株式会社麻生 有価証券報告書‐第50期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書‐第50期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社麻生

カテゴリ:有価証券報告書‐第50期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

PDFビューワー表示

                                                EDINET提出書類
                                              株式会社麻生(E01209)
                                                 有価証券報告書

             
【表紙】
【提出書類】       有価証券報告書

【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項

【提出先】        福岡財務支局長

【提出日】        平成23年6月29日

【事業年度】       第50期(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)

【会社名】        株式会社麻生

【英訳名】        Aso Corporation

【代表者の役職氏名】   取締役社長麻生巌

【本店の所在の場所】   福岡県飯塚市芳雄町7番18号

【電話番号】       福岡(0948)(22)3604番

【事務連絡者氏名】    経営支援本部総務人事室田上智徳

【最寄りの連絡場所】   福岡県福岡市早良区百道浜2丁目4番27号

【電話番号】       福岡(092)(832)2011番

【事務連絡者氏名】    経営支援本部経理財務室大濱理

【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。






                        1/134
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                                               有価証券報告書

第一部 【企業情報】

第1 【企業の概況】


1 【主要な経営指標等の推移】
    (1) 連結経営指標等

             回次             第46期          第47期          第48期          第49期          第50期

            決算年月           平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月       平成22年3月       平成23年3月

    売上高            (百万円)      101,282       102,351       106,789        99,406       101,944

    経常利益           (百万円)        2,712         1,518            896           725        2,502
    当期純利益又は
                   (百万円)           445        △470          △203             674           484
    当期純損失(△)
    包括利益           (百万円)            ─             ─             ─             ─            775

    純資産額           (百万円)       14,028        12,808        12,022        12,520        13,311

    総資産額           (百万円)      115,190       105,956       104,473       105,045       108,272

    1株当たり純資産額       (円)      3,344.39      2,946.75      2,854.65      3,055.06      3,176.47
    1株当たり当期純利益
                    (円)        157.70      △166.77        △72.13         239.47        172.09
    又は当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                    (円)             ─             ─             ─             ─             ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率          (%)            8.2           7.8           7.7           8.2           8.2

    自己資本利益率         (%)            4.7        △5.3          △2.5             8.1           5.5

    株価収益率           (倍)             ─             ─             ─             ─             ─
    営業活動による
                  (百万円)      10,327     553   3,217   7,323   7,078
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (百万円)     △2,237    4,431 △3,179  △4,730  △2,897
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (百万円)     △6,405  △7,759      143 △1,084      733
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (百万円)      11,550   8,775   8,955  10,464  15,378
    の期末残高
    従業員数
                              2,821   3,276   3,158   3,246   3,452
    〔外、平均臨時         (人)
                             〔453〕  〔1,239〕 〔1,102〕 〔1,232〕 〔1,238〕
    雇用者数〕
    (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
        2第46期及び第49期、第50期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないた
           め記載していない。
          第47期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、ま
          た、潜在株式が存在しないため記載していない。
        3従業員数は、就業人員数を表示している。
        4非上場のため、株価収益率は記載していない。





                                              2/134
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                                               有価証券報告書

    (2) 提出会社の経営指標等

             回次             第46期          第47期          第48期          第49期          第50期

            決算年月           平成19年3月       平成20年3月       平成21年3月       平成22年3月       平成23年3月

    売上高            (百万円)       24,782        26,391        27,074        30,535        31,865

    経常利益           (百万円)           422           247           256           461           825

    当期純利益          (百万円)           167           295            53           219           266

    資本金            (百万円)        3,080         3,080         3,080         3,080         3,080

    発行済株式総数        (千株)         3,010         3,010         3,010         3,010         3,010

    純資産額           (百万円)        6,278         6,057         6,036         6,300         6,382

    総資産額           (百万円)       41,943        41,048        41,675        46,131        50,872

    1株当たり純資産額       (円)      2,202.47      2,127.91      2,122.74      2,216.76      2,245.91
    1株当たり配当額
                                40.00         30.00             ─         25.00         25.00
    (うち、1株当たり       (円)
                                  (─)           (─)            (─)          (─)           (─)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益      (円)         58.78        103.74         18.82         77.30         93.71
    潜在株式調整後
                    (円)             ─             ─             ─             ─             ─
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率          (%)          15.0          14.8          14.5          13.7          12.5

    自己資本利益率         (%)          2.66          4.79          0.89          3.56          4.20

    株価収益率           (倍)             ─             ─             ─             ─             ─

    配当性向            (%)          68.0          28.9             ─          32.3          26.6
    従業員数
                          1,550 1,591   1,607  1,732    1,846
    〔外、平均臨時       (人)
                         〔117〕  〔97〕    〔183〕  〔297〕   〔310〕
    雇用者数〕
    (注) 1売上高には、消費税等は含まれていない。
        2潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
        3従業員数は、就業人員数を表示している。
        4非上場のため、株価収益率は記載していない。





                                              3/134
                                                     EDINET提出書類
                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                      有価証券報告書

2 【沿革】
     当社は、麻生産業株式会社のセメント部門が分離独立し、麻生セメント株式会社として昭和41年11月4日
    設立した。また昭和44年7月に麻生産業株式会社より同社附属病院である飯塚病院の事業を譲受した。また
    平成13年7月に株式会社麻生に社名を変更、同年8月に麻生セメント株式会社(現・麻生ラファージュセメ
    ント株式会社)を分社化し、現在に至っている。

     昭和41年11月 麻生セメント株式会社設立(資本金10億円)

       42年1月 麻生産業株式会社よりセメント部門営業を譲受

       同年7月 熊本県白石の石灰鉱区を日本セメント株式会社に譲渡

       43年3月 麻生芳雄商事株式会社設立(現・連結子会社)

       44年7月 麻生産業株式会社の附属病院である飯塚病院の経営を譲受

       45年4月 筑豊電算センター設立(現・連結子会社株式会社麻生情報システム)
       48年12月 田川工場船尾鉱山の一部を三井鉱山株式会社に譲渡、これに伴い石灰石、岩粉等の販
              売業務を中止
       50年4月 中央研究所開設

       同年7月 麻生鉱山株式会社設立(現・連結子会社)

       53年10月 嘉麻興業株式会社を吸収合併

       56年4月 土質改良材「ソリッドエース」販売開始
       59年7月 株 式会社アソウ・テンポラリーセンター設立(現・連結子会社株式会社アソウ・
             ヒューマニーセンター)
       同年8月 特定産業構造改善臨時措置法に基づき、住友セメント株式会社、電気化学工業株式会
             社、日鐵セメント株式会社、八戸セメント株式会社、東洋セメント株式会社および苅田
             セメント株式会社とともにアンデスセメント共同事業株式会社を設立
       61年2月 杭安定材「パイルセッター」販売開始

       同年同月 麻生メディカルサービス株式会社設立(現・連結子会社)

       同年12月 福岡コンクリート株式会社設立(現・連結子会社)

       同年同月 泉北コンクリート工業株式会社設立(現・連結子会社)





                               4/134
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                       有価証券報告書


        平成元年4月 麻生教育サービス株式会社設立(現・連結子会社)

          同年7月 防塵固化材製造開始

          同年9月 新中央研究所完成

          同年5月 アンデスセメント共同事業株式会社解散

          同年9月 株式会社アソウ・アルファ設立(現・連結子会社)

          12年4月 株式会社アソウ・アカウンティングサービス設立(現・連結子会社)

          同年10月 テフロン処理防塵セメント「ナイダスト」販売開始

          13年1月 株式会社メッドライン設立(現・連結子会社)

          同年7月 株式会社麻生に社名変更

          同年8月 麻生セメント株式会社分社化(現・連結子会社麻生ラファージュセメント株式会社)

          14年12月 株式会社アラム設立(現・連結子会社)

          16年1月 株式会社ユニバース・クリエイト設立(現・連結子会社)

          同年11月 麻生セメント株式会社を麻生ラファージュセメント株式会社に社名変更

          17年4月 新グループ経営本格稼動 「スピーディな戦略的複眼経営」

          19年8月 麻生メディカルサービス株式会社が株式会社ベターナーシングを吸収合併

          同年9月 麻生介護サービス株式会社設立

          21年4月 麻生開発㈱を㈱麻生が吸収合併
          同年同月 ㈱アソウレジコンを麻生商事㈱が吸収合併
          22年6月 アスメディックス㈱株式追加取得により連結子会社化
    





                                 5/134
                                                     EDINET提出書類
                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                      有価証券報告書

3 【事業の内容】
     当社及び当社の関係会社は、当社、子会社45社及び関連会社16社で構成され、病院経営及びセメントの製
    造販売事業を主な内容として、セメント事業、医療事業、商社・流通事業、人材事業、その他事業を展開して
    いる。
     当グループの事業に係わる位置付け及びセグメントとの関連及び主要な関係会社の異動は、概ね次のと
    おりである。
     なお、セグメントと同一の区分である。

    (1) セメント事業
      各種セメント、生コンクリート、コンクリート二次製品等の製造販売等を行っている。

    (2) 医療事業
      当社の飯塚病院を核とする病院事業及び診療材料等の共同購入事業等を行っている。

    (3) 商社・流通事業
      建設資材の卸売及びスーパー等の運営を行っている。

    (4) 人材事業
      人材派遣及び介護事業等を行っている。

    (5) その他事業
      情報処理業、OA機器販売及びソフトウェア開発、各種スポーツ施設の運営及び不動産賃貸事業等を行っ
     ている。





                             6/134
                                      EDINET提出書類
                                    株式会社麻生(E01209)
                                       有価証券報告書

〔事業系統図〕
    以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次の通りである。









                            7/134
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                                                 有価証券報告書

4 【関係会社の状況】

                                                                     議決権の
                                         資本金             主要な事業
          名称                住所                                       所有割合           関係内容
                                        (百万円)             の内容
                                                                      (%)

                                                                            
(連結子会社)
麻生ラファージュセメント㈱                                        セメントの
                 福岡市早良区                    4,698                         60.6   役員の兼任…2名
          *1(注)5                                     製造販売

                                                                                麻生ラファージュセメント
                                                                                よりセメントを仕入、麻生ラ
                                                                                ファージュセメント及びグ
麻生商事㈱                                                建設資材等の
                        福岡市早良区               450                        100.0   ループ会社へ資材等を仕入
               *1(注)6                                仕入販売
                                                                                供給している。
                                                                                役員の兼任…1名
                                                                                (うち当社従業員1名)

                                                                                麻生ラファージュセメント
                                                                                に原料を供給している。又、
                                                                                麻生ラファージュセメント
                                                                                の廃棄物処理を行っている。
麻生鉱山㈱                   福岡県飯塚市                  45   鉱山採石業              100.0
                                                                                資金援助
                                                                                保証債務…571百万円
                                                                                役員の兼任…3名
                                                                                (うち当社従業員1名)

                                                                               麻生ラファージュセメント
                                                     気泡コンク
                                                                               より工事施工用セメントを
                                                     リートの現場
麻生フオームクリート㈱                                                              62.0 仕入れている。又、当社より
                        川崎市中原区               209     施工他、その他
                 (注)2                                                   (20.5) 事業所用地を賃借している。
                                                     二次製品の製
                                                                               役員の兼任…2名
                                                     造販売
                                                                               (うち当社従業員1名)

                                                     在宅介護サー              83.0 役員の兼任…3名
麻生介護サービス㈱               福岡市博多区               100
                                                     ビス業                 (5.2) (うち当社従業員3名)

                                                                              当社より店舗用地を賃借し
                                                                              ている。また、当社に給食材
                                                                        99.2 料の供給をしている。
                                                     各種商品
麻生芳雄商事㈱                 福岡県嘉穂郡庄内町               50                      (0.7) 資金援助
                                                     小売業
                                                                      〔0.4〕 保証債務…190百万円
                                                                              役員の兼任…1名
                                                                              (うち当社従業員1名)

                                                                                当社ほかグループ数社の情
                                                     情報システム                     報処理業務を受託している。
                                                     の開発及び販                     又、当社より事務所用地を賃
㈱麻生情報システム               福岡市早良区                  30                      100.0
                                                     売情報処理業                     借している。
                                                     務受託                        役員の兼任…3名
                                                                                (うち当社従業員1名)
                                                     各種業務上の
㈱アソウ・ヒューマニーセン                                                                   役員の兼任…2名
              福岡市中央区                            30   業務処理請負             100.0
ター                                                                              (うち当社従業員1名)
                                                     業
                                                                                当社及びグループ社に土地
                                                                                を賃貸している。
                                                     不動産販売及
㈱麻生地所                                                                           資金援助
                        福岡県飯塚市               751     びゴルフ場経             100.0
*1                                                                              保証債務…2,038百万円
                                                     営
                                                                                役員の兼任…5名
                                                                                (うち当社従業員3名)

                                                                                当社より店舗用地を賃借し
                                                                                ている。
                                                     各種医療機械
麻生メディカルサービス㈱                                                             23.8   資金援助
                        福岡県飯塚市                  62   器具の販売及
*2                                                                    〔27.8〕    保証債務…235百万円
                                                     びレンタル
                                                                                役員の兼任…4名
                                                                                (うち当社従業員2名)

                                                                            
その他32社






                                                 8/134
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                                        有価証券報告書


                                                             議決権の
                                 資本金             主要な事業
          名称         住所                                      所有割合          関係内容
                                (百万円)             の内容
                                                              (%)
                                                                   
(持分法適用関連会社)

                                                                       麻生ラファージュセメント
                                             セメントの仕             25.0
㈱小澤              和歌山県和歌山市               30                             よりセメントを仕入、販売し
                                             入、販売             〔8.3〕
                                                                       ている。

                                             情報システム                    役員の兼任…3名
㈱システムプラネット       福岡市早良区             200                         39.0
                                             の開発及び                     (うち当社従業員1名)

                                                                   
その他13社

    (注) 1*1:特定子会社に該当する。
        2有価証券報告書を提出している。
        3*2:持分は100分の50以下であるが、実質的には支配しているため子会社としたものである。
        4議決権の所有割合の()内は、間接所有割合で内数、〔〕内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数
           である。
        5麻生ラファージュセメント㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める
           割合が10%を超えている。
           主要な損益情報等    (1) 売上高       16,248百万円
                      (2) 経常利益       1,262百万円
                      (3) 当期純利益        747百万円
                      (4) 純資産額       8,260百万円
                      (5) 総資産額      25,031百万円
        6麻生商事㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超え
           ている。
           主要な損益情報等    (1) 売上高       25,032百万円
                      (2) 経常利益         174百万円
                      (3) 当期純利益         74百万円
                      (4) 純資産額       1,346百万円
                      (5) 総資産額      11,736百万円





                                         9/134
                                                                  EDINET提出書類
                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                   有価証券報告書

5 【従業員の状況】
    (1) 連結会社の状況
                                                 平成23年3月31日現在
             セグメントの名称                       従業員数(人)
                                                 388
    セメント事業
                                                〔29〕
                                               1,795
    医療事業
                                               〔206〕
                                                 211
    商社・流通事業
                                               〔184〕
                                                 721
    人材事業
                                               〔687〕
                                                 337
    その他の事業
                                               〔132〕
                                               3,452
                 合計
                                              〔1,238〕
    (注)従業員数は就業員数であり、臨時従業員数は〔〕内に年間の平均人数を外数で記載している。

    (2) 提出会社の状況
                                                 平成23年3月31日現在
       従業員数(人)       平均年齢(歳)        平均勤続年数(年)     平均年間給与(円)
                1,846
                              36.8         8.7        5,767,510
               〔310〕
    (注) 1従業員数は就業員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時従業員数
           は〔〕内に年間の平均人数を外数で記載している。
        2臨時従業員にはパートタイマーの従業員を含み派遣社員を除いている。
        3平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。

    (3) 労働組合の状況
       当社グループには、麻生職員組合(組合員数37人)、飯塚病院労働組合(組合員数1,277人)、麻生セメント
     労働組合(組合員数37人)麻生セメント職員組合(組合員数47人)他の労働組合が組織されている。
       なお、労使関係について特に記載すべき事項はない。





                                 10/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書

第2 【事業の状況】


1 【業績等の概要】
(1) 業績
  当連結会計年度のわが国経済は、政府の景気対策の効果や新興国の高成長による需要拡大に支えられ、
 企業収益の改善や個人消費の持ち直しなど景気の回復基調が見られたものの、円高や長引く国内のデフ
 レ経済、依然として厳しい雇用情勢など、景気の先行きは不透明な状況で推移いたしました。
  当社グループの基幹事業であるセメント事業におきましては、セメントの国内需要は、官公需の落ち込
 みに加え、民間需要の回復も見られず、国内需要は41,760千トン、そのうち輸入セメントを除いた国内製
 品販売は41,163千トンと前年同期に比べ5.7%減という減少率となりました。また、提出会社の主たる事
 業である医療事業におきましては、医療機関の機能分化と連携が推進されるなか、10年ぶりに実質0.19%
 の診療報酬プラス改定となりましたが、医師臨床研修制度の見直しやDPC新機能評価係数が導入されるな
 ど、各医療機関においては一層の医療の質の向上と安全・安心が求められ、病院経営を取り巻く環境は厳
 しいものとなりました。
  このような情勢の中で、セメント事業におきましては、麻生ラファージュセメント㈱ではセメント国内
 販売数量はOEM販売を含め2,017千トンと、前年比8.6%減、固化材国内販売数量は210千トン、前年比1.7%
 増となりました。生産関係では、セメント国内需要の落ち込みにより、生産数量は前年より減少しました
 が、様々な内部プロジェクトにより、生産、物流、購買などのあらゆる場面でのコストを著しく縮小させる
 ことに取り組みました。また、運転資金の縮小および純借入金の縮小による現金最適化を実行しました。
 医療事業におきましては、飯塚病院では地域医療の多様なニーズに応えるため、「飯塚病院リニューアル
 計画」に基づき国内初のクローバー型新病棟の建設に着手いたしました。また、救命救急センターの病床
 運営の効率化と機能強化のため、HCU(ハイケアユニット)の補助機能である「POST HCU」の運用を開始
 いたしました。また、新生児集中治療室の増床に加え、新生児治療回復室(GCU)を再整備し、地域周産期
 母子医療センターの機能拡充を図りました。さらに、地域住民と医療機関が一体となって地域医療を支え
 ていくという気運の醸成のため「地域医療サポーター養成講座」を開催し、地域住民の健康の向上と地
 域医療の強化に努めました。加えて、「日本一のまごころ病院」の実現に向け、「改善推進本部」ならび
 に「教育推進本部」を設置し、改善力と教育力の強化を推進してまいりました。また、平成23年3月11日に
 発生した東日本大震災においては、福岡県DMAT(災害派遣医療チーム)の隊員として従業員が現地に赴
 き医療活動を実施いたしました。
  以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高は101,944百万円と前連結会計年度に比べ2,537百万円
 (+2.6%)の増収となり、利益については、営業利益は3,330百万円と前連結会計年度に比べ1,809百万
 円(+118.9%)の増益、経常利益は2,502百万円と前連結会計年度に比べ1,776百万円(+244.7%)の
 増益、当期純利益は484百万円と前連結会計年度に比べ189百万円(△28.2%)の減益となりました。
  事業の種類別セグメントの業績は、次のとおりであります。
 ①セメント事業
   セメント国内需要の減少の影響により売上高は30,993百万円と前連結会計年度に比べ473百万円(△
 1.5%)の減収となりましたが、コスト圧縮などの効果によりセグメント利益(営業利益)は1,401百万
 円と前連結会計年度に比べ1,166百万円(+496.0%)の増益となりました。
   
 ②医療事業
  診療報酬のプラス改定の影響などにより売上高は29,027百万円と前連結会計年度に比べ3,673百万円

                            11/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書
     (+14.5%)の増収となり、セグメント利益(営業利益)は710百万円と前連結会計年度に比べ584百万
     円(+467.0%)の増益となりました。
    ③商社・流通事業
     小売業の減収などにより売上高は21,392百万円と前連結会計年度に比べ712百万円(△3.2%)の減収
     となりましたが、セグメント利益(営業利益)は191百万円と前連結会計年度に比べ16百万円(+
     9.6%)の増益となりました。
    ④人材事業
     人材派遣業や介護事業の増収などにより売上高は12,875百万円と前連結会計年度に比べ580百万円(+
     4.7%)の増収となり、セグメント利益(営業利益)は282百万円と前連結会計年度に比べ11百万円(+
     4.1%)の増益となりました。
    ⑤その他事業
     売上高は11,064百万円と前連結会計年度に比べ212百万円(△1.9%)の減収となりましたが、セグメン
     ト利益(営業利益)は708百万円と前連結会計年度に比べ11百万円(+1.7%)の増益となりました。
    (2) キャッシュ・フローの状況
      当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、主に税金等調整前当期純利益が大幅に増加
     したものの、たな卸資産の増減額の影響及び法人税等の支払額の増加に伴い前期比244百万円減少し
     7,078百万円の収入となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、有形固定資産の取得による支
     出が減少したことにより前期比1,832百万円増加し2,897百万円の支出となりました。また、財務活動によ
     るキャッシュ・フローは、主に短期借入金の純増減額及び長期借入れによる収入の増加の影響により前
     期比1,817百万円増加の733百万円の収入となりました。
      当連結会計年度末の現金及び現金同等物は、前連結会計年度に比べ4,914百万円増加し、15,378百万円
     となりました。





                               12/134
                                                                         EDINET提出書類
                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                          有価証券報告書

2 【生産、受注及び販売の状況】
    (1) 生産実績
      当社グループについては、提供するサービスの性格上、生産実績の記載に馴染まないため、記載してい
     ない。

    (2) 受注状況
      当社グループについては、受注生産形態をとらない製品が大半であるため、記載していない。

    (3) 販売実績
      当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。

               セグメントの名称                   金額(百万円)             前年比(%)

    セメント事業                                           30,794            ―

    医療事業                                             29,018            ―

    商社・流通事業                                          19,313            ―

    人材事業                                             12,831            ―

    その他事業                                             9,987            ―

                  合計                                101,944            ―
    (注) 1セグメント間取引については、相殺消去している。
        2上記の金額には、消費税等は含まれていない。
        3総販売実績に対し10%以上に該当する販売先はない。





                                 13/134
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                           有価証券報告書

3 【対処すべき課題】
     平成23年度は米国および新興国の景気の下支えが期待されるものの、為替変動および資源価格の先行き
    不透明感に加え、東日本大震災による影響が懸念され、わが国の景気の先行きには予断を許さないものがあ
    ります。当社グループの基幹産業であるセメント業界におきましては、官公需の継続的な落ち込みが予測さ
    れるため、輸出や世界規模の復調による民需の動向がセメント産業の回復の主要要素であると考えられま
    す。また、医療環境は、医師および看護師不足問題などを抱えたまま平成24年度の診療報酬ならびに介護報
    酬の同時改定が予定されているなか、政府の目指す医療提供体制においては、急性期医療の拡充、医療機関
    の機能分化と連携強化、医療関連職種の役割分担の見直しなど医療サービスの基盤強化を図ることが重要
    なテーマに据えられております。
     当社グループといたしましては、このような情勢のもと、麻生ラファージュセメント㈱におきまして、経
    費削減の取り組みを始め、キャッシュの最適化と創出の取り組みを継続して参ります。工場においては、平
    成22年下期より実施しています“1チームで2工場を運転する”という取り組みにより、セメント生産組織
    の最適化の中で、更なる経費削減を行って参ります。収益面においては、生産拠点に近い九州地区のマー
    ケットシェアの上昇に注力したいと考えております。あわせて、更なる収益源のため、早強セメントなどの
    新製品の生産、販売を実施して参ります。飯塚病院では、チーム医療の推進のため、電子カルテと看護業務支
    援システムを柱とした情報システムの再構築に着手し、情報の共有化を図るとともに安全・安心な医療を
    提供してまいります。また、医師の勤務環境を改善するため医師秘書を増員し業務の効率化を図るとともに
    医療の質の向上に努めてまいります。さらに、従来のTQM(トータル・クオリティ・マネジメント)および
    ISOにKaizen(改善)、Anzen(安全)を加え、積極的に改善活動の活性化に取り組み、地域住民に信頼され
    る良質な医療の提供に努めてまいります。
     当社グループは、かねてからグループ経営を推進してまいりましたが、経営資源の選択と集中をさらに強
    化することで、人材や資金の有効活用、収益力と成長力の最大化および管理部門の強化を図ってまいりま
    す。また、麻生グループ全社で取り組んでおります“グローバルシティズン”たる社員の人材育成にも具体
    的な行動育成プランを立て推進してまいります。
     このグローバル社会が進展する変革期をビジネスチャンスと捉え、新経営体制のもと「社会システム変
    革への貢献」という使命を果たすべく、収益力の向上、財務体質の強化、企業活力の向上に取り組む所存で
    あります。





                               14/134
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                       有価証券報告書

4 【事業等のリスク】
     当社グループの経営成績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあり
    ます。なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(平成23年3月31日)現在において当社グ
    ループが判断したものであります。

①看護師採用競争の激化について
      浜の町病院、福岡赤十字病院、小倉記念病院など都市部の病院において、新病院への建て替えが進んだ
     ため、看護師の人気を集めています。飯塚病院の看護師の勤務環境は悪くなく離職率も低いのですが、施
     設の老朽化は明らかなため新卒看護師のリクルートにおいては苦戦の一因となっています。平成24年10
     月の新棟稼働に向けて、さらに看護師の増員を必要としますが、現職看護師の定着とリクルートの強化は
     必要であります。リクルートにおいては大学とのコラボレーション、インターンシップ、見学会などが効
     を奏しています。
②後期研修医不足について
      飯塚病院は初期研修医(卒後1∼2年目)の募集においては全国屈指の人気を誇っていますが、後期研
     修医(卒後3∼5年目)は他の人気病院に較べ、劣勢を強いられています。後期研修医の不足は各診療科の
     戦力ダウンに直結するだけではなく、飯塚病院の一番のプライオリティーである救命救急センターに人
     員不足を招き、運営に大きな支障をきたしております。初期研修医の人気の高さからハードルが高いとい
     う誤解が後期研修医の間に広がっていることも一因ですが、後期研修医が勉強するハード(スペース)
     の提供が他の人気病院と圧倒的な格差となっています。
      ハード(スペース)面での劣勢を埋めるべく、教育推進本部という専門部署を設置するとともに、米国
     ピッツバーグ大学メディカルセンターと「指導医の研修」ならびに「カリキュラムの作成と研修成果の
     評価」に関してコンサルタント契約を締結し、教育体制(ソフト面)の充実を図り、日本で数少ない家庭
     医の養成機関として、他施設との差別化を図っています。
③救急医療の現場の疲弊
      飯塚病院におきましても前述の後期研修医の不足もありますが、各大学による周辺医療機関からの医
     師引き上げが行われており、周辺医療機関の医療機能、なかんずく、救急受け入れ能力の低下は顕著であ
     ります。また、救急患者の搬送が飯塚病院に一極集中しており、救急医療の現場の疲弊が表面化してきて
     います。限られた医療資源である救急医療の現場に、受け入れ許容量を超えた患者が殺到し、オーバー
     キャパシティーの状態が慢性化しています。
     ドロップアウトを生まないように医師、看護師に加え、ER−Aideという職種を創設し、救命救急セン
     ターのチーム力を上げるなどの人事対策、在宅や高齢者施設との機能分担を進めるべく話し合いを開始
     しています。




                             15/134
                                                      EDINET提出書類
                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                       有価証券報告書

④電力不足
     原子力発電所の再開の未定により、今夏、九州電力管内の電力需給もかなりの逼迫が予想されていま
    す。九州電力の説明では一応の供給見通しが立ったとのことですが、夏場の気温上昇などにより、電力使
    用が一気に増え、供給を上回った場合、一斉停電の可能性も否定できません。飯塚病院としては節電に努
    めるとともに、仮に一斉停電が発生した場合のリスクに備えて、シミュレーションなどを行っていきま
    す。
⑤燃料価格の変動
     セメント事業では、セメント製造における焼成工程において石炭、重油等の燃料を使用し、また発電設
    備においても重油を使用しております。燃料価格は上昇傾向にあり、セメント製造コストの増加要因と
    なっております。また、セメント製品の輸送においても、タンカー、トラックを使用しているため、輸送コ
    ストの上昇を招き、これらが財政状態、経営成績に影響を与える可能性があります。今後も引き続き、燃料
    価格の変動が続くと見られ、コストの平準化が困難な状況です。そのため、これらのリスクを分散できる
    ような購買方法を検討し、またセメント製造コストについては産業廃棄物の代替燃料への使用比率を高
    めて、製造コストへ与える影響の軽減を図っております。また輸送体系の効率化を進めながら輸送コスト
    削減に努めるよう取り組んでおります。販売価格についても、顧客へこれらのコスト上昇要因を説明の
    上、値上げ交渉を鋭意進めることで業績への影響の軽減に取り組んでおります。
⑥セメント需要の減少
     近年、公共投資の減少に伴い、セメントの国内需要は減少傾向にあります。民需については多少の回復
    が見込まれているものの、公共投資の縮小をカバーするには至らず、引続き国内需要の減少が予測されて
    おります。また、今後の東日本大震災の復興需要の発生により一時的な西日本地区の需要の減少も懸念さ
    れております。これにより、財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。短期的に急激な減少は
    ないと見込まれますが、将来の需要減少に備えコスト削減、販売価格の改善に取り組んでおります。
⑦財務内容について
     当社グループは、装置産業であるセメント事業をはじめ、資産を活用した事業が多く、設備投資のため
    の資金調達は主に借入金によっております。このため連結総資産に占める借入金の割合が高くなってお
    り、金利の変動によって当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。当社グループにおき
    ましては、資産の有効活用などによる借入金の適正化を行うと共に、資金調達手段の多様化により、金利
    変動リスクの軽減に努めております。
⑧災害等による影響
     当社グループは、福岡県内を中心に事業活動を行っております。比較的災害の少ない地域ではあります
    が、平成17年3月には福岡西方沖地震が発生し、その他台風・水害では被害の発生もあっております。災害
    時に備えて「危機管理マニュアル」の策定、社内イントラによる周知徹底を行い、生産設備や医療設備に
    ついては定期的な点検を行っておりますが、災害による影響を完全に防止できる保証はありません。




                           16/134
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                   有価証券報告書

⑨個人情報について
     当社グループにおいては、事業を行う中で多数の個人情報を保有しております。個人情報については、
    各社でプロジェクトチームを結成し、情報管理体制の強化に取り組むと共に、当社内のコンプライアンス
    委員会においてグループ全体に対し、個人情報保護の啓蒙を行っております。しかしながら、万一個人情
    報が外部に漏洩するような事態が発生すると、顧客からの信用失墜、損害賠償等により当社グループの経
    営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。





                           17/134
                                                   EDINET提出書類
                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                    有価証券報告書

5 【経営上の重要な契約等】
     当連結会計年度において、新たに締結した経営上の重要な契約等はない。

6 【研究開発活動】
     当社グループ全体の当連結会計年度における試験研究費は22百万円であり、各事業の種類別セグメント
    別の研究目的及び研究開発費は次のとおりである。

     (1)セメント事業
     麻生フオームクリート㈱では、原材料である気泡剤の改善・改良、工事施工用機械装置の改良・開発・
     導入等の研究開発を行っている。
         当事業における研究開発費は22百万円である。

     (2)医療事業
     該当事項なし。

     (3)商社・流通事業
     該当事項なし。
     
     (4)人材事業
     該当事項なし。
     
     (5)その他事業
     該当事項なし。





                                  18/134
                                                                         EDINET提出書類
                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                          有価証券報告書

7 【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作
    成されている。

    (1) 当連結会計年度末の財政状態

                           前連結会計年度            当連結会計年度         増減

    総資産(百万円)                      105,045            108,272        3,227

    自己資本(百万円)                       8,603              8,943          340

    自己資本比率(%)                         8.2                8.2          0.0

    1株当たり自己資本(円)                 3,055.06           3,176.47    121.41


         当連結会計年度末における総資産額は、キャッシュ・フローの改善等により、現金及び預金が5,073百
     万円の増加となった。その結果、総資産が前連結会計年度末に比べ3,227百万円増加し、108,272百万円と
     なった。
         自己資本は、当期純利益484百万円により利益剰余金が増加したこと等により、前連結会計年度末に比
     べ340百万円増加し8,943百万円となった。
     
    連結キャッシュ・フローの状況

                              前連結会計年度         当連結会計年度         増減

    営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)              7,323          7,078         △244

    投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)             △4,730        △2,897          1,832

    財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)             △1,084             733        1,817

    現金及び現金同等物の増加額(百万円)                 1,508          4,914         3,405

    現金及び現金同等物の期首残高(百万円)                8,955         10,464         1,508

    現金及び現金同等物の期末残高(百万円)               10,464         15,378         4,914


         営業活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度と比べ税金等調整前利益が増加したものの、た
     な卸資産の増減額の影響等により244百万円減少し、7,078百万円となった。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ有形固定資産の取得による支出が減少
     したことにより1,832百万円減少し、△2,897百万円となった。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度に比べ短期借入金の純増減額の増加及び長期
     借入れによる収入の増加により1,817百万円増加し、733百万円となった。





                                  19/134
                                                                              EDINET提出書類
                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                               有価証券報告書

    (2) 当連結会計年度の経営成績

                                                          税金等調整前
               売上高          営業利益            経常利益                       当期純利益
                                                          当期純利益
              (百万円)         (百万円)           (百万円)                       (百万円)
                                                            (百万円)

    当連結会計年度      101,944        3,330            2,502         1,946         484

    前連結会計年度       99,406        1,521               725          538         674
    前連結会計年度
    比                 2.6       118.9            244.7         261.5       △28.2
    (%)

      当連結会計年度における売上高は、前連結会計年度に比べ2,537百万円(2.6%)増加し101,944百万円
     となった。この増加は主に、医療事業における売上増加高の影響によるものである。
      経常利益は、前連結会計年度比べ1,776百万円(244.7%)増加し2,502百万円となった。この増加は主
     に、セメント事業の増益の影響によるものである。
     当期純利益は、前連結会計年度と比べ189百万円減少し当期純利益484百万円となった。この減少は主に、
     法人税等の増加及び特別利益の減少等の影響によるものである。





                                        20/134
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                            有価証券報告書

第3 【設備の状況】


1 【設備投資等の概要】
     当連結会計年度の設備投資の内訳は次のとおりである。なお、金額に消費税は含まれていない。
     

                                                  
                            当連結会計年度             前期比
                                    243 百万円 
     セメント事業                                      ―%

                                    942 〃        
     医療事業                                        ―
                                    520 〃       ―
     商社・流通事業
                                     28 〃       ―
     人材事業
                                    504 〃       ―
     その他事業
                                  2,240 〃       ―
     計
                                    △6 〃        ―
     調整額
                                  2,233 〃       ―
     連結財務諸表計上額
    (注) 1セグメントの区分を当連結会計年度より変更しており、上記セグメントの区分による前連結会計
           年度金額のデータがないため、前年同期比を記載していない。
     
     セメント事業においては、コスト低減及び省力化に重点を置き、設備投資を行なった主な投資としては、
    麻生ラファージュセメント㈱によるセメント製造設備維持・補修214百万円などが挙げられる。
     
     医療事業においては、医療の質とサービスの質の向上を図るため設備投資を行い、当社が医療機器の更新
    や既存設備の維持・補修工事等のため928百万円の投資を実施した。
     
     商社・流通事業においては、麻生商事㈱が賃貸設備などで472百万円の設備投資を行なった。
     
     その他事業においては、総額504百万円の設備投資を行なった。
     
     なお、各セグメントとも所要資金は、自己資金、借入金及び社債の発行によっている。
     
     また、重要な設備の除却、売却等はない。





                               21/134
                                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                                                                         有価証券報告書

2 【主要な設備の状況】
   当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりである。
 (1) 提出会社
                                                                                 (平成23年3月31日現在)
                                                          帳簿価額(百万円)
     事業所名    セグメントの                                                                                  従業員数
                           建物     機械装置                     土地
                    設備の内容                                            リース資
     (所在地)     名称                                                                                     (人)
                          及び構築 及び運搬                       (面積千                   その他       合計
                                                                       産
                            物       具                       ㎡)
                           4,165                                                            6,383
    飯塚病院                                                     309                 1,658                1,823
             医療事業   医療設備     [29]     21                               227                    [29]
    (福岡県飯塚市)                                                 (45)                  {93}                <198>
                              {7}                                                            {100}
                                                           6,398                           12,927
    本社                 その他の       6,321                                           129                   174
               その他事業                           77         (2.372)       ―                  [5,885]
    (福岡県飯塚市)           設備        [3,002]                                           {2}                 <112>
                                                          [2,883]                              {2}
     (注) 1帳簿価額には、建設仮勘定の金額は含まれていない。
         2上記中[内書]は、連結会社以外への賃貸設備である。
         3上記中{外書}は、連結会社以外からの賃借設備で年間賃借料である。
         4上記中<外書>は、臨時従業員数である。
         5現在休止中の主要な設備はない。
         6主要な設備のうち連結会社以外から賃借している設備の内容は、下記のとおりである。
        事業所名                          年間リース料    リース契約残高
                 セグメントの名称    設備の内容
       (所在地)                           (百万円)     (百万円)
    飯塚病院
                    医療事業       医療設備          64        227
    (福岡県飯塚市)

    (2) 国内子会社
                                                                                 (平成23年3月31日現在)
                                                           帳簿価額(百万円)
                                                                                                     従業員
                    セグメン   設備の内  建物  機械装置  土地
    会社名      事業所名                                                                                      数
                                               リース資
                    トの名称     容  及び構築 及び運搬 (面積千                                   その他       合計         (人)
                                                 産
                                  物    具    ㎡)
    麻生ラ
           田川工場            セメン
    ファー             セメント                                      677
           (福岡県            ト生産      1,212     3,149                      ―          92      5,130       54
    ジュセメ            事業                                       (974)
           田川市)            設備
    ント㈱
    麻生ラ    苅田工場
                           セメン
    ファー    (福岡県     セメント                                      392
                           ト生産      1,264     2,858                      ―          22      4,536       56
    ジュセメ   京都郡苅     事業                                       (154)
                           設備
    ント㈱    田町)
           大阪サー
           ビスス
           テーショ
                           サービ
    麻生ラ    ン
                           スス                                   5
    ファー    (大阪市中    セメント              555                                                   1,026
                           テー                   464           (51)       ―             2                ―
    ジュセメ   央区)      事業                {11}                                                    {30}
                           ション                                {19}
    ント㈱    他20サー
                           設備
           ビスス
           テーショ
           ン
    麻生ラ    大阪支店
                           その他
    ファー    (大阪市     セメント              494                                                     652
                           の                    140            ―         ―          18                  12
    ジュセメ   中央区)     事業                {14}                                                    {14}
                           設備
    ント㈱    他3支店
           飯塚工場
                           ブロッ
    麻生商事   (福岡県     セメント                                      562                                       32
                           ク製造         94           18                       0         2      678
    ㈱      嘉穂郡      事業                                        (45)                                      <1>
                           設備他
           桂川町)
                           ヒュー
           筑豊工場
    麻生商事            セメント   ム管製                                                                          24
           (福岡県飯                       97           78         ―             0         8      183
    ㈱               事業     造設備                                                                          <2>
             塚市)
                           他
           八女工場
           (福岡県            ブロッ
    麻生商事            セメント                                                                                 9
           八女郡             ク製造         32             9          ―           0         1        43
    ㈱               事業                                                                                  <1>
           広川町)            設備他
           他2工場





                                             22/134
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                                        有価証券報告書


                                                     帳簿価額(百万円)
                                                                                     従業員
                   セグメント 設備の内
    会社名    事業所名                                                                        数
                                 建物  機械装置  土地
                    の名称    容                   リース資
                                                                                      (人)
                                及び構築 及び運搬 (面積千                       その他    合計
                                                 産
                                  物    具    ㎡)
                          生コン
           本社及び
    福岡コン                  クリー
           福岡工場    セメント                                   0
    クリート                  ト       189        15                 ―      7      211      15
           (福岡県    事業                                    (6)
    工業㈱                   製造設
           粕屋郡)
                          備
           本社             事務所
    麻生フ    (川崎市           設備及                         1,122
                   セメント                                                     1,262
    オームク   中原区)           び        61        65          (6)     3      9              82
                   事業                                                          {6}
    リート㈱   他5事業           工事設                            {6}
           所              備
           本社
    麻生芳雄   (福岡県飯   商社・流   店舗設                         1,018                             92
                                  558            2              34     20   1,634
    商事㈱    塚市)     通事業    備                            (151)                          <161>
           他18店舗
           本社             賃貸物
    麻生地所           その他事                               2,233
           (福岡県           件設備     189            3              ―      ―    2,425       1
    ㈱              業                                     (6)
           飯塚市)           他
           麻生飯塚
           ゴルフ
    麻生地所   倶楽部     その他事   ゴルフ                         8,462                             65
                                  850        29                658     ―    9,999
    ㈱      (福岡県    業      場設備                        (1,553)                           <10>
           嘉穂郡
           桂川町)
           ベターラ
    麻生メ                   有料老
           イフ・ノ
    ディカル                  人ホー                             0                             94
           ア21     人材事業           614            1               9     34     659
    サービス                  ム施設                            (0)                           <38>
           (福岡県
    ㈱                     設備
           飯塚市)
    ㈱アソウ
           本社
    ・ヒュー                  事務所                           169
           (福岡市    人材事業            99            0              ―       2     271     156
    マニーセ                  設備他                            (0)
           中央区)
    ンター
    (注) 1帳簿価額には、建設仮勘定の合計は含まれていない。
        2上記中{外書}は、連結会社以外からの賃借設備で年間賃借料である。なお、賃借している土地の面積は千㎡で
           ある。
        3上記中<外書>は、臨時従業員数である。
        4現在休止中の主要な設備はない。





                                        23/134
                                                     EDINET提出書類
                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                      有価証券報告書

3 【設備の新設、除却等の計画】
    (1) 重要な設備の新設等
      当連結会計年度末における計画で、特に記載すべき事項はありません。

    (2) 重要な設備の除却等
      経常的な設備の更新のための除却、売却等を除き、重要な設備の除却、売却等の計画はない。





                            24/134
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                                   有価証券報告書

第4 【提出会社の状況】


1 【株式等の状況】
    (1) 【株式の総数等】
     ① 【株式の総数】

                 種類                                   発行可能株式総数(株)

                普通株式                                                     8,800,000

                   計                                                     8,800,000


     ② 【発行済株式】

               事業年度末現在      提出日現在     上場金融商品取引所
      種類        発行数(株)      発行数(株)    名又は登録認可金融                     内容
             (平成23年3月31日) (平成23年6月日) 商品取引業協会名
     普通株式              3,010,000   同左            非上場       単元株式数は100株である。

       計               3,010,000   同左             ─                 ─


    (2) 【新株予約権等の状況】
      該当事項なし。

    (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
      該当事項なし。





                                        25/134
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                                          有価証券報告書

    (4) 【ライツプランの内容】
       該当事項なし。

    (5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式        発行済株式      資本金増減額       資本金残高        資本準備金      資本準備金
           年月日      総数増減数         総数残高                                  増減額         残高
                     (千株)          (千株)      (百万円)       (百万円)         (百万円)      (百万円)
    昭和62年10月2日             700      3,010        1,925        3,080      1,925      1,999
    (注)第三者割当増資により、発行済株式総数が700千株、資本金が1,925百万円及び資本準備金が1,925百万円増加して
        いる。

    (6) 【所有者別状況】
                                                                        平成23年3月31日現在
                                 株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                                                  単元未満
                                                  外国法人等
      区分                                                                         株式の状況
             政府及び
                            金融商品    その他の                           個人              (株)
             地方公共   金融機関                                                   計
                            取引業者     法人                           その他
              団体                             個人以外        個人
    株主数
                   1     15    3      49  −    −   1,191  1,259     ―
    (人)
    所有株式数
                   2  8,874   10   8,861  −    −  11,711 29,458 64,200
    (単元)
    所有株式数
                0.01  30.12 0.03   30.08  −    −   39.75 100.00     ―
    の割合(%)
     (注)自己株式168,129株は「個人その他」に1,681単元及び「単元未満株式の状況」に29株をそれぞれ含めて記載して
         いる。





                                              26/134
                                                                       EDINET提出書類
                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                        有価証券報告書

    (7) 【大株主の状況】
                                                         平成23年3月31日現在
                                                               発行済株式
                                                      所有株式数   総数に対する
           氏名又は名称                 住所
                                                       (千株)    所有株式数
                                                               の割合(%)
    学校法人麻生塾            福岡県飯塚市芳雄町3番83号                     458.1   15.22

    麻生泰                福岡県飯塚市                             166.0    5.52

    麻生太郎               福岡県飯塚市                             154.3    5.13

    株式会社三井住友銀行         東京都千代田区有楽町一丁目1番2号                  130.0    4.32

    株式会社福岡銀行           福岡市中央区天神二丁目13番1号                   130.0    4.32

    株式会社西日本シティ銀行       福岡市博多区博多駅前三丁目1番1号                  130.0    4.32

    日本トラスティ・サービス信託
                       東京都中央区晴海一目8番11号                    130.0    4.32
    銀行株式会社

    株式会社小澤             和歌山県和歌山市宇須二丁目3番39号                 105.0    3.49

    麻生興産株式会社           福岡市早良区百道浜二丁目4番27号                   97.0    3.22

    日本生命保険相互会社         東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                   65.7    2.18

             計                     ―                    1,566.2   52.04
    (注)1.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりである。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社             130.0千株
        2.上記のほか当社所有の自己株式168,129株(5.59%)がある。





                                       27/134
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                                    有価証券報告書

    (8) 【議決権の状況】
     ① 【発行済株式】
                                                                  平成23年3月31日現在
             区分         株式数(株)            議決権の数(個)                  内容

    無議決権株式                   ―                 ―                     ―

    議決権制限株式(自己株式等)           ―                 ―                     ―

    議決権制限株式(その他)             ―                 ―                     ―
                      (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                             ―                     ―
                      普通株式168,100
    完全議決権株式(その他)      普通株式2,777,700                27,777            ―

    単元未満株式            普通株式       64,200        ―            1単元(100株)未満の株式

    発行済株式総数                  3,010,000         ―                     ―

    総株主の議決権                  ―                     27,777            ―
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式29株が含まれている。

     ② 【自己株式等】
                                                                  平成23年3月31日現在
                                                                         発行済株式
                                           自己名義        他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                                           に総数対する
                      所有者の住所              所有株式数       所有株式数       の合計
        又は名称                                                             株所有式数
                                            (株)         (株)        (株)
                                                                         の割合(%)
(自己保有株式)           福岡県飯塚市芳雄町
                                            168,100         ―      168,100   5.58
株式会社麻生             7番18号
         計               ―                  168,100         ―      168,100   5.58


    (9) 【ストックオプション制度の内容】
       該当事項なし。





                                          28/134
                                                                                              EDINET提出書類
                                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                                               有価証券報告書

2 【自己株式の取得等の状況】
              



          【株式の種類等】          会社法第155条7号による普通株式の取得
              




        (1) 【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項なし。

          
        (2) 【取締役会決議による取得の状況】
          該当事項なし。


        (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                       区分                                株式数(株)             価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                               488                    1,893
                                                                      




    当期間における取得自己株式                                                  90                      351
        (注)当期間における取得自己株式には、平成23年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
            よる株式数は含めていない。

        (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                     当事業年度                                   当期間
                  区分
                                            処分価額の総額                               処分価額の総額
                              株式数(株)                           株式数(株)
                                              (円)                                   (円)
    引き受ける者の募集を行った
                                       ―                   ―                 ―              ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                    ―                   ―                 ―              ―
    合併、株式交換、会社分割に係る
                                       ―                   ―                 ―              ―
    移転を行った取得自己株式
    その他(―)                         ―                   ―                 ―              ―

    保有自己株式数                       168,129            ―                  168,219      ―
        (注)当期間における取得自己株式には、平成23年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
            よる株式数は含めていない。





                                                29/134
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                              有価証券報告書

3 【配当政策】
     当社は、株主への継続的かつ安定配当を基本方針としており、年1回の定時株主総会決議による期末配当
    を行っております。当期の配当につきましては、上記基本方針に基づき1株当り25円の配当を実施すること
    を決定いたしました。なお、今後におきましても、収益の向上、財務体質の強化による経営基盤の強化を図り
    つつ、配当水準の安定化に努める所存であります。
     内部留保資金につきましては、企業体質の一層の充実及び将来の事業展開のための投資源泉として備え
    ることといたします。
     
    (注)   基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                                配当金の総額          1株当たり配当額
                決議年月日
                                 (百万円)             (円)
          平成23年6月29日
                                           71              25
          定時株主総会決議

4 【株価の推移】
     当社の株式は非上場につき、該当がない。





                                  30/134
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                                     有価証券報告書

5 【役員の状況】

                                                                              所有株式数
    役名      職名     氏名        生年月日                      略歴              任期
                                                                               (千株)
                                      昭和48年11月       株式会社大沢商会入社
                                      昭和50年5月        当社監査役
                                      昭和51年6月        株式会社大沢商会退社
                                      昭和52年6月        当社専務取締役
                                      昭和54年12月       当社取締役社長
                                      昭和57年6月        麻生商事株式会社取締役社長
                                      昭和60年6月        株式会社麻生地所取締役社長
                                       平成4年6月        麻生商事株式会社取締役会長
 取締役会長
                麻生泰   昭和21年8月28日生 平成7年6月                          (注)4     166.0
                                                     株式会社麻生地所取締役会長
(代表取締役)
                                      平成13年8月        麻生セメント株式会社(現・麻生
                                                     ラファージュセメント株式会社)
                                                     取締役社長(現)
                                      平成16年7月        当社取締役社長グループ経営委員
                                                     会委員
                                      平成17年4月        当社取締役社長グループ経営委員
                                                     会委員長
                                      平成22年6月        当社取締役会長グループ経営委員
                                                     会委員長(現)
                                      平成9年4月         株式会社日本長期信用銀行(現・
                                                     株式会社新生銀行)入行
                                      平成10年11月       株式会社日本長期信用銀行(現・
                                                     株式会社新生銀行)退行
                                      平成11年10月       ケンブリッジ大学留学

                                      平成12年6月        当社監査役

                                      平成13年6月        当社取締役

                                          同年8月      当社取締役医療事業開発部長兼新
                                                     規事業開発部長
                                       同年同月        麻生セメント株式会社(現・麻生
                                                     ラファージュセメント株式会社)
                                                     取締役(現)
                                      平成16年7月        当社取締役グループ経営委員会委
        医療事業本部
                                                     員兼医療事業開発部長
            長
 取締役社長
                           昭和49年7月17日生 平成17年6月       当社常務取締役グループ経営委員
        不動産事業本   麻生巌                                               (注)4      54.0
(代表取締役)
           部長                                        会委員兼医療事業本部長兼医療事
         東京支社長                                       業開発部長
                                      平成18年6月        当社専務取締役グループ経営委員
                                                     会委員兼医療事業本部長兼医療事
                                                     業開発部長
                                      平成20年4月        当社専務取締役グループ経営委員
                                                     会委員兼医療事業本部長兼医療事
                                                     業開発部長兼東京支社長
                                           同年10月     当社取締役副社長グループ経営委
                                                     員会委員兼医療事業本部長兼東京
                                                     支社長
                                      平成21年4月        当社取締役副社長グループ経営委
                                                     員会委員兼医療事業本部長兼不動
                                                     産事業本部長兼東京支社長
                                      平成22年6月        当社取締役社長グループ経営委員
                                                     会委員兼医療事業本部長兼不動産
                                                     事業本部長兼東京支社長(現)





                                            31/134
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                                                        有価証券報告書






                                                                                  所有株式数
    役名        職名     氏名         生年月日                       略歴              任期
                                                                                   (千株)
                                            昭和47年5月     当社入社
                                            昭和61年8月     当社退社
                                            平成元年3月      麻生教育サービス株式会社取締役
                                                        社長(現)
                                            平成15年6月     当社監査役
                                            平成16年6月     当社取締役
                                              同年7月      当社取締役グループ経営委員会委
                                                        員
 専務取締役   グループ
                             昭和24年1月13日生 平成19年6月        当社専務取締役グループ経営委員
                   古野金廣                                                 (注)4      0.5
(代表取締役) 経営本部長
                                                        会委員兼経営支援本部長兼グルー
                                                        プコンプライアンス委員長兼監査
                                                        室長
                                            平成22年4月     当社専務取締役グループ経営委員
                                                        会委員兼グループ経営本部長兼経
                                                        営支援本部長兼グループ経営推進
                                                        室長兼グループ業務支援本部長兼
                                                        グループリスクマネジメント委員
                                                        長兼監査室長(現)
                                            昭和63年7月     当社入社
                                            平成7年6月      飯塚病院循環器病センター所長兼
                                                        心臓血管外科部長
                                            平成8年5月      飯塚病院心臓血管外科部長兼救命
                                                        救急センター長
    取締役   飯塚病院長    田中二郎   昭和20年1月6日生                                    (注)4      0.1
                                              同年10月     飯塚病院副院長兼救命救急セン
                                                        ター長
                                            平成11年10月    飯塚病院長
                                            平成12年6月     当社取締役飯塚病院長(現)
                                            昭和57年4月     当社入社
                                            平成11年11月    病院コンサルティング事業部長
                                            平成17年6月     当社取締役病院コンサルティング
          医療事業本                                         事業部長
    取締役            瀧中秀敏   昭和33年4月24日生                                   (注)4      0.2
          部副本部長                             平成20年4月     当社取締役医療事業本部副本部長
                                                        兼病院コンサルティング事業部長
                                            平成21年10月    当社取締役グループ経営委員会委
                                                        員兼医療事業本部副本部長(現)
                                            昭和63年4月     当社入社
                                            平成16年2月     当社リニューアル技術事業部(現
                                                        ・建設コンサルティング事業部)
          建設コンサ
                                                        部長
    取締役   ルティング    杉山嘉則   昭和37年11月16日生                                  (注)4      0.2
                                            平成21年6月     当社取締役建設コンサルティング
          事業部長
                                                        事業部長(現)
                                            同年同月      麻生フオームクリート株式会社取
                                                        締役(現)
                                            昭和59年4月     当社入社
                                            平成11年12月    当社飯塚病院事務長
          PFI事業担
                             昭和37年1月30日生 平成17年7月        当社医療事業本部PFI事業担当部
    取締役            成吉弘次                                                 (注)4      0.2
          当部長                                           長兼飯塚病院経営担当副院長補佐
                                            平成22年6月     当社取締役医療事業本部PFI事業
                                                        担当部長兼飯塚病院(現)
                                            平成9年1月      麻生商事株式会社取締役
                                            同年同月      麻生フオームクリート株式会社取
                                                        締役
          
    取締役            麻生千賀子    昭和25年5月30日生                                   (注)4     12.2
                                            同年同月      麻生興産株式会社取締役(現)
                                            平成9年6月      当社取締役(現)





                                               32/134
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                                                       有価証券報告書

                                                                               所有株式数
     役名        職名     氏名         生年月日                     略歴             任期
                                                                                 (千株)
                                            昭和37年3月    麻生産業株式会社(現・株式会社
                                                       麻生)入社
                                            平成6年7月     経営企画部長
                                            平成9年6月     取締役経営企画部長兼管理部長
                                            平成11年6月    常務取締役経営企画部長兼管理部
                                                       長
                                            平成12年3月    常務取締役
                                            平成13年6月    専務取締役
     監査役
                              昭和18年9月29日生 平成13年8月      専務取締役グループ経営本部長
                   中村正治                                              (注)5       1.3
    (常勤)
                                          平成15年3月      麻生ラファージュセメント株式会
                                                       社取締役
                                            平成16年7月    当社専務取締役グループ経営委員
                                                       会委員兼経営支援本部長
                                            同年12月    当社専務取締役グループ経営委員
                                                       会委員兼経営支援本部長兼グルー
                                                       プコンプライアンス委員長兼監査
                                                       室長
                                            平成19年6月    当社監査役(現)
                                            昭和46年7月    厚生省(現厚生労働省)入省

                                            平成10年7月    同省大臣官房審議官



                                            平成13年1月    同省年金局長
                                            平成14年8月    同省大臣官房長

                              昭和22年6月28日生 平成15年8月      同省保険局長
           
    監査役             辻哲夫                                               (注)6        ─
                                            平成16年7月    同省審議官
                                            平成18年9月    厚生労働事務次官
                                            平成19年9月    厚生労働省顧問
                                            平成20年4月    田園調布学園大学教授
                                            平成21年4月    東京大学教授(現)
                                            平成22年6月    当社監査役(現)
                                            昭和55年4月    運輸省(現国土交通省)入省
                                            昭和61年4月    マッキンゼー・アンド・カンパ
                                                       ニー入社
                                            平成4年7月     同社共同経営者
                                            平成12年8月    米ジョージタウン大学研究教授
           
    監査役             上山信一   昭和32年10月6日生                                (注)7        −
                                            平成15年4月    慶應義塾大学政策・メディア研究
                                                       科特別研究教授
                                            平成19年4月    慶應義塾大学総合政策学部教授
                                                       (現)
                                            平成22年6月    当社監査役(現)

                                        計                                         234.7

    (注) 1監査役辻哲夫及び監査役上山信一は、会社法第2条第16号に定める社外監査役である。
        2取締役社長麻生巌は、当社会長の長男である。
        3取締役麻生千賀子は、当社会長の兄の配偶者である。
        4取締役の任期は、平成23年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成24年3月期に係る定時株主総会終結の
           時までである。
        5監査役中村正治の任期は、平成23年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成27年3月期に係る定時株主総
           会終結の時までである。
        6監査役辻哲夫の任期は、平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成26年3月期に係る定時株主総会
           終結の時までである。
        7監査役上山信一の任期は、平成22年3月期に係る定時株主総会終結の時から平成26年3月期に係る定時株主総
           会終結の時までである。





                                              33/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
    (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
     コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
     当社グループは、法令遵守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する企業環境に対応した
    迅速な経営意思決定と、経営の健全性向上を図る事によって企業価値を継続して高めていく事を経営上の
    重要課題の一つとして位置付けております。当社グループは、「社会システム変革への貢献」をグループの
    ミッション(使命)として掲げ、安心な暮らしと幅広い層が生きがいを得られる社会作りに貢献すべく経営
    活動を行っております。その実現のために、株主の皆様をはじめ、お客様、取引先、地域社会、従業員等の各利
    害関係者との良好な関係を築くとともに、株主総会、取締役会、監査役会、会計監査人など、法律上の制度と
    して定められた機能を一層強化・改善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスを充実させていきたい
    と考えております。
     ① 会社の機関の内容及び内部統制システムの整備の状況
       当社は、監査役制度を採用しております。
       当社の役員構成は、平成23年3月31日現在、取締役9名、監査役5名(うち社外監査役4名)となっており
      ます。
       当社の取締役の員数は15名以内、監査役の員数は4名以内とする旨、定款に定めております。また、取
      締役及び監査役の選任の決議は、株主総会において議決権を行使する事ができる株主の議決権の3分の
      1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。
       取締役会は定例で毎月1回のほか、必要に応じて開催し、会社の重要事項についての審議・決議を
      行っております。また取締役会には監査役も出席しております。なお、当社は、会社法第370条の要件を
      満たしたときは、取締役会の決議があったものとみなす旨、定款に定めております。
       当社は、株主総会の特別決議を機動的に行うことを目的とし、会社法第309条第2項に定める特別決議
      について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決
      権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めております。
       グループ経営委員会は、当社取締役4名を含む6名で構成され、毎月定期的に開催し、グループ全体の
      戦略的な方向性を検討しております。
       法令遵守の推進・啓蒙の強化及び内部監査機能の強化を図るべくグループコンプライアンス委員会
      を設置しております。グループコンプライアンス委員会は、当社代表取締役を委員長とし、グループ会
      社からも委員を選出し、最低月1回開催する事により当社グループにおけるコンプライアンス強化を
      図っております。
    ② リスク管理体制の整備の状況
       当社のリスク管理体制は、災害等の発生に備えて「危機管理マニュアル」を制定しており、社内イン
      トラに掲示するなど周知徹底を図っております。投資案件については、「投資管理規程」に基づき投資
      委員会による審査を行い投資リスク回避を図っております。債権等の貸倒れリスクに対しては、与信管
      理委員会を定期的に開催し、債権保全状況ならびに債権回収状況のレビュー及び指導を行っておりま
      す。また、飯塚病院においては、医療安全対策と患者様の安全確保を推進するため、メディカルリスクマ
      ネジメント委員会(MRM委員会)を設置しております。
       さらにグループ経営委員会の分科委員会としてグループリスクマネジメント委員会を設置し、更な
      る当社グループの企業価値向上のために、コンプライアンスを基盤としたリスクマネジメント体制の
      確立および浸透を推進し、グループ全体における多岐にわたるリスクを適切に把握・管理する体制を
      構築しております。
     ③ 役員報酬の内容
       当事業年度における当社の取締役及び監査役に対する役員報酬は以下のとおりであります。
                              34/134
                                                       EDINET提出書類
                                                     株式会社麻生(E01209)
                                                        有価証券報告書
       取締役の年間報酬総額135百万円
       監査役の年間報酬総額 23百万円(うち社外監査役 9百万円)
    ④ 内部監査及び監査役監査
      監査室(3名)において、グループ経営委員会の分科委員会として設置している監査委員会と連携し、
     監査委員会監査規程に基づき各グループ会社の監査を行っております。また、監査役は取締役会のほ
     か、その他の重要な会議に出席し、取締役および従業員からその職務の執行状況を聴取しております。
     今後も、監査室・監査役および監査法人との連携により当社及びグループ会社の内部統制の強化を
     図ってまいります。
    ⑤ 社外監査役との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係の概要
      当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外監査役2名の内1名との間において、会社法第423条第1項
     の損害賠償責任について、職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、会社法第425条第1項
     に定める最低責任限度額を限度とする契約を締結しております。
    ⑥ 会計監査の状況
      業務を執行した公認会計士の氏名、所属する監査法人名及び継続監査年数
           公認会計士の氏名等             所属する監査法人名
      指定有限責任社員      藤田直己
                              新日本有限責任監査法人
      業務執行社員        佐藤宏文
      継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
      監査業務に係る補助者の構成
      公認会計士4名
      会計士補等6名





                             35/134
                                                                        EDINET提出書類
                                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                                         有価証券報告書

    (2) 【監査報酬の内容等】
     ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

                     前連結会計年度                         当連結会計年度
       区分
               監査証明業務に        非監査業務に            監査証明業務に        非監査業務に
              基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)         基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)
      提出会社             20                  −            20            −

     連結子会社             36                  −            36            −

       計               56                  −            56            −


     ② 【その他重要な報酬の内容】
       該当事項はない。
       

     ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
       前連結会計年度において、当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容
      は、コンプライアンス体制構築の支援を委託したものである。
       

     ④ 【監査報酬の決定方針】
       監査日数、当社グループの規模・特性等を勘案した上で決定している。





                                  36/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書

第5 【経理の状況】


1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令
     第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成している。
    なお、前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に
     基づき、当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則
     に基づいて作成している。

    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
     以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
     なお、前事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づ
     き、当事業年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて
     作成している。

2監査証明について
     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成21年4月1日から平成
    22年3月31日まで)及び当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)の連結財務諸表並
    びに前事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)及び当事業年度(平成22年4月1日から平
    成23年3月31日まで)の財務諸表について、新日本有限責任監査法人により監査を受けている。

3連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
     当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っている。具体的には、会計基準等
    の内容を適切に把握、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、
    外部セミナー等へ参加している。





                              37/134
                                                                              EDINET提出書類
                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                               有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                                                             (単位:百万円)

                           前連結会計年度                       当連結会計年度
                         (平成22年3月31日)                  (平成23年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                           10,781                      15,855
  現金及び預金                            ※1                          ※1
  受取手形及び売掛金                                14,495                      14,062
                                            5,365                       4,937
  商品及び製品                             ※1                          ※1
  仕掛品                                            225                         380
  原材料及び貯蔵品                                       975                         829
  繰延税金資産                                         960                         793
                                               4,509                       4,099
  その他                             ※5, ※6                      ※5, ※6
                                               △770                        △436
  貸倒引当金
  流動資産合計                                   36,544                      40,523
 固定資産
  有形固定資産
                                           47,586                      47,595
    建物及び構築物                         ※1                          ※1
                                          △27,962                     △28,787
        減価償却累計額
        建物及び構築物(純額)                        19,623                      18,808
                                           43,984                      43,962
    機械装置及び運搬具                       ※1                          ※1
                                          △36,444                     △37,467
        減価償却累計額
        機械装置及び運搬具(純額)                       7,539                       6,494
                                           25,694                      26,051
    土地                           ※1, ※7                      ※1, ※7
    リース資産                                       737                         998
                                               △151                        △316
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                               585                         682
    建設仮勘定                                        108                         351
                                               7,996                       8,191
    その他                              ※1                          ※1
                                           △6,257                      △6,242
        減価償却累計額
        その他(純額)                                1,739                       1,949
    有形固定資産合計                               55,290                      54,336
  無形固定資産
   のれん                                          256                         708
                                                748                         748
    その他                                   ※1                          ※1

    無形固定資産合計                                   1,005                       1,457
  投資その他の資産
                                               2,321                       2,673
    投資有価証券                        ※1, ※2                      ※1, ※2
    長期貸付金                                      2,118                       2,045
    繰延税金資産                                     3,045                       3,132
                                               5,856                       5,531
    その他                              ※2                          ※2
                                           △1,252                      △1,527
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                             12,089                      11,856
  固定資産合計                                   68,385                      67,650




                        38/134
                                                                  EDINET提出書類
                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                   有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                     前連結会計年度                   当連結会計年度
                   (平成22年3月31日)              (平成23年3月31日)
 繰延資産                                  116                        99
 資産合計                            105,045                   108,272
負債の部
 流動負債
                                  14,177                    15,011
  支払手形及び買掛金                ※1                        ※1
                                  14,071                    13,095
  短期借入金                    ※1                        ※1
                                     6,507                     6,346
  1年内返済予定の長期借入金             ※1                        ※1
                                       991                     1,066
  1年内償還予定の社債                    ※1                    ※1
  リース債務                                162                       214
  未払法人税等                               550                       884
  繰延税金負債                                 0                         2
  賞与引当金                              1,629                     1,793
  品質補償損失引当金                             43                        16
  その他                                8,949                     8,681
  流動負債合計                          47,084                    47,112
 固定負債
                                     4,803                     4,087
  社債                        ※1                        ※1
                                  25,443                    28,286
  長期借入金                    ※1                        ※1
  リース債務                                498                       529
  繰延税金負債                                17                        27
                                     2,014                     1,982
  再評価に係る繰延税金負債              ※7                        ※7
  退職給付引当金                            6,404                     6,682
  役員退職慰労引当金                            663                       704
  負ののれん                                                           −
                                        14
  その他                                5,580                     5,548
  固定負債合計                          45,440                    47,848
 負債合計                             92,525                    94,961
純資産の部
 株主資本
   資本金                               3,080                     3,080
   資本剰余金                             2,120                     2,120
   利益剰余金                             3,862                     4,275
                                     △542                      △544
   自己株式
  株主資本合計                             8,520                     8,932
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                        △28                      △146
  繰延ヘッジ損益                               61                       73
                                       139                      178
  土地再評価差額金                      ※7                        ※7
                                      △89                       △94
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益累計額合計                         82                        11




                  39/134
                                                    EDINET提出書類
                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                     有価証券報告書
                                        (単位:百万円)

             前連結会計年度                当連結会計年度
           (平成22年3月31日)           (平成23年3月31日)
 少数株主持分                   3,916                  4,367
 純資産合計                12,520                 13,311
負債純資産合計              105,045                108,272




          40/134
                                                                                EDINET提出書類
                                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                                 有価証券報告書

 ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
  【連結損益計算書】
                                                               (単位:百万円)

                            前連結会計年度                        当連結会計年度
                          (自 平成21年4月1日                   (自 平成22年4月1日
                         至 平成22年3月31日)                 至 平成23年3月31日)
売上高                                         99,406                      101,944
                                            85,622                       85,945
売上原価                                 ※2                           ※2

売上総利益                                       13,784                       15,999
                                            12,263                       12,668
販売費及び一般管理費                        ※1, ※2                       ※1, ※2

営業利益                                            1,521                        3,330
営業外収益
 受取利息                                             125                         112
 受取配当金                                             42                          62
 負ののれん償却額                                          52                          14
 受取賃貸料                                            136                         121
 持分法による投資利益                                        −                           23
 その他                                              669                         632
 営業外収益合計                                        1,026                         966
営業外費用
 支払利息                                           1,422                        1,335
 持分法による投資損失                                                                     −
                                                   32
 その他                                              367                          459
 営業外費用合計                                        1,822                        1,794
経常利益                                              725                        2,502
特別利益
                                                    2                          24
 固定資産売却益                                     ※3                          ※3
 受取保険金                                                                         −
                                                  314
                                                  155
 過年度損益修正益                                                                      −
                                           ※4

 その他                                               99                          10
 特別利益合計                                           573                          34
特別損失
                                                   21                          53
 減損損失                                       ※5                           ※5
                                                  103                         177
 固定資産除売却損                                  ※6                           ※6
 投資有価証券評価損                                         11                           4
 貸倒引当金繰入額                                         449                         168
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                               −                           12
                                                   69
 過年度損益修正損                                                                      −
                                            ※7

 その他                                              104                         174
 特別損失合計                                           760                         590
税金等調整前当期純利益                                       538                        1,946
法人税、住民税及び事業税                                      581                        1,073
法人税等還付税額                                         △37                          △31
                                                △505
法人税等調整額                                                                         78
法人税等合計                                             39                        1,121
少数株主損益調整前当期純利益                                     −                          824




                         41/134
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                       前連結会計年度                当連結会計年度
                     (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                    至 平成22年3月31日)         至 平成23年3月31日)
                                △175
少数株主利益又は少数株主損失(△)                                           340
当期純利益                                674                    484




                    42/134
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                             有価証券報告書

  【連結包括利益計算書】
                                                (単位:百万円)

                       前連結会計年度              当連結会計年度
                     (自 平成21年4月1日         (自 平成22年4月1日
                    至 平成22年3月31日)       至 平成23年3月31日)
少数株主損益調整前当期純利益                       −                     824
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                        −                   △103
 繰延ヘッジ損益                             −                      19
 土地再評価差額金                            −                      39
                                     −                     △4
 持分法適用会社に対する持分相当額
                                                          △49
 その他の包括利益合計                          −             ※2

                                                           775
包括利益                                 −              ※1

(内訳)
 親会社株主に係る包括利益                        −                     430
 少数株主に係る包括利益                         −                     344




                    43/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書

③【連結株主資本等変動計算書】
                                                (単位:百万円)

                    前連結会計年度                当連結会計年度
                  (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                   至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                      3,080                  3,080
   当期変動額
                                    −                      −
     当期変動額合計
   当期末残高                      3,080                  3,080
 資本剰余金
  前期末残高                       2,120                  2,120
  当期変動額
                                    −                      −
    当期変動額合計
   当期末残高                      2,120                  2,120
 利益剰余金
  前期末残高                       3,418                  3,862
  当期変動額
    剰余金の配当                      −                     △71
    当期純利益                      674                     484
    連結範囲の変動                   △229                      −
                               △1                       −
    持分法の適用範囲の変動
    当期変動額合計                        443                    413
   当期末残高                      3,862                  4,275
 自己株式
  前期末残高                       △533                   △542
  当期変動額
                                   △9                     △1
    自己株式の取得
    当期変動額合計                        △9                     △1
   当期末残高                      △542                   △544
 株主資本合計
  前期末残高                       8,086                  8,520
  当期変動額
    剰余金の配当                      −                     △71
    当期純利益                      674                     484
    自己株式の取得                    △9                      △1
    連結範囲の変動                   △229                      −
                               △1                       −
    持分法の適用範囲の変動
    当期変動額合計                        434                    411
   当期末残高                      8,520                  8,932




                  44/134
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                           前連結会計年度                当連結会計年度
                         (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                          至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                              △91                    △28
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △117
                                           62
    額)
    当期変動額合計                                                 △117
                                           62
  当期末残高                               △28                   △146
 繰延ヘッジ損益
  前期末残高                                    −                      61
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                           61                     11
    額)
    当期変動額合計                                61                     11
  当期末残高                                    61                     73
 土地再評価差額金
  前期末残高                                   139                    139
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                           −                      39
    額)
    当期変動額合計                                −                      39
  当期末残高                                   139                    178
 為替換算調整勘定
  前期末残高                               △91                    △89
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                                 △4
                                            1
    額)
    当期変動額合計                                                      △4
                                            1
  当期末残高                               △89                    △94
 その他の包括利益累計額合計
  前期末残高                               △42                         82
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                             △71
                                          125
    額)
    当期変動額合計                                                  △71
                                          125
  当期末残高                                    82                     11
少数株主持分
 前期末残高                               3,978                  3,916
 当期変動額
                                      △62
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                                           451
  当期変動額合計                             △62                        451
 当期末残高                               3,916                  4,367




                         45/134
                                                                EDINET提出書類
                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                 有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                           前連結会計年度                当連結会計年度
                         (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                          至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
純資産合計
 前期末残高                               12,022                 12,520
 当期変動額
   剰余金の配当                              −                     △71
   当期純利益                              674                     484
   自己株式の取得                            △9                      △1
   連結範囲の変動                           △229                      −
   持分法の適用範囲の変動                        △1                       −
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                 63                     379
  当期変動額合計                                 497                    791
 当期末残高                               12,520                 13,311




                         46/134
                                                              EDINET提出書類
                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                               有価証券報告書

④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                      (単位:百万円)

                           前連結会計年度               当連結会計年度
                         (自 平成21年4月1日          (自 平成22年4月1日
                          至 平成22年3月31日)         至 平成23年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純利益                           538                 1,946
 減価償却費                               3,807                 3,970
 減損損失                                   21                    53
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                                            △29
                                       600
 賞与引当金の増減額(△は減少)                       215                   161
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                     188                   199
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                   △9                     41
 受取利息及び受取配当金                         △168                  △175
 支払利息                                1,422                 1,335
 のれん償却額                                122                   153
 負ののれん償却額                             △52                   △14
 持分法による投資損益(△は益)                                            △23
                                        32
 固定資産除売却損益(△は益)                        104                   161
 投資有価証券売却損益(△は益)                       △2                     −
 投資有価証券評価損益(△は益)                        11                     4
 売上債権の増減額(△は増加)                      △255                    698
 たな卸資産の増減額(△は増加)                     1,548                   439
 仕入債務の増減額(△は減少)                        217                   381
                                                           △385
 その他                                   359
 小計                                  8,702                 8,918
 利息及び配当金の受取額                           167                   183
 利息の支払額                             △1,426                △1,311
 法人税等の支払額                            △240                  △743
 法人税等の還付額                              121                    31
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    7,323                 7,078
投資活動によるキャッシュ・フロー
 定期預金の純増減額(△は増加)                     △206                   △42
 短期貸付金の純増減額(△は増加)                      △0                    △4
 有形固定資産の取得による支出                     △4,026                △2,063
 有形固定資産の売却による収入                          9                   124
 無形固定資産の取得による支出                      △215                  △235
 無形固定資産の売却による収入                          0                     0
 投資有価証券の取得による支出                       △38                  △686
 投資有価証券の売却による収入                                               −
                                        14
 子会社の清算による支出                          △20                     −
 連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                                           △109
                                          37
 る支出
 出資金の払込による支出                         △241                    △1
 長期貸付けによる支出                          △369                   △78
 長期貸付金の回収による収入                         72                    120




                         47/134
                                                              EDINET提出書類
                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                               有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                        前連結会計年度                当連結会計年度
                      (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                       至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
 その他                                   255                     79
 投資活動によるキャッシュ・フロー                  △4,730                 △2,897
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                  △1,832                  △976
 長期借入れによる収入                         8,301                  9,513
 長期借入金の返済による支出                     △6,531                 △6,831
 社債の発行による収入                            98                    350
 社債の償還による支出                         △936                   △991
 リース債務の返済による支出                      △137                   △191
 自己株式の取得による支出                         △9                     △1
 配当金の支払額                               −                    △71
                                     △38                    △67
 少数株主への配当金の支払額
 財務活動によるキャッシュ・フロー                  △1,084                     733
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                 1,508                  4,914
現金及び現金同等物の期首残高                      8,955                 10,464
                                   10,464                 15,378
現金及び現金同等物の期末残高                 ※                      ※




                      48/134
                                                                EDINET提出書類
                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                 有価証券報告書

    【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】

                            前連結会計年度                当連結会計年度
          項目             (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                          至平成22年3月31日)          至平成23年3月31日)
    1連結の範囲に関する事項   (イ)連結子会社の数38社        (イ)連結子会社の数42社
                    主要な連結子会社名は「第1企業    主要な連結子会社名は「第1企業
                        の概況4関係会社の状況」に         の概況4関係会社の状況」に
                        記載している。                記載している。
                       なお、㈱アイエムケイ及び東日        なお、㈱療育振興プロジェク
                        本メディカルビルディング㈱は         ト、麻生開発マネジメント㈱及
                        新規設立により、日田生コンク         び新飯塚土地建物㈱は新規設立
                        リート㈱は全株式を取得したこ         により、アスメディックス㈱は
                        とにより連結範囲に含めること         株式を追加取得したことにより
                        にした。                   連結範囲に含めることにした。
                        麻生開発㈱は㈱麻生に、㈱アソ
                        ウレジコンは麻生商事㈱にそれ
                        ぞれ吸収合併されたことによ
                        り、㈱ソーワは清算結了したこ
                        とにより連結の範囲から除外し
                        た。
                   (ロ)主要な非連結子会社の名称等      (ロ)主要な非連結子会社の名称等
                    主要な非連結子会社丸太商事㈱、    主要な非連結子会社丸太商事㈱、
                        エックスレイプラス㈱              エックスレイプラス㈱、徳和産
                                                業㈱
                   (連結の範囲から除いた理由)      (連結の範囲から除いた理由)
                    上記非連結子会社は、合計の総資産    同左
                         ・売上高・当期純損益のうち持
                         分に見合う額及び利益剰余金の
                         うち持分に見合う額等がいずれ
                         も少額であり、全体としても連
                         結財務諸表に重要な影響を及ぼ
                         していないため、連結の範囲か
                         ら除外した。
    2持分法の適用に関する事   (イ)持分法適用の関連会社数16社     (イ)持分法適用の関連会社数15社
      項             主要な会社名㈱システムプラネッ    主要な会社名㈱システムプラネッ
                         ト                     ト
                         なお、岸和田生コンクリート㈱       なお、アスメディックス㈱は株
                         は清算結了したことにより持分        式を追加取得したことにより当
                         法の適用範囲から除外した。         連結会計年度より持分法の範囲
                                               から除外した。
                   (ロ)持分法を適用しない非連結子会     (ロ)持分法を適用しない非連結子会
                        社及び関連会社のうち主要な会         社及び関連会社のうち主要な会
                        社等の名称                  社等の名称
                    持分法を適用していない非連結子     持分法を適用していない非連結子
                        会社(丸太商事㈱、エックスレイ        会社(丸太商事㈱、エックスレイ
                        プラス㈱)及び関連会社(㈱麻生        プラス㈱、徳和産業㈱)及び関連
                        西日本新聞TNC文化サークル)        会社(㈱麻生西日本新聞TNC文化
                        は、それぞれ連結純損益及び連         サークル)は、それぞれ連結純損
                        結利益剰余金等に及ぼす影響が         益及び連結利益剰余金等に及ぼ
                        軽微であり、かつ全体としても         す影響が軽微であり、かつ全体
                        重要性がないため、持分法の適         としても重要性がないため、持
                        用範囲から除外した。             分法の適用範囲から除外した。





                                 49/134
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                有価証券報告書

                            前連結会計年度               当連結会計年度
              項目          (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                           至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
                    (ハ)持分法の適用の手続きについて    (ハ)持分法の適用の手続きについて
                         特に記載する必要があると認め        特に記載する必要があると認め
                         られる事項                 られる事項
                     持分法適用会社のうち、決算日が連   同左
                         結決算日と異なる会社について
                         は、各社の事業年度に係る財務
                         諸表を使用している。
    3連結子会社の事業年度等    連結子会社のうち、麻生ラファージュ     同左
      に関する事項         セメント㈱及びソーワセメント販売㈱
                     の決算日は12月31日である。
                     連結財務諸表の作成に当たっては、同
                     日現在の財務諸表を使用し、連結決算
                     日との間に生じた重要な取引について
                     は、連結上必要な調整を行っている。
    4 会計処理基準に関する事   (イ)重要な資産の評価基準及び評価    (イ)重要な資産の評価基準及び評価
       項                 方法                    方法
                     ①有価証券                ①有価証券
                     その他有価証券             その他有価証券
                     時価のあるもの            時価のあるもの
                     …決算期末日の市場価格等に基づ    …同左
                           く時価法(評価差額は全部純
                           資産直入法により処理し、売
                           却原価は主として移動平均法
                           により算定)
                    時価のないもの            時価のないもの
                     …主として移動平均法に基づく原    …同左
                           価法
                    ②デリバティブ              ②デリバティブ
                     …時価法               …同左
                    ③たな卸資産               ③たな卸資産
                     主として移動平均法による原価法     …同左
                        (貸借対照表価額については収益
                        性の低下による簿価切下げの方
                        法)によっているが、販売用不動
                        産については個別法による原価法
                        (貸借対照表価額については収益
                        性の低下による簿価切下げの方
                        法)、一部の小売業の商品につい
                        ては売価還元法による原価法(貸
                        借対照表価額については収益性の
                        低下による簿価切下げの方法)を
                        採用している。





                                 50/134
                                                        EDINET提出書類
                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                         有価証券報告書

                      前連結会計年度              当連結会計年度
        項目         (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                    至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
            (ロ)重要な減価償却資産の減価償却     (ロ)重要な減価償却資産の減価償却
                   の方法                  の方法
            ①有形固定資産(リース資産を除       ①有形固定資産(リース資産を除
                   く)                   く)
                 当社及び一部の連結子会社は定       同左
                 額法を、その他の会社は定率法を
                 採用している。
                 なお、主な耐用年数は以下のと
                 おりである。
             建物及び構築物3∼60年
             機械装置及び運搬具
             6∼18年
            ②無形固定資産(鉱業権及びリース      ②無形固定資産(鉱業権及びリース
                   資産を除く)               資産を除く)
             定額法                  同左
             なお、自社利用のソフトウェアにつ
                 いては、社内における利用可能期
                 間(5年間)に基づく定額法
            ③鉱業権                  ③鉱業権
             生産高比例法               同左
            ④リース資産                ④リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リー      同左
                 ス取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価
                 額を零として算定する定額法に
                 よっている。
                 なお、所有権移転外ファイナン
                 ス・リース取引のうち、リース取
                 引開始日が平成20年3月31日以
                 前のリース取引については、通常
                 の賃貸借取引に係る方法に準じ
                 た会計処理によっている。





                          51/134
                                                             EDINET提出書類
                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                              有価証券報告書

                    前連結会計年度                 当連結会計年度
        項目        (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日
                   至平成22年3月31日)           至平成23年3月31日)
            (ハ)重要な繰延資産の処理方法        (ハ)重要な繰延資産の処理方法
             社債発行費                 社債発行費
                償還期間にわたり月割計算してい      同左
                る。
            (ニ)重要な引当金の計上基準         (ニ)重要な引当金の計上基準
            ①貸倒引当金                 ①貸倒引当金
             売掛金、貸付金等の貸倒による損失      同左
                に備えるため、一般債権について
                は貸倒実績率により、貸倒懸念債
                権等特定の債権については個別に
                回収可能性を検討し、回収不能見
                込額を計上している。
            ②賞与引当金                 ②賞与引当金
             従業員賞与の支給に備えるため、支      同左
                給見込額のうち当連結会計年度の
                負担額を計上している。
            ③品質補償損失引当金             ③品質補償損失引当金
             製品の品質問題による損失に備える      同左
                ため、当連結会計年度末における
                調査費用、原状回復工事費用等の
                支払見込み額を計上している。

            ④退職給付引当金               ④退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当      従業員の退職給付に備えるため、当
                連結会計年度末における退職給付         連結会計年度末における退職給付
                債務及び年金資産の見込額に基づ         債務及び年金資産の見込額に基づ
                き計上している。                き計上している。
             会計基準変更時差異(3,363百万円)   過去勤務債務は、その発生時の平均
                は、10年による均等額を費用処理        残存勤務期間以内の一定の年数
                している。                   (10年)による定額法により按分
             過去勤務債務は、その発生時の平均         した額をそれぞれ発生時から費用
                残存勤務期間以内の一定の年数          の減額処理することとしている。
                (10年)による定額法により按分     数理計算上の差異は、その発生時の
                した額をそれぞれ発生時から費用         平均残存勤務期間以内の一定の年
                の減額処理することとしている。         数(10年)による定額法により按分
             数理計算上の差異は、その発生時の         した額をそれぞれ発生の翌連結会
                平均残存勤務期間以内の一定の年         計年度から損益処理している。
                数(10年)による定額法により按分
                した額をそれぞれ発生の翌連結会
                計年度から損益処理している。





                           52/134
                                                                  EDINET提出書類
                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                   有価証券報告書

                    前連結会計年度               当連結会計年度
        項目        (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                   至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
            (会計方針の変更)                      -----------------
             当連結会計年度より「退職給付に係
                る会計基準」の一部改正(その
                3)(企業会計基準第19号平成20
                年7月31日)を適用している。こ
                れによる損益及び未認識数理計算
                上の差異への影響はない。
            ⑤役員退職慰労引当金             ⑤役員退職慰労引当金
             親会社及び連結子会社15社は、役員     同左
                の退職慰労金の支給に備えるた
                め、内規に基づく期末要支給額を
                計上している。
            (ホ)重要なヘッジ会計の方法         (ホ)重要なヘッジ会計の方法
             ①ヘッジ会計の方法              ①ヘッジ会計の方法
             原則として、繰延ヘッジ処理を採用      同左
                している。なお、金利スワップ取引
                のうち、特例処理の要件を満たし
                ているものについては、特例処理
                を採用している。
            ②ヘッジ手段とヘッジ対象           ②ヘッジ手段とヘッジ対象
                           ヘッジ対象               ヘッジ対象
                 ヘッジ手段                  ヘッジ手段
                                              
                金利スワップ        借入金      金利スワップ       借入金
              コモディティ・デリ             コモディティ・デリ 
                  バティブ      コモディティ       バティブ     コモディティ
               (スワップ、オプ      (石炭)     (スワップ、オプ   (石炭・原油)
                  ション)                   ション)
                                                   
                                        為替予約            買掛金

            ③ヘッジ方針                 ③ヘッジ方針
             当社及び連結子会社は、借入金に係      当社及び連結子会社は、借入金に係
                る金利変動のリスク及び購入石炭         る金利変動のリスク及び購入石炭
                価格変動リスクを軽減する目的で         及び原油価格変動リスクを軽減す
                金利スワップ取引及びコモディ          る目的で金利スワップ取引及びコ
                ティ・デリバティブ(スワップ、         モディティ・デリバティブ(ス
                オプション)を行っている。なお、        ワップ、オプション)を行ってい
                投機目的でのデリバティブ取引は         る。なお、投機目的でのデリバティ
                一切行わない方針である。            ブ取引は一切行わない方針であ
                                        る。
            ④ヘッジ有効性評価の方法           ④ヘッジ有効性評価の方法
             ヘッジの有効性判定は、ヘッジ対象      同左
                とヘッジ手段それぞれのキャッ
                シュ・フロー総額の変動累計額を
                比率分析する方法によっている。
                なお、金利スワップのうち特例処
                理を採用しているものについて
                は、特例処理の要件を充足してい
                るとの判定をもって有効性の判定
                に代えている。





                           53/134
                                                                            EDINET提出書類
                                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                             有価証券報告書

                            前連結会計年度                     当連結会計年度
             項目          (自平成21年4月1日                 (自平成22年4月1日
                          至平成22年3月31日)                至平成23年3月31日)
                   (ヘ)重要な収益及び費用の計上基準           (ヘ)重要な収益及び費用の計上基準
                    ①完成工事高及び完成工事原価の計上            ①完成工事高及び完成工事原価の計上
                      基準                           基準
                    一部の連結子会社において、当連結           一部の連結子会社において、当連結
                       会計年度末までの進捗部分につい              会計年度末までの進捗部分につい
                       て成果の確実性が認められる工事              て成果の確実性が認められる工事
                       については工事進行基準(工事の              については工事進行基準(工事の
                       進捗率の見積もりは原価比例法)              進捗率の見積もりは原価比例法)
                       を、その他の工事については、工事             を、その他の工事については、工事
                       完成基準を適用している。                 完成基準を適用している。
                    (会計方針の変更)
                                                      -----------------
                    請負工事に係る収益の計上基準につ
                       いては、従来、工事完成基準を適用
                       していたが、当連結会計年度より
                       「工事契約に関する会計基準」
                       (企業会計基準第15号平成19年
                       12月27日)及び「工事契約に関す
                       る会計基準の適用指針」(企業会
                       計基準適用指針第18号平成19年
                       12月27日)を適用している。
                       これにより、売上高は280百万円増
                       加し、営業利益、経常利益及び税金
                       等調整前当期純利益は49百万円そ
                       れぞれ増加している。
                       なお、セグメント情報に与える影
                       響は、当該箇所に記載している。
                          -----------------     (ト)のれんの償却方法及び償却期間
                                                 のれん及び負ののれんの償却につい
                                                     ては、5年及び8年で均等償却を
                                                     行っている。
                         -----------------      ( チ)連結キャッシュ・フロー計算書
                                                      における資金の範囲
                                                 手許現金、要求払預金及び取得日か
                                                     ら3ヶ月以内に満期日の到来する
                                                     流動性の高い、容易に換金可能で
                                                     あり、かつ、価値の変動について僅
                                                     少なリスクしか負わない短期的な
                                                     投資からなる。
                   (リ)その他連結財務諸表作成のため           (リ)その他連結財務諸表作成のため
                        の重要な事項                        の重要な事項
                    消費税等の会計処理                  消費税等の会計処理
                    消費税及び地方消費税の会計処理                同左
                       は、税抜方式によっている。
                    ただし、固定資産に係る控除対象外
                       消費税等は投資その他の資産のそ
                       の他に計上し、法人税法に定める
                       期間(5年)で均等償却を行ってい
                       る。
    5連結子会社の資産及び負   連結子会社の資産及び負債の評価につ                 -----------------
      債の評価に関する事項    いては、全面時価評価法を採用してい
                    る。




                                        54/134
                                                                EDINET提出書類
                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                 有価証券報告書
    6 のれん及び負ののれんの   のれん及び負ののれんの償却について    -----------------
       償却に関する事項      は、5年及び8年で均等償却を行って
                     いる。


    7連結キャッシュ・フロー    手許現金、要求払預金及び取得日から    -----------------
      計算書における資金の範    3ヶ月以内に満期日の到来する流動性
      囲              の高い、容易に換金可能であり、かつ、
                     価値の変動について僅少なリスクしか
                     負わない短期的な投資からなる。





                                 55/134
                                                                   EDINET提出書類
                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                    有価証券報告書

    【会計方針の変更】

             前連結会計年度                             当連結会計年度
          (自 平成21年4月1日                        (自 平成22年4月1日
           至 平成22年3月31日)                       至 平成23年3月31日)
                                     (資産除去債務に関する会計基準等)
        --------------------------     当連結会計年度より、「資産除去債務に関する会計基
                                     準」(企業会計基準第18号 平成20年3月31日)及び「資
                                     産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基
                                     準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用している。
                                       これにより、当連結会計年度の税金等調整前当期純利
                                     益は12百万円減少している。


【表示方法の変更】

             前連結会計年度                            当連結会計年度
          (自平成21年4月1日                       (自平成22年4月1日
           至平成22年3月31日)                      至平成23年3月31日)
                                     (連結損益計算書関係)
        --------------------------     当連結会計年度より、「連結財務諸表に関する会計基
                                     準」(企業会計基準第22号 平成20年12月26日)に基づ
                                     き、財務諸表等規則等の一部を改正する内閣府令(平成21
                                     年3月24日 内閣府令第5号)を適用し、「少数株主損益
                                     調整前当期純利益」の科目で表示している。

【追加情報】
             前連結会計年度                            当連結会計年度
          (自平成21年4月1日                       (自平成22年4月1日
           至平成22年3月31日)                      至平成23年3月31日)
                                      当連結会計年度より、「包括利益の表示に関する会計
        --------------------------   基準」(企業会計基準第25号平成22年6月30日)を適
                                     用している。ただし、「その他の包括利益累計額」及び
                                     「その他の包括利益累計額合計」の前連結会計年度の金
                                     額は、前連結会計年度の「評価・換算差額等」及び「評
                                     価・換算差額等合計」の金額を記載している。





                                     56/134
                                                                    EDINET提出書類
                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                     有価証券報告書

        【注記事項】
        (連結貸借対照表関係)

            前連結会計年度                           当連結会計年度
          (平成22年3月31日)                      (平成23年3月31日)
※1担保資産及び担保付債務                    ※1担保資産及び担保付債務
担保に供している資産は次のとおりである。           担保に供している資産は次のとおりである。
    現金及び預金(定期預金)        1,166 百万円     現金及び預金(定期預金)        1,196 百万円
                        1,737                            1,733
    商品及び製品                            商品及び製品
                       15,683                           11,118
    建物及び構築物                           建物及び構築物
                        7,252                            6,508
    機械装置及び運搬具                         機械装置及び運搬具
                            6                                5
    その他(工具、器具及び備品)                    その他(工具、器具及び備品)
                       22,467                           22,045
    土地                                土地
                          119                              100
    投資有価証券                            投資有価証券
                           95                               87
    無形固定資産(その他)                       無形固定資産(その他)
    計                  48,528 百万円     計                  42,794 百万円
担保付債務は次のとおりである。                担保付債務は次のとおりである。
    支払手形及び買掛金              46 百万円     支払手形及び買掛金             272 百万円
                        2,800                            2,241
    社債に係る銀行保証                         社債に係る銀行保証
                        9,483                            6,661
    短期借入金                             短期借入金
                       17,983                           17,748
    長期借入金                             長期借入金
    計                 30,313 百万円 計                 26,922 百万円
なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の なお、担保に供している資産には、医療法人博愛会の
    金融機関借入金510百万円、麻生岡山生コンクリー     金融機関借入金543百万円、麻生岡山生コンクリー
    ト㈱の金融機関借入金105百万円、医療法人康和会     ト㈱の金融機関借入金105百万円に対し提供して
    の金融機関借入金2百万円に対し提供している次       いる次の資産を含んでいる。
    の資産を含んでいる。
    建物                    25 百万円 土地                   223 百万円
                         223                          
    土地
                                     




 ※2非連結子会社及び関連会社に対するものは次のと        ※2非連結子会社及び関連会社に対するものは次のと
     おりである。                           おりである。
     投資有価証券(株式)        715 百万円        投資有価証券(株式)        613 百万円
                        68                              72
     その他(出資金)                         その他(出資金)
 3保証債務                          3保証債務
 連結子会社以外の会社の銀行借入金等に対する債務       連結子会社以外の会社の銀行借入金等に対する債務
     保証は次のとおりである。                     保証は次のとおりである。
     飯塚都市開発㈱          469 百万円         飯塚都市開発㈱          460 百万円
                      144                             110
     医療法人清幸会                          医療法人清幸会
                      138                                7
     医療法人博愛会                          医療法人博愛会
                        10
     医療法人日章会                          計                578 百万円
     計                763 百万円
 4 受取手形割引高           431 百万円     4           受取手形割引高      577 百万円
                     393                                 341
     受取手形裏書譲渡高                                 受取手形裏書譲渡高
                                 




                                





                                          57/134
                                                                        EDINET提出書類
                                                                      株式会社麻生(E01209)
                                                                         有価証券報告書

             前連結会計年度                          当連結会計年度
            (平成22年3月31日)                     (平成23年3月31日)
    ※5手形流動債権化による譲渡残高                ※5手形流動債権化による譲渡残高
                                         
                         2,180 百万円                            1,913 百万円
上記の内、流動資産「その他」に計上している劣            上記の内、流動資産「その他」に計上している劣
     後部分の残高                               後部分の残高
                                         
                           440 百万円                              510 百万円
 ※6診療報酬債権流動化による債権譲渡残高                ※6診療報酬債権流動化による債権譲渡残高
                                         
                         5,648 百万円                            5,939 百万円
 上記の内、流動資産「その他」に計上している後払部          上記の内、流動資産「その他」に計上している後払部
     分の残高                                 分の残高
                                         
                         1,343 百万円                            1,366 百万円
 ※7連結子会社2社(麻生商事㈱、㈱麻生地所)は、土地          ※7連結子会社2社(麻生商事㈱、㈱麻生地所)は、土地
     の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法             の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法
     律34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い再             律34号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い再
     評価差額金を純資産の部に計上している。なお㈱               評価差額金を純資産の部に計上している。なお㈱
     麻生地所に係る再評価差額金は、資本連結手続き               麻生地所に係る再評価差額金は、資本連結手続き
     において相殺消去している。                        において相殺消去している。
 ・再評価の方法…土地の再評価に関する法律施行令            ・再評価の方法…土地の再評価に関する法律施行令
     (平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5           (平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第5
     号に定める不動産鑑定士の鑑定評価によっている               号に定める不動産鑑定士の鑑定評価によっている
     が、一部については、同条第3号によるところの地              が、一部については、同条第3号によるところの地
     方税法の課税台帳に登録されている価格に合理的               方税法の課税台帳に登録されている価格に合理的
     な調整を行って算定する方法                        な調整を行って算定する方法
 ・再評価を行った年月日…平成12年3月31日             ・再評価を行った年月日…平成12年3月31日





                                      58/134
                                                                             EDINET提出書類
                                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                              有価証券報告書

    (連結損益計算書関係)

            前連結会計年度                                  当連結会計年度
         (自平成21年4月1日                             (自平成22年4月1日
          至平成22年3月31日)                            至平成23年3月31日)
※1販売費及び一般管理費のうち主要なものは次のと          ※1販売費及び一般管理費のうち主要なものは次のと
    おりである。                            おりである。
    運賃及び諸掛           1,752 百万円        運賃及び諸掛                        1,804 百万円
                        59                                           108
    販売口銭                              販売口銭
                     4,435                                         4,093
    給料・賞与                             給料・賞与
                        87                                           167
    賞与引当金繰入額                          賞与引当金繰入額
                       393                                           255
    退職給付費用                            退職給付費用
                        35                                            56
    役員退職慰労引当金繰入額                      役員退職慰労引当金繰入額
                       745                                           694
    減価償却費                             減価償却費
                       122                                           153
    のれん償却額                            のれん償却額
※2一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発          ※2一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発
    費                                 費
                                     
                        18 百万円                                         22 百万円
※3固定資産売却益のうち主要なものは次のとおりで          ※3固定資産売却益のうち主要なものは次のとおりで
    ある。                               ある。
    機械装置及び運搬具            2 百万円        土地                               17 百万円
                                          -------------------------
※4過年度損益修正益は、連結会計システム入れ替え時
    に発生した過年度損益修正である。
※5減損損失                            ※5減損損失
                       金額                                       金額
      用途    種類    場所                         用途       種類    場所
                     (百万円)                                    (百万円)
    遊休資産    土地   福岡県    21      遊休資産         土地       京都府        28
 当社の連結子会社において、地価の下落により、上記      遊休資産         土地       熊本県        18
 資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少       遊休資産         土地       佐賀県        6
                                                   
 額を減損損失(21百万円)として特別損失に計上して        計                              53
 いる。                         当社の連結子会社において、地価の下落により、上記
 当該資産の回収可能価額は正味売却価額により測定    資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少
 しており、時価については不動産鑑定評価額によって    額を減損損失(53百万円)として特別損失に計上して
 いる。                         いる。
                             当該資産の回収可能価額は正味売却価額により測定
                             しており、時価については不動産鑑定評価額によって
                             いる。
※6固定資産除売却損のうち主要なものは次のとおり ※6固定資産除売却損のうち主要なものは次のとおり
   である。                         である。
     固定資産除却損                     固定資産除却損
      建物及び構築物         70 百万円       建物及び構築物                     141 百万円
     固定資産売却損                     固定資産売却損
      建物及び構築物         10 百万円       土地                           16 百万円
                                    -------------------------
※7過年度損益修正損は、過年度労務費の修正である。






                                    59/134
                                                 EDINET提出書類
                                               株式会社麻生(E01209)
                                                  有価証券報告書

    (連結包括利益計算書関係)
    当連結会計年度(自   平成22年4月1日   至    平成23年3月31日)
※1   当連結会計年度の直前連結会計年度における包括利益
     親会社株主に係る包括利益               800百万円
     少数株主に係る包括利益            △134      〃
     計                          666百万円

※2   当連結会計年度の直前連結会計年度におけるその他の包括利益
     その他有価証券評価差額金               63百万円
     繰延ヘッジ損益                    101   〃
     持分法適用会社に対する持分相当額             1   〃
     計                          166百万円

次へ




                                      60/134
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                                     有価証券報告書

        (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
        株式の種類       前連結会計年度末           増加                   減少         当連結会計年度末

    普通株式(株)              3,010,000                   −            −        3,010,000
         



         
    2自己株式に関する事項
        株式の種類       前連結会計年度末           増加                   減少         当連結会計年度末

    普通株式(株)                192,356               1,535            −          193,891
         




         (変動事由の概要)
         増加数の主な内訳は、次の通りである。
         単元未満株式の買取りによる増加1,535株
         
    3新株予約権等に関する事項
         該当事項はない。

    4配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
         該当事項はない。
    
    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類    配当の原資                                  基準日     効力発生日
                                      (百万円)        配当額(円)
    平成22年6月29日
                 普通株式     利益剰余金             71           25 平成22年3月31日 平成22年6月30日
    定時株主総会





                                            61/134
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                                             有価証券報告書

    当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
    1発行済株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末                 増加                      減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)              3,010,000                       −                −        3,010,000
        



        
    2自己株式に関する事項
      株式の種類       前連結会計年度末                 増加                      減少          当連結会計年度末

    普通株式(株)                193,891                   488                  −          194,379
        




        (変動事由の概要)
        増加数の主な内訳は、次の通りである。
        単元未満株式の買取りによる増加 488株
        
    3新株予約権等に関する事項
       該当事項はない。

    4配当に関する事項
    (1) 配当金支払額
                              配当金の総額       1株当たり配当額
        決議        株式の種類                                               基準日        効力発生日
                               (百万円)          (円)
    平成22年6月29日
                  普通株式                71                     25   平成22年3月31日   平成22年6月30日
    定時株主総会

    (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                     配当金の総額          1株当たり
        決議       株式の種類    配当の原資                                         基準日      効力発生日
                                      (百万円)          配当額(円)
    平成23年6月29日
                 普通株式     利益剰余金                 71                25 平成23年3月31日 平成23年6月30日
    定時株主総会





                                                62/134
                                                                   EDINET提出書類
                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                    有価証券報告書

    (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

           前連結会計年度                         当連結会計年度
        (自平成21年4月1日                    (自平成22年4月1日
         至平成22年3月31日)                   至平成23年3月31日)
※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に
   掲記されている科目の金額との関係                掲記されている科目の金額との関係
                    (平成22年3月31日)                    (平成23年3月31日)
   現金及び預金勘定             10,781 百万円 現金及び預金勘定             15,855 百万円
   預入期間が3ヶ月を超える                    預入期間が3ヶ月を超える
                         △317                           △476
   定期預金                            定期預金
                        10,464                         15,378
   現金及び現金同等物                       現金及び現金同等物

次へ




                                  63/134
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                                   有価証券報告書

        (リース取引関係)

                前連結会計年度                                 当連結会計年度
             (自平成21年4月1日                            (自平成22年4月1日
              至平成22年3月31日)                           至平成23年3月31日)
 リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権             リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権
 移転外のファイナンス・リース取引                       移転外のファイナンス・リース取引
①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
 額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額                  額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
          機械装置        その他                         機械装置        その他
            及び      (工具器具        合計                 及び      (工具器具        合計
                                                              
           運搬具        備品)      (百万円)               運搬具        備品)      (百万円)
          (百万円)      (百万円)                        (百万円)      (百万円)
 取得価額                                    取得価額
              87     1,766                         82     1,301 
                                  1,853                                   1,383
 相当額                                     相当額
 減価償却累計                                  減価償却累計
              71     1,125     1,196               78       923     1,002
 額相当額                                    額相当額
 減損損失累計                                  減損損失累計
                ―         ―         ―                ―          ―         ―
                                               
 額相当額                                    額相当額
 期末残高                                    期末残高
              16       641                          3       377 
                                    657                                     381
 相当額                                     相当額
    




                                        
(注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形 (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形
    固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、      固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、
    支払利子込み法に算定している。             支払利子込み法に算定している。

②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損 ②未経過リース料期末残高相当額及びリース資産減損
  勘定期末残高                    勘定期末残高
  未経過リース料期末残高相当額            未経過リース料期末残高相当額

         1年以内                 275 百万円            1年以内                 186 百万円
                              381                                    195
         1年超                                     1年超
                              657                                    381
         合計                                      合計
                               ― 百万円                                   ― 百万円
         リース資産減損勘定期末残高                           リース資産減損勘定期末残高

(注)未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料 (注)未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料
    期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割      期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割
    合が低いため、支払利子込み法により算定してい      合が低いため、支払利子込み法により算定してい
    る。                          る。

③支払リース料及び減価償却費相当額                      ③支払リース料及び減価償却費相当額
     支払リース料          328百万円                  支払リース料          275百万円
     リース資産減損勘定の取崩額    ―                      リース資産減損勘定の取崩額    ―
     減価償却費相当額        328                     減価償却費相当額        275
     減損損失             ―                      減損損失             ―
④減価償却費相当額の算定方法                         ④減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
  額法によっている。                               額法によっている。
ファイナンス・リース取引                           ファイナンス・リース取引
(借主側)                                   (借主側)
(1)リース資産の内容                           (1)リース資産の内容
・有形固定資産                                ・有形固定資産
  主として、医療事業における医療機器(工具器具及               同左
    び備品)及びその他事業におけるネットワーク関
    連設備(工具器具及び備品)である。
(2)リース資産の減価償却の方法                      (2)リース資産の減価償却の方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額                同左
  法によっている。





                                            64/134
                                                     EDINET提出書類
                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                      有価証券報告書

    (金融商品関係)
    前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)
    (追加情報)
     当連結会計年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 平成20年3月10日)及び
     「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 平成20年3月10日)を
     適用している。
    1 金融商品の状況に関する事項
    (1) 金融商品に対する取組方針
    当社グループは、設備投資計画等に照らして、銀行等金融機関からの借入により必要な資金を調達して
    いる。資金運用については、短期的な預金等に限定している。デリバティブは、後述するリスクを回避す
    るために利用しており、投機的な取引は行わない方針である。
    (2) 金融商品の内容及びそのリスク
    営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されている。投資有価証券は、主に業務
    上の関係を有する企業や取引金融機関の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されている。
    営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんど1年以内の支払期日である。借入金は、主に設備投資や
    運転資金に必要な資金の調達を目的としたものである。
    (3) 金融商品に係るリスク管理体制
     ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
     当社は、与信管理規程に従い、営業債権等について取引先ごとに回収期日及び残高管理を行うととも
     に、財務状況等の悪化等による回収リスクの早期把握や軽減を図っている。連結子会社についても、
     各々の与信管理基準に従いリスク管理を行っている。
     ② 市場リスク(金利等の変動リスク)の管理
     当社及び一部の連結子会社は、借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利
     スワップ取引を利用している。
     ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
     当社は、適時に資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の確保により流動性リスクを管理し
     ている。
    (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
    金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
    が含まれている。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
    することにより、当該価額が変動することがある。また、「2 金融商品の時価等に関する事項」におけ
    るデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク
    を示すものではない。





                             65/134
                                                                              EDINET提出書類
                                                                            株式会社麻生(E01209)
                                                                               有価証券報告書

      2 金融商品の時価等に関する事項
       平成22年3月31日(当期の連結決算日)における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額につい
       ては、次のとおりである。
                                                                 (単位:百万円)
                             連結貸借対照表
                                              時価(※)               差額
                              計上額(※)
    (1) 現金及び預金                   10,781           10,781                 ―

    (2) 受取手形及び売掛金                14,495           14,495                 ―

    (3) 投資有価証券                                             

       その他有価証券                    1,099            1,099                 ―

                資産計              26,377           26,377                 ―

    (1) 支払手形及び買掛金                14,177           14,177                 ―

    (2) 短期借入金                    14,071           14,071                 ―

    (3) 長期借入金                    31,951           31,702                248

                負債計              60,200           59,951                248

    デリバティブ取引                                               

    ヘッジ会計が適用されていないもの               ―                  ―                ―

    ヘッジ会計が適用されているもの               225                225               ―

    デリバティブ取引                        225                225               ―


(注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
資産
    (1) 現金及び預金
        預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっている。

    (2) 受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってい
      る。

    (3) 投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっている。

負債
    (1) 支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってい
      る。

    (3) 長期借入金
        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割
      り引いて算定する方法によっている。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とさ
      れており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適用
      される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっている。 なお、1年内返済予定の長
      期借入金は長期借入金に含めている。

デリバティブ取引
     「デリバティブ取引関係」注記を参照。


                                  66/134
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                                   有価証券報告書

(注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                  (単位:百万円)
            区分          連結貸借対照表計上額

    非上場株式                                      469
     上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証
     券 その他有価証券」には含めていない。

(注3)満期のある金銭債権及び投資有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                                                 (単位:百万円)
                                       1年超                5年超
            区分          1年以内                                         10年超
                                      5年以内               10年以内
現金及び預金                   10,781                 −            −              −

受取手形及び売掛金                14,576                 −            −              −

投資有価証券                                                        

    その他有価証券                −                  −            −              −

            合計           25,358                 −            −              −


(注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
     「⑤[連結附属明細表]」を参照。





                                      67/134
                                                   EDINET提出書類
                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                    有価証券報告書

    当連結会計年度(自 平成22年4月1日   至   平成23年3月31日)
    1 金融商品の状況に関する事項
    (1) 金融商品に対する取組方針
    当社グループは、設備投資計画等に照らして、銀行等金融機関からの借入により必要な資金を調達して
    いる。資金運用については、短期的な預金等に限定している。デリバティブは、後述するリスクを回避す
    るために利用しており、投機的な取引は行わない方針である。
    (2) 金融商品の内容及びそのリスク
    営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されている。投資有価証券は、主に業務
    上の関係を有する企業や取引金融機関の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されている。
    営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんど1年以内の支払期日である。借入金は、主に設備投資や
    運転資金に必要な資金の調達を目的としたものである。
    (3) 金融商品に係るリスク管理体制
     ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
     当社は、与信管理規程に従い、営業債権等について取引先ごとに回収期日及び残高管理を行うととも
     に、財務状況等の悪化等による回収リスクの早期把握や軽減を図っている。連結子会社についても、
     各々の与信管理基準に従いリスク管理を行っている。
     ② 市場リスク(金利等の変動リスク)の管理
     当社及び一部の連結子会社は、借入金及び社債に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利
     スワップ取引を利用している。また、原燃料の調達活動上さらされている市場リスクを認識し、安定的
     な原燃料の調達を行うためにコモディティ・スワップ取引、コモディティ・オプション取引及び為替
     予約を利用している。その他、必要な外貨の取得については、外為FXの為替予約を利用している。
     ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
     当社は、適時に資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の確保により流動性リスクを管理し
     ている。
    (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
    金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
    が含まれている。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用
    することにより、当該価額が変動することがある。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバ
    ティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すも
    のではない。





                                68/134
                                                                               EDINET提出書類
                                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                                有価証券報告書

        2 金融商品の時価等に関する事項
         平成23年3月31日(当期の連結決算日)における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額につい
         ては、次のとおりである。
                                                                  (単位:百万円)
                             連結貸借対照表
                                              時価(※)                差額
                              計上額(※)
    (1) 現金及び預金                   15,855           15,855                  ―

    (2) 受取手形及び売掛金                14,062           14,062                  ―

    (3) 投資有価証券                                              

        その他有価証券                   1,566            1,566                  ―

                資産計              31,484           31,484                  ―

    (1) 支払手形及び買掛金                15,011           15,011                  ―

    (2) 短期借入金                    13,095           13,095                  ―

    (3) 長期借入金                    34,633           35,064                 430

                負債計              62,740           63,170                 430

    デリバティブ取引                                                

    ヘッジ会計が適用されていないもの              (36)               (36)               ―

    ヘッジ会計が適用されているもの               188                188                ―

           デリバティブ取引計                152                152                ―
(※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる
      項目については()で示している。
    
(注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
資産
    (1) 現金及び預金
        預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっている。

    (2) 受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってい
      る。

    (3) 投資有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっている。

負債
    (1) 支払手形及び買掛金、並びに(2)短期借入金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってい
      る。

    (3) 長期借入金
        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割
      り引いて算定する方法によっている。変動金利による長期借入金は金利スワップの特例処理の対象とさ
      れており、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計額を、同様の借入を行った場合に適用
      される合理的に見積もられる利率で割り引いて算定する方法によっている。 なお、1年内返済予定の長
      期借入金は長期借入金に含めている。

デリバティブ取引
                                  69/134
                                EDINET提出書類
                              株式会社麻生(E01209)
                                 有価証券報告書
「デリバティブ取引関係」注記を参照。




                     70/134
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                株式会社麻生(E01209)
                                                                                   有価証券報告書

(注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                  (単位:百万円)
            区分          連結貸借対照表計上額

    非上場株式                                      462
     上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証
     券 その他有価証券」には含めていない。

(注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                                                                 (単位:百万円)
                                       1年超                5年超
            区分          1年以内                                         10年超
                                      5年以内               10年以内
現金及び預金                   15,855                 −            −              −

受取手形及び売掛金                14,062                 −            −              −

投資有価証券                                                        

    その他有価証券                −                  −            −              −

            合計           29,917                 −            −              −


(注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
     「⑤[連結附属明細表]」を参照。

前へ次へ




                                      71/134
                                                                     EDINET提出書類
                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                      有価証券報告書

    (有価証券関係)
    Ⅰ前連結会計年度(平成22年3月31日)
     1その他有価証券
                       連結貸借対照表
                                                  
                                            取得原価           差額
                         計上額
       (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)

                           424百万円            315百万円
       ①株式                                                  108百万円

                                                   
       ②債券                   ―                  ―            ―

                                                   
       ③その他                  22                 22            0

                                                   
       小計                  446                337          108

       (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。なお、当連結会計年度において減損処
             理を行い、投資有価証券評価損10百万円を計上している。

       (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)

                           653百万円          1,019百万円
       ①株式                                                 △366百万円

                                                   
       ②債券                   ―                  ―            ―

                                                   
       ③その他                  ―                  ―            ―

                                                   
       小計                  653              1,019         △366


     2当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

                                        売却益の合計額 
                         売却額                             売却損の合計額

                            14百万円              2百万円
       ①株式                                                   ―百万円

                                                   
       合計                    14                  2           ―

       





                                  72/134
                                                                EDINET提出書類
                                                              株式会社麻生(E01209)
                                                                 有価証券報告書

    Ⅱ当連結会計年度(平成23年3月31日)
     1その他有価証券
                      連結貸借対照表
                                                
                                           取得原価        差額
                        計上額
       (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの)

                           325百万円          254百万円
       ①株式                                               71百万円

                                                 
       ②債券                  255              241         13

                                                 
       ③その他                  22               22          0

                                                 
       小計                  603              518         85

       (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。

       (連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの)

                           578百万円          889百万円
       ①株式                                             △310百万円

                                                 
       ②債券                  383              392        △9

                                                 
       ③その他                  ―                ―          ―

                                                 
       小計                  962            1,282       △319


     2当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
       該当事項なし。





                                  73/134
                                                                             EDINET提出書類
                                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                              有価証券報告書

     (デリバティブ取引関係)
     前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
      1ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          該当事項はない。
      2ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1) 商品関連
                                                                (単位:百万円)
                                   契約額
ヘッジ会       デリバティブ取引の                                契約額のうち
                       主なヘッジ対象    ()内は                            時価
計の方法          種類等                                     1年超
                                 オプション料
     コモディティ・スワッ
     プ取引        コモディティ
                                             346           −            101
     支払固定・      (石炭)
原則的処 受取変動
 理方法
     コモディティ・オプ
                コモディティ                       469
     ション取引                                                 −            124
                (石炭)                         (50)
     買建

                                      816
                 合計                                        −            225
                                      (50)
    (注) 時価の算定方法取引先から提示された価格等によって算定している。
      
      (2) 金利関連
                                                                (単位:百万円)
ヘッジ会       デリバティブ取引の                                契約額のうち
                       主なヘッジ対象    契約額                              時価
計の方法          種類等                                     1年超

金 利 ス 金利スワップ取引
ワ ッ プ の 支払固定・          長期借入金              11,462       11,300        (注)
特例処理 受取変動

    (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、そ
       の時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載している。





                                 74/134
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                                      有価証券報告書

     当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
      1ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
                  デリバティブ取引の
    ヘッジ会計の方法                     契約額等                   時価              評価損益
                      種類等
                 外国為替証拠金取引
                 買建
                 米ドル                 358                  △39           △39
    市場取引以外の取引
                 ユーロ                 400                  △13           △13
                 ポンド                 200                    4             4
                 豪ドル                 248                   11            11
                合計                   1,206                   △36           △36
    (注) 時価の算定方法当連結会計年度末の直物為替相場によって算定している。

      2ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1) 通貨関連
                                                                        (単位:百万円)
                                    契約額
ヘッジ会      デリバティブ取引の                                     契約額のうち
                       主なヘッジ対象     ()内は                                   時価
計の方法         種類等                                          1年超
                                  オプション料
     為替予約
原則的処
     買建              買掛金                        727               −             △25
 理方法
     米ドル

      
      (2) 商品関連
                                                                        (単位:百万円)
                                    契約額
ヘッジ会      デリバティブ取引の                                     契約額のうち
                       主なヘッジ対象     ()内は                                   時価
計の方法         種類等                                          1年超
                                  オプション料
          コモディティ・スワッ
          プ取引        コモディティ
                                                 347               −             109
          支払固定・      (石炭)
          受取変動
     コモディティ・スワッ
原則的処 プ取引        コモディティ
                                                 111               −             △4
 理方法 支払固定・      (原油)
     受取変動

          コモディティ・オプ
                    コモディティ                       347
          ション取引                                                    −             109
                    (石炭)                         (34)
          買建

                                      805
                 合計                                                −             214
                                      (34)
    (注) 時価の算定方法取引先から提示された価格等によって算定している。
      
      (3) 金利関連
                                                                        (単位:百万円)
ヘッジ会      デリバティブ取引の                                     契約額のうち
                       主なヘッジ対象      契約額                                    時価
計の方法         種類等                                          1年超

金 利 ス 金利スワップ取引
ワ ッ プ の 支払固定・         長期借入金                   31,752           25,769          (注)
特例処理 受取変動

    (注) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているため、そ
       の時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載している。

前へ次へ




                                   75/134
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                            有価証券報告書

     (退職給付関係)
Ⅰ前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1採用している退職給付制度の概要
     当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度、適格退職年金制度、中小企業退職金
    共済及び退職一時金制度を設けている。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合がある。


2退職給付債務に関する事項(平成22年3月31日)
     イ退職給付債務                           △7,250百万円

                                              
     ロ年金資産                                516
                                        △6,734
     ハ未積立退職給付債務(イ+ロ)
                                            ―
     ニ会計基準変更時差異の未処理額
                                           611
     ホ未認識数理計算上の差異
                                         △281
     ヘ未認識過去勤務債務(債務の減額)
                                        △6,404
     ト連結貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+ホ+ヘ)
                                            ―
     チ前払年金費用
                                        △6,404
     リ退職給付引当金(ト−チ)
    (注)麻生ラファージュセメント㈱を除く子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用している。


3退職給付費用に関する事項(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
     イ勤務費用                                568百万円

                                              
     ロ利息費用                                120

                                              
     ハ期待運用収益                               ―
                                           336
     ニ会計基準変更時差異の費用処理額
                                            73
     ホ数理計算上の差異の損益処理額
                                          △70
     ヘ過去勤務債務の費用の減額処理額
                                         1,028
     ト退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+へ)
    (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「イ勤務費用」に計上している。


4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
     イ退職給付見込額の期間配分法                    期間定額基準
     ロ割引率                                  2.0%
     ハ期待運用収益率                              ―
     ニ過去勤務債務の処理年数                         10年
     ホ数理計算上の差異の処理年数                       10年
     ヘ会計基準変更時差異の処理年数                      10年
    (注)当社および麻生ラファージュセメント㈱は退職一時金制度を採用しているため、期待運用収益率は記載していな
       い。






                               76/134
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                            有価証券報告書

Ⅱ当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
1採用している退職給付制度の概要
     当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度、適格退職年金制度、中小企業退職金
    共済及び退職一時金制度を設けている。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合がある。


2退職給付債務に関する事項(平成23年3月31日)
     イ退職給付債務                           △7,183百万円

                                              
     ロ年金資産                                591
                                        △6,591
     ハ未積立退職給付債務(イ+ロ)
                                           119
     ニ未認識数理計算上の差異
                                         △210
     ホ未認識過去勤務債務(債務の減額)
                                        △6,682
     ヘ連結貸借対照表計上額純額(ハ+ニ+ホ)
                                            ―
     ト前払年金費用
                                        △6,682
     チ退職給付引当金(ヘ−ト)
    (注)麻生ラファージュセメント㈱を除く子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用している。


3退職給付費用に関する事項(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
     イ勤務費用                                640百万円

                                              
     ロ利息費用                                119

                                              
     ハ期待運用収益                               ―
                                            91
     ニ数理計算上の差異の損益処理額
                                          △70
     ホ過去勤務債務の費用の減額処理額
                                           781
     ヘ退職給付費用(イ+ロ+ハ+ニ+ホ)
    (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は「イ勤務費用」に計上している。


4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
     イ退職給付見込額の期間配分法                    期間定額基準
     ロ割引率                                  2.0%
     ハ期待運用収益率                              ―
     ニ過去勤務債務の処理年数                         10年
     ホ数理計算上の差異の処理年数                       10年
    (注)当社および麻生ラファージュセメント㈱は退職一時金制度を採用しているため、期待運用収益率は記載していな
       い。






                               77/134
                                             EDINET提出書類
                                           株式会社麻生(E01209)
                                              有価証券報告書

    (ストック・オプション等関係)
       前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
       該当事項はない。

       当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
       該当事項はない。

前へ次へ




                             78/134
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                             有価証券報告書

    (税効果会計関係)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                           前連結会計年度           当連結会計年度
                                           (平成23年3月31日)
                          (平成22年3月31日)
                                           
                                                    
  繰延税金資産
                                 931 百万円 
   税務上の繰越欠損金                                        624 百万円
                                 408            408
   未実現利益
                               2,687          2,722
   退職給付引当金
                                 684            722
   賞与引当金
                                 246            148
   貸倒引当金
                                  54            133
   その他有価証券評価差額金
                                  48             71
   未払事業税
                                 189            271
   その他
                               5,250          5,101
  繰延税金資産小計
                               △693           △624
  評価性引当額
                               4,557          4,477
  繰延税金資産合計
                                                 
  繰延税金負債
                               △436           △418
   固定資産圧縮積立金
                                 △6            △25
   その他有価証券評価差額金
                               △126           △137
   その他
                               △569           △581
  繰延税金負債合計
                               3,988 百万円 
  繰延税金資産の純額                                       3,896 百万円

2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
  となった主要な項目別の内訳
                           前連結会計年度         当連結会計年度
                                         (平成23年3月31日)
                          (平成22年3月31日)
                                 40.4 % 
                        
  法定実効税率                                         40.4 %
                                               
   (調整)
                                50.6          6.9
    欠損子会社の未認識税務利益
                              △36.2        △13.6
    税務上の繰越欠損金の利用
                                13.0          8.1
    交際費等永久に損金算入されない項目
    受取配当等永久に益金に算入されない項目        △4.2         △4.1
                                 8.0          2.5
    地方税均等割額等
                                 2.4        △0.5
    持分法投資利益
                                 3.2          1.3
    のれんの償却額
                               △4.0         △0.3
    負ののれんの償却額
                              △11.7            ―
    前期損益修正益
                               △6.9         △1.6
    過年度法人税等戻入額
                              △19.2            ―
    関係会社株式評価損認容額
                              △30.6          14.4
    評価性引当額の増減
                                 2.5          4.1
    その他
                                 7.3         57.6
  税効果会計適用後の法人税等の負担率





                               79/134
                                                                 EDINET提出書類
                                                               株式会社麻生(E01209)
                                                                  有価証券報告書

     (企業結合等関係)

     前連結会計年度(自     平成21年4月1日   至   平成22年3月31日)
共通支配下の取引等
(当社と連結子会社との合併)
1    結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称
    並びに取引の目的を含む取引の概要
    (1) 結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業内容
      結合企業の名称:㈱麻生
      事業の内容:病院の経営ほか
      被結合の名称:麻生開発㈱
      事業の内容:スポーツ施設の運営ほか
    (2) 企業結合の法的形式
      吸収合併
    (3) 結合後企業の名称
      ㈱麻生
    (4) 取引の目的を含む取引の概要
          麻生開発㈱は、主にボーリング場、スケート場などのスポーツ施設等を運営しており、当社の不動産
      販売、賃貸事業に加えて不動産の更なる有効活用の推進、事業価値の増大を図ることを目的として、当
      社を吸収合併存続会社とする吸収合併を行った。
      
2    実施した会計処理の概要
     「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会          平成15年10月31日公表分)及び「企業結合会計基準及び
    事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号            平成19年11月15日公表分)に基づ
    き、共通支配下の取引として処理している。


(連結子会社同士の合併)
1    結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称
    並びに取引の目的を含む取引の概要
    (1) 結合当事企業又は対象となった事業の名称及びその事業内容
      結合企業の名称:麻生商事㈱
      事業の内容:セメント及びその加工品等の販売ほか
      被結合の名称:㈱アソウレジコン
      事業の内容:レジンコンクリート製品の設計、製造並びに販売
    (2) 企業結合の法的形式
      吸収合併




                                     80/134
                                                                      EDINET提出書類
                                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                                       有価証券報告書

    (3) 結合後企業の名称
      麻生商事㈱
    (4) 取引の目的を含む取引の概要
       ㈱アソウレジコンは、レジンコンクリート製品の設計、製造並びに販売を主たる業務としており、麻
      生商事㈱の商社機能及び競争力ある製品開発機能を強化拡充し、事業収益力・事業構築力・財政基盤
      を強化することを目的として、麻生商事㈱を存続会社とする吸収合併を行った。

2    実施した会計処理の概要
     「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会               平成15年10月31日公表分)及び「企業結合会計基準及び
    事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                 平成19年11月15日公表分)に基づ
    き、共通支配下の取引として処理している。

     当連結会計年度(自      平成22年4月1日       至   平成23年3月31日)
 取得による企業結合
1    被取得企業の名称及びその事業内容、企業結合を行った主な理由、企業結合日、企業結合の法的形式、結合
    後企業の名称、取得した議決権比率
    (1) 被取得企業の名称及び事業の内容
      被取得企業の名称:アスメディックス㈱
      事業の内容:共同購入及び病院コンサルティング事業ほか
    (2) 企業結合を行った理由
      医療事業の強化
    (3) 企業結合日
      平成22年6月30日
    (4) 企業結合の法的形式
      現金を対価とする株式取得
    (5) 結合後企業の名称
      アスメディックス㈱
    (6) 取得した議決権比率
      企業結合前に所有していた議決権比率30.6%
      企業結合日に追加取得した議決権比率20.5%
      取得後の議決権比率51.1%
2    連結財務諸表に含まれている被取得企業又は取得した事業の業績の期間
      当連結会計年度の開始の日をみなし取得日としているため、平成22年4月1日から平成23年3月31日
      までの業績が含まれている。
3    被取得企業の取得原価及びその内訳
      取得の対価企業結合日直前に保有していたアスメディックス㈱の株式の取得原価290百万円
      企業結合日に取得したアスメディックス㈱の普通株式の時価326百万円
      取得原価617百万円
4    発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
    (1) 発生したのれんの金額
      206百万円
    (2) 発生原因

                                           81/134
                                                  EDINET提出書類
                                                株式会社麻生(E01209)
                                                   有価証券報告書
      グループ会社とのシナジー効果及び今後の事業展開によって期待される超過収益力
    (3) 償却の方法及び償却期間
      5年間にわたる均等償却
5    企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
      流動資産864百万円流動負債555百万円
      固定資産204百万円固定負債 −百万円
      資産計1,068百万円負債計555百万円
6    企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に
    及ぼす影響額の概算額及びその算定方法
      当連結会計年度の開始の日をみなし取得日としているため損益に与える影響はない。






                                     82/134
                                                                             EDINET提出書類
                                                                           株式会社麻生(E01209)
                                                                              有価証券報告書

     (資産除去債務関係)
     当連結会計年度末(平成23年3月31日)
     当連結会計年度において、金額的重要性が低いため、記載を省略している。

     
     (賃貸等不動産関係)
     前連結会計年度(自         平成21年4月1日   至    平成22年3月31日)
(追加情報)
    当連結会計年度から「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第20号                         平成20年
11月28日)及び「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第23号
    平成20年11月28日)を適用している。
     当社及び一部の子会社では、福岡県その他の地域において、賃貸商業施設、賃貸住宅等を所有している。平
    成22年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は501百万円である。
    賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における
    時価及び当該時価の算定方法は以下のとおりである。
                                                                   (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額
                                                               連結決算日における時価
     前連結会計年度末残高         当連結会計年度増減額           当連結会計年度末残高

              12,548               2,215              14,763           18,819
    (注1) 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額である。
    (注2) 主な変動
       増加は、賃貸用マンションの取得2,215百万円
    (注3) 当連結会計年度末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に準じて自社で算定した金額(指標等を用いて
          調整を行ったものも含む)である。

     当連結会計年度(自         平成22年4月1日   至    平成23年3月31日)
     当社及び一部の子会社では、福岡県その他の地域において、賃貸商業施設、賃貸住宅等を所有している。平
    成23年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は671百万円である。
    賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における
    時価及び当該時価の算定方法は以下のとおりである。
                                                                   (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額
                                                               連結決算日における時価
     前連結会計年度末残高         当連結会計年度増減額           当連結会計年度末残高

              14,763                   711            15,475           20,087
    (注1) 連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額である。
    (注2) 主な変動
       増加は、駐車場用地の取得 410百万円
    (注3) 当連結会計年度末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に準じて自社で算定した金額(指標等を用いて
          調整を行ったものも含む)である。

前へ




                                             83/134
                                                                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                                                                       株式会社麻生(E01209)
                                                                                                                                          有価証券報告書

      (セグメント情報等)
       【事業の種類別セグメント情報】
        前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

                     セメント
                                小売業 不動産    不動産   その他        消去又は
                       及び 医療事業                          計           連結
                               (百万  賃貸業 販売事業 の事業             全社
                     関連事業 (百万円)                       (百万円)       (百万円)
                                 円) (百万円) (百万円) (百万円)       (百万円)
                     (百万円)
Ⅰ売上高及び営業損益                                                                                                            

      売上高                                                                                                              
    (1) 外部顧客に
                         32,255       26,745       7,763          628           309       31,705       99,406          −           99,406
        対する売上高
    (2) セグメント間の
        内部売上高又は             106           15         41           190            −           997        1,350       (1,350)            −
        振替高
            計            32,361       26,761       7,804          818           309       32,702   100,757          (1,350) 99,406

      営業費用               32,214       26,580       7,902          416           215       31,915       99,245       (1,360) 97,885
      営業利益又は
                            147          180       △97            402            93          786        1,512              9        1,521
      営業損失(△)
    Ⅱ資産、減価償却費、減損
                                                                                                                       
      損失及び資本的支出
      資産                 32,374       15,181       1,973       13,034         4,215       29,807       96,589       8,455 105,045

      減価償却費               2,396          853         63           150            −           386        3,852          (44)         3,807

      減損損失                   −            −          −             −             −            21           21            −             21

      資本的支出                 652          909         12         2,277            −           516        4,368           (5)         4,363
    (注) 1事業区分の方法は、売上集計区分によっている。
        2事業区分に属する主要な製品
                   事業区分                                                               主要製品

            セメント及び関連事業                    各種セメント、生コンクリート、地盤改良材、コンクリート二次製品

            医療事業                          病院経営、病院コンサルティング

            小売業                           食料品、衣料雑貨、家庭用品

            不動産賃貸業                        不動産の賃貸

            不動産販売事業                       不動産の販売

            その他の事業                        情報処理、土木建築工事請負、ゴルフ場経営他
       3前連結会計年度及び当連結会計年度における営業費は、全額各セグメントに配賦しており、消去又は全社の項
          目に含めた配賦不能営業費はない。
       4資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び預金)及
          び管理部門における資産等である。
              前連結会計年度        11,016百万円
              当連結会計年度        11,825百万円
       5会計方針の変更
        (1)工事契約に関する会計基準等の適用
             「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」の「4会計処理基準に関する事項(へ)に記載の
            とおり、当連結会計年度から「工事契約に関する会計基準」(企業会計基準第15号平成19年12月27日)及
            び「工事契約に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第18号平成19年12月27日)を適用
            している。この結果、セメント及びセメント関連事業の売上高は280百万円、営業費用は231百万円それぞれ
            増加し、営業利益が49百万円増加している。
        (2)退職給付引当金
             当連結会計年度より「退職給付に係る会計基準」の一部改正(その3)(企業会計基準第19号平成20年
            7月31日)を適用している。これによる損益及び未認識数理計算上の差異への影響はない。





                                                                 84/134
                                           EDINET提出書類
                                         株式会社麻生(E01209)
                                            有価証券報告書

    【所在地別セグメント情報】
    前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
     本国以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な在外支店はない。

    【海外売上高】
    前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
     海外売上高は連結売上高の10%未満であるため、記載を省略した。






                             85/134
                                                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                                                                                           有価証券報告書

        【セグメント情報】
当連結会計年度(自        平成22年4月1日             至        平成23年3月31日)
    1   報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社及び当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能で
     あり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となって
     いるものである。
        当社は、グループ経営委員会を設置しておりグループ全体の戦略的な方向性を検討し、事業活動を展開
     している。
        従って、当社は、各会社や各事業部を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、
     「セメント事業」、「医療事業」、「商社・流通事業」、「人材事業」及び「その他事業」の5つを報告
     セグメントとしている。
        「セメント事業」は、各種セメント・生コンクリート・コンクリート二次製品等の製造販売等をして
     いる。「医療事業」は、病院の経営・病院コンサルティング等をしている。「商社・流通事業」は、建設資
     材等卸販売・小売業等をしている。「人材事業」は、人材派遣・介護サービス等をしている。「その他事
     業」は、情報処理・不動産の賃貸及び販売・ゴルフ場経営等をしている。

    2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な
     事項」における記載と概ね同一である。
        棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切り下げ後の価額で評価している。報告セグメ
     ントの利益は、営業利益ベースの数値である。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づ
     いている。

    3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
前連結会計年度(自        平成21年4月1日             至        平成22年3月31日)
                                                                                                  (単位:百万円)
                  セメント事        商社・流通          その他                                                      調整額 連結財務諸
                         医療事業         人材事業                                                計
                    業            事業            事業                                                      (注)1 表計上額
    売上高                                                                                                  

     外部顧客への売上高        31,291       25,342       20,211       12,287         10,273        99,406            -       99,406
     セグメント間の内部
                         176           11        1,893              7        1,003         3,092       △3,092            -
     売上高又は振替高
          計           31,467       25,353       22,104       12,295         11,277       102,499       △3,092       99,406

    セグメント利益              235          125          174            271          696         1,502           18        1,521
(注)1.セグメント利益の調整額18百万円には、セグメント間取引消去17百万円等が含まれている。
2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
3.当グループでは、資産を事業セグメント別に配分していないことから、セグメント資産の開示を省
          略している。





                                                         86/134
                                                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                                                                                            有価証券報告書

当連結会計年度(自        平成22年4月1日             至        平成23年3月31日)
                                                                                                  (単位:百万円)
                  セメント事        商社・流通          その他                                                      調整額 連結財務諸
                         医療事業         人材事業                                                計
                    業            事業            事業                                                      (注)1 表計上額
    売上高                                                                                                  

     外部顧客への売上高        30,794       29,018       19,313       12,831          9,987       101,944            -       101,944
     セグメント間の内部
                         199            8        2,079             44        1,077         3,409       △3,409             -
     売上高又は振替高
          計           30,993       29,027       21,392       12,875         11,064       105,354       △3,409       101,944

    セグメント利益            1,401          710          191            282          708         3,294           36         3,330
(注)1.セグメント利益の調整額36百万円には、セグメント間取引消去16百万円、固定資産未実現
          損益の調整額17百万円等が含まれている。
2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っている。
3.当グループでは、資産を事業セグメント別に配分していないことから、セグメント資産の開示を省
          略している。
  (追加情報)
     当連結会計期間より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号平成21年3
    月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号
    平成20年3月21日)を適用している。




                                                         87/134
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                                      有価証券報告書

        【関連情報】
     当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
    1   製品及びサービスごとの情報
        当社グループは、製品及びサービスに基づいてセグメントを区分しているため、記載を省略している。


    2   地域ごとの情報
        本邦の外部顧客への売上高に区分した金額が当連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、地域ごと
     の売上高の記載を省略している。

    3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、当連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を
     省略している。

        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
     当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
                                                             (単位:百万円)
                    セメント        商社・流通                         その他事
                           医療事業         人材事業                          合計
                     事業            事業                            業
            減損損失         3       528       74             ―         ―        606


        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
     当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
                                                             (単位:百万円)
                    セメント        商社・流通                         その他事
                           医療事業         人材事業                          合計
                     事業            事業                            業
    (のれん)                                                           
    当期償却額               24        77       12             39        ―        153
    当期末残高              121       191       25            175       193       708
    (負ののれん)                                                         
    当期償却額               ―         14       ―              ―         ―         14
    当期末残高               ―         ―        ―              ―         ―         ―

        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
     当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
        該当事項はない。
        





                                                88/134
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                                                            有価証券報告書

         【関連当事者情報】
前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1関連当事者との取引
    (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
                                             議決権等
                             資本金又
             会社等の名称                  事業の内容    の所有 関連当事者                  取引金額         期末残高
    種類                所在地    は出資金                                取引の内容           科目
              又は氏名                    又は職業   (被所有) との関係                  (百万円)        (百万円)
                             (百万円)
                                             割合(%)
役員及
びその
近親者                                              被所有
が議決                   福岡市早          保険代理店        直接
権の過          麻生興産㈱               10                      なし      −           − 未収収益       411
                                                 3.49
                      良区            業
半数を
                                             
所有し
ている
会社等
(注)1.記載金額のうち、期末残高には消費税等が含まれている。
2.取引条件及び取引条件の決定方針等
                資金の貸付については、市中金利を勘案し決定している。

    (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
             該当事項はない。
         

2親会社又は重要な関連会社に関する注記
    (1) 親会社情報
             該当事項はない。

    (2) 重要な関連会社の要約財務情報
             該当事項はない。





                                                        89/134
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                                                             有価証券報告書

当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
1関連当事者との取引
    (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
                                          議決権等
                         資本金又
         会社等の名称                   事業の内容    の所有 関連当事者                  取引金額             期末残高
    種類            所在地    は出資金                                 取引の内容               科目
          又は氏名                     又は職業   (被所有) との関係                  (百万円)            (百万円)
                         (百万円)
                                          割合(%)
役員及
びその
近親者                                           被所有
が議決               福岡市早            保険代理店       直接              未収収益の
権の過      麻生興産㈱               10                       なし                  411 −             −
                                              3.49
                  良区              業                           回収
半数を
                                          
所有し
ている
会社等
(注)1.記載金額のうち、期末残高には消費税等が含まれている。
2.取引条件及び取引条件の決定方針等
            資金の貸付については、市中金利を勘案し決定している。

    (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る)等
                                          議決権等
                         資本金又
         会社等の名称                   事業の内容    の所有 関連当事者                  取引金額             期末残高
    種類            所在地    は出資金                                 取引の内容               科目
          又は氏名                     又は職業   (被所有) との関係                  (百万円)            (百万円)
                         (百万円)
                                          割合(%)
役員及
びその
近親者
が議決                                           被所有
                  福岡市早            保険代理店                       営業権の譲            投資その他
権の過      麻生興産㈱               10               直接      なし                  24                24
                  良区              業                           受                の資産
半数を                                           3.49
所有し
ている
会社等
(注)1.記載金額のうち、期末残高には消費税等が含まれている。
2.取引条件及び取引条件の決定方針等
            当社の算定した対価に基づき、交渉の上、金額を決定している。
連結財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主(個人の場合に限る)等
                                          議決権等
                         資本金又
         会社等の名称                   事業の内容    の所有 関連当事者                  取引金額             期末残高
    種類            所在地    は出資金                                 取引の内容               科目
          又は氏名                     又は職業   (被所有) との関係                  (百万円)            (百万円)
                         (百万円)
                                          割合(%)

役員及                                           被所有
びその      麻生太郎     −          −−               直接      なし      土地の購入       410 土地           410
近親者                                           5.55


(注)1.記載金額のうち、期末残高には消費税等が含まれている。
2.取引条件及び取引条件の決定方針等
            不動産鑑定評価等により売買価格を決定している。
    
2親会社又は重要な関連会社に関する注記
    (1) 親会社情報
         該当事項はない。

    (2) 重要な関連会社の要約財務情報
         該当事項はない。




                                                     90/134
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                  株式会社麻生(E01209)
                                                                                     有価証券報告書

      (1株当たり情報)

               前連結会計年度                                当連結会計年度
            (自平成21年4月1日                           (自平成22年4月1日
             至平成22年3月31日)                          至平成23年3月31日)

1株当たり純資産額                    3,055.06円 1株当たり純資産額                         3,176.47円
                                     




1株当たり当期純利益                    239.47円 1株当たり当期純利益                          172.09円
                                     




    (注) 1前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益の金額については、潜在株式が存在しないため記載し
           ていない。
        2算定上の基礎
           (1) 1株当たり純資産額
                                  前連結会計年度           当連結会計年度
                      項目
                                (平成22年3月31日現在)    (平成23年3月31日現在)
            連結貸借対照表の純資産の部の合計額
                                           12,520            13,311
                          (百万円)
          普通株式に係る純資産額(百万円)                           8,603                   8,943

          差額の主な内訳(百万円)                                      

          少数株主持分                                    3,916                   4,367

          普通株式の発行済株式数(千株)                            3,010                   3,010

          普通株式の自己株式数(千株)                               193                     194
          1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                                     2,816                   2,815
          普通株式の数(千株)
         
         (2) 1株当たり当期純利益

                                             前連結会計年度                当連結会計年度
                    項目                    (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                                           至平成22年3月31日)          至平成23年3月31日)
          当期純利益(百万円)                                   674                     484

          普通株主に帰属しない金額(百万円)                             −                       −

          普通株式に係る当期純利益(百万円)                            674                     484

          普通株式の期中平均株式数(千株)                           2,816                   2,815


      (重要な後発事象)
前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
        該当事項はない。

当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
        該当事項はない。




                                          91/134
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                                      有価証券報告書

    ⑤ 【連結附属明細表】
      【社債明細表】

                                        前期末残高 当期末残高 利率
        会社名               銘柄      発行年月日                           担保 償還期限 摘要
                                         (百万円) (百万円) (%)
                  第 2 回 無 担 保 平成20年                  60                平成25年
  麻生フオームクリート㈱                                 80          1.05    なし          
                  社債            12月30日              (20)               12月30日
                  第 3 回 無 担 保 平成22年                  66                平成25年
  麻生フオームクリート㈱                                100          0.69    なし          
                  社債            3月31日               (34)               3月29日
                  第 1 回 無 担 保 平成15年                 300                平成25年
  麻生ラファージュセメント㈱                              420          0.69    なし          
                  社債            3月31日              (120)               3月29日
                  第 2 回 無 担 保 平成15年                 300                平成25年
  麻生ラファージュセメント㈱                              400         0.875    なし          
                  社債            8月5日               (100)                8月5日
                  第 3 回 無 担 保 平成16年                 125                平成23年
  麻生ラファージュセメント㈱                              275          0.92    なし          
                  社債            3月31日              (125)               3月31日
                  第 4 回 無 担 保 平成17年                  90                平成27年
  麻生ラファージュセメント㈱                              110         1.501    なし          
                  社債            1月13日               (20)               1月13日
                  第 5 回 無 担 保 平成17年                 150                平成24年
  麻生ラファージュセメント㈱                              250         1.413    なし          
                  社債            1月13日              (100)               1月13日
                  第 6 回 無 担 保 平成18年                 200                平成25年
  麻生ラファージュセメント㈱                              280          1.83    なし          
                  社債             3月27日              (80)               3月25日
                  第 7 回 無 担 保 平成19年                 400                平成26年
  麻生ラファージュセメント㈱                              400          1.66    なし          
                  社債             3月16日               (-)               3月14日
                  第 8 回 無 担 保 平成19年                 350                平成26年
  麻生ラファージュセメント㈱                              450          1.50    なし          
                  社債             3月26日             (100)               3月25日
                  第 9 回 無 担 保 平成19年                 390                平成29年
  麻生ラファージュセメント㈱                              450          1.66    なし          
                  社債             3月30日              (60)               3月30日
                  第 1 0 回 無 担 保 平成20年               750                平成30年
  麻生ラファージュセメント㈱                              850          1.38    なし          
                  社債             2月29日             (100)               2月27日
                  第 1 1 回 無 担 保 平成20年               382                平成27年
  麻生ラファージュセメント㈱                              469          1.31    なし          
                  社債             3月5日               (87)               2月27日
                  第 1 2 回 無 担 保 平成20年               400                平成27年
  麻生ラファージュセメント㈱                              400          1.38    なし          
                  社債             3月7日               (50)               2月27日
                  第 1 3 回 無 担 保 平成20年               800                平成27年
  麻生ラファージュセメント㈱                              800          1.50    なし          
                  社債             3月10日               (-)               2月25日
                  第 1 4 回 無 担 保 平成21年               350                平成29年
  麻生ラファージュセメント㈱                               −           0.70    なし          
                  社債             9月30日              (50)               9月29日
                  第 1 回 無 担 保 平成18年                  40                平成25年
  麻生メディカルサービス㈱                                60          1.83    なし          
                  社債            3月27日               (20)               3月25日
                                                  5,153
                       合計         ―       5,794           ―      ―          
                                                 (1,066)
  (注) 1「当期末残高」欄の(内書)は、1年以内償還予定の金額である。
      2連結決算日後5年内における償還予定額は以下のとおりである。

           1年以内    1年超2年以内          2年超3年以内      3年超4年以内              4年超5年以内
           (百万円)        (百万円)         (百万円)        (百万円)                (百万円)
                 1,066         1,039             1,137      967                   504






                                        92/134
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                    株式会社麻生(E01209)
                                                                                       有価証券報告書

       【借入金等明細表】

                         前期末残高        当期末残高              平均利率
                区分                                                         返済期限
                          (百万円)        (百万円)              (%)
    短期借入金                   14,071             13,095        1.20           ―

    1年以内に返済予定の長期借入金          6,507              6,346        2.87           ―

    1年以内に返済予定のリース債務            162                214           ―           ―
    長期借入金(1年以内に返済予定
                            25,443             28,286        2.54       平成24年∼平成41年
    のものを除く。)
    リース債務(1年以内に返済予定
                               498                529           ―       平成24年∼平成31年
    のものを除く。)
    その他有利子負債
                             1,847              1,648        1.00           ―
    (預り営業保証金)
                合計          48,530             50,121           ―           ―
    (注) 1「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載している。
        2リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連
           結貸借対照表に計上しているため、記載していない。
        3長期借入金、リース債務及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内に
           おける返済予定額は以下のとおりである。

                       1年超2年以内       2年超3年以内             3年超4年以内         4年超5年以内
            
                         (百万円)         (百万円)               (百万円)           (百万円)
            長期借入金            6,889               5,092          3,989             5,113

            リース債務              214                 211              98                 4

            その他有利子負債          ―                    ―                ―              ―


    【資産除去債務明細表】
当連結会計年度末及び直前連結会計年度末における資産除去債務の金額が当該各連結会計年度末における
負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略している。





                                      93/134
                            EDINET提出書類
                          株式会社麻生(E01209)
                             有価証券報告書

    (2) 【その他】
      該当事項はない。






                 94/134
                                                                     EDINET提出書類
                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                      有価証券報告書

2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                                                      (単位:百万円)

                            前事業年度                  当事業年度
                         (平成22年3月31日)           (平成23年3月31日)
資産の部
 流動資産
                                        5,204                     9,362
  現金及び預金                          ※1                     ※1
  受取手形                                      1                        0
                                        1,096                      952
  売掛金                             ※2                         ※2
                                        3,695                     3,590
  販売用不動産                          ※1                     ※1
  商品及び製品                                   54                        67
  仕掛品                                       1                         7
  貯蔵品                                     249                       251
  前払費用                                     52                        56
  未収収益                                    421                        12
  繰延税金資産                                  642                       673
  関係会社短期貸付金                               419                       269
                                        1,575                     1,506
  未収入金                            ※3                     ※3
  その他                                    199                       418
                                        △125                      △127
  貸倒引当金
  流動資産合計                               13,487                 17,041
 固定資産
  有形固定資産
                                       22,185                 21,921
    建物                           ※1                     ※1
                                      △11,853                △12,094
        減価償却累計額
        建物(純額)                         10,332                     9,827
    構築物                                 2,060                  2,062
                                       △1,339                 △1,402
     減価償却累計額
        構築物(純額)                           721                      659
    機械及び装置                               387                       373
                                        △330                      △309
     減価償却累計額
        機械及び装置(純額)                         57                       64
    車両運搬具                                 76                       70
                                         △50                      △36
     減価償却累計額
        車両運搬具(純額)                          26                       34
    工具、器具及び備品                           5,571                  5,826
                                       △4,027                 △4,038
     減価償却累計額
        工具、器具及び備品(純額)                   1,543                     1,788
                                        6,708                     6,708
    土地                            ※1                     ※1
    リース資産                                 359                      359
                                         △68                      △132
     減価償却累計額
        リース資産(純額)                         291                      227
    建設仮勘定                                  14                      189
    有形固定資産合計                           19,695                 19,499




                        95/134
                                                                   EDINET提出書類
                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                    有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                       前事業年度                     当事業年度
                    (平成22年3月31日)              (平成23年3月31日)
  無形固定資産
   鉱業権                                    8                         8
   ソフトウエア                               283                       399
   その他                                   29                        29
    無形固定資産合計                            321                       436
  投資その他の資産
                                      1,345                     1,812
    投資有価証券                   ※1                        ※1
    関係会社株式                            5,081                     5,986
    出資金                                 980                       948
    関係会社出資金                              46                        46
    長期貸付金                               525                       493
    従業員に対する長期貸付金                        133                       136
    関係会社長期貸付金                         1,261                     1,261
    リース債権                               714                       706
                                        282                       282
    破産更生債権等                      ※2                        ※2
    長期前払費用                               23                        21
    繰延税金資産                            1,976                     1,972
    差入保証金                               508                       493
    その他                                 146                       140
    貸倒引当金                             △285                      △292
                                      △114                      △114
    関係会社投資損失引当金
    投資その他の資産合計                    12,627                    13,895
  固定資産合計                          32,644                    33,831
 資産合計                             46,131                    50,872
負債の部
 流動負債
   支払手形                                                            −
                                      2,385
                                      1,308                     4,061
  買掛金                        ※2                        ※2
                                      8,431                     9,037
  短期借入金                      ※1                        ※1
                                      3,462                     3,490
  1年内返済予定の長期借入金              ※1                        ※1
  リース債務                                  67                        67
  未払金                                   327                       443
  未払費用                                1,465                     1,394
  未払法人税等                                366                       188
  預り金                                   109                       107
  賞与引当金                               1,288                     1,360
  その他                                    38                        68
  流動負債合計                          19,251                    20,218
 固定負債
                                  14,809                    18,505
  長期借入金                     ※1                        ※1




                   96/134
                                                           EDINET提出書類
                                                         株式会社麻生(E01209)
                                                            有価証券報告書
                                               (単位:百万円)

                     前事業年度                  当事業年度
                  (平成22年3月31日)           (平成23年3月31日)
  リース債務                            238                    171
  退職給付引当金                        4,609                  4,696
  役員退職慰労引当金                        368                    380
  関係会社事業損失引当金                      267                    267
  その他                              285                    251
  固定負債合計                     20,579                 24,272
 負債合計                        39,830                 44,490
純資産の部
 株主資本
   資本金                           3,080                  3,080
   資本剰余金
    資本準備金                        1,999                  1,999
    資本剰余金合計                      1,999                  1,999
  利益剰余金
   利益準備金                          182                    182
   その他利益剰余金
     特別償却準備金                       44                      72
     固定資産圧縮積立金                    632                     607
     別途積立金                        190                     190
     繰越利益剰余金                      883                   1,075
    利益剰余金合計                      1,932                  2,127
  自己株式                       △637                   △638
  株主資本合計                         6,374                  6,568
 評価・換算差額等
                                 △74                △185
  その他有価証券評価差額金
  評価・換算差額等合計                     △74                △185
 純資産合計                           6,300                  6,382
負債純資産合計                      46,131                 50,872




                 97/134
                                                                     EDINET提出書類
                                                                   株式会社麻生(E01209)
                                                                      有価証券報告書

②【損益計算書】
                                                         (単位:百万円)

                           前事業年度                      当事業年度
                       (自 平成21年4月1日               (自 平成22年4月1日
                        至 平成22年3月31日)              至 平成23年3月31日)
売上高
 医療収入                                 24,747                     26,408
 その他の営業収入                              5,788                      5,457
 売上高合計                                30,535                     31,865
売上原価
 医療費用                                 24,035                     25,011
 その他の営業費用                              4,531                      4,395
 売上原価合計                               28,567                     29,406
売上総利益                                  1,968                      2,459
販売費及び一般管理費
                                       1,328                      1,373
 一般管理費                           ※1                         ※1

営業利益                                        640                   1,086
営業外収益
 受取利息                                        92                    103
                                            140                    252
 受取配当金                            ※2                         ※2
 補助金収入                                      115                     96
 受取賃貸料                                       87                     94
 その他                                        193                    125
 営業外収益合計                                    629                    671
営業外費用
 支払利息                                       700                    688
 その他                                        107                    243
 営業外費用合計                                    808                    932
経常利益                                        461                    825
特別利益
 抱合せ株式消滅差益                                                          −
                                             64
 固定資産売却益                                     −                       2
                                                                    −
 その他                                          2
 特別利益合計                                      67                      2
特別損失
 合併関連費用                                                             −
                                             12
                                              7
 減損損失                                                               −
                                       ※3
                                             79                    144
 固定資産除却損                              ※4                     ※4
 投資有価証券評価損                                   11                      4
 ゴルフ会員権評価損                                   −                      18
                                             69
 過年度損益修正損                                                           −
                                      ※5
                                             −
 資産除去債務会計基準の適用に伴う影響額                                                12
 特別損失合計                                     181                    179
税引前当期純利益                                    347                    649
法人税、住民税及び事業税                                396                    365




                       98/134
                                                 EDINET提出書類
                                               株式会社麻生(E01209)
                                                  有価証券報告書
                                         (単位:百万円)

               前事業年度                  当事業年度
           (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
            至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
法人税等還付税額                △37                    △31
                       △231
法人税等調整額                                         48
法人税等合計                      127                    382
当期純利益                       219                    266




           99/134
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                               株式会社麻生(E01209)
                                                                                  有価証券報告書

     【医療費用明細書】

                                  前事業年度                       当事業年度
                            (自平成21年4月1日                (自平成22年4月1日
                               至平成22年3月31日)               至平成23年3月31日)
                        注記                構成比                         構成比
             区分              金額(百万円)                     金額(百万円)
                        番号                 (%)                         (%)
    Ⅰ材料費                          7,970         33.2          8,286        33.1

    Ⅱ労務費                         12,075         50.2         12,500        50.0

                                    3,989                       4,224
    Ⅲ経費                ※1                        16.6                       16.9

      医療費用合計                                    100.0                      100.0
                                   24,035                      25,011
    (注)※1主な内訳は、次のとおりである。

                   項目             前事業年度                      当事業年度

           外注費                              1,095百万円                    1,147百万円

           減価償却費                               775百万円                    777百万円






                                     100/134
                                                            EDINET提出書類
                                                          株式会社麻生(E01209)
                                                             有価証券報告書

③【株主資本等変動計算書】
                                                    (単位:百万円)

                          前事業年度                  当事業年度
                      (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                       至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                          3,080                  3,080
   当期変動額
                                        −                      −
     当期変動額合計
   当期末残高                          3,080                  3,080
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                         1,999                  1,999
    当期変動額
                                        −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                         1,999                  1,999
   資本剰余金合計
    前期末残高                         1,999                  1,999
    当期変動額
                                        −                      −
      当期変動額合計
    当期末残高                         1,999                  1,999
 利益剰余金
  利益準備金
    前期末残高                              182                    182
    当期変動額
                                        −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                              182                    182
   その他利益剰余金
    特別償却準備金
      前期末残高                             35                     44
      当期変動額
       特別償却準備金の積立                   25                     41
                                   △17                    △13
       特別償却準備金の取崩
       当期変動額合計                           8                     28
      当期末残高                             44                     72
    固定資産圧縮積立金
     前期末残高                             653                    632
     当期変動額
                                   △21                    △24
       固定資産圧縮積立金の取崩
       当期変動額合計                     △21                    △24
      当期末残高                            632                    607
    別途積立金
     前期末残高                             190                    190




                      101/134
                                                          EDINET提出書類
                                                        株式会社麻生(E01209)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                        前事業年度                  当事業年度
                    (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                     至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
    当期変動額
                                      −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                            190                    190
  繰越利益剰余金
   前期末残高                             650                    883
   当期変動額
     剰余金の配当                        −                    △71
     当期純利益                        219                    266
     特別償却準備金の積立                  △25                    △41
     特別償却準備金の取崩                    17                     13
     固定資産圧縮積立金の取崩                  21                     24
     当期変動額合計                         232                    191
    当期末残高                            883               1,075
 利益剰余金合計
  前期末残高                         1,712                  1,932
  当期変動額
    剰余金の配当                            −                 △71
    当期純利益                            219                 266
    特別償却準備金の積立                        −                   −
    特別償却準備金の取崩                        −                   −
                                      −                   −
    固定資産圧縮積立金の取崩
    当期変動額合計                          219                    195
  当期末残高                         1,932                  2,127
自己株式
 前期末残高                          △631                   △637
 当期変動額
                                     △5                     △1
   自己株式の取得
  当期変動額合計                            △5                     △1
 当期末残高                          △637                   △638
株主資本合計
 前期末残高                          6,160                  6,374
 当期変動額
   剰余金の配当                             −                 △71
   当期純利益                             219                 266
                                     △5                  △1
   自己株式の取得
  当期変動額合計                            214                    193
 当期末残高                          6,374                  6,568




                    102/134
                                                               EDINET提出書類
                                                             株式会社麻生(E01209)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                             前事業年度                  当事業年度
                         (自 平成21年4月1日           (自 平成22年4月1日
                          至 平成22年3月31日)          至 平成23年3月31日)
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                             △123                    △74
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △111
                                           49
    額)
    当期変動額合計                                                 △111
                                           49
  当期末残高                               △74                   △185
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                              △123                    △74
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △111
                                           49
    額)
    当期変動額合計                                                 △111
                                           49
  当期末残高                               △74                   △185
純資産合計
 前期末残高                               6,036                  6,300
 当期変動額
   剰余金の配当                                  −                 △71
   当期純利益                                  219                 266
   自己株式の取得                                △5                  △1
                                                            △111
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                     49
  当期変動額合計                                 263                    81
 当期末残高                               6,300                  6,382




                         103/134
                                                                   EDINET提出書類
                                                                 株式会社麻生(E01209)
                                                                    有価証券報告書

    【重要な会計方針】

                              前事業年度                 当事業年度
          項目              (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                           至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
    1有価証券の評価基準及び   (1) 子会社株式及び関連会社株式      (1) 子会社株式及び関連会社株式
      評価方法          ……移動平均法に基づく原価法       ……同左
                   (2) その他有価証券            (2) その他有価証券
                    ①時価のあるもの              ①時価のあるもの
                    ……期末日の市場価格等に基づく時     ……同左
                           価法
                    (評価差額は全部純資産直入法に
                           より処理し、売却原価は移動
                           平均法により算定)
                    ②時価のないもの              ②時価のないもの
                    ……移動平均法に基づく原価法       ……同左
    2デリバティブ等の評価基   デリバティブ                 デリバティブ
      準及び評価方法       ……時価法                ……同左
    3たな卸資産の評価基準及   販売用不動産                 販売用不動産
      び評価方法         ……個別法に基づく原価法(貸借対     ……同左
          &n