岡三アセットマネジメント株式会社 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出日:

提出者:岡三アセットマネジメント株式会社

カテゴリ:有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

PDFビューワー表示

                                                            EDINET提出書類
                                                岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

【表紙】

【提出書類】                           有価証券届出書

【提出先】                            関東財務局長

【提出日】                            平成23年2月28日

【発行者名】                           岡三アセットマネジメント株式会社

【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長吉野俊之

【本店の所在の場所】                       東京都中央区八重洲二丁目8番1号

【事務連絡者氏名】                        田中利幸

【電話番号】                           03-3516-1432

【届出の対象とした募集内国投資信託受益証券に係る         農業・食糧関連オープン
ファンドの名称】

【届出の対象とした募集内国投資信託受益証券の金          当初申込期間(平成23年3月16日から平成23年3
額】                               月30日まで)
                                 500億円を上限とします。
                                 継続申込期間(平成23年3月31日から平成24年5
                                 月31日まで)
                                 5,000億円を上限とします。

【縦覧に供する場所】                       該当なし




                          1/84
                                                    EDINET提出書類
                                        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

第一部【証券情報】


(1)【ファンドの名称】

    農業・食糧関連オープン

     (以下「ファンド」といいます。)



(2)【内国投資信託受益証券の形態等】

    追加型証券投資信託の振替内国投資信託受益権です。

    当初元本は、1口当たり1円です。

    委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または
   信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。


  ◆ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の
     適用を受け、受益権の帰属は、振替機関及び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に
     規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口
     座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録される
     ことにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社である岡三アセットマネジ
     メント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券
     を発行しません。



(3)【発行(売出)価額の総額】


 ■当初申込期間

     500億円を上限とします。


 ■継続申込期間

     5,000億円を上限とします。



(4)【発行(売出)価格】


 ■当初申込期間

     1口当たり1円です。


 ■継続申込期間

     1口当たりの発行価格は、取得申込日の翌営業日の基準価額とします。


  ◆「基準価額」とは、ファンドの計算日の純資産総額を計算日の受益権総口数で除した1口当たりの
     純資産価額をいいます。基準価額は、組入有価証券等の値動き等により日々変動します。なお、便
     宜上1万口当たりで表示されることがあります。

                        2/84
                                                          EDINET提出書類
                                              岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                               有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



  ◆基準価額は、毎営業日(委託会社の営業日をいいます。)計算し、販売会社又は委託会社にお問い
     合わせいただければいつでもお知らせします。


     お問い合わせ先
     岡三アセットマネジメント株式会社カスタマーサービス部0120-048-214
                      ホームページhttp://www.okasan-am.jp



(5)【申込手数料】


 ■当初申込期間

     申込金額(1口当たり1円に申込口数を乗じて得た額)に、販売会社が独自に定める手数料率を
    乗じて得た額

     有価証券届出書提出日現在の手数料率の上限は、3.15%(税抜3.0%)です。手数料は変更とな
    る場合があります。詳細につきましては、販売会社にてご確認下さい。


 ■継続申込期間

     申込金額(取得申込日の翌営業日の基準価額に申込口数を乗じて得た額)に、販売会社が独自
    に定める手数料率を乗じて得た額

     有価証券届出書提出日現在の手数料率の上限は、3.15%(税抜3.0%)です。手数料は変更とな
    る場合があります。詳細につきましては、販売会社にてご確認下さい。


  ◆「分配金再投資コース」の取得申込者が、収益分配金の再投資によりファンドを買付ける場合に
     は、無手数料とします。詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。

     ※お問い合わせ先については、(4)[発行(売出)価格]に記載されている問い合わせ先をご
        覧ください。


  ◆償還乗換等優遇措置の定めのある販売会社で支払いを受けた他のファンドの償還金又は販売会社
     が定める償還日前一定の期間内における解約代金等をもって取得申込みの場合には、申込手数料
     の一部又は全部の割引を受けられる場合があります。詳細につきましては、販売会社にお問い合
     わせ下さい。



(6)【申込単位】

    ファンドの取得申込方法には、「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」の2つのコー
   スがあります。

    ファンドからお支払いする収益分配金のお受取りをご希望される取得申込者は「分配金受取り
   コース」を、収益分配金を自動的に再投資することをご希望される取得申込者は「分配金再投資
   コース」をお申込み下さい。


   「分配金受取りコース」

     1万口以上1万口単位又は1万円以上1円単位


                             3/84
                                                  EDINET提出書類
                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

   「分配金再投資コース」

     1万円以上1円単位

     ただし、「定時定額購入サービス」をご利用の場合は、1万円以上1千円単位


  ◆販売会社が別に定める申込単位がある場合は、当該申込単位とします。また、取扱いコース及び申
     込単位は、販売会社によって異なります。詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合
     わせ下さい。

     ※お問い合わせ先については、(4)[発行(売出)価格]に記載されている問い合わせ先をご
        覧ください。



(7)【申込期間】


 ■当初申込期間

     平成23年3月16日から平成23年3月30日まで


 ■継続申込期間

     平成23年3月31日から平成24年5月31日まで


  ◆継続申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新する予定です。



(8)【申込取扱場所】

    申込取扱場所については、委託会社にお問い合わせ下さい。

     ※お問い合わせ先については、(4)[発行(売出)価格]に記載されている問い合わせ先をご
        覧ください。


  ◆販売会社と販売会社以外の金融商品取引業者が取次契約を結ぶことにより、当該金融商品取引業
     者が当該販売会社にファンドの取得申込み等を取り次ぐことがあります。



(9)【払込期日】


 ■当初申込期間

     当初申込期間中に、申込代金を販売会社でお支払い下さい。


 ■継続申込期間

     申込みコース又は販売会社によって異なります。


   「分配金受取りコース」

     取得申込日から起算して6営業日以内に、申込代金を販売会社でお支払い下さい。

     なお、販売会社が別に定める期日がある場合は当該期日までとします。
                            4/84
                                                  EDINET提出書類
                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



   「分配金再投資コース」

      取得申込日に、申込代金を販売会社でお支払い下さい。

      なお、販売会社が別に定める期日がある場合は当該期日までとします。

      「定時定額購入サービス」をご利用の場合には、申込代金は、あらかじめ定められた日に銀行
     口座等より自動的に引き落としさせていただきます。


  ◆各取得申込日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に委託会社の指定する口座を経由して、
     受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。


  ◆詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。



(10)【払込取扱場所】

     取得申込みを行った販売会社の本・支店等で払込みの取扱いを行います。


  ◆詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。

     ※お問い合わせ先については、(4)[発行(売出)価格]に記載されている問い合わせ先をご
        覧ください。



(11)【振替機関に関する事項】

     株式会社 証券保管振替機構



(12)【その他】


  ■取得申込受付日

     取得申込みは、申込期間における販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きます。)
    に行うことができます。

     ただし、継続申込期間において、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停
    止、その他やむを得ない事情があるときは、取得申込みの受付を中止することや、すでに受付けた
    取得申込みの受付を取消すことがあります。


  ■取得申込不可日

     継続申込期間において、以下に該当する日は、「取得・換金申込不可日」として、取得申込みの
    受付を行いません。


   ・ニューヨークの取引所の休業日

   ・翌日および翌々日(土曜日および日曜日を除きます。)が委託会社の休業日である日

   ・ニューヨークまたはロンドンの銀行の休業日

   ・ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが算出・公表されない

                         5/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   日


◆「取得・換金申込不可日」につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。また、
   委託会社のホームページにも、掲載いたします。

   ※お問い合わせ先については、(4)[発行(売出)価格]に記載されている問い合わせ先をご
      覧ください。


■振替受益権について

   ファンドの受益権は、投資信託振替制度(以下「振替制度」と称する場合があります。)におけ
  る振替受益権です。

   ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、振替機関の振替業に係る業務規程等の規則に
  したがって取り扱われるものとします。

   ファンドの償還金、換金代金は、社振法および振替機関の業務規程、その他の規則にしたがって
  支払われます。

   ファンドの受益権の発生、消滅、移転を、コンピュータシステムにて管理します。

   ファンドの設定、解約、償還等が、コンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいま
  す。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。


■申込証拠金

   ありません。


■日本以外の地域における発行

   ありません。




                      6/84
                                                              EDINET提出書類
                                                  岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                   有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

第二部【ファンド情報】



第1【ファンドの状況】


1【ファンドの性格】



(1)【ファンドの目的及び基本的性格】


 ■ファンドの目的

     ファンドは、農業・食糧関連株マザーファンドおよびアグリカルチャー・インデックスマザー
    ファンドの受益証券を主要投資対象とし、マザーファンドの受益証券への投資を通じて、世界の
    農業・食糧関連の企業の株式(DR(預託証券)、株式の値動きに価格が連動する債券を含みま
                                                          ※
    す。)およびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックス の円換算
    後の騰落率に価格が連動するユーロ円建て債券(以下、ユーロ円建て債券といいます。)に実質
    的に投資します。


                                         SM
   ※当ファンドでは、「Dow Jones-UBS Agriculture Subindex 」を「ダウジョーンズUBSアグ
      リカルチャー(農作物)サブ・インデックス」といいます。なお、「Dow Jones-UBS
                    SM
      Agriculture Subindex 」の著作権等につきましては、後述の「ダウジョーンズUBSアグ
      リカルチャー(農作物)サブ・インデックスの著作権等について」をご参照下さい。


 ■信託金の限度額

     委託会社は、受託会社と合意のうえ、金5,000億円を限度として信託金を追加することができま
    す。委託会社は、受託会社と合意のうえ、この限度額を変更することができます。


 ■ファンドの商品分類

     ファンドは、社団法人投資信託協会が定める商品分類において、「追加型投信/内外/資産複
    合」に分類されます。


   商品分類表(ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。)
                                           投資対象資産
       単位型・追加型           投資対象地域
                                          (収益の源泉)

                                               株式
                           国内
        単位型投信                                  債券

                           海外               不動産投信

        追加型投信                                  その他資産
                           内外               (商品先物)

                                               資産複合


                               7/84
                                                     EDINET提出書類
                                         岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                          有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



   属性区分表(ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。)
      投資対象資産       決算頻度   投資対象地域      投資形態       為替ヘッジ

    株式           年1回      グローバル
     一般                   (日本を含む)
     大型株         年2回
     中小型株                 日本
                 年4回
    債券                    北米        ファミリーファンド   あり
    一般          年6回                            ()
    公債          (隔月)     欧州
    社債
    その他債券       年12回     アジア
      クレジット属性    (毎月)
     ()                 オセアニア
                 日々
    不動産投信                 中南米       ファンド・オブ・    なし
                 その他                ファンズ
    その他資産        ()     アフリカ
    (投資信託証券(資産
    複合(株式・一般、債            中近東
    券・その他債券))             (中東)
    (資産配分固定型))
                          エマージング
    資産複合
    ()
    資産配分固定型
    資産配分変更型


   ファンドは、マザーファンドの受益証券(投資信託証券)を主要投資対象とするファミリーファン
   ド方式で運用を行うため、属性区分におけるファンドの投資対象資産は、「その他資産(投資信託
   証券)」となり、商品分類における投資対象資産(収益の源泉)である「資産複合」とは分類・区
   分が異なります。


商品分類および属性区分の定義につきましては、下記をご覧下さい。なお、社団法人投資信託協会のホーム
ページ(http://www.toushin.or.jp/)でもご覧いただけます。


社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類および属性区分は
以下のとおりです。


[商品分類表の定義]

 《単位型投信・追加型投信の区分》

   (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切
            行われないファンドをいう。

   (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産
            とともに運用されるファンドをいう。

 《投資対象地域による区分》

   (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内
         の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
                           8/84
                                                   EDINET提出書類
                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

   (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外
         の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

   (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に
         源泉とする旨の記載があるものをいう。

 《投資対象資産による区分》

   (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式
         を源泉とする旨の記載があるものをいう。

   (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券
         を源泉とする旨の記載があるものをいう。

   (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収
                 益が実質的に不動産投資信託の受益証券及び不動産投資法人の投資
                 証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。

   (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的
            に上記(1)から(3)に掲げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるも
            のをいう。なお、その他資産と併記して具体的な組入資産そのものの名称記載も
            可とする。
   (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数
           の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。

 《独立した区分》

   (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFを
                            いう。

   (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。

   (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第
          2号に規定する証券投資信託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4
          の2に規定する上場証券投資信託をいう。

 《補足分類》

   (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指
              す旨の記載があるものをいう。

   (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と
          思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、[属性区
          分表の定義]で《特殊型》の小分類において「条件付運用型」に該当する場合に
          は当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合に
          は当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。

[属性区分表の定義]

 《投資対象資産による属性区分》

   (1)株式

     ①一般・・・次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。

     ②大型株・・・目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があ
            るものをいう。

     ③中小型株・・・目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載
             があるものをいう。

                         9/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

 (2)債券

   ①一般・・・次の国債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。

   ②公債・・・目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地
        方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する
        旨の記載があるものをいう。

   ③社債・・・目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する
         旨の記載があるものをいう。

   ④その他債券・・・目論見書又は投資信託約款において、国債又は社債以外の債券に主として
            投資する旨の記載があるものをいう。

   ⑤格付等クレジットによる属性・・・目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の
                    「発行体」による区分のほか、特にクレジットに対して
                    明確な記載があるものについては、上記①から④に掲げ
                    る区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記するこ
                    とも可とする。

 (3)不動産投信・・・これ以上の詳細な分類は行わないものとする。

 (4)その他資産・・・組入れている資産を記載するものとする。
 (5)資産複合・・・以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。

   ①資産配分固定型・・・目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入
              比率については固定的とする旨の記載があるものをいう。なお、組み合
              わせている資産を列挙するものとする。

   ②資産配分変更型・・・目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入
              比率については、機動的な変更を行なう旨の記載があるものもしくは
              固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせている資産
              を列挙するものとする。

《決算頻度による属性区分》

 (1)年1回・・・目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをい
          う。

 (2)年2回・・・目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをい
          う。

 (3)年4回・・・目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをい
          う。

 (4)年6回(隔月)・・・目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるも
              のをいう。

 (5)年12回(毎月)・・・目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記
               載があるものをいう。

 (6)日々・・・目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。

 (7)その他・・・上記属性にあてはまらない全てのものをいう。


《投資対象地域による属性区分(重複使用可能)》

 (1)グローバル・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資
            産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、「世界の資産」の中に

                      10/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。

 (2)日本・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源
         泉とする旨の記載があるものをいう。

 (3)北米・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産
         を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (4)欧州・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産
         を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (5)アジア・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くア
          ジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (6)オセアニア・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニ
            ア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (7)中南米・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の
          資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (8)アフリカ・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地
           域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (9)中近東(中東)・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近
              東地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。

 (10)エマージング・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエ
              マージング地域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載
              があるものをいう。

《投資形態による属性区分》

 (1)ファミリーファンド・・・目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オ
                ブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象として
                投資するものをいう。

 (2)ファンド・オブ・ファンズ・・・「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファ
                   ンド・オブ・ファンズをいう。

《為替ヘッジによる属性区分》

 (1)為替ヘッジあり・・・目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資
              産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいう。

 (2)為替ヘッジなし・・・目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の
              記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載がないものをいう。

《インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分》

 (1)日経225

 (2)TOPIX

 (3)その他の指数・・・上記指数にあてはまらない全てのものをいう。

《特殊型》

 (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積
           極的に投資を行うとともに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定
           倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものをいう。

 (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕
           組みを用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分

                     11/84
                                             EDINET提出書類
                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる一定の条
         件によって決定される旨の記載があるものをいう。

(3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に
                     左右されにくい収益の追求を目指す旨若しくはロン
                     グ・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記
                     載があるものをいう。

(4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれ
        にも該当しない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。




                    12/84
                    EDINET提出書類
        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)




13/84
                                                             EDINET提出書類
                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)




<ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの著作権等について>


                        SM
   「Dow Jones-UBS Commodity Index (以下「ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックス」と
                                            SM
 いいます。)」、「Dow Jones-UBS Agriculture Subindex (以下「ダウジョーンズUBSアグリカル
                                                        SM
 チャー(農作物)サブ・インデックス」といいます。)」および「DJ-UBS商品指数 」は、CME Group
 Index Services LLC (以下「CME指数」といいます。)の許諾商標であるDow Jones指数とUBS
 Securities LLC (以下「UBS証券」といいます。)の共同商品であり、使用ライセンスが供与されてい
            ?
 ます。「Dow Jones 」、「DJ」、「Dow Jones指数」、「UBS」、「ダウジョーンズUBSコモディティ・イン
 デックス」、「ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックス」および「DJ-UBS
      SM
 商品指数 」は、Dow Jones Trademark Holdings, LLC (以下「ダウ ジョーンズ」といいます。)ある
 いはUBS AG(以下「UBS AG」といいます。)のサービスマークであり、岡三アセットマネジメント株式
 会社による一定の目的のために使用が許諾されています。

  当商品は、ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係
 会社により後援、是認、販売または宣伝されていません。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指
 数またはこれらの関係会社のいずれも、受益者または公衆に対し、一般的な有価証券もしくはコモディ
 ティまたは特に当商品への投資の適否について明示的または暗示的ないかなる表明または保証も行っ
 ていません。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係
 会社の岡三アセットマネジメント株式会社に対する唯一の関係は、一定の商標、商号およびサービス
 マークの使用許諾、ならびに委託者、販売会社または当商品に関わりなくUBS証券と共同してCME指数に
 より決定、構成および計算が行われるダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウ
 ジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの使用許諾です。ダウ ジョーンズ、UBS
 証券およびCME指数はダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリ
 カルチャー(農作物)サブ・インデックスの決定、構成、または計算に際し、委託者、販売会社、当商品ま
 たは受益者の要求を考慮する義務を負うものではありません。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券および
 CME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、当商品の設定の時期、価格もしくはそ
 の数量の決定についてまたは当商品が現金に換金される際の算式の決定もしくは計算について責任を
 負わず、またはこれらに参加していません。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれ
 ら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、当商品の管理、販売または取引(必ずしもこれらに限定
 されません。)に関連し受益者等に対しいかなる義務または責任を負うものではありません。上記にか
 かわらずUBS AG、UBS証券およびCME Group Inc. またはこれら各々の子会社もしくは関係会社は、岡三
 アセットマネジメント株式会社の当商品と無関係であるが、これらに類似しておりかつこれらと競合し
 得る金融商品を独自に発行し、および/または支援することがあります。さらに、UBS AG、UBS証券および
 CME Group Inc. またはこれら各々の子会社もしくは関係会社は、コモディティ、コモディティ指数およ

                                14/84
                                                               EDINET提出書類
                                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
 びコモディティ先物(ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックス、ダウジョーンズUBSアグリカル
                                                             SM
 チャー(農作物)サブ・インデックスおよびDow Jones-UBS Commodity Total Return Index を含み
 ます。)ならびに当該コモディティ、コモディティ指数およびコモディティ先物のパフォーマンスに連
 動するスワップ、オプションおよび派生商品の取引を積極的に行っています。かかる取引がダウジョー
 ンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・イ
 ンデックスおよび当商品の評価に影響を及ぼす可能性があります。

  本書は当商品のみに関係するものであり、ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダ
 ウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの構成商品の裏付けとなる取引所で
 取引される実際のコモディティに関係するものではありません。当商品の受益者は、ダウジョーンズUBS
 コモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデック
 スに先物契約を組入れることが、ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の
 子会社もしくは関係会社による先物契約または裏づけとなる取引所で取引される実際のコモディティ
 に対する投資を推奨するものであると結論づけるべきではありません。ダウジョーンズUBSコモディ
 ティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの構成
 商品を含む実際のコモディティに係る取引所で取引される先物契約に関する本書の情報は、一般に提供
 される文書のみをその出典としています。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれ
 ら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、当商品に関連しダウジョーンズUBSコモディティ・イン
 デックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの構成要素につい
 てデューディリジェンスを行っていません。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこ
 れら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよ
 びダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの構成要素に関するこれらの一
 般に提供されている文書またはその他の一般に提供されている情報(当該構成要素の価格に影響を及
 ぼす要因の記載を含みます。)が正確または完全であるとのいかなる表明も行っていません。

  ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係会社のいず
 れも、ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農
 作物)サブ・インデックスまたはこれに関連するデータの正確性および/または完全性を保証しておら
 ず、またダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係会社
 のいずれも、かかる指数に関する誤り、不作為または障害について責任を負わないものとします。ダウ
 ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、ダ
 ウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)
 サブ・インデックスまたはこれに関連するデータの利用により委託者、販売会社、当商品、受益者または
 その他の者もしくは機関が得る結果について明示的または暗示的ないかなる表明または保証も行いま
 せん。ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数またはこれら各々の子会社もしくは関係会社の
 いずれも、ダウジョーンズUBSコモディティ・インデックスおよびダウジョーンズUBSアグリカルチャー
 (農作物)サブ・インデックスまたはこれに関連するデータについて特定の目的または利用のために
 明示的または暗示的な保証を行わず、また市場商品性または適性に関する一切の保証を明示的に否認し
 ます。上記を制限することなく、いかなる場合も、ダウ ジョーンズ、UBS AG、UBS証券およびCME指数また
 はこれら各々の子会社もしくは関係会社のいずれも、その可能性につき通知されていたとしても喪失利
 益または間接的、懲罰的、特別もしくは結果的損害もしくは損失について責任を負わないものとします。
 UBS証券およびCME指数および岡三アセットマネジメント株式会社の間の契約の取決めについて、UBS AG
 およびCMS指数から使用許諾を得ている者以外の第三者の権利者は存在しません。



(2)【ファンドの沿革】

     平成23年3月31日投資信託契約締結、設定、運用開始(予定)




                                 15/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


(3)【ファンドの仕組み】


 ■ファミリーファンド方式

     ファミリーファンド方式とは、投資家から投資された資金をベビーファンドとしてまとめ、そ
    の資金を主としてマザーファンドに投資することにより、実質的な運用をマザーファンドで行う
    仕組みです。




 ■ファンドの関係法人とその役割




    関係法人                       役割
 委託会社      岡三アセットマネジメント株式会社
           投資信託契約に基づき、投資信託財産の運用指図、投資信託財産の計算(基準価
           額の計算)、収益分配金、償還金及び解約金の支払い、投資信託説明書(交付目論
           見書)、投資信託説明書(請求目論見書)および運用報告書の作成・交付等を行
           います。
 受託会社      住友信託銀行株式会社
           投資信託契約に基づき、投資信託財産の保管・管理・計算、委託会社の指図に基
           づく投資信託財産の処分等を行います。
 再信託受託会社   日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
           受託会社との再信託契約に基づき、所定の事務を行います。

                       16/84
                                                      EDINET提出書類
                                          岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                           有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
販売会社        委託会社との間に締結した「投資信託受益権の取扱い等に関する契約」に基づ
            き、受益権の募集の取扱い、投資信託説明書(交付目論見書)、投資信託説明書
            (請求目論見書)及び運用報告書の交付の取扱い、解約請求の受付、買取請求の
            受付・実行、収益分配金、償還金及び解約金の支払事務等を行います。


■委託会社の概況(平成22年12月末日現在)


 ◆資本金

    10億円


 ◆委託会社の沿革
    昭和39年10月 6 日    「日本投信委託株式会社」設立
    昭和62年 6 月27日    第三者割当増資の実施(新資本金4億5,000万円)
    平成 2 年 6 月30日   第三者割当増資の実施(新資本金10億円)
    平成20年 4 月 1 日   岡三投資顧問株式会社と合併し、商号を「岡三アセットマネジメ
                    ント株式会社」に変更


 ◆大株主の状況
            名称                  住所      持株数        持株比率
    岡三興業株式会社          東京都中央区日本橋小網町9番9号      253,400株    30.71%
    株式会社岡三証券グループ      東京都中央区日本橋1丁目17番6号     163,250株    19.78%
    株式会社りそな銀行         大阪市中央区備後町2丁目2番1号       41,150株     4.99%
    三菱UFJ信託銀行株式会社     東京都千代田区丸の内1丁目4番5号      41,150株     4.99%
    株式会社みずほコーポレート銀行   東京都千代田区丸の内1丁目3番3号      41,149株     4.99%




                          17/84
                                                    EDINET提出書類
                                        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


2【投資方針】



(1)【投資方針】


 ■基本方針

    ファンドは、投資信託財産の成長を図ることを目指して運用を行います。


 ■運用方法


  a投資対象

    農業・食糧関連株マザーファンドおよびアグリカルチャー・インデックスマザーファンド(以
   下、「マザーファンド」といいます。)の受益証券を主要投資対象とします。


  b投資態度


   イ.マザーファンドの受益証券への投資を通じて、世界の農業・食糧関連の企業の株式(DR(預
     託証券)、株式の値動きに価格が連動する債券を含みます。)およびダウジョーンズUBSアグ
     リカルチャー(農作物)サブ・インデックスの円換算後の騰落率に価格が連動するユーロ円建
     て債券(以下、ユーロ円建て債券といいます。)に実質的に投資します。


   ロ.株式への投資にあたっては、農業・食糧関連株マザーファンドを通じて、種苗・農業化学、農業
     関連設備、食品・飲料製造、農産物の活用等の事業等に携わる企業の株式に着目します。


   ハ.ユーロ円建て債券への投資にあたっては、アグリカルチャー・インデックスマザーファンドを
     通じて、ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが表す世界の農作
     物関連の商品市況の動きを概ね捉える投資成果を目指します。


   ニ.各マザーファンドの投資割合は、原則として、それぞれ投資信託財産の純資産総額の50%程度と
     します。ただし、投資割合は固定されるものではなく、変更される場合があります。


   ホ.実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。


   ヘ.資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては上記のような運用ができない場合があります。


(参考)農業・食糧関連株マザーファンドの投資方針


 ■基本方針

    ファンドは、投資信託財産の成長を図ることを目指して運用を行います。


 ■運用方法



                        18/84
                                                            EDINET提出書類
                                                岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

  a投資対象

    日本を含む世界の取引所上場の株式(DR(預託証券)を含みます。)を主要投資対象としま
   す。


  b投資態度


   イ.世界の農業および食糧に関連する企業の株式(DR(預託証券)を含みます。)に投資しま
     す。なお、株式の値動きに価格が連動する債券を組入れることがあります。


   ロ.投資にあたっては、種苗・農業化学、農業関連設備、食品・飲料製造、農産物の活用等の事業等
     に携わる、農業、食糧関連企業の株式に着目します。


   ハ.銘柄の選定にあたっては農業、食糧関連の企業の株式の中から収益力、財務体質、バリュエー
     ション、株式市場の物色動向等を勘案した上で行います。


   ニ.株式の組入比率は、高位に保つことを基本とします。


   ホ.外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。


   へ.資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。


(参考)アグリカルチャー・インデックスマザーファンドの投資方針


 ■基本方針

     ファンドは、ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが表す世
    界の農作物関連の商品市況の動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行います。


                                         SM
     当ファンドでは、「Dow Jones-UBS Agriculture Subindex 」を「ダウジョーンズUBSアグ
     リカルチャー(農作物)サブ・インデックス」といいます。


 ■運用方法


  a投資対象

     ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの円換算後の騰落率
    に価格が連動するユーロ円建て債券を主要投資対象とします。


  b投資態度


    イ.ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの円換算後の騰落
      率に価格が連動するユーロ円建て債券(以下、ユーロ円建て債券といいます。)に投資し、当
      該インデックスが表す世界の農作物関連の商品市況の動きを概ね捉えることを目標に運用
      を行います。

                              19/84
                                                   EDINET提出書類
                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



    ロ.ユーロ円建て債券の組入比率は、高位を保つことを基本とします。


    ハ.資金動向、市況動向、投資信託財産の規模等の事情によっては、上記のような運用ができない
      場合があります。



(2)【投資対象】


 ■投資の対象とする資産の種類

     ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。


  a次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定め
     るものをいいます。以下同じ。)

    イ.有価証券

    ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、先物取
      引等、スワップ取引、金利先渡取引および為替先渡取引に限ります。)

    ハ.金銭債権

    ニ.約束手形


  b次に掲げる特定資産以外の資産

    イ.為替手形


 ■運用の指図範囲


  a有価証券

     委託会社は、信託金を、主として岡三アセットマネジメント株式会社を委託会社とし、住友信
    託銀行株式会社を受託会社として締結された親投資信託である農業・食糧関連株マザーファン
    ドおよびアグリカルチャー・インデックスマザーファンド(以下、「マザーファンド」といい
    ます。)の受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券と
    みなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。

    イ.株券または新株引受権証書

    ロ.国債証券

    ハ.地方債証券

    ニ.特別の法律により法人の発行する債券

    ホ.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
      株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)

    ヘ.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定め
      るものをいいます。)

    ト.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
      定めるものをいいます。)

                       20/84
                                               EDINET提出書類
                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

  チ.協同組織金融機関の優先出資に関する法律に規定する優先出資証券(金融商品取引法第2条
    第1項第7号で定めるものをいいます。)

  リ.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券又は新優先出資引受権を表示する証券
    (金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)

  ヌ.コマーシャル・ペーパー

  ル.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)お
    よび新株予約権証券

  ヲ.外国または外国の者の発行する証券または証書で、イ.からル.までの証券または証書の性質
    を有するもの

  ワ.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるもの
    をいい、振替受益権を含みます。)

  カ.投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で
    定めるものをいいます。)

  ヨ.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)

  タ.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものを
    いい、有価証券に係るものに限ります。)

  レ.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)

  ソ.外国法人が発行する譲渡性預金証書

  ツ.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
    受益証券に限ります。)

  ネ.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)

  ナ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
    の受益証券に表示されるべきもの

  ラ.外国の者に対する権利でナ.の有価証券の性質を有するもの


b金融商品

   委託会社は、信託金を、上記の有価証券のほか、以下の金融商品(金融商品取引法第2条第2項
  の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用すること
  を指図することができます。

  イ.預金

  ロ.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
    す。)

  ハ.コール・ローン

  ニ.手形割引市場において売買される手形

  ホ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの

  ヘ.外国の者に対する権利でホ.の権利の性質を有するもの


c特別な場合の運用指図

   ファンドの設定、一部解約、償還および投資環境の変動等への対応等で、委託会社が運用上必
  要と認めるときには、委託会社は、信託金を、上記の金融商品により運用することの指図ができ

                       21/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ます。



(3)【運用体制】


 ■運用体制、内部管理および意思決定を監督する組織

   当ファンドの運用体制、内部管理および意思決定を監督する組織は、以下のようになります。




会議名または部署名                      役割
運用委員会        運用本部で開催する「ストラテジー会議」で策定された投資環境分析と運
(月1回開催)      用の基本方針案に基づいて検討を行い、運用の基本方針を決定します。ま
             た、運用に関する内規の制定及び改廃のほか、運用ガイドライン等運用のリ
             スク管理に関する事項を決定します。
運用戦略会議       ファンドマネージャーより運用委員会で決定された運用の基本方針に基づ
(月1回開催)      いた個別ファンドの具体的な投資戦略が報告され、その内容について検討
             を行います。
運用担当部署       ファンドマネージャーは、運用戦略会議で検討された投資戦略に基づき、
             ファンド毎に具体的な運用計画を策定します。運用計画書・運用実施計画
             書に基づいて、運用の指図を行います。
投資調査部        国内外のマクロ経済・セミマクロ経済の調査・分析、市場環境の分析、企業
             の調査・分析等を行い、ファンドマネージャーに情報提供を行うことで、運
             用をサポートします。


                       22/84
                                                   EDINET提出書類
                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
運用分析会議          運用のパフォーマンス向上、運用の適正性の確保、および運用のリスク管理
(月1回開催)         に資することを目的に、個別ファンドの運用パフォーマンスを分析・検証
                ・評価し、運用本部にフィードバックを行います。
売買分析会議          運用財産に係る運用の適切性確保に資することを目的にファンドの有価証
(月1回開催)         券売買状況や組入れ状況など、日々、リスク管理部、トレーディング部が
                行っている運用の指図に関するチェック状況の報告・指摘を行います。議
                長は会議の結果を取締役会へ報告します。
業務審査委員会         運用の指図において発生した事務処理ミスや社内規程等に抵触した事項な
(原則月1回開催)       どについて、審議・検討を行います。委員長は審議・検討結果を取締役会へ
                報告します。
コンプライアンス部       運用業務にかかわる関係法令及び社内諸規則等の遵守状況の検証並びに検
(3名程度)          証に基づく運用本部への指導を行います。
リスク管理部          「運用の指図に関する検証規程」に基づき、投資信託財産の運用の指図に
(6名程度)          つき、法令諸規則等に定める運用の指図に関する事項の遵守状況の確認を
                行います。発注前の検証として、発注内容が法令諸規則等に照らして適当で
                あるのか伝票等より確認を行い、発注後の検証として、運用指図結果の適法
                性又は適正性について確認を行います。
トレーディング部        有価証券、デリバティブ取引に係る権利等の発注に関し、法令諸規則等に基
(7名程度)          づいて最良執行に努めています。また、運用指図の結果について最良執行の
                観点からの検証・分析を行います。


 ■社内規程

     ファンドの運用に関する社内規程は、以下の通りです。

     ・運用実施に関する内規

     ・組入株式の銘柄選定基準に関する内規

     ・債券の投資に関する内規

     ・有価証券関連デリバティブ取引に関する内規

     ・短期金融商品への投資に関する内規


 ■ファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等

     「受託会社」または「再信託受託会社」に対しては、日々の基準価額および純資産照合、月次の
    勘定残高照合などを行っております。


 ※運用体制等につきましては、平成22年12月末日現在のものであり、変更になることがあります。



(4)【分配方針】


 ■毎年3月5日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として、以下の方針に基づき収益分配
    を行います。


  a分配対象収益の範囲

      繰越分を含めた経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額とします。

      繰越分を含めた経費控除後の配当等収益には、マザーファンドの配当等収益のうち、投資信託
     財産に帰属すべき配当等収益を含むものとします。


                          23/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

  b分配対象収益についての分配方針

      分配金額は、委託会社が分配可能額、基準価額水準等を勘案のうえ決定します。

      ただし、分配可能額が少額の場合や基準価額水準によっては、収益分配を行わないことがあり
     ます。


  c留保益の運用方針

      収益分配に充てなかった留保益については、運用の基本方針と同一の運用を行います。


  d収益分配金は、決算日から起算して、原則として、5営業日までに販売会社を通じて支払いを開始し
     ます。


 ■分配金再投資コースの場合、収益分配金は、税金を差し引いた後、決算日の基準価額で再投資いたし
    ます。


  ◆収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
     該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。ま
     た、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社
     の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)にお支
     払いします。また、分配金再投資コースの場合、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記
     載または記録されます。



(5)【投資制限】


 ■マザーファンドの受益証券への投資割合には、制限を設けません。

 ■株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への実質投資割合には制限を設けませ
   ん。

 ■投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券等を除きます。)への実質投資
   割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。

 ■外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。


 ■投資する株式等の範囲

  a委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所に上場
     されている株式の発行会社の発行するもの、取引所に準ずる市場において取引されている株式の
     発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する株式、新
     株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。

  b上記aの規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証
     券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投
     資することを指図することができるものとします。


 ■信用取引の指図、目的および指図範囲

  a委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指
     図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻しにより
                        24/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  行うことの指図をすることができるものとします。

b上記aの信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うことが
   できるものとし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。

  イ.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券

  ロ.株式分割により取得する株券

  ハ.有償増資により取得する株券

  ニ.売出しにより取得する株券

  ホ.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権付社債のうち会社法第236条第
    1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約
    権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の
    旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債
    型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権の行使により取得可能な株券

  ヘ.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、また
    は、投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(上記
    ホ.を除きます。)の行使により取得可能な株券


■先物取引等の指図および目的

a委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを
   回避するため、わが国の取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引および有価
   証券オプション取引ならびに外国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの
   指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取り扱うものとしま
   す。(以下同じ。)

b委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに為替変動リスクを
   回避するため、わが国の取引所における通貨にかかる先物取引および外国の取引所等における通
   貨にかかる先物取引ならびにオプション取引を行うことの指図をすることができます。

c委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを
  回避するため、わが国の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引ならびに外
  国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。


■スワップ取引の指図、目的および指図範囲

a委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、および価格変動リスクを回
   避するため、ならびに為替変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取り金利、また
   は異なった受取り金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下、「スワップ取引」
   といいます。)を行うことの指図をすることができます。

bスワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものと
   します。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではあ
   りません。

cスワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額
   (マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
   に属するとみなした額を含みます。この項において同じ。)が、投資信託財産の純資産総額を超え
   ないものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、投資信託財産の純資産総額が
   減少して、スワップ取引の想定元本の総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった場
   合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図する

                        25/84
                                               EDINET提出書類
                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ものとします。

d上記cにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち
   投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引
   の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属す
   るマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。

eスワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価す
   るものとします。

f委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
   の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。


■金利先渡取引および為替先渡取引の指図、目的および指図範囲

a委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、および価格変動リスクを回
   避するため、ならびに為替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行う
   ことの指図をすることができます。

b金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間
   を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについて
   はこの限りではありません。

c金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額
   (マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
   に属するとみなした額を含みます。この項において同じ。)が、保有金利商品の時価総額(マザー
   ファンドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした
   額を含みます。この項において同じ。)を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約
   等の事由により、保有金利商品の時価総額が減少して、金利先渡取引の想定元本の総額が保有金
   利商品の時価総額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に相当
   する金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。

d上記cにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち
   投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引
  の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属す
  るマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファン
  ドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額とは、
  投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファンドの投資信託財産
  の純資産総額に占める金利商品の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。

e為替先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額
   (マザーファンドの投資信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
   に属するとみなした額を含みます。この項において同じ。)が、保有外貨建資産(外国通貨表示の
   有価証券(以下、「外貨建有価証券」といいます。)、預金、その他の資産をいいます。以下同
   じ。)の時価総額(マザーファンドの投資信託財産に属する外貨建資産の時価総額のうち投資信
   託財産に属するとみなした額を含みます。この項において同じ。)を超えないものとします。な
   お、投資信託財産の一部解約等の事由により、保有外貨建資産の時価総額が減少して、為替先渡取
   引の想定元本の総額が保有外貨建資産の時価総額を超えることとなった場合には、委託会社は、
   すみやかに、その超える額に相当する為替先渡取引の一部の解約を指図するものとします。

f上記eにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額のうち
   投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかる為替先渡取引
   の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に属す
   るマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザーファン

                      26/84
                                               EDINET提出書類
                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ドの投資信託財産に属する外貨建資産の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額と
  は、投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファンドの投資信託
  財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。

g金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算
   出した価額で評価するものとします。

h委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要
   と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。


■特別の場合の外貨建有価証券への投資制限

  外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる
 場合には、制約されることがあります。


■外国為替予約取引の指図、目的および指図範囲

a委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をする
   ことができます。

b上記aの予約取引の指図は、投資信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額との
   差額につき円換算した額が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、投資信
   託財産に属する外貨建資産(マザーファンドの投資信託財産に属する外貨建資産の時価総額の
   うち投資信託財産に属するとみなした額を含みます。)の為替変動リスクを回避するためにする
   当該予約取引の指図については、この限りではありません。

c上記bにおいて、マザーファンドの投資信託財産に属する外貨建資産の時価総額のうち投資信託
   財産に属するとみなした額とは、投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額
   に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて
   得た額をいいます。

d上記bの限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、所定の期間内に、その超える額に相
   当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。


■有価証券の貸付の指図、目的および指図範囲

a委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式および公社債
   を次の範囲内で貸付の指図をすることができます。

  イ.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、投資信託財産で保有する株式の
    時価合計額を超えないものとします。

  ロ.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、投資信託財産で保有
    する公社債の額面金額を超えないものとします。

b上記aに定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に
   相当する契約の一部の解約を指図するものとします。

c委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
   ます。


■資金の借入れ

a委託会社は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支
   払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)
   を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入
                         27/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもっ
  て有価証券等の運用は行わないものとします。

b一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から投資
   信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開
   始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解
   約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業
   日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約
   代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。

c収益分配金の再投資にかかる借入期間は、投資信託財産から収益分配金が支弁される日からその
   翌営業日までとし、資金借入額は、収益分配金の再投資額を限度とします。

d借入金の利息は、投資信託財産中より支弁します。


■「投資信託及び投資法人に関する法律」並びに関係法令に基づく投資制限

a委託会社は、投資信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係
   る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合
   理的な方法により算出した額が当該投資信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、
   デリバティブ取引(新株予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引
   および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを受託会社に指図しないもの
   とします。

b委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者指図
   型投資信託につき投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議
   決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合において、当該株式を投資信託
   財産をもって取得することを受託会社に指図することはできません。




                      28/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


3【投資リスク】


  当ファンドは、主に世界の農業・食糧に関連する企業の株式およびダウジョーンズUBSアグリカ
  ルチャー(農作物)サブ・インデックスの円換算後の騰落率に価格が連動するユーロ円建て債券を
  実質的な投資対象としますので、組入れた世界の農業・食糧に関連する企業の株式およびダウ
  ジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの下落、株式やユーロ円建て債
  券の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがありま
  す。また、実質的に外貨建資産に投資しますので、為替の変動により損失を被ることがあります。
  したがって、投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元金
  を割り込むことがあります。投資信託財産に生じた利益及び損失は、すべて受益者に帰属します。


〈投資リスク〉


 ■株価変動リスク
    株式の価格は、株式の発行会社の業績や財務状況、株式市場の需給、政治・経済情勢等の影響によ
   り変動します。

    投資した株式の価格の上昇は、当ファンドの基準価額の上昇要因となり、投資した株式の価格の
   下落は、当ファンドの基準価額の下落要因となります。

    投資した株式の価格の下落の影響で、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があり
   ます。


 ■インデックスの変動リスク

    ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの円換算後の騰落率に
   価格が連動するユーロ円建て債券は、ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・
   インデックスの変動によって、価格が大きく変動します。

    ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスは、複数の商品先物か
   ら構成されたインデックスであり、インデックスを構成する各々の商品先物価格の変動の影響を
   受けて、大きく変動します。

    また、各々の商品先物価格は、景気循環、経済発展・人口・技術革新等による影響、天候等による
   豊・不作、生産国の政治・社会情勢、その他複数の要因によって、大きく変動します。

    したがって、ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスの下落の
   影響によりユーロ円建て債券の価格が下落することで、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被
   る可能性があります。


 ■銘柄集中リスク

     アグリカルチャー・インデックスマザーファンドは、特定の発行体が発行するユーロ円建て債
    券を組入れます。したがって、発行体の信用リスクが顕在化した場合には、ユーロ円建て債券の売
    買ができなくなることや価格が大幅に下落することにより、ファンドの取得申込みや解約申込み
    の受付を中止することや、基準価額が大幅に下落し、損失を被る可能性があります。


 ■為替変動リスク

    外貨建資産は、為替相場の変動により円換算額が変動します。投資対象通貨に対して円高は、外貨
   建資産の円換算額の減少により、当ファンドの基準価額の下落要因となり、投資対象通貨に対して
   円安は、外貨建資産の円換算額の増加により、当ファンドの基準価額の上昇要因となります。

                        29/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

    投資対象通貨に対する円高の影響で、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があり
   ます。


 ■信用リスク

    有価証券の発行会社の倒産や財務状況の悪化、および有価証券の発行会社の財務状況に関する
   外部評価の変化等の影響により、投資した有価証券の価格が大きく下落することや、投資資金が回
   収不能となる場合があります。このような場合には、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被る
   可能性があります。

    債券や短期金融商品を投資対象としますので、元利支払いの不履行もしくは遅延の影響で、当
   ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。


 ■カントリーリスク

     外国の外貨不足などの経済的要因、外国政府の資産凍結などの政治的理由、外国の社会情勢の
    混乱等の影響で、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。

     特に、新興国は、主要先進国と比較して、経済・政治・社会情勢等で脆弱または不安定な側面が
    あることから、新興国のカントリーリスクは主要先進国に比べ高くなる傾向にあります。


 ■流動性リスク

     有価証券の時価総額が小さくまたは取引量が少ないとき、市況が急変したとき、取引所等にお
    ける取引が中止されたときまたは取引所等が閉鎖されたときには、有価証券の売買価格が通常よ
    りも著しく不利な価格となることや有価証券の売却ができなくなる場合があります。

     このような場合には、当ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。


 ■金利変動リスク

    アグリカルチャー・インデックスマザーファンドが投資するユーロ円建て債券は、その仕組み
   上、米国の金利の変動によって、価格が変動します。米国の金利の上昇は、ユーロ円建て債券の価格
   の下落要因となり、米国の金利の低下は、ユーロ円建て債券の価格の上昇要因となります。

    したがって、米国の金利の上昇の影響によりユーロ円建て債券の価格が下落することで、当ファ
   ンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があります。


〈留意事項〉


  ・当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)の
     適用はありません。


  ・投資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではありま
     せん。また、登録金融機関が取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。


  ・分配方針に基づいて、収益分配を行う予定ですが、収益分配金の支払いを保証するものではありま
     せん。運用実績に応じて分配対象収益は変動するため、収益分配金が減少する可能性や、収益分配
     を行わない可能性があります。



                        30/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

  ・取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
     るときは、解約請求の受付を中止することや、すでに受付けた解約請求の受付を取消すことがあ
     ります。


  ・ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが改廃となった場合等には
     繰上償還となることがあります。


  ・当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。当ファンドが投資対象とするマザー
     ファンドを他のベビーファンドが投資対象としている場合に、当該他のベビーファンドにおいて
     追加設定および一部解約等がなされた場合には、その結果として、マザーファンドにおいても売
     買等が生じ、当ファンドの基準価額が影響を受けることがあります。


〈投資リスクに対する管理体制〉


  ・運用委員会において、運用に関する内規の制定および改廃のほか、運用ガイドライン等運用のリス
     ク管理に関する事項を決定します。


  ・リスク管理部は、投資信託財産の運用の指図につき法令、投資信託協会諸規則、社内規程及び投資
     信託約款等(以下、「法令諸規則等」という。)に定める運用の指図に関する事項の遵守状況を
     確認します。


    リスク管理部は、原則として日々、次に掲げる方法による検証を行います。

    ①運用の指図に関する帳票の確認

    ②検証システムにより抽出される運用の実施状況に関するデータの確認

    ③その他検証を行うために必要な行為


    発注前の検証は、運用実施に関する内規に基づき、発注内容が法令諸規則等に照らして適当であ
    るかどうか伝票等より確認を行います。発注後の検証は、運用指図結果の適法性又は適正性につ
    いて確認を行います。


  ・運用分析会議におけるファンドの運用パフォーマンスの分析・検証・評価や、売買分析会議にお
     けるファンドの組入有価証券の評価損率や格付状況、有価証券売買状況や組入状況の報告等によ
     り、全社的に投資リスクを把握し管理を行います。


  ・有価証券届出書提出後、設定日までのリスク管理・モニタリングについては、社内規程に基づいて
     適切に管理を行います。



4【手数料等及び税金】



(1)【申込手数料】


 ■当初申込期間
                         31/84
                                                              EDINET提出書類
                                                  岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                   有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

     申込金額(1口当たり1円に申込口数を乗じて得た額)に、販売会社が独自に定める手数料率を
    乗じて得た額

     有価証券届出書提出日現在の手数料率の上限は、3.15%(税抜3.0%)です。手数料は変更とな
    る場合があります。詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。


 ■継続申込期間

     申込金額(取得申込日の翌営業日の基準価額に申込口数を乗じて得た額)に、販売会社が独自
    に定める手数料率を乗じて得た額

     有価証券届出書提出日現在の手数料率の上限は、3.15%(税抜3.0%)です。手数料は変更とな
    る場合があります。詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。


  ◆「分配金再投資コース」の取得申込者が、収益分配金の再投資によりファンドを買付ける場合に
     は、無手数料とします。詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。


     お問い合わせ先
     岡三アセットマネジメント株式会社カスタマーサービス部0120-048-214
                       ホームページhttp://www.okasan-am.jp


  ◆償還乗換等優遇措置の定めのある販売会社で支払いを受けた他のファンドの償還金又は販売会社
     が定める償還日前一定の期間内における解約代金等をもって取得申込みの場合には、申込手数料
     の一部又は全部の割引を受けられる場合があります。詳細につきましては、販売会社にお問い合
     わせ下さい。



(2)【換金(解約)手数料】

    ありません。

    ただし、ご換金時には、1口当たり、解約請求受付日の翌営業日の基準価額の0.10%が信託財産留
   保額として控除されます。



(3)【信託報酬等】


 ■信託報酬の総額及びその配分

     信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年10,000分の154.35
    (税抜147)の率を乗じて得た額とします。


    信託報酬は、「委託会社」、「販売会社」及び「受託会社」の間で次のように配分します。
             信託報酬の総額     年10,000分の154.35(税抜 147)
              内委託会社     年10,000分の 73.50(税抜    70)
              内販売会社     年10,000分の 73.50(税抜    70)
              内受託会社     年10,000分の   7.35(税抜   7)


 ■信託報酬の支払い時期


                             32/84
                                                      EDINET提出書類
                                          岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                           有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

     毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき、投資信託財産中から
    支弁します。



(4)【その他の手数料等】


 ■ファンドの組入有価証券の売買委託手数料、先物・オプション取引等の売買委託手数料は、受益者
    の負担とし、投資信託財産中から支弁します。なお、マザーファンドの当該売買委託手数料につき
    ましては、間接的に受益者の負担となります。


 ■ファンドの財務諸表の監査費用は、計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年10,000
    分の1.26(税抜1.20)の率を乗じて得た額とし、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期
    末または信託終了のとき、投資信託財産中から支弁します。


 ■ファンドの解約に伴う支払資金の手当て又は再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目
    的とした借入金の利息は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。


 ■ファンドの投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、海外における資産の保管
    に要する費用、受託会社の立替えた立替金の利息は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁
    します。なお、マザーファンドの当該費用につきましては、間接的に受益者の負担となります。ま
    た、外国の株式の配当金等は、現地において、課税される場合があります。


  ※上記の他、投資信託約款の規定に基づく運用指図等により生じた費用をご負担いただく場合があ
     ります。その他の手数料等につきましては、財務諸表の監査費用を除き、運用状況等により変動
     するものであり、事前に金額もしくはその上限額またはこれらの計算方法を示すことはできま
     せん。



(5)【課税上の取扱い】

     ファンドは、課税上、株式投資信託として取扱われます。


 ■個人受益者に対する課税


       収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は、配当所得として、平成23年12月31日までは
     10%(所得税7%、地方税3%)、平成24年1月1日以降は20%(所得税15%、地方税5%)の税率に
     よる源泉徴収が行われます。

      確定申告は不要ですが、確定申告による総合課税または申告分離課税のいずれかを選択する
     こともできます。


      償還価額および解約価額から取得費(申込手数料および申込手数料に係る消費税等相当額を
     含みます。)を控除した利益は譲渡所得となり、平成23年12月31日までは10%(所得税7%、地方
     税3%)、平成24年1月1日以降は20%(所得税15%、地方税5%)の税率による申告分離課税が適
     用されます。ただし、特定口座(源泉徴収選択口座)をご利用の場合には、原則として確定申告
     は不要です。


                           33/84
                                                  EDINET提出書類
                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

■法人受益者に対する課税


     収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに償還時及び解約時の個別元本超過額に
   ついては、平成23年12月31日までは7%(所得税7%)、平成24年1月1日以降は15%(所得税
   15%)の税率による源泉徴収が行われます。なお、地方税の源泉徴収はありません。また、源泉徴
   収された所得税は、法人税から控除できます。


  ※ 普通分配金、特別分配金とは


     収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「特別分配金」があ
    ります。

     基準価額(分配落)が受益者の個別元本と同額の場合または上回っている場合には、分配金
    の全額が普通分配金となります。

     基準価額(分配落)が受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が特
    別分配金となり、分配金から特別分配金を控除した額が普通分配金となります。特別分配金は、
    元本の一部払戻しに相当し、非課税扱いとなります。


  ※ 個別元本とは


     個別元本とは、原則として、受益者毎の信託時の受益権の価額(申込手数料および申込手数
    料に係る消費税等相当額は含まれません。)をいい、追加信託のつど当該口数により加重平均
    されます。


     ただし、複数の販売会社でファンドを買付けた場合は、販売会社ごとに個別元本の算出が行
    われます。

     また、同一販売会社であっても、複数口座でファンドを買付けた場合には口座ごとに、「分配
    金受取りコース」と「分配金再投資コース」の両コースでファンドを買付けた場合にはコー
    スごとに、個別元本の算出が行われる場合があります。


     受益者が、特別分配金を受け取った場合、個別元本は、分配金発生時の個別元本から特別分配
    金を控除した額となります。


■その他


  ・益金不算入制度、配当控除の適用はありません。税務署等でご確認いただくことをおすすめいた
     します。


  ・買取請求による換金の場合の課税上の取扱い及び損益通算等につきましては、取得申込みを取
     扱った販売会社にお問い合わせ下さい。


※上記の内容は平成22年12月末日現在の税法に基づくものであり、税法が改正された場合には変更に
   なることがあります。



                        34/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


5【運用状況】

    当ファンドは、有価証券届出書提出日現在、記載すべき事項はありません。



(1)【投資状況】

    該当事項はありません。



(2)【投資資産】



  ①【投資有価証券の主要銘柄】

    該当事項はありません。



  ②【投資不動産物件】
    該当事項はありません。



  ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。



(3)【運用実績】



  ①【純資産の推移】

    該当事項はありません。



  ②【分配の推移】

    該当事項はありません。



  ③【収益率の推移】

    該当事項はありません。



(4)【設定及び解約の実績】

   該当事項はありません。


(参考情報)




                        35/84
                    EDINET提出書類
        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)




36/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


第2【管理及び運営】


1【申込(販売)手続等】


 ■取得申込受付日

     取得申込みは、申込期間における販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きます。)
    に行うことができます。

     ただし、継続申込期間において、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の
    停止、その他やむを得ない事情があるときは、取得申込みの受付を中止することや、すでに受付け
    た取得申込みの受付を取消すことがあります。


 ■取得申込不可日

     継続申込期間において、以下に該当する日は、「取得・換金申込不可日」として、取得申込みの
    受付を行いません。

   ・ニューヨークの取引所の休業日
   ・翌日および翌々日(土曜日および日曜日を除きます。)が委託会社の休業日である日

   ・ニューヨークまたはロンドンの銀行の休業日

   ・ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが算出・公表されない
     日


   ◆「取得・換金申込不可日」につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。


 ■取得申込受付時間

     当初申込期間中は、販売会社の営業時間内とします。

     継続申込期間中は、原則として、午後3時までとし、販売会社所定の事務手続きが完了した場合
    に、当日の受付として取扱います。この時間を過ぎての申込みは、翌営業日(ただし、取得申込不可
    日を除きます。)の取扱いとなります。


 ■取得申込手続

  ・取得申込者は、販売会社に、取得申込と同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の振替
    を行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の
    増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換
    えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委
    託会社は、分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をす
    るため社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)に定める事項の振替機
    関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知があった場合、
    社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行います。受託会
    社は、投資信託契約締結により生じた受益権については投資信託契約締結日に、追加信託により
    生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権
    に係る信託を設定した旨の通知を行います。



                        37/84
                                                EDINET提出書類
                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

・取得申込方法には、「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」の2つのコースがありま
   す。ファンドからお支払いする収益分配金のお受取りをご希望される取得申込者は「分配金受
   取りコース」を、収益分配金を自動的に再投資することをご希望される取得申込者は「分配金
   再投資コース」をお申込み下さい。

・「分配金再投資コース」を選択された取得申込者は、販売会社との間で、当ファンドに係る累積
  投資約款(別の名称で同様の権利義務関係を規定するものを含みます。)に基づく収益分配金
  の再投資等に係る契約を結んでいただきます。また、分配金再投資コースで「定時定額購入サー
  ビス」をご利用の取得申込者は、販売会社との間で定時定額購入サービスに関する取り決めを
  行っていただきます。

・「分配金受取りコース」の申込単位は、1万口以上1万口単位又は1万円以上1円単位、「分配金再
  投資コース」の申込単位は、1万円以上1円単位、分配金再投資コースで「定時定額購入サービ
  ス」をご利用の場合には、1万円以上1千円単位となります。なお、販売会社が別に定める申込単
  位がある場合は、当該申込単位とします。また、取扱いコース及び申込単位は、販売会社によって
  異なります。詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。

・1口当たりの発行価格は、取得申込日の翌営業日の基準価額(当初申込期間中は、1口当たり1円で
   す。)とします。

  なお、「分配金再投資コース」の取得申込者が、当ファンドに係る累積投資契約(別の名称で同
  様の権利義務関係を規定する契約を含みます。)に基づき、収益分配金の再投資によりファンド
  を買付ける場合は、決算日の基準価額とします。

  基準価額は、毎営業日(委託会社の営業日をいいます。)計算し、販売会社又は委託会社にお問
  い合わせいただければいつでもお知らせします。

・申込代金は、1口当たりの発行価格に申込口数を乗じて得た申込金額に、申込手数料を加算した額
   です。

・申込手数料は、申込金額に販売会社が独自に定める手数料率を乗じて得た額です。

  有価証券届出書提出日現在の手数料率の上限は、3.15%(税抜3.0%)です。手数料は変更とな
  る場合があります。詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。

  なお、「分配金再投資コース」の取得申込者が、当ファンドに係る累積投資契約(別の名称で同
  様の権利義務関係を規定する契約を含みます。)に基づき、収益分配金の再投資によりファンド
  を買付ける場合には、無手数料とします。

  また、償還乗換等優遇措置の定めのある販売会社で支払いを受けた他のファンドの償還金又は
  販売会社が定める償還日前一定の期間内における解約代金等をもって取得申込みの場合には、
  申込手数料の一部又は全部の割引を受けられる場合があります。

  詳細につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。

・申込代金は、取得申込みを取扱った販売会社の本・支店等でお支払い下さい。詳細につきまして
  は、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。

・申込代金の払込期日については、当初申込期間中にお申込みされた場合は、当初申込期間中に申
  込代金を販売会社でお支払い下さい。継続申込期間中にお申込みされた場合で、「分配金受取り
  コース」を選択された場合は、取得申込日から起算して6営業日以内に、申込代金を販売会社で
  お支払い下さい。なお、販売会社が別に定める期日がある場合は当該期日までとします。「分配
  金再投資コース」を選択された場合は、取得申込日に、申込代金を販売会社でお支払い下さい。
  なお、販売会社が別に定める期日がある場合は当該期日までとします。分配金再投資コースで
  「定時定額購入サービス」をご利用の場合には、申込代金は、あらかじめ定められた日に銀行口
  座等より自動的に引き落としさせていただきます。詳細につきましては、販売会社にお問い合わ
  せ下さい。
                      38/84
                                                          EDINET提出書類
                                              岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                               有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



     お問い合わせ先
     岡三アセットマネジメント株式会社カスタマーサービス部0120-048-214
                       ホームページhttp://www.okasan-am.jp



2【換金(解約)手続等】


 ■換金申込受付日

     受益者は、ファンドの設定日以降、販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きま
    す。)に、販売会社を通じて、換金の請求をすることができます。


 ■換金申込不可日
     継続申込期間において、以下に該当する日は、「取得・換金申込不可日」として、換金申込みの
    受付を行いません。

   ・ニューヨークの取引所の休業日

   ・翌日および翌々日(土曜日および日曜日を除きます。)が委託会社の休業日である日

   ・ニューヨークまたはロンドンの銀行の休業日

   ・ダウジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが算出・公表されない
      日


   ◆「取得・換金申込不可日」につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。ま
      た、委託会社のホームページにも、掲載いたします。


     お問い合わせ先
     岡三アセットマネジメント株式会社カスタマーサービス部0120-048-214
                       ホームページhttp://www.okasan-am.jp


 ■換金申込受付時間

     原則として、午後3時までとし、販売会社所定の事務手続きが完了した場合に、当日の受付とし
    て取扱います。この時間を過ぎての申込みは、翌営業日(ただし、換金申込不可日を除きます。)
    の取扱いとなります。


 ■解約請求制による換金手続

   ・受益者は、取得申込みを取扱った販売会社を通じて委託会社に、販売会社の定める単位をもって、
     解約の請求をすることができます。

     解約単位につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。

   ・受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係るこの投資信託
     契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数
     の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口
     数の減少の記載または記録が行われます。

   ・解約価額は、解約請求受付日の翌営業日の基準価額から当該基準価額に0.10%の率を乗じて得た
     額を信託財産留保額として控除した価額とします。解約価額については、取得申込みを取扱った

                             39/84
                                                   EDINET提出書類
                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      販売会社にお問い合わせ下さい。

   ・解約手数料はありません。

   ・解約代金は、解約請求受付日から起算して、原則として、6営業日目から販売会社を通じてお支払
      いします。


 ■解約請求の受付の中止及び取消

   ・取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があ
     るときは、解約請求の受付を中止することや、すでに受付けた解約請求の受付を取消すことがあ
     ります。

   ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付の中止以前に行った当日の解約請求を
     撤回できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該解約価額は、当該受付
     再開後の最初の基準価額の計算日(換金申込不可日を除きます。)に解約請求を受付けたもの
     として計算された価額とします。


  ※   買取によるご換金については、販売会社にお問い合わせ下さい。



3【資産管理等の概要】



(1)【資産の評価】


 ■基準価額の計算方法

       基準価額は、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令及び
      社団法人投資信託協会規則に従って時価または償却原価法により評価して得た投資信託財産の
      資産総額から負債総額を控除した金額(以下、「純資産総額」といいます。)を、計算日における
      受益権口数で除した金額をいいます。なお、基準価額は、便宜上1万口当たりで表示されることが
      あります。


 ■マザーファンドの評価

       ファンドが主要投資対象とするマザーファンドは、マザーファンドの基準価額で評価します。


 ■株式の評価

       マザーファンドを通じて投資する外国の株式は、原則として、外国の取引所又は取引所に準ず
      る市場における計算時に知り得る直近の日の最終相場で評価します。


 ■外貨建資産の円換算、予約為替の評価

       外貨建資産の円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲
      値によって計算します。また、予約為替の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物
      売買相場の仲値によるものとします。


 ■ユーロ円建て債券の評価

       マザーファンドを通じて投資するユーロ円建て債券は、原則として、取引した金融商品取引業

                          40/84
                                                          EDINET提出書類
                                              岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                               有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    者が提示する買取価額で評価します。


  ■基準価額に関する照会方法等

     基準価額は、毎営業日(委託会社の営業日をいいます。)計算し、販売会社又は委託会社にお問
    い合わせいただければいつでもお知らせします。


     お問い合わせ先
     岡三アセットマネジメント株式会社カスタマーサービス部0120-048-214
                       ホームページhttp://www.okasan-am.jp


     なお、基準価額は、計算日の翌日付の日本経済新聞に1万口当たりで掲載されます。掲載に関す
    る権利は株式会社日本経済新聞社にあり、掲載されない場合もあります。また、基準価額は、掲載
    後変更される場合がありますので、販売会社又は委託会社で確認して下さい。



(2)【保管】

    該当事項はありません。



(3)【信託期間】

    信託期間は、平成23年3月31日から平成33年3月5日までとします。

    ただし、投資信託契約の解約(繰上償還)の規定により信託を終了させる場合があります。

    また、委託会社は、受益者に有利であると認めたときは、受託会社との協議のうえ、信託期間を延
   長することができます。



(4)【計算期間】

    計算期間は、原則として、毎年3月6日から翌年3月5日までとします。

    ただし、第1計算期間は、平成23年3月31日から平成24年3月5日までとします。

    なお、各計算期間終了日に該当する日(以下、「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算
   期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が始まるものとします。



(5)【その他】


  ■投資信託契約の解約(繰上償還)

   a委託会社は、信託期間中において、この信託を終了させることが受益者のため有利であると認め
      るとき、投資信託契約の一部を解約することにより受益権口数が5億口を下回ったとき、ダウ
      ジョーンズUBSアグリカルチャー(農作物)サブ・インデックスが改廃となったとき、また
      はやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この投資信託契約を解約し、信
      託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする
      旨を監督官庁に届出ます。

   b委託会社は、aの事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行います。こ
      の場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに投資信託契約の解約の理由などの事項を定

                             41/84
                                               EDINET提出書類
                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託契約にかかる知れている受益者に対し、書面を
   もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。

cbの書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が
   属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は受益権の
   口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権
   を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。

dbの書面決議は議決権を行使することができる受益者の半数以上であって、当該受益者の議決権
   の3分の2以上に当たる多数をもって行います。

ebからdまでの規定は、委託会社が投資信託契約の解約について提案をした場合において、当該
   提案につき、この投資信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の
   意思表示をしたときには適用しません。また、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない
   事情が生じている場合であってbからdまでの手続きを行うことが困難な場合には適用しませ
   ん。


■投資信託契約に関する監督官庁の命令

a委託会社は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従い、投資
   信託契約を解約し、信託を終了させます。
b委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの投資信託約款を変更しようとするときは、投資信託
   約款の変更等の規定にしたがいます。


■委託会社の登録取消等に伴う取扱い

a委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、
   委託会社は、この投資信託契約を解約し、信託を終了させます。

baの規定にかかわらず、監督官庁がこの投資信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委
   託会社に引継ぐことを命じたときは、この信託は、投資信託約款の変更等の書面決議で否決され
   た場合を除き、当該他の投資信託委託会社と受託会社の間において存続します。


■委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い

a委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この投資信託契約に関す
   る事業を譲渡することがあります。

b委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この投資信
   託契約に関する事業を承継させることがあります。


■受託会社の辞任および解任に伴う取扱い

a受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務
   に違反して投資信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社
   または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場
   合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、投資信託約款の変更等の規定にした
   がい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任
   することはできないものとします。

b委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの投資信託契約を解約し、信託を終
   了させます。



                       42/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

■投資信託約款の変更等

 a委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、
    受託会社と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合
    (投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併
    合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しよう
    とする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、この投資信託約款は、この投資信託約款
    の変更等に定める以外の方法によって変更することができないものとします。

 b委託会社は、aの事項(投資信託約款の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場
    合に限ります。以下、併合と合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議
    を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容
    およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託約款にかかる
    知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。

 cbの書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受益権が
    属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は受益権の
    口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権
    を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。

 dbの書面決議は議決権を行使することができる受益者の半数以上であって、当該受益者の議決権
    の3分の2以上に当たる多数をもって行います。

 e書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。

 fbからeまでの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該
    提案につき、この投資信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の
    意思表示をしたときには適用しません。

 gaからfまでの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合に
    あっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決
    された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。


■反対者の買取請求権

   投資信託契約の解約(繰上償還)または重大な約款の変更等を行う場合には、書面決議におい
  て当該解約または重大な約款の変更等に反対した受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受
  益権を投資信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。


■他の受益者の氏名等の開示の請求の制限

   受益者は、委託会社または受託会社に対し、「他の受益者の氏名または名称および住所」、「他
  の受益者が有する受益権の内容」の開示の請求を行うことはできません。


■運用報告書の交付

   委託会社は、毎計算期間(原則として、毎年3月6日から翌年3月5日までとします。)終了後およ
  び信託終了時に、期中の運用経過等を記載した運用報告書を作成し、知れている受益者に、販売会
  社を通じて交付します。


■公告

   委託会社が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。


                       43/84
                                                   EDINET提出書類
                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

   ※平成23年7月31日より、公告の方法は以下の通りに変更される予定です。


    委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載し
   ます。

     http://www.okasan-am.jp

    なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合
   の公告は、日本経済新聞に掲載します。


■信託事務の再信託

   受託会社は、ファンドに係る信託事務の処理の一部について日本トラスティ・サービス信託銀
  行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することができます。この場合、日本トラスティ・
  サービス信託銀行株式会社は、再信託契約に基づいて所定の事務を行います。


■関係法人との契約の更改等に関する手続等


◆販売会社との契約更改
   委託会社は、販売会社との間の「投資信託受益権の取扱い等に関する契約(別の名称で同様
  の権利義務関係を規定する契約を含みます。)」に基づき、受益権の募集の取扱い等を販売会社
  に委託しています。

   この契約の有効期間は、契約締結日から1年で、期間満了の3ヵ月前までに委託会社又は販売会
  社から別段の申し出が無いときは自動的に1年間更新され、その後も同様とします。


◆変更内容の開示

   販売会社との契約または投資信託約款を変更した場合において、委託会社が変更内容につい
  て速やかに開示する必要があると認めるときは、有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長
  に提出することにより、変更内容を開示します。




                               44/84
                                                  EDINET提出書類
                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


4【受益者の権利等】


 ■ファンドの受益権

     受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。

     受益権は、信託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。


 ■収益分配金に対する請求権

  a受益者は、ファンドに係る収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。

  b収益分配金は、計算期間終了日から起算して、原則として、5営業日までに販売会社を通じて受益者
     に支払いを開始します。

  c上記bの規定にかかわらず、累積投資契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、
     原則として、毎計算期間終了日の翌営業日に、収益分配金が販売会社に交付されます。販売会社
     は、受益者に対し、計算期間終了日の基準価額をもって収益分配金の再投資に係る受益権の売付
     を行います。

  d受益者が、収益分配金について支払い開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利
     を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。


  ◆収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当
     該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。ま
     た、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社
     の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)にお支
     払いします。また、分配金再投資コースの場合、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記
     載または記録されます。


 ■償還金に対する請求権

  a受益者は、ファンドに係る償還金を持分に応じて請求する権利を有します。

  b償還金は、償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から起算して、原則として、5営業日までに
     販売会社を通じて受益者に支払いを開始します。

  c受益者が、償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
     い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。


  ◆償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日
     以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定
     された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権
     については原則として取得申込者とします。)にお支払いします。


 ■換金に係る権利

     受益者は、委託会社に対して、解約請求を行う権利を有します。


 ■書類の閲覧権

     受益者は、委託会社に対して、当該受益者に係る投資信託財産に関する書類の閲覧又は謄写を
    請求することができます。
                        45/84
                                                  EDINET提出書類
                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


第3【ファンドの経理状況】
   ファンドは有価証券届出書提出日現在、資産を有しておりませんので該当事項はありません。

   ファンドの投資信託財産に係る財務諸表の作成は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関す
  る規則」(昭和38年大蔵省令第59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に
  関する規則」(平成12年総理府令第133号)の定めるところによります。

   ファンドの財務諸表の監査は、東陽監査法人により行われ、監査証明を受けます。



1【財務諸表】



(1)【貸借対照表】

   該当事項はありません。



(2)【損益及び剰余金計算書】
   該当事項はありません。



(3)【注記表】

   該当事項はありません。



(4)【附属明細表】

   該当事項はありません。




                         46/84
                                     EDINET提出書類
                         岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                          有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


2【ファンドの現況】



【純資産額計算書】

   該当事項はありません。




                 47/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


第4【内国投資信託受益証券事務の概要】


 ■名義書換についてその手続、取扱場所、取次所、代理人の名称及び住所並びに手数料

    該当事項はありません。


 ■受益者等に対する特典

    該当事項はありません。


 ■内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

    該当事項はありません。


 ■受益権について

    ファンドの受益権は、振替制度における振替受益権であるため、委託会社は、この信託の受益権
   を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が
   効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを
   得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。

    なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名
   式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更
   の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。


  ○受益権の譲渡

   ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が
      記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。

   ②前項の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権
      の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に
     記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したも
     のでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の
     上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の
     増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。

   ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録
      されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異
      なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断し
      たときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。


  ○受益権の譲渡の対抗要件

    受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対
   抗することができません。


  ○受益権の再分割

    委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたが
   い、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。


                        48/84
                                             EDINET提出書類
                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

○質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて

 振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
い、解約請求の受付、解約金および償還金の支払い等については、投資信託約款の規定によるほか、
民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。




                    49/84
                                                         EDINET提出書類
                                             岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                              有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

第三部【委託会社等の情報】



第1【委託会社等の概況】


1【委託会社等の概況】(平成22年12月末日現在)


  (1) 資本金の額                             10億円
     会社が発行する株式の総数                   2,600,000株
     発行済株式の総数                        825,000株
     最近5年間における主な資本金の額の増減                  なし


  (2) 委託会社の機構


  業務執行体制
  ①組織図




  ②各部の主な業務内容
                            50/84
                                                    EDINET提出書類
                                        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    部署名                        主な業務内容
株式運用部        ①国内の株式(不動産投資信託を含む)を主要投資対象とする投資信託
                を中心とした運用業務
             ②投資一任契約資産に関する運用業務
外国株式運用部      海外の株式(不動産投資信託、ファンド・オブ・ファンズを含む)を主要
             投資対象とする投資信託を中心とした運用業務
債券運用部        ①内外の公社債を主要投資対象とする投資信託を中心とした運用業務
             ②短期金融商品の運用業務
システム・オルタナティ システム運用を行う投資信託、ファンド・オブ・ファンズで運用を行う投
ブ運用部        資信託、商品投資等取引を行う投資信託等を中心とした運用業務
委託運用部        運用を外部に委託する投資信託を中心とした運用業務
投資調査部        ①内外の景気動向、経済事情の調査、研究、内外の企業調査、内外の証券市
                場の調査及び予測、内外の不動産市場の調査及び予測、内外の商品市場
                の調査及び予測等に関する業務
             ②投資顧問契約による投資助言に関する業務
トレーディング部     ①トレーディング業務の企画、立案に関する業務
             ②内外の有価証券等及び外国為替並びに商品投資等取引の売買発注に関
                する業務
商品戦略部        ①金融商品の調査、研究、開発・企画立案に関する業務
             ②商品戦略の立案及び推進に関する業務
マーケティング部     ①投資信託の募集等、投資信託を主としたマーケティングに関する業務
             ②第一種金融商品取引業者及び登録金融機関への公開販売の推進に関す
                る業務
             ③販売会社との折衝に関する業務
マーケティング企画部   ①投資信託に関する情報開発・提供に関する事項
             ②投資家に対するセミナー等の企画・立案に関する事項
             ③販売会社の募集・販売の支援のための資料作成に関する事項
             ④広告宣伝に関する事項
カスタマーサービス部   ①販売会社に係る営業事務及び業務管理に関する事項
             ②受益者等からの質問及び苦情等の処理に関する事項
投資顧問営業部      ①投資顧問契約(投資助言)及び投資一任契約のマーケティングに関す
                る業務
             ②投資顧問契約(投資助言)及び投資一任契約の締結、顧客管理に関する
                業務
投信企画部        ①投資信託の企画、提案書作成に関する業務
             ②募集・販売のための資料作成に関する業務
             ③投資信託制度の調査、研究に関する業務
             ④運用助言契約、外部委託契約に関する業務
ディスクロージャー部   ①投資信託約款に関する業務
             ②投資信託契約に関する業務
             ③目論見書、運用報告書及びファンドの開示資料等に関する業務
             ④有価証券届出書及び有価証券報告書に関する業務
             ⑤主務官庁及び受託銀行への折衝に関する業務
             ⑥投資信託協会及び運用評価機関等への折衝に関する業務
企画総務部        ①経営及び経営計画に関する業務
             ②株主総会及び取締役会の事務処理に関する業務
             ③定款、業務方法書、社規、社則の制定、改廃に関する業務
             ④従業員の人事、給与、教育に関する業務及び役員の人事、報酬、賞与に関
                する業務で特命を受けた業務
             ⑤予算、決算、会計及び現預金、有価証券の保管、出納に関する業務、ならび
                に税務に関する業務
             ⑥受益証券及び受益権に関する業務
             ⑦主務官庁、投資信託協会、日本証券投資顧問業協会への報告に関する業
                務
             ⑧広報、ホームページの管理及び運営に関する業務
                       51/84
                                                    EDINET提出書類
                                        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
 資産管理部        ①投資信託財産の計算に関する業務
              ②契約資産の計算に関する業務
 システム部        ①コンピューターシステムの管理・運営に関する業務
              ②信託財産の経理処理システムの開発・管理に関する業務
              ③運用業務管理システムの開発・管理に関する業務
 リスク管理部       ①運用実施の管理及び諸規則等遵守に関する事項
              ②運用のリスク管理に関する事項
              ③運用実績の評価及び分析に関する業務
 コンプライアンス部    ①運用業務にかかわる関係法令及び社内諸規則等の遵守状況の検証に関
                 する事項並びに遵守状況の検証に基づく各部署への指導に関する事項
              ②外部委託先の運用指図等に関する検証及び監査に関する事項
              ③コンプライアンス向上のための啓蒙及び教育に関する事項
              ④法令諸規則違反事例の届出に関する事項
 内部監査部        ①内部監査に関する事項
              ②外部監査に関する事項
              ③内部統制の評価に関する事項に基づく各部署への指導に関する事項


 ③委託会社の意思決定機構
    委託会社は、12名以内で構成される取締役会により運営されます。
    取締役は、委託会社の株主であることを要しません。
    取締役は、株主総会において株主によって選任され、その任期は選任後2年以内に終了する事
   業年度の内最終のものに関する定時株主総会の終結のときまでとします。
    取締役会は、社長1名を選定するほか、会長、副社長、専務取締役、および常務取締役を若干名選
   任することができます。また、取締役会は取締役の中から代表取締役を若干名選定することがで
   きます。
    取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として、社長が招集します。取締役会の
   議長は、原則として、社長がこれにあたります。
    取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席したうえで、
   出席した取締役の過半数をもって決します。




 ④運用の意思決定機構
    運用委員会は、月1回、運用本部で開催する「ストラテジー会議」で策定された投資環境分析
   と運用の基本方針案に基づいて検討を行い、運用の基本方針を決定します。
    また、運用に関する内規の制定及び改廃のほか、運用ガイドライン等運用のリスク管理に関す
   る事項を決定します。
    運用戦略会議は、月1回、ファンドマネージャーより運用委員会で決定された運用の基本方針
   に基づいた個別ファンドの具体的な投資戦略が報告され、その内容について検討を行います。
    ファンドマネージャーは、運用戦略会議で検討された投資戦略に基づき、ファンド毎に具体的
   な運用計画を策定し、運用計画書・運用実施計画書に基づいて、運用の指図を行います。
    投資調査部は、国内外のマクロ経済・セミマクロ経済の調査・分析、市場環境の分析、企業の
   調査・分析等を行い、ファンドマネージャーに情報提供を行うことで、運用をサポートします。
    運用分析会議は、月1回、運用のパフォーマンス向上、運用の適正性の確保、及び運用のリスク
   管理に資することを目的に、個別ファンドの運用パフォーマンスを分析・検証・評価し、運用本
   部にフィードバックを行います。
    売買分析会議は、月1回、運用財産に係る運用の適切性確保に資することを目的にファンドの
   有価証券売買状況や組入れ状況など、日々、リスク管理部、トレーディング部が行っている運用
   の指図に関するチェック状況の報告・指摘を行います。議長は会議の結果を取締役会へ報告し
   ます。



2【事業の内容及び営業の概況】




                        52/84
                                                                 EDINET提出書類
                                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
 当社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として証券投資信託
 の設定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として、その運用(投資運
 用業)及びその受益権の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金融商
 品取引法」に定める投資一任契約にかかる投資運用業、投資助言・代理業を行っています。
 平成22年12月末日現在、当社は、203本の証券投資信託(単位型株式投資信託33本、追加型株式投資
 信託114本、追加型公社債投資信託15本、親投資信託41本)の運用を行っており、純資産総額は
 10,135億円(親投資信託を除く。)です。



3【委託会社等の経理状況】


 (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
    59号)ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年
    内閣府令第52号)により作成しております。
    前事業年度(自平成20年4月1日至平成21年3月31日)については、改正前の財務諸表等規則に基づ
    き、当事業年度(自平成21年4月1日至平成22年3月31日)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて
    作成しております。
    なお、財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

 (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、財務諸表について、東陽監査法人の監査
    を受けております。

 (3)当社の中間財務諸表は「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大
    蔵省令第38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づいて「金融商品取引業等に関す
    る内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)により作成しております。なお、中間財務諸表の金額に
    ついては、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

 (4)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第47期中間会計期間(自平成22年4月1
    日至平成22年9月30日)の中間財務諸表について、東陽監査法人の中間監査を受けております。




(1)【貸借対照表】


                         第 45 期                         第 46 期
             期別
                    (平成21年3月31日現在)                 (平成22年3月31日現在)
                    金額             構成比          金額             構成比
科目
(資産の部)              千円          千円            %    千円           千円           %
流動資産
  現金預金                   6,664,319                       8,433,767
  有価証券                       940,367                         601,182
  未収委託者報酬                    486,565                         651,706
  未収運用受託報酬                        ―                           72,964
  前払費用                        14,011                          17,863
  未収収益                        17,699                             921
  繰延税金資産                      95,127                         111,436
  未収法人税等                     253,412                              ―
  未収消費税等                      39,301                              ―
                                 280                           5,872
  その他の流動資産
  流動資産合計                 8,511,086       78.1            9,895,715       82.6


固定資産
  有形固定資産     *1              122,794         1.1             111,037      0.9

                               53/84
                                                                                 EDINET提出書類
                                                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   建物                   54,269                              45,976
   器具備品                 68,524                              65,060
  無形固定資産                              33,552       0.3                     22,170      0.2
   ソフトウェア               31,430                              20,047
   電話加入権                 2,122                               2,122
  投資その他の資産                         2,236,265      20.5                  1,951,758     16.3
   投資有価証券            1,382,813                             916,169
   親会社株式               648,648                             826,056
   長期差入保証金             188,714                             188,714
   その他                  30,600                              35,328
   貸倒引当金             △ 14,510                             △ 14,510
  固定資産合計                           2,392,612      21.9                  2,084,965     17.4
  資産合計                            10,903,698     100.0                 11,980,680    100.0


                                  第 45 期                              第 46 期
              期別
                          (平成21年3月31日現在)                     (平成22年3月31日現在)
                            金額              構成比            金額               構成比
科目
(負債の部)                     千円           千円            %       千円            千円            %
流動負債
  預り金                                  3,787                               3,740
  前受収益                                     66                                  ―
  前受運用受託報酬                                 ―                                   51
  前受投資助言報酬                                 ―                               2,430
  未払金                                262,759                             331,184
   未払収益分配金                  168                                166
   未払償還金                 22,515                              5,577
   未払手数料                236,513                            321,636
   未払事業所税                 3,562                              3,804
  未払費用                               192,732                             254,102
  未払法人税等                                   ―                             335,981
  未払消費税等                                   ―                              51,454
                                      80,500                             113,080
  賞与引当金
  流動負債合計                             539,846       4.9                 1,092,026       9.1
固定負債
  退職給付引当金                             83,131                              75,242
  役員退職慰労引当金                           26,500                              31,640
                                     115,531                             165,618
  繰延税金負債
  固定負債合計                             225,162       2.1                   272,501       2.2
  負債合計                               765,009       7.0                 1,364,527      11.4
(純資産の部)
株主資本
 資本金                               1,000,000       9.2                 1,000,000       8.4
 資本剰余金                               566,500       5.2                   566,500       4.7
   資本準備金                566,500                            566,500
 利益剰余金                             8,508,794      78.0                 8,866,581      74.0
   利益準備金                179,830                            179,830
   その他利益剰余金

                                       54/84
                                                                                             EDINET提出書類
                                                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       別途積立金             5,718,662                                   5,718,662
       繰越利益剰余金           2,610,302                                   2,968,089
  株主資本合計                               10,075,294         92.4                     10,433,081      87.1


評価・換算差額等
                                           63,395                                     183,071
  その他有価証券評価差額金                                             0.6                                        1.5
  評価・換算差額等合計                               63,395          0.6                        183,071         1.5
  純資産合計                                10,138,689         93.0                     10,616,153      88.6
  負債純資産合計                              10,903,698        100.0                     11,980,680     100.0



(2)【損益計算書】


                                         第 45 期                                    第 46 期
                              自平成 20年            4月    1日              自平成 21年        4月     1日
                      期別
                              至平成 21年            3月 31 日               至平成 22年        3月 31 日
                                 金額                  百分比                 金額              百分比
科目
                                千円             千円                %         千円             千円           %
営業収益
  委託者報酬                                   8,167,626         99.2                     8,470,734     98.8
                                             66,038           0.8                      106,628        1.2
  運用受託報酬
  営業収益計                                   8,233,665        100.0                     8,577,363    100.0
営業費用
  支払手数料                                   4,558,289                                  4,599,088
  広告宣伝費                                     363,958                                    285,960
  公告費                                         2,265                                      4,865
  受益証券発行費                                           90                                      ―
  受益権管理費                                      8,845                                      9,546
  調査費                                       839,745                                    863,466
   調査費                       126,673                                    137,266
   委託調査費                     713,072                                    726,200
  委託計算費                                     150,162                                    153,088
  営業雑経費                                     386,330                                    323,604
   通信費                        45,534                                     44,807
   印刷費                       332,508                                    269,659
   協会費                         6,481                                      6,780
   諸会費                         1,806                                      2,357
  営業費用計                                   6,309,688         76.6                     6,239,619     72.7
一般管理費
  給料                                        852,358                                    953,144
       役員報酬      *1          131,967                                    121,534
       給料・手当                 641,920                                    714,893
       賞与                     78,470                                    116,717
  交際費                                        10,149                                     12,140
  寄付金                                        39,366                                     17,382
  旅費交通費                                      48,184                                     46,184
  租税公課                                       14,172                                     19,554

                                           55/84
                                                                             EDINET提出書類
                                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  不動産賃借料                         251,611                                225,976
  賞与引当金繰入                         80,500                                113,080
  退職給付費用                          11,054                                 11,939
  役員退職慰労引当金繰入                      7,620                                  5,140
  固定資産減価償却費                       38,185                                 42,456
                                 328,571                                308,341
  諸経費
  一般管理費計                      1,681,770             20.4              1,755,341    20.5


 営業利益                            242,205             3.0                582,402        6.8


                             第 45 期                                  第 46 期
                     自平成 20年      4月         1日           自平成 21年      4月     1日
              期別
                     至平成 21年      3月 31 日                 至平成 22年      3月 31 日
                        金額                 百分比             金額             百分比
科目
                      千円            千円               %        千円           千円           %
営業外収益
  受取配当金       *1                  42,429                                 22,585
  有価証券利息                          14,906                                 12,258
  受取利息                             1,384                                  1,120
  約款時効収入                          10,093                                 16,564
  負ののれん償却額                       389,225                                      ―
  未払費用戻入益                                 ―                              19,676
                                         562                             23,573
  雑益
  営業外収益計                         458,600            5.5                  95,778        1.1
営業外費用
  時効後返還金                           4,873                                  3,068
  信託財産負担金                                 ―                              14,728
                                         775                                686
  雑損
  営業外費用計                           5,649            0.1                  18,482        0.2


経常利益                             695,157            8.4                 659,698        7.7


特別利益
  投資有価証券売却益                               ―                              67,891
  有価証券売却益                         27,135                                      ―
                                          ―                               9,561
  その他
  特別利益計                           27,135            0.3                  77,452        0.9
特別損失
  投資有価証券売却
  損                                       ―                              54,530
  有価証券売却損                         10,820                                      ―
  有価証券評価損                        346,636                                      ―
                                          ―                               4,358
  その他
  特別損失計                          357,456            4.3                  58,888        0.7


税引前当期純利益                         364,835            4.4                 678,262        7.9
法人税、住民税及び事業税         2,290                                 336,861

                                 56/84
                                                                                                                  EDINET提出書類
                                                                                                      岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                                                       有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  法人税等調整額                                148,170           150,460               1.8       △49,386               287,475          3.3
  当期純利益                                                    214,375               2.6                             390,787          4.6




(3)【株主資本等変動計算書】

第45期(自 平成20年4月1日至 平成21年3月31日)
                                                                                                                       (単位:千円)

                                                 株主資本                                                 評価・換算差額等
                          資本剰余金                          利益剰余金
                                                                                                      その他         評価・        純資産
                                                                                            株主
                                                                                                      有価証         換算差
                                                      その他利益剰余金
                                 資本剰                                                                                          合計
                                                                                            資本
              資本金      資本準                 利益準                               利益剰余                     券評価         額等合
                                 余金合                別途積立 繰越利益                               合計
                        備金                  備金                                金合計                     差額金          計
                                  計                   金   剰余金
平成20年3月31日
             1,000,000 566,500   566,500    179,830 5,718,662 2,437,177 8,335,669         9,902,169    142,077    142,077   10,044,246
残高
当期変動額
  剰余金の配当                                                       △41,250        △41,250      △41,250                            △41,250

  当期純利益                                                            214,375     214,375      214,375                            214,375

  株主資本以外の
  項目の事業年度
                                                                                                      △78,682 △78,682       △78,682
  中の変動額(純
  額)

                                                                   173,125     173,125      173,125 △78,682 △78,682          94,443
当期変動額合計
平成21年3月31日
             1,000,000 566,500   566,500    179,830 5,718,662 2,610,302 8,508,794 10,075,294            63,395     63,395   10,138,689
残高



第46期(自 平成21年4月1日至 平成22年3月31日)


                                                                                                                      (単位:千円)
                                                                                                      評価・換算差額
                                                 株主資本
                                                                                                         等
                         資本剰余金                         利益剰余金                                                                純資産
                                                                                                      その他        評価・
                                                                                           株主                                合計
                                                                                                      有価証        換算差
                                                    その他利益剰余金
                                 資本剰                                                       資本
              資本金      資本準                 利益準                           利益剰余                         券評価        額等合
                                 余金合               別途積立 繰越利益                               合計
                        備金                  備金                            金合計                         差額金         計
                                  計                  金   剰余金
平成21年3月31日
             1,000,000 566,500 566,500     179,830 5,718,662 2,610,302 8,508,794         10,075,294    63,395     63,395    10,138,689
残高
当期変動額
 剰余金の配当                                                       △33,000        △33,000       △33,000                            △33,000

 当期純利益                                                         390,787       390,787        390,787                            390,787

 株主資本以外の
 項目の事業年度
                                                                                                      119,676    119,676    119,676
 中の変動額(純
 額)

                                                               357,787       357,787        357,787 119,676      119,676    477,463
当期変動額合計
平成22年3月31日
             1,000,000 566,500 566,500     179,830 5,718,662 2,968,089 8,866,581         10,433,081   183,071    183,071    10,616,153
残高



  (重要な会計方針)




                                                           57/84
                                                                          EDINET提出書類
                                                              岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                               有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
              期別             第 45 期                          第 46 期
                        自平成 20年   4月      1日        自平成 21年     4月   1日
項    目
                        至平成 21年   3月 31 日           至平成 22年     3月 31 日


1.有価証券の評価基準          その他有価証券                        その他有価証券
     及び評価方法            時価のあるもの                        時価のあるもの
                         決算日の市場価格等に基づく                    同左
                         時価法(評価差額は全部純資
                         産直入法により処理し、売却原
                         価は総平均法により算定)
                       時価のないもの                        時価のないもの
                         総平均法による原価法                       同左


2.固定資産の減価償却          (1) 有形固定資産                     (1) 有形固定資産
  の方法                  定率法により償却しております。                    同左
                          なお、主な耐用年数は以下の
                          とおりです。
                          建物                 18 年
                          器具備品              4∼5 年
                                                    
                     (2) 無形固定資産                     (2) 無形固定資産
                       定額法により償却してお                        同左
                       ります。
                          なお、自社利用のソフトウェ
                          アについては、社内における
                          利用可能期間(3∼5年)に基
                          づき償却しております。
3.引当金の計上基準           (1) 貸倒引当金                      (1) 貸倒引当金
                       売上債権等の貸倒れによる損失に                    同左
                       備えるため、一般債権については
                       貸倒実績率により、貸倒懸念債権
                       等特定の債権については個別に回
                       収可能性を勘案し、回収不能見込
                       額を計上しております。
                     (2) 賞与引当金                      (2) 賞与引当金
                       従業員に対する賞与の支給に充て                    同左
                       るため、支給見込額に基づき計上
                       しております。
                     (3) 退職給付引当金                    (3) 退職給付引当金
                       従業員の退職給付に備えるため、                    同左
                       当事業年度末における退職給付債
                       務の見積額に基づき、計上してお
                       ります。
                       なお、退職給付債務の見積額は、簡
                       便法(退職給付に係る期末自己都
                       合要支給額を退職給付債務とする
                       方法)により計算しております。

                     (4) 役員退職慰労引当金                  (4) 役員退職慰労引当金
                        役員の退職慰労金の支給に備え                    同左
                        るため、当社内規に基づく期末要
                        支給見積額を計上しております。



                                    58/84
                                                        EDINET提出書類
                                            岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                             有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
4.のれんおよび負のの          のれんについては、効果の発現す        ―
   れんの償却に関する        る期間を合理的に見積り、償却期
   事項               間を決定した上で、均等償却して
                    おります。負ののれんについては、
                    取得の実態に基づいた適切な期間
                    で償却しております。

5.その他財務諸表作成         消費税及び地方消費税の会計処理         同左
  のための重要な事項         は税抜方式によっております。



(財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更)
            第 45期                        第 46期
      自平成 20年   4月   1日           自平成 21年   4月   1日
      至平成 21年   3月 31 日           至平成 22年   3月 31 日
リース取引に関する会計基準の適用                        ―
    所有権移転外ファイナンス・リース取引に
  ついては、従来、賃貸借取引に係る方法に準じ
  た会計処理によっておりましたが、「リース取
  引に関する会計基準」(企業会計基準第13号
  (平成5年6月17日(企業会計審議会第一部
  会)、平成19年3月30日改正))および「リー
  ス取引に関する会計基準の適用指針」(企業
  会計基準適用指針第16号(平成6年1月18日
  (日本公認会計士協会会計制度委員会)、平
  成19年3月30日改正))を当事業年度から適用
  し、通常の売買取引に係る会計処理によってお
  ります。また、所有権移転外ファイナンス・
  リース取引に係るリース資産の減価償却の方
  法については、リース期間を耐用年数とし、残
  存価額を零とする定額法を採用しております。
    なお、リース取引開始日が平成20年3月
  31日以前の所有権移転外ファイナンス・リー
  ス取引については、引き続き通常の賃貸借取引
  に係る方法に準じた会計処理によっておりま
  す。
   これによる損益に与える影響はありませ
  ん。



(表示方法の変更)
            第 45期                        第 46期
      自平成 20年   4月   1日           自平成 21年   4月   1日
      至平成 21年   3月 31 日           至平成 22年   3月 31 日




                            59/84
                                                                         EDINET提出書類
                                                             岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                              有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 ―                          前期まで流動資産の「未収収益」に含めて表
                                           示しておりました運用受託報酬に係る未収収
                                           益及び流動負債の「前受収益」に含めて表示
                                           しておりました運用受託報酬に係る前受収益
                                           は金額的重要性が増したため「未収運用受託報
                                           酬」及び「前受運用受託報酬」、「前受投資助
                                           言報酬」として区分掲記しております。
                                            なお、前事業年度の流動資産の「未収収益」
                                           に含めて表示しておりました運用受託報酬に係る未
                                           収収益は16,333千円であり、流動負債の「前受収
                                           益」に含めて表示しておりました運用受託報酬に係
                                           る前受収益は66千円であり、前受投資助言報酬の残
                                           高はありません。




  注記事項

  (貸借対照表関係)
                 第 45 期                                第 46 期


            (平成21年 3月31日現在)                       (平成22年 3月31日現在)


   *1.有形固定資産の減価償却累計額                       *1.有形固定資産の減価償却累計額
      建物                       14,671 千円          建物                    95,992 千円
      器具備品                     83,802 千円          器具備品                  25,922 千円




(損益計算書関係)
              第 45 期                                   第 46 期
         自平成 20年   4月   1日                     自平成 21年    4月   1日
         至平成 21年   3月 31 日                     至平成 22年    3月 31 日
*1.関係会社との取引高                             *1.関係会社との取引高


      受取配当金                27,720 千円           受取配当金               9,240 千円


*2.                                      *2.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。
             ―                                 器具備品                 654 千円




                                       60/84
                                                               EDINET提出書類
                                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)




(株主資本等変動計算書関係)


第45期(自平成20年4月1日 至平成21年3月31日)

(1)発行済株式の種類及び総数

     前事業年度普通株式825,000株

     当事業年度普通株式825,000株


(2)配当に関する事項

   ①配当金支払額

     平成20年6月25日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。


           配当金の総額                       41,250千円
           1株当たり配当額                         50円
           基準日                  平成20年3月31日
           効力発生日                平成20年6月26日


   ②基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

     平成21年6月24日開催の定時株主総会において、普通株式の配当に関する事項を次

     のとおり決議しております。


           配当金の総額                  33,000千円
           1株当たり配当額                        40円
           基準日                 平成21年3月31日
           効力発生日               平成21年6月25日
           配当の原資               利益剰余金


第46期(自平成21年4月1日 至平成22年3月31日)

(1)発行済株式の種類及び総数

     前事業年度普通株式825,000株

     当事業年度普通株式825,000株


(2)配当に関する事項

   ①配当金支払額

     平成21年6月24日開催の定時株主総会において、次のとおり決議しております。


           配当金の総額                       33,000千円
           1株当たり配当額                         40円
           基準日                  平成21年3月31日
           効力発生日                平成21年6月25日
                                61/84
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                          岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                           有価証券届出書(内国投資信託受益証券)



    ②基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         平成22年6月25日開催の定時株主総会において、普通株式の配当に関する事項を次

         のとおり決議しております。


                 配当金の総額                         33,000千円
                 1株当たり配当額                             40円
                 基準日                        平成22年3月31日
                 効力発生日                      平成22年6月26日
                 配当の原資                      利益剰余金


(リース取引関係)
               第 45 期                                              第 46 期
         自平成 20年     4月   1日                              自平成 21年      4月    1日
         至平成 21年     3月 31 日                              至平成 22年      3月 31 日


所有権移転外ファイナンス・リース取引                                                  同左
所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、
リース取引開始日が、平成20年3月31日以前の
リース取引については、通常の賃貸借取引に係る
方法に準じた会計処理によっており、その内容は
次の通りであります。
〈借主側〉
 (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却                               (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却
    累計額相当額及び期末残高相当額                                     累計額相当額及び期末残高相当額
          取得価額       減価償却        期末残高                         取得価額        減価償却 期末残高
          相当額        累計額          相当額                         相当額          累計額         相当額
                     相当額                                                   相当額
              千円            千円       千円                          千円          千円          千円
  器具備品                                               器具備品
             2,163      1,865         297                           467         430          36



 (2)未経過リース料期末残高相当額                                   (2)未経過リース料期末残高相当額
          1年以内                   280 千円                      1年以内                 39 千円
            1年超                  39 千円                        1年超                 ― 千円
            合計                   320 千円                       合計                  39 千円


 (3)支払リース料、減価償却費相当額及び                                (3)支払リース料、減価償却費相当額及び
    支払利息相当額                                             支払利息相当額
          支払リース料                 968 千円                     支払リース料               286 千円
         減価償却費相当額                884 千円                 減価償却費相当額                 261 千円
         支払利息相当額                  32 千円                     支払利息相当額                   6 千円


 (4)減価償却費相当額の算定方法                                    (4)減価償却費相当額の算定方法


    リース期間を耐用年数とし、残存価額を                                              同左

                                             62/84
                                                             EDINET提出書類
                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      零とする定額法によっております。


  (5)利息相当額の算定方法                        (5)利息相当額の算定方法


      リース料総額とリース物件の取得価額相                       同左
      当額との差額を利息相当額とし、各期へ
      の配分方法については、利息法によって
      おります。


  (6)減損損失について                          (6)減損損失について


      リース資産に配分された減損損失はないた                      同左
      め、項目等の記載は省略しております。




(金融商品関係)

〈第46期〉自平成21年4月1日至平成22年3月31日


 1.金融商品の状況に関する事項

   (1)金融商品に対する取組方針

        当社は、金融商品取引法に定める投資運用業、投資助言・代理業及び第二種金融商品取

        引業を営んでおります。これらの事業を当社では、自己資金で行っております。

      一方、資金運用については、短期的な預金及び債券、投資有価証券での運用を行ってお

       ります。なお、デリバティブ取引は行っておりません。

   (2)金融商品の内容及びそのリスク

       当社が保有する主な金融資産は現金預金、有価証券、未収委託者報酬、投資有価証券及び親会
       社株式であります。
       預金は預入先金融機関の信用リスクに晒されております。また有価証券、投資有価証券及び
       親会社株式は発行体の信用リスクやマーケットリスク等に晒されております。また、未収委託
       者報酬は投資信託財産中から当社(委託者)が得られる報酬であり、未収であるものであり
       ます。

       金融負債の主なものは、未払金(未払手数料)、未払法人税等であります。未払金(未払手数
       料)は委託者報酬中から当社が販売会社に支払うべき手数料であり、未払いのものでありま
       す。

   (3)金融商品に係るリスク管理体制

       当社は経営の健全化及び経営資源の効率化を目的として、リスク管理体制の強化を図り、適
       切なリスク・コントロールに努めております。金融資産に関わる信用リスク、マーケットリス
       ク等を管理するため、社内規程等に従い、ポジション枠や与信枠等の適切な管理に努めており
       ます。


 2.金融商品の時価等に関する事項

   平成22年3月31日における貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであり
  ます。なお時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参

                               63/84
                                                                             EDINET提出書類
                                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
 照)。

                                                                              (単位:千円)
                            貸借対照表計上額                    時価                    差額
          (1)現金預金                           8,433,767           8,433,767              ―
          (2)有価証券                             601,182               601,182            ―
          (3)未収委託者報酬                          651,706               651,706            ―
          (4)投資有価証券                           214,208               214,208            ―
          (5)親会社株式                            826,056               826,026            ―
          (6)未払金(未払手数料)                       321,636               321,636            ―
          (7)未払法人税等                           335,981               335,981            ―


(注1)金融商品の時価の算定方法

 (1)現金預金、(3)未収委託者報酬、(6)未払金(未払手数料)、(7)未払法人税等

   これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
  ります。

 (2)有価証券、(4)投資有価証券、(5)親会社株式
   これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表
  する価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価証券
  に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。

(注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

  非上場株式(701,961千円)は市場価額がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどがで
  きず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券」には含めておりま
  せん。

(注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                                                               (単位:千円)
                          1年以内             1年超              5年超            10年超
                                           5年以内             10年以内
  現金預金                       8,433,767                  ―              ―           ―
  未収委託者報酬                        651,706                ―              ―           ―
  有価証券及び投資有価証券
   その他有価証券のうち満期があ
  るもの
  その他                          601,182          98,830               ―           ―
  合計                         9,686,656            98,830               ―           ―


(追加情報)

 当事業年度より、「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号平成20年3月10日)及び「金
 融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号平成20年3月10日)を適用
 しております。


(有価証券関係)


〈第45期〉自平成20年4月1日 至平成21年3月31日
                                   64/84
                                                                           EDINET提出書類
                                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)




1.その他有価証券で時価のあるもの                                                         (単位:千円)


                             種類              取得原価            貸借対照表         差額
                                                              計上額
  貸借対照表計上額が
  取得原価を超えるもの          (1)株式                     535,939         648,648     112,708
                      (2)債券
                       ①国債・地方債等                         ―            ―           ―
                       ②社債                      299,846         301,290       1,443
                       ③その他                     697,215         699,040       1,824
                      (3)その他                        52,098       71,960      19,861
                         小計                   1,585,099       1,720,938     135,838
  貸借対照表計上額が
  取得原価を超えないもの         (1)株式                         91,082       80,942    △10,140
                      (2)債券
                       ①国債・地方債等                         ―            ―           ―
                       ②社債                              ―            ―           ―
                       ③その他                     199,663         199,580        △83
                      (3)その他                    286,573         268,407    △18,165
                         小計                     577,318         548,929    △28,389
                         合計                   2,162,418       2,269,867     107,449

(注)その他有価証券の株式(その他有価証券で時価のある株式)について247,988千円、その他有
   価証券の投資信託(その他有価証券で時価のある投資信託)について98,648千円の減損処理
   を行っております。


2.当事業年度中に売却したその他有価証券


          売却額               売却益の合計額                          売却損の合計額
          90,350 千円              27,135 千円                     10,820 千円


3.時価評価されていない主な有価証券の内容及び貸借対照表計上額


 その他有価証券
  非上場株式                                               701,961 千円


4.その他有価証券のうち満期があるもの今後の償還予定額


                  1年以内            1年超5年以内              5年超10年以内            10年超
                  (千円)               (千円)                    (千円)          (千円)
①債券
   国債・地方債等                  ―                  ―                    ―                 ―
   社債                       ―             301,290                   ―                 ―
   その他                 600,000            298,620                   ―                 ―
②その他                    96,172            184,030               54,320                ―

                                  65/84
                                                                         EDINET提出書類
                                                             岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                              有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       合計            696,172           783,940               54,320                ―


〈第46期〉自平成21年4月1日 至平成22年3月31日



   1.その他有価証券                                                            (単位:千円)


                           種類             貸借対照表            取得原価          差額
                                            計上額
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの    (1)株式                      920,162        605,961      314,200
                   (2)債券
                     ①国債・地方債等                         ―           ―            ―
                     ②社債                      300,948        299,961          986
                     ③その他                     300,234        299,335          898
                   (3)その他                          7,687       4,836        2,850
                         小計                 1,529,031      1,210,095      318,935
     貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの (1)株式                            13,585      21,060      △7,475
                   (2)債券
                     ①国債・地方債等                         ―           ―            ―
                     ②社債                              ―           ―            ―
                     ③その他                             ―           ―            ―
                   (3)その他                         98,830     100,000      △1,170
                         小計                   112,415        121,060      △8,645
                         合計                 1,641,446      1,331,155      310,290


(注)非上場株式(貸借対照表計上額701,961千円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
   が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。


  2.当事業年度中に売却したその他有価証券

                                                                        (単位:千円)
                         種類               売却額              売却益の          売却損の
                                                           合計額            合計額
                 (1)株式                              ―              ―                ―
                 (2)債券
                  ①国債・地方債等                          ―              ―                ―
                  ②社債                               ―              ―                ―
                  ③その他                              ―              ―                ―
                 (3)その他                     269,681            67,891         54,530
                    合計                      269,681            67,891         54,530


(デリバティブ取引関係)


    当社は、デリバティブ取引を全く利用していないので該当事項はありません。


                                66/84
                                                                EDINET提出書類
                                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

(退職給付関係)


〈第45期〉自平成20年4月1日 至平成21年3月31日


1.採用している退職給付制度の概要


    当社は確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。また、岡三証券株式会社を運
    営管理機関とする証券総合型確定拠出年金制度に加入しております。


2.退職給付債務に関する事項
                     退職給付引当金               83,131   千円


3.退職給付費用に関する事項
                     勤務費用                   6,928    千円
                     確定拠出年金への掛金拠出額          4,126    千円
                     退職給付費用                11,054    千円


4.退職給付債務の計算基礎に関する事項


    当社は簡便法を採用しております。


〈第46期〉自平成21年4月1日 至平成22年3月31日


1.採用している退職給付制度の概要


    当社は確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。また、岡三証券株式会社を運
    営管理機関とする証券総合型確定拠出年金制度に加入しております。


2.退職給付債務に関する事項
                     退職給付引当金              75,242    千円


3.退職給付費用に関する事項
                     勤務費用                   7,020    千円
                     確定拠出年金への掛金拠出額          4,919    千円
                     退職給付費用                11,939    千円


4.退職給付債務の計算基礎に関する事項


    当社は簡便法を採用しております。


(税効果会計関係)
            第 45 期                          第 46 期
                               67/84
                                                                                      EDINET提出書類
                                                                          岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                           有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            自平成 20年   4月    1日                           自平成 21年      4月    1日
            至平成 21年   3月 31 日                            至平成 22年      3月 31 日


1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な                          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別
  原因別内訳                                           内訳
 賞与引当金                            33,005 千円      賞与引当金                                   46,362 千円
 退職給付引当金                          34,083 千円      退職給付引当金                                 30,849 千円
 役員退職慰労引当金                        10,865 千円      役員退職慰労引当金                               12,972 千円
 ゴルフ会員権評価損                         1,230 千円      ゴルフ会員権評価損                                1,230 千円
 貸倒引当金                             5,949 千円      貸倒引当金                                    5,949 千円
 その他有価証券評価差額金                     11,639 千円      その他有価証券評価差額金                             3,544 千円
 有価証券評価損                          51,091 千円      投資有価証券評価損                                2,977 千円
 未払広告宣伝費                          14,201 千円      未払広告宣伝費                                 30,524 千円
 繰越欠損金                             9,636 千円 その他                                          35,747 千円
                                   6,944 千円 繰延税金資産の合計
 その他                                                                                     170,154 千円
繰延税金資産の合計                       178,646 千円


繰延税金負債                                          繰延税金負債
 負ののれん償却額                       124,763 千円       負ののれん償却額                                 93,572千円
 その他有価証券評価差額金                     55,693 千円      その他有価証券評価差額金                            130,763 千円
その他                              18,592 千円 繰延税金負債の合計                                    224,336 千円
繰延税金負債の合計                       199,049 千円 繰延税金負債の純額                                   54,181 千円
繰延税金負債の純額                     20,403 千円



2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等                          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等
  の負担率との差異は法定実効税率の100分の5                          の負担率との差異は法定実効税率の100分の5以下で
  以下であるため、注記を省略しています。                             あるため、注記を省略しています。




(関連当事者情報)


〈第45期〉自平成20年4月1日 至平成21年3月31日


(追加情報)

当事業年度から平成18年10月17日公表の、「関連当事者の開示に関する会計基準」(企業会計基準
     委員会企業会計基準第11号)及び「関連当事者の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計
     基準委員会企業会計基準第13号)を適用しております。

なお、これによる開示対象範囲の変更はありません。


財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等
                              資本金又は              議決権等
              会社等の名                        事業の                             取引金額              期末残高
       種類               所在地    出資金               の所有     関連当事者
              称又は氏名                       内容又は                    取引の内容    (千円)         科目   (千円)
                               (千円)              (被所      との関係
                                            職業
                                                 有)割合
                                                         当社ファン
 同一の親会社を       岡三証券   東京都                                ト゛の募集    支払手数料                 未払
                              5,000,000   証券業    被所有直
 持つ会社          株式会社   中央区                                取扱       の支払      3,761,727    手数   174,087
                                                 接2.30%
                                                         役員の出向5   (注2)                  料
                                                         名

                                                 68/84
                                                                                       EDINET提出書類
                                                                           岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                            有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。



〈第46期〉自平成21年4月1日 至平成22年3月31日


財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                              資本金又は              議決権等
              会社等の名                        事業の                              取引金額              期末残高
        種類            所在地      出資金               の所有       関連当事者
              称又は氏名                       内容又は                     取引の内容    (千円)         科目   (千円)
                               (千円)              (被所        との関係
                                            職業
                                                 有)割合
                                                         当社ファン
  同一の親会社を     岡三証券    東京都                                ト゛の募集     支払手数料                未払
                              5,000,000   証券業    被所有直
  持つ会社        株式会社    中央区                                取扱        の支払      3,569,410   手数    211,903
                                                 接2.30%
                                                         役員の出向4    (注2)                 料
                                                         名
  (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。



(1株当たり情報)
                     第 45 期                                          第 46 期
             自平成 20年      4月    1日                           自平成 21年     4月    1日
             至平成 21年      3月 31 日                            至平成 22年     3月 31 日


   1株当たり純資産額                     12,289円32銭          1株当たり純資産額                    12,868円06銭
   1株当たり当期純利益金                     259円84銭           1株当たり当期純利益金額                       473円68銭
  額


   1.なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利                             1.なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利
     益金額については、潜在株式がないため                                益金額については、潜在株式がないため記
     記載しておりません。                                        載しておりません。



   2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。


                                                   前事業年度                       当事業年度
                                          (自平成20年4月1日                 (自平成21年4月1日
                                           至平成21年3月31日)               至平成22年3月31日)
    当期純利益(千円)                                       214,375                     390,787
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―                             ―
    (うち利益処分による役員賞与金                                       ―                             ―
    (千円))
    普通株式に係る当期純利益(千円)                                214,375                     390,787
    普通株式の期中平均株式数(株)                                 825,000                     825,000


   3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                                         前事業年度                 当事業年度
                                                 (平成21年3月31日)              (平成22年3月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                 10,138,689                10,616,153
    純資産の部から控除する合計額(千円)                                     ―                            ―

                                                 69/84
                                                             EDINET提出書類
                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    普通株式に係る期末の純資産額(千円)          10,138,689        10,616,153
    1株当たり純資産額の算定に用いられた期
    末の普通株式の数(株)                        825,000       825,000




(企業結合等関係)


〈第45期〉自平成20年4月1日 至平成21年3月31日

 共通支配下の取引等関係

   1.結合当事企業の名称及び事業の内容、企業結合の法的形式、結合後企業の名称並びに取引の目

    的を含む取引の概要

   (1)結合当事企業の名称及び事業の内容

    ①結合企業

名称岡三アセットマネジメント株式会社(当社)

             平成20年4月1日付けで「日本投信委託株式会社」から社名変更いたしました。
事業の内容投資運用業、第二種金融商品取引業

②被結合企業

名称岡三投資顧問株式会社

      事業の内容投資運用業、投資助言・代理業

   (2)企業結合の法的形式

当社を存続会社とする吸収合併方式(会社法第796条第3項に定める簡易合併の規定により、株主総会
       決議を省略しております。)

   (3)結合後企業の名称岡三アセットマネジメント株式会社

   (4)取引の目的を含む取引の概要

      当社は成長著しい資産運用ビジネスの分野において資産運用会社としての総合力を強化し、高
      いレベルでの競争力を備えることによって運用力・商品提供力を一層強化することを目的とし
      て、平成20年4月1日をもって投資運用業、投資助言・代理業を営む「岡三投資顧問株式会社」を
      吸収合併いたしました。


   2.実施した会計処理の概要

      「企業結合に係る会計基準」(企業会計審議会平成15年10月31日)及び「企業結合会計基準
      及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号平成17年12月27
      日)に基づき、共通支配下の取引として会計処理し、当該取引により負ののれんを389,225千円
      計上しています。当該負ののれんは全額償却しています。


   3.本合併に際しまして、平成20年3月31日現在の株主名簿に記載された「岡三投資顧問株式会社」
     の株主に対して総額660,348千円(普通株式1株当たり金86,888円)の金銭を交付いたしまし
     た。なお、当社が保有していた消滅会社の株式の簿価は20,000千円です。本合併により承継した
     「岡三投資顧問株式会社」の資産の額は1,123,631千円、負債の額は54,057千円であり、当社の
     資本金、資本準備金の額に変動はありません。



                               70/84
                                                                          EDINET提出書類
                                                              岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                               有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

〈第46期〉自平成21年4月1日 至平成22年3月31日

 該当事項はありません。


(重要な後発事象)


〈第45期〉自平成20年4月1日 至平成21年3月31日

該当事項はありません。


〈第46期〉自平成21年4月1日 至平成22年3月31日

 該当事項はありません。


       中間財務諸表

      中間貸借対照表

                          期 別            第47期中間会計期間末
                                           (平成22年9月30日)
                                  注記
                                            金   額              構成比
        科     目
                                  番号
        (資   産   の   部)                                千円              %
        流動資産
          現金及び預金                                 6,978,063
          有価証券                                   1,800,136
          未収委託者報酬                                  635,579
          未収運用受託報酬                                  15,954
          繰延税金資産                                    56,759
          その他流動資産                                   31,017
         流動資産合計                                                      83.1
                                                 9,517,511
        固定資産
          有形固定資産                  *1               112,922
          無形固定資産                                    16,204
          投資その他の資産                               1,811,791
           投資有価証券                                1,617,374
           その他                                     208,927
           貸倒引当金                                 △ 14,510
            固定資産合計                                                   16.9
                                                 1,940,918
            資産合計                                11,458,429        100.0
        (負 債 の 部)
        流動負債
          預り金                                         3,699
          前受運用受託報酬                                    5,968
          前受投資助言報酬                                      745
          未払金                                       317,072
            未払収益分配金                                     218
            未払償還金                                     4,706
            未払手数料                                   310,077
            未払事業所税                                    2,068
          未払法人税等                                    120,463
          賞与引当金                                      98,278
           その他流動負債                                  175,718
         流動負債合計                                                       6.3
                                                    721,946
        固定負債
           退職給付引当金                                  81,281
           役員退職慰労引当金                                30,390
           繰延税金負債                                   12,494
           資産除去債務                                   10,811
            固定負債合計                                                    1.2
                                                    134,977
            負債合計                                    856,923           7.5

                                   71/84
                                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            (純 資 産 の 部)
            株主資本
               資本金                                                           1,000,000                    8.7
               資本剰余金                                                           566,500                    4.9
                資本準備金                                                          566,500
               利益剰余金                                                         9,046,438                   79.0
                 利益準備金                                                         179,830
                 その他利益剰余金                                                    8,866,608
                  別途積立金                                                      5,718,662
                  繰越利益剰余金                                                    3,147,946
              株主資本合計                                                        10,612,938                   92.6
            評価・換算差額等
               その他有価証券評価差額金                                                   △11,432                △0.1
                評価・換算差額等合計                                                    △11,432                △0.1
                 純資産合計                                                      10,601,505                   92.5
                 負債・純資産合計                                                   11,458,429               100.0

           中間損益計算書

                                期     別                            第47期中間会計期間
                                                                 自 平成 22年4月 1日
                                                                  至 平成 22年9月30日
                                                      注記
                                                                        金    額                  百分比
            科         目
                                                      番号
                                                                                     千円                    %
            営業収益
              委託者報酬                                                          4,565,901
              運用受託報酬                                                            23,631
                営業収益計                                                                                100.0
                                                                             4,589,533
            営業費用                                                                                         72.2
                                                                             3,313,717
            一般管理費                                                                                        20.4
                                                                               937,937
              営業利益                                                                                        7.4
                                                                                  337,878
            営業外収益                                 *1                                                     0.7
                                                                                   31,867
            営業外費用                                                                                         0.0
                                                                                       82
                経常利益                                                                                      8.1
                                                                                  369,663
            特別利益                                                                                          0.1
                                                                                    3,490
            特別損失                                                                                          0.1
                                                                                    5,625
                税引前中間純利益                                                                                  8.0
                                                                                  367,528
                法人税、住民税及び事業税                                                                              2.6
                                                                                  117,954
                法人税等調整額                                                                                   0.8
                                                                                   36,717
                中間純利益                                                                                     4.6
                                                                                  212,856




中間株主資本等変動計算書

第47期中間会計期間(自 平成22年4月1日至 平成22年9月30日)
                                                                                                          (単位:千円)

                                               株主資本                                            評価・換算差額等
                           資本剰余金                      利益剰余金
                                                                                                                     純資産
                                                                                     株主        その他有 評価・換
                                                   その他利益剰余金
                                資本剰                                                                                   合計
                                                                                     資本        価証券評 算差額等
                資本金       資本準             利益準                           利益剰余
                                余金合               別途積立 繰越利益                          合計        価差額金  合計
                           備金              備金                            金合計
                                 計                  金   剰余金
平成22年3月31日
           1,000,000 566,500    566,500   179,830 5,718,662 2,968,089 8,866,581 10,433,081     183,071    183,071   10,616,153
残高
中間会計期間中
の変動額
 剰余金の配当                                                      △33,000    △33,000     △33,000                           △33,000

 中間純利益                                                        212,856   212,856      212,856                           212,856


                                                         72/84
                                                                                                        EDINET提出書類
                                                                                            岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                                                             有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
 株主資本以外
 の項目の中間
                                                                                            △            △        △
 会計期間中の
                                                                                            194,503   194,503   194,503
 変動額(純
 額)
中間会計期間中                                                                                     △         △
                -       -         -         -         -       179,856   179,856   179,856                         △14,647
                                                                                            194,503   194,503
の変動額合計
平成22年9月30日
           1,000,000 566,500    566,500   179,830 5,718,662 3,147,946 9,046,438 10,612,938 △11,432    △11,432   10,601,505
残高



   (中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

                            期         別                                  第47期中間会計期間
                                                                        自 平成 22年4月 1日
     項      目                                                           至 平成 22年9月30日
     1.資産の評価基準及び評価方法                              その他有価証券
                                                   時価のあるもの …中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                                                             (評価差額は全部純資産直入法により処
                                                             理し、売却原価は、原則として総平均法に
                                                             より算定)
                                                    時価のないもの … 原則として総平均法による原価法ない
                                                              し償却原価法(定額法)

     2.固定資産の減価償却方法                                有形固定資産
                                                     定率法により償却しております。なお、主な耐用年数は
                                                    以下のとおりです。
                                                          建   物…   15年
                                                          器具備品 … 4 ∼ 6年

                                                  無形固定資産
                                                     定額法により償却しております。なお、自社利用のソフ
                                                    トウェアについては、社内における利用可能期間(5年)
                                                    に基づき償却しております。

     3.引当金の計上基準                                   (1)貸倒引当金
                                                      売上債権等の貸倒れによる損失に備えるため、
                                                    一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
                                                    定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能
                                                    見込額を計上しております。
                                                  (2)賞与引当金
                                                      従業員の賞与支給に備えるため、当社所定の計算方法に
                                                    よる支給見込額の当中間期負担額を計上しております。
                                                  (3)退職給付引当金
                                                      従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における
                                                    退職給付債務の見積額に基づき、当中間会計期間末におい
                                                    て発生していると認められる額を計上しています。
                                                     なお、退職給付債務の見積額は、簡便法により
                                                     計算しております。
                                                  (4)役員退職慰労引当金
                                                       役員の退職慰労金の支給に備えるため、当社内規に基
                                                     づく中間期末要支給見積額を計上しております。

     4.その他の中間財務諸表作成のための基本 消費税等の会計処理方法
       となる重要な事項              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式
                            によっております。なお、仮受消費税等と仮払消費税等は
                            相殺し、その差額はその他流動負債に含めて表示しており
                            ます。




   (中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更)
                                             第47期中間会計期間
                                             自平成22年4月1日
                                           至平成22年9月30日




                                                          73/84
                                                                   EDINET提出書類
                                                       岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                        有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
資産除去債務に関する会計基準等の適用

 当中間会計期間より、「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号平成20年3月31
日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号平成20年
3月31日)を適用しております。
 この結果、従来の方法によった場合と比較して、営業利益及び経常利益は468千円、税引前中間純利
益は2,604千円それぞれ減少しております。


(表示方法の変更)
                    第47期中間会計期間
                    自平成22年4月1日
                  至平成22年9月30日
中間貸借対照表関係

 前中間会計期間まで流動資産の「その他流動資産」に含めて表示しておりました運用受託報酬
に係る未収収益及び流動負債の「その他流動負債」に含めて表示しておりました運用受託報酬に
係る前受収益は金額的重要性が増したため「未収運用受託報酬」及び「前受運用受託報酬」、「前
受投資助言報酬」として区分掲記しております。
 なお、前中間会計期間の流動資産の「その他流動資産」に含めて表示しておりました未収運
用受託報酬は22,329千円であり、流動負債の「その他流動負債」に含めて表示しておりました前受
運用受託報酬は4,550千円であり、前受投資助言報酬の残高はありません。



注記事項


(中間貸借対照表関係)

当中間会計期間末(平成22年9月30日)

(*1) 有形固定資産から控除した減価償却累計額は、135,551 千円 であります。


(中間損益計算書関係)

当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)
1.(*1) 営業外収益の主要なもの
         有価証券利息                            2,857 千円
         受取配当金                            23,945 千円

2.減価償却実施額
        有形固定資産                            13,636 千円
        無形固定資産                             5,965 千円


(中間株主資本等変動計算書関係)

当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

1.発行済株式に関する事項


       株式の種類     前事業年度末              増加      減少       当中間会計期末
       普通株式       825,000株           ―        ―        825,000株


2.配当に関する事項

平成22年6月25日の定時株主総会において、次のとおり決議しております。


                             74/84
                                                                     EDINET提出書類
                                                         岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                          有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

            配当金の総額          33,000千円
            1株当たり配当額             40円
            基準日             平成22年3月31日
            効力発生日           平成22年6月26日


 (リース取引関係)

  当中間会計期間(自平成22年4月1日 至平成22年9月30日)
  所有権移転外ファイナンス・リース取引
  所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、平成20年3月31日以前のリース取
  引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次の通りであ
  ります。
  <借主側>
  (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び中間期末残高相当額
        有形固定資産              取得価額           減価償却累計額                  中間期末残高
         (器具備品)              相当額               相当額                     相当額
                             - 千円              - 千円                    - 千円
  (2)未経過リース料中間期末残高相当額等
                      1年内                                     - 千円
                      1年超                                     - 千円
                      合計                                      - 千円
  (3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
                    支払リース料                                   40 千円
                    減価償却費相当額                                 36 千円
                    支払利息相当額                                   0 千円
  (4)減価償却費相当額の算定方法
     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
  (5)利息相当額の算定方法
     リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法につ
     いては、利息法によっております。
  (6)減損損失について
     リース資産に配分された減損損失はないため、項目等の記載は省略しております。


 (金融商品関係)

当中間会計期間末(平成22年9月30日)

金融商品の時価等に関する事項

  平成22年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで
  あります。なお時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)
  参照)。

                                                            (単位:千円)
                           中間貸借対照表計上額              時価               差額
      (1)現金預金                          6,978,063        6,978,063         ―
      (2)有価証券                          1,800,136        1,800,136         ―
      (3)未収委託者報酬                         635,579          635,579         ―
      (4)投資有価証券                          915,413          915,413         ―
      (5)未払金(未払手数料)                      310,077          310,077         ―
      (6)未払法人税等                          120,463          120,463         ―




                               75/84
                                                               EDINET提出書類
                                                   岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                    有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

(注1)金融商品の時価の算定方法

 (1)現金預金、(3)未収委託者報酬、(5)未払金(未払手数料)、(6)未払法人税等

 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
 おります。

(2)有価証券、(4)投資有価証券

 これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表
 する価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価
 証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。

(注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

 非上場株式(701,961千円)は市場価額がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどが
 できず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)投資有価証券」には含めて
 おりません。


(有価証券関係)

   当中間会計期間末(平成22年9月30日)


1.その他有価証券                                                    (単位:千円)


                       種類           中間貸借対        取得原価         差額
                                    照表計上額
   中間貸借対照表計上額
   が            (1)株式                       ―           ―           ―
   取得原価を超えるもの
                (2)債券
                 ①国債・地方債等              900,257     900,205          51
                 ②社債                        ―           ―           ―
                 ③その他                       ―           ―           ―
                (3)その他                 217,291     205,836     11,454
                    小計               1,117,548   1,106,042     11,506
   中間貸借対照表計上額
   が           (1)株式
   取得原価を超えないもの                         597,719     626,976    △29,256
                (2)債券
                 ①国債・地方債等              899,879     899,908         △28
                 ②社債                        ―           ―           ―
                 ③その他                       ―           ―           ―
                (3)その他                 100,402     102,000     △1,597
                    小計               1,598,001   1,628,884    △30,883
                    合計               2,715,550   2,734,926    △19,376


(注)非上場株式(中間貸借対照表計上額701,961千円)については、市場価格がなく、時価を

  把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
せん。


(デリバティブ取引関係)
                            76/84
                                                                EDINET提出書類
                                                    岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                     有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

   当中間会計期間末(平成22年9月30日)

    当社は、デリバティブ取引を全く利用していないので該当事項はありません。


  (資産除去債務関係)

    当中間会計期間末(平成22年9月30日)

    資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの

   1.当中間会計期間末における当該資産除去債務の総額の増減

   当中間会計期間における資産除去債務の残高の推移は次のとおりであります。

   前事業年度末残高(注)10,689千円

   時の経過による調整額                   122千円

      当中間会計期間末残高                  10,811千円


      (注)当中間会計期間より「資産除去債務に関する会計基準」(企業会計基準第18号平成20年3
      月31日)及び「資産除去債務に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第21号
      平成20年3月31日)を適用しているため、前事業年度の末日における残高に代えて、当中間会計
      期間の期首における残高を記載しております。


  (セグメント情報等)

   1.セグメント情報

    当中間会計期間(自平成22年4月1日 至平成22年9月30日)

    当社は「投資信託部門」及び「投資顧問部門」ごとに、経営戦略を立案・決定し、経営資源の配分
    及び業績の評価を行っております。

    なお「投資顧問部門」のセグメントの売上高、利益又は損失の金額及び資産の額がいずれも事業
    セグメントの合計額の10%未満でありますので、報告セグメントは「投資信託部門」のみであり
    ます。報告セグメントである「投資信託部門」では投資信託の運用、商品開発等を行っておりま
    す。報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を
    省略しております。

   2.関連情報

   当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

    (1)製品及びサービスごとの情報

単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%

     を超えるため、記載を省略しております。

    (2)地域ごとの情報

     ①営業収益

本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省

     略しております。

     ②有形固定資産

    本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超

     えるため、記載を省略しております。

                                 77/84
                                                    EDINET提出書類
                                        岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                         有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

 (3)主要な顧客ごとの情報

  該当事項はありません。

3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

  当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

   該当事項はありません。

 4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

  当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

   該当事項はありません。

 5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

  当中間会計期間(自平成22年4月1日至平成22年9月30日)

   該当事項はありません。

(追加情報)

 当中間会計期間より、「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準

 第17号 平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」
 (企業会計基準適用指針第20号平成20年3月21日)を適用しております。


(1株当たり情報)

 当中間会計期間(自平成22年4月1日 至平成22年9月30日)
  1株当たり純資産額                              12,850円31銭
  1株当たり中間純利益金額                              258円00銭
  なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式がないため記載して
  おりません。
  1株当たり純資産額の算定上の基礎
     純資産の部の合計額(千円)                        10,601,505
     純資産の部から控除する合計額(千円)                           ―
     普通株式に係る中間期末の純資産額(千円)                 10,601,505
     1株当たり純資産額の算定上に用いられた                     825,000
     中間期末の普通株式の数(株)

  1株当たり中間純利益算定上の基礎
     中間純利益金額(千円)                             212,856
     うち普通株主に帰属しない金額(千円)                           ―
     普通株式に係る中間純利益金額(千円)                      212,856
     普通株式の期中平均株式数(株)                         825,000


(重要な後発事象)

  該当事項はありません。




                        78/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


4【利害関係人との取引制限】


   委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる
  行為が禁止されています。


 ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
    (投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
    れがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。

 ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若し
    くは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府
    令で定めるものを除きます。)。

 ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法
    人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者
    と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下
    ④⑤において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していること
    その他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件
    に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引
    を行うこと。

 ④委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
    財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。

 ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の
    保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるも
    のとして内閣府令で定める行為。



5【その他】


 (1)定款の変更等

     委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。

     委託会社は、事業の全部又は一部を譲渡することがあります。

     委託会社は、分割により事業の全部又は一部を承継させることがあります。


 (2)訴訟事件その他の重要事項

     該当事項はありません。




                       79/84
                                                             EDINET提出書類
                                                 岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


第2【その他の関係法人の概況】


1【名称、資本金の額及び事業の内容】


  (1)「受託会社」

    住友信託銀行株式会社

    ①資本金の額

          平成22年3月末日現在、342,037百万円


    ②事業の内容

          銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
          法)に基づき信託業務を営んでいます。


  (2)「販売会社」
                          資本金の額(百万円)
             名称                                 事業の内容
                          平成22年3月末日現在
                                        5,000 「金融商品取引法」に定める
    岡三証券株式会社
                                              第一種金融商品取引業を営ん
    三縁証券株式会社                            150※ でいます。
   ※三縁証券株式会社の資本金の額は、平成22年4月1日現在のものです。




2【関係業務の概要】


(1)「受託会社」は、主に以下の業務を行います。

   ①投資信託財産の保管、管理及び計算

   ②委託会社の指図に基づく投資信託財産の処分


(2)「販売会社」は、主に以下の業務を行います。

   ①受益権の募集の取扱い

   ②収益分配金の再投資

   ③収益分配金、償還金及び解約金の支払いの取扱い

   ④投資信託説明書(交付目論見書)、投資信託説明書(請求目論見書)、運用報告書の交付の取扱
      い

   ⑤解約請求の受付、買取請求の受付・実行



3【資本関係】

   (持株比率5.0%以上を記載します。)

   委託会社は、三縁証券株式会社の株式を98,000株(持株比率6.09%)保有しています。


                               80/84
                                                 EDINET提出書類
                                     岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                      有価証券届出書(内国投資信託受益証券)


第3【その他】


  1投資信託説明書(交付目論見書)の表紙等に、委託会社及びファンドのロゴ・マークを表示し、イ
    ラストを使用する場合があります。


  2投資信託説明書(請求目論見書)の表紙等に、委託会社の名称、ファンドの商品分類等を記載し、
     委託会社及びファンドのロゴ・マークを表示する場合があります。


  3投資信託説明書(交付目論見書)のファンドの目的・特色に、指数、グラフ等を記載することがあ
     ります。


  4投資信託説明書(請求目論見書)の巻末に、ファンドの約款を添付します。


  5投資信託説明書(交付目論見書)及び投資信託説明書(請求目論見書)は、インターネットなど
     に掲載されることがあります。




                        81/84
                                                              EDINET提出書類
                                                  岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                   有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                    独立監査人の監査報告書
                                                    平成22年6月25日

 岡三アセットマネジメント株式会社

 取締役会御中

                         東陽監査法人

                         指 定 社 員業務執行社員 公認会計士宮野定夫㊞


                         指 定 社 員業務執行社員 公認会計士助川正文㊞


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の
経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の平成21年4月1日から平成22年3
月31日までの第46期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書及び株主資本等変動計算
書について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財
務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めてい
る。監査は、試査を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって
行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監
査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
て、岡三アセットマネジメント株式会社の平成22年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
る事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                               以上

(注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

委託会社の監査報告書(当期中間)へ




                                82/84
                                                              EDINET提出書類
                                                  岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                   有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                 独立監査人の中間監査報告書
                                                   平成22年12月3日

 岡三アセットマネジメント株式会社

 取締役会御中

                         東陽監査法人

                         指定社員業務執行社員公認会計士助川正文㊞


                         指定社員業務執行社員公認会計士宝金正典㊞


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の
経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の平成22年4月1日から平成23年3
月31日までの第47期事業年度の中間会計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)
に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計算書について
中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から中間
財務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査
法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうよう
な重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を
中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結
果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
基準に準拠して、岡三アセットマネジメント株式会社の平成22年9月30日現在の財政状態及び同日を
もって終了する中間会計期間(平成22年4月1日から平成22年9月30日まで)の経営成績に関する
有用な情報を表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                               以上

(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。




                                83/84
                                                            EDINET提出書類
                                                岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                   独立監査人の監査報告書
                                                  平成21年6月24日

 岡三アセットマネジメント株式会社

 取締役会御中

                        東陽監査法人

                        指 定 社 員業務執行社員 公認会計士宮野定夫㊞


                        指 定 社 員業務執行社員 公認会計士助川正文㊞


 当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の
経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の平成20年4月1日から平成21年3
月31日までの第45期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書及び株主資本等変動計算
書について監査を行った。この財務諸表の作成責任は経営者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から財
務諸表に対する意見を表明することにある。

 当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めてい
る。監査は、試査を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって
行われた見積りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監
査の結果として意見表明のための合理的な基礎を得たと判断している。

 当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
て、岡三アセットマネジメント株式会社の平成21年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了す
る事業年度の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。


 会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                             以上

(注)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。




                               84/84

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。