三井倉庫株式会社 有価証券報告書‐第163期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書‐第163期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

提出日:

提出者:三井倉庫株式会社

カテゴリ:有価証券報告書‐第163期(平成22年4月1日‐平成23年3月31日)

PDFビューワー表示

                                               EDINET提出書類
                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                有価証券報告書

【表紙】
【提出書類】       有価証券報告書
【根拠条文】       金融商品取引法第24条第1項
【提出先】        関東財務局長
【提出日】        平成23年6月29日
【事業年度】       第163期(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
【会社名】        三井倉庫株式会社
【英訳名】        MITSUI-SOKO Co., Ltd.
【代表者の役職氏名】   代表取締役社長田村和男
【本店の所在の場所】   東京都港区海岸三丁目22番23号
【電話番号】       03(6400)8006(代表)
【事務連絡者氏名】    経営管理部門経理部長藤井秀之
【最寄りの連絡場所】   東京都港区海岸三丁目22番23号
【電話番号】       03(6400)8006(代表)
【事務連絡者氏名】    経営管理部門経理部長藤井秀之
【縦覧に供する場所】   株式会社東京証券取引所
             (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             株式会社大阪証券取引所
             (大阪市中央区北浜一丁目8番16号)
             当社関東支社横浜支店
             (横浜市中区相生町三丁目56番1号)
             当社中部支社
             (名古屋市中区丸の内三丁目19番12号)
             当社関西支社
             (大阪市北区堂島浜一丁目4番4号)
             当社関西支社神戸支店
             (神戸市中央区磯辺通三丁目1番7号)




                    1/107
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                  三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                       有価証券報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
 1【主要な経営指標等の推移】
 (1) 連結経営指標等
         回次              第159期        第160期            第161期        第162期        第163期
        決算年月            平成19年3月      平成20年3月          平成21年3月      平成22年3月      平成23年3月
営業収益              (百万円)   102,035      104,370           99,826       88,728       96,766
経常利益              (百万円)      5,961        5,873            4,908        4,733        4,772
当期純利益             (百万円)      3,288        1,787            1,731        1,859        2,534
包括利益              (百万円)         ―                ―            ―            ―         1,352
純資産額              (百万円)     59,455       55,126           51,815       50,291       49,967
総資産額              (百万円)    138,278      139,458          165,999      169,643      184,035
1株当たり純資産額          (円)      429.32       403.17           380.26       394.37       396.61
1株当たり当期純利益         (円)       23.92        13.33            13.03        14.38        20.40
潜在株式調整後
                   (円)          ―                ―            ―            ―            ―
1株当たり当期純利益
自己資本比率             (%)        41.9             38.4         30.4         28.9         26.8
自己資本利益率            (%)         5.6              3.2          3.3          3.7          5.2
株価収益率              (倍)        32.6             43.0         29.4         24.3         15.9
営業活動による
                  (百万円)      7,640        8,179            7,555       10,226        8,104
キャッシュ・フロー
投資活動による
                  (百万円)   △18,503      △13,599          △34,277       △8,537      △17,910
キャッシュ・フロー
財務活動による
                  (百万円)     13,148        4,324           33,776          230       11,154
キャッシュ・フロー
現金及び現金同等物
                  (百万円)      8,801        7,680           14,154       16,115       17,361
の期末残高
従業員数               (名)       3,126        3,137            3,259        3,061        3,398
                           [ 462 ]      [ 490 ]          [ 526 ]      [ 570 ]      [ 725 ]
[外、嘱託等の平均臨時従業員]
(注)1営業収益には、消費税等は含まれておりません。
    2潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権付社債等潜在株式が存在しないため記載して
       おりません。




                                       2/107
                                                                                               EDINET提出書類
                                                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                                有価証券報告書
     
 (2) 提出会社の経営指標等
         回次            第159期              第160期            第161期          第162期          第163期
        決算年月          平成19年3月            平成20年3月          平成21年3月        平成22年3月        平成23年3月
営業収益            (百万円)    77,640             77,270           72,811         67,592         72,917
経常利益              (百万円)         4,065          5,224            4,312          4,206          3,372
当期純利益             (百万円)         2,233               848         1,714          1,671          1,396
資本金               (百万円)        11,100         11,100           11,100         11,100         11,100
発行済株式総数            (株)    139,415,013    139,415,013      139,415,013    124,415,013    124,415,013
純資産額              (百万円)        52,967         47,887           46,231         44,224         43,825
総資産額              (百万円)       122,229        120,948          151,094        154,947        166,514
1株当たり純資産額          (円)         392.65         360.35           347.91         356.09         352.88
1株当たり配当額           (円)           8.00           8.00             9.00           9.00           9.00
(内1株当たり中間配当額)      (円)          (4.00)         (4.00)           (4.50)         (4.50)         (4.50)
1株当たり当期純利益         (円)          16.24              6.33         12.90          12.93          11.24
潜在株式調整後
                   (円)             ―                 ―             ―              ―              ―
1株当たり当期純利益
自己資本比率             (%)           43.3              39.6          30.6           28.5           26.3
自己資本利益率            (%)            4.1               1.7           3.6            3.7            3.2
株価収益率              (倍)           48.0              90.5          29.7           27.1           28.8
配当性向               (%)           49.3          126.4             69.7           69.6           80.0
従業員数               (名)           712                710           727            719           725
                              [ 82 ]                                          [ 90 ]       [ 111 ]
[外、嘱託等の平均臨時従業員]
(注)1営業収益には、消費税等は含まれておりません。
    2潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権付社債等潜在株式が存在しないため記載して
       おりません。
    3臨時従業員数の平均雇用人数については、従業員数の100分の10未満であった場合には記載しておりません。
    




                                           3/107
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                    有価証券報告書
2【沿革】
明治42年10月11日   三井銀行倉庫部より「東神倉庫株式会社」として分離独立、本店を東京に、支店を東京、神戸、門司
              に設置
大正2年          横浜派出開業(大正12年横浜支店となる)
大正6年8月        神戸桟橋会社の海上業務を買収し、港湾運送事業に進出
大正7年1月        大阪倉庫会社を買収、大阪支店として営業を開始
大正11年9月       名古屋出張所設置(昭和12年名古屋支店となる)
昭和17年3月       社名を「三井倉庫株式会社」と改称
昭和19年         戦時体制下に発足した「日本倉庫統制㈱」に各地の主要施設を供出
昭和20年         日本倉庫統制㈱から供出施設及び業務の返還を受け、各支店とも営業を再開
昭和23年7月       大阪に「大正運輸㈱」設立(昭和42年現社名の「三井倉庫港運㈱」に改称)(現・連結子会社)
昭和25年4月       東京証券取引所に株式を上場
昭和25年8月       福井に「是則倉庫運輸㈱」設立(昭和41年「福井三則倉庫運輸㈱」と改称、平成4年現社名の
              「㈱ミツノリ」に改称)(現・連結子会社)
昭和36年3月       北海道釧路に「北海三井倉庫㈱」を設立(現・連結子会社)
昭和41年8月       自動車運送取扱業を開始
昭和43年3月       海上コンテナの取扱いと国内におけるコンテナ・ターミナルの運営を開始
昭和44年4月       貨物自動車運送業の免許取得、コンテナのトラック輸送開始
昭和52年12月      本店に国際部、プラント部設置、国際運送業務を本格展開
昭和54年8月       シンガポールに「Mitsui-Soko (Singapore) Pte. Ltd.」設立(現・連結子会社)
昭和57年6月       IATA航空貨物代理店資格取得、航空貨物取扱業務を本格化
昭和57年12月      米国・ニューヨークに「Mitsui-Soko (U. S. A.) Inc.」設立(現・連結子会社)
昭和59年11月      本店所在地を「東京都中央区日本橋箱崎町」から「中央区日本橋茅場町一丁目」に移転
昭和61年11月      ビッグバッグ業務(トランクルーム保管、引越等の非商品対象業務)を開始
昭和63年6月       シンガポールに「Mitsui-Soko International Pte. Ltd.」設立(現・連結子会社)
平成元年3月        「三井倉庫箱崎ビル」竣工、不動産賃貸業務を本格展開
平成4年1月        本支店制を廃止し、本支社制(本社各部及び関東、中部、関西、九州各支社)とする
平成6年4月        オランダに「Mitsui-Soko(Europe)B.V.」設立(現・連結子会社)
平成12年7月       ㈱サン・コンピュータ・サイエンス(昭和45年千代田ビジネスデザイン㈱として設立、昭和54年
              改称)が子会社2社の業務を統合し、㈱サン・ビジネスサポートとして発足
平成13年4月       九州支社を「三井倉庫九州㈱」として分社(現・連結子会社)
平成14年6月       本店所在地を「東京都中央区日本橋茅場町一丁目」から「東京都港区海岸三丁目」に移転
平成16年4月       執行役員制度導入
平成18年4月       本社関係子会社を再編し、㈱サン・ビジネスサポートを三井倉庫ファシリティーズ㈱(現・連結
              子会社)に、㈱ロジスティクス システムズ アンド ソリューションズを㈱LSS(現・連結子会
              社)と三井倉庫ビジネスパートナーズ㈱(現・連結子会社)とする
              本社にBPO事業推進部を設置、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を本格展開
平成20年4月       本社に3PL推進部を設置、3PL事業を本格展開
平成21年10月      創立100周年を迎える
平成21年12月      自己株式1,500万株を消却(発行済株式総数を124,415,013株に減少)
平成22年1月       関西支社本部を大阪に移転し、神戸支店を新設
平成22年4月       全社組織を改編し、事業部門制度を導入
平成23年3月      ジェイティービーエアカーゴ㈱の全株式を取得し、㈱三井倉庫エアカーゴに改称




                                   4/107
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                               有価証券報告書
3【事業の内容】
当社グループは、当社、子会社54社及び関連会社9社で構成され、その業務は倉庫保管・荷役、港湾作業、国内運送及
び国際運送等の物流の各機能を有機的・効率的に顧客に提供する物流関連の各事業とビル賃貸業を中心とする不動
産事業であります。
当社グループの事業に係る位置付け及びセグメント情報との関連は、次のとおりであります。
(主な関係会社の社名の頭に付した○印は連結子会社、※印は持分法適用関連会社であります)
  1)国内物流事業 ;国内において一般事業者を対象に倉庫保管、国内運送、流通加工などの様々な物流サービス
             を提供する事業であります。
            <主な関係会社>
              ○北海三井倉庫㈱、○アイエムエキスプレス㈱、○三倉㈱、○サンソー港運㈱、
              ○三栄㈱、○三興陸運㈱、○三井倉庫港運㈱、○㈱サン・トランスポート、
              ○㈱ミツノリ、○三井倉庫九州㈱、※森吉通運㈱、※板橋商事㈱
  2)港湾運送事業 ;船会社を主な顧客として港湾作業・運送サービスを提供する事業であります。
            <主な関係会社>
              ○三井倉庫港運㈱、○神戸サンソー港運㈱、○三井倉庫九州㈱、○井友港運㈱
  3)グローバルネッ ;海外現地法人による物流サービスを提供する事業であります。
    トワーク事業
            <主な関係会社>
              ○Mitsui-Soko(U.S.A.)Inc.、
              ○Mitsui-Soko International Pte.Ltd.、○Mitsui-Soko(Singapore)Pte.Ltd.、
              ○Mitex Logistics(Shanghai)Co.,Ltd.、○Mitex International(H.K.)Ltd.、
              ○Mitsui-Soko(Malaysia)Sdn.Bhd.、○Mitsui-Soko(Europe)B.V.
  4)その他物流事業 ;航空貨物の混載輸送及び付随する物流サービスを提供する航空事業、顧客が自ら行ってい
             る業務プロセスのすべてもしくは一部を受託し運営・管理を代行するBPO事業、並びに
             サードパーティーロジスティクスによるSCM支援サービスや複合一貫輸送サービスを提
             供するロジスティクスシステム事業を集約したものであります。
            <主な関係会社>
              ○㈱三井倉庫エアカーゴ、○三井倉庫ビジネスパートナーズ㈱
  5)不動産事業   ;ビル賃貸業を中心としたサービスを提供する事業であります
  6)その他     ;上記各事業に付帯関連する業務で子会社の金融事業、施設管理事業、情報システム事業等で
             あります。
            <主な関係会社>
              ○㈱LSS、○三井倉庫ファシリティーズ㈱、
              ○㈱サン・キャピタル アンド アカウンティング、




                                        5/107
                                        EDINET提出書類
                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                         有価証券報告書
以上述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。




                          6/107
                                                                                            EDINET提出書類
                                                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                             有価証券報告書
 4【関係会社の状況】
                                        資本金又は                          議決権の
                                                        主要な事業の
         名称                    住所        出資金                           所有割合           関係内容
                                                          内容
                                        (百万円)                           (%)
(連結子会社)
                                                         その他物流
三井倉庫ビジネスパート                                                                       当社情報管理サービス業務
                          東京都港区                  100                       100
ナーズ㈱                                                                              の請負
                                                           事業
                                                         その他物流
㈱三井倉庫エアカーゴ                東京都中央区                 400                       100    当社国際運送業務の請負
                                                           事業
                                                                                  当社倉庫荷役並びに港湾荷
サンソー港運㈱                   名古屋市港区                  90    国内物流事業             100
                                                                                  役業務の請負
                          愛知県
三興陸運㈱                                             50           〃           100    当社国内運送業務の請負
                          北名古屋市
㈱ミツノリ                    福井県福井市                 123           〃           100    当社国内運送業務の請負
                                                        国内物流事業
三井倉庫港運㈱                   大阪市港区                  150                       100    当社港湾運送業務の請負
                                                        港湾運送事業
                                                               〃                  当社港湾運送並びに倉庫荷
神戸サンソー港運㈱                 神戸市中央区                  90                       100
                                                                                  役業務の請負
                                                               〃
                                                               〃                  当社倉庫施設の賃借、債務
三井倉庫九州㈱                   福岡市東区                1,000                       100
                                                                                  保証
                                                               〃
                          北九州市                                             100    三井倉庫九州㈱港湾荷役業
井友港運㈱          (注)4                               48    港湾運送事業
                          門司区                                            (12.5)   務の請負
                                                         グローバル
Mitsui-Soko                             US$
                          米国                                                      当社国際運送業務の現地に
(U.S.A.)Inc.                                            ネットワーク             100
                          ニューヨーク                                                  おける取扱い
                                              2,000万
               (注)5                                       事業
Mitsui-Soko
                                        S$                                        東南アジア地区における当
International             シンガポール                               〃           100
                                              1,110万                              社関係会社の統括
Pte.Ltd.
Mitsui-Soko
                                        S$                                 100
(Singapore)                                                                       当社国際運送業務の現地に
                          シンガポール                               〃
Pte.Ltd.                                                                          おける取扱い
                                                10万                       (100)
                (注)4
Mitex International(H.                  HK$                                100    当社国際運送業務の現地に
K.)Ltd.                   香港                                   〃
                                                                                  おける取扱い
                                              2,730万                     (14.7)
                (注)4
                                        EUR
Mitsui-Soko               オランダ                                                    当社国際運送業務の現地に
                                                               〃           100
(Europe)B.V.              ロッテルダム                                                  おける取扱い、債務保証
                                               250万
Mitex
                                        RMB                                100
Logistics(Shanghai)Co.,   中国                                                      当社国際運送業務の現地に
                                                               〃
Ltd.                      上海                                                      おける取扱い
                                          1,522万                        (100)
                (注)4
三井倉庫ファシリティーズ
                          東京都港区                  100       その他             100    当社委託業務の請負

その他33社                              ―             ―                ―        ―          ―
 (持分法適用関連会社)
森吉通運㈱                     愛知県一宮市                  40   国内物流事業               20    当社国内運送業務の請負
その他5社                               ―             ―                ―        ―          ―
(注)1主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
   2有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
   3営業収益(連結会社相互間の内部営業収益を除く)の連結営業収益に占める割合が10%を超える会社はありま
      せん。
   4議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
   5特定子会社に該当しております。
   




                                                       7/107
                                                                              EDINET提出書類
                                                                          三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                               有価証券報告書
    5【従業員の状況】
     (1) 連結会社の状況
                                                             平成23年3月31日現在
                      セグメントの名称                        従業員数(人)
    国内物流事業                                                  1,238 [377]
    港湾運送事業                                                    218  [18]
    グローバルネットワーク事業                                            1,305    [151]
    その他物流事業                                                     386   [122]
    不動産事業                                                        10    [3]
    報告セグメント計                                                3,157    [671]
    その他                                                          81   [25]
    全社(共通)                                                      160   [29]
                         合計                                  3,398    [725]
(注)1従業員数は就業人員であり、嘱託等の臨時従業員は、[ ]内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しており
       ます。
    2全社(共通)として記載されている従業員数は、連結財務諸表提出会社の管理部門に所属しているものであ
       ります。
    3従業員数が前連結会計年度末に比べ337名増加しましたのは、㈱三井倉庫エアカーゴの全株式を取得したこと
       等によるものです。

     (2) 提出会社の状況
                                                             平成23年3月31日現在
      従業員数(人)                 平均年齢(歳)         平均勤続年数(年)     平均年間給与(千円)
          725 [111]                 39.1             14.9                 7,122

                      セグメントの名称                        従業員数(人)
    国内物流事業                                                      336   [49]
    港湾運送事業                                                      124   [18]
    グローバルネットワーク事業                                                48    [6]
    その他物流事業                                                      50    [6]
    不動産事業                                                         7    [3]
    報告セグメント計                                                   565   [82]
    全社(共通)                                                      160   [29]
                         合計                                     725   [111]
(注)1従業員数は就業人員であり、嘱託等の臨時従業員は、[ ]内に当事業年度の平均人員を外数で記載しておりま
       す。
    2上記の他、休職出向者(58名)が在籍しております。
    3平均年齢及び平均勤続年数は、休職出向者を含めて算出しております。
    4平均年間給与は、休職出向者分を含めており、賞与及び基準外賃金を含んでおります(単位未満切捨て)。
    5全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
    6最近1年間において、提出会社の従業員数に著しい増減はありません。

     (3) 労働組合の状況
       当社(提出会社)の労働組合は、三井倉庫労働組合と称し、平成23年3月31日現在の所属組合員数は620名であり
       ます。同組合は昭和21年12月に三井倉庫従業員組合として発足、昭和29年7月に現名称に改称しております。
       会社と同組合は、労働協約に基づき労使協議会を設置し、従業員の労働条件に関する事項、人事に関する基本的事
       項等について協議決定し、労使協調して円満に運営しております。
       平成23年3月31日現在、同組合との間における特記事項等はありません。
       なお、同組合は、全日本倉庫運輸労働組合同盟に加入しております。




                                           8/107
                                                        EDINET提出書類
                                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                                         有価証券報告書

第2【事業の状況】
1【業績等の概要】
 (1) 業績
  ①全般の概況
       当期におけるわが国経済は、昨年8月まで前年に比べ2桁のプラスが継続していた鉱工業生産指数が9月以降
     は1桁に留まり、また本年3月には東日本大震災の影響もありマイナスに転じるなど、依然、本格的な回復にはほ
     ど遠い状況が続いており、今後、さらに生産や消費の低迷が懸念される状況となっております。
     物流業界におきましても、期初来前年同月を上回っていた普通倉庫21社統計1∼3類倉庫の入庫トン数なら
     びに回転率が昨年10月にマイナスに転じるなど、下期に入り回復のペースに鈍化が見られるようになってきま
     した。
     こうした経済環境の中、当期の当社グループの業績は、物流においては、国内物流事業は輸出入貨物を中心に荷
     動きが回復したことなどから前期に比べ営業収益は増加したものの保管残高の減少などから営業利益は減少し
     ました。一方、港湾運送事業、グローバルネットワーク事業は海外経済の復調を受け、前期に比べ営業収益、営業利
     益とも増加となりました。また、不動産事業は前期及び当期に取得した賃貸施設の寄与により前期に比べ営業収
     益は増加したものの、減価償却負担などもあり営業利益は減少となりました。
     これらの結果、連結営業収益は前期に比べ80億37百万円増の967億66百万円、連結営業利益は同5百万
     円増の65億48百万円となり、連結経常利益は同39百万円増の47億72百万円となりました。また連結子
     会社の清算結了等に伴う税負担の減少や当期発生した負ののれんを一括で償却したことなどにより連結当期純
     利益は同6億75百万円増の25億34百万円となりました。


 ②セグメントの概況
   (イ)国内物流事業
     国内において一般事業者を対象に倉庫保管、国内運送、流通加工などの様々な物流サービスを提供する国内物
     流事業においては、輸出入貨物を中心とした荷動きの回復に伴いコンテナ運送、一般貨物運送、及び船積みなど
     の業務が伸張した結果、営業収益は502億28百万円(前期比20億61百万円増)となったものの、顧客
     の在庫圧縮の動きが継続し保管残高が低調に推移したこともあり、営業利益は37億44百万円(同1億26
     百万円減)となりました。
   (ロ)港湾運送事業
     船会社を主な顧客として港湾作業・運送サービスを提供する港湾運送事業においては、既存顧客船社の取扱
     量の増加に加え、中国航路における新規船社の獲得や既存顧客船社の航路増設などもあったことからコンテナ
     ターミナル作業の取扱が好調に推移した結果、営業収益は132億26百万円(前期比22億80百万円増)
     となり、営業利益は11億28百万円(同5億95百万円増)となりました。
   (ハ)グローバルネットワーク事業
     海外現地法人による物流サービスを提供するグローバルネットワーク事業においては、海外経済の回復に伴
    い欧米、東南アジア、北東アジア各地域の現地法人の業績が全般的に回復していることを受け営業収益は13
    4億46百万円(前期比8億71百万円増)となり、営業利益は1億17百万円(同4億31百万円増)とな
    りました。
  (ニ)その他物流事業
    その他物流事業は、航空貨物の混載輸送及び付随する物流サービスを提供する航空事業、顧客が自ら行ってい
    る業務プロセスのすべてもしくは一部を受託し運営・管理を代行するBPO事業、並びにサードパーティロジ
    スティクスによるSCM支援サービスや複合一貫輸送サービスを提供するロジスティクスシステム事業から
    構成されております。
    航空事業においては、本年3月、国際貨物輸送事業のさらなる拡充・強化を目指し株式会社ジェイティービー
    より同社の国際貨物輸送事業を営む完全子会社であるジェイティービーエアカーゴ株式会社(現株式会社三
    井倉庫エアカーゴ)の全株式を譲り受け、BPO事業においては昨年7月、仙台にBPOセンターを開設し、本
    年1月には三井倉庫レコードセンター別館(東京都町田市)を稼動させ、また、ロジスティクスシステム事業
    においては、治験薬の保管・配送業務を推進するなど、引き続き、事業領域の拡大に努めております。その結果、
    営業収益は105億47百万円(前期比28億59百万円増)となりましたが、各事業において新規業務に係
    る初期費用の発生等もあり、営業損失(のれん償却前)は6億66百万円(同5億62百万円の損失の増)と
    なりました。




                            9/107
                                                        EDINET提出書類
                                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                                         有価証券報告書
    (ホ)不動産事業
       不動産賃貸事業は、賃貸施設の稼働率の向上などが寄与し、営業収益は125億38百万円(前期比3億3百
       万円増)となったものの、第1四半期に取得した賃貸用施設に係る減価償却負担などもあり営業利益は75億
       22百万円(同82百万円減)となりました。
       
(2) キャッシュ・フローの状況
     当期の営業活動によるキャッシュ・フローは、81億4百万円の収入となり、法人税等の支払額の増加や売上債
     権の増加などにより、前期比21億22百万円の減少となりました。投資活動によるキャッシュ・フローは、賃貸
     用大型物流施設等の取得により、179億10百万円の支出となり、前期比93億72百万円の支出の増加とな
     りました。また、財務活動によるキャッシュ・フローは、社債の発行による収入等により、111億54百万円の
     収入となり、前期比109億24百万円の収入の増加となりました。
     以上の結果、現金及び現金同等物期末残高は、前期末に比べ12億45百万円増の173億61百万円となりま
     した。
  




                           10/107
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                              有価証券報告書
 2【生産、受注及び販売の状況】
    当社グループの主たる事業は、国内において一般事業者を対象に倉庫保管、国内運送、流通加工などの様々な物流
    サービスを提供する国内物流事業、船会社を主な顧客として港湾作業・運送サービスを提供する港湾運送事業、海
    外現地法人による物流サービスや複合一貫輸送サービスを提供するグローバルネットワーク事業及びこれらに含
    まれないその他物流事業、並びにビル賃貸を中心とする不動産事業であります。
    役務の提供を主体とする事業の性格上、生産、受注及び販売の実績を区分して把握することは困難でありますの
    で、これに代えて、セグメント毎の主要業務の営業収益及び取扱高等を示すと、次のとおりであります。
  (1)セグメント毎の主要業務の営業収益
                                                  営業収益(百万円)
                                            前連結会計年度                 当連結会計期間
   セグメントの名称             主要業務
                                         (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日
                                          至平成22年3月31日)           至平成23年3月31日)
                倉庫保管                               10,869                  10,164
                倉庫荷役                                4,547                   4,602
国内物流事業
                国内運送                               20,044                  22,032
                その他                                12,704                  13,428
                コンテナターミナル作業                         8,498                  10,039
港湾運送事業
                その他                                 2,447                   3,187
              倉庫保管                                  2,171                   2,090
グローバルネットワーク事業 倉庫荷役                                 3,287                   3,594
              その他                                   7,115                   7,761
その他物流事業         −                                   7,688                  10,547
不動産事業           不動産賃貸業務                            12,235                  12,538
              合計                                   91,611                  99,987
(注)1セグメント間の内部振替前の数値によっております。
    2上記金額には、消費税等は含まれておりません。

  (2)セグメント毎の主要業務の取扱高等
                                                 取扱高等
                                               前連結会計期間               当連結会計期間
   セグメントの名称        主要業務
                               区分           (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                                             至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
                          保管残高(千トン)                        509                489
                          (数量・月末平均)
                倉庫保管
                                                          31.1               31.9
                          貨物回転率(%)
国内物流事業
                          入庫高(千トン)                    1,883                 1,874
                倉庫荷役
                          出庫高(千トン)                    1,941                 1,876
                国内運送     取扱高(千トン)                   10,997                10,267
                コンテナ
港湾運送事業                    取扱高(千トン)                   21,343                26,984
                ターミナル作業
                          保管残高(千トン)                        369                265
                          (数量・月末平均)
                倉庫保管
                                                          42.6               78.5
                          貨物回転率(%)
グローバルネットワーク事業
                          入庫高(千トン)                    1,818                 2,487
                倉庫荷役
                          出庫高(千トン)                    2,062                 2,516
不動産事業           不動産賃貸業務   賃貸面積(千㎡)                         287                284
(注)1国内物流事業、港湾運送事業、グローバルネットワーク事業のその他の取扱高については、各業務の作業形態に
       応じトン数建て、個数建て等によっているため、その記載を省略しております。
              (年間入庫高+年間出庫高)×1/2
    2貨物回転率=                    × 100
                  月末保管残高年間合計




                                11/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
3【対処すべき課題】
(1) 対処すべき課題の内容
  当社は、2008年9月に顕在化した金融危機に端を発する世界的な景気後退の影響による物流事業部門の落ち込
みを受け、本業である物流事業の収益を再び拡大基調に戻し企業成長力の回復を図るため、2011年3月期を初年
度、2013年3月期を最終年度とする新たな中期経営計画「新成長戦略@2010」(昨年8月5日公表)を策定い
たしました。この中期経営計画は、既存物流事業の業務構造変革による競争力の強化と、新たな物流事業の創生による
収益源の確保を目指すものです。
    
「新成長戦略@2010」の事業方針、事業運営の基本方針、数値目標は以下のとおりです。
    〈事業方針〉
      景気回復など外部環境の好転という不確定要素に頼ることなく、市場・顧客のニーズを的確にとらえた魅力あ
      るサービスを国内外のマーケットに投入していくことで、業績の着実な伸長と持続的な企業価値向上を図りま
      す。
    〈事業運営の基本方針〉
      ①従来手法からの抜本的な転換による国内物流事業、港湾運送事業の収益基盤の強化
      ②今後の成長の源泉となる事業の育成
      ③経営資源配分の徹底した集中と選択の実施
      ④市場環境の変化に対応する健全な財務体質の確保
  
    (数値目標)
               <2013年3月期(最終年度)>
    売上高                      1,000億円
    営業利益                        90億円
    ROE                             8.0%


 本年3月に発生した東日本大震災の影響も懸念される中で、当社を取り巻く事業環境は依然として厳しいものがあ
りますが、当社としては、「新成長戦略@2010」の達成に向け、全力で取り組んでまいります。


(2) 株式会社の支配に関する基本方針について
  会社の経営方針の決定を支配することが可能な量の株式を保有する株主についての基本的な対処方針に関して、
  当社は、そのような量の株式を保有しようとする者を許容するか否かは最終的には株主の皆様の判断に委ねられる
  べきと考えております。従って、新株予約権をあらかじめ発行する防衛策等のいわゆる買収防衛策の導入は現時点
  では予定しておりません。
  当社の企業価値・株主共同の利益の確保または向上にとって不適切な者による当社の買収が試みられようとした
  場合には、多くの株主または投資家の皆様にとって好ましくない結果がもたらされることを防止する必要があるた
  め、株主の皆様から負託された者の責務として、当社取締役会はこれを防止するための適切な措置をとります。その
  場合には、当該買付者の事業内容および将来の事業計画並びに過去の投資行動等から、社内に設置する「企業価値
  向上委員会」(当社社外取締役・社外監査役で構成)が、当該買付行為または買収提案の当社企業価値・株主共同
  の利益への影響等を、独立した立場で慎重に調査・検討します。この結果を踏まえ、取締役会は、十分な審議をおこ
  ない、企業価値・株主共同の利益の観点から、株主の皆様にとっての最善策について結論を出すことといたします。




                           12/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
4【事業等のリスク】
当社グループは、日本、北米、欧州、北東アジア、東南アジアを中心に物流事業を行い、また日本において不動産事業を
行っておりますが、これらの事業活動に影響を及ぼす可能性があると考えられる主なリスクには、以下のようなもの
があります。
なお、下記は当社グループの事業その他に関し、有価証券報告書提出日(平成23年6月29日)現在において予想され
る主なリスクを具体的に例示したものであり、ここに記載されたものが当社グループの全てのリスクではありませ
ん。


(1) 経済環境の変化
  当社グループの主たる事業である物流事業において、荷動きは、世界各国の景気動向の影響を受けますし、また社
  会情勢の不安定化によって影響を被る可能性があります。特に、主要な輸出入国である北米、欧州、日本、中国及び東
  南アジアの景気後退及びそれに伴う需要の縮小は、在庫の減少、域内運送の減少、国際間輸送の減少や価格競争の激
  しいマーケットにおける収受料金の下落を招く可能性があります。
  また、不動産事業においては、主な物件が首都圏に位置しており、特に首都圏の賃貸オフィス市場の需給バランス
  や市況動向の影響を受ける可能性があります。
(2) 公的規制の変化
  当社グループは、事業を展開しております各国において、事業・投資の許可を始め、保管、作業、運送、通商、独占禁
  止、租税、為替管理、環境、各種安全管理等の法的規制の適用を受けております。これらの規制を遵守するためコスト
  増加となる可能性があります。また、遵守できなかった場合は、当社グループの活動が制限され、事業及び財務状況
  に悪影響を及ぼす可能性があります。
(3) 為替レートの変動
  当社グループの物流事業の売上の内、国際間輸送では、US$建ての海上運賃、航空運賃が多くを占めております。
  従いまして、円建ての連結損益計算書では、円高は売上高の減少となります。
  また、海外の連結子会社の売上高、費用、資産を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のために円貨換算さ
  れております。換算時の為替レートにより、これらの項目は元の現地通貨による価値が変わらなかったとしても、計
  上する円貨換算額が変動する可能性があります。
(4) 国際的活動及び海外進出に潜在するリスク
  当社グループは、北米、欧州、中国を始めとする北東アジア及び東南アジアで事業活動を行っておりますが、これら
  の地域への進出には以下に掲げるようなリスクが内在しております。
  ①予期できない法律または規制の変更
  ②事業活動に不利な政治または経済要因の発生
  ③未整備な社会インフラによる影響
  ④税制等の変更
  ⑤戦争、テロ、伝染病、その他の要因による社会的混乱
(5) 災害や社会インフラの障害等の発生
  当社グループでは、災害の発生等に備えて損害を最小限に留めるために、日常点検・整備の実施、発生時の対応マ
  ニュアルの作成・更新、事前の訓練等必要な措置を講じておりますが、地震、風水害等の災害の発生、あるいは停電、
  通信回線の不通等の障害の発生による被害を完全に防止できる保証はありません。これらの被害が発生した場合、
  業績及び財務状況に悪影響を与える可能性があります。
  また、当社グループは、情報システム技術を利用して、顧客に物流情報等を提供しておりますが、災害、障害、あるい
 は事故、犯罪等の発生により、これらの情報提供サービスに支障が発生する可能性があります。




                           13/107
                                                         EDINET提出書類
                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                          有価証券報告書
(6) 顧客等の情報管理
  当社グループは、物流業務あるいはBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)業務において、顧客等の情
  報を取扱っております。
  当社グループ会社では、情報管理が適切に行われている事業者として、財団法人日本品質保証機構よりISO/I
  EC27001に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)」の認証登録を受けたほか、財団
  法人日本情報処理開発協会より「プライバシーマーク」の使用許可証の交付を受けるなど、情報セキュリティ管理
  体制の維持・向上、コンプライアンスの強化、社員教育の徹底を図り、リスク発生を予防する一方で、リスク発生時
  の影響を軽減する対応策を講じております。
  しかしながら、情報の外部漏洩やデータ喪失等の事態が生じた場合、当社グループの社会的信用の低下を招くだけ
  でなく、損害賠償請求を受ける可能性があります。
(7) 金利の変動
  当社グループは、海外におきましては、事業リスクを軽減するためにノン・アセット型の事業展開を中心にしてお
  ります。一方、日本におきましては、物流という社会インフラを支える企業の使命として、安定的に事業を継続する
  ために、必要な設備の新規投資や更新を行っております。有利子負債の適正水準維持に努めるとともに、必要な設備
  資金及び運転資金は主として外部借入により調達しております。
  固定金利による長期の安定的な資金調達を中心としておりますが、一部の変動金利で調達している資金につきま
  しては金利変動の影響を受けることとなります。また、金利の変動により、将来の資金調達コストが影響を受ける可
  能性があります。
(8) 保有資産の時価の変動
  保有資産の時価が大幅に下落し、かつ当該資産から充分なキャッシュ・フローが見込めない場合には、減損が発生
  する可能性があります。
  また、投資有価証券に関しましても、時価のあるものにつきましては時価が30%以上下落した場合に減損計上し、
  時価のないものにつきましては当該会社の純資産価額が50%以上下落した場合に減損処理しておりますので、将来
  の株式市場の変化または投資先の財務状況の悪化により減損が発生する可能性があります。
(9) 退職給付債務
  当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待運
  用収益率に基づいて算出されております。実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合、
  その影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、将来の各事業年度の費用及び債務に影響を及ぼし
  ます。
  また、当社は、退職給付会計が導入された平成13年3月期に退職給付信託の設定を行っており、毎期末の信託して
  いる株式の時価の変動により発生する数理計算上の差異につきましても、将来にわたって規則的に認識しておりま
  す。
  従いまして、割引率の低下、運用利回りの悪化、あるいは信託株式の時価の低下は、当社グループの業績と財務状況
  に悪影響を及ぼす可能性があります。


5【経営上の重要な契約等】
    当連結会計年度において、新たに締結した重要な契約は次のとおりであります。
      当社は、株式会社ジェイティービーとの間で、国際貨物輸送事業を営む完全子会社ジェイティービーエアカーゴ
    株式会社の株式譲渡譲受について協議を行い、同社の全株式を平成23年3月1日に取得する株式譲渡契約書を平成
    22年11月26日付けで締結いたしました。
     この詳細については、「第5 経理の状況1[連結財務諸表等][注記事項](企業結合等関係)」に記載しており
    ます。

6【研究開発活動】
該当事項はありません。




                             14/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成23年6月29日)現在において当社グループが判断
したものであります。


(1) 重要な会計方針及び見積り
  当社の連結財務諸表は日本の金融商品取引法の規定に従って作成されており、財政状態及び経営成績に関する以
  下の分析が行われております。
  当社経営陣は連結財務諸表の作成に際し、決算日における資産・負債の報告数値及び偶発債務の開示、並びに報告
  期間における収益・費用の報告数値に影響を与える見積り及び評価を行わなければなりません。経営陣は、貸倒れ、
  有価証券、法人税等、財務活動、退職金、偶発事象、訴訟等に関する見積り及び判断に対して、継続して評価を行って
  おります。経営陣は、過去の実績や現在の状況に応じ、合理的と考えられる基準・要因に基づき、見積り及び判断を
  行い、その結果は、他の方法では判定しにくい資産・負債の簿価及び収益・費用の報告数値についての判断基礎と
  なります。但し、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
  当社経営陣は、特に以下の重要な会計方針が、当社の連結財務諸表の作成において使用される当社の重要な見積り
  と判断に大きな影響を及ぼすと考えております。
  ①貸倒引当金
      当社グループは、顧客の支払不能時に発生する損失の見積額について、貸倒引当金を計上しております。顧客の
    財務状態が悪化し、その支払能力が低下した場合、追加引当が必要となる可能性があります。
  ②有価証券の減損
    当社グループは、長期的な取引関係の維持のために、特定の顧客及び金融機関に対する少数持分を所有しており
    ます。これらの株式には価格変動性が高い上場会社の株式と、株価の決定が困難な非上場会社の株式があります。
    当社は、上場会社については期末の株価が取得価額より30%以上下落した場合に減損を行います。非上場会社に
    ついては当該会社の純資産価額が50%以上下落した場合に減損しております。将来の株式市場の悪化または投資
    先の財務状態の悪化により、現在の簿価に反映されていない損失または簿価の回収不能が発生した場合、評価損
    の計上が必要となる可能性があります。
  ③繰延税金資産
    当社グループは、繰延税金資産について、実現可能性が高いと考えられる金額へ減額するために評価性引当額を
    計上しております。評価性引当額の必要性を評価するにあたっては、将来の課税所得及び実現可能性の高い継続
    的な税務計画を検討しますが、繰延税金資産の全部又は一部を将来回収できないと判断した場合、当該判断を
    行った期間に法人税等調整額を費用として計上いたします。同様に、計上金額を上回る繰延税金資産を今後回収
    できると判断した場合、法人税等調整額の増加により当該判断を行った期間に利益を増加させることになりま
    す。
  ④退職給付費用
    従業員退職給付費用及び債務は、数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されております。これらの前
    提条件には、割引率、将来の退職金見込み額、退職率、直近の統計数値に基づいて算出される死亡率及び年金資産
    の期待運用収益率などが含まれます。
    割引率は、日本の国債の市場利回りを基礎に、従業員の在籍年数を勘案して算出しております。期待運用収益率
    は、年金資産が投資されている資産の種類ごとの長期期待収益率の加重平均に基づいて算出しております。実際
    の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合、その影響は累積され、将来にわたって規則的
    に認識されるため、一般的には将来期間において認識される費用および計上される債務に影響を及ぼします。
  また、当社は、退職給付会計が導入された平成13年3月期に退職給付信託の設定を行っており、毎期末の信託し
  ている株式の時価の変動により発生する数理計算上の差異につきましても、将来にわたって規則的に認識される
  ため、一般的には将来期間において認識される費用に影響を及ぼします。
  当連結会計年度においては、数理計算上の差異の償却額が57百万円の利益として計上されております。




                           15/107
                                                              EDINET提出書類
                                                          三井倉庫株式会社(E04284)
                                                               有価証券報告書
(2) 業績報告
  ①概要
    当連結会計年度は、厳しい事業環境の中、営業収益は前連結会計年度に比べ9.1%増収の967億66百万円、営
    業利益は0.1%増益の65億48百万円、経常利益は0.8%増益の47億72百万円、当期純利益は36.3%増益の2
    5億34百万円となりました。
  ②為替変動の影響
    当連結会計年度の外国為替平均換算レートは、主な通貨である対米ドルが前連結会計年度に比べ5円82銭円
    高の87円69銭となりました。この為替レートの変動により、営業収益は8億25百万円減少したと試算され
    ます。
  ③営業収益
    営業収益は前連結会計年度に比べ、80億37百万円(9.1%)増収の967億66百万円となりました。
    セグメントごとでは、国内物流事業は前連結会計年度に比べ、20億61百万円(4.3%)増収の502億28百
    万円、港湾運送事業は同22億80百万円(20.8%)増収の132億26百万円、グローバルネットワーク事業は
    同8億71百万円(6.9%)増収の134億46百万円、その他物流事業は同28億59百万円(37.2%)増収の
    105億47百万円、不動産事業は同3億3百万円(2.5%)増収の125億38百万円となりました。
  ④営業原価、販売費及び一般管理費
    営業原価は営業収益の増加に伴い、前連結会計年度より77億50百万円(10.3%)増加し、833億41百万
    円となり、営業収益に対する営業原価の比率は0.9ポイント増加して86.1%となっております。
    販売費及び一般管理費は新規業務に係る初期費用の発生等もあり前連結会計年度より2億82百万円増加し、
    68億76百万円となりました。
  ⑤営業利益
    営業利益は、営業収益における増加額が営業原価、販売費及び一般管理費の増加額を上回ったことにより、前連
  結会計年度に比べ、5百万円(0.1%)増益の65億48百万円となりました。
  セグメントごとでは、国内物流事業は前連結会計年度に比べ、1億26百万円(3.3%)減益の37億44百万
  円、港湾運送事業は同5億95百万円(111.6%)増益の11億28百万円、グローバルネットワーク事業は同4
  億31百万円増益の1億17百万円、その他物流事業は同5億62百万円損失の増の▲6億66百万円、不動産
  事業は同82百万円(1.1%)減益の75億22百万円となりました。
 ⑥営業外収益(費用)
  営業外収益(費用)は前連結会計年度の18億10百万円の費用(純額)から、17億76百万円の費用(純
  額)となりました。
  受取利息・配当金から支払利息を差し引いた純額は、前連結会計年度の13億2百万円の費用に対し、当連結会
  計年度は13億8百万円の費用となり、5百万円の費用増加となりました。これは、主に支払利息の増加によりま
  す。
 ⑦経常利益
  経常利益は、営業外費用の減少額が営業外収益の減少額を上回ったことにより、前連結会計年度に比べ、39百
  万円(0.8%)増益の47億72百万円となりました。
 ⑧特別利益(損失)
  特別利益(損失)は前連結会計年度の9億85百万円の損失(純額)から、9億14百万円の損失(純額)と
  なりました。これは、固定資産の売却等により13億66百万円を特別利益に計上する一方、固定資産売却損等に
  より22億80百万円を特別損失に計上したことによります。
 ⑨税金等調整前当期純利益
  税金等調整前当期純利益は、特別損失(純額)の減少により、前連結会計年度に比べ、1億9百万円(2.9%)増
  益の38億57百万円となりました。
 ⑩法人税、住民税及び事業税
  税金等調整前当期純利益に対する法人税等の実効税率は、前連結会計年度の50.2%から15.6ポイント減少し、日
  本の法定実効税率40.7%より6.1ポイント低い34.6%となりました。
  税負担率下降の理由は、評価性引当額の減少の影響等であります。
 ⑪少数株主利益(損失)
  少数株主利益(損失)は、Integrated Mits Sdn.Bhd.ほかの主に東南アジアの子会社の少数株主に帰属する利
  益(損失)からなり、前連結会計年度の8百万円の利益に対し、当連結会計年度は9百万円の損失となりました。




                               16/107
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                           有価証券報告書
     ⑫当期純利益
      当期純利益は、前連結会計年度の18億59百万円に対し、6億75百万円(36.3%)増益となり、当連結会計年
      度は25億34百万円となりました。
      1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の14円38銭に対し、6円2銭増加し、当連結会計年度は20円4
      0銭となりました。

 (3) 流動性および資金の源泉
   ①キャッシュ・フロー
     営業活動によるキャッシュ・フローは、81億4百万円の収入となり、法人税等の支払額の増加や売上債権の増
     加などにより、前期比21億22百万円の減少となりました。
     投資活動によるキャッシュ・フローは、賃貸用大型物流施設等の取得により、179億10百万円の支出とな
     り、前期比93億72百万円の支出の増加となりました。
     財務活動によるキャッシュ・フローは、社債の発行による収入等により、111億54百万円の収入となり、前
     期比109億24百万円の収入の増加となりました。
     以上の結果、現金及び現金同等物期末残高は、前期末に比べ12億45百万円増の173億61百万円となりま
     した。
   ②契約債務
     平成23年3月31日現在の契約債務の概要は以下のとおりであります。
                             年度別要支払額(百万円)
契約債務       合計    1年以内   1年超2年内 2年超3年内 3年超4年内 4年超5年内 5年超
短期借入金        965    965      ―      ―      ―      ―     ―
長期借入金     66,539   17,705   15,090        12,204      7,301   5,594      8,642
社債        41,000    5,000       ―             6,000   6,000   7,000     17,000
リース債務        699      152      159              126     110      72         77

      当社グループの第三者に対する保証は、同業者で共同出資している流通センターの銀行借入等に対する債務保
      証、従業員に対する銀行の住宅ローンに関する債務保証などであります。保証した借入金の債務不履行が保証契
      約期間に発生した場合、当社グループが代わりに弁済する義務があります。平成23年3月31日現在、当社グループ
      の債務保証に基づく将来における潜在的な要支払額の合計額は19億48百万円であります。
      このほか、情報システム機器等の調達を所有権移転外ファイナンス・リースによって行っており、これに関する
      未経過リース料が1億68百万円(1年内:93百万円、1年超:74百万円)、また一部の物流施設の調達をオ
      ペレーティング・リース取引によって行っており、これに関する未経過リース料は13億16百万円(1年内:
      5億77百万円、1年超:7億39百万円)であります。
     ③財務政策
      当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、内部資金または社債及び借入により資金調達すること
      としております。この内、借入による資金調達に関しましては、運転資金については期限が一年以内の短期借入金
      で、当社及び関係会社の一部が調達しております。これに対して、倉庫施設などの長期資金は、固定金利の社債及
      び長期借入金で調達しております。平成23年3月31日現在、長期借入金の残高は665億39百万円であり、無担
      保普通社債の残高は410億円であります。
      当社グループは、その健全な財務状態及び営業活動によりキャッシュ・フローを生み出す能力に加え、80億円
      の実行を確約していない未使用の借入枠もあり、当社グループの成長を維持するために将来必要な運転資金及び
      設備資金を調達することが可能と考えております。




                                     17/107
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                        有価証券報告書

第3【設備の状況】
 1【設備投資等の概要】
  当連結会計年度の設備投資額は、無形固定資産を含め240億69百万円(計上ベース)であります。
  セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであります。
  国内物流事業、港湾運送事業、グローバルネットワーク事業及びその他物流事業の物流関連の各事業の設備投資額
  は、47億76百万円であり、主なものは提出会社の三井倉庫レコードセンター別館(東京都町田市)の新設及び騎
  西土地の取得であります。
  不動産事業の設備投資額は、147億83百万円であり、主なものは提出会社の三郷ロジスティックセンターの取得
  であります。
  また、不動産事業において、赤坂山王センタービル(簿価62億95百万円)を売却しております。
  
 2【主要な設備の状況】
  (1) 提出会社
                                                      (平成23年3月31日現在)
                                       帳簿価額(百万円)                   従業
   事業所名     セグメント
                    設備の内容                                          員数
                          建物及び      機械装置    土地
   (所在地)     の名称                                     その他    合計
                                                                   (名)
                           構築物     及び運搬具 (面積千㎡)
                                             24,667
 本社        その他物流事業 賃貸ビル
                            25,888       58    (112)  3,956 54,570   224
 (東京都港区)   不動産事業    物流施設等
                                               [−]
                                             13,056
 関東支社      国内物流事業
                    物流施設    23,033    1,238     (96)  2,179 39,507   249
 (東京都港区)   港湾運送事業
                                              [159]
                                              1,086
 中部支社
             〃        〃      4,215      400     (87)     52  5,755   112
 (名古屋市中区)
                                              [105]
                                              7,578
 関西支社
             〃        〃      8,265      657    (122)  1,009 17,511   140
 (大阪市北区)
                                              [124]
                                                292
 九州支社
             〃        〃         82        2      (7)      0    378    −
 (福岡市東区)
                                               [−]
(注)1本社のその他には、物流関連の各事業等のソフトウェア2,895百万円を含みます。
     2上記中[外書]は、連結会社以外から賃借している土地面積(単位:千㎡)であります。
     3リース契約による賃借設備の主なものは情報システム機器であり、当期の支払リース料は90百万円でありま
        す。
     4現在休止中の主要な設備はありません。
     5上記の金額には消費税等は含まれておりません。


  (2) 国内子会社
                                                    (平成23年3月31日現在)
                                          帳簿価額(百万円)             従業
          事業所名     セグメン     設備の
  会社名                                                           員数
                                  建物及び 機械装置    土地
          (所在地)    トの名称      内容                      その他   合計
                                                                (名)
                                   構築物 及び運搬具 (面積千㎡)
          本社
                                                    941
㈱ミツノリ     (福井県    国内物流事業   物流施設        626    41           34   1,643   94
                                                    (27)
          福井市)
          本社      国内物流事業
三井倉庫                                                905
          (福岡市    港湾運送事業     〃         895   138           64   2,003   64
九州㈱                                                 (23)
          東区)     

  (3) 在外子会社
    重要な設備はありません。




                                    18/107
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                      有価証券報告書
3【設備の新設、除却等の計画】
 (1) 重要な設備の新設等
     当連結会計年度における重要な設備の新設等の計画は、次のとおりであります。
                                                 投資予定額                    着手及び完了予定
             セグメント                                               資金調達
会社名    所在地               設備の内容       目的
              の名称                                                 方法      着手       完了
                                                総額      既支払額
                     箱崎ビル
                     照明関連更新工事
       東京都           空調関連更新工事       ビル環境の      5,175    1,371   自己資金    平成22年    平成25年
提出会社         不動産事業
       中央区           バリアフリー・装飾他工事   価値向上      百万円      百万円      及び借入金    5月      3月
                     衛生関連更新工事
                     エレベータ関連更新工事
 
 (2) 重要な設備の除却等
  該当事項はありません。
 
 (3) 当事業年度中に確定した主要な計画
    該当事項はありません。




                                     19/107
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                          有価証券報告書

第4【提出会社の状況】
 1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
             種類                                           発行可能株式総数(株)
            普通株式                                                  400,000,000
                   計                                                   400,000,000


    ②【発行済株式】
            事業年度末現在       提出日現在                 上場金融商品取引所
    種類       発行数(株)       発行数(株)                名又は登録認可金融                 内容
          (平成23年3月31日) (平成23年6月29日)             商品取引業協会名
                                                                 完全議決権株式であり権利内
                                               東京証券取引所
                                                                 容に何ら限定のない当社にお
                                               (市場第一部)
  普通株式        124,415,013      124,415,013                       ける標準となる株式であり、
                                               大阪証券取引所
                                                                 単元株式数は1,000株であり
                                               (市場第一部)
                                                                 ます。
     計        124,415,013      124,415,013            ―                     ―


  (2)【新株予約権等の状況】
    該当事項はありません。


  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
    該当事項はありません。


  (4)【ライツプランの内容】
    該当事項はありません。


  (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
            発行済株式     発行済株式            資本金増減額         資本金残高       資本準備金         資本準備金
   年月日      総数増減数      総数残高                                         増減額            残高
             (千株)       (千株)             (百万円)        (百万円)        (百万円)         (百万円)
平成21年12月30日   △15,000    124,415              −         11,100          −           5,563
(注)発行済株式総数の減少は、自己株式の消却によります。


  (6)【所有者別状況】
                                                                       平成23年3月31日現在
                              株式の状況(1単元の株式数1,000株)
                                                                                  単元未満
         政府及び                             外国法人等
  区分                                                                             株式の状況
                            金融商品 その他の                             個人
         地方公共    金融機関                                                     計
                                                                                   (株)
                            取引業者   法人                            その他
                                       個人以外     個人
          団体
 株主数
            −        67    33    102    123    2  6,495   6,822    −
 (人)
 所有株式数
            −    62,186 1,321 11,657 23,163    4 25,874 124,205 210,013
 (単元)
 所有株式数
            −     50.07  1.06   9.39  18.65 0.00  20.83     100    −
 の割合(%)
(注) 1 自己株式は221,654株で、「個人その他」に221単元、「単元未満株式の状況」に654株含まれておりま
         す。なお、期末日現在の実質的な所有株式数は221,654株であります。
2上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。





                                             20/107
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                       三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                            有価証券報告書
      (7)【大株主の状況】
                                                                                 平成23年3月31日現在
                                                                                発行済株式総数に対する
                                                                          所有株式数
         氏名又は名称                                    住所                             所有株式数の割合
                                                                           (千株)
                                                                                     (%)
    三井生命保険株式会社
                             東京都千代田区大手町2丁目1−1
    (常任代理人日本トラス
                              (常任代理人住所                                      9,807       7.88
    ティ・サービス信託銀行
                             東京都中央区晴海1丁目8−11)
    株式会社)
    日本トラスティ・サービ
    ス信託銀行株式会社(信              東京都中央区晴海1丁目8−11                                8,562       6.88
    託口)
    三井住友海上火災保険株
                             東京都中央区新川2丁目27−2                                7,697       6.18
    式会社
    日本マスタートラスト信
    託銀行株式会社(信託               東京都港区浜松町2丁目11−3                                7,194       5.78
    口)
    中央三井信託銀行株式会
    社                        東京都港区芝3丁目33−1
    (常任代理人日本トラス             (常任代理人住所                                       4,174       3.35
    ティ・サービス信託銀行              東京都中央区晴海1丁目8−11)
    株式会社)
    株式会社三井住友銀行               東京都千代田区丸の内1丁目1−2                               3,484       2.80
    CSSEL SPECIAL CSTDY AC
                             One Cabot Square London E14 4QJ, UK
    EXCL FBO CUS (PB
                             (常任代理人住所
    NON-TREATY)                                                             3,194       2.56
                             東京都品川区東品川2丁目3−14)
    (常任代理人シティバン
                             
    ク銀行株式会社)
                             P.O.Box 2992 Riyadh 11169 Kingdom Of Saudi
    ジユニパー
                             Arabia
    (常任代理人株式会社三                                                            3,040       2.44
                             (常任代理人住所
    菱東京UFJ銀行)
                             東京都千代田区丸の内2丁目7−1)
    三井倉庫従業員持株会             東京都港区海岸3丁目22−23                                2,563       2.06
    株式会社竹中工務店            大阪府大阪市中央区本町4丁目1−13                             2,484       1.99
              計                                     ―                      52,201      41.95





                                                         21/107
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                     有価証券報告書
  (8)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                                                                     平成23年3月31日現在
       区分                 株式数(株)               議決権の数(個)                内容
 無議決権株式                     ―                     ―                     ―
 議決権制限株式(自己株式等)              ―                          ―                  ―
 議決権制限株式(その他)                ―                          ―                  ―
                                                               権利内容に何ら限定のない
                     (自己保有株式)                                  当社における標準となる株式
 完全議決権株式(自己株式等)
                     普通株式 221,000                 ―          であり、単元株式数は1,000株
                                                               であります。
 完全議決権株式(その他)        普通株式123,984,000               123,984               同上
 単元未満株式              普通株式210,013                     ―                 同上
 発行済株式総数                     124,415,013                ―                  ―
 総株主の議決権                     ―                      123,984                ―
 (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の1,000株(議決権1個)が含まれてお
        ります。
 2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式654株が含まれております。


   ②【自己株式等】
                                                                          平成23年3月31日現在
                             自己名義               他人名義          所有株式数         発行済株式総数
 所有者の氏名
              所有者の住所        所有株式数              所有株式数           の合計           に対する所有
  又は名称
                              (株)                (株)            (株)        株式数の割合(%)
(自己保有株式)    東京都港区海岸
                                 221,000            ―           221,000          0.17
三井倉庫株式会社    3丁目22−23
    計            ―               221,000            ―           221,000          0.17


  (9)【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。




                                           22/107
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                   有価証券報告書
2【自己株式の取得等の状況】
 【株式の種類等】会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得


 (1)【株主総会決議による取得の状況】
    該当事項はありません。


 (2)【取締役会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。


 (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
            区分                株式数(株)                 価額の総額(円)
当事業年度における取得自己株式                      970                  349,175
当期間における取得自己株式                               −                   −
(注)当期間における取得自己株式には、平成23年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
   取りによる株式は含まれておりません。


 (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                            当事業年度                      当期間
          区分                    処分価額の                        処分価額の
                       株式数(株)                   株式数(株)
                                総額(円)                        総額(円)
引き受ける者の募集を行った取得
                               −        −              −             −
自己株式
消却の処分を行った取得自己株式                −        −              −             −
合併、株式交換、会社分割に係る
                               −        −              −             −
移転を行った取得自己株式
その他
                               −        −              −             −
(単元未満株式の買増し請求)
保有自己株式数                   221,654       −         221,654            −
(注)当期間の単元未満株式の買増し請求には、平成23年6月1日からこの有価証券報告書提出日までに処分した株式
   数及びその処分価額の総額は含まれておりません。また、当期間における保有自己株式数には、平成23年6月1日
   からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる取得株式数及び単元未満株式の買増し請求
   による処分株式数は含まれておりません。




                             23/107
                                                                                         EDINET提出書類
                                                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                          有価証券報告書
 3【配当政策】
  当社は、事業規模の拡大に伴う営業利益の継続的な増大により、企業価値を増大させることを経営の基本方針とし
  ており、剰余金の使途としましては、長期的な利益拡大を目指した収益性の高い新規投資を優先する一方、配当に関
  しましては、基本的に業績連動とし、連結営業利益をベースに算出いたしました「実質当期純利益」の3割を目途に
  配当する方針であります。また、短期的な業績の変動に影響されないよう、中長期的な利益水準、財務内容を考慮し、一
  時的に業績が悪化した場合でも一定額の安定的配当は維持する方針であります。
  また、当社は現在のところ、中間配当と期末配当の年2回を基本方針としており、これらの配当の決定機関は、いずれ
  も取締役会であります。
  当期の利益配分につきましては、期末配当は前期と同様に1株当たり4円50銭とし、中間配当金(4円50銭)と
  合わせて、年間で9円00銭といたしました。

  (注)当社は、会社法第459条第1項の規定に基づき取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる旨
     定款に定めております。


  なお、当期の剰余金の配当は以下のとおりであります。
                    配当金の総額                        1株当たり配当額
        決議年月日
                     (百万円)                           (円)
      平成22年11月4日
                           558                                 4.5
       取締役会決議
         平成23年5月6日
                                        558                    4.5
          取締役会決議


 4【株価の推移】
  (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
  回次      第159期     第160期                  第161期                第162期             第163期
 決算年月    平成19年3月   平成20年3月                平成21年3月              平成22年3月           平成23年3月
 最高(円)         884       868                    624                  393               411
 最低(円)               521         489               297               294               251
(注)株価は、東京証券取引所(市場第一部)の市場相場であります。


  (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
         平成22年                                     平成23年
  月別              11月                  12月                           2月              3月
          10月                                       1月
 最高(円)       343     320                  344          366                 367         356
 最低(円)         299         302            314            336               342         251
(注)株価は、東京証券取引所(市場第一部)の市場相場であります。




                                         24/107
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                有価証券報告書
5【役員の状況】
                                                                           所有株式数
 役名       職名      氏名       生年月日                    略歴                任期
                                                                            (千株)
                                      昭和43年4月    当社入社
                                      平成9年6月     同 取締役(東南アジア担当)
                                      平成11年9月    同 取締役(アジア担当)
                                      平成13年2月    同 取締役関東支社長          平成
                                      平成14年1月    同 代表取締役常務取締役関東支     23年
代表取締役    最高経営
                 田村和男   昭和20年7月25日              社長                  6月         77
 社長       責任者
                                      平成14年6月    同 代表取締役常務取締役(総務     から
                                                 ・人事担当)              1年
                                      平成15年6月    同 代表取締役社長
                                      平成16年4月    同 代表取締役社長(最高経営責
                                                 任者)(現在)
                                      昭和44年4月    当社入社
                                      平成11年6月    同 取締役業務部長
                                      平成14年1月    同 代表取締役常務取締役業務部
                                                 長
                                      平成14年6月    同 代表取締役常務取締役業務部
                                                 長兼LIT推進部長
                                      平成14年11月   同 代表取締役常務取締役(企画、
                                                 財務、情報、関連事業担当)業務部
                                                 長
                                      平成16年4月    同 代表取締役常務取締役(業務
                                                 部門兼情報部門統括経営執行責      平成
                                                 任者兼財務責任者)           23年
代表取締役    最高執行
                 帰山二郎   昭和21年7月22日   平成17年4月    同 代表取締役専務取締役(業務     6月         47
 副社長      責任者
                                                 部門、情報部門兼不動産部門統括     から
                                                 経営執行責任者兼財務責任者)      1年
                                      平成18年4月    同 代表取締役専務取締役(業務
                                                 ・情報・不動産部門統括経営執
                                                 行責任者兼財務責任者)
                                      平成21年4月    同 代表取締役副社長(業務・情
                                                報・不動産部門統括経営執行責
                                                任者兼財務責任者)
                                      平成22年4月    同 代表取締役副社長(経営管理
                                                部門管掌兼最高財務責任者)
                                      平成23年1月    同 代表取締役副社長(最高執行
                                                責任者)(現在)
                                      昭和49年4月 当社入社
                                      平成16年4月    同 中部支社長
                                      平成17年4月    同 執行役員(中部地域担当)中
                                                部支社長
                                      平成18年4月    同 執行役員(関西地域担当)関西
                                                支社長
                                      平成20年4月    同 上級執行役員(関東地域担当)    平成
                                                関東支社長               23年
        中国・アジア
常務取締役            武隈壮治   昭和25年4月6日    平成20年6月    同 取締役上級執行役員(関東地     6月         10
         事業部門長
                                                域担当)関東支社長           から
                                      平成22年4月    同 取締役上級執行役員関東支     1年
                                                社長
                                      平成23年1月    同 取締役上級執行役員中国・
                                                アジア事業部門長
                                                同 常務取締役中国・アジア事
                                      平成23年6月    業部門長(現在)
                                      




                                      25/107
                                                                                     EDINET提出書類
                                                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                      有価証券報告書
                                                                                 所有株式数
     役名       職名      氏名       生年月日                      略歴                任期
                                                                                  (千株)
                                           昭和51年4月    当社入社
                                           平成10年11月    同 業務部業務企画室長
                                           平成16年4月    同 業務部長兼業務企画室長
                                           平成19年4月    同 執行役員(業務担当)         平成
            経営管理部門                         平成21年4月    同 執行役員(業務・LIT担当)     23年
    常務取締役   長兼最高財務    碇誠    昭和28年11月19日   平成22年4月    同 上級執行役員経営企画部門      6月          31
             責任者                                      長                    から
                                           平成23年1月    同 上級執行役員経営管理部門      1年
                                                     長兼最高財務責任者
                                           平成23年6月    同 常務取締役経営管理部門長
                                                     兼最高財務責任者(現在)
                                           昭和52年4月    当社入社
                                           平成14年4月     同 LIT推進部LIT推進室長
                                           平成16年4月    同 LIT推進部長兼LIT推進室長兼
                                                     情報システム室長
                                           平成20年4月    同 3PL推進部長
                                                                           平成
                                           平成21年4月    同 執行役員(3PL推進担当)3PL
                                                                           23年
             営業統括                                     推進部長兼ソリューション営業
    常務取締役            藤岡圭    昭和28年12月23日                                   6月          8
              部門長                                    室長
                                                                           から
                                           平成22年4月    同 上級執行役員ロジスティク
                                                                           1年
                                                      スシステム事業部門長
                                           平成23年1月    同 上級執行役員営業統括部門
                                                     長
                                           平成23年6月    同 常務取締役営業統括部門長(
                                                     現在)
                                           昭和49年4月    当社入社
                                           平成11年6月    同 関東支社港運グループ室長
                                                                       平成
                                           平成16年4月    同 関東支社横浜支店長
                                                                       23年
            港湾運送事業                         平成21年4月    同 執行役員(港運担当)
    常務取締役            田原口誠   昭和25年5月17日                                6月              13
              部門長                          平成22年4月    同 執行役員港湾運送事業部門長
                                                                       から
                                                      同 常務取締役港湾運送事業部
                                                                       1年
                                           平成23年6月    門長(現在)
                                           
                                           昭和51年4月    当社入社
                                           平成15年10月    同 リスク管理部リスク管理室長
                                           平成16年4月    同 リスク管理部長兼リスク管理
                                                     室長
                                                                           平成
            企業管理部門                         平成20年4月    同 執行役員(人事・リスク管理
                                                                           23年
            長兼コンプラ                                   担当)
    常務取締役            中谷幸裕   昭和24年7月25日                                    6月        17
            イアンス責任                         平成22年4月    同 執行役員企業管理部門長
                                                                           から
               者                           平成23年1月    同 執行役員企業管理部門長兼
                                                                           1年
                                                      コンプライアンス責任者
                                           平成23年6月    同 常務取締役企業管理部門長
                                                     兼コンプライアンス責任者(現
                                                     在)
                                           昭和48年4月    当社入社
                                                      同 執行役員(国内営業担当)
                                           平成17年4月     同 執行役員(中部地域担当)中部
                                           平成18年4月     支社長
                                                      同 上級執行役員(中部地域担当)    平成
                                           平成21年4月     中部支社長               23年
            上級執行役員
     取締役             道瀬英二   昭和24年8月9日                同 取締役上級執行役員(中部地     6月          31
             関西支社長
                                           平成21年6月     域担当)中部支社長           から
                                                       同 取締役上級執行役員中部支     1年
                                           平成22年4月     社長
                                                      同 取締役上級執行役員関西支
                                           平成23年1月     社長(現在)
                                           





                                           26/107
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                              三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                   有価証券報告書
                                                                              所有株式数
    役名      職名       氏名       生年月日                     略歴               任期
                                                                               (千株)
                                         昭和50年4月    当社入社
                                         平成12年1月     同 業務部情報システム室長
                                         平成13年10月   同 株式会社ロジスティクスシス
                                                   テムズアンドソリューションズ
                                                   出向
                                         平成18年4月    同 BPO事業推進部長
                                         平成21年4月    同 執行役員(BPO事業推進担     平成
          上級執行役員                                    当)BPO事業推進部長兼販売推進    23年
    取締役   BPO事業部門   池田求    昭和26年7月11日             室長兼三井倉庫ビジネスパート      6月          7
              長                                    ナーズ株式会社 社長          から
                                         平成22年4月    同 上級執行役員BPO事業部門長   1年
                                                    兼三井倉庫ビジネスパートナー
                                                   ズ株式会社 社長
                                         平成23年1月    同 上級執行役員BPO事業部門長
                                                   同 取締役上級執行役員BPO事業
                                         平成23年6月    部門長(現在)
                                         
                                         昭和48年4月    当社入社
                                         平成10年11月    同 営業部営業企画室長
                                         平成12年1年    同 営業部総合営業推進室長
                                         平成13年2月    同 営業部営業推進室長
                                                                        平成
                                         平成15年5月    同 関西支社大阪支店長
                                                                        23年
          上級執行役員                         平成21年4月    同 執行役員(国内営業担当)
    取締役             矢川康治   昭和25年8月12日                                  6月         10
          関東支社長                          平成22年4月    同 上級執行役員関西支社長
                                                                        から
                                                   同 上級執行役員関東支社長
                                                                        1年
                                         平成23年1月    同 取締役上級執行役員関東支
                                                   社長(現在)
                                         平成23年6月
                                         
                                         昭和47年4月    米国ジョージア州立工科大学産業
                                                    システム工学科講師
                                         昭和48年4月    名古屋工業大学経営工学科講師
                                         昭和54年8月    米国テネシー州立テネシー工科大
                                                    学IE学科准教授、同大学院担当
                                                    教員
                                                                        平成
                                         昭和61年6月    米国テネシー州立テネシー工科大
                                                                        23年
                                                    学IE学科教授
    取締役             藤田精一   昭和20年1月4日                                   6月         ―
                                         平成元年9月     産能大学(現 産業能率大学)経営
                                                                        から
                                                    情報学部教授
                                                                        1年
                                         平成15年4月    早稲田大学大学院アジア太平洋研
                                                    究科国際経営学専攻教授
                                         平成19年4月    早稲田大学大学院商学研究科(早
                                                    稲田大学ビジネススクール)教授
                                                    (現在)
                                         平成20年6月    当社取締役(現在)
                                         昭和43年4月    トヨタ自動車工業株式会社(現ト
                                                    ヨタ自動車株式会社)入社
                                         平成5年1月      同 部品部部長
                                         平成10年6月     同 取締役
                                                                        平成
                                         平成13年6月     同 常務取締役
                                                                        23年
                                         平成15年6月    トヨタアドミニスタ株式会社代表
    取締役             深津泰彦   昭和20年1月8日                                   6月         ―
                                                    取締役社長
                                                                        から
                                         平成19年6月    東京トヨタ自動車株式会社代表取
                                                                        1年
                                                    締役会長
                                         平成21年6月    当社取締役(現在)
                                         平成23年6月    トヨタ部品愛知共販株式会社代
                                                   表取締役会長(現在)





                                         27/107
                                                                            EDINET提出書類
                                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                             有価証券報告書
                                                                        所有株式数
 役名     職名    氏名        生年月日                     略歴               任期
                                                                         (千株)
                                   昭和46年4月    当社入社
                                   平成15年6月     同 取締役(総務・人事担当)総務
                                             部長
                                   平成18年4月    同 常務取締役(総務・人事・リ
                                             スク管理部門統括経営執行責任
                                             者兼コンプライアンス担当)
                                   平成18年6月    同 代表取締役常務取締役(総務     平成
                                             ・人事・リスク管理部門統括経      23年
常任常勤
             笹尾新一郎   昭和22年1月27日             営執行責任者兼コンプライアン      6月         29
 監査役
                                             ス担当)                から
                                   平成21年4月    同 代表取締役専務取締役(総務     4年
                                             ・人事・リスク管理部門統括経
                                             営執行責任者兼コンプライアン
                                             ス担当)
                                   平成23年1月    同 代表取締役専務取締役(企業
                                              管理部門管掌)
                                   平成23年6月    同 常任監査役(現在)
                                   昭和48年4月    当社入社                平成
                                   平成8年1月      同 人事部人事企画室長        20年
常勤監査役         並木健    昭和24年7月19日   平成14年6月    同 人事部長              6月         16
                                   平成18年4月    同 執行役員(人事担当)        から
                                   平成20年6月    同 監査役(現在)           4年
                                   昭和42年4月    裁判官任官(東京地方裁判所判事
                                              補)
                                   昭和52年4月    東京地方裁判所判事
                                   昭和62年4月    大阪地方裁判所民事部部総括判事
                                                                  平成
                                   平成11年1月    水戸地方裁判所所長
                                                                  20年
                                   平成14年7月    東京家庭裁判所所長
 監査役         中込秀樹    昭和16年6月25日                                  6月         ―
                                   平成17年1月    名古屋高等裁判所長官
                                                                  から
                                   平成18年7月    弁護士登録(第一東京弁護士会)
                                                                  4年
                                              ふじ合同法律事務所入所(現在)
                                   平成20年6月    当社監査役(現在)
                                   平成20年6月    アルゼ株式会社(現株式会社ユニ
                                             バーサルエンターテインメント)
                                   昭和47年3月    公認会計士登録
                                   昭和56年7月    クーパースアンドライブランド
                                              (現プライスウォーターハウス
                                              クーパース)パートナー
                                   昭和59年7月    中央監査法人社員
                                                                  平成
                                   昭和60年5月    同 代表社員
                                                                  21年
                                   平成6年4月     同 監査第5部(国際部)部長
 監査役         竹山哲夫    昭和19年8月11日                                  6月         ―
                                   平成6年6月     同 評議員
                                                                  から
                                   平成12年4月    中央青山監査法人代表社員
                                                                  4年
                                   平成18年9月    あらた監査法人代表社員
                                   平成18年12月   同 監視委員会委員
                                   平成20年10月   公認会計士竹山哲夫事務所開設
                                              (現在)
                                              当社監査役(現在)
                                   平成21年6月
                                   昭和55年4月    弁護士登録
                                             東京八重洲法律事務所入所
                                   昭和58年4月    東京八重洲法律事務所パート
                                             ナー                  平成
                                   平成5年4月     あさひ法律事務所(現西村あさひ     23年
 監査役          須藤修    昭和27年1月24日             法律事務所)創設パートナー      6月         ―
                                   平成11年6月    須藤・高井法律事務所開設パー     から
                                             トナー(現在)             4年
                                   平成17年9月    株式会社バンダイナムコホール
                                             ディングス社外監査役(現在)
                                   平成23年6月    当社監査役(現在)
                               計                                            296




                                   28/107
                                                           EDINET提出書類
                                                       三井倉庫株式会社(E04284)
                                                            有価証券報告書
(注)1取締役 藤田 精一 及び 深津 泰彦 の2名は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
   2監査役 中込 秀樹、 竹山 哲夫 及び 須藤 修 の3名は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。


 6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
  (1) 企業統治の体制
    ・企業統治の体制の概要
    当社は、取締役会、監査役会、常務協議会、経営会議、報酬委員会、コンプライアンス委員会、企業価値向上委員会、情
    報セキュリティー委員会を設置するほか、執行役員制度を導入して業務執行と監督を分離し、取締役及び執行役員
    の執行権限と責任を明確にするなど、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでおります。
    また、内部監査部門において、リスクの発生予防や早期発見に努めるほか、業務の標準化・文書化の推進、記録の管
    理、内部通報制度の導入など、リスク・マネジメントの一元管理・強化を推進しております。
    
    ①取締役会
      取締役会は社内取締役10名と社外取締役2名の合計12名で構成しております。取締役社長が取締役会議長
      として毎月1回定期的に取締役会を開催し、法令、定款、社内規定で定められている重要な意思決定及び業務執行
      取締役の執行状況の監督などを行っています。
    ②監査役会
      監査役会は常勤監査役2名と社外監査役3名の合計5名で構成しておりますが、監査役会に監査役スタッフを
      置くなど、監査の充実に努めております。監査役は、取締役会、常務協議会のほか重要な会議に出席し、取締役の執
      行状況の監督を行っております。
    ③常務協議会
      常務協議会は社長及び6名の役付取締役により組織され、原則毎週1回定期的に開催し、取締役会から委任され
      た事項、社内規定で定められている重要な執行案件についての協議、意思決定を行っております。
    ④経営会議
      経営会議は社長及び6名の役付取締役により組織され、社長の招集により随時開催し、経営全般に関する重要な
      事項について事前に協議し、常務協議会への付議等の可否あるいは常務協議会から委任された事項を決定してお
      ります。
    ⑤報酬委員会
      社外取締役を委員長とし、他の社外取締役及び社長を委員として、業績連動報酬額の妥当性・適正性を検証する
      など、役員報酬決定プロセスの客観性・透明性を高めております。
    ⑥コンプライアンス委員会
      役職員全員が法令を遵守することはもとより、その行動規範となるべき「企業倫理規範」を制定し、コンプライ
      アンス体制の構築に努めております。具体的には、全社的な法令遵守を推進し、違反を未然に防止するために、社
      長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しております。
      このほか、業務の安全性、効率性を推進・向上することを目的とした業務品質向上委員会において、法令遵守に
      関する品質管理基準を設け、定期的に教育研修を行うなど、コンプライアンスの啓蒙、強化に努めております。
    ⑦企業価値向上委員会
      社外取締役、社外監査役により構成され、当社グループのコーポレート・ガバナンスの強化、重要な事業戦略や
      事業計画等について検討を加え、当社の企業価値の一層の向上に努めております。
   ⑧情報セキュリティー委員会
    当社は、個人情報・企業情報の漏洩防止並びに公益通報者の保護を図るため、社内体制・ルールを確立し、情報
    セキュリティー基本方針に基づき、役職員への教育研修等を実施しております。コンプライアンス責任者である
    企業管理部門長を情報セキュリティー責任者に任命し、その指揮の下、情報セキュリティー委員会が情報管理に
    関する体制・手法の企画立案、活動の推進、見直し等を行っております。
    実務的には、社内各組織にワーキング・チームを設置し、情報漏洩のリスクに対する脆弱性の分析・評価、対応
    計画の作成、運用、内部監査、見直し等を行い、リスクの発生予防に努めるとともに、発生時には適正・的確な対応
    を取れるよう体制の整備を進めております。




                              29/107
                                                     EDINET提出書類
                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                      有価証券報告書
・企業統治の体制を採用する理由
当社は、コンプライアンスに徹した透明性の高い経営を推進し、経済性・効率性を追求するとともに、公正かつ適
法な事業運営を実現して企業の社会的責任を果たしていくため、業務執行と監督の分離、相互牽制の強化及び社外
取締役、社外監査役など社外有識者のチェック等が行えるよう、現行の企業統治体制を敷いております。
また、当社は、事業に係るリスクの発生を未然に防止し、問題点の早期発見及び改善を行っていくため、監査役、会
計監査人及び内部監査人が緊密な連携を保ちつつ、それぞれの観点から定期的に監査を行う体制をとっておりま
す。

・内部統制システムの整備の状況
取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、その他会社の業務の適正を確保する
ための体制についての決定内容の概要は、以下のとおりであります。
① 取締役・従業員の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
  当社は、諸法令・定款及び社会規範の遵守、反社会的勢力との対決、環境保全への取組み、情報管理等に関する倫
  理基準を定め、取締役及び従業員の行動規範とする。またその徹底を図るため、リスク管理部においてコンプライ
  アンスの取組みを横断的に統括することとし、同部を中心に啓蒙・教育活動を行う。内部監査部門は、コンプライ
  アンスの状況を監査する。これら活動は定期的に取締役会及び監査役に報告されるものとする。法令上疑義のあ
  る行為等については、早期発見・是正を図るため、従業員が直接情報提供を行う手段としてコンプライアンス・
  ホットラインを設置・運営する。
② 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項
  文書の保存及び管理に関する規程に従い取締役の職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体(以下、文書等
  という)に記録し、保存する。取締役及び監査役は常時、これらの文書等を閲覧できるものとする。
③ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
 コンプライアンス、環境、災害、品質、財務・経理、情報セキュリティ等に係る個別のリスクについては、それぞれ
 のリスクを担当する部署にて、規則・ガイドラインの制定、研修の実施、マニュアルの作成・配布等を行うものと
 し、組織横断的なリスク評価及び全社的対応の推進はリスク管理部が行うものとする。
④ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
 取締役会は取締役及び従業員が共有する全社的な目標を定め、各部門の担当取締役又は執行役員は、その目標達
 成のために具体的目標及び会社の権限分配・意思決定ルールに基づく効率的な達成の方法を定める。進捗状況に
 ついてはITを活用して定期的に取締役会に報告されかつ必要な改善が図られることを目標として、全社的な業
 務の効率化を実現するシステムを構築する。
⑤ 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
 当社は、各部門の担当取締役又は執行役員に法令遵守、リスク管理に係わる権限と責任を与え、各執行部門及び
 各子会社の責任者を指揮して企業集団の業務の適正を確保する体制を構築させ、本社のリスク管理部はこれらを
 横断的に推進、管理する。また、当社の内部監査部門において、子会社の監査を行う。
⑥ 財務報告の信頼性を確保するための体制
 財務報告の信頼性を確保するための体制を構築するため、主要業務のリスク分析並びにそのコントロールに係
 わる基本的な文書類を整備し、適正な手順を策定するとともに、誤謬防止の方策等を講じる。また、各部門が自ら
 それらの手順・方策等の実施状況を定期的にチェックし、不備が発見された場合には、それを是正することとす
 る。更に、内部監査部門が横断的に各部門を監査し、それらチェック及び是正の結果についての確認を行う。
⑦ 監査役がその補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する体制並びにその従業員
 の取締役からの独立性に関する事項
 当社は、必要に応じて監査役の職務を補助する専任の従業員(監査役補佐人)を置き、監査役及び監査役会は同
 補佐人に対する指揮命令権を有し、また同補佐人の任命、解任については人事担当の取締役が監査役と協議する
 こととする。
⑧ 取締役及び従業員が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
   取締役または従業員は、監査役に対して、法定の事項に加え、当社及び当社グループに重大な影響を及ぼす事
 項、内部監査の結果、コンプライアンス・ホットラインによる通報状況及びその内容を報告することとする。
⑨その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
 監査役と代表取締役、会計監査人、内部監査部門各々との間で適時意見交換会を設定する。




                         30/107
                                                        EDINET提出書類
                                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                                         有価証券報告書




     

    ・リスク管理体制の整備の状況及び内部監査の状況
    リスク管理部(8名、うちリスク管理専任5名)において、コンプライアンス責任者である企業管理部門長の監督
    の下、企業リスクの発生予防、万一発生した場合に備えた対応マニュアルの整備・更新を行い、企業リスクの軽減に
    努めております。
      具体的には、事前にリストアップされた企業リスクの中から、優先順位の高いリスクを対象に、リスク管理部が中
    心となって、関連する各執行部門と共同して対応マニュアルの整備、予防策の実施状況の検証を行い、その結果を全
    社で共有すると同時に、常に見直しを行っております。
    
    ・取締役及び監査役の責任免除
    当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項に規定する取締役(取締役であった者を含
    む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の定める限度額の範囲内で、取締役会の決
    議により免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり
    期待される役割を十分に発揮できるようにするためであります。なお、当該責任免除が認められるのは、当該取締役
    または監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。




                             31/107
                                                              EDINET提出書類
                                                          三井倉庫株式会社(E04284)
                                                               有価証券報告書
      
      ・責任限定契約の内容の概要
      当社と社外取締役全員(2名)及び社外監査役全員(3名)は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第
      1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、社外取締役
      は15百万円または法令が定める額のいずれか高い額、社外監査役は10百万円または法令が定める額のいずれか高い
      額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役または社外監査役が責任の原因となった
      職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

     (2) 内部監査及び監査役監査の状況
       リスク管理部(8名、うち内部監査専任2名)において、予め定められた手順あるいはルールどおりに業務処理が
       行われているかを内部監査し、その結果の検証、改善策の検討・実施、手順等の見直しなどを行い、これらの結果に
       ついては監査役会、会計監査人(有限責任監査法人トーマツ)に適宜情報を提供しております。
         監査役は、会計監査人及び内部監査部門(リスク管理部)と定期的に会合し、監査計画、監査の実施状況に関して
       情報を交換し、監査の有効性を高めているほか、監査役会に監査スタッフを置き、監査の充実に努めております。
       なお、社外監査役竹山哲夫は、公認会計士の資格を有しております。

     (3) 社外取締役及び社外監査役
       当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
       社外取締役藤田精一及び深津泰彦は、当社と人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係について記載すべ
       き該当事項はございません。
       また、社外監査役中込秀樹、竹山哲夫及び須藤修は、当社と人的関係、資本的関係又は取引関係その他利害関係につ
       いて記載すべき該当事項はございません。
       社外取締役2名及び社外監査役3名は、上記のとおり当社からの独立性が高く、当社の一般株主と利益相反が生じ
       るおそれがないことから、社外取締役については当社経営管理体制等への監督・助言を通じ、また、社外監査役につ
       いては監査体制の強化を通じ、ともに、当社コーポレート・ガバナンスの強化に資するものと考えております。
       社外監査役による監査と、内部監査、監査役監査及び会計監査とは、各種の情報・意見交換により、連携に努めてお
       ります。また、内部統制機能を所掌するリスク管理部等とも、必要に応じて情報交換を行っております。
       
     (4) 役員報酬等
       イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                             対象となる
                    報酬等の総額 報酬等の種類別の総額(百万円)
          役員区分                               役員の員数
                     (百万円)       基本報酬         (人)
    取締役
                         381             381      10
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                         43               43        2
    (社外監査役を除く。)
    社外役員                 32               32        5

      ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
       当社は、平成18年6月の定時株主総会をもって取締役及び監査役に対する退職慰労金制度及び賞与を廃止し、役
       員報酬体系を一本化しております。現在の役員報酬体系は、各役職別の基本報酬額に、業績連動部分を付加したも
       のとしております。役員の報酬額については、個々の報酬額の妥当性及び決定プロセスの透明性を一層確保する
       ため、社外取締役を委員長とし他の社外取締役及び社長を委員とする「報酬委員会」において報酬額を決定し、
       その決定に従っております。





                                 32/107
                                                                EDINET提出書類
                                                            三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                 有価証券報告書
     (5) 株式の保有状況
       イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
           113銘柄9,552百万円

      ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
        前事業年度
          特定投資株式
                                      貸借対照表計上額
             銘柄           株式数(株)                      保有目的
                                        (百万円)
    ㈱伊予銀行                   1,555,383       1,382 金融取引の維持及び強化
    中央三井トラスト・ホールディングス㈱         3,199,736    1,123   金融取引の維持及び強化
    三井住友海上グループホールディングス㈱          215,415      559   金融取引の維持及び強化
    東レ㈱                          807,000      440   取引関係の維持及び強化
    三井化学㈱                      1,406,848      398   取引関係の維持及び強化
    ㈱三井住友フィナンシャルグループ             123,973      383   金融取引の維持及び強化
    三機工業㈱                        573,000      377   取引関係の維持及び強化
    ㈱トクヤマ                        704,365      364   取引関係の維持及び強化
    名港海運㈱                        473,700      345   取引関係の維持及び強化
    ㈱日本製鋼所                       318,000      340   取引関係の維持及び強化
    ㈱横河ブリッジホールディングス              476,000      331   取引関係の維持及び強化
    野村ホールディングス㈱                  465,862      320   金融取引の維持及び強化
    日本製粉㈱                        662,000      308   取引関係の維持及び強化
    スルガ銀行㈱                       334,950      280   金融取引の維持及び強化
    安田倉庫㈱                        450,000      255   取引関係の維持及び強化
    三井物産㈱                         88,153      138   取引関係の維持及び強化
    伊藤忠商事㈱                       151,305      123   取引関係の維持及び強化
    豊田通商㈱                         80,096      117   取引関係の維持及び強化





                                   33/107
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                      有価証券報告書
      当事業年度
       特定投資株式
                                        貸借対照表計上額
            銘柄           株式数(株)                           保有目的
                                          (百万円)
㈱伊予銀行                      1,555,383          1,077   金融取引の維持及び強化
中央三井トラスト・ホールディングス㈱         3,199,736            943   金融取引の維持及び強化
東レ㈱                          807,000            488   取引関係の維持及び強化
三井化学㈱                      1,406,848            413   取引関係の維持及び強化
MS&ADインシュアランスグループホールディ
                             215,415            407   金融取引の維持及び強化
ングス㈱
名港海運㈱                        473,700            336   取引関係の維持及び強化
㈱三井住友フィナンシャルグループ             123,973            320   金融取引の維持及び強化
㈱トクヤマ                        704,365            312   取引関係の維持及び強化
三機工業㈱                        573,000            300   取引関係の維持及び強化
㈱横河ブリッジホールディングス              476,000            290   取引関係の維持及び強化
日本製粉㈱                        662,000            252   取引関係の維持及び強化
スルガ銀行㈱                       334,950            247   金融取引の維持及び強化
安田倉庫㈱                        450,000            220   取引関係の維持及び強化
㈱日本製鋼所                       318,000            207   取引関係の維持及び強化
野村ホールディングス㈱                  465,862            202   金融取引の維持及び強化
伊藤忠商事㈱                       151,305            131   取引関係の維持及び強化
三井物産㈱                         88,153            131   取引関係の維持及び強化
豊田通商㈱                         80,096            109   取引関係の維持及び強化
㈱サンリオ                         36,000             88   取引関係の維持及び強化
三井製糖㈱                        233,000             81   取引関係の維持及び強化
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ           208,000             79   金融取引の維持及び強化
小野薬品工業㈱                       18,800             76   取引関係の維持及び強化
㈱愛知銀行                         14,400             74   金融取引の維持及び強化
㈱ふくおかフィナンシャルグループ             210,000             72   金融取引の維持及び強化
グローブライド㈱                     764,000             72   取引関係の維持及び強化
キーコーヒー㈱                       48,194             70   取引関係の維持及び強化
㈱池田泉州ホールディングス                619,750             70   金融取引の維持及び強化
森永製菓㈱                        359,528             69   取引関係の維持及び強化
        




                               34/107
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                    有価証券報告書
        みなし保有株式
                                        貸借対照表計上額
           銘柄            株式数(株)                        当社が有する権限の内容
                                          (百万円)
三井物産㈱                      1,000,000          1,491    議決権行使に関する指図権限
MS&ADインシュアランスグループホールディ
                             744,000           1,409   議決権行使に関する指図権限
ングス㈱
三井不動産㈱                       600,000             823   議決権行使に関する指図権限
㈱三井住友フィナンシャルグループ              63,200             163   議決権行使に関する指図権限
三井金属鉱業㈱                      270,000              78   議決権行使に関する指図権限
(注)貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算していません。

  (6) 会計監査の状況
    当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、有限責任監査法人トーマツの指定有限責任社員 業務執行社員 青
    木 良夫、小林 弘幸の2名であり、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士等14名であります。(継続監査
    年数につきましては、全員7年以内である為、記載を省略しております。)
  
  (7) 取締役の定数
     当社の取締役は12名以内とする旨定款に定めております。

  (8) 取締役の選任の決議要件
     当社は、取締役選任の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
     が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
     また、取締役選任の決議は、累積投票によらない旨定款に定めております。

  (9) 剰余金の配当等の決定機関
     当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、
     株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、当該事項を機動的に実施
     することを目的とするものであります。

  (10) 株主総会の特別決議要件
     当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の
     議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
     これは、特別決議事項の審議をより確実なものとすることを目的とするものであります。




                               35/107
                                                              EDINET提出書類
                                                          三井倉庫株式会社(E04284)
                                                               有価証券報告書
 (2)【監査報酬の内容等】
  ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 前連結会計年度                          当連結会計年度
   区分    監査証明業務に基づく 非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく 非監査業務に基づく報
         報酬(百万円)     酬(百万円)               報酬(百万円)     酬(百万円)
提出会社              52         −                     54         2
連結子会社              14                 0           11           1
   計               66                 0           65           3


 ②【その他重要な報酬の内容】
 前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)及び当連結会計年度(自平成22年4月1日至平
 成23年3月31日)において該当事項はありません。


 ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】
 (前連結会計年度)
 該当事項はありません。
 
 (当連結会計年度)
 当社は会計監査人に対して、公認会計士法第2条第1項の業務以外の業務(非監査業務)である国際財務報告基準に
 関するアドバイザリー業務を委託し、対価を支払っております。


 ④【監査報酬の決定方針】
 監査日数、作業内容等を監査人と協議の上、決定しております。




                             36/107
                                                             EDINET提出書類
                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                              有価証券報告書

第5【経理の状況】
    1連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、
      当連結会計年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成し
      ております。


    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、前事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業
      年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。


    2監査証明について
    当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成21年4月1日から平成22年3月31
    日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)の財務諸表並びに当連結会計
    年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成22年4月1日から平成23年
    3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

    3連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
    当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
    を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構
    へ加入しており、財務会計基準機構の行う研修に参加しております。
    




                                37/107
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                        有価証券報告書

1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
 ①【連結貸借対照表】
                                                          (単位:百万円)

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (平成22年3月31日)               (平成23年3月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                  16,355                   17,580
   受取手形及び営業未収金                             12,549                   14,851
   繰延税金資産                                     744                      872
   その他                                      2,594                    4,270
                                             △27                      △35
   貸倒引当金
  流動資産合計                                   32,216                   37,540
 固定資産
  有形固定資産
                                          138,435                  150,741
    建物及び構築物                        ※2                       ※2
                                          △82,302                  △86,205
        減価償却累計額                  ※5                        ※5

        建物及び構築物(純額)                        56,133                   64,535
    機械装置及び運搬具                              15,465                   15,768
                                          △12,199                  △12,524
        減価償却累計額                  ※5                        ※5

        機械装置及び運搬具(純額)                       3,265                    3,243
                                           47,884                   51,291
    土地                              ※2                       ※2
    建設仮勘定                                  5,616                       38
    その他                                    7,575                    8,401
                                          △5,635                   △6,151
        減価償却累計額                    ※5                       ※5

        その他(純額)                             1,939                    2,249
    有形固定資産合計                              114,839                  121,359
  無形固定資産
   のれん                                         −                     2,932
   その他                                      4,871                    5,416
    無形固定資産合計                                4,871                    8,348
  投資その他の資産
                                           13,041                   11,164
    投資有価証券                       ※1, ※2                   ※1, ※2
    長期貸付金                                     410                      432
    繰延税金資産                                    447                    1,606
    前払年金費用                                  1,112                    1,224
    その他                                     2,735                    2,453
                                             △30                      △95
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計                             17,716                   16,786
  固定資産合計                                  137,427                  146,495
 資産合計                                     169,643                  184,035




                        38/107
                                                           EDINET提出書類
                                                       三井倉庫株式会社(E04284)
                                                            有価証券報告書
                                                (単位:百万円)

                     前連結会計年度                当連結会計年度
                   (平成22年3月31日)           (平成23年3月31日)
負債の部
 流動負債
   支払手形及び営業未払金                    6,388                  7,632
   短期借入金                          1,091                    965
                                 14,938                 17,705
  1年内返済予定の長期借入金            ※2                     ※2
  1年内償還予定の社債                      3,000                  5,000
  未払法人税等                          1,284                  1,656
  賞与引当金                           1,454                  1,511
  その他                             6,121                  6,835
  流動負債合計                         34,278                 41,308
 固定負債
  社債                             21,000                 36,000
                                 56,174                 48,834
  長期借入金                    ※2                     ※2
  繰延税金負債                          1,326                  1,310
  退職給付引当金                         2,202                  2,289
  その他                             4,368                  4,325
  固定負債合計                         85,073                 92,760
 負債合計                           119,351                134,068
純資産の部
 株主資本
   資本金                           11,100                 11,100
   資本剰余金                          5,563                  5,563
   利益剰余金                         31,552                 32,968
                                   △98                    △98
   自己株式
  株主資本合計                         48,117                 49,533
 その他の包括利益累計額
  その他有価証券評価差額金                   2,705                  2,002
                                △1,845                 △2,280
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益累計額合計                                         △278
                                   860
 少数株主持分                           1,313                   711
 純資産合計                           50,291                 49,967
負債純資産合計                         169,643                184,035




                  39/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書

 ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
  【連結損益計算書】
                                                       (単位:百万円)

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
営業収益
 倉庫保管料                               13,041                 12,255
 倉庫荷役料                                7,834                  8,196
 港湾作業料                               17,543                 20,629
 運送収入                                25,179                 30,082
 不動産収入                               11,985                 12,285
 その他                                 13,144                 13,316
 営業収益合計                              88,728                 96,766
営業原価
 作業直接費                               34,599                 40,623
 賃借料                                  7,063                  6,604
 減価償却費                                5,452                  6,252
 租税公課                                 1,693                  1,793
 給料及び手当                              11,726                 12,016
 賞与引当金繰入額                             1,163                  1,188
 退職給付費用                                 460                    401
 その他                                 13,431                 14,462
 営業原価合計                              75,591                 83,341
営業総利益                                13,137                 13,424
販売費及び一般管理費
 報酬及び給料手当                             2,767                  2,638
 賞与引当金繰入額                               290                    241
 退職給付費用                                 121                     91
 減価償却費                                  587                    656
 租税公課                                   126                    117
 その他                                  2,699                  3,131
 販売費及び一般管理費合計                         6,593                  6,876
営業利益                                  6,543                  6,548
営業外収益
 受取利息                                      67                     48
 受取配当金                                    153                    198
 持分法による投資利益                                74                     60
 その他                                      428                    328
 営業外収益合計                                  724                    636
営業外費用
 支払利息                                 1,523                  1,555
 租税公課                                                           −
                                         89
 その他                                    921                    857
 営業外費用合計                              2,534                  2,413
経常利益                                  4,733                  4,772




                         40/107
                                                           EDINET提出書類
                                                       三井倉庫株式会社(E04284)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                       前連結会計年度                 当連結会計年度
                     (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日
                    至平成22年3月31日)          至平成23年3月31日)
特別利益
                                      11                     893
 固定資産売却益                        ※1                     ※1
 負ののれん発生益                             −                      472
                                                              −
 投資有価証券売却益                           213
 特別利益合計                              224                    1,366
特別損失
                                      20                     859
 固定資産売却損                        ※3                     ※3
                                                             395
 災害による損失                              −                ※4
                                     764                     373
 固定資産除却損                       ※2                      ※2
 関係会社事業再編損失                          206                     333
 投資有価証券評価損                            42                     201
 ソフトウエア除却損                                                    −
                                      49
 その他                                 127                     117
 特別損失合計                             1,209                   2,280
税金等調整前当期純利益                         3,747                   3,857
法人税、住民税及び事業税                        1,905                    826
                                     △25
法人税等調整額                                                      506
法人税等合計                              1,879                   1,332
少数株主損益調整前当期純利益                        −                     2,524
少数株主利益又は少数株主損失(△)                                            △9
                                       8
当期純利益                               1,859                   2,534




                    41/107
                                                          EDINET提出書類
                                                      三井倉庫株式会社(E04284)
                                                           有価証券報告書

  【連結包括利益計算書】
                                               (単位:百万円)

                       前連結会計年度              当連結会計年度
                     (自平成21年4月1日         (自平成22年4月1日
                    至平成22年3月31日)       至平成23年3月31日)
少数株主損益調整前当期純利益                       −                   2,524
その他の包括利益
 その他有価証券評価差額金                        −                   △701
 為替換算調整勘定                            −                   △431
                                     −                    △39
 持分法適用会社に対する持分相当額
                                                        △1,172
 その他の包括利益合計                          −           ※2

                                                         1,352
包括利益                                 −             ※1

(内訳)
 親会社株主に係る包括利益                        −                   1,396
 少数株主に係る包括利益                         −                    △43




                    42/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書

 ③【連結株主資本等変動計算書】
                                               (単位:百万円)

                      前連結会計年度              当連結会計年度
                    (自平成21年4月1日         (自平成22年4月1日
                   至平成22年3月31日)       至平成23年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                       11,100               11,100
   当期変動額
                                    −                    −
     当期変動額合計
   当期末残高                       11,100               11,100
 資本剰余金
  前期末残高                         5,563                5,563
  当期変動額
                                    −                    −
    当期変動額合計
   当期末残高                        5,563                5,563
 利益剰余金
  前期末残高                        37,590               31,552
  当期変動額
    剰余金の配当                    △1,195               △1,117
    当期純利益                      1,859                2,534
                              △6,701                   −
    自己株式の消却
    当期変動額合計                   △6,037                 1,416
   当期末残高                       31,552               32,968
 自己株式
  前期末残高                       △4,061                 △98
  当期変動額
    自己株式の取得                   △2,737                     △0
                                                          −
    自己株式の消却                    6,701
    当期変動額合計                                              △0
                                3,963
   当期末残高                        △98                  △98
 株主資本合計
  前期末残高                        50,192               48,117
  当期変動額
    剰余金の配当                    △1,195               △1,117
    当期純利益                      1,859                2,534
                              △2,737                  △0
    自己株式の取得
    当期変動額合計                   △2,074                 1,416
   当期末残高                       48,117               49,533




                   43/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                            前連結会計年度                当連結会計年度
                          (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
その他の包括利益累計額
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                              2,337                  2,705
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △703
                                          368
    額)
    当期変動額合計                                                 △703
                                          368
  当期末残高                               2,705                  2,002
 為替換算調整勘定
  前期末残高                             △1,999                 △1,845
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △434
                                          153
    額)
    当期変動額合計                                                 △434
                                          153
  当期末残高                             △1,845                 △2,280
 その他の包括利益累計額合計
  前期末残高                                   338                    860
  当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                           △1,138
                                          521
    額)
    当期変動額合計                                                △1,138
                                          521
  当期末残高                                                     △278
                                          860
少数株主持分
 前期末残高                                1,284                  1,313
 当期変動額
                                                            △602
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                     29
  当期変動額合計                                                   △602
                                           29
 当期末残高                                1,313                      711
純資産合計
 前期末残高                               51,815                 50,291
 当期変動額
   剰余金の配当                           △1,195                 △1,117
   当期純利益                             1,859                  2,534
   自己株式の取得                          △2,737                    △0
                                                           △1,740
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                 550
  当期変動額合計                           △1,523                  △324
 当期末残高                               50,291                 49,967




                         44/107
                                                             EDINET提出書類
                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                              有価証券報告書

 ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:百万円)

                            前連結会計年度              当連結会計年度
                          (自平成21年4月1日         (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)       至平成23年3月31日)
営業活動によるキャッシュ・フロー
 税金等調整前当期純利益                         3,747                3,857
 減価償却費                               6,040                6,908
 貸倒引当金の増減額(△は減少)                       △2                    28
 賞与引当金の増減額(△は減少)                      △26                  △24
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                   △295                 △137
 受取利息及び受取配当金                         △221                 △247
 支払利息                                1,523                1,555
 持分法による投資損益(△は益)                      △74                  △60
 有形固定資産売却損益(△は益)                       △5                  △60
 投資有価証券売却損益(△は益)                     △213                    −
 有形固定資産除却損                             592                  117
 無形固定資産除却損                                                   −
                                        56
 投資有価証券評価損益(△は益)                        42                  201
 売上債権の増減額(△は増加)                       △40                 △810
 仕入債務の増減額(△は減少)                        205                  584
                                                          △504
 その他                                 1,203
 小計                                  12,533               11,407
 利息及び配当金の受取額                           228                  273
 利息の支払額                             △1,527               △1,530
                                    △1,008               △2,046
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                    10,226                8,104
投資活動によるキャッシュ・フロー
 有形固定資産の取得による支出                     △8,242              △19,327
 有形固定資産の売却による収入                        142                6,537
 無形固定資産の取得による支出                      △501                △1,168
 投資有価証券の取得による支出                      △168                   △8
 連結子会社株式の取得による支出                        −                 △155
 投資有価証券の売却による収入                                              −
                                       336
 貸付けによる支出                            △193                 △145
 貸付金の回収による収入                           108                   93
 定期預金の預入による支出                        △229                 △184
 定期預金の払戻による収入                          209                  184
 連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                          −              △3,860
 る支出
                                          −
 その他                                                           124
 投資活動によるキャッシュ・フロー                   △8,537              △17,910




                         45/107
                                                             EDINET提出書類
                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                              有価証券報告書
                                                     (単位:百万円)

                          前連結会計年度                当連結会計年度
                        (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                       至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入れによる収入                         6,108                  3,180
 短期借入金の返済による支出                    △6,185                 △3,251
 長期借入れによる収入                        13,500                 10,367
 長期借入金の返済による支出                   △10,370                △14,941
 社債の発行による収入                         6,000                 20,000
 社債の償還による支出                       △5,000                 △3,000
 自己株式の取得による支出                     △2,737                     △0
 配当金の支払額                          △1,195                 △1,117
                                                            △82
 その他                                  112
 財務活動によるキャッシュ・フロー                       230               11,154
現金及び現金同等物に係る換算差額                                          △190
                                         41
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                 1,960                  1,157
現金及び現金同等物の期首残高                     14,154                 16,115
                                       −
新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                          87
現金及び現金同等物の期末残高                     16,115                 17,361




                       46/107
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                有価証券報告書

   【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
                           前連結会計年度                        当連結会計年度
       項目             (自平成21年4月1日                   (自平成22年4月1日
                        至平成22年3月31日)                  至平成23年3月31日)
1連結の範囲に関する事項    (イ)連結子会社の数51社                 (イ)連結子会社の数49社
                    主要な連結子会社名                      主要な連結子会社名
                    「第1企業の概況3事業の内容」               「第1企業の概況3事業の内容」
                    に記載しております。                     に記載しております。
                    Mitsui-Soko(Belgium)N.V.は、会    三進(株)、Mitex Qingdao
                    社清算したことにより、当連結会計               Logistics Co.,Ltd.、
                    年度から連結の範囲から除外してお               Mitsui-Soko(Poland) Sp.z o.o. 及
                    ります。                           びFuzhou Mitex Logistics Co.,
                                                   Ltd.は、会社清算したことにより、当
                                                   連結会計年度から連結の範囲から除
                                                   外しております。
                                                         (株)三井倉庫エアカーゴの全株式
                                                         を取得したことにより、同社とその
                                                         子会社(株)MSエアカーゴを当連結
                                                         会計年度から連結の範囲に含めてお
                                                         ります。
                        (ロ)主要な非連結子会社の名称等              (ロ)主要な非連結子会社の名称等
                           (株)三港フーヅ                            同左
                           非連結子会社は、いずれも小規模で
                           あり、合計の総資産、売上高、当期純
                           損益及び利益剰余金等は、いずれも
                           連結財務諸表に重要な影響を及ぼし
                           ていないので連結の範囲から除外し
                           ております。
2持分法の適用に関する事項          (イ)持分法を適用した関連会社の数                 (イ)持分法を適用した関連会社の数
                           6社                                6社
                           主要な持分法適用関連会社名                     主要な持分法適用関連会社名
                           「第1企業の概況3事業の内容」                  「第1企業の概況3事業の内容」
                           に記載しております。                        に記載しております。
                           当連結会計年度において、Joint                 
                           Venture Sunrise Logistics Co.,
                           Ltd.を新たに設立したことにより、
                           持分法適用の範囲に含めておりま
                           す。
                        (ロ)持分法を適用していない非連結子会 (ロ)同左
                           社((株)三港フーヅ他)及び関連会
                           社(アメリカンターミナルサービス
                           (株) 他)は、それぞれ当期純損益及
                           び利益剰余金等から見て、持分法の
                           対象から除いても連結財務諸表に及
                           ぼす影響が軽微であり、かつ全体と
                           しても重要性がないため、持分法の
                           適用範囲から除外しております。




                                         47/107
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                   有価証券報告書
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
       項目               (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)             至平成23年3月31日)
                    (ハ)持分法適用会社のうち、決算日が連     (ハ)同左
                       結決算日と異なる会社については、
                       各社の事業年度に係る財務諸表を使
                       用しております。
3連結子会社の事業年度等に関     連結子会社のうち、全ての在外連結子会      連結子会社のうち、全ての在外連結子会
  する事項              社25社の決算日は12月31日であります。   社22社の決算日は12月31日であります。
                    連結財務諸表の作成にあたっては同日現      連結財務諸表の作成にあたっては同日現
                    在の財務諸表を使用し、連結決算日との      在の財務諸表を使用し、連結決算日との
                    間に生じた重要な取引については、連結      間に生じた重要な取引については、連結
                    上必要な調整を行っております。         上必要な調整を行っております。
4会計処理基準に関する事項
 (1) 重要な資産の評価基準及び   ①有価証券              ①有価証券
     評価方法              その他有価証券             その他有価証券
                       時価のあるもの             時価のあるもの
                       ……連結決算日の市場価格等に基づ          同左
                         く時価法(評価差額は全部純資
                         産直入法により処理し、売却原
                         価は移動平均法により算定)
                       時価のないもの             時価のないもの
                       ……移動平均法による原価法           同左
 (2) 重要な減価償却資産の減価   ①有形固定資産(リース資産を除く) ①有形固定資産(リース資産を除く)
     償却の方法             定率法によっております。ただし、平       同左
                       成10年4月1日以降取得した建物
                       (建物附属設備は除く)、並びに在外
                       連結子会社については定額法によっ
                       ております。
                       なお、主な耐用年数は次のとおりで
                       す。
                       建物    3∼50年
                       機械装置
                               2∼15年
                       及び運搬具
                    ②無形固定資産(リース資産を除く) ②無形固定資産(リース資産を除く)
                       定額法によっております。            同左
                       ただし、ソフトウェア(自社利用分)
                       については、社内における利用期間
                       (5年)に基づく定額法によっており
                       ます。




                                48/107
                                                           EDINET提出書類
                                                       三井倉庫株式会社(E04284)
                                                            有価証券報告書
                         前連結会計年度               当連結会計年度
      項目              (自平成21年4月1日          (自平成22年4月1日
                       至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
                  ③リース資産               ③リース資産
                     所有権移転ファイナンス・リース取      所有権移転ファイナンス・リース取
                     引に係るリース資産             引に係るリース資産
                     自己所有の固定資産に適用する減価             同左
                     償却方法と同一の方法を採用してお
                     ります。
                     所有権移転外ファイナンス・リース      所有権移転外ファイナンス・リース
                     取引に係るリース資産            取引に係るリース資産
                     リース期間を耐用年数とし、残存価             同左
                     額を零とする定額法を採用しており
                     ます。
                     なお、所有権移転外ファイナンス・
                     リース取引のうち、リース取引開始
                     日が平成20年3月31日以前のリース
                     取引については、通常の賃貸借取引
                     に係る方法に準じた会計処理を適用
                     しております。
(3) 重要な繰延資産の      社債発行費                 社債発行費
    処理方法           支出時に全額費用として処理しており              同左
                    ます。
(4) 重要な引当金の計上基準   ①貸倒引当金             ①貸倒引当金
                     債権の貸倒による損失に備えるた           同左
                     め、一般債権については貸倒実績率
                     により、貸倒懸念債権等特定の債権
                     については個別に回収可能性を検討
                     し、回収不能見込額を計上しており
                     ます。
                  ②賞与引当金             ②賞与引当金
                  従業員の賞与支給に充てるため、将           同左
                  来の支給見込額のうち当連結会計年
                  度に負担すべき額を計上しておりま
                  す。
                  ③退職給付引当金           ③退職給付引当金
                     従業員の退職給付に備えるため、当    従業員の退職給付に備えるため、当
                     連結会計年度末における退職給付債    連結会計年度末における退職給付債
                     務及び年金資産の見込額に基づき、    務及び年金資産の見込額に基づき、
                     当連結会計年度末において発生して    当連結会計年度末において発生して
                     いると認められる額を計上しており    いると認められる額を計上しており
                    ます。                   ます。
                    数理計算上の差異は、各連結会計年      数理計算上の差異は、各連結会計年
                    度の発生時における従業員の平均残      度の発生時における従業員の平均残
                    存勤務期間年数(13∼14年)による定   存勤務期間年数(13∼15年)による定
                    額法による按分額をそれぞれ発生の      額法による按分額をそれぞれ発生の
                    翌連結会計年度から償却しておりま      翌連結会計年度から償却しておりま
                    す。                    す。
                    過去勤務債務はその発生時の従業員      過去勤務債務はその発生時の従業員
                    の平均残存勤務期間年数(13年)によ    の平均残存勤務期間年数(13年)によ
                    る定額法により、発生時から償却し      る定額法により、発生時から償却し
                    ております。                ております。




                              49/107
                                                                EDINET提出書類
                                                            三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                 有価証券報告書
                               前連結会計年度             当連結会計年度
           項目               (自平成21年4月1日       (自平成22年4月1日
                             至平成22年3月31日)       至平成23年3月31日)
     (5) 重要な外貨建資産又は負債   外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直            同左
         の本邦通貨への換算基準    物為替相場により円貨に換算し、換算差
                        額は損益として処理しております。なお、
                        在外子会社等の資産及び負債は、連結決
                        算日の直物為替相場により円貨に換算
                        し、収益及び費用は期中平均相場により
                        円貨に換算し、換算差額は純資産の部に
                        おける為替換算調整勘定及び少数株主持
                        分に含めて計上しております。
     (6) のれんの償却方法及び            ―――――――      のれんは、20年以内のその効果の及ぶ期
     償却期間                                 間にわたって均等償却しております。
     (7) 連結キャッシュ・フロー           ―――――――      手許預金、要求払預金及び取得日から
     計算書における資金の範囲                        3ヶ月以内に満期日の到来する流動性
                                            が高く、容易に換金可能であり、かつ、価
                                            値の変動について僅少なリスクしか負
                                            わない短期的な投資からなっておりま
                                            す。
     (8) その他連結財務諸表作成の   消費税等の会計処理           消費税等の会計処理
         ための重要な事項        税抜方式を採用しております。               同左
    5連結子会社の資産及び負債の     連結子会社の資産及び負債の評価方法         ―――――――
      評価に関する事項          は、全面時価評価法によっております。
    6連結キャッシュ・フロー       手許現金、要求払預金及び取得日から         ―――――――
      計算書における資金の範囲      3ヶ月以内に満期日の到来する流動性が
                        高く、容易に換金可能であり、かつ、価値
                        の変動について僅少なリスクしか負わな
                        い短期的な投資からなっております。





                                   50/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
【連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
        前連結会計年度                       当連結会計年度
     (自平成21年4月1日                  (自平成22年4月1日
      至平成22年3月31日)                 至平成23年3月31日)
        ―――――――         (資産除去債務に関する会計基準の適用)
                          当連結会計年度より、「資産除去債務に関する会計基
                          準」(企業会計基準第18号平成20年3月31日)及び
                          「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業
                          会計基準適用指針第21号平成20年3月31日)を適用し
                          ております。
                          これにより、営業利益及び経常利益は0百万円、税金等
                          調整前当期純利益は67百万円減少しております。また、
                          当会計基準等の適用開始による資産除去債務の変動額
                          は67百万円であります。
                             
                        (企業結合に関する会計基準等の適用)
                          当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」
                          (企業会計基準第21号平成20年12月26日)、「連結財
                          務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号平成
                          20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業分離
                          等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指
                          針第10号平成20年12月26日)を適用しております。


【表示方法の変更】
        前連結会計年度                       当連結会計年度
     (自平成21年4月1日                  (自平成22年4月1日
      至平成22年3月31日)                 至平成23年3月31日)
        ―――――――           (連結損益計算書)
                            1.当連結会計年度より、「連結財務諸表に関する会計
                            基準」(企業会計基準第22号平成20年12月26日)に基
                            づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する
                            規則等の一部を改正する内閣府令」(平成21年3月24
                            日内閣府令第5号)を適用し、「少数株主損益調整前
                            当期純利益」の科目で表示しております。
                            2.営業外費用の内訳科目において、前連結会計年度ま
                            で区分掲記しておりました「租税公課」(当連結会計
                            年度は153百万円)は、営業外費用の総額の100分の10以
                            下となったため、営業外費用の「その他」に含めて表示
                            することにしました。
                            3.前連結会計年度まで区分掲記しておりました「ソ
                            フトウエア除却損」(当連結会計年度は15百万円)は、
                            特別損失の総額の100分の10以下となったため、特別損
                            失の「その他」に含めて表示することにしました。
                          (連結キャッシュ・フロー計算書)
                            営業活動によるキャッシュ・フローの「無形固定資産
                            除却損」は、当連結会計年度において、金額的重要性が
                            乏しくなったため「その他」に含めております。なお、
                            当連結会計年度のその他に含まれている「無形固定資
                            産除却損」は15百万円であります。




                          51/107
                                                                   EDINET提出書類
                                                               三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                    有価証券報告書
   【追加情報】
            前連結会計年度                            当連結会計年度
         (自平成21年4月1日                       (自平成22年4月1日
          至平成22年3月31日)                      至平成23年3月31日)
            ―――――――                   当連結会計年度より、「包括利益の表示に関する会計基
                                      準」(企業会計基準第25号平成22年6月30日)を適用
                                      しております。ただし、「その他の包括利益累計額」及
                                      び「その他の包括利益累計額合計」の前連結会計年度
                                      の金額は、「評価・換算差額等」及び「評価・換算差額
                                      等合計」の金額を記載しております。


    【注記事項】
      (連結貸借対照表関係)
              前連結会計年度                            当連結会計年度
            (平成22年3月31日)                       (平成23年3月31日)
※1非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとお ※1非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとお
     りであります。                            りであります。
       投資有価証券(株式)         1,496百万円        投資有価証券(株式)           999百万円
※2担保資産及び担保付債務                     ※2担保資産及び担保付債務
     担保に供している資産は次のとおりであります。             担保に供している資産は次のとおりであります。
       建物及び構築物           12,067百万円        建物及び構築物           12,783百万円
       土地                   953           土地                   933
        計                13,020            計                13,717
     担保付債務は次のとおりであります。                  担保付債務は次のとおりであります。
       1年内返済予定の長期借入金      1,004           1年内返済予定の長期借入金        576
       長期借入金              2,404           長期借入金              1,892
        計                 3,408            計                 2,468
     この他に供託及び保証金として差し入れている投資            この他に供託及び保証金として差し入れている投資
     有価証券35百万円があります。                    有価証券35百万円があります。
3偶発債務                            3偶発債務
  ①連結子会社以外の会社の銀行借入金に対し次のとお          ①連結子会社以外の会社の銀行借入金に対し次のとお
     り保証を行っております。                       り保証を行っております。
       伊藤忠商事㈱               958百万円        ㈱ワールド流通センター          702百万円
       ㈱ワールド流通センター          812           ㈱神戸港国際流通センター         578
       ㈱神戸港国際流通センター         661           青海流通センター㈱            139
       青海流通センター㈱            150           大阪港総合流通センター㈱          99
       大阪港総合流通センター㈱         120           四日市港国際物流センター㈱         37
       四日市港国際物流センター㈱         53            計                 1,558
        計                 2,756
  ②親会社は従業員に対する銀行の住宅ローンに関し、          ②親会社は従業員に対する銀行の住宅ローンに関し、
     456百万円の保証を行っております。                 389百万円の保証を行っております。
  ③受取手形裏書譲渡高                12百万円   ③受取手形裏書譲渡高                14百万円
4親会社は、運転資金等の効率的な調達を行うため取引 4親会社は、運転資金等の効率的な調達を行うため取引
     銀行7行と貸出コミットメント契約を締結しており            銀行6行と貸出コミットメント契約を締結しており
     ます。                                ます。
     当連結会計年度末における貸出コミットメントに係            当連結会計年度末における貸出コミットメントに係
     る借入未実行残高は次のとおりであります。               る借入未実行残高は次のとおりであります。
       貸出コミットメントの総額      18,000百万円        貸出コミットメントの総額       8,000百万円
       借入実行残高                −            借入実行残高                −
       差引額               18,000           差引額                8,000
※5減価償却累計額には減損損失累計額を含めて表示し ※5減価償却累計額には減損損失累計額を含めて表示し
     ております。                             ております。




                                  52/107
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                  有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)
           前連結会計年度                            当連結会計年度
        (自平成21年4月1日                       (自平成22年4月1日
         至平成22年3月31日)                      至平成23年3月31日)
※1固定資産売却益の内訳                      ※1固定資産売却益の内訳
     土地                  11百万円          土地                  893百万円
     合計                  11             合計                  893
※2固定資産除却損の内訳                      ※2固定資産除却損の内訳
     建物及び構築物             557百万円         建物及び構築物               6百万円
     機械装置及び運搬具             6            機械装置及び運搬具             6
     その他                  16            その他                   7
     合計                 579             合計                  19
    この他に撤去費用が184百万円あります。               この他に撤去費用が354百万円あります。
※3固定資産売却損の内訳                      ※3固定資産売却損の内訳
     工具、器具及び備品           20百万円          土地                 687百万円
                                        建物及び構築物           115
        合計               20
                                        その他                56
        
                                       合計                  859
             ―――――――――             ※4災害による損失の内訳
                                        施設修繕費              279百万円
                                        作業直接費              66
                                        義援金・見舞金            22
                                           給料及び手当          21
                                           その他              6
                                           合計               395


   (連結包括利益計算書関係)
 当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
 ※1当連結会計年度の直前連結会計年度における包括利益
    親会社株主に係る包括利益             2,380百万円
    少数株主に係る包括利益                 37
                  計               2,418
    
 ※2当連結会計年度の直前連結会計年度におけるその他の包括利益
    その他有価証券評価差額金            368百万円
    為替換算調整勘定                195
    持分法適用会社に対する持分相当額       △13
                  計                 550
    




                                  53/107
                                                                               EDINET提出書類
                                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                有価証券報告書
    (連結株主資本等変動計算書関係)
 前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  前連結会計年度末    当連結会計年度  当連結会計年度                        当連結会計年度末
                   株式数(株)     増加株式数(株) 減少株式数(株)                        株式数(株)
 発行済株式
 普通株式(注)              139,415,013                −       15,000,000     124,415,013
         合計           139,415,013                −       15,000,000     124,415,013
自己株式
 普通株式(注)                6,530,000         8,690,684      15,000,000         220,684
         合計             6,530,000         8,690,684      15,000,000         220,684
(注)当連結会計年度における自己株式数の増加は、単元未満株式の買取(3,684株)及び会社法第459条1項の規定による
  当社定款の定めに基づく自己株式の買付(8,687,000株)によるものであります。また発行済株式数及び自己株式数の
  減少は、会社法第178条の規定に基づく自己株式の消却(15,000,000株)によるものであります。


2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり配当額
    決議        株式の種類                                      基準日            効力発生日
                       (百万円)            (円)
 平成21年5月8日
              普通株式             597              4.5   平成21年3月31日      平成21年6月4日
 取締役会
 平成21年11月5日
              普通株式             597              4.5   平成21年9月30日      平成21年12月10日
 取締役会


(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                 1株当たり
                  配当金の総額
     決議     株式の種類         配当の原資   配当額      基準日       効力発生日
                   (百万円)
                                  (円)
 平成22年5月7日
             普通株式     558 利益剰余金     4.5 平成22年3月31日 平成22年6月8日
 取締役会


 当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  前連結会計年度末    当連結会計年度  当連結会計年度                        当連結会計年度末
                   株式数(株)     増加株式数(株) 減少株式数(株)                        株式数(株)
 発行済株式
 普通株式                 124,415,013                −               −      124,415,013
         合計           124,415,013                −               −      124,415,013
自己株式
 普通株式(注)                  220,684               970              −          221,654
         合計               220,684               970              −          221,654
(注)当連結会計年度における自己株式数の増加は、単元未満株式の買取(970株)によるものであります。




                                     54/107
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                              有価証券報告書
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
                           配当金の総額       1株当たり配当額
        決議         株式の種類                                  基準日         効力発生日
                            (百万円)          (円)
     平成22年5月7日
                   普通株式         558              4.5   平成22年3月31日   平成22年6月8日
     取締役会
     平成22年11月4日
                   普通株式         558              4.5   平成22年9月30日   平成22年12月10日
     取締役会


(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                 1株当たり
                  配当金の総額
     決議     株式の種類         配当の原資   配当額      基準日       効力発生日
                   (百万円)
                                  (円)
 平成23年5月6日
             普通株式     558 利益剰余金     4.5 平成23年3月31日 平成23年6月7日
 取締役会


       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
              前連結会計年度                      当連結会計年度
            自平成21年4月1日                  自平成22年4月1日
            至平成22年3月31日                 至平成23年3月31日
    1.現金及び現金同等物期末残高と当期の連結貸借対照表 1.現金及び現金同等物期末残高と当期の連結貸借対照表
      上の現金及び預金勘定期末残高との関係           上の現金及び預金勘定期末残高との関係
      現金及び預金勘定           16,355百万円 現金及び預金勘定           17,580百万円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金       △239百万円         預入期間が3ヶ月を超える定期預金          △218百万円
      現金及び現金同等物の期末残高                         現金及び現金同等物の期末残高
                            16,115百万円                                  17,361百万円
                  ──────                2.株式取得により新たに連結子会社となった会社の資産
                                           及び負債の主な内訳
                                           株式の取得により新たに㈱三井倉庫エアカーゴを連結
                                           したことに伴う連結開始時の資産及び負債の主な内訳
                                           並びに、当該会社株式の取得価額と取得による支出
                                           (純額)との関係は次のとおりであります。
                                          流動資産                2,903百万円
                                          固定資産                1,445百万円
                                          のれん                 2,957百万円
                                          流動負債               △2,347百万円
                                          固定負債                △259百万円
                                            ㈱三井倉庫エアカーゴの取得価額             4,700百万円
                                            ㈱三井倉庫エアカーゴの現金及び現金
                                                                        △839百万円
                                            同等物
                                            差引:㈱三井倉庫エアカーゴ取得のた
                                                                        3,860百万円
                                            めの支出





                                        55/107
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                         有価証券報告書
      (リース取引関係)
             前連結会計年度                         当連結会計年度
          (自平成21年4月1日                    (自平成22年4月1日
           至平成22年3月31日)                   至平成23年3月31日)
1ファイナンス・リース取引                  1ファイナンス・リース取引
(借手側)                          (借手側)
  所有権移転外ファイナンス・リース取引               所有権移転外ファイナンス・リース取引
(1)リース資産の内容                     (1)リース資産の内容
     主に物流事業における設備(建物及び構築物並びに                      同左
    機械装置及び運搬具)であります。
                                
(2)リース資産の減価償却の方法                (2)リース資産の減価償却の方法
     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項                       同左
     「4 会計処理基準に関する事項(2)重要な減価償
     却資産の減価償却の方法」に記載のとおりでありま       
     す。                            
                                   
  なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、       なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、
   リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース        リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース
   取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ          取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ
   た会計処理によっており、その内容は次のとおりであ          た会計処理によっており、その内容は次のとおりであ
   ります。                              ります。
 ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当            ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
    額及び期末残高相当額                           額及び期末残高相当額
        取得価額    減価償却累    期末残高                取得価額    減価償却累    期末残高
   区分    相当額    計額相当額     相当額           区分    相当額    計額相当額     相当額
        (百万円)    (百万円)   (百万円)               (百万円)    (百万円)   (百万円)
 建物及び                                 建物及び
            249      190      58                 249      195      53
 構築物                                  構築物
 機械装置                                 機械装置
              244    154      89                      191    146          45
 及び運搬具                                及び運搬具
 その他          605    438     167      その他             332    263          68
   合計       1,099    783     316            合計        773    604         168
    なお取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が                             同左
    有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いた
    め、支払利子込み法により算定しております。
 ②未経過リース料期末残高相当額                     ②未経過リース料期末残高相当額
     1年内              146百万円              1年内                       93百万円
     1年超              169                 1年超                       74
     合計              316                         合計                168
   なお、未経過リース料期末残高相当額は、未経過リー                             同左
   ス料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める
    割合が低いため、支払利子込み法により算定してお
    ります。
 ③支払リース料及び減価償却費相当額                   ③支払リース料及び減価償却費相当額
     支払リース料           220百万円              支払リース料                   147百万円
     減価償却費相当額         220百万円              減価償却費相当額                 147百万円
 ④減価償却費相当額の算定方法                      ④減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                       同左
    額法によっております。




                                   56/107
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                              有価証券報告書
             前連結会計年度                                    当連結会計年度
          (自平成21年4月1日                               (自平成22年4月1日
           至平成22年3月31日)                              至平成23年3月31日)
  (貸手側)                       (貸手側)
所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース 所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース
   取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引に  取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引に
   ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計    ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計
   処理によっており、その内容は次のとおりであります。   処理によっており、その内容は次のとおりであります。


 ①リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高               ①リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
                減価償却                                     減価償却
        取得価額            期末残高                     取得価額            期末残高
   区分            累計額                        区分            累計額
        (百万円)           (百万円)                    (百万円)           (百万円)
                (百万円)                                    (百万円)
  建物及び                                     建物及び
            161      57     103                      161      71     89
  構築物                                      構築物
 ②未経過リース料期末残高相当額                         ②未経過リース料期末残高相当額
     1年内                       32百万円          1年内                        32百万円
     1年超                       55             1年超                        23
     合計               87                        合計                       55
   なお、未経過リース料期末残高及び見積残存価額の                                同左
   残高の合計額が、営業債権の期末残高等に占める割
   合が低いため、受取利子込み法により算定しており
   ます。
 ③受取リース料及び減価償却費              ③受取リース料及び減価償却費
     受取リース料            32百万円       受取リース料           32百万円
     減価償却費             16百万円       減価償却費            14百万円
2オペレーティング・リース取引             2オペレーティング・リース取引
  (借手側)                         (借手側)
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの
  に係る未経過リース料                    に係る未経過リース料
     1年内              637百万円       1年内             577百万円
     1年超            1,086          1年超             739
      合計            1,724                       合計            1,316
  (貸手側)                                     (貸手側)
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの                  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの
  に係る未経過リース料                                に係る未経過リース料
     1年内            7,472百万円                   1年内            5,771百万円
     1年超            7,469                      1年超            2,042
     合計                    14,941               合計                    7,814




                                       57/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書
       (金融商品関係)
  前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
1. 金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、銀行等金融機関からの借入及び社債発行
       により資金を調達しております。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       受取手形及び営業未収金に係る顧客の信用リスクについては、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、リス
       ク低減を図っております。
         投資有価証券は主として株式であり、市場価格の変動リスクに晒されていますが、四半期ごとに時価の把握を
       行っております。
       支払手形及び営業未払金についてはその全てが1年以内の支払期日であります。また、借入金は運転資金(主と
       して短期)及び設備投資資金(長期)に係る資金調達であり、変動金利による長期借入は行っておりません。なお、
       これらの債務は支払期日に支払いを実行できなくなるリスク、すなわち流動性リスクに晒されますが、各月ごと
       に資金繰計画を適宜見直すことにより、そのリスクを回避しております。
       
2. 金融商品の時価等に関する事項
     平成22年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                       連結貸借対照表上計上額
                                         時価(*)           差額
                           (*)
(1)現金及び預金                       16,355         16,355           −
(2)受取手形及び営業未収金                  12,549         12,549           −
(3)投資有価証券
    その他有価証券                      9,488            9,488         −
            資産計                 38,393         38,393           −
(4)支払手形及び営業未払金                  (6,388)        (6,388)          −
(5)短期借入金                        (1,091)        (1,091)          −
(6)長期借入金                       (71,113)       (71,604)         491
(7)社債                          (24,000)       (24,388)         388
            負債計               (102,593)      (103,473)         879
(*)負債に計上されているものについては、()で示しています。

  (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
   (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び営業未収金
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
   (3)投資有価証券
    これらの時価について、株式は取引所の価格によっています。
    また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
   (4)支払手形及び営業未払金、並びに(5)短期借入金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
      (6)長期借入金
       長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算
       定する方法によっています。
      (7)社債
       当社の発行する社債の時価は、市場価格に基づき算定しています。





                               58/107
                                                            EDINET提出書類
                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                             有価証券報告書
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
       非上場株式(連結貸借対照表計上額3,553百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積るこ
       となどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券 その他有価証券」に
       は含めていません。
    
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額(単位:百万円)
                                          1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                         5年以内     10年以内
         現金及び預金                   16,355     −         −     −
         受取手形及び営業未収金              12,549     −         −     −
         投資有価証券
         その他有価証券のうち満期があるもの           −      35        −     −
         (国債・地方債)
                  合計              28,905   35      −       −

    (注4)長期借入金及び社債の連結決算日後の返済予定額
       連結附属明細表「社債明細表」及び「借入金等明細表」をご参照下さい。

(追加情報)
   当連結会計年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金融商品の
  時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用しております。
   




                                59/107
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                   有価証券報告書
  当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
1. 金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、銀行等金融機関からの借入及び社債発行
       により資金を調達しております。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       受取手形及び営業未収金に係る顧客の信用リスクについては、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、リス
       ク低減を図っております。
         投資有価証券は主として株式であり、市場価格の変動リスクに晒されていますが、四半期ごとに時価の把握を
       行っております。
       支払手形及び営業未払金についてはその全てが1年以内の支払期日であります。また、借入金は運転資金(主と
       して短期)及び設備投資資金(長期)に係る資金調達であり、変動金利による長期借入は行っておりません。なお、
       これらの債務は支払期日に支払いを実行できなくなるリスク、すなわち流動性リスクに晒されますが、各月ごと
       に資金繰計画を適宜見直すことにより、そのリスクを回避しております。
       
2. 金融商品の時価等に関する事項
     平成23年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                       連結貸借対照表上計上額
                                           時価(*)            差額
                           (*)
(1)現金及び預金                       17,580           17,580              −
(2)受取手形及び営業未収金                  14,851           14,851              −
(3)投資有価証券                                                               
    その他有価証券                      8,119              8,119            −
            資産計                 40,551           40,551              −
(4)支払手形及び営業未払金                  (7,632)          (7,632)             −
(5)短期借入金                          (965)            (965)             −
(6)長期借入金                       (66,539)         (67,369)            830
(7)社債                          (41,000)         (41,564)            564
            負債計               (116,138)        (117,532)          1,394
(*)負債に計上されているものについては、()で示しています。

  (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
   (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び営業未収金
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
   (3)投資有価証券
    これらの時価について、株式は取引所の価格によっています。
    また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記をご参照ください。
   (4)支払手形及び営業未払金、並びに(5)短期借入金
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
      (6)長期借入金
       長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算
       定する方法によっています。
      (7)社債
       当社の発行する社債の時価は、市場価格に基づき算定しています。





                               60/107
                                                            EDINET提出書類
                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                             有価証券報告書
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
       非上場株式(連結貸借対照表計上額3,045百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積るこ
       となどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)投資有価証券 その他有価証券」に
       は含めていません。
    
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額(単位:百万円)
                                          1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                         5年以内     10年以内
         現金及び預金                   17,580     −         −     −
         受取手形及び営業未収金              14,851     −         −     −
         投資有価証券
         その他有価証券のうち満期があるもの           −      35        −     −
         (国債・地方債)
                  合計              32,432   35      −       −

    (注4)長期借入金及び社債の連結決算日後の返済予定額
       連結附属明細表「社債明細表」及び「借入金等明細表」をご参照下さい。
     




                                61/107
                                                                  EDINET提出書類
                                                              三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                   有価証券報告書
    (有価証券関係)
   <前連結会計年度>
1その他有価証券
                             当連結会計年度(平成22年3月31日)
           区分       連結貸借対照表計上額     取得原価                     差額
                       (百万円)       (百万円)                  (百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を
                                                                    
超えるもの
 (1) 株式                       8,769           4,023               4,746
 (2) 債券                          35              35                   0
           小計                 8,805           4,058               4,747
連結貸借対照表計上額が取得原価を
                                                                    
超えないもの
 株式                           682             847               △165
           小計                   682             847               △165
           合計                 9,488           4,906               4,581
(注)表中の「取得原価」は、減損処理後の帳簿価格であります。
非上場株式(連結貸借対照表計上額2,056百万円)については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見
      積ることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含め
      ておりません。


2当連結会計年度中に売却したその他有価証券
     区分         売却額(百万円)       売却益の合計額(百万円)          売却損の合計額(百万円)
      株式               336              213                    −
      合計                336             213                    −


3減損処理を行った有価証券
  当連結会計年度において、その他有価証券で時価のある株式について42百万円の減損処理を行っております。
  なお、時価のある株式の減損処理については、回復可能性があると認められる場合を除き、当連結会計年度末におけ
 る時価が取得原価に比べ30%以上下落した場合に行っております。
  また、時価評価されていない非上場株式の減損処理については、株式の実質価値が取得原価に比べ50%以上下落し
 た場合に行っております。但し、資産等の時価評価額が明らかとなっており、評価を加味した純資産額が示されている
 場合には、それに基づき株式の実質価値を算定しております。
  




                              62/107
                                                            EDINET提出書類
                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                             有価証券報告書
   <当連結会計年度>
1その他有価証券
                              当連結会計年度(平成23年3月31日)
        区分           連結貸借対照表計上額     取得原価              差額
                        (百万円)       (百万円)           (百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を
                                                              
超えるもの
 (1) 株式                       6,454         2,843           3,610
 (2) 債券                          35            35               0
        小計                    6,490         2,878           3,611
連結貸借対照表計上額が取得原価を
                                                              
超えないもの
 株式                         1,628         1,842           △213
        小計                    1,628         1,842           △213
        合計                    8,119         4,721           3,398
(注)表中の「取得原価」は、減損処理後の帳簿価格であります。
非上場株式(連結貸借対照表計上額2,045百万円)については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見
      積ることなどができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含め
      ておりません。


2減損処理を行った有価証券
  当連結会計年度において、その他有価証券の株式について201百万円の減損処理を行っております。
  なお、時価のある株式の減損処理については、回復可能性があると認められる場合を除き、当連結会計年度末におけ
 る時価が取得原価に比べ30%以上下落した場合に行っております。
  また、時価評価されていない非上場株式の減損処理については、株式の実質価値が取得原価に比べ50%以上下落し
 た場合に行っております。但し、資産等の時価評価額が明らかとなっており、評価を加味した純資産額が示されている
 場合には、それに基づき株式の実質価値を算定しております。
  
     (デリバティブ取引関係)
  前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)及び当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成
  23年3月31日)において該当事項はありません。




                              63/107
                                                                 EDINET提出書類
                                                             三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                  有価証券報告書
    (退職給付関係)
           前連結会計年度                           当連結会計年度
        (自平成21年4月1日                      (自平成22年4月1日
         至平成22年3月31日)                     至平成23年3月31日)
1採用している退職給付制度の概要                1採用している退職給付制度の概要
 当社は、退職一時金制度及び確定拠出年金制度並びに確       当社は、退職一時金制度及び確定拠出年金制度並びに確
 定給付企業年金制度を採用しております。              定給付企業年金制度を採用しております。
  また、退職一時金制度及び確定給付企業年金制度にお          また、退職一時金制度及び確定給付企業年金制度にお
 いて退職給付信託を設定しております。               いて退職給付信託を設定しております。
  国内連結子会社は、確定給付型の制度として、適格退職         国内連結子会社は、確定給付型の制度として、適格退職
 年金制度(3社)及び退職一時金制度(21社)を設けて       年金制度(2社)及び退職一時金制度(22社)を設けて
 おります。                            おります。
 また、在外子会社の一部では確定拠出年金制度を採用し       また、在外子会社の一部では確定拠出年金制度を採用し
 ております。                           ております。
2退職給付債務に関する事項                   2退職給付債務に関する事項
 ①退職給付債務               △7,732百万円  ①退職給付債務                △7,470百万円
 ②年金資産                  6,836     ②年金資産                   5,816
 ③小計(①+②)               △896          ③小計(①+②)           △1,653
 ④未認識数理計算上の差異            290          ④未認識数理計算上の差異        1,013
 ⑤未認識過去勤務債務             △485          ⑤未認識過去勤務債務          △423
 ⑥小計(③+④+⑤)            △1,090         ⑥小計(③+④+⑤)         △1,064
 ⑦前払年金費用                1,112         ⑦前払年金費用             1,224
 ⑧退職給付引当金(⑥−⑦)         △2,202       ⑧退職給付引当金(⑥−⑦)        △2,289
3退職給付費用に関する事項                     3退職給付費用に関する事項
 ①勤務費用                    452百万円    ①勤務費用                   459百万円
 ②利息費用                    120       ②利息費用                   107
 ③期待運用収益                 △39        ③期待運用収益                △37
 ④数理計算上の差異の処理額             34       ④数理計算上の差異の処理額          △57
 ⑤過去勤務債務の処理額             △61        ⑤過去勤務債務の処理額            △61
 ⑥その他(注)                   98       ⑥その他(注)                  81
 ⑦退職給付費用                 604   ⑦退職給付費用                492
 (注)その他は、確定拠出年金への掛金拠出額76百万円、子  (注)その他は、確定拠出年金への掛金拠出額80百万円、子
    会社における割増退職金22百万円であります。        会社における割増退職金0百万円であります。
4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項         4退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 ①退職給付見込額の期間配分方法     期間定額基準    ①退職給付見込額の期間配分方法    期間定額基準
 ②割引率                 2.0%    ②割引率                2.0%
 ③期待運用収益率             2.0%    ③期待運用収益率            2.0%
 ④数理計算上の差異の処理年数       13∼14年  ④数理計算上の差異の処理年数      13∼15年
  発生の翌連結会計年度より平均残存勤務期間年数によ       発生の翌連結会計年度より平均残存勤務期間年数によ
  る定額法による按分額を償却しております。           る定額法による按分額を償却しております。
 ⑤過去勤務債務の額の処理年数       13年     ⑤過去勤務債務の額の処理年数      13年
  発生時の平均残存勤務期間年数による定額法により、              発生時の平均残存勤務期間年数による定額法により、
  発生時から償却しております。                        発生時から償却しております。




                                   64/107
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                        有価証券報告書
    (ストック・オプション等関係)
    前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)及び当連結会計年度(自平成22年4月1日至平
    成23年3月31日)において該当事項はありません。


    (税効果会計関係)
            前連結会計年度                                当連結会計年度
          (平成22年3月31日)                           (平成23年3月31日)
1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の             1繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
  内訳                                      内訳
 (繰延税金資産)                               (繰延税金資産)
 退職給付引当金               2,738百万円         退職給付引当金               2,657百万円
 賞与引当金                   579            賞与引当金                   598
 有形固定資産                  863            有形固定資産                  530
 繰越欠損金                 1,608            繰越欠損金                 1,059
 ゴルフ会員権                   86            ゴルフ会員権                   98
 投資有価証券評価損               130            投資有価証券評価損               197
 その他                     801            税務上ののれん               1,142
                                        その他                     915
  繰延税金資産小計             6,809
                                            繰延税金資産小計
  評価性引当額              △2,043                                   7,199
                                            評価性引当額            △1,413
  繰延税金資産合計              4,765
                                            繰延税金資産合計
 (繰延税金負債)                                                       5,785
 その他有価証券評価差額金         △1,864百万円          (繰延税金負債)
 固定資産圧縮積立金             △736               その他有価証券評価差額金        △1,382百万円
 退職給付信託設定益            △1,765              固定資産圧縮積立金             △942
 その他                   △533               退職給付信託設定益            △1,765
                                          その他                   △526
  繰延税金負債合計            △4,900
                                            繰延税金負債合計          △4,617
  繰延税金負債の純額             △135
                                            繰延税金資産の純額           1,167
2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率 2法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
  との差異の原因となった主な項目別の内訳           との差異の原因となった主な項目別の内訳
 法定実効税率                 40.7% 法定実効税率                 40.7%
 (調整)                         (調整)
 交際費等永久に損金に算入されない項目      1.3  交際費等永久に損金に算入されない項目      1.4
 受取配当金等永久に益金に算入されない項目  △1.5   受取配当金等永久に益金に算入されない項目  △2.6
 住民税均等割                  1.6  住民税均等割                  1.5
 受取配当金連結消去に伴う影響額         3.9  受取配当金連結消去に伴う影響額         1.8
 在外連結子会社の税率差異          △1.5   在外連結子会社の税率差異          △4.6
 評価性引当額                  8.8  評価性引当額                △2.5
 連結調整による影響額            △3.1   連結調整による影響額            △0.7
                       △0.0                         △0.4
 その他                          その他
 税効果会計適用後の法人税等の負担率                        税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                50.2                                    34.6




                                       65/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
  (企業結合等関係)
当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
共通支配下の取引等
  (子会社の増資引受)
1.結合当事企業の名称及びその事業の内容、企業結合日、企業結合の法的形式、取引の目的を含む取引の内容
(1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
 株式会社ミツノリ(国内物流事業)
(2)企業結合日
 株式取得日平成22年10月28日
(3)企業結合の法的形式
 第三者割当増資
(4)取引の目的を含む取引の概要
      当社の連結子会社である株式会社ミツノリの物流施設の建設資金の一部に充てるため全額引受による増資
     を実施いたしました。
2.実施した会計処理の概要
  「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
  分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号平成20年12月26日)に基づき、子会社株式
  の追加取得として会計処理を行いました。
3.子会社株式の追加取得に関する事項
(1)取得原価及びその内訳
 現金及び預金199百万円
(2)負ののれん発生益の金額、発生原因
 ①負ののれん発生益の金額182百万円
 ②発生原因
      当社の第三者割当増資引受による取得の対価に増資前の少数株主持分割合を乗じた額が、増資による当社
      持分変動に対応する受入純資産の額を下回っていたことによるものであります。
  
(少数株主からの株式取得)
1.結合当事企業の名称及びその事業の内容、企業結合日、企業結合の法的形式、取引の目的を含む取引の内容
(1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
 株式会社ミツノリ(国内物流事業)
(2)企業結合日
 株式取得日平成22年12月28日
(3)企業結合の法的形式
 少数株主からの株式追加取得
(4)取引の目的を含む取引の概要
      当社の連結子会社である株式会社ミツノリの少数株主より、所有株式売却の申し入れがあったため、当社が
     買い取り完全子会社化することにいたしました。
2.実施した会計処理の概要
  「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成20年12月26日)及び「企業結合会計基準及び事業
  分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号平成20年12月26日)に基づき、少数株主と
  の取引として会計処理を行いました。
3.子会社株式の追加取得に関する事項
(1)取得原価及びその内訳
 現金及び預金88百万円
(2)負ののれん発生益の金額、発生原因
 ①負ののれん発生益の金額214百万円
 ②発生原因
     追加取得した子会社株式の取得原価が減少する少数株主持分の額を下回っていたことによるものであり
     ます。




                          66/107
                                                    EDINET提出書類
                                                三井倉庫株式会社(E04284)
                                                     有価証券報告書
 
取得による企業結合
1.企業結合の概要
  (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
      被取得企業の名称ジェイティービーエアカーゴ株式会社
      事業の内容国際貨物輸送事業
  (2)企業結合を行った主な理由
      当社は、昨年8月に新たな中期経営計画「新成長戦略@2010」を策定し、景気変動をはじめとする不
     確定な外部要因に左右されることなく、最適物流創造企業として持続的に成長することを目指しておりま
     す。「新成長戦略@2010」では、今後の成長源泉となる事業の育成を基本方針の一つに掲げており、そ
     の中で国際貨物輸送事業(NVOCC、エアーフォワーディング)を、さらに拡充・強化すべき事業と位置
     づけております。
      このような状況の中、当社は株式会社ジェイティービーと、国際貨物輸送事業を営むジェイティービーエ
     アカーゴ株式会社の株式譲渡譲受について協議を行い、同社の経営計画や同社を当社グループに迎え入れ
     た場合のシナジー効果等について、慎重に分析、検討を進めてまいりました。
      この結果、当社は、同社を当社グループに迎え入れることが同社の業績向上はもとより、当社グループと
     同社のエアーフォワーディング事業の統合等によるシナジー効果の実現を通じて、当社グループの国際貨
     物輸送事業のさらなる拡充・強化に大きく寄与するものと判断しました。
  (3)企業結合日
     平成23年3月1日
  (4)企業結合の法的形式
     全株式の取得
 (5)結合後企業の名称
    株式会社三井倉庫エアカーゴ
 (6)取得した議決権比率
    合併直前に所有していた議決権比率 0%
    企業結合日に追加取得した議決権比率 100%
    取得後の議決権比率 100%
 (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
    当社による、現金を対価とする株式取得であること。
2.連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
   平成23年3月1日から平成23年3月31日まで
3.被取得企業の取得原価及びその内訳
   被取得企業の取得原価は4,700百万円であり、現金による取得です。
4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間
 (1)発生したのれんの金額
     2,957百万円
 (2)発生原因
     主として株式会社三井倉庫エアカーゴが国際貨物輸送事業を展開することによって期待される超過収益
    力であります。
 (3)償却方法及び償却期間
     10年間にわたる均等償却
5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
  流動資産         2,903百万円
  固定資産         1,445百万円
 資産合計        4,349百万円
 
 流動負債        2,347百万円
 固定負債        259百万円
 負債合計        2,606百万円




                         67/107
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                      有価証券報告書
     6.企業結合が当連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼ
     す影響の概算額及びその算定方法
        営業収益 10,840百万円
        営業利益 85百万円
        経常利益 124百万円
        税金等調整前当期純利益82百万円
        当期純利益49百万円
        1株当たり当期純利益0.40円
     (概算額の算定方法)
      企業結合が当連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された営業収益及び損益情報(のれんの償却額
      271百万円の調整を行っております)と、当社の連結損益計算書における営業収益及び損益情報との差額を、影響
      の概算額としております。
        なお、当該注記は監査証明を受けておりません。

     (資産除去債務関係)
     当連結会計年度末(平成23年3月31日)においては、重要性が乏しいため記載を省略しております。
     
     (賃貸等不動産関係)
前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)

   当社及び一部の子会社では、東京都及びその他の地域において、賃貸用のオフィスビル等(土地を含む。)を有して
   おります。平成22年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸利益は7,542百万円(営業利益に計上)でありま
    す。
      また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、当連結会計年度増減額及び時価は次のとおりであります。
    
                 連結貸借対照表計上額(百万円)                        当連結会計年度末の時価
                                                            (百万円)
    前連結会計年度末残高        当連結会計年度増減額        当連結会計年度末残高
            45,004           695              45,700          160,630
(注) 1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
       2.当連結会計年度増減額のうち、主な増加額は福住ビルの取得1,295百万円であり、主な減少額は減価償却2,034
         百万円であります。
       3.当連結会計年度末の時価は、主として収益還元法に基づいて自社で算定した金額であります。
       
   (追加情報)
     当連結会計年度より、「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第20号平成20年11月28
   日)及び「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第23号平成20年11
   月28日)を適用しております。
     
当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)

   当社及び一部の子会社では、東京都及びその他の地域において、賃貸用のオフィスビル等(土地を含む。)を有して
    おります。平成23年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸利益は7,661百万円(営業利益に計上)でありま
    す。
      また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、当連結会計年度増減額及び時価は次のとおりであります。
    
                 連結貸借対照表計上額(百万円)                        当連結会計年度末の時価
                                                            (百万円)
    前連結会計年度末残高        当連結会計年度増減額        当連結会計年度末残高
            45,700          9,622             55,322          168,517
(注) 1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
     2.当連結会計年度増減額のうち、主な増加額は三郷ロジスティックセンターの取得16,415百万円であり、主な減
        少額は赤坂山王センタービルの売却6,289百万円であります。
     3.当連結会計年度末の時価は、主として収益還元法に基づいて自社で算定した金額であります。
     




                                      68/107
                                                                          EDINET提出書類
                                                                      三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                           有価証券報告書
     (セグメント情報等)
      【事業の種類別セグメント情報】
      前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
                    物流事業      不動産事業        計           消去又は全社          連結
                    (百万円)      (百万円)     (百万円)          (百万円)        (百万円)
Ⅰ営業収益及び営業損益                                                             
   営業収益                                                                  
 (1) 外部顧客に対する営業
                       76,743     11,985    88,728             −        88,728
     収益
 (2) セグメント間の内部収
                          127        250       377           (377)           −
     益又は振替高
          計             76,870     12,235     89,105         (377)      88,728
   営業費用                 74,976      4,629     79,606        2,578       82,184
   営業利益                  1,893      7,605      9,499       (2,956)       6,543
Ⅱ資産、減価償却費
                                                                         
  及び資本的支出
  資産                    91,676     49,806    141,482       28,161      169,643
   減価償却費                 3,867      2,018      5,885          155        6,040
   資本的支出                 5,361      3,117      8,479           98        8,577
(注) 1   事業区分は連結会社の事業活動における業務の種類・性質及び役務の提供方法の類似性を勘案し、物流事業・
        不動産事業に区分しております。
   2    各事業の主な業務
         物流事業……倉庫、港湾運送、陸上運送及び国際運送取扱などの各業務
         不動産事業……不動産賃貸業務
   3    営業費用のうち消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は2,956百万円であり、連結財務諸表提
        出会社の管理部門に係る費用であります。
   4    資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は28,229百万円であり、その主なものは、連結財務諸
        表提出会社の余資運用資金(現預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
   




                                   69/107
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                          有価証券報告書
        【所在地別セグメント情報】
        前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
                        日本       その他の地域       計       消去又は全社        連結
                      (百万円)       (百万円)     (百万円)      (百万円)      (百万円)
 Ⅰ営業収益及び営業損益                                                          
    営業収益                                                               
  (1) 外部顧客に対する営業
                          76,659     12,068    88,728         −       88,728
       収益
  (2) セグメント間の内部収
                             788      1,664     2,452     (2,452)         −
       益又は振替高
           計              77,448     13,733    91,181     (2,452)     88,728
    営業費用                  67,953     13,727    81,681        503      82,184
    営業利益                   9,494          5     9,499     (2,956)      6,543
 Ⅱ資産                    136,364      8,736   145,101     24,542     169,643
(注) 1国又は地域の区分は、本邦以外の国又は地域に属する売上高及び資産のいずれも少額なため、その他の地域で一
        括して記載しております。
     2日本以外の区分に属する主な国又は地域
          その他の地域……米国、香港、中国、シンガポール、台湾、ヨーロッパ
     3営業費用のうち消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は2,956百万円であり、連結財務諸表提出
        会社の管理部門に係る費用であります。
     4資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は28,229百万円であり、その主たるものは、連結財務諸
        表提出会社の余資運用資金(現預金)、長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
     
        【海外売上高】
     前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
                            その他の地域                             計
Ⅰ海外売上高(百万円)                        12,333                           12,333
Ⅱ連結売上高(百万円)                                     −                   88,728
Ⅲ連結売上高に占める
                                               13.9                    13.9
  海外売上高の割合(%)
(注) 1海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。
     2国又は地域の区分は、主な国又は地域のそれぞれに属する売上高が少額のため、その他の地域で一括して記載
        しております。
     3その他の地域に属する主な国又は地域……米国、香港、中国、シンガポール、台湾、ヨーロッパ




                                      70/107
                                                                                                      EDINET提出書類
                                                                                                  三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                                       有価証券報告書
         【セグメント情報】
     当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)
      1.報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
       の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は、事業部門制を敷いており、倉庫保管・荷役、港湾作業、国内運送及び国際運送等の物流の各機能を有機
       的・効率的に顧客に提供する物流関連の各事業部門並びにビル賃貸業を中心とする不動産事業部門で構成され
       ております。
       当社グループは、以下の5つを報告セグメントとしております。
       ・「国内物流事業」…国内において一般事業者を対象に倉庫保管、国内運送、流通加工などの様々な物流サービ
       スを提供しております。
       ・「港湾運送事業」…船会社を主な顧客として港湾作業・運送サービスを提供しております。
       ・「グローバルネットワーク事業」…海外現地法人による物流サービスを提供しております。
       ・「その他物流事業」…航空貨物の混載輸送及び付随する物流サービスを提供する航空事業、顧客が自ら行っ
       ている業務プロセスのすべてもしくは一部を受託し運営・管理を代行するBPO事業、並びにサードパー
       ティーロジスティクスによるSCM支援サービスや複合一貫輸送サービスを提供するロジスティクスシステム
       事業を集約したものです。
       ・「不動産事業」…ビル賃貸業を中心としたサービスを提供しております。
       
      2.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法
          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
       における記載と同一であります。
         報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却前)ベースの数値であります。
         セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

      3.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
        前連結会計年度(自平成21年4月1日 至平成22年3月31日)
                                                                                          (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                                                                    連結
                            グローバ
                                                                   その他                   調整額      財務諸表
                                                                               合計
                  国内物流 港湾運送 ルネット その他   不動産
                                                                   (注)1                  (注)2      計上額
                   事業   事業   ワーク 物流事業 事業
                                                                                                   (注)3
                              事業
    営業収益                                                                  
     (1)外部顧客に対す
                  45,558   10,945   12,281   7,688    11,985         269       88,728        −     88,728
        る営業収益
     (2)セグメント間の
        内部収益又は振    2,608       −       293      −        250         110        3,262   (3,262)        −
        替高
        計         48,166   10,945   12,574   7,688    12,235         380       91,991   (3,262)    88,728
    セグメント営業利益
                   3,871      533    (314)   (103)     7,605       (670)       10,920   (4,377)     6,543
    (又は営業損失)
    セグメント資産      70,191    4,442   10,351   6,291    49,806       6,469   147,552       22,091   169,643
    その他の項目                                                                                     
     減価償却費        2,665      143      306     109     2,018         638        5,881       158     6,040
     持分法適用会社への
                   1,112       −       343      −         −           −         1,456        −      1,456
     投資額
     有形固定資産及び無
     形固定資産の増加額     2,887       15      228   1,700     3,117         518        8,468       108     8,577
     




                                             71/107
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                            三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                                 有価証券報告書
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない収益を得る事業活動であり、子会社の金融事業、施設管
          理事業、情報システム事業等を含んでおります。
        2.調整額は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益の調整額は、連結財務諸表提出会社の管理部門に係る費用であります。
          (2)セグメント資産の調整額は、連結財務諸表提出会社の管理部門に係る資産であります。
          (3)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、連結財務諸表提出会社の管理部門に係る増加額
            であります。
        3.セグメント営業利益(又は営業損失)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        
     当連結会計年度(自平成22年4月1日 至平成23年3月31日)
                                                                       (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                                                             連結
                              グローバ
                                                     その他             調整額 財務諸表
                                                             合計
                国内物流 港湾運送 ルネット その他          不動産
                                                     (注)1            (注)2   計上額
                 事業     事業     ワーク 物流事業 事業
                                                                            (注)3
                                事業
  営業収益                                                    
   (1)外部顧客に対す
                47,354 13,226 13,066 10,547 12,285     284   96,766      −  96,766
      る営業収益
   (2)セグメント間の
      内部収益又は振    2,873     −     379     −     252     129    3,635 (3,635)     −
      替高
        計         50,228   13,226   13,446   10,547    12,538     414   100,401   (3,635)    96,766
 セグメント営業利益
                   3,744    1,128      117    (666)     7,522   (698)    11,148   (4,599)     6,548
 (又は営業損失)
 セグメント資産         69,834    4,458    9,979   11,936    55,703   7,661   159,574    24,460   184,035
 その他の項目                                                                                  
  減価償却費           2,693      105      286      307     2,682     703     6,778       129     6,908
  持分法適用会社への
                     640       −       280       −         −       −        921        −        921
  投資額
  有形固定資産及び無
  形固定資産の増加額        2,621       75      302    1,777    14,783   1,536    21,096     2,972    24,069
  
    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない収益を得る事業活動であり、子会社の金融事業、施設管
         理事業、情報システム事業等を含んでおります。
       2.調整額は以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益の調整額△4,599百万円は、のれんの償却額△24百万円、連結財務諸表提出会社の管理
           部門に係る費用△4,575百万円であります。
         (2)セグメント資産の調整額24,460百万円は、のれん2,932百万円、連結財務諸表提出会社の管理部門に係
           る資産21,528百万円であります。
         (3)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額2,972百万円は、のれんの増加額2,957百万円、連結
           財務諸表提出会社の管理部門に係る増加額15百万円であります。
       3.セグメント営業利益(又は営業損失)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         




                                              72/107
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                             三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                  有価証券報告書
            【関連情報】
         当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
               
          2.地域ごとの情報
           (1)営業収益
                                (単位:百万円)
                  日本            その他の地域      合計
                   84,328          12,437      96,766
           (注)1.営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
              2.国又は地域の区分は、主な国又は地域のそれぞれに属する営業収益が少額のため、その他の地域で
                一括して記載しております。
              3.その他の地域に属する主な国又は地域………米国、香港、中国、シンガポール、台湾、ヨーロッパ


           (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
             を省略しております。
     
          3.主要な顧客ごとの情報
             特定の顧客への外部営業収益が連結損益計算書の営業収益の10%未満であるため、記載を省略しておりま
             す。
     
            【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
         当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
         該当事項はありません。

            【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
         当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
                                                                          (単位:百万円)
                                        グローバル
                                                        その他物流
                国内物流事業        港湾運送事業 ネットワーク事                    不動産事業      合計
                                                         事業
                                          業
     当期償却額                  −        −      −                24       −           24
     当期末残高                  −         −        −          2,932       −        2,932
         (注)「その他物流事業」の金額は、航空事業に係る金額であります。

            【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
         当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
         当連結会計年度において、「国内物流事業」セグメントにおいて、397百万円の負ののれん発生益を計上してお
         ります。これは、連結子会社株式の追加取得により発生したものであります。
         また、「その他物流事業」セグメントにおいて、新規連結により75百万円の負ののれん発生益を計上しておりま
         す。
         
         (追加情報)
         当連結会計年度より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号 平成21年3月27日)
         及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号 平成20年3月21
         日)を適用しております。

          【関連当事者情報】
            前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)及び当連結会計年度(自平成22年4月1日
           至平成23年3月31日)においては、基準を超える取引が存在しないため、記載を省略しております。




                                            73/107
                                                                         EDINET提出書類
                                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                          有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                        当連結会計年度
           項目            (自平成21年4月1日                   (自平成22年4月1日
                          至平成22年3月31日)                  至平成23年3月31日)
    1株当たり純資産額                      394円37銭                        396円61銭
    1株当たり当期純利益                      14円38銭                         20円40銭
(注) 1前連結会計年度及び当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権付社債等
        潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     21株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度         当連結会計年度
              項目             (自平成21年4月1日     (自平成22年4月1日
                               至平成22年3月31日)   至平成23年3月31日)
  当期純利益                (百万円)            1,859           2,534
    普通株主に帰属しない金額          (百万円)                    0                      0
    (うち優先株式の配当)                                   (0)                    (0)
    普通株式に係る当期純利益          (百万円)                1,858                  2,534
    普通株式の期中平均株式数          (千株)               129,263                124,193


        (重要な後発事象)
    前連結会計年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
    1.重要な資産の取得
      当社は、平成18年12月22日の取締役会決議により下記土地建物を信託財産とする信託受益権売買予約契約を締結して
      おりましたが、この度平成22年4月26日の取締役会において信託受益権売買契約の締結を決議し、同日当該契約を締
      結いたしました。
       (1)目的
        不動産賃貸事業強化のため
       (2)取得物件の内容
        土地建物を信託財産とする信託受益権(取得価額16,446百万円)
       (3)信託受益権売買契約締結日
        平成22年4月26日
       (4)取得の時期
        平成22年4月30日
       (5)資金調達方法
        社債発行資金並びに自己資金及び借入金
       (6)信託財産の内容
        ①名称 三郷ロジスティックセンター
        ②所在地 埼玉県草加市
        ③面積 土地28,761㎡、建物70,636㎡





                                  74/107
                                                      EDINET提出書類
                                                  三井倉庫株式会社(E04284)
                                                       有価証券報告書
2.社債の発行
 平成22年3月23日の当社取締役会において、第9回無担保社債及び第10回無担保社債(いずれも特定社債間同順位特
 約付)の発行を決議し、下記のとおり発行いたしました。
  (1)第9回無担保社債
   ①発行総額 7,000百万円
   ②発行価格 額面100円につき金100円
   ③発行年月日 平成22年4月19日
   ④利率 年1.27%
   ⑤償還期限 平成29年4月19日
   ⑥償還価額 額面100円につき金100円
   ⑦償還の方法 満期一括償還(若しくは買入消却)
   ⑧担保又は保証 なし
   ⑨資金の使途 設備投資資金及び社債償還資金
   ⑩特約 本社債については以下の財務制限条項が付されている。
    ・担保提供制限
    当社は、本社債の未償還残高が存する限り、当社が国内ですでに発行した又は国内で今後発行する他の無担保社
      債に担保提供する場合には、本社債のために担保付社債信託法に基づき、同順位の担保権を設定する。
    ・その他の特約
    該当事項なし
    
  (2)第10回無担保社債
   ①発行総額 3,000百万円
   ②発行価格 額面100円につき金100円
   ③発行年月日 平成22年4月19日
   ④利率 年0.91%
   ⑤償還期限 平成27年4月17日
   ⑥償還価額 額面100円につき金100円
   ⑦償還の方法 満期一括償還(若しくは買入消却)
   ⑧担保又は保証 なし
   ⑨資金の使途 設備投資資金及び社債償還資金
   ⑩特約 本社債については以下の財務制限条項が付されている。
    ・担保提供制限
    当社は、本社債の未償還残高が存する限り、当社が国内ですでに発行した又は国内で今後発行する他の無担保社
      債に担保提供する場合には、本社債のために担保付社債信託法に基づき、同順位の担保権を設定する。
    ・その他の特約
    該当事項なし
    
当連結会計年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
    該当事項はありません。
    




                           75/107
                                                                                                          EDINET提出書類
                                                                                                      三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                                           有価証券報告書
      ⑤【連結附属明細表】
       【社債明細表】
                                                  前期末残高          当期末残高           利率
          会社名           銘柄          発行年月日                                                    担保       償還期限
                                                   (百万円)          (百万円)          (%)
                     第4回             平成                               5,000                               平成
    三井倉庫株式会社                                             5,000                   1.53        ―
                     無担保普通社債         18.11.30                       (5,000)                               23.11.30
                     第5回             平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                             3,000             ―     1.38        ―
                     無担保普通社債         18.11.30                                                             22.11.30
                     第6回             平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                             6,000          6,000    1.45        ―
                     無担保普通社債         20.9.18                                                              25.9.18
                     第7回             平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                             4,000          4,000    1.66        ―
                     無担保普通社債         20.9.18                                                              27.9.18
                     第8回             平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                             6,000          6,000    1.35        ―
                     無担保普通社債         21.7.24                                                              26.7.24
                     第9回             平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                                ―           7,000    1.27        ―
                     無担保普通社債         22.4.19                                                              29.4.19
                     第10回            平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                                ―           3,000    0.91        ―
                     無担保普通社債         22.4.19                                                              27.4.17
                     第11回            平成                                                                   平成
    三井倉庫株式会社                                                ―          10,000    0.82        ―
                     無担保普通社債         22.9.27                                                              28.9.27
                                                                       41,000
          合計            ―               ―               24,000                    ―          ―              ―
                                                                       (5,000)
(注) 1当期末残高の()内の数字の金額は、1年内に償還が予定されている普通社債であります。
      2連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額は次のとおりであります。
    1年以内       1年超2年以内   2年超3年以内     3年超4年以内     4年超5年以内
    (百万円)        (百万円)     (百万円)       (百万円)       (百万円)
         5,000         −       6,000       6,000       7,000
     
          【借入金等明細表】
                                   前期末残高            当期末残高                  平均利率
                区分                                                                                返済期限
                                    (百万円)            (百万円)                  (%)
    短期借入金                               1,091              965                  1.21                  ―
    1年内返済予定の長期借入金                       14,938               17,705                   1.54            ―
    1年内返済予定のリース債務                            79                  152                  0.81            ―
    長期借入金(1年内返済予定のも                                                                          平成24年4月∼
                                        56,174               48,834                   1.43
    のを除く。)                                                                                   平成32年11月
    リース債務(1年内返済予定のも                                                                          平成24年4月∼
                                            260                  546                  0.58
    のを除く。)                                                                                   平成30年8月
                合計                      72,545               68,199                     ―             ―
(注) 1「平均利率」については、借入金及びリース債務の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
     2連結貸借対照表では、リース債務のうち、1年内返済予定のリース債務は流動負債「その他」に、返済予定が
          1年を超えるリース債務については固定負債「その他」に含めています。
          3
          長期借入金及びリース債務(1年内返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は次
          のとおりであります。
               1年超2年以内     2年超3年以内     3年超4年以内     4年超5年以内
       区分
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    長期借入金           15,090      12,204       7,301       5,594
    リース債務                    159                  126                    110                     72





                                                   76/107
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                               三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                    有価証券報告書
       【資産除去債務明細表】
       当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当該連結会計年度末における負債及び純資産の合計額の100
       分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定により記載を省略しております。
       
     (2)【その他】
         当連結会計年度における四半期情報
                    第1四半期             第2四半期               第3四半期            第4四半期
                  自平成22年4月1日        自平成22年7月1日          自平成22年10月1日      自平成23年1月1日
                  至平成22年6月30日       至平成22年9月30日         至平成22年12月31日     至平成23年3月31日
    営業収益(百万円)            23,670             23,943             24,230           24,921
    税金等調整前四半期純
                           1,016              1,060              1,713               66
    利益金額(百万円)
    四半期純利益金額又は
    純損失金額(△)(百万              549                  851            1,204             △72
    円)
    1株当たり四半期純利
    益金額又は純損失金額           4円43銭             6円86銭               9円70銭             △58銭
    (△)(円)





                                         77/107
                                                                    EDINET提出書類
                                                                三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                     有価証券報告書

2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
 ①【貸借対照表】
                                                        (単位:百万円)

                         前事業年度                       当事業年度
                      (平成22年3月31日)                (平成23年3月31日)
資産の部
 流動資産
   現金及び預金                                12,257                     11,557
   受取手形                                      95                         89
                                          8,156                      8,399
  営業未収金                            ※2                         ※2
  前払費用                                     289                         242
  繰延税金資産                                   548                         465
  立替金                                      716                         781
  その他                                      973                       2,356
                                           △6                          △5
  貸倒引当金
  流動資産合計                                 23,031                     23,887
 固定資産
  有形固定資産
                                        124,264                    136,062
    建物                         ※1                         ※1
                                     △72,906                    △76,317
     減価償却累計額                  ※6                         ※6

     建物(純額)                              51,357                     59,744
    構築物                                  5,939                      6,361
                                        △4,304                     △4,621
     減価償却累計額                   ※6                         ※6

     構築物(純額)                              1,635                      1,739
    機械及び装置                               8,008                      8,298
                                        △5,821                     △6,054
     減価償却累計額
     機械及び装置(純額)                           2,187                      2,243
    車両運搬具                                2,491                      2,462
                                        △2,364                     △2,349
     減価償却累計額                   ※6                         ※6

     車両運搬具(純額)                             126                        113
    工具、器具及び備品                            6,058                      6,611
                                        △4,464                     △4,812
     減価償却累計額                   ※6                         ※6

     工具、器具及び備品(純額)                        1,593                      1,798
                                         43,192                     46,680
    土地                          ※1                         ※1

    建設仮勘定                                 5,616                        36
    有形固定資産合計                            105,707                    112,358
  無形固定資産
   借地権                                    2,349                      2,269
   ソフトウエア                                 2,337                      2,895
   その他                                       27                        198
    無形固定資産合計                              4,713                      5,363




                     78/107
                                                            EDINET提出書類
                                                        三井倉庫株式会社(E04284)
                                                             有価証券報告書
                                                 (単位:百万円)

                      前事業年度                   当事業年度
                   (平成22年3月31日)            (平成23年3月31日)
  投資その他の資産
                                  10,929                   9,588
   投資有価証券                  ※1                       ※1
   関係会社株式                         6,704                   11,764
   関係会社出資金                          158                      133
   長期貸付金                            220                      290
   従業員に対する長期貸付金                       5                        4
   関係会社長期貸付金                                                  −
                                    820
   不動産賃借保証金                       1,578                    1,159
   前払年金費用                         1,112                    1,224
   その他                              815                      798
                                  △850                      △58
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                     21,493                  24,904
  固定資産合計                         131,915                 142,626
 資産合計                            154,947                 166,514
負債の部
 流動負債
                                   4,739                   5,120
  営業未払金                     ※2                      ※2
  短期借入金                               93                      83
                                  14,730                  17,488
  1年内返済予定の長期借入金            ※1                      ※1
  1年内償還予定の社債                       3,000                   5,000
  リース債務                               16                      85
  未払金                                623                     995
  未払費用                               450                     485
  未払法人税等                                                      −
                                     980
  前受金                                573                     599
  預り金                              3,036                   2,946
  賞与引当金                              890                     850
  その他                                 43                     369
  流動負債合計                          29,177                  34,023
 固定負債
  社債                              21,000                  36,000
                                  55,117                  47,928
  長期借入金                    ※1                      ※1
  リース債務                               77                     349
  繰延税金負債                             711                     747
  退職給付引当金                             39                      37
  投資等損失引当金                                                    −
                                     600
  長期預り金                            3,682                   3,214
  その他                                317                     388
  固定負債合計                          81,544                  88,665
 負債合計                            110,722                 122,689




                  79/107
                                                       EDINET提出書類
                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                        有価証券報告書
                                               (単位:百万円)

                     前事業年度                  当事業年度
                  (平成22年3月31日)           (平成23年3月31日)
純資産の部
 株主資本
   資本金                       11,100                 11,100
   資本剰余金
    資本準備金                        5,563                  5,563
    資本剰余金合計                      5,563                  5,563
  利益剰余金
   利益準備金                         2,562                  2,562
   その他利益剰余金
     配当準備積立金                    307                    307
     固定資産圧縮積立金                  954                  1,261
     別途積立金                   20,294                 20,294
     繰越利益剰余金                  1,010                    982
    利益剰余金合計                  25,128                 25,406
  自己株式                           △98                    △98
  株主資本合計                     41,693                 41,971
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金                   2,530                  1,853
  評価・換算差額等合計                     2,530                  1,853
 純資産合計                       44,224                 43,825
負債純資産合計                     154,947                166,514




                 80/107
                                                             EDINET提出書類
                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                              有価証券報告書

 ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)

                     前事業年度                      当事業年度
                 (自平成21年4月1日               (自平成22年4月1日
                至平成22年3月31日)             至平成23年3月31日)
営業収益
 倉庫保管料                          9,861                      9,200
 倉庫荷役料                          3,909                      3,994
 港湾作業料                         13,126                     14,967
 上屋保管料                            555                        526
 運送収入                          18,561                     22,076
 不動産収入                         12,169                     12,471
 その他                            9,408                      9,681
 営業収益合計                        67,592                     72,917
営業原価
                               30,799                     35,105
 作業直接費                   ※1                         ※1
 賃借料                               4,803                   4,375
 減価償却費                             4,596                   5,443
 租税公課                              1,496                   1,609
 給料及び手当                            3,823                   3,973
 賞与引当金繰入額                            643                     663
 退職給付費用                              245                     171
 福利厚生費                               680                     726
 その他                               9,877                  10,985
 営業原価合計                        56,966                     63,056
営業総利益                          10,625                         9,861
販売費及び一般管理費
 報酬及び給料手当                          1,815                      1,733
 賞与引当金繰入額                            246                        186
 退職給付費用                               98                         63
 福利厚生費                               327                        322
 電算費                                 571                        548
 減価償却費                               624                        708
 委託費                                 305                        267
 地代家賃                                144                        146
 その他                                 755                      1,128
 販売費及び一般管理費合計                      4,889                      5,107
営業利益                               5,736                      4,753
営業外収益
 受取利息                                60                         29
                                    498                        665
 受取配当金                        ※2                         ※2

 その他                                191                        159
 営業外収益合計                            750                        855
営業外費用
 支払利息                              1,146                      1,029
 社債利息                                332                        491
 租税公課                                                            −
                                      89
 その他                                 711                        715
 営業外費用合計                           2,280                      2,236
経常利益                               4,206                      3,372




                81/107
                                                      EDINET提出書類
                                                  三井倉庫株式会社(E04284)
                                                       有価証券報告書
                                              (単位:百万円)

                    前事業年度                   当事業年度
                (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日
               至平成22年3月31日)          至平成23年3月31日)
特別利益
                                 11                     701
 固定資産売却益                   ※3                     ※3
 関係会社株式売却益                       −                      162
 投資有価証券売却益                                               −
                                211
                                 −
 その他                                                     31
 特別利益合計                         223                     895
特別損失
                                 20                     859
 固定資産売却損                   ※5                     ※5
                                                        398
 災害による損失                         −                ※6
                                764                     373
 固定資産除却損                  ※4                      ※4
 投資有価証券評価損                       42                     201
 関係会社株式評価損                                               −
                                278
 投資等損失引当金繰入額                                             −
                                100
 ソフトウエア除却損                                               −
                                 49
 その他                            102                     140
 特別損失合計                        1,356                   1,973
税引前当期純利益                       3,072                   2,294
法人税、住民税及び事業税                   1,424                    314
                                △24
法人税等調整額                                                 583
法人税等合計                         1,400                    897
当期純利益                          1,671                   1,396




               82/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書

 ③【株主資本等変動計算書】
                                                       (単位:百万円)

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
株主資本
 資本金
   前期末残高                             11,100                 11,100
   当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
   当期末残高                             11,100                 11,100
 資本剰余金
  資本準備金
    前期末残高                             5,563                  5,563
    当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                             5,563                  5,563
 利益剰余金
  利益準備金
    前期末残高                             2,562                  2,562
    当期変動額
                                           −                      −
     当期変動額合計
    当期末残高                             2,562                  2,562
   その他利益剰余金
    配当準備積立金
      前期末残高                               307                    307
      当期変動額
                                           −                      −
       当期変動額合計
      当期末残高                               307                    307
    固定資産圧縮積立金
     前期末残高                                970                    954
     当期変動額
       固定資産圧縮積立金の積立                    44                     375
                                      △59                    △68
       固定資産圧縮積立金の取崩
       当期変動額合計                        △15                        306
      当期末残高                               954                1,261
    固定資産圧縮特別勘定積立金
     前期末残高                                                        −
                                           45
     当期変動額
       固定資産圧縮特別勘定積立金の取
                                      △45                         −
       崩
       当期変動額合計                        △45                         −
      当期末残高                                −                      −
    別途積立金
     前期末残高                           20,294                 20,294
     当期変動額
                                           −                      −
       当期変動額合計
      当期末残高                          20,294                 20,294




                         83/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書
                                                       (単位:百万円)

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自平成21年4月1日           (自平成22年4月1日
                         至平成22年3月31日)         至平成23年3月31日)
    繰越利益剰余金
     前期末残高                            7,174                  1,010
     当期変動額
       剰余金の配当                       △1,195                 △1,117
       固定資産圧縮積立金の積立                   △44                   △375
       固定資産圧縮積立金の取崩                     59                     68
       固定資産圧縮特別勘定積立金の取
                                                                  −
                                           45
       崩
       当期純利益                         1,671                   1,396
                                    △6,701                      −
       自己株式の消却
         当期変動額合計                    △6,164                   △28
     当期末残高                            1,010                      982
 自己株式
  前期末残高                             △4,061                   △98
  当期変動額
    自己株式の取得                         △2,737                       △0
                                                                  −
    自己株式の消却                          6,701
    当期変動額合計                                                      △0
                                      3,963
  当期末残高                               △98                    △98
 株主資本合計
  前期末残高                              43,955                 41,693
  当期変動額
    剰余金の配当                          △1,195                 △1,117
    当期純利益                            1,671                  1,396
                                    △2,737                    △0
    自己株式の取得
    当期変動額合計                         △2,261                       278
  当期末残高                              41,693                 41,971
評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
   前期末残高                              2,276                  2,530
   当期変動額
    株主資本以外の項目の当期変動額(純
                                                            △677
                                          254
    額)
    当期変動額合計                                                 △677
                                          254
  当期末残高                               2,530                  1,853
純資産合計
 前期末残高                               46,231                 44,224
 当期変動額
   剰余金の配当                           △1,195                 △1,117
   当期純利益                             1,671                  1,396
   自己株式の取得                          △2,737                    △0
                                                            △677
   株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                 254
  当期変動額合計                           △2,007                  △398
 当期末残高                               44,224                 43,825




                         84/107
                                                             EDINET提出書類
                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                              有価証券報告書

      【重要な会計方針】
                             前事業年度              当事業年度
                         (自平成21年4月1日       (自平成22年4月1日
                          至平成22年3月31日)      至平成23年3月31日)
    1有価証券の評価基準及び評価   子会社株式及び関連会社株式      子会社株式及び関連会社株式
      方法              ……移動平均法による原価法               同左
                     その他有価証券            その他有価証券
                       時価のあるもの            時価のあるもの
                       …決算期末日の市場価格等に基づく時          同左
                        価法(評価差額は全部純資産直入法
                        により処理し、売却原価は移動平均
                        法により算定)
                       時価のないもの             時価のないもの
                       …移動平均法による原価法               同左
    2固定資産の減価償却の方法    ①有形固定資産(リース資産を除く) ①有形固定資産(リース資産を除く)
                         定率法によっております。             同左
                         ただし、平成10年4月1日以降取得
                         した建物(建物附属設備は除く)につ
                         いては定額法によっております。
                         なお、主な耐用年数は次のとおりで
                         あります。
                         建物    3∼50年
                         機械
                                 2∼15年
                         及び装置
                      ②無形固定資産(リース資産を除く) ②無形固定資産(リース資産を除く)
                         定額法によっております。               同左
                         ただし、ソフトウェア(自社利用分)
                         については、社内における利用期間
                         (5年)に基づく定額法によっており
                         ます。
                      ③リース資産              ③リース資産
                         所有権移転ファイナンス・リース取     所有権移転ファイナンス・リース取
                         引に係るリース資産            引に係るリース資産
                         自己所有の固定資産に適用する減価           同左
                         償却方法と同一の方法を採用してお
                        ります。
                        所有権移転外ファイナンス・リース     所有権移転外ファイナンス・リース
                        取引に係るリース資産           取引に係るリース資産
                        リース期間を耐用年数とし、残存価           同左
                        額を零とする定額法を採用しており
                        ます。
                        なお、所有権移転外ファイナンス・
                        リース取引のうち、リース取引開始
                        日が平成20年3月31日以前のリース
                        取引については、通常の賃貸借取引
                        に係る方法に準じた会計処理を適用
                        しております。






                                 85/107
                                                               EDINET提出書類
                                                           三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                有価証券報告書
                           前事業年度                  当事業年度
                      (自平成21年4月1日            (自平成22年4月1日
                        至平成22年3月31日)          至平成23年3月31日)
3繰延資産の処理方法       社債発行費                    社債発行費
                   支出時に全額費用として処理しており                同左
                   ます。
4外貨建の資産及び負債の本邦   外貨建金銭債権債務は、決算期末日の直                 同左
  通貨への換算基準        物為替相場により円貨に換算し、換算差
                  額は損益として処理しております。
5引当金の計上基準        ①貸倒引当金                  ①貸倒引当金
                     債権の貸倒による損失に備えるた                 同左
                     め、一般債権については貸倒実績率
                     により、貸倒懸念債権等特定の債権
                     については個別に回収可能性を検討
                     し、回収不能見込額を計上しており
                     ます。
                  ②賞与引当金                  ②賞与引当金
                     従業員の賞与支給に充てるため、将                同左
                     来の支給見込額のうち当事業年度に
                     おいて負担すべき額を計上しており
                     ます。
                  ③退職給付引当金                ③退職給付引当金
                     従業員の退職給付に備えるため、当         従業員の退職給付に備えるため、当
                     事業年度末における退職給付債務及         事業年度末における退職給付債務及
                     び年金資産の見込額に基づき、当事         び年金資産の見込額に基づき、当事
                     業年度末において発生していると認         業年度末において発生していると認
                     められる額を計上しております。          められる額を計上しております。
                     数理計算上の差異は、各事業年度の         数理計算上の差異は、各事業年度の
                     発生時における従業員の平均残存勤         発生時における従業員の平均残存勤
                     務期間年数(13∼14年)による定額法      務期間年数(13∼15年)による定額法
                     による按分額をそれぞれ発生の翌事         による按分額をそれぞれ発生の翌事
                     業年度から償却しております。           業年度から償却しております。
                     過去勤務債務はその発生時の従業員         過去勤務債務はその発生時の従業員
                     の平均残存勤務期間年数(13年)によ       の平均残存勤務期間年数(13年)によ
                     る定額法により、発生時から償却し         る定額法により、発生時から償却し
                     ております。                   ております。
                  ④投資等損失引当金                     ――――――――
                     子会社への投資等に係る将来の損失
                     に備えるため、当該会社の財政状態
                     等を勘案し、必要額を計上しており
                     ます。
6その他財務諸表作成のための   消費税等の会計処理                消費税等の会計処理
  基本となる重要な事項       税抜方式を採用しております。                  同左




                              86/107
                                                         EDINET提出書類
                                                     三井倉庫株式会社(E04284)
                                                          有価証券報告書
    【会計処理方法の変更】
             前事業年度                    当事業年度
         (自平成21年4月1日             (自平成22年4月1日
          至平成22年3月31日)            至平成23年3月31日)
            ―――――――       (資産除去債務に関する会計基準の適用)
                            当事業年度より、「資産除去債務に関する会計基準」
                            (企業会計基準第18号 平成20年3月31日)及び「資産
                            除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基
                            準適用指針第21号 平成20年3月31日)を適用しており
                            ます。
                            これにより、営業利益及び経常利益は0百万円、税引前
                            当期純利益は67百万円減少しております。また、当会計
                            基準等の適用開始による資産除去債務の変動額は67百
                            万円であります。


    【表示方法の変更】
             前事業年度                      当事業年度
         (自平成21年4月1日               (自平成22年4月1日
          至平成22年3月31日)              至平成23年3月31日)
            ―――――――       (損益計算書)
                            1.営業外費用の内訳科目において、前事業年度まで区
                            分掲記しておりました「租税公課」(当事業年度は146
                            百万円)は、営業外費用の総額の100分の10以下となっ
                              たため、営業外費用の「その他」に含めて表示すること
                              にしました。
                              2.前事業年度まで区分掲記しておりました「ソフト
                              ウエア除却損」(当事業年度は15百万円)は、特別損失
                              の総額の100分の10以下となったため、特別損失の「そ
                              の他」に含めて表示することにしました。





                          87/107
                                                                                EDINET提出書類
                                                                            三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                 有価証券報告書
   【注記事項】
    (貸借対照表関係)
             前事業年度                                    当事業年度
          (平成22年3月31日)                             (平成23年3月31日)
※1担保資産及び担保付債務                            ※1担保資産及び担保付債務
    担保に供している資産は次のとおりであります。                    担保に供している資産は次のとおりであります。
     建物                11,939百万円               建物               12,672百万円
     土地                   692                  土地                  692
      計             12,632                          計             13,364
    担保付債務は次のとおりであります。                             担保付債務は次のとおりであります。
     1年内返済予定の長期借入金     982百万円                      1年内返済予定の長期借入金     546百万円
     長期借入金           2,310                         長期借入金           1,763
      計             3,293           計             2,310
    この他に供託及び保証金として差し入れている投資       この他に供託及び保証金として差し入れている投資
    有価証券35百万円があります。               有価証券35百万円があります。
※2関係会社に係る注記                  ※2関係会社に係る注記
    区分掲記されたもの以外で主な科目に含まれている       区分掲記されたもの以外で主な科目に含まれている
    関係会社に対するものは次のとおりであります。        関係会社に対するものは次のとおりであります。
     営業未収金            393百万円       営業未収金            493百万円
     営業未払金                百万円      営業未払金                百万円
                    1,631                         1,829
3偶発債務                       3偶発債務
  ①当社は下記の会社等の銀行他借入金等に対し保証を                ①当社は下記の会社等の銀行他借入金等に対し保証を
     行っております。                                 行っております。
      三井倉庫九州㈱(関係会社)               1,150百万円     三井倉庫九州㈱(関係会社)                 964百万円
      伊藤忠商事㈱                        958        ㈱ワールド流通センター                   702
      ㈱ワールド流通センター                   812        ㈱神戸港国際流通センター                  578
      ㈱神戸港国際流通センター                  661        Mitsui-Soko(Europe)B.V.       460
      Mitsui-Soko(Europe)B.V.       489        (関係会社)                  (EUR3,920千)
      (関係会社)                  (EUR3,920千)      青海流通センター㈱                     139
      ㈱サン・キャピタル アンド                           四日市港国際物流センター㈱                  37
                                    200
      アカウンティング(関係会社)                             計                         2,883
      青海流通センター㈱                     150       外貨建のものは期末日現在の直物為替相場で換算し
      四日市港国際物流センター㈱                  53
                                              ております。
        計                         4,476
     外貨建のものは期末日現在の直物為替相場で換算し
     ております。
  ②当社は従業員に対する銀行の住宅ローンに関し、456              ②当社は従業員に対する銀行の住宅ローンに関し、389
     百万円の保証を行っております。                          百万円の保証を行っております。
  4受取手形裏書譲渡高                  6百万円 4受取手形裏書譲渡高                 10百万円
5当社は、運転資金等の効率的な調達を行うため取引銀 5当社は、運転資金等の効率的な調達を行うため取引銀
     行7行と貸出コミットメント契約を締結しておりま                  行6行と貸出コミットメント契約を締結しておりま
     す。                                       す。
    当事業年度末における貸出コミットメントに係る借                       当事業年度末における貸出コミットメントに係る借
    入未実行残高等は次のとおりであります。                           入未実行残高等は次のとおりであります。
     貸出コミットメントの総額   18,000百万円                      貸出コミットメントの総額   8,000百万円
     借入実行残高             −                          借入実行残高            −
     差引額           18,000                      差引額            8,000
※6減価償却累計額には減損損失累計額を含めて表示し                ※6減価償却累計額には減損損失累計額を含めて表示し
    ております。                                    ております。




                                         88/107
                                                                     EDINET提出書類
                                                                 三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                      有価証券報告書
    (損益計算書関係)
            前事業年度                             当事業年度
        (自平成21年4月1日                      (自平成22年4月1日
         至平成22年3月31日)                     至平成23年3月31日)
※1関係会社に対する分14,086百万円を含みます。       ※1関係会社に対する分14,615百万円を含みます。
※2受取配当金には関係会社からのものが、349百万円含      ※2受取配当金には関係会社からのものが、477百万円含
    まれております。                          まれております。
※3固定資産売却益の内訳                     ※3固定資産売却益の内訳
     土地                  11百万円         土地                 701百万円
     合計                 11            合計                      701
※4固定資産除却損の内訳                     ※4固定資産除却損の内訳
     建物                  553百万円        工具、器具及び備品                  7百万円
     工具、器具及び備品         11           機械及び装置                     6
     機械及び装置                6           建物                         4
     構築物                   3           構築物                        1
     その他                   4                合計                  19
     合計                579                 この他に撤去費用が354百万円あります。
    この他に撤去費用が184百万円あります。
※5固定資産売却損の内訳                     ※5固定資産売却損の内訳
     工具、器具及び備品           20百万円         土地                       687百万円
                                       建物                       115
    合計                   20
                                       その他                       56
    
                                      合計                       859
          ―――――――――               ※6災害による損失の内訳
                                       施設修繕費                   279百万円
                                       作業直接費                    83
                                       義援金・見舞金                  18
                                       給料及び手当                   12
                                       その他                       4
                                            合計                  398




                                  89/107
                                                                        EDINET提出書類
                                                                    三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                         有価証券報告書
    (株主資本等変動計算書関係)
 前事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   前事業年度末        当事業年度               当事業年度        当事業年度末
                   株式数(株)      増加株式数(株)            減少株式数(株)       株式数(株)
 自己株式
  普通株式(注)             6,530,000        8,690,684     15,000,000      220,684
       合計             6,530,000        8,690,684     15,000,000      220,684
(注)当事業年度における自己株式数の増加は、単元未満株式の買取(3,684株)及び会社法第459条1項の規定による当
    社定款の定めに基づく自己株式の買付(8,687,000株)によるものであります。また自己株式数の減少は、会社法第
    178条の規定に基づく自己株式の消却(15,000,000株)によるものであります。

  当事業年度(自平成22年4月1日至平成23年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    前事業年度末          当事業年度      当事業年度 当事業年度末
                    株式数(株)        増加株式数(株)  減少株式数(株) 株式数(株)
  自己株式
  普通株式(注)               220,684              970             −       221,654
       合計               220,684              970             −       221,654
(注)当事業年度における自己株式数の増加は、単元未満株式の買取(970株)によるものであります。





                                  90/107
                                                                       EDINET提出書類
                                                                   三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                        有価証券報告書
     (リース取引関係)
             前事業年度                             当事業年度
         (自平成21年4月1日                      (自平成22年4月1日
          至平成22年3月31日)                     至平成23年3月31日)
1ファイナンス・リース取引                     1ファイナンス・リース取引
(借手側)                             (借手側)
  所有権移転外ファイナンス・リース取引                 所有権移転外ファイナンス・リース取引
(1)リース資産の内容                        (1)リース資産の内容
    主に物流事業における設備(車両運搬具並びに工                            同左
    具、器具及び備品)であります。                                  


(2)リース資産の減価償却の方法                   (2)リース資産の減価償却の方法
   重要な会計方針「3 固定資産の減価償却の方法」                         同左
   に記載のとおりであります。                                  


 なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、           なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、
  リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース            リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース
  取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ              取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じ
  た会計処理によっており、その内容は次のとおりであ              た会計処理によっており、その内容は次のとおりであ
  ります。                                  ります。
  ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当            ①リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当
     額及び期末残高相当額                           額及び期末残高相当額
         取得価額    減価償却累   期末残高                 取得価額    減価償却累   期末残高
   区分     相当額    計額相当額    相当額            区分    相当額    計額相当額    相当額
         (百万円)    (百万円)  (百万円)                (百万円)    (百万円)  (百万円)
 車両運搬具        25      14      10      車両運搬具        25      19       5
 工具、器具                                工具、器具
             537     395     141                      285    229        55
 及び備品                                 及び備品
  合計         562     410     152            合計        311    249        61
    なお取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が                             同左
    有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いた
    め、支払利子込み法により算定しております。
 ②未経過リース料期末残高相当額                     ②未経過リース料期末残高相当額
     1年内               90百万円              1年内                      51百万円
     1年超               61                 1年超                      10
      合計              152                        合計                61
    なお、未経過リース料期末残高相当額は、未経過リー                            同左
    ス料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める
    割合が低いため、支払利子込み法により算定してお
    ります。
 ③支払リース料及び減価償却費相当額                   ③支払リース料及び減価償却費相当額
     支払リース料           148百万円              支払リース料                   90百万円
     減価償却費相当額         148百万円              減価償却費相当額                 90百万円
 ④減価償却費相当額の算定方法                      ④減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定                       同左
    額法によっております。




                                   91/107
                                                                                    EDINET提出書類
                                                                                三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                                     有価証券報告書
                前事業年度                                           当事業年度
            (自平成21年4月1日                                    (自平成22年4月1日
             至平成22年3月31日)                                   至平成23年3月31日)
  (貸手側)                       (貸手側)
所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース 所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース
   取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引に  取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取引に
   ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計    ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計
   処理によっており、その内容は次のとおりであります。   処理によっており、その内容は次のとおりであります。


 ①リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高                    ①リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
                減価償却                                          減価償却
        取得価額            期末残高                          取得価額            期末残高
   区分            累計額                             区分            累計額
        (百万円)           (百万円)                         (百万円)           (百万円)
                (百万円)                                         (百万円)
  建物        129      45     84                  建物        129      56     73
 構築物             31     12             18        構築物             31     15           15
 合計             161     57            103        合計             161     71           89
 ②未経過リース料期末残高相当額                              ②未経過リース料期末残高相当額
     1年内                         32百万円             1年内                          32百万円
     1年超                         55                1年超                          23
     合計               87                               合計                       55
   なお、未経過リース料期末残高及び見積残存価額の                                        同左
   残高の合計額が、営業債権の期末残高等に占める割
   合が低いため、受取利子込み法により算定しており
    ます。
 ③受取リース料及び減価償却費             ③受取リース料及び減価償却費
     受取リース料           32百万円       受取リース料           32百万円
     減価償却費            16百万円       減価償却費            14百万円
2オペレーティング・リース取引            2オペレーティング・リース取引
  (借手側)                        (借手側)
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの
  に係る未経過リース料                   に係る未経過リース料
     1年内             105百万円       1年内              90百万円
     1年超             120          1年超             119
      合計              225                            合計              209
  (貸手側)                                          (貸手側)
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの                       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のもの
  に係る未経過リース料                                     に係る未経過リース料
     1年内            7,472百万円                        1年内            5,771百万円
     1年超            7,469                           1年超            2,042
       合計                    14,941                    合計                    7,814




                                            92/107
                                                                             EDINET提出書類
                                                                         三井倉庫株式会社(E04284)
                                                                              有価証券報告書
       (有価証券関係)
前事業年度 (平成22年3月31日)
   子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額子会社株式6,641百万円、関連会社株式63百万円)は、市場価格が
   なく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
   
当事業年度 (平成23年3月31日)
   子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額子会社株式11,731百万円、関連会社株式33百万円)は、市場価格が
   なく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
   
       (税効果会計関係)
               前事業年度                         当事業年度
            (平成22年3月31日)                 &nb