資金取引の内容
     (1) 当連結会計年度に新たに計上したファイナンス・      (1) 当連結会計年度に新たに計上したファイナンス・
         リース取引にかかる資産及び債務の額は、それぞ          リース取引にかかる資産及び債務の額は、それぞ
         れ11,416百万円、12,019百万円であります。      れ10,711百万円、11,328百万円であります。
     (2)―――――――                     (2) 当連結会計年度に新たに計上した資産除去債務の
                                         額は、517百万円であります。

      (リース取引関係)
                   前連結会計年度                                                  当連結会計年度
                (自平成21年5月1日                                             (自平成22年5月1日
                 至平成22年4月30日)                                            至平成23年4月30日)
    (借主側)                                                  (借主側)
    1.ファイナンス・リース取引                                         1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引                                     所有権移転外ファイナンス・リース取引
    ①リース資産の内容                                             ①リース資産の内容
    (ア)有形固定資産                                              (ア)有形固定資産
      販 売機器、事務機器、店舗設備(工具器具及び備                                販 売機器、事務機器、店舗設備(工具器具及び備
      品)、営業車両(機械装置及び運搬具)等でありま                                品)、営業車両(機械装置及び運搬具)等でありま
      す。                                                     す。
    (イ)無形固定資産                                              (イ)無形固定資産
      ソフトウェアであります。                                           ソフトウェアであります。
    ②リース資産の減価償却の方法                                        ②リース資産の減価償却の方法
      連 結財務諸表作成のための基本となる重要な事項                                連 結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      「4会計処理基準に関する事項(2)重要な減価償                              「4会計処理基準に関する事項(2)重要な減価償
      却資産の減価償却の方法」に記載のとおりでありま                                却資産の減価償却の方法」に記載のとおりでありま
      す。                                                     す。

     なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のう  なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のう
        ち、リース取引開始日が、平成20年4月30日以前の             ち、リース取引開始日が、平成20年4月30日以前の
        リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方               リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方
        法に準じた会計処理によっており、その内容は次の               法に準じた会計処理によっており、その内容は次の
        とおりであります。                             とおりであります。
    (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当 (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
         額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額                 額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
                 機械装置                                  機械装置
          建物及び           工具器具 ソフト               建物及び           工具器具 ソフト
                   及び                   合計               及び                   合計
           構築物         及び備品  ウェア             構築物         及び備品  ウェア 
                                           
                  運搬具                 (百万円)             運搬具                 (百万円)
          (百万円)          (百万円) (百万円)            (百万円)          (百万円) (百万円)
                 (百万円)                                 (百万円)
    取得価額                                                   取得価額
           1,235   6,571   30,154    37                         1,056   5,379   27,657   24
                                              37,999                                                  34,118
    相当額                                                    相当額

    減価償却                                                   減価償却
             792   4,792   23,170    27   28,783                  759   4,475   24,571   21   29,827
    累計額                                                    累計額
    相当額                                                    相当額

    減損損失                                                   減損損失
              ―       ―        12    ―        12                   ―       ―         3   ―         3
    累計額                                                    累計額
    相当額                                                    相当額

    期末残高                                                   期末残高
             443   1,779    6,971    10    9,203                  297     903    3,082    3    4,287
    相当額                                                    相当額


    (2)未経過リース料期末残高相当額等                                    (2)未経過リース料期末残高相当額等
    未経過リース料期末残高相当額                                      未経過リース料期末残高相当額
         1年内                            5,112百万円                1年内                             3,186百万円
         1年超                            4,890百万円                1年超                             1,612百万円
         計                             10,003百万円                計                               4,798百万円
                                                      




         リース資産減損勘定の期末残高                     1百万円                リース資産減損勘定の期末残高                      2百万円




                                                           85/152
                                                                        EDINET提出書類
                                                                     株式会社伊藤園(E00414)
                                                                         有価証券報告書





                前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自平成21年5月1日                       (自平成22年5月1日
              至平成22年4月30日)                      至平成23年4月30日)
    (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償       (3)支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償
         却費相当額、支払利息相当額                      却費相当額、支払利息相当額
         支払リース料             7,842百万円        支払リース料             5,446百万円
         リース資産減損勘定の取崩額          4百万円        リース資産減損勘定の取崩額          2百万円
         減価償却費相当額           6,947百万円        減価償却費相当額           4,815百万円
         支払利息相当額              645百万円        支払利息相当額              361百万円
         減損損失                   0百万円        減損損失                   3百万円
    (4)減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法           (4)減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
        ・減価償却費相当額の算定方法                     ・減価償却費相当額の算定方法
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする
         定額法によっております。                       定額法によっております。
        ・利息相当額の算定方法                        ・利息相当額の算定方法
         リース料総額(維持管理費用相当額を除く)とリー            リース料総額(維持管理費用相当額を除く)とリー
         ス物件の取得価額相当額との差額を利息相当額と             ス物件の取得価額相当額との差額を利息相当額と
         し、各期への配分方法は、利息法によっておりま             し、各期への配分方法は、利息法によっておりま
         す。                                 す。
    2.オペレーティング・リース取引                   2.オペレーティング・リース取引
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
        のに係る未経過リース料                        のに係る未経過リース料
         1年内                  817百万円        1年内                  651百万円
         1年超                2,722百万円        1年超                1,839百万円
         計                  3,539百万円        計                  2,491百万円
                                      
    (貸主側)                              (貸主側)
    1.ファイナンス・リース取引                     1.ファイナンス・リース取引
    所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リー         所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リー
        ス取引開始日が、平成20年4月30日以前のリース取          ス取引開始日が、平成20年4月30日以前のリース取
        引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ            引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ
        た会計処理によっており、その内容は次のとおりで            た会計処理によっており、その内容は次のとおりで
        あります。また、全て転リース取引に係る金額であり           あります。また、全て転リース取引に係る金額であり
        ます。                                ます。
    (1)固定資産に含まれているリース物件の取得価額、減        (1)固定資産に含まれているリース物件の取得価額、減
         価償却累計額及び期末残高                       価償却累計額及び期末残高
    該当事項はありません。                      該当事項はありません。
    (2)未経過リース料期末残高相当額                 (2)未経過リース料期末残高相当額
         1年内                   13百万円        1年内                   10百万円
         1年超                   65百万円        1年超                   55百万円
         計                     79百万円        計                     65百万円
    (3)受取リース料及び受取利息相当額                (3)受取リース料及び受取利息相当額
         受取リース料                15百万円        受取リース料                15百万円
         受取利息相当額                2百万円        受取利息相当額                1百万円
    (4)利息相当額の算定方法                     (4)利息相当額の算定方法
         リース料総額とリース物件の取得価額相当額との             リース料総額とリース物件の取得価額相当額との
         差額を利息相当額とし、各期への配分方法は、利息            差額を利息相当額とし、各期への配分方法は、利息
         法によっております。                         法によっております。
    2.オペレーティング・リース取引                   2.オペレーティング・リース取引
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のも
        のに係る未経過リース料                        のに係る未経過リース料
         1年内                  118百万円        1年内                  144百万円
         1年超                  215百万円        1年超                  180百万円
         計                    334百万円        計                    324百万円





                                       86/152
                                                        EDINET提出書類
                                                     株式会社伊藤園(E00414)
                                                         有価証券報告書

    (金融商品関係)
    前連結会計年度(自平成21年5月1日至平成22年4月30日)
    
    (追加情報)
         当連結会計年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及
        び「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用