株式会社金沢名鉄丸越百貨店 半期報告書‐第95期(平成22年3月1日‐平成23年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書‐第95期(平成22年3月1日‐平成23年2月28日)

提出日:

提出者:株式会社金沢名鉄丸越百貨店

カテゴリ:半期報告書‐第95期(平成22年3月1日‐平成23年2月28日)

PDFビューワー表示

                                                                         EDINET提出書類
                                                                株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                             半期報告書

【表紙】

    【提出書類】       半期報告書
    【提出先】        北陸財務局長
    【提出日】        平成22年11月25日
    【中間会計期間】     第95期中(自平成22年3月1日至平成22年8月31日)
    【会社名】        株式会社金沢名鉄丸越百貨店
    【英訳名】        Kanazawa Meitetsu Marukoshi Department Store Co., Ltd.
    【代表者の役職氏名】   代表取締役社長久内宏
    【本店の所在の場所】   金沢市武蔵町15番1号
    【電話番号】       076−260−1111
    【事務連絡者氏名】    経営管理部長石川仁志
    【最寄りの連絡場所】   金沢市武蔵町15番1号
    【電話番号】       076−260−1111
    【事務連絡者氏名】    経営管理部財務担当課長岡野博文
    【縦覧に供する場所】   該当事項はありません。





                              1/36
                                                                                  EDINET提出書類
                                                                         株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                      半期報告書

第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
 1【主要な経営指標等の推移】
  提出会社の経営指標等
      回次              第93期中         第94期中         第95期中          第93期          第94期
                     自平成20年        自平成21年        自平成22年        自平成20年        自平成21年
                      3月1日          3月1日          3月1日           3月1日          3月1日
       会計期間
                     至平成20年        至平成21年        至平成22年        至平成21年        至平成22年
                      8月31日         8月31日         8月31日          2月28日         2月28日
売上高           (千円)    8,945,192     8,426,064     8,039,119     18,232,603    17,071,639
経常利益又は経常損失
              (千円)     △41,214      △105,294       △13,610        △29,915       △55,330
(△)
中間(当期)純利益又
は純損失          (千円)     △27,881      △112,631       △87,852           6,445      △61,577
(△)
持分法を適用した場合
の投資利益又は投資損    (千円)      △1,769        △1,384        △2,824         △1,538        △3,315
失(△)
                      2,056,000     2,056,000     100,000    2,056,000    2,056,000
                    普通株式         普通株式       普通株式          普通株式         普通株式
資本金           (千円)
                   (15,840,000) (15,840,000) (15,840,000) (15,840,000)  (15,840,000)
(発行済株式総数)      (株)
                      優先株式          優先株式        優先株式        優先株式        優先株式
                   (10,000,000) (10,000,000) (10,000,000) (10,000,000) (10,000,000)
純資産額          (千円)      936,018       852,496       791,985        960,910       899,554
総資産額          (千円)    8,651,510     8,263,751     7,996,022      8,800,782     8,273,404
1株当たり純資産額      (円)      △67.17        △72.44        △76.26         △65.59        △69.47
1株当たり中間(当
期)純利益又は純損失     (円)       △1.08         △4.35         △3.39            0.24        △2.38
(△)
潜在株式調整後1株当
たり中間(当期)純利     (円)            −             −             −           0.11            −

1株当たり配当額       (円)           −             −             −              −             −
自己資本比率         (%)         10.8          10.3           9.9           10.9          10.8
営業活動によるキャッ
              (千円)      111,994      △16,281         45,288        468,623       219,731
シュ・フロー
投資活動によるキャッ
              (千円)     △10,568      △186,076       △38,711       △266,332      △207,099
シュ・フロー
財務活動によるキャッ
              (千円)     △22,126        124,080     △113,565       △138,598         16,330
シュ・フロー
現金及び現金同等物の
              (千円)      154,914        61,029        61,280        139,306       168,268
中間期末(期末)残高
従業員数                        255           257           242           252           250
               (人)
(外、平均臨時雇用者)                 (64)          (61)          (52)          (66)          (63)
(注)1.当社は中間連結財務諸表を作成していませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移について記載しておりません。
    2.売上高には消費税等は含まれておりません。
    3.潜在株式調整後1株当たり中間(当期)純利益については、潜在株式は存在しますが、第93期を除き1株当たり中間(当期)純損失
      であるため記載しておりません。





                                         2/36
                                                             EDINET提出書類
                                                    株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                 半期報告書
    2【事業の内容】
     当中間会計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。

    3【関係会社の状況】
    当中間会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。

    4【従業員の状況】
    (1)提出会社の状況
                                                   平成22年8月31日現在
     従業員数(人)                                     242(52)
(注) 従業員数は就業人員であり、従業員数の(外書)は臨時従業員の当中間会計期間平均雇用人員であります。



    (2)労働組合の状況
      当社には、金沢名鉄丸越百貨店労働組合があり、組合員数 190人(平成22年8月31日現在)で日本サービス・流通
      労働組合連合及び名鉄労連に加盟しております。なお、現在懸案中の問題はありません。





                                3/36
                                                                      EDINET提出書類
                                                             株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                          半期報告書

第2【事業の状況】
    1【業績等の概要】
    (1)業績
      当中間会計期間におけるわが国経済は、海外経済の持ち直しや政府の経済対策を背景にした製造業を中心とする
      企業収益の改善がみられたものの、一方で依然として冷え込みが続く雇用環境やデフレの継続、また急激な円高の
      進行による景気の下振れ懸念など先行き不透明感が強まるうちに推移いたしました。
      このような状況の中、百貨店業界では、7月、8月に猛暑の影響もあり一部季節商品が動きましたが、雇用不安や所
      得の伸び悩みなどによるお客様の低価格志向や節約志向が強く、企業間の価格競争も厳しいことから、営業施策が
      効果的に売上に結びつかない経営環境となっております。
      当社は地階の「エムザ食品館」の好調さを維持しながら、上層階の魅力アップ、活性化をはかるため、種々の施策
      を進めてまいりました。
      また、集客催事として5月に開催いたしました「ズームインスーパー全国うまいもの博」は予想を上回る売上結
      果となり、また8月に初めて開催いたしました「恐竜の王国2010」は入場者数が予想の130%と盛況を博したほか、
      「あいはら友子赤富士絵画展」も新規催事として大変好調な結果となりました。
      しかしながら、主力の衣料品の売上が不振だったことに加え、お中元等のギフト需要が法人を中心に苦戦したこと
      が影響し、売上高は前年同期比95.4%と厳しい結果となりました。
      一方、店舗運営コストの削減をはかり、人件費や広告宣伝装飾費などの効率的な運用に取り組んだことにより収支
      面では前年同期と比較して改善することができました。
        この結果、当中間会計期間の営業利益は7,128千円(前年同期営業損失83,604千円)、経常損失は13,610千円(前
      年同期経常損失105,294千円)、中間純損益は会計方針の変更により資産除去債務の過年度費用を特別損失に計上
     したことから87,852千円の損失(前年同期中間純損失112,631千円)となりました。


     なお、提出会社は百貨店業単一のため、事業別セグメント情報の開示は行っておりません。商品別売上高の概況は
     次のとおりであります。

                 商品別         売上高(千円)           構成比           前年同期比
          衣料品                    2,691,470           33.5%       94.7%
          身回品                        872,762         10.9%         93.2%
          雑貨                       1,092,712         13.6%         96.7%
          家庭用品                       374,186         4.7%          98.3%
          食料品                      2,664,512         33.1%         96.1%
          食堂・喫茶                      255,620         3.1%          92.8%
          サービスその他                     87,857         1.1%          100.4%
                  合計               8,039,119     100.0%            95.4%
          (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

    (2)キャッシュ・フロー
     当中間会計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は前期末残高に比べて106,988千円
     減少し、61,280千円となりました。
     
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)
     当中間会計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは45,288千円の増加(前年同期は16,281千円の減少)とな
     りました。
     これは、税引前中間純損失57,391千円に加え、減価償却費189,886千円を計上し、仕入債務が73,619千円減少したこ
     と等によるものです。
     (投資活動によるキャッシュ・フロー)
     当中間会計期間の投資活動により使用した資金は38,711千円(前年同期は186,076千円の支出)となりました。
     これは、主に店舗改装による有形固定資産取得の支払35,276千円、無形固定資産取得の支払3,885千円によるもの
     です。




                                     4/36
                                                              EDINET提出書類
                                                     株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                  半期報告書
     (財務活動によるキャッシュ・フロー)
     当中間会計期間の財務活動による資金は113,565千円の減少(前年同期は124,080千円の増加)となりました。
     これは短期借入金の返済40,310千円と長期借入金の返済70,200千円によるものです。
     
    2【生産、受注及び販売の状況】
    (1)生産実績及び受注状況
      当社においては、百貨店業を行っており、生産及び受注について該当事項はありません。
    (2)販売実績
      当中間会計期間の販売実績は「1 業績等の概要(1)業績」に記載の商品別売上高のとおりであります。

    3【対処すべき課題】
    当中間会計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。

    4【事業等のリスク】
    当社の経営成績、株価及び財務状況等に影響を及ぼす可能性のある主なリスクには、以下のようなものがあります。
    当社では、これらのリスクが発生する可能性を十分に認識し、未然に回避することに最大限努めるとともに、発生し
    た場合の的確な対応について随時見直しを行っております。
    なお、文中における将来に関する事項は、半期報告書提出日現在において判断しているものであります。
    
    (1)需要動向
      当社が行っている百貨店業は、事業展開するにあたり、気象状況や景気動向等の経済情勢、同業・異業態の小売業
      他社との競争状況等の影響を受けます。従って、これらの要因により、当社の業績や財務状況に悪影響を及ぼす可能
      性があります。
        
    (2)公的規制について
      当社は事業展開するにあたり、独占禁止、消費者、租税、環境・リサイクル関連等の法規制の適用を受けておりま
      す。これらの規制を遵守できなかった場合、活動が規制される可能性や費用の増加につながる可能性があります。
      従って、これらの規制は、当社の業績や財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        
    (3)自然災害・事故・感染症等について
      当社が行っている百貨店業は、店舗による事業展開を行っているため、自然災害・事故・新型インフルエンザ等の
      感染症の発生等により、店舗での営業継続に悪影響をきたす可能性があります。特に、火災については、消防法に基
      づいた火災発生の防止を徹底して行っています。しかし、店舗において火災が発生した場合、消防法による規制や被
      害者に対する損害賠償責任、従業員の罹災による人的資源の喪失、建物等固定資産や棚卸資産への被害等、当社の業
      績や財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        
    (4)商品取引について
      当社は百貨店業において消費者向け取引を行っています。欠陥商品や食中毒を引き起こす商品等、瑕疵ある商品を
      販売した場合、公的規制を受ける可能性があるとともに、著作権侵害、製造物責任及び債務不履行による損害賠償責
      任等による費用が発生する場合があります。更に、消費者からの信用失墜による売上高の減少等、当社の業績や財務
      状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
        
    (5)顧客情報の流出について
      百貨店業では、膨大な顧客の個人情報を保有・処理しています。当社は、これらの個人情報の管理には社内管理体
      制を整備して、厳重に行っておりますが、外部に漏洩した場合、顧客個人等への損害賠償による費用の発生や、当社
      の社会的信用の失墜による売上高の減少等が考えられ、当社の業績や財務状況に悪影響を及ぼす可能性がありま
      す。
        
    (6)継続企業の前提に関する事象に係るもの
      当社は、第91期に固定資産の減損損失を計上したことやその後の損失計上等により、株主資本の合計額がマイナス
      となっております。
      このため、財務状況の改善をはかることを目的に当中間会計期間に資本金を1,956,000千円、資本準備金を
      1,000,000千円減少し、同額を欠損てん補に充てましたが、欠損てん補による株主資本の合計額に変動はなく、当中
      間期の株主資本合計額は△277,677千円となっています。
      当該事象又は状況を解消するための対応策については、「7財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
      の分析(4)継続企業の前提に関する事象等について」に記載のとおりであります。
      



                                 5/36
                                                                EDINET提出書類
                                                       株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                    半期報告書
    5【経営上の重要な契約等】
    当中間会計期間において、経営上の重要な契約等は行われていません。

    6【研究開発活動】
    該当事項はありません。

    7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    文中における将来に関する事項は、半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
    
    (1)財政状態の分析
      当中間会計期間末において、資産合計は7,996,022千円となり、前事業年度末と比べて277,382千円減少いたしまし
      た。
      これは、主に現金及び預金、商品などの流動資産の減少のほか、減価償却費の計上により有形固定資産が減少したこ
      とによるものです。
      また、前年同期比では267,729千円減少していますが、これは商品の減少のほか、減価償却による有形固定資産の減
      少によるものです。
      当中間会計期間末の負債合計は7,204,036千円となり、前事業年度末と比べて169,812千円減少しました。
      これは主に買掛金、短期・長期借入金や退職給付引当金が減少したことによるものです。
      また、前年同期比では207,218千円減少していますが、短期・長期借入金の返済が進んだことによるものです。
      当中間会計期間末において純資産は791,985千円となり、前事業年度末と比べて107,569千円減少しました。
      これは中間純損失の計上による利益剰余金の減少に加え、法定実効税率の変動に伴う土地再評価差額金の減少によ
      るものです。
      また、当中間期において減資及び資本準備金の取崩を行い同額を欠損てん補しておりますが、純資産の合計額に与
      える影響はありません。
    (2)経営成績の分析
      当中間期の売上高については前年同期比較で減少しているものの、期首の売上計画数値を確保することができ、一
      方で人件費および広告宣伝費を中心とした費用削減が進んだことから、当中間期の営業損益は前期の赤字(△
      83,604千円)から黒字(7,128千円)に転換いたしました。
      当中間期の営業の概況等につきましては、「1業績等の概要(1)業績」に記載のとおりであります。
    (3)キャッシュ・フローの分析
      キャッシュ・フローの状況につきましては、「1業績等の概要(2)キャッシュ・フロー」に記載のとおりであり
      ます。
    (4)継続企業の前提に関する事象等について
      当社は、当該事象又は状況を解消するため、前年度に新中期経営計画「エムザ・スマイルプラン」をスタートさせ
      ました。収益力の強化ならびに経営資源の効率的な活用、また支払賃料など固定費の削減などにより継続的に利益計
      上できる企業体質への改善を進めています。この経営計画にもとづき、長期的に存続、発展するため株主資本を着実
      に積み増し、財務状況を改善していく予定であります。
      これらの対策によって継続企業の前提に重要な不確実性は存在しないと判断しております。




                                  6/36
                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                              半期報告書

第3【設備の状況】
    1【主要な設備の状況】
    当中間会計期間において、主要な設備に重要な異動はありません。

    2【設備の新設、除却等の計画】
     当中間会計期間において、新たに確定した重要な設備の新設、拡充、除却、売却等の計画はありません。





                               7/36
                                                                     EDINET提出書類
                                                            株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                         半期報告書

第4【提出会社の状況】
1【株式等の状況】
 (1)【株式の総数等】
  ①【株式の総数】
           種類                                  発行可能株式総数(株)
 普通株式                                                   43,360,000
 優先株式                                                      20,000,000
                計                                          63,360,000


  ②【発行済株式】
      中間会計期間末現在発                         上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
 種類   行数(株)                              名又は登録認可金融             内容
                           (平成22年11月25日)
       (平成22年8月31日)                      商品取引業協会名
                                                      単元株制度を採用していない
                                                      ため、単元株式数はありませ
普通株式         15,840,000       15,840,000      非上場
                                                      ん。内容の詳細は(注)1をご
                                                      参照下さい。
                                                      単元株制度を採用していない
                                                      ため、単元株式数はありませ
優先株式         10,000,000       10,000,000      非上場
                                                      ん。内容の詳細は(注)2をご
                                                      参照ください。
  計          25,840,000       25,840,000       −                −


(注)1普通株式は完全な議決権を有し、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
(注)2優先株式の内容は以下のとおりであります。
    (1)残余財産の分配
      (イ)当社の残余財産を分配するときは、優先株式の株主に対し普通株式の株主に先立ち、その優先株式1株
          につき、200円を限度として分配を行います。
      (ロ)優先株式の株主は、前項の優先分配が行われた後の残余財産に対しては、分配を受ける権利を有しませ
          ん。
    (2)配当金
         当社は、優先株式の株主に対し、剰余金の配当を行うときは、普通株式の株主と同順位にて配当を行い、優
         先株式1株につき、普通株式1株につき支払う配当金と同額を支払います。
    (3)議決権
           優先株式の株主は、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会における議決権を有しません。
      (4)強制取得
           当社は、平成29年3月1日以降いつでも、取締役会の決議によって定める日に、優先株式の株主の意思に関
           わらず、優先株式の全部又は一部を取得することができます。優先株式の一部を取得するときは、抽選そ
           の他の方法によりこれを決定します。
           当社は、優先株式を取得するのと引き換えに、優先株式1株につき200円を交付します。
      (5)金銭を対価とする取得請求権
           優先株式の株主は、平成29年3月1日以降、毎年9月1日から9月30日までの期間において、次の各号に
           該当しない場合、当社に対して金銭と引き換えに、優先株式の全部または一部を取得することを請求する
           ことができます。
           ①当社が優先株式の取得と引き換えに交付する金銭の額が、会社法461条第2項に定める分配可能利益を
             超えることとなる場合
           ②当社が当該事業年度中の優先株式の取得と引き換えに交付する金額が、直前の事業年度末日における
             当社の利益剰余金の2分の1を超えることとなる場合。
           当社は、優先株式を取得するのと引き換えに、優先株式1株につき200円を交付します。
           




                                       8/36
                                                                              EDINET提出書類
                                                                     株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                  半期報告書
         (6)普通株式を対価とする取得請求権
              優先株式の株主は、平成29年3月1日以降、転換を請求しうる期間中、当社に対して普通株式と引き換え
              に優先株式の全部または一部を取得することを請求することができます。
           (イ)当初転換価額
               平成29年3月1日から平成39年2月末日までに請求がなされた場合の転換価額は50円です。
           (ロ)転換価額の修正
               平成39年3月1日以降に請求がなされた場合の転換価額は、毎年3月1日(転換価額修正日)における
               当社の普通株式の1株あたりの時価に修正されるものとします。
               この場合、時価とは、転換価額修正日における時価純資産価額、または取引相場がある場合には直近の当
               社の普通株式の取引価額を指すものとします。
         (7)会社法第322条第2項に規定する定款の定めの有無
              会社法第322条第2項に規定する定款の定めはありません。
         (8)議決権を有しないこととしている理由
              資本増強にあたり、既存の株主への影響を考慮したためであります。

     (2)【新株予約権等の状況】
       該当事項はありません。

     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
        該当事項はありません

     (4)【ライツプランの内容】
         該当事項はありません。

      (5)【発行済株式総数、資本金等の状況】
                発行済株式総 発行済株式総
                                     資本金増減額       資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日     数増減数    数残高
                                      (千円)         (千円)       減額(千円)       高(千円)
                 (千株)    (千株)
     平成22年3月1日
                      −     25,840   △1,956,000     100,000   △1,000,000        −
    ∼平成22年8月31日
       (注)資本金及び資本準備金の減少は、定時株主総会において承認された「資本金の額及び資本準備金の額の減少
       に関する議案」並びに「剰余金の処分に関する議案」に基づき、欠損のてん補に使用されたものであります。




                                        9/36
                                                                  EDINET提出書類
                                                         株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                      半期報告書
     (6)【大株主の状況】
      
                                                        平成22年8月31日現在
                                                         発行済株式総数に
                                             所有株式数
        氏名又は名称                 住所                        対する所有株式数
                                              (千株)
                                                         の割合(%)
    名古屋鉄道㈱            愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号      21,780          84.2
    伊藤忠商事㈱            東京都港区北青山2丁目5番1号             900           3.4
    ㈱北國銀行             石川県金沢市下堤町1番地                642           2.4
    金沢信用金庫            石川県金沢市南町1番1号                200           0.7
    日本トラスティ・サ-ビス
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号            150           0.5
    信託銀行㈱
    カナカン㈱             石川県金沢市袋町3番8号                149           0.5
    林屋春作             石川県金沢市                      100           0.3
    ㈱損害保険ジャパン         東京都新宿区西新宿1丁目26番1号           100           0.3
    東京海上日動火災保険㈱       東京都千代田区丸の内1丁目2番1号            80           0.3
    三井住友海上火災保険㈱       東京都中央区新川2丁目27番2号             80           0.3
    日新火災海上保険㈱         東京都千代田区神田駿河台2丁目3番            80           0.3
             計                 −               24,262          93.8

     なお、所有株式に係る議決権の個数の多い順上位10名は以下のとおりであります。
                                                      平成22年8月31日現在
                                                        総株主の議決権に
                                             所有議決権数
        氏名又は名称                 住所                       対する所有議決権
                                              (千個)
                                                        数の割合(%)
    名古屋鉄道㈱            愛知県名古屋市中村区名駅1丁目2番4号      11,780         74.3
    伊藤忠商事㈱            東京都港区北青山2丁目5番1号             900           5.6
    ㈱北國銀行             石川県金沢市下堤町1番地                642           4.0
    金沢信用金庫            石川県金沢市南町1番1号                200           1.2
    日本トラスティ・サ-ビス
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号            150           0.9
    信託銀行㈱
    カナカン㈱             石川県金沢市袋町3番8号                149           0.9
    林屋春作             石川県金沢市                      100           0.6
    ㈱損害保険ジャパン         東京都新宿区西新宿1丁目26番1号           100           0.6
    東京海上日動火災保険㈱       東京都千代田区丸の内1丁目2番1号            80           0.5
    三井住友海上火災保険㈱       東京都中央区新川2丁目27番2号             80           0.5
    日新火災海上保険㈱         東京都千代田区神田駿河台2丁目3番            80           0.5
             計                 −               14,262          90.0





                                     10/36
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                  株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                               半期報告書
     (7)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                                             平成22年8月31日現在
              区分                   株式数(株)               議決権の数(個)                 内容
                                      優先株式
    無議決権株式                                                  −                       (注)
                                    10,000,000
    議決権制限株式(自己株式等)                     −                    −                        −
    議決権制限株式(その他)                       −                    −                        −
    完全議決権株式(自己株式等)                     −                    −                        −
                                      普通株式
    完全議決権株式(その他)                                         15,840,000                 (注)
                                    15,840,000
    単元未満株式                             −                    −                        −
    発行済株式総数                         25,840,000              −                        −
    総株主の議決権                            −                 15,840,000                  −
 (注)株式の内容は「1株式等の状況(1)株式の総数等②発行済株式」に記載しております。

      ②【自己株式等】
                                                                     平成22年8月31日現在
                                                                      発行済株式総数に
    所有者の氏名                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                   所有者の住所                                             対する所有株式数
    又は名称                     式数(株)           式数(株)           計(株)
                                                                      の割合(%)
       ―                 ―         ―                ―           ―          ―
       計                 ―         ―                ―                 ―                  ―

    2【株価の推移】
     【当該中間会計期間における月別最高・最低株価】
     月別    平成22年3月   4月      5月                         6月                7月             8月
    最高(円)       175    175     175                        175               175            175
    最低(円)          175       175             175           175              175              175
(注)当社の株式は非上場であるため、北國新聞に表示されている参考価格によっております。

    3【役員の状況】
     前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当半期報告書の提出日までにおいて、役員の異動はありません。




                                            11/36
                                                             EDINET提出書類
                                                    株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                 半期報告書

第5【経理の状況】
    1.中間財務諸表の作成方法について
    当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号。以
    下「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    なお、前中間会計期間(自 平成21年3月1日至 平成21年8月31日)は、改正前の中間財務諸表等規則に基づき、当
    中間会計期間(自 平成22年3月1日至 平成22年8月31日)は、改正後の中間財務諸表等規則に基づいて作成して
    おります。

    2.監査証明について
    当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前中間会計期間(自 平成21年3月1日至 平成21年8
    月31日)及び当中間会計期間(自 平成22年3月1日至 平成22年8月31日)の中間財務諸表について、明澄監査法
    人により中間監査を受けております。


    3.中間連結財務諸表について
    中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成11年大蔵省令第24号)第5条第2項により、当社で
    は、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の財政状態、
    経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、中間
    連結財務諸表は作成しておりません。
    なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
    資産基準 2.3%
    売上高基準 3.5%
    利益基準 4.5%
    利益剰余金基準 3.3%





                                12/36
                                                                           EDINET提出書類
                                                                  株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                               半期報告書

1【中間財務諸表等】
(1)【中間財務諸表】
 ①【中間貸借対照表】
                                                                       (単位:千円)

                                                                   前事業年度の要約
                 前中間会計期間末                 当中間会計期間末                   貸借対照表
                (平成21年8月31日)             (平成22年8月31日)             (平成22年2月28日)

資産の部
 流動資産
                                62,029                   62,280                  169,268
  現金及び預金                  ※2                       ※2                   ※2
                                                                                   8,549
  受取手形                           5,717                    4,089             ※3
  売掛金                          354,137                  379,039                  387,310
  たな卸資産                        908,659                  873,463                  922,816
  その他                          110,949                  109,742                  102,402
                               △3,521                   △3,234                   △3,240
  貸倒引当金
  流動資産合計                    1,437,972               1,425,380                1,587,107
 固定資産
  有形固定資産
                            2,647,501               2,443,006                2,524,819
   建物(純額)            ※2                       ※2                       ※2
   土地                       3,733,676               3,733,676                3,733,676
   リース資産(純額)                    23,850                   18,450                   21,150
   その他(純額)                     255,379                  206,807                  236,910
                            6,660,407               6,401,940                6,516,556
   有形固定資産合計          ※1                       ※1                       ※1
  無形固定資産                        14,150                   16,419                   18,790
  投資その他の資産
   その他                         157,330                  157,981                  156,419
                               △6,110                   △5,700                   △5,470
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計                  151,220                  152,281                  150,949
  固定資産合計                    6,825,779               6,570,641                6,686,296
 資産合計                       8,263,751               7,996,022                8,273,404
負債の部
 流動負債
  支払手形                         95,460                  82,242                  107,723
                            1,290,356               1,312,556                1,386,175
  買掛金                ※2                       ※2                       ※2
                            2,997,105               2,923,099                2,963,410
  短期借入金              ※2                       ※2                       ※2
  リース債務                          6,110                    6,110                    6,110
  未払法人税等                         8,004                    1,362                    7,926
  未払事業所税                        12,648                   12,648                   25,062
  未払消費税等                        17,225                   14,558                   27,389
  商品券                          757,601                  697,553                  670,143
  賞与引当金                                                     −                        −
                                 9,236
  ポイント引当金                       47,895                   47,674                   53,021
  商品券回収損引当金                    105,742                  101,305                  125,318
  設備関係支払手形                                                                           −
                                 6,985                     619
  その他                          244,777                  241,745                  279,550
  流動負債合計                    5,599,148               5,441,474                5,651,828




                    13/36
                                                                         EDINET提出書類
                                                                株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                             半期報告書
                                                                     (単位:千円)

                                                                 前事業年度の要約
                  前中間会計期間末                当中間会計期間末                 貸借対照表
                 (平成21年8月31日)            (平成22年8月31日)           (平成22年2月28日)

 固定負債
                              483,300                342,100                412,300
  長期借入金                ※2                      ※2                     ※2
  退職給付引当金                     426,927                375,049                416,095
  役員退職慰労引当金                    17,850                  8,760                 16,720
  関係会社事業損失引当金                  78,079                 75,422                 73,293
  繰延税金負債                           −                                             −
                                                      29,097
  再評価に係る繰延税金負債                754,894                779,161                754,894
  リース債務                        20,461                 14,351                 17,406
  資産除去債務                           −                                             −
                                                     106,920
  その他                          30,593                 31,698                 31,311
  固定負債合計                     1,812,106              1,762,561              1,722,020
 負債合計                        7,411,254              7,204,036              7,373,849
純資産の部
 株主資本
  資本金                        2,056,000               100,000               2,056,000
  資本剰余金
   資本準備金                                                  −
                             1,000,000                                     1,000,000
                                   −                      −                      −
   その他資本剰余金
   資本剰余金合計                                                −
                             1,000,000                                     1,000,000
  利益剰余金
                        △3,296,878                  △377,677           △3,245,824
   繰越利益剰余金
   利益剰余金合計              △3,296,878                  △377,677           △3,245,824
  株主資本合計                    △240,878                △277,677               △189,824
 評価・換算差額等
  その他有価証券評価差額金               △18,432                △17,877                △22,428
  土地再評価差額金                   1,111,807              1,087,540              1,111,807
  評価・換算差額等合計                 1,093,375              1,069,662              1,089,379
 純資産合計                        852,496                791,985                899,554
負債純資産合計                      8,263,751              7,996,022              8,273,404




                     14/36
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                          株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                       半期報告書

  ②【中間損益計算書】
                                                                                 (単位:千円)

                                                                            前事業年度の要約
                   前中間会計期間                    当中間会計期間                         損益計算書
                 (自平成21年3月1日               (自平成22年3月1日                  (自平成21年3月1日
                至平成21年8月31日)             至平成22年8月31日)                至平成22年2月28日)

売上高                           8,426,064                 8,039,119                     17,071,639
                              6,729,657                 6,431,636                     13,657,303
売上原価               ※2, ※3                     ※2, ※3                        ※2, ※3
売上総利益                         1,696,406                 1,607,482                         3,414,335
                                 145,565                     137,814                       282,691
その他の営業収入                ※1                         ※1                                ※1
営業総利益                         1,841,972                 1,745,297                         3,697,027
販売費及び一般管理費                    1,925,577                 1,738,168                         3,725,372
営業利益又は営業損失(△)                    △83,604                                                  △28,345
                                                                 7,128
                                   6,531                         5,268                      68,333
営業外収益                       ※4                         ※4                            ※4
                                  28,221                      26,007                        95,318
営業外費用                       ※5                         ※5                            ※5
経常損失(△)                      △105,294                       △13,610                       △55,330
                                  17,742                          455                       24,680
特別利益                        ※6                              ※6                       ※6
                                  23,716                      44,236                        28,200
特別損失                        ※7                  ※7, ※8                               ※7
税引前中間純損失(△)                  △111,267                       △57,391                       △58,850
法人税、住民税及び事業税                       1,363                         1,363                       2,727
                                      −                                                         −
法人税等調整額                                                       29,097
法人税等合計                             1,363                      30,461                         2,727
中間純損失(△)                     △112,631                       △87,852                       △61,577




                      15/36
                                                                            EDINET提出書類
                                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                半期報告書

  ③【中間株主資本等変動計算書】
                                                                        (単位:千円)

                                                                     前事業年度の要約
                       前中間会計期間                  当中間会計期間           株主資本等変動計算書
                     (自平成21年3月1日             (自平成22年3月1日         (自平成21年3月1日
                    至平成21年8月31日)           至平成22年8月31日)       至平成22年2月28日)

株主資本
 資本金
  前期末残高                          2,056,000            2,056,000            2,056,000
  当中間期変動額
                                       −            △1,956,000                   −
   減資
   当中間期変動額合計                           −            △1,956,000                   −
  当中間期末残高                        2,056,000             100,000             2,056,000
 資本剰余金
  資本準備金
   前期末残高                         1,000,000            1,000,000            1,000,000
   当中間期変動額
                                       −            △1,000,000                   −
       資本準備金の取崩
       当中間期変動額合計                       −            △1,000,000                   −
   当中間期末残高                                                  −
                                 1,000,000                                 1,000,000
  その他資本剰余金
   前期末残高                               −                    −                    −
   当中間期変動額
       減資                              −                                         −
                                                      1,956,000
       資本準備金の取崩                        −                                         −
                                                      1,000,000
                                       −            △2,956,000                   −
       欠損填補
       当中間期変動額合計                       −                    −                    −
   当中間期末残高                             −                    −                    −
 利益剰余金
  繰越利益剰余金
   前期末残高                    △3,184,246              △3,245,824           △3,184,246
   当中間期変動額
       欠損填補                            −                                         −
                                                      2,956,000
                             △112,631                 △87,852              △61,577
       中間純損失(△)
       当中間期変動額合計             △112,631                                      △61,577
                                                      2,868,147
   当中間期末残高                  △3,296,878               △377,677            △3,245,824
 株主資本合計
  前期末残高                      △128,246                △189,824             △128,246
  当中間期変動額
   減資                                  −                    −                    −
   資本準備金の取崩                            −                    −                    −
   欠損填補                                −                    −                    −
                             △112,631                 △87,852              △61,577
   中間純損失(△)
   当中間期変動額合計                 △112,631                 △87,852              △61,577
  当中間期末残高                    △240,878                △277,677             △189,824




                         16/36
                                                                                   EDINET提出書類
                                                                          株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                       半期報告書
                                                                               (単位:千円)

                                                                            前事業年度の要約
                              前中間会計期間                  当中間会計期間           株主資本等変動計算書
                            (自平成21年3月1日             (自平成22年3月1日         (自平成21年3月1日
                           至平成21年8月31日)           至平成22年8月31日)       至平成22年2月28日)

評価・換算差額等
 その他有価証券評価差額金
  前期末残高                                 △22,650              △22,428              △22,650
  当中間期変動額
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                   4,218                4,551                  222
   当中間期変動額合計                               4,218                4,551                  222
  当中間期末残高                               △18,432              △17,877              △22,428
 土地再評価差額金
  前期末残高                                 1,111,807            1,111,807            1,111,807
  当中間期変動額
                                              −              △24,267                    −
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)
   当中間期変動額合計                                  −              △24,267                    −
  当中間期末残高                               1,111,807            1,087,540            1,111,807
 評価・換算差額等合計
  前期末残高                                 1,089,157            1,089,379            1,089,157
  当中間期変動額
                                                             △19,716
   株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                   4,218                                       222
   当中間期変動額合計                                                 △19,716
                                           4,218                                       222
  当中間期末残高                               1,093,375            1,069,662            1,089,379
純資産合計
 前期末残高                                   960,910              899,554              960,910
 当中間期変動額
  減資                                          −                    −                    −
  資本準備金の取崩                                    −                    −                    −
  欠損填補                                        −                    −                    −
  中間純損失(△)                          △112,631                 △87,852              △61,577
                                                             △19,716
  株主資本以外の項目の当中間期変動額(純額)                    4,218                                       222
  当中間期変動額合計                         △108,413                △107,569              △61,355
 当中間期末残高                                 852,496              791,985              899,554




                                17/36
                                                                              EDINET提出書類
                                                                     株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                  半期報告書

  ④【中間キャッシュ・フロー計算書】
                                                                          (単位:千円)

                                                                       前事業年度の要約
                                                                      キャッシュ・フロー
                            前中間会計期間                当中間会計期間                計算書
                          (自平成21年3月1日           (自平成22年3月1日        (自平成21年3月1日
                         至平成21年8月31日)         至平成22年8月31日)      至平成22年2月28日)

営業活動によるキャッシュ・フロー
 税引前中間純損失(△)                      △111,267               △57,391             △58,850
 減価償却費                                187,822             189,886             374,374
 有形固定資産処分損益(△は益)                       16,153               3,441              18,270
 ポイント引当金の増減額(△は減少)                    △4,132              △5,347                 994
 商品券回収損引当金の増減額(△は減少)                  △22,837            △24,012              △3,262
 退職給付引当金の増減額(△は減少)                    △52,460            △41,045             △63,292
 役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                  △6,950              △7,960              △8,080
 関係会社事業損失引当金の増減額(△は減少)                                                        △2,021
                                        2,765               2,129
 受取利息及び受取配当金                          △3,173              △2,300              △3,734
 支払利息                                  27,209              25,021              53,165
 売上債権の増減額(△は増加)                                                               △8,724
                                       27,281              12,731
 たな卸資産の増減額(△は増加)                      145,648              49,352             131,492
 前払費用の増減額(△は増加)                       △21,869             △2,114             △21,699
 仕入債務の増減額(△は減少)                   △159,917               △73,619             △64,097
 未払消費税等の増減額(△は減少)                                        △12,831
                                       17,225                                  27,389
                                      △30,777                                △99,596
 その他                                                       14,811
 小計                                    10,720              70,752             272,327
 利息及び配当金の受取額                            3,175               2,301               3,735
 利息の支払額                               △27,040            △25,038             △53,194
                                      △3,137              △2,727              △3,137
 法人税等の支払額
 営業活動によるキャッシュ・フロー                     △16,281              45,288             219,731
投資活動によるキャッシュ・フロー
 有形固定資産の取得による支出                   △380,642               △35,276            △400,857
 無形固定資産の取得による支出                       △2,606              △3,885              △5,377
 貸付金の回収による収入                                                  −
                                      139,676                                 139,908
 その他                                   57,496                450               59,226
 投資活動によるキャッシュ・フロー                 △186,076               △38,711            △207,099
財務活動によるキャッシュ・フロー
 短期借入金の純増減額(△は減少)                                        △40,310
                                      226,135                                 205,240
 長期借入金の返済による支出                        △99,000            △70,200            △182,800
                                      △3,054              △3,055              △6,109
 その他
 財務活動によるキャッシュ・フロー                                       △113,565
                                      124,080                                  16,330
現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                   △78,277           △106,988               28,962
現金及び現金同等物の期首残高                        139,306             168,268             139,306
現金及び現金同等物の中間期末残高                       61,029              61,280             168,268




                              18/36
                                                                            EDINET提出書類
                                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                半期報告書

    【中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項】
                      前中間会計期間              当中間会計期間               前事業年度
      項目           (自平成21年3月1日          (自平成22年3月1日        (自平成21年3月1日
                    至平成21年8月31日)         至平成22年8月31日)       至平成22年2月28日)
1.資産の評価基準及び評価   (1)有価証券               (1)有価証券             (1)有価証券
  方法               子会社株式及び関連会社株式         子会社株式及び関連会社株式       子会社株式及び関連会社株式
                  ……移動平均法による原価法          ……同左                  ……同左
                  その他有価証券                その他有価証券               その他有価証券
                   時価のあるもの                 時価のあるもの              時価のあるもの
                    …中間決算日の市場価格等            …同左                  …決算日の市場価格等に基
                      に基づく時価法(評価差                                 づく時価法(評価差額は
                      額は全部純資産直入法に                                 全部純資産直入法により
                      より処理し、売却原価は                                 処理し、売却原価は移動
                      移動平均法により算定)                                 平均法により算定)
                   時価のないもの                 時価のないもの              時価のないもの
                    …移動平均法による原価法            …同左                  …同左
                (2)たな卸資産           (2)たな卸資産               (2)たな卸資産
                   商品主に売価還元法による原    商品同左                 商品同左
                         価法
                         (貸借対照表価額は収
                         益性の低下に基づく簿
                         価切下げの方法により
                       算定)
                  貯蔵品最終仕入原価法による               貯蔵品同左               貯蔵品同左
                         原価法
2.固定資産の減価償却の方   (1)有形固定資産(リース資産を      (1)有形固定資産(リース資産を    (1)有形固定資産(リース資産を
  法             除く)                除く)              除く)
                   定額法                   定額法                 定額法
                (2)無形固定資産(リース資産を      (2)無形固定資産(リース資産を    (2)無形固定資産(リース資産を
                除く)                 除く)               除く)
                   定額法                   定額法               定額法
                 なお、自社利用ソフトウェアにつ                 同左                 同左
                 いては、社内における利用可能期
                  間(5年)に基づいております。
                (3)リース資産              (3)リース資産            (3)リース資産
                  所有権移転外ファイナンス                   同左                 同左
                  リース取引に係るリース資産に
                  ついては、リース期間を耐用年
                  数とし、残存価額を零とする定
                  額法を採用しております。
                  なお、所有権移転外ファイナン
                  ス・リース取引のうち、リース
                  取引開始日が平成20年3月31日
                  以前のリース取引については、
                  通常の賃貸借取引に係る方法に
                  準じた会計処理によっておりま
                  す。
3.引当金の計上基準      (1)貸倒引当金           (1)貸倒引当金               (1)貸倒引当金
                  債権の貸倒れによる損失に備え          同左                     同左
                  るため、一般債権については貸倒
                  実績率により、貸倒懸念債権等特
                  定の債権については個別に回収可
                  能性を検討し、回収不能見込額を
                  計上しております。
                (2)賞与引当金                 ─────                     ─────
                  従業員の賞与の支給に備えて、将                        
                  来の支給見込額のうち当中間会計
                  期間負担額を計上しております。





                                       19/36
                                                                         EDINET提出書類
                                                                株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                             半期報告書
                         前中間会計期間            当中間会計期間                前事業年度
       項目             (自平成21年3月1日        (自平成22年3月1日         (自平成21年3月1日
                       至平成21年8月31日)       至平成22年8月31日)        至平成22年2月28日)
                  (3)ポイント引当金           (3)ポイント引当金          (3)ポイント引当金
                    ポイント金券の発行に備えるた             同左           ポイント金券の発行に備えるた
                   め、当中間会計期間末におけるポ                          め、当事業年度末におけるポイン
                   イント残高に対する将来の金券発                          ト残高に対する将来の金券発行見
                   行見積額のうち、費用負担となる                          積額のうち、費用負担となる原価
                   原価相当額を計上しております。                          相当額を計上しております。
                  (4)商品券回収損引当金         (4)商品券回収損引当金        (4)商品券回収損引当金
                    商品券が負債計上中止後に回収            同左                  同左
                   された場合に発生する損失に備え
                   るため、過去の実績に基づく将来
                   の回収見込額を引当金として計上
                   しております。
                  (5)退職給付引当金         (5)退職給付引当金            (5)退職給付引当金
                    従業員の退職給付に備えるため、         同左              従業員の退職給付に備えるため、
                   当事業年度末における退職給付債                          当事業年度末における退職給付債
                   務の見込額に基づき、当中間会計                          務の見込額に基づき、当事業年度
                   期間末において発生していると認                          末において発生していると認めら
                   められる額を計上しております。                          れる額を計上しております。
                  (6)役員退職慰労引当金         (6)役員退職慰労引当金        (6)役員退職慰労引当金
                    役員退職慰労金の支給に備える            同左            役員退職慰労金の支給に備える
                   ため、内規に基づく中間期末要支                          ため、内規に基づく期末要支給額
                   給額を計上しております。                             を計上しております。
                  (7)関係会社事業損失引当金       (7)関係会社事業損失引当金      (7)関係会社事業損失引当金
                    関係会社の損失発生に備えるた            同左           関係会社の損失発生に備えるた
                   め、当中間会計期間末において関                          め、当事業年度末において関係会
                   係会社に発生していると見込まれ                          社に発生していると見込まれる債
                   る債務超過額について、当社負担                          務超過額について、当社負担額を
                   額を計上しております。                              計上しております。
4.中間キャッシュ・フロー     手許現金、随時引き出し可能な預金             同左                同左
    計算書(キャッシュ・フ   及び容易に換金可能であり、かつ、価
    ロー計算書)における資   値の変動について僅少なリスクしか
    金の範囲          負わない取得日から3ヶ月以内に償
                  還期限の到来する短期投資からなり
                  ます。
5.その他中間財務諸表(財     消費税等の会計処理            消費税等の会計処理           消費税等の会計処理
  務諸表)作成のための基      税抜方式を採用しております。             同左                  同左
    本となる重要な事項





                                        20/36
                                                                    EDINET提出書類
                                                           株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                        半期報告書
        【中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更】
            前中間会計期間              当中間会計期間                 前事業年度
         (自平成21年3月1日         (自平成22年3月1日           (自平成21年3月1日
        至平成21年8月31日)      至平成22年8月31日)        至平成22年2月28日)
             ─────      (資産除去債務に関する会計基準)                ─────
                        「資産除去債務に関する会計基準」
                        (企業会計基準第18号平成20年3月
                        31日)及び「資産除去債務に関する
                         会計基準の適用指針」(企業会計基
                         準適用指針第21号平成20年3月31
                         日)が平成22年3月31日以前に開始
                         する事業年度から適用できることに
                         なったことに伴い、当中間会計期間よ
                         り同会計基準及び同適用指針を適用
                         しております。
                         この結果、前中間会計期間と同一の
                         方法によった場合に比べ、営業利益は
                         3,397千円減少し、経常損失は3,397千
                         円増加し、税引前中間純損失は37,208
                         千円増加しております。
    (自販機手数料収入及び商品券手数料            ─────            (自販機手数料収入及び商品券手数料
    収入の計上区分の変更)                                  収入の計上区分の変更)
    従来、店内各所に設置した自動販売                             従来、店内各所に設置した自動販売
    機の販売手数料収入並びに商品券手                              機の販売手数料収入並びに商品券手
    数料収入は重要性が乏しいと判断し                              数料収入は重要性が乏しいと判断し
    営業外収益に計上しておりましたが、                             営業外収益に計上しておりましたが、
    当中間会計期間からその他の営業収                              当事業年度からその他の営業収入と
    入として計上する方法に変更いたし                              して計上する方法に変更いたしまし
    ました。                                          た。
    自動販売機については以前より店内                             自動販売機については以前より店内
    各所に設置されており、当該収入が営                             各所に設置されており、当該収入が営
    業活動の一環でありまた設置費用等                              業活動の一環でありまた設置費用等
    が販売費及び一般管理費に計上され                              が販売費及び一般管理費に計上され
    ており損益区分を明確にするためで                              ており損益区分を明確にするためで
    あります。                                         あります。
    また商品券手数料収入については、                             また商品券手数料収入については、
    親会社連結決算の流通セグメントと                              親会社連結決算の流通セグメントと
    同様の方法に統一し、営業収入と営業                             同様の方法に統一し、営業収入と営業
    外収益とを的確に開示するためのも                              外収益とを的確に開示するためのも
    のです。                                          のです。
    この変更により、従来の方法によっ                             この変更により、従来の方法によっ
    た場合に比べ、その他の営業収入、営                             た場合に比べ、その他の営業収入、営
    業総利益が12,378千円増加し、営業損                          業総利益が24,863千円増加し、営業損
    失が同額減少しておりますが、営業外                             失が同額減少しておりますが、営業外
    収益が同額減少するため、経常損失及                             収益が同額減少するため、経常損失及
    び税引前中間純損失への影響はあり                              び税引前当期純損失への影響はあり
    ません。                                         ません。





                                     21/36
                                                        EDINET提出書類
                                               株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                            半期報告書
        【表示方法の変更】
           前中間会計期間           当中間会計期間
        (自平成21年3月1日      (自平成22年3月1日         
         至平成21年8月31日)     至平成22年8月31日)
                                           
      (中間貸借対照表関係)             ─────
    従来、流動負債「その他」に含めて表
    示していた「リース債務」は、当中間
    会計期間より区分掲記しております。
    なお、前中間会計期間の「リース債
    務」の金額は710千円であります。
    
    従来、固定負債「その他」に含めて表
    示していた「リース債務」は、当中間
    会計期間より区分掲記しております。
    なお、前中間会計期間の「リース債
    務」の金額は2,721千円であります。





                                 22/36
                                                                                           EDINET提出書類
                                                                                  株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                               半期報告書
         【注記事項】
          (中間貸借対照表関係)
               前中間会計期間末                        当中間会計期間末                       前事業年度末
              (平成21年8月31日)                    (平成22年8月31日)                  (平成22年2月28日)
    ※1   有形固定資産の減価償却累計額                  有形固定資産の減価償却累計額                有形固定資産の減価償却累計額
                        4,239,843千円                     4,620,000千円                   4,415,234千円

    ※2   担保に供している資産                      担保に供している資産                    担保に供している資産
         土地3,117,849千円及び建物2,238,185千円 土地3,117,849千円及び建物1,984,566千円 土地3,117,849千円及び建物2,120,738千円
         は1年以内に返済する長期借入金116,000千 は1年以内に返済する長期借入金95,200千 は1年以内に返済する長期借入108,400千円
         円及び長期借入金450,500千円の担保として 円及び長期借入金342,100千円の担保として 及び長期借入金396,300千円の担保として差
         差し入れてあります。              差し入れてあります。              し入れてあります。
         現金預金(定期預金)1,000千円は、買掛金 現金預金(定期預金)1,000千円は、買掛金 現金預金(定期預金)1,000千円は、買掛金
         17千円の担保として差し入れてあります。    161千円の担保として差し入れてあります。 347千円の担保として差し入れてあります。
                  ──────                         ─────
    ※3                                                                 期末日満期手形
                                                                       期末日満期手形の会計処理については、手
                                                                       形交換日をもって決済処理しております。な
                                                                       お、当期末日が金融機関の休日であったた
                                                                       め、次の期末日満期手形が期末残高に含まれ
                                                                       ております。
                                                                        受取手形               533千円
                                          
     4   偶発債務                            偶発債務                          偶発債務
          保証債務                            保証債務                          保証債務
         次のとおり銀行借入に対し保証を行ってお 次のとおり銀行借入に対し保証を行ってお 次のとおり銀行借入に対し保証を行ってお
         ります。                 ります。                 ります。
          ㈱武蔵開発                           ㈱武蔵開発                         ㈱武蔵開発
           中間期末保証額           213,001千円     中間期末保証額         216,125千円     期末保証額           220,286千円





                                                   23/36
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                       株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                                    半期報告書
         (中間損益計算書関係)
                前中間会計期間                      当中間会計期間                                前事業年度
             (自平成21年3月1日                  (自平成22年3月1日                         (自平成21年3月1日
              至平成21年8月31日)                 至平成22年8月31日)                        至平成22年2月28日)
    ※1   その他の営業収入の内訳                   その他の営業収入の内訳                          その他の営業収入
          駐車場営業収入         77,845千円      駐車場営業収入         69,968千円             駐車場営業収入        147,952千円
          不動産賃貸収入          28,855              不動産賃貸収入           30,119      不動産賃貸収入          57,574
          その他収入            38,864              その他収入             37,726      その他収入            77,164
    ※2   売上原価に含まれている商品たな卸              売上原価に含まれている商品たな卸                     売上原価に含まれている商品たな卸
         損失の額      4,300千円        損失の額      4,229千円               損失の額           7,583千円
    ※3   売上原価に含まれているたな卸資産評価損           売上原価に含まれているたな卸資産評価損                  売上原価に含まれているたな卸資産評価損
                  14,296千円                 10,204千円                        19,080千円
    ※4   営業外収益のうち主要項目                  営業外収益のうち主要項目                         営業外収益のうち主要項目
          受取利息                365千円     受取利息                        101千円    受取利息                594千円
          受取配当金             2,807              受取配当金              2,199      受取配当金             3,140
                                        経過お買物券
          業務受託料               258                                   800      経過商品券            55,145
    ※5   営業外費用のうち主要項目                  営業外費用のうち主要項目                         営業外費用のうち主要項目
          支払利息             27,209千円     支払利息                     25,021千円    支払利息              53,165千円
                                                                             商品券回収損引当金         39,936
                                                                             繰入額
    ※6   特別利益のうち主要項目                   特別利益のうち主要項目                          特別利益のうち主要項目
          受取補償金            10,430千円     工事負担金等受入額                  450千円     受取補償金             10,430千円
          工事負担金等受入額         7,267                                            工事負担金等受入額          8,998
                                                                             役員退職慰労引当金戻         2,960
                                                                             入額
    ※7   特別損失のうち主要項目                   特別損失のうち主要項目                          特別損失のうち主要項目
          固定資産除却損等         19,029千円            固定資産除却損等           4,154千円    固定資産除却損等         21,788千円
          関係会社事業損失引         2,765              関係会社事業損失引          2,129      過年度損益修正損          3,099
          当金繰入額                                当金繰入額
                                               資産除去債務会計基         33,810
                                         準の適用に伴う影響
                                         額
                                         
    ※8            ─────               減損損失                                          ─────
                                       当事業年度において、当社は以下の資産に
                                       ついて減損損失を計上しました。
                                           
                                                場所      用途      種類
                                           石川県金沢市 遊休資産 電話加入権
                                       
                                       当社は地域別においても管理会計上におい 
                                       ても単一グループと判断しております。ただ
                                       し、将来の使用が見込まれない遊休資産につ
                                       いては、個別のグループとして取扱っており
                                       ます。
                                       時価が著しく下落している遊休資産の電話
                                       加入権について、帳簿価額を回収可能額まで
                                       減額し、当該減少額26千円を減損損失として
                                       特別損失に計上しております。
                                       電話加入権の回収可能価額は、正味売却価
                                       額により測定しており、正味売却価額は、取
                                       引事例価額に基づき評価しております。
         減価償却実施額                       減価償却実施額                              減価償却実施額
          有形固定資産           186,168千円    有形固定資産       187,543千円               有形固定資産           370,704千円
          無形固定資産            1,653      無形固定資産        2,343                 無形固定資産             3,670





                                                         24/36
                                                                    EDINET提出書類
                                                           株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                        半期報告書
    (中間株主資本等変動計算書関係)
 前中間会計期間 (自平成21年3月1日至平成21年8月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                    前事業年度末株式       当中間会計期間増     当中間会計期間減   当中間会計期間末
                    数(千株)          加株式数(千株)     少株式数(千株)   株式数(千株)
    発行済株式
      普通株式                15,840            ―         ―           15,840
      優先株式                10,000            ―         ―           10,000
        合計                25,840            ―         ―           25,840


     2.配当に関する事項
       該当事項はありません。


 当中間会計期間 (自平成22年3月1日至平成22年8月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                    前事業年度末株式       当中間会計期間増     当中間会計期間減   当中間会計期間末
                    数(千株)          加株式数(千株)     少株式数(千株)   株式数(千株)
    発行済株式
      普通株式                15,840            ―         ―           15,840
      優先株式                10,000            ―         ―           10,000
        合計                25,840            ―         ―           25,840


     2.配当に関する事項
       該当事項はありません。


 前事業年度 (自平成21年3月1日至平成22年2月28日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                    前事業年度末株式       当事業年度増加株     当事業年度減少株   当事業年度末株式
                    数(千株)          式数(千株)       式数(千株)     数(千株)
    発行済株式
      普通株式                15,840            ―         ―           15,840
      優先株式                10,000            ―         ―           10,000
        合計                25,840            ―         ―           25,840



     2.配当に関する事項
       該当事項はありません。





                                    25/36
                                                                                EDINET提出書類
                                                                       株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                    半期報告書
     (中間キャッシュ・フロー計算書関係)
       前中間会計期間                    当中間会計期間                     前事業年度
     (自平成21年3月1日                  (自平成22年3月1日                 (自平成21年3月1日
      至平成21年8月31日)                 至平成22年8月31日)                至平成22年2月28日)
現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸         現金及び現金同等物の中間期末残高と中間貸        現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表
借対照表に掲記されている科目の金額との関          借対照表に掲記されている科目の金額との関         に掲記されている科目の金額との関係
係                             係
           (平成21年8月31日現在)             (平成22年8月31日現在)                 (平成22年2月28日現在)
                    (千円)                          (千円)                         (千円)
現金及び預金勘定            62,029 現金及び預金勘定                62,280 現金及び預金勘定             169,268
預入期間が3ヶ月を超える定期預               預入期間が3ヶ月を超える定期預              預入期間が3ヶ月を超える定期預
                    △1,000                        △1,000                       △1,000
金                             金                            金
現金及び現金同等物                     現金及び現金同等物                    現金及び現金同等物
                     61,029                       61,280                       168,268
                                                         





                                          26/36
                                                                                                EDINET提出書類
                                                                                       株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                                    半期報告書
       (リース取引関係)
        前中間会計期間                           当中間会計期間                              前事業年度
     (自平成21年3月1日                       (自平成22年3月1日                       (自平成21年3月1日
      至平成21年8月31日)                      至平成22年8月31日)                      至平成22年2月28日)
所有権移転外ファイナンス・リース取引                 所有権移転外ファイナンス・リース取引                 所有権移転外ファイナンス・リース取引
(1)リース資産の内容                        (1)リース資産の内容                        (1)リース資産の内容
    ①有形固定資産                         ①有形固定資産                               ①有形固定資産
     主に器具及び備品であります。                  建物(附属設備)、器具及び備品でありま                   主に器具及び備品であります。
                                     す。
    ②無形固定資産                         ②無形固定資産                               ②無形固定資産
   ソフトウェアであります。                       ソフトウェアであります。                      ソフトウェアであります。
(2)リース資産の減価償却の方法                   (2)リース資産の減価償却の方法                  (2)リース資産の減価償却の方法
     中間財務諸表作成のための基本となる重                         同左                        重要な会計方針「2.固定資産の減価償
     要な事項「2.固定資産の減価償却の方                                                   却の方法」に記載のとおりであります。
     法」に記載のとおりであります。                                               
     リース取引開始日がリース会計基準適用                         同左                                   同左
     初年度前の所有権移転外ファイナンス・
     リース取引については、通常の賃貸借取引
     に係る方法に準じた会計処理を引続き採
     用しております。
     該当するものについては以下のとおりで             該当するものについては以下のとおりで                   該当するものについては以下のとおりで
     あります。                           あります。                                 あります。
  (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却             (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却                 (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却
     累計額相当額及び中間期末残高相当額                 累計額相当額及び中間期末残高相当額                     累計額相当額及び期末残高相当額
                 減価償                               減価償                                   減価償
         取得価             中間期               取得価             中間期                   取得価             期末残
                 却累計                               却累計                                   却累計
         額相当             末残高               額相当             末残高                   額相当             高相当
                 額相当                               額相当                                   額相当
         額               相当額               額               相当額                   額               額
                 額                                 額                                     額
         (千円)            (千円)              (千円)            (千円)                  (千円)            (千円)
                 (千円)                              (千円)                                  (千円)
 建物       38,653  17,329  21,323   建物       38,653  23,632  15,021       建物       38,653  20,480  18,172
 器具及び備品 153,826 120,484   33,342   器具及び備品   39,346  25,928  13,418       器具及び備品 126,325  103,988  22,337
 ソフトウェア   68,706  49,942  18,763   ソフトウェア   64,152  56,880   7,272       ソフトウェア   64,152  51,955  12,196
    合計   261,186 187,757  73,429      合計   142,152 106,440  35,711          合計   229,130 176,424  52,705
  (2)未経過リース料中間期末残高相当額               (2)未経過リース料中間期末残高相当額                   (2)未経過リース料期末残高相当額
       1年以内            37,717千円         1年以内              15,769千円            1年以内             25,563千円
       1年超             35,711           1年超               19,942              1年超              27,142
        合計             73,429             合計              35,711                合計             52,705
    (注)未経過リース料中間期末残高相当額             (注)未経過リース料中間期末残高相当額                   (注)未経過リース料期末残高相当額の算
      の算定は、未経過リース料中間期末残高              の算定は、未経過リース料中間期末残高                    定は、未経過リース料期末残高が有形固
      が有形固定資産の中間期末残高等に占                が有形固定資産の中間期末残高等に占                     定資産の期末残高等に占める割合が低
      める割合が低いため、支払利子込み法に               める割合が低いため、支払利子込み法に                    いため、支払利子込み法によっている。
       よっている。                          よっている。
    (3)支払リース料及び減価償却費相当額             (3)支払リース料及び減価償却費相当額                   (3)支払リース料及び減価償却費相当額
                                                                                             
     支払リース料      39,589千円               支払リース料      16,994千円               支払リース料      60,312千円
     減価償却費相当額    39,589                 減価償却費相当額    16,994                 減価償却費相当額    60,312
(4)減価償却費相当額の算定方法                  (4)減価償却費相当額の算定方法                  (4)減価償却費相当額の算定方法
    リース期間を耐用年数とし、残存価額を                       同左                                 同左
    零とする定額法によっております。
オペレーティング・リース取引に係る注記                オペレーティング・リース取引に係る注記                オペレーティング・リース取引に係る注記
      未経過リース料                         未経過リース料                           未経過リース料            
     1年以内         1,573千円             1年以内         1,573千円               1年以内         1,573千円
     1年超          2,360               1年超            786                 1年超          1,573
      合計                3,934          合計                  2,360             合計                 3,147





                                                  27/36
                                                                     EDINET提出書類
                                                            株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                         半期報告書
       (有価証券関係)
       (前中間会計期間)
         1.その他有価証券で時価のあるもの
                                  前中間会計期間末(平成21年8月31日)
                                      中間貸借対照表計上額
                       取得原価(千円)                        差額(千円)
                                         (千円)
    (1)株式                  57,948          39,516        △18,432
    (2)債券
        国債・地方債等                  −                    −              −
        社債                       −                    −              −
        その他                      −                    −              −
    (3)その他                       −                    −              −
           合計                57,948               39,516       △18,432

         2.時価のない主な有価証券の内容
                                              前中間会計期間末(平成21年8月31日)
                                                中間貸借対照表計上額(千円)
    その他有価証券
     非上場株式                                                     42,866

       (当中間会計期間)
         1.その他有価証券で時価のあるもの
                                  当中間会計期間末(平成22年8月31日)
                                      中間貸借対照表計上額
                       取得原価(千円)                        差額(千円)
                                         (千円)
    (1)株式                  57,948          40,071        △17,877
    (2)債券
        国債・地方債等                  −                    −              −
        社債                       −                    −              −
        その他                      −                    −              −
    (3)その他                       −                    −              −
           合計                57,948               40,071       △17,877

         2.時価のない主な有価証券の内容
                                              当中間会計期間末(平成22年8月31日)
                                                中間貸借対照表計上額(千円)
    その他有価証券
     非上場株式                                                     42,866





                                      28/36
                                                                          EDINET提出書類
                                                                 株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                              半期報告書
       (前事業年度)
         1.その他有価証券で時価のあるもの
                                    前事業年度末(平成22年2月28日)
                                        貸借対照表計上額
                         取得原価(千円)                                差額(千円)
                                          (千円)
    (1)株式                    57,948         35,520                  △22,428
    (2)債券
        国債・地方債等                    −                      −               −
        社債                         −                      −               −
        その他                        −                      −               −
    (3)その他                         −                      −               −
           合計                  57,948                35,520         △22,428


         2.時価のない主な有価証券の内容
                                                前事業年度末(平成22年2月28日)
                                                  貸借対照表計上額(千円)
    その他有価証券
     非上場株式                                                          42,866



       (デリバティブ取引関係)
       (前中間会計期間)
       当社はデリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。


       (当中間会計期間)
       当社はデリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。


       (前事業年度)
       当社はデリバティブ取引を全く利用していないので、該当事項はありません。

       (持分法損益等)
                       前中間会計期間                当中間会計期間             前事業年度
                    (自平成21年3月1日           (自平成22年3月1日       (自平成21年3月1日
                     至平成21年8月31日)          至平成22年8月31日)      至平成22年2月28日)
    関連会社に対する投資の金額
                          12,550                 12,550             12,550
    (千円)
    持分法を適用した場合の投資
                          26,534                 19,122             19,818
    の金額(千円)
    持分法を適用した場合の投資
                           1,384                △2,824             △3,315
    損失の金額(千円)


(注)関連会社の債務超過額のうち当中間会計期間に負担させるべき額2,824千円を投資損失として認識しましたが、
「持分法を適用した場合の投資の金額」には反映しておりません。





                                        29/36
                                                                             EDINET提出書類
                                                                    株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                                 半期報告書
        (1株当たり情報)
           前中間会計期間                 当中間会計期間                       前事業年度
       (自平成21年3月1日             (自平成22年3月1日                (自平成21年3月1日
         至平成21年8月31日)           至平成22年8月31日)                至平成22年2月28日)
    1株当たり純資産額        △72.44円 1株当たり純資産額       △76.26円     1株当たり純資産額        △69.47円
    1株当たり中間純損失               1株当たり中間純損失                  1株当たり当期純損失
                      △4.35円                  △3.39円                       △2.38円
    (△)                      (△)                         (△)
    なお、潜在株式調整後1株当たり中間               同左                 なお、潜在株式調整後1株当たり純利
    純利益金額については、潜在株式は存                                    益金額については、潜在株式は存在し
    在しますが、1株当たり中間純損失で                                    ますが、1株当たり当期純損失である
    あるため記載しておりません。                                       ため記載しておりません。


(注)1.1株当たり中間(当期)純利益金額又は純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                        前中間会計期間       当中間会計期間         前事業年度
                     (自平成21年3月1日 (自平成22年3月1日    (自平成21年3月1日
                      至平成21年8月31日) 至平成22年8月31日)  至平成22年2月28日)
  中間(当期)純損失(△)(千円)         △112,631       △87,852        △61,577
     普通株主に帰属しない金額(千円)                      −                    −              −
     普通株式に係る中間(当期)純損失
                                    △112,631             △87,852         △61,577
     (△)(千円)
     期中平均株式数(株)                    25,840,000          25,840,000         258,400
                                 優先株式
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調                             同左               同左
     整後1株当たり中間(当期)純利益金
                              株式数10,000,000株
     額の算定に含めなかった潜在株式の概
                              ※優先株式の概要に
     要
                               ついては、「第4提出会
                              社の状況
                              1株式等の状況(1)
                              株式の総数等
                                ②発行済株式」に
                               記載してあります。 
                                                 
                              


(注)2.優先株式は配当について優先権を持たず、残余財産分配については優先権を持つ株式であります。このような
        株式は普通株式に該当するため、期中平均株式の算定に含めております。
また、1株当たり純資産の算定にあたっては、残余財産分配について優先権を持つため優先株式に係る払込金を純
        資産から控除して1株当たり純資産額を算定しております。

(注)3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前中間会計期間       当中間会計期間         前事業年度
                        (自平成21年3月1日 (自平成22年3月1日    (自平成21年3月1日
                         至平成21年8月31日) 至平成22年8月31日)  至平成22年2月28日)
   純資産の部の合計額(千円)               852,496       791,985        899,554
     純資産の部の合計額から控除する金額
                                   △2,000,000         △2,000,000      △2,000,000
     (千円)
     普通株式に係る中間(当期)の純資産
                                   △1,147,503         △1,208,014      △1,100,445
     額(千円)
     1株当たり純資産額の算定に用いられ
     た中間期末(期末)の普通株式の数              15,840,000          15,840,000      15,840,000
     (株)





                                         30/36
                                                       EDINET提出書類
                                              株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                           半期報告書
 (資産除去債務関係)
   前中間会計期間             当中間会計期間              前事業年度
(自平成21年3月1日        (自平成22年3月1日        (自平成21年3月1日
 至平成21年8月31日)       至平成22年8月31日)       至平成22年2月28日)
    ─────       当社店舗の建物の一部についてはア          ─────
                 スベストを含有した建材が使用されて
                 おり、当該建物の使用期限を迎えた時
                 点で除去する義務を有しているため、
                 法令上の義務に関して資産除去債務を
                 計上しております。
                 資産除去債務の見積りにあたり、使用
                 見込期間を「石綿障害予防規則」の制
                 定から21年、割引率は2.17%を採用し
                 ております。
                 また当社は不動産賃借契約に基づき、
                 退去時における原状回復義務を有する
                 賃借物件が存在しますが、当社が継続
                 する限り退去する可能性がほとんど無
                 いことから、資産除去債務を合理的に
                 見積ることができない状況にありま
                 す。
                 そのため、当該債務に見合う資産除去
                 債務を計上しておりません。
                 
                 当中間会計期間における資産除去債
                 務の残高の推移は次のとおりでありま
                 す。
                 
                 期首残高           −千円
                 会計基準適用に
                            105,771
                 よる期首調整額
                 時の経過による
                              1,149
                 調整額
                 当中間会計期間末
                            106,920
                 残高
                 




                           31/36
                                      EDINET提出書類
                             株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                          半期報告書
      (重要な後発事象)
     該当事項はありません。


    (2)【その他】
      特記事項はありません。





                     32/36
                                                            EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                半期報告書

第6【提出会社の参考情報】
当中間会計期間の開始日から半期報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
(1)有価証券報告書及びその添付書類
    事業年度(第94期)(自平成21年3月1日至平成22年2月28日)平成22年5月26日北陸財務局長に提出





                               33/36
                                      EDINET提出書類
                             株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                          半期報告書

第二部【提出会社の保証会社等の情報】
    該当事項はありません。





                     34/36
                                                            EDINET提出書類
                                                   株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                半期報告書

                     独立監査人の中間監査報告書

                                                平成21年11月21日
株式会社金沢名鉄丸越百貨店
  取締役会御中
                          明澄監査法人
                          代表社員
                                              向山典佐㊞
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          代表社員
                                              菊野一裕㊞
                                      公認会計士
                          業務執行社員

                          代表社員
                                              深井克志㊞
                                      公認会計士
                          業務執行社員

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成21年3月1日から平成22年2月28日までの第94期事業年度の中間会計期間(平成21年
3月1日から平成21年8月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変
動計算書及び中間キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当
監査法人の責任は独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成21年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成21年3
月1日から平成21年8月31日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと
認める。

会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                       以上
(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
       別途保管しております。
     2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                              35/36
                                                              EDINET提出書類
                                                     株式会社金沢名鉄丸越百貨店(E03031)
                                                                  半期報告書

                     独立監査人の中間監査報告書

                                                   平成22年11月22日
株式会社金沢名鉄丸越百貨店
  取締役会御中
                          明澄監査法人
                          代表社員
                                               向山典佐㊞
                                       公認会計士
                          業務執行社員

                          代表社員
                                               菊野一裕㊞
                                       公認会計士
                          業務執行社員

                                               
                                    

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられている
株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成22年3月1日から平成23年2月28日までの第95期事業年度の中間会計期間(平成22年
3月1日から平成22年8月31日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変
動計算書及び中間キャッシュ・フロー計算書について中間監査を行った。この中間財務諸表の作成責任は経営者にあり、当
監査法人の責任は独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国における中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸
表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽の表示がないかどう
かの合理的な保証を得ることを求めている。中間監査は分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手
続を適用して行われている。当監査法人は、中間監査の結果として中間財務諸表に対する意見表明のための合理的な基礎を
得たと判断している。
当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、
株式会社金沢名鉄丸越百貨店の平成22年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(平成22年3
月1日から平成22年8月31日まで)の経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する有用な情報を表示しているものと
認める。


追記情報
「中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」に記載されているとおり、会社は当中間会計期間より資産除
去債務に関する会計基準を適用できることになったため、この会計基準を適用している。


会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。

                                                       以上
(注)1.上記は、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は半期報告書提出会社が
       別途保管しております。
     2.中間財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。





                              36/36

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。